SUNNY EXPLORER - SMA Solar Technology AG

SUNNY EXPLORER - SMA Solar Technology AG
取扱説明書
SUNNY EXPLORER
Explorer-BA-JP_ja-11 | バージョン 1.1
日本語
法的情報
SMA Solar Technology AG
法的情報
本書に記載されている情報は、SMA Solar Technology AG の所有物です。本書の一部
または全部を、SMA Solar Technology AG の書面による許可なく公開することを禁じ
ます。製品の評価または正規の導入を目的として社内用に本書をコピーすることは
認められており、許可を必要としません。
オープンソース・ライセンス
Sunny Explorer ソフトウェアは、LGPL ライセンスの libosip2-3.5.0 ライブラリ
(osip2.dll と osipparser2.dll)と pthreads-win32 ライブラリ(pthreadVC2.dll)を
使用しています。Sunny Explorer をインストールすると、プログラムディレクトリ
にこの LGPL ライセンスのコピーが格納されます。また、Sunny Explorer は sha2.c
ファイルと sha2.h ファイル(Copyrights © 2005, 2007、Olivier Gay 所有)を使用し
ています。これらのファイルについても、Sunny Explorer のインストール後、プロ
グラムディレクトリで著作権情報と免責事項をご覧になれます。
商標
本書に記載されているすべての商標は、たとえその旨が明記されていない場合でも
商標として認められています。製品名や銘柄記号に商標マークが付いていなくても、
商標ではないという意味ではありません。
Bluetooth® とそのロゴは Bluetooth SIG, Inc の登録商標です。SMA Solar Technology
AG はいかなる場合もその許諾を得て当該商標を使用しています。
Modbus® は Schneider Electric の登録商標です。Modbus Organization, Inc. によって
その使用が許諾されています。
QR Code は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
Phillips® と Pozidriv® は Phillips Screw Company の登録商標です。
Torx® は Acument Global Technologies Inc. の登録商標です。
SMA Solar Technology AG
Sonnenallee 1
34266 Niestetal
ドイツ
Tel. +49 561 9522-0
Fax +49 561 9522-100
www.SMA.de
E-Mail: [email protected]
© 2004 - 2015 SMA Solar Technology AG. All rights reserved
2
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
目次
目次
1 本書について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
2 Sunny Explorer . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
作業担当者の条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
対応製品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
主な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
システム要件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
3 Sunny Explorer のインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
4 発電システムの始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
4.1 Bluetooth 対応システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
4.1.1 割当て済みの NetID の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
4.1.2 新しい Bluetooth 対応発電システムの作成 . . . . . . . . . . . . . . . .14
4.2 Speedwire 対応発電システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
4.2.1 Speedwire 対応発電システムの始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16
4.2.2 新しい Speedwire 対応発電システムの作成 . . . . . . . . . . . . .16
5 ユーザーインターフェース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18
5.1
5.2
5.3
5.4
メニューバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アイコンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
システムツリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デバイスメニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
19
21
21
22
5.4.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22
5.4.2 現在の値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .24
5.4.3 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .26
5.4.4 イベント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .27
5.5 Sunny Explorer の画面に表示されるアイコン . . . . . . . . . . . 29
6 基本的な機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .32
6.1 言語の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
6.2 既存の発電システムを開く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
6.3 発電システムの名前の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
3
目次
SMA Solar Technology AG
6.4
6.5
6.6
6.7
6.8
6.9
発電システムの時刻の変更. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
夏時間と冬時間の切り替えの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パラメータの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デバイス名の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ネットワークトポロジ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
デバイスの更新 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
33
33
34
35
36
38
7 その他の機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .39
7.1 レポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
7.2 発電システムデータのコンピュータへの保存. . . . . . . . . . . . 39
8 ユーザーグループとアクセス権 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .42
8.1
8.2
8.3
8.4
8.5
8.6
アクセス権について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ユーザーグループの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
発電システムのパスワード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パスワードを忘れた場合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMA Grid Guard . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パスワードの安全性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
42
42
43
44
46
47
9 Sunny Explorer のアンインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . .48
10 トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .49
11 お問い合わせ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .56
4
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
1 本書について
1 本書について
適用範囲
この文書に記載されている情報は、Sunny Explorer ソフトウェアバージョン 1.07 以
降に適用されます。
対象読者
本書は、適切な資格を有する方とエンドユーザーを対象にしています。本書で説明
されている作業の中には、適切な資格を持っている技術者しか行えないものがあり
ます(8 ページの 2.2 章「作業担当者の条件」を参照)
。このような作業には、
「設置担当者」というマークが付いています。特別な資格を必要としない作業には、
何も印が付いていません。この作業はエンドユーザーも行うことができます。
本書で使用する記号
記号
説明
ズ珃
「危険」は、回避しなければ死亡または重傷を招く危険な状
況を示します。
梯㆓
「警告」は、回避しなければ死亡または重傷を招く恐れがあ
る危険な状況を示します。
䨱㹘
「注意」は、回避しなければ軽傷または中度の怪我を招く恐
れがある危険な状況を示します。
䨱条
「注記」は、回避しなければ物的損害を招く恐れがある状況
を示します。
適切な資格を持った人しか行えない作業であることを示します。
特定のテーマや目的にとって重要ですが、安全性には関係の
ない情報を示します。
☐
特定の目的を達成するために、必要な条件を示します。
☑
期待される結果を示します。
✖
起こり得る問題を示します。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
5
1 本書について
SMA Solar Technology AG
表記法
文字種
用途
例
• 表示されるメッセージ
太字
• ユーザーインターフェー
スの項目
• 説明が数通りある場合の
接続詞(
「または」)
• 値は電力量の欄に表示さ
れます。
• 設定を選択します。
• 分欄に「10」と入力しま
す。
• 選択または入力すべき項
目
>
[ボタン / キー]
• 順番に選択する項目をつ
なぎます。
• 設定 > 日付を選択しま
す。
• クリックするボタン、ま
たは押すキーを示しま
す。
• [次へ]をクリックしま
す。
製品の表記について
正式名称
本書での表記
太陽光発電システム
発電システム、またはシステム
風力発電システム
発電システム、またはシステム
®
SMA Bluetooth Wireless Technology
Bluetooth
SMA Speedwire
Speedwire
SMA Speedwire/Webconnect データモ
ジュール
Speedwire/Webconnect データモジュー
ル
SMA Speedwire/Webconnect
Piggy-Back
Speedwire/Webconnect Piggy-Back
SMA Webconnect 機能
Webconnect 機能
6
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
2 Sunny Explorer
2 Sunny Explorer
2.1 使用目的
Sunny Explorer ソフトウェアは、Bluetooth または Speedwire で通信する発電システ
ムのデータをグラフ表示して管理するために使います。これを使って、デバイスの
分類またはデバイスごとに設定を行うこともできます。
デバイスとの接続は Bluetooth による無線方式、または Speedwire による有線方式で
行います。無線接続する場合は、使用するコンピュータが Bluetooth で通信可能でな
ければなりません(Bluetooth 接続機能の内蔵、または Bluetooth USB アダプタの装着
が必要)。Speedwire の場合はコンピュータのネットワーク接続を利用します。
Bluetooth ネットワークでは、Sunny Explorer が系統側デバイス(マスターデバイス)
として機能します。マスターデバイスとは、Bluetooth ネットワークを構成し、デバイ
スの表示とそのデータの収集と分析を行う通信機器のことです。
Bluetooth または Speedwire を使って Sunny Explorer で管理できるデバイスの数は最
大 50 台です。
Sunny Explorer は一般家庭用および産業用に設計されています。
Sunny Explorer を使って、SMA パワーコンディショナの安全性に関連するパラメータ
を変更できます。ただし、SMA Grid Guard で保護されており、適切な権限がないと変
更できないパラメータもあります(46 ページの 8.5 章「SMA Grid Guard」を参照)
。
Sunny Explorer では、ウェブサーバーに組み込まれ、独自のインターフェースをもつ
パワーコンディショナ(Sunny Boy 1.5/2.5 など)の設定をサポートしていません。そ
のようなパワーコンディショナも Sunny Explorer で検出可能ですが、該当するパワー
コンディショナの設定には Sunny Explorer を使用しないことが強く推奨されます。
SMA Solar Technology AG はデータの遺漏・誤謬、ならびにそれに伴い生じ得る発電
量損失について一切責任を負いません 。
Sunny Explorer にログインするユーザーグループには、施工者とユーザーの 2 種類
あります。施工者グループは、接続されているデバイスのネットワークパラメータ
を変更する権限のある担当者のみに制限する必要があります(8 ページの 2.2 章を
参照)。これは、パラメータを間違って設定すると、パワーコンディショナが壊れる
可能性があるためです。安全性に関連するパラメータを変更する前に、電力会社に
必ず問い合わせてください。SMA Grid Guard のパラメータを許可なく変更すると、
発電システムの操業許可が失効します。
Sunny Explorer で得られるデータを課金目的で使用しないでください。
Bluetooth 対応デバイス、または Speedwire 対応デバイスの取扱説明書をよくお読みく
ださい。また Sunny Explorer は、本書で説明する目的のためだけに使用してください。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
7
2 Sunny Explorer
SMA Solar Technology AG
2.2 作業担当者の条件
本書で「設置担当者」のマークが付いている作業は、適切な資格を持つ技術者だけ
が行う必要があります。このような技術者の条件は、次の通りです。
• 第一種または第二種電気工事士としての登録資格があること
• 電気機器と電気システムの設置および起動に関する訓練を受けていること
• 電気機器と電気システムの設置および使用に伴う危険やリスクへの対処法につ
いての知識を持っていること
• すべての適用される法律と規格に関する知識を持っていること
• パワーコンディショナの仕組みや操作方法に関する知識を持っていること
• 本書の内容と安全上の注意事項をすべて理解し、それに従うこと
2.3 対応製品
SMA パワーコンディショナ
• Speedwire/Webconnect インターフェースを内蔵、または後付けしたパワーコ
ンディショナ
パワーコンディショナに Speedwire/Webconnect インターフェースが内蔵され
ているか、または後付けできるかどうかは、www.SMA-Solar.com の該当する
パワーコンディショナの製品情報ページで確認してください。
• Bluetooth インターフェースを内蔵、または後付けしたパワーコンディショナ
パワーコンディショナに Bluetooth インターフェースが内蔵されているか、また
は後付けできるかどうかについては、www.SMA-Solar.com の該当するパワー
コンディショナの製品ページで確認してください。
その他の SMA 製品
• SMA Bluetooth Repeater
• Sunny SensorBox
• Bluetooth または Speedwire 通信機能を内蔵した SMA 付属品
8
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
2 Sunny Explorer
2.4 主な機能
Sunny Explorer の主な機能は次の通りです。
• Bluetooth Wireless Technology または Speedwire 接続を利用してシステムを制御
する。
• システムの現在の状態を確認する。
• システムの主要なデータをグラフ表示する。
• デバイスの分類またはデバイスごとのパラメータを設定する。
• デバイスのエラーとイベントを表示して、簡易診断を行う。
• SMA のパスワードを使ってアクセスを制限する。
• パワーコンディショナの出力値やイベントを CSV 形式でエクスポートする。
• 各デバイスの一日間、月間、年間発電量をグラフで表示する。
• Bluetooth または Speedwire 通信でデバイスのファームウェアを更新する。
• Bluetooth ネットワークの接続トポロジをグラフ表示する。
• Bluetooth 対応デバイス間の通信状態を表示する。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
9
2 Sunny Explorer
SMA Solar Technology AG
2.5 システム要件
対応するオペレーティングシステム
• Microsoft Windows XP SP2 以降
• Microsoft Windows Vista
• Microsoft Windows 7
• Microsoft Windows 8(Windows 8 RTM を除く)
推奨する画面解像度
1,024 x 768 ピクセル以上
推奨する Bluetooth USB アダプタ
• FreeTec Bluetooth Mini-USB アダプタ、Bluetooth 2.0、クラス 1
• Hama Bluetooth USB マイクロアダプタ、Bluetooth 2.1 + EDR、クラス 1
AVM 製の Bluetooth USB アダプタには対応していません。
Bluetooth USB アダプタの選択について
必ずクラス 1(通信距離最大 100m)のアダプタを使用してください。クラス 2
では、通信距離が最大 10m であるので不十分です。
対応する Bluetooth デバイスドライバ
• Microsoft Windows XP Service Pack 2 以降
• 東芝
• Broadcom
BlueSoleil 製の Bluetooth デバイスドライバには対応していません。
Bluetooth USB アダプタの装着とデバイスドライバのインストール
通常、Bluetooth USB アダプタを PC に装着すると、Windows に組み込まれてい
るデバイスドライバがインストールされます。アダプタが Window で認識され
ない場合は、アダプタに付属しているデバイスドライバをインストールしてく
ださい。
Bluetooth 対応デバイスドライバのことを Bluetooth スタックということがあります。
対応言語
ドイツ語、英語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ギリシャ語、日本語、
韓国語、チェコ語、ポルトガル語、オランダ語
10
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
3 Sunny Explorer のインストール
3 Sunny Explorer のインストール
Windows XP へのインストール
Sunny Explorer を使用するには、.NET Framework 2.0 以降が必要です
コンピュータに .NET Framework2.0 以降がインストールされていない場合は、
Sunny Explorer セットアップウィザードの実行時にインストールされます。
.NET Framework をインストールするには、適切な権限が必要です。必要に応じ
て、管理者に問い合わせてください。
手順:
1. Sunny Explorer のセットアップファイルを実行します。
☑ Sunny Explorer セットアップウィザードが開きます。
2. セットアップウィザードの画面に表示される指示に従います。
☑ インストールが実行されます。
☑ Sunny Explorer のインストールが完了します。
Windows Vista または Windows 7 へのインストール
1. Sunny Explorer のセットアップファイルを実行します。
2. ユーザーアカウント制御のメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。
☑ Sunny Explorer セットアップウィザードが開きます。
3. セットアップウィザードの画面に表示される指示に従います。
☑ インストールが実行されます。
☑ Sunny Explorer のインストールが完了します。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
11
4 発電システムの始動
SMA Solar Technology AG
4 発電システムの始動
4.1 Bluetooth 対応システム
4.1.1 割当て済みの NetID の確認
SMA 発電システムにあるすべての Bluetooth 対応デバイスが互いに通信できるよう
に、全デバイスに同じ NetID を設定する必要があります。近隣にある Bluetooth 対応
発電システム同士は、それぞれ固有の NetID で区別されます。
既存の Bluetooth 対応発電システムと同じ NetID を新しいシステムに割り当てること
のないように、割り当て済みの NetID を確認する必要があります。
お使いの Bluetooth 対応発電システムに割り当てられる未使用の NetID を決め、その
NetID をデバイスに設定する作業が完了すると、Sunny Explorer で新しいシステム
を作成できます(14 ページの 4.1.2 章を参照)
。
新しいシステムを作成する前に、必ず、割当て済みの NetID を確認してください。
Sunny Explorer を使用する Bluetooth 対応発電システムにパワーコンディショナ
が 1 台しかない場合は、割当て済みの NetID を確認する必要はありません。
Bluetooth 対応の発電システムが次のデバイスで構成されている場合は、NetID
はデフォルトの「1」のままで構いません。
• パワーコンディショナ 1 台のみ
• Bluetooth に接続可能で Sunny Explorer をインストール済みのコンピュータ
2 台まで
Bluetooth 対応の他の SMA デバイス(SMA Bluetooth Repeater など)も使用する
場合は、割当て済みの NetID を確認する必要があります。
ノートパソコンと Sunny Explorer を使って、割当て済み NetID を確認する
必要条件:
☐ 発電システムにある Bluetooth 対応の SMA デバイスの電源が切られていること。
手順:
1. Bluetooth 対応のすべての SMA デバイスの電源を切ります(各デバイスの取扱説
明書を参照)。
2. 発電システムの Bluetooth 対応デバイスの近くにノートパソコンを置きます。
3. ノートパソコンで Bluetooth 接続を開始します。
4. Sunny Explorer を起動します。
☑ Sunny Explorer の太陽光発電システムアシスタントが開きます。
5. 新規の太陽光発電システムを作成を選択します。
6. ファイル名に新しい発電システムの名前を入力します。これは発電システム
ファイルの名前です。任意の名前を付けることができます。
12
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
4 発電システムの始動
7. ディレクトリに発電システムファイルのデフォルトの保存先が表示されていま
す。別の場所に保存したい場合は、[...]ボタンをクリックして、目的のディレ
クトリを選択します。
8. [次へ]をクリックします。
9. 通信方式ドロップダウンリストで Bluetooth を選択して、[次へ]をクリックします。
☑ 発電システムの検索が開始されます。
☑ Bluetooth の通信距離内で見つかった
Bluetooth 対応発電システムの NetID が、
検出された設備に表示されます(例:
NetID 4、NetID A)。ここに表示された
NetID はすべて割当て済みなので、使
用することはできません。発電システ
ムの Bluetooth 対応デバイスの設置場所
と、Sunny Explorer をインストールし
ているコンピュータのある場所で検索を繰り返します。大規模なシステムで
はシステムの周辺部で検索するだけで十分です。複数の Bluetooth 対応デバ
イスで取り囲まれている場所で検索する必要はありません。
10. [再検索]をクリックします。
☑ 見つかった Bluetooth 対応の発電システムが、検出された設備に追加されます。
11. 発電システムの検索が終わったら、まだ割り当てられていない NetID を選択し
ます(下の例では E)
。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
13
4 発電システムの始動
SMA Solar Technology AG
12. 次の表に NetID とその意味を示します。
NetID の説明
NetID
意味
Sunny Explorer での表示
0
Bluetooth がオフになっています。
1
Bluetooth がオンになっています。
NetID が「1」の SMA Solar
Technology AG 製通信機器 1 台ま
たは 2 台と通信できます。
NetID が「1」のデバイ
スは、検出した設備に
リストされています。
2、3、4、
5、6、7、
8、9、A、
B、C、D、
E、F
Bluetooth がオンになっています。
同じ NetID を持つ Bluetooth 対応
デバイスと通信できます。
同じ NetID を持つデバ
イスは、検出した設備
リストの[+]印をク
リックすると表示され
ます。
13. Sunny Explorer を閉じます。
☑ 割当て済み NetID を確認できました。
14. Bluetooth 対応発電システムを始動します(14 ページの 4.1.2 章「新しい
Bluetooth 対応発電システムの作成」を参照)
。
4.1.2 新しい Bluetooth 対応発電システムの作成
Bluetooth 対応発電システムの始動時のマスターデバイス
Bluetooth 対応発電システムの始動時は、必ずマスターデバイス
(Sunny Explorer)を 1 台だけ設定してください。Bluetooth ネットワークが確立
したら、マスターデバイスを追加することができます。
必要条件:
☐ Bluetooth 対応システムのデバイスに適切な NetID を割り当てておく必要があり
ます(該当デバイスの取扱説明書を参照)。
手順:
1. Sunny Explorer を起動します。
☑ Sunny Explorer の太陽光発電システムアシスタントが開きます。
2. 新規の太陽光発電システムを作成を選択します。
3. ファイル名に新しい発電システムの名前を入力します。これは発電システム
ファイルの名前です。任意の名前を付けることができます。
4. ディレクトリに発電システムファイルのデフォルトの保存先が表示されていま
す。別の場所に保存したい場合は、[...]ボタンをクリックして、目的のディレ
クトリを選択します。
5. [次へ]をクリックします。
14
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
4 発電システムの始動
6. 通信方式ドロップダウンリストで Bluetooth を選択して、[次へ]をクリックします。
☑ Bluetooth の通信距離内にある Bluetooth 対応発電システムが検索され、見つ
かったシステムの NetID が、検出された設備に表示されます。
‒ このシステムのデバイスに割り当てた NetID が表示されない場合は、
「トラブルシューティング」の該当する説明を確認してください(49 ページ
の 10 章「トラブルシューティング」を参照)。
Bluetooth 対応発電システムとの通信に Sunny Explorer が使用するデバイスの設定は
手動で行う、または Sunny Explorer によって自動的に行うことができます。
Sunny Explorer(マスターデバイス)は、選択したデバイス(スレーブ)と直接通
信します。
選択したデバイス以外との通信を迂回することで、Sunny Explorer とデバイス間の
データ伝送速度が大きく向上します。
どちらのオプションを選択すべきかが分からない場合は、発電システムの NetID を
選択してください。
‒ 自動:システム全体を通信対象にする
には、発電システムの NetID(ルート
ノード)を選択します。
‒ 特定のデバイス:発電システムの
NetID の下にあるデバイスの中から、
通信対象のデバイスを選択します。
7. [次へ]をクリックします。
☑ 発電システムとのの接続が確立され、ログインウィンドウが開きます。
8. ユーザーグループのドロップダウンリストで、ユーザーグループを選択します。
施工者グループは、システムの安全性に関係のあるパラメータの設定権限を
持っている人だけが選択してください。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
15
4 発電システムの始動
SMA Solar Technology AG
9. パスワード欄に、選択したユーザーグループのパスワードを入力して[次へ]
をクリックします。
䨱条
不正アクセスによる危険性について
発電システムのパスワードを設定することによって、不正なアクセスを防ぎます。
• 新しい発電システムへの初回ログイン時に、ユーザーと施工者の両方の
ユーザーグループのデフォルトパスワードを変更してください(43 ページ
の 8.3 章「発電システムのパスワード」を参照)
。
☑ 選択した NetID を持つ全デバイスと Sunny Explorer の接続が確立します。
☑ ログイン時に選択したユーザーグループ用の Sunny Explorer ユーザーイン
ターフェースが開きます。
☑ Bluetooth 対応発電システムとの接続が確立します。発電システムの設定が、
発電システムファイルとしてコンピュータに保存されます。
10. この発電システムを後でもう一度開くには、6.2 章の手順に従います。
4.2 Speedwire 対応発電システム
4.2.1 Speedwire 対応発電システムの始動
1. Speedwire 対応パワーコンディショナの取扱説明書に従って、パワーコンディ
ショナを始動させ、ネットワークに接続します。
☑ Speedwire 対応発電システムが始動し、ネットワークに接続されます。
2. Sunny Explorer と Speedwire 対応発電システムの接続を確立します(16 ペー
ジの 4.2.2 章を参照)。
4.2.2 新しい Speedwire 対応発電システムの作成
必要条件:
☐ Speedwire 対応発電システムが始動している必要があります(16 ページの
4.2.1 章を参照)。
手順:
1. Sunny Explorer を起動します。
☑ Sunny Explorer の太陽光発電システムアシスタントが開きます。
2. 新規の太陽光発電システムを作成を選択します。
3. ファイル名に新しい発電システムの名前を入力します。これは発電システム
ファイルの名前です。任意の名前を付けることができます。
4. ディレクトリに発電システムファイルのデフォルトの保存先が表示されていま
す。別の場所に保存したい場合は、[...]ボタンをクリックして、目的のディレ
クトリを選択します。
16
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
4 発電システムの始動
5. [次へ]をクリックします。
6. 通信方式ドロップダウンリストで Speedwire を選択して、[次へ]をクリック
します。
☑ 発電システムの検索が開始されます。
☑ コンピュータのすべてのネットワーク接続にある Speedwire 対応デバイス
が検索されます。
☑ Speedwire 対応デバイスへのネットワーク接続が複数ある場合は、ツリー
構造が表示され、見つかったデバイスが子ノードとして示されます。
7. 通信したいネットワークを選択して、[次へ]をクリックします。
☑ 選択したネットワークへの接続が確立され、ログインウィンドウが開きます。
8. ユーザーグループのドロップダウンリストで、ユーザーグループを選択します。
施工者グループは、システムの安全性に関係のあるパラメータの設定権限を
持っている人だけが選択してください。
9. パスワード欄に、選択したユーザーグループのパスワードを入力して[次へ]
をクリックします。
䨱条
不正アクセスによる危険性について
発電システムのパスワードを設定することによって、不正なアクセスを防ぎます。
• 新しい発電システムへの初回ログイン時に、ユーザーと施工者の両方の
ユーザーグループのデフォルトパスワードを変更してください(43 ページ
の 8.3 章「発電システムのパスワード」を参照)
。
☑ 選択した Speedwire ネットワークにある全デバイスと Sunny Explorer の接
続が確立されます。
☑ ログイン時に選択したユーザーグループ用の Sunny Explorer ユーザーイン
ターフェースが開きます。
☑ Speedwire 対応システムへの接続が確立され、Sunny Explorer で新しい発電シ
ステムが作成されます。発電システムの設定が、発電システムファイルとして
コンピュータに保存されます。
10. この発電システムを後でもう一度開くには、第 6.2 章の手順に従います。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
17
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
Sunny Explorer のユーザーインターフェースにより、発電システムとそのデバイス
に関する主な情報に迅速にアクセスできます。
図 1:
記号
A
B
C
D
E
F
Sunny Explorer のユーザーインターフェース(例)
名称
説明
メニューバー このメニューから Sunny Explorer の基本的な機能にアク
セスできます。
アイコンバー Sunny Explorer の主な機能にリンクされたアイコンが並ん
でいます。
システム
発電システムにある全デバイスをツリー構造で示します。
ツリー
デバイス
このメニューから、システムツリーで選択したデバイスの
メニュー
情報や設定にアクセスできます。
データ表示
デバイスメニュー(D)で選択したタブにある情報が表示
領域
される場所です。
ステータス
次の情報が表示されます。
バー
• 現在ログインしているユーザーグループ
• システムへの接続状態
• システム時刻
18
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
5.1 メニューバー
メインメ
ニュー
項目
説明
ファイル
新規
新しい発電システムを作成します。
開く
既存の発電システムを開きます。開きたい発
電システムのファイルを選択するダイアログ
ボックスが表示されます。
最終使用システム
Sunny Explorer で最近開いた発電システムが
10 個表示されます。
終了
Sunny Explorer を終了します。
言語
ユーザーインターフェースの言語を選択しま
す。
ユーザーグループの
変更
ユーザーグループを変更できるログインダイ
アログボックスが開きます。
SMA Grid Guard®
SMA Grid Guard ダイアログボックスが開きま
す。
オプション
SMA Grid Guard のアクセスコードを入力でき
ます。
このメニュー項目は、施工者としてログイン
したときだけ表示されます。
太陽光発電システム
時刻の設定
太陽光発電システム時刻ダイアログボックス
が開きます。
このダイアログボックスで、発電システムの
時刻を設定します。
もう一度、接続して
ください。
取扱説明書
発電システムのデバイスとの接続が中断され
た後で再接続します。
Explorer-BA-JP_ja-11
19
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
メインメ
ニュー
項目
説明
ツール
データのエクス
ポート
データのエクスポートダイアログボックスを
開きます。
このダイアログボックスで、デバイスのデー
タをエクスポートできます。
バッテリーデータの
エクスポート
バッテリーデータのエクスポートダイアログ
ボックスを開きます。
このダイアログボックスで、バッテリーの
データをエクスポートできます。
このメニュー項目は、施工者としてログイン
したときだけ表示されます。
デバイスの更新
デバイスの更新ダイアログボックスを開きま
す。
このダイアログボックスで、デバイスを更新
できます。
ヘルプ
20
ローカルシステムに
保存された発電量
データの削除
ローカルシステムに保存された発電量データ
の削除ダイアログボックスを開きます。
コンテンツ
Sunny Explorer のヘルプを開きます。
レポートの作成
エラーレポートを作成できます。
使用許諾契約
Sunny Explorer の使用許諾契約書が別のウィ
ンドウで開きます。
情報
インストール済みの Sunny Explorer ソフト
ウェアのバージョン番号を示すダイアログ
ボックスが開きます。
Explorer-BA-JP_ja-11
このダイアログボックスで、ローカルに保存
されている発電量データを削除できます。
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
5.2 アイコンバー
アイコン 名称
説明
デバイスの概要 システムツリーとデバイスメニューのある画面を開き
ます。
このボタンは、通信方式を Bluetooth に設定している場
合だけ表示されます。
ネットワークト 発電システムにあるすべての Bluetooth 対応 SMA デバ
ポロジ
イスの接続形態を表示します。
このボタンは、通信方式を Bluetooth に設定している場
合だけ表示されます。
設定
Sunny Explorer の設定画面を開きます。
デバイスメニューの設定タブを選択しても同じ画面が
表示されます。
ヘルプ
Sunny Explorer のヘルプを開きます。
5.3 システムツリー
発電システムは、同じ方式(Bluetooth と Speedwire のいずれか)で相互に通信する
複数のデバイスで構成されています。
システムツリーには、この通信に基づいた論理的な構造が表示されます。発電シス
テムにあるすべてのデバイス(Sunny Explorer 自体を含む)が、発電システムノー
ド(下の図の A)の下に一覧表記されます。
Sunny Explorer のシステムツリー
システムツリーの発電システムノード(A)を選択す
ると、画面右側に発電システムの情報が表示されます。
デバイスノード(B)の 1 つを選択すると、画面右側
にそのデバイスの情報が表示されます。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
21
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
5.4 デバイスメニュー
デバイスメニューを使って、発電システムまたは各デバイスの設定や現在の値を表
示します。システムツリーで選択した発電システムまたは各デバイスに応じて、タブ
の内容が変わります。
タブ
説明
概要
システムツリーで選択した発電システムまたはデバイスの主
要なデータと稼働状況を示します。
現在の値
発電システムまたは選択したデバイスの現在のデータを示し
ます。表示されるデータは、ログイン時に選択したユーザー
グループによって異なります。
設定
パラメータを表示して設定できます。どのパラメータが表示
されるかは、ログイン時に選択したユーザーグループによっ
て異なります。
イベント
デバイスで発生したイベントを表示します。
表示されるイベントは、ログイン時に選択したユーザーグ
ループによって異なります。
5.4.1 概要
デバイスの概要
システムツリーでデバイスを選択すると、概要タブにデバイスの状態と主要な値が
表示されます。
アイコン 状態
22
説明
更新中
デバイスの状態を更新中です。
OK
デバイスが正常に動作しています。
警告
デバイスが正しく動作していません。不具合が自
動的に修正される可能性があります。
エラー
デバイスがエラー状態になっています。問題が発
生しています。デバイスを調べてください。
通信障害
現在、デバイスが通信できません。例えば、
夜間、パワーコンディショナが給電していないと
きにこの状態になります。
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
アイコン 状態
説明
系統への送電なし
デバイスは動作していますが、現在、系統に送電
していません。
発電システムの概要
システムツリーで発電システムを選択すると、概要タブに発電システム全体の状態
と主要な値が表示されます。
システムツリーと概要タブの両方に、発電システムの状態を示すアイコンが示され
ます。発電システムにあるデバイスのいずれかで警告またはエラーが発生すると、
それに合わせて発電システムの状態も変わります。
アイコン 状態
更新中
説明
発電システムの状態が不明です。現在、更新中です。
OK
発電システムの全デバイスが正常に動作しています。
警告
発電システムの少なくとも 1 台のデバイスが警告
状態になっています。エラー状態になっているデ
バイスはありません。
エラー
発電システムの少なくとも 1 台のデバイスがエ
ラー状態になっています。
発電量のグラフ
発電システムまたはデバイスの発電量のグラフが、次の 4 つのタブに表示されます。
タブ
説明
日
一日の発電量を示します。
月
一ヶ月の日間発電量を示します。
年
一年の月間発電量を示します。
合計
過去 10 年間の年間発電量を示します。
月、年、合計タブに表示される他の情報
月、年、または合計タブのグラフの上にマウスポインターを置くと、発電量の詳し
い情報が表示されます。
グラフの下にある矢印アイコンをクリックすると、グラフの期間を順番に変えてい
くことができます。表示したい期間を直接選択するには、カレンダーアイコンをク
リックします。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
23
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
5.4.2 現在の値
現在の値タブには、システムツリーで選択した発電システムまたはデバイスの測定
値が表示されます。表示される値は、ログイン時に選択したユーザーグループに
よって異なります。表示される値はパラメータのグループに分類されています。
デバイスの現在の値
システムツリーでデバイスを選択した場合は、そのデバイスの値が現在の値タブに
表示されます。
発電システムの現在の値
システムツリーで発電システムを選択した場合は、デバイス分類全体の値が現在の
値タブに表示されます。パラメータグループの 1 つをクリックすると、デバイスの
分類(パワーコンディショナや通信機器など)が一覧表記されます。
表示される値の中には、複数のデバイスの値を集計したものがあります(下の図で
は A の合計発電量)
図 2:
発電システムを選択した場合に表示されるパワーコンディショナの合計発電量(例)
集計値には、その意味を表すアイコンが付いています。
アイコン
意味
合計
平均
例:20°C ∼ 50°C
24
最小値と最大値
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
集計値を展開して、その詳細を見ることができます。
図 3:
電力の集計値の詳細(例)
図中記号 説明
B
10 台のデバイスの発電量のうち最も小さな値
C
10 台のデバイスの発電量のうち最も大きな値
D
10 台のデバイスの発電量の合計
E
10 台のデバイスの発電量の平均
F
この分類に属するデバイスの数
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
25
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
5.4.3 設定
設定タブには、システムツリーで選択した発電システムまたはデバイスのパラメー
タが表示されます。表示されるパラメータは、ログイン時に選択したユーザーグ
ループによって異なります。表示されるパラメータはグループに分類されています。
デバイスの設定
システムツリーでデバイスを選択した場合は、設定タブで、そのデバイスのパラメー
タを変更することができます(34 ページの 6.6 章「パラメータの変更」を参照)。
発電システムの設定
システムツリーで発電システムを選択した場合は、設定タブで、全種類のデバイス
のパラメータを変更することができます(34 ページの 6.6 章「パラメータの変更」
を参照)。設定タブで選択した分類のすべてのデバイスのパラメータが変更されま
す。パラメータグループの 1 つをクリックすると、デバイスの分類(パワーコン
ディショナや通信機器など)が一覧表記されます。
同じ分類のデバイスの同じパラメータに異なる値が設定されている場合は、編集用
のボックスが空白(下の図の A)になります。
ボックスのドロップダウンリストを開くと、その設定内容が分かります。それぞれ
のオプションに設定されているデバイスの数が括弧内に表示されます(下の図の B
と C)。ドロップダウンリストからオプションの 1 つを選択して[保存]ボタンをク
リックすると、この分類の全デバイスのパラメータが選択した値に設定されます。
図 4:
ファンテストの現在の設定内容を示すドロップダウンリスト(例)
編集用のボックスがテキストボックスの場合は、全デバイスに設定する値を入力す
る空行が表示されます。
26
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
5.4.4 イベント
イベントタブには、個々のデバイスで発生したイベントが表示されます。これらの
イベント情報は、デバイスから直接収集されたものです。
図 5:
イベントタブ(例)
記号
説明
A
表示したいイベントの種類を選択します。
B
表示したいイベントが発生した期間を指定します。
C
すべてのイベントを表示するかどうかを選択します。
D
イベントが発生した日時
E
イベントに関係のあるパラメータグループ
F
イベントの簡単な説明とイベント番号の括弧表示
G
イベントの種類
H
イベントの重要度
イベントの種類
イベントには次の 3 種類があり、それぞれ異なるアイコンが付いています。
• 情報
• 警告
• エラー
イベントの種類とアイコン
イベントの状態は次の 3 段階があります。
• 発生:新しく発生したイベント
• 進行中:発生してからある程度の時間が経過しているが、まだ自動修正されて
いないイベント
• 完了:対応措置が完了しているイベント
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
27
5 ユーザーインターフェース
アイコン
SMA Solar Technology AG
説明
不具合の存在
新たに発生したエラー
過去のエラー
警告
新たに発生した警告
過去の警告
情報
新たに発生した情報
過去の情報
イベントの重要度
アイコン 説明
施工者だけが対処できるイベントです。
施工者の権限を持っているユーザーに、デバイスの製造番号とイベント
番号を知らせてください。
最寄りのサービス契約取扱店にデバイスの製造番号とイベント番号を知
らせて、サポートを受けてください(56 ページの 11 章「お問い合わ
せ」を参照)。
28
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
5.5 Sunny Explorer の画面に表示されるアイコン
アクセス権を示すアイコン
システムツリーの各デバイスに、アクセス権を示す次のようなアイコンが表示され
ます。デバイスにアイコンが何も付いていない場合は、そのデバイスに対して現在、
登録されているユーザーグループに応じたアクセス権を持っているという意味です。
アイコン 説明
このデバイスへのアクセス権を持っていません。このデバイスのパス
ワードと、現在設定されている発電システムのパスワードが異なります。
SMA Grid Guard のパラメータを変更する権限を持っています。
デバイスのアイコン
次のデバイスアイコンがシステムツリー、およびデバイスの概要タブに表示されます。
アイコン 説明
Sunny Boy パワーコンディショナなどのデバイス
Sunny Tripower パワーコンディショナなどのデバイス
不明なパワーコンディショナ
Sunny SensorBox などのデバイス
現在の値の表示に使用されるパラメータグループアイコン
次のパラメータグループアイコンが使用されます。
アイコン 意味
状態
デバイスの状態
デバイス内のコンポーネント(モデムなど)の状態は表示されません。
銘板
デバイスの仕様
デバイス
デバイスに直接適用され、他のパラメータ(DC 側、AC 側、発電システ
ムの通信など)に分類されない値
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
29
5 ユーザーインターフェース
SMA Solar Technology AG
アイコン 意味
ユーザーの権限
デバイスへのアクセス権を決める値
DC 側
デバイスの直流側(太陽電池モジュールなど)に影響する値
AC 側
デバイスの系統側に影響する値
系統監視
系統に影響し、その一部が個人用 SMA Grid Guard コードによって保護
されているパラメータ
系統連系
デバイスの系統連系に影響するパラメータ
発電システムとデバイスの制御
高圧系統に給電するためにデバイスが満たす必要のあるパラメータ
これらのパラメータにアクセスするには、個人用 SMA Grid Guard コー
ドが必要です。
発電システムの通信
通信機器と発電システムの通信を定義する値
データ記録
デバイスのデータ記録に影響する値(保存場所、間隔、形式)
デバイスのコンポーネント
デバイスのコンポーネントに関係のあるパラメータと測定値
このグループは、広義では仕様データと見なすことできます。例えば、
コンポーネントのバージョン番号が含まれます。
気象
接続しているセンサー(温度計、日射計、風速計など)の測定値
エネルギー管理
エネルギー管理に影響するパラメータ
ディーゼル発電機
接続しているディーゼル発電機に影響する値
外部通信
デバイスと外部の装置(Sunny Portal など)との通信に影響する値
30
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
5 ユーザーインターフェース
その他のアイコン
アイコン 意味
Bluetooth 対応発電システム
NetID が「1」の Bluetooth 対応デバイス
Speedwire 対応発電システム
デバイスに値を保存中であることを示します。
平均値であることを示します。
集計値であることを示します。
最大値であることを示します。
最小値であることを示します。
デバイスの値の読み取り中か、値の計算中であることを示します。
値が 10 分以上前のものであることを示します。
日付、または期間(開始日と終了日)を選択するカレンダーを開きます。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
31
6 基本的な機能
SMA Solar Technology AG
6 基本的な機能
6.1 言語の変更
必要条件:
☐ ハングル文字を正しく表示するには、コンピュータに適切な言語パックをイン
ストールしておく必要があります。詳しくは、オペレーティングシステムのヘ
ルプを参照してください。
手順:
1. メニューバーで、オプション > 言語を選択します。
2. 使用したい言語を選択します。
6.2 既存の発電システムを開く
Sunny Explorer で作成した発電システムの設定は、発電システムファイルとしてコ
ンピュータに保存されます。この保存済みファイルを開くことができます。
手順:
1. Sunny Explorer を起動します。
2. 太陽光発電システムアシスタントで既存の太陽光発電システムを開くを選択し
ます。
または
メニューバーで、ファイル > 開くを選択します。
3. 開きたい発電システムファイルを選択して、[次へ]をクリックします。
☑ ログインダイアログボックスが開きます。
4. ユーザーグループのドロップダウンリストで、ユーザーグループを選択します。
5. パスワード欄に、選択したユーザーグループのパスワードを入力します。
6. [次へ]をクリックします。
☑ 選択したユーザーグループの権限で、選択した発電システムが開きます。
6.3 発電システムの名前の変更
発電システムの名前は、Sunny Explorer の設定によって割り当てられます。この名
前は、どちらのユーザーグループでも同じになります。
手順:
1. システムツリーで Sunny Explorer を選択し、デバイスメニューの設定タブをク
リックします。
または
ツールバーの
ボタンをクリックします。
2. 銘板パラメータグループを選択します。
3. [編集画面]をクリックします。
32
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
6 基本的な機能
4. 発電システムの名前欄に、発電システムの名前を入力します。
5. [保存]をクリックします。
☑ 発電システムの名前が変更され、新しい名前がシステムツリーに表示されます。
6.4 発電システムの時刻の変更
発電システムには、日付と時刻が設定されています。
通信機器(Sunny Explorer など)を装備した発電システムを始動すると、そのシス
テムにあるデバイスの時刻は通信機器の時刻と同じになります。発電システムに通
信機器を追加すると、その機器の時刻が現在の発電システムの時刻に自動的にセッ
トされます。従って、発電システムのすべてのデバイスの時刻が同じになります。
Sunny Explorer で発電システムの時刻を変更する必要があるのは、時刻の設定が間
違っている場合だけです。通信機器の時刻を変更すると、新しい設定に合わせて、
直ちにすべてのパワーコンディショナの時刻が変わります。ただし、他の通信機器
に変更が反映されるまでにしばらく時間がかかります(最高 7 時間)。
手順:
1. メニューバーで、オプション > 太陽光発電システム時刻の設定を選択します。
☑ 太陽光発電システム時刻ダイアログボックスが開きます。
2. 発電システムの時刻をコンピュータのオペレーティングシステムと同じにする
には、[オペレーティングシステム時刻を適用]を選択して[OK]をクリック
します。
3. 発電システムの時刻を手動で設定するには、次の手順に従います。
• 日付欄で日付を選択します。
• 時間欄で時刻を選択します。
• 時間帯ドロップダウンリストで、発電システムの所在地のタイムゾーンを選
択します。
4. [OK]をクリックします。
☑ 発電システムの時刻が設定されました。
6.5 夏時間と冬時間の切り替えの設定
1. システムツリーで発電システムを選択します。
2. デバイスメニューで設定タブを選択します。
☑ 発電システム全体のパラメータグループが表示されます。
3. 装置(通信機器)パラメータグループを選択します。
4. [編集画面]をクリックします。
5. 夏時間と冬時間の切り替えがオンのドロップダウンリストで、適切なオプショ
ンを選択します。
6. [保存]をクリックします。
☑ 夏時間と冬時間の切り替えが設定されました。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
33
6 基本的な機能
SMA Solar Technology AG
6.6 パラメータの変更
ウェブサーバーに組み込まれたパワーコンディショナの設定には非対応
Sunny Explorer では、ウェブサーバーに組み込まれ、独自のインターフェースを
もつパワーコンディショナ(Sunny Boy 1.5/2.5 など)の設定をサポートしていま
せん。そのようなパワーコンディショナも Sunny Explorer で検出可能ですが、該
当するパワーコンディショナの設定には Sunny Explorer を使用しないことが強く
推奨されます。SMA Solar Technology AG はデータの遺漏・誤謬、ならびにそれ
に伴い生じ得る発電量損失について一切責任を負いません 。
個々のデバイスのパラメータの変更
1. システムツリーでデバイスを選択します。
2. デバイスメニューで、設定タブを選択します。
☑ 選択したデバイスの既存のパラメータが表示されます。
3. 変更したいパラメータが含まれているパラメータグループを選択します。
選択したデバイスから直接パラメータの値が読み取られるので、値が表示され
るまでに多少時間がかかることがあります。
4. [編集画面]をクリックします。
5. パラメータを変更します。
6. [保存]をクリックします。
☑ デバイスのパラメータが設定されました。
変更したパラメータの保存について
Sunny Explorer でパラメータに加えた変更は、デバイスに転送されて保存
されます。変更をデバイスに保存している間は、画面に砂時計が表示され
ます。デバイス(パワーコンディショナ)が夜間運転モードになっている
ときは、この保存プロセスに数時間かかることがあります。デバイスが通
常運転に戻ると、データがドライブに転送されて砂時計が消えます。
デバイスの分類のパラメータの変更
1 つの分類に属するすべてのデバイスのパラメータを一度に変更できます。しかし、
分類の異なるデバイスのパラメータを一度に変更することはできません。ある分類
のパラメータを変更したら、必ずその変更を保存してから次の分類に進んでくださ
い。
手順:
1. システムツリーで、発電システムを選択します。
2. デバイスメニューで、設定タブを選択します。
☑ 発電システム全体のパラメータグループが表示されます。
3. 変更したいパラメータが含まれているパラメータグループを選択します。
☑ デバイスの分類が一覧表記されます。デバイスのすべてのデータを読み取る
のに多少時間がかかることがあります。
34
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
6 基本的な機能
4. 目的のデバイスの分類にある[編集画面]をクリックします。
5. パラメータを変更します。
6. [保存]をクリックします。
☑ 選択した分類に属するすべてのデバイスに変更が反映されます。
☑ デバイスの分類のパラメータが設定されます。
6.7 デバイス名の変更
1. システムツリーで、名前を変更したいデバイスを選択します。
2. デバイスメニューで、設定タブを選択します。
3. 銘板パラメータグループを選択します。
4. [編集画面]をクリックします。
5. 装置名欄に、デバイスの名前を入力します。必ず 24 字以内の名前を入力して
ください。
6. [保存]をクリックします。
☑ 新しい名前がデバイスに保存されます。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
35
6 基本的な機能
SMA Solar Technology AG
6.8 ネットワークトポロジ
Sunny Explorer のネットワークトポロジとは、発電システムにある Bluetooth 対応
SMA デバイスとその接続形態を図で示したものです。通信に問題がある場合は、
ネットワークトポロジを表示して、それぞれの接続状態をチェックします。デバイ
スの配置を変えたり中継器を使ったりすることで、接続の品質を向上できます。
ネットワークトポロジを表示できるのは、Sunny Explorer をインストール済みで、
Bluetooth 対応 SMA デバイスが 2 台以上ある Bluetooth の対応発電システムだけです。
手順:
• Bluetooth 対応発電システムのネットワークトポロジを開くには、アイコンバー
の
をクリックします。
☑ Bluetooth ネットワークトポロジが表示されます。
図 6:
36
Bluetooth ネットワークトポロジ(例)
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
6 基本的な機能
アイコンの説明
アイコン 意味
ナビゲーションボタン
上下左右の矢印をクリックして表示画面を動かします。元の位置に戻る
には、ボタンの中央をクリックします。
ズームイン
表示を拡大します。
標準サイズ
表示を標準サイズに戻します。
ズームアウト
表示を縮小します。
リング構造で表示
ネットワークトポロジをリング構造で表示します。
ツリー構造で表示
ネットワークトポロジをツリー構造で表示します。
トポロジを開く
保存済みのネットワークトポロジを開きます。
トポロジの保存
現在のネットワークトポロジを保存します。
データの更新
発電システムのネットワークトポロジデータを再読み込みします。
ルートノード
Bluetooth ネットワークのルートノードを表示します。
Bluetooth ネットワークを再構築するたびに、ルートノードになるデバイ
スが変わる可能性があります。ルートノードとは、Bluetooth ネットワー
ク形成の始点となるデバイスのことです。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
37
6 基本的な機能
SMA Solar Technology AG
6.9 デバイスの更新
必要条件:
☐ 施工者グループのユーザーとして Sunny Explorer にログインする必要がありま
す。
手順:
1. www.SMA-Solar.com のダウンロードページから更新ファイルをダウンロード
してコンピュータに保存します。
2. Sunny Explorer のメニューバーで、ツール > デバイスの更新を選択します。
☑ デバイスの更新ダイアログボックスが開きます。
3. 更新ファイル欄の横にある[...]ボタンをクリックします。
☑ ファイルを選択するウィンドウが開きます。
4. 使用する更新ファイルを選択します。
5. [開く]をクリックします。
☑ 更新ファイルが問題なく保存されたというメッセージと、更新ファイルに関
する情報が表示されます。
6. [次へ]をクリックします。
☑ デバイスの更新ダイアログボックスが開きます。更新が開始されます。
更新の所要時間
更新するデバイスが夜間運転モードの場合は、更新に数時間かかることが
あります。
☑ 更新ファイルがデバイスに転送されて適用されます。
38
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
7 その他の機能
7 その他の機能
7.1 レポートの作成
サービス契約取扱店にサポートを依頼するときに、参考資料として提出するレポー
トを作成できます。このレポートは、コンピュータの指定したディレクトリに ZIP
形式で保存されます。レポートには、発電システムに関する情報が記録されますが、
アクセス情報は一切含まれません。
手順:
1. メニューバーで、ヘルプ > レポートの作成を選択します。
☑ レポートの作成中ダイアログボックスが開きます。
2. 保存先欄の横にある[...]ボタンをクリックし、レポートの保存先ディレクト
リを選択します。
3. コメント欄に、報告する問題の簡単な説明を入力します。
4. オブジェクトデータベース全体をレポートファイルに追加するには、オブジェ
クトデータベース全体のエクスポートオプションを選択します。
5. [OK]をクリックします。
☑ レポートファイルが、指定したディレクトリに保存されます。
7.2 発電システムデータのコンピュータへの保存
発電システムの発電量のデータとイベントを、CSV ファイルとしてコンピュータに保
存することができます。保存した CSV ファイルは Microsoft Excel で開けるので、そ
のデータをもとにグラフや図表を作成することができます。
既存のファイルの上書きについて
発電システムのデータファイルの保存先として指定したディレクトリに、同じ
名前のファイルがある場合は、既存のファイルが上書きされます。そのため、
ファイルにあるデータは常に最新のものになります。
ファイル名
データファイル名は、発電システム名に続けてデータの生成日を表記した形になっ
ています。
イベントファイル名には、ユーザーグループも含まれます。イベントファイルには、
作成時にログインしていたユーザーグループだけが見ることのできるイベントが保
存されます。
ファイル
ファイル名の構成
日間ファイル
発電システム名 -YYYYMMDD.csv MySystem-20091017.csv
月間ファイル
発電システム名 -YYYYMM.csv
取扱説明書
例
MySystem-200910.csv
Explorer-BA-JP_ja-11
39
7 その他の機能
SMA Solar Technology AG
ファイル
ファイル名の構成
イベントファイル
施工者としてログインしていた場
合:
発電システム名
-Installer-Events-YYYYMMDD-YY
YYMMDD.csv
例
MySystem-Installer-Events20091017-20091018.csv
ユーザーグループ「ユーザー」と
してログインしていた場合:
発電システム名
-User-Events-YYYYMMDD-YYYY
MMDD.csv
MySystem-User-Events-20
091017-20091018.csv
ファイルの構造
次の表に、Microsoft Excel で開いた CSV ファイルの構造を示します。
行1
この CSV ファイルに関する情報
行2
空
行3
デバイス 1 の名前
デバイス 2 の名前
(製造番号、またはユー (製造番号、またはユー
ザーが指定した名前)
ザーが指定した名前)
行4
デバイス 1 の型式
デバイス 2 の型式
行5
デバイス 1 の製造番号
デバイス 2 の製造番号
行6
値の名前
値の名前
値の単位
値の単位
行7
日付と時刻の形式
行8
デバイスがこの値を生 デバイス 1 の値
成した日時
デバイス 2 の値
行9
...
...
40
...
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
7 その他の機能
手順:
1. メニューバーで、ツール > データのエクスポートを選択します。
☑ データのエクスポートダイアログボックスが開きます。
2. どのファイルを作成するかを指定します。次のオプションがあります。
オプション
作成されるファイル
意味
日間ファイル
一日間の発電量のデー
タが入ったファイル
指定したデータ収集期間について、1 日
あたりファイルが 1 つ作成されて保存さ
れます。
5 分おきにパワーコンディショナから取
得して保存された、システム全体の総発
電量を示すファイルです。
月間ファイル*
発電システムの日間発
電量データを一ヶ月分
まとめたファイル
指定したデータ収集期間について、一ヶ
月に一つのファイルが生成されて保存さ
れます。
ファイルには、一ヶ月分の日間発電量
データが含まれています。
イベント
発電システムのイベン
トが記録されたファイ
ル
指定した期間に発電システムで発生した
イベントが、1 つのファイルに含まれま
す。
* 一つの月間ファイルのデータ収集期間は、月初から月末までの一ヶ月分です。そのため、一ヶ月未満
の端数となる日数は切り捨てられます。パワーコンディショナで発電量データを保存できる期間は限
られています。日間・月間ファイルのいずれの場合も、ファイルを保存できるのは、パワーコンディ
ショナの発電量データのある期間だけです。
3. 開始欄と終了欄で、データ収集期間の開始日と終了日を選択します。
4. ディレクトリ欄の横にある[...]ボタンをクリックして、ファイルの保存先
ディレクトリを選択します。
5. [次へ]をクリックします。
☑ デバイスのデータが読み取られて、ファイルが生成されます。
6. [次へ]をクリックします。
☑ 発電システムのデータがコンピュータに保存されます。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
41
8 ユーザーグループとアクセス権
SMA Solar Technology AG
8 ユーザーグループとアクセス権
8.1 アクセス権について
SMA の発電システムには、不正なアクセスを防ぐために、次のような機能が組み込
まれています。
• それぞれのユーザーグループ(ユーザーと施工者)用のパスワードによるシス
テム保護
• SMA Grid Guard によるアクセス制御
SMA 発電システムの利用者をユーザーと施工者という 2 種類のグループに分け、ど
のような操作ができるかの権限を大きく区分しています。施工者は SMA Grid Guard
コードを入力することにより、デバイスの設定の変更を行えます。次の表に各ユー
ザーグループの権限を示します。
ユーザーグループ
権限
ユーザー
画面に表示される情報(現在の値やパラメータの設定など)
を見ることができます。機能に影響する設定は変更できま
せん。
ユーザーグループ「ユーザー」用のパスワードを設定でき
ます。
施工者
ユーザーが持っている権限に加えて、発電システムの機能
に影響するパラメータを設定、変更する権限を持っていま
す。
また、ユーザーのパスワードのリセットが行えるほか、
SMA Grid Guard コードを入力してデバイス設定を変更する
こともできます。
8.2 ユーザーグループの変更
1. メニューバーで、オプション > ユーザーグループの変更を選択します。
☑ ログインダイアログボックスが開きます。
2. ユーザーグループのドロップダウンリストで、今後ログインで使用したいグ
ループを選択します。
3. パスワード欄に、選択したユーザーグループのパスワードを入力します。
4. [次へ]をクリックします。
☑ ユーザーグループが変更されました。
42
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
8 ユーザーグループとアクセス権
8.3 発電システムのパスワード
一つの発電システム内にあるすべてのデバイスには、ユーザーグループごとに同じ
システムパスワードが使用されます。(ユーザーと施工者ごとに設定された)太陽光
発電システムのパスワードでログインすると、発電システム内にある複数のデバイ
スの設定を一度に行うことができます。ただし、既存の発電システムに新しいデバ
イスを追加した場合など、現在のパスワードと異なるパスワードを持つデバイスが
ある場合は、システムツリーの該当するデバイスに錠前アイコンが付きます。
䨱条
不正アクセスによる危険性について
発電システムのパスワードを設定することによって、不正なアクセスを防ぎます。
• 新しい発電システムへの初回ログイン時に、ユーザーと施工者の両方のユー
ザーグループのデフォルトパスワードを変更してください。
出荷時のデフォルトパスワード
どのデバイスも出荷時にユーザーグループ「ユーザー」のパスワードは
「0000」、「施工者」のパスワードは「1111」に設定されています。
パスワードの変更
パスワードによるセキュリティを強化するために、ユーザーグループ「ユーザー」
用と「施工者」用に別々のパスワードを選び、発電システムへの初回ログイン時に各
グループのデフォルトのパスワードを変更してください。
パスワードの文字と長さ
☐ 最大文字数:12
☐ 使用可能な特殊文字:?(疑問符)
、_(下線)、!(感嘆符)、-(ハイフン)
、
.(ピリオド)
必要条件:
☐ 安全なパスワードを設定するための注意事項を守ってください(47 ページの
8.6 章「パスワードの安全性」を参照)。
手順:
1. システムツリーで発電システムを選択します。
2. デバイスメニューで、設定タブを選択します。
3. ユーザー権限(すべての装置)パラメータグループを選択します。
4. [編集画面]をクリックします。
5. パスワードを変更します。
6. [保存]をクリックします。
☑ アクセス権のある全デバイスのパスワードが変更されます。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
43
8 ユーザーグループとアクセス権
SMA Solar Technology AG
デバイスと発電システムのパスワードを同じにする
デバイスのパスワードが発電システムのパスワードと同じでない場合は、システム
ツリーの該当するデバイスに錠前アイコンが付いています。これは、既存の発電シ
ステムに新しいデバイスを追加した場合などに起こります。
手順:
1. Sunny Explorer で新しい発電システムを作成し、新しいデバイスのパスワード
を使ってログインします。この新しい発電システムは、パスワードを設定した
後で削除できます。前の発電システムは、Sunny Explorer で通常通り使用でき
ます。
2. システムツリーに表示された新しい発電システムを選択します。
3. デバイスメニューで、設定タブを選択します。
4. ユーザー権限(すべての装置)パラメータグループを選択します。
☑ パラメータグループが開きます。
5. 既存の発電システムのユーザーグループのパスワードを入力します。施工者と
してログインした場合は、ユーザーグループ「ユーザー」のパスワードを変更
することもできます。
6. [保存]をクリックします。
☑ 設定したパスワードが新しいデバイスに保存されます。
7. Sunny Explorer で、既存の発電システムに元のパスワードを使ってログインし
ます。
☑ システムツリーのデバイスに付いていた錠前アイコンが消えます。新しいデバ
イスのパスワードが、既存の発電システムと同じに設定されます。
8.4 パスワードを忘れた場合
発電システムのパスワードを忘れた場合は、PUK(Personal Unlocking Key:個人用
ロック解除キー)を使って、パワーコンディショナのロックを解除します。パワー
コンディショナごとに、ユーザーグループ(ユーザーと施工者)別の PUK がありま
す。
PUK の発行依頼
1. PUK の発行依頼書を www.SMA-Solar.com からダウンロードします。
2. 依頼書に必要事項を記入して署名します。
3. 最寄りのサービス契約取扱店に依頼書を E メールかファックスで送信、または
郵送します(56 ページの 11 章「お問い合わせ」を参照)。
☑ サービス契約取扱店で依頼書が確認され、PUK が発行されます。
44
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
8 ユーザーグループとアクセス権
PUK を使用したパワーコンディショナのロック解除
複数のパワーコンディショナのロックを解除する場合
1 つの PUK で解除できるのは、1 台のパワーコンディショナの 1 つのユーザー
グループのロックだけです。
• 複数のパワーコンディショナのロックを解除する場合は、それぞれのパ
ワーコンディショナに対応する PUK を使って、1 台ずつロック解除する必
要があります。
ロック解除するパワーコンディショナの接続・運転状態
• パワーコンディショナが夜間運転モードになっている場合は、PUK でロッ
ク解除しないでください。必ず、Sunny Explorer との接続がアクティブな
パワーコンディショナだけをロック解除してください。
手順:
1. ユーザーグループのドロップダウンリストで、PUK に対応するユーザーグルー
プを選択します。
2. パスワード欄に PUK を入力します。
3. [次へ]を選択します。
☑ システムツリーにパワーコンディショナが錠前アイコンなしで表示されま
す。
4. パワーコンディショナのパスワードを変更します。
‒ システムツリーでパワーコンディショナを選択します。
‒ 設定タブを選択します。
‒ ユーザー権限パラメータグループのアクセス制御を選択します。
‒ [編集画面]をクリックします。
‒ 目的のユーザーグループのパスワードを設定します。
5. 別のパワーコンディショナのロック解除に移る場合は、オプション > ユーザー
グループの変更を選択します。
6. 新しいパスワードを設定します(43 ページの 章「パスワードの変更」を参
照)。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
45
8 ユーザーグループとアクセス権
SMA Solar Technology AG
8.5 SMA Grid Guard
SMA Grid Guard は、発電システムの設置場所の電力系統に合わせてパワーコンディ
ショナの国別設定を行い、安全に動作させるための機能です。この機能の設定
(SMA Grid Guard のパラメータ)は、パワーコンディショナに設定された国別規格
によって異なり、SMA Grid Guard コードを使わないと変更できないようになってい
ます。
SMA Grid Guard のパラメータを変更するには、施工者の権限だけでなく、
SMA Solar Technology AG から発行される個人用 SMA Grid Guard コードも必要にな
ります。個人用 SMA Grid Guard コードの発行依頼書は、www.SMA-Solar.com から
ダウンロードできます。
SMA Grid Guard コードの入力
ズ珃
パワーコンディショナの安全設定の変更による感電の危険性
SMA Grid Guard のパラメータを許可なく変更すると、発電システムの操業許可が
失効します。
• 電力会社の明示的な許可なく SMA Grid Guard のパラメータを変更しないでく
ださい。
必要条件:
☐ 施工者グループのユーザーとして Sunny Explorer にログインする必要がありま
す。
手順:
1. メニューバーでオプション > SMA Grid Guard® を選択します。
☑ SMA Grid Guard ダイアログボックスが開きます。
2. 個人アクセスコード欄に、SMA Grid Guard コードを入力します。
3. [次へ]をクリックします。
☑ SMA Grid Guard コードが設定されます。
☑ SMA Grid Guard モードで操作できるデバイスに、SMA Grid Guard アイコン
(
)が表示されます。
SMA Grid Guard モードの終了
SMA Grid Guard モードを終了するには、Sunny Explorer を閉じる必要があります。
手順:
• メニューバーで、ファイル > 終了を選択します。
☑ Sunny Explorer が閉じます。
46
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
8 ユーザーグループとアクセス権
8.6 パスワードの安全性
現在のパスワードが安全かどうかを確認して、必要に応じて変更してください。
安全性の高いパスワードを設定するには、次のことに注意してください。
• 必ず、8 文字以上にします。パスワードは長いほど安全です。最大文字数は 12
文字です。空のパスワードを設定することはできません。
• 人名や一般的な名前(dog、cat、house など)は使用しません。
• 個人に関係のある言葉(本名、ペットの名前、生年月日、身分証明書の番号、
車のナンバープレートの番号など)は使用しません。
• 同じ言葉を繰り返しません(househouse、catcat など)
。
• 大文字、小文字、特殊文字、数字を組み合わせます。使用可能な特殊文字は、
次の通りです。?(疑問符)
、_(下線)
、!(感嘆符)、-(ハイフン)
、.(ピリオド)
• キーボード上で連続している数字や文字(12345、qwert など)は使用しません。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
47
9 Sunny Explorer のアンインストール
SMA Solar Technology AG
9 Sunny Explorer のアンインストール
Windows XP からのアンインストール
1. Windows の[スタート]ボタンをクリックし、コントロールパネルを開いてプ
ログラムの追加と削除を選択します。
2. インストール済みプログラムの一覧で Sunny Explorer を選択し、[削除]をク
リックします。
☑ Sunny Explorer がコンピュータからアンインストールされます。
☑ Sunny Explorer がアンインストールされます。
Windows Vista または Windows 7 からのアンインストール
1. Windows の[スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]を選択します。
☑ マイコンピューター、またはコンピューターウィンドウが開きます。
2. [プログラムのアンインストールと変更]をクリックします。
☑ プログラムのアンインストールまたは変更ウィンドウが開きます。
3. インストール済みプログラムの一覧で Sunny Explorer を選択し、[アンインス
トール]をクリックします。
☑ Sunny Explorer がコンピュータからアンインストールされます。
☑ Sunny Explorer がアンインストールされます。
48
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
10 トラブルシューティング
10 トラブルシューティング
Bluetooth 接続
問題
発電システムの検索
Bluetooth 対応発電システム
に接続できない。
原因と対処法
• Bluetooth の電波が弱すぎます。
‒ デバイスの近くに移動して、接続し直してく
ださい。
• Bluetooth 対応発電システムに既にマスターが 4 台
あります。
‒
マスターを 1 台減らしてから、接続し直して
ください。
• Bluetooth 対応発電システムに含めたいデバイスに、
既に通信機器が 2 台接続されています。
‒
別のデバイスを選択するか、通信機器の 1 台
を取り外してから接続し直してください。
発電システムの検索
画面に表示されたデバイ
ス名と NetID が最新でな
い。
• 使用している Bluetooth スタックによって異なりま
すが、NetID やデバイス名の変更がパワーコン
ディショナによって正しく認識されないことがあ
ります。
次の手順に従います。
1. Bluetooth 接続用ソフトウェアを閉じます。
2. Bluetooth USB アダプタを一旦外してから、装着し
直します。
3. 必要に応じて、Bluetooth 接続用ソフトウェアを起
動します。
4. Sunny Explorer で発電システムの検索をやり直し
ます。
発電システムの検索
デバイスのアドレスは表
示されるが、デバイスの
名前が表示されない。
取扱説明書
• Sunny Explorer によるデバイスの名前の読み取り
が完了していません。
‒ 発電システムの検索をもう一度やり直してく
ださい。
Explorer-BA-JP_ja-11
49
10 トラブルシューティング
問題
SMA Solar Technology AG
原因と対処法
パワーコンディショナへ
のアクセス
Bluetooth 接続のパラメータ
を設定した後で、しばら
くパワーコンディショナ
にアクセスできなくなる。
• Bluetooth 接続に影響するパラメータ(出力や国の
設定など)を設定すると、パワーコンディショナ
の通信用インターフェースが再起動します。この
間、パワーコンディショナと通信することはでき
ません。
‒ 再起動が完了すると、通信できるようになりま
す。
Speedwire 接続
問題
原因と対処法
発電システムの検索
Speedwire 対応発電シス
テムが見つからない。
• Speedwire 対応発電システムへのネットワーク接
続が中断されています。
‒
コンピュータと Speedwire 対応発電システム
のネットワーク接続を確認します。
‒ IP マルチキャスト機能に対応するネットワー
ク機器(ネットワークスイッチなど)を使用
していることを確認します。
• ネットワーク接続が無効になっています。
‒ コンピュータでネットワーク接続を有効に設
定します。
• ネットワーク接続の設定が間違っています。
‒ コンピュータと Speedwire 対応デバイスが同
じサブネット内にあることを確認します。必
要に応じて、ネットワーク管理者に問い合わ
せてください。
発電システムの検索
Speedwire 対応発電シス
テムに接続できない。
• ネットワークの設定が変更されています。
‒ Sunny Explorer で発電システムの検索をやり
直します。
‒ Sunny Explorer を再起動して、新しい発電シ
ステムを作成します。
50
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
問題
パワーコンディショナへ
のアクセス
Speedwire 接続のパラ
メータ設定後に、パワー
コンディショナと通信で
きくなる。
10 トラブルシューティング
原因と対処法
• Speedwire 接続に影響するパラメータ(IP パラ
メータなど)を変更すると、Speedwire での通信
が中断されることがあります。
‒ コンピュータと Speedwire 対応デバイスが同
じサブネット内にあることを確認します。必
要に応じて、ネットワーク管理者に問い合わ
せてください。
‒ Sunny Explorer で オプション > もう一度接続
してください を選択して、接続し直します。
ユーザーインターフェースの表示について
Sunny Explorer は、接続されているデバイスから直接データを読み取ります。その
ため、発電システムの規模によっては、データが画面に表示されるまでに時間がか
かることがあります。
問題
表示
ユーザーインターフェー
スが正しく表示されない。
原因と対処法
• 稀に、ユーザーインターフェースの表示の不具合
(レイアウトのずれや空白の画面など)が発生す
ることがあります。
‒ F5 キーを押して、画面表示を更新してくださ
い。
グラフ
グラフに隙間が空いてい
る。
グラフ
グラフのデータが新しく
ならない。
• デバイスからのデータ転送が完了していません。
‒ 転送が完了するまでお待ちください。
• グラフが更新されるまでに最長 30 秒ほど必要で
す。接続されているデバイスから直接データが読
み取られるので、デバイスの接続形態によっては、
時間がかかることがあります。
‒ データの読み取りが完了するまでお待ちくだ
さい。
月間発電量と年間発電量
の値
SMA Bluetooth Piggy-Back
を後付けしたパワーコン
ディショナの月間発電量
と年間発電量の値が表示
されない。
取扱説明書
• パワーコンディショナに後付けされている SMA
Bluetooth Piggy-Back のソフトウェアのバージョン
が 02.00.00.R より前のものです。このバージョン
は、月間および年間発電量のパラメータの設定と
グラフ表示をサポートしていません。
‒
SMA Bluetooth Piggy-Back を更新してくださ
い。(38 ページの 6.9 章「デバイスの更新」
を参照).
Explorer-BA-JP_ja-11
51
10 トラブルシューティング
SMA Solar Technology AG
全般
問題
原因と対処法
Sunny Explorer が起動し
ない。
• Sunny Explorer をシャットダウンせずにコン
ピュータをスタンバイモードにした後で、
Sunny Explorer を起動できなくなる場合がありま
す。
‒ Windows のタスクマネージャーを使って、
Sunny Explorer を終了してから、起動し直して
ください。
システムツリーに不明な
パワーコンディショナが
表示される。
• システムツリーには、同じ NetID を持っているデ
バイスがすべて表示されます。同じ NetID を持つ
別の Bluetooth 対応発電システムが近くにある場合
は、そのシステムのデバイスも、Sunny Explorer
のシステムツリーに表示されます。
‒ 未使用の別の NetID を現在の発電システムに
割り当てて、該当デバイスにその NetID を設
定してください(各デバイスの取扱説明書を
参照)。
現在の発電システムにあ
る Bluetooth 内蔵パワーコ
ンディショナが、システ
ムツリーに不明なデバイ
スとして表示される。
• Bluetooth 内蔵パワーコンディショナに、古いバー
ジョンのソフトウェアスイートがインストールさ
れています。
使用しているパワーコン
ディショナが、システム
ツリーに不明なデバイス
として表示される。
• Sunny Explorer からデバイスにデータを転送中
に、パケットの一部がなくなったため、デバイス
にログインできません。
正しいパスワードを入力
してログインしたのに、
システムツリーに不明な
デバイスとして表示され
るパワーコンディショナ
がある。
52
Explorer-BA-JP_ja-11
‒
パワーコンディショナのソフトウェアスイー
トをバージョン 2.0 以降に更新するか、Sunny
Data Control でパワーコンディショナのデー
タを読み取ってください。Sunny Data
Control* は、www.SMA-Solar.com からダウ
ンロードできます。
‒ メニューでオプション > ユーザーグループの
変更を選択し、もう一度ユーザーグループを
選択してログインし直してください。
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
問題
システムツリーに新しい
パワーコンディショナが
表示されない。
10 トラブルシューティング
原因と対処法
• Sunny Explorer のシステムツリーの表示内容は常
に更新されています。
‒
発電システムと同じ NetID を新しいパワーコ
ンディショナに設定して、それを始動してい
ることを確認してください(パワーコンディ
ショナの取扱説明書を参照)。
‒ 発電システムとの接続が正常に機能している
ことを確認します。必要に応じて、接続し直
してください。このためには、
Sunny Explorer のメニューでオプション > も
う一度接続してください を選択します。
パスワードを忘れてし
まった。
SMA Grid Guard の使用権
限がない。
SMA Grid Guard アイコン
が画面に表示されている
のに、SMA Grid Guard を
使用できない。
• PUK でパワーコンディショナのロックを解除しま
す(44 ページの 8.4 章「パスワードを忘れた場
合」を参照)。
• 10 時間経過したのに、パワーコンディショナで
SMA Grid Guard の自動リセットが機能していま
せん。SMA Grid Guard の有効期間は過ぎていま
すが、SMA Grid Guard のアイコンが誤って表示
されたままになっています。
‒
個人用 SMA Grid Guard コードを入力してくだ
さい(46 ページの 8.5 章「SMA Grid Guard」
を参照)。
SMA Grid Guard モード
SMA Grid Guard アイコン
が消えてしまった。
取扱説明書
• Sunny Explorer に施工者としてログインし、
SMA Grid Guard モードに切り替えてから 10 時間
経過すると、不正なアクセスを防ぐために、パ
ワーコンディショナの SMA Grid Guard モードが
自動的にリセットされます。ヒント:Sunny
Explorer を閉じると、SMA Grid Guard モードも
終了します。
Explorer-BA-JP_ja-11
53
10 トラブルシューティング
問題
SMA Solar Technology AG
原因と対処法
一度に 1 種類のデバイス
のパラメータしか変更で
きない。
• Sunny Explorer には、デバイスの分類ごとに パラ
メータを設定して保存するためのユーザーイン
ターフェースがあります。そのため、1 つのイン
ターフェースで加えたパラメータの変更は、該当
する分類のデバイスだけに反映され、他の分類の
デバイスには影響しません。
‒ 数種類のデバイスのパラメータを変更する場
合は、ある分類のパラメータを変更したら、
必ずその設定を保存してから次の分類に進ん
でください。
パラメータの値の単位
• パラメータの値は、その入力欄の横に表示されて
いる単位で保存されます。
‒ 入力したい値の単位が異なる場合は、必ず、
表示されている単位に換算した値を入力して
ください。Sunny Explorer は自動的に単位を
調整します。例えば、現在のパラメータの値
が 20MWh だとします。この値を 900kWh に
変更したい場合は、0.9 と入力します。
パラメータを編集できな
い。
• パラメータを変更する権限がありません。
‒ 別のユーザーグループでログインしてください。
• パワーコンディショナに後付けされている
SMA Bluetooth Piggy-Back のソフトウェアのバー
ジョンが 02.00.00.R より前のものです。このバー
ジョンは、月間発電量および年間発電量のパラメー
タの設定とグラフ表示をサポートしていません。
‒
SMA Bluetooth Piggy-Back を更新してください
(38 ページの 6.9 章「デバイスの更新」を参
照)。
イベントの並び順
イベントが日付順に並ん
でいない。
• Sunny Explorer で表示されるイベントは、デバイ
スに保存された順番に並んでいます。したがっ
て、デバイスでそのイベントが発生した順に常に
表示されます。
‒ イベントの並び順が正しくなくなるのは、発
電システムの日時の設定が変わった場合(夏
時間から冬時間に切り替わるときなど)だけ
です。
54
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology AG
問題
最新の値が古いデータと
して表示される。
古い値が最新のデータと
して表示される。
Speedwire で発電システ
ムに接続できない。
10 トラブルシューティング
原因と対処法
• この問題は、Sunny Explorer の動作中にコン
ピュータのクロックを変更した場合に起こります。
‒ Sunny Explorer を再起動してください。
• この問題は、IGMP(Internet Group
Management Protocol)クエリの送信機能が無効
になっている場合に発生する可能性があります。
次の手順に従います。
1. Sunny Explorer を稼働させたままにします。
Windows のタスクマネージャーを開き、プロセ
スタブかサービスタブ(OS によって異なるので、
詳しくは OS のマニュアルを参照してください)
を選択します。
2. 全ユーザーのプロセスを表示します。OS によっ
ては、この操作を行うのに管理者権限が必要な場
合があります。
3. プロセスの一覧に、
SMA.Multicasting.IGMP.QuerierService.exe とい
うプロセスが表示されているかどうかをチェック
します。
4. このプロセスが表示されていない場合は、コン
ピュータを再起動します。それでも表示されない
場合は、Sunny Explorer の最新バージョンをイン
ストールします。
5. SMA.Multicasting.IGMP.QuerierService.exe プロ
セスが表示されている場合は、Windows ファイ
アウォールを開き、このプロセスを例外に設定し
ます(OS のマニュアルを参照)
。
* 国によっては、販売していないことがあります(日本で購入可能かどうかを確認するには、
www.SMA-Solar.com から SMA 日本支社の Web サイトを開くか、最寄りの SMA 製品取扱店にお問い
合わせください)。
取扱説明書
Explorer-BA-JP_ja-11
55
11 お問い合わせ
SMA Solar Technology AG
11 お問い合わせ
SMA 製品に関する技術的な問題については、サービス契約取扱店にお問い合わせく
ださい。このとき、次の情報をお手元にご用意ください。
• Sunny Explorer ソフトウェアのバージョン
• 発電システムの通信方式
• Sunny Explorer のレポートファイル
56
Explorer-BA-JP_ja-11
取扱説明書
SMA Solar Technology
www.SMA-Solar.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement