Casio | DQD-620J MA0806-B | User's Manual | Casio DQD-620J MA0806-B User's Manual

Operation Guide DQD-620J
MA0806-B
各部の名称と表示の見方
機種によりデジタル表示部に「表示用シール」をつけて出荷しております。ご使用の前に必ずこの「表示用シー
ル」を取り外してください。
●デジタル表示の見方
<アラームがOFF(オフ)のとき>
(表面)
スヌーズ/ライトボタン
(側面)
SNOOZE/LIGHT
1 スヌーズ/ライトボタン
押すと約 5 秒間ライトが点灯しま
す。
※ アラーム報音中に押すと音が止
まります。
SNZ
ON
OFF
2 アラームセットボタン
アラーム時刻(または現在時刻な
ど)を合わせるときに使います。
ALARM SET
デジタル表示部
アラームセットボタン
(裏面 電池ブタを開けたところ)
アラームスイッチ
DEMOボタン
(デモアラーム)
WAVEボタン
(電波受信)
WAVE
SET
アラーム
スイッチ
3 アラームスイッチ
アラームのSNZ(スヌーズ)/ON
(オン)/ OFF(オフ)の切り替え
ができます。
4 WAVE ボタン(電波受信)
押すと電波受信を行ないます(手
動受信)
。
DEMO
5 DEMO ボタン(デモアラーム)
押すとアラーム音を試しに聞くこ
とができます。
RESET
6 SET ボタン(セット)
現在時刻などを合わせるときに使
います。
午後マーク(午前は消灯)
<アラームがSNZ(スヌーズ)のとき>
月・日・曜日
アラーム時刻
アラームマーク
SNZ(スヌーズ)
マーク
時・分・秒
温度
湿度
●温度・湿度表示について
温度・湿度表示は時計に内蔵されているセンサーにより、時計内部の温度・湿度を計測/表示するものです。
そのため、急激な変化が起きても、その温度や湿度を表示するまで(時計内部がその温度や湿度と同じにな
るまで)約 30 分程度かかります。
なお、計測機能上、本機を冷・暖房器具の送風口の近くで使用しないでください。
※ 温度・湿度計測は毎分行ないます(ただし、電波受信中、時刻セット中は計測を中断します)
。
※ 0℃未満、40.1℃以上でも温度計測を行ないますが、本機の保証範囲外となります。
※ 温度表示は− 19.9℃未満の場合“LO”表示、49.9℃を超えた場合“HI”表示となります。
※ 湿度表示は 20%未満の場合“LO”表示、90%を超えた場合“HI”表示となります。
※ 湿度表示は温度が 5℃∼ 45℃の範囲外では“−−”表示となります。
7 RESET ボタン(リセット)
電池交換後、必ず押します。
※ ボタンが押しにくい場合は先端
RESETボタン
の細いもので押してください
(リセット)
(製品を傷つけないようご注意
ください)。
SETボタン
(セット)
単2形アルカリ乾電池(LR14)
×2
※ 機種により形状等が異なることが
あります。
1
Operation Guide DQD-620J
電源について
● 本機は 単 2 形アルカリ乾電池を 2 本使用します。
● 電池はできるだけ“カシオ指定の電池”または同等品をご使用ください。
● 本機を長期間ご使用にならないときは、電池を取り外して保管してください。
お願い
機種により付属の電池を製品に入れて出荷しております。この場合は、電池消耗を防ぐために、電池部分に「絶
縁シート」をつけておりますので、ご使用の前に必ずこの「絶縁シート」を抜き取ってください。
■ 電池交換のしかた(電池は全て交換してください)
(1)
(2)
(3)
(4)
電池ブタを開け、古い電池を取り出します(「●電池ブタの開け方」参照)。
新しい電池の + - を間違えないように入れ、完全に押し込みます。
電池交換後、RESET ボタン(リセット)を押します。
電池ブタを閉じます。
※ アラーム等は再度セットし直してください。
(裏面 電池ブタを開けたところ)
SET
● 電池ブタの開け方
RESET
電池ブタを開けるときは下記のように開けてください。
RESETボタン
(リセット)
※ボタンが押し
にくい場合は
先端の細いも
ので押してく
ださい( 製 品
を傷つけない
ようご注 意く
ださい)。
フック
W
AV
E
MO
DE
T
SE
T
SE
RE
<電池ブタ>
電池ブタはなくさない
ように底面側が本体と
つながっています。
単2形アルカリ乾電池(LR14)
×2
※ 機種により形状等が異なることがあります。
電池ブタに指をかける(フックを押す)
本体を押さえながら電池ブタを外側に開く
(フックを押しながら開く)
<ご注意>
● 電池の +- の向きは正しく入れてください。
● 電池が消耗しますと一般的に以下のようなことが起こります。
このようなときは長時間放置せず、速やかに新しい電池と交換してください(定期的な交換をおすすめします)
。
・ 誤動作(時刻やアラーム等のリセット、報音の停止、時刻狂いなど)することがあります。
・ 液晶表示は「薄くなったり」「消えたり」します。
・ アナログ時計は「時計が遅れたり」「針が止まったり」します。
● 付属の電池は充電式ではありません。絶対に充電しないでください。
● お買い上げ時に付属している電池はモニター用電池*のため、電池新品時の電池寿命に満たないうちに切れること
があります。
* モニター用電池とは時計の機能や性能をチェックするための電池のことで、時計本体価格に電池代は含まれておりません。
※ 電池は幼児の手の届かない所に保管してください。万一飲み込んだ場合にはただちに医師と相談してください。
※ 電池が液漏れを起こした場合は液に触れずにすぐにふきとってください。
2
Operation Guide DQD-620J
本機の使い方
本機ご購入後初めて使用するとき、および電池交換後には、以下の手順で操作を行なってください。
※ 本項目と共に「電波時計について」を合わせてお読みください。
(裏面 電池ブタを開けたところ)
1 電池を入れます(「■電池交換のしかた」参照)
本機裏面の電池ブタを開き、+ - の向きに注意して、電池を正しく
入れます。
RESETボタン(リセット)
※ボタンが押しにくい場合は先端の細いもの
で押してください(製品を傷つけないよう
ご注意ください)。
2 RESETボタン(リセット)を押します(リセット操作)
本機裏面にある RESET ボタン(リセット)を押します。
時刻表示が「午後 12:00 00」となります。
※ 電池交換を行なったあとは、必ず RESET ボタン(リセット)を
押してください。
※ リセット操作が終わったら電池ブタを閉じます。
➟
受信できない
… 時刻修正は行ないません。
約 14 分後に受信は止まります。
※ このときは、本体の向きや置き場所を変えて WAVE ボタン(電波受信)を押すか、 アラームセットボタン
で時刻を合わせてから WAVE ボタン(電波受信)を押して、もう一度受信開始させてください(「時刻の
合わせ方」参照)。
• WAVE ボタン(電波受信)を押すと、電波受信を開始します。…手動受信
※ WAVEボタン(電波受信)を押さなくても「午後1:01」になると、再び自動受信を開始します。
( 毎時1分、
24回/日)
※ 一般的に送信所からの距離が近い方の電波が受信しやすいと考えられますが、電波環境や使用場所によっ
ては、送信所からの距離が遠い方の電波が受信しやすい場合があります。
受信できない場合でも、翌日に電波受信に成功することもありますので、しばらくそのままにしておいて
ください。
4 1 ∼ 2 週間電波受信の様子を見ます
3 本機を使用したい場所に置きます
本機は、通常毎時 1 分(1 日 24 回)に電波受信を自動的に行ないます。
「午後 12:01」になると、自動的に電波受信を開始して時刻修正を行ない
ますので、窓際などできるだけ電波受信しやすいところに置いてください。
※ 受信中は受信インジケーターで受信状態をお知らせします。
単2形アルカリ乾電池(LR14)
×2
〈受信インジケーター〉
1段階
➡
“ ”が常に点灯し
ている、または点
灯しているときが
多い
“ ”がまったく点
灯しない、または
たまにしか点灯し
ない
マーク
マーク
受信しづらい
2段階
電波受信は良好
電波受信しづらい
3段階
SNOOZE/LIGHT
受信しやすい
4段階
ALARM SET
・ 受信開始後、受信状態により段階的に変化します(4段階)。
・ 受信しやすい場所でも4段階まで表示するのに約4秒程度かかります。
・ 天候、時間、環境等により電波の状態は変化します。
・ 受信インジケーターは受信状態の確認および使用場所を決める際の目安としてお使いください。
そのまま、その場所でお使いになれます。
その場所では電波受信しづらいので、置き場所を
変えてください。
その場所で使用するときは、ときどき受信可能な
別の場所で電波受信を行なってください。
※ 受信成功まで約 4 ∼ 14 分かかります。
※ 受信中はボタン操作を行なわないでください。
➡
受信成功
※ 受信に成功すると、すぐに正しい時刻/月日(曜日)に修正されます。また、 マークおよび マークが
点灯して受信成功をお知らせします。
※ 受信成功後、テレビや電話サービス等の時刻と本機の表示する時刻を照合してください。
※ 場合により「時」
「分」
「秒」のみ表示することがありますが、その後受信に成功すれば、
「月」
「日」
「曜日」
も正しく表示されます。
マーク
受信インジケーター
マーク
<電波受信中>
<受信成功例>
3
Operation Guide DQD-620J
電波時計について
●電波時計とは
時刻情報
正確な時刻情報[ 日本標準
時] をのせた長波標準電波
(JJY)を受信することによ
り、正しい時刻を表示する
時計です。
● 受信のしくみ
送信所
日本標準時:日本の時刻のもとになるもので、テレビ
の時報などに利用されています。
この標準時は「セシウムビーム型原子周
波数標準器」等により制御されています。
電波時計は正確な日本標準時を受信していますが、
時計内部の時刻演算処理等により、時刻表示に 1 秒
未満のズレが生じます。
●標準電波
標準電波は独立行政法人情報通信研究機構(NICT)が
運用しており、福島県田村郡の「おおたかどや山標準電
波送信所」(4 0 k H z )および佐賀県と福岡県の境の
「はがね山標準電波送信所」
(60kHz)から送信されて
います。
この標準電波はほぼ24時間継続して送信されています
が、保守作業や雷対策等で一時送信中断されることもあ
ります。
●電波の受信範囲の目安
条件の良いときは、送信所からおよそ1000km離れた
場所でも受信することができます。
※ ただし、約 500kmを超えると電波が弱くなるので、
受信しにくくなることがあります。
※ 受信範囲内であっても、地形や建物の影響を受けた
り、季節や天候、使用場所、時間帯(昼/夜)などに
よって受信できないことがあります。
※ 電波の特性により、夜間の方がより受信しやすくな
ります。
〈送信所の位置〉
1000km
500km
<正しく受信するために>
内蔵の「受信アンテナ」
から電波を受信
長波標準電波
受信した電波を時
計内部で解読し、
時刻情報に変える
電波情報
解読
セシウム
原子時計
時刻情報
時計内部
時刻情報にもとづ
いて時刻修正
○ 電波受信できる場所でお使いください(
「●使用
場所について」参照)
。
○ 本機を電波送信所方向に向けると、受信しやす
くなります(本機に内蔵されている受信アンテ
ナと電波送信所が垂直方向になるようにすると、
最も受信しやすくなります)
。
本機は、テレビやラジオなどと同様に、電波を受信する
ものです。本機を使用するときは、
「電波を受けやすい」
部屋の窓際などでご使用することをおすすめします。
以下のような場所では、電波受信しにくくなりますの
で、このような場所は避けて本機をお使いください。
最も受信しやすい設置のしかた
・時計表示部または裏面を電波送信所に
向かい合うようにする
・金属板の上などを避けて窓際で行なう
● 電波受信について
本機は「おおたかどや山標準
電波送信所」
(40kHz)と「は
がね山標準電波送信所」
(60kHz)の2局より受信しや
すい方の電波を自動的に選択
し受信を行ないます(自動選
局機能)。通常は毎時 1 分に電
波受信を自動的に行ないます
(自動受信)。
※ 1 回の受信は約 2 ∼ 14 分間(リセット直後は約 4 ∼
14 分間)です。
※ 受信に成功すると、すぐに正しい時刻/月日(曜日)
に修正されます。また、 マークおよび マークが点
灯して受信成功をお知らせします。
マーク…現在の時刻台に電波受信が成功しているこ
とを表します。
(例:現在が午後 2 時 35 分の場合、午後 2
時台に受信成功していることを表します)
※ 時刻台が変わった場合、または手動受信
を行なった場合は消灯します。
マーク… 1日1回以上、電波受信が成功していること
を表します。
(正しい時刻が表示されているかどうかの目
安になります)
※ ただし、受信成功していても午前 2 時と
午前 3 時になると一度消灯します。その
後受信成功すると、再び点灯継続します。
●使用場所について
○ 受信中(受信インジケーター表示中)に時計を動
かしたりボタン操作をしないでください。なお、
受信中に WAVE ボタン(電波受信)を押すと、
受信を中断します。
<ご注意>
○ アラームセットボタンを使って現在時刻を修正
すると、以後24時間自動受信は行ないません。
た
だし、
この間にWAVEボタン
(電波受信)
を押して
手動受信を行なうと、その時点で解除されます。
○ アラーム ON でアラーム時刻を設定している時
刻台での自動受信は行ないません(例:アラーム
時刻=午前 7 時 15 分のとき、午前 7 時 1 分の
自動受信は行ないません)
。
○ 電波受信を行なわない間は、月差±30秒以内の
精度で計時します。
○ 電波障害により、誤った信号を受信することが
あります。
マンションやビルなどの鉄筋、
鉄骨の建物の中およびその周辺
(ビルの谷間など)
※ 但し、窓ぎわで使用すると受
信しやすくなります。
高圧線、架線の近く
乗り物の中
家庭電化製品、OA機器のそば、
(自動車、電車、飛行機など)
金属板の上
テレビ、スピーカー、FAX、
パソコン、携帯電話など
(
)
電波障害の起きるところ
( 工事現場、空港のそば、交通
)
量の多いところなど
山の裏側…など
おおたかどや山
(40kHz)
はがね山
(60kHz)
500km
1000km
4
Operation Guide DQD-620J
アラームの使い方
アラーム時刻をセットしておくと、毎日同じ時刻にアラーム音が鳴ります。
本機のアラームは以下のような機能があります。
• スヌーズアラーム
• 常時点灯ライト機能
2 アラームのSNZ(スヌーズ)
/ON
(オン)/OFF
(オフ)設定
アラームスイッチの位置でアラームの SNZ(スヌーズ)/ ON(オン)/ OFF(オフ)が選べます。
アラームスイッチ
1 アラーム時刻のセット
アラームセットボタンを使って、アラーム時刻をセットすることができます。
SNZ
<アラームがOFF
(オフ)の場合>
アラームセットボタンを1回押すと、
「月日表示」が「ア
ラーム時刻表示」に切り替わります。アラーム時刻の
表示中に再度、アラームセットボタンを押すとアラー
ム時刻のセットができます(セット終了後、数秒で自
動的に「月日表示」に戻ります)。
スヌーズ/ライトボタン
点灯
(側面)
(表面)
SNZ
ON
OFF
SNOOZE/LIGHT
<アラームがON(オン)またはSNZ(スヌーズ)の場合>
アラームセットボタンを押すとアラーム時刻のセット
ができます。
点灯
アラーム時刻
OFF
ALARM SET
電波受信中にアラームセットボタンを押すと、
電波受信は中断されます。
<アラームがSNZ(スヌーズ)のとき>
アラームスイッチ
−側を押すごとに
+ 側 を 押 すごと
アラー ム 時 刻 が
戻ります。
にアラー ム 時 刻
が進みます。
アラームマーク
SNZ(スヌーズ)
マーク
ON
※押し続けると早送り/戻しができます。
<アラームセットボタン>
鳴り方
アラームセット時刻になるとアラー
ム音が1分間鳴り、約5分おきに7回
報音を繰り返します。なおスヌーズ
/ライトボタンで音を止めても再び
鳴り出すスヌーズアラームです。
※SNZマークが点滅しているとき
は、アラーム音が再び鳴ります(ス
ヌーズアラーム機能中)。
アラームセット時刻になるとアラー
ム音が1分間鳴ります。
アラームセット時刻になってもアラー
ム音は鳴りません。
●デモアラーム
• 裏面の DEMO ボタン(デモアラーム)を押すと、ア
ラーム音を試しに聞くことができます。
• DEMO ボタン(デモアラーム)またはスヌーズ/ラ
イトボタンを押すと、アラーム音は止まります。
●常時点灯ライト機能
夜間の暗いときでも時刻を見やすくするため、光量
を落としてライトを常時点灯します(アラームス
イッチは ON または SNZ のときのみ)。
ライトはアラーム時刻の約8時間前から点灯します。
アラーム時刻まで約 8 時間以上ある場合は、アラー
ムを ON または SNZ にした時点で約 5 秒間点灯し、
一度消灯します。
その後、約 8 時間前になったとき再びライトは点灯
します。
※ アラーム音は 1 分間 5 段階でだんだん変化します。
例:朝7:30にアラームをセットした場合
●鳴っているアラーム音を止めるには
• 鳴っているアラーム音を止めるには、スヌーズ/ライ
トボタンを押します
(スヌーズアラームのときは再び
鳴ります)
。
• スヌーズアラーム機能を解除するには、アラームス
イッチを“OFF”にします。
約5秒間
ライト点灯
夜9:00
夜11:30
(アラームON)
ライト点灯
朝7:30
(アラーム時刻)
5
Operation Guide DQD-620J
時刻の合わせ方
電波受信により、時刻修正できないときに以下の操作を行なってください。
以下の操作で時刻を修正すると、修正後 24 時間は自動電波受信は行ないませんので、ご注意ください。
2 アラームセットボタンでセットを行なう
アラームセットボタンを使って、現在時刻などを合わせることができます。
1 SET ボタン
(セット)を押す
(裏面)
(表面)
(セット表示へ切り替える)
SET
RESET
SNOOZE/LIGHT
本機裏面にある SET ボタン(セット)を押すごとに以
下の順に点滅する表示が切り替わります。
SETボタン(セット)
ALARM SET
<通常表示>
−側を 押すごとに点 滅
箇所の数字が戻ります。
+側を押すごとに点滅
箇所の数字が進みます。
<アラームセットボタン>
<年セット表示>
<コントラストセット表示>
※<12/24時間制セット表示>、<コントラストセット
表示>以外で、それぞれ押し続けると早送り/戻しが
できます。
• 年は 2000 年∼ 2099 年までセットできます。正し
く年月日をセットすると、自動的に曜日が算出され
ます。
• カレンダーはうるう年および大の月、小の月を自動
判別するフルオートカレンダーです。
• <時刻セット表示>のときはボタンを押して分を進
めた(戻した)タイミングで 00 秒になります。
• < 12/24 時間制セット表示>のときはボタンを押
すごとに、12 時間制表示と 24 時間制表示とが切り
替わります。
• <コントラストセット表示>のときはボタンを押す
ごとに数字が 1 つずつ進み(戻り)、濃度が 16 段階
で調整できます(リセット操作後は04になっていま
す)。
01 薄い ←・・・ 04 ・・・→ 濃い 16
3 SETボタン(セット)を押す(通常表示へ戻す)
<月・日セット表示>
<時刻セット表示>
<12/24時間制セット表示>
セットが終わりましたら、SET ボタン(セット)を押して<通常表示>に戻します。
※ セット状態で何も操作しないと、約 3 分後に自動的に<通常表示>に戻ります。
6
Download PDF

advertising