スペクトロメータプローブ 取扱説明書

スペクトロメータプローブ 取扱説明書

EOP-R68-006-1-014-01

取 扱 説 明 書

s::can

分光計プローブ s::can 2007 年 1 月発行

(Ver .1.0

取 扱 説 明 書

s::can

分光計プローブ

2007年8月15日

荏 原 実 業 株 式 会 社

環境計測器事業部

製造元: s::can Messtechnik GmbH

本翻訳文に疑義があるとき、或いは改訂版が未翻訳で間に合わない場合には、

購入されたシステム、又は計器に付帯する英文の原本に準拠してください。

spectrometer probe 取扱説明書

EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

1 目 次

1 目 次............................................................................................................................................................................................................2

2 概 要 .........................................................................................................................................................................................................4

2.1 本取扱説明書について.............................................................................................................................................................. 4

2.2 本書のためのガイドライン ........................................................................................................................................................ 4

2.3 頻繁に使用される用語............................................................................................................................................................... 4

2.4 著作権(版権)と製品名称......................................................................................................................................................... 6

2.5 この文書の有効期限 .................................................................................................................................................................. 7

2.6 適合宣言書..................................................................................................................................................................................... 7

2.7 ATEX 証明書 .............................................................................................................................................................................. 8

2.8 製品の更新、その他 ................................................................................................................................................................... 8

3 安全のためのガイドラインと危険の警告......................................................................................................................................9

3.1 全般的な勧告 ................................................................................................................................................................................ 9

3.2 特別な危険の警告....................................................................................................................................................................... 9

3.3 不適切な使用/製品保証と担保責任 ................................................................................................................................... 9

3.4 オペレーターの義務 .................................................................................................................................................................. 10

4 技術的概要 ........................................................................................................................................................................................... 11

4.1 意図とする用途 ........................................................................................................................................................................... 11

4.2 機能上の原理.............................................................................................................................................................................. 11

4.3 デザイン ......................................................................................................................................................................................... 11

4.4 装置の類別化.............................................................................................................................................................................. 12

4.5 装置の異形体.............................................................................................................................................................................. 12

4.6 装置部分の外観 ......................................................................................................................................................................... 13

4.7 装置の寸法................................................................................................................................................................................... 14

5 保管と配送 ............................................................................................................................................................................................ 15

5.1 受領書に基づくチェック ............................................................................................................................................................ 15

5.2 保管と配送.................................................................................................................................................................................... 15

5.3 返品の引き渡し........................................................................................................................................................................... 15

6 設置と取り付け.................................................................................................................................................................................... 16

6.1 工具と物品リスト......................................................................................................................................................................... 16

6.2 取り付け場所の選択 (一般的な忠告) ............................................................................................................................ 16

6.3 s::can製プローブの取り付け/取り付け方向に対する特別な助言...................................................................... 17

6.4 圧縮空気洗浄器具の接続...................................................................................................................................................... 18

6.5 s::can製プローブ取付台の設置 ....................................................................................................................................... 20

6.6 s::can製バイパス装具内部への取り付け..................................................................................................................... 22

6.6.1 陽極酸化処理アルミニウム製バイパス装具.......................................................................................................... 23

6.6.2 POM(ポリオキシメチレン)製バイパス装具 ............................................................................................................. 23 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

2

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

6.6.3 自動洗浄装置付きPOM樹脂製完全装備のバイパス装具 .............................................................................. 24

6.7 s::can製ポンツーンの設置.................................................................................................................................................. 25

7 初期操作................................................................................................................................................................................................ 26

8 機能チェックとメンテナンス .......................................................................................................................................................... 27

8.1 概 要 .............................................................................................................................................................................................. 27

8.2 機能チェックやメンテナンスの間におこなう行為............................................................................................................ 27

8.3 機能チェック用の工具と物品リスト...................................................................................................................................... 29

8.4 自動プローブ洗浄のチェック.................................................................................................................................................. 29

8.5 s::can製分光計プローブの洗浄 ....................................................................................................................................... 30

8.6 機能チェックを支援するソフトウェアのフローチャート.................................................................................................. 31

8.7 機能チェックを支援するソフトウェアの実行 ..................................................................................................................... 31

8.8 基準の測定の実行 .................................................................................................................................................................... 33

9 付属品..................................................................................................................................................................................................... 34

9.1 分光計プローブの圧力接続セット .................................................................................................................................... 34

9.2 延長ケーブル ............................................................................................................................................................................... 34

9.3 セル保持用挿入具(インサート)........................................................................................................................................... 35

9.4 多機能のスライド..................................................................................................................................................................... 35

9.5 光路長短縮用挿入具(インサート) .................................................................................................................................. 36

9.6 プローブ取付台........................................................................................................................................................................ 37

9.7 簡易バイパス装具 .................................................................................................................................................................. 38

9.8 自動洗浄付きバイパス装具................................................................................................................................................ 39

9.9 ポンツーン.................................................................................................................................................................................. 40

10 技術仕様.............................................................................................................................................................................................. 41

10.1 入手できる s::can 製 分光計プローブについての項目番号 ................................................................................. 41

10.2 s::can 製 分光計プローブの技術仕様についての概要............................................................................................ 42

10.3 プローブのコネクタピンの割り当て ................................................................................................................................... 44

10.4 プローブの自動洗浄............................................................................................................................................................... 44

10.5 プローブの材質の特性データ ............................................................................................................................................. 45

10.6 内部センサ ................................................................................................................................................................................. 46

10.7 分光計の仕様............................................................................................................................................................................ 47

10.8 キセノン閃光ランプ.................................................................................................................................................................. 47

11 トラブルシューティング ................................................................................................................................................................... 48

11.1 プローブの状態......................................................................................................................................................................... 48

11.2 パラメータの状態 ..................................................................................................................................................................... 49

12 連絡先 .................................................................................................................................................................................................. 50

添付参考資料

ガス又は蒸気の主要な危険特性並びに防爆電気機器の温度等級及び分類との対応 ........................................... 1~5

(産業安全技術協会の資料による) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

3

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

2 概 要

2.1

本取扱説明書について

この取扱説明書は、第一に s::can

製分光計プローブのトランスポート(開放型システムの相互接続)やス

トレージ(記憶装置)に関する情報ばかりではなく、一般的な情報、安全についてのガイドラインや危険について

の警告を含んでいます。更に、プローブ自体の技術仕様や利用できるすべての付属品についてばかりではなく、

技術的な解説がこの取扱説明書には記載されています。機能チェックや基準となる測定の正しい遂行について

の説明もすべて本書に書かれています。

注) s::can

製計測システム全体の適切な初期操作のためには、接続されたコントローラ(con::stat 装置、 con::nect 装置、con::lyte 装置)や、その他追加のプローブ(oxi::lyser 装置、ammo::lyser 装

置)についても考慮されなければなりません。

2.2

本書のためのガイドライン

この取扱説明書は、配布された CD-ROM にも pdf ファイル(Adobe system 社のポータブルドキュメント

フォーマットによるファイル)として収録されています。テキストにあるすべての相互参照は、[関連章]として[ ]で

囲んであります。 本書の中にある斜体で下線を引かれた(

italics and underlined

)各々の述語は、コントロ

ーラ上に表示されるか、あるいは分光計プローブ上に文字で表示されています。

本書は入念に作られていますが、誤記や、あるいは説明が不十分なところがあるかもしれません。 s::can

社は、取扱説明書におけるそのような誤解などから生じる過失やデータの喪失に対する責を負わないものとしま

す。

初版の取扱説明書は s::can

社により、ドイツ語と英語で出版されました。また、これらの初版の取扱説明

書は、その後第三外国語に翻訳されて取扱説明書の版数に不一致が起きた場合の参考として保管されていま

す。

2.3

頻繁に使用される用語

この章では、s::can社の測定システムで実行できる測定をより良く理解する上で欠くことの出来ない頻繁に使

用される用語について解説します。

吸 収(absorption)

または

消去

、または

吸収率

― サンプルを通過する上での光の強度の現象を表します。この減少は、光が通

過する、光を(部分的に)吸収する物質に起因しています。吸収は、負の対数関数により物質の濃度に比例し

ます(ランバート・ベールの法則)。すなわち高濃度になると、より多くの光が吸収されることになります。すべて

の物質は、その代表的なものである波長のところの光を吸収します。これは

パラメータ

が、

フィンガープリント

から算出されたときに適用されます。―その目的に必要なアルゴリズムは

全体校正

/

global calibration

保存されます。すべての s::can製分光計プローブは 256 の波長を使用して吸収を測定します。

Abs

/

または

ext

/

.

測定長(光路)

は、異なる

1 m に対する吸収量を表します。

測定長(光路)

/

measuring paths

1 m 毎の吸収量を標準化することに

から得られる結果を直接比較できるという利点があります。

仮に濃度が一定なら、測定光路の長さに従って吸収量は直線的な変化をします。

コントローラ(Controller)

または、

端末

あるいは

ローカルコントローラ

― s::can製分光計プローブを操作するのに使用出来るすべて

のコンピュータ、すなわち、パソコン、ラップトップ型 / ノートブック型パソコンや con::stat 装置、con::lyte

装置他を意味する用語です。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

4

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

消 去(Extinction)

吸収

を参照

フィンガープリント(FP)

吸収量(Abs / m=垂直軸)が波長(nm=水平軸)に対して図示されたところの、指定の測定時間の吸収スペ

クトルの再現を言います。フィンガープリントとは、測定時において測定媒体中に現存するすべての物質の吸

収スペクトルの重なりです。

パラメータ

は、

全体校正

/

global calibration の値

を使用した

フィンガープリント

から算出されます。フィンガープリントは、分光計プローブを使用した測定の基準となります。

機能チェック(Functional check)

ソフトウェアはプローブ上に保存された基準のスペクトルと測定窓の確認を制御します。機能チェックを正しく

行うと、測定窓は清浄になり、基準の質が良くなります。機能チェックは、汚れが推測されるとき、あるいは少な

くとも一年に一度行ってください。

全体校正(グローバルキャリブレーション

/

Global Calibration)

または校正 ―ステージ 0.

s::can製分光計プローブを、指定のアプリケーションや測定媒体(例えば、飲

料水、水処理プラントの流出水)用に最適化するための設定です。全体校正は、

フィンガープリント

からの

パラ

メータ

についての計算用アルゴリズムを含んでいます。そのアルゴリズムは、多くの比較可能で代表的な測定

媒体による s::can社の経験を基に決められます。その上、特別な測定業務、あるいは更に正確さを増すた

めに

局部校正

/

local calibration

を実行することが出来ます。

挿入具(インサート

/

Insert)

測定光路を短くする(例えば 35 mm から 5 mm に)ために使用される s::can製分光計プローブ用の

付属品です。これは、測定レンジ(例えば 7 の係数として)を増幅させます。

校正のデータベース

または校正 ― ステージ 0.

データの一定期間内における

局部校正

の基礎を形成する、それぞれの現時点

での

サンプル

について、フィンガープリントや研究所の結果を収集したものです。

局部校正(ローカルキャリブレーション

/

Local Calibration)

または kalib .

db .

―ステージ 1.

研究所の分析結果から得られた比較用読み値により行う測定媒体の指

定の構成に対しての局部校正です。測定媒体の組成は、以前に行った局部校正の

サンプル

から決定されな

ければなりません。人為的な流出水や標準水のような校正用溶液は、決して実際の水の組成を表すことはあ

りませんので使用出来ません。

母体(Matrix)

水とそこに含まれるすべての成分とで構成されている測定媒体です。

測定窓(Measuring Windows)

光のビームが分析する媒体の一方より入り、もう一方を通って媒体から出る光学的な窓のことです。測定窓

の洗浄は非常に重要で、機能チェック

(funktional check)

を使用することにより確認出来ます。

測定光路(Measuring path)

光のビームが測定媒体(mm における)を通る光路です。

吸収

/

absorption

は測定光路の長さにより直線

的に増加します。測定光路が短ければ短いほど、測定出来る濃度のレンジが広がります。また、測定光路が

長ければ長いほど、測定精度が上がります。 s::can製分光計プローブは、下記 0.5

mm、 1 mm、

2 mm そして 5 mm(汚水、産業水)、 35 mm(河川、飲料水)および

光路に対応します。

100 mm(飲料水、超純水)の測定

モード(Mode)

s::can製分光計プローブ(自動、手動、オフライン、ロガー、外部からのトリガー)を操作するのに可能な手段を

示す専門語です。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

5

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

パラメータ(Parameter)

測定された

フィンガープリント

(吸収スペクトル)から得られた測定結果、通常は濃度((例えば、硝酸塩または

濁度)です。パラメータは、

全体校正

/

global calibration

校正

/

local calibration

を使用して

フィンガープリント

から算出され、

局部

により局部 / 研究所の測定結果(リザルト)に調整することが出来ます。

基準(Reference)

すべての波長(“ゼロスペクトル”)に対し、ゼロ点として機能し、個々の測定用の基準となる s::can製分光

計プローブに保存されているスペクトルです。蒸留水は通常、基準を決める目的のために使用されます。基準

は、機能チェック

(funktional check)

が働いているときに確認されます。基準は校正と混同しないでくださ

い!

SAC

一定の波長に対するスペクトル吸収率(ドイツでは SAK)です。ドイツでは SAK 254 が ATV M 269/1999

に準じた COD に対する代用のパラメータです。すべての s::can製分光計プローブは

フィンガープリント

測定時、合計 256 の波長の吸収を含みます。

サンプル(Sample)

局部校正

の目的で、比較に関する化学実験分析用に使用される測定媒体の一部です。 “Sample” のボタ

ンをクリックすることによって、

校正データベース

(kalib .

db)で、その時の

フィンガープリント

を保存します。

設 定(Settings)

例えば測定間隔、洗浄間隔 その他のような測定を実行するのに必要な設定のことです

s::canpoint s::canpoint

という用語は、指定された測定場所、そして対応する設定を意味します。創出される上で、すべ

ての

s::canpoint

は最大 8 文字(例えば DANUBE)の名称と

全体校正

(例えば river 000 V 010 )の属性

を持つことができます。設定(例えば測定間隔)と

局部校正

は、個々の

s::canpoint

で記録されるので、プ

ローブが同じ場所で使用されるときには、すべての

設定

を繰り返す必要はありません。その代わりに、個々の

s::canpoint

を選択するだけで十分です。

時系列(Time Series)

時間(比較できる期間:グラフ、曲線)にわたる、一つまたは数種類の測定パラメータの再現を言います。

2.4

著作権(版権)と製品名称

この取扱説明書と、そこに含まれているすべての情報と表象は著作権で保護されています。すべての権利(出版、

複写、印刷、翻訳、保管)は、s::can Messtechnik GmbH社により保有されています。著作権法の許容範

囲を超えた各々の再生、あるいは他への利用は s::can Messtechnik GmbH社の事前の文書による同意

がないと認められません。

この取扱説明書にある製品名称、登録商標名、商品等の称号を複製することに関して、これらの名称を誰でも自

由に使用できるようにすることには合意できません。仮にその旨の印がそれらに付けられていなくても、多くの場

合これらは商標登録されています。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

6

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

2.5

この文書の有効期限

本取扱説明書は、その発刊の時期で、以下の s::can

社の装置について有効になります(本書の各頁の左

上に印刷された発行日を参照してください)。

名 称 nitro::lyser

装置 color::lyser ll 装置 s::can

社の価格表に記載された項目番号

N2xxx

T2xxx uv::lyser ll 装置 carbo::lyser

ll 装置 carbo::lyser

lll 装置 multi::lyser

ll 装置 multi::lyser

lll 装置 spectro::lyser UV 装置 spectro::lyser

UV-Vis 装置

分光計プローブ用圧力接続セット

洗浄用ブラシ (<5mm)

U2xxx

C2xxx

C3xxx

M2xxx

M3xxx

A1xxx

A2xxx

B-41-spectro

B-60-1

B-60-2 洗浄用ブラシ (>2mm) s::can製洗浄剤 (1 リットル)

延長ケーブル (10m、20m、30m)

セル保持用挿入具 (インサート)

多機能スライド (1mm から 35mm)

多機能スライド (100mm)

光路長短縮用挿入具 (インサート) s::can製分光計プローブ用キャリア (PVC製)

B-61-1

C-210、C-220、C-230

E-411

E-421-1

E-421-2

E-431

F-11-1

PVC製プローブ用延長キャリア (2.5m)

バイパス用継手 (1mm から 35mm) アルミニウム製

バイパス用継手 (100mm) アルミニウム製

バイパス用継手 (1mmから 35mm) POM-C製

バイパス用継手 (100mm) POM-C製

バイパス配管組み立て完成品 (1mmから 35mm)

ポンツーン

F-14-1

F-441-1

F-441-2

F-442-1

F-442-2

F-443-1

F-61

本書より早い発行日の s::can

社の取扱説明書のこれらの製品に関する情報や技術仕様は、この取扱説

明書に書かれた情報により、ここに於いて置き換えられます。

2.6

適合宣言書

s::can製分光計プローブは、適合宣言書で明確にされた電磁適合性(EMC)と適合させるべき欧州規格に従っ

て、開発され試験され製造されています。

計器にはCE-マークが表示してあります。この表示に関する適合宣言書は、s::can社、あるいは貴方の地区の

販売代理店にお申し付け下さい。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

7

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

2.7

ATEX 証明書

s::can製分光計プローブは、欧州 CENELEC 規格の ATEX 証明書(ATEX とは 爆発性ガスのある雰囲

気で使用するための機器を意味します。)に従って製造することが出来ます。適正書類は、s::can社、あるいは

あなたの地区の販売代理店から要求することが出来ます。しかし、この様な防爆電気機器については、日本国

内ではそのまま使用することはできません。

警 告

注意事項: ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブでも、日本国内でそのまま爆発性のガス蒸気

の発生、または生成される可能性のある雰囲気で使用することは絶対にできません。この様な

雰囲気で使用する場合には、厚生労働省産業安全研究所に ATEX 証明書と、本プローブに

関する図面を含む関係文書と爆発ガスで試験したデータを提出し、検定合格証を受領しなけれ

ばならない事が法律で決められています。現在、s::can社の ATEX 証明書付きの分光計プ

ローブについては、産業安全技術協会にその申請を検討中です。

例: 産業安全技術協会で型式検定を受けた場合の銘板、および合格標章

銘 板 合格標章

荏原 実業株 式会 社

分光 計プ ローブ 型 式

(

年 月

)

型 式検 定合格 番号

Exd ⅡC T6

注 取 扱 説 明 書 s:: can

分光 計プロ ーブ 参照

防 爆 型

荏 原実 業株式 会社

環 境計 測器事 業部

注意事項: 適用爆発性ガスまたは蒸気の発生する危険性の存在する物質名と、対応電気機器の温度等級と

分類については巻末の添付参考資料を参照してください。

2.8

製品の更新、その他

製造者は、継続的な製品への配慮から、予告無しに技術的な改造や変更を行う権利を有します。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

8

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

3 安全のためのガイドラインと危険の警告

3.1

全般的な勧告

s::can社の測定システムを完備することと同様、s::can製分光計プローブの設置、電気系統の接続、初期操

作、運転やメンテナンスは資格を持った人によってのみ行われなければなりません。この資格を与えられた人は、

これらの活動についてプラントのオペレーター、あるいは s::can

社によって訓練され認定された人でなけ

ればなりません。この資格を与えられた人は、この取扱説明書を読んで理解し、また、この取扱説明書に載せら

れた指示に従わなければなりません。

装置の如何なる改ざんも厳しく禁止されています(この取扱説明書に記述されている、例えばプローブ表面の洗

浄と同様、コントローラへのプローブケーブルの接続や圧縮空気を供給するための接続のような作業は除きま

す)。 s::can製分光計プローブの内部部品は高電圧下にありますので、プローブの筐体の開放は傷害を招きますの

で厳しく禁止されており、またすべての製品保証 / 担保責任は無効になります。

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブについては、本取扱説明書の8頁に記載された「警 告」を必

ずご参照ください。

3.2

特別な危険の警告

s::can製分光計プローブは、危険な化学物質、あるいは病原菌で汚染されうる装置の部分として、しばしば産

業や地方自治体の下水のアプリケーションに設置されるので、そのシステムの取り付けや取り外しの間は注意

を払わなければなりません。その測定機器を動作させる間、人体の健康が危険にさらされないように、すべての

必要な予防措置を取らなければなりません。 s::can製分光計プローブの光源はUV光(紫外線)と同様、可視光を放射し、人間の眼に対してきわめて危険で

す(健康障害を起こします!)。パルス状の光のビームをのぞきこまないでください(例えば直接、あるいは鏡を

使用するなど)!

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブについては、そのまま爆発性のガス蒸気のある雰囲気で使用す

ることは日本国の法律で禁止されています。充分ご注意ください。

3.3

不適切な使用

/

製品保証と担保責任

s::can製のすべての分光計プローブは、技術的に欠点の無い安全な状態で製造工場から出荷されます。 s::can製分光計プローブの不適切、あるいは意図としない使い方は危険です!

製造者は、不適当な、あるいは認められていない使い方により引き起こされた損害については、その責を負いか

ねます。装置への改造、および変更は決して行ってはなりませんし、そうでない場合は保証書と製品保証 / 担保

責任は無効になります。

注) 製品保証 / 担保責任の詳細につきましては、弊社の商業上の一般条件をご参照下さい。

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブは、そのまま爆発性のガス蒸気のある雰囲気で使用することは

法令で禁止されています。充分ご注意ください。

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブの不適切な使用/製品保障/担保責任に関する更なる注意事項

については、s::can製 Ex-スペクトロメータプローブ用の特定のデータシートをご参照ください。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

9

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

3.4

オペレーターの義務

オペレーターは、その地区の運転上の法規定と許可を調べ、これら連帯の制約に従わなくてはなりません。加え

て、その地域の法規(例えば、人体の安全と労働者の扱い、製品や材料の廃棄、洗浄、環境の規制)にも留意し

なければなりません。

測定装置を操作する前に、オペレーターは、その取り付けや初期操作をオペレーター自身が実行した場合、地

域の法律と要求事項(例えば、電気的な接続に関して)が守られているかを確認しなければなりません。

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブについては、そのまま爆発性のガス蒸気のある雰囲気で使用す

ることは日本国の法律で禁止されています。厚生労働省産業安全研究所の検定合格品をご使用ください。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

10

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

4 技術的概要

4.1

意図とする用途

すべての s::can製分光計プローブは小型の水中投下形の分光計で、液体の媒体中(現場の)に直接入れ、

高品質で吸収スペクトル(UV、UV Vis あるいはそれから得られたパラメータ)のオンライン測定が可能です。プ

ローブは、バイパスあるいは多機能のスライドを使用して媒体の外でも操作が出来ます。適用は、超純水(DOC

>0.01 mg/L)から、数 1000 mg/L のCODを含んだ産業汚水までと、ppm 以下の濃度における単一物質の検

出から、その代用物までを範囲とし、高濃度におけるパラメータを加えたものです。

アプリケーションのすべてのタイプにおいて、各々の許容範囲は、それについて s::can社の取扱説明書の技

術仕様の章に記載されていることに注意しなくてはなりません。これらの限度を超えたすべてのアプリケーション、

そして s::can Messtechnik GmbH社により文書の形で認可されていないものについては、製造者の責任

ではありません。

装置は上記に述べたような目的のみに使用されなければなりません。 s::can社の取扱説明書に記述されてい

ないアプリケーションでの使用、あるいは s::can社からの同意書の無い状態での装置の変更は認められませ

ん。そのような場合、そのリスクはオペレーター個人の責任となります。

4.2

機能上の原理

分光計プローブは、UV-Vis 分光学の測定原理に基づいて作動します。測定媒体に含まれる物質は、この媒

体を通って移動する光のビームを弱めます。光のビームはランプにより放射され、媒体に接触した後、その強度

は波長の範囲を超えて検出器により測定されます。溶存物質のそれぞれの分子は一定の公知された波長の放

射を吸収します。含まれている物質の濃度が、サンプルの吸収量を決定します―確定された物質の濃度が高く

なればなるほど、光のビームを弱めます。

消去あるいは吸収度は二つの光の強度比を表します。それは測定媒体を光のビームが通過した後の光の強度

とビームが、いわゆる基準とする媒体(蒸留水)を通過した後に決められた光の強度です。高濃度になるほど吸

収率は直線的に増加します。

4.3

デザイン

すべての s::can製分光計プローブは、放光部(エミッタ)、測定セルそして受光部分の三つの主要構成部品か

ら成り立っています。これらは機器の三つの異なる部分として外側から簡単に識別することができます。

放光部の中心的要素はキセノン閃光ランプの光源です。これは光のビームを導入する光学システムとランプを

作動させる電子制御システムとにより完結されています。

測定部では、光が測定媒体で満たされて相互に作用し合う二つの測定窓間を通り過ぎます。プローブ内の二番

目の光のビーム、これを補正ビームと呼びますが、内部の比較部分を交差するように導かれます。すべての s::can製分光計プローブは、二重ビームの測定機器で、測定のプロセス(例えば、閃光ランプの劣化)において

乱調を確認すると自動的に補正します。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

11

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

受光部は、接続ケーブルが取り付けられた分光計の横に位置していて、二つの主要な構成部品である検出器と

その動作用回路とで成り立っています。光学システムは、測定と補正とのビームを検出器のポートに放出します。

検出器により受け入れられた光は、感応性のある可動部品の使用を必要とせずに、256 個の固定フォトダイオー

ドに導かれ、その波長が分離されます。プローブのこの部分にある操作用の電子回路は、測定信号を編集しチ

ェックするために、またフィンガープリントとパラメータ値を計算するために必要とされる全体の測定プロセスと、

すべての様々な処理段階を制御するのに対応します。

4.4

装置の類別化

この取扱説明書にある情報は、 [2.5] 章で一覧表にした装置とカバーに表示されたもののみに適用されます。各

装置は型式ラベルにより類別化され、そのラベルは装置の上端に貼られ、また下記の情報を含んでいます。

図 4-1 : s::can製分光計プローブの型式ラベル

製造者の名称と生産国

プローブの型式と項目番号(Type)

装置の連続番号 -8 桁(S / N)

タグ番号(TAG)

電源供給の情報

環境の定格、許容温度および湿度

CEラベル

図 4-2 : s::can製 Ex spectrometer のプローブ用追加型式ラベル

4.5

装置の異形体

s::can製分光計プローブは、二つの装置の異形体で提供されます。一方は spectro :: lyser

装置で、すべ

ての吸収スペクトルとそこから得られる 8 個のパラメータまでを提供し、もう一方は s::can製G シリーズの分

光計プローブで、spectro :: lyser

装置と同じ測定原理で働きますが、 4 個のパラメータ迄を提供し、吸収スペ

クトルは提供しません。 s::can製分光計の両プローブの異形体の単体は、以下の仕様でそれらを区別することが出来ます。

検出器の型式(UV Vis あるいは UVのみを包含する波長の測定範囲)

光学測定セルの長さ( 0.5

mm から 100 mm)

筐体の材質(陽極酸化処理されたアルミニウム合金、アルミニウム銅合金、ステンレス鋼) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

12

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

次の表は、s::can製分光計プローブの選択可能なすべての異形体です。 spectro :: lyser

UV -

装置の型式

Vis 装置 spectro :: lyser

UV 装置

検出器 パラメータ

220-720 nm

220-390 nm

ア プ リ ケ ー シ ョ ン

によります。

(最大 8 個)

ア プ リ ケ ー シ ョ ン

によります。

(最大 8 個)

濁度+硝酸塩 nitro :: lyser

装置 color :: lyser ll

装置

220-720

220-720

nm

nm

UV :: lyser

装置

200-750 nm carbo :: lyser

ll

装置

220-720 nm carbo :: lyser

lll 220-720 nm

装置

濁 度 + 霞 が か っ

た物質(Hazen )

測定光路長

(mm)

0.5/1/2/

5/35/100

0.5/1/2/

5/35/100

濁度+SAC 254 1/2/5/35

濁度+有機炭素

1/2/5/35

1/2/5/35

1/2/5/35

1/2/5/35 multi :: lyser

ll

装置 multi :: lyser

lll

装置

220-720 nm

220-720 nm

濁度+全有 機炭

素+ろ過された有

機炭素

硝酸塩+有 機炭

濁度+硝酸塩+

有機炭素

1/2/5/35

1/2/5/35

筐体

アルミニウム / アルミニウム青銅

( 100 mm長は無し) / ステンレス

鋼( 100 mm長は無し)

アルミニウム / アルミニウム青銅

( 100 mm長は無し) / ステンレス

鋼( 100 mm長は無し)

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼

アルミニウム / アルミニウム青銅

/ ステンレス鋼 spectro::lyser

装置の異形体も防爆の異形体として製造することが出来ます。 防爆用(

Ex

-

versions

は、光路長が 100 mm のプローブ、あるいはアルミニウム青銅の筐体には適用できません。

4.6

装置部分の外観

1 プローブの筐体(放光側)

2 測定部

3 プローブの筐体(検出側)

4 ケーブルグランド

5 プローブケーブル

6 コネクタ

図 4-3 : s::can製分光計プローブ

測 定 部

1 光学測定光路

2 洗浄用ノズル

3 測定光路用取り付け具(固定)

図 4-4 : s::can製分光計プローブの測定部 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

13

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

4.7

装置の寸法

35 mm までの測定光路長 100 mm の測定光路長

光 学 測 定 セ ル の 中

直 径

図 4-5 : s::can製分光計プローブの寸法 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

14

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

5 保管と配送

5.1

受領書に基づくチェック

受け取り後すぐに、配送表に基づいて欠品がないか、また輸送中に受けたと思われる外観上の傷がないかをチ

ェックしてください。輸送中に損傷を受けた場合には、配送係と s::can社に直ちにお知らせください。

受領品には下記の部品が含まれていなければなりません;

 s::can

オプションです;

製分光計プローブ

圧力接続セット(

洗浄ブラシ

100

···························································· 2

多機能のスライド

··············································· 1

mm 長の場合はオプションになります。) ················· 1

······················································· 1 s::can社の分光計プローブの取扱説明書 ································· 1

セット

延長ケーブル(項目番号 C -210 、C -220 または C -230 ) ······················ 1 本

セル保持用挿入具(インサート)

(項目番号 E -411 、プローブの個々の型式により利用可能、値段表を参照)

光路長短縮用挿入具(インサート)

······ 1 個

(項目番号 E -431 、プローブの型式により利用可能、値段表を参照) ············ 1 個

プローブ取付台(項目番号 F -11-1 ) ······································· 1 台

プローブ取付台用延長用具(項目番号 F -14-1 ) ····························· 1 台

バイパス装具(項目番号 F -441-1 、F -441-2 、F -442-1 または F -442-2 ) ······ 1 個

バイパス取り付け用完成品(項目番号 F -443-1 ) ···························· 1 個

ポンツーン(項目番号 F -61 ) ············································· 1 台

欠品がある場合には、すぐに貴方の地区の s::can社の販売代理店にご連絡ください。

5.2

保管と配送

技術仕様の章に記述されている温度と湿度に関する許容限度に注意しなければなりません。装置は強い衝撃、

機械的な負荷や振動にさらしてはいけません。配送は出来れば当初の梱包で行ってください。装置は強力な磁

気の放射と同様に、さび、あるいは有機溶剤の蒸気、核物質の放射の無いように保管しなければなりません。

5.3

返品の引き渡し

s::can社の測定システム、あるいはシステム用部品の返品の委託は、当初の梱包でなされなければなりませ

ん。返品される前に、貴方の地区の s::can社の販売代理店に連絡されるか、あるいは s::can社のEメール

アドレス(sales@s can .

at)にご連絡下さい。返品につきましては、お客様ご自身のご負担となります。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

15

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

6 設置と取り付け

6.1

工具と物品リスト

s::can製分光計プローブの取り付けと電気配線のためには、以下の工具と物品が必要となります。

プローブ(新デザイン)の自動洗浄用直角継手をプローブに締めつけるためのサイズ 13 のレンチ。

プローブ(旧デザイン)の自動洗浄用アルミニウム製バンジョー形ボルト(M5ねじ)をプローブに締めつ

けるためのサイズ 7 のレンチ。

分光計プローブの固定取り付け用保持具(例 : 5/4 インチ用 または 40 mm用 ホースクランプ )

圧縮空気用ホース(内径 8 から 9 mm)

圧縮空気供給接続用ホースまたは継手(顧客手配) s::can製PVCプローブ取付台 (必要な場合: 項目番号 F -11-1 参照) s::can製バイパス(必要な場合: 項目番号 F -44 x x 参照)

 s::can製ポンツーン(必要な場合: 項目番号 F -61 参照)

6.2

取り付け場所の選択 (一般的な忠告)

測定機器の正しい設置は、満足のいく操作にとって重要で欠くことの出来ないものですので、s::can社は s:: can製分光計プローブの設置用チェックリストを用意しています。これは、測定結果における潜在的なエラーのす

べての根源を、取り付けの間に最大限可能な範囲で確実に抑えることができます。以下に述べるガイドラインに

従って行えば、s::can社のモニタリングシステムの適切な操作を確実なものにすることが出来ます。

取り付け場所の選択

適度な流れの状態(乱流が少ない、許容された流速を超えていない等)のところ

プローブにより引き起こされる取り付け現場での背圧あるいは塞流がないこと、すなわち、水とそれに

含まれているすべての物がプローブの回りを自由に流れるところでなければなりません。

入れ替わらない測定媒体中のみの場所、すなわち、取り付け現場の近くに添加物あるいは凝集剤(フ

ロッキング剤)に起因するもの等の流入物質が無いところに取り付けなければなりません。

均衡状態にある測定媒体(プロセス、完全に混合された媒体等)

取り付け場所に簡単に出入りできるところ(取り付け、採取、チェック、装置の取り外し)

充分な有効スペース(分光計プローブ、取り付け用継手、コントローラ他)

限界値の厳守(技術仕様 [ 10 ] 章を参照してください。)

必要な設備機械器具(エネルギー、データと圧縮空気)

油分と粉塵の入らない圧縮空気の供給

コントローラ用電源装置(運転の信頼性、電圧、出力)

出来得る限りの耐天候性と水の飛まつ防止装置の設置

最少距離(分光計プローブ ― コントローラ ― 圧縮空気との接続 ― 動力供給)

適切なラインのレイアウト(ケーブルに曲げがない、信頼性がある動作、損傷を防ぐ等) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

16

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

6.3

s::can製プローブの取り付け

/

取り付け方向に対する特別な助言

s::can製分光計プローブを取り付けるときには、測定部が偶然に、あるいは媒体中に多量の粒子が出現するこ

とにより塞がれるようになる可能性がないことを確認してください。下記のガイドラインに沿った設置が不可能な

場合は、貴方のそれぞれの設置方法について s::can社の販売代理店の了承を得てください。

図 6-1: 分光計プローブの正しい取り付け方向

 プローブの水平方向とは、測定部の平面が垂直位置(すなわち、測定窓が垂直位置)であることです

( 図 6-1 及び次の測定部 A-A 断面参照)。これで確実に測定部への粒子の沈殿や気泡が付着しな

いようになります。 また、s::can製分光計プローブ取付台の適切なご使用、またバイパスの組立によ

り、正しい位置取りが確実なものとなります( [ 9.6

] 章参照)。

測定部 A

-

A 断面

測定セル

 忠 告: 活性化汚泥タンクのばっ気部に設置する場合 ―測定部が上に向いた状態で、測定光路の平

面が水平位置でなければなりません。

流 速: 空洞化現象とそれによる測定の質の劣化を避ける為の流速で 3 m / 秒 以下 

粒子の粗い固体(砂): 1 g / L 以下

推奨する最少水位: 水平取り付けの時 10 cm 以上

筐体は接触による腐食の可能性を避けるため、他の金属と直接接触しないようにしなければなりま

せん。

ケーブルは、水中の外来物により誘発される断裂あるいは損傷に対して、適切に保護されなければな

りません。

水深の浅いところ、また / あるいは低流速の場合、圧縮空気洗浄システムは、測定現場(例えば、下水

の底部)の周囲の沈殿物が渦を巻いて巻き上げるかもしれません。その結果として測定媒体の状態は、

洗浄直後のような通常の水質を反映しませんので、この様なことが起きるのを避けるために、プローブ

は洗浄ノズルの開口部が表面になるように設置しなければなりません。この取り付け方向は、圧縮空

気用のホースを接続するためのねじを少し上向きにすると確実になります( 図 6-8 参照)。 s::can製分光計プローブのケーブルの入口部分は、プローブの軸に沿った力に対して保護装置で装

備されてはいますが、プローブ用ケーブルでは、決して分光計プローブの重さを支えるようにしてはな

りません!プローブの取り付けに適した付属品の詳細については、 [9] 章を参照してください! s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

17

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

計測器の筐体を直接コネクタで接続し、プローブを水中設置する場合や、あるいは水中にあるコネクタ

と延長ケーブルを使用して設置する場合には、s::can社はコネクタピンをシリコングリース(例えば、

ボート用のグリース)で密封することをお勧めします。それで、砂、泥 あるいは水がコネクタ内部に入

らず、また損傷を受けないことが確実になります。プローブケーブルの接続、あるいは取り外し時には、

コネクタが完全に清浄で乾燥していることを確認してください。

注) 例外として、分光計のプローブを測定部の平らな面を流れの方向に対して平行にし、垂直に立てて取り付

けることが出来ますが、垂直取り付けの場合は s::can社の販売代理店にご連絡下さい。

垂直取り付けの場合の最少流速: 空気 / ガス、あるいは沈殿物の存在する媒体中で、測定窓上に気泡の付

着や堆積を防ぐための流速は 1 m / 秒 以上

推奨する最少水位: 垂直取り付けの場合は 35 cm

注) s::can社の製造工場から出荷されたすべての機器は、すぐに操作ができるようにしてある新品なものです。

輸送や途中における保管や開梱したときの汚れについての取扱いは規定外ですので受け入れることはで

きません。この様な理由で、特に s::can製分光計プローブを飲料水に使用される場合は、設置の前に清

潔であるかチェックすることを推奨します(例えば、蒸留水中で機能チェックを行う)。

ATEX 証明書付きの s::can製分光計プローブについての更なる特別な警告については、 [2.7] 章 「ATEX 証

明書」の警告欄をご参照ください。

6.4

圧縮空気洗浄器具の接続

システムと一緒に支給された圧縮空気の接続セットは、分光計

プローブの測定部の反対側にある自動窓洗浄システムを s::can製コントローラの洗浄用バルブに接続するために必要

な、すべての構成部品を含んでいます。これ等のセットという

のは以下の部品で構成されています。

 圧縮空気の供給をプローブに接続するための接続

継手

 プラスチックホース(内径 4 mm、長さ 約 3 m)

プラスチックホースを内径 8 mm ~ 9 mm の

圧縮空気用ホースにつなぐための取り付け用継手

圧縮空気接続セットは、隣の図に示すように、分光計プローブ

の測定部に取り付けられています。

図 6-2 : 圧縮空気供給の測定部への接続(新型の直角継手) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

18

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

旧型の接続セットをご使用の場合は、下図のようなバンジョーボルトにより分光計プローブの測定部に締めつけ

ます。

その場合、バンジョーボ

ルト(中心に穴のあいた

アルミ製のねじ)と、分光

計プローブの陽極酸化

処 理 され た表 面を 傷 つ

け な い よ う に し て く だ さ

い! 壊れる恐れがあり

ますので、バンジョーボ

ルトをきつく締めすぎて

はいけません!

図 6-3 : 測定部への圧縮空気供給の接続(バンジョーボルト付きの旧型の設計)

アダプタ継手(上図参照)の接続に使用する空気用ホース(内径 8 mm ~ 9 mm)は、圧縮空気接続セットに

は含まれておりませんので、お客様によりご用意頂きます。このホースは、耐紫外線 / 及び耐オゾンでなくてはな

りません。このホースには市販のホース留め金具により、洗浄用バルブの接続用継手を固定出来ます。もう一本

の空気用ホース

と DIN規格 7.2

の圧縮空気用継

手 は 、 圧 縮 空 気

の供給源を洗浄

バ ル ブ に 留 め る

のに必要です。

図 6-4 : 洗浄用バルブへの顧客調達の圧縮空気用ホースの接続

プラスチックホース

(内径 4mm、長さ 3m 迄)

アダプタ継手

(内径 4mm→内径 3/8 インチ)

エアー用ホース

(内径 3/8 インチ、

耐 UV-オゾン)

3/8 インチ

ホース、

クリップ

洗浄用

バルブ

標準の

DIN 規格

7.2 継手

スペクトロメータ

プローブのケーブル

(標準の長さ 7.5m)

コントローラ

(con::stat 装置、 con::lyte 装置 または con::nect 装置付き)

電源供給(AC 230V/DC 12V)

配送品に含まれるエアーホースと継手

顧客調達のエアーホースとコンプレッサ

図 6-5 : 圧縮空気洗浄システムの図式表示 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

19

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

注) 洗浄用バルブは、コンプレッサに直接接続してはいけません。すなわち、コンプレッサまでの間に圧力ホー

スが無いと言う事です。ホース端のはみ出しているホース部分はすべて切り落とさなければならず、またホ

ースの全長は不必要な圧力損失を避けるため、出来るだけ短くしなければなりません。特別なアプリケーシ

ョンとしては、圧縮空気の代用として飲料水が圧縮空気水圧洗浄器具の代わりに使用できるでしょう。更な

る情報については、貴方の地区の s::can社販売代理店にご相談下さい。

圧縮空気源中のいかなる外来物も、圧縮空気水圧洗浄の過程を損なう可能性があります。もし、ご使用の

空気の純正に疑いがある場合(粒子や油等による汚れ)には、洗浄用バルブから流れをさかのぼったところ

に適切なフィルタを設置して下さい。

空気温度が極端に低い地域では、ホース内の蒸気が液化した水が凍るのを避けるため、s::can社は耐霜

性の圧縮空気用ホースを設置されることを推奨いたします。 s::can製計測器の型式によって、異なる最大許容圧力が指定されていることにご留意ください。重要な圧

縮空気源が ammo::lyser 装置 または / あるいは oxi :: lyser 装置のプローブと同様に s::can製

分光計プローブと結合して使用される場合、個々の機器に対して指定されている最大許容圧力の中で最も

低い圧力がすべての計測器に供給するために使用されます。

圧縮空気供給の技術仕様と自動洗浄の設定については、 [10.4] 章を参照して下さい。

6.5

s::can製プローブ取付台の設置

用水路、開放された貯水池や河川の中に s::can製分光計プローブを簡単に取り付けるためには、PVC製の

プローブ取付台が利用できます。正しく取り付けられると、この装具は、プローブが非常にたくさんの固形物を含

んだ水中、例えば下水処理場の

入り口などで操作される場合に、

詰まり、あるいは過度の粒子の

堆積が出来ないことを確実にし

ます。この効果は、プローブ取

付台の流線形の形状によるも

のです。

図 6-6 : s::can製分光計プローブ取り付け用付属品とプローブ取付台 s::can製プローブ取付台を使用して、測定窓の自動洗浄用の圧縮空気の接続ができます。圧縮空気用のホー

スが接続されている時の、プローブ取付台内へのプローブの設置については以下に述べます。

 二個の間隔を取るためのリングは、検出側(ケーブルが付いている側)にある分光計プローブの二個

のジョイント上(筐体の径が少し大きい部分)に取り付けなければなりません。最初に幅の少し広い隙

間のある間隔リングを測定光路のより近くに取り付けます。接続物としての間隔リングはジョイントと同

じ幅ですので、適切に取り付けられると、その両端がそろいます。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

20

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

図 6-7 : s::can製分光計プローブへの間隔リングの取り付け

間隔リングを取り付けた後、洗浄用圧縮空気は測定部に接続されなけれ

ばなりません( [ 6.4

] 章参照)。継手を接続した後、圧縮空気用ホースは

間隔リングの開いている部分に通し、プローブの縦軸に沿って導入しま

す。

図 6-8 : 圧縮空気用継手の取り付け

図 6-9 : プローブ取付台の間隔リングにおける圧縮空気用ホースの正しい取り付け

V 字形の溝

その後、プローブ用ケーブルと圧縮空気用ホースはプローブ取付台の中に導入されます(例:ケーブルを引っ張

る工具を使用)が、その時ケーブルのプラグと洗浄用のホースの端は汚れないよう保護されていなければなりま

せん。必要な場合、プローブ取付台には延長管を足すことが出来ますが、取り付けを最も容易に行うためには、

これは取り付けの間のこの時点で行わなければなりません。配送されたM5サイズの六角穴付きねじは、あらか

じめ用意されたタップ穴に取り付けなければなりませんが、まだ締め付けてはいけません。

図 6-10 : ケーブルの取り付けと六角穴付きねじの取り付け準備

ここで分光計プローブを、二番目の間隔リングの中程(測定部の隣の接続部上)が取付台の端にそろうようにプ

ローブ取付台の中にすべらせます。プローブは、開口測定部に沈殿物が無いように、また気泡が上方に逃げら

れるように測定部の平面が垂直方向になるような方法で置かなくてはなりません。パイプ上にある黒い印は方位

決定をたやすくするためのものです。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

21

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

図 6-11 : プローブの正しい方向

プローブは、六角穴付き留めねじで、この場所(左図トル

クレンチのところ)に固定されますが、これはケーブルが

配置されているプローブの端のユニオンナットに位置する

間隔リングのV字形の溝とかみ合うように六角穴付き留

めねじで締め付けなければなりません。

図 6-12 : プローブの固定

プローブを水平に、また流れと平行に置き、流れ方向の左側の用水路の壁に取り付けることにより、低維持費に

よる操作の必要条件が創り出されます。プローブ取付台の延長パイプは、二つのクランプ(例えば、結合ドウェル

ピンや留めねじの使用)により、プローブを支えるための構造物(例:壁、柵)に簡単に固定することが出来ます。

適切な測定を行うには、延長パイプの出口部分で、プローブケーブルとホースをねじれや摩擦その他による損傷

から保護しなければなりません。

多機能のスライドを使用して行った関連の測定器具を洗浄、あるいはチェックするためには、圧縮空気洗浄シス

テムを測定部の反対側から取り外し、s::can製の分光計プローブは、六角穴付きねじをゆるめた後、プローブ

取付台をわずかに滑らせて取り出さなければなりません。

6.6

s::can製バイパス装具内部への取り付け

分光計プローブが媒体に水没していない設置だけではなく、バイパス内の設置には様々な器具が利用できます。

これらの器具は s:can製分光計プローブの測定部の上に取り付け、測定部を通って媒体が継続して流れるよ

うにします。分光計プローブの自動洗浄を行うバイパス装具のみではなく、陽極酸化処理されたアルミニウム製、

あるいはポリオキシメチレン樹脂(POM:polyoximethylene)製の簡易バイパス装具がご利用になれます。

注) バイパス装具を使用したすべての取り付けにおいて、測定媒体が測定セルを下から上に垂直に流れるよう

にすることを推奨します。分光計プローブを水平に置いた時、このことにより、バイパス装具に進入したいか

なるガスの気泡も測定部から除去されることが確実なものになります。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

22

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

図 6-13 : 種々のバイパス装具:簡易バイパス(左側と中央)と自動洗浄付きバイパス(右側)

6.6.

1 陽極酸化処理アルミニウム製バイパス装具

自動洗浄装置の付いていない陽極酸化処理したアルミニウムで出来

たバイパス装具は、非常に単純な方向に沿って働きます。中間にある

アルミニウム製リングを介して、パイプ型の器具の端にある二個の刻

み付きナットが中心から四方に広がる二個のO リングを押しつけます。

このバイパスの内部に分光計プローブを入れることにより、密封された

測定用セルが創られます。

図 6-14 : アルミニウム製バイパス装具の分解

プローブをバイパス装具内部に装着する前に、二個のアルミニウム製リングがO リングと刻み付きナットの間に

それぞれ置かれているかを確認しなくてはなりません。一旦、プローブが正しい位置(測定部におけるゴミの沈殿

やガスの気泡による読み値の誤りを避けるため、測定部の平らな面を垂直にし、バイパス装具内のプローブの

中心)に置かれると、刻み付きナットは手で締める事が出来ます。ホース接続具は、水の供給やバイパスの排水

用として使用できます。

6.6.2

POM ( ポリオキシメチレン ) 製バイパス装具

POM(多機能のスライドと同じ材質の polyoximethylene)製簡易バイパス装具 [ 図 6-13 参照 ] は、陽極酸

化処理アルミニウム製バイパス装具と同じ原理で働きます。継手が分光計プローブの測定部にかぶさることによ

り、密封された測定セルが創られます。それは測定部をおおっていて、継手のそれぞれの側にある二重のO リ

ングを通して耐水密封が出来上がります。簡単に取り付けるには、バイパス装具のO リングと同じように分光計

プローブの表面を(温)水でしめらせることで出来ます。ホース接続具は、バイパスの出入口用として使用するこ

とができます。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

23

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

6.6.3

自動洗浄装置付きPOM樹脂製完全装備のバイパス装具

もし、媒体の特性やより良い取り扱いのため、バイパスの取り付けに自動洗浄器具付きの分光計プローブが必

要なら、[ 図 6-13 ]の右側の自動洗浄装置付きの完全装備のバイパス装具を使用することが出来ます。

分光計プローブは、以下のように、このバイパス内部に取り付けることが出来ます。

配送品の半分のシェル(半円形の形のもの)を、半分のシェルにあいている穴と測定部上の洗浄用の

穴が一つになるように置き、測定部上に固定してください。

 O-リングを、バイパスと側面のフランジ間を密閉するように取り付け、配送品の三本のねじで全体のバ

イパス装具を固定してください(ねじはきつく締めないように!)。

図 6-15 : バイパス装具内へのプローブの設置準備

バイパス内の洗浄用継手の中心ねじ穴が、プローブの洗浄用継手のねじ穴の真上になるように、プロ

ーブをバイパス装具の中にすべり込ませてください。

バイパス装具と一緒に支給された洗浄用の継手をそこの処にねじ入れて締めてください。これでバイ

パス装具内部の分光計の位置に固定されます。

図 6-16: プローブと圧縮空気洗浄器具の設置

三本のボルトを注意しながら締め付けてください。これでO-リングがプローブ上に押しつけられて密封

され、耐水性の継手の効果が得られます。

 ここで洗浄用継手をレンチで締め付けてください。

図 6-17: 圧縮空気洗浄継手の設置

圧縮空気の供給源と測定媒体の出入口を設置して測定を始めてください。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

24

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

注) 過度の圧力がかかるのを避けるため、顧客によりバイパスの出口側に適当な空気口を設けなければなりま

せん。必要なら、過度の沈殿物が出来るのを防ぐため、バイパス装具の取り付け前に、バイパス内に泥用

のトラップを取り付けることが出来ます。自動洗浄用に必要な圧力とバイパス装具内の許容圧力の情報に

ついては、 [10.4] 章と [9.8] 章をご参照ください。

6.7

s::can製ポンツーンの設置

プローブをポンツーンの船底に正しく設置するためは、ポンツーンは裏返して平らな上面を(下にして)置かなけ

ればなりません。その後、ポンツーンの船底のU字形のステンレス鋼の金属の覆いは、側面の四本のねじと後ろ

の二本のねじをゆるめて取り外さなければなりません。

ここで、不必要な空間用に、支給された覆い物を、その穴が洗浄用接続器具と一致するようにして測定部の上に

装着させます。次に、自動洗浄用器具は測定部と反対側に接続され、特別な測定用スライドはプローブを覆うよ

うに置かれなければなりません。

すでに用意しておいたプローブは、洗浄用の接続部分が側面の竜骨(キール)上を沿うようにし、測定部を上にし

てスペーサ間に置かなければなりません。圧縮空気用のホースは、測定部からプローブケーブルが配置されて

いるプローブの末端まで、留め金具や曲がりの無いように、プローブの縦軸と平行に走らせます。プローブのケ

ーブルとホースは、ポンツーンの浮き本体の船尾から出ます。プローブが正しい位置に取り付けられていれば、

測定部の平らな面はその時、水平軸に対して約 30 度の角度に傾いていなければならず、上から見ることが出来

ます。

U字形のステンレス製ケースは、そこで先ほどの四本と二本のねじを締めると元に収めることができます。即ち、

分光計プローブの測定部は、ステンレス製ケースにある“窓”を通してその時に見えていなければなりません。ポ

ンツーンの取り付け後、この方向に位置させることだけが、測定部が測定媒体と接触するために重要なことで

す。

ポンツーンは、既存の三つの小穴(アイレット)を通る充分に堅固で耐蝕製のある鋼鉄線により、用水路内に設

置しなくてはなりません。下水道内で働く流れの力の作用を決して過小評価しないで下さい!

二本の鋼鉄線はポンツーンの船首に取り付けられ、そして上流方向斜め上約 30 度に引っ張られ、適したサイズ

のねじと固定具で締め付けられます。即ち、それらは流れの力やそれによって運ばれてくる潜在的な外来物の

力に耐えられなくてはなりません。三本目の追加の垂直方向のロープは、低水位の場合にポンツーンが水底や

用水路の底にぶつからないようにその位置を維持します。

注) ポンツーンの下側と用水路の底の間の空間に沈殿物がたまるのを避けるためには、s::can社は ( 用水路

の底からの ) 最小限の高さを 5 ~ 10 cm にするよう推奨します。

ポンツーンから出るプローブケーブルと圧縮空気用のホースは、適切な計測を行うためには流れによって運

ばれる外来物からの保護が必要です。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

25

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

7 初期操作

一旦、付属品( [6] 章参照)を含めた分光計の取り付けや設置が完了し、それが確認されると、s::can製

測定システムの初期操作を以下のように行うことが出来ます。

 s::can製分光計プローブのケーブルを、ナット付き差込コネクタでコントローラ (con::stat 装置、 con::lyte 装置 あるいは con::nect 装置)のMIL規格のコネクタと接続してください。

 圧縮空気用ホースと洗浄用バルブ、そして圧縮空気の供給源とを接続してください。

コントローラに電気を供給してください(s::can製 con::stat 装置、con::nect装置 又は con:: lyte 装置の取扱説明書を参照してください)。 con::stat 装置を使用する場合には、オペレーティングソフトウェアの ana::lyte がデフォルトの設

定を使用して、自動的にタイマーで制御された測定系を始動させます(s::can製 ana::lyte の取扱

説明書を参照して下さい)。

コントローラとして con::nect 装置と共にパソコン / ノートブック型パソコンを使用する場合には、オ

ペレーティングソフトウェアの ana::pro は手動で始動させなければなりません (s::can製 ana

::pro の取扱説明書を参照して下さい)。

コントローラの con::lyte 装置は、プローブの初期化が上手く行われた後、デフォルトの設定を使用

して自動的に測定を始動させます(s::can製 con::lyte 装置の取扱説明書を参照して下さい)。

 確実性と安定性を求めるためには、最初の濃度の読み値を判断すること。

洗浄システムの機能をチェックすること( [8.4] 章参照)。

測定の設定(測定間隔、記録間隔、洗浄間隔)をチェックすること。

 デジタルとアナログ出力の構築 (オプションです。 s::can製 ana::lyte あるいは con::lyte 装

置の個別の取扱説明書を参照して下さい)。

 データ伝送用の追加のモジュールの接続と構築(オプションです。 s::can製 con::stat 装置の取

扱説明書を参照して下さい)。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

26

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

8 機能チェックとメンテナンス

8.1

概 要

ソフトウェアの特徴(例えば、スペクトルの濁度補正)と同様に、ハードウェアの様々な特性(例えば、二重ビーム

の計測器、自動洗浄)は、s::can製分光計プローブに並外れた高度の長期安定性をもたらします。

それにも関わらず、測定窓が汚れていると測定の精度を減少させます。こ

のため、もしプローブを汚水の中で使用されるのであれば、自動洗浄装置

のご使用を強く推奨いたします。圧縮空気は [6.4] 章に述べられているよ

うに洗浄バルブを介してプローブに接続されます。

長期間継続した測定の後、あるいは高精度が要求される校正に先だち、

二つの(測定)窓を注意深く洗浄されることを、更にお勧めします( [8.5] 章

参照)。

図 8-1: 測定窓の圧縮空気水圧洗浄の効果

以下の理由の一つにより機能チェックが必要かもしれません。

定期的な機能チェック

測定窓の汚れの疑い

プローブが配備されている場所、あるいはプローブの型式の変更(全体校正についての変更)

プローブの機能不全の疑い

8.2

機能チェックやメンテナンスの間におこなう行為

下記は、機能チェックを実行する間に行われなければならないすべての行為の概要を示したものです。また、そ

のようなチェックを行う頻度が示されていますが、それは主にアプリケーションの形に依ります。例えば、汚水や

産業水中のアプリケーションでは、超純水中でのアプリケーションと比較して、より頻繁な機能チェックが必要とな

ります。また、操作を始めた直後も、より頻繁にチェックされるよう推奨いたします。

実際の状態とプローブの機能チェック

(このチェックは週毎に、あるいは測定現場に個々に出向いた間に行ってください-間隔は 10 分以下)

操作用ソフトウェアとして ana::lyte あるいは ana::pro を使用する時(con::stat 装置あるいは con:: lyte 装置):

スクリーンに触れて ana::lyte あるいは ana::pro のスクリーンセーバーを不作動にして下さい。

測定画面上に表示されたシステムの状態が緑色で示され

OK

と表示されているかどうかチェックして

ください。

表示されたすべてのパラメータの状態が ok であるかチェックしてください(NaNや、灰色の背景色で

表示された値が無いこと)。

最後に行った測定のタイムスタンプが最新のものになっている(すなわち、現在行われている測定プラ

ス測定間隔よりも長い時間が経っていない)。 con::lyte 装置のコントローラを使用する時:

表示されたシステム時間は最新のもので、毎秒更新されます。

現行のエラーメッセージがコントローラ上に見られない(con::lyte 装置の場合、シンボルは!です)。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

27

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

分光計プローブ:

分光計プローブが閃光を放つか(プローブを取り外さずに評価出来るかどうか)、あるいは読み値が毎

測定後に更新されます。

読み値の確実性をチェック

(このチェックは週毎に、あるいは測定現場に出向いた間に行ってください-間隔は 10 分以下)

媒体とプロセスに関する表示値の確実性をチェック

特性、変動とドリフトに関する読み値の時間系をチェック

フィンガープリントをチェック(スペクトロライザーの場合のみ可能)、すなわち、フィンガープリントの形が

取り付けの時と似た形か、あるいは媒体中における通常の形のものであるかのチェック

研究所のリザルトとの比較(一般に、局部校正は一度だけ必要です。)

プローブの自動洗浄をチェック ( [8.4] 章参照)

(このチェックは週毎に、あるいは測定現場に出向いた間に行ってください-間隔は 10 分以下)

過去における状況(履歴)あるいはシステムの安定性をチェック

(毎月、あるいは半年の間でのチェック-間隔は 10 分以下)

電源供給の喪失による時間系のギャップ

ログブックのエントリー、自動システムの再立ち上げの記録

無認可のアクセスあるいは遠隔操作による測定の設定の意図としない変更のチェック

(モデムあるいはパスワードの保護などの、それぞれのアクセス性によります。-間隔は 10 分以下)

測定と記録の設定をチェック

洗浄の設定をチェック

I / O の設定をチェック(デジタルとアナログの入出力)

プローブの取り付けをチェック

(毎月、あるいは半年の間でのチェック-間隔は 10 分以下)

プローブの取り付けの損傷

プローブ と / あるいは プローブ取付台の詰まり

プローブの機能チェック(システムチェック)

(毎月、あるいは半年の間でのチェック-間隔は約 1 時間)

プローブの取り外し

プローブの筐体と測定部への機械的な損傷や腐食に対する目視検査

プローブのケーブルの損傷や切断が無いかをチェックし、プローブのコネクタへの堆積物(例えば、塩)、

腐食や損傷が無いかをチェックしてください。

基準と測定窓の機能チェックを導入するソフトウェア(

必要であれば、機能チェックの間に測定窓の手洗浄(

[8.7]

[8.5]

章参照)

章参照)

必要であれば、機能チェックの間に測定の基準の入れ替え( [8.8] 章参照) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

28

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

分光計プローブの自己診断(リポート)を支援するソフトウェア

(s::can社あるいは s::can社販売代理店の各々の要請について- 10 分以下の持続時間)

8.3

機能チェック用の工具と物品リスト

予測されるメンテナンスの種類により、以下の工具と物品を設置現場に持って行かれるよう s::can社はお勧

めします。

設置されている装置の s::can社の取扱説明書

多機能のスライド

洗浄剤、洗浄ブラシ、ふき取り用ティッシュ( [8.5] 章参照) 

使い捨て手袋あるいはゴム手袋

ねじ回し他のような一般工具

デジタルカメラ

携帯電話や s::can社の販売代理店のサービス番号 con::stat 装置のデータをダウンロードするためのUSBスティック( 128 MB以上) ana::pro のソフトウェアと VNC ビューアのソフトウェア、および自由に接続できるネットワークとバ

ッテリー充電器を含むUSBポート付きのノートブック型パソコン

ノートブック型パソコンで分光計プローブを操作するための con::nect 装置(必要な場合)

クロスリンク用のRJ45ネットワークケーブル (USB接続せずに con::stat 装置を操作する場合) con::stat 装置用乾燥剤カートリッジ

電気プラグと配線

圧縮空気洗浄用接続継手

 TOR x セキュリティー(con::statⅡ装置の場合)

8.4

自動プローブ洗浄のチェック

プローブの洗浄は、ana::lyte や ana::pro のソフトウェア、あるいはコントローラとして con::lyte 装置を

手動で操作することによって行えます。自動プローブ洗浄について、その状況により以下のようにチェックして下

さい。

自動洗浄が進行するのを待つか、あるいは手動で洗浄を始動・停止させる。

圧縮空気が、洗浄の過程の間、測定部の洗浄ノズルから出ている。プローブに直接取り付ける接続箇

所はしっかりと締まっていて隙間がなく損傷がない(もしプローブが取り外されているなら)。

気泡が見られないか、あるいはコンプレッサ内の圧力が減少していないかのチェック(もし、プローブが

水中にあるなら)

供給ライン部分の漏洩により起きる圧力損失が無い(洗浄の循環内

コンプレッサの圧力が効率的で、洗浄バルブが機能している。

継手を含む洗浄用バルブがしっかりと締められていて損傷がない。

/ 間で減圧の無いこと)。

特にコンプレッサが、仮に頻繁にスイッチが入り切りされた場合、圧縮空気タンクが排水されている。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

29

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

8.5

s::can製分光計プローブの洗浄

プローブを取り外す前に、自動洗浄が作動していないことと、圧縮空気の急な漏れによる汚

れや、あるいは損傷を避けるために、空気供給ラインが減圧されていることを確認してくださ

い。

次のステップは、s::can製分光計プローブの筐体に付着している、何か大きな物質や沈殿

物を取り除くことです。これを行った後、プローブの筐体はきれいな水(例えば飲料水)や柔らかい布を使用する

ことによってきれいになります。

注) 常時、強酸 また/あるいは 腐食性の液体の使用、そして濃縮溶剤の使用は避けなければなりません。こ

れは筐体を傷めます。

測定部の二つの窓の洗浄には、研磨剤あるいは沈殿するような物質を使用してはいけません! 石英ガラスと

サファイアガラスが中でも最も耐性のある材質ですが、圧力が働くと、砂粒、あるいは似たような物質が引っかき

傷の原因となるかもしれません。この様な理由から、とがった金属物質を使用して汚れをこすり落としてはいけま

せん! さらに、洗浄剤の残渣は、UV光の下での測定窓の光学特性を変えるかもしれませんし、これにより測

定の収差(誤差)を招くかもしれません。

測定窓の洗浄は、柔らかい布(拭いた後に繊維が残らないもの)、綿棒あるいは使用する前に洗浄液でしめらせ

たティッシュペーパーを使用して行います。さらに言えば、例えばスーパーマーケットで手に入るような眼鏡用の

清浄紙などが適しています。過度に付着した汚れには、s::can製のブラシがお役に立ちます。これらのブラシを

使用するときには、分光計プローブの陽極酸化処理されたアルミニウムが損傷を受けないように特に注意を払っ

てください。

金属繊維や毛の混ざったブラシによる測定窓の洗浄は厳禁です。これは測定窓の取り返しのつかない損傷の原

因になります。

測定窓の洗浄用には、以下の液体が使用できます。その液体は汚れが頑固になるに従って使用する順に挙げ

てあります。常に水で洗浄することからはじめてください、多くの場合これで十分です。

水(市販の食器洗い用液体洗剤を混ぜても可)

純アルコール(エタノール) s::can製洗浄剤(

測定窓上に無機物の膜がある場合は 3 % の塩酸(HCI)(

) 洗浄液は、洗浄用布あるいはティッシュを使いながら、測定窓を拭くのに利用しなければなりません。洗浄

後は、蒸留水で直接すすいでください。

洗浄の工程ですべての段階が行われた後、測定部の区画は充分な量の蒸留水ですすがなければなりません。

通常、分光計プローブの筐体に洗浄剤を使用する際には、すべての筐体のタイプの仕様と適合する材質が厳守

されなければなりません。これらについては [10.5] 章に書かれています。

注) 自動洗浄により導入された空気は、水中で時として酸化作用を引き起こす可能性があります。その結果とし

て、鉄/マンガン/カルシウムの薄い膜が形成されます。この様な沈殿が形成されるリスクがある時には、自

動洗浄用に空気の替わりに飲料水を使用して、ほんの少し(3~5 秒)だけの時間、洗浄をご使用されること

を推奨いたします。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

30

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

8.6

機能チェックを支援するソフトウェアのフローチャート

この手順が行われている間、 実際に使用する基準と測定窓の清潔さがチェックされます。オペレーションソフト

ウェアの ana::lyte と ana::pro あるいは con::lyte 装置は、それぞれ、貴方をすべての必要な段階を

通ご案内します。

ステップ A

測定試験

基 準 と 測 定 窓

のチェック

プローブの取り外

しと簡単な洗浄

測定試験

ステップ B

測定制御

基準のチェック

ステップ C

測定の基準

基準値を

測定窓を含む徹底し

た洗浄

測定制御

基準となる測定の

準備

この手順の繰り返しは

最多で三回迄です。

ゼロに設定

基準の測定

この手順の繰り返しは

最多で三回迄です。

ステップ D

測定の基準の

チェック

新規の

基準のチェック

新規の基準の

測定制御

品質マーク=0 であれば進みます。

すなわち、測定窓が清潔で基準もOKです。

品質マーク<0 であれば進みます。

すなわち、測定窓は清潔ですが

新規の基準が必要です。

プローブの取付

品質マーク>0 であれば進みます。

すなわち、測定窓が汚れています。

上の説明図は、機能チェックの手順のあらましを提示し、それが四段階(AからDまで)に分けられています。測

定結果により、これらの段階は実行されるか、あるいは実行されないかになります。

8.7

機能チェックを支援するソフトウェアの実行

機能チェックを支援するソフトウェアは以下のように実行されます。

A1: 分光計プローブを測定媒体から取り出します。

A2: プローブの通常の洗浄と、測定部の注意深い洗浄。測定窓自体は、この時点で洗浄してはいけません。

蒸留水ですすいで洗浄の手順を終えてください。

オペレーティングソフトウェアあるいはコントローラ上で、機能チェックをそれぞれ始めてください(個別の s::can社の ana::lyte あるいは con::lyte 装置の取扱説明書を参照してください)。

A3: s::can製分光計プローブの洗浄された測定部をわたらせて、注意深く洗浄された多機能のスライドをか

ぶせてください。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

31

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

A4: 多機能のスライドを蒸留水で満たし、その水を捨ててください。このようにして多機能のスライドを数回(少

なくとも三回)すすいでください。

A5 : もう一度多機能のスライドを蒸留水で満たしてください。

A6: その後、

Execute check

してください。

(con::lyte 装置) あるいは、

CHECK

(ana::lyte)のエントリーを選択

測定試験: ここでプローブは測定を実行します。一旦測定が終了すると、品質番号(表示器=- 2 から+ 2 )が表

示されます。これにより、次の行為が必要となります。

Q=0: プローブは十分操作ができ、何の変更もせずに再度取り付けが出来ます。

Q>0: 測定窓が汚れている疑いがあります。

B1 : 再度測定窓を洗浄してください。

B2: 十分に測定窓を洗浄してください。

B3: A3 を参照してください。

B4: A4 を参照してください。

B5: A5 を参照してください。

B6: A6 を参照してください。

もし、この手順を三回繰り返した後も、まだ品質番号が 0 より大きいなら、以下のように続けてください。

Q=1: 新規の基準の測定を行ってください( [8.8] 章参照)。

Q=2: 貴方の地区の s::can社販売代理店へお知らせください。

Q<0: 新規の測定が必要です。( [8.8] 章参照)

注) 代わりとして、ご経験のあるユーザーは、蒸留水を測定して、これらをゼロとその境界線と比較した時に記

録されたスペクトルを見ることにより、測定窓の状態や測定の基準を評価することも出来ます。機能チェック

を管理されたソフトウェアをご使用の時は、この選択はすべて自動的に行われます。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

32

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

8.8

基準の測定の実行

すべての s::can製分光計プローブは、高品質の基準合わせが行われた後に、工場渡しの仕切り条件で配送

されます。基準合わせは、その計器で測定されるすべての波長のゼロ点を決めるのに役立ちます。誤った基準

合わせは、以降のすべての読み値に誤りをもたらしますので、測定の基準の入れ替えは極力注意して行わなけ

ればなりません。

多機能のスライドと同様に、測定部、測定窓を十分に洗浄してください。

 s::can製分光計プローブの洗浄された測定部をわたらせて、注意深く洗浄された多機能のスライドを

かぶせてください。多機能のスライドを蒸留水で満たし、その水を捨ててください。そのような方法で、多

機能のスライドを数回(最低三回)すすいでください。

再度、多機能のスライドを管理された蒸留水で満たしてください。

基準の測定を始めてください(s::can社の ana::lyte あるいは con::lyte 装置の取扱説明書を

参照してください)。測定は自動的に終了し、最後に行われた測定の基準と置き換わります。

機能チェック(品質番号は Q=0)により新規の測定の基準をチェックするか、あるいは基準とする媒

体(フィンガープリント=ゼロ)中で手動による測定をチェックしてください。

注) 測定の基準用には、高品質の蒸留水を使用しなければなりません。これに関しては、どのような外来物(例

えば、気泡、汚れ)であれ、確実に含まないようにしてください ! ご使用の蒸留水の質を自動的にチェックす

る方法はありません。

注) 出来る限り高精度の測定を行うためには、基準の測定は、プローブを設置して使用しているときの温度で、

また使用されたときと同じ方向のプローブで行われるようお勧め致します。

不十分な基準(例えば、測定窓が正しく洗浄されず、測定窓に洗浄剤の跡がある場合)は、 s::can製分光計プローブの測定品質を悪くすることがあります。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

33

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

9 付属品

9.1

分光計プローブの圧力接続セット

このセットには、s::can製分光計プローブの自動洗浄器具と、お客様の圧縮空気供給源とを接続するために必

要なすべての部品が含まれています。

図 9-1 : 分光計プローブの圧力接続セット(左は 2005 年末までのデザインで、右は 2006 年からのデザインで

す。)

圧力接続セットの技術仕様

2005 年末までのデザイン 2006 年からのデザイン s::can社の項目番号 s::can製分光計プローブ

の接続継ぎ手

圧縮空気用ホース

B -40 B -40spectro

陽極酸化アルミニウム製の

M5用のバンジョーボルト

PP製直角継ぎ手

接続ねじ付きプローブ R 1/8 インチ

長さ 約 3 m、内径 4 mm、外径 6 mm、最大 10 バール、

最高温度 + 60 ℃、PA製(耐UV性)

お客様側の接続継ぎ手 ニッケルめっき真鍮製継ぎ手 3/8 インチ( 8 ~ 9 mm)

0.1

kg 0.1

kg 重 量

9.2

延長ケーブル

s::can製分光計プローブのケーブルは、別のケーブルで延長

することが出来ます(s::can社の値段表を参照してください)。

延長ケーブルは、プローブのケーブルと同じ材質で作られていま

す。ケーブル接続用には、MIL規格のコネクタが使用されていま

す。

図 9-2 : 分光計プローブ用延長ケーブル(20m) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

34

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

9.3

セル保持用挿入具(インサート)

セル保持用挿入具は、35 mm または 100 mm の分光計プローブの測定部の中に直接置き、標準の 10 mm の実験用の容器(キュベット)を使用してサンプルの測定が出来ます。

1 10 mm の容器(キュベット)

(配送品には含まれていません!)

2 容器(キュベット)を側面から固定する

二本のねじ

3 容器(キュベット)を縦方向から固定する

一本のねじ

4 光のビーム用開口部

5 測定部の上に(キュベット)を固定するため

のケーブルタイ(留め具)

図 9-3 : 35 mm と 100 mm の分光計プローブ用セル保持用挿入具

注) セル保持用挿入具のねじで容器(キュベット)を固定するには、サイズ 2 のソケットレンチが必要です。

セル保持用挿入具 E-411 の技術仕様

名 称

材 質

寸 法

重 量

仕 様

POM (黒色)

38 g

取り付け

9.4

多機能のスライド

タイラップで行います。

備 考

35 mm および 100 mm の測定部用の

取り付け部品の寸法です。

測定光路上に直接取り付けます(検出器側)。

多機能のスライドは機能チェック、分光計プローブの基準決め( [8.7] 章か [8.8] 章を参照してください)、あるいは

プロセスの流れの外(例えば、研究所内)の個々のサンプルのパラメータ測定用に使用します。

多機能のスライドは、プローブの上をすべらせ測定部にかぶせてか

ら、O リングにより分光計プローブから密閉されます。この多機能の

スライドを使用すると、実験用器具のキュベットと同じような使いかた

が出来る測定セルが創出されます。多機能のスライドのO リングと

同様に、多機能のスライドを必要以上の強い力を必要とせず、O リ

ングへの損傷の危険が無いよう、プローブの表面に接触するように

するには ( 温 ) 水で濡らすことで出来ます。

図 9-4 : 35 mm 迄 ( 左 ) と 100 mm (右)の分光計プローブ用多機能のスライド s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

35

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

注) 装着後、多機能のスライドは蒸留水を使用し、最初にすすがなければなりません。これは、装着の間、プロ

ーブ上にO リングの材質の跡が残されることにより、その後の測定に影響を与えるのを避けるために行わ

れます。

多機能のスライドの技術仕様

35 mm 迄のプローブ用 100 mm のプローブ用 s::can社項目番号

材 質

寸 法

重 量

E -421-1

スライド: POM H

シーリング: FPM

長さ: 100 mm

内径:

外径:

開口部:

44

60

26 mm

mm

mm(円形)

170 g

E -421-2

スライド: POM H

シーリング: FPM

長さ: 160 mm

内径:

外径:

開口部:

264 g

100 mL

44

60

26/80 mm

mm

mm(長円形)

充填量 35 mm 測定路用は 40 mL

(プローブ上に固定) 5 mm 測定路用は 30 mL

9.5

光路長短縮用挿入具(インサート)

s::can製分光計プローブの光学測定路の長さは固定されていて変更することができません。しかしながら、35 mm あるいは 100 mm の測定路の場合、光路長短縮用挿入具を使用して長さを短くすることができます。

注) 挿入具(インサート)は、分光計プローブでの永久使用を目的としたものではなく、該当するアプリケーション

における通常の仕様を超えた測定媒体の中で、場合により臨

時に測定を可能にするものです。測定を始める前に、測定光路

長は構成(コンフィギュレーション)の中で変更しなくてはなりま

せんし(“with insert” (インサートを使用)-ana::lyte の

取扱説明書を参照して下さい)、新規の基準の測定は、取り付

けたインサートで行わなければなりません。

図 9-5 : 100 mm から 35 mm ( 左 ) と 35 mm から 5 mm (右)への光路長短縮用挿入具

測定部を 35 mm から 5 mm に短縮するためにインサートを使用すると、測定可能なパラメータの濃度は 7

の係数で増倍します。

注) 分光計プローブと、光路長短縮用挿入具の材質は、接触腐食を防ぐために同一のものでなければなりませ

ん。

光路長短縮用挿入具の技術仕様

陽極酸化アルミニウム s::can社項目番号

材 質

E -431a

Al Mg Si1

アルミ青銅

E -431b

Cu Al 10 Fe 4 Ni4

30 mm、 65 mm、 90 mm 30 mm

ステンレス鋼

E -431s

X 6 C r N i M o T i

17-12-2

30 mm 長 さ s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

36

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

重 量

取り付け

陽極酸化アルミニウム アルミ青銅 ステンレス鋼

30 mm: 35 g

65 mm: 75 g

90 mm: 105 g

30 mm: 90 g 30 mm: 95 g

ケーブルクリップで、直接測定光路上に取り付けます( 35 mm または 100 mm

の測定光路にのみ適合します)。

インサートの測定窓と、分光計プローブの測定窓が中心を外れた位置にあり、正しく

直線に並んでいることをご確認ください。

材質の制限については [10.5] 章を参照してください。

9.6

プローブ取付台

s::can製分光計プローブを簡単に取り付けるには、PVC製のプローブ取付台が利用

できます。そのうえ、延長することも出来ます(ヨーロッパのみ)。プローブ取付台を使用

した分光計プローブの取り付け方の説明については [6.5] 章を参照してください。

図 9-6 : 延長管を装着したプローブ取付台

プローブ取付台の技術仕様

プローブ取付台 延長管 ( 2.5

m) s::can社項目番号

材 質

F -14-1

パイプ: PVC U(灰色)

寸 法

重 量

F -11-1

パイプ: PVC U(灰色)

スペーサ: POM H(淡褐色)

固定ねじ: ステンレス鋼

長さ: 510 mm

( 45 °のエルボーを含みます)

内径: 50 mm

外径: 63 mm

0.9

kg (付属品は含みますが、分光計プ

ローブは含みません。)

長さ:

外径:

2 kg

2500 mm

内径: 45 mm

50 mm

取り付け 63 mm 用ステンレス鋼製パイプクランプ

付きで、壁あるいはレールに取り付けま

す。(配送品には含まれません。)

50 mm 用ステンレス鋼製パイプクラン

プ付きで、壁あるいはレールに取り付け

ます。(配送品には含まれません。)

付属品 スペーサ 二個

プローブ固定用ねじ(M5用六角ソケット

2.5

頭付き) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

37

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

延長パイプ F-14-1 または

顧客調達によるパイプ d=45/50 mm、L=2500 mm

(PVC DN50、PN10 または

ステンレス鋼を推奨します。)

圧縮空気用パイプ

D=4/6 mm

(内部パイプ溝内)

ステンレス鋼製 M5 固定ねじ 1 本

(六角ソケット 2.5 頭付きは配送品に含ま

れています。)

スペーサ 2 個 (圧縮空気用パイプを導入

するための溝付き中心リング)

D=44/57 mm、L=28 mm (POM-H)

配送品に含まれています。

ふさがれた外側のパイプ d=57/63 mm、L=360 mm

45°PVC 製継手

ジョイントはすべて、

接合してあります。

図 9-7 : プローブ取付台内に設置された s::can製分光計プローブの図解

9.7

簡易バイパス装具

このバイパス装具は、アルミニウム、あるいはプラスチックの意匠のものでご利用でき、バイパス管、プロセスの

流れとその他の中での測定が可能です。圧縮空気洗浄は出来ません。取り付けの説明については、 [6.6] 章を

参照してください。

図 9-8 : 簡易バイパス装具の例: 100 mm 用(左)のアルミニウム製と 35 mm 用のプラスチック製(右) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

38

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

バイパス装具の技術仕様:

Al Al POM H POM H

( 100 mm)

F -441-2

( 1 ~ 35 mm)

F -442-1

( 100 mm)

F -442-2 s::can社

項目番号

バイパスの材質

シーリングの材質

( 1 ~ 35 mm)

-441-1

Al Mg Si 1

FPM

長 さ

重 量

152 mm

内径: 44 mm

外径: 64 mm

705

Al Mg Si 1

FPM

217 mm

内径: 44 mm

外径: 64 mm

1015 g

POM H

FPM

100 mm

内径: 44 mm

外径: 60 mm

180 g

POM H

FPM

160 mm

内径: 44 mm

外径: 60 mm

285 g

継 手

推奨する流速

R 1/4 インチのねじ山 R 1/8 インチのねじ山

測定媒体

最 少: 50 L / 時間

最 大: 500 L / 時間

圧 力: 10 バールまで

温 度: 最高 45 ℃

または

60 ℃(短時間)まで

最 少: 50 L / 時間

最 大: 500 L / 時間

圧 力: 1 バールまで

温 度: 最低 0 ℃

最高 45 ℃

バイパス装具の取り付け / 取り外し時は、

室温でなければいけません。

アプリケーションに関する推奨事項と材質の制限については、 [10.5] 章を参照して下さい。

9.8

自動洗浄付きバイパス装具

このバイパス装具はプラスチック製の意匠のものが利用でき、バイパスパ

イプ内、小さなプロセスの流れ等の中で測定が出来ます。圧縮空気洗浄シ

ステムを使用した分光計プローブの洗浄は、このバイパスの使用により可

能です。取り付けの説明については、 [6.6.3] 章を参照して下さい。

図 9-9 : 自動洗浄付きプラスチック製バイパス装具

バイパス装具 F-443-1 の技術仕様

名 称 仕 様 備 考

材 質

寸 法

本 体: POM H

ね じ: ステンレス鋼

シーリング: FPM

長 さ:

径:

107

120

mm

mm

ねじと洗浄用圧力器具無しの寸法です。

0.5

から 35 mm 迄の測定光路に適します。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

39

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

名 称

重 量

取り付け

継 手

推奨する流速

測定媒体

仕 様

1.5

kg

下から上への放水を使ったプ

ローブの水平取り付け

R 1/2 インチのねじ山

最 少: 50 L / 時間

最 大: 500 L / 時間

圧 力: 3 バールまで

温 度: 最低 0 ℃

最高 50 ℃ で

短時間なら 60 ℃

まで

圧縮空気用接続継手

備 考

廃水の排出が必要です。もし必要なら、流入管内

に汚泥のトラップを取り付けなければなりません。

汚水にも適します。

洗浄用圧力は、媒体圧力より 1 ~ 2 バール高くな

ければなりません。また、バイパス装具を取り付

けた後に排出しなければなりません。

付属品

9.9

ポンツーン

用水路や下水の中に s::can製分光計プローブを浮かべて取り付けるためには、

プラスチック製のポンツーンが利用できます。ポンツーン内にプローブを取り付けた

時には、圧縮空気洗浄の接続が可能です。

プローブ取付台( [9.6] 章参照)と比較すると、布などが絡まないような形の傾向は、

より一層減少してきていますが、しかし、取り付けにはより広い空間が必要となりま

す。ポンツーンを使用する際には、下水は天井に届くほど水が一杯になってはいけ

ませんが、ポンツーンが用水路の底にぶつかるのを防ぐために、水位以下の最小

限の水深が常に必要です。取り付けの方法については [6.7] 章を参照してください。

図 9-10 : 下水内に取り付けたポンツーン

ポンツーン F-61 の技術仕様

材 質

寸 法

重 量

取り付け

名 称 仕 様

ポンツーン: KFK

キール: ステンレス鋼

長 さ: ~ 102 cm

幅: ~ 35 cm

高さ: ~ 16 cm

~ 5 kg

下水の天井あるいは下水の

壁にステンレス鋼線で取り付

けます。

備 考

ポンツーンが自由に浮かんでいるなら、測定点は

水位から 10 cm以下

ガラス / カーボン繊維を加えたプラスチック s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

40

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

10 技術仕様

10.1

入手できる s::can 製 分光計プローブについての項目番号

s::can製 分光計プローブの詳しい仕様は、すべての s::can製分光計プローブの項目番号(注文番号)から

推断することが出来ます。 この番号はいくつかの部分から成り、それは以下の二つの表に文書化されていま

す。

G T2

-

-

N2

U2

タ フ

| ェ

備 考 nitro::lyser

™ color:lyser

II

UV::lyser

G C2

G C3

G M2

G M3 a d e i carbo::lyser

II carbo::lyser

III multi::lyser

II multi::lyser

III

地方自治体の汚水のばっ気用溜池

飲料水

地方自治体の汚水の放出

地方自治体の汚水の流入 / 下水道 r

001

002

005

035

100

485 p0

河川水

35 mm mm mm

100 mm

RS 485 mm

圧力センサ無し p1 p2 p3 t1 t0 a b s

NO

10

0 .

1バールまでの圧力センサ有り

1バールまでの圧力センサ有り

10バールまでの圧力センサ有り

媒体温度用の温度センサ無し

媒体温度用の温度センサ有り

陽極酸化処理されたアルミ合金

アルミ銅合金

ステンレス鋼

付加仕様無し

10バールまでの仕様 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

41

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

タ フ

| ェ

備 考

A 2

分光計プローブの型式 spectro::lyser

(UV-Vis)

分光計プローブの型式 spectro::lyser

(UV)

001 1 mm

002

005

2 mm

5 mm

035

100

500

232

35

0 .

100

5 mm

RS 232 mm mm

485 p0 p1 p2

RS 485

圧力センサ無し

0 .

1バールまでの圧力センサ有り

1バールまでの圧力センサ有り p3 t0 t1

1 a b s

NO

10

EX

10バールまでの圧力センサ有り

媒体温度用の温度センサ無し

媒体温度用の温度センサ有り

自動洗浄無し

自動洗浄有り

アルミ銅合金

ステンレス鋼

付加仕様無し

陽極酸化処理アルミ合金

10バールまでの仕様

防爆型 (Ex 証明)、

Ex Spectrometer probe についての s::can社の記載もご参照ください。

10.2

s::can

製 分光計プローブの技術仕様についての概要

寸 法

質 量

(7.5

媒体圧力

媒体温度

保存温度

名 称 mのプローブケーブ

ルを含みます。 )

プローブケーブル

直 径: 44 mm

長 さ: 582 mm

長 さ: 647 mm

約 2 .

1 kg

約 3 .

3 kg

約 3 .

4 kg

7 .

5 m

仕 様

0 から 3 バール

0 から +45℃

3分以下で+50℃ まで

-10 から+50℃ まで

備 考

35 mm を含む 35 mm まで (ケーブルグ

ランド無し)

100 mm (ケーブルグランド無し)

陽極酸化処理アルミの筐体

アルミ銅合金の筐体

ステンレス鋼の筐体

Ex 証明型+ 0.5

kg (陽極酸化処理アルミ合

金またはステンレス鋼のみ)

個々の仕様について10バールまで可能です。

水中で最低は氷点、最高は45℃

プローブは初期操作を始める前に、媒体温度に

慣らしておかなければなりません。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

42

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

名 称

環境の定格

機械的安定度

校 正

基 準

化学作用

電 源

消費電力

電 位

(顧客により用意します。)

電気絶縁

マイクロプロセッサ

IP

30 Nm

5 mA

20

68

.

接 地

最大 1 Ω

<0 .

5 Ω

仕 様

全体校正(グローバル)

局部校正(ローカル)

蒸留水

なし

11から15V

<1 dc、350 mA

備 考

EN 60259 に準じ永久的

(圧力抵抗も参照して下さい。)

中心荷重; ほとんどの既知のアプリケーション

の状態と、すべての s::can製取り付け / 設置部

品の目的に適しています。

顧客により行える実際(ローカル)の水のマトリッ

クスのアプリケーションについて既に行ってありま

す。

顧客により行うことができます。

(例: メルク [ Merck ] 社の分析用蒸留水)

全稼動時

洗浄の間(測定プロセス中) spectro::lyser

装置だけを接続したスリープモ

ード(ロガーモード)の時 s::can製 spectrometer のプローブだけの時

適正な基準に従って行います。

( 電源供給 ) アース(=PE)と実際の現場の接地

間の最大抵抗です。

測定媒体(例:汚水)とプローブの電源供給源

(例: con::stat 装置、con::nect 装置、con

::lyte 装置)の接地間の抵抗です。

電子回路と筐体間

内部データ保存

1 MB RAM

512 kB フラッシュメモリ

750 kB

バックアップ用バッテリー

通信プロトコル

電気安全性

防爆安全性

(オプション)

機械試験

へのデータ伝送

プローブからコントローラ

外部の電源供給無しで寿命

は5年間

モジュールバス

(MODBUS)

38400

CE

Ex ll

CE0408

2G

偏 位

うなり

温 度

3 バール

EEX

ボー(baud) d llC T6

TÜV-A 06 ATEX 0002 X

10 バール

1800 の測定

(公差は最少で99%以内)

バックアップ電源用の内部電池で約 1500 の保存

されたフィンガープリントを容します。

例:プローブのデータ保存。 s::can社のサービスマンのみにより交換が可能

です。

RS 232以上、あるいは RS 485で接続してく

ださい。

プローブケーブルあるいは外付けのケーブルを

経由する標準のボーレートです。(RS485のケ

ーブル仕様は、s::can社あるいは s::can社

販売代理店により入手できます。)

適合性の証明に従った試験を実施

( 2000 年 12 月と 2003 年 3 月に合格証明)

EN 60079-0 、 -1 、ATEX に準じています。 s::can製 Ex spectrometer のプローブのデ

ータシートも参照してください。

内部品質基準

ご要求により試験成績書を付けます。

受入試験持続時間:24時間

漏れ試験

圧力試験(オプション)

受入試験

精 度 / 安定性 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

43

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

名 称

直線性の受入試験

仕 様

標準は窒素(NO

3

)で行いま

す。

蒸留水中で 8 測定 吸収スペクトルの

受入試験

内部文書 テストリポートと品質に関す

る文書

10.3

プローブのコネクタピンの割り当て

備 考

品質特別証明書を参照してください。

分光計の仕様範囲内です。

( [10.7] 項を参照してください。)

各単体の計器に関する特有のものです。

B [桃

A [薄赤色]=デフォルト

では使用しません。

(ピンク)

485)

色]=データ+(RS

H [橙

(オレンジ)

色]=デフ

ォ ル ト で は 使 用 し ま

K [白色]=シールドケーブル

J [灰色]=デフォルトで

は使用しません。

C [緑色]=データ-(RS485)

RX プローブ(RS232)

D[青色]=COM(RS232)

G [濃黒色]=電源供給の接地

F [濃赤色]=12V の電源供給

E [紫色]=出 力

洗浄用信号

使い古しのピンを使用したり、あるいは接地したりしてはいけません!

図 10-1 : プローブケーブルのコネクタピンの接続

10.4

プローブの自動洗浄

圧縮空気

圧 力

名 称

3 から

最大 8

5

仕 様

バール

バール

油分や粒子を含まないもの

備 考

温度が零下になるラインでの操作の場合には圧

縮乾燥空気をご使用ください。

洗浄用バルブ部分の圧力

(顧客で調達する内径

ホース

3/8 インチの圧縮空気用

4 m を含む s::can製圧縮空気接続セ

ット使用時)

圧縮空気消費量 1 から 1.5 L / 秒

洗浄持続時間

洗浄毎の空気消費量

頻 度

3 から 15 秒

7 ~ 20 L (減圧空気)

(標準で)

測定ごとに最大一回

すべて 1

(標準で)

~ 10 の測定間隔

アプリケーションによります。

頻繁に洗浄する場合は、コンプレッサの圧力スイ

ッチの消耗を防ぐために、圧力タンクのサイズは

10 L以上のものを推奨します。

数分(汚水)から数時間(河川水)までのアプリケ

ーションによります。

遅れ 10 から 30 秒 測定値が影響を受けないよう、前もって設定する

必要のある測定をしない時間 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

44

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

仕 様

操 作

名 称

圧力ボンベ

飲料水

継 手

圧縮空気あるいは

二酸化炭素 (CO

5 ~

DIN規格

内径

8

3/8

バール

インチ

7.2

備 考

プローブと s::can製オペレーティングソフトウェ

アによる洗浄用バルブを介します。

5 kg ( 2600 L)

洗浄持続時間 5 秒、洗浄間隔

のに充分です。

30 分を 5 日間行う

圧縮空気に代用できます。

コンプレッサ側の洗浄バルブにある即席継手(ク

イックカプラ)です。

プローブ側の洗浄バルブのホースクリップ、ある

いは圧力接続セットの各々( [9.1] 章参照)

コンプレッサについての s::can社からの推挙

油をさす必要がない(オイルフリー)もの

直接運転できるもの(プラスチック製歯車でないもの)

標準の吸い込み容量 200 L / 分

有効吸い込み容量

最大 タンク圧

タンク容積

8

25

150

から

バール

50

180 L / 分

リットル

10.5

プローブの材質の特性データ

名 称

筐体Ⅰ

酸化被膜アルミ合金

筐体Ⅱ

アルミ銅合金

筐体Ⅲ

ステンレス鋼

測定窓

仕 様

3.2315

Al Mg S i1

2.0966

Cu Al 10 Fe 4 Ni 4

1.4571

X 6 Cr Ni Mo Ti 17-12-2

Suprasil 石英ガラス(SiO

2

サファイア(Al

2

3

備 考

ISO 検証

DIN 規格 材質番号

推奨され承認された適用は:

飲料水

環境の監視

地方自治体の排水

特種産業の排水

ISO 検証

DIN 規格 材質番号

セラミックあるいはエポキシ樹脂系の追加被覆加

工が可能です。

推奨され承認された適用は:

海水 / 黒ずんだ汚水

特種産業の汚水のアプリケーション

ISO 検証

DIN 規格 材質番号

推奨承認された適用は:

工業排水

ごく一部の重要な産業の地方自治体の排水

測定長 35 mm から 100 mm用

測定長 35 mm 以下用 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

45

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

名 称

シーリング

接着剤

ケーブルブッシング

ケーブル

仕 様

FPM製二重締め付け用O リ

ング

ポリアミン硬化剤付きエポキ

シ樹脂系接着剤

外部収縮チューブとポリウレ

タン樹脂により固められた重

化合のポリアミド製ケーブル

ブッシング

外径 8 mm+ / -0.5 mm

二重遮蔽のポリウレタン樹脂

の被膜

備 考

流し込んで固定されていますので取り外せませ

ん。

最少曲げ半径は 5 cmですが、プローブとの接続

部で留め金具を付けないこと。

コネクタ MIL 10 P C 26482

注) 構成以外のプローブの実際の化学抵抗力は、水の母体(マトリックス 例:pH)の一つの物質 / パラメータに

よるだけではなく、全体の水の母体に含まれるすべての物質の相互作用によって決められます。プローブ

の適合性が確定していない場所のアプリケーションの場合には、検査を目的とした個々の物質の例につい

て、s::can社の販売代理店にご依頼ください。

10.6

内部センサ

名 称

温度センサ

備 考

内部温度と媒体温度の監視

供給電圧センサ

圧力センサ

仕 様

-50℃ から +150℃

10 ビット

分解能 0.1℃

10 ビット

10 ビット

0.1

バール

1.0

バール

10 バール(個々の仕様と圧力

の試験が必 要で

す。)

電源供給の監視

筐体圧力に関する環境圧力の監視(オプション)

取り付け前にゼロ基準を取るよう推奨します。

水深 0 ~ 1 m ( 0.5 mm の検出度)

水深 0 ~ 10 m ( 2.5 mm の検出度)

水深 0 ~ 100 m ( 25 mm の検出度) s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

46

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

10.7

分光計の仕様

名 称

指定のスペクトル spectro::lyser

の仕様

220 ~ 390 nm

その他すべての s::can製

分光計プローブの仕様

UV 検出器

備 考

測定範囲

再現性

220 ~ 720 nm

+ / - 0.004

範囲内

ドリフト

(ピークからピーク

まで)

30 日以上の長期

ドリフト

(ピークからピーク

まで)

30 日以上の長期

ドリフト

(ピークからピーク

まで)

検出器

1 日当たりの範囲は

+ / - 0.005

以下

範囲は + / - 0.01 以下

範囲は + / - 0.01 以下

ZEISS のデータシート

MMS UV または

UV Vis

10.8

キセノン閃光ランプ

名 称 仕 様

220 ~ 720 nm

+ / - 0.01

範囲内

1 日当たりの範囲は

+ / - 0.01

以下

範囲は + / - 0.02 以下

範囲は + / - 0.02 以下

ZEISS のデータシート

MMS UV Vis

UV Vis 検出器

測定平均化無しで 20 ℃の空気

中で測定毎に 10 回のフラッシュ

測定平均化無しで 20 ℃の空気

中で測定毎に 10 回のフラッシュ

測定平均化無しで 20 ℃の空気

中で測定毎に 10 回のフラッシュ

測定平均化無しで 10 ~ 30 ℃の

水中(測定窓を洗浄後、蒸留水

で行う基準の測定)で測定毎に

10 回のフラッシュ

備 考

型 式

安定性

寿 命

キセノンガス放電ランプ

99 % 以上

99.5 % 以上 (標準で)

1×10

9

回のフラッシュ以上

UV Vis( 230 ~ 650 nm)、UV( 220 ~ 350 nm)

20 ℃の空気中で 10 回のフラッシュの標準偏差、 spectro::lyser

の場合だけです。

寿命=出力エネルギー 50 %の時;吸収と濃度に

ついては、約 85 %関係があります。

時間経過に伴う光の出力の減少は、2 ビーム方

式で補正されます。

選択したアプリケーションによります。

(全体校正 / グローバルキャリブレーション)

測定毎に

1 回のフラッシュ

保 護

1 ~ 20 回のフラッシュ /

6 測定毎(標準で)

遮蔽された容器に入っていま

す。

光エネルギーの調節 60 から 100 %の間 s::can社のサービスの者だけが行えます。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

47

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

11 トラブルシューティング s::can製分光計プローブは、すべての個々の測定で全機能性の内部チェックを行います。分光計プローブ自体

の機能中に機能不全が検出されたときにはいつでも、これがプローブの状態( [11.1] 章参照)について表示され、

計算や測定結果の読み出しにエラーが検出された場合には、パラメータの状態全般に渡り( [11.2] 章参照)表示

されます。この情報がどこに記載されているかの詳細については、貴方が con::stat 装置の端末、あるいは、

パソコン/ノートブック型パソコンを使用しながら分光計のプローブを操作するときには、s::can社の ana::lyte

あるいは ana::pro のソフトウェアの取扱説明書を参照し、con::lyte 装置の端末を使用しながら分光計のプ

ローブ操作するときには con::lyte 装置の取扱説明書を参照して下さい。

11.1

プローブの状態

プローブの状態 ok

装置の故障

デジタル

(装置エラー)

コード(con::lyte 装置)

コード

(ana::xxx)

表示無し

ST 009

記 述

プローブは問題無く

機能しています。

内 部 に エ ラ ー が 発

生しました。

対 策 s::can社の販売代

理店にご連絡くださ

い。

装置の故障

アナログ

(装置エラー)

環境温度が

低過ぎます。

(装置の誤使用)

環境温度が

高過ぎます。

(装置の誤使用)

電源供給圧が低

過ぎます。

(装置の誤使用)

電源供給圧が高

過ぎます。

(装置の誤使用)

伝送上のエラー

です。

表示無し

00 00 00 00 00 00 00 00

ES 010

エラーコード:

00 00 xx 00 00 00 00 00 xx ≠ 00

ES 010

エラーコード:

00 00 00 xx 00 00 00 00 xx ≠ 00

ES 014 あるいは ES 010

エラーコード:

00 xx 00 00 00 00 00 00 xx = x2

ES 015 あるいは ES 010

エラーコード:

00 xx 00 00 00 00 00 00 xx = x1

ES 017 あるいは ES 010

エラーコード:

00 xx 00 00 00 00 00 00 xx = x8

ES 018 あるいは ES 010

エラーコード:

00 xx 00 00 00 00 00 00 xx = 1x

ES 006

ES 007

ST 010

ST 011

ST 017 L

ST 017 H

ST 019 L

ST 019 H

PC 0 xx

内部エネルギーチェ

ックリポートのあや

まりです。

媒体温度が仕様の

範囲外(低過ぎ)で

す。

媒体温度が仕様の

範囲外(高過ぎ)で

す。

電源供給圧が仕様

の範囲外(低過ぎ)

です。

電減供給圧が仕様

の範囲外(高過ぎ)

です。

プ ロ ー ブ へ の 伝 送

が中断されました。 s::can社の販売代

理店にご連絡くださ

い。

すぐにプローブを媒

体から取り出してく

ださい。

すぐにプローブを媒

体から取り出してく

ださい。

電源供給圧をチェッ

クして正しい値に訂

正してください。

電源供給圧をチェッ

クして正しい値に訂

正してください。

コントローラ上の関

連のあるユーザーメ

ッセージを参照して

下さい。

注) いくつかのエラーコードが同時に表示されることがあるかもしれません。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

48

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

11.2

パラメータの状態

パラメータの

状態

コード

(con::lyte 装置) ok

測 定 レ ン ジ 外

(パラメータが不

安定です。)

測定レンジ外

コード無し

IP 003

無効な全体校正

無効な全体校正

EP -04 、

EP -10 、

EP -11

EP -01 、

EP -02

EP -07 、

EP -08 、

EP -13

コード

(ana::xxx)

= 0

> 0

-4 、

-10 、

-11

-1 、 -2 、 -3 、 -5 、

-6 、 -9 、 -12 、

-14 、 -17

-7 、 -8 、 -13

記 述

読み値良好です。

研究所の分析で確定さ

れた全体校正の読み値

が測定レンジ外です。

パラメータが計算できま

せん。

実際の全体校正でパラ

メ ー タ が 計 算 で き ま せ

ん。

実際の局部校正でパラ

メ ー タ が 計 算 で き ま せ

ん。

対 策

システムの機能チェ

ッ ク を 行 っ て く だ さ

い。([ 8.7

]章参照)

全 体 校 正 を 変 更 し

てください。

局部校正を変更す

るか、全体校正に切

り換えて下さい。 s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

49

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

12 連絡先

何かご質問等がございましたら、ご遠慮なく弊社 荏原実業株式会社 環境計測器事業部、または、下記の s::can Messtechnik GmbH 社にお申し出下さい。

s::can Messtechnik GmbH s::can 社販売代理店

E-mail: [email protected]

TEL.: +43 1 219 73 93 – 0

FAX: +43 1 219 73 93 – 12

Web: www.s-can.at

Brigittagasse 22 – 24

1200 Vienna, AUSTRIA

荏 原 実 業 株 式 会 社

環境計測器事業部

営 業 部

■東日本営業課:〒211-0012

神奈川県川崎市中原区中丸子1270番地

TEL 044-433-7521

FAX 044-433-7241

E-mail [email protected]

■西日本営業課:〒541-0046

大阪市中央区平野町3丁目2番13号

平野町中央ビル5階

TEL 06-6231-3528

FAX 06-6231-2929

E-mail [email protected]

技 術 部

■川崎事業所: 〒211-0012

神奈川県川崎市中原区中丸子1270番地

TEL 044-433-7521

FAX 044-433-7241

E-mail [email protected] s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

50

spectrometer probe 取扱説明書 EOP-R68-006-1-014-01

2007 年 1 月発行(Ver.1.0)

メ モ s::can Messtechnik GmbH, Vienna / Ebara Jitsugyo Co., Ltd.

51

アクリルアルデヒド

(1)

アクリル酸エチル

アクリル酸メチル

アクリロニトリル

亜硝酸エチル

アセチルアセトン

アセチレン

アセトアルデヒド

アセト酢酸エチル

アセトニトリル

アセトン

アニリン

2アミノエタノール

アンフェタミン

アンモニア

一酸化炭素

エタノール

エタン

エタンチオール

(2)

エチルシクロブタン

エチルシクロヘキサン

エチルシクロペンタン

エチルベンゼン

エチルメチルエーテル

エチルメチルケトン

(3)

エチレン

エチレンオキシド

2エトキシエタノール

エピクロロヒドリン

1,2エポキシプロパン

(4)

塩化アセチル

塩化アリル

塩化エチル

塩化ビニル

(5)

塩化ブチル

塩化プロピル

塩化ベンジ゙ル

塩化メチル

1オクタノール

オクタン

添付参考資料 ガス又は蒸気の主要な危険特性並びに

防爆電気機器の温度等級及び分類との対応

物 質 名

発火温度

引火点

爆 発 限 界 蒸気密度

( 空気 =1)

対応する

電気機器

の温度等級

対応する

電気機器

の分類

505

425

440

235

385

430

390

485

425

515

295

210

238

260

431

190

510

415

245

520

585

632

260

210

295

524

535

615

410

630

605

220

372

415

480

90

340

305

140

-50

ガス

-12

<-20

60

ガス

81

12

12

ガス

<-20

<-16

35

<21.1

15

-37.2

-1

ガス

ガス

43

28

-37.2

4

-32

57

6

-19

70

85

26.7

ガス

ガス

-26

10

-3

-5

-35

34

ガス

-38

下限vo 1%

1.8

2.7

3.0

1.7

2.3

2.8

5.0

2.9

3.3

3.0

2.8

1.2

0.9

1.1

1.0

2.0

3.6

3.8

1.8

2.6

1.2

8.1

0.8

1.4

3.0

2.15

1.3

15.0

12.5

2.8

1.4

2.4

2.8

3.0

1.7

1.5

4.0

上限vo 1%

11.5

34

100

15.6

34.4

37

11.1

19

15.5

18

7.7

6.6

6.7

6.7

10.1

15.4

29.3

10.1

11.1

17.4

6.5

28

74

9.5

16

13

11

50

100

57

31

14

25

28

2.48

0.97

1.52

3.10

3.29

2.01

2.72

2.64

1.59

1.04

2.11

2.92

3.89

3.40

3.66

2.07

2.22

2.16

3.20

2.72

4.36

1.78

4.48

3.94

4.51

1.42

2.00

3.22

2.12

4.67

0.59

0.97

1.94

3.45

2.97

1.83

2.59

3.45

0.90

1.52

T 1

T 2

T 2

T 3

T 2

T 2

T 2

T 1

T 2

T 1

T 3

T 3

T 3

T 3

T 2

T 4

T 1

T 2

T 3

T 1

T 1

T 1

T 3

T 3

T 3

T 1

T 1

T 1

T 2

T 1

T 1

T 3

T 2

T 2

T 1

T 6

T 2

T 2

T 4

ⅡA

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡC

ⅡA

- 1 -

物 質 名

ギ酸エチル

ギ酸メチル o キシレン

クメン o クレゾール

クロトンアルデヒド

2クロロエタノール

クロロベンゼン

酢酸

酢酸エチル

酢酸ビニル

酢酸ブチル

酢酸プロピル

酢酸ペンチル

(6)

酢酸メチル

ジアセトンアルコール

シアン化水素

( 7 )

ジアミノエタン

2ジエチルアミノエタノール

ジエチルアミン

ジエチルエーテル

1,4ジオキサン

1,3ジオキソラン

シクロブタン

シクロプロパン

シクロヘキサノール

シクロヘキサノン

シクロヘキサン

シクロヘキシルアミン

シクロヘプタン

シクロペンタン

1,2ジクロロエタン

1,1ジクロロエチレン

( 8 )

1,2ジクロロプロパン o ジクロベンゼン

ジクロロメタン

( 9 )

シブチルエーテル

ジプロピルエーテル

ジメチルアミン

N,Nジメチルアニリン

ジメチルエーテル p シメン

発火温度 引火点 爆 発 限 界

℃ ℃

ガス

ガス

68

43

-20

32

<21

<-7

58

<-20

34

60

-23

-45

11

2

22

10

25

-10

28

40

-4

-8

-20

-19

30

36

81

13

55

13

-18

15

66

25

21.1

ガス

63

ガス

47

495

300

419

245

290

380

640

535

385

320

321.2

170

375

590

485

460

385

370

430

375

475

440

449

465

424

555

232

425

440

570

555

647.8

556

175

215

400

370

240

436

1.9

1.8

2.4

1.2

1.4

1.3

1.0

3.1

1.8

5.4

1.8

1.7

下限vo 1%

2.7

4.5

1.0

0.9

1.1

2.1

5.0

1.3

4.0

2.1

2.6

1.4

1.7

1.1

6.2

7.3

3.4

2.2

12.0

0.9

1.67

2.8

1.2

3.0

0.7

7.1

16

6.9

46.6

10.1

36

22.5

10.4

5.3

9.4

8.3

上限vo 1%

16.5

23

7.6

6.5

15.5

16

10.5

17

11.5

13.4

8

8

6.7

16

16

14.5

12

22

8.5

14.4

7

27

5.6

蒸気密度

( 空気 =1)

1.93

1.45

3.45

3.38

2.90

3.42

3.40

2.43

4.03

0.93

2.07

4.04

2.53

2.55

3.03

2.55

3.88

2.07

3.04

2.98

4.01

3.52

4.48

2.56

2.55

2.07

3.66

4.17

3.73

2.43

2.78

3.42

3.55

3.92

5.07

2.94

4.48

3.53

1.55

4.17

1.59

4.65

- 2 -

対応する

電気機器

の温度等級

対応する

電気機器

の分類

T 1

T 3

T 2

T 3

T 3

T 2

T 1

T 1

T 2

T 2

T 2

T 4

T 2

T 1

T 1

T 1

T 2

T 2

T 2

T 2

T 1

T 2

T 2

T 1

T 2

T 1

T 3

T 2

T 2

T 1

T 1

T 1

T 1

T 4

T 3

T 2

T 2

T 3

T 2

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

物 質 名

臭化エチル

臭化ブチル

硝酸イソプロピル

硝酸エチル

水素

スチレン

チオフェン trans-デカヒドロナフタレン

デカン

テトラヒドロチオフェン

テトラヒドロフラン

テトラヒドロフルフリルアルコール

テトラフロロエチレン

トリエチルアミン

1,3,5トリオキサン

トリメチルアミン

1,2,4トリメチルベンゼン o トルイジン

トルエン

ナフタレン

ニトロエタン

ニトロメタン

二硫化炭素

ノナノール

ノナン

ピリジン

フェノール

1,3ブタジエン

1ブタノール

ブタン

Nブチルアミン

ブチルグリコレート

ブチルメチルケトン

フラン

1プロパノール

プロパン

プロピルアミン

プロピルメチルケトン

プロピルメルカプタン

プロピレン

プロピン

( 10 )

1ヘキサノール

発火温度 引火点 爆 発 限 界

℃ ℃

75

30

17

75

ガス

29

ガス

-12

ガス

50

85

6

77

28

35

-30

<-20

<21

20

10

ガス

32

-9

54

46

-20

70

ガス

-6.7

45

61

25

<-20

15

ガス

-37

7.2

ガス

ガス

63

260

205

550

605

415

340

365

312.2

190

470

482

535

528

414

418

102

255

205

230

280

200

410

510

265

175

85

560

490

395

423

390

405

470

318

452

410

290

7.3

1.0

0.8

0.8

1.8

1.8

1.1

1.4

1.2

3.6

2.0

1.1

1.2

0.9

3.4

下限vo 1%

6.7

2.5

2.0

3.8

4.0

1.1

1.5

0.7

0.7

2.0

1.5

10.0

1.5

1.7

1.2

2.3

2.15

2.0

2.0

1.5

2.0

1,7

1.3

8

29

11.6

7

7

5.9

60

6.1

5.6

12

12.5

11.3

上限vo 1%

11.3

7

100

75.6

8

12.5

5.4

5.4

12.4

9.7

50.0

8.5

9.8

8

14.3

13.5

9.5

10.4

8.2

11.7

- 3 -

蒸気密度

( 空気 =1)

対応する

電気機器

の温度等級

対応する

電気機器

の分類

T 3

T 3

T 1

T 1

T 2

T 2

T 2

T 2

T 4

T 1

T 1

T 1

T 1

T 2

T 2

T 5

T 3

T 3

T 3

T 3

T 4

T 2

T 1

T 3

T 4

T 6

T 1

T 1

T 2

T 2

T 2

T 2

T 1

T 2

T 1

T 2

T 3

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡC

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡB

ⅡB

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡC

ⅡC

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

4.97

4.43

2.73

3.26

1.87

2.55

2.05

2.52

2.04

4.15

3.71

3.18

4.42

2.58

2.11

2.64

4.76

4.90

3.06

2.49

3.52

3.87

3.51

3.11

3.76

4.72

3.64

3.14

0.07

3.59

2.90

4.45

3.46

2.35

2.07

1.56

2.04

2.97

1.49

1.38

3.53

物 質 名

発火温度

引火点

爆 発 限 界 蒸気密度

( 空気 =1)

対応する

電気機器

の温度等級

対応する

電気機器

の分類

ヘキサン

2ヘプタノール

2ヘプタノン

ヘプタン

ベンゼン

ベンゾトリフルオリド

1ペンタノール

ペンタン

メタアルデヒド

メタクリル酸エチル

メタクリル酸メチル

メタノール

メタン

メチルアミン

メチルシクロブタン

メチルシクロヘキサノール

メチルシクロヘキサン

メチルシクロペンタン

α メチルスチレン

ガソリン

ケロシン

コークス炉ガス

コールタールナフサ

石油ナフサ

テレピン油

260

410

430

455

537

430

233

393

215

555

620

300

295

260

258

574.4

~

260

~

210

~

560

~

272

290

254

-21

71.1

39

-4

-11

12

32.8

<-40

36

20

10

11

ガス

ガス

68

-4

<-7

53.9

<-20

38

41.7

-6

35

下限vo 1%

1.2

1.1

1.1

1.2

1.2

1.5

1.8

2.1

5.5

5.0

5.0

1.15

1.0

1.9

1.0

0.7

4.4

0.9

0.8

上限vo

7.4

7.9

6.7

8

11

7.8

12.5

44

15

20.7

6.7

8.4

6.1

7

5

34

6

1%

2.79

4.03

3.94

3.46

2.70

5.04

3.04

2.50

6.07

3.96

3.45

1.11

0.55

1.07

2.43

3.93

3.38

2.92

4.10

3

~

4

4.5

2.5

4.8

T 2

T 3

T 1

T 1

T 3

T 3

T 2

T 2

T 1

T 1

T 2

備考 1. この表は、ガス又は蒸気の主要な危険性として発火温度、引火点、爆発限界及び蒸気密度に関

する数値と、これらのガス又は蒸気に対応する防爆構造の電気機器の温度等級と分類を示した

ものである。

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡA

ⅡB

ⅡA

ⅡA

ⅡA

2.

本表に挙げたガス又は蒸気は、IEC60079-12

“Classification of mixtures of gases or vapours with air according to their maximum experimental safe gaps and minimum igniting currents”

の付表に分類収録されたものを基本に選んだものである。ただし、これら

の物質の内発火温度の数値(従って、温度等級も)が不明なものについては収録を割愛したも

のもある。

3.

本表に挙げたガス又は蒸気の危険特性については下記資料を参考にしているが、資料によって

多少数値に相違が見られるので、具体的にはこれらの資料を直接参照されたい。

(1)

BS5345 Part1 : 1976 Table5 “Properties of some flammable gases, vapours and liquids and related T class and apparatus subgroups.”

(2)

K.Nabert und G.Schön, “Sicherheitstechnische Kennzahlen brennbarer Gase und

Dämpfe”, 2., erweiterte Auflage (1963)

及びその補追

4. Nachtrag (Stand 1.11.1970)

Deutscher Eichverlag GmbH

(3) 鶴見、“セーフギャップについて”、産業安全研究所安全資料

RIIS-SD-74-1 (1947)

- 4 -

(4) 日本化学会編 化学防災指針1“諸物質の火災危険性表”

1979

(丸善

)

(5)

N.I.Sax,

Dangerous properties of Industrial Materials

5th ed. (1979) Van Nostrand

Reinhold Company

(6)

NFPA 325M-1977 “Fire hazard properties of flammable liquids, gases and volatile solids”

(7)

M.G.Zabetakis,

Flammability Characteristics of Combustible Gases and Vapors”,

U.S.Bureau of Mines Bulletin 627 (1965)

橋口訳、高圧ガス

Vol. 7, No. 3, 46 (1970)

(8) 柳生、 (第

1

集)及び(第

2

集)産業安全研究所技術資料

RIIS-TN-75-3

(1975)

及び

RIIS-TN-75-7 (1976)

(9) 柳生、“ガスおよび蒸気の爆発限界”安全工学協会 昭和

52

4.

ガソリン以降の物質は、これらが数種類の物質の混合物であるため、その組成によって危険特

性も変化するので、この表に示した値はあくまで参考値であることに注意願いたい。

5.

一般に工場などで発生するガス又は蒸気は混合物であることが多く、しかも、混合物の危険性

は、その成分物質の危険性により著しく影響されるので注意が必要である。

いるので参照されたい。

また、混合物中のもっとも危険な物質についての値を採用するのも一つの方法であり、その混

合割合によって一概には言えないが、水素、二酸化炭素及びアセチレンを含む混合物について

は、分類 ⅡC に相当すると見なすのが安全である。

6.

物質名については、本表と異なる名称が用いられる場合も少なくない。特に、注記の物質につ

いては、下記のような名称が用いられる場合も多いのでご留意いただきたい。

(1)アクロレイン、(2)エチルメルカプタン、(3)ブタノン、

7.

本表中の 1、4-ジオキサンの発火温度は、上記資料(1)及び(2)のデータを参考として

であり、同氏が測定した最低発火温度は288℃ となり、装置、操作性、試薬などの相違を考

えると250~300℃の間と見るのが妥当であろうとの報告があった。測定結果の詳細につ

いては協会事務局に照会されたい。

- 5 -

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents