LEICA D-LUX 4 取扱説明書

LEICA D-LUX 4 取扱説明書
LEICA D-LUX 4
取扱説明書
LEICA D-LUX 4
はじめに
このたびは LEICA D-LUX 4 をお買い上げいただき、ありがとうございます。この説明書を
よくお読みのうえ、安全に正しくお使いください。 また、お読みになったあとは、必ず保管
してください。
内 容
安全上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
各部の名前 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ご使用の前に. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
スナップショットモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
プログラムモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
絞り優先. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
シャッター優先. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
マニュアル露出. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
動画モード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
シーンモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
高度な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
フラッシュを使って撮る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
セットアップメニュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
撮影メニュー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
カスタムモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
画像と動画の再生. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
データの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
パソコンと接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
テレビと接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
プリンターと接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
トラブルシューティング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
組み合わせが不可能な機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
エラーメッセージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
Capture One 4 のインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
Leica サービス窓口. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
注意事項
以下の内容は米国にのみ適用されます。
■ 適合性宣言
商標 :LEICA
型番 D-LUX 4
責任者 / サポートコンタクト
Leica Camera AG,
Oskar-Barnack-Strasse 11,
D-35606 Solms,
電 話 番 号 : +49(0)64 42-208-0
ファックス : +49(0)64 42-208-333
www.leica-camera.com
[email protected]
この装置は FCC 規定パート 15 に適合します。操作の際は次の 2 項目を条件とします。(1)この
装置は有害な干渉を引き起こすことはなく、
(2)望ましくない操作を生じさせる可能性を含めて、
受信したいかなる干渉に耐えることができなければなりません。
FCC 注意 : この装置は、FCC 規定パート 15 に基づき、クラス B デジタル装置の制限事項に準拠
することが確認されています。この制限事項は、住居施設を有害な影響から保護する
ためのものです。この装置は、無線周波数エネルギーを生じさせることがあり、取扱
説明書に従って取り扱わない場合は、無線通信に対する有害な影響を引き起こすおそれ
があります。しかしながら、特定の設置方法に対して妨害が生じないという保証は
しかねます。この装置の電源を入れたり切ったりして、ラジオまたはテレビの受信を
妨害していることが確認された場合は、以下の方法から妨害を訂正してください。
・受信アンテナを回したり、位置を変える。
・本機とレシーバーの間のセパレーションを増やす。
・レシーバーが接続されている回路以外に本機を接続する。
・取扱店またはラジオ / テレビの技術者に相談する。
FCC 注意 : 適合性を継続的に保証するため、パソコンまたは周辺装置に接続する際は、付属の
取扱説明書に従い、フェライトコアをもつ遮断されたインターフェースケーブルのみを
使用してください。
適合性に関して責任者の明確な承認を得ていない変更、または修正によってこの機器を
操作するユーザーの権限が無効になることはありません。
LEICA D-LUX 4
ご購入の製品は、リサイクル可能なリチウムイオン電池で作動します。
バッテリーの再利用についての問い合わせは、
1-800-8-BATTERYへお電話ください。
以下の内容はカナダにのみ適用されます。
このクラス Bデジタル装置はカナダ ICES-003 に準拠します。
4
以下の内容は英国にのみ適用されます。
定格ラベルはデジタルカメラの底部にあります。
■ 電源リード線に関するご注意
安全にお使いいただくために、以下をよくお読みください。本機にはお客様の安全と便宜のために、
3ピン電源プラグが付いています。このプラグには A5アンペアのヒューズがついています。ヒューズの
交換が必要な場合は、新しく交換するヒューズの定格が5アンペアであるか、また ASTAまたは BSIから
BS1362によって承認されているかを確認してください。ASTA.マーク
またはBSI.マーク
のチェックは、
ヒューズのボディを確認してください。もしプラグに取り外しが可能なヒューズカバーが含まれている
場合は、ヒューズを交換した後、再び取り付けられているかを確認してください。ヒューズカバーを
紛失した場合は、新たに代わりのカバーを入手するまでプラグは使用しないでください。
代替ヒューズは、最寄の販売店にてお買い求めください。
警告 : 取り付けプラグがコンセントに合わない場合は、ヒューズを取り外し、プラグを切断して安全な
方法で処分してください。
切断したプラグを 13 アンペアのソケットに挿入すると、感電するおそれがあります。
新しいプラグを取り付けた場合は、以下の記述に従ってワイヤーコードを確認してください。
ご不明の点は、有資格電気技師に相談してください。
重要事項:電源リード線は、次のコードに従い、色で区別してあります。
青 :ニュートラル
茶色 :ライブ
これらの色がプラグの端子を特定する色と一致しない場合は、次に従ってください。
青色のワイヤーは、アルファベットの Nが記されているか、黒、または青の端子に接続してください。
茶色のワイヤーは、アルファベットの L が記されているか、茶色、または赤色の端子に接続してください。
警告:アルファベットの E かアースのシンボル
、または緑色、黄緑色のアースワイヤーは、アース端子
に接続しないでください。プラグは防水加工されていません。水に濡らさないでください。
■ご使用の前に
コネクターカバーを取り外してください。
■ヒューズの交換方法
ヒューズの位置は、電源プラグのタイプによって異なります(図 A および B 参照)
。電源プラグを確認し、
次の指示に従ってください。説明中のプラグは、実際の電源プラグと異なる場合があります。
1. 図A
図B
ヒューズ
カバー
ドライバーを使ってヒューズカバーをあけます。
2. 図A
図B
ヒューズ
(5 アンペア)
ヒューズ
(5 アンペア)
ヒューズを交換して閉じるか、ヒューズカバー
を取り付けてください。
5
安全に関する注意
初めて使用する前にこの取扱説明書をよく読み、使用の際には必ず順守してください。
安全にお使いいただくために
注意:火災や感電、またその他の損害のおそれを防ぐために、推奨されるアクセサリーのみ
を使用し、雨や湿気にさらさないようご注意ください。カバーやリアカバーを取り外さ
ないでください。修理は Leica.カスタマーサービスにご依頼ください。
警告:著作権にご注意ください。商用に記録されたテープ / ディスク、または出版物の撮影は
個人的な使用目的であっても、著作権を侵害するおそれがあります。
ご注意ください :
・本書のメニュー項目は、実際とは異なる場合があります。
・SD ロゴは商標です。
・LEICA は、Leica Microsystems IR GmbHの登録商標です。
・Elmarit は、Leica Camera AG の登録商標です。
・その他、本書に記載されている各種名称、会社名、商品名などは会社の商標または登録
商標です。
本機のダメージを防ぐために
カメラ
・カメラの取り扱いには注意してください。
・カメラを振ったり、たたいたりしないでください。レンズや液晶モニターが損傷するおそれ
があります。
・汚れた手でレンズやソケットに触れないでください。
・砂、ホコリ、水からカメラを保護してください。
・カメラに海水が付着した場合は、まず水道水で少し湿らせた布でふき取り、その後乾いた
布でふきます。
液晶モニター
液晶モニターは、精密度の高い技術で作られていますが、画面上に黒い点や明るい点が現れる
ことがあります。これは故障ではありません。またこれらの点は、内蔵メモリーやカードの
画像には記録されませんのでご安心ください。
・液晶モニターを強く押さえないでください。
・本機が冷えきっている場合、電源を入れた直後は液晶モニターが通常より少し暗くなります。
レンズ
・レンズを押して圧力をかけないでください。
・レンズを太陽に向けたまま、放置しないでください。装置が故障するおそれがあります。
結露について
結露は、一定の条件で生じるものです。結露が起こった場合は、電源を [OFF] にし、約 2 時間
放置してください。レンズや液晶モニターの水滴は、乾いた布でふき取ってください。
・レンズの汚れや、カビ、故障の原因になるため、お気をつけください。
6
メモリーカード
・カードを高温になるところや直射日光のあたるところ、電磁波や静電気が生じる場所に
は置かないでください。カードを曲げたり落としたりしないでください。保存データが
破損したり、削除されるおそれがあります。
・カードを使用しないときは、カードケースに入れて保管してください。
・端子に汚れ、砂、液体またその他の異物がつかないようにしてください。
バッテリー(リチウムイオン電池パック)
・充電は必ず付属のチャージャーを使って行ってください。
・専用のバッテリーのみを使用してください。
・端子に汚れ、砂、液体またその他の異物がつかないようにしてください。
・バッテリーを長時間、直射日光にさらさないでください。(車内に放置するなど)
・金属製物質を端子に接触させないでください。
・バッテリーの火中への投下、過熱、ショート、分解をしないでください。
・バッテリー液に接触した場合は、水道水で衣服や手をしっかりと洗ってください。液が目
の中に入った場合は、水道水で十分にすすぎ、こすらないでください。その後、医師の
指示に従ってください。
充電装置
・オーバーヒートや火災を防ぐため、充電中は十分に換気を行なってください。
・チャージャーの仕様は 110 V AC ~ 240 V ACまでとなっています。
ソケットに合う電源ケーブルを選択してください。
・ソケットはカメラの近くで、すぐ届くようにしてください。
長期間ご使用にならない場合
・バッテリーは、15 ~ 25℃の乾燥した場所に保管してください。
・バッテリーおよびメモリーカードをカメラから取り外してください。
・バッテリーがフル充電されている場合は、カメラの中に保管しないでください。
バッテリーが消耗され、容量が減少する場合があります。
・一年に一度は充電してください。
・カメラは、専門店で入手可能なシリカゲルなどの乾燥剤または除湿剤とともに保管して
ください。
画像データ
・不適切な取り扱いによってカメラが故障した場合、保存ファイルが破損したり紛失すること
があります。Leica はファイルの損失による損害に関しては一切責任を負いかねます。
三脚を使う
・三脚を使用する場合は、本機を取り付けた状態で三脚が安定していることを確認して
ください。
・三脚使用時は、カードやバッテリーが取り出せないことがあります。
・カメラの取り付けや、取り外しの際は、三脚とカメラが正しい位置関係にあることをご確認
ください。きつく固定しすぎると、ネジ山がつぶれたり、カメラ本体や定格ラベルに傷を
つけるおそれがあります。三脚の取扱説明書をよくお読みください。
7
エラー予防対策
カメラ
カメラの取り扱い
◦座るときは、カメラをポケットから取り出してください。
◦物が一杯詰まったポケットにカメラを入れたり、紙袋に入れたりしない
でください。
◦カメラを落としたりたたいたり押したりしないでください。
◦ストラップに他のものを取り付けないでください。カメラやディスプレイ、
レンズにあたり、損傷の原因となります。
◦Leica販売店で専用の携帯用ケースをお買い求めいただけます。
エラーと電波障害対策
本機が影響を受け、正常に
動作しないときは、次のよう
に対処してください。
₁ 電源を OFFにします。
₂ バッテリーを取り出します。
₃ バッテリーを取り付けます。
₄ 電源を ONにします。
カメラのお手入れ
お手入れの前にカメラから
バッテリーを取り出し、電源
プラグをコンセントから抜い
てください。
◦カメラは、出来るだけ以下の電磁装置から遠ざけてください。
■テレビ ■電子レンジ ■ゲーム機
■ラジオ送信機 ■高圧線など
これらは、カメラの画像や音に好ましくない影響をおよぼすおそれ
があります。例えばファイルの損失、ファイルの損害や画像のゆがみ
などが考えられます。
◦カメラに付属されたケーブルのみを使用してください。
◦ケーブルを引っ張らないでください。
◦コードやケーブルを延長して使用しないでください。
◦絶対に殺虫剤や揮発性の化学薬品をスプレーしないでください。
◦お手入れの際は、ベンジン、シンナー、アルコールなどの溶剤を
使わないでください。溶剤を使うと外装ケースが変質したり、塗装
がはげる恐れがあります。
◦ゴム製品やビニール製品などを長期間接触させたままにしないで
ください。
◦台所用洗剤や化学ぞうきんは使用しないでください。湿らせた布で
ふき、その後乾いた布でふきます。
液晶モニター
◦液晶モニターを押して圧力をかけないでください。液晶モニター
にシミが生じたり、故障の原因となります。
メモリーカード
メモリーカードの保存
カードを曲げたり落としたりしないでください。
カードが壊れると、ファイル
◦カードを汚れ、ホコリ、直射日光、電磁波、静電気から保護して
を損失するおそれがあります。
ください。
8
バッテリー / 充電装置
メモリーカードの保存
充電式リチウムイオン電池・
発電は、電池内部の化学反応
に基づいています。この化学
反応は、周囲温度と湿気に
影響を受けます。極度の高温
や低温は、バッテリーの寿命
を劣化させます。
◦カメラの使用後はバッテリーを取り出して同梱のケースに入れて保管
してください。バッテリーを落下させないでください。
◦バッテリーを入れる前に、バッテリーと端子をチェックしてください。
壊れたバッテリーは使用しないでください。
◦バッテリーが正しく入っているか確認してください。バッテリーが
正しく挿入されていない場合は、爆発の危険があります。
◦可能であれば、予備バッテリーを用意してください。
◦低温で使用すると、バッテリーの耐用年数が短くなります。
◦長期間出掛ける際は、チャージャーをお持ちください。
◦修理不可能なバッテリーは、自治体の規則に従って処分してください。
◦バッテリーの寿命は限られています。
◦バッテリーを火の中に投下しないでください。爆発のおそれがあります。
◦金属物質をバッテリーの端子に接触させないでください。火災の
おそれがあります。
◦ラジオの近くにチャージャーを置くと、ラジオの受信妨害のおそれ
があります。チャージャーは、ラジオから最低1m は離してください。
◦使用中、チャージャーの内部で発信音がする場合がありますが、異常
ではありません。
◦充電後、電源ケーブルを家庭用コンセントから抜きます。
◦チャージャーの端子とバッテリーのお手入れをしてください。
特記事項
QuickTime.および QuickTimeロゴは、米国 Apple.Computer.Inc .社の登録商標です。
廃棄処分
本機の高品質材料は再利用されます。本機は、一般の家庭のゴミとは個別に分類し、無料で
地方自治体の収集場所に出すことができます。詳しい情報は、地方自治体にお問い合わせ
ください。
バッテリーは、一般の家庭ごみとして処分することができません。お客様は、消費者として
指定された収集場所でバッテリーを処分する義務があります。漏電を防ぐために、コンタ
クトにテープを張ってください。
有害物質を含むバッテリーには、以下の記号が記されています。
◦ Pb.=.バッテリーには鉛が含まれています。
◦ Cd.=.バッテリーにはカドニウムが含まれています。
◦ Hg.=.バッテリーには水銀が含まれています。
◦ L.i..=.バッテリーにはリチウムが含まれています。
9
各部の名前
撮影モード
モードスイッチ
ジョイスティック
三脚
取付部
液晶モニター
AF/AE ロック
ストラップ取付部
再生モード
コンポネント出力
AV- 出力端子 /USB
1.
DC 入力端子
2.
カード /バッテリー扉
スナップショットモード
自動撮影用
動作表示ランプ
電源スイッチ
スピーカー
ズームレバー
フォーカス
ボタン
シャッターボタン
マイク
ホットシュー
プログラムモード
自動露出撮影
モードダイヤル
セルフタイマーランプ/
AF 補助光
絞り優先
フラッシュボタン
フラッシュ
シャッター優先
AF/ マクロ /
MF スイッチ
マニュアル露出
2.
1.
レンズ
カスタム 1
事前登録設定 1
横縦比スイッチ
カーソル 上 / 露出補正 /
ブラケットボタン
カーソル 左 /
セルフタイマー
カーソル右 /
フラッシュ設定ボタン
カーソル下 /
機能ボタン
ディスプレイ
液晶モード
10
カスタム 2
事前登録設定 2
連写 / 削除
ムービー撮影のための
動画モード
シーンモード
シーンに基づいた撮影
液晶モニターの表示
撮影時
15
14
2
1
8
13
撮影モード
フラッシュモード
フォーカス
記録画素数
クオリティ
9
6
7
8
9
10
撮影時
(各種設定後)
21
19
18
マクロモード
ホワイトバランス
ISO 感度
カラーモード
画質設定
記録可能時間
スポットAFエリア
再生時
10
バッテリー残量
記録可能枚数
内蔵メモリー
記録動作
ジョイスティックナビゲーション
2
3
4
6
9
17
14
15
1
13
8
2 3
4
5
11
12
名前
ヒストグラム表示
トラベル日付
記録経過時間
年齢 / 場所
下限シャッタースピード
セルフタイマーモード
15
16
17
18
19
20
21
6
露出補正
現在日時 / 旅行先設定
(アイコン表示)
パワー LCD モード
暗部補正
連続撮影モード
クイックAF
旅行日時
7
8
18
11
9
10
12
15
再生モード
プロテクト表示
お気に入り
文字焼き込み済表示
記録画素数
クオリティ
バッテリー残量
7
10
16
1
2
3
4
5
6
7
シャッタースピード
絞り値
AFエリア
中央重点測光モード
手ブレ補正
5
19
17
11
12
13
14
15
20
8
9
10
11
12
13
14
20
11
1
16
1
2
3
4
5
6
7
6
7
12
1
2
3
4
5
4 5
3
8
9
10
11
12
13
14
13
14
フォルダー /ファイル番号
画像番号/トータル枚数
動画記録時間
ヒストグラム表示
撮影情報
お気に入り設定
露出補正
15
16
17
18
19
20
現在日時 / 旅行先設定
絞り/シャッタースピード
旅行日時
パワー LCD モード
DPOFプリントの枚数
音声再生
11
液晶モニターについて
ディスプレイの変更
メニュー画面が表示されている間は使用できません。
[DISPLAY]ボタン
を数回押します。
撮影モード中
ヒストグラムは明るさを表します。
(プログラムモード時)
ガイドラインによって被写体の配置が容易になります。
再生モード中
[トラベル日付 ]や [年齢 ]が設定されている場合は、旅行日 / 誕生日から経過した日数。
スライドショーの間
液晶モニターの明るさ調節
再生モードでは使用できません。
Q. MENUを押します。
通常の明るさ
12
LCD MODEを選択します。
自動明るさ調整
Q. MENUを押します。
モニターが明るくなり、屋外でも
見やすくなります。
ヒストグラムについて
ヒストグラムは、
(黒から白の)横軸に沿って明るさを示し、縦軸で各明るさレベルでの画素数を
示すグラフです。
このヒストグラムで、画像の露出を容易にチェックできます。
ヒストグラムの露出
適切な露出
露出不足
露出過剰
暗い部分、中間調、明るい
部分がバランスよく分布し、
撮影するのに適した画像と
なります。
暗い部分が多すぎる露出
アンダー気味の画像となり
ます。夜景など黒いものが
画面の大部分を占めている
場合もこのようなヒストグラム
になります。
明るい部分が多すぎる露出
オーバー気味の画像となり
ま す。 白 い も の が 画 面 の
大部分を占めている場合も
このようなヒストグラムに
なります。
ヒント
・フラッシュ撮影や、暗い場所で撮影は、撮影された画像とヒストグラムが適合しないので、ヒストグラム
はオレンジ色で表示されます。
・ヒストグラムは、撮影モードでは近似値となります。
・ヒストグラムは、撮影モードと再生モードでは一致しないことがあります。
・本機で表示されるヒストグラムは、パソコンで使用される画像編集ソフトウェアに表示されるヒスト
グラムとは一致しません。
・ヒストグラムは、動画撮影モード時.
と再生モード時
.は表示されません。
13
ご使用の前に
₁
付属品の内容
以下の内容がすべて付属されているかご確認ください。
付属品が足りない場合は、ご購入頂いた販売店にご連絡ください。
品名
タイプ
品番
バッテリー
BP-DC4-J
18646
バッテリーケース
-
423-068.801-012
バッテリーチャージャー
-
423-068.801-008
ストラップ
-
424-026.006-000
USB ケーブル
-
424-025.004-000
AV ケーブル
-
424-025.006-000
レンズキャップ
-
423-081.502-003
レンズキャップひも
-
423-081.501-005
キャプチャー ワン 4DVD
ソフトウェア
-
・カードはオプションでご購入いただけます。カードを使用しない場合は内蔵メモリーで撮影または
再生ができます。
・SD メモリーカード、SHCD メモリーカード、マルチメディアカードは、本取扱説明書内でカードと表記
します。
₂
別売アクセサリー
品名
タイプ
品番
フラッシュ
CF 22
18 694
ビューファインダー
-
18 696
ハンドグリップ
-
18 697
コンポネントケーブル
CV-1 / CV-1J(日本)
18 692 / 18 693
レザーケース
ブラック /ブラウン
18 690 / 18 689
ACアダプター
ACA-DC4-JP
18642
・アクセサリーの使用方法については、各アクセサリー付属の取扱説明書を参照してください。
14
₃
バッテリーを充電します。
お買い上げ時、バッテリーは充電されていません。
緑色の表示が消え
るまで、充電して
ください。
チャージャーを電 源に
接続します。
(写真は欧州仕様の例)
バッテリーを挿入します。
バッテリーが正しく挿入
されているか 確 認して
ください。
(約 120 分後)
バッテリーを取り外します。
CIPA 基準に準拠したバッテリーの寿命 :
記録可能な画像枚数 380 枚
・チャージャーを取り外します。
・バッテリーおよびカメラは、使用後または充電後にあたたかくなります。
・バッテリーは使い切っていなくても充電できます。
・絶対にチャージャーを改造しないでください。
・専用のチャージャーは、室内のみで使用してください。
・オプションのACアダプターが接続されても、バッテリーは充電されません。
・バッテリーの温度が高くなりすぎると、緑色の表示が点滅します。.充電時間が長くなります。
₄
バッテリーを挿入します。
カメラの電源が OFF になっていることを確認してください。
扉を開けます。
バッテリーを挿入します。
カチッと音がするまで
挿入します。
扉を閉めます。
開閉レバーをロックします。
・使用後は、バッテリーを取り外してください。
・電源が ONになっている間は、絶対にバッテリーの挿入および取り出しを行なわないでください。
・ クリップのような金属物質を電源プラグのコンタクト周辺に放置しないでください。火災や感電が
ショートを起こしたり、熱が生じるおそれがあります。
ヒント 残量表示
・残量表示は、液晶モニターに表示されます。バッテリー残量が少なくなると、残量表示が赤色で点滅します。
バッテリーを充電するか、新しいバッテリーと交換してください。
・バッテリーを正しく充電したにも関わらずカメラの操作時間が極度に短くなった場合は、バッテリーの寿命
切れです。新しいバッテリーを購入してください。
15
ご使用の前に
₅
カードを挿入します。
カメラの電源が OFF になっていることを確認してください。カードが挿入されていない場合は、
一定数まで画像を内蔵メモリーに保存できます。
扉を開けます。
カードを挿入します。
カチッと音がするまで
挿入します。
扉を閉めます。
開閉レバーをロックします。
・カードはオプションでご購入いただけます。
・カードの接続端子には決して触れないでください。カードを取り出すには、カチッと音がするまで押し、
真っ直ぐに引き抜きます。
・内蔵メモリーやカードは、電磁波や静電気、またはカメラやカードが壊れることによって損失を受けること
があります。大切なファイルは、パソコンなどに保存することをおすすめします。
・カードは、パソコンや他の機器でフォーマットしないでください。適切な動作を保証するために、本機で
のみフォーマットしてください。
・小さなお子様がカードを飲み込まないよう、お子様の手の届かないところで保管してください。
カードの種類
特徴
SD メモリーカード
(8 MB ~2GB)
FAT12/FAT16*フォーマット済み
・高速で記録および書き込みを行ないます。
・書き込み防止スイッチ付き
SDHC メモリーカード
(4 GB ~ 32GB)
FAT32フォーマット済み *
• 静止画像のみ
マルチメディアカード
*SD カードの基準に準拠したフォーマット
本機では、次の操作がおこなえます。
・カードが挿入されていない場合画像を内蔵メモリーに記録し、再生することができます。
・カードが挿入されている場合は、カードで画像の記録や再生ができます。
・内蔵メモリーを使用している時.
(
・カードを使用している時
(
.アクセス表示)
.アクセス表示)
カードとカメラについての注意
ヒント 動作表示ランプが点灯しているときは、カメラの電源をOFFにしたり、カードを抜いたり、ACアダプターを取り外し
たりしないでください。
(画像を読み込んでいるときや削除中のとき、または内蔵メモリーやカードがフォーマット
されている最中にランプは点灯します。).また、カメラに振動や衝撃を与えないでください。カードやカードに
保存されたファイルが損傷し、カメラが正しく作動しなくなるおそれがあります。
16
₆
言語、時刻、日付の設定
電源を ON にし、
モードに設定します。
[MENU/SET] ボタン
を押してください。
繰り返して押します。 [MENU/SET]ボタンを押し
希望の項目を選択し、 てください。
時計を設定してから電源を
設定します。
OFFにしてください。
・カメラが再生モードでないことを確認してください。
・時計設定を変更するには、[MENU.SET]ボタンを押し、[ 時計設定 ]を選択します。
・フル充電したバッテリーを最低 24 時間カメラに入れたおくと、バッテリーを抜いても設定を3 ヶ月間保持
します。
・時計は 24 時間システムで設定されます。
・時計が設定されていないと写真に正確な日時がプリントされません。
旅行日を設定することもできます。
▲
01 セットアップメニューから、.[ トラベル日付 ] を選択し、 を押します。
02 [SET] を選択するには、 を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
03 出発日を設定するには、▲
を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
04 帰宅日を設定するには、▲
-.帰宅日を設定する必要がない場合は、[MENU/SET] ボタンをもう一度押します。
05 [MENU/SET] ボタンを押してメニュー画面を終了します。
-.旅行日の日にちの設定後は、電源を入れると、出発日から経過した日にちが約 5 秒間表示されます。
.が画面の右下に表示されます。
-.旅行日が設定されると、.
▲
▲
▲
▲ ▲
▲ ▲
世界の時刻を設定することもできます。
▲
01 セットアップメニューから、[ ワールドタイム ] を選択し、 を押してください。
02 [ ホーム ] を選択するには、 を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
03 [ お住まいの地域 ] を選択するには、
04 [ 旅行先 ] を選択するには、▲を押し、[MENU/SET] ボタンを押します。
を押し、[MENU/SET] ボタンを押してセットします。
05 旅行先の地域を選ぶには
06 [MENU/SET] ボタンを押してメニュー画面を終了します。
を使用するには▲を押します。
(一時間進みます。)サマータイムを終了させるには、
-.サマータイム
▲をもう一度押します。
▲
▲
▲
▲
▲
-.旅行先で撮った写真を再生すると
ヒント
旅行先アイコンが表示されます。
内蔵メモリー
・メモリー容量 :.約.50.MB。
・記録できる動画 :QVGA.(320.x.240.画素).のみ
・内蔵メモリーは、臨時用メモリーとして使用できます。
・記録画像をカードにコピーすることができます。
・内蔵メモリーのアクセス時間は、カードよりも長い場合があります。
17
スナップショットモード
カメラは自動的にシーン認識、手ブレ補正、インテリジェントISO、顔認識、クイックAF、暗部補正
およびデジタル赤目軽減発光を設定します。
₁
電源スイッチを ONにし、
モードに設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電源を ONにし、
₂
モード
を 選択し、カメラを被写体に向けます。
両手でカメラをしっかりと持ちます。
モード
₃
モードに設定します。
を選択します。
被 写 体 に AF エリア を
合わせます。
被写体にピントを合わせます。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
-. 被写体のピント合わせに関する詳しい情報は、
36 ページを、[Q .MENU] については 62 ページを
参照してください。
被写体にピントを合わせ、
シャッターボタンを半押し
します。
18
₄
シーン認識
カメラが特定のシーンを認識すると、対応するアイコンが左上に表示されます。
.モードでは、自動的に 5つのシーンが認識されます。これらのシーンモードのいずれも被写体に適していない
場合、カメラは標準設定で記録します。
インテリジェント人物モード
インテリジェント風景モード
インテリジェントマクロモード
インテリジェント夜景&人物モード 1
インテリジェント夜景モード 2
シーンの認識
例:インテリジェント
人物モード
1 フラッシュが
に設定されているときのみ
2フラッシュが
に設定されているときのみ
・人物シーンが認識されると、カメラは自動的に顔認識をし、焦点と露出を調節します。逆光補正の条件の
下で顔が最適な明るさになるよう、露出が自動的に調整されます。
・他の特定のシーンを撮影するには、適切なシーンモードで撮影することをおすすめします。
₅
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
画像が表示されます。
画像が短時間表示され
ます。
19
プログラムモード
スナップショットモードと比較すると、さらに多くのメニュー項目が使用できます。詳しい
情報については 44 ページの [ セットアップ ] メニューおよび 48 ページの [ 撮影 ] メニューを参照
してください。
₁
電源スイッチを ONにし、
モードに設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電 源を ON にし、
モードに設定します。
₂
モード
を選択し、被写体にカメラを向けます。
両手でカメラをしっかりと持ちます。
モード
₃
を選択します。
フラッシュを設定するか、ステップ4 に従ってください。
状況に合わせてフラッシュを設定します。
-.フラッシュに関する詳しい情報は、42 ページ
を参照してください。
OP
EN
フラッシュを開きます。
20
被写体に AFエリアを合
わせます。
モードを選択します。
数回押します。
₄
被写体にピントを合わせます。
設定を変更するには [Q.MENU] を押し、[オートフォーカスモード ]を選択します。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
カメラを被写体に向け、シャッター
ボタンを半押しします。
-.被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、さまざまなオートフォーカス設定に関しては 52.ページ
を、
.[Q .MENU]については 62ページを参照してください。
₅
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
画像の表示
画像が短時間表示され
ます。
21
絞り優先
背景までピントを合わせたいときには絞り値を大きく、背景をぼかしたいときには絞り値を小さく
設定してください。遅めのシャッタースピードで撮影する際は三脚の使用をおすすめします。
詳しい情報については 44 ページの [セットアップ ] メニューおよび 48 ページの [ 撮影 ] メニュー
を参照してください。
₁
電源スイッチを ONにし、モードスイッチを
に、モードダイヤルを
に設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電 源を ON にし、
モードに設定します。
₂
モード
を選択します。
被写体にカメラを向け、絞り値を調整します。
・ 背景までピントを合わせたいときには絞り値
を大きな値に設定します。
・ 背景をぼかしたいときには絞り値を小さい値
に設定します。
・正しいシャッタースピードは自動的に設定され
ます。
絞り値を▲▼で設定します。
₃
被 写 体 に AF エ リ ア を
合わせます。
現在の絞り値が表示さ
れます。
フラッシュを設定するか、ステップ4 に従ってください。
状況に合わせてフラッシュを設定します。
-.フラッシュに関する詳しい情報は、42 ページ
を参照してください。
OP
EN
フラッシュを開きます。
22
モードを選択します。
数回押します。
₄
被写体にピントを合わせます。
設定を変更するには [Q.MENU] を押し、[オートフォーカスモード ]を選択します。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
カメラを被写体に向け、シャッター
ボタンを半押しします。
-.被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、さまざまなオートフォーカス設定に関しては 52ページ
を、
.[Q .MENU]については 62ページを参照してください。
₅
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
画像の表示
画像が短時間表示され
ます。
23
シャッター優先
動きの速い被写体を止まった状態で撮影したい場合にはシャッタースピードを速めに設定します。
遅めのシャッタースピードで撮影する際は三脚の使用をおすすめします。
詳しい情報については 44 ページの [セットアップ ] メニューおよび 48 ページの [ 撮影 ] メニュー
を参照してください。
₁
電源スイッチを ONにし、モードスイッチを
に、モードダイヤルを
に設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電 源を ON にし、
モードに設定します。
₂
モード
を選択します。
シャッタースピードを選択し、被写体にカメラを向けます。
・被写体の動きを表現したい場合には、シャッター
スピードを遅めに設定します。
・ 被写体の動きを止めて撮影したい場合には
シャッタースピードを速めに設定します。
・正しい絞り値は自動的に設定されます。
シャッタースピードを▲▼
で設定します。
₃
被 写 体 に AF エ リ ア を
合わせます。
現在のシャッタースピード
が表示されます。
フラッシュを設定するか、ステップ4 に従ってください。
状況に合わせてフラッシュを設定します。
-.フラッシュに関する詳しい情報は、42 ページ
を参照してください。
OP
EN
フラッシュを開きます。
24
モードを選択します。
数回押します。
₄
被写体にピントを合わせます。
設定を変更するには [Q.MENU] を押し、[オートフォーカスモード ]を選択します。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
カメラを被写体に向け、シャッター
ボタンを半押しします。
-.被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、さまざまな.オートフォーカス設定に関しては 52.ページ
を、
.[Q .MENU]については62ページを参照してください。
₅
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
画像の表示
画像が短時間表示され
ます。
25
マニュアル露出
マニュアルで絞り値およびシャッタースピードを設定することによって露出を決定します。 遅めの
シャッタースピードで撮影する際は三脚の使用をおすすめします。
詳しい情報については 44 ページの [セットアップ ] メニューおよび 48 ページの [ 撮影 ] メニュー
を参照してください。
₁
電源スイッチを ONにし、
モードダイヤルを
に設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電 源を ON にし、
モードに設定します。
₂
モード
を選択します。
シャッタースピードを選択し、被写体にカメラを向けます。
・露出アシストを見るには、シャッターボタン
を半押しします。
シャッタースピードと絞り値
で設定します。
を▲▼
▲
▼
・0 ポジションにするために、シャッター
スピードと絞り値を設定します。
₃
被 写 体 に AF エ リ ア を
合わせます。
現在の値が表示されます。
フラッシュを設定するか、ステップ4 に従ってください。
状況に合わせてフラッシュを設定します。
-.フラッシュに関する詳しい情報は、42 ページ
を参照してください。
OP
EN
フラッシュを開きます。
26
モードを選択します。
数回押します。
₄
被写体にピントを合わせます。
設定を変更するには [Q.MENU] を押し、[オートフォーカスモード ]を選択します。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
カメラを被写体に向け、シャッター
ボタンを半押しします。
-.被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、さまざまな.オートフォーカス設定に関しては 52.ページ
を、
.[Q .MENU]については62ページを参照してください。
₅
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
画像の表示
画像が短時間表示され
ます。
27
動画モード
撮影を開始すると、焦点設定、ズームと絞り値が固定されます。音声は同時に内蔵マイクで録音
されます。
₁
モードに設定し、電源を ONにします。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電源を ON にし、
に設定します。
₂
モード
モードを選択し、被写体にカメラを向けます。
両手でカメラをしっかりと持ちます。
モードを選択します 。
₃
被写体に AF エリアを合
わせます。
アスペクト比と画質を選択するか、ステップ4 に従ってください。
横縦比
または
を設定します。
画像横縦比設定
クオリティ
記録画素数
画像横縦比設定
横縦比を設定します。
1. [MENU/SET]ボタンを押してください。
2. [ 画像設定 ] を選択するには、▼を
押します。
を押し、▲▼を押してクオリティ
を選択します。
QVGA-H
QVGA-L
4. [MENU/SET]ボタンを押してください。
320 x 240 画素
画像横縦比設定
HD
1
▲
3.
を選択した場合
640 x 480 画素
VGA1
WVGA
1
コマ数 / 秒
30
30
10
を選択した場合
1280 x 720 画素
24
848 x 480 画素
30
* 内蔵メモリーへの記録はできません。
ヒント
28
-.本機で撮影された動画を他の器材で再生すると、画質や音質が劣化したり、再生できないことがあります。
記録した情報が正しく表示されないこともあります。
-.[ 動画撮影モード ]では追尾 AF、顔認識 AF、縦位置検出機能、レビュー、手ブレ補正機能の.[Mode2].と.[AUTO].
は使えません。
-.撮影中のファイルフォーマットは QuickTime.Motion.JPEGです。
₄
被写体にピントを合わせます。
可能な撮影時間が右上に表示されます。
記録経過時間は右下に表示されます。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
-. 被写体のピント合わせに関する詳しい情報は、
36 ページを参照してください。
₅
被写体にピントを合わせ、
シャッターボタンを半押し
します。
撮影の開始と停止
・メモリーカードの書き込み速度が極度に
遅くなると、撮影は停止します。
・動画は連続して 2GBまで撮影できます。
・高画質モードで撮影する時は10.MB/sまた
はそれ以上のカードを使用してください。
撮影開始
シャッターボタンを全押し
します。
記録された動画を見る
₁
撮影停止
シャッターボタンを再び
全押しします。
モードに設定し、電源を ONにします。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
ON
モードを選択します。
動画の選択
- パ ソコン で 動 画 を再 生 するに は、
QuickTime が必要です。QuickTime
は以下の URL から入手できます。
www.apple.com/quicktime/download
を押して動画を選択
します。
▲
▼
₂
スイッチを ONにします。
3
5
1
2
4
動画コントロール
6
音量コントロール
動画を再生するには▲
を押します。
動画の再生中に各ボタンを押して再生 /一時停止
(1)、.停止
(2)、早戻し(3)、
早送り(4)ができます(3 と 4 は、画像が停止している場合はフレーム
ごと)。ズームレバーを使用すると、ボリュームレベルを下げたり.(5)、
上げたり(6)できます。
29
シーンモード
₁
特定のシチュエーションに適したシーンモードで撮影できます。選択すると、カメラは最適な
露出と色合いを設定します。
電源を ONにし、
モードに設定します。
動作表示ランプが約 1秒間点灯します。
電源を O N にし、
モードに設定します。
₂
モードを選択し、被写体にカメラを向けます。
両手でカメラをしっかりと持ちます。
モードを選択します。
₃
シーンモードを選択するか、次の項目に従ってください。
₄
被写体にピントを合わせます。
1. メニューを開くには、[MENU/SET]ボタン を押します。
2. [シーンモード ] へ移動するには、▼を押してください。
3. ▲▼▲▼を押してシーンを選択します。
4. [MENU/SET]ボタンを押して確定します。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
-. 被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、
さまざまな.オートフォーカスに関しては 52.ページを、
.
[Q .MENU]については 62ページを参照してください。
₅
被 写 体 に AFエリア を
合わせます。
被写体にピントを合わせ、
シャッターボタンを半押し
します。
撮影
・ 設定によって縦で撮影された画像は回転して
表示されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によって
はモニターが明るくなったり、暗くなったりする
場合があります。
シャッターボタンを全押し
します。
ヒント
30
-.
画像が表示されます。
. モード. メニュー中で [DISPLAY]. を押すと各シーンについての説明が見られます。[DISPLAY]. をもう一度
押すと、終了します。
-.選択したシーンモードによって、次の設定のいくつかは固定されることがあります。ホワイトバランスは変更でき
ません。フラッシュは強制的にOFFとなります。ヒストグラムはオレンジ色で表示されます。AF補助光は無効
になります。セルフタイマーは設定できません。
[ISO 感度]と
[カラーモード]の設定ができません。
人 物
顔色を鮮明に写します。できるだけ T側
(望遠)にするとより効果が出ます。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
です。
美 肌
人の顔など肌色のエリアを検出し、肌の表面をなめらかに撮影します。できるだけT側(望遠)にすると
より効果が出ます。
-.背景や他の部分が皮膚の色に類似していると、この部分もなめらかになります。
-.このモードは、十分な明るさがないと効果的ではありません。
です。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
自分撮り
セルフポートレートの撮影は、広角 [W]で 2 秒セルフタイマーで撮影することをおすすめします。
1. ピントを合わせるにはシャッターボタンを半押しします。ピントが合うとカメラ前面のセルフタイマーランプが
点灯します。撮影するにはカメラをしっかり持ち、シャッターボタンを全押しします。
2. セルフタイマーランプが点滅しているときはピントが合っていません。シャッターボタンをもう一度半押しして
ピントを合わせます。
3. 撮影した画像は確認のため、自動的に液晶モニターに表示されます。
4. シャッタースピードが遅すぎて写真がぼやける場合は、2 秒セルフタイマーを使用することをおすすめします。
-.ピントが合う範囲は 30.cm.~.70.cm.です。
-.セルフポートレートを音声付きで撮影することもできます。この場合、音声の録音中にセルフタイマーランプが点
灯します。
-.ズームは自動的に広角.[W] へ移動します。
-.セルフタイマーの設定は OFF、または 2 秒のみ設定できます。2 秒に設定すると、この設定は電源を OFF にするか、
シーンモードを変更するか、.[ 撮影 ]モードまたは.[ 再生 ].モードを選択するまで保持されます。
-.手ブレ補正機能は、.[MODE2]に設定されます。
です。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
風 景
広がりのある異風景を撮影できます。オートフォーカスは、5 mから∞までです。
スポーツ
シャッタースピードを上げて被写体の動きを止めます。明るい日中の写真撮影をおすすめします。
-..5.m.以上離れた被写体を撮影するのに適したモードです。
-.[インテリジェント.ISO]が有効になると、最大 ISO は.ISO800 になります。
夜景&人物
カメラをしっかり持ち、被写体の人に撮影中はなるべく動かないように伝えてください。
-.フラッシュを使用します。.
が設定できます。
-.シャッタースピードが遅くなるため、三脚とセルフタイマーを使って撮影することをおすすめします。
-.撮影時に広角
([W 端 ])にズームレバーを回して被写体から約.1 .5.m.離れて撮影することをおすすめします。
-.ピントが合う範囲は.1 .2.m.~.5.m.です。
-.シャッターは信号処理のため、撮影後に
(最大約1秒)
閉じたままになることがあります。これは故障ではありません。
-.暗い場所で撮影すると、ノイズが目立つことがあります。
です。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
31
夜景
夜景撮影に使用します。シャッタースピードは最大 8 秒まで設定ができます。必ず三脚とセルフタイマー
を使って撮影することをおすすめします。
-.8 秒のシャッタースピードになるのは、手ブレ補正機能 OFF 時、または手ブレ補正機能が ON でほとんどブレを
感知していない場合です。
-.ピントが合う範囲は 5.m 以上です。
-.シャッターは信号処理のため、撮影後に
(最大約 8 秒)
閉じたままになることがあります。これは故障ではありません。
-.暗い場所で撮影すると、ノイズが目立つことがあります。
料理
料理の撮影に最適なモードです。フラッシュなしでの撮影をおすすめします。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。(マクロ
)/1cm(W端時)/30cm(T 端時).~.∞
パーティ
屋内で照明下でもより自然な色に撮影できます。
-.フラッシュを使用します。 または.
に設定します。
-.撮影には三脚とセルフタイマーを使って撮影することをおすすめします。
-.撮影時に広角
(W 端)にズームレバーを回して被写体から約.1 .5.m.は離れてください。
です。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
キャンドル
ろうそくの光の雰囲気をいかした写真を撮影できます。撮影には三脚とセルフタイマーを使って撮影
することをおすすめします。
フラッシュを使用せずに撮影すると効果的です。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
です。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時).~.∞
赤ちゃん 1/2
赤ちゃんの撮影に適しています。誕生日を設定すると、年齢を表示できます。
一人目の赤ちゃん [ 赤ちゃん 1] と二人目の赤ちゃん [ 赤ちゃん 2] の誕生日と名前をそれぞれ設定できます。
再生時に年齢を表示させるか、[ 文字焼き込み ]を使用して撮影した画像に文字を焼き込むかを選択できます。
▼
誕生日と名前の設定
1. [ 月齢 /年齢]を選択するためには▲▼を押し、 を押します。
2. [設定 ]を選択するには、▲▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
を使って誕生日を入力します。
3. ▲▼
4. [MENU/SET]ボタンを押して終了します。
5. 名前を追加するにはステップ 1に戻り、[名前 ]を選択します。
▲
▼
[ 月齢 /年齢]または[名前 ]を取り消す
誕生日と名前の設定のステップ 2で [OFF] を選択します。
-.フラッシュは、通常よりも弱めになります。
-.誕生日または名前が設定されると、.[ 月齢 /年齢 ]または [名前 ]が自動的に.[ON]に設定されます。
-.誕生日または名前が設定されていない状態で [ON]が選択されると.、自動的に設定画面が表示されます。
-.誕生日または名前が設定されていて[ 月齢 /年齢].または[名前 ].が.[OFF].になると、年齢または名前が表示されません。
-.カメラが
[赤ちゃん1]
[赤ちゃん
/
2]をセットした状態で電源 ONになると、年齢と名前は現在の日付と時間とともに、
およそ 5 秒間画面の左下に表示されます。
32
-.年齢が正しく表示されない場合は、時計と誕生日が正しく設定されているかを点検してください。
-.誕生日と名前の設定は、[RESET]を選択するとリセットできます。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時).~.∞
-.[インテリジェント.ISO]が有効になると、最大 ISO は.ISO400 になります。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
です。
ペット
ペットの撮影に適しています。誕生日を設定すると、年齢を表示できます。
[ペット]の機能は[赤ちゃん1/2]と同様です。 [赤ちゃん 1/2]を参考にしてください。
-.AF補助光の初期設定は.[OFF]になっています。
-.[インテリジェント.ISO]が有効になり、最大 ISO は.ISO800 になります。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
です。
夕焼け
夕焼けの撮影に使用します。赤色を強く鮮やかに撮影できます。
高感度
特に屋内の撮影では、より高いISO感度によって被写体のブレをおさえて撮影できます。
1. 画素数および横縦比設定を選択するには▲▼ を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 撮影します。
-.[クオリティ ].は自動的に
に固定されます。.
-.10.x.15.cm.程度の大きさで印刷に適した画質で撮影できます。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時).~.∞
高速連写
連続撮影によって、決定的瞬間を撮影できます。
1. ▲▼を押して横縦比と画素数を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 撮影します。シャッターボタンを押している間撮影されます。
最高連写速度
記録可能な画像枚数
約6枚/秒
約 35 枚(内蔵メモリー使用時)/ 約 35 ~ 100 枚(カード使用時)
最高 100 枚
-.連写速度は撮影条件によって異なります。
-.連写.撮影.画像の記録数は、撮影条件や使用するカードのタイプや状態によって異なります。
-.最大連写可能枚数はカードをフォーマットすると増加する場合があります。
-.[クオリティ ].は自動的に
に設定されます。
-.10.x.15.cm.程度の大きさで印刷に適した画質で撮影できます。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時)
.~.∞
-.フォーカス、ズーム、露出、シャッタースピード、ISO 感度は最初の画像で設定されます。
-.ISO 感度は自動的に ISO500 ~.ISO800 の間で切り替わります。シャッタースピードを速くするために、ISO 感度を
上げます。
33
フラッシュ連写
フラッシュを使って 5 枚まで連続撮影ができます。
1. 画素数および画像横縦比設定を選択するには▲▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. シャッターボタンを押さえ続けると5 枚までの連写ができます。
-.連写速度は撮影条件によって異なります。
-.[クオリティ ].は自動的に
に設定されます。
-.10.x.15.cm.程度の大きさで印刷に適した画質で撮影できます。
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時)
.~.∞
-.フォーカス、ズーム、露出、シャッタースピード、ISO 感度およびフラッシュレベルは、最初の画像で設定されます。
-.ISO 感度は自動的にISO100 ~.ISO3200 の間で切り替わります。
星空
星空のように特に暗い被写体の撮影ができます。撮影には三脚の使用をおすすめします。
シャッタースピード設定
1. シャッタースピードを選択するには、▲▼を押し、
[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 撮影します。
-.撮影が開始されるとカウントダウン画面が表示されます。このとき、本機を動かさないでください。カウントダウン
が終了すると、信号処理のために、選択したシャッタースピードと同じ時間.「しばらくお待ちください」と表示され
ます。
-.カウントダウン画面の表示中に撮影を停止するには、[MENU/SET]ボタン.を押します。
-.手ブレ補正は [OFF]に設定されます。
-.ISO.感度は.ISO100 に設定されます。
花火
花火を撮影するために使用します。花火が上がったら、シャッターボタンを押します。三脚の使用を
おすすめします。
-.10.m.以上離れている被写体を撮影するのに最も適したモードです。
-.シャッタースピードは次のとおりです。
-.手ブレ補正が [OFF]に設定されている場合:2 秒に設定されます。
-.手ブレ補正が [MODE1].または.[MODE2] に設定されている場合:1/4 秒または 2 秒(三脚使用時などのように
ほとんどゆれがないと判断した時のみ、シャッタースピードは 2 秒になります。)
-.露出補正によって、シャッタースピードを変えることができます。
-.AF エリアは表示されません。
-.ISO.感度は.ISO100 に設定されます。
ビーチ
ビーチでの撮影に使用します。強い日差しの下でも人物が暗くならずに撮影できます。
-.[オートフォーカスモード ]の初期設定は
です。
-.ぬれた手でカメラに触らないでください。
-.砂や海水はカメラの故障の原因になります。カメラのレンズや端子に砂や海水が付いていないか、確認してください。
-.砂や海水でカメラが故障した場合は、保証の対象にはならないのでご注意ください。
34
雪
雪を撮影するために使用します。実際の雪の白さを再現するために露出とホワイトバランスが設定
されます。
空撮
機内の窓からの撮影に使用します。飛行機の離着陸の際は、電源を OFFにしてください。
雲などを撮影する際にピントを合わせることが難しい場合は、コントラストの強い物体にカメラを向けてシャッター
ボタンを半押しにしてピントを合わせてから被写体にカメラを向け、シャッターボタンを全押しして撮影すること
をおすすめします。
ピンホール
被写体の周囲を暗くし、ソフトフォーカスで撮影できます。
1. 画素数および画像横縦比を選択するには▲▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 撮影します。
-.[クオリティ ].は自動的に
に設定されます。
-.10.x.15.cm.程度の大きさで印刷に適した画質で撮影できます。
-.ISO.感度は.ISO1600.に設定されます。
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時)
.~.∞
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
サンドブラスト
ザラザラ感のある写真が撮影できます。
1. 画素数および画像横縦比を選択するには▲▼ を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 撮影します。
-.[クオリティ ]は自動的に
に設定されます。
-.10.x.15.cm.程度の大きさで印刷に適した画質で撮影できます。
-.ISO.感度は.ISO1600.に設定されます。
)/1cm
(W 端時)/30cm
(T 端時)
.~.∞
-.ピントが合う範囲は、マクロモードと同じです。
(マクロ
35
撮影する - 高度な機能 Ⅰ
セルフタイマー
タイマーは 2 秒または10 秒に設定できます。
ピントを合わせるにはシャッターボタンを半
押しします。
. モードでの撮 影可能枚 数 [ 連写 ] では 3 枚、.
[フラッシュ連写 ].で 5 枚です。
-.
. モードでは、セルフタイマーは 2 秒に設定
することができません。
モードの.[ 自分撮り] では、セルフタイマーは
-..
10 秒に設定することができません。.
-.
モードの[ 高速連写 ]と、
タイマーは使えません。.
セルフタイマーを設定
するには を押します。
▲
-.
スタートするにはシャッター
ボタンを全押しします。
.モードではセルフ
マクロモード
最 短 1cm まで被 写体に近 づ いて撮 影
できます。
-. マクロ撮 影には三脚とセルフ
タイマーの使用をおすすめします。
-.焦点は、カメラに近い被写体が
優先されます。
-.フラッシュを.
マクロモードでは、.
が表示されます。
キャンセルするにはスイッチを.AF.または MF.
に再度設定します。
に設定します。
スイッチをマクロモードに
設定します。
オートフォーカス [AF]
ピントが合う範囲は 50 cm ~∞です。
下記のような状況ではオートフォーカスが正常
に動作しない場合があります。
-.動きが速すぎる、または明るすぎる
-.コントラストに乏しい
-.窓の後ろにある被写体
-.暗闇にある、または動いている
-.近すぎる
オートフォーカスをAFに
設定します。
■ AFエリア外の被写体を撮影する。
1. AFエリアを被写体に向け、ピントと露出を
合わせるためにシャッターボタンを半押し
します。
1.
2.
2. シャッターボタンの半押しを保ったまま、
画像の構図を決めるためにカメラを動か
します。
-.フォーカースおよび露出をロックするために、.AF/AE.ロックボタンを使用することができます。ロックを解除する
には、.AF/AE.ロックボタンを再度押します。53 ページの [AF/AE.ロック].も参照してください。
-..納得のいく結果が得られるまでステップ 1を繰り返してから、シャッターボタンを全押しします。
36
マニュアルフォーカス [MF]
MF 操作中、画面に MF アシストとフォーカス距離バーが表示されます。
(SET UPメニューで MF1
または MF2 が選択されている場合。)
-.ジョイスティックを操作しない場合は、2.秒後に MFアシストは消えます。
-.ジョイスティックを操作しない場合、5.秒後にフォーカス距離バー表示は消えます。
MFアシストは次の操作によって中央位置に戻ります。
-.フォーカスをオートフォーカスモードへ切り替える。
-.ワンショットAFを使用する。
-.記録画素数または画像横縦比を変更する。
-.カメラの電源を切る。
マニュアルフォーカス [MF]
1. ジョイスティックを▲▼に押して
フォーカスします。
2. 同じ方向にもう少し動かします。
3. ジョイスティックを反対方向に傾け、
被写体にピントを当てます。
オートフォーカスを
マニュアルフォーカス
MF に設定します。
▲▼でフォーカスします。
オートフォーカスを
マニュアルフォーカス
MF に設定します。
被写体をプレフォーカス
するには [ FOCUS ] を
押します。
ズームエリアの変更と移動
▲
▼
1. MF アシストが表示されている間に
を押します。
▲▼
2. [MENU/SET] ボタン を押して確 定
します。
ワンショットAF
フォーカス選択スイッチで [MF]を選択
し、[FOCUS]を押すとオートフォーカス
でピントを合わせられます。
詳細情報は、45 ページの.[MF.アシスト].モードを参照してください。
-.動画モードでマニュアルフォーカスを使用することもできますが、撮影中にフォーカスは調節できません。
-.広角で被写体にピントを合わせ、ズームレーバーを動かすと十分にピントが合わないことがあります。この場合
は再度被写体にピントを合わせてください。
-.デジタルズームを使用すると、MFアシストは表示されません。
-.マニュアルフォーカスで画面に表示される被写体への距離は、フォーカス位置からの大よその距離です。フォーカス
をチェックするには、MF.アシストを使用します。
-.パワーセーブから復帰したときは、再度ピントを合わせ直してください。
37
撮影する - 高度な機能 Ⅱ
オートブラケット
設定された範囲で露出を変えながら、自動的に3 枚の画像を撮影します。
・フラッシュは
にセットされます。
・電源を切ると機能はキャンセルされます。
・
.
. と.
モードの.
.
.
.
.
.
ではオートブラケットは無効です。
露 出 補 正 ボタン を
[オートブラケット] が
出るまで繰り返し押します。
補正範囲を設定します。
繰り返して押します。
オートブラケットとマルチアスペクトは同時に設定することができません。
マルチアスペクト
シャッターボタンを一度押すと自動的に4:3、3:2と16:9 の横縦比で3 枚の画像を撮影します。
・[DISPLAY] を押してオートブラケットと
マルチアスペクトを切り替えます。
・電源を切ると機能はキャンセルされます。
[オートブラケット]を選択し、
[DISPLAY] を押します。
[ON]を選択します。
オートブラケットとマルチアスペクトは同時に設定することができません。
露出補正
被写体と背景の間に明るさの差があり、正しく露出できないときに使用します。
・電源を OFF にしても、露出値は保存され
ます。
[ 露出補正 ]を選択
繰り返して押します。
38
補正
繰り返して押します。
フラッシュ発光量調整
被写体が小さいものの場合や、反射率が非常に高いまたは低いものの場合にはフラッシュ発光量
を調整します。
・フラッシュ発光量値が画面の左上に表示
されます。
・電源を OFF にしても、フラッシュ発光量
設定は保存されます。
発光量を設定します。
ボタンで発光量を調節
します。 [MENU/SET] で
設定を完了/ 終了します。
▲
▼
露出補正ボタンを
フラッシュ発光量調節が
出るまで繰り返し押します。
プログラムシフト
プログラム AE モードで本機が自動的に設定したシャッタースピードと絞り値の組み合わせを同じ
露出のままで変えることができます
プログラム AEモードでの撮影時に、より背景をぼかしたい(絞り値を小さくする)
、動きを表現
したい
(シャッタースピードを遅くする)などの設定が可能です。
1. シャッターボタンを半押しします。
2.ジョイスティックを上下に傾けてプログ
ラムシフトを調節します。
3. プログラムシフトアイコン 、絞り値、
シャッター速度が表示されます。
4.プログラムシフトをキャンセルするには、
電源を [OFF] にするかプログラムシフト
表示が消えるまでジョイスティックを
上下に傾けてください。
A: 絞り値
B: シャッタースピード
1: プログラムシフト量
2: プログラムシフトラインチャート
3: プログラムシフトリミット
- シャッターボタンを半押しした時に、露出が十分でないと、絞り値とシャッタースピードが赤色に
変わります。
- プログラムシフトが有効になってから10 秒以経過すると、プログラムシフトが設定可能な状態はキャン
セルされ、カメラは通常の AE モードに戻ります。その場合でも、プログラムシフト設定は記憶されます。
- 被写体の明るさによってプログラムシフトは設定できない場合があります。
39
撮影する - 高度な機能 Ⅲ
連続撮影モード
シャッターボタンが押されている間、連続して画像が撮影します。撮影後、お気に入りの画像を
選んでください。
/
を押す。
[OFF]
連写速度
(枚 / 秒)
記録可能な画像枚数
連写モードを選択メニューを表示させ
▲ / ▼でモードを選んでください。
[MENU/SET]で設定します。シャッター
ボタン半押しでも設定できます。
(標準)
2.5 1
-
(フリー連写)
約2枚
-
最大 4 枚
-
最大 8 枚
内蔵メモリーまたはカード
の空き容量によります。
最大 3 枚
最大 3 枚
-
1
連写速度はカードの転送スピードに関係なく一定です。
- 上記の連写速度はシャッタースピードが 60 分の1より速い設定で、フラッシュを発光させない場合のみ
有効です。
- 連写モードが無制限に設定されると連写速度は半分程度に落ちます。正確なタイミングはカードの種類、
記録画素数およびクオリティによって異なります。メモリーまたはカードの容量がなくなるまで撮影で
きます。
- ピントは最初に撮影された画像で固定されます。
, に設定されると、露出とホワイトバランスは最初の写真の設定が適応されます。その
- 連写速度が
に設定されると、1枚ごとに調整されます。
後の画像も同様です。連写速度が
- セルフタイマーを使用すると、連写モードでの記録可能な画像枚数は 3 枚になります。
- 日向、日陰などで明るさの差のあるところを動く被写体を撮影する場合は、露出が安定するまで時間が
かかる場合があります。また、このときに連写を行うと最適な正しい露出で撮影されない場合があります。
- 連写速度 (枚数 / 秒 ) は、暗い場所や ISO 感度が高い場合など撮影環境によって遅くなることがあります。
- 電源が OFFになっても連写モードはキャンセルされません。
- 内蔵メモリーを使って連写モードで撮影すると、画像の記録に時間がかかります。
- 連写モードが設定されると、フラッシュは
に設定されます。
- 連写モードが設定されると、オートブラケット、マルチアスペクトおよび [ マルチフィルム ] 設定が解除
されます。
- 外付けフラッシュを使用すると、連写モードの撮影枚数は 3 枚に設定されます。
40
絞り値およびシャッタースピード
各モードでは下記の絞り値及びシャッタースピードが設定可能です。
₁
シャッター優先 AE
設定可能なシャッタースピード (秒)
-(1/3EV 刻み)
₂
8
6
5
4
3.2
2.5
2
1.6
1.3
1
1/1.3
1/1.6
1/2
1/2.5
1/3.2
1/4
1/5
1/6
1/8
1/10
1/13
1/15
1/20
1/25
1/30
1/40
1/50
1/60
1/80
1/100
1/125
1/160
絞り値
F2.0 ~ 8.0
1/200
1/250
1/320
1/400
1/500
1/640
1/800
1/1000
1/3000
1/1600
1/2000
-
絞り優先 AE
設定可能な絞り値 (1/3EV 刻み)
シャッタースピード (秒)
F8.0
F7.1
₃
F6.3
F5.6
F5.0
F4.5
F4.0
F3.5
F3.2
F2.8
F2.5
F2.2
F2.0
8 ~ 1/2000
マニュアル露出
設定可能な絞り値
(1/3EV 刻み)
設定可能なシャッタースピード
(秒)
-(1/3EV 刻み)
F2.0 ~ F8.0
60 ~ 1/2000
- 上の表中の絞り値は、ズームW 端にしたときの値です。
- ズーム位置によっては選択できない絞り値があります。
41
フラッシュを使って撮る
フラッシュを開くには OPEN スイッチをスライドさせてください。フラッシュを閉じる
には、カチッという音がするまでフラッシュを下に押します。
フラッシュモードを選択します。
- フラッシュが閉じている間は、フラッシュ設定は
に固定されます。
- 使用できるフラッシュの設定は、撮影モードによって異なります。
- 赤目軽減を設定すると、人の瞳が赤く写る
(赤目現象)のを抑えるためフラッシュ
は 2 度発光します。2 度目の発光が終わるまで被写体が動かないように
ご注意ください。
- 電源が OFFになっても、フラッシュモードの設定は保存されます。
-
モードでは、シーンモードを変更すると、初期設定に戻ります。
を繰り返し押します。▲ / ▼でも選ぶことができます。[MENU/SET] で設定されます。
シャッターボタン半押しでも設定できます。
シャッタースピード(秒)
オート発光
1/30 〜 1/2000
撮影状況に応じて、必要な場合は自動的に発光します。
赤目軽減オート発光
1/30 〜 1/2000
暗い場所で人物撮影をするときなどに適しています。
強制発光
1/30 〜 1/2000
常時発光します。逆光での撮影、または蛍光灯下などでの撮影時に適しています。
赤目軽減スローシンクロ
1 〜 1/2000
夜景など暗い背景の前などで人物撮影を撮影する時に適しています。
赤目軽減強制発光
1/30 〜 1/2000
モード [パーティ ]、[キャンドル ] 時のみ設定できます。
発光禁止
どのような撮影状況でもフラッシュは発光されません。フラッシュ禁止の場所で撮影する
ときなどに適しています。
ISO 感度別フラッシュ到達距離
W 端時
42
T 端時
AUTO 発光
約 80cm ~ 8.3m
約 30cm ~ 5.9m
[ISO80]
約 80cm ~ 2.3m
約 30cm ~ 1.6m
[ISO100]
約 80cm ~ 2.6m
約 30cm ~ 1.8m
[ISO200]
約 80cm ~ 3.7m
約 30cm ~ 2.6m
[ISO400]
約 80cm ~ 5.3m
約 40cm ~ 3.7m
[ISO800]
約 80cm ~ 7.4m
約 60cm ~ 5.3m
[ISO1600]
約 1.15m ~ 10.6m
約 90cm ~ 7.5m
[ISO3200]
約 1.60m ~ 14.9m
約 1.3m ~ 10.7m
モードの[ 高感度 ]で ISO感度はISO1600 からISO6400 の間で自動的に切り替わり、フラッシュ到達距離
も異なります。
各撮影モードで可能なフラッシュ設定
- 被写体に近すぎるところで発光させると、
フラッシュの熱または光によって被写体が変形、
変色するおそれがあります。
- フラッシュ到達距離を超えて撮影すると、適正
な露出が得られず画像が暗くなることがあり
ます。
- フラッシュ充電中はフラッシュアイコンが赤く
点滅し、撮影することができません。
- 被写体に対して発光レベルが十分でないと、
ホワイトバランスが正しく補正できない場合
があります。
- シャッタースピードが速いと、十分な発光効果
が得られません。
- 繰り返し撮影すると、フラッシュの充電に時間
がかかることがあります。アクセス表示が
消えてから撮影してください。
- 赤目軽減効果は、個人差があります。カメラ
から被写体が離れすぎていたり、最初の発光
を見ていなかった場合、はっきりとした効果
が得られないおそれがあります。
使用できます。
使用できません。
シーンモード初期設定
1
が選択されていると
、
または
が被写体と明るさに応じて自動的に設定されます。
43
フラッシュを使って撮る
セットアップメニュー
₁
セットアップメニューを選択します。
設定を選択します。
₂
時計設定
日付と時間を変更します。
ワールドタイム
= 旅行先の地域 = お住まいの地域
ホームエリアと旅行先の時間を設定します。
トラベル日付
[ トラベル日付設定 ] - [ 旅行先 ]
[ トラベル日付設定 ] [OFF] - [SET] ・旅行の出発日と帰宅日を設定します。
[ 旅 行 先 ] [OFF] - [SET] ・旅行先情報をテキストで入力します。
操作音
[OFF] -
-
-
-
[ 操 作 音 音 量 ] ・希望の音量に操作音音量を設定します。
[ 操 作 音 色 ] ・希望の操作音色を選択します。
[ シャッター音量 ] ・希望の音量にシャッターを設定します。
[ シャッター音色 ] ・希望のシャッター音色を選択します。
スピーカー音量
スピーカー音量を7 段階で調節します。
カスタム セット登録
カスタム設定は4つまで登録できます。撮影モードのみに有効です。
Fn ボタン設定
44
▼ボタンに[撮影] メニューを割り当てます。頻繁に使用する[撮影] メニューを登録すると便利です。
液晶明るさ
液晶モニターの明るさを 7 段階で調節をします。
LCD モード
[OFF] -
-
[OFF] = LCD 通常設定
[ オートパワー LCD] = 明るさが自動で調整されます。
[ パワー LCD] = LCD がより明るく、また見やすくなります。
-.[ パワー LCD] モードでは 30 秒間なにも操作しないと、自動的に通常の明るさに戻ります。
いずれかのボタンを押すと再び明るくなります。
-.[ オートパワー.LCD].と.[ パワー.LCD].モードでは、記録可能画像枚数が減少します。
ガイドライン表示
[ 撮影情報 ] - [ パターン ]
[ 撮影情報 ] [OFF] - [ON]
ガイドライン表示時に合わせて撮影情報を表示するかどうかを設定します。
[ パターン ] -
撮影時のフレーミング、構成、整列に役立つ様々なガイドラインを表示します。
-.[ パターン ].はスナップショットモードでは
.に固定されます。
ヒストグラム表示
[OFF] - [ON]
このヒストグラムで、画像の露出を容易にチェックできます。
ハイライト表示
オートレビューまたはレビュー時に、白飛びの起こっている部分を黒と白の点滅で表示します。
-.白飛びが起こっている場合は、露出をマイナスに補正します。.
-. フラッシュで撮影するときにカメラと被写体の距離が近すぎると白飛びの起こる場合があり
ます。
MF アシスト
[OFF] - [MF1] - [MF2]
マニュアルフォーカス時にピントを合わせやすくするために、画面の中央部を拡大します。
[OFF]
[MF1].=.画面の中央が拡大されます。
[MF2].=.画面の中央が画面一杯に拡大されます。
エコモード
-
[ パワーセーブ ] [OFF] - [2 分 ]- [5 分 ]- [10 分 ]
設定時間が過ぎると自動的に液晶モニターを消します。
[ 自動液晶 OFF] [OFF] - [15 秒 ] - [30 秒 ]
設定時間が過ぎると自動的に液晶モニターの電源を切ります。
-. 液晶モニターの消灯中は動作表示ランプが点灯します。液晶モニターを再度点灯させるには
いずれかのボタンを押します。
45
オートレビュー
[OFF] - [1 秒 ] - [2 秒 ]- [ ホールド ] - [ ズーム ]
撮影後に撮影画像を表示する時間を設定します。
[ O F F ] = 撮影画像は表示されません。
[1秒]-[2 秒] = 撮影後に撮影画像が 1 秒、もしくは 2 秒表示されます。
[ ホールド ] = 撮影画像は、いずれかのボタンを押すまで表示されます。
[ ズ ー ム ] = 撮影画像は 1 秒表示され、その後 4 倍に拡大され、さらに 1 秒表示されます。
番号リセット
フォルダー番号が更新され、ファイル番号が 0001 から始まります。
-.フォルダー番号は100 ~.999.まで作成されます。フォルダー番号が999になると、番号がリセット
できなくなります。PCまたはその他のデバイスにファイルを保存してからカードをフォーマット
することをおすすめします。
-. フォルダー番号を100 にリセットするには、内蔵メモリーまたはカードをフォーマットしてから、
この機能を使ってファイル番号をリセットします。その後フォルダー番号のリセット画面が表示
されますので、[はい].を選択してフォルダー番号をリセットします。
設定リセット
[撮影設定 ] - [ セットアップ設定 ]
撮影設定またはセットアップ設定を初期設定に戻します。
-.フォルダー番号および時計の設定は変更されません。.
-. 撮影中に [ 設定リセット ].が選択されると、レンズのリセットも実行されます。レンズの動作音
がしますが、異常ではありません。
USB モード
-
-
USB 接続ケーブル(付属)を使う際のカメラからの画像取り込み方法を設定します。
[ 接続時に設定 ] = 接続時に PC または PictBridge(PTP)のいずれかを選択します。
[PictBridge(PTP)] = PictBridge 対応プリンターに接続する場合に設定します。
[PC] = パソコンに接続する場合に設定します。
-.[PC].に設定するとUSB の mass.storage 通信方式で接続されます。[PictBridge
(PTP)]に設定
するとUSB の.PTP.(Picture.Transfer.Protocol)通信方式で接続されます。
ビデオ出力
[NTSC] - [PAL]
各国のカラーテレビシステムに合わせて設定します。(再生モードのみ)
-.AV.ケーブルが接続されていないと機能しません。75 ページを参照してください。
・[NTSC]:日本やアメリカなど
・[ P A L ]:ヨーロッパなど
TV 画面タイプ
-
TV の種類に合わせて設定します。(再生モードのみ)
-.AV.ケーブルが接続されていないと機能しません。75 ページを参照してください。
m/ft 表示
46
[m] - [ft]
マニュアルフォーカス時のフォーカス距離や撮影可能範囲表示単位(メートルまたはフィート)
を選択します。
シーンメニュー
[OFF] - [AUTO]
シーンモードが選択されたときに表示される画面を設定します。
[ O F F ].=.現在選択されているシーンモードの撮影画面が表示されます。
[AUTO].=.シーンモードのメニュー画面が表示されます。
バージョン表示
カメラのファームウェアのバージョンを確認できます。
フォーマット
内蔵メモリーまたはカードのフォーマットをします。フォーマット後は、データを元に戻すこと
ができませんので、フォーマットの前にはよく確認してください。
-.フォーマットするときは、十分残量のあるバッテリー、またはACアダプターを使用して
ください。フォーマットの最中に電源を切らないでください。
-. カードが挿入されている場合は、カードのみがフォーマットされます。内蔵メモリーを
フォーマットするには、カードを取り出してください。
-.パソコンまたはその他の機器でカードをフォーマットした場合も、本機でもう一度フォー
マットしてください。
-.内蔵メモリーのフォーマットはカードよりも時間がかかることがあります。
-.内蔵メモリーまたはカードがフォーマットできない場合は、最寄のサービスセンターにお
問い合わせください。
言語設定
画面表示をする言語を設定します。
-.誤って設定した場合は、メニューアイコンの
デモモード
.を選択して言語を設定してください。
[手ブレ・動き検出デモ ] - [ 自動デモ ]
機能デモンストレーションを見ます。
47
撮影メニュー
₁
₂
撮影メニューを選択します。
設定を選択します。
-
フィルムモード
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
フィルムカメラで様々なフィルムを使用して個性を楽しむように、画像の色調を 9 種類から
選択できます。
[標準 ]1 = 標準的な設定です。
[ダイナミック]1 = 色の彩度およびコントラストが強まります。
[ネイチャー ] = 赤、緑、青が明るめになり、自然を美しく写せます。
[ ス ム ー ズ ]1 = コントラスト低め、穏やかですっきりとした設定です。
[バイブラント] = ダイナミックよりも彩度とコントラストが高めになります。
[ノスタルジック ] = 彩度・コントラストが低めになります。
[スタンダード
]1 = 白黒の標準的な設定です。
[ダイナミック
] = コントラストが高めの白黒設定です。
[スムーズ
] = 肌の質感を損なうことなく画像をソフトにします。
[MY FILM 1] = 登録されたフィルムを呼び出します。
[MY FILM 2] = 登録されたフィルムを呼び出します。
[マルチフィルム ] = 一回の撮影で、最大 3 種類のフィルム設定で記録できます。
1
この項目は
でも設定できます。
フィルムモード設定の調節
を押します。
▲
▲ ▼
▼
1. フィルムモードを選択するために
2. 項目を選択するために▲▼を押し、
で調節します。
- 電源が OFFになっても設定は保存されます。
3. [MY FILM 登録 ] を選択するには、▲▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
4. [MY FILM 1] または [MY FILM 2]を選択するために▲▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
5. メニューを閉じるには、[MENU/SET]ボタン を押します。
コントラスト
シャープネス
彩度
ノイズ
リダクション
48
+
+
+
+
-
画像の明暗差を大きくします。
画像の明暗差を小さくします。
画像の輪郭が強調されます。
画像の輪郭を柔らかくします。
画像の彩度が高くなります。
画像の彩度が低くなります。
ノイズリダクション効果を強くします。
ノイズリダクション効果を弱くします。
マルチフィルム設定の調節
を押します。
▲
▼
1. マルチフィルムを選択するために
でフィルムモードを設定します。
▲
▼
2. マルチフィルムを1~3まで選択するために▲▼を押し、
- シャッターボタンを一度押すと自動的に選択した枚数の画像が
(最大 3 つまで)撮影されます。
- フィルムモードでは特有の画質を生成するため、増感、減感に相当する処理を行う場合があります。
その際、シャッタースピードは通常と異なる場合があります。
- 暗い場所で撮影すると、ノイズが目立つことがあります。
記録画素数
[10M] - [7M] - [5M] - [3M] - [2M] - [0.3M]
希望の記録画素数を設定します。画素数が大きい程、大きく印刷しても鮮明な画像になります。
画像横縦比
記録画素数
画像横縦比
画像横縦比
記録画素数
記録画素数
3648x2736
3776x2520
3968x2240
3072x23041
3168x21121
3328x18721
2560x1920
2656x1768
2784x1568
2048x1536
2112x14081
2208x12481
1600x1200
2048x1360
1920x1080
1
640x480
1
この項目は
モードでは設定できません。
-. アスペクト比を変更したら記録画素数を.再度設定してください。
-. EX 光学ズームは、
.シーンモードの.[ 高感度 ]、[ 高速連写 ]、
.[ フラッシュ連写 ]、
.[ ピンホール ].また
は表示されません。
は.[ サンドブラスト ] では働きませんので、
は.ʻEX 光学ズームʼ の略です。
-.
-. 画像は被写体と撮影状態によってモザイク状で現れることがあります。
画質設定
動画モードのみでアクセスできます。
画素数が多い程、より鮮明な動画が撮影できます。
横縦比設定
クオリティ
記録画素数
横縦比設定
640 x 480 画素
VGA1
QVGA
320 x 240 画素
QVGA
横縦比設定
fps
を選択した場合
30
30
10
を選択した場合
HD1
1280 x 720 画素
24
WVGA1
848 x 480 画素
30
1
内蔵メモリーへの記録はできません。
49
クオリティ
-
-
-
-
画像保存時の圧縮率を設定します。
[ファイン] = 画質優先となります。
[スタンダード ] = 画像の記録可能数を優先します。
[RAW]1 = パソコンで画像を高画質で加工したいときに設定します。
[RAW+JPEG] = [RAW]と[ファイン]を同時に撮影します。
[RAW+JPEG] = [RAW]と[スタンダード ]を同時に撮影します。
1
各横縦比で上限記録画素数に設定されます。
- RAW 画像は内蔵メモリーに記録するのに時間がかかります。
- カメラからRAW ファイルを削除するとそれに相応する JPEGイメージも同様に削除されます。
- RAWファイルを使用すると詳細な画像編集が可能になります。
], [
]または [
]に設定されている場合は、[EX光学ズーム]、[デジタルズーム]、
- 画質が, [
[マルチアスペクト]、[音声録音 ]は設定することができません。
インテリジェント ISO
[OFF] - [ON]
被写体のブレを減少させるために、カメラは自動的に最適な ISO 感度とシャッタースピードを設定
します。
- [ISO 感度上限設定 ]を [ON]に設定すると最大感度上限が設定されます。 [ISO 感度上限設定 ]
が [AUTO]に設定されると明るさによって自動的に [ISO800] までの範囲内で設定されます。
ISO 感度
[AUTO] - [80] - [100] - [200] - [400] - [800] - [1600] - [3200]
光に対する感度(ISO 感度)を設定できます。数値を高く設定すると、暗い場所でも明るく撮るこ
とができます。
- [AUTO] に設定すると、ISO 感度は [ISO 感度上限設定 ] で設定された範囲で自動的に調節され
ます。
- [インテリジェント ISO]
ISO 感度上限設定
が設定されていると使用できません。
[AUTO] - [200] - [400] - [800] - [1600] - [3200]
被写体の明るさに応じて、設定した数値を上限として最適な ISO 感度を設定します。
- 高い ISO 感度を設定すると、画像のブレは抑えられますがノイズが増えます。
- [ISO 感度 ]が [AUTO]に設定されるか [インテリジェントISO]が [ON]の場合に有効になります。
ホワイトバランス
-
-
-
-
-
-
-
-
撮影時の光源に応じて、最適な設定を行うことにより自然な色で画像を撮影できます。
自動補正
白熱灯
野外、晴天
あらかじめセットしている設定を使用
野外、曇り
あらかじめセットしている設定を使用
野外、日陰
あらかじめセットしている色温度設定を使用
フラッシュのみ
50
[ホワイトバランス補正 ]
を選択
ホワイトバランスを補正
します。
数回押します。
数回押します。
オートホワイトバランス :
ホワイトバランスが自動で補正されます。 複数の光源が存在したり、画面に白い部分が無い場合、
オートホワイトバランスは適切に機能しないことがあります。 このような場合はホワイトバランス
以外のモードに設定してください。
を
ホワイトバランスをマニュアルで調節する:
または
を選び
を押します。
▼
1.
2. 本機を白い紙に向けます。画面中央にの枠内に白いものだけが写るように、[MENU/SET]ボタン
を押します。
ホワイトバランスの微調整
:
▼
1. [ホワイトバランス] を選択し、 を押します。
,
または
が選択されている場合は、 をもう一度押します。
▼
-
▼
▲
2. ▲(緑)、▼(マゼンタ)、 (アンバー)、 (青)を押してホワイトバランスを補正し、[MENU/SET]
ボタンを押します。
色温度を設定する:
を選択し を押します。
▼
1.
2. ▲▼を押して、2500Kまたは10000K を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
- 蛍光灯は種類によって最適なホワイトバランスが異なります。AWBまたはマニュアルホワイト
バランス設定をお使いください。
- 電源が OFFになっても、ホワイトバランスは保存されます。
- ホワイトバランス微調整は、フラッシュ撮影にも反映されます。
- ホワイトバランスを微調整しない場合は中心点を選んでください。
- 各ホワイトバランスは独立して微調整が可能です。
-
測光モード
-
明るさを測る測光方式を変更することができます。
複 数 カメラは、自動的に明るさの配分を判断することによって最も適当な露出を測定し
ます。この方法をおすすめします。
中央重点 画面中央部の被写体に重点を置いて、画面全体を平均的に測光する方式です。
スポット スポット測光範囲にある被写体を測定する方法です。
-
が選択され [オートフォーカスモード ] を
に適した露出を設定します。
にセットすると、カメラは人の顔
51
オートフォーカスモード
-
-
-
-
-
被写体の位置や数に応じて、ピントの合わせ方を選択できます。
顔認識
1
人の顔を自動的に検知してピントを合わせます。
追尾 AF
指定した被写体にピントを合わせます。被写体が動いても追尾します。
マルチ
1点高速
AFエリア毎に最大 5点までピントを合わせることができます。
2
AFエリア内に高速ピントを合わせます。
1点
AFエリア内にピントを合わせます。
スポット
限られた狭い範囲内にピントを合わせることができます。
追尾 AFを使う
1. 被写体を追尾 AFフレームにあわせ、[AF/AE LOCK]を押します。
- 被写体が認識されるとAFエリアは被写体の動きに連続的にピントをあわせます。
(ダイナミック
トラッキング)
- [AF/AE LOCK] を再度押すと、追尾 AFは終了します。
2. 撮影します。
- ロックに失敗したときは AFエリアが赤く点滅して消えます。
- シーンモードの [ 星空 ]、[ 花火 ]、[ ピンホール ]、[ サンドブラスト]、動画、フィルムモードの
白黒では追尾 AFは選択できません。
- 被写体が小さすぎたり、動きが速かったり、カメラが振動している場合、撮影場所が暗い、
または被写体が背後の色と同じ、あるいは類似した色である場合、ダイナミックトラッキング
は機能しないことがあります。
AFエリアの選択 :
,
または
▲
▼
1. ▲▼
が選択されている場合
を押してAFエリアを移動します。
- 画面の任意の位置を設定できます。(画面の端を設定することはできません。)
2. [MENU/SET]ボタン を押して確定します。
が選択されている場合
を押してAFエリアを選択します。
▲
▼
1. ▲▼
2. [MENU/SET]ボタン を押して確定します。
-
を使うと、測光範囲も AFエリアに合わせて移動することができます。
- 以下の操作を行うと、AFエリアは元の位置に戻ります。モードダイヤルをスナップショット
モードに設定したとき。 パワーセーブモードが有効になったとき。 カメラの電源が OFF に
なったとき。
1
52
被写体の状況によっては、顔認識が機能しないことがあります。
1
以下の場合.[オートフォーカスモード ].は.
に切り替わります。
.-.顔をカメラに向けていないとき。
.-.顔がある角度のとき。
.-.顔が明るすぎたり暗すぎるとき。
.-.顔のコントラストがほとんどないとき。
.-.サングラスなどで顔の特徴が隠れているとき。
.-.顔が画面上で小さく見えるとき。
.-.素早く動いているとき。
.-.被写体が人ではないとき。
.-.カメラが動いているとき。
.-.デジタルズームを使用したとき。
2
.その他のオートフォーカスモードよりも素早く被写体にピントを合わせることができます。
2
.シャッターボタンを半押しすると、画像はピントが合う前ににしばらく停止することが
あります。.これは故障ではありません。
-.複数のAFエリア(最大5点)が同時に明るくなると、カメラはすべてのAFエリアにピントが合って
,.
. また
います特定の位置にピントを合わせたい場合は、.オートフォーカスモードを.
..に切り替えます。
は.
に設定されると焦点が合うまでAF範囲は表示されません。
-.オートフォーカスモードが.
-.スポットAF でピントが合いにくい場合は、1点高速 AFまたは1点 AFをご使用ください。
-.スポットAFモードでピントが合いにくい場合は、1点高速 AFまたは1点 AFをご使用ください。
-.カメラは人の顔以外の被写体を正しく認識しないことがあります。.この場合は、オートフォーカス
以外のモードに切り替え撮影してください。
モードを
-.
.モードの [ 花火 ]ではオートフォーカスモードを設定することはできません。
-.次の場合は、
.
.モード
プリAF
.に設定することができません。
[OFF] -
.モードの[ 夜景 ]、
.[ 料理 ]、[星空 ]、
.[ 空撮 ].
-
設定によってカメラは自動でピントを調節します。
カメラの振動がわずかな時に自動でピントを調整します。
常にピントを調整します。
(連続 AF操作)
- バッテリーは通常よりも早く消費されます。
- 被写体にピントを合わせるのが難しいときはシャッターボタンを再度半押しします。
- 広角から望遠までズームレバーを回転させたり、突然被写体を遠くのものから近くのものに
変更するとピント合わせに時間がかかることがあります。
AF/AE ロック
[AF] - [AE] - [AF/AE]
被写体がAFエリアにあるとき、または、コントラストが大きく適切に露出できないときに、
あらかじめピントと露出をセットすることができます。
[A F] フォーカスのみがロックされ
[A E] 露出のみがロックされ
が表示されます。
が表示されます。
[AF/AE] フォーカスおよび露出がロックされ
が表示されます。
モードでは使用できません。
- AE ロックは
- [AF/AE]を選択し、AFロックに失敗した場合は AEロックはできません。
- [AF]では被写体の明るさが変わっても露出は固定されます。
- AE がロックされていてもシャッターボタンを半押しすれば、被写体は再びフォーカスするこ
とができます。
53
暗部補正
[OFF] - [ 弱 ] - [中 ] - [ 強 ]
背景と被写体の明暗差が大きい場合など、状況に合わせてコントラストや露出を自動的に
調節します。
- [ 弱 ] 、[中 ] 、[ 強 ]は効果の最大範囲を表します。
が表示されます。
- [ 弱 ] 、[中 ] 、[ 強 ]が選択されると、
- ISO 感度が ISO80 や ISO100 の時でも、暗部補正が有効時は ISO 感度が ISO80 や ISO100 より
大きくなることがあります。
- 撮影条件によっては補正効果が得られないことがあります。
- [ 暗部補正 ] 有効時には、暗部補正のアイコンが黄色になります。
多重露出
1枚の画像に 2 回または 3 回露光を行ったような効果が得られます。
1. [ 開始 ] を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. 構図を決め最初の画像を撮影します。
- 撮影後、次の撮影のためにシャッターボタンを半押しします。
- ▲▼で項目を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して次の操作を選択します。
[ 次の撮影 ]: 次の画像に移動します。
[ 撮り直し]: 最初の画像に戻ります。
[ 完了 ]: 最初の画像を記録し、多重露出撮影を完了します。
3. 構図を決め2 番目の画像を撮影します。
- 撮影後、最初と2 枚目の画像は重ねて表示されます。
- 撮影後、次の撮影のためにシャッターボタンを半押しします。
- ▲▼で項目を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して 次の操作を選択します。
[ 次の撮影 ]: 次の画像に移動します。
[ 撮り直し]: 最初の画像に戻ります。
[ 完了 ]: 最初の画像を記録し、多重露出撮影を完了します。
4. 構図を決め 3 番目の画像を撮影します。
- 撮影後、最初と2 枚目および 3 枚目の画像は重ねて表示されます。
5. [ 完了 ]を選択するには、▼を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
- シャッターボタンを半押しして終了することもできます。
- 3 枚目の画像まで記録され、多重露光撮影は終了します。
さらに任意でステップ 1で [自動ゲイン補正 ] を設定することができます。
[ON]: 各画像ごとに明るさが調節されます。
[OFF]: すべての露光結果をそのまま重ね合わせます。
- 完了するまで画像は記録されません。
- 多重露光で撮影した画像の記録情報は、最後に撮影した画像の情報です。
- [MENU/SET]ボタン を撮影中に押すと撮影されたイメージが記録され、多重露光は完了します。
- 連写モード、[オートブラケット]、[マルチアスペクト]、EX 光学ズームおよびデジタルズームは
使用できません。
54
デジタルズーム
[OFF] - [ON]
光学ズーム、または EX 光学ズームよりも被写体を拡大できます。
OFF
EZ
ON
劣化しません。
EX 光学ズーム
ズームを設定する
劣化します。
の仕組み
例えば 300 万画素に設定するとCCD の持つ1010 万画素の領域のうち、300 画素分の中央部を切
り取って撮影するので、より望遠効果の高い写真が撮影できます。
モードでは設定できません。
- デジタルズームは
- 光学ズームの最大位置でズーム表示は一度停止することがあります。ズームレバーを望遠 [ T ]
に回し続けることでデジタル範囲を決定できます。
- 拡大レベルは [ 記録画素数 ] と [ 画像横縦比 ] によって異なります。
- 電源が切れると、ズームは広角 [W] に設定されます。
- 被写体にピントを合わせた後ズームを使用し、再度被写体にピントを合わせます。
- ズーム位置によってレンズが伸び縮みします。ズームレバーを動かしている間、レンズの動き
を妨げないよう注意してください。
- デジタルズームを使用すると、[手ブレ補正 ] は効きにくくなることがあります。
- デジタルズームを使った撮影の際は三脚とセルフタイマーを使用することをおすすめします。
手ブレ補正モード
[OFF] - [AUTO]-[MODE1] - [MODE2]
撮影時の手ブレを感知し、カメラを自動的に補正し、ブレの少ない画像を撮ることができ
ます。
[ O F F ] = 手ブレ補正が Off になっています。
[A U T O] = 撮影状況に応じて最適な補正を行ないます。
[MODE1] = 手ブレは つねに撮影モードで補正されます。
[MODE2] = シャッターボタンを押すと 手ブレが補正されます。
- 以下の場合手ブレ補正が効きにくくなることがあります。手ブレが大きいとき、ズーム倍率が高い
とき、デジタルズーム領域、動きのある被写体を追いながら撮影するとき、シャッタースピードが
遅いとき。
-
モードの [ 自分撮り] では [MODE2] に固定され、
されます。
モードの [ 星空 ] では [OFF] に固定
-
モードでは [OFF]に設定することができません。
-
モードでは [AUTO]または [MODE2] は設定できません。
55
下限シャッタースピード
[1/250] - [1/125] - [1/60] - [1/30] - [1/15] - [1/8] - [1/4] - [1/2] - [1]
[ 下限シャッタースピード ] を遅く設定すると暗い場所で画像を明るく撮影できます。画像が
ぼやけないように速度を早めに設定することもできます。
1/250
明るさ
暗め
明るめ
手ブレ
少なめ
多め
▲
▼
下限シャッタースピード設定
- 通常 は 1/8 に設定してお使いください。1/8 以外を設定した場合、下限
されます。
1
が画面に表示
- [ 下限シャッタースピード ] の設定によって画像が暗めになることがあります。正しく露出でき
が赤く点滅します。
ない場合は、シャッターボタンを半押しすると
音声記録
[OFF] - [ON]
画像と同時に音声を録音できます。写真撮影の会話や音声メモとして録音できます。
[OFF] = 音声は録音されません。
[O N] = 撮影と同時に音声が 5 秒間録音されます。
- 音声録音をキャンセルするには、録音中に [MENU/SET]ボタン を押します。
- 音声は内蔵マイクで録音されます。
AF 補助光
[OFF] - [ON]
撮影時場所が暗く、ピントが合いにくい時に、光を当ててピントを合わせやすくすることがで
きます。
[OFF] = AF 補助光は点灯しません。
[O N] = シャッターボタンを半押しすると AF 補助光が点灯します。
- AF 補助光の有効範囲は1.5 m です。
- 暗闇での動物の撮影などでAF 補助光を使用したくない場合は、[AF 補助光 ] を [OFF] にして
ください。この場合、被写体にピントが合いずらくなります。
フラッシュ シンクロ
[ 先幕 ] - [ 後幕 ]
後幕シンクロとは、車など動きのある被写体をスローシャッターで撮影する場合、シャッター
が閉じる直前に発光する撮影方法です。
[ 先幕 ] = フラッシュで撮影する標準モード
[ 後幕 ] = 光源が被写体の背後に現れます。
- 通常は [ 先幕 ] に設定します。[ フラッシュシンクロ] を [ 後幕 ] に設定すると、[2nd] が液晶
画面に表示されます。
- 速いシャッタースピードを設定すると、十分な効果が得られない場合があります。
- [フラッシュシンクロ] は外部フラッシュで使用することもできます。
56
外部 ファインダー
[OFF] - [ON]
液晶モニターを別売りの外部光学ファインダー使用時に適した表示に切り換えること
ができます。
[OFF] = 通常設定。
[O N]
- 液晶モニターは消灯しますが、フォーカス表示やフラッシュ充電表示などは点灯します。
- 外部ファインダーを使用しないときは [OFF] に設定します。
- オートフォーカスモードの初期設定は
になります。
時計設定
年月日と時間を設定します。セットアップメニューの [ 時計設定 ] と同様の機能です。
57
カスタムモード
カメラ設定は4つのカスタム設定を登録できます。C1または C2 にダイヤルを設定し、メニュー
設定を選択します。
₁
セットアップメニューを選択します。
設 定を選 択
します。
₂
カスタム設定を確定します。
カスタム設定
と
C2-1
C1
C2-2
C2-3
-
は 1 つのカスタム設定が可能です。
-
は 3 つのカスタム設定が可能です。
[ カスタム セット登録 ] を
選択します。
▶を押して移動します。
C1、C2-1、C2-2 または
C2-3 を選択します。
[MENU/SET] ボタン を 押し
て確定します。
[ はい] を選択するには▲
を押します。
[MENU/SET] ボタン を押し
て確定します。
- 次の項目はその他の撮影モードに影響
するため設定することができません。
-[ 時計設定 ]
-[トラベル日付 ]
-[シーンメニュー ]
-[ 設定リセット]
-[ 番号リセット]
-[ 赤ちゃん1]/[ 赤ちゃん 2] または [ ペット]
モードの誕生日と名前
58
メニューを閉じるには、[MENU/
SET]ボタン を押します。
カスタムモード
撮影条件にあったカスタム設定を選択することができます。
₁
電源を ONにし、
モードに設定します。
動作表示ランプが約1秒間点灯します。
電源を ONにし、
に設定します。
₂
または
モード
を選択し被写体にカメラを向けます。
両手でカメラをしっかりと持ちます。
₃
モード
します
,
を選 択
被 写 体 に 合 わ せ て AF
エリアを合わせます。
モードを選択した場合は、希望の設定を選択します。
[DISPLAY] を押してメニュー設定と選択画面
を切り替えます。
₄
設定を選択するには▲▼を
押 し、[MENU/SET]ボ タ ン
を押します。
被写体にピントを合わせます。
ピントが合っていない場合
(点滅)
ピントが合っている場合
(点灯)
-.被写体のピントの合わせ方については 36 ページを、
さまざまなオートフォーカス設定に関しては52ページ
を、[Q .MENU]については62ページを参照してください。
₅
[MENU/SET]ボタンを押
して設定画面を開きます。
被写体にピントを合わせ、
シャッターボタンを半押し
します。
撮影
・設定によって縦で撮影された画像は回転して表示
されます。
・ 手ブレ警告表示が表示されたら三脚の使用を
おすすめします。
・シャッターボタンを押すとき、露出状況によっては
モニターが明るくなったり、暗くなったりする場合
があります。
シャッターボタンを全押
しします。
画像表示
59
画像と動画の再生
₁
電源を ONにし、
モードに設定します。
最初の画像が [ 通常再生 ]モードで表示
されます。
ON
スイッチをONにします。
₂
モードを選択します。
画像を見ます。
サイズの選択
・モニターに1枚ずつ画像を表示.(初期設定)
・モニターに12 枚ずつ画像を表示
・モニターに 30 枚ずつ画像を表示
・撮影日ごとに表示
(カレンダーモード)
画像の拡大
可能な拡大倍率
1x - 2x - 4x - 8x - 16x
-.さまざまな再生モードについては、63.ページ
の [ 再生モード ]を参照してください。
₄
ズーム倍率を選択します。
繰り返して押します。
▲
▼
₃
画像を選択するには ▲▼
を押します。
▲
▼
表示モードを選択します。
繰り返して押します。
位置を移動するには▲▼
を押します。
を押して動画を選択
します。
動画を再生するには▲
を押します。
動画の再生
- パ ソコン で 動 画 を再 生 するに は、
QuickTime が必要です。QuickTime
は以下の URL から入手できます。
▲
▼
www.apple.com/quicktime/download
3
2
60
5
1
4
動画コントロール
6
音量コントロール
動画の再生中に各ボタンを押して再生 /一時停止(1)、.停止(2)、早戻し
(3)、早送り(4)ができます(3 と 4 は、画像が停止している場合は
フレームごと)。ズームレバーを使用すると、ボリュームレベルを
下げたり.(5)、上げたり(6)できます。
データの削除
データの削除
削除の仕方を選択します。
- 1枚削除
- 複数削除
- 全画像削除
繰り返して押します。
1. [1枚削除 ]、[ 複数削除 ] または [全画像削除 ]を▲▼ で選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
2. [1枚削除 ] モードは現在の画像、または動画を削除します。
を押して画像または動画を選択するか.[DISPLAY]ボタンを押してマーク
でマークされます。
▲
▼
.-.[複数削除].モードは、▲▼
します。選択された画像は
. -[ 全画像削除 ]. モードでは、全ての画像または動画が削除されます。★マークしたお気に入り画像を
削除するかどうか決めることができます。
3. [MENU/SET]ボタンを押します。
4. [はい]を選択し、[MENU/SET]ボタンで押します。
-. 削除中
. が表示されている間は電源を OFF にしないでください。十分残量のあるバッテリー
またはACアダプターを使用してください。
-. [ 複数削除 ]、[ 全画像削除 ]. または [ ★以外全画像削除 ] を使い画像を削除している間に[MENU/
SET]ボタン.を押すと.削除は途中で停止します。
-.削除する画像枚数によって削除に時間がかかることがあります。
-. 画像が. DCF. 基準に準拠していない場合、またはプロテクトされている場合は [ 全画像削除 ]または.
[★以外全画像削除 ].を選択しても削除されません。
動画から静止画像を作成する。
1. 動画再生中に、画像を作成したいコマで▲を押して一時停止状態にします。
を押して 1コマごとに選択するか、[MENU/SET] ボタンを押して 9 コマ画面を選択します。
▲
▼
2.
.-.9コマ表示中に.3コマ進めるには▲▼.を押します。
を押します。.
▲
▼
.-.9コマ表示中に1コマ進めるには
.-.9コマ表示中、1秒あたりの表示コマ数を変更するにはズームレバーを広角.[W].の方へ動かします。
-
-
-
30 - 15 - 10 - 5 コマ/ 秒
10 - 5 コマ/ 秒
.-..9.コマ表示を終了するには.[MENU/SET]ボタンを押します。
3. シャッターボタンを押します。
4. ▲を押し、[MENU/SET]ボタンで保存を確定します。
61
クイックメニュー
これらの設定のその他の情報に関しては [セットアップ ]または [ 撮影 ]メニューで該当項目をご覧
ください。
[Q.MENU] を使うと撮影の設定をより素早く変更できます。各撮影モードで変更可能なもの
のうち、重要度の高いものが表示されます。ジョイスティックでも設定可能です。
[ 撮影メニュー ]
[セットアップメニュー ]
スナップショットモード
[ 記録画素数 ]
[LCD モード ]
プログラムモード
絞り優先
[LCD モード ]
シャッター優先
マニュアル露出
[フィルムモード ]
[ 測光モード ]
[オートフォーカスモード ]
[ホワイトバランス]
[インテリジェント ISO]
[ISO 感度 ]
[ 暗部補正 ]
[ 記録画素数 ]
シーンモード
[手ブレ補正モード ]
[オートフォーカスモード ]
[ホワイトバランス]
(一部)
[ 記録画素数 ]
[LCD モード ]
動画モード
[手ブレ補正モード ]
[ 測光モード ]
[オートフォーカスモード ]
[ホワイトバランス]
[ 画質設定 ]
62
[LCD モード ]
再生モードメニュー
₁
₂
再生モードメニューを選択します。
設定を選択します。
通常再生
通常再生モードで画像や動画を見ます。
を押して画像を選択します。
.-..動画または音声を再生するには▲を押します。
.-.画像または動画のお気に入りにをマークするには▼を押します。
...[ 再生 ]メニューの [お気に入り]を [ON]にセットしてください。
▲
▼
1.
2. 再生を終了するには、モードスイッチを撮影
に設定してください。
2 画面再生
2 つの画像を表示して、画面上で比較できます。
1. [MENU/SET]ボタンを押して [2 画面再生 ]に移動します。
-.画像が1枚以下の場合は選択できません。
▲ ▲
▼ ▼
2. 画像を選択します。
.で画像を選択します。
-.上の画像には▲.を押し、
.で画像を選択します。
-.下の画像には▼.を押し、.
-.望遠.[T].でズームして画像を拡大します。
-.広角.[W].で画像を縮小します。
▲
▼
3. [MENU/SET]ボタン を押して終了し、通常再生に戻ります。
を押すと拡大部分を移動
-.倍率が変更されると、ズーム位置表示が約 1秒表示され、▲▼
できます。
-.2 画面再生では同時に同じ画像を表示することはできません。
を押すと2 画面再生中に選択した画像を削除できます。
-.[ 回転表示 ].が.[ON]に設定されると、カメラを縦方向にして撮影した画像、または回転された
画像が縦方向に表示されます。
63
スライドショー
[ 全画像 ] - [カテゴリー選択 ] - [お気に入り]
BGM とエフェクト付きのスライドショーを再生できます。この機能は、動画には対応して
いません。
1. [MENU/SET]ボタンを押して [スライドショー ]に移動します。
2. ▲▼を押して再生方法を選択します。
.-.[全画像 ].=.記録された画像を全て再生します。
.- [カテゴリー選択 ].=.特定のカテゴリーに記録された画像を再生し
ます。画像が見つからないカテゴリーは暗く表示されます。その
後選択したカテゴリーの画像枚数が表示されます。
.-.[お気に入り].=.お気に入りとして記録された画像を全て再生します。
3. スライドショーの種類を選択して [MENU/SET]ボタン を押します。
4. スライドショー設定を▲▼を押して設定するか、ステップ 5 に従って
ください。
.-.[ 効果 ].=.画面エフェクトまたは音楽を選択します。
.-.[ 設定 ].=.再生間隔、リピート、音声を設定します。
5. 開始を選択して [MENU/SET]ボタンを押します。
6. スライドショーを終了するには▼を押します。
-.動画はスライドショーとして再生できません。
-.新しい音楽効果を加えることはできません。
スライドショー [ 設定 ]
[ 効果 ] [ナチュラル]、[スロー ]、[スイング ]、[アーバン]、[OFF]、[おまかせ]
-.これらの効果はそれぞれ異なる音声と画面効果を使用します。
-.[ アーバン] 画像は白黒で表示されます。.
-.[ おまかせ ].は.[ カテゴリー選択 ].が選択されている場合にのみ使用できます。各画像は各
カテゴリーの初期設定された効果で再生されます。
[ 設定 ]
. .
. .
. .
[ 再 生 間 隔 ].=.1、2、3、または 5 秒間で設定できます。
[ リ ピ ー ト ].=.[ON] または [OFF] に設定してください。
[ 音楽 ]/[ 音声 ].=.音楽 / 音声を [ON] または [OFF] に設定してください。
-.[ 再生間隔 ].は [ 効果 ].が.[OFF]に設定されている場合のみ設定できます。
-.[ 音声 ].は.[ 効果 ].が.[OFF]に設定されている場合のみ表示されます。
64
カテゴリー再生
シーンモードまたはその他のカテゴリーごとに画像を見ることができます。
1. カテゴリー再生を選んで [MENU/SET]ボタンを押してください。
2. カテゴリーを選択します。
画像が見つからないカテゴリーは暗く表示されます。選択したカテゴリーの画像枚数が表示
されます。
3. [MENU/SET]ボタンを押して 再生を開始します。
を押して画像を選択します。
▲
▼
4.
.-..動画または音声を再生するには▲を押します。
.-.画像または動画のお気に入りにをマークするには.▼を押します。.
..[ 再生 ].メニューの [お気に入り].を [ON]にセットしてください。
5. 再生を終了するには、モードスイッチを撮影
に設定してください。
-.カードまたは内蔵メモリーに多くのデータが記録されていると、画像データを検索するのに
時間がかかることがあります。
-.検索中に
.を押すと、検索は途中で停止します。
-.画像は以下のカテゴリーに分類されます。
[ 人物 ]、[ 美肌 ]、[ 変身 ]、[自分撮り]、[ 夜景&人物 ]、[赤ちゃん1/2]
[ 風景 ]、[夕焼け]、[ 空撮 ]
[ 夜景&人物 ]、[ 夜景 ]、[ 星空 ]
[スポーツ ]、[パーティ ]、[キャンドル ]、[ 花火 ]、[ビーチ]、[ 雪 ]、[ 空撮 ]
[赤ちゃん1/2] [ペット] [ 料理 ]
[トラベル日付 ]
[ 動画 ] - 静止画像は表示されません。
お気に入り再生
お気に入りの画像と動画の再生をします。[ 再生 ] メニューの [ お気に入り] を [ON] にセットし、
お気に入り画像があることを確認してください。
を押して画像を選択します。
-..動画または音声
(ある場合)を再生するには▲を押します。
▲
▼
1.
2. 再生を終了するには、モードスイッチを撮影
に設定してください。
65
再生メニュー
₁
₂
再生メニューを選択します。
設定を選択します。
カレンダー検索
カレンダービューで記録日別に画像を見ます。
を押して [カレンダー検索 ] に移動します。
▼
1.
2. ▲▼ を押して月を選択します。
3. ◀▶を押して日を選択します。
4. [MENU/SET]ボタン を押します。
▲
▼
を押して選択し画像を見るために [MENU/SET] ボタン
5. ▲▼
を押します。
を押します。カレンダーを再度見るには
-.同じ日に記録した画像が複数ある場合は、その日に記録した最初の画像が表示されます。
-.[ワールドタイム]で [ 旅行先 ]を設定すると、画像は旅行先の日付で分類されて表示されます。
タイトルの編集
画像に文字を加えられます。文字を記録すると、[ 文字焼き込み ]で
プリントに入れることができます。動画 / プロテクトされた画像には
適用できません。
を押します。
▼
1. [タイトル編集 ] を選んで
2. [1枚設定 ]または [ 複数設定 ] を ▲▼ で選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
▲
▼
▲
▼
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
3. [1枚設定 ]モードでは
.を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンで確定します。
-.[ 複数設定 ].モードでは、▲▼
選択された画像は.
でマークされます。
を押して文字を選択し、[MENU/SET]ボタン で 30 文字まで入力します。
▲
▼
4. ▲▼
5. [ 終了 ]を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
66
文字焼き込み
[1枚設定] - [複数設定]
撮影日時、月齢 / 年齢、トラベル日付、タイトルを画像に焼き込むことができます。動画と
プロテクトされた画像には適用できません。
を押します。
▲
1. [ 文字焼き込み ]を選んで
2. [1枚設定 ]または [ 複数設定 ] を ▲▼ で選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
▲
▼
3. [1枚設定 ]モードでは
▲
▼
. を押して画像を選択し、.[DISPLAY] を押してマークし、.
-.[ 複数設定 ]. モードでは▲▼
[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
でマークされます。
選択された画像は.
を押します。
▲
▼
4. 焼き込む画像を選択するには▲▼
5. [MENU/SET]ボタンを押して確定します。
6.
より大きい画像に焼き込むには▲を押し、[MENU/SET]ボタンを押してリサイズします。
[ 日 付 ] ………西暦、月、日が画像に焼き込まれます。
[ 日 時 ] ………西暦、月、日および時間が画像に焼き込まれます。
[ 月齢 / 年齢 ] ……設定すると [ 月齢 / 年齢 ] が画像に焼き込まれます。
[ トラベル日付 ] …設定すると [ トラベル日付 ] が画像に焼き込まれます。
[ タイトル ]……… [赤ちゃん1/2]、[ペット] または [タイトル編集 ]からのテキストを焼き込みます。
-.
.画像に文字を焼き込むと読みづらくなります。
- 他のカメラで撮影された画像やファイルにテキストや日付を焼き込むことはできません。
リサイズ
[1枚設定] - [複数設定]
▼
画像の記録画素数を下げます。最終的な記録画素数は横縦比設定によって決定します。動画 /
プロテクトされた画像には適用できません。
1. [リサイズ ]を選んで を押します。
2. [1枚設定 ]または [ 複数設定 ] を▲▼ で選択し、[MENU/SET]ボタン
を押します。
▲
▼
▲
▼
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタン
3. [1枚設定 ]モードでは
を押して決定します。
-.[ 複数設定 ]モードでは▲▼を押してサイズを選択し.[MENU/SET]
を押して画像を選択し.[DISPLAY]
ボタンで確定します。▲▼
を押してマークします。
でマークされます。
選択された画像は.
▲
▼
を押してリサイズ後の画素数を選択し、
4. [1枚設定 ] モードでは
[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
-[ 複数設定 ].モードでは.[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
5. ▲を押し、[MENU/SET]ボタンで保存を確定します。
6. ステップ 2 に戻って編集を続けるか、
戻ります。
を押して再生メニューに
-サイズ変更した画像の画質は劣化します。
-本機以外で撮影された画像のリサイズはできない場合があります。
67
トリミング
撮影した画像の必要な部分を拡大して切り抜くことができます。
を押します。
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
▲
▼
2.
▼
1. [トリミング ]を選んで
3. 望遠 [T]を使って画像を拡大します。
を使って位置を調整します。
▲
▼
4. ▲▼
5. [MENU/SET]ボタン を押して確定します。
6. ▲を押し、[MENU/SET]ボタンで保存します。
7.
を押して再生メニューに戻ります。
-トリミングした画像の画質は劣化します。
- 他機で撮影された画像はトリミングできないことがあります。
傾き補正
画像の傾斜を調整します。
▲ ▲
▼ ▼
▼
1. [傾き補正 ]を選んで を押します。
を押して 画像を選択し、[MENU/SET]ボタンで確定します。
2.
を押して 画像を調整し、[MENU/SET]ボタンで確定します。
3.
4. ▲を押し、[MENU/SET]ボタンで保存します。
5.
を押して再生メニューに戻ります。
- 傾き補正が実行されると画質が劣化することがあります。
- 傾き補正を実行するとオリジナル画像とくらべて記録画素数は減少することがあります。
- 他機で撮影された画像は補正できない場合があります。
横縦比変換
-
-
で撮影した画像を
または
画像には適用できません。
を押します。
▲
1. [横縦比変換 ] を選んで
に変換することができます。動画 / プロテクトされた
▲
▼
2.
または
横縦比を選択するには▲▼を選択します。
を押して
画像を選択し、[MENU/SET]ボタンで確定します。
3.
を押し、[MENU/SET]ボタン を押してセットします。
4. 左右位置を調整するには
5. ▲を押し、[MENU/SET]ボタンで保存します。
▲
▼
6.
68
を押して再生メニューに戻ります。
- 横縦比変換を行うと、画像の記録画素数が.大きくなる場合があります。
- 他機で撮影された画像は変換できない場合があります。
画像回転
▲
手動で画像を 90 度ごとに回転させることができます。
1. [ 画像回転 ] を選んで を押します。
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
▲
▼
2.
3. 回転方向を選択するには、▼ を押し、[MENU/SET]ボタンを押します。
4.
を押して再生メニューに戻ります。
- 他機で撮影された画像は回転できない場合があります。
回転表示
[OFF] - [ON]
[ 回転表示 ] を ONにするとカメラを縦にして撮影した画像を自動で縦向きに表示できます。
を押します。
▲
1. [ 回転表示 ] を選んで
2. ▲▼を押して [ON] または [OFF]を選択します。
3. [MENU/SET]ボタンを押して決定します。
-. パソコンで再生するとき、Exif に対応した OS またはソフトウェアでないと、回転表示する
ことができません。Exif.とは撮影情報などの付帯情報を追加することができる静止画像用の
フォーマットファイルです。
お気に入り
[OFF] - [ON]
お気に入りの画像にマークをつけることができます。
を押します。
▲
1. [お気に入り]を選んで
2. ▲▼ を押して [ON] を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
3. 再生メニューに戻るには [MENU/SET]ボタン を押します。
▲
▼
を押し▼を押してお気に入りマークをつけます。マークを消すには
4. 画像を選択するために
もう一度 ▼ を押します。
お気に入り設定を全て解除するには
1. [お気に入り]を選んで▶を押します。
2. ▲▼ を押して [全解除 ] を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
3. ▲ を押し、[MENU/SET]ボタンで解除を確定します。
4. 再生メニューに戻るには [MENU/SET]ボタン を押します。
- 他機で撮影された画像には適用できない場合があります。
69
[DPOF プリント]
[1枚設定 ] - [ 複数設定 ] - [ 全解除 ]
DPOF プリントに対応したお店やプリンターでプリントする時に、画像、枚数や日付プリントを
指定することができます。詳しくは、写真店でおたずねください。
▲
1. [DPOF プリント] を選んで を押します。
2. [1枚設定 ]または [ 複数設定 ] を▲▼で選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
▲
▼
3. [1枚設定 ]モードでは
を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
▲
▼
[ 複数設定 ] モードでは▲▼
ます。
を押して画像を選択し、[MENU/SET] ボタンを押して決定し
4. ▲▼を押して [DPOF プリント] の枚数を入力します。
でマークされます。
選択された画像は
5.日付を加えるには [DISPLAY]ボタンを押します。
でマークされます。
選択された画像は
6. [MENU/SET]ボタンを押して決定します。
7. ステップ 3 以降を繰り返すか、
を押して再生メニューに戻ります。
DPOFプリント設定をすべて解除するには
1. [DPOF プリント] を選んで ▶を押します。
2. ▲▼ を押して [全解除 ] を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
3. ▲ を押して、[MENU/SET]ボタンで全解除を確定します。
4. 再生メニューに戻るには [MENU/SET]ボタン を押します。
-.PictBridge 対応のプリンターでは、プリンター側の日付プリント設定が優先される場合があり
ますのでご確認ください。
-.他機で撮影された画像には適用できない場合があります。
-.DCF 規格に準拠していないファイルには設定できません。
プロテクト
[1枚設定 ] - [ 複数設定 ] - [ 全解除 ]
画像を誤って削除するのを防ぐため、削除したくない画像をプロテクトすることができます。
▲
1. [プロテクト]を選んで を押します。
2. [1枚設定 ]または [ 複数設定 ] を▲▼ で選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
▲
▼
を押して画像を選択し、[MENU/SET] ボタンを押して確定します。
3. [1枚設定 ] モードでは
解除するにはもう一度 [MENU/SET]ボタンを押します。
[ 複数設定 ] モードでは▲▼◀▶で画像を選んで [MENU/SET] ボタンを押します。選択された
でマークされます。
画像は
4. ステップ 3 以降を繰り返すか、
を押して再生メニューに戻ります。
プロテクト設定をすべて解除するには
を押します。
▲
1. [プロテクト] を選んで
2. ▲▼ を押して [全解除 ] を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
3. ▲ を押して、[MENU/SET]ボタンで全解除を確定します。
4. 再生メニューに戻るには [MENU/SET]ボタン を押します。
-.内蔵メモリーやカードで画像をプロテクト設定しても、内蔵メモリーやカードをフォーマット
すると削除されます。
-.プロテクト設定をしていなくても、SDメモリーカードまたは SDHC メモリーカードの書き込み
禁止スイッチを
「LOCK」側にしておくと、画像の削除はできません。
70
アフレコ
撮影した画像に、音声情報を加えることができます。
1. [ アフレコ] を選択して▶を押します。
2. ◀▶を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンでアフレコを開始します。
3. すでに音声のある画像の場合は、▲を押し、[MENU/SET]ボタンで上書きをします。
4. 記録を終了するにはもう一度 [MENU/SET]ボタンを押します。
を押します。
5. 再生メニューに戻るには
-.他機で撮影された画像にはアフレコができない場合があります。
コピー
-
撮影した画像データを内蔵メモリーからカードへ、またはカードから内蔵メモリーへコピー
します。データの消失を防ぐため、コピー中に電源を OFF にしないでください。
▲
1. [コピー ] を選んで を押します。
2. ▲▼を押してコピー先を選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
内蔵メモリーからカードへコピーします。ステップ 4 に従ってください。
カードから内蔵メモリーへ画像を1枚ずつコピーします。
3. ◀▶を押して画像を選択し、[MENU/SET]ボタンを押して確定します。
4. ▲ を押し、[MENU/SET]ボタンでコピーを実行します。
5. ステップ 2 に従うか、
を押して再生メニューに戻ります。
-.内蔵メモリーから十分な容量のないカードへ画像データをコピーすると、すべての画像データ
をコピーできません。. 内蔵メモリー(約 50. MB)
よりも容量の大きいカードを使用することを
おすすめします。
-.
を選択した場合、
コピー元にあるファイルと同じ名前の画像が存在すると
(フォルダー番号
/ファイル番号).新しいフォルダーが作成され画像がコピーされます。
-.
を選択した場合コピー元にあるファイルと同じ名前の画像が存在すると(フォルダー番
号 / ファイル番号).そのファイルはコピーされません。
-.画像データのコピーは時間がかかることがあります。
-. Leica デジタルカメラで記録された画像のみコピーすることができます。パソコンで編集した
画像はコピーできないことがあります。
-.オリジナル画像データの DPOF.設定はコピーされません。コピーが完了したら再度 DPOF 設定
を行なってください。
71
パソコンと接続する
・撮影した画像を Windows/Macへ転送します。
・ “Windows 98/98SE” をお使いの場合は、直接カメラを接続せずに別売の SD カード用カードリーダーを
使用することをおすすめします。
・別売のACアダプターまたは十分残量のあるバッテリーを使用してください。
・AC アダプターのケーブルを差し込む前に電源を OFFにしてください。
・USB 接続には付属の USBケーブルのみを使用してください。
・ カードを挿入したり取り出す前に電源を OFF にし、USB 接続ケーブルを取り外してください。そうでない
場合、
ファイルが壊れるおそれがあります。
₁
カメラをパソコンに接続する。
端子を変形させないようにUSB ケーブル
は真っ直ぐに抜き差ししてください。
内蔵メモリーからコピーしたい場合は
カードを取り出してください。
ON
スイッチを ONにします。
₂
USB ケーブルをカメラに
差し込みます。
お使いのパソコン上で画像データを扱い操作を行う。
パソコンでの動画再生について
無料でダウンロードできるApple ʻQuickTimeʼ を使用できます。
http://www.apple.com/quicktime/download
Macintoshには標準で搭載されています。
パソコンにコピーしたい画像やフォルダーを選んで、ドラッグ&ドロップ操作でパソコン上の
フォルダーへ移動します。
₃
接続したカメラをはずす。
Macintosh の場合
Windows の場合
カメラを取り外す前に、関連するアイコン
カメラまたはカードを取り外す前にパソコン
をゴミ箱にドラッグしてください。
のタスクバー(パソコン画面右下)の「ハード
ウェアの安全な取り外し」
を使用します。
72
[Windows]
[マイコンピュータ] フォルダーにドライブ
(例 :E)が表示されます。
カメラを初めて接続すると必要なドライバーは自動的にインストールされます。
[Macintosh]
ドライブは画面にアイコンとして次のように表示されます。
- カードが挿入されていない場合
[DLUX4]
- カードが挿入されている場合
[NO_NAME] または [名称未設定 ]
[セットアップ ] - [USBモード ]メニューの初期設定で
[PC] を設定していない場合は、▲▼を押して PC を
選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
[セットアップ ] - [USBモード ] で [PictBridge] を選択
した場合はメッセージが表示されます。キャンセル
を選択し、[セットアップ ] - [USB モード ] を [PC] に
設定します。
USB ケーブルをパソコン
に差し込みます。
フォルダー構造
[ 通信中]
が表示されて
いる間は切 断しないで
ください。
PTP 接続(PictBridge)
について
フォルダーは下図のように表示されます。
OSが ʻWindows XPʼ、ʻWindows Vistaʼ または ʻMac
OS Xʼ の場合、[USB モード ] が [PICT BRIDGE] に
設定されているときカメラを接続できます。接続
・SD メモリーカード
・マルチメディアカード
されるとカメラはイメージデバイスとして表 示
されます。
DCIM
100LEICA
L1000001.JPG
L1000999.JPG
フォルダー番号
ファイル番号
.JPG 画像
.MOV 動画
101LEICA
999LEICA
MISC
DPOF プリントと
お気に入り画像
- 1つのフォルダーにつき最大 999 枚の画像データ
が入ります。
- ファイル /フォルダー番号をリセット するには
[ セットアップ ] メニューの [ 番号リセット] を
選択します。
- 番号は他のカメラのカードと交換した後に変更
できます。
- カメラの画像は読み込みのみできます。
- 1000 枚以上の画像が カードに保存されていると
インポートできないことがあります。
- カメラが接続されている最中は内蔵メモリーと
カードを切り替えることができません。
- カメラが接続されているときはモードダイヤルを
回転させないでください。
- パソコンで編集したり回転した画像は特定の
再生モード中では黒く表示されることがあります。
- お使いのパソコンの取り扱い説明書をお読み
ください。
- カメラとパソコンの通信中にバッテリー残量が
少なくなると、動作表示ランプが点滅し警告音
が鳴りますので、すぐにパソコン側で接続を中止
してください。そうでない場合、ファイルが壊れる
おそれがあります。
73
テレビと接続する
・付属の AV ケーブルを使ってカメラをテレビに接続すると、画像や動画をテレビで見ること
ができます。
・[ セットアップ ] メニューで[ビデオ出力]を設定すると、NTSC または PAL システムを使用
する他の国(地方)のテレビで画像を見ることができます。
・テレビの取扱説明書をよくお読みください。
・音声はモノラルで出力されます。
・別売りのコンポネントケーブルを接続すると、いくつかの再生メニューが使用できないこと
があります。
₁
付属のAVケーブルを使って接続する。
端子を変形させないよう AV ケーブルは
真っ直ぐに抜き差ししてください。
内蔵メモリーから再生したい場合は
カードを取り出してください。
AVケーブルをテレビに
接続します。
モード
を選択します。
黄色 = 映像
白 = 音声
₂
別売のコンポネントケーブルで接続する。
端子を変形させないよう、コンポネントケーブルは真っ直ぐに引き抜き、抜き差ししてください。
内蔵メモリーから再生したい場合はカードを取り出してください。
₃
カメラとテレビの接続を切断する。
カメラの電源を OFFにしテレビの電源を切り、ケーブルを取り外します。
ヒント
74
-..[横縦比設定 ]によって画像の上下または左右に黒い帯が付いて表示されることがあります。
-.付属のAVケーブル以外は使わないでください。
-.テレビの取扱説明書をよくお読みください。
-.画像を縦にして再生すると、多少ぼやけることがあります。
-テレビの種類によっては、画像が適切に表示されないことがあります。
[セットアップ ] メニューでビデオの出力設定をします。
ビデオ出力
[NTSC] - [PAL]
各国のカラーテレビ方式に合わせて設定します。
[NTSC]
=ビデオ出力が NTSC 方式に設定されます。
[PAL]
=ビデオ出力が PAL 方式に設定されます。
TV 画面タイプ
-
TVの種類に合わせて設定します。
[16:9]
[4:3]
= 画面が16:9 のテレビと接続時
= 画面が 4:3 のテレビと接続時
ON
AVケ ーブル をAV OUT/
DIGITAL 端 子 に接 続し
ます。
ス イ ッ チ を ON に し て
外部入力を選択します。
ON
スイッチを ONにします。
-.再生方法を選択します。.63 ページを参照してください。
画面に表示される情報に従ってください。
ON
別売りのコンポネント
ケーブルをカメラの
コンポネント出力端子
に接続します。
スイッチを O N にして
外部入力を選択します。
ON
スイッチを ONにします。
-.再生方法を選択します。.63 ページを参照してください。
画面に表示される情報に従ってください。
75
プリンターと接続する
・カメラをUSB 接続ケーブルで PictBridge に対応したプリンターに直接接続すると、カメラの液晶
モニター上でプリントする画像を選択し、プリントすることができます。
・あらかじめプリンター側で印字品質などのプリントの設定をしてください。
・別売りの AC アダプターまたは十分に充電されたバッテリーを使用してください。カメラと
プリンターの通信中にバッテリー残量が少なくなると、動作表示ランプが点滅し警告音が
鳴ります。その場合はプリントを一旦停止してください。プリントしない場合は USB 接続
ケーブルを抜いてください。
・別売りの AC アダプターのケーブルを差し込む前に本機の電源を OFFにしてください。
・USB 接続には付属の USB接続ケーブルのみを使用してください。
・カードを挿入したり取り出す前には必ず電源を OFF にし、USB 接続ケーブルを取り外して
ください。そうでない場合、ファイルが壊れるおそれがあります。
₁
プリンターと接続する。
端子を変形させないよう、USB接続ケーブルは真っ直ぐに抜き差ししてください。
内蔵メモリーからコピーしたい場合は、カードを取り出してください。
₂
プリントする画像を選択する。
画面上の指示に従います。
または
RAWファイルは印刷できません。
プリント中にオレンジ色の[◦]表示が点
灯しているときは、カメラはプリンター ひとつの画像
からエラーメッセージを受け取っています。
複数の画像
プリント終了後にプリンターをご確認
ください。
₃
カメラとプリンターの接続を切断する。
このアイコンが表示されている間は切断しないでください。
ヒント
76
-. カメラがプリンターと接続されている間は内蔵メモリーとカードを切り替えることができません。USB
接続ケーブルを抜き、.カードを挿入または取り出し、USB 接続ケーブルをプリンターに再度接続します。
-.カメラが接続されているときはモードダイヤルを回転させないでください。
-..お使いのプリンターの取り扱い説明書をお読みください。
用紙サイズ
L/3.5” x 5”
2L/5” x 7”
はがき
A4
A3
プリンター設定が優先されます
89 x 127 mm
127 x 178 mm
100 x 148 mm
210 x 297 mm
297 x 420 mm
10 x 15 cm
4” x 6”
8” x 10”
レター
カード
16:9
100 x 150 mm
101.6 x 152.4 mm
203.2 x 254 mm
216 x 279.4 mm
54 x 85.6 mm
101.6 x 85.6 mm
-.プリンターが対応していない用紙サイズは表示されません。
[ セットアップ ] - [USB モード ] メニューの
初期設定で [PictBridge] 接続を設定してい
ない場合は、▲▼ を押して PictBridge を
選択し、[MENU/SET]ボタンを押します。
USB接続ケーブルをカメラ
に差し込みます。
プリントスタイルを選択
します
スイッチをONにしてUSB
接続ケーブルをプリンター
に接続します。
画面に表示される情報に従ってください。
確定します。
[日付プリント]
日付をプリントする場合は [ON]、しない場合は
[OFF]を選択します。
[ 全画像 ]
保存されているすべての画像をプリントし
ます。
[ 用紙サイズ ]
用紙サイズを設定します。プリンターが対応して
いるサイズのみ。
[DPOF ]
[DPOF] 設定された画像のみをプリントし
ます。
[レイアウト]
プリンターの対応レイアウト
▲
▼
[ 複数選択 ]
▲▼
を押して画像を選択し [DISPLAY]
を押してマークします。選択された画像は
でマークされます。
[MENU/SET] ボタンを押して選択を終了し
ます。
[お気に入り]
[お気に入り] 設定された画像のみをプリント
します。
[プリント枚数 ]
999 枚まで設定できます。[DPOF]
が設定されていると表示されません。
プリンターの設定が優先されます。
1面ふちなし印刷
1面ふちあり印刷
2 面印刷
4 面印刷
77
トラブルシューティング
エラーが改善されない場合は、
[セットアップ]メニューの
[設定リセット]を行うと症状が改善する場合が
あります。
バッテリー、
電源について
電源を
[ON]にしても動作しない。 ・バッテリーは正しい向きに入っていますか?
・バッテリーは十分に充電されていますか?
電源を[ON]にしているのに、液晶
モニターが消灯している。
・[ 自動液晶 OFF] または[外部ファインダー]が ON になっていま
せんか?
電源を
[ON]にしてもすぐ切れる。
•バッテリーは十分に充電されていますか?
[チャージ ] ランプが点滅する。
・バッテリーの温度が高すぎたり低すぎたりすると充電に時間がか
かったり、充電が完了しないことがあります。
・チャージャーまたはバッテリー端子に汚れなどがついていませんか?
撮影について
画像が撮れない。
• 撮影モードが選択されていますか ?
•モードダイヤルは正しく設定されていますか?
•カードまたは内蔵メモリーに十分な残量がありますか?
記録された画像が白っぽい。
・汚れや指紋がレンズについていませんか?汚れたときは、レンズ
の表面を柔らかい乾いた布で軽くふき取ってください。
撮影した場所の周辺が暗くなる。
・レンズを広角に設定し、近距離からフラッシュを使って撮影しま
したか?
撮影した画像が明るすぎたり、
暗すぎる。
• 露出が正しく補正されていますか?
• [ 下限シャッタースピード ] が遅くに設定されていませんか?
• [ピンホール ] シーンモードが設定されていませんか?
1回の 撮 影で 2 〜3 枚の画 像 が
撮れるときがある、
・オートブラケット、マルチアスペクト、高速連写、フラッシュ連写
などを OFFにしてください。
ピントが合わない。
・撮影モードで可能な焦点範囲をご確認ください。
・被写体がピントが合う範囲から外れています。
・カメラまたは被写体がブレていませんか?
撮影した画像がブレている。
手ブレ補正が効かない。
・撮影場所が暗すぎませんか?
・両手でしっかりとカメラを持っていますか?
・必要であれば三脚とセルフタイマーを使用してください。
オートブラケットで撮影ができない。・記録可能画像枚数が 2 枚以下ではありませんか?
撮影した画像が粗い。
ノイズが出る。
・ISO 感度が高すぎたりシャッタースピードが長すぎませんか?
・撮影状況が暗すぎませんでしたか?
・[ フィルムモード ] で [ノイズリダクション] をプラスの方へ、それ
以外の項目をマイナス方向に設定します。
78
撮 影された画像の明るさや
色合いが実際とは異なる。
・
モードで [ 高感度 ] または [ 高速連写 ] が設定されていま
せんか? 高感度処理のため記録された画像がわずかに劣化し
ますが、これは故障でありません。
撮影中に、液晶モニターに
赤っぽい縦スジ(スミア)が
出る。
・これは CCD の性質で、明るい被写体に見られるものです。 若干
ばらつきはあるかもしれませんが、これは故障ではありません。
・動画では記録されますが、静止画では記録されません。
・日光または強い光やその他の強力な光源が被写体に入らない
ように注意してください。
動画撮影が途中で止まる。
・動画撮影にマルチメディアカードを使用しないでください。
・カードの種類によっては動画撮影が中断する場合があります。
被写体をロックできない。
(追尾 AFが失敗する。
)
・被写体の中の、周囲の色とできるだけ異なる部分に AFエリアを
持ってきてください。
レンズについて
撮影された画像がゆがんだり、
被写体のまわりに色ぶちが発生
する。
・ズーム位置によっては、レンズの特性上わずかに歪んだり、輪郭
に着色が生じたりする場合がありますが、異常ではありません。
液晶モニターについて
電源[ON]中に、液晶モニター
が消える。
・パワーセーブ機能が働いていませんか?
液晶モニターの明るさが、暗く
なったり一瞬明るくなったりする。
・シャッターボタンを押し、絞りが自動調整された時にこのような
現象が起きる場合がありますが、撮影された画像には影響あり
ません。またこれは異常ではありません。
室内で液晶モニターがちらつく。
・蛍光灯によって生じる現象です。これは故障ではありません。
液晶モニターが明るすぎたり、
暗すぎる。
・[パワー LCD] が ONになっていませんか?
・バッテリーは十分に充電されていますか?
・液晶モニターの明るさは正しく設定されていますか?
液晶モニターの画面上に黒、赤、
青、緑の点が現れる。
・これは故障ではなく、画質には影響ありません。
液晶モニターにノイズが出る。
・暗い場所ではノイズが出ることがあります。撮 影する画質に
影響はありません。
79
フラッシュについて
フラッシュが発光しない。
• フラッシュは閉じられていますか?
• フラッシュが OFFに設定されていませんか?
• オートブラケットまたは[撮影] メニューで[連写] が設定されている
ときは発光しません。
フラッシュが数回発光する。
・赤目軽減モードが有効になっています。最初のフラッシュが赤目
を軽減します。
再生について
再生した画像が意図しない方
向に回転して表示される。
・[ 回転表示 ] を [ON]にセットしていませんか?
再生できない。
・ [ カテゴリー再生 ] または [ お気に入り再生 ] が再生方法で設定
されていませんか? [ 通常再生 ]に変更してください。
フォルダー・
ファイル番号 が [–]
で表示され、画像が黒くなる。
・画像をパソコンで編集しませんでしたか?
・[ 画像回転 ] 機能を使うと画像を回転できます。
・他のカメラで撮影した画像がありませんか?
・撮 影直後にバッテリーを取り出したり、残 量が少なくなった
バッテリーで撮影しませんでしたか?
カレンダーを再生すると、撮影
した日付と異なる日付に画像
が表示される。
・カメラの時計は正しく設定されていますか?
撮影した画像の上に石鹸の泡
のような白い丸い点が現れる。
・暗い場所でフラッシュを使うと、空気中の粒子が反射して生じ
ます。これは故障ではありません。
[サムネールが表示されます ]
が画面に表示される。
・他のカメラで撮影した画像がありませんか ? 画質が悪いと表示
されることがあります。
クリック音が動画に録音される。
・自動絞り調整によって動画撮影中にクリック音が録音される場合
がありますが、異常ではありません。
・画像をパソコンで編集しませんでしたか?
・他のカメラで撮影した画像がありませんか?
テレビ、パソコン、
プリンターについて
テレビに画像が出ない。
・カメラはテレビに正しく接続されていますか?
・テレビの入力は正しく設定されていますか?
・カメラのメニューは正しく設定されていますか?
・カメラはパソコンまたはプリンターに接続されていませんか?
テレビにのみ接続してください。
テレビ画面と本機の液晶モニター
の表示される領域が違う。
・[TV 画面タイプ ] 設定をチェックします。
テレビで動画の再生ができない。
・カメラはテレビに正しく接続されていますか?
・テレビの機種によっては、画像が縦や横に伸びたり、画像の上下
や左右が切れて表示されることがあります。
・付属の AVケーブルを使用していますか?
・別売のコンポネントケーブルを使用していませんか?
80
テレビ画面いっぱいに画像が表
示されない。
・TV 画面タイプを確認してください。
パソコンに接続して画像を転送
できない。
・カメラはパソコンに正しく接続されていますか?
カードまたは内蔵メモリーが
パソコンに認識されない。
・USB 接続ケーブルを抜き、カードを入れた状態で USB 接続ケーブル
を接続し直してください。
プリンターに接続して、プリント
ができない。
・ PictBridge に対応していないプリンターではプリントできません。
カメラの [USB モード ]を [PictBridge] に設定してください。
プリントすると、画像の端が切
れる。
・プリンターは正しく設定されていますか?
・カードはパソコンに正しく認識されていますか? [USB モード ] を
[PC] に設定してください。
・ふちなしプリントまたはトリミングの設定を解除してください。
その他
間違った言語を設定してしまった。 ・[MENU/SET] ボタンを押してセットアップメニュー
アイコンを選んで、言語設定をしてください。
を表示し、
シャッターボタンを半押しすると、 ・暗い場所ではピントを合わせやすくするために、AF 補助光が点灯
します。
赤いランプが点灯することがある。
AF 補助光が点灯しない。
• 撮影メニューの [AF 補助光 ]が [ON]に設定されていますか?
• AF 補助光は明るいところでは点灯しません。
本機が熱くなる。
・これは故障ではなく、画質には影響ありません。
レンズ部から
「カチッ」と音がする。 ・これは故障ではなく、画質には影響ありません。
時計がリセットされる。
・カメラが長期間使用されなかった場合は、時計設定がリセット
されることがあります。
画像をズームするとわずかにゆ
がんで表示され、画像の周囲に
実際にはない色が付いている。
・ズーム位置によっては、レンズの特性上わずかに歪んだり、輪郭に
着色が生じたりする場合がありますが異常ではありません。
ズームが瞬間的に止まる。
・EX 光学ズーム時、W 端近くではズームの動きが一瞬止まります
が、異常ではありません。
ファイル番号が連続して記録さ
れない。
・特定の操作後、撮影を継続すると、違うフォルダーに保存される
場合があります。
ファイル番号がさかのぼって記
録される。
・カメラの電源を入れたままバッテリーを取り外したり挿入すると、
保存されたフォルダー番号は無効になります。
[年齢 ]が正しく表示されない。
・時間と誕生日の設定を確認してください。
レンズが引っ込む。
・ レンズは、[撮影]モードから[再生]モードへ切り替えた後、
およそ15 秒後に引っ込みます。
81
組み合わせが不可能な機能
82
機能
機能が設定できない条件
[オートパワー LCD]
•
[パワーセーブ ]
• ACアダプターを使用しているとき
• パソコンまたはプリンターに接続しているとき
• 動画の撮影時または再生時
• スライドショーの間
• [オートデモ]
[自動液晶 OFF]
• ACアダプターを使用しているとき
• メニュー画面が表示されている間
• セルフタイマーが設定されているとき
• 動画の撮影中
• パソコンまたはプリンターに接続しているとき
[オートレビュー ]
•
モード
[EX 光学ズーム]
•
•
モードの
モード
[デジタルズーム]
•
モードの
• インテリジェント ISO が設定されているとき
[ヒストグラム]
•
モード
• マルチ再生中
• 再生ズーム中
• [カレンダー ]
[フラッシュ ]
• オートブラケットが設定されているとき
• [ 連写 ]
•
モードの
•
モード
• [フィルムモード ] で [マルチフィルム] が設定されているとき
[フラッシュ光量調節 ]
•
•
モードの
モード
[セルフタイマー ]
•
•
モードの
モード
[ 露出補正 ]
•
•
モードの
モード
[オートブラケット]/
[マルチアスペクト]
•
•
モードの
モード
[ 連写 ]
•
•
モードの
モード
[ 記録画素数 ]
•
•
モードの
モード
[クオリティ ]
•
•
モードの
モード
[インテリジェント ISO]
•
•
•
•
モード
モード
モード
モード
モード
[ISO 感度 ]
•
モード
•
モード
• インテリジェント ISO が設定されているとき
[ISO 感度上限設定 ]
•
•
モード
モード
[ホワイトバランス]
•
モードの
[ホワイトバランス補正 ]
•
モードの
[ 追尾 AF]
•
モードの
•
モード
• [フィルムモード ] で [標準 ]
が設定されているとき
[ダイナミック]
および [スムーズ ]
[クイック AF]
•
•
モードの
モード
[ 連続 AF]
•
モードの
• マニュアルフォーカスが設定されているとき
[ 暗部補正 ]
•
•
[ 下限シャッタースピード ]
•
モード
•
モード
•
モード
•
モード
•
モード
• インテリジェント ISO が設定されているとき
• [多重露光 ]
[音声記録 ]
• [オートブラケット]
• [マルチアスペクト]
• [ 連写 ]
•
モードの
•
モード
• [フィルムモード ] で [マルチフィルム] が設定されているとき
[AF 補助光 ]
•
モードの
[AF/AE ロック]
•
•
モード
モード
[フラッシュ シンクロ]
•
•
モード
モード
[ 再生ズーム]
• 動画再生をしているとき
• 音声付き静止画像 (音声を再生しているとき)
[タイトルの編集 ]
• 動画
• プロテクトされた画像
[ 文字焼き込み]
• 時計設定を行わずに撮影された画像
• 動画
• 音声付静止画
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
モード
モード
83
[リサイズ ]
• 動画
• 音声付静止画
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
[トリミング ]
• 動画
• 音声付静止画
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
[傾き補正 ]
• 動画
• 音声付静止画
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
[横縦比変換 ]
で記録した画像
•
または
• 動画
• 音声付静止画
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
[ 画像回転 ]
• 動画
• プロテクトされた画像
[ 回転表示 ]
• マルチ再生
• [カレンダー検索 ]
[お気に入り]
• [クオリティ ] が
[日付プリント]
• [ 文字焼き込み ] 済の画像
• [クオリティ ] が
. に設定されているとき
[アフレコ]
• 動画
• プロテクトされた画像
. に設定されているとき
コンポネントケーブルが接続されているときに組み合わせられない機能
-.[LCDモード ]、
.[ヒストグラム]、
.[タイトル編集 ]、
.[ 文字焼き込み]、
.[リサイズ ]、
.[トリミング ]、
.[傾き補正 ]、
.
[横縦比変換 ]、
.[アフレコ]、
.[コピー ]
-.[DPOF.プリント ] の [ 複数 ] 設定、.[ プロテクト ].と.[ 複数削除 ]。
-.動画から静止画を作成すること。
メッセージ表示
確認 /エラー内容を液晶モニターに文章で表示します。ここではその主なメッセージを例として説明して
います。
[このメモリーカードはロックされています ]
SDメモリーカードまたは SDHCメモリーカードの書き込み禁止スイッチが
「LOCK」に設定されています。
[表示できる画像がありません]
画像を記録する、または画像が記録されたカードを入れてから再生してください。
[この画像はプロテクトされています ]
画像のプロテクトを解除してから削除してください。
[ 削除できない画像があります/この画像は削除できません]
DCF 規格に準拠していない画像は削除できません。削除したい場合は、パソコンなどを使って必要
なデータを保存してからカードをフォーマットしてください。
84
[ 設定枚数をこえました ]
[ 複数設定 ] [ 複数削除 ]、[ お気に入り]、[タイトル編集 ]、[ 文字焼き込み ]、[リサイズ ] で選択可能な
限度数をこました。
お気に入り設定が 999 枚を超えています。
[この画像には設定できません]
[タイトル編集 ]、[ 文字焼き込み ] または [DPOF プリント] は DCF 規格に準拠していない画像に設定
できません。
[内蔵メモリー残量が不足しています/メモリーカード残量が不足しています ]
内蔵メモリーまたはカードの空き容量がありません。カードの空き容量がなくなるまで内蔵メモリー
からカードへ画像をコピーできます。
[コピーできない画像があります/ 画像をコピーすることができませんでした ]
カードからコピーする画像と同じ名前の画像が内蔵メモリーにあります。ファイルが DCF 規格に準拠
していません。
また、本機以外で撮影した画像や編集された画像はコピーされない場合があります。
[ 内蔵メモリーエラー・フォーマットしますか? ]
パソコンでフォーマットした場合など、このメッセージが表示されます。本機でフォーマットし直して
ください。実行する前にデータを保存してください。
[メモリーカードエラー カードをフォーマットしますか?]
カードのフォーマットがカメラに認識されません。必要なデータを保存してから本機でフォーマットし
直してください。
[ 電源を入れ直してください]
正常に動作しなかった場合に表示されます。再度、電源を入れ直してください。それでも表示される
場合は、お買い上げの販売店またはサービスセンターへお問い合わせください。
[メモリーカードエラー カードのパラメータが異常です ]
本機に対応したカードをお使いください。4GB 以上のメモリーカードは SDHC メモリーカードのみ
使用できます。
[メモリーカードエラー カードを確認してください]
カードへのアクセスに失敗しました。電源を
[OFF]にしてからもう一度カードを入れ直してください。
[リードエラー カードを確認してください]
データの読み込みに失敗しました。電源を
[OFF]にしてからもう一度カードを入れ直してください。
[ライトエラー カードを確認してください]
データの書き込みに失敗しました。電源を
[OFF]にしてからもう一度カードを入れ直してください。
[カードの書き込み速度不足のため記録を終了しました ]
画質設定を [30fpsVGA]、[30fps HD]または [30fps WVGA]に設定している場合は、10MB/s 以上の SD
メモリーカードを使用することをおすすめします。SDメモリーカードの種類によっては、動画撮影
が中断されることがあります。
[フォルダーを作成できません]
使用できるフォルダー番号がなくなったためフォルダーを作成できません。必要なデータを保存してから
本機でフォーマットしてください。フォーマットを行ったあとにセットアップメニューの[番号リセット]
を実行すると、フォルダー番号がにリセットされます。
[4:3TV用で出力します。/ 16:9TV用で出力します ]
本機に AVケーブルが接続されました。
[MENU/SET]ボタンを押すとメッセージを消せます。
TV 画面タイプ比を変更したい場合は、セットアップメニューの
[TV 画面タイプ]で変更してください。
USB ケーブルがカメラのみに接続されています。USB 接続ケーブルのもう一方をパソコンまたは
プリンターに接続するとメッセージは消えます。
[プリンター ビジー ] / [プリンターを確認してください]
カメラがプリントできない場合はプリンターを確認してください。
85
Capture One 4 のインストール
Rawデータ
RAW フォーマットを選んだ場合、保存した RAW データを最高品質で現像するためには高度
に特化されたソフトウェアが必要となります。たとえばプロフェッショナルな RAW データ
コンバーターである Phase One 社の「Capture One 4 」です。ソフトウェアは DVD-ROM で提
供され、ライカ D-LUX 4 の製品パッケージに含まれます。Capture One 4 は品質を最善化した
デジタルカラー処理、同時に特にノイズの少ない、そして驚異的な画像解像度を可能にする
アルゴリズムを 提供します。
その処理をする場合、後でホワイトバランス、ノイズ削減、グラデーション、シャープネスなど
のパラメータを設定することができ、最高度の画質を得られます。
Capture One 4 のインストール
インストールするには、Phase Oneのホームページでユーザー登録をする必要があります。
メモ :
• 必要なライセンスコードを用意してください。
DVD-ROMの入った紙の封筒の背面に印刷されています。
• ライセンスコードがない場合はソフトウェアを30日の試用期間のみ使用できます。
1. Capture One 4 の最初のスタート時には
「Activation」
(起動)の項目を選択してください。
2. ライセンスコードをその欄に記入してください。
メモ :
ソフトウェアの起動には、有効な電子メールアドレスも必要です。
3. その後の指示に従ってください。
起動時にはユーザーのプロファイルが Phase One のライセンスサーバーに登録されます。これ
により、例えば一度起動を中断した後、別のパソコンにインストールして再起動することが
できます。
メモ :
•「ヘルプ」ボタンをクリックすると、Capture One 4 のハンドブックの載ったウィンドウが開き
ます。その中に起動および終了の説明があります。Capture One 4 は最初の起動時は英語の
ユーザーインターフェイスで開きます。言語の設定をメニュー項目[Edit-Preferences]から希望
の言語に切り替えることができます。
• Capture One 4 をお使いになってサポートが必要な場合は、次のサイトを呼び出してください。
http://www.phaseone.com/Support から、ソフトウェアの起動中に作成された「Phase One
Profile」を使ってログインしてください。
86
システム条件
Microsoft® Windows® XP Professional あるいは Home Edition、Service Pack2 Windows /
Vista®、Mac®OS X 10.4.11 あるいはそれ以後のバージョンが必要です。Windows のバージョンに
よってはオペレーションシステムが Windowsの署名がないことを警告する場合があります。この
メッセージは無視してインストールを継続してください。
87
記録可能枚数
• 記録可能枚数・時間は目安です。
(撮影条件、カードの種類によって変化します)
• 被写体により記録可能枚数・時間は変動します。
画像横縦比
3648x2736
記録画素数
3072x2304
2560x1920
クオリティ
4
2
3
9
20
3
3
14
28
3
3
20
32 MB
2
1
1
5
11
1
2
7
16
1
2
11
23
64 MB
5
3
4
11
24
3
4
16
34
4
4
24
48
128 MB
10
7
8
24
49
7
8
35
69
8
9
50
99
256 MB
19
14
16
48
97
15
17
68
135
16
18
98
190
380
内蔵メモリー
カード
40
512 MB
39
27
32
97
190
30
34
135
270
32
35
195
1 GB
79
56
65
195
380
61
69
270
540
65
71
390
770
2 GB 160
110
130
390
770
120
140
550
1090
130
145
790
1530
4 GB 310
220
260
770
1520
240
270
1090 2150
260
280
1560 3010
8 GB 640
450
530
1580 3100
490
560
2200 4380
530
580
3180 6130
16 GB 1290
920
1070 3180 6250 1000 1120 4490 8820 1070 1170 6410 12350
32 GB 2590 1840 2150 6390 12540 2010 2260 9010 17700 2150 2340 12870 24780
画像横縦比
2048x1536
記録画素数
1600x1200
640x480
クオリティ
3
3
32
62
3
4
51
97
4
4
240
32 MB
2
2
18
36
2
2
29
56
2
2
145
230
64 MB
4
4
38
75
4
4
61
115
4
4
290
480
内蔵メモリー
カード
400
128 MB
8
9
78
150
9
9
125
230
10
10
600
970
256 MB
17
18
150
290
18
19
240
460
19
19
1170
1900
512 MB
34
37
300
590
36
37
480
910
38
39
2320 3770
1 GB
70
74
600
1180
73
75
970
1830
77
78
4640 7550
2 GB 140
150
1220 2360
145
150
1920
3610
155
155
8780 12290
4 GB 270
290
2410 4640
390
300
3770 7090
310
310
17240 24130
600
4910 9440
590
610
7670 14440
630
630
35080 49120
8 GB 560
16 GB 1140
1210 9880 19000 1190
1230 15440 29070 1270
1270 70590 98840
32 GB 2290 2420 19820 38120 2390 2480 30970 58310 2540 2560 141620 198270
88
画像横縦比
.3776x2520
記録画素数
.3168x2112
.2656x1768
クオリティ
4
2
3
10
21
3
3
14
30
3
3
21
32 MB
2
1
2
5
11
1
2
8
36
2
2
12
24
64 MB
5
3
4
12
25
3
4
17
73
4
4
25
50
128 MB
10
7
8
25
51
8
9
36
140
8
9
52
100
256 MB
21
14
17
51
100
16
18
72
280
17
19
100
200
512 MB
41
29
34
100
200
32
36
140
570
34
37
200
400
1 GB
83
59
69
200
400
64
72
280
1150
69
75
410
800
2 GB 165
120
140
410
810
130
145
580
2270
140
150
820
1610
4 GB 330
230
270
810
1600
250
290
1140 4630
270
300
1630 3170
8 GB 670
480
560
1650 3270
520
590
2330 3920
560
610
3310 6460
16 GB 1360
960
1130 3330 6580 1050 1190 4700 9320 1130 1230 6670 13000
内蔵メモリー
カード
42
32 GB 2730 1940 2260 6690 13210 2120 2380 9440 18700 2270 2470 13390 26080
画像横縦比
.2112x1408
記録画素数
.2048x1360
クオリティ
内蔵メモリー
32 MB
カード
3
4
33
65
3
4
36
69
2
2
19
37
2
2
20
40
64 MB
4
4
40
78
4
4
43
83
128 MB
9
10
82
155
9
10
88
165
256 MB
18
19
160
310
18
19
170
330
512 MB
36
39
320
610
37
39
330
650
1 GB
73
78
640
1230
74
78
680
1310
2 GB 145
155
1270 2450
150
155
1360 2560
4 GB 290
310
2510 4820
290
310
2680 5020
8 GB 590
630
5110
600
630
5450 10230
9820
16 GB 1200 1270 10290 19760 1210
1280 10980 20590
32 GB 2410 2560 20650 39650 2430 2560 22020 41300
89
記録可能枚数
画像横縦比
.3968x2232
記録画素数
.3328x1872
.2784x1568
クオリティ
4
3
3
11
22
3
4
15
32
3
4
22
45
2
1
2
6
12
1
2
9
18
2
2
13
26
64 MB
5
3
4
13
27
4
4
19
38
4
5
27
54
128 MB
11
8
9
27
55
8
10
39
79
9
10
56
110
内蔵メモリー
32 MB
カード
256 MB
22
15
18
54
105
17
19
77
150
18
20
110
210
512 MB
44
31
36
105
210
34
38
155
300
37
40
210
430
1 GB
89
63
74
210
430
69
78
310
610
74
81
440
860
2 GB 180
125
150
440
870
140
155
620
1220
150
160
890
1700
4 GB 350
250
290
870
1720
270
310
1230 2410
290
320
1740 3350
8 GB 720
510
600
1770 3500
560
630
2500 4910
600
650
3550 6820
16 GB 1460 1030 1210 3580 7050 1130 1270 5040 9880 1210 1320 7160 13720
32 GB 2930 2080 2420 7180 14160 2270 2550 10110 19820 2430 2650 14360 27530
画像横縦比
.2208x1248
記録画素数
.1920x1080
クオリティ
内蔵メモリー
32 MB
カード
4
4
36
71
4
4
47
92
2
2
21
41
2
2
27
53
64 MB
4
5
43
85
5
5
57
105
128 MB
10
10
86
170
10
10
115
220
256 MB
19
21
170
330
20
21
220
430
512 MB
39
41
340
670
40
42
450
860
1 GB
79
83
690
1340
81
85
900
1720
2 GB 160
170
1390 2670
165
165
1800 3410
4 GB 310
330
2740 5240
320
330
3540 6700
8 GB 640
680
5580 10670 660
680
7220 13640
16 GB 1290 1360 11230 21480 1320 1380 14530 27450
32 GB 2590 2740 22530 43100 2660 2780 29150 55070
90
記録可能時間
・動画は連続して 2GB まで撮影できます。 画面には2GB までしか表示されません。
・画面に表示される記録可能枚数と撮影可能時間は、規則正しく減少しないことがあります。
・液晶モニターに表示される記録可能枚数・時間は、規則正しく減少しない場合があります。
・本機はマルチメディアカードでの動画撮影には対応していません。
・シーンモードの [ 高感度 ] または [ 高速連写 ] では、EX 光学ズームが働きませんので、記録
画素数の は表示されません。
画質設定
HD
WVGA
VGA
QVGA-H
内蔵メモリー
-
-
-
-
カード
QVGA-L
32 MB
6秒
14 秒
17 秒
56 秒
2 分 35 秒
64 MB
16 秒
33 秒
39 秒
1 分 58 秒
5 分 20 秒
128 MB
37 秒
1 分 10 秒
1 分 22 秒
5 分 0 秒
10 分 50 秒
256 MB
1 分 15 秒
2 分 15 秒
2 分 40 秒
7 分 50 秒
21 分 10 秒
512 MB
2 分 30 秒
4 分 30 秒
5 分 20 秒
15 分 40 秒
42 分 0 秒
1 GB
5 分 0 秒
9 分 20 秒
10 分 50 秒
31 分 20 秒
1 時間 24 分
2 GB
10 分 30 秒
19 分 0 秒
22 分 10 秒
1 時間 5 分
2 時間 51 分
4 GB
11 分 10 秒
37 分 30 秒
43 分 40 秒
2 時間 5 分
5 時間 36 分
8 GB
20 分 40 秒
1 時間 16 分
1 時間 28 分
4 時間 15 分 11 時間 23 分
16 GB 1 時間 24 分
2 時間 33 分
2 時間 59 分
8 時間 35 分 22 時間 55 分
32 GB 2 時間 50 分
5 時間 8 分
5 時間 59 分 17 時間 13 分 46 時間 0 分
91
仕様
技術仕様は予告なく変更されることがあります。
カメラ :
電源 :
消費電力 :
カメラ有効画素数 :
撮影素子 :
DC 5.1 V
1.5 W(撮影)、0.8 W(再生)
1010 万画素
1/1.63” CCD、総画素数 1130 万画素
カラーフィルター
レンズ :
光学 2.5 倍ズーム、f=5.1mm ~ 12.8mm
(35mmフィルムカメラ換算 24mm ~ 60mmに相当)
F2.0 ~ F2.8
デジタルズーム :
最大 4 倍
EX光学ズームレンズ :
最大 4.5 倍
フォーカス :
ノーマル /マクロ /顔認識 /追尾 AF /
11 点 /3 点(H)/1 点(H)/1 点 /スポット
ピントが合う範囲 :
50cm(広角)/1m(望遠)~ ∞
マクロ/インテリジェント オート: 1cm(広角)/30cm(望遠)~ ∞
シャッター :
自動 およびメカニカルシャッター併用
動画撮影 :
画像横縦比
設定時
撮影 : 640 x 480 画素(カード使用時は 30 fps)
320 x 240 pixels(30 fps, 10 fps)
画像横縦比
設定時
撮影 : 848 x 480 画素(カード使用時は 30 fps)
撮影 : 1280 x 720 画素(カード使用時は 24 fps)
音声付き
連写撮影 :
2.5 枚 /秒(通常)、約 2 枚 /秒(無限連写)
記録可能枚数 :
内蔵メモリー使用時 :
最大 8 枚(標準)、最大 4 枚(ファイン)、カード使用時 :
カードの容量による(制限なし)。
(連写撮影は SDメモリーカード/SDHC メモリーカードのみ
可能です。マルチメディアカードは適していません。
)
高速連写速度 :
約 6 コマ /秒
(2M(4:3)、2.5M(3:2)または 2M(16:9)が画像サイズと
して選択されます。)
高速連写時記録
可能枚数 :
内蔵メモリー使用時 :
約 35 枚 (フォーマットの直後)
カード使用時 : 最大100 画像(カードの種類や撮影条件に
よって異なる)
ISO 感度 :
オート /80/100/200/400/800/1600/3200
[高感度 ]モード : 1600 ~ 6400
シャッタースピード :
60 秒 ~ 1/2000 秒
[星空 ]モード : 15 秒、30 秒、60 秒
92
ホワイトバランス :
露出(AE):
測光モード :
液晶モニター :
フラッシュ :
マイク /スピーカー :
記録メディア :
画像サイズ
静止画像 :
動画 :
クオリティ :
記録画像データ形式
静止画 :
音声付き静止画 :
オートホワイトバランス /晴天 /曇り /日陰 /白熱灯 /
ホワイト設定 1/ホワイト設定 2/ホワイトバランス K設定
プログラム AE(P)/絞り優先 AE(A)/シャッター優先(S)/
マニュアル露出(M)
露出補正(1/3 EVステップ、-2 EV ~ +2 EV)
マルチ /中央重点 /スポット
3 型低温ポリシリコン TFT 液晶
(約 46 万画素)(視野率約 100%)
内蔵ポップアップフラッシュ
フラッシュ : [ISO オート ]
約 80 cm ~ 8 m (広角)
オート /赤目軽減オート /強制発光(赤目軽減強制発光)
赤目軽減スローシンクロ /発光禁止
モノラル
内蔵メモリー(約 50 MB)/SD メモリーカード /
SDHC メモリーカード/マルチメディアカード
(静止画のみ対応)
画像横縦比
設定時
3648x2736 画素、3072x2304 画素、2560x1920 画素
2048x1536 画素、1600x1200 画素、640x480 画素
画像横縦比
設定時
3776x2520 画素、3168x2112 画素、2656x1768 画素
2112x1408 画素、2048x1360 画素
画像横縦比
設定時
3968x2240 画素、3328x1872 画素、2784x1568 画素
2208x1248 画素、1920x1080 画素
画像横縦比
設定時
640x480 画素
(カード使用時)、320x240 画素
画像横縦比
設定時
1280x720 画素
(カード使用時)
848x480 画素
(カード使用時)
ファイン/スタンダード/RAW/RAW+ファイン/RAW+スタンダード
JPEG
(DCF準拠、Exif2.21準拠)/ DPOF 対応
JPEG
(DCF準拠、Exif2.21準拠)+ QuickTime
(音声付き静止画)
QuickTime Motion JPEG
(音声付き動画)
動画 :
インターフェース
デジタル :
USB 2.0
(High Speed)
アナログ ビデオ/オーディオ: NTSC/PALコンポジット
(メニュー切り換え)/
オーディオライン出力
(モノラル)
端子
[COMPONENT OUT]:
専用ジャック(10 Pin)
[AV OUT/DIGITAL]:
専用ジャック(8 Pin)
[DC IN]:
専用ジャック(2 Pin)
93
94
寸法(幅×高さ×奥行き):
質量 : 推奨使用温度 : 許容相対湿度 :
約 109 mm x 60 mm x 27 mm
[4 1/4 ” × 2 1/3 ” × 11/16 ” ](突起部除く)
約 228 g(本体)
約 264 g(バッテリー /カード含む)
0 ℃ ~ 40 ℃
10 % ~ 80 %
チャージャー : 安全に関する情報
定格入力 : 定格出力 : 110V ~ 240V ~50/60Hz, 0.2A
出力 4.2V 0.8A
バッテリーパック :
安全に関する情報
電源 :
3.6V、1000mAh
95
Leica サービス窓口
ライカ アカデミー
ライカカメラ社では、高性能な写真関連製品の製造に携わるだけでなく、長年にわたるサー
ビスの一環としてライカアカデミーを主催しています。ライカアカデミーでは、実践的なセミ
ナーやトレーニングコースを開催し、写真や映像分野の専門知識を、初心者から上級者まで
の熱心な写真愛好家の皆様にご提供します。経験豊かなスタッフが、本社工場やグート・ア
ルテンベルクにある最新の研修施設にて実施するコース内容には、一般的な写真撮影から
専門の対象分野までが含まれます。こちらでは、数多くのアドバイスや情報に加えて、皆様の
作品作りに対するサポートもご提供しています。ライカアカデミーの最新プログラムについて
は、下記までお問い合わせください。
Leica Camera AG
Leica Academie
Oskar-Barnack Str.11
D-35606 Solms, Germany
Phone: +49(0)6442-208-421
Fax: +49(0)6442-208-425
[email protected]
ライカのホームページ
各種製品、ニュース、イベント、会社情報等に関する最新情報については、ライカカメラ社の
ホームページをご覧ください。
http://www.leica-camera.com
http://www.leica-camera.co.jp
ライカ インフォメーションサービス
ライカ製品の使い方などの技術的なご質問は、下記までお問い合わせください。
Leica Camera AG
Information Service
Postfach 1180
D-35599 Solms, Germany
Phone: +49(0)6442-208-111
Fax: +49(0)6442-208-339
[email protected]
ライカ デジタルカメラサポートセンター
<技術的なお問い合わせ窓口>
Tel. 03-5956-6428
受付時間:月曜日〜金曜日 10:00 〜12:00、13:00 〜16:30
祝祭日は受け付けておりませんのでご了承ください。
ライカ カスタマーサービス
ライカ製品のメンテナンスや修理が必要な場合には、下記のカスタマーサービスセンター、
またはお近くのライカ正規特約店までお問い合わせください。
96
Leica Camera AG, Customer Service
Solmser Gewerbepark 8
D-35606 Solms, Germany
Phone: +49(0)6442-208-189
Fax: +49(0)6442-208-339
[email protected]
ライカカメラジャパン株式会社
カスタマーサービス
東京都中央区銀座 6-4-1 ライカ銀座店内
Tel. 03-6215-7072
Fax. 03-6215-7073
[email protected]
Leica Camera AG / Oskar-Barnack-Str.11 / D-35606 Solms
www.leica-cameras.com / [email protected]
Telefon +49 (0) 64 42-208-0 / Telefax +49 (0) 64 42-208-333
93 252 IX/08/P
my point of view
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement