HMI41 & HMP45 & HMP46 取扱説明書

HMI41 & HMP45 & HMP46 取扱説明書
湿度温度指示計 HMI41
プローブ HMP45/46
取扱説明書
U171 JA-1.32
July 1999
© Vaisala 1998
HMI41 +プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
目次
1
HMI41指示計とプローブ ......................................................................................................... 1
2
湿度測定の注意事項 ............................................................................................................. 3
3.
起動準備............................................................................................................................... 4
4.
5.
6.
7.
8.
3.1
電池の挿入 ................................................................................................................ 4
3.2
プローブの取り付け..................................................................................................... 4
測定の方法 ........................................................................................................................... 5
4.1
測定の開始 ................................................................................................................ 5
4.2
測定値の表示 ............................................................................................................ 6
4.3
HOLDモード .............................................................................................................. 7
4.3.1 MINモード ..................................................................................................... 7
4.3.2 MAXモード .................................................................................................... 7
校正 ................................................................................................................................... 8
5.1
トリマポテンショメータによる校正 .................................................................................. 8
5.1.1
湿度校正 .................................................................................................... 8
5.2
HMI41
5.2.1
5.2.2
5.2.3
5.2.4
ソフトウエアコマンドによる校正..................................................................... 10
湿度1点校正 ............................................................................................ 11
湿度2点校正 ............................................................................................ 13
温度1点校正 ............................................................................................ 15
温度2点校正 ............................................................................................ 17
HMI41 とデータ収集............................................................................................................ 20
6.1
データ収集モードへの切り替え .................................................................................. 20
6.2
手動データ収集 ........................................................................................................ 21
6.3
計測期間の設定 ....................................................................................................... 22
6.4
測定間隔の設定 ....................................................................................................... 22
6.5
測定結果の読みとり.................................................................................................. 23
6.5.1
収集データの最小値と最大値 REC READ モード .......................................... 25
収録した計測値のPCへの転送 ............................................................................................. 26
7.1
通信パラメータ設定 .................................................................................................. 26
7.2
データの転送............................................................................................................ 29
7.2.1
PLAY
データの転送............................................................................. 30
7.2.2
CPLAY 小数点とフィールドマークの設定 ................................................. 30
7.2.3
HELP
利用できるコマンドの出力とその内容 .......................................... 31
7.2.4
? HMI41 設定の出力 ............................................................................... 31
設定の変更 ......................................................................................................................... 33
8.1
セットアップモードへ入るには ..................................................................................... 33
8.2
表示単位の選定 ....................................................................................................... 34
i
HMI41 +プローブ
取扱説明書
9.
U171JA-1.32
8.3
電源オートストップ機能の設定 ...................................................................................34
8.4
表示対象の選択 .......................................................................................................35
8.5
混合比と湿球温度演算のための気圧設定 ..................................................................35
8.6
プローブタイプの設定 ................................................................................................36
保 守 ..................................................................................................................................37
9.1
HUMICAP180湿度センサの交換 ............................................................................37
9.2
HUMICAP180湿度センサの耐薬品性 .....................................................................37
9.3
HMP46 の高温における使用 ..................................................................................37
9.4
オプション部品 ..........................................................................................................38
10. エラーの場合 .......................................................................................................................39
10.1
トラブル対応 .............................................................................................................39
10.2
設定のチェック ..........................................................................................................40
11.技術データ ............................................................................................................................41
11.1
HMI41 指示計 .........................................................................................................41
11.2
HMP45 プローブ .....................................................................................................42
11.2.1
相対湿度...................................................................................................42
11.2.2
温度..........................................................................................................42
11.2.3
一般事項...................................................................................................42
11.3
HMP46 プローブ ......................................................................................................43
11.3.1
相対湿度...................................................................................................43
11.3.2
温度..........................................................................................................43
11.3.3
一般事項...................................................................................................44
11.4
演算する計測対象の精度 ..........................................................................................44
11.4.1
メートル単位系の精度 ................................................................................44
11.4.2
非メートル単位系の精度 .............................................................................46
11.5
妨害電波放射および耐電波性能(EMC)....................................................................47
11.5.1
妨害電波放射............................................................................................47
11.5.2
イミュニテイ(耐電波特性)............................................................................47
付属書 1
コマンド早見手引き ....................................................................................................51
保 証 ........................................................................................................................................ 67
ii
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
1
HMI41指示計とプローブ
HMI41は取扱い簡便な携帯型湿度温度指示計です。工業上での監視や検査、
労働環境における健康安全の保全、研究所での利用、定点観測など多くの用途
にお使いいただけます。オプションの校正用ケーブルをHMI41と一緒にご使用頂
きますと、弊社製のほとんどの変換器の現場校正ができます。
HMI41指示計は各種のプローブが使えるように準備されています。指示計はどん
なプローブが使われているかを自動的に判断しますので、プローブを交換しても設
定をいちいち変える必要はありません。ただしこの機能は計器ラベルにID番号が
付いた指示計とプローブだけに限られますのでご注意ください。ID番号が付いて
いないバージョンのものはプローブタイプの設定は自動では行いませんので手動
で設定する必要があります。ただしHMP44は例外でIDとマークされた指示計は
HMP44のどのバージョンでも自動認識します。プローブは型式ごとに以下に記す
ようにそれぞれ異なった使い方があります。
・HMP42プローブのヘッドは直径が小さく4mm、長さは23.5cmです。このプロ
ーブは特に狭い場所の湿度計測に適しており、たとえばタイル間のジョイントス
ペース、空調ダクト内、あるいは木材などの場合に問題となる実効湿度の測定
などに適しています。動作温度範囲は-40℃から+100℃です。(マニュアル
は別)
・ HMP45プローブは常温下で手の届きにくい場所の湿度を測定するためのも
ので、プローブヘッドにケーブルがついています。
・ HMP46プローブは長さ32cmステンレス製のプローブヘッドを持ち、比較的高
温(+80℃程度、短時間では+180℃)の場所、一般的に頑丈な構造のプロー
ブが要求される時に使われます。
1
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
HMI41指示計は相対湿度、温度、露点温度の計測値を表示します。これに加え
て、絶対湿度、湿球温度、混合比の内の一つを選択することができます。
指示計は自動的に電源を切る機能を備えていますが、この機能を停止することも
出来ます。表示はまた現在計測値に固定させ、データを収集している間の最大値
と最小値をチェックすることもできます。電源オートストップ機能はデータ収集の間
は働きません。
HMI41指示計はデータ収集機能も持ち、使い道が広くなっています。データの収
集は自動でも手動でも出来、いろいろな用途に適合できるようになっています。計
測間隔や計測期間もユーザーによりセット出来ます。自動データ収集の間、プロー
ブはそれぞれの測定値をストアする直前の値を測定します。消費電力を低減し電
池寿命を長くするため、電源は測定間隔の時には自動的に切れ、表示読み値が
更新されているときをのぞき、表示は暗くなります。必要により収録したデータをパソ
コンに転送出来ます。オプションのシリアルインターフェースケーブル(オーダーコ
ード19446ZZ)をご利用ください。
湿度測定範囲は0…100%RH、温度測定範囲は使用するプローブにより決まりま
す。相対湿度は、高精度で安定性の高いHUMICAP®180湿度センサにより計測
しますが、このセンサは薄膜ポリマに水分子が吸着し静電容量が変化することによ
り測定する原理のものです。
2
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
湿度測定の注意事項
湿度の測定に当たり、また特に校正するときには、温度平衡が保たれていることが
必要です。測定対象とセンサとの間にわずかな温度差があっても誤差になります。
温度+20℃、相対湿度50%のとき、測定対象とセンサの間に ±1℃の温度差があ
ると相対湿度で±3%の誤差になります。さらに湿度90%RHのときにはその誤差
は±5.4%になります。
この誤差はセンサが周囲温度より高いほど、または低いほど、そして湿度が高いほ
ど大きくなります。湿度センサ自体は空気中の水蒸気量の変化に応答して急速に
追従していますが、プローブ温度は緩やかにしか変化しません。温度差による誤差
を避けるには、測定を始める前にプローブを周囲温度に対して安定した状態に放
置しておくことが必要です。温度差が大きいほど安定放置時間は長くなります。
室内の相対湿度を測定する場合、出来るだけその部屋の平均温度に近い場所で
測定してください。熱源近くでの測定では、部屋全体の相対湿度の代表値とするこ
とはできません。
10
9
8
7
dRH (%RH)
2
6
5
4
3
2
1
0
-40
-20
0
20
40
60
80
100
Temperature (°C)
図 2.1
湿度100 %RH での湿度測定誤差例
(周囲温度とセンサの温度差が 1 °Cある場合)
3
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
3.
起動準備
3.1
電池の挿入
HMI41指示計のご使用前に、単3電池4本(AA[LR6])を本体背面の蓋を開け
たところに、ケースに明記してある位置に挿入します。そして注意して蓋を閉じます。
3.2
プローブの取り付け
電池を挿入した後、ご希望のプローブを取り付けます(図 3.2)。HMP45 と
HMP46 は両方とも HMI41 の底部にある PROBE と記してあるコネクタにプラグ
インするためのケーブルを持っています。(図 3.2) 別の EXT と記してあるコネク
タは校正用ケーブルのためのものです。
HMP45 and HMP46
cable
図 3.2 HMI41へプローブの取り付け
4
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
4.
測定の方法
4.1
測定の開始
HMI41とプローブを使って測定を始める前に、温度平衡をとるために十分な時間
をとることを忘れないでください。
ON/OFFボタンで電源を入れると次の表示がでます。
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold LobatHi
直 ち に 、 ソ フ ト ウ エ ア バ ー ジ ョ ン ( 例 え ば 2.01 ) と プローブの 型 式 ( 41.45または
42.46)を表す表示に変わります。
注意事項: もし次のような表示が出たら、プローブが正しく接続されているかどうか
確かめてください。
プローブ型式が現れないときは、自動的処理はできませんので手動でセットします。
(8章参照)
続けて、電池電圧と残存容量(high/low)が表示されます。
bat Hi
電池電圧が4.75V以上であれば右下隅のテキストに“bat Hi”と表示され、 数秒
後HMI41は自動的にRH(相対湿度)とT(温度)の計測値を表示します。電圧が
4.65…4.75Vであればテキストは“Lo bat”と表示しますので、電池の交換が必要
です。(3.1参照)電圧が4.65以下であれば測定ミスと誤読を避けるため、表示は自
動的に消えます。このときは電池を交換してください。
5
HMI41+プローブ
取扱説明書
4.2
U171JA-1.32
測定値の表示
電池充電状況の表示の後、続けて相対湿度と温度の計測値が自動的に表示され
ます。
RH
%
T
°C
ここで「MODE」を押すと、露点温度(Td)の計測値が表示されます。
Td
T
°C
°C
「MODE」をもう一度押すと、どの測定量を選択したかにより、下記の表示のいずれ
かが表示されるか、あるいはHMI41はRHとTの表示に戻ります。(8.4節参照)
T
°C
abs
g/m
T
°C
温度と絶対湿度
°C
温度と湿球温度;右下隅の矢印は湿球温度
が選択されていることを示しています。
T
°C
温度と混合比;右下隅の矢印は混合比が選
択されていることを示しています。
(単位;g/kgまたはgr/lb)
6
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
4.3
HOLDモード
「HOLD」ボタンを押すことにより、上記計測値の任意の表示に固定することができ
ます。たとえばRHとTの例を図に示します。
RH
%
T
°C
hold
「MODE」または「ENTER」により、ノーマルモードに戻ります。
「HOLD」モード中に電源オートストップ機能が働いて表示が消えた場合は、電源
を入れ直すと元の同じモードに戻ります。「HOLD」テキストが点滅していますが、
ON/OF以外のどのボタンでも押すとノーマル表示モードに戻ります。
4.3.1
MINモード
電源投入後の測定値の最小値を知りたいときは、HOLDモードの状態で
「HOLD」を押します。「HOLD」テキストが点滅しているときは、表示をまずノーマル
モードに4手からMINモードを活かしてください。
(4.3節参照)
RH
%
T
min
°C
「MODE」または「ENTER」ボタンでノーマルモードに戻ります。
4.3.2
MAXモード
電源投入後、測定値の最大値を知りたいときは、「MIN」モード中に「HOLD」ボタ
ンを押します。
RH
%
T
°C
max
「ON/OFF」以外のボタンを押すと表示はノーマルモードに戻ります。
7
HMI41+プローブ
取扱説明書
5.
U171JA-1.32
校正
HMI41およびプローブは製造時に十分校正していますので、すぐ再校正する必
要はありません。明らかに調整が必要だと判断される場合に限り校正をしてくださ
い。
5.1
トリマポテンショメータによる校正
湿度校正
5.1.1
湿度はプローブのトリマーポテンショメータで校正します。ポテンショメータはプラス
チックゴム保護カバーの下に取り付いています。温度(図5.1.1、T)用のポテンショ
メータは製造時のみに使用するもので、絶対に動かさないでください。他の2つの
ポテンショメータを調整するときに、プラスチックゴムカバーを全て外さず横に回す
ようにして、この温度のポテンショメータに誤って触らないよう注意してください。
(5.1.1参照)
HMP41 &
HMP45
HMP46
T
W
D
wet
dry wet
W
W
dry
D
D
図5.1.1 トリマーポテンショメータの調整
2点校正のときはHMK13B校正器を使用するか、もしくはプローブを弊社に送り
返してください。センサーを替えたときは必ず2点校正をしてください。
8
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
校正の手順は下記の通りです。(校正器取扱説明書参照)
・ 校正を始める前に校正器とプローブは、室温に安定させるため、少なくとも30
分間は校正する場所に置いておいてください。プローブのプラスチック製グリッ
ド(HMP45)あるいは燒結金属フィルタ(HMP46)をはずします。
・ プローブを湿度校正器のLiCl(塩化リチウム)溶液ボトルに差し込みます。
・ 湿度指示が安定するまで待ちます。(約30分) 温度をチェックし校正表から
一番近い湿度の値を読みます。プローブ本体のポテンショメータD(dry)を小
さめのマイナスドライバで回して、校正表で得られた値に低湿側の指示を調整
します。(図5.1.1参照)
・ 温度計をNaCl溶液ボトルの13.5mm穴に、プローブをNaCl溶液ボトルの別
の穴に差し込みます。
注意事項
使用している校正プローブを高湿度(90…100%RH)で長時間
(1時間以上)測定しているときは、 K2SO4溶液を高温側の基準
として使用します。
・ 湿度の指示が安定するまで待ちます。基準塩溶液ボトルの温度を温度計で読
み、校正表からもっとも近い湿度の値を読みます。ポテンショメータW(wet)に
より校正表から得られた値に高湿側の読みを調整します。
表5.1
°C
0
5
10
15
20
25
30
35
40
45
50
*
グリーンスパン校正表
LiCl
*
*
*
*
11.3
11.3
11.3
11.3
11.2
11.2
11.1
NaCl
75.5
75.7
75.7
75.6
75.5
75.3
75.1
74.9
74.7
74.5
74.4
K2SO4
98.8
98.5
98.2
97.9
97.6
97.3
97.0
96.7
96.4
96.1
95.8
LiCl溶液は+18℃以下では使用しないでください。等価湿度値が永久的
に変化してしまう場合があります。
9
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
D(dry)とW(wet)との調整は相互に影響し合うので、再度LiCl溶液ボトルでの湿
度の読み値をチェックします。(プローブを校正穴に差し込み指示が安定するまで
待ちます。)必要ならばLiClとNaCl(K2SO4)溶液両方の調整を繰り返します。
5.2
HMI41 ソフトウエアコマンドによる校正
校正はHMI41のソフトウエアコマンドを使っても出来ます。この場合では、校正値
は指示計のメモリーに押ボタンで入力します。プローブを1本だけ使用する場合、
HMI41ソフトによる校正が便利です。しかしプローブを複数台使用する場合は、プ
ローブのポテンショメータで校正することをお勧めします。センサーヘッドを交換し
たときは、必ずポテンショメータで校正し、HMI41については初期校正を選択し、
工場出荷時の設定に戻してください。
注意事項
HMI41の工場設定が変わると、その校正値は校正に合
わせたプローブだけに有効です。従ってプローブを交換
したときは、初期校正を選んで初期設定値に戻すか新
しいプローブに合わせて新たに校正をやり直すことをお
願いします。
校正手順はHMI41のセットアップモードで行います。ON/OFFボタンを押すと、
次図の表示が現れます。
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
ON/OFFボタンを放して直ぐに、「ENTER」と「MODE」ボタン両方を押し、次図
のテキストが表示されるまで押し続けます。
数秒後、テキストは自動的に次のように変わります。
°C
set
10
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
次の表示が出るまで、「ENTER」を8回押します。
set
この表示は「校正」が選択されていないことを示しています。これに続いて5種類の
「校正」があります。▲または▼ボタンを押し希望の校正のタイプを選びます。どの
タイプを選んでも「ENTER」で確定します。下記に「校正」の各タイプのリストを記し
ます。
RH
T
設定値(工場設定値)に戻す場合に選択する。
set
RH
湿度1点校正:湿度校正を1点で行う場合に選択
する。詳しくは5.2.1項を御覧下さい。
set
RH
湿度2点校正:湿度校正を2点で行う場合に選択
する。詳しくは5.2.2項を御覧下さい。
set
T
温度1点校正:温度校正を1点で行う場合に選択
する。詳しくは5.2.3項を御覧下さい。
set
T
温度2点校正:温度校正を2点で行う場合に選択
する。詳しくは5.2.4項を御覧下さい。
set
5.2.1
湿度1点校正
湿度1点校正とは正確な湿度基準値の1点で行う校正です。この校正方法では湿
度計測値は基準値の近くではもっとも正確ですが、湿度測定の全範囲にわたって
の正確性のためには、2点校正の方を推奨します。
湿度基準器(HMK15)およびプローブを校正する場所に30分以上放置し、プロ
ーブ温度を室温に安定させます。プローブを差し込み基準湿度値における「校
正」を始めます。
11
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
セットアップモードで、下図が表示されるまで「ENTER」を繰り返し押します。
set
ここで「MODE」を2回押すと、下図が現れます。
RH
set
「ENTER」を押し1点校正モードにします。下図と同じような画面になり、1行目が
点滅します。
RH
%
set
点滅している数字はHMI41メモリー内の湿度基準値を表しています。校正用ボト
ルの温度をチェックし、校正表から一番近い湿度の値を読み取り、▲と▼ボタンを
使って表示値がこの値になるよう調整します。たとえば校正器の NaCl溶液の温
度が20.5℃であれば75.5%RHに調整します。
RH
%
set
ボタンを押す毎に、値は0.1%ずつ変わります。ボタンを押し続ければ早送りが出
来ます。「ENTER」を押すと、HMI41指示計は下図のように、プローブが測定した
現在値を表示します。
RH
%
指示が安定するまで少なくも10分待ち「ENTER」を押すと、指示が確定されます。
再び「ENTER」を押せば1点校正が終了し、次の表示が現れます。
12
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
ここで校正値は計算されHMI41にメモリーされます。HMI41は自動的に表示ユニ
ットの選択に変わり、電源を切ることが出来ます。指示計を標準指示計として使用
したとき、校正値が工場設定と異なっていれば右上隅に矢印が表示されます。
RH
%
T
°C
もしも “cal pass” のメッセージが現れないとき(代わりに他のテキストが現れます、
例えば “too close” “err offst” “err gain” など),校正値はメモリーされていま
せん。このようなエラーは基準値が不正確であったり、範囲外の測定値であったり
したときに起こります。
5.2.2
湿度2点校正
湿度2点校正には正確な基準器(例えばHMK15校正器)が必要です。基準器と
プローブを校正場所に30分以上放置し、プローブの温度を室温に安定させます。
プローブを取り付け、低湿側の湿度基準値から校正を始めます。セットアップモー
ドで、下図の表示が出るまで「ENTER」を繰り返し押します。
set
「MODE」を3回押すと、表示は次図になります。
RH
set
13
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
「ENTER」を押して湿度2点校正モードにします。下図のような表示になり、1行目
が点滅します。
RH
set
%
Lo
点滅している数字はHMI41にメモリーされた低湿側の湿度基準値を表します。校
正用ボトルの温度をチェックし、校正表から一番近い湿度の値を読み取り、▲と▼
ボタンを使って表示値をこの値になるよう調整します。例えばLiCl溶液の温度が
22℃ならば11.3%RHにします。
RH
set
%
Lo
「ENTER」を押すと、HMI41はプローブがいま計測した値を示し、次の図のような
メッセージを表示します。
RH
%
Lo
読みとりの安定のため少なくとも10分待ち、「ENTER」を押して指示を確定します。
再び「ENTER」を押し、低湿側の校正が終わります。下図のような表示が現れ、1
行目が点滅します。
RH
set
%
Hi
点滅している数字はHMI41にメモリーされた高湿側の湿度基準値を示しています。
プローブを高い方の湿度基準に挿入します。校正用ボトルの温度をチェックし、校
正表から一番近い湿度値を読み取り、▲と▼ボタンにより表から得られた値に表示
を調整します。例えば校正器のNaCl溶液の温度が20.5℃であれば、75.5%に値
を調整します。
14
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
RH
%
set
「ENTER」を押すとHMI41指示計はプローブが今測定した値を示し、次の図のよ
うなメッセージを表示します。
RH
%
Hi
読み値が安定するまで少なくとも10分待ち「ENTER」を押すとその値が確定しま
す。再び「ENTER」を押すと校正は終了します。校正が成功すれば下図のメッセ
ージが現れます。
校正値データが計算され、HMI41にメモリーされます。HMI41は自動的に表示ユ
ニットの選択に変わり、電源を切ることが出来ます。指示計を標準指示計として使用
したとき、校正値が工場出荷時の設定と異なっていれば右上隅に矢印が現れます。
RH
%
T
°C
もし “cal pass” が表示されなければ(代わりに何か他のテキストが現れる、 例えば
“too close”,“err offst”, “err gain”など)校正値はメモリーされていません。こ
のエラーは不正確な基準値かあるいは測定値が範囲外であったために起こります。
5.2.3
温度1点校正
1点で温度を校正する場合、正確な温度基準値は1つで十分です。
プローブを温度基準に差し込めば校正が始めます。セットアップモードで次図の
表示が出るまで「ENTER」を繰り返し押します。
15
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
set
ここで「MODE」を4回押すと次の図が現れます。
T
set
「ENTER」を押し、温度1点校正モードにします。下図のようなメッセージが現れ、
1行目が点滅します。
T
°C
set
点滅している数字はHMI41にメモリーしている温度基準値を表します。現在の温
度基準値をチェックし、▲と▼ボタンで基準温度値に表示を合わせます。例えば
T
°C
set
「ENTER」を押すと、HMI41指示計はプローブが今測定した値を示します。表示
は下図のようになります。
T
°C
読み値が安定するまで少なくとも10分待ち、「ENTER」を押し、値を確定します。
「ENTER」を再び押せば、校正が終了します。校正が成功すれば下図の表示が
表れます。
16
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
校正値データは計算され、HMI41のメモリーに収録されます。HMI41は自動的
に表示ユニットの選択に戻り、電源を切ることができます。指示計を標準指示計と
して使用しているとき校正値データが工場出荷時の設定と異なっていれば、右上
隅に矢印が表示されます。
RH
%
T
°C
もし“ cal pass ”が表示されなければ(代わりに何か他のテキストが現れる、例えば
“too close”,“err offst”, “err gain”など)校正値はメモリーされていません。こ
のエラーは不正確な基準値かもしくは測定値が範囲外であったために起こります。
5.2.4
温度2点校正
温度の2点校正には正確な温度基準が2つ必要になります。温度が均一に安定す
るまですべての測定器に十分な時間をかけることに注意してください。
プローブを低い方の温度基準に挿入して校正を始めます。セットアップモードで、
下図の表示が出るまで「ENTER」を繰り返し押します。
set
そこで「MODE」を5回押すと、下図の表示が表れます。
T
set
「ENTER」を押して温度2点校正モードにします。下図のようなメッセージが表れ、
1行目が点滅します。
17
HMI41+プローブ
取扱説明書
T
set
U171JA-1.32
°C
Lo
点滅している数字はHMI41にメモリーされた低い方の温度基準値を示しています。
プローブを低い方の温度基準に挿入します。基準温度値をチェックし、▲と▼ボタ
ンにより基準値に表示を合わせます。例えば、
T
set
°C
Lo
「ENTER」を押すと、HMI41指示計はプローブが今測定した値を示します。表示
は下図のようになります。
T
°C
Lo
読み値が安定するまで少なくとも10分待ち、「ENTER」を押し、値を確定します。
「ENTER」を再び押せば、低温側の校正が終了します。下図のようなメッセージが
表れ、1行目が点滅します。
T
set
°C
Hi
点滅している数字はHMI41にメモリーされた高い方の温度基準値を示しています。
プローブを高い方の温度基準に挿入します。基準温度値をチェックし、▲と▼ボタ
ンにより基準値に表示を合わせます。例えば、
T
set
°C
Hi
「ENTER」を押すと、HMI41指示計はプローブが今測定した値を示します。表示
は下図のようになります。
18
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
T
°C
Hi
読み値が安定するまで少なくとも10分待ち、「ENTER」を押し、値を確定します。
「ENTER」を再び押せば、校正が終了します。次の図のようなメッセージが現れま
す。
校正値データは計算され、HMI41のメモリーに収録されます。HMI41は自動的
に表示ユニットの選択に戻り、電源を切ることができます。指示計を標準指示計と
して使用しているとき校正値データが工場出荷時の設定と異なっていれば、右上
隅に矢印が表示されます。
RH
%
T
°C
もし “cal pass” が表示されなければ(代わりに何か他のテキストが現れる、例えば
“too close”,“err offst”,“err gain”など)校正値はメモリーされていません。こ
のエラーは不正確な基準値か、もしくは測定値が範囲外であったために起こります。
19
HMI41+プローブ
取扱説明書
6.
U171JA-1.32
HMI41 とデータ収集
HMI41指示計は測定データの収集のためにも使用できます。そのデータは指示
計の不揮発メモリーに収録されるので、指示計の電源が切れてもデータを失うこと
はありません。電源オートストップ機能はデータを収集している間は働きません。
(8.3節参照) データ収集が終わると電源オートストップ機能は復活します。
6.1
データ収集モードへの切り替え
「ON/OFF」ボタンを押すと下図が表示されます。
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
g/m hPa
P
setminmax hyst hold Lo batHi
「ON/OFF」ボタンを放して、直ぐに「HOLD」を押すと、電池の状態を示す表示の
後、自動的にソフトウエアバージョンとプローブ型式の表示が現れます。
bat Hi
数秒の間に、「REC AUTO」テキストの表示が表れます。「HOLD」を放します。
これはデータ収集モードのメインディスプレイです。「MODE」ボタンで
「 REC
CATCH 」モード(手動データ収集、6.2節参照)に切り替えでき、「MODE」を再び
押 す と 「 REC READ 」 モ ー ド ( 測 定 結 果 読 み 取 り 、 6 . 5 節 参 照 ) に な り ま す 。
「ENTER」を押すと測定期間に、再び「ENTER」を押すと測定間隔に(6.3およ
び 6.4節参照)になります。「HOLD」を押すといつでも前の表示に戻ります。
20
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
6.2
手動データ収集
手動でデータを収集するには、まず「MODE」を押すと下図が現れます。
「ENTER」を押すと、つぎのような表示が現れます。
RH
%
T
set
°C
プローブは測定状態になり、「HOLD」を押せば適当な間、読み値を収録すること
が出来ます。読み値を収録させる度に、表示メモリーに数秒間その回数が表示さ
れます。
表示は自動的に測定値に戻ります。指示計のメモリーには199個の計測データが
ストアできます。(1…199) 自動データ収集では200個のデータを収録します。
(0…199)
指示計の電源を切るとデータ収集が終わります。「REC READ」モ
ードで測定値を読みとることが出来ます。
21
HMI41+プローブ
取扱説明書
6.3
U171JA-1.32
計測期間の設定
指示計をON/OFFボタンで電源を入れ、直ぐ「HOLD」を「 REC AUTO 」の表示
が出るまで押し続けます。「ENTER」を押すと次図のような表示が現れます。
(以前にセットした時間)
bat
このモードで、最初と最後に測定値をストアする間の期間を(例えば30分とか3日と
かに)セットできます。このモードに入れたとき、以前にセットした期間が表示されま
す。もし以前にセットした期間が極端に長く、電池が保ちそうにないときは、電池の
保ち得るもっとも長い期間に自動セットされます。このときにはテキストに“MAX”と
表示されます。測定期間は15分から7日まで設定できます。電池は、指示計に付
属のものと同型のものならば、データ収集の状態で7日間保ちます。
▲と▼ボタンで測定期間を設定します。測定期間は下記の中から選んでください。
●
15分;30分
●
1-6h; ひと押し毎に=1h
●
12h
●
1-7D; ひと押し毎に設定=1d
測定期間を使用中の電池に対して長く選びすぎると、“BAT”のテキストが表示され
ます。セットした期間を短く設定し直してください。
「ENTER」を押して測定間隔を設定します。
6.4
測定間隔の設定
min
(以前にセットした間隔)
このモードで、収録したい測定間隔を設定します。このモードにすると、以前にセッ
トした測定間隔が表示されます。このセット間隔が指示計の現在のメモリー容量に
対して短かすぎると、測定し得る最も短い測定間隔に自動セットされます。同時に
“MIN”のテキストが表示されます。
22
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
▲と▼ボタンで時間間隔を選びます。測定間隔は下記のステップで選ぶことが出
来ます。
●
●
●
●
1-5分; ひと押し毎に=1分
10分;15分;30分
1-6h; ひと押し毎に=1時間
12h
時間間隔を短く選びすぎるとメモリー容量が足りなくなるので、“LO”のテキストが表
示されます。時間間隔を長くして設定してください。 「ENTER」を押すと下図のよ
うなテキストが現れます。
RH
%
T
set
°C
これは計測モードであり、データ収集機能が働きます。左下隅に“ SET ”のテキスト
が現れますので通常の測定モードと異なることが判別できます。表示の測定値は1
分ごとに更新されますが、電力の消耗を少なくするためこの更新の間、表示は暗く
なります。指示計の電源を落としても、測定値がメモリに蓄積されている限り電源を
投入すれば“REC READ”モードで読むことが出来ます。(6.5節参照)
ON/OFFボタンを押せばデータ収集が終わります。
6.5
測定結果の読みとり
“ REC READ ”モードで測定結果を読みとることが出来ます。このモードは“ REC
AUTO”モードから「MODE」を2回押すことにより入ります。下図が表示されます。
「ENTER」を押すと、下図のような表示になります。
RH
%
T
°C
1行目の数字は測定対象(この例ではRH)を示し、2行目左の数字は(この例では
0.)測定の順番を表します。この数字は、開始時間と測定間隔が既知の自動デー
タ収集期間中に保存された測定の時間を見積もる助けとなります。2行目の右側
23
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
の数字は1行目の測定と同じ時に測定した温度を表示しています。必要ならば
「ENTER」を押して、小数点以下を見ることもできます。ディスプレー上に現れる
指示値は小数点以下1桁です。
RH
%
T
°C
1-2秒後表示は前の表示に戻ります。
「MODE」を押すと1行目の表示内容が変わります。
Td
T
°C
°C
「ENTER」を押すと(1行目が何を表示していても)右上隅に矢印が現れます。
RH
%
T
°C
矢印が表示している間に「HOLD」を押すと、測定結果をスクロールします。(注
意;測定順序の数が変わる)
RH
%
T
°C
「HOLD」を押す。
RH
%
T
°C
等
「HOLD」ボタンを連続して押すと、数字は早送りになります。
24
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
収集データの最小値と最大値
6.5.1
REC READ
モード
データ収集 REC READモードの時、「HOLD」ボタンで次の4つのモードを表示しま
す。MIN HI,MAX HI,MIN LO,MAX LOです。これらのモードは測定した値の最
大値と最小値を表示します。 HI と LO は測定した値を1行目に表示( HI )するか、2
行目に表示( LO )するかを表します。 MIN と MAX は表示の値が最小値か最大値か
を表します。言い方を替えれば、テキストがMIN HIであれば1行目に測定した最小
値を表しているということになります。
「HOLD」を繰り返し押すと、ある表示モードから他のモードに 「MODE」を押せば
1行目の表示内容を変えます。このすべてのモードについて2行目の小数点以下
を「ENTER」を押して表示します。
例:
RH
%
T
°C
RH
%
T
°C
ENTER
Hi
min
returns automatically
(minimum reading of the 1st line quantity)
min
Hi
(decimals of the 2nd line)
HOLD
RH
%
T
°C
RH
%
ENTER
max
Hi
T
returns automatically
°C
Hi
max
(maximum reading of the 1st line quantity) (decimals of the 2nd line)
HOLD
RH
%
T
°C
RH
%
T
°C
ENTER
min
Lo
returns automatically
min
Lo
(minimum reading of the 2nd line quantity) (decimals of the 2nd line)
HOLD
RH
%
T
°C
RH
%
T
°C
ENTER
max
Lo
returns automatically
max
Lo
(maximum reading of the 2nd line reading) (decimals of the 2nd line)
25
HMI41+プローブ
取扱説明書
7.
U171JA-1.32
収録した計測値のPCへの転送
データ収集モードにて手動または自動でHMI41のメモリに収録された計測値はコ
ンピュータに転送し、また必要に応じプリントアウトすることが出来ます。これを実行
するには、シリアルコネクションケーブル(19446ZZ)によりお手持ちのパソコンと
HMI41とを接続します。
シリアルケ
ーブルを
EXTコネクタ
に接続
図7.1 ケーブルの接続
7.1
通信パラメータ設定
最初にコンピュータに転送するときに、通信パラメータの設定を今後のために保存
しておくと次回から設定が不要になります。次の各表に説明を記します。
表7.1.1 Windows3.1パラメータの設定
メニュー
説明
プログラムマネージャ
Ø
アクセサリ
ダブルクリック
Ø
ターミナル
ダブルクリック
Ø
設 定
クリック
Ø
通 信
Ø
ファィル
クリックしてパラメータ選択(次ペ
ージ図 7.1.1参照); クリック
OK
カーソルを以下のように
クリック
Ø
セーブ方法
クリックして設定をセーブ:
ファイル名タイプ (例 .HMI41)
クリック OK
HMI41 電源投入、以下 7.2節参照
26
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
注意:コンピュータ
に適合したコネク
タを選定. はじめ
にコネクタを選択
し、その後パラメ
ータを設定する.
図7.1.1
Windows3.1 通信パラメータの設定
27
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
表7.1.2 Windows95/NTのパラメータ設定
WINDOWS 95
メニュー
スタート
Ø
操作
カーソル移動:
プログラム
Ø
HyperTerminal
Ø
Hypertrm.exe
カーソル移動 :
Ø
操作
カーソル移動 :
Ø
カーソル移動 :
アクセサリ
カーソル移動 :
クリック
Ø
カーソル移動 :
HyperTerminal
カーソル移動 :
Ø
ダブルクリック
Hyperterminal
Ø
接続の記述
メニュー
スタート
プログラム
アクセサリ
Ø
WINDOWS NT
カーソル移動 :
クリック
Ø
接続相手の型式名を
相応するフィールドに
タイプ (例 HMI41)、
アイコン選定;クリック
接続の記述
OK.
接続相手の型式名を相
応するフィールドにタイ
プ (例 HMI41) アイ
コン選定;
クリック
OK
Ø
カーソルを
テレフォンナンバー
CONNECT USING
接続先
フィールドに移動し、
‘direct COM x’ (x
=利用可能のシリア
ルポート)を選択;クリ
ックOK
Ø
COM xプロパティ
Ø
図7.1.2に示す画面
によるパラメータ選
択;クリック OK
COM x プロパティ
HMI41電源投入、以下 7.2節の説明による
28
カーソルをCONNECT
フィールドに
移動し、 'COM x'
(x =利用可能のシリ
アルポート)を選択;ク
リックOK
USING
図7.1.2に示す画面
によるパラメータ選
択;クリック OK
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
図7.1.2 Windows/NT通信パラメータ
7.2
データの転送
通信パラメータの設定が終われば、HMI41からデータの転送をスタート出来ます。
通信パラメータは今後のために、コンピュータ内部メモリーにストアしておいてくださ
い。
データ転送を始めるに当たり、HMI41がパソコンのシリアルポートに接続されており、
ターミナルセッションがオープンであることを確認してください。ON/OFFボタンで
HMI41の電源を入れます。次のようなテキストがPCのディスプレイに出るはずです。
HMI41 / 2.01
>
29
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
データの転送
PLAY
7.2.1
データをPCへ転送するには、 PLAY とインプットし「ENTER」を押します。自動で収
録したデータの出力例を示します。
>play
Reading Log... OK
data
0
1
2
3
4
5
6
>
hh:mm:ss
00:00:00
00:01:00
00:02:00
00:03:00
00:04:00
00:05:00
00:06:00
RH
12.54
12.10
12.18
12.12
12.16
12.09
12.09
T
21.53
21.23
21.18
21.15
21.14
21.12
21.09
Td
-8.48
-9.16
-9.12
-9.21
-9.18
-9.27
-9.28
手動で収録したデータの出力例を示します。
>play
Reading Log... OK
data
RH
1
2
3
4
5
6
12.10
12.18
12.12
12.16
12.09
12.09
T
Td
21.23
21.18
21.15
21.14
21.12
21.09
-9.16
-9.12
-9.21
-9.18
-9.27
-9.28
>
自動データ収集の開始時間を知っていれば、それをコマンドと共にインプットします
と実際の測定時間を示します。 例えば;
>play 15:05
Reading Log... OK
data
0
1
2
3
4
5
6
7
>
hh:mm:ss
15:05:00
15:06:00
15:07:00
15:08:00
15:09:00
15:10:00
15:11:00
15:12:00
7.2.2
RH
8.52
9.58
9.60
9.61
9.65
11.22
9.93
9.92
T
23.69
23.66
23.50
23.30
23.25
23.41
23.30
23.22
Td
-11.70
-10.26
-10.35
-10.48
-10.47
-8.44
-10.08
-10.15
CPLAY 小数点とフィールドマークの設定
CPLAY コマンドでは小数点と区分のためのフィールドマークを選ぶことができます。
例えば;
>cplay
Desimal separator : .
Field separator
: TAB
example:
1
01:00:00
38.72
>
30
21.61
7.01
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
アウトプットを変えるには CPLAY と入力し、ご希望の小数点マークを選びます。ご
希望のフィールドマークも選べます。そして〈cr〉をインプットとします。 例えば;
>cplay ,
<cr>
Desimal separator : ,
Field separator
: TAB
example:
1
01:00:00
>
7.2.3
HELP
38,72
21,61
7,01
利用できるコマンドの出力とその内容
HELPをインプットし「ENTER」を押せば、利用可能なコマンドを見ることができま
す。次の表が現れます。
>help
Available commands :
HELP
?
PLAY
CPLAY
Type HELP <command_name> for more help
>
それぞれのコマンド内容を知りたいときは、HELPとコマンド名(たとえば PLAY )を
インプットし「ENTER」を押します。ここにコマンドとその使い方の例を記します。
>help play
Command : PLAY
Purpose : Send recordings from memory to serial port
Usage
: PLAY hh:mm <cr>, hh:mm = rec starting time (optional)
If command is used without parameter it uses default setting
>
7.2.4
?
HMI41
設定の出力
現在HMI41にメモリーされているパラメータと設定状態を調べたいときは、?をイン
プットし「ENTER」を押します。
>?
HMI41 / 2.01
Serial number : A0000000
Output units : metric
Baud P D S
:
4800 E 7 1 FDX
Pressure
: 1013.25
Auto Off
:
5
Probe
:
2
Start-up mode :
1
4.th variable : none
31
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
>
ターミナルセッションを出すには、 FILE メニューに行き EXIT を選んでください。間
違いなく停止したことを確認し、このセッションのパラメータを将来も使用するか否
か選ぶことが出来ます(SAVE-YES/NO)。
32
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
8.
設定の変更
HMI41の設定は SETUP モードで変更できます。指示計の出荷時の設定を変更
する場合、もしくは指示計またはプローブのラベルにIDナンバーがない場合プロ
ーブの型式を手動で設定する必要があります。
HMI41の出荷時設定は次のとおりです。
●
表示単位
0
(メートル系)
●
自動電源OFF
5
分
●
表示項目
0
●
気圧
(=RH,T,Td)
1013.25 hPa
(湿球温度および混合比計算のため)
AUT(または1:HMP41/45) 下記参照
● プローブ型式
●
スタート
1
(HMP41/42/45/46)
IDナンバーが付いている指示計は自動プローブ認識(AUT PROBE)をデフォルト
として持っています。もし指示計が自動的にプローブタイプを認識しなかったら、
HMP46を使用するときに手動でタイプを2に設定してください。HMP46プローブ
はソフトウエアバージョンが1.02以降のものでないと HMI41と一緒に使用出来ま
せんのでご注意ください。バージョンを確かめるには、HMI41のON/OFFボタンで
電源を投入します。1、2秒ディスプレイにバージョン1.02以降かどうか表示されま
す。その表示が現れないときは、弊社もしくは代理店にご連絡ください。
8.1
セットアップモードへ入るには
ON/OFFボタンを押して下さい。
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
ON/OFFボタンを離し、すぐに「ENTER」と「MODE」を同時に数秒間押すとつぎ
のテキストが表示されます。
数秒後テキストは自動的に下図の表示に変わります。
33
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
°C
set
「ENTER」を押してセットアップメニューをスクロール出来ます。
8.2
表示単位の選定
▲または▼ボタンで表示単位を選ぶことが出来ます。メートル単位系は0,非メート
ル系は1で選びます。(表8.2) 表示を変更する必要がなければON/OFFボタンを
押します。異なった設定にしたいときは「ENTER」を押します。
表8.2 メートル系と非メートル系の単位
8.3
計測対象
メートル系
非メートル系
RH
T
Td
A
X
Tw
%RH
°C
°C
g/m3
g/kg
°C
%RH
°F
°F
gr/ft3
gr/lb
°F
電源オートストップ機能の設定
set
ディスプレイの1行目の数字(またはテキストNO)は、HMI41の電源オートストップ
機能が働いて切れるまでの時間を単位分(1…60)で[どのボタンも押さなければ]
表示します。この数字は▲と▼ボタンで変更できます。 NOを選択すればこの機
能は働きません。他の設定に変えたくなければ、 ON/OFFボタンを押します。他
の設定に変えたいときは「ENTER」を押します。表示は表示対象の選択を示すデ
ィスプレイに変わります。
34
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
8.4
表示対象の選択
set
HMI41は相対湿度、温度および露点温度の測定値を表示します。これに加えて
絶対湿度、湿球温度あるいは混合比の中から1項目の表示対象を選択できます。
ディスプレイの数字は下記の対象を示します。
0=相対湿度、温度、露点温度
1=相対湿度、温度、露点温度、絶対湿度
2=相対湿度、温度、露点温度、湿球温度、
3=相対湿度、温度、露点温度、混合比
数字は▲と▼ボタンで変えられます。他の設定にしたい場合は、「ENTER」を押し
ます。ディスプレイは混合比、湿球温度演算のために気圧を示すものに変わります。
8.5
混合比と湿球温度演算のための気圧設定
P
set
hPa
▲と▼ボタンで気圧が変わります(0.25 hPaステップ)。「ENTER」で気圧を設定
すると下図のような表示が出ます。
set
or
set
IDナンバーが付いている指示計は自動プローブ認識( AUT PROBE)をデフォルト
として持っています。もし指示計が自動的にプローブタイプを認識しなかったら、
HMP46を使用するときに手動でタイプを2に設定してください。プローブタイプを
変えない場合(プローブHMP45)指示計をOFFしてください。
35
HMI41+プローブ
取扱説明書
8.6
U171JA-1.32
プローブタイプの設定
set
必要ならば▲と▼ボタンで設定を変えます。これでセットアップモードが終了しまし
た。指示計をOFFします。
注意事項
HMI41には更にstart, baud, seri, calib などの設定が出来ます。プローブタ
イプ設定の終了後「ENTER」を押します。Start 設定はHMP44/44Lを使用する
ときにのみ行います。(HM44取扱説明書参照) Calib は5章を参照してくださ
い。その他の設定はHMI41を弊社製の他の湿度変換器を用いて現場校正を行う
ために使われるものです。これらの設定は変更しないでください。
36
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
9.
保 守
9.1
HUMICAP®180湿度センサの交換
プラスチックグリッドまたはメンブレンフィルタを外します。損傷したセンサを抜き、新
しいHUMICAP®180湿度センサを同じところに差し込みます。センサの取扱いは
注意してください。プローブは必ず2点校正で校正してください。(5.2.4項参照)
9.2
HUMICAP®180湿度センサの耐薬品性
HUMICAP® センサが特定の化学物質やガスに長時間曝されることは、センサの
特性に影響を受け、また寿命も短くなることにつながります。下記の表は、いくつか
の化学薬品の濃度に対しての、最大許容環境条件を示しています。
有機溶剤
劇物化学薬品 (例えば次のような強酸
ppm (typ.)
1000...10 000
1...10
SO2, H2SO4, H2S, HCl, Cl2, etc.)
弱酸
塩基
100...1000
10 000...100
000
更に許容濃度について詳しくお知りになりたいときは、弊社または弊社代理店にご
相談ください。
9.3
HMP46 の高温における使用
HMP46プローブは短時間なら高温での使用も可能です。例えば、センサヘッド部
分は+180℃で30分間使用出来ます。HMP46プローブを高温で使用する場合
ウオームアップをしてください。しかしながら、ハンドル部分は回路が入っているた
め+60℃以上にならないよう注意が必要です。高温なので触るときは十分注意し
てください。
37
HMI41+プローブ
取扱説明書
9.4
オプション部品
注文コード
0195
2787HM
6221
6597
10159HM
HM46717
HM27104
HM36736
19446ZZ
19116ZZ
19164ZZ
19165ZZ
HMK15
38
U171JA-1.32
記
述
HMP46用燒結金属フィルタ
HMP45用メンブレンフィルタ
HMP46用プラスチックグリッド
HMP45用 プラスチックグリッド
HMP46用メンブレンィルタ
HMP45用プラスチックグリッド(グレー)
キャリングケース (HMI41, HMP46; HMP44/L およ
びアクセサリ用 )
キャリングケース (HMI41およびHMP45用)
HMI41用RS232Cシリアルインターフェースケーブル(専用
ジャック~D-SUB9ピン)
校正用ケーブル( HMD/W60/70, HMP140シリーズ用 )
校正用ケーブル( HMP230シリーズ用 )
校正用ケーブル( HMD/W20/30, HMP130シリーズ用 )
湿度校正器
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
10.
エラーの場合
HMI41は自己診断機能を持っています。何らかの異常が起きると、相応したエラ
ーメッセージが表示されます。
nn=エラー識別コード番号
エラーメッセージが表示された場合や、指示計が適切に機能しない場合は、まず
プローブが正しく接続されているか確認してください。それからフィルタやグリッドが
清浄かチェックしてください。
10.1
トラブル対応
トラブルが起きた場合の簡単なチェックリストを次に記します。
異常の状態 :
表示が出ない
処
置:
-電池をチェック( 3.1または9.1節参照 )
-電池が正常のときは弊社または代理店にご連絡してくださ
い
表示が暗い
指示値が誤りのようだ
誤って設定を変えた
-自動でデータ収集している間、表示は暗くなります。 ただ
し指示値更新中を除きます(1分に1回 )
-プローブが周囲の温度に安定するまで十分な時間をとる
-プローブが指示計に正しく接続されているかチェック
-グリッドまたはフィルタが清浄かチェック
-測定個所の汚染質状況や結露がないか確認
-設定が正しいかチェック (10.2節参照)
-セットアップモードに戻し、ENTERで設定を選択し、▲ま
たは▼ボタンで設定を変える(8章参照 ).気圧設定を
ENTERで確認 .
39
HMI41+プローブ
取扱説明書
10.2
U171JA-1.32
設定のチェック
HMI41の電源をいれ、セットアップモードにします。(8章)設定が下表のとおりか
確認してください。
設定
正しい値
Probe
AUT (全プローブに)
ま
たは
1 ( HMP45に対し)
2 ( HMP46に対し)
1
Start
(*)
Baud
4.8
Seri
E.7.1
Calib
def (**)
(*)2,3および4は校正用ケーブルのためです。
(**) calib設定のとき、常に“no”になります。工場出荷時の校正データには
“def”を選択すれば戻ります。
設定が正しくなければ、次のように変更します。セットアップモードの 「ENTER」で
設定項目を選択し、▲と▼ボタンでそれを変更し、
「ENTER」で確認します。
もしそれでもエラーメッセージが現れているときは、そのエラーメッセージを書き留
めてから弊社または代理店にご相談ください。
40
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
11.技術データ
HMI41 指示計
指示計による最大誤差 20℃において
(システム総合誤差についてはプローブ仕様書参照)
湿度
±0.1 %RH
温度
±0.1 ℃
演算される変数
露点温度、絶対湿度、湿球温度、混合比
分解能
0.1 %RH;0.1 ℃
電源
単3電池4本、AA型(IEC LR6)
電池駆動時間
連続72時間
動作湿度範囲
0…100 %RH、結露ないこと
動作温度
-20…+60 ℃
保存温度
-40…+70 ℃
表示
LCD 2行
ケース材質
ABS樹脂
ケース階級
IP53(コネクタ保護カバー付き)
コネクタ型式
モジュラコネクタ
重量(含む電池)
300g
寸法(プローブ共)
30
38
80
320
30
30
37
38
118
88
440
HMP41
HOLD
E NTE R
13
Ø 18.5
Ø 21
¢13
ON / OF F
200
106
M I N /M A X
106
MODE
237
318
Ø 18.5
125
11.1
75
HMI41
HMP46
HMP45
41
HMI41+プローブ
取扱説明書
11.2
U171JA-1.32
HMP45
プローブ
相対湿度
11.2.1
測定範囲
0…100 %RH 結露ないこと
精度 +20 ℃にて
飽和塩溶液で校正した場合(ASTM E104-85)
±2 %RH(0…90 %RH)
±3 %RH(90…100 %RH)
電子回路の温度依存性
±0.05 %RH/℃
平均的長期安定性
1 %RH以下/年
90%応答時間 20℃にて、焼結金属フィルタ静止空気中
15 s
湿度センサ
HUMICAP® 180(静電容量式)
温度
11.2.2
測定範囲(精度保証)
温度センサ
精度
°C
0.4
0.3
0.2
0.1
0
-0.1
-0.2
-0.3
-0.4
-20
-10
0
10
-20…+60 ℃
Pt 1000(IEC 751 1/3 Class B)
20
30
40
50
60
°C
11.2.3
一般事項
ケーブル長(HMP45)
コネクタ型式(HMP45)
動作温度範囲
保存温度範囲
ケース材質
電子回路部ケース階級
センサ保護
重量
HMP41
HMP45
42
1500 mm 延長スパイラルケーブル
モジュラコネクタ
-40…+60 ℃
-40…+70 ℃
ABS樹脂
IP65(NEMA 4)
プラスチックグリッド、
部品No.HM46717
30 g
160 g
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
11.3
HMP46 プローブ
11.3.1
相対湿度
測定範囲
0…100 %RH 結露ないこと
精度 (+20℃において);
下記の場合の達成最高精度
高品質で保証した湿度基準器で校正したとき
±1 %RH(0…90 %RH)
±2 %RH(90…100 %RH)
飽和塩溶液(ASTM E104-85)で校正したとき
±2 %RH(0…90 %RH)
±3 %RH(90…100 %RH)
温度依存性
error %RH
2
1.5
1
0.5
0
-0.5
-1
-1.5
-2
-40 -20 0
for temporary
use only
20 40 60 80 100 120 140 160 180
T/°C
平均的長期安定性
1 %RH/年
90%応答時間(20℃にて)、静止空気中メンブレンフィルタ付で
15 s
湿度センサ
HUMICAP®180(静電容量式)
11.3.2
温度
測定範囲(センサーヘッド)
温度センサ
精度 (+20 ℃にて)
全温度範囲に対する精度
-40…+80 ℃ (短時間+180℃)
Pt100 IEC 751 1/3 Class B
±0.2 ℃
°C
0.6
0.4
0.2
0
-0.2
-0.4
-0.6
-40 -20 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180
T/°C
電子回路温度依存性
0.005 ℃/ ℃
43
HMI41+プローブ
取扱説明書
11.3.3
U171JA-1.32
一般事項
動作温度範囲
センサヘッド
保存温度範囲
材質:
ハンドル
パイプ
ケーブル
ケース階級(電子回路部)
重量
11.4
-20…+60 ℃
-40…+80 ℃ (短時間+180℃)
-40…+80 ℃
ABS樹脂
ステンレス鋼
PVCスパイラルケーブル
IP65(NEMA 4)
450 g(含梱包)
演算する計測対象の精度
露点温度、混合比、絶対湿度および湿球温度は相対湿度と温度の測定値から演
算されます。演算対象の計量値はプローブの校正値および測定の正しさにより左
右されます。以下の表は測定値の精度が±2 %RHならびに±0.2℃のときのもの
です。
11.4.1
メートル単位系の精度
露点温度精度 (°C)
T/°C
44
-40
-20
0
20
40
60
80
100
120
140
160
RH/%
10
1.82
2.09
2.51
2.87
3.24
3.60
4.01
4.42
4.86
5.31
5.80
20
1.00
1.14
1.37
1.56
1.76
1.96
2.18
2.41
2.66
2.91
3.18
30
0.74
0.83
1.00
1.13
1.27
1.42
1.58
1.74
1.92
2.10
2.30
40
0.61
0.68
0.81
0.92
1.03
1.14
1.27
1.40
1.54
1.69
1.85
50
0.53
0.59
0.70
0.79
0.88
0.97
1.08
1.19
1.31
1.44
1.57
60
0.48
0.53
0.63
0.70
0.78
0.86
0.95
1.05
1.16
1.27
1.38
70
0.44
0.49
0.57
0.64
0.71
0.78
0.86
0.95
1.04
1.14
1.24
80
0.42
0.45
0.53
0.59
0.65
0.72
0.79
0.87
0.96
1.05
1.14
90
0.50
0.55
0.61
0.67
0.74
0.81
0.89
0.97
1.06
100
0.48
0.53
0.58
0.64
0.70
0.76
0.84
0.91
0.99
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
T/°C
-40
-20
0
20
40
60
80
100
120
140
160
混合比精度 (g/kg)
周囲気圧 1013.25 hPaのとき
RH/%
10
20
30
40
50
60
70
80
0.002 0.002 0.002 0.002 0.003 0.003 0.003 0.003
0.014 0.015 0.017 0.018 0.019 0.020 0.022 0.023
0.08 0.09 0.09 0.10 0.10 0.11 0.12 0.12
0.31 0.33 0.35 0.37 0.39 0.41 0.43 0.45
0.97 1.03 1.10 1.17 1.24 1.31 1.38 1.46
2.70 2.94 3.46 3.76 3.72 4.08 4.42 4.79
6.78 7.80 9.00 10. 4 12.2 14.3 16.9 20.2
16.4 21.6 29.2 41.3 62.0
101
190
462
41.2 75.7
176
-
-40
-20
0
20
40
60
80
100
120
140
160
RH/%
10
20
30
40
50
60
70
80
0.003 0.003 0.003 0.003 0.004 0.004 0.004 0.005
0.020 0.021 0.023 0.025 0.026 0.028 0.029 0.031
0.10 0.11 0.12 0.13 0.13 0.14 0.15 0.15
0.37 0.39 0.41 0.43 0.45 0.47 0.49 0.51
1.08 1.13 1.18 1.24 1.29 1.34 1.39 1.44
2.73 2.84 2.95 3.07 3.18 3.29 3.40 3.52
6.08 6.30 6.51 6.73 6.95 7.17 7.39 7.61
12.2 12.6 13.0 13.4 13.8 14.2 14.6 15.0
22.6 23.3 23.9 24.6 25.2 25.8 26.5 27.1
39.1 40.0 41.0 42.0 43.0 44.0 45.0 45.9
63.5 64.9 66.4 67.8 69.2 70.7 72.1 73.5
湿球温度精度
T/°C
-40
-20
0
20
40
60
80
100
120
140
160
100
0.13
0.49
1.62
5.63
29.7
-
90
100
0.17
0.55
1.54
3.74
8.05
15.7
28.4
47.9
76.4
(g/m3 )
絶対湿度精度
T/°C
90
0.13
0.47
1.54
5.19
24.4
-
0.16
0.53
1.49
3.63
7.83
15.3
27.8
46.9
75.0
(°C)
RH/%
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
0.20 0.20 0.20 0.20 0.20 0.20 0.20 0.20
0.21 0.21 0.21 0.21 0.22 0.22 0.22 0.22
0.27 0.28 0.28 0.29 0.29 0.29 0.30 0.30 0.31 0.31
0.45 0.45 0.45 0.44 0.44 0.44 0.43 0.43 0.42 0.42
0.84 0.77 0.72 0.67 0.64 0.61 0.58 0.56 0.54 0.52
1.45 1.20 1.03 0.91 0.83 0.76 0.71 0.67 0.63 0.61
2.24 1.64 1.32 1.13 0.99 0.90 0.82 0.76 0.72 0.68
3.06 2.04 1.58 1.31 1.14 1.01 0.92 0.85 0.80 0.75
3.86 2.41 1.81 1.48 1.28 1.13 1.03 0.95 0.88 0.83
4.57 2.73 2.03 1.65 1.41 1.25 1.13 1.04 0.97 0.91
5.23 3.04 2.24 1.81 1.55 1.36 1.23 1.13 1.05 0.98
45
HMI41+プローブ
取扱説明書
11.4.2
U171JA-1.32
非メートル単位系の精度
露点温度精度 (°F)
T/°F
T/°F
-40
-4
32
68
104
140
176
212
248
284
320
RH/%
10
3.28
3.76
4.52
5.16
5.83
6.48
7.22
7.95
8.75
9.56
10.4
-40
-4
32
68
104
140
176
212
248
284
320
混合比精度
(gr/lb)
周囲気圧 1013.25 hPaのとき
RH/%
10
20
30
40
0.013 0.014 0.015 0.016
0.099 0.108 0.116 0.125
0.57 0.61 0.65 0.69
2.17 2.31 2.44 2.58
6.85 7.31 7.77 8.25
18.9 20.6 22.3 24.2
47.5 54.6 63.0 73.1
115
151
205
289
288
530 1235
-
20
1.80
2.05
2.47
2.81
3.16
3.53
3.93
4.34
4.78
5.24
5.73
30
1.33
1.50
1.80
2.04
2.29
2.55
2.84
3.13
3.45
3.78
4.14
40
1.10
1.22
1.46
1.65
1.85
2.05
2.28
2.52
2.77
3.04
3.33
50
0.96
1.06
1.26
1.42
1.58
1.75
1.95
2.15
2.36
2.59
2.83
60
0.86
0.95
1.13
1.26
1.40
1.55
1.72
1.89
2.08
2.28
2.49
70
0.80
0.88
1.03
1.15
1.27
1.41
1.55
1.71
1.88
2.05
2.24
80
0.75
0.82
0.96
1.06
1.18
1.30
1.43
1.57
1.72
1.88
2.05
90
0.90
1.00
1.10
1.21
1.33
1.46
1.60
1.75
1.90
100
0.86
0.95
1.04
1.14
1.26
1.38
1.50
1.64
1.79
50
60
70
80
0.018 0.019 0.020 0.021
0.134 0.142 0.151 0.159
0.73 0.77 0.81 0.85
2.72 2.87 3.01 3.15
8.74 9.25 9.77 10.3
26.3 28.5 30.9 33.5
85.2
100
118
141
434
709 1329 3237
-
90
100
0.93
3.44
11.4
39.4
208
-
0.89
3.30
10.9
36.4
170
-
絶対湿度精度 (gr/ft3 )
T/°F
46
-40
-4
32
68
104
140
176
212
248
284
320
RH/%
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
0.001 0.001 0.001 0.002 0.002 0.002 0.002 0.002
0.009 0.009 0.010 0.011 0.011 0.012 0.013 0.014
0.046 0.049 0.052 0.055 0.058 0.060 0.063 0.066 0.069 0.072
0.16 0.17 0.18 0.19 0.20 0.21 0.21 0.22 0.23 0.24
0.47 0.49 0.52 0.54 0.56 0.58 0.61 0.63 0.65 0.67
1.19 1.24 1.29 1.34 1.39 1.43 1.48 1.53 1.58 1.63
2.65 2.74 2.84 2.94 3.03 3.13 3.22 3.32 3.41 3.51
5.33 5.50 5.67 5.84 6.01 6.18 6.35 6.52 6.69 6.86
9.87 10.2 10.4 10.7 11.0 11.3 11.5 11.8 12.1 12.4
17.0 17.5 17.9 18.3 18.7 19.2 19.6 20.0 20.5 20.9
27.7 28.3 28.9 29.6 30.2 30.8 31.4 32.1 32.7 33.3
HMI41+プローブ
取扱説明書
U171JA-1.32
湿球温度精度
T/°F
11.5
-40
-4
32
68
104
140
176
212
248
284
320
RH/%
10
0.36
0.37
0.49
0.82
1.51
2.62
4.03
5.52
6.94
8.23
9.41
20
0.36
0.38
0.50
0.81
1.39
2.16
2.96
3.68
4.33
4.92
5.48
30
0.36
0.38
0.51
0.81
1.29
1.86
2.38
2.84
3.26
3.65
4.03
(°F)
40
0.36
0.38
0.51
0.80
1.21
1.64
2.03
2.36
2.67
2.97
3.26
50
0.36
0.39
0.52
0.79
1.15
1.49
1.79
2.05
2.30
2.54
2.78
60
0.36
0.39
0.53
0.78
1.09
1.37
1.61
1.83
2.04
2.25
2.45
70
0.36
0.40
0.54
0.78
1.05
1.28
1.48
1.66
1.85
2.03
2.21
80
0.37
0.40
0.55
0.77
1.00
1.20
1.38
1.54
1.70
1.87
2.03
90
0.55
0.76
0.97
1.14
1.29
1.44
1.59
1.74
1.89
100
0.56
0.76
0.94
1.09
1.22
1.36
1.49
1.63
1.77
妨害電波放射および耐電波性能(EMC)
11.5.1
妨害電波放射
妨害電波の発生による他の機器への影響はEN55022基準によるテストを
クリア
11.5.2
イミュニテイ(耐電波特性)
テスト種別
テスト条件
性能
放射障害テスト
IEC 1000-4-3
レベル3
高速電気過渡条件テスト
IEC 801-4
レベル4
静電気放電要求事項
IEC 801-2
47
HMI41+プローブ
取扱説明書
48
U171JA-1.32
U171JA-1.32
HMI41 +ブローブ
付属書
付属書1: コマンドの早見手引き
1.
表示テキストおよび操作コマンド ............................................................................................ 50
2.
HMI41 ソフトウエアによる校正 ........................................................................................... 52
3.
4.
2.1
湿度1点校正 ........................................................................................................... 52
2.2
湿度2点校正 ........................................................................................................... 53
2.3
温度1点校正 ........................................................................................................... 54
2.4
温度2点校正 ........................................................................................................... 55
データ収集モード ................................................................................................................. 56
3.1
手動データ収集 ........................................................................................................ 56
3.2
自動データ収集の計測時間の設定 ............................................................................ 57
3.3
自動データ収集の測定間隔の設定 ............................................................................ 57
3.4
測定結果の表示 ....................................................................................................... 58
3.4.1
データ収集モードにおけるMINと MAX ...................................................... 59
計測値データのPCへの転送 ................................................................................................ 60
4.1
5.
シリアルコマンドの利用 ............................................................................................. 62
4.1.1
PLAY データの転送 ................................................................................ 62
4.1.2
CPLAY 小数点と区分マークの設定 ......................................................... 62
4.1.3
HELP 利用できるコマンドの出力とその内容.............................................. 63
4.1.4
? HMI41 設定の出力 ........................................................................... 63
設定の変更 ......................................................................................................................... 64
49
HMI41 +プローブ
付属書
1.
U171JA-1.32
表示テキストおよび操作コマンド
HMI41は ON/OFFボタンを押すだけで容易にご使用頂けます。以下に表示
テキストの内容の説明と操作コマンドを記します。
ON/OFFボタン:
表 示
RH
%
Td
°C°F
T
°C°F
g/m Pa
Pabs
setminmax hyst hold Lo batHi
HMI41のオン、オフ
説
明
HMI41がオンした。
’
HMI41ソフトウエアバージョンとプローブ型式
の表示。ソフトウエアバージョンが表示されない
ときは、バージョン1.02 以前のものですので、
HMI41 は HMP46と一緒に使用することはでき
ません。このときは弊社もしくは弊社代理店にご
連絡ください。
プローブ型式の表示(41.45または42.46)が現れ
ないときは、指示計はプローブ型式を自動的に
は認識しません。手動で設定してください。(付
録 4章参照) プローブ型式の表示テキストが
NO PRBになっているときは、プローブが正しく
接続されているかどうかチェックしてください。
電池電圧の表示。
bat Hi
RH
%
T
°C
MODEボタン:
50
相対湿度と温度の計測値の表示。
表示対象の選択表示
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
RH
%
T
°C
Td
T
°C
°C
相対湿度と温度の計測値の表示 (電源投入により自
動的に表示)。
MODEボタンを押す (以下の次の表示が現れる):
露点温度と温度計測値の表示
MODEを押す。 (通常の RHとTの表示に戻るかまた
は以下の表示が現れる):
絶対湿度と温度計測値の表示 (セットアップ手順で
露点温度が選択されているとき)
T
°C
abs
g/m
°C
T
MODEを押す。 ( RHとTの表示に戻る)
湿球温度と温度計測値の表示 (セットアップ手順で
湿球温度が選択されているとき)
°C
MODEを押す。 ( RHとTの表示に戻る)
混合比と温度計測値の表示 (セットアップ手順で混
合比が選択されているとき)
°C
T
MODEを押す。 ( RHとTの表示に戻る)
HOLDボタン:
現在指示表示に固定させたり、電源投入以後の計測した最小値や最大値を表示
RH
%
T
°C
RH
%
°C
T
相対湿度と温度の計測値表示(通常表示)
HOLDを押す。 (次の表示になる):
現在の指示値に固定 このモードではすべて
の表示対象に適用できます。
HOLDを2回押す:
hold
RH
%
T
min
°C
RH
%
T
°C
max
電源投入以後の最小値の表示 このモードで
はすべての表示対象に適用できます。
HOLDを3回押す:
電源投入以後の最大値の表示 このモードで
はすべての表示対象に適用できます。
ON/OFF ボタン以外のどのボタンを押してもRH
とTの通常表示に戻ります。
51
HMI41 +プローブ
付属書
2.
U171JA-1.32
HMI41 ソフトウエアによる校正
この簡易手引きはHMI41 の使い方をご存知の方を対象に記してあります。更
に詳細の説明は取扱説明書の本文をご覧ください。注意事項: 計器の校正
はプローブのトリマポテンショメータで行うことをお勧めします。しかしプローブ
を1つだけしか使わないときは、下記の方法で校正を行うことができます。
2.1
湿度1点校正
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
HMI41 指示計をONにします。 1-2秒間テキスト
に SEtUP が現れるまでMODE と HOLDボタンを
押します。
数秒待ちます。
°C
ENTER ボタンを8回押します。
set
MODEを2回押します。
set
ENTERを押すと、湿度1点校正が 機能し始めま
す。.
RH
set
RH
%
set
RH
52
%
HMI41のメモリにストアされている基準湿度値が点
滅します。校正表を読みながら、正しい値に▲と▼
ボタンにより変更してください。指示値は0,1 %ずつ
変わります。 ENTERを押します。.
指示計はプローブが計測した値を指示します。指
示が安定するまで少なくとも10分間待ち、ENTER
を押して値を確定します。
ENTERをもう一度押せば校正が終了です。
校正は完了しました。
もし不備があったら、テキストにはなにか他の表示
(例えば too close, err offst または err gainなど)が
現れますので、校正手順をもう一度やり直してくださ
い。
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
2.2
湿度2点校正
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
HMI41 指示計をONにします。 1-2秒間テキスト
に SEtUP が現れるまでMODE と HOLDボタン
を押します。
数秒待ちます。
°C
ENTERを8回押します。
set
MODE を3回押します。
set
ENTERを押すと、湿度 2点校正が 機能し始めま
す。
RH
set
RH
set
RH
%
Lo
%
Lo
RH
%
set
RH
Hi
%
Hi
HMI41のメモリにストアされている低湿度基準値が
点滅します。校正表を読みながら、正しい値に▲と
▼ボタンにより変更してください。 ENTERを押しま
す。
指示計はプローブが現在計測している値を指示し
ます。指示が安定するまで少なくとも10分間待ち、
ENTERを押して値を確定します。
ENTERをもう一度押して低湿度側校正を終了しま
す。
HMI41のメモリにストアされている高湿度基準値が
点滅します。校正表を読みながら、正しい値に▲と
▼ボタンにより変更してください。 ENTERを押しま
す。
指示計はプローブが現在計測している値を指示し
ます。指示が安定するまで少なくとも10分間待ち、
ENTERを押して値を確定します。
ENTERをもう一度押して校正が終了します。
校正は完了しました。
もし不備があったら、テキストにはなにか他の表示
(例えば too close, err offst または err gainなど)
が現れますので、校正手順をもう一度やり直してく
ださい。
53
HMI41 +プローブ
付属書
2.3
U171JA-1.32
温度1点校正
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
HMI41 指示計をONにします。 1-2秒間テキスト
に SetUP が現れるまでMODE と HOLDボタンを
押します。
数秒待ちます。
°C
ENTERを8回押します。
set
MODE を4回押します。
set
ENTERを押すと、温度1点校正が 機能し始めま
す。
T
set
T
°C
HMI41のメモリにストアされている基準温度値が点
滅します。正しい値に▲と▼ボタンにより変更してく
ださい。ENTERを押します。
set
T
54
°C
指示計はプローブが現在計測している値を指示し
ます。指示が安定するまで少なくとも10分間待ち、
ENTERを押して値を確定します。
ENTERをもう一度押せば
校正は終了です。
校正は完了しました。
もし不備があったら、テキストにはなにか他の表示
(例えば too close, err offst または err gainなど)
が現れますので、校正手順をもう一度やり直してく
ださい。
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
2.4
温度2点校正
RH
%
Td
°C °F
T
°C °F
P
g/m hPa
setminmax hyst hold Lo batHi
HMI41 指示計をONにします。 1-2秒間テキスト
に SetUP が現れるまでMODE と HOLDボタンを
押します。
数秒待ちます。
ENTERを8回押します。
°C
set
MODE を5回押します。
set
ENTERを押すと、温度 2点校正が 機能し始めま
す。
T
set
T
set
T
HMI41のメモリにストアされている低温度基準値が
点滅します。正しい値に▲と▼ボタンにより変更して
ください。 ENTERを押します。
°C
Lo
°C
Lo
T
°C
Hi
set
T
指示計はプローブが現在計測している値を指示し
ます。指示が安定するまで少なくとも10分間待ち、
ENTERを押して値を確定します。
ENTERをもう一度押して低温度側校正を終了しま
す。
HMI41のメモリにストアされている高温度基準値が
点滅します。正しい値に▲と▼ボタンにより変更して
ください。 ENTERを押します。
°C
Hi
指示計はプローブが現在計測している値を指示し
ます。指示が安定するまで少なくとも10分間待ち、
ENTERを押して値を確定します。
ENTERをもう一度押して校正が終了します。
校正は完了しました。
もし不備があったら、テキストにはなにか他の表示
(例えば too close, err offst または err gainなど)
が現れますので、校正手順をもう一度やり直してく
ださい。
55
HMI41 +プローブ
付属書
U171JA-1.32
3.
データ収集モード
3.1
手動データ収集
RH
%
Td
°C°F
T
°C°F
g/m Pa
Pabs
setminmax hyst hold Lo batHi
指示計をONします。テキストに REC AUTO の表示
が現れるまでHOLD ボタンを押し続けます。その後
ボタンを放します。
MODEボタンを押して、手動データ収集モードにし
ます。
ENTERボタンで測定が始まります。
RH
%
T
set
°C
プローブは測定状態になります。HOLD ボタンを押
して、適当な間隔で測定値をメモリすることができま
す。測定値をメモリするごとに、指示計のメモリに測
定値をストアさせた回数が数秒間表示されます。
指示計は自動的に前の表示に戻ります。測定値
REC READモードで読むことができます。 (この付録
の 3.4 節参照) 指示計のメモリには最大 199個
の測定値が蓄積できます。指示計をOFFにすれ
ば、データ収集は止まります。
56
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
3.2
自動データ収集の計測時間の設定
RH
%
Td
°C°F
T
°C°F
g/m Pa
Pabs
setminmax hyst hold Lo batHi
指示計をONします。テキストにREC AUTO が現れる
まで1 - 2秒間HOLD ボタンを押し続けます。そして
ボタンを放します。
REC AUTO
が表示されたら、ENTERボタンを押しま
す。
予めセットした計測時間が現れます。予めセットした
時間が、現在の電池寿命に比し長すぎる場合は、
電池が保つ最長の時間を計算して表示します。こ
の場合、テキストに MAXという表示が現れます。.
max
計測時間は▲と▼ボタンでセットします。また計測
時間は15分から7日までセットできます。 文字列
BAT という表示が現れたときは、そのセットした期間
に対して電池寿命が十分でないことを示します。そ
の時は測定期間を短くしてセットし直してください。
指示計をOFFします。または測定間隔の設定のた
めには ENTERボタンを押します。
bat
3.3
自動データ収集の測定間隔の設定
予めセットした測定間隔が現れます。予めセット
した間隔が、指示計のメモリー容量に比し長すぎ
る場合は、最短の時間を計算して表示します。こ
の場合、テキストに MIN という表示が現れま
す。測定間隔は ▲と▼ボタンでセットします。テ
キストにLOという表示が現れたときは、選択した時
間間隔に比しメモリ容量が不足していることを示
します。このときは時間間隔を長くしてセットし直
してください。
ENTERを押せば、自動データ収集モードが機
能します。
min
RH
%
T
set
°C
自動データ収集機能を停止したいときは、
ON/OFF を押します。
57
HMI41 +プローブ
付属書
3.4
U171JA-1.32
測定結果の表示
RH
%
Td
°C°F
T
°C°F
g/m Pa
Pabs
setminmax hyst hold Lo batHi
指示計をONします。テキストにREC AUTO が現れる
まで1 - 2秒間HOLD ボタンを押し続けます。そして
ボタンを放します。
MODEボタンを2回押します。
ENTERを押します。
58
RH
%
T
°C
RH
%
T
°C
Td
T
°C
°C
RH
%
T
°C
1行目の数字は測定対象(この例ではRH)の計測
値を示し、2行目の左側の数字は指示計のメモリに
蓄積された測定値の順番を示しています。2行目の
右側の数字は1行目の測定値を求めたのと同時期
の温度計測値を示します。 Tの読み値の小数点以
下は ENTERをボタンを押して読むことができます。
数秒後元の表示に戻ります。
MODEボタンを押して、1行目の測定対象の表示が
変わります。
すべての測定値をスクロールしたいときは、まず
ENTER ボタンを押します。右上隅に矢印が現れま
す。矢印が表示されている間に HOLDボタンを押
します。 測定順を示す数字も変わるので注意して
ください。
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
データ収集モードにおけるMINと MAX
3.4.1
RH
%
min
°C
Hi
RH
%
T
°C
Hi
max
RH
T
min
RH
T
max
%
°C
Lo
%
°C
Lo
この例では1行目の計測値の最小値を表示してい
ます。 (MIN = 最小値, HI =1行目の読み値);
ENTERを押すと T値の小数点以下を表示します。
この例では1行目の計測値の最大値を表示してい
ます。(MAX = 最大値, HI = 1行目の読み値);
ENTERを押すと T値の小数点以下を表示します。
この例では2行目の計測値の最小値を表示してい
LO = 2行目の読み値);
ます。 (MIN = 最小値,
ENTERを押すと T値の小数点以下を表示します。
この例では2行目の計測値の最大値を表示してい
LO = 2行目の読み値);
ます。 (MAX = 最大値,
ENTERを押すと T値の小数点以下を表示します。
59
HMI41 +プローブ
付属書
4.
U171JA-1.32
計測値データのPCへの転送
このターミナルセッションをはじめて使うときの通信パラメータを、将来の使用
に備え、記します。
Table 4.1
Windows 3.1のパラメータ
メニュー
説明
プログラムマネージャ
Ø
アクセサリ
ダブルクリック
Ø
ターミナル
ダブルクリック
Ø
設 定
クリック
Ø
通 信
Ø
ファィル
クリックしてパラメータ選択(次ペ
ージ図 7.1.1参照); クリック OK
カーソルを以下のように
クリック
Ø
セーブ方法
クリックして設定をセーブ:
ファイル名タイプ (例 .HMI41)ク
リック OK
HMI41 電源投入、以下 4.2章参照
通信条件 :
60
• コネクタ
ご利用のコンピュータによる
• 通信速度
4800ボー
• データビット
7
• ストップビット
1
• パリティ
偶数
• フローコントロール
なし
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
Table 4.2 Windows 95と Windows NTの通信パラメータ設定
WINDOWS 95
メニュー
スタート
Ø
プログラム
Ø
アクセサリ
Ø
ハイパーターミナル
WINDOWS NT
操作
メニュー
スタート
Ø
プログラム
Ø
アクセサリ
Ø
カーソル移動:
カーソル移動:
カーソル移動:
クリック
カーソル移動:
カーソル移動:
カーソル移動:
ハイパーターミナル
Ø
カーソル移動:
Ø
ハイパーターミナル
ダブルクリック
ハイパーターミナル
Ø
接続の記述
操作
カーソル移動:
クリック
Ø
接続相手の型式名
を相応するフィール
ドにタイプ (例
HMI41)、アイコン選
定;クリックOK.
接続の記述
接続相手の型式名を
相応するフィールド
にタイプ (例HMI41)
アイコン選定;
ク
リックOK
Ø
カーソルをCONNECT
テレフォンナンバー
カーソルをCONNECT
接続先
フィールドに
移動し、 'direct to
COM x' (x =利用
可能のシリアルポー
ト)を選択;クリックOK
USING
Ø
COM xプロパティ
フィールドに
移動し、 'direct to
COM x' (x =利用可
能のシリアルポート)
を選択;クリックOK
USING
Ø
図 7.1.2に示す画
面によるパラメータ
選択;クリック OK
COM x プロパティ
図 7.1.2に示す画面
によるパラメータ選
択;クリック OK
HMI41電源投入、以下4.2章の説明による
4.1
シリアルコマンドの利用
4.1.1
PLAY
データの転送
ストアしてあるデータをお手持ちのコンピュータに出力するには、まず HMI41
をONし、 PLAY をタイプし、それから ENTERを押します。アウトプットのサンプ
ルは自動的にストアしたデータです。
61
HMI41 +プローブ
付属書
U171JA-1.32
>play
Reading Log... OK
data
0
1
2
3
4
5
6
>
hh:mm:ss
00:00:00
00:01:00
00:02:00
00:03:00
00:04:00
00:05:00
00:06:00
RH
12.54
12.10
12.18
12.12
12.16
12.09
12.09
T
21.53
21.23
21.18
21.15
21.14
21.12
21.09
Td
-8.48
-9.16
-9.12
-9.21
-9.18
-9.27
-9.28
アウトプットのサンプルは手動でストアしたデータです。
>play
Reading Log... OK
data RH
1
12.10
2
12.18
3
12.12
4
12.16
5
12.09
T
21.23
21.18
21.15
21.14
21.12
Td
-9.16
-9.12
-9.21
-9.18
-9.27
>
自動データ収集の開始時間を知っていれば、コマンドと一緒にタイプします。
例えば:
>play 15:05
Reading Log... OK
data
0
1
2
3
4
5
6
>
4.1.2
hh:mm:ss
15:05:00
15:06:00
15:07:00
15:08:00
15:09:00
15:10:00
15:11:00
CPLAY
RH
8.52
9.58
9.60
9.61
9.65
11.22
9.93
T
23.69
23.66
23.50
23.30
23.25
23.41
23.30
Td
-11.70
-10.26
-10.35
-10.48
-10.47
-8.44
-10.08
小数点と区分マークの設定
CPLAY をタイプし
ENTERを押 す と 小 数 点 と い ろ いろな区 分 マーク( Field
separator)を選ぶことができます。
例えば:
>cplay
Desimal separator : .
Field separator
: TAB
example:
1
01:00:00
38.72
>
21.61
7.01
アウトプットを変えるには CPLAY をタイプし、ご希望の小数点マークが選べま
す。またご希望の区分マークもえらべます。そして <cr>をインプットします。
例えば:
>cplay ,
<cr>
Desimal separator : ,
Field separator
: TAB
example:
1
01:00:00
>
62
38,72
21,61
7,01
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
4.1.3
HELP
利用できるコマンドの出力とその内容
HELPをタイプし、 ENTERを押します。
>help
Available commands :
HELP
?
PLAY
CPLAY
Type HELP <command_name> for more help
>
それぞれのコマンドの内 容 を知 りたいときは、
PLAY) をインプットし、 ENTERを押します。:
HELP とコマンド名
(例 えば
>help play
Command : PLAY
Purpose : Send recordings from memory to serial port
Usage
: PLAY hh:mm <cr>, hh:mm = rec starting time (optional)
If command is used without parameters it uses default setting
>
4.1.4
?
HMI41 設定の出力
?をタイプし ENTERを押します。
>?
HMI41 / 2.01
Serial number : A0000000
Output units : metric
Baud P D S
:
4800 E 7 1 FDX
Pressure
: 1013.25
Auto Off
:
5
Probe
:
2
Start-up mode :
1
4.th variable : none
>
ターミナルセッションを出すには、 FILE メニューに行き、 EXIT を選びます。間
違いなく停止したことを確認し、このセッションのパラメータを将来も使用する
か否か選ぶことができます。 (SAVE - YES/NO)
63
HMI41 +プローブ
付属書
U171JA-1.32
設定の変更
5.
HMI41 の工場設定は次のとおりです。
-
表示単位:
自動電源OFF:
表示対象:
気圧:
プローブ型式 :
- スタート:
0
5
0
1013.25 hPa
AUT
(メートル系)
(分)
(RH, Tおよび Td)
(1 hPa = 1 mbar)
(または 1,下記参照)
1
IDナンバーが付いている指示計は自動プローブ認識 (AUT PROBE)をデフォ
ルトとして持っています。以前のバージョンのプローブタイプ 1も同様。以前の
バージョンのもので、HMP46を使用するときは手動で PROBE TYPE 2 と設定
してください。設定を変更するには、ディスプレイに何らかのテキストが現れる
まで ON/OFFボタンを押してください。 ON/OFFボタンを放し、ディスプレイ
に"SEtUP" が表示されるまで 1-2 秒間 ENTERと MODEボタンを同時に
押します。
デイスプレイ
処
置
ボ タ ン 操 作
数秒待ちます。
デイスプレイユニットの選択:
0 = メートル単位系
1 =非メートル単位系
°C
set
自動電源停止の時間セット 単位分
(NO,1...60); もし NOを選択すれば、自
動電源停止機能は働きません。
set
表示対象の選択:
0 = RH, T, Td
1 = RH, T, Td, abs
2 = RH, T, Td, Tw 3 = RH, T, Td, x
set
混合比および湿球温度演算のための気
圧のセット。
P
set
hPa
プローブタイプの選択:
1 = HMP41,HMP45 (HMP44/44L)
2 = HMP42, HMP46
set
64
▲(数の増加 ) または
▼(数の減少)
ENTER(メニュースクロール)
ON/OFF (セットアップモードへ
引き入れ)
▲(増加)または▼(減少)
ENTER (メニュースクロール)
ON/OFF (セットアップモードへ
引き入れ)
▲(増加)または▼(減少)
ENTER (メニュースクロール)
ON/OFF (セットアップモードへ
引き入れ)
▲(0.25 hPas 増加) または
▼(0.25 hPas 減少)
ENTER (設定の確定)
ON/OFF (セットアップモードへ
引き入れ)
▲(増加)または▼(減少)
ON/OFF (セットアップモードへ
引き入れ)
HMI41 +ブローブ
付属書
U171JA-1.32
注意事項
HMI41セットアップには更に (start, baud, seri および
calib)等の設定ができます。プローブタイプをセットした
後 に ENTER ボ タ ン を 押 し ま す 。 . Start セ ッ ト は
HMP44/L プローブを使用するときのみに変更します。
(START 5, HM44取扱い説明書参照 ) calib. はこの
取扱説明書を参照してください。その他の設定は
HMI41 を弊社製の他の湿度変換器を用いて現場校
正を行うために使われるものです。これらの設定は変更
しないでください。プローブタイプを設定した後は
ON/OFF ボタンを押します。
65
HMI41 +プローブ
付属書
66
U171JA-1.32
保
証
ヴァイサラ社は、ヴァイサラ社によって製造され本契約の下で販売されている全製品を、納入日より起
算して12ヶ月間、工作上または材質上の欠陥がないことを表明し、保証いたします。(ただし特別な保
証条項を付した製品はその限りではありません。)しかしながら、上記の期間内に納入品のいずれかに
工作上または材質上の欠陥があることが判明した場合には、ヴァイサラ社は欠陥製品またはその部品
を無償で修理するか、あるいはヴァイサラ社の選択によって無償で交換するかのいずれかの方法による
ことおよび当初の製品または部品の保証期間の残存期間を保証することをお約束いたします。他の如
何なる補償手段は講じないことといたします。本条項にしたがって交換された故障部品の処理に関して
はヴァイサラ社に一任して頂くことといたします。
ヴァイサラ社は、販売した製品に対しヴァイサラ社社員が実施した修理およびサービス作業のすべて
に対しその品質を保証いたします。修理またはサービス作業が万一不適切または不完全なものであり、
そのことによってサービスの行われた当該製品に誤作動または作動停止を引き起こす場合には、ヴァイ
サラ社はヴァイサラ社自身の自由裁量により、当該製品を修理するか修理させるかあるいは交換するこ
とといたします。上記修理または交換に関して要したヴァイサラ社社員の作業時間に関しては、御客様
には一切御負担いただかないことといたします。サービスに関する保証はサービス作業が完了した日か
ら起算して6ヶ月間有効といたします。
しかし上記保証条項は下記諸条件を満たしてはじめて発効するものといたします。
a) お客様は、御自身の主張される欠陥についてのクレームが、当該欠陥が発生した時点ある
いは既知の事実となった時点から起算して30日以内に、具体的な文書によって当社に必ず
到着するよう手配されなければなりません。
b) ヴァイサラ社が要求する場合には、お客様は、御自身が欠陥があると主張される製品または
部品をヴァイサラ社工場またはヴァイサラ社が文書で指定する別の場所に、運賃保険料お
客様御負担のうえ適切な梱包およびラベルを施して、送付して頂かなければなりません。た
だしヴァイサラ社がお客様の所在場所で製品の点検、修理、交換を行うことに同意した場合
にはこの限りではありません。
また本保証条項は、欠陥が下記いずれかの原因で発生した場合には適用されません。
a) 通常の使用による機器の損耗。または突発事故。
b) 製品の誤用、または不適切な使用、もしくはヴァイサラ社から承認を得ていない方法での使
用。あるいは製品または製品の装置の保管、保守、または取扱いに不注意あるいは過失が
あったとき。
c) 間違った方法での据付または組立。製品の手入れの際の過失。ヴァイサラ社のサービス上
の指示に従わなかったこと。この中にはヴァイサラ社より承認を受けていない不適格な作業
員によって行われた修理、据付、組立やヴァイサラ社が製造し供給した部品以外のものを使
用して交換を行った場合も含まれます。
d) ヴァイサラ社から事前に承認を受けることなく行った製品に対する改造、変更あるいは部品
等の追加。
e) お客様または第三者に起因する上記以外の諸要件。
本保証条項によりヴァイサラ社はその責に任ずべき上記の責任があるとはいえ、お客様によって提供さ
れた材料、設計あるいは指図により発生した欠陥に対してはヴァイサラ社は一切責任を負いません。
この保証条項は、この保証条項以外のあらゆる諸条件、保証条項および責任
たとえそれが明
白に規定されているか黙示であるかに拘らず、あるいはまた法律、法令またはそれ以外の手段で規定
されているか否かにも拘らず
に明らかに代るものであり、かつそれら別途の諸条件、保証および
責任の適用を排除するものです。
その排除されるべき諸条件等の中には、商品性または特定目的に対する適合性についての黙示の保証、
および本契約に基づいて供給された製品に直接間接を問わず適用される欠陥または欠点または当該製
品から生じた欠陥または欠点に関連して、ヴァイサラ社またはその代理店の、他の全ての義務や責任が含
まれるものといたします。従って、ヴァイサラ社のこれら排除された義務や責任は本契約書によって明白に
取消され放棄されるものといたします。ヴァイサラ社の負うべき責任は、どんな場合でも保証クレームが提起
された製品のインボイス(請求書)価格を限度といたします。またヴァイサラ社はいかなる場合でも直接間接
を問わず逸失利益または間接(結果)損害に対して責任を負うことはなく、またそれ以外の特別な損害に対
しても責任を負うことはありません。
67
ヴァイサラ株式会社
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂6丁目42 神楽坂喜多川ビル2F
TEL:03-3266-9611 FAX:03-3266-9610
ホームページ: http://www.vaisala.co.jp
Eメール: [email protected]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement