Yamaha | ProMix 01 | Owner's Manual | Yamaha ProMix 01 Owner's Manual

取扱説明書
1
2
3
4
5
6
7
8
10
9
11
12
13
14
15
16
L
R
L
ST IN
R
2TR IN
PAD
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
0
10
LEVEL
0
10
LEVEL
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
MONITOR
OUT
PHONES
CUE/
2TR IN
PARAMETER
SCENE MEMORY
INC +
STORE
UTILITY
MIDI
DEC –
PAIR
ENTER
RECALL
GROUP
FUNCTION
METER
PAN/ø
COMP
CUE
SEND 1
2
3
4
EQ-LOW
MID
HIGH
LIBRARY
RTN
1
RTN
2
CLIP
15
12
9
6
3
0
–6
–12
–18
–24
–40
MEMORY
SEND 3
SEL CH
SEND 4
R
L
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
6
0
RTN/
SEND
ST OUT
取扱説明書
ごあいさつ
このたびは、ヤマハミキサーProMix 01をお買い求めいただき、まことにありがとう
ございます。ProMix 01は、先進のデジタル技術を駆使し、さまざまな場面でのニー
ズに柔軟に対応することのできるミキサーです。
ProMix 01の優れた機能を使いこなしていただくために、ぜひこの取扱説明書をご活
用いただきますようご案内申し上げます。また、ご一読いただいた後も、不明な点
が生じた場合に備えて、保証書とともに大切に保管してください。
音楽を楽しむエチケット
音のエチケット
これは日本電子機械工業会「音のエチケット」
キャンペーンのシンボルマークです。
楽しい音楽も時と場所によってはたいへん気になるものです。隣近所への配
慮を充分にいたしましょう。
静かな夜間には小さな音でもよく通り、特に低音は床や壁などを伝わりやす
く、思わぬ所で迷惑をかけてしまうことがあります。
適度な音量を心がけ、窓を閉めたりヘッドフォンをご使用になるのもひとつ
の方法です。
V
同梱品の確認
パッケージの中に次のものが同梱されていることをご確認ください。
■本体:1台
1
2
3
4
5
6
7
8
10
9
11
12
13
14
15
16
L
R
L
ST IN
R
2TR IN
PAD
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
0
10
LEVEL
0
10
LEVEL
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
MONITOR
OUT
PHONES
CUE/
2TR IN
PARAMETER
SCENE MEMORY
STORE
INC+
UTILITY
MIDI
ENTER
RECALL
DEC–
GROUP
PAIR
METER
PAN/ø
COMP
CUE
SEND 1
2
3
4
LOW
MID
HIGH
LIBRARY
FUNCTION
RTN
1
RTN
2
CLIP
15
12
9
6
3
0
–6
–12
–18
–24
–40
MEMORY
SEND 3
SEL CH
SEND 4
R
L
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
6
0
RTN/
SEND
ST OUT
■ユーザーズマニュアル(本書):1冊
■クイックリファレンスシート:1枚
■保証書:1枚
■キープロテクタ:1個
RTN
1
RTN
2
ダイアルを操作する時、誤ってキーに指が触れるのを防
CLIP
15
12
9
6
3
0
–6
–12
–18
–24
–40
SEND 3
SEND 4
L
ぎます。
取り付け方:
R
1.キープロテクタを貼り付ける場所をきれいに拭きま
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
す。
2.キープロテクタ裏面の接着紙のセパレーターを剥が
して、右図の位置に貼ります。
もし、上記の中で足りないものがありましたら、お手数ですがお買い上げ販売店に
ご連絡ください。
VI
特長
ProMix 01は、次のような特長を持つミキサーです。用途に合わせてご活用ください。
■16+αチャンネルの高音質次世代ミキサー
本機は、16チャンネルのバランス型チャンネルインプット端子(8チャンネルのXLR
タイプ端子+8チャンネルのフォン端子)を備えています。さらに、このチャンネル
インプット端子とは別にステレオインプット端子、2トラックインプット端子を備
え、用途を拡げることが可能です。1∼8のチャンネルインプット端子には、コンデ
ンサーマイク用ファンタム電源を供給することもできます。
アウトプット端子には、通常のステレオアウトプット、レコーディングアウトプッ
ト(アナログ/デジタル)以外に、主にキュー信号を扱うためのモニターアウト
プット、ヘッドフォンアウトプットや、フォールドバックスピーカーや外部エフェ
クト用のセンド3, 4端子などが用意されています。
内部的には、20ビットリニアコンバージョン・48kHzサンプリングのフルデジタル
処理が行われ、原音をそこなうことなく、ミキシングをこなすことができます。
■高品位なエフェクト、コンプレッサー、イコライザーを搭載
本機には、リバーブやコーラス、ディレイなどを含む内部エフェクトが2系統、コン
プ/リミッターやゲート、ダッキングとして使えるコンプレッサーが3系統搭載され
ています。また、インプット、アウトプットのほとんどの部分に3バンドイコライ
ザーが用意され、自由度の高い音作りが可能です。
さらに、新たに作成したエフェクトやコンプレッサー、イコライザーの設定は、ラ
イブラリーに保存しておくことができます。
■50種類のシーンメモリー
現在のフェーダーの位置やパン、エフェクト、コンプレッサー、イコライザーな
ど、ほとんどのセッティングを、「シーン」として記憶させることができます。記
憶させたシーンは、簡単な操作で呼び戻すことができますので、より迅速かつ確実
にミキサーセッティングを切り換えることができます。
■グループ、ペア機能も装備
1本のフェーダーで複数のチャンネルのフェーダーを連動して動かすためのグループ
機能、フェーダーやセンドレベル、イコライザーの設定を隣り合うチャンネル間で
連動させるペア機能を装備しています。
■MIDIを使ってほとんどのパラメーターをコントロール可能
本機で扱うほとんどのパラメーターを、コントロールチェンジ信号を使って外部
MIDI機器からコントロールすることができます。また、本機でのコントロール情報
を外部MIDI機器に送信することも可能です。
VII
ユーザーズガイドの構成
本書は、次のような5つの章と付録で構成されています。必要に応じて上手にお使いください。
■第1章 ProMix 01の基礎知識
全体の信号の流れや、各部の名称と機能、画面の見方や基本的な操作の方法を説明
しています。はじめて本機をお使いになる方は、必ずお読みください。
■第2章 ProMix 01の操作体験
基本的な使用方法を実例にそって説明します。はじめて本機をお使いになる方は、
ぜひこの章をお読みください。
■第3章 MIDIを使ったコントロール
外部MIDI機器を使って本機をコントロールしたり、本機上でのコントロールをMIDI
送信するための基本的な考え方を説明します。MIDIを使う必要のない方は、読みと
ばしていただいてかまいません。
■第4章 リファレンス
本機の持つすべての機能を、詳細に説明します。必要に応じて辞書のように活用し
てください。
■付録
本機の接続例や、エラーメッセージが表示されたときの対処方法、エフェクトなど
のリスト、故障かな?と思ったときの確認事項、各種仕様などを集めてあります。
必要に応じてお読みください。
また、別冊のクイックリファレンスシートには、本機の機能一覧と操作一覧をまと
めてあります。本体のそばに置いて活用してください。
VIII
表記について
本書では、次のようなマークを使って、ボタンや説明内容を表します。
STORE
UTILITY
SEND 1
SEL
コントロールパネル上のボタンを示します。枠の中の文字は、ボタンの上または下
に印刷されている文字です。
注意事項を示します。大切な設定を失ったりしないよう、必ずお読みください。
参考となる記述を示します。応用的な操作や、関連することがらを説明します。必
要に応じてお読みください。
手順を示します。その機能を実行するときは、この手順にしたがって操作を進めて
ください。
各機能を解説する記述を示します。
「→ P.○○」
関連した機能の記載ページを示します。必要に応じて参照してください。
また、「第5章 リファレンス」の各機能の説明の先頭では、次のような形式で重要
な項目を表記します。
機能の名称
その機能の概要
その機能に入るまでの手順
SEND 1, 2 − EFFECT RECALL:センド1, 2 − エフェクトリコール
機能
センド1または2で使用するエフェクトをリコールし、各チャンネルのセンドレベルを調整します。
操作
SEND 1
(または
SEND 2
)
EFFECT
1 ∼ 30
POST/PRE
POST, PRE
設定する項目名
設定範囲
表示される画面
IX
目次
同梱品の確認 ..................................................................................................................................... VI
特長 .................................................................................................................................................. VII
ユーザーズガイドの構成 ................................................................................................................. VIII
表記について ..................................................................................................................................... IX
第1章 ProMix 01の基礎知識
ProMix 01とは ................................................................................................................................. 1-2
ProMix 01の全体像 .......................................................................................................................... 1-3
全体の信号の流れ ........................................................................................................................... 1-4
各部の名称と機能 ........................................................................................................................... 1-5
コントロールパネル全体 ........................................................................................................................ 1-5
コントロールパネル下部 ........................................................................................................................ 1-6
コントロールパネル中央左部 ................................................................................................................ 1-8
コントロールパネル中央右部 .............................................................................................................. 1-10
コントロールパネル上部 ...................................................................................................................... 1-11
リアパネル .............................................................................................................................................. 1-12
各ブロックのしくみと役割 ........................................................................................................... 1-15
チャンネルインプットブロック .......................................................................................................... 1-15
ステレオインプットブロック .............................................................................................................. 1-17
内蔵エフェクト1、内蔵エフェクト2ブロック .................................................................................. 1-19
センド3、センド4ブロック .................................................................................................................. 1-20
キューアウトプットブロック .............................................................................................................. 1-21
ステレオアウトプットブロック .......................................................................................................... 1-22
機器の接続 .................................................................................................................................... 1-24
機能の紹介 .................................................................................................................................... 1-25
シーン ...................................................................................................................................................... 1-25
イコライザー .......................................................................................................................................... 1-25
パン .......................................................................................................................................................... 1-25
エフェクト .............................................................................................................................................. 1-26
コンプレッサー ...................................................................................................................................... 1-26
キュー ...................................................................................................................................................... 1-26
ペア .......................................................................................................................................................... 1-26
グループ .................................................................................................................................................. 1-27
MIDI ......................................................................................................................................................... 1-27
ユーティリティ ...................................................................................................................................... 1-27
X
目次
画面の表示 .................................................................................................................................... 1-28
画面表示の規則 ...................................................................................................................................... 1-29
基本操作 ........................................................................................................................................ 1-30
操作の流れ .............................................................................................................................................. 1-30
数値を変更する ...................................................................................................................................... 1-31
選択を変更する ...................................................................................................................................... 1-31
文字を入力する ...................................................................................................................................... 1-31
第2章 ProMix 01の操作体験
電源を入れる前の確認 .................................................................................................................... 2-2
この章の説明で用いる接続例 ................................................................................................................ 2-2
電源を入れる ................................................................................................................................... 2-3
入力レベルを調整する .................................................................................................................... 2-4
ミキシングする ............................................................................................................................... 2-6
パンを設定する ............................................................................................................................... 2-7
ペアを設定する ............................................................................................................................... 2-8
イコライザーを設定する ................................................................................................................. 2-9
エフェクトを設定する .................................................................................................................. 2-10
キュー機能を使う ......................................................................................................................... 2-11
ストアとリコール ......................................................................................................................... 2-12
第3章 MIDIを使ったコントロール
MIDIについて .................................................................................................................................. 3-2
MIDIの接続 ............................................................................................................................................... 3-2
トランスミットチャンネルとレシーブチャンネル ............................................................................ 3-2
MIDIを使ってできること ....................................................................................................................... 3-3
プログラムチェンジデータ ............................................................................................................. 3-4
プログラムチェンジデータの受信 ........................................................................................................ 3-4
プログラムチェンジデータの送信 ........................................................................................................ 3-4
コントロールチェンジデータ .......................................................................................................... 3-5
コントロールチェンジデータとは ........................................................................................................ 3-5
本機のコントロールチェンジデータ .................................................................................................... 3-5
チャンネルモード .................................................................................................................................... 3-6
レジスターモード .................................................................................................................................... 3-7
バルクデータ ................................................................................................................................... 3-8
バルクデータとは .................................................................................................................................... 3-8
XI
目次
第4章 リファレンス
シーン ............................................................................................................................................. 4-2
シーンの番号 ............................................................................................................................................ 4-2
シーンに含まれるデータ ........................................................................................................................ 4-2
シーンに含まれないデータ .................................................................................................................... 4-2
STORE:ストア ........................................................................................................................ 4-3
RECALL:リコール ................................................................................................................... 4-4
メーター .......................................................................................................................................... 4-5
METER:メーター ..................................................................................................................... 4-6
イコライザー ................................................................................................................................... 4-7
イコライザー ............................................................................................................................................ 4-7
ライブラリー ............................................................................................................................................ 4-7
EQUALIZER:イコライザー ...................................................................................................... 4-8
LIBRARY RECALL:ライブラリーリコール ............................................................................4-11
LIBRARY STORE:ライブラリーストア ................................................................................. 4-12
パン/フェイズ ............................................................................................................................. 4-13
パン .......................................................................................................................................................... 4-13
フェイズ .................................................................................................................................................. 4-13
PAN:パン ............................................................................................................................... 4-14
PHASE:フェイズ ................................................................................................................... 4-16
リターン/センド ......................................................................................................................... 4-17
リターン1, 2/センド1, 2 ...................................................................................................................... 4-17
エフェクト .............................................................................................................................................. 4-17
センド3, 4 ................................................................................................................................................ 4-17
SEND 1, 2 − EFFECT RECALL:センド1, 2 − エフェクトリコール ................................... 4-18
SEND 1, 2 − EFFECT EDIT:センド1, 2 − エフェクトエディット ..................................... 4-20
SEND 1, 2 − EFFECT STORE:センド1, 2 − エフェクトストア ........................................ 4-21
SEND 3, 4:センド3, 4 ............................................................................................................ 4-22
コンプレッサー ............................................................................................................................. 4-24
コンプレッサー ...................................................................................................................................... 4-24
COMPRESSOR SETUP:コンプレッサーセットアップ ....................................................... 4-25
COMPRESSOR RECALL:コンプレッサーリコール ............................................................ 4-27
COMPRESSOR EDIT:コンプレッサーエディット ............................................................... 4-28
COMPRESSOR STORE:コンプレッサーストア .................................................................. 4-29
キュー ........................................................................................................................................... 4-30
キュー ...................................................................................................................................................... 4-30
CUE:キュー ........................................................................................................................... 4-31
ペア/グループ ............................................................................................................................. 4-33
ペア .......................................................................................................................................................... 4-33
XII
目次
グループ .................................................................................................................................................. 4-33
PAIR:ペア .............................................................................................................................. 4-34
GROUP:グループ .................................................................................................................. 4-36
ユーティリティ ............................................................................................................................. 4-37
機能の選択 .............................................................................................................................................. 4-37
ユーティリティ ...................................................................................................................................... 4-37
OSCILLATOR:オシレーター ................................................................................................. 4-38
SEND 3, 4 CONFIGURATION:センド3, 4コンフィギュレーション ..................................... 4-39
OUTPUT COMP PATCH POINT:アウトプットコンプパッチポイント ................................ 4-40
MEMORY PROTECT:メモリープロテクト ...........................................................................4-41
BATTERY CHECK:バッテリーチェック ............................................................................... 4-42
MIDI .............................................................................................................................................. 4-43
機能の選択 .............................................................................................................................................. 4-43
MIDI ......................................................................................................................................................... 4-43
MIDI SETUP:MIDIセットアップ ............................................................................................ 4-44
PROGRAM CHANGE ASSIGN:プログラムチェンジアサイン ............................................. 4-46
CONTROL CHANGE ASSIGN:コントロールチェンジアサイン .......................................... 4-47
BULK DUMP/REQUEST:バルクダンプ/リクエスト .......................................................... 4-49
LOCAl ON/OFF:ローカルオン/オフ .................................................................................... 4-51
MEMORY CONTROL CHANGE OUT:メモリーコントロールチェンジアウト .................... 4-52
付 録
オプションの製品について ........................................................................................................ 付録-2
接続例 ........................................................................................................................................ 付録-3
ProMix 01 MIXING SYSTEM for KEYBOARDIST on STAGE ...................................................... 付録-3
ProMix 01 MIDI STUDIO SYSTEM .................................................................................................. 付録-4
ProMix 01 8TR MTR RECORDING SYSTEM .................................................................................. 付録-5
ProMix 01 PA SYSTEM ...................................................................................................................... 付録-6
ライブラリーリスト ................................................................................................................... 付録-7
エフェクトリスト .................................................................................................................... 付録-10
エフェクトパラメーターリスト ...............................................................................................付録-14
コンプレッサーリスト ............................................................................................................. 付録-21
コンプレッサーパラメーターリスト ....................................................................................... 付録-23
ユーザーセッティングシート ................................................................................................... 付録-27
シーンセッティングシート ............................................................................................................ 付録-28
イコライザーセッティングシート ................................................................................................ 付録-29
エフェクトセッティングシート .................................................................................................... 付録-30
コンプレッサーセッティングシート ............................................................................................ 付録-31
プログラムチェンジアサインテーブルセッティングシート .................................................... 付録-32
XIII
目次
故障かな?と思ったら ............................................................................................................. 付録-33
エラーメッセージ一覧 ............................................................................................................. 付録-35
MIDIコントロールチェンジパラメーター ............................................................................... 付録-37
システムの初期化 .................................................................................................................... 付録-51
仕様 .......................................................................................................................................... 付録-52
全体仕様 ............................................................................................................................................ 付録-52
コントローラー ................................................................................................................................ 付録-54
入力仕様 ............................................................................................................................................ 付録-55
出力仕様 ............................................................................................................................................ 付録-55
その他 ................................................................................................................................................ 付録-55
外形寸法 ............................................................................................................................................ 付録-56
ブロックダイアグラム ............................................................................................................. 付録-57
レベルダイアグラム ................................................................................................................. 付録-58
MIDIデータフォーマット ......................................................................................................... 付録-59
アルファベット順索引
五十音順索引
サービスについて
XIV
第
1
章
第1章
ProMix 01の基礎知識
この章では、
全体のしくみや信号の流れ、
各部の名称と機能、
基本的な操作方法などを
説明します。
はじめてProMix 01にふれる方は、
必ずお読みください。
ProMix 01とは .................................................................................................. 1-2
ProMix 01の全体像 ........................................................................................... 1-3
全体の信号の流れ ............................................................................................. 1-4
各部の名称と機能 ............................................................................................. 1-5
各ブロックのしくみと役割 .............................................................................1-15
機器の接続 ...................................................................................................... 1-24
機能の紹介 ...................................................................................................... 1-25
画面の表示 ...................................................................................................... 1-28
基本操作 ......................................................................................................... 1-30
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-1
ProMix 01とは
ProMix 01とは
本機の役割を簡単に言えば、
16チャンネルのチャンネルインプット、
ステレオインプット、
(2トラックインプッ
ト)
に入力された信号に対して、
エフェクトやコンプレッサー、
イコライザー処理を行い、
ミキシングしてステレ
オアウトプットから出力するための装置です。
しかし、
この一連の処理を行うためには、
数多くのパラメーターを設定していく必要があります。
これらのパラ
メーターの意味と設定方法をマスターするためには、
全体の信号の流れと各ボタンやスイッチの役割を理解す
ることが大切です。
次の項から、
これらのことを順番に解説していきます。
特にはじめて本機に触れるかたは、
必ず目を通してくだ
さい。
1-2
第1章 ProMix 01の基礎知識
ProMix 01の全体像
ProMix 01の全体像
第
1
章
次の図は、
本機のインプット端子、
アウトプット端子の種類と内部機能を簡単に示したものです。
大まかにその
役割を覚えておいてください。
Input
ProMix01
ミキシング
インプット1∼16
外部からの信号を入力
する端子です。
入力された各信号をミキ
シングします。パンやフ
ェイズも設定できます。
イコライザー
各信号に対して個別にイ
コライジングすることが
できます。
ステレオインプット
エフェクト
外部からのステレオ信
号を入力する端子です。
2系統のエフェクトを使
って音に効果を加えるこ
とができます。
2トラックインプット
外部からのステレオ信
号を入力する端子です。
ただし、ステレオイン
プットと併用する場合
はこの信号はモニター
アウトプットとヘッド
フォンアウトプットに
しか送り出せません。
コンプレッサー
3系統のコンプレッサー
を任意の位置に組み込ん
で使用できます。
Output
ステレオアウトプット
ミキシングした信号を
アンプなどに出力する
端子です。
レコーディングアウトプット
ミキシングした信号を
録音機器などに出力す
る端子です。
デジタルアウトプット
ミキシングした信号を
デジタル機器に出力す
る端子です。
モニターアウトプット
任意の信号をモニター
などに出力する端子で
す。
ヘッドフォンアウトプット
任意の信号をヘッドフ
ォンに出力する端子で
す。
キュー
任意の信号をヘッドフォ
ンやモニターへ送り出す
ことができます。
その他
グループ、ペア、MIDI、
ユーティリティなどの機
能が搭載されています。
センド3アウトプット
フォールドバックスピー
カーや外部エフェクター
に出力する端子です。
センド4アウトプット
フォールドバックスピー
カーや外部エフェクター
に出力する端子です。
センド3アウトプットと
組み合わせてステレオに
することも可能です。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-3
全体の信号の流れ
全体の信号の流れ
次の図は、
本機内の信号の流れを簡単に示したものです。
ステレオ
アウトプット
L R
1
1∼16
インプット
端子から
センド
2 3
4
キュー
L R
は入力/出力端子を示します
は接続されていることを示します
チャンネル
インプット
ブロック
×16系統
ステレオ
L
インプット
R
端子から
ステレオ
インプット
ブロック
L ステレオ
R アウトプット端子へ
ステレオ
アウトプット
ブロック
L レコーディング
R アウトプット端子へ
デジタル
アウトプット端子へ
2トラック L
インプット
端子から R
キュー
アウトプット
ブロック
L モニター
R アウトプット端子へ
L ヘッドフォン
R アウトプット端子へ
内蔵
エフェクト
1 ブロック
内蔵
エフェクト
2 ブロック
センド3
ブロック
センド3
アウトプット端子へ
センド4
ブロック
センド4
アウトプット端子へ
なお、
ステレオインプット端子にプラグが差し込まれていない場合は、
2トラックイン
プット端子に入力された信号がステレオインプットの信号として扱われます。
この図では、
全体の構成をつかんでいただくために、
細かい部分はブロックとしてま
とめてあります。
各ブロックのしくみと役割に関しては、
「各部の名称と機能」
の後で
解説します。
なお、
巻末には、
詳細な信号の流れを示した
「ブロックダイアグラム」
(→ P.付録-57)
を
用意していますので、
必要に応じてご覧ください。
1-4
第1章 ProMix 01の基礎知識
各部の名称と機能
各部の名称と機能
第
1
章
ここでは、
本機のコントロールパネルおよびリアパネルの各部の名称と機能を紹介していきます。
コントロールパネル全体
この部分には、シーンやパン、イコライ
設定状態やレベルなどを表示
この部分には、各チャンネルインプット
ザー、エフェクトなどの機能を切り換えるた
するディスプレイ、出力レベ
のゲインやアッテネーターを調整した
めのボタンが集められています。これらのボ
ルを示すレベルメーター、
り、モニターアウトプットやヘッドフォ
タン操作によってディスプレイに表示される
ディスプレイのコントラスト
ンアウトプットのボリュームを調整する
画面が変ります。
を調整するツマミです。
ためのアナログボリューム、ボタンが集
められています。
1
2
3
4
5
6
7
8
10
9
11
12
13
14
15
16
L
R
L
ST IN
R
2TR IN
PAD
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
0
10
LEVEL
0
10
LEVEL
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
MONITOR
OUT
PHONES
CUE/
2TR IN
PARAMETER
SCENE MEMORY
STORE
INC+
UTILITY
MIDI
RECALL
PAIR
ENTER
DEC–
GROUP
FUNCTION
METER
PAN/ø
COMP
CUE
SEND 1
2
3
4
EQ LOW
MID
HIGH
LIBRARY
RTN
1
RTN
2
CLIP
15
12
9
6
3
0
–6
–12
–18
–24
–40
MEMORY
SEND 3
SEL CH
SEND 4
R
L
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
6
0
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
この部分には、各チャンネル入力やアウトプット、センドのレベルを調
この部分には、カーソルを動かしたり、数値や
整するためのフェーダーや、任意のチャンネルを選択するためのボタ
設定、文字などを変化させるためのボタンが集
ン、音のオン/オフを切り換えるボタンが集められています。
められています。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-5
各部の名称と機能
コントロールパネル下部
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
ST OUT
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
SEL
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
6
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
10
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
40
60
00
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
ST IN
RTN/
SEND
(5)セレクトボタン
(6)ONボタン
ST OUT
(1)1∼16チャンネルフェーダー
(2)ステレオインプットフェーダー
(3)リターン/センドフェーダー
(4)ステレオアウトプットフェーダー
(1) 1∼16チャンネルフェーダー
1∼16チャンネルのレベルを調整します。
センド1∼4を設定するときは、
センド
レベルを調整するフェーダーになります。
(2) ST IN
(ステレオインプット)
フェーダー
ステレオインプット
(ST IN)
端子に入力された信号のレベルを調整します。
セン
ド1∼4を設定するときには、
ステレオインプットのセンドレベルを調整する
フェーダーになります。
(3) RTN/SEND(リターン/センド)
フェーダー
センド1, 2の内蔵エフェクトからのリターンレベルを調整したり、
センド3, 4へ
のトータルセンドレベルを調整します。
(4) ST OUT
(ステレオアウトプット)
フェーダー
ステレオアウトプット
(STEREO OUT)
端子への最終的な出力レベルを調整しま
す。
1-6
第1章 ProMix 01の基礎知識
各部の名称と機能
(5)
SEL
(セレクト)
ボタン
各チャンネルごとのさまざまな設定を行うとき、
目的のチャンネルを選択しま
す。
ランプが点灯しているチャンネルが現在選択されているチャンネルです。
ま
第
1
章
た、
モニターやヘッドフォンに音を出すキューチャンネルを選択するときにも
使います。
リターン/センド
(RTN/SEND)
の
フェーダーおよび
(6)
ON
ON
SEL
は、
リターン/センド
(RTN/SEND)
の
の役割の選択にも使います。
(オン)
ボタン
任意のチャンネルやステレオインプット、
リターン/センド、
アウトプットなど
のオン/オフを切り換えます。
ランプが点灯しているときがオンの状態です。
注 意
ProMix 01は、フェーダーの位置情報を全ストロークを128ステップに分割して読み取ってお
り、フェーダーの位置が各ステップの境界付近にある場合、周囲温度の変化等の影響でごく
稀に読み取り値が±1ステップの幅で揺らぎを生じ、フェーダーが操作されたと認識する場合
があります。
このため以下のような現象が起ることがありますが故障ではありません。
・メモリコール後、ProMix 01に手を触れていないのに[EDIT]マークが点灯する(MIDI
CONTROL CHANGE TxがONの場合、これと同時にフェーダー位置を示すMIDIコントロー
ルチェンジ信号が出力される)ことがある。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-7
各部の名称と機能
コントロールパネル中央左部
(2)ユーティリティボタン
(3)MIDIボタン
SCENE MEMORY
STORE
INC+
UTILITY
MIDI
DEC–
PAIR
(1)シーンメモリーボタン
RECALL
GROUP
(4)グループボタン
(5)ペアボタン
METER
(6)メーターボタン
PAN/ø
COMP
CUE
(8)コンプレッサーボタン
(9)キューボタン
(7)パン/フェイズボタン
SEND 1
2
3
4
(10)センド1, 2ボタン
(11)センド3, 4ボタン
EQ LOW
MID
HIGH
LIBRARY
(12)イコライザーボタン
(1)
STORE
RECALL
INC+
(13)ライブラリーボタン
DEC- (シーンメモリー)
ボタン
全体のセッティング
(シーン)
をストア
(保存)
したり、
ストアされたセッティング
をリコール
(呼び出し)
します。
(2)
UTILITY(ユーティリティ)
ボタン
オシレーターを使った信号出力や、
メモリープロテクト、
センド3, 4のステレオ
/モノ選択、
バッテリーチェック、
アウトプット系のコンプレッサのパッチポイ
ントの位置選択の機能を操作します。
(3)
MIDI
(MIDI)
ボタン
各種MIDIを設定したり、
本機の任意のバルクデータを送受信します。
(4)
GROUP(グループ)
ボタン
複数チャンネルのフェーダーの動きを連動させるグループ設定を行います。
1-8
第1章 ProMix 01の基礎知識
各部の名称と機能
(5)
PAIR
(ペア)
ボタン
隣り合う奇数番号のチャンネルと偶数番号のチャンネルをステレオペアのチャ
ンネルとして設定します。
(6)
第
1
章
METER(メーター)
ボタン
1∼16チャンネルの入力レベルやステレオインプット、
リターン/センドレベル
を表示させます。
(7)
PAN /
(パン/フェイズ)
ボタン
各チャンネルインプットやステレオインプットのパン
(定位)
やフェイズ
(位相)
を設定します。
また、
ステレオアウトプットのバランスを設定するときにも使い
ます。
(8) COMP (コンプレッサー)
ボタン
3系統のコンプレッサーを設定します。
(9)
CUE
(キュー)
ボタン
任意のチャンネルの設定状況を確認したり、
任意の信号をヘッドフォンなどで
モニターします。
(10) SEND 1
SEND 2(センド1, 2)
ボタン
内蔵エフェクト
(2系統)
を設定します。
このボタンが押されると、
各チャンネル
インプットおよびステレオインプットのフェーダーは、
センド1または2へのセ
ンドレベル調整の役割に切り換わります。
(11) SEND 3
SEND 4(センド3, 4)
ボタン
外部出力
(2系統)
を設定します。
このボタンが押されると、
各チャンネルインプッ
トおよびステレオインプットのフェーダーは、
センド3または4へのセンドレベ
ル調整の役割に切り換わります。
(12) EQ LOW
MID
HIGH
(イコライザー)
ボタン
イコライザー
(3バンド)
を設定します。
(13) LIBRARY(イコライザーライブラリー)
ボタン
イコライザーセッティングをライブラリーにストアしたり、
ライブラリーから
リコールします。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-9
各部の名称と機能
コントロールパネル中央右部
(1)ディスプレイ
(2)コントラスト調整ツマミ
(4)エンターボタン
PARAMETER
ENTER
FUNCTION
RTN
1
RTN
2
CLIP
15
12
9
6
3
0
–6
–12
–18
–24
–40
MEMORY
SEND 3
SEL CH
SEND 4
L
(6)ダイアル
R
(3)レベルメーター
(5)カーソルボタン
(1) ディスプレイ
さまざまな設定状況やメニューなどの画面を表示します。
バックライト付きで
すので、
暗いホールなどでも見にくくなることはありません。
(2)
コントラスト調整ツマミ
ディスプレイ表示のコントラストを調整するツマミです。
(3)
レベルメーター
STEREO OUT(ステレオアウトプット)
端子からの最終的な出力レベルを常時
表示します。
(4)ENTER (エンター)
ボタン
選択した機能を実行したり、
確定させたりするときに使います。
(5)
カーソル
(
)
ボタン
画面上のカーソルを移動したり、
スクロールしたりするときに使います。
(6)
PARAMETER
(ダイアル)
カーソルの置かれた数値や文字を変更するときに使います。
原則として時計回
りで数値の増加、
反時計回りで数値の減少となります。
1-10
第1章 ProMix 01の基礎知識
各部の名称と機能
コントロールパネル上部
第
1
章
(3)キュー/2トラックインプットスイッチ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
L
R
L
ST IN
(1)パッドスイッチ
(2)ゲインボリューム
R
2TR IN
PAD
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
20dB
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
–16 –60
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
GAIN
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
CUE/
2TR IN
GAIN
0
10
LEVEL
0
10
LEVEL
16
MONITOR
OUT
PHONES
(4)モニターアウトプットボリューム
(5)ヘッドフォンボリューム
(1) PAD(パッド)
スイッチ
このスイッチを押し込むと入力信号が20dBだけ減衰します。
一般的にライン入
力の場合はオンに、
マイク入力の場合はオフにしておきます。
(2) GAIN
(ゲイン)
ボリューム
フェーダー前の入力レベルを調整します。
(3)CUE/2TR IN
(キュー/2トラックインプット)
スイッチ
MONITOR OUT
(モニターアウトプット)
およびPHONES
(ヘッドフォン)
に出力
する信号を選択します。
飛び出している状態のときはキュー信号が、
押し込んだ
状態のときは2TR IN
(2トラックインプット)
端子に入力された信号がそのまま
出力されます。
(4)MONITOR OUT
(モニターアウトプット)
ボリューム
MONITOR OUT(モニターアウトプット)
への出力レベルを調整します。
(5)PHONES(ヘッドフォン)
ボリューム
PHONES(ヘッドフォン)
への出力レベルを調整します。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-11
各部の名称と機能
リアパネル
(1)ファンタムスイッチ
(4)9∼16チャンネルインプット端子
(2)2トラックインプット端
(5)1∼8チャンネルインプット端子
子
(3)ステレオインプット端子
PHANTOM
MASTER
CH1~8
ON OFF
(+48V)
-10dB
R (UNBAL)
L
2 TR IN
R
+4dB
(UNBAL)
L
16
15
14
13
12
11
8
9
10
6
7
INPUT
ST IN
5
2
3
4
1
(BAL)
ANALOG
DIGITAL
POWER
ON
OFF
R
PHONES
(6)電源ケーブル
+4dB
(UNBAL)
L
MONITOR OUT
4
(8)ヘッドフォン端子
(7)電源スイッチ
+4dB
(UNBAL)
3
L
R
R
+4dB (UNBAL)
AUX SEND
STEREO OUT
-10dB
(UNBAL)
L
COAXIAL
OUT
REC OUT
IN
MIDI
(11)ステレオアウトプット端子
(9)モニターアウトプット端子
(12)レコーディングアウトプット端子
(10)センド3, 4端子
(13)MIDI端子
(1) PHANTOM MASTER(ファンタム)
スイッチ
1∼8チャンネルにファンタム電源
(DC+48V)
対応のマイクを接続する場合に、
こ
のスイッチをオンにします。
チャンネルごとに電源をオン/オフすることはで
きません。
このスイッチを切り換えるときは、
スピーカーの破損防止のため、
1∼
8チャンネルの
ON
はオフにしておいてください。
(2) 2TR IN
(2トラックインプット)
端子
1∼16チャンネル、
ステレオインプットとは別にステレオの信号を入力する端子
です。
端子はピンジャックです。
標準の入力レベルは-10dBです。
(3) ST IN
(ステレオインプット)
端子
1∼16チャンネルとは別にステレオの信号を入力する端子です。
端子はアンバラ
ンス型フォンジャックです。
標準の入力レベルは+4dBです。
なお、
この端子にプ
ラグが接続されていない場合は、
2トラックインプット端子に入力されている信
号がステレオインプットの信号として扱われます。
1-12
第1章 ProMix 01の基礎知識
各部の名称と機能
(4) INPUT 9∼16
(9∼16チャンネルインプット)
端子
9∼16チャンネルのアナログ信号を入力する端子です。
端子はバランス型のフォ
ンジャックです。
標準の入力レベルは、
-60dB∼+4dBです。
また、
一般的な2接点の
第
1
章
アンバランス型フォンプラグを接続しても使用できます。
ただし、
ケーブルが長
い場合や、
放送電波などの電界強度が大きい場所ではノイズが混入することが
ありますので、
バランス型のフォンプラグの使用をおすすめします。
グランド ホット
グランド ホット
コールド
(5) INPUT 1∼8
(1∼8チャンネルインプット)
端子
1∼8チャンネルのアナログ信号を入力する端子です。
端子はバランス型のXLR3-31タイプです。
標準の入力レベルは、
-60dB∼+4dBです。
標準は2番ピンがホッ
トですが、
3番ピンがホットのマイクなどを接続した場合にフェイズを反転する
ことができます。
(→ P.4-16)
グランド
(アース)
1
2
3
ホット
コールド
本機に差し込むプラグを
正面から見た図
(6) 電源ケーブル
100Vの電源コンセントに接続します。
(7) POWER(電源)
スイッチ
電源スイッチです。
(8) PHONES(ヘッドフォン)
端子
ステレオヘッドフォンを接続する端子です。
モニターアウトプット端子と全く
同じ信号が出力されます。
端子はステレオフォンジャックです。
(9) MONITOR OUT(モニターアウトプット)
端子
モニター用のアンプ、
スピーカーなどに接続する端子です。
モニターアウトプッ
ト端子には、
キュー信号や2トラックインプットの信号を出力することができま
す。
端子はアンバランス型フォンジャックです。
標準出力は+4dBです。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-13
各部の名称と機能
(10)AUX SEND
(センド3, 4)
端子
フォールドバックスピーカーや外部エフェクターなどに信号を出力する端子で
す。
各チャンネルからのセンドレベルは、
ステレオアウトプットとは別に調整す
ることができます。
また、
センド3, 4端子を組み合わせてステレオ出力としてコ
ントロールすることもできますので、
ステレオイン/ステレオアウトのエフェ
クターを使ったり、
ステレオアウトプット、
モニターアウトプットに続く3つ目
のステレオアウトプット端子として利用することも可能です。
端子はアンバラ
ンス型フォンジャックです。
標準出力は+4dBです。
(11)STEREO OUT(ステレオアウトプット)
端子
メインとなるアウトプット端子です。
端子はバランス型のXLR-3-32タイプです。
標準出力は+4dBです。
(12)REC OUT(レコーディングアウトプット)
端子
ステレオアウトプット端子と全く同じ信号が出力される端子です。
端子はピン
ジャックです。ANALOG(アナログ)端子の標準出力は-10dBです。また、
DIGITAL
(デジタル)
端子からは、
IEC958
(EIAJ CP-1201)
民生用フォーマットの
デジタルデータが出力されます。
サンプリング周波数は48kHz固定です。
DIGITAL端子をデジタル機器に接続する場合には、
75Ω同軸ケーブルをお使い
ください。
(13)MIDI端子
外部MIDI機器とMIDIを使ってデータをやりとりする場合に、
この端子を使用し
ます。
(→ P.3-2)
1-14
第1章 ProMix 01の基礎知識
各ブロックのしくみと役割
各ブロックのしくみと役割
第
1
章
ここでは、
各ブロックについて説明していきます。
なお、
設定や切り換えのできない内部処理の部分に関する説
明は省略しています。
チャンネルインプットブロック
チャンネルインプットブロックは、
1∼16チャンネルのインプット端子に入力された
信号に対して、
イコライジングやレベル調整などの処理を行った後、
ステレオアウト
プット、
センド1∼4、
キューへ信号を送り出します。
METER
OFF
1-8
PAD
COMP
PHANTOM MASTER
CH1-8(+48V)
ON
HA
AD
ø
ST SEND CUE
LR1234LR
FADER
PAN
3BAND
PEQ
PHASE
GAIN
METER
9-16
PAD
HA
PRE/POST
ON
COMP
20dB
AD
ø
SEND LEVEL
CUE
FADER
PAN
3BAND
PEQ
PHASE
20dB
GAIN
PRE/POST
ON
SEND LEVEL
CUE
■PHANTOM MASTER(ファンタム)スイッチ
1∼8チャンネルインプットのファンタム電源対応のマイクなどに電源を供給するス
イッチです。
なお、
この設定はシーンデータとしては記憶されません。
■PAD(パッド)スイッチ
20dBのアッテネーターを通すか、
通さないかを切り換えます。
なお、
この設定はシーン
データとしては記憶されません。
(→ P.4-2)
■GAIN(ゲイン)ボリューム
入力レベルを調整します。
なお、
この設定はシーンデータとしては記憶されません。
(→
P.4-2)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-15
各ブロックのしくみと役割
■PHASE(フェイズ)
PAN /
を使って、
位相の正相、
逆相を選択します。
(→ P.4-16)
■3BAND PEQ(3バンドパラメトリックイコライザー)
EQ LOW
MID
HIGH
を使って設定する3バンドのパラメトリックイコライザー
です。
(→ P.4-7)
■Comp(コンプレッサーパッチポイント)
COMP
を使ってこの部分にコンプレッサーを組み込むことができます。
ただし、
使用
できるコンプレッサーはシステム全体で3系統です。
(→ P.4-24)
■FADER(フェーダー)
ステレオアウトプットへの出力レベルを調整します。
(→ P.1-6)
■ON(オン)
ON
を使って、
チャンネルの信号のステレオアウトプット、
センドへのオン/オフ
を切り換えます。
(→ P.1-7)
■PAN(パン)
PAN /
を使ってチャンネルの信号の定位を設定します。
(→ P.4-14)
■PRE/POST(プリ/ポスト)
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
を使って、
センド1, (
2 内蔵エフェクト)
、
センド3, 4
へフェーダーを通す前
(プリ)
の信号を送り出すか、
フェーダーを通した後
(ポスト)
の
信号を送り出すかを選択します。
また、
このスイッチの設定は、
全チャンネルおよびス
テレオインプットで連動します。
(→ P.4-18,4-22)
■SEND LEVEL(センドレベル)
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
およびフェーダーを使って、
センド1, (
2 内蔵エフェ
クト)
、
センド3, 4への出力レベルを調整します。
ただし、
センドレベルにフェーダーが
影響するのはPRE/POSTでPOSTが選択されている場合です。
(→ P.4-18,4-22)
■CUE(キュー)
CUE
を使って、
ヘッドフォン、
モニターアウトプットなどへ、
任意のチャンネルの
音を出力します。
(→ P.4-30)
1-16
第1章 ProMix 01の基礎知識
各ブロックのしくみと役割
ステレオインプットブロック
ステレオインプットブロックは、
ステレオインプット端子に入力されたステレオ信号
第
1
章
に対して、
イコライザーやレベル調整などの処理を行った後、
ステレオアウトプット、
センド1∼4、
キューへ信号を送り出します。
ST SEND CUE
LR1234LR
METER
FADER
L
R
AD
ø
3BAND
PEQ
AD
ø
3BAND
PEQ
PAN
PHASE
PRE/POST
SEND LEVEL
ON
from 2TR INPUT
CUE
■PHASE(フェイズ)
PAN /
を使って位相の正相、
逆相を選択します。
(→ P.4-16)
■3BAND PEQ(3バンドパラメトリックイコライザー)
EQ LOW
MID
HIGH
を使って設定する3バンドのパラメトリックイコライザー
です。
(→ P.4-7)
■FADER(フェーダー)
ステレオアウトプットへの出力レベルを調整します。
(→ P.1-6)
■ON(オン)
ON
を使って、
ステレオインプットの信号のステレオアウトプット、
センドへのオ
ン/オフを切り換えます。
(→ P.1-7)
■PAN(パン)
PAN /
を使ってステレオインプットの信号の定位を設定します。
(→ P.4-14)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-17
各ブロックのしくみと役割
■PRE/POST(プリ/ポスト)
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
を使って、
センド1, (
2 内蔵エフェクト)
、
センド3, 4
へフェーダーを通す前
(プリ)
の信号を送り出すか、
フェーダーを通した後
(ポスト)
の
信号を送り出すかを選択します。
また、
このスイッチの設定は、
全チャンネルおよびス
テレオインプットで連動します。
(→ P.4-18,4-22)
■SEND LEVEL(センドレベル)
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
およびフェーダーを使って、
センド1, (
2 内蔵エフェ
クト)
、
センド3, 4への出力レベルを調整します。
ただし、
センドレベルにフェーダーが
影響するのはPRE/POSTでPOSTが選択されている場合です。
(→ P.4-18,4-22)
■CUE(キュー)
CUE
を使って、
ヘッドフォン、
モニターアウトプットなどへ、
任意のチャンネルの
音を出力します。
(→ P.4-30)
注 意
・ST IN(ステレオインプット)端子に何もプラグが差し込まれていないときは、
2トラックインプットに入力されている信号が、そのままステレオインプットの信
号としても扱われます。
1-18
第1章 ProMix 01の基礎知識
各ブロックのしくみと役割
内蔵エフェクト1、内蔵エフェクト2ブロック
1∼16チャンネル、
ステレオインプットからセンド1、
2に送り出された信号を内蔵エ
第
1
章
フェクト1、
2で加工し、
ステレオアウトプットやキューに送り出すためのブロックで
す。
ST SEND CUE
LR1234LR
Internal Effect 1 from SEND 1
METER
FADER
3BAND
PEQ
INTERNAL
EFFECT 1
ON
PAN
3BAND
PEQ
CUE
Internal Effect 2 from SEND 2
METER
FADER
3BAND
PEQ
INTERNAL
EFFECT 2
ON
PAN
3BAND
PEQ
CUE
■INTERNAL EFFECT1, 2(インターナルエフェクト1, 2)
SEND 1
SEND 2
を使って、
エフェクトの種類を選択したり、
その細かい設定などを行
います。
エフェクト1、
2ともにモノラルイン/ステレオアウトのエフェクトです。
(→
P.4-18)
■3BAND PEQ(3バンドパラメトリックイコライザー)
EQ LOW
MID
HIGH
を使って設定する3バンドのパラメトリックイコライザー
です。
(→ P.4-7)
■FADER(フェーダー)
ステレオアウトプットへのエフェクトリターンレベルを調整します。
(→ P.1-6)
■ON(オン)
ON
を使って、
エフェクトリターンの信号のステレオアウトプットへのオン/オ
フを切り換えます。
(→ P.1-7)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-19
各ブロックのしくみと役割
■PAN(パン)
PAN /
を使ってエフェクトリターンの信号の定位を設定します。
(→ P.4-14)
■CUE(キュー)
CUE
を使って、
ヘッドフォン、
モニターアウトプットなどへ、
エフェクトの音を出
力します。
(→ P.4-30)
センド3、センド4ブロック
チャンネルインプットやステレオインプットからセンド3またはセンド4のラインに
SEND 3 LEVEL
COMP
ST SEND CUE
LR1234LR
COMP
送り出された信号を最終的にセンド3、
センド4端子に送り出すブロックです。
METER
DA
SEND 3
ON
SEND 4 LEVEL
COMP
COMP
CUE
METER
DA
SEND 4
ON
CUE
■Comp(コンプレッサーパッチポイント)
COMP
を使って、
この部分にコンプレッサーを組み込むことができます。
使用できる
コンプレッサーはシステム全体で3系統です。
(→ P.4-24)
ただし、
フェーダーの前と後ろのパッチポイントに同時にコンプレッサーを組み込む
ことはできません。
この選択は
UTILITY
の機能で行います
(→ P.4-40)
■SEND 3, 4 LEVEL(センド3, 4レベル)
SEND 3
SEND 4
を使って、
最終的にセンド3, 4に送り出す信号のレベルを調整しま
す。
(→ P.4-22)
■ON(オン)
ON
を使って、
センド3, 4への信号出力のオン/オフを切り換えます。
(→ P.1-7)
■CUE(キュー)
CUE
を使って、
ヘッドフォン、
モニターアウトプットなどへ、
センドの音を出力し
ます。
(→ P.4-30)
1-20
第1章 ProMix 01の基礎知識
各ブロックのしくみと役割
キューアウトプットブロック
チャンネルインプットやステレオインプットからキューのラインに送り出された信
第
1
章
号を最終的にモニターアウトプット端子、
ヘッドフォンアウトプット端子に送り出す
ブロックです。
また、
切り換えスイッチで2トラックインプット端子に入力された信号
や、
ステレオアウトプットと同じ信号を出力することもできます。
ST SEND CUE
LR1234LR
from STEREO OUTPUT
DA
L
MONITOR OUT
DA
CUE TYPE
R
CUE/
2TR IN
MONITOR
OUT
from 2TR INPUT
PHONES
PHONES
■CUE TYPE(キュータイプ)
任意のチャンネルの信号をモニターするか、
ステレオアウトプットへ送り出されてい
る信号をモニターするかを切り換えます。
(→ P.4-31)
■CUE/2TR IN(キュー/2トラックインプット)
キューラインに送り出されている信号をモニターするか、
2トラックインプットに入
力された信号をモニターするかを選択します。
(→ P.1-11)
■MONITOR OUT(モニターアウトプット)ボリューム
モニター端子への出力レベルを調整します。
(→ P.1-11)
■PHONES(ヘッドフォン)ボリューム
ヘッドフォン端子への出力レベルを調整します。
(→ P.1-11)
注 意
・ST IN(ステレオインプット)端子に何もプラグが差し込まれていないときは、2
トラックインプットに入力されている信号が、そのままステレオインプットの信号
としても扱われます。
・機械式スイッチ、ボリュームで操作するCUE/2TR IN、MONITOR OUT、PHONES
の設定は、シーンデータとして記憶されません。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-21
各ブロックのしくみと役割
ステレオアウトプットブロック
チャンネルインプットやステレオインプット、
エフェクトリターンからステレオアウ
トプットのラインに送り出された信号を最終的にステレオアウトプット端子、
レコー
ディングアウトプット端子に送り出すブロックです。
3BAND
PEQ
COMP
FADER
COMP
L
DA
BALANCE
3BAND
PEQ
METER
COMP
COMP
ST SEND CUE
LR1234LR
STEREO OUT
R
DA
ON
REC OUT
L
ANALOG
R
FORMAT
CONVERTER
DIGITAL
to CUE
■Comp(コンプレッサーパッチポイント)
COMP
を使って、
この部分にコンプレッサーを組み込むことができます。
使用できる
コンプレッサーはシステム全体で3系統です。
(→ P.4-24)
ただし、
フェーダーの前と後ろのパッチポイントに同時にコンプレッサーを組み込む
ことはできません。
この選択は
UTILITY
の機能で行います
(→ P.4-40)
■3 BAND PEQ(3バンドパラメトリックイコライザー)
EQ LOW
MID
HIGH
を使って設定する3バンドのパラメトリックイコライザー
です。
(→ P.4-7)
■FADER(フェーダー)
ステレオアウトプット、
レコーディングアウトプットへの最終的な出力レベルを調整
します。
(→ P.1-6)
1-22
第1章 ProMix 01の基礎知識
各ブロックのしくみと役割
■BALANCE(バランス)
PAN /
を使って、
最終的な信号のバランスを設定します。
(→ P.4-14)
第
1
章
■ON(オン)
ON
を使って、
ステレオアウトプットへの信号出力のオン/オフを切り換えます。
(→ P.1-7)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-23
機器の接続
機器の接続
本機にさまざまな外部機器を接続する方法には、
シチュエーションに応じて、
無限のバリエーションが考えられ
ます。
ここでは、
あえて特定の接続方法を説明することはいたしません。
付録の接続例
(→ P.付録-3)
を参考にしながら、
リアパネル
(→ P.1-12)
の端子の仕様を確認した上で、
あなたのニーズにマッチする接続を行ってください。
注 意
・接続は、必ず全機器の電源を切った状態で行ってください。電源を入れたまま
ケーブルの抜き差しを行うと、スピーカーやアンプを破損したりする場合がありま
す。
・接続に使うケーブル、プラグは、しっかりとしたものをお選びください。
1-24
第1章 ProMix 01の基礎知識
機能の紹介
機能の紹介
第
1
章
ここでは、
本機の持つ特長的な機能を紹介、
解説していきます。
詳しい設定方法などについては、
第4章のリファ
レンスで説明します。
シーン
フェーダーの位置やパン、
イコライザーの設定、
各センドレベルやリターンレベル、
エ
フェクトの設定などを含めた
「ある時点での本機の状態」
を
「シーン」
と呼びます。
シー
ンは、
最大50種類を本体内にストア
(保存)
しておくことができ、
必要に応じてリコー
ル
(呼び出し)
することができます。
(→ P.4-3,4-4)
例えば、
いくつものバンドが出演するステージのミキシングを行うような場合、
リハー
サルで各バンド用のシーンをストアしておけば、
本番ではそれをリコールするだけで
迅速かつ簡単に設定を切り換えることができます。
イコライザー
本機には、
モノラルEQ 16個、
ステレオEQ 4個のイコライザーが内蔵されています。
各
チャンネルインプットをはじめ、
ステレオインプット、
2系統のエフェクトリターン、
ステレオアウトプットのそれぞれのポイントでイコライジングできます。
(→ P.4-7)
本機のイコライザーは、
ロー、
ミッド、
ハイの3バンドデジタルパラメトリックイコラ
イザーで、
各バンドともフリケンシー
(中心周波数)
、
-15dB∼+15dBの広範囲なゲイン
コントロール、
Q
(帯域幅)
の設定が可能です。
ローとハイでは、
ピーキング型/シェル
ビング型の選択が可能です。
また、
イコライザーのセッティングは、
あらかじめ
「ライブラリー」
(→ P.付録-7)
の中
にいくつも用意されています。
この用意されているイコライザーセッティングをリ
コールすることで、
そのセッティングを簡単に呼び出すことができます。
さらに新た
なセッティングをライブラリーにストアすることもできます。
パン
本機では、
各チャンネルインプットやステレオインプット、
センド/リターン、
ステレ
オアウトプットのパン
(定位)
を設定することができます。
特に、
ステレオインプットやペアを設定したチャンネルインプットでは、
拡がりの幅
と定位をそれぞれ設定することができます。
(→ P.4-14)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-25
機能の紹介
エフェクト
本機には、
モノラルイン/ステレオアウトのエフェクターが2系統内蔵されています。
各チャンネルインプットやステレオインプットからセンド1またはセンド2に送られ
た信号はここでエフェクトがかけられリターン1、
2に戻されます。
エフェクターには、
リバーブやディレイ、
コーラス、
フランジャーなど、
あらかじめ30
のエフェクトが用意されています。
また、
用意されているエフェクトをさらに細かく
調整することも可能です。
さらに新たに設定したエフェクトをストアしておくことも
可能です。
(→ P.4-17)
コンプレッサー
本機には、
ステレオイン/ステレオアウトのコンプレッサーが3個内蔵されています。
これらのコンプレッサーを各ブロックの説明で示した任意のPP
(パッチポイント)
に
組み込むことでその機能を使うことができます。
(ただし、
モノラル信号のパッチポイ
ントに組み込んだ場合はモノラルイン/モノラルアウトとなります)
コンプレッサーには、
一般的なコンプレッサーや、
ゲート、
ダッキングなど、
あらかじ
め3つのタイプ
(10種類)
が用意されています。
(ダッキングとは、
ナレーションなどの
入力信号が、
別チャンネルのBGMなどの信号の出力レベルを変化させる機能です)
また、
用意されているコンプレッサーをさらに細かく調整することも可能です。
さら
に新たに設定したコンプレッサーをストアしておくことも可能です。
(→ P.4-24)
キュー
キューは、
モニターアウトプット端子に接続された機器や、
ヘッドフォンを使って、
ス
テレオアウトプットに影響を与えることなく、
特定のチャンネルの音をモニターする
機能です。
通常は、
選択したチャンネルの信号だけを切り換えて聴く状態になっていますが、
ス
テレオアウトプットの信号を聴いたり、
キューの画面では複数のチャンネルの信号を
ミックスして聴いたりすることができます。
(→ P.4-30)
ペア
ペアは、
隣り合う奇数番号のチャンネルと偶数番号のチャンネルを組み合わせてステ
レオチャンネルとして扱うことができるようにする機能です。
ステレオアウトのキー
ボードや音響機器などを接続する場合にとても便利です。
ペアを組んだチャンネルは、
フェーダーやイコライザー、
センドレベル、
コンプレッ
サー
(ステレオ)
などの設定が連動するようになります。
(→ P.4-34)
1-26
第1章 ProMix 01の基礎知識
機能の紹介
グループ
複数のチャンネルのフェーダーを連動させるための機能です。
(→ P.4-36)
第
1
章
例えば、
ドラムセットに5本のマイクを立ててミキシングする場合、
一度各マイクのレ
ベルバランスを合わせ、
それをグループにしておけば、
後はどれか1つのフェーダーを
動かすだけで他のフェーダーも連動して
(同じバランスを保ったまま)
動きます。
MIDI
MIDIを使えば、
本機上でのコントロールを外部MIDI機器に送信したり、
外部MIDI機
器で本機をコントロールしたりすることが可能です。
(→ P.4-43)
ユーティリティ
ユーティリティには、
次のような機能が用意されています。
オシレーター
:正弦波
(サイン波)
やピンクノイズを発生させる機能です。
ホールや部屋の音響特性などをモニターするときや基準
信号を録音するときなどに使います。
(→ P.4-38)
センド3,4コンフィギュレーション:センド3とセンド4をモノラル×2系統として使うか、
ステ
レオ×1系統として使うかを選択します。
(→ P.4-39)
アウトプットコンプパッチポイント
:センド3、
センド4、
ステレオアウトプットのコンプレッサ
のパッチポイントの位置を選択します。
(→ P.4-40)
メモリープロテクト
:大切なシーンを不用意な操作などから保護するための機
能です。
(→ P.4-41)
バッテリーチェック
:シーンやライブラリーなどを保存しておくためのバッテ
リーをチェックする機能です。
(→ P.4-42)
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-27
画面の表示
画面の表示
ここでは、
ディスプレイに表示される画面の構成を説明します。
現在表示されている画面(機能)
現在のシーンのネームと番号が表
選択されている機能を設定するた
の名称を表示します。
示されます。シーンをリコール
めの情報が表示されます。機能に
(あるいはストア)した後、何ら
よって表示内容は変化します。
かのエディットが行われている場
合には「EDIT」と表示されます。
また、MIDI信号の受信時には
「MIDI」が表示されます。
SEL
などにより、現在選択されているチャンネル
(CH 1∼16, ST IN, RTN1, 2, SEND3, 4, ST OUT)を表示し
リターン/センド(RTN/SEND)のフェーダーと、
ON
に何の機能が割り当ているのかを表示します。
ます。また、ペアが組まれている場合には、CH 3-4のよう
三角マークが示すディスプレイ右の文字が割り当てられ
に表示され、「STEREO
ている機能(RTN1, RTN2, SEND3, SEND4)です。
」が表示されます。
SEL
で、これを変更することができます。
参 考
・画面のコントラストは、ディスプレイ右上にあるコントラスト調整ツマミで調整できます。
1-28
第1章 ProMix 01の基礎知識
画面の表示
画面表示の規則
■反転している文字
その項目にカーソルが位置していることを示します。
ダイアルや
ENTER
第
1
章
などを使っ
て設定を変更することができます。
■反転して点滅している文字
その項目にカーソルが位置しているが、まだ決定されていないことを示します。
ENTER
を押すと、
それが決定されます。
■
に囲まれた文字
いくつかの選択肢の中から目的の1つを選択する項目です。
■
に囲まれた文字
任意の機能を実行するスイッチです。
■点滅する
(画面左上に表示)
チャンネルインプット、
ステレオインプットのフェーダーが、
センド1∼4のレベル調
整の状態になっていることを示します。
■
現在画面に表示されているページ以外に、
左または右にページが存在することを示し
ます。
■
(画面右端に表示)
現在のRTN/SEND(リターン/センド)
のフェーダーの役割を示します。
■
EDIT
メモリーされているシーンから変更が加わったことを示します。
■
MIDI
外部MIDI機器からMIDIのデータを受信したことを示します。
ただし、
FE
(アクティブ・
センシング)
やF8(タイミング・クロック)
には反応しません。
■
PROTECT
メモリープロテクトがかけられていて、
シーンをストアできないことを示します。
■
の表示されたウィンドウ
ウォーニング
(警告)
、
エラーを示します。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-29
基本操作
基本操作
ここでは、
本機を使う上で必要となる基本的な操作を説明します。
操作の流れ
本機の操作は、
原則として次のような流れで進めます。
■機能の選択
: METER や
PAN /
、SEND 1 、 EQ LOW などのボタンを
使って機能を選択します。
↓
■チャンネルの選択
:任意のチャンネルの
SEL
を使って、
設定の対象となる
チャンネルを選択します。
ただし、
機能によってはチャン
ネル選択が必要ない場合もあります。
↓
■カーソルの移動
:1つの画面内に複数の設定項目がある場合は、
カーソルボ
タン
(
)
を使って、
目的の項目にカーソル
(反転表示)
を動かします。
また機能によっては、
カーソル
ボタンで画面がスクロールします。
↓
■設定の変更、
実行
:ダイアルや
ENTER
を使って、
数値や選択を変更したり、
文字を入力したり、
機能を実行したりします。
この操作に
ついては、
次ページから説明します。
フェーダーや
ON
は、
常に動かすことができます。
ただし、
フェーダーは機能に
よって役割が変わる場合があります。
参 考
・上の表記では、「機能の選択」→「チャンネルの選択」となっていますが、現在選択され
ているチャンネルは、機能を切り換えても維持されます。したがって、すでに目的のチャン
ネルが選択されている場合には、機能を切り換えた後、あらためてチャンネルを選択する必
要はありません。
1-30
第1章 ProMix 01の基礎知識
基本操作
数値を変更する
カーソルの置かれた設定項目の数値を変更する場合には、
ダイアルを使います。
ダイ
第
1
章
アルを時計方向に回すと数値が増え、
反時計方向に回すと数値が減ります。
ただし、
あ
らかじめ決められている範囲を超えるような数値を設定することはできません。
選択を変更する
カーソルの置かれた設定項目の選択を変更する場合には、
ダイアルを使います。
また、
オン/オフなど、
2つだけの選択肢の場合は、ENTER を押すことで選択を交互に切り
換えることもできます。
機能によっては、
ダイアルで選択を行った後、ENTER で確定させるといった手順が必
要な場合もあります。
文字を入力する
文字を入力するときには、
次のような画面が表示されます。
文字の入力は次のボタンやダイアルを使って行います。
:文字上のカーソル
(1文字目、
2文字目、
3文字目‥)
を移動
します。
入力できる文字数は機能によって異なります。
ダイアル
:カーソルのある位置の文字を変更します。
アルファベッ
ト以外にも数字や記号を使うことができます。
:
を押すと
「CANCEL」
にカーソルが移動します。
続けて
ENTER
を押すと、
文字入力がキャンセルされ、
元の画面
に戻ります。
を押すと、
文字上にカーソルが戻ります。
文字の設定が終わったら、ENTER (シーンのストアのときは
STORE
)
を押します。
こ
れで、
文字入力が完了します。
第1章 ProMix 01の基礎知識
1-31
第
2
章
第2章
ProMix 01の操作体験
この章では、本機を使う一番ベーシックな手順を紹介します。実際には、接続され
ている機器や状況によって手順はいろいろに変化します。はじめてミキサーに触れ
る方は、紹介する手順にしたがってミキシングを体験してみてください。
電源を入れる前の確認 ...................................................................................... 2-2
電源を入れる .................................................................................................... 2-3
入力レベルを調整する ...................................................................................... 2-4
ミキシングする ................................................................................................. 2-6
パンを設定する ................................................................................................. 2-7
ペアを設定する ................................................................................................. 2-8
イコライザーを設定する .................................................................................. 2-9
エフェクトを設定する .................................................................................... 2-10
キュー機能を使う ........................................................................................... 2-11
ストアとリコール ........................................................................................... 2-12
第2章 ProMix 01の操作体験
2-1
電源を入れる前の確認
電源を入れる前の確認
まず、外部機器が正しく接続されていることを確認しておいてください。
まだ、全ての機器の電源は切ったままにしておいてください。
この章の説明で用いる接続例
この章では、次のように外部機器が接続されていることを前提にして説明を進めて
いきます。
L
R
1
2
L
9 10
R
11 12
ST OUT
アンプ
PHONES
■インプット
1チャンネル
:マイク1からの入力
2チャンネル
:マイク2からの入力
9,10チャンネル
:キーボード1からの入力(9=L、10=R)
11,12チャンネル
:キーボード2からの入力(11=L、12=R)
■アウトプット
ST OUT
:アンプ+スピーカーへの出力
■モニター
PHONES
:ヘッドフォンを接続
もちろん、これは接続の一例にすぎません。あなたの構築したシステムが同じ接続
になっていることはまずないでしょう。以降の説明は、上記のシステムを例にして
進めていきますので、状況に応じてチャンネルなどを、あなたのシステムに置き換
えて操作を進めてください。
特に、おひとりで操作を進める方は、キーボード1、2のかわりにテープレコーダー
やCDなどを接続し、常時再生しながらミキシングを体験されても良いでしょう。
2-2
第2章 ProMix 01の操作体験
電源を入れる
電源を入れる
システムを構成する各機器の電源を入れます。
注 意
・各機器の電源を入れる順番(切る順番)や電源オン/オフの際の各機器のボ
第
2
章
リュームには、十分に気をつけてください。不用意に電源操作を行うと、スピー
カーを傷めたり、アンプを破損する場合があります。
手 順
1.
すべての外部機器(キーボードやアンプなど)のボリュームが最小になってい
ることを確認します。
2.
キーボード1、2の電源を入れます。
3.
外部エフェクターがある場合にはその電源を入れます。
4.
本機の電源を入れます。
オープニングメッセージが表示され、フェーダーのウォーミングアップが終わ
ると、次のような画面が表示されます。(すでに本機を使用した場合には、こ
れ以外の画面になることもあります)
工場出荷後、最初に電源を
ONすると、MEMORY No.
は「00」です
5.
アンプの電源を入れます。
電源スイッチは、
原則として送り出し側の機器から順番に入れていきます。
これは、
電
源を入れた瞬間に発生する可能性のあるノイズを極力増幅しないようにするためで
す。
電源を切る場合には、
逆に受け側の機器から順番にオフにしていきます。
第2章 ProMix 01の操作体験
2-3
入力レベルを調整する
入力レベルを調整する
各インプットの入力レベルを調整します。
手 順
■マイク1、2の入力レベルの調整
1.
METER
を押します。
電源を入れると、前回電源を切ったときの画面が表示されます。工場出荷時に
は、この
METER
を押した画面(メーターの画面)になっているはずです。こ
こでは、確認の意味で押してください。
2.
1チャンネルの
METER
SEL
を押します。
を押すと表示されるメーターの画面には、
1∼16チャンネルの入力レベルを
表示する画面と、
ステレオインプットやリターン/センドのレベルを表示する画面が
あります。
1∼16のいずれかの
SEL
を押すと、
1∼16チャンネルの入力レベルを表
示する画面に切り換わります。
ST IN
(ステレオインプット)
またはRTN/SEND
(リター
ン/センド)
、
ST OUT(ステレオアウトプット)
の
SEL
を押すと、
ステレオイン
プットやリターン/センドのレベルを表示する画面に切り換わります。
▼次のような1∼16チャンネルの入力レベルを表示する画面が表示されます。
3.
1チャンネルと2チャンネルのPADスイッチ(
20dB
)をオフ(飛び出している
状態)にします。
PADスイッチは、
20dBのアッテネーターをオン/オフするスイッチです。
一般的に
は、
マイク入力の場合はオフに、
ライン入力の場合はオンに設定します。
4.
マイクに音(声)を入力しながら、1チャンネルまたは2チャンネルのGAINボ
リュームを時計方向に回し、入力レベルを調整します。
2-4
第2章 ProMix 01の操作体験
入力レベルを調整する
GAINボリュームを調整するときには、
2つのことに注意してください。
ひとつは、
実際
の演奏や本番で出す声の大きさ
(あるいはギターやキーボードのボリューム)
で入力
しながら調整を行うこと。
もうひとつは、
メーターの
「CLIP」
までインジケーターが点
灯しない範囲で、
できるかぎり入力レベルを大きくとることです。
第
2
章
入力レベルのピークレベルを示す
(残す)
ピークホールド機能は、ENTER を使ってオ
ン/オフすることができます。
(→ P.4-6)
■キーボード1、2の入力レベルの調整
1.
9∼12チャンネルのPADスイッチ(
20dB
)をオン(押し込んだ状態)にしま
す。
2.
キーボードのボリュームを適当(8分目ぐらい)に上げます。
2.
キーボードを弾きながら、9∼12チャンネルのGAINボリュームを時計方向に回
し、入力レベルを調整します。
調整方法はマイクのとき(手順4)と同様です。
第2章 ProMix 01の操作体験
2-5
ミキシングする
ミキシングする
各インプットの音をミキシングします。
手 順
1.
1,2,9∼12チャンネルのフェーダーを「0」付近まで上げます。
2.
マイク入力やキーボード演奏を行いながら、ステレオアウトプット(ST
OUT)のフェーダーを上げます。
ディスプレイ右のLED式レベルメーターには、
常にステレオアウトプットへの出力レ
ベルが表示されます。
このレベルメーターを見ながら、
入力音のボリュームが最大の
時でも
「CLIP」
までインジケーターが点灯しない範囲で、
できるかぎりフェーダーを上
げます。
3.
ステレオアウトプットからの出力が入力されているアンプのボリュームを適当
に上げます。
▼アンプに接続されたスピーカーから音が出ます。
各チャンネルの
ON
を押すことで、
各チャンネルのオン/オフを切り換えること
ができます。
この機能はどの画面が表示されているときでも使うことができます。
こ
こで一度試しておいてください。
この状態で、1∼16チャンネル、ステレオインプット、ステレオアウトプットの各
フェーダーは、
そのレベル調整の機能だけを持っています。
しかし、
RTN/SEND(リ
ターン/センド)
のフェーダーだけは特別に
「リターン1レベル」
「リターン2レベル」
「センド3レベル」
「センド4レベル」
という4つの機能を持っています。
この切り換えに
は、
RTN/SEND
(リターン/センド)
の
SEL
を使います。
現在どれが選択されてい
るかは、
画面の右端の三角で示されます。
いかがですか?しかし、もうお気づきでしょうが、キーボード1、2の音がステレオ
になっていないはずです。これは、パンが全てセンターになっているためです。次
に各チャンネルのパンを設定してみましょう。
2-6
第2章 ProMix 01の操作体験
パンを設定する
パンを設定する
各チャンネルインプットのパン(定位)を設定します。
手 順
1.
PAN /
を押します。
第
2
章
▼次のようなパンの画面が表示されます。
2.
9チャンネルの
SEL
を押します。
▼カーソルが「9」に移動します。同時に、画面左下には、選択したチャンネ
ル番号が表示されます。
3.
ダイアルを反時計方向に回して、パンを左最大(L16)に変更します。
4.
10チャンネルの
SEL
を押します。
▼カーソルが「10」に移動します。
5.
ダイアルを時計方向に回して、パンを右最大(R16)に変更します。
6.
同様の操作で、11チャンネル=L16、12チャンネル=R16に変更します。
また、同じようにマイク1、2のパンも自由に設定できますので、試してみてく
ださい。
パンの画面では、
この他にもステレオインプットのパンや、
内蔵エフェクトからのリ
ターンのパン、
ステレオアウトプットのパンなどを設定することができます。
また、
各
チャンネルのフェイズも変更することができます。
(→ P.4-13)
しかし、ステレオ入力の9と10、11と12のチャンネルについて、左右それぞれの
フェーダーを個別に設定するのはめんどうですね。このようなときのために、「ペ
ア」の機能を使ってみましょう。
第2章 ProMix 01の操作体験
2-7
ペアを設定する
ペアを設定する
9と10チャンネル、11と12チャンネルをペアに設定します。
手 順
1.
PAIR
を押します。
▼次のようなペアの画面が表示されます。
2.
9チャンネルの
SEL
を押します。
▼カーソルが、9と10のボックスに移動します。
3.
4.
ダイアルを回して、表示を「ST(RESET)」に変更します。
ENTER
を押します。
▼ボックス内にマークが表示され、ペア設定が実行されます。
5.
同様の操作で、11と12チャンネルもペアに設定します。
ペアを組んでおくことで、
フェーダーやイコライザー、
コンプレッサーなどの設定を
左右で連動させることができます。
(→ P.4-34)
一度設定したペアを解除する場合は、
ダイアルで
「MONO×2」
を選択し、ENTER を押
します。
ここで、いったん
PAN /
を押し、パンの画面を表示させてみてください。先程とは
異なり、9と10チャンネル、11と12チャンネルが組み合わされた表示になっているは
ずです。
2-8
第2章 ProMix 01の操作体験
イコライザーを設定する
イコライザーを設定する
ここでは、ペアの組まれた9,10チャンネルのイコライザーを設定します。
手 順
1.
EQ LOW
MID
HIGH
のいずれかを押します。
第
2
章
▼次のようなイコライザーの画面が表示されます。
2.
9チャンネル(または10チャンネル)の
▼9と10の両方の
SEL
SEL
を押します。
ランプが同時に点灯し、連動していることがわかりま
す。
とダイアルを使って、イコライザーを次のように設定します。
3.
イコライザーの効果を実感していただけましたか?この画面が表示されているとき
は、
ENTER
を使って、イコライザーのオン/オフが選択できますので、切り換えな
がら音の変化を確かめてみてください。
イコライザーは、
1∼16チャンネル以外にも、
ステレオインプット、
リターン1, 2、
ステ
レオアウトプットにかけることができます。
(→ P.4-7)
イコライザーのセッティングは、
「ライブラリー」
の機能を使ってストア
(保存)
してお
くことができます。
また、
本機にはあらかじめいくつかのセッティングが用意されて
います。
これらをリコール
(呼び出し)
することで、
簡単にセッティングを変更するこ
とができます。
(→ P.4-11)
第2章 ProMix 01の操作体験
2-9
エフェクトを設定する
エフェクトを設定する
ここでは、エフェクト1を設定します。
手 順
1.
SEND 1
を押します。
▼次のようなエフェクトの画面が表示されます。また、この画面に移った時点
で、1∼16チャンネル(およびステレオインプット)のフェーダーは、セン
ド1(エフェクト1)への送り出しレベルを調整する機能に変ります。
2.
3.
ダイアルを回して、「3. REVERB ROOM 1」を選択します。
ENTER
を押します。
▼選択したエフェクトがリコール(呼び出し)されます。
4.
1,2,9∼12チャンネルのフェーダーを上げます。
5.
リターン/センド(RTN/SEND)のフェーダーを上げます。
▼各チャンネルの音にリバーブの効果がかかります。
エフェクトは、
さらに細かくエディットすることもできます。
また、
イコライザーと同
じようにストア
(保存)
したり、
リコール
(呼び出し)
することもできます。
(→ P.4-17)
エフェクトは、
もう1系統用意されています。SEND 2 を押すと、
エフェクト2の設定画
面が表示されます。
2-10
第2章 ProMix 01の操作体験
キュー機能を使う
キュー機能を使う
キュー機能は、ステレオアウトプットへの出力はそのままにして、モニタースピーカーやヘッドフォンで特定
のチャンネルの音だけを聴くために用意されている機能です。ここでは、背面のPHONES端子に接続したヘッ
ドフォンでキュー機能を体験してみましょう。
第
2
章
手 順
1.
CUE
を押します。
▼次のようなキューの画面が表示されます。
2.
任意のチャンネルの
3.
PHONESボリュームを適当に回します。
SEL
を押します。
▼ヘッドフォンから、選択したチャンネルの音が聴こえるはずです。
SEL
を押すたびに、そのチャンネルのオン/オフが切り換わります。
また、同時に複数のチャンネルの音を聴くこともできます。
キュー機能では、
この他に、
選択した特定のチャンネルの音だけを聴いたり、
ステレオ
アウトプットの音を聴いたりすることもできます
(→ P.4-30)
第2章 ProMix 01の操作体験
2-11
ストアとリコール
ストアとリコール
ここまでの操作で設定したキュー以外のセッティングは、シーンとしてストア(保存)することができます。
シーンは最大50までストアすることができます。ストアしたシーンは、リコールの操作で瞬時に呼び出すこと
ができます。
ストア、リコールの操作については、ストア(→ P.4-3)、リコール(→ P.4-4)をご覧ください。
各種設定やフェーダー操作をした後、
別のシーンをリコールすると、
それまでの設定
は消えてしまいます。
大切なセッティングを設定した後は、
忘れないうちにストア操
作をしておいてください。
2-12
第2章 ProMix 01の操作体験
第3章
MIDIを使ったコントロール
第
3
章
この章では、
MIDIを使って外部機器から本機をコントロールしたり、
本機のコント
ロール情報を外部機器に送信したりする方法、
しくみなどを解説します。
MIDIについて .................................................................................................... 3-2
プログラムチェンジデータ ............................................................................... 3-4
コントロールチェンジデータ ...........................................................................3-5
バルクデータ .................................................................................................... 3-8
第3章 MIDIを使ったコントロール
3-1
MIDIについて
MIDIについて
MIDIを使って、シーケンサーやコンピューターなどの外部MIDI機器で本機をコントロールしたり、本機の操
作情報をシーケンサーなどにMIDIデータとして送信したりすることができます。
MIDIの接続
MIDIデータをやりとりするためには、
本機と外部MIDI機器をMIDIケーブルで接続し
ます。
本機には次の2つのMIDI端子が用意されています。
■MIDI IN
MIDIデータを受信する端子です。
外部MIDI機器で本機をコントロールする場合に、
外
部MIDI機器の
「MIDI OUT」
端子とこの端子を接続します。
■MIDI OUT
本機上の操作によるMIDIデータを外部MIDI機器に送信する端子です。
本機上の操作
をシーケンサーなどの外部MIDI機器でレコーディングする場合に、
外部MIDI機器の
「MIDI IN」
端子とこの端子を接続します。
トランスミットチャンネルとレシーブチャンネル
MIDIデータを送受信するためには、
送信側の機器と受信側の機器でMIDIチャンネル
を合わせておく必要があります。
送信側のチャンネルをトランスミットチャンネル
(Tx Ch)
、
受信側のチャンネルをレシーブチャンネル
(Rx Ch)
と呼びます。
本機も一般的なMIDI機器と同様に、
トランスミットチャンネル、
レシーブチャンネル
それぞれについて1∼16のチャンネルを選択することができます。
また、
「OMNI」
(オム
ニ)
をオンにすることで、
1∼16のすべてのチャンネルのMIDIデータを受信すること
もできます。
注 意
・コントロールチェンジモード(→ P.4-47)が「CHANNEL」になっている場合は、
複数のチャンネルを使って、コントロールチェンジデータを送受信します。この場
合、トランスミットチャンネル、レシーブチャンネルの設定は「基準となるチャン
ネル」となり、「データを送受信する唯一のチャンネル」ではなくなります。ま
た、OMNIの設定も無効(オフ)となります。
3-2
第3章 MIDIを使ったコントロール
MIDIについて
MIDIを使ってできること
MIDIデータには、
内容によっていくつかのデータ種別があります。
本機で扱うことの
できるデータは次の3種類です。
■プログラムチェンジデータ
シンセサイザーではボイスを切り換えるときに使うMIDIデータです。
本機では、
この
プログラムチェンジデータを使って、
シーンを切り換えることができます。
■コントロールチェンジデータ
第
3
章
シンセサイザーではモジュレーションホイールやフットボリュームを操作したとき
に送受信されるMIDIデータです。
本機では、
このコントロールチェンジデータを使っ
て、
ほぼすべての設定をコントロールすることができます。
■バルクデータ
本機内に保存されているすべて
(あるいは任意)
のデータを、
外部MIDI機器に送信し
たり、
外部MIDI機器から受信したりするために使うMIDIデータです。
本機には、
RAM
カードやフロッピーディスクドライブが搭載されていませんので、
大切に残しておき
たい設定は、
この機能を使って外部のシーケンサーやMIDIデータファイラーなどに
送信した後、
シーケンサー側で保存作業しておきます。
次ページから、
上記のそれぞれのデータの扱い方について解説していきます。
第3章 MIDIを使ったコントロール
3-3
プログラムチェンジデータ
プログラムチェンジデータ
プログラムチェンジデータは、次のように使います。
プログラムチェンジデータの受信
外部MIDI機器からプログラムチェンジデータ
(1∼128の数値)
を受信すると、
本機は
設定されている
「プログラムチェンジアサインテーブル」
を参照して、
そのプログラム
チェンジデータに対応しているシーンに切り換えます。
プログラムチェンジアサインテーブルは、
プログラムチェンジデータの1∼128とシー
ン00∼50の対応を示した次の表のようなものです。
プログラムチェンジデータ
シーン
1
01
2
16
3
45
:
:
127
--
128
13
例えば、
上の表のようなプログラムチェンジアサインテーブルが設定されているとき、
外部MIDI機器からプログラムチェンジデータ=3を受信すると、
その瞬間に本機は
シーン45に切り換わります。
参 考
・シーンに「--」が設定されている場合には、そのプログラムチェンジデータを受信しても
シーン切り換えを行いません。
・工場出荷時には、1∼50のプログラムチェンジデータが1∼50に、プログラムチェンジデー
タ128がシーン00(イニシャルメモリーデータ)に対応するプログラムチェンジアサイン
テーブルが設定されています。
プログラムチェンジデータの送信
本機側でシーンを切り換える操作を行うと、
プログラムチェンジアサインテーブルを
参照して、
そのシーンに対応するプログラムチェンジデータを外部MIDI機器に送信
します。
例えば、
上の表のようなプログラムチェンジアサインテーブルが設定されて
いるとき、
本機側でシーン16をリコールすると、
その瞬間にプログラムチェンジデー
タ=2を外部MIDI機器に送信します。
注 意
・プログラムチェンジを受信、送信する場合には、MIDIセットアップ(→ P.4-44)
のプログラムチェンジのTxやRxがオンになっている必要があります。
3-4
第3章 MIDIを使ったコントロール
コントロールチェンジデータ
コントロールチェンジデータ
コントロールチェンジデータは、次のように使います。
コントロールチェンジデータとは
シンセサイザーなどには、
鍵盤以外にモジュレーションホイールやフットコントロー
ラー、
フットスイッチなどさまざまなコントローラーが用意されています。
これらの
演奏情報をやりとりするのがコントロールチェンジデータです。
このコントロール
第
3
章
チェンジデータは、
2つのデータで構成されます。
ひとつは
「コントロールナンバー」
と
いう装置を示す0∼120の番号、
もうひとつがその状態を示す0∼127の数値です。
例えば、
モジュレーションホイールは通常コントロールナンバー=1です。
このモジュ
レーションホイールを最大に回すと、
「コントロールナンバー=1、
数値=127」
という
コントロールチェンジデータが送信されます。
本機のコントロールチェンジデータ
本機では、
このコントロールチェンジデータを使って、
ほぼすべての設定をリアルタ
イムにコントロールすることができます。
しかし、
本機の設定には500を超える項目数
があります。
したがって、
通常のコントロールナンバー0∼120だけでは足りないこと
になります。
この問題を解消するために、
本機では2つの方法
(コントロールチェンジ
モード)
が用意されています。
(詳しくは次ページから説明します)
■CHANNEL(チャンネル)モード
設定項目を96個ずつ6つ
(0∼5)
の
「バンク」
に分け、
それぞれ別のMIDIチャンネルでコ
ントロールチェンジデータをやりとりする方法です。
■REGISTER(レジスター)モード
設定項目を96個ずつ6つ
(0∼5)
の
「バンク」
に分け、
コントロールナンバー=98のコント
ロールチェンジデータをバンク選択に使う方法です。
参 考
・機械式のスイッチ(PADスイッチなど)や、機械式のボリューム(GAINボリュームや
MONITORボリューム)は、MIDIでコントロールできません。
注 意
・コントロールチェンジを受信、送信する場合には、MIDIセットアップ(→ P.444)のコントロールチェンジのTxやRxがオンになっている必要があります。
第3章 MIDIを使ったコントロール
3-5
コントロールチェンジデータ
チャンネルモード
本機の設定項目と、
バンク、
コントロールナンバーの対応を設定したものを
「コント
ロールチェンジアサインテーブル」
と呼びます。
例えば、
次の表のようなものです。
(こ
のコントロールチェンジアサインテーブルをエディットすることもできます)
設定項目
バンクNo
コントロールNo
CH1 Level
0
0
CH2 Level
0
1
CH3 Level
0
2
:
:
:
CH11 Send2 Level
0
95
CH 12 Send2 Level
1
0
CH13 Send2 Level
1
1
:
:
:
CH13 Phase
1
95
CH14 Phase
2
0
:
:
:
Panpot Control Mode
5
21
チャンネルモードでは、
バンクナンバーごとに別のMIDIチャンネルを使って、
コント
ロールチェンジデータを送受信します。
例えば、
外部MIDI機器で本機のCH2 Levelを変更する場合は、
外部MIDI機器のトラン
スミットチャンネルを本機のレシーブチャンネルに合わせ、
コントロールナンバー=
1でその数値
(0:最小∼127:最大)
を送ります。
CH13 Send2 Levelを変更する場合は、
外
部MIDI機器のトランスミットチャンネルを本機のレシーブチャンネル+1に合わせ、
コントロールナンバー=1でその数値を送ります。
このようにバンク0以外の項目をコントロールする場合は、
外部MIDI機器のトランス
ミットチャンネルを、
本機の
「レシーブチャンネル+バンク番号」
に変更してデータを
送ります。
「レシーブチャンネル+バンク番号」
が16を超えてしまう場合は、
1に戻りま
す。
例えば、
本機のレシーブチャンネルが15で、
バンク4の項目をコントロールする場
合は、
15+4-16=3チャンネルでデータを送信することになります。
本機からの送信も同様に、
「トランスミットチャンネル+バンク番号」
のチャンネルで
行われます。
参 考
・この方法は、設定やコントロールが簡単な反面、多くのMIDIチャンネルを独占してしまう
という欠点があります。
3-6
第3章 MIDIを使ったコントロール
コントロールチェンジデータ
レジスターモード
レジスターモードでは、
コントロールナンバー=98の数値をバンク選択に使うことで
全項目を1つのMIDIチャンネルでコントロールすることができます。
例えば、
次のようなコントロールチェンジアサインテーブルが設定されている場合
設定項目
バンクNo
コントロールNo
CH1 Level
0
0
CH2 Level
0
1
CH3 Level
0
2
:
:
:
CH11 Send2 Level
0
95
CH 12 Send2 Level
1
0
CH13 Send2 Level
1
1
:
:
:
CH13 Phase
1
95
CH14 Phase
2
0
:
:
:
Panpot Control Mode
5
21
第
3
章
外部MIDI機器で本機のCH2 Levelを変更する場合は、
「コントロールナンバー=98」
で
「0」
を送った後、
「コントロールナンバー=1」
でその数値
(0:最小∼127:最大)
を送りま
す。
CH13 Send2 Levelを変更する場合は、
「コントロールナンバー=98」
で
「1」
を送った
後、
「コントロールナンバー=1」
でその数値を送ります。
このようにレジスターモードでは、
必ず2組のコントロールチェンジデータを用いて
設定をコントロールすることになります。
参 考
・このモードでは、チャンネルを1つしか使用しないのですが、バンクデータを送
るため、1つのパラメータに対するデータが増えるという欠点があります。
第3章 MIDIを使ったコントロール
3-7
バルクデータ
バルクデータ
バルクデータは、次のように使います。
バルクデータとは
バルクデータは、
機種に依存する形式のデータです。
システムエクスクルーシブデー
タなどと呼ぶ場合もあります。
本機にストア
(保存)
してあるシーンなどのデータを
シーケンサーやコンピューターに送信し、
フロッピーディスクなどに保存しておけば、
大切なセッティングデータを安全に保管しておくことができます。
また、
別のProMix 01にセッティングを移す場合も、
このバルクデータの送受信の機能
を使います。
注 意
・別の機種のバルクデータを受信することはできません。
・バルクデータを受信、送信する場合には、MIDIセットアップ(→ P.4-44)のバル
クデータのTxやRxがオンになっている必要があります。
バルクデータの送受信中は、本機のフェーダやスイッチ類が一時的に機能しなく
なります。このためミキシング中にバルクデータのやりとりを行うことはてきる
だけ避けるようにしてください。
参 考
・本機には、バルクデータのリクエスト機能も用意されていますので、リクエストに応じて
データを送信する機能を持つ外部MIDI機器では、外部機器側に触れることなくデータの受
信を行うことができます。
3-8
第3章 MIDIを使ったコントロール
第4章
リファレンス
第
4
章
この章では、本機のすべての機能を詳細に解説します。何か調べたい機能があると
きなど、辞書のようにお使いください。
シーン ............................................................................................................... 4-2
メーター ........................................................................................................... 4-5
イコライザー .................................................................................................... 4-7
パン/フェイズ ............................................................................................... 4-13
リターン/センド ........................................................................................... 4-17
コンプレッサー ............................................................................................... 4-24
キュー ............................................................................................................. 4-30
ペア/グループ ............................................................................................... 4-33
ユーティリティ ............................................................................................... 4-37
MIDI ................................................................................................................ 4-43
第4章 リファレンス
4-1
シーン
シーン
各チャンネルのインプットレベルやセンドレベルやエフェクト、コンプレッサーなどの設定状態「シーン」は、
本体内部のメモリーに50種類までストア(保存)することができます。一度ストアしたシーンは、いつでもリ
コールの操作で呼び出すことができます。(ストアしたシーンは、電源を切っても消えることはありません)
シーンの番号
シーンを管理するための番号「シーンナンバー」には、00∼50の51種類がありま
す。このうち、自由にストアを行うことのできるシーンナンバーは、01∼50の50種
類です。シーンナンバー00は、初期状態(すべてのパラメーターが基準となる状
態)に固定されており、リコールのみが可能です。
シーンに含まれるデータ
シーンとしてメモリーに保存されるデータは、次のデータです。
・ミキシングの全設定(1∼16 チャンネルおよびステレオインのミキシング、パン、
フェイズ、イコライザー、リターン/センドとステレオアウトの各設定)
・エフェクトの設定
・コンプレッサーの設定
・グループの設定
・ペアの設定
・センド3, 4のコンフィギュレーション(モノラル/ステレオ)の設定
・センド3, 4、ステレオアウトプットのパッチポイント位置(プリフェーダー/ポス
トフェーダー)
・シーンネーム
シーンに含まれないデータ
次のデータは、シーンに含まれないデータです。
・アナログ式のボリュームつまみの状態(各チャンネルのGAIN、MONITOR
LEVEL、PHONES LEVEL、コントラスト調節つまみ)
・アナログ式のスイッチの状態(各チャンネルのPADスイッチ、CUE/2TR INス
イッチ、PHANTOMスイッチ)
・センド3,4コンフィギュレーションおよびアウトプットコンプパッチポイント
以外のユーティリティの設定
・MIDIの設定
・キュータイプ(ラストキュー/ミックス/ステレオフィックス)の設定
4-2
第4章 リファレンス
シーン
STORE:ストア
機能
操作
現在のシーンの状態をメモリーに保存します。
INC+
、 DEC- でストア先のシーンナンバーを選択 →
ストア先ナンバー
01 ∼ 50
シーンネーム
最大8文字
STORE
解 説
・現在の各設定の状態を、
内部メモリーに保存します。
このとき、
任意のシーンネーム
を付けることができます。
第
4
章
・シーンに含まれるデータ、
含まれないデータについては、
この項の先頭
(→ P.4-2)
を
ご覧ください。
注 意
・ストアを実行すると、
それまでその番号に入っていたシーンは消えてしまいます。
消
しても良いデータかどうか十分確認してから操作してください。
参 考
・あるシーンをリコールした後、
そのまま別の番号にストアすることで、
この機能をシーンのコ
ピー機能として使うこともできます。
・次の手順の中の
「手順4」
を行う前であれば、
フェーダーや
ON
を調節、
変更することが可
能です。
・次の手順の中の
「手順1」
と
「手順2」
は順番を入れ替えて操作することもできます。
ただし、
逆に
操作する場合には、
ストア先のシーンナンバーを選択した後、
再び STORE を押してくださ
い。
手 順
1.
INC+
2.
STORE
、 DEC- でストア先のシーンナンバーを選択します。
を押します。
この時点で
「手順1」
で選択したシーンナンバーにストアを実行する待機状態に
なります。
ストアを中止したい場合やストア先のナンバーを変更したい場合は、
「CANCEL」
にカーソルを移動し、ENTER を押します。
3.
シーンネームを入力します。
文字の入力方法については、
「文字を入力する」
(→ P.1-31)
をご覧ください。
4.
STORE
を押します。
▼ストアが実行され、ストアしたシーンナンバーに切り換わります。
第4章 リファレンス
4-3
シーン
RECALL:リコール
機能
操作
ストアされているシーンを呼び出します。
INC+
、 DEC- でリコールするシーンナンバーを選択 →
シーンナンバー
RECALL
00 ∼ 50
解 説
・ストアの操作で内部メモリーに保存されているシーンを呼び出します。
・上記の操作を行うことで、
シーンがリコールされます。
・リコールするシーンナンバーを選択しないまま、RECALL を押した場合には、
次のよ
うな画面に変ります。
このまま、
もう一度
RECALL
を押すと、
現在選択されている
シーンが再びリコールされます。
(現在選択されているシーンの最初の状態に戻りま
す)
・シーンに含まれるデータ、
含まれないデータについては、
この項の先頭
(→ P.4-2)
を
ご覧ください。
注 意
・リコールを実行すると、
それまでのフェーダー位置や各種設定は、
呼び出したシーン
の設定に変更されてしまいます。
もし、
それまでの状態を残しておきたい場合には、
あらかじめストアを行っておいてください。
・信号が入力されているときのシーンのリコールには注意が必要です。
リコールされ
たシーンの設定にしたがってフェーダー位置が瞬時に変化するため、
音量が急に大
きくなる可能性があるからです。
信号が入力されているチャンネルのONボタンがオ
ンでフェーダーが上がっているときのリコールではそのようなことはありません
が、
それ以外のリコールではシーンの選択を慎重にしてください。
参 考
・シーンナンバー00は、
初期状態
(すべてのパラメーターが基準となるの状態)
のシーンです。
全
く白紙の状態からシーンを組み上げていくときなどに利用してください。
4-4
第4章 リファレンス
メーター
メーター
ここでは、チャンネル1∼16やステレオインプット、リターン、センドなどのレベルを確認するための「メー
ター」の画面について説明します。
第
4
章
第4章 リファレンス
4-5
メーター
METER:メーター
機能
操作
各インプット、センド、リターンなどのレベルを確認、調整します。
METER
PEAK HOLD
OFF, ON
解 説
・チャンネルインプット、
ステレオインプット、
リターン1, 2、
センド3, 4のレベルを5段
階のインジケーターで表示します。
・チャンネル1∼16の
SEL
を押すと、
1∼16チャンネルのレベル表示画面が表示さ
れます。
・ST IN
(ステレオインプット)
またはRTN/SEND
(リターン/センド)
、
ST OUT
(ステレ
オアウトプット)
の
SEL
を押すと、
ステレオインプットとリターン/センドのレ
ベル表示画面が表示されます。
・ METER を押すごとにch 1∼16とST IN、
RTN、
SEND画面が切り換わります。
PEAK HOLD
・PEAK HOLD
(ピークホールド)
をオンにすると、
レベルの最高値
(ピーク)
を残したま
まレベル表示させることができます。オン/オフの切り換えは、ダイアルまたは
ENTER
で行います。
注 意
・ピークホールドでホールドされたピークは、
画面を切り換えるとクリアされます。
参 考
・ステレオアウトプットのレベルは、
ディスプレイ右側のLEDに常時表示されます。
4-6
第4章 リファレンス
イコライザー
イコライザー
ここでは、イコライザーについて説明します。イコライザーは、チャンネル1∼16、ステレオインプット、リ
ターン1, 2、ステレオアウトプットのそれぞれに対して、独立してかけることができます。
また、「ライブラリー」の機能を使って、あらかじめ用意されているイコライザーセッティングを呼び出した
り、作成したイコライザーセッティングを保存したりすることができます。
イコライザー
本機に搭載されているイコライザーは、3バンドのパラメトリックイコライザーで
す。LOW、MID、HIGHそれぞれについてフリケンシー、Q値、ゲインを設定するこ
とができます。特にMIDのフリケンシーは全てのレンジをカバーしていますので、
自由度の高いイコライジングが可能です。また、LOWとHIGHでは、ピーキング型
第
4
章
かシェルビング型かを選択することもできます。
ライブラリー
本機には、あらかじめ30種類(1∼30)のイコライザーセッティングが用意されてい
ます。このイコライザーセッティングには、楽器用セッティングやボーカル用セッ
ティングをはじめ、全体の曲調によるセッティングなど、さまざまな種類がありま
す。また、新たなイコライザーのセッティングを20種類(31∼50)までストア(保
存)することが可能です。
これらのイコライザーセッティングを集めたものを「ライブラリー」と呼びます。
ライブラリーに保存されているイコライザーセッティングは、簡単な操作で任意の
チャンネルやステレオアウトプットなどにリコール(呼び出し)して使用すること
ができます。
参 考
・ライブラリーは、
全シーンで共通に使用します。
したがって、
あるシーンで設定したイコライ
ザーセッティングをライブラリーに保存しておけば、
他のシーンでもそのセッティングを呼
び出すことができます。
第4章 リファレンス
4-7
イコライザー
EQUALIZER:イコライザー
機能
各インプットやリターン、アウトプットのイコライザーを設定します。
操作
EQ LOW
→ 任意の
EQ
LOW
MID
HIGH
SEL
、 MID
→ 任意の
SEL
、 HIGH
→ 任意の
SEL
OFF, ON
G
-15 ∼ +15 dB
F
32 Hz ∼ 1 kHz
Q
1/6 ∼ 3 oct, SHELF
G
-15 ∼ +15 dB
F
32 Hz ∼ 18 kHz
Q
1/6 ∼ 3 oct
G
-15 ∼ +15 dB
F
1 ∼ 18 kHz
Q
1/6 ∼ 3 oct, SHELF
解 説
・次の各信号に対して、
それぞれ3バンド
(ロー、
ミッド、
ハイ)
のイコライザーを設定し
ます。
チャンネル1∼16
ステレオインプット
リターン1, (
2 エフェクト1, 2からのリターン)
ステレオアウトプット
・リターン1, 2は、
RTN/SEND
(リターン/センド)
の
SEL
を何回か押すことで選択
します。
・ミッドはピーキング型のイコライザー、
ローとハイは、
ピーキング型、
シェルビング
型を選択することができます。
・チャンネル1∼16のイコライザーはモノラルです。
ただし、
ペアが設定されている場
合には、
その2チャンネルのイコライザー設定は連動します。
したがって、
ステレオイ
コライザーと同じ状態になります。
ステレオインプット、
リターン1, 2、
ステレオアウ
トプットのイコライザーはステレオです。
・ EQ LOW または
MID
、 HIGH を1回押すと、
そのバンドのゲインの位置にカーソ
ルが表示されます。
その後、
さらに同じボタンを押すと、
ゲイン→フリケンシー→Q
→ゲインの順にカーソルが移動します。
また、
カーソルボタンを使うことでもカーソ
ルを移動することができます。
4-8
第4章 リファレンス
イコライザー
ON / OFF
・ON / OFF
(オン/オフ)
では、
選択した信号に対するイコライザーのオン/オフを選
択します。
ダイアル以外に
でもオン/オフを切り換えることができます。
ENTER
(どの位置にカーソルがある場合でも、ENTER を使えばイコライザーのオン/オフ
を切り換えることができます)
G
・G(Gain:ゲイン)
では、
Fで設定した周波数における利得をデシベル単位で設定しま
す。
F
・F(Frequency:フリケンシー)
では、
各イコライザーの中心周波数を設定します。
バン
ドごとに設定できる周波数範囲は異なります。
Q
・Qでは、
ピーキング型イコライザーによって強調、
減衰を行う帯域幅をオクターブで
設定します
LOW Q
HIGH Q
MID Q
第
4
章
+15dB
MID G
Gain
HIGH G
0dB
Freq.
LOW G
-15dB
LOW F
MID F
HIGH F
・また、
ローとハイでは、
上記のオクターブ指定の他に、
「SHELF」
(シェルビング型)
を
選択することができます。
シェルビング型イコライザーは、
指定した周波数以上また
は以下の周波数全体に対して強調、
減衰を行うイコライザーです。
LOW, HIGHともにSHELFを選択した場合
MID Q
+15dB
MID G
Gain
HIGH G
0dB
Freq.
LOW G
-15dB
LOW F
MID F
HIGH F
第4章 リファレンス
4-9
イコライザー
注 意
・センド3, 4にイコライザーをかけることはできません。
・イコライザーのゲインの設定によっては、
音量が大きくなりすぎて、
歪んでしまった
り、
音量が小さくなりすぎて聞き取れなくなってしまう場合があります。
参 考
・オクターブと従来のイコライザーのQ値との対応は、
次の表のようになります。
4-10
第4章 リファレンス
オクターブ表記
従来のQの値
1/6 oct
8.65
1/4 oct
5.76
1/3 oct
4.32
3/4 oct
1.90
1 oct
1.41
3/2 oct
0.92
2 oct
0.67
3 oct
0.40
イコライザー
LIBRARY RECALL:ライブラリーリコール
機能
操作
ライブラリーのイコライザーセッティングをリコール(呼び出し)ます。
LIBRARY
→ リコール先の
SEL
イコライザーセッティング 1 ∼ 50
解 説
・ライブラリーにストアされているイコライザーセッティングの中から、
任意のセッ
ティングを、
1∼16チャンネルやステレオインプット、
リターン1, 2、
ステレオアウト
第
4
章
プットのイコライザーに呼び出します。
・リターン1, 2は、
RTN/SEND
(リターン/センド)
の
SEL
を何回か押すことで選択
します。
・リコール先として、
ペアが設定されているチャンネルを選択すると、
ペアを組んでい
る両チャンネルに同じイコライザーセッティングがリコールされます。
注 意
・センド3, 4にイコライザーをリコールすることはできません。
・リコールを実行すると、
それまでのイコライザーの設定は消えてしまいます。
・イコライザーがオフ
(→ P.4-8)
になっている場合には、
リコールを実行しても、
音に
変化は表れません。
参 考
・あらかじめ用意されているイコライザーセッティングについては、
巻末の付録
「ライブラリー
リスト」
(→ P.付録-7)
をご覧ください。
手 順
1.
画面左下に表示されているリコール先を確認します。
リコール先を変更する場合は、
2.
3.
SEL
を使います。
ダイアルを使って、リコールするイコライザーセッティングを選択します。
ENTER
を押します。
▼リコールが実行されます。
第4章 リファレンス
4-11
イコライザー
LIBRARY STORE:ライブラリーストア
機能
操作
現在のイコライザーセッティングをライブラリーにストア(保存)します。
LIBRARY
→
→ ストアしたいイコライザーが設定されているチャンネルの
SEL
イコライザーセッティング 31 ∼ 50
イコライザーネーム
最大15文字
解 説
・1∼16チャンネルやステレオインプット、
リターン1, 2、
ステレオアウトプットのイコ
ライザーのいずれかに設定されているイコライザーセッティングを、
ライブラリー
の31∼50のいずれかに保存します。
このとき、
イコライザーネームを付けることがで
きます。
・リターン1, 2は、
RTN/SEND
(リターン/センド)
の
SEL
を何回か押すことで選択
します。
注 意
・ストアを実行すると、
それまでその番号に入っていたイコライザーセッティングは
消えてしまいます。
・ライブラリーの1∼30にセッティングをストアすることはできません。
参 考
・ライブラリーのデータは、
全シーン共通で使用しますので、
ストアしたイコライザーセッティ
ングを別のシーンでリコールすることが可能です。
手 順
1.
画面左下に表示されているストア元となるチャンネルを確認します。
ストア元を変更する場合は、
2.
3.
SEL
を使います。
ダイアルを使って、ストア先の番号を選択します。
ENTER
を押します。
▼イコライザーネームを入力する画面に変ります。
4.
イコライザーネームを入力します。
文字の入力方法については、
「文字を入力する」
(→ P.1-31)
をご覧ください。
5.
ENTER
を押します。
▼ライブラリーへのストアが実行されます。
4-12
第4章 リファレンス
パン/フェイズ
パン/フェイズ
ここでは、パンとフェイズの機能について説明します。
パン
本機では1∼16のチャンネルインプット、ステレオインプット、リターン1, 2、ステ
レオアウトプットのそれぞれについてパンを設定することができます。また、ペア
の組まれているチャンネルについては、デュアルパン方式で左右の拡がり幅とパン
を自由に設定することができます。また、センド3、4がステレオ設定になっている
場合には、センド3、4のバランスを設定することができます。このとき、各チャン
ネルおよびステレオインプットのセンド3, 4へに対するパンについては、センド3ま
たはセンド4の機能で設定します。(→ P.4-23)
第
4
章
フェイズ
輸入ブランドのマイクなど音響機器の一部には、ホット、コールドのピン配置が逆
転しているタイプの端子を持つものがあります。キャノンタイプの場合、通常は2番
ピンがホットですが、逆転している機器の場合、3番ピンがホットになっています。
これらの機器をそのまま使用すると、特にステレオ入力時に音が抜けてしまった
り、定位が落ち着かなくなったりします。
「フェイズ」は、このような機器を使用するときのために、位相(フェイズ)を反
転する機能です。1∼16のチャンネル、ステレオインプットのそれぞれに対して、位
相を設定することができます。
第4章 リファレンス
4-13
パン/フェイズ
PAN:パン
機能
各インプットやリターン1, 2、ステレオアウトプットのパンを設定します。
操作
PAN /
(フェイズの画面が表示された場合にはもう一度
PAN
L16 ∼ L1, C, R1 ∼ R16
BALANCE
L16 ∼ L1, C, R1 ∼ R16
CONTROL
INDIVIDUAL, GANG
PAN /
)→ 任意の
SEL
解 説
・1∼16チャンネルやステレオインプット、
リターン1, 2のパン、
およびステレオアウト
プット、
センド3, 4のバランスを設定します。
(ただし、
センド3, 4のバランスは、
セン
ド3, 4がステレオに設定されている場合にのみ設定できます)
・リターン1, 2は、
RTN/SEND
(リターン/センド)
の
SEL
を何回か押すことで選択
で動かすこともできます。
を何回か押すと、
コント
します。
・カーソルは、
ロール
(CONTROL)
の項目にカーソルが移動します。
PAN
・カーソルのあるチャンネルのパン設定が画面下部に表示されます。
ダイアルを使っ
て、
パンを変更すると、
画面のボリュームマークも同時に変化します。
・ペアが設定されているチャンネルおよびステレオインプット、
リターン1, 2では、
2つ
のチャンネルが同時に表示されます。
この場合には、
次のように定位と拡がり幅を設
定することができます。
通常のセッティング
L16
R16
モノラル
第4章 リファレンス
L7
R7
左右が逆転したセッティング
C
C
4-14
拡がり幅を狭くしたセッティング
R16
L16
左に寄ったセッティング
L16
C
パン/フェイズ
BALANCE
・ステレオアウトプットまたはセンド3, 4にカーソルのあるときは、
左右の出力のバラ
ンスを設定します。
ダイアルを使って、
バランスを変更すると、
画面のボリューム
マークも同時に変化します。
CONTROL
・CONTROL
(コントロール)
で
「GANG」
が選択されている場合には、
ペアが設定されて
いるチャンネルおよびステレオインプット、
リターン1, 2でパンを動かすと、
拡がり
幅を保ったまま両チャンネルの定位が連動して動きます。
「INDIVIDUAL」
が選択さ
れている場合には、
両チャンネルが独立して動きます。
参 考
・どの位置にカーソルがある場合でも、 ENTER を押すことで、コントロールの「GANG」と
「INDIVIDUAL」
を切り換えることができます。
第
4
章
第4章 リファレンス
4-15
パン/フェイズ
PHASE:フェイズ
機能
操作
1∼16チャンネルインプット、ステレオインプットの位相を設定します。
PAN /
(パンの画面が表示された場合にはもう一度
PHASE
PAN /
)→ 任意の
SEL
N,R
解 説
・1∼16チャンネル、
ステレオインプットのフェイズを設定します。
・カーソルは、
PHASE
で動かすこともできます。
・フェイズを変更したいチャンネルにカーソルを移動した後、
ダイアルまたは
ENTER
を使ってフェイズを変更します。
・
「N」
が通常のフェイズ
(正相)
「
、R」
が逆相です。
・ペアが設定されているチャンネルおよびステレオインプットでは、
左右2つのチャン
ネルの位相が連動します。
参 考
・ペアが設定されているチャンネルの片方のチャンネルフェイズだけを変更したい場合は、
ペ
アの設定を解除してください。
4-16
第4章 リファレンス
リターン/センド
リターン/センド
ここでは、リターン1, 2/センド1, 2(エフェクト)およびセンド3, 4の機能について説明します。
リターン1, 2/センド1, 2
本機には、1∼4の4系統のセンドがありますが、センド1と2は、内蔵エフェクトを使
う回路として固定されています。したがって、外部へのセンド端子はありません。
なお、留意していただきたいのは、センド1, 2へのセンドレベルは、1∼16のチャン
ネルとステレオインプットそれぞれ個別に設定することができますが、トータルの
センドレベルをまとめて調整する機能は備わっていない点です。エフェクト音の大
きさは、リターン1, 2のレベル調整で行います。
第
4
章
エフェクト
内蔵エフェクトには、あらかじめ厳選された30種類(1∼30)のセッティングが用意
されています。この中から使いたいエフェクトをリコール(呼び出し)することで
簡単に効果的なエフェクトを選ぶことができます。また、リコールしたエフェクト
の細かなパラメーターをエディットすることもできます。さらにエディットしたエ
フェクトを10種類(31∼40)までストア(保存)しておくことができます。
センド3, 4
センド3, 4は、フォールドバックスピーカーや外部エフェクターなどへ信号を送り出
すための端子です。センド3, 4へのセンドレベルは、1∼16のチャンネルとステレオ
インプットそれぞれ個別に設定することができ、さらにトータルのセンドレベルを
調整することもできます。外部エフェクターを使う場合には、センド3, 4から外部へ
送られた信号のリターン端子としてステレオインプット端子(あるいは1∼16チャン
ネルの一部)を使ってください。
第4章 リファレンス
4-17
リターン/センド
SEND 1, 2 − EFFECT RECALL:センド1, 2 − エフェクトリコール
機能
センド1または2で使用するエフェクトをリコールし、各チャンネルのセンドレベルを調整します。
操作
SEND 1
(または
SEND 2
)
EFFECT
1 ∼ 40
POST/PRE
POST, PRE
解 説
・センド1または2で使用するエフェクトを選択して呼び出し、
そのエフェクトへのセ
ンドレベルを1∼16チャンネル、
ステレオインプットそれぞれ調整します。また、
フェーダーの前
(PRE)
でエフェクトにセンドするか、
フェーダーの後ろ
(POST)
でセ
ンドするかを選択します。
・ SEND 1(または
SEND 2
)
を押した時点で、
1∼16チャンネルおよびST IN
(ステレオ
インプット)
のフェーダーは、
各チャンネルのセンドレベルを調整する機能に切り換
わります。
また、
RTN/SEND
(リターン/センド)
のフェーダーは、
センド1または2の
エフェクトからのリターンレベル調整の機能となります。
POST/PRE
・
を2回押すと、
「POST」
または
「PRE」
にカーソルが移動します。
この状態で
ENTER
を押す
(またはダイアルを回す)
と、
「POST」
と
「PRE」
が交互に切り換わります。
・
「POST」
の場合には、
チャンネルフェーダーでのレベル調整後の信号がエフェクトに
送られます。
したがって、
チャンネルフェーダーを下げればエフェクト音も小さくな
ります。
「PRE」
の場合には、
チャンネルフェーダーでのレベル調整前の信号がエフェ
クトに送られます。
したがって、
チャンネルフェーダーを下げてもエフェクト音は変
化しません。
注 意
・POST/PREを切り換えると、
突然音量が大きく変化する可能性があります。
あらかじ
めステレオアウトプットをオフにしておくか、
レベルを下げておくことをおすすめ
します。
・POST/PREをチャンネル別に設定することはできません。
・トータルセンドレベルの調整はできません。
参 考
・エフェクトの種類については、
巻末の
「エフェクトリスト」
(→ P.付録-10)
をご覧ください。
手 順
4-18
第4章 リファレンス
リターン/センド
1.
「RECALL」が反転表示になっていることを確認します。
「POST」
または
「PRE」
が反転表示になっている場合は、 を2回押します。
2.
3.
ダイアルを使って、リコールするエフェクトを選択します。
ENTER
を押します。
▼エフェクトのリコールが実行されます。
第
4
章
第4章 リファレンス
4-19
リターン/センド
SEND 1, 2 − EFFECT EDIT:センド1, 2 − エフェクトエディット
機能
操作
センド1または2のエフェクトをエディットします。
SEND 1
(または
EFFECT PARAMETER
SEND 2
)→
(「EDIT」を選択) →
ENTER
1 ∼ 10
内容はエフェクトにより変化
解 説
・センド1または2で現在使用されているエフェクトの細かな設定
(パラメーター)
をエ
ディットします。
・各エフェクトには、
最大10種類のパラメーターがあります。
でこれらのパラ
メーターを選択した後、
ダイアルで設定を変更していきます。
・エフェクトエディットが終了したら、ENTER または
を押し、
「EXIT」
を反転表示
にした後、ENTER を押します。
(エフェクトリコールの画面に戻ります)
・エフェクトエディットの画面が表示されているとき、
1∼16チャンネルおよびST IN
(ステレオインプット)
のフェーダーは、
各チャンネルのセンドレベルを調整する機
能に切り換わっています。
また、
RTN/SEND
(リターン/センド)
のフェーダーは、
セ
ンド1または2のエフェクトからのリターンレベル調整の機能となっています。
注 意
・このエディットで、
エフェクトタイプを変更することはできません。
エフェクトタイ
プを変更したい場合は、
あらかじめエフェクトリコール
(→ P.4-18)
の操作で目的の
エフェクトをリコールしておいてください。
参 考
・エフェクトのパラメーターについては、
巻末の
「エフェクトパラメーターリスト」
(→ P.付録-14)
をご覧ください。
4-20
第4章 リファレンス
リターン/センド
SEND 1, 2 − EFFECT STORE:センド1, 2 − エフェクトストア
機能
操作
エディットしたエフェクトをストアします。
SEND 1
(または
SEND 2
)→
EFFECTのストア先
31 ∼ 40
エフェクトネーム
最大15文字
(「STORE」を選択)
解 説
・エフェクトに名前
(エフェクトネーム)
を付けて本体内に保存します。
・エフェクトストアの画面が表示されているとき。
1∼16チャンネルおよびST IN(ス
第
4
章
テレオインプット)
のフェーダーは、
各チャンネルのセンドレベルを調整する機能に
切り換わっています。
また、
RTN/SEND
(リターン/センド)
のフェーダーは、
センド
1または2のエフェクトからのリターンレベル調整の機能となっています。
注 意
・エフェクトストアを実行すると、
それまでその番号に入っていたエフェクトは消え
てしまいます。
・1∼30にエフェクトをストアすることはできません。
参 考
・ストアしたエフェクトは、
別のシーンからでもリコールすることができます。
手 順
1.
「STORE」が反転表示になっていることを確認します。
2.
ダイアルを使って、ストア先の番号を選択します。
3.
ENTER
を押します。
▼次のような画面に変ります。
4.
エフェクトネームを入力します。
文字の入力方法については、
「文字を入力する」
(→ P.1-31)
をご覧ください。
5.
ENTER
を押します。
▼エフェクトストアが実行されます。
第4章 リファレンス
4-21
リターン/センド
SEND 3, 4:センド3, 4
機能
センド3または4に送り出すセンドレベルを調整します。
操作
SEND 3
(または
POST/PRE
SEND 4
)
POST, PRE
ユ ー テ ィ リ テ ィ の 「 SEND3,
4
CONFIGURATION」で「MONO」が選択されて
いる場合
ユ ー テ ィ リ テ ィ の 「 SEND3,
4
CONFIGURATION」で「STEREO」が選択され
ている場合
解 説
・センド3または4への、
1∼16チャンネル、
ステレオインプットのセンドレベル調整、
お
よびトータルセンドレベル調整を行います。
また、
フェーダーの前
(PRE)
でエフェク
トにセンドするか、
フェーダーの後ろ
(POST)
でセンドするかを選択します。
・ SEND 3(または
SEND 4
)
を押した時点で、
1∼16チャンネルおよびST IN
(ステレオ
インプット)
のフェーダーは、
各チャンネルのセンドレベルを調整する機能に切り換
わります。
また、
RTN/SEND
(リターン/センド)
のフェーダーは、
センド3または4の
トータルセンドレベル調整の機能となります。
POST/PRE
・ ENTER を押す
(またはダイアルを回す)
と、
「POST」
と
「PRE」
が交互に切り換わりま
す。
・
「POST」
の場合には、
チャンネルフェーダーでのレベル調整後の信号が外部に送られ
ます。
したがって、
チャンネルフェーダーを下げれば外部へ送出する信号も小さくな
ります。
「PRE」
の場合には、
チャンネルフェーダーでのレベル調整前の信号がエフェ
クトに送られます。
したがって、
チャンネルフェーダーを下げても外部へ送出する信
号は変化しません。
4-22
第4章 リファレンス
リターン/センド
・ユーティリティの
「SEND3, 4 CONFIGURATION」
で
「STEREO」
が選択されている場
合、 を押すか、
またはもう一度
SEND 3
か
SEND 4
を押すと、
次のようなセンドの
パンを設定する画面が表示されます。
。
・この画面で、
各チャンネルのセンド3, 4へのセンドパンを設定することができます。
また、
ペアの組まれているチャンネルの場合には、
通常のパンと同じようにデュアル
パン方式による設定が可能です。
設定は、
SEL
または
でチャンネ
ルを選び、
ダイアルを回して行います。
注 意
第
4
章
・POST/PREをチャンネル別に設定することはできません。
第4章 リファレンス
4-23
コンプレッサー
コンプレッサー
ここでは、コンプレッサーの機能について説明します。
コンプレッサー
本機には、1∼3の3系統のコンプレッサーが用意されています。このコンプレッサー
をどの信号に機能させるか(パッチポイント)は自由に選ぶことができます。
高品質なコンプレッサー、リミッターとして使うことはもちろん、ゲートとして使
うこともできます。また、他の信号をキーイン信号(キーインソース)として設定
することもできますので、ナレーションが始まると自動的にバックグラウンド
ミュージックが小さくなり、ナレーションが終わると自動的にバックグラウンド
ミュージックが大きくなるといった使い方(ダッキング)も可能です。
コンプレッサーのセッティングは、あらかじめ「コンプレッサー/リミッター」タ
イプのものや「ゲート」タイプのもの、「ダッキング」タイプのものなど10種類
(1∼10)が用意されています。この中から目的のセッティングをリコール(呼び出
し)して使用することができます。また、これらのセッティングをリコールした
後、エディットすることもできます。さらにエディットしたコンプレッサーセッ
ティングを10種類(11∼20)までストア(保存)することもできます。
4-24
第4章 リファレンス
コンプレッサー
COMPRESSOR SETUP:コンプレッサーセットアップ
機能
操作
コンプレッサー1∼3のパッチポイントおよびキーインソースなどを設定します。
COMP
COMP
1∼3
ON/OFF
OFF, ON
PATCH
OFF, CH 1 ∼ 16,
(ペア時にはCH 1-2∼CH 15-16)
SEND3, SEND4, STEREO
KEY IN
SELF, CH 1 ∼ 16,
SEND3, SEND4, ST-L, ST-R
COMP IN
第
4
章
BOTH, L, R
(PATCHでペアを選択した場合のみ設定)
解 説
・コンプレッサーを機能させる信号を選択するとともに、
キーインソースなどを選択
します。
・実際に使用するコンプレッサーそのものの選択は、
コンプレッサーリコール
(→ P.427)
で行います。
COMP
・本機にはステレオコンプレッサーが3つ搭載されています。
このCOMP
(コンプレッ
サー)
では、
その3つのコンプレッサーのうち、
どのコンプレッサーについて設定を行
うかを選択します。
・
ON/OFF
COMP
を押すたびに、
1→2→3→1→2…と切り換わります。
・ON/OFF
(オン/オフ)
では、
コンプレッサーの使用の有無を選択します。
この項目で
「OFF」
を選択したコンプレッサーは働かなくなります。
PATCH
・PATCH(パッチポイント)
では、
コンプレッサーを機能させる信号を選択します。
ペ
アが組まれているチャンネルは
「CH9-10」
のように1組となります。
また、
ユーティリ
ティの
「SEND3, 4 CONFIG」
で
「STEREO」
が選択されている場合には、
SEND3と4も
1組となり
「SEND3-4」
と表示されます。
・このPATCHの項目は、
ダイアルで信号を選択した後、ENTER を押すことで、
設定が
確定します。
この操作を忘れると設定は変わりません。
・PATCHで、
ペアとなっているチャンネル、
またはSEND3-4、
STEREOを選択した場合
には、
画面右下に
「COMP IN」
の項目が表示されます。
・SEND3、
SEND4、
またはSTEREOにPATCH(パッチポイント)
を設定するとき、
プリ
フェーダーか、
あるいはポストフェーダーかの設定はユーティリティーのアウト
プットパッチポイント機能
(→ P.4-40)
を使います。
第4章 リファレンス
4-25
コンプレッサー
KEY IN
・KEY IN
(キーインソース)
では、
コンプレッサーの基準とする信号を選択します。
・コンプレッサーを、
通常のコンプレッサーやリミッターとして使用する場合は、
SELF
(自分自身の信号)
を選択します。
SELFを選択すると、
Lチャンネル、
Rチャンネルの
レベルの大きい方がキーインソースとなります。
・バックグラウンドミュージックとナレーションのように別の信号をKEY INにする
場合は、
ここでそのチャンネルを選択します。
・このKEY INの項目は、
ダイアルで信号を選択した後、ENTER を押すことで、
設定が
確定します。
この操作を忘れると設定が元に戻ってしまいます。
・SEND3、
SEND4、
ST-L、
またはST-Rのキーインを設定するとき、
プリフェーダーか、
あ
るいはポストフェーダーかの設定はユーティリティーのアウトプットパッチポイン
ト機能
(→ P.4-40)
を使います。
COMP IN
・COMP IN
(コンプレッサーイン)
では、
PATCHで、
ペアとなっているチャンネル、
ま
たはSEND3-4、
STEREOを選択した場合に、
実際にコンプレッサーの効果をかける
チャンネルを指定します。
「BOTH」
を選択すると左右両チャンネルにコンプレッ
サーがかかります。
「ODD」
「EVEN」
を選択すると、
それぞれ奇数番号チャンネル
(通
常は左チャンネル)
、
偶数番号チャンネル
(通常は右チャンネル)
だけにコンプレッ
サーがかかります。
注 意
・1つのパッチポイントに、
複数のコンプレッサーを組み込むことはできません。
すで
に別のコンプレッサーで使われているパッチポイントは、
「PATCH」
の選択候補とし
て表示されません。
4-26
第4章 リファレンス
コンプレッサー
COMPRESSOR RECALL:コンプレッサーリコール
機能
操作
コンプレッサー1∼3のセッティングをリコールします。
COMP
COMPRESSOR
→
で「RECALL」を選択
1 ∼ 20
解 説
・コンプレッサー1∼3で使用するセッティングを選択して呼び出します。
・あらかじめコンプレッサーセットアップ
(→ P.4-25)
の操作で、
コンプレッサーの番
第
4
章
号を選択しておいてください。
(PATCHやKEY INなどの設定は、
リコール後でも変
更できます)
・画面右端には、
コンプレッサーの効き具合を示すメーターが表示されます。
上方から
下向きに伸びるバーがコンプレッサーの圧縮量を示しています。
注 意
・コンプレッサーリコールを実行すると、
それまでのコンプレッサーの設定は消えて
しまいます。
参 考
・コンプレッサーの種類については、
巻末の
「コンプレッサーリスト」
(→ P.付録-21)
をご覧くだ
さい。
・リコールしたコンプレッサーのセッティングをエディットすることができます。
(→ P.4-27)
手 順
1.
2.
ダイアルを使って、リコールするコンプレッサーを選択します。
ENTER
を押します。
▼コンプレッサーのリコールが実行されます。
第4章 リファレンス
4-27
コンプレッサー
COMPRESSOR EDIT:コンプレッサーエディット
機能
操作
コンプレッサー1∼3のセッティングをエディットします。
COMP
→
PARAMETER
で「EDIT」を選択 →
ENTER
5種類
内容はコンプレッサータイプにより変化
解 説
・リコールされているコンプレッサーの細かい設定を行います。
・各コンプレッサーには、
5種類のパラメーターがあります。
でこれらのパラ
メーターを選択した後、
ダイアルで設定を変更していきます。
・エディットが終了したら、 ENTER または
ENTER
を押し、
「EXIT」
を反転表示にした後、
を押します。
・
「ON」
(または
「OFF」
)
の表示にカーソルを移動し、
ダイアルまたは
ENTER
を使って
コンプレッサーのオン/オフを切り換えることができます。
注 意
・このエディットで、
コンプレッサータイプを変更することはできません。
コンプレッ
サータイプを変更したい場合は、
あらかじめコンプレッサーリコール
(→ P.4-27)
の
操作で目的のコンプレッサーをリコールしておいてください。
参 考
・各コンプレッサーのパラメーターについては、
巻末の
「コンプレッサーパラメーターリスト」
(→ P.付録-23)
をご覧ください。
・エディットしたコンプレッサーの設定は、
コンプレッサーストア
(→ P.4-29)
の操作で保存す
ることができます。
4-28
第4章 リファレンス
コンプレッサー
COMPRESSOR STORE:コンプレッサーストア
機能
操作
エディットしたコンプレッサーをストアします。
COMP
→
で「STORE」を選択
ストア先
11 ∼ 20
コンプレッサーネーム
最大15文字
解 説
・エディットしたコンプレッサーセッティングに名前
(コンプレッサーネーム)
を付け
て本体内に保存します。
第
4
章
注 意
・コンプレッサーストアを実行すると、
それまでその番号に入っていたコンプレッサー
は消えてしまいます。
・1∼10にコンプレッサーをストアすることはできません。
参 考
・ストアしたコンプレッサーセッティングは、
別のコンプレッサーや別のシーンからでもリコー
ルすることができます。
手 順
1.
2.
ダイアルを使って、ストア先の番号を選択します。
ENTER
を押します。
▼コンプレッサーネームを入力する画面に変ります。
3.
コンプレッサーネームを入力します。
文字の入力方法については、
「文字を入力する」
(→ P.1-31)
をご覧ください。
4.
ENTER
を押します。
▼コンプレッサーストアが実行されます。
第4章 リファレンス
4-29
キュー
キュー
ここでは、キューの機能について説明します。
キュー
本機には、通常のステレオアウトプットとは別に、モニターアウトプットとフォン
(ヘッドフォン)の出力系統が用意されています。このモニターアウトプットおよ
びフォンには、ステレオアウトプットと同じ信号を送ったり、一部のトラックの信
号だけを送り出したりすることができます。
4-30
第4章 リファレンス
キュー
CUE:キュー
機能
操作
キュータイプの設定と各チャンネルの音や設定の確認を行います。
CUE
→任意のチャンネルの
CUE
SEL
MIX, LAST CUE, ST FIX
解 説
・キュータイプを選択し、
任意のチャンネルやステレオアウトプットなどの音をモニ
タースピーカーやヘッドフォンで確認します。
また、
画面には選択したチャンネルの
第
4
章
レベルやパン、
イコライザー、
センド
(画面上では
「S1」
∼
「S4」
で表示)
などの設定状況
が表示されます。
CUE
・CUE(キュータイプ)
では、
次の中からモニターアウトプット、
ヘッドフォンアウト
プットに出力する内容を選択します。
ダイアルで選択した後、ENTER を押すことで
設定が確定します。
MIX
:
SEL
が押された(ランプが点灯した)すべてのチャ
ンネルの音を出力します。複数のチャンネルの音をミッ
クスしてモニターすることができます。
LAST CUE
:最後に
SEL
が押された(ランプが点灯した)チャン
ネルの音だけを出力します。ただし、ペアが組まれてい
るチャンネルは2チャンネルが同時に選択されます。
ST FIX
:常にステレオアウトプットに出力されている信号と同
じ信号を出力します。
・ただし、
このキューの画面から別の画面に移ったときには、
次のようにモニター出力
およびヘッドフォン出力の内容が変化します。
グループの画面
:MIX、LAST CUEのいずれかを選択していた場合には、
設定中のグループ(A∼D)に含まれる全チャンネルの
音をミックスして出力します。これは、グループ内での
レベルバランスを調整しやすくするための機能です。
ST FIXを選択した場合には、グループの画面に移っても
モニターアウトプットの内容は変りません。
第4章 リファレンス
4-31
キュー
キュー、グループ以外の画面 :MIXを選択していた場合には、強制的にLAST CUEにな
ります。LAST CUEおよびST FIXを選択した場合には、
モニターアウトプットの内容は変りません。
・モニターアウトプット、
ヘッドフォンアウトプットへの出力レベルは、
パネル上のボ
リュームつまみでコントロールします。
注 意
・キュータイプでMIXを選択して、
複数のチャンネルを同時にモニターできるのは
キュー画面が表示されているときだけです。
他の画面に移るとLAST CUEの状態に
切り換わります。
・任意のチャンネルにペアが組まれていても、
チャンネルキューはモノラル
(チャンネ
ル単位)
となります。
・フェーダーが0dBのあるいは∞位置にあるときには、
画面上のフェーダー図内のノブ
が黒く表示されます。
0dB
4-32
第4章 リファレンス
∞dB
ペア/グループ
ペア/グループ
ここでは、ペアとグループの機能について説明します。
ペア
ペアは、隣り合う奇数番号のチャンネルと偶数番号のチャンネルを組み合わせて、
2つのチャンネルをあたかもステレオ1チャンネルのように扱うことができるように
する機能です。
ペアを組んだ2チャンネルは、次の設定が連動します。
フェーダーレベル
センド1∼4のセンドレベル
ON
第
4
章
によるオン/オフ
イコライザーの設定
フェイズの設定
コンプレッサーの設定
グループの設定
グループ
グループは、任意のチャンネルを組み合わせて、フェーダーを連動させる機能で
す。例えばドラムセットに5本のマイクを立てた場合、1回その5本のマイクのレベル
合わせをして、グループを組んでおけば、それ以降、その中の1つのフェーダーを動
かせば5つのフェーダーが連動して動きます。
グループは、A∼Dの4組まで設定することができます。ただし、1つのチャンネルが
複数のグループに属することはできません。
第4章 リファレンス
4-33
ペア/グループ
PAIR:ペア
機能
ペアの設定、解除を行います。
操作
PAIR
→ ペア設定、解除する
MONO×2→
SEL
ST(1→2), ST(2→1),
ST(RESET), MONO×2
STEREO→
ST(RESET), MONO×2,
STEREO
解 説
・隣り合う奇数番号のチャンネルと偶数番号のチャンネル
(必ず奇数-偶数という順の
組み合わせ)
でペアを組んだり、
組まれているペアを解除したりします。
・ペアの組まれているチャンネルには、
上の画面のようにチャンネル番号の間にマー
クが表示されます。
MONO×2→
・選択されているチャンネルが、
ペアになっていない
(モノラル×2チャンネル)
場合は、
ダイアルを使って次の中から処理を選択し、 ENTER を押します。
ST(1→2)
:奇数番号のチャンネルのフェーダーやセンドレベル、
イコライザーなどの設定を偶数番号のチャンネルにコ
ピーした上で、ペアを組みます。
ST(2→1)
:偶数番号のチャンネルのフェーダーやセンドレベル、
イコライザーなどの設定を奇数番号のチャンネルにコ
ピーした上で、ペアを組みます。
ST(RESET)
:両チャンネルのフェーダーやセンドレベル、イコライ
ザーなどの設定をリセットした上で、ペアを組みます。
MONO×2
:処理を行わないで、現状を維持します。
・ただし、
どちらかのチャンネルにコンプレッサーが設定されていた場合、
ペアを組む
時点でそのコンプレッサーの設定は解除されます。
・ST
(1→2)
, ST
(2→1)
のいずれの場合にも、
パンの設定はコピーされません。
4-34
第4章 リファレンス
ペア/グループ
STEREO→
・選択されているチャンネルが、
すでにペアになっている場合は、
ダイアルを使って次
の中から処理を選択し、ENTER を押します。
ST(RESET)
:両チャンネルのフェーダーやセンドレベル、イコライ
ザーなどの設定をリセットします。ペアの解除は行いま
せん。
MONO×2
:ペアを解除します。
STEREO
:処理を行わないで、現状を維持します。
・ただし、
ペアにコンプレッサーが設定されていた場合、
ペアを解除した時点でそのコ
ンプレッサーは両チャンネルから解除されます。
注 意
・ペアの設定、
解除の対象となるチャンネルに設定されていたコンプレッサーは、
ペア
の設定、
解除時に解除されます。
(パッチポイントから外されます)
第
4
章
参 考
・ST
(RESET)
を使用してペアの設定をリセットした場合、
各チャンネルが次のような設定に変
ります。
パラメーター
奇数番号チャンネル
偶数番号チャンネル
チャンネルオン/オフ
オン
オン
フェーダー
最小
最小
グループへの参加
解除
解除
センドレベル
最小
最小
パン
L16
R16
イコライザー
FLAT(オン)
FLAT(オン)
フェイズ
正相
正相
コンプレッサー
解除
解除
第4章 リファレンス
4-35
ペア/グループ
GROUP:グループ
機能
操作
グループの設定、解除を行います。
GROUP
GROUP
A∼D
各グループへの参加
CH 1 ∼ 16, ST IN
BAL ADJ
OFF, ON
解 説
・複数のチャンネルのフェーダーが連動して動くようにグループを設定したり、
設定
したグループの解除を行います。
・グループは、
A∼Dの4組が設定できます。
GROUP
・まず、
GROUP
各グループへの参加
を使って、A∼Dのどの組のグループを設定するかを選択します。
を押してもA∼Dの移動ができます。
・選択されているグループへの参加、
参加解除は、
各チャンネル、
ステレオインプット
の
SEL
を押すことで行います。
そのグループに参加しているチャンネルは、
画面
上に
「●」
が表示されます。
・この操作で、
グループへの参加した時点での、
各チャンネルのフェーダーの相対的な
位置がグループ内でのレベルバランスとなります。
・ペアが組まれているチャンネルは、
2つのチャンネルの参加、
参加解除が連動します。
BAL ADJ
・BAL ADJ
(バランスアジャスト)
は、
グループに参加しているチャンネル間のレベル
バランスを調整するために用意されている機能です。
オン/オフが交互に切り換わります。
・ ENTER を押すことで、
・オンのときは、
グループのフェーダーの連動が一時的に解除され、
グループ内でのレ
ベル調整が可能となります。
注 意
・ひとつのチャンネルを、
複数のグループに参加させることはできません。
(先着優先)
・バランスアジャストをオンに設定しても、
グループの画面を出た時点でフェーダー
は連動するようになります。
参 考
・このグループの画面が表示されているときに限り、
キュー機能は選択されているグループに
参加している全チャンネルをポストフェーダーでモニターする状態に変ります。
BAL ADJのオン/オフを切り換
・どの位置にカーソルがある場合でも、 ENTER を押すことで、
えることができます。
4-36
第4章 リファレンス
ユーティリティ
ユーティリティ
ここでは、ユーティリティの機能について説明します。
機能の選択
UTILITY
を押すと、次のような画面が表示されます。
を使って目的のユーティリティの機能に反転表示を合わせた後、
ENTER
を
第
4
章
押すとその機能の画面に進みます。
ユーティリティ
ユーティリティには、次の機能が用意されています。
オシレーター
:センドやステレオアウトプットに正弦波またはピンク
ノイズを送出します。
センド3, 4コンフィギュレーション :センド3とセンド4をモノラル2チャンネルで使うか、ス
テレオ1チャンネルで使うかを設定します。
アウトプットコンプパッチポイント:センド3, 4およびステレオアウトプットのコンプレッサ
のパッチポイントの位置を設定します。
メモリープロテクト
:シーンのストアを制限し、大切なシーンを保護しま
す。
バッテリーチェック
:シーンやライブラリーを保持するためのバッテリーの
容量をチェックします。
これらの画面から、機能の選択画面へ移動するにはEXITで
一度
UTILITY
ENTER
を押すか、もう
を押してください。
第4章 リファレンス
4-37
ユーティリティ
OSCILLATOR:オシレーター
機能
操作
センド3, 4、ステレオアウトプットにオシレーターの信号を出力します。
UTILITY
→
で「OSCILLATOR」を選択 →
ASSIGN SEND3
OFF, ON
SEND4
OFF, ON
ST OUT
OFF, ON
OSC
OFF, ON
LEVEL
-∞ ∼ +6dB
FREQ
100 Hz, 1 kHz, 10 kHz,
ENTER
PINK NOISE
解 説
・センド3またはセンド4、
ステレオアウトプット端子に、
3種類の周波数の正弦波
(サイ
ン波)
、
またはピンクノイズを送出します。
ASSIGN
SEND3
・SEND3
(センド3)
では、
オシレーターの信号をセンド3端子に出力するかどうかを選
択します。
SEND4
・SEND4
(センド4)
では、
オシレーターの信号をセンド4端子に出力するかどうかを選
択します。
ST OUT
・ST OUT
(ステレオアウトプット)
では、
オシレーターの信号をステレオアウトプッ
ト端子に出力するかどうかを選択します。
OSC
LEVEL
・OSC(オシレーター)
では、
オシレーターの発振のオン/オフを選択します。
・LEVEL
(レベル)
では、
オシレーターの信号の送出レベルを調節します。
・レベルが0dBのとき図中のノブが黒く反転表示されます。
また、
∞のときノブが四角
に変わります。
FREQ
・FREQ
(フリケンシー)
では、
オシレーターの信号のタイプを選択します。
100 Hz, 1 kHz,
10 kHzを選択した場合は、
その周波数の正弦波、
PINK NOISEを選択した場合は、
聴
覚上全帯域フラットなピンクノイズとなります。
・オシレーターの機能を終了するときは、
ENTER
で
「EXIT」
を反転表示にして
を押します。
他の画面に切り換えると、
オシレーターは自動的にオフになります。
注 意
・オシレーター信号をセンド3, 4、
ステレオアウトプットに送出しているときは、
その
他の信号
(チャンネルインプットなどの信号)
は送出されません。
4-38
第4章 リファレンス
ユーティリティ
SEND 3, 4 CONFIGURATION:センド3, 4コンフィギュレーション
機能
操作
センド3, 4のモノラル/ステレオの選択を行います。
UTILITY
→
SEND 3,4
で「SEND 3, 4 CONFIGURATION」を選択 →
ENTER
MONO, STEREO
解 説
・センド3, 4のモノラル/ステレオを選択します。
SEND 3,4
・センド3とセンド4の端子をそれぞれモノラルの2系統のセンド端子として使用する
第
4
章
か、
組み合わせてステレオ1系統のセンド端子として使用するかを選択します。
モノ
ラル2系統で使用する場合は、
「MONO」
を選択します。
ステレオ1系統で使用する場
合は、
「STEREO」
を選択します。
・センド3, 4コンフィギュレーションの機能を終了するときは、
「EXIT」
を反転表示にして
ENTER
で
を押します。
参 考
・
「STEREO」
を選択した場合には、
センド3, 4への送り出しのパンが設定できるようになります。
第4章 リファレンス
4-39
ユーティリティ
OUTPUT COMP PATCH POINT:アウトプットコンプパッチポイント
センド3, 4とステレオアウトプットのコンプレッサー位置を設定します。
機能
操作
UTILITY
→
で「OUTPUT COMP PATCH POINT」を選択 →
SEND 3
PRE FADER, POST FADER
SEND 4
PRE FADER, POST FADER
STEREO
PRE EQ, POST FADER
ENTER
解 説
・センド3, 4、
ステレオアウトプットのパッチポイントの位置を選択します。
PATCH POINT
・センド3とセンド4およびステレオアウトプットのパッチポイントを、
フェーダーの
前
(プリ)
にするか、
後
(ポスト)
にするかを選択します。
(ただし、
ステレオアウトプッ
トの場合はプリイコライザーかポストフェーダーの選択となります)
・アウトプットコンプパッチポイントの機能を終了するときは、
「EXIT」
を反転表示にして
4-40
第4章 リファレンス
ENTER
を押します。
で
ユーティリティ
MEMORY PROTECT:メモリープロテクト
機能
シーン01∼25、シーン26∼50のメモリープロテクトを設定、解除します。
→
で「MEMORY PROTECT」を選択 →
操作
UTILITY
Scene
01 ∼ 25
OFF, ON
26 ∼ 50
OFF, ON
ENTER
解 説
・メモリープロテクトは、
ストアされているシーンを、
間違った操作などによって変更
してしまわないように保護するための機能です。
第
4
章
・メモリープロテクトをオンにすると、
シーンのリコールはできますが、
ストアはでき
なくなります。
・メモリープロテクトは、
シーンをシーン01∼25とシーン26∼50に分けてまとめて設
定します。
Scene 01 ∼ 25
・シーン01∼25のメモリープロテクトをオン/オフします。
Scene 26 ∼ 50
・シーン26∼50のメモリープロテクトをオン/オフします。
・メモリープロテクトの機能を終了するときは、
して
ENTER
で
「EXIT」
を反転表示に
を押します。
注 意
・ひとつひとつのシーンに対して個別のメモリープロテクトを行うことはできません。
参 考
・シーン00は、
もともとプロテクトがかかっていますので、
この機能での設定はありません。
第4章 リファレンス
4-41
ユーティリティ
BATTERY CHECK:バッテリーチェック
機能
操作
内蔵バッテリーの電圧をチェックします。
UTILITY
→
で「BATTERY CHECK」を選択 →
ENTER
設定項目はありません
解 説
・シーンやライブラリー、
ストアされたエフェクト、
コンプレッサーなどの設定を電源
を切っても保持するために、
本機にはバッテリーが内蔵されています。
このバッテ
リーの状態をチェックするのが、
このバッテリーチェックの機能です。
・画面には、
バッテリーの状態を示すメッセージと電圧が表示されます。
Battery is OK!! (3.0V)
:バッテリーは十分な電圧を持っています。交換の必要
はありません。(カッコ内の数値は現在のバッテリーの
電圧を示します)
WARNING! Low battery :バッテリーの電圧が下がってきています。必要に応じ
て外部MIDI機器などにデータを保存した後、バッテ
リーの交換をご依頼ください。
WARNING! No battery
:バッテリーが入っていないか、全く使えない状態に
なっています。バッテリーの交換をご依頼ください。
・ ENTER を押すと、
バッテリーチェックの画面を出ます。
注 意
・バッテリー交換が必要な場合は、
巻末に記載のサービスセンター、
またはお買い上げ
の販売店にご連絡ください。
なお、
バッテリー交換の際には、
それまでにストアした
シーン、
ライブラリー、
コンプレッサー、
エフェクトなどの設定は消えてしまいます
ので、
MIDIのバルクで内部データを早めに保存してください。
・お客様ご自身でバッテリー交換を行うことは、
非常に危険ですので、
絶対にしないよ
うにしてください。
4-42
第4章 リファレンス
MIDI
MIDI
ここでは、MIDIの機能について説明します。
機能の選択
MIDI
を押すと、次のような画面が表示されます。
を使って目的のMIDIの機能に反転表示を合わせた後、
ENTER
を押すとその
第
4
章
機能の画面に進みます。
MIDI
外部のMIDI機器から本機をコントロールしたり、本機でのコントロール情報を外部
MIDI機器に送信したりするための各種設定を行います。
MIDIセットアップ
:トランスミット、レシーブチャンネル、各種データの
送受信の有無、エコーバックの有無などを設定します。
プログラムチェンジアサイン :プログラムチェンジ信号とシーン番号との対応を設定
します。
コントロールチェンジアサイン :バンクセレクト、コントロールナンバーと本機のパラ
メーターとの対応を設定します。
バルクダンプ/リクエスト :各種データを外部MIDI機器と送受信します。
ローカルオン/オフ
:ローカルオン/オフを選択します。
メモリーコントロールチェンジアウト :シーン状態を、コントロールチェンジデータによって
出力します。
第4章 リファレンス
4-43
MIDI
MIDI SETUP:MIDIセットアップ
機能
操作
MIDIの基本的なセッティングを行います。
MIDI
→
で「MIDI SETUP」を選択 →
Tx Ch
1 ∼ 16
Rx Ch
1 ∼ 16
ENTER
PROGRAM(TX, RX, OMNI, ECHO)
OFF, ON
CONTROL(TX, RX, OMNI, ECHO)
OFF, ON
BULK(TX, RX, OMNI) OFF, ON
解 説
・MIDIに関する基本的な設定を行います。
Tx Ch
・Tx Ch(トランスミットチャンネル)
では、
外部機器にMIDI情報を送信するチャンネ
ルを設定します。
Rx Ch
・Rx Ch(レシーブチャンネル)
では、
外部機器からのMIDI情報を受信するするチャン
ネルを設定します。
PROGRAM
CONTROL
BULK
・PROGRAM(プログラムチェンジデータ)
、
CONTROL(コントロールチェンジデー
タ)
、
BULK
(バルクデータ)
の送受信に関して、
次のような設定を行います。
TX
:データの送信のオン/オフの設定です。
RX
:データの受信のオン/オフの設定です。
OMNI(オムニ)
:データをRx Chで設定したチャンネルだけで受信する
(オフ)か、1∼16の全チャンネルで受信する(オン)
かを選択します。
ECHO(エコー)
:外部機器から受信したプログラムチェンジデータ、コ
ントロールチェンジデータを、本機のMIDI OUT端子か
ら再び送信する機能(エコーバック)のオン/オフを選
択します。
・MIDIセッティングの機能を終了するときは、
して
4-44
第4章 リファレンス
ENTER
を押します。
で
「EXIT」
を反転表示に
MIDI
注 意
・コントロールチェンジモード
(→ P.4-47)
が
「CHANNEL」
になっている場合には、
複
数のチャンネルを使って各パラメーターをコントロールすることになります。
した
がって、
コントロールチェンジのOMNIの設定は無効となります。
また、
Tx、
Rxの設定
は基準となるチャンネルの設定となり、
実際には、
その他のチャンネルもコントロー
ルチェンジデータの送受信に使用します。
参 考
・MIDIを使って本機をコントロールしたり、
本機のコントロールを外部MIDI機器に送信したり
する必要のない場合は、
PROGRAM、
CONTROL、
BULKをすべてオフにしておきます。
第
4
章
第4章 リファレンス
4-45
MIDI
PROGRAM CHANGE ASSIGN:プログラムチェンジアサイン
機能
操作
プログラムチェンジアサインテーブルを設定します。
MIDI
→
で「PROGRAM CHANGE ASSIGN」を選択 →
PGM
1 ∼ 128
MEM
0 ∼ 50
ENTER
解 説
・1∼128のプログラムチェンジナンバーとシーンとの対応
(プログラムチェンジアサ
インテーブル)
を設定します。
・例えば、
PGM=15にMEM=20を設定した場合、
本機でシーン20をリコールすると、
同
時に外部MIDI機器にプログラムチェンジナンバー15が送信されます。
また、
外部
MIDI機器からプログラムチェンジナンバー15を受信すると、
すぐにシーン20がリ
コールされます。
PGM
・PGM
(プログラムチェンジ)
では、
を使って、
設定するプログラムチェ
ンジナンバーを選択します。
MEM
・MEM
(シーンメモリー)
では、
現在選択されているプログラムチェンジナンバーに対
応するシーンナンバーを設定します。
・
「RESET」
を反転表示にして
ENTER
を押すと、
プログラムチェンジアサインテーブ
ルが初期化されます。
・プログラムチェンジアサインの機能を終了するときは、
転表示にして
ENTER
で
「EXIT」
を反
を押します。
注 意
・プログラムチェンジデータを送信するためには、
MIDIセットアップ
(→ P.4-44)
のプ
ログラムチェンジのTxがオンになっていなければなりません。
同様にプログラム
チェンジデータを受信するためには、
MIDIセットアップのプログラムチェンジのRx
がオンになっていなければなりません。
・違うプログラムチェンジナンバーに同じシーンが複数アサインされている場合は、
シーンがアサインされている一番小さなプログラムチェンジナンバーが出力されま
す。
参 考
・MIDIセットアップのプログラムチェンジのOMNIがオンになっている場合には、
1∼16の全
チャンネルでプログラムチェンジデータが送受信されます。
4-46
第4章 リファレンス
MIDI
CONTROL CHANGE ASSIGN:コントロールチェンジアサイン
機能
操作
コントロールチェンジアサインテーブルを設定します。
MIDI
→
で「CONTROL CHANGE ASSIGN」を選択 →
MODE
CHANNEL, REGISTER
No.(Parameter)
0 ∼ 530
BANK
0 ∼ 15, --
ENTER
No.(Control Change) 0 ∼ 95, --
解 説
第
4
章
・本機の持つ500を超えるパラメーターひとつひとつに対応するコントロールチェン
ジナンバーとバンクを設定します。
(コントロールチェンジアサインテーブル)
・例えば、
パラメーターNo.=3の
「CH4 Level」
に対して、
BANK=4、
コントロールチェ
ンジNo.=25を設定した場合、
本機でチャンネル4のフェーダーを動かすと、
同時に外
部MIDI機器にバンク4、
コントロールチェンジナンバー25でその情報が送信されま
す。
また、
外部MIDI機器からバンク4、
コントロールチェンジナンバー25の情報を受
信すると、
チャンネル4のフェーダーが動きます。
MODE
・MODE(コントロールチェンジモード)
では、
バンクの扱い方を選択します。
(詳しく
は
「第3章 MIDIを使ったコントロール」
(→ P.3-5)
をご覧ください)
CHANNEL(チャンネル)
:複数のチャンネルを使うことでバンクセレクト
を行います。
:コントロールチェンジナンバー98のデータをバ
REGISTER(レジスター)
ンクセレクト信号として扱います。
No.
(Parameter) ・No.(Parameter)
(パラメーターナンバー)
では、
バンク、
コントロールチェンジナン
バーを設定するパラメーターを選択します。
BANK
・BANK(バンク)
では、
そのパラメーターに対応するバンクを選択します。
・
「--」
を選択した場合は、
そのパラメーターのデータを送受信しません。
No.
(Control Change) ・No.(Control Change)
(コントロールチェンジナンバー)
では、
そのパラメーターに対
応するコントロールチェンジナンバーを選択します。
・
「--」
を選択した場合は、
そのパラメーターのデータを送受信しません。
・
「RESET」
を反転表示にして
ENTER
を押すと、
コントロールチェンジアサインテー
ブルが初期化されます。
第4章 リファレンス
4-47
MIDI
・コントロールチェンジアサインの機能を終了するときは、
反転表示にして
ENTER
で
「EXIT」
を
を押します。
注 意
・コントロールチェンジモードで
「CHANNEL」
を選択した場合、
MIDIセットアップ
(→
P.4-44)
のコントロールチェンジのOMNIの設定は無効となります。
・コントロールチェンジデータを送信するためには、
MIDIセットアップのコントロー
ルチェンジのTxがオンになっていなければなりません。
同様にコントロールチェン
ジデータを受信するためには、
MIDIセットアップのコントロールチェンジのRxがオ
ンになっていなければなりません。
・同じバンクで同じコントロールチェンジナンバーが複数のパラメータにアサインさ
れている場合の受信は、
アサインされているパラメータナンバーの一番小さなパラ
メータにのみ有効です。
送信は、
設定されたバンク/コントロールチェンジナンバー
でおこなわれます。
参 考
・コントロールチェンジモードで
「REGISTER」
を選択し、
かつMIDIセットアップのコントロー
ルチェンジのOMNIがオンになっている場合に、
1∼16の全チャンネルでコントロールチェン
ジデータが受信されます。
・表示スペースの都合上、
パラメータ名の一部が省略されている所があります。
詳しくは、
付録
の
「MIDIコントロールチェンジパラメータ」
を参照してください。
4-48
第4章 リファレンス
MIDI
BULK DUMP/REQUEST:バルクダンプ/リクエスト
機能
操作
MIDIバルクデータの送受信を行います。
MIDI
→
MODE
で「BULK DUMP/REQUEST」を選択 →
ENTER
BULK DUMP,
BULK REQUEST
送受信の対象
ALL, SCENE MEM xx ∼ xx,
EDIT BUFFER,
SETUP MEMORY,
CONTROL, PROGRAM,
INTERVAL TIME
0 ms ∼ 1.0 s
第
4
章
解 説
・本機の持つ各種データを外部MIDI機器に送信したり、
外部機器に保存されている
データを受信したりします。
MODE
・MODE
(ダンプモード)
では、
データを送信
(BULK DUMP)
するのか、
データをリクエ
スト
(BULK REQUEST)
するのかを選択します。
この選択を行った後、
次の中から送
信、
受信するデータ種類を選択します。
ALL(オール)
:本体内に保存されている全データを送受信します。こ
の中に含まれるデータについては、次ページの参考をご
覧ください。
SCENE MEM(シーンメモリー):任意のシーンナンバー範囲のシーンデータだけ
を送受信します。
EDIT BUFFER(エディットバッファー):現在使用中のシーンのデータを送受信
します。シーンリコール後、設定を変更した場合は、そ
の変更の反映されたデータとなります。
SETUP MEMORY(セットアップメモリー):現在使用中のMIDIのセットアップ
情報やユーティリティの設定などを送受信します。
CONTROL(コントロールチェンジアサインテーブル):コントロールチェンジア
サイン(→ P.4-47)で設定したコントロールチェンジア
サインテーブルのデータを送受信します。
PROGRAM(プログラムチェンジアサインテーブル):プログラムチェンジアサ
イン(→ P.4-46)で設定したプログラムチェンジアサイ
ンテーブルのデータを送受信します。
第4章 リファレンス
4-49
MIDI
・データ種類を選択した後、ENTER を押すとバルクデータのダンプまたはリクエスト
が実行されます。
INTERVAL TIME
・INTERVAL TIME
(インターバルタイム)
は、
シーンメモリーをある範囲で送信する
ときや、
ALLで連続してデータを送信するときのバルク間の待ち時間です。
受信側の
機器で
「受信バッファーフル」
などのエラーメッセージが表示されるようなとき、
こ
の値を大きくしてみてください。
また、
このインターバルタイムは、
「メモリーコント
ロールチェンジアウト」
での各パラメータ間の待ち時間としても使用しています。
・バルクダンプ/リクエストの機能を終了するときは、
表示にして
ENTER
で
「EXIT」
を反転
を押します。
注 意
・バルクデータを送信するためには、
MIDIセットアップ
(→ P.4-44)
のバルクデータの
Txがオンになっていなければなりません。
同様にバルクデータを受信するためには、
MIDIセットアップのバルクデータのRxがオンになっていなければなりません。
・バルクデータの転送を中断するには、
転送中、
カーソルキーを押すか、
他の画面に移
動してください。
参 考
・MIDIセットアップ
(→ P.4-44)
のバルクデータのRxがオンになっている場合には、
常に外部機
器からのバルクデータを受信できる状態となります。
ただし、
シーンのメモリープロテクト
(→
P.4-41)
がオンになっている場合には、
シーンの書き換えは行われません。
・ALLに含まれるデータは、
次の8種類です。
・シーンメモリー1∼50
・プログラムチェンジアサインテーブル
・コントロールチェンジアサインテーブル
・セットアップメモリー
・バックアップメモリー
(チャンネルセレクト、
シーンメモリナンバーなどの情報)
・エフェクトユーザーライブラリー
・コンプレッサーユーザーライブラリー
・イコライザーユーザーライブラリー
・エディットバッファー
4-50
第4章 リファレンス
MIDI
LOCAL ON/OFF:ローカルオン/オフ
機能
操作
ローカルオン/オフを選択します。
MIDI
→
LOCAL ON/OFF
で「LOCAL ON/OFF」を選択 →
ENTER
OFF, ON
解 説
・ローカルオン/オフは、
本機のフェーダー、
SEL
などのコントローラー部と内部
のミキサー部とを内部的に接続するか
(オン)
、
しないか
(オフ)
の設定です。
第
4
章
・このローカルオン/オフの設定は、
この画面が表示されているときにのみ有効とな
ります。
別の画面に移ると、
自動的にローカルオンの状態に戻ります。
ON/OFF
・ローカルオン/オフを設定します。
・ON(ローカルオン)
が通常の状態です。
・OFF
(ローカルオフ)
に設定すると、
内部データ
(シーンメモリー)
の状態を変えずに、
本機を使って外部MIDI機器のパラメーターをコントロールすることができます。
ローカルオフの状態のとき、
1∼16チャンネルのフェーダーを動かすと、
コントロー
ルチェンジアサインテーブルの
「CH1 Local Off」
∼
「CH16 Local Off」
で設定されてい
るコントロールチェンジデータを送信します。
(画面にはフェーダーの位置が16進数
で表示されます)
また、
1∼16チャンネルの
SEL
はプログラムチェンジ1∼16を送
信します。
注 意
・ローカルオフのとき、
1∼16チャンネル以外のフェーダー、
ON
・
SEL
SEL
、
およびすべての
は無効となります。
を押した時のプログラムチェンジは、
MIDIセットアップのコントロール
チェンジTXをON(オン)
にしていないと送信しません。
・このローカルオン/オフは、
電源を切ると、
ローカルオンの状態になります。
第4章 リファレンス
4-51
MIDI
MEMORY CONTROL CHANGE OUT:メモリーコントロールチェンジアウト
シーン情報をコントロールチェンジ信号で送信します。
機能
操作
MIDI
→
で「MEMORY CONTROL CHANGE OUT」を選択 →
OUTPUT
EXECUTE
MEMORY
EDIT BUFFER,
ENTER
SCENE 1 ∼ 50
PARAMETER
ON/OFF
OFF, ON
PAN
OFF, ON
LEVEL
OFF, ON
SEND
OFF, ON
EQ
OFF, ON
EFFECT
OFF, ON
COMP
OFF, ON
OTHERS
OFF, ON
解 説
・シーン情報
(シーンメモリーに記憶されるデータ)
をコントロールチェンジ信号を
使って外部MIDI機器に送信します。
・外部シーケンサーで本機をコントロールするような場合に、
この機能を使ってあら
かじめ使用するシーンを曲の先頭に記録しておけば、
曲を再生しはじめる時点で自
動的に本機のセッティングが行われます。
また、
外部のMIDIコントロール機器を
使って本機をコントロールしているとき、
本機の状態をその外部機器に反映させる
こともできます。
OUTPUT
・EXECUTEを選択し、ENTER を押すと、
以下の各設定で選択した情報がコントロー
ルチェンジ信号で送信されます。
MEMORY
・MEMORY(メモリー)
では、
送信するシーンを選択します。
「EDIT BUFFER」
は現在
の本機の状態です。
PARAMETER
・PARAMETER
(パラメーター)
では、
以下の各パラメーターそれぞれについて、
送信の
有無を設定します。
また、
以下の項目のうち、
1つでもONになっている場合には、
チャ
ンネルのペア情報もおよびセンド3,4のコンフィギュレーション情報も同時に送信
されます。
ON/OFF
・1∼16チャンネル、
ステレオインプット、
リターン/センド、
ステレオアウトプットの
オン/オフ情報を送信します。
4-52
第4章 リファレンス
MIDI
PAN
・1∼16チャンネル、
ステレオインプット、
リターン/センド、
ステレオアウトプットの
パン、
バランス情報を送信します。
LEVEL
・1∼16チャンネル、
ステレオインプット、
リターン/センド、
ステレオアウトプットの
レベル情報1∼16チャンネル、
ステレオインプットからのセンド3, 4へのパン、
バラ
ンス情報を送信します。
SEND
・1∼16チャンネル、
ステレオインプットからのセンドレベル、
および各センドのPRE/
POSTの設定、
を送信します。
EQ
・1∼16チャンネル、
ステレオインプット、
リターン1, 2、
ステレオアウトプットのイコ
ライザー情報を送信します。
EFFECT
COMP
OTHERS
・エフェクトパラメーター情報を送信します。
・コンプレッサー情報を送信します。
・その他の情報を送信します。
・メモリーコントロールチェンジアウトの機能を終了するときは、
「EXIT」
を反転表示にして
ENTER
第
4
章
で
を押します。
第4章 リファレンス
4-53
付録
オプションの製品について ......................................................................... 付録-2
接続例 .......................................................................................................... 付録-3
付
録
ライブラリーリスト .................................................................................... 付録-7
エフェクトリスト ..................................................................................... 付録-10
エフェクトパラメーターリスト ................................................................ 付録-14
コンプレッサーリスト .............................................................................. 付録-21
コンプレッサーパラメーターリスト ......................................................... 付録-23
ユーザーセッティングシート ................................................................... 付録-27
故障かな?と思ったら .............................................................................. 付録-33
エラーメッセージ一覧 .............................................................................. 付録-35
MIDIコントロールチェンジパラメーター ................................................. 付録-37
システムの初期化 ..................................................................................... 付録-51
仕様 ............................................................................................................ 付録-52
ブロックダイアグラム .............................................................................. 付録-57
レベルダイアグラム .................................................................................. 付録-58
MIDIデータフォーマット .......................................................................... 付録-59
付録-1
オプションの製品について
オプションの製品について
本機には、次のような別売のオプション製品が用意されています。必要に応じてお求めください。
■ProMix 01専用木製サイドパッド:W01SP
オプション製品に付属しているネジ以外
のネジは使わないでください。また、ネ
ジは必ずしっかり締めてください。
■ProMix 01専用ラックマウントキット(11Uサイズ):RK01
オプション製品に付属しているネジ以外
のネジは使わないでください。また、ネ
ジは必ずしっかり締めてください。
■ProMix 01専用キャリングケース:SC-ProMix
■ProMix 01専用ツアーケース:TC-ProMix
■ProMix 01 / M2000用カラーフェーダーノブセット(8個1組)
RED:FK8R
GRAY:FK8G
BLUE:FK8B
WHITE:FK8W
YELLOW:FK8Y
付録-2
PHONES
RTN 1
ProMix 01
PHONES
REVERB
SEND 1
R
+4dB UNBAL
MONITOR SP
L
MONITOR
DELAY
R
+4dB BAL
MIDI IN
MIDI OUT
+4dB UNBAL
+4dB UNBAL
ST OUT
PA CONSOLE
L
EQ
COMP
VOCAL CH
SEND 2
RTN 2
COMP
COMP
SEND 4
SEND 3
ST IN
+4dB UNBAL
VOCAL CH
+4∼−60dB BAL
+4∼−60dB BAL
MIX
INPUT
9∼16
INPUT
1∼8
SEQUENCER
(COMPUTER)
MIDI
EFFECT
MIDI
INST.
接続例
接続例
ProMix 01 MIXING SYSTEM for KEYBOARDIST on STAGE
付
録
付録-3
付録-4
DAT
−10dB UNBAL
2TR IN
PHONES
REC OUT DIGITAL
−10dB UNBAL
REC OUT ANALOG
Cassette Deck
RTN 1
PHONES
(#1 Internal EFFECT)
REVERB
SEND 1
ST OUT
SEND 4
SEND 3
ST IN
+4dB UNBAL
DELAY
(#2 Internal EFFECT)
VOCAL CH
SEND 2
RTN 2
VOCAL CH
ProMix 01
MIX
+4∼−60dB BAL
+4∼−60dB BAL
2TR IN
INPUT
9∼16
INPUT
1∼8
MIDI IN
MIDI OUT
P-AMP
R
+4dB UNBAL
MONITOR SP
L
ST OUT
COMP
COMP
COMP
+4dB UNBAL
+4dB UNBAL
SEQUENCER
(COMPUTER)
MIDI
EFFECT
MIDI
INST.
接続例
ProMix 01 MIDI STUDIO SYSTEM
DAT
2TR IN
−10dB UNBAL
PHONES
REC OUT DIGITAL
−10dB UNBAL
REC OUT ANALOG
Cassette Deck
RTN 1
PHONES
(#1 Internal EFFECT)
REVERB
SEND 1
ST OUT
2TR IN
+4∼−60dB BAL
INPUT
1∼8
ST OUT
SEND 4
SEND 3
ST IN
+4dB UNBAL
ProMix 01
(#2 Internal EFFECT)
DELAY
RTN 2
COMP
MONITOR
COMP
EFFECT
TRACK 8
R
MONITOR SP
G-EQ
MIDI OUT
MIDI IN
ST OUT
+4dB UNBAL
L
R
L +4dB BAL
+4dB UNBAL
+4dB UNBAL
TRACK 1∼7
PARA-BOX
COMP
PATCH-BOX
VOCAL CH
SEND 2
MIX
+4∼−60dB BAL
INPUT
9∼16
INPUT
9∼16
P-AMP
SEQUENCER
(COMPUTER)
MIDI
MIDI
CONV.
PATCH
/PARA
BOX
接続例
ProMix 01 8TR MTR RECORDING SYSTEM
付
録
付録-5
付録-6
DAT
−10dB UNBAL
REC OUT ANALOG
REC OUT DIGITAL
PHONES
Cassette Deck
CD Player
2TR IN
−10dB UNBAL
RTN 1
(#1 Internal EFFECT)
REVERB
SEND 1
ST OUT
ST IN
PHONES
R
L
R
L
ProMix 01
DELAY
RTN 2
ST OUT
SEND 4
SEND 3
(#2 Internal EFFECT)
SEND 2
MIX
+4∼−60dB BAL
+4∼−60dB BAL
1th PHANTOM
INPUT
9∼16
INPUT
1∼8
R
+4dB BAL
Main Speakers
L
EQ
COMP
COMP
COMP
G-EQ
P-AMP
Stage Monitors
P-AMP
Side Fill Speakers
+4dB UNBAL
AUX SEND 4
+4dB UNBAL
AUX SEND 3
P-AMP
接続例
ProMix 01 PA SYSTEM
ライブラリーリスト
ライブラリーリスト
ライブラリーにあらかじめ用意されているイコライザーセッティングです。
1
2
3
RESET
LOUDNESS
EQ DISCO
LOW
MID
HIGH
0dB
0dB
0dB
F
80Hz
2.0kHz
10kHz
Q
SHELF
3/2oct
SHELF
G
EQの初期化データ(G=0dB, F.Q=標準
値)…シーンメモリ0と同じ
LOW
MID
HIGH
+5dB
+3dB
0dB
F
80Hz
200Hz
Q
SHELF
2oct
G
HIGH
-4dB
+4dB
10kHz
F
90Hz
700Hz
12kHz
SHELF
Q
3oct
1/6oct
3oct
ドンシャリ系。中抜けサウンド
5
EQ POPS
MID
MID
+5dB
いわゆるオーディオアンプのラウドネス
効果。低音量時の量感補正。
4
LOW
LOW
G
6
EQ ROCK
HIGH
LOW
MID
EQ LIVE
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
0dB
+2dB
+2dB
G
+4dB
+2dB
+4dB
G
+3dB
+1dB
+2dB
F
100Hz
2.8kHz
10kHz
F
80Hz
2.5kHz
12kHz
F
125Hz
700Hz
12kHz
Q
SHELF
3oct
3oct
Q
1oct
1oct
SHELF
Q
SHELF
2oct
SHELF
中高域を強調した、抜けの良い音。
ロック系。重低音と高域を強調した音。
7
MID
中高域を強調したライブサウンド。
8
TIGHT DRUMS
LOW
9
LOUD DRUMS
HIGH
LOW
MID
KICK DRUM
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
+5dB
-5dB
+4dB
G
+5dB
+2dB
+1dB
G
+8dB
-7dB
+5dB
F
80Hz
400Hz
2.5kHz
F
110Hz
2.0kHz
12kHz
F
80Hz
400Hz
2.5kHz
Q
3/4oct
1/3oct
3/2oct
Q
SHELF
3/2oct
3oct
Q
3/4oct
1/6oct
1/3oct
締まりの良いポップス向けドラムサウン
ド。
ビッグサウンドドラム。ロック系に。
バスドラ(キック)単体用。胴鳴りと
ビーターのアタック感を。
10
11
12
SNARE 1
SNARE 2
CYMBALS
LOW
MID
HIGH
+2dB
+1dB
+3dB
F
200Hz
1.4kHz
Q
SHELF
3/2oct
G
ピシッと締まったスネアに。
LOW
MID
HIGH
G
+5dB
-6dB
+5dB
5.6kHz
F
200Hz
700Hz
3.2kHz
3oct
Q
3/4oct
1/6oct
3oct
ビッグスネアサウンド
付
録
LOW
MID
HIGH
+2dB
0dB
+4dB
F
200Hz
2.0kHz
12kHz
Q
SHELF
3/2oct
SHELF
G
打ち抜きとカップ音を強調。
付録-7
ライブラリーリスト
13
14
HI-HATS
LOW
MID
15
TOMS
HIGH
LOW
MID
E.BASS
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
-3dB
-2dB
+3dB
G
+4dB
-1dB
+3dB
G
+5dB
-1dB
+4dB
F
80Hz
250Hz
8.0kHz
F
200Hz
900Hz
4.0kHz
F
90Hz
450Hz
2.5kHz
Q
SHELF
1/6oct
SHELF
Q
SHELF
3/2oct
3oct
Q
1oct
1/4oct
1oct
切れの良いハットサウンド。
鳴りとアタックをきかせたタム。
低音とタッチを明瞭に。音程感あるベー
ス。
16
17
18
WOOD BASS
ACOUSTIC GUITAR
TRUMPET
LOW
MID
HIGH
G
+2dB
+1dB
+2dB
F
80Hz
315Hz
Q
3oct
3/2oct
LOW
MID
HIGH
G
+2dB
+3dB
+4dB
2.2kHz
F
180Hz
4.0kHz
SHELF
Q
2oct
2oct
低音を強調したベース。
HIGH
+1dB
+4dB
7.0kHz
F
360Hz
1.4kHz
5.6kHz
SHELF
Q
3oct
1oct
2oct
伸びのあるトランペット。
20
SAXOPHONE
MID
MID
+1dB
高域を強調し、タッチ感をはっきりと。
19
LOW
LOW
G
21
PIANO
HIGH
LOW
MID
MALE VOCAL
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
+3dB
+1dB
+3dB
G
+2dB
+1dB
+1dB
G
+3dB
+1dB
+2dB
F
315Hz
900Hz
3.6kHz
F
140Hz
2.0kHz
5.0kHz
F
280Hz
1.8kHz
5.0kHz
Q
2oct
1/4oct
SHELF
Q
SHELF
2oct
3oct
Q
3oct
3/4oct
SHELF
自然なピアノサウンド。
伸びのあるサックス。
22
23
FEMALE VOCAL
LOW
MID
男性ボーカル用EQ。低中域重視。
24
CHORUS
HIGH
LOW
MID
MALE ANNOUNCER
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
-1dB
+1dB
+2dB
G
+1dB
+2dB
+5dB
G
-3dB
+2dB
-4dB
F
220Hz
2.0kHz
7.0kHz
F
280Hz
1.4kHz
5.6kHz
F
100Hz
4.5kHz
7.0kHz
Q
SHELF
3oct
3oct
Q
3oct
3/2oct
SHELF
Q
1oct
3oct
SHELF
女性ボーカル用EQ。中高域を強調。
男性アナウンサー用EQ。明瞭感ある音
に。
25
26
27
FEMALE ANNOUNCER
TELEPHONE VOICE
NOTCH 4kHz
LOW
MID
HIGH
-3dB
+3dB
-1dB
F
200Hz
2.0kHz
8.0kHz
Q
SHELF
1oct
SHELF
G
男性/女性コーラス対応EQ。
女性アナウンサー用EQ。中域を豊かに。
LOW
MID
HIGH
-15dB
+12dB
-10dB
F
500Hz
1.1kHz
9.0kHz
Q
SHELF
2oct
3/4oct
G
テレフォンボイス用に高低音をカット。
LOW
MID
HIGH
0dB
0dB
-10dB
F
80Hz
2.0kHz
4.0kHz
Q
SHELF
3/2oct
1/6oct
G
ハウリング防止などHIGHのFを動かして
ハウリングポイントを探してください。
付録-8
ライブラリーリスト
28
29
30
HUM REDUCE 50Hz
HUM REDUCE 60Hz
W.NOISE REDUCE
LOW
MID
HIGH
-9dB
-10dB
0dB
F
50Hz
160Hz
10kHz
Q
1/6oct
1/6oct
SHELF
G
電源周波数が50Hz時のハム雑音を減少さ
せる。
LOW
MID
HIGH
-9dB
-10dB
0dB
F
60Hz
180Hz
10kHz
Q
1/6oct
1/6oct
SHELF
G
電源周波数が60Hz時のハム雑音を減少さ
せる。
LOW
MID
HIGH
0dB
0dB
-13dB
F
80Hz
2.0kHz
16kHz
Q
SHELF
3/2oct
SHELF
G
アナログテープのヒスノイズを減少させ
る。
付
録
付録-9
エフェクトリスト
エフェクトリスト
本機にあらかじめ内蔵されているエフェクトのリストです。
No
ネーム
エフェクトの効果および設定値
1
REVERB HALL 1&2
やや大きめのコンサートホール風の響きをシミュレートした効果です。
ストリン
グスやブラスセクション等、
楽器に広がり感を加えられます。
”
2”
はそのバリエー
ションです。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
1
2.8s
0.8
6
2
3.2s
0.7
8
3
Ini. Dly
40.0ms
38.0ms
LPF
7.0kHz
6.3kHz
HPF
THRU
THRU
REVERB ROOM 1&2 コンクリート等の反響の多い壁を持つ部屋の響きをシミュレートした効果です。
ドラムサウンド等にライブ感を加えられます。
”
2”
はそのバリエーションです。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
LPF
HPF
3
1.4s
0.8
7
5.0ms
THRU
280Hz
4
1.8s
0.6
6
17.0ms
9.0kHz
80Hz
5
REVERB STAGE
”
REVERB HALL”
を少し明るくした印象の効果です。
サウンド全体に薄く加える
事で臨場感を調整できます。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
LPF
5
3.4s
0.9
8
45.0ms
THRU
6
REVERB PLATE
HPF
70Hz
特に楽器を選ぶ訳ではありませんが、
昔で言う
「鉄板リバーブ」
のシミュレートで
す。
ボーカルやパーカッション等に使ってみるのも良いと思います。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
LPF
HPF
6
2.4s
0.7
8
16.0ms
8.0kHz
THRU
7
REV AMBIENCE 1&2 REVERB ROOM 1&2よりもさらに小さい楽器周辺の空気感を作る効果です。
パー
カッション等の打楽器系はもちろん、
ボーカルやコーラスに薄く効かせても良い
と思います。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
7
1.2s
1.0
8
19.0ms
8
0.8s
0.6
8
0.1ms
付録-10
LPF
9.0kHz
THRU
HPF
45Hz
56Hz
エフェクトリスト
9
REV LIVE ROOM 1&2 これもREVERB ROOM系の効果ですが、
REVERB ROOMよりもさらに反射音の
強い部屋鳴りをイメージして下さい。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
LPF
HPF
9
2.4s
0.8
7
0.1ms
7.0kHz
THRU
10
2.2s
0.5
6
12.0ms
4.0kHz
THRU
11
REVERB VOCAL
主にボーカルやコーラスに使用して頂きたいリバーブです。
Memory No. Rev. time High Ratio Diffusion
Ini. Dly
LPF
HPF
11
1.9s
0.5
6
16.0ms 12.0kHz
100Hz
12
CHORUS->REVERB
コーラス効果のあとにリバーブが効きます。
リバーブの量はリバーブデプスで調
整します。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth Mod. Dly
12
0.8Hz
40%
1.3ms
13
FLANGE->REVERB
DELAY L-C-R
Memory No. Dly (L)
14
250.0ms
15
16
す。 Dly (C)
Dly (R)
500.0ms 125.0ms
Rev. Depth
24%
Mod. Dly
13.0ms
Rev. time
2.4s
Diffusion
8
Ini. Dly
26.0ms
LPF
4.5kHz
HPF
45Hz
Rev. Depth
30%
付
録
Level (C)
70
FB. Dly
500.0ms
FB. Gain
+40%
High Ratio
0.8
す。
FB. Gain High Ratio Mod. Freq Mod. Depth Mod. Dly
+32%
0.6
0.4Hz
10%
0.1ms
CHORUS->DLY LCR
DELAY->CHORUS
HPF
THRU
シングルのフィードバックディレイのあとにコーラス効果が付けられる効果で
コーラス効果のあとにL-C-Rの3本のフィードバックディレイが付けられる効果で
す。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth Mod. Dly
16
0.8Hz
24%
5.9ms
17
LPF
6.3kHz
左右と真ん中の計3本のディレイを得られます。
タイムの設定で3連符等も作れま
MONODLY->CHORUS
Memory No. Delay
15
400.0ms
Ini. Dly
30.0ms
フランジ効果のあとにリバーブが効きます。
リバーブの量はリバーブデプスで調
整します。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth FB. Gain
13
1.4Hz
22%
+45%
14
Rev. time High Ratio Diffusion
2.4s
0.7
7
Dly (L)
26.4ms
Dly (R)
33.2ms
Dly (C)
13.1ms
Level (C)
60
FB. Dly
40.5ms
FB. Gain
−48%
High Ratio
0.1
2種類の違うタイムのディレイ効果のあとにさらにコーラスを効かせられる効果
です。
モジュレーションやディレイのフィードバックを調整する事で意外な効果
Memory No. Dly (1)
17
250.0ms
も得られます。
Dly (2)
FB. Dly
FB. Gain
500.0ms 500.0ms +33%
High Ratio Mod. Freq Mod. Depth Mod. Dly
0.7
1.2Hz
25%
10.0ms
付録-11
エフェクトリスト
18
KARAOKE ECHO 1&2 ”
カラオケみたいなエコー付けてよ”
なんて言う注文に迷わずどうぞ。
”
2”
はそのバ
リエーションです。
Memory No. Dly (L) FB. Gain (L) Dly (R) FB. Gain(R) High Ratio
18
220.0ms +40% 223.0ms +40%
0.4
19
220.0ms +44% 180.0ms −55%
0.2
20
ST.PITCH CHANGE
Memory No.
20
21
Pitch
0
VOCAL DOUBLER
コーラス/フランジとは違う左右の音程を微妙に変える事で得られるステレオ効
果です。
Fine (1)
Fine (2)
+10
−10
Out. Lvl (1) Out. Lvl (2)
+100
+100
Pan (1)
L100
Pan (2)
R100
短いシングルディレイを加えるボーカル用の効果です。
エレキのテケテケも面白
Pitch
0
いかもしれません。
Fine (1)
Fine (2) Out. Lvl (1) Out. Lvl (2)
+8
−8
+100
+100
Pan (1)
L6
Pan (2)
R6
FB. Gain (1) FB. Gain (2) FB. Dly
+20%
−20%
50.0ms
22
FUNNY PITCH
Memory No.
Pitch
22
−2
変な声や音になります。
Fine (1)
Fine (2) Out. Lvl (1) Out. Lvl (2)
+8
−8
+100
+100
Pan (1)
L90
Pan (2)
R90
FB. Gain (1) FB. Gain (2)
+90%
−90%
23
CHORUS
モジュレーションで作るいわゆる”
広げてみたいザー”
の代表です。
Memory No. Mod. Freq AM Depth PM Depth Mod. Dly
23
0.6Hz
49%
35%
12.1ms
24
BROAD
CHORUSよりもさらに広がった印象を得られるコーラス効果です。
Memory
No. CHORUS
Mod. Freq AM Depth
PM Depth Mod. Dly
24
0.5Hz
64%
90%
38.0ms
25
SYMPHONIC
コーラスに比ベて上品な広がり感が得られます。
Memory
No. Mod. Freq Mod. Depth
Mod. Dly
25
0.6Hz
8%
2.4ms
26
FLANGE
Memory No.
21
27
FB. Dly
4.0ms
モジュレーション効果の代表格です。
コーラス的でコーラスより強力な効果が欲
しい時に使って下さい。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth FB. Gain Mod. Dly
26
1.2Hz
25%
+45%
14.6ms
付録-12
FB. Gain (1) FB. Gain (2) FB. Dly
+28%
−28%
25.0ms
SUPER FLANGE
”
26”
FLANGEよりもさらにFLANGEしています。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth FB. Gain Mod. Dly
27
0.2Hz
80%
+83%
0.4ms
エフェクトリスト
28
PHASING
一般的なショワショワ・フェイズ効果です。
最近はビンテージ・エフェクトも注目
され直してきている中、
見直してあげて下さい。
Memory No. Mod. Freq Mod. Depth FB. Gain Phase Ofst
28
0.5Hz
58%
+47%
24
29
TREMOLO
昔のギターアンプに”
Tremolo”
というボリュームがありましたが、
それをシュミ
レートしてみました。
音にバネがついたような印象です。
Memory No. Mod. Freq AM Depth PM Depth
29
2.8Hz
86%
0%
30
AUTO PAN
左右に音が移動する効果です。
エフェクトへの送り込みを”
プリ”
で行うと効果が
さらにはっきりします。
Memory No. Mod. Freq L/R Depth F/R Depth Direction
30
0.8Hz
98%
15%
L←→R
付
録
付録-13
エフェクトパラメーターリスト
エフェクトパラメーターリスト
各エフェクトをエディットするときに使うパラメーターです。
No:1 ∼ 2
REVERB HALL 1, 2
No:3 ∼ 4
REVERB ROOM 1, 2
No:5
REVERB STAGE
No:6
REVERB PLATE
No:7 ∼ 8
REV AMBIENCE 1, 2
No:9 ∼ 10
REV LIVE ROOM 1, 2
No:11
REVERB VOCAL
[1] Rev.Time
設定範囲:0.3 ∼ 30.0 s
機 能:リバーブの残響の長さです。
[2] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:リバーブ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
[3] Diffusion
設定範囲:0 ∼ 10
機 能:リバーブ音の左右の拡がりです。数値が大きいほど拡がりが増します。
[4] Ini.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 200.0 ms
機 能:リバーブの初期反射音が出るまでの遅延時間です。
[5] LPF
設定範囲:1.0 ∼ 16.0 kHz, THRU
機 能:ローパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
[6] HPF
設定範囲:THRU, 32 Hz ∼ 8.0 kHz
機 能:ハイパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
No:12
CHORUS->REVERB
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:コーラスのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスのゆれの大きさです。
[3] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 24.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
[4] Rev.Time
設定範囲:0.3 ∼ 30.0 s
機 能:リバーブの残響の長さです。
[5] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:リバーブ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
[6] Diffusion
設定範囲:0 ∼ 10
機 能:リバーブ音の左右の拡がりです。数値が大きいほど拡がりが増します。
付録-14
エフェクトパラメーターリスト
[7] Ini.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 139.0 ms
機 能:リバーブの初期反射音が出るまでの遅延時間です。
[8] LPF
設定範囲:1.0 ∼ 16.0 kHz, THRU
機 能:ローパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
[9] HPF
設定範囲:THRU, 32 Hz ∼ 8.0 kHz
機 能:ハイパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
[10] Rev.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:リバーブ効果の大きさです。
No:13
FLANGE->REVERB
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:フランジャーのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:フランジャーのゆれの大きさです。
[3] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フランジャーのフィードバックゲインの大きさです。マイナスの値にすると逆位相で
付
録
のフィードバックとなります。
[4] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 15.5 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
[5] Rev.Time
設定範囲:0.3 ∼ 30.0 s
機 能:リバーブの残響の長さです。
[6] Diffusion
設定範囲:0 ∼ 10
機 能:リバーブ音の左右の拡がりです。数値が大きいほど拡がりが増します。
[7] Ini.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 160.0 ms
機 能:リバーブの初期反射音が出るまでの遅延時間です。
[8] LPF
設定範囲:1.0 ∼ 16.0 kHz, THRU
機 能:ローパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
[9] HPF
設定範囲:THRU, 32 Hz ∼ 8.0 kHz
機 能:ハイパスフィルターのカットオフフリケンシーです。THRUではフィルターが無効となります。
[10] Rev.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:リバーブ効果の大きさです。
No:14
DELAY L-C-R
[1] Dly(L)
設定範囲:0.1 ∼ 661.0 ms
機 能:左チャンネルのファーストディレイの遅延時間です。
[2] Dly(R)
設定範囲:0.1 ∼ 661.0 ms
機 能:右チャンネルのファーストディレイの遅延時間です。
付録-15
エフェクトパラメーターリスト
[3] Dly(C)
設定範囲:0.1 ∼ 661.0 ms
機 能:センターのファーストディレイの遅延時間です。
[4] Level(C)
設定範囲:0 ∼ 100
機 能:センターディレイ音のレベルです。
[5] FB.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 661.0 ms
機 能:フィードバックディレイ音の遅延時間です。
[6] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フィードバックディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[7] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:ディレイ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
No:15
MONODLY->CHORUS
[1] Delay
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:ディレイの遅延時間です。
[2] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:ディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
[3] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:ディレイ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
[4] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:コーラスのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[5] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスのゆれの大きさです。
[6] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 24.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
No:16
CHORUS->DLY LCR
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:コーラスのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスのゆれの大きさです。
[3] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 24.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
[4] Dly(L)
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:左チャンネルのファーストディレイの遅延時間です。
[5] Dly(R)
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:右チャンネルのファーストディレイの遅延時間です。
付録-16
エフェクトパラメーターリスト
[6] Dly(C)
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:センターのファーストディレイの遅延時間です。
[7] Level(C)
設定範囲:0 ∼ 100
機 能:センターディレイ音のレベルです。
[8] FB.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:フィードバックディレイ音の遅延時間です。
[9] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フィードバックディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[10] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:ディレイ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
No:17
DELAY->CHORUS
[1] Dly(1)
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:ディレイ1のファーストディレイの遅延時間です。
[2] Dly(2)
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
付
録
機 能:ディレイ2ののファーストディレイの遅延時間です。
[3] FB.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 618.0 ms
機 能:フィードバックディレイ音の遅延時間です。
[4] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フィードバックディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[5] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:ディレイ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
[6] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:コーラスのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[7] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスのゆれの大きさです。
[8] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 24.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
No:18 ∼ 19
KARAOKE ECHO 1, 2
[1] Dly(L)
設定範囲:0.1 ∼ 322.0 ms
機 能:左チャンネルのディレイの遅延時間です。
[2] FB.Gain(L)
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:左チャンネルのフィードバックディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返
しが多くなります。マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
付録-17
エフェクトパラメーターリスト
[3] Dly(R)
設定範囲:0.1 ∼ 322.0 ms
機 能:右チャンネルのディレイの遅延時間です。
[4] FB.Gain(R)
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:右チャンネルのフィードバックディレイの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返
しが多くなります。マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[5] High Ratio
設定範囲:0.1 ∼ 1.0
機 能:ディレイ音の高音の減衰の割合です。数値が小さいほど減衰が大きくなります。
No:20
ST. PITCH CHANGE
No:21
VOCAL DOUBLER
No:22
FUNNY PITCH
[1] Pitch
設定範囲:-12 ∼ +12
機 能:ピッチチェンジの変化幅(半音単位)です。
[2] Fine(1)
設定範囲:-50 ∼ +50
機 能:ピッチチェンジ1のピッチ変化の微調整です。
[3] Fine(2)
設定範囲:-50 ∼ +50
機 能:ピッチチェンジ2のピッチ変化の微調整です。
[4] Out.Lvl(1)
設定範囲:-100 ∼ +100
機 能:ピッチチェンジ1のレベルです。マイナスの値にすると逆位相での出力となります。
[5] Out.Lvl(2)
設定範囲:-100 ∼ +100
機 能:ピッチチェンジ2のレベルです。マイナスの値にすると逆位相での出力となります。
[6] Pan(1)
設定範囲:L100 ∼ R100
機 能:ピッチチェンジ1のパンです。
[7] Pan(2)
設定範囲:L100 ∼ R100
機 能:ピッチチェンジ2のパンです。
[8] FB.Gain(1)
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:ピッチチェンジ1のフィードバックの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[9] FB.Gain(2)
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:ピッチチェンジ2のフィードバックの減衰の割合です。数値が大きいほど繰り返しが多くなります。
マイナスの値にすると逆位相でのフィードバックとなります。
[10] FB.Dly
設定範囲:0.1 ∼ 223.0 ms
機 能:ピッチチェンジ1、2のフィードバックの遅延時間です。
No:23
CHORUS
No:24
BROAD CHORUS
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:コーラスのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
付録-18
エフェクトパラメーターリスト
[2] AM Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスの音量(Amplitude)のゆれの大きさです。
[3] PM Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:コーラスの音程(Pitch)のゆれの大きさです。
[4] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 40.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
No:25
SYMPHONIC
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:シンフォニックのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:シンフォニックのゆれの大きさです。
[3] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 40.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
No:26
FLANGE
No:27
SUPER FLANGE
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
付
録
機 能:フランジャーのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:フランジャーのゆれの大きさです。
[3] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フランジャーのフィードバックゲインの大きさです。
[4] Mod.Dly
設定範囲:0.0 ∼ 15.0 ms
機 能:ダイレクト音から変調音までの時間です。
No:28
PHASING
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:フェイザーのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] Mod.Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:フェイザーのゆれの大きさです。
[3] FB.Gain
設定範囲:-99 ∼ +99 %
機 能:フェイザーのフィードバックゲインの大きさです。
[4] Phase Ofst
設定範囲:0 ∼ 100
機 能:ダイレクト音と位相変調音の位相中心との位相差です。
付録-19
エフェクトパラメーターリスト
No:29
TREMOLO
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:トレモロのゆれのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] AM Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:トレモロの音量(Amplitude)のゆれの大きさです。
[3] PM Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:トレモロの音程(Pitch)のゆれの大きさです。
No:30
AUTO PAN
[1] Mod.Freq
設定範囲:0.1 ∼ 20.0 Hz
機 能:オートパンの動きのスピードです。数値が大きいほど速くなります。
[2] L/R Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:オートパンの左右のゆれの幅です。
[3] F/R Depth
設定範囲:0 ∼ 100 %
機 能:オートパンの前後のゆれの幅です。
[4] Direction
設定範囲:L<->R, Turn L, Turn R
機 能:オートパンのパンの動き方です。
付録-20
コンプレッサーリスト
コンプレッサーリスト
本機にあらかじめ内蔵されているコンプレッサーのリストです。
No
ネーム
コンプレッサーの効果および設定値
1
TOTAL COMP
ステレオアウトに使用する事でサウンド全体を引き締めて聞こえやすく迫力のあ
る音にする事ができます。
Memory No. Threshold
1
0dB
2
RADIO COMP
COMP FAST
Attack
10ms
Release
0.5s
Out Gain
0dB
ラジオの”
FEN”
や野球放送のアナウンサーの声をイメージして下さい。
Memory No. Threshold
2
+6dB
3
Ratio
2:1
Ratio
4:1
Attack
18ms
Release
5.0s
Out Gain
+3dB
コンプレッションとは音を圧縮するという事ですが、
圧縮されるという事は聞こ
え方の印象として小さい音は大きい音に近ずき、
大きい音は小さい音に近くなる
付
録
という事です。
また、
技術的には個々の音はもちろん、
サウンド全体の音量
(レベル)
を揃えるという重要な役目もあります。
これは大きい音が出てすぐに圧縮される
効果で、
主に人間の声や管楽器等のダイナミックレンジの大きい音を適正なレベ
ルの中で聞こえやすくするような効果です。
Memory No. Threshold
3
+2dB
4
COMP SLOW
Ratio
4:1
Attack
5ms
Release
2.5s
Out Gain
+3dB
COMP FASTの逆で、
個々の楽器や音というよりもサウンド全体に使用する事で、
周りの音に埋もれてしまって聞きにくくなった音も聞こえやすくなったりもしま
す。
単体の音では、
あまり音が鋭くないシンセサイザーのパッド系の音や、
フレッ
トレスベース等でも良い効果が得られるでしょう。
Memory No. Threshold
4
−2dB
5
COMP HEAVY 1&2
Ratio
4:1
Attack
70ms
Release
5.0s
Out Gain
+1dB
”
つぶれたなー”
という印象のコンプレッション効果で、
かなり音が固まった印象
になります。
何はともあれ使って効果を耳で確かめて下さい。
”
2”
はそのバリエー
ションです。
Memory No. Threshold
5
−3dB
6
0dB
Ratio
10:1
6:1
Attack
14ms
18ms
Release
0.5s
1.5s
Out Gain
+2dB
+3dB
付録-21
コンプレッサーリスト
7
GATE FAST
ゲートとは”
門”
の事で、
音の前後に門を作って余計な音が出ないようにする効果
です。
打楽器系の音で、
音の前後のノイズを切りたい時などに有効です。
FASTとは
音が無くなってすぐに門が閉まり音が出なくなる効果です。
Memory No. Threshold
7
−6dB
8
GATE SLOW
Attack
1ms
Hold
101ms
Decay
1.3s
Range
−20dB
GATE FASTに対して音がでなくなるまでの時間が長い設定の効果です。
シンセサ
イザー等の減衰系の音や、
余韻の長い音に適しています。
Memory No. Threshold
8
−2dB
9
DUCKING
Attack
5ms
Hold
315ms
Decay
8.2s
Range
−25dB
ゲート効果の逆の効果です。
GATEは音が来てすぐに門が開くのに対して、
なかな
か開かないで、
あとから音が出てくるような効果を作れます。
Memory No. Threshold
9
−8dB
10
BGM DUCKING
Attack
9ms
Hold
296ms
Decay
6.5s
Range
−9dB
結婚式会場などで会場BGMが流れている中で、
突然司会者が話し出した時などに、
その話す声を感知して、
話している間中自動的にBGMの音量を下げる効果等を作
れます。
BGMにパッチして、
KEY INを司会者のマイクに設定すると、
この効果が得
られます。
Memory No. Threshold
10
−18dB
付録-22
Attack
9ms
Hold
341ms
Decay
10.9s
Range
−14dB
コンプレッサーパラメーターリスト
コンプレッサーパラメーターリスト
各コンプレッサーをエディットするときに使うパラメーターです。
No:1
TOTAL COMP
No:2
RADIO COMP
No:3
COMP FAST
No:4
COMP SLOW
No:5 ∼ 6
COMP HEAVY 1, 2
Threshold
設定範囲:-40 ∼ +18 dB
機能:コンプレッサーが機能しはじめるレベルです。
出力レベル
コンプレッサーを通さない信号
コンプレッサーを通した信号
付
録
スレッショルドレベル
Ratio
入力レベル
設定範囲:1:1 ∼ ∞:1
機能:コンプレッサーの圧縮比です。
出力レベル
圧縮比 1:1(コンプレッサーの効果なし)
圧縮比 2:1
圧縮比 ∞:1
入力レベル
Attack
設定範囲:0 ∼ 120 ms
機能:信号がスレッショルドレベルを超えた後、コンプレッサーの効果が最大に達するまでに要
する時間です。原音のアタック部を残したい場合などに使います。
入力された信号
出力される信号(圧縮比 ∞:1の例)
アタックが速い場合
入力レベル
出力レベル
アタックが遅い場合
アタックタイム
スレッショルドレベル
時間
時間
時間
付録-23
コンプレッサーパラメーターリスト
Release
設定範囲:0.1 ∼ 6.0 s
機能:信号がスレッショルドレベル以下に下がった後、コンプレッサーの機能が切れるまでに要
する時間です。
入力された信号
出力される信号(圧縮比 ∞:1の例)
リリースが速い場合
入力レベル
リリースが遅い場合
出力レベル
リリースタイム
スレッショルドレベル
時間
Out Gain
時間
時間
設定範囲:-18 ∼ +18 dB
機能:最終的なゲインです。
No:7
GATE FAST
No:8
GATE SLOW
Threshold
設定範囲:-50 ∼ +10 dB
機能:ゲートが開くレベルです。
出力レベル
ゲートを通した信号
ゲートを通さない信号
スレッショルドレベル
Attack
入力レベル
設定範囲:0 ∼ 120 ms
機能:信号がスレッショルドレベルを超えた後、ゲートが完全に開くまでに要する時間です。
入力された信号
出力される信号
アタックが速い場合
入力レベル
出力レベル
アタックが遅い場合
アタックタイム
スレッショルドレベル
時間
付録-24
時間
時間
コンプレッサーパラメーターリスト
Hold
設定範囲:3 ∼ 341 ms
機能:信号がスレッショルドレベル以下に下がった後、ゲートが閉じはじめるまでの待ち時間で
す。
入力された信号
出力される信号
ホールドが短い場合
入力レベル
ホールドが長い場合
ホールドタイム
出力レベル
スレッショルドレベル
時間
Decay
時間
時間
設定範囲:85 ms ∼10.9 s
機能:Holdの待ち時間を経た後、ゲートが最大に閉じるまでに要する時間です。
入力された信号
出力される信号
ディケイが短い場合
入力レベル
ディケイが長い場合
ディケイタイム
出力レベル
スレッショルドレベル
付
録
Range
時間
Range
時間
時間
設定範囲:-80 ∼ 0 dB
機能:ゲートが閉じている時の減衰量です。
付録-25
コンプレッサーパラメーターリスト
No:9
DUCKING
No:10
BGM DUCKING
Threshold
設定範囲:-50 ∼ +18 dB
機能:一般的にダッキングはナレーションとBGMなどの音量を自動調節するために使います。こ
の場合、BGMの入力チャンネルのパッチポイントにコンプレッサーを指定し、「KEY IN」とし
てマイクの入力チャンネルを指定します。このスレッショルドは、パッチポイント側の音量減衰
が機能しはじめるキーイン側の入力レベルです。例えば、マイク入力の信号がこのレベルを超え
ると、BGM側の音量が下がります。
Attack
設定範囲:0 ∼ 120 ms
機能:キーイン側の入力信号がスレッショルドレベルを超えた後、パッチポイント側の音量が設
定レベルに下がるまでに要する時間です。
Hold
設定範囲:3 ∼ 341 ms
機能:キーイン側の入力信号がスレッショルドレベル以下に下がった後、パッチポイント側の音
量が元に戻りはじめるまでの待ち時間です。
Decay
設定範囲:85 ms ∼10.9 s
機能:Holdの待ち時間を経た後、元の音量に戻るのに要する時間です。
Range
設定範囲:-80 ∼ 0 dB
機能:ダッキングが効いている時のパッチポイント側の音量の下げ幅です。
パッチポイント側入力レベル
時間
キーイン側入力レベル
スレッショルドレベル
時間
パッチポイント側出力レベル
レンジ
時間
アタックタイム
ホールドタイム
付録-26
ディケイタイム
ユーザーセッティングシート
ユーザーセッティングシート
ユーザーセッティングシートは、ユーザーご自身が設定したシーン、イコライザー、エフェクト、コンプレッ
サーのセッティングを記入しておくための用紙です。必要な枚数をコピーした上でお使いください。
付
録
付録-27
ユーザーセッティングシート
シーンセッティングシート
作成年月日:
年 月 日
備 考:
シーンNo
作成者: シーンネーム
INPUT
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16 ST IN RTN1 RTN2 SND3 SND4 ST OUT
メモ(チャンネル名など)
PAIR
GROUP A
GROUP B
GROUP C
GROUP D
PAD
GAIN
ON/OFF
FADER
PAN
PHASE
G
LOW F
Q
G
EQ MID
F
Q
G
HIGH F
Q
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
EFFECT 1
No
NAME
EFFECT 2
No
NAME
COMP 1
No
NAME
PATCH
KEY IN
ON / OFF
COMP 2
No
NAME
PATCH
KEY IN
ON / OFF
COMP 3
No
NAME
PATCH
KEY IN
ON / OFF
CUE/2TR IN
MONITOR OUT
CUE
付録-28
TYPE
ON/OFFなどのスイッチには「○」「×」を、パン、フェーダー、Gainなどは大まかな位置を、その他の項目には数値を記入してくださ
い。エフェクト、コンプレッサーのセッティングについては、別紙のセッティングシートをお使いください。また、センド3, 4をステレオ
でご使用の場合には、センド4の欄を各チャンネルのセンドパンの記入にご使用ください。
ユーザーセッティングシート
イコライザーセッティングシート
作成年月日:
年 月 日
作成者: 備 考:
No:
No:
Name :
LOW
No:
Name :
MID
HIGH
LOW
Name :
MID
HIGH
LOW
G
G
G
F
F
F
Q
Q
Q
No:
No:
Name :
Name :
Name :
LOW
MID
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
LOW
F
F
F
Q
Q
No:
No:
No:
Name :
Name :
Name :
LOW
MID
HIGH
LOW
MID
HIGH
G
LOW
F
F
F
Q
Q
No:
Name :
LOW
HIGH
MID
HIGH
MID
HIGH
No:
Name :
MID
HIGH
G
Q
No:
MID
G
Q
G
HIGH
付
録
No:
G
MID
LOW
Name :
MID
HIGH
LOW
G
G
G
F
F
F
Q
Q
Q
付録-29
ユーザーセッティングシート
エフェクトセッティングシート
作成年月日:
年 月 日
作成者: 備 考:
No
パラメーターNo
[1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]
[7]
[8]
[9]
[10]
付録-30
エフェクトネーム
パラメーター名
設定値
ユーザーセッティングシート
コンプレッサーセッティングシート
作成年月日:
年 月 日
作成者: 備 考:
No
コンプレッサーネーム
パラメーター
設定値
Threshold
付
録
Ratio
Attack
Release
Out Gain
コンプレッサー/リミッター系用
No
コンプレッサーネーム
パラメーター
設定値
Threshold
Attack
Hold
Decay
Range
ゲート系用
付録-31
ユーザーセッティングシート
プログラムチェンジアサインテーブルセッティングシート
作成年月日:
年 月 日
作成者: 備 考:
Program
Change No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
付録-32
シーンNo.
Reset時 User
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
Program
Change No.
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
シーンNo.
Reset時 User
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
Program
Change No.
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
シーンNo.
Reset時 User
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
Program
Change No.
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
シーンNo.
Reset時 User
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
−−
00
故障かな?と思ったら
故障かな?と思ったら
思った通りに動かない、何かおかしいと思ったら状況を確認した上で、以下のような対処をしてみてください。
■電源が入らない
・電源コードが100VのACコンセントに接続されていますか?
・POWERスイッチがオンになっていますか?
・電源にプラグヒューズがある場合、そのプラグヒューズは切れていませんか?
■音が出ない
・外部機器からの信号は入力されていますか?
・インプットの
ON
は点灯していますか?
・インプットのフェーダーは上がっていますか?
・ステレオアウトプットの
ON
は点灯していますか?
・ステレオアウトプットのフェーダーは上がっていますか?
付
録
■音が小さい
・PADスイッチ、GAINボリュームは正しくセットされていますか?
・インプットのフェーダーは上がっていますか?
・イコライザーで、極端にゲインを下げたセッティングになっていませんか?(→
P.4-8)
・コンプレッサーで、極端なスレッショルド、レシオ設定になっていませんか?
(→ P.4-28)
■音が歪む
・PADスイッチ、GAINボリュームは正しくセットされていますか?
・インプットのフェーダーが上がりすぎていませんか?
・ステレオアウトプットのフェーダーが上がりすぎていませんか?
・イコライザーで、極端にゲインを上げたセッティングになっていませんか?(→
P.4-8)
■ペアにしたステレオチャンネルがステレオに聴こえない
・パンの設定は正しいですか?(→ P.4-14)
■位相がおかしい
・入力機器のフェイズの設定は正しいですか?(→ P.4-16)
■特定のチャンネルの音量が上下する
・コンプレッサーのダッキングが設定されていませんか?
付録-33
故障かな?と思ったら
■フェーダーや
SEL
ON
が機能しない
・ユーティリティのローカルオン/オフの画面で、ローカルオフの状態になってい
ませんか?
■シーンがストアできない
・メモリープロテクトがかかっていませんか?(→ P.4-41)
・シーン0にシーンをストアすることはできません。
■MIDIデータのやりとりができない
・送信側と受信側のチャンネルは、一致していますか?(→ P.4-44)
・送受信を行いたい項目(プログラムチェンジ、コントロールチェンジ、バルク)
のスイッチはオンになっていますか?(→ P.4-44)
・コントロールチェンジモードは正しく設定されていますか?(→ P.4-47)
付録-34
エラーメッセージ一覧
エラーメッセージ一覧
エラーメッセージが表示されたときは、次のように対処してください。
ナンバーはエラー/ウォーニングレポートバルクダンプでのメッセージナンバーを示します。
BULK Transmit(TX) OFF!
バルクの送信スイッチをオンにしてから再度行ってください。
Bulk transmission will be cancelled.
バルクの送信を途中で中止しました。
CAUTION! COMP1 patch will be cancelled. または、
CAUTION! COMP2 patch will be cancelled. または、
CAUTION! COMP3 patch will be cancelled.
チャンネルモード変更の為、強制的にコンプレッサー1または2、または3のパッチが外されました。再度設定し直して
ください。
Control Change Transmit(TX) OFF!
コントロールチェンジの送信スイッチをオンにしてから再度行ってください。
Duplicate Grouping!
付
録
すでにグループが組まれています。新たにグループを組む場合は、一旦グループから外してから行ってください。
ERROR! MAIN->SUB Rx buffer full.
フェーダー用CPUの受信エラーが発生しました。操作速度を遅くしてください。
ERROR! MAIN->SUB Rx framing error. または、
ERROR! MAIN->SUB Rx over run. または、
ERROR! MAIN->SUB Rx parity error.
フェーダー用CPUの受信エラーが発生しました。お近くのサービスセンターに連絡してください。
ERROR! MAIN->SUB Tx buffer full.
フェーダー用CPUへの送信エラーが発生しました。操作速度を遅くしてください。
ERROR! MIDI Rx buffer full.
MIDI受信エラーが発生しました。送信データを少なくしてください。
ERROR! MIDI Rx over run.
MIDI受信エラーが発生しました。送信データを少なくしてください。
ERROR! MIDI Rx framing error. または、
ERROR! MIDI Rx parity error.
MIDI受信エラーが発生しました。送信データやケーブルを確認してください。
ERROR! MIDI Tx buffer full.
MIDI送信エラーが発生しました。送信データを少なくしてください。
ERROR! SUB->MAIN Rx buffer full.
フェーダー用CPUからの受信エラーが発生しました。操作速度を遅くしてください。
付録-35
エラーメッセージ一覧
ERROR! SUB->MAIN Rx framing error. または、
ERROR! SUB->MAIN Rx over run. または、
ERROR! SUB->MAIN Rx parity error.
フェーダー用CPUからの受信エラーが発生しました。お近くのサービスセンターに連絡してください。
ERROR! SUB->MAIN Tx buffer full.
フェーダー用CPUからの送信エラーが発生しました。操作速度を遅くしてください。
ERROR! System Error[1∼7].
致命的なエラーが発生しました。付録-51を参照して、システムを初期化してください。
Parameter not assigned.
シーンメモリーの内容をコントロールチェンジで送信しようとしましたが、送信パラメータが設定されていません。
パラメータを設定してから再度行ってください。
Scene memories 01-25 are protected. または、
Scene memories 26-50 are protected.
シーンメモリー1∼25番または、26∼50番は、プロテクトがかけられています。ストアは、プロテクトを解除してから
行ってください。
Scene memory 00 is read only.
シーンメモリー0番は、読み込み専用です。他のメモリーを使用してください。
This COMP is still in use.
指定したチャンネルは、既にコンプレッサーがパッチされています。パッチを外してから再度設定してください。
WARNING! Low battery. Press ENTER to continue.
メモリーバックアップ用電池がなくなります。ENTERキーを押せば作業は継続できますが、データのバックアップの
ために、すみやかにお近くのサービスセンターに連絡してください。
WARNING! No battery. Press ENTER to continue.
メモリーバックアップ用電池がセットされていません。ENTERキーを押せば作業は継続できますが、データのバック
アップのために、すみやかにお近くのサービスセンターに連絡してください。
付録-36
MIDIコントロールチェンジパラメーター
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
User Setup
Parameter Name
0
0
0
Channel Input 1 Level
1
0
1
Channel Input 2 Level
2
0
2
Channel Input 3 Level
3
0
3
Channel Input 4 Level
4
0
4
Channel Input 5 Level
5
0
5
Channel Input 6 Level
6
0
6
Channel Input 7 Level
7
0
7
Channel Input 8 Level
8
0
8
Channel Input 9 Level
9
0
9
Channel Input 10 Level
10
0
10
Channel Input 11 Level
11
0
11
Channel Input 12 Level
12
0
12
Channel Input 13 Level
13
0
13
Channel Input 14 Level
14
0
14
Channel Input 15 Level
15
0
15
Channel Input 16 Level
16
0
16
Stereo Input Level
17
0
17
Effect Return 1 Level
18
0
18
Effect Return 2 Level
19
0
19
Send 3 Level
20
0
20
Send 4 Level
21
0
21
Stereo Output Level
22
0
22
Channel Input 1 On/Off
23
0
23
Channel Input 2 On/Off
24
0
24
Channel Input 3 On/Off
25
0
25
Channel Input 4 On/Off
26
0
26
Channel Input 5 On/Off
27
0
27
Channel Input 6 On/Off
28
0
28
Channel Input 7 On/Off
29
0
29
Channel Input 8 On/Off
30
0
30
Channel Input 9 On/Off
31
0
31
Channel Input 10 On/Off
32
0
32
Channel Input 11 On/Off
33
0
33
Channel Input 12 On/Off
34
0
34
Channel Input 13 On/Off
35
0
35
Channel Input 14 On/Off
36
0
36
Channel Input 15 On/Off
37
0
37
Channel Input 16 On/Off
38
0
38
Stereo Input On/Off
Bank No.
Control No.
付
録
付録-37
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-38
User Setup
Parameter Name
39
0
39
Effect Return 1 On/Off
40
0
40
Effect Return 2 On/Off
41
0
41
Send 3 On/Off
42
0
42
Send 4 On/Off
43
0
43
Stereo Output On/Off
44
0
44
Channel Input 1 Panpot
45
0
45
Channel Input 2 Panpot
46
0
46
Channel Input 3 Panpot
47
0
47
Channel Input 4 Panpot
48
0
48
Channel Input 5 Panpot
49
0
49
Channel Input 6 Panpot
50
0
50
Channel Input 7 Panpot
51
0
51
Channel Input 8 Panpot
52
0
52
Channel Input 9 Panpot
53
0
53
Channel Input 10 Panpot
54
0
54
Channel Input 11 Panpot
55
0
55
Channel Input 12 Panpot
56
0
56
Channel Input 13 Panpot
57
0
57
Channel Input 14 Panpot
58
0
58
Channel Input 15 Panpot
59
0
59
Channel Input 16 Panpot
60
0
60
Stereo Input Lch Panpot
61
0
61
Stereo Input Rch Panpot
62
0
62
Effect Return 1 Lch Panpot
Effect Return 1 Rch Panpot
63
0
63
64
0
64
Effect Return 2 Lch Panpot
65
0
65
Effect Return 2 Rch Panpot
Send 3/4 Balance(Send 3/4 Configuration=Stereo)
66
0
66
67
0
67
Stereo Output Balance
68
0
68
Channel Input 1 to Effect Send 1 Level
69
0
69
Channel Input 2 to Effect Send 1 Level
70
0
70
Channel Input 3 to Effect Send 1 Level
71
0
71
Channel Input 4 to Effect Send 1 Level
72
0
72
Channel Input 5 to Effect Send 1 Level
73
0
73
Channel Input 6 to Effect Send 1 Level
74
0
74
Channel Input 7 to Effect Send 1 Level
75
0
75
Channel Input 8 to Effect Send 1 Level
76
0
76
Channel Input 9 to Effect Send 1 Level
77
0
77
Channel Input 10 to Effect Send 1 Level
78
0
78
Channel Input 11 to Effect Send 1 Level
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
79
0
79
Channel Input 12 to Effect Send 1 Level
80
0
80
Channel Input 13 to Effect Send 1 Level
81
0
81
Channel Input 14 to Effect Send 1 Level
82
0
82
Channel Input 15 to Effect Send 1 Level
83
0
83
Channel Input 16 to Effect Send 1 Level
84
0
84
Stereo Input to Effect Send 1 Level
85
0
85
Channel Input 1 to Effect Send 2 Level
86
0
86
Channel Input 2 to Effect Send 2 Level
87
0
87
Channel Input 3 to Effect Send 2 Level
88
0
88
Channel Input 4 to Effect Send 2 Level
89
0
89
Channel Input 5 to Effect Send 2 Level
90
0
90
Channel Input 6 to Effect Send 2 Level
91
0
91
Channel Input 7 to Effect Send 2 Level
92
0
92
Channel Input 8 to Effect Send 2 Level
93
0
93
Channel Input 9 to Effect Send 2 Level
94
0
94
Channel Input 10 to Effect Send 2 Level
95
0
95
Channel Input 11 to Effect Send 2 Level
96
1
0
Channel Input 12 to Effect Send 2 Level
97
1
1
Channel Input 13 to Effect Send 2 Level
98
1
2
Channel Input 14 to Effect Send 2 Level
99
1
3
Channel Input 15 to Effect Send 2 Level
100
1
4
Channel Input 16 to Effect Send 2 Level
101
1
5
Stereo Input to Effect Send 2 Level
102
1
6
Channel Input 1 to Send 3 Level
103
1
7
Channel Input 2 to Send 3 Level
104
1
8
Channel Input 3 to Send 3 Level
105
1
9
Channel Input 4 to Send 3 Level
106
1
10
Channel Input 5 to Send 3 Level
107
1
11
Channel Input 6 to Send 3 Level
108
1
12
Channel Input 7 to Send 3 Level
109
1
13
Channel Input 8 to Send 3 Level
110
1
14
Channel Input 9 to Send 3 Level
111
1
15
Channel Input 10 to Send 3 Level
112
1
16
Channel Input 11 to Send 3 Level
113
1
17
Channel Input 12 to Send 3 Level
114
1
18
Channel Input 13 to Send 3 Level
115
1
19
Channel Input 14 to Send 3 Level
116
1
20
Channel Input 15 to Send 3 Level
117
1
21
Channel Input 16 to Send 3 Level
118
1
22
Stereo Input to Send 3 Level
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-39
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-40
Parameter Name
119
1
23
Channel Input 1 to Send 4 Level
120
1
24
Channel Input 2 to Send 4 Level
121
1
25
Channel Input 3 to Send 4 Level
122
1
26
Channel Input 4 to Send 4 Level
123
1
27
Channel Input 5 to Send 4 Level
124
1
28
Channel Input 6 to Send 4 Level
125
1
29
Channel Input 7 to Send 4 Level
126
1
30
Channel Input 8 to Send 4 Level
127
1
31
Channel Input 9 to Send 4 Level
128
1
32
Channel Input 10 to Send 4 Level
129
1
33
Channel Input 11 to Send 4 Level
130
1
34
Channel Input 12 to Send 4 Level
131
1
35
Channel Input 13 to Send 4 Level
132
1
36
Channel Input 14 to Send 4 Level
133
1
37
Channel Input 15 to Send 4 Level
134
1
38
Channel Input 16 to Send 4 Level
135
1
39
Stereo Input to Send 4 Level
136
1
40
Effect Send 1 Pre/Post
137
1
41
Effect Send 2 Pre/Post
138
1
42
Send 3 Pre/Post
139
1
43
Send 4 Pre/Post
140
1
44
Channel Input 1 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
141
1
45
Channel Input 2 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
142
1
46
Channel Input 3 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
143
1
47
Channel Input 4 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
144
1
48
Channel Input 5 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
145
1
49
Channel Input 6 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
146
1
50
Channel Input 7 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
147
1
51
Channel Input 8 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
148
1
52
Channel Input 9 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
149
1
53
Channel Input 10 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
150
1
54
Channel Input 11 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
151
1
55
Channel Input 12 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
152
1
56
Channel Input 13 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
153
1
57
Channel Input 14 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
154
1
58
Channel Input 15 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
155
1
59
Channel Input 16 to Send3/4 Panpot(Configuration=Stereo)
156
1
60
Stereo Input to Send3/4 Balance(Configuration=Stereo)
157
--
--
Channel Input 1 to Cue On/Off
158
--
--
Channel Input 2 to Cue On/Off
User Setup
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
159
--
--
Channel Input 3 to Cue On/Off
160
--
--
Channel Input 4 to Cue On/Off
161
--
--
Channel Input 5 to Cue On/Off
162
--
--
Channel Input 6 to Cue On/Off
163
--
--
Channel Input 7 to Cue On/Off
164
--
--
Channel Input 8 to Cue On/Off
165
--
--
Channel Input 9 to Cue On/Off
166
--
--
Channel Input 10 to Cue On/Off
167
--
--
Channel Input 11 to Cue On/Off
168
--
--
Channel Input 12 to Cue On/Off
169
--
--
Channel Input 13 to Cue On/Off
170
--
--
Channel Input 14 to Cue On/Off
171
--
--
Channel Input 15 to Cue On/Off
172
--
--
Channel Input 16 to Cue On/Off
173
--
--
Stereo Input to Cue On/Off
174
--
--
Effect Return 1 to Cue On/Off
175
--
--
Effect Return 2 to Cue On/Off
176
--
--
Send 3 to Cue On/Off
177
--
--
Send 4 to Cue On/Off
178
--
--
Stereo Output to Cue On/Off
179
1
83
Channel Input 1 Phase
180
1
84
Channel Input 2 Phase
181
1
85
Channel Input 3 Phase
182
1
86
Channel Input 4 Phase
183
1
87
Channel Input 5 Phase
184
1
88
Channel Input 6 Phase
185
1
89
Channel Input 7 Phase
186
1
90
Channel Input 8 Phase
187
1
91
Channel Input 9 Phase
188
1
92
Channel Input 10 Phase
189
1
93
Channel Input 11 Phase
190
1
94
Channel Input 12 Phase
191
1
95
Channel Input 13 Phase
192
2
0
Channel Input 14 Phase
193
2
1
Channel Input 15 Phase
194
2
2
Channel Input 16 Phase
195
2
3
Stereo Input Phase
196
2
4
Channel Input 1 Equalizer On/Off
197
2
5
Channel Input 2 Equalizer On/Off
198
2
6
Channel Input 3 Equalizer On/Off
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-41
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-42
Parameter Name
199
2
7
Channel Input 4 Equalizer On/Off
200
2
8
Channel Input 5 Equalizer On/Off
201
2
9
Channel Input 6 Equalizer On/Off
202
2
10
Channel Input 7 Equalizer On/Off
203
2
11
Channel Input 8 Equalizer On/Off
204
2
12
Channel Input 9 Equalizer On/Off
205
2
13
Channel Input 10 Equalizer On/Off
206
2
14
Channel Input 11 Equalizer On/Off
207
2
15
Channel Input 12 Equalizer On/Off
208
2
16
Channel Input 13 Equalizer On/Off
209
2
17
Channel Input 14 Equalizer On/Off
210
2
18
Channel Input 15 Equalizer On/Off
211
2
19
Channel Input 16 Equalizer On/Off
212
2
20
Stereo Input Equalizer On/Off
213
2
21
Effect Return 1 Equalizer On/Off
214
2
22
Effect Return 2 Equalizer On/Off
215
2
23
Stereo Output Equalizer On/Off
216
2
24
Channel Input 1 Low Equalizer Frequency
217
2
25
Channel Input 2 Low Equalizer Frequency
218
2
26
Channel Input 3 Low Equalizer Frequency
219
2
27
Channel Input 4 Low Equalizer Frequency
220
2
28
Channel Input 5 Low Equalizer Frequency
221
2
29
Channel Input 6 Low Equalizer Frequency
222
2
30
Channel Input 7 Low Equalizer Frequency
223
2
31
Channel Input 8 Low Equalizer Frequency
224
2
32
Channel Input 9 Low Equalizer Frequency
225
2
33
Channel Input 10 Low Equalizer Frequency
226
2
34
Channel Input 11 Low Equalizer Frequency
227
2
35
Channel Input 12 Low Equalizer Frequency
228
2
36
Channel Input 13 Low Equalizer Frequency
229
2
37
Channel Input 14 Low Equalizer Frequency
230
2
38
Channel Input 15 Low Equalizer Frequency
231
2
39
Channel Input 16 Low Equalizer Frequency
232
2
40
Stereo Input Low Equalizer Frequency
233
2
41
Effect Return 1 Low Equalizer Frequency
234
2
42
Effect Return 2 Low Equalizer Frequency
235
2
43
Stereo Output Low Equalizer Frequency
236
2
44
Channel Input 1 Low Equalizer Gain
237
2
45
Channel Input 2 Low Equalizer Gain
238
2
46
Channel Input 3 Low Equalizer Gain
User Setup
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
239
2
47
Channel Input 4 Low Equalizer Gain
240
2
48
Channel Input 5 Low Equalizer Gain
241
2
49
Channel Input 6 Low Equalizer Gain
242
2
50
Channel Input 7 Low Equalizer Gain
243
2
51
Channel Input 8 Low Equalizer Gain
244
2
52
Channel Input 9 Low Equalizer Gain
245
2
53
Channel Input 10 Low Equalizer Gain
246
2
54
Channel Input 11 Low Equalizer Gain
247
2
55
Channel Input 12 Low Equalizer Gain
248
2
56
Channel Input 13 Low Equalizer Gain
249
2
57
Channel Input 14 Low Equalizer Gain
250
2
58
Channel Input 15 Low Equalizer Gain
251
2
59
Channel Input 16 Low Equalizer Gain
252
2
60
Stereo Input Low Equalizer Gain
253
2
61
Effect Return 1 Low Equalizer Gain
254
2
62
Effect Return 2 Low Equalizer Gain
255
2
63
Stereo Output Low Equalizer Gain
256
2
64
Channel Input 1 Low Equalizer Q/Shelf
257
2
65
Channel Input 2 Low Equalizer Q/Shelf
258
2
66
Channel Input 3 Low Equalizer Q/Shelf
259
2
67
Channel Input 4 Low Equalizer Q/Shelf
260
2
68
Channel Input 5 Low Equalizer Q/Shelf
261
2
69
Channel Input 6 Low Equalizer Q/Shelf
262
2
70
Channel Input 7 Low Equalizer Q/Shelf
263
2
71
Channel Input 8 Low Equalizer Q/Shelf
264
2
72
Channel Input 9 Low Equalizer Q/Shelf
265
2
73
Channel Input 10 Low Equalizer Q/Shelf
266
2
74
Channel Input 11 Low Equalizer Q/Shelf
267
2
75
Channel Input 12 Low Equalizer Q/Shelf
268
2
76
Channel Input 13 Low Equalizer Q/Shelf
269
2
77
Channel Input 14 Low Equalizer Q/Shelf
270
2
78
Channel Input 15 Low Equalizer Q/Shelf
271
2
79
Channel Input 16 Low Equalizer Q/Shelf
272
2
80
Stereo Input Low Equalizer Q/Shelf
273
2
81
Effect Return 1 Low Equalizer Q/Shelf
274
2
82
Effect Return 2 Low Equalizer Q/Shelf
275
2
83
Stereo Output Low Equalizer Q/Shelf
276
2
84
Channel Input 1 Mid Equalizer Frequency
277
2
85
Channel Input 2 Mid Equalizer Frequency
278
2
86
Channel Input 3 Mid Equalizer Frequency
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-43
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-44
Parameter Name
279
2
87
Channel Input 4 Mid Equalizer Frequency
280
2
88
Channel Input 5 Mid Equalizer Frequency
281
2
89
Channel Input 6 Mid Equalizer Frequency
282
2
90
Channel Input 7 Mid Equalizer Frequency
283
2
91
Channel Input 8 Mid Equalizer Frequency
284
2
92
Channel Input 9 Mid Equalizer Frequency
285
2
93
Channel Input 10 Mid Equalizer Frequency
286
2
94
Channel Input 11 Mid Equalizer Frequency
287
2
95
Channel Input 12 Mid Equalizer Frequency
288
3
0
Channel Input 13 Mid Equalizer Frequency
289
3
1
Channel Input 14 Mid Equalizer Frequency
290
3
2
Channel Input 15 Mid Equalizer Frequency
291
3
3
Channel Input 16 Mid Equalizer Frequency
292
3
4
Stereo Input Mid Equalizer Frequency
293
3
5
Effect Return 1 Mid Equalizer Frequency
294
3
6
Effect Return 2 Mid Equalizer Frequency
295
3
7
Stereo Output Mid Equalizer Frequency
296
3
8
Channel Input 1 Mid Equalizer Gain
297
3
9
Channel Input 2 Mid Equalizer Gain
298
3
10
Channel Input 3 Mid Equalizer Gain
299
3
11
Channel Input 4 Mid Equalizer Gain
300
3
12
Channel Input 5 Mid Equalizer Gain
301
3
13
Channel Input 6 Mid Equalizer Gain
302
3
14
Channel Input 7 Mid Equalizer Gain
303
3
15
Channel Input 8 Mid Equalizer Gain
304
3
16
Channel Input 9 Mid Equalizer Gain
305
3
17
Channel Input 10 Mid Equalizer Gain
306
3
18
Channel Input 11 Mid Equalizer Gain
307
3
19
Channel Input 12 Mid Equalizer Gain
308
3
20
Channel Input 13 Mid Equalizer Gain
309
3
21
Channel Input 14 Mid Equalizer Gain
310
3
22
Channel Input 15 Mid Equalizer Gain
311
3
23
Channel Input 16 Mid Equalizer Gain
312
3
24
Stereo Input Mid Equalizer Gain
313
3
25
Effect Return 1 Mid Equalizer Gain
314
3
26
Effect Return 2 Mid Equalizer Gain
315
3
27
Stereo Output Mid Equalizer Gain
316
3
28
Channel Input 1 Mid Equalizer Q
317
3
29
Channel Input 2 Mid Equalizer Q
318
3
30
Channel Input 3 Mid Equalizer Q
User Setup
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
319
3
31
Channel Input 4 Mid Equalizer Q
320
3
32
Channel Input 5 Mid Equalizer Q
321
3
33
Channel Input 6 Mid Equalizer Q
322
3
34
Channel Input 7 Mid Equalizer Q
323
3
35
Channel Input 8 Mid Equalizer Q
324
3
36
Channel Input 9 Mid Equalizer Q
325
3
37
Channel Input 10 Mid Equalizer Q
326
3
38
Channel Input 11 Mid Equalizer Q
327
3
39
Channel Input 12 Mid Equalizer Q
328
3
40
Channel Input 13 Mid Equalizer Q
329
3
41
Channel Input 14 Mid Equalizer Q
330
3
42
Channel Input 15 Mid Equalizer Q
331
3
43
Channel Input 16 Mid Equalizer Q
332
3
44
Stereo Input Mid Equalizer Q
333
3
45
Effect Return 1 Mid Equalizer Q
334
3
46
Effect Return 2 Mid Equalizer Q
335
3
47
Stereo Output Mid Equalizer Q
336
3
48
Channel Input 1 High Equalizer Frequency
337
3
49
Channel Input 2 High Equalizer Frequency
338
3
50
Channel Input 3 High Equalizer Frequency
339
3
51
Channel Input 4 High Equalizer Frequency
340
3
52
Channel Input 5 High Equalizer Frequency
341
3
53
Channel Input 6 High Equalizer Frequency
342
3
54
Channel Input 7 High Equalizer Frequency
343
3
55
Channel Input 8 High Equalizer Frequency
344
3
56
Channel Input 9 High Equalizer Frequency
345
3
57
Channel Input 10 High Equalizer Frequency
346
3
58
Channel Input 11 High Equalizer Frequency
347
3
59
Channel Input 12 High Equalizer Frequency
348
3
60
Channel Input 13 High Equalizer Frequency
349
3
61
Channel Input 14 High Equalizer Frequency
350
3
62
Channel Input 15 High Equalizer Frequency
351
3
63
Channel Input 16 High Equalizer Frequency
352
3
64
Stereo Input HighEqualizer Frequency
353
3
65
Effect Return 1 High Equalizer Frequency
354
3
66
Effect Return 2 High Equalizer Frequency
355
3
67
Stereo Output High Equalizer Frequency
356
3
68
Channel Input 1 High Equalizer Gain
357
3
69
Channel Input 2 High Equalizer Gain
358
3
70
Channel Input 3 High Equalizer Gain
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-45
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-46
Parameter Name
359
3
71
Channel Input 4 High Equalizer Gain
360
3
72
Channel Input 5 High Equalizer Gain
361
3
73
Channel Input 6 High Equalizer Gain
362
3
74
Channel Input 7 High Equalizer Gain
363
3
75
Channel Input 8 High Equalizer Gain
364
3
76
Channel Input 9 High Equalizer Gain
365
3
77
Channel Input 10 High Equalizer Gain
366
3
78
Channel Input 11 High Equalizer Gain
367
3
79
Channel Input 12 High Equalizer Gain
368
3
80
Channel Input 13 High Equalizer Gain
369
3
81
Channel Input 14 High Equalizer Gain
370
3
82
Channel Input 15 High Equalizer Gain
371
3
83
Channel Input 16 High Equalizer Gain
372
3
84
Stereo Input High Equalizer Gain
373
3
85
Effect Return 1 High Equalizer Gain
Effect Return 2 High Equalizer Gain
374
3
86
375
3
87
Stereo Output High Equalizer Gain
376
3
88
Channel Input 1 High Equalizer Q/Shelf
377
3
89
Channel Input 2 High Equalizer Q/Shelf
378
3
90
Channel Input 3 High Equalizer Q/Shelf
379
3
91
Channel Input 4 High Equalizer Q/Shelf
380
3
92
Channel Input 5 High Equalizer Q/Shelf
381
3
93
Channel Input 6 High Equalizer Q/Shelf
382
3
94
Channel Input 7 High Equalizer Q/Shelf
383
3
95
Channel Input 8 High Equalizer Q/Shelf
384
4
0
Channel Input 9 High Equalizer Q/Shelf
385
4
1
Channel Input 10 High Equalizer Q/Shelf
386
4
2
Channel Input 11 High Equalizer Q/Shelf
387
4
3
Channel Input 12 High Equalizer Q/Shelf
388
4
4
Channel Input 13 High Equalizer Q/Shelf
389
4
5
Channel Input 14 High Equalizer Q/Shelf
390
4
6
Channel Input 15 High Equalizer Q/Shelf
391
4
7
Channel Input 16 High Equalizer Q/Shelf
392
4
8
Stereo Input High Equalizer Q/Shelf
393
4
9
Effect Return 1 High Equalizer Q/Shelf
394
4
10
Effect Return 2 High Equalizer Q/Shelf
395
4
11
Stereo Output High Equalizer Q/Shelf
396
4
12
Channel Input 1/2 Stereo Pair Flag On/Off
397
4
13
Channel Input 3/4 Stereo Pair Flag On/Off
398
4
14
Channel Input 5/6 Stereo Pair Flag On/Off
User Setup
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
399
4
15
Channel Input 7/8 Stereo Pair Flag On/Off
400
4
16
Channel Input 9/10 Stereo Pair Flag On/Off
401
4
17
Channel Input 11/12 Stereo Pair Flag On/Off
402
4
18
Channel Input 13/14 Stereo Pair Flag On/Off
403
4
19
Channel Input 15/16 Stereo Pair Flag On/Off
404
4
20
Internal Effect 1 Type
405
4
21
Internal Effect 2 Type
406
4
22
Internal Effect 1 Parameter 1 High Byte
407
4
23
Internal Effect 1 Parameter 1 Low Byte
408
4
24
Internal Effect 1 Parameter 2 High Byte
409
4
25
Internal Effect 1 Parameter 2 Low Byte
410
4
26
Internal Effect 1 Parameter 3 High Byte
411
4
27
Internal Effect 1 Parameter 3 Low Byte
412
4
28
Internal Effect 1 Parameter 4 High Byte
413
4
29
Internal Effect 1 Parameter 4 Low Byte
414
4
30
Internal Effect 1 Parameter 5 High Byte
415
4
31
Internal Effect 1 Parameter 5 Low Byte
416
4
32
Internal Effect 1 Parameter 6 High Byte
417
4
33
Internal Effect 1 Parameter 6 Low Byte
418
4
34
Internal Effect 1 Parameter 7 High Byte
419
4
35
Internal Effect 1 Parameter 7 Low Byte
420
4
36
Internal Effect 1 Parameter 8 High Byte
421
4
37
Internal Effect 1 Parameter 8 Low Byte
422
4
38
Internal Effect 1 Parameter 9 High Byte
423
4
39
Internal Effect 1 Parameter 9 Low Byte
424
4
40
Internal Effect 1 Parameter 10 High Byte
425
4
41
Internal Effect 1 Parameter 10 Low Byte
426
4
42
Internal Effect 2 Parameter 1 High Byte
427
4
43
Internal Effect 2 Parameter 1 Low Byte
428
4
44
Internal Effect 2 Parameter 2 High Byte
429
4
45
Internal Effect 2 Parameter 2 Low Byte
430
4
46
Internal Effect 2 Parameter 3 High Byte
431
4
47
Internal Effect 2 Parameter 3 Low Byte
432
4
48
Internal Effect 2 Parameter 4 High Byte
433
4
49
Internal Effect 2 Parameter 4 Low Byte
434
4
50
Internal Effect 2 Parameter 5 High Byte
435
4
51
Internal Effect 2 Parameter 5 Low Byte
436
4
52
Internal Effect 2 Parameter 6 High Byte
437
4
53
Internal Effect 2 Parameter 6 Low Byte
438
4
54
Internal Effect 2 Parameter 7 High Byte
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-47
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-48
Parameter Name
439
4
55
Internal Effect 2 Parameter 7 Low Byte
440
4
56
Internal Effect 2 Parameter 8 High Byte
441
4
57
Internal Effect 2 Parameter 8 Low Byte
442
4
58
Internal Effect 2 Parameter 9 High Byte
443
4
59
Internal Effect 2 Parameter 9 Low Byte
444
4
60
Internal Effect 2 Parameter 10 High Byte
445
4
61
Internal Effect 2 Parameter 10 Low Byte
446
4
62
Comp 1 Type
447
4
63
Comp 2 Type
448
4
64
Comp 3 Type
449
4
65
Comp 1 Patch Point
450
4
66
Comp 2 Patch Point
451
4
67
Comp 3 Patch Point
452
4
68
Comp 1 Keyin Channel
453
4
69
Comp 2 Keyin Channel
454
4
70
Comp 3 Keyin Channel
455
4
71
Comp 1 In Mode(Both/Odd or L/Even or R)
456
4
72
Comp 2 In Mode(Both/Odd or L/Even or R)
457
4
73
Comp 3 In Mode(Both/Odd or L/Even or R)
458
4
74
Comp 1 On/Off
459
4
75
Comp 2 On/Off
460
4
76
Comp 3 On/Off
461
4
77
Comp 1 Parameter 1
462
4
78
Comp 1 Parameter 2
463
4
79
Comp 1 Parameter 3
464
4
80
Comp 1 Parameter 4
465
4
81
Comp 1 Parameter 5
466
4
82
Comp 2 Parameter 1
467
4
83
Comp 2 Parameter 2
468
4
84
Comp 2 Parameter 3
469
4
85
Comp 2 Parameter 4
470
4
86
Comp 2 Parameter 5
471
4
87
Comp 3 Parameter 1
472
4
88
Comp 3 Parameter 2
473
4
89
Comp 3 Parameter 3
474
4
90
Comp 3 Parameter 4
475
4
91
Comp 3 Parameter 5
476
4
92
Send 3/4 Configuration Flag (MONO/STEREO)
477
4
93
Oscillator On/Off
478
4
94
Oscillator Level
User Setup
Bank No.
Control No.
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
Parameter Name
479
4
95
Oscillator Frequency
480
5
0
Oscillator SEND3 Assign
481
5
1
Oscillator SEND4 Assign
482
5
2
Oscillator ST OUT Assign
483
--
--
Cue mode MIX/LAST CUE/GROUP CUE/STEREO OUT FIX
484
5
4
Channel Input 1 Group No.
485
5
5
Channel Input 2 Group No.
486
5
6
Channel Input 3 Group No.
487
5
7
Channel Input 4 Group No.
488
5
8
Channel Input 5 Group No.
489
5
9
Channel Input 6 Group No.
490
5
10
Channel Input 7 Group No.
491
5
11
Channel Input 8 Group No.
492
5
12
Channel Input 9 Group No.
493
5
13
Channel Input 10 Group No.
494
5
14
Channel Input 11 Group No.
495
5
15
Channel Input 12 Group No.
496
5
16
Channel Input 13 Group No.
497
498
5
5
17
18
Channel Input 14 Group No.
Channel Input 15 Group No.
499
5
19
Channel Input 16 Group No.
500
5
20
Stereo Input Group No.
Panpot Control Mode (Individual/Gang)
501
5
21
502
5
22
Group Select(OFF/A/B/C/D)
503
5
23
Ch Input 1/2 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
504
5
24
Ch Input 3/4 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
505
5
25
Ch Input 5/6 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
506
5
26
Ch Input 7/8 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
507
5
27
Ch Input 9/10 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
508
5
28
Ch Input 11/12 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
509
5
29
Ch Input 13/14 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
510
5
30
Ch Input 15/16 Pair Execute(MONO,Odd->Even,Even->Odd,Reset)
511
5
31
Stereo Master Patch Point Pre/Post
512
5
32
Send3 Master Patch Point Pre/Post
513
5
33
Send4 Master Patch Point Pre/Post
514
515
5
5
34
35
Send3,4 Configuration Execute(MONO/STEREO)
MIDI Local Off Fader No.1
516
5
36
MIDI Local Off Fader No.2
517
5
37
MIDI Local Off Fader No.3
518
5
38
MIDI Local Off Fader No.4
User Setup
Bank No.
Control No.
付
録
付録-49
MIDIコントロールチェンジパラメーター
RESET時
Serial No. Bank No. Control No.
付録-50
Parameter Name
519
5
39
MIDI Local Off Fader No.5
520
5
40
MIDI Local Off Fader No.6
521
5
41
MIDI Local Off Fader No.7
522
5
42
MIDI Local Off Fader No.8
523
5
43
MIDI Local Off Fader No.9
524
5
44
MIDI Local Off Fader No.10
525
5
45
MIDI Local Off Fader No.11
526
5
46
MIDI Local Off Fader No.12
527
5
47
MIDI Local Off Fader No.13
528
5
48
MIDI Local Off Fader No.14
529
5
49
MIDI Local Off Fader No.15
530
5
50
MIDI Local Off Fader No.16
User Setup
Bank No.
Control No.
システムの初期化
システムの初期化
本機のすべての設定を工場出荷時の状態に戻したい場合や、エラーメッセージでシステムイニシャライズを求
めるメッセージが表示された場合には、システムの初期化の操作を行ってください。
注 意
・この操作を行うと、ストアされているシーンメモリーをはじめ、ストアされてい
るエフェクトやコンプレッサー、イコライザーのライブラリー、プログラムチェン
ジアサインテーブル、コントロールチェンジアサインテーブルなどが、すべて工場
出荷時の状態に戻ってしまいます。十分ご注意ください。
手 順
1.
2.
すでに本機の電源が入っている場合には、いったん切ります。
STORE
と
INC+
を押したままの状態で、電源スイッチを入れます。
▼「 Initializing Memory」と表示された後、フェーダーのキャリブレーション
が行われ、システムの初期化が終わります。
付
録
付録-51
仕様
仕様
全体仕様
■シーンメモリー数
50シーン
(1∼50、0は初期値に固定)
■サンプリング周波数
48kHz
■シグナルディレイ
3.5ms以下
(チャンネルインプット、ステレオアウトプット間)
■フェーダー分解能
+6∼-66, ∞ dB
(128ステップ/60mm)
■全高調波歪
0.1%以下
■周波数特性
+1, -3dB
■ダイナミックレンジ
105dB typ.
20Hz∼20kHz @+14dB into 600ohms
20Hz∼20kHz @+4dB into 600ohms
AD+DA
(ステレオインプット、
ステレオアウトプット間)
■ハム&ノイズ
(20Hz∼20kHz, Rs=150ohms, Input Gain=Max., Input Pad=0dB, Input Sensitivity=-60dB)
-128dB Equivalent Input Noise
-88dB
Residual Output Noise. ステレオアウトプットオフ
-88dB (92dB S/N)全チャンネルインプットのフェーダーを下げ、
ステレ
オアウトプットのフェーダーをノミナル(0dB)
にしたとき
-64dB (68dB S/N)全チャンネルインプットのフェーダーおよびステレオ
アウトプットのフェーダーををノミナル(0dB)
にしたとき
*Hum & Noise are measured with a 6dB/octave filter @12.7kHz;equivalent to
a
20kHz filter with infinite dB/octave attenuation.
■最大ゲイン
76dB チャンネルインプット、ステレオアウトプット間
76dB チャンネルインプット、センド3, 4間
(プリインプットフェーダー時)
12dB ステレオインプット、ステレオアウトプット間
76dB チャンネルインプット、モニターアウトプット間
■クロストーク
(@1kHz)
-70dB 隣り合うチャンネル間
-70dB インプット、アウトプット間
■チャンネルインプット
(CH1∼16)
ゲインコントロール
44dB
(-60∼-16)
連続可変
パッドスイッチ
0/20dBアッテネーター
ADコンバーター
20ビットリニア / 64倍オーバーサンプリング
(Fs=48kHz)
3バンドイコライザー
オン/オフ
ゲイン
LOW, MID, HIGH:±15dB
(1dBステップ)
フリケンシー LOW :32Hz∼1kHz(1/6octステップ 31ポジション)
MID
:32Hz∼18kHz
HIGH :1.0 kHz∼18kHz
Q
(1/6octステップ 56ポジション)
(1/6octステップ 26ポジション)
LOW :1/6oct∼3oct(9ポジション)/ Shelving
MID
:1/6oct∼3oct(9ポジション)
HIGH :1/6oct∼3oct(9ポジション)/ Shelving
(Q ステップ:1/6, 1/4, 1/3, 1/2, 3/4, 1, 3/2, 2, 3oct)
オン/オフ
付録-52
チャンネルインプットのオン/オフを選択
仕様
フェーダー
60mm モーター付
チャンネルインプット/センド1/センド2/センド3/センド4
キュー
オン/オフ
(ポストイコライザー、プリフェーダー)
パン
33ポジション
(L=16∼1, C, R=1∼16)
メーター
5ポイント(CLIP, 12, 6, 0, -40)
各チャンネルインプットのプリイコライザーレベルをディスプレイに表示可
ファントムスイッチ
チャンネル1∼8の端子に+48V DC電源を供給
■ステレオインプット
ADコンバーター
20ビットリニア / 64倍オーバーサンプリング
(Fs=48kHz)
3バンドイコライザー
チャンネルインプットと同様
フェーダー
60mm モーター付
ステレオインプット/センド1/センド2/センド3/センド4
キュー
オン/オフ
(ポストイコライザー、
プリフェーダー)
デュアルパン
33ポジション
(L=16∼1, C, R=1∼16)
メーター
5ポイント(CLIP, 12, 6, 0, -40)
ステレオインプットのプリイコライザーレベルをディスプレイに表示可
付
録
■エフェクトリターン1, 2/センド3, 4
3バンドイコライザー
チャンネルインプットと同様
(リターン1とリターン2のみ)
オン/オフ
リターン1, 2のオン/オフ、センド3, 4のオン/オフを選択
フェーダー
60mm モーター付
リターン1/リターン2/センド3/センド4
キュー
オン/オフ
(プリフェーダー)
メーター
リターン1, 2のプリフェーダーレベルとセンド3, 4のポストマスターフェー
ダーのレベルをディスプレイに表示可
DAコンバーター
18ビットリニア / 8倍オーバーサンプリング
■ステレオアウトプット
3バンドイコライザー
チャンネルインプットと同様
オン/オフ
ステレオアウトプットのオン/オフを選択
フェーダー
60mm モーター付
キュー
オン/オフ
(ポストフェーダー)
メーター
12エレメント×2 LEDメーター
(ポストフェーダー)
DAコンバーター
20ビットリニア / 8倍オーバーサンプリング
■モニターアウトプット
(CUE)
DAコンバーター
18ビットリニア / 8倍オーバーサンプリング
キュー/2トラックインプットスイッチ キュー/2トラックインプットを選択
モニターアウトプットボリューム アナログ式ボリューム
フォンボリューム
アナログ式ボリューム
付録-53
仕様
■内蔵デジタルエフェクター
(エフェクト1, 2)
プリセット
30種類(1∼30)
ユーザーライブラリー
10種類(31∼40)
■コンプレッサー(コンプレッサー1∼3)
プリセット
10種類(1∼10)
ユーザーライブラリー
10種類(11∼20)
■イコライザー
プリセット
30種類(1∼30)
ユーザーライブラリー
20種類(31∼50)
コントローラー
■アナログコントローラー
インプット1∼16
PAD
(パッド)
スイッチ
:0/20
GAIN(ゲイン)
ボリューム :-16∼-60
PHANTOM MASTER
(ファンタム)
スイッチ
アウトプット
CUE/2TR IN(キュー/2トラックインプットスイッチ)
MONITOR OUTPUT(モニターアウトプット)
ボリューム
PHONES(ヘッドフォン)
ボリューム
■デジタルコントローラー
SEL
、 ON
、フェーダー
ファンクションキー
#1∼#16
チャンネルインプット/センド1/センド2/センド3/センド4
#17
ステレオインプット/センド1/センド2/センド3/センド4
#18
リターン1/リターン2/センド3マスター/センド4マスター
#19
ステレオアウトプットマスター
EQ LOW
MID
HIGH
LIBRARY
SEND KEYS
SEND 1
SEND 2
SEND 3
SEND 4
METER
METER
PAN / PHASE
PAN /
COMP
COMP
RECALL
INC+
DEC-
EQ KEYS
CUE
GROUP
PAIR
UTILITY
MIDI
SCENE MEMORY KEYS
カーソルキー
UP, DOWN, LEFT, RIGHT
データエントリー
ダイアル(1周24 クリック)
ENTER
■ディスプレイ
CUE
GROUP
PAIR
UTILITY
MIDI
STORE
ENTER (押すことでパラメーターを決定)
240×64ドットグラフィックLCD(バックライト付)
ディスプレイ右側のツマミでコントラスト調整可
付録-54
仕様
入力仕様
Input Terminals
PAD
GAIN
0
-60
0
-16
CH Input CH1∼CH8
Actual Load
Impedance
Sensitivity
50∼600Ω
3kΩ
Mics &
600ΩLines
20
CH Input CH9∼CH16
Input level
For Use With
Nominal
0
-60
0
-16
50∼600Ω
10kΩ
Mics &
600ΩLines
20
Nominal
Connector
in Console
Max. before clip
-72dB (0.194mV)
-60dB (0.775mV)
-28dB (30.9mV)
-16dB (0.123V)
+4dB (1.23V)
-8dB (0.309V)
+4dB (1.23V)
+24dB (12.3V)
-40dB (7.75mV)
XLR-3-31
-72dB (0.194mV)
-60dB (0.775mV)
-28dB (30.9mV)
-16dB (0.123V)
+4dB (1.23V)
-8dB (0.309V)
+4dB (1.23V)
+24dB (12.3V)
+4dB (1.23V)
+24dB (12.3V)
Phone Jack
-10dB (245mV)
+6dB (1.55V)
Pin Jack
ST IN [L,R]
10kΩ
600ΩLines
-8dB (0.309V)
2 ST IN [L,R]
10kΩ
600ΩLines
-10dB (245mV)
-40dB (7.75mV)
Phone Jack
・0dBは0.775Vrmsです。
・センシティビティは、+4dB(1.23V)を出力するために必要な最小レベルです。
・チャンネル1∼8インプット端子はバランス型です。(1=GND, 2=HOT, 3=COLD)
・チャンネル9∼16インプット端子はバランス型です。(Tip=HOT, Ring=COLD, Sleeve=GND)
・ステレオインプット、2トラックインプットはアンバランス型です。
出力仕様
付
録
Output level
Output Terminals
Actual Source
Impedance
For Use With Nominal
STEREO OUT [L,R]
150Ω
600Ω Lines
+4dB (1.23V)
+24dB (12.3V)
XLR-3-32
REC OUT [L,R]
600Ω
10kΩ Lines
-10dB (245mV)
+10dB (2.45V)
Pin Jack
Nominal
Max. before clip
Connector in Console
MONITOR OUT [L,R]
600Ω
10kΩ Lines
+4dB (1.23V)
+20dB (7.75V)
Phone Jack
AUX SEND [3,4]
600Ω
10kΩ Lines
+4dB (1.23V)
+20dB (7.75V)
Phone Jack
PHONES
100Ω
8Ω Phones
1mW
25mW
Stereo
40Ω Phones
3mW
110mW
Phone Jack
・0dBは0.775Vrmsです。
・ステレオアウトプット端子はバランス型です。(1=GND, 2=HOT, 3=COLD)
・レコーディングアウトプット、モニターアウトプット、センド3, 4、ヘッドフォンアウトプットはアンバランス型です。
その他
■電源
100V AC
50/60Hz
■消費電力
50W
■最大外形寸法
435.0mm
(幅)×487.4mm(奥行)
×124.7mm
(高さ)
11Uラックマウントサイズ
■重量
12.5kg
■動作保障温度
10∼35℃
■アクセサリー
キープロテクター×1個
付録-55
仕様
外形寸法
308
H : 124.7
64.4
430
W : 435
付録-56
D : 487.4
27.8
8
395
110.1
2TR IN L
–10dB
(UNBAL) R
R
L
CH9–16
ST IN
+4dB
(UNBAL)
INPUT
(BAL)
CH1–8
20dB
OSCILLATOR
INTERNAL
EFFECT2
INTERNAL
EFFECT 1
AD
AD
Same as
CH 1–8
PAD
AD
GAIN
HA
20dB
PAD
OFF
METER
METER
METER
ø
ø
METER
ø
METER
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
LEVEL
RTN2
FADER
RTN1
FADER
ON
CUE
CUE
ON
ST IN FADER
ON
CH FADER
ON
ON
CUE
CUE
ST OUT
DUAL
PAN
DUAL
PAN
SEND4
SEND3
SEND2
SEND1
DUAL
PAN
SEND4
SEND3
SEND2
SEND1
PAN
SEND4
SEND3
ASSIGN
PRE/POST
ST SEND CUE
LR1234LR
COMP
COMP
COMP
COMP
CUE
CUE
ON
SEND4
FADER
ON
ON
ST OUT
BALANCE
SEND3
FADER
3BAND
PEQ
3BAND
PEQ
ST OUT
FADER
COMP
METER
METER
METER
COMP
COMP
COMP
PHANTOM MASTER (+48V)
ON
DA
DA
DA
DA
DA
DA
EVEN/R IN
KEY IN
ODD/L IN
LEVEL
PHONES
MONITOR OUT
+4dB(UNBAL)
SEN D 4
+4dB(UNBAL)
SEN D 3
+4dB(UNBAL)
R
L
PHONES
DIGITAL
COAXIAL
REC OUT
STEREO OUT
+4dB(BAL)
L ANALOG
–10dB
R (UNBAL)
R
L
EVEN/R OUT
ODD/L OUT
LCD functions
Multifunction faders and switches
CUE/ MONITOR OUT
2TR IN
LEVEL
FORMAT
CONVERTER
ENVELOPE
FOLLOWER
COMP (×3)
GAIN
REDUCTION OUTPUT
METER
METER
ブロックダイアグラム
ブロックダイアグラム
付
録
付録-57
COMP
付録-58
-190
-180
-170
-160
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
+4
0
+10
36
35
34
33
32
31
30
29
28
27
26
25
24
23
22
21
20
19
18
17
16
15
14
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
-210
-200
-190
-180
-170
-160
-150
-140
-130
-120
-110
-100
-90
-80
-70
-60
-50
-40
-30
-20
-10
0
0
+24
+20
1
Bit
dB
Digital
dB
Analog
Gain max
Gain min
Gain
Analog
Pad
AD
DC Cut
Digital
Meter
Return1,2
Phase
EQ
Patch
On/Off
Level
Pan
CLIP
St Bus
Patch
EQ
Master
Level
Master
Balance
Master
On/Off
Patch
DA
DEQ Noise Floor
DSP Noise Floor
SEND3,4
Meter
Digital
Analog
Stereo out
Send3,4
Moniter out
レベルダイアグラム
レベルダイアグラム
MIDIデータフォーマット
MIDIデータフォーマット
1. 一般事項
1-1. 本仕様書は、ProMix01に装備されるMIDIについて規定する。
1-2. 電気的特性及び信号の規格は、MIDI規格1.0に従う。
2. 送受信信号
本機は、プログラムチェンジ、コントロールチェンジ、システムイクスクルーシブ
メッセージを送信、受信する。また、リアルタイムメッセージであるアクティブセン
シング、MIDIリセットは受信のみ行う。
2-1. プログラムチェンジ
送信は、送信チャンネル番号(Tx Ch)を使用する。受信は、受信チャンネル番 号
(Rx Ch)が一致したとき、またはOMNIのときに行なう。 受信したプログラム
チェンジのプログラムNo.に対応したメモリーをリコールする。パネル操作によ
りメモリーリコールが行なわれたとき、そのメモリーNo.に対応したプログラム
チェンジを送出する。プログラムチェンジのアサイン表(プログラムNo.対メモ
リーNo.の対応表)は、ユーザーが任意に作成することが出来る。
2-2. コントロールチェンジ
コントロールチェンジ信号を送受信するモードには、チャンネルモードとレジス
タモードの2種類ある。
チャンネルモードでは、チャンネル番号は送信/受信チャンネル番号(Tx/Rx Ch
)+パラメータのバンク番号(Bank)となる。この結果が16を越えた場合、16で
割った余りがチャンネル番号となる。このモードで、全てのパラメータの送受信
を行なうと、多数のチャンネルを占有することになる。* Cf1
レジスタモードでは、チャンネル番号は送信/受信チャンネル番号(Tx/Rx Ch)を
使用し、パラメータのバンク番号(Bank)をコントロールチェンジ番号
62h(98:10進数)のノンレジスタードパラメータ番号(NRPN)で指定する。この方
法では、MIDIチャンネルを1チャンネルしか占有しない。また、このモードに限
りOMNIで受信が可能となる。* Cf2
受信したコントロールチェンジのBank番号及びコントロールNo.に対応したパラ
メータに関して作用する。
パネル操作により、アサインされているパラメータの変更が行なわれたとき、そ
のパラメータ.に対応したコントロール・チェンジを送出する。コントロール・
チェンジのアサイン表(コントロールNo.対パラメータの対応表)は、ユーザーが
任意に作成することが出来る。
付
録
Cf1. データ・フォーマットは以下のようになる
チャンネル番号が10、バンク番号2、コントロール番号72のパラメータを操作
したとき
BB 48 dd (ddはデータ)
チャンネル番号が13、バンク番号5、コントロール番号20のパラメータを操作
したとき
B1 14 dd (ddはデータ)
付録-59
MIDIデータフォーマット
Cf2. データ・フォーマットは以下のようになる
チャンネル番号が10、バンク番号2、コントロール番号72のパラメータを操作
したとき
B9 62 02 B9 48 dd (ddはデータ)
各送受信パラメータのデータは、最小値00h,最大値7fhとなるように内部データ
数に応じて変換される。* Cf3
Cf3. 送受信データは以下の方法で内部データと対応する。
各パラメータが取りうる内部データの最小値をMIDIデータの00hで表現し、最大
の値を7fhで表現する。例えば、Panpotデータ(33ポジション)の場合、内部
データが0のときMIDIでは00hで、内部データが32(MAX)の時MIDIでは7fhで表
現される。
また、内部データの中心の値をMIDIの中心の値(64)にするために以下のような
計算を行なう。
まず128(MIDIで表現できる数)を内部データのデータ数(Panpotの場合33)で割
り算し、1つの内部データが占有するMIDIデータの数を算出する。
例.Panpotの場合
128/33 = 3...29
内部データの中心の値を、MIDIデータの中心にするために前の計算で出た余りを
オフセットと言う形でMIDIデータ範囲の両サイドに割り振る。ここで余りが出た
場合は、商に1を加算する。
例.Panpotの場合
29 / 2 = 14...1
14 + 1 = 15
すると、MIDIデータがXのときの内部データは、
例.Panpotの場合
INT((X - 15) / 3)
で計算できる。但し、ここで算出された値が0以下の場合、値は内部データの最
小値になり、内部データのデータ数以上の時は、内部データの最大値になる。
2バイトで表現するデータ(Effect Parameter)は、MIDIで表現できる数が
16384(14bit数値で最小値が0000hで最大値が3fffh)になるので、上記計算の
128を16384に変えて計算すると求めることができる。
コントロールチェンジの出力は、通常内部データが変化したときのみ出力され
る。入力は、内部データの矛盾(本体では設定できないような異常な設定)が起
こらないように、処理される。つまり、受信したデータによって矛盾が起こる場
合には、矛盾が起こらないように処理される。但し、次の場合は例外となるので
注意しなければならない。
ステレオペアーの状態が変化すると、まず、ステレオペアーフラグのコントロー
ルチェンジが出力され、次に変化したパラメータのコントロールチェンジが出力
される。ステレオペアーフラグのコントロールチェンジを受信すると、内部デー
タに矛盾が起こってもフラグのみを変化させる。つまり、矛盾が起きている状態
のままである。それ以降ペアーが組まれているチャンネルの情報を受信すると、
受信した他方のチャンネルのパラメータも同時に変化する。また、操作した瞬間
に両チャンネルのパラメータが変化する。このため、本体のペアー処理と同様の
ことができるコントロールチェンジを、別の番号に割り当ててある。Executeま
たはEx.と書かれているパラメータは、それ自身を受けた瞬間に矛盾がない状態
にすることができる。また、この番号のコントロールチェンジを受けると、これ
によって変化したパラメータはコントロールチェンジ信号が出力される。
付録-60
MIDIデータフォーマット
Send 3,4 Configurationの設定も、同様な動作が行われる。
グループが組まれているチャンネルは、コントロールチェンジでレベルを変化さ
れても、他のチャンネルは影響されない。つまり、グループされているチャンネ
ルのレベルを受信すると、そのチャンネルは一時的にグループから外されて、グ
ループのバランスが取り直される。
2-3. システムイクスクルーシブメッセージ
送信は、送信チャンネル番号(Tx Ch)を使用する。受信は、受信チャンネル番号
(Rx Ch)が一致したとき、またはOMNIのときに行なう。
シーンメモリー内容、プログラムチェンジの対応表、コントロールチェンジの対
応表、エディットバッファの内容、セットアップメモリーの内容、バックアップ
メモリーの内容、エフェクトユーザーメモリー、コンプレッサーユーザーメモ
リー、EQユーザーライブラリー、メモリーストアリクエストを送受信する。キー
リモートメッセージは受信のみ、エラー/警告レポートメッセージは送信のみ行
う。
2-4. リアルタイムメッセージ
アクティブセンシング(FEh)、MIDIリセット(FFh)のみ受信する。アクティブセ
ンシングを受信した後300msec以上の間データを何も受信しなかったとき、ま
たはMIDIリセットを受信したときステータスをクリアする。
付
録
3. Transmission Condition
CONTROL TX
CONTROL TX
CONTROL CHANGE
CONTROL CHANGE
$BnH
$BnH
ON
ON
PROGRAM TX
TX
PROGRAM
PROGRAM
PROGRAM CHANGE
CHANGE
$CnH
$CnH
ON
ON
BULK TX
SYTEM EXCLUSIVE
BULK DUMP $F0H, $43H, $0nH
BULK DUMP $F0H, $43H, $0nH
BULK REQUEST
BULK REQUEST
MIDI TX CH?
BULK TX
ON
ON
$F0H, $43H, $20H
$F0H, $43H, $20H
MIDI OUT
MIDI OUT
ON
ON
CONTROL ECHO
CONTROL ECHO
MIDI IN
ON
PROGRAM ECHO
ON
MIDI IN
PROGRAM ON
ECHO
ON
付録-61
MIDIデータフォーマット
4. Receive Condition
CONTROL RX
ON
$BnH CONTROL CHANGE
PROGRAM RX
MIDI IN
MIDI RX CH?
CONTROL OMNI
(REGISTER MODE ONLY)
ON
BULK RX
ON
ON
PROGRAM OMNI
$CnH PROGRAM CHANGE
SYSTEM EXCLUSIVE
$F0H, $43H, $0nH
$F0H, $43H, $2nH
BULK DUMP
BULK REQUEST
ON
BULK OMNI
ON
CONTROL ECHO
ON
PROGRAM ECHO
ON
付録-62
MIDI OUT
MIDIデータフォーマット
5. Bulk Dump/Request Format
5-1. 1 Memory Mixing Program Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000110
00111010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01001101
0xxxxxxx
F0
43
0n
7E
06
3A
4C
4D
20
20
38
41
34
31
4D
mm
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
826(408x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'M'
mm=1(01h)-50(32h)...Scene Memory No.,
127(7Fh)...Edit Buffer
Scene Memory Data(408x2bytes)*3
付
録
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
5-2. All Program Change Assignment Table Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000010
00001010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010000
00100000
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
02
0A
4C
4D
20
20
38
41
34
31
50
20
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
266(128x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'P'
''
Program Change Table(128x2bytes)*4
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
付録-63
MIDIデータフォーマット
5-3. All Control Change Assignment Table Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00010010
00001010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000011
00100000
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
12
0A
4C
4D
20
20
38
41
34
31
43
20
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
2314(96x6x2x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'C'
''
Control Change Table(96x6x2x2bytes)*5
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
5-4. Setup Memory Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
付録-64
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000000
00111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010011
00100000
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
00
3E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
53
20
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
62(26x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'S'
''
Setup Memory(26x2bytes)*6
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
MIDIデータフォーマット
5-5. Backup Memory Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000001
00011010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000010
00100000
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
01
1A
4C
4D
20
20
38
41
34
31
42
20
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
154(72x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'B'
''
Backup Memory(72x2bytes)*7
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
付
録
5-6. Effect User Memory Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000000
01010010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000101
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
00
52
4C
4D
20
20
38
41
34
31
45
mm
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
82(36x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'E'
mm=1(00h)-10(09h)...Effect User Memory No.,
Effect User Memory Data(36x2bytes)*8
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
付録-65
MIDIデータフォーマット
5-7. Compressor User Memory Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000000
00110110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01001111
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
00
36
4C
4D
20
20
38
41
34
31
4F
mm
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
54(22x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'O'
mm=1(00h)-10(09h)..Compressor User Memory No,
Compressor User Memory Data(22x2bytes)*9
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
5-8. Equalizer User Library Bulk Dump Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
付録-66
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000000
00111010
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010001
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
00
3A
4C
4D
20
20
38
41
34
31
51
mm
dsH
dsL
:
deH
deL
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
58(24x2+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'Q'
mm=1(00h)-20(13h)...Equalizer User Library No.,
Equalizer User Memory Data(24x2bytes)*10
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
MIDIデータフォーマット
5-9. Key Remote Bulk Dump Data Format (Receive only)
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
MEMORY NO.
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
00000000
00001011
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01001011
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
00
0B
4C
4D
20
20
38
41
34
31
4B
Kn
DT
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
11(1+10)bytes
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'K'
Key Number*11
Key Data*12
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
5-10. Error/Warning Report Bulk Dump Data Format (Transmission only)
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
BYTE COUNT(HIGH)
BYTE COUNT(LOW)
DATA NAME
DATA*1
CHECK SUM*2
EOX
11110000
01000011
0000xxxx
01111110
0xxxxxxx
0xxxxxxx
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01011000
01000101
0xxxxxxx
0xxxxxxx
0xxxxxxx
:
0xxxxxxx
0xxxxxxx
11110111
F0
43
0n
7E
nn
nn
4C
4D
20
20
38
41
34
31
58
45
EnH
EnL
Ms
:
Me
ee
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx Channel No.)
Universal Bulk Dump
nn([Message]x2+10)bytes
付
録
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'X'
'E'
Message No.(HIGH)*13
Message No.(LOW)
Message*14
ee=(INVERT('L'+'M'+...+dsH+...+deL)+1) AND 7Fh
End Of Exclusive
付録-67
MIDIデータフォーマット
5-11. 1 Memory Mixing Program Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
MEMORY NO.
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01001101
0xxxxxxx
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
4D
mm
EOX
11110111
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'M'
mm=1(01h)-50(32h)...Scene Memory No.,
127(7Fh)...Edit Buffer
End Of Exclusive
5-12. All Program Change Assignment Table Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010000
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
50
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'P'
''
End Of Exclusive
5-13. All Control Change Assignment Table Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
付録-68
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000011
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
43
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'C'
''
End Of Exclusive
MIDIデータフォーマット
5-14. Scene Memory Store Bulk Request Data Format*17
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010111
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
57
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'W'
''
End Of Exclusive
5-15. All Data Bulk Request Data Format*18
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000001
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
41
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'A'
''
End Of Exclusive
付
録
5-16. Setup Memory Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010011
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
53
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Tx/Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'S'
''
End Of Exclusive
付録-69
MIDIデータフォーマット
5-17. Backup Memory Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000010
00100000
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
42
20
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'B'
''
End Of Exclusive
5-18. Effect User Memory Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
MEMORY NO.
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01000101
0xxxxxxx
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
45
mm
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'E'
mm=1(00h)-10(09h)...Effect User Memory No.,
End Of Exclusive
5-19. Compressor User Memory Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
MEMORY NO.
EOX
付録-70
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01001111
0xxxxxxx
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
4F
mm
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'O'
mm=1(00h)-10(09h)..Compressor User Memory No,
End Of Exclusive
MIDIデータフォーマット
5-20. Equalizer User Library Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
MEMORY NO.
EOX
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01010001
0xxxxxxx
11110111
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
51
mm
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'Q'
mm=1(00h)-20(13h)...Equalizer User Library No.,
End Of Exclusive
5-21. Memory Control Change Out Bulk Request Data Format
STATUS
ID No.
SUB STATUS
FORMAT No.
DATA NAME
MEMORY NO.
11110000
01000011
0010xxxx
01111110
01001100
01001101
00100000
00100000
00111000
01000001
00110100
00110001
01011001
0xxxxxxx
F0
43
2n
7E
4C
4D
20
20
38
41
34
31
59
mm
EOX
11110111
F7
System Exclusive Message
Manufacturer's ID No. (YAMAHA)
n=0-15(Rx Channel No.)
Universal Bulk Dump
'L'
'M'
''
''
'8'
'A'
'4'
'1'
'Y'
mm=1(01h)-50(32h)...Scene Memory No.,
127(7Fh)...Edit Buffer
End Of Exclusive
*1
The following is how to calculate data format.
For example, Internal Data : Ds,D1,D2,D3,...,Dx,...,De (Dx is 1byte data.
The data ranges between 00h and FFh.)
DxH = ASCII((Dx/16) AND 0Fh)
(Character code '0' to 'F')
DxL = ASCII(Dx AND 0Fh)
(Character code '0' to 'F')
*2
The following is the check sum.
Sum is calculated for the sum after the BYTE COUNT(LOW), namely 'L'
to the data immediately before the CHECK SUM, all bits are
inverted(one's compliment), and then add 1(one), and then the
MSB(bit7) is set 0(zero) for obtaining the CHECK SUM.
(two's compliment)
付
録
付録-71
MIDIデータフォーマット
*3
The data between D0 and D407 (See the Scene Memory Map)
*4
The data between D0 and D127 (See the Program Change Assign Map)
*5
The data between D0 and D1151 (See the Control Change Assign Map)
*6
The data between D0 and D25 (See the Setup Memory Map)
*7
The data between D0 and D71 (See the Backup Memory Map)
*8
The data between D0 and D35 (See the Effect User Memory Map)
*9
The data between D0 and D21 (See the Compressor User Memory Map)
*10
The data between D0 and D23 (See the EQ User Library Map)
*11
The data between 0 and 64 (See the Key Number List)
*12
SWITCH:
DATA ENTRY:
*13
See the Error Message List
*14
The following is how to calculate data format.
For example, Strings character: Ms,M1,M2,M3,...,Mx,...,Me
(Mx is ASCII code 1 byte data. The data ranges between 00h and FFh.)
Mx = Mx
(Character code)
LF(Return) = 0Ah
The following is how to calculate data format. For example, Internal
Data : Ds, D1, D2, D3, ..., Dx, ..., De (Dx is 1byte data. The data ranges
between 00h and 3Fh.)
Dx = Dx
*15
付録-72
ON=00h, OFF=7Fh
01-7Fh
*16
The data between D0 and D2559
*17
This request signal is output when storing a scene memory on the
STORE key, thus enabling the current setup within the EDIT BUFFER to
be stored into a specified memory.
*18
All Data= [1 Memory Mixing Program No.1-50,Edit Buffer] + [All
Program Change Assignment Table] + [All Control Change Assignment
Table] + [Setup Memory] + [Backup Memory] + [1 Effect User Memory
No.0-9] + [1 Compressor User Memory No.0-12] + [1 EQ User Library
No.0-19]
MIDIデータフォーマット
6. Key List
Key No.
Key Name
Key No.
Key Name
No. 0
No. 1
No. 2
No. 3
No. 4
No. 5
No. 6
No. 7
No. 8
No. 9
No. 10
No. 11
No. 12
No. 13
No. 14
No. 15
No. 16
No. 17
No. 18
No. 19
No. 20
No. 21
No. 22
No. 23
No. 24
No. 25
No. 26
No. 27
No. 28
No. 29
No. 30
No. 31
No. 32
No. 33
No. 34
No. 35
No. 36
No. 37
SCENE MEMORY STORE
SCENE MEMORY INC+
UTILITY
MIDI
SCENE MEMORY RECALL
SCENE MEMORY DECGROUP
PAIR
METER
PAN/PHASE
COMP
CUE
SEND1
SEND2
SEND3
SEND4
EQ LOW
EQ MID
EQ HIGH
EQ LIBRARY
CH1 SEL
CH2 SEL
CH3 SEL
CH4 SEL
CH5 SEL
CH6 SEL
CH7 SEL
CH8 SEL
CH9 SEL
CH10 SEL
CH11 SEL
CH12 SEL
CH13 SEL
CH14 SEL
CH15 SEL
CH16 SEL
ST IN SEL
RTN/SEND SEL
No. 38
No. 39
No. 40
No. 41
No. 42
No. 43
No. 44
No. 45
No. 46
No. 47
No. 48
No. 49
No. 50
No. 51
No. 52
No. 53
No. 54
No. 55
No. 56
No. 57
No. 58
No. 59
No. 60
No. 61
No. 62
No. 63
No. 64
ST OUT SEL
CH1 ON
CH2 ON
CH3 ON
CH4 ON
CH5 ON
CH6 ON
CH7 ON
CH8 ON
CH9 ON
CH10 ON
CH11 ON
CH12 ON
CH13 ON
CH14 ON
CH15 ON
CH16 ON
ST IN ON
RTN/SEND ON
ST OUT ON
CURSOR UP
CURSOR DOWN
CURSOR LEFT
CURSOR RIGHT
ENTER
PARAMETER UP
PARAMETER DOWN
付
録
付録-73
YAMAHA
[ Mixer
]
Model : ProMix01
Date : Jun/03,1994
MIDI Implementation Chart
Transmitted
Recognized
Version : 1.0
Remarks
Function ...
Basic
Channel
Mode
Note
Number :
Velocity
After
Touch
1 - 16
1 - 16
x
x
**************
x
**************
x
x
x
x
1 - 16
1 - 16
OMNI off/OMNI on
OMNI on/off
x
x
x
x
x
x
x
x
x
0 - 95
o
o
96 - 97
x
x
Default
Changed
Default
Messages
Altered
True voice
Note ON
Note OFF
Key's
Ch's
Pitch Bend
Control
Memorized
Memorized
*1
Change
98 - 99
o
o
100 - 120
x
x
Prog
Change :
o
True #
System Exclusive
:
Common :
:
System :
Real Time:
:
Aux
:
Messages :
:
Notes
Song Pos
Song Sel
Tune
Clock
Commands
Local ON/OFF
All Notes OFF
Active Sense
Reset
Mode 1 : OMNI ON, POLY
Mode 3 : OMNI OFF, POLY
0 - 127
**************
o
0 - 127
0 - 50
o
o
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
*2
Bulk Dump/Request
*1 : Each parameter can be assigned to any Control Change and
these assignment tables can be stored in memory.
*2 : For program 1 - 128, memory #0 - #50 is selected.
Mode 2 : OMNI ON, MONO
Mode 4 : OMNI OFF, MONO
o : Yes
x : No
索引
索引-1
アルファベット順索引
アルファベット順索引
A
I
AUX SEND ........................................................... 1-14
INDIVIDUAL ....................................................... 4-15
INPUT ......................................................... 1∼8,1-13
B
BAL ADJ ............................................................... 4-36
BATTERY CHECK .............................................. 4-42
BULK DUMP/REQUEST ..................................... 4-49
C
CHANNEL ............................................................ 4-47
COMP IN ............................................................... 4-26
COMPRESSOR EDIT ........................................... 4-28
COMPRESSOR RECALL .................................... 4-27
COMPRESSOR SETUP ....................................... 4-25
COMPRESSOR STORE ....................................... 4-29
K
KEY IN .................................................................. 4-26
L
LAST CUE ............................................................ 4-31
LIBRARY RECALL ............................................. 4-11
LIBRARY STORE ................................................ 4-12
LOCAL ON/OFF ................................................... 4-51
M
CONTROL CHANGE ASSIGN ............................. -47
CUE/2TR IN ......................................................... 1-11
CUE ....................................................................... 4-31
MEM ...................................................................... 4-46
MEMORY CONTROL CHANGE OUT .............. 4-52
E
MEMORY PROTECT .......................................... 4-41
METER .................................................................... 4-6
ECHO .................................................................... 4-44
EFFECT EDIT ....................................................... 4-20
EFFECT RECALL ................................................ 4-18
EFFECT STORE ................................................... 4-21
EQUALIZER ........................................................... 4-8
F
F ............................................................................... 4-9
G
索引-2
INPUT ....................................................... 9∼16, 1-13
INTERVAL TIME ................................................ 4-50
MIDI SETUP ......................................................... 4-44
MIDI ...................................................................... 4-43
MIDIインプリメンテーションチャート .... 付録-59
MIDIコントロールチェンジパラメーター 付録-37
MIDIセットアップ .............................................. 4-44
MIDIデータフォーマット ............................ 付録-59
MIDIボタン ............................................................ 1-8
MIX ....................................................................... 4-31
MONITOR OUT .............................................. 1-11,13
O
G .............................................................................. 4-9
GAIN ..................................................................... 1-11
OMNI .................................................................... 4-44
GANG .................................................................... 4-15
GROUP .................................................................. 4-36
OSCILLATOR ...................................................... 4-38
OUTPUT COMP PATCH POINT ........................ 4-40
アルファベット順索引
P
PAD ....................................................................... 1-11
PAIR ...................................................................... 4-34
PAN ....................................................................... 4-14
PARAMETER ....................................................... 1-10
PATCH .................................................................. 4-25
PEAK HOLD ........................................................... 4-6
PHANTOM MASTER .......................................... 1-12
PHASE .................................................................. 4-16
PHONES ........................................................... 1-11,13
POST/PRE ........................................................ 4-18,22
POWER ................................................................. 1-13
PROGRAM CHANGE ASSIGN .......................... 4-46
Q
Q .............................................................................. 4-9
R
REC OUT .............................................................. 1-14
RECALL .................................................................. 4-4
REGISTER ............................................................ 4-47
RTN/SEND .............................................................. 1-6
Rx Ch ..................................................................... 4-44
S
SEND 1, 2 ............................................................. 4-18
SEND 3, 4 ............................................................ 4-22
SEND 3, 4 CONFIGURATION ............................ 4-39
SHELF ..................................................................... 4-9
ST IN ...................................................................... 1-6
ST OUT .................................................................. 1-6
ST FIX ................................................................... 4-31
ST IN ..................................................................... 1-12
STEREO OUT ....................................................... 1-14
STORE .................................................................... 4-3
T
Tx Ch ..................................................................... 4-44
索引-3
五十音順索引
五十音順索引
記号
カ
1∼16チャンネルフェーダー ............................... 1-6
1∼8チャンネルインプット端子 ....................... 1-13
カーソルボタン ................................................... 1-10
外形寸法 ......................................................... 付録-56
2TR IN ................................................................... 1-12
9∼16チャンネルインプット端子 ..................... 1-13
画面の表示 ........................................................... 1-28
カラーフェーダーノブセット ....................... 付録-2
ア
キ
アウトプットコンプパッチポイント ............... 4-40
キーインソース ................................................... 1-26
キーインソース ................................................... 4-26
イ
イコライザー ....................................................... 1-25
イコライザー ......................................................... 4-7
イコライザーセッティングシート ............. 付録-29
イコライザーネーム ........................................... 4-12
イコライザーボタン ............................................. 1-9
イコライザーライブラリボタン ......................... 1-9
インターバルタイム ........................................... 4-50
キャリングケース ........................................... 付録-2
キュー/2トラックインプットスイッチ ......... 1-11
キュー ........................................................... 1-26,4-31
キューアウトプットブロック ........................... 1-21
キュータイプ ....................................................... 4-31
キューボタン ......................................................... 1-9
エ
ク
エコー ................................................................... 4-44
グループ .................................................. 1-27,4-33,36
エフェクト ........................................................... 1-26
エフェクト ........................................................... 4-17
グループボタン ..................................................... 1-8
ケ
エフェクトエディット ....................................... 4-20
エフェクトストア ............................................... 4-21
ゲート ................................................................... 4-24
エフェクトセッティングシート ................. 付録-30
エフェクトネーム ............................................... 4-21
ゲイン ..................................................................... 4-9
ゲインボリューム ............................................... 1-11
エフェクトパラメーターリスト ................. 付録-14
エフェクトリコール ........................................... 4-18
コ
エフェクトリスト ......................................... 付録-10
エラーメッセージ ......................................... 付録-35
エンターボタン ................................................... 1-10
オ
オシレーター ....................................................... 4-38
オプション ....................................................... 付録-2
オムニ ................................................................... 4-44
オンボタン ............................................................. 1-7
索引-4
キープロテクタ ...................................................... VI
キャリブレーション ............................................... III
コントラスト調整ツマミ ................................... 1-10
コントロールチェンジアサイン ....................... 4-47
コントロールチェンジデータ .......................... 3-3,5
コントロールチェンジナンバー ....................... 4-47
コントロールチェンジモード ..................... 3-5,4-47
コントロールパネル ............................................. 1-5
コンプレッサー ........................................... 1-26,4-24
コンプレッサーイン ........................................... 4-26
コンプレッサーエディット ............................... 4-28
五十音順索引
コンプレッサーストア ....................................... 4-29
コンプレッサーセッティングシート ......... 付録-31
センド3, 4端子 ..................................................... 1-14
センド3、センド4ブロック ............................... 1-20
コンプレッサーセットアップ ........................... 4-25
コンプレッサーネーム ....................................... 4-29
センドパン ........................................................... 4-23
タ
コンプレッサーパラメーターリスト ......... 付録-23
コンプレッサーボタン ......................................... 1-9
ダイアル ............................................................... 1-10
コンプレッサーリコール ................................... 4-27
コンプレッサーリスト ................................. 付録-21
ダッキング ........................................................... 4-24
ダンプモード ....................................................... 4-49
シ
チ
シーン ............................................................. 1-25,4-2
シーンセッティングシート ......................... 付録-28
チャンネル ........................................................... 4-47
シーンに含まれないデータ ................................. 4-2
シーンに含まれるデータ ..................................... 4-2
シーンメモリー ................................................... 4-46
シーンメモリーボタン ......................................... 1-8
シェルビング型 ..................................................... 4-9
システムの初期化 ......................................... 付録-51
出力仕様 ......................................................... 付録-55
仕様 ................................................................. 付録-52
初期化 ............................................................. 付録-51
ス
ステレオアウトプット端子 ............................... 1-14
チャンネルインプットブロック ....................... 1-15
チャンネルモード ................................................. 3-6
ツ
2トラックインプット端子 ................................. 1-12
ツアーケース ................................................... 付録-2
テ
ディスプレイ ....................................................... 1-10
電源ケーブル ....................................................... 1-13
電源スイッチ ....................................................... 1-13
ト
ステレオアウトプットフェーダー ..................... 1-6
ステレオアウトプットブロック ....................... 1-22
特長 ......................................................................... VII
トランスミットチャンネル ......................... 3-2,4-44
ステレオインプット端子 ................................... 1-12
ステレオインプットフェーダー ......................... 1-6
ナ
ステレオインプットブロック ........................... 1-17
ストア ..................................................................... 4-3
内蔵エフェクト1、内蔵エフェクト2ブロック ....... 1-19
ニ
セ
入力仕様 ......................................................... 付録-55
設置場所 ................................................................... III
ハ
接続例 ............................................................... 付録-3
セレクトボタン ..................................................... 1-7
ハイ ......................................................................... 4-8
センド1, 2ボタン ................................................... 1-9
センド3, 4 ............................................................ 4-22
パッチポイント ................................................... 4-25
バッテリーチェック ........................................... 4-42
センド3, 4コンフィギュレーション ................. 4-39
センド3, 4ボタン ................................................... 1-9
パッドスイッチ ................................................... 1-11
パラメーターナンバー ....................................... 4-47
バランスアジャスト ........................................... 4-36
索引-5
五十音順索引
バルクダンプ/リクエスト ............................... 4-49
バルクデータ ...................................................... 3-3,8
モ
パン/フェイズボタン ......................................... 1-9
パン ............................................................... 1-25,4-14
木製サイドパッド ........................................... 付録-2
モニターアウトプット端子 ............................... 1-13
バンク ..................................................................... 3-5
モニターアウトプットボリューム ................... 1-11
ヒ
ユ
ピーキング型 ......................................................... 4-9
ユーティリティ ................................................... 1-27
ピークホールド ..................................................... 4-6
表記 .......................................................................... IX
ユーティリティ ................................................... 4-37
ユーティリティボタン ......................................... 1-8
フ
ラ
ファンタムスイッチ ........................................... 1-12
ライブラリー ......................................................... 4-7
フェイズ ............................................................... 4-16
フリケンシー ......................................................... 4-9
ライブラリーストア ........................................... 4-12
ライブラリーリコール ....................................... 4-11
プログラムチェンジアサイン ........................... 4-46
プログラムチェンジアサインテーブル ........... 4-46
ライブラリーリスト ....................................... 付録-7
ラックマウントキット ................................... 付録-2
プログラムチェンジアサインテーブルセッティングシート . 付録-32
プログラムチェンジデータ ............................ 3-3, 4
ブロックダイアグラム ................................. 付録-57
リ
ヘ
ペア ................................................................ 4-33, 34
ペアボタン ............................................................. 1-9
ヘッドフォン端子 ............................................... 1-13
ヘッドフォンボリューム ................................... 1-11
ミ
ミッド ..................................................................... 4-8
MIDI端子 .............................................................. 1-14
MIDIの接続 ............................................................ 3-2
メ
メーター ................................................................. 4-5
メーターボタン ..................................................... 1-9
メモリーコントロールチェンジアウト ........... 4-52
メモリープロテクト ........................................... 4-41
索引-6
リコール ................................................................. 4-4
リターン/センドフェーダー ............................. 1-6
レ
レコーディングアウトプット端子 ................... 1-14
レシーブチャンネル ............................................. 3-2
レシーブチャンネル ........................................... 4-44
レジスター ........................................................... 4-47
レジスターモード ................................................. 3-7
レベルダイアグラム ..................................... 付録-58
レベルメーター ................................................... 1-10
ロ
ロー ......................................................................... 4-8
ローカルオン/オフ ........................................... 4-51
サービスについて
■ 保証書
■ 調整・故障の修理
この商品には保証書がついています。販売店でお渡ししてい
ますから、
ご住所・お名前・お買上げ年月日・販売店名など所定
事項の記入および記載内容をおたしかめの上、大切に保管して
ください。
保証書は当社がお客様に保証期間内の無償サービスをお約
束するもので、
この商品の保証期間はお買上げ日より1年です。
保証期間内の転居や、
ご贈答用に購入された場合などで、記
載事項の変更が必要なときは、事前・事後を問わずお買上げ販
売店かお客様ご相談窓口、
またはヤマハ電気音響製品サービス
拠点へご連絡ください。継続してサービスできるように手配いた
します。
「故障かな?」
と思われる症状のときは、
この説明書をもう一度
よくお読みになり、電源・接続・操作などをおたしかめください。
そ
れでもなお改善されないときには、お買上げ販売店へご連絡く
ださい。調整・修理いたします。
調整・修理に際しては保証書をご用意ください。
保証規定によ
り、調整・修理サービスをいたします。
また、故障した製品をお持
ちいただくか、サービスにお伺いするのかも保証書に書かれて
います。
修理サービスは保証期間が過ぎた後も引き続きおこなわれ、
そのための補修用性能部品が用意されています。性能部品とは
製品の機能を維持するために不可欠な部品のことをいい、PA製
品ではその最低保有期間は製造打切後8年です。
この期間は経
済産業省の指導によるものです。
■ 損害に対する責任
この商品
(搭載プログラムを含む)
の使用または使用不能に
より、お客様に生じた損害
(事業利益の損失、事業の中断、事業
情報の損失、
その他の特別損失や逸失利益)
については、当社は
一切その責任を負わないものとします。
また、如何なる場合でも、
当社が負担する損害賠償額は、お客様がお支払になったこの商
品の代価相当額をもって、
その上限とします。
■ お客様ご相談窓口
ヤマハPA製品に関するご質問・ご相談は下記のお客様ご相
談窓口へ、
アフターサービスについてのお問合わせはヤマハ電
気音響製品サービス拠点へおよせください。
●お客様ご相談窓口 : ヤマハプロオーディオ製品に対するお問合せ窓口
ヤマハ・プロオーディオ・インフォメーションセンター
Tel: 03-5791-7678 Fax: 03-5488-6663(電話受付=祝祭日を除く月∼金/11:00∼19:00)
E-mail: painfo@post.yamaha.co.jp
●EM営業統括部(営業窓口)
PAグループ
PA東京
PA北海道
PA仙台
PA大阪
PA名古屋
PA九州
企画推進室(プロオーディオ)
☎
☎
☎
☎
☎
☎
☎
03-5488-5480
011-512-6113
022-222-6214
06-6252-5405
052-232-5744
092-412-5556
〒108-8568
〒064-0810
〒980-0804
〒542-0081
〒460-8588
〒812-8508
東京都港区高輪2-17-11
札幌市中央区南十条西1-1-50
仙台市青葉区大町2-2-10
大阪市中央区南船場3-12-9
名古屋市中区錦1-18-28
福岡市博多区博多駅前2-11-4
03-5488-5472
〒108-8568
東京都港区高輪2-17-11
☎
053-460-2455
〒430-8650
浜松市中沢町10-1
●PA・DMI事業部
PE営業部PA国内推進室
●ヤマハ電気音響製品サービス拠点 : 修理受付および修理品お預かり窓口
北海道サービスステーション
仙 台サービスステーション
首都圏サービスセンター
浜 松サービスステーション
名古屋サービスセンター
大 阪サービスセンター
四 国サービスステーション
広 島サービスステーション
九 州サービスステーション
本 社/CSセンター
☎
☎
☎
☎
☎
☎
☎
☎
☎
☎
011-512-6108
022-236-0249
03-5762-2121
053-465-6711
052-652-2230
06-6877-5262
087-822-3045
082-874-3787
092-472-2134
053-465-1158
〒064-8543
〒984-0015
〒143-0006
〒435-0016
〒454-0058
〒565-0803
〒760-0029
〒731-0113
〒812-8508
〒435-0016
札幌市中央区南十条西1-1-50 ヤマハセンター内
仙台市若林区卸町5-7 仙台卸商共同配送センター 3F
東京都大田区平和島2-1-1 京浜トラックターミナル14号棟A-5F
浜松市和田町200 ヤマハ(株)和田工場6号館2階
名古屋市中川区玉川町2-1-2 ヤマハ(株)名古屋流通センター3F
吹田市新芦屋下1-16 ヤマハ(株)千里丘センター内
高松市丸亀町8-7 (株)ヤマハミュージック神戸 高松店内
広島市安佐南区西原6-14-14
福岡市博多区博多駅前2-11-4
浜松市和田町200 ヤマハ(株)和田工場6号館2階
※ 所在地・電話番号などは変更されることがあります。
※ 2001年10月現在
VS17080 CDS 94 07 500 AP
音響システム事業部 営業部 ☎ 053-460-2455
〒430 浜松市中沢町10-1
Download PDF