取扱説明書 - オリンパス

取扱説明書 - オリンパス
ボイストレック
DM-4
取扱説明書
お買い上げいただきありがとうございます。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、
製品を正しく安全にお使いください。
お読みになったあとは、いつでも見られる
ところに必ず保管してください。
失敗のない録音をするために
試し録りをしてください。
JP
はじめに
• 本書の内容については将来予告なしに変更する場合があります。商品名、型番など、
最新の情報についてはカスタマーサポートセンターまでお問い合わせください。
• 取扱説明書で使用している液晶画面や本機のイラストは実際の製品とは異なる場合が
あります。また、本書の内容については、万全を期して作成しておりますが、万一ご
不審な点、誤り、記載もれなど、お気づきの点がございましたらカスタマーサポート
センターまでお問い合わせください。
• 本書の著作権はオリンパス株式会社、およびオリンパスイメージング株式会社が所有
しております。本書を無断で複製したり、複製物を無断で配布したりすることは著作
権法により禁じられています。
• 本製品の不適当な使用による万一の損害や、逸失利益、または第三者からのいかなる
請求に関しても、当社では一切その責任を負いかねますのでご了承ください。
電波障害自主規制について
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的
としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受
信障害を引き起こす場合があります。取扱説明書にしたがって正しくお使いください。
商標および登録商標について
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ボイストレック(Voice-Trek)はオリンパス株式会社の登録商標です。
IBM、PC/ATは、International Business Machines Corporation の商標または登録商標です。
Microsoft、Windows、Windows Media は Microsoft Corporation の登録商標です。
Macintosh、iTunes は米国アップル社の商標です。
microSD と microSDHC は、SD Card Association の商標です。
MP3 オーディオ符号化技術は Fraunhofer IIS 社と Thomson 社からのライセンスに基
づき製品化されています。
日本電気株式会社からのライセンスに基づくノイズキャンセル技術を利用して製品化されています。
EUPHONY MOBILE は、DiMAGIC(ダイマジック社)の商標です。
DVM は、DiMAGIC(ダイマジック社)の商標です。
Nuance, Nuance のロゴ、RealSpeak、VoCon は、米国とその他の国々における
Nuance Communications Inc., およびその関連会社の商標または登録商標です。
DAISY OK マークは DAISY Consortium の商標です。
その他の本説明書に記載されているすべてのブランド名または商品名は、それらの所有者の
商標または登録商標です。
JP
2
はじめに
この製品の内部のソフトウェアは第三者作成のソフトウェアを含んでいます。第三者作
成のソフトウェアは、その所有者または著作権者により所定の条件が課せられており、
その条件に基づいてあなたに配布されています。これらの条件を下記に示します。
PCRE LICENCE: PCRE is a library of functions to support regular expressions whose
syntax and semantics are as close as possible to those of the Perl 5 language. Release
5 of PCRE is distributed under the terms of the "BSD" licence, as specified below. The
documentation for PCRE, supplied in the "doc" directory, is distributed under the same
terms as the software itself.
Written by: Philip Hazel <[email protected]> University of Cambridge Computing
Service, Cambridge, England. Phone: +44 1223 334714
Copyright (c) 1997-2004 University of Cambridge All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are
permitted provided that the following conditions are met:
Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of
conditions and the following disclaimer.
Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of
conditions and the following disclaimer.
Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of
conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials
provided with the distribution.
Neither the name of the University of Cambridge nor the names of its contributors may
be used to endorse or promote products derived from this software without specific
prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND
CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES,
INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR
CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL,
EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED
TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE,
DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND
ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR
TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF
THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH
DAMAGE.
JP
3
目次
はじめに
あなたと他の人々への危害や財産
への損害を未然に防ぐためにお
読みください。
安全にお使いいただくために ................... 8
ご使用上のご注意 .......................................8
本機について ................................................9
電池について .............................................10
AC アダプタについて ...........................12
充電式電池の廃棄について .................13
液晶ディスプレイについて .................13
ソフトウェアについて ..........................13
1 ご使用になる前の準備
製品に関する基礎的な
情報をまとめています。
主な特長.................................................. 14
各部のなまえ .......................................... 16
[ホーム]画面 ...........................................17
[レコーダー]モード画面 ...................19
[ミュージック]モード画面 ..............20
[ポッドキャスト]モード画面..........20
[ブック]モード画面.............................21
[スケジュール]モード画面 ..............22
製品を使う前の準備を
しましょう。
JP
4
電源について .......................................... 23
電池パックを入れる ...............................23
充電する .......................................................24
電源を入れる/切る ...............................27
誤操作を防止する-ホールド機能 ........ 28
日付・時刻を合わせる
[Time & Date]............................ 29
日付・時刻をかえるには......................30
microSD カードを入れる/取り出す ... 31
microSD カードを入れる ..................31
microSD カードを取り出す .............32
ファイル管理をする際に
お役だてください。
フォルダについて................................... 33
音声録音用フォルダについて ............33
音楽再生用フォルダについて ............34
ポッドキャスト再生用フォルダ
について .............................................35
電子図書コンテンツ・テキストファイ
ル再生用フォルダについて .......36
ピクチャー再生用フォルダ
について .................................. 38
2 基本的な機能を使う
さまざまな音源を録音してみま
しょう。
録音する.................................................. 39
録音用フォルダに録音する .................39
キーワードを指定して録音する .......40
録音状況ごとの推奨設定(めやす)...42
外部マイクや他の機器から録音する ...43
目次
再生してみましょう。
再生する.................................................. 45
メニュー設定のしかた ........................... 64
[ホーム]画面の[メニュー]から
設定を行う ........................................64
録音、再生、停止中にメニューの
設定を行う ........................................65
メニューの一覧 ...................................... 66
ファイルを操作してみましょう。
プレイバックポジション再生について ... 48
インデックスマークをつける ................ 50
インデックスマークを消去する .......50
部分リピート再生のしかた(A-B)...... 51
ファイル検索 .......................................... 52
[ レコーダー ] フォルダから
ファイル検索画面を呼び出す ...52
[ レコーダー ] フォルダの
ファイル検索画面の操作 ............53
[ ミュージック ] フォルダから
ファイル検索画面を呼び出す ...55
[ ミュージック ] フォルダの
ファイル検索画面の操作 ............56
消去する.................................................. 59
ファイル表示画面で消去する ............59
ファイルリスト表示画面で
消去する .............................................60
フォルダ内のファイルをすべて
消去する .............................................61
フォルダを消去する ...............................61
ファイルを部分消去する......................62
3 設定機能を使う
設定を切り替えることで、
より便利にご使用いただけます。
録音に関する設定[録音設定].............. 69
[マイク感度].............................................69
[録音モード].............................................69
[録音レベル].............................................70
[指向性マイク].........................................71
[ローカットフィルタ]..........................72
[VCVA]
.......................................................72
[録音シーン].............................................74
[タイマー録音].........................................75
[フォルダ名].............................................78
再生に関する設定[再生設定].............. 80
[ノイズキャンセル]...............................80
[EUPHONY]............................................80
[音声フィルタ].........................................81
[リピート]..................................................81
[ランダム]..................................................82
[再生スピード].........................................82
[スキップ間隔].........................................84
[再生シーン].............................................85
1
2
3
4
5
6
7
8
表示や音に関する設定[表示/音設定]... 86
[バックライト].........................................86
[言語選択]..................................................86
[LED]...........................................................87
[ビープ音]..................................................87
[音声ガイド].............................................88
[アラーム再生].........................................89
[アクセシビリティ]...............................93
ファイルに関する設定[ファイル設定]... 94
[キーワード].............................................94
[ファイルロック]....................................94
[ファイルの移動/コピー].................95
JP
5
目次
[ファイル分割].........................................97
[プロパティ].............................................98
システムに関する設定[システム設定]...99
[Fn キー設定]...........................................99
[メモリ選択].............................................99
[システム待機]..................................... 100
[オートパワーオフ]........................... 100
[USB 設定]............................................ 101
[設定リセット]..................................... 102
[初期化]................................................... 103
[メモリ情報]......................................... 105
[システム情報]..................................... 105
ブックに関する設定[ブック設定]
.... 106
[スキップモード]................................ 106
[文字コード]......................................... 107
[テキスト言語]..................................... 108
その他の機能を使ってみましょう。
スケジュール設定[スケジュール]
.... 110
カレンダーを表示させる.................. 110
カレンダー表示の切り替え ............. 110
カレンダー画面での操作.................. 111
スケジュールを登録する.................. 112
ボイスメモを登録する ...................... 115
スケジュールリスト画面から
音声ファイルを再生をする ... 117
スケジュールを編集する.................. 118
スケジュールを削除する.................. 119
ボイスメモを削除する ...................... 120
スケジュールを初期化する ............. 122
JP
6
画像を閲覧する ................................... 123
画像を取り込む..................................... 123
画像を見る .............................................. 124
画像を消去する..................................... 125
音声認識機能を使う ............................ 127
音声コントロールを使う.................. 127
音声コマンドを使う ........................... 128
DAISY コンテンツを取り込む .......... 129
4 Olympus Sonority
を使う
付属のアプリケーションを使っ
て、パソコンとの連携操作がで
きます。
ファイルをパソコンに保存する ......... 130
パソコンの動作環境 ............................ 131
パソコンに接続する ............................ 133
パソコンに接続する ........................... 133
パソコンから取り外す ...................... 134
Olympus Sonority で
できること ................................... 135
ソフトウェアのインストール ............. 137
ソフトウェアのアンインストール ..... 139
オンラインヘルプの使いかた ............. 140
Olympus Sonority を起動する .... 141
ウィンドウのなまえ
(Olympus Sonority)............. 142
ブラウズ画面 ......................................... 142
情報表示エリア..................................... 143
録音した音声をパソコンに取り込む ... 144
ファイルを再生する ............................ 146
波形編集機能を使う ............................ 147
ワンタッチエフェクト機能を使う ..... 147
ファイルを本機に転送する................. 148
ポッドキャストについて .................... 149
番組を登録する..................................... 149
目次
番組を更新する..................................... 150
コンテンツをダウンロードする ... 151
コンテンツを本機へ転送する ........ 152
番組ガイド機能について.................. 153
DAISY について ................................ 154
コンテンツを取り込む ...................... 155
コンテンツを再生する ...................... 156
コンテンツを本機へ転送する ........ 157
アップグレード機能 ............................ 158
Olympus Sonority Plus
でできること................................ 159
音楽編集プラグインでできること... 159
5 Windows Media
Player について
Windows Media Player でコ
ンテンツを取り込んでお楽しみ
いただけます。
Windows Media Player を使う ... 160
ウィンドウのなまえ ........................... 160
CD から音楽をコピーする.............. 161
音楽ファイルを本機に転送する ... 163
パソコンからファイルを
CD にコピーする ....................... 166
再生リストを作成する ...................... 168
iTunes を使う.................................... 172
ウィンドウのなまえ ........................... 172
CD から音楽をコピーする.............. 173
音楽ファイルを本機に転送する ... 174
ファイルを CD にコピーする........ 175
7 その他の機能を使う
パソコンでその他の使い方がで
きます。
お好みの曲順で再生する .................... 176
プレイリストを作成する.................. 176
オーディオブックについて................. 179
コンテンツを本機へ転送する ........ 179
テキストスピーチについて................. 180
テキストファイルを本機へ転送する ... 180
USB マイク/スピーカとして使う ... 181
パソコンの外部メモリとして使う ..... 181
8 資料
1
2
3
4
5
6
7
8
お困りのことや、製品をもっと知
りたい場合にお役だてください。
警告表示一覧 ....................................... 182
故障かな?と思ったら ........................ 183
6 iTunes について
アクセサリー(別売).......................... 186
用語の説明 ........................................... 187
iTunes でコンテンツを取り込ん
でお楽しみいただけます。
主な仕様............................................... 188
索引 ...................................................... 191
JP
7
安全にお使いいただくために
ご使用の前に、この内容をよくお読みのう
え、製品を安全にお使いください。
ここに示した注意事項は、製品を正しくお
使いいただき、お客様や他の人々への危害
と財産の損害を未然に防止するためのもの
です。内容をよく理解してから本文をお読
みください。また、お読みになった後は、
いつでも見られるように必ずお手元に保管し
てください。
f 危険
この表示を無視して、誤った取り扱い
をすると、人が死亡または重傷を負う
差し迫った危険の発生が想定される内
容を示します。
f 警告
この表示を無視して、誤った取り扱い
をすると、人が死亡または重傷を負う
可能性が想定される内容を示します。
f 注意
この表示を無視して、誤った取り扱い
をすると、人が傷害を負う可能性が想
定される内容および物的損害のみの発
生が想定される内容を示します。
JP
8
ご使用上のご注意
• 本製品には精密な電子部品が組み込まれ
ています。以下のような場所で長時間使
用したり放置すると、動作不良や故障の
原因となる可能性がありますので、避けて
ください。
• 直射日光下や夏の海岸、窓を閉め切っ
た自動車の中、冷暖房器、加湿器のそ
ばなど、高温多湿、または温度・湿度
変化の激しい場所
• 砂、ほこり、ちりの多い場所
• 火気のある場所
• 水に濡れやすい場所
• 激しい振動のある場所
• 本機を落としたりぶつけたりして、強い振
動やショックを与えないでください。
• 寒い戸外から暖かい室内に入るなど急激
に温度が変わったときは、本機内部で結
露が発生する場合があります。ビニール
袋などに入れてから室内に持ち込み、本
機を室内の温度になじませてからご使用
ください。
• テレビ、電子レンジ、ゲーム機、スピーカ、
大型モーター、電波塔や高圧線の近くで
本機を使用すると、磁気や電磁波、電波、
高電圧の影響で、本機が誤動作する場合
があります。本機が正常に動作しない場
合は、電源を切ってから、再度電源を入
れてください。
• 本機のそばにクレジットカードや磁気定期
券、フロッピーディスクなどの磁気の影響
を受けやすいものを近づけないでくださ
い。データが壊れて使用できなくなること
があります。
• 清掃するとき、アルコールやシンナーなど、
有機溶剤を使用しないでください。
安全にお使いいただくために
<データ消失に関する注意事項>
メモリへの記録内容は誤操作、機器の故障、
修理などで破壊されたり消えることがあり
ます。大切な記録内容はパソコンのハード
ディスク、MO などのメディアにバックアッ
プし、保存されることをおすすめします。
本製品は故障 , 当社指定外の第三者による
修理、その他の理由により生じたデータの
消失による損害および逸失利益などに関し、
当社では一切その責任を負いかねますので
ご了承ください。
<録音したファイルに関する注意事項>
・ 本機やパソコンの故障により、録音した
ファイルが消去されたり再生不能となった
場合でも、当社では一切その責任を負い
かねますのでご了承ください。
・ あなたが録音したものは、個人として楽し
むなどの他は、著作権法上、権利者に無
断で使用することはできません。
本機について
f
警告
● 可燃性ガス、爆発性ガス等が大気中に
存在するおそれのある場所では使用し
ない。
引火・爆発の原因になります。
● ほこりや湿気、油煙、湯気の多い場所
で長時間使用したり、保管しない。
火災・感電の原因になります。
● 分解や改造をしない。
感電やけがをするおそれがあります。
● 内部に水や異物を入れない。
火災・感電の原因となります。
万一水に落としたり、内部に水や異物
が入ったときは、すぐに電源を切り電
池を抜き、販売店、当社修理センター、
またはサービスステーションにご相談
ください。
● 通電中の AC アダプタ、充電中の電池
に長時間ふれない。
充電中の AC アダプタや電池は、温度が
高くなります。長時間皮膚が触れている
と低温やけどのおそれがあります。
● 専用の当社製リチウムイオン電池、充電
池、AC アダプタ以外は使用しない。
発熱、変形などにより、火災・感電の
原因となります。また本機または電源
が故障したり、思わぬ事故がおきる可
能性があります。専用品以外の使用に
より生じた障害は補償しかねますので、
ご了承ください。
● microSD / microSDHC メモリカー
ド以外は、絶対に本機に入れない。
その他のカードを誤って入れた場合は、
無理に取り出さず、当社修理センター、
またはサービスステーションにご相談く
ださい。
JP
9
安全にお使いいただくために
● 車両(自転車、バイク、車など)の運転
をしながら操作しない。
交通事故などの原因となります。
● この製品を幼児、子供の手の届く範囲
に放置しない。
幼児 、 子供の近くで使用するときは細
心の注意を払い、不用意に製品から離
れないでください。幼児、子供には警
告・注意の内容の理解ができません
し、加えて以下のような事故のおそれ
があります。例えば
- 誤ってイヤホンコードを首に巻き付
け、窒息する。
- 操作を誤りけがや感電事故などを起
こす。
● 航空機内や病院など使用に制限のある
場所でのご使用を避けるか、その場所
の指示にしたがってください。
f
JP
10
注意
● 操作前から、音量を上げない。
聴覚障害、聴力低下を引き起こすおそ
れがあります。
● 異臭、異常音、煙が出ていたりするなど
の異常を感じたときは使用を中止する。
火災・やけどの原因となることがあり
ます。やけどに注意しながらすぐに電
池を取り出し、販売店、当社修理セン
ター、またはサービスステーションに
ご連絡ください。(電池を取り外す際
は、素手で電池を触らないでくださ
い。また可燃物のそばを避け、屋外で
行ってください。)
● 本機をストラップで提げて持ち運んでい
るときは、他のものに引っかからないよ
うに注意する。
けがや事故の原因となることがあります。
● 高温になるところに放置しない。
部品の劣化・火災の原因となることが
あります。
● 低温下で本機の金属部に長時間触れない。
皮膚に障害を起こすおそれがあります。
低温下では、できるだけ素手で扱わず
手袋などを使用してください。
電池について
• 液漏れ、発熱、発火、破裂、誤飲などに
よるやけどやけがを避けるため、以下の
注意事項を必ずお守りください。
f
危険
● 火気のある場所に電池を置かないでくだ
さい。
● 火の中への投入したり、加熱しない。
発火・破裂・火災の原因となります。
● = と - 端子を金属類で接続しない。
● 電池と金属製のネックレスやヘアピンを
一緒に持ち運んだり、保管しない。
ショート、発熱し、やけど・けがの原
因となります。
● 直射日光のあたる場所、炎天下の車内、
ストーブのそばなど高温になる場所で使
用・放置しない。
液漏れ、発熱、破裂などにより、火災・
やけど・けがの原因となります。
● 直接ハンダ付けしたり、変形・改造・分
解をしない。
端子部安全弁の破壊や、内容物の飛散
が生じ危険です。
火災・破裂・発火・液漏れ・発熱・破
損の原因となります。
● 電源コンセントや自動車のシガレットラ
イターの差し込み口などに直接接続しな
いでください。
火災・破裂・発火・液漏れ・発熱・破
損の原因となります。
安全にお使いいただくために
● 電池の液が目に入った場合は失明のお
それがありますので、こすらず、すぐに
水道水などのきれいな水で十分に洗い
流したあと、直ちに医師の診断を受けて
ください。
f
警告
● 水や海水などにつけたり、端子部を濡ら
さない。
● 濡れた手で触ったり持ったりしない。
感電・故障の原因となります。
● 所定の充電時間を超えても充電が完了
しない場合は、充電を中止する。
火災・破裂・発火・発熱の原因となり
ます。
● 外装にキズや破損がある電池は使用し
ない。
破裂・発熱の原因となります。
● 電池に強い衝撃を与えたり、投げたりし
ない。
破裂・液漏れの原因となります。
● 液漏れ、変色、変形、その他異常が発
生した場合は、使用を中止する。
火災・感電の原因となります。
販売店、またはサービスステーション
にご相談ください。
● 電池の液が皮膚・衣類へ付着すると、
皮膚に傷害を起こすおそれがありますの
で、直ちに水道水などのきれいな水で
洗い流してください。
● 電池は幼児・子供の手の届くところに置
かない。
電池は幼児・子供が飲み込むおそれが
あります。万一飲み込んだ場合は、直
ちに医師に相談してください。
● 万一 、 使用中に異常な音がする、異常
に熱い、焦げ臭い、煙が出るなどの異
常を感じたら。
けがをしないように注意しながら速や
かに電池を抜いてください。
販売店、またはサービスステーション
へ修理に出してください。放置すると
火災や火傷の原因となります。
f
注意
● 指定以外の電池を使用した場合、
爆発
(ま
たは破裂)の危険があります。使用済み
電池は取扱説明書の「充電式電池の廃
棄について」
(☞ P.13)に従って破棄し
てください。
● 充電池をはじめてご使用になる場合、ま
た長時間使用していなかった場合は、
ご使用の前に必ず充電してください。
● 電池には寿命があります。指定する条件
で充電しても使用時間が短くなったとき
は寿命と判断し、新しい電池と取り替え
てください。
● 電池を使って本機を長時間使用したあと
は、すぐに電池を取り出さない。
やけどの原因となります。
● 長時間使用しない場合は、本機から電
池を外しておく。
液漏れ・発熱により、火災・けがの原
因となることがあります。
JP
11
安全にお使いいただくために
AC アダプタについて
f
JP
12
警告
● 分解、修理、改造をしない。
感電・けがのおそれがあります。
● 引火性ガスや物質(ガソリン、ベンジン、
シンナーなど)の近くで使用しないでく
ださい。
爆発や火災、火傷の原因となります。
● プラグ先端の = と - をショートさせな
い。
火災ややけど、感電の原因となります。
● 落下や損傷により内部が露出したら、
1 露出した内部に絶対触れないでくだ
さい。感電、やけど、けがのおそれ
があります。
2 感電・火傷・けがに注意し、直ちに
電源プラグをコンセントから抜いて
ください。
3 販売店、またはサービスステーショ
ンへ修理に出してください。放置す
ると火災ややけどの原因となります。
● 水に落としたり、内部に水や金属、燃え
やすい異物が入ったら、
1 電源プラグをコンセントから抜いて
ください。
2 販売店、またはサービスステーショ
ンへ修理に出してください。そのま
ま使用すると火災や感電の危険があ
ります。
● 万一 、 使用中に異常な音がする、異常
に熱い、焦げ臭い、煙が出るなどの異
常を感じたら、
1 けがをしないように注意しながら速
やかに電池を抜いてください。
2 販売店、またはサービスステーショ
ンへ修理に出してください。放置す
ると火災ややけどの原因となります。
f
注意
● 濡れた手で触ったり持ったりしない。
感電・故障の原因となります。
● 表示の電源電圧以外で絶対使用しない
でください。
● 電源プラグにほこりをつけたまま、コン
セントに差し込まない。
● 電源プラグのコンセントへの差し込みが
不完全なまま使用しない。
● 使用しない場合、電源プラグをコンセン
トから抜く。
● 電源コードを傷つけない。
• コードを引っ張って電源プラグをコン
セントから抜かないでください。
• コードの上に重いものをのせないでく
ださい。
• 熱器具にコードを近づけないでくださ
い。
• 火災・感電の原因となります。
安全にお使いいただくために
充電式電池の廃棄について
● 使用済みの充電式電池は貴重な資源で
す。充電式電池を捨てる際には、= と
- 端子をテープなどで絶縁してから最
寄の充電式電池リサイクル協力店にお持
ちください。
詳しくは一般社団法人 JBRC ホーム
ページ(http://www.jbrc.com)を
ご覧ください。
Li-ion 00
液晶ディスプレイについて
● 本製品の液晶ディスプレイは、精密度の
高い技術でつくられていますが、一部に
常時点灯あるいは常時点灯しない画素
が存在することがあります。また、見る
角度により、特性上、色や明るさにむら
が生じることがありますが、液晶ディス
プレイの構造によるもので故障ではあり
ません。
ソフトウェアについて
f
警告
● 付属の CD-ROM を音楽用 CD プレー
ヤーで再生しないでください。
スピーカやヘッドホンを破損したり、
聴力低下を引き起こすおそれがありま
す。
JP
13
ご使用になる前の準備
主な特長
主な特長
1
JP
14
● 本機で録音したファイルやパソコンから
転送したファイルにキーワードを付けて
データベース管理します(☞ P.94)。
• ファイルの日付やキーワード別にファイ
ル検索ができます(☞ P.52)。
● スケジュール機能を搭載しています
(☞ P.110)。スケジュールにボイスメ
モを録音できます(☞ P.115)。また、
レコーダーフォルダに録音した音声
ファイルを記録した日付のスケジュー
ル画面から表示させて再生することが
できます(☞ P.117)。
● 音声認識機能を使って本機の設定や機
能を制御できます(☞ P.127)。
● デジタルカメラと接続することで画像
を取り込み、閲覧できます(☞ P.123)。
● テキストデータを取り込み、本機で読
み上げができます(☞ P.180)。
● CD レベル以上の音質で記録できるリニ
ア PCM 形式に対応。さまざまな音源を、
リアルに録音できます。
• 音楽CD(サンプリングレート 44.1
kHz、ビット数 16 bit)以上の高サン
プリングレートでの高解像度録音が可
能です(☞ P.69)。
● 多彩な録音形式に対応。MP3 形式
(MPEG-1 Audio Layer3)をはじめ、
WMA(Windows Media Audio)形式
にも対応(☞ P.69)。
• ファイルを高圧縮で保存できるので
長時間録音も可能です。また、外部
機器を接続すればアナログ音声入力信
号をパソコン無しでエンコードできます
(☞ P.44)。
● 大容量記録メディアに対応。内蔵の 8GB
メモリのほかに、市販品の microSD
カードにも記録できます(☞ P.31)。
● 本機で録音したファイルのほかにも、パ
ソコンから転送した WAV、WMA、
MP3 形式のファイルを再生できます。
• ミュージックプレーヤーとして、いつで
もお楽しみいただけます。
● 音声に反応して自動的に録音の開始・停
止を行う、音声起動録音(VCVA)機能
(☞ P.72)と、ノイズをカットして録音す
るローカットフィルタ機能(☞ P.72)を
搭載しています。
● 録音レベルを自動または手動で調整で
きます(☞ P.70)。
● ノイズをカットして、音声をクリアに再生
できるノイズキャンセル機能(☞ P.80)
と、音声フィルタ機能(☞ P.81)を搭載
しています。
● WMA 形式の録音では、ステレオ録音と
モノラル録音、合わせて 6 種類の録音
モードが選択できます(☞ P.69)。
● 用途に合わせて、あらかじめ録音また
は再生の音質やモード設定を登録する
ことができる録音シーン設定(☞ P.74)
と再生シーン設定(☞ P.85)機能を搭
載しています。
● 内蔵メモリと microSD カード間のファイ
ル移動またはコピーと、メモリ内の各フォ
ルダへのファイル移動またはコピーがで
きます(☞ P.95)。
● 本機で録音した PCM 形式のファイルは、
ファイルの分割をしたり(☞ P.97)、ファ
イルの一部分を消去できます(☞ P.62)。
● 2.2 型(インチ)TFT カラー液晶パネル
を採用しています(☞ P.16)。
● 多彩な再生機能を搭載しています
(☞ P.81、P.82)。
● インデックスマーク機能で、聞きたい場所
をすばやく探せます(☞ P.50)。
主な特長
● Olympus Sonority は、より高い機
能を備えた Olympus Sonority Plus
にアップグレード(有償)が可能です
(☞ P.158)。
• Olympus Sonority の機能に加え、
MP3 ファイルの編集や音楽 CD の作
成ができます。
● USB2.0 に対応しているので、パソコンに
データを高速で転送できます。
● USB 充電機能を搭載しています
(☞ P.25)。
● DAISY の再生に対応しています
(☞ P.154)。
• 本機を DAISY 再生機器と接続して
コンテンツファイルを直接取り込むこ
とができます(☞ P.129)。
• Olympus Sonority から DAISY ファ
イルを本機に転送してお楽しみいただ
けます。
● オーディオブックの再生に対応していま
す(☞ P.179)。
● ポッドキャストの再生に対応(☞ P.149)。
• Olympus Sonority にお好みのポッド
キャストの URL を登録しておけば、
最新の放送内容を自動的に受信しま
す。本機の[ポッドキャスト]フォル
ダを開くと、Olympus Sonority から
本機に転送した番組(ファイル)をす
ばやく聴けます。
1
主な特長
● 再生スピードをお好みに合わせて調節で
きます(☞ P.82)。
● 操作状況を音声でお知らせする音声ガ
イド機能(日本語・英語対応)を搭載。
多彩な機能も簡単に操作できます。ま
た、ファイル情報を知らせるファイル
情報読み上げ機能も搭載しています
(☞ P.88)。
● オリジナルのフォルダ名が入力できます
(☞ P.78)。
● タイマー録音(☞ P.75)やアラーム再生
機能(☞ P.89)を搭載。設定した時間
に録音や再生を自動的に行えます。
● 拡がりのあるステレオ録音から指向性
の高い録音までの切り替えを可能とし
た、指向性マイク機能を搭載しています
(☞ P.71)。
● 音質劣化がなく自然な臨場感を作り出す
EUPHONY MOBILE を搭載していま
す(☞ P.80)。
● 設定した間隔で、早送りや早戻しができ
ます(☞ P.84)。
● 用途に合わせて、
[ ホーム]
画面のメニュー
項目が切り替えできます(☞ P.93)
。
● Windows と Macintosh に対応する専
用ソフトウェアの Olympus Sonority
を付属しています(☞ P.130)。
• 本機で録音した音声ファイルをパソコ
ンに転送すると、再生や整理、編集な
どが簡単に行えます。
• 波形編集やファイルの統合、分割がで
きます。
• パソコンにつないで USB マイクや
USB スピーカとしてもご使用になれま
す(☞ P.181)。
JP
15
各部のなまえ
2
1
^
2
3
1
各部のなまえ
7
5 -
!
@
8
#
$
9
%
JP
16
&
*
4
6
0
• ディスプレイの保護シールをはがしてか
らお使いください。
)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
!
@
#
$
%
^
&
*
(
)
-
(
マイクジャック
内蔵ステレオマイク
LED 表示ランプ
ボイスボタン
電源/ホールドスイッチ
ストラップ取り付け部
ディスプレイ(液晶表示パネル)
録音ボタン
9 ボタン
`OK ボタン(再生/決定)
Fn ボタン(F1 / F2 / F3)
停止ボタン
+ ボタン
0 ボタン
ーボタン
内蔵スピーカ
イヤホンジャック
カードカバー
電池カバー
USB 端子
電源ジャック
各部のなまえ
[ホーム]画面
本機の電源を入れると、ホームメニューが表示されます。
ホームメニューは各機能の入り口になります。各機能につい
ては参照ページをご覧ください。
• ホーム画面以外の状態から、ホーム画面に戻る場合は、
停止ボタンを2秒以上押してください。
[アクセシビリティ]の設定を[Off]に設定したとき:
1234789
[アクセシビリティ]の設定を[On]に設定したとき:
125689
メニュー
機能
[フォルダ A] から[フォルダ E]の5つの音声録音用フォルダに
録音が可能です(☞ P.39)。録音されたファイルにはキーワード
をつけられ、データベース管理できます(☞ P.94)。
1
A
レコーダー
2
B
ミュージック
Windows Media Player や iTunes を使って取り込んだ音楽ファ
イルを本機に転送して管理します。ミュージックプレーヤーとして
いつでもお楽しみいただけます(☞ P.160、P.172)。
3
C
ポッドキャスト
付属の Olympus Sonority を使って取り込んだポッドキャストコ
ンテンツを本機に転送して管理します(☞ P.149)。
4
D
u
t
ブック
5
6
1
各部のなまえ
用途に合わせて、
[ホーム]画面のメニュー項目を切り替え
ることができます(☞ P.93)。
DAISY
付属の Olympus Sonority を使って取り込んだ DAISY
(☞ P.154)やオーディオブック(☞ P.179)のコンテンツを本機
に転送して管理します。また、本機に直接転送したテキストファイ
ル(☞ P.180)も管理できます。
テキストスピーチ
JP
17
各部のなまえ
メニュー
7
8
各部のなまえ
1
JP
18
9
E
F
G
機能
ピクチャー
本機をデジタルカメラと接続し画像を取り込めます(☞ P.123)。
スケジュール
スケジュールの登録や管理ができます(☞ P.110)。
メニュー
本機の各機能の設定を行います。
本機がホーム画面のとき、Fn ボタン(F1、F2、F3)は次のとおりに機能します。
[F1]ボタン
日付と時刻を表示と音声でお知らせします。
[F2]ボタン
電池残量を音声でお知らせします。
[F3]ボタン
ファイル再生中は再生画面に戻ります。
各部のなまえ
[レコーダー]モード画面
録音画面
再生画面
8
8
9
0
!
5
1
2
3
4
5
1
9
0
!
6
各部のなまえ
1
2
3
4
6
7
7
1 ファイル名
2 フォルダ名
3 ファイル番号 / リスト内の総ファイル数
4 本機の状態表示
5 レベルメータ
6 インデックス表示
7 ファンクションガイド表示
8 現在時刻
9 録音モード表示
0 録音経過時間
! 録音可能な残り時間
1 ファイル名
2 フォルダ名 / キーワード / 日付
3 ファイル番号 / リスト内の総ファイル数
4 再生位置バー表示
5 本機の状態表示
6 インデックス表示 / ファイル情報表示
7 ファンクションガイド表示
8 現在時刻
9 ファイル形式表示
0 ファイルの長さ
! 再生経過時間
アイコン表示(全モード共通)
[h][g]メモリ表示
[j]タイマー表示
[i]アラーム表示
[k]電池残量表示
[T]マイク感度表示
[Z]VCVA 表示
[c]ローカットフィルタ表示
[Q]指向性マイク表示
[a]ノイズキャンセル表示
[b]音声フィルタ表示
[W]EUPHONY 表示
[d][e]リピート表示
[f]ランダム表示
JP
19
各部のなまえ
[ミュージック]モード画面 [ポッドキャスト]モード画面
ポッドキャスト再生画面 *
ミュージック再生画面
8
各部のなまえ
1
1
2
3
4
5
8
9
0
!
1
2
3
4
5
6
6
7
7
1 ファイル名
2 検索カテゴリー
3 ファイル番号/リスト内の総ファイル数
4 再生位置バー表示
5 本機の状態表示
6 情報表示エリア
7 ファンクションガイド表示
8 現在時刻
9 ファイル形式表示
0 曲の長さ
! 再生経過時間
9
0
!
1 ファイル名
2 番組名
3 ファイル番号 /
フォルダ内の総ファイル数
4 再生位置バー表示
5 本機の状態表示
6 情報表示エリア
7 ファンクションガイド表示
8 現在時刻
9 ファイル形式表示
0 コンテンツの長さ
! 再生経過時間
*[アクセシビリティ]の設定が[On]に
設定されているときは、この機能は使用
できません。この機能を使用するには
[アクセシビリティ]の設定を[Off]に
設定してください(☞ P.93)。
JP
20
各部のなまえ
[ブック]モード画面
オーディオブック再生画面 *
DAISY 再生画面
8
7
3
4
8
9
0
1
2
3
4
5
5
6
6
7
1 目次表示
2 コンテンツ名
3 再生位置バー表示
4 本機の状態表示
5 テキスト表示
6 ファンクションガイド表示
7 現在時刻
8 ファイル形式表示
9 コンテンツの長さ
0 再生経過時間
9
0
!
各部のなまえ
1
2
1
1 ファイル名
2 コンテンツ名
3 ファイル番号 /
フォルダ内の総ファイル数
4 再生位置バー表示
5 本機の状態表示
6 情報表示エリア
7 ファンクションガイド表示
8 現在時刻
9 ファイル形式表示
0 コンテンツの長さ
! 再生経過時間
*[アクセシビリティ]の設定が[On]に
設定されているときは、この機能は使用
できません。この機能を使用するには
[アクセシビリティ]の設定を[Off]に
設定してください(☞ P.93)。
JP
21
各部のなまえ
[ブック]モード画面
[スケジュール]モード画面
カレンダー画面
テキスト再生画面
6
7
各部のなまえ
1
1
2
1
2
8
3
4
3
5
4
6
1 ファイル名
2 フォルダ名
3 再生位置バー表示
4 本機の状態表示
5 テキスト表示
6 ファンクション
ガイド表示
7 現在時刻
8 ファイル形式表示
JP
22
5
1 タイトル表示
2 年・月表示
3 カレンダー表示エリア
4 スケジュール情報表示エリア
[
] ボイスメモ件数表示
] スケジュール件数表示
[
[
] 録音ファイル件数表示
5 ファンクションガイド表示
6 現在時刻
7 スケジュール登録日
8 現在の曜日表示
7
8
電源について
電池パックを入れる
電池は、当社製リチウムイオン電池(LI50B)1 個を使用します。それ以外の電池
は使用できません。
2 裏ラベルを上にして、本機と
電池パックの端子部を合わせ、
A の方向に押し付けながら、
B の方向に押し込んで取り付
ける
3 電池カバーを A の方向に押
さえながら、B の方向にスラ
イドさせ、完全に閉める
1
電源について
1 電池カバーの両端の指掛かり
を両手で押さえ、矢印の方向
へ押しながらスライドさせる
・ 電池の向きを間違えないように注意
してください。
・ 付属の電池は完全に充電されていま
せん。ご使用の前や長期間ご使用に
ならなかった場合、完全に充電する
ことをおすすめします(☞ P.24)。
ご注意
• 電池の交換は必ず本機を停止状態にし
てから行ってください。本機が録音、
消去などの動作中に電池を抜くと、ファ
イルが再生できなくなるなどの故障が
発生するおそれがあります。
• お買い上げ時には、電池カバーは装着
されていません。
• 力を入れすぎたり、上記以外の方法で
取り付け / 取り外しを行うと破損する
おそれがあります。
• 本機から電池を抜いた状態が 15 分以上
続いたり、短い間隔で電池の出し入れ
を行うと、時刻の設定が必要になる場
合があります(☞ P.30)。
JP
23
電源について
電源について
1
• 長期間本機をご使用にならない場合、
電池を取り外してください。
• スピーカで音声・音楽ファイルを再生
するとき、電池残量表示が[k]であっ
ても音量によっては電池の出力電圧が
低下し、本機にリセットが発生する場
合があります。この場合、音量を下げ
てお使いください。
• 電池をお買い替えの場合、必ず当社製
リチウムイオン電池(LI-50B)をご使
用ください。他社製品をご使用になる
と、故障の原因となりますので、絶対
におやめください。
充電する
リチウムイオン電池は自己放電
特性をもっていますので、本製品
を開封後、初めてご使用になる前
には、付属のリチウムイオン充電
池の充電を行ってください。
AC アダプタを使って充電する
本機に付属の AC アダプタ(A515)を接続
して充電することができます。また長時間録
音を行う、時間がかかる作業をおこなう場
合には、AC アダプタのご使用をおすすめし
ます。
1 AC アダプタの電源プラグを
家庭用電源のコンセントに差
し込む
2 AC アダプタを本機の電源
ジャックに差し込む
・ LED 表示ランプが橙色に点灯し、
ディ
スプレイの電池表示が充電表示にな
ると充電を開始します。
JP
24
電源について
ご注意
パソコンと USB 接続して充電する
パソコンの USB 端子に接続して充電でき
ます。充電をする場合、電池(付属)を本
体に正しく入れてください(☞ P.23)。
USB 接続 AC アダプタ(別売)と
接続して充電する
USB 接続 AC アダプタ(A514)
(別売)と
接続して充電できます。
AC アダプタを接続する前に、本機の USB
接続設定を[AC アダプタ接続]に切り替
えてください(☞ P.101)。
1 AC アダプタを家庭用電源の
コンセントに差し込む
2 付属の USB 接続ケーブルを
AC アダプタに差し込む
1
電源について
• 本機の電源が入っているとき、または本
機を他の機器に接続しているときは、電
池や AC アダプタを抜き差ししないでく
ださい。本機に設定されている設定値や
機能にトラブルが生じる場合があります。
• AC アダプタは AC100 ~ 240V
(50/60Hz)の電圧範囲でご使用にな
れます。海外でご使用の際は、変換プ
ラグアダプタが必要になる場合があり
ます。詳しくは電気店や旅行代理店で
ご確認ください。
• 市販の海外旅行用電子式変圧器(トラ
ベルコンバーター)は、AC アダプタが
故障することがありますので使用しな
いでください。
3 本機の電源が切れている状態
で、本機底面の USB 端子へ
USB 接続ケーブルを接続する
・ LED 表示ランプが橙色に点灯し、
ディ
スプレイの電池表示が充電表示にな
ると充電を開始します。
1 パソコンを起動する
2 USB 接続ケーブルをパソコン
の USB ポートに接続する
3 本機が停止またはホールド状
態で、本機底面の USB 端子
へ USB 接続ケーブルを接続
する
・ LED 表示ランプが橙色に点灯し、
ディ
スプレイの電池表示が充電表示にな
ると充電を開始します。
ご注意
• USB接続したパソコンの電源が入って
いるときに充電をしてください。パソコ
ンの電源が入っていない場合やパソコン
がスタンバイ、休止、オートパワーオフ
モードの場合、充電できません。
• USB ハブを使用してパソコンと接続し
て充電しないでください。
JP
25
電源について
電源について
1
• 電池表示が[<]になったら充電完了
です(充電時間約 3 時間 *)。
* 室温で電池残量がない状態から満充電
する場合の目安です。電池の残量や充
電の状態などにより変化します。
• [;]*1 または[=]*2 が表示している
場合、充電できません。周囲の温度が
5 ~ 35℃の環境で充電してください。
*1[;]:周囲の温度が低い場合
*2[=]:周囲の温度が高い場合
• 満充電しても使用時間が著しく短く
なったときは電池の寿命です。新しい
電池と取り替えてください。
• USB コネクタは奥まで確実に差し込ん
でください。正しく接続されていない
場合、正常に動作しません。
• USB 接続ケーブルは必ず付属の専用
ケーブルをご使用ください。他社製品
をご使用になった場合、故障の原因と
なりますので、絶対におやめください。
またこの専用ケーブルを他社製品に接
続することも絶対におやめください。
電池残量表示について
電池の残量に応じてディスプレイの電池表
示が次のようにかわります。
k{l{m
• ディスプレイに[m]が表示されたら、
早めに充電してください。電池がなく
なると、
[n]と[電池残量がありませ
ん]と表示され、動作が停止します。
• 充電時は電池表示が電池残量に関係な
く、繰り返し表示されます。
JP
26
充電について
リチウムイオン電池(LI-50B)ご使用の際
には下記をよくお読みください。
4 放電:
電池は、使用しないと自然に放電します。
ご使用の前には、必ず充電するようにして
ください。
4 操作温度:
電池は化学製品です。 推奨温度範囲で使
用する場合にも電池の性能は変化します
が、故障ではありません。
4 推奨温度範囲:
本機動作時:0 ~ 42℃
充電:5 ~ 35℃
長期保管:- 20 ~ 30℃
上記の温度範囲外での電池の使用は、性能・
寿命の低下の原因となります。長期間本機
をご使用にならない場合は、液漏れ・さび
を防ぐために、電池を取り外して保管してく
ださい。
ご注意
• リチウムイオン電池自体の性質上、新し
く購入した電池や長期間(1カ月以上)
使用していない電池は、充電が完全にさ
れない場合があります。この場合は充放
電を 2、3 回くり返してください。
• 電池は、関係する法令にしたがって処
分してください。電池を完全に放電し
ないで処分する場合は、ショートしな
いように電池端子をテープで絶縁する
などの処置をしてください。
電源について
電源を入れる/切る
本機をお使いにならない場合、電源を切る
ことで、電池の消耗を最小限に抑えること
ができます。電源を切っても既存のデータ
や各モードの設定、時計設定などは保持さ
れます。
電源を切る
電源/ホールドスイッチを、矢印の
方向へ 1 秒以上スライドさせる
• ディスプレイが消灯し電源が切れます。
電源について
1
電源を入れる
本機の電源が切れている状態で 電源
/ホールドスイッチを矢印の方向へ
2 秒以上スライドさせる
オートパワーオフについて
• LED 表示ランプが点灯し電源が入り、ディ
スプレイに OLYMPUS ロゴが表示されま
す。
• ディスプレイに[しばらくお待ちください]
と表示された後、ホーム画面が表示され
たら本機が使えるようになります。
電源を入れて停止状態のまま10分以
上(初期設定)経過すると、オートパ
ワーオフモードが有効になり、電源が
オフになります。また、オートパワーオ
フモードへの移行時間は[5分][10
分][30分][1時間][2時間][3
時間][Off]の中から選んで設定でき
ます(☞ P.100)。
オートパワーオフモードを解除するに
は、再度電源を入れてください。
JP
27
誤操作を防止する-ホールド機能
電源/ホールドスイッチを[ホールド]にす
ると動作中の状態を保ち、ボタン操作を受
け付けません。かばんやポケットに入れたと
き、誤ってボタンが押されても動作しないの
で、持ち運ぶときなどに便利です。また、録
音中に誤って停止してしまうことを防げます。
誤操作を防止するーホールド機能
1
ホールドにする
電源/ホールドスイッチを[ホール
ド]の位置にスライドさせる
A
ご注意
• ディスプレイに[ホールド]が表示され、
ホールド状態になります。
JP
28
ホールドを解除する
電源/ホールドスイッチを A の位置
にスライドさせる
• ホールドの状態でいずれかのボタンを
押すと、LED 表示ランプが青色に点滅
しますが動作しません。
• 再生(または録音)中にホールドにす
ると、再生(録音)状態のまま操作が
できなくなります(再生が終了したり、
メモリ残量がなくなって録音が終了す
ると停止状態になります)。
日付・時刻を合わせる[Time & Date]
日付と時刻を設定しておくと、
「いつ録音し
た」という情報がファイルごとに自動で記
録されます。録音したファイルの管理を容
易にするために、あらかじめ設定しておくこ
とをおすすめします。
例:午後 10 時 20 分の場合
ÐÍǽ±°஽²°ґ
ᴥқఙᜫްᴦ
²²஽²°ґ
F2(月 / 日 / 年)
・ 年、月、日の設定中、
ボタンを押すたびに[年]
[月]
[日]
表示の順序が切り替わります。
例:2010 年 4 月 15 日の場合
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
²°±°ࢳ´ఌ±µஓ
ᴥқఙᜫްᴦ
´ఌ±µஓ²°±°ࢳ
1
日付・時刻を合わせる
ご購入後初めてお使いになる
ときや、電池交換などで 15
分以上電池を抜いた後に電源
を入れると、
[時計を設定して
ください]と表示されます。
「時」
表示が点滅したら、手順 1 か
ら設定を行ってください。
・ 以下同じように 9 または 0 ボ
タンで次の設定項目を選び、+または
-ボタンを押して設定します。
・ 時、分の設定中、F2(24 時)ボタン
を押すたびに、12 時間表示と 24 時
間表示が切り替わります。
±µஓ´ఌ²°±°ࢳ
1 9 または 0 ボタンを押
して設定項目を選ぶ
・ 「時」
「分」
「年」
「月」
「日」の中から、
設定したい項目に点滅を合わせてく
ださい。
2 +または-ボタンを押して設
定する
3 `OK ボタンを押して設定する
・ 設定した日時で本機の時計が動き始
めます。時報などに合わせて `OK
ボタンを押してください。
ご注意
• 設定の途中に `OK ボタンを押すと、そ
れまでに確定した項目が設定され時計
が動き始めます。
• 設定後、
[音声ガイドが必要ない場合は、
Off を選択してください]とアナウン
スが流れ、[ 音声ガイド ] 設定(☞ P.88) JP
に移行します。音声ガイドが不要なと
きは、[Off]を選択してください。
29
日付・時刻を合わせる[Time & Date]
日付・時刻をかえるには
現在日時が合っていない場合、下記の手
順で設定してください。
日付・時刻を合わせる
1
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[時計設定]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は
「メニュー設定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 9 または 0 ボタンを押し
て設定項目を選ぶ。
・ 「時」
「分」
「年」
「月」
「日」の中から、
設定したい項目に点滅を合わせて
ください。
3 +または-ボタンを押して設定
する。
JP
30
・ 以下同じように 9 または 0
ボタンで次の設定項目を選び、+ま
たは-ボタンを押して設定します。
4 日付・時刻を設定したら、`OK
ボタンを押す。
microSD カードを入れる/取り出す
取扱説明書に記述されている「microSD」
とは microSD と microSDHC の両方をさ
します。本機では、内蔵メモリのほかに市
販の microSD カードをご使用になれます。
3 カードカバーを閉じる
microSD カードを入れる
1
・ microSD カードを入れると、記録メ
ディアの切り替え画面が表示されます。
4 microSD カードに記録する場
合、+または-ボタンを押し
て、
[はい]を選ぶ
2 図のように microSD カードの
向きを正しく合わせて入れる
カードを入れる/取り出す
microSD
1 停止中にカードカバーを開ける
5 `OK ボタンを押して、設定
を完了する
・ microSD カードが斜めに入らないよ
うにまっすぐに入れます。
・ microSD カードの向きを間違えた
り、斜めに入れると接触面が破壊さ
れたり、microSD カードが抜けなく
なる場合があります。
・ microSD カードが奥まで挿入されて
いないと、microSD カードに記録で
きません。
ご注意
• 記録メディアを内蔵メモリへ切り替え
ることもできます(☞ P.99)。
• パソコンなどの他の機器でフォーマッ
ト(初期化)した microSD カードは、
認識できない場合があります。お使い
になる前に、必ず本機でフォーマット
してください(☞ P.103)。
JP
31
microSD カードを入れる/取り出す
microSD カードを取り出す
3 カードカバーを閉じる
1 停止中にカードカバーを開ける
1
カードを入れる/取り出す
microSD
ご注意
2 microSD カードを一度奥に
向かって押し込んで、そのま
まゆっくり戻す
取り出し
・ microSD カードが手前に出て止まり
ます。microSD カードをつまんで取
り出してください。
・ [メモリ選択]を[microSD カード]
にしていた場合、
[内蔵メモリに切り
替えました]と表示されます。
JP
32
• microSD カードを取り出す際に、
microSD カードを押した指をすぐには
なしたり、指ではじくようにして押し
出すと、microSD カードが勢いよく飛
び出すことがあります。
• microSD カードの製造メーカーや種類
によっては本機との相性により正しく
認識しないことがあります。
• ご利用の際は、必ず microSD カードに
付属の取扱説明書を合わせてお読み下
さい。
• microSD カードが認識されない場合
は、microSD カードを取り出してから
もう 1 度入れ直し、本機で認識するか
試してください。
• microSD カードは書き込みや削除を繰り
返すことによって処理能力が落ちること
があります。この場合、microSD カード
を初期化しなおしてください(☞ P.103)。
• microSD カード全ての動作を保障する
ものではありません。
• 当社基準において動作確認済の
microSD カードについては、当社サ
ポートホームページをご覧ください。
http://olympus-imaging.jp/
ホームページでは弊社が動作確認を行っ
た microSD カードメーカーを紹介して
いますが、弊社がお客様に microSD カー
ドの動作保障をするものではありませ
ん。また、各カードメーカーの仕様変更
などにより、対応できなくなる場合があ
ります。あらかじめご了承ください。
フォルダについて
記録メディアは、内蔵メモリまたはmicroSD カードを使用できます。記録メディアにかかわ
らず音声ファイル、音楽ファイルやコンテンツファイルは、ツリー型に構成されたフォルダに
それぞれ振り分けて保存されます。
音声録音用フォルダについて
[レコーダー]フォルダ内の[フォルダ A]~[フォルダ E]は音声録音用フォルダです。
本機で録音を行う場合、この 5 つのフォルダのいずれかを選んで行ってください。
• [ レコーダー ] フォルダ直下に入れたファイルやフォルダは本機では表示されません。
レコーダー
フォルダ
録音用フォルダ
フォルダリスト
表示画面
フォルダ C
ファイル
VOC_100201-0001.wav
フォルダ A
フォルダ B
1
フォルダについて
ご注意
VOC_100201-0002.mp3
ファイルリスト
表示画面
VOC_100201-0003.wma
VOC_100201-0004.wav
フォルダ D
フォルダ E
各フォルダに最大 999 件ずつ
のファイルを収納できます。
本機で録音した音声には、自動的に以下のようなファイル名がつけられます。
1 ユーザー ID:
本機に設定されたユーザー ID 名で、
お使いのモデル名になります。
ユーザー ID は Olympus Sonority で変更で
きます。
2 録音した日付:
録音した日付を 6 桁の数字であらわします。
例:2010 年 2 月 1 日の場合、100201
3 ファイル番号:
記録メディアの切り替えにかかわらず、ファ
イル番号は連続してつけられます。
4 拡張子:
本機で録音した場合の録音形式の拡張子です。
• リニア PCM 形式
.wav
• MP3 形式
.mp3
• WMA 形式
.wma
JP
33
フォルダについて
音楽再生用フォルダについて
Windows Media Player を使って音楽ファイルを本機に転送すると、
[ミュージック]フォ
ルダ内を下記の図のような階層構造で、フォルダを自動作成します。
フォルダ構成イメージ
フォルダについて
1
ミュージック
第1階層
第2階層
アーティスト
アルバム
アーティスト
アルバム
アーティスト
アルバム
アーティスト
アルバム
第 3 階層
ファイルの検索は
第4階層まで可能
です。
フォルダ
ファイル
・ [ ミュージック ] フォルダ内の各フォルダには、ファイルとフォルダの合計で 999
件収納できます。
・ [ ミュージック ] フォルダ内に転送できる曲数は最大 6000 曲です。
・ [ ミュージック ] フォルダ内に転送できるプレイリストは最大 100 件です。
画面表示例
ファイル検索
表示画面
JP
34
アーティストリスト
表示画面
アルバムリスト
表示画面
ファイルリスト
表示画面
フォルダについて
ポッドキャスト再生用フォルダについて
ポッドキャスト配信されたファイルを保存する[ポッドキャスト]フォルダがあらかじめ
用意されています。Olympus Sonority から本機に転送した番組(ファイル)を聴けます。
フォルダ構成イメージ
第1階層
ポッドキャスト
第2階層
ファイルの検索は第4階層まで
可能です。
番組
1
フォルダについて
本機の停止中に[ホーム]画面の[ポッドキャスト]* フォルダを開くと、フォルダ内に
記録されているファイルとフォルダがリスト表示されます。「ポッドキャスト」について
は ☞ P.149 をご覧ください。
*[アクセシビリティ]の設定が[On]に設定されているときは、この機能は使用できません。
この機能を使用するには[アクセシビリティ]の設定を
[Off]に設定してください
(☞ P.93)
。
番組
フォルダ
ファイル
・ [ ポッドキャスト ] フォルダ内の各フォルダには、ファイルとフォルダの合計で
999 件収納できます。
・ [ ポッドキャスト ] フォルダ内に転送できるファイルは最大 6000 件です。
画面表示例
番組リスト
表示画面
ファイルリスト
表示画面
ファイル
表示画面
JP
35
フォルダについて
電子図書コンテンツ・テキストファイル再生用フォルダ
について
フォルダについて
1
DAISY やオーディオブックといった電子図書ファイルを保存するフォルダがあらかじめ用意
されています。本機に転送した電子図書(ファイル)を聴けます。また、本機に取り込んだ
テキストデータを管理するフォルダも用意されています。
「DAISY」については ☞ P.154 を、
「オーディオブック」* については ☞ P.179 を、
[テキストスピーチ」については ☞ P.180 をご覧ください。
*[アクセシビリティ]の設定が
[On]に設定されているときは、この機能は使用できません。
この機能を使用するには
[アクセシビリティ]の設定を
[Off]に設定してください
(☞ P.93)
。
フォルダ構成イメージ
第1階層
DAISY
第2階層
コンテンツ
フォルダ
コンテンツ
コンテンツ
ファイル
コンテンツ
・ [DAISY] フォルダ内の各フォルダには、ファイルとフォルダの合計で 999 件収納できます。
・ [DAISY] フォルダ内に転送できるコンテンツは最大 100 件です。
画面表示例
ブックリスト
表示画面
JP
36
コンテンツリスト
表示画面
ファイルリスト
表示画面
ファイル
表示画面
フォルダについて
フォルダ構成イメージ
フォルダ
オーディオ
ブック
ファイル
画面表示例
ブックリスト
表示画面
コンテンツリスト
表示画面
ファイル
表示画面
1
フォルダについて
・[オーディオブック]フォルダ内の各フォルダには、
ファイルとフォルダの合計で 999 件収納できます。
・[オーディオブック]フォルダ内に転送できる
コンテンツは最大 1000 件です。
・[オーディオブック]フォルダでは転送された
全てのコンテンツファイルがリスト表示されます。
フォルダ構成イメージ
第1階層
テキスト
スピーチ
第2階層
フォルダ
資料
ファイル
・[テキストスピーチ]フォルダ内の各フォルダに
は、ファイルとフォルダの合計で 999 件収納
できます。
・[テキストスピーチ]フォルダ内に転送できる
ファイルは最大 1000 件です。
画面表示例
ブックリスト
表示画面
コンテンツリスト
表示画面
ファイル
表示画面
JP
37
フォルダについて
ピクチャー再生用フォルダについて *
フォルダについて
1
本機をデジタルカメラに接続し、取り込んだ画像を保存するフォルダがあらかじめ用意され
ています。本機内の[イメージフォルダ]に撮影した日付ごとにフォルダ管理されます。
「ピクチャー」については ☞ P.123 をご覧ください。
*[アクセシビリティ]の設定が[On]に設定されているときは、この機能は使用できません。
この機能を使用するには[アクセシビリティ]の設定を
[Off]に設定してください
(☞ P.93)
。
フォルダ構成イメージ
イメージ
フォルダ
第1階層
第2階層
フォルダ
日付
日付
ファイル
日付
日付
・ 各フォルダには、ファイルとフォルダの合計で 999 件収納できます。
・ 本機での画像ファイルの再生は、サムネイル画像の表示のみです。
画面表示例
フォルダ
表示画面
JP
38
フォルダリスト
表示画面
ファイルリスト
表示画面
ファイル
表示画面
基本的な機能を使う
録音する
録音に関する設定
録音環境に合わせて録音に関するさまざ
まな設定ができます(☞ P.69 ~ P.79)。
[録音設定]の設定項目:
内蔵ステレオマイクの感度
を設定します。
[録音モード]
(☞ P.69)
録音形式ごとに録音レート
を設定できます。
[録音レベル]
(☞ P.70)
録音レベルを設定できま
す。
録音を始める前に[ホーム]画面の[レコー
ダー]フォルダ内から
[フォルダ A]~[フォ
ルダ E]の音声録音用フォルダを選んでく
ださい。
[フォルダ A]フォルダはプライベー
ト用、
[フォルダ B]フォルダはビジネス用
といったように、録音する内容によって使
い分けると便利です。
1 録音するフォルダを選ぶ
2
録音する
[マイク感度]
(☞ P.69)
録音用フォルダに録音する
[指向性マイク] 内蔵ステレオマイクの指向
(☞ P.71)
性を設定できます。
エアコンの空調音やプロ
[ローカットフィ
ジェクターなどのノイズを
ルタ]
(☞ P.72)
低減できます。
[VCVA]
(☞ P.72)
音声起動録音(VCVA)の
起動レベルを設定できま
す。
[録音シーン]
(☞ P.74)
録音する場面や状況にあ
わせた録音設定を保存で
きます。
[タイマー録音] タイマー録音を設定できま
(☞ P.75)
す。
[フォルダ名]
(☞ P.78)
テンプレートにあらかじめ
登録されている名前に変更
できます。
2 録音ボタンを押して、録音を開
始する
• LED 表示ランプが橙色に点灯し、
ディスプレイに[ ]が表示され
ます。
• 録音したい方向に内蔵ステレオマ
イクを向けます。
・ 録音した音源は、1 回の録音ごとに自
動的にファイル名がつけられ保存され
ます(☞ P.33)。
・ 録音した音源には、ファイルを管理し
やすくするために、キーワードをつけ
られます(☞ P.94)。
JP
39
録音する
3 停止ボタンを押して、録音を止
める
• ディスプレイに[
ます。
]が表示され
・ 指定したキーワードのファイルがリス
ト表示されます。
録音する
2
a
a ファイルの長さ
3 録音ボタンを押して、録音を開
始する
キーワードを指定して録音
する
録音を始める前にあらかじめ録音する内容
のキーワードを指定して録音できます。
録音する内容によってキーワードを使い分
けると便利です。
1 フォルダリスト表示画面で、
F1(検索切替)ボタンを押し
てキーワード検索画面を表示
させる(☞ P.52)
JP
40
2 +または-ボタンを押して
指定したいキーワードを選び、
`OK または 9 ボタンを押す
4 停止ボタンを押して、録音を止
める
・ 録音したファイルには、自動的に指
定したキーワードがつけられ、キー
ワードリストで管理されます。
・ 録音したファイルは [ フォルダ A] 内
に保存されます。[ フォルダA ] がいっ
ぱいの場合は、[ フォルダB ] に保存
されます。
録音する
録音に関するご注意
一時停止するには
録音中に録音ボタンを押す
2
• ディスプレイに[ ]が表示されます。
• 録音一時停止のまま2時間以上過ぎると停
止状態になります。
録音する
• 本機に microSD カードを入れた場合、
操作する記録メディアが[内蔵メモリ]
または[microSD カード]のどちら
なのか間違えないよう必ず確認してく
ださい(☞ P.99)。
• レコーダー機能以外で録音ボタンを押
すと、[レコーダーフォルダで録音して
ください]が表示されます。改めて録
音用フォルダを選んでから録音を始め
てください。
• 頭切れを防ぐために、LED 表示ランプ
の点灯を確認してから録音を行ってく
ださい。
• 録音可能な残り時間が 60 秒になると、
LED 表示ランプが点滅を始め、30 秒、
10 秒と残量が減るにつれて点滅が早く
なります。
• [ファイル件数がいっぱいです]と表示
された場合、これ以上録音できません。
フォルダを変更するか、不要なファイ
ルを消去してから録音をしてください
(☞ P.59)。
• [メモリがいっぱいです]と表示された
場合、これ以上録音できません。不要
なファイルを消去してから録音をして
ください(☞ P.59)。
• 記録メディアは書き込みや削除を繰り
返すことによって処理能力が落ちるこ
とがあります。この場合は記録メディ
アを初期化してください(☞ P.103)。
録音を再開するには:
録音ボタンをもう一度押す
• 一時停止したところから録音を再開します。
録音内容をすぐに確認するには
録音中に `OK ボタンを押す
• ディスプレイに[ ]が表示されます。
• 今録音した内容が再生されます。
JP
41
録音する
録音中の音声を聞くには
(録音モニター)
イヤホンジャックへ
イヤホンを本機のイヤホンジャックに差し
込むと、録音中の音声を聞けます。録音モ
ニターの音量は + または - ボタンを使って
調節できます。
録音する
2
本機の イヤホンジャックにイヤホン
を接続する
• 録音を開始すると録音中の音声をイヤホ
ンで聞けます。
ご注意
• 音量を変えても録音レベルは変化しま
せん。
• 耳への刺激を避けるため、音量を[00]
にしてからイヤホンを入れてください。
• ハウリングをおこしますので、録音中
はイヤホンをマイクに近づけないでく
ださい。
録音状況ごとの推奨設定(めやす)
ご購入後すぐに高音質ステレオ録音ができるように[ステレオ XQ]モードが設定されてい
ます。録音状況に応じて、録音モードに関する各種機能を詳細に設定できます。
下記の表は録音環境を例にした録音設定のめやすです。
推奨設定
録音状況
[録音モード]
(☞ P.69)
[PCM]:[44.1kHz]
大人数での会議、
[WMA]:[ステレオ XQ]
広い教室での録音
[MP3]:[320kbps]
JP
42
[マイク感度]
(☞ P.69)
[ローカット
フィルタ]
(☞ P.72)
[高]
少人数での会議、
打ち合わせ、商談
などの録音
[WMA]:[ステレオ XQ]
[WMA]:[ステレオ HQ]
[MP3]:[256kbps]
[MP3]:[192kbps]
[中]
ノイズが多い中で
の口述録音
[HQ]
[低]
楽器演奏、野鳥の
声、鉄道の音など
の録音
[PCM]:[48kHz]
[PCM]:[44.1kHz]
録音する状況に合
わせて、マイク感
度を設定してくだ
さい。
静かな環境での口 どのような設定でもお使いいただけます。
述録音
お好みの設定で録音してください。
[指向性マイク]
(☞ P.71)
[Wide]
[On]
[Wide]
[Off]
[Off]
[Off]
録音する
外部マイクや他の機器から
録音する
外部マイクや他の機器を接続し、音声を録
音できます。ご使用の機器により、次のよ
うに接続してください。
本機のジャックへの抜き差しは、録音中に
行わないでください。
モノラルタイピンマイク(全指向性):
ME15
タイピン型ホルダー付きの目立たない
小型マイクです。
モノラルテレホンピックアップ:TP7
イヤホン型マイクを耳に入れてそのま
ま通話。電話の声や会話を明瞭に録音
できます。
外部マイクで録音する:
マイクジャックへ
2
ご注意
• 本機のマイクジャックに外部マイクを
つなぐと、内蔵マイクは動作しなくな
ります。
• 本機から電源の供給を受けるプラグイ
ンパワー対応のマイクもご使用になれ
ます。
• [録音モード]をステレオ形式に設定し
た場合、外部モノラルマイクを接続し
て録音すると L チャンネルのみに音声
が録音されます(☞ P.69)。
録音する
本機のマイクジャックに外部マイクを
接続する
ご使用いただける外部マイク(別売)
2 チャンネルマイクロホン(全指向性)
:
ME30W
プラグインパワー対応の高感度全指向
性マイクで、楽器演奏の録音に適して
います。
モノラルマイクロホン(単一指向性):
ME52W
周囲の雑音の影響を軽減して、離れた
場所の音を録音したい場合に使用しま
す。
コンパクトガンマイクロホン
(単一指向性):ME31
野鳥の声の野外録音などに役立つ指向
性ガンマイク。金属切削ボディの採用
により、高い本体剛性を実現しました。
JP
43
録音する
他の機器の音声を本機で録音する:
本機の音声を他の機器で録音する:
他の機器の音声出力端子(イヤホンジャッ
ク)と本機のマイクジャックをダビング用
コネクティングコード KA333(別売)で
つなぐと、その音声を録音できます。
他の機器の音声入力端子(マイクジャック)
と本機のイヤホンジャックをダビング用コ
ネクティングコード KA333(別売)でつ
なぐと、本機の音声を他の機器へ録音でき
ます。
マイク
ジャックへ
他の機器の
音声出力端子へ
録音する
2
他の機器の
音声入力端子へ
イヤホン
ジャックへ
ご注意
• 本機で録音レベルの調整(☞ P.70)を
してもきれいに録音できない場合、接
続した外部機器の出力レベルの過多/
過少が考えられます。外部機器を接続
する場合、試し録音をして外部機器の
出力レベルを調整してください。
JP
44
ご注意
• 本機で再生関連の各種音質設定を調整
す る と、 イ ヤ ホ ン ジ ャ ッ ク か ら 出 力
される音声出力信号も変化します(☞
P.80)。
再生する
本機で録音したファイルのほかにも、パソ
コンから転送した WAV、MP3、WMA 形
式のファイルを再生できます。
再生に関する設定
1 再生したいファイルを選び、
`OK ボタンを押して再生を開
始する(☞ P.52 ~ P.58)
• ディスプレイに[
れます。
]が表示さ
ファイルの再生方法は、目的やお好みに
合わせて選べます(☞ P.80 ~ P.85)。
[再生設定]の設定項目:
[EUPHONY] お 好 みに合わせ、4 段 階
(☞ P.80)
にレベル調整できます。
低音域と高音域成分を
[音声フィルタ] カットし、音声をよりクリ
(☞ P.81)
アに強調する音声フィルタ
機能を搭載しています。
[リピート]
(☞ P.81)
お好みのリピート再生を
設定できます。
[ランダム]
(☞ P.82)
検索して選択されたファ
イルをランダムに再生し
ます。
[再生スピード] 必要に応じて再生スピード
(☞ P.82)
を切り替えられます。
再生位置をすばやく移動し
[スキップ間隔] たり、短いフレーズを繰り
(☞ P.84)
返し再生するときなどに便
利です。
[再生シーン]
(☞ P.85)
2
録音した音声が聞き取りに
くいときはノイズキャンセ
ルを設定してください。
2 +または-ボタンを押して、聞
きやすい音量にする
再生する
[ノイズ
キャンセル]
(☞ P.80)
• [00]~[30]の範囲で調整で
きます。数字が大きくなると音量
が上がります。
3 停止ボタンを押して再生を停
止する
音質や再生方法にあわせ
て、お好みの再生設定を
保存できます。
• ディスプレイに[ ]が表示され
ます。
• 再生しているファイルの途中で停
止します。
JP
45
再生する
• [アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、レジュー
ム機能が働き、電源を切っても再
生していたファイルおよび停止位
置を記憶しています(☞ P.93)。
次回から記憶したファイルのファ
イル表示画面になります。
ファイルの頭出しをするには
停止中または再生中に 9 ボタンを
押す
• 次のファイルの頭出しをします。
再生中に 0 ボタンを押す
• 再生中のファイルの頭出しをします。
早送りをするには
再生する
2
停止中に、9 ボタンを押し続ける
• 9 ボタンから手を離すと停止します。
`OK ボタンを押すと、その位置から再生
します。
再生中に 9 ボタンを押し続ける
• 9 ボタンから手を離すと、その位置か
ら再生します。
• ファイルの途中にインデックスマークがつ
いているときは、その位置でいったん停
止します(☞ P.50)。
• ファイルの終わりまで進むといったん停止
します。さらに 9 ボタンを押し続ける
と、次のファイルの先頭から早送りを続け
ます。
早戻しをするには
停止中に、0 ボタンを押し続ける
• 0 ボタンから手を離すと停止します。
`OK ボタンを押すと、その位置から再生し
ます。
再生中に 0 ボタンを押し続ける
JP
46
• 0 ボタンから手を離すと、その位置か
ら再生します。
• ファイルの途中にインデックスマーク
がついているときは、その位置でいっ
たん停止します(☞ P.50)。
• ファイルの先頭まで戻るといったん停止しま
す。さらに 0 ボタンを押し続けると、前
のファイルの終わりから早戻しを続けます。
停止中に 0 ボタンを押す
• 1 つ前のファイルの頭出しをします。ファ
イルの途中で停止している場合、そのファ
イルの頭出しをします。
再生中に 0 ボタンを 2 回押す
• 1 つ前のファイルの頭出しをします。
ご注意
• 再生中に頭出しをした場合、ファイル
の途中にインデックスマークがついて
いるときは、その位置でいったん停止
します。ただし、停止中に頭出しをし
た場合、インデックスマークの位置は
飛び越されます(☞ P.50)。
• 再生中に頭出しをしたときに、[スキッ
プ間隔]が[ファイルスキップ]以外
に設定されている場合、設定時間分だ
けスキップまたは逆スキップして再生
を開始します(☞ P.84)。
再生する
イヤホンで聞くには
本機のイヤホンジャックにイヤホンを接続
して聞くことができます。
• イヤホンを接続すると、スピーカから音は
出ません。
イヤホンジャックへ
音楽ファイルについて
本機に転送した音楽ファイルが再生できな
い場合、サンプリングレートやビットレート
が再生できる範囲かご確認ください。本機
で再生できる音楽ファイルのサンプリング
レートやビットレートの組み合わせは下記の
とおりになります。
ファイル
形式
ビット数および
ビットレート
44.1 kHz、
48 kHz
16 bit
MP3
形式
MPEG1 Layer3:
32 kHz、44.1
kHz、48 kHz
MPEG2 Layer3:
16 kHz、22.05
kHz、24 kHz
8 kbps から
320 kbps
まで
WMA
形式
8 kHz、11 kHz、
5 kbps から
16 kHz、22 kHz、
320 kbps
32 kHz、44.1
まで
kHz、48 kHz
2
再生する
WAV
形式
ご注意
• 耳への刺激を避けるため、音量を[00]
にしてからイヤホンを入れてください。
• 再生中イヤホンで聞く場合、音量をあ
まり上げないでください。聴覚障害、
聴力低下を引き起こすおそれがありま
す。
サンプリング
レート
・ 可変ビットレート(1 つのファイル内
でビットレートを可変させて変換)の
MP3 ファイルの再生については、正常
に動作しない場合があります。
・ 本機は Microsoft Corporation の
DRM には未対応です。
JP
47
プレイバックポジション再生について
本機は[ポッドキャスト]
[ブック]
(DAISY、
オーディオブック、テキストスピーチ)フォ
ルダに転送されたファイルに対して、最後
に再生を停止した位置を自動的に記憶する
プレイバックポジションモードを搭載してい
ます。お聞きのファイルの途中で停止しても、
最後の停止位置をファイル上で記憶するた
め、次に続けて聞くときは、最後に停止し
た位置から再生できます。
プレイバックポジション再生について
2
1 [ポッドキャスト]または[ブッ
ク]
(DAISY、オーディオブック、
テキストスピーチ)フォルダ内
から聞きたいファイルを選ぶ
・ 再生していたファイルの途中で停止
します。停止した位置をプレイバック
ポジションとしてファイル上で記憶し
ます。この状態で別のファイルを選
んだり、他のフォルダに移動したり、
本機の電源を切ったりした場合でも、
次に同じファイルを再生すると最後に
記憶されている位置から再生を開始
します。
4 途中まで聞いたコンテンツ
ファイルの続きを再生する
2 `OK ボタンを押して再生を
開始する
・ `OK ボタンを押すと、停止してい
たところから再生を開始します。
ご注意
• DAISY ファイルの場合、停止したセン
テンスの先頭から再生が再開されます。
・ ディスプレイに
[
]が表示されます。
前に一度再生したことのあるファイル
を再生すると、最後に停止した位置
から再生します。
3 停止ボタンを押して再生を停
止する
早送りをするには
停止中に 9 ボタンを押し続ける
• ボタンから手を離すと停止します。
プレイバックポジションは更新され、
`OK ボタンを押すと、その位置から
再生します。
再生中に 9 ボタンを押し続ける
• ボタンから手を離すと、その位置から
再生します。
JP
48
• ファイルの途中にインデックスマーク
(☞ P.50)やプレイバックポジション
がついているときは、その位置でいっ
たん停止します。
プレイバックポジション再生について
• ファイルの終わりまで進むといったん
停止します。さらに 9 ボタンを押し
続けると、次のファイルの先頭から早
送りを続けます。
再生中、遅聞き、早聞き中に 0 ボタンを2
回押す
DAISY ファイル、テキストファイルの
場合、早送りは機能しません。
• ファイルの途中にインデックスマーク
(☞ P.50)がついているときは、その
位置から再生します。
早戻しをするには
停止中に 0 ボタンを押し続ける
• 1 つ前のファイルの頭出しをして、頭出
し前の再生スピードで再生を始めます。
• ボタンから手を離すと停止します。
プレイバックポジションは更新され、
`OK ボタンを押すと、その位置から
再生します。
再生中に 0 ボタンを押し続ける
DAISY ファイルの場合は、[ ブック設定 ]
(DAISY 設定)の [ スキップモード ] で設
定したスキップ間隔で移動します
(☞ P.106)。
• ボタンから手を離すと、その位置から
再生します。
テキストファイルの場合、ファイルの頭出
しは機能しません。
• ファイルの途中にインデックスマーク
(☞ P.50)やプレイバックポジション
がついているときは、その位置でいっ
たん停止します。
停止中に 9 ボタンを押す
• ファイルの先頭まで戻るといったん停
止します。さらに 0 ボタンを押し続
けると、前のファイルの終わりから
早戻しを続けます。
• 先頭ファイルの開始位置で停止中に
0 ボタンを押し続けると、最終ファ
イルの終わりから早戻しを行います。
ファイルをスキップするには
• 次のファイルのプレイバックポジ
ションへスキップします。
ファイルの先頭で停止中に 0 ボタンを押す
• 前のファイルのプレイバックポジ
ションへスキップします。
ファイルの途中で停止中に 0 ボタンを押す
2
プレイバックポジション再生について
• [ スキップ間隔 ] が [ ファイルスキッ
プ ] 以外に設定されている場合(☞
P.84)、設定時間分だけスキップまたは
逆スキップして再生を始めます。
• そのファイルの先頭へスキップします。
DAISY ファイル、テキストファイルの
場合、早戻しは機能しません。
ファイルの頭出しをするには
再生中、遅聞き、早聞き中に 9 ボタンを押す
• 次のファイルの頭出しをして、頭出し
前の再生スピードで再生を始めます。
再生中、遅聞き、早聞き中に 0 ボタンを押す
• 再生中のファイルの頭出しをして、頭出
し前の再生スピードで再生を始めます。
DAISY ファイルの場合は、[ ブック設定 ]
(DAISY 設定)の [ スキップモード ] で設
定したスキップ間隔で移動します
(☞ P.106)。
テキストファイルの場合、文節単位でス
キップします。
ご注意
• ファイルを本機で削除した場合は、
プレイバックポジション情報も同時に
削除されます。
JP
49
インデックスマークをつける
インデックスマークをつけると、早送り・早
戻しやファイルの頭出し操作で、聞きたい
位置をすばやく探せます。
2 9 または 0 ボタンを押し
てインデックスマークを選ぶ
Fn(F1 または F2)ボタンを [ イ
ンデックス ] に割り当てている場
合に操作できます(☞ P.99)。
インデックスマークをつける
2
1 ファイルを録音中、録音一時停
止中、再生中または停止中に Fn
(インデックス)ボタンを押す
・ 画面に番号と記録位置が表示されイ
ンデックスマークがつきます。
・ インデックスマークをつけたあとも録
音または再生は続きますので、同様
の操作で別の場所にインデックスマー
クをつけられます。
インデックスマークを消去する
Fn(F1 または F2)ボタンを [ 消
去 ] に割り当てている場合に操
作できます(☞ P.99)。
JP
50
1 消去したいインデックスマー
クのあるファイルを再生する
3 ディスプレイにインデックス
番号が表示中(約 2 秒間)に
Fn(消去)ボタンを押す
・ インデックスマークが消去されます。
・ 消去したインデックス以降のインデッ
クス番号は自動的に繰り上がります。
ご注意
• インデックスマークは 1 つのファイル
内に最大で 16 件までつけられます。
16 件を超えてインデックスマークをつ
けようとすると[これ以上記録できま
せん]と表示されます。
• ファイルロック(☞ P.94)をかけてあ
るファイルは、インデックスマークを
つけたり消去はできません。
部分リピート再生のしかた(A-B)
再生中のファイルの一部分を繰り返し再生
できます。
Fn(F1 または F2)ボタンを「A
- B」に割り当てている場合に操
作できます(☞ P.99)。
2 部分リピート再生の開始位置
で、Fn(A - B)ボタンを押す
・ [ ]表示が点滅します。
・ この[ ]の点滅中も通常の再生中
と同じように再生スピードの切り替え
(☞ P.82)や、
早送り・早戻し
(☞ P.46)
が行え、終了位置まで早く進められ
ます。
・ [ ]表示の点滅中にファイルの終わ
りまで到達した場合、そこが終了位置
になり、リピート再生を開始します。
a
c
b
2
下記のいずれかのボタンを押すと、部分リ
ピート再生は解除されます。
a 停止または `OK ボタンを押す。
・ 部分リピート再生が解除され、再生
も停止します。
b Fn(キャンセル)ボタンを押す。
・ 部分リピート再生が解除され、通常
の再生に戻ります。
部分リピート再生のしかた( A-B
)
1 部分リピート再生したいファ
イルを選び、`OK ボタンを押
して再生を開始する(☞ P.52
~ P.58)
部分リピート再生を解除する
3 部分リピート再生を終了させ
たい位置で、もう一度 Fn(A
- B)ボタンを押す
・ 部分リピート再生を解除するまで、繰
り返し再生します。
JP
51
ファイル検索
本機では、録音したファイルやパソコンから
取り込んだ音楽ファイルをデータベースで管
理し、日付、キーワードなどを自動的に分類し、
ファイルを探しやすくしています。
1 [ホーム]画面から[レコーダー]
を選び、`OK または 9
ボタンを押してフォルダリス
ト表示画面に入る
[ レコーダー ] フォルダから
ファイル検索画面を呼び出す
[アクセシビリティ](☞ P.93) の設定が
[On]に設定されているとき:
1[ホーム]画面から[レコーダー]を
選び `OK または 9 ボタンを押す。
2 F3( メニュー ) ボタンを押して
メニューを表示させる。
3 +または-ボタンを押して[リスト]
を選び `OK ボタンを押す。
4 0 ボタンを押す。
・ ひとつ上の階層に戻ります。
ファイル検索
2
೫ጪ႕ᬂɥ֣ɆҋȬ
ᆬްȬɞ
ˁʟɫɮʵɑȲɂ
ʟɳʵʊɥᤣɉ
ˁʟɫɮʵɁ೫ጪ஁ศ
ǽɥᤣɉ
ファイル検索の種類:
[ フォルダ A] から [ フォル
[ブラウズ]
ダE ] の階層に沿って、ファ
検索(☞ P.53)
イルを絞り込みます。
[日付] 検索
(☞ P.54)
ファイルの録音された日付
で絞り込みます。
[キーワード]
ファイルに付けたキーワー
検索(☞ P.54) ドで絞り込みます。
JP
52
ファイル検索
2 F1(検索切替)ボタンを押し
てファイル検索画面を表示さ
せる
[ レコーダー ] フォルダの
ファイル検索画面の操作
・ F1(検索切替)ボタンを押すたびに、
検索画面が切り替わります。
[ブラウズ]検索で絞り込む場合
本機で録音したファイルをフォルダ指定し
て絞り込みます。
ファイル検索の種類を選び、引き
続き「[ レコーダー ] フォルダの
ファイル検索画面の操作」にお進
みください。
2
ファイル検索
1 +または-ボタンを押してフォル
ダを選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
・ フォルダ内のファイルがリスト表示され
ます。
2 +または-ボタンを押してファイ
ルを選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
JP
53
ファイル検索
[キーワード]検索で絞り込む場合
本機で録音したファイルに付けたキー
ワードを指定して絞り込みます。本機
で録音したファイルの内容からお好み
のキーワードを登録し、ファイルを管
理できます(☞ P.94)。
1 +または-ボタンを押して録音
した日付を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
ファイル検索
2
[日付]検索で絞り込む場合
録音した日付を指定して絞り込みます。
最後に録音した日付にカーソルが表示
されます。カーソルを録音した日付に
移動させてください。
・ 指定した日付のファイルがリスト表示さ
れます。
2 +または-ボタンを押してファイ
ルを選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
JP
54
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
1 +または-ボタンを押してキー
ワードを選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ 指定したキーワードのファイルがリスト
表示されます。
2 +または-ボタンを押してファイ
ルを選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
ファイル検索
[ ミュージック ] フォルダから
ファイル検索画面を呼び出す
1 [ ホーム ] 画面から [ ミュー
ジック ] を選び、`OK または
9 ボタンを押して検索画面
に入る
[アクセシビリティ](☞ P.93) の設定が
[On]に設定されているとき:
ˁʟɫɮʵɑȲɂ
ʟɳʵʊɥᤣɉ
ˁʟɫɮʵɁ೫ጪ஁ศ
ǽɥᤣɉ
2
ファイル検索
ᆬްȬɞ
1[ホーム]画面から[ミュージック]を
選び `OK または 9 ボタンを押す。
2 F3( メニュー ) ボタンを押して
メニューを表示させる。
3 +または-ボタンを押して[リスト]
を選び `OK ボタンを押す。
4 検索画面になるまで 0 ボタンを数
回押す。
ファイル検索の種類:
[アーティスト] アーティストをリスト表示
検索(☞ P.56) して絞り込みます。
[アルバム]検
索(☞ P.56)
アルバム名をリスト表示し
て絞り込みます。
[すべての曲]
全ての曲をリスト表示して
検索(☞ P.57) 絞り込みます。
[ ミュージック ] フォルダ
[ブラウズ]
内にある全ての曲やアル
検索(☞ P.57)
バムをリスト表示します。
2 +または-ボタンを押してファ
イル検索の種類を選び、`OK
または 9 ボタンを押す
・ 検索の途中で間違えた場合、0 ボ
タンを押すと前の画面に戻ります。
本機で再生した日付が新
[最近聴いた曲] しい順にファイルを並べ
検索(☞ P.57) 替えてファイルをリスト表
示します。
本機で再生した回数の多
[再生回数]
いファイルを並べ替えて
検索(☞ P.57) ファイルをリスト表示しま
す。
[外部プレイ
リスト]検索
(☞ P.58)
本機に転送したプレイリス
トを表示します。
ファイル検索の種類を選び、引き
続き「[ ミュージック ] フォルダ
のファイル検索画面の操作」にお
進みください。
JP
55
ファイル検索
[ ミュージック ] フォルダの
ファイル検索画面の操作
[アーティスト]検索で絞り込む場合
アーティストを指定して曲を絞り込みます。
ファイル検索
2
1 +または-ボタンを押してアー
ティストを選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
[アルバム]検索で絞り込む場合
アルバム名を指定して絞り込みます。
1 +または-ボタンを押してア
ルバムを選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ 選んだアーティストのアルバムや曲がリ
スト表示されます。
2 +または-ボタンを押してアル
バムまたは曲を選び、` OK ま
たは 9 ボタンを押す。
・ アルバム内の曲がリスト表示されます。
2 +または-ボタンを押して曲を
選び、` OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ 曲を選んだ場合は再生が開始されます。
・ アルバムを選んだ場合は曲がリスト表
示されます。
JP
56
3 +または-ボタンを押して曲を
選び、` OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
ファイル検索
[すべての曲]検索で選択する場合
[最近聴いた曲]検索で絞り込む場合
すべての曲をリスト表示して絞り込みます。
最近再生したファイルを日付が新しい順に
並べ替えてファイルをリスト表示します。
1 +または-ボタンを押して曲を
選び、` OK または 9 ボタ
ンを押す。
1 +または-ボタンを押して曲を
選び、`OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
ファイル検索
2
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
[ブラウズ]検索で絞り込む場合
[ ミュージック ] フォルダ内にある全ての
ファイルとフォルダをリスト表示して直接
絞り込みます。
1 +または-ボタンを押して曲ま
たはアーティストを選び、` OK
または 9 ボタンを押す。
・ アーティストを選んだ場合は、フォルダ
内の曲がリスト表示されます。+または
-ボタンを押して曲を選び、`OK また
は 9 ボタンを押します。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
[再生回数]検索で絞り込む場合
再生した回数の多いファイルを、日付
が新しい順に並べ替えてファイルをリ
スト表示します。
1 +または-ボタンを押して曲を
選び、` OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
JP
57
ファイル検索
[外部プレイリスト]検索で
絞り込む場合
プレイリストを表示して絞り込みます。
プレ イリストの 取り込 み については、
☞ P.168 をご覧ください。
ファイル検索
2
1 +または-ボタンを押して[外部
プレイリスト]を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
・ プレイリスト一覧がリスト表示されま
す。
2 +または-ボタンを押してプレ
イリストを選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ プレイリスト内のファイルがリスト表
示されます。
JP
58
3 +または-ボタンを押して曲を
選び、`OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ `OK ボタンを押すとファイルの再生が
開始されます。
消去する
フォルダ内の消去したいファイルを消去でき
ます。また、選んだフォルダやフォルダ内の
ファイルすべてを消去できます。
ファイル表示画面で消去する
1 ファイルの表示中に
F3( メニュー ) ボタンを押す
2 +または-ボタンを押して [r
消去 ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す
4 +ボタンを押して[開始]を
選び、`OK ボタンを押す
2
消去する
・ 再生中は消去できません。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・ 消去確認画面が表示されます。
・ ディスプレイが [ 消去中! ] にかわり、
消去を開始します。
[消去完了]と表
示されたら終了です。
3 +ボタンを押して[1 件消去]
を選び、`OK または 9 ボ
タンを押す
JP
59
消去する
ファイルリスト表示画面で
消去する
1 ファイルリスト表示画面から
消去するファイルを選ぶ
4 +ボタンを押して[開始]を
選び、`OK ボタンを押す
消去する
2
2 ファイルリスト表示画面で停
止中に F2(消去)ボタンを押す
・ ポップアップ画面に入ります。
3 +または-ボタンを押して [1
件消去 ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す
・ 消去確認画面が表示されます。
JP
60
・ ディスプレイが [ 消去中! ] にかわり、
消去を開始します。
[消去完了]と表
示されたら終了です。
消去する
フォルダ内のファイルを
すべて消去する
4 +ボタンを押して[開始]を
選び、`OK ボタンを押す
1 フォルダリスト表示画面から消
去するフォルダを選び、`OK
または 9 ボタンを押す
(☞ P.52 ~ P.58)
消去する
2
・ ディスプレイが [ 消去中! ] にかわり、
消去を開始します。
[消去完了]と表
示されたら終了です。
2 ファイルリスト表示画面で停
止中に F2(消去)ボタンを押す
・ ポップアップ画面に入ります。
3 +または-ボタンを押して
[ フォルダ内消去 ] を選び、
`OK または 9 ボタンを押す
・ 消去確認画面が表示されます。
フォルダを消去する
1 フォルダリスト表示画面から
消去するフォルダを選ぶ
(☞ P.52 ~ P.58)
JP
61
消去する
2 フォルダリスト表示画面で F3
(消去)ボタンを押す
・ ディスプレイが [ 消去中! ] にかわり、
消去を開始します。
[消去完了]と表
示されたら終了です。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
消去する
2
3 +または-ボタンを押して [r
消去 ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す
・ 消去確認画面が表示されます。
ファイルを部分消去する
ファイルの不要な部分を消去できます。部分
消去できるファイルは本機で作成した PCM
形式のみです。
4 +ボタンを押して[開始]を
選び、`OK ボタンを押す
Fn(F1 または F2)ボタンを [ 消
去 ] に割り当てている場合に操
作できます(☞ P.99)。
1 部分消去したいファイルを再
生する
・ 消去したい位置までファイルを進め
ます。ファイルが長い場合は、9
ボタンを使って部分消去したい位置
まで進めます。
JP
62
消去する
2 部分消去の開始位置で、
Fn(消去)ボタンを押す
・ ディスプレイの[部分消去]が点滅
します。
・ ディスプレイの[消去開始位置]と
[消去終了位置]が交互に点滅しま
す。点滅中も再生は続き、通常の再
生中と同じように早送り・早戻しが
行え、終了位置まで早く進められま
す。表示の点滅中にファイルが終わ
りまで到達した場合は、そこが消去
終了位置になります。
2
消去する
3 部分消去を終了したい位置で、も
う一度 Fn(消去)ボタンを押す
消去に関するご注意
・ WMA 形式や MP3 形式で録音された
ファイルは部分消去機能が使えません。
・ 部分消去を行ってもファイルの作成日
時は変わりません。
・ 一度消去したファイルは元に戻せません。
本機に microSD カードを入れた場合、
操作する記録メディアが [ 内蔵メモリ ]
または [microSD カード ] のどちらか間
違えないよう必ず確認してください。
・ ファイルロック(☞ P.94)設定のある
ファイルや読み取り専用に設定されて
いるファイルは消去されません。
・ 選択画面で 8 秒間操作を行わないと停
止状態に戻ります。
・ データが破損するおそれがありますの
で、処理中には次のような操作は絶対に
しないでください。また、処理中に電池
が切れることのないように、電池残量を
十分に確認してください。
1 処理中に AC アダプタを抜く。
2 処理中に電池を取り外す。
3 記録メディアが[microSD カード]
の場合、処理中に microSD カードを
取り外す。
・ [ レコーダー ] フォルダ(A ~ E)およ
び [ ミュージック ]、[ ポッドキャスト ]、
[ ブック ](DAISY、オーディオブック、
テキストスピーチ ) フォルダは消去でき
ません。
・ 本機で認識できないファイルがある場
合は、そのファイルおよびファイルの
あるフォルダは消去されません。パソ
コンに接続して消去してください。
4 もう一度 Fn(消去)ボタンを押す
・ ディスプレイが[部分消去中!]にか
わり、部分消去を開始します。[部分消
去しました]と表示されたら終了です。
・ 部分消去完了位置で再生が停止します。
JP
63
設定機能を使う
メニュー設定のしかた
本機に関するさまざまな機能設定ができま
す。メニューの各項目は次の方法で設定が
可能です。
3 +または-ボタンを押して
設定項目を選び、`OK または
9 ボタンを押す
[ホーム]画面の[メニュー]
から設定を行う
メニュー設定のしかた
3
[ ホーム ] 画面でのメニュー設定では、[ 録
音設定 ]、[ 再生設定 ]、[ 表示 / 音設定 ]
や [ システム設定 ] が行えます。録音や再
生をする前にあらかじめ本機の各設定を行
えます。
1 [ ホーム ] 画面から [ メニュー ]
を選び、`OK または 9 ボ
タンを押してメニュー項目画
面に入る
2 +または-ボタンを押して
メニュー項目を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す
JP
64
・ 選択した項目の設定に移動します。
・ 設定の途中で間違えた場合、0 ま
たは F1( 戻る ) ボタンを押すと前の
画面に戻ります。
4 +または-ボタンを押して、
設定を変更し、`OK ボタンを
押して、設定を完了する
・ 設定が確定されたことを画面でお知
らせします。
・ メニュー項目のリスト表示画面に戻り
ます。
5 F3( ホーム ) ボタンを押して、
メニュー画面を終了する
メニュー設定のしかた
録音、再生、停止中にメ
ニューの設定を行う
本機が動作中でもメニューの設定を行うこ
とができます。動作中でのメニュー設定で
は、[ 録音設定 ]、[ 再生設定 ] のほかに、ファ
イルの管理に関する [ ファイル設定 ] が行
えます。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
2 +または-ボタンを押して
メニュー項目を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す
3
4 +または-ボタンを押して、
設定を変更し、`OK ボタンを
押して、設定を完了する
メニュー設定のしかた
1 録音中、再生中、一時停止中
または停止中に F3(メニュー)
ボタンを押す
・ 選択した項目の設定に移動します。
・ 設定の途中で間違えた場合、0 ま
たは F1( 戻る ) ボタンを押すと前の
画面に戻ります。
・ メニュー項目のリスト表示画面に戻り
ます。
5 F3(閉じる)ボタンを押して、
メニュー画面を終了する
3 +または-ボタンを押して
設定項目を選び、`OK または
9 ボタンを押す
・ 録音または再生中にメニュー画面に
入った場合、F3(閉じる)ボタンを押
すと、録音または再生を中断させる
ことなく元の画面に戻ります。
JP
65
メニューの一覧
4 録音に関するメニュー設定:
設定タブ
録音設定
(Rec Mode)
の表記は初期設定です。
設定項目
選択肢
マイク感度(Mic Sense)☞ P.69
[高]
[中]
[低]
録音モード(Rec Mode)☞ P.69
録音レベル(Rec Level)☞ P.70
[PCM]
[MP3]
[WMA]録音形式ごと
に録音レートを設定できます。
[マニュアル]
[オート]
指向性マイク(Zoom Mic)☞ P.71
[Zoom]
[Narrow]
[Wide]
[Off]
ローカットフィルタ(Low Cut Filter) [On]
[Off]
☞ P.72
VCVA(VCVA)☞ P.72
[On/Off]:
[On]
[Off]
[待機モニター]:
[On]
[Off]
録音シーン(Rec Scene)☞ P.74 [Off]
[口述録音]
[会議録音]
[講義録音]
[ユーザー設定 1]~[ユーザー設定 3]
から選べます。
タイマー録音(Timer Rec)☞ P.75 [予約 1]から[予約 3]に[タイマー録音]
の[On/Off]や、[曜日]、[開始時刻]、[終
了時刻]、[録音モード]、[マイク感度]、[メ
モリ選択]、[録音フォルダ]、[キーワード]
の設定ができます。
フォルダ名(Folder Name)☞ P.78 あらかじめ用意したテンプレートの中からフォ
ルダ名を選んで設定できます。
メニューの一覧
3
4 再生に関するメニュー設定:
設定タブ
再生設定
(Play Menu)
の表記は初期設定です。
設定項目
選択肢
ノイズキャンセル(Noise Cancel) [高]
[低]
[Off]
☞ P.80
[Wide]
[Natural]
[Off]
EUPHONY(EUPHONY)☞ P.80 [Power]
[Off]
音声フィルタ(Voice Filter)☞ P.81 [On]
JP
66
リピート(Repeat)☞ P.81
[1 ファイル]
[リスト]
[Off]
ランダム(Ramdom)☞ P.82
[On]
[Off]
再生スピード(Play Speed)☞ P.82 [50%]から[600%]
初期設定は[100%]
[50%]から[200%]:10%刻み
[200%]から[400%]:20%刻み
[400%]から[600%]:50%刻み
スキップ間隔(Skip Space)☞ P.84 [スキップ]:
[ファイルスキップ]
[10 秒]
[30 秒]
[1 分]
[5 分][10 分]
[逆スキップ]:
[ファイルスキップ]
[1 秒]~[5 秒]
[10 秒]
[30 秒][1 分][5 分][10 分]
再生シーン(Play Scene)☞ P.85 [Off]
[ユーザー設定 1]~
[ユーザー設定 5]から選べます。
メニューの一覧
4 表示や音に関するメニュー設定:
設定タブ
表示/音設定
(LCD/Sound
Menu)
[点灯時間]:
[5 秒]
[10 秒]
[30 秒]
[1 分]
[常時点灯]
[微灯時間]:
[30 秒]
[1 分]
[2 分]
[5 分]
[常時微灯]
[輝度設定]:
[1]
[2]
[3]
LED(LED)☞ P.87
[On]
[Off]
ビープ音(Beep)☞ P.87
[音量 5]
[音量 4]
[音量 3]
[音量 2]
[音量1]
[Off]
言語選択(Language(Lang))☞ P.86 [日本語]
[English]
音声ガイド(Voice Guide)☞ P.88 [メニューガイド]:
[On]
[Off]
[ファイルガイド]:
[On]
[Off]
[スピード]:[50%]から[600%]
初期設定は[100%]
[音量]:
[音量 5]
[音量 4]
[音量 3]
[音量 2]
[音量 1]
アラーム再生(Alarm)☞ P.89
[予約 1]~[予約 3]に[アラーム再生]
の[On/Off]や、
[曜日]、
[開始時刻]、
[音
量]、[アラーム音]、[再生ファイル]の
設定ができます。
[On]
[Off]
アクセシビリティ
(Accessibility)☞ P.93
設定項目
3
メニューの一覧
システム設定
(System Menu)
選択肢
バックライト(Backlight)☞ P.86
4 システムに関するメニュー設定:
設定タブ
の表記は初期設定です。
設定項目
の表記は初期設定です。
選択肢
Fn キー設定(Fn. setting)☞ P.99 [Off]、[リピート]、[ランダム]、[再生スピ
ード]、
[インデックス]、
[A-B]、
[消去]、
[表
示切替]
[
、リスト]の割り当て設定ができます。
メモリ選択(Memory Select)☞ P.99 [内蔵メモリ]
[microSD]
システム待機(System Standby) [On]
[Off]
☞ P.100
オートパワーオフ
[5分]
[10分]
[30 分]
[1時間]
(Auto Power Off)☞ P.100
[2 時間]
[3 時間]
[Off]
時計設定(Time & Date)☞ P.29 [時]
[分]
[年]
[月]
[日]
USB 設定
(USB Settings)☞ P.101 [USB 接続]:
[PC 接続]
[AC アダプタ接続]
[毎回確認]
[USB クラス]:
[ストレージ]
[コンポジット]
設定リセット(Reset Settings)
メニュー設定を初期設定に戻します。
☞ P.102
初期化(Format)☞ P.103
メモリを初期化します。
メモリ情報(Memory Info.)☞ P.105 メモリの残量と容量を表示します。
システム情報(System Info.)
[モデル]
[バージョン]
☞ P.105
[シリアル番号]
JP
67
メニューの一覧
4 ブックに関するメニュー設定:
設定タブ
ブック設定
(Book Menu)
DAISY 設定 *
(Daisy Menu)
テキスト
スピーチ設定 *
(Text Speech
Menu)
の表記は初期設定です。
設定項目
DAISY 取り込み *
(DAISY Import)☞ P.129
スキップモード(Skip Mode)
☞ P.106
選択肢
DAISY コンテンツを本体に取り込みます。
[セクション]
(レベル 1 ~ 6)
[グループ]
[ページ]
[センテンス]
[フレーズ]
[ブックマーク]
[UTF-8]
[UTF-16]
文字コード(Characters)☞ P.107 [ANSI]
テキスト言語(Text Languange) [日本語]
[英語]
☞ P.108
*[アクセシビリティ]の設定が[On]に設定されているときのみ。
メニューの一覧
3
4 ファイルに関するメニュー設定:
設定タブ
ファイル設定
(File Menu)
設定項目
あらかじめ用意したテンプレートの中から
選んで設定できます。
[Off]
ファイルロック
(Erase Lock)
☞ P.94 [On]
ファイル移動/コピー
メモリ内でファイルのコピーと移動が行
(File Move/Copy)☞ P.95
えます。
ファイル分割(File Divide)☞ P.97 PCM や MP3 ファイルを分割することがで
きます。
4 スケジュールに関するメニュー設定:
スケジュール設定
(Audio Diary)
JP
68
選択肢
キーワード(Keyword)☞ P.94
プロパティ(Property)☞ P.98
設定タブ
の表記は初期設定です。
設定項目
新規登録(New)☞ P.112
ファイルやフォルダの情報を表示します。
の表記は初期設定です。
選択肢
[日時]、
[開始時間]、
[終了時間]、
[繰
り返し]
[
、キーワード 1]
[
、キーワード 2]、
[ボイスキーワード]、
[アラーム通知]の
設定ができます。
編集(Edit)☞ P.118
登録したスケジュール内容の設定変更が
できます。
削除(Delete)☞ P.119
登録を削除します。
初期化(Format)☞ P.122
登録したスケジュール内容全てを削除し、
初期化します。
録音に関する設定[録音設定]
録音に関するさまざまな設定を行います。
[録音モード]
[マイク感度]
使用目的に合わせて内蔵ステレオマイク
感度の切り替えができます。
1[メニュー]の[録音設定]で[マ
イク感度]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
[高]:最も録音感度が高く、大人数の
会議など、遠くの音や小さな音の
録音に適しています。
[中]:打合せや少人数の会議などの録音
に適しています。
[低]:最も録音感度が低く、口述録音
に適しています。
ご注意
・ 話し手の声をはっきりと録音したい場
合、
[マイク感度]を[低]に設定し、
本機の内蔵ステレオマイクを話し手の
口に近づけて(5 ~ 10cm)録音して
ください。
1[メニュー]の[録音設定]で[録
音モード]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ 録 音 モ ー ド ] の 設 定 を 選 び、
`OK または 9 ボタンを押す。
[PCM]:音楽 CD などに採用されてい
る非圧縮音声形式です。
[MP3]:ISO(国際標準化機構)の
ワーキンググループである
MPEG が制定した国際規格で
す。
[ WMA]:米国マイクロソフト社が開発
した音声圧縮符号化方式で
す。
3
録音に関する設定[録音設定]
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[マイク感度]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
ステレオまたはモノラルの録音方式の選
択のほか、音質を重視して録音したり、
録音時間を重視して録音できます。目的
に合わせて録音モードをお選びください。
3 +または-ボタンを押して、
録音レートの設定を選び、
`OK ボタンを押す。
JP
69
録音に関する設定[録音設定]
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[録音レベル]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
録音に関する設定[録音設定]
3
[PCM]の場合:
[48kHz/16bit]また
は[44.1kHz/16bit]
[MP3]の場合:
[320kbps]
[256kbps]
[192kbps]
[128kbps]
[WMA]の場合:
[ステレオ XQ]
[ステレオHQ]
[ステレオ SP]
[HQ]
[SP]
[LP]
ご注意
・ 会議や講演会などをはっきりと録音し
たい場合、録音レートを[LP]以外に
設定して録音してください。
・[録音モード]をステレオ録音方式に
設定して録音すると、モノラルマイクを
接続した場合、L チャンネルのみに音
声が録音されます。
[マニュアル]:録音レベルを 16 段階に
調整して録音します。
[オート]:録音レベルを自動で調整して
録音します。すぐに録音する
ときに便利です。
録音レベルを調整する:
1 録音中または録音一時停止中に
9 または 0 ボタンを押し
て録音レベルを調整する。
[録音レベル]
録音レベルを自動で調整するか、手動で
調整するか設定できます。
1[メニュー]の[録音設定]で[録
音レベル]を選ぶ。
JP
70
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
ご注意
・[録音レベル]が[オート]の場合、録
音レベルは自動的に調整されます。録
音レベル調整機能を使用する場合は、
[録音レベル]を[マニュアル]にして
ください。
録音に関する設定[録音設定]
2 +または-ボタンを押して、
内蔵ステレオマイクの指向性を
選び、`OK ボタンを押す。
[Zoom]:モノラル録音となりますが、
高指向性の録音ができます。
[Narrow]:指向性のあるステレオ
感で録音できます。
[Wide]:広がりのあるステレオ感で録
音できます。
[Off]:指向性マイク機能をオフにし
ます。
指向性マイク機能について:
[指向性マイク]
指向性マイク機能は DiMAGIC(ダイマ
ジック社)の DVM(DiMAGIC Virtual
Microphone)技術を使用しています。
DVM は任意の方向からの音を強調して
録音することが可能な収音システムです。
広がりのあるステレオ録音から指向性の
高い録音まで、内蔵ステレオマイク一つ
で切り替えを可能とした、最新の指向性
制御方式です。
1[メニュー]の[録音設定]で[指
向性マイク]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
指向性
(高い)
3
録音に関する設定[録音設定]
・ 本機は
[マニュアル]に設定するとリミッ
ター機能がありません。
[OVER]が
表示されると音が歪んだ状態で録音さ
れます。
[OVER]が表示されないよ
う録音レベルを調整してください。
録音レベルを調整しても音の歪みが消
えない場合は、マイク感度(☞ P.69)
の設定を変更して、もう一度録音レベ
ルを調整してください。
・ 録音レベルメーターの指標が右いっぱ
いに振り切れなくても[OVER]が表
示されることがあります。
・ あまりにも大きな音を入力すると、
[録
音レベル]を[オート]に設定していて
もノイズが発生することがあります。
・[01]~[16]の範囲で調整できます。
数字が大きくなるとレベルが上がり、
レベルメーターの指標位置が大きくな
ります。
指向性
(低い)
集音範囲
(狭い)
集音範囲
(広い)
ご注意
・[指向性マイク]機能は内蔵ステレオマ
イクでのみ性能がでるように設計され
ています。市販品のマイクを使った場
合や、コネクティングコードを利用して
いる他の機器から録音する場合は正常
な録音ができなくなりますのでご注意
ください。
JP
71
録音に関する設定[録音設定]
[ローカットフィルタ]
録音時に低周波音をカットし、音声をよ
りクリアに録音するローカットフィルタ機
能を搭載しています。エアコンの空調音
やプロジェクターなどのノイズを低減で
きます。
1[ メ ニ ュ ー] の[ 録 音 設 定 ] で
[ローカットフィルタ]を選ぶ。
録音に関する設定[録音設定]
3
1[メニュー]の[録音設定]で
[VCVA]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して
[VCVA]の設定を選び、`OK
ボタンを押す。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して、
[ローカットフィルタ]の設定
を選び、`OK ボタンを押す。
[On]:VCVA が機能します。VCVA の
音声起動レベルは調整できます。
[Off]:機能しません。通常の録音に
戻ります。
音声起動レベルの調整:
[On]:ローカットフィルタが機能します。
[Off]:機能しません。
・ まわりの雑音が大きいなど、録音状況
に応じて VCVA の音声起動レベルを
調整できます。
1 録音ボタンを押して録音を
開始する。
[VCVA]
JP
72
音声起動録音(VCVA)とは、設定した
音声起動レベルよりも大きな音声を感知
すると自動的に録音が始まり、音声が小
さくなると自動的に録音を一時停止する
機能です。会議中の長い沈黙などを自動
的にカットして録音することによりメモリ
を節約できます。
録音に関する設定[録音設定]
・ 設定した起動感度より音が小さくなる
と約 1 秒後に自動的に録音がいった
ん停止します。このときディスプレイ
に[待機中]が点滅します。録音起動
中は LED 表示ランプが点灯し、いっ
たん停止すると点滅します。
2 9 または 0 ボタンを押し
て音声起動レベルを調整する。
VCVA 待機モニター設定について:
メニュー設定で[待機モニター]を[On]
にすると、VCVA 待機中の間は録音モニ
ター(イヤホン出力)が出なくなります。
イヤホンを接続して録音をモニターする
場合、VCVA の起動状態が音声の出力
で確認できます。
1 +または-ボタンを押して、
[待機モニター]を選び、`OK
または 9 ボタンを押す。
a レベルメータ(録音音量に合わ
せて変化します)
b 音声起動レベル(設定レベルに
応じて左右に動きます)
・ ディスプレイに VCVA の音声起動レベ
ルを 23 段階([-1]~[-42])で表
示します。
・ 数字が大きくなるほど VCVA の起動感
度は高くなり、小さな音でも録音が始
まるようになります。
3
録音に関する設定[録音設定]
a
b
・ 失敗のない録音を行うために、事前に
試し録音で音声起動レベルを調節する
ことをおすすめします。
2 +または-ボタンを押して
[On]または[Off]を選び、
`OK ボタンを押す。
・ VCVA 録音中に録音レベル(☞ P.70)
を変更する場合は、F1 ボタンを押して
ください。録音レベルの調整が可能に
なります。
ご注意
・ 音声起動レベルは設定されているマイ
ク感度により異なります(☞ P.69)。
・ 音声起動レベルの調節は 2 秒以内に行
わないと表示が元に戻ります。
JP
73
録音に関する設定[録音設定]
[録音シーン]
録音する場面や状況にあわせた録音設定
を、
[口述録音]
[会議録音]
[講義録音]
のテンプレートから選べるほか、お好みの
録音設定を保存できます。
1[メニュー]の[録音設定]で[録
音シーン]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設定
のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
録音に関する設定[録音設定]
3
2 +または-ボタンを押して設定
項目を選び、`OK または 9
ボタンを押す。
・ 各[録音シーン]の設定状況を確認す
るには、
[録音シーン選択]画面で、+
またはーボタンで確認したい設定項目
を選び、9 ボタンを押して、設定確
認画面で確認できます。設定確認画面
を終わるときは、0 ボタンを押すと
[録音シーン選択]画面に戻ります。
[録音シーン保存]を選んだ場合の設定:
既存の[録音シーン]のテンプレート以
外に、現在お好みで設定をしている録音
に関するメニュー設定を保存できます。
録音中に[録音シーン保存]の操作はで
きません。本機の停止中に [ ホーム ] 画
面からメニューに入り、設定してください。
[録音シーン選択]を選んだ場合の設定:
1 +または-ボタンを押して、
設定したい[録音シーン]を選
び、`OK ボタンを押す。
1 +または-ボタンを押して、設
定を保存したい[ユーザー設定]
を選び、`OK ボタンを押す。
録音シーンの設定テンプレートについて
[録音シーン選択]では 3 つのテンプレートから録音場面や状況に合わせて録音シーンを
選べます。それぞれの録音シーンの録音設定は以下の通りです。
録音設定
JP
74
[マイク感度]
[録音モード]
[録音レベル]
[指向性マイク]
[ローカットフィルタ]
[VCVA]
[待機モニター]
[Off]
[中]
[ステレオ XQ]
[オート]
[Off]
[Off]
[Off]
[Off]
録音シーン
[口述]
[会議]
[講義]
[低]
[中]
[高]
[HQ]
[ステレオ XQ] [ステレオ XQ]
[オート]
[オート]
[オート]
[Off]
[Wide]
[Zoom]
[On]
[On]
[On]
[Off]
[Off]
[Off]
[Off]
[Off]
[Off]
録音に関する設定[録音設定]
[タイマー録音]
タイマー録音とは設定した時間に録音を
行う機能です。お好みの設定([On/
Off]、
[曜日]、
[開始時刻]、
[終了時刻]、
[録音モード]、
[マイク感度]、
[メモリ
選択]、
[録音フォルダ]、
[キーワード])
を 3 件([予約 1]~[予約 3])まで登
録できます。
1[メニュー]の[録音設定]で[タ
イマー録音]を選ぶ。
[On/Off] の設定:
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[On/Off] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
2 +または-ボタンを押して、
予約番号を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
[On]:設定内容が実行されます。
[Off]:設定内容は実行されません。
・ 設定されている設定内容が表示されま
す。
3 +または-ボタンを押して、
設定項目を選び、`OK または
9 ボタンを押してそれぞれの
設定に移る。
[ 曜日 ] の設定:
3
録音に関する設定[録音設定]
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設定
のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
・[On/Off]、
[曜日]、
[開始時刻]、
[終
了時刻]、
[録音モード]、
[マイク感度]、
[メモリ選択]、
[録音フォルダ]、
[キー
ワード]の中から、設定したい項目を
選んでください。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[曜日]の設定を選び、`OK ボ
タンを押す。
JP
75
録音に関する設定[録音設定]
[1回のみ]:設定時刻で1回のみ録音し
ます。
[毎日]:設定時刻で毎日継続して録音し
ます。
[毎週]:
[曜日]の選択に移ります。
+またはーボタンを押して曜日
を選び、`OK ボタンを押しま
す。
[ 録音モード ] の設定:
通常の[録音モード]設定(☞ P.69)
とは別に、設定した[録音モード]で
タイマー録音を開始します。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ 録 音 モ ー ド ] の 設 定 を 選 び、
`OK または 9 ボタンを押す。
[ 開始時刻 ] と [ 終了時刻 ] の設定:
録音に関する設定[録音設定]
3
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
1 9 または 0 ボタンを押し
て録音の[開始時刻]の[時]
[ 分 ] ま た は[ 終 了 時 刻 ] の
[時][分]を選ぶ。
2 +または-ボタンを押して設
定し、`OK ボタンを押す。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ 録 音 レ ー ト ] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
[ マイク感度 ] の設定:
本機の[マイク感度]設定(☞ P.69)と
は別に、設定したマイク感度でタイマー
録音を開始します。
JP
76
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[マイク感度]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
録音に関する設定[録音設定]
[ キーワード ] の設定:
タイマー録音するファイルにキーワード
をつけます。
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
[ メモリ選択 ] の設定:
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
設定したいキーワードを選び、
`OK ボタンを押す。
設定を完了する:
[ 録音フォルダ ] の設定:
1 +または-ボタンを押して、
保存先(フォルダ)を選び、
`OK ボタンを押す。
1 F2(決定)ボタンを押して、
設定を確定する。
・ 登録した設定内容が確定し、予約選択
メニューに戻ります。
[On/Off]設定
を[On]にすると、ディスプレイに[j]
が表示されます。
3
録音に関する設定[録音設定]
1 +または-ボタンを押して、
保存先(メモリ)を選び、`OK
ボタンを押す。
JP
77
録音に関する設定[録音設定]
a
a[On]設定時
他の予約番号を設定する場合は、これま
での操作を繰り返してください。
予約選択メニュー中に 9 ボタンを押
すと、設定内容の確認ができます。
録音に関する設定[録音設定]
3
JP
78
ご注意
・[タイマー録音]の開始時刻に本機を
操作していたり、本機が動作中のとき
は、終了後に[タイマー録音]を開始
します。
・ 電源オフやホールドになっていても、
[タ
イマー録音]の設定時刻になると録音
を始めます。
・[開始時刻]の設定が同じ場合の優先
順位は、
[予約 1]が一番高く、
[予約 3]
が一番低くなります。
・[タイマー録音]と[アラーム再生]
(☞
P.89)の[開始時刻]が同時刻に設定
されているときは、
[タイマー録音]が
優先されます。
・ タイマー録音中に電池がなくなると録
音が中断しますので、電池残量を確認
してください。
・ あらかじめ[現在日時]を確認し、ず
れていたら本機の日付と時刻を合わせ
てください(☞ P.30)。
・ 保存先を microSD カードに設定し、
タイマー録音時に microSD カードが
挿入されていない場合は内蔵メモリの
[フォルダ A]に録音します。
[フォルダ名]
音声録音用の[フォルダ A]~[フォ
ルダ E]フォルダのフォルダ名は、テ
ンプレートにあらかじめ登録されてい
る名前([会議][仕事][出張]など)
に変更することができます。
1[メニュー]の[録音設定]で
[フォルダ名]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して、
名前を変更するフォルダを選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
・ テンプレートに登録されているフォルダ
名を表示します。
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
3 +または-ボタンを押して、
テンプレートから変更したい
フォルダ名を選び、`OK ボタ
ンを押す。
録音に関する設定[録音設定]
車
電車
飛行機
仕事
取材
出張
会議
講演
授業
メモ
記録
電話録音
会話
趣味
レッスン
語学学習
楽器演奏
イベント
フォルダ A
フォルダ B
フォルダ C
フォルダ D
フォルダ E
録音に関する設定[録音設定]
3
テンプレート一覧:
JP
79
再生に関する設定[再生設定]
再生するファイルや用途に合わせて、再生
音質や再生スピードなどさまざまな設定が
できます。ファイルを再生する前に設定して
ください。
[ノイズキャンセル]
録音した音声が聞き取りにくいときは、
ノイズキャンセルを設定してください。
再生に関する設定[再生設定]
3
1[メニュー]の[再生設定]で[ノ
イズキャンセル]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ノイズキャンセル]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
[高]
[低]:周囲の雑音を低減し、よりク
リアな音質で再生します。
[Off]:機能しません。
JP
80
[EUPHONY]
本機は帯域補正、拡張技術と仮想音源
処理技術を組み合わせた最新のサラウン
ド方式「EUPHONY MOBILE」を搭載
しています。ヘッドフォン再生において、
自然な拡がり感以外に、圧迫感や密閉
感などを感じにくくし長時間視聴でも疲
れにくいという優れた特徴を備えていま
す。EUPHONY 設定はお好みに合わせ、
レベル調整できます。
1[メニュー]の[再生設定]で
[EUPHONY]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[EUPHONY]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
[Power]:より低音域を強調したモード。
[Wide]:より広がり感のあるモード。
[Natural]:自然な帯域補正と音場の
広がりを実現するモード。
[Off]:EUPHONY を解除します。
再生に関する設定[再生設定]
[音声フィルタ]
再生または早聞き・遅聞き再生時に、低
音域と高音域成分をカットし、音声をよ
りクリアに強調する音声フィルタ機能を
搭載しています。
1[メニュー]の[再生設定]で[音
声フィルタ]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
[On]:音声フィルタが機能します。
[Off]:機能しません。
お好みに合わせてリピート再生の設定が
できます。
1[メニュー]の[再生設定]で[リ
ピート]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ リ ピ ー ト ] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
[1 ファイル]:一つのファイルのみをリ
ピート再生します。
[リスト]:表示されているファイルリスト
をリピート再生します。
[Off]:機能しません。
3
再生に関する設定[再生設定]
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[音声フィルタ]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
[リピート]
Fn ボタンを使って設定する:
Fn
(F1 または F2)ボタンを [ リ
ピート ] に割り当てている場合
にも操作できます(☞ P.99)。
1 Fn(リピート)ボタンを押す。
・ Fn
(リピート)
ボタンを押すたびに、
ディスプレイに [e ][d ] が切り
替わり表示されます。
JP
81
再生に関する設定[再生設定]
[ランダム]
表示されているファイルリストをランダム
に再生する設定ができます。
1[メニュー]の[再生設定]で[ラ
ンダム]を選ぶ。
再生に関する設定[再生設定]
3
1[メニュー]の[再生設定]で[再
生スピード]を選ぶ。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ ラ ン ダ ム ] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して、
速度設定を選び、`OK ボタン
を押す。
[On]:ランダム再生が機能します。
[Off]:機能しません。
Fn
(F1 または F2)ボタンを [ ラ
ンダム ] に割り当てている場合
にも操作できます(☞ P.99)。
1 Fn(ランダム)ボタンを押す。
・ Fn
(ランダム)
ボタンを押すと、ディ
スプレイに [f] が表示され、ラン
ダム再生が機能します。
82
再生スピードを[50%]から[600%]
の間で変更できます。会議の内容を早聞
きしたり、語学学習で聞き取れなかった
箇所を遅聞きするなど、必要に応じて切
り替えてください。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
Fn ボタンを使って設定する:
JP
[再生スピード]
Fn ボタンを使って設定する:
Fn
(F1 または F2)ボタンを [ 再
生スピード ] に割り当てている
場合にも操作できます
(☞ P.99)。
1 Fn(再生スピード)ボタンを押す。
・ 再生速度設定のポップアップ画面
が表示されます。
再生に関する設定[再生設定]
2 +または-ボタンを押して、
速度設定を選び、`OK ボタン
を押す。
再生に関する設定[再生設定]
・ 再生を停止しても、変更した再生
スピードはそのまま保持されます。
次回の再生では変更した速さで再
生を行います。
3
ご注意
(☞ P.99)の設定で
[再
・[Fn キー]設定
生スピード]を割り当てている場合は、
割り当てたボタンを操作して[再生ス
ピード]設定の画面に入ってください。
・ ファイル再生中は、[ 音声ガイド]の
[ス
ピード](☞ P.88)設定が無効になり
ます。
・ 再生ファイルのサンプリング周波数や
ビットレートによっては、正常に動作
しない場合があります。その場合は、
早聞き再生の速度を落として再生して
ください。
JP
83
再生に関する設定[再生設定]
[スキップ間隔]
再生中のファイルを設定した間隔だけス
キップ(送る)または逆スキップ(戻る)
して再生できる機能で、再生位置をすば
やく移動したり、短いフレーズを繰り返し
再生するときなどに便利です。
1[メニュー]の[再生設定]で[ス
キップ間隔]を選ぶ。
再生に関する設定[再生設定]
3
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[スキップ]または[逆スキッ
プ]を選び、`OK または 9
ボタンを押す。
[逆スキップ]を選んだ場合:
[ファイルスキップ]
[1 秒]~
[5 秒]
[10
秒]
[30 秒]
[1 分]
[5 分]
[10 分]
スキップ・逆スキップ再生のしかた:
2 再生中に 9 または 0 ボタ
ンを押す。
・ 設定した間隔で[スキップ]また
は[逆スキップ]して再生を開始
します。
3 +または-ボタンを押して、
設定を選び、`OK ボタンを
押す。
・ スキップ間隔をそれぞれ設定でき
ます。
84
[ファイルスキップ]
[10 秒]
[30 秒]
[1 分]
[5 分]
[10 分]
1 ファイルの再生を開始する。
[スキップ]:設定した間隔分だけ送って
再生を開始します。
[逆スキップ]:設定した間隔分だけ戻っ
て再生を開始します。
JP
[スキップ]を選んだ場合:
ご注意
・[スキップ間隔]より近い位置にイン
デックスマーク、頭出し位置がある場
合、その位置に[スキップ]
・
[逆スキッ
プ]します。
再生に関する設定[再生設定]
[再生シーン]
本機で録音した音声ファイルやパソコン
から取り込んだ音楽ファイルを、音質や
再生方法にあわせて、お好みの再生設定
を保存できます。
1[メニュー]の[再生設定]で[再
生シーン]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
・ 各[再生シーン]の設定状況を確認す
るには、
[再生シーン選択]画面で、+
またはーボタンで確認したい設定項目
を選び、9 ボタンを押して、設定確
認画面で確認できます。設定確認画面
を終わるときは、0 ボタンを押すと
[再生シーン選択]画面に戻ります。
[再生シーン保存]を選んだ場合の
設定:
現在お好みで設定をしている再生に関す
るメニュー設定を保存できます。
1 本機の再生に関するメニューを
お好みの設定にする(☞ P.80)。
2 +または-ボタンを押して、設
定を保存したい[ユーザー設定]
を選び、`OK ボタンを押す。
[再生シーン選択]を選んだ場合の
設定:
3
再生に関する設定[再生設定]
2 +または-ボタンを押して設定
項目を選び、`OK または 9
ボタンを押す。
・ ご購入直後は[ユーザー設定]の 1 ~
5すべてが同じ設定(初期設定)となっ
ています。
[再生シーン保存]でユーザー
設定を登録してから[再生シーン]を
選んでください。
1 +または-ボタンを押して、設
定したい[再生シーン]を選び、
`OK ボタンを押す。
JP
85
表示や音に関する設定[表示/音設定]
本機のディスプレイ表示や音に関する設定
を行います。
3 +または-ボタンを押して、
設定を変更して、`OK ボタン
を押す。
[バックライト]
ボタンを押すたびにディスプレイの
バックライトが約 10 秒間(初期設定)
点灯します。
表示や音に関する設定[表示/音設定]
3
JP
86
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[バックライト]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[バックライト]の設定を選び、
` OK または 9 ボタンを押
す。
[言語選択]
本機は日本語表示と英語表示のどちらか
を選べます。
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[言語選択]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して、設
定を変更して、` OK ボタンを押
す。
[点灯時間]を選んだ場合:
[5 秒]
[10 秒]
[30 秒]
[1 分]
[常時点灯]
[微灯時間]を選んだ場合:
[30 秒]
[1 分]
[2 分]
[5 分]
[常時微灯]
[輝度設定]を選んだ場合:
[01]~[03]の間で調整
を行います。
表示や音に関する設定[表示/音設定]
[LED]
LED 表示ランプを点灯しないように設定
できます。
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[LED]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
本機はボタン操作を知らせたり誤操作を
警告したりするときにビープ音が鳴りま
す。ビープ音を出したくないときは鳴らな
いように設定できます。
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[ビープ音]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して、音
量を調整して、` OK ボタンを押
す。
[On]:LED が点灯します。
[Off]:LED は点灯しません。
・[05]~[00]の間で調整を行います。
3
表示や音に関する設定[表示/音設定]
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[LED] の 設 定 を 選 び、` OK
ボタンを押す。
[ビープ音]
ご注意
・[ビープ音]の設定を [00] にしてもア
ラーム音は鳴ります。
JP
87
表示や音に関する設定[表示/音設定]
[音声ガイド]
本機の操作状況やファイルのタグ情報を
音声でアナウンスする機能です。アナウン
スの On/Off、スピードや音量を調節して
ご使用ください。
[言語選択]
(☞ P.86)
機能で言語を
[English]に切り替えると、
英語で音声ガイドを行います。
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[音声ガイド]を選ぶ。
表示や音に関する設定[表示/音設定]
3
88
[ ファイルガイド ] の設定:
ファイルのタグ情報を音声でガイドし
ます。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[ファイルガイド]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して設定
項目を選び、`OK または 9
ボタンを押す。
[On]:ファイルガイドが機能します。
[Off]:機能しません。
[ スピード ] の設定:
[ メニューガイド ] の設定:
メニュー設定を音声でガイドします。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[メニューガイド]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
JP
[On]:メニューガイドが機能します。
[Off]:機能しません。
音声ガイドのスピードを設定します。
1 +または-ボタンを押して、
速度設定を選び、`OK ボタン
を押す。
表示や音に関する設定[表示/音設定]
[ 音量 ] の設定:
音声ガイドの音量を設定します。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[音量]を選び、`OK ボタンを
押す。
[アラーム再生]
アラーム再生とは、設定した時刻にアラー
ム音を鳴らし、アラームが鳴っている間
にいずれかのボタンを押すと、あらかじ
め設定したファイルを再生する機能です。
お好みの設定([On / Off]
[曜日]
[開
始時刻]
[音量]
[アラーム音]
[再生ファ
イル])を 3 件([予約 1]~[予約 3])
まで登録できます。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
ご注意
・ 電源をオン/オフ(☞ P.27)する際の
起動音/終了音は、
[音声ガイド]を
[Off]に設定すると解除されます。
・[音声ガイド]の[音量]設定で、起
動音/終了音の音量も設定されます。
・ ファイル再生中は、[ 音声ガイド]の
[ス
ピード]設定が無効になります。
2 +または-ボタンを押して、
予約番号を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
3 +または-ボタンを押して、
設定項目を選び、`OK または
9 ボタンを押してそれぞれ
を設定する。
3
表示や音に関する設定[表示/音設定]
1[メニュー]の[表示/音設定]で
[アラーム再生]を選ぶ。
JP
89
表示や音に関する設定[表示/音設定]
・[On/Off]
[曜日]
[開始時刻]
[音量]
[アラーム音]
[再生ファイル]の中から、
設定したい項目を選んでください。
[On/Off] の設定:
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[On/Off] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
[1回のみ]:設定時刻で1回のみ再生し
ます。
[毎日]:設定時刻で毎日継続して再生
します。
[毎週]:[ 曜日]の選択に移ります。
+またはーボタンを押して
曜日を選び、`OK ボタンを押
します。
[ 開始時刻 ] の設定:
表示や音に関する設定[表示/音設定]
3
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
[On]:設定内容が実行されます。
[Off]:設定内容は実行されません。
1 9 または 0 ボタンを押し
て再生の、[開始時刻]の[時]
[分]を選ぶ。
[ 曜日 ] の設定:
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[曜日]の設定を選び、`OK ボ
タンを押す。
2 +または-ボタンを押して設定
し、`OK ボタンを押す。
JP
90
表示や音に関する設定[表示/音設定]
[ 音量 ] の設定:
1 +または-ボタンを押して、
音量を調整し、`OK ボタンを
押す。
・ F2(詳細)ボタンで確認できます。
[再生なし]:アラーム音の設定内容が実
行されます。
[再生なし]を
選択した場合は、[ 設定を
完了する ] の手順にお進み
ください。
[ファイル選択]:アラーム音の後に設定
したファイルを再生し
ます。
[ ファイル選択 ] を選んだ場合の
設定:
[ アラーム音 ] の設定:
1 +または-ボタンを押してア
ラーム音を選び、`OK ボタン
を押す。
1 +または-ボタンを押して、ア
ラーム再生するファイルのある
記録メディアを選び、`OK また
は 9 ボタンを押す。
・ F2(詳細)ボタンで確認できます。
・ アラーム再生するファイルのあるフォル
ダ設定に移ります。
[ 再生ファイル ] の設定:
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 し て、
[再生ファイル]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
3
表示や音に関する設定[表示/音設定]
・[メモリ選択]の設定に移ります。
2 +または-ボタンを押して、フォ
ルダ選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
JP
91
表示や音に関する設定[表示/音設定]
3 +または-ボタンを押して、フォ
ルダ選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
・ 登録した設定内容が確定し、予約選択
メニューに戻ります。
[On / Off]設
定を[On]にすると、ディスプレイに
[A]が表示されます。
a
a[On]設定時
表示や音に関する設定[表示/音設定]
3
・ アラーム再生するファイル設定に移り
ます。
ご注意
4 +または-ボタンを押して、ア
ラーム再生するファイルを選び、
`OK ボタンを押す。
設定を完了する:
1 F2(決定)ボタンを押して、設
定を確定する。
JP
92
他の予約番号を設定する場合は、これま
での操作を繰り返してください。
予約選択メニュー中に 9 ボタンを押
すと、設定内容の確認ができます。
・[毎日]に設定した場合、設定を解除
しないと、
毎日設定された時刻にアラー
ム音が鳴り始めます。
・ アラームは鳴り始めて 5 分たつと止ま
ります。このとき、再生ファイルを設定
していてもファイルは再生されません。
・[開始時刻]の設定が同じ場合の優先
順位は、
[予約 1]が一番高く、
[予約 3]
が一番低くなります。
・ アラームを設定した時刻に本機を操作
していたり、本機が動作中の場合は、
アラーム再生されません。
・ 電源オフやホールドになっていても、
[アラーム再生]の設定時刻になると、
アラームが鳴り出します。ホールド中
の場合でもいずれかのボタンを押すと、
設定したファイルの再生が始まり、停止
ボタンを押すと再生を停止します。
・ 設定したファイルの移動や設定された
microSD カードの抜き差し、ファイル
の消去をするとファイルの再生は行わ
れず、アラーム音のみが鳴ります。
・ タイマー録音と開始時刻の設定が同じ
場合は、タイマー録音の設定を優先し
ます(☞ P.75)。
表示や音に関する設定[表示/音設定]
[アクセシビリティ]
1[メニュー]の[表示/音設定]
で[アクセシビリティ]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して
[アクセシビリティ]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
[Off]設定時
[On]設定時
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは[ポッドキャ
スト]および[ピクチャー]の機能は
使用できません。これらの機能を使用
するには[アクセシビリティ]の設定を
[Off]に設定してください。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、レジューム
機能が働き、電源を切っても再生して
いたファイルおよび停止位置を記憶し
ています。
メニュー構成:
[Off]設定時:
スキップモード
ブック設定
文字コード
3
表示や音に関する設定[表示/音設定]
用途に合わせて、
[ホーム]画面の表示項
目を切り替える機能です。
[DAISY]機能および
[テキストスピーチ]
機能をよく使うときに便利です。
[アクセシビリティ]の設定を[On]に
すると、ファイル選択の操作が簡単にな
ります。
[ホーム]メニューで再生機能
(レコーダー、ミュージック、DA ISY、テ
キストスピーチ)を選んだ後、自動的に
前回再生したファイルが表示されます。
`OK ボタンを押すと再生が始まります。
[ホーム]画面:
テキスト言語
[On]設定時:
DAISY 設定 *1
テキストスピーチ
設定 *2
DAISY 取り込み
スキップモード
文字コード
テキスト言語
*1 DAISY 機能使用時。
*2 テキストスピーチ機能使用時。
JP
93
ファイルに関する設定[ファイル設定]
本機内のファイルに関する設定を行います。
[ファイルロック]
[キーワード]
本機で録音した音声ファイルにキー
ワードを付けて管理することができま
す。キーワードによるファイル検索
(☞ P.52)でファイルリストを呼び出
せます。
ファイルに関する設定[ファイル設定]
3
1 キーワードを登録したいファイ
ルを選ぶ(☞ P.52 ~ P.58)。
2[メニュー]の [ ファイル設定 ]
で[キーワード]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
94
1 ファイルロックをかけるファイル
を選ぶ(☞ P.52 ~ P.58)。
2[メニュー]の [ ファイル設定 ]
で[ファイルロック]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
3 +または-ボタンを押して
[ファイルロック]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
3 +または-ボタンを押して
登録したいキーワードを選び、
`OK ボタンを押す。
[On]:ファイルロックがかかります。
[Off]:ファイルロックが解除されます。
キーワード一覧:
JP
ファイルにファイルロックをかけることに
より、重要なファイルの誤消去を防止で
きます。また、フォルダ内のファイル全
消去をしても消去されません(☞ P.61)。
車
電車
飛行機
仕事
取材
出張
会議
講演
授業
メモ
記録
電話録音
会話
趣味
レッスン
語学学習
楽器演奏
イベント
ファイルに関する設定[ファイル設定]
[ファイルの移動/コピー]
内蔵メモリまたは m i cro S D カードに保
存されているファイルを、メモリ内で移
動したりコピーできます。またメモリ間の
ファイル移動またはコピーも可能です。
1 あらかじめ移動またはコピーし
たいファイルが収録されている
フォルダを選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
内蔵メモリまたは
microSD カード内の
[microSD へコピー] ファイルを microSD
カード内の別のフォル
ダへコピーする。
4 +または-ボタンを押して
ファイルの移動件数またはコ
ピー件数を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
3 +または-ボタンを押して
ファイルの移動またはコピー先
を選び、`OK または 9 ボ
タンを押す。
[1件]
指定した1件のみ選択。
[選択]
複数のファイルを選択。
[全件]
フォルダ内のファイル
を全て選択。
[ 1件 ] を選んだ場合の設定:
[本体内へ移動]
内蔵メモリまたは
microSD カード内の
ファイルを内蔵メモリ
内の別のフォルダへ
移動する。
[本体内へコピー]
内蔵メモリまたは
microSD カード内の
ファイルを内蔵メモリ
内の別のフォルダへコ
ピーする。
3
ファイルに関する設定[ファイル設定]
2[メニュー]の [ ファイル設定 ]
で[ファイルの移動/コピー]を
選ぶ(☞ P.52 ~ P.58)。
内蔵メモリまたは
microSD カード内の
[microSD へ移動] ファイルを microSD
カード内の別のフォル
ダへ移動する。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 して、
移動またはコピーさせたいファイ
ルを選び、`OK ボタンを押す。
JP
95
ファイルに関する設定[ファイル設定]
[ 選択 ] を選んだ場合の設定:
1 +または-ボタンを押して、
移動またはコピーさせたいファ
イルを選び、`OK ボタンを
押して、選択したファイルに
チェックをつける。
6 F2(決定)ボタンを押す。
・ ディスプレイに
[移動中です]または
[コ
ピー中です]が表示され、移動または
コピーを開始します。
[移動しました]または[コピーしまし
た]と表示されたら終了です。
ファイルに関する設定[ファイル設定]
3
JP
96
2 手順 1 を繰り返して、移動ま
たはコピーしたいファイルを選ん
だら、F2(決定)ボタンを押す。
[ 全件 ] を選んだ場合の設定:
全件を選択すると、自動的に現在
のフォルダ内の全てのファイルが
選択され、[移動先フォルダ]画面
に移行します。
5 +、-、9、0 ボタンを押
して、ファイルの移動またはコ
ピー先のフォルダを選び、`OK
ボタンを押す。
ご注意
・ メモリ残量が足りない場合はコピーで
きません。
・ ファイル件数が 999 件を超える場合
は移動またはコピーできません。
・ ファイルの移動またはコピー中に電池
を抜かないでください。データが破損
する可能性があります。
・ 同フォルダ内のファイル移動またはコ
ピーはできません。
・ 移動またはコピー中に操作をキャンセ
ルすると、現在移動またはコピーを完
了したファイルまでは有効となり、それ
以外のファイルはキャンセルされます。
・ ファイルロック(☞ P.94)のかけてあ
るファイルは、移動またはコピー後も
その状態を保ちます。
・ DRM が施されているファイルの移動ま
たはコピーはできません。
・ [ レコーダー ] フォルダ直下にはファイ
ルの移動またはコピーはできません。
ファイルに関する設定[ファイル設定]
[ファイル分割]
容量の大きいファイルや録音時間の長い
ファイルを分割して管理・編集しやすく
できます。
・ ディスプレイが[分割中 !]にかわ
り、ファイル分割を開始します。
[分割しました]と表示されたら終
了です。
ファイル分割できるファイルは
本機で録音した PCM 形式、
MP3 形式のみです。
1 ファイル分割したいファイルを
選ぶ(☞ P.52 ~ P.58)。
2 ファイルを再生または早送り
し、分割する位置で再生を停止
する。
3[メニュー]の [ ファイル設定 ]
で[ファイル分割]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
・ 本機が再生中など動作中の場合、ファ
イルを分割できません。
[開始]を選び、
4 +ボタンを押して
`OK を押す。
ご注意
・ ファイル表示画面以外からはファイ
ル分割はできません。
・ フォルダ内のファイル件数が 998 件
以上の場合は分割できません。
・ ファイルロック(☞ P.94)がかかっ
ているファイルは分割できません。
・ 分割後のファイルは、前半部分の
ファイルは[ファイル名 _1.mp3]、
後半部分のファイルは[ファイル名
_2.mp3]となります。
・ PCM ファイルでも収録時間の極端に
短いファイルは分割できない場合が
あります。
・ ファイルの分割中に電池を抜かない
でください。データが破損する可能
性があります。
ファイルに関する設定[ファイル設定]
・ ファイル表示画面での停止位置が
分割位置になります。
・ 再生中に 9 または 0 ボタン
を押し続けると早送り・早戻しし
ます(☞ P.46)。
・ 分割位置はあらかじめインデック
スマークでマーキングしておくと便
利です(☞ P.50)。
3
JP
97
ファイルに関する設定[ファイル設定]
[プロパティ]
メニュー画面からファイルやフォルダの
情報を確認できます。
1 あらかじめ情報を見たいファイ
ルまたはフォルダを選ぶ
(☞ P.52 ~ P.58)。
ファイル情報
[名前]
[日時]
[サイズ]
[ビットレート]*1[アーティス
ト]*2[アルバム]*2 が表示
されます。
*1 リニア PCM 形式のファイルを選んだ場合、
[ビットレート]部分にサンプリング周波数
やビット数を表示します。
*2 タグ情報がファイルにない場合、
[UNKNOWN_ARTIST]、
[UNKNOWN_ALBUM]と表示され
ます。
ファイルに関する設定[ファイル設定]
3
JP
98
ファイル選択
フォルダ選択
2[メニュー]の [ ファイル設定 ]
で[プロパティ]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
3 +または-ボタンを押して、
画面を切り替える。
ファイル情報表示画面
フォルダ情報表示画面
フォルダ情報
[名前]
[フォルダ数]
[ファイ
ル数]が表示されます。
・ 音声ファイルの場合、
[フォルダ数]は
表示されません。
・ 本機で認識できない形式のファイルにつ
いては、ファイル数に含みません。
システムに関する設定[システム設定]
本機のシステムに関する設定が行えます。
[Fn キー設定]
3 +または-ボタンを押して、登
録したい項目を選び、`OK ボタ
ンを押す。
本機のFnボタン(F1、F2)をお好みの
使用方法に合わせて割り当てを変更でき
ます。割り当てたボタンの操作は、録音
または再生時に可能になります。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[Fn キー設定]を選ぶ。
2 +または-ボタンを押して [ Fn
キ ー ] を 選 び、` O K ま た は
9 ボタンを押す。
3
・ 引き続き Fn キーの登録を行う場合は、
手順の 2 ~ 3 の操作を繰り返し行っ
てください。
[メモリ選択]
microSD カードを入れると、内蔵メモ
リに記録するか microSD カードに記録
するか選べます(☞ P.31)。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[メモリ選択]を選ぶ。
・ 本機の使い方にあわせてお好みの設定
を登録できます。
ファンクションボタン一覧:
Off
A-B リピート
リピート
消去
ランダム
表示切替
再生スピード
リスト
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
システムに関する設定[システム設定]
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 して
記録メディアを選び、`OK ボタ
ンを押す。
インデックス
JP
99
システムに関する設定[システム設定]
[システム待機]
本機の電源を切らずに停止状態のまま
ディスプレイ表示を消し、システム待機
モードにする設定ができます。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[システム待機]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
システムに関する設定[システム設定]
3
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 して
[システム待機]の設定を選び、
`OK ボタンを押す。
100
[オートパワーオフ]
電源を入れて停止状態のまま 10 分以上
(初期設定)経過すると、電源がオフに
なります。移行時間は[5 分][10 分]
[30 分][1 時間][2 時間][3 時間]
[Off]の中から選んで設定できます。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[オートパワーオフ]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 して
[オートパワーオフ]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
[On]:システム待機が起動します。
[Off]:システム待機が解除されます。
・ 待機状態から再起動させるには、電源
/ホールドスイッチをオンにしてくださ
い。システム待機状態から高速起動で
本機が復帰します。
ご注意
JP
・ システム待機状態は最大で 24 時間ま
で有効です。最大時間を経過すると、
本機は自動的に電源が切れます。
・ システム待機中は電池を消耗しますの
で、電池残量にご注意ください。
・ [ オートパワーオフ ] の設定を [Off]
以外の時間に設定し、さらに [ システ
ム待機 ] を [On] に設定した場合は、
[ オートパワーオフ]の設定時間にな
ると、本機は自動的にシステム待機状
態になります。
システムに関する設定[システム設定]
[USB 設定]
付属の USB ケーブルを使い、パソコン
と接続してファイルの送受信などを行
う[PC 接続]や USB 接続 AC アダプ
タ(A514)
(別売)を接続して充電を行
う[AC アダプタ接続]の設定のほかに、
用途に合わせて USB クラスの切り替え
が可能です。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[USB 設定]を選ぶ。
2 + ま た は - ボ タ ン を 押 して、
[USB 接続 ] または [USB クラ
ス ] 選び、` O K または 9 ボ
タンを押す。
付属の USB ケーブルを使って
パソコンに接続するときの設
定です。ストレージとして接続
されます。
付属の USB ケーブルを使って
USB 接続 AC アダプタ
(A514)
AC アダプタ
(別売)に接続するときの設定
接続
です。充電中は本機の動作は
可能です。
USB 接続をする毎に接続方
毎回確認
法を確認する設定です。
PC 接続
[USB クラス ] を選んだ場合:
ストレージ
コンポジット
パソコン側から外部記憶装置
として認識されます。
パソコンと接続し、外部記憶装
置、USB スピーカおよびマイク
として使うときの設定です。
・[ストレージ]、
[コンポジット]で初め
て本機をパソコンに接続すると、ドラ
イバがパソコンに自動的にインストール
されます。パソコンに接続中は、本機
のディスプレイに[PC と接続中です]
と表示されます。
ご注意
3 + ま た は - ボ タ ン を 押 して、
設定したい項目を選び、`OK ボ
タンを押す。
・[USB 接続]の設定を[PC 接続]に
したまま USB 接続 AC アダプタを接
続すると、本機のディスプレイに[PC
と接続中です]と表示されます。
・[USB 接続]の設定を[AC アダプタ
接続]にしたままパソコンに接続する
と、パソコン側から認識されません。
・[コンポジット]に設定してもパソコン
に外部記憶装置として認識されない場
合は、
[ストレージ]に切り替えてくだ
さい。
3
システムに関する設定[システム設定]
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
[USB 接続 ] を選んだ場合:
JP
101
システムに関する設定[システム設定]
[設定リセット]
各種機能を初期設定(工場出荷時)に戻
します。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[設定リセット]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
システムに関する設定[システム設定]
3
JP
102
2 +ボタンを押して[開始]を選
び、`OK ボタンを押す。
・ 各種設定が初期値に戻ります。
設定リセット後の初期値:
s 録音設定(☞ P.69)
[マイク感度]
[中]
[録音モード]
[ステレオ XQ]
[WMA]
[録音レベル]
[オート]
[指向性マイク] [Off]
[ローカットフィルタ]
[Off]
[VCVA]
[On / Off] [Off]
[待機モニター] [Off]
[録音シーン]
[Off]
[タイマー録音] [Off]
[フォルダ名]
[最初のフォルダ名]
s 再生設定(☞ P.80)
[ノイズキャンセル]
[Off]
[EUPHONY] [Off]
[音声フィルタ] [Off]
[リピート]
[Off]
[ランダム]
[Off]
[再生スピード] [100]
[スキップ間隔]
[スキップ再生][ファイル
スキップ]
[逆スキップ再生]
[ファイル
スキップ]
[再生シーン]
[Off]
s[表示/音設定]
(☞ P.86)
[バックライト]
[点灯時間] [10 秒]
[微灯時間]
[30 秒]
[輝度設定]
[レベル 2]
[LED]
[On]
[ビープ音]
[音量 3]
[言語選択]
[日本語]
[音声ガイド]
[メニューガイド]
[On]
[ファイルガイド]
[On]
[スピード]
[100]
[音量]
[音量 3]
[アラーム再生] [Off]
[アクセシビリティ]
[Off]
s システム設定(☞ P.99)
[Fn キー設定]
[F1]
[リスト]
[F2]
[インデックス]
[メモリ選択]
[内蔵メモリ]
[システム待機] [Off]
[オートパワーオフ]
[10分]
[USB 設定]
[USB 接続] [PC 接続]
[USB クラス] [ストレージ]
システムに関する設定[システム設定]
s ブック設定(DAISY 設定)*
(テキストスピーチ設定)*
(☞ P.106)
[スキップモード] [セクション]
[文字コード]
[ANSI]
[テキスト言語] [日本語]
*[アクセシビリティ]の設定が
[On]に設定されているときのみ。
ご注意
初期化すると記録されている
ファイルはすべて消去されます。
大切なファイルはパソコンに転
送してから初期化してください。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[初期化]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 +または-ボタンを押して初
期化する記録メディアを選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
・[開始]と[キャンセル]が点灯します。
3 +ボタンを押して、[開始]を
選び、`OK ボタンを押す。
・[データが完全に消去されます]が 2
秒間表示され、
[開始]
、
[キャンセル]
が点灯します。
3
システムに関する設定[システム設定]
・ 設定リセット後の
[時計設定]やファ
イル番号については、初期設定には
戻らず設定リセット前の設定を保持
します。
[初期化]
JP
103
システムに関する設定[システム設定]
4 +ボタンを押して、もう一度
[開始]を選び、`OK ボタンを
押す。
システムに関する設定[システム設定]
3
JP
104
・[初期化中!]が表示され、初期化が開
始されます。
・[初期化完了]が点灯したら初期化終了
です。
ご注意
・ 本機に microSD カードを入れた場合、
操作する記録メディアが[内蔵メモリ]
または[microSD]のどちらなのか
間違えないよう必ず確認してください
(☞ P.99)
。
・ データが破損するおそれがありますの
で、処理中には次のような操作は絶対
にしないでください。また、処理中に
電池が切れることのないように、電池
残量を十分に確認してください。
1 処理中に AC アダプタを抜く。
2 処理中に電池を取り外す。
3 記録メディアが[microSD]の
場合、処理中に microSD カード
を取り外す。
・ 本機をパソコンから[初期化]する
ことは絶対にしないでください。
・ [初期化]をすると、ファイルロックを
かけたファイルや読み取り専用ファイル
を含む既存のデータはすべて消去され
ます。
・ 各種機能の設定を初期設定に戻す
場合、
[設定リセット]を操作してく
ださい(☞ P.102)。
・ 本 機 で の 初 期 化 はクイックフォ ー
マットとなります。初 期 化や削 除 で
microSD カードまたは内蔵メモリの
記録内容を消しても、完全にはデータ
消去されません。廃棄の際にはカード
を破壊するなど個人情報が流失しない
対策をとることをお奨めします。
システムに関する設定[システム設定]
[メモリ情報]
[システム情報]
メニュー画面から本機の情報を確認でき
ます。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[メモリ情報]を選ぶ。
1[メニュー]の [ システム設定 ]
で[システム情報]を選ぶ。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
・ メニュー設定への入り方は「メニュー設
定のしかた」
(☞ P.64)をご覧ください。
2 情報を確認したら、`OK ボタ
ンを押す。
2 情報を確認したら、`OK ボタ
ンを押す。
・ 記録メディアの[残量]
[容量]を表示
します。microSD カードを入れていな
い場合、内蔵メモリの情報のみ表示さ
れます。
・[モデル名]
[バージョン]
[シリアル番号]
が表示されます。
ご注意
・ 記録メディアの残量については、本機
が使用する管理ファイルが使用する領
域分も含まれています。特に microSD
カードについては、この管理領域以外
にも microSD カードとしての管理領
域分も加わるため、その分 microSD
カードの規格容量を下回って表示され
ますが、異常ではありません。
3
システムに関する設定[システム設定]
メニュー画面から記録メディアの記録可
能残量や容量を表示できます。
JP
105
ブックに関する設定[ブック設定]
本機の[DAISY]フォルダ内に取り込まれ
ている DAISY コンテンツのスキップ間隔や、
[TEXT]フォルダ内に取り込まれているテ
キストファイルの文字コード変更、言語選択
に関する設定が行えます。
・[アクセシビリティ]
(☞ P.93)の設定が
[On]に設定されているとき、
[ブック設定]
は[DAISY 設定]および[テキストスピー
チ設定]になります。
3 +または-ボタンを押して
[ブック設定]を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、
[DAISY 設
定]を選んでください。
[スキップモード]
ブックに関する設定[ブック設定]
3
DAISY コンテンツは、章、節、項、ペー
ジなどの単位によって区切られており、
ある場所から次の場所へとすばやく移動
できます。移動可能な単位は、章、節、項、
ページ以外にもグループやフレーズ、ブッ
クマークもあります。コンテンツファイル
の再生の仕方にあわせてお好みのスキッ
プモードを設定できます。
1[ホーム]画面の[ブック]を
選び、`OK または 9 ボタ
ンを押す。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、
[DAISY]
を選んでください。
2 ブックリスト表示画面で、F3
(メニュー)ボタンを押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、ファイル表
示画面で、F3(メニュー)ボタンを押し
ます。
JP
106
4[スキップモード]を選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
5 +または-ボタンを押して
[スキップモード]の設定を選
び、`OK ボタンを押す。
ブックに関する設定[ブック設定]
[セクション]を選んだ場合の設定:
6 + ま た は - ボ タ ン を 押 して、
[セクション] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
DAISY コンテンツの章、
節、
項などを意味します。
セクション
例:
[レ ベ ル1]が章、
[レ
(レベル1~ 6)
ベル2]が節、
[レベル3]
が項に相当します。
グループ
セクション内の一部分をグ
ループと呼びます。グルー
プは、図表説明の先頭・最
後などに設定されている場
合があります。
ページ
本のページに相当します。
センテンス
文章を音読すると、文と文
の区切り目のところに息つ
ぎの間ができます。この間
から次の間までのひと区切
りの音声を、
「センテンス」
と呼びます。
フレーズ
語句、慣用句などに相当し
ます。
ブックマーク
インデックスマーク(ブック
マーク)の付いている場所
を示します。
ご注意
・ DAISY コンテンツによっては区切られ
る単位に該当する場所がない場合があ
ります。
本機の[T E X T]フォルダ内に取り込ん
だテキストファイルの文字コードにあわ
せて表示用文字の設定を切り替えること
ができます。様々な環境で作られたテキ
ストファイルの読み上げに対応するため
に、必要に応じて文字コードを変換して
お使いください。
1 [ ホーム ] 画面の [ ブック ] を
選び、`OK または 9 ボタ
ンを押す。
・[アクセシビリティ]
(☞ P.93)の設
定が[On]に設定されているときは、
[テキストスピーチ]を選んでください。
2 ブックリスト表示画面で、F3
(メニュー)ボタンを押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、ファイル表
示画面で、F3(メニュー)ボタンを押し
ます。
3
ブックに関する設定[ブック設定]
スキップモード一覧:
[文字コード]
3 +または-ボタンを押して
[ ブック設定 ] を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、
[テキストス
ピーチ設定]を選んでください。
JP
107
ブックに関する設定[ブック設定]
4 +または-ボタンを押して
[文字コード]を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
[テキスト言語]
本機の[T E X T]フォルダ内に取り込ま
れているテキストファイルを読み上げる
時の言語を選択できます。
1[ホーム]画面の[ブック]を
選び、`OK または 9 ボタ
ンを押す。
ブックに関する設定[ブック設定]
3
5 +または-ボタンを押して
変更したい文字コードを選び、
`OK ボタンを押す。
・[アクセシビリティ]
(☞ P.93)の設
定が[On]に設定されているときは、
[テキストスピーチ]を選んでください。
2 ブックリスト表示画面で、F3
(メニュー)ボタンを押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、ファイル表
示画面で、F3(メニュー)ボタンを押し
ます。
3 +または-ボタンを押して
[ブック設定]を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]
に設定されているときは、
[テキストス
ピーチ設定]を選んでください。
JP
108
ブックに関する設定[ブック設定]
4 +または-ボタンを押して
[テキスト言語]を選び、`OK
または 9 ボタンを押す。
ご注意
・[表示 / 音設定]の[音声ガイド]
(☞ P.88)の設定で [On] の場合、
[テキスト言語]の切り替えはできませ
ん。
[音声ガイド]の設定を [Off] に
してから[テキスト言語]の設定を行っ
てください。
・ [音声ガイド]
(☞ P.88)の設定が
[On]の場合、
[テキスト言語]は
[音声ガイド]の設定と同じになり
ます。
3
ブックに関する設定[ブック設定]
5 +または-ボタンを押して設定
を変更して、`OK ボタンを押す。
JP
109
スケジュール設定[スケジュール]
本機はスケジュール機能を搭載しています。
簡易スケジュールの登録のほかに、指定し
た日付に音声録音によるボイスメモを記録
することができます。
スケジュール設定[スケジュール]
3
カレンダー表示の切り替え
カレンダー画面を、1ヶ月、1 週間、1 日
の画面に切り替えられます。
カレンダーを表示させる
1 カレンダー画面で、F3(メ
ニュー)ボタンを押す。
1[ホーム]画面から
[F スケジュール]を選び、
`OK または 9 ボタンを
押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・ 月単位のカレンダー表示に入ります。
2 +または-ボタンを押して [s
表示切替 ] を選び、` OK ボタ
ンを押す。
・ 週単位の表示に切り替わります。
・ 週単位の表示で曜日にカーソルをあわ
せて ` OK ボタンを押すと日単位の表
示画面になります。
ご注意
JP
110
・ カレンダー表示では祝祭日表示には対
応していません。
・ 一度スケジュール機能を終えると、次
にカレンダー表示を開くときは月単位の
表示に戻ります。
スケジュール設定[スケジュール]
カレンダー画面での操作
日単位の画面での操作:
月単位の画面での操作:
[F1]ボタン
[ ホーム ] 画面に戻ります。
[F2]ボタン
月の移動設定を行います。
ポップアップ画面で、+また
は-ボタンで前月または次月
を選びます。
[F3]ボタン メニュー設定画面に入ります。
週単位の画面での操作:
[F1]ボタン
[F1]ボタン
週単位の画面に戻ります。
[F2]ボタン
日単位のスケジュールの詳細
を表示します。
[F3]ボタン メニュー設定画面に入ります。
スケジュール設定[スケジュール]
3
[ ホーム ] 画面に戻ります。
[F2]ボタン 機能しません。
[F3]ボタン メニュー設定画面に入ります。
JP
111
スケジュール設定[スケジュール]
スケジュールを登録する
スケジュールを登録します。スケジュール
の開始/終了時間や繰り返しの回数、ス
ケジュールに関するキーワードと音声録
音によるキーワードを記録できます。
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して登録した
い日付を選び、F3(メニュー)
ボタンを押す。
4 設定する項目にカーソルをあわ
せ、` OK ま た は 9 ボ タ ン
を押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
・ 各設定画面に入ります。
スケジュール設定[スケジュール]
3
2 [F スケジュール設定 ] を選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
[ 日時 ] の設定:
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
1 +、-、9、0 ボタンを押
して[日時]の[年][月][日]
を確定して、`OK ボタンを押す。
・ スケジュール設定画面に入ります。
3 +または-ボタンを押して [ 新
規登録 ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
JP
112
スケジュール設定[スケジュール]
[ 開始時間 ] と [ 終了時間 ] の設定:
[ キーワード ] の設定:
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
この設定では音声コントロール
機能が使えます(☞ P.127)。
1 +、 -、9、0 ボ タ ン を
押して[開始時間]または[終
了時間]の[時][分]を確定
して、`OK ボタンを押す。
1 + ま た は - ボ タ ン を 押 して、
設 定したいキーワードを選び、
`OK ボタンを押す。
キーワード一覧:
[ 繰り返し ] の設定:
1 +または-ボタンを押して設
定項目を選び、` OK ボタンを
押す。
・ 設定するスケジュールを [ 1回のみ ]、
[ 毎日 ]、[ 毎週 ]、[ 毎月 ]、[ 毎年 ] の
中で繰り返して登録できます。
車
電車
バス
仕事
飛行機
取材
出張
会議
講義
授業
メモ
記録
電話録音
日記
会話
お気に入り
学校
病院
趣味
食事
買い物
旅行
レッスン
語学学習
ドライブ
スポーツ
キャンプ
音楽演奏
家族
子供
恋人
友人
イベント
休日
デート
誕生日
スケジュール設定[スケジュール]
3
給料日
JP
113
スケジュール設定[スケジュール]
[ ボイスキーワード ] の設定:
1 録音ボタンを押してスケジュー
ルのキーワードやコメントを録
音する。
[Off]:アラームは機能しません。
[1]~[3]:アラーム通知のアラーム音
を選べます。
設定を完了する:
1 F2(決定)ボタンを押して設定
を確定する。
スケジュール設定[スケジュール]
3
2 ボイスキーワードを録音したら、
停止ボタンを押して録音を終了
する。
・ 録音したボイスキーワードのあるスケ
ジュールには、
が表示されます。
・ 録音したボイスキーワードはスケジュー
ルの詳細画面で [ ボイスキーワード ]
にカーソルを合わせると自動的に再生
します。
・ 登録した曜日に下線が表示されます。
[ アラーム通知 ] の設定:
・ ボイスキーワードは最大 1 分間の記録
が行えます。
1 +または-ボタンを押して [ ア
ラ ー ム 通 知 ] の 設 定 を 選 び、
`OK ボタンを押す。
JP
114
ご注意
・ 最大で 1000 件のスケジュールを登録
できます。
スケジュール設定[スケジュール]
ボイスメモを登録する
週単位の画面から登録する場合:
指定の日にちに音声録音によるメモを記
録することができます。
1 週単位の画面で+または-ボタ
ンを押して登録したい曜日を選
び、録音ボタンを押す。
月単位の画面から登録する場合:
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して登録したい
日付を選び、録音ボタンを押す。
・ ボイスメモの録音を開始します。
・ ボイスメモの録音を開始します。
2 停止ボタンを押して、録音を
止める。
・ 画面に登録されているボイスメモ件数
が表示されます。
スケジュール設定[スケジュール]
3
2 停止ボタンを押して、録音を
止める。
・ 画面に登録されているボイスメモ件数
が表示されます。
JP
115
スケジュール設定[スケジュール]
日単位の画面から登録する場合:
1 日単位の画面で+または-ボ
タンを押してボイスメモ表示に
カーソルをあわせて、録音ボタ
ンを押す。
ご注意
・ ボイスメモは1日 99 件まで登録するこ
とができます。
・ ボイスメモは最大 5 分間の記録が行え
ます。
ボイスメモを聞く:
1 日単位の画面で+または-ボタ
ンを押してボイスメモ表示に
カーソルをあわせて、` OK ボ
タンを押す。
スケジュール設定[スケジュール]
3
・ ボイスメモの詳細表示画面に入ります。
・ ボイスメモの録音を開始します。
2 +または-ボタンを押して聞き
たいボイスメモにカーソルをあ
わせる。
2 停止ボタンを押して、録音を
止める。
・ 画面に登録されているボイスメモ件数
が表示されます。
JP
116
・ カーソルをあわせるとボイスメモが自
動的に再生されます。
スケジュール設定[スケジュール]
スケジュールリスト画面から
音声ファイルを再生をする
本機で録音した音声ファイルは、収録日
時にあわせてスケジュールリスト画面に
アイコン表示されます。スケジュール画
面から録音した音声ファイルを再生する
ことができます。
2 +または-ボタンを押して A
アイコンのあるスケジュールに
カーソルをあわせて、`OK
ボタンを押す。
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して録音した日
付を選び、`OK ボタンを押す。
・ 音声ファイルの再生を開始します。
3 停止ボタンを押して、再生を
止める。
スケジュール設定[スケジュール]
3
ご注意
・ スケジュールリスト画面に入ります。
・ 再生を停止すると音声ファイルの停止
画面になります。引き続き、他の音声
ファイルを再生するには、もう一度手
順 1 から操作を行ってください。
JP
117
スケジュール設定[スケジュール]
スケジュールを編集する
登録したスケジュール内容を変更できま
す。
3 [F スケジュール設定 ] を選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して、変更した
いスケジュールのある日付を選
び、`OK ボタンを押す。
・ スケジュール設定画面に入ります。
スケジュール設定[スケジュール]
3
[編集]
4 +または-ボタンを押して
を選び、` OK または 9 ボタ
ンを押す。
・ スケジュールリスト画面に入ります。
2 +または-ボタンを押して編集
したいスケジュールを選び、F3
(メニュー)ボタンを押す。
・ スケジュール内容の変更手順は「スケ
ジュールを登録する」を参照してくだ
さい。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
JP
118
スケジュール設定[スケジュール]
スケジュールを削除する
登録したスケジュール内容を削除します。
3[F スケジュール設定]を選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して、削除し
たいスケジュールのある日付を
選び、`OK ボタンを押す。
・ スケジュール設定画面に入ります。
2 +または-ボタンを押して削
除するスケジュールを選び、
F3( メニュー ) ボタンを押す。
5 +または-ボタンを押して
消去する件数を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
スケジュール設定[スケジュール]
・ スケジュールリスト画面に入ります。
4 +または-ボタンを押して
[削除]を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
3
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
JP
119
スケジュール設定[スケジュール]
1件
指定した1件のスケジュール
を削除します。
1日
選んだ曜日に登録されている
スケジュールを削除します。
1か月
選んだ月に登録されているス
ケジュールを全て削除します。
6 +ボタンを押して [ 開始 ] を選
び、`OK ボタンを押す。
ボイスメモを削除する
登録したボイスメモを削除します。
1 カレンダー画面で+、-、9、
0 ボタンを押して、削除し
たいボイスメモのある日付を選
び、`OK ボタンを押す。
スケジュール設定[スケジュール]
3
・ スケジュールリスト画面に入ります。
・ 指定した件数のスケジュールが削除さ
れます。
ご注意
2 +または-ボタンを押してボイ
スメモにカーソルをあわせて、
`OK ボタンを押す。
・ スケジュールの削除を行っても、録音し
た音声ファイルのデータとスケジュール
リスト画面の表示(A)は残ります。
音声ファイルの削除については、
「消去
する」
(☞ P.59)をご覧ください。
・ スケジュールの登録で、繰り返し設定さ
れているスケジュールは、全て削除され
ます(☞ P.113)。
・ ボイスメモのリスト表示画面に入りま
す。
JP
120
スケジュール設定[スケジュール]
3 F2( 削除 ) ボタンを押す。
・ ポップアップ画面に入ります。
1件
指定した1件のボイスメモを
削除します。
1日
選んだ曜日に登録されている
ボイスメモを削除します。
1か月
選んだ月に登録されているボ
イスメモを削除します。
・ 指定した件数のボイスメモが削除され
ます。
3
スケジュール設定[スケジュール]
4 +または-ボタンを押して
消去する件数を選び、`OK ま
たは 9 ボタンを押す。
5 +ボタンを押して [ 開始 ] を選
び、`OK ボタンを押す。
JP
121
スケジュール設定[スケジュール]
スケジュールを初期化する
登録したスケジュール内容全てを削除し、
初期化します。
4 +または-ボタンを押して
[初期化]を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
1 [ ホーム ] 画面から [F スケ
ジュール ] を選び、`OK また
は 9 ボタンを押す。
スケジュール設定[スケジュール]
3
5 +ボタンを押して [ 開始 ] を選
び、`OK ボタンを押す。
2 カレンダー画面で、F3(メ
ニュー)ボタンを押す。
6 +ボタンを押して、もう一度
[開始]を選び、`OK ボタンを
押す。
・ ポップアップメニュー画面に入ります。
3[F スケジュール設定]を選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
・[初期化完了]が点灯したら初期化終了
です。
ご注意
JP
122
・ スケジュールの初期化を行っても、録音
した音声ファイルのデータとスケジュー
ルリスト画面の表示(A)は残ります。
音声ファイルの削除については、
「消去
する」
(☞ P.59)をご覧ください。
画像を閲覧する
本機はデジタルカメラと接続して画像を取
り込めます。
・[アクセシビリティ]の設定が[On]に
設定されているときは、この機能は使用
できません。この機能を使用するには
[アクセシビリティ]の設定を[Off]に
設定してください(☞ P.93)
。
3 +または-ボタンを押して
[microSD] または [USB] を
選び、`OK または 9 ボタン
を押して取り込み元を決定する。
本機はストレージ
(USB ストレージクラス)
をサポートしているデジタルカメラとの接
続が可能です。付属の USB 接続ケーブル
を使って接続できます。
画像を取り込む
1[ホーム]画面から
[E ピクチャー ] を選び、
`OK または 9 ボタンを
押す。
・ DCIM フォルダ以下の JPEG 形式の画
像ファイルを取り込めます。
m i c ro S D 内に取り込まれて
[microSD] いる画像を本機に取り込みま
す。
[USB]
画像を閲覧する
3
接続中のデジタルカメラ内の
画像を本機に取り込みます。
4 +または-ボタンを押して [ 内蔵
メモリ ] または [microSD] を選
び、`OK または 9 ボタンを
押して取り込み先を決定する。
5 +ボタンを押して [OK] を選
び、`OK ボタンを押す。
2 +または-ボタンを押して [ 取
り込み ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ ディスプレイが [ 同期中 ] にかわり、取
り込みを開始します。
[完了]と表示さ
れたら終了です。
JP
123
画像を閲覧する
ご注意
・ 本機で取り込める画像は、DCF 規格
に準拠したフォルダ構成で管理された
JPEG ファイルが対象です。
3 +または-ボタンを押して [ 内
蔵メモリ ]、[microSD] また
は [USB] を選び、`OK また
は 9 ボタンを押す。
画像を見る
画像を閲覧する
3
1[ホーム]画面から
[E ピクチャー]を選び、
`OK または 9 ボタンを
押す。
2 +または-ボタンを押して [ ブ
ラウズ ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
JP
124
4 [IMAGE] フォルダを選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
・ ディスプレイに撮影された日付がリスト
表示されます。
5 +または-ボタンを押して撮影
した日付を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
・ ディスプレイに画像の一覧が表示され
ます。
画像を閲覧する
6 +または-ボタンを押して画像
ファイルを選び、`OK または
9 ボタンを押す。
画像を消去する
1[ホーム]画面から
[E ピクチャー]を選び、
`OK または 9 ボタンを
押す。
7 9 または 0 ボタンを押し
て、画像ファイルをコマ送りする。
2 +または-ボタンを押して [ ブ
ラウズ ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
ご注意
・ EXIF 形式の画像フォーマットに対応
した JPEG ファイルのみ本機で表示
可能です。
画像を閲覧する
3
・ ディスプレイに画像が表示されます。
3 +または-ボタンを押して [ 内
蔵メモリ ]、[microSD] また
は [USB] を選び、`OK また
は 9 ボタンを押す。
JP
125
画像を閲覧する
4[IMAGE]フォルダを選び、
`OK または 9 ボタンを押す。
画像を閲覧する
3
・ ディスプレイに撮影された日付がリスト
表示されます。
5 +または-ボタンを押して撮影
した日付を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
6 +または-ボタンを押して消去
する画像を選び、F2(消去)ボ
タンを押す。
126
8 +ボタンを押して [ 開始 ] を選
び、`OK ボタンを押す。
・ ディスプレイが [ 消去中! ] にかわり、
消去を開始します。
[消去完了]と表
示されたら終了です。
・ 消去手順の詳細については、
「ファイルリスト表示画面で消去する」
(☞ P.60)、「フォルダ内のファイルを
すべて消去する」(☞ P.61)
「フォル
ダを消去する」(☞ P.61)をご覧くだ
さい。
・ ディスプレイに画像の一覧が表示され
ます。
JP
7 +または-ボタンを押して [1
件消去 ] を選び、`OK または
9 ボタンを押す
・ 消去確認画面が表示されます。
音声認識機能を使う
本 機 は 音 声 認 識 機 能 を搭 載しています。
日時・時刻設定、 キーワード入力やフォル
ダ名変 更などの複雑な入力操作を音声に
よって自動認識し、設定できます。
また、音声認識により [ ホーム ] 画面にお
ける各モードやメニュー設 定への移 行を
ショートカットできます。
音声コントロールを使う
実際の操作方法を例に本機で行える音声
コントロール機能を説明します。
[ 時計設定 ]
時刻入力での
音声認識につ
いて:
[タイマー録音 ]
時刻入力での
音声認識につ
いて:
[時計設定]の
「時」
「分」
「年」
「月」
「日」の設定時に、設
定したい「年月日」と「時刻」
を言います。
例:2010 年 2 月 10 日の場合
2010ネン2ガツ10カ
ゴゼン10ジ20プン
[タイマー録音]設定の[開
始時間]と[終了時間]の
設 定時に、
「 時 刻 」を言い
ます。
例:開 始 時 間 が 午 前 9 時
30 分の場合
[フォルダ名 ]の変 更設 定
時の、テンプレートにある
[フォルダ名] 用語を言います。
例:[ 仕事 ] に変更する場合
設定での音声
認識について:
䉲䉯䊃
[アラーム再生]設定の[開
始時間]の設定時に、
「時刻」
[アラーム再生] を言います。
例:開始時間が 6 時 30 分
時刻入力での の場合
音声認識につ
いて:
ゴゼン6ジ30プン
3
音声認識機能を使う
マークの
1 取扱説明書内で、
ある設定時に、ボイスボタン(☞
P.16)を押しながら設定に関
連した用語を言う。
テンプレートにある「 キー
[タイマー録音] ワード」を言います。
例:[ 会議 ] を設定する場合
キーワード入
力での音声認
䉦䉟䉩
識について:
[スケジュール登録]設定の
[開始時間]と[終了時間]
の設 定時に、
「 時 刻 」を言
います。
例:開 始 時 間 が 午 前 9 時
[ スケジュール 30 分の場合
設定 ]
ゴゼン9ジ30プン
時刻入力での
音声認識につ
例:終了時 間 が 午前 11 時
いて:
00 分の場合
ゴゼン11ジゼロフン
ゴゼン9ジ30プン
例:終了時 間 が 午前 11 時
0 0 分の場合
ゴゼン11ジゼロフン
テンプレートにある「 キ ー
[スケジュール
ワード」を言います。
設定]
例:[ 会議 ] を設定する場合
キーワード入
力での音声認
識について:
䉦䉟䉩
JP
127
音声認識機能を使う
音声コマンドを使う
1 停止中に [ ホーム ] 画面でボイ
スボタンを押し、音声コマンド
用語を言う。
[ レコーダー ] モードが動作または操作中
の場合は音声コマンドは使用できません。
音声コマンド用語一覧:
音声認識機能を使う
3
ホーム
レコーダー
ミュージック
ポッド
キャスト *1
ブック
ピクチャー
*1
スケジュール
メニュー
デイジー *2
テキスト
スピーチ *2
ファンクショ
ン *3
*1[アクセシビリティ]
(☞ P.93)の設定が
[On]に設定されているときは使用でき
ません。
*2[アクセシビリティ]の設定が[Off]に設
定されているときは使用できません。
*3 現在ファンクションボタンに割り当てられて
いる機能を音声でお知らせします。
実際の操作方法を例に本機で行える音声
コントロール機能を説明します。
各モードへの
移行:
レコーダー以外のモードに、
切り替えたいモード名を言う
と、そのモードへジャンプし
ます。
例:[ ミュージック ] の場合
䊚䊠䊷䉳䉾䉪
[ ミュージック ] モードへ移
行します。
JP
128
音声認識機能に関するご注意
・ 周囲の雑音が多い場所では、音声認識
が困難になってしまいます。なるべく
周囲の静かな環境でご使用ください。
・ 発声の仕方や口調によって、認識率に
差が生じます。はっきりした口調でゆっ
くりと話してください。
DAISY コンテンツを取り込む
本機は USB 端子を内蔵しているCDドライ
ブと接続し、DAISY コンテンツをCDから
直接取り込めます。
本機はストレージ
(USB ストレージクラス)
をサポートしている CD プレーヤーとの接
続が可能です。付属の USB 接続ケーブル
を使って接続できます。
取り込みを始める前に、あらか
じめ CD ドライブに DAISY コ
ンテンツ CD を入れてください。
・[アクセシビリティ]
(☞ P.93)の
設定が[On]に設定されているときは、
[DAISY]を選んでください。
5 +ボタンを押して[開始]を
選び、`OK ボタンを押す。
・ ディスプレイが[取り込み中]にかわり、
取り込みを開始します。
[完了]と表示
されたら終了です。
・ 取り込んだ DAISY コンテンツは
[ブック]の[DAISY]内に保存され
ます。
ご注意
・ 本機で取り込める DAISY コンテンツ
は、DAISY 2.0/2.02 のバージョン構
成されたファイルが対象です。
3
コンテンツを取り込む
DAISY
1[ホーム]画面から[D ブック]
を選び、`OK または
9 ボタンを押す。
4 +または-ボタンを押して
[DAISY 取り込み]を選び、
`OK ボタンを押す。
・[アクセシビリティ]の設定が[Off]
に設定されているときは、手順 4 に
進んでください。
2 F3( メニュー ) ボタンを押して
メニューを表示させる。
3 +または-ボタンを押して
[DAISY 設定]を選び
`OK または 9 ボタンを押す。
JP
129
Olympus Sonority を使う
ファイルをパソコンに保存する
本機はパソコンと接続することで次のようなことができます。
• パソコンで音声ファイルを再生する(☞ P.146)。
本機で録音した音声ファイルは、同梱の CD-ROM に含まれているソフトウェア
Olympus Sonority(☞ P.135)または Windows Media Player(☞ P.160)を使って、
パソコン上で再生できます。
• Olympus Sonority を使って、本機で録音した音声をパソコンに転送して再生したり、
管理できます。
• Windows Media Player を使ってパソコンに取り込んだ WMA や MP3 形式の語学コン
テンツや音楽ファイルを転送し、本機でお楽しみいただけます(☞ P.163)。
• Olympus Sonority Plus へのアップグレード(有償)および音楽編集プラグインの追加
(有償)を行えば、より多彩な機能をご利用いただけます(☞ P.158)。
ファイルをパソコンに保存する
4
本機をパソコンに接続して扱う場合の注意事項
• 本機からファイルをダウンロードしたり本機にファイルをアップロードするとき
はパソコンから通信中の画面が消えても、本機の LED 表示ランプが点滅中はデー
タを転送中ですので、USB 接続ケーブルを外さないでください。また、USB 接続
ケーブルを外す場合は、必ず ☞ P.134 に記載の方法で行ってください。ドライブ
を停止してから外さないと、正常にデータが転送されないことがあります。
• パソコンでは本機ドライブを初期化(フォーマット)しないでください。パソコ
ださい。パソコ
ンで初期化した場合は正しく初期化されません。初期化は、本機のメニューから
行ってください(☞
行ってください(
☞ P.103)。
• Windows に付属の Explorer、Macintosh に付属の Finder で表示されるフォル
ダ(ディレクトリ)名は本機および Olympus Sonority で設定できるフォルダ名
で設定できるフ
とは異なります。
• Windows または Macintosh のファイル管理画面から、本機に保存されているフォ
ルダやファイルに対して移動や名前の変更などの操作を行うと、ファイルの順番
が変わったり、ファイルを認識できなくなることがあります。
• パソコン上の操作で本機ドライブの属性をリードオンリー(読み取り専用)に設
定しても、本機ではデータの読み書きができますのでご注意ください。
• ノイズにより周辺電子機器に影響を及ぼすことがありますので、パソコンに接続
するときは、イヤホンを外してください。
ソフトウェアの機能説明についての注意事項
JP
130
機能の項目で Windows で使用できる場合は Windows 、Macintosh で使用できる
場合は Macintosh と表記しています。 Windows または Macintosh のいずれか一方の
みが記載されている項目は、対象のシステムでのみのサポートとなります。
パソコンの動作環境
Olympus Sonority の基本動作環境
Windows
OS(オペレーティングシステム)
CPU
RAM 容量
ハードディスク空き容量
CD-ROM または CD-R、CD-RW、DVD-ROM ドライブ
Microsoft Internet Explorer 6.0 以上
1024 x 768 ドット、65,536 色以上(1,677 万色以上を推奨)
1つ以上の空き
・オーディオデバイス
・インターネットが利用できる環境
Macintosh
OS(オペレーティングシステム)
CPU
RAM 容量
ハードディスク空き容量
ドライブ
ブラウザ
ディスプレイ
USB ポート
その他
MacOS X 10.4.11 -10.7
PowerPC® G5 またはインテル・マルチコアプロセッサ
1.5GHz 以上
512MB 以上
Olympus Sonority のインストール:300MB 以上
4
パソコンの動作環境
ドライブ
ブラウザ
ディスプレイ
USB ポート
その他
Microsoft ® Windows® XP Service Pack 2, 3
Microsoft ® Windows® XP Professional x64 Edition
Service Pack 2
Microsoft ® Windows Vista®, Service Pack 1, 2(32bit/
64bit)
Microsoft ® Windows® 7(32bit/64bit)
1 GHz 以上の 32 ビット(x86)または 64 ビット(x64)
プロセッサ
512MB 以上
Olympus Sonority のインストール:300MB 以上
CD-ROM または CD-R、CD-RW、DVD-ROM ドライブ
Safari 2.0 以上
1024 × 768 ドット、32000 色以上(1,677 万色以上を推奨)
1つ以上の空き
・オーディオデバイス
・インターネットが利用できる環境 Quick Time version7.2 以
上を推奨
JP
131
パソコンの動作環境
ご注意
Windows
• パソコンが USB ポートを備えていても、Windows 95/98/Me/2000 から XP/
Vista/7 にアップデートした場合はサポート対象外となります。
• 動作環境を満たしていても、自作パソコンでの不具合は動作保証外とさせて頂いてお
ります。
Macintosh
• Olympus Sonority の一部の機能については、QuickTime 7.2 以上が必要となります。
QuickTime の最新版は、MacOS のソフトウェアアップデートで入手できます。
パソコンの動作環境
4
JP
132
表記について
本書では次のコンピュータを想定して説明しています。
お客様の環境と異なる場合は、説明内容にしたがいそれぞれお客様の環境に適するよ
うに置き替えて解釈してください。
• 1 台目のハードディスクを C ドライブとして解説します。
• 1 台目のフロッピーディスクを A ドライブとして解説します。
• 1 台目の CD-ROM ドライブを D ドライブとして解説します。
• Windows XP を使用しているものとし、Windows のインストール先のパスを
C:\Windows として解説します。
また、お客様が パソコンの基本操作に慣れていることを前提にしています。
パソコンの操作については、ご使用のパソコン取扱説明書をご覧ください。分からない
用語については、
[用語の説明]をご覧ください(☞ P.187)。
パソコンに接続する
パソコンに接続する
Windows
Macintosh
本機の接続は、必ず Olympus Sonorit y
を インストール して か ら 行 ってくだ さい
(☞ P.137)。
1 本機の電源を入れる
2 USB 接続ケーブルをパソコン
の USB ポートに接続する
ご注意
3 本機が停止していることを確
認し、本機底面の USB 端子
へ USB 接続ケーブルを接続
する
・ USB 接続ケーブルは必ず付属の専用ケー
ブルをご使用ください。他社製品をご使
用した場合、故障の原因となりますので、
絶対におやめください。 またこの専用
ケーブルを他社製品に接続することも絶
対におやめください。
・ USB ハブを経由して本機を接続すると、
動作が不安定になることがあります。こ
の場合は、USB ハブを使用しないでく
ださい。
4
パソコンに接続する
• USB 接続中は、本機のディスプレ
イに[PC と接続中です(ストレー
ジ)]と表示されます。
• 本機の USB 接続設定で、[AC ア
ダプタ接続]を設定していると、
パソコンと接続状態になりませ
ん。USB 接続設定を[PC 接続]
にしてください(☞ P.101)。
• Windows の 場 合 は、[ マ イ コ
ン ピ ュ ー タ ] を 開 く と、 製 品 名
の ド ラ イ ブ 名 で 認 識 さ れ ま す。
microSD カードが入っている場
合は[リムーバブルディスク]と
表示されます。
• Macintosh の場合は、デスクトッ
プ上に製品名のドライブ名で認識
されます。microSD カードが入っ
ている場合は[Untitled]と表示
されます。
JP
133
パソコンに接続する
パソコンから取り外す
Windows
Macintosh
1 画面右下のタスクバーの
[
]をクリックし、[USB
大容量記憶装置デバイス-ド
ライブを安全に取り外します]
をクリックする
1 デスクトップに表示されてい
る本機のリムーバブルアイコ
ンを、ドラッグ&ドロップで
ゴミ箱に移動する
• お使いのパソコンにより、ドライブ
のアルファベット表記が異なります。
パソコンに接続する
4
2 レコーダーの LED 表示ラン
プが消えていることを確認し、
USB 接続ケーブルを外す
• 充電中の場合は、LED表示ランプ
が橙色に点灯しつづけますが、充電
中でもUSB接続ケーブルを外せま
す。
2 レコーダーの LED 表示ラン
プが消えていることを確認し、
USB 接続ケーブルを外す
• 充電中の場合は、LED表示ランプ
が橙色に点灯しつづけますが、充電
中でもUSB接続ケーブルを外せま
す。
ご注意
• LED 表示ランプ点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。データ
が破損する可能性があります。
• パソコンと接続すると、付属の USB 接続ケーブルより電源が供給されますので、本
機に電池や AC アダプタからの電源供給は必要ありません。
• パソコンの USB ポートについては、お使いの パソコンの 取扱説明書をご覧ください。
• USB 接続ケーブルは、必ずパソコン本体の USB ポートに接続してください。
• USB コネクタは奥まで確実に差し込んでください。正しく接続されていないと正常に
動作しません。
• ホールドは解除してください。
JP
134
Olympus Sonority でできること
Olympus Sonority はファイルの管理や編集をするためのさまざまな機能が搭載されて
います。詳しい操作手順や詳細設定については、オンラインヘルプ(☞ P.140)の各項
目をご覧ください。
波形編集機能
波形編集タブで音声データを簡単に加工をすることができます。波形編集モードで、不
要な部分の削除、ペーストして、保存できます。
ワンタッチエフェクト機能
ワンタッチエフェクト機能を使用して、音声ファイルに特殊効果を簡単にかけたり、指
定した領域にノイズリダクションを施せます。
ファイルを E-mail で送信する
本機のユーザー ID を変更する
本機で録音されるファイルに、自動的に付けられるユーザー ID を変更できます。
フォルダ名を変更する
フォルダ名を変更できます。62 文字まで入力可能ですが、半角の
は入力
できません。
本機で対応している言語以外の OS(オペレーションシステム)でフォルダ名変更をする
と文字化けする場合があります。
でできること
Olympus Sonority
音声ファイルはハードディスク上の[Message]フォルダの中に保存されています。
E-mail に添付して音声ファイル送信できます。
4
コメントを編集する
本機からダウンロードしたファイルに Olympus Sonority 上でコメントをつけられます。
入力できる文字数は全角 50 文字(半角 100 文字)以内です。
JP
135
Olympus Sonority でできること
ファイル形式をその他の形式に変更する *
現在のファイルの保存形式を他の形式に変更できます。
ファイルを結合する *
指定した複数の音声ファイルを結合して 1 つのファイルを作成できます。
ファイルを分割する *
指定した 1 つの音声ファイルを 2 つのファイルに分割できます。
4
でできること
Olympus Sonority
JP
136
Olympus Sonority を使ってコンテンツを取り込む
・ インターネット上でポッドキャスト配信されているコンテンツをパソコンに取り込む。
➥ 詳細は[ポッドキャストについて](☞ P.149)をご覧ください。
・ DAISY コンテンツをパソコンに取り込む。**
➥ 詳細は[DAISY について](☞ P.154)をご覧ください。
*
MP3 形式に書き出す場合は、Olympus Sonority Plus へのアップグレードが必要で
す(☞ P.158)。
** DAISY 2.0/2.02 のコンテンツに対応しています(☞ P.154)。
ソフトウェアのインストール
本機をパソコンにつないでご使用になるには、同梱の CD-ROM「Olympus Sonority」
に含まれるソフトウェアをインストールしてください。
インストールの前に次のことをご確認ください
• 起動しているアプリケーションは、すべて終了してください。
• Administrator(管理者)に所属しているユーザー名でログインしてください。
Windows
1 付属の「Olympus Sonority」
を CD-ROM ドライブに挿入
する
• 自動的にインストールプログラム
が起動します。起動した場合は手
順 4 に進み、起動しない場合は次
の手順 2、3 にしたがって進んで
ください。
3 CD-ROM 内にある[Setup]
をダブルクリックする
4 Olympus Sonority のラン
チャ画面が表示されたら、[オ
ンラインユーザー登録]をク
リックし、ユーザー登録を行
なってください
5 [Olympus Sonority イン
ストール]をクリックすると、
インストーラのオープニング
画面が起動します。以下イン
ストーラのウィザードに従っ
て進める
6 使用許諾契約
• Olympus Sonority をインストー
ルするには、この契約に同意して
いただく必要があります。
[同意
します]のチェックボックスをク
リックした後、
[次へ]をクリッ
クしてください。
7 ユーザー登録情報の登録
ソフトウェアのインストール
2 CD-ROM の中身をエクスプ
ローラで開く
4
• あなたのお名前、会社名および別
紙に記載されているシリアル番号
を入力してください。入力が終り
ましたら[次へ]をクリックします。
8 セットアップタイプの選択
• インストール先を変更ができま
す。変更しない場合は[次へ]を
クリックします。
(変更する場合
は[カスタム]を選択します。)
JP
137
ソフトウェアのインストール
9 インストールの開始
• インストールを開始するには、
[イ
ンストール]をクリックします。
インストール作業が終了し、完了
画面が表示されるまでは、他の作
業を行なわないでください。
10 インストールの完了
ソフトウェアのインストール
4
• イ ン ス ト ー ル が 終 了 す る と、
[Install Shield]の完了画面が表
示されます。
• 本機をパソコンに接続する場合は
[パソコンに接続する]
(☞ P.133)
を、Olympus Sonority を起動す
る場合は[Olympus Sonority
を起動する](☞ P.141)をご覧
ください。
Macintosh
1 付属の「Olympus Sonority」
を CD-ROM ドライブに挿入
する
• CD-ROM の内容が表示された場
合は手順3に進み、表示されない
場合は手順2,3にしたがって進
んでください。
2 CD-ROM の中身を [Finder]
で開く
3 CD-ROM 内にある[Setup]
をダブルクリックする
4 Olympus Sonority のラン
チャ画面が表示されたら、[オ
ンラインユーザー登録]をク
リックし、ユーザー登録を行
なってください
JP
138
5 [Olympus Sonority のイ
ンストール]をクリックする
と、インストーラのオープニ
ング画面が起動します。以下
インストーラのウィザードに
従って進める
6 使用許諾契約
• Olympus Sonority をインストー
ルするには、この契約に同意して
いただく必要があります。
[同意
します]のチェックボックスをク
リックした後、
[続ける]をクリッ
クしてください。
7 インストール先の変更
• インストール先を変更できます。
変更しない場合は[次へ]をクリッ
クします。(変更する場合は、
[イ
ンストール先を変更]を選択しま
す。)
8 インストールの開始
• インストールを開始するには、
[イ
ンストール]をクリックします。
• インストールが終了すると、[イ
ンストーラ]の完了画面が表示さ
れます。
• 本機をパソコンに接続する場合は
[パソコンに接続する]
(☞ P.133)
を、Olympus Sonority を起動す
る場合は[Olympus Sonority
を起動する](☞ P.141)をご覧
ください。
• Olympus Sonority 起動後、シ
リアル番号の入力ダイアログが表
示されます。別紙に記載されてい
るシリアル番号を入力してくださ
い。入力後、[OK]をクリックす
ると、Olympus Sonority が起動
します。
ソフトウェアのアンインストール
パソコンからソフトウェアを削除することをアンインストールと呼びます。アンインストール
は、各ソフトウェアが必要なくなったときに行ってください。
Windows
Macintosh
1 Olympus Sonority を終了する
1 Olympus Sonority を終了する
2 [スタート]メニューより[コ
ントロールパネル]を選ぶ
2 [Finder] を開き、アプリケー
ションフォルダ内の
[SonorityUninstaller.
pkg]をダブルクリックする
3 コントロールパネルウィンド
ウ内にある[プログラムの追
加と削除]をクリックする
5 [変更と削除]をクリックする
6 ファイル削除の確認
• [OK]をクリックするとアンイン
ストールを開始します。
途中でメッセージが表示されるこ
とがあります。その際はメッセー
ジをよく読み、指示にしたがって
操作してください。
7 [メンテナンスの完了]の画面
が表示されたら[完了]をク
リックし、アンインストール
を終了する
3 アンインストーラが起動した
後、ウィザードに従って手順
を進める
4 途中、管理者のパスワードを
要求されたら、パスワードを
入力して、[OK]をクリック
する
5 アンインストールが開始され、
成功のメッセージが表示された
ら、[閉じる]をクリックする
アンインストール後に残される
ファイルについて
作成した音声ファイルは[Message]
フォルダに保存されています。不要な
場合は削除してください。
[Message]
フォルダの場所は、アンインストールす
る前に
[ツール]メニューの
[オプション]
をクリックし[管理フォルダの設定]の
項目で確認できます。
4
ソフトウェアのアンインストール
4 インストールされているア
プリケーションの一覧が表
示 さ れ た ら、[Olympus
Sonority]を選ぶ
JP
139
オンラインヘルプの使いかた
Windows
Macintosh
オンラインヘルプを表示するには、以下を行ってください。
• Olympus Sonority を起動した状態で、
[ヘルプ]メニューから[Olympus Sonority
のヘルプ]を選択する。
目次で検索する
キーワードで検索する
1 オンラインヘルプを表示させ
てから、目次のタブをクリッ
クする
オンラインヘルプの使いかた
4
2 検索したい項目の[
ブルクリックする
]をダ
• 選択項目のタイトルが表示されま
す。
3 検索したい項目の[
ブルクリックする
1 オンラインヘルプを表示させ
てから、
[索引]の項目をクリッ
クする
• 検索可能なキーワードの一覧が表
示されます。
2 キーワードをクリックする
• 選択項目の説明が表示されます。
]をダ
• 選択項目の説明が表示されます。
1
2
3
2
ご注意
JP
140
• 本書は Olympus Sonority の基本的な操作を説明しています。メニューや詳細につい
てはオンラインヘルプをご覧ください。オンラインヘルプは Olympus Sonority のイ
ンストール後から使用できます。
Olympus Sonority を起動する
本機をパソコンに接続すると自動的に Olympus Sonority を起動できます。
Windows
自動起動の設定を停止する場合
1 画面右下のタスクバーの[ ]
を右クリックし、[設定]を選
ぶ
• 設定可能なアプリケーションをダ
イアログ表示します。
2 [Olympus Sonority]の
[ ]をクリックする
手動で起動する場合
1 Windows を起動する
• 設定可能なアプリケーションをダ
イアログ表示します。
2 [スタート]メニューから[すべ
てのプログラム]{[Olympus
S o n o r i t y]{[O l y m p u s
Sonority]を選択する
自動起動の設定を停止する場合
1 メニューバーから[ ]{[シ
ステム環境設定]{[ ]を
クリックする
• 設定ダイアログが表示されます。
2 自動起動のチェックボックス
の設定を[OFF]にする
手動で起動する場合
1 Finder から[アプリケーション]
{[O l y m p u s S o n o r i t y]
{[Olympus Sonority]を
ダブルクリックする
• 初めて起動するときは、シリアル
番号の登録ダイアログが表示され
ます。
2 シリアル番号を入力する
• シリアル番号は製品に同梱されて
いる CD パッケージを参照してく
ださい。
• シリアル番号が正しい場合は情報
表示エリアが表示されます。
4
を起動する
Olympus Sonority
• [Olympus Sonority]につい
ていたチェックが消えます。再び
自動起動する場合はもう一度ク
リックしてチェックを入れてくだ
さい。
Macintosh
• 情報表示エリアが表示されます。
• 起動後、画面右下のタスクバーに
[ ]のアイコンが表示されます。
ご注意
• 複数の Olympus Sonority を同時に起動できません。
• DSS Player などの他のアプリケーションが起動していた場合は、そのアプリケーショ
ンを終了させ、Olympus Sonority を起動させてください
JP
141
ウィンドウのなまえ(Olympus Sonority)
ブラウズ画面
Olympus Sonority のメイン画面です。
(表示画面は Windows での表示画面です。)
1
2
3
4
ウィンドウのなまえ( Olympus Sonority
)
4
JP
142
6
5
1 メニューバー
OS 標準のメニューバーです。
2 ツールバー
ブラウズ画面で使用するツールバーボ
タンが表示されます。
3 再生コントロールバー
ファイル表示エリアで選択したファイル
を再生するときに使用します。
4 メインツリービュー
本機からダウンロードしたファイル、
Olympus Sonority で録音したファイ
ルなど、PC 内で Olympus Sonority
が管理している音声/音楽ファイルを
保存しているフォルダが表示されます。
5 デバイスツリービュー
接続したデバイス内のフォルダが表示
されます。
6 ファイルリスト表示エリア
メインツリービューまたはデバイスツ
リービューで選択されているフォルダ
や本機内にある全ての音声ファイルの
詳細情報が表示されます。
Olympus Sonority 起動時には、情報
表示エリア(初期設定)が表示され、
Olympus Sonority の基本情報の表示
やアップデート、アップグレードがで
きます(☞ P.158)。
ウィンドウのなまえ(Olympus Sonority)
情報表示エリア
Olympus Sonority のアップデートや接続された本機のファームウェアのアップデートを確
認して、アップデートを実行できます。また Olympus Sonority Plus へのアップグレード
やポッドキャストの番組登録などもここから実行できます。
1
2
3
4
5
6
7
1 音声ファイルの一覧
メインツリービューのフォルダ A が選
択され、ファイルリスト表示エリアを
表示します。
2 番組ガイドを開く
ポッドキャストの番組ガイドについて新
着情報を表示します。
3 新着情報を更新
Olympus からの新着情報を更新します。
4 更新情報を見る
Olympus Sonority や接続された本機の
アップデート情報を確認します。
5 アップグレードキー番号を登録
購入したアップグレードキー番号を登
録します。
6 アップグレード
購入したいアップグレードを選択しま
す。アップグレード済みの場合は、ボタ
ンの代わりにアップグレードキーが表示
されます。
7 表示/非表示
次回の Olympus Sonority 起動時から、
情報表示エリアを表示するかどうかを
選択します。
非表示に設定すると、ファイルリスト
表示エリア(☞ P.142)を表示します。
4
ウィンドウのなまえ( Olympus Sonority
)
はじめて Olympus Sonority
を起動すると、ブラウズ画面
の[ファイルリスト表示エリア]
に[情報表示エリア]を表示
します。
JP
143
録音した音声をパソコンに取り込む
Windows
Macintosh
本機からファイルをパソコンに取り込むことをダウンロードと呼びます。Olympus
Sonority では、ファイルをパソコンにダウンロードする方法として次の 3 つがあります。
• 選択ファイルのダウンロード
1 つまたは複数のファイルをパソコンに取り込みます。
• フォルダを指定してダウンロード
フォルダ内にあるすべてのファイルをパソコンに取り込みます。
• すべてのファイルをダウンロード
本機にあるすべてのファイルをパソコンに取り込みます。
ここでは[選択ファイルのダウンロード]について説明します。[フォルダを指定して
ダウンロード]や[すべてのファイルをダウンロード]については、オンラインヘルプ
(☞ P.140)をご覧ください。
録音した音声をパソコンに取り込む
4
選択ファイルのダウンロード
1 フォルダを選ぶ
• デバイスツリービューでダウン
ロードしたいファイルが入った
フォルダを選びます。図では、
[フォ
ルダ A]が選択されています。
1
2 ファイルを選ぶ
• ファイルリスト表示エリアからダ
ウンロードしたい音声ファイルを
選択する。
複数選択する場合は:
Windows :
[Ctrl]キーまたは
[Shift]キーを押し
ながら選択する。
Macintosh :
[コマンド]キーを押
しながら選択する。
2
JP
144
録音した音声をパソコンに取り込む
3 ファイルをダウンロードする
• [デバイス] メニューから[選択
ファイルのダウンロード]を選ぶ
か、ツールバーの[ ]をクリッ
クします。
3
4 ダウンロードの完了
ご注意
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。デー
タが破損する可能性があります。
• ファイルのサイズやパソコンによってはダウンロードに時間がかかることがありま
す。
• ダウンロード先は、本機のフォルダと対応した、ダウンロードトレイのフォルダに保
存されます。
(例)本機の[フォルダ A]からダウンロードしたファイルは、メインツリービュー
のダウンロードトレイ内の[フォルダ A]に保存されます。
• 同じ名前のファイルがあるときは、ファイルの内容が異なる場合のみ別のファイル名
で保存します。ファイルの内容が同じ場合はダウンロードされません。
4
録音した音声をパソコンに取り込む
• パソコンから通信中の画面が消え
ても、本機の LED 表示ランプが
点滅中はデータを転送中ですの
で、USB 接続ケーブルを外さない
でください。
USB 接続ケーブルを外す場合は、
必ず ☞ P.134 に記載の方法で行っ
てください。ドライブを停止して
から外さないと、正常にデータが
転送されないことがあります。
JP
145
ファイルを再生する
Windows
Macintosh
1 フォルダを選ぶ
• 再生したいファイルが入っている
フォルダを選びます。
図では取り込み済みのファイル
を 指 定 す る た め、 メ イ ン ツ リ ー
ビューの[フォルダ A]を選択し
ています。
2 ファイルを選ぶ
• ファイルリスト表示エリアから再
生したいファイルを選びます。
ファイルを再生する
4
JP
146
1
2
3 ファイルを再生する
• 再生コントロールバーの[
(再生ボタン)を押します。
]
その他の早戻し、早送り、停止、再
生速度、音量、時間軸、インデック
ス マ ー ク ス キ ッ プ な ど は、 再 生 コ
ントロールバーで操作できます。詳
細 に つ い て は、 オ ン ラ イ ン ヘ ル プ
(☞ P.140)をご覧ください。
3
波形編集機能を使う
Windows
Macintosh
Olympus Sonority では、波形編集タブで音声データを簡単に加工できます。波形編集モー
ドで、不要な部分の削除、ペーストして、保存できます。
1 ブラウズ画面から、編集した
いファイルを選択し、[ファイ
ル]{[編集]を選ぶ
• 波形編集画面に切り替わり、波形
が表示されます。
2 波形の削除したい部分をド
ラッグして選ぶ
• 波形表示で選択した箇所がグレー
表示となります。
• 波形表示で選択した箇所がグレー
表示となります。
5 [編集]メニューから[ペース
ト]を選ぶ
• 選択した箇所に先ほど切り取った
波形が挿入されます。
6 トラック領域の書き出し[
をクリックする
]
• 保存ダイアログが表示されます。
• 選択した波形部分が削除されます。
ワンタッチエフェクト機能を使う
Windows
Macintosh
ワンタッチエフェクト機能を使用して、音声ファイルに特殊効果を簡単にかけられます。
ここでは、指定した領域にノイズリダクションを施す手順について説明します。
1 ブラウズ画面から、編集した
いファイルを選択し、[ファイ
ル]{[編集]を選ぶ
• 波形編集画面に切り替わり、波形
が表示されます。
2 効果をかけたい箇所の波形部
分をドラッグして選ぶ
• 波形表示で選択した箇所がグレー
表示となります。
4
波形編集機能を使う/
ワンタッチエフェクト機能を使う
3 [編集]メニューから[カット]
を選ぶ
4 波形表示部分の任意の箇所を
クリックする
3 ノイズリダクションの補正ボ
タン[ ]を押す
• 選択した範囲のノイズが除去され
ます。
4 選択した箇所の開始位置をク
リックし、再生コントロール
バーの[
](再生ボタン)
を押す
• ノイズリダクションのかかった状
態で再生を行ないます。
JP
147
ファイルを本機に転送する
Windows
Macintosh
Olympus Sonority には、パソコンにあるファイルを本機に転送(アップロード)する
機能があります。
1 フォルダを選ぶ
• メインツリービューから、転送し
たいファイルの入っているフォル
ダを選びます。
2 ファイルを選ぶ
• ファイルリスト表示エリアから、
転送したいファイルを選びます。
3 転送先フォルダを選ぶ
ファイルを本機に転送する
4
2
1
• [デバイス]メニューから[アップ
ロード]を選ぶか、ツールバーの
[
]をクリックします。転送先
フォルダ一覧のアップロードダ
イアログが表示されたら、転送先
フォルダを選んでください。
4 ファイルを転送する
• [OK]をクリックすると、ファイ
ルが本機に転送されます。
5 アップロードの完了
• 通信中の画面が消え、本機の LED
表示ランプが消えたらアップロー
ドの完了です。
ファイルリスト表示エリアから転送
したいファイルを選び、デバイスツ
リービューのフォルダにドラッグ&
ドロップ(マウスの左ボタンを押し
たまま移動し、移動先でボタンを離
す)して転送できます。
3
3
4
ご注意
JP
148
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。デー
タが破損する可能性があります。
• 本機のフォルダ内に同じ名前のファイルがあるときは、ファイルの内容が異なる場合の
み別のファイル名で保存します。ファイルの内容が同じ場合はアップロードされません。
ポッドキャストについて
番組を登録する
Windows
ポッドキャストコンテンツの取り込みは、ポッドキャスト番組のアイコンをドラッグ &
ドロップまたはコンテンツのアドレスを登録することでコンテンツを検出し、取り込み
を行えます。
Macintosh 版では、この機能はサポートされていません。付属の iTunes などを使用して、
ポッドキャストコンテンツの取り込みを行なってください。
1 Olympus Sonority を起動する
この 部 分に登 録 用
アイコンをドラッグ
&ドロップ
3 ポッドキャスト登録用のアイ
コンを Olympus Sonority
の[ポッドキャスト]フォル
ダへドラッグ & ドロップする
• ポッドキャスト登録用のアイコン
は各配信サイトによって異なりま
す。詳しくは各配信サイトをご確
認ください。
4 番組の登録完了
4
ポッドキャストについて
2 ウェブブラウザを起動し、ポッ
ドキャスト配信サイトを表示
する
• 番組が登録されると、
[ポッドキャ
スト]フォルダのリストビューに、
番組が配信しているコンテンツが
一覧表示されます。
初期設定では登録時に配信されて
いる最新のコンテンツが自動でダ
ウンロードされます。
ご注意
• 本機で再生できるファイル形式は ☞ P.47 を参照してください。
JP
149
ポッドキャストについて
番組を更新する
Windows
初期設定では、Olympus Sonority に登録した番組は自動的に更新されます。番組の更
新間隔は[ツール]メニューから[オプション]を選び、表示されたオプションダイア
ログのポッドキャストタブで変更可能です。詳細はオンラインヘルプ(☞ P.140)をご
覧ください。
自動で番組を更新しない場合、以下の手順で番組を更新できます。
Macintosh 版の場合は、番組の登録・更新およびダウンロードの機能はありません。
付属の iTunes などのアプリケーションを使用して行なってください。
ポッドキャストについて
4
1 [ポッドキャスト]フォルダを
選ぶ
2 更新したい番組を選ぶ
1
2
3 [ツール]メニューから[ポッ
ドキャストを更新]を選ぶか、
ツールバーの[ ]をクリッ
クする
• 番組の更新を開始します。
番組が更新されると、新しいコン
テンツがグレーで表示されます。
グレーで表示されているコンテン
ツは、まだパソコンへダウンロー
ドされていないことを表します。
JP
150
3
ポッドキャストについて
コンテンツをダウンロードする
Windows
初期設定では番組を更新した際に新しいコンテンツがあった場合、最新のコンテンツを
自動でダウンロードします。この設定は[ツール]メニューから[オプション]を選び、
表示されたオプションダイアログのポッドキャストタブで変更可能です。詳細はオンラ
インヘルプ(☞ P.140)をご覧ください。
手動でダウンロードを開始する場合、以下の手順でダウンロードできます。
Macintosh 版の場合は、番組の登録・更新およびダウンロードの機能はありません。
付属の iTunes などのアプリケーションを使用して行なってください。
1 [ポッドキャスト]フォルダを
選ぶ
1
2 ダウンロードしたいコンテン
ツの[ ]をクリックする
• コンテンツのダウンロードを開始
します。
コンテンツをダウンロードしてい
る間は、進行状況がパーセンテー
ジで表示されます。
ポッドキャストについて
4
3 ダウンロードの完了
• ダウンロードが完了したコンテン
ツは再生したり、本機へ転送でき
ます。
JP
151
ポッドキャストについて
コンテンツを本機へ転送する
Windows
Macintosh
初期設定では、本機をパソコンに接続すると、自動でコンテンツが本機の[ポッドキャ
スト]フォルダに転送されます。この設定は[ツール]メニューから[オプション]を
選び、表示されたオプションダイアログの[ポッドキャスト]タブで変更可能です。詳
細はオンラインヘルプ(☞ P.140)をご覧ください。
手動でコンテンツを転送する場合、以下の手順で転送できます。
Macintosh 版の場合は、付属の iTunes などで登録したポッドキャストコンテンツを、
本機の[ポッドキャスト]フォルダにドラッグ&ドロップすることで、本機に転送でき
ます。
ポッドキャストについて
4
1 [ポッドキャスト]フォルダを
選ぶ
2 転送したいコンテンツを選び、
本機の[ポッドキャスト]フォ
ルダへドラッグ & ドロップする
1
2
• コンテンツの転送を開始します。
コンテンツを転送している間は、
進行状況を示す画面が表示されま
す。
3 転送の完了
• 本機へ転送したコンテンツには転
送済みアイコン[
]が表示され
ます。
JP
152
ご注意
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。
データが破損する可能性があります。
ポッドキャストについて
番組ガイド機能について
Windows
Olympus Sonority では、OLYMPUS 関連のポッドキャストの番組を簡単に登録すること
ができ、自動的に新しいコンテンツをダウンロードできます。また本機をパソコンに接続す
るだけで、新しいコンテンツを本機へ転送できます。
Macintosh 版では番組ガイドの機能はありません。
1 メインツリービューのオンラ
インサービスにある[番組ガ
イド]をクリックする
• オンライン上に登録されている番
組情報が表示されます。
• 番組詳細ビューに番組の詳細情報
が表示されます。
4
1
2
ポッドキャストについて
2 番組一覧からお好みの番組を
クリックする
3 [登録する]をクリックして
ポッドキャストに登録する
• 番組が登録されると、
[ポッドキャ
スト]フォルダのリストビューに、
番組が配信しているコンテンツが
一覧表示されます。
初期設定では登録時に配信されて
いる最新のコンテンツが自動でダ
ウンロードされます。
3
JP
153
DAISY について
Windows
Macintosh
DAISY とは何の略?
DAISY とは Digital Accessible Information System の略で、日本では「アクセシブル
な情報システム」と訳されます。もともとは、図書や情報を読むことが困難な人々のた
めに録音テープに代わるものとして利用されています。DAISY は国際共同開発機構
DAISY コンソーシアムにより開発と維持が行われている世界共通のアクセシブルな情報
システムです。
マルチメディア DAISY とはどういうもの?
パソコンで音声を聞きながら、同時に絵・写真が見られます。読んでいる箇所がハイラ
イトされるので、どこを読んでいるのかわかるようになっています。音声のスピードを
変更することや、読みたいページへ移動できます。教科書をマルチメディア DAISY にし
て学習に利用している児童や生徒もいます。
4
マルチメディア DAISY を再生するには?
について
DAISY
本機に同梱されている Olympus Sonority をパソコンにインストールして(☞ P.137)、
ブラウズ画面の [DAISY トレイ ] フォルダを選択し、再生ボタンでマルチメディア
DAISY を体験することができます。再生中に文章や見出しをスキップしたり、任意の文
をクリックしてすばやくその箇所へ移動できます。また、ブックマークを登録しておけば、
いつでもその位置からの再生ができます。詳細は [ コンテンツを再生する ](☞ P.156)
をご覧ください。
DAISY についての詳しい情報
JP
154
DAISY についての詳しい情報については、下記ホームページをご参照ください。
DAISY コンソーシアム公式ホームページ ( 英語のみ ):http://www.daisy.org/
財団法人日本障害者リハビリテーション協会 DAISY 関連情報ホームページ ( 日本語のみ ):
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/
DAISY について
コンテンツを取り込む
Olympus Sonority に DAISY ブックのコンテンツを取り込み、[DAISY トレイ ] からコ
ンテンツを選択して再生できます。DAISY コンテンツのバージョン 2.0 / 2.02 でイン
ポートおよび再生が可能です。
3
1 パソコンのデスクトップ上に
DAISY ファイルまたはファイ
ルのあるフォルダを準備する
2 Olympus Sonority を起動する
4
について
DAISY
3 Olympus Sonority の[ファ
イル]メニューから「インポー
ト」{「DAISY ブックのイ
ンポート」を選ぶ
• ファイルダイアログが表示されます。
• DAISY コンテンツ内の、NCC.html
ファイルを選んでください。
4 取り込む DAISY ファイルを選
んで、[ 開く ] をクリックする
• 取り込みが始まります。
• 取り込まれたファイルが一覧に表
示されます。
4
JP
155
DAISY について
コンテンツを再生する
1 [DAISY トレイ ] をクリックする
• Olympus Sonority に登録されて
いる、DAISY ブックの一覧がリス
ト表示されます。
1
4
2 リストから再生したいタイト
ルをクリックする
について
DAISY
• ファイルの読み込み画面が表示さ
れます。
2
3 再生コントロールバー内の
[
] 再生)ボタンを押して、
(
DAISY コンテンツを再生する
• DAISY コンテンツの再生が始まり
ます。
• [
] または [
] ボタンで、そ
れぞれ前の文、次の文にスキップ
できます。
• [
] ボタンを押すと、目次の一
覧が表示されます。
JP
156
3
DAISY について
コンテンツを本機へ転送する
1 本機をパソコンに接続し、
Olympus Sonority を起動する
• デバイスマネージャーにデバイス
ツリーが表示されます。
2 転送したいファイルを選ぶ
• ファイルリスト表示エリアから、
転送したいファイルを選びます。
2
3
3 Olympus Sonority の[デバ
イス]{[DAISY ブックの
アップロード]を選ぶ
4
について
DAISY
複数選択する場合は:
Windows :[Ctrl] キ ー ま た は
[Shift]キーを押しながら選択す
る。
Macintosh :
[コマンド]キーを押
しながら選択する。
• コンテンツの転送を開始します。
コンテンツを転送している間は、
進行状況を示す画面が表示されま
す。
4 転送の完了
• 本機へ転送したコンテンツには転
送済みアイコン[
]が表示され
ます。
ご注意
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。
データが破損する可能性があります。
JP
157
アップグレード機能
Windows
Macintosh
Olympus Sonority は、Plus 版へアップグレード(有償)することで、より高度な機能
に拡張できます。また Olympus Sonority Plus では、音楽編集プラグインを購入するこ
とで高度なエフェクト編集などをお楽しみいただけます。音楽編集プラグインを追加す
るには、Olympus Sonority Plus のアップグレードが必要です。
ご購入およびアップグレードのしかた
Olympus Sonority Plus を購入し、Olympus Sonority からアップグレードするには、
以下の手順で操作します。
1 Olympus Sonority を起動する
• 起動方法は ☞ P.141 をご覧くだ
さい。
アップグレード機能
4
2 [ヘルプ]メニューの[Olympus
Sonority Plus の購入]を選
ぶか、ツールバーの[ ]ボタ
ンをクリックする
• ウェブブラウザが起動し、Olympus
Sonority Plus の購入サイトが表示
されます。画面の案内にしたがって
操作してください。購入完了後、画
面上またはメールによりアップグ
レードキーが発行されます。
3 [ヘルプ]メニューから、
[アッ
プグレードキーの登録]を選ぶ
• [アップグレードキーの登録]ダ
イアログが表示されます。
4 アップグレードキーの登録
• 次回起動時に、Olympus
Sonority Plus へのアップグレー
ドが行われ、Olympus Sonority
Plus としてご利用いただけます。
Olympus Sonority Plus へのアップグレードを確認するには
ブラウズ画面で、メインツリービューのルート[Olympus Sonority]をクリックし、イ
ンフォメーション画面を表示させてください。アップグレードキーが登録されていることが
確認できます。または
[ヘルプ]メニューの
[Olympus Sonority について]を選択すると、
Olympus Sonority Plus に登録したアップグレードキーが表示されます。音楽編集プラグ
インは、20種類以上のエフェクト機能、スペクトラムアナライザ機能が追加されます。詳
細は、オンラインヘルプ(☞ P.140)をご覧ください。
ご注意
JP
158
• アップグレードキーの購入には、インターネットが利用できる環境が必要です。ご利
用できない場合はカスタマーサポートセンターまでご連絡ください。
• アップグレードキーのご購入につきましては、Olympus Sonority のオンラインヘルプ
(☞ P.140)をご覧ください。
アップグレード機能
Olympus Sonority Plus でできること
Olympus Sonority Plus 版は通常版の機能に加え、音楽ファイルのさまざまな編集が行
える機能があります。詳しい操作手順や詳細設定については、
オンラインヘルプ(☞ P.140)
をご覧ください。
MP3 編集
MP3 ファイルおよびタグの編集、書き出し機能。
音楽 CD の作成
CD 書き込みフォルダに登録した音声ファイルによる音楽 CD 作成機能。
レコーダーメニューの設定
本機の設定(録音モード、アラームの設定、タイマー録音など詳細な設定)機能。
Olympus Sonority Plus で音楽編集プラグインをご購入いただくと、音楽編集の幅が広
がる高度な機能を追加できます。詳しい購入方法や操作方法については、オンラインヘ
ルプ(☞ P.140)をご覧ください。
アップグレード機能
音楽編集プラグインでできること
4
エフェクト機能
20 種類以上の高度なエフェクト機能をつかって、音楽ファイルをより高度に編集できます。
スペクトラムアナライザ
波形編集画面で再生中の音声の周波数分布をリアルタイムに表示します。
無制限のトラック編集
同時に編集可能なトラック数の制限がなくなります。
JP
159
Windows Media Player について
Windows Media Player を使う
音楽CDやインターネットからパソコンに取
り込んだ音楽ファイルを本機に転送して再
生できます。本機は WAV、MP3、WMA
形式の音楽ファイルに対応しています。
Windows Media Player を用いると、音
楽CDから音楽ファイルを変換
(リッピング)
できます(☞ P.161)。
ウィンドウのなまえ
5
を使う
Windows Media Player
JP
160
Windows Media Player 12
Windows Media Player 11
1
1
2
4 6 8 0
3 5 7 9
1 機能タスクバー
2 位置スライダ
3 ランダム再生ボタン
4 連続再生ボタン
5 停止ボタン
6 前へボタン
7 再生ボタン
8 次へボタン
9 ミュートボタン
0 音量スライダ
2
3
4 6 8 0
5 7 9
1 機能タスクバー
2 位置スライダ
3 ランダム再生ボタン
4 連続再生ボタン
5 停止ボタン
6 前へボタン
7 再生ボタン
8 次へボタン
9 ミュートボタン
0 音量スライダ
Windows Media Player を使う
CD から音楽をコピーする
Windows Media Player 12
1 CD を CD-ROM ドライブに
挿 入 し、Windows Media
Player を起動する
2 3
2 機能タスクバーから[CDの
取り込み]メニューをクリッ
クする
• インターネットに接続できる場
合、CD の情報検索します。
3 コピーしたい音楽ファイルに
チェックをつける
5
• パソコンにコピーされたファイル
は WMA 形式で保存されます。コ
ピーされた音楽ファイルはアー
ティスト、アルバム、ジャンルな
どに分類されてプレイリストに追
加されます。
を使う
Windows Media Player
4
4 [取り込みの開始]をクリック
する
JP
161
Windows Media Player を使う
Windows Media Player 11
1 CD を CD-ROM ドライブに
挿 入 し、Windows Media
Player を起動する
23
2 機能タスクバーから[取り込
み]メニューをクリックする
• インターネットに接続できる場
合、CD の情報検索します。
3 コピーしたい音楽ファイルに
チェックをつける
5
を使う
Windows Media Player
JP
162
4 [取り込みの開始]をクリック
する
• パソコンにコピーされたファイル
は WMA 形式で保存されます。コ
ピーされた音楽ファイルはアー
ティスト、アルバム、ジャンルな
どに分類されてプレイリストに追
加されます。
4
Windows Media Player を使う
音楽ファイルを本機に転送する
パソコンに保存した音楽ファイルを本機に転送できます。CD からパソコンに音楽ファイル
をコピーする方法は[CD から音楽をコピーする]をご覧ください(☞ P.161)。
Windows Media Player 12
1 本 機 を パ ソ コ ン に 接 続 し、
Windows Media Player を
起動する
2
2 メニューの[整理] から[オ
プション]を選択し、ダイア
ログの[デバイス]タブをク
リックする
3 デバイスの中から[DM _4]
を選択し、[プロパティ]をク
リックする
*1 フォルダが自動作成されないこと
があるので、[デバイスにフォル
ダ階層を作成する]に初期状態で
チェックが入っている場合、いっ
たんチェックを外してから再度
チェックを入れ直してください。
*2 本機への同期転送後、WMPInfo.
xml という名前のファイルが作成
されますが、このファイルを消去
すると、再度 *1 の設定が必要に
なる場合があります。
3
を使う
Windows Media Player
• [デバイスにフォルダ階層を作成
する]にチェックを入れます。
チェックを外して同期にすると
[ ホーム ] フォルダ直下に転送さ
れ、ファイルが見えなくなります。
* 1 *2
• アーティスト名やアルバム名の
フォルダが自動的に作成されます
ので、聴きたいファイルなどの検
索がしやすくなり、便利です。
5
JP
163
Windows Media Player を使う
4 左側の[ライブラリ]からお
好 み の カ テ ゴ リ ー を 選 択 し、
本機に転送したい曲、または
アルバムを選択したら、右側
の[同期リスト]にドラッグ
&ドロップする
5 [同期の開始]をクリックする
• ファイルが本機に転送されます。
5 4
ご注意
• 詳細は各 Windows Media Player のオンラインヘルプをご覧ください。
5
を使う
Windows Media Player
JP
164
Windows Media Player 11
1 本 機 を パ ソ コ ン に 接 続 し、
Windows Media Player を
起動する
2 機能タスクバーから[同期]
メニューをクリックする
3 再度[同期]メニューをクリッ
クし、
[DVR]{[詳細オプショ
ン]{[同期の設定]と選択
した後、以下の設定を行う
• [デバイスにフォルダ階層を作成
する]にチェックを入れます。
チェックを外して同期にすると
[ ホーム ] フォルダ直下に転送さ
れ、ファイルが見えなくなります。
* 1 *2
2, 3
Windows Media Player を使う
• アーティスト名やアルバム名の
フォルダが自動的に作成されます
ので、聴きたいファイルなどの検
索がしやすくなり、便利です。
*1 フォルダが自動作成されないこと
があるので、[デバイスにフォル
ダ階層を作成する]に初期状態で
チェックが入っている場合、いっ
たんチェックを外してから再度
チェックを入れ直してください。
*2 本機への同期転送後、WMPInfo.
xml という名前のファイルが作成
されますが、このファイルを消去
すると、再度 *1 の設定が必要に
なる場合があります。
3
5
5 [同期の開始]をクリックする
• ファイルが本機に転送されます。
4 5
を使う
Windows Media Player
4 左側の[ライブラリ]からお
好 み の カ テ ゴ リ ー を 選 択 し、
本機に転送したい曲、または
アルバムを選択したら、右側
の[同期リスト]にドラッグ
&ドロップする
ご注意
• 詳細は各 Windows Media Player のオンラインヘルプをご覧ください。
• Windows Media Player 9 または 10 を使っての転送方法は、弊社 Web サイトでご確
認ください。http://olympus-imaging.jp/
• 音楽ファイルをメモリ容量いっぱいまで転送すると、本機のディスプレイに[管理ファ
イルが作成できません PC に接続して不要なファイルを消去して下さい]と表示さ
れる場合があります。この場合、ファイルを消去して管理ファイルの空き容量(数百
KB ~数十 MB)を確保してください(管理ファイルの容量は音楽ファイルの数が増
えるほど、多く必要になります)。
JP
165
Windows Media Player を使う
パソコンからファイルを CD にコピーする
本機で録音した音声ファイルなどをパソコンに転送し、CD にコピーできます。本機から
パソコンに音声ファイルをコピーする方法は[録音した音声をパソコンに取り込む]をご
覧ください(☞ P.144)。
Windows Media Player 12
2
1 空の CD-R/RW を CD-R/
RW ドライブに挿入し、
Windows Media Player を
起動する
2 機能タスクバーから[書き込
み]タブをクリックする
5
を使う
Windows Media Player
3 左側の[ライブラリ]からお
好みのカテゴリーを選択し、
CD-R/RW に コ ピ ー し た い
曲、またはアルバムを選択し
たら、右側の[書き込みリスト]
にドラッグ&ドロップする
4 [書き込み]タブをクリックし、
[データ CD または DVD]か
[オーディオ CD]を選ぶ
[ オ ー デ ィ オ CD] を 選 ん だ 場 合:
CD-R 再生に対応したオーディオ
機器等でご使用になれるように、
ファイルを音楽 CD に変換してコ
ピーします。
[データ CD または DVD]
を選んだ場合:
録音したときのファイル形式でコ
ピーします。
JP
166
5 [書き込みの開始]をクリック
する
5
4
3
Windows Media Player を使う
Windows Media Player 11
1 空の CD-R/RW を CD-R/
RW ドライブに挿入し、
Windows Media Player を
起動する
2, 4
2 機能タスクバーから[書き込
み]メニューをクリックする
3 左側の[ライブラリ]からお
好みのカテゴリーを選択し、
CD-R/RW に コ ピ ー し た い
曲、またはアルバムを選択し
たら、右側の[書き込みリスト]
にドラッグ&ドロップする
3 5
[オーディオ CD]を選んだ場合:
CD-R 再生に対応したオーディオ
機器等でご使用になれるように、
ファイルを音楽 CD に変換してコ
ピーします。
[データ CD]を選んだ場合:
録音したときのファイル形式でコ
ピーします。
5 [書き込みの開始]をクリック
する
5
を使う
Windows Media Player
4 再 度[ 書 き 込 み ] メ ニ ュ ー
を ク リ ッ ク し、[ オ ー デ ィ オ
CD]か[データ CD]を選ぶ
ご注意
• 詳細は各 Windows Media Player のオンラインヘルプをご覧ください。
JP
167
Windows Media Player を使う
再生リストを作成する
Windows Media Player を使って再生リストを作成し、本機の [ ミュージック ] フォル
ダに転送すれば、お好みの順番で曲が再生できます。
Windows Media Player 12
1 本 機 を パ ソ コ ン に 接 続 し、
Windows Media Player を
起動する
• プレイビューモードを開いてる場
合は画面右上にある[ライブラリ
に切り替え](
)をクリックし
ます。
5
を使う
Windows Media Player
JP
168
1
2
2 [ 再生 ] タブをクリックして
リストウィンドウを開く
• 再生リストを作成する前にリスト
ウィンドウの内容を消去する必要
がある場合は、[
] から[リス
トの消去]をクリックしてくださ
い。
3 画面左側の詳細ウィンドウの
音楽のタイトルから、再生リ
ストに追加するタイトルをク
リックし、画面右側のリスト
ウインドウにドラッグする
3
Windows Media Player を使う
4 リストウィンドウでタイトル
を上下させて再生順に並び変
える
4
5 リストウィンドウ上部の[リ
)ボタ
ストオプション](
ンをクリックして、表示され
たメニューから[リストに名
前をつけて保存]を選ぶ
7 [同期]タブをクリックし、保
存した再生リストを画面右側
の同期リストウィンドウにド
ラッグする
8 [同期の開始]をクリックする
5
6
8 7
を使う
Windows Media Player
6 [名前をつけて保存]画面が表
示されたら、ファイル名を設
定し、[ 保存する場所 ] に本機
の [MUSIC] フォルダを選び、
[ 保存 ] をクリックする
5
JP
169
Windows Media Player を使う
Windows Media Player 11
1 本 機 を パ ソ コ ン に 接 続 し、
Windows Media Player を
起動する
2
2 ライブラリ画面が表示された
状態で [ ライブラリ ] { [ 再
生リストの作成 ] の順にク
リックする
5
を使う
Windows Media Player
JP
170
3 ライブラリ画面に表示された
音楽のタイトルから、再生リ
ストに追加するタイトルをク
リックし、画面右側のリスト
ウインドウにドラッグする
3
4 [ 無題の再生リスト ] をクリッ
クし、表示されたメニューか
ら [ 再生リストに名前を付け
て保存 ] をクリックする
4
Windows Media Player を使う
5 [名前をつけて保存]画面が表
示されたら、ファイル名を設
定し、[ 保存する場所 ] に本機
の [MUSIC] フォルダを選び、
[ 保存 ] をクリックする
5
6
6 [同期]タブをクリックし、保
存した再生リストを画面右側
の同期リストウィンドウにド
ラッグする
5
7
を使う
Windows Media Player
7 [同期の開始]をクリックする
ご注意
• 同じ再生リストに本機の内蔵メモリの楽曲と外部メモリの楽曲を混在できません。
• PC 内の音楽ファイル構成が、
P.176 の図のような配置(リッピング時のデフォルト構成)
でない場合は、再生リストは正しく再生できない場合があります。
JP
171
iTunes について
iTunes を使う
iTunes を使って、語学 CD やインターネットからパソコンに取り込んだ語学コンテンツや
音楽ファイルを、本機に転送して再生できます。
iTunes を使って、音楽CDから音楽ファイルを変換(リッピング)できます(☞ P.173)。
ウィンドウのなまえ
1
2
3
6
を使う
iTunes
4 5 6 7
1 機能タスクバー
2 巻き戻しボタン/再生・一時停止ボタ
ン/早送りボタン
3 音量スライダ
4 プレイリスト追加ボタン
5 ランダム再生ボタン
JP
172
8
9 0
6 連続再生ボタン
7 表示切替ボタン
8 ディスク作成ボタン
9 Genius ボタン
0 Genius サイドバーボタン
iTunes を使う
CD から音楽をコピーする
1 CD を CD-ROM ドライブに
挿入し、iTunes を起動する
3
2
4
2 [iTunes]{[環境設定]を
クリックする
3 [一般]タグをクリックする
4 [読み込み設定]をクリックし、
パソコンにコピーするときの
ファイル形式やビットレート
を設定したら[OK]をクリッ
クする
• 本機は MP3 形式、WAV 形式のファ
イルに対応しています(☞ P.47)。
[読み込み方法]
:CD の曲を読み込
むときのファイル形式を設定しま
す。
[MP3]または [WAV]を選
んでください。
[設定]
:CD の曲を読み込むときの
ビットレートを設定します。ビッ
トレートは[128]
[
、160]
[
、192]
から選べます。
6
を使う
iTunes
5 コピーしたい音楽ファイルに
チェックをつける
6 [読み込み]をクリックする
5
6
JP
173
iTunes を使う
音楽ファイルを本機に転送する
パソコンに保存した音楽ファイルを本機に転送できます。CD からパソコンに音楽ファイル
をコピーする方法は[CD から音楽をコピーする]をご覧ください(☞ P.173)。
1 本 機 を パ ソ コ ン に 接 続 し、
iTunes を起動する
2 本機に転送するプレイリスト
を選択し、本機に転送したい
音楽ファイルにチェックをつ
ける
• 表示されるプレイリストの音楽
ファイルをドラッグ&ドロップす
ると曲順を変更できます。
6
3 本機に対応するドライブをダ
ブルクリックし、[ミュージッ
ク]フォルダを開く
を使う
iTunes
• Mac OS に本機を接続すると、デ
スクトップ上に製品名のドライブ
名で認識されます。
• 音楽ファイルを転送する場合、本
機の[ミュージック]フォルダに
コピーをしてください。
2
4 本機に転送したいファイルを選
択し、[ミュージック]フォル
ダにドラッグ&ドロップする
この部分にファイルを
ドラッグ&ドロップする
JP
174
ご注意
• iTunes Store などの音楽配信サービスで購入した AAC 形式の音楽ファイルは本機では
再生できません。
iTunes を使う
ファイルを CD にコピーする
本機で録音した音声ファイルなどをパソコンに転送し、CD にコピーできます。本機からパ
ソコンに音声ファイルをコピーする方法は[録音した音声をパソコンに取り込む]をご覧く
ださい(☞ P.144)。
1 空の CD-R/RW を CD-R/
RW ドライブに挿入し、
iTunes を起動する
2 CD-R/RW にコピーするプレ
イリストを選択し、転送した
い音楽ファイルにチェックを
つける
3 [ディスク作成]をクリックする
4 CD-R/RW にコピーするとき
のディスク形式を設定したら
[ ディスクを作成 ] をクリック
する
3
6
を使う
iTunes
2
[オーディオ CD]を選んだ場合:
CD-R 再生に対応したオーディオ機
器等でご使用になれるように、ファ
イルを音楽 CD に変換してコピーし
ます。
[MP3 CD]を選んだ場合:MP3 形
式でコピーします。
[データ CD]を選んだ場合:録音し
たときのファイル形式でコピーしま
す。
4
JP
175
その他の機能を使う
お好みの曲順で再生する
パソコンでプレイリストを作成し、ファイルに保存したものをプレイリストファイルと呼び、
本機の [ ミュージック ] フォルダに転送することで、お好みの順番で曲再生ができます。
• プレイリストとは、本機で複数の曲を再生するときに、再生順序を自由に決められる機能
です。
• 本機で対応しているプレイリストファイルは拡張子が .m3u です。
プレイリストを作成する
[ミュージック]フォルダ内に図のようなフォルダとファイルがある場合に、1 から 8 の
順番で再生するプレイリストを作成し、本機に転送し再生するまでの手順について説明し
ます。
ミュージック
第1階層
第2階層
アーティスト
01
ALBUM
01
BESTSONG-01.wma
BESTSONG-02.wma 1
BESTSONG-03.wma 2
ALBUM
02
HITSONG-01.mp3
HITSONG-02.mp3
HITSONG-03.mp3
5
8
ALBUM
03
LIVE-01.mp3
LIVE-02.mp3
LIVE-03.mp3
7
4
NEWSONG-01.wma
NEWSONG-02.wma
NEWSONG-03.wma
6
3
お好みの曲順で再生する
7
アーティスト
02
JP
176
フォルダ
ALBUM
04
第 3 階層
ファイル
お好みの曲順で再生する
Windows
1 [スタート]から[プログラム]
{[アクセサリ]{[メモ帳]
を選ぶ
• [メモ帳]が開きます。
2 [ミュージック]フォルダ内の
ファイル名を再生したい順番
に入力する
• プレイリストに記載するファイル
名は、「ドライブ名 (F:)\ フォルダ
名 \ ファイル名」を入力します。
• ファイル名を正しく入力するには
プレイリストに記載したいファイ
ル名のプロパティを表示し、ファ
イル名をコピーしたあと、プレイ
リスト作成中のメモ帳にペースト
することで、簡単に作成できます。
• 文字数が多すぎると再生できない
ことがあります。目安として1行
あたり 256 文字以内で入力して
ください。
3 [ファイル]から[名前をつ
けて保存]を選択して、ファ
イル名を「○○○(ファイル
名).m3u」として保存する
ファイル名
フォルダ階層があ
る場合は「\」で区
切って入力する
7
お好みの曲順で再生する
1 つのプレイリストにつき、最大
999 曲分登録できます。
ドライブ名 (F:)
JP
177
お好みの曲順で再生する
4 保存したプレイリストファイ
ルを本機の[ミュージック]
フォルダ内にドラッグ&ド
ロップして転送する
• プレイリストファイルは、
[ミュー
ジック]フォルダの直下(第1階
層)に転送してください。ファイ
ルの転送については「音楽ファイ
ルを本機に転送する」(☞ P.163)
をご覧ください。
• 転送したプレイリストの再生につ
いては「ファイル検索」
(☞ P.52)
をご覧ください。
ご注意
・ プレイリストで再生順序が指定できるの
は[ミュージック]フォルダ(音楽再生用)
内のファイルに限られます。
お好みの曲順で再生する
7
JP
178
オーディオブックについて
Windows
Macintosh
オーディオブックとは、耳で聴く本のことです。書籍を音声化したファイルで、本機な
どのプレイヤーでいつでもどこでも手軽に“聴く読書”が楽しめます。「電車の移動中な
どの時間で本を聴く」、「家事をしながら本を聴く」
、「ジョギングしながら本を聴く」と
いう形で、色々なライフスタイルにオーディオブックを活用できます。
•[アクセシビリティ]の設定が
[On]に設定されているときは、この機能は使用できません。
この機能を使用するには
[アクセシビリティ]の設定を
[Off]に設定してください
(☞ P.93)
。
コンテンツを本機へ転送する
2 転送したいコンテンツを選び、
エクスプローラまたは、Finder
で、[AUDIOBOOK] フォルダ
へドラッグ&ドロップする
• ファイルが本機に転送されます。
3 USB ケーブルを抜き、本機メ
ニューの [ ブック ] から [ オー
ディオブック ] を選ぶ
• 転送したファイルの一覧が表示さ
れます。
ファイルをドラッグ
&ドロップする
7
オーディオブックについて
1 本機をパソコンに接続する
(☞ P.133)
ご注意
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。
データが破損する可能性があります。
JP
• オーディオブックについては Microsoft Corporation の DRM には未対応です。
• 本機で再生できるファイル形式は、MP3 形式または WMA 形式のファイルのみです。
179
テキストスピーチについて
Windows
Macintosh
本機にテキストファイルを転送し、再生するとテキストファイルを読み上げられます。
さまざまなシーンで作成したテキスト文章を本機で読み上げられるので、音声による内
容の確認や復習などにお使いいただけます。
テキストファイルを本機へ転送する
1 本機をパソコンに接続する
(☞ P.133)
2 転送したいコンテンツを選
び、 エ ク ス プ ロ ー ラ ま た は、
Finder で、[TEXT] フォル
ダへドラッグ&ドロップする
ファイルをドラッグ
&ドロップする
• ファイルが本機に転送されます。
3 USB ケーブルを抜き、本機メ
ニューの [ ブック ] から [ テ
キストスピーチ ] を選ぶ
テキストスピーチについて
7
JP
180
• 転送したファイルの一覧が表示さ
れます。
ご注意
• LED 表示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続ケーブルを抜かないでください。
データが破損する可能性があります。
• 本機で再生できるファイル形式は、文字データだけで構成されたテキストファイル
(.txt)のみです。
• 人名・地名・団体名などの固有名詞、および記号・略語・英語等は、文字を正しく読
み上げない場合があります。
USB マイク/スピーカとして使う
本機を USB マイクや USB スピーカとしてパソコンに接続することができます。
ご注意
• USB マイクとして使用する場合は本機の録音モードに関係なく、USB ステレオマイク
となります。本機に外部マイクを接続する場合は、ステレオマイクをご利用ください。
パソコンの外部メモリとして使う
IC レコーダー、ミュージックプレーヤーとしての使いかたのほかに、本機はパソコンの外部
メモリとして、パソコンからのデータ保存や読み出しにもご使用いただけます。
本機とパソコンを接続すれば、本機のデータをパソコンへ転送したり、パソコンに保存され
たデータを本機に保存できます。
Windows
Macintosh
1 本機をパソコンに接続する
(☞ P.133)
1 本機をパソコンに接続する
(☞ P.133)
2 エクスプローラを起動する
3 製品名のフォルダをクリック
する
4 データをコピーする
5 本機をパソコンから取り外す
(☞ P.134)
2 デスクトップの製品名のアイ
コンをダブルクリックする
3 データをコピーする
4 本機をパソコンから取り外す
(☞ P.134)
ご注意
• データ通信中は[データ転送中]と表示され、LED 表示ランプが点滅します。LED 表
示ランプが点滅中は、絶対に USB 接続を取り外さないでください。データが破損す
るおそれがあります。
7
USBマイク/スピーカとして使う/
パソコンの外部メモリとして使う
• [ マ イ コ ン ピ ュ ー タ ] を 開 く と、
製品名のドライブ名で認識されま
す。
• Mac OS に本機を接続すると、デ
スクトップ上に製品名のドライブ
名で認識されます。
JP
181
資料
警告表示一覧
表示
詳細
解決方法
充電してください(☞ P.24 ~ P.25)。
充電してもすぐに電池がなくなる場
合は電池の寿命です。新品の電池に
交換してください(☞ P.23)。
電池残量がありません
(Battery Low)
電池残量がない。
ファイルロック中!
消去できません
(File Protected)
ファイルロックがかかっているファ ファイルロックを解除してください
イルを消去しようとした。
(☞ P.94)。
レコーダーフォルダで録音
してください
(Please select
recorder mode)
[ミュージック]
[ポッドキャスト]
[フォルダ A]~[フォルダ E]フォ
[ブック]
(DAISY、オーディオブッ
ルダを選びなおして録音してくだ
ク、テキストスピーチ)フォルダで
さい(☞ P.33)。
録音しようとした。
これ以上記録できません
ファイル内でインデックスマークを 必要のないインデックスマークを
(インデックスマークをつけるとき)
最大数(16)まで使っている。
消去してください(☞ P.50)。
(Index Full)
フォルダ内のファイル件数が最大
数(999)になっている。
必要のないファイルを消去してくだ
さい(☞ P.59)。
内蔵メモリに異常がある。
当社カスタマーサポートセンター
にご連絡ください(☞ P.196)。
microSD カードに
異常があります
(Card Error)
microSD カードが正しく認識さ
れていない。
もう 1 度 microSD カードの抜き
差しを行ってください(☞ P.31 ~
P.32)。
不正コピーされたファイルです
(Licence Mismatch)
不正にコピーされた音楽ファイル
です。
ファイル件数がいっぱいです
(Folder Full)
メモリに異常があります
(Memory Error)
警告表示一覧
8
JP
182
メモリがいっぱいです
(Memory Full)
メモリ残量がない。
ファイルがありません
(No File)
フォルダ内にファイルがない。
初期化に失敗しました
(Format Error)
初期化に問題があった。
管理ファイルが作成できません
PC に接続して不要なファイ
ルを消去して下さい
メモリ残量がないため、管理用の
(Can’t make the system ファイルが作成できない。
file.Connect to PC and
delete unnecessary file)
このファイルは再生できません
未対応フォーマットです。
(Cannot play this file)
ファイルを消去してください
(☞ P.59)。
必要のないファイルを消去してくだ
さい(☞ P.59)。
フォルダを選びなおしてください
(☞ P.52 ~ P.58)。
メモリをもう一度初期化しなおし
てください(☞ P.103)。
パソコンに接続して、不要なファ
イルを消去してください。
本機で再生可能なファイルを確認
ください(☞ P.47)。
警告表示一覧/故障かな?と思ったら
表示
詳細
ファイルを選んでください
ファイルが選択されていない。
(Please Select The File)
移動(コピー)できない
フォルダです
(Same folder. Can't be
moved(copied).)
移動(コピー)できない
ファイルがあります
(Same files. Can't be
moved(copied).)
解決方法
ファイルを選んでから操作してくだ
さい(☞ P.52 ~ P.58)。
同じフォルダに移動(コピー)しよ
別のフォルダを選んでください。
うとしている。
移動(コピー)先に同一ファイル名
がある場合や、DRM 付のファイ
ルの場合。
分割できないファイルです
本機で録音した PCM ファイル以
(This file can't be divided.) 外を分割しようとした場合。
ファイルを選びなおしてください。
ファイルを選びなおしてください。
故障かな?と思ったら
症状
ディスプレイに何も表示され
ない
対処方法
電池が正しく入っていない。
電池の向きを確かめてください
(☞ P.23)。
電池残量がない。
充電してください
(☞ P.24 ~ P.25)。
電源が切れている。
電源を入れてください(☞ P.27)。
電池残量がない。
新しい電池に交換するか、充電し
てください(☞ P.23 ~ P.26)。
電源が切れている。
電源を入れてください(☞ P.27)。
ホールドがかかっている。
メモリ残量がない。
ホールドを解除してください
(☞ P.28)。
8
警告表示一覧/
故障かな?と思ったら
操作できない
考えられる原因
必要のないファイルを消去してくだ
さい(☞ P.59)。
録音できない
ファイル件数が最大記録件数に 別のフォルダに切り替えてください
なっている。
(☞ P.33)。
JP
183
故障かな?と思ったら
症状
考えられる原因
イヤホンが接続されている。
対処方法
内蔵スピーカでの再生時はイヤホ
ンを取り外してください。
再生音が聞こえない
音量が[00]になっている。
録音のレベルが小さい
音声ファイルがステレオ録音
されてない
故障かな?と思ったら
8
JP
184
音声ファイルがない
録音レベルを調整していない。
録音レベルを調整してもう一度録
音してください(☞ P.70)。
マイク感度が低い。
マイク感度を[高]または[中]
にして、もう一度録音してみてく
ださい(☞ P.69)。
接続した外部機器の出力レベルが
低い。
録音レベルを調整してもきれいに
録音できない場合、外部機器の出
力レベルを調整してください。
接続した外部マイクがモノラルで
ある。
外部モノラルマイクを接続して録
音すると、L チャンネルのみに音
声が録音されます。
[録音モード]がモノラル録音形
式である。
[録音モード]をステレオ形式か
ら選んでください(☞ P.69)。
録音したフォルダではない。
録音時に本機をこすったりした。
再生時に雑音がする
フォルダを切り替えてください
(☞ P.33)。
---------
録音時、再生時に本機を携帯電話 操作時に本機の位置を変えてくだ
や蛍光灯近くに置いている。
さい。
ファイルロックがかかっている。
ファイルが消去できない
フォルダが消去できない
ボリュームを調節してください
(☞ P.45)。
ファイルロックを解除してください
(☞ P.94)。
読み取り専用ファイルである。
ファイルロックを解除するか、パソ
コンで読み取り専用の設定を解除
してください。
フォルダ内に本機で認識できない
ファイルがある。
パソコンに接続してファイルを消
去してください。
故障かな?と思ったら
症状
考えられる原因
対処方法
アンプ内蔵スピーカなどを接続して
いる場合、録音中にハウリングを
おこすおそれがあります。録音モニ
ターはイヤホンをご使用になること
録音モニターでノイズが聞こえ
ハウリングをおこしている。
をおすすめします。
る
イヤホンとマイクの距離を離す、マ
イクをイヤホンの方へ向けないなど
調整をしてください。
マーク件数が最大(16 件)になっ 必要のないマークは消去してくださ
ている。
い(☞ P.50)。
インデックスマークがつけられ ファイルロックがかかっている。
ない
読み取り専用ファイルである。
充電ができない
指定の電池以外の電池が入ってい
る。
ファイルロックを解除してください
(☞ P.94)。
ファイルロックを解除するか、パ
ソコンで読み取り専用の設定を解
除してください。
付属の電池を入れてください。
故障かな?と思ったら
8
JP
185
アクセサリー(別売)
OLYMPUS 製 IC レコーダー専用のアクセサリーは、弊社 Web サイトの「オンライン
ショップ」で直接ご購入いただけます。http://shop.olympus-imaging.jp/index.html
USB 接続 AC アダプタ:A514
USB 接続型 DC5V の AC アダプタ
です(AC100-240V 50/60Hz)。
2 チャンネルマイクロホン(全指向性)
:
ME30W
モノラルマイクロホン ME30 2本と
小型三脚、接続アダプタのセットで
す。プラグインパワー対応の高感度
全指向性マイクで、楽器演奏の録音
に適しています。
コンパクトガンマイクロホン(単一
指向性):ME31
野鳥の声の野外録音などに役立つ指
向性ガンマイク。金属切削ボディの
採用により、高い本体剛性を実現し
ました。
モノラルマイクロホン(単一指向性)
:
ME52W
アクセサリー(別売)
8
JP
186
周囲の雑音の影響を軽減して、離れ
た場所の音を録音したい場合に使用
します。
モノラルタイピンマイク(全指向性)
:
ME15
タイピン型ホルダー付きの目立たな
い小型マイクです。
モノラルテレホンピックアップ:TP7
イヤホン型マイクを耳に入れてその
まま通話。電話の声や会話を明瞭に
録音できます。
コネクティングコード:KA333
両端がステレオミニプラグ(φ 3.5)
の抵抗入り接続コードです。イヤホ
ン出力をライン入力に接続して録音
する場合に使用します。モノラルミ
ニプラグ(φ 3.5)、またはモノラル
ミニミニプラグ(φ 2.5)への変換
プ ラ グ ア ダ プ タ(PA331/PA231)
も同梱しています。
リチウムイオン電池:LI-50B
オリンパス製充電式リチウムイオン
電池です。充電器 LI-50C をあわせ
てお使いいただくと便利です。
用語の説明
用語
意味
Exif 形式
Exchangeable image file format 規格の略で、デジタルカメラ用の
画像ファイル形式です。JEIDA( 日本電子工業振興協会 ) によって標準
化され、デジタルカメラに採用されています。画像データは JPEG 形式
や TIFF 形式で保存され、撮影日時などの付加情報を記録できます。
また、画像データをサムネイルで記録できます。
インデックスマーク
音声ファイル中のどこにでもつけられる頭出し信号のことです。
音楽ファイル
C D やインターネット上から取り込んだ W M A(W i n d o w s M e d i a
Audio)、MP3(MPEG-1/MPEG-2 Audio Layer3)形式のファイ
ルのことを音楽ファイルと呼びます。
音声ファイル
本機で録音した用件のことを音声ファイルと呼びます。
サンプリングレート
1秒間あたりに処理できるデータの記録回数のことです。記録回数が多
いほど周波数が高くなり、一般的には音質が良くなります。音楽用 CD
では 44.1kHz で処理されています。
ファイルロック
誤消去を防止するための機能で、各ファイルごとに設定可能です。
本機が録音、再生などの動作をしていない状態を指します。
DCF 規格
Design rule for Camera File system 規格の略で、JEIDA( 日本電子
工業振興協会 ) で標準化されたカメラファイルシステム規格です。デジタ
ルカメラ用画像フォーマットです。DCF は、サムネイルなどの画像情報
を含んでおり、また異機種間での互換性を保証しているため、メーカー
や機種が異なっていても画像の交換が可能になります。
DCIM
Digital Camera IMages の略で、デジタルカメラなどのメモリーカー
ドに格納されている写真画像が保存されている第一階層にあるファル
ダに付けられたフォルダ名です。
ビットレート
1 秒間あたりに処理されるデータ量のことです。圧縮率を示すこの数値
が高いほど音質は良くなりますが、ファイルの容量が大きくなります。
フォーマット
初期化とも言います。
(本製品では、メモリ内部の情報を全てクリアし
ますが、メニューの設定情報はクリアしません。)
フォルダ
ファイルを分類して録音するための保管場所(入れ物)です。
ボイストレック
オリンパス製 IC レコーダーの総称です。
メモリ
内蔵メモリや microSD カードのことを指します。
録音モード
録音の用途に合わせて選択可能な録音方式のことです。
VCVA
設定より大きな音を感知すると自動的に録音を開始し、音が小さくなる
と停止する音声起動録音の略称です。
BEEP(ビープ)音
ボタンを操作したときの確認音や警告音のことです。
USB 接続
本機とパソコンを接続するための方法です。接続にはパソコン側に
USB 端子が必要です。
8
用語の説明
停止状態
JP
187
主な仕様
一般事項
4記録媒体:
内蔵型メモリ
DM-4: 8GB
microSD カード
512MB ~ 16GB に対応
4記録形式:
リニア PCM(Pulse Code Modulation)形式
WMA(Windows Media Audio)形式
MP3(MPEG-1 Audio Layer3)形式
4規定入力レベル(マイク感度[中]
):
- 60 dBv
4ヘッドホン最大出力:
3 mW + 3 mW(22 Ω負荷時)
4スピーカ:
φ 23 mm 丸型ダイナミックスピーカ内蔵
主な仕様
8
4マイクジャック:
φ 3.5 mm インピーダンス 2.2 kΩ
4イヤホンジャック:
φ 3.5 mm インピーダンス 8 Ω以上
4スピーカ実用最大出力:
280 mW(スピーカ 8 Ω)
4電源:
電
池:オリンパス製リチウムイオン
電池(LI-50B)
外部電源:AC アダプタ(A515)
(DC 5V)
4外形寸法:
113.6 mm × 45.6 mm ×15.2 mm
(最大突起部含まず)
4質量:
98 g(リチウムイオン電池含む)
4使用温度:
0 ~ 42℃
JP
188
4同梱品:
本体/リチウムイオン電池/ AC アダプタ
/ AC プラグ/ CD-ROM /ステレオイヤ
ホン/ USB ケーブル/ USB 接続コネクタ
/キャリングケース/ストラップ/取扱説
明書(保証書付)
総合周波数特性
4 録音/再生時(マイクジャック録音時)
:
リニア PCM 形式
録音モード
周波数特性
48 kHz
40 Hz ~ 23 kHz
44.1 kHz
40 Hz ~ 21 kHz
MP3 形式
録音モード
周波数特性
320 kbps
40 Hz ~ 20 kHz
256 kbps
40 Hz ~ 20 kHz
192 kbps
40 Hz ~ 19 kHz
128 kbps
40 Hz ~ 17 kHz
WMA 形式
録音モード
周波数特性
ステレオ XQ
40 Hz ~ 19 kHz
ステレオ HQ
40 Hz ~ 16 kHz
ステレオ SP
40 Hz ~ 9 kHz
HQ
40 Hz ~ 13 kHz
SP
40 Hz ~ 8 kHz
LP
40 Hz ~ 3 kHz
4 内蔵ステレオマイク録音時:
70 Hz ~ 20 kHz
但し、MP3 形式または WMA 形式で録
音する場合、周波数特性の上限値は各
録音モード(上表)による。
主な仕様
録音時間のめやす
4 リニア PCM 形式
microSD カード
録音モード
内蔵メモリ
(8 GB)
1 GB
2 GB
4GB
48 kHz
約 11 時間 05 分
約 1 時間 15 分
約 2 時間 45 分
約 5 時間 30 分
44.1 kHz
約 12 時間 05 分
約 1 時間 20 分
約 3 時間
約 6 時間
録音モード
内蔵メモリ
(8 GB)
1 GB
2 GB
4GB
320 kbps
約 53 時間
約 6 時間 30 分
約 13 時間 30 分
約 27 時間
256 kbps
約 66 時間 30 分
約 8 時間
約 17 時間
約 34 時間
192 kbps
約 89 時間
約 11 時間
約 23 時間
約 45 時間
128 kbps
約 133 時間
約 16 時間 30 分
約 34 時間
約 68 時間
録音モード
内蔵メモリ
(8 GB)
1 GB
2 GB
4GB
ステレオ XQ
約 130 時間
約 16 時間
約 63 時間
約 66 時間
4 MP3 形式
microSD カード
4 WMA 形式
microSD カード
約 261 時間
約 32 時間
約 67 時間
約 133 時間
ステレオ SP
約 522 時間
約 65 時間
約 135 時間
約 266 時間
HQ
約 522 時間
約 65 時間
約 135 時間
約 266 時間
SP
約 1029 時間
約 128 時間
約 267 時間
約 524 時間
LP
約 2043 時間
約 255 時間
約 531 時間
約 1042 時間
8
主な仕様
ステレオ HQ
ご注意
• 上記の値はあくまでめやすです。
• 小刻みに録音を繰り返したときは、録音可能時間がこれより短くなる場合があります
(録音可能時間および録音時間表示はめやすとしてお使いください)。
• ご使用の microSD カードにより空き容量に差が出ることがあるため、録音可能時間
にも差が発生します。
• ビット数・ビットレートが低い場合、録音可能時間の差が大きくなるため、注意が必要です。
JP
189
主な仕様
1ファイルあたりの最長録音時間
4 リニア PCM 形式
4 WMA 形式
録音モード
録音時間
録音モード
録音時間
48 kHz
約 3 時間
ステレオ XQ
約 72 時間 50 分
44.1 kHz
約 3 時間 20 分
ステレオ HQ
約 145 時間 40 分
ステレオ SP
約 291 時間 30 分
HQ
約 291 時間 30 分
4 MP3 形式
録音モード
録音時間
320kbps
約 29 時間 40 分
256 kbps
約 37 時間 10 分
192 kbps
約 49 時間 40 分
128 kbps
約 74 時間 30 分
SP
約 574 時間
LP
約 1139 時間 20 分
ご注意
• 1 ファイルあたりの最大容量は、WMA 形式、MP3 形式は約 4GB に制限されています。
• リニア PCM 形式の 1 ファイルあたりの最大容量は、約 2GB に制限されています。
電池持続時間のめやす
主な仕様
8
4 リチウムイオン充電池 :
録音モード
内蔵ステレオマイク
録音時
内蔵スピーカ
再生時
イヤホン
再生時
48 kHz
約 13 時間
約 12 時間
約 20 時間
MP3 128kbps
約 25 時間
約 12 時間 30 分
約 20 時間
ステレオ XQ
約 24 時間
約 12 時間 30 分
約 21 時間
LP
約 29 時間
約 13 時間
約 22 時間
ご注意
• 上記の値はあくまでめやすです。
• 電池持続時間は当社試験法によるものです。使用条件により大きく変ります。
JP
190
索引
記号・数字
`OK ボタン ......................................16, 29, 45
+-ボタン ..........................................16, 29, 45
9 0 ボタン .............................16, 29, 46
アルファベット
A
AudioBook .....................................................179
D
DAISY .......................................................36, 154
DAISY 取り込み ......................................68, 93
DCF 規格 .............................................. 123, 187
DCIM ...................................................... 123, 187
E
EUPHONY ................................................66, 80
EXIF 形式 ............................................. 125, 187
F
Fn キー設定 ................................................67, 99
I
V
VCVA(音声起動録音)......................... 66, 72
W
WAV ........................................................................47
Windows Media Player ........................160
WMA ...................................................42, 47, 69
かな
あ
アクセサリー .....................................................186
アクセシビリティ.......................................67, 93
頭出し............................................................ 46, 49
アラーム再生 ...............................................67, 89
い
イヤホンジャック .................. 16, 42, 44, 47
イヤホンで聞く ......................................... 42, 47
インデックスマーク ...........................................50
お
Olympus Sonority ...................................135
オーディオブック ...................................37, 179
オートパワーオフ .................................. 67, 100
遅聞き再生 ............................................................82
音楽再生用フォルダ..........................................34
音楽ファイル .............................................. 34, 47
音声ガイド................................................... 67, 88
音声コマンド .....................................................128
音声コントロール ............................................127
音声認識機能.......................................... 14, 127
音声フィルタ............................................... 66, 81
音声録音用フォルダ ................................33, 39
P
か
PCM ..............................................................42, 69
カードカバー ...............................................16, 31
外部マイク ............................................................ 43
外部メモリ.......................................................... 181
画像 .......................................................................123
L
LED ................................................................67, 87
LED 表示ランプ ..............................16, 39, 87
M
MP3 .....................................................42, 47, 69
O
U
USB 接続 AC アダプタ ..................................25
8
索引
iTunes ................................................................172
USB 接続ケーブル............................................25
USB 設定 ..................................................67, 101
USB 端子 ........................................16, 25, 133
JP
191
索引
き
キーワード ..................................................68, 94
逆スキップ ............................................................ 84
け
警告表示 .............................................................182
言語選択 ...................................................... 67, 86
こ
コネクティングコード .........................44, 186
さ
再生 ..........................................................................45
再生シーン...................................................66, 85
再生スピード ..............................................66, 82
し
指向性マイク .............................................. 66, 71
システム情報 ............................................67, 105
システム待機 ........................................... 67, 100
消去 ..........................................................................59
初期化 .................................. 67, 68, 103, 122
新規登録 ....................................................68, 112
す
索引
8
スキップ ................................................................. 84
スキップ間隔 ..............................................66, 84
スキップモード .......................................68, 106
スケジュール...................................................... 110
ステレオHQモード ...........................................70
ステレオSPモード ...........................................70
ステレオ XQ モード ..........................................70
ストラップ取り付け部 ......................................16
せ
設定リセット ............................................67, 102
た
タイマー録音 .............................................. 66, 75
JP
192
て
停止ボタン .........................................16, 40, 45
ディスプレイ......................................................... 16
ディスプレイ表示 .......... 17, 19, 20, 21, 22
テキスト言語 ...........................................68, 108
テキストスピーチ .............................................180
電源 ..........................................................................23
電源ジャック .............................................. 16, 24
電源/ホールドスイッチ ............... 16, 27, 28
電子図書コンテンツ・テキストファイル再生
用フォルダ .............................................................36
電池 ..........................................................................23
電池カバー .................................................. 16, 23
電池残量表示..............................................19, 26
と
動作環境 .............................................................131
時計設定 ...................................................... 29, 67
な
内蔵ステレオマイク ................................. 16, 69
内蔵スピーカ ........................................................16
の
ノイズキャンセル......................................66, 80
は
パソコン ................................................. 130, 133
バックライト ............................................... 67, 86
早送り............................................................46, 48
早聞き再生 ............................................................82
早戻し............................................................46, 49
ひ
ビープ音.........................................................67, 87
ピクチャー ..........................................................123
ピクチャー再生用フォルダ .............................38
ふ
ファイル ..................................................................33
ファイル移動/コピー ............................68, 95
ファイル検索 ........................................................52
ファイル表示画面 ................. 35, 36, 37, 38
ファイル分割 ..............................................68, 97
ファイルリスト表示画面 ........................33, 34
ファイルロック ..........................................68, 94
フォルダ..................................................................33
フォルダ内消去 ...................................................59
索引
フォルダ名 ...................................................66, 78
フォルダリスト表示画面 .... 33, 36, 37, 38
ブック ....................................................17, 21, 22
ブックマーク ...........................................68, 106
部分リピート.........................................................51
プレイバックポジション ................................. 48
プロパティ ..................................................68, 98
ろ
ローカットフィルタ .................................. 66, 72
録音シーン .................................................. 66, 74
録音ボタン .................................................. 16, 39
録音モード ..................................................66, 69
録音レベル .................................................. 66, 70
へ
編集 ..............................................................68, 118
ほ
ボイスキーワード ............................................127
ボイスボタン ........................................... 16, 127
ボイスメモ .......................................................... 115
ホーム .............................................................17, 64
ホールドスイッチ ................................................28
ポッドキャスト ..................................................149
ま
マイク感度 .............................................................66
マイクジャック ................................. 16, 43, 44
め
メニュー設定....................................................... 64
メモリ情報.................................................67, 105
メモリ選択....................................................67, 99
文字コード ...............................................68, 107
8
索引
も
ゆ
ユーザー ID..............................................33, 135
ら
ランダム ........................................................66, 82
り
リピート ........................................................ 66, 81
JP
193
メモ
6. 本製品の故障に起因する付随的損害(録
音、再生に要した諸費用及び録音、再
1. この保証書は、取扱説明書、品質表示ラ
生により得べかりし利益の損失等)に
ベル等の注意書にしたがった正常なお取
ついては保証致しかねます。
扱いにより発生した故障に対して、お買
7.
保証期間内でも次のような場合には有料
い上げ日から満一年間、当社が無料修理
修理になります。
の責任を負うことを保証するものです。
イ . ご使用上の誤り及び当社サービ
2. 有効期間内に故障して無料修理を受けら
スステーション及び指定する修
れる場合は、商品と本書をご持参ご提示
理取扱い所以外で行われた修理・
の上、お買い上げの販売店又は別紙の当
改造・分解・掃除等による故障。
社サービスステーションに依頼してくだ
ロ . お買い上げ後の輸送、落下等に
さい。当社では本機の補修用修理部品は、
よる故障及び損傷。
製造打ち切り後 6 年間をめやすに保有し
ハ . 火災・異常電圧・地震・水害・落雷・
ており、期間中は原則として修理をお受
公害・その他、天災・地変による
けいたします。期間後でも修理可能の場
破損又は故障。
合もありますのでお問い合わせください。
ニ . 本書のご提示がない場合。
3. 販売店、または当社サービスステーショ
ホ . 本書にお買い上げ年月日、シリアル
ンにご持参いただくに際しての諸費用
No.、販売店名の記入のない場合、あ
は、お客様にご負担願います。製品を送
るいは字句を書き替えられた場合。
る場合は、必ず書留小包または宅配便を
ヘ . 電池等の消耗品による故障。
ご利用ください。また販売店と当社間の
8.
保証の対象は本体のみです。
運賃諸掛につきましては、輸送方法に
よって(問屋便以外を使用した場合)一
<保証書取扱い上の注意>
部ご負担いただく場合があります。
本書は日本国内においてのみ有効です。
4. ご転居、ご贈答品等でお買い上げ販売店に
依頼できない場合は、最寄りの当社サービ (THIS WARRANTY CARD IS VALID ONLY IN JAPAN)
販売店名およびお買い上げ年月日が記載されてい
スステーションにお問い合わせください。
ることを確認してください。記入もれがあった場合
5. この保証書は、本書に明示した期間、条
は直ちにお買い上げの販売店にお申し出ください。
件の元において無料修理をお約束するも
<保証責任者・保証履行者>
のです。したがって、この保証書は、オ
リンパスイメージング株式会社、及びそ
オリンパス イメージング株式会社
れ以外の事業者に対するお客様の法律上
〒 163-0914 東京都新宿区西新宿 2 の 3 の 1
の権利を制限するものではありません。
新宿モノリス
<保証規定>
保証書
本書は、本書記載内容で無料修理を行なうことをお約束するものです。お買い上げの日か
ら 1 年以内に故障した場合は本書をご提示の上お買い上げの販売店または当社サービスス
テーションに修理をご依頼ください。
DM-4
無
効
ᛏֿ̈́റˁʛʇɽʽȻɁ૚ፖǾÏÓߦख़Ɂ࿡มǾѦÁኄɁյሗষ‫ڨ‬ɥ
छᇋʥ˂ʪʤ˂ʂȺ૬ΖȪȹȝɝɑȬǿ
ɑȲǾɴʽʳɮʽεျՙ͇Ɂᝊጯɗɮʽʉ˂ʗʍʒȺɁȝ႑ȪᣅɒǾ
εျȾᩜȬɞȝ‫ץ‬ȗնɢȮаᴥεျʅʽʉ˂Ǿّюɿ˂ʝʃʃʐ˂
ʁʱʽȽȼᴦǾɵʃʉʨ˂ɿʧ˂ʒʅʽʉ˂Ɂ؆ഈஓˁ؆ഈ஽ᩖȾ
ȷȠɑȪȹɕछᇋʥ˂ʪʤ˂ʂȺఊ୿ষ‫ڨ‬ɥȝᅺɜȮȪȹȝɝɑȬǿ
ɴʴʽʛʃʥ˂ʪʤ˂ʂ http://www.olympus.co.jp/ Ȟɜ
Ȉȝ޵റɿʧ˂ʒȉɁʤ˂ʂɥȧՎྃȢȳȨȗǿ
ΠҟȺȝीȽɿ˂ʝʃʫʕʯ˂ɥȧႊ৙ȪȹȗɑȬǿ
ɴʽʳɮʽεျՙ͇Ɂȧಘю
ɴʽʳɮʽεျՙ͇ȺɂǾɮʽʉ˂ʗʍʒɥҟႊȪȹεျɁȝ႑Ȫᣅɒ
ɗεျɁ࿡มɥȧᆬᝓȗȲȳȤɑȬǿɑȲǾ˩ᜤȾȧಘюȪȹȝɝɑȬ
ʞʍɹɬʍʡɿ˂ʝʃᴥऀ՘εျᴦɕɴʽʳɮʽεျՙ͇Ȟɜȝ႑Ȫᣅ
ɒȗȲȳȤɑȬǿ
ʞʍɹɬʍʡɿ˂ʝʃᴥऀ՘εျᴦɁȧಘю
ɴʴʽʛʃ઩ްɁᤆᣞഈᐐȟǾಾӿ៾యɥધȶȹȝ޵റɁȧ઩ްɁஓ஽
Ⱦȧᒲ‫ޤ‬ɋȝͫȗȪǾ୒᪩ȪȲᛏֿɥȝᬶȞɝȪɑȬǿ
ȝ޵റᒲᡵȺɁಾӿɂ˪ᛵȺȬǿȰɁऻࣷᇋȾȹεျީ਽ऻǾȝ޵റɁ
ȧᒲ‫ޤ‬ɋᣌᣞȗȲȪɑȬǿ
᫖ᝈȺɁȝ႑ȪᣅɒɁ‫ک‬նᴷȈɴʴʽʛʃεျʞʍɹɬʍʡሻՠȉ
0120-971995
؆ഈ஽ᩖᴷࢲஓ ¸ᴷ°°ᵻ²±ᴷ°°ǽ
ǽǽǽǽǽ٠ˁஓˁᇞஓ ¹ᴷ°°ᵻ±·ᴷ°°ᴥ઩ް͡ഈஓɥ᪍Ȣᴦ
J1-BS0453-07 AP1209
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement