[注意事項] 取扱説明書 電話回線用保安器LP-319-1A

[注意事項] 取扱説明書 電話回線用保安器LP-319-1A
3.仕 様
取扱説明書 電話回線用保安器LP-319-1A
このたびは、電話回線用保安器LP-319-1Aをご採用いただき誠にありがとうございました。
ご使用前には、必ずこの取扱説明書をお読みくださいますようお願い申しあげます。
線
路
側
②線路側端子 L
③機器側端子 T
線路側 機器側
屋
外
配
線
へ
+
L 電 話 T
-
E
L1 電 源
L
T
L2 AC100V
10A
+
-
NC
T1
T2
通信回線
接続しないでください
電源
POWER
①接地端子 E
LP-319-1A
④機能確認灯
適 用 回 路
最大連続使用電圧 Uc
定 格 電 流
試験クラス
最大放電電流 Imax
公称放電電流 In
インパルス カテゴリC2
カテゴリD1
耐久性
電圧防護レベル Up
絶縁抵抗
耐電圧 ※3
挿入損失 ※4
導通抵抗(1線当たり)
1.特 長
(1) 電源線、通信線から侵入する雷サージ等の異常電圧より機器を保護します。
(2) 急峻な雷サージに対しては、速い応答速度で電圧を制限します。
2.接続方法
項 目
使用温湿度範囲
電話回線用機器
性 能
電 話
電 源
ADSL、SHDSL 単相2線式 AC100V 10A
DC170V
AC120V
2A
10A
クラスⅡ
20kA
10kA
10kA
2.5kA
1000V
1500V以下
100MΩ以上 ※1
100MΩ以上 ※2
AC2000V 1分間 異常のないこと
2dB以下
1Ω以下
-25℃~55℃・93%以下
(ただし結露・氷結のないこと)
※1 L-E間をDC250Vにより測定
※2 L1,L2,-E間をDC500Vにより測定
※3 L,E-ケース間に印加
※4 L-T間 DC~20MHz (50Ω)
FG
4.外 観 図
150
[注意事項]
40
80
側
器
機
側
路
線
+ - NC 1T T2
T
TV
話
源 010 A01
電
電 AC
L
L
+ - E L1 L2
R
E
W
O
P
4.5
140
ED
接地線は図のように渡り接地をしてください。また、出来るだけ短く配線し太い線
2
(5.5mm 以上)をご使用ください。
接地は、良好な接地(接地抵抗10Ω以下が好ましい)をとってください。
①接地端子E :機器接地EDおよび機器FG端子に接続してください。
②線路側端子L :線路側の通信線を接続します。
③機器側端子T :機器側の通信線を接続します。
④電源部機能確認灯:点灯時は、保安器の電源部が正常に機能しています。
78
A
1
-
9
1
3
-
P
L
ル
ベ
ラ
ト
ッ
ロ
※製品改良により、形状及び仕様を予告なく変更する場合がありますので御了承ください。
※雷は、自然現象であり、保安器を設置した場合も残念ながら絶対に雷害発生が抑えられる
とは限りません。保安器を設置することにより被害の発生頻度を激減させることができ、最悪
被害の程度は軽微なものとなります。
※機能確認灯が消灯時には、保安器の機能が停止していますので交換してください。
※保安器の機器側には、定格電流以上の負荷を接続しないでください。
過電流保護機能が無いため、過電流が流れると発熱による発煙、火災の恐れがあります。
販売会社:ダイヘン電機システム株式会社 西部営業部
〒532-8512 大阪府大阪市淀川区田川2丁目1番11号
TEL 06-7177-6760
FAX 06-6308-0962
TS256D
2014年10月 作成
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement