取扱説明書 - Teledyne LeCroy

取扱説明書 - Teledyne LeCroy

取扱説明書

LeCroy

カラー

デジタル・オシロスコープ

version A − 1997年1月

本 社

700 Chestnut Ridge Road

Chestnut Ridge, NY 10977-6499

電話:(914)578-6020、ファックス:578-5985

ヨーロッパ本社機構

Mannheimerstrasse 175

D-69123 Heidelberg, Germany

電話:(49)6221 82700

ファックス:(49)6221 833827

ヨーロッパ製造拠点

2, rue du Pre-de-la-Fontaine

P.O.Box 341

1217 Meyrin 1/Geneva, Switzerland

電話:(41)22 719 21 11、ファックス:22 782 39 15

インターネット :www.lecroy.com

Copyright《C》 1996年9月All rights reserved. 本書に記載されている

内容は予告なく変更される場合があります。

目 次

第 1 章 - はじめに

製品と保証

オシロスコープが手元に届いたら: ………………………………………………… 1-1

保証 ……………………………………………………………………………………… 1-1

製品支援 ………………………………………………………………………………… 1-2

保守契約 ………………………………………………………………………………… 1-2

更新 ……………………………………………………………………………………… 1-2

サービスと修理 ………………………………………………………………………… 1-2

製品返品方法 …………………………………………………………………………… 1-3

第 2 章 - 最先端仕様

完全な波菰をとるためのキー・ポイント

…………………………………………… 2-1

第 3 章 - 測定装置のアーキテクチャ

汎用設計機能 ……………………………………………………………………………

3-1

ADC およびメモリ …………………………………………………………………… 3-2

トリガ …………………………………………………………………………………… 3-3

自動校正 ………………………………………………………………………………… 3-3

ディスプレイ …………………………………………………………………………… 3-3

マニュアルまたはリモート・コントロール ………………………………………… 3-4

第 4 章 - 設置

安全かつ効率的操作のためのインストール

動作環境 ………………………………………………………………………………… 4-1

電源要件 ………………………………………………………………………………… 4-1

電源投入 ………………………………………………………………………………… 4-2

iii

目 次

第 5 章 - 制御部の紹介

フロント・パネル制御部の図 ………………………………………………………… 5-2

フロント・パネル制御部とそれぞれの機能 ………………………………………… 5-2

メニューの選択とナビゲーション …………………………………………………… 5-3

画面の配置 ……………………………………………………………………………… 5-5

第 6 章 - チャンネル、カップリング、およびプローブ

チャンネル制御部 ……………………………………………………………………… 6-1

カップリング …………………………………………………………………………… 6-3

プローブとプローブの校正 …………………………………………………………… 6-4

第 7 章 - タイムベース + トリガ

タイムベース + トリガの原理と機能 ………………………………………………… 7-1

タイムベース・モード ………………………………………………………………… 7-1

シングル・ショット …………………………………………………………………… 7-1

ランダム・インターリーブ・サンプリング(RIS) ……………………………………… 7-2

ロール …………………………………………………………………………………… 7-3

シーケンス ……………………………………………………………………………… 7-4

トリガ機能 ……………………………………………………………………………… 7-5

タイムベースとトリガ制御 …………………………………………………………… 7-9

第 8 章 - タイムベースのセットアップ

タイムベース・メニュー ……………………………………………………………… 8-1

タイムベース …………………………………………………………………………… 8-1

タイムベース・エクスターナル ……………………………………………………… 8-2

タイムベース - シーケンス …………………………………………………………… 8-4

iv

目 次

第 9 章 - エッジ・トリガと SMART トリガ

トリガのセットアップ ………………………………………………………………… 9-1

エッジ・トリガ・メニュー ……………………………………………………………… 9-2

エッジ・トリガ記号 …………………………………………………………………… 9-3

SMART トリガ・メニュー ……………………………………………………………… 9-4

グリッチ・トリガ ……………………………………………………………………… 9-5

インターバル・トリガ ………………………………………………………………… 9-8

エクスクルージョン・トリガ ………………………………………………………… 9-10

TV トリガ ……………………………………………………………………………… 9-10

クオリファイド・トリガ ……………………………………………………………… 9-13

ドロップアウト・トリガ ……………………………………………………………… 9-17

パターン・トリガ ……………………………………………………………………… 9-19

SMART トリガの記号 ………………………………………………………………… 9-24

第 10 章 - ZOOM + MATH

ズーム機能と演算機能 ………………………………………………………………… 10-1

ズームと演算の制御 …………………………………………………………………… 10-4

第 11 章 - MATH SETUP

Math SETUP メニュー ………………………………………………………………… 11-1

ZOOM + MATH ………………………………………………………………………… 11-1

Zoom …………………………………………………………………………………… 11-3

Arithmetic(四則) ………………………………………………………………………… 11-4

Average(アベレージ) …………………………………………………………………… 11-6

Enhanced Resolution(ビット向上) ……………………………………………………… 11-7

Extrema ………………………………………………………………………………… 11-7

FFT ……………………………………………………………………………………… 11-8

FFT Average …………………………………………………………………………… 11-9

Functions(関数) ……………………………………………………………………… 11-10

Histogram(ヒストグラム) …………………………………………………………… 11-11

Rescale(リスケール) ………………………………………………………………… 11-12

v

第 12 章 - SYSTEM SETUP(システム・セットアップ)とメニュー制御

システムのセットアップとナビゲーション ………………………………………… 12-1

AUTO SETUP(オートセットアップ)、ANALOG PERSIST(アナログ・パーシスタンス)、

FULL SCREEN(フル・スクリーン) …………………………………………………… 12-4

第 13 章 - カラーとディスプレイ

ディスプレイ・インテリジェンス …………………………………………………… 13-1

編成オブジェクト(Orchestrated Object) - 色の区別 ………………………………… 13-2

トレース - カラー連結 ………………………………………………………………… 13-2

テキスト - カラー連結 ………………………………………………………………… 13-2

他のカラー・リンク …………………………………………………………………… 13-3

オーバーラップ管理 …………………………………………………………………… 13-3

表示の順序 ……………………………………………………………………………… 13-3

ニュートラル・ハイライト表示 ……………………………………………………… 13-3

(拡張カラー管理(Advanced Color Management)システムを用いた)合否試験 …… 13-4

カラー …………………………………………………………………………………… 13-4

ディスプレイのセットアップ ………………………………………………………… 13-5

DISPLAY SETUP メニュー …………………………………………………………… 13-5

グリッドのスタイル …………………………………………………………………… 13-6

Standard メニュー …………………………………………………………………… 13-10

XY メニュー ………………………………………………………………………… 13-12

アナログ・パーシスタンス ………………………………………………………… 13-13

PERSISTENCE メニュー …………………………………………………………… 13-15

カラー制御 …………………………………………………………………………… 13-16

MORE DISPLAY メニュー ………………………………………………………… 13-16

CHANGE COLORS メニュー ……………………………………………………… 13-17

vi

第 14 章 - ユーティリティ

特殊モードの印刷、記憶、使用 ……………………………………………………… 14-1

ハードコピーのセットアップ ………………………………………………………… 14-2

日時のセットアップ …………………………………………………………………… 14-4

GPIB/RS232 のセットアップ ………………………………………………………… 14-5

RS-232-C コネクタ …………………………………………………………………… 14-6

記憶装置ユーティリティ ……………………………………………………………… 14-7

記憶装置 ……………………………………………………………………………… 14-10

フロッピー・ディスク・ユーティリティ …………………………………………… 14-11

フロッピーのフォーマット実行 …………………………………………………… 14-11

ハードディスクのフォーマット実行 ……………………………………………… 14-14

ファイルのコピー …………………………………………………………………… 14-15

プリファレンス ……………………………………………………………………… 14-16

ファイル名のプリファレンス ……………………………………………………… 14-17

新規ディレクトリ …………………………………………………………………… 14-18

特殊モード …………………………………………………………………………… 14-19

校正信号出力のセットアップ ……………………………………………………… 14-22

第 15 章 - 波形の保存と呼び出し

波形の保存 ……………………………………………………………………………… 15-1

波形の呼び出し ………………………………………………………………………… 15-4

vii

第 16 章 - カーソル / 測定およびパラメータ

カーソル: 信号値測定ツール

標準ディスプレイのカーソル ………………………………………………………… 16-1

パーシスタンス・ディスプレイのカーソル ………………………………………… 16-1

XY ディスプレイのカーソル ………………………………………………………… 16-2

MEASURE Cursors メニュー ………………………………………………………… 16-3

パラメータ: 信号プロパティのショート・カット …………………………………… 16-4

パラメータ一覧表 ……………………………………………………………………… 16-4

パラメータ情報と警告記号 …………………………………………………………… 16-7

MEASURE Parameters メニュー ……………………………………………………… 16-8

合否試験 ……………………………………………………………………………… 16-15

第 17 章 - パネル・セットアップ

パネル・セットアップ情報の保存と呼び出し ……………………………………… 17-1

第 18 章 - ステータスの表示

完全なピクチャー - 一覧表示 ………………………………………………………… 18-1

ステータス ……………………………………………………………………………… 18-1

捕捉の一覧表示 ………………………………………………………………………… 18-1

システムの一覧表示 …………………………………………………………………… 18-2

テキストと時間の一覧表示 …………………………………………………………… 18-3

波形の一覧表示 ………………………………………………………………………… 18-4

メモリ使用状況の一覧表示 …………………………………………………………… 18-5

付録 A: 仕様詳細 ……………………………………………………………………………………… A-1

付録 B: 分解能向上演算 ……………………………………………………………………………… B-1

付録 C: FFT(高速フーリエ変換)解析 ……………………………………………………………… C-1

付録 D: パラメータ測定 ……………………………………………………………………………… D-1

付録 E: ASCII 保存ファイル ………………………………………………………………………… E-1

viii

ix

《番号処理開始》

1. ディスプレイ(第5章および第13章)

2. メニュー・ボタン(第5章および第12章)

3. 記憶装置(フロッピー)(第14章および第15章)

4. タイムベース + トリガ(第5章、第7章、第8章、および第9章)

5. チャンネル(第5章および第6章)

6. オートセットアップ(第12章)

7. アナログ・パーシスタンス(第12章および第13章)

8. フル・スクリーン(第12章)

9. システム・セットアップ(第5章、第12章、第14章、第15章、第16章、第17章、および第18章)

10. ZOOM + MATH(ズームと演算処理)(第5章、第10章、および第11章)

11. 記憶装置(メモリ・カード)(第14章および第15章)

12. 電源

13. スタンバイ

14. チャンネル入力(第6章)

15. CAL出力(第14章)

《番号処理終わり》

1

はじめに

サービス体制

出荷品の点検

この度は、弊社製品をお買い上げいただき有り難うございました。出荷時に入念な点検を行

い発送致しておりますが、製品がお客様のお手元に到着いたしましたら、ご面倒ですがすみ

やかに内容物の点検をお願いいたします。同封のリストと照らし合わせて過不足がないこと

をお確かめください。万一、過不足または、運送上で損傷等がございましたら、レクロイ・

ジャパン株式会社カストマ・サポート、または担当の代理店までご連絡ください。ご連絡が遅

れますと、対応できなくなる場合がございますのでご注意ください。

保 証

本機には、納入後1年間の保証期間を設け、通常のご使用における不良に関して無償で修理を

行わせて頂きます。この保証外の修理に関しては、保守部品や交換を行った部品、修理箇所

は修理完了後3ヶ月の保証期間を設けさせていただいております。その他、お気付きの点がご

ざいましたら、弊社までご一報ください。また、レクロイ社以外で製造された付属の製品に

ついては、本体とは別に製造メーカーによる保証となります。

保証期間中に生じた不良のうち、操作上のミスや不注意、あるいは事故、異常な環境や操作

によるものでないと判断されたものは、レクロイ・ジャパン株式会社が責任を持って無償で修

理を行います。

製品をご返送される場合は、レクロイ・ジャパン株式会社カストマ・サポートまたは担当の代

理店にご一報の上、着払いでお送りください。

1-1

はじめに

修 理

修理の必要が生じた製品は、レクロイ・ジャパン株式会社カストマ・サポートにご返送下さ

い。保証期間内の製品に関しては無償で修理いたします。保証期間を過ぎた製品に関しては

弊社規定による修理費をご請求させていただきます。

修理品の返却

修理品のご返送に際しては、お手数ですが、製品名、製造番号、不良の内容、ご担当者の名

前、ご所属、電話番号等を明記ください。返送用の箱は、運送中の事故を避けるため、納入

時に使用したダンボール箱、または同等の緩衝材をもつ箱をご使用ください。運送中の事故

により修理期間が大幅に長引いたりする場合が考えられますので、適当な梱包箱が見つから

ない場合は、レクロイ・ジャパン株式会社カストマ・サポートに必ずご連絡ください。

保証延長

レクロイ・ジャパン株式会社では、保証延長制度等のお得なアフターサービスを用意しており

ます。通常の保証期間以後のメンテナンス予算を確保するためにも、ご検討をお薦めいたし

ます。詳細については、レクロイ・ジャパン株式会社カストマ・サポートまでお問い合わせく

ださい。

ドキュメント

レクロイ社は、常に最先端の製品をお客様にご提供しております。これに伴う製品のバー

ジョンアップを逐次行っておりますが、資料の改訂部分が間に合わない場合があります。し

たがって、このマニュアルの内容が製品の機能と一致しない部分があるかも知れません。お

気付きの点がございましたら、ご面倒でもご一報ください。

また、出荷および保守でお預かりした製品のファームウェアは、常にその時点での最新の

バージョンでお使い頂けるよう努力をいたしております。マニュアルは必要に応じて順次改

訂を行い、ダイレクト・メール等でお知らせいたしておりますので、ご必要な方はレクロイ・

ジャパン株式会社カストマ・サポートにご連絡ください。なお、装置のアップグレード後にお

送りした新しいマニュアルの内容の一部には、装置のバージョンによって制限された機能が

ありますのでご注意ください。

1-2

技術サポート

設置や校正、装置の取り扱いに関するご質問は、下記までご連絡下さい。

           

レクロイ・ジャパン株式会社 カストマ・サポート

        TEL:03-3376-9400  FAX:03-3376-9587

        TEL:06-6396-0961  FAX:06-6396-0962

1-3

2

 

最先端仕様

キー・ポイント

このカラー・デジタル・オシロスコープは、革新的なテクノロジ・プラットフォーム上に構築さ

れた新世代DSOの一つであり、その設計手法により波形取込みから解析までを完全な形で提供

できます。

波形は、高分解能で長いタイム・インターバルで取り込めます。また先進カラー管理、大画

面、波形表示/分析の新次元、大処理力、詳細情報が提供され、さらに高速になりました。

最先端仕様を以下に示します。

- バンド幅500 MHz(LC334シリーズ、LC374A)または1 GHz(LC534、574シリーズ)

- チャンネルあたりの捕捉メモリ10万ポイント、オプションMで50万ポイント、またはオプ

ションLで200万ポイント、オプションXLで400万ポイント

- 9インチ(170 mm x 125 mm)カラー・ディスプレイ; 10インチCRT

- アナログ・パーシスタンス

- フルスクリーン(波形を画面全体に拡大)

- SMARTMemoryシステム管理

- エクスクルージョン・トリガを含むSMARTトリガ搭載

- 520 MB ハードディスク オプション(PCMCIA type III)

- オプションの内蔵プリンタ

仕様詳細は付録Aを参照してください。

2-1

3

測定装置のアーキテクチャ

基本仕様

オシロスコープの4チャンネルそれぞれに、500 MS/s(1 GS/s)の8ビットADCがあります。

チャンネルを2つ組み合わせると、サンプリング・レートは1 GS/s(2 GS/s)まで上がります。

4チャンネルすべてを合わせると、最大2 GS/s(4 GS/s)*まで可能です。

使用できるチャンネルをすべて用いると、波形捕捉メモリはチャンネルあたり10万データポ

イント処理できます。オプションMを用いると50万ポイント、またはオプションLを用いると

また、チャンネルを組み合わせると、捕捉メモリは最高800万ポイント処理できます。

(XLモデルは1600万ポイント)

4つのメモリを一時記憶に使用し、別の4メモリを波形の拡大と処理に使用できます。(一部

64BMメモリ増設必要)

中央処理装置PowerPCマイクロプロセッサは、計算し、オシロスコープの動作を制御します。

さまざまな周辺インターフェイスを制御し、リモート・コントロール、保存、および印刷を実

行します。

フロントパネル制御は、迅速にセットアップ再構成され、常にサポート・プロセッサにより監

視されています。データも、直接波形表示用にディスプレイメモリに変換され、または演算

メモリに記憶され、高速処理されます。

* 外部アダプタ連結時

* LC564Aでは、4チャンネルそれぞれに2GS/sの8ビットADCがあります。チャンネルを2

つ組み合わせると、サンプリング・レートは4GS/sまで上がります。

* LC584Aシリーズでは、4チャンネルそれぞれに2GS/sの8ビットADCがあります。チャン

ネルを2つ組み合わせるとサンプリング・レートは4GS/sまで上がります。4チャンネルす

べてを合わせると、8GS/sまで可能です。

3-1

測定装置のアーキテクチャ

ADCおよびメモリ

この測定装置のマルチプルADCアーキテクチャにより、絶対振幅と位相相関、多チャンネル捕

捉時の最大ADC性能、大容量レコード長、および卓越した時間分解能が得られます。2チャン

ネルまたは4チャンネルを組み合わせると、さらに高速なサンプリング・レートが得られます。

1チャンネルあたり最大200万ポイントの捕捉メモリにより、トリガタイミングや信号速度が

不明確な場合でも捕捉できる長い波形レコードを生成することにより単発の捕捉が簡単にな

ります。捕捉メモリ長は、2チャンネルまたは4チャンネルを組み合わせて増やすことができ

ます。

3-2

プリング(Random Interleaved Sampling: RIS)で捕捉し記憶できます。RISは高精度デジタイズ

トリガ

トリガ・システムにより幅広い機能が提供され、スクリーン・メニューとフロント・パネルから

の制御を用いて信号特性に応じた選択が可能になります。

標準トリガ・モードではこれらのメニューと制御により、プリ・トリガ記録とポスト・トリガ記

録、シーケンス・モードとロール・モードなど、パラメータの選択と設定が可能になります。

トリガ・ソースは、任意の入力チャンネル、(オシロスコープの入力電源に同期した)ライン、

または外部よりとることができます。カップリングは、AC、LF REJect、HF REJect、HF、お

よびDCから、極性は正または負に選択できます。

自動校正

れます。垂直ゲインとオフセット校正は、電圧レンジが設定変更されるたびに実施されま

す。さらに、定期校正・温度変化による自動校正が実行され、現行の設定の長期安定性が保

証されます。

ディスプレイ

優れたカラー管理システムを用いて、大型9インチ(170 mm x 125 mm)画面のVGAディスプレ

イに、波形とデータが表示されます。優れたオーバーラップ表示機能とコントラスト調整に

より、波形をそれぞれ明瞭に区別しながらオーバーラップできます。このシステムでは、プ

リ・セットと4つのユーザ設定を選択できます。

フル・スクリーン機能は、波形を画面全体に広げます。

アナログ・パーシスタンス機能により、デジタル技術の利点をすべて保持しながらアナログ測

定装置の表示特性が得られます。

ディスプレイには対話型でユーザの使い易いインターフェイスがあり、プッシュ・ボタンとつ

3-3

測定装置のアーキテクチャ

まみで操作できます。

1度に8波形(入力4、演算4)まで表示でき、しかも信号捕捉時のパラメータも同時に表示でき

ます。画面には、内部状態と測定結果、および操作、測定、波形解析の各メニューが表示さ

れます。

フロント・パネルの画面ダンプ・ボタンを押すと、画面をハードコピーできます。

マニュアルまたはリモート・コントロール

このオシロスコープはデジタル測定装置ですが、ユーザが使い慣れているアナログ・オシロス

コープのフロント・パネル・レイアウトと同様のパネルを備えています。この環境に、迅速な

レスポンスと高分解能の波形表示が加わったことになります。

このオシロスコープは、自動試験およびコンピュータ支援測定アプリケーションのリモート・

コントロールにも対応できる設計になっています。これらの操作は、"Remote Control Manual"

に詳細説明があります。カーソルおよびパルス・パラメータ設定、フロント・パネル設定の変

更、ディスプレイ構成など全測定プロセスを、背面パネルのGPIB(IEEE-488)ポートとRS-232-

Cポートを介して制御できます。

フロント・パネル・セットアップ情報を4つまで内部記憶でき、これらは手動またはリモート・

コントロールで呼び出しできるため、迅速にフロント・パネル構成を再現することができま

す。電源スイッチを切ると、その時点でのフロント・パネル設定情報が自動的に保存され、次

の電源投入時に前の設定で起動します。

3-4

4

設 置

安全かつ効率的操作のためのインストール

動作環境

このオシロスコープは設計上、EN61010-1インストレーション・カテゴリすなわち、保護クラス

りに動作します。

温度 ・・・・・・・・・・ 定格5゚C〜40゚C(41゚F〜104゚F)、動作時0゚C〜50゚C(32゚F〜122゚F)

湿度 ・・・・・・・・・・ 気温31゚C以下にて80 %未満、40゚Cでの相対湿度50 %まで直線的に下降

高度 ・・・・・・・・・・ 2000m以下(6560フィート)

動作カテゴリ ・・ II

電源要件

このオシロスコープは、45 Hz〜66 Hz、115 V (90〜132 V)または220V (180〜250 V)のAC電

源で動作します。測定装置が自動的にライン電源に適応するため、電圧を選択する必要はあ

りません。

オシロスコープの電源は、交流電源プラグの上部にある6.3 A/250 Vのフューズ2個で短絡お

よび過負荷に対して保護されています。

フューズを交換または検査するときは、その前に電源ケーブルを取り外します。プラスチッ

ク・カバーの下に小さいドライバを差し込み、注意深くフューズ・ボックスを開けます(次の

ページへ続く)。

安全注意!

製造者によって指定された方法によらずに本測定装置を使用すると、本測定装置の安全保護

機能を損なうことがあります。

このオシロスコープは人体に直接触れる測定を目的とした設計ではありません。レクロイのオ

シロスコープを直接人体にあてる場合は、ユーザがすべての責任と危険を負うものとします。

4-1

設 置

電源要件(続き)

このオシロスコープは、単相電源で動作する設計であり、1電流導体(ニュートラル導体)にて

接地(グランド)電位で動作します。

電流導体はすべて、接地電位に対して250 V RMS以下とします。このオシロスコープには、

交流電圧と安全接地接続用の3端子分極プラグ付き3線コードが付いています。このプラグの

接地端子は、ユニットのフレームに直接接続されます。電気的危険から適切に保護するに

は、このプラグを安全接地端子付きコンセントへ差し込む必要があります。

電源投入

上記の条件を満たしていることが確認できたら、オシロスコープをコンセントへ接続し、画

面左下のプッシュ・ボタンを押して電源を入れます。

測定装置が起動すると、自動校正が実行され、オシロスコープのADCとメモリの試験が行わ

れます。この初期化シーケンス中は、画面右下隅のフロント・パネルの"スタンバイ"LEDが点

灯します。約10秒で試験が終了すると、画面が表示されます。

4-2

5

 

制御部の紹介

5-1

 

制御部の紹介

フロント・パネル制御部とそれぞれの機能

前のページの図で、フロントパネルのボタンとつまみは、TIMEBASE  +  TRIGGER、

CHANNELS、ZOOM + MATH、およびSYSTEM SETUPの4グループに分かれています。他

のボタンは、スクリーン・メニュー選択と特殊機能の制御に用います。

AUTO SETUP

この1つの青いボタンはオシロスコープを自動調節し、入力チャンネルの信号を取り込んで表

示します。第12章を参照してください。

ANALOG PERSIST

パネルの唯一の緑色のボタンはアナログ・パーシスタンスであり、デジタル・データ処理の柔

軟性に、アナログ・スコープの表示情報を加えます。第12章と第13章を参照してください。

FULL SCREEN

画面全体にグリッドを表示します。第12章を参照してください。

メニュー・ボタンとつまみ

画面の左側に垂直に並んでいる7つの名前のついていないボタンと、SYSTEM SETUPグルー

プの2つのつまみは、スクリーン・メニュー選択を制御します。それぞれのメニュー・ボタン

と、そのうちの2つに接続されている(パネル上で線で結ばれている)つまみは、画面すぐ左の

メニューを制御します。この章の以降のセクションと第12章を参照してください。

CHANNELS

これらは表示トレースの選択と垂直感度およびオフセットの調節を行います。第6章を参照し

てください。

TIMEBASE + TRIGGER

このグループのボタンとつまみは、時間軸(Time/Div)と、トリガのレベルおよびディレイを直

接調節し、"TIMEBASE"メニュー・グループと"TRIGGER"メニュー・グループへアクセスしま

す。第7章、第8章、第9章を参照してください。

SYSTEM SETUP

この灰色のメニュー・ボタンは、この制御グループを管理し(他のそれぞれのグループで用い

られ)ます。また、主要スクリーン・メニューおよび捕捉機能へのアクセスや処理を提供し、

測定装置のモードを表示します。次のセクションと第12章を参照してください。

ZOOM + MATH

ズーム・ファンクションとマス・ファンクションを用いて、有効なトレース選択、移動、定義

および拡大を行います。第10章と第11章を参照してください。

5-2

メニューの選択とナビゲーション

メニュー

メニューは、画面表示領域右端に縦に1列に並んでいます。各メニューには、情報と、それぞ

れが提供するオシロスコープの機能の選択肢があります。メニューにタイトルがある場合

は、その枠の最上部に表示されます。表示されているメニューが属するセット名、たとえば

"TIMEBASE"は、表示メニュー欄の最上部に表示されます。メニュー・ボックスで囲まれてい

ない画面上のテキストは、単なる情報表示です。

各メニューには、被選択ファンクションや変更する変数などの項目

または選択肢のリストがあります。あるいは、起動されるとアク

ションを実行するメニューもあります。アクションを実行するメ

ニューは、左の例ように大文字で表示されます。

メニュー・アクセス、メニュー間移動、およびメニュー選択

メニュー・エントリ・ボタン    を押すと、該当する機能に対す

るセットアップ構成がメニューのセットとして画面上に即座に表示

されます。アクセスすると、これらのメニューの制御は、メ

ニュー・ボタンと、2つの関連するつまみ(左の図に示す)から行うこ

とになります。

メニュー・ボタン    は、その脇にスクリーン・メニューがある

ときは常にアクティブです。アクティブなメニュー・ボタンは、そ

れぞれのすぐ左に表示されるメニューに対応し、これらを制御しま

す。これらのメニュー・ ボタンは、( それぞれリンクしているメ

ニューを制御する)2つのメニューつまみとともに、メニュー選択、

メニューの項目の選択、メニュー・リスト内の上下移動、またはメ

ニュー内に表示された値の変更に使用します。

メニューによっては、第1メニューと呼ばれ、その下に第2メニュー

のあるものもあります。左の図のように、太枠線または陰影付きで

第2メニューのあることが表示されます。対応するメニュー・ボタン

を押すと、"隠れていた"メニューが表示されます。RETURNボタン

を押すと、表示は第1メニューに戻ります。

5-3

 

制御部の紹介

注: オシロスコープをリモート・コントロールしている間は、REMOTE ENABLEメニューが

表示されます。これには、"GOTO LOCAL"コマンドが含まれており、このメニュー・ボ

タンを押すとリモート・コントロールが解除されます。REMOTE ENABLEメニューを手

動でオフする方法は、これ以外にはありません。

通常、メニューの値を変更すると、新しい値が捕捉設定、処理、または表示に即座に使用さ

れ、画面が変わります。

メニュー・オプションの設定

メニューより起動する選択肢は、選択すると左の図のように反転表示

されます。対応するメニュー・ボタンを押すと、フィールドが、次に反

転表示され選択するメニュー項目まで進みます。しかし、メニューに

項目が1つしかない場合は、そのボタンを押しても変化しません。

メニューが2つのメニューつまみのどちらかに関連している場合

は、関連するつまみを回すとその回した方向に沿って、反転表示さ

れているセレクタが許容値のリスト内で上下に動きます。

2つのメニュー・ボタンにまたがって表示されているメニューは、上

下両方のボタンを使用して操作できます。2つのボタンのうち下の

ボタンを押すと反転表示部分がリストの下方に移動し、上のボタン

を押すとリストの上方に移動します。

このページの上から2番目のメニューの図に表示されているメニュー

枠の脇の矢印は、表示されているリストの上または下にまだ表示さ

れていない部分があることを示します。1つが上を示し、もう1つが

下を示す2つの矢印がある場合は、表示されていない項目が上下両方

向に広がっていることを示します。矢印は、反転表示されているセ

レクタがボタンと関連して移動する方向を示します。選択肢がリス

トの最初または最後である場合、矢印は表示されません。

すぐ左の例のように、メニュー・ボタンとつまみを組み合わせて、連続

的に調節可能な変数値を制御するものもあります。その場合、つまみ

は値の設定に使用し、ボタンは値の選択や変更に使用します。

他にもメニュー・ボタンとつまみを組み合わせて、連続的に調節可

能な変数値をいくつか制御するものがあります。つまみは値の設定

に、ボタンは設定値の反転表示に使用します。

5-4

画面の配置

1 - リアル・タイム・クロック・フィールド

このフィールドは、バッテリー・バックアップされたリアル・タイム・クロックにより駆動さ

れ、現在の日時を表示します。

2 - 表示トレース・ラベル・フィールド

このフィールドにはトレース・ラベル、つまり表示トレースの種類、そのタイムベースと電圧

軸(volts/div)の設定値、および該当するものがあればカーソル読み取り値が表示されます。ト

レース・ラベルは同時に4ラベルまで表示できます。

5-5

 

制御部の紹介

3 - トリガ・レベル・フィールド

グリッドの両側フィールドに(小さい三角印で印の付いた)トリガ・レベル・インジケータが、

グリッドの右側フィールドに各チャンネルのグラウンド表示がアンダーラインと番号で表示

されます。

4 - 捕捉概要・フィールド

このフィールドには、現在のタイムベース設定値、垂直ゲイン、プローブ減衰比、および

カップリングがチャンネルごとに表示されます。選択したチャンネルは反転表示されます。

注: 表示トレース・ラベルには、トレースが捕捉されたまたは処理された時に設定された捕捉

パラメータが表示されますが、捕捉概要・フィールドには現在の設定値が表示されます。

5 - トリガ・ディレイ・フィールド

このフィールドには、グリッドの最下部の上向き矢印でトリガ・ディレイが表示されます。

ディレイは、0〜10のグリッド・デビジョン(プリ・トリガ)、または0〜-10 000 (ポスト・トリガ)

オフ・スクリーンに調節できます。プリ・トリガ・ディレイは該当する位置に上向き矢印で表示

され、ポスト・トリガは秒単位でディレイが示されます。

"MEASURE"メニューを選択して相対時間(relative-time)カーソル(1組の矢印)をアクティブにし

ている場合、このフィールドには2つのカーソル間のタイム・インターバルが表示されます。

また、1/(タイム・インターバル)に対応する周波数も表示されます。

6 - トリガ構成フィールド

このフィールドにはトリガ・ソース、スロープ、レベル、およびカップリングが表示されま

す。時間またはイベント数によるホールド・オフ、論理ステートなどの追加情報も適宜表示さ

れます。わかりやすいアイコンによりトリガ状態の概略も示されます。

7 - 時間および周波数フィールド

このフィールドには、カーソルに関連する時間と周波数が表示されます。たとえば、"MEA-

SURE"メニューを選択して絶対時間カーソル(クロスヘア)をアクティブにしていると、その

カーソルとトリガ・ポイント間の時間が表示されます。

8 - トリガ状態フィールド

このフィールドには、トリガの設定状態(AUTO、NORMAL、SINGLE、STOPPED)が表示さ

れます。

5-6

捕捉中は、設定状態の左の小さなボックスに、トリガの発生状態が表示されます。この機能

は、トリガ・レートの監視に便利です。

NORMAL状態では、必要に応じて"SLOW TRIGGER"メッセージが表示されます。

低速捕捉中は"SLOW UPDATE"メッセージが表示され、新しい波形のとりこみ完了までに時

間のかかることを知らせます。

トリガ状態フィールドのすぐ左の領域には、FFT計算または画面ダンプ中など時間のかかる

処理を示すメッセージが表示されます。

9 - グリッド

捕捉メモリまたは演算メモリからのトレースが表示されます。デュアル・グリッド表示または

クワッド・グリッド表示も選択できます。(注:1997年7月以降の出荷品は8グリッドまでの表示

が可能です)

10 - メニュー・フィールド

7つまでの異なるメニューを表示できます。

11 - メッセージ・フィールド

測定装置の現状を示す警告、指示、タイトルなど、さまざまなメッセージが表示されます。

表示フィールドと制御、および色の役割は、第13章"色と表示"を参照してください。

装置のリセット: AUTO SETUPボタン、トップ・メニュー・ボタン、およびRETURNボタンを

同時に押すと、オシロスコープは初期状態の設定に戻ります。

5-7

6

 

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

チャンネル制御部

チャンネル1、チャンネル2、チャンネル3、またはチャンネル4のトレー

ス・ボタンを押すと、対応するチャンネルのトレースが表示されるか、あ

るいは表示が消えます。OFFSETとVOLTS/DIVは、そのチャンネルの調

整に充てられ、アクティブ・チャンネルになります。

これらのボタンを押すと、その

チャンネルが表示されるかされ

ないかに関係なく、すべての垂

直制御がそのチャンネルに充て

られます。このチャンネルの番

号は捕捉概要・フィールドに反

転表示されます(第5章"画面の

こ の つ ま み は 、 ア ク テ ィ ブ ・

チャンネルの垂直位置を制御し

ます。

このボタンは、オフセットと電

して、アクティブ・チャンネル

の入力信号に合わせます。

6-1

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

このつまみは、垂直感度の切り換えを1-2-5のシーケンス、または連

変更による捕捉オフセットへの影響は、"SPECIAL  MODES"メ

ニューにより選択できます。

このボタンは、VOLTS/DIVつまみで垂直感度を連続的に変更する

か1-2-5ステップで段階的に変更するかを選択します。

捕捉概要・フィールド(画面下左)の垂直感度のフォーマットに、

VOLTS/DIVつまみが連続モードかステッピング・モードか表示され

ます。

このボタンは、"カップリング"メニューにアクセスするメニュー・

6-2

カップリング

カップリング・メニュー

-

-

-

-

     ボタンを押して次の選択肢にアクセスします。

入力チャンネルごとのカップリングと接地

表示チャンネルに対するECLまたはTTLゲイン、オフセット、およ

びカップリング・プリセット

各チャンネルに対する帯域の制限

入力チャンネルごとのプローブ減衰率の選択

Coupling

入力チャンネルのカップリング選択に使用します。過負荷が検出され

ると、そのチャンネルは測定装置により自動的に接地ステートに設定

V/div Offset

NORMALが反転表示されている場合は、オフセット、電圧軸、お

よびECL信号表示への入力カップリングに対応するメニュー・ボタ

ンを押すと、それらが設定されます。ボタンを2回押すと、TTL信

号設定になります。3回押すと、最後に手動でセットアップした

チャンネル設定に戻ります。

Global BWL

バンド幅の制限を"OFF"または"ON"にします。

音の削減、または高周波エリアシング回避、たとえば単発アプリ

ケーションでエリアシングを起こす可能性のある高周波数信号など

を削減するときに有用です。

注: このコマンドは、すべての入力チャンネルに機能します。

P

rob

e Atten

6-3

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

プローブとプローブの校正

ProBusシステム

ProBus TM  システムは、プローブ減衰を自動的に検出することが可能

です。垂直ゲイン、オフセット、およびカップリングはすべて通常

のフロント・パネル制御で自動的に処理されるので、プローブ・シス

テムは、測定装置に統合されます。さらに、各プローブにはオフ

セットとゲインの補正表があり、ProBusにより自動的に読み込まれ

てオシロスコープへ反映されます。

AP020 10:1 1GHzアクティブFETプローブ使用中は、左の"Probed sensed"ボタン・メニューが自動的に表示され、設定値が表示されま

す。AP011電流プローブが使用されている場合、このメニューは再

定義され、プローブのセットアップと校正を実行できます。

6-4

プローブの校正

プローブを校正するには、プローブを入力チャンネルのBNCコネクタの1つに接続します。プ

ローブの接地鰐口クリップをCAL BNC接地に接続し、チップをCAL BNCの内部導体にあて

ます。CAL信号は、1 kHz、1 V p-pの矩形波です。

チャンネル・カップリングをDC 1 MΩに設定し、トレースをONにし、AUTO SETUPを押し

てオシロスコープをセットアップします。表示信号にオーバー・シュートまたはアンダー・

シュートが発生した場合は、プローブ同梱の小さいドライバをプローブ入力側のトリマへ差

し込み、左または右に回して最適な矩形波が得られるよう調節します。

さらにカップリングについて

ACポジションの場合、信号は容量的にカップリングされるため、入力信号のDC成分はブロッ

クされ、10 Hz未満の信号周波数は制限されます。

DCポジションの場合、信号周波数成分はすべてパスでき、1 MΩまたは50Ωの入力インピー

ダンスが選択できます。ただし、1 MΩ入力インピーダンスを選択すると、バンド幅がおよ

そ500 MHzに制限されることに注意してください。

50Ωでの最大入力は0.5 Wであり、これを超えると入力は自動的に切断されます。過負荷表示

はこのメニューの捕捉概要・フィールドに示されます。過負荷状態は、入力よりその信号を取

り除き、50Ωインピーダンスを再度選択するとリセットされます。

6-5

6

 

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

チャンネル制御部

チャンネル1、チャンネル2、チャンネル3、またはチャンネル4のトレー

ス・ボタンを押すと、対応するチャンネルのトレースが表示されるか、あ

るいは表示が消えます。OFFSETとVOLTS/DIVは、そのチャンネルの調

整に充てられ、アクティブ・チャンネルになります。

これらのボタンを押すと、その

チャンネルが表示されるかされ

ないかに関係なく、すべての垂

直制御がそのチャンネルに充て

られます。このチャンネルの番

号は捕捉概要・フィールドに反

転表示されます(第5章"画面の

こ の つ ま み は 、 ア ク テ ィ ブ ・

チャンネルの垂直位置を制御し

ます。

このボタンは、オフセットと電

して、アクティブ・チャンネル

の入力信号に合わせます。

6-1

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

このつまみは、垂直感度の切り換えを1-2-5のシーケンス、または連

変更による捕捉オフセットへの影響は、"SPECIAL  MODES"メ

ニューにより選択できます。

このボタンは、VOLTS/DIVつまみで垂直感度を連続的に変更する

か1-2-5ステップで段階的に変更するかを選択します。

捕捉概要・フィールド(画面下左)の垂直感度のフォーマットに、

VOLTS/DIVつまみが連続モードかステッピング・モードか表示され

ます。

このボタンは、"カップリング"メニューにアクセスするメニュー・

6-2

カップリング

カップリング・メニュー

-

-

-

-

     ボタンを押して次の選択肢にアクセスします。

入力チャンネルごとのカップリングと接地

表示チャンネルに対するECLまたはTTLゲイン、オフセット、およ

びカップリング・プリセット

各チャンネルに対する帯域の制限

入力チャンネルごとのプローブ減衰率の選択

Coupling

入力チャンネルのカップリング選択に使用します。過負荷が検出され

ると、そのチャンネルは測定装置により自動的に接地ステートに設定

V/div Offset

NORMALが反転表示されている場合は、オフセット、電圧軸、お

よびECL信号表示への入力カップリングに対応するメニュー・ボタ

ンを押すと、それらが設定されます。ボタンを2回押すと、TTL信

号設定になります。3回押すと、最後に手動でセットアップした

チャンネル設定に戻ります。

Global BWL

バンド幅の制限を"OFF"または"ON"にします。

音の削減、または高周波エリアシング回避、たとえば単発アプリ

ケーションでエリアシングを起こす可能性のある高周波数信号など

を削減するときに有用です。

注: このコマンドは、すべての入力チャンネルに機能します。

P

rob

e Atten

6-3

チャンネル、カップリンブ、およびプローブ

プローブとプローブの校正

ProBusシステム

ProBus TM  システムは、プローブ減衰を自動的に検出することが可能

です。垂直ゲイン、オフセット、およびカップリングはすべて通常

のフロント・パネル制御で自動的に処理されるので、プローブ・シス

テムは、測定装置に統合されます。さらに、各プローブにはオフ

セットとゲインの補正表があり、ProBusにより自動的に読み込まれ

てオシロスコープへ反映されます。

AP020 10:1 1GHzアクティブFETプローブ使用中は、左の"Probed sensed"ボタン・メニューが自動的に表示され、設定値が表示されま

す。AP011電流プローブが使用されている場合、このメニューは再

定義され、プローブのセットアップと校正を実行できます。

6-4

プローブの校正

プローブを校正するには、プローブを入力チャンネルのBNCコネクタの1つに接続します。プ

ローブの接地鰐口クリップをCAL BNC接地に接続し、チップをCAL BNCの内部導体にあて

ます。CAL信号は、1 kHz、1 V p-pの矩形波です。

チャンネル・カップリングをDC 1 MΩに設定し、トレースをONにし、AUTO SETUPを押し

てオシロスコープをセットアップします。表示信号にオーバー・シュートまたはアンダー・

シュートが発生した場合は、プローブ同梱の小さいドライバをプローブ入力側のトリマへ差

し込み、左または右に回して最適な矩形波が得られるよう調節します。

さらにカップリングについて

ACポジションの場合、信号は容量的にカップリングされるため、入力信号のDC成分はブロッ

クされ、10 Hz未満の信号周波数は制限されます。

DCポジションの場合、信号周波数成分はすべてパスでき、1 MΩまたは50Ωの入力インピー

ダンスが選択できます。ただし、1 MΩ入力インピーダンスを選択すると、バンド幅がおよ

そ500 MHzに制限されることに注意してください。

50Ωでの最大入力は0.5 Wであり、これを超えると入力は自動的に切断されます。過負荷表示

はこのメニューの捕捉概要・フィールドに示されます。過負荷状態は、入力よりその信号を取

り除き、50Ωインピーダンスを再度選択するとリセットされます。

6-5

7

 

タイムベース+トリガ

タイムベース + トリガの原理と機能

タイムベース・モード

以下のサンプリング・モードを使用できます。

- シングル・ショット

- ランダム・インターリーブ・サンプリング(Random Interleaved Sampling: RIS)

- ロール・モード

上記のうちどれを選択するかはタイムベース設定により異なります。シングル・ショットまた

はロール・モードを選択できる全タイムベースに対して、捕捉メモリは、以下のユーザ定義セ

グメントに細分化できます。

- シーケンス・モード

シングル・ショット

シングル・ショットは、デジタル・オシロスコープの基本捕捉技術であり、他のタイムベース・

モードはすべてこの技術を利用しています。

捕捉された波形は、入力信号を一定レートでサンプリングした連続測定電圧値で構成されま

す。1トリガ・イベントに関連する1連の測定データ値で構成される捕捉プロセスは一般に、ト

リガ・ディレイで決定されるイベント到着後の一定時間後に停止されます。このトリガ・イベ

ント時間は、タイムベース・クロックで測定されます。波形の水平位置は、時間0に定義され

たトリガ・イベントで決定されます。波形表示もこの定義で行われます。

チャンネルごとにADCを搭載しており、各入力チャンネルの電圧を同時にサンプリングし測

定します。これにより、複数のチャンネル間で信頼性の高い時間測定が可能です。

7-1

タイムベース+トリガ

高速タイムベース設定では、ADCの最大シングル・ショット・サンプリング・レート、1秒あた

杯まで波形を取り込めるよう、データ・サンプル数が増やされます。低速タイムベースでは、

サンプリング・レートが下げられデータ・サンプル数が維持されます。シングル・ショット捕捉

は、10 ns/divより遅いタイムベースの全範囲で可能です。

ピーク検出

低速タイムベース使用時には、サンプリング・レートが落ち、たとえば2サンプル間に発生し

たグリッチなど非常に短いイベントが見過ごされる可能性があります。これを回避するに

で信号エンベロープを捕らえます。これにより、パルス・パラメータ、FFT、平均化などの処

理対象となる同時捕捉データが破壊されることはありません。

ランダム・インターリーブ・サンプリング

* 1チャンネルあるいは各チャンネルごとの値。チャンネルを複数組み合わせることにより、

さらに速いサンプリング・レートも可能です。付録Aを参照してください。

7-2

形を安定したトリガで捕捉する技術であり、これにより、最大シングル・ショット・サンプリ

20ビン捕捉プロセスは、ランダムです。ADCサンプリング・タイミングとイベント・トリガの

相対時間差により、10 ps精度までのタイムベース測定に必要な変位量が提供されます。

通常、104トリガ・イベントにより1捕捉が完了します。しかし場合によってはより多くのイ

ベントが必要になります。これらのセグメントはインターリーブされ、最大シングル・ショッ

ト・サンプリング・レートの倍数になるタイム・インターバルをカバーする波形が得られます。

しかし、波形データが捕捉されるリアル・タイム・インターバルは倍数単位のより長いもので

あり、トリガ・レートとそれぞれのインターリーブ・レベルに依存します。このオシロスコー

プは、1秒あたり約4万RISセグメントを捕捉することができます。

トのタイムベース設定で使用できます。低速タイムベース設定では、RIS技術を使用する必要

はありません。

RIS捕捉は、"完全"でなくても使用できます。RIS捕捉は、STOPボタンでマニュアルで、また

はAUTOボタンで自動的に停止できます。セグメント不足のRIS波形も処理できます。

ロール・モード

は、低速データ・レートなのでリアル・タイムで捕捉ポイントを表示できます。トリガ・イベン

トが検出され捕捉が完了するまで、連続的に捕捉データが表示されます。最新データでト

レース表示が更新され、ストリップ・チャート・レコーダと同じ方法で右から左へ移動表示さ

れます。

* 1チャンネルあるいは各チャンネルごとの値。チャンネルを複数組み合わせることにより、

さらに速いサンプリング・レートも可能です。付録Aを参照してください。

7-3

タイムベース+トリガ

れます。

STOP、SINGLE、NORMAL、およびAUTOのそれぞれのボタンの動作は、ロール・モード

シーケンス

で捕捉された固定サイズのセグメントで構成されます。これらのセグメントは選択できます。

連続セグメントのトリガ・イベント間のデッド・タイムは、連続シングル・ショット波形間では

通常数百ミリ秒ですが、最高約50 μsまで短縮が可能です。長いタイム・インターバルにわた

る複雑なイベント・シーケンスは、イベント間の重要性の低い時間帯を無視して、精密詳細に

取り込むことができます。時間測定は、捕捉タイムベースの最大精度で、シーケンス波形の

異なるセグメントのイベント間で実行できます。

"Text & Times Status"メニューのセグメントそれぞれに、トリガ・タイム・スタンプが付けられ

用されます。

シーケンス・モードはリモート・コントロールで使用すると、このオシロスコープの高データ

伝送機能を最大限利用することができます。この高データ伝送機能では、1波形は後続の捕捉

セグメントごとの捕捉時間は、シーケンス・モードのタイムベース設定で決定されます。これ

は、10 x TIME/DIVとなります。

実際のサンプル数/セグメントと時間/ポイントは、タイムベース設定、セグメント数、最大セ

グメント長、および使用可能メモリ合計で決定されます。全セグメントを用いた完全な波形

表示は、画面に入りきらない場合もあります。

注: セグメント間のデッドタイムは、シーケンス捕捉中、ボタンやつまみに触らないように

することで確実に削減できます。

7-4

シーケンス・モードは一般的に、任意のセグメント数の波形捕捉や波形捕捉を終了するのに用

いられます。またセグメントを連続捕捉して、最も古いセグメントに上書きしていくときに

もこのモードが用いられます。ここで波形捕捉を終了するには、マニュアルでSTOP命令を出

すか、またはタイムアウト条件を使用します。

トリガ機能

サンプリング・データ終了のタイミングは、以下の2つの主トリガ・グループで決定されます。

-  LINE信号トリガ

-  時間によるホールド・オフ・トリガ

- トリガ・イベント数によるホールド・オフ・トリガ

- 複合ビデオ信号用TVトリガ

- 一定時間後に消滅するトランジションに対するドロップアウト・トリガ

- ある信号トランジション後、別の信号でトリガをかける、追加要求可能なクオ

リファイド・トリガ

LC564A、LC584Aシリーズでは、さらに次のタイミングでトリガをかけられます。

- パルスが一番目のスレショールド・レベルを横切り、二番目の2レショールド・

レベルは横切らず、さらに次の一番目のスレショールド・レベルを再度横切っ

- パルスの立上りエッジが、指定した時間より早く、または遅く、二つのレベル

7-5

タイムベース+トリガ

グリッチ、スパイク、ビット喪失、中間障害など希に発生する現象を捕らえるには、オシロ

スコープで排他イベント・トリガをかける必要があります。このオシロスコープでは、洗練さ

れたトリガモードを多数備えています。これらのモードのベースになっているカウンタは、

トできます。このカウンタは、20 sまでのタイム・インターバル測定にも設定できます。

エッジ・トリガ

単一エッジ・トリガは、SMARTトリガ構築に使用したパラメータと同じものを用いて、ソー

ス、カップリング、スロープ、およびレベル状態で記述されます。

ソース は、以下より選択されます。

-

CH1、CH2、CH3、CH4

:全電圧ゲイン、カップリング、バンド幅で決定され

-

る捕捉チャンネル信号

LINE :オシロスコープへの電力供給ライン電圧。これにより電源ライン同期信

号の安定表示を行えます。カップリングとレベルは、この選択には関連しませ

-

ん。

EXT

:EXT BNCコネクタへ印可される信号。これを用いて±0.5 V以内、入力イ

-

EXT/10

:EXT BNCコネクタへ印可される信号。これを用いて±0.5 V以内、入

カップリング

これは、トリガ回路入力での信号カップリングのタイプを示します。トリガ・カップリ

ングは、ソースごとに独立に選択できることに注意してください。これは、DROPOUT

トリガとQualifiedトリガで選択されます。そのため、トリガ・ソースの変更により、ト

リガ・カップリングの表示も変わります。カップリングに対する選択肢を以下に説明し

ます。

7-6

DC :信号の周波数成分すべてがトリガ回路にカップリングされます。このカッ

プリング・モードは、高周波数バーストの場合、またはACカップリングでは有効

-

トリガ・レベルがシフトしてしまう場合に使用します。

AC

:信号は容量的にカップリングされます。DCレベルは拒絶され、50 kHz未満

LF REJ :信号はハイ・パス・フィルタ・ネットワークを介して容量的にカップリ

ングされます。DCは拒絶され、50 Hz未満の周波数は減衰されます。LF REJト

リガ・モードは、中間周波数から高周波数の安定トリガが必要なときに使用しま

HF REJ :信号は、トリガ回路へDCカップリングされ、ロー・パス・フィルタ・

ネットワークにより、50 kHzを超える周波数が減衰されます。HF REJトリガ・

-

モードは、低周波数のトリガが必要なときに使用します。

HF :300 MHzを超える高周波数の繰り返し信号のトリガに使用します。500 MHz

ガの場合など、他のトリガ特性と互換性のない場合は、自動的にオーバライド

されACに設定されます。トリガ・シンボルにより示される1スロープのみ使用で

きます。

スロープ

トリガ・イベント生成に用いるトリガ電圧トランジション方向を選択します。選択し

たスロープは、カップリングと同じ方法でトリガ・ソースに関連付けられます。

7-7

タイムベース+トリガ

レベル

トリガ回路がイベントを生成するソース電圧を定義します。選択したレベルは、カッ

プリングと同じ方法でトリガ・ソースに関連付けられます。トリガ・レベルはボルト単

位で指定し、一般的に垂直ゲインまたはオフセットを変更してもトリガ・レベルは変更

されません。

-

トリガ・レベル

の振幅と範囲の制限を以下に示します。

-  チャンネルがトリガ・ソースの場合±5画面デビジョン

ホールドオフ(Holdoff)をともなうエッジ・トリガ

ホールドオフはトリガ回路の付加特性です。この特性がないと、連続するトリガ・イベント間の

時間は、入力信号、カップリング、およびオシロスコープのバンド幅でしか限定できません。

この時間に条件設定することにより、複雑な繰り返し波形の安定表示が得られることもあり

ます。このホールドオフは、時間またはイベント・カウントで表されます。

時間で表す場合、時間は1トリガ・イベントにて測定開始され、指定した時間内に発生するト

リガを無視します。その後発生する最初のトリガによってオシロスコープが取り込みを開始

します。

イベント・カウントは、1トリガ・イベントより次のトリガまでに無視されるトリガ・イベント

の数です。

使用カウントの選択は、アプリケーションにより異なります。また同じ結果になることもよ

くあります。

ホールドオフは、捕捉終了時点ではなくポテンシャル・トリガにより開始されることに注意し

てください。ポテンシャル・トリガは、オシロスコープがレディー状態の場合受け付けられ、

前のトリガ・イベント処理中は無視されます。ホールドオフにより、実際の連続するトリガ間

での同期が保証されます。

7-8

タイムベースとトリガ制御

どのモードでも捕捉を一時停止します。

STOPボタンを押すと、オシロスコープはそれ以上新しい信号を捕

捉しません。

シングル・ショット捕捉中にSTOPボタンを押すと、最後に捕捉した

信号が記憶されます。

RIS捕捉開始後STOPボタンを押すと、捕捉は中断され、部分的波形

再構成が実行されます。

ロール・ モードで捕捉中に

STOPボタンを押すと、トリ

ガが発生したかのような不

完全な捕捉データが表示さ

れます。

シーケンス・モードで捕捉中

にSTOPボタンを押すと、タ

イムベースが停止し、新し

いセグメントがすべて表示

されます。

−は、測定装置をAutoモー

ドにします。60 ms以内にト

リガが発生しない場合は、

オシロスコープに自動的に

信号が表示されます。トリ

ガが60  ms以内に発生する

と 、 オ シ ロ ス コ ー プ は 、

Normalモードと同様に動作

します。

7-9

タイムベース+トリガ

RISモードでAUTOボタンを押すと、捕捉は終了し、1秒ごとに表示

ロール・モードでは、オシロスコープは入力信号を連続的に無限に

サンプリングします。この捕捉にはトリガ条件はありませんが、任

意に停止できます。

シーケンス・モードでは、連続する2トリガ間の時間が、選択可能な

グメント1より開始します。

−は、トリガが有効であるかぎり画面を更新し続けます。有効トリガ

ロール・モードでは、トリガ後最終必要データが捕捉されると捕捉

が終了します。表示は静止状態になり、波形全体が表示されます。

その後ロール・モードに戻り次のトリガを待ちます。

シーケンス・モードでは、最終セグメント捕捉後、捕捉が終了しま

す。次の捕捉が即座に開始されます。NormalでのシーケンスWRAP

は、シングル・ショット・モードと同じです。

−は、オシロスコープをシングル・ショット・モードにします。オシ

ロスコープは単一トリガの発生を待ち、発生があればその信号を表

示し捕捉を停止します。信号が発生しない場合は、もう1度ボタン

を押してトリガなしの信号を表示できます。

RISモードでは、測定装置は画面に1信号を描くのに必要なすべての

トリガ・イベントを待ち、トリガ・イベントがすべて発生すると終了

します。これには、4,000ものトリガ・イベントが必要です。

ロール・モードでの動作は、シングル・ショット・モードと同じです

が、信号表示のために再度ボタンを押す必要はありません。

7-10

−は、プリ・トリガ・ディレイまたはポスト・トリガ・ディレイの調節

に使用します。プリ・トリガは、時間軸の0〜100 %まで1%刻みで調

節できます。プリ・トリガ・ディレイは、グリッド下部に縦の矢印で

表示されます。ポスト・トリガは、0〜10,000デビジョンまで0.1デビ

ジョン・インクリメントで調節できます。ポスト・トリガ・ディレイ

値には、秒単位のラベルがつき、画面トリガ・ディレイ・フィールド

に表示されます。

−は、トリガ・ディレイを0に復帰し、トリガ・ポイントをグリッド

左端に設定します。

−は、1-2-5シーケンスで1デビジョンあたりの時間を選択します。

時間軸設定は、捕捉サマリ・フィールドに表示されます。

−は、トリガしきい値を調節します。トリガ信号の振幅とトリガ・

レベルの範囲は、トリガ・ソースにより以下のように制限されま

す。チャンネルの場合±5画面デビジョン、EXTの場合±0.5 V、

EXT/10の場合±5 V、LC564、584の場合はEXT/5で±2.5 V、Lineの

場合はイナクティブです。トリガ感度は、3分の1画面デビジョン以

上です。

−は、メニュー・エントリ・ボタンです。次章"TIMEBASEのセット

アップ"で説明する"TIMEBASE"メニューを呼び出します。

−は、メニュー・エントリ・ボタンです。第9章"エッジ・トリガと

SMARTトリガ"で説明する"TRIGGER SETUP"メニューを呼び出し

ます。

7-11

8

 

TIMEBASE のセットアップ

TIMEBASEメニュー

TIMEBASE

    を押して以下の選択肢にアクセスします。

- 外部クロック

- チャンネル結合とピーク検出

- シーケンス・モード

- シーケンス・モードのセグメント数

- 最大レコード長

"TIMEBASE"メニューには、捕捉ポイント数、サンプリング・レー

ト、およびタイム・スパン合計も表示されます。

Sampling (サンプリング)

以下の2モードを選択して捕捉します。

"シングル・ショット"

入力チャンネルより連続シングル・ショット捕捉しながら、収集し

たデータを表示します。このモードでは、繰り返しのないイベント

または非常に繰り返し率の低いイベントを全入力チャンネルより同

時に捕捉できます。

入力信号が繰り返しで構成されトリガが安定な場合、シングル・

ショットより効果的な高速サンプリングできます。

Sample Clock (サンプリング・クロック)

Channel Use (チャンネル使用)

Sequence (シーケンス)

Record up to (〜まで記録)

取り込める最大サンプル数を選択するには、関連するメニューつま

みを使用します。

8-1

TIMEBASE のセットアップ

TIMEBASE EXTERNAL

N A L が表示されます。C K I O オプションによりクロック信号が

EXTernalトリガBNC入力に供給され、このクロックでオシロスコー

プのADCが駆動されます。

Sampling (サンプリング)

このメニューは、外部サンプリング・クロックが使われているとイ

ナクティブです。シングル・ショット捕捉のみ使用できます。

Sample Clock (サンプリング・クロック)

最大100 MHzまでのサンプリング・クロックをEXT BNCコネクタに

印可する信号種別を選択します。信号の立ち上がりエッジでオシロ

スコープのADCをクロックします。入力のサンプリングに有効なし

きい値を以下に示します*。

ECL ....................................................................... −1.3V

0 V ............................................................................. 00 V

TTL ....................................................................... +1.5V

ング・クロックにリア・パネル接続外部クロック50〜500 MHzを用い

ることを指定します。信号の立ち上がり時間と立ち下がり時間は、

ともに10 nsとします。

External (外部)

外部クロック信号の入力カップリングを選択します。

Sequence (シーケンス)

シーケンス・モードを選択します。セグメント数は対応するつまみ

で調節します。外部クロック使用中は、トリガ・タイム・スタンプ機

能もAUTOシーケンス・タイム・アウト機能も使用できません。ま

た、内部セグメント・デッド・タイムも保証されません。

Record (記録)

シングル・ショット捕捉のサンプル数を選択します。

* 外部クロック・モードは、EXTトリガがトリガ・ソースでない場合にのみ使用できます。

8-2

外部クロック使用に関する注意事項

トリガ・ディレイもサンプル数で表され、通常通り調節できます。

トリガと外部クロック間の時間差測定は行われません。そのため、同一信号の連続捕捉は、

画面上ではジッタとなって表示されることもあります。

要です。捕捉は、トリガ条件が満たされ、適切な数のデータ・ポイントが蓄積されるまでホー

ルトされません。

に戻ります。

8-3

TIMEBASE のセットアップ

TIMEBASE - Sequence(シーケンス)

作にします。

Sampling (サンプリング)

このメニューは、外部サンプリング・クロック使用中はイナクティブで

Sample Clock (サンプリング・クロック)

サンプリング・クロックとしてEXT BNCコネクタに印可する信号種

ズはオプションです。)

Channel Use (チャンネル使用)

次のページを参照してください。

Sequence (シーケンス)

トリガ・モードがSingle    のときは、オシロスコープはセグメ

ントを埋めて停止します。

しかしトリガ・イベントがセグメントを埋めるのに十分でないと、

オシロスコープは    が押されるまで待機します。

トリガ・モードがNormal    のときは、セグメントを埋め終え

てもまだトリガ・イベントが発生すると、オシロスコープはセグメ

トリガ・モードがAut    のときは、連続する2トリガ間の時間

が選択可能タイム・アウトを超えると、オシロスコープはセグメン

8-4

タンを押すまでセグメントが継続して埋められます。最後のnセグ

メントが表示されます。AUTOモードでは、WRAPシーケンスを停

止する他の方法があり、連続する2トリガ間の時間が選択可能タイ

ム・アウトを超えると捕捉が停止します。

の表示のように変わります。関連するメニューつまみでセグメント

数を選択します。

Max. segment (最大セグメント数)

対応するボタンまたは関連するつまみを使用してセグメントごとの最大レコード長を選択し

ます。

Channel Use (チャンネル使用)

チャンネルを組み合わせてADCを時間単位でインターリーブすると、多量のメモリでより高

速なサンプリング・レートが得られます。

チャンネル1とチャンネル4をディスエーブルにしてチャンネルをペアにすると、チャンネル

2とチャンネル3の最大サンプリング・レートは1 GS/sになります。最大レコード長も2倍にな

ります。高速タイムベースでは、チャンネル2とチャンネル3に特殊アダプタを使用すると2

GS/sを達成できます。このアダプタを取り付けると即時、オシロスコープは4つの500 MS/s

ADCと捕捉メモリをインターリーブし、最大サンプリング・レート2 GS/s、初期レコード長の

LC564A、LC584Aシリーズのみ:

"4"を選ぶと全ての入力チャンネルが有効となります。"2"を選ぶとチャンネル2とチャン

ネル3を結合し、他のチャンネルが使えなくなります。"1"を選ぶと、4つの各チャンネル

のA/DCをひとつに結合し、チャンネル2のみが使える状態となります。

8-5

9

 

エッジ・トリガと SMART トリガ

トリガのセットアップ

TRIGGER SETUP

    を押して、以下にアクセスします。

リガがあります)

- 以下のトリガをかけるSMARTトリガ設定

- グリッチ

- インターバル

- TV信号

- エッジ・クオリファイド・イベントまたはステート・クオリ

ファイド・イベント

- ドロップアウト

- パターン

LC564A、LC584Aシリーズには次のSMARTトリガがあります。

- ラント・トリガ

- スルー・レート・トリガ

トリガ・ カップリングは、

いったん指定すると単なる

パラメータとなり、各トリ

ガ・ソースのモード間で無変

更のまま渡されます。

9-1

エッジ・トリガと SMART トリガ

エッジ・トリガ・メニュー

TRIGGER SETUP - Edge

以下の選択肢があります。

- トリガ・ソース

- ソース別カップリング

- 時間またはイベント数単位のホールドオフ定義

Edge/SMART (エッジ/スマート)

"Edge"を選択します。

trigger on (トリガ・ソース)

Edgeモードのトリガ・ソースを選択します。

coupling (カップリング)

指定したソースのトリガ・カップリングを選択します。

slope (スロープ) holdoff (ホールドオフ)

オシロスコープのトリガ回路をディスエーブルできるようにしま

す。このディスエーブル期間はトリガ・イベント発生後の時間また

はイベント数で定義できます。

メニューつまみは、"holdoff"値の変更に使用します。

時間holdoff値は、10 ns〜20 sの範囲で入力できます。

イベント・カウントは、1〜10

9

の範囲で入力できます。

9-2

エッジ・トリガ記号

分はトリガ生成場所を示します。記号の色は、ソース・チャンネルの色と同じです。

9-3

エッジ・トリガと SMART トリガ

SMARTトリガ

TRIGGER SETUP - SMART

さまざまなSMART Trigger(スマート・トリガ)選択肢とそれぞれのメニューおよび関連パラ

メータにアクセスします。

SMARTトリガのセットアップ

そこからこの章で説明されているトリガを選択できます。

このページの他のメニューは、たとえ"SETUP SMART TRIGGER"

を選択しても、ここにあるものと同じです。ページ9-6に説明があ

ります。

9-4

グリッチ・トリガ

グリッチ・トリガは、(入力信号のトリガ・レベルでパルス幅を判別し、)グリッチ、または高

速トランジションにより、トリガをかけます。

デジタル・エレクトロニクスでは、被試験回路には通常内部クロックが用いられており、グ

リッチは論理的に、そのクロック幅未満または1/2クロック幅未満のパルス幅を持つパルス、

と定義できます。

しかし広義には、グリッチは被観察波形よりはるかに高速なパルスとみなせます。

グリッチ・トリガは、デジタルおよびアナログ電子開発、ATE、EMI、テレコム、および磁気

媒体研究などさまざまな分野のアプリケーションに対して幅広い機能を提供します。

このトリガは、任意のパルス幅リミットを満たすパルスの終わりでイベントを生成します。

正負両方のパルスを使用できます。パルス幅リミットは、タイム・ウィンドウの内部または外

部で、一定の値より大きくも小さくも指定選択できます。

9-5

エッジ・トリガと SMART トリガ

最小値600 psより開始する、分解能100 psのパルス幅を選択できます。繰り返しグリッチに対

SMART TRIGGER - Glitch type (タイプ) trigger on  (トリガ・ソース)

トリガ・ソースを選択します。

coupling  (カップリング)

トリガ・カップリングを選択します。

at end of  (エッジ指定)

るか定義します。

width  (幅) <

"On"にすると、パルス幅がこのフィールドに定義した値未満の場

合、測定装置によりトリガがかかります。この値は関連するメ

ニューつまみで調節でき、試験は、"width >"試験メニュー選択と組

み合わせてメニュー・ボタンでオン/オフできます。"width >"の値

ズでは600ps-20s)

& width  (幅)>

"On"にすると、パルス幅がこのフィールドに定義した値を超える場

合、測定装置によりトリガがかかります。この値は関連するメ

ニューつまみで調節でき、試験は、"width <"試験メニュー選択と組

み合わせてメニュー・ボタンでオン/オフできます。"width <"値が

"width  >"値より大きいと、2つのパルス幅リミットが結合されて

これはエクスクルージョン・トリガの原理であり、ページ9-10に説

明があります。

9-6

TRIGGER SETUP - GLITCH - Pattern trigger on (トリガ・ソース) for pattern(パターン) width (幅)<

このフィールドに定義した値未満の期間に、パターンが存在する、

または存在しないかによってトリガがかかります。この値は、関連

するメニューつまみで調節でき、この試験は対応するメニュー・ボ

タンを押すと">"に変わります。

& width (幅)>

このフィールドに定義した値より長い期間に、パターンが存在す

る、または存在しないかによってトリガがかかります。この値は、

きと同じ操作で"<"に変わります。

9-7

エッジ・トリガと SMART トリガ

インターバル・トリガ

インターバル・トリガ(Interval Trigger)は、GLITCH(グリッチ)トリガと似ていますが、試験

がパルス幅ではなくインターバル幅により実施されることが異なります。不要な反射信号を

無視したいときにインターバル・トリガを使用でき、アプリケーションに幅を持たせることが

じ方向のスロープのエッジ間の時間を定義します。)

このトリガでは、似かよった2つのトリガ信号トランジション間のインターバルが設定リミッ

トを満たしていると、イベントが生成されます。グリッチ・トリガとは異なり、小さい方の時

長いデータ・ストリームのビット損失は、このインターバル幅トリガで簡単にトリガをかけら

れます。

9-8

SMART TRIGGER - Interval type(タイプ) trigger on(トリガ・ソース)

トリガ・ソースを選択します。

coupling(カップリング)

トリガ・カップリングを選択します。

between(エッジ指定)

間のインターバルを定義します。

interval(インターバル) <

インターバルがこのフィールドに定義した値未満の場合にトリガが

かかります。この値は、関連するメニューつまみで調節できます。

この試験は、対応するメニュー・ボタンでのオン/オフでき、"interval >"試験と組み合わせて実施できます。インターバル値には、10

OR interval(インターバル) >

インターバルがこのフィールドに定義した値を超える場合にトリガ

がかかります。この値は、関連するメニューつまみで調節できま

す。この試験は、対応するメニュー・ボタンでオン/オフでき、"interval <"試験と組み合わせて実施できます。"interval <"値が"interval

>"値より大きいと、2つのインターバル幅リミットが結合されて

ウィンドウ外のインターバルが選択されます。

これはエクスクルージョン・トリガの原理であり、次のページに説

明があります。

9-9

エッジ・トリガと SMART トリガ

グリッチ・トリガとインターバル・トリガは両方ともエクスクルージョン(Exclusion)トリガに

使用できます。エクスクルージョン・トリガにより、オシロスコープで正常な信号幅または信

号期間を指定し、形状の正常な信号は無視して、異常形状の信号でトリガをかけることがで

きます。回路障害はいつでも検出できます。

たとえば、トリガ・ウィンドウをセットアップして47.5nから50 ns幅のパルスを排除できます。

パルス幅47.5nから50 ns以外の波形のみによってオシロスコープにトリガがかかり、好ましく

ない信号動作がすべて捕らえられ、表示されます。このような波形は、個別にもまたは重ね

て表示でき、プリントできます。FFTも含め波形の演算処理も実行できます。

TVトリガ

TVトリガでは、フィールドの指定ラインで、標準のまたはユーザ定義のコンポジット・ビデ

オ信号で安定トリガをかけられます。TV信号のあるところでは応用できます。

このフィールド信号によりトランジションが開始され、ライン・パルスのカウントが開始され

るため最終的に、選択したラインでトリガをかけることができます。

最も一般的なタイプのTV信号に対応する標準設定もありますが、フィールドごとに、フィー

ルド数、フィールド・レート、インターレース・ファクタ、およびピクチャあたりのライン数

を指定する必要があります。

TVトリガは、簡単な任意ライン・モードでも機能します。

9-10

SMART TRIGGER - TV type(タイプ)

"TV"を選択します。

TV signal on(TV信号ソース)

トリガ・ソースを選択します。

# of fields(フィールド数)

フィールド数を定義します。最大8まで。

TV type(TVタイプ)

ます。

as(ファクタ)

625/50/2:1標準または525/60/2:1標準に設定するときには、"Standard

数、およびインターレース・ファクタを設定するときには、"Custom

trigger on(トリガ・ソース)

トリガ・ソースに使用するラインとフィールド番号を選択します。

9-11

エッジ・トリガと SMART トリガ

TVトリガに関する注意

A. 大部分のTVシステムにはフィールドが3つ以上ありますが、オシロスコープで拡張フィー

で連続的にトリガをかけられます。フィールド番号付けシステムは相対的なので、オシロス

B. それぞれの特性に関して、以下の点に注意してください。

この設定は、ほとんどの標準50フィールド/秒信号に使用します。ラインは1〜626の範囲

で選択でき、ライン626はライン1と同じです。

フィールド数: カラーPAL信号に対しては8フィールドが非常に便利です。またSECAM

信号には4フィールドが適切です。

この設定は、標準60フィールド/秒NTSC信号対応にします。ラインは1〜1051の範囲で選

択でき、ライン1051はライン1と同じです。

アメリカ型NTSCシステムには、フィールド数 = 4、が非常に便利です。

最大限の柔軟性を持たせるために、ライン・カウント規約は使用しません。ライン・カウ

ントは、ライン同期パルス・カウントとして考慮する必要があり、等化パルス・トランジ

ションもこれに含まれます。極端なTV信号の場合、フィールド・トランジション検出機

のみ有効です。

C. 拡張フィールド・カウント機能は、RIS捕捉では使用できません。

D. コンポジット・ビデオ信号の適切な復号化には、negative-going同期が必要です。

9-12

クオリファイド・トリガ

ある信号のトランジションが、指定したしきい値を超えているか否かで、2番目の信号をトリ

ガ・ソースとして有効にするかどうかを決めるトリガです。この方式は、マイクロプロセッサ

のデバッギングやテレコム分野など、時間的不整合が発生する場合によく応用されます。

リファイド。第1信号のエッジが一度指定したしきい値を超えれば、それ以降は2番目の信号

トリガは、第1信号のクオリファイ条件が満たされると直ちに有効となります。時間制限、

ディレイ、イベント・ディレイなどの付加条件をつけられます。ディレイ・カウンタは新しい

クオリファイ条件ごとにリセットされます。

1) ステート・クオリファイド

クオリファイヤ信号が、定義したしきい値の上または下で常に安定しているとき有効としま

す。トリガは、ある与えられた時間またはある与えらたイベント数の前または後、クオリ

ファイヤが有効である間、受け付けられます。クオリファイヤに有効性がなくなると、タイ

ム・カウンタとイベント・カウンタはリセットされます。

9-13

エッジ・トリガと SMART トリガ

SMART TRIGGER - Qualified -State type(タイプ) by(種類) trigger on(トリガ・ソース)

トリガ・ソースを選択します。このトリガ・ソースに対する他の条件

はエッジ・トリガでセットアップできます。

only after(クオリファイヤ・ソース)

クオリファイヤ・ソースを選択します。他の条件はエッジ・トリガで

セットアップできます。

goes & stays(クオリファイヤ側)

クオリファイヤ信号のしきい値を関連するつまみで指定し、このメ

ニュー・ボタンで、クオリファイヤ信号が、そのしきい値の"Above

します。

クオリファイヤ信号ソースに"Pattern(パターン)"を選択したとき

wait/within(待機時間)

"T<"は、トリガ・イベント受け付けのタイム・リミットを指定しま

す。また、"T>"および"Evs"はそれぞれ、次のトリガ・イベントで捕

捉が行われるまでの許容時間、およびトリガ・イベントの許容数を

指定します。

クオリファイヤ信号は、最終トリガ信号が検出されるまで有効性を

維持している必要があります。

時間値は、10 ns〜20 sの範囲で選択できます。

トリガ・イベント数は、1〜10 9 の範囲で選択できます。

9-14

エッジ・クオリファイド・トリガ

クオリファイヤ信号が、定義したしきい値の上側または下側のどちらかに振れたとき即座に

あるいはある一定数のトリガ・イベント後、受け付けられます。しかし、新しい有効トランジ

ションが発生すると、すぐにタイム・カウンタとイベント・カウンタはリセットされます。

クオリファイド・ファースト・トリガ(LC564A、584Aでは使用できません)

オシロスコープがシーケンス・モードのときに使える特殊なトリガがクオリファイド・トリ

ガです。通常のエッジ・クオリファイド・トリガでは、シーケンス・モードのときに、各セ

グメントのトリガごとにクオリファイヤ信号が必要です。クオリファイド・ファースト・ト

リガを使えばシーケンス・モードのときに、クオリファイヤ信号は初めの1セグメント時に

のみ必要で、2番目以降のセグメントでは不要です。このため、セグメント間のデッド・タ

イムも短くなります。

9-15

エッジ・トリガと SMART トリガ

SMART TRIGGER - Qualified - Edge type(タイプ) by(種類) trigger on(トリガ・ソース)

トリガ・ソースを選択します。このトリガ・ソースに対する他の条件

はエッジ・トリガでセットアップします。

only after(クオリファイヤ・ソース)

クオリファイヤ・ソースを選択します。他の条件はエッジ・トリガで

セットアップします。

has gone(有効方向)

クオリファイヤのしきい値を調節し、クオリファイヤ信号がそのし

きを有効とするか指定します。

wait/within(待機時間)

"T<"は、トリガ・イベント受け付けタイム・リミットを指定します。

"T>"および"Evs"はそれぞれ、有効トランジション発生後のディレ

イを時間およびトリガ・イベント数で指定します。トリガは、この

ディレイの後にのみ受け付けられます。

その後クオリファイヤ・イベントが発生すると、その都度このカウ

ントはリスタートされます。

時間値は、10 ns〜20 sの範囲で選択できます。

トリガ・イベント数は、1〜10

9

の範囲で選択できます。

9-16

ドロップアウト・トリガ

た時間が経過しても、有効なエッジが発生しない時にトリガをかけます。

本質的にはシングル・ショット・アプリケーションであり、通常はプリ・トリガ・ディレイが用

いられます。トリガ・タイムアウトのタイミングは入力チャンネル信号と十分に相関がとれな

いので、RIS捕捉はここでは役に立ちません。

9-17

エッジ・トリガと SMART トリガ

SMART TRIGGER - Dropout type(タイプ) trigger after timeout, if NO edge occurs on(下記ソースで

エッジが発生していないとき、タイムアウト後トリガ生成)

トリガ・ソースを選択します

with slope(スロープ)

で測定を開始するか定義します。

within(範囲)

25 ns〜20 sの範囲でタイムアウト値を定義します。

(LC564A、LC584Aシリーズでは2ns-20s)

9-18

パターン・トリガ

み合わせです。これらのステートは、トリガの定義しきい値に対してロー(L)、ハイ(H)、ま

たはドントケア(X)のいずれかで定義されます。さらに、ユーザ定義パターンの開始または

終了、あるいはパターンの入口または出口、のどちらでトリガをかけるかも定義します。

パターン・トリガは、複雑なロジック試験が必要な場合常に有用です。その応用分野には、コ

ンピュータまたはマイクロプロセッサのデバッグ、高エネルギー物理学、物理イベントが複

数の同時発生イベントにより識別される状況、およびテレコム分野のデータ伝送バスのデ

バッグなどがあります。

テートの論理"和"がチェックされます。

ウィンドウ・パターン・トリガの重要な例を考慮してください。

バイ・レベルでは、振幅が既知範囲外のどちらかの方向に振れるシングル・ショット信号が暗

に期待されています。

バイ・レベル・パターン・トリガをセットアップするには、信号を、チャンネル1とチャンネル

2の2つの入力に、またはトリガのソースにできるチャンネルであれば任意のペアに接続しま

す。たとえば、チャンネル1のしきい値を+100 mV、チャンネル2のしきい値を-200 mVに設

定します。バイ・レベル・トリガは、オシロスコープがチャンネル1の+100 mVを超えるパルス

で、またはチャンネル2の- 200 mV未満のパルスでトリガがかかる状態のとき、発生します。

精度を上げるには、2つのチャンネルのゲイン設定を同じにする必要があります。

ブール代数では次のように表現できます。

パターンの入口でトリガをかける場合、

ド・モルガンの法則では以下のようになります。

9-19

エッジ・トリガと SMART トリガ

パターンの出口でトリガをかける場合

この構成は簡単にプログラムできます。

チャンネルごとに個別にしきい値を設定できると、この方式は拡張されてより一般的なウィ

ンドウ・トリガになります。トリガをかけるには、入力パルスの振幅が、ある与えられた任意

のウィンドウの内側にまたは外側にある必要があります。

パターン・トリガは、トリガ・ポイントを選択できるように設計されています。LHX入口を選

択すると、パターンLHXが真になる瞬間にトリガがかかります。

9-20

SMART TRIGGER - Pattern type(タイプ) trigger on(トリガ条件)

なったときにトリガがかかります。

Pattern with(チャンネル選択)

下のメニューの対応するボタンで変更を加えるチャンネルを選択し

ます。

coupling(カップリング)

任意のカップリングを選択します。

注: HFカップリングは、パターン・トリガでは使用できません。

level(レベル)

関連するつまみで値を設定、つまりレベル調節し、対応するメ

選択します。

holdoff(ホールドオフ)

トリガ回路をディスエーブルします。このディスエーブル期間はト

またはイベント数で定義できます。

オフでないとき、holdoffは下記項目で定義できます。

"Time"期間、

"Evts"数、イベント数

"holdoff"値は、関連するメニューつまみで調節します。

時間holdoff値は、10 ns〜20 s の範囲で入力できます。

イベント・カウントは、1〜10 9 の範囲で入力できます。

9-21

エッジ・トリガと SMART トリガ

ラント・トリガ(LC564A、LC584Aシリーズのみ)

ラント・トリガは、2つの設定スレッショルドで入力信号のレベルを判別し、2つのスレッ

ショルドの中間レベルの信号でトリガをかけます。

RUNT TRIGGERS

このトリガは信号が片方のスレッショルドを横切った後、他方のスレッショルドを横切るこ

となく再び同じスレッショルドを横切るとトリガがかかります。ラント信号の継続時間を

600ps〜20sまでの間で指定又長い●●指定することができます。

9-22

Type(タイプ)

Trigger on

トリガのソースを選択します。

Coupling(カップリング)

トリガ・カップリングを選択します。

HIトリガは、選べません。

with

ラントトリガの3つの条件を設定します。

のメニューが現れます。

upper level(上レベル)

ラント信号を判定する上のレベルを設定します。

lower level

ラント信号を判定する下のレベルを設定します。

れます。この2つのリミットの設定の組み合わせにより、ラントの

かを指定できます。

runt≦

がかかります。

値の設定は、対応するつまみで行ないます。

"On""Off"の切り換えは、対応するボタンで行ないます。

&/OR  runt≧

がかかります。

値の設定は対応するつまみで行ないます。

"On""Off"の切り換えは、対応するボタンで行ないます。 of"と表示されたメニューが表され、トリガがかかるラント信号を

"Negative"か"Positive"を選べます。トリガは選択されたラント信号

の最後のエッジでかかります。

9-23

エッジ・トリガと SMART トリガ

スルーレート・トリガは、入力信号の立ち上がり、又は立ち下がりエッジの傾きを設定した

2つのスレッショルドで判別し、速いエッジや遅いエッジでトリガをかけます。

スルーレート・トリガは、主にデジタル回路におけるエッジの傾きの不良を検出するのに有

効です。

このトリガは、信号が2つのスレッショルドを●切った時間から立ち上がり時間又は立ち下

がり時間を検出し、設定された時間以下又は以上のエッジでトリガをかけます。

9-24

type(タイプ) trigger on

トリガのソースを選択します。

coupling

トリガ・カップリングを選択します。

with

スルーレート・トリガの3つの条件を設定します。

われます。

upper level

上側のレベルを設定します。

lower level

下側のレベルを設定します。

"dT"を選択すると以下のメニューが現われます。

dT≦

ります。

"On""Off"の切り換えあh対応するボタンで行ないます。

&/OR  dT≧

ります。

値の設定は、対応するつまみで行ないます。

"On""Off"の切り換えは対応するボタンで行ないます。

と表示されたメニューが現われ、"Negative"立ち下がりか"Positive"

立ち上がりかが選択できます。

9-25

エッジ・トリガと SMART トリガ

スマート・トリガ記号

下記の例のように、現在のトリガ条件がすぐにわかります。太く書かれた遷移部分はトリガ

生成場所を示します。記号の色は、ソース・チャンネルの色と同じです。

9-26

10

 

ZOOM + MATH

ズーム機能と演算処理機能

捕捉した波形を処理するために、さまざまなZOOM+MATH処理機能が用意されています。こ

の章では、これらの機能について説明します(これらの制御についてはページ10-4、Math

Setup(演算処理セットアップ)メニューについては第11章を参照してください)。

ズーム

直接ズームまたは波形演算処理には、4つのプロセス型トレースが使用できます。A、B、C、

またはDの4トレースのどれでもセットアップできます。このうち任意の1つに、チャンネル

1、2、3、または4に取り込まれたトレース、演算メモリM1-4のうち任意のメモリに記憶され

たトレース、またはその他のオリジナル・トレース3つのうち任意のものを拡大するよう設定

できます。たとえばトレースAのセットアップでは、トレースB、C、またはDを拡大し、ト

は、ソースを示します。

および拡大ファクタを調節します。1回に調節できるのは1トレースのみです。複数のトレー

スを表示する時には、SELECT ABCDボタンで調節するトレースを選択します。

ズーム機能を用いた高精度タイミング測定

チャンネルあたり10万ポイントでも水平拡大ファクタは2万まで増やせるので、表示トレース

の時間分解能を著しく改善できます。複数のトレースを同一波形にズームして高精度タイミ

ング測定を行えます。

たとえば、ある波形のタイム・インターバルが2信号トランジション間で約500μs離れてい

て、0.1 ms/divタイムベースにて、画面上では約5水平デビジョン離れたトランジションで捕

捉されていると想定します。この場合、トレースAをその信号の第1トランジションでズーム

するよう設定し、トレースBを第2トランジションでズームする設定にできます。

チャンネルあたり2万ポイントを用いると、トレースは2000ファクタで0.1μs/divまで拡大で

きます。相対水平カーソルを使用すると、500 μsタイム・インターバルを5 nsを超える高分解

能で測定できます。

長いメモリとズームとを組み合わせると、高精度のタイム・インターバル測定ができます。

10-1

ZOOM + MATH

マルチ・ズーム

拡大領域や強調領域は、同時に2〜3の異なるトレース間で、または同じトレース内の複数の

領域で動かすことができます。"ZOOM - MATH"メニューで"Multi-Zoom""On"を選択すると、

水平ズームと位置制御が、A、B、C、およびDのすべての表示トレースに同時に適用され、

異なるトレースの類似部を1度に表示することができます。垂直制御は、トレースそれぞれで

引き続き個別動作しており、あるトレースから他のトレースへの切り替えは、SELECT ABCD

は、アクティブMulti-Zoomを示します。

演算メモリの表示

演算メモリM1-4は直接表示はできません。A、B、C、またはDを介して表示する必要があり

ます。演算メモリを拡大表示するには、該当するトレースを"MATH SETUP"で定義します。

"RECALL WAVEFORM"メニューより選択できるショートカットを用いると、演算波形をA、

大用に再定義され、トレース表示がオンになり、前の対象トレース定義は失われます。

波形演算処理

トレースA、B、C、Dはすべて演算処理用に設定できます。波形の否定、アイデンティティ、

準機能です。

さらに、波形処理オプションには以下のものがあります。

- 連続平均

- 100万波形までの加算平均

- 3ビットまでのフィルタ付き分解能向上機能

- 積分、微分、対数、指数、二乗、平方根などの数理関数

- 統計解析を用いるパラメータ・ヒストグラム

10-2

波形演算処理は、どのチャンネルにも演算メモリにも適用できます。また4つのトレースにも

適用でき、連続して複数の計算を行えます。たとえば、トレースAをチャンネル1とチャンネ

ル2の差と設定し、トレースBをAの平均値、さらにトレースCをBの積分と設定すると、チャ

ンネル1とチャンネル2の差の平均値の積分された値が表示されます。

不必要な計算による測定装置の速度低下を回避するため、演算処理は、該当するディスプレ

イがオンの時にのみ計算されます。しかし同じ例を使用すると、測定装置では、Cへの中間

ステップとしてAとBを計算すると見なし、表示はトレースCだけで十分と見なします。

表示トレースそれぞれに対する処理タイトルは、Displayed Trace Labelに表示されます。タイ

トルがない場合は、目的の処理は行われす、トレースの内容は変化しません。

演算処理機能のズーム

トレースA、B、C、またはDを単純なズームではなく演算処理機能に定義するときは、ズー

ム制御は動作可能のままで、この関数のズームを別のトレースに定義する必要はありませ

ん。演算処理機能全体を表示するには、RESETボタンを押して拡大や位置変更をすべて取り

消します。

波形演算処理の高速化

波形処理は、多数のデータ・ポイントを扱うと時間がかかります。しかしこの時間は計算に用

第1ポイントは常に画面左端のデータ値になります。

チャンネル組み合わせによる影響

トレースA、B、C、D、および演算メモリM1、M2、M3、M4でのズーム機能と演算処理機能に

は、測定装置のシステム・メモリが使用され、必要に応じて動的にトレースに割り当てられます。

更にメモリを取り込む場合は、オプションLで8Mまで増やせますが、2チャンネルまたは4

チャンネルを組み合わせます。1つの8Mトレースに、演算メモリすべてを、または測定装置

のズームおよび演算処理機能容量を割り当てることができます。この場合、画面上に警報

メッセージが表示され、既に使用している演算メモリへ新規トレースが誤って記憶されない

ようにします。

10-3

ZOOM + MATH

ズームと演算処理の制御

B、C、またはDが表示され、POSITIONつまみとZOOMつまみが

RESETボタンとともに、このアクティブ・トレースに関連付けられ

ます。

複数のトレースが表示され

ているときに、このボタン

を押すとA-Dの順に次のト

レースがアクティブになり

ます。

を水平方向に位置変更しま

す。拡大された波形のソー

ス が 表 示 さ れ て い る と き

は、その拡大域に対応する

強調領域が表示されます。

−は、アクティブ・トレース

を垂直方向に位置変更しま

す。

10-4

−は、アクティブ・トレースを水平方向に拡大または縮小します。

拡大されたトレースのソースも表示されている場合は、拡大領域に

対応する強調領域が表示されます。

−は、アクティブ・トレースを垂直方向に拡大または縮小します。

−は、垂直および水平のPOSITIONとZOOMをリセットします。

−は、ズーム、演算処理、およびシーケンス・セグメント機能にア

クセスするメニュー・エントリ・ボタンです。詳細は次の章を参照し

てください。

10-5

11

 

MATH SETUP

Math SETUPメニュー

ZOOM + MATH

   を押して以下にアクセスします。

- 垂直、水平、マルチ-ズームなどのズーム機能

- 算術演算、アベレージ、分解能向上、Extrema(エクストレーマ)、FFTなどの演算処理

機能、および積分、指数、平方根などさまざまな関数

- ディスプレイ用シーケンス・セグメント

演算処理機能の使用

トレースA、B、C、およびDは、任意のズームまたは演算処理機能を実行するよう構成でき、

さらにそれらをチェーンできます。たとえば、トレースAをCH1の平均計算、トレースBをA

のFFT、およびトレースCをBのズームに構成できます。

どのトレースも、ZOOM + MATH TRACE ON/OFFボタンで画面上に同時に表示できます。

どの機能も直接ズームできます。

標準およびオプションの処理パッケージ

このオシロスコープの標準波形処理機能には、1000スイープまでの加算平均、加算、減算、乗

また、WP01波形処理ファームウェアには標準で、100万スイープまでの加算平均、1024ス

は、0.5〜3ビット垂直分解能を改良するデジタル・フィルタがあります。

WP02波形処理ファームウェアには、時間および周波数の両ドメインのリスケールに加え、周

11-1

MATH SETUP

REDEFINE A, B, C, or D(A、B、C、またはDの再定義)

Zoom and Auto-Scroll(マルチ・ズーム)

マルチ・ズーム機能とオート・スクロール機能にアクセスします。

拡大したトレースをすべて同時にPOSITIONつまみとZOOMつまみ

で制御するには、Multi-Zoomを"ON"にします。SELECT ABCDボタ

ンで選択したアクティブ・トレースのみPOSITIONとZOOMつまみで

制御するには、"OFF"にします。

Selected(選択)

シーケンス・モードの波形を拡大するトレースを選択すると、この

メニューは、ここには表示されませんが、アクセスできます。対応

前の選択で、関連するつまみを使用すると、セグメントを順にあ

たって目的のセグメントを選択できます。

for Math use max points...(演算処理用最大ポイント数)

全演算処理に対する最大ポイント数を選択します。数値を減らすと

計算速度が上がります。

11-2

SETUP - Zoom use Math?(演算処理機能を使用すしますか?)

ルします。

Trace A, B, C or D is ZOOM of(トレースA、B、C、または

Dのズーム・ソース)

拡大するソース・トレースを選択します。

11-3

MATH SETUP

SETUP - Arithmetic

2つの演算対象と演算子の選択と四則演算を可能にします。このページの例では、トレースA

をチャンネル1とチャンネル2の和と設定しています。

use Math?(演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算処理タイプ)

Sum Difference Product Ratio(+−×÷)

演算子を選択します。

1 2 3 4 B C D

M1 M2 M3 M4

2つの演算対象・ソース・トレースのうち1つを選択します。

1 2 3 4 B C D

M1 M2 M3 M4

もう1つの演算対象・ソース・トレースを選択します。

11-4

加算平均

これは、連続波形の重み付けの等しい繰り返し加算です。安定トリガを使用できる場合、こ

の平均で得られるランダム・ノイズ成分は、シングル・ショット・レコードのものより低レベル

です。

最大スイープ数に達すると、平均処理は停止されます。それ以上大きい数は、"SETUP""for"

メニューの数を変更するだけで累積できます。しかし、その他のパラメータは無変更のまま

にしておく必要があります。変更すると、新しい平均計算が開始されます。

このプロセスは、トリガ・モードをNORMALからSTOPに、またはアクティブ・トレースをオ

フに、それぞれのボタンで変更すると中断できます。逆の操作を行うと再開できます。累積

平均のリセットは、CLEAR SWEEPボタンを押して、または入力ゲイン、オフセット、カッ

プリング、トリガ条件、タイムベース、バンド幅リミットなど捕捉パラメータを変更して行

います。関数またはその拡張版のカレント平均波形数は、Displayed Traceフィールドに表示

されます。

加算平均を選択すると、ディスプレイの更新レートが約1.5秒ごとに1回に削減され、平均処

加算平均はシーケンス波形でも実行でき、各セグメントの平均を求めることができます。ま

た、シーケンス・セグメントの拡張にも適用でき、数多くのシーケンス捕捉でセグメントの平

均波形を得ることができます。

連続平均

これは、連続波形の重み付けの異なる繰り返し加算です。時間または振幅に対し非常に低速

でドリフトする信号のノイズ削減に特に有用です。しかし、連続平均の統計値は、最も最近

捕捉された波形に対してそれ以前に捕捉されたどの波形よりも重い重みづけがなされるた

め、同一スイープ数での加算平均の統計値より劣る傾向にあります。連続平均は、最も最近

に捕捉された波形の統計的な揺らぎに左右されます。

11-5

MATH SETUP

SETUP - Average(平均)

(リニア) (連続)

します。ここに示す例では、トレースAを、チャンネル1の1000スイープに対する加算平均に

設定しています。

use Math?(演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算タイプ)

Avg Type(平均タイプ)

"Summed"または"Continuous Average"を選択します。

for / weight(スイープ数/重み)

を定義します。"Continuous Average"を選択すると、このメニューが

"weight"になり、スイープ数と同じようにして重みを定義します。

"for"では、最初のnスイープが対象となり、"weight"では最後のス

イープに重み1が与えられ、それ以前のスイープは新しく平均計算

され重みはnとなります。

of(ソース・トレース)

平均するソース・トレースを選択します。

11-6

SETUP - Enhanced Resolution(分解能向上機能)

ロー・パス・デジタル・フィルタを選択し、バンド幅を制限して表示信号の分解能を上げること

ができます。詳細説明は付録Bにあります。

注: これらのデジタル・フィルタはアナログのバンド幅制限型フィルタと非常によく似た動作

をします。シングル・ショット・モードでは、これらのフィルタとサンプリング速度はバンド

幅に影響を与えます。低速タイムベースで広バンド幅が必要な場合は、平均処理と繰り返し

サンプリングを考慮する必要があります。

use Math?(演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算処理タイプ)

"Enhanced Resolution"を選択します。

enhanced by(フィルタ)

表示信号の分解能を向上するフィルタを、0.5ビット刻みで1〜3

ビットの範囲より選択します。

1 2 3 4 B C D

M1 M2 M3 M4

フィルタをかけるソース・トレースを選択します。

11-7

MATH SETUP

SETUP - FFT

詳しくは、付録C: FFTを参照してください。

use Math? (演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type (演算タイプ)

"FFT"を選択します。

FFT result (FFT結果) with window (ウィンドウ・タイプ)

FFTウィンドウ・タイプ選択します。また関連つまみで"AC"または

"DC"を選択します。

of (ソース・トレース)

ソース・トレースを選択します。

(アボート) :

FFT計算中は、FFTサインが画面右下隅に表示

されます。長い時間ドメインを持つレコード

のFFT計算には時間がかかります。計算は随

時、任意のフロント・パネル制御ボタン等で中

断できます。

11-8

SETUP - FFT Average

FFTソース・トレースのFFTパワー・アベレージ、安定したトリガがかけられない広バンド・ノ

注: ソース・トレースはFFT関数でなければなりません。

use Math? (演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type (演算タイプ)

"FFT AVG"を選択します。

FFT result (FFT結果) for (スイープ数)

スイープ数を選択します。

of (FFTソース)

FFTソースを選択します。

注: FFT Averageは"CLEAR SWEEPS"を押して

リセットできます。現在累積されている波形

数は、FFT演算またはその拡大のDisplayed

Traceフィールドに表示されます。

11-9

MATH SETUP

SETUP - Functions(関数)

表示されている演算のメニューは、以下の通りです。

use Math?(演算処理を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算タイプ)

Function(関数)

以下のリストより関数のタイプを選択します。

- Absolute value(絶対値)

- Derivative(微分)

- Reciprocal(逆)

- Square(二乗)

- Integral(積分)

of(信号オフセット)

択します。

plus(ソース・トレース)

ソース・トレースを選択します。

関数の注:

平方根は、ソース波形の絶対値を用いて計算します。

ス波形の垂直単位の値を掛けて、ソース波形をオフセットできます。

11-10

SETUP - Histogram(ヒストグラム)

ヒストグラム関数を選択し、パラメータ解析をセットアップをします。

use Math?(演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算タイプ)

MORE HIST SETUP(ヒストグラム詳細設定)

さらにヒストグラムを設定するために第2メニューにアクセスします。

FIND CENTER AND WIDTH(中心と幅の検出)

ヒストグラムに最適な中心幅値とビン幅値を計算します。

Histogram(ヒストグラム)

ヒストグラムに使用する最大5つのソース・パラメータを選択します。

using up to(最大数)

ヒストグラム母集団の総数を限定します。

これらのメニューは、WP03とDDM/PRMLの各専用のマニュアルに

詳しく説明されています。

11-11

MATH SETUP

SETUP - Rescale(リスケール)

波形を選択し、以下の式の乗算係数aと加算定数bを調節します。

ここで定数は2つとも-10E15〜+10E15までの範囲の値をとれます。

use Math?(演算処理機能を使用しますか?)

"Yes"を選択します。

Math Type(演算タイプ)

(a * 1) + b

"a"または"b"を選択します。

a = またはb =

このメニューに対応するメニュー・ボタンで、仮数、指数、または

桁数を反転表示します。関連するつまみで反転表示されている値を

変えます。

1 2 3 4 B C D

M1 M2 M3 M4

ソース・トレースを選択します。

11-12

12

 

SYSTEM SETUP(システム・セットアップ) とメニュー制御

システムのセットアップとナビゲーション

この例に示されている濃い

灰色のメニュー・エントリ・

ボタンは、画面メニューの

主要なセットを起動します

(それぞれのボタンについて

は、次のページを参照して

画面右脇に並ぶメニュー・ボ

タンは、画面上の個々のメ

ニ ュ ー の 選 択 や ナ ビ ゲ ー

ションを行います。

RETURNは、1つ上のレベル

のメニューに戻ります。最上

位レベルにいるときはそのメ

ニューをOFFします。

2つのメニューつまみは、そ

れぞれに対応する2 つのメ

ニュー・ボタン、すなわち最

下段の2つのメニューに関連

します。メニュー・ボタンと

つまみにより、メニューを2

重に制御できます。ボタン

でリストのパラメータ間を

移動し、1パラメータを選択

できます。つまみで、選択

したパラメータの値を設定

します。

12-1

SYSTEM SETUP(システム・セットアップ) とメニュー制御

DISPLAYは、"DISPLAY SETUP"メニューを呼び出します。このメ

ニューでは、色、グリッド、太さ、Full Screen、Dot Join、およびPersistenceの各メニューを制御します。詳細は、第13章を参照してくだ

さい。

UTILITIESは、"UTILITIES"メニューを呼び出します。このメ

ニューでは、ハードコピーのセットアップ、GPIBアドレス、特殊

モードの操作などを制御します。第14章を参照してください。

STOREは、"STORE  W'FORM"メニューを呼び出します。このメ

ニューでは、波形を内部メモリまたは外部メモリへ記憶します。第

15章を参照してください。

RECALLは、"RECALL W'FORM"メニューを呼び出します。このメ

ニューでは、内部メモリまたは外部メモリに記憶されている波形を

取り出します。第15章を参照してください。

CURSORS/MEASUREは、"CURSORS"セットアップ・メニューと

"MEASURE"メニューを呼び出します。"CURSORS"セットアップ・

メニューでは、トレースに関して高精度カーソル測定を行います。

"MEASURE"メニューでは、高精度パラメータ測定を行います。第

16章を参照してください。

−は、"PANEL SETUPS"メニューを呼び出します。このメニューで

は、パネルセットアップの保存と呼び出しを行います。第17章を参

照してください。

SCREEN DUMPは、GPIB、RS-232C、またはセントロニクスのイン

タフェース・ポートを介して画面表示をハードコピー装置へ、あるい

は直接外部感熱グラフィック・プリンタへプリントまたはプロットし

ます。さらにハードコピーは、データ・ファイルにしてフロッピー、

メモリ・カード、あるいはポータブル・ハードディスクへ出力できま

* このマニュアルはの画面例は、すべてSCREEN DUMPで作成しました。

12-2

SCREEN DUMPを押すと、表示された情報はすべてコピーされま

ピーできます。

と中止できます。バッファを空にしてコピーを停止するには一定の

時間がかかります。

CLEAR SWEEPSは、スイープ・カウンタをゼロにリセットして、平

均処理、パーシスタンス処理、合否試験など複数の捕捉やスイープ

を必要とする操作をリスタートします。

SHOW STATUSは、"STATUS"メニューを呼び出します。このメ

ニューは、捕捉やシステムなどに関する測定装置の状態サマリを表

示します。詳細は、第18章を参照してください。

12-3

SYSTEM SETUP(システム・セットアップ) とメニュー制御

これらの制御機能は、フロント・パネルの右にある青、緑、および薄い灰色のボタンで起動し

ますがさらに、さまざまな重要な機能や便利な機能を起動します。

AUTO SETUPは、タイムベース、トリガ・レベル、オフセット、お

かり、安定して表示します。

のみ動作します。オンのチャンネルがない場合

は、全チャンネルをオンに切り替えて、すべて

のチャンネルで動作します。

- 被検出信号は、4 mV〜40 Vの振幅、50 Hzを超

える周波数、および0.1  %  より大きいデュー

ティ・サイクルとします。

- 複数のチャンネルで信号が検出される場合は、

最も小さい番号のチャンネルによりタイムベー

スとトリガソースが選択されます。

ANALOG PERSISTは、デジタル・スコープの柔軟な

データ処理機能により、アナログ・オシロスコープの

信号表示機能が可能にします。

- アナログ・スタイルの表示を作り上げる為に、各

マップを画面に表示します。

- 表示マップごとにユーザ定義可能な捕捉後サ

チュレーション・コントロールができるため、簡

単に3-D波形表示で描けます。

12-4

す。

FULL SCREENは、波形とグリッドを拡大して表示領域全体に表示

します。

注: 強制的な装置リセット: 同時

にAUTO  SETUPボタン、

トップ・メニュー・ボタン、

およびRETURNボタンを押

すと、オシロスコープはデ

フォルトの起動時設定に戻

ります。

12-5

13

 

カラーとディスプレイ

ディスプレイ・インテリジェンス

高度で緻密なカラー処理により大型でパワフルなディスプレイに完全な画像が映しだされ、

画面上のオブジェクトに深み、明瞭性、および関連性が与えられます。ユニークなアナログ・

パーシスタンス機能により、デジタル・オシロスコープでアナログ・ディスプレイの特長を利

用できます。フルスクリーン機能を用いると、トレース全体を画面表示領域全体に拡大しま

す。

ディスプレイに使用される色は、パワフルでインテリジェントです。最大4トレースまでを塗

りつぶしてあるいは透過させて重ね描き表示できます。重なられたオブジェクト、つまりト

レースまたはグリッドの上のトレースは、透過モードでは常に表示されます。色彩と強度

は、ソフトウェア・オーバヘッドを非常に小さくするパワフルなハードウェア・サポート・シス

テムによって、リアルタイムに自動的に管理されます。

信号とそれらに関連するデータは、カラーで関連づけされます。トレースにはそれぞれ専用

のカラー・マップとパーシスタンス・データ・マップがあります。1MBのビデオ・メモリでバッ

クアップされたパーシスタンス表示は、無限に変形でき、自動的に親トレースとカラー・マッ

チされます。関連するトレースやテキスト、スクリーン・アイコン、および親子ズーム領域も

カラー・リンクされます。

アナログ・パーシスタンスは、単色の輝度レベルを用いて相対信号強度を表す標準Persistence

(カラー・グレード・パーシスタンス)モードであり、"PERSISTENCE(パーシスタンス)"メ

ニューより選択します。このモードでは、赤から紫までのカラー・スペクトルで信号強度が

13-1

カラーとディスプレイ

編成オブジェクト(Orchestrated Object) - 区別色(Distinguished Color)

ディスプレイは幾重にも重なるオブジェクトで構成され多様に変化しますが、この表示では

以下のものが変換され編成されます。

- 波形(エンベロープや強調領域も含む)

- グリッド

- パラメータ測定値

- カーソル

- ステータス情報

- 反転表示された情報(波形とテキスト)

これら表示オブジェクトは重ねられても明瞭に表示され、それぞれのID、情報、および関係

リンクや表示オブジェクト間の差異を際立たせます。

トレース - カラー・アソシエーション

トレースのベース・カラーは、各カラー・スキームで指定されます。しかし、トレースの拡張

テキスト - カラー・アソシエーション

トレースに関連したテキストには、測定パラメータ、カーソル、トリガ、波形、およびチャ

ンネルを記述した画面情報がいくつかあります。

画面上テキストすべてをカバーする標準テキスト・カラーは、あらかじめカラー・スキームに

設定されており、ユーザ選択によりカスタム・パレットに入れることができます。パラメータ

文字列、捕捉セットアップ、ステータス画面、トリガ情報などを含む波形ソース記述は、テ

トレース・ラベルとそれらのボックスに含まれる情報は、それぞれのトレース・カラーで表示

されます。

13-2

他のカラー・リンク

ほとんどのメニューはテキスト・カラーだけで表示されます。アクティブなトリガ・エッジま

たはトリガ条件では、トリガ・アイコンと同様に、ソース関連情報はトレース・カラーで表示

ラーで表示されますが、Math Set-Upメニュー・ソースはそれぞれ固有の色で表示されます。

オーバーラップ管理

ラップする波形領域はそれぞれ、自動的にカメレオンのように色が変わりますが、グリッド

の太さだけは変わりません。実際はカメレオンのように変色せず、このコントラスト機能に

よって、オーバーラップ領域がマークされ、際立って表示されます。オーバーラップ管理下

にあるトレースは、他の表示オブジェクトや背景とは常に分離されます。

表示順序

これは、表示オブジェクトを認識して自動的に連続して画面上に重ねるメカニズムであり、

カスタマイズできます。デフォルトでグリッド上に配置される順序は、最初にエンベロープ・

クストレーマ波形では、この順番に、通常トレースの繰り返し走査が続き、表示順序にかか

- 各トレースは、そのエンベロープ、パーシスタンス、または合否マスク内でも表示されます。

- グリッドの線でトレースが隠れることはありません。

- カーソルは常に見えます。

ニュートラル反転表示

どの色も4種のユーザ・カラー・スキームの"ニュートラル"に選択できますが、ニュートラル・

カラーは、あらかじめ設定された7つのスキームごとにデフォルトで指定されています。この

指定ニュートラル・カラーによって、測定ゲート領域外の重要性の低い表示オブジェクトが自

動的に弱められ、間接的にゲート領域内の最も重要な領域が反転表示されます。

13-3

カラーとディスプレイ

合否試験

ク外トレース領域が鮮明に浮き立たされて表示されます。

White

Cyan

Yellow

Green

Magenta

Blue

Red

Light Gray

Gray

Slate Gray

Charcoal Gray

THE COLORS

Dark Cyan

Cream

Sand

Amber

Olive

Light Green

Jade

Lime Green

Apple Green

Emerald Green

Grass Green

Ocean Spray

Ice Blue

Pastel Blue

Pale Blue

Sky Blue

Royal Blue

Deep Blue

Navy

Plum

Purple

Amethyst

Fuchsia

Raspberry

Neon Pink

Pale Pink

Pink

Vermilion

Orange

Cerise

Khaki

Brown

Black

13-4

ディスプレイのセットアップ

DISPLAY SETUP

すると、以下の項目が選択できます。

- "Standard(標準)"モードまたは"XY"モードとグリッド

- Persistence(パーシスタンス)

- Dot Join(ドット結合)

- ディスプレイとグリッドの強度

- "More Display Setup(ディスプレイ・セットアップ詳細)"メニュー

標準ディスプレイかまたはXYディスプレイか

示できます。

ると、直ちに自動的に生成されます。互換性のない複数のトレースを選択すると、画面の最上

部に警告メッセージが表示されます。また互換性があってもトレース間の時間が一致しないと

きは、両者間で時間または周波数がシフトされたXYダイヤグラムがそれぞれ表示されます。

パーシスタンスの使用

プレイまたはXYディスプレイで使用できます。ポイントは、複数の補捉に対して画面上に累積

場合は、最も最近のスイープが表示されます。

13-5

カラーとディスプレイ

グリッドの選択

は別個に輝度制御されます。グリッドは適宜、表示トレースに組み込むことができます。

基本スタイル例と使用できるグリッド数を、このページ以降に図示します。

標準 - シングル

13-6

13-7

13-8

カラーとディスプレイ

13-9

カラーとディスプレイ

DISPLAY SETUP - Standard

Persistence (パーシスタンス)

す。

Dot Join (画線補間)

サンプル・ポイントの間を直線で表示するときは、Dot Joinの"ON"

を、サンプル・ポイントのみ表示するときは"OFF"を選択します。

More Display Setup(ディスプレイ・セットアップ詳細)

Grids (グリッド数)

グリッド数を選択します。

W'form + Text intensity (波形とテキストの輝度)

対応するメニューつまみで波形と関連テキストの画面輝度を調節し

ます。

Grid intensity (グリッド輝度)

対応するメニューつまみでグリッドの画面輝度を調節します。

13-10

DISPLAY SETUP - Standard - Persistence"On"

が表示されます。

Persistence (パーシスタンス)

SWEEPSボタンを押すか、または任意の捕捉条件または波形処理条

件を変更すると、クリアおよびリセットできます。このメニュー・

ボタンは、ANALOG PERSISTボタンと同じ機能をします。

Persistence Setup (パーシスタンス・セットアップ)

More Display Setup (ディスプレイ・セットアップ詳細)

Grids (グリッド数)

グリッド数を選択します。

For trace (トレース)

パーシスタンスを適用できるトレースを1つ以上選択します。

saturate at (飽和点)

と、低いデータレートでピクセルが飽和します。パーセンテージを

大きくすると、低いデータレートを大きくしない限り、ピクセルは

飽和しなくなります。

13-11

カラーとディスプレイ

DISPLAY SETUP - XY

最初のメニューで"XY"を選択すると、これらのメニューが表示されます。

Persistence (パーシスタンス)

Dot Join (直線補間)

サンプル・ポイントの間を直線で表示するときは、Dot Joinの"ON"

を、サンプル・ポイントのみ表示するときは"OFF"を選択します。

More Display Setup (ディスプレイ・セットアップ詳細)

Grids (グリッド)

グリッドのスタイルを選択します。"XY only"を選択すると、パー

シスタンスは常に無限になります。

W'form + Text intensity (波形とテキストの輝度)

対応するメニューつまみで波形と関連テキストの画面輝度を調節し

ます。

Grid intensity (グリッド輝度)

対応するメニューつまみでグリッドの画面輝度を調節します。

13-12

ANALOG PERSISTENCE - アナログの速度とデジタルの柔軟性

タル・オシロ・スコープでしか得られないデータ操作性、柔軟性、および統計解析機能も得ら

れます。

従来のアナログ・オシロスコープでは、捕捉したデータを操作したり直接比較することは、

実質的に不可能でした。統計解析も困難でした。時代を追ってみると、デジタル技術により

すべてが変わりました。信号をサンプリングしデジタル・メモリに記憶することにより、信号

しかし、アナログ・オシロスコープにも利点がいくつかあります。アナログ・デジタル変換を

しないので画面更新が高速です。アナログ・オシロスコープの速度は、その使用電子部品のバ

ンド幅にのみ依存します。アナログ・オシロスコープは、ほぼ連続的に信号を観測します。

これに対し、標準DSOでは全周期にわたって信号を捕捉する必要があり、この時間周期は捕

捉メモリのサイズに限定されます。また、データを処理してディスプレイに表示する必要が

あります。前の捕捉データを処理する間、次の信号捕捉が出来ないので、画面更新速度が遅

くなります。

アナログ・パーシスタンスによって今、これらの状況が変わります。データ処理におけるデジ

タルの柔軟性も維持しながら、この革新的手法によってアナログ・オシロスコープのディスプ

レイがエミュレートされ、その利点も共有されます。また、他の新しいデジタル機能も提供

されます。

アナログ・パーシスタンス機能を装備したDSOは画面更新が高速です。これは、データ蓄積と

表示が分離されるためです。新しいデータの蓄積と表示は双方とも高速に処理されます。

アナログ・パーシスタンス機能では、可変パーシスタンスも提供されます。全周期にわたるサ

ごとに、または時間組み合わせごとにパーシスタンス母集団に比例し、統計的一貫性が保た

れます。

アナログ・パーシスタンス・ディスプレイは、全周期にわたってイベント振幅が繰り返しサン

プリングされ、パーシスタンス・マップに蓄積されて生成されます。このパーシスタンス・

マップには、振幅組み合わせと時間組み合わせに関する母集団情報が記録されます。

13-13

カラーとディスプレイ

アナログ・パーシスタンス

各チャンネルとそれぞれに関連するパーシスタンス・データ・マップには、1つの色が割り当て

られます。パーシスタンス・データ・マップは画面に3次元表示され、その色の異なる明度が

最小頻度から最大頻度までの頻度範囲に割り当てられます。最大頻度には自動的に最も明る

いシェードが、ゼロまたは最小の頻度には最も低い明度または背景色が、さらにゼロから最

大頻度までの頻度範囲にはその間の明度が割り当てられます。

度のデータ分布を浮き立たせることができ、詳細に観測できます。

ユーザは、飽和レベルや頻度を最大頻度に対するパーセントで指定選択できます。すると、

飽和レベルを超える頻度にはすべて最も高い明度が割り当てられます。つまり飽和状態を示

します。一方、飽和レベルに達しない頻度には、最も明高い明度以外の残りの明度が割り当

てられます。

データ頻度とそれらの表示明度は、新しい捕捉データの蓄積にともない動的に更新されま

す。

13-14

PERSISTENCE

Last Trace (最終トレース)

"On"にすると、最終捕捉トレースが表示されます。

Persist for (パーシスト時間)

パーシスタンス時間を秒単位で選択します。

Persist

パーシスタンスをすべてのトレースに適用するか、上位2トレース

に適用するか選択します。

Using

すると、各パーシスタンス・データ・マップが、画面にトレース・カ

ラーの明度を使った3次元表示されます。"Color Graded"を選択す

ると、すべてのパーシスタンス・データ・マップが赤から紫のスペク

トルで3次元表示されます。

For trace

ラー飽和調節するか選択します。

saturate at (飽和点)

飽和点のパーセントを設定します。パーセンテージを小さくする

と、低いデータ頻度でピクセルが飽和し、パーセンテージを大きく

した時には、表示されない頻度の低いデータも見ることができるよ

うになります。

13-15

カラーとディスプレイ

カラー制御

MORE DISPLAY

"More Display Setup"の横の    メニュー・ボタンを押すとメイン・カラー制御に直接ア

クセスできます。

Screen save (スクリーン・セーバ)

"On"にすると、スクリーン・セーバが起動され、最後にフロント・パ

ネル・ボタン、つまみが使用されてから10分後に画面が消されま

す。これは、内部画面の完全なディスプレイ・シャットダウンで

す。スクリーン保護ばかりでなく、消費電力とシステム・ノイズの

削減にもなります。しかし、外部モニタはアクティブのままです。

フロント・パネルのLED表示で、このオシロスコープがスクリーン・

れます。

フロント・パネルの制御ボタンのどれかを押せば、

画面が復元されます。

Color Scheme (カラー・スキーム)

と、"CHANGE COLORS"がメニュー・リストに追加されます。この

メニューを選択すると、パーソナル・カラー・パレットによりし、ト

レース、グリッド、またはその他任意の表示オブジェクトまたはエ

ズすることもできます。

CHANGE COLORS (カラー変更)

このメニューは、(上記の)"Color  Scheme(カラー・スキーム)"メ

ニューで4つのカスタム・カラー・スキームのどれかを選択すると表

Trace color(トレース・カラー)

れ、重なっている領域は新しい個別の色で自動的に区別されます。

13-16

最前部のトレースは画面左の最上部トレース・ラベルに表示され、

2番目のトレースは2番目のトレース・ラベルに、という様に画面最

下部の背景へ向かって順に表示されます。このトレース位置順位

は、CHANNELS TRACE ON/OFFボタンで任意に変更できます。

Measure Gate (測定ゲート)

Data Points (データ・ポイント)

イントを表示します。

Choosing Color Palettes (カラー・パレット選択)

ローチを以下に説明します。

"Background (背景)"

表示領域全体の背景色です。

"Trace (トレース) 1...4"

チャンネル1、2、3、4を表示するトレースに割り当てる色です。

"Trace (トレース) A...D"

トレースA、B、C、Dに割り当てる色です。

"Grid (グリッド)"

グリッドに割り当てる色です。

"Text (テキスト)"

メニュー、捕捉状態、および非信号ソース測定に割り当てる色です。

"Cursors (カーソル)"

カーソルに割り当てる色です。

"Warnings (警告)"

エラー・メッセージと警告メッセージに割り当てる色です。

"Neutral (ニュートラル)"

13-17

カラーとディスプレイ

CHANGE COLORS

表示オブジェクトおよびユーザ・カスタマイズのカラー・スキームに色を割り当てます

Copy from (コピー元)

は1ユーザ・スキームを別のユーザ・スキームにコピーします。コ

ピーすると、パーソナル・パレットのベースが作成されるので、カ

スタマイズしやすくなります。

COPY SCHEME (スキーマのコピー)

プリセット・スキームをパーソナル・カラー・パレットへコピーしま

す。

Change (変更) color to (変更色)

選択したオブジェクトに割り当てる色を選びます。

13-18

14

 

ユーティリティ

UTILITIES

    を押して以下の第1メニューを呼び出します。

- ハードコピー設定

- リアル・タイム・クロックに対する日時の設定

- GPIBとRS232の設定

- マスストレージユーティリティ(ファイルのコピー、フォー

マット、削除など)

- 特殊操作設定(オフセット動作、シーケンス・タイムアウト、

カーソル単位、自動校正など)

- CAL BNCコネクタの信号設定(振幅、周波数、形状、トリガ・

アウト、合否試験)

2を参照してください)

ハードコピーの設定の表示と変更を行う第2メニューを呼び出します。

画面左上隅に表示されるリアル・タイム・クロックを調節する第2メ

ニューを呼び出します。

インタフェース設定の表示と変更を行う第2メニューを呼び出しま

す。

呼び出します。

Special Modes (ページ14-19)

"Special Modes"メニューを呼び出します。

CAL BNC Setup (ページ14-22)

"CAL BNC"メニューを呼び出します。

14-1

ユーティリティ

ハードコピーのセットアップ

HARDCOPY(ハードコピー) output to(出力先)

ハードコピーの出力先デバイスを選択します。このメニューには、

オシロスコープにインストールされているオプションが表示されま

す。デバイスには、プリンタが接続されているGPIB、RS232、また

はセントロニクスのうち1ポート、フロッピーまたは内蔵ハード

ます。ポートの場合は、"GPIB & RS232"メニューをチェックして

正しく設定しているか確認する必要があります。

ファイル名は、メディアへコピーする時に自動的に割り当てられま

す。

page feed(改ページ)

    を押して画面表示のコピーを作成します。

printer(プリンタ)

対応するメニュー・ボタンまたはつまみを使用してプリンタ・タイプ

トコルを選択します。

format(フォーマット)

14-2

* オプション

output to(出力先) auto print(自動印刷)

続して内蔵プリンタへ出力します。

cm/division(cm/デビジョン)

します。

format(フォーマット)

します。

注: "パーシスタンス"トレースはロン

グ・ コピーできません。また、

カーソル電圧軸線はロング・ コ

ピー・プリントアウトには印字さ

れません。

14-3

ユーティリティ

日時のセットアップ

TIME/DATE(日時)

SET CLOCK FORWARD ONE HOUR(クロックを1時間進める)

夏時間に変更します。

SET CLOCK BACK ONE HOUR (クロックを1時間遅らせる)

標準時間に戻します。

LOAD CHANGES NOW (変更データのロード)

Hour/Min/Sec (時/分/秒)

Day/Month/Year (日/月/年)

選択し、対応するメニューつまみで対応する値を調節します。

14-4

GPIB/RS232のセットアップ

GPIB & RS232

Remote Control from (リモート・コントロール・ポート)

リモート・コントロールのポートを選択します。

注:  "RS-232"を選択すると、GPIBインタフェースは"Talk Only"モー

ドになります。

RS232 Mode (RS232モード)

RS-232通信用"7ビット"モードまたは"8ビット"モードを選択します。

Parity (パリティ)

Stop bits (ストップ・ビット)

RS-232通信用ストップ・ビット数を選択します。

Baud Rate (ボー・レート)

関連するメニューつまみでボー・レートを設定します。

GPIB Device (GPIBデバイス)  (Address(アドレス))

適切なGPIBアドレスを選択します。

注: 変更はすべて即時有

効です。

14-5

ユーティリティ

RS-232-Cコネクタ

ルでき、ハード・コピー・デバイスと直接インタフェースして、表示波形およびその他の画面

データをコピーできます。

オシロスコープに接続されたプリンタ装置のRS-232-Cポートは、GPIBポートを使用してホス

ト・コンピュータよりコンピュータ制御できます。

しかし、オシロスコープの内蔵ドライバを用いると外部コンピュータがなくてもハードコ

ピーを作成できます。

DB9ピン番号

3

2

7

ライン名

TxD

RxD

RTS

RS-232-Cコネクタ・ピン配列  †

説 明

8

4

5

CTS

プ出力のハードウェア・ハンドシェークに使用。

DTR

SIG GND 信号接地

14-6

データ保存ユーティリティ

へアクセスできます。このシステムは、メモリ・カード、フロッピー・ディスク、および取り外

しをサポートします。

メモリ・カード・フォーマット

のDOSフロッピー、またはファイルが入っているDOSパーティションで構成されるハード・ディ

スクに適用されています。オシロスコープは、このカードを512 byteずつの連続セクタにセグ

メント化してフォーマットします。オシロスコープは、CRCやセクター間に挿入されている

チェックサムなどのエラー検出アルゴリズムはサポートしていません。また、カードにエラー

検出コードが入っていると、オシロスコープは読み出しはできますが書き込みはできません。

フロッピー・ディスク・フォーマット

DOS 1.44 MBフォーマットと720 kBフォーマット対応フロッピー。

ハード・ディスク・フォーマット

ハード・ディスク構造は、PCMCIA III / JEIDA 4.0標準をベースにしています。媒体は、DOS

フロッピーまたDOSハード・ディスク同様、ファイルの入っているDOSパーティションで構成

されます。

ハード・ディスク・フォーマットには、1セクタあたり512 byte、1クラスタあたり4セクタを使

用します。1クラスタが最小ファイル・サイズです。2,048 byte未満のファイルでも、ディスク

空間では2,048 byteの1クラスタ割り当て容量を使用します。

サブディレクトリ

媒体に対するファイルの読み書きはすべて、カレント作業ディレクトリにより実行されま

す。作業ディレクトリのデフォルト名は、LECROY̲1.DIRです。このディレクトリは、メ

ディアフォーマット時に自動的に作成されます。たとえばPCなど別の場所でメディアが

フォーマットされている場合、このディレクトリは、メモリ・カード、フロッピー・ディス

ク、またはハード・ディスクへファイルが最初に保存される時に作成されます。

作業ディレクトリは、ファイル名・プレファレンス・メニューで任意のDOSディレクトリ名に

変更できます。作業ディレクトリはすべて、ルート・ディレクトリのサブディレクトリとして

作成されます。

1ディレクトリに割り当てられる最大ファイル数は、2,400です。

14-7

ユーティリティ

ファイル名規約

MS-DOS同様、ファイル名は最大8文字であり、これに3文字の拡張子が付きます。

ファイルは拡張子によって以下のようにみなされます。

- 拡張子がPNLの場合は、パネル・セットアップ

- 拡張子が3桁の数字の場合は、波形

- 拡張子がTPLの場合は、波形テンプレート

- 拡張子がTIF、BMP、またはPRTの場合は、ハードコピー

注: 新しいファイルを保存

するときに、同じ媒体

に同じ名前のファイル

があると、古いファイ

ルは削除されます。

このオシロスコープには、8文字のファイル名とディレクトリ名に関して事前設定されたネー

ミング規約があり、それぞれのデフォルト名は、カスタマイズできます。規約を下の表に示し

ます。

タイプ

マニュアルで保存される波形ファイル

自動的に保存される波形ファイル

パネル・ファイル

ハード・コピー・ファイル

テンプレート・ファイル

ディレクトリ名

スプレッドシート

変更不可能

?

デフォルト名

Stt.nnn

Att.nnn

Pnnn.PNL

Dnnn.TIF

Dnnn.BMP

Dnnn.PRT

LECROYvv.TPL

LECROY̲1.DIR

Sttnnn.TXT

Sttnnn.DAT

Sttnnn.PRN

カスタマイズ名 xxxxxxxx.nnn

xxxxxxxx.nnn

xxxxxnnn.PNL

xxxxxnnn.TIF

xxxxxnnn.BMP

xxxxxnnn.PRT

Cannot be changed xxxxxxxx xxxxxnnn.TXT

xxxxxnnn.DAT

xxxxxnnn.PRN

9. ここで、

- "x"は、DOSファイル名に正式に使用できる文字を示します。

-  "tt"は、トレース名C1、C2、C3、C4、TA、TB、TC、TDを定義します。

-  "nnn"は、001より始まる3桁の連続10進数番号を示し、自動的に割り当てられます。

- "vv"は、テンプレート・バージョン番号です。たとえばバージョン2.1の場合、テンプ

レートはLECROY21.TPLで保存されます。

-  拡張子"TIF"または"BMP"は、ハードコピー・グラフィック画像ファイルを表します。

- 拡張子"PRT"は、ハードコピー・プリンタ・ファイルを表します。

14-8

自動保存波形ファイルのネーミング

波形ファイルのデフォルト・ファイル名は、マニュアル保存ファイルの場合"Stt.nnn"、自動保

存ファイルの場合"Att.nnn"です。文字SとAはそれぞれ、2つの保存方式を示します。

ファイル名自動割当時は、割り当てられた名前に3桁の連続番号が付加されます。割り当てら

る波形名がSC21やSTBなど既にデフォルトの"Stt"形式で存在している場合は、その名前は

AC1やATBなど"Att"形式に変更されます。その他のユーザ割り当て名はすべて、入力された

ままです。

自動保存ファイルの詳細

"Fill"を選択しデフォルト名を使用すると、最初の波形はファイル名"Axx.001"で保存され、次

の波形は"Axx.002"というように順番に命名保存され、媒体容量に達するまで、ファイル番号

が999になるまで、またはカレント作業ディレクトリのファイル数が2.400を超えるまで続け

られます。

"Wrap"を選択すると、媒体容量満杯時に最も古い自動保存波形ファイルが削除されます。こ

のとき削除されなかった自動保存波形ファイルは、最も古いファイル名が"Axx.001"に、次に

古いファイル名が"Axx.002"にというようにすべて変更されます。

カレントの連続番号は、パネル、ハード・コピー、または波形などファイル・タイプにかかわ

らず、作業ディレクトリのすべてのファイル名が調査されて割り当てられます。ファイル名

拡張子"nnn"形式で最も大きい数値が求められ、その次の数字が、保存操作時のカレント作成

ファイル番号に用いられます。

ファイルの削除

ファイル生成を削除すると、ファイル・タイプに関わらず拡張子に3桁の連番の割り当てられ

たファイルはすべて削除されます。

媒体サイズ/保存可能容量

マスストレージファイル・システムでは、媒体サイズと保存可能容量はkByte単位で表されま

す。ここで、1 kByte = 1,024 byteです。多くのメディア・メーカーは、1 MByte = 1,000,000 byteのMByte単位で指定しています。この指定単位の違いにより実際に使用可能な媒体容量が

異なるかに見えますが、同じです。

書き込み保護スイッチ

カードまたはフロッピーの書き込み保護スイッチが使用され、アクティブ位置に設定されて

いると、媒体に書き込みのアクセスが行われるたびにグリッド上部に"Device is Write Protected

14-9

ユーティリティ

SRAMカード・バッテリ

SRAMメモリ・カードには、データ記憶維持用のボタン・サイズのバッテリが入っています。

このバッテリーの交換が必要になると、"BAD BATTERY"のメッセージが表示されます。バッ

テリーはメモリ・カードをオシロスコープに入ていても交換できます。情報を失わないために

も、オシロスコープに入れたまま交換してください。バッテリー交換は、小さいねじを外し

カード最下部のパネルを取り外して行います。

MASS STORAGE(マスストレージ)

Memory Card Utilities (メモリ・カード・ユーティリティ)または

Floppy Disk Utilities (フロッピー・ディスク・ユーティリティ)または

Hard Disk Utilities (ハード・ディスク・ユーティリティ)

これら3メニューのどれかを用いて、ファイルの削除、フォーマッ

ト、またはそれぞれのメディアへのマシン・テンプレートのコピー

を行います。以降のページの例を参照してください。

Mass Storage Preference(記憶装置プリファレンス)

マスストレージプリファレンスを作業ディレクトリに対して設定、

追加、または削除します。あるいはファイル名をカスタマイズしま

す。ページ14-16を参照してください。

ファイル転送

任意のメディアへ指定したファイルをコピーします。ページ14-15

を参照してください。

++ 使用できる"ユーティリティ"の範囲はインストールされた

オプションによります。

14-10

FLPY UTIL(フロッピー・ディスク・ユーティリティ)

すると以下のメニューが表示されます。また、インストールされた保存メディアの下記情報

も表示されます。

- 最終"フォーマット"日時

- メディアサイズと使用可能空き領域

に反転表示されます)

TEMPLATE AND FORMATTING(テンプレートとフォー

マット)

保存メディアのフォーマットまたは保存メディアへのマシン・テン

プレートのコピーに使用する第2メニューを表示します。このテン

プレートは、バイナリ波形の記述子部のデコードに必要な情報が記

入されたASCIIテキスト・ファイルです。

DO DELETE(削除)

ます。

File(ファイル)

関連するメニューつまみまたはボタンを使用して、削除するファイ

ルを選択します。

14-11

ユーティリティ

FLPY UTIL

このメニューは以下の場合に表示されます。

- 新しいフロッピーを挿入した時

- フロッピーディスク・ドライブにフローピーディスクが入っていない時

(RE-)READ DRIVE

フロッピーディスクを読み取り、その内容を表示します。

14-12

FORMAT FLPY

"FLOPPY UTIL"より"TEMPLATE AND FORMATTING"を選択すると以下のメニューが表示

されます。

PERFORM FLPY FORMAT(フロッピーディスクのフォー

マットを実行)

インターリーブ・ファクタ2のDOSフォーマットにフロッピーを

フォーマットします。これによりオシロスコープとのデータ交換の

スループットが最適化されます。

Density(媒体密度)

このメニューは"FORMAT FLOPPY"を選択したときにのみ表示され

COPY TEMPLATE TO(テンプレートのコピー先)

ます。

14-13

ユーティリティ

FORMAT HDD(ハードディスクのフォーマット実行)

"MASS STORAGE""Hard Disk Utilities""TEMPLATE AND FORMATTING"を選択すると、以

下のメニューが表示されます。

QUICK FORMAT (高速フォーマット)

FULL FORMAT (フル・フォーマット)

HDDを完全にフォーマットします。ディスクが読み込めない場合に

は、これを実行してください。

COPY TEMPLATE TO (テンプレートのコピー先)

情報すべてを含むASCIIテキスト・ファイル)をこのメディアにコ

ピーします。

14-14

COPY FILES(ファイルのコピー)

"MASS STORAGE""File Transfer"を選択すると以下のメニューが表示され、あるメディアの

ファイルが別のメディアへコピーされます。

ます。

Which files(ファイル・タイプ)

コピーするファイルのタイプを選択します。

DO COPY(コピー実行)

コピーを実行します。

§ インストールされているオプションにより異なります。

14-15

ユーティリティ

PREFERENCES

"MASS STORAGE""Mass Storage Preferences"を選択すると、以下のメニューが表示されます。

-  作業ディレクトリ選択

-  ディレクトリ削除

- "File Name Preferences"メニューへのアクセス

- "Add New Directory"メニューへのアクセス

on drive (ドライブ)

媒体を選択します。

File Name Preferences (ファイル名プリファレンス)

波形、セットアップ、またはハードコピー・ファイルにカスタム名

DELETE THIS DIRECTORY (ディレクトリ削除)

す。

work with (作業ディレクトリ)

ファイルの保存と抽出に使用するディレクトリを選択します。

Add new Directory (新規ディレクトリの追加)

新しいディレクトリを追加するNew Directoryメニューにアクセスし

ます。

14-16

FILENAME PREF

前のメニューより"File Name Preferences"を選択すると以下のメニューが表示されます。これ

らで、波形、セットアップ、またはハードコピー・ファイルにカスタム名を定義します。

to be set to:

変更する文字を選択します。

RESTORE DEFAULT NAME

イル・タイプを元のデフォルト名に復元します。

ENTER NEW FILE NAME

新しく定義した名前を有効にします。

BACKSPACE

1スペース分後ろに戻って前の文字を消去します。

INSERT

前に進めて1文字挿入するスペースを開けます。

character

メニューつまみで文字を選択します。

File Type

カスタマイズするファイル・タイプを選択します。

14-17

ユーティリティ

NEW DIRECTORY (新規ディレクトリ)

カスタム名で新しいディレクトリを定義します。

New Directory on Card (カードの新しいディレクトリ):

変更する文字を選択します。

MAKE THIS DIRECTORY (新規ディレクトリ作成)

新しく作成したディレクトリを有効にします。

BACKSPACE (バックスペース)

1スペース分後ろに戻って前の文字を消去します。

INSERT (挿入)

前に進めて1文字挿入するスペースを開けます。

character (文字)

メニューつまみで文字を選択します。

14-18

特殊モード

SPECIAL MODES (特殊モード)

このメニューから、次のページで説明するメニューに順次アクセスできます。

Timebase Trigger (タイムベース・トリガ)

以下の第2メニューへアクセスします。

AUTO sequence (自動シーケンス)

ドのタイムアウトを指定します。

Channels (チャンネル)

以下へアクセスします。

On GAIN Changes, all OFFSETS fixed (ゲイン変更ですべ

てのオフセットを固定)

以下の第2メニューが表示されます。

In(指定)

ゲイン(VOLTS/DIV)変更のオフセット動作を指定します。オフ

固定できます。

Automatic Recalibration(自動再校正)

自動再校正を"ON"または"OFF"にします。デフォルトはONです。

自動校正をオフにすると、捕捉速度は上がりますが、その間の校正

は行われません。

Cursors Measure (カーソル測定)

以下の第2メニューへアクセスします。

Read time cursor amplitude(時間カーソル振幅単位)

ます。

Firmware Update(ファームウェア更新)

以下へアクセスします。

14-19

FLASH UPDATE (フラッシュ更新)

ユーティリティ

左から右へそれぞれ: 第1メニュー"Timebase Trigger"、"Channels"、"Cursors Measure"、およ

び"Firmware Update"よりアクセスされた各"第2メニュー"

14-20

このページ: "Firmware Update"を選択したときに"FLASH UPDATE"で表示されるフル・スク

リーン警告メッセージ

14-21

ユーティリティ

CAL BNCのセットアップ

CAL BNC OUT

CAL BNCコネクタで取り出す信号のタイプと下記項目を選択します。

校正信号の周波数

- 校正信号の振幅

- 校正信号のパルス形状

タに以下のようにパルスを出力することもできます。

-  PASS/FALLに対するアクションとして

- オ シ ロ ス コ ー プ が ト リ ガ ・ イ ベ ン ト 受 信 準 備 で き た と き

mode (モード)

信号の種類を変更します。

SET TO (再設定)

CAL BNC出力を迅速にデフォルト状態にリセットします。

Shape (形状)

CAL BNC出力信号を変更します。

Amplitude (振幅)

対応するつまみを使用して、CAL BNCアプリケーションすべてに

対するハイ・レベルを任意の値に設定します。50Ωに出力する場

合、振幅は半分になります。

Frequency (周波数)

対応するつまみを使用して、CAL信号の周波数を500 Hz〜2 MHzの

範囲の任意の値に設定します。

14-22

15

 

波形の保存

波形の保存

STORE W'FORMS

(Waveforms) を押すと、以下を設定できます。

- 波形をバイナリ《*》またはASCIIフォーマットで下記媒体へ保

存。

- 内部メモリ

- メモリ・カード(オプション)

- フロッピー(オプション)

- 取り外し可能ハード・ディスク、HDD(オプション)

(ASCIIで保存された波形は、オシロスコープへ呼び出しでき

ないので注意してください)。

Store(自動保存)。

- 保存媒体満杯時に動作停止、またはオプションの"wraparound

(ラップアラウンド)"機能を使用して循環バッファのように古

いファイルを新しいファ

イルに置き替え。

Data Format (データ・フォーマット)

を選択します。ASCIIを選択すると、このメニューのすぐ下に第1メ

ニュー"Setup ASCII Format"が表示されます。これにアクセスする

こから3タイプあるASCIIフォーマットから1タイプを選択します。

されます。

* オシロスコープのデータ保存は、通常レクロイ・バイナリ・フォー

マットで保存されます。これをASCIIフォーマットに変換すると、そ

の出力ファイルはレクロイ・バイナリ・ファイルの10〜20倍のファイル

容量となります。例えば1 MBのレクロイバイナリフォーマットファ

イルをASCIIに変換すると一般に13〜15 MBになります。また、ASCII

で保存された波形は、オシロスコープへは読み込みできません。

15-1

波形の保存

このメニューは、このページに示すように"Data Format"で"ASCII"

を選択しているときに表示されます。選択すると"ASCII SETUPメ

Auto Store (自動保存)

波形を捕捉するたびに自動保存を行うようになります。"Fill"を選択

すると、媒体容量に達するまで継続保存し、"Wrap"を選択すると、

最も古いファイルから上書きしてデータ保存をくり返します。

DO STORE (保存実行)

を実行します。

store (保存)

波形を選択します。"All displayed"は全てのデータを保存します

to (保存先)

を選択したときに、内部メモリ"M1"、"M2"、"M3"、"M4"、また

ます。または、この図のように"ASCII"が反転表示されている場

合は、オプションの保存媒体のみ選択できます。

する捕捉メモリにマッチします。オシロスコープの100kワードメモリと

は、4つの演算メモリそれぞれに10万ポイント、および"Zoom & Math"

トレースごとに10万ポイント使用できることを意味します。2チャンネ

ルまたは4チャンネルを組み合わせてそれを超えるメモリの捕捉を行う

と、1回のトレースで測定装置のReferenceメモリまたは"Zoom & Math"

メモリを使い尽くしてしまいます。この場合、画面上にメッセージが表

示され、既に使用している演算メモリへ新規トレースが誤って書き込ま

れないように警告します。

15-2

ASCII SETUP

Data Format (データ・フォーマット)

"SETUP  ASCII  FORMAT"よりアクセスすると表示される第2メ

ニューであり、ASCIIフォーマットを選択します

15-3

波形の保存

波形の呼び出し

RECALL W'FORM

WAVEFORM    を押すと、波形を下記の媒体より呼び出しするメニューが表示されま

す。

- 内部メモリ

- メモリ・カード(オプション)

- フロッピー(オプション)

- 取り外し可能ハード・ディスク、HDD(オプション)

Memories (メモリ) (内部メモリ) from (呼び出し元)

す。

DO RECALL (呼び出し実行)

ニューの選択に従って、データの読み込みを実行します。同時に、

水平位置、垂直位置、およびズームをリセットし、保存時の設定で

メモリ内容をすべて表示します。

from Memory (ソース・メモリ)

ソース・メモリを選択します。

to (呼び出し先)

呼び出し先トレースを選択します。

15-4

注: 内部メモリよりトレースA-Dへの呼び出し

を行うと、呼び出し先のトレースにある

設定。波形データはすべてオーバライさ

れます。

RECALL W'FORM (オプション記憶装置) from (呼び出し元)

ファイルを保存している媒体を選択します。ここでは、内部メモリ

DO RECALL (呼び出し実行)

File (ファイル)

関連するメニューつまみを使用して、波形を保存しているファイル

を選択します。

注: 表示されるのは、カレント作業ディレクトリのファイルです。

to (呼び出し先)

読み込みメモリを選択します。"All M"を選択すると、現在の"File"

選択と同じ3桁数字の拡張子を持つフィルが4ファイルまでメモリ

M1〜M4に呼び出しされます。

15-5

16

 

カーソル / 測定およびパラメータ

カーソル: 信号値測定ツール

標準ディスプレイのカーソル

カーソルは信号値測定の基本ツールです。垂直カーソルは、ディビジョンの1/64のステップ

で動かすことができ、0.2 %分解能で信号の振幅を測定できます。水平カーソルは、任意の時

間軸に設定でき、その時点での信号の振幅を読み取り、全グリッド幅に対して2,000ステップ

振幅または時間と振幅を読みとることができます。振幅はグランドに対して測定され、時間

はトリガ・ポイントより測定されます。

て2点間の差異を読みとることができます。

振幅は、トレースごとにチャンネル表示枠の最下級に表示されます。時間は、下段に表示さ

れ、Relative Modeでは、2カーソル間の時間間隔と画面の下に対応する周波数も表示されます。

波形データのポイントが画面全体で500ポイント未満の場合は、オシロスコープは、実際の

データ・ポイント間を直線補間し、それを分割した値を表示します。200ポイント未満の場合

はポイントは、画面上に明瞭に強調表示されます。

カーソルが実際のデータ・ポイント上に置かれた場合は、カーソルの上に水平線が表示される

ようになります。

機能により、波形の振幅情報が失われることはありません。尚、時間カーソルは、圧縮され

たトレースのどこにでも置くことができます。

注: 絶対モードの時間カーソルを0時間に設定すると、トリガ・ポイントが表示されます。

パーシスタンス・ディスプレイのカーソル

電圧カーソルは、標準表示モードのものと同様です。時間カーソルは、表示波形の任意の部

分に置かれた複数本の垂直線で構成されます。

16-1

カーソル / 測定およびパラメータ

XYディスプレイのカーソル

ディスプレイのものと同様です。

1. "ΔY/ΔX" ..............................................  比率

3. "ΔY * ΔX" ...........................................  積

ΔXとΔYの定義は、使用するカーソルによります。以下の表に、測定タイプ別のΔXとΔY

の定義方法を示します。

ΔX

ΔY

V

V

V

Abs

XRef

YRef

−0

−0

V

V

V

XDif

YDif

Rel

−V

−V

 

 

 

 

ここで、  V

Abs = 

絶対電圧カーソル 

V rel = 

相対電圧カーソル 

T

T

O abs =  rel =  rg = 

絶対時間カーソル 

相対時間カーソル 

原点

カーソル

Org = (0,0)

T

Abs

Org=V

Xoffset

XRef

YRef

V

V

XRef

YRef

V

V

V

V

−0

−0

XRef = 

YRef = 

XDif = 

YDif = 

V

Yoffset

V

XRef

−V

Xoffset

V

YRef

−V

Yoffset

V

V

T

XDif

YDif

Rel

−V

−V

XRef

YRef

Xトレースの基準カーソル電圧

Yトレースの基準カーソル電圧

Xトレースの差分カーソル電圧

Yトレースの差分カーソル電圧

16-2

MEASURE - Cursors

    を押して、"MEASURE"Setupメニューにアクセスします。

ここではカーソル測定の設定を行います。

Off/Cursors(カーソル)/Parameters(パラメータ)

Off カーソル測定、パラメータ測定を中心、通常の画面表示に戻し

Cursors

ます。

カーソル測定モード

Parameters パラメータ測定モード

ここではCusors測定モードの場合を解説します。

mode(モード) type(タイプ)

れ、電圧または時間カーソル間の差が示されます。"Absolute"ではカーソ

ルは1つ表示され、グランド・レベルに対する電圧とトリガ・ポイントに対

する時間が示されます。

show(表示)

"Diff - Ref"を選択すると、差分カーソル振幅から基準カーソル振幅を差

し引いた値が表示されます。"Diff & Ref"を選択すると、それぞれのカー

ソルの振幅値が表示されます。

尚、パーシスタンス・モードでは使用できません。

Reference cursor(基準カーソル)

関連するメニューつまみにより相対カーソルモードで使用する基準カーソルを制

御します。

"Track"を"ON"にすると、このつまみによって基準カーソルと差分カーソ

保たれます。

このトラッキング・インターバルは、時間に対しては水平線で、電圧に対

しては垂直線で、それぞれグリッドの最左端上部に表示されます。

Difference cursor(差分カーソル)

関連するメニューつまみにより相対カーソルモードで使用する差分カー

ソルを制御します。

Cursor position(カーソル位置)

16-3

カーソル / 測定およびパラメータ

自動測定

この測定装置では、信号パラメータで一定の信号特性を自動的に求めることができます。下

の表にそれらのパラメータをリストします。複数の連続捕捉信号より得られるこれらパラ

メータの統計的変動は、平均、標準偏差、およびエクストレーマ偏差で表すことができます

この章の残りの部分では、合否試験などパラメータの使用について説明します。WP03など専

用ソフトウェア・パッケージで広い範囲の追加パラメータを使用できます。詳細は、それぞれ

のパッケージの取扱説明書に説明されています。

振幅

領域

ベース

パラメータ ampl area base

説   明

トップ値よりベース値を差し引いた絶対値

サイクル

サイクル平均

サイクル・ メ

ジアン

サイクル二乗

平 均 平 方 根

(実効値)

サイクル標準

偏差

ディレイ

Δディレイ cycles cmean cmedian crms csdev delay

Δdly

確率的に最も存在し得る2ステートのうちの第1ステート。これは、矩

形波の特性であり、波形のデータ・ポイント値の統計的分布より決定

され、確率的に最も存在し得る2ステートのうちの第1ステートを表し

ます。

同一方向のトランジション・ペア数

整数倍周期のデータ平均値

値の50%が上、値の50%が下になるようなデータ値

整数倍周期の平均値から得られるデータ値の標準偏差

トリガ・ポイントから第1トランジション中間点までの時間

2ソースのトランジション中間点間の時間

16-4

パラメータ 説   明

レベルΔt Δ[email protected] 2ソースの任意のレベル間の時間、またはトリガから1ソースの任意の

レベルまでの時間

Δクロック対

データ±

期間

デューティ・サイクル

立ち下がり時間

8 0 - 2 0 % 立ち

下がり

レベル立ち下がり

最初

周波数

最後

最大

平均 f80-20% [email protected] first freq last maximum mean

メジアン

最小

負 オ ー バ ー

シュート

正 オ ー バ ー

シュート

ピーク・ツー・ピーク

周期

ポイント数

立ち上がり時

2 0 - 8 0 % 立ち

上がり

Δc2d± dur duty fall median minimum overover+ pkpk period points rise r20-80%

い値交点までの時間差

平均、ヒストグラム、またはシーケンスに含まれる最初の捕捉から最

後の捕捉までの時間

周期に対してパーセンテージで表した幅

パルス波形の立ち下がりトランジションが90%から10%になる時間であ

り、カーソル間のすべての立ち下がりトランジションに対する平均。

パルス波形の立ち下がりトランジションが80%から20%になる時間であ

り、カーソル間のすべての立ち下がりトランジションに対する平均。

任意のレベル間のパルス波形の立ち下がりエッジの期間

時間の逆

2カーソル間のトレース最大値

波形の平均値またはDCレベル。周期的波形の場合は、整数倍周期で

算出。

ベース値とトップ値の平均値

2カーソル間のトレース最小値

確率的に最も存在し得る低い側の値から最小サンプル値を引いた値を

振幅に対するパーセントで表示したもの。

最大サンプル値から確率的に最も存在し得る最も高い側の値を引いた

値を振幅に対するパーセントで表示したもの。

最大値と最小値の差

カーソル間のフル・サイクルすべての平均をとったフル・サイクル時間

垂直カーソル間のポイント数。

パルス波形の立ち上がりトランジションが90%から10%になる時間であ

り、カーソル間のすべての立ち上がりトランジションに対する平均。

パルス波形の立ち上がりトランジションが80%から20%になる時間であ

り、カーソル間のすべての立ち上がりトランジションに対する平均。

16-5

カーソル / 測定およびパラメータ

パラメータ

レベル立ち上

がり

二乗平均平方 [email protected] rms

標準偏差 sdev

レベル時間

トップ [email protected] top

幅 width

説   明

任意のレベル間のパルス波形の立ち上がりエッジの期間

二乗和の平方根を期間数で割ったもの。周期的波形の場合は、整数倍

周期で算出。

平均との差の二乗和の平方根を期間数で割ったもの。周期的波形の場

合は、整数倍周期で算出。

確率的に最も存在し得る2ステートのうちの第2ステート。これは、矩

形波の特性であり、波形のデータ・ポイント値の統計的分布より決定

され、確率的に最も存在し得る2ステートのうちの第2ステートを表し

ます。

べての平均で表します。

MEASURE(測定) - Parameters(パラメータ)

各パラメータは、振幅または時間ドメインでの孤立信号に対する2種の標準クラスまたは標準

モードの共通測定で測定できます。

パラメータはカスタマイズでき、複数の信号に対してパラメータ・リストより最大5までの数

量を求めることもます。カスタマイズされたパラメータ測定は、指定表示精度に対する合否

試験にも使用できます。

これら全モードで、パラメータ値の統計を累積表示できます。各パラメータには、使用した

全スイープ数以外に、平均値、最小値、および最大値があります。パラメータの平均偏差も

算出されます。

16-6

パラメータ情報と警告記号

パルス波形パラメータを求めるアルゴリズムにより、演算式を適用できる状況を見極めるこ

とはできますが、得た結果には注意が必要です。この場合、パラメータ名とその値は、画面

上ではグラフィック記号で区別されます。これらの記号と意味を下に示します。

情  報

ました。

パラメータは整数倍周期で求められました。

パラメータはヒストグラムで算出されました。

データ不足のためパラメータは求められません。

警  告

振幅ヒストグラムは統計的変動内でフラットです。ベースとトップの割り当て

には最小値と最大値が用いられます。

信号が部分的にオーバーフローしています。

信号が部分的にアンダーフローしています。

信号が部分的にオーバーフローし、部分的にアンダーフローしています。

16-7

カーソル / 測定およびパラメータ

MEASURE(測定) - Parameters(パラメータ) - Standard Voltage(標準電圧)

このモードでは、各トレースで以下の項目を測定します。

- 信号の振幅

mode(モード) statistics(統計)

"On"にすると、パラメータの平均値、最小値、最大値、および標準偏

差と、統計に含まれるスイープ数が表示されます。捕捉条件を変更す

ると、または"CLEAR SWEEPS"ボタンを押すとクリアされます。

間は、統計は表示されていなくても累積されています。

on displayed(表示対象)

電圧パラメータを測定するトレースを選択します。

from(開始ポイント)

画面ディビジョン単位でパラメータ測定開始ポイントを決定します。

to(終了ポイント)

画面ディビジョン単位で終了ポイントを決定します。また、測定に

使用する全データポイント数も設定します。

16-8

MEASURE(測定) - Parameters(パラメータ) - Standard Time(標準時間)

このモードでは、各トレースで以下の項目を測定します。

(振幅50%での) (Width)

Off/Cursors(カーソル)/Parameters(パラメータ) mode(モード) statistics(統計)

"On"にすると、パラメータの平均値、最小値、最大値、および標準偏

差と、統計に含まれるスイープ数が表示されます。捕捉条件を変更す

ると、または"CLEAR SWEEPS"ボタンを押すとクリアされます。

間は、統計は表示されていなくても累積されています。

時間パラメータを測定するトレースを選択します。

from(開始ポイント)

画面ディビジョン単位でパラメータ測定開始ポイントを決定します。

to(終了ポイント)

画面ディビジョン単位で終了ポイントを決定します。また、測定に

使用する全データポイント数も設定します。

16-9

カーソル / 測定およびパラメータ

MEASURE(測定) - Parameters(パラメータ) - Custom(カスタム)

このモードでは、さまざまなトレースに関して5パラメータまで表示できます。

mode(モード) statistics(統計)

"On"にすると、パラメータの平均値、最小値、最大値、および標準偏

差と、統計に含まれるスイープ数が表示されます。捕捉条件を変更す

ると、または"CLEAR SWEEPS"ボタンを押すとクリアされます。

間は、統計は表示されていなくても累積されています。

CHANGE PARAMETERS(パラメータ変更) from(開始ポイント)

画面ディビジョン単位でパラメータ測定開始ポイントを決定します。

to(終了ポイント)

画面ディビジョン単位で終了ポイントを決定します。

16-10

CHANGE PARAM

パラメータを変更します。

On line(ライン)

変更パラメータを"1"、"2"、"3"、"4"、または"5"の最大5パラメータ

まで選択します。

Category(カテゴリ)

パラメータのカテゴリを指定します。"All"を選択すると、"measure

み表示されます。

DELETE ALL PARAMETERS(全パラメータ削除)

それまでに選択したパラメータをすべて削除します。

measure(測定)

このラインで測定する新規パラメータを選択します。"--"を選択す

ると、そのラインは使用されません。

of(対象)

パラメータ測定するトレースを選択します。

16-11

カーソル / 測定およびパラメータ

CHANGE PARAM

パラメータをカスタマイズして指定ニーズに適合できます。

On line(ライン)

変更パラメータを"1"、"2"、"3"、"4"、または"5"の最大5パラメータ

まで選択します。

Category(カテゴリ)

パラメータのカテゴリまたはタイプを指定します。

[email protected]"カスタマイズ・メニューを呼び出します。

[email protected]"に設定します。

"from"と"to"で、測定を行うチャンネル"1"、"2"、"3"、または"4"、

またはメモリ"A"、"B"、"C"、または"D"を選択します。

16-12

SETUP(セットアップ)

[email protected]"

Δ[email protected]パラメータをカスタマイズします。

levels are(レベル設定)

レベル設定を絶対値にするかパーセンテージにするか選択します。

hysteresis(ヒステリシス)

ヒステリシス・ディビジョンを設定します。しきい値交点は、波形

の捕捉ポイントがしきい値レベルをヒステリシス・ディビジョン設

定の1/2だけ超えると認識されます。

from(より)/to(まで)

択します。また、タイミングが開始または終了する場所として、立

ち上がりエッジでは"Pos"、立ち下がりエッジでは"Neg"、正エッジ

あるいは負エッジでは"First"を選択します。

16-13

カーソル / 測定およびパラメータ

SETUP(セットアップ)

"Δc2d+"

Δc2d+パラメータをカスタマイズします。

hysteresis(ヒステリシス)

ヒステリシス・ディビジョンを設定します。しきい値交点は、波形

の捕捉ポイントがしきい値レベルをヒステリシス・ディビジョン設

定の1/2だけ超えると認識されます。

Clock edge(クロック・エッジ)

このパラメータ測定に使用するクロック・エッジを1つ以上選択します。

data edge(データ・エッジ)

測定に使用するデータ・エッジを1つ以上選択します。

16-14

合否試験

この章の表にあるパラメータは、合否試験も使用できます。試験には、指定表示精度内で各

測定を組み合わせる必要があり、また、指定により合否のどちらかで起動する動作設定も必

要です。

信号はトレランス・マスクに対しても合否試験できます。

パラメータ試験

同時に5パラメータまで指定表示精度に対して試験できます。

トレランス・マスク試験

この試験では、1トレースを判定マスクと比較します。試験の合否どちらかで、下記のどの動

作もまたはすべての動作を起動できます。

- 次信号の捕捉停止

- 画像のハードコピー装置へのダンプ

- ブザー音発生

- CAL BNCへのパルス出力

また、合否ディスプレイには、以下が表示されます。

- カレント波形の結果

-  合格イベント数

-  処理済スイープ総数

- 起動される動作

16-15

カーソル / 測定およびパラメータ

MEASURE(測定) - Parameters(パラメータ) - Pass/Fail(合否) mode(モード) testing(試験)

試験を"Off"または"On"します。パラメータ変動のみを観測する場

合は試験をオフにします。

CHANGE TEST CONDITIONS(試験条件変更) from(より)

画面デビジョン単位でパラメータ測定開始ポイントを決定します。

to(まで)

画面デビジョン単位で終了ポイントを決定します。

16-16

CHANGE TEST(試験変更)

On line(ライン)

変更パラメータを"1"、"2"、"3"、"4"、または"5"の最大5パラメータ

まで選択します。

Test on(試験適用)

します。

(無試験) "を選択

choose(選択)

"Param"を選択します。

DELETE ALL TESTS(全試験削除)

それまでに選択した試験をすべて削除します。

measure(測定)

このラインで測定する新規パラメータを選択します。"--"を選択す

ると、そのラインは使用されません。

of(対象)

パラメータ測定するトレースを選択します。

16-17

カーソル / 測定およびパラメータ

On line(ライン)

変更パラメータを"1"、"2"、"3"、"4"、または"5"の最大5パラメータ

まで選択します。

Test on(試験適用)

(無試験) (ページ16-19の"Mask

choose(選択)

DELETE ALL TESTS(全試験削除)

それまでに選択した試験をすべて削除します。

True if(大小関係)

設定値より測定値が小さい場合は"<"を設定値より測定値が大きい

場合には">"を選択します。

limit

するつまみでそのフィールドの数字を変更します。

SET TO LATEST VALUE(最終値に設定)

16-18

CHANGE TEST - Mask(マスク合否試験の変更)

On line(ライン)

変更パラメータを"1"、"2"、"3"、"4"、または"5"の最大5パラメータ

Test on(試験適用)

"Mask"を、または選択したラインで試験が不要のときは"---(No

(無試験) (ページ16-17の"Param"を参照してく

MODIFY MASK(マスク変更)

マスク設定変更の第2メニューを表示します。

True if(マスク試験条件)

マスク試験条件を選択します。

of(トレース)

試験用のトレースを選択します。

are(条件)

このマスク試験条件を選択します。

mask(マスク)

マスク・トレース"A"、"B"、"C"、または"D"を選択します。

注: マスク合否試験は、マスク・トレースの水平および垂直ズーム

に影響されます。試験は、パラメータ・カーソルの境界内で実

行されます。

マスクのタイムベースと被試験トレースはマッチする必要があります。

16-19

カーソル / 測定およびパラメータ

MODIFY MASK - W'form(波形からのマスク生成) from(から)

"W'form"を選択します。

into(へ)

マスクを自動的に画面に表示する場合は" D = M 4 " 、それ以外は

"M1"、"M2"、"M3"、または"M4"を選択します。

モリM1-M4をトレースA〜Dに呼び出しして表示できます。

INVERT MASK(マスク反転)

反転マスクを生成します

Use W'form(使用波形)

基準にする波形を選択します。マスクは、この波形をベースにして

生成されます。

MAKE MASK(マスク作成)

マスクを生成します。

delta V

関連するつまみをで振幅マージンを選択します。

delta T

関連するつまみで時間マージンを選択します。

16-20

from(デバイス)

デバイスを選択します。

into(へ)

マスクを自動的に画面に表示する場合は" D = M 4 " 、それ以外は

"M1"、"M2"、"M3"、または"M4"を選択します。

INVERT MASK(マスク反転)

反転マスクを生成します

DO RECALL(呼び出し実行)

マスクを呼び出しします。

File(ファイル)

このフィールドに割り当てられたメニューつまみで該当するマスク

を選択します。

《*》 インストールされているオプションによります。ここでは例

としてフロッピー・ディスクを使用しています。

16-21

カーソル / 測定およびパラメータ

試験結果により、一定の動作を実行できます。

On line(ライン)

DELETE ALL ACTIONS(全動作削除)

それまでに選択した動作をすべて削除します。

If(条件)

決定します。

Then:(動作)

動作を選択します。

Dump:(ダンプ)

動作をイネーブルまたはディスエーブルにします。

16-22

17

 

パネル・セットアップ

パネル・セットアップ情報の保存と呼び出し

PANEL SETUPS

インストールされているオプションによりますが、不揮発性メモリ、メモリ・カード、フロッ

ピー・ディスク、またはハード・ディスクに対して、コンフィギュレーションまたはパネル・

セットアップ情報を保存または呼び出しするには、    を押してそれぞれのメニューに

アクセスします。

Recall(呼び出し)またはSave(保存)

TO SETUP1...2...3または....4

4セットアップのうち1つを選択します。

セットアップ情報をメモリ・カード、フロッピー・ディスク、または

17-1

パネル・セットアップ

Recall or Save (呼び出しまたは保存)

す。

FROM SETUP 1...2 ...3または...4

4セットアップのうち1つを選択します。

デフォルトのセットアップを選択します。

またはハード・ディスクより)

第2メニュー"RECALL SETUPS"にアクセスして、カード、フロッ

ピー・ディスク、またはハード・ディスクに保存されているセット

アップ情報を呼び出しします。

17-2

RECALL SETUPS (カード、フロッピー・ディスク、またはハード・ディス

クからのセットアップ情報の呼び出し) from (から)

"Card (カード)"、"Flpy (フロッピー)"、または"HDD"を選

択します。

DO RECALL (呼び出し実行)

します。

File (ファイル)

関連するメニューつまみで、保存されているセットアップ情報を選

択します。

17-3

18

ステータスの表示

完全なピクチャー−一覧表示

STATUS(状態)

    を押すと、下記項目ついてのフル・スクリーン・サマリが表示されます。

-  アクイジション

- システム

- 波形テキストとトリガ時間

- 波形

-  使用メモリ

アクイジションの一覧表示

チャンネルごとに垂直の感度、プローブ減衰、オフセット値、およびカップリング状態が表示

され、その下にタイムベース状態、トリガ状態、および遅延状態の概要が表示されます。

18-1

ステータスの表示

システムの一覧表示

オシロスコープの製造番号、ファームウェアのバージョン、およびインストールされている

ソフトウェアとハードウェアのオプションについて表示されます。

いないかチェックします。

18-2

テキストと時間の一覧表示

18-3

ステータスの表示

波形の一覧表示

ボタン・メニューより選択された、チャンネル、メモリ、ズーム+演算、または表示トレース

の詳細情報を表示します。

18-4

メモリ使用状況の一覧表示

チャンネルごとの専用パーシスタンス・データ・マップは、必要に応じて自動的に作成され、

サイズ変更され、削除されます。これらのデータ・マップに対するメモリ割り当てがこのメ

18-5

A

 

付録 A: 仕様

信号の捕捉

捕捉システム

50 mV/div以下: 350 MHz、100mV/div: 400MHz

10 mV/div以上

GHz FFTプローブを、LC534には標準装備のPP005を用いたときのプローブ先端での代表値。

チャンネル数: 4 ch

デジタイザ数: 500 MS/sでは4個、2 GS/sではシングル・チャンネル・モード

最大サンプリング・レート・ウィンド: シングル・ショット・モードで4 ms @ 2 GS/s

感度LC334:

@50Ω; 5 mV/div〜1 V/div

@1 MΩ; 5 mV/div. 〜5 V/div

感度LC534:

@50Ω; 5 mV/div〜1 V/div

@1 MΩ; 5 mV/div〜10 V/div

スケール・ファクタ: 減衰率

オフセット・レンジLC334:

オフセット・レンジLC534:

A-1

付録 A: 仕様

垂直分解能: 8ビット

バンド幅リミッタLC334: 25 MHz

バンド幅リミッタLC534: 25 MHz, 200 MHz

入力カップリング: AC、DC、GND

最大入力電圧LC334およびLC534

《値入力省略》

(DC +ピークAC ≦ 10 kHz)

SMARTMemory: アクイジションメモリを動的に管理して常に最大速度の信号サンプリングを保

証し、RAMおよびマイクロプロセッサの電力消費を最適化する総合メモリ管理システムです。

チャンネル使用

4チャンネル・モード

ピーク検出OFF

2チャンネル・モード

ピーク検出OFF

1チャンネル・モード

(アダプタ使用)

ピーク検出OFF

4チャンネル・モード

ピーク検出ON

最大サンプリ

ング・レート

500 MS/s

1 GS/s

2 GS/s

100MS/s データ+

100MS/sピーク

チャンネル当たりのメモリ

LC334

LC534

100 k

250 k

500 k

50 k データ+

50 kピーク

LC334M

LC534M

100 k

250 k

500 k

250 k データ+

250 kピーク

LC334L

LC534L

2 M

4 M

8 M

1 M データ+

1 Mピーク

ア ク テ ィ ブ ・

チャンネル

全 て

CH2&CH3

1

2.5ns

ピーク検出

A-2

捕捉モード

に対し1 ns/div〜5μs/div

シングル・ショット: トランジェント

ピーク検出: 2.5 nsグリッチまたは他の高速イベントを捕捉して表示。その間、通常のサンプ

リング・データは同時捕捉。

シーケンス: セグメント化された捕捉メモリに複数のイベントを保存

セグメント間のデッドタイム: 代表値 ≦30μs、最大値50μs

LC334

LC334M

LC334L

モデル

LC534

LC534M

LC534L

セグメント

500

2000

2000

タイムベース・システム

タイムベース: 主タイムベースと最大4ズーム・トレース

時間軸レンジ: 1 ns/div〜1000 s/div

クロック確度: ≦10 ppm

補間分解能: 10 ps

ロール・モード: 500 ms〜1000 s/div。50 Kポイントを越える時: 10 s 〜1000 s/div

ンのリア・パネル固定周波数クロック入力 50 MHz〜500 MHz

外部基準: オプションのリア・パネル入力 10 MHz

トリガ・システム

モード: Normal、Auto、Single、Stop

ソース: CH1、CH2、CH3、CH4、Line、Ext、Ext/10。スロープ、レベル、およびカップリン

グはチャンネルごと独立。

スロープ: 正、負。

カップリング:

A-3

付録 A: 仕様

タイム・ホールドオフ: 10 ns〜20 s

イベント・ホールドオフ: 0〜99,999,999

内部トリガ・レンジ: ±5 div

トリガ・コンパレータ: オプションでリア・パネルにECL出力。または、校正器よりトリガ出力

スマート・トリガ・タイプ

パターン: CH1、CH2、CH3、CH4、およびEXT Triggerの5入力の論理組み合わせでトリガ。

ガは指定パターンの開始または終了で定義可能。

信号またはパターン幅: 2.5 ns〜20 sの範囲で設定可能な2制限値間の幅でトリガ。一般に1 ns

幅グリッチでトリガ。

信号またはパターン・インターバル: 10 ns〜20 sの範囲で設定可能な2制限値間のインターバ

ルでトリガ。

ドロップアウト: 25 ns〜20 sの範囲で設定したタイム・アウト時間を越えて信号がドロップア

ウトしている場合にトリガ。

A-4

ソースで発生している場合にのみ任意のソースでトリガ。これらのイベント間の遅延は、ト

リガ・チャンネルのイベント数で、または時間インターバルで定義できます。

エクスクルージョン・トリガ: 信号の正常な幅または時間を指定することによる間欠性障害の

発生でトリガをかけます。オシロスコープでは、正常な時間幅以外の波形でのみトリガがか

かります。

オートセットアップ

> 0.1 %)

オートセットアップ時間: 約2秒

垂直ファインド: 選択したチャンネルに対して感度およびオフセットを自動設定。

プローブ

LC334: 1チャンネル当たり1つのPP002プローブ。プローブ先端代表値DC〜250 MHz、最大600

V

LC534: 1チャンネル当たり1つのPP005プローブ。プローブ先端代表値DC〜500 MHz、最大500

V

プローブ校正: 1 MΩで最大1 V、50Ωで500 mV、周波数および振幅プログラム可能、パルス

または矩形波選択可能、立ち上がりおよび立ち下がり時間代表値1ns。

LC334

LC334M

LC334L

モデル

LC534

LC534M

LC534L

システムRAM

8

8

16

A-5

付録 A: 仕様

信号表示

ディスプレイ

CRT: 10インチ・カラー・ラスタ・スキャン型、0.26 mmドット・ピッチ

表示分解能: 640 x 480ピクセル

表示領域: 170 mm x 125 mm、7インチ・ディスプレイより50 %広いエリア。

制御部: リア・パネルで位置、輝度、およびコントラストの調整。フロント・パネルのメニュー

制御で輝度およびカラー選択。

罫線: 内部生成。グリッドと波形は個別に輝度調整可能。グリッドと表示トレースのブレン

ド選択可能。

波形スタイル: オプションのサンプリング・ポイントとドット結合反転表示、またはドットのみ。

パーシスタンス・モード: カラー・グレード・パーシスタンスとアナログ・パーシスタンス。無

限表示または時間ディケイによる可変表示。カラー・グレード・パーシスタンス・モードでは、

赤から紫までのカラー・スペクトルを信号強度に対応。アナログ・パーシスタンス・モードで

は、単一色の輝度レベルを信号輝度にマップ。各トレースのパーシスタンス・データは、

64,000レベルで保存。

リアルタイム・クロック: 日、時間、分、秒

外部モニタ出力: リア・パネルにVGA互換モニタ用15ピン・ソケット

水平ズーム: 波形は2〜2.5ポイント/div.まで拡大可能。これにより、チャンネル結合時Mモデ

ルでは10万倍まで、Lモデルでは40万倍まで拡大可能。

A-6

LC334

LC334M

LC334L

モデル

LC534

LC534M

LC534L

拡大率

2000 ×

20000 ×

100000 ×

信号解析

わかりやすく使いやすい診断ツール・セットです。各計算は高速実行され、その結果は画面上

に表示することもディスクに保存することもできます。

高速処理システム

波形処理

処理関数は同時に4つまで実行できます。加算、減算、乗算、除算、否定、アイデンティ

ティ、加算平均、およびSin x/xは、標準関数として使用できます。演算トレースのソース情

報には、捕捉チャンネルから得られたデータや別の演算トレースから得られたデータを使用

できます。これにより演算を"デイジー・チェーン"してトレース表示できます。

アベレージ: 基本測定装置で最大1000波形の加算平均。拡張演算オプションを用いると、106

波形までアベレージ。

A-7

付録 A: 仕様

ル・データはトレースがオフでも常に使用可能。

ラメータ測定でもライブでヒストグラム作成でき、それを自動的に拡大・縮小して分布の中心

や全体を表示できます。上記の処理は全て、元データを損わずに使用できます。

内部メモリ

捕捉メモリに対応。

セットアップ・メモリ: 4つの不揮発メモリを装備。オプションのメモリ・カード、フロッピー・

ディスク、または取り外し可能ハード・ディスクも、大容量波形やセットアップ情報保存に使

用可能。

カーソル測定

相対時間: 2つのカーソルにより非拡大トレースでフル・スケールの±0.05 %の分解能で時間

測定可能。拡大トレースでは、サンプリング・インターバルの10 %まで。対応する周波数値

も表示。

相対電圧: 2つの水平線によりシングル・グリッド・モードでフル・スケールの±0.2 % まで電位

差測定します。

絶対時間: クロスヘア・マーカにより、トリガからの相対時間とグランドに対する電位を測定

します。

《*》エクストレーマ・モードおよびERESモードは拡張演算パッケージで提供されます。FFT

A-8

絶対電圧: 基準線によりグランドに対する電位を測定します。

自動測定

広い範囲のパルス・パラメータ測定が可能です。これらは、パルス・パラメータ、水平パラ

メータ、および垂直パラメータに使い易く分類されています。基本的な統計測定が標準で用

きます。何らかの障害が発生した場合のために、ハードコピー、保存、GPIBサービス要求、

論理パルス出力、音声ブザー、またはこれらを組み合わせた動作をあらかじめプログラムし

ておくことができます。

捕捉

インターフェイス

リモート・コントロール: フロント・パネル制御部や内部機能はすべてGPIBやRS-232-Cで制御可能。

RS-232-Cポート: 非同期最大レート19.2Kb/sで、コンピュータ/端末制御やプリンタ/プロッタ

との接続可能

で高速データ転送可能。コマンド言語はIEEE-488.2要件に準拠。

セントロニクス・ポート: ハード・コピー用パラレル・インターフェイス

取り外し可能ハード・ディスク用

VGA互換ディスプレイ: 外部カラー・ディスプレイ用15ピンD型VGA互換コネクタ

ハードコピー: フロント・パネルのボタンまたはリモート・コントロールによりスクリーン・ダ

ト可能。ハードコピーには以下のプリンタとプロッタが使用可能。

A-9

付録 A: 仕様

白黒プリンタ:

《機種名入力略》

オプションの内部高分解能グラフィック・プリンタでもスクリーン・ダンプでき、この場合、

デビジョンあたり2メートルのストリップチャート出力フォーマットも使用可能。

一般仕様

自動校正機能: 直流精度DCとタイミング確度を自動校正

湿度: 31゚Cまで80 %未満。40゚C時の相対湿度50 %まで直線的に減少。

バッテリ・バックアップ: フロント・パネル設定で2年間維持

保証期間: 3年間

CE規格適合

EMC: EN50081-1、EN50082に準拠

に準拠

A-10

B

付録 B:分解能向上

分解能向上フィルタリング

レクロイのオシロスコープで使用できるサンプリング・レートは、解析信号のバンド幅に必要

な速度を上回ります。このオーバーサンプリングは、長いメモリを持つオシロスコープにみ

られる特長ですが、表示トレースの実効分解能を高めるために、つまり近接電圧レベルを区

別する測定装置の性能を高めるために使用できます。これはデジタイズした信号にフィルタ

をかけて実行します。

分解能向上フィルタリングは、単純な移動平均フィルタを用いる信号平滑処理と類似してい

ますが、バンド幅と、結果的に優れている通過バンド特性においてより効率的です。また、

シングル・ショット特性の波形では、連続トレース平均の代わりに使用できます。

特長

分解能向上フィルタリングにより改善される重要な測定装置特性は、それぞれ微妙に異なり

ますが、以下の2点があげられます。

1. 分解能が各フィルタの固定量だけ改善されます。この分解能は、信号のノイズの多少、ま

たはシングル・ショットであるか繰り返し信号であるかにかかわらず改善されます。

ような形に改善れます。これは、分解能向上フィルタリングにより信号バンド幅が狭めら

れノイズ成分がいくらかフィルタリングされるためです。

実現方法

トによって高速計算、優れたステップ応答、および最小バンド幅縮減が行われ、0.5ビット刻

みで0.5ビット〜3ビット分解能が改善されます。係数2のバンド幅縮減に対応するビット刻み

によって、バンド幅/分解能トレードオフを簡単に制御できます。6つのフィルタのパラメー

タを以下の表に示します。

B-1

付録 B:分解能向上

FIR分解能向上フィルタのパラメータ

分解能向上度 -3 dBバンド幅 フィルタ長

(拡張ビット数)

0.5

(xナイキスト周波数)

0.5

(サンプル)

2

1.0

1.5

2.0

2.5

3.0

0.241

0.121

0.058

0.029

0.016

5

10

24

51

117

実際のSNR改善度は、ローパス・フィルタを用いると、どの状況においても信号のノイズのパ

ワー・スペクトル密度に依存します。信号のノイズがホワイト・ノイズである場合、つまりノ

イズが周波数スペクトルに対して均一に分布している場合、SNRの改善度は分解能の改善度

に対応します。ノイズ・パワーが高周波数方向に偏在されている場合は、SNR改善度は分解能

改善度を上まわります。一方、ノイズがほとんど低周波数方向に偏在されている場合は、そ

の逆のことがいえます。

クロック信号のフィード・スルーなどのコヒーレント・ノイズ信号の排除によって得られる

SNR改善度は、通過バンドの信号の主要周波数成分の落ち込み度で決定されます。これは、

フィルタには、精密な定ゼロ位相応答機能があります。これには、2つの優れたプロパティが

あります。第1は、波形の他のイベントの周波数成分が異なっていても、そのイベントの相対

位置が、フィルタによって歪められないことです。第2は、波形が保存されるので、一般的に

の計算時に厳密に補正されます。

B-2

フィルタにはすべて、低周波数域において厳密に等しいゲインが与えられています。した

がって、ソース・データがオーバーフローしていない場合は、分解能向上でオーバーフローは

発生しません。ソース・トレースの一部にオーバーフローが発生していると、フィルタはかけ

られますが、オーバーフロー・データ近辺の結果に、つまりフィルタ・インパルス応答の長さ

に誤差が生じます。これは、オーバーフローが1〜2のサンプルのみのスパイクであり、この

スパイクのエネルギーが測定結果に十分反映されないような状況に発生します。これでは、

トレース全体を拒絶できなくなります。

使用する場合

一般に、分解能向上は、データ・レコードにシングル・ショット特性または低速繰り返し特性

があってアベレージが使用できない場合に用います。

分解能向上が特に有用なのは、主に次の2状況です。第1は、信号に一定程度ノイズがある

が、ノイズ測定は不要な場合です。この信号は、分解能向上関数を使用して"クリーン・アッ

解能が上がります。

以下に例を用いて、分解能向上の使用方法を説明します。

B-3

付録 B:分解能向上

ローパス・フィルタリング

ペクトラムです。結果は、信号の高周波数成分がフィルタでどのように除かれているかを明

瞭に示しています。拡張ビット数を上げると、その結果得られたバンド幅のパワーは小さく

なります。

B-4

垂直分解能の上昇

この例では、下のトレースが3ビット分解能向上関数により著しく改善されています。

注: オリジナル信号は、大幅にオーバー・サンプリングされていたので、その結果得られたバ

ンド幅のパワーは十分大きく、信号は歪んでいません。

B-5

付録 B:分解能向上

ノイズ低減

下の図では、ノイズのある信号に対する分解能向上の効果がみられます。オリジナル・トレー

は、ノイズがほぼ除去された"スムーズ"なトレースを示しています。

B-6

注意事項

分解能向上関数により改善されるのは、トレースの分解能のみです。8ビットADCによるオリ

ジナルの量子化精度や直線性は改善されません。

時間応答が良好でない場合、最大限フラットなフィルタが使用できなくなります。そのため

通過帯域によりカットオフ周波数近辺の信号には信号減衰が発生します。通過最大周波数が

を下に図示します。これは、ナイキスト周波数の5.8 %の-3 dBカットオフ周波数を示してい

ます。

B-7

付録 B:分解能向上

フィルタリングは、有限レコード長で実行する必要があります。波形の開始と終了でデータ

が失われるため、フィルタリング後のトレースはやや短くなります。

サンプル損失数は、使用フィルタのインパルス応答の長さと厳密に同じであり、2〜117サン

データ出力がなくなってしまうような非常に短いレコードでのフィルタリングが必要な場合

もあります。このような場合オシロスコープではフィルタリングできません。

B-8

C

 

付録 C:FFT

スペクトル解析の追加

高速フーリエ変換(Fast Fourier Transform: FFT)オプションWP02は、このオシロスコープ

にスペクトル解析を追加します。単一タイム・ドメイン波形の各スペクトルは計算して表示で

き、パワー・アベレージは、50,000本以上もの大量のスペクトルより得られます。

各スペクトルは、0からナイキスト周波数までのリニアな周波数軸に対して表示されます。周

スの右端にあります。

処理方程式と、FFTスペクトルを特徴づける次の3つのキー・パラメータが画面下部に表示さ

れます。

これらのパラメータ間には次の関係式が成り立ちます。

ナイキスト周波数 = Δf * N/2

さらに、Δf = 1/T

(時間軸) です。

出力ポイント数は、N/2です。

C-1

付録 C:FFT

演算タイプ

タを設定できます。

FFT結果

パワー・スペクトル(dBm)

クを含むスペクトルの特徴づけに適しています。

パワー密度(dBm)

FFT計算に関連する等価フィルタのバンド幅を正規化したものであり、広バンド・ノイズの特

徴づけに適しています。

リニアな目盛りで表したピーク信号振幅です。

位相(度)

最大値が画面の左端に表示されるコサイン波に着目すると、その時点の位相はほとんど0゚で

あり、画面の左端より正方向に開始されるサイン波の位相は-90゚です。

これらは、FFT処理結果を複素数で表します。

最大ポイント数

FFTスペクトルはそれぞれ、ソースのタイム・ドメイン波形全体で計算されます。このパラ

メータは、FFT処理に用いるポイント数を限定します。入力波形のポイント数がこの最大数

より大きいと、FFT処理の前に櫛引きされて捨てられます。この最大数より少ない場合は、

すべて使われます。

C-2

ウィンドウ・タイプ

ウィンドウ・タイプは"with"メニューより選択し、FFT処理に用いる等価フィルタのバンド幅

と形状を定義します。

レクタンギュラ(rectangular)

通常、下記の場合に用います。

- 信号がトランジェント波形で、タイム・ドメイン・ウィンドウに完全に収まる場合。

- 信号が、ウィンドウの基本周波数の整数倍である基本周波数成分を持っていることが既知の場合。

これにあてはまらない信号は、他のタイプのウィンドウで収集され、変動する膨大な数のス

ハニング(Von Hann)とハミング

リークを低減し、増幅精度を改善できるため頻繁に用いられます。しかし、周波数分解能は

落ちます。

フラット・トップ

このウィンドウは、リークを適度に抑えることで優れた増幅精度を示しますが、これも周波

数分解能は落ちます。

Blackman-Harris

これはリークを最小限に抑えますが、やはり周波数分解能の低下がともないます。

等価フィルタのパラメータに関しては、ページC-10の表を参照してください。

FFTパワーアベレージ

関数は、他の関数で計算されたFFTスペクトルのパワーアベレージで定義できます。

処理関数(Processing Facilities)

FFT処理の前には、平均や算術演算などの他の処理関数を適用できます。トリガが安定して

いるときには、FFTの前にタイム・ドメイン平均が使えます。これにより信号に含まれている

ランダム・ノイズを削減できます。

FFTの周波数帯域、つまりナイキスト周波数を広げるには、最大ポイント数を増やして、あ

るいはより速いタイム・ベースを用いて、有効サンプリング周波数を増やします。

C-3

付録 C:FFT

FFT周波数分解能を上げるには、より遅いタイム・ベースを用いてタイム・ドメイン波形のレ

コード長を増やします。

メモリ状態

メモリ状態は、ポイント数、水平スケール・ファクタ、垂直スケール・ファクタ、単位を含む

波形記述子のパラメータを表示します。

カーソル

インにまで動かすと、データ・ポイントの振幅と周波数を表示できます。

ごとの2ポイント間の周波数差と振幅差を同時に表示できます。

表示できます。

C-4

FFTアルゴリズム

オシロスコープのFFT計算に用いられているアルゴリズムを、ステップ1〜7に参

考として概説します。

1. 最大ポイント数がソースのポイント数より小さいと、FFT計算の前にそのソース波形デー

タがふるいにかけられて捨てられます。このポイントの切り捨ては、ソース波形の全体に

わたって実行されます。その結果得られたサンプリング・インターバルと実際に選択され

た変換サイズによって、1-2-5シーケンスに周波数スケール・ファクタが与えられます。

2. データに、選択されたウィンドウ関数が掛けられます。

ここで、*[Xk]*は複素行列で、その実部は修正されたソースのタイム・ドメイン波形であり、

虚部は0です。

*[Xn]*は、複素周波数ドメイン波形の解です。

*[N]*は、*[Xk]*と*[Xn]*のポイント数です。

ここに実装されている一般型FFTアルゴリズムはNで動作しますが、このNは2の累乗である

必要はありません。

4. ウィンドウ化による信号エネルギー損失を補償するために、解である複素ベクトル*[Xn]*

が、ウィンドウ関数のコヒーレント・ゲインで割られます。この補償により、隔離された

スペクトル・ピークの精密な振幅値が得られます。

C-5

付録 C:FFT

5. *[Xn]*の実部は、ナイキスト周波数を挟んで対称であり、次のように表せます。

虚部は非対称であり、次のように表せます。

周波数nの信号エネルギは、スペクトルの前半と後半に等しく分配されます。周波数0のエネ

ルギは、第0項に完全に含まれます。

され、振幅が2倍されます。

6. 得られた波形が、選択されたスペクトル・タイプに計算されます。

で計算されます。

ステップ1〜6により次の結果が得られます。

タイム・ ウィンドウで周期整数N p を持つ振幅1 . 0   V のA C サイン波は、レクタンギュラ

ドウで変換されると、0 Hzでマグニチュード2.0 Vの基本ピーク解になります。

C-6

他の使用可能なスペクトル・タイプでの波形は、次の式で計算されます。

角度 =  0

ここで、*[Mmin]*は最小マグニチュードであり、どのゲイン設定でもフルスケールの0.001近

傍に固定されます。これ以下では角度はうまく定義されません。 dBmパワー・スペクトルは次の式で表されます。 dBmパワー・スペクトルは、上の式からもわかるようにdBmマグニチュードと同じです。 dBmパワー密度は次の式で表されます。

ここで、ENBWは、選択したウィンドウに対応するフィルタの等価ノイズ・バンド幅です。

7. FFTパワー平均は、ステップ5で生成されたスペクトルごとに複素周波数ドメイン・データ

*[R'n]*と*[I'n]*をとり、マグニチュードの2乗を計算します。

*[Mn2]*を合計し累積したスペクトル数を数えます。合計はスペクトル数で正規化され、フー

リエ変換に使用された式と同じ式で、選択された結果タイプに変換されます。

C-7

付録 C:FFT

FFT処理: 例

ウィンドウ処理の効果

上の画面は、スペクトル・リーク例であり、正しいウィンドウの使用でスペクトル・リークが

削減されることを示しています。

最下部のトレースは、RectangularウィンドウでFFTをかけ拡大したものです。各ピークが、特

に1 kHzの基本成分が、広い範囲の周波数にわたってスペクトルに影響を与えています。これ

は、等価フィルタのサイド・ローブを介する信号パワーのリークによるものです。

まん中のトレースは、チャンネル1の同じ波形に対して、Blackman-Harrisウィンドウを用いて

もう一つのFFTをかけ拡大したものです。明らかにリークは削減されていますが、高調波付

近にピークが広がっています。これは、このウィンドウに関連するフィルタのバンド幅の増

大を示しています。

C-8

FFT平均の効果

見やすくなります。

C-9

付録 C:FFT

FFT用語集

FFTスペクトル解析に頻繁に用いられる用語を定義し、オシロスコープに関連付

けます。

Aliasing(エリアシング)

より大きい周波数成分が含まれていると、信号周期あたり2サンプル未満になります。結果的

には、サンプリングした波形に対するこれらの成分の影響を、ナイキスト周波数未満の成分

のものと区別できなくなります。これをエリアシングといいます。

タイムベースと変換サイズを正しく選択して、ナイキスト周波数が、タイム・ドメイン・レ

コードの最大周波数成分より大きくなるようにする必要があります。

Coherent Gain(コヒーレント・ゲイン)

ウィンドウ関数ごとに対応するフィルタの正規化されたコヒーレント・ゲインは、レクタン

は、ウィンドウ関数が掛け合わされることによる信号エネルギー損失を定義します。この損

失はオシロスコープで補償されます。後続ページの表に、実装されているウィンドウごとの

値をリストします。

ENBWは、ホワイト・ノイズ信号では同じパワーが集められる周波数ビンそれぞれに関連する

バンド幅です。下記の表に、実装されているウィンドウ関数ごとにENBWをリストし、ビン

で表します。

C-10

ウィンドウ・タイプ

レクタンギュラ

ハニング

ハミング

フラット・トップ

ブラックマン・ハリス

ウィンドウ周波数ドメイン・パラメータ

最大サイド・ローブ スクラップ・ロス ENBW

(dB)

- 13

(dB)

3.92

(bins)

1.0

- 32

- 43

- 44

- 67

1.42

1.78

0.01

1.13

1.5

1.37

2.96

1.71

コヒーレント・ゲイン

(dB)

0.0

- 6.02

- 5.35

- 11.05

- 7.53

Filters(フィルタ)

NポイントFFT計算は、タイム・ドメイン入力信号をN/2個のフィルタにかけ、それらの出力を

周波数に対してプロットしたものと等価です。フィルタ間隔は、Δf = 1/Tであり、バンド幅

Frequency bin(周波数ビン)

FFTアルゴリズムには離散ソース波形が用いられますが、これらはNポイントにわたって定義

され、N個の複素フーリエ係数が計算されます。これらの係数は入力信号の高調波成分に変

換されます。

1FFTは、形状と幅がすべて同じであり、N/2離散周波数を中心としたN/2個のフィルタを通し

た入力信号解析に対応します。各フィルタには、それぞれの中心周波数の近傍に落ち込む信

号エネルギが集められます。このため、N/2個の"周波数ビン"があるとも言えます。

隣接する2つのビンの中心周波数間の距離は、ヘルツで表すと常に次の式で与えられます。

Δf = 1/T

ここで、Tはタイム・ドメイン・レコードの期間を秒で表した時間です。

各ビンの中心にあるフィルタの主ローブ幅は、用いられたウィンドウ関数に依存します。レ

クタンギュラ・ウィンドウでは1.0ビンにノミナル幅があります。他のウィンドウには、より

Frequency Range(周波数範囲)

C-11

付録 C:FFT

Frequency Resolution(周波数分解能)

周波数分解能は、単純にはビン幅Δfと同じです。つまり、入力信号の周波数がΔfごとに変

化すると、対応するスペクトル・ピークもΔfごとに変化します。周波数変化が小さくなると、

ピーク形状のみが変化します。

は、使用されるウィンドウ関数に著しく限定されます。レクタンギュラ・ウィンドウ以外のす

べてのウィンドウのENBW値は、Δfおよびビン幅より大きくなります。実装されているウィ

ンドウごとのENBW値は、表にリストされてます。

Leakage(リーク)

の振幅に確実に影響を与える鋭い成分が含まれます。中間入力周波数では、このスペクトル

成分には小さい幅広いピークがあります。

います。これは、それぞれの周波数ビンに関連するフィルタの比較的大きなサイド・ローブに

起因します。

フィルタのサイド・ローブとそれによるリークは、どれか使用可能なウィンドウが適用されると

削減されます。最良の削減率はブラックマン・ハリス・ウィンドウとフラット・トップ・ウィンド

ウで得られますが、この削減は、フィルタの主ローブの広がりによってオフセットされます。

Numbers of Points(ポイント数)

て、メニューで選択された最大ポイント数で計算されます。FFTにより、出力ポイントN/2個

のスペクトルが生成されます。

Nyquist Frequency(ナイキスト周波数)

Picket Fence Effect(杭垣効果)

タイム・ドメイン・レコード中に整数個の周期を持つサイン波の場合、レクタンギュラ・ウィン

ドウで得られたパワー・スペクトルは、そのサイン波の周波数と振幅に正確に対応した鋭い

ピークを持ちます。これ以外の場合、レクタンギュラ・ウィンドウで得られたスペクトル・

ピークは、小さく幅広いものとなります。

C-12

離れた2つのビン周波数の中程にソース周波数があるとき、パワー・スペクトルの最大ポイン

ウィンドウ関数はすべて、この損失をある程度補償するものですが、最良の補償はフラット・

Power Spectrum(パワー・スペクトル)

パワー・スペクトルはdBm目盛りで表わされ、0 dBmは次の式に対応します。

ここで*[Vref]*は、50Ωに1 mW供給する電圧と等価な正弦波電圧のピーク値です。

Power Density Spectrum(パワー密度スペクトル)

Sampling Frequency(サンプリング周波数)

タイム・ドメイン・レコードは、選択されたタイム・ベースに依存するサンプリング周波数で捕

捉されます。

タイム・ドメイン・レコードは、FFT計算前に櫛引きされます。選択された最大ポイント数が

ソース・ポイント数より小さいと、実効サンプリング周波数は削減されます。

実効サンプリング周波数は、ナイキスト周波数の2倍です。

Scallop Loss(スカロップ・ロス)

Window Function(ウィンドウ関数)

ウィンドウ関数は、1〜3個のゼロでないコサイン項で構成されるコサイン族の和に属し、次

の式で表されます。

ここで、

C-13

付録 C:FFT

M = 3

*[am]*

N k

です。

は最大項数

は各項の係数

は櫛引きされたソース波形のポイント数

は時間添え字

下記の表に係数*[am]*をリストします。タイム・ドメインに見られるウィンドウ関数は、k =

N/2を挟んで対称です。

ウィンドウ・タイプ

レクタンギュラ

ハニング

ハミング

フラット・トップ

ブラックマン・ハリス

ウィンドウ関数の係数

1.0

0.5

0.54

0.281

0.423

 0.0

-0.5

-0.46

-0.521

-0.497

0.0

0.0

0.0

0.198

0.079

C-14

エラー・メッセージ

画面最上部に表示されるFFT関連のエラー・メッセージには、次のものがありま

す。

"Incompatible input record type(入力レコード・タイプに互換性がありません)"

FFTパワー・アベレージは、FFTに定義された関数でのみ定義されます。

"Horizontal units don't match(横軸の単位が合いません)"

周波数ドメイン波形のFFTは使用できません。

"FFT source data zero filled(FFTソース・データは0で置き替えられました)"

ロに置き替えられます。

"FFT source data over/underflow(FFTソース・データがオーバフロー/アンダーフ

ロー状態です)"

ゲインが大きすぎるあるいはオフセットが不適当な捕捉中に、または前の処理で、ソース波

形データが振幅クリッピングされています。このFFT解には、クリッピングのない波形では

出現しない高調波成分が含まれます。

捕捉または処理の定義設定を変更して、オーバフロー/アンダーフロー状態を取り除いてくだ

さい。

"Circular computation(循環計算)"

C-15

付録 C:FFT

参考文献

《著者、文献名略》

FFT理論と応用の一般的入門書。

《著者、文献名略》

ウィンドウ関数とそれらの利点を、多くのウィンドウ例を使って説明した古典的な文献。

《著者、文献名略》

FFTの理論、応用、および実装。Nが2の累乗でないときのFFTアルゴリズムにも言及。

《著者、文献名略》

実線指向の多くの応用例を紹介。

C-16

D

 

付録 D:パラメータ測定

パラメータの数式化

パラメータ測定は、IEEEスタンダード181-1977 Standard on Pulse Measurement and Analysis by Objective Techniques(オブジェクト技術によるパルスの測定および解析に関する標準)

の勧告に準じます。用語は、ANSI/IEEEスタンダード194-1977 Standard Pulse Terms and

Definitions(パルスの標準用語と定義)に依ります。

電圧測定

マグニチュード参照交点を求めるために、IEEEスタンダード181-1977方式に従って、ベース・

マグニチュードとトップ・マグニチュードが割り当てられます。カーソル・ウィンドウ内に波

形のマグニチュード・ヒストグラムが作成されます。主要マグニチュード母集団が検索されま

す。主要母集団が2つない場合は、分布の最小値と最大値が用いられます。2つのマグニ

D-1

付録 D:パラメータ測定

算出値に対する注釈

に使用するデータ数は、周期波形の検証法により異なります。

他の場合、平均値、標準偏差、RMS、および領域値の算出は、カーソル・ウィンドウ内の全

データ・ポイントが用いられます。下記の式で V i

 は測定サンプル値を示します。

D-2

Mean(平均)

上記の説明のように、選択したデータ・ポイントすべての平均値であり、次式で与えられます。

平均からの測定ポイントの標準偏差であり、次式で与えられます。

RMS

上の説明のようにすべてのデータに対するマグニチュードの二乗の平均値の平方根より導き

出され、次式で与えられます。

Area(領域)

信号によりカバーされる領域は、既に述べたように、選択したすべてのデータ・ポイント合計

にサンプル・インターバルを掛けて算出されます。

時間測定

は、次の表記を用います。

Ml = リーディング・エッジ数

Mt = トレーリング・エッジ数

Tl i x

 = リーディング・エッジiがx%レベルと交差する時刻

Tt i x

 = トレーリング・エッジiがx%レベルと交差する時刻

2つの測定ポイント間の時刻はすべて直線的に補間されます。

D-3

付録 D:パラメータ測定

Period(周期)

選択した期間内の波形の完全周期長の平均より算出されます。完全周期はそれぞれ、第1の

50%交差点と第3の50%交差点の間、第3と第5の交点間、第5と第7の交点間、...というように

各交点間で測定されます。

Cycle(サイクル)

これにより周期数が与えられます。

トランジション点) (パルス終了点)

す。パルス開始点同様、パルス終了点も50 %マグニチュード参照点です。

Delay(ディレイ)

時間です。

Duty Cycle(デューティ・サイクル)

パルス幅をパルス周期のパーセンテージで表したものです。

パルス波形の上向き勾配のトランジション時間です。

パルス波形の下向き勾配のトランジション時間です。

D-4

およびトレーリング・エッジの遠位点と近位点間の時間で測定されます。

リーディング・エッジ時間 =

トレーリング・エッジ時間=

リーディング・エッジ・トランジションの勾配の向きによって、測定装置により以下のいずれ

かが割り当てられます。

正勾配:

負勾配:

サイクル・パラメータ

サイクル・カテゴリ・パラメータは、最初に表示された捕捉終了波形50サイクルより求められ

ます。51サイクル以上表示されていても、最初の完全50サイクルのみ用いられます。

サイクル・カテゴリ・パラメータ cmean crms cmedian csdev cycles freq duy period

D-5

E

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

ASCII保存ファイルの使用

従来波形データはバイナリ・フォーマットで保存していましたが、一般に使用されている解析

パッケージ向けに、ASCII波形保存機能により、各解析パッケージで規定されているASCII

フォーマットでも保存できます。ASCII波形保存のサポートによるユーザ・インタフェイスの

ASCIIフォーマットで保存した波形は、オシロスコープへは呼出せないので注意してください。

5つのフォーマットの基本レイアウト情報を下の表にまとめます。

フォーマット ヘッダ 時間値

スプレッドシート

MathCad

MATLAB

Yes

Yes

No

Yes

Yes

No

振幅値

Yes

Yes

Yes

シーケンス

時間

Yes

Yes

No

マルチ・

セグメント

Yes

Yes

Yes

デュアル

・アレイ

Yes

??

No

ヘッダ

データの前にヘッダのあるフォーマット

時間値

振幅値

振幅値の他に時間の値も保存するフォーマット

振幅値を保存するフォーマット

シーケンス時間

シーケンスのセグメントごとにシーケンス時間情報を持つヘッダ

マルチ・セグメント

シーケンス波形のセグメントを複数連結したフォーマット

デュアル・アレイ

きるフォーマット

3つのフォーマットの使用例をそれぞれ以降のページに示します。

E-1

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

例 : Excelのスプレッドシート・フォーマット

Windows 95用Microsoft Excel Version 7.0を使用して作成した例です。スプレッドシート。

フォーマットで保存された波形は、下に示すように《File  ->  Open》ダイアログを使用して

Microsoft Excelへ読み込むことができます。

E-2

次の手順で区切り文字を指定します。オシロスコープで作成されたスプレッドシート・フォー

E-3

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

E-4

シングル・セグメント波形のプロット

シングル・セグメント波形から得られたデータをプロットするには、第1カラムをX値とした

最初の2カラムのデータで分布プロットを使用する必要があります。

シーケンス波形からのセグメント抽出

スプレッドシート・フォーマット用に作成されたヘッダには、シーケンス波形のさまざまなエ

レメントを抽出するのに必要な情報がすべて入ってます。ある与えられたセグメントのデー

タ開始行や終了行あるいはトリガ時間等の情報を抽出するには、下の式を使用します。

E-5

て表示されます。

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

E-6

例 : MathCad

この例は、MathSoftのWindows用MathCad Version 3.1で作成しました。

ファイルの読み込みとグラフ描画−シングル・セグメント・バージョン

E-7

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

マルチ・セグメント・バージョン

以下のMathCad例は、ある与えられたセグメントからのデータ抽出方法を示します。この例

に使用されたデータは、それぞれセグメントを2つ持つサンプル3つより構成され、移入され

た行列全体が表示されます。

E-8

例 : MATLAB

これは、MathWorksのWindows用MATLAB Version 4.2c.1を使用して作成した例です。

MATLABで波形を読み込みグラフ描画するには、次の例に示されるような2つの簡単なコマ

ンドを使います。最初のコマンドでファイルを行列にロードします。このとき自動的にファ

イル名が割り当てられます。次のコマンドでこの行列をプロットします。

E-9

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

フォーマット詳細

スプレッドシート

フォーマット

注:  太字のフィールドは、以下に示すように出力ファイル中の定数を表します。イタリック

体のフィールドは、ファイル書き込み時に記入された変数を表します。

<scopeid>,

Segments,

<numpts>

Segment,

TimeSinceFirstSegment

#1,

#<numseg>,

<trigdelta(numseg)>,

Time, x(0), x(1),

… x(numgseg*numpts),

[y1(numseg*numpts)]

シングル・セグメントの例

<scopeserial>

<numseg>,

TrigTime,

<trigtime(numseg)>,

<trigtime(numsedg)>

Ampl, y(0), y(1),

… y(numseg*numpts),

SegmentSize,

[Ampl1]

[y1(0)]

[y2(0)]

E-10

マルチプル・セグメントの例

デュアル・アレイの例注

注:

スプレッドシート・フォーマットの基本構造では、先頭に、オシロスコープID情報が入れられ

たヘッダ、次に、マルチ・セグメント波形に対するトリガ時間が入れられたブロック、その後

に、データが続きます。

インポート互換です。

E-11

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

MathCad

フォーマット

< scopeid >,

< TriggerTime >

<numseg>

Segment

1

<numseg>

Time

<x(0)>

<x1)>

<x(numgseg*numpts)>

[<y1(numseg*numpts)>]

<numpts>

TimeSinceFirstSegment

0.0

<trigdelta(numseg)>

Ampl

<y(0)>

<y(1)>

<y(numseg*numpts)>

Ampl1

[<y1(0)>]

[<y1(1)>]

シングル・セグメントの例

E-12

マルチプル・セグメントの例

MathCadで作成されたフォーマットは、スプレッドシート・フォーマットによく似ています

が、MathCadのヘッダ情報変換方法の違いによりいくらか異なります。

最も重要な差異は、絶対トリガ時間が最初のセグメントに対してのみ与えられ、各セグメン

もう1つの差異は、オシロスコープIDとトリガ時間がMathCadによってインポートされないよ

うに、引用符で囲まれていることです。

E-13

MATLABファイル

フォーマット y(0) y(1)

… y(numseg*numpts)

シングル・セグメントの例

付録 E:波形データ ASCII エクスポート

MATLABでは、ヘッダ情報のない振幅値のみの非常に単純なフォーマットがサポートされて

います。複数のセグメントがセパレータなしで連結されます。デュアル・アレイには振幅値が

ペアで存在しますが1つの値のみ保存されます。

E-14

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents