取扱説明書[詳細版] - ログイン|製品比較システム管理

取扱説明書[詳細版] - ログイン|製品比較システム管理
NEC データプロジェクター
NP610J/NP510J/NP405J
NP510WJ/NP410WJ
NP610SJ/NP510WSJ
1. 添付品や名称を
取扱説明書[詳細版]
本機を安全にお使いいただくために
ご使用の前に必ずお読みください
1
確認する
2. 設置と接続
2
1
3. 映像を投写する
3
(基本操作)
4. 便利な機能
4
5. オンスクリーン
5
メニュー
6. 本体のお手入れ/
ランプの交換
7. 付録
NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
NP610SJ/NP510WSJ
6
7
はじめに
このたびは、NEC データプロジェクター NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ(以降「NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ 本体」を「本機」と呼びます)をお買い上げいた
だき誠にありがとうございます。
本製品は、コンピュータや DVD プレーヤなどに接続して、文字や映像をスクリーン
に鮮明に投写するプロジェクターです。
本機を安全に正しく使用していただくため、ご使用の前に、この取扱説明書(本書)
をよくお読みください。取扱説明書は、いつでも見られる所に大切に保存してくださ
い。万一ご使用中にわからないことや故障ではないかと思ったときにお読みください。
本書は、NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
共通の取扱説明書です。NP610J を主にして説明しています。
本製品には「保証書」を添付しています。保証書は、お買い上げの販売店から必ずお
受け取りのうえ、取扱説明書とともに、大切に保存してください。
本機は、日本国内向けモデルです。
※ モデル名について
本 機 に 貼 付 し て い る ラ ベ ル で は、 モ デ ル 名 を「NP610」、「NP510」、「NP405」、
「NP510W」、「NP410W」、「NP610S」、または「NP510WS」と表記しています。
取扱説明書では、モデル名を「NP610J」、「NP510J」、「NP405J」、「NP510WJ」、
「NP410WJ」、「NP610SJ」、または「NP510WSJ」と末尾に「J」を付けて表記し
ています。
この装置は、クラスB情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用すること
を目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用
されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取
り扱いをしてください。
VCCI-B
ご注意
(1)本書の内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
(2)本書の内容に関しては将来予告なしに変更することがあります。
(3)本書は内容について万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載もれ
などお気付きのことがありましたらご連絡ください。
(4)本機の使用を理由とする損害、逸失利益等の請求につきましては、当社では(3)項にかか
わらず、いかなる責任も負いかねますので、あらかじめご了承ください。
© NEC Display Solutions, Ltd. 2009
2009 年 7 月 初版
NEC ディスプレイソリューションズ株式会社の許可なく複製・改変などを行うことはできません。
2
絵表示について
この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、あな
たや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示を
しています。その表示と意味は次のようになっています。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
警告
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡や大け
注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人がけがをした
がをするなど人身事故の原因となります。
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
り周囲の家財に損害をあたえたりすることがあります。
絵表示の例
記号は注意(警告を含む)をうながすことを表しています。
図の中に具体的な注意内容(左図の場合は感電注意)が描かれています。
記号はしてはいけないことを表しています。
図の中に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
● 記号はしなければならないことを表しています。
図の中に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセントから抜く)が
描かれています。
3
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
4
警告
本機は日本国内専用です
故障したときは電源プラグを抜く
国内では交流 100 ボルト以外使用禁止
●
●
日本国内で使用する場合は交流 100 ボルト
で使用してください。
添付の電源コードは国内使用専用です。
日本国外で本機を使用する場合は、電源コー
ドの仕様を確認してください。使用する国の
規格・電源電圧に適合した電源コードを使用
すれば、海外でも使用可能です。電源コード
は必ず使用する国の規格・電源電圧に適合し
たものを使ってください。
詳細に関しては NEC プロジェクター・カス
タマサポートセンターまでお問い合わせくだ
さい。
本機に添付している電源コードは、本機専用
です。安全のため他の機器には使用しないで
ください。
電源プラグをコンセントから抜く
●
煙が出ている、変なにおいや音がする場合や
プロジェクターを落としたり、キャビネット
を破損した場合は、本体の電源を切り、電源
プラグをコンセントから抜いてください。火
災・感電の原因となります。NEC プロジェ
クター・カスタマサポートセンターへ修理を
ご依頼ください。
水場や水にぬれるような所には置かない
水ぬれ禁止
次のような水にぬれるおそれがある所では使
用しないでください。またプロジェクターの
上に水の入った容器を置かないでください。
電源コードの取り扱いは大切に
火災・感電の原因となります。
・ 雨天や降雪時、海岸や水辺で使用しない
・ 風呂やシャワー室で使用しない
・ プロジェクターの上に花びん、植木鉢を置
かない
● 電源コードは大切に取り扱ってください。 ・ プロジェクターの上にコップ、化粧品、薬
品を置かない
コードが破損すると、火災・感電の原因とな
万一プロジェクターの内部に水などが入った
ります。
場合は、まず本体の電源を切り、電源プラ
・ 添付されているもの以外の電源コードは
グをコンセントから抜いて NEC プロジェク
使用しない
ター・カスタマサポートセンターにご連絡く
・ コードの上に重い物をのせない
ださい。
・ コードをプロジェクターの下敷きにしな
い
次のような所では使用しない
・ コードの上を敷物などで覆わない
・ コードを傷つけない、加工しない
・ コードを無理に曲げたり、ねじったり、
引っ張ったりしない
・ コードを加熱しない
● 次のような所では使用しないでください。火
電源コードが傷んだら(芯線の露出・断線な
災・感電の原因となります。
ど)NEC プロジェクター・カスタマサポー
・
ぐらついた台の上、傾いた所など、不安定
トセンターに交換をご依頼ください。
な場所
・ 暖房の近くや振動の多い所
・ 湿気やほこりの多い場所
・ 油煙や湯気の当たるような場所
・ 調理台や加湿器のそば
●
動作中にレンズにふたをしない
雷が鳴りだしたら、電源プラグに触れない
●
●
●
動作中にレンズにふたをしないでください。
ふたの部分が高温になり変形します。
動作中にレンズの前に物を置かないでくださ
い。物が高温になり、破損や火災の原因とな
ります。
プロジェクター本体に次の図記号を表示して
います。
●
プロジェクターのレンズをのぞかない
レンズをのぞかない
●
内部に物を入れない
●
異物挿入禁止
●
プロジェクターの通風孔などから内部に金属
類や燃えやすいものなど異物を差し込んだ
り、落とし込んだりしないでください。
火災・感電の原因となります。特にお子様の
いる家庭ではご注意ください。
万一異物がプロジェクター内部に入った場合
は、まず本体の電源を切り、電源プラグをコン
セントから抜いて NEC プロジェクター・カス
タマサポートセンターにご連絡ください。
キャビネットは絶対にあけない
分解禁止
●
雷が鳴りだしたら、電源プラグに触れないで
ください。
感電の原因となります。
プロジェクターのレンズをのぞかないでくだ
さい。
動作中は強い光が投写されていますので、目
を痛める原因となります。特にお子様にはご
注意ください。
プロジェクター本体に次の図記号を表示して
います。
ランプ交換は電源を切ってから
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
警告
電源プラグをコンセントから抜く
●
ランプの交換は、電源を切りしばらく待って、
電源プラグをコンセントから抜き、1 時間お
いてから行ってください。
動作中や停止直後にランプを交換すると高温
のため、やけどの原因となります。
詳細は 111 ページをご覧ください。
プロジェクターのキャビネットを外したり、 天吊りの設置について
あけたりしないでください。
また改造しないでください。火災・感電の原
因となります。
内部の点検・調整・修理は NEC プロジェク
ター・カスタマサポートセンターにご相談く ● 天吊りなどの特別な工事が必要な設置につい
ださい。
ては販売店にご相談ください。お客様による
設置は絶対におやめください。落下してけが
の原因となります。
5
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
注意
ぬれた手で電源プラグに触れない
お手入れの際は電源コードを抜く
ぬれた手は危険
●
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししないでく
ださい。感電の原因となることがあります。
通風孔をふさがない
●
プロジェクターの通風孔をふさがないでくだ
さい。またプロジェクターの下に紙や布など
のやわらかい物を置かないでください。
火災の原因となることがあります。
プロジェクターを設置する場所は周囲から適
当な空間(目安として 10cm 以上)あけてく
ださい。
電源プラグをコンセントから抜く
●
お手入れの際は、安全のため電源プラグをコ
ンセントから抜いてください。
投写中および投写終了直後は排気口
をさわらない
●
●
投写中および投写終了直後は、排気口付近を
さわらないでください。排気口付近が高温に
なる場合があり、やけどの原因となることが
あります。
プロジェクター本体に次の図記号を表示して
います。
移動するときは電源コードを抜く
電源プラグをコンセントから抜く
●
移動する場合は、電源を切り必ず電源プラグ
をコンセントから抜き、機器間の接続ケーブ
ルを外したことを確認のうえ、行ってくださ
い。
過電圧が加わるおそれのあるネット
ワークには接続しない
長期間使用しないときは、電源プラグを抜く
●
電源プラグをコンセントから抜く
●
6
長期間、プロジェクターをご使用にならない
ときは安全のため必ず電源プラグをコンセン
トから抜いてください。
本機の LAN ポート※は、過電圧が加わるおそ
れのないネットワークに接続してください。
LAN ポートに過電圧が加わると、感電の原
因となることがあります。
※
NP405J に LAN ポートはありません。
ソフトケースの取り扱いについて
電源コードはコンセントに接続する
無理な扱いはしない
●
プロジェクターを入れて振り回さないでくだ
さい。また、本機および本機の添付品以外は
入れないでください。
プロジェクターやソフトケースが落下して、
けがの原因となることがあります。
電池の取り扱いについて
電池の取り扱いには注意してください。火災、
けがや周囲を汚損する原因となることがあり
ます。
・ 電池をショート、分解、火に入れたりしな
い
・ 指定以外の電池は使用しない
・ 新しい電池と古い電池を混ぜて使用しない
・ 電池を入れるときは、極性(+と−の向き)
に注意し、表示どおりに入れる
● 電池を廃棄する際は、お買い上げの販売店、
または自治体にお問い合わせください。
●
●
プロジェクターの電源はコンセントを使用
してください。直接電灯線に接続すること
は危険ですので行わないでください。また、
天吊り設置のときは電源プラグを抜き差し
できるように手の届くコンセントをご使用
ください。
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
注意
点検・本体内部の清掃について
内部の清掃は NEC プロジェクター・
カスタマサポートセンターで
●
1 年に一度くらいは内部の清掃を NEC プロ
ジェクター・カスタマサポートセンターにご
相談ください。プロジェクターの内部にほこ
りがたまったまま、長い間清掃をしないと火
災や故障の原因となることがあります。特に
湿気の多くなる梅雨期の前に行うと、より効
果的です。なお、内部の清掃費用につきまし
ては NEC プロジェクター・カスタマサポー
トセンターにご相談ください。
7
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
8
お願い
性能確保のため、次の点にご留意ください
振動や衝撃が加わる場所への設置は避けてください。
動力源などの振動が伝わる所に設置したり、車両、船舶などに搭載すると、本機に
振動や衝撃が加わって内部の部品がいたみ、故障の原因となります。
振動や衝撃の加わらない場所に設置してください。
● 高圧電線や動力源の近くに設置しないでください。
高圧電線、動力源の近くに設置すると、妨害を受ける場合があります。
● 本機を傾けて使用する場合は、チルトフットの傾き範囲以内(0 ∼ 10°
)にしてく
ださい。チルトフットの範囲を超えて傾けたり、左右に傾けたりすると、故障の原
因となります。
●
10˚
たばこの煙の多い場所での使用・長時間の使用
・たばこの煙・ほこりの多い場所で使用する場合、または長時間連続して(5 時間/日
または 260 日/年を超えて)使用する場合は、あらかじめ NEC プロジェクター・
カスタマサポートセンターにご相談ください。
・本機を長時間にわたり連続して使用される場合は、ファンモードを「高速」にし
てください。( 101 ページ)
・ コンピュータなどで同じ絵柄の静止画を長時間投写すると、その絵柄が画面に若
干残りますが、しばらくすると消えます。これは液晶パネルの特性上発生するも
ので、故障ではありません。コンピュータ側でスクリーンセーバーをお使いにな
ることをおすすめします。
● 標高約 1600m 以上の場所で本機を使用する場合は、必ずファンモードを「高地」
に設定してください。「高地」に設定していないと、本機内部が高温になり、故障
の原因となります。
● 本機を高所(気圧の低い所)で使用すると、光学部品(ランプなど)の交換時期が
早まる場合があります。
● スクリーンへの外光対策をしてください。
スクリーンには、照明など本機以外からの光が入らないようにしてください。
外光が入らないほど、ハイコントラストで美しい映像が見られます。
● スクリーンについて
ご使用のスクリーンに汚れ、傷、変色などが発生すると、きれいな映像が見られま
せん。
スクリーンに揮発性のものをかけたり、傷や汚れが付かないよう取り扱いにご注意
ください。
● 持ち運びについて
・添付のソフトケースに収納して運んでください。
・レンズに傷が付かないように必ずレンズキャップを取り付けてください。
・振り回したりして、プロジェクター本体に強い衝撃を与えないでください。
・ソフトケースに収納した状態で、宅配便や貨物輸送はしないでください。プロジェ
クターの故障の原因となります。
●
ランプ取り扱い上の注意
プロジェクターの光源には、高輝度化を目的とした内部圧力の高い水銀ランプを使
用しています。このランプは、ご使用時間とともに輝度が徐々に低下する特性があ
ります。また、電源の入/切の繰り返しも、輝度低下を早めます。
● ランプは、衝撃や傷、使用時間の経過による劣化などにより、大きな音をともなっ
て破裂したり、不点灯状態となることがあります。また、ランプが破裂や不点灯に
至るまでの時間、条件には、ランプの個体差や使用条件によって差があり、本取扱
説明書に記載してある指定の使用時間内であっても、破裂または不点灯状態に至る
ことがあります。
なお、指定の使用時間を超えてお使いになった場合は、ランプが破裂する可能性が
高くなりますので、ランプ交換の指示が出た場合には、すみやかに新しいランプに
交換してください。
● ランプ破裂時には、ランプハウス内にガラスの破片が飛び散ったり、ランプ内部に
含まれるガスがプロジェクターの通風孔から排出されることがあります。ランプ内
部に使用されているガスには水銀が含まれていますので、破裂した場合は窓や扉を
あけるなど十分に換気を行ってください。ガスを吸い込んだり、目に入ったりした
場合には、すみやかに医師にご相談ください。
● ランプが破裂した場合には、プロジェクター内部にガラスの破片が散乱している可
能性があります。プロジェクター内部の清掃、ランプの交換その他の修理について、
必ず NEC プロジェクター・カスタマサポートセンターに依頼し、お客様ご自身でプ
ロジェクター内部の清掃、ランプ交換を行わないでください。
●
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください
投写レンズ面は素手でさわらないでください。
投写レンズ面に指紋や汚れが付くと、拡大されてスクリーンに映りますので、レン
ズ面には手を触れないでください。
また、本機を使用されないときは、添付のレンズキャップをかぶせておいてください。
● 廃棄について
本体を廃棄する際は、お買い上げの販売店、または自治体にお問い合わせください。
●
電源プラグを抜く際の注意
●
電源を切ったとき、および投写中に AC 電源を切断したときは、一時的に本体が高
温になることがあります。取り扱いに注意してください。
投写する映像の著作権について
●
営利目的または公衆に視聴させることを目的として、本機を使って映像を投写する
場合、本機の機能を使ってオリジナルの映像に対して投写範囲を小さくしたり変形
したりすると、著作権法上で保護されている著作者の権利を侵害するおそれがあり
ます。
アスペクト、台形補正、部分拡大などの機能を使用する場合はご注意ください。
9
目次
はじめに ………………………………………………………………………… 2
本機を安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ずお読みください … 3
お願い
………………………………………………………………………… 8
目次
………………………………………………………………………… 10
本書の表記について……………………………………………………………… 12
1. 添付品や名称を確認する ………………………… 13
1-1.
1-2.
1-3.
1-4.
添付品の確認 ……………………………………………………………………………
特長 ………………………………………………………………………………………
本体各部の名称 …………………………………………………………………………
リモコン各部の名称 ……………………………………………………………………
13
15
17
22
2. 設置と接続 ………………………………………… 26
2-1.
2-2.
2-3.
2-4.
2-5.
2-6.
2-7.
2-8.
設置と接続の流れ ………………………………………………………………………
スクリーンとプロジェクターを設置する ……………………………………………
コンピュータと接続する ………………………………………………………………
RGB モニタと接続する …………………………………………………………………
DVD プレーヤなどの AV 機器と接続する ……………………………………………
書画カメラと接続する …………………………………………………………………
LAN と接続する(NP405J を除く) …………………………………………………
電源コードを接続する …………………………………………………………………
26
27
31
34
35
38
39
40
3. 映像を投写する(基本操作) …………………… 41
3-1.
3-2.
3-3.
3-4.
3-5.
3-6.
3-7.
3-8.
3-9.
映像を投写する流れ ……………………………………………………………………
本機の電源を入れる ……………………………………………………………………
入力信号を選択する ……………………………………………………………………
投写画面の位置と大きさを調整する …………………………………………………
台形歪みを調整する(台形補正)………………………………………………………
映像を自動調整する ……………………………………………………………………
本機の音量を調整する …………………………………………………………………
本機の電源を切る ………………………………………………………………………
あとかたづけ ……………………………………………………………………………
41
42
45
48
53
56
57
58
59
4. 便利な機能 ………………………………………… 60
4-1.
4-2.
4-3.
4-4.
4-5.
4-6.
4-7.
4-8.
10
映像と音声を消去する …………………………………………………………………
動画を静止画にする ……………………………………………………………………
映像を拡大する …………………………………………………………………………
エコモードと省エネ効果 ………………………………………………………………
セキュリティを設定して無断使用を防止する ………………………………………
別売のマウスレシーバを接続して本機のリモコンでコンピュータのマウス操作を行う
HTTP を使用したブラウザによるネットワークの設定(NP405J を除く)………
コンピュータ接続ケーブルを使って本機を操作する(Virtual Remote)…………
60
60
61
62
64
67
69
73
5. オンスクリーンメニュー ………………………… 79
5-1.
5-2.
5-3.
5-4.
5-5.
5-6.
5-7.
オンスクリーンメニューの基本操作 ………………………………………………… 79
オンスクリーンメニュー一覧 ………………………………………………………… 83
入力端子 ………………………………………………………………………………… 86
調整 ……………………………………………………………………………………… 87
セットアップ …………………………………………………………………………… 94
情報 ……………………………………………………………………………………… 105
リセット ………………………………………………………………………………… 107
6. 本体のお手入れ/ランプの交換 ……………… 108
6-1.
6-2.
6-3.
6-4.
フィルタの清掃 ………………………………………………………………………… 108
レンズの清掃 …………………………………………………………………………… 109
キャビネットの清掃 …………………………………………………………………… 110
ランプとフィルタの交換 ……………………………………………………………… 111
7. 付 録 …………………………………………… 117
故障かな?と思ったら ………………………………………………………………………… 117
インジケータ表示一覧 ………………………………………………………………………… 122
投写距離とスクリーンサイズ ………………………………………………………………… 124
対応解像度一覧 ………………………………………………………………………………… 130
外観図 …………………………………………………………………………………………… 132
別売品 …………………………………………………………………………………………… 134
コンピュータ映像入力端子のピン配列と信号名 …………………………………………… 135
仕様 …………………………………………………………………………………………… 136
トラブルチェックシート ……………………………………………………………………… 140
海外でご使用になる場合:トラベルケアのご紹介 ………………………………………… 142
索引 …………………………………………………………………………………………… 150
保証と修理サービス(必ずお読みください) ……………………………………………… 153
NEC プロジェクター・カスタマサポートセンターとビューライトクラブのご案内 … 裏表紙
11
本書の表記について
マークの意味
重要
データが消えたり、もとに戻せない操作など、十分に注意していただ
きたいことを表しています。
注意
注意や制限事項を表しています。
参考
補足説明や役立つ情報を表しています。
本書内の参照ページを表しています。
適応機種
特定の機種についての説明を表しています。
本体イラストについて
本体イラストは、特に区別する必要がある場合を除いて、NP610J のものを使用しています。
操作ボタンの表記例
●本体の操作ボタン
MENU (メニュー)
上下左右の場合:
左右の場合:
下の場合:
EXIT(戻る)
ENTER (決定)
●リモコンの操作ボタン
MENU (メニュー)
ENTER (決定)
EXIT(戻る)
メニュー項目の表記例
「プリセット」
参考
12
●
本書に載せている表示画面は、実際と多少異なる場合があります。
1. 添付品や名称を確認する
1-1. 添付品の確認
添付品の内容をご確認ください。
プロジェクター(本機)
コンピュータや DVD プレーヤなどを接続して、文字や
映像を大きなスクリーンに投写する機器です。
U
M
EN
ENTER
EXIT
レンズキャップ(※ 1)
NP610SJ/NP510WSJ用:
1
添付品や名称を確認する
本機のレンズに装着し、移動時や保管時にレンズを保護
します。
※1: NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ用:
24F44681
24FU0691
NP610J/NP510J/NP405J/
NP510WJ/NP410WJ
ME
NU
ENTER
EXIT
NP610SJ/NP510WSJ
リモコン(7N900911)
1
2
本機の電源の入/切や、投写する映像信号の切り替え操
作などができます。
ご購入後はじめて使用するときは、添付の単 4 乾電池 2
本をセットしてください。( 24 ページ)
単 4 乾電池(リモコン用)2 本
添付のリモコンにセットします。
電源コード(7N080124)
AC100V のコンセントに本機を接続します。
次ページに続く
13
コンピュータ接続ケーブル(ミニ D-Sub 15 ピン)
(7N520073/7N520052)
コンピュータの画面をスクリーンに投写する場合に使用
します。( 31 ページ)
DVI-RGB 変換アダプタ(※ 2)(7N960234)
本機の DVI-I 映像入力端子に、コンピュータ接続ケーブ
ル(ミニ D-Sub15 ピン)を接続するときに使用します。
( 33 ページ)
※2:NP405Jには添付しておりません。
ソフトケース(※ 3)
本機や添付品を収納します。移動時や保管時にご使用く
ださい。
※3: NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP510WJ用:
NP610SJ/NP510WSJ用:
24BS7582
24BS7921
NP610J/NP510J/NP405J/
NP510WJ/NP410WJ
NP610SJ/NP510WSJ
NEC Projector CD-ROM(7N951361)
PDF(Portable Document Format)形式の取扱説明書[詳
細版](本書)とユーティリティソフト Virtual Remote
Tool を収録しています。
クイックスタートガイド(7N8P9761)
取
扱
説
明
書[
簡
易
版
]
機器の接続、電源オン、投写画面の調整、電源オフとい
った、基本的な操作方法をコンパクトにまとめて説明し
ています。
取扱説明書[簡易版](7N8P9751)
安全のために守っていただきたいこと、各部の名称、ラ
ンプ交換、保証とサービスなどについて記載しています。
保証書
プロジェクターの保証内容・条件を記載しています。
ビューライトクラブ申込書
ビューライトクラブに入会していただくと、会員ならで
はのサービスが受けられます。入会金・会費は無料です。
参考
●
●
14
万一添付品などが不足していたり破損している場合は、お買い上げの販売店にご連
絡ください。
添付品の外観が本書のイラストと多少異なる場合がありますが、実用上の支障はあ
りません。
1-2. 特長
●クイックスタート(4 秒以内)、クイックオフ(0 秒)、ダイレクトパワーオフ
(注)。
パワーオンからわずか 4 秒以内で映像が表示され始めます(クイックスタート)
パワーオフ後の冷却ファンの回転をなくしました(クイックオフ)。
また、投写中に主電源スイッチを切ったり、AC 電源を切断することができます(ダイレクトパワーオフ)。
AC 電源を切断する場合は、本機の主電源スイッチまたは本機の電源コードを接続しているテーブルタップの
スイッチやブレーカなどを利用してください。
(注)スタンバイモードが「ノーマル」のとき。
●スタンバイ時の消費電力が 0.6 ワットの省エネ設計
オンスクリーンメニューのスタンバイモードで「省電力」を設定すると、スタンバイ時の消費電力が 0.6 ワッ
トになります。
● カーボンメータ表示
エコモード「オン」時の省エネ効果を CO2 排出削減量に換算して、電源切るときの「確認メッセージ」およ
びオンスクリーンメニューの「情報」に表示します。
1
添付品や名称を確認する
●プロジェクター本体やリモコンに日本語表示
プロジェクター本体の操作ボタン名や接続端子名を日本語で表示し、さらに、日本語表示のリモコンを標準添
付しています。
● 7 ワットのモノラルスピーカ内蔵
広い会議室や教室で視聴していただけるように、7ワットのモノラルスピーカを内蔵しています。
● Virtual Remote 機能
コンピュータから、コンピュータ接続ケーブル(RGB 信号ケーブル)を経由して本機の「電源入 / 切」、
「入力切替」
などの操作を行うことができます。利用するには、添付の NEC Projector CD-ROM 内のユーティリティソフ
トウェア Virtual Remote Tool をコンピュータにインストールする必要があります。
● 短焦点投写を実現( 適応機種 NP610SJ/NP510WSJ)
NP610SJ と NP510WSJ は、短焦点投写が可能なレンズを搭載しています。NP510WSJ は、104 型(NP610S
は 110 型)のスクリーンサイズに対し、投写距離約 167cm での投写が可能です。
● DVI-I 映像入力端子を装備し、コンピュータ信号(デジタル)、コンピュータ信号(アナログ)
を投写可能(NP405J は除きます)
DVI-I 映像入力端子(DVI-I 29 ピン)を装備しており、コンピュータ信号(デジタル)を投写することができます。
また、添付の DVI-RGB 変換アダプタを使用すると、2系統のコンピュータ信号(アナログ)を入力すること
ができます。
本機の DVI-I 映像入力端子は、HDCP に対応しています。
●オートパワーオン/オートパワーオフ機能
本機には次のような自動的に電源を入/切する機能があります。
・オートパワーオン(AC)………… 本機に AC 電源が供給されると、自動的に電源が入り、映像を投写します。
・オートパワーオン(COMP1) … 本機がスタンバイ状態のときコンピュータ信号が入力されると、自動的
に電源が入り映像を投写します。
・オートパワーオフ ………………… 設定した時間だけ信号入力がなく、また本機を操作しなかった場合、自
動的に本機の電源を切りスタンバイ状態になります。
・オフタイマー ……………………… 設定した時間が経過すると、自動的に本機の電源を切りスタンバイ状態
になります。
●無断使用を防止するセキュリティ機能
本機には次のようなセキュリティ機能を装備しています。
・パスワードセキュリティ ………… オンスクリーンメニューでパスワードを設定すると、本機の電源を入れ
たときにパスワード入力画面を表示します。
・盗難防止用ロック ………………… 本機は、ケンジントン・ロックに対応したセキュリティケーブルを接続
することができます。
・セキュリティバー ………………… 本機は、一般的なセキュリティケーブル(またはワイヤー)を通す機構
を装備しています。
●コントロール ID が登録できるオプションリモコン NP02RC に対応
同じ部屋で本機を複数台使用しているときなどに、プロジェクターごとに個別のコントロール ID 番号を設定
することによって、1個のリモコン(NP02RC)でプロジェクターごとに個別の操作を行うことができます。
15
●ネットワーク経由で本機のコントロールが可能(NP405J は除きます)
本機をネットワークに接続すると、コンピュータから本機の「電源入 / 切」、
「入力切替」などの操作ができます(別
途、コントロールソフトのダウンロードが必要です)。
●投写画面の台形歪みを自動的に補正
本機の上下方向の傾きを感知し、投写した画面が台形に歪むのを自動的に補正します。
●アドバンスド・アキュブレンド機能により UXGA までの解像度に対応
NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ は XGA(1024 × 768 ドット)、NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ
は WXGA(1280 × 800 ドット)にリアル対応しています。アドバンスド・アキュブレンド機能により
UXGA(1600 × 1200 ドット)の入力信号までカバーしています。
●お好みの色を設定&記憶できる、プリセット機能
プレゼンテーションや映画など、映像ソースに応じた映像補正機能を搭載。6 つの映像モードから選択できます。
また、お客様が設定した状態を本体内のメモリに記憶できます。
主要機能比較一覧
本機は、機種によって次のような機能の違いがあります。
標準モデル
機種名
NP610J
NP510J
ワイドモデル
NP405J
短焦点モデル
ワイド・
短焦点モデル
NP510WJ NP410WJ NP610SJ NP510WSJ
アスペクト比
( 136, 138 ページ)
標準
ワイド
標準
ワイド
解像度
XGA
WXGA
XGA
WXGA
(ドット×ライン)
(1,024 × 768)
(1,280 × 800)
(1,024 × 768) (1,280 × 800)
( 136, 138 ページ)
画面サイズ
60 ∼ 110 57 ∼ 104
(最小∼最大)
21 ∼ 300 型
型
型
( 136, 138 ページ)
投写距離
(最小∼最大)
0.7 ∼ 11.3m
0.8 ∼ 11.9m
0.9 ∼ 1.7m
( 136, 138 ページ)
明るさ
3,500
3,000
2,600
3,000
2,600
2,600
2,100
ルーメン
ルーメン
ルーメン
ルーメン
ルーメン
ルーメン
ルーメン
※エコモード「オフ」時
LAN 接続
RJ-45 装備
なし
RJ-45 装備
( 39, 69 ページ)
ランプ交換時間
4,000 時間(エコモード「オフ」でのみ使用の場合)
(目安)※
5,000 時間(エコモード「オン」でのみ使用の場合)
( 106 ページ)
ズーム機能
マニュアルズーム
デジタルズーム
(ズームレバーを操作)
(オンスクリーンメニューで操作)
( 50, 51 ページ)
フォーカス機能
マニュアルフォーカス
( 52 ページ)
※保証時間ではありません。
参考
●
お使いのプロジェクターの機種名を確認
してください。
機種名は右図に示した場所で確認できます。
機種名
16
1-3. 本体各部の名称
本体前面
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
フォーカスリング
ズームレバー
投写した画面の大きさを微調整しま
す。( 50 ページ)
映像のフォーカスを
合わせます。
( 52 ページ)
本体操作部
リモコン受光部
ここから映像が投写
されます。
レンズキャップ
レンズを保護します。
ENTER
U
N
E
M
本機の電源の入/切や、投写
する映像信号の切り替え操
作などができます。
( 20 ページ)
1
吸気口/フィルタ
添付品や名称を確認する
レンズ
EXIT
リモコンの信号を
受ける部分です。
( 24 ページ)
内部にほこりやゴミが入る
のを防止します。
本機にはフィルタが 2 箇所
(正面から見た右側面と背
面)にあります。
( 115 ページ)
チルトフット
チルトレバーを押し上げると
上下に伸縮できます。
チルトフットを使って投写角
度を調整します。( 49 ページ)
チルトレバー
チルトレバーを押し上げるとチルト
フットを伸縮できます。
本機の投写角度を固定したいところ
で、チルトレバーから指を離します。
( 49 ページ)
盗難防止用ロック
盗難防止のためワイヤーケー
ブルを付ける際に使用します。
詳しくは次ページの 参考 をご
覧ください。
セキュリティバー
盗 難 防 止 用 チ ェ ー ン( ま た は ワ イ
ヤー)を取り付けます。
本 機 の セ キ ュ リ テ ィ バ ー は、 直 径
4.6mm の太さのものまで対応してい
ます。
17
適応機種
NP610SJ/NP510WSJ
フォーカスレバー
本体操作部
映像のフォーカスを
合わせます。
( 52 ページ)
本機の電源の入/切や、投写
する映像信号の切り替え操
作などができます。
( 20 ページ)
リモコン受光部
EXIT
吸気口/フィルタ
M
U
EN
ENTER
リモコンの信号を
受ける部分です。
( 24 ページ)
内部にほこりやゴミが入る
のを防止します。
本機にはフィルタが 2 箇所
(正面から見た右側面と背
面)にあります。
( 115 ページ)
レンズ
ここから映像が投写
されます。
レンズキャップ
盗難防止用ロック
レンズを保護します。
盗難防止のためワイヤーケー
ブルを付ける際に使用します。
詳しくは 参考 をご覧ください。
セキュリティバー
盗 難 防 止 用 チ ェ ー ン( ま た は ワ イ
ヤー)を取り付けます。
本 機 の セ キ ュ リ テ ィ バ ー は、 直 径
4.6mm の太さのものまで対応してい
ます。
チルトレバー
チルトレバーを押し上げるとチルト
フットを伸縮できます。
本機の投写角度を固定したいところ
で、チルトレバーから指を離します。
( 49 ページ)
チルトフット
チルトレバーを押し上げると上下に
伸縮できます。
チルトフットを使って投写角度を調
整します。( 49 ページ)
参考
●
盗難防止用ロックについて
盗難防止用ロックは、市販のケンジントン社製セキュリティワイヤーに対応してい
ます。製品については、ケンジントン社のホームページをご参照ください。
http://www.kensington.com/
18
本体背面
ランプカバー
ランプ交換のときカバーを外し
ます。
( 112 ページ)
スピーカ(モノラル)
音声入力端子から入力
された音声を出します。
( 57 ページ)
吸気口/フィルタ
内部にほこりやゴミが入るのを防止
します。
( 115 ページ)
各種映像信号や音声信号のケーブル
を接続します。( 21 ページ)
主電源スイッチ
主電源スイッチを「 I(入)
」にする
と、スタンバイ状態になります。
( 43 ページ)
AC IN 端子
添付の電源コードを接続します。
( 40 ページ)
添付品や名称を確認する
接続端子部
1
排気口
ランプの熱を排気します。
リアフット固定用ゴム
リアフットを伸縮させるときに取
り外します。リアフットを伸縮さ
せないときは取り付けておいてく
ださい。
リアフット
投写した映像が水平になっていな
いとき、リアフット自体を回すと、
左右の傾きの微調整ができます。
( 50 ページ)
19
本体操作部
7
8
9
10
4
3
1/2
1
5
適応機種
ボタン(電源ボタン)
電源インジケータ
電源が入っているときは緑色に点灯します。
( 122 ページ)
電源が切れている(スタンバイ状態)ときは
オレンジ色に点灯します(スタンバイモード
が「ノーマル」に設定されているとき)。
3
ステータスインジケータ
電源が切れているとき(スタンバイ状態)は
緑色に点灯します(スタンバイモードが「ノー
マル」に設定されているとき)。
本体キーロック中に操作ボタンを押したとき
や、本機に異常が発生したときに、点灯/点
滅します。
詳しくは「インジケータ表示一覧」をご覧く
ださい。( 122 ページ)
4
6
自動調整 ボタン
コンピュータ画面を投写しているときに、最
適な状態に自動調整します。( 56 ページ)
7
8
MENU (メニュー) ボタン
各種設定・調整のオンスクリーンメニューを
表示します。( 79 ページ)
ボタン
(音量調整ボタン、台形補正ボタンを兼用)
・ オンスクリーンメニューを表示している
ときに
ボ タ ン を 押 す と、 設 定・
調整したい項目を選択できます。
( 79 ページ)
・ オンスクリーンメニューを表示していな
いときは、
ボタンで音量の調整(
57 ページ)、
ボタンで上下方向の台
( 53 ページ)
形歪みの調整ができます。
ランプインジケータ
ランプの交換時期がきたことやエコモー
ドの状態(オン/オフ)をお知らせします。
( 123 ページ)
5
20
入力切替 ボタン
コンピュータ 1、コンピュータ 2(デジタル/
アナログ)、ビデオ、S- ビデオの入力を切り
替えます。
短く押すと信号選択画面を表示します。
また、2 秒以上押し続けると次のように切り
替わります。
→ コンピュータ 1 → コンピュータ 2(デ
ジタル)→コンピュータ 2(アナログ)→
ビデオ→ S- ビデオ
入力信号がないときは次の信号に移ります。
( 45 ページ)
NP405J
コンピュータ 1、コンピュータ 2、ビデオ、
S- ビデオの入力を切り替えます。
短く押すと信号選択画面を表示します。
また、2 秒以上押し続けると次のように切り
替わります。
→ コンピュータ 1 → コンピュータ 2 →
ビデオ→ S- ビデオ
入力信号がないときは次の信号に移ります。
( 45 ページ)
本機の電源を入/切(スタンバイ状態)しま
す。
電源を入れるときは、1 秒以上押します。
電源を切る(スタンバイ状態)ときは、一度
押すと画面に確認メッセージが表示されるの
で、続いてもう一度 ボタンを押します。
2
6
9
10
ENTER (決定) ボタン
オンスクリーンメニュー表示中は、次の階層
のメニューに進みます。
確認メッセージ表示中は、項目を決定します。
EXIT(戻る) ボタン
オンスクリーンメニュー表示中は、前の階層
のメニューに戻ります。メインメニューに
カーソルがあるときは、メニューを閉じます。
確認メッセージ表示中は、操作を取り消しま
す。
接続端子部
適応機種
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
6
3
S-ビデオ入力
音声入力
2
コンピュータ 2(DVI-I)入力
1
3 9
コンピュータ 1 入力
音声入力
モニタ出力(コンピュータ 1 )
音声出力
10
左
8
右
音声入力
適応機種
NP405J
ビデオ入力
PC コントロール
5
7
6
3
S-ビデオ入力
音声入力
2
コンピュータ 2 入力
LAN
4
1 3 9
コンピュータ 1 入力
音声入力
モニタ出力(コンピュータ 1 )
音声出力
1
左
右
音声入力
ビデオ入力
7
1
コンピュータ 1 映像入力端子
(ミニ D-Sub 15 ピン)
コ ン ピ ュ ー タ の デ ィ ス プ レ イ 出 力 端 子 や、
DVD プレーヤなどのコンポーネント出力端
子と接続します。( 31,36, 38 ページ)
2
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子
(DVI-I 29 ピン)
コンピュータの DVI 出力端子と接続します。
( 31 ページ)
添付の DVI-RGB 変換アダプタを接続すると、
コンピュータのコンピュータ信号(アナログ)
のディスプレイ出力端子と接続できます。
( 33 ページ)
適応機種
NP405J
PC コントロール
5
5
コ ン ピ ュ ー タ の デ ィ ス プ レ イ 出 力 端 子 や、
DVD プレーヤなどのコンポーネント出力端
子と接続します。( 31, 36, 38 ページ)
コンピュータ音声入力端子
(ステレオ・ミニ)
コンピュータまたは DVD プレーヤなどの音
声出力端子と接続すると、本機のスピーカか
ら音が出せます。( 31, 36 ページ)
本機のスピーカから出力される音声はモノラ
ルです。
4
4
モニタ出力(コンピュータ 1)端子
(ミニ D-Sub 15 ピン)
コンピュータ 1 映像入力端子の映像信号を出
( 34 ページ)
力します。
6
S- ビデオ映像入力端子(ミニ DIN-4
ピン)
ビデオデッキや DVD プレーヤなどの S 映像
( 35, 38 ページ)
出力端子と接続します。
7
ビデオ映像入力端子(RCA- フォノ)
ビデオデッキや DVD プレーヤなどの映像出
( 35, 38 ページ)
力端子と接続します。
8
コンピュータ 2 映像入力端子
(ミニ D-Sub 15 ピン)
3
添付品や名称を確認する
8
S- ビデオ/ビデオ音声入力端子
(RCA- フォノ)
ビデオデッキや DVD プレーヤなどの音声出
( 35 ページ)
力端子と接続します。
9
PC コントロール端子(D-Sub 9 ピン)
コンピュータで本機を操作するときに使用し
ます。
10 LAN ポート(LAN)(RJ-45)
本 機 を LAN に 接 続 す る と、 本 機 の HTTP
サーバ機能を利用し、コンピュータで Web
ブラウザを使用して本機を制御することがで
きます。( 39 ページ)
音声出力端子(ステレオ・ミニ)
本機から投写されている映像の音声信号を出
力します。( 34 ページ)
音声出力端子に音声ケーブルを接続すると、
本機のスピーカから音声が出なくなります。
21
1-4. リモコン各部の名称
1
1
3
2
4
6
5
7
9
COMPUTER
リモコン送信部
赤外線によるリモコン信号が送信されます。
本体のリモコン受光部に向けて操作してくだ
さい。
2
電源 入 ボタン
約 1 秒押して、スタンバイ時(電源インジケー
タがオレンジ色※ に点灯)に本機の電源を入
れます。
(※スタンバイモードが「ノーマル」
に設定されているとき)
3
電源 切 ボタン
一度押して電源オフ確認メッセージを表示し
てもう一度 切 (または ENTER (決定) )ボタン
を押すと、本機の電源が切れます(スタンバ
イ状態)。
8
4
10
5
部分拡大
ボタン
画面の拡大・縮小(もとに戻す)をします。
( 61 ページ)
6
7
8
AVミュート ボタン
映像と音声を一時的に消します。もう一度押
( 60 ページ)
すと戻ります。
ページ UP/DOWN ボタン
別売のマウスレシーバをコンピュータに接続
( 68 ページ)
しているときに使用します。
画面のスクロールや、PowerPoint の画面切
り替えなどに使用します。
MENU (メニュー) ボタン
各種設定・調整のオンスクリーンメニューを
表示します。
ボタン
オンスクリーンメニュー操作や 部分拡大
ボタンを使った画面拡大時の表示位置調整に
使用します。( 79,61 ページ)また、コン
ピュータに別売のマウスレシーバを接続して
いるときは、コンピュータのマウスとして動
作します。
( 68 ページ)
9
10
22
ENTER (決定) ボタン
オンスクリーンメニュー表示中は、次の階層
のメニューに進みます。
確認メッセージ表示中は、項目を決定します。
EXIT(戻る) ボタン
オンスクリーンメニュー表示中は、前の階層
のメニューに戻ります。メインメニューに
カーソルがあるときは、メニューを閉じます。
確認メッセージ表示中は、操作を取り消します。
11
12
13
14
マウス L クリック ボタン
別売のマウスレシーバをコンピュータに接続
しているときに使用します。( 68 ページ)
マウスの左ボタンの動作をします。
マウス R クリック ボタン
別売のマウスレシーバをコンピュータに接続
しているときに使用します。( 68 ページ)
マウスの右ボタンの動作をします。
ビデオ ボタン
ビデオ入力を選択します。
S-ビデオ ボタン
S- ビデオ入力を選択します。
15
1
添付品や名称を確認する
16
コンピュータ1 ボタン
コンピュータ 1 入力(またはコンポーネント)
を選択します。
コンピュータ2 ボタン
コンピュータ 2(DVI-I)入力を選択します。
ボタンを押すごとに、コンピュータ信号(デ
ジタル)とコンピュータ信号(アナログ)を
交互に選択します。
適応機種
NP405J
コンピュータ 2 入力(またはコンポーネント)
を選択します。
17
11
13
14
12
15
17
16
19
18
22
19
23
20
21
20
自動調整 ボタン
コンピュータ画面を投写しているときに、最
適な状態に自動調整します。( 56 ページ)
18
エコモード ボタン
エコモード設定画面を表示します。
( 62 ページ)
音量
ボタン
内蔵スピーカの音量を調整します。音声出力
端子の音量も調整します。
アスペクト ボタン
アスペクト調整項目を表示します。
( 91 ページ)
21
映像 ボタン
ボ タ ン を 押 す ご と に、 オ ン ス ク リ ー ン メ
ニューの調整→映像にあるプリセット→コン
トラスト→明るさ→シャープネス→カラー→
色相の映像調整項目を順に表示します。
( 87,89 ページ)
22
23
ヘルプ ボタン
情報画面を表示します。(
105 ページ)
静止 ボタン
表示されている画像が静止画となります。も
う一度押すと戻ります。( 60 ページ)
23
●電池の入れかた
1 リモコン裏面の電池ケースのふたを押し
たまま手前に引き、上に持ち上げて外す。
2 ケース内部に表示している+、−の向きに
合わせて単4乾電池をセットする。
3 もとどおりにふたをする。
ふたの後部には電池ケースに固定するつめがありますの
で、スライドさせて閉めてください。
注意
●
乾電池を交換するときは、2 本とも同じ
種類の単 4 乾電池をお買い求めください。
●リモコンの有効範囲
リモコン送信部を本体前面のリモコン受光部に向けてリモコンを操作してください。
おおよそ次の範囲内でリモコンの信号が受信できます。
リモコン信号をスクリーンに反射させて本体前面のリモコン受光部で受信することも
できます。
【受光範囲】
約7m
30°
リモコン
30°
プロジェクターのリモコン受光部
30°
30°
約7m
(注)有効範囲のイメージを表した図のため実際とは多少異なります。
24
●リモコンの使用上の注意
・ 本機のリモコン受光部やリモコン送信部に明るい光が当たっていたり、途中に障害物があっ
て信号がさえぎられていると動作しません。
・ 本体から約 7m 以内で本体のリモコン受光部に向けて操作してください。
・ リモコンを落としたり、誤った取り扱いはしないでください。
・ リモコンに水や液体をかけないでください。万一ぬれた場合は、すぐにふき取ってください。
・ できるだけ熱や湿気のないところで使用してください。
・ 長期間リモコンを使用しないときは、乾電池を 2 本とも取り出してください。
1
添付品や名称を確認する
25
2. 設置と接続
2-1. 設置と接続の流れ
プロジェクターを設置する場合は、次の流れで行います。
1
3
2
ステップ 1
スクリーンとプロジェクターを設置する(
次ページ)
ステップ 2 コンピュータや DVD プレーヤなどをプロジェクターに接続する
・コンピュータと接続する場合( 31 ページ)
・RGB モニタと接続する場合 ( 34 ページ)
・DVD プレーヤやビデオデッキなどの AV 機器と接続する場合
( 35, 36 ページ)
・書画カメラと接続する場合 ( 38 ページ)
・LAN と接続する場合
( 39 ページ)
ステップ 3
電源コードを接続する(
26
40 ページ)
2-2. スクリーンとプロジェクターを設置する
下図を参照して、適切な画面サイズとなる位置にプロジェクターを設置してください。
注意
●
投写距離は、機種によって異なります。
NP610J/NP510J/NP405J
適応機種
例 1: 100 型スクリーンに投写する場合は、下図より 3.4m 離して設置します。
例 2: スクリーンから 5.1m 離してプロジェクターを設置すると、下図より約 150
型の画面となります。
スクリーンの寸法(単位:cm)
609.6(幅)×457.2(高さ)
30
0型
487.7(幅)×365.8(高さ)
2
1
スクリーンサイズ
設置と接続
24
0型
406.4(幅)×304.8(高さ)
20
0型
304.8(幅)×228.6(高さ)
15
0型
243.8(幅)×182.9(高さ)
12
203.2(幅)×152.4(高さ)
80
121.9(幅)×91.4(高さ)
60
40
0型
型
型
型
8.
位
:
m
投
写
距
離
単
3.
4
2.
0
1.
3
LAMP
STATUS
2.
7
ENTER
AUTOADJ.
4.
1
S
FOCU
MENU
EXIT
SOURCE
5.
1
6.
9
3
レンズ中心
10
.3
162.6(幅)×122.0(高さ)
81.3(幅)×61.0(高さ)
0型
10
参考
●
●
この図のスクリーン寸法は、ズームレバーのテレ(投写面積が最小)側とワイド(投
写面積が最大)側の間の値です。
ズームレバーを操作すると、画面のサイズを約±10%の範囲で変更することができ
ます。
なお、図の各寸法は、設計値のため実際の寸法と多少の誤差がありますので目安と
してください。
投写距離と画面サイズについては、付録の「投写距離とスクリーンサイズ」
(
124 ページ)をご覧ください。
27
NP510WJ/NP410WJ
適応機種
例 1: 100 型スクリーンに投写する場合は、下図より 3.6m 離して設置します。
例 2: スクリーンから 5.5m 離してプロジェクターを設置すると、下図より約 150 型
の画面となります。
スクリーンの寸法(単位:cm)
646.2(幅)×403.9(高さ)
30
0型
516.9(幅)×323.1(高さ)
スクリーンサイズ
24
0型
430.8(幅)×269.2(高さ)
20
0型
323.1(幅)×201.9(高さ)
15
0型
258.5(幅)×161.5(高さ)
12
215.4(幅)×134.6(高さ)
0型
10
172.3(幅)×107.7(高さ)
80
60
86.2(幅)×53.8(高さ)
40
型
型
.9
型
6
投
写
距
離
単
位
:
m
3.
2.
2
2.
1.
4
LAMP
STATUS
9
ENTER
AUTOADJ.
4.
4
S
FOCU
MENU
EXIT
SOURCE
5.
5
7.
3
8.
8
レンズ中心
10
129.2(幅)×80.8(高さ)
0型
参考
●
●
この図のスクリーン寸法は、ズームレバーのテレ(投写面積が最小)側とワイド(投
写面積が最大)側の間の値です。
ズームレバーを操作すると、画面のサイズを約±10%の範囲で変更することができ
ます。
なお、図の各寸法は、設計値のため実際の寸法と多少の誤差がありますので目安と
してください。
投写距離と画面サイズについては、付録の「投写距離とスクリーンサイズ」
(
28
125 ページ)をご覧ください。
NP610SJ
適応機種
例 1: 100 型スクリーンに投写する場合は、下図より 1.51m 離して設置します。
例 2: スクリーンから 1.05m 離してプロジェクターを設置すると、下図より約 70 型
の画面となります。
スクリーンの寸法(単位:cm)
223.5(幅)×167.6(高さ)
11
10
0型
182.9(幅)×137.2(高さ)
90
162.6(幅)×121.9(高さ)
80
156.5(幅)×117.3(高さ)
77
142.2(幅)×106.7(高さ)
70
64
121.9(幅)×91.4(高さ)
60
型
型
2
1
型
型
設置と接続
130.0(幅)×97.5(高さ)
スクリーンサイズ
0型
203.2(幅)×152.4(高さ)
型
1.
51
1.
36
1.
20
1.
16
投
写
距
離
単
位
:
m
1.
0.
0.
90
LAMP
STATUS
96
ENTER
AUTOADJ.
1.
MENU
EXIT
SOURCE
05
FOCUS
67
型
レンズ中心
参考
●
●
この図のスクリーン寸法は、デジタルズーム機能( 51 ページ)の数値が最大(投
写面積が最大)の値です。
デジタルズーム機能を使用すると、画面のサイズを 100 ∼ 80%の範囲で変更する
ことができます。
なお、図の各寸法は、設計値のため実際の寸法と多少の誤差がありますので目安と
してください。
投写距離と画面サイズについては、付録の「投写距離とスクリーンサイズ」
(
126 ページ)をご覧ください。
29
NP510WSJ
適応機種
例 1: 104 型スクリーンに投写する場合は、下図より 1.67m 離して設置します。
例 2: スクリーンから 1.11m 離してプロジェクターを設置すると、下図より約 70 型
の画面となります。
スクリーンの寸法(単位:cm)
224.0(幅)×140.0(高さ)
4型
10
0型
193.9(幅)×121.2(高さ)
90
187.4(幅)×117.1(高さ)
87
172.3(幅)×107.7(高さ)
80
150.8(幅)×94.2(高さ)
70
129.2(幅)×80.8(高さ)
60
122.8(幅)×76.7(高さ)
57
スクリーンサイズ
10
215.4(幅)×134.6(高さ)
型
型
型
型
型
39
1.
1.
投
写
距
離
単
位
:
m
1.
11
95
0.
0.
90
LAMP
STATUS
1.
ENTER
AUTOADJ.
28
FOCUS
MENU
EXIT
SOURCE
1.
44
1.
60
レンズ中心
67
型
参考
●
●
この図のスクリーン寸法は、デジタルズーム機能( 51 ページ)の数値が最大(投
写面積が最大)の値です。
デジタルズーム機能を使用すると、画面のサイズを 100 ∼ 80%の範囲で変更する
ことができます。
なお、図の各寸法は、設計値のため実際の寸法と多少の誤差がありますので目安と
してください。
投写距離と画面サイズについては、付録の「投写距離とスクリーンサイズ」
(
30
127 ページ)をご覧ください。
2-3. コンピュータと接続する
コンピュータ側のディスプレイ出力端子(ミニ D-Sub15 ピン)と、本機のコンピュー
タ 1 映像入力端子を、添付のコンピュータ接続ケーブルで接続します。
コンピュータ側が DVI 出力端子の場合は、市販の DVI 信号ケーブルで本機のコン
ピュータ 2(DVI-I)映像入力端子に接続します。そのとき、コンピュータ側が DVI-I
出力端子の場合は、デジタル/アナログの両方の信号を入力できます。
添付の DVI-RGB 変換アダプタを使用すると、コンピュータのコンピュータ接続ケー
ブル(アナログ)を本機のコンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子に接続することがで
きます。
ミニプラグ音声
ケーブル(市販)
2
1
PHONE
設置と接続
DVI-D信号
ケーブル(市販)
適応機種
NP405J
コンピュータ接続
ケーブル(市販)*
コンピュータ2(DVI-I)入力
音声入力
コンピュータ2 入力
音声入力
コンピュータ1入力
音声入力
* コンピュータ接続ケーブルは 1 本
添付されています。2 本必要な場
合は、市販品のコンピュータ接続
ケーブルを使用してください。
接続後左右のつまみ(ネジ)
を回して固定します。
コンピュータ接続ケーブル(添付)
ミニプラグ音声
ケーブル(市販)
PHONE
コンピュータによって、端子の名称、位置や向きが異なります
ので、コンピュータの取扱説明書でご確認ください。
31
●本機の電源を入れたあとに接続端子に応じた入力端子名を選択してください。
接続端子
本体の 入力切替 ボタン
コンピュータ1映像入力端子
コンピュータ1
NP610J/NP510J/
NP510WJ/NP410WJ/
NP610SJ/NP510WSJ
コンピュータ2
(DVI-I)映像入力
コンピュータ2(デジタル)
または
コンピュータ2(アナログ)
適応機種
端子
適応機種
NP405J
コンピュータ 2 映像入力端子
注意
●
●
●
●
●
32
コンピュータ1
コンピュータ2
(押すごとに切
↓
り替わる)
コンピュータ2
コンピュータ2
コンピュータや本機の電源を切ってから接続してください。
音声ケーブルをヘッドフォン端子と接続する場合、接続する前にコンピュータの音
量を低めに調整してください。そして、コンピュータと本機を接続して使用する際
に、本機の音量とコンピュータの音量を相互に調整し、適切な音量にしてください。
コンピュータにミニジャックタイプの音声出力端子がある場合は、その端子に音声
ケーブルを接続することをおすすめします。
当社製のビデオユニット(形名 ISS-6020J)のビデオデコード出力には対応してい
ません。
スキャンコンバータなどを介してビデオデッキを接続した場合、早送り・巻き戻し
再生時に正常に表示できない場合があります。
適応機種
●
コンピュータ 2
リモコンのボタン
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
コンピュータ 2(デジタル)入力時の注意事項
・ DVI 信号ケーブルは、DDWG Revision1.0 に準拠した 5 m以内のものを使用し
てください。
・ DVI 信号ケーブルは、シングル/デュアルのどちらのタイプも使用できます。
ただし、デュアル伝送はサポートしていません。
・ DVI 信号ケーブルを接続するときは、本機とコンピュータの電源が切れた状態
で行ってください。
・ DVI(デジタル)信号を投写する際は、ケーブル接続後、まず本機の電源を入れ、
コンピュータ 2(デジタル)入力を選択します。最後にコンピュータを起動し
てください。
上記の手順どおりに操作しないと、映像が投写されないことがあります。映像
が投写されない場合はコンピュータを再起動してください。
・ コンピュータのグラフィックカードによっては、アナログ RGB(D-Sub)と
DVI(または DFP)の両端子を有するものがあります。この場合、D-Sub 端子
にコンピュータ接続ケーブルを接続していると、DVI デジタル信号が出力され
ないものがあります。
・ 本機の電源が入っているときに DVI 信号ケーブルを抜かないでください。一度
抜いて、再度接続した場合、映像が正常に投写されないことがあります。その
場合はコンピュータを再起動してください。
・ 本機のコンピュータ 2(デジタル)入力は、VGA(640 × 480)、SVGA(800 ×
600)、XGA(1024 × 768)、1152 × 864、WXGA(1280 × 800 /垂直走査
周波数 60Hz まで)、および SXGA(1280 × 1024 /垂直走査周波数 60Hz まで)
に対応しています。
参考
●
●
コンピュータ 1 映像入力端子は、Windows のプラグ・アンド・プレイに対応して
います。(NP405J はコンピュータ 2 映像入力端子も同様に対応しています。)
さらに下記のようにコンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子にコンピュータ信号(ア
ナログ)を接続した場合も、プラグ・アンド・プレイに対応しています。
Macintosh との接続では、Macintosh 用信号アダプタ(市販品)が必要になる場合
があります。
適応機種
●
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
添付の DVI-RGB 変換アダプタを使用すると、2 系統のコンピュータ信号(アナログ)
を接続することができます。
ただし、DVI-RGB 変換アダプタを使用しないときは、本機から取り外してください。
DVI-RGB 変換アダプタを常時付けたままにしておくと、端子部の故障の原因とな
ります。
コンピュータ2(DVI-I)入力
コンピュータ1入力
2
1
設置と接続
DVI-RGB 変換アダプタ
(添付)
コンピュータ接続ケーブル
(市販)*
コンピュータ接続
ケーブル
(添付)
* コンピュータ接続ケーブルは 1 本添付されています。2 本必要な場合は、市販品の
コンピュータ接続ケーブルを使用してください。
33
2-4. RGB モニタと接続する
図のように、デスクトップコンピュータと本機を接続したときなど、本機で投写して
いる画面と同じ画面を、手もとのディスプレイにも表示(モニタ)して確認できます。
コンピュータ 1 映像入力端子に入力された信号だけがモニタ出力(コンピュータ 1)
端子から出力されます。
音声出力
モニタ出力(コンピュータ1)
コンピュータ接続ケーブル
(ディスプレイに添付または市販)
ディスプレイによって、端子の
名称、位置や向きが異なります
ので、ディスプレイの取扱説明
書でご確認ください。
音声
入力
コンピュータ
接続ケーブル
(添付)
ミニプラグ音声
ケーブル(市販)
PHONE
ミニプラグ音声
ケーブル(市販)
注意
34
本機のモニタ出力(コンピュータ 1)端子は、1 台のディスプレイへ映像信号を出
力するためのものです。
複数のディスプレイやプロジェクターを連続してつなぐような使いかたはできません。
● 本機の音声出力端子に音声ケーブルを接続すると、本機のスピーカから音声が出な
くなります。
●
2-5. DVD プレーヤなどの AV 機器と接続する
ビデオ信号/ S- ビデオ信号の接続
DVD プレーヤ、テレビチューナなどのビデオ機器の映像を投写する場合は、市販の
ケーブルを使用してください。
本機の内蔵スピーカはモノラルですので、ビデオ機器の音声はオーディオ機器に接続
することをおすすめします。
S-ビデオ入力
音声入力
ビデオ入力
2
1
設置と接続
S-ビデオケーブル(市販)
ビデオケーブル(市販)
オーディオケーブル
(市販)
機器によって、端子の名
称、位置や向きが異なり
ますので、機器の取扱説
明書でご確認ください。
左 右
音声出力
ビデオ S-ビデオ
映像出力
音声入力
左 右
オーディオケーブル(市販)
●本機の電源を入れたあとに接続端子に応じた入力端子名を選択してください。
接続端子
ビデオ映像入力端子
S- ビデオ映像入力端子
注意
●
本体の 入力切替 ボタン
ビデオ
S- ビデオ
リモコンのボタン
ビデオ
S-ビデオ
ビデオと S- ビデオの音声入力端子は共用です。
35
コンポーネント信号の接続
DVD プレーヤの色差出力端子(DVD 映像出力)やハイビジョンビデオなどの YPbPr
出力端子(HD 映像出力)を使って本機で投写することができます。
DVD プレーヤの音声はオーディオ機器に接続することをおすすめします。
適応機種
音声入力
コンピュータ1入力
音声入力
コンピュータ1入力
NP405J
コンピュータ2入力
音声入力
音声入力
コンポーネントビデオ変換
アダプタ
(別売品:形名ADP-CV1E)
コンポーネントビデオ変換アダプタ
(別売品:形名ADP-CV1E)
ミニプラグ−RCAプラグ変換ケーブル
(市販)
コンポーネントビデオ
ケーブル(市販)
ミニプラグ−RCAプラグ
変換ケーブル(市販)
音声入力
Y
Cb
Cr
コンポーネント出力
左
左
右
右
音声出力
機器によって、端子の名称、
位置や向きが異なりますの
で、機器の取扱説明書でご
確認ください。
オーディオ
ケーブル(市販)
●本機の電源を入れたあとに接続端子に応じた入力端子名を選択してください。
接続端子
リモコンのボタン
コンピュータ1
コンピュータ1
NP405J
コンピュータ 2 映像入力端子
コンピュータ 2
コンピュータ2
適応機種
36
本体の 入力切替 ボタン
コンピュータ1映像入力端子
参考
●
通常は自動でコンピュータ信号とコンポーネント信号を判別して切り替えますが、
判別できない場合は、本機のオンスクリーンメニューからセットアップ→オプショ
ン(1)→信号選択→コンピュータ 1 の設定画面でコンピュータ信号を「コンポーネ
ント」に設定してください。( 102 ページ)
適応機種
NP405J
セットアップ→オプション(1)→信号選択→コンピュータ 1 またはコンピュータ 2
の設定画面でコンピュータ信号を「コンポーネント」に設定してください。
( 102 ページ)
● D 端子付きの映像機器と接続する場合は、別売の D 端子変換アダプタ(形名 ADPDT1E)をお使いください。
2
1
設置と接続
37
2-6. 書画カメラと接続する
本機に市販の書画カメラを接続すると、印刷された資料や立体をスクリーンに投写す
ることができます。
NP405J
適応機種
ビデオ入力
S-ビデオ入力
コンピュータ1入力
コンピュータ1入力
音声入力
コンピュータ2入力
書画カメラによって、端子の名称、
位置や向きが異なりますので、書
画カメラの取扱説明書でご確認く
ださい。
コンピュータ接続ケーブル(添付)
VIDEO
ビデオケーブル(市販)
S-ビデオケーブル
(市販)
S-VIDEO
●本機の電源を入れたあとに接続端子に応じた入力端子名を選択してください。
接続端子
コンピュータ1映像入力端子
NP405J
コンピュータ 1 映像入力端子
適応機種
または
コンピュータ 2 映像入力端子
ビデオ映像入力端子
S- ビデオ映像入力端子
38
本体の 入力切替 ボタン
リモコンのボタン
コンピュータ1
コンピュータ1
コンピュータ1
または
コンピュータ 2
コンピュータ1
ビデオ
S- ビデオ
または
コンピュータ2
ビデオ
S-ビデオ
2-7. LAN と接続する(NP405J を除く)
適応機種
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
本機には LAN ポート(RJ-45)が標準装備されています。LAN ケーブルを接続する
と HTTP サーバ機能を使って本機に LAN の設定が行えます。本機を LAN 環境で使
用する場合は、本機に IP アドレスなどを設定する必要があります。本機への LAN の
設定について詳しくは、
「4-7. HTTP を使用したブラウザによるネットワークの設定」
( 69 ページ)をご覧ください。
接続例
サーバ
2
1
設置と接続
HUBなど
カテゴリ5以上に対応
したケーブルを使用し
てください。
LANケーブル(市販)
LAN
39
2-8. 電源コードを接続する
本機の AC IN 端子と、AC100V のコンセントを、添付の電源コードで接続します。
電源コードを接続し、主電源スイッチを「I(入)」にすると、本機の電源インジケー
タがオレンジ色※に点灯します(スタンバイ状態)。
また、ステータスインジケータが緑色※に点灯します。
※
いずれもスタンバイモードが「ノーマル」に設定されているときのインジケータ表
示です。( 122 ページ)
AC
IN
∼
しっかり差し込んで
ください。
注意
40
電源を切ったとき、および投写中に AC 電源を切断したときは、一時的
に本体が高温になることがあります。取り扱いに注意してください。
3. 映像を投写する(基本操作)
3-1. 映像を投写する流れ
ステップ 1
本機の電源を入れる(
次ページ)
ステップ 2
入力信号を選択する(
45 ページ)
ステップ 3
48 ページ)
3
映像を投写する︵基本操作︶
投写画面の位置と大きさを調整する(
台形歪みを調整する( 53 ページ)
ステップ 4
映像や音声を調整する
・画質を調整する場合( 56 ページ)
・本機の音量を調整する場合( 57 ページ)
ステップ 5
プレゼンテーションを行う
ステップ 6
本機の電源を切る(
58 ページ)
ステップ 7
あとかたづけ(
59 ページ)
41
3-2. 本機の電源を入れる
準備:
「2. 設置と接続」
(
重要
●
●
26 ページ)を参照のうえ、機器の接続を行ってください。
本機の電源コードの取り付けは、主電源スイッチが「 (切)」の状態で行ってくだ
さい。主電源スイッチが「I(入)」の状態で電源コードの取り付けを行うと、故障
の原因となります。
本機の電源の入/切は、「主電源スイッチ」と「 ボタン(リモコンは電源 入
切 ボタン)
」の 2 段階の操作で行います。
●電源を入れる( このページ)
1 主電源スイッチを「 I(入)」にする。
本機がスタンバイ状態になります。
2
ボタン(リモコンは電源 入 ボタン)を約 1 秒以上押す。
本機の電源が入ります。
●電源を切る( 58 ページ)
1
ボタン(リモコンは電源 切 ボタン)を押す。
画面に確認メッセージが表示されます。
2 もう一度 ボタン(リモコンは電源 切 ボタン)を押す。
本機がスタンバイ状態になります。
3 主電源スイッチを「 (切)」にする。
本機の電源が切れます。
1 レンズからレンズキャップを取り外す。
注意
●
ひもを持ってレンズキャップを引っ張ら
ないでください。故障の原因となります。
U
M
EN
ENTER
EXIT
M
EN
U
ENTER
EXIT
42
2 主電源スイッチを「I(入)」にする。
しばらくするとスタンバイ状態になります。
スタンバイ状態になると、電源インジケータが
オレンジ色で点灯します。また、ステータスイ
ンジケータが緑色で点灯します。(いずれもスタ
ンバイモードが「ノーマル」に設定されている
とき)
AC
IN
3 スタンバイ状態になったのを確認し、
∼
本体
リモコン
ボタンを約1秒押す。
参考
「セキュリティロック中です。」が表示さ
れたときは、セキュリティキーワードが
( 65 ページ)
設定されています。
● エコメッセージを表示したときは、エコ
メッセージの表示が「オン」に設定され
( 96 ページ)
ています。
●
ボタンや MENU (メニュー) ボタンなど
を押すとビープ音を出します。ビープ音
を出したくないときは、オンスクリーン
メニューで「オフ」に設定できます。
( 102 ページ )
●
3
スタンバイ状態
準備中
オレンジ点灯
緑点滅
映像を投写する︵基本操作︶
ステータスインジケータが消灯し、しばらくし
て電源インジケータが点滅し始めます。その後、
スクリーンに映像が投写されます。
・ リモコンで操作する場合は、電源 入 ボタン
を約1秒押します。
・ 信号が入力されていないときは、青い画面(ブ
ルーバック:工場出荷状態)が投写されます。
・ 映像がぼやけている場合は、フォーカス機能を
使って画面のフォーカスを合わせてください。
( 52 ページ)
オン状態
緑点灯
約1秒押す
43
・ ご購入後はじめて電源を入れたときは
LANGUAGE 画面が表示されます。次のよう
に操作して「日本語」を選択してください。
❶
ボタンを押して、カーソルを
「日本語」に合わせる。
本体
リモコン
❷ ENTER (決定) ボタンを押す。
オンスクリーンメニューの表示が日本語に
設定され、オンスクリーンメニューが消え
ます。
注意
●
●
●
●
●
●
●
44
本機の主電源スイッチを「○(切)
」にしたあと、再び主電源スイッチを「l(入)」
にする際は、必ず約 1 秒以上の間隔をあけてください。
主電源スイッチを切ったあと瞬時に主電源スイッチを入れると、故障の原因となり
ます。また、本機をスイッチ付きのテーブルタップやブレーカなどに接続している
場合も、電源を切ったあとに再び電源を入れる際は、必ず約 1 秒以上の間隔をあけ
てください。
本機の電源が入っている間は、レンズからレンズキャップを外しておいてください。
高温になりレンズキャップが変形します。
次のような場合は、 ボタンを押しても電源が入りません。
・ 内部の温度が異常に高いと保護のため電源は入りません。しばらく待って(内部
の温度が下がって)から電源を入れてください。
・ ランプの交換時間(目安)※ がきた場合は電源が入りません。ランプを交換してく
ださい。※保証時間ではありません。
・
ボタンを押している間にステータスインジケータがオレンジ色に点灯する場
合は本体キーロックが設定されています。本体キーロックを解除してください。
( 99 ページ)
・ 電源を入れてもランプが点灯せず、ステータスインジケータが点滅(6 回周期の
点滅)している場合は、1 分以上待って再度電源を入れてください。
電源インジケータが点滅中は電源を切ることができません。
電源を入れたとき、ランプが安定して点灯するまで(3 ∼ 5 分)映像がちらつく場合
があります。これはランプの特性上発生するもので故障ではありません。
電源を入れたとき、ランプが明るくなるまで時間がかかる場合があります。
ランプの消灯直後に電源を入れると、しばらくの間冷却ファンのみが回転し、その
あとスクリーンに映像が投写されます。
3-3. 入力信号を選択する
信号選択画面から選択する
1 本機に接続しているコンピュータや
DVD プレーヤなどの電源を入れる。
DVD プレーヤなどの映像を投写するときは、再
生(PLAY)操作をしてください。
2
入力切替 ボタンを短く押す。
信号選択画面が表示されます。
3
入力切替 ボタンを数回短く押して、
投写したい入力信号にカーソルを合
わせる。
入力切替 ボタンを短く押すたびに、次の入力信
号にカーソルが移動します。
ENTER (決定) ボタンを押す。
3
映像を投写する︵基本操作︶
4
N P610J / N P510J / N P510W J /
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ の
信号選択画面
・ ENTER (決定) ボタンを押さずに約 2 秒経過す
ると、カーソルが合っている信号に自動的に
切り替わります。
投写する入力信号を自動検出する
NP405J の信号選択画面
1 本機に接続しているコンピュータや
DVD プレーヤなどの電源を入れる。
DVD プレーヤなどの映像を投写するときは、再
生(PLAY)操作をしてください。
2
入力切替 ボタンを2秒以上押す。
投写可能な信号を自動検出します。
・ 2 秒以上 入力切替 ボタンを押すたびに、コ
ンピュータ 1 →コンピュータ 2(デジタル)
→コンピュータ 2(アナログ)→ビデオ→ Sビデオと映像(入力信号)が切り替わります。
入力信号がないときは次の信号に移ります。
適応機種
NP405J
・ 2 秒以上 入力切替 ボタンを押すたびに、コ
ンピュータ 1 →コンピュータ 2 →ビデオ→ Sビデオと映像(入力信号)が切り替わります。
入力信号がないときは次の信号に移ります。
45
リモコンのダイレクトボタンを押して選択する
1 本機に接続しているコンピュータや
DVD プレーヤなどの電源を入れる。
DVD プレーヤなどの映像を投写するときは、再
生(PLAY)操作をしてください。
2 リモコンの
ビデオ 、 S-ビデオ 、
コンピュータ1 、 コンピュータ2 ※ボタ
ンを押す。
適応機種
NP610J/NP510J/NP510WJ/
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
※
コンピュータ2 ボ タ ン は 押 す ご と に、 コ ン
ピュータ信号(デジタル)とコンピュータ信号
(アナログ)を交互に選択します。
COMPUTER
自動的に信号を選択する
入力信号を選択する操作を省略(自動化)する
ことができます。
1 オンスクリーンメニューの「セット
アップ」→「オプション(2)」→「初
期入力選択」を選択する。
選択画面が表示されます。
・ オンスクリーンメニューの操作については、
「5-1. オンスクリーンメニューの基本操作」を
ご覧ください。( 79 ページ)
2 電源を入れたときに自動的に選択す
る信号を選択し、 ENTER (決定) ボタン
を押す。
次回本機の電源を入れたときに自動的に選択され
る信号として設定されます。
N P610J / N P510J / N P510W J /
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ の
初期入力選択画面
3
EXIT(戻る) ボタンを 3 回押す。
オンスクリーンメニューが消えます。
4 本機の電源を入れなおす。
手順
46
で設定した信号が自動的に投写されます。
NP405J の初期入力選択画面
参考
本機とコンピュータをコンピュータ接続ケーブルで接続し本機をスタンバイ状態に
しているとき、コンピュータから出されたコンピュータ信号を感知して自動的に本
機の電源を入れてコンピュータ画面を投写することができます(オートパワーオン
(COMP1))。( 104 ページ )
● 入力信号がないときは、青い画面(ブルーバック:工場出荷状態)が表示されます。
DVD プレーヤなどは再生(PLAY)操作をしてください。
● ノートブックコンピュータの画面がうまく投写できない場合
ノートブックコンピュータの外部出力(モニタ出力)設定を外部に切り替えてくだ
さい。
・ Windows の場合はファンクションキーを使います。
)などの絵表示や(LCD/VGA)の表示があるファン
Fn キーを押したまま(
クションキーを押すと切り替わります。しばらく
(プロジェクターが認識する時間)
すると投写されます。
通常、キーを押すごとに「外部出力」→「コンピュータ画面と外部の同時出力」→「コ
ンピュータ画面」…と繰り返します。
●
【コンピュータメーカーとキー操作の例】
MSI
Fn + F3
NEC、Panasonic、SOTEC、MITSUBISHI、Everex
Fn + F4
HP、Gateway
Fn + F5
ACER、TOSHIBA、SHARP、SOTEC
Fn + F7
SONY、IBM、Lenovo、HITACHI
Fn + F8
DELL、ASUS、EPSON、HITACHI
Fn + F10
FUJITSU
3
映像を投写する︵基本操作︶
Fn + F2
※ 詳しい操作は、お使いのコンピュータの取扱説明書をご覧ください。
表に記載されていないメーカーのノートブックコンピュータをお使いの場合は、
ノートブックコンピュータのヘルプ、または取扱説明書をご覧ください。
・ Macintosh PowerBook は、ビデオミラーリングの設定を行います。
・ それでも投写しない場合は本体の 入力切替 ボタンを 2 秒以上押してください。
( 45 ページ)
47
3-4. 投写画面の位置と大きさを調整する
チルトフット、ズーム機能、フォーカス機能などを操作して、投写画面の位置や大
きさを調整します。
投写角度(投写画面の高低)の調整
【チルトフット】(
次ページ)
投写画面の大きさの微調整【ズーム機能】
(
50 ページ)
投写画面の台形歪み補正【台形補正】※(
左右の傾きの調整【リアフット】
(
50 ページ)
投写画面のフォーカス調整
【フォーカス機能】(
52 ページ)
53 ページ)
※台形歪み補正については、「3-5. 台形歪みを調整する」をご覧ください。
( 53 ページ)
台形歪み補正を自動で調整することもできます(自動台形補正)。
( 54 ページ)
※ここでは、本機に接続しているケーブル類を省略したイラストにしています。
48
投写角度(投写画面の高低)の調整(チルトフット)
1 本機の前部を持ち上げる。
2 チルトレバーを押し上げる。
チルトフットのロックが外れ、チルトフットが
伸縮します。
1
EN
M
U
ENTER
EXIT
注意
●
投写中は排気口付近が高温になる場合
があります。チルトフットの調整の際
はご注意ください。
2
チルトレバー
チルトフット
チルトレバー
1
3
M
EN
U
ENTER
EXIT
映像を投写する︵基本操作︶
3 チルトレバーを押したまま、本機の
投写角度を調整する。
4 角度を固定したいところでチルトレ
バーから指を離す。
ENTER
NU
●
ME
注意
EXIT
チルトフットがロックされ、投写角度が固定さ
れます。
・ チルトフットは、最大 38mm 伸ばすことが
できます。
・ チルトフットにより、本機を最大 10 °傾け
ることができます。
・ チルトフットを指でまわすと高さの微調整が
できます。
4
3
チルトフットは、本機の投写角度調整以外の用途には使用しないでください。
チルトフット部分を持って運んだり、壁に掛けて使用するなどの誤った取り扱いを
すると、故障の原因となります。
49
投写画面の左右の傾き調整(リアフット)
1 リアフットの固定用ゴムを取り外す。
取り外した固定用ゴムはなくさないように保管
してください。
リアフット
固定用ゴム
2 リアフットを回す。
リアフットを回すと、リアフットが伸縮し、左右の傾きを調整できます。
・ リアフットは、最大 10mm 伸ばすことができます。
・ 本機を正面から見て左側のリアフットしか伸縮しません。
伸びる
注意
●
●
縮む
リアフットは 10mm 以上伸ばさないでください。無理に伸ばそうとすると、リア
フットの取り付け部分が不安定になり、リアフットが本体から外れます。
プロジェクターの使用が終わったら、リアフットに固定用ゴムを取り付けてリアフッ
トの長さをもとに戻してください。
投写画面の大きさの微調整(ズーム機能)
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
この機種では、ズームレバーを使ってズーム操作ができます。
1 ズームレバーを左右に動かす。
ズームレバー
EN
M
U
ENTER
EXIT
50
適応機種
NP610SJ/NP510WSJ
この機種では、オンスクリーンメニューのデジタルズーム機能を使ってズーム操作が
できます。
1
MENU (メニュー) ボタンを押す。
オンスクリーンメニューが表示されます。
2
ボタンを押して、
「セットアップ」
にカーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタ
ンを押す。
3 「全般」にカーソルがあることを確認し、
ボタンを押す。
3
5
ボタンを押して、「デジタルズー
ム」にカーソルを合わせる。
映像を投写する︵基本操作︶
4
ボタンを押す。
投写画面の大きさを調整します。
6 調整が終わったら、 EXIT (戻る) ボタンを
3 回押す。
オンスクリーンメニューが消えます。
51
投写画面のフォーカス合わせ(フォーカス機能)
1 フォーカスリングを回す。またはフォーカスレバーを動かす。
フォーカスリング
フォーカスレバー
EXIT
ENTER
ME
NU
EN
M
U
ENTER
EXIT
52
3-5. 台形歪みを調整する(台形補正)
通常、投写画面は、スクリーンに対して垂直に投写されないと、台形の歪みが生じます。
このため、投写角度を調整すると、上下方向に傾きが生じ、画面が歪むことになります。
ここでは、投写画面の台形歪みを調整する手順を説明します。
注意
●
●
台形補正は電気的な補正を行っているため、輝度の低下や画質の劣化が現れる場合
があります。
入力信号の種類およびアスペクトの設定によっては調整範囲が狭くなる場合があり
ます。
3
映像を投写する︵基本操作︶
本体の操作ボタンで調整する
1 オンスクリーンメニューが表示されてい
ないときに、本体の
ボタンを押す。
調整バーが表示されます。
2
ボタンを押して、台形歪みを調整
する。
投写画面の左右が垂直になるように調整します。
3
ENTER (決定) ボタンを押す。
調整バーが消え、台形補正が決定されます。
参考
投写画面にオンスクリーンメニューが表示されている場合は本体の操作ボタンによ
る台形補正はできません。この場合は、MENU (メニュー) ボタンを押してオンスクリー
ンメニューを閉じてから操作を行います。
● 台形補正は、オンスクリーンメニューのセットアップ→全般→台形補正からも行え
ます。なお、手動で調整した値は、台形補正保存で保存しておくことができます。
( 94 ページ)
●
53
リモコンを使って調整する
1
MENU (メニュー) ボタンを押す。
オンスクリーンメニューが表示されます。
2
ボタンを押して、
「セットアップ」
にカーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタ
ンを押す。
3 「全般」にカーソルがあることを確認し、
ボタンを押す。
4
5
ボタンを押して、
「台形補正」に
カーソルを合わせる。
ボタンを押す。
投写画面の左右が垂直になるように調整します。
6 調整が終ったら、
EXIT(戻る) ボタンを 3
回押す。
オンスクリーンメニューが消えます。
自動台形補正で調整する
本体の上下の傾きを感知して、画面の歪みを自動的に補正する機能です。自動台形補
正を行いたい場合は、下の手順で自動台形補正を「オン」に設定します。
1
1
MENU (メニュー) ボタンを押す。
オンスクリーンメニューが表示されます。
2
54
ボタンを押して、
「セットアップ」
にカーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタ
ンを押す。
2
3 「全般」にカーソルがあることを確認し、
ボタンを押す。
4 「自動台形補正」にカーソルがあること
を確認し、 ENTER (決定) ボタンを押す。
5
6
ボタンを押して、「オン」にカー
ソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタンを押
す。
MENU (メニュー) ボタンを押す。
注意
●
●
●
3
映像を投写する︵基本操作︶
オンスクリーンメニューが消えます。
自動台形補正が正しく機能するよう設置の際は、以
下の点をご確認ください。
・ オンスクリーンメニューを閉じたあと、本体では
ボタンで、台形補正の微調整ができます。
・ 自動台形補正は、機種により対応している傾きの
範囲が異なります。
・NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上下約 30°
・NP610SJ/NP510WSJ ・・・・・・・・・・・上下約 20°
・ 自動台形補正は、投写中、投写角度を固定してか
ら約 2 秒後に行われます。
・ 左右の傾き(水平方向の画面の歪み)には、対応
していません。
プロジェクターのレンズ面が、スクリーンに平行
になるように設置してください。
また、リアフットで左右の高さが水平になるよう
に調整してください。
スクリーンが傾いていたり、室温が極端に高温または低温のとき、またレンズのズー
ムを最大または最小にしているときは、自動台形補正できちんと調整できない場合
があります。
入力信号の種類およびアスペクトの設定によっては補正角度が少なくなる場合があります。
自動台形補正は電気的な補正を行っているため、輝度の低下や画質の劣化が現れる
場合があります。
55
3-6. 映像を自動調整する
コンピュータの画面を投写している場合、投写画面の端が切れていたり、映りが悪
いときに、ワンタッチで画質を調整します。
1
自動調整 ボタンを押す。
本体
リモコン
しばらくすると投写画面の表示が自動調整され
ます。
COMPUTER
【映りが悪い画面の例】
参考
●
●
自動調整を行っても表示位置がずれていたり、画面に縦縞が出たりして映りが悪い
場合は、オンスクリーンメニューのクロック周波数、位相、水平、垂直で画面の調
整を行ってください。( 89 ページ)
コンピュータの画面がうまく投写できない場合は、120 ページを参照してください。
適応機種
●
56
【自動調整後の画面の例】
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子にコンピュータ信号(デジタル)を入力して
いるときは自動調整は働きません。
ただし、添付の DVI-RGB 変換アダプタを接続しコンピュータ信号(アナログ)を
入力しているときは自動調整が働きます。
3-7. 本機の音量を調整する
本機の内蔵スピーカの音量を調整します。
本体の操作ボタンで調整する
1 オンスクリーンメニューが表示されて
いないときに、
ボタンを押す。
調整バーが表示されます。
側…音量が大きくなります。
側…音量が小さくなります。
注意
●
オンスクリーンメニューが表示されてい
るとき、および 部分拡大
ボタンで画
ボタン
面を拡大しているときは、
を使った音量調整はできません。
3
1 リモコンの
音量
ボタンを押す。
調整バーが表示されます。
+側…音量が大きくなります。
−側…音量が小さくなります。
参考
映像を投写する︵基本操作︶
リモコンを使って調整する
COMPUTER
ビープ音の音量は調整できません。ビープ音を出したくない場合は、オンスクリー
ンメニューのセットアップ→オプション(1)のビープ音を「オフ」にしてください。
( 102 ページ)
●
57
3-8. 本機の電源を切る
1
ボタンを押す。
本体
リモコン
画面に電源オフ確認メッセージが表示されます。
・ 電源オフ確認メッセージには今回の CO2 削減
量を表示します。
( 63 ページ)
・ リモコンで操作する場合は、電源 切 ボタン
を押します。
2
ENTER (決定) ボタンを押す。
ランプが消灯し、電源が切れスタンバイ状態にな
ります。
スタンバイ状態になると、電源インジケータがオ
レンジ色で点灯します。また、ステータスインジ
ケータが緑色で点灯します。(いずれもスタンバ
イモードが「ノーマル」に設定されているとき)
・ ENTER (決定) ボタンの代わりに、 ボタンま
たは電源 切 ボタンを押しても、電源が切れ
ます。
・ 電源を切らない場合は、
ボタンで「い
いえ」を選んで ENTER (決定) ボタンを押しま
す。
オン状態
スタンバイ
緑点灯
オレンジ
点灯
2回押す
3 スタンバイ状態になったのを確認し、
主電源スイッチを「 (切)」にする。
本機の電源インジケータが消え、主電源が切れま
す。
AC
IN
注意
注意
●
●
58
∼
電源を切ったとき、および投写中に AC 電源を切断したときは、一時的
に本体が高温になることがあります。取り扱いに注意してください。
電源を入れてスクリーンに映像が投写されてからの約 1 分間は、電源を切ることが
できません。
各種の調整を行い調整画面を閉じたあと約 10 秒間は、AC 電源を切断しないでくだ
さい。この間に AC 電源を切断すると、調整値が初期化されることがあります。
3-9. あとかたづけ
準備:本機の主電源スイッチが「 (切)」になっていることを確認してください。
1 電源コードを取り外す。
2 各種信号ケーブルを取り外す。
3 チルトフットおよびリアフットを伸ばしていたら、もとに戻す。
・ リアフットの固定用ゴムを取り外している場合は、取り付けてください。
4 レンズにレンズキャップを取り付ける。
5 本機および添付品をソフトケースに収納する。
本機をソフトケースに収納するときは、下図のように投写レンズのある面が上を
向くように収納してください。
レンズが上になるように
収納してください
3
映像を投写する︵基本操作︶
FOCUS
SUCOF
MENU
T
EXIT
SELEC
LAMP
ENTER
S
SUTATS
PMAL
STATU
DJ.
E
TCELES
.JDAOTUA
ECRUOS
●
TI
X
注意
UNEM
AUTOA
E
SOURC
RET
N
E
本機をソフトケースに収納するときは、チルトフットおよびリアフットを縮めてく
ださい。故障の原因となります。
注意
本機の電源を切ったあとすぐに収納すると、本体がしばらく高温になり
ます。取り扱いに注意してください。
59
4. 便利な機能
4-1. 映像と音声を消去する
1 リモコンの AVミュート ボタンを押
す。
投写されている映像と、内蔵スピーカおよび音声
出力端子から出力されている音声が一時的に消え
ます。
・ もう一度 AVミュート ボタンを押すと、映像と
音声が出ます。
注意
●
参考
●
ビープ音は AVミュート ボタンを押しても消えません。
ビープ音を出したくない場合は、オンスクリーンメニューのセットアップ→オプショ
( 102 ページ)。
ン(1)のビープ音を「オフ」にしてください。
映像は消えますが、メニュー表示は消えません。
4-2. 動画を静止画にする
1 リモコンの 静止 ボタンを押す。
DVD プレーヤの映像を投写しているときなど、
動画が静止画になります。
・ もう一度 静止 ボタンを押すと、動画に戻り
ます。
参考
60
●
COMPUTER
静止 ボタンを押すと、押すときに投写されていた映像を本機のメモリに保存し、
メモリ内の映像(静止画)を投写します。静止画表示中、DVD プレーヤなどの映
像再生は先に進行しています。
4-3. 映像を拡大する
1 リモコンの 部分拡大
ボタンを押す。
押すごとに映像が拡大します。
・最大 4 倍まで拡大できます。
COMPUTER
ボタンを押す。
2
拡大した映像の表示領域が移動します。
3
部分拡大
ボタンを押す。
押すごとに映像が縮小します。
・ もとのサイズに戻ると、それ以上押しても縮小されません。
注意
●
●
信号によっては、4 倍まで拡大できない場合があります。
4
便利な機能
参考
●
拡大および縮小は、画面中央を中心にして拡大および縮小します。
映像を拡大しているときにオンスクリーンメニューを表示すると、拡大は解除され
ます。
61
4-4. エコモードと省エネ効果
エコモードを設定すると、本機の CO2 排出量を削減することができます。エコモー
ドは主にランプの輝度を下げて消費電力を削減します。このためにランプ交換時間(目
安)※を延ばすことにもなります。
エコモードの設定
オフ
オン
ランプの輝度
ランプインジケータの状態
ランプの輝度(明るさ)が 100 %になります。 消灯
明るい画面になります。
ランプの輝度(明るさ)が次のようになります。 緑色で点灯
・NP610J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/
NP510WSJ ……………… 約 70%
・NP510J/NP405J ………… 約 80%
ランプ交換時間(目安)※ が延びます。
ランプの輝度(明るさ)が下がるのと連動し、
冷却ファンの回転数も下がります。
ランプ
ステータス
ランプ
ステータス
※保証時間ではありません。
エコモードに切り替える
1 リ モ コ ン の エコモード ボ タ ン を 押
す。
エコモード選択画面が表示されます。
COMPUTER
ボタンで「オン」を選択し、
2
ENTER (決定) ボタンを押す。
エコモードに設定しエコモード選択画面を閉じ
ます。
注意
●
●
●
●
●
62
オンスクリーンメニューのセットアップ→全般→エコモードでも切り替えることが
できます。
電源を入れたとき、エコモードの設定状態を画面表示で知らせるエコメッセージ機
能があります。オンスクリーンメニューのセットアップ→メニュー設定→エコメッ
セージで設定します。
( 96 ページ)
ランプ残量/ランプ使用時間については、オンスクリーンメニューの情報→使用時
間で確認できます。
( 105 ページ)
電源を入れた直後の約 90 秒間は、常にエコモードは「オン」になります。また、
この間はエコモードの設定を変更しても、状態は変わりません。
本機に入力信号がない状態(ブルーバック、ブラックバック、またはロゴ表示のとき)
のまま約 1 分経過すると、自動的にエコモードは「オン」に切り替わります。その後、
本機が入力信号を感知するとエコモードはもとの状態に戻ります。
注意
●
エコモード「オフ」で使用時、室温が高いことにより本機内部の温度が上昇すると、
一時的にエコモードが「オン」に切り替わることがあります。これは、本機の保護
機能の一つで「強制エコモード」と呼びます。
強制エコモードになると、画面が少し暗くなり、メニュー画面の右下に「 」アイコ
ンが表示されます。
室温を下げたり、ファンモード(
101 ページ)を「高速」に設定したりすること
により、本機内部の温度が下がると、強制エコモードは解除され、エコモード「オフ」
に戻ります。
強制エコモード中は、エコモードの設定を変更しても、状態は変わりません。
省エネ効果を見る(カーボンメータ)
本機のエコモードを「オン」に設定している期間の省エネ効果を CO2 排出削減量で表
示します。この表示を「カーボンメータ」と呼びます。
表示には「総 CO2 削減量」と「今回の CO2 削減量」があります。
「総 CO2 削減量」は本機の工場出荷時から現在までの CO2 削減量(kg)を累積し、メニューの
情報→使用時間に表示します。
( 105 ページ)
4
便利な機能
「今回の CO2 削減量」は電源を入れてエコモードに切り替わってから電源を切るまでの CO2 削
減量(g)を、電源オフ時に表示される電源オフ確認メッセージ内に表示します。
参考
CO2 排出削減量はエコモードが「オフ」設定時の消費電力量と「オン」設定時の消
費電力量の差に CO2 排出係数を掛けて算出※します。
※
CO2 削減量は、OECD(経済協力開発機構)から出版されている CO2 Emissions
from Fuel Combustion (2008 Edition) に基づいて算出しています。
●「総 CO2 削減量」は 15 分単位で記録された値をもとにしています。
● スタンバイモードなどエコモードの設定に左右されない消費電力は計算から除外しま
す。
●
63
4-5. セキュリティを設定して無断使用を防止する
セキュリティキーワードを登録することで、本機を無断で使用されないようにするこ
とができます。
セキュリティを有効に設定すると、本機の電源を入れたときにセキュリティキーワー
ド入力画面が表示され、正しいセキュリティキーワードを入力しなければ投写できな
くなります。
注意
●
セキュリティは、リセットでは解除されません。
セキュリティを有効にする
1
MENU (メニュー) ボタンを押す。
オンスクリーンメニュー画面が表示されます。
2
ボタンで「セットアップ」に
カーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタ
ンを押す。
「全般」にカーソルが移動します。
3
ボタンを押して「設置」にカー
ソルを合わせる。
4
ボ タ ン を 押 し て「 セ キ ュ
リ テ ィ」 に カ ー ソ ル を 合 わ せ、
ENTER (決定) ボタンを押す。
セキュリティ設定画面に変わります。
5
ボ タ ン で「 オ ン 」 を 選 択 し、
ENTER (決定) ボタンを押す。
セキュリティキーワード入力画面が表示されま
す。
6
ボタンの組み合わせでセ
キ ュ リ テ ィ キ ー ワ ー ド を 入 力 し、
ENTER (決定) ボタンを押す。
入力したセキュリティキーワードは「*」で表示
されます。
セキュリティキーワードは 4 個以上 10 個以下の
組み合わせで設定してください。
64
重要
●
セキュリティキーワードは、忘れないよ
うに必ずメモしておいてください。
セキュリティキーワードの再入力画面が表示され
ます。
6 で設定したセキュリティキーワード
7
を再入力し、 ENTER (決定) ボタンを押
す。
確認画面が表示されます。
ボ タ ン で「 は い 」 を 選 択 し、
8
ENTER (決定) ボタンを押す。
セキュリティが有効になります。
セキュリティを有効にしているときの電源の入れかた
1 主電源スイッチを「 |(入)
」にして、
本体
リモコン
ボタンを約 1 秒押す。
2
4
便利な機能
・リモコンで操作する場合は、電源 入 ボタンを
約 1 秒押します。
本機の電源が入り、「セキュリティロック中です。
キーワードを入力してください。
」のメッセージが
表示されます。
MENU (メニュー) ボタンを押す。
セキュリティキーワード入力画面が表示さ
れます。
3 セ キ ュ リ テ ィ キ ー ワ ー ド を 入 力 し、
ENTER (決定) ボタンを押す。
入力したセキュリティキーワードは「*」で表示
されます。
セキュリティロックが一時的に解除され、選択し
ている信号が投写されます。
注意
●
セキュリティロックの解除状態は、主電源
をオフする(主電源スイッチを「○(切)」
にするか、電源コードを抜く)まで保持さ
れます。
65
セキュリティを無効にする
MENU (メニュー) ボタンを押す。
1
メニュー画面が表示されます。
2
ボタンで「セットアップ」にカー
ソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタンを
押す。
「全般」にカーソルが移動します。
3
ボタンを押して「設置」にカー
ソルを合わせる。
4
ボタンを押して「セキュリティ」
にカーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボ
タンを押す。
セキュリティ設定画面に変わります。
ボ タ ン で「 オ フ 」 を 選 択 し、
5
ENTER (決定) ボタンを押す。
セキュリティキーワード入力画面が表示されます。
6 セ キ ュ リ テ ィ キ ー ワ ー ド を 入 力 し、
ENTER (決定) ボタンを押す。
入力したセキュリティキーワードは「*」で表示
されます。
セキュリティが無効になります。
参考
●
キーワードを忘れてしまいセキュリティを解除できなくなった場合は、
お客様お問い合わせ窓口(NEC プロジェクター・カスタマサポートセ
ンター
66
裏表紙)にご連絡ください。
4-6. 別売のマウスレシーバを接続して本機のリモ
コンでコンピュータのマウス操作を行う
別売のマウスレシーバ(形名 NP01MR)をコンピュータに接続すると、本機のリモ
コンでコンピュータのマウス操作を行うことができます。
コンピュータ
マウスレシーバの接続
マウスレシーバのプラグを、コンピュータの
USB ポート(タイプ A)に差し込みます。
コンピュータ
のUSBポートへ
マウスレシーバ
4
●
マウスレシーバは、次の OS において使用できます。
●
Windows Vista/Windows XP/Windows 2000/Windows Me/Windows 98
Mac OS X10.0.0 以降
Windows XP の SP2 より前のバージョンで使用する場合は、
「マウスのプロパティ」
●
●
便利な機能
注意
内の「ポインタオプション」タブの「ポインタの精度を高める」のチェックボック
スをオフに設定してください。
Mac OS 用の PowerPoint を使用しているときは、リモコンの ページ UP/DOWN
ボタンは働きません。
コンピュータの USB ポートからマウスレシーバのプラグを抜いて、再び差し込む
場合は、抜いたあと 5 秒以上おいてから差し込んでください。瞬間的なプラグの抜
き差しを行うと、コンピュータがマウスレシーバを正しく認識できないことがあり
ます。
67
リモコンを使ったコンピュータのマウス操作
リモコンで以下のマウス操作ができます。
・ ページ UP/DOWN ボタン ........... 画面を上下にスクロールしたり、PowerPoint の画面を
切り替えます。
・
ボタン ....................... マウスポインタを移動します。
・ マウス L クリック ボタン .............. マウスの左クリックの働きをします。
・ マウス R クリック ボタン.............. マウスの右クリックの働きをします。
注意
●
●
参考
●
●
本機のオンスクリーンメニューを表示しているときに
ボタンでコンピュー
タのマウス操作を行うと、メニューとマウスポインタの両方が動作します。オンス
クリーンメニューを消した状態でマウス操作を行ってください。
Mac OS 用の PowerPoint を使用しているときは、リモコンの ページ UP/DOWN
ボタンは働きません。
マウスポインタの動く速さは、Windows の「マウスのプロパティ」で調節するこ
とができます。詳しくは、コンピュータのオンラインヘルプまたは取扱説明書をご
覧ください。
本機のリモコンでドラッグ・アンド・ドロップを行えます。
❶ マウスポインタでアイコンを選択する。
❷ マウス L クリック (または マウス R クリック )ボタンを 2 ∼ 3 秒以上押し続けて
離す。
ドラッグモードになります。
❸
ボタンを押す。
選択したアイコンが移動します。
❹ マウス L クリック (または マウス R クリック )ボタンを押す。
アイコンがドラッグ・アンド・ドロップされます。
・ドラッグモードを解除するには、 マウス R クリック (または マウス L クリック )
ボタンを押します。
リモコンの有効範囲
リモコン送信部をマウスレシーバのリモコン受光部に向けてリモコンを操作してくだ
さい。おおよそ次の範囲内でリモコン信号が受信できます。
約7m
30°
30°
リモコン
マウスレシーバのリモコン受光部
68
4-7. HTTP を使用したブラウザによるネッ
トワークの設定(NP405J を除く)
適応機種
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
概要
本機をネットワークに接続すると、本機からメール通知( 72 ページ)を行ったり、
コンピュータからネットワークを経由して本機を制御することができます(制御する
には、別途コントロールソフトをコンピュータにインストールする必要があります)
。
本機への IP アドレスやサブネットマスクなどの設定は、HTTP サーバ機能を使用し
Web ブラウザでネットワーク設定画面を表示して行います。なお、Web ブラウザは
「Microsoft Internet Explorer 6.0」以上を必ず使用してください。
本機は「JavaScript」および「Cookie」を利用していますので、これらの機能が利
用可能な設定をブラウザに対して行ってください。設定方法はバージョンにより異な
りますので、それぞれのソフトにあるヘルプなどの説明を参照してください。
HTTP サーバ機能へのアクセスは、本機とネットワークで接続されたコンピュータで
Web ブラウザを起動し、以下の URL を入力することで行えます。
・ネットワーク設定
http://〈本機の IP アドレス〉/index.html
・メール通知設定
http://〈本機の IP アドレス〉/lanconfig.html
●
●
注意
●
●
便利な機能
参考
4
工場出荷時あるいはリセット後の IP アドレスは、
「192.168.0.10」です。
コントロールソフトは、当社のホームページからダウンロードしてください。
ご使用のネットワーク環境によっては、表示速度やボタンの反応が遅くなったり、
操作を受け付けなかったりすることがあります。その場合は、ネットワーク管理者
にご相談ください。
また続けてボタン操作を行うとプロジェクターが応答しなくなることがあります。
その場合はしばらく待ってから再度操作を行ってください。しばらく待っても応答
がない場合は、本機の電源を入れなおしてください。
Web ブラウザでネットワーク設定画面が表示されない場合は、Ctrl +F5 キーを押
して Web ブラウザの画面表示を更新してください。
使用前の準備
ブラウザによる操作を行う前にあらかじめ本機に市販の LAN ケーブルを接続してく
ださい。( 39 ページ)
プロキシサーバの種類や設定方法によっては、プロキシサーバを経由したブラウザ操
作ができないことがあります。プロキシサーバの種類にもよりますがキャッシュの効
果により実際に設定されているものが表示されない、ブラウザから設定した内容が反
映しないなどの現象が発生することがあります。プロキシサーバはできるだけ使用し
ないことを推奨します。
69
ブラウザによる操作のアドレスの扱い
ブラウザによる操作に際しアドレスまたは URL 欄に入力する実際のアドレスについ
てネットワーク管理者によってドメインネームサーバへ本機の IP アドレスに対する
ホスト名が登録されている場合、または使用しているコンピュータの「HOSTS」ファ
イルに本機の IP アドレスに対するホスト名が設定されている場合には、ホスト名が
そのまま利用できます。
(例 1) 本機のホスト名が「pj.nec.co.jp」と設定されている場合
ネットワーク設定へのアクセスはアドレスまたは URL の入力欄へ
http://pj.nec.co.jp/index.html と指定します。
(例 2) 本機の IP アドレスが「192.168.73.1」の場合
ネットワーク設定へのアクセスはアドレスまたは URL の入力欄へ
http://192.168.73.1/index.html と指定します。
ネットワーク設定
http://〈本機の IP アドレス〉/index.html
DHCP
本機を接続するネットワークが、DHCP サーバによって IP アドレ
スを自動的に割り当てる場合は、「ENABLE」を選択します。自動
的に割り当てられない場合は、「DISABLE」を選択し、下の「IP
ADDRESS」、「SUBNET MASK」、および「DEFAULT GATEWAY」
を設定してください。
[参考]
● DHCP を「ENABLE」にして割り当てられた IP アドレスは、
オンスクリーンメニューの情報→有線 LAN の画面で確認でき
ます。
IP ADDRESS
DHCP が「DISABLE」の場合に、本機を接続するネットワークに
おける本機の IP アドレスを設定します。
[参考]
● 設定した IP アドレスは、オンスクリーンメニューの情報→有線
LAN の画面で確認できます。
SUBNET MASK
DHCP が「DISABLE」の場合に、本機を接続するネットワークの
サブネットマスクを設定します。
DEFAULT GATEWAY
DHCP が「DISABLE」の場合に、本機を接続するネットワークの
デフォルトゲートウェイを設定します。
70
DNS(PRIMARY)
本機を接続するネットワークの優先 DNS サーバの IP アドレスを設
定します。
DNS(SECONDARY) 本機を接続するネットワークの代替 DNS サーバの IP アドレスを設
定します。
UPDATE
参考
●
設定を反映させます。
[注意]
● UPDATE ボタンを押したあとは、プロジェクターで設定が自
動的に反映されますので、ブラウザを一度閉じてください。
オンスクリーンメニューのリセットで「ネットワーク設定」を選択した場合、以下
の項目が工場出荷時状態に戻ります。
DHCP:DISABLE
IP ADDRESS:192.168.0.10
SUBNET MASK:255.255.255.0
DEFAULT GATEWAY:192.168.0.1
DNS(PRIMARY)と DNS(SECONDARY)は変更されません。
4
便利な機能
71
メール通知
http://〈本機の IP アドレス〉/lanconfig.html
本機をネットワークに接続して使用しているとき、本機のランプ交換時期や各種エ
ラーが発生したときに、本機の状態をEメールでコンピュータなどへ通知します。
HOST NAME
本機のホスト名を設定します。
英数字 不明な場合は、本機を表す任意の文字列を入力し 最大 60 文字
てください。
【例】Projector
DOMAIN NAME
本機のドメイン名を設定します。
英数字 不明な場合は、
「SENDER'S ADDRESS」の @(アッ 最大 60 文字
トマーク)の右側の文字列を入力してください。
【例】nec.co.jp
ALERT MAIL
ENABLE…以下の設定に基づいてメール通知機能
が働きます。
̶
DISABLE…メール通知機能が停止します。
SENDER'S ADDRESS
差出人アドレスを設定します。
E メールの「from」にあたるアドレスです。
SMTP SERVER NAME
本機を接続する LAN の SMTP サーバを設定しま 英数字 す。
最大 60 文字
RECIPIENT'S ADDRESS 1
RECIPIENT'S ADDRESS 2
RECIPIENT'S ADDRESS 3
宛先のアドレスを設定します。宛先は 3 つまで設 英数字、記号
定できます。
最大 60 文字
E メールの「to」にあたるアドレスです。
APPLY
設定を適用します。
̶
EXECUTE
メール設定通知を確認するために、テストメール
を送信します。
̶
STATUS
テストメールの結果が表示されます。
̶
注意
●
●
参考
72
●
英数字、記号
最大 60 文字
送信テストを行って、送信エラーになったりメールが届かない場合は、ネットワー
ク設定の設定内容を確認してください。
宛先のアドレスが間違っている場合は、送信テストでエラーにならないことがあり
ます。テストメールが届かない場合は、宛先アドレスを確認してください。
メール通知の設定内容は、オンスクリーンメニューのリセットを行っても変更され
ません。
4-8. コンピュータ接続ケーブルを使って本
機を操作する(Virtual Remote)
添 付 の NEC Projector CD-ROM に 収 録 し て い る ユ ー テ ィ リ テ ィ ソ フ ト Virtual
Remote Tool を使用すると、コンピュータの画面に Virtual Remote 画面(またはツー
ルバー)を表示し、コンピュータ接続ケーブルを介して通信を行い、プロジェクター
の電源の入/切や信号切り替えなどの操作ができます。
Virtual Remote 画面
ツールバー
ステップ②:プロジェクターとコンピュータを接続する(
ステップ③:Virtual Remote Tool を起動する(
注意
●
●
●
参考
●
●
4
便利な機能
ここでは、Virtual Remote Tool を使用するまでの流れを説明します。Virtual Remote
Tool の詳しい操作については、Virtual Remote Tool のヘルプをご覧ください。
( 78 ページ)
ステップ①:Virtual Remote Tool をコンピュータにインストールする
( 74 ページ)
76 ページ)
77 ページ)
信号選択で「コンピュータ 1」を選択しているときは、コンピュータの画面とともに
Virtual Remote 画面またはツールバーも表示されます。
Virtual Remote Tool を使用するときは、添付のコンピュータ接続ケーブルを使って、
コンピュータ 1 映像入力端子とコンピュータの映像出力端子を直接接続してくださ
い。市販のコンピュータ接続ケーブルを使用したりスイッチャなどの機器を介すると、
通信が正常に行えないことがあります。
接続するコンピュータの仕様、およびグラフィックアダプタやドライバのバージョン
によっては動作しない場合があります。
本機のコンピュータ 1 映像入力端子は、プロジェクターやディスプレイとコンピュー
タ間で各種設定に関する情報を通信する際に用いられる国際規格「DDC/CI」に対応
しています。
Virtual Remote Tool のバージョンアップ情報については、当社プロジェクターのサ
ポートページをご覧ください。
http://www.nec-display.com/dl/jp/index.html
73
ステップ①:Virtual Remote Tool をコンピュータに
インストールする
●対応 OS
Virtual Remote Tool は次の OS で動作します。
Windows Vista Home Basic*1
Windows Vista Home Premium*1
Windows Vista Business*1
Windows Vista Enterprise*1
Windows Vista Uitimate*1
Windows XP Home Edition*2
Windows XP Professional*2
Windows 2000 Professional*2
*1: 32 ビット版に対応しています。
*2: Virtual Remote Tool を起動するには「Microsoft .NET Framework(Version 2.0 以上)」
が必要です。「Microsoft .NET Framework」は、マイクロソフトのホームページから
ダウンロードし、コンピュータにインストールしてください。
Windows 2000 Professional は「Microsoft .NET Framework Version 2.0」のみ対応
しています。
● Virtual Remote Tool をインストールする
準備: インストールの前に、実行中のアプリケーションをすべて終了してください。他のアプ
リケーションが起動していると、インストールが正常に終了しない場合があります。
インストールの際は、Windows Vista は「管理者」権限、Windows XP は「コンピュー
タの管理者」権限、Windows 2000 は「Administrator」の権限で行ってください。
1 添付の NEC
Projector CD-ROM を
CD-ROM ドライブにセットする。
NEC Projector CD-ROM 内のフォルダが表示さ
れます。
・ NEC Projector CD-ROM 内のフォルダが表示
されないときは、
Windows の「コンピュータ」
(ま
たは「マイコンピュータ」
)の CD / DVD ドラ
イブを右クリックし、
「開く」を選択してくださ
い。
2 「software」フォルダ→「Virtual
Remote Tool」フォルダの順にダブ
ルクリックする。
setup.exe が表示されます。
74
3 「setup.exe」をダブルクリックする。
インストーラが起動しウィザード画面が表示されま
す。
4 「次へ (N)>」をクリックする。
使用許諾契約画面が表示されます。
「ソフトウェア使用許諾契約」の内容をよくお読み
ください。
5 同意する場合は「使用許諾契約の条項
「次
に同意します (A)」をクリックし、
へ (N)>」をクリックする。
以降は、画面のメッセージに従って操作してくださ
い。
注意
●
参考
● Virtual Remote Tool のアンインストール方法
準備:アンインストールの前に、Virtual Remote Tool を終了してください。
アンインストールの際は、
Windows Vista は「管理者」権限、Windows XP は「コ
ンピュータの管理者」権限、Windows 2000 は、「Administrator」の権限で行っ
4
便利な機能
インストールが完了すると、
Windows のデスクトッ
プに Virtual Remote Tool のショートカットアイコ
ン
が表示されます。
インストール先のフォルダを選択する画面で「デスクトップにショートカットを作成
する (D)」をクリックしてチェックマークを外した場合、ショートカットは表示され
ません。
てください。
◆ Windows Vista の場合
1 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックする。
コントロールパネル画面が表示されます。
2 「プログラム」の下の「プログラムのアンインストール」をクリックする。
プログラムと機能画面が表示されます。
3 一覧からアンインストールしたいプログラムをクリックする。
4 「アンインストールと変更」または「アンインストール」をクリックする。
・ ユーザーアカウント制御画面が表示された場合は、「続行 (C)」ボタンをクリック
します。
以降は、画面のメッセージに従って操作してください。
75
◆ Windows XP/2000 の場合
1 「スタート」→「コントロールパネル」の順にクリックする。
コントロールパネル画面が表示されます。
2 「プログラムの追加と削除」をダブルクリックする。
プログラムの追加と削除画面が表示されます。
・Windows 2000 は「アプリケーションの追加と削除」をダブルクリックします。
3 一覧表示の中から「Virtual Remote Tool」をクリックし、「削除」をクリックする。
以降は、画面のメッセージに従って操作してください。
ステップ②:プロジェクターとコンピュータを接続する
1 プロジェクターのコンピュータ 1 映像入力端子とコンピュータのディスプレイ出
力端子を添付のコンピュータ接続ケーブルで接続する。
2 プロジェクターの AC IN 端子と AC100V のコンセントを添付の電源コードで接続
し、プロジェクターの主電源スイッチを入れる。
プロジェクターがスタンバイ状態になります。
コンピュータ接続ケーブル(添付)
コンピュータ1入力
主電源スイッチ
AC IN 端子
AC100V
電源コンセント
電源コード(添付)
参考
●
Virtual Remote Tool を最初に起動すると、かんたんセットアップ画面で機器の接続
をガイドします。
●
Virtual Remote Tool では、コンピュータ映像入力端子の 12 ピンと 15 ピンを使用し
135 ページ)
ています。(
76
ステップ③:Virtual Remote Tool を起動する
◆ ショートカットアイコンから起動する
Windows のデスクトップ上のショートカットアイ
コン
をダブルクリックする。
◆ スタートメニューから起動する
「スタート」→「すべてのプログラム」または「プ
ログラム」→「NEC Projector User Supportware」
→「Virtual Remote Tool」→「Virtual Remote
Tool」の順にクリックする。
起動すると……
最初に起動したときは、かんたんセットアップ画
面が表示されます。
以降は、画面のメッセージに従って操作してくだ
さい。
4
便利な機能
かんたんセットアップを終了すると、Virtual
Remote 画面が表示されます。
参考
●
●
かんたんセットアップ画面を表示せずに Virtual Remote 画面(またはツールバー)を
表示することができます。
かんたんセットアップ「ステップ6」画面の「□次回からかんたんセットアップを使
用しない。」をクリックし、チェックマークを付けてください。
Virtual Remote Tool の終了方法
1 タスクトレイの Virtual Remote Tool アイコン
をクリックする。
ポップアップメニューが表示されます。
2「Virtual Remote Tool の終了」をクリックする。
Virtual Remote Tool が終了します。
77
● Virtual Remote Tool のヘルプ表示方法
◆タスクトレイから表示する
1 Virtual Remote Tool が起動しているときに、
タスクトレイの Virtual Remote Tool アイコン
をクリックする。
ポップアップメニューが表示されます。
2 「ヘルプ」をクリックする。
ヘルプ画面が表示されます。
◆スタートメニューから表示する
1 「スタート」→「すべてのプログラム」また
は「 プ ロ グ ラ ム 」 →「NEC Projector User
Supportware」→「Virtual Remote Tool」→
「Virtual Remote Tool Help」の順にクリック
する。
ヘルプ画面が表示されます。
78
5. オンスクリーンメニュー
5-1. オンスクリーンメニューの基本操作
本機で投写する映像の画質調整や、本機の動作モードの切り替えなどは、オンスクリー
ンメニューを表示して行います。以降、
「オンスクリーンメニュー」を「メニュー」と
省略して記載します。
オンスクリーンメニュー画面の構成
メニューを表示するには MENU (メニュー) ボタンを押します。また、メニューを消す場
合は EXIT(戻る) ボタンを押します。
ここでは、メニューを操作しながら、メニュー画面の構成や各部の名称を説明します。
準備:本機の電源を入れて、スクリーンに映像を投写してください。
1
MENU (メニュー) ボタンを押す。
ご購入後、はじめて操作したときは入力端子のメニューが表示されます。
カーソル(黄色の部分)
メインメニュータブ
選択中の端子
※この画面は NP610J/
NP510J/NP510WJ/
NP410WJ/NP610SJ/
NP510WSJ のもので
す。
動作中の状態表示
ファンモードの「高地」設定、 強制エコモード、
オフタイマーの残り時間のアイコン
2
オンスクリーンメニュー
入力信号表示
5
本体キーロック中、
ボタンを 1 回押す。
カーソルが「調整」に移動し、調整のメニューが表示されます。
カーソル
調整バー
サブメニュータブ
調整値
調整項目
選択可能マーク
79
3
ボタンを押す。
カーソルが上下に移動し、調整項目を選択することができます。
4 「明るさ」にカーソルを合わせ、
ボタンを押す。
画面の明るさが調整されます。
・「
(選択可能マーク)」が付いている項目は
ができます。
ボタンで設定を切り替えること
「
5
6
(選択可能マーク)
」が付いていない項目の設定を行う場合は、その項目にカー
ソルを合わせ ENTER (決定) ボタンを押します。
・ 調整項目内のリセットにカーソルを合わせ ENTER (決定) ボタンを押すと、映像の調整や
設定を工場出荷状態に戻します。
EXIT (戻る) ボタンを 2 回押す。
カーソルがメインメニュータブの調整に移動します。
ボタンを 1 回押す。
カーソルがセットアップに移動し、セットアップのメニューが表示されます。
カーソル
メインメニュータブ
サブメニュータブ
設定項目
※この画面は NP610J/NP510J/NP405J/
NP510WJ/NP410WJ のものです。
7
8
ENTER (決定) ボタンを押す。
全般にカーソルが移動します。
・ セットアップには全般、メニュー設定、設置、オプション(1)、オプション(2)という
5 つのサブメニュータブがあります。
ボタンで選択します。
ボタンを1回押して「メニュー設定」にカーソルを合わせる。
メニュー設定のメニューに切り替わります。
80
9
ボタンを押して「バックグラウンド」にカーソルを合わせ、 ENTER (決定)
ボタンを押す。
バックグラウンド選択画面が表示されます。
・ バックグラウンドとは、無信号時に表示される画面のことです。
10
ボタンを押して「ブルーバック」、「ブラックバック」
、「ロゴ」のいずれか
にカーソルを合わせる。
11 選択したい項目にカーソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタンを押す。
12
バックグラウンドが設定されます。
・ 選択を取り消す場合は、 EXIT(戻る) ボタンを押します。
MENU (メニュー) ボタンを 1 回押す。
メニューが消えます。
注意
●
入力信号や設定内容によっては、メニューの一部の情報が欠ける場合があります。
調整画面、設定画面の操作例
●ラジオボタンの選択
選択肢の中からから1つ「
」を選びます。
5
【例1】「壁色補正」の選択
オンスクリーンメニュー
セットアップ→全般→壁色補正
ラジオボタン
1
ボタンを押す。
選択されているマーク(
)が移動します。
2 選択する項目に「 」を移動したら、 ENTER (決定) ボタンを押す。
81
●実行ボタン
機能を実行します。
実行ボタンを選択して機能を実行すると、サブメニュー画面で EXIT(戻る) ボタンを押
しても実行を取り消すことができません。
【例 2】調整のリセット
1 「リセット」にカーソルが合っていることを確認する。
2 ENTER (決定) ボタンを押す。
確認メッセージが表示されます。
3 実行する場合は、
ボタンを押して「はい」にカーソルを合わせ、
ENTER (決定) ボタンを押す。
機能が実行されます。
・ 機能を実行しない場合は、確認メッセージで「いいえ」を選択し、 ENTER (決定) ボタンを
押します。
82
5-2. オンスクリーンメニュー一覧
は、各項目の工場出荷時の値を表しています。
メインメニュー
入力端子
̶
調整
映像
メニュー
サブメニュー
プリセット
詳細設定
全般
選択項目
参照
ページ
コンピュータ 1
コンピュータ 2(デジタル)
コンピュータ 2(アナログ)
86
コンピュータ 2(※ 1)
ビデオ
S- ビデオ
1:高輝度モード、2:プレゼンテー
ション、3:ビデオ、4:ムービー、5: 87
グラフィック、6:sRGB
参照
高輝度モード、プレゼンテーション、ビ
デオ、ムービー、グラフィック、sRGB
ガンマ補正 ダイナミック、ナチュラル、ソフト
色温度
5000、6500、7800、8500、9300、
10500
88
89
5
オンスクリーンメニュー
画面モード 静止画、動画
ホワイトバランス コントラスト 赤、コントラスト 緑、
コントラスト 青、明るさ 赤、明るさ
緑、明るさ 青
コントラスト
明るさ
シャープネス
カラー
色相
リセット
画像設定 クロック周波数
位相
水平
垂直
オーバースキャン
0[%]、5[%]、10[%]
アスペクト
NP610J/NP510J/NP405J/
NP610SJ:自動、4:3、16:9、15:9、
16:10、ワイドズーム、リアル
NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ:
自動、4:3、16:9、15:9、16:10、
レターボックス、リアル
表示位置(※ 2)
セットアップ 全般
デジタルズーム(※ 3)
80-100
自動台形補正
オフ、オン
台形補正
オフ、オン
台形補正保存
オフ、ホワイトボード、黒板、黒板
壁色補正
(グレー)、ライトイエロー、ライト
グリーン、ライトブルー、スカイブ
ルー、ライトローズ、ピンク
※1: NP405J のみ
※2: NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ のみ
※3: NP610SJ/NP510WSJ のみ
90
91
93
94
95
83
メインメニュー
セットアップ 全般
メニュー
サブメニュー
エコモード
クローズドキャプション
言語
メニュー 表示色選択
入力端子表示
設定
ID 表示
エコメッセージ
表示時間
バックグラウンド
フィルタメッセージ
選択項目
オフ、オン
オフ、キャプション 1、キャプション
2、キャプション 3、キャプション 4、
テキスト 1、テキスト 2、テキスト 3、
テキスト 4
ENGLISH 、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
、
カラー、モノクロ
オフ、 オン
オフ、オン
オフ、オン
手動、自動 5 秒、自動 15 秒、
自動 45 秒
ブルーバック、ブラックバック、ロゴ
オフ、100[H]、200[H]、 500[H] 、
参照
ページ
95
96
97
1000[H]
設置
投写方法
デスク/フロント、天吊り/リア、
デスク/リア、天吊り/フロント
オフ、オン
オフ、オン
4800bps、9600bps、 19200bps
本体キーロック
セキュリティ
通信速度
コントロール コントロール ID 1 - 254
ID
番号
コントロール ID オフ、オン
オプション 自動調整
オフ、ノーマル、ファイン
ファンモード
自動 、高速、高地
(1)
信号選択
コンピュータ 1 RGB/ コンポーネント 、RGB、
コンポーネント
コンピュータ 2 RGB/ コンポーネント 、RGB、
コンポーネント
(アナログ)
コンピュータ 2 RGB/ コンポーネント 、RGB、
コンポーネント
(※4)
ビデオ
自動判別、NTSC3.58、NTSC4.43、
PAL、PAL-M、PAL-N、PAL60、SECAM
S- ビデオ
自動判別、NTSC3.58、NTSC4.43、
PAL、PAL-M、PAL-N、PAL60、SECAM
WXGA モード(※5)
オフ、オン
デインターレース
オフ、オン
ビープ音
オフ、オン
オプション オフタイマー
オフ、0:30、1:00、2:00、4:00、
(2)
8:00、12:00、16:00
スタンバイモード
ノーマル、省電力
オートパワーオン(AC)
オフ、オン
オートパワーオン(COMP1) オフ、オン
オートパワーオフ
オフ、0:05、0:10、0:20、0:30
※4: NP405J のみ
※5: NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ では、「オン」が工場出荷時の値です。
84
98
99
99
100
101
102
103
104
メインメニュー
メニュー
サブメニュー
オプション 初期入力選択
(2)
初期入力選択(※ 6)
情報
使用時間
信号
有線 LAN(※ 7)
VERSION
リセット
※6:
※7:
※8:
※9:
―
選択項目
参照
ページ
ラスト、自動、コンピュータ 1、コン
ピュータ 2(デジタル)
、コンピュータ
2(アナログ)、ビデオ、S- ビデオ
104
ラスト、自動、コンピュータ 1、コン
ピュータ 2、ビデオ、S- ビデオ
ランプ残量、ランプ使用時間、フィ
ルタ使用時間、総 CO2 削減量
信号名、信号番号、水平同期周波数、
垂直同期周波数、信号形式、ビデオ
標準、同期形態、同期極性、走査方
式
105
プロジェクター名、IP アドレス、
サブネットマスク、ゲートウェイ、
MAC アドレス
PRODUCT、SERIAL NUMBER、
FIRMWARE、DATA、CONTROL ID(※8)
表示中の信号、全データ、ネットワー
ク設定(※9)、ランプ使用時間クリア、 107
フィルタ時間クリア
NP405J のみ
NP405J は「有線 LAN」のページはありません。
CONTROL ID はコントロール ID を設定しているときに表示されます。
NP405J は表示されません。
5
オンスクリーンメニュー
85
5-3. 入力端子
NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJ/
NP610SJ/NP510WSJ の入力端子画面
NP405J の入力端子画面
入力端子を選択する
投写する入力端子を選択します。
現在選択されている入力端子には「●」( ドット ) を表示します。
参考
86
コンピュータ 1
コンピュータ 1 映像入力端子に接続している機器の映像を投写し
ます。
コンピュータ 2
(デジタル)
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子に接続している機器のデジ
タル信号の映像を投写します。
コンピュータ 2
(アナログ)
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子に接続している機器のアナ
ログ信号の映像を投写します。
コンピュータ 2
(NP405J のみ)
コンピュータ 2 映像入力端子に接続している機器の映像を投写し
ます。
ビデオ
ビデオ映像入力端子に接続している機器の映像を投写します。
S −ビデオ
S- ビデオ映像入力端子に接続している機器の映像を投写します。
●
コンポーネント入力信号をコンピュータ 1 およびコンピュータ 2 映像入力端子に接
続している場合は、コンピュータ 1 およびコンピュータ 2(アナログ)を選択して
ください。
NP405J の場合は、コンピュータ 1 およびコンピュータ 2 を選択してください。
5-4. 調整
映像
●プリセット
映像ソースに最適な設定を選択する
投写した映像に最適な設定を選択します。
鮮やかな色調にしたり、淡い色調にしたり、ガンマ(階調再現性)を設定できます。
本機の工場出荷時は、プリセット項目 1 ∼ 6 に、あらかじめ次の設定がされています。
また、詳細設定でお好みの色調およびガンマにするための細かな設定ができ、設定値
をプリセット項目 1 ∼ 6 に登録できます。
明るい部屋で投写するときに適した設定にします。
1:高輝度モード
2:プレゼンテーション PowerPoint などでプレゼンテーションを行うときに適した設定
参考
にします。
テレビ番組や一般的な映像ソースを投写するときに適した設定にします。
映画を投写するときに適した設定にします。
グラフィック画面に適した設定にします。
5
オンスクリーンメニュー
3:ビデオ
4:ムービー
5:グラフィック
6:sRGB
sRGB に準拠した色が再現されます。
「 sRGB 」は、機器間の色再現の違いを統一するために、コンピュータやディスプレ
イ、スキャナ、プリンタなどの色空間を規定・統一した国際標準規格です。1996年に
Hewlett-Packard社と Microsoft社が策定し、1999年に IECの国際規格となりました。
●
87
詳細設定
お客様のお好みに調整した設定にします。
調整値を登録するには、プリセット項目 1 ∼ 6 のいずれかを選択し、
「詳細設定」にカー
ソルを合わせ、 ENTER (決定) ボタンを押します。
ガンマ補正、色温度、画面モード、ホワイトバランスの項目について、細かな設定が
できます。
全般 ̶ 参照
詳細設定のもとになるモードを選択します。
全般 ̶ ガンマ補正
映像の階調を選択します。これにより暗い部分も鮮明に表現できます。
ダイナミック
メリハリのある映像設定です。
ナチュラル
標準的な設定です。
ソフト
信号の暗い部分が鮮明になります。
全般 ̶ 色温度
色(R, G, B)のバランスを調整して色再現性を最良にします。
高い数値の色温度は青みがかった白になり、低い数値の色温度は赤みがかった白にな
ります。
全般 ̶ 画面モード
投写する映像が静止画の場合、またはアニメーションなどの動きのある映像の場合
に応じて、最適な画面のモードに設定します。
注意
●
画面モードは、プリセット項目の「高輝度モード」を選択しているときのみ設定で
きます。
ホワイトバランス
信号の白レベルと黒レベルを調整して色再現性を最良にします。
注意
明るさ 赤
明るさ 緑
明るさ 青
映像の黒色を調整します。
コントラスト 赤
コントラスト 緑
コントラスト 青
映像の白色を調整します。
●
●
88
参照で「高輝度モード」
、「プレゼンテーション」を選択した場合は、色温度は選択
できません。
ホワイトバランスを操作した場合は、色温度の数値と実際の色合いが異なります。
●コントラスト/明るさ/シャープネス/カラー/色相
スクリーンに投写している映像の調整を行います。
コントラスト
明るさ
シャープネス
カラー
色相
注意
●
映像の暗い部分と明るい部分の差をはっきりしたり、淡くします。
映像を明るくしたり、暗くします。
映像をくっきりしたり、やわらかくします。
色を濃くしたり、淡くします。
赤みがかった映像にしたり、緑がかった映像にします。
各調整項目は入力信号によって調整できない場合があります。
入力信号
コントラスト
コンピュータ(RGB アナログ)
○
コンピュータ(RGB デジタル)※
○
コンポーネント
○
ビデオ、S- ビデオ
○
明るさ
○
○
○
○
シャープネス
○
○
○
○
カラー
×
×
○
○
色相
×
×
○
○
(○:調整可、×:調整不可)
※ NP405J はコンピュータ(RGB デジタル)を入力することはできません。 ●リセット
「映像」の調整および設定を工場出荷状態に戻します。プリセットの番号、およびそ
のプリセット内の参照はリセットされません。現在選択されていないプリセットの詳
細設定もリセットされません。
画像設定
5
オンスクリーンメニュー
●クロック周波数
画面の明るさが一定になる(明暗の縦帯が出なくなる)ように調整します。
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
89
●位相
画面の色ずれ、ちらつきが最小になるように調整します。
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
●表示位置(水平)
画面を水平方向に移動します。
編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
●表示位置(垂直)
画面を垂直方向に移動します。
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
ファイル(F) 編集(E) 表示(V) 書式(O) ウインドウ(W) ヘルプ(H)
注意
●
●
90
クロック周波数、位相を調整中に画面が乱れることがありますが故障ではありませ
ん。
クロック周波数、位相、水平、垂直を調整すると、そのとき投写している信号に応
じた調整値として本機に記憶します。そして、次回同じ信号(解像度、水平・垂直走
査周波数)を投写したとき、本機に記憶している調整値を自動的に呼び出して設定
します。
本機に記憶した調整値を消去する場合は、オンスクリーンメニューのリセット→「表
示中の信号」または「全データ」を行ってください。
●オーバースキャン
オーバースキャン(画面周囲のフレーム部分をカットする処理)の割合を設定します。
投写される映像
10 %オーバースキャンされた
実際の映像例
注意
●
●
アスペクトが「リアル」のときは選択できません。
ビデオ入力および S-ビデオ入力時は 0
[%]を選択できません。
●アスペクト
画面の縦横の比率を選択します。
本機は、入力された信号を自動的に判別して最適なアスペクト比を選択します。
・コンピュータの主な解像度とアスペクト比は次のとおりです。
解像度
0640 × 0480
0800 × 0600
1024 × 0768
1280 × 0768
1280 × 0800
1440 × 0900
1280 × 1024
1400 × 1050
1600 × 1200
選択項目
自動
アスペクト比
04:3
04:3
04:3
15:9
16:10
16:10
05:4
04:3
04:3
5
オンスクリーンメニュー
VGA
SVGA
XGA
WXGA
WXGA
WXGA+
SXGA
SXGA+
UXGA
説 明
入力信号のアスペクト比を自動判別して投写します。
(
次ページ)
入力信号によっては、アスペクト比を誤判別することがあります。
誤判別したときは、以下の項目から適切なアスペクト比を選択してくだ
さい。
4:3
4:3 のサイズで投写します。
16:9
16:9 のサイズで投写します。
15:9
15:9 のサイズで投写します。
16:10
16:10 のサイズで投写します。
ワイドズーム
映像を左右に引き伸ばして投写します。映像の左端と右端は表示されま
(NP610J/NP510J/ せん。
NP405J/NP610SJ)
レターボックス
レターボックスの信号が適切に投写されるように縦方向、横方向を均等
(NP510WJ/NP410WJ/ に拡大して投写します。映像の上端と下端は表示されません。
NP510WSJ)
91
リアル
コンピュータ入力信号の解像度が本機の解像度よりも小さいときに、コ
ンピュータ入力信号の解像度のまま投写します。
【例 1】NP610J/NP510J/NP405J/
NP610SJ に、解像度が 800 ×
600 の信号を入力したとき
【例 2】NP510WJ/NP410WJ/
NP510WSJ に、解像度が 800 ×
600 の信号を入力したとき
注意
●
●
コンピュータ以外の信号を投写しているときは「リアル」
は選択できません。
コンピュータ入力信号の解像度が本機の解像度以上のと
きは「リアル」は選択できません。
【例】アスペクト比を適切に自動判別したときの画面イメージ
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ
コンピュータ信号のとき
入力信号の
アスペクト比
4:3
5:4
16:9
15:9
16:10
適切に自動判別した
ときの画面イメージ
ビデオ信号のとき
入力信号の
アスペクト比
自動判別したときの
画面イメージ
92
4:3
レターボックス
スクイーズ
(注)スクイーズを適切に投写する
には「16:9」または「ワイドズー
ム」を選択してください。
適応機種
NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ
コンピュータ信号のとき
入力信号の
アスペクト比
4:3
5:4
16:9
15:9
16:10
適切に自動判別した
ときの画面イメージ
ビデオ信号のとき
入力信号の
アスペクト比
自動判別したときの
画面イメージ
参考
4:3
レターボックス
スクイーズ
(注)レターボックス
を適切に投写するに
は「レターボックス」
を選択してくださ
い。
(注)スクイーズを適
切に投写するには
「16:9」 を 選 択 し て
ください。
NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ でアスペクトを「16:9」、「15:9」、または
「16:10」に設定しているときは、表示位置で垂直位置を調整できます。
(
このペー
ジ)
● ビデオ映像の標準アスペクト比 4:3 より横長の映像を、
「レターボックス」と呼び
ます。映画フィルムのビスタサイズ 1.85:1 やシネマスコープ 2.35:1 のアスペク
ト比があります。
● アスペクト比 16:9 の映像を横方向にスクイーズ
(圧縮)して 4:3 にした映像を「ス
クイーズ」と呼びます。
●
5
オンスクリーンメニュー
●表示位置
アスペクトで「16:9」、「15:9」、または「16:10」を選択しているとき、表示領域
の垂直位置を調整します。
下へ↓
上へ↑
注意
●
NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJには、この機能はありません。
93
5-5. セットアップ
全般
※この画面は、NP610SJ/
NP510WSJ のものです。
●デジタルズーム(NP610SJ、NP510WSJ のみ)
投写画面の大きさを微調整します。お使いのスクリーンサイズにあわせて調整してく
ださい。
数値を小さくすると画像が縮小され、数値を大きくすると画像が拡大されます。
注意
参考
●
デジタルズームは、電気的な補正を行っているため、輝度の低下や画質の劣化が現
れる場合があります。
●
投写画面の大きさの調整は、本機とスクリーンとの距離を近づけたり遠ざけたりし
て行ってください。
(
29, 30 ページ)デジタルズームは、投写画面の大きさを
微調整するときに使用してください。
●自動台形補正
自動台形補正を行います。自動台形補正を「オン」にした場合、台形補正保存は使用
できません。
オフ
自動台形補正を行いません。台形補正を手動で行うときは、次の台形補正
のメニュー項目で調整します。
オン
自動台形補正を行います。
●台形補正
台形補正画面を表示して、投写画面の台形歪みを調整します。
操作について詳しくは、「3-5. 台形歪みを調整する」( 53 ページ)をご覧ください。
●台形補正保存
台形補正で調整した調整値を保存します。電源を切っても調整値は失われません。
94
オフ
次に本機の電源を入れたときに、調整値を工場出荷状態に戻します。
オン
本機の電源が切れる際に、本体内部のメモリに調整値を上書き保存します。
●壁色補正
映像を投写する面がスクリーンではなく、部屋の壁などの場合、メニューから壁の色
に近い項目を選択すると、壁の色に適応した色合いに補正して投写できます。
注意
「ホワイトボード」を選択すると、明るさが低下します。
●
●エコモード
エコモードを設定すると、本機の CO2 排出量(消費電力削減量より換算)を削減する
ことができます。エコモードは主にランプの輝度を下げて消費電力を削減します。この
ためにランプ交換時間(目安)※を延ばすことにもなります。
( 62,106 ページ)
※保証時間ではありません。
●クローズドキャプション
ビデオ信号、S- ビデオ信号にクローズドキャプション信号が含まれている場合に字幕
や文字を画面に表示します。
表示しません。
キャプション 1 ∼ 4、テキスト 1 ∼ 4
選択した字幕や文字を表示します。
●
●
参考
●
5
オンスクリーンメニュー
注意
オフ
次の状態のときクローズドキャプションは表示されません。
・オンスクリーンメニュー表示中
・メッセージ表示中
・ 部分拡大
ボタンによる画面拡大中
・ 静止 ボタンによる静止画中
・ AVミュート ボタンによる映像と音声の消去中
NP610SJ/NP510WSJ において、アスペクトで「16:10」や「16:9」を選択したり、
デジタルズームや台形補正で極端に補正をかけた場合、補正の組み合わせによって
は、クローズドキャプションの文字が画面からはみ出すことがあります。
はみ出したときは画面におさまるように調整してください。
クローズドキャプションは、アメリカで聴覚に障害を持つ人々のために、ビデオ信
号などを画面に投写する際、音声情報を字幕や文字で表示する技術です。
95
●言語
メニューに表示される言語を選択します。
参考
●
言語は、リセットを行っても変更されません。
メニュー設定
●表示色選択
本機のメニューをカラーで表示するか、モノクロで表示するかを選択します。
●入力端子表示
画面右上に入力端子を表示するか、しないかを選択します。
「オン」を選択した場合は、次の表示を行います。
・ 入力信号を切り替えたときに、画面右上に「コンピュータ 1」などの入力端子名を表示します。
・ 信号が入力されていないとき、画面右上に「無信号」と表示されます。
● ID 表示
複数台のプロジェクターをオプションリモコン NP02RC を使って操作する場合、リ
モコンの ID SET ボタンを押したときに、コントロール ID 画面を表示するか、しない
かを選択します。設定はコントロール ID( 99 ページ)をご覧ください。
●エコメッセージ
本機の電源を入れたときに下の画面のようなエコメッセージを表示するか、しないか
を選択します。
エコメッセージは、本機の利用者に省エネをすすめるためのメッセージで、エコモー
ドが「オフ」の場合は「オン」に設定するようにうながします。
エコモードが「オン」時のエコメッセージ
表示を消すにはいずれかのボタンを押します。30 秒間
ボタン操作をしない場合は自動で消えます。
エコモードが「オフ」時のエコメッセージ
ENTER (決定) ボタンを押すとエコモード設定メニューを
表示します。
( 62 ページ)
表示を消すには EXIT (戻る) ボタンを押します。
・ 30 秒間ボタン操作をしない場合は自動で消えます。
96
●表示時間
メニューを表示しているとき、次のボタン操作がない場合にメニューを自動的に閉じ
るまでの時間を選択します。
●バックグラウンド
入力信号がないときの背景色を選択します。
参考
ブルーバック
背景色が青
ブラックバック
背景色が黒
ロゴ
背景に画像を表示
●
バックグラウンドは、リセットを行っても変更されません。
●フィルタメッセージ
本機には、フィルタの清掃時期をお知らせする機能があります。フィルタメッセージ
で設定した時間(500 時間 : 工場出荷状態)を超えると、画面上に「フィルタ清掃時
期です。」のメッセージが表示されます。
この場合はフィルタの清掃時期ですので、フィルタを清掃してください。清掃のしか
たは「6-1. フィルタの清掃」
( 108 ページ)をご覧ください。
フィルタの汚れかたに応じて、工場出荷時の設定(500 時間)を変更してください。
たとえば、フィルタの汚れかたがひどい場合は、設定時間を短くしてこまめに清掃し
てください。
オフ
フィルタ清掃のメッセージは表示されません。
100[H] / 200[H] / 設定した時間(100 時間/ 200 時間/ 500 時間/ 1000 時間)
500[H] / 1000[H]
を超えると、画面上にフィルタ清掃のメッセージが表示されます。
●
●
オンスクリーンメニュー
参考
5
フィルタ清掃のメッセージは、電源投入時の 1 分間、および本機の ボタンまた
はリモコンの電源 切 ボタンを押したときに表示されます。電源投入時にフィル
タ清掃のメッセージを消す場合は、本機またはリモコンのいずれかのボタンを押し
てください。
フィルタメッセージは、リセットを行っても変更されません。
97
設置
●投写方法
本機やスクリーンの設置状況に合わせて選択してください。
警告
98
天吊りなどの特別な工事が必要な設置についてはお買い上げの販売店
にご相談ください。
お客様による設置は絶対にしないでください。
落下してけがの原因となります。
デスク/フロント
テーブルに設置してスクリーンの前面から投写
天吊り/リア
天井に設置してスクリーンの背面から投写
デスク/リア
テーブルに設置してスクリーンの背面から投写
天吊り/フロント
天井に設置してスクリーンの前面から投写
●本体キーロック
プロジェクター本体にある操作ボタンを動作しないようにします。
注意
オフ
本体操作部のボタンが働きます。
オン
本体操作部のボタンが利かなくなります(ロック)。
●
本体キーロックの解除方法
本体の操作ボタンが「オン」に設定されているときに、本体の EXIT(戻る) ボタンを
約 10 秒間押すと、本体キーロックの設定が解除されます。
●
本体キーロック中は、メニュー画面右下に「 」アイコンが表示されます。
本体の操作ボタンがロックされていてもリモコンのボタンは動作します。
参考
●
●セキュリティ
セキュリティキーワードを登録することで、本機を無断で使用されないようにするこ
とができます。
セキュリティを有効にすると、本機の電源を入れたときにセキュリティキーワード入
力画面が表示され、正しいセキュリティキーワードを入力しなければ映像は投写され
ません。
セキュリティ設定のしかたは「4-5. セキュリティを設定して無断使用を防止する」
( 64 ページ)をご覧ください。
参考
オフ
セキュリティを無効にします。
オン
セキュリティキーワードを設定してセキュリティを有効にします。
●
セキュリティは、リセットを行っても解除されません。
5
オンスクリーンメニュー
●通信速度
PC コントロール端子のデータ転送速度の設定を行います。接続する機器と転送速度
を合わせてください。
参考
●
通信速度は、リセットを行っても変更されません。
●コントロール ID
注意
●
コントロール ID 機能は、オプションリモコン NP02RC を使用する際に利
用できます。
複数台のプロジェクターに ID を割り振り、1 個のリモコンを使用して、ID を切り替
えることにより、各々のプロジェクターを個別に操作することができます。
また、複数台のプロジェクターに同じ ID を設定し、1 個のリモコンで一括操作する場
合などに利用します。
99
注意
参考
コントロール ID 番号
割り当てる番号を 1 ∼ 254 の中から選択します。
コントロール ID
オフ
コントロール ID 機能が無効になります。
オン
コントロール ID 機能が有効になります。
●
●
●
コントロール ID を「オン」にすると、本機に添付しているリモコンから本機を操作
できなくなります(本体操作ボタンは除く)。
また、オプションリモコン NP01RC など ID 機能に対応していないリモコンからも
操作できなくなります。
コントロール IDは、リセットを行っても変更されません。
本体の ENTER (決定) ボタンを 10秒間押し続けると、コントロール IDを解除するメ
ニューが表示されます。
リモコンへの ID の設定/変更方法
1 プロジェクターの電源を入れる。
2 オプションリモコン NP02RCの ID SET ボタンを押す。
コントロール ID 画面が表示されます。
MENU
EXIT
ENTER
L-CLICK
R-CLICK
VOLUME
PAGE
MAGNIFY
UP
DOWN
PICTURE
LAMP MODE
ASPECT
AV-MUTE
3D REFORM
FREEZE
ID SET
FOCUS
LENS SHIFT /ZOOM
HELP
ID
このとき、現在のリモコン ID で操作できる場合は「動作」、操作
できない場合は「非動作」画面が表示されます。
「非動作」になっているプロジェクターを操作したい場合は、手
順 3 でプロジェクターのコントロール ID 番号と同じ番号をリモ
コンに設定します。
3 オプションリモコン NP02RC の
ID SET ボタンを押したま
ま数字ボタンを押して、リモコンの ID を設定する。
たとえば「3」に変更するには数字の 3 を押します。
ID なし(すべてのプロジェクターを一括操作)にするには、000
OFF
ON
POWER
COMPUTER
1
2
VIDEO
3
S-VIDEO COMPONENT HDMI
VIEWER NETWORK
を入力するか、または CLEAR ボタンを押します。
2
3
4
5
6
7
8
9
0
CLEAR
MENU
●
PIP
1
ID
参考
AUTO ADJ.
EXIT
リモコンの ID は1∼ 254 まで登録できます。
ENTER
L-CLICK
4
ID SET ボタンを離す。
コントロール ID 画面が表示されます。
このとき、変更されたリモコン ID で動作・非動作画面が更新さ
れます。
100
リモコンの電池が消耗した場合や電池を抜いた場合、し
ばらくすると ID はクリアされることがあります。
PAGE
UP
PICTURE
LAMP MODE
ASPECT
AV-MUTE
3D REFORM
FREEZE
ID
●
MAGNIFY
DOWN
ID SET
注意
R-CLICK
VOLUME
FOCUS
LENS SHIFT /ZOOM
HELP
オプション(1)
●自動調整
調整されていないコンピュータ入力信号に切り替わったときに、表示位置と画素のず
れについて調整方法を設定します。
オフ
ノーマル
ファイン
参考
●
●
自動調整を行いません。
自動調整 を押して表示を調整してください。
または、オンスクリーンメニューを表示して、クロック周波数や位相を
調整してください
簡易的な自動調整を行います。
より精密な自動調整を行います。
「ノーマル」よりも処理時間がかかるため、信号を切り替えたあと映像
が表示されるまで時間がかかります。
工場出荷時は「ノーマル」に設定されています。
自動調整 を押したときは、
「ファイン」と同じ調整処理を行います。
5
●ファンモード
自動
高速
高地
注意
オンスクリーンメニュー
本機内部の温度を下げるための冷却ファンの動作を設定します。
本機内部の温度センサにより、適切な速度で回転します。
常に高速で回転します。
標高約 1600m 以上の高地など気圧の低い場所で本機を使用する場合に
選びます。常に高速で回転します。
数日間連続して本機を使用する場合は、必ず「高速」に設定してください。
標高約 1600m 以上の場所で本機を使用する場合は、必ずファンモードを「高地」
に設定してください。「高地」に設定していないと、本機内部が高温になり、故障
の原因となります。
● ファンモードを「高地」に設定しないまま、標高約 1600m 以上の高地で本機を使
用した場合、温度プロテクタが働き、自動的に電源が切れることがあります。
さらに、ランプ消灯後ランプの温度が上昇するため、温度プロテクタが働いて、電
源が入らないことがあります。その場合は、しばらく待ってから電源を入れてくだ
さい。
●「高地」を選択した状態のまま本機を低地(標高約 1600m 未満)で使用すると、
ランプが冷えすぎて画面がちらつくことがあります。
● 高地で使用すると、光学部品(ランプなど)の交換時期が早まる場合があります。
● ファンモードは、リセットを行っても変更されません。
●
●
101
●信号選択
各映像入力端子について入力信号を設定します。
コンピュータ 1
コンピュータ 2
(アナログ)
DVD プレーヤなどのコンポーネント信号を、コンピュータ 1 映像入力端子
およびコンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子(NP405J はコンピュータ 2
映像入力端子)に専用ケーブルで接続する場合に選択します。
ビデオ
NTSC や PAL など、国によって異なるテレビジョン映像信号方式を選択し
S- ビデオ
ます。
工場出荷状態は「自動判別」に設定されています。プロジェクターが自動的
に判別できない信号のときに設定します。
● WXGA モード
「オン」にすると、入力信号を認識する際、WXGA(1280 × 768 ドット)信号を優
先します。
WXGA モードを「オン」に設定しているとき、XGA(1024 × 768 ドット)信号を
入力すると、正しく認識されない場合があります。その場合は WXGA モードを「オフ」
にしてください。
参考
●
NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ は、工場出荷時の設定が「オン」になってい
ます。
NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ は、工場出荷時の設定が「オフ」になって
います。
●デインターレース
ビデオや DVD など標準画質映像(480i または 575i 信号)のときにインターレース信
号の映像のちらつきを低減させます。
注意
動画信号によっては、映像にギザギザが目立つ場合があります。このようなときは
「オフ」に設定してください。
● HDTV、コンピュータ入力信号のときは選択できません。
● 接続する機器によっては、選択できない場合があります。
●
●ビープ音
電源の入/切や入力切り替えなどの操作をしたとき、また本機にエラーが発生したと
きなどに確認音を鳴らします。
参考
102
●
ビープ音の音量は調整できません。また、AVミュート ボタンを押しても消えません。
ビープ音を出したくない場合は、ビープ音を
「オフ」に設定してください。
オプション(2)
●オフタイマー
オフタイマーを設定しておくと、本機の電源の切り忘れ防止になり、省エネになりま
す。設定した時間後に本機の電源が切れます(スタンバイ状態になります)。
オフタイマーを設定するとオンスクリーンメニュー下部には、本機の電源が切れるま
での残り時間が表示されます。
●スタンバイモード
本機がスタンバイ状態になったときの電力消費量の設定を行います。
ノーマル
スタンバイ状態のとき、ステータスインジケータが緑色で点灯します。
省電力
省電力状態になり、本機のスタンバイ状態のときの消費電力が下がります。
スタンバイ状態のとき、電源インジケータは赤色で点灯し、ステータスイン
ジケータが消灯します。
スタンバイ状態のときに次の端子や機能が働きません。
5
オンスクリーンメニュー
PC コントロール端子、モニタ出力(コンピュータ 1)端子、音声出力端子、
LAN 機能※、メール通知機能、オートパワーオン(COMP1)、本体の
ボタン以外の操作ボタン、リモコンの電源 入 以外の操作ボタン、Virtual
Remote 機能
※ NP405J に LAN 機能はありません。
注意
参考
●
●
●
本体キーロック、コントロール ID、オートパワーオン(COMP1) のいずれかが「オ
ン」に設定されていると、スタンバイモードを「省電力」に設定していても無効に
なります。
スタンバイモードは、リセットを行っても変更されません。
スタンバイモードはカーボンメータの CO2 削減量の計算から除外しています。
●オートパワーオン(AC)
本機の電源プラグに AC 電源が供給されると自動的に電源が入るように設定します。
本機を制御卓などでコントロールする場合に使用します。
オフ
AC 電源が供給されるとスタンバイ状態になります。
オン
AC 電源が供給されると電源が入ります。
103
●オートパワーオン(COMP1)
本機がスタンバイ状態のとき、コンピュータ信号が入力されると自動的に投写する設
定です。
本機のコンピュータ映像入力端子とコンピュータをコンピュータ接続ケーブルで接続
し、本機をスタンバイ状態にします。
注意
オフ
オートパワーオン(COMP1)機能は働きません。
オン
コンピュータ信号を感知すると本機の電源を自動で入れてコンピュータ
画面を投写します。
●
●
●
コンピュータ 1 映像入力端子にコンポーネント信号を入力したときやシンクオング
リーン(Sync on Green)またはコンポジットシンク(Composite Sync)のコン
ピュータ信号の場合は働きません。
オートパワーオン(COMP1) を「オン」に設定すると、スタンバイモードを「省電力」
に設定していても無効になります。
本機の電源を切ったあとにオートパワーオン(COMP1)を働かせたい場合は、電
源を切ったあと 3 秒以上待ってから、コンピュータ信号を入力してください。本機
の電源を切りスタンバイ状態になるときに、コンピュータ信号が本機に入力され続
けていると、本機の電源は入らずスタンバイ状態を継続します。
●オートパワーオフ
設定した時間以上信号入力がなく、また本機を操作しなかった場合、自動的に本機の
電源を切ります。
オフ
オートパワーオフ機能は働きません。
0:05 / 0:10 /
0:20 / 0:30
設定した時間(5 分/ 10 分/ 20 分/ 30 分)以上信号入力がない
と自動的に本機の電源を切りスタンバイ状態になります。
●初期入力選択
本機の電源を入れたとき、どの入力信号(入力端子)にするかの設定を行います。
ラスト
最後に投写した入力信号を投写します。
自動
入力信号の自動検出を行い、最初に見つかった入力信号を投写します。
コンピュータ 1
104
コンピュータ 1 映像入力端子の入力信号を投写します。
コンピュータ 2
(デジタル)
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子のデジタル入力信号を投写し
ます。
コンピュータ 2
(アナログ)
コンピュータ 2(DVI-I)映像入力端子のアナログ入力信号を投写し
ます。
コンピュータ 2
(NP405J のみ)
コンピュータ 2 映像入力端子の入力信号を投写します。
ビデオ
ビデオ映像入力端子の入力信号を投写します。
S- ビデオ
S- ビデオ映像入力端子の入力信号を投写します。
5-6. 情報
※ この画面は、NP610J/NP510J/NP510WJ/NP410WJNP610SJ/NP510WSJ
のものです。NP405J に「有線 LAN」のページはありません。
ランプ使用時間、総 CO2 削減量、有線 LAN のアドレス情報、入力選択されている
入力信号の詳細、製品の形名や製造番号、ファームウェアなどの情報を表示します。
・ 使用時間ページの「総 CO2 削減量」は、プロジェクターの省エネ効果を表示します。
( 63 ページ)
・ 信号ページは、色が極端におかしかったり、画面が流れたり、映像が投写されない場合、入
力信号が本機に適しているかの確認に使います。
「対応解像度一覧」
( 130 ページ)もあわ
せてご覧ください。
●
オンスクリーンメニュー
参考
5
ランプ残量/ランプ使用時間の表示について
本機にはエコモード機能があります。エコモードを「オフ」での使用と「オン」で
使用した場合はランプの交換時間(目安)※が異なります。
ランプ使用時間はランプの通算使用時間を示し、ランプ残量はランプの使用時間に
対する残量をパーセントで表示しています。
・0%になると、電源オフ時の確認メッセージと同時に「ランプの交換時期です。
取扱説明書に従って早めに交換してください。」のメッセージが表示されます。
新しいランプと交換してください。交換のしかたは「6-4. ランプとフィルタの
交換」( 111 ページ)をご覧ください。
・ランプ交換のメッセージは電源投入時の 1 分間および本機の
ボタンまたはリ
モコンの電源 切 ボタンを押したときに表示されます。
電源投入時にランプ交換のメッセージを消す場合は本機またはリモコンのいず
れかのボタンを押してください。
※
・ランプ交換時間(目安) に到達(ランプ残量 0%)後、ランプ残量表示は赤色
の時間表示に変わります。このとき、ランプ残量表示は「100 時間」と表示され、
そのあとランプを投写しただけ時間がマイナスされていきます。そしてランプ残
量表示が「0 時間」になると、本機の電源が入らなくなります。
※保証時間ではありません。
105
・ランプ使用時間は、ランプの個体差や使用条件によって差があり、下の表の使用時
間内であっても、破裂または不点灯状態に至ることがあります。
ランプ使用時間
エコモード「オフ」でのみ エコモード「オン」でのみ ランプ残量
使用(最小)
使用(最大)
0000 時間
工場出荷時
ランプ交換時間
(目安)※
4000 時間
※ 保証時間ではありません。
106
100%
5000 時間
0%
5-7. リセット
※この画面は NP610J/NP510J/NP510WJ/
NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ のものです。
本機に記憶されている全調整・設定値、または表示中の信号について、調整した調整
値を工場出荷状態に戻します。
リセットの処理には多少時間がかかります。
●表示中の信号
表示中の信号について、調整した調整値が工場出荷状態に戻ります。
●全データ
すべての調整・設定値が工場出荷状態に戻ります。
5
オンスクリーンメニュー
【リセットされないデータ】
言語・バックグラウンド・フィルタメッセージ・セキュリティ・通信速度・コントロール ID・
スタンバイモード・ファンモード・ランプ残量・ランプ使用時間・フィルタ使用時間・
総 CO2 削減量・ネットワーク設定
●ネットワーク設定(NP405J は除く)
次のネットワークの設定が工場出荷状態に戻ります。
・DHCP、IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ
注意
●
ネットワーク設定は、リセット→全データではクリアされません。
●ランプ時間クリア
ランプ交換を行ったときに「ランプ残量」と「ランプ使用時間」をクリアします。
注意
●
ランプ時間は、リセット→全データではクリアされません。
●フィルタ時間クリア
フィルタの清掃または交換を行ったときに「フィルタ使用時間」をクリアします。
注意
●
フィルタ時間は、リセット→全データではクリアされません。
107
6. 本体のお手入れ/ランプの交換
6-1. フィルタの清掃
吸気口のフィルタはプロジェクター内部をほこりや汚れから守っています。
フィルタにほこりがたまると、空気の通りが悪くなり内部の温度が上昇し、故障の原
因となりますので、こまめに清掃をしてください。
参考
●
フィルタ清掃時期の表示について
本機には、フィルタの清掃時期をお知らせする機能があります。あらかじめ設定し
た時間(500 時間:工場出荷状態)を超えて本機を使用すると、画面上に「フィル
タ清掃時期です。
」のメッセージが表示されます。メッセージが表示されたら、フィ
ルタを清掃してください。
・ 設置する環境に合わせて、フィルタ清掃のメッセージ表示間隔を変更すること
ができます。設定についてはオンスクリーンメニューの「フィルタメッセージ」
( 97 ページ)をご覧ください。
・ フィルタ清掃のメッセージは、電源投入時の 1 分間、および本機の ボタンまた
はリモコンの電源 切 ボタンを押したときに表示されます。
・「フィルタ清掃時期です。」というメッセージは、本機またはリモコンのいずれか
のボタンを押すと消えます。
1 フィルタを清掃する。
EXIT
M
EN
U
フィルタは本体右側面と背面にあります。
電源を切り電源プラグをコンセントから抜き
ます。
掃除機で吸気口越しにフィルタ
の清掃を行ってください(フィ
ルタカバーを外す必要はありま
せん)。
ENTER
2 フィルタ使用時間をクリアする。
電源プラグをコンセントに差し込み、本体の
電源を入れます。
オンスクリーンメニューのリセットの「フィ
ルタ時間クリア」を選択してください。
108
(
前ページ)
6-2. レンズの清掃
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
カメラのレンズと同じ方法で(市販のカメラ用ブローワーやメガネ用クリーニング
ペーパーを使って)クリーニングしてください。その際レンズを傷つけないようにご
注意ください。
U
N
E
M
ENTER
EXIT
本体のお手入れ/ランプの交換
適応機種
NP610SJ/NP510WSJ
本機のレンズはプラスチック製です。レンズを清掃する際は、プラスチックレンズ手
拭専用洗浄液(オリンパス製 EE-3310 または EE-3320)を使用して汚れをふき取っ
てください。
オリンパス製 EE-3310 または EE-3320 は、カメラ販売店等でお買い求めください。
6
M
EN
U
ENTER
EXIT
注意
●
ガラス用クリーナーやアルコールなどは絶対に使用しないでください。プラスチッ
クレンズの表面を侵食し、輝度低下や画質劣化の原因となります。
109
6-3. キャビネットの清掃
お手入れの前に必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。
● 毛羽立ちの少ないやわらかい乾いた布でふいてください。
汚れのひどいときは、水でうすめた中性洗剤にひたした布をよく絞ってふき取り、
乾いた布で仕上げてください。
化学ぞうきんを使用する場合は、その注意書きに従ってください。
● シンナーやベンジンなどの溶剤でふかないでください。変質したり、塗料がはげる
ことがあります。
● 通風孔やスピーカ部のほこりを取り除く場合は、掃除機のブラシ付きのアダプタを
使用して吸い取ってください。なお、アダプタを付けずに直接当てたり、ノズルア
ダプタを使用することは避けてください。
AC
IN
∼
側面の通風孔とスピーカ部のほこりを吸い取ります。
●
●
●
通風孔にほこりがたまると、空気の通りが悪くなり内部の温度が上昇し、故障の原
因となりますので、こまめに清掃をしてください。
キャビネットを爪や硬いもので強くひっかいたり、当てたりしないでください。傷
の原因となります。
本体内部の清掃については、NEC プロジェクター・カスタマサポートセンターに
お問い合わせください。
注意
110
●
キャビネットやレンズおよびスクリーンに殺虫剤など揮発性のものをかけたりしな
いでください。
また、ゴムやビニール製品などを長時間接触したままにしないでください。変質し
たり、塗料がはげるなどの原因となります。
6-4. ランプとフィルタの交換
光源に使われているランプの使用時間がランプ交換時間(目安)※1( 106 ページ)
を超えるとランプインジケータが赤く点滅し、メッセージ「ランプの交換時期です。
取扱説明書に従って早めに交換してください。」が画面上に表示されます※2。
この場合は光源ランプの交換時期ですので、新しいランプと交換してください。
なお、エコモードで使用している割合が多いとランプ交換時間(目安)※ 1 が延びます。
したがってこの場合ランプ使用時間は延びることになります。現在のランプ使用残量
の目安はオンスクリーンメニューの「情報(使用時間)」( 105 ページ)をご覧く
ださい。
●
交換用ランプは販売店でお求めください。ご注文の際は次の交換用ランプの形名を
ご指定ください。
適用機種
●
●
●
●
●
●
ランプの形名
NP07LP
NP14LP
交換用ランプにはフィルタが添付されていますので、ランプを交換したあとにフィ
ルタも交換してください。
指定のネジ以外は外さないでください。
ランプハウスには、ランプ保護のためガラスが付いています。誤って割らないよう
取り扱いには注意してください。
また、ガラス表面には触れないでください。輝度にかかわる性能劣化の原因となります。
メッセージが表示されてもなお使用を続けると、ランプが切れることがあります。
ランプが切れるときには、大きな音をともなって破裂し、ランプの破片がランプハ
ウス内に散らばります。この場合は、NEC プロジェクター・カスタマサポートセ
ンターに交換を依頼してください。
本機を天吊りで設置した状態でランプ交換を行う場合は、本機の下部に人が入らな
いように注意してください。ランプが破裂している場合に、ランプの破片が飛散す
るおそれがあります。
※1
ランプ交換時間(目安)
に到達後 100 時間を超えて使用すると、ランプインジケー
タが赤く点灯するとともにスタンバイ状態になり電源が入らなくなります。
本体のお手入れ/ランプの交換
NP610J/NP510WJ/NP410WJ/NP610SJ/NP510WSJ
NP510J/NP405J
6
※ 1 保証時間ではありません。
※ 2 ランプ交換のメッセージは電源投入時の 1 分間、および本機の ボタンまたはリモコン
の電源 切 ボタンを押したときに表示されます。
電源投入時にランプ交換のメッセージを消す場合は本機またはリモコンのいずれかのボ
タンを押してください。
注意
ランプの交換は、電源を切り電源プラグをコンセントから抜き、約 1
時間おいてから行ってください。動作中や停止直後にランプを交換する
と高温のため、やけどの原因となることがあります。
111
ランプとフィルタ交換の流れ
ステップ 1
ランプを交換する(
このページ)
ステップ 2
フィルタを交換する(
115 ページ)
ステップ 3
ランプ使用時間とフィルタ使用時間をクリアする(
116 ページ)
ランプを交換する
準備: プラスドライバーを用意してください。
1 ランプカバーを外す。
❶ ランプカバーネジを空転するまで左
にゆるめる。
・ ネジは外れません。
❷ ランプカバーを手前にスライドさせて
取り外す。
112
ランプカバー
2 ランプハウスを外す。
❶ ランプハウス固定のネジ(2 箇所)を
左に空転するまでゆるめる。
・ ネジは外れません。
・ 本機には安全スイッチが付いています。
安全スイッチには触れないでください。
安全スイッチ
本体のお手入れ/ランプの交換
❷ ランプハウスのつまみを指で挟んで
持ち上げる。
注意
高温に注意してください。ラ
ンプハウスが冷えていること
を確認してから外してくださ
い。
6
3 新しいランプハウスを取り付ける。
❶ ランプハウスを静かに入れる。
・ 奥まで押し込んでください。
❷ ランプハウスの中央部分を押して、ラ
ンプハウスのプラグを本体のソケット
へ確実に差し込む。
113
❸ ランプハウス固定のネジ(2 箇所)を
右に回してしめる。
・ ネジは確実にしめてください。
4 ランプカバーを取り付ける。
❶ ランプカバーをスライドさせて取り付
ける。
❷ ランプカバーネジを右に回してしめる。
・ ネジは確実にしめてください。
これで、ランプ交換が終わりました。
続いてフィルタを交換してください。
参考
●
114
ランプ交換時間(目安)※( 106 ページ)に到達後 100 時間を超えて使用すると、
電源が入らなくなります。その場合は、スタンバイ状態でリモコンの ヘルプ ボタン
を 10 秒以上押すことでランプ残量とランプ使用時間をクリアできます。クリアさ
れたかどうかは、ランプインジケータが消灯することで確認できます。
※保証時間ではありません。
フィルタを交換する
注意
●
●
●
●
●
フィルタは、2 枚とも同時期に交換してください。
フィルタを交換するときは、プロジェクター本体のほこりをよくふき取ってから行っ
てください。
プロジェクターは精密機器ですので、内部にほこりが入らないようにご注意ください。
フィルタは水洗いしないでください。目づまりの原因となります。
必ずフィルタカバーを正しく取り付けてください。カバーを正しく取り付けていな
いと、内部にほこりなどが入り故障の原因となります。
準備:先にランプの交換を行ってください。
(
112 ページ)
1 ツメに指をかけ、手前にフィルタ
カバー(2 箇所)を引き抜いて外す。
本体のお手入れ/ランプの交換
2 フィルタ(2 箇所)を交換する。
❶ フィルタを外して、フィルタカバー
を清掃する。
❷ 新しいフィルタをフィルタカバーに
取り付ける。
3 フィルタカバー(2 箇所)を取り
6
付ける。
・「カチッ」と音がしてフィルタカバーが固
定されるまで差し込みます。
これで、フィルタ交換が終わりました。
続いてランプ使用時間とフィルタ使用時間を
クリアしてください。
115
ランプ使用時間とフィルタ使用時間をクリアする
1 本機を投写する場所に設置する。
2 電源プラグをコンセントに差し込み、電源を入れる。
3 ランプ使用時間やフィルタ使用時間をクリアする。
❶ オンスクリーンメニューのリセットで「ランプ時間クリア」を実行してくださ
い。
❷ 続いて「フィルタ時間クリア」を実行してください。
(
116
107 ページ)
7. 付 録
故障かな?と思ったら
修理を依頼される前に、もう一度接続や設定および操作に間違いがないかご確認くだ
さい。それでもなお異常なときは NEC プロジェクター・カスタマサポートセンター
にお問い合わせください。
現象と確認事項
このようなとき
電源が入らない
確認してください
電源プラグがコンセントから抜けていませんか。
参照ページ
40
43
ランプカバーが正しく取り付けられていますか。
114
ランプハウス固定のネジがゆるんでいませんか。
114
ランプ交換時間(目安) を超えて使用していませんか。
新しいランプに交換してください。
交 換 後、 本 機 を ス タ ン バ イ 状 態 に し て、 リ モ コ ン の
ヘルプ ボタンを 10 秒以上押し続けてください。本機内部
で管理しているランプ時間の値がクリアされ電源が入るよ
うになります。
※保証時間ではありません。
106
内部温度が高くなっていませんか。内部の温度が異常に高
いと保護のため電源は入りません。しばらく待ってから電
源を入れてください。
123
標高約 1600m 以上の高地で本機を使用していませんか。
高地で使用する場合はオンスクリーンメニューのファン
モードで「高地」を選択してください。
高地で本機を使用する場合にファンモードで「高地」を選
択していないと、温度プロテクタが働き、自動的に電源が
切れることがあります。さらに、ランプ消灯後ランプの温
度が上昇するため、温度プロテクタが働いて、電源が入ら
ないことがあります。その場合は、しばらく待ってから電
源を入れてください。
101
上記の電源コードの接続、ランプ交換時間、本機の内部温
度上昇などが原因として考えられない場合は、主電源ス
イッチを「○(切)
」にし、電源プラグをコンセントから
抜いてください。そして約5分間待って再び電源プラグを
コンセントに接続し、主電源スイッチを「l(入)
」にし
てください。
58
※
付録
主電源スイッチは「I(入)」になっていますか。
7
使用中に電源が切れる オンスクリーンメニューのオフタイマーまたはオートパ 103, 104
ワーオフを「オン(時間を選択)」にしていませんか。
117
映像が出ない
接続している入力を選んでいますか。本体またはリモコン
45, 46
の入力信号選択ボタンを再度押してください。
入力端子のケーブルが正しく接続されていますか。
映像が歪む
映像がぼやける
調整のコントラスト、明るさが最小になっていませんか。
89
コンピュータ信号(RGB)の場合、入力信号が対応してい
る解像度、周波数になっていますか。
コンピュータの解像度を確認してください。
130
コンピュータ信号(RGB)の場合、画面調整を正しく行っ
ていますか。
56
コンピュータの画面がうまく投写できない場合は、120 ペー
ジをご覧ください。
̶
各設定が正しく調整・設定されていますか。
83
それでも解決しない場合は、リセットを行ってみてくださ
い。
107
セキュリティが有効になっている場合は、本機の電源を入
れたときに、あらかじめ登録しておいたセキュリティキー
ワードを入力しないと映像は投写されません。
65
ランプの消灯直後に電源を入れたときは、冷却のために
ファンのみが回転し、映像が出るまでに時間がかかります。
しばらくお待ちください。
̶
標高約 1600m 未満であっても高地で使用している場合、
温度プロテクタが働いて、自動的に消灯することがありま
す。そのときはファンモードを「高地」に設定してください。
101
正しく設置されていますか。
48
台形状に歪む場合は台形補正を行ってください。
53
レンズのフォーカスは合っていますか。
52
投写画面と本機が正しい角度で設置されていますか。
48
投写距離がフォーカスの範囲を超えていませんか。
124
レンズなどが結露していませんか。
気温が低い所に保管しておいて温かい所で電源を入れると
レンズや内部の光学部が結露することがあります。このよ
うな場合は結露がなくなるまで数分お待ちください。
̶
映像の画質が悪い
コンピュータ信号(RGB)の場合、 自動調整 ボタンを押
してください。
56
画面がちらつく
オンスクリーンメニューのファンモードで「高地」を選択
した状態のまま本機を低地(標高約 1600m 未満)で使用
すると、ランプが冷えすぎて画面がちらつくことがありま
す。
ファンモードで「高地」以外を選択してください。
101
映像が乱れる
本機に接続している信号ケーブルが断線していませんか。
̶
映像が突然暗くなった 室温が高いため、強制エコモードになっていませんか。
ファンモードを「高速」に設定するなどして、本機内部の
温度が下がるようにしてください。
118
31 ∼ 38
63
水平または垂直方向に コンピュータ信号(RGB)の場合、水平、垂直を正しく調
映像がずれて正常に表 整しましたか。
示されない
コンピュータ信号(RGB)の場合、入力信号が対応してい
る解像度、周波数になっていますか。
コンピュータの解像度を確認してください。
90
130
コンピュータ信号(RGB) 自動調整 ボタンを押してください。改善されない場合は、
56
で文字がちらついたり色 オンスクリーンメニューのクロック周波数と位相を調整し 89, 90
がずれている
てください。
リモコンで操作できな リモコンのリモコン送信部を本体のリモコン受光部に向け
い
ていますか。
24
リモコンの電池が消耗していませんか。新しい電池と交換
してください。
24
リモコンと本体のリモコン受光部との間に障害物がありま
せんか。
25
リモコンの有効範囲(7m)を超えていませんか。
24
インジケータが点滅する
コントロール ID 機能を設定している場合、リモコンの ID
番号とプロジェクターの ID 番号は一致していますか。
コントロール ID を「オン」にすると、本機のリモコンか
ら本機を操作できなくなります。
99,100
本機のリモコンを使って、コンピュータのマウス操作を行
う場合は、別売のマウスレシーバをコンピュータに接続し
てください。
67
インジケータ表示一覧をご覧ください。
本機の動作が不安定に 主電源スイッチを「○(切)
」にし、電源プラグをコンセ
なる
ントから抜いてください。そして約5分間待って再び電源
プラグをコンセントに接続し、主電源スイッチを「l(入)」
にしてください。
122, 123
58
付録
7
119
コンピュータの画面がうまく投写できない場合
コンピュータを接続して投写する際、うまく投写できない場合は、次のことをご確認
ください。
●コンピュータの起動のタイミング
コンピュータと本機をコンピュータ接続ケーブルで接続し、本機とコンセントを電源
コードで接続して本機をスタンバイ状態にしてから、コンピュータを起動してくださ
い。
特にノートブックコンピュータの場合、接続してからコンピュータを起動しないと外
部出力信号が出力されないことがあります。
参考
●
本機のオンスクリーンメニューを表示して、情報→信号の水平同期周波数を確認し
てください。
水平同期周波数が表示されていないときは、コンピュータから外部出力信号が出力
されていません。
(
105 ページ)
●コンピュータの起動後に操作が必要な場合
ノートブックコンピュータの場合、起動したあとに外部出力信号を出力させるため、
さらに操作が必要な場合があります(ノートブックコンピュータ自身の液晶画面に表
示されていても、外部出力信号が出力されているとは限りません)。
参考
●
Windows のノートブックコンピュータの場合は、ファンクションキーを使って「外
部」に切り替えます。
)などの絵表示や(LCD/VGA)の表示があるファン
Fn キーを押したまま(
クションキーを押すと切り替わります。しばらく(プロジェクターが認識する時間)
すると投写されます。
通常、キーを押すごとに「外部出力」→「コンピュータ画面と外部の同時出力」→「コ
ンピュータ画面」…と繰り返します。
【コンピュータメーカーとキー操作の例】
Fn + F2
MSI
Fn + F3
NEC、Panasonic、SOTEC、MITSUBISHI、Everex
Fn + F4
HP、Gateway
Fn + F5
ACER、TOSHIBA、SHARP、SOTEC
Fn + F7
SONY、IBM、Lenovo、HITACHI
Fn + F8
DELL、ASUS、EPSON、HITACHI
Fn + F10
FUJITSU
※詳しい操作は、お使いのコンピュータの取扱説明書をご覧ください。
表に記載されていないメーカーのノートブックコンピュータをお使いの場合は、
ノートブックコンピュータのヘルプ、または取扱説明書をご覧ください。
●
120
Macintosh PowerBook は、ビデオミラーリングの設定を行います。
●
ノートブックコンピュータの同時表示時の外部出力信号が正
確ではない場合
ノートブックコンピュータの場合、自身の液晶画面は正常に表示されていても投写さ
れた画面が正常ではない場合があります。
多くの場合、ノートブックコンピュータの制限(コンピュータ自身の液晶画面と外部
出力を同時に出力する場合は、標準規格に合った信号を出力できない)によることが
考えられます。このときの外部出力信号が、本機で対応可能な信号の範囲から大きく
外れている場合、調整を行っても正常に表示されないことがあります。
上記の場合は、ノートブックコンピュータの同時表示をやめ、外部出力のみのモード
にする(液晶画面を閉じると、このモードになる場合が多い)操作を行うと、外部出
力信号が標準規格に合った信号になることがあります。
● Macintosh を起動させたとき、画面が乱れたり何も表示し
ない場合
Macintosh 用信号アダプタ(市販品)を使って接続したとき、ディップスイッチの設
定を、Macintosh および本機の対応外の表示モードにした場合、表示が乱れたり、何
も表示できなくなることがあります。万一表示できない場合は、ディップスイッチを
13 インチ固定モードに設定し、Macintosh を再起動してください。そのあと表示可
能なモードに変更して、もう一度再起動してください。
● PowerBook と本機を同時に表示させる場合
PowerBook ディスプレイのビデオミラーリングを「切」にしないと外部出力を
1024 × 768 ドットに設定できないことがあります。
● Macintosh の投写画面からフォルダなどが切れている場合
付録
Macintosh に接続していたディスプレイを本機より高い解像度で使用していた場合、
本機で投写した画面では、画面の隅にあったアイコンなどが画面からはみ出したり消
えたりすることがあります。このような場合は、Macintosh の Finder 画面で option
キーを押した状態で「表示」→「整頓する」を選択してください。はみ出したり消え
たりしたアイコンが画面内に移動します。
7
121
インジケータ表示一覧
本体操作部の 3 つのインジケータが点灯、点滅しているときは、以下の説明を確認し
てください。
ランプインジケータ
電源インジケータ
ステータスインジケータ
●電源インジケータ
インジケータ表示
消灯
点滅 緑色(短い点滅)
緑色(長い点滅)
点灯 緑色
オレンジ色
赤色
本機の状態
主電源が切れている
電源オン準備中
オフタイマー(有効状態)
電源オン状態
スタンバイ状態
(スタンバイモードが「ノーマル」)
スタンバイ状態
(スタンバイモードが「省電力」)
行ってください
̶
しばらくお待ちください。
̶
̶
̶
̶
●ステータスインジケータ
インジケータ表示
消灯
本機の状態
行ってください
異常なし、または
̶
スタンバイ状態
(スタンバイモー
ドが「省電力」)
点滅 赤色(1 回周期) カバー異常
ランプカバーが正しく取り付けられていません。正
しく取り付けてください。( 114 ページ)
赤色(2 回周期) 温度異常
温度プロテクタが動作しています。室温が高い場合は、
本機を涼しい場所へ移動してください。( 次ページ)
赤色(3 回周期) 電源異常
電源が正常に動作していません。NEC プロジェクター・
カスタマサポートセンターへ修理を依頼してください。
赤色(4 回周期) ファン異常
冷却ファンの回転が停止しています。NEC プロジェクター・
カスタマサポートセンターへ修理を依頼してください。
赤色(6 回周期) ランプ不点灯
ランプが点灯しません。1 分以上待って再度電源を入れ
てください。それでも点灯しない場合は NEC プロジェ
クター・カスタマサポートセンターにご相談ください。
緑色
ランプ点灯失敗後の しばらくお待ちください。
再点灯準備中
122
点灯 緑色
オレンジ色
スタンバイ状態
(スタンバイモー
ドが「ノーマル」)
本体キーロック中に
ボタンを押したとき
プロジェクターの
ID 番 号 と リ モ コ
ン の ID 番 号 が 一
致しないとき
̶
本体キーロック中です。操作する場合は、設定を解
除する必要があります。
( 99 ページ)
コントロール ID を確認してください。( 99, 100 ページ)
●ランプインジケータ
インジケータ表示
消灯
点滅 赤色
点灯 赤色
緑色
本機の状態
行ってください
異常なし
̶
ランプ交換猶予時間中 ランプ残量が 0%になり、ランプ交換の猶予時間
(100 時間)中です。すみやかにランプを交換し
てください。( 111 ページ)
ランプ使用時間超過
ランプ使用時間を超過しています。ランプを交
換するまで本機の電源は入りません。
( 111
ページ)
エコモード「オン」時
̶
●温度プロテクタが働いたときは
付録
本機内部の温度が異常に高くなると、ランプが消灯し、ステータスインジケータが点
滅します(2 回点滅の繰り返し)。
同時に本機の温度プロテクタ機能が働いて、本機の電源が切れることがあります。
このようなときは、以下のことを行ってください。
・ 主電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。
・ 周囲の温度が高い場所に置いて使用しているときは、涼しい場所に設置しなおして
ください。
・ 通風孔にほこりがたまっていたら、清掃してください。
(
110 ページ)
・ 本機内部の温度が下がるまで、約 1 時間そのままにしてください。
7
123
投写距離とスクリーンサイズ
この場所に設置するとどのくらいの画面サイズになるか、どのくらいのスクリーンを
用意すればいいのか、また、目的の大きさで投写するにはどのくらいの距離が必要か
を知りたいときの目安にしてください。
NP610J/NP510J/NP405J
適応機種
フォーカス(焦点)の合う投写距離は、レンズ前面から 0.7m(21 型の場合)∼
11.3m(300 型の場合)です。ただし、25 型未満は、テレ側のみ対応しています。
この範囲で設置してください。
(型)
ズームレバーをワイドへ回したとき
画 面
サ イ
ズ
ズームレバーをテレへ回したとき
M
【投写距離】
ズームレバーを
テレへ回したとき
ワイド時にチルトフットを ズームレバーを
ワイドへ回したとき
10°傾斜した場合
M
プ
ロ
ジ スェ
クク
リタ
ーー ン設
高置
さ面
か ら
の
スクリーン中心線(ワイド)
スクリーン中心線(テレ)
プロジェクター設置面
M
【表のみかた】
上の表より 100 型スクリーンにワイドで投写するには表より、3.1m 付近に設置することにな
ります。
また、下の表はプロジェクター設置面からスクリーンの上端までが約 1.3m 必要となりますので、
プロジェクターを置いた台から天井までの高さやスクリーンを設置する高さが確保できるかの
目安にお使いください。図はプロジェクターを水平に設置したときの投写範囲を表しています。
チルトフットにより上へ最大約 10°上げることができます。
124
NP510WJ/NP410WJ
適応機種
フォーカス(焦点)の合う投写距離は、レンズ前面から 0.8m(21 型の場合)∼
11.9m(300 型の場合)です。ただし、25 型未満は、テレ側のみ対応しています。
この範囲で設置してください。
(型)
300
240
ズームレバーをワイドへ回したとき
画面サイズ
200
180
150
ズームレバーをテレへ回したとき
120
100
80
60
40
30
21
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12(m)
【投写距離】
ズームレバーを
ワイドへ回したとき
ワイド時にチルトフットを
10 傾斜した場合
(m)
5
ズームレバーを
テレへ回したとき
プロジェクター設置面からの
スクリーン高さ
4
3
2
スクリーン中心線(ワイド)
1
付録
スクリーン中心線(テレ)
0
プロジェクター設置面
-1
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12(m)
7
【表のみかた】
上の表より 100 型スクリーンにワイドで投写するには表より、3.3m 付近に設置することにな
ります。
また、下の表はプロジェクター設置面からスクリーンの上端までが約 1.3m 必要となりますので、
プロジェクターを置いた台から天井までの高さやスクリーンを設置する高さが確保できるかの
目安にお使いください。図はプロジェクターを水平に設置したときの投写範囲を表しています。
チルトフットにより上へ最大約 10°上げることができます。
125
NP610SJ
適応機種
フォーカス(焦点)の合う投写距離は、レンズ前面から 0.9m(60 型の場合)∼
1.7m(110 型の場合)です。この範囲で設置してください。
(型)
110
画面サイズ
100
90
80
70
60
0
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
1.6
1.8
2.0
2.2
2.4(m)
2.2
2.4(m)
【投写距離】
チルトフットを10°傾斜した場合
(m)
2.0
プロジェクター設置面からの
スクリーン高さ
1.5
1.0
スクリーン中心線
0.5
0
プロジェクター設置面
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
1.6
1.8
2.0
【表のみかた】
上の表より 100 型スクリーンにワイドで投写するには表より、1.51m 付近に設置することにな
ります。
また、下の表はプロジェクター設置面からスクリーンの上端までが約 1.59m 必要となりますの
で、プロジェクターを置いた台から天井までの高さやスクリーンを設置する高さが確保できるか
の目安にお使いください。図はプロジェクターを水平に設置したときの投写範囲を表していま
す。チルトフットにより上へ最大約 10°上げることができます。
126
NP510WSJ
適応機種
フォーカス(焦点)の合う投写距離は、レンズ前面から 0.9m(57 型の場合)∼
1.7m(104 型の場合)です。この範囲で設置してください。
(型)
110
画面サイズ
100
90
80
70
60
0
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
1.6
1.8
2.0
2.2
2.4(m)
2.2
2.4(m)
【投写距離】
チルトフットを10°傾斜した場合
(m)
2.0
プロジェクター設置面からの
スクリーン高さ
1.5
1.0
スクリーン中心線
付録
0.5
0
プロジェクター設置面
0.2
0.4
0.6
0.8
1.0
1.2
1.4
1.6
1.8
2.0
7
【表のみかた】
上の表より 100 型スクリーンにワイドで投写するには表より、1.60m 付近に設置することにな
ります。
また、下の表はプロジェクター設置面からスクリーンの上端までが約 1.82m 必要となりますの
で、プロジェクターを置いた台から天井までの高さやスクリーンを設置する高さが確保できるか
の目安にお使いください。図はプロジェクターを水平に設置したときの投写範囲を表していま
す。チルトフットにより上へ最大約 10°上げることができます。
127
スクリーンサイズと寸法表
スクリーン高さ
適応機種
スクリーンサイズ
(対角)
スクリーン幅
スクリーン高さ
適応機種
スクリーンサイズ
(対角)
スクリーン幅
NP610J/NP510J/NP405J/NP610SJ
サイズ(型) スクリーン幅(cm)
30
61.0
40
81.3
60
121.9
80
162.6
100
203.2
120
243.8
150
304.8
200
406.4
240
487.7
300
609.6
400
812.8
500
1016.0
NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ
サイズ(型) スクリーン幅(cm)
30
64.6
40
86.2
60
129.2
80
172.3
100
215.4
120
258.5
150
323.1
200
430.8
240
516.9
300
646.2
400
861.6
500
1077.0
デスクトップの例
下の図はデスクトップで使用するときの例です。
水平投写位置……レンズを中心に左右均等
垂直投写位置……(下表参照)
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J
スクリーン
サイズ(型)
21
30
40
60
80
100
120
150
180
200
240
300
128
投写距離L(m)
ワイド時
テレ時
0.75
0.90
1.09
1.22
1.47
1.85
2.22
2.47
2.98
3.10
3.73
3.73
4.49
4.67
5.62
5.61
6.75
6.24
7.50
7.50
9.01
9.38
11.27
スクリーンの高さ(cm)
45.7
61.0
91.4
121.9
152.4
182.9
228.6
304.8
365.8
457.2
609.6
762.0
寸法H
(cm)
5.0
7.1
9.5
14.3
19.1
23.8
28.6
35.7
42.9
47.6
57.2
71.4
スクリーンの高さ(cm)
40.4
53.8
80.8
107.7
134.6
161.5
201.9
269.2
323.1
403.9
538.5
673.1
適応機種
NP510WJ/NP410WJ
スクリーン
サイズ(型)
21
30
40
60
80
100
120
150
180
200
240
300
投写距離L(m)
ワイド時
テレ時
0.80
0.96
1.16
1.29
1.56
1.96
2.36
2.62
3.16
3.29
3.96
3.95
4.75
4.95
5.95
5.95
7.15
6.62
7.95
7.95
9.55
9.94
11.95
寸法H
(cm)
2.5
3.5
4.7
7.1
9.4
11.8
14.1
17.7
21.2
23.6
28.3
35.3
スクリーン中心
H
約55mm(注)
プロジェクター設置面
L
レンズ中心
スクリーン
下端
(注) プロジェクター設置面からレンズ中心までの高さ
(チルトフットを最小にした高さを含む)
適応機種
NP610SJ
投写距離L
(m)
0.90
0.96
1.05
1.16
1.20
1.36
1.51
1.67
NP510WSJ
スクリーン
サイズ(型)
57
60
70
80
87
90
100
104
寸法H
(cm)
4.8
5.1
5.6
6.1
6.4
7.1
7.9
8.7
投写距離L
(m)
0.90
0.95
1.11
1.28
1.39
1.44
1.60
1.67
寸法H
(cm)
12.5
13.1
15.3
17.5
19.0
19.7
21.9
22.8
付録
スクリーン
サイズ(型)
60
64
70
77
80
90
100
110
適応機種
7
スクリーン中心
H
約76mm(注)
プロジェクター設置面
L
レンズ中心
スクリーン
下端
(注) プロジェクター設置面からレンズ中心までの高さ
(チルトフットを最小にした高さを含む)
参考
●
記載の数値は設計値のため誤差が生じることがあります。
129
対応解像度一覧
機種
NTSC
PAL
PAL60
SECAM
IBM PC/AT 互換機
-
ビデオ
Apple Macintosh®
HDTV
SDTV
DVD
(1080i/60)
(1080i/50)
720p
480p
YCbCr
Progressive
130
走査周波数
水平(kHz) 垂直(Hz)
解像度
640
640
640
640
640
640
640
800
800
800
800
800
1024
1024
1024
1024
1152
1152
1152
1152
1280
1280
1280
1280
1280
1280
1280
1280
1400
1400
1440
1600
1600
1600
1600
640
832
1024
1152
1280
1280
1280
1920
1920
1280
720
720
720
720
720
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
×
*1
*1
*1
*1
480
480
480
480
480
480
480
600
600
600
600
600
768
768
768
768
864
864
864
864
768
800
960
960
960
1024
1024
1024
1050
1050
900
1200
1200
1200
1200
480
624
768
870
1024
1024
1024
1080
1080
720
480
480
576
480
576
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
15.73
15.63
15.73
15.63
31.47
31.48
31.46
37.86
37.50
39.38
43.27
35.16
37.88
48.08
46.88
53.67
48.36
56.48
60.02
68.68
54.35
63.99
67.50
77.49
47.78
49.70
60.00
75.00
85.94
63.98
79.98
91.15
64.74
65.32
55.94
75.00
81.25
87.50
93.75
35.00
49.72
60.24
68.68
64.30
69.87
78.44
33.75
28.13
45.00
31.47
15.73
15.63
31.47
31.25
59.94
50.00
60.00
50.00
59.94
59.95
59.93
72.81
75.00
75.00
85.01
56.25
60.32
72.19
75.00
85.06
60.00
70.07
75.03
85.00
60.05
70.02
75.00
85.06
59.87
59.81
60.00
75.00
85.00
60.02
75.02
85.02
59.95
59.98
59.89
60.00
65.00
70.00
75.00
66.67
74.55
74.93
75.06
60.38
65.18
73.72
60.00
50.00
60.00
59.94
59.94
50.00
59.94
50.00
対応状況
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
○
○
○
○
○ *2
○ *2
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
◎
◎
◎
○
○
○
○
○
○
○
◎
◎
◎
◎
◎
◎ : リアル表示 ○ : アドバンスド・アキュブレンドにより対応
*1: コンピュータ信号(デジタル)は表示できません
*2: NP510WJ/NP410WJ/NP510WSJ ではリアル表示可能
・ アドバンスド・アキュブレンドの場合、文字や罫線の太さなどが不均一になったり、色がにじんだりする場合があ
ります。
・ 出荷時はその表示解像度/周波数の標準的な信号に合わせていますが、コンピュータの種類によっては調整が必要
な場合があります。
・ コンポジット同期信号などの場合は、正常に表示できない場合があります。
付録
7
131
外観図
適応機種
NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
NP610J、NP510J、NP405J、NP510WJ および NP410WJ の外形寸法およびキャ
ビネットの外観は同じです。NP405J は接続端子部のみ異なります。
単位:mm
NP610J/NP510J/
NP510WJ/NP410WJ
適応機種
NP405J
263
適応機種
レンズ中心
308
78
76
55.3
108.5
レンズ中心
132
適応機種
NP610SJ/NP510WSJ
NP610SJ および NP510WSJ のキャビネットの外観、外形寸法および接続端子部は
同じです。
301.5
単位:mm
付録
レンズ中心
7
308
76
レンズ中心
75.5
143.2
78
133
別売品
ランプ
天吊り金具
商 品 名
交換用ランプ NP610J/NP510WJ/NP410WJ/
NP610SJ/NP510WSJ 用
NP510J/NP405J 用
天井用取付けユニット
形 名
NP07LP
NP14LP
NP08CM
この他の別売品については、当社プロジェクター総合カタログをご覧ください。
134
コンピュータ映像入力端子のピン配列と信号名
各ピンの接続と信号レベル
ピン番号 RGB 信号(アナログ)
YCbCr 信号
1
赤
Cr
2
緑またはシンクオングリーン
Y
3
青
Cb
4
接 地
信号レベル
5
接 地
ビデオ信号:0.7Vp-p(アナログ)
同期信号 :TTL レベル
6
赤 接 地
Cr
接 地
7
緑 接 地
Y
接 地
8
青 接 地
Cb
接 地
9
非接続
5
4 3 2 1
10 9 8 7 6
15 14 13 12 11
参考
●
10
同期信号 接 地
11
非接続
12
Bi-directional DATA(SDA)
13
水平またはコンポジット同期
14
垂直同期
15
Data Clock
Virtual Remote Tool では、コンピュータ映像入力端子の 12 ピンと 15 ピンを使用し
ています。
付録
7
135
仕様
● NP610J/NP510J/NP405J/NP510WJ/NP410WJ
形名
方式
液晶パネル
主
要
投写レンズ
部
品
光源
仕
様
NP610J/NP510J/NP405J
NP510WJ/NP410WJ
三原色液晶シャッタ投映方式
サイズ
NP610J/NP510J:0.63 型
0.59 型 MLA 付き
MLA 付き(アスペクト比 4:3)(アスペクト比 16:10)
NP405J:0.63 型
(アスペクト比 4:3)
画素数(*1) 786,432 画素
1,024,000 画素
(1024 ドット× 768 ライン) (1280 ドット× 800 ライン)
ズーム
マニュアル(1 ∼ 1.2 倍、f=19.8 ∼ 23.7mm)
フォーカス マニュアル
NP610J:230W AC ランプ
230W AC ランプ
(エコモード「オン」時 170W) (エコモード「オン」時 170W)
光学装置
明るさ(*2)
NP510J/NP405J:180W
AC ランプ
(エコモード「オン」時 145W)
ダイクロイックミラーによる光分離・クロスダイクロプリズム
による合成方式
NP610J:3500lm、
NP510WJ:3000lm、
NP510J:3000lm、
NP410WJ:2600lm(*3)
NP405J:2600lm(*3)
コントラスト比(*2)
(全白 / 全黒) NP610J/NP510J/NP405J:
画面サイズ(投写距離)
色再現性
音声出力
走査周波数
水平
垂直
主な調整機能
最大表示解像度(横×縦)
R,G,B,H,V
コンポジットビデオ
入
S- ビデオ
力
信
コンポーネント
号
音声
136
NP510WJ:500:1
500:1
NP410WJ:450:1
21 ∼ 300 型(0.7 ∼ 11.3m) 21 ∼ 300 型(0.8 ∼ 11.9m)
フルカラー 1,677 万色
7W モノラルスピーカ内蔵
15 ∼ 100kHz(RGB 入力は 24kHz 以上)
50 ∼ 120Hz
自動台形補正、マニュアルズーム、マニュアルフォーカス、入
力信号切替(コンピュータ / ビデオ /S- ビデオ)、画像自動調整、
画面拡大、画面位置調整、ミュート(映像 / 音声とも)、電源オ
ン / オフ、オンスクリーン表示 / 選択など
1600 × 1200(アドバンスド・アキュブレンドによる対応)
RGB:0.7Vp-p / 75 Ω 正極性
H/V Sync:4.0Vp-p/TTL 正極性 / 負極性
Composite Sync:4.0Vp-p/TTL 正極性 / 負極性
Sync on G:1.0Vp-p / 75 Ω(With Sync)負極性
1.0Vp-p / 75 Ω
Y:1.0Vp-p / 75 Ω
C:0.286Vp-p / 75 Ω
Y:1.0Vp-p / 75 Ω(With Sync)
Cb,Cr(Pb,Pr):0.7Vp-p / 75 Ω
DTV:480i, 480p, 720p, 1080i(60Hz), 576i, 576p,
1080i(50Hz)
DVD: プログレッシブ信号(50/60Hz)
0.5Vrms / 22k Ω以上
形名
コンピュータ 1 映像入力
映像出力
音声入力
音声出力
コンピュータ 2 映像入力
(DVI-I)
入
NP405J のみ
出
コンピュータ 2
力
音声入力
端
ビデオ
映像入力
子
音声入力
S- ビデオ
映像入力
音声入力
PC コントロール端子
LAN ポート
(NP405 は除く)
使用環境
電源
消費電力 エコモード「オフ」時
エコモード「オン」時
スタンバイ時
省電力時
定格入力電流
NP510WJ/NP410WJ
NP405J:
ミニ D-Sub 15 ピン× 1
ステレオミニジャック× 1
RCA × 1
RCA(RCA L/R)× 1
ミニ DIN4 ピン× 1
(ビデオの音声入力端子と共通)
D-Sub 9 ピン× 1
RJ-45 × 1、10/100 BASE-T
動作温度 :5 ∼ 40℃(*5)
動作湿度 :20 ∼ 80%(ただし、結露しないこと)
保存温度 : − 10 ∼ 50℃
動作湿度 :20 ∼ 80%(ただし、結露しないこと)
AC 100V 50/60Hz(*6)
NP610J:312W、
312W
NP510J、NP405J:251W
NP610J:237W
237W
NP510J/NP405J:203W
NP610J/NP510J:10W
10W
NP405J:8W
0.6W
NP610J:3.8A、
3.8A
NP510J、NP405J:3.2A
308(幅)× 93.5(高)× 262(奥行)mm(突起部含まず)
NP610J/NP510J:約 2.99kg 約 2.99kg
NP405J: 約 2.97kg
(* 1): 有効画素数は 99.99%です。
(* 2): 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X6911:2003 データプロジェクターの仕様書様式にそって
記載しています。測定方法、測定条件については、附属書2に基づいています。
(* 3): エコモードが「オフ」で、プリセットが「高輝度モード」のときの明るさです。エコモードを「オン」にすると、明る
さが NP610J/NP510WJ/NP410WJ は約 70%、NP510J/NP405J は約 80%に低下します。また、プリセットで他のモー
ドを選択すると明るさが多少低下します。
(* 4): HDCP/HDCP 技術とは?
HDCP とは "High-bandwidth Digital Content Protection" の略称で、DVI を経由して送信されるデジタルコンテ
ンツの不正コピー防止を目的とする著作権保護用システムのことをいいます。HDCP の規格は、Digital Content
Protection, LLC という団体によって、策定・管理されています。
本機には、DVI-I 入力端子を装備しています(NP405J を除く)。
本機の DVI-I 入力端子は、HDCP 技術を用いてコピープロテクトされているデジタルコンテンツを投写することがで
きます。
ただし、HDCP の規格変更などが行われた場合、プロジェクターが故障していなくても、DVI-I 入力端子の映像が表示
されないことがあります。
付録
外形寸法
質量
NP610J/NP510J/NP405J
ミニ D-Sub 15 ピン× 1
ミニ D-Sub 15 ピン× 1
ステレオミニジャック× 1
ステレオミニジャック× 1(全信号共通)
NP610J/NP510J:DVI-I29 ピ DVI-I29 ピン× 1(HDCP 対応
ン× 1(HDCP 対応(*4)) (*4))
7
(* 5): 35 ∼ 40℃は「強制エコモード」になります。
(* 6): 高調波電流回路 JIS C 61000-3-2 適合品です。
・この仕様・意匠はお断りなく変更することがあります。
137
● NP610SJ/NP510WSJ
形名
方式
液晶パネル
NP610SJ
NP510WSJ
三原色液晶シャッタ投映方式
サイズ
0.63 型 MLA 付き
0.59 型 MLA 付き
(アスペクト比 4:3)
(アスペクト比 16:10)
主
画素数(*1) 786,432 画素
1,024,000 画素
要
(1024 ドット× 768 ライン) (1280 ドット× 800 ライン)
部
投写レンズ ズーム
デジタル(1 ∼ 1.2 倍、f=9.7mm)
品
フォーカス マニュアル
仕
光源
230W AC ランプ(エコモード「オン」時 170W)
様
光学装置
ダイクロイックミラーによる光分離・クロスダイクロプリズム
による合成方式
明るさ(*2)
2600lm(*3)
2100lm(*3)
コントラスト比(*2)
(全白 / 全黒) 600:1
画面サイズ(投写距離)
60 ∼ 110 型(0.9 ∼ 1.7m) 57 ∼ 104 型(0.9 ∼ 1.7m)
色再現性
フルカラー 1,677 万色
音声出力
7W モノラルスピーカ内蔵
走査周波数
水平
15 ∼ 100kHz(RGB 入力は 24kHz 以上)
垂直
50 ∼ 120Hz
主な調整機能
自動台形補正、デジタルズーム、マニュアルフォーカス、入力
信号切替(コンピュータ / ビデオ /S- ビデオ)、画像自動調整、
画面拡大、画面位置調整、ミュート(映像 / 音声とも)
、電源
オン / オフ、オンスクリーン表示 / 選択など
最大表示解像度(横×縦)
1600 × 1200(アドバンスド・アキュブレンドによる対応)
R,G,B,H,V
RGB:0.7Vp-p / 75 Ω 正極性
H/V Sync:4.0Vp-p/TTL 正極性 / 負極性
Composite Sync:4.0Vp-p/TTL 正極性 / 負極性
Sync on G:1.0Vp-p / 75 Ω(With Sync)負極性
コンポジットビデオ
1.0Vp-p / 75 Ω
入
S- ビデオ
Y:1.0Vp-p / 75 Ω
力
C:0.286Vp-p / 75 Ω
信
コンポーネント
Y:1.0Vp-p / 75 Ω(With Sync)
号
Cb,Cr(Pb,Pr):0.7Vp-p / 75 Ω
DTV:480i, 480p, 720p, 1080i(60Hz), 576i, 576p,
1080i(50Hz)
DVD: プログレッシブ信号(50/60Hz)
音声
0.5Vrms / 22k Ω以上
138
形名
コンピュータ 1 映像入力
映像出力
音声入力
音声出力
入
コンピュータ 2 映像入力
出
音声入力
(DVI-I)
力
ビデオ
映像入力
端
音声入力
子
S- ビデオ
映像入力
音声入力
PC コントロール端子
LAN ポート
使用環境
電源
消費電力 エコモード「オフ」時
エコモード「オン」時
スタンバイ時
省電力時
定格入力電流
外形寸法
質量
NP610SJ
NP510WSJ
ミニ D-Sub 15 ピン× 1
ミニ D-Sub 15 ピン× 1
ステレオミニジャック× 1
ステレオミニジャック× 1(全信号共通)
DVI-I29 ピン× 1(HDCP 対応(*4))
ステレオミニジャック× 1
RCA × 1
RCA(RCA L/R)× 1
ミニ DIN4 ピン× 1
(ビデオの音声入力端子と共通)
D-Sub 9 ピン× 1
RJ-45 × 1、10/100 BASE-T
動作温度 :5 ∼ 40℃(*5)
動作湿度 :20 ∼ 80%(ただし、結露しないこと)
保存温度 : − 10 ∼ 50℃
動作湿度 :20 ∼ 80%(ただし、結露しないこと)
AC 100V 50/60Hz(*6)
312W
237W
10W
0.6W
3.8A
308(幅)× 136(高)× 301(奥行)mm(突起部含まず)
約 3.3kg
付録
(* 1): 有効画素数は 99.99%です。
(* 2): 出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X6911:2003 データプロジェクターの仕様書様式にそって
記載しています。測定方法、測定条件については、附属書2に基づいています。
(* 3): エコモードが「オン」で、プリセットが「高輝度モード」のときの明るさです。エコモードを「オン」にすると、明る
さが約 70% に低下します。また、プリセットで他のモードを選択すると明るさが多少低下します。
(* 4): HDCP/HDCP 技術とは?
HDCP とは "High-bandwidth Digital Content Protection" の略称で、DVI を経由して送信されるデジタルコンテ
ンツの不正コピー防止を目的とする著作権保護用システムのことをいいます。HDCP の規格は、Digital Content
Protection, LLC という団体によって、策定・管理されています。
本機には、DVI-I 入力端子を装備しています。
本機の DVI-I 入力端子は、HDCP 技術を用いてコピープロテクトされているデジタルコンテンツを投写することがで
きます。
ただし、HDCP の規格変更などが行われた場合、プロジェクターが故障していなくても、DVI-I 入力端子の映像が表示
されないことがあります。
7
(* 5): 35 ∼ 40℃は「強制エコモード」になります。
(* 6): 高調波電流回路 JIS C 61000-3-2 適合品です。
・この仕様・意匠はお断りなく変更することがあります。
139
トラブルチェックシート
本シートはトラブルに関するお問い合わせの際、迅速に故障箇所を判断させていただ
くためにご記入をお願いするものです。本書の「故障かな?と思ったら」をご覧いた
だき、それでもトラブルが回避できない場合、本シートをご活用いただき、具体的な
症状を NEC プロジェクター・カスタマサポートセンターの受付担当者へお伝えくだ
さい。 ※このページと次のページを印刷してお使いください。
発生頻度 常時 時々( 回中 回) その他( ) 電源関係
電源が入らない(電源インジケータが緑色に点灯しない)。
使用中、電源が切れる。
電源プラグはコンセントにしっかり挿入されている。
電源プラグはコンセントにしっかり挿入されている。
主電源スイッチは「入」になっている。
ランプカバーは正しく取り付けられている。
ランプカバーは正しく取り付けられている。
オートパワーオフは「オフ」に設定されている。
ランプを交換した場合、ランプ時間をクリアした。
オフタイマーは「オフ」に設定されている。
ボタンを1秒以上押しても電源が入らない。
映像・音声関係
コンピュータの画面が投写されない。
コンピュータと本機を接続したあとにコンピュータ
を起動してもなおらない。
ノートブックコンピュータにおいて外部出力信号が
出力されている。
IBM PC/AT互換機の場合は、[Fn]キー+[F1]∼
[F12]キーのいずれかを押すと外部出力信号が
出力されます(コンピュータによって異なります)。
映像が出ない (ブルーバック ・ ロゴ ・ 表示なし)。
自動調整 ボタンを押してもなおらない。
リセットを実行してもなおらない。
入力端子にケーブルが、しっかり挿入されている。
画面に何かメッセージが出ている。
( )
接続している入力を選択している。
明るさ・コントラストを調整してもなおらない。
入力は対応している解像度・周波数の信号である。
映像が暗い。
明るさ・コントラストを調整してもなおらない。
映像が歪む。
台形に歪む (台形補正を実行してもなおらない)。
映像が切れる。
自動調整 ボタンを押してもなおらない。
リセットを実行してもなおらない。
水平または垂直方向に映像がずれる。
コンピュータ映像入力の場合、水平位置・垂直位
置は正しく調整されている。
入力は対応している解像度・周波数の信号である。
数ドット欠けている。
映像がちらつく。
自動調整 ボタンを押してもなおらない。
リセットを実行してもなおらない。
コンピュータ映像入力で文字がちらついたり、色が
ずれている。
ファンモードを「高地」から「自動」にしても
なおらない。
映像がぼやける・フォーカスが合わない。
音声が出ない。
音声入力端子にケーブルがしっかり挿入されて
いる。
音量を調整してもなおらない。
その他
リモコンが利かない。
リモコンと本体のリモコン受光部との間に障害物
はない。
蛍光灯の近くに本体が設置されている。
プロジェクター本体のIDとリモコンのIDは一致して
いる。
140
本体操作パネルのボタンが利かない。
本体キーロック設定のある機種において
本体キーロック設定は「オフ」または「無効」に設
定されている。
本体の EXIT(戻る)ボタンを10秒以上押しても
なおらない。
症状を具体的に記入してください。
使用状況・環境
プロジェクター
形名 :
NP610J
NP510WJ
NP610SJ
設置環境
NP510J
NP405J
NP410WJ
NP510WSJ
スクリーンサイズ : 型
タイプ : ホワイトマット ビーズ 偏光
広視野角 ハイコントラスト
製造番号 :
投写距離 : m
購入時期 :
投写方法 : 天吊り
ランプ使用時間 :
エコモード :
オフ
入力信号情報 :
水平同期周波数
垂直同期周波数
同期極性
[kHz]
[Hz]
H (+) (−)
床置き
電源コンセントは?
壁からのコンセントを直接利用している。
電源用テーブルタップを利用している。
(他、接続機器の数: 台)
電源ドラム(ロール式)を利用している。
(他、接続機器の数: 台)
オン
V (+) (−)
同期形態
セパレート
Gシンク
ミックス
コンピュータ
メーカー:
ステータスインジケータの状態
点灯 (オレンジ ・ 緑)
点滅 ( 回周期)
形名 :
ノートブックコンピュータ・デスクトップ一体型
付録
解像度 :
リフレッシュレート :
ビデオボード :
プロジェクター
ノートブックコンピュータ
その他 :
7
DVDなど
信号ケーブル
接続機器
純正・その他
(形名 : ビデオ ・ DVD ・ カメラ ・ ゲーム ・ その他
分配器
形名 :
長さ :
m)
メーカー :
形名 :
スイッチャ
形名 :
アダプタ
形名 :
141
海外でご使用になる場合:トラベルケアのご紹介
この商品には、NEC ディスプレイソリューションズの国際保証「トラベルケア」が
適用されています。
なお、このトラベルケアの内容は、お買い上げ時に、本機に添付された保証書の記載
内容とは一部異なります。
トラベルケアで受けられるサービス
本保証では、出張や旅行などの理由により一時的に海外に本機を持ち出した場合につ
き、本書に記載された国の NEC ディスプレイソリューションズ指定サービスステー
ションで下記のサービスを受けることができます。
本サービスをご利用の際は、本書記載のトラベルケア窓口リストの各サービスステー
ションに電話または E メールにてご連絡いただいたあと、巻末に添付されている申し
込み用紙 "Application Sheet for TravelCare Service Program" に必要事項をご記入
のうえ、FAX にて送信してください。
各サービスステーションのサービス内容については、トラベルケア窓口リストにてご
確認ください。
1 修理サービス
輸送期間を除く、実働 10 日以内に修理してお届けいたします。
保証期間内の場合は、保守部品代、修理工賃、および各サービスステーションの対応地域内
のお届けにかかる輸送費が保証範囲です。
2 代替機貸出サービス
お客様の製品修理の間、ご希望があれば有償にて代替機を貸し出しいたします。
料金:12 日間 US$ 200
料金は、現地のサービスステーションにて現金またはクレジットカードにてお支払いくださ
い。
代替機は、実働 3 日以内にお届けいたします。
ただし、本サービスが受けられない国または地域がございますので、トラベルケア窓口リス
トにてご確認ください。
また、保証期間を経過している場合は、代替機貸出サービスは受けられません。
輸出に関する注意事項
本製品の輸出(個人による携行を含む)については、日本国および外国の法
に基づいて許可が必要となる場合があります。
必要な許可を取得せずに輸出すると同法により罰せられます。
輸出に際しての許可の要否については、NEC プロジェクター・カスタマサポー
トセンター( 144 ページ)にお問い合わせください。
142
保証期間
1 a お買い上げ時の保証書またはレシートをご提示いただいた場合:
保証書に記載された期間、またはご購入された国の通常の保証期間まで有効。
b 本機のみ持ち込まれた場合:
本機に貼付されている製造番号(SERIAL NO.)の製造年月より 14 か月以内。
2 保証期間を経過した製品を持ち込まれた場合:
有償にて修理対応いたします。ただし、代替機貸出サービスは受けることはできません。
3 次のような場合には、保証期間中でも有償修理になる場合があります。
1 ) 保証書に、お買い上げ日、形名、および製造番号(SERIAL NO.)、販売店名の記入のな
い場合、または字句を書き変えられた場合。
2 ) お客様による輸送、移動時の落下、衝撃等お客様の取り扱いが適正でないために生じた
故障、損傷の場合。
3 ) お客様による使用上の誤り、あるいは不当な改造、修理による故障および損傷。
4 ) 火災、塩害、ガス害、地震、落雷、および風水害、その他天災地変、あるいは異常電圧
などの外部要因に起因する故障および損傷。
5 ) 高温・多湿の場所、車輛、船舶等で使用された場合に生ずる故障および損傷。
6 ) 本機に接続している当社指定以外の機器および消耗品に起因する故障および損傷。
7 ) 正常なご使用状態のもとで部品が自然消耗、磨耗、劣化により故障した場合。
8 ) ランプなどの消耗品、および添付品、別売品が故障および損傷した場合。
9 ) その他、本機に添付された保証書の保証規定が適用されます。
注意
付録
海外でご使用になる場合は、使用する国の規格・電源電圧に適合する電
源コードを使用することにより 100-240V で使用可能です。
使用する国の規格・電源電圧に適合する電源コードを必ず使用してくだ
さい。
詳細に関しては、NEC プロジェクター・カスタマサポートセンター(次
ページ参照)までお問い合わせください。
7
143
トラベルケア窓口リスト
このリストは、2009 年 7 月 1 日現在のものです。
最新の連絡先に関しては、トラベルケア窓口リストに記載されている各国のサービス
ステーションのホームページまたは当社 ViewLight CLUB ホームページ
http://www.nec-display.com/support/projector/vlclub/ をご覧ください。
また、詳細に関しては、NEC プロジェクター・カスタマサポートセンターまでお問
い合わせください。
NEC プロジェクター・カスタマサポートセンター 0120-610-161
(受付 9:00 ∼ 18:00、土・日・祝祭日、および当社指定日は除く)
〔欧州〕In Europe
NEC Europe, Ltd. / European Technical Centre
Address:
Unit G, Stafford Park 12, Telford TF3 3BJ, U.K.
Telephone:
+44 1952 237000
Fax Line:
+44 1952 237006
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.neceur.com
(対応地域)<Regions Covered>
EU: Austria*, Belgium*, Bulgaria*, Czech Republic*, Cyprus*, Denmark*, Estonia*,
Finland*, France*, Germany*, Greece*, Hungary*, Ireland*, Italy*, Latvia*,
Lithuania*, Luxembourg*, Malta*, The Netherlands*, Poland*, Portugal*,
Romania*, Slovakia*, Slovenia*, Spain*, Sweden* and the United Kingdom*
EEA: Norway *, Iceland and Liechtenstein
〔北米〕In North America
NEC Display Solutions of America, Inc.
Address:
500 Park Boulevard, Suite 1100 Itasca, Illinois 60143, U.S.A
Telephone:
+1 800 836 0655
Fax Line:
+1 800 356 2415
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.necdisplay.com/
(対応地域)<Regions Covered>
U.S.A. *, Canada *
〔大洋州〕In Oceania
AWA Limited.
Address:
151 Arthur Street
Homebush West NSW 2140 Australia
Customer Call Centre
Telephone:
0297647777
Fax Line:
1300772688
Email:
[email protected]
For Travel Care service, while customer is in Australia, the customer will contact
AWA on 1300366144, select Option 4. If you want to book warranty service by email
customer goes to: [email protected]
(対応地域)<Regions Covered>
Australia
*:代替機貸出サービスが受けられます。
144
次ページに続く
Visual Group Ltd.
Address:
28 Walls Road Penrose Auckland New Zealand
Telephone:
095250740
Fax Line:
095809607
Email:
[email protected]
(対応地域)<Regions Covered>
New Zealand
〔アジア・中近東〕In Asia and Middle East
付録
NEC Solutions (China) Co.,Ltd.
Address:
Rm 1903, Shining Building, 35 Xueyuan Rd,
Haidian District Beijing 100083, P.R.C.
Telephone:
+8610 82317788
Fax Line:
+8610 82331722
Email Address: [email protected]
[email protected]
WEB Address:
http://www.necsl.com.cn
(対応地域)<Regions Covered>
China
NEC Hong Kong Ltd.
Address:
25/F.,The Metropolis Tower, 10 Metropolis Drive, Hunghom,
Kowloon, Hong Kong
Telephone:
+852 2369 0335
Fax Line:
+852 2795 6618
Email Address: [email protected]
[email protected]
WEB Address:
http://www.nec.com.hk
(対応地域)<Regions Covered>
Hong Kong
NEC Taiwan Ltd.
Address:
7F, No.167, SEC.2, Nan King East Road, Taipei, Taiwan, R.O.C.
Telephone:
+886 2 8500 1700
Fax Line:
+886 2 8500 1420
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.nec.com.tw
(対応地域)<Regions Covered>
Taiwan
NEC Asia Pte. Ltd.
Address:
401 Commonwealth Drive, #07-02, Haw Par Technocentre,
Singapore 149598
Telephone:
+65 6 273 8333
Fax Line:
+65 6 274 2226
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.nec.com.sg/home.php
(対応地域)<Regions Covered>
Singapore
NEC Corporation of Malaysia Sdn. Bhd.
Address:
33rd Floor, Menara TA One, 22, Jalan P. Ramlee,
50250 Kuala Lumpur, Malaysia
Telephone:
+6 03 2178 3600 (ISDN)
Fax Line:
+6 03 2178 3789
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.necarecenter.com
(対応地域)<Regions Covered>
Malaysia
7
*:代替機貸出サービスが受けられます。
145
Hyosung ITX Co., Ltd.
Address:
1st Fl., Ire B/D. #2, 4Ga, Yangpyeng-Dong,
Youngdeungpo-Gu, Seoul, Korea 150-967
Telephone:
+82 2 2163 4193
Fax Line:
+82 2 2163 4196
Email Address: [email protected]
(対応地域)<Regions Covered>
South Korea
Lenso Communication Co., Ltd.
Address:
292 Lenso House 4, 1st Floor, Srinakarin Road, Huamark,
Bangkapi, Bangkok 10240, Thailand
Telephone:
+66 2 375 2425
Fax Line:
+66 2 375 2434
Email Address: [email protected]
WEB Address:
http://www.lensocom.com/
(対応地域)<Regions Covered>
Thailand
ABBA Electronics L.L.C.
Address:
Tariq Bin Ziyad Road, P.O.Box 327, Dubai, United Arab Emirates
Telephone:
+971 4 371800
Fax Line:
+971 4 364283
Email Address:
[email protected]
(対応地域)<Regions Covered>
United Arab Emirates
Samir Photographic Supplies
Address:
P.O.Box 599, Jeddah 21421, Saudi Arabia
Telephone:
+966 2 6828219
Fax Line:
+966 2 6830820
Email Address: [email protected]
Riyadh;
Address:
P.O.Box 5519, Riyadh 11432, Saudi Arabia
Telephone:
+966 1 4645064
Fax Line:
+966 1 4657912
Email Address: [email protected]
Alkhobar;
Address:
P.O.Box 238, Alkhobar 31952, Saudi Arabia
Telephone:
+966 3 8942674
Fax Line:
+966 3 8948162
Email Address: [email protected]
(対応地域)<Regions Covered>
Saudi Arabia
146
Date:
/ / ,
P-1 / ,
TO: NEC Display Solutions' Authorized Service Station:
FM:
(Company & Name with signature)
Dear Sir (s),
I would like to apply your TravelCare Service Program and agree with your following
conditions, and also the Service fee will be charged to my credit card account, if I don't
return the Loan units within the specified period. I also confirm the following information is
correct.
Regards.
Application Sheet for TravelCare Service Program
Country,
product purchased:
User's Company Name:
User's Company Address:
Phone No., Fax No.:
User's Name:
User's Address:
Phone No., Fax No.:
Local Contact office:
付録
Local Contact office Address:
Phone No., Fax No.:
User's Model Name:
7
Date of Purchase:
Serial No. on cabinet:
Problem of units per User:
Required Service:
Requested period of Loan unit:
Payment method:
In Case of Credit Card:
Card No. w/Valid Date:
(1) Repair and Return (2) Loan unit
(1) Credit Card (2) Travelers Cheque (3) Cash
147
Condition of your TravelCare Service Program
Enduser is requested to understand the following conditions of TravelCare Service
Program and fill necessary information into the application sheet.
1. Service Options:
There are 3 types of Service available. Enduser has to understand the following
conditions and is required to fill in the Application sheet.
(1). Repair and Return:
The Faulty unit is sent or collected from the customer. It is repaired and returned
within 10 days to the customer, excluding transport time.
There may have a case, repair and return can't be done by Local Service Station,
because of shortage of spare parts due to same model is not sold in the territory.
(2). Repair and Return with Loan: (This service is limited to some Service Stations)
This service is offered to the Enduser, who cannot wait until their unit is repaired.
The customer can borrow a unit for US$ 200 up to 12 days. Customer then sends
in inoperable unit to nearest NEC Display Solutions' Authorised Service Station
for service. In order to prevent collection problem, Enduser is required to fill in
Application Sheet.
Enduser needs to confirm the availability of the Service to Local Service Stations.
(3). Loan Only:
For this service, the local NEC Display Solutions' Authorised Service Station
supplies the customer with a loan unit for US$ 200 up to 12 days. Customer keeps
the inoperable unit and when customer returns home, customer arranges to have
the projector serviced in the home country.
2. Warranty Exclusions:
This program does not apply if the Projector's serial number has been defaced, modified
or removed.
If, in the judgement of the NEC Display Solutions' Authorised Service Station or its agent
the defects or failures result from any cause other than fair wear and tear or NEC Display
Solutions' neglect, or fault including the following without limitation:
1) Accidents, transportation, neglect, misuse, abuse, water, dust, smoke or default of or
by the Customer its employees or agents or any third party;
2) Failure or fluctuation of electrical power, electrical circuitry, air conditioning, humidity
control or other environmental conditions such as use it in smoking area;
3) Any fault in the attachments or associated products or components (whether or
not supplied by NEC Display Solutions or its agents which do not form part of the
Product covered by this warranty);
4) Any act of God, fire, flood, war, act of violence or any similar occurrence;
5) Any attempt by any person other than any person authorised by NEC Display
Solutions to adjust, modify, repair, install or service the product.
6) Any Cross-border charges such as, duty, insurance, tax etc.
3. Charges for Warranty Exclusions and Out of Warranty Case:
In case faulty unit is under warranty exclusions case or under Out of Warranty period,
Local Service Station will Inform estimation of actual service cost to the Enduser with
reason.
148
4. Dead on Arrival (DOA):
Enduser must take this issue up with their original supplier in the country of purchase.
Local Service Station will repair the DOA unit as a Warranty repair, but will not exchange
DOA unit with new units.
5. Loan Service Charges and Conditions:
Upon acceptance of this NEC Projector, Customer agrees to assume liability for this
loan replacement unit.
The current cost of use of this loan unit is US$ 200 for 12 calendar days.
If Customer does not return the unit within the 12 calendar days, Customer will be
charged the next highest cost up to and including the full list price to Credit Cards,
which price will be informed by NEC Display Solutions' Authorized Service Stations.
Please see the attached listing of contacts for each country to arrange for pickup of the
loan unit.
If you return to their country of origin with the loan unit, you will be charged additional
freight to return the unit to the loaning country.
Thank you for your understanding of this program.
付録
7
149
索引
数字/アルファベット
AC IN 端子
CD-ROM
DVI-RGB 変換アダプタ
HDCP
HTTP
ID 表示
IP アドレス
LAN
MAC アドレス
sRGB
Virtual Remote
Virtual Remote Tool
WXGA モード
19,
14,
137,
ガンマ補正
キーワード
吸気口
17,
18,
強制エコモード
クイックオフ
クローズドキャプション
クロック周波数
言語
コントラスト
コントロール ID
コンピュータ接続ケーブル 14,
40
14
33
139
69
96
69
39
105
87
73
【サ行】
73
参照
102
五十音 【ア行】
明るさ
アスペクト
位相
色温度
インジケータ表示
映像
エコメッセージ
エコモード
オートパワーオフ
オートパワーオン(AC)
オートパワーオン(COMP1)
オーバースキャン
オプション(1)
オプション(2)
オフタイマー
オンスクリーンメニュー
温度プロテクタ
音量
【カ行】
カーボンメータ
解像度
拡大
画像設定
壁色補正
画面モード
カラー
150
62,
15,
15,
15,
15,
79,
89
91
90
88
122
87
96
95
104
103
104
91
101
103
103
83
123
57
色相
自動台形補正
自動調整
シャープネス
修理
主電源スイッチ
19,
仕様
情報
初期入力選択
信号選択
水平/垂直
ズームレバー
スクリーンサイズ
27,
スタンバイモード
ステータスインジケータ
スピーカ
静止画
セキュリティ
セキュリティバー
接続端子部
設置
セットアップ
全般
ソフトケース
63
130 【タ行】
61 台形補正
89 台形補正保存
95 台形歪み
88 ダイレクトパワーオフ
89 短焦点
19,
31,
54,
56,
43,
45,
17,
124,
20,
19,
64,
17,
19,
26,
14,
53,
88
64
108
63
15
95
89
96
89
99
76
88
89
94
101
89
153
58
136
105
104
102
90
50
128
103
122
57
60
99
18
21
98
94
94
59
94
94
53
15
15
調整
チルトフット
17,
チルトレバー
17,
通信速度
デインターレース
デジタルズーム
電源
電源インジケータ
電源コード
添付品
投写距離
投写方法
盗難防止用ロック
トラブルチェックシート
トラベルケア
【ナ行】
入力信号
入力端子
入力端子表示
ネットワーク設定
ネットワーク設定(リセット)
【マ行】
マウスレシーバ
メール通知
メニュー設定
51,
42,
20,
13,
27,
17,
21,
35,
90,
105,
17,
18,
16,
17,
18,
87
49
49
99
102
94
58
122
40
13
124
98
18
140
142
モニタ出力
【ラ行】
ランプインジケータ
ランプカバー
ランプ残量
ランプ時間クリア
ランプ使用時間
ランプの交換
ランプハウス
リアフット
リアフット固定用ゴム
リセット
リモコン
リモコン受光部 17,
レンズ
レンズキャップ 13,
21,
34
20,
19,
123
112
105
116
116
111
113
50
19
107
68
68
109
42
107,
105,
19,
13,
18,
17,
17,
89,
22,
24,
18,
18,
45
86
96
69
107
97
102
86
93
97
96
101
107
116
115
97
52
52
87
105
134
153
88
99
20
付録
【ハ行】
バックグラウンド
ビープ音
ビデオ
表示位置
表示時間
表示色選択
ファンモード
フィルタ時間クリア
フィルタ使用時間
フィルタの交換
フィルタメッセージ
フォーカスリング
フォーカスレバー
プリセット
プロジェクター名
別売品
保証
ホワイトバランス
本体キーロック
本体操作部
18,
18,
7
67
72
96
151
●商標について
・ ViewLight、ビューライト、AccuBlend は、NEC ディスプレイソリューションズ株式会社の
登録商標です。
・ IBM、PC/AT は、米国 International Business Machines Corporation の登録商標です。
・ Macintosh、PowerBook、Mac OS X は、米国 Apple Inc. の登録商標です。
・ Microsoft、Windows、Windows Vista、PowerPoint、Internet Explorer、.NET Framework は、
米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・ Virtual Remote Tool は Nicom soft Ltd. の Win I2C/DDC ライブラリを利用しています。
・ その他取扱説明書に記載のメーカー名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
152
保証と修理サービス(必ずお読みください)
保証書
この商品には、保証書を別途添付しております。
保証書は、必ず「お買い上げ日・販売店名」などの記入をお確かめのうえ、販売店か
ら受け取っていただき内容をよくお読みのあと大切に保存してください。
●保証期間
・本体:お買い上げ日から 1 年間です。(ただし添付品は除く)
・本体に付属のランプ:次の(1)と(2)の早いほうまでです。
(1)お買い上げから 6 か月間。
(2)ランプ残量( 105 ページ)が 50%になるまで。
補修用性能部品の保有期間
当社は、このプロジェクターの補修用性能部品を製造打切後、5 年保有しています。
性能部品とは、その製品の機能を維持するために必要な部品です。
ご不明な点や修理に関するご質問は
製品の故障、修理に関するご質問は NEC プロジェクター・カスタマサポートセンター
(電話番号:0120-610-161)にお願いいたします。
修理を依頼されるときは
「故障かな?と思ったら」
( 117 ページ)に従って調べていただき、あわせて「ト
ラブルチェックシート」( 140, 141 ページ)で現象を確認してください。
その上でなお異常があるときは、電源を切り、必ず電源プラグを抜いてから、NEC
プロジェクター・カスタマサポートセンターにご連絡ください。
●保証期間は
●保証期間が過ぎているときは
ご連絡していただきたい内容
品 名 NEC データプロジェクター
形 名 NP610J / NP510J / NP405J /
NP510WJ / NP410WJ /
NP610SJ / NP510WSJ
お買い上げ日 年 月 日
故 障 の 状 況 できるだけ具体的に
ご 住 所 付近の目印なども合わせてお知
らせください。
お 名 前
電 話 番 号
訪問ご希望日
べんり お買い上げ
☎( ) メモ
店名
付録
修理に際しましては保証書をご提示ください。 修理すれば使用できる場合には、ご希望によ
保証書の規定に従って NEC プロジェクター・カスタ り有料で修理させていただきます。
マサポートセンターが修理させていただきます。
修理料金の仕組み
・ 技術料
7
故障した製品を正常に修復するための料金で
す。
技術者の人件費、技術教育費、測定機器等設
備費、一般管理費等が含まれています。
+
・ 部品代 修理に使用した部品代金です。その他修理に
付帯する部材などを含む場合もあります。
+
・ 引取費用 製品を引き取りするための費用です。
−
153
プロジェクターに関するお問い合わせから修理のご依頼まで プロジェクターの
トータルサポート窓口
NECプロジェクター・カスタマサポートセンター
● NEC製プロジェクターに関するお問い合わせや修理のご依頼を専任スタッフがお受け
いたします。
TEL
受付時間
0120 - 610 -161
FAX 0120-134-516
(土・日・祝日、その他特定日を除く)
9 : 00∼18 : 00 通話料無料:携帯電話/PHS からでもご利用いただけます。
ホームページ
http://www.nec-display.com/support/projector/
法人様向けユーザーサポートクラブ
ViewLight CLUB ビューライトクラブ
入会金・年会費 無料
● より「安心」で「快適」に ViewLight をお使いいただくために様々なサポートを行う
ユーザーサポートクラブです。
入会方法
ホームページ
本機に添付しているチラシをご参照ください。
http://www.nec-display.com/support/projector/vlclub/
輸出に関する注意事項
本製品の輸出(個人による携行を含む)については、日本国および外国の法に基づいて許
可が必要となる場合があります。
必要な許可を取得せずに輸出すると同法により罰せられます。
輸出に際しての許可の要否については、 NEC プロジェクター・カスタマサポートセン
ターにお問い合わせください。
〒 108-0023 東京都港区芝浦四丁目 13 番 23 号 (MS 芝浦ビル)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement