ZSW - 富士電機

ZSW - 富士電機
取扱説明書
廃棄物焼却炉用
CO/O2ガス分析装置
形式:ZSW
INZ-TN1ZSW
はじめに
このたびは,富士電機のガス分析装置(形式:ZSW)をお買い上げいただき,まことにありがとうございます。
・この取扱説明書をよくお読みいただき,十分に理解した上でガス分析装置の据付け,運転,保
守をしてください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐れがあります。
・このガス分析装置の仕様は,製品改良のため予告なく変更することがあります。(別途提出さ
れている納入仕様書を参照ください。)
・無断で,このガス分析装置を改造することは,固く禁止致します。無断で改造したことにより
生じた事故については,一切責任を負いません。
・この取扱説明書は,実際にガス分析装置をお使いになる方が保管してください。
・お読みになった後は,お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
・この取扱説明書は,必ず最終需要家まで渡るように配慮してください。
・別途提出されます納入仕様書の記載内容が本取扱説明書より優先します。
製
造
形
者 :富士電機計測機器株式会社
式 :本体銘板に記す
製 造 年 月 日 :本体銘板に記す
製
造
国 :日本
 富士電機システムズ株式会社 2004
お願い
●
●
●
本書の内容の一部,または全部を無断で記載することは禁止されてい
ます。
本書の内容に関しましては,
将来予告なしに変更することがあります。
本書の中の分かりにくい箇所,記述の誤り,記載もれなどお気づきの
点がございましたら,
巻末のマニュアルコメント用紙にご記入のうえ,
担当営業員にお渡しください。
―i ―
発 行
2004-05
安全上のご注意
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上,正しくご使用ください。
・ここに示した注意事項は,安全に関する重大な内容を記載していますので,必ず守ってください。安全事項の
ランクを「危険」,
「注意」,
「禁止」と区分してあります。
危険
取扱いを誤った場合に,危険な状況が起こりえて,死亡または重傷を受ける可能性が想定される
注意
取扱いを誤った場合に,危険な状況が起こりえて,中程度の障害や軽傷を受ける可能性が想定される
禁止
場合。
場合および物的損害のみの発生が想定される場合。
禁止(してはいけないこと)を示します。
ガス分析装置の据付け,
再据付け,
保管上の注意
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,火災
注意
・据付け,移動,再据付けは,専門の業者,またはお買上先に依頼してください不完全な据付けは,
などの重大な事故の原因になります。
転倒事故,感電,火災けがなどの原因になります。
・ガス分析装置は重量物です。十分に注意して据付けてください。転倒,落下などにより,事故や
けがの恐れがあります。
・ガス分析装置を持ち上げるときには,必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをする恐れ
があります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超えた場所で
の使用は,感電,火災,誤動作の原因になります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤動作の
原因になります。
・排気ガスの放出は,人気のない位置まで配管し,人体に影響を与えないようにしてください。
配線上の注意
注意
・配線工事は,専門業者またはお買い上げ先に依頼してください。配線工事に不備があると感電,
けがの原因になります。
・アースには第3種接地工事が必要です。規定の接地種別での接地工事を行わない場合は,感電や
誤動作の原因となることがあります。
<配線業者への注意事項>
◎感電,火災,けがの要因を除去するために,次のことを必ず守ってください。
・配線工事を行うときは,必ず元の電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあります。
2
・接地線は,600V-IV線,線径2mm 以上の絶縁耐力のあるものを使用してください。誤った接地線
材の使用は,感電,誤動作の原因となります。
・入出力配線には,赤外線ガス分析装置の定格電流で電線径を選定してください。定格に耐えない
配線材の使用は,火災の原因になります。
・入力,出力端子台への接続は,必ず圧着端子を使用してください。
・出力線の分岐には端子台を使用してください。
・入出力配線は,床,壁面などに必ず固定し,電線に保護具を使用してください。
・電源は高周波数加熱炉,電気溶接機など電源波形を著しく乱すものの付近,およびこれらと同系
統の電源使用は避けてください。
― ii ―
使用上の注意
危険
注意
・異臭,異音が発生したときは,装置を直ちに停止してください。放電すると火災の原因になるこ
とがあります。
・長期間休止させたり,またその再立上げは,通常の運転・休止とは異なりますので,各取扱説明
書の指示に従ってください。十分な性能が発揮されないばかりか,事故やけがの原因になります。
・ガス分析装置のドアを開けたまま長期間運転しないでください。粉塵,埃などが内部に付着し,
故障の原因になります。
禁止
・ファン(天井部,電子冷却器)に棒,指を差し込まないでください。回転しているファンでけが
をする恐れがあります。
・装置内部の入出力端子部を金属,指などで触らないでください。感電,けがの恐れがあります。
・ガス分析装置周辺で喫煙など,火気を使用しないでください。火災の原因になることがあります。
・ガス分析装置に水の侵入原因になることをしないでください。感電,装置内部の火災の原因にな
ることがあります。
保守,点検上の注意
危険
・校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは,標準ガスの取扱説明書を熟読して正しく使用してくだ
さい。 特にCOガスなどの危険ガスの場合は注意が必要で,中毒などの事故につながる恐れがあ
ります。
・保守点検時には,必ずガス分析装置内の換気扇を“ON”にしてください。ガスが漏れている場合,
中毒の恐れがあります。
・ガス分析装置ガスフィルタの交換や洗浄器の保守を実施するときは,校正ガスのバルブを閉めて
ください。また,サンプルガス吸引口にバルブがある場合は,このバルブを閉めて作業してくだ
さい。中毒や事故の原因になります。
注意
・ヒューズが溶断したときは,その原因を確認の上,必ず同容量,同形式のものと交換してください。
感電や事故の原因となります。
・ドアは必ず施錠し,鍵は関係者以外が持ち出せぬように管理してください。不用意に触れると感
電,故障の原因となります。
・交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか事
故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください。
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってください。
・時計などの金属物を外して作業してください。
・濡れた手で装置に触れないでください。
その他
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡くださ
い。不用意に分解すると感電,けがの恐れがあります。
― iii ―
目 次
はじめに ...................................................................................................................... i
安全上のご注意 ...........................................................................................................ii
1. 概 要 ..................................................................................................................... 1
2. 構成と機器の役割 ................................................................................................... 1
2.1 収納盤外の機器 ..................................................................................................................................... 1
2.2 収納盤の外形と名称板 ......................................................................................................................... 2
2.3 収納盤内機器の配置,配管系統及び役割 ......................................................................................... 3
3. 据付け .................................................................................................................... 5
3.1 分析装置の設置場所の選定 ................................................................................................................. 5
3.2 ガス採取器の設置場所の選定 ............................................................................................................. 5
3.3 分析装置ロッカの設置 ......................................................................................................................... 6
3.3.1 アンカーボルト取付寸法 ......................................................................................................... 6
3.3.2 保守スペース ............................................................................................................................. 6
3.3.3 防振対策 ..................................................................................................................................... 6
3.4 ガス採取器の設置 ................................................................................................................................. 6
3.4.1 採取管の取付け ......................................................................................................................... 6
3.4.2 採取器の取付け ......................................................................................................................... 6
4. 配 管 .................................................................................................................... 8
4.1 配管要領図 ............................................................................................................................................. 8
4.2 分析装置ロッカの配管 ....................................................................................................................... 11
5. 配 線 .................................................................................................................. 13
6. 運転準備と運転 ................................................................................................... 15
6.1 清浄水の注入 ....................................................................................................................................... 15
6.2 配線の確認 ........................................................................................................................................... 15
6.3 ガスサンプル配管 , 排気配管などの確認 ........................................................................................ 15
6.4 暖機運転と運転 ................................................................................................................................... 15
7. 表示・操作パネルの説明 ...................................................................................... 17
7.1 操作パネルの名称と説明 ................................................................................................................... 17
7.2 表示・操作パネルの概要 ................................................................................................................... 18
7.3 表示画面の概要 ................................................................................................................................... 18
7.4 一般操作 ............................................................................................................................................... 20
8. 設定および校正 ................................................................................................... 21
8.1 レンジ切り換え ................................................................................................................................... 21
8.2 校正設定 ............................................................................................................................................... 22
8.2.1 校正濃度の設定 ....................................................................................................................... 22
8.2.2 手動ゼロ校正動作の設定 ....................................................................................................... 24
8.2.3 校正レンジ動作の設定 ........................................................................................................... 25
8.2.4 自動校正成分の設定 ............................................................................................................... 27
― iv ―
8.3 アラーム設定 ....................................................................................................................................... 29
8.4 簡易ゼロ校正の設定 ........................................................................................................................... 29
8.4.1 簡易ゼロ校正(CO ゼロ , O2 スパン)...................................................................................... 29
8.4.2 簡易ゼロ校正の強制中止 ....................................................................................................... 31
8.5 パラメータの設定 ............................................................................................................................... 33
8.6 メンテナンスモード ........................................................................................................................... 37
8.7 手動校正 ............................................................................................................................................... 39
8.7.1 ゼロ校正 ................................................................................................................................... 39
8.7.2 スパン校正 ............................................................................................................................... 40
9. 保 守 .................................................................................................................. 41
9.1 日常点検 ............................................................................................................................................... 42
9.2 定期点検 ............................................................................................................................................... 43
9.3 サンプリング機器の保守要領 ........................................................................................................... 44
9.3.1 加熱形ガス採取器の金網フィルタの交換方法 ................................................................... 44
9.3.2 ガス採取器の金網フィルタの清掃方法 ............................................................................... 44
9.3.3 ガスろ過器のエレメントの交換方法 ................................................................................... 44
9.3.4 ミストフィルタの交換方法 ................................................................................................... 45
9.3.5 サンプリングモジュールのメンブレンフィルタの交換方法 ........................................... 45
9.3.6 ダイヤフラム式吸引器の弁,ダイヤフラムの交換方法 ................................................... 46
9.3.7 電子式ガス冷却器の交換方法 ............................................................................................... 47
9.4 分析計の保守要領 ............................................................................................................................... 48
9.4.1 ヒューズの交換方法 ............................................................................................................... 48
9.4.2 測定セルの清掃 ....................................................................................................................... 48
9.4.3 O2 センサの交換方法 .............................................................................................................. 50
9.5 気密試験 ............................................................................................................................................... 50
10. 標準付属品,予備品/消耗品 ............................................................................ 51
11. トラブルシュート .............................................................................................. 52
11.1 装置のトラブルシュート ................................................................................................................. 52
11.2 分析計のトラブルシュート ............................................................................................................. 53
12. 加熱導管の端末処理 .......................................................................................... 55
12.1 概 要 ................................................................................................................................................. 55
12.2 端末処理方法 ..................................................................................................................................... 56
12.3 配管後のチェック ............................................................................................................................. 57
12.4 クランプサポート ............................................................................................................................. 58
12.5 チューブトレースの仕様 ................................................................................................................. 58
13. 仕 様 ................................................................................................................ 59
13.1 一般仕様 ............................................................................................................................................. 59
13.2 形式指定 ............................................................................................................................................. 60
13.3 盤外機器外形図 ................................................................................................................................. 61
―v ―
1. 概 要
本装置は,非分散形赤外線式 CO センサおよびガルバニ式酸素センサを搭載し,塵芥焼却炉等の燃焼排出ガス中の
CO,O2 を測定します。
2. 構成と機器の役割
2.1 収納盤外の機器
(1)
(2)
(6)
(3)
(直接引込み)
(4)
(5)
ドレン
No.
名 称
種 別
役 割
備 考
(1) ガス採取器
一般形
サンプルガスの採取
排ガス中のダストが150mg/Nm3
以下の時に使用
ガス採取器
加熱形
サンプルガスの採取および内蔵
フィルタによるダストの除去
排ガス中のダストが300mg/Nm3
以下の時に使用
ダストの除去
一般形採取器でダストが50∼150
mg/Nm3の時使用
φ10/φ8
テフロン管
サンプル配管
通常使用
加熱導管
サンプル配管
排ガス中の水蒸気が凍結の恐れが
あるとき使用
(4) ドレンセパレータ
ドレンとガスの分離
ガス導管が収納盤に向け傾斜が取
れず,
途中でドレンが溜まる時に使用
(5) ドレンポット
サンプルガスの封止(水封)
ドレンセパレータと共に使用
(6) 収納盤
前処理部,分析計の収納
(2) 採取点ろ過器
(3) ガス導管
ガス導管
注)ドレンセパレータにはポット押さえφ10/φ8テフロン管2m及び取付ボルトM8×20付属
― 1―
2.2 収納盤の外形と名称板
外形図(単位:mm)
615
100
試料ガス入口
(φ10テフロン
管用貫通コネ
クタ付)
Rc3/8
3
(30)
765(屋外用)
100
300
5
4
空気吸入口
Rc1/4
排気
Rc1/4
1
1550
1295
3-φ34
(グロメット付)
(屋外仕様の
場合電線貫通
金物等による
防水が必要)
70 70 70
100
6
170
2
7
610
650
(675)
420
600
左側面図
正面図
名称板一覧表
No.
記入文字
1
CO, O2 ガス分析装置
2
9
ドレン
Rc1/4
150
1640(屋外用)
8
(社銘板)
3
試料ガス導入口
4
空気吸入口
5
排気
6
ドレン
7
配線口
8
(PL銘板)
9
(製造銘板)
―2 ―
4-φ15
2.3 収納盤内機器の配置,
配管系統及び役割
U
W
A
E
D
T
B
P
2
1
N
45
X
3
H
7
15
C
M
8
6
R
Q
F
12 11 10 9
SG1∼3
V
G
S
J
L
左側断面図
K
正面図
右側断面図
図 2 − 3(1)内部配置図
サンプリングモジュール
A
ミスト
フィルタ
試料ガス
導入口
φ10/φ8
チューブ貫通
引込み
空気吸入口
フローチェッカ
(0.4L/min)
4-φ6ホース口
ニードル弁 メンブレン
フィルタ
E
ガス吸引器
SV1
(フィルタ付)
CO ZERO
O2 SPAN
Q
N
電子
冷却器
Rc1/4
PP製
赤外線CO計
ガルバニO2計
D
B
C
2方電磁弁
SV2
E
T
CO SPAN
O2 ZERO
P
M
安全ドレントラップ
X=600, Y=250
圧力調整器
CO/
N2
ドレン
Rc1/4
PP製
開放口
図 2 − 3(2)配管系統図
― 3―
L
校正ガス
排気
Rc1/4
PP製
表 2 − 3(1)盤内機器と役割
No.
名 称
型 式
役 割
A
ミストフィルタ
ZBBK2
ダストの除去、
ドレンの分離
B
フローチェッカ
ZBD71
サンプル流量の指示
C
メンブレンフィルタ
ZBBM6
微細ダストの除去
D
分析計
ZRJ
CO、O2の濃度測定
E
電磁弁
2方
校正ガスの流通と遮断
F
ブレーカ
EA32/15
メイン電源SW
G
カバーSW
CKS
一部機器、
ループの電源SW
H
コンセント
AC100V
保守用
備 考
最大2A
J
絶縁信号変換器
LDC16H01 アナログ信号絶縁
K
外部端子
TB1
電源、信号用端子
L
標準ガス
CO/N2
CO計スパン、O2計ゼロ用ガス
指定による
M
圧力調整器
ZBD61
標準ガス圧力の調圧
指定による
N
ニードル弁
ZBD23
サンプル流量の調整
P
安全ドレントラップ
ZBH519
ドレンの吸い上げ防止、
ドレン溜め
Q
ガス吸引器
ZBG80
サンプルガスの吸引
R
3方電磁弁
SVC-302
校正用大気の吸引
S
スペースヒータ
200W
保温
T
電子式冷却器
U
蛍光灯
10W
V
外部端子
TB2
W
換気扇
X
記録計
指定による
指定による
TK4E4979C1 サンプルガスの除湿
指定による
温度記録用入力端子
中継用と共通
盤内の換気
PHC/PHE
濃度、温度の記録
指定による
表 2 − 3(2)名称板一覧表
No.
1
2
記入文字
備 考
No.
記入文字
備 考
サンブライト貼付
9
吸引器
サンブライト貼付
(ニードル弁注意銘板) サンブライト貼付
10
換気扇・コンセント
サンブライト貼付
フローチェッカ
3
メンブレンフィルタ
サンブライト貼付
11
除湿器
サンブライト貼付
4
I
NLET
サンブライト貼付
(12)
蛍光灯
サンブライト貼付
5
OUTLET
サンブライト貼付
(13)
スペースヒータ
サンブライト貼付
6
COZERO・O2SPAN
サンブライト貼付
(14)
加熱導管
サンブライト貼付
7
COSPAN・O2ZERO
サンブライト貼付
15
AC100V・MAX.
2A
サンブライト貼付
8
主電源
サンブライト貼付
(
―4 ―
)指定時
3. 据付け
危険
・本製品は,
防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,
火災など
重大な事故の原因になります。
注意
・据付け,移動,再据付けは専門の業者,またはお買上先に依頼してください。不完全な据え付
けは,転倒事故,感電,火災けがなどの原因になります。
・ガス分析装置は重量物です。十分に注意して据付けてください。転倒,落下などにより,事故
やけがの恐れがあります。
・ガス分析装置を持ち上げるときには,必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをする恐
れがあります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超えた場所
での使用は,感電,火災,誤動作の原因になります。
・据え付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤動
作の原因になります。
3.1 分析装置の設置場所の選定
分析装置の設置場所としては,できるだけ次の条件を満足する場所を選定してください。
① ガス採取場所に近い場所(最大 30m)
② 直射日光,高温物体からの輻射熱が当らない場所,屋内形の場合は雨,水滴のかからない場所
③ 雰囲気のよい(塵埃,腐食性ガスのない)場所
④ 振動の少ない場所
⑤ 1日の周囲温度変化が少ない場所
3.2 ガス採取器の設置場所の選定
測定ガスを採取する場所(ガス採取器を取付ける場所)としては,次の条件をできるだけ満足する場所を選定し,
ダクトの屈曲部分,断面形状の急激に変化する場所,ダストのたい積や落下の激しい所は避けてください。
① 標準測定ガスの条件
温 度:60 ∼ 800℃
ダスト:50mg/Nm3 以下(一般形採取器),150mg/Nm3 以下(一般形採取器+採取点フィルタ)
300mg/Nm3 以下(電気加熱式採取器)
圧 力:-2.0 ∼ +2.0kPa
成 分:SO2 500ppm 以下 , NOx 1000ppm 以下,CO2 0 ∼ 15%,CO 0 ∼ 2000ppm
O2 0 ∼ 21%,HCl 1000ppm 以下,残 N2,H2O
② 煙道内が常にガスで充満し,淀みなく流れている場所
③ 保守・点検が容易に行える場所
④ 圧力・温度などの変動が少ない場所
⑤ 煙道の天井から垂直に,または側壁から横に挿入する取付けができる場所
― 5―
3.3 分析装置ロッカの設置
3.3.1 アンカーボルト取付寸法
分析装置ロッカを固定するアンカーボルト取付寸法は,次のようになります。
420
32
35
610
裏面側
正面側
アンカーボルト
(4-M12×160×50)
ドア
単位:mm
図3−3−1
3.3.2 保守スペース
分析装置ロッカの保守エリアは,次の寸法を確保してください。
600
300
扉
単位:mm
図3−3−2
3.3.3 防振対策
振動の多い場所へ設置する場合には,防振ゴムによってロッカを浮かせてください。
3.4 ガス採取器の設置
3.4.1 採取管の取付け
付属の採取管を採取器本体に取付けてください。
採取管のねじ部にはテフロンシールテープを巻き付け,本体フランジにねじ込んでください。
3.4.2 採取器の取付け
採取器は次の条件を守り,取付けてください。
① 採取ガス温度が所定の温度範囲の場所(60 ∼ 800℃)。
② 各採取器の挿入角度制限に合う,相フランジ,保護管加工,取付工事を事前に実施しておいてください。
● 標準の採取器フランジ:JIS 5K25AFF(一般形)JIS 5K65AFF(電気加熱式)
● 挿入角度制限:90°
∼0°
(ガス出口の継手部が下側になるよう取付けてください)図3−3参照
―6 ―
継手
配管(下側へ)
90°
炉壁
採取器
0°
煙道
継手
炉壁
配管
(下側へ)
採取器
地面
配管
継手 (上側へ立ち上げないで下さい)
地面
図3−3
③ 採取管先端が煙道の中央(少なくとも炉壁より 300mm 以上離す)にあるように取付け(漏えい空気吸
い込み防止)てください(図 3 − 4 参照)。
採取器
炉壁
300mm以上
煙道
図 3 − 4 採取管の位置
④ 加熱導管ターミネーションキットの取付け(加熱式採取器のみ可)
加熱導管のターミネーションキットをサポート板に取付けることができます。
● 加熱導管サポート板の取付け方法
本体を付属品のUボルトと補強板で挟み,平座金,バネ座金,ナットにて取付けます。
● ターミネーションキットの取付方法
ターミネーションキットのねじ穴とサポート板の穴を合わせ,付属のねじで平座金,バネ座金, ナットにて取付けます。
Uボルト
本体
補強板
ナット
サポート板
ターミネーションキット
平座金,
バネ座金,
ナット
ねじ
図 3 − 5 ターミネーションキットの取付方法
注)一般形採取器には加熱導管ターミネーションキットサポート板が付属していません,
加熱導管のターミネーションキッ
トは設置工事で採取器又は採取点ろ過器近くに配管が約15°以上の下り傾斜が取れるところに取付けてください。
― 7―
4. 配 管
4.1 配管要領図
配管要領図 1
煙道
(注1)
300以上
(注2)
採取管
盤内配管接続図
継手部が必ず下向きになるようにして下さい
配管貫通コネクタ
φ10/φ8
テフロンチューブ
(直接引込み)
ミストフィルタ
φ10/φ8テフロンチューブ 1m
ドレンが溜まらないように下向きの配管してください
勾配15°
以上
ガスフィルタ
ZBB1V03-0
(手配時のみ)
(ガス出口が下になる様,
又,
材質塩ビの為,
高温の場所をさけて下さい)
支線(供給外)
コネクタのキャップを絞めて
チューブを固定します。
最小曲げ半径300mm以上
(注5)
1m以内
加熱導管内φ10/φ8テフロンチューブ
15°
以上の勾配(注4)
φ10/φ8テフロン
チューブ盤内直接引込
約2m以上
サポート
(供給外)
(注4)
背面取付穴を使用して、
壁面又は簡易架等に固定
(穴寸法及び形状は
別途提出の外形図による)
700mm以上
ドレンセパレータ
ZBH81333
(手配時のみ)
屋外排気
(注8)
配線口
(注9)
水封
ドレン (注6,7) (注6,7)ドレン
ドレンポット
ZBH13103
図4−1
注1)漏えい空気の吸引防止のため。
注2)先端が煙道の中心付近にくるように,
また,
ガスの流れに直角となるように設置下さい。
注4)ガス導管は,
ドレンが滞留しないように15°
以上の傾斜をつけます。
注5)サポート間の間隔は1m以内で,
ドレン溜まりがないこと。
注6)
ドレン配管は塩ビ管等を使用し滞留のないように配管して下さい。
注7)冬季,
ドレンポット及びドレン出口配管が凍結の恐れのある場合は、保温処理を行って下さい。
注8)排気ガスは人体に影響のないように,
配管出口を適切な場所へ設置してください。
注9)各機器への配線は,
別途提出の納入仕様書及び機器の外形図を参照して配線を行ってください。
―8 ―
ガス分析装置
盤内の開放口
のホースは抜か
ないで下さい
(ドレンが出ます)
配管要領図 2
煙道
(注1)
300以上
(注2)
採取管
ガス採取器
ZBAK
フィルタ点検,交換のために400mmのスペースが必要
盤内配管接続図
0∼90°
φ10/φ8
テフロンチューブ
(直接引込み)
ミストフィルタ
配管貫通コネクタ
加熱導管内φ10/φ8テフロンチューブ
採取器付加熱導管
サポートに固定
ターミネーション・キット
TFC-7HPT-10JM
最小曲げ半径300mm以上
支線(供給外)
コネクタのキャップを絞めて
チューブを固定します。
配線ケーブル(供給外)
(注9)
(注5)
1m以内
加熱導管内φ10/φ8テフロンチューブ
15°
以上の勾配(注4)
φ10/φ8テフロン
チューブ盤内直接引込
約2m以上
(注3)
SE-10C1-56-1-PVC-M
サポート
(供給外)
約2m剥く
チューブトレース(加熱導管)
インプットパワーキット
TFC-3HPT-10JM
ドレンセパレータ
ZBH81333
(手配時のみ)
700mm以上
背面取付穴を使用して、
壁面又は簡易架等に固定
(注4)
(穴寸法及び形状は
別途提出の外形図による)
屋外排気
(注8)
配線口
(注9)
水封
ドレン (注6,7) (注6,7)ドレン
ドレンポット
ZBH13103
図4−2
注1)漏えい空気の吸引防止のため。
注2)先端が煙道の中心付近にくるように,
また,
ガスの流れに直角となるように設置下さい。
注3)加熱導管を約2m剥き,
測定ガスを空冷させます。
注4)ガス導管は,
停電時などにドレンが滞留しないように15°
以上の傾斜をつけます。
注5)サポート間の間隔は1m以内で,
ドレン溜まりがないこと。
注6)
ドレン配管は塩ビ管等を使用し滞留のないように配管して下さい。
注7)冬季,
ドレンポット及びドレン出口配管が凍結の恐れのある場合は、保温処理を行って下さい。
注8)排気ガスは人体に影響のないように,
配管出口を適切な場所へ設置してください。
注9)各機器への配線は,
別途提出の納入仕様書及び機器の外形図を参照して配線を行ってください。
― 9―
ガス分析装置
盤内の開放口
のホースは抜か
ないで下さい
(ドレンが出ます)
配管要領図 3
煙道
(注1)
300以上
(注2)
採取管
ガス採取器
ZBAK
フィルタ点検,交換のために400mmのスペースが必要
盤内配管接続図
0∼90°
配管貫通コネクタ
最小曲げ半径300mm以上
支線(供給外)
(注5)
1m以内
φ10/φ8
テフロンチューブ
(直接引込み)
ミストフィルタ
コネクタのキャップを絞めて
チューブを固定します。
配線ケーブル(供給外)
(注9)
φ10/φ8テフロンチューブ
15°
以上の勾配(注4)
φ10/φ8テフロン
チューブ盤内直接引込
約2m以上
サポート
(供給外)
(注4)
背面取付穴を使用して、
壁面又は簡易架等に固定
(穴寸法及び形状は
別途提出の外形図による)
700mm以上
ドレンセパレータ
ZBH81333
(手配時のみ)
屋外排気
(注8)
配線口
(注9)
水封
ドレン (注6,7) (注6,7)ドレン
ドレンポット
ZBH13103
図4−3
注1)漏えい空気の吸引防止のため。
注2)先端が煙道の中心付近にくるように,
また,
ガスの流れに直角となるように設置下さい。
注4)ガス導管は,
ドレンが滞留しないように15°
以上の傾斜をつけます。
注5)サポート間の間隔は1m以内で,
ドレン溜まりがないこと。
注6)
ドレン配管は塩ビ管等を使用し滞留のないように配管して下さい。
注7)冬季,
ドレンポット及びドレン出口配管が凍結の恐れのある場合は、保温処理を行って下さい。
注8)排気ガスは人体に影響のないように,
配管出口を適切な場所へ設置してください。
注9)各機器への配線は,
別途提出の納入仕様書及び機器の外形図を参照して配線を行ってください。
― 10 ―
ガス分析装置
盤内の開放口
のホースは抜か
ないで下さい
(ドレンが出ます)
4.2 分析装置ロッカの配管
(1) サンプルガスの配管
ロッカ上部のガス導管入口を貫通させガス採取器からのガス導管をミストフィルタに接続します。
試料ガス導入口
(貫通コネクタ付)
φ10/φ8テフロン管
ミストフィルタ
注)十分Rを取り,かつドレン溜りがないよう配管してください。
図4−4
(2) 排気,ドレンの配管
ロッカ側面上部に排気,下部にドレン用の配管口があります。排気は危険のない場所へ配管してください。ド
レンは立ち上げず,ピット等に配管してください。(配管内径φ 8mm 以上)
注 1)冬場,凍結の恐れのある場合は,排気配管,ドレン配管共保温処理をしてください。
(3) 標準ガスボンベの取付けと配管
① 標準ガスボンベを分析装置ロッカーの下部に設置します。
② サンプリングモジュールの校正用標準ガス入口に付属のポリエチレンチューブ(φ6 mm/ φ4 mm)を接
続します。
ポリエチレンチューブはスペースヒータ(オプション)に接触しないよう適当な長さに切断し,配管して
ください(図 4 − 5 参照)。
③ 設置したガスボンベに圧力調整器の取付けを行います。
高圧圧力計
低圧圧力計
調整器本体
IN ガスボンベ
出口側ハンドル
Rc1/4
ボンベ取付ナット
R1/4継手
ホースバンド
安全弁
ボンベ取付継手
圧力調整ハンドル(右回転で2次圧上昇)
トアロンチューブ
ホースバンド
固定絞り 30kPa/0.6 (緑色)
ホースバンド
トアロンチューブ
ホースバンド
ポリエチレンチューブ(φ6mm/φ4mm)
サンプリングモジュールの校正用標準ガス入口へ
図4−5
― 11―
④ ガスボンベに取付けの際はボンベの口金部分の清掃を完全に行ってください。圧力調整器内にゴミなどが
入りますとガス漏れの原因になります。
⑤ ボンベ取付けナット内のパッキンが挿入されていなかったり,傷んでいるときは付属の予備パッキンと交
換してください。
⑥サイズの合ったスパナを使用し,ボンベ取付けナットをガスボンベに確実に締め付けてください。また出
口側は図 4-5 の通り配管してください。
⑦ 圧力調整ハンドルを緩めたあと,出口側ハンドルを締めてください。
⑧ ガスボンベのバルブを開きますと,圧力調整器内にガスが流れ,高圧側圧力計にガスボンベの圧力が指示
されます。
⑨ 次に圧力調整ハンドルを時計回りに回し,2次圧を上げます。低圧側圧力計を見ながら 0.03MPa に調整し
てください。
⑩ 出口側ハンドルを開けるとガスが放出されます。
口金
高圧側圧力計
低圧側圧力計
圧力調整ハンドル
パッキン
ボンベ取付ナット
圧力調整器
ガスボンベ
R1/4継手
出口側ハンドル
図 4 − 6 標準ガスボンベに圧力調整
― 12 ―
5. 配 線
注意
・配線工事は,専門業者またはお買上げ先に依頼してください。配線工事に不備があると感電,
けがの原因になります。
・本体アースには第3種接地工事が必要です。規定の接地種別で接地工事を行わない場合は,感
電や誤動作の原因となることがあります。
・配線工事を行うときは,必ず元の電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあります。
・誤った接地線材を使用しますと,感電,誤動作の原因となります。
・定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると火災の原因になります。
・入出力配線には,ガス分析装置の定格電流で電線径を選択してください。定格に耐えない配線
材の使用は,火災の原因になります。
・入力,出力端子台への接続は,必ず圧着端子を使用してください。
・入出力配線は,床,壁面などに必ず固定し,電線に保護具を使用してください。
・電源は高周波加熱炉,電気溶接機など電源波形を著しく乱すものの付近,およびこれらと同系
統の電源使用は避けてください。
(1)ケーブルの線材
電源ライン
600−IV 線 線径 2mm2∼5.5mm2
信号ライン
600−IV 線 線径 0.5mm2∼0.9mm2
アースライン
600−IV 線 線径 2mm2∼5.5mm2
(2)屋外設置時の配線
屋外設置の場合,分析装置の配線引込み口に防水グランド等を使用し防水処置してください。
(3)配線
次図の端子台 TB1, TB2 の配列を参照に配線してください。TB1, TB2 共,端子ねじは M4 です。
加熱式採取器,加熱導管を使用の場合は分析装置ロッカから電源供給します。
― 13―
TB1
アース端子
主
AC100V
電
50又は60Hz 源
1
端子台<TB1>
1−2間 :主電源入力用端子台
2
3
3
:内部機器用アース
(配線しないでください)
4
5
(オプション) ガス採取器用
電源
(オプション)
7
加熱導管用
電源
CO瞬時値
O2瞬時値
O2換算CO移動平均値
(平均時間可変)
6
8
+
−
+
−
+
−
9
10
11
12
13
14
15
サンプルポンプON/OFF
16
TB2
5−6間 :加熱式採取器電源用端子台(指定による)
7−8間 :加熱導管電源用端子台(指定による)
9−10間 :CO瞬時値
11−12間:O2瞬時値
13−14間:O2換算CO移動平均値(平均時間可変)
15−16間:サンプルポンプON/OFF
端子台<TB2>(記録計付のとき)
1
2
3
内部用で使用
4
5
6
1−8間 :内部配線用
(使用不可)
7
8
+
温度入力1
−
+
温度入力2
−
9
10
11
12
9−10間 :温度入力1
11−12間:温度入力2
― 14 ―
6. 運転準備と運転
6.1 清浄水の注入
右図のように盤面側の空気吸入口より付属の注入容器を深
くさし込みドレン口よりオーバーフローするまで水道水を
注入してください。
試料ガス入口
排気口
空気吸入口
水道水
6.2 配線の確認
正しく配線されているか,もう一度確認してください(「5. 配線」章を参照)
。
6.3 ガスサンプル配管, 排気配管などの確認
ガス採取器の出口と分析装置の入口および排気/ドレンの配管接続部の配管継手の締まり具合を十分にチェックし
てください。
6.4 暖機運転と運転
各機器の電源の投入により,運転が開始されます。電源スイッチの配置は2項構成を参照してください。
(1)運転手順
① オートブレーカ(以下MCB)
「主電源」を“ON”にします。
② 赤外線ガス分析計の左側にある電源スイッチを“ON”にします。
③ カバー付ナイフスイッチ(以下K,SW)の「採取器」電源を“ON”にします。(オプション加熱式のみ)
④ MCBの
「加熱導管」
電源を
“ON”
にします
(加熱導管がない場合は,ブレーカは取付けられていません)
。
(オ
プション)。「除湿器」K,SW“ON”にします。
⑤「吸引器」のスイッチはOFFのままにします。「換気扇」電源“ON”にして下さい(常時)。「スペースヒータ」
(オプション)は周囲温度に合わせて“ON”にしてください。
― 15―
⑥ 各機器の暖機運転が開始されます。
各機器の暖機時間は,以下の通りです。
赤外線ガス分析計
約4時間(約1時間でほぼ正常値表示)
加熱式採取器
約1時間以上
電子式ガス冷却器
約10分以上
加熱導管
約1時間以上
⑦ 加熱式採取器の場合は採取器の暖機が終了したら,一般形採取器の場合は電子式冷却器の暖機が終了した
ら「吸引器」のスイッチを“ON”にします。運転が開始されます。
⑧ フローチェッカのボール位置をニードル弁を回して黄色ゾーン内に(中央で約0.4R/min)合わせてくださ
い。
0.4R/min
(中央付近)
ニードル弁
図 6 − 1 フローチェッカ
(2)ゼロ,スパン校正の実施
通常運転開始前に必ず CO,O2 計のゼロ,スパン校正を行ってください(校正方法は「8. 設定および 校正」項
を参照)。
― 16 ―
7. 表示・操作パネルの説明
赤外線ガス分析計の各表示画面と操作パネルの名称と操作について,図 7 − 1 に示します。
7.1 操作パネルの名称と説明
表示部
INFRARED GAS ANALYZER
POWERスイッチ
DISPLAY
スイッチ
POWER
DISPLAY
MODE
ZERO
ESC
ENT
SPAN
操作部
・表示部:測定画面の表示や,各設定項目を表示します。
・操作部:下図のような構成になっています。
⑤エスケープキー
③上キー
①MODEキー
⑦ZEROキー
MODE
ESC
ZERO
ENT
SPAN
⑧SPANキー
②横キー
④下キー
名 称
説 明
⑥エントリーキー
名 称
説 明
① MODEキー
モードを切り換えるために使用します。
⑤ エスケープ
キー
前画面に戻りたいときや,設定を途
中でやめるときに使用します。
② 横キー
選択項目の変更(カーソルの移動),
数値の桁を変更するために使用します。
⑥ エントリー
キー
選択項目の決定や数値の決定に使用
します。また校正の実行にも使用します。
③ 上キー
選択項目の変更(カーソルの移動),
数値を増加するために使用します。
⑦ ZEROキー
手動ゼロ校正をするときに使用します。
④ 下キー
選択項目の変更(カーソルの移動),
数値を減少するために使用します。
⑧ SPANキー
手動スパン校正をするときに使用します。
図 7 − 1 表示・操作パネルの名称と説明
注)DISPLAYスイッチは表示部液晶パネルのバックライトのON/OFFに使用します。
バックライトにはCFL(冷陰極管)を使用しています。冷陰極管の寿命は50000時間ですが、長持ちさせるため、表示未
使用時はOFFされることをお奨めします。
― 17―
7.2 表示・操作パネルの概要
・測定モード
ZERO
MODE
ESC
手動ゼロ校正
手動スパン校正
・メニューモード
SPAN
・項目選択
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分
ESC
・レンジ
切り換え
ENT
・項目選択
スタート時間
サイクル
流通時間
自動校正 ON/OFF
自動校正中止
・校正設定
・メニューモード
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正
パラメータ設定
・アラーム
設定
自動校正は「OFF」
で使用します
・自動校正
設定
・項目選択
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
簡易ゼロ校正中止
・簡易ゼロ校正
・パラメータ
設定
ENT
・項目選択
時刻
キーロック
リモートレンジ
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間 メンテナンスモード
キーで項目選択
:現在時間設定
:キーロックON/OFF
:リモートレンジON/OFF
:ON/OFF
:平均値リセット実行
:応答時間(フィルタ)
:平均時間設定
:メンテナンスモード(パスワード入力)
図7−2
7.3 表示画面の概要
(1)測定モード画面
電源投入時は,必ずこの画面になります。(濃度表示値は異なります)
①
②
③
No.
名 称
①
成分表示
瞬時値,換算瞬時値,換算
平均値などの成分表示
②
濃度表示
測定濃度値の表示
③
レンジ表示
レンジ値の表示
④
単位表示
ppm,vol %の表示
④
図 7 − 3 測定モード画面の名称と機能
― 18 ―
機 能
● 瞬時濃度値
:CH1 ; CO 瞬時値,CH2 ; O2 瞬時値
CH1, CH2
● O2 換算濃度値
:O2 の瞬時値濃度,および O2 換算基準値(「8.6」参照)から次の式により算出した値です
CH3
換算出力=
On:酸素換算基準値(本装置では 12)
(アプリケーションにより設定される値)
21 − On
× Cs
21 − Os
K
Os:酸素濃度(%)
Cs:CO ガス濃度
ただし,Kは
● O2 換算 CO 平均値
K≧4の場合
k=4
K<0の場合
k=4
Cs<0の場合
k=0
:CO の O2 換算濃度値を一定時間移動平均した値。
(30 秒毎に書き換えられます)
CH4
平均時間は,平均時間の設定(「8.5 パラメータの設定」項参照)にて1分∼ 59 分または,
1時間∼4時間の間で可変設定できます(設定した時間はレンジ表示部に“1h”などの
ように表示されます)。
*) O2 換算濃度値および O2 換算濃度平均値の測定レンジは CO の測定レンジと同じになります。
● O2 平均値
CH5
:O2 濃度の移動平均値。平均時間は CH4 と同様 1 分∼ 59 分,1 時間∼ 4 時間可変です。平均
値の書き換えは 30 秒毎。
(2)各設定,選択画面
各設定,選択画面は下図のような構成になっています。
● ステータス表示領域では現在のステータスが表示されています。
● メッセージ表示領域では操作に関する案内が表示されます。
● 設定項目,選択項目表示領域では設定する項目や数値が必要に応じて表示されます。カーソルを
キーや
キーで移動し,各項目にあった操作を行ってください。
メッセージ表示領域
ステータス表示領域
設定項目,選択項目
表示領域
カーソル
図 7 − 4 分析計表示画面
― 19―
7.4 一般操作
●
メニューモード
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
の表示です。
設定内容については,
「8. 設定および校正」章を
参照してください。
ESC
MODE
測定モード
― 20 ―
8. 設定および校正
8.1 レンジ切り換え
CO のレンジを切り換える場合に使用します。
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示させ
ます。
② レンジ切り換えにカーソルを合わせて
ください。
ENT
MODE
メニューモード
項目を選択して下さい。
キーを押して
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
ENT
③ チャネル選択画面が表示されましたら,
キーで
レンジ切り換え
印カーソルを移動して,CH(CO )を選択します。
④ 選択後,ENT キーを押してください。
CH1 CO
注)O2 換算瞬時値,O2 換算平均値のレンジは,対応す
る各 CH(成分)瞬時値のレンジを切り換えると自
動的に切り換わります。
CH2 O2
レンジを切り換える成分
を選択して下さい。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
( )
⑤ レンジ設定画面が表示されましたら,
キーを押
し,カーソルを移動してレンジを選択します( の印が
あるレンジが現在選択されているレンジです)
。
レンジ切り換え
CH1 CO
⑥ 選択後,ENT キーを押してください。
⑦ 選択されたレンジで測定が行われます。
このとき,レンジ識別信号は,Low レンジ(レンジ1)
CH2 O2
ENT
レンジを上下キーで選択
しENTキーの入力によ
りレンジが切り換わりま
す。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
で導通,High レンジ(レンジ2)で開放となります。
注)リモートレンジがON に設定されている場合は,画
面によるレンジ切り換えはできません。
終了する場合
( )
レンジ切り換え操作を終了させる場合や操作を途
ESC
中で中止させる場合は キーを押してください。
一つ前の画面に戻ります。
― 21 ―
レンジ切り換え終了
ENT
8.2 校正設定
校正時の濃度や動作を設定する場合に使用します。
項目は,校正濃度,ゼロ校正動作,校正レンジ動作,自動校正成分の4つです。
8.2.1 校正濃度の設定
校正時に使用する各 CH の標準ガス(スパン)の濃度を設定します。
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示さ
MODE
メニューモード
項目を選択して下さい。
せます。
②
キーで校正設定にカーソルを合わせて
キーを押してください。
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面が表示されましたら,
キーで
ENT
校正濃度にカーソルを合わせて
キーを押してくだ
さい。
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
校正設定
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分
( )
④ 校正濃度 CH 選択画面が表示されましたら,
キーで設定したい CH にカーソルを合わせて ENT キー
を押してください。
校正設定
校正濃度
CH
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
レンジ
0-500ppm
0-2000ppm
0-25vol%
ゼロ
0000.0
00000
00.00
スパン
0480.0
02000
21.00
( )
ENT
― 22 ―
ENT
校正設定
校正濃度
⑤ 校正濃度選択画面が表示されましたら,
キーを押して,設定したい濃度項目を選択します。
CH
CH1
CO
CH2
O2
濃度を設定する項目を
選択して下さい。
レンジ
0-500ppm
0-2000ppm
0-25vol%
ゼロ
0000.0
00000
00.00
スパン
0480.0
02000
21.00
( )
ENT
数値設定カーソル
⑥ 校正濃度数値設定画面が表示されましたら,校正ガス
濃度値(スパン)を入力してください。
数値の入力は,
キーで1桁分の数値の増減を行
い,
キーで桁移動を行います。
設定後,ENT キーを押しますと記憶されます。記憶され
た値は,次回校正時より有効となります。
注)CO 計スパンは使用する校正ガスボンベの濃度値
を,O2計スパンは大気を校正しますので,
“21.00”
を設定してください。(ゼロは 0.00 で固定)
校正設定
校正濃度
CH
CH1
CO
CH2
O2
濃度を設定する項目を
選択して下さい。
レンジ
0-500ppm
0-2000ppm
0-25vol%
ゼロ
0000.0
00000
00.00
スパン
0480.0
02000
21.00
ENT
終了する場合
校正濃度の数値設定を終了させる場合や操作を途
ESC キーを押してください。
中で中止させる場合は, 一つ前の画面に戻ります。
数値の設定範囲
ゼロ :0%固定
スパン:最小桁1∼100%FS
(フルスケール(FS)は各レンジ値です。)
上記の範囲外の値は設定できません。
― 23 ―
校正濃度の設定終了
8.2.2 手動ゼロ校正動作の設定
手動でゼロ校正を行うとき,本装置では「選択」で使用します。設定変更はしないでください。
MODE
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示させます。
メニューモード
②
キーで校正設定にカーソルを合わせて
項目を選択して下さい。
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面が表示されましたら,
ゼロ校正動作にカーソルを合わせて
ENT
キーで
校正設定
キーを押して
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
ください。
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分
( )
④ 手動校正 CH 選択画面が表示されましたら,
キーで CH1 にカーソルを合わせ「選択」を設定し
ENT
校正設定
ゼロ校正動作
ENT
成分を選択して下さい。
キーを押してください。
CH1 レンジ1 0-500
ppm
CO レンジ2 0-2000 ppm
CH2 レンジ1 0-25
vol%
O2
選択
選択
( )
― 24 ―
ENT
8.2.3 校正レンジ動作の設定
校正時,各 CH(成分)のレンジを表示レンジ単独で校正,または,2レンジ連動させて校正を行うか設定します。
(CO 計のみ可)
MODE
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示さ
メニューモード
項目を選択して下さい。
せます。
②
キーで校正設定にカーソルを合わせて
ENT
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
キーを押してください。
( )
③ 校正設定項目画面が表示されましたら,
校正レンジ動作にカーソルを合わせて
ENT
キーで
校正設定
キーを押し
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
てください。
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分
( )
④ 校正レンジ動作 C H 選択画面が表示されましたら,
キーで CH1 CO にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
校正設定
校正レンジ動作
ENT
成分を選択して下さい。
CH1 レンジ1 0-500
ppm
CO レンジ2 0-2000 ppm 表示レンジ
CH2 レンジ1 0-25
vol%
表示レンジ
O2
( )
― 25 ―
ENT
⑤ 校正動作選択画面が表示されましたら,
キーでレ
ンジ連動か表示レンジを選択します。
(CH2 : O2 は不可)
・レンジ連動と設定した場合は,設定された CH のレン
ジ1とレンジ2を連動させて校正します。
・表示レンジと設定した場合は,設定された CH の校正
時に表示されているレンジのみを校正します。
校正設定
校正レンジ動作
CH1
CO
CH2
O2
校正を“レンジ連動”で
行うか“表示レンジ”で
行うか設定して下さい。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm レンジ連動
レンジ1 0-25
vol%
表示レンジ
( )
ENT
手動校正の設定終了
注)通常運転にてレンジ連動の設定で校正を実施する場合,通常使用レンジ側のスパンガスボンベを用意
していただき,通常使用レンジにて校正することをお奨めします。
連動により校正されるもう一方のレンジには,多少の誤差が生じます(最大±5%FS 程度)。
― 26 ―
8.2.4 自動校正成分の設定
本装置では大気による校正のみを自動で行います。本設定で
は,CO・O2 とも「する」と設定されていることを確認してく
ださい。
① 測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示さ
MODE
メニューモード
項目を選択して下さい。
せます。
②
キーで校正設定にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
③ 校正設定項目画面が表示されましたら,
自動校正成分にカーソルを合わせて
ENT
キーで
校正設定
キーを押して
ENT
設定する項目を選択して
下さい。
ください。
校正濃度
ゼロ校正動作
校正レンジ動作
自動校正成分
( )
④ 自動校正成分選択画面が表示されましたら,
キーで設定したい CH にカーソルを合わせて
ENT
キー
校正設定
自動校正成分
ENT
成分を選択して下さい。
を押してください。
CH1 レンジ1 0-500
ppm
CO レンジ2 0-2000 ppm す る
CH2 レンジ1 0-25
vol%
す る
O2
( )
― 27 ―
ENT
⑤ 自動校正動作選択画面が表示されましたら,
キーで“する”を選択します。設定後,ENT キーを押し
てください。
終了する場合
自動校正成分の設定を終了させる場合や操作を途
中で中止させる場合は, ESC キーを押してくださ
い。一つ前の画面に戻ります。
校正設定
自動校正成分
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm す る
レンジ1 0-25
vol%
す る
( )
手動校正の設定終了
― 28 ―
ENT
8.3 アラーム設定・自動校正設定
本装置ではアラーム機能ゼロ,スパン自動校正機能を使用しません。アラーム設定,自動校正設定が「OFF」を確
認してください。
8.4 簡易ゼロ校正の設定
8.4.1 簡易ゼロ校正(COゼロ, O2スパン)
MODE
ゼロ点の校正を設定した時間で自動的に実行します。
注)簡易ゼロ校正の設定を変更する場合は,ON/OFF を OFF に
設定してから数値の変更を行ってください。
① 測定モードで MODE キーを押してメニューモードを表示
させます。
②
キーで簡易ゼロ校正設定にカーソルを合わせ
て
ENT
キーを押してください。
メニューモード
項目を選択して下さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
③ 簡易ゼロ校正項目選択画面が表示されましたら,
ENT
簡易ゼロ校正設定 項目を選択して下さい。
キーで設定したい項目にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
360
OFF
12:00
日
s
現在時刻:TUE 15:37
簡易ゼロ校正中止
( )
④ 簡易ゼロ校正パラメータ設定画面が表示されました
ら,数値入力および設定を行ってください。
数値入力および設定方法は,
よび設定変更,
ENT
簡易ゼロ校正設定 項目を選択して下さい。
キーで数値入力お
キーでカーソルを右へ移動させま
す。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
SUN
07
360
OFF
12:00
日
s
サイクルは時間
と日を交互に表
示し設定。
時
キー
日
現在時刻:TUE 15:38
設定後,ENT キーを押しますと入力した設定値で簡易
簡易ゼロ校正中止
ゼロが行われます。
ON/OFF 設定が OFF の場合,自動簡易ゼロ校正は行わ
ENT
れません。
簡易ゼロ校正の設定終了
― 29 ―
設定項目の説明
・スタート時間
・サイクル
・流通時間
・ON/OFF
:最初の校正のスタート曜日,
時,
分の設定
(初期値
:スタート時間から次の校正までの周期(単位は時間/日)(初期値
:セル内を校正ガスで置き換えを行う時間
(初期値
:簡易ゼロ校正のON/OFF設定
(初期値
月曜 9:00)
7日)
360秒)
OFF)
終了する場合
簡易ゼロ校正の設定を終了した場合や操作の途中で中止させる場合は,
ください。一つ前の画面に戻ります。
ESC
キーを押して
例
スタート時間
SUN サイクル
流通時間
12 360 ON/OFF
ON
12:00
時間
s
上記の設定で簡易ゼロ校正を行った場合
日曜日
12:00
サイクル
月曜日
00:00
月曜日
12:00
:簡易ゼロ校正中
ゼロ校正
360s
流通時間
(「8.2.4」項の自動校正成分の設定で,CH1∼CH2:“する” と設定した成分が一括
でゼロ校正されます。)
設定範囲
サイクル : 1∼99 時間 または 1∼40 日
流通時間 : 60∼999 s
注 意
・簡易ゼロ校正が開始されると,自動的に測定画面になります。
・簡易ゼロ校正中は,簡易ゼロ校正の強制中止(「8.4.2」項参照)以外の操作はできな
くなります。キーロックがONのときは,“簡易ゼロ校正中止”もできなくなりますの
で,簡易ゼロ校正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFにしてから簡易ゼロ
校正中止を実行してください。
― 30 ―
8.4.2 簡易ゼロ校正の強制中止
簡易ゼロ校正中に校正を強制的に止める場合に使用します。
① メニューモードを表示させて,
校正設定にカーソルを合わせて
キーで簡易ゼロ
ENT
メニューモード
項目を選択して下さい。
キーを押してくだ
さい。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
② 簡易ゼロ校正項目選択画面が表示されましたら,
ENT
簡易ゼロ校正設定 項目を選択して下さい。
キーで簡易ゼロ校正中止にカーソルを合わせ
て
ENT
キーを押してください。
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
THU
07
360
ON
10:54
日
s
現在時刻:MON 09:54
簡易ゼロ校正中止
( )
③ 簡易ゼロ校正中止が反転表示され簡易ゼロ校正を中止
するか,続けて行うか確認のメッセージが表示されま
す。ここで
ENT
キーを入力すると中止します。ESC キー
を入力すると簡易ゼロ校正は中止されません。
簡易ゼロ校正設定 簡易ゼロを中止しますか
中止する場合ENTを
続けて校正する場合は
ESCを入力して下さい
スタート時間
サイクル
流通時間
ON/OFF
THU
07
360
ON
10:54
日
s
現在時刻:MON 09:54
簡易ゼロ校正中止
― 31 ―
ENT
簡易ゼロ校正時の画面例
自動校正成分(「8.2.4」項)をCH1:“する”,CH2:“する”と設定した場合
・ゼロ校正
CH1に"ゼロ校正"のメッセージが
CH
O2
CH
O2
1ゼロ校正
0-25
2
点滅します。
CH
3
CH
4
CH
5
― 32 ―
0-25
vol%
vol%
換算CO
0-500
vol%
換算CO平均
0-500
ppm
O2平均
0-25
ppm
8.5 パラメータの設定
パラメータの設定は,時刻,キーロックなどの必要に応じて設定を行うものです。
ここで設定する項目は次の通りです。
設定項目の説明
・時刻
・キーロック
・リモートレンジ
: 現在の曜日,
時,
分の設定
: キーロックOFFにするキー操作以外の操作をできなくするON/OFF設定
: 外部入力によるレンジ切り換えを有効にするか無効にするかのON/OFF設定(本装置ではOFFで使用)
・ホールド
・平均値リセット
・応答速度
: 校正時出力をホールドするかしないか設定
: 平均値をリセットします
: 電気系の応答時間の設定
: 移動平均時間を設定します
・平均時間
・メンテナンスモード :メンテナンスモードに入るためのパスワードを入力します
※メンテナンスモードについては,「8.6」項を参照してください。
MODE
① 測定モードで MODE キーを押してメニューモードを表示
させます。
②
キーでパラメータにカーソルを合わせて
メニューモード
項目を選択して下さい。
ENT
キーを押してください。
レンジ切り換え
校正設定
アラーム設定
自動校正設定
簡易ゼロ校正設定
パラメータ
( )
③ パラメータ設定画面が表示されましたら,
で設定したい項目にカーソルを合わせて
ENT
キー
パラメータ
ENT
項目を選択して下さい。
キーを押
してください。
時刻
キーロック
リモートレンジ
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
メンテナンスモード
TUE
15:43
OFF
OFF
ON
リセット
0000
( )
― 33 ―
ENT
④ パラメータ設定画面が表示されましたら,
数値入力およ
び設定を行ってください。
曜日を設定して下さい。
キーで,カーソル
数値入力および設定方法は,
を右へ移動させる場合は,
パラメータ
キーで行ってください。
設定後,ENT キーを押しますと入力した設定値で実行さ
れます。
終了する場合
パラメータの設定を終了した場合や操作を途中
ESC
で中止させる場合は キーを押してください。
一つ前の画面に戻ります。
時刻
キーロック
リモートレンジ
ホールド
平均値リセット
応答速度
平均時間
メンテナンスモード
THU
15:43
OFF
OFF
ON
リセット
0000
ENT
パラメータの設定終了
設定範囲
・応答速度
・平均時間
: 1∼60 sec
(初期値 3sec)
: 1∼59minまたは1∼4hour
(初期値 1hour)
単位をminに設定した場合1∼59,hourに設定した場合1∼4 ・メンテナンスモード : 0000∼9999
(初期値 0000)
ホールド動作
ホールドを ON に設定すると校正中(手動校正,簡易ゼロ校正),およびガス流通時間分各チャネルの出力信
号がホールドされます。
1. 手動校正時の動作
ZERO
または
SPAN
ENT
キーでガスが流れ,
ENT
その後 キーで校正実行
校正動作
ホールド延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間分
(「8.4 簡易ゼロ校正の設定」項を参照)
― 34 ―
2. 簡易ゼロ校正時の動作
自動校正開始
自動校正終了
校正動作
ホールド
延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間ホールド
3. 動作中の画面表示
測定画面で“ホールド中”のメッセージが点滅します。
4. 手動,自動を問わず校正ガスが流通した後に校正動作を中止した場合もホールド延長時間の出力ホールド
を行います。
平均値リセット
O2 換算平均値,O2 平均値をクリアし,平均を始めます。全ての平均値を同時にリセットします。
リセット入力時点で表示値および出力値は0 ppm,vol% 相当となります。
短絡(ショート)
(1.5秒以上保持してください)
開放(オープン)
リセット入力
短絡(ショート)の間リセットが続きます。
短絡(ショート)から,開放(オープン)に変化したとき,平均動作を開始します。
応答速度
電気系の応答時間を変えることができます。
成分ごとに設定が可能です。
注)ここで設定できる秒は,あくまでも目安となるも
ので正確な値ではありません。
お客様の必要に応じて値を設定してください。
― 35 ―
パラメータ
応答速度
成分を選択して下さい。
CH1
CO
03 s
CH2
O2
03 s
平均時間設定
O2 換算平均値の移動平均時間,O2 平均時間の設定がで
きます。
1∼ 59分(1 分ステップ)または1 ∼4 時間(1 時間ステッ
プ)の平均時間が設定できます。
設定を変えると O2 換算平均値,O2 平均値はリセットさ
れます(設定を変えた成分だけ,ENT の入力時にリセッ
トされます)。
パラメータ
平均時間
時間または単位を設定し
て下さい。
CH4
換算CO平均
01
時間
CH5
O2平均
01
時間
平均動作の例
平均時間を1時間と設定したとき
リセット
平均値
時間
時間
・ サンプリング周期は30秒で1回です。
・ 平均値は現在の時点より,1時間(設定時間)前までの平均を30秒ごとに出力します。
・ リセット時点では,現在の時間より前の値は全てゼロとして計算されます。よって正確
な平均値となるのは,リセットより設定時間後となります。
メンテナンスモード
メンテナンスモードに入るためのパスワードを入力するために用います。パスワード入力後
ENT
キーを押す
ことによりメンテナンスモードに入ります。このパスワードはメンテナンスモードのパスワードセッテイで
設定できます。
工場出荷時のパスワードは“0000”となっていますので,この値でメンテナンスモードに入ることができま
す。
― 36 ―
8.6 メンテナンスモード
センサー入力値の確認,エラーログファイルの表示,O2 換算基準値の設定,パスワードの設定を行います。本項は,
最初にパスワードを設定し,次回から設定されたパスワードが必要となります。本項は,
「8.5 パラメータの設定」
項でメンテナンスモードを選択することにより表示されます。
① パラメータ項目選択画面で,メンテナンスモードを選
びますと,パスワード入力画面が表示されます。
メンテナンスモード
項目を選択して下さい。
② パスワードを入力しますと,メンテナンスモード項目
キー選択したい項目
選択画面が表示されます。
にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してください。
③ 次に各メンテナンスの画面を示します。
注)ファクトリーモードは当社サービスマン用ですの
で,お客様の使用はできません。
1.センサー入力値
2.エラーログファイル
3.酸素換算12%02
4.パスワードセッテイ
5.ステーションNo. 01
6.ファクトリーモード
( )
ENT
各メンテナンスの画面
・センサー入力値画面
メンテナンスモード
センサー入力値
センサー入力値画面の説明
・CO : CO用センサー入力値
・O 2 : O 2センサー入力値
・温度 : 温度センサー入力値(分析計内蔵)
センサー
CO
O2
温度
入力値
40434
26394
17967
センサー
入力値
・エラーログファイル画面
エラーログファイル画面の説明
エラーの履歴です。
エラー番号,発生した日時(曜日,時間),チャネル
などエラーの内容は「11.2 分析計のトラブルシュート」
項を参照してください。
メンテナンスモード
エラーログ
ENT:エラーログクリア
ESC:この画面から抜ける
Error No. 4
Error No. 5
Error No. 4
Error No. 7
Error No. 6
Error No. 7
Error No. 7
次ページ
エラーログクリア
― 37 ―
TUE
TUE
TUE
TUE
TUE
TUE
TUE
11: 9
11: 9
11: 7
10: 58
10: 23
10: 23
10: 9
O2
O2
O2
O2
CO
CO
O2
Page. 1
・O2 換算基準値設定画面
O 2 換算基準値設定画面の説明
メンテナンスモード
ここで設定された値により次の式からO2換算値を
求めます。
21−設定値
O2換算濃度値=
21−O2濃度測定値
×成分濃度測定値
この部分は最大4までとりえます。
それ以上の場合は4で固定。
酸素換算基準値を設定し
て下さい。
1.センサー入力値
2.エラーログファイル
3.酸素換算12%02
4.パスワードセッテイ
5.ステーションNo. 01(使用せず)
6.ファクトリーモード
設定範囲
O 2 換算基準値 : 00∼19%(1%ステップ)
(初期値 12%)
・パスワード設定画面
パスワード設定画面の説明
パスワードセッテイ: 0000
パラメータの設定からメンテナンスモードに入る
ときに使用するパスワードが設定できます。
注)ここで設定したパスワードは,忘れないよう管理し
てください。パスワードがわからなくなるとメンテ
ナンスモードに入れなくなります。
― 38 ―
8.7 手動校正
8.7.1 ゼロ校正
ゼロ点の調整を行う場合に使用します。CO 計のゼロ校正用ガスは大気を自動吸引します。O2 計のゼロ校正ガスは
CO/N2 標準ガスを使用します。
ZERO
① 測定画面で ZERO キーを押して手動ゼロ校正画面を表示さ
手動ゼロ校正
せます。
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
0.00
0.0
( )
②
キーを押して,校正する CH(成分)を選択し
ます。選択後
ENT
キーを押しますとゼロ校正用ガスが流
手動ゼロ校正
れます。
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
0.00
0.0
ENT
③ ゼロガスを流した状態で5分以上指示が安定するのを待
手動ゼロ校正
ちます。指示安定後,ENT キーを押しますとカーソルで
選択されている成分とレンジのゼロ校正が行われます。
終了する場合
操作を途中で中止させる場合は,
ください。測定画面に戻ります。
ESC
キーを押して
CH1
CO
CH2
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0-500
ppm
0.00
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
0.0
ENT
手動ゼロ校正の実行後測定画面へ
― 39 ―
8.7.2 スパン校正
スパン点の調整を行う場合に使用します。CO 計はスパン値として設定されている濃度の校正ガスを流し,スパン
校正を行います。CO のスパン校正用ガスとしては,レンジ値の 90%以上の濃度の標準ガスを使用してください。
O2 計のスパン校正用ガスは,大気が自動吸引されます。
SPAN
① 測定画面で SPAN キーを押して手動スパン校正画面を表
手動スパン校正
示させます。
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
0.00
0.0
( )
②
キーを押して,校正する CH(成分)を選択し
ます。選択後
ENT
手動スパン校正
キーを押しますと CH に対応するス
パン校正ガスが流れます。
注 意
校正設定モードの「校正レンジ動作」でレンジ連動と
設定されている場合は,2レンジ同時にスパン校
正が行われます。
CH1
CO
CH2
O2
成分を選択して下さい。
ENTキーの入力により
校正ガスが流通します。
レンジ1 0-500
ppm
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol%
0.00
0.0
ENT
③ 校正ガスを流した状態で5 分以上指示が安定するのを
手動スパン校正
待ちます。
指示安定後,ENT キーを押しますとカーソル
で選択されているレンジのスパン校正が行われます。
終了する場合
操作を途中で中止させる場合は, キーを押して
ください。測定画面に戻ります。
ESC
CH1
CO
CH2
O2
カーソルの成分をゼロ校
正します。指示が安定し
たらENTキーを入力し
て下さい。
レンジ1 0-500
ppm
0.00
レンジ2 0-2000 ppm
レンジ1 0-25
vol% 21.00
ENT
手動スパン校正の実行後測定画面へ
― 40 ―
9.保 守
サンプル
ガス
ミストフィルタ フィルタ付
(校正用大気吸引)
空気吸入口
ガス吸引器
水補給
盤
外
フローチェッカ
分
析
計
ニ
ー
ド
ル
弁
メンブレンフィルタ
電子式ガス
冷却器
A部
サンプルガス
H1(負圧度)
サンプリングモジュール
フローチェッカ詳細
フロート
H2
黄色ゾーン
B部
安全ドレントラップ
ドレン
1. H2が50mm以上なら良好
2. H2が50mm以下のとき …加熱形採取器フィルタ
(オプション)又は、前段フィルタ
(有の時)の点検必要
図 9 − 1 安全ドレントラップ作動図
― 41 ―
9.
1 日常点検
以下の点検項目は,必ず毎日行ってください。
保守・点検項目
サンプル流量の点検
(フローチェッカ)
保守・点検要領
1.フローチェッカが規定量(中央付近0.4R/分)であるときは良好
2.フローチェッカが中央付近でないとき
ニードル弁で中央付近に調整する
3.ニードル弁で調整ができないとき
(1)安全トラップ下部からのバブリングがないとき
→・ダイヤフラム式吸引器の点検
(11.1項参照)
・ミストフィルタのフィルタ詰りを点検
(11.1項参照)
・電子式ガス冷却器の点検(凍結してないか) (11.1項参照)
・フローチェッカまでの配管が外れているか点検
(2)バブリングがあるとき
・電子式冷却器以降の詰り,メンブレンフィルタの目詰まり等,点検
安全ドレントラップ空気
吸引管の水位の点検
1.H2が50mm以上なら良好
2.H2が50mm以下のときおよび安全ドレントラップの大気吸引口から空気を吸っ
ているとき
→・ガス採取点からミストフィルタまでのガス導管の詰りを点検(11.1項参照)
→・ガス採取管,ガス採取器接続部の詰り,内蔵フィルタ
(加熱式)または採取点ろ過器を点検
(接続部を外して詰りを除去する)
メンブレンフィルタの点検
1.本体のメンブレンフィルタが汚れているか目視で確認する
(1)メンブレンフィルタが汚れている場合
(11.1項参照)
→・汚れが急激なときは,ガス採取器の金網フィ
ルタ,ミストフィルタなどの前段フィルタを
点検
(11.1項参照)
指示の点検
(アナログ出力)
(1)試料セルの中にダストが混入してしまった場合(CO指示の上昇)
→・試料セルの掃除,同時にサンプリング機器,とくにガスフィルタを点検
(2)サンプリング配管の途中で空気を吸引している場合(O2指示の上昇)
→・サンプリングラインの漏れを見出して修理
― 42 ―
9.2 定期点検
以下の点検項目は,必ず定期的に行ってください。
保守・点検項目
目安周期
分析計の手動校正
1回/週
標準ガス充填圧力の点検
(3.4 R ボンベの場合)
保守・点検要領
1.ゼロ,スパン手動校正の実施(8.7項参照)CO, O2共ゼロ,スパンの
順に実施してください。
1回/月
1.圧力調整器の1次圧ゲージ
(右側)が0Pa以下のときは,標準ガス
ボンベの交換(4.2項参照)。
注1)残圧が2.94MPaになりましたら,発注をお願いします。
注2)ガスメーカの保証期限(1年)で交換してください。
1回/月
1.安全ドレントラップのA部およびB部まで水位がない場合は,付属
の水入れビンにて水を注入(6.1項参照)。
採取点ろ過器のフィルタ
Oリングの点検
1回/2ヶ月
1.採取点ろ過器のOリングにひび割れ硬化などがあったとき,または
1回/年の周期で交換。フィルタが激しく汚れていれば交換。
メンブレンフィルタろ紙
Oリングの交換
1回/2ヶ月
フィルタろ紙を新しいろ紙と交換する(9.3.5項参照)。
Oリングは,1回/1年交換。
安全ドレントラップの
水位を点検
∼
ミストフィルタエレメント,
Oリングの点検
1.ミストフィルタエレメントが黒くなったとき,または1回/6ヶ月の周期で
交換(9.3.4項参照)。
2.ミストフィルタのOリングにひび割れ硬化などがあったとき,または
1回/6ヶ月の周期で交換(9.3.4項参照)。
1回/6ヶ月
ダイヤフラム式吸引器
の点検
1.ダイヤフラムに異物が付着しているときは水で洗浄する,またはダイ
ヤフラムの交換(9.3.6項参照)。
2.弁が汚れているときは,弁を90°回転させて使用,または1度使用し
た弁は交換(9.3.6項参照)。
ガス採取器金網フィルタ,
Oリングの点検
(加熱採取器)
1.ガス採取器のOリングにひび割れ硬化などがあったとき,または
1回/年の周期で交換(9.3.1項参照)。
2.ガス採取器の金網フィルタが汚れているときは清掃(9.3.2項参照),
1回/6ヶ月
またはフィルタの交換(9.3.1項参照)。
ガス採取器のフランジ部,
採取管点検
1.フランジ部でリークしているときは,フランジ部の増し締め,または
パッキン交換。採取管内にダスト堆積していたら清掃。
配管系の汚れ,リーク点検
1.配管の洗浄,または交換。
安全ドレントラップの水
の点検
1.安全ドレントラップの水が汚れていたら交換。
分析計
1回/年
1.現象のいずれかにかかわらず,オーバーホール。
2.オーバーホール後器差試験。
― 43 ―
9.3 サンプリング機器の保守要領
9.3.1 加熱形ガス採取器の金網フィルタの交換方法
危険
・作業をする場合は,
必ず耐熱手袋をしてください。素手,
軍手での作業は,
火傷の原因になります。
・煙道内圧が正圧の場合は,
煙道ガスの噴出に注意してください。けが,火傷の原因になります。
① 採取器の電源を“OFF”にしてください。
② ガス分析装置のポンプを“OFF”にしてください。
③ 採取器の温度が十分に下がったのを確認した上で,保温カバーを外してください(フランジ側のチョウボ
ルトを外します)。
④ 本体両脇の固定金具を外し,フィルタ交換用ハンドルを握り,中味を引き抜いてください。
抜く際は若干硬いですが , フィルタ交換用ハンドルを回しながら徐々に引き抜いてください。
⑤ ハンドル側の金網フィルタ固定ネジを外しシール金具から金網フィルタを取外してください。
⑥ 取付けるときは上記と逆の手順で取付けてください。
パッキン
金網フィルタ (金網フィルタ用)
金網フィルタ
固定ネジ
フィルタケース 固定金具
保温カバー
チョウボルト
シール金具
Oリング
パッキン
フィルタ交換用
(JIS G50 バイトン)
(シール金具用)ハンドル
図9−2
9.3.2 ガス採取器の金網フィルタの清掃方法
① 加熱した状態で水に付け,付着ダストを剥離させます。
② 圧縮空気,加圧水をフィルタ表面,内面より流し洗浄します。
③ 十分に乾燥させた後,取付けてください。
9.3.3 ガスろ過器のエレメントの交換方法
① ガス吸引器(ポンプ)を停止します。
② サンプルガスが正圧の場合,フィルタ交換時のサンプルガス噴出に十分注意してください。
③ ちょうボルトを緩め,ふたを取りはずします。
④ 引出し棒と引出しフィルタを取り出してください。
― 44 ―
⑤ 新しいフィルタエレメントと交換し,上記と逆の手順
で組み立ててください。
ちょうボルト
Oリング
ふた
取付金具
⑥ フィルタの円板状の中央の穴に引出し棒を挿入し,
ケースに装着してください(円板状ガラス綿フィルタ
2個装着)。
ガス入口
⑦ ガラス綿フィルタは詰められているフィルタ全体が汚
れたら交換,O リングは1回/6ヶ月程度で交換して
ください。
ガラス綿フィルタ
引出し棒
ガス出口
図9−3
9.3.4 ミストフィルタの交換方法
①蝶ボルトを緩め,頭部を容器から抜き出します。
② 抜き出したら,締め付けナットを緩め,汚れたフィルタを取外します。
③ 新しいフィルタ,O リングと交換し,上記と逆の手順で組み立ててください。
Oリング
蝶ボルト
締め付けナット
フィルタ
図9−4
9.3.5 サンプリングモジュールのメンブレンフィルタの交換方法
① ガス吸引器(ポンプ)電源を“OFF”にしてください。
② メンブレンフィルタのふたを左に回して取外してください。
③ ふたを取外したら,内部のゴムリングを外してフィルタエレメントを交換してください。
④ きれいな布でケース内側に付着したダストをふき取ってください。その場合,ガス出口側にダストが入り
込まないように十分注意してください。
⑤ フィルタ交換後,上記と逆の手順で組み立ててください。
⑥ ゴムリング,O リングは,6ヶ月に1回程度交換してください。
ふた
フィルタエレメント
内部ゴムリング
外部Oリング
ケース
図 9 − 5 メンブレンフィルタ
― 45 ―
9.3.6 ダイヤフラム式吸引器の弁,ダイヤフラムの交換方法
①「吸引器」電源スイッチを“OFF”にし,吸引器に接続している入口,出口の配管を外してください。
② ボルト 4 本を外すと,キャップ A とキャップ B が分かれて,弁が外れます。
③ ダイヤフラムを手で反時計方向に回転させて外してください。
④ 新しいダイヤフラムを時計方向に止まるまで回転させ,取付けてください。
注)取付けの際,ダイヤフラムがアームロットのねじ部に完全に噛み合っていることを確認してくだ
さい。
万一噛み合っていないまま使用しますと,不具合発生の原因となりますので注意してください。
⑤ キャップBに弁を90°回転させて乗せ,キャップAとキャップBの合いマークの向きが合っていることを
確認してから,ボルト 4 本を締め付けてください。
注)複合バルブシートを採用していますので,取付け時は弁下面のピンを最初に差し込まれていた穴か
ら,他方の穴に差し替えます。
⑥「吸引器」電源を“ON”にすると吸引器は動作します。このとき,異常音がなく,弁が正常に動作してい
る(空気を IN 側から吸い込み,OUT 側から吐き出している)ことを手で確認してください。
異常がある場合は,最初から同じ手順でやり直してください。
⑦ 吸引器が正常に動作することを確認したならば,
「吸引器」電源を“OFF”にし,配管を元に戻して作業は
終了です。
注)配管を元に戻すとき,Rc1/8 ねじ部に急激な力を加えないでください。
ボルト
キャップA
RC1/8
弁
キャップB
ダイヤフラム
アームロット
図9−6
― 46 ―
9.3.7 電子式ガス冷却器の交換方法
①「吸引器」K,SW を“OFF”にしてください。
②「除湿器」K,SW を“OFF”にしてください。
③ サンプリングモジュールの正面の取付ねじ(4個)を外し,本体を引き出してください。
④ 電子式ガス冷却器のコネクタ(3個)と圧着端子を外してください。
⑤ 電子式ガス冷却器の配管,ガス入口,出口(φ 6 /φ 3 トアロンチューブ)およびサンプリングモジュー
ル下のドレン配管を外してください。
⑥ 取付けねじ(4個)を外すと電子式ガス冷却器が取外せます。
⑦ 取付けは上記の逆の作業で行ってください。
ガス出入口の配管,ファン用と冷却素子用コネクタの差し間違いにご注意ください。
⑧ 電子式ガス冷却器と温調計はセットで交換してください。
CN12
温調計へ
冷却素子用コネクタ
CN11
ファン用コネクタ
取付ねじ
(4個)
CN10
入口配管
出口配管
CN12へ
温調計
電子式ガス冷却器
電源
端子へ
圧着端子
図9−7
※正常動作時は,温調計の表示が1∼5℃を示します。
― 47 ―
9.4 分析計の保守要領
9.4.1 ヒューズの交換方法
注)ヒューズ交換前に必ず,ヒューズ溶断の原因を修理してから交換を行ってください。
① 電源スイッチを切ってください。
② 上部カバー取付ねじを2箇所外してください。
上部カバー取付ねじ(2箇所)
INFR
ARED
GAS
ANALYZE
R
POWER
MOD
E
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
電源スイッチ
③ 上部カバーを後ろ方向にスライドさせてから
上方向へ上部カバーを外してください。
上部カバー
ARED
GAS
ANALYZE
INFR
R
POWER
MOD
E
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
④ヒューズは,正面から見て手前左隅にありま
す。
ヒューズホルダーのキャップを反時計方向に
回転させながら上に引くとキャップとヒュー
ズが外れます。
⑤ ヒューズを引き出し,新しいものと交換して
ください(ヒューズ:AC250V/0.5A IEC T遅延
タイプ)。
⑥ ヒューズホルダーのキャップを締め,上部カ
バーを取外しと逆の手順で取付けてください。
キャップ
リード線
O2センサ
コネクタ
CO測定部
ヒューズ
INFR
ARED
GAS
ANALYZ
ER
POWER
MODE
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
ヒューズ
ホルダ
9.4.2 測定セルの清掃
測定セル内にダストや水滴が入ると,測定セルの内部が汚れてドリフトを起こす場合があります。汚れているとき
は清掃が必要です。同時にサンプリング機器,特にフィルターを点検し,ダスト,ミストなどによりセル内が汚れ
ないようにしてください。
― 48 ―
測定セルの分解組立の方法(図9− 8 参照)
① 測定ガスを止めます。
有害なガスが含まれているときは,
ゼロガスで測定セル内を十分パージしてください。
② 分析計の電源スイッチを“OFF”にしてください。
③ 分析部の上部カバーを外してください。
④ 測定セルに接続されている配管を測定セルから外します。
⑤ 赤外線光源ユニット(図 9 − 8 の No.5)を,ベース板に固定されているねじ(図 9 − 8 の No.1)を緩めて
ずらし,パイプセル(図 9 − 8 の No.12)との間にすき間を作ります。
⑥ パイプセルを固定しているセル押さえ(図 9 − 8 の No.11)のねじ(図 9 − 8 の No.7)を緩め外します。
⑦ セルを測定部ユニットから取り外し両側の窓(図 9 − 8 の No.14)を回して外してください。窓は右ねじに
なっています。
⑧ 窓のフ化カルシウム板は窓ホルダーに,セル内の反射板はセルに接着されており外れません。
⑨ 組立は分解の逆の順序で行ってください。赤外線光源ユニットとセル,セルと検出器の間は 0.5mm 程度の
すき間を空けて組み立ててください。
16
7
11
(18)
15
7
(17)
(9)
11
13
14
1
12
10
3
5
10
2
6
8
4
6
図 9 − 8 測定部の構成
No.
名
称
No.
1
ねじ(光源ユニット固定用)
10
支え
2
ねじ(検出器固定用)
11
セル押え
3
ねじ(ベース板固定用)
12
パイプセル
4
ベース板
13
O−リング
5
光源ユニット
14
窓
6
ねじ(支え固定用) 15
検出器
7
ねじ(セル押え固定用)
16
ブリッジ用プリント基板
8
チョッパモータ用コネクタ
(9) フィルタ(0-500/1000ppm COの場合)
名
称
(17) ガスフィルタ((9)以外のレンジの場合)
(18) ねじ
― 49 ―
9.4.3 O2センサの交換方法
① 分析計の電源スイッチを“OFF”にし,分析計の上部カバーを外してください。
② O2 センサのリード線コネクタのロックを外し,コネクタを引き抜いてください。
③ O2 センサを軽くつまみ,反時計方向に回転させてください。5∼7回転で取外せます。
④ 新しい O2 センサにシールテープを巻き,時計方向にねじ込んでください。
⑤コネクタをロックがかかるまで挿入し,上部カバーを取付けてください。
9.5 気密試験
長時間経って運転を再開する場合は,次の要領で気密試験を行ってください。
(1)盤内配管
① 盤側面の「排気」口を封止します。
② 標準ガスをミストフィルタのサンプルガス入口に接
続します。
③ 安全ドレントラップ空気吸引管のビニールチューブ
水位(図 9 − 9)を確認します。
④ 標準ガスを徐々に流し,約 200mm 加圧後,圧力調
整器のニードル弁を閉じます。
⑤ ビニールチューブの水位を確認し,水位が約2kPa上
昇しているか確認します。
⑥ 1分間そのままで保持し,水位に変化がないことを
確認してください。
⑦ リーク部の特定の際には,接続部の石鹸水による
チェックを実施してください。
排気口
ミストフィルタ
空気
吸入口
標準ガス
接続
約200mm
(2kPa)
安全ドレントラップ
ドレン
図9−9
(2)盤外配管
配管継手の締まり具合を十分にチェックしてください。必要に応じガス採取器出口側より圧力をかけ,
上記「(1)盤内配管」と同様に安全ドレントラップの空気吸引管水位を確認してください。
注)気密不良であれば,各部ごとにテストを行って不良箇所を見つけ,気密を完全にしてください。気
密不良箇所が吸引器前の場合は,ガス導管中に空気が入り込み指示低下の原因となります。
― 50 ―
10. 標準付属品,予備品/消耗品
注意
・交換部品は,メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか
事故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は,不燃物として処理ください。
(1)標準付属品
品名
採取器種類 一般形採取器
一般形採取器
加熱形採取器
または採取器無し 採取点フィルタ付
メンブレンフィルタ用ろ紙(予備)
2枚
2枚
2枚
ツメ付ヒューズ(3A)
2個
2個
2個
標準ガス用継手
1個
1個
1個
標準ガスボンベ固定用ホースバンド
6個
6個
6個
標準ガス接続用トアロンチューブ 0.3m φ9/φ6mm 1本
1本
1本
標準ガス接続用ポリエチレンチューブ 1m φ6/φ4mm 1本
1本
1本
標準ガス接続用固定絞り
1本
1本
1本
注水用水入れびん
1個
1個
1個
ガス採取器フランジパッキン
1枚または無
1枚
1枚
ガス採取器取付ボルト,ナット
1式または無
1式
1式
採取点ろ過器用ボルト,ナット
−
1式
−
ガス採取器用Oリング(G50)予備
−
−
1個
加熱導管サポート金具(加熱導管有の場合のみ)
−
−
1式
取扱説明書
1冊
1冊
1冊
ガラス管ヒューズ(0.5A遅延形)/分析計用
2
2
2
(2)1 年分予備品
品名
一般形採取器
加熱形採取器
採取器種類 一般形採取器
または採取器無し 採取点フィルタ付
備考
形式
ZBN1SW12
ZBN1SW22
ZBN1SW32
メンブレンフィルタ用ろ紙25枚入り
1袋
1袋
1袋
TK701837C6
メンブレンフィルタ用ゴムリング
2個
2個
2個
TK733572P1
メンブレンフィルタOリング(G65)
2個
2個
2個
8553765
ヒューズ(3A)
4個
4個
4個
−
ミストフィルタ用エレメント
2個
2個
2個
TK7H8043P1
ミストフィルタ用Oリング(G65)
2個
2個
2個
8553765
ガス吸引器ダイヤフラム
1個
1個
1個
TK725417P5
ガス吸引器弁
1個
1個
1個
TK725417P6
採取点ろ過器用フィルタ
−
12個
−
−
採取点ろ過器用Oリング(G65)
−
2個
−
8553765
加熱式採取器用金網フィルタ
−
−
1個
TK7H8439P1
加熱式採取器用パッキン
−
−
1個
TK7M3289P1
加熱式採取器用シール金具パッキン
−
−
1個
TK7M3291P1
加熱式採取器用Oリング(G50)
−
−
1個
8553850
(3)記録計(オプション)
• 標 準 付 属 品:インクカートリッジ×1個
記録紙×1本
• 1 年 分 予 備 品:
PHE形
記録計
インクカートリッジ(形式:PHZH2002)×2個
記録紙(形式:PEX00DL1-5000B)×12本
PHC形
記録計
インクカートリッジ(形式:PHZH1002)×2個
記録紙(形式:PEX00DL1-5000B)×12本
― 51 ―
11. トラブルシュート
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡くだ
さい。不用意に分解すると感電,けがの恐れがあります。
11.
1 装置のトラブルシュート
現 象
試料ガス流量
の低下
対象項目
点検事項
処理方法
メンブレンフィルタ
フィルタに詰りが生じていないか
フィルタの交換
ミストフィルタ
フィルタに詰りが生じていないか
フィルタの交換
ダイヤフラム式吸引器
吸引器が正常に吸引しているか
清掃またはダイヤフラム,弁など
の部品交換
異常音,異常振動の有無
ねじの締め付けまたは吸引器交換
冷却器の動作は正常か
交換
電子式ガス冷却器
冷却部温度,ガス流路の詰り
O2指示値が
異常に高い
指示値が予想
と異なる
指示が振れ
ない
安全ドレントラップ
安全ドレントラップ下部の水位が
減水していないか
注水
ガス漏れ
吸引器以後の導管途中,継手部品
のガス漏れの有無
増締め,部品交換
導管
導管途中の折れ,詰りの有無
交換
ガス漏れ
フィルタ,
導管,
継手など、吸引器以前
のガス漏れの有無
増締め,部品交換
ダイヤフラム式吸引器
吸引器が正常に動作し,試料ガス ・吸引器の清掃またはダイヤフラム,
流量が設定流量,流れているか
弁などの部品交換
・試料ガス流量の調整
安全ドレントラップ
水量が規定通りあるか
水補給
空気吸引はないか
(気泡が出てないか)
採取器用または採取点ろ過器フィ
ルタ,ガス導管の詰まり点検
ガス漏れ
吸引器以前のガス漏れの有無
増締め,部品交換
測定レンジ
正しいレンジが選択されているか
正しいレンジに切り換える
ゼロ,スパン
標準ガスによりゼロ,スパンを調
べる
正しくゼロ,スパンを調整する
電源,ヒューズ
電源電圧およびヒューズを点検
ヒューズ交換
― 52 ―
11.2 分析計のトラブルシュート
分析計エラーメッセージ
下記の内容で分析部のエラーが発生します。
エラー表示
エラー内容
考えられる要因
Error No.1
ガス濃度検出信号が出ていない
・赤外線光源の不良
・セクターモータの回転不良または停止
・アンプ回路の故障
Error No.2
検出器不良
・検出器電源の不良
・検出器の故障
・アンプ回路の故障
Error No.3
A/D変換信号不良
・A/D変換およびディジタル部回路の故障
Error No.4
ゼロ校正が校正可能範囲外
Error No.5
ゼロ校正量(表示している値)
がフルスケールの50%以上
・ゼロガスが流れていない
・セルの汚れなどでゼロ点が大きくずれた
・検出器感度の低下
Error No.6
スパン校正が校正可能範囲外
Error No.7
スパン校正量(表示している値と
校正濃度値の差)がフルスケール
の50%以上
・スパンガスが流れていない
・校正濃度設定がボンベガス濃度にあっていない
・ゼロ校正を正常に行っていない
・セルの汚れなどでスパンが大きくずれた
・検出器感度の低下
Error No.8
ゼロ,スパン校正時測定値の変動
が大きすぎる
・校正ガスが流れていない
・校正ガスを流す時間が短い
Error No.9
自動校正中,校正異常
・自動校正中にError No.4∼No.8に相当するエラー
が発生した
Error No.10
出力線結線不良
・分析計−インターフェースモジュール間の配線が
外れている
・分析計−インターフェースモジュール間の配線の
断線
<エラー発生時の画面表示および操作>
Error No.1∼ No.4,No.6,No.8 ∼ No.10の場合
測定画面
CH
1
CH
2
エラー内容表示
Error No.2
CO
0-200
O2
0-25
Error No.2
0.3
ppm
21.00
vol%
ENT
ESC
検出器不良
測定画面に戻る ESC
要因
・検出器電源の不良
・検出器の故障
ESC
・ キーを押すとエラー表示は
消えます。複数のエラーが発生
したときは1つずつ消えます。
ESC
・ キーを押してもエラー発生
要因が取り除かれていなければ
再びエラー表示します。
・アンプ回路の故障
・複数のエラーが発生している場合は, キーで
他のエラー内容表示になります。
― 53 ―
Error No.5, No7 の場合
手動校正
成分も切替える時は上キーか下キーを押して
ください。
校正する場合はENTキーを押すと校正ガス
が流れます。
Error No.5
ゼロ校正量50%FS以上 校正を続ける:ENT
校正を中止
測定画面に戻る:ESC
ENT
C H 1
C O
C H 2
O 2
Error No.5
CO校正異常
エラー発生要因
・ゼロガスが流れていない
・セルの汚れによるゼロ点ずれ
・検出器の感度低下
ESC
・ キーを押すとエラー表示は消えます。
ENT
ESC
校正動作を続けます。他の校正エラーに
かからなければ校正を実行,終了し測定
画面に戻ります。
CH
1
CH
2
CO
0-500
O2
0-25
0.0
ppm
0.00
vol%
エラーログファイル
エラーが発生するとエラーログファイルにその履歴を残します。
エラーログファイルはメンテナンスモードの中に
あります。
<エラーログ画面>
エラー発生曜日および時間
エラーログ
前の画面に戻る
:ESC
[エラーログのクリア] :ENT
エラー発生対象成分
Error No.5
THR 16 : 36
Error No.3
THR 11 : 21
CO
新しい
発生エラー
古い
エラーログクリア
※ エラーの履歴は最大8個まで残ります。それ以上の場合,新しいエラーが1つ発生すると古いエラーを1つ
消します。
※ エラーログの内容は電源を切っても保存されます。
<エラー履歴の消却>
ENT キーを押し「エラーログクリア」を反転させ,さらにキーを押すとエラー履歴は消却されま
上記画面で す。
― 54 ―
12. 加熱導管の端末処理
12.1 概 要
(1)構成
供給電源 AC100V 50/60Hz
パワーコネクションキット
加熱導管
ターミネーションキット
(採取器側)
約2000
約500
図 12 − 1
(2)加熱導管配管時の注意事項
① 各クランプサポート間隔は,水平方向で約 1.2m,垂直方向で約 3m としてください。
② 曲げ配管を行う場合は,最小曲げ半径 300mm 以上の余裕のある曲げを行ってください。
クランプサポート
00
R3
図 12 − 2
(3)接続図
絶縁した2本の母線の回りに発熱線を巻き付け,これを300mm間隔で交互に母線と接触させています(発熱
単位)。
供給電源
発熱線
300mm
300mm
300mm
図 12 − 3
― 55 ―
300mm
300mm
300mm
12.2 端末処理方法
(1)電源供給側(パワーコネクションキット)
① 加熱導管を切開する場合,ヒータ線に傷を付けないでください。
② グリッド部より内側で引き出しを行うと,最大 300mm 程度の非発熱部ができます。
グリット
非発熱 300mm
図 12 − 4
③ ヒータの外装被覆を図のように剥ぎ取り,発熱線をなるべく根元から切断します(HTP タイプのヒータは
外装被覆の下にファイバーグラスと発熱線そして薄いテフロン被覆があるので,きれいに取り除くこと)。
115
根本から切断する
図 12 − 5
④ RTV(シリコンシーラント)を付けたブーツをヒータに差し込み,シールテープでテーピングします。
RTV
RTV
ターミナルブーツ
10
図 12 − 6
⑤ 電源供給線との接続は,圧着スリーブを用いてください。なお,圧着部の緩みがあると接触抵抗値が大き
くなり,圧着スリーブが異常発熱を起こすことがあります。
図 12 − 7
(2)端末側(ターミネーションキット)
① ヒータを図の寸法で切断し,金属編組を押し戻して,テフ
ロンテープで止めます。
グリット
グリット
300mm
― 56 ―
40mm
② ヒータの外装被覆を図のように剥ぎ取り,
発熱線をなるべく
根元から切断します。ヒータ線の母線引き出しは,グリッド
部から 40mm 程,外側から行ってください(HPT タイプの
ヒータは,外装被覆の下にファイバーグラスと発熱線,薄い
テフロン被覆があるので,きれいに取り除くこと)
。
φ150
グリット部分
外装被覆
金属編組
テフロンテープ
内部被覆
外装被覆
③ 母線を段違いに切断します。
12mm
母線
根元から切断
発熱線
④ 発熱線および母線の絶縁に十分注意してテフロンテープを
巻きます。
6mm
外装被覆
内部被覆
⑤ エンドキャップとテフロンテープを巻いた部分にRTVシリ
コンシーラントを塗り,空気を抜きながら,エンドキャッ
プを差し込みます。
注)キャップを差し込み,少し戻してください。
テフロンテープ
RTVシリコンシーラント
廻しながら差し込む
エンドキャップ
⑥ エンドキャップが抜けないように,シールテープを重ね巻
きして固定します。
シールテープ
注)ヒータの端末(母線)は,絶対に短絡させないでくだ
さい。
12.3 配管後のチェック
① 加熱導管がクランプなどにより,過度につぶれていないか確認してください。
② 曲げ部分等は,余裕のある曲げを行っているか確認してください。
③ 電気結線が,確実に行われているかを確認してください。
④ ヒータ線の端末(母線)を短絡していないかを確認してください。
(絶対に短絡しないでください。)
⑤ コネクションキット(シーリングコネクタ)などに付属している,全ての部品を使用したかを確認してく
ださい。
⑥ コネクションキット(シーリングコネクタ)などのねじ部は,完全に絞められているかを確認してくださ
い。
― 57 ―
12.4 クランプサポート
クランプは,電線管用のクランプを用いてください。チューブトレースの加熱導管外形は,次項(12.5 項)を参照
してください。
クランプを行う場合,加熱導管が過度につぶれないように締め付けてください。
図 12 − 8
12.
5 チューブトレースの仕様
(1)チューブトレース構造
1
仕上外径
チューブ
外径
4
ヒーターケーブル
PFA テフロン
3
5
① ヒータケーブル(パワーリミティングケーブル)
②プロセスチューブ
③ アルミテープ
④ ファイバーグラス保温剤
⑤ PVC ジャケット
図 12 − 9
(2)チューブトレース仕様
①
ヒーターケーブル
HPT 20-1 BN 35.4w/m at 100℃(100VAC)
②
プロセスチューブ
φ10mm/φ8mm PFA テフロンチューブ
③
アルミテープ
50% オーバーラップ
④
ファイバーグラス
熱伝導率 0.23 W/m・℃
⑤
PVC ジャケット
UL 105℃ 黒色 PVC
― 58 ―
2
13. 仕 様
13.1 一般仕様
• 機能
1) O2換算演算および平均値演算
・COの測定ガス濃度を,基準O2濃度時の値に換算する。
• 測 定 原 理:CO;非分散赤外線式(NDIR)
O2 ;ガルバニ式
• 測定成分および測定範囲
:CO;0∼500/1000ppm
0∼500/2000ppm
O2 ;0∼25vol%
• 繰 り 返 し 性:±0.5%FS/CO,±1%FS/O2
• ゼ ロ ド リ フ ト:CO;±2.0%FS以下/月
(1回/週 自動校正)
O2 ;±2.0%FS以下/週
• スパンドリフト:CO;±2.0%FS以下/週 O2 ;±2.0%FS以下/月
(1回/週 自動校正)
• 直 線 性:±2.0%FS以内
• 測定ガス採取量:約0.4L/min
• 応 答 速 度:装置入り口より90%応答150秒以下
• 暖 機 時 間:電源投入後4時間以内
• 出 力 信 号:各DC4∼20mA
非絶縁 (絶縁出力はオプション)
CO瞬時値
O2瞬時値
O2換算CO移動平均値(平均時間可変)
時間設定:1∼59分(1分単位)または1
∼4時間(1時間単位)
許容負荷抵抗:550Ω以下
• ポンプON/OFF接点入力
:無電圧接点(閉でポンプON)
• 表 示:バックライト付LCD表示;CO瞬時値,
O2 瞬時値,O2 換算 CO瞬時値,O2 換算 CO
(1時間平均および平均
平均値,O2 平均値
時間可変),パラメータ設定表示(カタカ
ナ表示)
• 記録計
(オプション)
:
100mm幅記録計
(当社品形式PHCまたは
PHE)
内蔵,
最大6点記録
仕様書No. DS10-61またはDS10-63参照
• ガ ス 採 取 器:一般形(フィルタ無し)
・チタン採取管(長さ300,400,600,
800mm)
・フランジ JIS 5K25AFF
・質量 約1kg(800mm)
電気加熱式(フィルタ内蔵)
・40μm-SUS316金網フィルタ
・SUS316採取管(長さ300, 400, 600,
800mm)
・フランジ JIS 5K65AFF
・質量約8.5kg
• 別置採取点ろ過器:ガラスウールフィルタ(一般形用)
容器材質PVC
• サンプリングガス導管:
φ10/φ8mmテフロン管または加熱導管
(最大30m)
換算式:C=
(21−ON)CS
C :換算CO濃度値
21−OS
CS :COガスの測定濃度値
OS :O2測定濃度値(%)
(焼却炉は12%)
ON :基準O2濃度
・移動平均値演算時間
1 ∼ 59 分または 1 ∼ 4 時間の演算を行う。
2) 自動校正(COゼロ,O2スパンを自動校正)
・自動校正周期設定範囲 : 1∼99時間(1時間単位)または
1∼40日
(1日単位)
出荷時7日設定
3) 出力ホールド機能
自動校正中に出力信号をホールド
4) その他の機能
・温度入力信号:K熱電対入力×2(記録計用入力)
• 標準測定ガス条件:・温度 60∼800℃
・ダスト 0∼300mg/Nm3以下
・0∼50mg/Nm3:
一般形採取器使用可
・0∼150mg/Nm3:
一般形採取器+別置採取点
ろ過器付使用可
・0∼300mg/Nm3:
加熱形採取器使用可
・圧力
−2k∼+2kPa
500ppm以下
・成分
SO2
NOx 1000ppm以下
0∼15%
CO2
CO
0∼2000ppm
0∼21%
O2
HCR 1000ppm以下
残N2, H2O
• 定格動作条件
・周囲温度: 0∼+40℃,−5∼+40℃,
−10∼+40℃
・周囲湿度: 90%RH以下
・電源電圧: AC100V±10V
・電源周波数:50または60Hz±0.5Hz
・消費電力: 最大400VA(ガス採取器
含まず)
• 設置条件
1) 直射日光・高温物体からの幅射が当たら
ない場所
2) 振動がある場所は避けること。
3) 雰囲気の清浄な場所
• 外 形 寸 法:屋内形 1550×600×650mm
(H×W×D)
屋外形 1640×615×765mm
• 質 量:約180kg(標準ガスを除く)
• ロ ッ カ ー 塗 色:マンセル5Y7/1 半ツヤ
• そ の 他:標準ガス(3.4L)1本収納
(2本まで収納可)
― 59 ―
13.2 形式指定
1 2 3 4 5 6 7 8
Z SW
1
1
3
9 10111213
14151617
内 容
和文表示
英文表示
測定レンジ(5桁目)
0∼500/1000ppmCO
0∼500/2000ppmCO
C
D
0∼25% O2
0∼25% O2
電源(6桁目)
AC 100V 50Hz
AC 100V 60Hz
3
4
ロッカー構造(7桁目)
屋内形
設置場所温度0℃以上 屋外形
屋内形
設置場所温度−5℃以上
屋外形
屋内形
設置場所温度−10℃以上
屋外形
1
2
A
B
C
D
ガス採取点ガス圧力(9桁目)
−2k∼+2kPa
4
外部ドレンセパレータ(10桁目)
なし
付(注1)
Y
A
記録計(11桁目)
なし
6点記録計PHC付 (注2)
(記録計本体は別途手配
が必要です)
2点記録計PHE付
Y
C
E
絶縁出力(12桁目)
非絶縁出力
絶縁出力(3出力)
0
3
蛍光灯(13桁目)
なし
付
Y
1
標準ガス(14桁目)
なし
CO/N2 (3.4L1本)
1
4
ガス採取器,フランジ寸法(15桁目)
ガス採取器なし
一般形,フランジJIS 5K 25A FF
一般形(別置採取点ろ過器付),
フランジJIS 5K 25A FF
加熱式採取器,フランジJIS 5K 65A FF
Y
1
2
3
ガス採取器挿入長(16桁目)
ガス採取器なし
300mm
400mm
600mm
800mm
Y
A
B
C
D
Y
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
ガス導管種類 長さ(17桁目)
なし なし
φ10/φ8 テフロンチューブ
5m
φ10/φ8 テフロンチューブ
10m
φ10/φ8 テフロンチューブ
15m
φ10/φ8 テフロンチューブ
20m
φ10/φ8 テフロンチューブ
25m
φ10/φ8 テフロンチューブ
30m
加熱導管
10m 導管周囲
加熱導管
15m 温度−5℃
加熱導管 (注) 20m 以下の場合
加熱導管
25m に指定
加熱導管
30m (−10℃まで)
(注)採取器は加熱形を指定のこと
(注1)ガス採取点と本体ガス入口までのガス導管の傾斜が,下方へ15°未満の場合に指定してください。凍結の恐れがある場合は防止処置を
別途実施してください。
(注2)記録の割付は以下の通り
6点記録のとき
CH1 CO瞬時値
CH2 O2瞬時値
CH3 空き
CH4 O2換算CO1時間平均値
CH5 K熱電対1
CH6 K熱電対2
2点記録のとき
CH1 O2換算CO平均値
CH2 O2瞬時値
PHEは2点連続記録式のみ手配可能です。
― 60 ―
13.3 盤外機器外形図
(1)一般形ガス採取器
4-φ12(等分)
5
φ7
挿入長は形式指定による
約67
ガス入口
採取管15A
10
フランジ
JIS5K 25A FF
95
33
ガス出口(Rc1/2継手付)
(φ10/φ8テフロン管用)
(2)採取点ろ過器
200
フィルタ交換のための
スペース
10
INLET
ガス入口
30
55
18
16
φ100
25°
150
80
55
2-φ7取り付け穴
透明
φ10/φ8テフロン管用継手
2-Rc1/4
φ60
ガス出口
100
105
OUTLET
― 61 ―
φ155
(3)加熱形ガス採取器
UP
フィルタ交換用ハンドル
ガス出口 Rc1/2
カバー
297
357
(750)
加熱導管サポート
(加熱導管の場合に付加)
(309.5)
(76)
210
配線口 G1/2
AC100V,100W
端子箱
300,400,600,800
(挿入長は形式指定による)
Rc3/4
フランジ
JIS 5K 65A FF
採取管 20A
4-φ15
φ130
φ155
φ27
(4)ドレンセパレータ
ガス入口
(5)ドレンポット
ガス入口
ドレン排出口
φ10/φ8
テフロンチューブ
継ぎ手
(テフロン)
ガス出口
10
Rc1/4
35
5
70
90
約96
405
φ67
Rc1/2
約34
約1250
2-φ9
40
φ60
φ39穴
142
30
60
2-Rc1/2
φ22
ドレンポット
(ZBH13□)
― 62 ―
★ マ ニ ュ ア ル コ メ ン ト 用 紙 ★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございまし
たら,この用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マニュアルNo.
INZ−TN1ZSW
ご 提 出 日 年 月 日
社名
廃棄物焼却炉用
マニュアル名称
ご提出者 所属
CO/O2ガス分析装置 取扱説明書
形式:ZSW
ページ
行
氏名
内 容
意見、要望、内容不明確(まちがい,説明不足,用語統一,誤字脱字,その他)
‥‥‥‥いずれかに○印
出版元記入欄 担当
受付
年 月 日 受付番号
本社 〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
http://www.fesys.co.jp
技術相談窓口(インフォメーションセンター)
http://www.fic-net.jp
(042)585-2800
FAX (042)585-2810
受付時間 AM9:00∼12:00 PM1:00∼5:00
[月∼金曜日(祝日を除く)、FAXでの受信は常時行っています]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement