Sony XCD-SX900 User's manual

Sony XCD-SX900 User's manual

CCD B/W DIGITAL

CAMERA MODULE

XCD-SX900

XCD-X700

User’s

Guide

(Ver. 1.1) Japanese

XCD-SX900

XCD-X700

Table of Contents

概 要 ...................................................................................................................... 1

主な特長 .................................................................................................................. 1

システム構成品 ...................................................................................................... 2

主な仕様 .................................................................................................................. 3

接続図 ...................................................................................................................... 4

各部の名称と働き .................................................................................................. 4

外形寸法図 .............................................................................................................. 5

CCD撮像範囲 ......................................................................................................... 6

分光感度特性 (代表値) .......................................................................................... 7

ゲインについて ...................................................................................................... 8

露光時間の設定について ....................................................................................... 9

シャッターについて .............................................................................................. 10

パーシャルスキャンモード ................................................................................... 17

ドライバー・アプリケーションを開発時の参考資料

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値 ... 20

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順 ................................. 29

XCD-SX900

XCD-X700

概 要

XCD-SX900/X700は1/2型PS IT CCDを搭載した、高解像度産業用白黒デジタルビデオカメラモジュールで

す。デジタルインターフェースにはIEEE1394-1995を採用しており、400Mbpsにも及ぶ転送速度を実現しまし

た。さらには、デジタル信号を用いることで、産業用画像処理分野で非常に重要とされる「画像劣化」がなく、また

正方画素CCDを用いたことにより、画像処理部でのアスペクトレシオの変換が不要となります。

耐振動性能にも考慮し、産業分野での各種検査装置・画像入力装置への組み込みも可能です。

IEEE1394とは?

IEEE1394とは、デジタルデータをやり取りするためのシリアルバス規格です。この規格は「IEEE*」によって

提唱され「IEEE Std. 1394-1995 IEEE Standard for a High Performance Serial Bus」として規定され

ています。

最大の特長は、400Mbpsにも及ぶ転送速度を実現し、データサイズの大きな映像信号などを扱うことができる

インターフェースであるということです。またデータをリアルタイムに伝送する (Isochronous転送) ことが可

能で、この転送は最大64ものチャンネル数を利用でき、転送量の帯域と時間配分が保証されています。電源を入

れたままコネクターを抜き差しすることも可能で、SCSIのようなターミネーターもID設定も不要です。

* The Institute of Electrical and Electronics engineers, Inc.

主な特長

1/2型PS IT CCD使用

高速デジタルインターフェースIEEE1394端子を装備

優れた解像度

XCD-SX900はSXGAに対応した145万画素CCDを採用し、XCD-X700はXGAに対応した80万画素CCDを

採用しているため、高画質な映像を得ることが可能です。

外部トリガーによる画像キャプチャーリング機能

外部トリガーシャッター機能を搭載することで、被写体の動きやアプリケーションに合わせて任意のタイミング

でシャッターを作動させることができます。また、露光時間も豊富な設定値の中から選択できるため、最適な条

件で画像を取り込めます。

映像の任意部分を出力するパーシャルスキャン機能

カメラ画像の必要な範囲を、任意の長方形として出力できるパーシャルスキャン機能を搭載しています。この機

能を採用することにより通常よりも速いフレームレートの設定が可能となり、必要な映像部分を効率的に撮影で

きます。

Cマウント

高耐振性構造

1

2

XCD-SX900

XCD-X700

システム構成品

Digital Interface

ビデオカメラモジュール

XCD-SX900/X700

IEEE1394カメラケーブル

(6pin, 4.5m)

Cマウントレンズ

VF2509 (Canon製)

ホストアダプターカード

(市販品)

三脚アダプター

VCT-ST70I (絶縁タイプ)

主な仕様

撮像素子

有効画素数

XCD-SX900

XCD-X700

画サイズ

XCD-SX900

XCD-X700

セルサイズ

XCD-SX900

XCD-X700

: 1/2型全画素読み出しIT転送方式CCD

: 1392 (H) ×1040 (V)

: 1034 (H) ×779 (V)

: SXGA: 1280 (H) ×960 (V)

: XGA : 1024 (H) ×768 (V)

: 4.65μm (H) ×4.65μm (V)

: 6.25μm (H) ×6.25μm (V)

インターフェースフォーマット

ビデオモード

: IEEE1394-1995

XCD-SX900

XCD-X700

フレームレート

: Format-2, Mode-2 1280×960 Y

: Format-1, Mode-5 1024×768 Y

XCD-SX900

XCD-X700

転送速度

レンズマウント

フランジバック

最低被写体照度

ガンマ

GAIN

シャッタースピード

XCD-SX900

: 7.5/3.75fps

: 15/7.5fps

: 400/200Mbps

: Cマウント

: 17.526mm

: 4lx (ゲイン+18dB、F0.95)

: γ = 1 (固定)

: Manual (0∼18dB)

XCD-X700

: 1/100,000∼1/10,000秒 (高速)

1/5,880∼1/7.5秒

1/7.5∼2秒(16秒) 1)

(標準) *125μsごとに可変

(低速) *1/7.5秒ごとに可変

: 1/100,000∼1/20,000秒 (高速)

1/8,330∼1/15秒 (標準) *83.6μsごとに可変

1/15∼2秒(16秒) 1) (低速) *1/15秒ごとに可変

外部トリガーシャッター

パーシャルスキャン

プロトコル

電源

消費電力

動作温度

保存温度

性能保証温度

動作湿度

保存湿度

耐振動性

耐衝撃性

MTBF

外形寸法

質量

付属品

1) 最長露光時間については23ページをご覧ください。

: あり

: あり (4×4 16エリア)

: 1394-based Digital Camera Specification version1.20準拠

: DC+8∼+30V (IEEE1394カメラケーブルより供給)

: 3.0W

: −5∼+45℃

: −30∼+60℃

: 0∼+40℃

: 20∼80% (結露のない状態で)

: 20∼95% (結露のない状態で)

: 10G (20∼200Hz・X, Y, Zの各方向20分)

: 70G

: 59549Hrs. (約6.8年)

: 44 (W) ×33 (H) ×116 (D) mm

: 250g

: IEEE1394ケーブル (ラッチ付き6ピンコネクター採用) (1)

レンズマウントキャップ (1)

クランプフィルター (2)

取扱説明書 (1)

XCD-SX900

XCD-X700

3

XCD-SX900

XCD-X700

接続図

Cマウントレンズ

XCD-SX900/X700

Dig ita l In ter fac e

IEEE1394カメラケーブル

推奨レンズ: VF2509

(Canon製)

ホストアダプターカード

ホスト機器 (PCなど)

三脚アダプター

VCT-ST70I

ディスプレイ

17インチ以上で

1280×1024の表示モードに

対応可能なもの

パーソナルコンピューター (PC) の推奨スペック

ホスト機器としてパーソナルコンピューター (PC) を用いる場合は、下記のスペックを推奨します。

プロセッサー : Pentium500MHz以上

空きメインメモリー : 40MB以上

ビデオメモリー

表示モード

拡張スロット

OS

: 8MB以上

: 1280×1024が表示可能であること

: PCIバスの空きスロットがあること

: Windows* 98またはWindows* NT4.0

(弊社公開のアプリケーションソフトを用いない場合はこの限りではありません。)

* Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

4

1

各部の名称と働き

2

2 3 3

4

4

5

5

2

1

レンズマウント部 (Cマウント)

2

カメラ固定用穴

レンズマウント面に対して高い精度で加工されたネジ穴です。

3

三脚アダプター取り付け用ネジ穴 (VCT-ST70I)

4

IEEE1394端子 : Video out/Control signal IN/OUT

5

BNCコネクター : Trigger IN

XCD-SX900

XCD-X700

外形寸法図

XCD-SX900

XCD-X700

44

13

8

2-M3

深さ

4

116

13

32.75

25

4-M2

深さ

3

4-M3 深さ 4

108.5

単位: mm

5

XCD-SX900

XCD-X700

CCD撮像範囲

XCD-SX900

総画素数 : 1434 (H) ×1050 (V)

有効画素数: 1392 (H) ×1040 (V)

撮像画素数: 1280 (H) ×960 (V)

11 ピン

2

50

1280

1392

1434

62

40

XCD-X700

総画素数 : 1077 (H) ×788 (V)

有効画素数: 1034 (H) ×779 (V)

撮像画素数: 1024 (H) ×768 (V)

1 ピン

11

ピン

3

8

1024

1034

1077

2

40

6

1

ピン

Top View

分光感度特性 (代表値)

XCD-SX900

1

0.8

0.6

0.4

0.2

0

400 500 600 700

Wavelength [nm]

800 900 1000

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-X700

1

0.9

0.8

0.7

0.6

0.5

0.4

0.3

0.2

0.1

0

400 500 600 700

Wavelength [nm]

800 900 1000

7

8

XCD-SX900

XCD-X700

ゲインについて

本カメラでは、マニュアルゲイン可変を採用しています。可変範囲は0∼+18dBで、この範囲を181ステップに細

分化し、希望のゲインに設定できるように設計されています。

ただし、ゲインコントロールアンプの可変特性が線形ではないため、設定1ステップ当たりのゲイン変化量は一律で

はなく、低ゲイン側と高ゲイン側で変化量は異なります。

工場出荷時には、ゲインは0dBに設定されています。

実際にゲインを可変するには、カメラ内部のCommand Status Registerの設定値を操作します。

Command Status Registerの設定をコマンドにより操作する場合は、P20以降を参照してください。

XCD-SX900

XCD-X700

露光時間の設定について

本カメラでは、マニュアルシャッター可変を採用しています。可変範囲は1/100,000∼2秒 (16秒) 1) です。この

範囲を高速・標準・低速の3領域に分け、それぞれの領域ごとに設定1ステップ当たりの露光時間の変化量が異なっ

ています。

高速領域

以下の既定値に設定可能です。

1/100,000、1/50,000、1/20,000、1/10,000 (XCD-SX900のみ)

標準領域

それぞれのカメラの1水平走査期間 (1H) ごとに設定可能です。

XCD-SX900: 1/5,880∼1/7.5秒の範囲を125μsごとに設定可能

XCD-X700 : 1/8,330∼1/15秒の範囲を83.6μsごとに設定可能

低速領域

それぞれのカメラの1垂直走査期間 (1V) ごとに設定可能です。

XCD-SX900: 1/7.5∼2秒 (16秒)

1)

の範囲を1/7.5秒ごとに設定可能

XCD-X700 : 1/15∼2秒 (16秒) 1) の範囲を1/15秒ごとに設定可能

1)

最長露光時間については23ページをご覧ください。

工場出荷時には、露光時間は

XCD-SX900: 1/70秒

XCD-X700 : 1/90秒

に設定されています。

実際に露光時間を可変するには、カメラ内部のCommand Status Registerの設定値を操作します。

Command Status Registerの設定をコマンドにより操作する場合は、P20以降を参照してください。

9

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて

ノーマルシャッター

連続するVDに合わせて、露光と読み出しを繰り返すシャッターモードです。ただ単純に連続した映像を取り込

みたい方に有効なモードです。ノーマルシャッター時のカメラ内部の動きとしては大きく3つに分かれます。 a) 1フレーム以下の露光時間の場合 b) 1フレームを超える露光時間の場合 c) フレームレートを下げた場合

カメラのフレームレートは以下の表のようになります。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

電源投入時

7.5fps = 約133ms

15fps = 約67ms

フレームレートを下げた場合

3.75fps = 約267ms

7.5fps = 約133ms

カメラのフレームレート

10

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて a) 1フレーム以下の露光時間の場合

カメラ内部でVDが連続発生し、それに合わせて映像が送り出されます。映像は、カメラスペックで設定

したフレームレートの周期で出力されます。

VD

カメラ内部

SUB

SG

DATA OUTPUT*

C

Green

Rear Panel LED

;

Orange Orange

露光時間

A

Green

B

Orange

Green

* カメラからの映像データ出力

ノーマルシャッターの動作

出力されるタイミングは、内部で発生したVDの立ち下がりを基準にA区間を経過した時点から映像出力が

開始され、B区間内は映像データが出力されます。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

A [ms]

約8.0

約2.4

B [ms]

約120

約64

データの読み出しまでの時間とデータの出力期間

C [ms]

約13

約2.6

A区間についてはカメラ外部から観測することはできませんが、今までのカメラのようにこのタイミング

でVDを入力する等の特別な設定を行う必要はありません。カメラスペック*に合わせてデータ取り込みの

準備をしておけば、出てきた映像データはコンピューター側に取り込まれます。

シャッタースピードが1フレーム以下で、フレームレートを下げない場合は、映像が出力されていない間

隔はCになります。

* デジタルカメラプロトコル (Ver. 1.20)

11

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて b) 1フレームを超える露光時間の場合

1フレームを超えるシャッタースピードを設定した場合も、VDから映像が出力されるまでのA区間, 映像

を出しているB区間は、前述の場合と変わりません。ただし、当然その露光時間内は映像が出力されませ

ん。映像がカメラから出力されるときだけ、カメラスペックで設定したフレームレートと同様に

IEEE1394のバスにデータが出力されます。また、データを流していない時間が長いので、実質のフレー

ムレートは落ちることになります。たとえば、XCD-X700で15fpsのフレームレートに設定していて

も、シャッタースピードを1/7.5秒にすると実質7.5fps以下のフレームレートになります。

前の

SG

から

2

フレーム∼

XCD-SX900: 15

フレーム

XCD-X700 : 30

フレーム

露光時間

VD

カメラ内部 SUB

SG

B

DATA OUTPUT* A

Green

Rear Panel LED

Orange Orange

* カメラからの映像データ出力

;;; ;

1フレームを超える露光時間のノーマルシャッター

12

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて c) フレームレートを下げた場合

フレームレートを下げた場合 (XCD-SX900の3.75fps、XCD-X700の7.5fps) は、毎VDごとに映像

はCCDから読み出されますが、使われる映像は2回に一度になるので下図の*1のSG*で読み出された映像

は使用されません。*2で読み出された映像がB区間内で出力されます。

* SG: センサーゲートパルス

VD

カメラ内部

SUB

SG

DATA OUTPUT

*1

B

*2

A

C

Green

B

*1

Rear Panel LED

Orange Orange

;;; ;;

フレームレートを下げた場合のノーマルシャッター

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

A [ms]

約8

約2.4

B [ms]

約240

約128

データの読み出しまでの時間とデータの出力期間

C [ms]

約26

約5

ご注意 : フレームレートを下げてシャッタースピードの露光時間を2フレームにした場合、フレーム

レートは半分でさらに露光時間は2フレームになります。

13

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて

トリガーシャッター

任意のタイミングで発生するトリガーに合わせて必要な映像を取り込むときに有効なモードです。また、複数台

のカメラで同じタイミングの映像を撮る場合にも使用できます。トリガーシャッター時に必要なトリガーは、リ

アパネルのBNC端子から入力します。入力信号は5Vの負極パルスです。信号の立ち下がりをトリガーとして検

出するので、トリガーの幅は動作には関係ありません。トリガーパルスの条件は、幅を最低でも10μs以上にし

てください。信号発生装置のドライブ能力にもよりますが、トリガーケーブルなどの伝播特性を考えると、実使

用時にトリガーパルスとして10μsのパルス幅は推奨できませんので、あくまでもパルス幅の最小値の目安とし

てください。

10

µ s

以上

TRIGGER 5V

トリガーパルス

トリガーシャッター動作時におけるカメラ内部の動き

トリガーが入ってすぐ約3μs幅のSUBパルスが発生します。そこから露光が始まり、カメラスペックを用いて

設定された露光時間が過ぎた後、カメラ内部でVDが発生します。正確には、露光時間が終わる約10μs前にVD

が発生します。

VDの立ち下がりからA区間が経過し、その後B区間内で映像が出力されます。

トリガー受け付け禁止区間

カメラ内部

TRIGGER

SUB

VD

SG

CCD OUT

露光時間

A

D

B

DATA OUTPUT

Rear Panel LED

Green Green

Orange

トリガーシャッターの動作

14

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて

カメラ

XCD-SX900 (7.5fps)

XCD-X700 (15fps)

A [ms]

約8

約2.4

B [ms]

約120

約64

データの読み出しまでの時間とデータの出力期間

D [ms]

約4.2

約0

トリガー受け付け禁止区間は、トリガーが入ってからCCDの映像をすべて読み出すまで続きます。フレームレー

トを下げた場合 (XCD-SX900の3.75fps、XCD-X700の7.5fps) は、図のように映像を読み出し終わった

後もデータ転送をしていますので、データ転送が終わるまでがトリガー禁止区間となります。トリガー受け付け

禁止区間に入ったトリガーはすべて無視されますので、トリガー間隔を短くしようとしすぎて禁止区間にトリ

ガーを入れないようにしてください。

トリガー受け付け禁止区間

TRIGGER

SUB

VD

カメラ内部

SG

露光時間 A

CCD OUT

B

DATA OUTPUT

Green

Rear Panel LED

Orange

フレームレートを下げた場合のトリガーシャッターの動作

Green

15

XCD-SX900

XCD-X700

シャッターについて

トリガーの最短間隔は、露光時間が10万分の1秒のときXCD-SX900で約133ms、XCD-X700で約67ms

となります。当然これより長い露光時間で使う場合が多いので、その露光時間分だけ受け付け可能なトリガー間

隔は長くなります。また、フレームレートを下げた場合も同様にカメラからの映像出力の時間がかかりますの

で、フレームレートは遅くなります。フレームレートを下げない場合、例としてトリガー間隔は以下のようにな

ります。

カメラ

XCD-SX900 (7.5fps設定時)

XCD-X700 (15fps設定時)

10万分の1秒

約133ms

約67ms

露光時間

1000分の1秒

約134ms

約68ms

受け付け可能なトリガー間隔の例

100分の1秒

約143ms

約77ms

受け付け可能なトリガー間隔の概算方法として以下の式を用いることができます。

トリガー間隔 = シャッタースピード+フレームレート

16

XCD-SX900

XCD-X700

パーシャルスキャンモード

画面上の指定した位置を部分的に切り出す機能が、パーシャルスキャンモードです。ユニットセルを単位とし、連続

した部分を選択できます。ただし、選択できる形状は長方形 (正方形も含む) のみで、凸やLのような切り出しは行

えません。

パーシャルスキャンによる切り出し

横 (水平方向)

XCD-SX900とXCD-X700では、トリガーシャッターと併用することでこのパーシャルスキャンモードを実現し

ています。ノーマルシャッター時にはパーシャルスキャンモードは機能しません。XCD-SX900とXCD-X700の

ユニットサイズは、全画面を縦横4分割した16分の1のサイズです。

XCD-SX900とXCD-X700のパーシャルスキャンモードは、部分読み出しの機能に加え、縦方向の切り出し高さ

が小さい場合にトリガー間隔を短くできるような工夫がしてあります。横方向の切り出し幅をいくら小さくしても、

CCDの機構上、トリガー間隔を短くすることはできません。

(弊社のカメラアダプターCMA-87をご使用の方は、XC-7500/XC-8500CEとCMA-87を組み合わせたときのハ

イレート機能と同等な機構だと考えてください。ただし、CMA-87は横方向の切り出しはできません。)

17

XCD-SX900

XCD-X700

パーシャルスキャンモード

カメラ内部の動きはトリガーシャッターのシーケンスとほぼ同じですが、CCDから映像が出てくるタイミングが垂

直方向の切り出したい位置によりまちまちになりますので、A区間はそれによって変化します。また、垂直方向の切

り出し高さによってB区間も変化します。

トリガー受け付け禁止区間

TRIGGER

SUB

カメラ内部

VD

SG

露光時間

A

CCD OUT

B

;;

DATA OUTPUT

Green Green

Rear Panel LED

Orange

の部分は、場合によってCCD OUTの方が長い場合とDATA OUTPUTの方が長い場合があるという意味です。つまり、どちら

か遅い方がトリガー禁止区間を決めるということです。ただし、数ms以下の範囲ですので可能なトリガー間隔に大きな影響は

及ぼしません。

パーシャルスキャン動作時のカメラ内部の動きの概要

露光が終わってから映像が出力されるまでのA区間は、読み出しする位置によってそれぞれ以下のようになります。

これは横の切り出し幅には依存しません。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

1段目

約4.5ms

約2.5ms

2段目

約6ms

約3.5ms

映像出力までの時間

3段目

約7.5ms

約4ms

4段目

約9ms

約4.5ms

出力映像位置

1段目から

2段目から

3段目から

4段目から

18

XCD-SX900

XCD-X700

パーシャルスキャンモード

IEEE1394バス上にデータが出力されるB区間は、切り出し高さによりそれぞれ以下のようになります。これは横

方向の切り出し幅には依存しません。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

1/4高

約30ms

約16ms

1/2高

約60ms

約32ms

3/4高

約90ms

約48ms

4/4高

約120ms

約64ms

映像の出力期間

出力映像切り出し高さ

1/4高

1/4高

1/2高

3/4高

4/4高

パーシャルスキャンモードの際の受け付け可能なトリガー間隔は、垂直方向の切り出し高さを小さくすることで通常

のトリガーシャッターより短くできます。受け付け可能なトリガー間隔は、垂直方向に切り出す位置には依存せず切

り出し高さが一定であれば、ほぼ一定になるようになっています。横方向の切り出し幅も、受け付け可能なトリガー

間隔には影響しません。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

1/4高

約39ms

約21ms

1/2高

約68ms

約36ms

3/4高

約96ms

約52ms

4/4高

約125ms

約67ms

10万分の1秒のシャッタースピードでの受け付け可能なトリガー間隔

ただし、これは最短の周期で露光時間が10万分の1秒の場合です。上記の値に露光時間を足したものが、受け付け

可能なトリガー間隔となります。たとえば、露光時間が1ms (1000分の1秒) の場合は以下のようになります。

カメラ

XCD-SX900

XCD-X700

1/4高

40ms

22ms

1/2高

69ms

37ms

3/4高

97ms

53ms

4/4高

126ms

68ms

1000分の1秒のシャッタースピードでの受け付け可能なトリガー間隔

19

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

以下、CSRのaddressを64bit中の下位32bitで表記します。

例 : CSR F0F00614hは

Bus_ID, Node_ID, FFFF F0F0 0614hを意味します。

CSRに設定する32bitのコマンドをHex表記するときは、bit0をMSBとして表記します。

例 : 82012345h = 10000010 00000001 00100011 01000101b

: : bit0 bit31

ご注意

: 各CSRのRead/Writeを行ってから次のRead/Writeを実行するまでに、2ms以上の間隔を空けてくだ

さい。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

CSR F0F00000h Camera Initialize Register

Isochronousによる画像データ転送を中止し、各CSRの設定値を工場出荷状態に戻します。Camera

Initialize完了時はCSR F0F00000h = 00000000hに戻ります。

Isochronousによる画像データ転送を再開する前に、各CSRに所定の設定を行ってください。

Camera Initialize Start Command: 80000000h

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

CSR F0F00600hからCSR F0F00614hにコマンドをWriteすることで、Isochronousによる画像転送を制御

します。

CSR F0F00600h Current Frame Rate

Frame Rateを指定します。

XCD-SX900 : Frame Rate Command

---------------------------------------------------------------------

1 (3.75fps) 20000000h

2 (7.5fps) 40000000h

XCD-X700 : Frame Rate Command

---------------------------------------------------------------------

2 (7.5fps) 40000000h

3 (15fps) 60000000h

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

CSR F0F0081Ch Shutterの設定値82000nnnhにおいて、nnn < 7FFhの場合は長時間

露光モードとなるため、ここで設定したFrame Rateよりも低速のFrame RateでIsochronous

転送が行われる場合があります。

またExt.TriggerモードおよびScalableモードでは、ここで設定したFrame Rateは意味を持

たなくなります。(外部トリガー信号の周期に依存するため)

20

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

CSR F0F00604h Current Video Mode

Video Modeを指定します。

XCD-SX900 : Video Mode Command

---------------------------------------------------------------------

2 (1280×960 Y) 40000000h (Format2のときのみ)

0 (partial scan) 00000000h (Format7のときのみ)

XCD-X700 : Video Mode Command

---------------------------------------------------------------------

5 (1024×768 Y) A0000000h (Format1のときのみ)

0 (partial scan) 00000000h (Format7のときのみ)

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

CSR F0F00608h Current Video Format

Video Formatを指定します。

XCD-SX900 : Video Format Command

---------------------------------------------------------------------

2 (1280×960 Y) 40000000h

7 (partial scan) E0000000h

XCD-X700 : Video Format Command

---------------------------------------------------------------------

1 (1024×768 Y) 20000000h

7 (partial scan) E0000000h

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

Format7に設定した場合は自動的にExt.Triggerモードになるため、外部トリガー信号の立ち

下がりによってIsochronous転送を1画面分行います。

CSR F0F0060Ch Isochronous Channel, Transmit Speed

Isochronous Channel (0−0Fh), Transmit Speed (200, 400Mbps) を指定します。

Speed Command

---------------------------------------------------------------------

1 (200Mbps) n1000000h

2 (400Mbps) n2000000h n: Isochronous Channel 0−Fh

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

21

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

CSR F0F00614h Isochronous Transmission Start/Stop

Isochronousによる画像転送のStart/Stopを設定します。

Start : Command = 80000000h

Stop : Command = 00000000h

ご注意 : Startを設定する前に、CSR F0F00600h−F0F0060Chの設定を行ってください。

Isochronousに関係するCSRの設定に不備がある場合、カメラはCSR F0F00614hの値を

00000000hに戻し、Isochronous転送を行いません。

その場合は不備のあったCSRに正しい値を設定した後、再度CSR F0F00614hにStart

Command: 80000000hを設定してください。

Format7に設定した場合は、CSR F0F00614hにStart Command: 80000000hを設定

した後、外部トリガー信号を入力することでIsochronous転送を行います。

CSR F0F00618h Memory Save

カメラの現在の設定 (Shutter, Gain, Trigger_Mode) をCSR F0F00620hで指定されたMemory

Channelに記憶します。カメラの電源をOFFにしても、記憶は保持されます。

Execute: Command = 80000000h

ご注意 : Executeを設定する前に、CSR F0F00620h Memory Save chの設定を行ってください。

この設定が正しく行われていない場合は、Memory Saveを実行しません。

Memory Saveの実行を完了すると、CSR F0F00618hの値は00000000hに戻ります。

Memory Saveの実行完了前は、他のコマンドを書き込まないでください。

CSR F0F00620h Memory Save Channel

カメラの現在の設定を記憶するMemory Channel (ch1, ch2) を設定します。 ch1: Command = 10000000h ch2: Command = 20000000h

CSR F0F00624h Current Memory Channel

CSR F0F00618h Memory Saveで記憶したカメラの設定 (ch1, ch2) または工場設定値をメモリーから

読み出し、カメラに設定します。

Channel Command

---------------------------------------------------------------------

Factory 00000000h ch1 ch2

10000000h

20000000h

ご注意 : CSR F0F00624hの設定はカメラ内部の不揮発性メモリーに記憶され、次に電源ONしたときに

も有効になります。

22

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

CSR F0F0081ChからCSR F0F00830hにコマンドをWriteすることで、カメラのShutter, Gain, Trigger

Modeを制御します。

CSR F0F0081Ch Shutter

電子シャッターの露光時間を設定します。

以下のシリアル番号のカメラは露光時間が最大2秒までに設定されています。

XCD-SX900 100101∼100900

XCD-X700 100101∼100750

最大値を16秒に変更したい場合には、お買い上げ店にご相談ください。有償にてファームウェアのバージョ

ンアップが可能です。

ご注意

: 2秒を超えるシャッタースピードでのご使用の場合、性能保証は一切できません。 a) マニュアル調整

Command = 82000nnnh

<XCD-SX900の場合> nnn: 788h (long) −C2Fh (short) の範囲で調整。

* nnnは整数なので、適当に丸め込んでください。

露光時間が最大2秒のとき

2 sec ≧ Shutter Speed ≧ 1/7.5 sec nnn = 800h − 7.5*Shutter Speed (sec)

1/7.5 sec > Shutter Speed > 1/5,882 sec nnn = 3116.4 − 7999*Shutter Speed (sec)

Shutter Speed = 1/10,000 sec nnn = C2Ch

Shutter Speed = 1/20,000 sec nnn = C2Dh

Shutter Speed = 1/50,000 sec nnn = C2Eh

Shutter Speed = 1/100,000 sec nnn = C2Fh

露光時間が最大16秒のとき

16 sec ≧ Shutter Speed ≧ 1/7.5 sec nnn = 800h − 7.5*Shutter Speed (sec)

1/7.5 sec > Shutter Speed > 1/5,882 sec nnn = 3116.4 − 7999*Shutter Speed (sec)

Shutter Speed = 1/10,000 sec nnn = C2Ch

Shutter Speed = 1/20,000 sec nnn = C2Dh

Shutter Speed = 1/50,000 sec nnn = C2Eh

Shutter Speed = 1/100,000 sec nnn = C2Fh

ご注意 : nnn < 800hの場合は長時間露光モードとなるため、CSR F0F00600hで設定したFrame

Rateを保持できない場合があります。

<XCD-X700の場合> nnn: 710h (long) −B22h (short) の範囲で調整。

* nnnは整数なので、適当に丸め込んでください。

露光時間が最大2秒のとき

2 sec ≧ Shutter Speed ≧ 1/15 sec nnn = 800h − 15*Shutter Speed (sec)

1/15 sec > Shutter Speed > 1/8,361 sec nnn = 2848.4 − 11962*Shutter Speed (sec)

Shutter Speed = 1/20,000 sec nnn = B20h

Shutter Speed = 1/50,000 sec nnn = B21h

Shutter Speed = 1/100,000 sec nnn = B22h

露光時間が最大16秒のとき

16 sec ≧ Shutter Speed ≧ 1/15 sec nnn = 800h − 15*Shutter Speed (sec)

1/15 sec > Shutter Speed > 1/8,361 sec nnn = 2848.4 − 11962*Shutter Speed (sec)

Shutter Speed = 1/20,000 sec nnn = B20h

Shutter Speed = 1/50,000 sec nnn = B21h

Shutter Speed = 1/100,000 sec nnn = B22h

ご注意 : nnn < 800hの場合は長時間露光モードとなるため、CSR F0F00600hで設定したFrame

Rateを保持できない場合があります。

23

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値 b) 工場設定値

XCD-SX900は1/70sec、XCD-X700は1/90secの工場設定値に電子シャッターを設定します。

Command = 80000***h ***: 任意

CSR F0F00820h Gain

映像信号アンプのゲインを調整します。

Command = 82000nnnh nnn: 800h (min) −8B4h (max) の範囲で調整。

目安として nnn = 800h: 0dB (標準値) nnn = 83Ch: 6dB nnn = 878h: 12dB nnn = 8B4h: 18dB

CSR F0F00830h Trigger Mode

カメラ背面のTRIG IN端子に負極性の信号が入力されたときに、1Frameだけ画像のIsochronous転送を行

います。

ON : Command = 82000000h

OFF : Command = 80000000h

ご注意 : CSR F0F00600h−F0F00614hの設定が適切に行われていないと、Isochronous転送は

行われません。

CSR F0F00608h Video FormatがFormat7に設定されると自動的にTrigger ONに設定

され、Format7が有効な間はTrigger OFFは設定できません。

外部トリガー信号がカメラに受理されてからそれによるIsochronous転送が完了するまでの間

は、新たなトリガー信号を無視します。

24

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

CSR F1000008hからCSR F1000044hにコマンドをWriteすることで、Format7のパーシャルスキャン機能

を制御します。

設定された矩形の領域の画像データのみを、Ext.Trigger 信号によってIsochronous 転送します。

CSR F1000008h Image Position

パーシャルスキャン機能によって画面の1部分を切り出す際の、画面上において左上の頂点の座標を指定しま

す。

0 1 2 3 4 (x)

1

2

3

4

(y)

上図のように、全画面を横 (x), 縦 (y) それぞれ4等分したときの格子点に相当する座標を設定します。

(CSR F1000004 Unit Size Inq に記載されているHunit, Vunitに格子点の座標 (x = 0, 1, 2, 3 、y = 0,

1, 2, 3) をそれぞれ乗じたものを設定)

<XCD-SX900の場合>

Command = 0mmm0nnnh

上図の格子点 (x) mmm

-----------------------------------------------------------

0 000h

1 140h

2

3

280h

3C0h mmm: X座標 nnn: Y座標

上図の格子点 (y) nnn

-----------------------------------------------------------

0 000h

1 0F0h

2

3

1E0h

2D0h

<XCD-X700の場合>

Command = 0mmm0nnnh

上図の格子点 (x) mmm

-----------------------------------------------------------

0 000h

1 100h

2

3

200h

300h mmm: X座標 nnn: Y座標

上図の格子点 (y) nnn

-----------------------------------------------------------

0 000h

1 0C0h

2

3

180h

240h

25

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

CSR F100000Ch Image Size

パーシャルスキャン機能によって画面の1部分を切り出す際の、領域の大きさを設定します。

1

2

3

4

(y)

0 1 2 3 4 (x)

上図のように、全画面を横 (x), 縦 (y) それぞれ4等分した格子点上の、矩形領域の幅と高さで領域の大きさ

を設定します。

(CSR F1000004 Unit Size Inq に記載されているHunit, Vunitに幅 (x) と高さ (y) (x = 1, 2, 3, 4 、y =

1, 2, 3, 4) をそれぞれ乗じたものを設定)

<XCD-SX900の場合>

Command = 0iii0jjjh

格子点上の幅 (x) i i i

-----------------------------------------------------------

1 140h

2

3

4

280h

3C0h

500h iii: 領域の幅 jjj: 領域の高さ

格子点上の高さ (y) j j j

-----------------------------------------------------------

1 0F0h

2

3

4

1E0h

2D0h

3C0h

制限事項 : 矩形領域の右下が格子点 ( 4 , 4 ) を超えないように領域指定してください。つまりC S R

F1000008h Image Positionの設定を0mmm0nnnh (mmm: X座標, nnn: Y座標) とした場

合、 mmm+iii ≦ 500h (Max Image Size: Hmax) nnn+jjj ≦ 3C0h (Max Image Size: Vmax)

この2式を満たすように矩形領域の設定を行ってください。

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

26

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

<XCD-X700の場合>

Command = 0iii0jjjh

格子点上の幅 (x) i i i

-----------------------------------------------------------

1 100h

2

3

4

200h

300h

400h iii: 領域の幅 jjj: 領域の高さ

格子点上の高さ (y)

1

2

3

4 j j j

-----------------------------------------------------------

0C0h

180h

240h

300h

制限事項 : 矩形領域の右下が格子点 ( 4 , 4 ) を超えないように領域指定してください。つまりC S R

F1000008h Image Positionの設定を0mmm0nnnh (mmm: X座標, nnn: Y座標) とした場

合、 mmm+iii ≦ 400h (Max Image Size: Hmax) nnn+jjj ≦ 300h (Max Image Size: Vmax)

この2式を満たすように矩形領域の設定を行ってください。

ご注意 : CSR F0F00614h Iso_ENがOFFのときに設定を行ってください。

CSR F1000010h Color Coding ID

パーシャルスキャン機能によって画面の1部分を切り出す際のColor Coding ID を設定します。

XCD-SX900, XCD-X700 共にColor Coding ID 0 (Y 8bit) のみサポートしていますので、常にID 0を設

定してください。

Command = 00000000h

CSR F1000044h Byte per Packet

CSR F1000040h Packet Para Inq で指示された値に従って、Byte per Packet の設定を行います。

CSR F1000008h (Image Position), CSR F100000Ch (Image Size) の設定を行うと、カメラはCSR

F1000040h Packet Para Inq の計算を行います。Packet Para Inq はByte per Packet の最大値, 最小

値を指示しますが、XCD-SX900, XCD-X700の場合は常に最大値 = 最小値になっていますので、そのま

まの値をByte per Packet に設定してください。

CSR F1000040hの値: 0nnn0nnnhの場合

CSR F1000044hにcommand = 0nnn0000hを設定してください。

27

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700 Camera Command Status Registerの設定値

パーシャルスキャン機能に関する全般的な注意

トリガー信号がカメラに受理されてからそれによるIsochronous 転送が完了するまでの間は、新たなトリガー

信号を無視します。

またカメラの設定を変更した場合、カメラ内部の状態変化が完了するまでの間はトリガー信号を無視します。

パーシャルスキャンに関係するCSR (F0F0060Ch, F1000008h, F100000Ch, F1000010h) の設定

を変更すると、カメラはその都度CSR F1000040h Packet Para Inq の指示値を計算し直します。設定

変更後、CSR F1000040の指示値が確定するまで5msかかりますが、この間はCSR F1000040のRead

を行わないでください。

パーシャルスキャンの設定変更を行った直後にトリガー信号が入ると、古い設定のままの画像が出力される場

合があります。設定変更後5msの間はトリガー信号を入力しないでください。

CSR F0F00614 Iso_EN がONの状態で、パーシャルスキャンに関係するCSRに誤った設定が行われた場

合は、自動的にIso_ENがOFFになりIsochronous 転送を禁止します。その際はパーシャルスキャンに関係す

るCSRに正しい設定を行い、Iso_ENをONに設定してください。誤った設定のままIso_ENをONに設定しよ

うとしても受理されません。

28

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順

(1) カメラコントロールレジスターベースアドレスの取得

Configuration ROM を読み出して、カメラコントロールレジスターのベースアドレスを取得します。

Configuration ROM のベースアドレスはFFFF F0000000Hです。

Bus Info Block

Root Directory

Offset

400H

404H

408H

40CH

410H

414H

418H

41CH

420H

424H

0−7

08

00

00

04

31

20

03

0C

8D

D1

8−15

00

05

04

1F

33

FF

08

00

00

00

16−23

46

00

C8

C0

39

60

00

83

00

00

24−31

02

0B

0A

01

34

00

46

C0

02

04

Node Uniq ID Leaf のオフセットアドレスを求める

420H+000002H*4 = 428H

Node Uniq ID Leaf

Unit Directory のオフセットアドレスを求める

424H+000004H*4 = 434H

428H

42CH

430H

00

08

00

02

00

05

E7

46

00

33

02

0B

Unit Directory

434H

438H

43CH

440H

00

12

13

D4

03

00

00

00

7D

A0

01

00

Unit Dependent Info

Unit Dependent Infoのオフセットアドレスを求める

440H+000001H*4 = 444H

444H

448H

44CH

450H

00

40

81

82

03

3C

00

00

4F

00

00

00

EA

00

02

05

Camera Control register のオフセットアドレスを求める

FFFFF0000000H+3C0000H*4 = FFFFF0F00000H

AF

2D

01

01

このカメラのコントロールレジスターのベースアドレスはFFFF F0F00000Hとなります。

29

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順

(2) フォーマット/モード/フレームレートの取得 (XCD-SX900 Format2の場合)

a) サポートしているフォーマットの確認

Inquiry register for video format を参照し、サポートしているフォーマットを調べます。

Address

F0F00100H

Action

Read

Data

21000000H

ビット2と7が立っているので、Format2とFormat7をサポートしていることがわかります。 b) サポートしているビデオモードの確認

Inquiry register for video mode を参照し、Format2の中でどのビデオモードをサポートしているか

調べます。

Address

F0F00188H

Action

Read

Data

20000000H

ビット2が立っているので、Mode2をサポートしていることがわかります。 c) サポートしているフレームレートの確認

Address

F0F00248H

Action

Read

Data

60000000H

ビット1, 2が立っているので、3.75fpsと7.5fpsをサポートしていることがわかります。

(3) ビデオ転送開始のコマンド (Format2)

Status and Control registers for camera に以下の値を設定すると、カメラはビデオ転送を開始します。

(Video Format = 2, Video Mode = 2, Frame Rate = 7.5fps, ISO Speed = 400Mbps)

Address Action Data

F0F00600H

F0F00604H

F0F00608H

F0F0060CH

F0F00614H

Write

Write

Write

Write

Write

40000000H

40000000H

40000000H

02000000H

80000000H

Frame Rate = 7.5fps

Video Mode = 2

Video Format = 2

ISO ch = 0, Speed = 400Mbps

ISO Enable ON

ビデオを停止するには、ISO Enableビットを0にします。

Address

F0F00614H

Action

Write

Data

00000000H ISO Enable OFF

30

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順

(4) トリガーモードにする場合

Status and Control register for featureを設定して、トリガーモードをONにします。

Address

F0F00830H

Action

Write

Data

82000000H トリガーON、モード0

ビット0はPresence Inqビットですので、書き込みは無効です。したがって、Dataに02000000Hを書き

込んでも同様に動作します。

(5) Format7の場合の手順

a) Format7において、どのモードをサポートしているか調べます。

Address

F0F0019CH

Action

Read

Data

80000000H

ビット0が立っているので、モード0をサポートしていることがわかります。 b) Mode0のCSRオフセットアドレスを取得します。

Address

F0F002E0H

Action

Read

Data

00400000H

F0000000H+00400000H*4 = F1000000H

Video Mode CSR for Format_7のアドレスがF1000000Hであることがわかります。 c) MaxSize/UnitSize/ColorCodingIDの取得

Address

F1000000H

F1000004H

F1000014H

Action

Read

Read

Read

Data

050003C0H

014000F0H

80000000H

MaxSize

UnitSize

ColorCodingID

MaxSizeが1280*960、UnitSizeが320*240、ColorCodingIDはMono8であることがわかりま

す。したがって、縦4分割, 横4分割の16分割まで可能です。 d) ImagePosition/ImageSize/ColorCodingIDの設定

Address

F1000008H

F100000CH

F1000010H

Action

Write

Write

Write

Data

014000F0H

028001E0H

00000000H

左上を指定 (320, 240)

サイズ指定 (640, 480)

Mono8を指定

ポジションおよびサイズは、ユニットサイズの整数倍である必要があります。

ColorCodingIDはMono8の場合は0を書きます。(80000000Hではないので注意)

31

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順 e) パケットサイズの指定

Address

F1000040H

Action

Read

Data

02800280H Unit = 640, Max = 640

この機種の場合、パケットサイズのUnitとMaxが同一の値なので、パケットサイズはその値をそのまま指

定します。

Address

F1000044H

Action

Write

Data

02800000H パケットサイズ = 640

パケットサイズによって、Isochronous転送の帯域が決定されます。

ご注意

: 手順d) においてImagePosition/ImageSize/ColorCodingIDの設定を行うと、カメラは

PacketParaInqレジスターの内容を再計算し反映させますが、計算が終わる前に次の読み出

しを行うと不具合が発生する可能性がありますので、PacketParaInqレジスター読み出しコ

マンドを実行する前に5ms以上の間隔をあけるようにしてください。 f) TotalBytesの取得

Address

F1000038H

F100003CH

Action

Read

Read

Data

0004B000H

00000000H

下位32ビット

上位32ビット

カメラが送ってくるトータルのバイト数です。このカメラの場合、画素数とこのバイト数は一致します。

アプリケーションソフトウェアでは、このサイズのバッファーを確保してIsochronous転送されるデータ

を受け取る準備をします。

32

XCD-SX900

XCD-X700

XCD-SX900/X700の出画までのコマンド送出手順

(6) ビデオ転送開始のコマンド (Format7)

Status and Control registers for camera に以下の値を設定すると、カメラはビデオ転送を開始します。

(Video Format = 7, Video Mode = 0, ISO Speed = 400Mbps)

Address

F0F00604H

F0F00608H

F0F0060CH

F0F00614H

Action

Write

Write

Write

Write

Data

00000000H

E0000000H

02000000H

80000000H

Video Mode = 0

Video Format = 7

ISO ch = 0, Speed = 400Mbps

ISO Enable ON

Format7の場合、フレームレートの概念はありませんのでF0F00600H (FrameRate) の指定は無視され

ます。

XCD-SX900/XCD-X700 のFormat7はトリガーONでのみ動作します。ISO EnableONのコマンドを受け

取ると、Status and Control register for feature のTrigger のレジスター (F0F00800H) のON/OFF

ビットは自動的に1になります。

以上の設定をした上で、外部トリガー端子にトリガー信号を入力するとビデオの転送が開始されます。

33

XCD-SX900

XCD-X700

お客様各位

このたびはXCシリーズ, XCDシリーズ, DFWシリーズカメラをお買い上げいただき誠にありがとうございます。

末永くお使いいただくためにお買い上げ後のサービス, 保証範囲等については以下の保証規定とさせていただきます。

内容につきご理解の上ご使用くださいますようお願い申し上げます。

なお、この保証規定の対象は日本国内にてご購入いただいた製品に限らせていただきます。

保証規定

XCカメラシリーズ/XCDカメラシリーズ/DFWカメラシリーズ

正常な使用状態で故障した場合は、以下の条件で無償修理をお受け致します。

<無償修理期間>

お客様ご購入後3年です。

ご購入時期が不明な場合は、シリアルNo (生産時期) から判断させていただくことがあります。

ただし、シリアルNo (カメラ底部にラベル表示) がなく、ご購入時期が不明な場合は有償修理となります。

<無償修理の対象範囲>

標準カメラ*およびお客様のご要望に合わせ、弊社責任において特別に改造をお受けした製品 (納入仕様書発行済

みのもの) のみとさせていただきます。

* 標準カメラについて

弊社出荷時のままでお使いのもの、あるいはカタログ, 取扱説明書, ユーザーズガイド等に示す設定変更のためのスイッチ

および半田ランドショート/オープン切り換えをお客様にて変更されたものを含みます。

<無償修理の対象外範囲>

1) お客様での設定変更時のミスによるものや、お客様改造品 (カメラのEEPROMデータ変更も対象となります)

2) 火災, 地震, 風水害, 落雷, その他の天変地変、公害, 塩害, 異常電圧などによる故障および損傷

3) 製品の点検清掃、または製品の性能を維持するための定期的な調整や保守的作業を行った場合

<弊社瑕疵によるものについて>

1) 保証期間に関わらずその状況により対応させていただきます。ただし、カメラ単体についてのみとし、カメラ

不良により波及すると考えられるお客様のシステムについては保証対象外です。

2) 故障、その他による営業上の機会損失等の補償は致しかねます。また、ソフトウェア, データベースの消去、

破損等の補修または補償も致しかねますのでご了承ください。

◎ 製品の寿命について

製品の中には有寿命品として定期交換, 点検の必要なものがあり、使用環境, 条件により寿命が大きく異なります。

長時間使用される場合には、定期点検をお勧めします。下記に例を示しますが、詳しくは営業担当にお問い合わせください。

電解コンデンサー

• 駆動部品であるモーター* (フォーカスモーター, ズームモーター, アイリスモーター)

* レンズ部を持つ商品のみに適用

<修理依頼方法>

1) お買い上げ店の担当者にお申し付けください。なお、修理のご用命の際はできる限り具体的にその不良症状/

条件もお知らせください。お客様からの情報は修理期間の短縮化に大変役立ちます。

2) 無償修理期間経過後の修理およびお客様改造品については、修理可能なものに限り有償にてお受け致します。

<修理対応期間>

上記カメラ、XCカメラシリーズ/XCDカメラシリーズ/DFWカメラシリーズにおける、販売終了後の修理対応期

間は、原則7年間とさせていただきます。

ソニー株式会社

ブロードバンドソリューションネットワークカンパニー

B&Pカンパニー ビジネス企画推進部門 ISP販売推進1課

〒243-0014 神奈川県厚木市旭町4-14-1

Tel: (046) 230-5594 Fax: (046) 230-6780

34

本資料の掲載内容は、改良などにより予告なく変更することがあります。

CCD B/W DIGITAL

CAMERA MODULE

XCD-SX900

XCD-X700

ブロードバンドソリューションネットワークカンパニー

B&Pカンパニー ビジネス企画推進部門 ISP販売推進1課

〒243-0014 神奈川県厚木市旭町4-14-1 Tel: (046) 230-5594 Fax: (046) 230-6780 http://www.sony.co.jp/ISPJ/

仕様は、予告なく変更される場合がありますが、ご了承下さい。

00A

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project