取扱説明書 - Replay XD

取扱説明書 - Replay XD
取扱説明書
お買い上げ頂きありがとうございます。
Prime Xをお買い上げ頂きありがとうございます。本取扱説明書は製品の取り扱い方(基本機能、モード、
マウントオプション)、注意事項を示しています。
より詳しい情報およびビデオチュートリアルは、www.
ReplayXD.comでご覧ください。
Love the Prime X?...体験をシェアしてください。我々が世界に発信します:
Facebook.com/ReplayXD
Youtube.com/user/TheReplayXD
Twitter.com/ReplayXD
Instagram.com/ReplayXD
一般
一般的な注意事項
Replay XDカメラを使用する際は以下のガイドラインを参照してください:
• 箱からカメラを出したらすぐに充電してください。カメラは最大70%充電された状
態で梱包されています。
• 水気/湿気のある環境でフロントベゼルまたは背面の保護キャップを開けないでください。
• 鮮明な画像を保つため、
レンズを帯電防止加工されたマイクロファイバークロスで
拭いてください。
• カメラの最適な使用温度範囲は-20°C~60°C(-4°F~140°F)
です。
• PrimeXが使用時や充電中に、熱を帯びることがありますが問題ありません。PrimeXの
外装には、ユニット内部の熱を外へと逃がす冷却機能が装備されています。
• 保存されたデータを守るため、
メモリカードは必ず電源を切ってから取り出して
ください。
PRIME Xの防水性について
PrimeXは、防水ケースを使用しない状態で水深3メートル(10フィート)までの防水
機能があります。
• 使用後すぐに塩水、チリ、ホコリを落としてください。
• 極度な水中用途(水深3メートル以上)には、防水ケースPrime X DeepDive 197が必要
です。
• カメラはOリングが良好な状態でフロントベゼルと背面の保護キャップがしっかり
と締められている場合にのみ、3メートル防水となりますのでご注意ください。
•
充電用端子をショート
(短絡)
させないでください
警告
カメラを分解(修理、改造、部品交換含む)
しないでください。
JA
3
すべてをシンプルに
A
B
C
D
E
F
G
すぐに使える
電源 [カメラ/
[カメラ/Wi-Fi]
録画 [開始/停止/シャッター]
[青LED、各25%]
電源ステータス [青
[赤LED]
録画ステータス [赤
水平(傾き調整用ガイドライン)
垂直(傾き調整用ガイドライン)
内蔵AGCマイク
内蔵
Prime Xの初期設定は
高画質1080p 60 fps
録画モードです。
B
D
A
C
完璧な画像に
E
画像の傾きを素早く調整
Eおよび垂直(F)の傾き調整用ガ
F
水平(E)
イドラインを目安に画像を水平に保つ
ことができます。
F
G
*
H
I
I
K
H
ミニUSB [充電/同期/480ビデオ出力]
ミニ
[緑LED=充電中]
充電ステータス [緑
マイクロSDステータス [赤LED=メモリーカー
マイクロ
ドフル/エラー]
L
J
K
L
M
マイクロHDMI、
マイクロ
タイプD [1080p HDビデオ出力]
microSDXC®対応スロット [最大64GB]
ビデオ/写真、FOV、およびFPSステータス
モード:
MODE
ビデオ解像度および写真。
-モードボタンを押しながら電源ボタンを押すとマス
ストレージモードがオンになります。
N
視野
O
FPS:
P
内蔵バイブレーション、
カメラステータス
[スーパーワイド、
ワイド、
ナロー]
-FOVを長押しすると外部オーディオ装置
の接続が可能になります。
N
P
充電
FOV
O
M
概要
カメラ概要
J
FPS
毎秒フレーム数を選択。
-長押しするとLiveViewおよびPlaybackモ
ードがオン/オフになります
*
マスターリセットボタン(必要時のみ使用し
てください)
てく
I
H へと差し込みます。
付属のミニUSBケーブルをミニUSBポート
(H)
充電ステータスを示す緑LED(I)
が点灯し、充電中であることを示します。バッテリーがフルになり充電が完了すると、緑LEDは消えま
す。撮影をお楽しみください!
JA
5
PRIME Xで撮る
Prime Xにある程度慣れてきたら、充電して撮影を始
めてみましょう。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
背面の保護キャップを外して、マイクロSDカード
を差し込みます。
Prime Xを充電します。
ミニUSBケーブルを高品質な
1~2A USB対応の充電器とPrime X のUSBポートへ
差し込みます。[7ページを参照]
Prime Xの電源をオンにします。電源ボタン A を
3秒間長押しすると、
カメラが3回振動してオン
になります。
モード、FOV、およびFPSを選択します [8~9ペー
ジを参照]
背面の保護キャップを元通りにきちんと締めます。
撮影は簡単です。録画ボタン B を短押しすると
カメラが3回振動して録画が始まります。
録画を停止するには、録画ボタン B を長押しし
ます。
カメラが1回振動して録画が止まります。
(フ
ァイルの保存に時間がかかる場合があります。)
電源をオフにするには、電源ボタン A を長押し
します。
カメラが1回振動してオフになります。
ヒント:背面のLEDライトは3分経つと消費電力節約のた
め消えます。ライトを点灯させるにはモード、FOV、または
FPS ボタンを押してください。
撮影前にSDカードに十分な空き容量があることを確認して
ください。Class 10以上のカードをおすすめします。
A
マイクロSDカードの挿入方法
1. 金属端子面が上になるように
持ちます。
2. カードをスロットへ差し込
みます。
3. カチッと音がするまで奥までし
っかりと差し込みます。
B
マイクロSDカードを取り出すには
1. カードの端に指先を当ててカメラ
内部へと押し込みます。
2. カチッと音がして跳ね返って
きたところをゆっくり引き抜きます。
概要
PRIME Xを充電する
Prime Xは大容量リチウムイオンバッテリーを内臓しており、適切に取り
扱われた場合、最大3.5時間*録画が可能です。
カメラを充電するには、
高品質なUSB充電器とミニUSBケーブルを使用してください。1A~2Aの
USB充電器をおすすめします。USB充電器またはRePowerアクセサリーを
お探しの場合は、www.replayxd.comもしくは当社提携販売店でご購
入ください。
バッテリーを充電する
1. ミニUSBケーブルをPrime X H およびUSB充電器に差し込みます。
2. バッテリー充電中は緑LEDライト I が点灯します。
3. 充電が完了すると、緑LED I は消えます。
バッテリー容量の80%までは急速充電し、その後ゆるやかなトリクル充
電に切り替わり100%まで充電します。
これによりバッテリーの劣化を防
ぎ、安全な充電を維持します。
バッテリーを充電しながらPrime Xで撮影しよう
長時間撮影、録画時間の延長、
タイムラプス撮影にはRePowerアクセ
サリーのフルラインアップをご用意しています。www.replayxd.comも
しくは提携販売店でご購入ください。RePower3~6時間バッテリーパッ
クやほぼ無制限に電源を確保できる超頑強なRePowerアダプター等か
らお選びいただけます。RePowerアダプターは5~40V、1-2A DC電源に対
応しています。
*実際の駆動時間は、設定、使用条件、使用環境、無線状況などさまざまな要因により異
なります。周囲の温度が極端に低いまたは高いとバッテリー寿命が低下するおそれが
あります。バッテリー寿命を最大限に延ばすためには、
カメラの最適な使用温
度範囲を守って使用及び保管してください。バッテリーの最大容量は通常、時間と使用
量とともに減少します。
JA
7
I
H
ビデオモード
ビデオの録画を開始する前に、好みの解像度 [モード]
、FOV、
フレームレート [FPS] に設定します。
1. 録画ボタンを短押ししてビデオの録画を始めます。
2. 録画ボタンを長押しすると止まります。
Prime Xは、以下のモードでシネマ画質のHDビデオを
録画できます:
撮影前にSDカードに十分な空き容量があることを確認して
ください。Class10以上のカードをお薦めします。
モード設定
1080p
720p
写真
モードLED
青
赤
黄
16:9ワイドスクリーン [初期設定]
• 1080p [青LED] 60、30 fps
• 720p [赤LED] 120、60、30 fps
4:3標準 [Replay XDアプリから利用可能]
• 1200p [青LED] 60、30 fps
• 960p [赤LED] 60、30 fps
• 480p 240 [LEDなし] 120p、60、30 fps
その他のフレームレート
• NTSC 60、30 fps [初期設定]
• PAL 50、25 fps [Replay XDアプリから利用可能]
• Cine 48、24 fps [Replay XDアプリから利用可能]
FPS設定
120fps
60fps
30fps
FPS LED
青
緑
赤
ワイド* 116º/14MP オレンジ [x1]
ナロー* 70º/12MP LEDなし
*一部のモード限定
写真モード
写真の撮影を開始する前に、
、
カメラを写真モード [
黄LED]に設定して、[FPS]をマニュアルシャッターま
たはタイムラプスに設定します。
1. 録画/シャッターボタンを短押しして、写真を撮影
またはタイムラプスの撮影をスタートします。
2. 録画/シャッターボタンを長押しするとタイムラプ
スの撮影を停止します。
Prime Xは、マニュアルシャッターもしくはタイムラプ
スモードを選べます。
タイムラプス撮影では録画ボ
タンを押すと、設定した一定の間隔で連続して写真
を撮影します。
• マニュアルシャッター [初期設定]
• タイムラプス撮影 3、5、15、30秒間隔
• 間隔時間の自由設定はReplay XDアプリから利
用可能
間隔設定
手動シャッター
15秒
5秒
3秒
30秒
FPS LED
LEDなし
青
緑
赤
青、緑、赤すべて
概要
FOVビデオ/写真 FOV LED
スーパーワイド140º/16MP オレンジ [x2]
その他の写真解像度
• 写真モードでは、FOVボタンを押して16、14、
または
12MPに切替えます
16MP [オレンジLED x2]、14MP [オレンジLED x1]、12MP
[LEDなし]
App Store®およびGoogle Play®からダウンロードできるReplay XD
アプリを利用しスマートフォンやタブレットから、Prime Xをコ
ントロールできます。
JA
9
Wi-Fiに接続しREPLAY XDアプリを起動する
スマートフォンやタブレットからReplay XDアプリでPrime Xをコントロール
できます。App Store®またはGoogle Play®からReplay XDアプリを検索してイ
ンストールしてください。
カメラ起動時と Wi-Fi 通信機能を同時にオンにする
A を長押しします。
1. 電源ボタン
(A)
本体が3回振動し、停止した後にWi-Fi
がONになったことを知らせる振動がもう一度あります。
起動済みのカメラのWi-Fi 通信機能をオンにする
A を短押しし、
1. カメラをすでに起動している場合、電源ボタン(A)
短い
振動が 一度あるまで待ちます。
2. Wi-Fi起動中は青LEDが高速点滅します。Wi-Fiの接続が完了するとLED
がゆっくりと点滅して正常に動作していることを示します。Wi-Fi の起
動には30秒ほどかかる場合があります。
スマートフォンやタブレットをPrimeXに接続する
3. スマートフォンやタブレットのWi-Fi設定メニューでPrime Xに接続し
ます。
4. 初期SSID「Prime X-####」を選択し、パスワードの初期値「replayxd」
を入力します。
5. Replay XDアプリを開きましょう!アプリからPrime Xカメラ、LiveView、録
画、モード変更、
アドバンス設定をコントロールできます。
Wi-Fi 通信機能をオフにする
1. カメラの電源を切る、
または電源ボタン A を短押しすると本体が短
く1回振動し、青LEDの点滅が止まるとWi-Fiがオフになります。
Wi-Fi初期値
SSID :Prime X-####
パスワード:replayxd
A
アドバンス設定ファイル – PRIME-X.TXT
テキストファイルまたはWi-Fiアプリのいず
れかから設定の微調整を行います。
• Pro機能を有効化して画像を微調整:
• ビットレート設定:高、中、低
• 露出補正
• 測光:中央部重点、分割、
スポット
• オートホワイトバランス
• カスタムホワイトバランス
• コントラスト
• シャープネス
• 彩度
• マイクロフォンオーディオゲイン
• 日付時刻
• 自動電源開始・停止
• ループ録画
• 録画・HDMI出力コントロール
• PAL/NTSC/シネマ
• その他
ヒント:1台もしくは複数台のカメラの設定はアドバ
ンス設定ファイルを使って手動で行えます。
プロダク
ション環境または複数台のカメラでの撮影等に最適
です。以下をご参照ください。
www.ReplayXD.com/Prime-X-Advanced/
概要
REPLAY XDアプリ
Prime Xアドバンス設定は、App Store®
およびGoogle Play®からダウンロー
ドできるWi-Fiアプリ経由で設定可
能です。
JA
11
LIVEVIEWでストリーミング(ライブ配信)する
Prime XカメラのHDMI ポート経由で定評あるLiveView機能をご利用くださ
い。TV、ReView Field Monitor、配信機器に接続でき、
フルHD(1080p60)でライ
ブストリーミングが可能です。
1. マイクロSDカードが完全に挿入され、録画準備ができていることを
確認します。
J とHDMI互換機器をマイクロHDMI [タイプD]ケーブルで接続
2. Prime X(J)
します。
3. 正しい接続がされていることを確認してHDMI互換機器の電源を入
れます。
4. Prime Xカメラの電源を入れます。
5. Prime XがフルHD 映像をHDMI互換機器に出力します。
オプション:LiveView中に設定、解像度、FOV、
フレームレートをUI画面アイ
O
コンを切替えながら確認できます。
アイコンが現れるまでFPSボタン(O)
O を再度長押しするとアイコンを消せます。
を長押しします。FPSボタン(O)
注意:Prime X AVキットを使ったコンポジットビデオ接続も手順は同じ
です。
480pのFPV無線ストリーミング、低解像度のモニターや旧式のTVへの出
力に使えます。
上級者向けヒント:LiveView機能で、高画質HDビデオをHDMI
入力端子付機器もしくは、映像をワイヤレス伝送するトラ
ンスミッターを通じライブ配信をしながら、配信中の映像
をカメラ本体のClass10 マイクロSDカードに同時に記録し
てバックアップをとることもできます。
J
O
概要
ビデオをTVでプレイバック
(再生)する
最高のアドベンチャー体験や次作映画のシーンの録画が終わったら、HDMI対応型TVやモ
ニターに接続するだけで簡単にPrime Xからビデオ/写真をプレイバックできます。
1. マイクロSDカードが完全に挿入されていること、録画済であることを確認します。
2. 正しい接続がされていることを確認してTV/ モニターの電源を入れます。 J
3. Prime Xカメラの電源を入れます。
4. Prime X(J)
とTV/モニターをマイクロHDMI [タイプD]ケーブルで接続します。
5. TV/モニター上にビデオ/写真のサムネイル一覧が表示されます。
6. モードボタン M を繰り返し短押しして、再生/表示したいサムネイル画像まで移動し
ます。
または
7. 録画ボタン M を短押しすると、ビデオを再生/停止、
写真を表示します。
B
オプショナル:Video PlayBack中に設定、解像度、FOV、
フレームレート
をUI画面アイコンを切替えながら確認できます。
O を長押しします。
アイコンが現れるまでFPSボタン(O)
O を再度長押しするとアイコンを消せます。
FPSボタン(O)
13
B
J
注意:Prime X AVキットを使ったコンポジットビデオ接続も手順は
同じです。
ヒント:Video PlayBlack機能を使えば、長時間ビデオ撮影
中に映像を確認したり、
アドベンチャー映像をすぐに友人
や家族に見せることができます。
JA
M
O
ファイルをダウンロードする
Prime X のUSBポートからダウンロードする
1. ミニUSBケーブルをPrime XとPC/MacUSBのポートに差し込みます。
2.マイクロSDカードが完全に挿入されていること、録画済であることを
確認します。
3. モードボタンを押しながらPrime Xの電源を入れます。
4. PC/Mac上にPrime XがUSB大容量記憶装置として認識されます。マイク
ロSDカードに作成されたDCIMフォルダから、ビデオファイルをダウ
ンロードします(終了したら、必ずMac/PCから
「デバイスの取り外し」を
してください。)
5. ファイルをコンピュータまたは外付けハードディスクにコピーします。
注意:USB経由でマイクロSDカード内の映像を再生するとコマ落ちが発生する場合があり
ます。最初にファイルをPC/Macにダウンロードしてください。
ファイルを削除する
1. 削除したいファイルやフォルダーをごみ箱(PC)
またはゴミ箱(Mac)
へ移動させます。
2. Macの場合:
「Finder」
メニューから
「ゴミ箱を空にする」を選択します。
注意:ファイルまたはフォルダをゴミ箱に移動するだけではSDカードからファイルは
削除されません。削除するには「ゴミ箱を空にする」を選択しなければなりません。
4GB
SDカードからダウンロードする
Prime XからマイクロSDカードを取出し、付属のSDカードアダプターをSDHC/SDXC互換の
カードリーダーに接続し、
ファイルをPC/Macに転送します。
概要
SDメモリーカード&フォーマット方法
Prime Xカメラは下記マイクロSDカードに対応しています。
• マイクロSDHC:4GB~32GB
• マイクロSDXC:64GB
安心してお使いいただくため、Class10以上のデータ転送速度を持った信頼できるメーカー
のマイクロSDカードのご使用をおすすめします。
マイクロSDカードの取扱いにはご注意ください。水などの液体、ほこり、破損、静電気を避け
てください。SDカードのメーカーによる使用ガイドラインおよび動作温度範囲を確認しそ
の範囲内でお使いください。
警告
ヒント:新品、
または他のカメラやコンピューターで使用していたマイクロSDカードを使
う場合は、Prime Xカメラでフォーマットしてからお使いください。
フォーマットすると保護
されているデータを含め、マイクロSDカードに記録されているすべてのデータが消滅しま
す。必要なデータはあらかじめフォーマット前にコンピューターや外付けハードディスクに
保存してください。
データの読み込みや書き込みが正しく行われるようにマイクロSDカードのフォーマット
(初期
化)
を録画前に行ってください。
1. マイクロSDカードが完全に挿入され、
ファイルがダウンロード済であるこ
とを確認します。
2. �Prime Xカメラの電源を入れます。
+
3. モードボタンとFPSボタンを一緒に10秒間押し続けます。
MODE
FPS
4. マイクロSDカードのフォーマット中は赤LEDライト I が点灯します。
5. フォーマットが完了すると赤LED I は消え、すべてのファイルおよびフォ
ルダが削除されます。
これで録画の準備ができました。
I
JA
15
ユーザーインターフェース - 上部LEDライト
Prime Xの使い方はとてもシンプルです。
LEDライト表示とバイブレーション機能によ
り、作動状況が分かります。
ライトなし:カメラの電源がオフもしくはスタンバイ状態
点灯:カメラはビデオを録画中
1回点滅:写真撮影
低速点滅:カメラはタイムラプス撮影中
点灯:カメラの電源がオン&バッテリー残量ステータス
100%
75%
50%
25%
ライト1個高速点滅:10%以下、充電が必要
高速点滅:10秒間:Wi-Fi起動中
低速点滅:4秒毎2回点滅:Wi-Fi動作中
LEDライト - カメラ背面
ライトなし:カメラフル充電、
または
USB電源なし
点灯:カメラ充電中
点灯:SDカード空き容量なし
点滅:SDカード未挿入、
またはSDカード
読取りエラー
概要
ユーザーインターフェース - 背面LED/バイブレーションマップ
作動状況別バイブレーションパターン
電源ボタンを長押し:カメラ起動(オン)
長い振動が3回
電源ボタンを長押し:カメラ終了(オフ)
長い振動が1回
電源ボタンを長押し:カメラとWi-Fiを同時に起動
長い振動が3回の後に短い振動が1回
電源ボタンを短押し:カメラ起動後、Wi-Fi を起動
短い振動が1回
電源ボタンを短押し:Wi-Fi終了(オフ)
短い振動が1回
録画ボタンを短押し:カメラ録画を開始
長い振動が3回
録画ボタンを長押し:カメラ録画を停止
長い振動が1回
JA
17
ユニバーサル スナップトレー(ベースマウント)
ReplayXDのスナップトレーは、滑りやすい表面にもしっかりとカメラを固定する強力な粘着式ベース
マウントです。
プッシュタブを使ってトレーへスナップ式でマウントの取付け・取外しができます。
これに
より、
カメラの取付け・取外しや他のスナップトレーへの取り付けが容易です。
図1
1. タブを下向きに押し続ける
2. カメラを握り、
スナップトレーベースから
スライドさせる
重要
図2
タブがスナップトレー前面から見
えなくなったら、
カメラをスライド
させ完全に取出す
粘着式マウントを取り付ける前に、取り付け箇所の汚れを消毒用アルコールを使ってきれいにし、水
分が残らないようふき取ります。VHB両面テープ付のスナップトレーを取り付け箇所に貼り付けます。接
着剤が取り付け箇所に固着するよう、60秒間押し続けます。
接着強度は時間とともに増します。常温の室内の場合、接着強度が90%に達するまで少なくとも24時間
は置いてからお使いください。100%の接着強度に達するのは72時間後です。
箱から出してすぐに100万を超えるマウントポジションを選ぶことができるカメラを提供する
メーカーは、Replay XDだけです。Prime Xは、そのコンパクトなサイズと円筒形の形状により、ほ
とんどどこにでも取り付けが可能です。標準で2種類のマウントが同梱されていますので、すぐ
に録画を開始できます。大きくなった新しいマウン
トのロックタブによりカメラをスナップトレーから
取出しやすくなりました。
最小サイズ薄型マウントで、
レンズ(カメラ本
体)を360º回転できます。低く、目立たないよう
設計されています。
このマウントは、
スナップト
レーの全ラインナップと一緒に使えます。
JA
19
• 最小サイズ薄型マウント
• レンズ回転範囲 360º
ローボーイマウント
マウント
同梱されているマウント
チルトマウント
ロックスクリューにより前後に傾斜させることが
できます。
レンズ(カメラ本体)を360º回転でき
ますので、
これまで以上に様々なアングルで撮
影が可能です。
ハイブリッドマウント オプショナルアクセサリー
ハイムロックマウント
ローボーイマウント
チルトマウントキット
サクションカップマウント
フラットスナップトレー
カーブスナップトレー
トライポッドスナップトレー
ゴーグルマウントス
ナップトレー
DeepDive 197
サーフスナップトレー スナップトレー用3M VHB
サーフスナップトレー用3M VHB
マウント
プロマウント オプショナルアクセサリー
プロシャーシーマウント
プロピカティニー
レールマウント
プロトライポッドマウント
プロサクションカップ
ミニクランプ
プロベイビーピン
5/8インチクランプ
プロカーブマウント
プロフラット
マウント
プロスケートボード
マウント
プロカメラクランプ
交換用ハードウェア
プロフラットマウント用
3M VHB(5枚セット)
プロサクションカップマウント
JA
21
パワーサプライ
(電力供給)オプショナルアクセサリー
5ボルトのみ
RePower 80MM
シガーソケット、
USB、
バッテリーパック経由で
電力供給
USBウォールアダプター
ワールド キット
5~40ボルト
RePower 225 MM
電力供給とマイクライン入力
が可能
5~40ボルト
RePower 225 MM RCA
RePower 4400バッテリーパック
撮影時間を6時間+α延長
電力供給、
コンポジット
ビデオ出力とマイク
ライン入力が可能
5~40ボルト
RePower 225 MM HDMI
電力供給、HDMI出力とマイク
ライン入力が可能
RePower 2200バッテリーパック
撮影時間を3時間+α延長
USA、UK、
ヨーロッパ
オーストラリア、
アジア圏のコンセントで使用可。Relay XD の
すべてのカメラに対応。
Replay XD RePower(リパワー)バッテリーアダプターは長時間撮影したいイベントやアクティビティ等でカ
メラへ一定の電力供給をしたい場合に最適です。大容量のマイクロSDカードとRePowerバッテリーアダプ
ターを併用すれば、長時間のビデオ撮影やタイムラプス写真撮影が可能です。
レンズカバーキット
(5セット入り)
レンズベゼルキット
汚れ、埃、傷等からレンズを保護
外部オーディオアダプター
Pro用3.5mmライン入力
Replay XDアプリ
ProLens37mmアダプター
37mmNDフィルターを追加できます
Replay XD
マイクキット
ReView HDMIフィールドモニター
ウィンドブレーカー
風切り音防止シール
DeepDive 197
プロキャップ
アクセサリ
レンズ関連/オーディオ/ディスプレイ オプショナルアクセサリー
JA
23
Replay XD Prime Xは、MP4形式の動画ファイルで録画&保存を行います。
この動画ファイルは、PC/
Macで利用されるほとんどのメディアプレイヤーと互換性があります。
また Adobe Premier、Apple Final
Cut、iMovie、Windows Movie Makerなど多くのビデオ編集ソフトウェアと互換性があります。
PC - Windows 7以降
MAC - Mac OS X 10.7以降
閲覧ソフト:
Windows Media Player、Apple Quicktime、VLC Player
閲覧ソフト:
Apple Quicktime、VLC Player
編集ソフト:
(例:トリミングや変換)
Apple Quicktime、Adobe Premier Elements
編集ソフト:
(例:トリミングや変換)
Apple Quicktime、iMovie
上級編集ソフト:
(当社で動作確認済)
Adobe Premier Pro、Sony Vegas 8
上級編集ソフト:
(当社で動作確認済)
Apple Final Cut Pro、Adobe Premier Pro、iMovie
コンピューター設定、閲覧・編集ソフトウェアプログラム他、
コンピューターに関連したバリエーションは多数存在します。お客様が検討される際に参考
となるよう、上記ソフトウェアのリストを作成しました。上記ソフトウェアはほとんどのケースで正しく動作することを確認していますが、お客様のご使用環
境によってはご使用いただけない場合もございます。当社はいかなる場合においても、お客様がソフトウェアを使用した結果から生じるいかなる損害
について一切の責任を負いかねますので、
あらかじめご了承ください。お使いのコンピューターおよびビデオ編集ソフトウェアのユーザーマニュアルを
必ず参照して、互換性を確認してください。
よくあるご質問・トラブルシューティングについては、当社ウェブサイト
(www.ReplayXD.com)
もしくは当社提携販売店のウェブサイトをご覧ください。
保証
REPLAY XD, STABLE IMAGING SOLUTIONS, LLC.(SIS)限定的保証
保証期間と対象範囲
Replay XD, Stable Imaging Solutions, LLC.(SIS)は購入日より1年間、材質・製造上の理由による構造上
に欠陥があった場合のみ限定保証を行います。
保証対象外 - 保証期間内であっても次のような場合には保証規定の範囲外となります:
• あらゆる種類の事故による変形、破損、故障、損害。
• 圧力が加わる、極端な温度条件(-20ºC~60ºCの範囲外)
での使用・保管、
カメラが対応する深さ
以上に深い場所に浸けるなどの仕様条件と異なるまたは仕様条件以上の過酷な使用環境によ
る変形、破損、故障、損害。
※本製品は3メートル(10フィート)防水構造ですが、耐圧構造ではありません。衝撃に強い構造
ですが、耐衝撃機能(=ショックプルーフ)はありません。極端な温度環境下では本来の性能を
発揮できない場合があります。
• 同梱されているもしくはダウンロードしご覧頂ける製品の取扱説明書に記載された内容に反す
るお取り扱い、誤操作(誤使用、不適切な設置や装着、製品の悪用、過失などを含む)によって
発生した変形、破損、故障、損害。
• 表面的な損傷。
• 当社以外による製品/製品の一部の修理・改造・部品交換等に起因した損傷や破損。
本保証は、工場で割り当てられるシリアル番号が改ざん、除去、
または不適切なメンテナンスが原因で識別不可能な場合には適用されません。本保証は、SISもしくは SIS 提携正規代理店が製品を
販売したすべての国で有効です。SISは、製品が本保証ガイドラインに当てはまるかを判断する権利を留保します。SISはその自由裁量により、故障の原因を特定後、製品の点検を行った上で欠陥
品と判断した製品について修理または交換を行うものとします。返品について:本保証規定に基づく保証を受けるには、本製品が最初に購入された際の日付が記載された領収書等の購入証明
書の提示が必要です。
また商品返却前にカスタマーサービス
(1-805-480-9800)に電話の上、返品承認番号(RMA番号)
を取得ししてください。RMA番号なしの製品の返却は受け付けられませんの
でご注意ください。
【保証の制限】適用される法律で禁じられている場合を除き、
この製品の商品性または特定の目的への適合性に対する黙示的保証は、
この製品に適用される限定保証の期間に制限されます。
【責任の制限】本保証が提供する救済措置(修理または交換)はお客様の唯一かつ排他的な救済とします。SISはこれ以外のいかなる明示的または黙示的な保証の違反による間接的、偶発的、結
果的な損害の一切に対して責任を負いません。
REV. 2014.7.3.0
JA
25
REPLAY XD, STABLE IMAGING SOLUTIONS, LLC.免責事項
Stable Imaging Solutions, LLC(以下「SIS」)の製品であるReplay XDの使用に関わる、
または従事するすべて
の購入者、ユーザー、
またいかなる人物や団体も、以下の項目に同意するものとします:
•SISは製品が使用される際に不注意な、および/またはリスクの高い危険な行為やアクティビティ
を、促進も推奨もしません。
•SISは意図されている用途以外のいかなる使用・誤用に関して、一切の責任を負いません。
•SISは当社製品、
また当社製品で撮影された違法の可能性のある映像のいかなる使用・誤用に関
して、一切の責任を負いません。
•SISは当社製品を使用した撮影中、撮影試行中、
または撮影した映像の編集中に発生したいかな
る違法行為に関して一切の責任を負いません。
•SIS製品は、地域、州、連邦、国の法規に適合したアクションスポーツやその他アクティビティの録画
を主な目的としています。
•マウント、
ストラップ、
その他のアクセサリーアイテムを含むSISのカメラアクセサリーは、付属品
オプションとして提供され、現状のまま販売されます。
アクティビティの種類によってはカメラが
ずれたり、逆にしっかり固定されていることによってお使いになる人や他の人への危害が発生し
たり、重傷を負うまたは死亡事故が発生する可能性がありますので、
これらのアクセサリーを使
ってカメラをヘルメット、人物、
その他に取り付けて撮影する場合は細心の注意を払ってご使用
ください。
その結果生じた、事故、負傷、損失、損害、死亡、
またはその他
•SISは、SIS製品の使用に関連して、
の請求について一切の責任を負いません。
•本書で示されているすべての商標および登録商標は、各所有者に帰属します。
Replay XD®、Replay XD Prime X™は、米国カリフォルニア州におけるStable Imaging Solutions, LLC、Replay
XDの製品です。
www.ReplayXD.com
©2015 Stable Imaging Solutions, LLC., Replay XD® All rights reserved.
REV. 2015.7.3.0
ラジオおよびテレビの受信障害
本機器は、FCC 規則の第 15 部に基づくクラス B デジタル機器に関する制限に適合していることが確認されていま
す。当該制限は、住宅地に設置された場合に有害な電波干渉が生じないようにするための合理的な対策として意図
されたものです。本機器は、無線周波数エネルギーを生成、使用するもので、無線周波数エネルギーを放射すること
があり、所定の指示に従って設置および使用しないと無線通信に有害な電波干渉を及ぼすおそれがあります。ただ
し、特定の設置環境において電波干渉が起こらないことが保証されるものではありません。本機器によってラジオま
たはテレビの受信障害が生じている場合(本機器の電源のオン/オフを切り替えることで判定可能)は、次のうち 1 つ
または複数の対処法で干渉の解消を試みることをおすすめします:
• 受信アンテナの方向または位置を変える。
• 本機器と受信機を離れたところに置く。
• 本機器と受信機を別々の電気回路のコンセントに接続する。
• 販売店やラジオ/テレビに精通した技術者に相談する。
FCC 規則第 15 部に準じてクラス B デジタル デバイスの制限内に適合するためには付属のインターフェースケー
ブルを本機と一緒に使用しなければなりません。
カナダICES-003の表示
本クラス B デジタル機器はカナダの ICES-003 に適合しています。
RoHS
本機器は、欧州連合のROHS指令2002/95/ECおよび、欧州での販売用に他の欧州国で採用されている可能性のある類
似の規制に準拠しています。
CE認定
REV. 2015.7.3.0
適合性
FCC適合性宣言の表示
本機器はFCC規則の第15部に適合しています。使用の際は以下の2つの条件に従うものとします:
(1) 本機器が有害な電波干渉を引き起こすことがないこと。
(2) 本機器が受けたいかなる有害な電波干渉(意図しない動作を引き起こす干渉を含む)
を受け入れること。
JA
27
Replay XDはStable Imaging Solutions, LLCのトップブランドです。
セールス&技術サポート:
電話:1-805-480-9800
セールス:[email protected]
サポート:[email protected]
REV. 2015.7.3.0
会社住所:
Stable Imaging Solutions, LLC.
3709 Old Conejo Road
Newbury Park, CA 91320
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement