周波数シフタ取扱説明書(PDF)

周波数シフタ取扱説明書(PDF)
 周波数シフタ (FS1S)
取扱説明書
目次
0.梱包部品の確認
1.使用上の注意
2.接続
3.周波数切り替え
4.光学部の丹生出射調整の前に
5.調整方法
6.寸法
7.注意事項
* 本装置の電源を入れる前に
この取扱説明書をご一読下さい *
株式会社フォト
ンプローブ
Optical Measuring Instruments and Parts
0.梱包部品の確認
以下の部品が梱包されています。ご確認下さい。
品名
個数
シフタ光学部
1台
シフタドライバ
2台
コントロールボード
1枚
フラットケーブル
2本
SMBケーブル
1本
周波数切り替え用コネクタ
7個
コントロールボード電源コネクタ
1本
SMAケーブル
2本
取扱説明書
1冊
備考
予備あり
本書
シフタドライバ及びコントローラにはDC24V(
2A)
の電源が別途必要です。(
DC15V電源と24V電源の併用も
できます。容量が不足しそうな場合には両者をお使いください。15V電源が使える端子は括弧書きで示しまし
た)
シフタドライバ、コントロールボード、フラットケーブル、SMBケーブルはすでに組み上げてあります。
1.使用上の注意
(1) ドライバーからは約80MHzの高周波が約1Wずつ出力されます。このため、近くの電 子機器に障害を及ぼすかもしれません(本コントローラ程度の電子回路は問題ありません)。使用
する際は、念のため、電子機器近づけないよう注意してください。
(2)ドライバーと光学部をSMAケーブルで接続した後、ドライバーに電源をお入れください。 ドライバーの無負荷駆動はお止めください。
(3)2台のドライバーを結線しますSMBケーブルを結線しませんと、一方のドライバーからは出力
が得られません。ご注意下さい。
(4)本装置はレーザ光の使用を前提としています。レーザ光は直接目に入りますと失明の恐れが
あります。使用に際してはレーザ光の安全管理に十分な注意を払ってください。レーザ光量に合
わせて、ゴーグルの使用のほか、通行人や近くで作業している者に反射した光が当たらないような
遮蔽を行うようにしてください。
Photon Probe Inc.
-2-
Optical Measuring Instruments and Parts
2.接続 上記の部品間の接続は周波数シフタ結線図(図1)を参照にしてください。結線の際には光学部
を固定してから行ってください。光学部の固定は、図5光学部ネジ、入出射位置図、を参照してく
ださい。光学部を落下などにより強い衝撃を加えますと、特性が得られなくなります。ご注意くださ
い。
接続必要線
接続場所
本数
備考
電源・
アース用単線
各ドライバー;
+電圧1箇所、GND1箇所
コントローラ;CN1
ドライバーへの供給(計); ショートしない
+電圧2本、GND2本
ようにハンダ
コントローラ;1組
付けのこと
SMBケーブル
ドライバー間
1本
SMAケーブル
ドライバー光学部間
2本
DC24Vを加える端子は各ドライバ各1ヶ所あります。貫通コンデンサで端子が剥き出しになって
いますので、はんだ付けを行ってください。GND端子はケースに直接接続します。M3ネジでとめ
てある2ヶ所のうち、何れかを利用してください。1箇所にはラグ板があり、他方にはありません。
コントロールボードのCN1(2ピン端子)
接続用に、ケーブルが添付されています。白コードに+電
圧、緑コードにGNDを接続してください。+15Vから+24Vの電圧範囲で供給してください.
<< 注意 >>
(1) 2台のドライバーはSMBケーブルが届く範囲で平行に設置してください。SMBケーブルは
押し込み式です。納品時にはドライバ、コントローラともにベースの上に固定されています。これら
をはずして利用される場合にご注意ください。
(2) ドライバーへの電源供給(DC24V,2A)は端子にハンダ付けを行ってください。電源が不
足しないように、電源容量にご注意ください。
(3) SMAケーブルはネジ式です。光学部にSMAケーブルを取り付ける場合は、光学部を固定
した後に行ってください。また強く締めますと痛めますので、ご注意下さい。
(4) ドライバはかなり発熱します。(火傷するほどではありませんが、長時間使用時には肌に触れ
ないようにしてください)。冷却を妨げるような密閉の空間でのご使用の際は、冷却手段をお取りく
ださい。また、その他の使用においても、冷却効果を高めるために、金属性の台または基盤の上
に直接接触させてお使いください。
Photon Probe Inc.
-3-
Optical Measuring Instruments and Parts
3.周波数切り替え
本装置ドライバは7つの周波数から1つを選択し、出力します。
周波数の切り替えはコントロールボード上のコネクタ(CN2)の結線を変えることで行います。7種
類の周波数に対応した結線済みのコネクタが添付されていますので、それを付け替えて、周波数
を切り替えてください。この付け替え時には必ず電源を落としてから行ってください。
ビート周波数
CH1周波数
CH2周波数
コネクタ結線
結線コード色
25kHz
80MHz
80.025MHz
3,4,5
黒
50kHz
79.975MHz
80.025MHz
4,5
ピンク
100kHz
79.95MHz
80.05MHz
3,5
白
500kHz
79.75MHz
80.25MHz
5
青
1MHz
79.5MHz
80.5MHz
3,4
赤
5MHz
77.5MHz
82.5MHz
4
灰
10MHz
75MHz
85MHz
3
黄
コネクタ結線とは、コネクタの1番ピンと結合されているピン番号を表示しています。たとえば、25k
Hzビート周波数の場合、1番ピンと3番、4番、5番ピンが結線されており、2番と6番ピンは結線さ
れていません。(ピン番号はコネクタ表面上に”1”と記載されている側が1番ピンです。)
これ以外のコネクタ結線を行った場合の動作は保証できません。ご注意ください。
4.光学部の入出射調整の前に
光学部への入射及び出射位置は、図4光学部入出射、を参考にしてください。ドライバと結線する
前に固定してください。
光学部はAOM2台を用いて構成されています。AOMは回折現象を利用していますので、特定
の入射角度の場合のみ回折された出射光を得ます。これより、入射角度を微調整できるような機
構を設けて入射してください。2台の角度調整はすでに終わっていますので、微調整後は2本の
出射光が同時に回折されます。回折光は+1次、+2次・・・のほかに−1次、−2次・・・も出射さ
れます。CH1とCH2では+1次側が逆方向に設定されています。つまり、図6出射回折光、で示
すように、CH1とCH2の0次光は出射数メートル先で交差するようになります。+1次光同士では
平行光になります。平行になり、かつ強度が細大になるように入射角度の微調整を行ってください。
−1次光を利用される場合は、光周波数はドライバから出力される周波数をf
1としますと
f
0−f
1
となります。ご注意ください.
Photon Probe Inc.
-4-
Optical Measuring Instruments and Parts
5.調整方法
(1) 結線が終了しましたら、誤りが無いかどうか確認の後、電源を投入してください。
(2) レーザ光を光学部にほぼ垂直に入射口より入れてください。
(3) 出射口より平行な2本のビームが得られることを確認してください(通常、回折光はす ぐには得られません)。この場合、2本の出射光量は各々直線偏光であり、互いに直交しています。
入射口に近い側の出射光はベースに垂直の偏光方向を有します。遠い側の出射光はベースに
平行な偏光方向を有します。従って、2本の出射ビーム強度は入射光の偏光方向に依存して変
化します。入射光の直線偏光方向を調整しますと、出射ビーム強度が変化します。
(3)入射光の入射角度を調整してください。この調整のため、レーザ管から直接レーザを入射させ
るのではなく、アオリ調節機能のあるステージに固定されたミラーで1回(以上)折り返した後、光学
部に入射されることをお勧めします。
(4)角度を微調(2∼3度)しますと、ベースの平行方向への、ビームの分裂が観測されます。 ドライバーへの電源を切った場合に観測される出射ビーム(0次光)を中心に左右に等角度で得ら
れます。0次光から左へ1次光、2次光・
・・、0次光より右へ−1次光、−2次光・・・と呼びます。
(5)1次光、若しくは、−1次光が最大になるように入射光の角度を調整してください。電源を切っ
た場合の出射光量の80%程度が回折光の最大光量です。
6.寸法
ドライバ及びコントローラはすでに固定されています。できるだけこのまま利用してください。l
コント
ローラ、ドライバのコネクタ端子については、図2ドライバ端子配置図、図3コントローラコネクタ端
子配置図を参照してください。
7.注意事項
人に対する安全を守る観点から、様々な注意点があります。
安全確保には十分の配慮をお願いします。
(
1)安全管理対策
本装置において、直接被害を与える機構はありません。しかし、本装置はレーザ光を用いることを前提と
していますので、レーザ光を直視したり、反射率の高い面からの反射光を目に入らないようにご注意下さい。
ドライバーは(2)
の理由により光学部と遠く離すことが出来ません。設置等の際にご注意下さい。
(
2)高周波障害対策
本装置の各ドライバは約80Mhzを約1Wずつ出力します。このような高周波を高出力する機器に対して、
他機器への高周波障害を防止するために、FCC規格があります。本装置はこのFCC規格を満足していま
す。但し、ドライバー出力のうち外部に漏れるノイズ成分はケーブル部分が最も大きいことが知れました。
基本的には、本装置のドライバと光学部はケーブルで結べば作動します。しかし、ケーブルが長くなれば
なるだけ、障害が増えてきます。そこで本装置では50cm程度の長さの同軸ケーブル(
SMAコネクタ)をお
勧めします。ケーブルを長くして用いる場合には、RG−55A/Uや3D2W,5D−SFAなどの2重シール
ド線のご使用をお勧めします。
Photon Probe Inc.
-5-
Optical Measuring Instruments and Parts
(3)
発熱対策
本装置はドライバーが発熱します。長時間触り続けるには苦痛なほどの熱を発します。底面部での固定
(固定対象物は金属製)で充分冷却できます。但し、2台のドライバーを接触させて使うことはお止めくださ
い。近接させるとしても、1∼2cmは離してお使いください。また、スペース的に許されるならば、冷却効果
を高めるための措置を施してください。
(4)
無付加運転
本装置はドライバー出力先にシフタ光学部又はAOMが接続されていない場合でも、短時間ならば問題
はありません。しかし、基本的には、シフタ光学部又はAOMを接続した後、ドライバーを動作させてくださ
い。
(5)
ドライバー間接続の忘れ
本装置では、2台のドライバーを同軸ケーブルで接続します。(
2箇所接続できる様に、ドライバは端子
を有していますが、フラットケーブルに近い側のみを接続して、遠い側は開放にしてください。)
この接続を
忘れますと、高周波側のドライバからは出力されません。ご注意下さい。
= お問い合せ先 =
”光で物理量を高精度に計測”
フォトンプローブ
株式会社 本社 191−0054 日野市東平山1−6−2
TEL/FAX 042−582−2558
E−mai
l
phot
on@bb.nbm.or
.j
p
ホームページ pl
aza13.mbn.or
.j
p/`
phot
onpr
obe/
Photon Probe Inc.
-6-
Optical Measuring Instruments and Parts
図1周波数シフタ結線図
光学部、ドライバ部、コントローラ、電源間を結線してください。ドライバとコントローラ間のSMBケーブル、フラッ
トケーブルはすでに結線されています。コントローラのコネクタはビート周波数を選択変更に用います。
+24V GND
ドライバーCH1
SMAケーブル
フラットケーブル
ドライバーCH2
SMBケーブル
コネクタ
光学部
GND
図1 周波数シフター結線図
Photon Probe Inc.
CN3 CN4
CN2
CN1 コントローラー
+15Vまたは+24V
(株)フォトンプローブ
-7-
Optical Measuring Instruments and Parts
図2シフタ−ドライバー図端子配置図
CH1,CH2のドライバーの結線の位置図です。ただし、SMBコネクタ、フラットケーブルはすでに結線されて
います。SMAケーブル端子はSMAケーブルを用いて光学部と結線してください。DC24Vの電源を、貫通コ
ンデンサにはんだ付けしてください。電源のGNDは2箇所のM3ネジで筐体に結合してください。GND結線は
2ヶ所あるうちの一方で十分です。
図2 シフタードライバー端子配置図
M3ネジ (何れか一方の使用で可)
フラットケーブル用コネクタ
SMAコネクタ
SMBコネクタ
貫通コンデンサ
(株)フォトンプローブ
Photon Probe Inc.
-8-
Optical Measuring Instruments and Parts
図3コントローラコネクタ端子配置図
コントローラコネクタはすでにドライバーと結合されています。
ビート周波数選択コネクタCN2と電源コネクタCN1を必ず差し込んでご使用ください。
ビート周波数選択コネクタは7種類のコネクタが添付してあります。希望のビート周波数に合わせて、差し込ん
でください。電源はDC15VまたはDC24Vをご利用ください。上方側の端子がGND側です。単線2本をコネク
タに取り付けたコードを添付してあります。ご利用ください。
図3 コントローラコネクタ端子配置図
CN3−フラットケーブルコネクタ
CN4−フラットケーブルコネクタ
CN2−ビート周波数選択コネクタ
CN1−電源コネクタ(15V,24V)
1
6
G
Vc
部品面
(株)フォトンプローブ
Photon Probe Inc.
-9-
Optical Measuring Instruments and Parts
図4回折方向と次数
回折方向と次数の関係を示します
ともに+1次光を出力した場合に平行光になるように調整されています。
図4 回折方向と次数
(株)フォトンプローブ
+3次
+2次
+1次
0次0次
+1次
+2次
+3次
入射口
+1次の光量が最大になるように、角度調整を行ってください.
回折のない場合、ともに0次光として出射されます。
Photon Probe Inc.
-10-
Optical Measuring Instruments and Parts
図5光学部ネジ、入出射位置図
光学部のネジ位置の関係を示します。M3のネジを用いて固定してください。
図5 光学部固定ネジ、入出射位置図
(株)フォトンプローブ
18 24
Ch2 3×φ3.5
Ch1
20
入射口
30
Ch1出射口
4
30
21
40
Photon Probe Inc.
60
-11-
42.5
92
82
Ch2出射口
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement