S50 取扱説明書

S50 取扱説明書
クロスカットシュレッダー
50
取扱説明書
お買い上げいただき、
まことにありがとうございました。
この取扱説明書をよくお読みのうえ、
正しくお使いください。
ご使用の前に、
「安全上のご注意」
(1、
2 ページ ) を必ずお読みください。
この取扱説明書は、保証書とともに、
いつでも見ることができる場所に
必ず保存してください。
ご注意
●この製品は厳重な品質管理と検査を経て出荷しておりますが、
万一故障または不具合がありましたら、
お買い上げの販売店までご連絡ください。
●お客様または第三者がこの製品及び付属品の使用誤り、
使用中に生じた故障、
その他の不具合またはこ
の製品の使用によって受けられた損害については、
当社は一切その責任を負いかねますので、
あらかじ
めご了承ください。
仕 様
定格細断枚数
A4コピー用紙(68g/m2)15枚
(50/60Hz)
細
4.0×30mm クロスカット
断
寸
法
操
作
機
能
主電源スイッチ・オートスタート&ストップ機構
自動停止安全スイッチ
逆転スイッチ・手動細断スイッチ
給
紙
口
幅
221mm
ダストボックス容量
約17ᲔĦA4コピー用紙約300枚)
※15枚ずつ細断時
細
約2.4m/分(A4コピー用紙1枚時・50Hz) 使
約2.8m/分(A4コピー用紙1枚時・60Hz) 消
断
速
度
定格使用時間
制
御
機
能
10分間
コードの長さ
外
温度ブレーカー
過電流保護機構
電
源
AC100V(50/60Hz)
費
電
力
220/266W(50/60Hz)
形
寸
法
W345×D258×H560mm
(組合せ時、突起部含まず)
量
約10.7kg(組合せ時)
品
取扱説明書・保証書
質
付
約1.6m
用
属
※細断枚数の「定格」は環境・紙質・投入方法などにより変化する場合があります。
カスタマーサービスセンター TEL.03-5690-9412
受付時間:AM10:00∼12:00/PM1:00∼5:00 月曜日∼金曜日
(祝祭日・年末年始・夏季休暇期間を除く)
2014年 5月 第1版
安全上のご注意
注意
ご使用の前に必ずお読みください。
■表示内容を無視して誤った使い方をした時に生じる危害や損害の程度を、次のように区分
しています。内容をよく理解してから本文をお読みになり、記載事項をお守りください。
警告
この表示の欄は「死亡または重傷などを負う恐れがある」内容です。
注意
この表示の欄は「けがをしたり財産に損害を受ける恐れがある」内容です。
■お守りいただく内容の種類を、次の図記号で区分しています。(図記号の一例です)
紙詰まりの状態で、
主電源スイッチを「ON」に
したまま放置しない
電源コードを
熱器具に近づけない
この取扱説明書および製品には、ご使用になる人や他の人への危害、財産への損害を未
然に防止するため、必ずお守りいただくことを、次のように説明しています。
禁止
ぬれ手禁止
電源コードが傷つき、ショート・
感電・火災の原因になります。
禁止
火災の原因になります。
プラグをぬれた手で
抜き差ししない
ダストボックスを出し入れ
する時は、主電源スイッチを
「OFF」にする
感電の原因になります。
けがをする恐れがあります。
プラグは根元まで確実に
差し込む
ダストボックスを出し入れ
する時は、指をはさまない
ように注意する
この記号は、してはいけないこと「禁止」内容です。
この記号は、必ず実行していただく「強制」内容です。
感電・火災の原因になります。
けがをする恐れがあります。
警告
絶対に分解したり
修理・改造をしない
子供の手の届く所で
使用しない
子供使用禁止
けがをする恐れがあります。
分解禁止
けがをする恐れがあります。
禁止
給紙口にネクタイ、
ネックレス、衣類などを
近づけない
衣類巻込み注意
引き込まれて、けがをする恐れがあります。
禁止
禁止
プラグを抜く時は、電源コードを
引っ張らず、プラグを持って抜く
引き込まれて、けがをする恐れがあります。
プラグを抜く
禁止
タコ足配線をしない
感電の原因になります。
けがをする恐れがあります。
湿気や水気のある所で
使用しない
電源コードが傷つき、ショート・
感電・火災の原因になります。
ショート・感電・火災の原因になります。
※修理は販売店へご相談ください。
お手入れの時は、
必ずプラグを抜く
ショート・感電の原因になります。
不安定な場所に置かない
感電・火災の原因になります。
けがをする恐れがあります。
禁止
エアーダスターで細断屑の
除去を絶対にしない
可燃スプレー厳禁
ショート・感電・火災の原因になります。
電源コードが破損した時は、
ご自身で修理しない
給紙口に髪の毛を
近づけない
髪の毛巻込み注意
電源コードが傷つき、ショート・
感電・火災の原因になります。
電源コードを傷つけたり加工したり、ねじっ
たり、引っ張ったり、無理に曲げたり、重い
ものを載せたり、束ねたりしない
給紙口や排出口に
指を入れない
手を入れるな
細断中はダストボックスを
出し入れしない
移動させる時は、プラグを抜く
けがをする恐れがあります。
※修理は販売店へご相談ください。
禁止
水をかけたりしない
可燃性の高圧ガスに引火し
爆発します。
ショート・感電の原因になります。
水ぬれ禁止
交流100V以外の電圧で使用しない
プラグを抜く
感電・火災の原因になります。
シンナーやベンジンで拭いたり、
殺虫剤をかけない
長時間使用しない時は、
プラグを抜く
事故や感電・火災の原因になります。
100V以外禁止
1
2
禁止
ひびわれによるけが、ショート・
感電・火災の原因になります。
各部の名称
まず、使ってみましょう。詳しい説明は参照ページをご覧ください。
電源ランプ
主電源スイッチ
手動細断スイッチ
凸部
(自動停止安全スイッチ用)
逆転スイッチ
給紙口
クリップトレイ
自動停止
安全スイッチ
本体
コンセント
(AC100V)
1
ダストボックスを
本体にしっかり入れる。
2
プラグをコンセントに差し込む。
3
主電源スイッチを「ON」にする。
4
細断する用紙を給紙口に入れる。
5
細断が終わったら
主電源スイッチを「OFF」にする。
P.3
設置方法
P.4
スイッチの使い方
細断の仕方
P.5
P.5
P.7
P.4
P.5
細断の仕方
故障の原因となるため絶対にお守りください。
スイッチの使い方
細断の仕方
プラグ
キャスター
電源コード
ダストボックス
スイッチの使い方
主電源スイッチ/ON
ストッパー
設置方法
1 ダストボックスを本体の中にしっかり入れます。
2 水平な場所に設置し、キャスターのストッパーをかけます。
主電源スイッチ/OFF
主電源スイッチを「ON」にす
ると主電源が入り、電源ラン
プが点灯します。
給紙口に用紙を入れると、自
動的に細断を開始し、細断が
済むと自動的に停止します。
しばらく使用しない時は、
主電源スイッチを押して
「OFF」にし、プラグをコンセ
ントから抜いてください。
細断屑を捨てる時や本体の
移動はこの状態で行ってく
ださい。
・ご使用後は必ず主電源スイッチを
「OFF」にしてください。
3 プラグをコンセントに差し込みます。
お願い
●主電源スイッチが必ず「OFF」になっていることを確認してください。
●ダストボックスを本体の中にしっかり入れないと、
自動停止安全スイッチが作動して細断で
きません。
ダストボックスを本体に入れる時は指や手を挟まないように注意してください。
●移動時以外は、必ずストッパー
(手前の 2 ヶ所)
をかけてください。
構造上、フロントキャスターの向きは回転しません。
故障の原因になりますので無理に回
さないでください。
逆転スイッチ
手動細断スイッチ
主電源スイッチが「ON」の時
にこのスイッチを押している
間は、強制的に刃が逆回転し
ます。細 断 を 中 止 す る 時 や、
詰まった用紙が取り出せな
い時に使用します。
主電源スイッチが「ON」の時
にこのスイッチを押している
間は強制的に刃が正回転しま
す。
●直射日光は避けて下さい。変形・故障の原因になります。
3
4
安全装置
細断屑の捨て方
安全装置
こんな時
解除方法
過電流保護機構
斜めに入れたり、一度に多量
の用紙を入れて細断物が詰ま
った時、刃が自動的に停止し
ます。
「逆転」スイッチを押して用紙を取り
出してください。その後、細断枚数を
減らして細断していない方向からま
っすぐに再度細断してください。 温度ブレーカー
長時間使用した場合、モーター
の温度が上昇し、自動的に作動
が停止します。
主電源スイッチを「OFF」にして
モーターの温度が下がるまで約30分
間休ませてから再開してください。
自動停止安全スイッチ
細断屑を捨てる時など本体と 主電源スイッチを「OFF」にし
ダ ス ト ボ ッ ク ス が 離 れ る と 、 てダストボックスを本体の中に
主電源が自動的に切れます。
しっかり入れてください。
細断の仕方
1
細断したい用紙を給紙口に
入れると、オートスタート
機構が作動し自動的に細断
を開始し、細断が済むと自
動的に停止します。
主電源スイッチを「OFF」に
し、必ずプラグをコンセント
から抜いてください。
2
ダストボックスを本体から
引き出します。
3
ダストボックス内の細断屑
を捨ててください。
ダストボックスの窓から
細断屑が見え始めます。
そのまま細断を続けると
排出口に細断屑が詰まり
故障の原因になります。
ダストボックスを本体に戻
してください。
小さい用紙は、オートス
タート機構が作動する中
央に入れてください。
・電源ランプが点灯します。
2
1
4
プラグをコンセントに差し
込 み、主 電 源 ス イ ッ チ を
「ON」にします。
細断屑はこまめに捨ててください。
奥まで
しっかり入れる
お願い
ダストボックスの容量は、A4コピー用紙を15枚
ずつ細断した場合で、約300枚 です。細断屑がダ
ストボックスに満杯になると、紙詰まりの原因にな
りますので、細断屑はこまめに捨ててください。
まっすぐ入れる!
・用紙をまっすぐ入れてください。
3
細断が終わったら、主電源
スイッチを「OFF」にしま
す。
注>給紙口の幅より大き
い用紙は、折って入
れてください。
お願い
●定格細断枚数は、A4 コピー用紙 15 枚です。
故障の原因になりますので、
定格細断枚数以上のものを細断しないでください。
●ダンボールや厚い用紙、和紙など柔らかい用紙は細断できません。
●定格細断枚数で細断していても、10 分間以上連続して細断した場合、温度ブレーカーが作動
して停止する事があります。
その時は主電源スイッチを「OFF」にして約 30 分間休ませて
から再開してください。
●コンピューター用紙などの連続用紙は定格サイズ内に切りはなして細断してください。
5
お手入れの仕方
本体のそうじ
●乾いた柔らかい布で、
カラ拭きしてください。
●汚れがひどい時は、水でうすめた中性洗剤を布に少しつけて拭き、その後乾いた布で拭きとってください。
(シンナーやベンジンなど、揮発性の液体やクレンザーなどの研磨剤は使用しないでください。
変質したり色が変わったりすることがあります。)
お願い
けがをする恐れがありますので、お手入れの際は必ずプラグをコンセントから抜いてください。
6
用紙が詰まって取り出せない時
故障の原因となるため、絶対にお守りください。
細断する時
1
注1〉 ゼムクリップ・ステープラー
注5〉 透明封筒や窓付封筒(フィル
ム)、宛名ラベル(粘着剤つ
き)の貼ってある封筒を細断
しないでください。
主電源スイッチを「OFF」にし必
ずプラグをコンセントから抜き、ダ
ストボックスの細断屑を捨ててく
ださい。
4
用 紙を取り出し
たら、数秒間「手
動細断」スイッチ
を押して刃を空
回転させ、
刃につ
いている細断屑
を取り除いてくだ
さい。
5
細断枚数を減ら
し、細断していな
い方向から、再度
細 断してくださ
い。
(P.6「細断屑の捨て方」を参照)
2
注2〉一 度 に 細 断で き る 枚 数 は
ダストボックスを本体の中に入れ、
プラグをコンセントに差し、主電源
スイッチを「ON」にします。
定格細断枚数
定格使用時間(10分間)
で
一度に連続して細断できる枚数です。
注6〉 用紙は給紙口の中央にまっす
A4コピー用紙 15 枚
ぐ入れてください。(斜めに
入れると詰まりの原因になり
ます。)
コピー用紙の場合
15枚
2つ折り
7枚
3
「逆転」スイッチ
を押しながら噛
み込んでいる用
紙を刃 から取り
出してください。
3つ折り
5枚
一度で取り除けない場合
注3〉定格使用時間は10分間です。
(定格細断枚数を細断した時)
・定格使用時間とは、上記の定格
細断枚数を連続して細断可能な
時間のことを表しています。
・10分間以上細断する時は、一
度主電源スイッチを「OFF」
にして、約30分間休ませてく
ださい。
一度で取り除けない場合は
「逆転」
と
「手動細断」
を繰り返して、取り出してください。
まっすぐ入れる
斜めに入れる
注7〉給紙口より大きい用紙は、折
って入れてください。(折っ
た時に定格細断枚数以上にな
らないようにします。)
注4〉DMやカタログの入ったままの厚
注〉
「逆転」
と
「手動細断」
を繰り返す時は、
必ず1秒以上間隔をあけてください。
間隔をあけないとモーターやギアに負荷がかかり破損することがあります。
お願い
●湿度が高く用紙が水分を多く含んでいる時や、紙質によっては、定格細断枚数であっ
ても細断できない場合があります。その時は、細断枚数を減らしてください。
●定格細断枚数を細断していても、10分間以上連続して細断した場合、温度ブレー
カーが作動して停止する事があります。その時は、主電源スイッチを「OFF」にして、
約30分間休ませてから再開してください。
い封筒を細断しないでください。
(細断枚数過剰および細断禁止
物の混入を防ぐため、中身を出
して別々に細断してください。)
●細断禁止物や定格枚数以上のコピー用紙を細断すると詰まりの原因になります。投
入する細断物には十分ご注意願います。
折って入れる
7
大きい用紙
●「用紙が詰まって取り出せない時」を数回行っても用紙が取り出せない場合は、オー
トスタート&ストップ機構を破損する恐れもありますので、無理に取り出さずにP.10
「保証とアフターサービス」をお読みいただき、修理をご依頼ください。
8
保証とアフターサービス よくお読みください
故障かな?と思われた時
修理を依頼される前に本取扱説明書をよくお読みいただき、使用方法に間違いがないか
ご確認ください。
修理やご不明な点などのご相談は、まず、お買い上げの販売店へお申し付けください。
■ 保証書
こんな時は
刃が
回転しない
チェック
処
置
保証書は、
「お買い上げ日・販売店名」等の記入をお確かめのうえ、販売店からお受け取りください。
内容をよくお読みのうえ、大切に保管してください。
・プラグがコンセントからはずれていませんか?
・プラグをコンセントにしっかりと差し込んでください。
■ 保証期間
・主電源スイッチが「ON」になっていますか?
・主電源スイッチを「ON」にしてください。
お買い上げの日から 1 年間です。
・用紙が刃に詰まっていませんか?
・本取扱説明書の P.8「用紙が詰まって
取り出せない時」をお読みいただき、用
紙を取り除いてください。
保証期間中でも、有料になることがありますので保証書をよくお読みください。
※本機を分解されますと、保証が無効になります。
・細断屑が満杯になっていませんか?
・本取扱説明書の P.6「細断屑の捨て方」を
お読みいただき、
細断屑を捨ててください。
P.9「故障かな?と思われた時」をご確認ください。それでも異常がある時は、使用をやめて
お買い上げの販売店に保証書を添えてこの製品を お持込 のうえ、修理をお申し付けください。
・長時間、連続して細断していませんか?
・主電源スイッチを「OFF」にして約 30
分間休ませてから再開してください。
●保証期間中は
・ダストボックスが本体の中にしっかり入っていますか?
・ダストボックスを本体の中にしっかり入れてください。
●保証期間を過ぎている時は
・用紙が給紙口の中央に入っていますか?
・用紙を給紙口の中央に入れてください。
修理によりご使用できる場合には、ご要望により有料で修理させていただきます。
・厚い用紙や定格細断枚数以上の用紙を細断
していませんか?
・定格細断枚数をお守りください。
■ 修理を依頼される時は
保証書の規定に従って修理させていただきます。
●修理料金の仕組み
刃が回転しても ・ゼムクリップやステープラーの針(10号以 ・ゼムクリップやステープラーの針(10 号
以上)は細断しないでください。
上)を細断していませんか?
細断しない
・本取扱説明書の P.6「細断屑の捨て方」を
お読みいただき、細断屑を捨ててください。
・細断屑が満杯になっていませんか?
細断が
途中で止まる
本体が熱い
刃の回転が
止まらない
・用紙が給紙口または、排出口に詰まってい
ませんか?
・本取扱説明書の P.8「用紙が詰まって取り
出せない時」をお読みいただき、用紙を取り
除いてください。
・用紙が斜めに入っていませんか?
・用紙をまっすぐ入れてください。
・給紙口の幅より大きな用紙を入れていませんか?
・給紙口の幅より小さく折って入れてください。
(折った時に定格細断枚数以上にならないようにします。)
・湿った用紙を入れていませんか?
・湿った用紙は入れないでください。
・定格細断枚数以上の用紙を細断していませんか?
・定格細断枚数をお守りください。
・用紙にシールやのり、フィルム等がついて
いませんか?
・用紙以外のものは細断しないでください。
・細断屑が満杯になっていませんか?
・本取扱説明書の P.6「細断屑の捨て方」を
お読みいただき、細断屑を捨ててください。
・10分間以上、連続して細断していません
・主電源スイッチを「OFF」にして約30分
間休ませてから再開してください。
・給紙口に細断屑が詰まっていませんか?
・主電源スイッチを「OFF」にして必ずプラ
グをコンセントから抜いて、ピンセットなど
で、詰まった細断屑を取り除いてください。
以上のチェックを行っても直らない場合は、
まずお求めの販売店へ下記の事項をできるだけ詳しくご連絡ください。
修理料金は、基本料・技術料・部品代等で構成されています。
基本料:診断・点検等の費用です。
技術料:故障した製品を正常にするための修理・調整等の作業にかかる費用です。
部品代:修理に使用した部品代金です。
■ 出張修理は行っておりません。
点検や修理の発送のために外箱・緩衝材(発泡スチロール・段ボール等)を保管しておいてください。
■ お問い合わせは
この製品についてのご意見・ご質問はカスタマーサービスセンターへお申し付けください。
お願い
修理を依頼される時は、付属品も一緒にお持込ください。
■ 便利メモ お買い上げ日・販売店名を記入されると便利です。 お買い上げ日
販売店名
年 月 日
愛情点検
電話 ( ) − 長年ご使用のシュレッダーの点検を!
ご使用の度合いにより部品が劣化し、故障したり、
時には安全性を損なって事故につながることもあります。
●電源を入れても細断しなかった
り、
途中で止まったりする。
このような
●電源コードに傷があったり、電源
症状は
コードを動かすと通電したり、し
ありませんか
なかったりする。
●異常な発熱、
異音、
異臭がする。
1.故障状況 2. 品番「S50」 3.ご購入年月日(保証書に記入されています。)
9
[ ]
10
故 障 や 事 故 防 止 の た め に、主 電
源スイッチを「OFF」にし、コンセ
ントからプラグを抜いて、必ずお
買い上げの販売店にご相談くだ
さい。
保証内容(修理規定)
1. 取扱説明書、本体貼り付けラベルなどの使用上の注意に従った使用方法で保証期間内に故障し
た場合には、無料修理をさせていただきます。
(イ)無料修理をご依頼になる場合には、お買い上げの販売店に製品と本書を お持込 のうえ、
修理をお申し付けください。
(ロ)お送りいただく場合は梱包費用、往復の輸送料金などはお客様のご負担となります。
2. 保証期間内でも次の場合には有料にさせていただきます。
(イ)使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障・損傷。
(ロ)
お買い上げ後の取付場所の移設・輸送・落下などによる故障・損傷。
(ハ)火災・地震・水害・落雷その他天災地変・異常電圧・指定外の使用電源(電圧・周波数)
などによる故障・損傷。
(ニ)
車両・船舶などに搭載された場合に生ずる故障・損傷。
(ホ)本書のご提示がない場合。
(ヘ)本書にお買い上げ年月日・お客様名・販売店名の記入のない場合、あるいは字句を書き替
えられた場合。
3. 本書は日本国内においてのみ有効です。
4. 本書は再発行いたしませんので大切に保管してください。
※この保証書は、
本書に明示した期間・条件のもとにおいて無料修理をお約束するものです。従ってこの保証書によって、
お客
様の法律上の権利を制限するものではありませんので、
保証期間経過後の修理についてご不明の場合には、
お買い上げの
販売店または、
株式会社アスカのカスタマ−サービスセンターにお問い合わせください。
クロスカットシュレッダー S50
保証書
様
お 名 前
お
客
様
ご 住 所 〒
電 話 番 号 ( )
ー
見本
年 月 日
お買上げ日
販売店名・住所・電話番号
印
持込修理
品 名 クロスカットシュレッダー
品 番 S50
保証期間 お買い上げより1年間
〈ご販売店にお願い〉
左記に記入または捺印のない場合は、
必ず販売店様発行の領収書など、お
買い上げの年月日、
店名などを証明す
るものをお貼りください。
電話( )
ー 保証書にご記入いただきました個人情報の取扱について
お客様にご記入いただきました保証書記載の個人情報(お名前、
ご住所、電話番号)
は保証期間
内のサービスの目的にのみ利用させていただきます。これらの情報は、お客様に明示した利用
目的の範囲をこえて利用することはございません。業務上必要な範囲をこえて、個人情報を第
三者
(修理委託先は除く)
に開示または提供いたしません。
修理メモ
カスタマーサービスセンター 03-5690-9412
受付時間:AM10:00∼12:00/PM1:00∼5:00
月曜日∼金曜日
(祝祭日・年末年始・夏季休暇期間を除く)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement