取扱説明書 - 日立リビングサプライ

取扱説明書 - 日立リビングサプライ
取扱説明書
保証書はこの取扱説明書の裏表紙についています。
保証書付 「お買い上げ日・販売店名」などの記入を必ず確かめ、
販売店からお受け取りください。
デジタルカメラ
HDC-2 形
このたびは、
デジタルカメラ
「HDC-2」
をお求めいただき、
まことにありがとうございました。
ご使用になる前に、
必ずこの
「取扱説明書」
をよくお読みいただき、
正しくご使用ください。
DIGITAL
ZOOM
2.0
MEGA PIXEL
4X
目次
はじめに
■
■
■
■
■
■
3
安全上のご注意........................................................................................ 3
あらかじめご承知頂きたいこと............................................................. 5
使用上のご注意........................................................................................ 6
同梱品 ....................................................................................................... 9
各部の名称................................................................................................ 9
液晶モニターの表示 ................................................................................ 13
基本操作編
16
準備する .................................................................................................................... 17
■ 電池を入れる............................................................................................ 17
■ 電源のオン/オフ .................................................................................... 19
■ メモリーカードを使う場合 .................................................................... 20
■ 日付/時刻を合わせる ............................................................................ 22
静止画/動画を撮る ................................................................................................. 23
■ 静止画を撮る............................................................................................ 23
■ ストロボを使う........................................................................................ 25
■ 被写体までの距離を合わせる(標準/マクロ)..................................... 26
■ ズームを使う............................................................................................ 26
■ 動画を撮る................................................................................................ 27
静止画/動画を見る ................................................................................................. 28
テレビを使って再生/撮影する.............................................................................. 29
画像/データを消去する ......................................................................................... 31
応用操作編
34
準備について............................................................................................................. 35
■ 表示言語を設定する ................................................................................ 35
■ 電源周波数(ヘルツ)を設定する ............................................................ 36
■ 初期設定に戻す........................................................................................ 37
撮影(静止画/動画)について ................................................................................. 38
■ 解像度(記録画素数)と画質(圧縮率)を設定する ................................. 38
■ ホワイトバランスを設定する................................................................. 40
■ 露出(明るさ)を設定する ........................................................................ 41
■ クイックメニューを使う ........................................................................ 42
■ セルフタイマーで撮る ............................................................................ 43
プリント指定・再生について.................................................................................. 44
■ プリントしたい画像を選ぶ(DPOF対応)............................................. 44
■ 画像をオート再生する ............................................................................ 46
消去について............................................................................................................. 47
■ フォーマットする .................................................................................... 47
パソコン接続編
48
画像ファイルをパソコンにコピーする .................................................................. 49
■ 画像ファイルをパソコンにコピーするまでの流れ.............................. 49
1 パソコンにHDC-2 Driverをインストールする .............................. 50
インストール用CD-ROMの内容................................................. 50
パソコンの動作環境を確認する .................................................. 50
HDC-2 Driverをインストールする∼再起動 ............................ 51
2 初回接続時に行うこと ........................................................................ 53
マス ストレージモードのセットアップ...................................... 53
PCカメラモードのセットアップ ................................................ 54
3 USBケーブルでパソコンと接続する ............................................... 57
パソコンと接続する...................................................................... 57
4 画像ファイルをパソコンにコピーする(リーダ/ライタ接続).... 58
5 カメラを取り外すときは .................................................................... 60
■ HDC-2 Driverをアンインストール(削除)する .................................. 61
PCカメラとして使う(PCカメラ接続)................................................................. 63
付録
64
■ 故障とお考えになる前に ........................................................................ 65
■ 仕様 ........................................................................................................... 73
■ サービス/ご相談窓口 ............................................................................ 78
1
2
はじめに
不安定な場所に置かない。
バランスがくずれて倒れたり落下したりして、けがの原因になります。
■ 安全上のご注意
内部に水や異物を落とさない。
絵表示について
水・異物が内部に入ったら電池を外す。そのまま使用すると、ショートして火災・感電の原因
この取扱説明書の表示では、製品を正しくお使いいただき、あなたや他の人への危害
になります。
や財産への損害を未然に防止するために、いろいろ絵表示しています。その表示と意
●お買上げ店にご相談ください。
味は次のようになっています。
内容をよく理解してから本文をお読みください。
風呂、シャワー室では使用しない。
火災・感電の原因になります。
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や障害の程度を次の表示で説明しています。
警告
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重
傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が障害を負う可
能性が想定される内容および物的損害のみの発生が想定される
内容を示しています。
分解や改造は絶対にしない(ケースは絶対に開けない)。
落としたり、ケースが破損したときは使用しない。
火災・感電の原因になります。 ●お買上げ店にご相談ください。
本機や電池を火の中に投げ入れない。
破裂による火災やけがの原因になります。
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で説明しています。
このような絵表示は、
してはいけない「禁止」内容です。
種類の違う電池や新しい電池と古い電池を混ぜて使用しない。
または指定外の電池を使用しない。
電池の破裂・液漏れにより、火災やけがの原因になります。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
アルカリ電池に注意する。
安全にご利用いただくために、下記の注意事項を必ずお守りください。
警 告
異常が起きたら、電池を外す。
煙が出ている、異臭がするなど異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因になります。
●お買上げ店にご相談ください。
移動しながらの撮影は絶対にしない。
歩行中や自動車などの乗り物を運転しながらの使用はしないでください。
転倒、交通事故などの原因になります。
3
アルカリ電池のアルカリ液が目や皮膚に付着したときは、すぐに多量の水で洗い流し、
医師の治療を受けてください。失明やけがの原因になります。
電池を分解、加工、加熱しない。電池を落としたり、衝撃を加えない。
リチウム電池やアルカリ電池は充電しない。電池を金属製品と一緒に
保管しない。
電池の破裂・液漏れにより、火災・けがの原因になります。
指定外の方法で電池を使用しない。
電池は極性( )表示どおりに入れてください。
4
注 意
著作権について
あなたがカメラで撮影したものは、個人として楽しむほかは、著作権上、権
利者に無断で使用できません。なお、実演や興行、展示物などの中には、個
コネクタ部には、指定以外のものを接続しない。
火災・感電の原因になります。
人として楽しむなどの目的であっても、撮影を制限している場合があります
のでご注意ください。
大切な画像は、パソコンに取り込み保管する。
電池の消耗や故障・修理などにより、撮影した画像が消えることがあります。
商標について
●
MicrosoftおよびWindows、NetMeetingは、米国Microsoft Corporation
の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
飛行機の中など使用が制限または禁止されている場所では、使用しない。
●
事故の原因になることがあります。
QuickTimeは、ライセンスに基づいて使用される商標です。QuickTime
は、米国およびその他の国々で登録された商標です。
油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多い場所に置かない。
火災・感電の原因になることがあります。
異常な高温になる場所に置かない。
暖房器具の近く、ホットカーペットの上、窓を閉めきった自動車の中や、直接日光に当たる
場所に置かないでください。火災の原因になることがあります。
本機の上にものを置かない。
バランスがくずれて倒れたり、落下したりして、けがの原因になることがあります。
●
SDロゴは登録商標です。
●
その他記載された社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
なお、本文中には™、®マークは明記しておりません。
■ 使用上のご注意
使用環境について
使用できる温度の範囲は、0℃∼40℃
(結露しないこと)
です。
急激に温度差の大きい場所へ移動すると、本製品の内部や外部に水滴が
付く
(結露)
ことがあります。結露は故障や正常な撮影ができなくなる原
■ あらかじめご承知頂きたいこと
免責事項
因となりますので、ご注意ください。
ためし撮り
●
本書の内容については、将来予告なしに変更することがあります。
必ず事前にためし撮りをし、画像が正常に記録されていることを確認して
●
本書の一部または全部を無断で複写することは禁止されています。
ください。
万一、本機または付属のソフトウェア使用により生じた損害、逸失利益または
本パッケージに同梱の単3形アルカリ乾電池2本は、最初に基本操作をご
第三者からのいかなる請求についても、当社では一切その責任を負えませ
確認頂くために同梱しているものです。実際に撮影される場合は、市販の
んので、あらかじめご了承下さい。
単3形アルカリ乾電池もしくは単3形ニッケル水素電池をご使用下さい。
故障、修理、その他の理由に起因するメモリ内容の消去による、損害及び逸失
また、単3形マンガン乾電池は使用できません。
●
●
利益等につきまして、当社では一切その責任を負えませんので、あらかじめ
ご了承下さい。
5
6
データエラーについて
●
メモリーカードについて
本機は精密な電子部品で構成されており、以下のお取り扱いをすると内
●
部のデータが破損する恐れがありますので、操作にはご注意下さい。
●
●
通信中にUSBケーブルをはずした。
●
記録、USB接続中に電池をはずした。
●
消耗した電池を使用し続けた。
●
電源オンの状態で、メモリーカードを出し入れした。
とがありますので、大切なデータは別のメディア(MOディスク、ハード
●
その他の異常動作
ディスク、CD-Rなど)へ、バックアップとしてコピーされることをおす
奨します。ご使用の場合は、SDメモリーカードに付属の取扱説明書を
よくお読みください。
●
万一の誤消去や破損に備え、大切なデータは別のメディア
(MOディスク、
ハードディスク、CD-Rなど)へ、バックアップとしてコピーされること
メモリーカードの接触面(コンタクトエリア)にゴミや異物を付着させな
いでください。汚れは乾いた柔らかい布などで、軽く拭いてください。
液晶モニターについて
メンテナンスについて
液晶モニターは、夜間や暗めの室内撮影時などにおいて、センサーから
●
十分な明るさが確保されない場合は、見えにくくなる場合がありますが、
してください。
乾いた柔らかい布で軽く拭いてください。
●
液晶モニターを強く押さないでください。液晶モニターにムラが出たり、
レンズ面がゴミなどで汚れていると、カメラの性能が十分に発揮できま
せん。レンズ面の汚れは、ブロアーでゴミやホコリを吹きとってから、
故障ではありません。その場合は、なるべく明るい場所へ移動して撮影
●
静電気、電気的ノイズ等により、記録したデータが消滅または破損するこ
すめします。
●
をおすすめします。
●
本機はSDメモリーカード(別売)を使用できます
(32/64/128/256/
512MB対応)。(株)
アイ・オー・データ機器のSDメモリーカードを推
シンナーやベンジンなどで拭かないでください。本体の塗装がはげたり、
変質する原因になります。
液晶パネルの故障の原因になります。
●
液晶モニターは太陽や強い光が当たると、表示が黒くなることがありま
すが、故障ではありません。
●
液晶モニターは非常に精密度の高い技術で作られていますが、黒い点が
現われたり、白や 赤、青、緑の点が消えないことがあります。これは故
障ではありません。これらの点は記録されませんので安心してお使いく
ださい。
●
使用中に液晶モニターのまわりが熱くなる場合がありますが、故障では
ありません。
7
8
■ 同梱品
背 面
下記の通りカメラ本体及び付属品が同梱されていることをご確認ください。
①液晶モニター
②DISP(ディスプレイ)ボタン P13
③ モードダイヤル P11
④BUSY(ビジー)ランプ(レッド) P12
⑤MACRO(マクロ)ランプ(グリーン) P12
⑥エンターボタン P11
インストール用 CD-ROM
カメラポーチ
ネックストラップ
単3形アルカリ乾電池 2本
⑦セレクトボタン P11
⑧ネックストラップ取付部
⑨ストロボボタン P25
⑩電池/メモリーカードカバー
専用USB ケーブル
専用ビデオケーブル
④
⑤
⑥
⑦
取扱説明書(保証書付)
以降、この取扱説明書では専用USBケーブル、専用ビデオケーブルを、USBケー
ブル、ビデオケーブルと表記します。
⑧
■ 各部の名称
正 面
①ストロボ
⑤セルフタイマーランプ(レッド)
②レンズカバー(電源スイッチ)
⑥赤目軽減ランプ(レッド)
③レンズ
⑦撮影距離切替スイッチ P26
④シャッターボタン P24
⑧インターフェースカバー
①
⑨
②
③
⑩
④
ネックストラップの取り付けかた
⑤
⑥
①
①
②
②
③
⑦
⑧
9
ビデオ出力端子
USB端子
10
SDメモリーカードスロット
モードダイヤル
BUSYランプ(レッド)
点灯:カメラ起動中/画像取込み中/画像記録中/モード切替時
/各(シャッター・エンター・セレクト・ストロボ)ボタンを押したとき
PC
SET
点滅:通常動作時/ストロボ充電時
MACROランプ(グリーン) P26
SET :セットアップモード
点灯:マクロモード時(撮影可能範囲約15cm∼約20cm)
各種設定を行うモードです。
消灯:標準モード時(撮影可能範囲約60cm∼∞)
:動画撮影モード P27
動画を撮影するモードです。
BUSYランプ
MACROランプ
:再生モード P28
静止画/動画を再生したり、画像の消去、プリント指定をするモードです。
BUSY
MACRO
:静止画撮影モード P23
静止画を撮影するモードです。
PC :パソコン接続モード P53
パソコンに接続するモードです。
セレクトボタンとエンターボタン
▲
タンの【▲】【▼】【
▲
本機の各設定を変更するには、液晶モニターにメニューを表示させ、セレクトボ
】【
】を押して項目や設定を選び、エンターボタン【■】
を押して決定します。
以降、この取扱説明書ではセレクトボタンとエンターボタンの操作方法を次のよ
→【▲】【▼】【
●
▲ ▲
→【▲】【▼】【
▲ ▲
セレクトボタンの【▲】【▼】【
▲
●
▲
うに表記します。
】【
】【
】を押す。
】【
】で選ぶ。
】を押す操作
エンターボタン【■】を押す操作
→【■】を押す。
11
12
■ 液晶モニターの表示
液晶モニターの各表示は、
/
〈
時に
動画撮影モード時〉動画を撮る P27
DISP ボタンで確認できます。
① ② ③
DISPボタンを押すと、表示モードが切り替わります。
①撮影モード
0030
→通常表示(標準)→すべての表示→イメージのみ
→表示オフ→すべての表示(イメージなし)
②メモリ残量
⑥
③撮影画像数
〈すべての表示〉
④日付/時刻 P22
⑤電池残量 P18
●
表示モードは、再度電源を入れなおすと通常表示(標準)に戻ります。
⑤
④
⑥撮影秒数
以降、この取扱説明書では、液晶モニター表示が通常表示(標準)の場合で、
説明します。
〈
メモリー残量の表示
①
② ③④
1600
⑪
メモリ残量は十分です。
静止画撮影モード時〉静止画を撮る P23
まもなくメモリ残量がなくなります。
メモリ残量がありません。撮影画像数表示が点滅します。データを消
0008
T
〈すべての表示〉
⑩
メモリ残量が少なくなっています。
⑤
⑥
⑦
去するか、別のSDメモリーカードと交換してください。
:オート
W
⑨
使用状況や環境によって正しく表示されない場合があります。
⑥ホワイトバランス P40
⑧
:晴天
:電球
①画像サイズ(記録画素数)P38
〈
再生モード時〉静止画/動画を見る P28
:蛍光灯
2048: 2048×1536ピクセル
1600: 1600×1200ピクセル
1280: 1280×960 ピクセル
800: 800×600 ピクセル
①
⑦セルフタイマー P43
⑧日付/時刻 P22
②
0030/0030
④
⑨電池残量 P18
:ノーマル(中圧縮
(1/20)
モード)
⑪ストロボモード P25
:発光禁止モード
③撮影モード
:オートモード
④メモリ残量 P14
:赤目軽減モード(オート)
③
[ ]:再生
[■]:セット [▲▼ ]:セレクト
④電池残量 P18
▲
:ファイン(低圧縮
(1/8)
モード)
②撮影総画像数
③操作ガイド P15
⑩ズームバー P26
②画質
(圧縮率)P38
①再生画像番号
⑤撮影画像数
13
14
基
本
操
作
編
操作ガイド
再生モード時、日付/時刻設定時は、液晶モニターに操作ガイドが表示
されます。
操作ガイドに従って操作してください。
基本操作編
再生モード時の操作ガイド
[▲▼]:セレクト
●
[
]:再生
[ ■ ]:一時停止
]
:再生[ ■ ]
:一時停止[
▲
▲ ▲
[
[
▲
[ ■ ]:セット
]:停止
]
:停止の操作ガイドは動画時のみ
表示されます。
準備する
17
■ 電池を入れる ......................................................................17
▲
■ 電源のオン/オフ...............................................................19
[
▲
日付/時刻設定時の操作ガイド
[ ■ ]:セット
[▲▼]:+−
]:セレクト
■ メモリーカードを使う場合 ...............................................20
■ 日付/時刻を合わせる.......................................................22
☞ 表示言語や電波周波数(ヘルツ)の設定は応用操作編 P35 を
ご覧ください。
静止画/動画を撮る
23
■ 静止画を撮る ......................................................................23
■ ストロボを使う ..................................................................25
■ 被写体までの距離を設定する(標準/マクロ)..............26
■ ズームを使う ......................................................................26
■ 動画を撮る ..........................................................................27
☞ 画像サイズ(記録画素数)、画質(圧縮率)、ホワイトバランス、
露出(明るさ)の設定やセルフタイマーでの撮影は、応用操作編
P38 をご覧ください。
15
静止画/動画を見る
28
テレビを使って再生/撮影する
29
画像/データを消去する
31
16
■ 電池を入れる
● 電池/メモリーカードカバーを矢印の方向にスライドさせて
開きます。
● 電池/メモリーカードカバーの+と−の印にあわせて電池を
入れます。
+
基
本
本機は単3形アルカリ乾電池以外に、単3形ニッケル水素電池を使用できます。 操
作
(日立マクセル
(株)
HR-3SB推奨)
編
● 単3形マンガン乾電池は使用できません。
● 本パッケージに同梱の単3形アルカリ乾電池2本は、最初に基本操作を
ご確認頂くために同梱しているものです。実際に撮影される場合は、
市販の
準
単3形アルカリ乾電池もしくは単3形ニッケル水素電池をご使用ください。 備
す
る
電池寿命の目安 (液晶モニターオン、内蔵メモリ使用)
使用できる電池
準備する
電池種類
連続撮影時
単3形アルカリ乾電池LR6
約320枚
●
-
循環撮影時
ストロボ発光
ストロボ無し
約140枚
約250枚
連続再生時間
約180分
表の数値は、標準環境(温度18℃∼24℃、湿度45%∼65%)において、
1600×1200/ファインモードで、以下の条件で撮影した場合、約3秒1
コマを連続で再生した場合の電源が切れるまでの目安であり、保証撮影枚
数・時間ではありません。ご使用の状況や環境によって少ない数値になる
場合があります。
[連続撮影]ストロボ無しでの撮影を連続で行った場合
[循環撮影]被写体確認5秒→撮影→再生5秒を繰り返し行った場合
※両条件ともにメモリ残量がなくなった時点で全ての画像を消去。
● 電池/メモリーカードカバーを閉じます。
●
本機は電源オフ時でも内部時計のバックアップ用として微電流が流れています。
長時間ご使用にならない場合は、電池をはずして保管することをおすすめします。
電池残量の表示
電池の残量は十分です。
●
電池の交換は電源をオフにして行ってください。
●
電池/メモリーカードカバーを乱暴に開かないでください。破損する恐れがあ
電池の残量が少なくなっています。
まもなく電池の残量がなくなります。
ります。
●
(このとき、ストロボは使用できません。また、フォーマットする P47
ときなど、正常に動作しない場合がありますので、新しい電池と交換
することをおすすめします。)
電池/メモリーカードカバーを開閉する場合は電池が落下しないようにご注意
ください。
●
長時間使用しない場合は電池をはずして保管することをおすすめします。
電池の残量がありません。新しい電池と交換してください。
●
●
17
使用状況や環境によって正しく表示されないことがあります。
電池残量の表示は、ご使用上の目安としてお使い下さい。
18
■ 電源のオン/オフ
■ メモリーカードを使う場合
●レンズカバーをゆっくりと開いて電源をオンにします。
基
本
操
メモリーカードについて P8
作
本機はSDメモリーカード(別売)を使用することができます
(32/64/128/ 編
256/512MB対応)
。
SDメモリーカードを使用しなくても撮影できます。
(内蔵16MBフラッシュメモリ搭載)
「ピピッ」という音がなって電源がオンになります。
●レンズカバーをゆっくりと閉じて電源をオフにします。
準
撮影可能枚数・時間の目安については画像記録枚数 ・時間/データサイズ P74 を 備
す
ご覧ください。
る
● 以降、この取扱説明書ではSDメモリーカードのことをメモリーカードと表記し
●
ます。
メモリーカードの交換は電源をオフにして行ってください。
●電池/メモリーカードカバーを矢印の方向にスライドさせて
「ピピッ」という音がなって電源がオフになります。
開きます。
レンズカバーの開閉動作が早すぎると、電源がオン/オフしない場合があります。
その場合はゆっくりと操作をやり直すか、電池/メモリーカードカバーを一度
開け閉めしてください。
オートパワーオフ機能
電源オンのままで一切の操作を行わずに約60秒間放置すると、節電のために
●メモリーカードを挿入します。
自動的に電源がオフになります。再び使用するときはレンズカバーを操作し
て電源をオンにしてください。
32MB
●
パソコンとUSB接続しているときは、パソコン本体より電源が供給される
ラベル面
ため、オートパワーオフ機能ははたらきません。
●
各項目を設定中にオートパワーオフ機能がはたらき電源がオフになったと
きは、その前に設定した内容が保持されていない場合があります。その場
合は、再度設定し直してください。
19
... .......
メモリーカードは図の向きで「カチッ」と音がなるまで確実に差し込んでください。
●電池/メモリーカードカバーを閉じます。
20
■ 日付/時刻を合わせる
メモリーカードを取り出すには
▲
日付/時刻
メモリーカードのライトプロテクト(書き込み禁止)について
ライトプロテクト
(書き込み禁止)スイッチ
▲
32MB
32MB
してください。
【▲】
【▼】
システム
言語
日付/時刻
TV
TV
ヘルツ
ヘルツ
▲
言語
▲
システム
電池/メモリーカードカバーを開き、メモリーカードを1回奥へ押して取り出
▲
SET にします。
】
【 】で[システム
(SYSTEM)]メニューを
選び、【▲】
【▼】で[日付/時刻]を選び、【■】を押します。
●メニューから【
▲
● モードダイヤルを
準
備
す
る
【■】
● 「年」→「月」→「日」→「時」→「分」の順にセレクトボタンを使っ
▲
▲
】
【
】:数値の決定と項目の移動
▲
システム
▲
て合わせます。
【▲】
【▼】:+/− 【
言語
●
日付/時刻
書き込み禁止状態
[TV
■] :セット
[ヘルツ
▲▼ ]:+− [ ]:セレクト
▲
▼
[裏面]
他のデジタルカメラやパソコンでフォーマット(初期化)したメモリーカードを
使用する場合は、本機でフォーマット(初期化)してから使用してください。
フォーマットする P47
● メモリーカードを使用するとメモリーカードが優先されます。メモリーカード
を入れた状態で内蔵メモリを使用することや、メモリーカードから内蔵メモリ
● 「分」まで合わせたら【■】
を押します。
日付/時刻が設定されます。
1度設定した日付/時刻を合わせ直すときは、同様の操作を行ってください。
●
●
へ、または内蔵メモリからメモリカードへデータをコピーすることはできません。
●
電池交換後は必ず時計表示を確認してください。内部時計は約5分間バックア
ップしますが、電池の使用時間によっては、日付/時刻の設定をクリアにする
メモリーカードを使用するときは、メモリーカードの取扱説明書をあわせてお
読みください。
場合があります。
●
設定された日付/時刻は、電源をオフにした後や初期設定に戻す P37
を行っても保持されます。
21
22
基
本
操
作
編
操作
静止画/動画を撮る
基
本
操
作
編
シャッターボタンの押し方
■ 静止画を撮る
1
2
●レンズカバーを開き、電源をオンにします。
●モードダイヤルを
にします。
●脇を締めて両手でカメラを構え、被写体が液晶モニターに収
シャッターボタンは半押しと全押しの2段階で動作します。
① 半押し(浅く押したとき)→液晶モニターに[
まるように構図を決めます。
両方の手でカメラを持ち、両手のひじは体につけ、カメラをしっかりと固定
]を表示します。
② 全押し(深く押したとき)→シャッターが切れます。
半押しで構図を確かめ、全押し時は指の腹でやさしく押してください。
してください。
全押し時に力が入ると、カメラが下がり画像がブレる原因になります。
静止画撮影の流れ
1.3 Mega Pixels Digital Camera
シャッターボタン半押し
BUSYランプ消灯
シャッターボタン全押し
1
2
BUSY
●シャッターボタンを半押しします。
BUSYランプが点灯し、液晶モニターに[
ピピ
ッ
BUSYランプ点灯
]が表示されます。
030
●半押しのまま、被写体の中心を
[
]にあわせ、シャッターボタ
ンをさらに押し込みます(全押し)。
2.0 MEGA PIXEL DIGITAL CAMERA
BUSY
MACR
画像取込み中
「ピピッ」という音とBUSYランプ(レッド)点灯後、液晶モニターに (画像取込
表示が終わる
までカメラを固定
してください
ピッ
み中)アイコン、 (画像記録中)アイコンを表示し、BUSYランプ(レッド)の
030
消灯で、撮影の完了をおしらせします。静止画撮影の流れ P24
[ ]
2.0 MEGA PIXEL DIGITAL CAMERA
BUSYランプ
2.0 MEGA PIXEL DIGITAL CAMERA
[ ]を表示
BUSY
MACR
MACRO
画像記録中
画像ブレについてのご注意
シャッターボタンを押し「ピピッ」という音がなって、すぐにカメラを動かす
BUSYランプ(レッド)の点灯中は
“画像取込み中”
、
“画像記録中”
のため、次の
と画像がブレる原因になります。“画像取込み中”の
撮影ができません。
メラを固定してください。画像取込み終了時には、再度「ピッ」という音
と
23
表示が終わるまでカ
表示で“画像記録中”にかわったことをおしらせします。
24
静
止
画
/
動
画
を
撮
る
■ ストロボを使う
■ 被写体までの距離を合わせる(標準/マクロ)
● モードダイヤルを
● 撮影距離切替スイッチを
にして、 ストロボボタンを繰り返し押
して、ストロボモードを選びます。
(マクロモード)にすると、MACRO
ランプ(グリーン)が点灯し、近距離撮影ができます。
発光禁止モード:ストロボは発光しません。 初期設定
標準モード :撮影可能範囲約60cm∼∞
オートモード
マクロモード:撮影可能範囲約15cm∼約20cm
:撮影環境に応じて自動的にストロボを発光します。
赤目軽減モード:暗いところでひとみを自然に撮りたいときに使用します。
(オート)
MACROランプ
撮影前に赤目軽減ランプが発光し、次に撮影のための
ストロボが発光します。
BUSY
●
本機には強制ストロボモードは搭載しておりません。
●
電池残量の表示が
●
赤目軽減モードは、強制ストロボモードではありません。
●
●
●
の場合は、ストロボは発光しません。
赤目軽減の効果には個人差があります。また被写体までの距離や条件によって、
MACRO
マクロモード時にはストロボは発光しません。
効果が表れにくいことがあります。
■ ズームを使う
電池残量が少ない場合は、暗いところでの撮影でもストロボを発光しない場合
被写体を最大4倍の範囲(0.2倍ステップ)で拡大して撮影できます。
があります。その場合は電池を交換してください。
● モードダイヤルを
してストロボの充電中をおしらせします。
●
ストロボの充電中は、他のボタンを押しても操作は無効です。
●
ストロボの充電時間は約20秒程かかる場合があります。充電時間は使用状況
にして、【▲】
【▼】を押してズームを調整
します。
オートモード/赤目軽減モードを選んだ場合は、BUSYランプ(レッド)が点滅
T
[拡大]
【▲】
や電池残量によって異なります。
●
ストロボによる撮影距離は約0.6m∼約1.8mです。この範囲外の被写体に対して
【▼】
は適切な効果が得られません。また、
マクロモード時にはストロボは発光しません。
●
W [標準]
ここで選んだストロボモードは、再度電源を入れ直すと、発光禁止モードに戻り
ます。
●
ここで選んだズームは、モードダイヤルでモードを変更したり、
再度電源を入れ直すと、ズームなし(標準)に戻ります。
動画撮影時や再生時にはズームを利用することはできません。
25
26
基
本
操
作
編
静
止
画
/
動
画
を
撮
る
■ 動画を撮る
静止画/動画を見る
●レンズカバーを開き、電源をオンにします。
にします。
● シャッターボタンを全押しします。
撮影した静止画や動画は液晶モニターで再生できます。
● モードダイヤルを
● レンズカバーを開き、電源をオンにします。
0030
「ピッ」という音がなって撮影を開始します。撮影中は
液晶モニターに撮影秒数と
が表示されます。
● モードダイヤルを
にします。
最後に撮影された画像が表示されます。
●
【▲】
【▼】で画像を選びます。
●
動画の場合は最初の1フレームが表示されます。
● 撮影をストップするときは、再度シャッターボタンを全押し
動画再生時の操作について
撮影に必要なメモリ残量がなくなると、撮影が自動的にストップします。
ストロボ、セルフタイマー、ズームは使用できません。
ホワイトバランス P40 、露出 P41 、被写体までの距離についての設定
は、動画撮影時も有効です。
0030/0030
▲
15フレーム/秒
データサイズ
約125KB/秒
記録時間
内蔵16MBフラッシュメモリ時:最大約113秒
SDメモリーカード32MB時:最大約242秒
▲
再生時に【 】を押すと最初の1フレーム表示に戻り、【■】を押すと一時停
止します。
【 】再生
▲
AVI(Motion JPEG、音声なし)
フレームレート
一時停止
停止
▲
●
記録画像ファイルフォーマット
■
▲
[ ]:再生
[■]:セット [▲▼ ]:セレクト
●
320×240
0
【 】
動画ファイルについて
画像サイズ(記録画素数)
最初の1フレームが表示され、【 】を押すと再生を開始し、液晶モニター
に再生秒数を表示します。
▲
●
●
●
▲
します。
「ピッ」という音とBUSYランプ(レッド)が点灯して撮影をストップします。
【 】停止(最初の1フレーム表示に戻る)
【■】一時停止
DISPボタンで再生モードを立ち上げる
データサイズ、記録時間はあくまでも目安であり、被写体や撮影条件によっ
て異なります。
電源オフ時に 動画ファイル(ファイル形式:AVI、圧縮形式:Motion JPEG)をパソコンで
終了する場合は、再度
DISPボタンを押すとモードダイヤルの位置に関係なく、
再生モードで立ち上げることができます。
DISPボタンを押します。
再生するには、QuickTime3.0以上やWindows Media Player(※)などの記
録画像ファイルフォーマットに対応した再生用のソフトウェアが必要です。
(※)Windows Media Playerをお使いの場合は、動画ファイルを再生できな
い場合があります。その場合は、コーデック(Compression/Decompression
の略で音声や動画の圧縮・伸張(再生)を行うための専用プログラム)が
含まれるDirectX 8.1などの、機能拡張ツールが必要です。
27
基
本
操
作
編
28
静
止
画
/
動
画
を
見
る
テレビを使って再生/撮影する
同梱のビデオケーブルを使用すると、テレビに画像を表示して通常の撮影や再生
を行うことができます。
●ビデオケーブルのミニプラグ(細い方)をカメラのビデオ出力 基
本
端子に差し込み、ピンプラグ(太い方)をテレビのビデオ映像 操
作
端子に接続します。
編
〈テレビのビデオ映像端子〉
ビデオケーブルを接続したり、取り外すときは、必ずカメラとテレビの電源をオ
映像
フにして行ってください。
黄色
入力
テレビと接続する前に
テレビと接続する前に、テレビの方式を確認します。
にします。
【
】 】で[システム]メニューを選び、
【▲】
【▼】
で[TV]を選び、【■】を押します。
▲
▲
言語
【▲】
【▼】
日付/時刻
システム
言語
日付/時刻
TV
TV
ヘルツ
ヘルツ
● テレビの電源をオンにして、テレビの入力切り替えをビデオ
▲
▲
システム
SET
▲
● メニューから
【
▲
●モードダイヤルを
入力モードに切り替えます。
【■】
● カメラの電源をオンにして、再生する場合はモードダイヤル
を
●
【▲】
【▼】でテレビの方式[NTSC]
/
[PAL]を選び、【■】
を
●
▲
▲
押します。
システム
日付/時刻
●
テレビに接続しているときは、液晶モニターは表示されません。
NTSC
PAL
NTSC方式の主な国: 初期設定
日本、アメリカ、韓国、カナダなど PAL方式の主な国:
イギリス、イタリア、スイス、スペイン、オーストラリア、オランダなど
ここで選んだテレビの方式は、電源をオフにした後も保持されます。
29
にします。
接続した際はビデオケーブルをたるませてください。過度な力が加わると端
ヘルツ
●
/
子を破損する恐れがあります。
言語
TV
に、撮影する場合はモードダイヤルを
テレビに画像が表示されます。
30
テ
レ
ビ
を
使
っ
て
再
生
/
撮
影
す
る
画像/データを消去する
ときは、本当に不要なファイルかどうかよく確かめてから行ってください。
●
一度消去してしまった記録内容は二度と元に戻すことはできません。消去を行う
●
【▲】
【▼】で[OK]/[キャンセル]を選び、【■】を押します。 基
本
消去?
0028/0030
操
作
【■】
編
選んだ画像が
OK
消去
キャンセル
特に全ての画像を消去する場合は、すべての内容を1度に消去してしまいますの
▲
消去
▲
▲
消去
全て消去
全て消去
もどる
OK
キャンセル
【■】
全ての画像が
消去
▲
▲
【
】 】で[消去]メニューを選びます。
●
[消去]メニューから【▲】
【▼】で[消去]を選び、【■】を押し
ます。
消去
消去
▲
[■]:セット [▲▼ ]:セレクト
消去
全て消去
もどる
全て消去
もどる
● メニューから
【
全て消去
もどる
▲
【■】
消去
▲
0028/0030
【■】
もどる
●
この時点ではまだ消去されていません。
31
32
▲
●【■】
を押し、メニューを表示させます。
▲
●【▲】
【▼】で消去したい画像を表示させます。
▲
にします。
最後に撮影された画像が表示されます。
▲
● レンズカバーを開き、電源をオンにします。
● モードダイヤルを
続けて消去を行う場合は、[OK]を選んで【■】を押します。
画
像
/
デ
ー
全ての画像を消去する場合には
タ
同様の操作で[消去]メニューを表示させ、【▲】
【▼】で[全て消去]を選びます。 を
消
去
消去
消去
す
消去
消去
【▲】
【▼】
る
【■】
●
[キャンセル]を選ぶと消去を中止して、再生モードに戻ります。
▲
で、内容をよく確かめてから操作してください。
応
用
操
作
編
応用操作編
準備について
35
■ 表示言語を設定する...........................................................35
■ 電源周波数(ヘルツ)を設定する....................................36
■ 初期設定に戻す ..................................................................37
撮影(静止画/動画)について
38
■ 画像サイズ(記録画素数)と画質(圧縮率)を設定する...38
■ ホワイトバランスを設定する ...........................................40
■ 露出(明るさ)を設定する ..................................................41
■ クイックメニューを使う ...................................................42
■ セルフタイマーで撮る.......................................................43
プリント指定・再生について
44
■ プリントしたい画像を選ぶ(DPOF対応)......................44
■ 画像をオート再生する.......................................................46
消去について
47
■ フォーマットする...............................................................47
33
34
各言語の表示例
準備について
言語
■ 表示言語を設定する
英語
中国語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
液晶モニターの表示言語は、以下の言語から選ぶことができます。
日本語(Japanese) 初期設定
ドイツ語(German)
英語(English)
スペイン語(Spanish)
中国語(Chinese)
フランス語(French)
にします。
【
】 】で[システム
(SYSTEM)]メニューを選
び、【▲】
【▼】で[言語(Language)]を選び、
【■】を押します。
システム英語
言語
日付/時刻
TV
ヘルツ
ヘルツ
中国語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
日本語
スペイン語
【▲】
【▼】
●モードダイヤルを
にします。
【
】 】で[システム
(SYSTEM)]メニューを選
び、【▲】
【▼】で[ヘルツ]を選び、【■】を押します。
●メニューから【
▲
▲
TV
ヘルツ
【■】
SYSTEM
▲
日付/時刻
▲
▲
日付/時刻
中国語
フランス語
ドイツ語
イタリア語
日本語
スペイン語
【▲】
【▼】
システム
言語
日付/時刻
Language
TV
TV
Date/Time
ヘルツ
ヘルツ
▲
言語
選んだ表示言語になり、
[システム
(SYSTEM)
]メニューに戻ります。
システム英語
システム
▲
●【▲】
【▼】で表示言語を選び、【■】を押します。
SET
▲
TV
言語
Language
語言選擇
Langue
Sprache
Lingua
Idioma
【■】
TV Standard
Frequency
●
【▲】
【▼】で電源周波数を選び、【■】
を押します。
ここで選んだ表示言語は、電源をオフにした後も保持されます。
システム
言語
ヘルツ
●
35
60Hz
50Hz
日付/時刻
TV
▲
▲
選んだ電源周波数になり、[システム]メニューに戻ります。
●
応
用
操
作
編
準
備
電源周波数は、各国、各地で異なります。室内撮影をする場合、蛍光灯などの影 に
つ
響を受ける可能性がありますので、国や地域にあった電源周波数で撮影すること い
て
をおすすめします。
▲
日付/時刻
言語
SYSTEM
系統
Systeme
System
Sistema
Sistema
■ 電源周波数(ヘルツ)を設定する
▲
▲
▲
【■】
▲
▲
システム
言語
Japanese
日文
Japonais
Japanisch
Giapponese
Japones
SET
▲
● メニューから【
▲
● モードダイヤルを
イタリア語(Italian)
表示例
システム
日本語
初期設定
60Hz
50Hz
ここで選んだ電源周波数(ヘルツ)は、電源をオフにした後も保持されます。
36
■ 初期設定に戻す
撮影(静止画/動画)について
【■】
初期設定
●モードダイヤルを
画像
画像サイズ
【■】
画質
画像
画像サイズ
画質
2048×1536
1600×1200
1280×960
800×600
ホワイトバランス
ホワイトバランス
ホワイトバランス
露出
露出
露出
▲
画像サイズ
【■】
画質
各項目の初期設定
▲
画像
▲
OK
キャンセル
設定項目
▲
【▲】
【▼】
▲
▲
▲
SET
▲
画質
メモリフォーマット
初期設定
画像
画像サイズ
●
【▲】
【▼】で[OK]/[キャンセル]を選び、【■】を押します。
オプション
応
用
にします。
操
●
[画像(IMAGE)]メニューから【▲】
【 ▼】で[画像サイズ]、作
編
[画質]を選び、【■】を押します。
●
【▲】
【▼】で解像度、画質を選んで、【■】を押します。
▲
初期設定
オプション
メモリフォーマット
目的に応じて、画像サイズ(記録画素数)と画質(圧縮率)を変更できます。
▲
【▲】
【▼】
■ 画像サイズ(記録画素数)と画質(圧縮率)を設定する
▲
▲
▲
メモリフォーマット
▲
▲
オプション
▲
SET にします。
【
】 】で[オプション
(OPTION)]メニューを
選び、【▲】
【▼】で[初期設定]を選び、【■】を押します。
●メニューから【
▲
●モードダイヤルを
▲
この操作を実行すると、各設定項目を初期設定に戻します。
画像
画像サイズ
画質
ファイン
ノーマル
ホワイトバランス
ホワイトバランス
露出
露出
初期設定
●
画像サイズ、画質は、クイックメニュー でも設定できます。
P42
言語(Language)
日本語(Japanese)
●
ここで選んだ画像サイズ、画質は、電源をオフにした後も保持されます。
画像サイズ(Resolution)
1600×1200
画質(Quality)
ファイン(Fine)
ホワイトバランス(White Balance)
オート(Auto)
2048×1536: 約315万画素
露出(Exposure Value)
±0
1600×1200:
TV(TV Standard)
NTSC
1280×960 : 約123万画素
ヘルツ(Frequency)
50Hz
800×600
画像サイズ(記録画素数)
●
:
192万画素
初期設定
48万画素
2048×1536ピクセルモードは、補間処理によるものです。
画質(圧縮率)
ファイン:低圧縮
(1/8)
モード
ノーマル:中圧縮
(1/20)
モード
37
38
初期設定
撮
影
︵
静
止
画
/
動
画
︶
に
つ
い
て
■ ホワイトバランスを設定する
画像サイズ(記録画素数)と画質(圧縮率)について
画像サイズを大きくし、画質をファインにすると、データ容量は大きくなり、
撮影時の光源に合わせてホワイトバランスを設定できます。
メモリなどに記録できる画像が少なくなります(
“画像記録中”の時間も長くなり
● モードダイヤルを
場合を目安にお試しいただき、目的に応じた設定をしてください。
【▲】
【▼】
画質
ホワイトバランス
1コマの
データサイズ
内蔵16MB
SDメモリーカード
フラッシュメモリ
32MB
2048×1536
ファイン
約780KB
約 17枚
ノーマル
約300KB
約 46枚
約 97枚
1600×1200
ファイン
約475KB
約 28枚
約 61枚
ノーマル
約185KB
約 73枚
約155枚
1280×960
ファイン
約315KB
約 43枚
約 93枚
ノーマル
約125KB
約109枚
約232枚
ファイン
約125KB
約109枚
約232枚
ノーマル
約 65KB
約221枚
約466枚
約 37枚
【■】
画質
ホワイトバランス
撮
影
︵
●【▲】
【▼】で[オート]/[太陽光]/[電球]/[蛍光灯]を選び、静
止
【■】を押します。
画
/
画像
動
画像サイズ
画
オート
画質
︶
太陽光
に
電球
ホワイトバランス
つ
蛍光灯
露出
い
て
オート :カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。 初期設定
露出
▲
JPEG
圧縮率
画像サイズ
露出
▲
記録画素数
(ピクセル)
▲
画像サイズ
画像記録枚数/データサイズ
800×600
▲
動画撮影時は320×240の画像サイズ(記録画素数)になります。
にします。
▲
1280×960/800×600はメール添付用などインターネット上で使用する
SET
●
[画像(IMAGE)
]メニューから【▲】
【▼】で[ホワイトバランス]応
用
操
を選び、【■】を押します。
作
画像
画像
編
▲
ます)。2048×1536/1600×1200はプリントユースで使用する場合、
太陽光 :太陽光での撮影
●
●
●
画像記録枚数及びデータサイズはあくまでも目安であり、被写体や撮影条
電球
件によって異なります。
蛍光灯 :蛍光灯(昼白色)下での撮影
:電球下での撮影
内蔵フラッシュメモリは一部プログラムファイルが格納されているため、
●
ホワイトバランスは、クイックメニュー P42
記憶可能領域は約14.2MBです。
●
ここで選んだホワイトバランスは、電源をオフにした後も保持されます。
動画撮影時の記録時間については、動画ファイルについて P27 をご覧く
ださい。
39
40
でも設定できます。
■ 露出(明るさ)を設定する
■ クイックメニューを使う
逆光や背景が明るい場所での撮影などで被写体が暗くなってしまった場合に、
静止画撮影モード時に、クイックメニューを使用すると、モードダイヤル
露出を補正(±2段、1/2段ステップ)できます。
で
● モードダイヤルを
ンスの各設定と、セルフタイマーの設定を行うことができます。
にします。
▲
▲
画像
画像サイズ
画質
ホワイトバランス
露出
露出
+2
1600
×
〈通常表示〉
●【
1200
▲
【
】 】で露出の段階を選び、
【■】で決定します。
+1
【■】
【■】
▲
▲
ホワイトバランス
030
▲
【▲】
【▼】
画質
●
【
▲
画像
応
用
操
作
編
にして、【■】を押します。
クイックメニューが表示されます。
【■】を押します。
画像サイズ
● モードダイヤルを
▲
SET
●
[画像(IMAGE)
]メニューから【▲】
【▼】で[露出]を選び、
SET(セットアップモード)
を選ばなくても、画像サイズ、画質、ホワイトバラ
【
】 】で設定する項目を中央にし、【▲】
【▼】でその内容を
選び、【■】またはシャッターボタンを押します。
クイックメニューが終了します。
0
-1
クイックメニューの表示
-2
●
設定項目
ここで選んだ露出は、電源をオフにした後も保持されます。
画像サイズ(記録画素数)
画質(圧縮率)
ホワイトバランス
セルフタイマー
●
表示
2048
1600
1280
800
1536
1200
960
600
×
×
ファイン/
オート/
オン/
×
ノーマル
晴天/
オフ
×
P38
P38
電球/
蛍光灯
P40
P43
クイックメニューの表示は、数秒間放置するとクイックメニューを終了し、
静止画撮影モードに戻ります。
【▲】
【▼】で内容を変更し、【■】を押さず、数秒間放置すると、その変更を保
●
持し、クイックメニューを終了します。
41
42
撮
影
︵
静
止
画
/
動
画
︶
に
つ
い
て
■ セルフタイマーで撮る
プリント指定・再生について
セルフタイマーの設定は、クイックメニューを使用します。
■ プリントしたい画像を選ぶ(DPOF対応)
にして、【■】を押します。
メモリーカードに記録されている画像の中から、プリントしたい画像や枚数、日
応
用
操
この指定は、DPOF(Digital Print Order Format)規格に対応しているお店やプ 作
編
リンタで画像をプリントするときに便利です。
クイックメニューが表示されます。
付をプリントするかなどの指定ができます。
030
【■】
1600
×
1200
▲
●
【
▲
〈通常表示〉
【
】 】で (セルフタイマー)を中央にし、【▲】
【▼】で
(オン)を選び、【■】またはシャッターボタンを押します。
【▲】
【▼】
1600
×
動画像はプリント指定できません。
● モードダイヤルを
にします。
●
【■】を押し、メニューを表示させます。
【■】
1600
×
1200
メモリーカードを使用していない場合は、プリント指定できません。
●
1200
0030/0030
〈通常表示〉
【■】
消去
▲
▲
▲
030
【 】
【 】
●
▲
● モードダイヤルを
消去
全て消去
もどる
セルフタイマーランプ(レッド)が点滅し、液晶モニターに数字がカウントダウ
消去
消去
全て消去
▲
プリント設定(DPOF)
▲
(全押し)。シャッターボタンの押し方 P24
選びます。
▲
● 半押しのまま、シャッターボタンをさらに押し込みます
【
】 】で[プリント設定(DPOF)]メニューを
▲
● 構図を決め、シャッターボタンを半押しします。
[■]:セット [▲▼ ]:セレクト
●メニューから
【
▲
アイコンが表示されます。
▲
液晶モニタに
【 】
【 】
全指定/全指定取消し
指定
日付オン/オフ
もどる
ン表示され、約10秒後に撮影されます。
もどる
全画像をプリント指定またはすべての指定を取り消しする場合
●
[プリント設定(DPOF)
]メニューから【▲】
【▼】で[全指定
セルフタイマーランプ(レッド)点滅
/全指定取消し]を選び、【■】を押します。
●
【▲】
【▼】で[全指定]
/
[全指定取消し]を選び、
【■】を押します。
●
セルフタイマー作動中は、他のボタンを押しても操作は無効です。
●
セルフタイマー撮影を途中で止めるには、電源をオフにするか、モードダイヤル
を他のモードに切り替えてください。
●
●
撮影時の各設定(画像サイズ、画質、ストロボ、被写体までの距離、ズーム、ホ
アイコンが表示され、指定した操作を実行し、[プリント設定(DPOF)]
メニューに戻ります。
プリント設定(DPOF)
全指定
全指定/全指定取消し
全指定取消し
指定
ワイトバランス、露出)はセルフタイマー撮影時にも有効です。
日付オン/オフ
セルフタイマーモードは、再度電源を入れ直すとオフに戻ります。
もどる
43
プリント設定(DPOF)
全指定/全指定取消し
【■】
指定
日付オン/オフ
もどる
44
プ
リ
ン
ト
指
定
・
再
生
に
つ
い
て
■ 画像をオート再生する
画像を指定してプリント指定する場合
全指定/全指定取消し
メモリ内にあるすべての画像を約5秒間隔でオート再生します。
指定
【■】
●モードダイヤルを
】でプリント
▲
消去
▲
▲
消去
【 】
【 】
全て消去
●
【■】を押します。
【
】 】で[機能]メニューを選びます。
機能
▲
×2
枚数を指定します。
▲
】
【 】でプリントしたい
[■]:セット [▲▼ ]:セレクト
●メニューから
【
▲
▲
全て消去
▲
0030/0030
他の画像を続けて指定する場合は、
【▲】
【▼】
で
指定する画像を選び、
【
消去
消去
もどる
DPOF
▲
▲
】
【
【■】
▲
●
▲
したい枚数(0∼5枚)を指定します。
応
用
操
作
編
▲
0030/0030
もどる
●
【▲】
【▼】で指定する画像を選び、
【
にします。
●
【■】を押し、メニューを表示させます。
日付オン/オフ
▲
から【▲】
【▼】で[指定]を選び、
【■】を押します。
プリント設定(DPOF)
▲
●
[プリント設定(DPOF)
]メニュー
オート再生
もどる
もどる
再生モードに戻ります。
動画像はプリント指定できませんので、ここで動画像を選ぼうとしても液晶
●
[機能]メニューから【▲】
【▼】で[オート再生]を選び、【■】を
押します。
モニターには表示されません。
機能
オート再生
日付プリントを指定する場合
もどる
●
[プリント設定(DPOF)]メニューから【▲】
【▼】で[日付オ
▲
▲
オート再生が開始します。
0001/0030
001/030
0002/0030
【■】
ン/日付オフ]を選び、【■】を押します。
●
【▲】
【▼】で[オン]
/
[オフ]を選び、【■】を押します。
アイコンが表示され、日付プリントの指定がされて、[プリント設定
●
再生中に、
セレクトボタンかエンターボタンを押すとオート再生をストップします。
●
動画像の場合は最初の1フレームが表示されます。
(DPOF)]メニューに戻ります。
プリント設定(DPOF)
全指定/全指定取消し
指定
日付オン/オフ
プリント設定(DPOF)
全指定/全指定取消し
【■】
指定
オン
オフ
日付オン/オフ
もどる
もどる
.......... ......................
日付プリントの指定は、すべてのプリント指定を行ってから指定してくだ
..
さい。日付プリントを指定した後に、プリントしたい画像や枚数を指定し
ても、その画像に日付プリントは指定できません。
45
46
プ
リ
ン
ト
指
定
・
再
生
に
つ
い
て
消去について
■ フォーマットする
フォーマット(初期化)とはメモリまたはメモリーカードに画像およびデータを記
録できるようにする作業のことです。
●
他のデジタルカメラやパソコンで使用されたメモリーカードを使用する場合は、
本機でフォーマット(初期化)してから使用してください。
●
メモリーカードをパソコンでフォーマットする場合は、ファイルシステムに
[FAT]もしくは[FAT16]を選んでください。[FAT32]などのファイルシス
●
画像ファイルをパソコンにコピーする
49
■ 画像ファイルをパソコンにコピーするまでの流れ ........49
テムでフォーマットされた場合は、メモリーカードが認識されません。
1 パソコンにHDC-2 Driverをインストールする........50
フォーマット(初期化)するとメモリまたはメモリーカード内のデータがすべて
2 初回接続時に行うこと .................................................53
消去されますので、内容をよく確かめてから操作してください。
●
パソコン接続編
フォーマットを行うときは、電池残量を確認してから行ってください。フォー
マット中に電源がオフになると、正しくフォーマットされず、メモリーカード
が正常に使用できない場合があります。
3 USBケーブルでパソコンと接続する .........................57
4 画像ファイルをパソコンにコピーする ......................58
(リーダ/ライタ接続)
5 カメラを取り外すときは..............................................60
▲
▲
▲
▲
画像サイズ
【 】
【 】
画質
オプション
メモリフォーマット
初期設定
■ HDC-2 Driverをアンインストール(削除)
する.............61
PCカメラとして使う(PCカメラ接続)
▲
▲
▲
画像
▲
SET にします。
【
】 】で[オプション]メニューを選び、
【▲】
【▼】
で[メモリフォーマット]を選び、【■】を押します。
▲
● モードダイヤルを
● メニューから
【
【■】
ホワイトバランス
露出
オプション
▲
▲
●
【▲】
【▼】で[OK]
/
[キャンセル]を選び、【■】を押します。
OK
メモリフォーマッ
ト
キャンセル
初期設定
47
48
63
パ
ソ
コ
ン
接
続
編
1 パソコンにHDC-2 Driverをインストールする
画像ファイルをパソコンにコピーする
HDC-2 Driverをインストールする前に、パソコンに付属の取扱説明書をよくお読
■ 画像ファイルをパソコンにコピーするまでの流れ
1
みください。
インストール用CD-ROMの内容
HDC-2 Driverをパソコ
□ HDC-2 Driver……撮影画像の取り込み(リーダ/ライタ接続)やPCカメラとし
ンにインストールする。
て使用する際に必要なドライバソフトウェアで、以下の2
P50
パ
ソ
コ
■マス ストレージ(Mass Storage)モード用ドライバ
ン
デジタルカメラを、リムーバブルディスク、リーダ/ 接
続
ライタとして使用できます。
編
■PCカメラモード用ドライバ
種類のドライバソフトウェアが含まれています。
2
「初回接続時に行うこと」
にしたがってデバイスの
セットアップを行う
(カメ
ラ認識)
。P53
デジタルカメラをPCカメラとして使用できます。
次回以降の接続では、こ
パソコン接続モードについて P53
の手順は必要ありません。
3
4
D
r
i
v
パソコンの動作環境を確認する
e
本ソフトウェアをお使いいただくには、以下の条件が揃っていることが必要です。 r
を
インストールする前に必ずご確認ください。
イ
ン
■OS:Microsoft Windows98/98SE/Me/2000/XP
ス
ト
■USBインターフェース(1.1仕様)を標準装備している機種
ー
■CPU:Pentium200MHz以上
ル
す
■RAM:64MB以上(推奨)
る
■CD-ROM読み込みドライブを標準装備している機種
USBケーブルでパソコン
と接続する。P57
[マイコンピュータ]を
■ハードディスク空き容量:約1MB以上(HDC-2 Driverのインストールに必要)
開き、
[リムーバブルデ
OSはプリインストールしたモデルに限ります。自作パソコンや上記のOSでも
●
ィスク]
(=カメラ)内から
アップグレードされた場合の動作は保証いたしません。
画像ファイルをパソコン
USBハブや拡張USBボードに接続した場合の動作は保証いたしません。
●
にコピーする。 P58
ドラッグ
&
ドロップ
5
機器の構成によっては正常に動作しない場合があります。
●
カメラを取り外す。P60
49
50
HDC- 2 Driverをインストールする∼再起動
● InstallShieldウィザードのタイトルが表示されたら[次へ]を
クリックします。
ソフトウェアのインストールが完了するまで、カメラをパソコンに接続しないで
ください。
また、他のアプリケーションはすべて終了しておいてください。
● パソコンを起動し、付属CD-ROMをCD-ROMドライブにセ
パ
ソ
コ
ン
接
続
インストールが開始し、インストールが終わると、[InstallShieldウィザード 編
ットします。
インストールメニューが自動的に表示されます。
●
インストールメニューが表示されない場合は、[マイコンピュータ]内の
[HDC-2]内の「InstallMgr(.exe)」をダブルクリックしてください。
●
[Install
HDC-2 Driver]をクリックします。
の完了]画面が表示されます。
●
[はい、今すぐコンピュータを再起動します。]を選んで、
[完了]をクリックします。
(Windows XPでは、そのまま[完了]をクリックします。)
● 表示言語を選び[OK]をクリックします。
コンピュータが再起動し、インストールが完了します。
インストールが完了したら、初回接続時に行うこと P53
●
HDC-2 Driverをアンインストール(削除)する場合は、HDC-2 Driverをアン
イストール(削除)する P61
51
へ進んで下さい。
の手順に従って操作してください。
52
D
r
i
v
e
r
を
イ
ン
ス
ト
ー
ル
す
る
[新しいハードウェアの検索ウィザード]画面が表示された場合は、
2 初回接続時に行うこと
●
実際にカメラをマス ストレージモードとPCカメラモードで接続し、HDC-2
Driver(マス ストレージモード用ドライバとPC カメラモード用ドライバ)が正し
くインストールされたことを確認します(デバイスのセットアップ
(カメラ認識))。
次回以降の接続では、この手順は必要ありません。
[次へ]をクリックし、画面の指示に従ってください。
[検索ウィザードの完了]画面が表示されたら、[完了]をクリックします。
●
Windows XPでは、OS側の自動再生ウィザードが表示されるように設定され
ています。その場合は、[何もしない]を選び、[OK]をクリックします。
パソコン接続モードについて
■マス ストレージモード(リーダ/ライタ接続):
パ
ソ
コ
ン
接
続
編
デジタルカメラをリムーバブルディスク、リーダ/ライタとして使用でき
ます。撮影画像を取り込む場合に選びます。
パソコンには[リムーバブルディスク]として認識されます。
■PCカメラモード:
デジタルカメラをPCカメラとして使用する場合に選びます。
PCカメラとして使う P63
●カメラからUSBケーブルを取り外します。
カメラを取り外すときは P60
【デバイスのセットアップ手順】
●
に従って操作してください。
Windows2000またはWindows XPをお使いの場合は、Administrator(管理
者制限)でログオンしてください。
【PCカメラモードのセットアップ】
【マス ストレージモードのセットアップ】
●レンズカバーを開き、カメラの電源をオンにします。
●モードダイヤルをPCにします。
[パソコン接続モードの選択]メニューが表示されます。
●メニューから【▲】
【▼】で[マス
ストレージ]を選び、
【■】を押します。
PCカメラとして使う P63
●レンズカバーを開き、カメラの電源をオンにします。
● モードダイヤルをPCにします。
[パソコン接続モードの選択]メニューが表示されます。
● メニューから【▲】
【▼】で[PCカメラ]を選び、
が表示されます。
●USBケーブルでカメラとパソコンを接続します。
USBケーブルでパソコンと接続する P57
●
カメラをPCカメラとして使わない場合は、この手順は必要ありません。
「新しいハードウェアがみつかりました」ウィザードが表示され、
設定が終わると消えますのでそのままお待ちください。
53
【■】を押します。
が表示されます。
● USBケーブルでカメラとパソコンを接続します。
USBケーブルでパソコンと接続する P57
54
初
回
接
続
時
に
行
う
こ
と
● パソコンの動作を確認します。この手順はパソコンのOSに
よって異なります。
〈WindowsXPの場合〉
●
[新しいハードウェアがみつかりました]
ウィザードが表示されます。
〈Windows98/98SE/Meの場合〉
●
[新しいハードウェアがみつかりました]ウィザードが表示され、
設定が終わると消えますのでそのままお待ちください。
●
[新しいハードウェアの検索ウィザード]
画面が表示された場合は、
[ソフトウェアを自動的にインストールする(推奨)]を選び、
[次へ]をクリックします。
●
[新しいハードウェアの検索ウィザード]
画面が表示された場合は、
[次へ]をクリックし、画面の指示に従ってください。
パ
ソ
コ
ン
接
続
編
[検索ウィザードの完了]画面が表示されたら、[完了]をクリックします。
〈Windows2000の場合〉
●
[新しいハードウェアがみつかりました]
ウィザードが表示されます。
●
次の画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。
[デジタル署名がみつかりませんでした]ダイアログが表示された場合は、
●
PCカメラモード(Dual Mode Digital
[はい]をクリックします。
Camera/Dual Mode Video Capture
Camera)の動作について、問題ないこ
とを確認しております。
●
[検索ウィザードの完了]
画面が表示されたら、[完了]をクリックします。
● カメラからUSBケーブルを取り外します。
●
[新しいハードウェアの検索ウィザード]
画面が表示された場合は、
カメラを取り外すときは P60
に従って操作してください。
[次へ]をクリックし、画面の指示に従ってください。
[検索ウィザードの完了]画面が表示されたら、[完了]をクリックします。
55
56
初
回
接
続
時
に
行
う
こ
と
3 USBケーブルでパソコンと接続する
カメラとパソコンを接続する前に、HDC-2 Driverをインストールする P51
と初回接続時に行うこと P53 を行う必要があります。
● レンズカバーを開き、カメラの電源をオンにします。
● モードダイヤルを PC にして、
【▲】
【▼】でパソコン接続モード
([マス ストレージ]
/
[PCカメラ]
)を選び、【■】を押します。
が表示されます。パソコン接続モードについて P53
パソコン接続モードの選択
マス ストレージ
PCカメラ
パソコン接続モードの選択
【■】
マス ストレージ
PCカメラ
4 画像ファイルをパソコンにコピーする(リーダ/ライタ接続)
カメラとパソコンを接続する前に、HDC-2 Driverのインストール P51 と、
●
初回接続時に行うこと(マス ストレージモードのセットアップ) P53
を行う
必要があります。
●
市販の画像編集ソフトなど使って、画像ファイルを編集する場合は、以下の操
作で画像ファイルを任意の場所(マイドキュメント内など)へコピーしてから
行うことをおすすめします。
●USBケーブルでパソコンと接続する P57
に従い、
[マス スト
レージ]モードを選び、USBケーブルでカメラとパソコンを
接続します。
レンズカバーを開き、カメラの電源をオンにします。
モードダイヤルを PC にします。
[パソコン接続モードの選択]メニューが表示されます。
● メニューから
【▲】
【▼】
で[マス ストレージ]
を選び、
【■】
を押します。
が表示されます。
● USBケーブルでカメラとパソコンを接続します。
パ
ソ
コ
ン
接
続
編
●
●
●USBケーブルの大きいコネクタを、パソコン本体のUSBポ
ートへ接続し、小さいコネクタをカメラのUSB端子へしっか
りと接続します。
BUSYランプ(レッド)が点灯します。
画
像
フ
ァ
イ
ル
を
パ
●
[マイコンピュータ]内の[リムーバブルディスク]をダブルクリ ソ
コ
ックし、
[DCIM]
フォルダ、
[100FSCAM]
フォルダを開きます。 ン
に
コ
[リムーバブルディスク]
ピ
ー
[DCIM]
す
る
[100FSCAM]
USB接続時のご注意
●
液晶モニターは表示されません。
●
オートパワーオフ機能は、パソコン本体から電源が供給されるためはたらきま
せん。
●
通信中にUSBケーブルを抜いたり、カメラ(レンズカバー、インターフェースカ
バー、セレクトボタン、エンターボタンなど)に触れたりしないでください。記
●
[リムーバブルディスク]
=カメラと考えます。
録されているデータが破損する恐れがあります。
[リムーバブルディスク]が表示されない場合は、故障とお考えになる前に
P69
57
を参照してください。
58
●パソコンにコピーする(取り込む)画像ファイルをフォルダ内
から選択し、任意の場所(マイドキュメント内など)にドラッ
グ&ドロップしてコピーします。
ドラッグ&ドロップ・・・
マウスを使った操作法の一つで、マウス操
作によってデータやファイルの移動を行う
こと。画面上でマウスポインタがファイル
のアイコンなどに重なった状態でマウスの
ボタンを押し、そのままの状態でマウスを
移動(ドラッグ)させ、別の場所でマウスの
ボタンを離す(ドロップ)こと。
ド
ラ
ッ
ド & グ
ロ
ッ
プ
●
同様に任意の場所から任意のデータを、フォルダ(カメラ)内にドラッグ&ド
5 カメラを取り外すときは
カメラを取り外すときは、必ず以下の手順に従って操作してください。
●
この操作を行わずにカメラを取り外したり、USBケーブルを抜くと、パソコン
が正常に動作しない場合や記録されているデータが破損する恐れがあります。
この操作はWindows98/98SEをお使いの場合やPCカメラモードで接続して
●
いる場合は必要ありません。
パ
ソ
● カメラを利用しているアプリケーションをすべて終了します。 コ
ン
● タスクバー上の[ハードウェアの取り外し]アイコンをクリッ 接
続
クし、取り外すドライブを選んで
[停止します(取り外します)]編
をクリックします。
ロップしてコピーすることができます。
フォルダ(カメラ)内にコピーしたデータは、全ての画像を消去する P32
操作を行うと、全て消去されますのでご注意ください。
画像ファイルの保存先とファイル名
タスクバー
ファイル名について:
PHOTO□□□□.jpg(動画ファイルは.avi)
〈WindowsMeの場合〉
※□□□□には0001∼9999までの数字
が入ります。
〈Windows2000の場合〉
…………撮影した画像ファイルを収めたフォルダ
……………………DPOFファイルを収めたフォルダ
(メモリーカード使用時のみ)
〈カメラ内〉
●
〈WindowsXPの場合〉
DPOFの指定をすると作成されるフォ
ルダで、DPOFの指定内容を管理する
ファイルが入っています。
カメラを取り外すときは、カメラを取り外すときは P60
●
の手順に従って操
●
[安全に取り外すことができます]
ダイアログが表示されたら、[OK]
をクリッ
クします。(Windows XPでは[OK]のクリックは不要です。)
● カメラを取り外します。
作してください。
59
60
カ
メ
ラ
を
取
り
外
す
と
き
は
■ HDC-2 Driverをアンインストール(削除)する
●
インストールしたHDC-2 Driverが不要になった場合のみ行ってください。
●
カメラとパソコンを接続した状態では行わないでください。またパソコンのア
● 確認画面が表示されたら
[OK]をクリックします。
プリケーションはすべて終了しておいてください。
●
[マイコンピュータ]内の[コントロールパネル]内から[アプ
リケーション(プログラム)の追加と削除]をダブルクリック
します。
●
[HDC-2]を選んで、[追加(変更)と削除]をクリックします。
[OK]をクリックすると、アンインストールが実行されますので、操作は慎重に
行ってください。
● メンテナンスの完了画面が表示されたら、
[完了]をクリック
し、アンインストールを完了します。
D
r
i
v
e
r
を
ア
ン
イ
ン
ス
ト
ー
ル
︵
削
除
︶
す
る
画面の指示に従ってアンインストールを実行します。
● 表示言語を選び
[OK]をクリックします。
● InstallShieldウィザードのタイトルが表示されたらオプショ
ンから[削除]を選び、[次へ]をクリックします。
61
パ
ソ
コ
ン
接
続
編
62
PCカメラとして使う(PCカメラ接続)
本機は、パソコンとUSB接続することにより、PCカメラとして使用することがで
きます。
カメラとパソコンを接続する前に、HDC-2 Driverのインストール P51 と、
初回接続時に行うこと(PCカメラモードのセットアップ) P54
付 録
を行う必要が
あります。
■ 故障とお考えになる前に ........................................................65
■ 仕様 ...........................................................................................73
別途ご準備頂きたいこと
本製品にはPCカメラ用ソフトウェアは同梱されておりませんので、PC
■ サービス/ご相談窓口 ............................................................78
カメラとして使用される場合は、Microsoft NetMeeting(バージョン
付
録
3.01)やWindowsムービーメーカーなどのPCカメラ対応ソフトウェアを
別途ご準備頂く必要があります。
また、インターネットやLAN接続を通じて、テレビ電話やWEBチャットなど
で使用される場合は、モデムやターミナルアダプタなどのネットワーク機器、
スピーカやマイクなどのサウンド機器を別途ご準備頂く必要があります。
●レンズカバーを開き、カメラの電源をオンにします。
●モードダイヤルをPCにします。
[パソコン接続モードの選択]メニューが表示されます。
●メニューから【▲】
【▼】で[PCカメラ]を選び、【■】を押し
ます。
が表示されます。
●USBケーブルでカメラとパソコンを接続します。
USBケーブルでパソコンと接続する P57
●
画像サイズやフレームレートの設定は、パソコンのソフトウェア側で行ってく
ださい。カメラ側では設定できません。また、パソコンの動作環境などにより、
本機の性能を十分に発揮できない場合があります。
●
PCカメラとして映し出された画像を、静止画または動画として保存できるかど
うかは、PCカメラ対応ソフトウェアの取扱説明書やヘルプにて確認してください。
63
64
付録
症状
撮影できない。
●
■ 故障とお考えになる前に
●
電池・電源
症状
電源がオンに
ならない。
原因
処置
レンズカバーの開閉動作が
早すぎた。
●
電池が正しく入っていない。 →電池を正しく入れる。P17
●
電池が消耗している。
●
オートパワーオフ機能がは
たらき、電源がオフになっ
た。P19
→もう一度電源をオンにする。
メモリ残量がない。
→内蔵メモリまたはメモリー
付
カード内の画像を消去する 録
P31 か、別のメモリー
カードと交換する P20 。
メモリーカードのライトプ
ロテクト(書き込み禁止)
スイッチが「LOCK」になっ
ている。(液晶モニターに
が表示)
→メモリーカードの「書き込
み禁止」を解除する。
ストロボモードが 発光
禁止になっている。
→ストロボモードを オー
トまたは 赤目軽減(オ
ート)にする。P25
マクロモードになってい
る。
→
電池が消耗している。
→新しい電池と交換する
P17 。電池残量表示が
のときはストロボは
発光されません。
被写体が明るい。
→そのまま撮影してくださ
い。強制ストロボモードは
搭載しておりません。
●
●
電池の消耗が
早い。
温度が極端に低いところで
使用している。
−
高解像度、ストロボ撮影を
多用している。
−
オートパワーオフ機能がは
たらいた。P19
→もう一度電源をオンにする。
電池が消耗している。
→新しい電池と交換する。P17
温度が極端に高いまたは低
いところで使用している。
−
電池が消耗している。
→新しい電池と交換する。P17
●
●
電源が途中で
オフになる。
●
●
電池の残量表示が
正しく表示され
ない。
●
●
●
●
ストロボ撮影が
できない。
●
●
静止画/動画を撮る
症状
液晶モニターに被
写体が写らない。
/
原因
●
処置
モードダイヤルが
になっていない。
/
65
●
→モードダイヤルを 静止
画撮影モード/ 動画撮
影モードにする。P11
DISPボタンで切り替
液晶モニターの表示設定が、「表 →
える。P13
示オフ」 または 「すべての表示
(イメージなし)」になっている。
●
→BUSYランプの点滅が終わ
ってから撮影する。
→モードダイヤルを 動画
撮影モードにする。P11
→新しい電池と交換する。P17
内部システムなどの誤操作。 →電池/メモリーカバーを
一度開閉し、
もう一度ゆっく
りとレンズカバーを開く。
ストロボ充電中にシャッタ
ーボタンを押した。
動画撮影時、モードダイヤ
ルが になっていない。
●
→もう一度ゆっくりと開閉動
作を行う。
処置
→BUSYランプの点灯が終わ
ってから撮影する。
静止画撮影時、モードダイ →モードダイヤルを 静止
ヤルが になっていない。 画撮影モードにする。P11
●
レンズカバーを開いていない。 →レンズカバーを開く。
●
原因
画像記録中にシャッターボ
タンを押した。
●
66
P21
標準モードに切り替え
る。P26
故
障
と
お
考
え
に
な
る
前
に
症状
原因
処置
→カメラを正しく構える。
マクロモードで遠景を撮
影している。
→
被写体が近すぎる。
→撮影可能範囲(マクロ時:
約15cm∼約20cm、標準
時:約60cm∼∞)で撮影
する。
●
ストロボに指がかかってい
る。
画像がぼやけて
いる。
→ストロボ連動範囲(約0.6
∼約1.8m)で撮影する。
●
被写体が遠い。
ストロボ撮影した
のに、撮影画像が
暗い。
●
●
標準モード(約60cm
∼∞)に切り替える。P26
→レンズをメンテナンスす
る。 P8
画像ブレ
→
“画像取込中”
の
表示が
終わるまで、カメラを固定
して撮影する。P24
●
電源周波数が影響している。 →電源周波数を合わせる。
画像にしまが
入る。
●
画像にノイズが
ある。
●
動画撮影時
に撮影が途中で
ストップする。
●
処置
−
画像/データを消去する
症状
消去できない。
誤って消去して
しまった。
原因
処置
メモリーカードのライトプ
ロテクト(書き込み禁止)ス
イッチが「LOCK」になって
いる。(液晶モニターに
が表示)
→メモリーカードの「書き込
み禁止」を解除する。
一度消去したファイルは元
に戻せません。
−
●
●
P21
付
録
P36
テレビを使って再生/撮影する
パソコンの近くや電磁波の
強い場所で撮影している。
−
撮影に必要なメモリ残量が
ない。
→内蔵メモリまたはメモリー
カード内の画像を消去する
P31 か、別のメモリー
カードと交換する P20 。
症状
静止画/動画を見る
症状
再生できない。
原因
他のデジタルカメラで撮影
した画像や、パソコンで名
前を変更したり、加工した
画像は本機で再生できない
場合があります。
●
P23
レンズが汚れている。
●
症状
再生できない。
原因
●
処置
モードダイヤルが
っていない。
67
にな →モードダイヤルを
再
生モードにする。P29
テレビに画像が
表示されない。
原因
処置
テレビの入力切り替えが正
しく設定されていない。
→テレビの入力切り替えをビ
デオ入力モードにする。
ビデオケーブルが正しく接
続されていない。
→テレビとカメラからビデオ
ケーブルを抜いて、もう一
度しっかりと接続する。
●
●
テレビの画像が
乱れている(カ
ラーにならない
など)。
●
[TV]
の設定が
[PAL]
になっ
ている。
68
→
[NTSC]
に切り替える。
P29
故
障
と
お
考
え
に
な
る
前
に
画像ファイルをパソコンにコピーする
原因
症状:HDC-2 Driverをインストールできない。
原因
処置
→Windows2000/XPをお使いの場合は、
Administrator(管理者制限)でログオン
する。
―
対応OS以外のパソコンにインス
トールしようとしている。
●
→動作環境を確認する。
P50
→
[その他のデバイス]が表示されていたら、
認識されなかったデバイス(「?」マーク)
を[削除]
してから、HDC-2 Driverをイ
ンストールする。
マス ストレージモード用ドライ
バの動作を妨げている他のドラ
イバまたはカメラがある。
[デバイスマネージャ]
を開き、
[USB(ユニバーサル シリアル
バス)コントローラ]を確認して
ください。
→
[Digicam USB Mass Storage]に、黄
色い「!」マークが付いているときは、
[Digicam USB Mass Storage]を[削除]
してから、カメラを取り外し、HDC-2
Driverをインストールし直す。(アンイン
付
ストールする P61 、インストールする
録
P51 )
パソコンのUSB機能が有効にな
っていない。
[デバイスマネージャ]
を開き、
[USB(ユニバーサル シリアル
バス)コントローラ]を確認して
ください。
→
[USB(ユニバーサル シリアル バス)コン
トローラ]が表示されていないときは、
USB機能は無効です。詳しくはパソコン
の取扱説明書をご参照の上、有効に設定
してください。
→
[USB(ユニバーサル シリアル バス)コン
トローラ]に黄色い「!」や赤い「×」マーク
が付いているときは、USB機能は動作して
いません。詳しくはパソコンの取扱説明書
をご参照の上、有効に設定してください。
●
症状:カメラがパソコンに認識されない。
([リムーバブルディスク]
が表示されないなど)
原因
●
●
●
●
●
●
処置
付属のUSBケーブルを使用して
いない。
→付属のUSBケーブルを使う。
USBケーブルが正しく接続され
ていない。
→パソコンとカメラからケーブルを抜いて、
もう一度しっかりと接続する。P57
→他のUSBポートに接続する。
パソコンのUSBポートに他の機
器が接続されている。
→キーボード/マウス以外は取り外す。
パソコン接続モードが正しく設
定されていない
→目的に応じてパソコン接続モード[マス
ストレージ]/
[PCカメラ]を設定する
P53 。[PCカメラ]モードを選んでい
るときは、[リムーバブルディスク]は表
示されません。
HDC-2 Driverがインストール
されていない。
→HDC-2 Driverをインストールする。
「初回接続時に行うこと」を行っ
ていない。
→初回接続時に行うこと P53 に従って
「デバイスのセットアップ」を行う。
再インストールしたときや、デバイスを
削除したときなどは、もう一度「初回接
続時に行うこと」に従って操作する必要が
あります。
P51
69
処置
HDC-2 Driverをインストール
する前に、カメラとパソコンを
接続したため、デバイスが正し
く認識されていない。
[デバイスマネージャ]
を開き、
[その他のデバイス]
が表示され
ていないか確認してください。
●
●
〈デバイスマネージャ〉
[デバイスマネージャ]は、[マイコンピュータ]
から右クリックで[プロパティ]を選ぶか、[コ
ントロールパネル]から[システム]をダブルク
リックして、[システムのプロパティ]から開き
ます。
70
故
障
と
お
考
え
に
な
る
前
に
症状:USB接続してもカメラの電源がオフになる。
症状
原因
処置
USBケーブルが正しく接続され
ていない。
→パソコンとカメラからケーブルを抜いて、
もう一度しっかりと接続する。P57
→他のUSBポートに接続する。
カメラとパソコンをUSBハブ経
由で接続している。
→USBハブなどを介さずにパソコン本体に
直接接続する。
●
●
カメラの操作がで
きない。
(BUSY
ランプの点灯が消
えないなど)
●
原因
処置
内部システムやメモリーカ
ードなどの誤動作
→電池を取り外し、しばらく
放置してから電池を入れ直
す。
→メモリーカードをカメラか
ら取り出し、もう一度しっ
かりと入れる。P20
→別のメモリーカードと交換
し、確認する。P20
→お買い上げご販売店へご相
談ください。
電池が消耗している。
→新しい電池と交換する。P17
症状:カメラを取り外したときに、警告メッセージが表示された。
●
原因
処置
通信中にカメラを取り外した。
→内部のデータが破損する恐れがあります。
必ずカメラとパソコンが通信していない
ことを確認してから、カメラを取り外し
てください。
「カメラ取り外す」操作を行わな
いでカメラを取り外した。
●
→カメラを取り外すときは P60 に従って
操作する。
その他
症状
表示言語が英語
になっている。
原因
●
表示
0020
●
液晶モニターに黒 ● 液晶の性質による現象
い点が現れる。ま
たは、白や赤、青、
緑の点が消えない。
→故障ではありません。液晶
モニターのみに現れるもの
で、記録されません。
(点滅)
メモリ残量が
ありません
画像がありません
71
原因
メモリーカードのライトプ
(ロックアイコン) ロテクト(書き込み禁止)ス
イッチが「LOCK」になって
いる。
●
処置
[言語(Language)
]が[英 →
[言語(Language)]を[日
語(English)
]なっている。
本語(Japanese)]に切り
替える。P35
付
録
警告表示など
処置
→メモリーカードの「書き込み
禁止」を解除する。
故
障
と
お
考
●内蔵メモリまたはメモリー
→内蔵メモリまたはメモリー え
カードのメモリ残量がない。
カード内の画像を消去する に
な
P31 か、別のメモリー
る
カードと交換する P20 。 前
に
●内蔵メモリまたはメモリー
→内蔵メモリまたはメモリー
カードのメモリ残量がない。
カード内の画像を消去する
P31 か、別のメモリー
カードと交換する P20 。
再生できる画像ファイルが
入っていない。
●
72
P21
→本機で撮影する。
画像記録枚数・時間/データサイズ
■ 仕様
有効画素数
192万画素
撮像素子
1/2インチCMOSイメージセンサー(総画素数:198万画素)
記録媒体
内蔵16MBフラッシュメモリ(※1)、
SDメモリーカード(32 /64/128/256/512MB対応)
(※2)
静止画
JPEG
圧縮率
1コマの
データサイズ
2048×1536
ファイン
約780KB
約 17枚
ノーマル
約300KB
約 46枚
約 97枚
1600×1200
ファイン
約475KB
約 28枚
約 61枚
ノーマル
約185KB
約 73枚
約155枚
1280×960
ファイン
約315KB
約 43枚
約 93枚
ノーマル
約125KB
約109枚
約232枚
記録画像ファイルフォーマット JPEG準拠(DCF1.0準拠)、DPOF1.1対応
記録画素数
JPEG圧縮率
動画
記録画素数
(ピクセル)
2048×1536ピクセル、1600×1200ピクセル、
1280×960ピクセル、800×600ピクセル
ファイン(低圧縮(1/8)モード)/ノーマル(中圧縮(1/20)モード)
記録画像ファイルフォーマット AVI(Motion JPEG、音声なし)
記録画素数
フレームレート
PCカメラ(USB接続)
(※3)
15フレーム/秒
640×480:15∼25フレーム/秒、
320×240:20∼30フレーム/秒
ズーム
デジタル4倍ズーム(0.2倍ステップ)
レンズ、焦点調節
F2.8 f=7.5mm(35mmフィルム換算約38mm)
、
固定焦点方式
液晶モニター
1.6型TFTカラー液晶、約7.2万画素(312×230)
ファインダー
液晶モニター
撮影可能範囲
標準:約60cm∼∞、マクロ:約15cm∼約20cm
シャッター
電子シャッター、1/4∼1/2000秒
撮像感度
ISO100相当
露出補正
±2段(1/2段ステップ)
ホワイトバランス
オート/太陽光/電球/蛍光灯 切り替え
ストロボ
約0.6m∼約1.8m
連動範囲(推奨)
発光モード
800×600
320×240ピクセル
オート/赤目軽減(オート)/発光禁止
セルフタイマー
タイマー時間約10秒
オートパワーオフ
60秒間無操作にて電源オフ
インターフェース
USB(1.1仕様)
、 ビデオ出力(NTSC/PAL 切り替え)
電源
単3形アルカリ乾電池2本、USB接続時:パソコンより供給
外形寸法、質量
幅93×奥行38×高さ56mm(突起部除く)
、
約110g(電池、付属品除く)
使用条件
0℃∼40℃、湿度90%以下(結露しないこと)
付属品
単3形アルカリ乾電池×2本、専用USBケーブル、
専用ビデオケーブル、ネックストラップ、カメラポーチ、
インストール用CD-ROM、取扱説明書(保証書付)
320×240【動画】
●
約 37枚
ファイン
約125KB
約109枚
約232枚
ノーマル
約 65KB
約221枚
約466枚
ファイン
約125KB/秒
約113秒
約242秒
画像記録枚数・時間及びデータサイズはあくまでも目安であり、被写体や撮影条件によって異なります。
付
録
電池寿命の目安(液晶モニターオン、内蔵メモリ使用)
電池種類
連続撮影時
単3形アルカリ乾電池LR6
約320枚
循環撮影時
ストロボ発光
ストロボ無し
約140枚
約250枚
再生時間
約180分
撮影枚数・再生時間は、標準環境において、1600×1200/ファインモードで、以下の条件で撮影した
場合、約3秒1コマを連続で再生した場合の電源が切れるまでの目安であり、保証撮影枚数・時間では
ありません。ご使用の状況や環境によって少ない数値になる場合があります。
[連続撮影]ストロボ無しでの撮影を連続で行った場合
[循環撮影]被写体確認5秒→撮影→再生5秒を繰り返し行った場合
※両条件ともにメモリ残量がなくなった時点で全ての画像を消去。
●
(※1)内蔵フラッシュメモリは一部プログラムファイルが格納されているため、記憶可能領域は約14.2MBです。
(※2)SDメモリーカードは別売です。(株)
アイ・オー・データ機器のSDメモリーカードを推奨します。
詳細は(株)
アイ・オー・データ ホームページ http://www.iodata.jp/ をご覧ください。
(※3)パソコンの動作環境などにより、少ない数値になる場合があります。
73
内蔵16MB
SDメモリーカード
フラッシュメモリ
32MB
74
仕
様
メ モ
メ モ
付
録
75
76
メ モ
日立家電品についてのご相談や修理は
お買上げの販売店へ
なお、転居されたり、贈物でいただいたものの修理などで、ご不明な点は
下記窓口にご相談ください。
修理などアフターサービスに
関するご相談は
TEL 0120−3121−68
FAX 0120−3121−87
商品情報やお取り扱いに
ついてのご相談は
TEL 0120−8802−28
FAX 03−3260−9739
*フリーダイヤルされますと、お客様の地域を担当する センターへおつなぎします。
一般ご相談窓口
担当地域
家電品についてのご意見やご要望は各地区のお客様相談センターへ
電話番号
所 在 地
北海道地区
011−833−5088
札幌市白石区東札幌2条4−1−10
東北地区
022−232−5088
仙台市宮城野区扇町1−1−45
関東・甲信越地区
03−3834−8588
台東区東上野2−7−5
(日立家電上野ビル)
中部地区
052−795−5088
名古屋市守山区新守町59(日立家電新守山ビル)
関西地区
078−431−5088
神戸市東灘区甲南町1−3−8
中国地区
082−231−5088
広島市西区観音新町1−7−17
四国地区
0877−47−1088
坂出市林田町4285−143
九州・沖縄地区
092−281−5088
福岡市博多区店屋町7−18
(博多渡辺ビル)
●ご相談窓口の名称,所在地等は変更になることがありますのでご了承ください。
株式会社日立リビングサプライ:ホームページアドレス
http://www.hitachi-ls.co.jp/
77
78
付
録
デジタルカメラ 保証書
持込修理
保証期間内に取扱説明書、本体ラベル等の注意書きにしたがって正常な使用状態で使用していて故障した
場合には、本書記載内容にもとづきお買い上げの販売店が無料修理いたします。
お買い上げの日から下記の期間内に故障した場合は、商品と本書をお持ちいただき、お買い上げの
販売店に修理をご依頼ください。
形
名
HDC-2
※
お
客
様
ご 住 所
※
販
売
店
住 所
※
お
平 成 買
い
年 上
げ
日
保 証 期 間
月 日
本
1 年
体 : 〒 -
ご 芳 名
店 名
様
〒 TEL
※印欄に記入のない場合は無効となりますから必ずご確認ください。
1. 保証期間内でも次のような場合には有料修理となります。
(イ)使用上の誤り、または改造や不当な修理による故障または損傷。
(ロ)お買い上げ後の落下、引っ越し、輸送等による故障または損傷。
(ハ)火災、地震、水害、落雷、その他の天災地変、公害や異常電圧による故障または損傷。
(ニ)車輛、船舶に搭載して使用された場合に生じた故障または損傷。
(ホ)業務用に使用されて生じた故障または損傷。
(ヘ)本書のご提示がない場合。
(ト)本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記入のない場合あるいは字句を書き換えら
れた場合。
2. この商品について出張修理をご希望の場合には、出張に要する実費を申し受けます。
3. ご転居の場合は事前にお買い上げの販売店にご相談ください。
4. 贈答品等で本書に記入してあるお買い上げの販売店に修理をご依頼になれない場合には別紙のご
相談窓口一覧表をご覧のうえ、お近くの窓口にご相談ください。
5. 本書は再発行いたしませんので紛失しないよう大切に保管してください。
6. 本書は日本国内においてのみ有効です。Effective only in Japan.
● この保証書は本書に明示した期間、
条件のもとにおいて無料修理をお約束するものです。したがっ
てこの保証書によって、お客様の法律上の権利を制限するものではありませんので、保証期間経過
後の修理等についてご不明の場合は、お買い上げの販売店または別紙のご相談窓口一覧表の窓口
にお問い合わせください。
● 保証期間経過後の修理によって使用できる製品は、
お客様のご要望により有料修理させていただき
ます。
● このデジタルカメラの補修用性能部品の最低保有期間は製造打切り後1年です。
● 補修用性能部品とはその製品の機能を維持するために必要な部品です。
〒162-0814 東京都新宿区新小川町6-29(アクロポリス東京)
TEL. 03(3260)9611
FAX.03(3260)9739
Hitachi Living Systemsは日立リビングサプライの英文社名です。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement