CL 形ボックス 取扱説明書

CL 形ボックス 取扱説明書
CL 形ボックス取扱説明書
このたびは、弊社製品をお買い上げいただき誠にありがとうございます。
ご使用の前に必ずこの説明書をよくお読みの上、正しくお使いください。
(この説明書は、必ず保管しておいてください。
)
■使用上の注意
注
意
・太陽光を受ける場所で、長時間、扉を開けたままにしないでください。パッキンを劣化させ、ボックス
の保護機能が損なわれることがあります。
・長時間、水や油などが掛かり続ける場所でのご使用はお避けください。パッキンの機能が低下し、浸水
する恐れがあります。
■施工上の注意
注
意
・壁際に設置する際に、ボックスの蝶番側は、最低でも 12mm 以上の隙間を空けてください。
それ以下の隙間では、扉が開かなくなります。
・ボックスへの取付機器許容質量は、基板が 2 点止めの機種は 30kg、4 点止めの機種は 50kg です。
許容質量を超えて取付けると、基板が変形・落下し、機器の故障の原因となる可能性があります。
(ボックスのタテ+ヨコが 500 を超える機種は 4 点止め、500 以下の機種は 2 点止めです。
)
・タッチパネルやスイッチをつける場合など、扉取付の許容質量は、ボックスのタテが 300 に満たない機
種は 2kg、300 以上の機種は 5kg です。
許容質量を超えて取付けると、扉の変形・下がりなど、ボックスの防水・防塵機能を低下させる要因
となることがあります。
・穴加工を行うにあたり、設置環境に対して、機器の選定と、施工措置を正しく行ってください。
適切でない場合、水や埃の侵入により、内部取付機器の故障や短絡事故を招く恐れがあります。
・ボックスの取付は、十分な強度のある壁面に確実に固定してください。
強度が十分でない場合、ボックスが落下し、機器の故障やケガの原因となる可能性があります。
・ボックス底面に水抜穴が開いています。この穴を使われない場合は、穴栓が付属されておりますので、
ご使用ください。
・扉の上下部にそれぞれ、輸送時用のブッシュが取付いております。設置後は、取り外してください。
■塗装色の塗替えについて
注
意
以下の注意事項をお守りいただけない場合、ボックスの防水・防塵性能を劣化させる要因となります。
実際に設置したボックスが、必要性能を満たさない場合、水や埃の浸入により、内部取付機器の故障や短
絡事故を招く恐れがあります。
・パッキンに塗装をしないでください。防水・防塵性能の劣化とともに、パッキン部からの塗料屑が
短絡事故などの要因となることがあります。
・パッキンを剥がさないでください。代用品をご用意頂いても、防水・防塵性能を保持できません。
・ボックス右上の穴栓を外してから塗装をしてください。また付け忘れにご注意ください。
■推奨する塗替え方法
・扉内面全体に塗料を付けない、もしくは、パッキンをマスキングする方法で塗装してください。
・パッキンのマスキングにあたっては、粘着力の弱いマスキングテープを使用してください。
粘着力が強いテープでは、剥がすときにパッキン表面が破れることになります。
一般的なセロファンテープより弱い粘着力を目安にしてください。
・焼付け塗装を行う場合、耐熱性があり、熱固着しないマスキングテープをお使いください。
この条件を満たさないテープでは、剥がすときにパッキン表面が破れる恐れがあります。
弊社オプションパーツ マスキングテープ BP11-23MT をお奨め致します。
■ボックス概要
基本性能
屋内用
鉄製基板
IP ハンドル
IP65
輸送用ブッシュ
ボデー
扉
アース端子
パッキン
■操作方法
●開き方
●施錠方法
●閉じ方
①取手部を指先で掴み、
引き上げてください。
②取手をしっかり掴み、
扉を開けてください。
南京錠をハンドル下部の穴に
引っ掛けて施錠してください。
①扉を閉め、ボデー側に押し付けてください。
②取手の末端部を親指で押さえ込んでください。
南京錠は、ツル径φ4.5~5 の
ものをお使いください。
指などを挟まないよう、ご注意ください。
■施工時の取扱方法
(穴あけ、塗り替え時など)
①(-)ドライバーを、蝶番ピンの頭部に
押し当てて、引き抜いてください。
(外れ難い場合は、
(-)ドライバーを押し
当てたままハンマーで叩いてください。
)
②塗替えの場合は、Oリングを取外してください。
●ボックスの取付け方法
ボックスの取付穴については、鉄製基板や基板取付金具を避けた位置に
穴加工してください。
右図の位置を推奨しております。
Oリング
4-O9
60
●扉の取外し方
蝶番ピン
60
右図の寸法に従っていただければ、取付金具CX-1Mや
ポール用金具PMCがお使いいただけます。
■オプションパーツのご案内
15
15
●ケーブルコネクタBP14-〇〇
入出線のときにお使いください。
正しくお使い頂ければ、ボックスの防水・防塵性能を損なうことはありません。
ボックス底面の水抜穴には、
BP14-21D1,21D2がお使いいただけます。
BP14-〇〇
■鉄製基板の取付方法
●基板の取付方法
鉄製基板を取外し、再度取付ける際には、下図のように組付けてください。
+薄頭小ねじ M6-11
ボックスサイズによって、対角2点止めと
4点止めとがあります。
基板(鉄製)
ヨコ + タテ ≦ 500 … 対角2点止め
ヨコ + タテ > 500 … 4点止め
基板取付金具
(ボデー溶接部品)
■付属品の取扱い
●穴栓
名称
穴栓φ21
外観
用途
数量
ボックス底面
水抜穴
1
ボデー
水抜き穴
注)
ボックス外面より確実に押し込んでください。
取外しは、ボックス内面より押出して外します。
仕様等、お断りなしに変更することがありますのでご了承下さい。また、ご不明な点がありましたら弊社お客様相談室にお問い合わせください。この取扱説明書は 2009 年 12 月現在のものです。
お客様相談室/愛知県愛知郡長久手町 2201 番地
TEL(0561)64-0152
http://www.nito.co.jp
SK‐050C
B803012920
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement