TMD-100 (1A) TMD-200 (2A) TMD

TMD-100 (1A) TMD-200 (2A) TMD
安全上のご注意
ご使用(据付、運転、保守、点検等)の前に、必ずこの取扱説明書とその他の付属書をすべて熟読し、機器の
知識、安全の情報、注意事項のすべてについて習熟してからご使用下さい。
この取扱説明書では、安全注意事項のランクを「危険」「注意」として区分してあります。
TMD-100
TMD-200
TMD-400
(1A)
(2A)
(4A)
危険
取扱いを誤った場合に、危険な状態が起こり得て、死亡又は重症を受ける可能性が
想定される場合。
注意
取扱いを誤った場合に、危険な状態が起こり得て、中程度の障害や軽傷を受ける可
能性が想定される場合及び部的損害だけの発生が想定される場合。
危険
全般
○ 活線状態で作業しないで下さい。感電のおそれがあるため、必ず元電源を切って作業して下さい。
配線
○ 感電や火災のおそれがあるため、電源ケーブル、出力ケーブル等の結線は取扱説明書にそって実施し
て下さい。
○ 感電のおそれがあるため、電源ケーブル、出力ケーブル等を無理に曲げたり、引っ張ったり、挟み込ん
だりしないで下さい。
据付
○ 感電のおそれがあるため、アース用端子又はアース接地指示部を確実に接地して下さい。
○ 高い場所や転倒しやすい台に設置する場合は、条件により落下、転倒のおそれがありますので、落下、
転倒防止の処置をして下さい。
○ 地震等の天災による事故については、責任を持てません。
注意
全般
○ お客様による製品の改造は、当社の保証範囲外ですので、責任を負いません。
○ 銘盤、シール等を取り外さないで下さい。
取扱説明書
輸送、運搬
○ 製品の落下によりけがのおそれがあるため、梱包状態でも積み上げて輸送運搬しないで下さい。
保管
○ 屋外、湿度の高い場所、湿度変化の激しい場所に置かないで下さい。
○ 梱包状態でも二段以上積み上げないで下さい。
廃棄
○ 一般産業廃棄物として処理して下さい。
11.4. チャンネル選択時のパラメータの設定 ....................................................................................... 28
目次
[12]
[1]
機能と特徴...................................................................................................................................1
[2]
仕様 ............................................................................................................................................2
2.1. おもな仕様.................................................................................................................................... 2
2.2. 制御入出力仕様 ........................................................................................................................... 2
2.3. 主要寸法と取付参考寸法.............................................................................................................. 3
[3]
各部の名称と説明 ........................................................................................................................4
3.1. フロントパネル .............................................................................................................................. 4
3.2. 外部コネクタ/電源入力線............................................................................................................ 5
3.3. 基盤上の接続端子と切換スイッチ.................................................................................................. 6
[4]
はじめて使用される場合 ...............................................................................................................7
[5]
各配線から電源投入と運転・停止まで ...........................................................................................8
5.1.
5.2.
5.3.
5.4.
5.5.
5.6.
5.7.
5.8.
[6]
電源入力線の接続........................................................................................................................ 8
パーツフィーダの接続 ................................................................................................................... 8
電源電圧の設定 ........................................................................................................................... 8
停止入力1端子の接続.................................................................................................................. 9
外部入出力コネクタの接続.......................................................................................................... 10
電源の投入 ................................................................................................................................ 12
操作パネルからの運転と停止...................................................................................................... 12
操作パネルと外部入力信号の運転/停止の優先順位 ................................................................. 12
モードの構成と変更 ....................................................................................................................13
6.1. モードの構成 .............................................................................................................................. 13
6.2. モードの変更 .............................................................................................................................. 14
[7]
周波数の調整 ............................................................................................................................15
7.1. 周波数調整のポイント ................................................................................................................. 16
[8]
電圧の調整................................................................................................................................17
[9]
各種設定(パラメータ設定)..........................................................................................................18
[10]
パラメータの詳細 ....................................................................................................................20
10.1. 《ONタイマ》.............................................................................................................................. 20
10.2. 《OFFタイマ》............................................................................................................................ 20
10.3. 《停止1論理反転》 .................................................................................................................... 21
10.4. 《停止2論理反転》 .................................................................................................................... 21
10.5. 《AND論理反転》...................................................................................................................... 22
10.6. 「パーツフィーダの運転/停止状態」と「パラメータNO,2~4 の設定」の対応表 ............................ 23
10.7. 《定振幅》 ................................................................................................................................. 24
10.8. 《トリップ電流値》....................................................................................................................... 24
10.9. 《スローアップ時間》 .................................................................................................................. 24
10.10. 《スローダウン時間》 ............................................................................................................... 25
10.11. 《FBゲイン》 ........................................................................................................................... 25
10.12. 《振動センサ設定》 ................................................................................................................. 25
[11]
チャンネル指定による動作 ......................................................................................................26
11.1. チャンネルの設定方法.............................................................................................................. 26
11.2. チャンネル選択時の周波数の設定 ............................................................................................ 28
11.3. チャンネル選択時の電圧の設定 ............................................................................................... 28
12.1.
12.2.
12.3.
12.4.
12.5.
定振幅運転 ............................................................................................................................29
パーツフィーダへの振動センサの取り付け................................................................................. 29
パラメータの設定...................................................................................................................... 29
定振幅運転時の出力電圧の調整.............................................................................................. 30
フィードバックゲイン(FBゲイン)の調整 ..................................................................................... 30
定振幅運転時の異常................................................................................................................ 30
[13]
アラーム表示分類表 ...............................................................................................................31
[14]
トラブルの対処法 Q&A .........................................................................................................32
[15]
オプション ...............................................................................................................................33
15.1. 振動センサ............................................................................................................................... 33
15.2. 外部入出力コネクタ用ハーネス ................................................................................................. 33
[16]
付録1 信号線の接続例 .........................................................................................................34
16.1. オーバーフローセンサとPLC両方で制御する場合 ..................................................................... 34
16.2. PLCとLFとPFの連動運転をさせるための接続........................................................................... 35
16.3. ホッパー THP/THLへの接続 ................................................................................................ 37
16.4. ホッパー TCU-001との接続 ................................................................................................ 38
[1]
機能と特徴
[2]
運転/停止をパネルと外部信号の両方で行なえます
外部からの停止信号の入力は「停止入力1」「停止入力2」の2系統があります。各入力信号の反転(NOT 論
理)も可能です。
外部での運転状態のモニタも可能
運転状態は、パネルのLEDで確認できるだけでなく、外部出力コネクタからの信号によっても運転/停止状態
のモニタが可能です。またアラーム発生も外部からモニタが可能です。
ディレイタイマ機能
運転開始時のオンディレイタイムと、運転停止時のオフディレイタイムを個別に設定できます。オーバーフロー
制御などでセンサ側にディレイ設定ができなくても、スムーズな運転/停止制御を行なうことができます。
ソフトスタート・ストップ機能
運転直後の振動の立ち上がりや、停止直前の振動体の動作がスムーズに行なえます。
動作条件の切替機能(チャンネル設定)
あらかじめ、運転条件をチャンネル(CH)設定することにより、4パターンの異なる出力電圧や、周波数による
運転切替が可能です。チャンネル切り替えは操作パネルだけでなく、外部入出力コネクタによる入力信号でも
切り替えが可能です。
運転状況の表示
運転中の出力電圧、周波数、異常内容などを7セグLEDで表示します。
デジタル表示なので現在の状態が一目でわかり、調整も簡単です。
定振幅運転
オプションの定振幅センサを接続することにより、振動レベルを安定させた運転が可能です。
(※TMD-100 では定振幅運転は不可能。)
仕様
2.1. おもな仕様
TMD―100
電源
電源電圧
電源周波数
環境
使用温・湿度
使用環境
外形・重量
寸法
重量
出力
出力電圧
出力周波数
最大出力電流
駆動方式
制御入力
停止入力
定振幅運転
チャンネル指定入力
制御出力
RUN出力
アラーム出力
TMD―200
TMD―400
AC100 / 200V(切換スイッチにて切り換え)
50 / 60Hz
温度 0~40℃, 湿度 0~90%(結露のないこと),
腐食性ガス・粉塵のないこと
(幅)50×(高さ)180×(奥行)158
1.2 ㎏
(幅)90×(高さ)180×(奥行)158
1.6 ㎏
0~100V / 0~200V
40.0 ~ 400.0Hz
1.0A
2.0A
PWM 駆動
4.0A
端子台・コネクタ 2系統(各入力論理切替可、AND動作可)
不可
可
0~3チャンネル
運転中に信号を出力(論理切替可)
過電流・過温度による停止時に信号を出力
2.2. 制御入出力仕様
(1) 制御入力回路
(2) 制御出力回路
12V
OUT (+)
I N
COM (-)
COM
-1-
-2-
[3]
各部の名称と説明
2.3. 主要寸法と取付参考寸法
3.1. フロントパネル
TMD-100/TMD-200
M5通シ
60
7
30
158
30
155
電圧LED
3
周波数LED
7セグLED
電源LED
20
F
RUN LED
R
RUN
UP
M O DE
STOP
DOWN
SET
操作スイッチ
1 50
1 66
R
1 80
V
V
P
1 66
F
P
RUN
UP
MODE
STOP
DOWN
SET
L EV EL
ON
MIN
MA X
出力調整ツマミ
O FF
6
7
60.2
2連以上使用した場合のピッチ
ON
( 36 .5 )
電源スイッチ
外部制御線引き込み口
(ゴムブッシュ)
OFF
5
0
10
振動センサコネクタ
取り付け寸法
パーツフィーダ出力線コネクタ
電源入力線
(単相AC100V/200V)
TMD-400
157.5
90
154.5
15
60
15
60
2-φ6
・・・
電源をON/OFFします。
出力調整ツマミ
・・・
出力電圧の調整をします。
Pランプ_赤
(電源 LED)
・・・
電源ランプです。電源が入ると点灯します。
Rランプ_緑
(RUN LED)
・・・
運転中は点灯、一時停止は点滅、停止中は消灯します。
Vランプ_赤
(電圧 LED)
・・・
7セグLEDが電圧値を表示中に点灯します。
<注> 1~3CHのデータ変更可能時には点滅します。
Fランプ_赤
(周波数 LED)
・・・
7セグLEDが駆動周波数を表示中に点灯します。
<注> 1~3CHのデータ変更時には点滅します。
7セグLED表示部
・・・
出力電圧、周波数、エラーコード、パラメータデータなどを表示
します。
各操作スイッチ
・・・
RUN、STOP、UP、DOWN、MODE、SET
の各ボタンは表示モード切り替えや各設定値の入力をします。
45.5
15
7
3
電源スイッチ
F
V
P
冷却ファン
MODE
SET
TMD-200
LE VEL
ON
MI N
MA X
15
O FF
6
7
外部制御線引き込み口
(ゴムブッシュ)
TMD-400
16 6
UP
DOWN
18 0
RUN
STOP
15 0
16 6
15 0
18 0
R
6
振動センサコネクタ
パーツフィーダ出力線コネクタ
TMD400(PF)とTMD200(LF)を
並列に並べた場合の取り付け穴ピッチ
取り付け寸法
電源入力線
(単相AC100V/200V)
※TMD-400 を設置する際は、冷却ファンを塞がないように設置してください。
-3-
-4-
3.2. 外部コネクタ/電源入力線
3.3. 基盤上の接続端子と切換スイッチ
①外部入出力コネクタ
0V
IN
12V
12V
IN
0V
外部制御線引き込み口(ゴムブッシュ)
⑤外部入力使用スイッチ
O N 1 0 0 V
②外部入力1接続端子
O N 100V
OFF 200V
OFF 200V
CN3
④入力電圧切替スイッチ
F
V
P
R
拡大図
RUN
U P
MODE
STOP
DOWN
SET
振動センサコネクタ(オプション)
パーツフィーダ出力線コネクタ
AC
AC
AC
③電源入力端子
AC
FG
白
黒
FG
緑
電源入力線(単相AC100V/200V)
拡大図
外部制御引き込み口
・・・
オーバーフローセンサや外部入出力信号の配線の引き込み
に使用します。(ゴムブッシュ付)
振動センサコネクタ
・・・
振動センサ(オプション)を接続します。(TMD-200/400 のみ)
振動センサを使用することで、定振幅運転ができます。➼【定
振幅運転】(P.29)
パーツフィーダ接続コネクタ
・・・
振動体側のメタルプラグを接続します。プラグをコネクタに挿し
て固定リングを締めて、確実に接続してください。
電源入力線
・・・
単相 AC100/200Vの入力引き込み線です(3芯 耐油性)
白・黒:単相 100/200V
緑: アース(必ず接地をしてください)
操作パネルを開くときは、上下のプラスネジ2本を緩めてください。プラスネジは脱落防止になっています。電源
スイッチは操作パネル側に付いていますので、パネルを強く引っ張らないでください。
① 外部入出力コネクタ
外部入出力コネクタ接続します。接続はしっかり押込み確
実に装着して下さい。
➼【外部入出力コネクタの接続】(P.10)
危険
操作パネルを開くときは必ずメインブレ
ーカを切ってから行うこと。感電する恐
れがあります。
② 停止入力1接続端子
オーバーフローセンサアンプやPLCからの出力信号を接続します。
(尚、TMD-400 の場合、12V は冷却ファンにも使用しています。)
➼【停止入力1端子の接続】(P.9)
③ 電源端子
AC100/200Vのコントローラ電源供給端子です。コントローラから出ている電源入力線が接続されていま
す。
④ 入力電圧設定切換スイッチ
入力電圧を設定します。単体出荷時は【200】V側に設定されています。パーツフィーダとのセットで購入
頂いた場合は出荷時には仕様電圧に設定済みです。➼【電源入力線の接続】(P.8)
⑤ 外部入力使用スイッチ
外部入出力コネクタの「停止入力2」の使用/不使用を切り替えるためのスイッチです。➼【外部入出力コ
ネクタの接続】(P.10)
-5-
-6-
[4]
はじめて使用される場合
各配線から電源投入と運転・停止まで
[5]
コントローラをご購入後はじめて使用する場合は、下記に従い入出力の接続や各種機能の設定を行って下さ
い。パーツフィーダとのセットで購入頂いた場合は弊社にて設定済みです。
運転までの流れ
危険
配線作業を行う際は必ずメインブレーカを切ってから行うこと。感電する恐れがあります。
5.1. 電源入力線の接続
各配線の接続
電源やパーツフィーダーを接続します。必
要によってはオーバーフローセンサや、外
部入出力信号を配線します。
「各配線から電源投入と運転・停止まで」
(P.9)を参照
電源入力線を接続してください。
線色
白
接続先
単相 100/200V
黒
緑
周波数の調整
パーツフィーダの振動周波数を設定しま
す。
アース
備考
電圧は、接続するパーツフィーダの電圧に合わせてください。
周波数は50Hz/60Hz兼用です。
アース線は必ず接地をしてください。
「周波数の調整」(P.14)を参照
外部制御線引き込み口(ゴムブッシュ)
振動センサコネクタ
ボリュームの調整
ボリュームによって振動体への電圧を調
整します。
「電圧の調整」(P.16)を参照
5.2. パーツフィーダの接続
パーツフィーダを接続します。振動体側のメタルプラ
グをパーツフィーダ出力コネクタに接続します。プラグ
をコネクタに挿して固定リングを締めて、確実に接続
してください。
パーツフィーダ出力線コネクタ
白
黒
緑
電源入力線(単相AC100V/200V)
拡大図
5.3. 電源電圧の設定
O N 100V
O N 100V
CN3
0V
IN
12 V
入力電圧を設定します。
コントローラへ供給する電源電圧が100Vの場合は、入力電圧設定
切換スイッチを100側に切り替えます。電源電圧が200Vの場合は、
200側に切り替えてください。
OFF 200V
「各種設定(パラメータ設定)」(P.17)を参
照
OFF 20 0V
パラメータモードによる各パラメータの設定
運用する状況に合わせて、コントローラの
各設定(パラメータ)を設定します。
側面
FG
AC
AC
拡大図
-7-
-8-
5.4. 停止入力1端子の接続
この端子にオーバーフローセンサ、もしくはPLCからの出力信号線を配線することで、パーツフィーダの制御が
できます。
RUN
U P
MODE
STOP
DOWN
SET
12V
オーバーフローセンサ
青
IN
R
黒
0V
P
外部からの入力および出力のコネクタとの接続は下図のとおりです。
拡大図
CN3
V
茶
12V
IN
0V
出力信号
COM
1
3
5
7
2
4
6
8 10 12
O N 100V
F
このコネクタを使用すれば、外部からコントローラを運転/停止を制御することが出来ます。またコントローラの
状態をモニタすることも出来ます。
OFF 200V
12V
IN
0V
5.5. 外部入出力コネクタの接続
コントローラにはPLC等からコントローラを運転/停止することが出来る、外部入出力コネクタを持っています。
9 11
側面
PLC
拡大図
センサ、またはPLCへ
接続コネクタ型式
AC
配線の際には、穴の左側にあるボタンを押込みながらケーブルを差し込んでボタンを離します。差し込んだ後
は線が抜けないことを確認してください。
AC
日圧 XADRP-12V
日圧 BXA-001T-P0.6
FG
ハウジング
コンタクトピン
IN 端子の信号が ON になると、一時停止(Rランプ点滅)します。OFF になれば RUN します。(この論理はパラメ
ータで反転が可能です➼【各種設定(パラメータ設定)】(P.18))
ピン№
Note:
接続できるセンサは「NPN トランジスタ出力タイプ」、もしくは「無電圧有接点タイプ」のみとなります。
センサに供給される電源の電圧は12Vです。よって接続できるセンサは12Vで動作するセンサに限
ります。
設定
IN/OUT
動作
IN
自動運転の CH 番号の「0」Bit 目の信号。
IN
自動運転の CH 番号の「1」Bit 目の信号。
1
CHセレクト 1 +
2
CHセレクト 1 -
3
CHセレクト 2 +
4
CHセレクト 2 -
5
+12V
-
12V出力
6
STOP
IN
停止入力2信号
7
0V
-
0V
8
無接続
-
9
RUN出力 +
10
RUN出力 -
11
ALM出力 +
12
ALM出力 -
OUT
運転中(RUN 中)信号
OUT
アラーム発生中信号
2番、4番、7番ピンは内部で接続されていますが、個別に配線して下さい。
10番、12番ピンは内部で接続されていません。
-9-
外部入出力コネクタに接続する「外部入出力コネクタ専用ハーネス」をオプションで用意しています。
- 10 -
5.6. 電源の投入
Pin No,1~4 「CHセレクト 1」「CHセレクト2」信号
自動運転モードでCHを指定する場合、この2つの信号を2進数として、CH番号を指定します。
CH0
CH1
CH2
CH3
CHセレクト 1
OFF
ON
OFF
ON
電源を接続する前に、電源線を接続して、コントローラ内部の「入力電圧設定切換スイッチ」の設定を確認してく
ださい。➼【電源入力線の接続】(P.8)
CHセレクト2
OFF
OFF
ON
ON
出力調整ツマミを「0」の位置に合わせてから、電源スイッ
チを入れます。
電源スイッチ
「Pランプ」が点灯して、7セグLED部に数値が表示されま
す。
➼【チャンネル指定による動作】(P.26)
IN
0V
CN3
O N 100V
OFF 200V
O N 100V
例えば「停止入力1」に接続されたオーバーフローセ
ンサと、PLCと接続された、この「停止入力2」信号に
よる「AND 制御」が可能になります。
OFF 200V
Pin No,5~7 「外部停止入力2」信号
外部(PLC 等)からコントローラの「運転」「一時停止」
を制御する信号です。
「停止入力1」信号を使用してコントローラの「運転」
「一時停止」を切り替えることも可能ですが、外部入
出力コネクタの「停止入力2」信号を使用することで、
2系統からの制御が可能になります。
12V
出力調整ツマミ
電源投入後、7セグ LED 部にアラームが表示されていないことを確認して下さい。
アラーム表示が出ている場合は、電源スイッチを切り、その表示内容に応じ異常個所を取り除いて下さい。➼
【アラーム表示分類表】(P.31)
側面
5.7. 操作パネルからの運転と停止
拡大図
この外部停止入力2を使用するには「外部入力使用
スイッチ」をON側に切り替えて下さい。
「RUN」ボタンを押すと、Rランプが点灯して運転を開始し
ます。
Rランプ
FG
AC
AC
操作パネルから運転と停止をするには、「RUN」ボタンと「STOP」ボタンを使います。
Pin No,9~10 RUN出力信号
パーツフィーダの運転/停止状態を出力します。運転中で ON、停止(一時停止含む)の状態で OFF となりま
す。
Pin No,11~12 ALM出力信号
コントローラでアラームが発生しているとき、出力します。
アラーム発生中で ON、アラームが発生していない状態では OFF となります。
Note:
PLC を接続してコントローラを制御する場合、オープンコレクタ仕様であれば直接接続可能です。他の
場合はドライ接点を介して使用して下さい。
注意
電源の「ON」「OFF」を短時間で繰り返し行わないでください。コントローラが故障する原因となりま
す。
「STOP」ボタンを押すと、Rランプが消灯して運転が停止
します。
RUNボタン
STOPボタン
5.8. 操作パネルと外部入力信号の運転/停止の優先順位
運転と停止は、操作パネル側が優先となります。
よって、操作パネル側で「RUN」の状態になっていないと、オーバーフローセンサや外部入出力コネクタのSTO
P信号に関係なく、運転は停止しています。外部入力信号によって、運転/停止を行ないたい場合は、操作パ
ネル側にて「RUN」ボタンを押して運転状態にしてください。
コントローラとオーバーフローセンサや PLC、弊社ホッパーコントローラとの接続については、【付録1 信号線
の接続例】(P.34)参考にしてください。
- 11 -
- 12 -
6.2. モードの変更
モードの構成と変更
[6]
モードの変更は、MODEボタンとSTOPボタンで行います。
下記が各モードの関係と変更する際のボタン操作になります。
6.1. モードの構成
コントローラは「動作モード」、「パラメータモード」、「チャンネル設定モード」の3つのモードがあります。これらを
切り換えて、電圧/周波数を調整したり、運転条件を変更したりします。
パラメータモード
動作モード
調整ツマミにより出力が可変する手動運転(CH0)と、あらかじめ設定したデータにより運転する
自動運転(CH1~CH3)をするモードです。自動運転のCH指定は外部入出力コネクタの入力信号で行ないま
す。
電圧/周波数の調整は、この運転モードの状態でおこないます。
周波数の調整➼【周波数の調整】(P.15)
電圧の調整➼【電圧の調整】(P.17)
MODEボタン
長押 (2秒)
パラメータモード
運転中の動作条件を設定するモードです。設定項目は下記の通りです。
➼【各種設定(パラメータ設定)】(P.18)
パラメータ№ 名称
内容説明
0
ONタイマ
停止入力がOFFしてから動作開始までの時間を設定します。
1
OFFタイマ
停止入力がONしてから動作停止までの時間を設定します。
2
停止1論理反転
オーバーフローセンサ信号(停止1入力)の論理を反転します。
3
停止2論理反転
入出力コネクタの STOP 信号(停止2入力)の論理を反転します。
4
AND論理反転
停止1入力と停止2入力のAND論理の結果を反転します。
5
定振幅
FB制御の有無を選択します。
6
トリップ電流値
過電流値を設定します。
7
スローアップ時間
スロースタートの時間を設定します。
8
スローダウン時間 スローダウンの時間を設定します。
9
FBゲイン
FB制御の比例ゲインを設定します。
10
振動センサ設定
センサタイプを設定します。
チャンネル設定モード
自動運転(CH1~CH3)の動作条件を設定するモードです。
以下の項目について、CHごとに設定ができます。➼【チャンネル指定による動作】(P.18)
パラメータ№
1
2
3
4
設定項目
出力電圧
周波数(※)
ONディレイタイマ時間
OFFディレイタイマ時間
- 13 -
動作モード
自動運転時のCH状況
出力電圧
手動運転/自動運
転CH指定なし
MODEボタン
短押
自動運転CH1
自動運転CH2
周波数
自動運転CH3
STOP ボタン
長押 (2秒)
CH設定モード
※CH1~CH3の自動運転中はモードの変更はできません。
- 14 -
[7]
周波数の調整
電源が入っていないときは、はじめに出力ツマミを0の位置にしてから電源をONにします。
すでに電源が入っている場合は、一端運転を停止して、0の位置にしてから運転を開始します。なお、パーツフ
ィーダ内にワークがある場合はすべて取り除いてから、周波数調整を行ってください。
Note:
周波数を記憶させないと、電源を再投入した時に設定した周波数が消えてしまいます。
必ず記憶させてください。一度記憶させれば電源を落としても同じ周波数で振動します。
運転モード以外の状態の時は、運転モードに切り替えます。
➼【モードの構成と変更】(P.13)
7.1. 周波数調整のポイント
RランプとVランプが点灯して、7セグLEDに電圧が表示されていることを確認し、出力ツマミを5の位置までゆ
っくり回転させます。この時、7セグLEDに 100Vの場合で「50」に近い数値が、200Vの場合で「100」に近い
数字が表示されます。
① MODEボタンでデジタル表示を周波数に切り替えま
す。
②F点灯
電圧表示
①MODE
周波数表示
電圧表示から周波数表示に切り替えたあと、30秒間
スイッチ操作が無い場合には自動的に電圧表示にも
どります。
③ UPボタン、DOWNボタンで周波数を変更し、最適な
共振点を探します。
UPボタン、DOWNボタンは短く押すと周波数は 0.1
Hzごとに、2秒以上押すと自動的に早送りし、上下し
ます。
早送りを止めるには、もう一度UPボタン、またはDO
WNボタンを押します。微調整は短押しで行って下さ
い。
③UP
③DOWN
共振点
キーの長押しによる早送りでは共振
点(最大振幅点)を一気に通り越して
しまいますの注意してください。共振
点を通り越してしまった場合は、一旦
早送りを止めて再度共振点を探して
ください。
共振点より少し高め(3~10Hz)の周
波数で運転すると、振動が安定しま
す。
弱
ワークの材質、必要な速度、整列の
精度さ等の条件によっては板ばねの
調整が必要になる場合があります。
低
⑥RUN
④ STOPボタンを押して一旦運転を止めます。
④STOP
⑤ SETボタンを押します。7 セグLEDの周波数の表示が
一度点滅すれば設定完了し、記憶されます。
⑥ RUNボタンを押して運転を再開させます。
- 15 -
周波数(Hz)
高
パーツフィーダ本体の板ばねは経年変化により、ばね定数が低下して振幅が減少することがあります。周
波数を再調整することで振幅が回復する場合があります。
調整が終わったら、周波数をコントローラに記憶させます。
⑤SET
適正範囲
強
振幅
② 「F ランプ」が点灯して、7セグLEDが周波数表示に切
り替わります。
ボウル内等のワークを空の状態にし
てから、周波数調整をおこなってくだ
さい。
- 16 -
[8]
電圧の調整
[9]
各種設定(パラメータ設定)
① 運転モード以外の状態の時は、運転モードに切り替えます。➼【モードの構成と変更】(P.13)
② RランプとVランプが点灯して 7 セグLEDに電圧が
表示されていることを確認します。
②V点灯
① MODEボタンを長押し(約2秒)してパラメータモード
に切り替えます。➼【モードの構成と変更】(P.13)
②点滅
② 7セグLEDの一番左の数字が点滅してパラメータ表
示になります。
③ 出力調整ツマミを回して最適な電圧位置に合わ
せます。
①MODE
①MODE
④RUN
③出力調整ツマミ
主力調整範囲は、
入力電圧100Vの時 ➼ 0~100
入力電圧200Vの時 ➼ 0~200
です。
③ パラメータモードになると、自動的にパーツフィーダが
停止(Rランプが消灯)します。
③消灯
パラメータ設定時の表示の内容は、左のようになっていま
す。
パラメータモード時の表示の内容
④ 運転を停止するには、STOPボタンを押します。Rランプが消え出力が停止します。RUNボタンを押すと、
Rランプが点灯し、運転が始まります。
パラメータ No,
左側の数値が「パラメータ No,」、右側の数値が設定値と
なります。
④ 点滅している側の数値を、UP及びDOWNボタンで変
更することができます。
設定値
⑤ はじめに、パラメータ番号を選択します。点滅し
ている数字をUP及びDOWNボタンで設定する
パラメータ No に合わせて SET ボタンを押しま
す。
④UP
④DOWN
たとえば、ONタイマを設定する場合は「0」を指
定します。
⑤SET
パラメータ No については【パラメータの詳細】
(P.20)を参照してください。
- 17 -
- 18 -
[10] パラメータの詳細
⑥点滅
⑥ SETボタンが押されると、右側の数値が点
滅します。この右側の数値が選択したパラ
メータ番号の設定値となります。
⑦UP
⑦DOWN
⑧SET
⑦ 点滅が右側の数字に移動するのでUPボタ
ン、DOWNボタンを押して、時間の設定を
します。
⑧ 希望の数値を表示したら、SETボタンを押
して決定します。
10.1. 《ONタイマ》
パラメータ No,
0
設定値範囲
0.0 ~ 20.0(Sec)
初期値
0
オーバーフローセンサ、もしくは外部入出力信号によって停止命令が OFF してから、運転を開始するまでの遅
延時間を設定します。
オーバーフローセンサが頻繁に ON/OFF を繰り返す状況の場合、このONタイマを使用することにより、一定時
間センサの信号が安定した後、運転を開始する事が出来ます。
ON
外部からの停止信号
引き続き別のパラメータを設定する場合は、再度UPボタン、DOWNボタンでパラメータ番号を選択します。
OFF
パラメータ No,はローテーションします。No,10 が表示されているときに、UPボタンを押すと No,0 が表示され、
No,0 が表示されているときにDOWNボタンを押すと No,10 が表示されます。
RUN
運転状態
⑨MODE
(長押し)
STOP
⑨ パラメータの設定が終了したら、MODEボタンを再び長押
し(約2秒)して設定が完了します。
⑩
設定時間
RUNボタンを押すと、Rランプが点灯し、運転が始まりま
す。
10.2. 《OFFタイマ》
パラメータ No,
1
設定値範囲
0.0 ~ 20.0(Sec)
初期値
0
⑩RUN
オーバーフローセンサ、もしくは外部入出力信号によって停止命令が ON してから、運転を開始するまでの遅延
時間を設定します。
各パラメータの詳細については【パラメータの詳細】(P.20)を参照してください。
オーバーフローセンサが ON した後も、一定時間パーツフィーダを動作させておきたい場合に設定します。
ON
外部からの停止信号
OFF
RUN
運転状態
STOP
設定時間
- 19 -
- 20 -
10.3. 《停止1論理反転》
パラメータ No,
2
設定値範囲
0:信号 ON で停止 1:信号 ON で運転
初期値
0
10.5. 《AND論理反転》
パラメータ No,
4
設定値範囲
0:反転無効 1:反転有効
初期値
0
停止入力1の信号の論理を反転します。
停止1入力と停止2入力のAND論理の結果を反転します。
停止入力1接続端子に接続したセンサが出力論理を反転できない(ダークオン/ライトオンが切り替えられな
い)場合などには、このパラメータを変更することで、センサ ON 時の動作を反転することができます。
コントローラは、停止入力1の信号と外部入出力コネクタの停止入力2信号を「AND 論理」(直列回路)として、
起動/停止を制御します。
10.4. 《停止2論理反転》
パラメータ No,
3
設定値範囲
0:信号 ON で停止 1:信号 ON で運転
初期値
0
ただし、使用したい状況によっては、この AND 論理の結果を反転したい場合があります。
このような場合、このパラメータを設定することで、起動/停止の動作を反転することができます。
外部入出力コネクタの停止入力2(STOP 入力)の信号の論理を反転します。
実際にどのように動作/停止するかについては、次の対応表を参照してください。
停止入力1信号と外部入出力コネクタの停止入力2信号の ON/OFF で、どのように動作させたいかを探して、
パラメータ No,2~4 を設定してください。
例えば、外部入出力コネクタの STOP 端子と PLC を接続した場合、PLC のプログラムで STOP 信号を出力して
いるにもかかわらず、電源投入直後はパーツフィーダが一瞬動作する場合があります。
これは、電源投入直後にコントローラは起動しても、PLC が起動していない状態(タイムラグ)になるので、
STOP 信号が OFF となりパーツフィーダが運転するためです。
ON
コントローラ&PLC 電源
OFF
ON
PLC 起動+STOP 信号出力
OFF
ON
コントローラ起動
OFF
コントローラ運転状態
RUN
STOP
この間、パーツフィーダが運転
このような場合、PLC からパーツフィーダ動作=信号 ON のようにプログラムして、このパラメータを変更するこ
とで、回避することができます。
- 21 -
- 22 -
10.6. 「パーツフィーダの運転/停止状態」と「パラメータNo,2~4 の設定」の対応表
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止入力1 停止入力2
PF 状態
運転
運転
運転
停止
PF 状態
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
1
0
0
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
0
1
0
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
1
1
0
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
0
0
1
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
1
0
1
→
→
10.7. 《定振幅》
パラメータ No,
5
設定値範囲
0:無し 1:有り
初期値
0
10.8. 《トリップ電流値》
パラメータ No,
6
設定値範囲
初期値
TMD-100
0.2 ~ 1.0(A)
TMD-200
0.2 ~ 2.0(A)
TMD-400
0.2 ~ 4.0(A)
TMD-100
1.0
TMD-200
2.0
TMD-400
4.0
過電流値を設定します。
周波数を下げるときには、周波数に反比例し出力電流が増加します。
特に小型で許容電流の小さな振動体を接続した場合には注意が必要です。
このような状況で使用する場合は、安全対策としてこのトリップ電流値を低めに設定して焼損事故などに注意し
て下さい。
10.9. 《スローアップ時間》
パラメータ No,
7
設定値範囲
0.0 ~ 3.0(Sec)
初期値
0
スローアップの時間を設定します。
運転を開始したとき、指定された時間をかけて少しずつ電圧を上げていきます。
PF 状態
停止
運転
停止
停止
0
→
PF 状態
停止
停止
運転
停止
0
→
PF 状態
停止
停止
停止
運転
0
→
PF 状態
停止
運転
運転
運転
パラメータ No,4
振動センサ(オプション)を接続しての、定振幅(FB)制御の有無を選択します。
➼【定振幅運転】(P.29)を参照
PF 状態
運転
停止
運転
運転
パラメータ No,3
→
PF 状態
運転
運転
停止
運転
パラメータ No,2
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
0
1
1
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
→
OFF
OFF
運転
→
ON
OFF
停止
1
1
OFF
ON
停止
ON
ON
停止
※ 単体出荷時はパラメータ No,2~No,4 はすべて「0」で設定されています。
- 23 -
1
電圧
時間
設定時間
- 24 -
[11] チャンネル指定による動作
10.10. 《スローダウン時間》
パラメータ No,
8
設定値範囲
0.0 ~ 3.0(Sec)
初期値
0
チャンネル指定による動作とは、チャンネル(CH)1~3の各チャンネルに、あらかじめ設定された動作条件(電
圧、周波数、ON/OFF ディレイ)を記憶させて、外部入出力コネクタからのチャンネル指定信号により運転状態
を切り替えて運転する自動運転動作です。
このチャンネル指定動作により、振動体の振動レベルを最大4段階に可変できます。
スローダウンの時間を設定します。
例(200Vの場合)
運転を停止する際、指定された時間かけて少しずつ電圧を下げていきます。
電圧
CH0
電圧:50V
周波数:140Hz
現在の設定
CH1
電圧:120V
周波数:160Hz
電圧
周波数
設定
CH2
電圧:75V
周波数:98Hz
CH4
電圧:10V
周波数:50Hz
時間
設定時間
チャンネル指定番号によって、任意のチャンネルに登録された電圧/周波数/設定
に切り替えることができます。
10.11. 《FBゲイン》
パラメータ No,
9
設定値範囲
1.0 ~ 20.0
初期値
1.0
Note:
運転中にCHが切り替わった場合、切り替わる前のCHの周波数と、切り替わった後の周波数が異なる
設定がされていると、一旦運転が停止して、約2秒後に指定されたチャンネルに設定された周波数で運
転を開始します。切り替わった後のCHの周波数が同一の場合は、停止することなく運転を続行します。
FB制御の比例ゲインを設定します。
設定値を小さくすると、振動センサに対してのフィードバックが鈍感なり、逆に設定値を大きくすると、フィードバ
ックが敏感になります。
10.12. 《振動センサ設定》
パラメータ No,
10
設定値範囲
0:標準センサ(黒ラベル)
初期値
0
11.1. チャンネルの設定方法
1.チャンネル設定モードに変更します。
運転モードの状態で STOP ボタンを長押し(約2秒)し
ます。7セグ LED がチャンネル選択の状態になります。
➼【モードの構成と変更】(P.13)
1:高感度センサ(青ラベル)
接続する振動センサ(専用・別売り)のタイプを設定します。
DOWN
DOWN
DOWN
DOWN
- 25 -
U
2.設定するチャンネルを選択します。設定するチャン
ネルを UP ボタンか DOWN ボタンで選択します。
SET
3.選択チャンネルを決定します。希望のチャンネルが
表示されたら、SET ボタンを押し決定します。
U
4.動作モードへのもどります。
STOP ボタンを長押し(約2秒)します。7セグ LED が運
転モードの状態にもどります。
U
UP
- 26 -
チャンネル(CH)が1~3に選択されているとき、決定したチャンネルに応じ7セグ LED の上位2ケタ部分のドット
(点)が点滅し、現在操作中のチャンネルを表示します。
11.2. チャンネル選択時の周波数の設定
チャンネル1~3が選択された時の、周波数設定はチャンネル0と同じです。
【周波数の調整】(P.15)を参照してください。
CH1
CH2
CH3
この点滅表示は動作モードだけでなく、パラメータモードでも同様に表示されます。
この点滅表示は、チャンネル設定でチャンネル0(CH0)を選択すると解除されます。
11.3. チャンネル選択時の電圧の設定
電圧の設定は、チャンネル0の操作方法と異なります。
電圧を設定するには、7セグ LED を電圧表示(V ランプ点灯)にし、RUN ボタンを長押し(2秒)します。7セグ
LED 部の最下位ケタのドットが点滅し、調整ツマミで出力調整が可能となります。
電圧設定中に点滅
チャンネル(CH)1が選択中
電圧調整が完了したら、STOP ボタンを押し運転が停止後に SET ボタンを押すと電圧の設定値が記憶されます。
設定完了と同時に、7セグ LED 部の最下位ケタのドットの点滅は解除されます。
11.4. チャンネル選択時のパラメータの設定
チャンネル1~3が選択されているときの、パラメータは下記の2つのみを変更することができます。
パラメータ№ 名称
内容説明
0
ONタイマ
停止入力がOFFしてから動作開始までの時間を設定します。
1
OFFタイマ
停止入力がONしてから動作停止までの時間を設定します。
上記以外のパラメータの設定は、チャンネル0(CH0)のパラメータ設定に従って動作します。
パラメータの変更方法➼【モードの構成と変更】(P.13)を参照
※チャンネル1~3のときは、調整ツマミで出力調整はできません。
- 27 -
- 28 -
[12] 定振幅運転
オプションの振動センサ(専用・別売り)を使用することにより、電源電圧やワークの増減による負荷変動の影
響を受けずに、常に一定の振動を保つことのできる定振幅運転が可能となります。
12.3. 定振幅運転時の出力電圧の調整
定振幅運転で出力電圧は、振動センサを使用しない通常の設定の操作方法と異なります。
電圧を設定するには、7セグ LED を電圧表示(V ランプ点灯)にし、RUN ボタンを長押し(2秒)します。7セグ
LED 部の最下位ケタのドットが点滅し、調整ツマミで出力調整が可能となります。
※ TMD-100 には定振幅センサは付きません。
12.1. パーツフィーダへの振動センサの取り付け
振動センサを振動体の振動が伝わりやすい場所にネジで固定します。
固定にはスプリングワッシャーを使用するなどしっかり固定し、運転中にネジが緩まないよう注意して下さい。
(ネジが緩み、振動センサに振動体の振動が正確に伝わらないと、定振幅運転が正常にできなくなります)
センサが固定できたら、先端のコネクタをコント
ローラに接続します。
コネクタは、差込んだあとに固定リングを廻して、
確実に接続してください。
電圧調整が完了したら、STOP ボタンを押し運転が停止後に SET ボタンを押すと電圧の設定値が記憶されます。
設定完了と同時に、7セグ LED 部の最下位ケタのドットの点滅は解除されます。
設定後、RUNボタンを押すと、Rランプが点灯し、運転が始まります。
12.4. フィードバックゲイン(FBゲイン)の調整
出力電圧の調整が終了したら、定振幅運転を最適な条件で動作させるために、ゲイン調整を行ないます。
センサの接続が不完全だと定振幅運転ができ
ない場合や運転が不安定になる場合がありま
す。センサのコネクタは確実に接続してくださ
い。
注意
振動センサーの取り付け作業は、必ずコン
トローラの電源を切ってから行って下さい。
電源を入れたまま行なうと故障の原因とな
ります。
(【チャンネル選択時の電圧の設定】と同じ方法です。【チャンネル選択時の電圧の設定】(P.28)を参照してくださ
い)
ゲイン調整とは、振動センサの感度を調整することです。【パラメータの詳細】【《FBゲイン】(P.25)で最適な感度
となるように設定値を決めます。
外部制御引き込み口(ゴムブッシュ)
振動センサコネクタ
最適な値とは、振動体に外部から負荷の変動を加えたときに、最短の時間で追従するときの値のことをいいま
す。
パーツフィーダ出力コネクタ
電源入力線(AC100/200V 白・黒-AC 緑-アース)
12.2. パラメータの設定
注意
先に周波数と電圧の調整を行った後に、定振幅運転のパラメータ設定をおこなってください。
➼「周波数の調整」(P.14)
➼「電圧の調整」(P.16)
パラメータモードのパラメータ №5を「1」に設定します。
➼【各種設定(パラメータ設定)】(P.18)
パラメータ №5の設定値を「1」に設定すると、電圧表示の最上位桁に「C」マークが点灯し定振幅運転中で
あることを表示します
一般に、感度を上げると、追従性は良くなりますが、安定性が悪くなります。
逆に、感度を下げると、追従性は悪くなりますが、安定性が良くなります。
最適値に調整するには、振動体に負荷変動を与え、感度を上げていったときに、振動体が脈動し安定しなくな
り始める直前が最適値となります。この値は、振動体の種類により個々に異なりますので、個別に設定が必要
です。
なお、出力電圧を最大値付近に設定した場合や、振動体が非常に弱い振動で動作するような値に設定したと
きは、定振幅の効果が得られません。このような場合は、振動センサを高感度センサ(青ラベル)に交換し、パ
ラメータ No,10 を1に変更して使用してください。【パラメータの詳細】【《振動センサ設定】(P.25)
12.5. 定振幅運転時の異常
定振幅運転中に、振動センサの故障(断線など)が発生した場合は、設定電圧に固定した状態で運転を続けま
す。一旦電源が切られ、その後電源を入れたときにアラーム No5(E5)のアラームが表示されます。
このような状況でも、RUN ボタンを押すと、定振幅の無い状態で運転することができます
ただし、すみやかに原因を調査し適切な対処をお願いします。
定振幅運転中に、電圧表示の数値がチラツク時があります。これは一定の振動を維持するのにコントローラが
出力を制御しているためで、故障ではありません。
- 29 -
- 30 -
[13] アラーム表示分類表
№
E5
E6
アラーム名
センサ無し
オーバーカーレント
[14] トラブルの対処法
内
容
対
応
センサからの信号が入っていませ センサの接続を確認して下さ
ん。
い。
過電流エラーです。
電源を切ってアラームを解除
して下さい。
電源を切ってアラームを解除
して下さい。
症状
パーツフィーダが振動しない
Q&A
原因と対策
コントローラとパーツフィーダが接続されているか確認してください。
コントローラが運転(R ランプ点灯)しているか確認してください。点灯し
ていない場合は、RUN ボタンを押してください。
電圧調整ツマミが0になっていないか確認してください。
E7
オーバーヒート
加熱エラーです。
E8
電源電圧異常
電源電圧が設定値より高い電圧 電源電圧設定スイッチ(100/
が印加されています。
200V)を確認して下さい。
電源電圧異常
電源電圧が設定値より低い電圧 電源電圧設定スイッチ(100/
が印加されています。
200V)を確認して下さい。
E9
R ランプが点滅している場合は、外部入力から停止信号(停止入力
1、2)が入力されています。停止入力1、停止入力2に接続されたセ
ンサおよび PLC の状態を確認してください。
パーツフィーダの振動が弱い
電圧調整ツマミが0になっていないか確認してください。
周波数が正しく調整されているか確認してください。
パーツフィーダのボウルと振動体がしっかり固定されているか確認し
てください。
振幅センサをつけたのに定振 パラメータの設定の定振幅(パラメータ No,5)が有効(1)に設定されて
いるか確認してください。
幅運転されない
振幅センサがしっかりボウルに固定されているか確認してください。
振幅センサがコントローラに正しく接続されているか確認してください。
パラメータの設定の FB ゲイン(パラメータ No,10)が正しく設定されてい
るか確認してください。
パーツフィーダのボウルと振動体がしっかり固定されているか確認し
てください。
オーバーフローセンサと外部入 【「パーツフィーダの運転/停止状態」と「パラメータ No,2~4 の設定」
出力コネクタの STOP 信号を使 の対応表】(P.23)を参照してください。
って制御しようとしているが、パ
ラメータの設定がわからない。
- 31 -
- 32 -
[15] オプション
[16] 付録1
15.1. 振動センサ
16.1. オーバーフローセンサとPLC両方で制御する場合
入出力コネクタ
(12ピン)
PFコントローラー
12V
IN
0V
0V
15.2. 外部入出力コネクタ用ハーネス
オーバーフローセンサ
等を接続
12 V
PLC
IN
定振幅運転をするための振動センサです。振動センサは標準タイプ(黒ラベル)と高感度タイプ(青ラベル)の2
種類があります。
信号線の接続例
O N 100V
OF F 200 V
0V
F
線付コネクタの色表示
12 11
⑦ ― ピンク
③ ― 緑
⑨ ― オレンジ
④ ― 黒
⑩ ― 白
⑤ ― 黄緑
⑪ ― 茶
⑥ ― 黄色
⑫ ― 灰色
3
5
7
2
4
6
8 10 12
9 11
R
側面
RUN
U P
MODE
STOP
DOWN
SET
STOP
10 9
8
7
6
5
4
3
2
1
入出力コネクタ
外部入力使用スイッチ
AC
⑧ ― 水色
出力
1
FG
② ― 赤
COM
V
P
AC
① ― 青
正面
CN3
長さ:1.5m
Pin1-青
Pin2-赤
SW
Pin3-緑
Pin4-黒
Pin5-黄緑
Pin6-黄
Pin7-ピンク
Pin8-水
Pin9-オレンジ
Pin10-白
外部入力スイッチ
コントローラのパラメータ設定
コネクタ
差し込み側から見たピン配列
Pin11-茶
Pin12-灰
その他、必要に応じて各種接続専用ハーネスを用意しております。詳しくは弊社までお問い合わせください。
- 33 -
ON
i. オーバーフローセンサがONで、PLCからの信号がONの時に、PFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
OFF
OFF
運転
ON
OFF
停止 →
1
1
1
OFF
ON
停止
ON
ON
停止
ii. オーバーフローセンサがOFF で、PLCからの信号がONの時に、PFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
OFF
OFF
停止
ON
OFF
運転 →
0
1
1
OFF
ON
停止
ON
ON
停止
- 34 -
LF 側コントローラのパラメータ設定
16.2. PLCとLFとPFの連動運転をさせるための接続
PLCからの出力がONで、LFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
OFF
OFF
停止
ON
OFF
運転 →
1
OFF
ON
運転
ON
ON
運転
PLC
出力
LFコントローラ
入出力コネクタ
(12ピン)
入出力コネクタ
(12ピン)
12V
IN
0V
CN3
正面
V
F
P
P
R
R
1
0
U P
MODE
DO WN
SET
側面
RUN
U P
MODE
STOP
D OWN
SET
パラメータ No,3
パラメータ No,4
0
1
AC
SW
外部入力スイッチ
ON
外部入力スイッチ
RUN+
出力
COM
1
3
5
7
9 11
1
3
5
7
2
4
6
8 10 12
2
4
6
8 10 12
0V
入出力コネクタ
(マイナスコモン)
SW
ON
PF側コントローラの外部入力スイッチ
- 35 -
9 11
HPコントローラ
入出力コネクタ
PFコントローラ
PLC 出力
オーバーフローセンサがOFF で、PLCからの信号がONの時に、PFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
OFF
OFF
停止
ON
OFF
運転 →
0
1
1
OFF
ON
停止
ON
ON
停止
STOP
RUN-
PF 側コントローラのパラメータ設定
オーバーフローセンサがONで、PLCからの信号がONの時に、PFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
OFF
OFF
運転
ON
OFF
停止 →
1
1
1
OFF
ON
停止
ON
ON
停止
FG
AC
FG
ON
PLCからの出力がOFFで、LFの運転を停止させる場合
停止入力1 停止入力2 PF 状態
パラメータ No,2
OFF
OFF
停止
ON
OFF
停止 →
1
OFF
ON
運転
ON
ON
停止
V
AC
RUN
STOP
AC
側面
12V
IN
0V
O N 100V
12V
IN
0V
O N 100V
OFF 200V
外部入力使用スイッチ
正面
F
SW
オーバーフロ ーセンサ
等を接続
12V
IN
0V
CN3
外部入力使用スイッチ
パラメータ No,4
PFコントローラ
OFF 200V
COM
パラメータ No,3
SW
ON
HP側コントローラの外部入力スイッチ
- 36 -
16.3. ホッパー
THP/THLへの接続
16.4. ホッパー
オーバーフローセンサへ
TCUコントローラ
TMDコントローラ
残量センサへ
PFコントローラー
TCU-001との接続
HPコントローラー
正面
U P
MO DE
S TO P
DO W N
S ET
IN 12V
P
V
R
側面
R
側面
P
R UN
U P
MO DE
STO P
D OW N
S ET
AC
U P
MODE
D OW N
SET
6
5
4
3
2
1
AC
AC
GND
5 PF/TIM切替
4 オフディレイ×5
3 オンディレイ×5
2 出力動作反転
1 センサ入出力反転
AC
AC
GND
AC
FG
RUN+
STOP
1
3
5
7
9 11
1
3
5
7
2
4
6
8 10 12
2
4
6
8 10 12
RUN-
入出力コネクタ
入出力コネクタ
SW
SW
ON
PF側コントローラの外部入力スイッチ
5
7
4
6
8 10 12
9 11
RUN-
TMDコネクタ側
0V
PFコントローラー
3
2
入出力コネクタ
9 11
HPコントローラー
1
TCU端子台側
ON
HP側コントローラの外部入力スイッチ
HP 側のコントローラのパラメータ設定
停止入力1
停止入力2
PF 状態
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
停止
停止
停止
運転
→
パラメータ No,2
パラメータ No,3
パラメータ No,4
0
0
1
PF 側コントローラが運転中(R ランプ点灯)で、なおかつ残量センサが ON の時、HP のコントローラが運転しま
す。
- 37 -
- 38 -
ON
12V
IN
GND
NC
COM
NO
RUN+
OFF
AC
FG
AC
AC
FG
RUN
S TOP
ON
F
COM
NO
V
OFF
O N 100V
F
AC
RU N
OFF 200V
CN3
R
O N 100V
入出力コネクタ
外部入力使用スイッチ
V
P
側面
正面
GND
NC
正面
CN3
F
OFF 200V
入出力コネクタ
外部入力使用スイッチ
O N 100V
OFF 200V
CN3
正面
IN
12V
IN
0V
0V
IN
0V
0V
12V
12V
0V
IN
IN
0V
12V
IN
12V
12V
6
5
4
3
2
1
5 PF/TIM切替
4 オフディレイ×5
3 オンディレイ×5
2 出力動作反転
1 センサ入出力反転
TCU側ディップスイッチ
No,5をONにします。
このマニュアルの一部または全部を無断で転載、複製することは、禁止されています。
マニュアルに記載されている情報、回路、機器、および装置の利用に関して産業財産権上の問題が
生じても、当社は一切の責任を負いません。
製品の性能、仕様および外観は改良のため予告なく変更することがありますのでご了承ください。
Copyright(C) TAIMEISEIKI CO.,LTD All rights reserved.
初版
改訂1版
改訂2版
平成 15 年 10 月 7 日
平成 24 年 6 月 8 日
平成 24 年 7 月 13 日
※ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせください
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪 1731-2
大 明 精 機 株式会社
℡ 0265-79-6000
Fax 0265-79-6006
E-mail:[email protected]
URL http://www.taimeiseiki.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement