飛行機用
このたびは FASSTest-2.4GHz システム 14SG をお買い上げいただきまして誠にありがとうござ
います。ご使用の前に、この取扱説明書をお読みのうえ、正しく安全にお使いください。また、
お読みになられたあとも大切に保管してください。
* FASSTest:Futaba Advanced Spread Spectrum Technology extend system telemetry の略。
はじめに
この T14SG 送信機は、飛行機、グライダー、およびヘリコプターの各モデルタイプに対応し
ています。ご使用の機体に合わせて、モデルタイプを選択し、ウイングタイプ(飛行機/グライ
ダー)またはスワッシュタイプ(ヘリコプター)を選択することにより、専用ミキシングやチャ
ンネル配列が選択したタイプに最適化されます。
新規開発の双方向通信システム FASSTest 方式が採用され、受信機からの情報を送信機に表示
することができるようになりました。
また、S.BUS/S.BUS2 機能の装備により、多数のサーボやジャイロ、センサーなどの配線を簡
素にまとめる事ができます。
用途、輸出、改造等に関するご注意
1. 模型用以外に使用しないで下さい。
本説明書に記載されている製品は、用途が模型用に限定されております。
2. 輸出する際のご注意
イ)本製品を海外に輸出する場合、輸出する国の電波法で認可されていないと使用することは
できません。
ロ)模型以外の用途で使用する場合、輸出貿易管理令で規制される場合があり、輸出許可申請
等の法的手続きが必要となります。
3. 改造、調整、部品交換した場合のご注意
本製品の指定以外の改造、調整、部品交換などの手が加えられた場合、一切の責任を負いかね
ますのでご了承ください。
保証についてのご注意
本製品の保証につきましては、添付の保証書に記載の保証規定にしたがって保証いたします。
なお、本製品以外の機体、エンジン等につきましては保証の対象外となります。
■この製品には送信機用電源バッテリーが付属していますが、コネクターは接続されてい
ません。あとに記載してある手順でコネクターを接続し、付属の充電器で充電してからご
使用ください。
■本書の内容の一部または全部を無断で転載しないでください。
■本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります。
■本書の内容は万全を期して作成していますが、万一ご不明な点や誤り、記載もれなどお気づきの点がございま
したら弊社までご連絡ください。
■お客様が機器を使用された結果につきましては、責任を負いかねることがございますのでご了承ください。
■本取扱説明書に記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
飛行機用/ヘリ用/グライダー用
FASSTest-2.4G 14 チャンネル
14SG
取扱説明書
目次
安全にお使いいただくために ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●表示の意味 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●飛行時の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●電池および充電器の取り扱い上の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・
● SD カード取り扱い上の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●保管・廃棄時の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●その他の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7
7
7
8
10
11
11
お使いになる前に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 14SG の特長 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●セット内容 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●送信機 T14SG 各部の名称/取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・
12
12
13
14
アンテナの取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
モニター LED の表示 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
スイッチの配置およびタイプ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
デジタルトリムの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
ツマミの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
スライドレバーの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
エディットボタンの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
タッチセンサーの操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
スティックの各種調整方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
SD カード(市販品)の取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
コネクター/ジャックの取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23
送信機用電池 HT5F1800 の取り扱い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 24
●受信機 R7008SB の説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 26
●サーボについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28
● S.BUS について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 29
S.BUS の配線例 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 30
S.BUS 機器の設定方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31
● S.BUS2 について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 32
●テレメトリーシステム(双方向通信)について ・・・・・・・・・・・ 34
基本操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●電池の充電方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●送信機電源の ON/OFF 方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ユーザー名登録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ホーム画面操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●送受信機のリンク操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●距離テストの実行 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
35
35
36
36
37
39
40
受信機・サーボの搭載 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
●受信機・サーボの接続方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
●モデルタイプ別サーボ接続 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 42
4 <目次>
●受信機・サーボ搭載時の安全上の注意 ・・・・・・・・・・・・・・・ 45
●受信機アンテナの搭載方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46
モデルの基本設定手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48
●飛行機/グライダーの基本設定手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 48
●ヘリコプターの基本設定手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50
システムメニュー機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 54
トレーナー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55
ディスプレイ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 58
ユーザーネーム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 59
サウンド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 60
H/W 設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 61
スタートセレクト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 62
オートロック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 64
インフォメーション ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 65
S.BUS サーボ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 66
リンケージメニュー機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 69
サーボ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 70
モデルセレクト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71
モデルタイプ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 73
システム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 75
ファンクション ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 78
サブトリム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 80
サーボリバース ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81
フェールセーフ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 82
エンドポイント ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 83
サーボスピード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 84
スロットルカット ( 飛行機・ヘリ専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
アイドルダウン ( 飛行機専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 86
スワッシュリング ( ヘリ専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87
スワッシュ設定 ( ヘリ専用、H-1 モードを除く ) ・・・・・・・・・・・・・・・ 88
トリム設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
警告(ローバッテリーアラーム、ワーニング表示の常時解除)・・・・・・・・・ 92
テレメトリー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 93
センサー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 103
データリセット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 106
モデルメニュー機能(共通) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 107
(共通機能)
サーボ(リンケージ・メニュー参照)
コンディション選択 ( ヘリ・グライダー専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・ 108
デュアルレート機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 110
プログラムミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 112
フューエルミックス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 114
<目次>
5
モデルメニュー機能(飛行機、グライダー) ・・・・・・・・・・・・・・ 116
(飛行機/グライダー用機能)
ピッチカーブ ( 飛行機専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 118
スロットルカーブ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 119
スロットルディレイ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 120
エルロンディファレンシャル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 121
フラップ設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 122
エルロン→キャンバーフラップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 123
エルロン→ブレーキフラップ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 124
エルロン→ラダー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 125
ラダー→エルロン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 126
キャンバミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 127
エレベータ→キャンバ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 129
キャンバフラップ→エレベーター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 130
バタフライ ( グライダー専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 131
トリムミックス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 133
エアブレーキ(飛行機専用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 135
ジャイロ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 137
V テール ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 139
エルベーター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 140
ウイングレット ( 無尾翼機専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 141
モーター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 142
ラダー→エレベーター ( 飛行機専用 ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 144
スナップ・ロール(飛行機専用)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 145
モデルメニュー機能(ヘリコプター) ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 147
(ヘリ用機能)
ピッチカーブ/ピッチトリム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 149
スロットルカーブ/ホバリングスロットル/スロットルリミッター ・・・・・ 152
スロットルホールド ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 155
スワッシュミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 156
スロットルミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 157
ピッチ→ラダーミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 158
ジャイロミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 159
ガバナーミキシング ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 161
6 <目次>
参考 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●オプション・パーツ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●修理を依頼されるときは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
163
163
164
165
資料 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●タイマー機能(ST1/ST2)の使用方法 ・・・・・・・・・・・・・・・
●スイッチ選択方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●電源 ON 時のワーニング表示/エラー表示について ・・・・・・・・
166
166
168
170
安全にお使いいただくために
いつも安全に製品をお使いいただくために、以下の点にご注意ください。
表示の意味
本書の中で次の表示がある部分は、安全上で特に注意する必要のある内容を示しています。
表示
意味
危険 この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者または他の人が死亡または重傷を負う危険が差
し迫って生じることが想定される場合。
警告 この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者または他の人が死亡または重傷を負う可能性が
想定される場合。または、軽傷、物的損害が発生する可能性が高い場合。
注意 この表示を無視して誤った取り扱いをすると、使用者または他の人が重傷を負う可能性は少ないが、
傷害を負う危険が想定される場合。ならびに物的損害のみの発生が想定される場合。
図記号: ;禁止事項 ;必ず実行する事項
飛行時の注意
警告
飛行中は送信機アンテナを絶対に握らな
い。
■操作できなくなり墜落してしまいます。
電源スイッ
チを ON 側に操作しても、送受信機の内部処理が
終了するまでは、電源は立ち上がりません。
■送信出力が極端に低下します。
フックバンドを首に掛けたままエンジン
/ モータースタート操作をしない。
他の 2.4GHz システム等からのノイズの
影響により電波が届かなった場合には使
用を中止する。
■フックバンドが回転するプロペラ、ローター等に
吸い込まれると大ケガをします。
レンジチェックモードの状態では絶対に
飛行させない。
疲れているとき、病気のとき、酔っぱらっ
ているようなときは飛行させない。
■距離テスト専用のレンジチェックモードの場合、
飛行範囲が狭く墜落の恐れがあります。
操作中、送信機を他の送信機や携帯電話
等の無線装置に接触させたり近づけたり
しない。
■誤作動の原因となります。
飛行中、アンテナ先端を機体方向に向け
ない。
■集中力を欠いたり、正常な判断ができないため思
わぬ操作ミスをおかして墜落します。
■飲酒飛行は絶対にしない。
次のような場所では飛行させない。
・ 他のラジコン飛行場の近く
・ 人の近くや上空
・ 家屋、学校、病院などの人の集まる場所の近く
・ 高圧線、高い建造物または通信施設の近く
■指向性があり送信出力が一番弱くなります(アン
テナ横方向からの電波が最大となります。
)
■電波の混信や障害物などにより墜落したり、万一、
プロポや機体の故障により墜落した場合、人命を
奪ったり、家屋等の損傷をひきおこします。
雨の日、風の強いときや夜間は絶対に飛
行させない。
飛行準備中に送信機を地上に置く場合、
送信機を立てて置かない。
■装置内部に水が入り誤動作したり、操縦不能と
なったり、見失ったりして墜落します。
■送信機が風等で倒れ、スティックが操作状態にな
り、不意にプロペラ、ローター等が回転するとケ
ガをします。
フライト中またはエンジン / モーターラ
ンニング中は絶対に電源スイッチを ON/
OFF 操作しない。
<安全にお使いいただくために>
7
使用中、使用直後には、エンジン、モー
ター、FET アンプ等には触れない。
■高温になっているためヤケドします。
安全のため、常に機体が視認できる状態
で飛行する。
■建物等の大きな障害物の背後への飛行は見えない
ばかりでなく、
通信品質も低下し機体のコントロー
ルができなくなる恐れがあります。
安全上、必ずフェイルセーフ機能の設定
を行う。
■特にスロットルチャンネルについては、通常、飛
行機の場合最スロー、ヘリの場合はホバリング位
置よりスロー側になるように設定します。正しく
電波を受信できなくなった場合に、フルハイで墜
落すると大変危険です。
■バッテリー・フェイル・セーフもセットしておき
ましょう。
フライト時は必ず送信機の設定画面を
ホーム画面に戻す。
■フライト中に誤入力すると大変危険です。
飛行前には必ず送受信機のバッテリー残
量を確認する。
(電源スイッチを入れるとき)
送信機のスロットルスティックを最ス
ローの状態とした後、
1. 送信機の電源スイッチを入れてから、
2. 受信機側の電源スイッチを入れる。
(電源スイッチを切るとき)
エンジンまたはモーターを停止(再度回転し
ない状態にする)させた後、
1. 受信機側の電源スイッチを切ってから、
2. 送信機の電源スイッチを切る。
■操作の順番を逆にすると、不意にプロペラが回転
しケガをします。
■フェイルセーフ機能を設定している場合も上記の
順番を必ず守ってください。
■最スロー:エンジンまたはモーターが一番低速回
転またはストップとなる方向。
プロポの調整を行うときは、必要な場合
を除き、エンジンを停止させて行う。モー
ターの場合、配線をはずして回転しない
状態で行なう。
■ 不意にプロペラが高回転となった場合ケガをします。
■残量が少ないと操縦不能になり墜落します。
飛行前には必ず各舵の動作チェックおよ
び距離テストを行う。また、トレーナー
機能を使用する場合は、先生、生徒側の
両方の送信機で動作チェックを行う。
■プロポの設定や機体等のどこかに一つでも異常が
あれば墜落します。
電池および充電器の取り扱い上の注意
危険
損傷・劣化・液漏れ等の異常のある電池
や水に濡れている電池を充電しない。
電池の+−端子を金属等でショートさせ
ない。
充電器を直流電源等、充電器以外の用途
に使用しない。
電池、充電器にはハンダ付けしたり、修
理・変形・改造・分解をしない。
充電器および電池を水・雨水・海水・ペッ
トの尿等でぬらさない。
電池を火中に投下したり、火に近づけた
りしない。
■ぬれた状態・ぬれた手では使用しないでください。
風呂場等の湿気の多い場所では使用しないでくだ
さい。
8 <安全にお使いいただくために>
直射日光下や車のダッシュボードやス
トーブのそば等高温になる場所や火気の
近くで充電・保管をしない。
布団で覆う等、熱がこもるような状態で
充電しない。
オプションの Li-Fe 電池を使用する場合
送信機から電池をはずして別売の Li-Fe
専用充電器 LBC-4E5 で充電する。
可燃性ガスの雰囲気の中で使用しない。
■引火による爆発・火災の原因となります。
電池は飛行前に必ず充電する。
オプションの Li-Fe 電池を使用する場合
バランス充電コネクターと電源コネク
ターに同時に充電器を接続しない。
■火災・発火・発熱・破裂・漏液の原因となります。
■飛行中に電池がなくなると墜落します。
ニッケル水素電池 HT5F1800B(6.0V) は付
属の専用充電器 HBC-3A(4) または別売り
のプロポ用充電器で充電する。
■規定値を越える充電は、発火・発熱・破裂・漏液
の原因となります。急速充電の場合、1C 以上の充
電はしないこと。
■車で走行中は充電しないでください。振動等によ
り正常に充電できないことがあります。
電源プラグは確実に根元までコンセント
に差し込む。
充電器は必ず指定の電源電圧で使用する。
■専 用 充 電 器 HBC-3A(4) は 家 庭 用 コ ン セ ン ト
AC100V に接続してご使用ください。
電池の液が目に入った場合は、こすらず、
すぐ水道水等のきれいな水で充分に洗い
流し、ただちに医師の治療を受ける。
■失明の原因となります。
警告
充電中の充電器や電池に長時間触れない。
■低温やけどの原因となります。
充電器、電池が落下等によって破損して
いる状態では使用しない。
充電器内部が露出したときは露出部に手
を触れない。
■感電・けがの原因となります。
発熱・発煙・異臭・漏液・変色・変形そ
の他の異常を見つけたときは、電池を機
器あるいは充電器より取り外し、充電器
は電源プラグを抜いて使用しない。
電池は電子レンジや高圧容器に入れない。
■電池の漏液・発火・発熱・破裂の原因となります。
電池、充電器は乳幼児の手の届かない場
所で使用・保管する。
■感電・けがの原因になります。
電池が漏液したり、異臭がするときはた
だちに火気より遠ざける。
■漏液した電解液に引火し、発煙、発火、破裂の原
因となります。
電池の液が皮膚・衣類へ付着したときは、た
だちに水道水等のきれいな水で洗い流す。
■そのままご使用になりますと、火災・発火・発熱・
破裂の原因となります。
■医師に相談してください。皮膚傷害をおこす原因
になります。
電池に強い衝撃を与えたり、投げつけた
り、傷をつけない。
HBC-3A(4) 充電器は所定の時間充電した
ら充電を終了し、コンセントから抜いて
おく。
■火災・発火・発熱・破裂・漏液の原因となります。
ニッケル水素電池は放電が浅い状態で充
電を繰り返し行わない。
■電池のメモリー効果によって、充電を行っても使
用可能時間が極端に減少することがあります。
■HBC-3A(4) はオートカットではありません。
電池をリサイクルまたは廃棄するときは
全ての端子部をセロテープ等で貼り、絶
縁処理を行う。
■ショートすると発火・発熱・破裂の原因となります。
<安全にお使いいただくために>
9
注意
HT5F1800B ニッケル水素電池は対応送
信機以外の機器に使用しない。
電池、充電器の上に重いものをのせたり
しない。また、テレビの上等の落下しや
すい場所に置かない。
■破損・けがの原因になります。
電池、充電器はほこり・湿気の多い場所
で保管・使用しない。
■電源プラグはほこりを取り除いてからコンセント
に差し込んでください。
送信機を長時間使用した後は、電池が熱
くなっているので、すぐに取り出さない。
■やけどの原因となります。
極端に寒いところや暑いところでの充電
はしない。
■電池性能低下の原因になります。充分に充電する
ためには、周囲温度が 10℃∼ 30℃が最適です。
専用充電器は充電時以外は、電源コンセ
ントから抜いておく。
コードを無理に曲げたり引っ張ったり、
重いものをのせたりしない。
■電源コードが破損し、発火・発熱・感電の原因と
なります。
SD カード(市販品)取り扱い上の注意
*詳しくは、SD カードに付属の取扱説明書をお読みください。
警告
SD カードの分解や改造等は絶対に行わ
ない。
煙が出たり、異臭がする場合は、ただち
に送信機の電源を切る。
無理に曲げる、落とす、傷つける、上に
重いものを乗せたりしない。
SD カードが水・薬品・油等の液体によっ
て濡れた場合は使用しない。
■ショートによる火災や感電の恐れがあります。
注意
SD カードは電子機器のため、静電気に
注意する。
■誤動作や故障の原因となります。
ラジオやテレビ、オーディオ機器の近く、
モーターなどノイズを発生する機器の近
くでは使用しない。
■誤動作する恐れがあります。
SD カードを下記のような場所には保管
しない。
・ 高温多湿の場所
・ 温度差の激しい場所
・ チリやほこりの多い場所
・ 振動や衝撃の加わる場所
・ スピーカー等の磁気を帯びたものの近く
10 <安全にお使いいただくために>
送信機のカードスロットに異物等を入れ
ない。
■故障の原因となります。
データの書き込みもしくは読み込み中
に、振動や衝撃を与えたり、カードスロッ
トから取り出さない。
■データが破壊されたり、消失する恐れがあります。
●記録データについて
SD カードに記録されたデータは故障や損害
の内容・原因にかかわらず補償できません。
弊社ではデータ復旧・回復作業は行ってお
りません。
保管・廃棄時の注意
警告
プロポ、電池、機体等を幼児の手の届く
所に放置しない。
●不要になった電池のリサイクルについて
■触って作動させたり、電池をなめたりすると、ケ
ガをしたり、化学物質による被害を受けます。
注意
プロポは次のような場所に保管しない。
・ 極端に暑いところ(40℃以上)、寒いと
ころ(-10℃以下)
。
・ 直射日光があたるところ。
・ 湿気の多いところ。
・ 振動の多いところ。
・ ほこりの多いところ。
・ 蒸気や熱があたるところ。
■上記のようなところに保管すると、変形や故障の
原因となります。
長期間使用しない場合、電池を送信機や
機体から取り出して、0 ∼ 30℃の湿気の
少ない場所に保管する。
このマークは小型充電式電池の再利用を目
的として制定されたリサイクルマークで
す。充電式電池に用いられる希少な資源を
有効に活用するためにリサイクルにご協力
ください。
電池は「充電式電池リサイクル協力店くら
ぶ」加入の電気店またはスーパー等に設置
のリサイクルボックスで回収しています。
詳 し く は 社 団 法 人 電 池 工 業 会 ホ ー ム ペ ー ジ、
http://www.baj.or.jp/recycle/ をご覧ください。
なおご不要の電池は必ず+極と−極をセロ
テープ等で絶縁してからリサイクル・ボッ
クスに入れてください。
■そのまま放置すると、電池の劣化、漏液等の原因
になります。
その他の注意
注意
燃料、廃油、排気等を直接プラスチック
部分にかけない。
■そのままにしておくと、プラスチックが侵され、
破損します。
■ケースのメッキ部分は腐食するおそれがあります
ので、常にきれいに掃除しておきましょう。
送信機、受信機、サーボ、FET アンプ、
電池その他オプションパーツは、必ず
Futaba 純正品の組み合わせで使用する。
■Futaba 純正品以外との組み合わせにより発生した
損害等につきましては、当社では責任を負いませ
ん。取扱説明書およびカタログに記載されている
ものを使用してください。
ラジコン保険に加入する。
■万一のため、必ず保険に加入しましょう。
■ラジコン保険の加入申し込みはラジコン操縦士登
録代行店に問い合わせてください。
<安全にお使いいただくために>
11
お使いになる前に
14SG の特長
● FASSTest-2.4G 方式多機能 14 チャンネル送信機 (T14SG)
T14SG は 2.4GHz 双方向通信システム「FASSTest」を採用しました。 受信機からの情報を送信
機で確認することができます。
14CH まで使用可能でテレメトリー機能が多数使用できる「FASSTest14CH モード」と反応速
度優先の「FASSTest12CH モード」を選択できます。また、使用する受信機にあわせて「FASST」
「S-FHSS」に切替えて使用することができます。
● S.BUS/S.BUS2 システム対応、FASSTest-2.4G 方式ハイレスポンス 8 チャンネル受信機
(R7008SB)
この R7008SB には S.BUS/S.BUS2 システム用の出力ポート(T14SG との組合せで最大 14ch 迄
使用可能)および従来システム用のチャンネル出力(最大 8ch まで使用可能)が搭載されています。
S.BUS/S.BUS2 システム対応のサーボやジャイロ、テレメトリーセンサーの他、従来システムの
サーボ等も併用することが可能です。
(FASSTest システムの特長)
・2.4GHz 帯スペクトル拡散方式採用
・双方向通信採用、テレメトリーセンサー(別売)を使用すると飛行中の機体からの情報を送
信機に表示出来ます。
・送信機固有の ID コードにより、他の FASSTest-2.4GHz システムからの妨害を防ぎます。
・フェイルセーフ機能 / バッテリーフェイルセーフ機能
・ダイバーシティーアンテナ
●モデルタイプ選択機能
T14SG 送信機は飛行機、グライダーおよびヘリコプターのモデルタイプに対応しています。飛
行機およびグライダーのモデルタイプは各種ウイングタイプを、またヘリコプターのモデルタイ
プは各種スワッシュタイプを選択することにより、専用ミキシングやチャンネル配列が最適化さ
れます。
●データ入力
大型グラフィック液晶画面およびタッチセンサーにより、セッティング時の操作性を大幅に向
上させています。
●エディットボタン
2 つのエディットボタンを装備し操作中の画面をすぐに HOME 画面に「戻す」ことができます。
タッチセンサーとの組合せでより設定操作が簡単にできます。
●バイブレーション
各種アラームやタイマーをブザー音のほかに送信機が振動してお知らせする機能が選べます。
●搭載機能
T14SG 送信機は上位機種 T18MZ の機能構成や設定方法を踏襲し、豊富なミキシング機能によ
り様々な機体に対応することが可能です。
12 <お使いになる前に>
●ニッケル水素電池 (HT5F1800B)
T14SG 送信機の電源として 6.0V/1,800mAh 大容量ニッケル水素電池を採用。専用充電器 FBC3A(4) が付属しています。
● SD カード対応(別売の市販品を使用)
モデルデータを市販の SD カード(SD 規格:32MB ∼ 2GB、SDHC 規格:4GB ∼ 32GB
* ただし 2GB までの利用)に保存できます。
(T14SG
本体はモデルデータ 30 機メモリーできます。)
T14SG 送信機ソフトのアップデートファイルが公開された場合に SD カードを使用してソフトの
アップデートが可能です。
セット内容
下記のものが付属します。ただし、セットにより付属品の内容が異なります。
送信機:
● T14SG(x1)(飛行機用またはヘリ用)
受信機:
● R7008SB(x1)
※ ミニドライバー付(ボタン操作に使用)
送信機用バッテリーおよび 充電器:
● HT5F1800B ニッケル水素バッテリー (x1)、HBC-3A(4) 充電器 (x1)
その他:
●受信機用スイッチ (x1)
※ 充電口付
●フックバンド (x1)
● Li-Fe 電池用スペーサー ( オプションの Li-Fe 電池を使用する場合に使用します。)
●取扱説明書(本書)
●保証書
サーボ(T/R セットにはサーボは付属していません。):
付属サーボ
T/R セット
飛行機用サーボ付
セット
ヘリ用サーボ付
セット
なし
BLS174SV × 2
BLS175SV × 1
BLS173SV × 2
BLS272SV × 3
<お使いになる前に>
13
送信機 T14SG 各部の名称/取り扱い
●アンテナ
●モニターLED
●ツマミ(LD,RD)
●スイッチ(SC,SD,SG,SH)
●スイッチ(SA,SB,SE,SF)
●スライド
レバー(LS)
●スライド
レバー(RS)
●スティック
●スティック
(J2)
(J3)
(J4)
(J1)
●HOME/EXIT
(戻る)ボタン
●U.MENU/MON.
(ユーザーメニュー/
サーボモニター)
ボタン
●デジタルトリム
(T1,T2)
●デジタル
トリム(T3,T4)
●タッチセンサー
(SYS,LNK,
MDL,RTN,S1)
●フック
●電源スイッチ
●デンチブタ
●LCD画面
*上にスライドしてON。
この説明書で使用されている、LCD 画面は、設定や
バージョンアップで変更される場合があります。
14 <お使いになる前に>
アンテナの方向
アンテナには指向性があります。電波の強さは
アンテナの横方向からの出力が最大となります。
できるだけアンテナ先端が機体方向に向かないよ
うな状態で操作してください。アンテナは回転と
角度の調整ができます。操縦スタイルにあわせて、
アンテナの角度を調整してください。
送信出力:小
送信出力:大
送信出力:大
警告
飛行中、絶対にアンテナを握らない。ま
たアンテナ部には金属等の導電性のある
ものを取り付けない。
■送信出力の低下によりコントロールできなくなります。
アンテナを持って送受信機を運ばない。
アンテナを引っ張らない。
■アンテナ配線が断線し、操縦不能になる危険性があ
ります。
アンテナの先端方向に機
体が向かないようにアン
テナ角度を調整します。
アンテナの可動
モニター LED の表示
アンテナの回転角度は 90°で可動角度も 90°
"T14SG" ロゴの上の左右 2 つの LED で送信機
です。それ以上ムリに曲げないでください。アン
の状態を表示します。
テナが破損する恐れがあります。また、アンテナ
は脱着できません。
LED 赤(左)
■点灯
通常使用時は点灯します。
■点滅
90°
コンディション・スイッチが ON の状態で電源を入れ
ると、ワーニング表示とともに点滅します。
LED 青(右)
電波の送信状態を表示します。
■消灯
電波が OFF の状態
■点灯
90°
電波が送信されている状態
■点滅2回
レンジチェックモード(送信出力が低く飛行不可能
です。)
<お使いになる前に>
15
スイッチの配置およびタイプ
スイッチの配置およびタイプは次のとおりです。
[ 配置およびタイプ ]
■SA:3 ポジション・オルタネート・ショートレバー
■SB:3 ポジション・オルタネート・ロングレバー
■SC:3 ポジション・オルタネート・ロングレバー
■SD:3 ポジション・オルタネート・ショートレバー
■SE:3 ポジション・オルタネート・ショートレバー
■SF:2 ポジション・オルタネート・ロングレバー
■SG:3 ポジション・オルタネート・ショートレバー
■SH:2 ポジション・モーメンタリー・ロングレバー
※ オルタネート・タイプは各ポジションに留まる動作のス
イッチ。モーメンタリー・タイプはセルフ・リターン式
のスイッチです。
デジタルトリムの操作
T4
T3
この送信機にはデジタルトリムが 4 つ装備さ
れています。
トリム操作のクリック毎に一定のステップ量
で移動します。トリムを押し続けると、途中か
ら動作速度が速くなります。トリムがセンター
の位置にくると、動作音が変化して知らせます。
トリム位置はホーム画面に常にグラフィック表
示されます。
16 <お使いになる前に>
T2
T1
※ リンケージ・メニューの T1-T4 設定画面でトリムの
ステップ量、表示単位等の変更が可能です。
※ ヘリの場合、ノーマルコンディション以外のスロッ
トルトリムを無効にすることができます。
(リンケー
ジ・メニューのファンクション設定画面で設定)
ツマミの操作
ツマミ LD/RD:
LD
LD と RD ツマミはアナログ式のツマミです。
LD 又は RD ツマミを使用している場合、電源
を入れる前にツマミの操作位置に注意してく
ださい。
RD
※ ツマミ操作時、センター位置で確認音が鳴ります。
※ 各ミキシング機能等の設定画面でツマミの選択およ
び動作方向を設定できます。
スライドレバーの操作
スライドレバー LS/RS:
LS
RS
スライドレバーはリア側から操作が可能で
す。アナログ式のスライドレバーです。LS 又
は RS レバーを使用している場合、電源を入れ
る前にレバーの操作位置に注意してください。
※ レバー操作時、センター位置で確認音が鳴ります。
※ 各ミキシング機能等の設定画面でスライド・レバー
の選択および動作方向を設定できます。
HOME/EXIT & U.MENU/MON. ボタンの操作
T14SG はタッチセンサーと図の2つのボタン
で設定入力します。
HOME/EXIT
ボタン
U.MENU/MON.
ボタン
1 つ 戻す
HOME/EXIT ボタン:
U.MENU/MON. ボタン:
押す
1つ戻る
押す
サーボモニター画面へ
長押し
HOME 画面へ戻る
長押し
ユーザーメニュー画面へ
HOME 画面から押す
テレメトリー画面へ
HOME 画面から長押し
キーロック /
キーロック解除
<お使いになる前に>
17
タッチセンサーの操作
操作
タッチ操作
S1
RTN
タッチ操作(2 回)
状態
動作
次のページがある場合
カーソルを次のページのタイトル部へ移動
1ページのみの場合
カーソルをタイトル部へ移動
データ入力モード(データ点滅時)
入力データのキャンセル
カーソル移動モード
データ入力モードへ切替
データ入力モード
カーソル移動モードへ切替
データ入力モード(データ点滅時)
入力データの決定
SYS
全画面
システムメニューへ移動
LNK
全画面
リンケージメニューへ移動
MDL
全画面
モデルメニューへ移動
S1
HOME 画面
キーロック設定/解除
RTN
データ入力モード
初期値に戻る
カーソル移動モード
カーソル移動
データ入力モード
データ変更
タッチ操作(1 秒)
スクロール操作
RTN の
外周部
カーソル移動・データ入力・モード選択:
メニュー画面や設定画面で項目間のカーソ
ル移動はタッチセンサーを左右にスクロール
操作して行います。次のページがある場合、
次のページへも移動できます。
データ入力時、タッチセンサーを左右にス
クロール操作して数値の入力やモードの選択
等ができます。(数値、ON、OFF、INH、ACT 等)
RTN ボタン:
設定画面を開いたり、カーソル移動モード
(反転表示)/データ入力モード(四角枠表示)
を切替えるときにタッチします。
また、画面上に確認メッセージが表示され
たときの決定ボタンとしても使用します。
S1 ボタン:
メニュー画面や設定画面で、次のページが
ある場合、S1 ボタンをタッチしてページの移
18 <お使いになる前に>
動ができます。この場合、一部機能を除いて、
カーソルは画面タイトルの項目に移動します。
設定画面を終了する場合:
設定画面での操作が終了し、メニュー画面
へ戻る場合は、画面タイトルの項目にカーソ
ルを移動後、RTN ボタンをタッチします。
また、メニュー画面からホーム画面にへ戻
る場合も、画面タイトルの項目にカーソルを
移動後、RTN ボタンをタッチします。
直接ホーム画面に戻りたい場合は、S1 ボタ
ンをタッチ(1 秒間)します。
メニュー画面の呼出し
SYS、LNK 又は MDL ボタンをタッチ(2 回 )
して各メニューを呼出します。
●タッチセンサー操作の注意
スクロール操作はできるだけ大きな円を描
くように操作してください。回転半径が小さ
いとセンサーが逆回転と認識することがあり
ます。
スティックの各種調整方法
●レバーヘッドの長さ調整
スティックのレバーヘッドの長さが可変で
きます。
レバーヘッド
A
タッチセンサー操作前に、タッチセンサー
周辺に指が触れている場合、指を一度離して
からタッチ操作を行ってください。タッチセ
ンサー周辺を触っているとセンサーが誤反応
してスムーズに動作しない場合があります。
レバーヘッド
B
[ 調整方法 ]
1) レバーヘッド B を保持し、レバーヘッド A
を反時計方向へ回すとロックがはずれます。
2) レバーヘッド B を調整したい方向に移動
して保持し、レバーヘッド A を時計方向
へロックするまで回します。
●スティックレバーのテンション調整
セルフリターン式のスティックレバーのテ
ンション調整が可能です。 [ テンションの調整 ]
1) 送信機下部のバッテリーカバーを外し、
バッテリーのコネクターをはずします。
2) エ レ ベ ー タ ー ス テ ィ ッ ク 側 の サ イ ド カ
バーをはずします。
タッチセンサーがスムーズに動作しない場
合は無理に強く押さず、指を 2cm 以上離して
から再度操作してください。
手でゴム製のサイド
カバーをはずす
手袋をしたままタッチセンサーを操作しな
いでください。タッチセンサーが反応しない
ことがあります。
注意
ガソリンエンジン等が発生するスパーク
ノイズにより送信機のタッチセンサーが
操作できなくなる場合があります。
■この場合、ノイズ源から送信機を離して操作して
ください。
サイドカバー
<お使いになる前に>
19
3)送信機裏面のリヤグリップをはずします。
エ ル ロ ン・ ラ ダ ー は ス テ ィ ッ ク が
ニュートラルの状態で調整します。
ゴム製のリヤグリップをはずします。内側からははず
しにくいので外側中央部(印の部分)からはずしてく
ださい。
エルロン (J1)
ラダー (J4)
エレベーター (J3)
スティックのスプリングテンション
(ニュートラルに戻ろうとする力)が
調整できます。
リヤグリップ
4)各スティックの調整用ビスを回して好みの
スプリングテンションに調整します。
■右回しでテンションが強くなり左回しで弱くな
ります。
※ 調整用ビスを左に緩めすぎると、スティックが
引っかかり操作できなくなります。
5)調整が終わったら、リヤグリップとサイド
カバーを送信機に元通り取付けます。
■スロットルスティックは調整できません。
●スティックスプリングのテンション調整
スティック内部の状態
+ビスを右回しでしめる
+ビスを左回しで
ゆるめる
この線よりビスが上
に出てもテンション
は変わらない。
スティックが重い状態
( ビスを一番しめた状態 )
スティックが軽い状態
ビスをゆるめすぎの状態
※ビスがケースに干渉します。
20 <お使いになる前に>
SD カード(市販品)の取り扱い
市 販 の SD 規 格 対 応 カ ー ド (32MB ∼
2GB),SDHC 規格 (4GB ∼ 32GB) を使用すると、
T14SG 送信機のモデルデータを保存できます。
また、T14SG 送信機ソフトのアップデート・
ソフトが公開された場合、SD カードを使用し
て、ソフトのアップデートを行います。
● SD カードの挿入/取り出し方法
1) 送信機の電源を OFF にしてから、送信機
底面のデンチブタを開きます。
① OPEN 部を押す
② バッテリーカバー
をスライド
● SD カード(別売)
■SD カードによっては動作しないものがあります。
注意
SD カードのセットおよび取り出しは必
ず送信機の電源が off の状態で行う。
■SD カードへのアクセス中(読み込みや書き込み)
に SD カードを取り出すと、SD カード自体やデー
タが破壊される恐れがあります。
SD カードは精密機器のため、無理な力
や衝撃を与えない。
● SD カード使用時の制約事項
SD カードを使用する場合は、以下の制約事
項があります。
リーカバーを
カバーを
を
③ バッテリ
バッテリーカバーを
下方向にはずす
ず
2)SD カードを挿入する/取り出す。
■SD カードを最初に T14SG 専用の形式で初期化する
必要があります。購入直後の SD カードは、そのま
までは使用できません。
■初期化を行なうと、初期化前に入っていたデータは
全て消去されます。
■T14SG でフォーマットされた SD カードに保存され
たモデル・データのファイルは、PC に直接コピー
することができません。弊社ホームページ(www.
futaba.co.jp)から専用のコンバート・ソフト(使用
方法を含む)をダウンロードして、ファイルを変換
する必要があります。ただし、PC 上ではモデル・デー
タのファイル名は変更できません。
SD カードスロット
<お使いになる前に>
21
[ カードの挿入 ]
■SD カードの表面を送信機裏面側にして、カードス
ロットに挿入します。
※ フォーマットが開始されます。フォーマット中は下
記画面が表示されます。
■ロックされるまでカードを押し込みます。
[ カードの取り出し ]
■SD カードを押し込むとロックが解除され、SD カー
ドが押し出され、取り出すことができます。
3) バッテリー・カバーを閉じます。
● SD カードの初期化
※ フォーマットが完了すると、下記メッセージが表示
されます。
SD カードを T14SG で使用できるようにす
るために、最初にフォーマットを行ないま
す。一度フォーマットを行なえば、その後は
フォーマットする必要はありません。フォー
マットは T14SG 本体で行ないます。
【重要】SD カードをフォーマットすると、それまで
に入っていたデータは全て消去されます。重要なデー
タが入っている場合は、フォーマットしないようお
願いいたします。
【重要】「ショキカヲ シュウリョウシマシタ」が表示
されるまで、電源は切らないで下さい。
4) RTN ボタンをタッチして終了。
● SD カード用リーダ・ライタについて
[ フォーマット手順 ]
1) T14SG の SD カードスロットに SD カー
ドをセットします。
2) T14SG の電源を ON にします。T14SG で
フォーマットされていない SD カードを
セットした場合に以下の画面が表示され
ます。[ ショキカ ] にカーソル(反転表示)
を移動した後、RTN ボタンにタッチしま
す。
(中止する場合は [ キャンセル ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチしま
す。)
3) フォーマットしても良ければ、[ ハイ ] に
カーソルを移動し、RTN ボタンにタッチ
します。
(中止する場合は [ キャンセル ]
にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッ
チします。)
22 <お使いになる前に>
T14SG で作成したモデル・データをパソコ
ンに保存したり、アップデート・ソフト等を
パソコンから SD カードにコピーする場合、市
販の SD カード用リーダ・ライタが別途必要
となります。
●保存データについて
長期間の使用により、データの保存ができ
なくなった場合は新しい SD カードをお買い
求めください。
※ メモリーカード内に記憶されたデータは故障や損害
の内容・原因にかかわらず補償いたしかねます。SD
カード内の大切なデータは必ずバックアップをお取
りください。
コネクター/ジャックの取り扱い
ゴムカバーを開ける
イヤホンジャック
トレーナー
●トレーナー機能 コネクター
トレーナー機能使用時、別売りのトレーナー
コードを使用して、先生側、生徒側の送信機
を接続します。
●イヤホンジャック
現在使用しません。
※ トレーナー機能の設定はシステム・メニューのト
レーナー機能画面で行います。
※ 接続する送信機により対応するトレーナー・コード
が異なります。システム・メニューのトレーナー機
能の説明を参照してください。
充電コネクター
S.I/F コネクター
● S.I/F コネクター
●充電コネクター
送信機に搭載されたニッケル水素電池
HT5F1800B の充電コネクターです。オプショ
ンの Li-Fe 電池を充電する場合は、この充電コ
ネクターは使用しません。
S.BUS/S.BUS2 サーボの CH 設定や各種設定、
テレメトリーセンサーの登録やスロット設定、
ID 変更に使用します。接続は設定するサーボ
/ センサーと2又コードや 3 又ハブで受信機用
バッテリーをつなぎます。
※ 安全のため、この充電コネクターは従来のニッカド
仕様の弊社製送信機の充電コネクターとは形状が異
なります。
危険
充電コネクターには HBC-3A(4) 以外の充
電器は接続しないでください。
<お使いになる前に>
23
* 前章の「電池および充電器の取り扱い上の注意」をお読みください。
送信機用ニッケル水素電池 HT5F1800B の取扱い
●バッテリーの取付
2) バッテリーを送信機に挿入します。
電池を取付 / 取り外す時は、送信機電源は
必ず OFF の状態で行なってください。電源ス
イッチが ON のまま電池を取り出すと、設定
データが保存されません。
3) コネクターを接続します。
1) 送信機底面のバッテリーカバーをスライ
ドさせて開きます。
ド
て開 ます。
4) 配線を挟まないように気をつけてバッテ
リーカバーを閉じます。
注意
電源スイッチを OFF した後、画面表示等が
消えるまでは絶対に電池を取り外さない。
■データが正しく保存できない場合があります。この
場合、次回電源 ON 時にバックアップ・エラーが表
示され、強制的に設定データが初期状態に戻ります。
■バックアップ・エラーが発生した場合はそのまま使
用せず、送信機を弊社カスタマーサービス宛確認依
頼にお出しください。
① OPEN 部を押す
② バッテリーカバー
をスライド
電池を落下させないように注意してくだ
さい。
[ 電池の取り扱いについて ]
■お手入れのしかた
汚れは乾いた柔らかい布で拭いてください。ぬれた
雑巾等で拭くと故障の原因になります。また、アル
コール・シンナー・ベンジン等の溶剤または洗剤等
で拭いたりしないでください。
■使用温度について
低温になるほど使用時間が短くなります。低温の場
所での使用時は充電した予備の電池を準備してくだ
さい。
■持ち運び・保管時の注意
③ バッテリーカバーを
バッテリ
リーカバーを
カバーを
を
下方向にはずす
ず
ご使用にならないときは湿気の少ない 15℃∼ 25℃く
らいの涼しい場所で保管してください。
持ち運び・保管の際は+−電極端子がショートしな
いように、バッグや引き出し等にアクセサリ等金属
類と一緒に入れて保管したり持ち運んだりするのは
おやめください。発火・発熱・破裂・漏液の原因に
なり危険です。
■充電池の寿命について
電池は充放電を繰り返すことにより性能が徐々に劣
化します。使用時間が著しく短くなったら交換時期
です。使用条件にもよりますが、約 300 回の充放電
で電池容量が半減します。
バッテリー
コネクター
バッテリー
をこの向き
で挿入
使いにな
使い
になる前
る前に>
に>
24 <お使いになる前に>
■充電池の自己放電について
ニッケル水素電池は未使用時も自己放電率が高いた
め、お買い上げの電池は必ず充電してからご使用く
ださい。また、長時間ご使用にならなかった電池も
必ず再充電してからご使用ください。
(充電方法は基
本操作の「電池の充電方法」の項を参照)
また、送信機電源を入れたときは必ずバッテリー電
圧を確認しましょう。
* 前章の「電池および充電器の取り扱い上の注意」をお読みください。
[ オプション ] 送信機用リチウムフェライト電池 FT2F2100B/FT2F1700B の取扱い
●リチウムフェライト (Li-Fe) 電池の使用
4) Li-Fe 電池の 2P コネクターを接続します。
別 売 の Li-Fe 電 池 FT2F2100B お よ び
FT2F1700B を使用できます。電池のサイズが
純正電池と異なりますので、14SG に付属の
Li-Fe スペーサーを使用すること、およびロー
バッテリーアラームを 5.6V から 6.0V に変更
する必要があります。 (ローバッテリーアラーム) P.92
( バランス充電コネクターは接続しません。)
5) 配線を挟まないように気をつけてバッテ
リーカバーを閉じます。
バッテリー収納状態(内部)
充電は送信機からバッテリーをはずして
Li-Fe 専用充電器 LBC-4E5(別売)を使用しま
す。
1) 付属の HT5F1800B を送信機からはずします。
ニッケル水素 HT5F1800B の場合
2) Li-Fe スペーサーを図の向きに送信機へ取
付ます。
Li-Fe スペーサー
3) FT2F2100B あるいは FT2F1700B を挿入し
ます。
Li-Fe FT2F2100B/1700B の場合
●リチウムフェライト (Li-Fe) 電池の充電
※ 毎回送信機から電池を取り出す必要があります。
Li-Fe スペーサー
3S
Li-Fe 電池を
送信機から
はずす
2S
LBC-4E5
MODEL :
Red on, green off : Charging
Green on, red off : Charging Full
Red flash : Output short-circuit or wrong polarity
AC100V
コンセントへ
電源コネクター(2P)
は送信機からはずす
Intelligent LiFePO4 for 2S/3S Cells
Balance CHARGER
2)
2
)Li-Fe
e スペーサー
サ (14SG
(14 付属 )
を図のむきに奥まで挿入する。
[2S] へ
注意
バランス充電コネクター(3P)
を Li-Fe 充電器 LBC-4E5 へ
Li-Fe 電池は送信機の充電ジャックから充
電しない。
3)Li-Fe バッテリー ( 別売 )
4)Li-Fe バッテリー ( 別売 を図のむきに奥まで挿入する。
)
の 2P 電源コネクターを
接続する。
Li-Fe
バッテリー
バランス充電コネクターは
送信機に接続しない
■ニッケル水素用の HBC-3A(4) では完全に充電する
ことができません。
■Li-Fe 電池が過放電して LBC-4E5 で充電できない場合
のみ、送信機の充電ジャックから HBC-3A(4) で 5 分
間だけ充電してから LBC-4E5 で充電してください。
過充電 / 過放電させないように注意して
ください。
Li-Fe 電池 / 充電器の取扱い説明書をよく
読んで使用してください。
<お使いになる前に>
25
受信機 R7008SB の説明
受信機、サーボを機体に搭載する時に次ページの安全上の注意点を必ずお読みください。
受信機 R7008SB 各部の説明
●コネクター部
"1 6" : 1 6 チャンネル出力
"7/B" : 7 チャンネル出力 / 電源入力
"8/SB" : 8 チャンネル出力か S.BUS 出力
"S.BUS2" : S.BUS-2 テレメトリーセンサー等
* 9 チャンネル以上使用する場合は S.BUS 機能を使
用するか、またはデュアルレシーバー機能を使い、
R7008SB を2個(1 個は別購入)機体に搭載します。
●コネクターの挿入
図の向きにしっかり挿入します。 S.BUS2
のみ 90°回した状態で挿入します。
S.BUS2 コネクターには S.BUS
サーボ・ジャイロは接続しない。
■誤動作の危険性があります。
ਭਦਃ
S.BUS2 左図のようにまちがって
接続しない。
■ショートして、焼損、爆発、発火の危
険性があります。
崡崌崫崩峮崸崫崮嵒嵤峼ৠ峁峐岽峘਱岷峕
ዠো峁峔岮峑岹峊岿岮岞
ෙ峍峐ዠো峃峵峒岝 崟嵏嵤崰峁峐岝 ൏௤岝
ೌ৅岝 ৅ౌ峘஠૫ਙ岶岬峴峨峃岞
● Link/Mode スイッチ
プラスチックドライバーを使用し軽く押し
ます。CH 出力モードの変更で使用します。
(リンク時は使用しません。)
/LQN0RGH
※ プラスチックドライバーで軽
く押します。
26 <お使いになる前に>
● Extra Voltage コネクター
電動機の動力用バッテリーなどの電圧 (DC0V ∼
70V) を受信機から送信機へ送信する際に使用し
ます。動力用モーターコントローラーの配線を分
岐させ、オプションの外部電圧入力ケーブル(CARVIN-700)をつけて、ここに接続してください。
+
※受信機の電源を入れる前に ExtraVoltage コネク
ターに電圧がかからないようにしてください。
−
オプションの外部電圧入力コネクター
(CA-RVIN-700)以外は接続しない。
■発火・発熱・破裂の危険性があります。
配線には触れない。
逆接やショートさせない。
■感電の危険性があります。
■発火・発熱・破裂の危険性があります。
受信機 R7008SB CH 出力モード
R7008SB は 8CH の出力を S.BUS 出力に切替えることができます。また、1 ∼ 8CH の出力を 9 ∼
14CH の出力に切替えることができます。
S.BUS システムを使用せずに従来 CH で使用する場合は、そのまま初期設定のモードAで使用できま
す。ただし 8 チャンネルまでしか使用できません。それ以上のチャンネルを使用する場合は S.BUS を
使用するか、R7008SB をもう1台購入して1台をモードC (9 ∼ 14CH) にして使用する必要があります。
受信機 CH モードの切替え方法
1. Link/Mode スイッチを押した状態で受信機の
電源を ON してください。LED が赤緑同時点滅
したらボタンを離します。
3. 目的のモードに切り替わったらボタンを長押
し (2 秒以上 ) して下さい。LED が赤緑の同時点
滅となったら、モード切替完了です。ボタンを
離してください。
2. Link/Mode ス イ ッ チ を 押 す ご と に 下 記 の 4
モードが順に切り替わります。( 赤色 LED 点滅
回数でモードを表示します )
4. 動作モード切替が完了したら、電源を入れな
おして下さい。 受信機 CH 設定モード一覧表
設定チャンネル
出力コネクター
1
モードA
1 ∼ 8CH
1
モード B
1 ∼ 7CH
1
モード C
9 ∼ 16CH
9
モード D
9 ∼ 15CH
9
2
2
2
10
10
3
3
3
11
11
4
4
4
12
12
5
5
5
13
13
6
6
6
14
14
7/B
7
7
-
-
8/SB
8
S.BUS
-
S.BUS
赤色 LED 点滅回数
1回
2回
3回
4回
<お使いになる前に>
27
サーボについて
サーボ (T/R セットにサーボは付属していません )
使用目的に合わせてご購入ください。
※ FASSTest12CH モードの場合アナログサーボは使用できません。デジタルサーボ ( ブラシレスサーボ
を含む )、S.BUS/S.BUS2 サーボをご選択ください。
●サーボ付属品
●取付けフランジ
サーボには次のものが付属しています。
・予備のサーボホーン
・サーボ取付用部品
●サーボホーン
*サーボホ−ン取付けビスは出荷時にサーボに取
付けてあるビスを必ず使用してください。
サーボスペック (T/R セットにサーボは付属していません )
セット
サーボ
用途(推奨)
S.BUS2 対応
BLS173SV エレベーター /
スロットル用
飛行機用
BLS174SV
BLS175SV
ヘリ用
BLS272SV
サイズ
33.0 × 15.0 ×
27.1
S.BUS2 対応
47.5 × 27.0 ×
エルロン用
25.4
S.BUS2 対応
40.0 × 20.0 ×
ラダー用
36.8
S.BUS2 対応
40.0 × 20.0 ×
ヘリ用
36.8
重量
スピード
トルク
30g
0.10s/60° (7.4V)
7.6kgf・cm(7.4V)
0.09s/60° (7.4V)
9.6kgf・cm(7.4V)
0.10s/60° (6.6V)
8.8kgf・cm(6.6V)
0.12s/60° (7.4V)
21.0kgf・cm(7.4V)
0.13s/60° (6.6V)
19.4kgf・cm(6.6V)
0.08s/60° (7.4V)
12.0kgf・cm(7.4V)
0.09s/60° (6.6V)
11.2kgf・cm(6.6V)
53g
66g
60g
表のサーボは全て S.BUS2 ブラシレスモーター ハイボルテージ (4.8 ∼ 7.4V) サーボです。
28 <お使いになる前に>
S.BUS について
このセットは S.BUS システムを採用しています。 機体搭載の際、サーボ数の多いモデルでも配線が
簡素化されスッキリと搭載することができます。また胴体に主翼を取付ける時に、多サーボの主翼で
も配線を 1 つつなぐだけですみます。
● S.BUS を使用する場合、送信機に特別な設定は不要です。
● S.BUS サーボに自分が何チャンネルかを記憶させます。(T14SG で設定可能 )
● S.BUS システムと従来システム ( 受信機の従来 CH を使用 ) を混在して使用できます。
S.BUS の機体への配線例
S.BUS グライダー使用例
レシーバー : R7008SB
サーボ : S3172SV×9( 別売 )
三又ハブ ×4 ( 別売 )
スロットルサーボ : BLS173SV
S.BUS F3A 飛行機使用例
バッテリー : FR2F1800( 別売 )
スイッチ : HSW-L
レシーバー : R7008SB
エルロンサーボ : BLS174SV×2
三又ハブ ×3 ( 別売 )
ラダーサーボ : BLS175SV×1
エレベーターサーボ : BLS173SV
<お使いになる前に>
29
S.BUS の配線例
ਭਦਃ‫&پق‬+ ਝ৒嵊嵤崱峼嵊嵤崱‫ @'>ڷ‬峕峁峨峃‫ك‬
● S.BUS サーボ
崸崫崮嵒嵤
6%86
崛崵崗崧嵤峢
6%
崡崌崫崩
あらかじめ S.BUS サーボに自分が何 CH かを
記憶させるので、どのコネクターにさしても
かまいません。また、別売の SBD-1 を使用し
ますと通常のサーボを S.BUS システムで使用
可能になります。
●中継ボックス(別売)
*< ৷
భশ崛嵤崱
4 つのコネクターを挿入できます。
রಲ嵄崫崗崡
ਕྼ崷崾
ਕྼ崷崾
ਕྼ崷崾
●電源について:電源には十分に余
裕のあるバッテリーをご使用くださ
い。乾電池では使用できません。
6%86 崝嵤嵄
●別電源使用の場合
より多くのサーボを使用する時や、消費電流の
大きなサーボを使用する場合、別電源用の三又
ਕྼ崷崾‫ق‬શਗ਼౺৷‫ك‬
ハブを使用して、別電源でサーボを駆動してく
શਗ਼౺৷崡崌崫崩 ださい。
ਕྼ崷崾
ਕྼ崷崾
6%86 崝嵤嵄
ਭਦਃਗ਼౺峒શ峘崸崫崮嵒嵤峑ฌ৿
શਗ਼౺৷崡崌崫崩峼 21 峁峔岻島峚
ਭਦਃਗ਼౺岶 21 峑峬৿੿峁峨峅峽岞‫ك‬
●三又ハブ(別売)
3 つのコネクターを挿入できます。
オレンジ
30 <お使いになる前に>
崸崫崮嵒嵤
電源に対してサーボの消費電流が
大きすぎると動作しなくなります。
●三又ハブ別電源用(別売)
別電源用のバッテリーを使用する際に使用し
ます。
緑
S.BUS 機器の設定方法
S.BUS サーボやテレメトリーセンサーを T14SG に接続し、
CH 設定 ( スロット設定 ) や各種セッ
ティングをそれぞれ記憶させることができます。
TRAINER ゴムカバーを開ける
三 又 ハ ブ ま た は、
二又コード(別売)
T14SG 裏面
S.BUS(2) 機器
受信機用
S.BUS(2) サーボ
バッテリー
テレメトリーセンサー (別売)
(別売)
1. 図のように設定したい S.BUS 機器とバッテリー
を三又ハブや二又コードで接続します。
2. 送信機の電源をONします。
3. 設定画面を呼び出します。
サーボ:[ システムメニュー ] → [S.BUS サーボ ]
センサー:[ リンケージメニュー ] → [ センサー ]
4. それぞれの画面に従い設定します。
5. これで各 S.BUS 機器に CH( スロット No.) が記憶
されましたので、受信機の S.BUS コネクターに
接続して使用できます。
<お使いになる前に>
31
S.BUS2 システムについて
S.BUS2 とは従来の S.BUS システムを拡張し、テレメトリーセンサーなどの双方向通信システ
ムをサポートしたものです。
S.BUS 機器の対応表
受信機コネクター
S.BUS 対応サーボ
ジャイロ
S.BUS
○
○
×
S.BUS2
× (※)
○
○
S.BUS2 対応サーボ テレメトリーセンサー
ジャイロ
(※)S.BUS 対応サーボ・ジャイロは S.BUS2
コネクターに接続しないでください。
※ S.BUS サーボ・ジャイロには S.BUS 対応と S.BUS2 対応があります。カタログやそれぞれ
の取扱説明書でご確認ください。
S.BUS/S.BUS2 の接続例
※センサー・ジャイロ・三又ハブ・
サーボ類は別売です。
‫پ‬6%86 ઞ৷ৎ峙ਭਦਃ峘
&+ ਝ৒嵊嵤崱峼
嵊嵤崱‫ @'>ڷ‬峕峁峨峃岞
6%86
崛崵崗崧嵤
6%
6%86
崛崵崗崧嵤
ਕྼ崷崾
ਕྼ崷崾
6%86 崝嵤嵄
6%86 崝嵤嵄
峬மਢ૭ચ
6%86*<52
峬மਢ૭ચ
崮嵔嵉崰嵒嵤崣嵛崝嵤
峙மਢਂ૭
32 <お使いになる前に>
ਕྼ崷崾
ਕྼ崷崾
崮嵔嵉崰嵒嵤
崣嵛崝嵤
6%86 崝嵤嵄
6%86 崝嵤嵄
峙மਢਂ૭
6%86
*<52
ٔ
嵑崨嵤崝嵤嵄
飛行機の翼に S.BUS2 システムを使用する例
左右にエルロンサーボを搭載する飛行機は、毎回飛行場で主翼を胴体につける時左右のサー
ボの配線を2つつなぎます。S.BUS2 システムを使用すると配線を 1 つつなぐだけでよくなりま
す。ここでは具体的に、左右にエルロンサーボのある飛行機を、主翼のみ S.BUS2 システムを使
用する例を説明します。
14SG で S.BUS2 を使用する例 [ 飛行機のエルロン 2 サーボ (BLS174SV) に ]
●必要なもの
S.BUS2
S.BUS2 サーボ
サーボ
BLS174SV×2
T14SG
受信機用バッテリー
S.BUS HUB
●設定方法
1. S.BUS2 サーボにチャンネルを記憶させます。
S.BUS サーボの初期設定はすべて 1CH なのでどちらか 1 つを 6CH へ変更します。
14SG 裏面の S.I/F コネクター
にサーボと受信機用バッテリー
をハブで接続します。
↫ⅾ↞ ‣‵›
↫ⅾ↞ ‵›
CH 設定
1CH
6CH
BLS174SV の1つ
初期設定はすべて 1CH
になっています。
1CH
6CH
ハブ
どちらが 6CH かわかるように
マークをつけます。
14SG でサーボを 6CH に記憶させる方法
T14SG
① [ システムメニュー ] の [SBUS サーボ ] をよびだす。
② 3ページのヨミコミを押す。(つぎに RTN を1秒押す)
バッテリー (4.8 ∼ 6.6V)
③ 1 ページの CH を 6 にする。
④ カキコミを押す。(つぎに RTN を1秒押す)
2. S.BUS2 サーボを HUB でまとめて受信機の S.BUS コネクターにつなぎます。
R7008SB
毎回の組立の際は
ここで接続する。
1CH
ハブ
S.BUS2 サーボはハブで
まとめてすべて S.BUS2
ポートへ
R7008SB
S.BUS2 ポートへ 延長コード
6CH
?
なぜ同じ配線でそれぞれの CH のサーボが動くの?
■ S.BUS 受信機の S.BUS コネクターからすべての CH の
情報が出ていて、それぞれの S.BUS サーボが自分の CH
の情報のみを選び動作します。
3. 送信機の設定をします。S.BUS に関わる特別な設定は不要です。 A. モデルタイプ 設定で シュヨク を 2AIL にする
B. 通常のリバース設定、舵角設定、エアブレーキ設定などをする
もちろん 1CH と 6CH で個別にサブトリムや舵角調整ができます。
T14SG
●S.BUS のメリット
1. 毎回、飛行場での機体の組立で、エルロンコネクターは1本つなぐだけで OK です。
2. 配線のまちがえがありません。以前は 1CH と 6CH をまちがえるとエアブレーキ動作が逆になってしまいました。
3. 大型機やグライダーで多数のサーボを使用する場合、設定や配線が非常にやりやすくなります。
<お使いになる前に>
33
テレメトリーシステム(双方向通信)について
このセットはテレメトリーシステムに対応しています。機体に各種センサーユニットを搭載
することにより飛行中の状態を送信機に表示することができます。
*テレメトリー機能は FASSTest 14CH モードのみ対応します。12CH モードは受信機バッテリーと Ext バッテリーの
電圧のみ表示します。
*テレメトリー機能は、対応受信機(R7008SB)が必要です。
* R7008SB の ID が登録された T14SG のみテレメトリー表示します。
●テレメトリーセンサー(別売)
各種テレメトリーセンサーを
R7008SB の「S.BUS2」コネクターに
接続することにより、機体の情報を送
信機で確認することができます。
ଛਦਃ
ਗ৖ਗ਼ಓোৡ崙嵤崾嵓
‫ق‬崒崿崟嵏嵛‫ك‬峑மਢ
情報
信号
৿ৡ৷崸崫崮嵒嵤ਗ਼ಓ峼
ଛਦਃ峕਀ં
情報
電圧
崸崫崮嵒嵤ਗ਼ಓ峼
ଛਦਃ峕਀ં
ਭਦਃ
ആ২崣嵛崝嵤
スロット 1
৚ૡ崣嵛崝嵤
スロット 2
ৈ২崣嵛崝嵤
スロット 3 ∼ 5
ਗ਼ಓ崣嵛崝嵤
スロット 6
崣嵛崝嵤
スロット 7
*36 崣嵛崝嵤
スロット 8 ∼ 15
崣嵛崝嵤
スロット 16
崣嵛崝嵤
スロット 17
情報
6%86
崛崵崗崧嵤
情報
*< ৷
భশ崛嵤崱
ਕྼ崷崾
崡崌崫崩
রಲ嵄崫崗崡
情報
ਕྼ崷崾
●スロット No.
サーボはチャンネル区分けされます
が、センサーは「スロット」で区分
けします。各センサーにはあらかじめ
T14SG の初期値スロット No. が設定
されていますので接続すればそのまま
使用できます。スロットは 1 ∼ 31 ま
であります。
*初期設定以上(同じ種類のセンサーを複
数使用)センサーを使用する場合はセン
サーの登録が必要です。
34 <お使いになる前に>
情報
ਕྼ崷崾
基本操作
電池の充電方法
電池を充電する前に必ず「安全にお使いいただくために」の章の「電池および充電器の取り扱
い上の注意」の項目も合わせてご覧ください。
送信機用ニッケル水素電池 HT5F1800B
の充電方法
危険
ニッケル水素電池 HT5F1800B(6.0V) は指
定された送信機以外には使用しないでく
ださい。
3) 所定の充電時間(15 時間)充電したら、充電
を終了してください。充電器から送信機、
受信機電池をはずし、コンセントから充電
器をはずします。
※ 受信機用ニッカド電池の充電時間は電池容量により異
なります。
※ 付属の充電器 HBC-3A(4) は自動では充電が終了しま
せん。充電を終了する場合、充電器から電池を取り外
し、充電器も AC コンセントから抜いてください。
必ず付属の充電器 HBC- 3A(4) を使用して
充電してください。
※ しばらく使用しなかった場合は、充放電を 2 ∼ 3 回
くりかえして、電池を活性化させてからご使用くださ
い。
乾電池は充電できません。
※ ニッケル水素電池、ニッカド電池の場合、放電が浅い
状態で充電を繰り返すと、電池の特性上一時的に放電
電圧が低下し、使用時間が短くなる場合があります。
このような状態になった場合は放電器等で一旦放電
し、再充電してから使用することをおすすめします。
●充電方法
AC100V コンセントへ
●専用充電器
HBC-3A(4)
受信機電池
充電表示
受信機用ニッカド
電池(別売)へ
送信機電池
充電表示
※ 飛行前には必ずバッテリー電圧のチェックを行ってく
ださい。
※ ニッケル水素電池やニッカド電池は自己放電率が高い
ため、未使用時も徐々に放電が進行します。お買い上
げの電池や長時間ご使用にならなかった電池は必ず充
電してからご使用ください。また、長い期間使用しな
い場合でも 1 ヶ月に 1 度程度は充電されることをお
すすめします。
※ オプションの Li-Fe 電池は HBC-3A(4) では完全に充電
することはできません。Li-Fe 電池の取扱説明書に従っ
て送信機から電池をはずして専用充電器 (LBC-4E5) で
充電してください。
送信機充電コ
ネクターへ
1) AC100V のコンセントに充電器を接続する。
2) 送信機側コネクターを T14SG 送信機の充電
ジャックに接続する。
※ 充電表示 LED が点灯していることを確認する。
※ 送信機は電源スイッチを OFF にしてください。
※ 充電は送信機電池 / 受信機電池個別にまたは同時に充
電可能。
<基本操作>
35
送信機電源の ON/OFF
この T14SG 送信機は電源 ON 後、周囲の電波状況を確認し、自動的に電波が発射されます。また、
30 分間操作を行わなかった場合、無操作警告音が表示されます。
下記の方法で電源の ON/OFF を行ってください。
電源を入れるとき
電源を切るとき
1) 送信機の電源スイッチを OFF にします。
※ 直ちに、電源が切れます。
" スロットル イチ " のアラームが表示
されたとき
1) スロットルスティックをスローにしてか
ら電源スイッチを ON にします。
※ 電波状況確認中の画面が表れます。
※ スロットルスティックがハイ側で電源を ON してし
まった場合
1) 上記アラームが表示されたときは、受信
機側の電源を ON する前にスロットルス
ティックをスローにします。
無操作警告音
2)その後、ホーム画面が表示されると同時に
電波が発射されます。
※ モニター LED(左右)が点灯します。
※ スティック , ツマミ , トグル・スイッチまたはデジ
タル・トリム (T1 ∼ T4) が 30 分間全く操作されなかっ
た場合、アラーム音とともに、画面上に " デンゲン
ヲオフニシテクダサイ " が表示されます。( タッチセ
ンサー、エディットスイッチの操作は上記操作には
含まれません。)
1) 上 記 ア ラ ー ム が 表 示 さ れ た と き は、 ス
ティック等を操作すると警告音は解除さ
れます。
※ 送信機を使用しない場合は電源を OFF にしてください。
ユーザ名登録
T14SG 送信機のユーザー名を登録することができます。ユーザー名として 10 文字までの名前
を付けることができます。(スペースも 1 文字に数える)
●ユーザー名入力位置のカーソル移動
<設定画面の呼び出し>
1) 送信機の電源を ON にします。
※ ホーム画面が表示されます。
●文字の消去
2) SYS ボ タ ン に 2 回 タ ッ チ し シ ス テ ム メ
ニューを開きます。
3) ユーザーネームにカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチし、ユーザーネーム設定画
面を開きます。
※ ユーザー名入力位置
<ユーザー名の変更>
※ S1 を押すと文字入
力が英字→数字→
カナと変わります。
1) 下記の操作方法により、ユーザー名を変更
してください。
36 <基本操作>
[ ← ] または [ → ] を選択し RTN ボタンにタッチして
移動します。
[ サクジョ ] を選択し RTN ボタンにタッチすると、
カー
ソル直後の文字が消去されます。
●文字の追加
文字リストから候補文字を選択し RTN ボタンにタッ
チすると、カーソル直後の位置に文字が追加されます。
2) 入力が完了したら [ ケッテイ ] を選択し、
RTN ボタンにタッチします。
(入力を途中
で止めて元の状態に戻りたい場合は、[キャ
ンセル ] を選択し、RTN ボタンにタッチし
ます。)
3) 画面上段の [ ユーザーネーム ] を選択し、
RTN ボタンにタッチしてシステムメニュー
画面に戻ります。または EXIT ボタンに 1
秒間タッチしてホーム画面に戻ります。
ホーム画面操作
ホーム画面上の表示および操作方法は次の
とおりです。
●画面内カーソルの移動はタッチセンサーで行います。
警告
飛行する前には必ずモデル名を確認しま
しょう。
いつもバッテリー電圧をチェックし、早
めの充電を心がけましょう。また、バッ
テリーアラームが表示されたら速やかに
着陸させてください。
●システム・タイマー
● SD カード表示
● FASSTest モード表示
●ユーザー名
●バッテリー電圧
●キーロック表示
●タイマー ST1
●モデルタイプ表示
●タイマー ST2
●モデル名
●ホーム画面の切替
●電波出力表示
●モデルタイマー
●コンディション名
(ヘリ、グライダーの場合)
● VPP コンディション
No.(飛行機の場合)
●デジタルトリム表示
モデル名
●現在動作中のモデル名が表示されます。
モデル名にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチする
と、モデルセレクト設定画面が開きます。
バッテリー電圧表示
●電圧がアラーム設定電圧以下になるとアラーム音が鳴
ります。ただちに着陸してください。
アップ / ダウンタイマー (ST1/ST2)
●設定画面呼び出し
コンディション名(ヘリ、グライダーの場合)
●現在動作中のコンディション名が表示されます。
●トリム設定コンディションの選択
ノーマルコンディションの状態でその他のコンディ
ションのトリムを調整することができます。
コンディション名にカーソルを移動し、RTN ボタンに
タッチする毎にコンディション名が変化します。トリ
ムを調整したいコンディションを選択してください。
VPP コンディション No.(飛行機の場合)
● VPP ファンクションが CH 登録されている場合に表示
されます。
システム・タイマー
●前回リセットからの電源 ON の積算時間
( 時間 ):( 分 )
システムタイマーにカーソルを移動し RTN ボタンを 1
秒間タッチするとリセットされます。
[ST1] または [ST2] を選択し RTN ボタンにタッチする
と、各タイマーの設定画面に直接移動できます。
巻末の「タイマー設定方法」を参照してください。
●タイマーの表示、スタート/ストップ
タイマー表示部を選択して RTN ボタンにタッチして
スタート/ストップが可能。
モデルタイプ表示
●現在動作中のモデルタイプが表示されます。
システムタイプ表示
●現在のシステムタイプが表示されます。システムタイ
プ表示部を選択して RTN ボタンにタッチすると、シス
テム設定画面に直接移動することができます。
電波出力表示
●出力の状態を表示します。
電波が出ている状態の場合、アイコンが表示されます。
電波を出さない設定の場合、アイコンは表示されません。
<基本操作>
37
ホーム画面の切替
●時計のアイコンにカーソルを移動し RTN ボタンにタッ
チすると大きいサイズのタイマー表示画面に切替える
ことができます。
ユーザーメニューの設定
●よく使う機能だけをカスタマイズして表示できます。
[ 設定方法 ]
1. ホ ー ム 画 面 で U.MENU/MON. ボ タ ン を 長 押 し す る と
ユーザメニューが表示されます。
*ユーザメニュー表示中 HOME/EXIT を押すと HOME 画
面に戻ります。
●カーソルを時計マークに移動して RTN ボタンを押す
タイマー拡大表示へ
2."----------" ボタンにカーソルを合わせて RTN をタッチす
ると、メニューセレクト画面が表示されます。
3. ユーザメニューに登録したい設定画面にカーソルを合
わせて RTN をタッチするとユーザメニューに登録され
ます。
4. 登録した設定画面にカーソルを合わせて RTN をタッチ
するとその設定画面を開くことができます
*登録画面をユーザメニューから削除したい場合、削除
する設定画面にカーソルを合わせ RTN を長押しします。
●カーソルを時計マークに移動して RTN ボタンを押す
通常ホーム画面へ
デジタルトリム表示 (T1 ∼ T4)
●デジタルトリム位置を表示します。ステップ量、表示
位置等を変更可能。(リンケージメニューのトリム設定
画面)
モデルタイマー
●モデル毎の使用時間を表示します。
(時間):(分)
モデルタイマーに移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチ
するとリセットされます。
キーロック
●キーロックモードに設定されている場合、キーのアイ
コンが表示されます。この場合、タッチパネルの操作
がロックされます。
●キーロックの設定/解除
ホーム画面の状態で、HOME/EXIT ボタンか S1 ボタン
を 1 秒間タッチすると、キーロックの設定/解除され
ます。
※ LCD 画面のコントラスト / 明るさ調整はシ
ステムメニューの画面設定(ディスプレイ)
で調整できます。
38 <基本操作>
送受信機のリンク操作
R7008SB 受信機はご使用の前に送信機の ID コードを受信機に読み込ませる操作(リンク操作)
を行う必要があります。一度リンク操作が行われると、その ID コードは受信機に記憶され、そ
の受信機を別の送信機で使用するまでは再リンク操作の必要はありません。
* セットの受信機はあらかじめリンクされていますのでリンク操作なしで使用できます。
ンク待ち状態になります。(リンク待ちは
約1秒間 )
警告
 リンク操作は動力用モーターが接続され
た状態やエンジンがかかった状態では行
わない。
■不意にモーターが回転したり、エンジンが吹け上
がったりすると大変危険です。
リンク操作が完了したら、一旦受信機の
電源を OFF とし、リンクした送信機で
操作ができることを確認してください。
リンク操作の手順
1) 送信機と受信機を 50cm 以内に近づけた状
態で、送信機の電源を ON にします。
50cm 以内
2) [ リンケージ ] メニュー→ [ システム ] を開
きます。(タッチセンサーの LNK を2回押
す→スクロールでシステムを選択→ RTN
を押す)
3) 受信機を1個使用の場合は [ シングル ] も
し、1機に2個の受信機を使用する場合は
[ デュアル ] を選びます。* デュアルの場
合 2 つの受信機とリンクします。
4) バッテリーフェイルセーフ電圧を初期値
3.8V から変更する場合は B.F/S 電圧を変更
します。 *FASSTest モードのみ
5) スクロールで [ リンク ] を選択して RTN ボ
タンを押します。送信機からチャイム音が
でてリンクモードにはいります。
リンクモード
にして
8) 受信機の LED が赤点滅から緑点灯に変化
するとリンク完了です。
緑点灯
リンク完了
9) 周 囲 に FASSTest-2.4GHz シ ス テ ム の 送 信
機が電波を送信している場合に、ID コー
ドの読み込み操作(リンク操作)を行うと、
受信機の LED が緑点灯に変わっても、別
の送信機の ID コードを読み込んでいる場
合があります。使用前に必ず受信機の電源
を入れなおしてから、サーボの動作テスト
を行い、自分の送信機で正しく動作するこ
とを確認してください。
●リンクが必要なケース
①初期セット以外の受信機を使用する時。
②通信システムを変更した時。
③モデルセレクトで新しいモデルを作成した時。
●リンケージメニューで [ システム ] を選択し、
RTN ボタンを押して、下記の設定画面を呼び出
します。または、ホーム画面よりシステム表示
(FASSTest14CH など ) にカーソルを移動し、RTN ボ
タンを押して呼び出します。
●受信機を1個使用の場合は " シングル "
もし1機に2個の受信機を搭載する場
合 " デュアル " を選びます。
電源 ON
6) 上記の状態で、すぐに受信機電源を ON に
してください。
7) 受信機電源 ON から約2秒後に受信機はリ
●受信機にバッテリーフェイル
● [ リンク ] を選択して
RTN ボタンを押すとリン セーフ電圧 (3.5 ∼ 8.4V) を記
憶させます。
クモードに入ります。
*FASSTest モードのみ可能
<基本操作>
39
距離テストの実行
安全にご使用いただくために、飛行前には必ず距離テストを実行してください。T14SG 送信機
には距離テスト専用のレンジチェックモードが搭載されています。送信出力を落として近距離で
飛行前のテストするための機能です。
レンジチェックモードについて
次の手順に従って距離テストを行ってくだ
さい。
1) 送信機の RTN ボタンにタッチしながら、
送信機電源を ON にし、パワーモード切替
画面を呼び出します。" レンジチェック "
が選択された状態で RTN ボタンにタッチ
します。
ことが考えられます。原因を取り除くまではそのまま
飛行しないでください。その他、サーボ接続のゆるみ
やリンケージの状態等も確認します。また、フルに充
電されたバッテリーを使用してください。
まず、機体はエンジン停止、モーター
の場合配線をはずし回転しない状態
で受信機電源を ON
約 30m
●現在使用中のモデル
レンジチェック
モードにする
2) レンジチェックモードで RF 出力され、ビー
プ音とともに送信機の右の LED が 2 回点
滅の状態となります。
※ このレンジチェックモードは約 90 秒経過後、自動的に
解除され、通常の送信状態となります。また、レンジ
チェックモード中に RTN ボタンにタッチすると、その
時点で解除されます。レンジチェックモードを延長し
たい場合はカーソルを " リスタート " に移動し、RTN ボ
タンにタッチします。
3) スティック等を操作しながら、機体から離
れて行きます。すべての操作が完全に正確
に動作することを、機体のそばにいる助手
に確認してもらいます。
※ 機体から 30 ∼ 50 歩(30m)程度離れた位置で正常に
動作することを確認します。
4) すべて正常に動作したら機体のそばに戻
ります。スロットルスティックを最スロー
の状態としてから、エンジンやモーターを
始動します。助手に機体を確実に保持して
もらい、エンジン回転数を変化させて距離
テストを実行します。ヘリの場合ローター
をはずした状態で行ないます。
※ このとき、サーボがホールドしたりガチャついたり、
操作とは異なる動きをする場合は何らかの問題がある
40 <基本操作>
フライト前に地上で正常動作するか確認
します。
危険
レンジチェックモードのまま絶対に
 飛行しない。
■電波が届かずに墜落します。
 レンジチェックモードのまま助手が機
体を保持せずにエンジンを始動したり
モーター配線を接続したりしない。
■不意にプロペラやローターが回転して大ケガ
をする恐れがあります。
エンジン始動、モーター回転中のテ
ストは助手が機体を確実に保持し、
不意に高回転になっても機体が飛び
出したりプロペラやローターに体や
機材が触れたりしないようにする。
■不意にプロペラやローターが回転して大ケガ
をする恐れがあります。
受信機、サーボの搭載
受信機・サーボ接続
受信機、サーボは下記の接続図にしたがって接続してください。また、「受信機・サーボ搭載時の安全上
の注意」を必ずお読みください。機体に組み込むときは、キットの取扱説明書等に合わせて、必要な箇所
を接続してください。
受信機・サーボ接続図
●サーボを必要数接続してください。
●なおモデルタイプにより受信機出力のチャンネル
の割り当てが異なります。モデルタイプ別のサーボ
接続表をご覧ください。
R7008SB
従来システム出力コネクタ
7/B従来システム7CH出力コネクタ/
バッテリー
8/SB従来システム8CH出力コネクタ/
S.BUSコネクタ
S.BUS2S.BUS2コネクタ
S.BUS/(2),
B
バッテリー
充電口
受信機スイッチ
サーボ
●モデルタイプ別のサーボ接続表は次のページ以降にあります。使用する機体に合わせ
てサーボ接続を行ってください。
● S.BUS/S.BUS2 およびテレメトリーセンサーの接続は前章をご覧ください。
<受信機、サーボの搭載>
41
モデル・タイプ別サーボ接続
この T14SG 送信機の場合、リンケージ・メニューのモデル・タイプ選択機能で選択したタイプに応じて、
各ファンクションが最適な組み合わせにチャンネル割り当てされます。各モデルタイプ別のチャンネル割
り当て(初期設定)は以下のとおりです。ご使用のタイプに合わせて、受信機、サーボを接続してください。
* なお、リンケージ・メニューのファンクション機能の画面で設定されているチャンネルを確認できます。また、チャン
ネルの割り当てを変更することも可能です。詳しくは、ファンクション機能の説明をお読みください。
飛行機/グライダー
CH
1 エルロン
2 エルロン
2 エルロン
+1FLAP
2 エルロン
+2FLAP
2 エルロン
+4FLAP
4 エルロン
+2FLAP
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
1
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
2
エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター
3
スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター
4
ラダ−
5
ギヤ
AUX7
6
ピッチ
AUX6
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ギヤ
AUX7
ギヤ
エルロン 2 エルロン 2 フラップ
7
AUX5
AUX5
ピッチ
AUX6
8
AUX4
AUX4
AUX5
AUX5
ラダ−
ラダ−
ラダ−
AUX6
ギヤ
AUX5
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2
フラップ
フラップ エルロン 3 エルロン 3
フラップ エルロン 2 エルロン 2 フラップ 2 フラップ 2 エルロン 4 エルロン 4
エルロン 2 エルロン 2 フラップ
ピッチ
AUX5
フラップ フラップ 3 フラップ 3 フラップ
フラップ
FASST MULT
ラダ−
FASSTest 14CH
FASSTest 12CH
S-FHSS
FASST 7CH
飛行機
出力可能CH
システム別
受信機
●テール・タイプがノーマルと V テール機の場合
フラップ 2 フラップ 2 フラップ 4 フラップ 4 フラップ 2 フラップ 2
9
AUX1
AUX1
10
AUX1
AUX1
キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー
AUX1
バタフライ
AUX1
バタフライ
ピッチ
バタフライ
11
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
ギヤ
バタフライ
ギヤ
バタフライ
スロットル モーター スロットル モーター
12
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
ピッチ
AUX1
ピッチ
AUX1
DG1
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
DG2
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
CH
1 エルロン
2 エルロン
2 エルロン
+1FLAP
2 エルロン
+2FLAP
2 エルロン
+4FLAP
4 エルロン
+2FLAP
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
1
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
2
エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター
3
スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター
4
ラダ−
ラダ−
ギヤ
AUX7
ピッチ
AUX6
ラダ−
ラダ−
ギヤ
AUX7
ギヤ
エルロン 2 エルロン 2 フラップ
ラダ−
AUX6
ラダ−
AUX4
AUX4
ピッチ
AUX5
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2
エレベーター 2エレベーター 2 フラップ
フラップ エルロン 3 エルロン 3
フラップ エルロン 2 エルロン 2 フラップ 2 フラップ 2 エルロン 4 エルロン 4
7 エレベーター 2エレベーター 2 エレベーター 2エレベーター 2 エルロン 2 エルロン 2 フラップ
8
ラダ−
フラップ フラップ 3 フラップ 3 フラップ
フラップ
エレベーター 2エレベーター 2 フラップ 2 フラップ 2 フラップ 4 フラップ 4 フラップ 2 フラップ 2
9
AUX1
AUX1
10
AUX1
AUX1
キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー
AUX1
バタフライ
ピッチ
バタフライ
ギヤ
バタフライ
11
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
ピッチ
AUX1
スロットル モーター スロットル モーター
エレベーター 2エレベーター 2 エレベーター 2エレベーター 2
ギヤ
バタフライ
ギヤ
バタフライ
12
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
DG1
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
DG2
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
42 <受信機、サーボの搭載>
FASST MULT
5
6
ラダ−
FASSTest 14CH
FASSTest 12CH
S-FHSS
FASST 7CH
飛行機
出力可能CH
システム別
受信機
●テール・タイプがエルベーターの場合
飛行機/グライダー
●無尾翼機の場合
2 エルロン
+1FLAP
2 エルロン
+2FLAP
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
1
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
2
ピッチ
AUX4
ピッチ
AUX4
ピッチ
AUX4
3
4 エルロン
+2FLAP
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2
ラダ−
エルロン 3 エルロン 3
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ピッチ
AUX4
エルロン 4 エルロン 4
5
ギヤ
AUX7
ギヤ
AUX6
ギヤ
AUX6
フラップ
フラップ
フラップ
フラップ
6
スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター
エルロン 2 エルロン 2 フラップ
7
8
AUX6
AUX6
AUX5
AUX5
フラップ フラップ 2 フラップ 2
ラダ−
ピッチ
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 フラップ 3 フラップ 3 フラップ
AUX5
AUX5
FASST MULT
ラダ−
4
FASSTest 14CH
FASSTest 12CH
S-FHSS
FASST 7CH
飛行機
2 エルロン
+4FLAP
出力可能CH
システム別
受信機
CH
2 エルロン
ラダ−
AUX4
フラップ
フラップ 2 フラップ 2 フラップ 4 フラップ 4 フラップ 2 フラップ 2
エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター
9
10 キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー
11
AUX1
AUX1
AUX1
バタフライ
AUX1
バタフライ
12
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
ギヤ
バタフライ
ギヤ
バタフライ
DG1
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
DG2
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
スロットル モーター スロットル モーター
●無尾翼機ウイングレット(2ラダー)の場合
2 エルロン
+1FLAP
2 エルロン
+2FLAP
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
1
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
2
ラダ− 2
ラダ− 2
ラダ− 2
ラダ− 2
ラダ− 2
ラダ− 2
3
飛行機
グライ
ダー
飛行機
グライ
ダー
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2
ラダ−
エルロン 3 エルロン 3
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ−
ラダ− 2
ラダ− 2
エルロン 4 エルロン 4
5
ギヤ
AUX7
ギヤ
AUX6
ギヤ
AUX6
フラップ
フラップ
フラップ
フラップ
7
ピッチ
AUX6
8
AUX5
AUX5
9
ラダ−
ラダ−
ラダ− 2
ラダ− 2
エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 エルロン 2 フラップ 3 フラップ 3 フラップ
フラップ
エルロン 2 エルロン 2 フラップ
ピッチ
AUX5
フラップ フラップ 2 フラップ 2
FASST MULT
ラダ−
4
6
スロットル モーター スロットル モーター スロットル モーター
4 エルロン
+2FLAP
FASSTest 14CH
FASSTest 12CH
S-FHSS
FASST 7CH
飛行機
2 エルロン
+4FLAP
出力可能CH
システム別
受信機
CH
2 エルロン
フラップ 2 フラップ 2 フラップ 4 フラップ 4 フラップ 2 フラップ 2
エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター エレベーター
10 キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー キャンバー
11
AUX1
AUX1
AUX1
バタフライ
ピッチ
バタフライ
12
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
AUX1
ギヤ
バタフライ
ギヤ
バタフライ
DG1
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
DG2
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
SW
スロットル モーター スロットル モーター
※表の通り各システムで出力可能なチャンネルが異なります。チャンネル数の少
ないシステムを使用する場合、使用できないウイングタイプがあります。表右側
矢印の範囲外に必要なファンクションがある場合、使用できません。
<受信機、サーボの搭載>
43
ヘリコプター
H-4,H-4X タイプ
1
エルロン
エルロン
2
エレベーター
エレベーター
3
スロットル
スロットル
4
ラダー
ラダー
5
ジャイロ /RUD
ジャイロ /RUD
6
ピッチ
ピッチ
7
ガバナー
ガバナー
ニードル
エレベーター 2
ジャイロ 2/AIL
ジャイロ 2/AIL
10
ジャイロ 3/ELE
ジャイロ 3/ELE
11
AUX1
AUX1
12
AUX1
AUX1
DG1
SW
SW
DG2
SW
SW
CH
全スワッシュ・タイプ(H-4,H-4X 除く)
H-4,H-4X タイプ
1
エルロン
エルロン
2
エレベーター
エレベーター
3
スロットル
スロットル
4
ラダー
エレベーター 2
出力可能CH
システム別
8
9
FASST MULT
全スワッシュ・タイプ(H-4,H-4X 除く)
FASSTest 14CH
S-FHSS
FASST 7CH
CH
出力可能CH
システム別
● FASSTest14CH / FASST MULTI / FASST 7CH / S-FHSS
● FASSTest12CH
ピッチ
ピッチ
6
ジャイロ /RUD
ジャイロ /RUD
7
ガバナー
ガバナー
8
ガバナー 2
ラダー
9
ジャイロ 2/AIL
ジャイロ 2/AIL
10
ジャイロ 3/ELE
ジャイロ 3/ELE
DG1
SW
SW
DG2
SW
SW
FASSTest 12CH
5
※表の通り各システムで出力可能なチャンネルが異なります。チャンネル数の少
ないシステムを使用する場合、使用できないウイングタイプがあります。表右側
矢印の範囲外に必要なファンクションがある場合、使用できません。
44 <受信機、サーボの搭載>
受信機・サーボ搭載時の安全上の注意
警告
●コネクターの接続について
コネクターは奥まで確実に挿入する。
■飛行中に、機体の振動等でコネクター等が抜ける
と墜落します。
■特に、エルロンサーボへの延長コードを主翼につ
なぐ場合に受信機側が抜けやすいです。
●サーボリード線の固定
サーボのリード線は飛行中の振動に共振し
て断線することを防ぐため、突っ張らない
よう少し余裕を持たせ、適当な位置で固定
してください。また、日頃のメンテナンス
時にも定期的に確認してください。
●受信機の防振/防水について
受信機はスポンジゴム等で包んで防振対
策を行う。また、水のかかる恐れのある
場合はビニール袋等に入れて、防水対策
を行う。
■強い振動やショックを受けたり、水滴の侵入によっ
て誤動作すると墜落します。
少したるませる
断線しないようにやわらかく
固定する
●サーボの動作巾について
各舵のサーボを動作巾いっぱいに動作さ
●電源スイッチの取り付け
せてみて、プッシュロッドがひっかかっ
たり、たわんだりしないように調整する。
※ 機体に受信機側電源スイッチを取付ける場合、スイッ
■サーボホーンに無理な力が加わった状態が続くと、
サーボが破損したり、電池の消耗が早くなって墜
落します。
●サーボの取り付けについて
サーボは防振ゴム(ラバーグロメット)
を介してサーボマウント等に取り付け
る。また、サーボケースがサーボマウン
ト等の機体の一部に直接触れないように
搭載する。
チのつまみ全ストロークより、多少大き目の長方形の
孔を開け、ON / OFF が確実にスムーズに行えるよう
に取付けてください。取り付けビスを変更しなければ
ならないときは、スイッチの配線を押さないようビス
の長さを選んでください。ショートすると火災、破損、
墜落の原因となります。
※ また、エンジンオイル、ほこり等が直接かからない場
所に取付けてください。一般的にマフラー排気の反対
側の胴体側面に取付けます。
■サーボケースが直接機体に触れていると、機体の
振動が直接サーボに伝わり、その状態が続くとサー
ボが破損し墜落します。
木ネジ
ラバー
グロメット
ハトメ
サーボマウント
2.3∼2.6mmナット
平ワッシャー
ラバーグロメット
ハトメ
サーボ
マウント
2.3∼2.6mmビス
(飛行機、
グライダー等の場合)
(ヘリ等の場合)
<受信機、サーボの搭載>
45
受信機アンテナの搭載方法
R7008SB 受信機は下記の方法で搭載してください。
アンテナ部分はできるだけ真っ直ぐに
伸ばしてください。
アンテナ
同軸ケーブル
R7008SB 受信機
2 つの異なる位置で信号を受信できるように、2 つのアンテナが装備されています。(ダイバー
シティ方式アンテナ)2 つのアンテナの受信状態の良い方に自動的に切り替えて常に安定した受
信状態を確保しています。受信機の性能を発揮させるために、次の手順および注意事項に従って
搭載してください。
1) 機体に受信機を搭載する場合、機体の振動
から受信機を保護するため、スポンジ等で
防振対策を行ってください。
2) 2 つのアンテナ(同軸ケーブル部は除く)
はできるだけ曲げないように搭載します。
曲げると受信特性に影響があります。
3) また、2 つのアンテナがお互いに 90 度の位
置関係になるようにし、アンテナ同士はで
きるだけ離して搭載することが重要です。
6) 機体がカーボンや金属を蒸着したフィル
ム等の導電性の材質で覆われている場合、
アンテナ部分は必ず機体の外側に出てい
ることが必要です。また、上記と同様、ア
ンテナを導電性の胴体に貼り付けないで
ください。その他、燃料タンクにも貼り付
けないでください。
※ グライダーはカーボン製の胴体が使用されている場
合があります。このような機体に受信機を搭載する
際は上記の注意を必ずお守りください。
警告
アンテナを引っ張ったり、余分な力を加
えない。
■受信機内部でアンテナが断線してしまいます。
アンテナはモーター、アンプおよびその
他のノイズ源からできるだけ離す。
4) 受信機アンテナの搭載位置の近くに、金属
等の導電体がある場合、受信特性に影響を
与える可能性があるため、アンテナはその
導電体を挟んで、機体の両サイドに配置す
るようにします。これにより、機体姿勢に
関係なく良好な受信特性が得られます。
5) アンテナは金属やカーボン等の導電体か
ら少なくとも 1cm 以上離して搭載してく
ださい。なお、同軸ケーブル部は離す必要
はありません。ただし、同軸ケーブルはき
つく曲げないでください。
46 <受信機、サーボの搭載>
アンテナ
アンテナ
※ 上記の図は 2 つのアンテナの位置関係を示しています。実際の搭載時には、受信機は機体の振動から保護
するため、スポンジに包んだり、機体の振動の影響を受けない場所に搭載します。
※ 受信機には壊れやすい電子部品が使用されています。振動、衝撃、高温等に対する保護対策を施してくだ
さい。
※ 受信機は湿気の侵入を防止する構造ではありません。湿気が受信機内部に侵入すると、一時的に動作が停
止したり、異常動作を引き起こす可能性があります。湿気の侵入を防ぐため、受信機をビニール袋等に入
れて保護してください。燃料や排気からの保護にもなります。
<受信機、サーボの搭載>
47
モデルの基本設定手順
飛行機/グライダーの基本設定手順
1. モデルの追加・呼び出し
3.機体側のリンケージ
この T14SG 送信機には初期設定で 1 つのモデル
が割り付けてあります。新規にモデルを追加する場
合や、すでに設定されているモデルを呼び出す場合
は、リンケージ・メニューのモデル・セレクト機能
で行います。
エルロン、エレベーター、スロットル、ラダー、
等の各舵を模型の取扱説明書に従ってリンケージ
します。接続方法については「受信機、サーボの搭
載」の項をご覧ください。
注意:この T14SG はモデル・タイプにより、チャン
ネル配列が異なりますので十分注意してくださ
い。(リンケージ・メニューのファンクション
機能で各ファンクションの割り当てチャンネル
を確認することができます。)
なお、モデルの名前を登録しておくと後で呼び
出す時に便利です。(送信機本体には 30 機分迄の
データを保存できます。市販の SD カードへも保存
可能です。)
現在呼び出されているモデル名がホーム画面に
表示されます。飛行する前や設定を変更する前には
必ずモデル名を確認してください。
●リンケージの動作方向が逆の場合は、リンケージ・メ
ニューのサーボ・リバース機能で方向を合わせます。
新規にモデルを追加した場合、モデル・タイプ
の選択画面およびシステムタイプ/エリア選択の
設定画面が自動的に現れます。使用するモデルや受
信機に合わせて変更してください。
また、新規にモデルを追加した場合そのモデル
で受信機とリンクさせる必要があります。
(同じ受
信機を使用する場合でも)
●スロットルに関してはトリム全閉でキャブレター全閉
となり、エンジン・カットできるようにリンケージし
てください。モーター・コントロール・アンプについ
ては、使用するアンプにより動作方向を設定してくだ
さい。
●ニュートラルおよび舵角は基本的にリンケージ側で調
整し、サブトリム機能、エンド・ポイント機能(舵角
調整)で微調整します。リンケージ保護のため、エンド・
ポイント機能でリミット位置も設定できます。エンド・
ポイント機能は、チャンネル毎の上下、左右の動作量、
リミットが調整できます。
2. モデル・タイプの選択
リンケージ・メニューのモデル・タイプ選択機
能で、機体に合せてモデル・タイプ、主翼タイプ及
び尾翼タイプをそれぞれ選択します。
例えば、左右にエルロンサーボがある機体なら
「シュヨク」で 2AIL を選ぶとそれぞれ別個にサブト
リムやエンドポイントが調整ができます。
48 <モデルの基本設定手順>
4.スロットル・カットの設定(飛行機)
(グライダー)
エンジン・カットをスロットル・トリムのトリ
ム位置を変えずに専用スイッチにてワンタッチで
行えます。(アイドリング調整後)
* このスロットル・カット機能作動時は、エンジン・
カット位置に固定されます。オフセット動作でエン
ジン・カットしたい場合は、次のアイドル・ダウン
機能を使用してください。
リンケージ・メニューのスロットル・カットで
設定します。機能を動作状態にし、スイッチを選択
してから、カット・ポジションをキャブレターが全
閉になるように調整します。安全のため、スロット
ル・スティックが約 1/3 以下(スロー側)のときに
のみ、機能が働きます。
7.エアブレーキ
エアブレーキ機能は、着陸時など、降下角を大
きくとってもスピードを上げたくない場合などに
使用します。この機能はリンケージ・メニューのモ
デル・タイプで主翼に 2 AIL 以上を使用している
場合のみに機能します。通常は左右両エルロン共に
上方へ動作するように設定し、動作させた時の機首
の上下をエレベーターにより補正するミキシング
も完備されています。
5.アイドル・ダウンの設定(飛行機)
* スロットルカット機能が動作状態の場合はアイド
ル・ダウン機能は動作しません。
スロットル・トリムのトリム位置を変えずに専
用スイッチにてワンタッチでアイドル回転数を下
げることができます。
リンケージ・メニューのアイドル・ダウンで設
定します。機能を動作状態にし、スイッチを選択し
てから、アイドル・ダウン回転数を調整します。
ただし、安全のため、スロットル・スティック
が約 1/3 以下(スロー側)のときにのみ、機能が働
きます。
6.デュアル・レートの設定
デュアルレート機能は操縦感覚に合わせて、舵
の利きを調整する機能です。基本的な舵の動作幅を
リンケージ・メニューのエンド・ポイント機能で設
定後、操縦感覚に合わせて、モデル・メニューのデュ
アルレート機能で舵角を調整します。また、デュア
ル・レートを設定すると、スイッチを切り替えるこ
とで演技に合わせた舵角設定を呼び出すことがで
きます。
8.フライト・コンディション ( グライダー)
初期設定ではモデル毎にフライト・コンディショ
ンが 1 つだけ割り付けてあります。コンディション
が1つでも基本飛行を行うのに支障はありません
が、競技会出場などで、より細かい設定が必要な場
合は、モデル・メニューのコンディション・セレク
ト機能で必要数のコンディションを有効にします。
コンディション切り替えスイッチ、コンディション
の優先順位を設定します。
コンディションを設定し終わったらスイッチを
操作し、画面上に表示されるコンディション名で動
作を確認してください。
*コンディション毎の設定が可能な機能の場合、コン
ディションスイッチを切り替えた状態で各コンディ
ションのデータを設定してください。
(飛行機)
<モデルの基本設定手順>
49
ヘリコプターの基本設定手順
ここでは、T14SG のヘリコプター機能の使用例について概略を説明してあります。実際の数値等はご使
用の機体に合わせて調整してください。
1. モデルの追加・呼び出し
3. フライト・コンディションの設定
この T14SG 送信機には初期設定で 1 つのモデル
が割り付けてあります。新規にモデルを追加する場
合やすでに設定されているモデルを呼び出す場合は
リンケージ・メニューのモデル・セレクト機能で追
加または呼び出しを行います。
初期設定ではノーマルのコンディションを含め
て、4 つのコンディションが設定されています。
・ノーマル
・アイドルアップ 1(SE)
・アイドルアップ 2(SE)
・アイドルアップ 3(SF)
・ホールド(初期設定ではスイッチが設定されていませ
ん。)
なお、モデルの名前を登録しておくと後で呼び
出す時に便利です。(送信機本体には 30 機分迄の
データを保存できます。市販の SD カードへも保存
可能です。)
現在呼び出されているモデル名がホーム画面に
表示されます。飛行する前や設定を変更する前には
必ずモデル名を確認してください。
コンディション切り替えスイッチ、コンディショ
ンの優先順位が変更可能です。コンディションを設
定し終わったらスイッチを操作してみて、画面上に
表示されるコンディション名で確認してください。
新規にモデルを追加した場合、モデル・タイプ
の選択画面およびシステムタイプ/エリア選択の
設定画面が自動的に現れます。使用するモデルのタ
イプ、受信機のタイプに合わせて変更してくださ
い。
(一般的なフライト・コンディションの設定例)
また、新規にモデルを追加した場合そのモデル
で受信機とリンクさせる必要があります。
(同じ受
信機を使用する場合でも)
●ノーマル:(スイッチ OFF の時動作 )
エンジン始動からホバリング演技に使用します。
●アイドル・アップ 1:(SW-E の真ん中で動作)
ストール・ターン、ループの演技等に使用します。
●アイドル・アップ 2:(SW-E の手前側で動作)
ロールの演技等に使用します。
●スロットル・ホールド:
(通常 SW-G の手前側で動作に
設定)
オート・ローテーションに使用します。
優先順位はスロットル・ホールド/アイドル・
アップ 2 /アイドル・アップ 1 /ノーマルとし、
スロットル・ホールドが最優先とします。
2. モデル・タイプ、スワッシュ・タイプの選択
別のモデル・タイプがすでに選択されている場
合は、リンケージ・メニューのモデル・タイプ選
択機能で、ヘリを選択した後、機体に合ったスワッ
シュ・タイプを選択します。
50 <モデルの基本設定手順>
4. 機体側のリンケージ
スロットル、ラダー、エルロン、エレベーター、
ピッチ等の各舵をキットの取扱説明書に従ってリ
ンケージします。接続方法については「受信機、サー
ボの搭載」の項をご覧ください。
*リンケージ・メニューのファンクション機能で各
ファンクションの割り当てチャンネルを確認するこ
とができます。
●リンケージの動作方向が逆の場合は、リンケージ・メ
ニューのサーボ・リバース機能および H-1 モード以外
の場合はスワッシュ設定機能も使用して方向を合わせ
ます。
5. スロットル・カーブ、ピッチカーブの設定
モデル・メニューからスロットル・カーブまた
はピッチ・カーブを呼び出し、各コンディション毎
のカーブを設定します。
●ジャイロの動作方向を合わせます。
(ジャイロ側の機能)
●スロットルに関してはトリム全閉でキャブレター全閉
となり、エンジン・カットできるようにリンケージし
てください。
●ニュートラルおよび舵角は基本的にはリンケージ側で
調整し、サブトリム機能、エンド・ポイント機能(舵
角調整 ) で微調整します。また、
リンケージ保護のため、
エンド・ポイント機能でリミット位置も設定できます。
(5 ポイントカーブについて)
カーブ設定は最大 5 ポイントで設定可能ですが、
設定ポイントを減らして調整することもできます。
機体側の指定がある場合や簡単にカーブを設定す
るときに応用できます。
*カーブの初期値は 5 ポイント設定です。
<設定例>
各コンディションのスロットル・カーブの呼び出
しはコンディション切り替えスイッチで行います。
スロットル・カーブの設定例を下記に示します。
●スロットル・カーブ(ノーマル)
●スワッシュ・プレートの補正(H-1 モード以外)
スワッシュセッテイ機能の補正ミキシングでスワッ
シュ・プレートの動作を補正できます。ピッチ、エルロン、
エレベーター操作に対してスワッシュ・プレートが正常
な方向からずれて動作する場合に使用します。
また、ピッチのスロー側、ハイ側のリンケージ補正が
可能。ピッチ操作に対してスワッシュ・プレートが水
平な状態で上下するように調整します。
ホバリング(スティック 50% 位置)を基準にホバリン
グ時のレスポンス、回転数を見ながら、各ポイントで
調整します。ピッチとの兼ね合いもあるので合わせて
考えてください。
●スロットル・カーブ(アイドル・アップ 1)
この設定はスロットル・スティックをスロー側にして
も回転を維持する設定となります。
●スロットル・カーブ(アイドル・アップ 2)
スロットル・スティックをスロー側にしてピッチをぬ
いた時でも、回転が維持できるアイドル・アップ量と
なります。
●ホールド・コンディション時の設定について
注意:ホールド・コンディションではカーブ自体は使
用しませんが、スロットル・カーブのアイドル・
ポイントはスロットル・ホールド機能のアイド
ル・ポイントの基準となります。スティック最
スロー位置(0%)のレートが 0%(初期設定)
になっていることを確認してください。
ピッチ・カーブの設定例を下記に示します。
各コンディションのピッチ・カーブ呼び出しは、
コンディション切り替えスイッチで行います。
●ピッチ・カーブ(ノーマル)
ホバリング時のピッチを約+ 5 ∼ 6 ゜にします。
<モデルの基本設定手順>
51
ホバリングではスティック位置が 50% のポイントを基
準にピッチを設定します。
*ホバリング時の安定は、スロットル・カーブとの兼
ね合いがあります。ホバリング・スロットル機能、
ホバリング・ピッチ機能を合わせて使うと調整が楽
になります。
●ピッチ・カーブ(アイドル・アップ 1)
アイドル・アップ 1 のピッチ・カーブは、上空飛行に
合わせたカーブを作ります。
目安として − 7°∼+ 9°程に設定します。
●ピッチ・カーブ(アイドル・アップ 2)
ハイ側ピッチの設定はアイドル・アップ 1 より少し減
らし、+8°程が目安です。
●ピッチ・カーブ(ホールド)
オート・ローテーションの場合はハイ / ロー側とも最
大ピッチを使用します。
[ピッチ角度の設定例]
スロットル・ホールド:−7゜∼+ 12 ゜
6. スロットル・ホールドの設定
モデル・メニューからスロットル・ホールドを呼び出
し、コンディション切り替えスイッチでスロットル・ホー
ルドのコンディションに切り替えます。
<設定例>
各コンディションのミキシング・カーブの呼び出
しはコンディション切り替えスイッチで行います。
カーブの設定例を下記に示します。
●ピッチ→ラダー・ミキシング・カーブ(ノーマル)
ホバリング系に使用し、離着陸、一定スピードの垂直
上昇に合わせて各ポイントを設定します。
●ピッチ→ラダー・ミキシング・カーブ(アイドル・アッ
プ 1)
ストール・ターン、ループ、ローリング・ストール・ター
ンに使用し、風に正対した状態で直進するように各ポ
イントを設定します。
●ピッチ→ラダー・ミキシング・カーブ(ホールド)
直線オート・ローテーションで、直進するように各ポ
イントを設定します。テール・ローターのピッチ角は 0 ゜
近くになります。
8. エルロン、エレベーター、およびピッチ操
作時のクセ取り
モデル・メニューのスワッシュ・ミキシングで、
エルロン、エレベーター、ピッチの各操作に独立し
てミキシングレートの調整が可能です。
●ホールドポジションの設定
スロットル・ホールド時のサーボ動作位置を設定しま
す。
●その他の設定
サーボ動作スピードを調整したい場合は [ スピード ] で
調整してください。
7. ピッチ→ラダー・ミキシングの設定
メインローターの反動トルクを抑えるミキシン
グで、各コンディション毎にカーブで設定できま
す。ただし、下記のような高性能ジャイロを使用す
る場合はこのピッチ→ラダー・ミキシングは使用し
ないでください。
注意: Futaba GY シリーズの高性能ジャイロを使用す
る場合はこのピッチ→ラダー・ミキシングは使
用する必要がありません。反動トルクの補正
はジャイロ側で補正されます。特にジャイロ
が AVCS モードで動作しているときは、ミキシ
ングされた信号により、ニュートラルずれの症
状となりジャイロが正常に動作できなくなりま
す。
モデル・メニューからピッチ→ラダー・ミキシ
ングを呼び出し、各コンディション毎のカーブを設
定します。(初期設定では機能は "INH" の状態です。
使用する場合は "ON" の状態にしてください。)
52 <モデルの基本設定手順>
9. エルロンおよびエレベーター操作時のエンジン
の沈み込み、ピルエット時のトルクの補正
モデル・メニューのスロットル・ミキシングで、
エルロンまたはエレベーター操作時のスワッシュ・
プレート動作によって生じるエンジンの沈み込み
を補正することができます。また、ピルエットを
行ったときの右回転、左回転のトルクのかかり方を
補正できます。
10. ジャイロの感度およびモード切り替え
ラダージャイロ感度およびモード切り替えは、
モデル・メニューのジャイロ専用ミキシング [ ジャ
イロ ] → [RUD] で、コンディション毎に設定可能。
●ノーマル・コンディション(ホバリング):ジャイロ感
度大
●アイドル・アップ 1 /アイドル・アップ 2 /スロットル・
ホールド:ジャイロ感度小
●但し、オート・ローテーション時にテール駆動されて
いるヘリの場合は、ジャイロ感度大で効果がある場合
もあります。
11. スロットル・カットの設定
フライト終了時のエンジン・カットをスロット
ル・トリムのトリム位置を変えずに専用スイッチに
てワンタッチで行なえます。
リンケージ・メニューのスロットル・カットで
設定します。機能を動作状態にし、スイッチを選択
してから、スロットル・カットのポジションをキャ
ブレターがアイドル位置から全閉になるように調
整します。
ただし、安全のため、スロットル・スティック
がスロー側 25% より下側のときにのみ、エンジン・
カット機能が働きます。
12. その他の専用ミキシング
●フューエルミックス
飛行中のニードル・コントロールが可能な構造のエン
ジンの場合(混合気調整)に使用する専用ミキシングで、
ニードル・カーブが設定できます。
●ガバナー・ミキシング
ガバナーを使用している場合のガバナー専用ミキシン
グです。コンディション毎にレート(回転数)を切り
替えることができます。
<モデルの基本設定手順>
53
システムメニュー機能
システム・メニューは、主に送信機のシステム
に関する設定を行う機能で構成されています。
なお、モデル・データに関する設定はリンケージ・
メニューおよびモデル・メニューの機能で設定します。
●ホーム画面等で、SYS ボタンに 2 回タッチして、下記の
システム・メニューを呼び出します。
タッチセンサーのスクロール機能で設定したい機能を選
択し、RTN ボタンにタッチして設定画面を呼び出してく
ださい。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
設定画面の呼出し
システム・メニューの機能一覧
トレーナー
トレーナーシステムの起動と設定
ディスプレイ
画面のコントラスト、バックライトの調整
ユーザーネーム
ユーザー名の登録
サウンド
警告音およびその他のブザー音の ON/OFF
H/W(ハードウェア)設定
H/W リバース機能、スティックモード設定機能、スイッチ設定
スタートセレクト
クイックセレクト機能、電源ON直後にモデルセレクトを表示
オートロック
オートロックタイマー、スタートロック
インフォメーション
プログラムのバージョン、SD カードの情報、表示言語の切替、およびプロダクト ID の表示
SBUS サーボ
S.BUS サーボの CH 設定や各種設定
54 <システム・メニュー機能>
トレーナー
T14SG のトレーナーシステムは、先生側送信機
で指導に使うチャンネルと動作モードを選択でき
るため、生徒の熟練度に合わせてトレーニングの難
易度を設定することができます。
動作モード NORM/MIX/FUNC/OFF が選択できま
す。また、MIX 又は FUNC モードを選択時、生徒側
のチャンネルを選択できます。
*先生側の T14SG 送信機と生徒側の送信機のチャンネル
の並びが異なる場合に便利です。
オプションのトレーナーコードで 2 台の送信機
を接続して使用します。先生側のトレーナー・ス
イッチを入れると、生徒側で操縦が可能となりま
す。先生側がスイッチを離すと、先生側の操縦に戻
ります。生徒の操縦が危険な状態に陥ったときはす
ぐに切替えます。
[ 注意事項 ](重要)
●送信機によってはチャンネルの順序が異なります。ト
レーナー機能を使用する前に先生側又は生徒側送信機
の機能でチャンネルの順序を必ず合わせてください。
なお MIX 又は FUNC モードを使用時はこのトレーナー
機能で生徒側のチャンネルを選択が可能です。 もしくは、トレーナー機能の生徒 CH 設定機能をご使
用ください。
●接続する機種によりシステムタイプ(変調モード)、
トレーナー機能のモード設定が異なります。下記の
表に従って設定を変更してご使用ください。
●飛行の前に必ず、先生、生徒側とも全てのチャンネ
ルが正常に動作することを確認してください。
●トレーナー・コードのコネクターは必ず奥まで押込
み、確実に接続されていることを確認してください。
なお、このトレーナー・システムは以下の条件
のもとで使用してください。
[ 対応機種およびモード設定一覧 ]
下表のとおり、先生側、生徒側の送信機の組合せに合わせて、各送信機の通信システムおよびトレーナー機能
のモードを設定してください。
先生側設定
組み合わせ
生徒側設定
トレーナー
トレーナー設定
システム設
システム設
設定
定
定
CH モード
CH モード 変調方式
先生側
生徒側
T14SG,T18MZ
T14SG,T18MZ
T14MZ,FX-40,
T12Z,T12FG,
FX-30
任意
16CH/14CH
任意
16CH/14CH
-
任意
12CH
PCMG3/2.4G
12CH
PPM
T8FG,FX-20
任意
FASSTMLT2
FASSTMULT
-
-
T14SG
12CH
T14SG
8CH
T10C,T9C,T7C,
T6EX,T4EX
任意
8CH
PPM
-
-
T14SG
T10CG,T7CG
任意
8CH
任意
-
-
T14SG
T8J,T6J
任意
8CH
任意
-
-
T14SG
任意
12CH
任意
12CH
-
T14SG
任意
12CH
任意
12CH
-
T14SG
任意
-
任意
8CH
-
T10C,T10CG,
T9C,T7C,
T7CG,T8J
トレーナーコード
(マイクロタイプ)
T14SG
T14MZ,FX-40,
T12Z,T12FG,
FX-30
T8FG,FX-20
対応トレーナーコード
T12FG トレーナーコード
トレーナーコード
(マイクロタイプ)
*トレーナー・コードは接続する方向が決まっています。トレーナー・コードに表示の先生側コネクタを先生側となる T14SG に、
生徒側コネクタを生徒側となる送信機に接続します。
接続方向が逆の場合、先生側の電源を ON にしても生徒側の電源が ON になりません。また、接続方向が正しい場合でも、先
生側の T14SG のトレーナー機能が有効になっていない場合も生徒側の電源が ON にはなりません。
<システム・メニュー機能>
55
●システムメニューでトレーナーを選択し、RTN ボタン
にタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
生徒側で使用する場合
T14SG を生徒側で使用する場合はこのトレーナー機能
は "INH" とします。
注意
生徒側で使用する場合、電源スイッチは
常に OFF にしておきます。
■先生側の電源を入れると、生徒側の電源も連動し
て ON になります。
呼び出し、希望のスイッチと ON/OFF 方向を選択する。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ選択方法」を参照)
*スイッチ設定画面の ON 位置の設定時、スイッチ
モードも選ぶことができます。" オルタネート " の
項目で OFF を選ぶと、通常の ON/OFF 動作。ON を
選ぶと、スイッチを入れる度にトレーナー機能が交
互に ON/OFF するようになります。これにより、モー
メンタリー・スイッチ(SH)を使用している場合
でも、交互に ON/OFF が可能となります。
【重要】トレーナー・スイッチを操作しても、先生側と
生徒側の送信機をトレーナー・コードで接続していな
い場合は [ACT/INH] のモード表示は OFF のままです。
先生側、生徒側ともに動作状態になったときに ON に
なります。
3. 各チャンネルの動作モードの選択
先生側で使用する場合
1. 各モードの設定
*変更したい項目に移動し、RTN ボタンにタッチして
データ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左または右にスクロール操作してモードを変更す
ると点滅表示となり、RTN ボタンにタッチすると
モードが変更されます。
ACT/INH :[OFF] または [ON] の表示に変更し動作可能
な状態にする。
16/12/8 CH :生徒が T18MZ、FX-40 を使用している
と き は [16CH] を 選 択。 生 徒 が T14SG、T12FG、T12Z、
T14MZ を使用しているときは [12CH] を選択。その他
の送信機の場合は [8CH] を選択。
* 1/4 ∼ 3/4 ページに各チャンネルの設定画面が表示さ
れます。
*動作モードを変更する場合は、変更したいチャンネル
の " モード " の項目に移動し、RTN ボタンにタッチして
データ入力モードに切り替えます。タッチセンサーを
左または右にスクロール操作してモードを変更すると
点滅表示となり、RTN ボタンにタッチするとモードが
変更されます。
"NORM"(ノーマル・モード):生徒の送信機からの信
号でコントロールされます。(先生と生徒のデータを同
一にする必要があります。)
MIX (ミックス・モード):先生と生徒の送信機から
の信号がミックスされてコントロールされます。(生徒
側のデータは初期値に戻し、トレーナー機能を使用し
てください。)
2. トレーナー・スイッチの選択
スイッチを設定もしくは変更する場合、"SW" の項目に
移動し、RTN ボタンにタッチしてスイッチ選択画面を
56 <システム・メニュー機能>
FUNC (ファンクションモード)
:生徒の送信機からの
信号に先生の設定が加味されてコントロールされます。
(生徒側のデータは初期値に戻し、トレーナー機能を使
用してください。)
"OFF"(オフ):先生側のみ動作。
*上記設定で、[MIX] または [FUNC] モードを選択した場
合、生徒側の操作量に対するサーボの動作量を設定す
ることができます。(生徒と先生が同方向に操作したと
きに、サーボが振り切れるのを防止するために、生徒
側のレートを減らします。)
レートを変更する場合は、変更したいチャンネルのレー
トの項目に移動し、RTN ボタンにタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーのスクロー
ル操作で調整します。
調整範囲:0% ∼ 100%
初期値:100%
調整後、RTN ボタンにタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンにタッチ(1 秒間)すると初期値に
リセットされます。
* [MIX] 又は [FUNC] モードを選択している場合、生徒側
のチャンネルを入れ替えることができます。(生徒側と
先生側の送信機のチャンネル順序が異なる場合に入れ
替えます。)チャンネルを変更する場合は、変更したい
チャンネルの " セイト .CH" の項目に移動し、RTN ボタ
ンにタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサを左又は右にスクロール操作してチャンネル
を変更すると点滅表示となり、RTN ボタンにタッチす
るとチャンネルが変更されます。
<システム・メニュー機能>
57
ディスプレイ
LCD 画面のコントラスト、バックライトの明る
さ及びオフタイマーを調整する機能です。
画面の単位表示をメートル法からヤード / ポンド
表示に変更できます。
●システムメニューで [ ディスプレイ ] を選択し、RTN ボ
タンにタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
LCD コントラストの調整
バックライト発光時間の調整
1. 画面の濃さの調整
1. バックライトタイマの調整
" コントラスト " の項目を選択し、RTN ボタンにタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作して調整します。
" バックライトタイマ " の項目を選択し、RTN ボタンに
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左右にスクロール操作して調整します。
調整範囲:(薄い)0 ∼ 15(濃い)
調整範囲:10 ∼ 240(秒)
、OFF(常時発光)
初期値:5
初期値:10(秒)
調整後、RTN ボタンにタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
調整後、RTN ボタンにタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*画面表示を見ながら見やすい濃さに調整してください。
*調整時、RTN ボタンにタッチ(1 秒間)すると初期値に
リセットされます。
*調整時、RTN ボタンにタッチ(1 秒間)すると初期値に
リセットされます。
バックライトの明るさの調整
タンイの設定
1. 画面の明るさの調整
1. 単位の変更
" アカルサ " の項目を選択し、RTN ボタンにタッチして
データ入力モードに切り替えます。タッチセンサーを
左右にスクロール操作して調整します。
調整範囲:OFF、1 ∼ 20(明るい)
" タンイ " の項目を選択し、RTN ボタンにタッチしてデー
タ入力モードに切り替えます。タッチセンサーを左右
にスクロール操作して「メートルホウ」か「ヤード /
ポンド」か選びます。
初期値:10
調整範囲:「メートルホウ」「ヤード / ポンド」
調整後、RTN ボタンにタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
初期値:「メートルホウ」
*画面表示を見ながら見やすい明るさに調整してくださ
い。
*調整時、RTN ボタンにタッチ(1 秒間)すると初期値に
リセットされます。
58 <システム・メニュー機能>
調 整 後、RTN ボ タ ン に タ ッ チ し て カ ー ソ ル 移 動
モードに切り替えます。
ユーザーネーム
T14SG のユーザー名を登録する機能です。10 文
字までの名前をつけることができます。
(スペース
も一文字として数える)
●システムメニューで [ ユーザーネーム ] を選択し、RTN
ボタンにタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機 能 名 に カ ー ソ ル を 移 動 し、
RTN ボタンにタッチします。
または、HOME/EXIT ボタンを
押します。
スクロール操作
・カーソル移動
カーソル(点滅)
ページ移動
ユーザー名
ユーザー名の登録方法
*下記の文字リストの文字が使用可能です。
1. 下記の操作方法により、ユーザー名を変更してください。
・文字リストのページ切替:
・ユーザー名のカーソル移動:
S1 ボタンをタッチしてページを切替えます。
[ ← ] または [ → ] を選択し RTN ボタンにタッチします。
・文字の消去:
(文字リスト 1/3)
[ サクジョ ] を選択し RTN ボタンにタッチすると、カー
ソル直後の文字が消去されます。
・文字の追加:
文字リストから候補文字を選択し RTN ボタンにタッチ
すると、カーソル直後の位置に文字が追加されます。
*ユーザー名として 10 文字までの名前を付けることがで
きます。(スペースも 1 文字に数える)
(文字リスト 2/3)
2. 入力が完了したら [ ケッテイ ] を選択し RTN ボタンに
タッチします。(入力を途中で止めて元の状態に戻りた
い場合は、[ キャンセル ] を選択し RTN ボタンにタッチ
します。)
(文字リスト 3/3)
<システム・メニュー機能>
59
サウンド
警告音およびその他のブザー音を OFF にするこ
とができます。
* " ケイコク " を OFF に設定した場合、無操作警告音(30
分)
、ミキシングワーニング音、バックアップエラー音、
ローバッテリーアラーム音が OFF になります。
●システムメニューで [ サウンド ] を選択し、RTN ボタン
にタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
●タイマーブザー音の ON/OFF
●警告音の ON/OFF
●テレメトリー警告音の ON/
OFF
●その他の音の ON/OFF
ブザー音の ON/OFF 操作
1. 設定したい項目にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーを左右にスクロール操作して ON/OFF を選択し、
RTN ボタンにタッチします。
* ON/OFF が切り替わります。
60 <システム・メニュー機能>
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
H/W 設定(ハードウェア設定)
この H/W 設定には H/W リバース、スティック・
モード設定およびスティックの補正が含まれます。
スティック・モード設定により、モード 1 ∼ 4
のスティック・モードに変更が可能です。
H/W リバースは、スティック、スイッチ、トリム・
レバー、ノブなどの操作信号を反転する機能です。
注意: 設定されたモードは、次回の新規モデル設定か
ら有効となります。使用中のモデルや既に設定
されているモデルは変更されません。
注意:ただし、この設定で実際の操作信号は反転され
ますが、ディスプレイ上のインジケータ類の表
示は変更されません。特別な理由が無い限り通
常モードでお使いください。
注意: ただし、この変更はソフト的なスティック配置
の変更です。スロットルのラチェット機構の変
更が必要な場合は、弊社ラジコンカスタマー
サービスへご依頼ください。
●操作方向が逆の場合に有効です。
(スティック・モード)
使用例:エレベータを引いてダウン、押してアップ操
作する場合
(J3)
使用例:スロットル(ピッチ)を引いてハイ(+ピッチ)、
押してスロー(−ピッチ)操作する場合
(J4)
●システムメニューで [H/W セッテイ ] を選択し、RTN ボ
タンにタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
(J2)
モード
1
2
3
4
J1
エルロン
エルロン
ラダー
ラダー
J2
スロットル
エレベーター
スロットル
エレベーター
(J1)
J3
エレベーター
スロットル
エレベーター
スロットル
J4
ラダー
ラダー
エルロン
エルロン
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
ページ移動
H/W リバースの設定
ます。点滅状態となります。
1.[H/W リバース ] の項目を選択し、RTN ボタンにタッチ
し設定画面を呼出します。
設定範囲:モード 1 ∼ 4
初期設定:モード 1
4. RTN ボタンにタッチしてモードを変更します。
(中止す
る場合はタッチセンサーをスクロール操作するか S1 ボ
タンにタッチします。)
2. 反転したい H/W(ハードウエア)に対応する " モード
" の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチして
データ入力モードに切り替えます。
3. タッチセンサーをスクロール操作して方向を切替ます。
点滅状態となります。
*実際のモード変更は、次回の新規モデル設定またはデー
タ・リセット後から有効となります。既に設定済みの
モデルのモードは変更されません。
スティックの補正
1. キャリブレーション画面を開きます。
"NORM":通常の動作方向
"REV":動作方向が反転
4. RTN ボタンにタッチします。(中止する場合はタッチセン
サーをスクロール操作するか S1 ボタンにタッチします。)
スティック・モードの変更
1.[ スティックモード ] の項目を選択し、RTN ボタンにタッ
チし設定画面を呼出します。
*以下、J3、J4 補正について説明しますが J1、J2 補正も
同様の手順で行えます。
2. J3-J4 ボタンにカーソルを合わせて RTN をタッチします。
3. J3、J4 スティックをニュートラル位置に合わせて RTN
を長押しします。
4. J3、J4 スティックを右下いっぱいまで倒し、ブザー音
がするまで待ちます。
5. J3、J4 スティックを左上いっぱいまで倒し、ブザー音
がするまで待ちます。
2." スティックモード " の項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンにタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
*以上で終了です。スティック補正が正常に行えたか動
作確認してください。
3. タッチセンサーをスクロール操作してモードを選択し
<システム・メニュー機能>
61
スタートセレクト
このスタートセレクトは電源ON時に、すぐに
モデルセレクトが出来る機能です。
毎回、1台の送信機で、いろいろなモデルを楽
しまれてる方に便利な機能です。
*最大 4 モデルまで登録できます。
* SD カードに保存されているモデルデータには対応して
いません。
●クイックセレクト
タッチセンサーの5つのポイントに5つのモデルを割
り付けて電源ON直後にタッチセンサーでモデルを選
択します。
●モデルセレクト
電源ON直後、すぐにモデルセレクト画面へ移行します。
●システムメニューで [ スタートセレクト ] を選択し、
RTN ボタンにタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機 能 名 に カ ー ソ ル を 移 動 し、
RTN ボタンにタッチします。
または、HOME/EXIT ボタンを
押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
クイックセレクトの設定
起動操作
1. モード [ オフ ] の項目を選択し、RTN ボタンにタッチし
ます。
1.("MDL" 設定の場合は MDL ボタンをタッチしながら)
電源を入れるとクイックセレクト画面が開きます。
2. スクロール操作で [ クイックセレクト ] を選択します。
*ただし、スタートセレクト機能が有効でも、RTN ボタ
ンを押しながら電源を入れた場合は、パワーモード切
替画面が開きます。
2. 希望のモデルのボタンをダブルクリックすると登録して
あるモデルに切り替わります。
3. RTN ボタンにタッチします。
* RTN ボタンをダブルクリックすると、前回使用してい
たモデル(カレントモデル)が起動します。
*前回とモデルを変更した場合、アラーム音と共に下記
のモデル変更画面が表示されます。
4. スクロールして MDL かジョウジにカーソルを移動します。
RTN →スクロールで MDL かジョウジを選びます。
● [ ジョウジ ] 毎回電源を入れる度にクイックセレクト画
面を開く設定。
● [MDL] MDL ボタンにタッチしながら電源を入れるとク
イックセレクト画面を開く設定。
5. タッチセンサの各ボタンに対応するモデルを選択します。
62 <システム・メニュー機能>
●システムメニューで [ スタートセレクト ] を選択し、
RTN ボタンにタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機 能 名 に カ ー ソ ル を 移 動 し、
RTN ボタンにタッチします。
または、HOME/EXIT ボタンを
押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
モデルセレクト画面の表示
起動操作
1. モード [ オフ ] の項目を選択し、RTN ボタンにタッチし
ます。
1.("MDL" 設定の場合は MDL ボタンをタッチしながら)
電源を入れるとモデルセレクト画面が開きます。
2. スクロール操作で [ モデルセレクト ] を選択します。
*ただし、スタートセレクト機能が有効でも、RTN ボタ
ンを押しながら電源を入れた場合は、パワーモード切
替画面が開きます。
2. 変更したいモデルにカーソルを合わせて RTN ボタンを
タッチするとモデルが変更されます。
3. RTN ボタンにタッチします。
*前回とモデルを変更した場合、アラーム音と共に下記
のモデル変更画面が表示されます。
4. スクロールして MDL かジョウジにカーソルを移動します。
RTN →スクロールで MDL かジョウジを選びます。
● [ ジョウジ ] 毎回電源を入れる度にモデルセレクト画面
を開く設定。
● [MDL] MDL ボタンにタッチしながら電源を入れるとモ
デルセレクト画面を開く設定。
<システム・メニュー機能>
63
オートロック
飛行中に誤ってタッチセンサーに触れしまう
と設定が変わってしまい危険な状態になる可能性
があります。2種類の、自動でタッチセンサーを
ロックする機能は、危険を未然に防ぎます。また、
HOME 画面から S1 ボタンを1秒以上押すと手動で
ロックすることができます。ロック状態になると
HOME 画面にキーのアイコンが表示されます。
●オートロックタイマー
HOME 画面でタッチセンサーを、設定時間操作しない
状態が続いたときロックをかける機能です。
●スタートロック
電源ON時とモデル変更時にロックをかける機能です。
●システムメニューで [ オートロック ] を選択し、RTN ボ
タンにタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
●手動ロック
HOME 画面から S1 ボタンか HOME/EXIT
ボタンを 1 秒以上タッチすると手動で
タッチセンサーがロックします。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機 能 名 に カ ー ソ ル を 移 動 し、
RTN ボタンにタッチします。
または、HOME/EXIT ボタンを
押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●ロック解除
どのロック機能でも S1 ボタンか
HOME/EXIT ボタンをを 1 秒以上タッ
チするとロックが解除されます。
オートロックタイマーの設定
1. オートロック [OFF] の項目を選択し、RTN ボタンにタッ
チします。
*機能が働く表示はスタートロックは [ON] ですがオート
ロックタイマーは秒数が表示されていると、オートロッ
クが働いているという表示です。
*両方の機能を同時に使用できます。
*両方の機能が OFF で手動でロックをかけ、電源を OFF
にした場合、ロックは次回起動時にもロックが継続し
ます。
2. スクロール操作で、何秒タッチセンサーを操作しなけ
ればロックする秒数(1 ∼ 30 秒)を選択します。
*オートロックタイマーが有効で、スタートロックが
OFF の時、起動時には必ずロックが解除されます。
3. RTN ボタンにタッチします。
●ロック状態の表示
ロックがかかると「ピッピッ」と音
がしてキーのアイコンがでます。
スタートロックの設定
1. スタートロック [OFF] の項目を選択し、RTN ボタンに
タッチします。
2. スクロール操作で、[ON] を選択します。
3.RTN ボタンにタッチします。
危険
フライト中はタッチセンサーをロックし
てください。
■不意にタッチセンサーに触れてしまうと設定が変
わって墜落する危険性があります。
64 <システム・メニュー機能>
インフォメーション
このインフォメーション画面では、T14SG シス
テム・プログラムのバージョン情報、SD カードの
情報、表示言語の選択(英語/日本語(カタカナ)/そ
の他)およびプロダクト ID が表示されます。
* SD カードが挿入されていない場合は、SD カードの情
報は表示されません。
* SD カードは付属していません。
●システムメニューで [ インフォメーション ] を選択し、
RTN ボタンにタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
● " プロダクト " "RF ID":
送信機のプロダクト ID No. /RF ID
No. が表示されます。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
● " カードサイズ " :SD カードに保存されているファイル数および保存可能なファイル数
を表示(SD カードが挿入されている場合)
● " バージョン ":システム・プログラムのバージョンを表示。
● " ゲンゴ ":画面表示の言語が表示されます。
画面表示言語の変更方法
1." ゲンゴ " の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーを左右にスクロール操作して言語を選択し、RTN
ボタンにタッチします。
*表示言語が切り替わります。
<システム・メニュー機能>
65
SBUS サーボ
送信機裏面の S.I/F コネクターに S.BUS/
S.BUS2 サーボとバッテリーを接続する
ことにより、サーボの CH 設定や各種設
定を行うことができます。S.BUS/S.BUS2
サーボが設定を記憶します。
三又ハブ
または、
二又コード
* ご使用の S.BUS/S.BUS2 サーボにより、使用
できる機能とできない機能があります。使
用できる機能のみ送信機に表示されます。
T14SG 裏面
●システムメニューで [SBUS サーボ ] を選択し、RTN ボ
タンにタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
S.BUS/S.BUS2 受信機用
バッテリー
サーボ
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ここで、下記手順で S.BUS サーボの CH をたとえば 6 に
設定しサーボにかきこむと、その S.BUS サーボは自分は
6CH で動作すると記憶します。そのサーボを S.BUS コネ
クターに接続すると、S.BUS コネクターは全 CH のデータ
が出力されていますが、
そのサーボは 6CH の動作をします。
※ヨミコミを行ったあとに上図の接続で、
該当チャンネルのスティックやスイッチ
を操作すると、サーボが動作します。
※ 6CH がかきこまれた S.BUS サーボを S.BUS ではない従来 CH の、たと
えば 2CH に接続するとそのサーボは 2CH の動作をします。
S.BUS サーボ設定変更手順
1. 上記図のように S.BUS(2) サーボを送信機に配線します。
2. 送信機の電源をONしてシステム・メニューの [SBUS
サーボ ] を選択します。
3. S1 を2回押して 3/3 ページにして、[ ヨミコミ ] を選択
し RTN を押し、次いで RTN を1秒以上押すとそのサー
ボの ID と現状の設定が表示されます。
4. 複数のサーボを同時に接続する場合、画面の ID ナンバー
右側にある [INH] を [ACT] にして設定したいサーボの ID
を入力します。
7. RTN を押し、次いで RTN を1秒以上押します。
8. 書込みが成功すると、カンリョウシマシタのメッセー
ジがでます。サーボは設定動作します。
9. サーボ / バッテリーを送信機からはずして機体に搭載し
てください。
※サーボの設定を初期化したいとき
[ ヨミコミ ] すると [ ショキカ ] が表示されます。[ ショ
キカ ] を選んで RTN を押し、次いで RTN を1秒押すと
そのサーボが出荷状態に初期化されます。
5. 各項目の設定を入力します。
6. [ カキコミ ] を選びます。
66 <システム・メニュー機能>
S.BUS サーボ設定機能の説明
※ご使用の S.BUS サーボにより、使用できる機能とできない機能があります。
● ID
パラメーターを読込んだサーボの ID を表示します。変更はできません。
● CH
サーボに割り当てられた S.BUS システムのチャンネルです。使用する前に、必ずチャンネルの割り当てを行っ
てください。
●サーボリバース
サーボの回転する方向を変更することができます。
●サーボタイプ
“リトラクタブル”を選択すると、サーボが停止した状態が 30 秒間続いた場合、デッドバンドを拡大し、外力
による不要な保持電流をなくす状態になります。新たに操作信号が入ると直ちに通常の動作となります。引込脚
用サーボとして使用する場合に“リトラクタブル”を選択します。また、引き込み脚の可動範囲に合わせた舵角
調整も行ってください。
●ソフトスタートディレイ
電源投入時の瞬時に指定位置に動く動作を制限します。この設定を行うことにより、電源を立ち上げた時の最初
の 1 動作だけゆっくりと指定位置に移動します。またその時の動作速度を設定できます。 ●停止モード
サーボの入力信号が途絶えた時のサーボの状態を指定することができます。
“フリー”のときは脱力し、
“ホールド”
のときは信号が途絶える直前の角度を保持します。AM および FM システムでも、サーボのホールドモードを設
定することができるようになります。ただし、フェイルセーフ機能ではありません。
●スムーサー
サーボの動きを滑らかにする機能です。好みに応じて設定を行ってください。通常は ON の設定でご使用くださ
い。特に素早い動作を希望する場合には OFF にします。
●ニュートラル調整 ニュートラル位置を変更することができます。ただし、ニュートラル位置を大きく変更した場合、最大舵角時に
サーボの動作範囲を超え、サーボが動作しない不感帯が発生することがあります。
●スピードコントロール
動作スピードを設定できます。使用電圧、負荷トルク、モーターのばらつき等の影響を受けることなく、複数のサー
ボのスピードを揃えることができます。
ただし、各動作電圧におけるサーボの最大スピード以上の設定を行っても、最大スピード以上のスピードにはな
りませんので注意してください。
●デッドバンド
停止位置の不感帯の範囲 ( 角度 ) を設定できます。
【デッドバンド設定値とサーボ動作の関係】
小さくする → 停止位置の不感帯幅を小さくできます。小さな信号変化でサーボがすぐに動きだすようになり
ます。
大きくする → 停止位置の不感帯幅を大きくできます。小さな信号変化ではサーボが動きださなくなります。
(注意)不感帯幅の角度を小さく設定しすぎると、サーボが常に動作し続ける状態になりますので、消費電流が
増えることになり、サーボの寿命も短くなる場合があります。
●舵角調整
ニュートラルを中心とした左右の最大舵角を独立して設定することができます。
●ブースト量
サーボを駆動するときに、内部のモータにかける最小動作量を設定できます。モーターは小さな動作量では起動
しないので、実質的にデッドバンドが拡大するように感じます。そこで起動できる最小動作量 ( ブースト ) を調
整して、モーターが直ぐに起動できるようにします。
【ブースト設定値とサーボ動作の関係】
小さくする → 微小な操作量には反応しなくなりますが、動作は滑らかになります。
大きくする → 初期レスポンスが良くなり動き出しのトルクが大きくなりますが、あまり大きくしすぎると、
動作が粗くなります。
<システム・メニュー機能>
67
●ブースト ON/OFF
サーボを低速で動作させた場合のみブースト機能を ON させるモードと、常時ブーストを ON させるモードの切
替えです。
OFF:低速のみ ON(通常は OFF でお使いください。)ON:常時 ON(素早い動作を希望する場合)
●ダンピングゲイン
サーボが停止する際の特性を設定できます。
標準値の数値より小さくすると、オーバーシュート(行き過ぎてから戻る)特性となります。数値を大きくすると、
停止位置手前からブレーキがかかったように止まる設定となります。
特に、大きい負荷がかかるときに、慣性によるオーバーシュート等を抑えて、条件によって起こるハンチング(サー
ボが痙攣するように動く現象)を起こりにくくすることができます。デッドバンド、ストレッチャー、ブースト
などのパラメーターが適正であっても、ハンチングが起こる場合は、初期値より大きい値に調整してください。
【ダンパー設定値とサーボ動作の関係】
小さくする → オーバーシュートさせたい場合。ハンチングが起こらないような設定にしてください。
大きくする → ブレーキがかかったような動作にしたい場合。但しサーボのレスポンスが悪くなったように感
じます。
(注意)ハンチングが発生した状態で使用すると、消費電流が多くなるばかりでなく、サーボの寿命も短くなり
ます。
●ストレッチャー・ゲイン
サーボの保持特性の設定ができます。
サーボの現在位置が目標位置とずれている時に、目標位置へ戻ろうとするトルクを調整することができます。
ハンチングを止める時等に利用しますが、下記の様に保持特性が変わります。
【ストレッチャー設定値とサーボ動作の関係】
小さくする → サーボの保持力が弱くなります。
大きくする → サーボの保持力が強くなります。
(注意)ストレッチャーを大きくすると、消費電流が増えていきます。
●アラーム
・電源投入時に、送信機の電波をださないでサーボの電源を先に ON した場合、毎秒 2.5 回のブザー音がサーボか
ら鳴り続けます。
(送信機の電波を先に出した場合でも、サーボの信号が正常に出力されるまでブザーがなりま
すが、異常ではありません。)
・操縦終了時に、送信機の電源を先に OFF してしまった場合に、サーボ電源切り忘れアラームとして、毎秒 1.25
回のブザー音が鳴り続けます。(受信機の電源 ON の状態でサーボのコネクターを抜き差しした場合、S.BUS 接
続されたサーボが誤認識して確認音が鳴る場合がありますので、電源が入ったまま抜き差ししないでください。)
(注意)ブザー音はサーボのモーターを振動させることにより発生させます。電流を消費し、サーボが発熱しま
すので、必要以上の個数を作動させたり、長時間ブザーを鳴らし続けないでください。
68 <システム・メニュー機能>
リンケージメニュー機能
リンケージ・メニューはモデルの追加、モデル
タイプの選択、通信システムの設定、エンド・ポイ
ントの設定等の主にモデルの基本設定を行う機能
で構成されています。
なお、使用するモデル・タイプによって、一部
選択できる機能が異なります。下記のメニュー画面
は一例を示します。
●ホーム画面から LNK ボタンを 2 回タッチして、下記の
リンケージメニューを呼び出します。
(表示画面は一例を示します。モデル・タイ
プにより画面が異なります。)
タッチセンサーをスクロール操作して設定したい機能
を選択し、RTN ボタンにタッチして設定画面を呼び出
してください。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ページ移動
リンケージ・メニューの機能一覧
サーボ:サーボ・テストおよび動作位置の表示
モデルセレクト:モデルの追加、呼び出し、削除、コピー、モデル名の設定
モデルタイプ:モデル・タイプ、ウイングタイプ、スワッシュタイプ等の選択
システム:FASSTest/FASST-MULT/FASST-7CH/S-FHSS モード選択、エリア選択
ファンクション:各ファンクションのチャンネル割り当ての変更が可能
サブトリム:各サーボのニュートラル位置の調整
サーボリバース:サーボの動作方向の反転
フェールセーフ:フェール・セーフ機能、バッテリー・フェール・セーフ機能の設定
エンドポイント:サーボの基本舵角の調整、リミット設定
サーボスピード:サーボスピードの設定
スロットルカット:エンジンを安全にかつ容易に停止させる機能(飛行機、ヘリのみ)
アイドルダウン:エンジンのアイドリング回転数を下げる機能(飛行機のみ)
スワッシュリング:スワッシュ動作量を一定範囲に制限する機能(ヘリのみ。)
スワッシュセッテイ:スワッシュ AFR およびリンケージ補正機能(ヘリのみ。H-1 以外。)
T1-T4 セッテイ:デジタル・トリムのステップ量、モードの設定
ケイコク:ミキシングワーニングの常時解除の設定
テレメトリー:受信機から送られた各種情報を表示
センサー:テレメトリーシステム各種センサーの設定
データ・リセット:モデル・メモリーの設定データのリセット
<リンケージ・メニュー機能>
69
サーボ
リンケージメニューやモデルメニューの機能を
設定したときの各サーボの動作をバーグラフおよ
び数値で確認することができます。このサーボモ
ニタ画面はモデル・メニューからでも呼び出すこ
とが可能です。
また、2 種類のサーボ・テストが可能です。往復
動作モード [ オウフク ] の場合はサーボが反復動作
します。ニュートラル・モード [ ニュートラル ] の
場合はサーボがニュートラル位置に固定されます。
サーボテスト機能を誤って ON にし、不意にプ
ロペラやローターが回転すると危険なので下記の
状態ではサーボテスト機能は ON にできません。
●スロットルカット状態(飛行機 / ヘリ)
●スロットルホールド状態(ヘリ)
●リンケージメニューで [ サーボ ] を選択し、RTN ボタン
をタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデル・タイプにより画面が異なります。)
サーボテストの操作
1. サーボテストの開始
[ オフ ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作してテスト・モードを選び、RTN
ボタンにタッチします。
*テストが開始されます。
[ オウフク ]:各サーボが反復動作するモード
[ ニュートラル ]:各サーボがニュートラルに固定さ
れるモード
2. サーボ・テストの終了
テスト・モードの項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンにタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作して [ オフ ] を選び、
RTN ボタンにタッチします。
*テストが終了し、サーボ・モニターの画面となります。
70 <リンケージ・メニュー機能>
注意
エンジン始動中や動力用モーター配線
が接続された状態では、絶対に、サー
ボテストを起動してはいけません。
■勝手にプロペラやローターが回転し、大変危険
です。
モデルセレクト
このモデルセレクト機能でモデルの追加、呼び
出し、削除、コピー、モデル名の設定が行えます。
送信機本体および SD カード内に保存されたモデル
データについて操作が可能。なお、送信機本体には
最大 30 機分のモデルを記憶できます。
わかりやすいモデルの名前を付けておくと、後
でモデルを見分けるのに大変便利です。モデル名は
最長 10 文字まで可能。使用中のモデルがホーム画
面に表示されます。
コピー機能は送信機および SD カードへのモデル
のバック・アップや、新しいモデルを設定する場合
に、すでに有るモデルをコピーして必要部分のみ変
更して作るときなどに使用できます。新しい設定を
行う前にバック・アップ・コピーを取る場合にも便
利です。 また、T8FGS のモデルデータもコピーし
て使用可能です。
* T14SG のモデルデータは T8FG(S) では使用できません。
●リンケージメニューで [ モデルセレクト ] を選択し、
RTN ボタンにタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
●保存先
[ ホンタイ ]:送信機本体メモリー側
[ カード ](メモリー・カード):SD カード側
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデル・タイプにより画面が異なります。)
(モデル・リスト)
モデルの呼び出し [ センタク ]
モデルの追加 [ シンキ ]
*現在使用中のモデル以外に保存されているモデルデータ
を呼出すことができます。
*本体側に新規にモデルを追加することができます。
1. 保存先の表示(" ホンタイ " または " カード ")にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作
して、保存先を選択し、RTN ボタンにタッチします。
1. [ シンキ ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチし
ます。
*確認メッセージが表示されます。
[ ホンタイ ]:送信機本体メモリー側
[ カード ]:SD カード側
2. モデル・リスト中の希望するモデルにカーソルを移動
した後、RTN ボタンにタッチします。
3. [ センタク ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチ
します。
*確認メッセージが表示されます。
2. RTN ボタンにタッチ
(1 秒)
します。
(中止する場合はタッ
チセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタンにタッ
チします。)
*モデル・タイプ選択画面および周波数設定画面が自動
的に表示されます。確認または変更してください。
* " デンパ ジョウタイ カクニンチュウ " というメッ
セージが表示され、電波が発射されます。
*追加したモデルがモデルリストに表示されます。
4. 再度 RTN ボタンにタッチ(1 秒間)すると、呼出しが
完了します。
(中止する場合はタッチセンサーをスク
ロール操作するか、S1 ボタンにタッチします。)
* " デンパ ジョウタイ カクニンチュウ " というメッ
セージが表示され、電波が発射されます。
*新規モデル追加後は同じ受信機を使用した
としてもはじめに、再リンクが必要です。
一度リンクするとその後のモデル変更時に
リンクは不要です。 (再リンクしなければ
テレメトリー機能が使用できません。)
<リンケージ・メニュー機能>
71
モデルの削除 [ サクジョ ]
*本体または SD カードに保存されたモデルを削除するこ
とができます。
重要:現在呼び出し中のモデルは削除できません。
1. 保存先の表示(" ホンタイ " または " カード ")にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作
して、保存先を選択し、RTN ボタンにタッチします。
5. 入力が完了したら [ ケッテイ ] を選択し RTN ボタンに
タッチします。
(入力を途中で止めて元の状態に戻りた
い場合は、[ キャンセル ] を選択し RTN ボタンにタッチ
します。)
6. 画面上段の [ モデルセレクト ] にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチして前の画面に戻ります。
モデルコピー(コピー)
[ ホンタイ ]:送信機本体メモリー側
*本体または SD カードに保存されたモデルをコピーする
ことができます。
[ カード ]:SD カード側
1.(コピー元のモデルの選択)
2. モデル・リスト中の削除したいモデルにカーソルを移
動し、RTN ボタンにタッチします。
3. [ サクジョ ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチ
します。
*確認メッセージが表示されます。
保存先の表示(" ホンタイ " または " カード ")にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作
して、保存先を選択し、RTN ボタンにタッチします。
[ ホンタイ ]:送信機本体メモリー側
[ カード ]:SD カード側
2. モデル・リスト中のモデルにカーソルを移動し、RTN
ボタンにタッチします。
3. [ コピー ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチし
ます。
4. RTN ボタンにタッチ(1 秒)すると、モデルが削除さ
れます。(中止する場合はタッチセンサーをスクロール
操作するか、S1 ボタンにタッチします。
)
モデル名の変更 [ リネーム ]
*本体または SD カードに保存されたモデルの名前を変更
することができます。
1. 保存先の表示(" ホンタイ " または " カード ")にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作
して、保存先を選択し、RTN ボタンにタッチします。
[ ホンタイ ]:送信機本体メモリー側
[ カード ]:SD カード側
2. モデルリスト中の名前を変更したいモデルを選択し、
RTN ボタンにタッチします。
3. [ リネーム ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチ
します。
*モデル名内の設定画面が表示されます。
4. 下記の操作方法により、モデル名を変更してください。
・モデル名のカーソル移動:
[ ← ] または [ → ] を選択し RTN ボタンにタッチします。
・文字の消去:
[ サクジョ ] を選択し RTN ボタンにタッチすると、カー
ソル直後の文字が消去されます。
・文字の追加:
文字リストから候補文字を選択し RTN ボタンにタッチ
すると、カーソル直後の位置に文字が追加されます。
*文字リストは 3 ページに分かれています。S1 ボタンを
タッチして切替が可能です。
*モデル名として 10 文字までの名前を付けることができ
ます。(スペースも 1 文字に数える)
72 <リンケージ・メニュー機能>
*コピー画面が現れます。
4.(保存先を変更する場合)
保存先の表示(" ホンタイ " または "SD カード ")にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。タッチセ
ンサーをスクロール操作して、保存先を選択し、RTN
ボタンにタッチします。
5. [ コピー ] にカーソルを移動します。
6. RTN ボタンにタッチします。確認メッセージが表示さ
れ、RTN ボタンにタッチ(1 秒)するとコピーが実行
されます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロー
ル操作するか、S1 ボタンにタッチします。)
モデルタイプ
この機能は、飛行機、ヘリコプター、グライダー
のモデル・タイプを選択する機能です。モデル・タ
イプを選択することにより、その機体に最適なミキ
シング機能等が使用可能となります。モデルを設定
する前に必ずこのモデル・タイプの選択を行う必要
があります。
飛行機およびグライダーは 6 種類の主翼タイプ、
3 種類の尾翼タイプおよび 5 種類の無尾翼タイプか
ら使用する機体に合ったタイプを選択します。
ヘリコプターの場合は 6 種類のスワッシュ・タ
イプから選択します。
重要: このモデル・タイプ画面でモデル・タイプを設
定すると、すでに設定されているその他の設定
データが失われます。十分注意してください。
必要な場合は、モデル・セレクト機能で、新規
にモデルを追加するか、バック・アップ用のコ
ピーを作成してください。
なお、下記のスワッシュタイプグループ内の変
更時には、スワッシュ機能以外のデータをその
まま残すことが可能です。ただしグループをま
たがる変更の場合には設定データはリセットさ
れます。
(スワッシュ・タイプ・グループ)
グループ A:H-1、H-3、HR3、HE3
グループ B:H-4、H4X
●リンケージメニューで [ モデルタイプ ] を選択
し、RTN ボタンにタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデル・タイプにより画面が異なります。)
モデル・タイプの選択
1. 変更したい項目にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッ
チして、データ入力モードに切り替えます。
" タイプ ":モデル・タイプ
" シュヨク ":主翼タイプ(飛行機/グライダー)
5.(ヘリコプターのスワッシュタイプを変更時に設定デー
タを残す場合)
*リセットの項目が [OFF] の状態でスワッシュタイプを変
更してください。
[ON] の場合、設定データはリセットされます。
" ビヨク ":尾翼タイプ(飛行機/グライダー)
" スワッシュ ":スワッシュ・タイプ(ヘリコプター)
2. タッチセンサーをスクロール操作して変更したいタイ
プに変更し、RTN ボタンにタッチします。
*確認メッセージが表示されます。
3.RTN ボタンに 1 秒間タッチします。
(中止する場合はタッ
チセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタンにタッ
チします。)
4.[ ハイ ] にカーソルを移動し、RTN ボタンにタッチ(1 秒)
し、変更を実行します。(中止する場合は、S1 ボタンを
タッチするか、[ イイエ ] にカーソルを移動し RTN ボタ
ンにタッチします。
*使用するシステムモードにより、(選択できる)モデル
タイプが異なります。
<リンケージ・メニュー機能>
73
飛行機・グライダーのタイプ別サーボ配置
●主翼タイプ(ノーマルの場合)
1エルロン
2エルロン
2エルロン+1フラップ
2エルロン+2フラップ
2エルロン+4フラップ
4エルロン+2フラップ
●主翼タイプ(無尾翼機の場合)
2エルロン
2エルロン+1フラップ
2エルロン+4フラップ
4エルロン+2フラップ
2エルロン+2フラップ
●ラダータイプ
ノーマル・ラダー
ウィングレット
●尾翼タイプ
ノーマル
V テール
ヘリコプターのタイプ別サーボ配置
●スワッシュ・タイプ
74 <リンケージ・メニュー機能>
エルベーター
システム
通信システムの選択
この T14SG 送信機は FASSTest 方式(14CH モー
ド /12CH モード)、FASST 方式(MULT モード /7CH
モード)、S-FHSS 方式に切替えが可能です。使用す
る受信機に合わせてモードを選択してください。
次々ページに選択例があります。
受信機数の選択
通常 1 つの機体に 1 つの受信機を積む場合は "
シングル " を選択します。1 つの機体に受信機を 2
台搭載する際には、" デュアル " に変更します。
*なお、フランスで使用する場合は、"F"[FRANCE] を
選択します。その他、国や地域とは規定が異なりま
す。
受信機とのリンク
送受信機には固有の ID コードがあり、同じ ID
コードでなければ動作しません。あらかじめ送受信
機のリンクを行う必要があります。また、リンク時
に受信機のバッテリーフェイルセーフ電圧を設定
できます。
(3.5 ∼ 8.4V)リンク時に受信機に記憶
されます。(FASSTest モードのみ)
リンクが必要なケース
エリアモードの選択
①初期セット以外の受信機を使用する時。
この設定により、T14SG 送信機から送信される
2.4GHz 帯電波の周波数範囲が変更されます。
②通信システムを変更した時。
通常、日本国内で使用する場合は "G"[GENERAL]
(初期設定)を選択してください。
③モデルセレクトで新しいモデルを作成した時。
●リンケージメニューで [ システム ] を選択し、RTN ボタンを押して、下
記の設定画面を呼び出します。または、ホーム画面よりシステム表示
(FASSTest14CH など ) にカーソルを移動し、RTN ボタンを押して呼び出
します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
テレメトリー
FASSTest14CH モードでテレメトリーを ACT に
すると双方向通信が可能になります。DL はテレメ
トリーの更新時間で 0.1S から 2.0S まで選択できま
す。更新時間が短いと機体からのデータをすぐに表
示できますが、操作反応速度が低下します。
通信システムの変更
1."FASSTest" の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンに
タッチして、データ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作してモードを選択し
ます。
*確認メッセージが表示されます。
*モデルタイプによりチャンネル数が不足する場合が
あります。
「モデルタイプ別サーボ接続」の項をご
参照ください。
*通信システムを変更してもモデルデーターはそのま
ま引き継がれます。
*ヘリの場合システムタイプを変更すると、そのシス
テムに最適の初期設定チャンネル配置に並び替える
か、そのまま同じ配置にするか選択できます。
*変更後は各動作や方向が正しいか十分ご確認くださ
い。特に同じファンクションを複数の CH に使用し
ている場合など CH データーがそれぞれ異なります
ので注意してください。
受信機シングル / デュアルの変更
1." シングル " の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンに
タッチして、データ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作してモードを選択し
ます。
*確認メッセージが表示されます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンにタッチします。)
3. 再度 RTN ボタンにタッチするとモードが変更されます。
*送信が一旦停止され、新しいモードで送信されます。
<リンケージメニュー機能>
75
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンにタッチします。)
3. 再度 RTN ボタンにタッチするとモードが変更されます。
エリアモードの変更
操作)を行うと、受信機の LED が緑点灯に変わっても、
別の送信機の ID コードを読み込んでいる場合がありま
す。使用前に必ず受信機の電源を入れなおしてから、
サーボの動作テストを行い、自分の送信機で正しく動
作することを確認してください。
緑点灯
(通常、この設定は変更しません。)
リンク完了
1." クニ チイキ " の項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンにタッチして、データ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作してモードを選択し
ます。
"G" GENERAL:日本国内で使用するモード。
"F" FRANCE:フランスで使用するモード。
*確認メッセージが表示されます。
●リンケージメニューで [ システム ] を選択し、RTN ボタ
ンを押して、下記の設定画面を呼び出します。または、
ホーム画面よりシステム表示 (14CH など ) にカーソル
を移動し、RTN ボタンを押して呼び出します。
●受信機を1個使用の場合は " シングル "
もし1機に2個の受信機を搭載する場
合 " デュアル " を選びます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンにタッチします。)
3. 再度 RTN ボタンにタッチするとモードが変更されます。
*送信が一旦停止され、新しいモードで送信されます。
リンク操作の手順
1. 送信機と受信機を 50cm 以内に近づけた状態で、送信
機の電源を ON にします。
●受信機にバッテリーフェイル
● [ リンク ] を選択して
セーフ電圧 (3.5 ∼ 8.4V) を記
RTN ボタンを押すとリ
憶させます。
ンクモードに入ります。 *FASSTest モードのみ可能
● [ デュアル ] を選択した場合。
50cm 以内
2. [ リンケージ ] メニュー→ [ システム ] を開きます。
(タッ
チセンサーの LNK を2回押す→スクロールでシステム
を選択→ RTN を押す)
3. 受信機を1個使用の場合は [ シングル ] もし、1機に2
個の受信機を使用する場合は [ デュアル ] を選びます。
* デュアルの場合 2 つの受信機とリンクします。
4. バッテリーフェイルセーフ電圧を初期値 3.8V から変更
する場合は B.F/S 電圧を変更します。 *FASSTest モー
ドのみ
5. スクロールで [ リンク ] を選択して RTN ボタンを押し
ます。送信機からチャイム音がでてリンクモードには
いります。
リンクモード
にして
警告
電源 ON
6. 上記の状態で、すぐに受信機電源を ON にしてください。
7. 受信機電源 ON から約2秒後に受信機はリンク待ち状
態になります。(リンク待ちは約1秒間 )
8. 受信機の LED が赤点滅から緑点灯に変化するとリンク
完了です。
9. 周囲に FASSTest-2.4GHz システムの送信機が電波を送
信している場合に、ID コードの読み込み操作(リンク
76 <リンケージメニュー機能>
● [P] とはプライマリーの略で1個目の受信機を示します。
[S] とはセカンダリーの略で 2 個目の受信機を示します。
リンクが成功するとそれぞれの ID が表示されます。そ
れぞれバッテリー F/S 電圧が個別に設定できます。[P]
から先にリンクし、完了後2個目の [S] の受信機をリ
ンクします。※2台の受信機を使用する場合必ずデュ
アルモードにして別々にリンクしてください。2台の
受信機を使用する場合テレメトリーデータの更新は遅
くなります。3台の受信機とリンクはできません。
リンク操作は動力用モーターが接続され
た状態やエンジンがかかった状態では行
わない。
■不意にモーターが回転したり、エンジンが吹け上
がったりすると大変危険です。
リンク操作が完了したら、一旦受信機の
電源を OFF とし、リンクした送信機で
操作ができることを確認してください。
通信システム選択の例
・S-FHSS システム
・チャンネル数より反応速度
・以前使用していた
を優先したい
・インドアプレーン用の
の超小型受信機
超小型受信機を使いたい
を使いたい
受信機をそのまま
・テレメトリー機能は受信機
使いたい
バッテリー残量だけで良い
FASST 7CH
・より多チャンネルで使用したい
・多数のテレメトリー機能を活用
FASST MULT
したい
FASSTest 12CH
FASSTest 14CH
R7008SB
R7003SB
R7008SB
R7003SB
R608FS
R6008HS
R6108SB
R6208SB
R6014HS
R6014FS
R6203SB
R6203SBE
R6202SBW
R6303SB
R6303SBE
R617FS
R6004FF
R616FFM
R6106HF
R6106HFC
R6203SB
R6203SBE
R6202SBW
R6303SB
R6303SBE
S-FHSS
R2006GS
R2106GF
R2008SB
( 使用可能な受信機 )
(2012 年 10 月現在 )
対応通信システム
■ FASSTest 14CH --- FASSTest 方式対応受信機用のモードで、テレメトリーセンサユニットに対応し、
最大 14 チャンネル ( リニア 12+ON/OFF 2) まで使用できます。
■ FASSTest 12CH --- FASSTest 方式対応受信機用のモードで、受信機電圧の表示に対応し、
最大 12 チャンネル ( リニア 10+ON/OFF 2) まで使用できます。
テレメトリーセンサーが使えないですが、反応速度が 14CH モードよりUPします。
* デジタルサーボ専用となりノーマルサーボは使用できません。
■ FASST MULT
--- FASST-MULT 方式対応受信機用のモードで、最大 14 チャンネル ( リニア
12+ON/OFF 2) まで使用できます。
■ FASST 7CH
--- FASST-7CH 方式対応受信機用のモードで、最大 7 チャンネルまで使用できます。
■ S-FHSS
--- S-FHSS 方式対応受信機用のモードで、最大 8 チャンネルまで使用できます。
● FASST や S-FHSS システムを使用する場合リンクの手順
がことなります。T14SG のシステムを、使用する受信
機に合わせて変更し、送受信機を 50cm 以内に近付け
送信機、受信機の電源を ON し、受信機の Link ボタン
を 2 ∼5秒押します。LED が緑点灯でリンク完了とな
ります。それぞれの受信機の説明書をよくご覧になっ
て、動作チェックを十分におこなってからご使用くだ
さい。
<リンケージメニュー機能>
77
ファンクション [FUNCTION]
サーボ接続チャンネルのファンクション(エル
ロン , エレベーター等)とそのチャンネルのコント
ロール(スティック、スイッチ、トリムレバー等)は、
モデルタイプ選択画面で選択されたモデルタイプ
およびウイングタイプ(スワッシュタイプ)に応じ
て、最適な組み合わせに自動設定されますので、通
常はこの組み合わせで使用することを推奨します。
なお、このファンクション設定画面では、その
関係を自由に変更することが可能です。
* たとえばエレベータースティック操作を受信機の2
チャンネルと3チャンネルに設定し、2個のエレ
ベーターサーボを接続することも可能になります。
システムタイプ別チャンネル数の制限について
FASSTest 14CH モード時は 12 のリニアチャンネ
ル(CH1 ∼ CH12)および 2 つのスイッチチャンネ
ル(DG1/2)が設定可能です。
FASSTest 12CH モード時は 10 のリニアチャンネ
ル(CH1 ∼ CH10)および 2 つのスイッチチャンネ
ル(DG1/2)が設定可能です。
FASST 7-ch モードでは 7 つのリニアチャンネル
が設定可能です。
S-FHSS モードでは 8 つのリニアチャンネルが設
定可能です。
チャンネルの置換
チャンネル毎に設定されているファンクション
の設定とコントロールの設定をまとめて変更(置
換)することができます。
スロットルトリム(ヘリ)
ヘリの場合、ノーマルコンディション以外でス
ロットルトリムを無効にすることができます。
モーターファンクション(飛行機 / グライダー)
ファンクションを " モーター " に変更した場合そ
のチャンネルをリバースに変更してよいか確認画
面がでます。ご使用のモーターコントローラーに合
わせて設定してください。
FASST MULT モード時は 12 のリニアチャンネル
(CH1 ∼ CH12)および 2 つのスイッチチャンネル
(DG1/2)が設定可能です。
●トリムの動作モード表示
" レンドウ .":コンビネーションモード
" コベツ ":セパレートモード
※設定はリンケージメニュー→ T1-T4 セッテイ
で行います。
*スイッチチャンネル
DG1/2 はスイッチチャンネルとして使用できます。
コントロール操作との関係は自由に変更できます。
●リンケージメニューで [ ファンクション ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
ファンクションの変更
操作コントロールの変更
1. 変更したいチャンネルのファンクションの項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチします。
1. 変更したいチャンネルの "CTRL" の項目にカーソルを移
動し、RTN ボタンをタッチします。
*ファンクション選択画面が表示されます。
*コントロール選択画面が表示されます。
2. 設定したいファンクション名にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチします。
*ファンクション名が点滅表示されます。
3. 変更を実行する場合は RTN ボタンをタッチします。(中
止する場合はタッチセンサーをスクロール操作するか、
S1 ボタンをタッチします。)
*複数チャンネルに 1 つのファンクションを割り当て
ることもできます。
78 <リンケージメニュー機能>
2. 設定したいコントロール名にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチします。
*複数のチャンネルに同じコントロールを割り付ける
ことも可能。
●コンディション毎のコントロールの変更(グライダー)
グライダタイプの場合、モーター、バタフライ、キャ
ンバの各ファンクションのコントロールをコンディ
ション毎に変更できます。
コントロールの横にある "G"(または "S")にカーソル
を移動します。
(ATL モードを選択したときに表示される "ATL" の項目
で [ ノーマル ]/[ リバース ] の選択が可能)
選択後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
チャンネルの置換
1. 変更したいチャンネル番号にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作して変更先のチャン
ネル番号を選択します。
G:グループ(全コンディション共通)
S:シングル(コンディション毎の設定)
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。タッチセンサーをスクロール操作してモードを
選択します。
*確認メッセージが表示されます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンにタッチします。)
再度 RTN ボタンにタッチするとモードが変更されます。
3. RTN ボタンをタッチするとチャンネルが置換されます。
*チャンネル毎に設定されているファンクションの設
定とコントロールの設定がまとめて変更(置換)さ
れます。
スロットルトリム(ヘリ)
ノーマルコンディション以外を選択時、スロットルト
リムにカーソルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチ
します。
* 1 秒間タッチする毎にモードが切り替わります。
トリムの設定
1. 変更したいチャンネルの " トリム " の項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチします。
*トリム設定画面が表示されます。
* "X" が表示された状態では、ノーマルコンディショ
ン以外で THR トリムが無効になります。
トリム設定画面で、下記の項目について設定が可能。
●トリムの選択
設定したいトリムレバー等にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチします。
*トリムが変更されます。
●トリムレートの設定
[ レート ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して設定します。
初期値:+30%
調整範囲:-150% ∼ +150%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
●トリム・モードの選択
[ モード ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して選択します。
[ ノーマル ]:ノーマルモード。通常のトリム(平行移
動トリム)の動作となります。
[ATL]:ATL 動作モード。スロットル・トリムで通常使
用する動作で、スロー付近が最大の変化量のモード。
また、ATL モードを選択した場合、リバースも可能。
<リンケージメニュー機能>
79
サブトリム
サブトリムは各サーボのニュートラル位置を設
定する機能です。また、リンケージとプッシュロッ
ドを接続したまま操舵面のニュートラルの微調整
もできます。
サブトリムの設定を始めるときは、必ずデジタ
ルトリムをセンター位置にしてください。
●リンケージメニューで [ サブトリム ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
サブトリムの調整
1. カーソルを調整したいチャンネルに移動し RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作して調整します。
初期値:0
調整範囲:-240 ∼ +240(ステップ)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*サブトリムを調整する前に、まずリンケージの調整
等で、舵面等をなるべくサブトリムを使用しなくて
良いように調整しておくことが大切です。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
3. 各チャンネルに対してこの手順を繰り返してください。
80 <リンケージメニュー機能>
サーボリバース
各チャンネルのサーボ動作方向を反転します。
*集合スワッシュプレート機構(HR-3 等)付きのヘリコ
プターの場合は、スワッシュプレートが正常に上下す
るように(この時点でピッチの動作方向は逆でも構い
ません)動作方向をまずサーボリバースで合わせ、ス
ワッシュ AFR 機能を使用して、エルロン、エレベーター ,
ピッチの動作方向を設定してください。
*モーターチャンネルの初期値、またデータリセットし
た時は " リバース " になります。
*複数のサーボで同一機能をコントロールするように設
定された飛行機/グライダータイプのミキシングを使
う場合は、サーボを反転すべきか、機能設定で反転す
べきかは大変複雑で分かりにくいものです。そうした
特殊な機能についてはそれぞれの機能説明を参照して
ください。
●リンケージメニューで [ サーボリバース ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
いつも飛行前に通信システム、選択モデ
ル、サーボ動作、動作方向、およびスイッ
チ設定等が正しいことを必ず確認してく
ださい。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
サーボリバース手順
*新しいモデルのリンケージが終了したら 、 サーボがそ
れぞれ正しいチャンネルに繋がっているかどうかを確
認してください。
*次に、各スティックを動かし、各チャンネルの動作方
向をリバースするべきかどうか判断してください。
1. 動作方向を反転したいチャンネルにカーソルを移動し
ます。RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切
り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作して、表示を [REV](ま
たは [NORM])に反転します。
*点滅表示となります。
3. RTN ボタンをタッチするとサーボ動作が反転し、カー
ソル移動モードに切り替わります。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンをタッチします。)
*リバースさせる必要のある各チャンネルについて以上
の操作を繰り返します。
<リンケージメニュー機能>
81
フェールセーフ
何らかの原因で、送信機からの信号を正常に受
信できなくなった場合、予め設定した位置にサーボ
を移動させることができます。
(フェールセーフ機
能)
●チャンネル毎にホールドまたはフェールセーフの
モードを選択できます。ただし、FASSTest 7CH モー
ドの場合、3CH 目のみ設定可能。
[HOLD]:ホールドモード。正常に受信できなくなる
直前のサーボ位置を保持します。
[F/S]:フェールセーフモード。サーボは事前に設定
した位置に動作し保持します。
また、受信機用バッテリーの電圧が約 3.8V 迄下
がると、バッテリーフェールセーフ機能が働き、予
め設定した位置にサーボを動作させることが可能
です。
●チャンネル毎にバッテリーフェイルセーフ機能を
ON/OFF できます。ただし、FASSTest 7CH モードの
場合、3CH 目のみの動作となり、ON/OFF 選択はで
きません。
●バッテリーフェールセーフ機能の解除スイッチを設
定可能。(初期設定:設定されていません。)
安全上、必ずフェールセーフ機能の設定
を行なってください。
■特にスロットルチャンネルについては、飛行機の場合
最スロー、ヘリの場合はホバリング位置よりスロー側
になるように設定します。正しく電波を受信できなく
なった場合に、フルハイで墜落すると大変危険です。
■バッテリーフェールセーフ解除スイッチをスロットル
スティックに設定している場合、エンジン不調と勘違
いし、スロットルスローで解除になり、飛行させてし
まう場合がありますので、疑わしい場合は直ちに着陸
させてください。
■バッテリーフェールセーフの解除後は飛行を続けず、で
きる限り速やかに着陸させてください。
■その他、操作をしていないにもかかわらず、サーボが
フェールセーフ位置に突然動作したときは、一旦着陸さ
せ、受信機のバッテリー電圧をチェックしてください。
■ 6V バッテリー使用の場合、バッテリーフェイルセーフ
は正常に働きません。(FASSTest モードはフェイルセー
フ電圧の変更が可能)
●リンケージメニューで [ フェールセーフ ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより
画面が異なります。)
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
1 つ 戻す
ページ移動
フェールセーフ設定手順
バッテリーフェールセーフ設定手順
1. カーソルを設定したいチャンネルの "F/S" の項目に移動
し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り
替えます。
フェールセーフ設定手順と同様の方法で、チャ
ンネル毎に設定が可能です。"B.F/S" の項目を選択して
2. タッチセンサーを左にスクロール操作して [F/S] を表示
させる。
*点滅表示となります。
3. RTN ボタンをタッチする。
(中止する場合はタッチセン
サーを右にスクロール操作するか、S1 ボタンをタッチ
します。)
* F/S モードに切り替わります。
4. カーソルを "POS" の項目に移動する。
5. 対応するスティック、ノブ、スライダー等を、フェー
ルセーフ時に動作させたい位置に保持し、RTN ボタン
を 1 秒間タッチします。
*設定位置がパーセントで表示されます。
*そのチャンネルをホールドモードに戻したい場合は、
再度 "F/S" の項目に移動し、RTN ボタンをタッチして
データ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を右にスクロール操作して [HOLD] を表示させてから
RTN ボタンを押してモードを変更してください。
82 <リンケージメニュー機能>
設定してください。
[ON]:バッテリーフェールセーフ機能が動作。
[OFF]:バッテリーフェールセーフ機能 OFF
バッテリーフェールセーフ解除スイッチの設定
この機能は、受信機のバッテリー電圧が低下し、
バッテリーフェールセーフ機能が作動後、機体の回
収のためにそれを一時解除する機能です。解除する
スイッチの選択を行います。
1. 4/4 ページに移動し、[ B. F/S カイジョ ] の項目にカーソ
ルを移動する。
2. RTN ボタンを押してスイッチ設定画面を呼び出し、ス
イッチおよび ON 方向を選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
エンドポイント [END POINT]
エンドポイントはサーボの動作量を左右片側づ
つ個別に調整できる機能で、リンケージの補正に使
用します。レート可変量は 0%から 140%まで可能
です。(CH1 ∼ CH12)
また最大動作量を制限するリミットポイントを
0%から 155%までの間で設定できます。このリミッ
トポイントを設定することにより、ミキシング等
により動作量が増えてもリミットポイントを越え
てサーボが動作することが無いので、サーボのロッ
ク、リンケージの破損等が防止できます。
●リンケージメニューで [ エンドポイント ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
*現在の操作方向を表示します。(点滅)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
(左/上)
(右/下)
(表示画面は一例を示します。モデルタイプによ
り画面が異なります。)
*設定するチャンネルの操作コントロールの上下、左右、または
左右回転の両方向について個別に調整できます。( 内側数値が
サーボ動作量、外側数値がリミットポイントの調整)
サーボ動作量の調整
1. カーソルを調整したいチャンネルのサーボ動作量の項
目(内側数値/初期値 100% のところ)に移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作して調整します。
初期値:100%
調整範囲:0%∼ 140%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
3. 各レートについて上記の手順を繰り返してください。
リミットポイント調整
1. カーソルを調整したいチャンネルのリミットポイント
の項目(外側数値/初期値 135% のところ)に移動し、
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
2. タッチセンサーをスクロール操作して調整します。
初期値:135%
調整範囲:0%∼ 155%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
3. 各レートについて上記の手順を繰り返してください。
<リンケージメニュー機能>
83
サーボスピード
1CH から 12CH までのサーボの動作スピードを
設定できます。0 ∼ 27 まで調整できます。0 がそ
のサーボの最速状態で数値が増えるにしたがって
スピードが遅くなっていきます。
*飛行機の場合、スロットルディレイとサーボスピード
の THR で重複して速度が変わります。どちらか 1 つを
ご使用ください。
*使用するサーボの最大速度よりスピードを速くするこ
とはできません。
* S.BUS サーボ使用時 S.BUS サーボ設定のスピードコン
トロールを設定すると重複して速度が変わります。ど
ちらか 1 つをご使用ください。
●リンケージメニューで [ サーボスピード ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
*スピードを変更したいチャンネル
サーボスピード設定手順
1. スピードを変更したい CH の数値にカーソルを移動しま
す。ページは S1 でかわります。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
3. スクロールして数値を入力します。初期値の 0 が最速
で 27 にむかいスピードが遅くなります。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
84 <リンケージメニュー機能>
*サーボスピード 0(早)∼ 27(遅)
スロットルカット
【飛行機/ヘリコプター】
スロットルカットは、スイッチを操作するだけ
で簡単にエンジンを止めることができる機能です。
安全のため、飛行機の場合、スロットルスティック
が 1/3 以下の状態で機能します。ヘリの場合は、動
作開始位置(スロットルポジション)の設定ができ
ます。
●スイッチは初期設定で -- に設定されていますので、
初めにスイッチと ON 方向を決めておく必要があり
ます。
●ヘリの場合、各コンディションで別々に動作 (ACT)
非動作 (INH) の設定ができます。ただし、ACT の場
合カットの動作量、動作ポジションは共通です。
*スロットルポジションのロー側でスロットルカット機
能が働きます。
*スロットルカットが ON のとき、カットが INH 設定の
コンディションに切り替わってもスロットルカット ON
の状態は継続します。この状態でも INH 設定のコンディ
ションでカット SW を OFF にできます。
●リンケージメニューで [ スロットルカット ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
*現在のスロットル位置を表示。
*スロットルカット設定位置を表示。
(飛行機用画面)
*スロットルカットの状態
*現在のス
ロットル
スティッ
クの位置
スロットルカット設定手順
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動してか
ら行います。
1. 機能を有効にする;
[ACT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左側にスクロール操作して "INH" から "ACT" の点滅
表示とし、RTN ボタンをタッチします。
2. スイッチの設定;
[SW] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してスイッチ設定画面を呼び出し、スイッチおよび ON
方向を選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
3. スロットルカット動作量の設定;
[POS] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作してスロットルカット操作時
のサーボ動作位置を調整します。
(ヘリ用画面)
*選択したカットスイッチを ON にし、スロットルス
ティックがアイドリングの状態で、エンジンが確実に
停止するまでレートを調整してください。
ただし、スロットルリンケージを引きすぎて、サーボに
無理な力がかからないように注意してください。
*カットポジションは絶対に最スローよりハイ側にセット
しないでください。エンジン(モーター)が吹け上がり
危険です。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
初期値:17%
調整範囲:0%∼ 50%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
4. スロットルポジションの設定 [ ヘリコプターのみ ];
[THRO] のボタンを選択した状態で、スイッチングした
いポジションにスロットルスティックを固定し、RTN
ボタンを 1 秒以上押します。
<リンケージメニュー機能>
85
アイドルダウン [IDLE DOWN]
【飛行機】
●機能はスロー側でのみ使用できます。
このアイドルダウン機能は、スイッチ操作によ
りエンジンのアドリング回転数を下げる機能です。
●初期設定ではスイッチ設定が --" となっていますの
で、スイッチと動作方向を設定する必要があります。
●リンケージメニューで [ アイドルダウン ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
*現在のスロットル位置を表示。
アイドルダウン設定手順
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動してか
ら行います。
1. 機能を有効にする;
[ACT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左側にスクロール操作して "INH" から "ACT" の点滅
表示とし、RTN ボタンをタッチします。
2. スイッチの設定;
3. オフセットレート設定;
[ オフセット ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーを左右にスクロール操作してアイドルダウ
ン操作時のサーボのオフセットレートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ 0%∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
[SW] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してスイッチ設定画面を呼び出し、スイッチおよび ON
方向を選択してください。
*マイナスレートを設定するとハイ側にオフセットが付
きます。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
86 <リンケージメニュー機能>
*最スロー付近が最大のオフセット量となります。
スワッシュリング
【ヘリコプター】
このスワッシュリング機能は、エルロンとエレ
ベータの同時操作によるスワッシュリンケージの
破損を防ぐため、スワッシュ動作量を一定範囲に制
限する機能です。舵角を大きく取る 3D 演技などに
有効です。
●リンケージメニューで [ スワッシュリング ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
* 機能を "ACT" にすると、スワッシュリング
および [ レート ] の項目が表示されます。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
* 動作範囲表示エリア
上下方向がエレベータ、左右
方向がエルロンの操作量を示
します。
*マーカーがスティックの位置
を表しています。
スワッシュリング設定手順
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動してか
ら行います。
1. 機能を有効にする;
[ACT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左側にスクロール操作して "INH" から "ACT" の点滅
表示とし、RTN ボタンをタッチします。
*スワッシュリング機能が有効となり、動作範囲表示エ
リアに円が表示されます。スティックの動作は、この
円の範囲内に制限されます。
2. スワッシュ動作量の設定
[ レート ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して、動作量を調整します。
調整範囲:50 ∼ 200%
初期値:100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*レートはスワッシュの傾き最大量に調整してください。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
<リンケージメニュー機能>
87
スワッシュ設定
(スワッシュタイプ H-1 の場合はこのスワッシュ設定画面
は現れません。)
ニュートラルポイント
リンケージ時にサーボホーンのニュートラル位
置がずれていると、リンケージ補正機能が有効に働
きません。このニュートラルポイントの設定で、リ
ンケージ補正のニュートラル位置を読み込みます。
ただし、この調整はスワッシュ設定の補正機能の基
準点を変更するだけであって、他の機能のニュート
ラル位置に影響を与えるものではありません。
*補正機能を使用する前に、このニュートラルポイン
トを設定してください。
スワッシュ AFR
スワッシュ AFR は、エルロン、エレベータ、ピッ
チのレート(移動量)を調整する(減らす/増やす
/反転する)機能です。
ミキシングレート
(通常は初期値のままで使用します)
このミキシングレートは、エルロン、エレベータ、
ピッチの各操作毎に、スワッシュプレートが正しい
方向に動作するように補正する機能です。
次のような補正ミキシングが可能です。
【ヘリコプター】
ただし、スワッシュタイプにより補正ミキシングが
異なります。
*対応する補正ミキシングを使って、正しい方向に動
作するよう補正してください。
リンケージ補正
この補正ミキシングは、スロットルスティック
がスローまたはハイ時に、エルロンまたはエレベー
タ操作を行ったときに発生する、相互干渉を補正す
る機能です。
スピード補正
このスピード補正は、スワッシュプレートの動
作時、各サーボの動作量が異なるときに発生する相
互干渉を補正する機能です。HR-3 の場合、エレベー
タ操作時に、エルロン、ピッチ・サーボの動作スピー
ドを落として補正します。
サブトリム
スワッシュ設定画面で、エルロン、エレベータ、
ピッチのサブトリムが設定できます。
ピッチアジャスト機能
ハイピッチ、ニュートラルピッチおよびローピッ
チの固定出力が可能です。
* PIT → AIL / PIT → ELE / AIL → PIT / ELE → AIL / ELE
→ PIT(HR3 の場合)
●リンケージメニューで [ スワッシュセッテイ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●+、−で動作方向が変わります。
*下記の各設定はカーソルを設定したい項目に移動して
から行います。
ニュートラルポイント設定手順
補正の基準点となります。
*ニュートラルポイントがほぼ 50% の位置になるよ
うにサーボホーンで合わせたほうがミキシング量が
少なくて済みます。
1. ニュートラルポイントの設定
[ ニュートラル ] の項目にカーソルを移動し、サーボ
ホーンがリンケージロッドと直角になるようにピッチ
操作を保持した状態で、RTN ボタンを 1 秒間タッチし
てニュートラルポイントを読み込みます。
このニュートラルポイントの読み込みが終わってから、
その他の補正機能を使って調整してください。
88 <リンケージメニュー機能>
スワッシュ AFR 設定手順
エルロン [AIL]、エレベータ [ELE]、ピッチ [PIT] の各操作
で規定操作量となるように調整します。
1. 設定したい操作の項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーを左右にスクロール操作して、AFR レー
トを調整してください。
初期値:+50%
調整レンジ:-100%∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリセッ
トされます。
ミキシングレート設定手順
HR-3 を例に説明します。他のスワッシュモードでもか
かるミキシングは異なりますが設定手順は同様です。
予め設定したニュートラルポイントにスロットルス
ティックを合わせます。この位置でスワッシュプレー
トが水平となるように、リンケージロッドの長さを調
整します。
リンケージ補正設定手順
*ミキシングレートの設定を終了してから行います。
*集合ピッチ(HR3 等)コントロール時の Low ピッ
チ時および Hi ピッチ時にエルロン操作がエレベー
ターに干渉する、またエレベーター操作がピッチに
干渉するのを補正します。
*わずかな調整はサブトリムを使っても良いでしょう。
*ピッチカーブは直線で最大ピッチ動作状態としてく
ださい。
下記の各操作に対応する項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えてか
ら、それぞれ調整を行ってください。
各項目の調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移
動モードに切り替えます。
1. ピッチ操作時の調整 [PIT → AIL]/[PIT → ELE]
下記の各操作に対応する項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えてか
ら、それぞれ調整を行ってください。
各項目の調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移
動モードに切り替えます。
1. エルロン操作時の補正 [AIL]
スロットル位置を最スロー位置にします。エルロンス
ティックを左右に動かし、そのとき、エレベータまた
はピッチ方向の干渉が最小となるように、エルロン補
正量を調整します。
*タッチセンサーを左右にスクロールして調整します。
スロットルスティックを、最スロー、フルハイと動か
したとき、スワッシュプレートが水平に動くように、
PIT → AIL、PIT → ELE 量を調整します。
*タッチセンサーを左右にスクロールして調整します。
*スロー、ハイ側個別に調整できます。
2. エルロン操作時の調整 [AIL → PIT]
*左右個別に調整できます。
*補正量を増やしたとき、干渉が増える場合は、補正
方向 [ ホウコウ ] を " − " としてください。
2. エレベータ操作時の補正 [ELE]
同様にエレベータスティックをアップ、ダウンに動か
したとき、ピッチ方向の干渉が最小となるように、エ
レベータ補正量を調整します。
3. 上記 1 ∼ 2 について、スロットルスティックのフルハ
イ側についても、同様にエルロン、エレベータの補正
を行います。
スピード補正設定手順
エルロン・スティックを左右に振ったとき ( スロットル
はニュートラルポイント)、エレベータまたはピッチ方
向に干渉しないよう、AIL → PIT 量を調整します。
*タッチセンサーを左右にスクロールして調整します。
*左右個別に調整できます。
3. エレベータ操作時の調整 [ELE → PIT]/[ELE → AIL]
1. [ スピード ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。
スロットルスティックをニュートラルポイント位置に
します。エレベータスティックをすばやく動かし、ピッ
チ方向への干渉が最小となるように、スピード補正量
[ スピード ] を調整します。
*タッチセンサーを左右にスクロールして調整します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
エレベータスティックをアップ、ダウンに振ったとき、
( スロットルはニュートラルポイント)エルロンまたは
ピッチ方向に干渉しないよう、ELE → AIL、ELE → PIT
量を調整します。
*タッチセンサーを左右にスクロールして調整します。
注意
● リンケージが突っ張った状態や、伸び切った状態では、
正常な補正はかけられません。リンケージに余裕を持
たせた状態で補正を行ってください。
● 補正後のピッチ角度は変化します。実際の飛行時の
ピッチ角度設定は、補正処理を終了してから再設定し
てください。
*アップ、ダウン個別に調整できます。
<リンケージメニュー機能>
89
サブトリムの設定
スワッシュ設定画面の最後のページでサブトリムが設
定できます。
*ここで設定し た サ ブ ト リ ム の 値 は リ ン ケ ー ジ メ
ニューのサブトリムに反映されます。
ピッチアジャスト機能の設定手順
スワッシュ設定画面の最後のページでピッチアジャス
ト機能を使用できます。
1. スワッシュ設定画面の最後のページを開きます。
2. ピッチアジャストの各ボタンにカーソルを合わせ RTN
をタッチすると対応したピッチ出力がされます。
*ピッチアジャストモード中は現在の出力設定ボタン
の左側に * が表示されます。
*ピッチアジャスト出力中のボタンにカーソルを合わ
せて RTN をタッチすると、ピッチアジャストモー
ドが解除されます。
⇅(RTN ボタンをタッチ)
機能詳細は以下の通りです。
ボタン
ハイ
ニュートラル
ロー
オウフク
機 能
ハイピッチ固定出力モード
ニュートラルピッチ固定出力モード
ローピッチ固定出力モード
ピッチ往復動作出力モード
* " オウフク " ボタンの右側のボタンでピッチ往復動
作の動作速度が設定できます。
設定範囲:1 ∼ 100
値が大きいと早い動作になり、値が小さいと遅い動
作になります。
90 <リンケージメニュー機能>
トリム設定
デジタルトリムの動作ステップ量および動作
モード(コンビネーション/セパレート)の設定が
可能です。
また、ホーム画面のトリム表示の単位の変更お
よびメモリー機能を設定可能です。
(メモリー機能
は実際のトリム調整位置はそのままで、グラフ表示
のみセンターにする機能です。)
動作モード:(ヘリ、グライダーの場合)
●コンビネーションモード(レンドウ)
トリムデータが全てのコンディションに反映される
モード。
●セパレートモード(コベツ)
フライトコンディション毎のトリム調整としたい場合
にこのモードを使用します。
●リンケージメニューで [T1-T4 セッテイ ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
動作ステップ量の設定
トリム表示単位の選択
1. 変更したいトリムの [ ステップ ] の項目にカーソルを移
動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切
り替えます。タッチセンサーをスクロール操作して設
定します。
1. [ タンイ ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して、単位を変更し(点滅表示)、
RTN ボタンをタッチします。
初期値:4
[--]:単位なし。
調整範囲:0 ∼ 200
[%]:% 表示。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 数値を大きくすると 1 ステップあたりの変化が大きく
なります。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリセッ
トされます。
セパレート/コンビネーションモードの選択
1. 変更したいトリムの [ モード ] の項目にカーソルを移動
し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り
替えます。タッチセンサーをスクロール操作して、モー
ド表示を変更し(点滅表示)
、RTN ボタンをタッチしま
す。
メモリ機能
1. カーソルを [T1-T4 メモリー ] に移動し RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーを左側にスクロール操作して "INH" から
"ACT" の点滅表示とします。
*確認メッセージが現れます。
3. RTN ボタンをタッチしてメモリー機能を有効にします。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンをタッチします。
)
4. 上記の方法でメモリー機能を有効にすると、以降、下
記の操作が可能となります。
[ レンドウ ]:コンビネーションモード。トリムデータ
が全てのフライトコンディションに反映される。
ホーム画面でグラフ表示をセンターにしたいトリムに
カーソルを移動した状態で RTN ボタンを 1 秒間タッチ
すると、トリムの表示がセンターに移動します。
[ コベツ ]:セパレートモード。フライトコンディショ
ン毎のトリム調整となる。
*メモリ機能を "INH" に変更したときには、トリムの
表示は実際の位置に戻ります。
<リンケージメニュー機能>
91
警告(ワーニング表示の常時解除)
送信機電源 ON 時に表示される各種ミキシング
ワーニングの常時解除の設定ができます。送信機に
使用するバッテリーにあわせてローバッテリーア
ラームが作動する電圧を設定できます。また、それ
ぞれのワーニング毎に動作を解除できます。更に、
警告を振動で知らせることができます。
※ローバッテリー電圧に関しては、1つの送信機に
入っているすべてのモデルが共通して変更されま
す。各モデルごとに異なる電圧に設定することは
できません。またデータリセットされません。
ワーニング表示:
● 飛行機:ローバッテリー、スロットルカット、アイド
ルダウン、スロットル位置、スナップロール、モーター
位置、エアブレーキ、モーター
● ヘリ:ローバッテリー、コンディション、スロットルカッ
ト、スロットル位置、スロットルホールド
● グライダー:ローバッテリー、コンディション、モーター
位置、トリムミックス、モーター
●リンケージメニューで [ ケイコク ] を選択し、RTN ボタンを
タッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ローバッテリーアラームの作動電圧変更操作
1. ローバッテリーの電圧表示にカーソルを移動し、RTN
ボタンにタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーを左右にスクロール操作して電圧を変
更し、電圧が決まったら RTN ボタンにタッチします。
電圧設定の目安
ルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。
2. タッチセンサーを右側にスクロール操作して "OFF" か
ら " タイプ 1 ∼タイプ 4" の点滅表示とします。タイプ
で振動間隔と振動回数がかわります。
*確認メッセージが現れます。
ニッカド / ニッケル水素 5 セル(6.0V) --- 5.6V
リチウムフェライト 2 セル(6.4V) --- 6.0V
設定範囲 --- 5.0V 6.0V
※セットに付属されているニッケル水素バッテリー
HT5F1800B は初期設定の 5.6V から変更する必要
はありません。低い電圧に変更するのは危険です。
3. RTN ボタンをタッチします。選んだタイプで 1 度振動
します。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール
操作するか、S1 ボタンをタッチします。
)
" 振動 " のタイプ
警告解除の方法
1. 解除したい項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。
TYPE 1
2. タッチセンサーを右側にスクロール操作して "ON" から
"OFF" の点滅表示とします。
TYPE 2
*確認メッセージが現れます。
3. RTN ボタンをタッチします。
(中止する場合はタッチセ
ンサーをスクロール操作するか、S1 ボタンをタッチし
ます。)
振動で警告する方法
1. 振動を設定したい項目の " シンドウ " の [OFF] にカーソ
92 <リンケージメニュー機能>
TYPE 3
TYPE 4
テレメトリー
受信機からの各種情報を表示、設定する画面で
す。各情報に応じてアラームやバイブを起動するこ
とができます。例えば機体に積まれた受信機バッテ
リーの電圧が低下したのを送信機でアラーム警告
することができます。
● FASSTest モードのみ使用可能です。FASSTest12CH モー
ドの場合受信機バッテリー電圧、Ext バッテリー電圧の
み使用できます。
● 各種情報の表示には別売のテレメトリーセンサーを機
体に搭載します。(受信機電圧はセンサー不要です。)
● リンケージメニューの [ システム ] でテレメトリーが
"ACT" になっていなければ、テレメトリー機能は使用で
きません。
●ホーム画面から [ HOME/EXIT ] ボタンを押して、下記の設定
画面を呼び出します。
●または、リンケージメニューで [ テレメトリ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
●受信機→送信機の受信状況
の表示です。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
テレメトリー情報をみるには
1. ホーム画面から HOME/EXIT ボタンを押すと受信機電圧
と、接続されたテレメトリーセンサーの現在の測定値
が表示されます。
*リンケージメニューの"システム"画面で
FASSTest14CH モードが選ばれてテレメトリーが
"ACT" の場合(初期設定状態)。
2. 各項目を選択し RTN ボタンを押すと、送信機が ON さ
れてからの最小値 / 最大値とアラーム設定ができます。
表示されるセンサー
初期状態で表示されているセンサーは受信機にセン
サーを接続するだけで送信機に表示されます。それ以
外のセンサーを表示する場合や、同じ種類のセンサー
を複数使用する場合はリンケージメニューの " センサ "
で登録するか、" ムコウ " のスロットにセンサーを割り
当てるとテレメトリーの画面で表示されます。手順は
次のセンサーの説明を参照ください。
飛行中に送信機設定画面を凝視したり、
設定操作をしたりしないでください。
■飛行中の機体を見失うと大変危険です。
■飛行中の情報を確認したい場合は、飛行前にテレメト
リー画面を呼び出しておき、操縦者以外の助手に画面
をチェックしてもらってください。
<リンケージメニュー機能>
93
テレメトリー:Rx バッテリー
受 信 機 の 電 源 バ ッ テ リ ー の 表 示 / 設 定 で す。
FASSTest14CH と FASSTest12CH モードで使用でき
ます。別売センサーの取付は不要で、送信機も初期
状態で電圧表示されます。電圧低下時のアラーム設
定はこのページの手順を参照ください。
●送信機が ON してからの受信機用バッテリー
の最大値 / 最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [RX バッテリ ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
●現在の受信機用バッテリーの電圧表示です。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●数値変更後、数値入力モード
で RTN キーを長押しすると初
期値へ戻ります。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
●電圧設定範囲:0 ∼ 8.4V
受信機用バッテリーのアラーム設定
1. [Rx バッテリ ] 画面の " ↓ケイホウ " を ACT にします。
(INH にカーソルを置いて RTN を押す。
)
2." ↓キョウカイチ " 横の電圧表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる電圧が設定できます。使用す
るバッテリーに合わせて、飛行限界の電圧より高めに
セットしてください。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
" 振動 " のタイプ
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
94 <リンケージメニュー機能>
テレメトリー:EXT デンアツ
EXT デンアツは、受信機用バッテリーとは別の機
体に積まれたバッテリー(動力用バッテリー、サー
ボ用別電源バッテリー、ポンプ用バッテリーなど)
の電圧を 1 つ、送信機に表示できます。R7008SB
の Extra Voltage コネクターに別売の CA-RVIN-700
でバッテリーを接続します。
機体に CA-RVIN-700 か SBS-01V の取付が必要です。
● 必ず別売の CA-RVIN-700/SBS-01V を使用してください。
接続方法は CA-RVIN-700/SBS-01V の説明書に従ってく
ださい。(はんだ付け作業が必要です。)
SBS-01V を使用する場合は受信機の S.BUS2 コネク
ターを使用し SBS-01V とバッテリーを接続します。
●送信機が ON してからの EXT バッテリーの最
大値 / 最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [EXT デンアツ ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
●現在の EXT バッテリーの電圧表示です。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●電圧設定範囲:0 ∼ 100.0V
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
EXT バッテリーのアラーム設定
1. [EXT デンアツ ] 画面の " ↓ケイホウ " を ACT にします。
(INH にカーソルを置いて RTN を押す。
)
2." ↓キョウカイチ " 横の電圧表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる電圧が設定できます。使用す
るバッテリーに合わせて、飛行限界の電圧より高めに
セットしてください。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
" 振動 " のタイプ
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
<リンケージメニュー機能>
95
テレメトリー:オンド(温度)
オンドは別売の SBS-01T(テレメトリー温度セン
サー)からの温度情報を表示 / 設定する画面です。
機体に温度センサーの取付が必要です。
● 別売の温度センサーが必要です。搭載 / 接続方法はセ
ンサーの説明書に従ってください。
飛行中の機体のエンジンやモーター、アンプな
どの温度を送信機で見ることができます。設定温度
より高く(低く)なるとアラームや振動で知らせる
ことができます。
●送信機が ON してからのセンサー温度の
最大値 / 最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [EXT デンアツ ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
●現在のセンサー温度の表示です。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●高温警告設定範囲:1 ∼ 200℃
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
高温警告設定より低い温度しか設
定できません。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
●低温警告設定範囲:0 ∼ 199℃
" 振動 " のタイプ
温度が高くなってしまった場合のアラーム設定
1. [ オンド ] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。(INH
にカーソルを置いて RTN を押す。)
2." ↑キョウカイチ " 横の温度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる温度が設定できます。これよ
り熱くなるとアラームが鳴ります。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
温度が低くなってしまった場合のアラーム設定
1. [ オンド ] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし " ↓ケイ
ホウ " を ACT にします。(INH にカーソルを置いて RTN
を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の温度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる温度が設定できます。これよ
り冷たくなるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
96 <リンケージメニュー機能>
低温警告設定より高い温度しか設
定できません。
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
テレメトリー:RPM(回転数)
RPM は別売の SBS-01RM / SBS-01RO(テレメト
リー回転センサー)からの回転数情報を表示 / 設定
する画面です。
機体に回転センサーの取付が必要です。
● 別売の回転センサーが必要です。搭載 / 接続方法はセ
ンサーの説明書に従ってください。
飛行中の機体のエンジンやモーターなどの回転
数を送信機で見ることができます。設定回転数より
高く(低く)なるとアラームや振動で知らせること
ができます。
●送信機が ON してからの
最大回転数の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [EXT デンアツ ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
●現在の回転数の表示です。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●設定範囲:1 ∼ 150,000rpm
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
●コウガクシキを選ぶとギ
ヤ比がプロペラ羽数にな
ります。
回転が上がった場合のアラーム設定
1. [RPM] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。
(INH にカー
ソルを置いて RTN を押す。)
2." ↑キョウカイチ " 横の rpm 表示を選択し RTN ボタン
を押すと、アラームがなる回転数が設定できます。こ
れより回転が上がるとアラームが鳴ります。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
回転が下がった場合のアラーム設定
1. [RPM] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし " ↓ケイホ
ウ " を ACT にします。(INH にカーソルを置いて RTN
を押す。)
低回転警告設定より高い回転数し
か設定できません。
高回転警告設定より低い回転数し
か設定できません。
●設定範囲:0 ∼ 149,999rpm
●磁気式 : ギヤ比設定範囲:1.00 ∼
30.00
●光学式 : 羽数設定範囲:2(2枚ペ
ラ)∼ 10
マグネット式か光学式かの選択
使用するセンサーにより選択します。
1. [RPM] 画面から S1 ボタンを押し2ページにします。
2.[ ジキシキ ][ コウガクシキ ] を選択しスクロールしてセ
ンサーに合わせて選び、RTN ボタンを押してください。
3. ジキシキ (SBS-01RM) でマグネットをエンジンに取付け
た場合機体のエンジンからローター(プロペラ)まで
のギヤ比を入力すると、ローター(プロペラ)の回転
数が表示されます。コウガクシキ (SBS-01RO) はプロペ
ラ(ローター)の羽数を入力してください。一般的な
2枚ペラの場合は 2 のままです。
2." ↓キョウカイチ " 横の rpm 表示を選択し RTN ボタン
を押すと、アラームがなる回転数が設定できます。こ
れより回転が下がるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
<リンケージメニュー機能>
97
テレメトリー:コウド(高度)
機体に高度(気圧)センサーか GPS センサーの取付が必要です。
コ ウ ド は 別 売 の SBS-01A( 高 度 セ ン サ ー) か
SBS-01G(GPS センサー)からの高度情報を表示 /
設定する画面です。
て、そこからの差が表示されます。
飛行中の機体の高度を送信機で見ることができ
ます。設定高度より高く(低く)なるとアラームや
振動で知らせることができます。
● 別売の高度(気圧)センサーか GPS センサーが必要です。
搭載 / 接続方法はセンサーの説明書に従ってください。
高度は気圧から換算します。表示されるのは地
図上の絶対高度ではなく、飛行前の高度を 0m とし
送受信機が ON された場所が 0m とされ、基準点
を送信機でプリセットすることもできます。
● 高度は気圧から計算しますので、天候の急変で気圧が
変動すると正確な表示がされません。
●送信機が ON してからの高度の最大値 /
最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [ コウド ] にカーソル
を移動し、RTN ボタンにタッチします。
●現在の高度表示です。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●高高度警告設定範囲:-499 ∼ 5,000m
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
低高度警告設定より高い高度しか
設定できません。
高高度警告設定より低い高度しか
設定できません。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
●低高度警告設定範囲:-500 ∼ 4,999m
高度が高くなってしまった場合のアラーム設定
基準点のプリセット
1. [ コウド ] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。(INH
にカーソルを置いて RTN を押す。)
1. 送受信機の電源を入れて、機体を 0m としたい場所に
置きます。
2." ↑キョウカイチ " 横の高度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる高度が設定できます。これよ
り高くなるとアラームが鳴ります。
2. [ コウド ] 画面の " キジュン " 横の " セッテイ " にカーソ
ルを置き RTN を押します。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
3.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
すると現状の機体位置が 0m にプリセットされます。
" 振動 " のタイプ
高度が低くなってしまった場合のアラーム設定
1. [ コウド ] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし " ↓ケイ
ホウ " を ACT にします。(INH にカーソルを置いて RTN
を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の高度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる温度が設定できます。これよ
り低くなるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
98 <リンケージメニュー機能>
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
テレメトリー:バリオメータ(昇降計)
バリオメータは別売の SBS-01A(高度センサー)
か SBS-01G(GPS センサー)からの高度情報を表
示 / 設定する画面です。
機体に高度(気圧)センサーか GPS センサー
の取付が必要です。
●別売の高度(気圧)センサーか GPS センサーが必要です。
搭載 / 接続方法はセンサーの説明書に従ってください。
飛行中の機体がどれだけ上昇(降下)している
かが表示できます。たとえばグライダーが上昇(下
降)気流に乗っているかなどが判別しやすくなりま
す。表示の m/s は毎秒何メートル上昇降下してい
るかの表示です。
●送信機が ON してからのバリオメータの
最大値 / 最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [ バリオメータ ] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
●現在のバリオメータの表示です。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●上昇警告設定範囲:-49 ∼ 50m/s
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
上昇警告設定より低い数値しか設
定できません。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
上昇したときのアラーム設定
1. [ バリオメータ ] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。
(INH にカーソルを置いて RTN を押す。)
2." ↑キョウカイチ " 横の数値表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる上昇速度が設定できます。こ
れより上昇速度が速くなるとアラームが鳴ります。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
●降下警告設定範囲:-50 ∼ 49m/s
メロディ
上昇中と降下中で異なる音が鳴らせます。例えばグラ
イダーで使用すると、上昇気流や下降気流が音で判断
できます。
1. [ バリオメータ ] 画面から S1 ボタンを押し2ページに
します。
2." メロディ " 横の [INH] を選択しスクロールして ACT か
INH を選び、RTN ボタンを押してください。
" 振動 " のタイプ
降下したときのアラーム設定
1. [ バリオメータ ] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし
" ↓ケイホウ " を ACT にします。
(INH にカーソルを置
いて RTN を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の数値表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる降下速度が設定できます。こ
れより降下速度が速くなるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
降下警告設定より高い数値しか設
定できません。
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
<リンケージメニュー機能>
99
テレメトリー:バッテリ
機体に電圧センサーの取付が必要です。
バッテリは、SBS-01V からの、受信機用や別電
源サーボ用の電圧を表示します。SBS-01V は2つの
バッテリーを計測します。1つは2線に接続された
動力用バッテリーなどの電圧で、EXT デンアツで表
示され、もう 1 つは 3P コネクターに接続されてい
る受信機用バッテリーの電圧で、このバッテリ画面
で表示されます。
●送信機が ON してからのバッテリー電圧の
最大値 / 最小値の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [ バッテリ ] にカーソ
ルを移動し、RTN ボタンにタッチします。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
●現在のバッテリーの電圧表示です。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●数値変更後、数値入力モード
で RTN キーを長押しすると初
期値へ戻ります。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
●電圧設定範囲:0 ∼ 8.4V
バッテリーのアラーム設定
1. [ バッテリ ] 画面の " ↓ケイホウ " を ACT にします。
(INH
にカーソルを置いて RTN を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の電圧表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる電圧が設定できます。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
" 振動 " のタイプ
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
100 <リンケージメニュー機能>
テレメトリー:キョリ(距離)
機体に GPS センサーの取付が必要です。
キョリは別売の SBS-01G(GPS センサー)から
の高度情報を表示 / 設定する画面です。
●高度も換算した直線距離と地
図上の地表距離を選べます。
飛行中の機体との距離を送信機で見ることがで
きます。設定距離より遠く(近く)なるとアラーム
や振動で知らせることができます。
離
距
直線
送受信機が ON された場所が 0m とされ、基準点
を送信機でプリセットすることもできます。
高度
● 別売の GPS センサーが必要です。搭載 / 接続方法はセ
ンサーの説明書に従ってください。
地表距離
●送信機が ON してからの
距離の最大値の表示です。● GPS 衛星からの受信精度
表示です。3本表示され
● [ テレメトリ ] 画面の [ キョリ ] にカーソル
てからプリセットします。 ●現在の距離表示です。
を移動し、RTN ボタンにタッチします。
<タッチセンサー>
*
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
* 機体が遠くに行って
しまった時の警告
●距離警告設定範囲:1 ∼ 5,000m
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
*
接近警告設定より遠い距離しか設
定できません。
遠距離警告設定より近い距離しか
設定できません。
●距離警告設定範囲:0 ∼ 4,999m
* 機体が接近した時の警告
機体が遠くへ行った場合のアラーム設定
基準点のプリセット
1. [ キョリ ] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。(INH
にカーソルを置いて RTN を押す。)
1. 送受信機の電源を入れて、機体を 0m としたい場所に
置きます。 GPS 受信精度の表示が3本でるまで待ち
ます。
2." ↑キョウカイチ " 横の距離表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる距離が設定できます。これよ
り遠くなるとアラームが鳴ります。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
機体が接近した場合のアラーム設定
1. [ キョリ ] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし " ↓ケイ
ホウ " を ACT にします。(INH にカーソルを置いて RTN
を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の高度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる距離が設定できます。これよ
り近くなるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
2. [ キョリ ] 画面の " キジュン " 横の " セッテイ " にカーソ
ルを置き RTN を押します。
3.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
すると現状の機体位置が 0m にプリセットされます。
直線距離と地表距離
上の図のように直線距離と地表距離の 2 つの表示方法
が選べます。
1. [ キョリ ] 画面から S1 ボタンを2回押し 3 ページにし
ます。
2." モード " 横の [ チョクセンキョリ ][ チヒョウキョリ ]
を選択しスクロールしてどちらかを選び、RTN ボタン
を押してください。
<リンケージメニュー機能>
101
機体に GPS センサーの取付が必要です。
テレメトリー:ソクド(速度)
ソクドは別売の SBS-01G(GPS センサー)から
の速度情報を表示 / 設定する画面です。
●別売の GPS センサーが必要です。搭載 / 接続方法はセ
ンサーの説明書に従ってください。
飛行中の機体の速度を表示することができます。
フライト後に飛行中の最高速度を見ることもで
きます。この速度は GPS 衛星からの位置データを
もとにしますので、対気速度ではなく対地速度の表
示です。よって向え風では速度が低下し追い風では
速く表示されます。
●送信機が ON してからの最高速度
の表示です。
● [ テレメトリ ] 画面の [ ソクド ] にカーソル
を移動し、RTN ボタンにタッチします。
●現在の速度の表示です。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
* 速度が上がった時の警告
●速度警告設定範囲:1 ∼ 500km/h
●↑上向き矢印は設
定値を上回った時
アラームが作動す
ることを示します。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
●↓下向き矢印は設
定値を下回った時
アラームが作動す
ることを示します。
速度が上がった時のアラーム設定
1. [ ソクド ] 画面の " ↑ケイホウ " を ACT にします。(INH
にカーソルを置いて RTN を押す。)
2." ↑キョウカイチ " 横の速度表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる速度が設定できます。これよ
り速度が速くなるとアラームが鳴ります。
3." ↑シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
降下したときののアラーム設定
1. [ ソクド ] 画面から S1 を押して 2 ページ目にし " ↓ケイ
ホウ " を ACT にします。(INH にカーソルを置いて RTN
を押す。)
2." ↓キョウカイチ " 横の数値表示を選択し RTN ボタンを
押すと、アラームがなる速度が設定できます。これよ
り速度が遅くなるとアラームが鳴ります。
3." ↓シンドウ " 横のタイプか OFF を選択し RTN ボタンを
押すと、振動タイプが選択できます。アラームと同時
に振動で知らせることができます。
102 <リンケージメニュー機能>
低速警告設定より速い速度しか設
定できません。
高速警告設定より遅い速度しか設
定できません。
●速度警告設定範囲:0 ∼ 499km/h
* 速度が下がった時の警告
※速度警報についての注意
GPS 速度センサーは対地速度の表示ですので、失速警
報としては使用できません。例えば 50km/h で失速する
飛行機が対地速度で 55km/h を表示していても追い風が
5km/h( 約 1.4m/s) 以上なら失速してしまいます。
また速度オーバーの警報で、400km/h で空中分解する
機体で 380km/h で警報設定しても向い風が 30km/h( 約
8.3m/s) だった場合、対地速度 370km/h でも速度超過で
空中分解してしまいます。
センサー
この画面は、テレメトリーセンサーをご使用の
送信機に登録することができます。初期設定の各セ
ンサーを各種1個ずつ使用する場合ここでの設定
は不要で、購入されたセンサーを受信機の S.BUS2
ポートに接続するだけで使用できます。
同じ種類のセンサーを複数使用する場合そのセ
ンサーの送信機への登録が必要となります。
●スロットとは?
サーボは CH で区分けされますが、センサーは「スロッ
ト」という単位で区分けされます。NO.1 から No.31
までのスロットがあります。
高度計、GPS などのデータ量の多いセンサーユニット
は複数のスロットを使用します。
複数のスロットを使用するセンサーでは、開始スロッ
トを設定することで自動的に必要なスロット数が割当
てられます。
同じ種類のセンサーを2台以上使用する場合は未使用
のスロットを自分で割当て、そのセンサーに割当てた
スロット No. を記憶させる必要があります。
●リンケージメニューで [ センサー ] を選択し、RTN ボタンを
タッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
●センサー ID:同じ種類のセンサーを複数使用しない場
合 ID は不要です。
● S1 を押すと 2 ページ目を表示します。
●スロット No.
※下表のように高度計は連続する 3 スロットが必要で、GPS センサーは連続する 8 スロット必要です。また
GPS センサー (SBS-01G) は開始スロットが 8.16.24 ですので上の初期設定では 6 と 7 がムコウとなります。
<割当て可能スロットについて>
■ 高度計や GPS 等、多くのデータを表示するセンサーは、複数のスロットが必要です。
■ センサーの種類によっては、割当てることのできるスロット番号に制限があります。
センサー
必要スロット数
割当可能な開始スロット
温度計 (SBS-01T)
回転計 (SBS01RM,SBS01RO)
1個
1 ∼ 31
1個
電圧計 (SBS-01V)
2個
高度計 (SBS-01A)
3個
GPS(SBS-01G)
TEMP125-F1713
8個
1個
VARIO-F1712
2個
VARIO-F1672
2個
GPS-F1675
8個
備考
1 ∼ 31
1,2,3,4,5,6,8,9,10,11,12,13,14,16,17,18,19,20,
標準タイプ
21,22,24,25,26,27,28,29,30
1,2,3,4,5,8,9,10,11,12,13,16,17,18,19,20,21,24,
25,26,27,28,29
8,16,24
1 ∼ 31
1,2,3,4,5,6,8,9,10,11,12,13,14,16,17,18,19,20,
21,22,24,25,26,27,28,29,30
ヨーロピアンタ
イプ
1,2,3,4,5,6,8,9,10,11,12,13,14,16,17,18,19,20,
21,22,24,25,26,27,28,29,30
※ヨーロッパ地域向
けの製品です。
8,16,24
<リンケージメニュー機能>
103
センサー:ヨミコミ
このページは同じ種類のテレメトリーセンサーを複数使用する場合の設定です。
同じ種類のセンサーを複数使用する場合、セン
サーを送信機に登録する必要があります。使用する
センサーをすべて右図のように T14SG に接続し次
の手順で登録します。それぞれのセンサー ID が送
信機に登録されます。
三又ハブ
三又ハブ
センサー
受信機用バッテリー
センサー
センサー
センサー
センサー
● [ センサー ] から S1 を6回押して 7 ページを呼び出します。
三又ハブ
送信機に使用するセンサーをすべて接続
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
使用するすべてのセンサーのヨミコミ
1. 上の図のように使用するすべてのセンサーと受信機用
バッテリーをハブでまとめて T14SG に接続します。
2. [ センサ ] 画面の 7 ページの " ヨミコミ " にカーソルを
置きます。
3. RTN を押します。
4.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
すべてのセンサーが登録され使用できます。
センサー:トウロク
このページは同じ種類のテレメトリーセンサーを複数使用する場合の設定です。
1つのセンサーを追加登録する機能です。右図
のようにセンサーを接続して次の手順で登録しま
す。センサー ID が送信機に登録されます。
追加するセンサーのトウロク
1. 上の図のように使用するセンサーと受信機用バッテ
リーをハブでまとめて T14SG に接続します。
2. [ センサ ] 画面の 7 ページの " トウロク " にカーソルを
置きます。
三又ハブ
3. RTN を押します。
※登録に必要なスロットが不足しているとエラー表示が
でて登録できません。使用していないスロットをムコ
ウにするか、次のサイハイチを行ってください。
104 <リンケージメニュー機能>
センサー
4.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
センサーが登録され使用できます。
受信機用バッテリー
センサー:サイハイチ
このページは同じ種類のテレメトリーセンサーを複数使用する場合の設定です。
センサーの登録 / 登録解除を繰り返して未使用ス
ロットが分散した場合に、登録状態を整理して連続
する未使用スロットを確保する機能です。高度計や
GPS など多数のスロットが登録できなくなった場合
にご使用ください。
三又ハブ
三又ハブ
センサー
受信機用バッテリー
センサー
センサー
センサー
センサー
● [ センサー ] から S1 を6回押して 7 ページを呼び出します。
三又ハブ
送信機に使用するセンサーをすべて接続
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
使用するのセンサーのサイハイチ
1. 上の図のように使用するすべてのセンサーと受信機用
バッテリーをハブでまとめて T14SG に接続します。
2. [ センサ ] 画面の 7 ページの " サイハイチ " にカーソル
を置きます。
3. RTN を押します。
4.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
すべてのセンサーが登録され使用できます。
センサー:スロットヘンコウ
このページは同じ種類のテレメトリーセンサーを複数使用する場合
の設定です。
1つの登録済みセンサーのスロット No. を変更
する手順です。
センサーのスロット変更
1. 上の図のように変更するセンサーと受信機用バッテ
リーをハブでまとめて T14SG に接続します。
2. [ センサ ] 画面の 7 ページの " スロット変更 " にカーソ
ルを置きます。
3. RTN を押します。センサ詳細画面がでます。
三又ハブ
4. " ヨミコミ " にカーソルを置き RTN を押します。
6. " カキコミ " にカーソルを置き RTN を押します。
センサー
5. 現状の開始スロットが表示されます。開始スロットの
ナンバーにカーソルを置いて変更したいナンバーにし
ます。(全ページの表のように割当てできないスロット
には設定できません。)
受信機用バッテリー
7.「ヨロシイデスカ?」と聞かれますので RTN を押します。
<リンケージメニュー機能>
105
データリセット
使用中のモデルメモリーの設定データ(トリム
データまたは全てのデータ)をリセットすることが
可能です。
T1 ∼ T4:
デジタルトリムの調整量をリセットします。
*全てのコンディションのトリム設定量をリセットし
ます。
*トリムのステップ量はリセットされません。
全ての操作データ:
シ ス テ ム、 モ デ ル セ レ ク ト、 ロ ー バ ッ テ リ ー
電圧およびモデルタイプ機能を除くリンケージメ
ニューとモデルメニュー内の全ての設定データを
リセットします。
テレメトリー:
テレメトリー、センサーの全ての設定データを
リセットし初期値へもどします。
●リンケージメニューで [ データリセット ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
1 つ 戻す
データリセットの方法
1. リセットしたい項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチします。
*確認メッセージが現れます。
2. RTN ボタンを 1 秒間タッチしてリセットを実行します。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンをタッチします。)
[T1-T4]:T1-T4(全てのコンディション)のデータをリ
セット。
[ スベテノソウサデータ ]:システム、モデルセレクト、
およびモデルタイプ機能を除くリンケージメニューと
モデルメニュー内の全ての機能をリセット。
[ テレメトリー ]:テレメトリー、センサーの全ての機
能をリセットし初期値へもどします。
106 <リンケージメニュー機能>
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
モデルメニュー機能(共通)
このモデルメニュー機能(共通)のセクション
では、D/R 機能、プログラムミキシング等の全モデ
ルタイプに共通の機能を説明します。
モデルデータを設定する前に、予め、リンケー
ジメニューのモデルタイプ選択機能で、使用する機
体に合わせて、モデルタイプを選択してください。
【全モデルタイプ】
い場合は、予めコンディション選択機能でフライト
コンディションを有効にしてください。
(ノーマル
コンディションを含めて最大 5 コンディション迄
使用可能)
注意: なお、この T14SG の場合、飛行機およびグラ
イダーのモデルタイプについては、同様の主翼
タイプの機体に対応できるように設計されてい
ます。一部の専用機能を除いて、飛行機および
グライダーに共通の機能については、モデルタ
イプに関係なくまとめて説明してあります。
注意: 後から別のモデルタイプを選択し直すと、D/R、
プログラムミキシング等設定したデータがリ
セットされてしまいます。
ヘリコプターおよびグライダーの場合、多くの
機能でフライトコンディション毎の設定が可能で
す。コンディション毎の設定を切り替えて使用した
また、設定画面は代表例を使用しています。
●ホーム画面で MDL ボタンを 2 回タッチし、下記のモデ
ルメニューを呼び出します。
●設定したい機能を選択し、RTN ボタンをタッチして設
定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
(モデルメニュー画面例)
*モデルタイプにより異なります。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ページ移動
モデルメニュー機能(共通)一覧
サーボモニタ
サーボテストおよびサーボポジションの表示。
(機能説明はリンケージメニューを参照してく
ださい。)
【全モデルタイプ】
コンディション選択
フライトコンディションのスイッチの割当、コ
ピーおよびコンディションディレーの設定。
【ヘリコプター/グライダー】
*【 】内は対応モデルを示します。
プログラムミックス
自由にカスタマイズが可能なプログラムミキシ
ング。5 系統使用可能。
【全モデルタイプ】
フューエルミックス
フューエルミクスチャーコントロールキャブレ
ターを使用したエンジンのニードル調整に使用す
る専用ミキシングです。
【飛行機/ヘリコプター】
デュアルレート機能
スイッチ等で切替可能な舵角、EXP カーブの設
定。
【全モデルタイプ】
<モデルメニュー機能(共通)>
107
コンディション選択
【ヘリコプター/グライダー】
●コンディションディレイ機能を設定可能。コンディ
ション切替時のサーボ位置の急激な変化やチャンネ
ル間で動作時間にバラツキがある場合等に発生する
機体の不要な挙動を抑えることができます。チャン
ネル毎にディレイが設定できます。
このコンディション選択機能でフライトコン
ディションスイッチを設定することにより、コン
ディション切替可能な機能は、最大 5 つ迄のフラ
イトコンディションの設定を切り替えて使用でき
ます。ただし、安全のため、使用しないコンディショ
ンは [--] に設定してください。
切替先のコンディションでディレイ機能が設定され
ている場合に、関連するファンクションは、その設
定量に対応する時間をかけてなめらかに変化します。
●フライトコンディションの切替スイッチとしては通
常のトグルスイッチの他、スティックやレバーの位
置等での切替も可能なため、様々な操作に連動させ
ることが可能。
●コンディションを複数設定した場合、動作の優先順
を変更できます。
●モデルメニューで [ コンディション ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
(現在選択されているコンディション名)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
(コンディションリスト)
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動してか
ら行います。
3. [ コピーサキ ] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンを
タッチして、データ入力モードに切り替えます。
コンディションスイッチの選択/削除
4. タッチセンサーをスクロール操作してコピー先のコン
ディションを選択します。
1. スイッチを選択または削除したいコンディションのス
イッチの項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして、スイッチ選択画面を表示させ、コンディショ
ンの切替に使用するスイッチおよび ON 方向を選択し
てください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
ロジックスイッチを使用可能。
(設定方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
コンディションのコピー
選択後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
5. [ コピー ] にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチし
ます。
*確認メッセージが表示されます。
RTN ボタンを 1 秒間タッチするとコピーが実行されま
す。(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作
するか、S1 ボタンにタッチします。
)
優先順位の変更
1. 優先順位を変更したいコンディションの上下の矢印に
カーソルを移動し RTN ボタンをタッチします。
(設定画面 3/3)
1. [ コピーモト ] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンを
タッチして、データ入力モードに切り替えます。
2. タッチセンサーをスクロール操作してコピー元のコン
ディションを選択します。
選択後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
108 <モデルメニュー機能(共通)>
*矢印の方向にコンディションが移動し、優先順位が
変更されます。
(最後尾のコンディションが優先順
が最上位となります。)
*ノーマルのコンディションは移動できません。優先
順は最下位です。
コンディションディレイの設定
(設定画面 2/3 ∼ 3/3)
1. 設定したいチャンネルの [ ディレイ ] の項目にカーソル
を移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モード
に切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作し
てディレイ量を調整します。
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ量大)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
<モデルメニュー機能(共通)>
109
デュアルレート機能
【全モデルタイプ】
このデュアルレート機能により、エルロン、エ
レベーター、ラダーの舵角および EXP カーブをコ
ンディション毎またはスイッチ(5 系統)毎に設定
可能です。飛行機の場合、スロットルの EXP カー
ブも設定可能。
ま た、 飛 行 機、 グ ラ イ ダ ー の 場 合、FLAP、
FLAP3、BUTTERFLY、CAMBER ファンクションにつ
いても設定が可能です。
● FLAP3、BUTTERFLY はグライダーのみのファンクショ
ンです。
デュアルレート機能は通常エンドポイント機能
で基本の最大舵角を調整後に設定します。
● FLAP、FLAP3、BUTTERFLY、CAMBER フ ァ ン ク シ ョ ン
では EXP レート設定は行えません。
●デュアルレート機能の優先順位はコンディションの優
先順位またはスイッチの場合はスイッチ No. の最後尾
が最優先となります。
● FLAP、FLAP3、BUTTERFLY、CAMBER フ ァ ン ク シ ョ ン
では個別スイッチ設定は行えません。(コンディション
切替のみ)
●モデルメニューで [ デュアルレート ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
●左/右(アップ/ダウン)のレート
●左/右(アップ/ダウン)の EXP カーブ
のレート
[ 飛行機の場合 ]
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●ファンクション
の選択
●ニュートラル位
置の調整
(現在動作中の D/R No.)
●スイッチの選択
[ ヘリコプター/グライダーの場合 ]
●ニュートラル位
置の調整
●スイッチモードの選択
●コンディションの選択
●ニュートラル位
置の調整
●スイッチモードの選択
●スイッチの選択
110 <モデルメニュー機能(共通)>
デュアルレートの設定
●ファンクションの選択
ファンクションの選択の項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作して設定したいファ
ンクションを選択し、RTN ボタンをタッチします。
●スイッチモードの選択
* ヘリコプターまたはグライダータイプの場合、この
デュアルレート機能はコンディション毎またはス
イッチ毎に切替が可能です。
スイッチモードの選択の項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作して設定したいス
イッチモードを選択し、RTN ボタンをタッチします。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作する
か、S1 ボタンにタッチします。)
また、飛行機タイプの場合、スロットルの EXP カー
ブを設定できます。
(1 系統のみ)
別の方向のレートについても上記と同様に調整します。
●ニュートラル位置の調整
* 設定したい D/R No. またはコンディションに切り替
えた状態で下記の調整を行います。
"NT" の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作してレートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
[COND]:コンディション毎にレートを切り替える場合。
[ スイッチ ]:スイッチ毎にレートを切り替える場合。
●スイッチの選択
スイッチの選択の項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてスイッチ設定画面を呼び出し、スイッチ
および ON 方向を選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
●舵角の調整
* 設定したい D/R No. またはコンディションに切り替
えた状態で下記のレート調整を行います。
設定したいレートの項目にカーソルを移動し、RTN ボ
タンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してレートを調整し
ます。
初期値:100%
調整範囲:0% ∼ 140%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別の方向のレートについても上記と同様に調整します。
● EXP カーブの調整
* 設定したい D/R No. またはコンディションに切り替
えた状態で下記のレート調整を行います。
設定したい EXP カーブのレートの項目にカーソルを移
動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切
り替えます。タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
* EXP カーブはエルロン、エレベーター、ラダーの
ニュートラル付近の操作をマイルド(- 側)
にしたり、
クイック(+ 側)にすることができます。
<モデルメニュー機能(共通)>
111
プログラムミキシング
【全モデルタイプ】
このプログラムミキシングは 5 系統使用可能で、
機体のクセ取りのほか様々な用途に応用が可能です。
●リンク機能:他のミキシングとのリンク設定が可能。
マスターチャンネルおよびスレーブチャンネル個別
にリンク設定が可能。
●トリムモード ON/OFF:マスター側のトリム操作を含
めたミキシング動作が可能。
●ミキシング ON/OFF スイッチの設定が可能。
●ミキシングカーブ:リニアカーブまたは 5 ポイント
カーブを選択できます。5 ポイントカーブのポイン
ト数を減らしてシンプルなカーブも設定可能。
●モデルメニューで [ プログラムミックス ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
ミキシング設定画面の呼び出し
● 機能を有効にしたいミキシング No. にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチして設定
画面を呼び出します。(初期設定は全て AIL → ELE になっています。)
[ リニアカーブ ]
●カーブ選択
●ミキシングレート
(左/右、アップ/ダウン)
●オフセットレート(X/Y)
●機能の ON/OFF
●プログラムミックス No. 選択
●スイッチ選択
[5 ポイントカーブ ]
●カーブ選択
●ポイントレート
(ポイント 1 ∼5)
設定方法
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動して行
います。
●機能を有効にする
最初の画面で、まだ使用していないプログラムミック
ス No. にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチします。
*ミキシング設定画面が表示されます。
S1 ボタンをタッチして、2/2 ページ目を表示させます。
[ACT] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。
●スレーブ CH
●マスター CH
●トリムモード
の設定
●リンクの設定
タッチセンサーを左にスクロール操作して [ACT] の点
滅状態とし RTN ボタンをタッチします。
(中止する場合
はタッチセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタン
にタッチします。)
* 機能が有効となります。
* 機能を有効にしてもレート等が設定されていないた
め、このままでは動作しません。
112 <モデルメニュー機能(共通)>
● ON/OFF スイッチの設定
1. 2/2 ページ目の [- -] の項目にカーソルを移動し、RTN ボ
タンをタッチしてスイッチ設定画面を呼び出し、スイッ
チおよび ON 方向を選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
* [- -] に設定した場合は常時 ON となります。
●マスターチャンネルの設定
1. 2/2 ページ目の [ マスター ] の項目に移動して、RTN ボ
タンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してファンクション
を選択し、RTN ボタンをタッチします。
* マスター・チャンネルのコントロールを EPA、D/R、
ミキシング設定等を含まないスティック、ボリュー
ム等の単純動作量に設定することができます。この
場合、ファンクションの選択で、"H/W" を選択した
状態で RTN ボタンをタッチしてスイッチ設定画面
を表示させます。マスターチャンネル側のコント
ロールを選択してください。なお、H/W の選択か
ら通常のファンクションの選択に戻りたいときは、
H/W 選択画面で [- -] を選択して RTN ボタンを押し
てください。
2. このミキシングを他のミキシングとリンクさせたい場
合は、[ リンク ] の項目に移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作してリンクモードを [ + ]、または [ − ]
を選択し、RTN ボタンをタッチします。(+、−はリン
クされる CH の極性を変えることができます。)
* 極性は実際の動作で確認してください。
●スレーブチャンネルの設定
1. [ スレーブ ] の項目に移動して、RTN ボタンをタッチし
てデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作してファンクションを選択し、RTN
ボタンをタッチします。
2. このミキシングを他のミキシングとリンクさせたい場
合は、[ リンク ] の項目に移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作してリンクモードを [ + ]、または [ − ]
を選択し、RTN ボタンを押します。
*極性は実際の動作で確認してください。
●トリムモードの ON/OFF 設定
1. トリムモードを変更する場合は、[ トリム ] の項目に
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作して
ON/OFF を選択し、RTN ボタンをタッチして設定します。
*マスター側のトリムを含めてミキシングする場合は
[ON] に、含めない場合は [OFF] に設定します。
を移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モード
に切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作して
レートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別の方向のレートについても上記と同様に調整します。
3.(オフセットレートの設定)
* カーブを X 軸方向(水平方向)または Y 軸方向(垂
直方向)に移動したい場合に設定します。
オフセットレートの設定したい方向の項目にカーソル
を移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モード
に切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作して
レートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別の方向のレートについても上記と同様に調整します。
● 5 ポイントカーブの設定
1. カーブ選択の項目に移動して、RTN ボタンをタッチし
てデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作して [ ポイント ] を選択し、RTN ボタ
ンをタッチします。
* 5 ポイントカーブの設定画面となります。
2.(レートの設定)
設定したいポイント No. の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
て、タッチセンサーをスクロール操作してレートを調
整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
*マスターチャンネルにファンクションが設定してあ
る場合に有効。
●リニアカーブの設定
1. カーブ選択の項目に移動して、RTN ボタンをタッチし
てデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作して [ リニア ] を選択し、RTN ボタン
をタッチします。
*リニアカーブの設定画面となります。
2.(ミキシングレートの設定)
ミキシングレートの設定したい方向の項目にカーソル
<モデルメニュー機能(共通)>
113
フューエルミックス
【飛行機・ヘリ】
この機能はフューエルミクスチャーコントロール
キャブレターを使用したエンジンのニードル調整に
使用する専用ミキシングです。
●モデルメニューで [ フューエルミックス ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出
します。
注意:初期設定ではこのフューエルミックスのチャン
ネルは割り当てられていません。この機能を
使用する前に、リンケージメニューの [ ファン
クション ] 機能を使用して、空きチャンネルに
[ フューエルミックス ] を割り当ててください。
ただし、[ フューエルミックス ] の [CTRL]、[ ト
リム ] の設定項目はともに必ず [--] のままにし
ておいてください。
[ 飛行機の場合 ]
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●ニードルハイトリムの選択
●エンジンカットの設定
●アクセラレーションの設定
●ミキシングカーブのコピー
[ コピー ] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作してファンクションを選択し、
RTN ボタンをタッチします。
タッチセンサーをスクロール操作してコピー先のコン
ディションを選択し RTN ボタンをタッチします。
[ ハイ ] を選択して RTN ボタンをタッチします。
[ ヘリの場合 ]
114 <モデルメニュー機能(共通)>
設定方法
*この機能を使用する前に、リンケージメニューの [ ファ
ンクション ] 機能を使用して、空きチャンネルに [ フュー
エルミックス ] を割り当ててください。
●機能を有効にする
[ACT] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーを左にスクロール操作して [ACT] の点
滅状態とし RTN ボタンをタッチします。
(中止する場合
はタッチセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタン
にタッチします。)
* 機能が有効となります。
*アクセラレーション量(レート)および動作ポイント
をロー側への操作、ハイ側への操作時について個別に
設定できます。また、アクセラレーション動作の戻り
時間(ダンピング)を設定できます。
注意:このアクセラレーション機能はニードルサーボの
ストロークが大きくなりますので、リンケージ
の突き当たりがない範囲に調整してください。
1.(アクセラレーションレートの設定)
[ レート ] のロー側またはハイ側の項目にカーソルを移
動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切
り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:0%
●ミックスモードの設定
調整範囲:0% ∼ 100%
1. [MIX] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作してモードを選択し、RTN ボタンを
タッチします。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
[MIX]:スロットルカーブの設定データをマスター側
データとする。
[UNMIX]:スロットルスティック位置をマスター側デー
タとする。
● 5 ポイントカーブの設定
設定したいポイント No. の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
て、タッチセンサーをスクロール操作してレートを調
整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
●ニードルハイトリムの設定
ニードルハイトリム [- -] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチして選択画面を呼び出し、ニードル
ハイトリムレバーを選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
[ トリム ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してレートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-30% ∼ +30%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
* ニードルハイトリムはセンターを基準にハイ側で動
作します。
●アクセラレーションの設定(飛行機の場合)
*この機能はスロットルスティックの急激な操作により
発生するノッキング、息つき、かぶり等の症状の場合
に使用します。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別の方向のレートについても上記と同様に調整します。
2.(ダンピングの設定)
[ ダンピング ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えて、タッチ
センサーをスクロール操作してレートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:0% ∼ 100%(遅れ時間最大)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
3.(動作ポイントの設定)
[ ドウサイチ ] のロー側またはハイ側の項目にカーソル
を移動し、設定したいポイントにスロットルスティッ
クを保持し、RTN ボタンを 1 秒間タッチして動作ポイ
ントを設定します。
初期値:25%(ロー側)、75%(ハイ側)
調整範囲:0% ∼ 100%
別の方向の動作ポイントについても上記と同様に設定
します。
●エンジンカットの設定
*ニードルのカットポジションを設定可能。スロットル
ホールド機能、スロットルカット機能およびアイドル
ダウン機能に連動して動作。全閉位置になるように設
定します。
設定したいエンジンカットの項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
て、タッチセンサーをスクロール操作してポジション
を調整します。
初期値:17%(スロットルカット)、0%(アイドルダウン)
調 整 範 囲:0% ∼ 50%( ス ロ ッ ト ル カ ッ ト )
、0% ∼
100%(アイドルダウン)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
<モデルメニュー機能(共通)>
115
モデルメニュー機能
このモデルメニュー機能(飛行機、グライダー)
のセクションでは、飛行機またはグライダーのモデ
ルタイプが選択されている場合に使用可能な専用
ミキシング等を説明します。
【飛行機、グライダー】
使用したい場合は、コンディション選択機能で予め
スイッチを設定してください。
(ノーマルコンディ
ションを含めて最大 5 コンディション迄使用可能)
注意: なお、この T14SG の場合、飛行機およびグラ
イダーのモデルタイプについては、同様の主翼
タイプの機体に対応できるように設計されてい
ます。一部の専用機能を除いて、飛行機および
グライダーに共通の機能については、モデルタ
イプに関係なくまとめて説明してあります。
予め、リンケージメニューのモデルタイプ選択
機能で使用する機体に合わせて、モデルタイプ、主
翼タイプ、および尾翼タイプをまず始めに設定して
ください。
注意:後から別のモデルタイプを選択し直すと、ミキ
シング機能等で設定したデータがリセットされ
てしまいます。
また、使用する主翼タイプによって、サーボ数
などの違いにより設定項目が異なりますが、読
み替えてご使用ください。取扱説明書の設定画
面は代表例を使用しています。
グライダータイプの場合、これらの専用ミキシ
ングの多くはフライトコンディション毎の設定が
可能です。コンディション毎の設定を切り替えて
●ホーム画面から MDL ボタンを 2 回タッチして、下記の
メニューを呼び出します。
●設定したい機能にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして設定画面を呼び出します。
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異
なります。)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ページ移動
モデルメニュー機能一覧
ピッチカーブ
VPP(可変ピッチプロペラ)機能に対応。
【飛行機全般】
スロットルカーブ
スロットルカーブはスロットルスティックの動
きに対しエンジン回転が最良の飛行状態になる
ように 5 ポイントのカーブが設定できます。モー
ターファンクションのカーブ設定にも使用可能。
【飛行機、グライダー全般】
スロットルディレイ
スロットルサーボの動作速度を遅くすることが
できます。ジェットエンジンなどに適します。
【飛行機、グライダー全般】
116 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
*【 】内は対応モデルを示します。
エルロンディファレンシャル
左右エルロンを個別に差動調整が可能。バタフ
ライミキシング時の差動調整が可能。
【飛行機/グライダー、2 エルロン以上】
フラップ設定
各フラップのアップ/ダウン舵角を各サーボ個
別に調整できます。
【飛行機/グライダー、2 フラップ以上】
エルロン→キャンバー FLP
キャンバーフラップをエルロンモードで動作さ
せるミキシング。ロール軸の運動性能の改善。
【飛行機/グライダー、2 エルロン +2 フラップ以上】
ション選択で呼び出し可能。
エルロン→ブレーキ FLP
【グライダー、2 エルロン以上】
ブレーキフラップをエルロンモードで動作させ
るミキシング。ロール軸の運動性能の改善。
エアブレーキ
【グライダー、4 フラップ以上】
着陸または飛行中のダイブ等でエアブレーキが
必要な場合に使用。【飛行機、2 エルロン以上】
エルロン→ラダー
ジャイロ
エルロン操作にラダー動作を連動させたい場合
に使用。浅いバンク角での旋回が可能。
GYA シリーズジャイロ使用時の専用ミキシン
グ。【飛行機/グライダー、全般】
【飛行機/グライダー、全般】
ラダー→エルロン
V テール
スタント機のロール系演技、ナイフエッジ等の
クセ取りに使用。【飛行機/グライダー、全般】
V 尾翼機の場合のエレベータ、ラダー調整。
【飛行機/グライダー、V テール仕様】
キャンバミキシング
エルベータ(2 サーボ仕様エレベータ)
キャンバの調整およびエレベータでの補正。
エルベータ機の場合のエレベータ、エルロンの
調整。【飛行機/グライダー、エルベータ仕様】
【飛行機/グライダー、2 エルロン以上】
ELE →キャンバ FLP
ウイングレット
エレベータ操作にキャンバを連動させたいときに
使用。エレベータアップ時の揚力アップが可能。
ウイングレット機の場合の左右ラダーの調整。
【飛行機/グライダー、ウイングレット仕様】
【飛行機/グライダー、2 エルロン以上】
モーター
キャンバ FLP → ELE
キャンバフラップ使用時の姿勢変化の補正に使用。
【飛行機/グライダー、2 エルロン +1 フラップ以上】
バタフライ
F5B の EP グライダー等でスイッチでモーター
をスタートさせる機能。動作スピードの設定が
可能。【飛行機/グライダー、全般】
ラダー→エレベーター
スタント機のロール系演技、ナイフエッジ等の
クセ取りに使用。【飛行機、全般】
強いブレーキ動作が必要なときに使用。
【グライダー、2 エルロン以上(無尾翼機の場合:
2 エルロン +1 フラップ以上)】
スナップロール
スナップロールのスイッチ選択および各舵の舵
角調整。更にサーボのスピード調整も可能。
トリムミックス
エルロン、エレベータ、フラップについて、ト
リムのオフセット量をスイッチまたはコンディ
【飛行機、全般】
ラダー 1
(ウイングレット)
無尾翼機の場合
ラダー 2
(ウイングレット)
無尾翼機の場合
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 3
(ブレーキFLP)
フラップ 1
(キャンバ FLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
Vテールの場合
エレベーター
(ラダー 2)
ラダー
(エレベーター 2)
エレベーター
エルロン 5
エルベーターの場合
(
エレベーター 2
エルロン 6
) ( エルベーターの場合
)
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
117
ピッチカーブ
【飛行機】
注意: VPP フ ァ ン ク シ ョ ン が ど
のチャネルにも割り当てら
れていない場合、モデルメ
ニューにピッチカーブが表
示されません。その場合は
ファンクション画面でいず
れ か の チ ャ ネ ル に VPP を
割り当ててください。
可変ピッチプロペラ機能(飛行機)
この機能は VPP(可変ピッチプロペラ)機能に
対応します。
● 3 コンディションまで設定できます。
● VPP コンディション 2、3 の切替 SW を設定可能。
●モデルメニューで [ ピッチカーブ ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
1 つ 戻す
●レート
●カーブポイント
設定方法
●コンディションの設定
1. 画面右上の # ボタンにカーソルを移動し RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーを左右にスクロール操作して VPP コン
ディションを選択し、RTN ボタンをタッチします。
2. VPP コンディション 2、3 の切替 SW を設定します。
* 3 コンディションまで設定できます。
*コンディション 1 → 2 → 3 の順に優先順位が高く
なります。
VPP コンディションは HOME 画面でも確認することが
できます。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
2.(カーブポイントの移動)
*ポイント 2 ∼ 4 を左右に移動できます。隣り合うポイ
ントの 2.5% 手前まで移動可能。ポイント 1 および 5 は
固定。
移動したいポイント No. のカーブポイントの項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作し
てカーブポイントを移動します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントの位置についても上記と同様に調整しま
す。
3.(カーブポイントの削除/復帰)
● 5 ポイントカーブの設定
1.(レートの設定)
設定したいポイント No. のレートの項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:0% ∼ 100%
118 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
*ポイント 2 ∼ 4 を削除/復帰できます。
削除/復帰したいポイント No. のカーブポイントの項
目にカーソルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチし
て削除/復帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
別のポイントの削除/復帰についても上記と同様に行
います。
スロットルカーブ
【飛行機、グライダー】
この機能はスロットルスティックの動きに対しエ
ンジン回転が最良の飛行状態となるように 5 ポイン
トのカーブが設定できます。
また、モーターファンクションにカーブが設定で
きます。
●モデルメニューで [ スロットルカーブ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出
します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
1 つ 戻す
●レート
●カーブポイント
●スロットルファンクションが存在しない時にスロッ
トルカーブを ON にすると、モータファンクション
のカーブとして働きます。
注意:このスロットルカーブと、デュアルレート機能
のスロットル EXP カーブは同時には使用するこ
とはできません。
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーを左にスクロール操作して [ON] の点滅
状態とし RTN ボタンをタッチします。
(中止する場合は
タッチセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタンに
タッチします。)
* 機能が有効となります。
● 5 ポイントカーブの設定
移動したいポイント No. のカーブポイントの項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作し
てカーブポイントを移動します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントの位置についても上記と同様に調整しま
す。
1.(レートの設定)
設定したいポイント No. のレートの項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:0% ∼ 100%
3.(カーブポイントの削除/復帰)
*ポイント 2 ∼ 4 を削除/復帰できます。
削除/復帰したいポイント No. のカーブポイントの項
目にカーソルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチし
て削除/復帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
別のポイントの削除/復帰についても上記と同様に行
います。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
2.(カーブポイントの移動)
*ポイント 2 ∼ 4 を左右に移動できます。隣り合うポイ
ントの 2.5% 手前まで移動可能。ポイント 1 および 5 は
固定。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
119
スロットルディレイ
【飛行機】
この機能はスロットルサーボの動作速度を遅くし
たい場合に使用します。
*スロットルディレイとサーボスピードの THR で重複し
て速度が変わります。どちらか 1 つをご使用ください。
ジェットエンジンのスロットルコントロールなど
に適します。
* S.BUS サーボ使用時 S.BUS サーボ設定のスピードコン
トロールを設定すると重複して速度が変わります。ど
ちらか 1 つをご使用ください。
●モデルメニューで [ スロットルディレイ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出
します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
1 つ 戻す
設定方法
●動作スピード(ディレイ)の設定
[ ディレイ ] の数値にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードにし、タッチセンサーを
スクロール操作してレートを調整します。
初期値:0
調整範囲:0(最速)∼ 27(遅い)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
120 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、2 エルロン
以上
エルロンディファレンシャル
左右エルロンの差動調整を個別に行うことがで
きます。また、また、グライダータイプの場合、バ
タフライミキシング動作時のエルロン差動調整が
可能。
エルロン 1
(メイン・エルロン)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
●モデルメニューで [ ディファレンシャル ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
[ 飛行機(2A + 2F)の場合 ]
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異
なります。)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
●エルロン左右の調整
[ グライダー(4A + 2F)の場合 ]
(現在選択中のコンディション名)
設定方法
●エルロンの調整
●バタフライ動作時のエルロン差動の調整
調整したいエルロン(AIL1 ∼ 4)の左(レフト)また
は右(ライト)の設定項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してスティック左(ま
たは右)に切ったときの舵角をそれぞれ個別に調整し
ます。
初期値:100%
[ バタフライアジャスト ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。タッチセンサーをスクロール操作して差動量を
調整します。
初期値:0%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
調整範囲:0% ∼ 120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
121
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、2 フラップ
以上
フラップ設定
ウイングタイプに応じて各フラップ(キャンバ
フ ラ ッ プ:FLP1/2、 ブ レ ー キ フ ラ ッ プ:FLP3/4)
のアップ/ダウンの動作量をサーボ毎に個別に調
整できます。
●各フラップの動作基準点の移動が可能
また、4 フラップ機体の場合、キャンバフラップ
をブレーキフラップに連動させることが可能です。
(ブレーキフラップ→キャンバフラップ)
フラップ 3
(ブレーキFLP)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 1
(キャンバ FLP)
● ON/OFF スイッチを設定可能。
フラップ 2
(キャンバ FLP)
●モデルメニューで [ フラップセッテイ ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
[ キャンバフラップ設定画面 ]
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異
なります。)
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●アップ側/ダウン
側の調整
ページ移動
●動作基準点の移動
(現在選択中のコンディション名)
[ ブレーキフラップ設定画面 ]
[ ブレーキフラップ→キャンバフラップ設定画面 ]
設定方法
●フラップの調整
ウイングタイプに応じてフラップ(FLP1 ∼ 4)のアッ
プ、ダウンの設定項目にカーソルを移動して、RTN ボタ
ンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して動作量を個別に調整し
ます。
初期値:+100%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モードに
切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
●フラップの動作基準点の調整
各フラップの動作基準点の移動は、対応する [ オフセッ
ト ] 設定項目にカーソルを移動して、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して基準点を移動してください。
初期値:0%
122 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
●ブレーキフラップ→キャンバフラップを有効に
する
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、タッチセンサー
を左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示としてか
ら、RTN ボタンをタッチして機能を有効にします。
スイッチを設定する場合は、[SWI] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出して、スイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、2 エルロン+ 2
フラップ以上
エルロン→キャンバ FLP
キャンバフラップ(FLP1/2)をエルロンモード
で動作させるミキシングです。エルロンスティック
操作時、エルロンとキャンバフラップが同時にエル
ロン動作し、ロール軸の運動性能が改善されます。
●フラップサーボ毎にエルロン左右のミキシング量を
調整可能
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
●リンク設定可能:他のミキシングとリンクされます。
フラップ 1
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
●モデルメニューで [ エルロン→ C フラップ ] を
選択し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定
画面を呼び出します。
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●フラップサーボ毎の
調整
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
●リンクモードの設定
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
リンクを設定する場合、[ リンク ] の設定項目にカーソ
ルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左にスクロール
操作して、[ON] の点滅表示としてから、RTN ボタンを
タッチしてリンクを ON にします。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
フラップサーボ毎の左右の設定項目にカーソルを移動
し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り
替えます。タッチセンサーをスクロール操作しミキシ
ング量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
123
[ 対応モデルタイプ ]:
グライダー、4 フラップ
エルロン→ブレーキ FLP
ブレーキフラップ(FLP3/4)をエルロンモードで
動作させるミキシングです。エルロンスティック操作
時、エルロンとブレーキフラップが同時にエルロン動
作し、ロール軸の運動性能が改善されます。
●フラップサーボ毎にエルロン左右のミキシング量を
調整可能
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
●リンク設定可能:他のミキシングとリンクされます。
フラップ 3
(ブレーキFLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
●モデルメニューで [ エルロン→ B フラップ ] を
選択し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定
画面を呼び出します。
(現在選択中のコンディション名)
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●フラップサーボ毎の
調整
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
フラップサーボ毎の左右の設定項目にカーソルを移動
し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り
替えます。タッチセンサーをスクロール操作しミキシ
ング量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
124 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
●リンクモードの設定
リンクを設定する場合、[ リンク ] の設定項目にカーソ
ルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左にスクロール
操作して、[ON] の点滅表示としてから、RTN ボタンを
タッチしてリンクを ON にします。
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、全般
エルロン→ラダー
エルロン操作にラダー動作を連動させたい場合
に使用します。浅いバンク角での旋回が可能となり
ます。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
(
エルロン 1
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
ラダー 1
ウイングレット
無尾翼機の場合
)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
ラダー 2
ウイングレット
無尾翼機の場合
(
)
Vテールの場合
●モデルメニューで [ エルロン→ラダー ] を選択
ラダー 2
ラダー
ラダー
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
左または右のミキシングレート設定項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作しミ
キシング量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
125
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、全般
ラダー→エルロン
ラダー操作にエルロン動作を連動させたい場合
に使用します。スタント機のロール系演技、ナイフ
エッジ等でラダーを打ったときのクセ取りに使用
します。スケール機、大型機等で実機さながらの旋
回を行うときに利用できます。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
●リンクを設定可能:他のミキシングとリンクされます。
●飛行機の場合、5 ポイントカーブが設定可能。
(
エルロン 1
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
ラダー 1
ウイングレット
無尾翼機の場合
)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
ラダー 2
ウイングレット
無尾翼機の場合
(
)
Vテールの場合
ラダー 2
ラダー
ラダー
●モデルメニューで [ ラダー→エルロン ] を選
択し、RTN ボタンをタッチして、下記の設
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
(表示画面は一例を示します。モデル
タイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
● 5 ポイントカーブの設定(飛行機の場合)
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
1.(レートの設定)
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
設定したいポイントのレート(左側の数値)の項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えて、タッチセンサーをスクロール
操作してレートを調整します。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
調整範囲:-100% ∼ +100%
●ミキシングレートの調整(グライダーの場合)
左または右のミキシングレート設定項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作しミ
キシング量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
●リンクモードの設定
リンクを設定する場合、[ リンク ] の設定項目にカーソ
ルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左にスクロール
操作して、[ON] の点滅表示としてから、RTN ボタンを
タッチしてリンクを ON にします。
126 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
2.(カーブポイントの移動)
*両端を除く 3 ポイントは左右に移動できます。隣り合
うポイントの 2.5% 手前まで移動可能。
移動したいカーブポイント(右側の数値)にカーソル
を移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モード
に切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作して
カーブポイントを移動します。
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
3.(カーブポイントの削除/復帰)
*両端を除く 3 ポイントは、削除/復帰できます。
削除/復帰したいポイントのカーブポイントにカーソ
ルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチして削除/復
帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
キャンバミキシング
主翼のキャンバ(エルロン、キャンバフラップ、
ブレーキフラップ)をネガティブやポジティブに
操作するキャンバ操作のレート調整が可能。また、
キャンバ操作による姿勢変化を補正することがで
きます。
*キャンバ操作は初期設定でサイドレバーの LS に割り
当てられています。コンディション毎に変更が可能。
(ファンクション設定画面)
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、
2 エルロン以上
●エルロン、フラップ、エレベーターサーボ毎にアッ
プ側/ダウン側のレートを調整可能:リンケージに
よりミキシング方向が逆の場合はレートの極性を変
えることにより調整可能。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON 状態)
●コンディション毎にディレーを設定できます。ディレー
機能を OFF できるカットスイッチの設定も可能。(グ
ライダー)
●モデルメニューで [ キャンバミックス ] を選択
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
●エルロンのレート
調整
●フラップのレート
調整
●エレベーターの
レート調整
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
<モデル
<モ
デルメ
メニ
機能
127
設定方法
●機能を有効にする
●コンディションディレイの設定
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
[COND. ディレイ ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボ
タンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してディレイ量を調
整します。
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ量大)
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
設定したいサーボのレート 1 またはレート 2 のミキシ
ングレート設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作しミキシング量を調整し
ます。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
コンディションディレイを OFF するカットスイッチを
設定する場合は、[ カットスイッチ ] の設定項目にカー
ソルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼
び出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
フラップ 3
(ブレーキFLP)
フラップ 1
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
Vテールの場合
エレベーター
エレベーター 2
128 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
エレベーター
エレベーター 2
( エルベーターの場合 )
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、
2 エルロン以上
エレベータ→キャンバ
エレベーターの操作にキャンバを連動させたい
場合に使用します。エレベーターアップでフラップ
が下がるようにミキシングを使用すると、エレベー
ターアップ時に揚力を増大させることができます。
●グライダーの場合、エレベータのニュートラル付近
でミキシング機能が OFF の範囲 [ レンジ ] を設定で
きます。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
注意:無尾翼機の場合、このミキシングを ON にしな
いと、エレベータ動作ができません。
●モデルメニューで [ エレベ→キャンバ ] を選択
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
●ミキシングレートの調整
それぞれのサーボのアップまたはダウンミキシング
レートの項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作しレートを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
●レンジの設定(グライダーの場合)
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
[ レンジ ] の設定項目にカーソルを移動し、エレベーター
スティックをミキシング OFF の範囲の上限または下限
の位置に保持し、RTN ボタンを 1 秒間タッチしてミキ
シングが OFF の範囲を設定します。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
129
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、
2 エルロン+ 1 フラップ以上
キャンバフラップ→エレベーター
キャンバフラップ(スピードフラップ)を使用
したときに発生する姿勢変化(エレベーター方向)
を補正するために使用します。
●エレベーターサーボのアップ側/ダウン側のレートを
調整可能:リンケージによりミキシング方向が逆の場
合はレートの極性を変えることにより調整可能。
フラップ 1
(キャンバ FLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
Vテールの場合
エレベーター
エレベーター 2
●モデルメニューで [ フラップ→エレベ ] を選択
エレベーター エレベーター 2
( エルベーターの場合 )
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
(グライダー:現在選択中のコンディション名)
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●エレベーターのレー
ト調整
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
エレベーターのレート調整の項目 [ レート 1] または
[ レート 2] にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作してミキシング量を調整しま
す。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*リンケージによりミキシング方向が逆の場合は極性
を変えることにより調整可能。
初期値:0%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
130 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値にリ
セットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
バタフライ
この機能は左右のエルロンを上方に、フラップ
(キャンバフラップ、ブレーキフラップ)を下方に
同時に操作することにより、強いブレーキ動作を
可能にします。このとき、エルロンおよびフラッ
プもバタフライミキシングに重ねて操作が可能で
す。また、バタフライミキシング動作時の機体の
姿勢変化をエレベーターで補正できます。
[ 対応モデルタイプ ]:
グライダー、2 エルロン以上(無尾翼機、
2 エルロン+ 1 フラップ以上)
●エルロン、フラップ、エレベータ動作のスピード調
整ができます。
●エレベーター補正が可能。カーブが設定できます。
●バタフライ動作時のエルロン差動調整が可能:エル
ロンディファレンシャル機能設定画面で調整します。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
●バタフライの動作基準点の移動が可能:ただし、基
準点をオフセットしすぎると思わぬ動作になること
がありますので注意してください。
●モデルメニューで [ バタフライ ] を選択し、RTN ボタン
をタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
(現在選択中のコンディション名)
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●エルロン、フラップ
のレート調整
(現在選択中のコンディション名)
●エレベーターの調整
●サーボスピードの設定
●動作基準点の移動
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
131
設定方法
* 中間ポイント位置設定ボタンを長押しすると中間ポ
イントが設定できるようになります。再び長押しす
ると中間ポイントが無効になります。
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
↑
(RTN 長押し)
↓
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●レートの調整
エルロン、フラップおよびエレベーターのレート調整
は各項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチし
てデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作して調整します。
初期値:0%
調整範囲:-200% ∼ +200%(エレベーター:-120% ∼
+120%)
*オフセットを設定するとカーブは初期化されます。
●バタフライの動作基準点の移動
カーソルを [ オフセット ] に移動した状態で、バタフ
ライ操作で変更したいポイントにスティックを保持し、
RTN ボタンを 1 秒間タッチして基準点を変更します。
初期値:15%
調整範囲:0% ∼ 100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
●サーボスピードの設定
エルロン、フラップおよびエレベーターのスピード調
整は各項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作して調整します。
●エレベーター補正のカーブ設定
エレベーター補正カーブが設定できます。
出 力(Y)
位 置(X)
オフセットポイント 固定 (0)
固定 ( オフセット位置 )
2- 中間ポイント
設定可
設定可
1- エンドポイント
設定可
固定
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ最大値)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
フラップ 3
(ブレーキFLP)
フラップ 1
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
Vテールの場合
エレベーター
エレベーター 2
エレベーター
132 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
エレベーター 2
( エルベーターの場合 )
[ 対応モデルタイプ ]:
グライダー、2 エルロン以上
トリムミックス
エルロン、エレベーター、フラップ(キャンバ
フラップ、ブレーキフラップ)について、飛行状
態によってあらかじめ設定しておいたトリムのオ
フセット量をスイッチで呼び出すことができます。
●エルロン、エレベーター、フラップ動作のスピード
調整ができます。
●エルロン、エレベーター、フラップサーボ毎にオフ
セットを調整可能
●オートスイッチを設定することにより、トリムミッ
クスの呼び出しをスティック等に連動させることが
できます。機能の ON/OFF スイッチとは別にスティッ
クスイッチ等を設定できます。
●スイッチを設定することにより、フライト中にこの
機能を呼び出すことができます。
●コンディション毎にディレーを設定できます。ディレー
機能を OFF できるカットスイッチの設定も可能。
●モデルメニューで [ トリムミックス ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。 (現在選択中のコンディション名)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●エルロン、フラップ、およびエレベーター毎のオ
フセット量の調整
●スイッチ選択
●サーボスピードの設定
●コンディション
ディレイの設定
●オートスイッチの選択
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
●トリムオフセット量の調整
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
エルロン、フラップおよびエレベーターの各項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左右にスクロー
ル操作してオフセット量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-250% ∼ +250%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
133
●コンディションディレイの設定
●オートスイッチの設定
[COND. ディレイ ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボ
タンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してディレイ量を調
整します。
初期値:0
オートスイッチを設定する場合は、[ オートスイッチ ]
の設定項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチし
て、選択画面を呼び出してスイッチの選択および ON
方向を設定します。([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ量大)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
コンディションディレイを OFF するカットスイッチを
設定する場合は、[ カットスイッチ ] の設定項目にカー
ソルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼
び出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●サーボスピードの設定
エルロン、フラップおよびエレベーターのスピード調
整は各項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作して調整します。
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ最大値)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
フラップ 3
(ブレーキFLP)
フラップ 1
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
Vテールの場合
エレベーター
エレベーター 2
134 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
エレベーター
エレベーター 2
( エルベーターの場合 )
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機、2 エルロン以上
エアブレーキ
着陸または飛行中のダイブ等でエアブレーキが
必要な場合に使用します。エルロン、
エレベーター、
フラップ(キャンバフラップ、ブレーキフラップ)
について、予め設定しておいたオフセット量をス
イッチで呼び出すことができます。
●エルロン、エレベーター、フラップサーボ毎にオフ
セット量を調整可能
フラップ 3
(ブレーキFLP)
●エルロン、エレベーター、フラップ動作のスピード
調整ができます。
●オートモードを設定することにより、エアブレーキ
動作をスティック等に連動させることができます。
機能の ON/OFF スイッチとは別にスティックスイッ
チ等を設定できます。
フラップ 1
(キャンバ FLP)
エルロン 1
(メイン・エルロン)
フラップ 4
(ブレーキFLP)
フラップ 2
(キャンバ FLP)
エルロン 2
(メイン・エルロン)
エルロン 3
(チップ・エルロン)
エルロン 4
(チップ・エルロン)
Vテールの場合
エレベーター
エレベーター 2
エレベーター
エレベーター 2
( エルベーターの場合 )
●モデルメニューで [ エアブレーキ ] を選択し、RTN ボタ
ンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●エルロン、フラップ、およびエレベーター毎の
オフセット量の調整
●スイッチ選択
●サーボスピードの設定
●オートスイッチの選択
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
135
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●オフセット量の調整
エルロン、フラップおよびエレベーターの各項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左右にスクロー
ル操作してオフセット量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-250% ∼ +250%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
●サーボスピードの設定
エルロン、フラップおよびエレベーターのスピード調
整は各項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左右にスクロール操作して調整します。
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ最大値)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
●オートスイッチの設定
オートスイッチを設定する場合は、[ オートスイッチ ]
の設定項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチし
て、選択画面を呼び出してスイッチの選択および ON
方向を設定します。([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
136 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
F3A 等のフラッペロン仕様の場合の設定例
(モデルタイプが 2 エルロン選択の場合)
<モード設定>
機能:[ON]
スイッチ:[SW-C]
オートスイッチ:[- -]
<オフセット量>
AIL:[-35 ∼ -45%]、AIL2:[-35 ∼ -45%] 、
ELE:[+5 ∼ +7%]
注意:入力数字は一例です。動作量は機
体に合わせて調整してください。
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、全般
ジャイロ
注意: T14SG の 初 期 設 定 で は 感 度 設 定 チ ャ ン ネ ル
(ジャイロ)は割り当てられていません。予め、
リンケージメニューのファンクション機能で、
空きチャンネルを利用して、使用する感度設定
チャンネル(GYRO/GYRO2/GYRO3)を割り当
てておく必要があります。
機体姿勢の安定化のために GYA シリーズジャイ
ロを使用する場合のジャイロ専用ミキシングです。
感度および動作モード(AVCS モード/ NORM モー
ド)をスイッチで切り替えることができます。
● 3 つのレートを使用可能
●同時に 3 軸迄制御可能(GYRO/GYRO2/GYRO3)
●モデルメニューで [ ジャイロ ] を選択し、RTN ボタンを
タッチして、下記の設定画面を呼び出します。
[ レート 1 設定画面 ]
ジャイロファンクションの [CTRL]、[ トリム ]
の項目は [--] に設定してください。
(現在選択中のレート No.)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●レート 1 ∼ 3 設定
画面の選択
●ジャイロタイプの
選択
ページ移動
●スイッチ選択
● 3 軸(GYRO/GYRO2/GYRO3)の動作モード
(AVCS/NORM)と感度の設定
[ レート2設定画面 ]
[ レート 3 設定画面 ]
設定方法
*予め、リンケージメニューのファンクション機能で、
空きチャンネルを利用して、使用する感度設定チャン
ネル(GYRO/GYRO2/GYRO3)を割り当てておく必要が
あります。
ジャイロファンクションの [CTRL]、[ トリム ] の項目は
[--] に設定してください。
[INH] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
●レート設定画面の選択
レート設定画面の選択の項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作して設定したいレー
ト設定画面 No. を選択し RTN ボタンをタッチします。
*設定画面が表示されます。
●機能を有効にする
次に、スイッチの設定項目にカーソルを移動し RTN ボ
タンをタッチして、選択画面を呼び出してスイッチ
の選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時
ON。スイッチ設定が重なった場合、優先順位はレート 1、
レート 2、レート 3 の順で、レート 1 が最優先します。
)
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
137
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ジャイロタイプの選択
Futaba GYA ジャイロを使用する場合は [ タイプ ](ジャ
イロ・タイプ)の設定項目が [GY] に設定されているこ
とを確認します。
* [GY] タイプを選択すると感度設定値が AVCS モー
ドおよび NORM モードとも直読となります。
*その他のジャイロを使用する場合は [NORM] に変更
します。モードを変更したい場合は [ タイプ ] の設
定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーを左または右にスクロール操作してモード表示
を変更し、RTN ボタンをタッチしてモードを変更し
ます。
イロ 2/ ジャイロ 3)に対応する動作モードの設定項目
にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ
入力モードに切り替えます。タッチセンサーをスクロー
ル操作してモード表示を切り替えて、RTN ボタンをタッ
チしてモードを変更します。
[AVCS]:AVCS モード
[NORM]:ノーマルモード
●感度設定
感度の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作して感度を設定します。
初期値:GY タイプ:0%、NORM タイプ:50%
調整範囲:0% ∼ 100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
●動作モードの変更
ジャイロタイプが GY タイプの場合で、動作モードを変
更する場合、変更したいチャンネル(ジャイロ / ジャ
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
(例)GYA430 × 2(ELE、RUD)、GYA431×1(AIL) を使用して、3 軸全部を設定する場合
●主翼タイプ:エルロン 2 サーボ搭載の機体を選択した場合
●リンケージメニューのファンクション設定画面の [ ファンクション ] の項目で、GYRO
(GYA431 用):5CH、GYRO2(GYA430、ELE 用):7CH、GYRO3(GYA430、RUD 用)
:
8CH を設定。[CTRL] および [ トリム ] の項目は全て [--] にしておきます。
●設定例
レート 1 画面:[OFF] [GY] [SE] [AVCS] [60%] [AVCS] [60%] [AVCS] [60%]
レート 2 画面:[INH]
レート 3 画面:[OFF] [GY] [SE] [NORM][60%] [NORM][60%] [NORM][60%]
* SW-E の奥でレート 1 が ON、手前でレート 3 が ON になるように設定します。SW-E
のセンターで OFF にするため、レート 2 は [INH] のままにします。
R7008SB
GYA431
S.BUS か S.BUS 2 ポート
GYA430
エルロンサーボ
エレベーターサーボ
※S.BUS ポートは受信機
の CH 出力モードを B か
D にして使用します。
GYA430
138 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
ラダーサーボ
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、V テール
V テール
リンケージメニューのモデルタイプ選択機能の
尾翼タイプの選択で V テールタイプを選択した場
合に、この設定画面で V 尾翼機体のエレベーター
とラダーの調整が可能となります。
●各サーボの動作量を操作毎に個別に調整できます。
(サーボ接続方法はモデルタイプ別サーボ接続の項を参
照してください。)
●モデルメニューで [V テール ] を選択し、RTN ボ
タンをタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
エレベーター
(ラダー 2)
ラダー
(エレベーター 2)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・レート調整
1 つ 戻す
●エレベーター操作時の動作量の
調整(ダウン側/アップ側)
●ラダー操作時の動作量の調整
(左側/右側)
設定方法
●動作量の調整
各サーボのエレベーターアップ [ ↑ ]、ダウン [ ↓ ] 操
作時の動作量およびラダー左 [ ← ]、右 [ → ] 操作時の
動作量を個別に調整できます。
調整したい設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して動作量を調整します。
初期値:+50%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
*リンケージによりミキシング方向が逆の場合は動作
量の極性を変えることにより調整が可能。
*動作量を大きくしすぎると舵が重なったときに不感
帯が発生します。50% 前後で調整してください。
別のレートについても上記と同様に調整します。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
139
エルベーター
リンケージメニューのモデルタイプ選択機能の
尾翼タイプの選択でエルベータタイプを選択した場
合に、この設定画面でエルベーター尾翼機体のエレ
ベーターの調整が可能となります。
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、エルベーター
(エレベータ 2 サーボ仕様)
エルロン操作時、エレベーターサーボをエルロ
ン動作させ、ロール軸の運動性能を改善します。
●各サーボの動作量を操作毎に個別に調整できます。
(サーボ接続方法はモデルタイプ別サーボ接続の項を参
照してください。)
●モデルメニューで [ エルベータ ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出
します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
エレベーター
(エルロン 5)
エレベーター 2
(エルロン 6)
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●エレベーター操作時の動作量の
調整(ダウン側/アップ側)
設定方法
●動作量の調整
各サーボのエレベーターアップ [ ↑ ]、ダウン [ ↓ ] 操
作時の動作量およびエルロン左 [ ← ]、右 [ → ] 操作時
の動作量を個別に調整できます。
調整したい設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して動作量を調整します。
初期値:エレベータ:+100%、エルロン:0%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
*リンケージによりミキシング方向が逆の場合は動作
量の極性を変えることにより調整が可能。
*動作量を大きくしすぎると舵が重なったときに不感
帯が発生します。50% 前後で調整してください。
別のレートについても上記と同様に調整します。
140 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
●エルロン操作時の動作量の調整
(左側/右側)
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、無尾翼機
ウイングレット
リンケージメニューのモデルタイプ選択機能の
ウィングタイプの選択で [ ムビヨク ] を選択した場
合で、ラダー・タイプがウイングレットタイプを選
択した場合に、この設定画面でウイングレット仕様
の機体の左右ラダーの舵角調整が可能となります。
●各サーボの動作量を個別に調整できます。
(サーボ接続方法はモデルタイプ別サーボ接続の項を参
照してください。)
ラダー 1
(ウイングレット)
無尾翼機の場合
ラダー 2
(ウイングレット)
無尾翼機の場合
●モデルメニューで [ ウイングレット ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び
出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●ラダー操作時の動作量の調整
(左側/右側)
設定方法
●動作量の調整
各サーボのラダー左 [ ← ]、右 [ → ] 操作時の動作量を
個別に調整できます。
調整したい設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して動作量を調整します。
初期値:+100%
調整範囲:-120% ∼ +120%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
*リンケージによりミキシング方向が逆の場合は動作
量の極性を変えることにより調整が可能。
別のレートについても上記と同様に調整します。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
141
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機/グライダー、全般
モーター
ただし、動作が完了する前にスイッチを OFF にする
と、再度操作が可能です。
F5B 等の EP グライダーの場合で、スイッチでモー
ターをスタートさせる場合の動作スピードの設定
が可能です。また、スピード 1 /スピード 2 の 2
つの領域で個別に動作スピードの設定が可能です。
この動作を再セットしたい場合は、スピードの設定
画面で、[ACT/INH] および [ イッカイドウサ ] の設定
を一旦 [INH] にしてから再度 [ON] にします。
● モーターの操作スイッチはファンクション機能で設
定します。
(グライダータイプは SW-G 初期設定)安
全のため、機能自体の ON/OFF スイッチを設定する
ことが可能です。
注意: コントロールするスイッチ等を設定または変更
する場合は、予めリンケージメニューのファン
クション機能で設定または変更しておきます。
(ファンクション名 [MOT] に対応するコント
ロールの項目で設定します。)
● 2 つの領域(スピード 1 /スピード 2)でイン側/
アウト側を個別に動作スピードを調整可能
危険
● 2 つの領域の境界点を移動できます。
(スピード 1 → 2)
設定中や動作確認は必ずモーターからプ
ロペラをはずして行なってください。
● 設定された動作スピードの動作を初回のイン側操作
のみに有効にすることが可能。(ONE TIME)
■不意にプロペラが回転すると大ケガをする危険性
があります。
●モデルメニューで [ モーター ] を選択し、RTN ボタンをタッ
チして、下記の設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●モーター OFF 位置の表示
設定方法
●機能を有効にする
[INH] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチします。ファンクショ
ンでモーターチャンネルが設定されていない場合、ス
ロットル CH をモーター CH へ変更するかの確認画面が
でます。よければ「ハイ」を選択します。つづいてモー
ター CH をリバースに変更する確認画面がでますので、
使用するモーターコントローラーを確認し、よければ
「ハイ」を選択します。
* [ACT] が表示されます。
モーターを操作するスイッチとは別に、機能自体の
ON/OFF スイッチを設定する場合、[SW] の設定項目に
カーソルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面
を呼び出してスイッチの選択および ON 方向を設定し
ます。([--] 設定で常時 ON。)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●モーター OFF 方向の設定
モーターを操作するスイッチを操作してみて、ON/OFF
方向を逆にしたい場合は、次の方法で方向を逆転して
ください。
[ モーター オフ ] の設定項目にカーソルを移動し、
スイッ
チを OFF に設定したい位置に操作した状態で、RTN ボ
142 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
●スタート SW 機能
モーターを OFF 状態から ON 状態にする SW です。
モーターの ON/OFF スイッチとはべつに設定します。
スタート SW が OFF 状態だとモーター SW を ON して
もモーターは動きません。スタート SW とモーター SW
を同時に ON するとモーターが作動します。 モーター
が ON 状態の時にスタート SW を OFF にしてもモーター
は OFF 状態になりません。モーター SW が OFF された
時だけモーターは OFF 状態になります。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
[ スタート SW の使用例 ]
スタート SW にモーターコントロールを割り当てて、
スロットルカーブの最スロー位置を調整することで、
初回のスティック動作でモーターの回転をスタートさ
せ、その後はスティックを最スローにしても回転を止
めないようにすることができます。
● ON/OFF 方向
●現在の操作位置(矢印)
設定方法
(スピード設定画面の設定)
注 意
●機能を有効にする
[ スピード ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーを左にスクロール操作して [ACT] の点滅表
示とし、RTN ボタンをタッチして機能を有効にします。
●スピード 1/ スピード 2 の境界点を移動する場合
[ スピード 1 → 2] の設定項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作して境界点を移動し
ます。
*画面のグラフ表示の境界点も連動して変化します。
初期値:0%
●モーター OFF 方向を先に決め、次にスピードを設定
します。モーター OFF 方向を再設定した場合は、ス
ピード設定も再設定する必要があります。
● F/S 機能を合わせて設定することをおすすめします。
●基本の動作方向は使用するアンプに合わせて、リバー
ス機能にて設定してください。
●モーターが OFF になるポジションを必ず設定してく
ださい。
タンを 1 秒間タッチします。
*モーター・スイッチの動作方向が反転されます。画
面のグラフ表示の ON 方向も連動して変化します。
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
*調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値に
リセットされます。
●動作スピードの調整
設定したい領域のイン側またはアウト側の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーをスクロー
ル操作してスピードを設定します。
初期値:0
調整範囲:0 ∼ 27(ディレイ最大値)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
●モーター OFF 時のトリム有効 / 無効設定
ファンクション画面でモーターファンクションにトリ
ムを割り当てている場合、" トリム " ボタンでモーター
OFF 時にトリムを有効にするか無効にするかを選択で
きます。通常は OFF に設定してください。
*データリセット時は OFF 設定になります。
●モーター OFF 設定時の画面
モーター OFF ボタンがフォーカスされた時、モーター
OFF 位置の設定用に小さいカーソルが表示されるよ
うになりました。モーターのコントロールを操作して
OFF 位置を設定してください。(大きいカーソルはモー
ターチャンネルの出力で、スロットルカーブやモーター
ミキシングの設定が反映されています。)
●ワンタイム動作(一回動作)のセット/リセット
[ イッカイドウサ ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボ
タンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーを左にスクロール操作して [ON] の点滅
表示とし、RTN ボタンをタッチしてワンタイム動作を
セットします。
これにより、最初の 1 回目の ON 操作時に、
上記のスピー
ド設定で動作します。
*再度ワンタイム動作させたい場合は、一旦 [INH] 側
に切り替えた後、再度 [ON] にセットします。
●スロットルカーブボタン
" カーブ " ボタンを選択するとスロットルカーブ画面が
開きます。
*スロットルファンクションが何れかのチャンネルに
割り当てられているとスロットルカーブがモーター
カーブとして機能しませんので " カーブ " ボタンは
表示されません。
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
143
ラダー→エレベーター
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機、全般
ラダー操作にエレベーター動作を連動させたい
場合に使用します。スタント機のロール系演技、ナ
イフエッジ等でラダーを打ったときのクセどりに
使用します。
●スイッチを設定することにより、フライト中にミキ
シングを ON/OFF 可能([--] 設定で常時 ON)
●リンク設定可能:他のミキシングとリンクされます。
●モデルメニューで [ ラダー→エレベ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼
び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
エレベーター
ラダー
エレベーター 2
(エルベーターの場合)
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
(表示画面は一例を示します。モデルタイプにより画面が異なります。)
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
● 5 ポイントカーブの設定
1.(レートの設定)
設定したいポイントのレート(左側の数値)の項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えて、タッチセンサーをスクロール
操作してレートを調整します。
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
2.(カーブポイントの移動)
*両端を除く 3 ポイントは左右に移動できます。隣り合
うポイントの 2.5% 手前まで移動可能。
移動したいカーブポイント(右側の数値)にカーソル
を移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モード
に切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作して
カーブポイントを移動します。
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
144 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
3.(カーブポイントの削除/復帰)
*両端を除く 3 ポイントは、削除/復帰できます。
削除/復帰したいポイントのカーブポイントにカーソ
ルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチして削除/復
帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
●リンクモードの設定
リンクを設定する場合、[ リンク ] の設定項目にカーソ
ルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左にスクロール
操作して、[ON] の点滅表示としてから、RTN ボタンを
タッチしてリンクを ON にします。
[ 対応モデルタイプ ]:
飛行機、全般
スナップロール
スナップロールをスイッチで操作する場合のス
イッチ選択および各舵(エルロン、エレベーター、
ラダー)のレート調整を行います。
●スナップロールの方向は 4 方向設定できます。→
/ ↑(右 / 上)
、→ / ↓(右 / 下), ← / ↑(左 / 上),
← / ↓(左 / 下)
●動作モード:[ マスター ] モード選択時は、スナップ
ロールしたい方向に方向切り替えスイッチを切り替
えた状態で、マスタースイッチでスナップロール機
能を ON/OFF します。動作モード切替を [ シングル ]
選択時は各方向のスナップロールは、それぞれ独立
したスイッチで操作できます。通常は [ マスター ] モー
ドで使用します。
●セーフティースイッチを設定可能。安全対策として、
例えば引込み脚が出ているときに、間違ってスイッ
チを入れてもスナップロールが働かないように設定
可能です。セーフティースイッチが ON のときのみ
スナップロールスイッチが機能します。
(例)F3A の場合の設定例
●モード:[ マスター ]
●マスター SW: [SH](スナップロールを行う為のメイ
ンスッチ)
●セーフティー SW:[SG](安全対策)
●方向スイッチ:
*ここでは、スナップロールのアップ側左右、ダウン側
左右の各方向のスイッチを選択
→ / ↑(右 / 上):[SW-D]
→ / ↓(右 / 下)):[SW-D]
← / ↑(左 / 上):[SW-A]
●モデルメニューで [ スナップロール ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼
び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
← / ↓(左 / 下):[SW-A]
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
ページ移動
●動作モードの選択
●マスタースイッチの選択
●セーフティースイッチの選択
●方向スイッチ
<モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
145
設定方法
●動作モードの選択
マスター/シングルモードを変更する場合は、[ モード ]
の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチし
てデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサーを
左または右にスクロール操作して、変更したいモードの
点滅表示としてから、RTN ボタンをタッチしてモードを
変更します。
マスターモードを選択した場合は、[ マスタースイッチ ]
の設定項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチし
て、選択画面を呼び出してスイッチの選択および ON
方向を設定します。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●セーフティスイッチの設定
[ セーフティスイッチ ] の設定項目にカーソルを移動し
RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び出してスイッ
チの選択および ON 方向を設定します。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●方向スイッチの設定
方向スイッチの選択は、使用したい方向に対応する [SW]
の設定項目にカーソルを移動し RTN ボタンをタッチし
て、選択画面を呼び出してスイッチの選択および ON
方向を設定します。
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●各舵のレート調整
調整したい方向に対応する各舵([AIL]、[ELE]、[RUD])
の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
をスクロール操作して調整が可能です。
初期値:(前ページの画面参照)
調整範囲:-150% ∼ +150%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
146 <モデルメニュー機能(飛行機、グライダー)>
モデルメニュー機能
このモデルメニューには、リンケージメニュー
のモデルタイプ選択画面でヘリコプターのモデル
タイプが選択されたときの専用ミキシングが表示
されます。
【ヘリコプター】
なお、デュアルレート機能等の他のモデルタイ
プと共通の機能については別のセクションで説明
しています。
●ホーム画面から RTN ボタンを 2 回タッチして下記のメ
ニューを呼び出します。
●設定したい機能にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして設定画面を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
1 つ 戻す
ページ移動
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
147
モデルメニュー機能(ヘリコプター)一覧
ピッチカーブ
ピッチカーブ、ホバリングピッチ、ハイピッチ、ローピッチの調整
スロットルカーブ
スロットルカーブ、ホバリングスロットルの調整
スロットルホールド
オートローテーション降下時の、エンジンカットの設定
スワッシュミックス
エルロン方向、エレベーター方向へのスワッシュプレートのクセ取り
スロットルミックス
エルロンまたはエレベーター操作時のスワッシュプレート動作によって生じるエンジン回転の沈み込み
の補正
ピッチ→ラダーミキシング
ピッチ操作時のメインローターの反動トルクを抑えたい場合に使用(レボリューションミキシング)
ジャイロミキシング
Futaba GY シリーズジャイロを使用する場合のジャイロ専用ミキシング
ガバナーミキシング
Futaba ガバナー GV-1/GY701/CGY750 を使用する場合のガバナー専用ミキシング
148 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
ピッチカーブ/ピッチトリム
ピッチカーブ
スロットルスティックの動きに対し最良の飛行
状態になるように、各コンディション毎にピッチの
動作カーブを調整します。
●モデルメニューで [ ピッチカーブ ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼
び出します。
*ピッチカーブのポイント数は最大 5 ポイント迄設定
可能です。(初期設定 5 ポイント)状況に合わせてポ
イント数を減らすことも可能です。
(現在のコンディション)
●カーブのコピー
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●設定コンディションの
選択
ページ移動
●レート
●カーブポイント
ホバリングピッチ、ローピッチお
よびハイピッチの調整量がグラフ
に表示されます。
設定方法
● 5 ポイントカーブの設定
4.(カーブポイントの削除/復帰)
1.(カーブを設定するコンディションの選択)
*ポイント 2 ∼ 4 を削除/復帰できます。
[EDIT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコンディションを選択します。
2.(レートの設定)
設定したいポイント No. のレートの項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:P1: -100%, P2: -50%, P3: 0%, P4: +50%, P5: +100%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
削除/復帰したいポイント No. のカーブポイントの項
目にカーソルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチし
て削除/復帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
別のポイントの削除/復帰についても上記と同様に行
います。
●ピッチカーブのコピー
*設定中のピッチカーブを別のコンディションにコ
ピーすることができます。
[ コピー ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコピー先のコンディションを選
択し RTN ボタンをタッチします。
*確認メッセージが表示されます。
[ ハイ ] を選択し、RTN ボタンをタッチしてコピーを実
行します。
3.(カーブポイントの移動)
*ポイント 2 ∼ 4 を左右に移動できます。隣り合うポイ
ントの 2.5% 手前まで移動可能。
(ポイント 1 および 5
は固定)
移動したいポイント No. のカーブポイントの項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作し
てカーブポイントを移動します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントの位置についても上記と同様に調整します。
ノーマルカーブの調整
● ノーマルはホバリングを中心とした基本的なピッチ
カーブを作ります。スロットルカーブ(ノーマル)
と合わせて、エンジン回転が一定で、上下のコント
ロールが一番やりすくなるように調整します。
アイドルアップカーブの調整
● ハイ側ピッチカーブはエンジンに負担のかからない
最大のピッチを設定します。ロー側ピッチカーブは
ループ、ロール、3D 等の目的に合ったカーブを作り、
演技によりアイドルアップカーブを使い分けます。
スロットルホールドカーブの調整
● スロットルホールドカーブは、オートローテーショ
ン降下を行うときに使用します。
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
149
操作時の注意事項
実際にエンジンを始動し、フライトを行う
場合、アイドルアップコンディションのス
イッチは必ず [OFF] とし、アイドリングの
状態でエンジンを始動してください。
●ピッチカーブ設定例
ノーマルカーブ
アイドルアップ1
アイドルアップ2
上のカーブ画面は、各コンディション毎に 0%
(ロー側)、25%、50%(センター)、75%、100%(ハ
イ側)の 5 ポイントまたは 3 ポイントのデータを調
整して作成したカーブです。
ホールドカーブ
*ノーマルカーブ以外は初期設定のカーブからポイン
ト数を減らして作成してあります。実際のカーブ作
成時は機体側の指定(または参考値)の動作量を入
力してください。
ピッチトリム(ホバリングピッチ、ハイピッチ、ローピッチ)
ピッチカーブの設定画面からホバリングピッチ、ロー側ピッチ、およびハイ側ピッチのトリム設定画面
を呼び出すことができます。
[ ホバリングピッチトリム設定画面 ]
[ ロー/ハイピッチトリム設定画面 ]
●ロー側ピッチトリムの設定
150 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
●ハイ側ピッチトリムの設定
ホバリングピッチトリム
ハイ側/ロー側ピッチトリム
ホバリングピッチは、ホバリングポイント付近
のピッチのトリム機能です。通常はホバリングのコ
ンディションで使用します。温度、湿度等飛行条件
等の変化に伴うローター回転数の変化に対し微調
整ができます。ローター回転が一番安定するように
調整してください。また、ホバリングスロットルト
リム機能と併用することにより、より細かく微調整
が可能となります。
このハイ側/ロー側ピッチトリムは、ピッチサー
ボのハイ側、ロー側のトリム機能です。
[ 設定方法 ]
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
(初期設定:ノーマルコンディションで "ON")
●トリムの選択およびトリムレートの設定
トリム選択の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてボリューム等の選択画面を呼び出し、ホバ
リングピッチトリム用のボリュームを選択します。
(初期設定:ノーマルコンディションで "LD")
また、トリムレートの調整は [ レート ] の設定項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左右にスクロー
ル操作して調整します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
トリムの調整方向を変えたい場合は、レート調整の極
性を変更してください。
●トリムの動作モード(CTRM/NORM)の選択
動作モードを変更する場合は [ モード ] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーを左または
右にスクロール操作してモード表示を反転し、RTN ボ
タンを押してモードを切り替えます。
[ 設定方法 ]
*すべてのコンディションに共通の調整ツマミを設定す
る場合は各コンディションごとに設定してください。
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。("ON" 表示に切り替わります。
)
●トリムの選択およびトリムレートの設定
トリム選択の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてボリューム等の選択画面を呼び出し、
ハイ側またはロー側ピッチトリム用のボリュームを選
択します。(選択例:LS(ロー側)
、RS(ハイ側))
また、トリムレートの調整は [ レート ] の設定項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左右にスクロー
ル操作して調整します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
トリムの調整方向を変えたい場合は、レート調整の極
性を変更してください。
* トリムはセンターを基準としたハイ側またはロー側
トリムとして働きます。
(設定例)
●アイドルアップ(IDLEUP1, 2, 3 )時
[ACT], [RS], [10%]
CTRM モード:センタートリム動作でセンター付近が最
大の変化量のモード。通常はこのモードを使用します。
ピッチのハイ側、ロー側を変えずにホバリングのピッ
チを調整できるメリットがあります。
NORM モード:通常のトリム(平行移動トリム)の動
作となります。このモードを使用するとカーブを変え
ずにホバリングのピッチを調整できるメリットがあり
ます。
●トリムの調整範囲(レンジ)の設定
[ レンジ ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーを左右にスクロール操作して調整範囲を設
定します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 数値を小さくするとセンター付近のみトリムが作用
するようになります。
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
151
スロットルカーブ/ホバリングスロットルトリム/スロットルリミッター
スロットルカーブ
スロットルスティックの動きに対しエンジン回転
が最良の飛行状態になるように、各コンディション
毎に、スロットルの動作カーブを調整します。
●モデルメニューで [ スロットルカーブ ] を選
択し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定
画面を呼び出します。
*スロットルカーブのポイント数は最大 5 ポイント迄
設定可能です。(初期設定 5 ポイント)状況に合わせ
てポイント数を減らすことも可能です。
(現在のコンディション)
●カーブのコピー
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●設定コンディションの
選択
ページ移動
ホバリングスロットルの調整量が
グラフに表示されます。
●レート
●カーブポイント
設定方法
● 5 ポイントカーブの設定
4.(カーブポイントの削除/復帰)
1.(カーブを設定するコンディションの選択)
*ポイント 2 ∼ 4 を削除/復帰できます。
[EDIT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコンディションを選択します。
2.(レートの設定)
設定したいポイント No. のレートの項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:0% ∼ 100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
削除/復帰したいポイント No. のカーブポイントの項
目にカーソルを移動し、RTN ボタンを 1 秒間タッチし
て削除/復帰します。
*ポイントが削除されると [--] 表示となります。
別のポイントの削除/復帰についても上記と同様に行
います。
●スロットルカーブのコピー
*設定中のスロットルカーブを別のコンディションに
コピーすることができます。
[ コピー ] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコピー先のコンディションを選
択し RTN ボタンをタッチします。
*確認メッセージが表示されます。
[ ハイ ] を選択し、RTN ボタンをタッチしてコピーを実
行します。
3.(カーブポイントの移動)
*ポイント 2 ∼ 4 を左右に移動できます。隣り合うポイ
ントの 2.5% 手前まで移動可能。
(ポイント 1 および 5
は固定)
移動したいポイント No. のカーブポイントの項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作し
てカーブポイントを移動します。
初期値:P1: 0%, P2: 25%, P3: 50%, P4: 75%, P5: 100%
調整範囲:隣り合うポイントの 2.5% 手前まで。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントの位置についても上記と同様に調整します。
152 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
ノーマルカーブの調整
●ノーマルカーブは、ホバリングを中心とした基本的
なカーブを作ります。ノーマル・ピッチカーブと合
わせて、エンジン回転が一定で、上下のコントロー
ルが一番やりすくなるように調整します。
アイドルアップカーブの調整
●上空飛行でピッチを減らす操作をした時でも、エン
ジンが常に一定回転を保てるよう、アイドルアップ
カーブを設定します。ループ、ロール、3D など、
目的に合わせカーブを作り、演技によりアイドル
アップカーブを使い分けます。
●スロットルカーブ設定例
ノーマルカーブ
アイドルアップ1
上のカーブ画面は、各コンディション毎に 0%
(ロー側)、25%、50%(センター)、75%、100%(ハ
イ側)の 5 ポイントのデータを入力して作成したカー
ブです。
アイドルアップ2
*ポイント数は初期設定の 5 ポイントで作成してあり
ます。実際のカーブ作成時は機体側の指定(または
参考値)のポイントデータを入力してください。
ホバリングスロットルトリム
ホバリングスロットルトリムは、ホバリングポ
イント付近のスロットルのトリム機能です。通常は
ホバリングのコンディションで使用します。温度、
湿度等飛行条件の変化に伴うローター回転数の変
化に対し微調整ができます。ローター回転が一番安
定するように調整してください。また、ホバリング
ピッチ機能と併用することにより、より細かく微調
整が可能になります。
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示
としてから、RTN ボタンをタッチして機能を有効にし
ます。
(初期設定:ノーマルコンディションで "ON")
●トリムの選択およびトリムレートの設定
トリム選択の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてボリューム等の選択画面を呼び出し、ホバ
リングピッチトリム用のボリュームを選択します。
(初期設定:ノーマルコンディションで "RD")
また、トリムレートの調整は [ レート ] の設定項目にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モー
ドに切り替えます。タッチセンサーを左右にスクロー
ル操作して調整します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
トリムの調整方向を変えたい場合は、レート調整の極
性を変更してください。
●トリムの動作モード(CTRM/NORM)の選択
動作モードを変更する場合は [ モード ] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーを左または
右にスクロール操作してモード表示を反転し、RTN ボ
タンを押してモードを切り替えます。
CTRM モード:センタートリム動作でセンター付近が最
大の変化量のモード。通常、スロットルの場合このモー
ドを使用します。
NORM モード:通常のトリム(平行移動トリム)の動
作となります。
●トリムの調整範囲(レンジ)の設定
[ レンジ ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーを左右にスクロール操作して調整範囲を設
定します。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 数値を小さくするとセンター付近のみトリムが作用
するようになります。
(設定例)
*ノーマルのコンディション時
ACT/INH [ON]
レンジ
モード
[CTRM]
[70%]
コントロール [RD]
レート
[+10%]
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
153
スロットルリミッター
スロットルが全開にならないように制限する機能で
す。送信機のボリューム、レバーなど使用し飛行中に制
限範囲を調整することができます。ジェットエンジ
ンなど始動直後のエンジンが暖まらないときに全開
にならないように制限をかけて、徐々に全開になる
ようにするなどの使い方ができます。
*モデルタイプがヘリコプターの場合のみ有効です。
*リミッター動作範囲調整コントロールが NULL の場
合は、スロットル・リミッター機能は動作しません。
設定方法
●ロー側動作範囲設定
●機能を有効にする
1. " ロー " を選択して、RTN ボタンをタッチします。
2. タッチセンサをスクロールして、ロー側動作範囲を調
整します。
1. "ACT" を選択して、RTN ボタンをタッチします。
2. タッチセンサをスクロールして、表示を [ACT] に切り
替えます。
※ グラフの左側にゲージが表示されます。
3. RTN ボタンをタッチし、カーソル移動モードに切り替
えます。
※ 点滅表示となります。
[INH]: 無効
[ACT]: 有効
●リミッター動作範囲調整コントロールの設定
3. RTN ボタンをタッチし、決定します。
1."CTRL" を選択して RTN ボタンをタッチします。
● ON/OFF スイッチの設定
2. ハードウェア選択画面が表示されます。ハードウェア
を選択し、RTN ボタンをタッチします。
1. "SW" を選択して、RTN ボタンをタッチします。
* スロットル・リミッターの動作位置が、グラフ内に
点線で表示されます。
2. ハードウェア選択画面が表示されます。ハードウェア
を選択し、RTN ボタンをタッチします。
* リミッター動作範囲調整コントロールが NULL の場
合は、スロットル・リミッター機能は動作しません。
●ハイ側動作範囲設定
1. " ハイ " を選択して、RTN ボタンをタッチします。
●コントロールセンター位置の変更
2. タッチセンサをスクロールして、ハイ側動作範囲を調
整します。
1. " センター " を選択して、RTN ボタンを 1 秒以上タッチ
します。[INH] から [ レート表示 ] になります。
2. " センター " のレートを変更すると "CTRL" に設定した
ハードウェアのニュートラル位置を調整することがで
きます。
※ グラフの左側にゲージが表示されます。
3. RTN ボタンをタッチし、カーソル移動モードに切り替
えます。
* " センター " が [INH] の場合、ニュートラル位置は "
ハイ " と " ロー " の中間値となります。
CTRLをLS(サイドレバー)に設定して
スロットルスティックがフルハイのとき
LSの位置
ハイ
スロットル位置
制限
全開
スロー
全開
センター
制限
INHの場合はLS
上下の中間位置
スロー
全開
制限
ロー
154 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
スロー
* " センター " を [INH] から [ レート表示 ] にした時、
" センター " のレートは " ハイ " と " ロー " の中間値
にセットされます。
* " センター " のレートは " ハイ " と " ロー " の間で設
定できます。
スロットルホールド
オートローテーション降下時に、エンジンのス
ロットル位置をアイドリング位置に固定またはス
トップさせる機能です。
注意: 初期設定ではスロットルホールドスイッチは割
り当てられていません。予め、モデルメニュー
のコンディション設定画面でスロットルホール
ドコンディションのスイッチを割り当ててくだ
さい。
●モデルメニューで [ スロットルホールド ] を選択
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
1 つ 戻す
●サーボスピードを調整します。
●ホールドポジションの設定位置
●現在の操作位置
●エンジンストップの位置に合わせます。
設定方法
操作時の注意事項
●コンディションスイッチの選択
モデルメニューのコンディション設定画面でスロット
ルホールドのコンディションスイッチを設定します。
(設定例:SG)
●ホールドポジションの調整
[ ホールドイチ ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーをスクロール操作してホールドポジ
ションを調整します。
エンジン始動時は、アイドルアップコン
ディション、スロットルホールドコン
ディションが [OFF] になっていることを
確認してください。
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
●サーボスピードの調整
[ スピード ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して調整が可能です。
(設定範囲:0 ∼ 27、27 で最大のディレー量)
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
(設定例)スロットルホールド
[ON]
[17%]
[ スピード ][5]
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
ルメニュー機能(ヘリコプター)>
155
スワッシュミキシング
コンディション毎の各操作に対するエルロン
(ロール)方向、エレベーター(サイクリックピッ
チ)方向へのスワッシュプレートのクセ取りに使用
します。エルロン、エレベーター、ピッチの各操作
毎に独立して調整が可能です。
各操作に対してなめらかに且つ正しい方向に動
作するように、補正を必要とする方向のミキシング
レートを調整します。
使用例
★例えば、ロールのクセ取りに使用する場合。
AIL → ELE を [ON] に設定します。
ACT/INH は全コンディションで共通。使用しないコ
ンディションはレートを 0% に設定します。
右ロールの時に機体が機首を下げる時:レート 2 側
を−方向に調整した場合、右エルロンを打った時に
エレベーターがダウン側に動くようになります。
左ロールの時は、レート 1 側で調整します。
●モデルメニューで [ スワッシュミックス ] を選択
し、RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面
を呼び出します。
(現在のコンディション)
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●設定コンディションの
選択
ページ移動
●レート 1、
2 の調整をします。
●補正を必要とする機能を "ON" に変更
します。
設定方法
●機能を有効にする
使用したいミキシングに対応する [ACT] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーを左にスク
ロール操作して、[ACT] の点滅表示としてから、RTN ボ
タンをタッチして機能を有効にします。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
* 設定したいコンディションを選択してから下記の設定
を行います。
調整したいミキシングに対応するレート 1 またはレー
ト 2 の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作しミキシング量を調整します。
156 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
* 他のコンディションにも同じ内容を設定したい場合
は他のコンディションにも同じレートを入力してく
ださい。
●トリムモードの ON/OFF 設定
トリムモードを変更する場合は、[ トリム ] の設定項目
にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ
入力モードに切り替えます。タッチセンサーをスクロー
ル操作して ON/OFF を選択し、RTN ボタンをタッチし
て設定します。
* マスター側のトリムを含めてミキシングする場合は
[ON] に、含めない場合は [OFF] に設定します。
スロットルミキシング
エルロンまたはエレベーター操作時のスワッ
シュプレート動作によって生じるエンジン回転の
沈み込みを補正することができます。また、ピル
エットを行ったときの右回転、左回転のトルクのか
かり方を補正できます。
●モデルメニューで [ スロットルミックス ] を選択し、RTN
ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
設定例
★ AIL → THR は、エルロンを操作した時にエンジンに
負荷がかかりエンジン回転が沈み込むのを補正しま
す。レート 1,2 で左エルロン、右エルロン独立でエ
ンジンの吹け方を調整できます。
★スロットルミキシングを使用すると、エンコンサー
ボの動作が大きくなるため、エンドポイントのリ
ミッターを掛けておく必要があります。
(現在のコンディション)
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●設定コンディションの
選択
ページ移動
●レート 1、
2 の調整をします。
●補正を必要とする機能を "ON" に変更
します。
設定方法
●機能を有効にする
使用したいミキシングに対応する [ACT] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入
力モードに切り替えます。タッチセンサーを左にスク
ロール操作して、[ACT] の点滅表示としてから、RTN ボ
タンをタッチして機能を有効にします。
* [ON] が表示されます。
スイッチを設定する場合は、[SW] の設定項目にカーソ
ルを移動し RTN ボタンをタッチして、選択画面を呼び
出してスイッチの選択および ON 方向を設定します。
([--] 設定で常時 ON)
(スイッチの選択方法は巻末の説明を参照)
●ミキシングレートの調整
* 設定したいコンディションを選択してから下記の設定
を行います。
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のレートについても上記と同様に調整します。
* 他のコンディションにも同じ内容を設定したい場合
は他のコンディションにも同じレートを入力してく
ださい。
●動作モードの設定
動作モードを変更したい場合は、[ モード ] の設定項目
にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ
入力モードに切り替えます。タッチセンサーを左また
は右にスクロール操作してモード表示を反転させ、RTN
ボタンをタッチしてモードを変更します。
[CTRM]:THR センター付近で補正量最大となるモード
[LIN.]:THR の全域で補正がかかるモード
調整したいミキシングに対応するレート 1 またはレー
ト 2 の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーをスクロール操作しミキシング量を調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
157
ピッチ→ラダーミキシング(リボリューションミキシング)
ピッチ操作時のメインローターのピッチ及び回
転数の変化に応じて発生する反動トルクを抑えた
い場合に使用します。ラダー方向の機首振りが出な
いよう調整をとります。
●モデルメニューで [ ピッチ→ラダー ] を選択し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を
呼び出します。
*ただし、GY シリーズ等の高性能ジャイロを使用する
場合、ジャイロ側の機能により補正されるため、こ
のミキシングは使用しません。ジャイロの動作モー
ドが AVCS モード時に使用するとニュートラルずれ
の原因となります。
(現在のコンディション)
●カーブのコピー
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●設定コンディションの
選択
●レート
設定方法
●機能を有効にする
[ACT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左にスクロール操作して、[ACT] の点滅表示としてか
ら、RTN ボタンをタッチして機能を有効にします。
* [ON] が表示されます。
● 5 ポイントカーブの設定
1.(カーブを設定するコンディションの選択)
[EDIT] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコンディションを選択します。
2.(レートの設定)
設定したいポイント No. のレートの項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えて、タッチセンサーをスクロール操作してレー
トを調整します。
初期値:0%
調整範囲:-100% ∼ +100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
別のポイントのレートについても上記と同様に調整し
ます。
●カーブのコピー
*設定中のカーブを別のコンディションにコピーする
ことができます。
[ コピー ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作してコピー先のコンディションを選
択し RTN ボタンをタッチします。
*確認メッセージが表示されます。
158 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
[ ハイ ] を選択し、RTN ボタンをタッチしてコピーを実
行します。
<ノーマルコンディションのミキシングカーブ>
ミキシングカーブのレートは最初は少な目の値から
はじめます。
動作方向(極性)は右回転のローターの場合、ピッ
チがプラス側に操作された場合、右方向にミキシン
グするように設定します。最初にホバリング飛行で
トリムをとり、ニュートラルを出しておきます。
1. スロー、ホバリング間の調整
離陸からホバリング、ホバリングから着陸を自分の
リズムに合った一定レートで繰り返し、スロットル
の上げ下げで機首を振らないように調整します。
2. スロットルハイ側(ホバリングから上昇、降下しホ
バリングまで)の調整
ホバリングから上昇、降下を、自分のリズムに合っ
た一定レートで繰り返し、スロットルの上げ下げで
機首を振らないように調整します。
<アイドルアップコンディションのミキシングカーブ>
高速飛行時ラダー方向が直進できるようにミキシン
グ量を設定します。使用するコンディション毎に調
整します。
ジャイロミキシング
Futaba GY シリーズジャイロを使用する場合の
ジャイロ専用ミキシングです。コンディション毎
に感度および動作モード(ノーマルモード/ AVCS
モード)を設定できます。
● 3 軸ジャイロに対応。ジャイロ/ジャイロ 2 /ジャ
イロ 3 ファンクションが設定できます。
注意: ジャイロ 2 /ジャイロ 3 機能を使用する場合は
ファンクション機能でいずれかのチャンネルに
ジャイロ 2 /ジャイロ 3 を割り当ててください。
[GYRO/2/3] の設定の [CTRL]、[ トリム ] の設定
項目はともに必ず [--] のままにしておいてくだ
さい。
●モデルメニューで [ ジャイロ ] を選択し、RTN ボタ
ンをタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
● 編集レート切替ボタンを操作して
編集レートを変更できます。
● S1 を タ ッ チ す る と 編 集 コ ン
ディションを変更することが
できます。
※ 全てのジャイロのレート切替
設定が " スイッチ " になってい
る場合、編集コンディション
表示はされません。
※ 全てのジャイロのレート切替設定
が "COND" になっている場合、編
集レート切替ボタンは表示されま
せん。
● ジャイロファンクションボタンを
選択すると各ジャイロの詳細設定
画面が表示されます。
(現在のコンディション)
●設定コンディションの選択
●スイッチモード選択
●ジャイロタイプ選択
●ジャイロの感度調整
●機能の ON/OFF
●微調整ボリュームの設定
● [AVCS] / [NORM] モード選択
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
159
設定方法
●機能を有効にする
初期設定で機能が [ON] になっています。
* [INH] の状態から ON にする場合は、機能の ON/
OFF の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセ
ンサーを左にスクロール操作して [ACT] の点滅表示
とし、RTN ボタンをタッチして機能を有効にします。
また、初期設定ではコンディション毎にレート(ジャ
イロ感度)や動作モードを切り替え可能な設定となっ
ています。
*スイッチ毎に切り替えたい場合は、スイッチモード選
択の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを押してデー
タ入力モードに切り替えて、タッチセンサーを右にスク
ロール操作して [ スイッチ ] の点滅表示とし、RTN ボタン
をタッチしてモードを変更します。
●ジャイロタイプの選択
Futaba GY ジャイロを使用する場合は [ タイプ ] の設定
項目が [GY] に設定されていることを確認します。
* [GY] タイプを選択すると感度設定値が AVCS モー
ドおよび NORM モードとも直読となります。
*その他のジャイロを使用する場合は [NORM] に変更
します。モードを変更したい場合は [ タイプ ] の設
定項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを押して
データ入力モードに切り替えます。タッチセンサー
を左または右にスクロール操作してモード表示を変
更し、RTN ボタンを押してモードを変更します。
●動作モードの変更/感度の設定
[AVCS] / [NORM] モード選択の項目にカーソルを移動
し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り
替えます。タッチセンサーを左または右にスクロール
操作してモード表示を変更し、RTN ボタンを押してモー
ドを変更します。
[AVCS]:AVCS モード
[NORM]:ノーマルモード
[ レート ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えて、タッチ
センサーをスクロール操作してレートを調整します。
初期値:50%
(RUD のみノーマルコンディション:80% )
調整範囲:0% ∼ 100%
調整後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
* 調整時、RTN ボタンを 1 秒間タッチすると初期値
にリセットされます。
●ジャイロ感度の微調整ボリュームの調整
" ファインチューニング " の項目の [- -] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチして選択画面
を呼び出して、ボリュームの選択を行います。
選択後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
微調整量を設定できます。(調整範囲:-20% ∼ +20%)
コンディション毎ではなくスイッチで切替える方法(ラダーの感度をスイッチ SF で切替える例)
一般的にはジャイロ感度はコンディションに連動させて、
例えばホバリングコンディションからアイドルアップに
切替えたとき感度がさがるように設定します。対してこ
の方法はホバリングコンディションのままジャイロ感度
を 2 系統切替えたい場合などに使用します。AVCS/NORM
の切替えも可能です。
1.(SW を設定する舵の選択)
ジャイロの画面から [RUD] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてジャイロ /RUD 画面に切り替
えます。
2.(コンディションからスイッチへ)
[COND] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作して [ スイッチ ] にします。
3.(#1 のスイッチ選択)
[ −− ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして H/W セレクトに切り替えて、タッチセンサーを
スクロール操作して [SF] にします。RTN ボタンをタッ
チして ON/OFF 入力モードに切り替え上側を ON に設
定します。
4.(#2 の設定)
[#1] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作して [#2] にします。
5.(#2 のスイッチ選択)
[ −− ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして H/W セレクトに切り替えて、タッチセンサーを
160 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
スクロール操作して [SF] にします。RTN ボタンをタッ
チして ON/OFF 入力モードに切り替え下側を ON に設
定します。
6.(感度設定)
これでスイッチ SF でアクティブ #1 と #2 の切替えが
できるようになりました。それぞれの感度を画面上で
#1/#2 に切替えて調整します。
*同様に 3 ポジションのスイッチでは最大 3 系統の感
度切替えができます。
* 2 つのスイッチの併用はできません。
#1
#2
(現在のスイッチ状態)
SW F
ガバナーミキシング
は、リンケージメニューのファンクション設定機能
で、空きチャンネルに [GOV2] を割り当て、[CTRL] 設
定項目でスイッチを設定してください。
弊社製ガバナー GV-1/GY701/CGY750 専用のガバ
ナーミキシングです。コンディション毎にレート
(回転数)を切り替えることができます。
注意: リンケージメニュー [ ファンクション ] 機能の
[GOV] の設定の [CTRL]、[ トリム ] の設定項目
はともに必ず [--] のままにしておいてください。
*ガバナーの回転数設定チャンネルを CH7(初期設定)
に接続して使用します。
*独立したガバナー ON/OFF スイッチを使用する場合
(現在のコンディション)
●モデルメニューで [ ガバナー ] を選択し、RTN ボタン
をタッチして、下記の設定画面を呼び出します。
●設定コンディションの選択
<タッチセンサー>
<前画面へ戻る>
機能名にカーソルを移動し、
RTN ボタンにタッチします。
ま た は、HOME/EXIT ボ タ ン
を押します。
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
●スイッチモード選択
●表示単位の選択
ページ移動
●回転数の設定
●機能の ON/OFF
●微調整ボリュームの設定
設定方法
●機能を有効にする
●表示単位の選択
機能の ON/OFF の項目にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーを左にスクロール操作して [ACT] の点滅表
示とし、RTN ボタンをタッチして機能を有効にします。
*機能を ON/OFF 設定した時、ガバナー回転数設定
チャンネルのエンドポイントのサーボ動作量とリ
ミットポイントを初期化する必要があります。
回転数を直読表示にしたい場合は、[ タンイ ] の設定項
目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチしてデー
タ入力モードに切り替えます。タッチセンサーを左に
スクロール操作して [rpm] を表示させた状態で、RTN
ボタンを押して表示モードを変更します。
●表示モードの選択
上記の表示単位の選択で、回転数表示 [rpm] を選択し
た場合は、ご使用のジャイロに合わせて表示モードを
選択してください。
「エンドポイントヲショキカシマスカ?」と表示さ
れますので「ハイ」を選んで初期化します。
[INH] から [ACT]([ON] または [OFF])に変更する
と、サーボ動作量が [100]、リミットポイントが [155]
に初期化されます。
<下記対応表参照>
*表示モードを切替えても、送信機の出力に変化はあ
りません。ガバナー側でキャリブレーションを行う
必要があります。
全てのコンディションで、動作を [INH] に変更する
と、サーボ動作量が [100], リミットポイントが [135]
に初期化されます。
●スイッチモードの選択
また、初期設定ではコンディション毎にレート(回転数)
を切り替える設定となっています。
*ロー側 700rpm モードにするときはガバナー側の設
定も 700rpm にする必要があります。
●回転数の設定
[ レート ] の設定項目にカーソルを移動し、RTN ボタン
をタッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッ
チセンサーをスクロール操作して回転数を設定します。
*スイッチ毎に切り替えたい場合は、スイッチモード
選択の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを押し
てデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
を右にスクロール操作して [ スイッチ ] の点滅表示
とし、RTN ボタンをタッチしてモードを変更します。
*回転数設定の代わりに [OFF] を選択することによ
り、ON/OFF スイッチを別に設けることなくガバ
ナーを ON/OFF することができます。レート 0% の
ときまたは rpm 表示で 1000rpm または 700rpm 以
下のときに [OFF] なります。
<%モードと各 rpm モード対応表>
モード
0%
50%
100%
110%
1000-2000rpm
1000-2500rpm
1000-3500rpm
700-2000rpm
700-2500rpm
700-3500rpm
1000rpm
1000rpm
1000rpm
700rpm
700rpm
700rpm
1500rpm
1500rpm
1500rpm
1500rpm
1500rpm
1500rpm
2000rpm
2500rpm
3500rpm
2000rpm
2500rpm
3500rpm
2100rpm
2700rpm
3900rpm
2100rpm
2700rpm
3900rpm
<モデルメニュー機能(ヘリコプター)>
161
●回転数の微調整ボリュームの調整
" ファインチューニング " の項目の [- -] の設定項目に
カーソルを移動し、RTN ボタンをタッチして選択画面
を呼び出して、ボリュームの選択を行います。
選択後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
微調整量を設定できます。(調整範囲:-20% ∼ +20%)
<ガバナー側の初期設定>
●ガバナーを最初に使う場合や、スロットルリンケージ
を変更したときは、ガバナーの取扱説明書に従って、
ガバナー側の初期セッティング手順を必ず実行して
ください。送信機側の設定とガバナー側の設定が合っ
ていないと、正常に動作できません。
コンディション毎ではなくスイッチで切替える方法(回転数をスイッチ SF で切替える例)
一般的にガバナーレート(回転数)はコンディションに
連動させて、例えばホバリングコンディションからアイ
ドルアップに切替えたとき回転数が変わるように設定し
ます。対してこの方法はホバリングコンディションのま
ま回転数を 2 系統切替えたい場合などに使用します。
1.(SW を設定する舵の選択)
ジャイロの画面から [RUD] の項目にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてジャイロ /RUD 画面に切り替
えます。
2.(コンディションからスイッチへ)
[COND] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作して [ スイッチ ] にします。
3.(#1 のスイッチ選択)
[ −− ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして H/W セレクトに切り替えて、タッチセンサーを
スクロール操作して [SF] にします。RTN ボタンをタッ
チして ON/OFF 入力モードに切り替え上側を ON に設
定します。
チして ON/OFF 入力モードに切り替え下側を ON に設
定します。
6.(感度設定)
これでスイッチ SF でアクティブ #1 と #2 の切替えが
できるようになりました。それぞれの感度を画面上で
#1/#2 に切替えて調整します。
*同様に 3 ポジションのスイッチでは最大 3 系統の感
度切替えができます。
* 2 つのスイッチの併用はできません。
#1
#2
(現在のスイッチ状態)
SW F
4.(#2 の設定)
[#1] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ
してデータ入力モードに切り替えて、タッチセンサー
をスクロール操作して [#2] にします。
5.(#2 のスイッチ選択)
[ −− ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チして H/W セレクトに切り替えて、タッチセンサーを
スクロール操作して [SF] にします。RTN ボタンをタッ
ガバナーとは?
ヘリのエンジン(モーター)にマグネット式の回転
センサーを取付けます。ガバナーがその回転を検知
して、あらかじめ入力したある回転数になるように
スロットルサーボを自動制御します。
例えば、ヘリがホバリング中上昇しようとピッチを
上げると負荷がかかり回転が落ちるので、ガバナー
が感知して自動的にスロットルを上げます。
ローターの回転がピッチに関わらず一定に安定しま
す。また、従来行っていたピッチカーブとスロット
ルカーブで飛ばしながらの調整が不要になり、ス
ロットルカーブの調整がいらなくなります。
162 <モデルメニュー機能(ヘリコプター)
参考
*仕様・規格は予告なく変更することがあります。
仕様
送信機 T14SG
飛行機/ヘリ/グライダー用送信機
操作方式:2 スティック、14 チャンネル
(リニア 12チャ
ンネル +2 スイッチチャンネル)
通信方式:FASSTest/FASST/S-FHSS 切替
使用電源:6.0V ニッケル水素電池 HT5F1800B
受信機 R7008SB
双 方 向 通 信 対 応、FASSTest-2.4GHz 方 式、8 チ ャ ン ネ ル
+S.BUS/S.BUS2 受信機
送信機、受信機、サーボ、FET アンプ、電池、
その他オプションパーツは、必ず Futaba
純正品の組み合わせで使用する。
■ Futaba 純正品以外との組み合わせにより発生
した損害等につきましては、弊社では責任を負
いません。取扱説明書およびカタログに記載さ
れているものを使用してください。
アンテナ:ダイバーシティー方式
使用電圧:3.7V ∼ 7.4V(使用可能電圧範囲:3.5 ∼ 8.4V)
* BEC 電源を使用する場合、容量がご使用のサーボ等
の条件に合っていることが必要です。また、乾電池
は使用しないでください。誤動作の原因となります。
サイズ:24.9 × 47.3 × 14.3mm
重量:10.9g
サーボ (T/R セットにサーボは付属していません )
セット
サーボ
用途(推奨)
S.BUS2 対応
BLS173SV エレベーター /
スロットル用
飛行機用
BLS174SV
BLS175SV
ヘリ用
BLS272SV
サイズ
33.0 × 15.0 ×
27.1
S.BUS2 対応
47.5 × 27.0 ×
エルロン用
25.4
S.BUS2 対応
40.0 × 20.0 ×
ラダー用
36.8
S.BUS2 対応
40.0 × 20.0 ×
ヘリ用
36.8
重量
スピード
トルク
30g
0.10s/60° (7.4V)
7.6kgf・cm(7.4V)
0.09s/60° (7.4V)
9.6kgf・cm(7.4V)
0.10s/60° (6.6V)
8.8kgf・cm(6.6V)
53g
66g
60g
0.12s/60° (7.4V) 21.0kgf・cm(7.4V)
0.13s/60° (6.6V) 19.4kgf・cm(6.6V)
0.08s/60° (7.4V) 12.0kgf・cm(7.4V)
0.09s/60° (6.6V) 11.2kgf・cm(6.6V)
表のサーボは全て S.BUS2 ブラシレスモーター ハイボルテージ (4.8 ∼ 7.4V) サーボです。
<参考>
163
オプションパーツ(別売り)
別売りのオプション・パーツとしては、次のものが用意されています。詳しくは弊社カタログ、
ホームページ (http://www.futaba.co.jp/) をご参照ください。
●電池 & 充電器
(品名)
送信機用ニッケル水素電池 HT5F1800B(6.0V)
専用充電器:HBC-3A(4) 充電器
送信機用リチウムフェライト電池 FT2F2100B(6.4V)/ FT2F1700B(6.4V)
受信機用リチウムフェライト電池 FR2F1800/FR2F800(6.6V)
リチウムフェライト専用充電器:LBC-4E5 充電器
●テレメトリーセンサー
(品名)
SBS-01T(温度センサー)
SBS-01A(高度センサー)
SBS-01RM(マグネット式回転センサー)
SBS-01RO(光学式回転センサー)
SBS-01G(GPS センサー)
SBS-01V(電圧センサー)
●外部電圧入力ケーブル
(品名)CA-RVIN-700
* R7008SB の Extra Voltage コネクターと機体に搭載の動力用バッテリーなどを接続し、送信
機に電圧データを送ります。
●トレーナーコード
[ 対応機種およびトレーナー・コードについて ]
T14SG 送信機をトレーナー機能の先生側で使用する場合、生徒側の機種により使用するトレーナー・コー
ドが異なります。下表をご参照ください。
先生側
14SG
生徒側
対応トレーナー・コード
10C,9C,7C,6EX,4EX
12FG トレーナー・コード
18MZ,14MZ,14SG, 12Z, 12FG, 8FG, 8J, 6J
トレーナー・コード(マイクロタイプ)
4V, 6X, 7U, 8U, 9Z は非対応
18MZ, 14MZ, 12Z,
12FG, 8FG, 8J, 6J
14SG
トレーナー・コード(マイクロタイプ)
●延長コード
(品名)延長コード 100mm ∼ 1,000mm
*デジタルサーボをご使用の場合は大電流タイプをご使用ください。
●充電口付スイッチ
(品名)HSW-J(大電流タイプ)または SSW-J
*デジタルサーボ、ブラシレスサーボご使用の場合は大電流タイプを使用してください。
●スティックレバーヘッド
(品名)レバーヘッド(各種)
164 <参考>
修理を依頼されるときは
修理を依頼される前に、もう一度この取扱説明書をお読みになって、チェックしていただき、
なお異常のあるときは、次の要領で修理を依頼してください。
<依頼先>
<保証内容>
下記の弊社ラジコンカスタマーサービスへ
点検・修理依頼してください。
<修理の時に必要な情報>
トラブルの状況をできるだけ詳しく書いて
修理品と一緒にお送りください。
●症状(トラブル時の状況も含めて)
セットに添付の保証書をご覧ください。
保証書の範囲内で修理をお受けになる場合
は修理品と一緒に保証書を送付してください。
本製品に関するご質問、ご相談はラジコン
カスタマーサービスまで。
●使用プロポ(送信機、受信機、サーボの
型番)
●搭載機体(機体名、搭載状況)
●お送りいただいた修理品の型番及び個数
●ご住所、お名前、電話番号
ラジコンカスタマーサービス
修理等のアフターサービス、プロポに関するお問い合わせは下記の弊社ラジコン
カスタマーサービスへどうぞ。
<受付時間/ 9:00 ∼ 12:00・13:00 ∼ 17:00、土・日・祝日および弊社休業日を除く>
双葉電子工業(株)ラジコンカスタマーサービス
〒 299-4395 千葉県長生郡長生村藪塚 1080 TEL.(0475)32-4395
<参考>
165
資料
タイマー機能(ST1/ST2)の使用方法
このタイマー機能(ST1/ST2)は、それぞれ、アッ
プタイマー、ダウンタイマー、アワーモードのいず
れかのモードを選択でき、飛行時間、競技用の特定
の時間、エンジンのランニング時間など様々なタイ
マーとして使用可能です。
これらのタイマーはモデルごとに独立した機能
で、モデルを変更した場合には、その新たなモデル
に対応したタイマーが自動的に呼び出されます。
*タイマーは、スイッチやスティックなどの操作でス
タートさせたりストップさせたりすることができま
す。ON と OFF の方向も自由に設定できます。
*アップタイマーおよびダウンタイマーはそれぞれ
59 分 59 秒まで設定できます。設定時間になるとブ
ザーで知らせます。ダウン・タイマーの場合は、設
定時間に対して 20 秒前から短いビープ音(1 回)
が鳴りはじめ、
10 秒前になると短いビープ音(2 回)
に変化します。設定タイムになると長いビープ音が
鳴ります。その後もタイマーは計測を続け、表示に
はマイナス記号が表示されます。アップタイマーの
場合も設定時間の 20 秒、10 秒、設定タイムで同様
にビープ音が鳴ります。タイマー・スイッチが OFF
になるまでカウントは引き続き行われます。
*タイマースタートから経過時間 1 分毎にアラームを
鳴動させるか、または、アラーム時刻までの残り時
間 1 分毎にアラームを鳴動させるかを選択できます。
*アワーモード時はアラーム機能は無効となり、最大
99 時間 59 分までカウントされます。エンジンのメ
ンテナンス時期など、長時間計測に利用すると便利
です。カウント時間表示部が "xx ( 時間 ):xx ( 分 )"
と表示されます。秒は表示されません。タイマー動
作中に ":" が 1 秒毎に点滅します。
●ホーム画面で [ST1] または [ST2] にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチして、下記の設定画面を呼び出し
ます。
[ タイマー ST1 設定画面 ]
<タッチセンサー>
スクロール操作
・カーソル移動
・モード選択
・レート調整
166 <資料>
タイマーの設定
タイマー操作方法
*下記の設定はカーソルを設定したい項目に移動してか
ら行います。
●タイマーのスタート/ストップは、事前に設定された
スタート/ストップスイッチで操作します。
1. アップタイマー/ダウンタイマー/アワーモードの選択
●タイマーをリセットするには 、 予め設定したリセット
スイッチを操作するか、ホーム画面上のタイマー表示
にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチ(1 秒)し
てください。
[ モード ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッ
チしてデータ入力モードに切り替えます。タッチセン
サーを左右にスクロール操作してモードを選択し、RTN
ボタンにタッチします。
[ アップ ]:アップタイマー
[ ダウン ]:ダウンタイマー
[ アワー ]:アワーモード
2. タイマー時間設定(アップタイマー/ダウンタイマー)
[ アラーム ] の [10]:[00] の設定したい項目にカーソルを
移動し、RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに
切り替えます。タッチセンサーをスクロール操作して
時間を設定します。
[10]:[00]:[ 分 ]:[ 秒 ]
設定後、RTN ボタンをタッチしてカーソル移動モード
に切り替えます。
3. スイッチの設定;
設定したいスイッチの項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてスイッチ設定画面を呼び出し、ス
イッチおよび ON 方向を選択してください。
(選択方法の詳細は巻末の「スイッチ設定方法」を参照)
[ スタート ]:スタートスイッチ
[ ストップ ]:ストップスイッチ
[ リセット ]:リセットスイッチ
4. メモリーの設定;
*このメモリー機能を ON にすると、モデルを変更したり、
電源を OFF した場合でもタイマーを継続することがで
きます。
[ メモリー ] の項目にカーソルを移動し、RTN ボタンを
タッチしてデータ入力モードに切り替えます。タッチ
センサーを左右にスクロール操作してモードを選択し、
RTN ボタンにタッチします。
[OFF]:モデルを変更したり、電源 OFF でタイマー
がリセットされる。
[ON]:モデルを変更したり、電源 OFF でもタイマー
が継続される。
5. 1 分毎に鳴動するアラームのモードの選択
" ↑ "(または " ↓ ")の項目にカーソルを移動し、RTN
ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
タッチセンサーを左右にスクロール操作してモードを
選択し、RTN ボタンにタッチします。
[ ↑ ]:タイマースタートから経過時間 1 分毎
[ ↓ ]:アラーム時刻までの残り時間 1 分毎
6. 振動設定
" シンドウ " をタイプ 1 ∼タイプ 4 にすると、ブザー音
とともに送信機が振動してタイムを知らせます。
TYPE 1
TYPE 2
TYPE 3
TYPE 4
<資料>
167
スイッチ選択方法
T14SG に搭載されている様々な機能でスイッチ選択が可能です。スイッチ(スティック、トリ
ムレバー、ツマミ類をスイッチとして使用する場合も含む)の設定方法は全ての機能で共通です。
スイッチの選択
ミキシング機能等でスイッチを選択する場合、
下記の選択画面が呼び出されます。
(スイッチ選択画面)
[ スイッチの選択方法 ]
1. スイッチ選択画面の H/W リスト中の選択したいスイッ
チにカーソル(反転表示)を移動し、RTN ボタンをタッ
チします。選択したスイッチが点滅表示となります。
*前の画面に戻る場合は、画面上段の [H/W セレクト ]
にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチします。
2. リストの右にある [ON/OFF] の項目にカーソルがある状
態で、RTN ボタンをタッチすると、選択したスイッチ
の種類により、それぞれ下記の ON/OFF ポジションの
設定画面が現れます。
*スイッチを選択した場合、ON/OFF ポジションの確
認および設定を行ってください。
スイッチ SA ∼ SH を選択した場合
*各ポジションの ON/OFF 設定状態が表示されます。
[ON/OFF ポジションの設定 ]
スティック、トリムレバー、ツマミ類を選択した場合
*スティック等をスイッチとして使用する場合、下記の
モードを選択可能です。
1. ON/OFF 設定を変更したいポジションにカーソル(反
転表示)を移動します。
[ リニア ]:設定ポイントを基準に左右 ( 上下 ) に ON/
OFF を設定するモード。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
[SYM]:ニュートラル位置を基準として、左右 ( 上下 )
が対称に動作するモード。
3. タッチセンサーを左または右にスクロールして ON/
OFF 表示を切り替えます。
[ モードの選択 ]
* ON/OFF 表示が点滅表示となります。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
4. RTN ボタンをタッチすると ON/OFF 設定が変更され
ます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作す
るか、S1 ボタンをタッチします。)
1. [ モード ] の項目にカーソル(反転表示)を移動します。
3. タッチセンサーをスクロール操作して、変更したい
モードに表示を切り替えます。
*点滅表示となります。
*他のポジションも同様に設定します。
4. RTN ボタンをタッチしてモードを変更します。
*オルタネートモードの設定は下記を参照。
*オルタネートモードの設定は下記を参照。
5. 画面上部の [ON/OFF] にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチして、元の画面に戻ります。
* ON/OFF ポイントの設定は次ページの方法で設定し
てください。
[ オルタネートモードの設定 ]
* 前の画面に戻る場合は、画面上段の [ON/OFF] にカー
ソルを移動し、RTN ボタンをタッチします。
*機能により、スイッチの動作モードの変更が可能です。
[OFF]:通常のスイッチ動作。
[ON]:スイッチを ON 側に操作する度に ON/OFF が交互に切り替わる動作。
1. [ オルタネート ] の項目にカーソルを移動します。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替えます。
3. タッチセンサーをスクロール操作してモード表示を切り替えます。
*表示が点滅表示となります。
4. RTN ボタンをタッチするとモードが変更されます。
(中止する場合はタッチセンサーをスクロール操作するか、S1 ボタンをタッチします。
)
5. 画面上部の [ON/OFF] にカーソルを移動し、RTN ボタンをタッチして、元の画面に戻ります。
168 <資料>
動作モードについて
ON/OFF ポイントを移動する場合
スイッチとしてスティック等を選択した場合の動作
モードは下記のとおりです。
ON/OFF の位置を移動することができます。自由な位
置で ON/OFF が可能となります。
リニアモード
*バーグラフのクロの範囲:OFF の範囲
*バーグラフのシロの範囲:ON の範囲
*スティック等の操作位置が矢印で表示されます。
設定ポイントを基準に左右 ( 上下 ) に ON/OFF を設定
するモードです。
対称 [SYM] モード
[ 設定方法 ]
1. 最初に、[POS] の項目にカーソル(反転表示)を移動
します。
2. スイッチに設定したスティック等を変更したいポイン
トに操作した状態で、RTN ボタンをタッチするとポ
イントが移動します。
*バーグラフの ON/OFF の範囲が変更されます。
3. 画面上部の [ON/OFF] にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチして、元の画面に戻ります。
ニュートラル位置を基準として、左右 ( 上下 ) が対称
に動作するモードです。例えば、エルロンスティックで
D/R を切り替えたい時、スティックを左右に振ったとき
に、左右同じ位置で D/R を ON させることができます。
ロジックスイッチ(コンディション切替のみ)
コンディションの切替スイッチには 2 個のスイッ
チの組合せで ON/OFF できるロジックスイッチを使
用可能です。
* 組 合 せ ロ ジ ッ ク は、AND、OR、EX-OR が 使 え ま す。
AND:2 個のスイッチが両方オンになった時にフライ
トコンディションが切り替わります。
*ロジックスイッチモードに切り替えると、スイッチ設定
が初期化されます。
(ロジック・スイッチ設定画面)
OR:どちらか片方がオンのときにフライトコンディ
ションが切り替わります。
EX-OR:2 つのスイッチ位置が逆のときに、フライト
コンディションが切り替わります。
(スイッチ・モード変更画面)
[ スイッチの選択 ]
左右のスイッチ選択の項目で、ロジックスイッチに使
用する 2 つのスイッチを選択します。
(選択方法は前ページのスイッチ選択方法を参照)
[ 組合せロジックの選択 ]
1. [AND] の項目にカーソルを移動します。
[ ロジックスイッチモードの選択 ]
1. [ シングル ] の項目にカーソルを移動します。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
2. RTN ボタンをタッチしてデータ入力モードに切り替え
ます。
3. タッチセンサーをスクロール操作して、使用したい組合
せロジックに切り替えます。
3. タッチセンサーをスクロール操作して [ ロジック ] 表示
に切り替えます。
*点滅表示となります。
*点滅表示となります。
5. 画面上部の [ スイッチ ] にカーソルを移動し、RTN ボタ
ンをタッチして、元の画面に戻ります。
4. RTN ボタンをタッチするとロジックスイッチのモード
に変更されます。
4. RTN ボタンをタッチするとロジックが変更されます。
<資料>
169
電源 ON 時のワーニング表示/エラー表示について
T14SG 送信機の電源を入れたとき、ミキシング機能の設定状態や何らかの異常がある場合に
LCD 画面上にワーニング表示またはエラー表示が出る場合があります。それぞれの表示内容によ
り対処方法が異なります。下記の内容に従って安全を確認してから以降の操作を行ってください。
●ミキシングワーニング
" コンディション "(警告音)<ヘリコプター・グライダー>
状況:ディフォルト(ノーマル)のフライトコンディショ
ン以外のコンディションが設定されている場合で、ス
イッチ位置がディフォルトのコンディション以外の位
置にある場合。
解除操作:スイッチをディフォルトのコンディション
に切り替えるとワーニング表示が消えます。
または、" ソウシンシマスカ? " のメッセージが表示さ
れるので、" ハイ " または " イイエ " にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてください。" イイエ " の状態で
RTN ボタンをタッチすると電波は発射されません。
●無操作時アラーム
" デンゲンスイッチヲオフニシテクダサイ "
状況:スティック , ツマミ , トグル・スイッチまたはデ
ジタル・トリム (T1 ∼ T4) が 30 分間全く操作されなかっ
た場合、アラーム音とともに上記メッセージが表示さ
れます。
解除操作:スティック等を操作するとアラームは解除
されます。使用しない場合は電源スイッチを OFF にし
てください。
●スロットルスティック位置
" スロットル イチ "(警告音)<飛行機・ヘリコプター>
" スロットルカット "(警告音)<飛行機・ヘリコプター>
" アイドルダウン "(警告音)<飛行機>
" エアブレーキ "(警告音)<飛行機>
" スナップロール "(警告音)<飛行機>
" トリムミックス "(警告音)<グライダー>
" モーター "(警告音)<飛行機、グライダー>
状況:それぞれ、スロットルカット機能、アイドルダウ
ン機能、エアーブレーキ機能、スナップロール機能、ト
リムミックス機能、モーター機能のスイッチが ON の位
置にある場合。
解除操作:スイッチを OFF 側に切り替えるとワーニン
グ表示が消えます。
または、" ソウシンシマスカ? " のメッセージが表示さ
れるので、" ハイ " または " イイエ " にカーソルを移動し、
RTN ボタンをタッチしてください。" イイエ " の状態で
RTN ボタンをタッチすると電波は発射されません。
●トレーナーメッセージ
" トレーナーケーブルガセツゾクサレテイマス "
状況:トレーナーケーブルを送信機に接続すると上記メッ
セージが約 5 秒間表示された後、ホーム画面に移動します。
●バックアップエラー
" バックアップエラー!!/データガショキカサレ
マシタ/ POWER スイッチヲ/オフシテクダサイ "
(警告音)
状況:何らかの理由で、設定データが破損してしまっ
ている場合。全てのモデルデータは強制的に初期化さ
れます。
処置:全てのモデルデータ、補正データ等が破損して
います。弊社ラジコンカスタマーサービス宛、点検依
頼してください。
170 <資料>
状況:電源 ON 時にスロットルスティックの位置がハ
イ側(スロットルカット動作と同じ 1/3 以上)の場合、
ワーニング表示されます。
解除操作:スロットルスティックをスローに戻すと、
ワーニング表示は消えます。
双葉電子工業株式会社 無線機器営業グループ TEL.(0475)32-6981 〒 299-4395 千葉県長生郡長生村薮塚 1080
©FUTABA CORPORATION 2012 年 11 月 WEB1 版
<資料>
171
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement