旭川工業高等専門学校電気工作物保安規程 (昭和41.6.17 達第11

旭川工業高等専門学校電気工作物保安規程 (昭和41.6.17 達第11
○旭川工業高等専門学校電気工作物保安規程
(昭和41.6.17 達第11号)
改 正 昭 和 43. 4.24 達 第 12号
昭 和 56. 2.18 達 第 1号
平 成 6. 2.22 達 第 11号
平 成 7.12.20 達 第 7号
平 成 16. 4. 1 達 第 50号
平 成 19. 3.13 達 第 48号
平 成 21. 3.10 達 第 17号
平 成 23. 3. 8 達 第 16号
旭川工業高等専門学校電気工作物保安規程
第1章
総則
(趣旨)
第 1 条 旭 川 工 業 高 等 専 門 学 校 ( 以 下 「 本 校 」 と い う 。) に お け る 電 気 工 作 物 の 工 事 , 維
持 及 び 運 用 に 関 す る 保 安 に つ い て は ,電 気 事 業 法( 昭 和 39年 7月 11日 付 ,法 律 第 170号 ),
消 防 法 ( 昭 和 23年 7月 24日 付 , 法 律 第 186号 ), 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25年 5月 24日 付 , 法 律 第
201号 ) そ の 他 に 特 別 の 規 定 あ る も の の ほ か , 本 規 程 の 定 め る と こ ろ に よ る 。
(定義)
第2条 この規程での用語の定義は,次のとおりとする。
(1) 「 電 気 工 作 物 」と は ,電 気 事 業 法 第 2 条 第 1 6 項 に 定 め る も の の う ち ,変 電 ,配 電 ,
電気の使用のために設置する機械及び器具,電線路その他の工作物をいう。
(2) 「 保 安 業 務 」 と は , 電 気 工 作 物 の 工 事 , 維 持 及 び 運 用 の 安 全 を 確 保 す る た め の 業 務
をいう。
(目的)
第3条 この規程は本校における電気工作物の工事,維持及び運用を規制することによっ
て,その安全を確保することを目的とする。
第2章
保安業務の運営
(組織)
第4条 保安業務を運営するために,管理者1名,電気主任技術者1名,補助者若干名を
置く。
2 管理者は校長があたり保安業務を総括管理する。
3 電 気 主 任 技 術 者 は ,電 気 事 業 法 第 4 4 条 に 規 定 す る 資 格 を 有 す る 教 職 員 を も っ て 充 て ,
保安業務を実施する。
4 補助者は,電気を使用する事務部課係及び各学科に所属する教職員のうちから校長が
指名し,電気主任技術者の職務を補助する。
(管理者の実施する事項)
第5条 管理者は,次の事項を決定し,実施する。
(1) 年 度 計 画 に 関 す る こ と 。
(2) 重 大 な 事 故 の 対 策 に 関 す る こ と 。
(3) 災 害 対 策 に 関 す る こ と 。
(4) 電 気 工 作 物 の 建 設 工 事 の 計 画 に 関 す る こ と 。
(5) そ の 他 重 要 な 保 安 業 務 に 関 す る こ と 。
(電気主任技術者の実施する事項)
第6条 電気主任技術者は,次の事項を実施する。
(1) 電 気 工 作 物 の 保 安 教 育 に 関 す る こ と 。
(2) 電 気 工 作 物 の 工 事 に 関 す る こ と 。
(3) 電 気 工 作 物 の 保 守 に 関 す る こ と 。
(4) 電 気 工 作 物 の 運 転 操 作 に 関 す る こ と 。
(5) 電 気 工 作 物 の 災 害 対 策 に 関 す る こ と 。
(6) 保 安 業 務 の 記 録 に 関 す る こ と 。
(7) 保 安 用 機 材 及 び 文 書 の 整 備 に 関 す る こ と 。
(8) 前 条 第 1 号 な い し 第 4 号 に 定 め る 計 画 等 に 関 す る こ と 。
(9) 所 管 官 庁 が 法 令 に 基 づ い て 行 う 検 査 の 立 ち 合 い に 関 す る こ と 。
(10)そ の 他 電 気 工 作 物 の 保 安 業 務 に 関 す る こ と 。
(指揮命令系統)
第7条 保安業務の指揮命令系統は,別表第1によるものとする。
第3章
保安教育
(保安教育及び訓練)
第8条 電気主任技術者は,電気工作物の工事,維持又は運用に従事する教職員に対し,
必要な技能に関する教育を行うとともに,災害その他電気事故が発生した場合の措置等
について,必要に応じ指導し訓練を行うものとする。
第4章
工事計画及び実施
(工事計画及び実施)
第9条 電気主任技術者は,電気工作物の安全な運用を確保するため,主要な補修工事又
は改良工事について計画し,又は実施しようとする場合には,あらかじめ管理者の承認
を求めなければならない。
2 工事の実施にあたつては,当該工事の内容に応じ作業責任者を選任し,主任技術者の
監督のもとに,これを施工するものとする。
3 工事を他の者に請負わせる場合には,常に責任の所在を明確にし,完成した場合には
主任技術者がこれを検査し,保安上支障ないことを確認して,引き取るものとする。
第5章 保守
(巡視,点検,測定)
第10条 保安業務のための巡視,点検及び測定の基準は,別表第2により行うものとす
る。
2 電気主任技術者は,巡視,点検及び測定を行うにあたつては,あらかじめ実施計画を
作成し,管理者の承認を経てこれを実施するものとする。
(事故発生の防止)
第11条 電気主任技術者は,事故その他異常事態が発生した場合には,必要に応じ臨時
に検査を行い,その原因を究明するとともに,再発防止につとめるものとする。
第6章
運転又は操作
(運転又は操作)
第12条 電気工作物の運転又は操作にあたつては,機器の性能及び取扱方法を熟知し常
に安全確実に行わなければならない。
電気主任技術者は,電気工作物を安全確実に運転又は操作するため次に掲げる事項に
ついて定めておかなければならない。
(1) 平 常 時 及 び 事 故 発 生 時 に お け る 運 転 , 操 作 順 序 , 運 転 方 法 並 び に 指 令 系 統 , 連 結 系
統
(2) 受 配 電 室 , 電 路 等 に お け る 監 視
(3) 軽 微 な 事 故 の 修 理 , 使 用 停 止 , 使 用 制 限 等 の 応 急 措 置 に 関 す る 報 告 , 連 絡 要 領
(4) 緊 急 時 に 連 絡 す べ き 事 項 , 連 絡 先 及 び 連 絡 方 法
3 しや断器,開閉器その他必要なものについては,別に電力会社との間に締結するとこ
ろによる。
2
第7章
災害対策
(防災対策)
第13条 非常災害時その他の災害にそなえて,電気工作物の保安を確保するために適切
な措置がとられるよう次の事項についての体制を整えておくものとする。
(1) 指 揮 命 令 及 び 情 報 伝 達 経 路
(2) 予 防 対 策 及 び 機 材 の 整 備
第14条 災害発生時における電気工作物に関する保安確保のための指揮監督は,電気主
任技術者が行うものとする。
第8章
記録
(記録)
第15条 電気工作物の工事,維持及び運用に関する記録は,別に定めるところによるも
のとする。
第9章
責任の分界
(責任の分界)
第16条 電力会社の設置する電気工作物との保安上の責任分界点は,旭川市春光台2条
2丁目所在乙の北野幹工専支№6号柱に設置した油入開閉器電源側端子とする。
第10章
雑則
(危険の標示)
第17条 電気主任技術者は,受電室その他高圧電気工作物が,設置されている場所で,
危 険 の お そ れ あ る と こ ろ に は ,注 意 を う な が す た め の 表 示 を し て お か な け れ ば な ら な い 。
(設計図書類の整備)
第18条 電気工作物に関する設計図,仕様書及び取扱説明書等は,必要な期間保存しな
ければならない。
(手続き書類の整備)
第19条 主任技術者は,関係官庁,電気事業者等に提出した書類及び図面その他主要文
書又はその写しを必要な期間保存しなければならない。
附 則
この規程は,昭和41年6月17日から施行する。
附 則(昭和43.4.24 達第12号)
この規程は,昭和43年4月24日から施行する。
附 則(昭和56.2.18 達第1号)
1 この規程は,昭和56年4月1目から施行する。
2 第4条第1項に規定する電気主任技術者は,特別な事情があるときは,第4条第3項
の規定にかかわらず,本校職員以外の者をもってあてることができる。
附 則(平成6.2.22 達第11号)
この規程は,平成6年4月1日から施行する。
附 則(平成7.12.20 達第7号)
この規程は,平成8年4月1日から施行する。
附 則(平成16.4.1 達第50号)
この規程は,平成16年4月1日から施行する。
附 則(平成19.3.13 達第48号)
この規程は,平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成21.3.10 達第17号)
この規程は,平成21年4月1日から施行する。
附 則(平成23.3.8 達第16号)
この規程は,平成23年4月1日から施行する。
別表第1(第7条関係)
電 気 保 安 業 務 の 指 揮 命 令 系 統 図
総務課長
学生課長
校 長
(管理者)
(注)
契約係長
車
庫(補助者)
施設係長
電気主任技術者
ボイラー室(補助者)
寮務係長
寄 宿 舎(補助者)
技術創造部
実習工場(補助者)
事務部長
は,指揮命令系統を示す。
機械システム工学科
(補助者)
電気情報工学科
(補助者)
システム制御情報工学科
(補助者)
物質化学工学科
(補助者)
一般人文科
(補助者)
一般理数科
(補助者)
別表第2(第10条関係)
巡視,点検,測定及び手入基準
項目
対象
№
断路
器
受
日常巡視点検入手
しゃ
断器
周期
点検箇所
ねらい
定期巡視点検入手
№
周期
点検箇所
ねらい
1
1カ
月
受と刃の
接触,過
熱,変色,
ゆるみ
1
1年
受と刃の
接触,過
熱,変色,
ゆるみ
2
1カ
月
汚損,異
物付着
2
1年
フレ止め
装置の機
能
1
1カ
月
外観,点
検汚損,
油漏れ,
きれつ,
加熱,発
錆,損傷
1
1年
各部の損
傷,腐食,
加熱,油
量,発錆,
変形,ゆ
るみ
2
1カ
月
指示,点
灯
2
1年
操作
具合,機
構,点検
3
1カ
月
ブッシン
グ,きれ
つ
3
1年
付属装置
の状態
4
1年
油の汚れ
5
1年
接地線接
続部点検
1
1年
母線の高
さ,ゆる
み,他物
との離隔
距離,腐
食,損傷,
過熱
2
1年
接 続 部
分,クラ
ンプ類の
腐食,損
傷,過熱,
ゆるみ
3
1年
が い し
類,指示
物 の 腐
食,損傷,
変形,ゆ
るみ
電
精密点検入手
№
周期
1
3年
点検箇所
ねらい
しゃ断速
度測定,
開極投入
時間最小
動作電圧
及び電流
測
№
定
周期
測定項目
1
1年
絶縁抵抗
測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
3
2年
絶縁油耐
圧試験
4
不定
期
必要によ
り動作測
定
1
1年
絶縁抵抗
測定
室
母線
設
備
項目
対象
日常巡視点検入手
№
1
柱上
油入
開閉
器
1
計器
用変
成器
1
1カ
月
1カ
月
1カ
月
点検箇所
ねらい
本体の外
部点検,
漏油,汚
損,振動
音響,湿
度
№
周期
1
1年
点検箇所
ねらい
各部の損
傷,腐食
発錆,ゆ
るみ,汚
損,油量
2
1年
接地線接
続部点検
本体の外
部点検,
漏油,汚
損,温度
1
1年
各部の損
傷,腐食,
汚損,油
量,ゆる
み
外部の損
傷,腐食,
発錆,変
形,汚損,
温度,音
響,ヒュ
ーズの異
常,その
他必要事
項
1
1年
精密点検入手
№
周期
1
1年
接地線接
続部の点
検
電力
用コ
ンデ
ンサ
ー
1
1カ
月
本体外部
点検,漏
油,汚損
音響,振
動
1
1年
各部の損
傷,腐食
配電
盤
1
1カ
月
計器の異
状,表示
灯の異状
1
1年
2
1カ
月
操作,切
換,開閉
器等の異
状,その
他必要事
項
離面配線
のじんあ
い,汚損,
損傷,過
熱,ゆる
み,配線
1
1
2
1年
5年
接地線接
続部点検
№
定
周期
測定項目
内部につ
いて点検
10年 (コイル,
接続部リ
ード線鉄
心,その
他)
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
3
2年
絶縁・油
耐圧試験
1年
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
絶縁油耐
圧試験
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
各部の損
傷,過熱
ゆるみ,
断線,接
触,脱落
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
端子配線
符号
3
1年
保護継電
器の操作
特性
4
2年
計 器 校
正,シー
ケンス試
験
受と刃の
接触,変
色,変形
各部の損
傷,腐食,
接触,発
錆,ゆる
み,変形,
きれつ,
汚損,ヒ
ューズの
異常
2
2
点検箇所
ねらい
測
~
変圧
器
周期
定期巡視点検入手
2年
2年
項目
対象
日常巡視点検入手
№
蓄電
池
避雷
器
周期
1
1カ
月
点検箇所
ねらい
液面,沈
殿物,色
相,極板
湾曲,隔
離板,端
子,ゆる
み,損傷
2
1カ
月
表示電池
の電圧,
比重,温
度測定
1
1カ
月
外部の損
傷,きれ
つ,ゆる
み,汚損
屋
定期巡視点検入手
№
周期
点検箇所
ねらい
1
1年
耐酸塗料
のはくり
2
1年
充電装置
の動作状
況
1
1年
精密点検入手
№
周期
1
3年
点検箇所
ねらい
充電装置
の内部
外部の損
傷,きれ
つ,汚損,
ゆるみ
2
1年
接地線接
続部点検
1
1年
電柱,腕
木,がい
し,支線
支柱,保
護網等の
損傷,腐
食
2
1年
電線とり
付状態
1
1年
ケーブル
腐食,き
れつ,損
傷
1
3カ
月
音響,振
動,温度
2
1年
各部の汚
損,ゆる
み,損傷,
伝達装置
測
№
定
周期
測定項目
1
1カ
月
比重測定
2
1カ
月
液温測定
3
1カ
月
各電池の
電圧測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
1
1年
絶縁抵抗
測定
2
1年
接地抵抗
測定
外
電
電線
及び
支持
物
1
1カ
月
電線の高
さ及び他
の 工 作
物,樹木
との距離
2
1カ
月
標識,保
護柵状況
線
路
ケー
ブル
1
1カ
月
接続部の
過熱,変
色,損傷
腐食
2
1カ
月
布設部の
無断掘さ
く
3
1カ
月
設
備
電動
機そ
の他
回転
機
1
1カ
月
標識他物
との隔離
距離
運転者が
音響,回
転,過熱
異臭,給
油状況等
について
注意する
1
3年
温度上昇
等を考慮
し内部分
解点検コ
イル軸受
通風付属
装置等の
項目
対象
日常巡視点検入手
№
周期
2
1カ
月
点検箇所
ねらい
整流子,
刷子,集
電環点検
負
電熱
乾燥
装置
定期巡視点検入手
№
周期
点検箇所
ねらい
の異状等
外部点検
を行う
精密点検入手
№
周期
点検箇所
ねらい
測
№
定
周期
測定項目
手入
2
3年
温度上昇
その他事
項を考慮
し回転子
引出清掃
3
1年
制御装置
点検
4
1年
接地線接
続部点検
1
1年
各部の変
形,損傷,
ゆるみ,
可燃物と
の離隔状
況
1
1年
絶縁抵抗
測定
1
1カ
月
運転者が
湿度,変
形,損傷
等につい
て注意す
る
2
1カ
月
接続部変
色,過熱
熱線の腐
食,取付
点検
照明
設備
1
1カ
月
異音,汚
損,不点
1
1年
照 明 効
果,汚損,
損傷,温
度,コン
パウンド
洩れ,音
響
1
1年
絶縁抵抗
測定
配線
1
1カ
月
開閉器の
点検,湿
気,じん
あい等に
注意
1
1年
開閉器,
器具の接
続
1
1年
絶縁抵抗
測定
荷
設
備
なお,日常巡視点検は絶縁監視装置を設置した場合は1カ月を2カ月と読み替える。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement