取扱説明書/取付説明書/保証書

取扱説明書/取付説明書/保証書
取扱説明書/取付説明書/保証書
はじめに
取付け
基本操作
映像を見る
この度は本製品をお買い求めいただきまして誠にありがとうございます。本書には取付けおよび操
作手順が説明されております。正しくご使用いただくために本書をよくお読みのうえ、ご使用くだ
さい。なお読み終えた後、いつでも見られるよう大切に保管してください。
本書の見かた
参照先を記載しています。(XX はページ )
本製品に関する補足情報を説明しています。
長押し
設定
⇒ PXX
アドバイス
スイッチを 3 秒程度長めに押すことを示しています。
その他
注意
電 源 が ON の 状 態 で microSDHC カ ー ド の 抜 差 し を 行 わ な い で く だ さ い。
microSD カード破損の原因となります。必ず、電源 OFF 後 LED が 3 秒以上消灯
した事を確認し、microSDHC カードの抜差しを行なってください。
目次
目次 ……………………………… 2
便利な機能 ……………………… 41
録画モードを変更する ……………
威嚇 LED を点滅させる …………
車両メンテナンス機能 ……………
安全運転報知機能 …………………
GPS セーフティアナウンス機能 …
車速アラーム機能 …………………
エコモード …………………………
ご使用上の注意 ………………… 3
知っておきたいこと ……………… 6
各部の名称 ……………………… 7
本体 ………………………………… 7
付属品 ……………………………… 8
取付け方法 ……………………… 9
取付手順を確認する ………………
電源コードを取付ける ……………
内蔵バッテリーを取付ける ………
取付け位置を確認する ……………
本体を取付ける ……………………
9 付録 ………………………………
10
こんなときは? ……………………
12
エラー確認表 ………………………
13
POWER / ERROR ランプ
14
確認表 ………………………………
基本操作 ………………………… 21 製品仕様 ……………………………
映像を記録する ……………………
電源を ON にする …………………
電源を OFF にする…………………
動作を確認する ……………………
25
25
28
29
30
31
テレビで映像を見る …………… 32
本体とテレビを接続する …………
映像を再生する ……………………
設定を変更する ……………………
パスワードを設定する ……………
録画データを消去する ……………
工場出荷時に戻す …………………
47
47
48
49
50
21 保証規定 ………………………… 51
22
DC-DR350 保証書 …………… 裏面
22
23
パソコンで見る ………………… 25
ビューワーソフトを
インストールする …………………
映像を再生する ……………………
設定を変更する ……………………
パスワードを設定する ……………
録画データを消去する ……………
工場出荷時に戻す …………………
41
41
42
43
44
44
45
32
33
36
38
39
40
2
ご使用上の注意
警告
警告を無視した取扱いをすると、使用者が死亡や重傷を負う原因
となります。
注意
注意を無視した取扱いをすると、使用者が障害や物的損害を被る
可能性があります。
警告
● 本製品を分解・改造しないでください。火災、感電、故障の原因となります。
● 運転者は走行中に本製品を絶対に操作しないでください。同乗者の方が操作を行
なってください。
● 本製品は、運転や視界の妨げにならない場所に取付けてください。また、自動車
の機能(エアバッグ等)の妨げにならない場所に取付けてください。事故や怪我
の原因となります。
● 本製品が万一破損・故障した場合は、すぐに使用を中止して販売店へ点検・修理を依
頼してください。そのまま使用すると火災・感電・お車の故障の原因となります。
● 本製品を水につけたり、水をかけたりしないでください。火災・感電・故障の原
因となります。
● 本製品を医療機器の近くで使用しないでください。医療機器に影響を与える恐れ
があります。
● microSDHC カードおよびその他の付属品は子供の手の届かない場所に保管して
ください。誤って飲み込んでしまう恐れがあります。
注意
● ルームミラー裏側への取付けは、道路運送車両法に基づく保安基準により設置場
所が限定されています。運転者の視界の妨げにならないようにフロントガラス上
部(ルームミラー裏側)へ設置してください。(⇒ P13)
● 本製品を取付ける際は、取付け面の汚れをきれいに拭き取ってから取付けしてく
ださい。汚れなどがある場合、走行時の振動などで本製品が外れる恐れがあります。
※ 必ず付属のクリーナーを使用してください。パーツクリーナー、
ガラスクリーナー
等を使用した場合、成分によっては剥がれる場合があります。
● LED 式信号機は LED が高速で点滅している為、信号機が点滅しているような映
像が記録される場合があります。また逆光や信号機自体の輝度が低い等により、
信号機の色が識別できない場合があります。そのような場合は、前後の映像、周
辺の車両状況から判断してください。信号機の識別、記録に関する内容について
弊社は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
3
はじめに
ご使用の前に、この「ご使用上の注意」をよくお読みのうえ、正しくお使い
ください。また注意事項は誤った取扱いをした時に生じる危害や損害の程度
を、「警告」と「注意」の 2 つに区分して、説明しています。
ご使用上の注意
注意
● 本製品は電子部品を使用した精密機器のため、落としたり、強い衝撃を与えない
でください。故障の原因となります。
● 取付けネジの緩み、両面テープの剥がれなど無いか、定期的に点検を行なってく
ださい。運転の妨げや事故の原因となることがあります。
● 故障や破損の原因となりますので、microSDHC カードは指定以外の方向で差込
まないでください。
● 本体の通気孔を塞いだり、物を入れないでください。故障の原因となります。
● コード等の配線時は車両金属部とのショートに気をつけてください。故障の原因
となります。
● キーを OFF にした時シガープラグの電源が 0V にならない車両(外車など)は、
オプションのシガープラグコードの使用はできません。必ず付属の電源コードで
ACC 電源に直接接続してください。
● microSDHC カードを抜く時は必ず、電源 OFF 後 LED が 3 秒以上消灯した事を
確認してから抜いてください。microSDHC カードへのデータ書込み中および読
込み中に microSDHC カードの抜差しを行うと、データ破損、本体故障の原因と
なりますのでご注意ください。
● 本製品をイタズラなどの目的で使用しないでください。個人情報保護法に抵触す
る恐れがあります。また使用方法によりプライバシーなどの権利を侵害する恐れ
がありますのでご注意ください。これらの場合について、弊社は一切の責任を負
いかねます。
● 本 製 品 に は お 買 い 上 げ の 日 か ら 1 年 間 の 製 品 保 証 が つ い て い ま す。
(ただし
microSDHC カード、内蔵バッテリー、両面テープ等の消耗品は保証の対象とな
りません)
● 部品の交換修理、パーツ購入に関しましては販売店にお問い合わせください。
● 本製品は DC12/24V 車専用です。
● 本製品は日本国内でのみ使用できます。海外では使用できません。
● 本製品の故障による代替品の貸出は弊社では一切行なっておりません。
● 本製品の仕様および外観は改良のため、予告なく変更することがあります。あら
かじめご了承ください。
万一の事故発生時に映像が記録されていなかったり、記録した映像が破損した場合など、
本製品の作動有無にかかわらず一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
4
ご使用上の注意
使用上のお願い
● フロントガラスの汚れ、雨天時の水滴などにより記録した映像が見づらくなるこ
とがありますので、ワイパーの可動範囲に本製品の取付けを行なってください。
● 太陽などの高輝度の映像を記録すると、太陽が黒い点のように映ることがありま
すが製品の異常ではありません。
● 本製品は全ての映像を記録することを保証するものではありません。あらかじめ
ご了承ください。
● 本製品の近くに GPS 機能を持つ製品や VICS 受信機を設置しないでください。誤
作動を起こす可能性があります。
● テレビアンテナの近くには設置しないでください。テレビの受信感度の低下・
チラツキ・ノイズの原因となる可能性があります。
● 真夏などの炎天下の中では製品が正常に作動しないことがあります。特に夏場は
車内が高温になることがありますので、窓を開け車内の温度を下げてからご使用
ください。
● microSDHC カードと内蔵バッテリーは消耗品であり、約 2 ∼ 3 年を目安に交換
することをお勧めします。
・使用状況により microSDHC カードや内蔵バッテリーの寿命は短くなることが
あります。
● microSDHC カードの消耗に起因する故障または損傷については一切の責任を負
いかねます。
● 本製品を使用中にデータが消失した場合でも、データ等の保証は一切の責任を負
いかねます。
● 本製品使用時は必ず付属の microSDHC カードを使用してください。市販の
microSDHC カードを使用した場合、正常に録画出来ない場合があります。
● 万一のデータ消失に備え、必要なデータはパソコンにバックアップを取ることを
お勧めします。
● 本製品は精密な電子部品で構成されており、下記のようなお取扱いをするとデー
タが破損する恐れがあります。
・本体に静電気や電気ノイズが加わった場合。
・本体を水にぬらしたり、強い衝撃を与えた場合。
・長期間使用しなかった場合。
・内蔵バッテリーを接続せずに使用したり、消耗した内蔵バッテリーを使用し続けた
場合。
5
はじめに
● 事故発生時は記録された録画データが上書きされないように、必ず microSDHC
カードを抜いて保管してください。
ご使用上の注意
知っておきたいこと
● GPS とは
「Global Positioning System」アメリカ国防総省の衛星を利用し、地
上での現在位置を計測するシステムです。
● 衛星受信までの時間について
本製品を初めて使用する時や長時間使用しなかった場合、衛星を受信する
まで 5 分程度時間がかかることがあります。
● 衛星データ
本製品は、一旦 GPS 衛星を正常に受信した後、衛星の移動軌跡を計算し
記憶します。これは走行時にトンネル等で衛星受信ができなくなった場合、
再受信するまでの処理を速めるためです。また、まれに GPS 受信が長時
間に渡ってできない場合があります。
● GPS 測定誤差について
本製品の測位計測機能は衛星の受信状態等により、約 50m 程度の測定誤
差が出る場合があります。
● GPS 衛星受信と車載電子機器
ナビゲーション本体や、地デジチューナーおよび衛星放送受信機等の車載
電子機器からの漏れ電波により、GPS 衛星を受信できないことがありま
す。そのような場合、車載電子機器から離し GPS 衛星の受信に影響のな
い箇所へ本製品を取付けてください。
6
各部の名称
本体
電源ジャック
音声録音用マイク
テレビ接続端子
バッテリーカバー
microSDカードスロット
カメラ
スイッチ
スピーカー
スイッチ
スイッチ
スイッチ
POWER/ERROR
ランプ
(⇒P49)
DROP-006
接続ケーブル配線用
録画/再生
切替スイッチ
注意
microSD カードと内蔵バッテリーは消耗品であり、約 2 ∼ 3 年を目安に交換する
ことをお勧めします。
• microSD カードの性質上、書き込み可能回数など製品寿命があります。
• 使用状況により内蔵バッテリーの寿命は短くなることがあります。
7
はじめに
威嚇LED
各部の名称
付属品
ステー(1 個)
ステー固定用ネジセット
(1 個)
電源コード
コードクランプ(5 個)
(約 5m/1A ヒューズ内蔵)
ステー固定用
両面テープ(1 枚)
内蔵バッテリー(1 個)
エレクトロタップ(1 個)
脱脂クリーナー(1 枚) microSDHC カード(1 枚)
(SD カード変換アダプター付属)
※出荷時本体に
セットされています。
別売オプション
品番
品名
使用目的
998002-8730
シガープラグコード
(DROP-004)
本製品の電源を車両シガーソケットから取る事が
できます。
998003-0160
AV ケーブル
本製品をテレビで再生するためのケーブルです。
998003-0170
AC アダプター
本製品の電源を家庭用(AC100V)コンセント
から取ることができます。
998003-0200
デジタコ連携ハーネス DROP-006 に富士通製のデジタコと連携するこ
(DROP-003)
とができます。
998003-0240
内蔵バッテリー
998003-1230
プルアップハーネス
(DROP-005)
交換用内蔵バッテリーです。
無電圧車速パルス車などへ DROP-006 を接続す
る際に使用します。
998003-2390
microSDHC カード
交換用 microSDHC カードです。
998003-2400
車両情報ユニット
(DROP-006)
本製品と接続することで車速情報、ブレーキ情報
を取得することができます。
8
取付け方法
取付手順を確認する
下記手順を参考に取付けを行なってください。
車両に電源コードを接続する (P10,P11)
車両に本製品を取付ける (P13 ∼ P20)
動作確認を行う (P22 ∼ P24)
パソコンで映像を確認する
(P25 ∼ P31)
テレビで映像を確認する
(P32 ∼ P40)
終了
9
取付け
本製品に内蔵バッテリーを取付ける (P12)
取付け方法
電源コードを取付ける
ACC 線を接続する
付属電源コードの ACC 線をイグニッションキーが ACC 位置で電圧が
12V(24V 車の場合は 24V)、OFF の位置で必ず 0V になる車両の配線
に付属のエレクトロタップで接続します。
※ OFF の位置で電圧が 0V にならない車両やアイドリング検出機能(⇒ P46)を使
用する時はイグニッション電源へ接続してください。
車両ACC配線
1Aヒューズ
OFF の位置
0V
ACC の位置
12V
(24V車の場合は24V)
エレクトロタップ
電源コード(ACC線)
アドバイス
エレクトロタップを使った接続方法
1)車両側コードをエレクトロタップ側面よりは
め込み、付属電源コードは差込み穴からストッ
パーまで深く挿入します。
金属端子
車両側コード
差し込み穴
付属電源コード
2)プライヤー等で金属端子を完全に押込みます。
プライヤー
3)カバーを矢印の方向に倒し、ロックします。
4)最後に市販の絶縁テープを巻いて接続部を保護
します。
グレー部分全体にテープ
を巻いてください。
10
取付け方法
アース線を接続する
付属電源コードのアース端子を車両アースボルトへ確実に共締めしてください。
<取付例>
アース箇所
取付け
この部分に取付けます
車両アースボルト
アース端子
注意
NG 取付例
車両鉄板部
樹脂
・アースボルトとアース線の間に樹脂などを挟ん
でいる(右図)と動作が不安定になることがあり
ます。車両鉄板部に確実に共締めしてください。
・アース箇所が塗装されている場合、塗装を剥がし
て接続を行なってください。
線
アドバイス
ヒューズ交換方法
電源コードのヒューズホルダーのキャップを開け、同じ容量、サイズのガラス管
ヒューズ (1A) と交換してください。また、初回取付け時やヒューズを交換した
後は必ず絶縁テープでヒューズホルダーを保護してください。
初回取付け時またはヒューズ交換後、
絶縁テープでヒューズホルダーを
保護してください。
1Aガラス管ヒューズ
11
取付け方法
内蔵バッテリーを取付ける
本製品を使用する前に、内蔵バッテリーを本体に取付けてください。
1) 本製品のバッテリーカバーを矢印の方
向へスライドさせて外してください。
2) 右図のようにケーブルを取回し、バッ
テリーコネクターを接続してケース内
に内蔵バッテリーを入れてください。
※防音用のスポンジに押当てながら内蔵バッテ
リーを入れてください。
3) バッテリーカバーを矢印の方向へスラ
イドさせて取付けてください。
注意
• コネクターには極性がありますのでコネクターの凹凸に合わせてください。
• コネクターは必ず奥までしっかり差込んでください。
• 内蔵バッテリーの寿命は約 2 ∼ 3 年が目安となりますが、使用状況により内蔵バッ
テリーの寿命が短くなることがあります。
• 内蔵バッテリーの購入に関しましては、販売店にてご注文ください。
• 本製品は専用の内蔵バッテリーを使用しているため、他のバッテリーは使用しない
でください。故障の原因となります。
12
取付け方法
取付け位置を確認する
本製品はステーの向きを変えることでルームミラー裏側、またはダッシュ
ボード上に取付けることができます。取付け位置についての注意事項等は
各取付けページを参照ください。
取付け
ルームミラー裏側へ取付け
(⇒P14∼P16)
ダッシュボード上へ取付け
(⇒P17∼P18)
シガープラグコード
※別売オプション
ACC電源へ接続(⇒P10)
塗装されていない車両アースボルトへ接続
(⇒P11)
注意
• 必ず付属のクリーナーで貼付け面の汚れ(油分・水滴など)をキレイにし、乾いて
から取付けを行なってください。パーツクリーナー、ガラスクリーナー等は絶対に
使用しないでください。
• 気温が低い場合、両面テープの粘着が弱くなります。ドライヤーなどで粘着面を暖
めてから貼付けをしてください。また、製品に直接ドライヤーの熱が当らないよう
注意してください。
• 一度貼付けた両面テープは粘着力が弱くなりますので再使用しないでください。
• 取付け後両面テープがしっかり貼付くまで引っ張ったり無理な力を掛けないように
注意してください。外れる原因となります。
• ステー角度調整ネジを強く締めすぎると破損する恐れがありますのでご注意ください。
• 車両のフロントガラスや本製品のカメラ部分に汚れがあると、十分な映像が記録で
きない可能性があります。
13
取付け方法
本体を取付ける
ルームミラー裏側へ取付ける
注意
• ルームミラー裏側への取付けは、道路運送車両法に基づく保安基準により設置場所
が限定されています。運転者の視界の妨げにならないように、フロントガラス上部
より 1/5 以内のルームミラー裏側へ設置してください。その際ミラーと干渉しな
い位置に取付けしてください。
• ワイパーの可動範囲に取付けることをおすすめします。範囲外に取付けるとフロント
ガラスの汚れ、雨天時の水滴などにより記録した映像が見づらくなることがあります。
• 地デジ等テレビのアンテナ近くには設置しないでください。
• 本製品の近くに GPS 機能を持つ製品や VICS 受信機を設置しないでください。誤
作動を起こす可能性があります。
• 本製品を車検シールの上に貼らないでください。
※ミラー裏へ取付ける場合、 の範囲へ取付けを行なってください。
上部より
1/5以内
運転席から見て、ルームミラーの陰になり、
視界を妨げない場所へ取付ける
取付不可
ワイパー可動範囲
1)本体にステーを付属のネジで下図の向きに固定します。
アドバイス
・ネジはコインなどで必ず増し締めしてください。
・本体を取外す時は、本体を落としたり、固定し
ているネジをエアコンの吹出し口などに落とさ
ないように気を付けてください。
14
取付け方法
2)ステーに両面テープを貼ります。
※仮 止 め し、 撮 影 映 像 お よ び microSDHC
カードが取り出せる位置である事を確認す
ることをお勧めします。
取付け
3)フロントガラスを付属のクリーナー
でキレイにし、乾いた後、本製品が
水平になるようにステーをフロント
ガラスへ貼付けます。
※約 20 秒間押付け、確実に固定します。
※必ず付属のクリーナーを使用してくださ
い。パーツクリーナー、ガラスクリーナー
等を使用した場合、成分によっては剥がれ
る場合があります。
アドバイス
貼付面裏側のステー部を手でしっかり押さえて貼付けムラが無いようにしてくだ
さい。また貼付後に、車外から貼付面にムラがない事を確認してください。
◇ステー貼付け面
全
体に貼付いている
る
全体に貼付いている
ステー貼付け面を
裏側から押さえる。
車外から貼付け面にムラが
が
ない事を確認する。
15
浮き箇所がある
取付け方法
4)電源コードを接続し、配線の取回し
を行ってください。
※運転の妨げにならないように、付属のコー
ドクランプを使用し、配線の取回しを行っ
てください。
5)ステーの角度調整ネジを緩め、フロ
ントガラスに合わせ、本体が垂直に
なるように調整します。
電源ジャック
角度調整ネジ
※ステーは水平に 360°回転しますので、横
方向の調整も可能です。
アドバイス
角度調整方法
ステーの角度調整ネジを緩めた後、本体を揺らすことで道路に対して垂直になり
ます。その後、角度調整ネジを締めてください。
※ 車両が水平になる場所で調整を行なってください。
ステー角度調整ネジ
記録した映像が暗い場合
本製品を少し下向きになる(記録映像内の道路水平線が少し上にくる)ように角
度を調整することで改善する場合があります。
16
取付け方法
ダッシュボードへ取付ける
注意
ワイパー可動範囲
1)本体にステーを付属のネジで下図の向きに固定します。
アドバイス
・ネジはコインなどで必ず増し締めしてください。
・本体を取外す時は、本体を落としたり、固定し
ているネジをエアコンの吹出し口などに落とさ
ないように気を付けてください。
17
取付け
• ダッシュボード上へ取付ける場合は、運転や視界の妨げにならない場所に取付けて
ください。また、自動車の機能(エアバッグ等)の妨げにならない場所に取付けて
ください。事故や怪我の原因となります。
• ワイパーの可動範囲に本製品を取付けることをおすすめします。範囲外に取付ける
とフロントガラスの汚れ、雨天時の水滴などにより記録した映像が見づらくなるこ
とがあります。
取付け方法
2)ステーに両面テープを貼ります。
※仮止めし、撮影映像を確認することをお勧
めします。
3)ダッシュボードを付属のクリーナーでキレイにし、乾いた後、本製
品を固定します。ステーの角度調整ネジを緩め、本製品が道路と水
平になるように角度を調整します。
※ステーは 360°回転します。
※必ず付属のクリーナーを使用してください。パーツクリーナーやガラスクリー
ナー等を使用した場合、成分によっては剥がれる場合があります。
※ダッシュボードの形状や素材によっては貼付きにくい場合があります。そのよ
うな場合、ミラー裏側フロントガラスへ取付けを行なってください。
4)電源コードを接続し、配線の取回し
を行なってください。
※運転の妨げにならないように、付属のコー
ドクランプを使用し、配線の取回しを行
なってください。
18
電源ジャック
取付け方法
アドバイス
車内で取付方向を確認する
車両のテレビまたはナビゲーションにビデオ入力端子が付いている場
合、実際に撮影する映像を画面に表示しながら確認することができます。
1)本製品の録画 / 再生切替スイッチを【PLAY】に切替えます。
取付け
2)本製品とテレビまたはナビゲーションを別売の AV ケーブルで
接続します。
テレビ / ナビゲーション
付属電源コード(約 5m)
外部入力端子(黄 / 白)
別売 AV ケーブル(約 2m)
3)起動後メニュー画面が表示されたら、【
】スイッチまたは
【
】スイッチで【取付方向確認】を選択し、【
】スイッ
チを押してください。
メニュー画面
イベントデータ
< スイッチ >
イベントデータ
< 衝撃 >
オールデータ
選択する
設 定
1
2 SET 3
取付確認
その他
アドバイス
画面下部に表示されるアイコンは、
本製品を縦に持った時のスイッチの
位置と一致します。
また、アイコンの隣の数字とスイッチ
の数字も一致しています。
4
SET
: 左に移動
: 決定
: 右に移動
次ページへ
19
取付け方法
アドバイス
4)画面に表示されるマークを目安に道路の水平線が、画面の中央∼
中央より少し上に合うようにステーの角度を調整してください。
※ GPS の受信状況も確認することができます。
取付方向確認画面
GPS サーチ中・・・
1
2 SET 3
4
5)調整後、ステーの角度調整ネジ等に緩みが無いことを確認し、
電源を OFF にします。その後録画 / 再生切替スイッチを【REC】
に切替え、ご使用ください。
ON
OFF
20
基本操作
映像を記録する
本製品は電源を ON にした後、POWER/ERROR ランプが緑点灯または遅
い点滅した時点から映像の記録を開始し、電源を OFF にするまで記録を続
けます。
通常は ON から OFF までで一つの録画データ(オールデータ)になります
が、本体のスイッチを押した時(⇒ P23)や衝撃を検出した時は、スイッ
チ操作または衝撃を検出した時点の前後合計約 30 秒間を、通常とは別の録
画データ(イベントデータ)としてそれぞれ保存します。
再生時、
『オールデータ』で表示される内容
電源
ON
電源
OFF
電源
OFF
オール2
電源
ON
電源
OFF
電源
ON
電源
OFF
オール4
オール3
スイッチ操作または衝撃
再生時、
『イベントデータ』で
表示される内容
約20秒前
約10秒後
イベント1
アドバイス
・microSDHC カードの容量がいっぱいになると、古いデータから上書きして新
しいデータを記録します。
・スイッチ操作または衝撃による録画データ(イベントデータ)は、スイッチ操
作は 10 件、衝撃は 30 件まで保存できます。
・起動直後にスイッチ操作や衝撃を検出しても、記録前の映像が無いため、記録時
間の短い(30 秒未満)映像が記録されることがありますが故障ではありません。
・スイッチ操作または衝撃による録画データ(イベントデータ)の保存中は、スイッ
チ操作や衝撃を検出しても、新しいイベントデータを記録することはできません。
・POWER/ERROR ランプが橙点滅している場合は、映像を記録することはでき
ません。エラーを解除してください。(⇒ P48、49)
・事故発生時の衝撃が弱い場合、衝撃による映像の記録が出来ない場合があります。
注意
• LED 式信号機を撮影すると、信号が点滅したような映像が記録されますが異常で
はありません。これは LED 式信号機との同期対策のためで、記録映像において信
号機の状況を確認できるようにしたものです。
• 光や信号機自体の輝度が低い等により、信号機の色が識別できない場合があります。
そのような場合は、前後の映像、周辺の車両状況から判断してください。
21
基本操作
オール1
電源
ON
基本操作
電源を ON にする
本製品に付属バッテリーを接続し、エンジンを始動してください。
ON
POWER/ERROR
ランプ
POWER/ERROR
ランプ
橙点灯
遅い緑点滅
緑点灯
本体の状態
初期チェック中
正常録画中
GPS 未受信
正常録画中
GPS 受信
アドバイス
・電源 ON してからの時間が最大記録時間を超える場合、古いデータから順に上
書きされていきます。
・終了時に正常に録画データの保存が行われなかった場合、次回起動時に録画デー
タの修復処理を自動で行います。修復処理中は『録画データを修復しています』
というアナウンスを継続して行います。
電源を OFF にする
キーを OFF に回してください。
ON
OFF
POWER/ERRORランプが
消灯した事を確認する
注意
電 源 が ON の 状 態 で microSDHC カ ー ド の 抜 差 し を 行 わ な い で く だ さ い。
microSDHC カード破損の原因となります。必ず、電源 OFF 後 LED が 3 秒以上消
灯した事を確認し、microSDHC カードの抜差しを行なってください。
22
基本操作
動作を確認する
1. スイッチ操作での記録を確認する
1)POWER/ERROR ランプが遅い緑点滅 / 緑
点灯している時(録画中)にスイッチを押
してください。
どれか一つ
スイッチを押す
※ 4 つのスイッチのどれを押しても記録できます。
2)POWER/ERROR ランプが早い緑点滅を始
め、スイッチを押した前後合計約 30 秒間の
録画データを保存します。
基本操作
POWER/ERROR
ランプ早い緑点滅
2. 音声の記録を確認する
本製品は映像と同時に音声も記録することができます。
1)POWER/ERROR ランプが遅い緑点滅 / 緑点灯している時(録画中)
に、ラジオやオーディオの音を鳴らしてください。
※音声は自動で録音されます。
アドバイス
初期設定は音声録音機能は ON です。設定で OFF にすることもできます。
(⇒ P28、37)
23
基本操作
3. 記録した映像を確認する
パソコンのビューワーソフトを使用するかテレビに接続し、記録した映像
を確認してください。
≪確認内容≫
・
『オールデータ』内に電源 ON から電源 OFF までの映像が正常に記録さ
れていること
・
『イベントデータ<スイッチ>』内にスイッチ操作で記録した映像が正
常に記録されていること
・録画データに音声が録音されていること。
4. 内蔵バッテリーの充電を行う
再度車両へ取付けたあと、エンジンをかけて内蔵バッテリーの充電を行なっ
てください。
エンジンをかける
アドバイス
・商品出荷時には検査用予備充電しかされていませんので、長期間充電しない状
態が続くと内蔵バッテリーが自然放電している場合があります。初めてご使用
になる時は 8 時間程度の充電が必要です。
・充電を断続的に行う場合は、目安として 1 日 1 時間程度の走行で約 2 週間で満
充電となります
・別売の AC アダプターを使用することで、家庭用コンセントで充電することも
できます。その際は録画 / 再生切替スイッチを【PLAY】に切替え、充電を行なっ
てください。
24
パソコンで見る
ビューワーソフトをインストールする
弊社ホームページ(http://www.e-comtec.co.jp)よりビューワーソフト
をダウンロードし、ホームページの手順に従いインストールします。
映像を再生する
1)本体の microSD カバーを開け、microSD カードを取出します。
・microSD カードを取り出すときは、一度 microSD カードを軽く押し込み、少
し飛び出してから引き抜いてください。
・挿入するときは、「カチッ」と音が鳴るまで差し込んでください。
映像を見る
2)microSDHC カードに対応したカードリーダー等を使用し、パソコ
ンへ挿入します。
※ microSDHC に対応していないカードリーダーの場合、パソコンがカードを認
識できません。
アドバイス
microSD カードを取出す際はエアコン吹出し口等に落とさないように気を付け
てください。
25
パソコンで見る
3)インストールしたビューワーソフトを起動します。
①
②
③
④
⑤
⑥
スイッチ操作により保存されたイベント
①
④ 本体の設定画面を表示
データの一覧を表示
衝撃により保存されたイベントデータの
保存されている録画データ(チャプター)
②
⑤
のサムネイルを表示
一覧を表示
運行データを CSV 形式で出力する
③ オールデータの一覧を表示
⑥
※最新の 1000 件を保存
アドバイス
CSV ファイルで確認できる保存情報
保存情報
電源をオンにした時間
電源をオフにした時間
電源オンからオフまでの走行距離※
電源オンからオフまでのアイドリング時間※
電源オンからオフの間に発生した速度超過時間※
電源オンからオフの間に発生した速度超過回数※
電源オンからオフの間に発生した安全運転報知回数
電源オンからオフの間に発生した衝撃トリガの回数
電源オンからオフの間に発生したスイッチトリガの回数
記録内容
年月日 時分秒
年月日 時分秒
0 ∼ 9999.9km
00:00:00 ∼
99:59:59
00:00:00 ∼
99:59:59
000 ∼ 999 回
000 ∼ 999 回
000 ∼ 999 回
000 ∼ 999 回
※ DROP-006『車両情報ユニット』接続時は車速パルスにより算出した速度を
利用しています。
26
パソコンで見る
4)確認したい映像をクリックすると再生画面に切替わり、再生が始まります。
⑫
⑬
⑭
⑮
⑯
⑰
①②③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨
⑩
⑪
② 前のトラックに戻る
⑪ 現在のトラックの再生位置を表示
③ コマ戻しする※再生中のみ
④
再生を始める。
※再生中は一時停止ボタンに切替わる
⑤ コマ送りする※再生中のみ
インターネット接続時、Google マップを
⑫ 表示
※ GPS 受信時のみ自車位置を表示
・速度表示
⑬ ・ブレーキの ON/OFF を表示
※オプション接続時のみ
再生データのトラックの数 / 録画モード /
⑭
録画日時 / 音声の有無を表示
⑥ 次のトラックに進む
⑮ 緯度経度 / 加速度を表示
⑦ 録画データの一覧画面に戻る
⑯ 加速度グラフを表示
静止画を保存する。
⑧
⑰ 次のトラック番号を表示
※一時停止中のみ表示
現在再生しているトラックより 8 トラック
⑨ 分を動画データに変換し保存する。
※一時停止中のみ表示
アドバイス
ビ ュ ー ワ ー ソ フ ト で 変 換 さ れ る 動 画 デ ー タ を パ ソ コ ン で 再 生 す る 場 合、
QuickTime などで再生することができます。
27
映像を見る
① トラックの先頭に戻る
現在のチャプターの再生時間 / 総時間を表
示。
⑩
※上書きされたデータがある場合、文字色
がオレンジに変わります。
パソコンで見る
設定を変更する
ビューワーソフトの『設定』より、設定を変更することができます。
アドバイス
設定を行なった microSD カードを本体に挿入し、電源を入れる事によって本体
に設定が反映されます。
注意
別売オプションの DROP-006『車両情報ユニット』を接続しない場合は車速パル
スの設定をオートまたは OFF に設定してください。GPS 情報による車速表示が行
われなくなります。
設定一覧
≪基本設定≫
項目
常時録画
設定内容
ON/OFF
初期設定
ON
OFF/0.1 ∼ 1.0G
0.4G
ロング / ノーマル / ファイン
ON/OFF
OFF/1 ∼ 10
OFF/2/4/6/8/16/20/25/
オート
ノーマル
ON
5
ON/OFF
OFF
設定内容
初期設定
OFF/1000km ∼ 9000km
OFF
ON/OFF
OFF/1 月∼ 12 月
OFF
OFF
衝撃感度
録画モード
音声録音
音量
車速パルス
威嚇 LED
オート
備考
敏感(0.1G)∼
鈍感(1.0G)
DROP-006
接続時のみ設定
右側に充電状態が
表示されます。
≪メンテナンス設定≫
項目
オイル交換
走行距離リセット
12 ヶ月点検
備考
500km 単位で
設定可能
≪ドライブサポート設定≫
安全運転報知
GPS アナウンス
車速アラーム
エコモード
OFF/ アラーム / 音声
ON/OFF
OFF
OFF
OFF/10km/h ∼ 120km/h
OFF
OFF/ エコ 1/ エコ 2
OFF
28
10km/h 単位で
設定可能
パソコンで見る
パスワードを設定する
パスワードを設定することで、プライバシーの保護や他人に録画データを
見られないようにセキュリティを強化することができます。
注意
設定後、パスワードを忘れると解除することもできません。ご注意ください。
設定方法
1)『設定』内の『その他』から『パスワード』を選択します。
2)4 桁の数字を入力し、『OK』を押します。
䊌䉴䊪䊷䊄䉕౉ജ䈚䈩䈒䈣䈘䈇
㪉
㪊
䊌䉴䊪䊷䊄ή䈚
㪋
㪦㪢
㪚㪸㫅㪺㪼㫃
3)次回ビューワーソフト起動時より、正確なパスワードを入力しない
とメニュー画面に入ることができなくなります。
アドバイス
・誤ったパスワードを入力した場合は、再度入力を行なってください。
・パスワードを設定した場合は、パスワードを忘れないように管理してください。
・パスワードを忘れてしまった場合、microSD カードのフォーマットをパソコン
で行う事で使用することができます。ただし録画データも消去されてしまいます。
パスワード設定を解除する場合
パスワード設定画面で『パスワード無し』を選択してください。
29
映像を見る
㪈
パソコンで見る
録画データを消去する
設定内容を残した状態で、録画データのみを消去することができます。
アドバイス
・設定を行なった microSD カードを本体に挿入し、電源を入れる事によって本
体に設定が反映されます。
・記録した映像を 1 件単位で削除することはできません。
消去方法
1)『設定』内の『その他』から『録画データ消去』を選択します。
2)確認画面が表示されるので消去しても良ければ、
『はい』を選択します。
3)microSD カードを本体に挿入し電源を入れると、録画データの消去
が開始されます。
30
パソコンで見る
工場出荷時に戻す
工場出荷時に戻すことで、設定と記録した録画データを消去します。
アドバイス
・設定を行なった microSD カードを本体に挿入し、電源を入れる事によって本
体に設定が反映されます。
・記録した映像を 1 件単位で削除することはできません。
工場出荷時への戻し方
1)『設定』内の『その他』から『工場出荷時に戻す』を選択します。
2)確認画面が表示されるので工場出荷時の状態に戻しても良ければ、
『は
い』を選択します。
映像を見る
3)microSD カードを本体に挿入し電源を入れると、設定内容と記録し
た録画データおよびパスワードの消去が開始され、工場出荷時の状
態に戻ります。
31
テレビで映像を見る
本体とテレビを接続する
家庭用コンセント
別売 AC アダプター ( 約 1.5m)
テレビ
本体
外部入力端子(黄 / 白)
本体裏の録画 / 再生切替スイッチを
【PLAY】に切替える
別売 AV ケーブル ( 約 2m)
本体の録画 / 再生切替スイッチを【PLAY】に切替え、本体とテレビを接
続すると電源が入り、メニュー画面が表示されます。
≪メニュー画面≫
イベントデータ
< スイッチ >
イベントデータ
< 衝撃 >
オールデータ
アドバイス
設 定
1
2 SET 3
取付確認
その他
4
SET
①
画面下部に表示されるアイコンは、
本製品を縦に持った時のスイッチの
位置と一致します。
また、アイコンの隣の数字とスイッチ
の数字も一致しています。
: 左に移動
: 決定
: 右に移動
スイッチ操作によって保存された映像
④ 設定画面に入る。
を表示。
② 衝撃によって保存された映像を表示。 ⑤ カメラ映像を表示。
③
電源の ON/OFF によって保存された
パスワードの設定、データの消去など
⑥
映像を表示。
の画面に入る。
32
テレビで映像を見る
映像を再生する
1)メニュー画面で【
】スイッチまたは【
】スイッチで『イ
ベントデータ ( スイッチまたは衝撃 )』、『オールデータ』を選択し、
【
】スイッチを押すと、保存された映像が一覧で表示されます。
項目を選択する
決定する
1
2 SET 3
4
1
≪選択画面≫
サムネイルを表示
記録された日付と時間
ページ数
アドバイス
1
2 SET 3
4
1
SET
: 左に移動
: 決定
: 右に移動
: メニュー画面に戻る
33
画面下部に表示されるアイコンは、
本製品を縦に持った時のスイッチの
位置と一致します。
また、アイコンの隣の数字とスイッチ
の数字も一致しています。
映像を見る
テレビで映像を見る
2)
【
【
】スイッチまたは【
】スイッチで再生したい画像を選択し、
】スイッチを押すと、再生画面が表示されます。
2 0 1 1 /0 7 /0 1 1 2 :14: 15
N
加速度
映像を選択する
X=
Y=
Z=
決定する
速度
54
km
/h
BRAKE
1
3)再生画面が表示された後、
【
れます。
2
3
4
00 : 26 : 04/ 00 : 44 : 26
】スイッチを押すと映像が再生さ
アドバイス
・テレビ側に接続している端子をビデオや DVD レコーダー等の外部入力端子に
接続し、録画することで記録した映像を保存することができます。
・記録した映像を 1 件単位で削除することはできません。
34
テレビで映像を見る
≪再生画面≫
② ③
①
2 0 1 1 /0 7 /0 1 1 2 :1 4 :1 5
④
N
加速度
X=
Y=
Z=
⑪
速度
km
/h
⑫
BRAKE
⑬
54
⑤
1
2
⑥
3
⑦
0 0 : 26 : 0 4 /0 0 : 44 : 2 6
4
⑧
⑨
⑩
③ 音声の有無を表示。
⑩ 再生時間 / 総時間を表示。
④ 再生状態を表示。
加速度を表示。
⑪ 再生中はバーで表示し、一時停止中は
数値で表示。
スイッチ操作または衝撃検出地点を表示。
⑤ ※スイッチ操作または衝撃による記録 ⑫ 速度を表示。
時(イベントデータ)のみ。
本体【
】スイッチで操作
再生時:映像を巻戻す。
オプション『DROP-006』接続時、ブ
⑥ 巻戻し中に押すことで巻戻しの速度を ⑬
レーキの ON/OFF を表示。
切替える。(2 段階)
一時停止時:映像をコマ戻しする
本体【
】スイッチで操作
⑦
再生および一時停止。
35
映像を見る
本体【
】スイッチで操作
再生時:映像を早送りする。
① 録画した日時を表示。
⑧ 早送り中に押すことで早送りの速度を
切替える。(2 段階)
一時停止時:映像をコマ送りする
本体【 】スイッチで操作
前の画面に戻る。
録画モードの設定を表示。(⇒ P37)
②
⑨
L: ロング N: ノーマル F: ファイン
長押しすることで通常表示⇔全画面表示
を切替える。
テレビで映像を見る
設定を変更する
1)メニュー画面で【
】スイッチまたは【
を選択し、【
】スイッチを押します。
】スイッチで『設定』
オ ルデ タ
オールデータ
項目を選択する
決定する
設 定
1
2 SET 3
取付確認
その他
4
2)
【
】スイッチまたは【
】スイッチで『基本設定』、
『メンテナンス』、
『ドライブサポート』を選択し、【
】スイッチを押して各種設定
画面に入ります。
≪基本設定画面≫
基本設定
1
2 SET 3
3)【
は【
メンテナンス
常時録画
衝撃感度
録画モード
音声録音
音量
車速パルス
威嚇 LED
ドライブ
サポート
1
4
2
:ON
:0.4G
:ノーマル 6H 10FPS
:ON
: 5
:オート
:OFF 【充電 40%】
3
4 SET
】スイッチを押して設定項目を選択し、【
】スイッチで設定内容を変更します。
4)設定変更後、【
】スイッチまた
】スイッチを押すことで設定が登録されます。
注意
別売オプションの DROP-006『車両情報ユニット』を接続しない場合は車速パル
スの設定をオートまたは OFF に設定してください。GPS 情報による車速表示が行
われなくなります。
36
テレビで映像を見る
設定一覧
≪基本設定≫
項目
設定内容
初期設定
常時録画
ON/OFF
ON
衝撃感度
OFF/0.1 ∼ 1.0G
0.4G
ロング / ノーマル / ファイン
ノーマル
ON/OFF
ON
録画モード
音声録音
音量
車速パルス
OFF/1 ∼ 10
5
OFF/2/4/6/8/16/20/25/
オート
オート
ON/OFF
OFF
設定内容
初期設定
OFF/1000km ∼ 9000km
OFF
ON/OFF
OFF/1 月∼ 12 月
OFF
OFF
威嚇 LED
備考
敏感(0.1G)∼
鈍感(1.0G)
DROP-006
接続時のみ設定
右側に充電状態が
表示されます。
≪メンテナンス設定≫
項目
オイル交換
≪ドライブサポート設定≫
安全運転報知
GPS アナウンス
車速アラーム
エコモード
OFF/ アラーム / 音声
ON/OFF
OFF
OFF
OFF/10km/h ∼ 120km/h
OFF
OFF/ エコ 1/ エコ 2
OFF
37
10km/h 単位で
設定可能
映像を見る
走行距離リセット
12 ヶ月点検
備考
500km 単位で
設定可能
テレビで映像を見る
パスワードを設定する
パスワードを設定することで、プライバシーの保護や他人に録画データを
見られないようにセキュリティを強化することができます。
注意
設定後、パスワードを忘れると解除することもできません。ご注意ください。
設定方法
1)メニュー画面の『その他』から『パスワード』を選択します。
オールデータ
録画データ
パスワード
設 定
1
2 SET 3
取付確認
その他
4
1
2)『設定する』を選択し、【
【
】スイッチまたは【
2 SET 3
】スイッチを押して数字を選択し、
】スイッチで場所を移動します。
パスワード
パスワード
パスワードを入力してください。
パスワードを入力してください。
1234
設定する
1
4
2 SET 3
1
4
2
3
4 SET
3)【
】スイッチを押すことでパスワードが設定され、次回起動時に、
正確なパスワードを入力しないとメニュー画面が表示されません。
アドバイス
・誤ったパスワードを入力した場合、
『パスワードが違います』と表示されるので
【 】スイッチを押し、再度入力を行なってください。
・パスワードを設定した場合は、パスワードを忘れないように管理してください。
・パスワードを忘れてしまった場合、microSD カードのフォーマットをパソコン
で行う事で使用することができます。ただし録画データも消去されてしまいます。
パスワード設定を解除する場合
パスワード設定画面で『解除する』を選択してください。
38
テレビで映像を見る
録画データを消去する
設定内容を残した状態で、録画データのみを消去することができます。
アドバイス
記録した映像を 1 件単位で削除することはできません。
消去方法
1)メニュー画面の『その他』から『録画データ消去』を選択します。
オールデータ
録画データ
消去
パスワード
設 定
1
2 SET 3
取付確認
工場出荷時に
その他
4
1
2 SET 3
4
2)確認画面が表示されるので消去しても良ければ、
『はい』を選択します。
いいえ
1
2 SET 3
は い
4
3)録画データが消去されます。
39
映像を見る
録画データ消去
録画したデータを消去しますか?
テレビで映像を見る
工場出荷時に戻す
工場出荷時に戻すことで、設定と記録した録画データを消去し、初期化し
ます。
アドバイス
記録した映像を 1 件単位で削除することはできません。
工場出荷時への戻し方
1)メニュー画面の『その他』から『工場出荷時に戻す』を選択します。
オールデータ
工場出荷時に
戻す
パスワード
設 定
1
2 SET 3
取付確認
その他
4
1
2 SET 3
4
2)確認画面が表示されるので工場出荷時の状態に戻しても良ければ、
『は
い』を選択します。
工場出荷時に戻す
録画したデータを消去し、工場出荷時の状態に戻しますか?
いいえ
1
2 SET 3
は い
4
3)設定内容と記録した録画データおよびパスワードが消去され、工場
出荷時の状態に戻ります。
40
便利な機能
録画モードを変更する
録画モードを変更することで、撮影映像の画質、フレームレートを変更す
ることができます。
また録画モードを変更することにより本体に記録できる時間も変わります。
※ 下記表の記録時間はおおよその目安としてください。記録時間は録画する風景や明
暗によって変動します。
≪設定内容≫
設定
画質
フレームレート
ロング
ノーマル
ファイン
標準
5fps
10fps
20fps
高画質
記録時間
音声入力無し
音声入力有り
約 14 時間
約 12 時間
約 6 時間
約 6 時間
約 3 時間
約 3 時間
威嚇 LED を点滅させる
本製品は本体カメラ側に威嚇 LED(青)を搭載しています。
『威嚇 LED』
の設定を ON にすることでキー OFF 後、一定期間点滅します。
※ 点滅する期間はバッテリーの充電状態によって異なります。
威嚇 LED(青)
アドバイス
威嚇 LED は内蔵バッテリーを使用するため 1 週間に 2 時間以上走行する(充電する)
場合、『ON』に設定することをお勧めします。
41
基本操作
※ フレームレートとは 1 秒あたりの記録枚数を表わしており、fps(Frames Per
Second)という単位で表します。数値が大きいほど映像が滑らかに再生されます。
便利な機能
車両メンテナンス機能
設定した月・走行距離になったあと、次回起動時にアナウンスを行います。
オイル交換のお知らせ
設定画面で『1000km ∼ 9000km(500km 単位)』から選択し設定す
ると、設定した距離を走行後、次回起動時にオイル交換を促すアナウンス
を行います。
例)3000km に設定した場合
次回起動時
オイル交換の距離に
なりました
3000km 走行
アドバイス
オイル交換終了後、設定画面で『走行距離リセット』を行うことで、再度設定した距離
を走行後オイル交換のアナウンスを行います。
12 ヶ月点検のお知らせ
設定画面で『1 月∼ 12 月』から選択し設定することで、設定した月にな
ると車両点検を促すアナウンスを行います。
「車両点検の時期になりました。」
42
便利な機能
安全運転報知機能
急加速や急減速等、一定以上の「G(加速・減速)
」を検出すると音声また
はアラーム音でお知らせする機能です。エコ運転の目安にしてください。
また、長時間運転報知機能も連動して ON になります。
アナウンス内容
運転状況によって音声が切替わります。
安全運転報知レベル
レベル 1
レベル 2
レベル 3
アラーム音、音声内容
効果音 安全運転を心がけましょう
効果音 安全運転を心がけてください
効果音 運転に注意してください。
※ 設定をアラームにした場合、効果音のみ鳴ります。
・衝撃検出レベルの設定に応じて報知レベルが変化します。
・ブザーが鳴らないように運転をすることで、加速・減速など運転をする際の目
安にしてください。
・スイッチ操作または衝撃により映像を記録している時は、安全運転報知機能は
作動しません。
長時間運転報知機能
連続で 2 時間運転を行なった時に下記アナウンスを行います。
※ 安全運転報知機能を『アラーム』に設定していてもアナウンスを行います。
「運転時間が 2 時間になりました。」
43
基本操作
アドバイス
便利な機能
GPS セーフティアナウンス機能
事故多発ポイントや速度監視路線等、事故の多い地点を通過する前に注意
を促すアナウンスを行います。
※ ポイントの追加および更新を行う事はできません。
事故多発ポイント
事故多発ポイントとして登録されている地点の約 300m 手前で 1 回下記
アナウンスを行います。
「この先事故多発ポイントです。」
速度監視路線
速度監視路線として登録されている地点の約 1km 手前で 1 回下記アナウ
ンスを行います。
「この先速度監視路線です。」
車速アラーム機能
設定画面で『10 ∼ 120km/h』から選択し設定することで、設定した速
度を超えた場合に下記アナウンスを行います。
またアナウンス後 1 分間は再アナウンスを行いません。
「スピードの出し過ぎに注意しましょう。」
44
便利な機能
エコモード
エコモードを設定することで、エコ運転を支援するアナウンスを行います。
また設定内容によってアナウンスを行う項目の数が異なります。
項目
設定内容
アナウンス内容
エコ 1 エコ 2
加速評価(ふんわりアクセル) ―
○
加減速評価
―
○
一定速度での運転評価
アイドリング検出機能
タイヤの空気圧チェック
エアコンの適正温度
―
○
○
○
○
○
○
○
ふんわりアクセルです。
緩やかな加速を心がけましょう。
緩やかな減速を心がけましょう。
エコ運転です。
長時間のアイドリングは控えましょう。
タイヤの空気圧を点検しましょう。
エアコンは適切な温度に設定しましょう。
ゆっくりスタートした時にアナウンスを行います。
加減速評価
急な加減速を検出した時にアナウンスを行います。
一定速度での運転評価
30 ∼ 60km/h において一定速度での走行を続けるとアナウンスを行います。
45
基本操作
加速評価(ふんわりアクセル)
便利な機能
アイドリング検出機能
速度が 0km/h の状態が 5 分間連続した場合にアナウンスを行います。無
駄なアイドリングを無くすことで、燃費の向上や CO2 の削減に役立ちます。
※ アナウンスを行うまでの時間を変更することはできません。
アドバイス
アイドリング検出機能を使用する場合、付属電源コードの ACC 線を車両 IG 線に接続
する事をお勧めします。
※車両 ACC 線に接続した場合、ACC ON の状態(エンジン OFF)でもアナウンスを
行います。
タイヤの空気圧チェック
月が変わって最初の起動時に 1 回、アナウンスを行います。
エアコンの適正温度
7/1 ∼ 8/31 の 10:00 ∼ 15:59 に起動したときに 1 日に 1 回のみアナ
ウンスを行います。また他のエコモードのアナウンスと重なった場合はア
ナウンスを行いません。
エコ運転を行う際の注意点
1. 丁寧なアクセルワークを心がけましょう。
※最初の 5 秒で 20km/h 程度になるのが目安です。
2. 車間距離に余裕を持ち、急加速 ・ 急減速を行わず速度変化の少ない運転
をしましょう。
3. 早めにアクセルを OFF にし、エンジンブレーキを有効に使いましょう。
4. 気象条件に応じたエアコン操作をしましょう。
5. 無用なアイドリングはやめましょう。
6. タイヤの空気圧は定期的にチェックしましょう。
7. 無駄な荷物を車に積むのはやめましょう。
×
スピード
スピード
◎
走行時間
走行時間
46
付録
こんなときは?
製品に異常があった場合、下記内容をご確認ください。
症 状
ここをチェックしてください。
●配線を間違えていませんか?
POWER/ERROR
●ヒューズが切れていませんか?
ランプが点灯しない。
●接触不良、断線などしていませんか?
●テレビ接続端子に電源コードを接続していませんか?
記録した映像 を 削 除 し ●設定画面にて『録画データ消去』を行うことで全映像を削
たいのですが?
事故の衝撃で車両バッテ
リーが破損しても映像を記
録することはできますか?
除することができます。1 件ずつ削除することはできません。
●衝撃検出時バックアップバッテリーにより、車両のバッテ
リーが破損しても映像を 10 秒間記録することができます。
バックアップ機 能 で 映 ●内蔵バッテリーの充電が不十分であったり、内蔵バッテリー
像が記録されない。
記録時間を変更するには
どうすればいいですか?
microSDHC カ ー ド の
容量がいっぱい に な っ
たらどうなりますか?
の寿命の可能性があります。
10,11 ページ
11 ページ
10,11 ページ
7,16,18 ページ
30,39 ページ
―
―
●本製品は録画モードを変更することで記録時間を変更する
ことができます。また、音声録音機能の ON/OFF によって
41 ページ
も記録時間は異なります。
● microSDHC カードの容量がいっぱいになると古い映像か
ら順に上書きされていきます。
microSDHC カードに録画 ● microSDHC カードは消耗品です。2 ∼ 3 年を目安に交換
データが保存されていない。
参照ページ
を行なってください。
21 ページ
5 ページ
『イベントデータ』に記
録時間が短い(30 秒未 ●起動直後は記録前の映像が無いため、記録時間の短い映像が
満)映像があ り ま す が
記録されることがありますが故障ではありません。
21 ページ
故障ですか?
速度が表示されない /
実際の速度と大幅に違う
記 録 し た 映 像 は、 事 故
ていますか?
microSDHC カ ー ド が
パソコンで認識されない
記録した映像が暗い
威嚇 LED が光らない
態が悪い場合や、DROP-006 接続時に車速パルスの設定が
―
異なっていると速度が大幅に異なって表示されます。
●事故発生時の参考資料として使用することを目的とした製品で
す。完全な証拠としての効力を保証するものではありません。
―
●お 使 い の SD カ ー ド リ ー ダ ー は SDHC に 対 応 し て い ま す
か?付属のカードは microSDHC カードとなっているため、
―
SDHC に対応している必要があります。
●本製品を少し下向きになる(記録映像内の道路水平線が少し上
にくる)ように角度を調整することで改善する場合があります。
●本製品のバッテリー充電状態によって点滅期間は異なります。
47
16 ページ
41 ページ
その他
の証拠として認 め ら れ
● GPS 未受信時は速度が表示されません。また GPS の受信状
付録
エラー確認表
エラーアナウンスが発生した場合、下記内容をご確認ください。
エラー項目
音声アナウンス内容
エラー項目別対処方法
内蔵バッテリー
異常
内蔵バッテリー異常です
内蔵バッテリーの充電を行なってくださ
い。充電を行なってもエラーが解除されな
い場合、内蔵バッテリーの交換が必要です。
SD カード
フォーマット異常
SD カードをフォーマットす
る必要があります
2 番のスイッチを 3 秒間押し
てください
microSDHC カードの異常を検出し、自動
で修復できない場合にアナウンスを行いま
す。また、新しい microSDHC カードを挿
入した際にもアナウンスを行います。
アナウンスに従い(2 番のスイッチを 3 秒
間押す)、フォーマットを行なってください。
SD カード異常
SD カード異常です
microSDHC カードが故障している可能性
があります。電源 OFF 後、microSDHC カー
ドを抜き、端子部が汚れていないか確認後、
再起動してください。
症状が改善されない場合は、microSDHC
カードを交換してください。
SD カード
未検出異常
SD カードが入っていません
電源を OFF 後 microSDHC カードを挿入
し、再起動してください。
スイッチ異常
スイッチ異常です
スイッチが押されたままになっていないこと
を確認をし、再起動してください。
機器温度異常
本体の使用温度範囲を超えています。夏場
機器温度が高くなっています などはしばらく時間をおいてからご使用く
ださい。
機器異常
機器異常です
電源を OFF にし、内蔵バッテリーを外し
てください。約 1 分程度おいた後、
内蔵バッ
テリーを取付け、キーを ON にし電源を入
れてください。
症状が改善されない場合は、購入された販
売店へご相談下さい。
SD カードを
起動中に抜いた場合
SD カードを
抜かないでください
電源を OFF 後 microSDHC カードを挿入
し、再起動してください。
自動修復
録画データを修復しています
前回終了時に正常に録画データの保存が行
われませんでした。自動で修復されます。
48
付録
POWER / ERROR ランプ確認表
本体作動時の POWER / ERROR ランプ点灯パターンの確認表です。
録画 / 再生
切替スイッチ
GPS 受信状態
POWER/ERROR
ランプ表示
受信
緑点灯
未受信
遅い緑点滅
REC
―
PLAY
―
REC/PLAY
―
内容
正常動作(記録中)
早い緑点滅
スイッチ操作または衝撃による記録中
橙点灯
システムチェック中
橙点滅
エラー表示
音声アナウンスを確認してください
橙点灯
正常動作(再生中)
橙点滅
エラー表示
音声アナウンスを確認してください
早い橙点滅
録画データの消去中
その他
49
付録
製品仕様
本体
電源電圧
DC12 / 24V
作動温度範囲 10℃∼ 60℃
本体サイズ
106(W)× 58(H)
× 23.5(D)/ mm(突起部除く)
有効画素数
30 万画素
撮像素子
CMOS
記録映像サイズ 640 × 480
カメラ画角
水平 105°
垂直 78°
総記録時間
約 12 時間
(撮影モードにより異なる)
記録方式
常時録画、3 軸加速度センサ、
スイッチ操作による記録
重量
130 g(バッテリー含む)
垂直画角
78°
水平画角
105°
※ 本製品の外観および仕様は、
改良のため予告なく変更することがあります。予めご了承ください。
50
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement