Optio T20 取扱説明書

Optio T20 取扱説明書
各部の名称
前面
ズームレバー(p.45)
シャッターボタン(p.24)
電源スイッチ/電源ランプ(緑)(p.20)
ストロボ(p.56)
セルフタイマーランプ/
AF補助光(緑)(p.69、p.66)
リモコン受光部(p.70)
スピーカー(p.124)
レンズ
デジタルカメラ
PC/AV端子(p.86、p.131)
マイク(p.30)
背面
使用説明書
タッチディスプレイ式液晶モニター(LCD)
(p.34、p.74、p.133)
Qボタン(p.25)
ストラップ取り付け部(p.13)
DC入力端子(p.140)
3ボタン(p.34、p.119)
バッテリー/カードカバー
(p.15、p.17)
カメラの正しい操作のため、ご使用前に
必ずこの使用説明書をご覧ください。
三脚ネジ穴
設定の入り口は、3つだけ
Q ボタン、3 ボタン、液晶モニターのどれかに触れるだけで、い
ろいろな操作や設定ができます。
画面の表示
写真の撮影時および再生時の表示です。
Qボタンを押す
撮 影 し た 画 像 や 音 声 を 再 生 す る「再 生
モード」に切り替わります(p.25)。
3ボタンを押す
記録サイズや露出補正など、より詳細な
撮影条件が設定できる[メニュー]が表
示されます(p.34、p.119)。
液晶モニターにタッチ
指でカメラの液晶モニターを直接タッチして操作できます。
写真の加工など細かな作業には、付属のスタイラスペンが便利です。
タッチ
タッチディスプレイを押して離す動作です。
押したときにアイコンが選択され、離したときに設定が決
定されます(選択したアイコンによっては、設定が決定さ
れる前に機能の説明をするガイド画面が表示されます)。
2秒以上押し続けると、選択が解除されます。
ツールバーを表示したり、アイコンを選択するときなどに
使います。
矢印アイコン(suqr)は、押し続けると、設定値
の変更やページ送り操作となります。
ダブルタッチ
タッチディスプレイをすばやく 2 回押して離す動
作です。
ガイド画面を表示させずに、直接機能の設定をしたいとき
に使います。
ドラッグ
タッチディスプレイを押したまま、動かす動作です。
表示している画像の範囲を変更したり、バーを操作するこ
とで値を変更することなどができます。
選択するアイコンを間違えてしまったときは、そのまま他
のアイコンまでドラッグして指を離すと、そのアイコンを
選択できます。
38
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
7M
1/250
F2.7
ISOAUTO
2006/10/25
+1.0
14:25
A15 A14
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
A9
A10
A11
A12
A13
A14
A15
B1
B2
B3
B4
B5
B6
C2 C3 C4
C1
A9 A10 A11
ストロボやセルフタイマーなど、よく使う撮影機能を設定する[撮影ツール
バー](再生モード時は、[再生ツールバー])が表示されます(p.34、p.74)。
タッチディスプレイの使い方
再生時
撮影時
A12
B1
B2
B3
B4
B5
A13
30
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
撮影モード ...................................................... 42
ストロボモード........................................... 56
ドライブモード........................................... 35
フォーカスモード..................................... 63
フォーカスフレーム ............................... 65
手ぶれ警告 ...................................................... 62
シャッター速度........................................... 48
絞り値.................................................................. 48
デジタルズーム........................................... 46
メモリーの種類........................................... 20
撮影可能枚数 ................................... 50、52
バッテリー残量........................................... 16
現在の日時 ...................................................122
ワールドタイム設定中 ......................126
露出補正値 ...................................................... 53
記録サイズ ...................................................... 49
画質 ....................................................................... 49
ホワイトバランス..................................... 58
測光方式............................................................ 55
感度 ....................................................................... 67
ヒストグラム ................................................ 54
※ B1~B6は、[標準+ヒストグラム]表
示のときのみ表示されます(p.40)。
C1
C2
C3
C4
C5
C6
C7
C8
C9
D1
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
C5
C6
C7
D8
ISOAUTO
1/250 F2.7
2006/10/25 14:25
C9
B6
100-0038
7M
C8
C9
ボイスメモ ...................................................106
メモリーの種類........................................... 20
フォルダ番号 .............................................130
ファイル番号
バッテリー残量........................................... 16
プロテクト ...................................................... 91
ボイスメモ再生........................................... 81
撮影日時
ページ送り ...................................................... 25
記録サイズ ...................................................... 49
画質 ....................................................................... 49
ホワイトバランス..................................... 58
測光方式............................................................ 55
感度 ....................................................................... 67
シャッター速度........................................... 48
絞り値.................................................................. 48
ヒストグラム ................................................ 54
※ D1~D8は、[標準+ヒストグラム]表
示のときのみ表示されます(p.76)。
本書の構成
実際に Optio T20 を操作しながら、「撮影前の準備」と「このカメラの
楽しみ方」をお読みいただくと、一通りの操作を体験していただけます。
必要に応じてその他の章を参照していただくことで、Optio T20をより
深くお楽しみいただけます。
1
撮影前の準備
p.12
お買い上げ後、写真を撮るまでに必要な操作と知識を説明しています。
必ずお読みになり、撮影を始める前に操作を行ってください。
2
このカメラの楽しみ方
撮影する
再生と加工
印刷する
カメラを設定する
付録
6
p.119
フォーマット、日時、サウンド、液晶モニターの明るさなど、カメラに関
する機能の設定方法について説明しています。
7
5
p.111
撮影した写真のプリント予約、カメラとプリンターを直接つないでの印刷
方法を説明しています。
6
4
p.74
写真や動画、音声を再生・消去・加工する方法について説明しています。
5
3
p.34
撮影時に使える機能とその操作方法を、どんな状況で何のために使うと有
効かを含め、説明しています。
4
2
p.24
このカメラでできることの全体像とそこへの入り口を説明しています。
写真、動画、録音、印刷の基本操作もわかります。
3
1
7
p.138
困ったときの対処方法や別売品について説明しています。
※ 撮影した画像のパソコンへの保存方法とACDSee for PENTAXのインストール方法
に関しては別紙の「PC 接続ガイド」を、パソコンでの画像の加工や印刷方法に関し
てはACDSee for PENTAXのヘルプをご覧ください。
操作説明中で使用されている表記の意味は次のようになっています。
操作上の注意事項を記載しています。
知っておくと便利な情報を記載しています。
1
関連する操作の説明が記述されているページを記載しています。
1
はじめに
このたびは、ペンタックス・デジタルカメラOptio T20をお買い上げいただき、誠にあ
りがとうございます。本製品の機能を十分活用していただくために、ご使用になる前に
本書をよくお読みください。また本書をお読みになった後は、必ず保管してください。
使用方法がわからなくなったり、機能についてもっと詳しく知りたいときにお役に立ち
ます。
著作権について
本製品を使用して撮影した画像は、個人で楽しむなどの他は、著作権法により、権利者
に無断で使用できません。なお、実演や興行、展示物の中には、個人として楽しむ目的
があっても、撮影を制限している場合がありますのでご注意ください。また著作権の目
的となっている画像は、著作権法の規定による範囲内で使用する以外は、ご利用いただ
けませんのでご注意ください。
商標について
PENTAX およびペンタックス、Optio およびオプティオ、smc PENTAX はペンタック
ス株式会社の登録商標です。
SDロゴは商標です。
QuickTime™ および QuickTime ロゴは、ライセンスに基づいて使用される商標です。
QuickTimeは、米国およびその他の国々で登録された商標です。
Red Eye software © 2003-2005 FotoNation In Camera Red Eyeは、米国特許(No.
6,407,777)および申請中特許を使用しています。
その他、記載の商品名、会社名は各社の商標もしくは登録商標です。
本機を使用するにあたって
• 強い電波や磁気を発生する施設などの周囲では、カメラが誤動作を起こす場合があり
ます。
• 液晶モニターに使用されている液晶パネルは、非常に高度な精密技術で作られていま
す。99.99%以上の有効画素数がありますが、0.01%以下の画素で点灯しないものや
常時点灯するものがありますので、あらかじめご了承ください。なお、記録される画
像には影響ありません。
本製品はPRINT Image Matching IIIに対応しています。PRINT Image Matching対応
プリンターでの出力及び対応ソフトウェアでの画像処理において、撮影時の状況や撮影
者の意図を忠実に反映させることが可能です。なお、PRINT Image Matching III より
前の対応プリンターでは、一部機能が反映されません。
PRINT Image Matching、PRINT Image Matching II、PRINT Image Matching IIIに
関する著作権はセイコーエプソン株式会社が所有しています。
PictBridgeについて
PictBridgeは、プリンターとデジタルカメラを直接接続して、画像をプリントアウトする
ダイレクトプリントの統一規格で、カメラ側から簡単な操作で画像をプリントできます。
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス
B情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用されることを目的としていますが、
この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起
こすことがあります。使用説明書に従って、正しい取り扱いをしてください。
2
本文中のイラストおよび液晶モニターの表示画面は、実際の製品と異なる場合がありま
す。
目次
本書の構成 ................................................................................................................................................................... 1
目次 .................................................................................................................................................................................... 3
ご注意ください........................................................................................................................................................ 7
本体について................................................................................................................................................... 7
バッテリー充電器とACアダプターについて..................................................................... 8
取り扱い上の注意.............................................................................................................................................. 10
1 撮影前の準備........................................................... 12
箱の中身を確認します................................................................................................................................... 12
ストラップを取り付けます....................................................................................................................... 13
バッテリーをセットします....................................................................................................................... 14
バッテリーを充電します.................................................................................................................. 14
バッテリーを入れます........................................................................................................................ 15
バッテリーを取り出します ............................................................................................................ 15
SDメモリーカードをセットします ................................................................................................... 17
SDメモリーカードを取り出します ........................................................................................ 18
電源をオン/オフします............................................................................................................................. 20
カードチェック......................................................................................................................................... 20
初期設定をします.............................................................................................................................................. 21
言語と日時を設定します.................................................................................................................. 21
2 このカメラの楽しみ方............................................ 24
写真を楽しむ ......................................................................................................................................................... 24
動画を楽しむ ......................................................................................................................................................... 28
録音して楽しむ.................................................................................................................................................... 30
印刷して楽しむ.................................................................................................................................................... 32
3 撮影する .................................................................. 34
撮影のための機能を設定する ................................................................................................................. 34
よく使う機能をすばやく呼び出す........................................................................................... 36
設定を保存する(モードメモリ).............................................................................................. 38
撮影情報を確認する ............................................................................................................................. 40
撮影モードを選ぶ.............................................................................................................................................. 42
シーンに合わせて撮影モードを選ぶ ..................................................................................... 42
構図を決める ......................................................................................................................................................... 45
ズームを使う............................................................................................................................................... 45
フレーム撮影する ................................................................................................................................... 47
3
目次
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する............................................................................... 48
記録サイズ、画質、フレームレートを設定する......................................................... 49
露出を補正する......................................................................................................................................... 53
測光方式を選ぶ......................................................................................................................................... 55
ストロボを使う......................................................................................................................................... 56
色合いを調整する(ホワイトバランス)............................................................................. 58
シャープネス/彩度/コントラストを調整する......................................................... 60
ピントを合わせる.............................................................................................................................................. 61
ピントの合わせ方を選ぶ(フォーカスモード)............................................................ 63
オートフォーカス条件を設定する........................................................................................... 65
感度を設定する......................................................................................................................................... 67
撮影する..................................................................................................................................................................... 68
セルフタイマーを使う........................................................................................................................ 69
リモコンを使って撮影する ............................................................................................................ 70
連続して撮影する ................................................................................................................................... 72
撮影直後の画像表示の時間を設定する(クイックビュー)............................... 73
4 再生と加工 .............................................................. 74
4
再生のための機能を設定する ................................................................................................................. 74
撮影情報を表示させる........................................................................................................................ 76
再生する..................................................................................................................................................................... 78
再生専用モードで起動する ............................................................................................................ 78
回転表示する............................................................................................................................................... 78
拡大表示する............................................................................................................................................... 79
9画面表示をする..................................................................................................................................... 80
ボイスメモが付いた写真を再生する ..................................................................................... 81
動画を再生する......................................................................................................................................... 82
音声を再生する......................................................................................................................................... 83
スライドショウで連続再生する................................................................................................. 84
テレビで再生する ................................................................................................................................... 86
消去する..................................................................................................................................................................... 88
一つずつ消去する ................................................................................................................................... 88
まとめて消去する ................................................................................................................................... 89
選択して消去する ................................................................................................................................... 90
消去できないようにする(プロテクト)............................................................................. 91
加工する..................................................................................................................................................................... 93
写真のサイズと画質を変更する(リサイズ)................................................................. 93
写真から不要な部分を削除する(トリミング)............................................................ 94
目次
写真に絵を描く/スタンプを押す........................................................................................... 95
スタンプを回転表示する.................................................................................................................. 97
写真にフレームを付ける(フレーム合成)....................................................................100
写真の色調を変える(カラーフィルタ)..........................................................................102
写真の明るさを変える(明るさフィルタ)....................................................................103
写真をソフトに/イラスト風に/スリムにする......................................................104
人物の赤目を補正する.....................................................................................................................105
写真に音声を付ける(ボイスメモ).....................................................................................106
お気に入りの写真を起動画面にする ..................................................................................107
動画の1コマを静止画として保存する ..............................................................................108
画像や音声をコピーする...............................................................................................................109
5 印刷する ................................................................111
プリント予約する(DPOF設定).......................................................................................................111
1枚ずつ設定する..................................................................................................................................111
まとめて設定する ................................................................................................................................113
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)................................114
カメラをプリンターに接続する..............................................................................................114
1枚ずつプリントする ......................................................................................................................115
まとめてプリントする.....................................................................................................................117
DPOFの設定でプリントする ....................................................................................................117
USBケーブルを取り外す..............................................................................................................118
6 カメラを設定する .................................................119
設定メニューを使う .....................................................................................................................................119
フォーマットする...........................................................................................................................................121
日時を変更する.................................................................................................................................................122
サウンドの設定を変更する....................................................................................................................124
世界時計を設定する(ワールドタイム).....................................................................................126
表示言語を変更する .....................................................................................................................................129
フォルダ名を変更する................................................................................................................................130
パソコンにつなぐかプリンターにつなぐか切り替える(USB接続)...............131
ビデオ出力方式を選択する....................................................................................................................132
液晶モニターの明るさを設定する...................................................................................................133
時間が経つと画面を暗くする(エコモード).........................................................................134
時間が経つと電源をオフにする(オートパワーオフ)..................................................135
ガイド表示を設定する................................................................................................................................136
変更した設定を初期状態に戻す(リセット).........................................................................137
5
目次
7 付録........................................................................138
海外でバッテリーを充電する ..............................................................................................................138
主な国、地域の代表的な電源コンセントのタイプ................................................139
ACアダプターを使用する.......................................................................................................................140
別売アクセサリー一覧................................................................................................................................142
メッセージ一覧.................................................................................................................................................143
こんなときは?.................................................................................................................................................145
主な仕様..................................................................................................................................................................148
索引 .............................................................................................................................................................................152
アフターサービスについて....................................................................................................................155
ペンタックスピックアップリペアサービス............................................................................156
6
ご注意ください
この製品の安全性については十分注意を払っておりますが、下記マーク
の内容については特に注意をしてお使いください。
警告
このマークの内容を守らなかった場合、人が重大な傷害を
受ける可能性があることを示すマークです。
注意
このマークの内容を守らなかった場合、人が軽傷または中
程度の傷害を受けたり、物的損害の可能性があることを示
すマークです。
本体について
警告
• カメラを分解・改造などしないでください。カメラ内部に高電圧部が
あり、感電の危険があります。
• 落下などにより、カメラ内部が露出したときは、絶対に露出部分に手
をふれないでください。感電の危険があります。
• 付属のスタイラスペンは、乳幼児の手の届くところに置かないでくだ
さい。スタイラスペンの先端で目をつついたりすると、失明やけがな
どの原因となります。
• SDメモリーカードは、乳幼児の手の届くところに置かないでください。
誤って飲み込む恐れがあります。万一、飲み込んだと思われる場合は、
直ちに医師にご相談ください。
• ストラップは、乳幼児の手の届くところに置かないでください。誤っ
て首に巻き付けたりすると、窒息やけがなどの原因になります。
• ACアダプターは、必ず専用品を指定の電源・電圧でご使用ください。
専用品以外の AC アダプターをご使用になったり、専用のAC アダプ
ターを指定以外の電源・電圧でご使用になると、火災・感電・故障の
原因になります。
• 使用中に煙が出ている、変なにおいがするなどの異常が発生した場合、
すぐに使用を中止してバッテリーを取り外したうえ、サービス窓口に
ご相談ください。そのまま使用すると、火災や感電の原因となります。
7
注意
• バッテリーをショートさせたり、火の中に入れないでください。また、
分解しないでください。破裂・発火の恐れがあります。
• 充電式リチウムイオンバッテリー D-LI 8 以外は充電しないでくださ
い。破裂・発火の恐れがあります。
• ストロボの発光部に手を密着させたまま発光させないでください。や
けどの恐れがあります。
• ストロボの発光部を衣服などに密着させたまま発光させないでくださ
い。変色などの恐れがあります。
• バッテリーの液が目に入ったときは、失明の恐れがありますので、こ
すらずにすぐにきれいな水で洗ったあと、直ちに医師の治療を受けて
ください。
• バッテリーの液が皮膚や衣服に付着したときは、皮膚に障害をおこす
恐れがありますので、すぐにきれいな水で洗い流してください。
• 万一、カメラ内のバッテリーが発熱・発煙を起こした時は、速やかに
バッテリーを取り出してください。その際は、やけどに十分ご注意く
ださい。
• このカメラには、使用していると熱を持つ部分があります。その部分
を長時間持ちつづけると、低温やけどを起こす恐れがありますのでご
注意ください。
• 万一液晶が破損した場合、ガラスの破片には十分ご注意ください。中
の液晶が皮膚や目に付いたり、口に入らないよう十分にご注意くださ
い。
• 本機の液晶モニターに傷を付けないようにご注意ください。画面を
タッチするときは、指または付属のスタイラスペンを使用してくださ
い。通常のペンや鉛筆、その他の突起物は傷、故障の原因となります
ので絶対に使用しないでください。
バッテリー充電器とACアダプターについて
8
警告
• 指定された電源以外の電圧で使用しないでください。指定以外の電源・
電圧で使用すると、火災・感電の原因となります。AC 指定電圧は、
100-240Vです。
• 分解したり、改造したりしないでください。火災・感電の原因となり
ます。
• 使用中に煙が出ている・変なにおいがするなどの異常が発生した場合、
すぐに使用を中止し、当社お客様相談センター、またはお客様窓口に
ご相談ください。そのまま使用すると、火災・感電の原因となります。
• 万一、内部に水などが入った場合は、当社お客様相談センター、また
はお客様窓口にご相談ください。そのまま使用すると、火災・感電の
原因となります。
• 使用中に雷が鳴り出したら、電源プラグをはずし、使用を中止してく
ださい。機器の破損、火災・感電の原因となります。
• 電源プラグにほこりが付着している場合は、よくふいてください。火
災の原因となります。
注意
• ACコードの上に重いものを載せたり、落としたり、無理にまげたりし
てコードを傷めないでください。もし AC コードが傷んだら、当社お
客様相談センター、またはお客様窓口にご相談ください。
• コンセントに差し込んだまま、ACコードの接続部をショートさせたり、
さわったりしないでください。
• 濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。感電の原因とな
ります。
• 強い衝撃を与えたり、落としたりしないでください。故障の原因とな
ります。
• バッテリー充電器で充電式リチウムイオンバッテリー D-LI 8 以外の
バッテリーは充電しないでください。他のバッテリーを充電しよう
とすると、発熱や、充電器の故障の原因となります。
9
取り扱い上の注意
• 海外旅行にお出かけの際は、国際保証書をお持ちください。また、旅
行先での問い合わせの際に役立ちますので、製品に同梱しております
ワールドワイド・サービス・ネットワークも一緒にお持ちください。
• 長時間使用しなかったときや、大切な撮影(結婚式、旅行など)の前
には、必ず試し撮りをしてカメラが正常に機能しているかを確認して
ください。万一、カメラや記録媒体(SDメモリーカード)などの不具
合により、撮影や再生、パソコン等への転送がされなかった場合、画
像や音声などの記録内容の保証についてはご容赦ください。
• このカメラはレンズ交換式ではありません。レンズの取り外しはでき
ません。
10
• 汚れ落としに、シンナーやアルコール、ベンジンなどの有機溶剤は使
用しないでください。
• 液晶面に指紋や汚れが目立つ場合には、乾いた柔らかい布で軽く拭き
取ってください。
• 高温多湿の所は避けてください。特に車の中は高温になりますのでカ
メラを車内に放置しないでください。
• 防腐剤や有害薬品のある場所では保管しないでください。また、高温
多湿の場所での保管は、カビの原因となりますので、乾燥した風通し
のよい場所に、カメラケースから出して保管してください。
• このカメラは防水カメラではありませんので、雨水などが直接かかる
ところでは使用できません。
• 破損や故障、また防水性能が損なわれる原因となりますので、強い振
動・ショック・圧力などを加えないでください。オートバイ・車・船
などの振動からは、クッションに包むなどして保護してください。万
が一、強い振動・ショック・圧力などが加わってしまったら、当社の
サービス窓口に点検にお出しください。
• カメラの使用温度範囲は0℃~40℃です。
• 高温では液晶表示が黒くなることがありますが、常温に戻れば正常に
なります。
• 低温下では、液晶の表示応答速度が遅くなることもありますが、これ
は液晶の性質によるもので、故障ではありません。
• 高性能を保つため、1~2年ごとに定期点検にお出しいただくことをお
勧めします。
• 急激な温度変化を与えると、カメラの内外に結露し水滴が生じます。
カメラをバッグやビニール袋などに入れ、温度差を少なくしてから取
り出してください。
• ゴミや泥・砂・ホコリ・水・有害ガス・塩分などがカメラの中に入ら
ないようにご注意ください。故障の原因になります。雨や水滴などが
付いたときは、よく拭いて乾かしてください。
• SDメモリーカードの取り扱いについては、
「SDメモリーカード使用上
の注意」
(p.19)をご覧ください。
• SDメモリーカードや内蔵メモリーに記録されたデータは、カメラやパ
ソコン等の機能による消去やフォーマットを行っても、市販の修復ソ
フトを使用すると、データを再び取り出せることがあります。データ
の取り扱いや管理は、お客様の責任において行ってださい。
• 破損や故障の原因になりますので、液晶モニターの表面を強く押さな
いでください。
• カメラを腰のポケットに入れた状態で椅子などに座ると、カメラが変
形したり液晶モニターが破損する恐れがありますのでご注意くださ
い。
• 三脚使用時は、ネジの締め過ぎに十分ご注意ください。
• 本製品に付属している AC コード D-CO2J は、バッテリー充電器 DBC8専用です。他の機器に接続してお使いにならないでください。
リサイクルについて
このマークは小型充電式電池のリサイクルマークです。
ご使用済みの小型充電式電池を廃棄するときは、端子部
に絶縁テープをはって、小型充電式電池リサイクル協力
店へお持ちください。
LED安全基準について
この装置は、LED に関する安全基準(IEC60825-1)クラス 1 適合のデ
ジタルスチルカメラです。
11
1
撮影前の準備
箱の中身を確認します
1
撮
影
前
の
準
備
万一、不良品や不足のものがあったときは、お買い上げ販売店までご連
絡ください。
本体
Optio T20
ストラップ
O-ST20(※)
スタイラスペン
O-SP45
ソフトウェア
(CD-ROM)S-SW61
USBケーブル
I-USB17(※)
AVケーブル
I-AVC7(※)
バッテリー充電器
D-BC8(※)
ACコード
D-CO2J(※)
充電式リチウムイオン
バッテリー D-LI 8(※)
保証書
使用説明書(本書)
PC接続ガイド
(※)別売アクセサリーとしてもご用意しております。
その他の別売アクセサリーについては、
「別売アクセサリー一覧」
(p.142)をご
覧ください。
12
ストラップを取り付けます
ストラップを取り付けます
付属のストラップを取り付けます。
2
1
撮
影
前
の
準
備
1
1
2
ストラップの細いひもの部分(1)を、カメラ本体のスト
ラップ取り付け部に通す
ストラップ端を 1 の輪に通して 2 の方向に引っぱる
メモ
スタイラスペンをストラップに取り付けて持ち歩くこともできます。
13
バッテリーをセットします
バッテリーをセットします
バッテリーを充電します
1
3
撮
影
前
の
準
備
専用バッテリー
コンセントへ
インジケーターランプ
充電中 :赤色点灯
充電完了 :緑色点灯
2
ACコード
バッテリー充電器
1
はじめてご使用になるときや長時間使用しなかったとき、
「電池容量がな
くなりました」というメッセージが表示されたときは、バッテリーを充
電してください。
1
2
3
バッテリー充電器にACコードを接続する
ACコードをコンセントに差し込む
専用バッテリーをPENTAXロゴ面を上にしてセットする
充電中はインジケーターランプが赤色に点灯します。
充電が完了すると、インジケーターランプが緑色に点灯します。
4
充電終了後、バッテリー充電器からバッテリーを取り出す
メモ
• 充電時間は、最大で約100分です。周囲の温度が0℃~40℃の範囲で充電
してください(周囲の温度や充電状態によって異なります)
。
• 正しく充電しても使用できる時間が短くなったらバッテリーの寿命です。
新しいバッテリーと交換してください。
14
バッテリーをセットします
注意
• 付属のバッテリー充電器では、専用の充電式リチウムイオンバッテリー DLI 8以外は充電しないでください。充電器の破損や発熱の原因となります。
• バッテリーを正しい向きにセットしてもインジケーターランプが点灯しな
い場合は、バッテリーの異常です。新しいバッテリーと交換してください。
バッテリーを入れます
バッテリーロックレバー
1
1
撮
影
前
の
準
備
2
専用バッテリーを入れます。はじめてご使用になるときは、バッテリー
を充電してから入れてください。
1
2
3
バッテリー/カードカバーを開ける
1の方向に引き出してから2の方向に引き上げます。
バッテリーの PENTAX ロゴマークをカメラのレンズ側に向
け、バッテリーの側面でバッテリーロックレバーを矢印3の
方向に押しながら挿入する
ロックされるまでバッテリーを挿入してください。
バッテリー/カードカバーを閉じる
バッテリーを取り出します
1
2
バッテリー/カードカバーを開ける
バッテリーロックレバーを矢印3の方向に押す
バッテリーが少し飛び出すので、引き抜いてください。
15
バッテリーをセットします
注意
1
撮
影
前
の
準
備
• このカメラの専用バッテリーは、充電式リチウムイオンバッテリー D-LI 8
です。他のバッテリーを使用すると、カメラが破損し作動しなくなること
があります。
• バッテリーは正しく入れてください。間違った向きに入れると故障の原因
になります。
• 電源スイッチがオンのときはバッテリーを取り出さないでください。
• カメラを長時間使用しない場合はバッテリーを取り出した状態で保管して
ください。
• バッテリーを長時間取り出していると、日時の設定がリセットされること
があります。
写真撮影可能枚数と再生時間の目安
(23℃・液晶モニター点灯・専用バッテリーフル充電時)
写真撮影可能枚数※1
(ストロボ使用率50%)
再生時間※2
130枚
100分
※1: 撮影可能枚数はCIPA規格に準じた測定条件による目安であり、使用条件に
より変わります(CIPA 規格抜粋:液晶モニター ON、ストロボ使用率 50
%、23℃)。
※2: 時間は当社の測定条件による目安であり、使用条件により変わります。
メモ
• 使用環境の温度が下がると、バッテリーの性能が低下することがあります。
• 海外旅行など長期のおでかけ、寒冷地で撮影する場合や、大量に撮影する
場合は、予備のバッテリーをご用意ください。
バッテリーの残量表示
液晶モニターに表示されたcで、バッテリーの残量を確認できます。
画面表示
c (緑)
d (緑)
e (赤)
バッテリーの状態
バッテリー容量が十分に残っています。
バッテリー容量が少し減っています。
バッテリー容量がだいぶ減っています。
電池 容量がな くなり ま メッセージ表示後、電源がオフとなります。
した
16
SDメモリーカードをセットします
SDメモリーカードをセットします
1
撮
影
前
の
準
備
1
SDメモリー
カードソケット
2
SDメモリーカード
このカメラでは、SDメモリーカードをご使用いただけます。SDメモリー
カードをセットすると、
撮影した画像や録音した音声はSDメモリーカー
ドに記録されます。SDメモリーカードをセットしていないときは、内蔵
メモリーに記録されます(p.20)。
注意
• SDメモリーカードをセットするときや取り出すときは、必ず電源をオフに
してください。
• 未使用または他のカメラで使用したSDメモリーカードは、必ずフォーマッ
トしてからご使用ください。フォーマットについては「フォーマットする」
(p.121)をご覧ください。
1
バッテリー/カードカバーを開ける
1の方向に引き出してから2の方向に引き上げます。
2
SD メモリーカードの裏面(ラベルのない面)をカメラのレン
ズ側に向け、カメラのSDメモリーカードソケットに挿入する
カードはカチッと音がするまでしっかり押し込んでください。カードが
しっかり入っていないと、画像や音声が正常に記録されないことがあり
ます。
3
バッテリー/カードカバーを閉じる
17
SDメモリーカードをセットします
メモ
• 撮影できる写真の枚数は、使用するSDメモリーカードの容量と写真の[記
録サイズ]と[画質]の設定によって異なります(p.50、p.52)。
• SDメモリーカードにアクセス中(データの記録や読み出し中)は、電源ラ
ンプが点滅します。
1
撮
影
前
の
準
備
データバックアップのおすすめ
内蔵メモリーに記録されたデータは、故障などの原因でまれに読み出
しができなくなることがあります。大切なデータは、パソコンなどを
利用して、内蔵メモリーとは別の場所に保存しておくことをおすすめ
します。
SDメモリーカードを取り出します
1
2
バッテリー/カードカバーを開ける
SDメモリーカードを中に押し込む
SDメモリーカードが少し飛び出すので、引き抜いてください。
3
18
バッテリー/カードカバーを閉じる
SDメモリーカードをセットします
SDメモリーカード使用上の注意
• SDメモリーカードには、ライトプ
ロ テクト スイッ チが付 いていま
す。スイッチを LOCK 側に切り替
えると、SDメモリーカードがライ
ライトプロテクト
トプロテクトされます。ライトプ
スイッチ
ロテクトされると、新たにデータ
を記録、消去またはカードのフォーマットをすることが禁止され、それまで
保存したデータが保護されます。
液晶モニターではrと表示されます。
• カメラ使用直後に SD メモリーカードを取り出すと、カードが熱くなってい
る場合がありますのでご注意ください。
• SDメモリーカードへのデータ記録中や、画像・音声の再生中、またはUSB
ケーブルでパソコンと接続中には、カードを取り出したり電源を切ったりし
ないでください。データの破損やカードの破損の原因となります。
• SD メモリーカードは、曲げたり強い衝撃を与えないでください。また、水
に濡らしたり、高温になる場所に放置しないでください。
• SD メモリーカードのフォーマット中には絶対にカードを取り出さないでく
ださい。カードが破損して使用できなくなることがあります。
• SD メモリーカードに保存したデータは、以下の条件で消去される場合があ
りますので、ご注意ください。消去されたデータについては、当社では一切
の責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
(1)使用者がSDメモリーカードの取り扱いを誤ったとき
(2)SDメモリーカードを静電気や電気ノイズのある場所に置いたとき
(3)長期間カードを使用しなかったとき
(4)SDメモリーカードにデータ記録中、またはデータ読み出し中にカードを
取り出したり、バッテリーを抜いたとき
• SD メモリーカードには寿命があります。長期間使用しない場合は、保存し
たデータが読めなくなることがあります。必要なデータは、パソコンなどへ
定期的にバックアップを取るようにしてください。
• 静電気や電気ノイズの発生しやすい場所での使用や保管は避けてください。
• 急激な温度変化や、結露が発生する場所、直射日光のあたる場所での使用や
保管は避けてください。
• 一部の書き込み速度の遅い SD メモリーカードでは、カードに空き容量が
あっても動画撮影時に途中で撮影が終了したり、撮影、再生時に動作が遅
くなる場合があります。
• SDメモリーカードご購入の際は、あらかじめ動作確認済みのものであるか
を当社ホームページでご確認いただくか、お客様相談センターにお問い合
わせください。
1
撮
影
前
の
準
備
19
電源をオン/オフします
電源をオン/オフします
電源スイッチ
1
撮
影
前
の
準
備
1
電源スイッチを押す
電源がオンになり、撮影できる状態(撮影モード)になります。
カメラの電源を入れたときに、
「Initial Setting」画面が表示された場合
は、p.21の手順に従って設定を行ってください。
2
もう一度電源スイッチを押す
電源がオフになり、電源ランプが消灯します。
カードチェック
電源をオンにすると、カードチェックが自動
メモリーの種類
的に行われ、メモリーの種類が液晶モニター
38
に表示されます。SDメモリーカードがセット
されているときはaが、セットされていないと
きは+が表示されます。+が表示されている
ときは、画像や音声は内蔵メモリーに記録さ
2006/10/25
14:25
れます。
またSDメモリーカードのライトプロテクトス
イッチがLOCKになっていると、
[カードがロックされています]のメッ
セージが表示されます。この場合、画像や音声の記録はできません。
20
初期設定をします
初期設定をします
ご購入後、最初にお使いになる前に、言語と日時を設定します。
1
電源スイッチ
撮
影
前
の
準
備
3ボタン
カメラの電源を入れると、
「Initial Setting」画
面が表示されます。次ページの手順に従って、
言語と現在の日時を設定をしてください。
Initial Setting
English
Hometown
Video
out
OK
言語と日時を設定します
1
[Language/
「Language/
2
]をタッチする
Language
」画面が表示されます。
English
Français
Deutsch
Español
Português
Italiano
Svenska
Nederlands
[日本語]をタッチする
੝‫ܢ‬୭೰
「初期設定」画面が表示されます。
[日 本語]を 選択す ると、[現在地]は[東
京]
、
[ビデオ出力]は[NTSC]に自動的に
設定されます。そのため、日本で使用する場
合は、
[現在地]と[ビデオ出力]を設定す
る必要はありません。
඾ུࢊ
Language
İ࡞ࢊ
࡛ह౷
ΫΟ΂
੄ႁ
ࠨ೰
21
初期設定をします
3
[決定]をタッチする
「日時設定」画面が表示されます。
඾শ୭೰
ນা
ΑΗͼσ
඾ັ
শ࣫
1
ࠨ೰
撮
影
前
の
準
備
注意
「初期設定」画面で[決定]をタッチせずに 3 ボタンを押すと、使用す
る言語が設定されないまま、次の「日時設定」画面が表示されます。この場
合は、次回電源を入れたときに、再度、
「Initial Setting」画面が表示されます。
[現在地]
[ビデオ出力]および[表示スタイル]の各設定は、[初期
設定]で選択した言語ごとに自動的に設定されます。設定を変更した
いときは、以下のページをご覧ください。
•[現在地]
:
「
[目的地]を設定する」(p.126)
•[ビデオ出力] :
「ビデオ出力方式を選択する」
(p.132)
•[表示スタイル]:
「日時を変更する」(p.122)
4
[表示スタイル]をタッチする
「表示スタイル」画面が表示されます。
5
矢印アイコン(qr)をタッチして、
年、月、日の表示順を選ぶ
ນাΑΗͼσ
ාİ࠮İ඾
24h
[年/月/日][日/月/年][月/日/年]から選
択できます。
6
ࠨ೰
矢印アイコン(qr)をタッチして、時間表示を選ぶ
[24h]
(24時間表示)または[12h]
(12時間表示)から選択できます。
7
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「日時設定」画面に戻ります。
22
初期設定をします
8
[日付]をタッチする
඾ັ
「日付」画面が表示されます。
9
矢印アイコン(su)をタッチして、
年、月、日を設定します。
2006
01
10[決定]をタッチする
01
ࠨ೰
設定が保存され、「日時設定」画面に戻りま
す。
11[時刻]をタッチする
শ࣫
「時刻」画面が表示されます。
12 矢印アイコン(su)をタッチして、
00
1
撮
影
前
の
準
備
00
時刻を設定する
13[決定]をタッチする
ࠨ೰
設定が保存され、「日時設定」画面に戻りま
す。
14[決定]をタッチする
撮影できる状態になります。
注意
「日時設定」画面で[決定]をタッチせずに 3 ボタンを押すと、日時が
設定されないまま、撮影できる状態になります。この場合は、次回電源を入
れたときに、再度、「日時設定」画面が表示されます。
ここで設定した言語と日時は、後から変更できます。操作方法は下記
のページをご覧ください。
• 言語を変更したいときは:「表示言語を変更する」(p.129)
• 日時を変更したいときは:「日時を変更する」(p.122)
23
2
このカメラの楽しみ方
写真を楽しむ
このカメラでは、カメラを構えて構図を決め、シャッターを切るだけで
きれいな写真が撮影できます。また、撮影した写真の再生や加工も、液
晶モニターに直接タッチする簡単操作で行えます。写真の撮影から再生、
加工まで、一連の流れを体験してみましょう。
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
1
カメラを構えます
電源をオンにしたら(p.20)、カメラを構えま
しょう。手ぶれを防ぐために、カメラは両手で
しっかりと持って構えてください。
2
構図を決めます
液晶モニターで構図を確認します。
撮影する範囲は、ズームレバーを使って変える
ことができます(p.45)。
3
ピントを合わせます
38
シャッターボタンを軽く押すと、ピントが合い
ます。
ピントが合うと、液晶モニターのフォーカスフ
レームが緑色に変わります。
• ピントが合わないときは、フォーカスフレームは
表示されません。
2006/10/25
14:25
フォーカスフレーム
24
メモ
シャッターボタンを軽く押した状態を「半押し」
といいます。シャッターボタンを半押しすると、
ピントが合う位置と露出(明るさ)が固定されま
す。このとき、シャッターボタンから指を離すと、
ピントが合う位置と露出の固定が解除されます。
写真を楽しむ
4
撮影します
シャッターボタンを半押しした状態から深く
押し切ると、ピント位置と露出が固定されたま
ま撮影されます。
撮影された画像は、液晶モニターに1秒間表示
(クイックビュー)された後、保存されます。
• クイックビューの時間は、調整できます(p.73)。
また、クイックビュー中にi アイコンをタッチす
ると、写真を保存せずに消去できます。
2
こ
の
カ
• シャッターボタンを深く押し切ることを「全押し」といいます。
メ
• セルフタイマー(p.69)やリモコン(p.70)を使ってシャッターを切ったり、 ラ
シャッターを全押ししたときに連続して撮影する(p.72)こともできます。 の
楽
し
ストロボを上手に使うには
み
方
初期状態では、暗いときにストロボが自動的に
ΑΠυδκȜΡ
メモ
発光します。
ストロボを発光させたくないときや明るさを弱
めたいとき、人物が赤目になるのを防ぎたいと
きなどは、ストロボモードの設定を変更しま
しょう(p.56)。
<ストロボを設定するには>
X 液晶モニターをタッチJ[撮影ツールバー]で,
をタッチ
5
΂ȜΠ
΂ȜΠĬ
୤࿒
อ࢕޺গ ‫ޑ‬ଷอ࢕
‫ޑ‬ଷĬ
୤࿒
ΕέΠ
再生します
100-0038
2006/10/25 14:25
撮影後に Q ボタンを押すと、再生モードに切
り替わり、撮影した写真が液晶モニターに表示
されます(p.74)。矢印アイコン(qr)を
タッチすると、前後の画像を表示できます。
再生モードでは、拡大(p.79)、消去(p.88)、
回転表示(p.78)、9画面表示(p.80)、スライ
ドショウ(p.84)が行えます。
<再生時の操作を選択するには>
X 再生モードで液晶モニターをタッチJ
[再生ツールバー]
で選択
25
写真を楽しむ
TVで楽しむ
撮影した写真は、カメラで見るだけではなく、テ
レビなどのAV機器に映すこともできます。みん
なでワイワイと、
テレビの大きな画面で見るのも
楽しいでしょう(p.86)。
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
6
加工します
ठ୆κȜΡΩτΛΠ
撮影した写真は、加工して楽しむことができま
す(p.93)。
サ イ ズ と 画 質 の 変 更(p.93)や ト リ ミ ン グ
(p.94)のほか、写真に絵を描く(p.95)、スタ
ン プ を 押 す(p.95)、フ レ ー ム を 付 け る
(p.100)、明るさを変える(p.103)、音声を付
ける(p.106)、人物の赤目を補正する(p.105)
などの加工ができます。
<加工方法を選択するには>
X 再生モードで液晶モニターをタッチJ[再生ツール
バー]でnをタッチ
多彩な加工機能
My
ࠨ೰
ࠨ೰
デジタルフィルタ
お絵かきモード
写真をソフトな感じにしたり、イラ
スト風にしたり、横幅を変え、やせ
た感じや太った感じにしたりできま
す(p.104)。
付属のスタイラスペンを使って写真
に絵を描いたり、スタンプを押した
り、一部を切り取ってスタンプにし
たりできます(p.95)。
<加工方法を選択するには>
X[再生モードパレット]でhをダブルタッチJi、jをタッチ
26
写真を楽しむ
写真撮影のヒント
撮影条件を調整してみましょう
撮影条件を自分で調整して、撮影意図をカメラに反映させることもでき
ます。
• 写真の記録サイズと画質は、用途に合わせて変更できます(p.93)。
X3ボタンJ[撮影1]J[記録サイズ]、
[画質]
• 写真の明るさを調整できます。
「露出を補正する」(p.53) X3ボタンJ[撮影2]J[露出補正]
「測光方式を選ぶ」(p.55) X3ボタンJ[撮影1]J[測光方式]
• 写真の色合いを調整できます。
「色合いを調整する」(p.58) X3 ボタン J[撮影 1]J[ホワイトバラ
ンス]
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
その他、写真のシャープネス/彩度/コントラストも調整できます
(p.60)。
シーンに合った撮影モードを選びましょう
撮影するシーンに合った撮影モードを選択す
るだけで、手軽にぴったりの雰囲気の写真が撮
影できます。
写真用の撮影モードとして、プログラム、夜
景、風景、花、ポートレート、サーフ&スノー、
スポーツ、ペット、料理、フレーム合成が用意
されています(p.42)。
ज़‫ג‬κȜΡΩτΛΠ
<撮影モードを選択するには>
X 液晶モニターをタッチJ[撮影ツールバー]でAをタッチ
27
動画を楽しむ
動画を楽しむ
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
このカメラでは、テレビやパソコンでの視聴に最適な音声付きの動画
(640×480ピクセルで30フレーム/秒)を、SDメモリーカードまたは
内蔵メモリーの容量いっぱいまで撮影できます。また、撮影した動画は、
その場で手軽に編集して楽しめます。
• 320×240ピクセルや15フレーム/秒の動画も撮影できます。
1
動画撮影モードに切り替えます
動画を撮影するには、撮影モードパレットを
使って動画撮影モードに切り替えます。
ज़‫ג‬κȜΡΩτΛΠ
<動画撮影モードに切り替えるには>
X 撮影モードで液晶モニターをタッチJ[撮影ツール
バー]でAをタッチJCをダブルタッチ
2
撮影します
1
2
07:34
2006/10/25
14:25
28
シャッターボタンを全押しすると、撮影が開始
されます。
次に、シャッターボタンを全押しすると、撮影
が終了します。
撮影中、液晶モニターには左の情報が表示され
ます。
1録画中アイコン
2撮影可能時間
動画を楽しむ
3
再生します
00:30
100-0017
2006/10/25 14:25
4
加工します
ࠨ೰
112
撮影後に Q ボタンを押すと、再生モードに切
り替わり、撮影した動画が液晶モニターに表示
されます。
再生モードでは、逆方向に再生、一時停止、音
量 の 調 整、コ マ 戻 し や コ マ 送 り が で き ま す
(p.82)。
2
こ
の
カ
メ
撮影した動画の1コマを静止画に保存(p.108) ラ
の
できます。
楽
<動画の加工方法を選ぶには>
し
X 液晶モニターをタッチ J[再生ツールバー]で n を み
タッチJ[をダブルタッチ
方
動画撮影でできること、できないこと
<できること>
<できないこと>
• 撮影開始前の構図決定には、光学
ズームとデジタルズームの両方が
使用できますが、撮影中はデジタル
ズームのみ使用可能です(p.45)。
• [ストロボモード]
[連続撮影]は
使えません。
• シャッターボタンを押し続けてい
る間(1秒以上)、撮影できます。
• [記録サイズ][フレームレート]
[画質]を変更できます(p.51)。
• [ホワイトバランス]
[シャープネ
ス][彩度][コントラスト]を設
定できます(p.58、p.60)。
• 以下の撮影条件は、変更できませ
ん。
[AFエリア]:「スポット」(p.65)
[フ ォ ー カ ス リ ミ ッ ト]
:「オ フ」
(p.66)
[AF補助光]:「オフ」(p.66)
[測 光 方 式]:
「中 央 部 重 点 測 光」
(p.55)
[感度]:「オート」(p.67)
• 撮影前のみ、
[露出]を補正できま
す(p.53)。
29
録音して楽しむ
録音して楽しむ
このカメラでは、SDメモリーカードまたは内蔵メモリーの容量いっぱい
まで、音声を録音できます。録音時にインデックスを付け、聞きたいと
ころをすばやく呼び出すことも可能。また、写真に音声メモを付けるこ
ともできます。
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
1
ボイスレコーディングモードに切り替えます
音声を録音するには、[撮影モードパレット]
を使ってボイスレコーディングモードに切り
替えます。
<ボイスレコーディングモードに切り替えるには>
X 撮影モードで液晶モニターをタッチJ[撮影ツール
バー]でAをタッチJOをダブルタッチ
マイク
2
録音します
1
2
01:30:22
00 : 01 : 22
ͼϋΟΛ·Α
30
SHUTTER
ΑΠΛί
シャッターボタンを全押しすると、録音が開始
されます。録音中は、セルフタイマーランプが
点滅します。
録音中にシャッターボタンを全押しすると、録
音が終了します。
録音中、液晶モニターには以下の情報が表示さ
れます。
1録音時間
2録音可能時間
録音して楽しむ
インデックスを使って快適再生
録音中に液晶モニター上の[インデックス]をタッチすると、録音中の音声
にインデックスを付けることができます。ポイントとなる個所にインデック
スを付けておくと、再生時にすばやく目的の個所に飛ぶことができ、後から
チェックしたいときなどに便利です。
• 再生中にインデックスを付けることはできません。
3
2
再生します
00:01:30
100-0025
2006/10/25 14:25
録音後に Q ボタンを押すと、再生モードに切
り替わります。
再生モードでは、早送り、早戻し、音量の調整
ができます。録音中にインデックスを付けた場
合は、インデックスまでの早送り、早戻しが可
能です(p.83)。
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
写真に音声メモが付けられます
撮影した写真に 60 秒間まで音声メモを付けることができ
ます。どんな場面だったのかがわかるように音声メモを付
けておけば、写真の整理に役立ちます(p.106)。
31
印刷して楽しむ
印刷して楽しむ
2
こ
の
カ
メ
ラ
の
楽
し
み
方
気に入った写真や加工した写真は、プリントして残しておくこともでき
ます。カメラでプリント枚数や日付プリントの有無を設定し、プリント
サービス店に依頼することができます。また、カメラとプリンターを直
接つないでプリントすることも可能。友人や知人に贈ったり、思い出を
手元に残すなど、写真の楽しみがさらに広がります。
1
プリント予約します
DPOF
ˍْ௨
஠ْ௨
プリントしたい写真は、あらかじめプリント枚
数や日付プリントの有無を「プリント予約」し
ておきましょう(DPOF設定)(p.111)。
プリント予約(DPOF設定)した写真は、DPOF
対応プリンターやプリントサービス店でプリ
ントできます。
• プリントサービス店を利用する場合は、プリント
予約した写真が入ったSD メモリーカードを持ち
込んで、プリントを依頼してください。
<DPOF設定するには>
X 再生モードで液晶モニターをタッチJ[再生ツール
バー]でnをタッチJrをダブルタッチ
2
[USB接続]モードを設定します
USB୪௽
32
付属の USB ケーブルでカメラを PictBridge 対
応プリンターに接続すると、パソコンを使わな
くてもカメラからダイレクトに写真をプリン
トできます。
カメラとプリンターをつないでプリントする
ためには、事前に、カメラの[USB接続]モー
ドを「PictBridge」に設定しておく必要があり
ます(p.131)。
<カメラの[USB接続]モードを設定するには>
X 3ボタンを押すJ[その他]をタッチJ[USB接
続]をタッチ
印刷して楽しむ
3
プリンターに接続します
֣क़κȜΡͬ஖఼̱̩̺̯̞̀
஠ْ௨
4
ˍْ௨
DPOFঐ೰
印刷します
DPOF͈୭೰́
֣क़̱̳͘
ࣣࠗ 10
඾ັ
ཿତ
1
֣क़
付属の USB ケーブルで、カメラと PictBridge
対応プリンターを接続します。プリント枚数と
日付プリントの有無の設定は、プリント予約
(DPOF 設定)していなくても、プリント時に
カメラ側で設定することもできます(p.114)。
2
こ
の
カ
事前にDPOF設定してある場合は、
[DPOF指 メ
ラ
定]をタッチして表示された画面で、[印刷] の
を タ ッ チ す る だ け で、プ リ ン ト で き ま す 楽
し
(p.117)。ま た、1 枚 ず つ プ リ ン ト し た り
み
(p.115)、SDメモリーカードまたは内蔵メモ 方
リー内のすべての写真をまとめてプリントす
ることもできます(p.117)。
プリントが終わったら、カメラの電源をオフに
し、カメラとプリンターから USB ケーブルを
取り外します。
写真に日付が入れられます
写真に日付を入れておけば、いつ撮った写真か一
目でわかります。日付を入れる設定は、DPOF 設
定をするときと印刷するときにできます(p.111、
p.115、p.117)。
• プリンターによっては、日付プリントができな
いものもあります。
5
.10.2
2006
2006.10.28
33
3
撮影する
撮影のための機能を設定する
撮影モードで3ボタンを押す、または液晶モニターにタッチして設定します。
[メニュー]
ιΣνȜ
3ボタン
を押す
3
撮
影
す
る
液晶モニターを
タッチ
[撮影ツールバー]
ज़‫ג‬IJ
ज़‫ג‬ij
൲ْ
‫ވ‬೒
΍;ϋΡ
̷͈ఈ
選択するアイコ
ンをタッチ
撮影時に使う
メニューです。
ज़‫ˍג‬
7
ܱ჏
΍ͼΒ
ْৗ
γχͼΠ
ΨρϋΑ
AF
௶࢕༷৆
ۜഽ
΂ȜΠ
DISPLAY
選択するアイコ
ンをタッチ
選択するアイコ
ンをタッチ
ज़‫ג‬κȜΡΩτΛΠ
ܱ჏΍ͼΒ
7
5
4
3
2
640
選択するアイコンをタッチ
選択するアイコ
ンをタッチ
画面に従い操作を続けます。
34
・ [撮影モードパレット]でアイコンをタッチすると、ガイド画面が表示されま
す。ガイド画面の表示を省略したいときは、ダブルタッチします。
・ シャッターボタンを押すか、一定時間以上、何も操作をしないと、撮影画面に
戻ります。
・ Qボタンを押すと、再生画面に切り替わります。
・ 3ボタンを押すと、前の画面に戻ります。
撮影のための機能を設定する
[撮影ツールバー]から設定する機能
項目
内容
初期状態
参照
撮影モード
撮影状況や被写体に合わせて撮影 A(プログラ
モードを選びます。
ム)
p.42
ストロボモード
撮影状況に合わせてストロボの発光 ,(オート)
方法を選びます。
p.56
ドライブモード
セルフタイマー、連続撮影、リモコ 9(標準)
ンの設定をします。
フォーカスモード ピントの合わせ方を選びます。
情報表示
p.69、p.70、
p.72
=(標準)
液晶モニターにどんな情報を表示す 標準
るかを設定します。
p.63
p.40
3
[メニュー]から設定する機能
項目
内容
初期状態
参照
写真の記録サイズを選びます。 a(3072×2304) p.49
V 記録サイズ
撮 画質
写真の画質を選びます。
D(ファイン)
p.49
影
p.58
1 ホワイトバランス 撮影時の光の状態に応じて色を F(オート)
調整します。
AF
AFエリア
ピントを合わせる位置を選びま J(マルチ)
す。
p.65
フォーカス
リミット
ピント合わせの範囲を制限しま オン
す。
p.66
AF補助光
暗いときに AF 補助光を使用す オン
るかどうかを設定します。
p.66
どの部分で明るさを測り、露出 L(分割測光)
を決めるのかを設定します。
p.55
測光方式
感度
W 露出補正
撮
影 クイックビュー
2
シャープネス
感度を設定します。
オート
撮
影
す
る
p.67
写真と動画の明るさを調整しま ±0.0
す。
p.53
撮影直後の画像表示の時間を設 1秒
定します。
p.73
被写体の輪郭をくっきりまたは G(標準)
ソフトにします。
p.60
彩度
色の鮮やかさを調整します。
D(標準)
p.60
コントラスト
明暗差の度合いを調整します。 J(標準)
p.60
35
撮影のための機能を設定する
項目
内容
C 記録サイズ
動 画質
画
フレームレート
O デジタルズーム
共
通 モードメモリ
初期状態
参照
動画の記録サイズを選びます。 m(640×480)
動画の画質を選びます。
p.51
C(S.ファイン) p.51
フレームレート(1 秒間に撮る 30fps
画面数)を設定します。
p.51
デジタルズームを使うかどうか オン
を設定します。
p.46
電源オフ時に撮影機能の設定値 ストロボモード、デジ p.38
を記憶させるか、初期状態に戻 タルズーム、ファイル
No.のみオン
すかを設定します。
よく使う機能をすばやく呼び出 l(オフ)
せるようにします。
Fn設定
p.36
3
撮 よく使う機能をすばやく呼び出す
影
す [撮影ツールバー]には、撮影のための機能を、
る 写真撮影時と動画撮影時でそれぞれ 4 つ追加
登録することができます。よく使う機能を登
録しておくと、撮影時にすばやく呼び出せて
±0.0
΂ȜΠ
7
便利です。
DISPLAY
追加登録した機能
写真撮影時/動画撮影時に呼び出せる機能
項目
V
撮
影
1
/
C
動
画
動画撮影時
○
○
画質
○
フレームレート
○
—
ホワイトバランス
○
○
AFエリア
○
×
×
○
フォーカスリミット
○
測光方式
○
×
感度
○
×
W 露出補正
撮 シャープネス
影
2 彩度
コントラスト
36
写真撮影時
記録サイズ
○
○
○
○
○
○
○
○
撮影のための機能を設定する
[撮影ツールバー]に登録する
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[共通]をタッチする
「共通」画面が表示されます。
3
[Fn設定]をタッチする
Fn୭೰
「Fn設定」画面が表示されます。
4
機能を登録するアイコンをタッチす
る
写真撮影時に呼び出したい機能を登録する
場合は、Aの下のアイコンをタッチします。
OFF
OFF
OFF
OFF
OFF
OFF
OFF
OFF
動画撮影時に呼び出したい機能を登録する場合は、Cの下のアイコンを
タッチします。
5
登録する機能のアイコンをタッチす
る
A
3
撮
影
す
る
Fn୭೰
OFF
7
ܱ჏
΍ͼΒ
ْৗ
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻りま
す。
• 登録する機能が表示されていないときは、 γχͼΠ
έ΁Ȝ΃Α
AF΀ςͺ
ςηΛΠ
wアイコンをタッチして、画面を切り替え ΨρϋΑ
ます。
΂έ
6
7
手順4~5を繰り返し、必要な機能を登録する
3ボタンを3回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
[撮影ツールバー]への機能の登録をキャンセルするには、手順5 で l(オ
フ)をタッチします。
37
撮影のための機能を設定する
設定を保存する(モードメモリ)
下記の機能は、カメラの電源をオフにした際に、電源オフの直前の設定
内容を記憶させるかどうかを選択できます。
「モードメモリ」機能をうま
く活用すれば、同じ撮影条件で撮影したいときなどに、設定の手間が省
けます。
下記以外の撮影のための機能は、電源をオフにした後も、常に設定内容
が記憶されます。
項目
3
撮
影
す
る
記憶される設定内容
ストロボモード
,(自動発光)以外に変更した場合のストロボモー
ド
ドライブモード
セルフタイマー、連続撮影、リモコンのいずれかに
切り替えた場合の設定
初期状態
O
P
フォーカスモード =(標準)以外に変更した場合の設定
P
ズーム位置
ズームレバーで変更したズーム位置
P
MF位置
マニュアルフォーカスでピントの合う距離
P
ホワイトバランス F(オート)以外に変更した場合の設定
P
測光方式
P
L(分割測光)以外に変更した場合の設定
感度
[オート]以外に変更した場合の感度の値
露出補正
「±0.0」以外に変更した場合の設定値
P
P
O
デジタルズーム
デジタルズームを「オフ」にした場合の「オフ」設定
DISPLAY
液晶モニターの表示内容
P
ファイルNo.
SD メモリーカードを入れ替えた場合でも、連番で
ファイル名を作成
O
• O(オン)を選択すると、電源をオフにしても設定を保存します。
P(オフ)を選択すると、電源をオフにしたときに、設定が初期状
態に戻ります。
• デジタルズーム領域で設定したズーム位置は、
[モードメモリ]の[ズー
ム位置]を「オン」にしても保存されません。
38
撮影のための機能を設定する
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[共通]をタッチする
「共通」画面が表示されます。
3
[モードメモリ]をタッチする
「モードメモリ」画面が表示されます。
4
5
6
設定を変更する項目をタッチする
• O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
• 変更する項目が表示されていないときは、
wアイコンをタッチして、画面を切り替え
ます。
[OK]をタッチする
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
κȜΡικς
ΑΠυδ Ρρͼή έ΁Ȝ΃Α
κȜΡ
κȜΡ
κȜΡ
ΒȜθ
պ౾
MFպ౾
γχͼΠ
ΨρϋΑ
OK
3
撮
影
す
る
39
撮影のための機能を設定する
撮影情報を確認する
撮影時の液晶モニターの表示内容は、以下の4通りから選択できます。表
示内容の詳細は、表紙裏の「画面の表示」をご覧ください。
[標準]
[標準+ヒストグラム]
38
38
7M
3
f
1/250
F2.7
撮
影
す
る
2006/10/25
+1.0
14:25
[情報表示なし]
f
1/250
F2.7
ISOAUTO
+1.0
[LCDオフ]
f
1/250
F2.7
メモ
•[LCD オフ]のときにも、すべてのボタンは使用できます。シャッターボ
タンを押せば、撮影できます。
• 手ぶれしやすい条件のとき、f が表示されます。手ぶれを防ぐ方法につ
いては、p.62をご覧ください。
• ヒストグラムの形状を見ることで、画像の明るさと明暗差が適正かどうか
を確認できます(p.54)。
•[情報表示なし]のときでも、ストロボが発光する場合は、シャッターボタ
ン半押し時にb(ストロボアイコン)が表示されます。
40
撮影のための機能を設定する
1
撮影モードで液晶モニターをタッチ
する
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
DISPLAY
[DISPLAY]をタッチする
表示内容の選択画面が表示されます。
3
表示内容をタッチする
設定が保存され、撮影できる状態になりま
す。
ດ੔
ດ੔Ĭ
ΪΑΠΈρθ
ૂ༭ນা
̱̈́
LCD΂έ
3
撮
影
す
る
41
撮影モードを選ぶ
撮影モードを選ぶ
シーンに合わせて撮影モードを選ぶ
撮影するシーンに合った撮影モードを選択するだけで、手軽にぴったり
の雰囲気の写真が撮影できます。写真用の撮影モードは、以下の通りで
す。
アイコン
A
撮影モード
42
使えない機能
シャッター速度と絞り値をカメラ
が自動的に設定して写真を撮影し
ます。その他の撮影条件は、自由に
設定できます。
A
夜景
シャッター速度を遅くして、夜景を なし
きれいに撮影します。手ぶれを防ぐ
ため、三脚などで固定して撮影して
ください。人物も入る場合は、スト
ロボを発光させてください(p.44)。
q
風景
近景から遠景まで広い範囲にピン
トが合うように撮影します。
<
花
花の輪郭をやわらかめに表現しま
す。
I
ポートレート
人物の肌色を明るく健康的に仕上
げます。
i
サーフ&スノー
\
スポーツ
E
ペット
ペットの毛色に合わせた撮影をす
ることもできます(p.44)。
D
料理
彩度をやや高めにして、料理を色鮮
やかに撮影します。
Y
フレーム合成
3
撮
影
す
る
内容
プログラム
ホ ワイ トバ ラン
砂浜や雪山など、背景の明るい場所
ス、シ ャ ー プ ネ
での写真をきれいに仕上げます。
ス、彩度、コント
シャッター速度を速くして、動きの ラスト
速いものをブレずに撮影しやすく
します。
カメラに保存されているフレーム
連続撮影、記録サ
(飾 り 枠)に 合 わ せ て 撮 影 し ま す
イズ
(p.47)。
撮影モードを選ぶ
メモ
• 撮影モードが\(スポーツ)またはE(ペット)のとき、
[ストロボモード]
はa(発光禁止)に設定されます。
[ストロボモード]は変更可能です。
• 撮影モードが <(花)のとき、[フォーカスリミット]は「オフ」に設定
されますが、変更は可能です。
• 撮影モードがY(フレーム合成)のとき、
[記録サイズ]はhに固定され
ます。
1
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
A(撮影モード)アイコンをタッチ
する
ज़‫ג‬κȜΡΩτΛΠ
撮
影
す
る
•[撮影ツールバー]のAの部分には、現在
選択中の撮影モードのアイコンが表示さ
れます。
•[撮影モードパレット]が表示されます。
3
使用する撮影モードのアイコンを
タッチする
3
࿡ࠊ
࿡ࠊज़‫ͅג‬डഐ́
̳ȃ२‫ݗ‬൝́ࡥ೰
̱̀ज़‫̯ئ̱̀ג‬
選択した撮影モードのガイド画面が表示さ
̞ȃ૽໤͜වͥા
れます。
ࣣ͉ΑΠυδͬอ
࢕̵̯̀‫̞̯ئ‬ȃ
• ガイド画面の表示を省略したいときは、ア
イコンをダブルタッチします。撮影モード
ΩτΛΠ ࠨ೰
が選択され、撮影できる状態になります。
• 矢印アイコン(qr)をタッチすると、前
後の撮影モードが表示されます。
•[パレット]をタッチすると[撮影モードパレット]に戻ります。
4
[決定]をタッチする
撮影モードが選択され、撮影できる状態になります。
5
シャッターボタンを半押しする
ピントが合うと、液晶モニターのフォーカスフレームが緑色に変わりま
す。
6
シャッターボタンを全押しする
撮影されます。
43
撮影モードを選ぶ
メモ
ガイド画面は、表示させないようにもできます(p.136)。
暗いところで撮影する
3
撮
影
す
る
夕景や夜景など、光の少ない暗いところで写真を撮るには、長時間シャッ
ターを開けて、光を取り込む必要があります。このカメラには、そんな
シーンに最適な撮影モードとしてA(夜景)モードが用意されています。
夜景モードでは、シャッター速度を遅くして、夜景をきれいに撮影しま
す。また、夜景をバックに人物を撮影する場合にストロボを発光させて
も、シャッター速度が速くならないので、人物も夜景もきれいに撮影で
きます。
メモ
• 暗いところでの撮影では、シャッター速度が遅くなるため、手ぶれしやす
くなります。手ぶれしやすいシャッター速度では、画面に f(手ぶれ警
告)が表示されます。手ぶれを防ぐためには、三脚やセルフタイマー、リ
モコンを使っての撮影が有効です。
• 暗いところでストロボを使わずに撮影するには、
[感度]の設定を高くする
方法もあります。
[感度]を高くすると、シャッター速度が速くなり、手ぶ
れや被写体ぶれを防ぎやすくなります。ただし、画像にノイズが増えます
(p.67)。
ペットを撮影する
E(ペット)モードでは、撮りたいペットの
毛色が白っぽいか、黒っぽいか、中間色かでア
イコンの色を選んでください。犬アイコンと猫
アイコンは、絵柄が違うだけで、撮影結果に与
える効果は同じです。お好みで使い分けてくだ
さい。
44
構図を決める
構図を決める
ズームを使う
ズームを使わないとき(広角側)は、遠くのものはより小さく遠近感を
強調して、立体感を演出できます。ズームを使うと(望遠側)では、遠
くのものが大きく写り、遠近感がなくなります。
1
撮影モードでズームレバーを x 側ま
たはw側に回す
38
x望遠 :写る範囲を狭くし、被写体を大き
くします。
w広角:写る範囲を広くし、被写体を小さ
くします。
3
撮
影
す
る
ズームバー
x側に回す
[デジタルズーム]が「オフ」のときは、3倍
までの光学ズーム撮影が可能です。[デジタ
ルズーム]が「オン」のときは、光学ズーム
と合わせて、被写体を最大約 12 倍相当まで
拡大して撮影できます。
38
光学ズーム デジタル
領域
ズーム領域
注意
[フォーカスモード]がq(マクロ)に設定されているときは、光学ズームは
使用できません(デジタルズームは使用できます)
。
メモ
• 拡大倍率が大きくなると、手ぶれしやすくなります。手ぶれを防ぐために
は、三脚やセルフタイマー、リモコンを使っての撮影が有効です。
• デジタルズームを使って撮影すると、光学ズームを使って撮影したときよ
りも、画像が粗くなります。
45
構図を決める
[デジタルズーム]を設定する
初期状態では、
[デジタルズーム]は「オン」になっています。光学ズー
ムだけを使って撮影したいときは、
「オフ」に設定します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[共通]をタッチする
「共通」画面が表示されます。
3
3
撮
影
す
る
46
[デジタルズーム]をタッチする
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
4
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
‫ވ‬೒
Fn
ΟΐΗσ
ΒȜθ
κȜΡ
ικς
Fn୭೰
構図を決める
フレーム撮影する
カメラ内に保存されているフレーム(飾り枠)に合わせて構図を決め、撮
影することができます。あらかじめ7種類のフレームが用意されています。
1
2
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
A(撮影モード)アイコンをタッチ
する
ज़‫ג‬κȜΡΩτΛΠ
• Aの部分には、現在選択中の撮影モードの
アイコンが表示されます。
•[撮影モードパレット]が表示されます。
3
4
5
6
3
Yアイコンをダブルタッチする
• フレーム選択画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
矢印アイコン(qr)をタッチして
使用するフレームを選び、[決定]を
タッチする
଼ࣣ̳ͥέτȜθͬ
஖఼̱̩̺̯̞̀
་ࢵ
撮
影
す
る
ࠨ೰
• 設定が保存され、撮影できる状態になりま
す。
シャッターボタンを半押しする
ピントが合うと、液晶モニターのフォーカスフレームが緑色に変わりま
す。
シャッターボタンを全押しする
撮影されます。
メモ
• フレーム撮影には、内蔵メモリーに保存されているフレームが使用されま
す。それらのフレームは、フレーム選択画面で[変更]をタッチすると、
SD メモリーカード内に保存されているフレームと置き換え可能です
(p.101)。
• フレーム撮影時の記録サイズはhに固定されます。
• フレーム撮影モードに入る前の記録サイズが h 以外の場合は、他の撮影
モードに変更すると、元の記録サイズに戻ります。
47
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
このカメラは、特別な設定をしなくても、自動的に明るさや色合いを調整
してきれいな写真や動画を撮ることができます。しかし、思い通りの写真
や動画を撮影するには、撮影条件を自分で調整することが必要なときもあ
ります。ここでは、さまざまな撮影条件の設定について説明します。
サイズと画質
写真や動画の用途によってサイズと画質を設定します(p.49)
。
明るさ
3
撮
影
す
る
写真の明るさ(露出)は、光を取り込む量(絞り値)と取り込む時間
(シャッター速度)によって決まります。カメラが設定した絞り値と
シャッター速度による明るさ(露出)が意図に合わないときは、
[露出補
正]を使って自分で調整します(p.53)。
また、被写体のどの部分の光を測って写真の明るさ(露出)を決めるか
は、
[測光方式]で設定します(p.55)。
暗いところで撮影するときは、ストロボを使って被写体を明るく写すこ
とができます(p.56)。ストロボを使わずに自然な明るさで撮りたいと
きは、
[感度]を設定します(p.67)。
色合い(ホワイトバランス)
カメラの自動調整では、適切な色合いに撮影できないときや、写真の赤
みや青みを意図的に強調したいときは、
[ホワイトバランス]を設定しま
す(p.58)。
シャープネス/彩度/コントラスト
被写体の輪郭を強調したいときやソフトにしたいときは[シャープネス]
を、色の鮮やかさを調整したいときは[彩度]を、明暗差を調整したい
ときは[コントラスト]を変更します(p.60)。
48
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
記録サイズ、画質、フレームレートを設定する
写真や動画の[記録サイズ]
(横 × 縦の大きさ)と[画質](データ圧縮
率)
、
[フレームレート]
(動画撮影時の1秒間の画面数)は、用途に応じ
て設定します。
[記録サイズ]の数値や[画質]の E の数は、多くなるほど写真をプリ
ントしたときや動画を再生したときに鮮明な画像を撮影することができ
ます。また、
[フレームレート]は大きくなるほど動画の動きがなめらか
になります。ただし、ファイルサイズが増えるので、撮影できる枚数や
動画の記録時間は少なくなります。
用途に応じて適切な[記録サイズ][画質][フレームレート]を設定し
てください。
写真の場合
3
撮
影
す
る
選べる記録サイズと適した用途
f 2592×1944
g 2304×1728
h 2048×1536
i 1600×1200
m
640× 480
鮮明、きれい
a 3072×2304
フォトプリントなどの高画質印刷、A4 以上の大判プリン
ト、画像編集などの加工用など
はがきサイズプリントなど
ホームページ掲載、電子メール添付など
選べる画質と適した用途
C S.ファイン 圧縮率が最も低く、A4以上の大判プリントに適しています。
D
E
1
2
ファイン
圧縮率が標準で、L 判の写真プリントやパソコンの画面で画像を
見るときに適しています。
エコノミー 圧縮率が最も高く、電子メールへの添付やホームページ掲載用に
適しています。
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
[撮影1]をタッチする
「撮影1」画面が表示されます。
49
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
3
4
[記録サイズ]をタッチする
ܱ჏΍ͼΒ
「記録サイズ」画面が表示されます。
5
7
5
4
3
2
640
設定する記録サイズをタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
[画質]を設定するには
手順3で[画質]をタッチして設定
します。
3
ْৗ
撮
影
す
る
メモ
• 撮影モードがY(フレーム合成)のとき、
[記録サイズ]はhに固定され
ます。
• プリントした写真の美しさ、鮮明さには、使用するプリンターの解像度な
ども関係してきます。
記録サイズ/画質と撮影可能枚数の目安
C
(S.ファイン)
D(ファイン)
256MB
135枚
9枚
202枚
162枚
11枚
243枚
202枚
14枚
303枚
373枚
256MB
3枚
69枚
6枚
4枚
83枚
7枚
5枚
105枚
9枚
a 3072×2304
f 2592×1944
g 2304×1728
E(エコノミー)
内蔵
メモリー
256MB
内蔵
メモリー
内蔵
メモリー
h 2048×1536
6枚
135枚
12枚
255枚
18枚
i 1600×1200
9枚
202枚
16枚
347枚
26枚
540枚
39枚
810枚
65枚
1350枚
92枚
1899枚
m
640× 480
• この表の数値は、被写体、撮影状況、撮影モード、使用するSDメモリーカード
などにより変わります。
50
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
動画の場合
選べる記録サイズと適した用途
m 640×480
テレビやパソコンの画面で動画を見るときに適しています。
D 320×240
電子メールへの添付やホームページ掲載用に適しています。
選べる画質と適した用途
C S.ファイン
D
E
鮮明な画像になります。
ファイン
エコノミー
3
粗い画像になります。
撮
影
す
る
選べるフレームレートと適した用途
1
30fps
動きがなめらかになります。
15fps
記録時間が長くなります。
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[動画]をタッチする
「動画」画面が表示されます。
3
[記録サイズ]をタッチする
「記録サイズ」画面が表示されます。
4
ܱ჏΍ͼΒ
640
320
設定する記録サイズをタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
51
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
[画質]/[フレームレート]を設定するには
手順3で[画質]または[フレーム
レート]をタッチして設定します。
ْৗ
έτȜθτȜΠ
30fps
15fps
3
撮
影
す
る
記録サイズ/画質/フレームレートと撮影可能時間の目安
30fps
m
640×480
D
320×240
15fps
内蔵
メモリー
256MB
内蔵
メモリー
C
9秒
256MB
3分8秒
18秒
6分16秒
D
E
13秒
4分29秒
26秒
8分57秒
19秒
6分43秒
38秒
13分24秒
C
23秒
8分4秒
46秒
16分4秒
D
36秒
12分31秒
1分12秒
24分54秒
E
51秒
17分51秒
1分42秒
35分23秒
• この表の数値は、被写体、撮影状況、撮影モード、使用するSDメモリーカード
などにより変わります。
52
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
露出を補正する
写真と動画の明るさを調整します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[撮影2]をタッチする
「撮影2」画面が表示されます。
3
[露出補正]をタッチする
「露出補正」画面が表示されます。
4
pまたはqアイコンをタッチして露
出補正量を調整する
ヒストグラム
Ⴚ੄༞ୃ
3
ࠨ೰
• 明るくする場合はqアイコンを、暗くする
場合はpアイコンをタッチします。露出補
+1.0
正量は、–2.0 EV~+2.0 EVまでの範囲を
1/3 EV単位で選択できます。
• 露出補正バーをドラッグして調整するこ
露出補正バー
ともできます。
• ヒストグラムとは、画像の明るさの分布を表すグラフです(p.54)
。
5
撮
影
す
る
[決定]をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
6
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
カメラは、明るめのグレーを基準に被写体の明るさを調整します。そのため、
露出補正をしない状態では、白い雪景色を撮影しても、黒いピアノを撮影し
ても、灰色に写ります。黒いものを黒く写したいときは、露出をp側に、白
いものを白く写したいときは、露出をq側に補正します。
53
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
ヒストグラムを使う
このカメラには、画像の明るさの分布を表すグラフ(ヒストグラム)を
表示する機能があります。ヒストグラムの横軸は明るさ(左端は黒、右
端は白)を、縦軸は各明るさごとの画素数を示します。
撮影前や撮影後にヒストグラムの形状を見ることで、画像の明るさと明
暗差が適正かどうかを確認し、露出補正や撮り直しの判断にご利用いた
だけます。
1「撮影情報を確認する」
(p.40)、「撮影情報を表示させる」
(p.76)
3
撮
影
す
る
画像の明るさを見る
明るさが適正な画像では、グラフの山は中央にあります。しかし暗い画
像ではグラフの山は左側に偏り、明るい画像では右側に偏ります。
暗い画像
適正な明るさの画像
明るい画像
画像の中で、暗過ぎてヒストグラムの左端よりもさらに左に来てしまう
部分は真っ黒になり(黒つぶれ)
、明る過ぎてヒストグラムの右端よりも
右に来てしまう部分は真っ白になってしまいます(白とび)
。
露出補正をするときは、黒つぶれや白とびが発生しないように、分布が
グラフ内に収まり、左右に偏らないような露出にします。
明暗差のバランスを見る
明暗差のバランスが取れた画像では、グラフの
中央部になだらかな山のピークが来ます。しか
し、明暗差が激しく、中間的な明るさの部分が
少ない画像では、左右に山のピークが来て、中
央部分がくぼんだグラフになります。
54
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
測光方式を選ぶ
画面のどの部分の光を測って露出(明るさ)を決めるかを設定します。
測光方式
L
分割測光
画面全体をきめ細かく測光して、カメラが適正な露出を決
めます。明るい部分と暗い部分が入り組んだ複雑な被写体
でも比較的適正な露出を得ることできます。
M
中央部重点測光
画面の中央部に重点を置きつつ、画面全体の明るさを均等
に測って露出を決めます。画面の周辺に明るいものや暗い
部分があるときでも、中央部を適正な露出で撮影できま
す。
N
スポット測光
画面の中央のみを測光して露出を決めます。画面内の特定
の被写体を適正な露出で撮影したいときなどに利用しま
す。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
3
撮
影
す
る
[撮影1]をタッチする
「撮影1」画面が表示されます。
3
[測光方式]をタッチする
௶࢕༷৆
「測光方式」画面が表示されます。
4
設定する測光方式をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
• 測光は、シャッターボタンを半押ししたときに行われ、露出が決定されま
す。
• 画面の中央にない被写体を「スポット測光」を利用して適正露出で撮影し
たいときは、いったん被写体を画面中央に置き、シャッターボタンを半押
しして露出を固定してからカメラを動かし、撮りたい構図を決めます。
• 撮影モードが C(動画)のときは、「中央部重点測光」に固定され、変更
できません。
55
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
ストロボを使う
ストロボモード
,
オート
暗いときや逆光のときにストロボを発光します。
a
発光禁止
明るさにかかわらず、常にストロボを発光しません。
b
強制発光
明るさにかかわらず、常にストロボを発光します。
c
オート+赤目
ストロボの光が目に反射して赤く写るのを軽減します。ス
トロボは暗いときや逆光のときに発光します。
d
強制+赤目
ストロボの光が目に反射して赤く写るのを軽減します。ス
トロボは常に発光します。
b
ソフト
ストロボの光量を絞り、近い距離でストロボを発光して
も、明るすぎないようにします。ストロボは常に発光しま
す。
3
撮
影
す
る
1
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
,(ストロボモード)アイコンをタッ
チする
• , の部分には、現在選択中の[ストロボ
モード]のアイコンが表示されます。
•「ストロボモード」画面が表示されます。
3
設定するストロボモードをタッチす
る
ΑΠυδκȜΡ
΂ȜΠ
΂ȜΠĬ
୤࿒
อ࢕޺গ ‫ޑ‬ଷอ࢕
‫ޑ‬ଷĬ
୤࿒
ΕέΠ
• 設定が保存され、撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
• ストロボの光が十分に届くのは、ズームを使っていない状態で約0.15mか
ら約4.5m の範囲です(光学3 倍ズームを使っているときは、約0.4m から
約 2.5m の範囲)。被写体からの距離が遠すぎるとストロボの光は届かず、
近すぎると露出が正しく調整されません。感度を高くする(p.67)とスト
ロボが有効な距離が延びます。
• 暗いところでストロボを使わずに撮影するには、
[感度]の設定を高くする
方法もあります。
[感度]を高くすると、シャッター速度が速くなり、手ぶ
れや被写体ぶれを防ぎやすくなります。ただし、画像にノイズが増えます
(p.67)。
56
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
• 撮影モードがC(動画)、
[ドライブモード]が1(連続撮影)、
[フォーカ
スモード]が s(無限遠)に設定されているとき、
[ストロボモード]は
常にa(発光禁止)になります。
• ストロボ撮影で人物の目が赤く写ることがあります。これは、目の網膜に
ストロボの光が反射して発生する現象です。人物をストロボを使って撮影
するときは、赤目にならないように、
[ストロボモード]をc(オート+赤
目)やd(強制+赤目)にしましょう。また、人物の周りを明るくしたり、
ズームを使わないで近くから撮影するのも、赤目を防ぐために有効です。
それでも赤目になってしまったときは、再生時に赤目補正機能を使って修
正しましょう(p.105)。
•[ストロボモード]をc(オート+赤目)やd(強制+赤目)にしたときは、
本発光の前にプリ発光(予備発光)が行われます。
3
撮
影
す
る
57
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
色合いを調整する(ホワイトバランス)
[ホワイトバランス]とは、白いものが白く写るように、撮影時の光の状
態に応じて画像の色合いを調整する機能です。カメラの自動調整が思い
通りにいかないときや、写真の赤みや青みを意図的に強調したいときに
設定します。
F オート
G 太陽光
3
撮
影
す
る
カメラが自動的に色合いを調整します。
太陽の下で撮影するときに設定します。
H
日陰
日陰で撮影するときに設定します。青みを抑えます。
I
白熱灯
電球など白熱灯で照明されたものを撮影するときに設定
します。赤みを抑えます。
J
蛍光灯
蛍光灯で照明されたものを撮影するときに設定します。
K
マニュアル
撮影時の光の状態で白いものが白く写るように、手動でホ
ワイトバランスを調整します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[撮影1]をタッチする
「撮影1」画面が表示されます。
3
[ホワイトバランス]をタッチする
γχͼΠΨρϋΑ
「ホワイトバランス」画面が表示されます。
4
5
矢印アイコン(qr)をタッチして、
設定するホワイトバランスを選ぶ
[決定]をタッチする
ࠨ೰
΂ȜΠ
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
6
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
夕焼けや朝焼けを撮影するときにH(日陰)に設定すると、赤みを強調した
写真が撮影できます。
58
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
手動でホワイトバランスを設定する(マニュアル)
あらかじめ、白い紙などホワイトバランスの調整に用いる素材を用意し
ておきます。
1
「ホワイトバランス」画面で[マニュ
アル]を選ぶ
γχͼΠΨρϋΑ
಺ା
[調整]と調整枠が表示されます。
2
3
ホワイトバランスの調整に用いる素
材(白い紙など)にレンズを向け、画
面中央の調整枠いっぱいに素材が入
るよう、カメラを構える
ࠨ೰
ζΣνͺσ
[調整]をタッチする
ホワイトバランスが調整されます。調整が完了すると、
[完了]と表示
されます。
4
3
撮
影
す
る
[決定]をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
K(マニュアル)を選択中、[調整]をタッチせずに[決定]をタッチする
と、前回調整した値が引き続き使用されます。
59
サイズ・画質・明るさ・色などを調整する
シャープネス/彩度/コントラストを調整する
被写体の輪郭を強調したいときやソフトにしたいときは[シャープネス]
を、色の鮮やかさを調整したいときは[彩度]を、明暗差を調整したい
ときは[コントラスト]を変更します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[撮影2]をタッチする
「撮影2」画面が表示されます。
3 3
撮
影
す
る
[シャープネス]をタッチする
ΏλȜίΥΑ
「シャープネス」画面が表示されます。
4
シャープネスの度合いをタッチして
選ぶ
• F(ソフト)、G(標準)、H(ハー
ド)の3種類から選択できます。
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻りま
す。
5
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
[彩度]または[コントラスト]を設定するには
手順3で[彩度]または[コントラスト]をタッチして設
定します。
[彩度]は、C(低)
、D(標準)、E(高)の3種類から、
[コント
ラスト]は、I(低)、J(標準)、K(高)の3種類から選択できます。
दഽ
60
΋ϋΠρΑΠ
ピントを合わせる
ピントを合わせる
このカメラは、何も設定しなくても、シャッターボタンを半押ししたと
きに、自動的にピントを合わせてくれます。しかし、思い通りの位置に
ピントをすばやく合わせるために、ピント合わせの方法を自分で設定す
ることが必要なときもあります。ここでは、さまざまなピント合わせの
ための設定について説明します。
ピントを合わせる範囲を選ぶ
初期状態では、約 40cm~無限遠の範囲の被写体に自動的にピントを合
わせるようになっています。
[フォーカスリミット]
(p.66)を「オフ」
にすると、約 15cm ~無限遠の範囲の被写体にピントを合わせることが
できるようになります。
また、近くのものや遠くのものにすばやくピントを合わせたいとき、画
面全体にピントを合わせたいとき、手動でピントを合わせたいときは、
[フォーカスモード]を設定します(p.63)。
3
撮
影
す
る
ピントを合わせる位置を選ぶ
初期状態では、画面中央のフォーカスフレーム内で一番近いものにピン
トを合わせます。ピントを合わせる位置を固定したいときは、
[AF エリ
ア]を設定します(p.65)。
ピントが合いにくいときは
被写体が下の例のような条件にある場合は、ピントが合わないことがあ
ります。こんなときは、いったん撮りたいものと同じ距離にあるものに
ピントを固定(シャッターボタン半押し)し、その後、構図を撮りたい
位置に戻してシャッターを切ります。
•
•
•
•
•
•
青空や白壁など極端にコントラストが低いもの
暗い場所、あるいは真っ暗なものなど、光の反射しにくい条件
細かい模様の場合
非常に速い速度で移動しているもの
遠近のものが同時に存在する場合
反射の強い光、強い逆光(周辺が特に明るい場合)
61
ピントを合わせる
暗いところでもピントを合いやすくする
暗いところでもピントが合いやすいように、初期状態で[AF補助光]を
使用する設定になっています(p.66)。
3
撮
影
す
る
62
手ぶれや被写体ぶれを防ぐには
手ぶれや被写体ぶれを防ぐには、シャッター速度を早くする必要があり
ます。そのためには、感度を上げる(p.67)、ストロボを使う(p.56)
などの方法があります。
また、手ぶれしやすいときは、画面にf(手ぶれ警告)が表示されま
す。手ぶれを防ぐには、三脚、リモコン(p.70)、セルフタイマー(p.69)
の使用が有効です。
ピントが合って見える範囲(被写界深度)を変えるには
近い距離から被写体をズームで拡大して撮影すると、ピントが合って見
える範囲(被写界深度)を狭くし、被写体の背景をぼかすことができま
す(p.45)。
ピントを合わせる
ピントの合わせ方を選ぶ(フォーカスモード)
=
標準
被 写 体 ま で の 距 離 が 40cm 以 上 の と き に 使 用 し ま す。
シャッターボタンを半押ししたときに、AF エリアにある
ものにピントを合わせます。
q
マクロ
被写体までの距離が約15cm~約40cmのときに使用しま
す。シャッターボタンを半押ししたときに、AF エリアに
あるものにピントを合わせます。
3
パンフォーカス
他の人に撮ってもらうときや、車や電車の窓越しに外の風
景を撮るときなどに使用します。手前から奥までピントが
合うようになります。
s
無限遠
遠くにあるものを撮影するときに使用します。ストロボは
a(発光禁止)
、フォーカス位置は無限遠に固定となります。
マニュアル
フォーカス
手動でピントを合わせます。
\
1
3
撮
影
す
る
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
3
=(フォーカスモード)アイコンを
タッチする
• = の部分には、現在選択されている
[フ ォ ーカ ス モ ード]のア イ コ ンが 表
示されます。
•「フォーカスモード」画面が表示されます。
έ΁Ȝ΃ΑκȜΡ
ດ੔
ζ·υ
ྫࡠ‫׿‬
ζΣνͺσ
έ΁Ȝ΃Α
Ωϋ
έ΁Ȝ΃Α
設定するフォーカスモードをタッチ
する
• 設定が保存され、撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
注意
[フォーカスモード]がq(マクロ)に設定されているときは、光学ズームは
使用できません(デジタルズームは使用できます)
。
メモ
• [フォーカスモード]が=(標準)でピントが合わなかったときは、以下の
ようになります。
• ストロボが発光するか、
[ホワイトバランス]が[蛍光灯]または[白熱
灯]のとき:2mの距離にピントが合います。
• その他の場合:パンフォーカスとなります。
• [ フォーカスモード ] が q(マクロ)でピントが合わなかったときは、撮影
できません。
63
ピントを合わせる
手動でピントを合わせる(マニュアルフォーカス)
1
「フォーカスモード」画面で[マニュ
アルフォーカス]をタッチする
38
液晶モニターにMF枠が表示されます
2
2006/10/25
14:25
MF枠内をタッチする
MF 枠内が画面いっぱいに拡大して表示され
ます。
3 3
撮
影
す
る
矢印アイコン(qr)をタッチして
ピントを合わせる
画面に MF バーが表示され、おおよその距離
が表示されます。これを目安にピントを合わ
せます。
.15 0.2 0.3 0.6m
MFバー
q:近くにピントが合う
r:遠くにピントが合う
4
シャッターボタンを半押しする
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
矢印アイコン(qr)から手を離して5秒以上経過すると、撮影できる状態
に戻ります。
64
ピントを合わせる
オートフォーカス条件を設定する
ピントを合わせる位置を選ぶ(AFエリア)
J マルチ
K
1
スポット
フォーカスフレーム内の一番近いものにピントを合わせま
す。
画面中央にピントを合わせます。
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[撮影1]をタッチする
3
「撮影1」画面が表示されます。
3
=をタッチする
AF
「AF」画面が表示されます。
AF΀ςͺ
4
[AFエリア]をタッチする
έ΁Ȝ΃Α
ςηΛΠ
łŇ
༞੩࢕
撮
影
す
る
AF΀ςͺ
「AFエリア」画面が表示されます。
5
設定するAFエリアをタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
6
3ボタンを3回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
撮影モードがC(動画)のときは、K(スポット)に固定され、変更できません。
65
ピントを合わせる
ピント合わせの範囲を制限する(フォーカスリミット)
O
オン
無限遠から約40cmまでの範囲の被写体にピントを合わせます。
P
オフ
ズームを使用していない場合は、無限遠から約15cmまでの範囲の
被写体にピントを合わせます。ズームを使用している場合は、無限
遠から約40cmまでの範囲の被写体にピントを合わせます。
1
「AF」画面で[フォーカスリミット]
をタッチする
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
2
AF
AF΀ςͺ
έ΁Ȝ΃Α
ςηΛΠ
łŇ
༞੩࢕
3ボタンを3回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
3
撮
影
す
る
メモ
撮影モードが <(花)のとき、[フォーカスリミット]は「オフ」に設定さ
れますが、変更は可能です。
暗いときにもピントを合いやすくする(AF補助光)
O
オン
被写体が暗く、オートフォーカスが正確に作動しないときに、被写
体にAF補助光(緑の光)が照射され、ピントが合いやすくなります。
P
オフ
暗いところでも、AF補助光が照射されません。
1
「AF」
画面で
[AF補助光]
をタッチする
AF
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
2
3ボタンを3回押す
AF΀ςͺ
έ΁Ȝ΃Α
ςηΛΠ
łŇ
༞੩࢕
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
注意
本製品のAF補助光は、LEDに関する安全基準(IEC60825-1)クラス1に適合し
ています。AF補助光を直接見ても安全上の問題はありませんが、多少まぶしく
感じますので、発光部を至近距離から直接のぞきこむことはしないでください。
メモ
66
撮影モードがC(動画)のときと、
[フォーカスモード]が3(パンフォー
カス)、s(無限遠)
、\(マニュアルフォーカス)のとき、AF補助光は発
光しません。
ピントを合わせる
感度を設定する
撮影する場所の明るさに応じて設定します。
オート 80、160、320、400から最適な値が自動的に選択されます。
80
160
320
400
感度が低い(数字が小さい)ほど、ノイズの少ない画像が得られます。暗い
場所では、シャッター速度が遅くなります。
感度が高い(数字が大きい)ほど、暗い場所でもシャッター速度を速くでき
ます。画像にはノイズが増えます。
800
1
3ボタンを押す
3
[メニュー]が表示されます。
2
撮
影
す
る
[撮影1]をタッチする
「撮影1」画面が表示されます。
3
[感度]をタッチする
「感度」画面が表示されます。
4
΂ȜΠ
80
160
320
400
800
設定する感度をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
ۜഽ
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
撮影モードが C(動画)のときは、[感度]は[オート]に固定され、変更
できません。
67
撮影する
撮影する
シャッターボタンを全押しする代わりに、セルフタイマー(p.69)やリ
モコン(p.70)を使ってシャッターを切ることもできます。
また、シャッターを切ったときに、連続して撮影する(p.72)こともで
きます。
撮影された画像は、液晶モニターに1秒間表示
(クイックビュー)された後、保存されます。
[クイックビュー]の時間は、変更できます
3
撮
影
す
る
68
(p.73)。
撮影する
セルフタイマーを使う
シャッターボタンを押してから、10秒または2秒後に撮影されます。
セルフタイマーを使って撮影するときは、カメラを三脚等に固定してく
ださい。
1
g
撮影者も含めて集合写真を撮る場合などに利用します。シャッターボタンを
押してから約10秒後に撮影されます。
Z
手ぶれを避けるために利用します。シャッターボタンを押してから約 2 秒後
に撮影されます。
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
3
3
9(ドライブモード)アイコンをタッチする
• 9の部分には、現在選択中の[ドライブモード]のアイコンが表示さ
れます。
•「ドライブモード」画面が表示されます。
g(セルフタイマーモード)アイコン
をタッチする
撮
影
す
る
38
• g の部分には、現在選択中の[セルフタ
イマーモード]のアイコンが表示されま
す。
• 液晶モニターに g と Z アイコンが表示さ
れます。
• セルフタイマーモードを変更したい場合
は、gまたはZをタッチします。
4
シャッターボタンを半押しする
ピントが合うと、液晶モニターのフォーカスフレームが緑色に変わりま
す。
5
シャッターボタンを全押しする
撮影までの時間が液晶モニターにカウントダウン表示され、10秒後また
は2秒後に撮影されます。
メモ
カウントダウン中にシャッターボタンを半押しするとカウントダウンを中止
します。全押しすると、カウントダウンをやり直します。
69
撮影する
リモコンを使って撮影する
シャッターボタン
ズームボタン
リモートコントロールE
(リモートコントロールFには、ズームボタンがありません。)
3
撮
影
す
る
シャッターボタンを全押しする代わりに、リモートコントロール E また
はF(別売)を使って撮影できます。
1
2
3
4
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
9(ドライブモード)アイコンをタッチする
• 9の部分には、現在選択中の[ドライブモード]のアイコンが表示さ
れます。
•「ドライブモード」画面が表示されます。
i(リモコン)アイコンをタッチする
• iの部分には、現在選択中のリモコンモー
ドが表示されます。
• 液晶モニターに h と i アイコンが表示さ
れます。
• リモコンモードを変更したい場合は、hま
たはiをタッチします。
• リモコンモードでは、セルフタイマーラン
プが点滅します。
38
リモコンのシャッターボタンを押す
i:セルフタイマーランプが速く点滅し、約3秒後に撮影されます。
h:すぐに撮影されます。
メモ
70
動画撮影モードで撮影を中止するには、リモコンまたはカメラのシャッター
ボタンを押します。
撮影する
リモコンを使ってズーム倍率を変更する
リモートコントロール E(別売)では、シャッターボタンによる撮影の
ほか、ズームボタンを使ってズーム倍率を変えることもできます。
1
リモコンモードでリモコンのズームボタンを押す
押すたびにズーム位置が切り替わります。
注意
• [フォーカスモード]がq(マクロ)のときは、ズームボタンを押してもズー
ム位置は変わりません。
• リモコンを使ってズーム倍率を変更できるのは、光学ズーム域のみです。
デジタルズーム域は使えません。
メモ
• 本体のボタンは、通常と同じように操作できます。
• リモコンの届く距離は、カメラ正面から約4mです。
3
撮
影
す
る
• 新品のリモコン用電池を使うと、リモコンからカメラへ信号を約30,000回
送信することができます。
71
撮影する
連続して撮影する
シャッターボタンを押している間、連続して撮影します。
SDメモリーカードまたは内蔵メモリーがいっぱいになるまで、連続撮影
できます。
1
撮影モードで液晶モニターをタッチする
[撮影ツールバー]が表示されます。
2
9(ドライブモード)アイコンをタッチする
3
1アイコンをタッチする
3
撮
影
す
る
• 9の部分には、現在選択中の[ドライブモード]のアイコンが表示さ
れます。
•「ドライブモード」画面が表示されます。
設定が保存され、撮影できる状態になります。
4
シャッターボタンを半押しする
ピントが合うと、液晶モニターのフォーカスフレームが緑色に変わりま
す。
5
シャッターボタンを全押しする
シャッターボタンを押しつづけている間、連続して写真が撮影されま
す。
注意
連続撮影では、ストロボは発光しません。
メモ
• 連続撮影の間隔は、記録サイズや画質の設定によって異なります。
• ピント、露出は、1枚目で固定されます。
72
撮影する
撮影直後の画像表示の時間を設定する(クイックビュー)
クイックビュー(撮影直後の画像表示)の時間を[オフ]
(表示しない)
[1秒][2秒][3秒][4秒][5秒]から選択します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[撮影2]をタッチする
「撮影2」画面が表示されます。
3
[クイックビュー]をタッチする
「クイックビュー」画面が表示されます。
4
1ຟ
2ຟ
3ຟ
設定する表示時間をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
·ͼΛ·ΫνȜ
3ボタンを2回押す
4ຟ
5ຟ
΂έ
3
撮
影
す
る
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
73
4
再生と加工
再生のための機能を設定する
Qボタンを押して撮影モードから再生モードに切り替えます。再生モー
ドでは、
[再生ツールバー]を使って再生のための機能を設定します。
液晶モニターをタッチ
[再生ツールバー]
4
再
生
と
加
工
DISPLAY
選択するアイコンをタッチ
[再生モードパレット]
ठ୆κȜΡΩτΛΠ
選択するアイコンをタッチ
画面に従い、操作を続けます。
74
• [再生モードパレット]でアイコンをタッチすると、ガイド画面が表示されま
す。ガイド画面の表示を省略したいときは、ダブルタッチします。
• Qボタンを押すか、一定時間以上、何も操作をしないと、再生画面に戻ります。
• シャッターボタンを押すと(全押しまたは半押し)、撮影画面に切り替わります。
• 3ボタンを押すと、前の画面に戻ります。
再生のための機能を設定する
[再生ツールバー]で設定する機能
項目
n
内容
初期状態
—
参照
—
撮影した写真を拡大表示します。
—
p.79
撮影した写真を回転表示します。
—
p.78
画像消去
不要な画像を消去します。
—
p.88
お絵かきモード
写真に絵を描いたり、スタンプを
押したり、切り取ってスタンプに
したり、一部を消したりします。
—
p.95
—
p.100
標準
p.76
再生モードパレット
再 生モ ード パ レッ トを 表示 しま
す。
y
画像拡大
s
画像回転
i
j
Y
フレーム合成
W 情報表示
写真に飾り枠を合成します。
液晶モニターにどんな情報を表示
するかを設定します。
[再生モードパレット]でできること
項目
初期状態
参照
撮影した写真や動画を連続して再 3秒、
生します。
ワイプ、
オン
—
写真の記録サイズと画質を変更し
て、ファイルサイズを小さくしま
す。
—
写真の不要な部分を削除して、別
の写真として保存します。
—
内蔵メモリーと SD メモリーカー
ド間 で 画像 や音 声を コピ ーし ま
す。
内容
p.84
u
スライドショウ
n
リサイズ
o
トリミング
p
画像/音声コピー
h
デジタル
カラー
写真を白黒やセピア、赤、青、緑
エフェクト フィルタ などのカラーフィルタを使って加
工します。
p.93
再
生
と
加
工
p.94
p.109
白黒
p.102
ソフト
p.104
明るさ
写真の明るさを変更します。
フィルタ
0
p.103
フレーム 写真に飾り枠を合成します。
合成
—
p.100
お絵かき 写真に絵を描いたり、スタンプを
モード
押したり、切り取ってスタンプに
したり、一部を消したりします。
—
p.95
デジタル 写真をソフトな感じにしたり、イ
フィルタ ラスト風にしたり、人物の横幅を
変えたりします。
4
75
再生のための機能を設定する
項目
[
内容
動画編集
(静止画保存)
動画の 1 コマを静止画として保存
します。
初期状態 参照
—
p.108
Z
赤目補正
スト ロ ボ撮 影で 人物 の目 が赤 く
写った写真を補正します。
—
p.105
\
ボイスメモ
撮影した写真に音声(ボイスメモ)
を付けます。
—
p.106
Z
プロテクト
画像や音声を誤って消去しないよ
うにプロテクト(保護)します。
—
p.91
r
DPOF
撮影した写真のプリントを予約し
ます。
—
p.111
^
起動画面設定
気に入った写真を起動時に表示し
ます。
—
p.107
撮影情報を表示させる
4
再
生
と
加
工
再生時の液晶モニターの表示内容は、以下の3通りから選択できます。表
示内容の詳細は、表紙裏の「画面の表示」をご覧ください。
[標準]
30
[標準+ヒストグラム]
100-0038
30
100-0038
7M
ISOAUTO
1/250 F2.7
2006/10/25 14:25
[情報表示なし]
76
2006/10/25 14:25
再生のための機能を設定する
メモ
• ヒストグラムの形状で、画像の明るさと明暗差が適正かどうかを確認でき
ます(p.54)。
• 動画ファイルの場合、ヒストグラムは表示されません。
1
再生モードで液晶モニターをタッチ
する
[再生ツールバー]が表示されます。
DISPLAY
2
[DISPLAY]をタッチする
表示内容の選択画面が表示されます。
3
表示内容をタッチする
設定が保存され、再生できる状態になりま
す。
ດ੔
ૂ༭ນা
̱̈́
ດ੔Ĭ
ΪΑΠΈρθ
4
再
生
と
加
工
77
再生する
再生する
再生専用モードで起動する
再生専用モードは、撮影はせずに、すぐに画像や音声を再生したいとき
に使用します。
1
電源オフの状態でQボタンを押しながら電源スイッチを押す
再生専用モードで起動します。レンズは収納されたまま、繰り出されま
せん。
メモ
• 撮影モードでQボタンを2 秒以上押すと、再生専用モードに切り替わり、
レンズが収納されます。
• Qボタンを押して2秒以内に離したときは、レンズが出たままの通常の再
生モードになります。再生モードに移行後、10秒経過するか、再生モード
パレットの項目選択を行うと、レンズは保護のため収納されます。
4
再
生
と
加
工
• 再生専用モードでQボタンを押すと撮影モードに切り替わり、レンズが繰
り出されます。
回転表示する
1
2
3
4
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして回転させ
る写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
sアイコンをタッチする
回転方向を選択する画面が表示されます。
回転する方向をタッチする
回転した状態で写真が表示されます。
注意
• 動画は回転表示できません。
• プロテクトされた写真(p.91)やSDメモリーカードをライトプロテクトし
ているとき(p.19)は、回転表示できません。
78
再生する
拡大表示する
写真を再生する際、最大12倍まで拡大表示できます。拡大表示中は、ド
ラッグして表示位置を変更できます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして拡大表示
する写真を選ぶ
ズームレバーをy側に回す
2.0X
写真が拡大表示されます(1倍~12倍)。
• 液晶モニターの q アイコンをタッチして
拡大することもできます。
• ズームレバーを y 側に回し続けるか、q
アイコンを押し続けると、連続的に大きさ
が変わります。
• 写真のどの部分を拡大しているかを画面
左上のガイド表示で確認できます。
拡大表示中にできる操作
<拡大位置の移動>
• 画面左上のガイド表示で、表示範囲をドラッグして移動
• 表示画面で表示したい部分へ向けてドラッグ
4
再
生
と
加
工
<拡大率の変更>
• ズームレバー(y)/qアイコン:写真を拡大する(最大12倍まで)
• ズームレバー(f)/pアイコン:写真を縮小する(最小1倍まで)
• 表示画面で表示したい範囲をドラッグ(1倍表示時のみ)
:ドラッグ
した範囲を拡大表示
• 1倍表示時にqアイコンをダブルタッチすると、最大倍率に拡大さ
れます。
• 最大倍率時にpアイコンをダブルタッチすると、1倍表示に縮小さ
れます。
3
3ボタンを押す
1画面表示に戻ります。
注意
• 動画は拡大表示できません。
• 液晶モニターの表示モードが[情報表示なし]になっている場合は、拡大
部分を確認するためのガイドは表示されません(p.76)。ただし、pqア
イコンは表示されます。
79
再生する
9画面表示をする
撮影した画像や音声を液晶モニターに同時に 9 ファイルずつ表示しま
す。
1
再生モードでズームレバーを f 側に
回す
100PENTX
1/10
• 9画面表示になります。
ファイルの上に表示される記号の意味は
下記の通りです。
無印
:音声なしの写真
O(画像あり)
:音声付きの写真
C
:動画(1コマ目の画面が表示されます)
4
再
生
と
加
工
80
2
O(画像なし)
:音声のみのファイル
• 矢印アイコン(qr)をタッチすると9画面単位でページが切り替わ
ります。
• oアイコンをタッチすると、選択消去画面に切り替わります(p.90)。
ファイルをタッチする
タッチしたファイルの1画面表示に切り替わります。
再生する
ボイスメモが付いた写真を再生する
1
再生モードで矢印アイコン(qr)
をタッチしてボイスメモが付いた写
真(p.106)を選ぶ
30
100-0038
ボイスメモが付いている写真には、U アイ
コンが表示されます。
2006/10/25 14:25
2
wアイコンをタッチする
ボイスメモが再生されます。
再生中にできる操作
ズームレバー(x)
ズームレバー(w)
:音量を大きくする
:音量を小さくする
nアイコン、3ボタン:再生を途中で停止します。
4
再
生
と
加
工
81
再生する
動画を再生する
C(動画)モードで撮影した動画を再生します。動画再生時には、音声
も同時に再生されます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)
をタッチして再生する動画を選ぶ
00:30
100-0017
wアイコンをタッチする
動画が再生されます。
再生中にできる操作
m
:一時停止
2006/10/25 14:25
n、3ボタン :再生を途中で停止する
4
z
:逆方向に再生
w
:逆方向再生中に順方向再生に戻る
ズームレバー(y)
:音量を大きくする
再
生
と
加
工
ズームレバー(f)
:音量を小さくする
一時停止中にできる操作
3
w
:一時停止を解除(再生)
n
:再生を停止する
o
:コマ戻しする
p
:コマ送りする
nアイコンをタッチする
再生が停止します。
82
再生する
音声を再生する
O(ボイスレコーディング)モードで録音した音声を再生します。
1
再生モードで矢印アイコン(qr) ファイルの総録音時間
をタッチして再生する音声を選ぶ
00:01:30
100-0025
2006/10/25 14:25
2
wアイコンをタッチする
00:01:30
100-0025
音声が再生されます。
再生中にできる操作
m
4
:一時停止
n、3ボタン :再生を停止する
ズームレバー(y)
:音量を大きくする
ズームレバー(f)
:音量を小さくする
<インデックスがない場合>
k
:早戻しする
l
:早送りする
00:34:05
再生済み時間
再
生
と
加
工
<インデックスがある場合>
k
:前のインデックス位置から再生
l
:次のインデックス位置から再生
一時停止中にできる操作
w
:一時停止を解除(再生)
n
:再生を停止する
o
:約5秒前に戻る
p
:約5秒先に送る
メモ
• インデックスがある音声の場合は、インデックス位置まで早戻し、早送りされます。
• opアイコンを長押し(5秒経過)すると、約20秒ごとに早戻し、早送り
されます。
• 画面下部のバーをタッチして、早送りや早戻しの位置を指定することもできます。
83
再生する
スライドショウで連続再生する
撮影した写真や動画を連続して再生します。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチしてスライド
ショウを開始する画像を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
4
再
生
と
加
工
5
uアイコンをダブルタッチする
ΑρͼΡΏο;
•「スライドショウ」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
[スタート]をタッチする
3ຟ
ນা‫ْ ڞۼ‬࿂࢘‫ض‬
࢘‫إض‬
スライドショウがスタートします。
スライドショウの途中で液晶モニターを
タッチすると、一時停止します。一時停止中
に[スタート]をタッチすると再開します。
6
ΑΗȜΠ
シャッターボタン、Qボタン、3ボタンを押すか、ズー
ムレバーを動かす
スライドショウが終了します。
メモ
• スライドショウは、終了するまで繰り返します。
• 動画やボイスメモ付きの写真は、
「表示間隔」の設定時間にかかわらず、す
べて再生されてから次の画像に移ります。
• O(ボイスレコーディング)モードで録音した音声は、スライドショウで
は再生されません。
84
再生する
[表示間隔]を設定する
「スライドショウ」画面で[表示間隔]をタッチして設定します。
[表示
間隔]は[3秒][5秒][10秒][20秒][30秒]から選べます。
設定したい秒数のアイコンをタッチすると、設定が保存され、
「スライド
ショウ」画面に戻ります。
[画面効果]を設定する
「スライドショウ」画面で[画面効果]をタッチして設定します。
「画面
効果」は、以下から選択できます。
i
ワイプ
左から右へ画面が流れる効果
k
フェード
現在の画面が徐々に消え、そこに次の画像が浮かび上がっ
てくる効果
j
シュリンク
オフ オフ
画像が一点に集中し、切り替わる効果
切り替え効果なし
設定したい画面効果のアイコンをタッチすると、設定が保存され、
「スラ
イドショウ」画面に戻ります。
[効果音]を設定する
4
再
生
と
加
工
「スライドショウ」画面で[効果音]をタッチして設定します。
「画面効果」が「オフ」以外のときに、画面が切り替わるときに流れる効
果音のO(オン)/P(オフ)を切り替えることができます。
メモ
画面効果がオフのとき、効果音はオフに固定されます。
85
再生する
テレビで再生する
AVケーブルを使用すると、テレビなど、ビデオ入力端子を備えたAV機
器を液晶モニターの代わりに使って再生ができます。ケーブルを接続す
るときは、テレビとカメラの電源を必ずオフにしてください。
PC/AV端子
AUDIO
VIDEO (L)
(R)
白
4
再
生
と
加
工
黄色
1
2
カメラのPC/AV端子にAVケーブルを接続する
AVケーブルのもう一方の端子(映像:黄色、音声:白)を、
AV機器の映像入力端子と音声入力端子に接続する
ステレオ音声の出力に対応する機器に接続するときは、音声端子を L
(白)に差し込んでください。
複数の映像入力端子があるAV機器(テレビなど)で画像を見る場合は、
ご使用の AV 機器の使用説明書をご確認の上、カメラを接続している映
像入力端子を選択してください。
3
AV機器の電源をオンにする
カメラを接続した機器と、画像を映し出す機器が別の場合は、両方の電
源をオンにします。
4
86
カメラの電源をオンにする
• ビデオ出力専用モードで起動します。
• AV 機器に接続している間は、カメラの液晶モニターはオフになりま
す。
再生する
5
テレビ画面に表示されるガイドに従って操作する
• ズームレバー、シャッターボタン、Q ボタン、3 ボタンを使っ
て操作します。
ズームレバー
:アイコンの選択、ページ送りなどに使います。
シャッターボタン:選択の確定、表示内容の切り替えなどに使いま
す。
Qボタン
:動画や音声の再生などに使います。
3ボタン
:ビデオ出力専用メニューを表示する、前の画面に
戻るときなどに使います。
• 3ボタンを押すと、ビデオ出力専用メニューが表示されます。
u :スライドショウをします。
r :写真を拡大します。
ΑρͼΡΏο;
s :写真を回転します。
i :画像や音声を消去します。
s:ファイル一覧から表示する画像や音
声を選択します。
6
7
4
ࠨ೰
カメラの電源をオフにする
カメラとAV機器からAVケーブルを取り外す
メモ
再
生
と
加
工
• 長時間使用するときは、AC アダプターキット「K-AC7J」(別売)の使用
をおすすめします。
• 国や地域によってはビデオ出力方式が初期状態([NTSC])になっている
と画像や音声を再生できない場合があります。その場合は、出力方式を
[PAL]に切り替えてください(p.132)。
• AV機器に接続している間は、カメラの液晶モニターはオフになります。
• AV機器に接続している間は、カメラのズームレバーを使っての音量調整は
できません。
• 別売のリモコン(p.70)を使うと次のような操作が可能です。
リモートコントロール E:シャッターボタンで次の画像を表示、ズームボ
タンで前の画像を表示します。
リモートコントロール F:シャッターボタンで次の画像を表示します。
87
消去する
消去する
一つずつ消去する
画像や音声を一つ一つ確認しながら消去します。
注意
• プロテクトされている画像や音声は消去できません(p.91)。
• SDメモリーカードがロックされている場合(ライトプロテクトスイッチが
LOCKになっている場合)は、画像や音声は消去できません。
1
4 2
再
生
と
加
工
3
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして消去する
画像または音声を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
iアイコンをタッチする
ક‫ݲ‬
「消去」画面が表示されます。
4
[1画像/音声消去]をタッチする
消去を確認する画面が表示されます。
5
ˍْ௨İ‫إ‬୊
ક‫ݲ‬
஠ْ௨ȟ
‫إ‬୊ક‫ݲ‬
ક‫ݲ‬
΅λϋΓσ
[消去]をタッチする
選択した画像や音声が消去されます。
メモ
撮影直後に画像が表示されている間にiアイコンをタッチすると、撮影した
ばかりの画像を消去できます。
88
消去する
ボイスメモを消去する
ボイスメモ付きの写真(p.106)の場合は、手
順5で[音声消去]をタッチするとボイスメモ
だけを消去できます。
写真とボイスメモの両方を消去するには、手順
5で[消去]をタッチします。
‫إ‬୊ક‫ݲ‬
ક‫ݲ‬
΅λϋΓσ
まとめて消去する
カメラに保存されているすべての画像や音声をまとめて消去します。
注意
プロテクトされている画像や音声は消去できません(p.91)。
1
4
再生モードで液晶モニターをタッチする
再
生
と
加
工
[再生ツールバー]が表示されます。
2
iアイコンをタッチする
「消去」画面が表示されます。
3
[全画像/音声消去]をタッチする
消去を確認する画面が表示されます。
4
[全画像/音声消去]をタッチする
すべての画像と音声が消去されます。
ْ̳͓͈̀௨İ‫إ‬୊̦
ક‫̳̯ͦ͘ݲ‬
஠ْ௨ȟ
‫إ‬୊ક‫ݲ‬
΅λϋΓσ
89
消去する
選択して消去する
9 画面表示で確かめながら、消去する画像や音声ファイルを選び、一括
して消去します。
注意
プロテクトされているファイルは消去できません(p.91)。
1
再生モードでズームレバーを f 側に
回す
100PENTX
1/10
100PENTX
1/10
9画面表示に切り替わります。
4 2
oアイコンをタッチする
再
生
と
加
工
消去するファイルをタッチする
3
ファイルの上にP(チェックボックス)が表
示されます。
• ファイルが選択され、PがOに変わります。
• ズームレバーをy側に回すと、ファイルが
1画面表示されます(2秒経つか、ズームレ
バーをf側に回すと9画面表示に戻ります)。
ક‫ݲ‬
1 画面表示でも、チェックボックスをタッチして O(オン)/ P(オ
フ)をひとつひとつ切り替えることができます。
4
[消去]をタッチする
消去を確認する画面が表示されます。
5
[選択消去]をタッチする
選択したファイルが消去されます。
90
஖఼ْ̯̹ͦ௨İ‫إ‬୊̦
̳͓̀ક‫̳̯ͦ͘ݲ‬
஖఼ક‫ݲ‬
΅λϋΓσ
消去する
消去できないようにする(プロテクト)
画像や音声を誤って消去しないように、プロテクトすることができます。
1
再生モードで液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
2
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
3
Zアイコンをダブルタッチする
ίυΞ·Π
•「プロテクト」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
ˍْ௨İ‫إ‬୊
4
「1画像/音声」をタッチする
プロテクトする画像または音声を選択する
画面が表示されます。
5
6
矢印アイコン(qr)をタッチして
プロテクトする画像または音声を選
ぶ
஠ْ௨İ
‫إ‬୊
4
100-0038
ْ̭͈௨İ‫إ‬୊ͅ
ίυΞ·Π୭೰࣐̞̳ͬ͘
ίυΞ·Π
ٜੰ
再
生
と
加
工
[プロテクト]をタッチする
選択した画像または音声がプロテクトされます。
注意
SDメモリーカードまたは内蔵メモリーをフォーマットすると、プロテクトさ
れている画像や音声も消去されます。
メモ
• プロテクトを解除するには、手順6で[解除]をタッチします。
• プロテクトされている画像や音声には、再生時にファイル番号の下に Z
が表示されます。
91
消去する
すべての画像と音声をプロテクトするには
1
「プロテクト」画面で[全画像/音声]
をタッチする
プロテクトを確認する画面が表示されます。
ْ̳͓͈̀௨İ‫إ‬୊ͅ
ίυΞ·Π୭೰࣐̞̳ͬ͘
ίυΞ·Π
2
ٜੰ
[プロテクト]をタッチする
すべての画像と音声がプロテクトされます。
メモ
手順 2 で[解除]を選択すると、すべての画像と音声のプロテクトが解除さ
れます。
4
再
生
と
加
工
92
加工する
加工する
写真のサイズと画質を変更する(リサイズ)
写真の記録サイズと画質を変更して、ファイルサイズを小さくできます。
SD メモリーカードまたは内蔵メモリーがいっぱいになって撮影できな
くなったときは、写真をリサイズして上書き保存すれば、空き容量が増
え、続けて撮影できます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、リサイ
ズする写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
4
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
5
nアイコンをダブルタッチする
•「リサイズ」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
• 初期状態では、
[記録サイズ]は同じで[画
質]を1段階下げた設定が表示されます。
設定を変更したいときは、
[記録サイズ]ま
たは[画質]をタッチして設定します。
ς΍ͼΒ
再
生
と
加
工
7
ܱ჏
΍ͼΒ
ْৗ
ࠨ೰
[決定]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
6
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• リサイズされた写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
注意
• 動画や音声ファイルはリサイズできません。
• 元の写真よりも大きいサイズ、きれいな画質には変更できません。
• ボイスメモの付いた写真をリサイズして新規保存した場合は、ボイスメモ
も一緒に新規保存されます。
93
加工する
写真から不要な部分を削除する(トリミング)
写真から不要な部分を削除して、別の写真として保存できます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、トリミ
ングする写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
4 5
再
生
と
加
工
6
oアイコンをダブルタッチする
•「トリミング」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
トリミング枠の大きさと範囲を設定
する
΍ͼΒ་ࢵ
ࠨ೰
• 初期状態では、最大の枠サイズとなってい
ます。
• トリミング枠の大きさは、ズームレバーを使うか、[サイズ変更]を
タッチして変更します。
• トリミング枠は、ドラッグして移動できます。
[決定]をタッチする
トリミングされた写真が新しいファイル名で保存されます。
注意
動画はトリミングできません。
メモ
• トリミング後の写真は、元の写真と同じ[画質]で保存されます。
• ボイスメモの付いた写真をトリミングして新規保存した場合は、ボイスメ
モも一緒に新規保存されます。
94
加工する
写真に絵を描く/スタンプを押す
撮影した写真に絵を描いたり、スタンプを押したりできます。撮影した
写真からマイスタンプを作ることでもできます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、加工す
る写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
hアイコンをダブルタッチする
•「デジタルエフェクト」画面が表示されま
す。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
ΟΐΗσ΀έͿ·Π
΃ρȜ ΟΐΗσ ྶ̯ͥ
έͻσΗ έͻσΗ έͻσΗ
έτȜθ ٰ̧̤̥
଼ࣣ
κȜΡ
5
ਞၭ
[お絵かきモード]をタッチする
4
再
生
と
加
工
お絵かき画面が表示されます。
My
ࠨ೰
95
加工する
6
画面右にあるお絵かきツールを使って
絵を描いたり、スタンプを押したりする
お絵かきツールのアイコンをタッチして各
機能を選択します。
h:ツールバーを閉じます。
P :線の色、にじみ、種類を選択します。
R :12種類のスタンプから選択します。
Q :写真の一部を切り取り、マイスタンプ
にします。
U :マイスタンプから選択します(4つまで登録できます)
。
S :描いた絵やスタンプを消します。
7
My
ࠨ೰
[決定]をタッチする
「デジタルエフェクト」画面に戻ります。
8
4
再
生
と
加
工
[終了]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
9
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• 加工された写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
注意
• 動画やmのサイズの写真には、お絵かきができません。
• h以上のサイズの写真は、お絵かきをするとiにリサイズされます。
絵を描く線を選ぶには
手順 6 で P アイコンをタッチすると、線選択
画面が表示されます。
線の色(黒、赤、青、黄、白、ピンク、緑、水
色、オレンジ)、にじみ、種類をタッチして選
択し、
[決定]をタッチします。
ࠨ೰
用意されたスタンプを使うには
手順 6 で R アイコンをタッチすると、スタン
プ選択画面が表示されます。
使用するスタンプを 12 種類の中からタッチし
て選択し、
[決定]をタッチします。
96
ࠨ೰
加工する
スタンプを回転表示する
用意されているスタンプ、マイスタンプともに90度単位で回転させた状
態で使うことができます。
1
お絵かき画面でRアイコンをタッチする
「スタンプ選択」画面が表示されます。
2
3
回転させるスタンプをタッチする
ࠨ೰
画面下部中央にある
タッチする
アイコンを
回転した状態を選択する画面が表示されま
す。
4
使いたい状態のスタンプをタッチす
る
4
再
生
と
加
工
選んだ回転状態でスタンプが表示されます。
5
[決定]をタッチする
スタンプが写真に押せる状態になります。
押したい位置をタッチしてください。
メモ
マイスタンプも回転できます。
97
加工する
マイスタンプを作る
1
Qアイコンをタッチする
画像切り取り画面が表示されます。
2
ドラッグして切り取る範囲を選択す
る
• 切り取る範囲は、一筆書きで選択します。
• 切り取る範囲を変更したいときは、3
ボタンを押して、最初から範囲を選択し直
してください。
4
再
生
と
加
工
3
My
ࠨ೰
ࠨ೰
[決定]をタッチする
スタンプにするか確認する画面が表示され
ます。
4
[保存]をタッチする
マイスタンプが作成されます。
メモ
マイスタンプは、4つまで登録できます。
98
୨৾ͥํսͬ
ঐ೰̱̩̺̯̞̀
୨ْ̹৾̽௨ͬ
ΑΗϋί̱̳̥͘ͅȉ
༗ం
΅λϋΓσ
加工する
マイスタンプを使う
1
Uアイコンをタッチする
My
マイスタンプ選択画面が表示されます。
2
使用するスタンプをタッチして選択
する
• 写真にスタンプが押されます。
• スタンプを削除するときは、
[消去]をタッ
チします。
ક‫ݲ‬
ࠨ೰
メモ
マイスタンプも回転できます。
消しゴムを使う
Sアイコンをタッチすると、
消しゴム選択画面
が表示されます。
使用する消しゴムの種類をタッチして選択し、
[決定]をタッチします。
4
CLS
ࠨ೰
再
生
と
加
工
メモ
[CLS]は全消去です。お絵かきモードでの変更がすべてクリアされます(登
録したスタンプは消えません)。
99
加工する
写真にフレームを付ける(フレーム合成)
撮影した写真にフレーム(飾り枠)を付けることができます。このカメ
ラには7種類のフレームが用意されています。
1
2
3
4
4
再
生
と
加
工
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、フレー
ムを付ける写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
hアイコンをダブルタッチする
•「デジタルエフェクト」画面が表示されま
す。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
ΟΐΗσ΀έͿ·Π
΃ρȜ ΟΐΗσ ྶ̯ͥ
έͻσΗ έͻσΗ έͻσΗ
έτȜθ ٰ̧̤̥
଼ࣣ
κȜΡ
5
6
7
8
9
[フレーム合成]をタッチする
フレームの選択画面が表示されます。
矢印アイコン(qr)をタッチして、
合成するフレームを選ぶ
[決定]をタッチする
଼ࣣ̳ͥέτȜθͬ
஖఼̱̩̺̯̞̀
་ࢵ
ࠨ೰
「デジタルエフェクト」画面に戻ります。
[終了]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• フレーム合成された写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
注意
• 動画やm以下のサイズの写真には、フレームを付けられません。
• g以上の写真は、フレームを付けるとhにリサイズされます。
100
ਞၭ
加工する
新しく入手したフレームを登録する
手順6で[変更]をタッチすると、フレーム登録画面に切り替わり、ホー
ムページなどから入手したフレームを新たに登録できます。入手したフ
レームは、あらかじめSDメモリーカードにコピーしておいてください。
注意
SDメモリーカード内のフレームを登録すると、内蔵メモリーに登録されてい
るフレームと置き換わり、内蔵メモリー内のフレームは削除されます。
1
フレームを選択する画面で、置き換えたいフレームを選び、
[変更]をタッチする
メッセージが表示された後、SD メモリーカード内のフレームが表示さ
れます。
2
3
矢印アイコン(qr)をタッチして、登録するフレームを
選ぶ
[決定]をタッチする
表示されているフレームの代わりに、選択したフレームが登録されま
す。
4
再
生
と
加
工
新しいフレームは、弊社ホームページの下記アドレスからダウンロードできます。
http://www.pentax.co.jp/japan/support/download/digital/frame_02.html
101
加工する
写真の色調を変える(カラーフィルタ)
[カラーフィルタ]を使って写真の色調を変えることができます。
選択できる[カラーフィルタ]は、白黒、セピア、カラー(8色)、白黒
+赤、白黒+緑、白黒+青の13種類です。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、色調を
変える写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4 4
再
生
と
加
工
5
hアイコンをダブルタッチする
•「デジタルエフェクト」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
[カラーフィルタ]をタッチする
色調を変える画面が表示されます。
6
使用するカラーフィルタをタッチす
る
ࠨ೰
選択したカラーフィルタの適用結果をプレ
ビューできます。
7
[決定]をタッチする
「デジタルエフェクト」画面に戻ります。
8
[終了]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
9
102
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• カラーフィルタが適用された写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
加工する
写真の明るさを変える(明るさフィルタ)
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、明るさ
を変える写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
5
hアイコンをダブルタッチする
•「デジタルエフェクト」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
[明るさフィルタ]アイコンをタッチ
する
4
明るさを調整する画面が表示されます。
6
ࠨ೰
p または q アイコンをタッチして、
明るさを調整する
• 調整結果をプレビューできます。
• 明るさバーをタッチして調整することも
できます。
7
再
生
と
加
工
明るさバー
[決定]をタッチする
「デジタルエフェクト」画面に戻ります。
8
[終了]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
9
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• 明るさフィルタが適用された写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
103
加工する
写真をソフトに/イラスト風に/スリムにする
[デジタルフィルタ]を使うと、写真をソフトな感じにしたり、イラスト
風にしたり、被写体をやせた感じや太った感じにすることができます。
1
2
3
4
4
再
生
と
加
工
5
6
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、加工す
る写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
hアイコンをダブルタッチする
•「デジタルエフェクト」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
iアイコンをタッチする
デジタルフィルタを選択する画面が表示さ
れます。
使用するデジタルフィルタをタッチ
する
ࠨ೰
選択したデジタルフィルタの適用結果をプ
レビューできます。
7
8
9
104
L
:写真をソフトな感じにします。
M
:写真をイラスト風にします。
N
:写真に紗をかけたような感じにします。
O
:被写体をやせた感じや太った感じにします。
[決定]をタッチする
「デジタルエフェクト」画面に戻ります。
[終了]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• デジタルフィルタが適用された写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
加工する
人物の赤目を補正する
ストロボ撮影で人物の目が赤く写った写真を補正します。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、赤目を
補正する写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
4
5
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
Zアイコンをダブルタッチする
• 赤目補正が実行されます。赤目補正が成功
した場合は、手順 7 に進み、写真を保存し
ます。
赤目補正が失敗した場合は、エラー画面で
[了解]をタッチすると「赤目補正」画面
が表示されます。その場合は、手順 5 に進
み、赤目補正する部分を指定します。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
4
ࠨ೰
補正する部分をタッチする
再
生
と
加
工
[決定]をタッチするまで、続けて赤目の個所を選択できます。
6
[決定]をタッチする
保存方法を選択する画面が表示されます。
7
[上書き保存]または[新規保存]をタッチする
• 赤目を補正した写真が保存されます。
• 写真がプロテクトされているときは、自動的に新規保存されます。
注意
• 動画やカメラ側で赤目画像と特定できなかった写真は、赤目補正できませ
ん。
• 複数個所を選択した場合、1 個所以上補正が成功するとファイルを保存し
ます。
• 赤目補正できるのは、このカメラで撮影した写真のみです。
105
加工する
写真に音声を付ける(ボイスメモ)
撮影した写真に音声(ボイスメモ)を付けることができます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、ボイス
メモを付ける写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
\アイコンをダブルタッチする
5
nアイコンをタッチする
4
再
生
と
加
工
• ボイスメモの録音を開始します。ボイスメ
モは、最長60秒間まで録音できます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
ボイスメモの録音が終了します。
注意
20
録音時間
• すでにボイスメモが録音されている写真にボイスメモを上書きすることは
できません。いったん音声を消去してから、もう一度録音してください
(p.89)。
• プロテクトされている画像にボイスメモを付けることはできません。
メモ
ボイスメモを消去する方法については、
「ボイスメモを消去する」
(p.89)を
ご覧ください。
106
加工する
お気に入りの写真を起動画面にする
SDメモリーカードに保存されている写真から気に入った写真を指定し、
カメラの起動時に表示することができます。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、起動時
に表示させたい写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
5
^アイコンをダブルタッチする
• 設定画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
矢印アイコン(qr)をタッチして
起動画面を切り替える
100-0038
4
ࠨ೰
• 選択した写真、起動画面として登録済みの
写真、カメラに最初から登録されている画
像(3種類)、「オフ」から選択できます。
•「オフ」を選択すると、起動画面が表示されなくなります。
6
再
生
と
加
工
[決定]をタッチする
起動画面の設定が保存されます。
注意
起動画面として登録済みの写真は、元の写真を消去したり、SDメモリーカー
ドや内蔵メモリーをフォーマットしても消去されません。カメラの設定内容
をリセットしても消去されません。
107
加工する
動画の1コマを静止画として保存する
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、静止画
を切り出す動画を選ぶ
液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
3
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
4
再
生
と
加
工
5
[アイコンをダブルタッチする
•「動画編集」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
op アイコンをタッチして、静止画
として保存するコマを選ぶ
• w アイコンを押すと動画が再生され、n
アイコンを押すと再生を停止します。
• 再生中にmアイコンをタッチすると一時停止します。
6
[決定]をタッチする
選択したコマが静止画として保存されます。
108
ࠨ೰
112
加工する
画像や音声をコピーする
内蔵メモリーとSDメモリーカード間で画像や音声をコピーします。
注意
• カメラに SD メモリーカードが入っていないと、この機能は使用できませ
ん。
• SDメモリーカードをセットするときや取り出すときは、必ず電源をオフに
してください。
• 内蔵メモリーカードから SD メモリーカードへのコピーは、SD メモリー
カードに十分な空き容量がないと実行できません。画像をコピーする前に、
SD メモリーカードに十分な空き容量があることを確認しておいてくださ
い。
1
再生モードで液晶モニターをタッチする
4
[再生ツールバー]が表示されます。
2
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
3
pアイコンをダブルタッチする
ْ௨İ‫إ‬୊΋άȜ
• コピー方法を選択する画面が表示されま
す。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
再
生
と
加
工
内蔵メモリーからSDメモリーカードにコピーする
内蔵メモリー内のすべての画像と音声をSD メモリーカードにまとめて
コピーします。
4
cアイコンをタッチする
すべての画像と音声がコピーされます。
109
加工する
SDメモリーカードから内蔵メモリーにコピーする
SDメモリーカード内の画像や音声を1つずつ選んで、内蔵メモリーにコ
ピーします。
4
5
6
bアイコンをタッチする
矢印アイコン(qr)をタッチして
コピーするファイルを選ぶ
100-0038
ْ̭͈௨
ْ̭͈௨İ‫إ‬୊ͬ
‫إ‬୊ͬ
΋άȜ̱̳͘
[決定]をタッチする
ࠨ೰
選択した画像または音声がコピーされます。
メモ
4
再
生
と
加
工
110
2006/10/25 14:25
• 音声付きの写真は、音声付きのままコピーさ
れます。
• プロテクトされている写真/動画/音声ファイルはコピー後もプロテクト
されます。
5
印刷する
プリント予約する(DPOF設定)
DPOF(Digital Print Order Format)とは、デジタルカメラで撮影し
た写真にプリントのための情報を記録するフォーマットです。撮影した
写真に DPOF 設定をすると、DPOF 対応プリンターやプリントサービス
店でプリントできます。
1枚ずつ設定する
1 枚ずつ確認しながら、プリント枚数と日付プリントの有無を設定しま
す。
1
2
再生モードで矢印アイコン(qr)をタッチして、プリン
ト予約する写真を選ぶ
液晶モニターをタッチする
5
[再生ツールバー]が表示されます。
3
印
刷
す
る
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
4
rアイコンをダブルタッチする
DPOF
•「DPOF」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
ˍْ௨
5
[1画像]をタッチする
選択した写真に DPOF 設定する画面が表示
されます。
஠ْ௨
100-0038
ْ̭͈௨ͅ
DPOF୭೰࣐̞̳ͬ͘
඾ັ
ཿତ
0
ࠨ೰
111
プリント予約する(DPOF設定)
6
[日付]をタッチする
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
O:プリントに日付を入れる
P :プリントに日付を入れない
7
[枚数]をタッチする
ཿତ
「枚数」画面が表示されます。
8
矢印アイコン(su)をタッチして
プリント枚数を設定する
99枚まで設定できます。
9
01
ࠨ೰
[決定]をタッチする
手順5の画面に戻ります。
10 矢印アイコン(qr)をタッチして写真を選び、手順6~9
を繰り返す
5
印
刷
す
る
11[決定]をタッチする
DPOF設定が保存されます。
注意
プリンターやプリントサービス店のプリント機器によっては、DPOF の設定
で[日付]を[オン]にしても日付がプリントされないことがあります。
メモ
• プリント枚数は、99枚まで設定できます。
• DPOF設定を解除するには、手順8で[枚数]を「00」に設定します。
112
プリント予約する(DPOF設定)
まとめて設定する
カメラに保存されているすべての写真に、同じプリント枚数と日付の有
無を設定します。
1
再生モードで液晶モニターをタッチする
[再生ツールバー]が表示されます。
2
nアイコンをタッチする
[再生モードパレット]が表示されます。
3
4
rアイコンをダブルタッチする
•「DPOF」画面が表示されます。
• タッチするとガイド画面が表示されます。
[全画像]をタッチする
すべての写真にまとめて DPOF 設定する画
面が表示されます。
5
日付印刷の有無とプリント枚数を設
定する
設定の方法は、
「1枚ずつ設定する」の手順6
~9をご覧ください(p.112)。
6
ْ̳͓͈̀௨ͅ
DPOF୭೰࣐̞̳ͬ͘
඾ັ
ཿତ
0
ࠨ೰
[決定]をタッチする
5
印
刷
す
る
DPOF設定が保存されます。
注意
まとめて設定する場合、すべての写真に同じプリント枚数が設定されます。
プリントをする前に、必ず枚数の設定を確認してください。
メモ
まとめて設定すると、1枚ずつのDPOF設定は解除されます。
113
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)
カメラとプリンターをつないでプリントする
(PictBridge)
付属の USB ケーブルでカメラを PictBridge 対応のプリンターに接続す
ると、パソコンを使わなくても、カメラから直接写真をプリントできま
す。プリントする写真の選択やプリント枚数、日付プリントの有無は、
カメラとプリンターを接続した状態で、カメラ側で設定します。
注意
• カメラをプリンターに接続するときは、
別売のACアダプターキットのご使
用をおすすめします。カメラがプリンターと通信中にバッテリーが消耗す
ると、プリンターが誤動作したり、写真データが壊れることがあります。
• データ転送中は、USBケーブルを抜かないでください。
• プリンターの機種によっては、カメラ側の設定(日付プリントの有無、
DPOF設定など)が一部反映されないことがあります。
• 1枚の用紙に複数の写真をプリントする設定は、カメラ側ではできません。
プリンター側で設定するか、パソコンを使って印刷してください。
5
印
刷
す
る
カメラをプリンターに接続する
1
カメラの[USB接続]モードを「PictBridge」に設定する
[USB接続]モードの設定方法は、
「パソコンにつなぐかプリンターにつ
なぐか切り替える」(p.131)をご覧ください。
2
3
4
5
カメラの電源をオフにする
付属のUSBケーブルでカメラをプリンターに接続する
プリンターの電源をオンにする
プリンターの起動が完了したら、カメ
ラの電源をオンにする
֣क़κȜΡͬ஖఼̱̩̺̯̞̀
印刷モードを選択する画面が表示されます。
஠ْ௨
114
ˍْ௨
DPOFঐ೰
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)
1枚ずつプリントする
1
印刷モードを選択する画面で[1画像]
をタッチする
日付と枚数を設定する画面が表示されます。
2
100-0038
ْ̭͈௨֣ͬक़̱̳͘
඾ັ
ཿତ
1
[日付]をタッチする
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
֣क़
O:プリントに日付を入れる
P :プリントに日付を入れない
3
[枚数]をタッチする
ཿତ
「枚数」画面が表示されます。
4
矢印アイコン(su)をタッチして
プリント枚数を設定する
01
• 99枚まで設定できます。
•[決定]をタッチすると、手順1の画面に戻
ります。
5
6
[印刷]をタッチする
• 印刷設定を確認する画面が表示されます。
• 印刷設定を変更するときは、「印刷設定を
変更するときは」
(p.116)をご覧ください。
ࠨ೰
5
̭͈୭೰ૄ࠯́
֣क़̱̳̥͘ȉ
ဥঞ΍ͼΒ
ဥঞΗͼί
֣क़຦ৗ
͏̻ঐ೰
印
刷
す
る
[印刷]をタッチする
• プリントが開始されます。
• プリント中に[印刷中止]をタッチすると、
プリントが中止されます。
֣क़
115
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)
印刷設定を変更するときは
5
[印刷]をタッチする
印刷設定を確認する画面が表示されます。
6
̭͈୭೰ૄ࠯́
֣क़̱̳̥͘ȉ
ဥঞ΍ͼΒ
ဥঞΗͼί
֣क़຦ৗ
͏̻ঐ೰
֣क़
[用紙サイズ]をタッチする
ဥঞ΍ͼΒ
̧͉̦
A4
΃ȜΡ
4"x6"
τΗȜ
L
2L
11"x17"
100x150
8"x10"
A3
「用紙サイズ」画面が表示されます。
7
用紙サイズをタッチする
お使いのプリンターで印刷可能な用紙だけが選択できます。
5 8
印
刷
す
る
手順6~7を繰り返して、
[用紙タイプ]
[印刷品質]
[ふち指
定]を設定する
• _を選択するとプリンター側の設定に従います。
•[用紙タイプ]は、Eの数が多いほど高品質な用紙に対応します。
•[印刷品質]は、Eの数が多いほど高品質な印刷を行います。
9
[印刷]をタッチする
• 設定した条件でプリントが開始されます。
• プリント中に[印刷中止]をタッチすると、プリントが中止されます。
メモ
• カメラとプリンターを接続中は電源ランプが点灯し、プリントする写真
データを転送中は電源ランプが点滅します。電源ランプが点滅中は、USB
ケーブルを取り外さないでください。
• 印刷設定([用紙サイズ]、
[用紙タイプ]、[印刷品質]、[ふち指定])は、
カメラの電源を切ると、初期状態に戻ります。
116
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)
まとめてプリントする
1
印刷モードを選択する画面(p.114の
手順5)で[全画像]をタッチする
日付と枚数を設定する画面が表示されます。
2
ْ̳͓͈̀௨ͬ
֣क़̱̳͘
ࣣࠗ 10
඾ັ
日付プリントの有無とプリント枚数
を設定する
ཿତ
1
֣क़
設定の方法は、
「1 枚ずつプリントする」の手順 2 ~ 4 をご覧ください
(p.115)。
3
[印刷]をタッチする
4
[印刷]をタッチする
• 印刷設定を確認する画面が表示されます。
• 印刷設定を変更するときは、
「印刷設定を変更するときは」
(p.116)
をご覧ください。
• プリントが開始されます。
• プリント中に[印刷中止]をタッチすると、プリントが中止されます。
DPOFの設定でプリントする
1
印刷モードを選択する画面(p.114の
手順5)で[DPOF指定]をタッチする
• DPOF設定の内容が表示されます。
• qr をタッチすると、他の画像の DPOF
設定を確認できます。
2
[印刷]をタッチする
3
[印刷]をタッチする
DPOF͈୭೰́
֣क़̱̳͘
ࣣࠗ 10
඾ັ
5
印
刷
す
る
ཿତ
1
֣क़
• 印刷設定を確認する画面が表示されます。
• 印刷設定を変更するときは、
「印刷設定を変更するときは」
(p.116)
をご覧ください。
• プリントが開始されます。
• プリント中に[印刷中止]をタッチすると、プリントが中止されます。
117
カメラとプリンターをつないでプリントする(PictBridge)
USBケーブルを取り外す
プリントが終了したら、USBケーブルをカメラとプリンターから取り外
します。
1
2
5
印
刷
す
る
118
カメラの電源をオフにする
カメラとプリンターからUSBケーブルを取り外す
6
カメラを設定する
設定メニューを使う
撮影モードまたは再生モード時に3ボタンを押すと、カメラの様々
な機能を設定する[メニュー]が表示されます。ここでは、
[サウンド]
と[その他]の設定項目について説明します(
[撮影1]
[撮影2]
[動画]
[共通]については、p.34をご覧ください)。
[メニュー]
ιΣνȜ
3ボタン
を押す
ज़‫ג‬IJ
ज़‫ג‬ij
൲ْ
‫ވ‬೒
΍;ϋΡ
̷͈ఈ
選択するアイコ
ンをタッチ
• シャッターボタンを押すと、撮影画面に戻り
ます。
• Qボタンを押すと、再生画面に戻ります。
• 3ボタンを押すと、前の画面に戻ります。
• 一定時間以上、何も操作をしないと、撮影画
面または再生画面に戻ります。
΍;ϋΡ
1
ௌै‫إ‬ၾ ठ୆‫إ‬ၾ
1
ΏλΛ
ΗȜ‫إ‬
1
ܳ൲‫إ‬
1
ௌै‫إ‬
ΓσέΗ
ͼζȜ‫إ‬
選択するアイコ
ンをタッチ
ௌै‫إ‬ၾ
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
ࠨ೰
選択するアイコ
ンをタッチ
画面に従い操作を続けます。
119
設定メニューを使う
[サウンド]で設定すること
項目
操作音量
内容
初期状態
参照
操作時のアラート音など操作音の音量を
設定します。
3
p.124
再生音量
動画や音声再生時の音量を設定します。
3
p.124
起動音
起動音の種類を設定します。
1
p.125
シャッター音
シャッター音の種類を設定します。
1
p.125
操作音
操作音の種類を設定します。
1
p.125
1
p.125
初期状態
—
p.121
セルフタイマー音 セルフタイマーのカウントダウン音の種
類を設定します。
[その他]で設定すること
項目
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
120
内容
フォーマット
SD メモリーカードまたは内蔵メモリーを
フォーマットします。
日時設定
日付、時刻、それぞれの表示スタイルを設
定します。
参照
初期設定に
よる
p.122
ワールドタイム
世界時計を設定します。
オフ
p.126
Language/
メニューやメッセージを表示する言語を
設定します。
初期設定に
よる
p.129
フォルダ名
画像や音声を日付ごとに別フォルダに保
存するようにできます。
標準
p.130
USB接続
USBケーブルの接続先を設定します。
PC
p.131
ビデオ出力
AV 機器へのビデオ出力形式 を設定しま
す。
初期設定に
よる
p.132
LCDの明るさ
液晶モニターの明るさを設定します。
4(標準)
p.133
エコモード
液晶モニターが暗くなるまでの時間を設
定します。
5秒
p.134
オートパワーオフ 自動的に電源が切れるまでの時間を設定
します。
3分
p.135
ガイド表示
ガイド画面を表示させるかどうかを設定
します。
オン
p.136
リセット
日時、言語、ワールドタイム、ビデオ出力
以外の設定内容を初期状態に戻します。
—
p.137
フォーマットする
フォーマットする
内蔵メモリーまたは SD メモリーカードに保存されているすべてのデー
タを消去します。
SD メモリーカードがセットされている場合は、SD メモリーカードの
データが消去されます。SD メモリーカードがセットされていない場合
は、内蔵メモリーのデータが消去されます。
注意
• SDメモリーカードのフォーマット中は、カードを取り出さないでください。
カードが破損して使用できなることがあります。
• SDメモリーカードがライトプロテクトされている場合、そのカードはフォー
マットできません(p.19)
。
• フォーマットすると、プロテクトされた画像や音声、このカメラ以外で記
録したデータも消去されます。
• パソコンなど、このカメラ以外の機器でフォーマットしたSDメモリーカー
ドは使用できません。SDメモリーカードは、必ずこのカメラでフォーマッ
トしてください。
• フォーマットしたSDメモリーカードからでも、市販のデータ修復ソフトを
使用してデータを取り出せることがあります。SDメモリーカードを廃棄す
るときは、カードを物理的に破壊することを、また、譲渡するときは、市
販のデータ消去ソフトなどを使ってカード内のデータを完全に消去するこ
とをおすすめします。カード内のデータは、お客様の責任において管理し
てください。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
「その他」画面が表示されます。
3
[フォーマット]をタッチする
「フォーマット」画面が表示されます。
4
[フォーマット]をタッチする
フォーマットが開始されます。フォーマット
が終わると撮影できる状態になります。
έ΁ȜζΛΠ
̳͓͈̀ΟȜΗ̦
ક‫̳̯ͦ͘ݲ‬
έ΁Ȝ
ζΛΠ
΅λϋΓσ
121
日時を変更する
日時を変更する
日付と時刻を変更します。また、カメラに表示される日付と時刻の表示
スタイルを設定します。
[表示スタイル]を設定する
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
[日時設定]をタッチする
「日時設定」画面が表示されます。
4
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
඾শ୭೰
ນা
ΑΗͼσ
矢印アイコン(qr)をタッチして、
年、月、日の表示順を選ぶ
ນাΑΗͼσ
ාİ࠮İ඾
24h
[年/月/日][日/月/年][月/日/年]から選
択できます。
6
ࠨ೰
矢印アイコン(qr)をタッチして、時間表示を選ぶ
[24h]
(24時間表示)または[12h]
(12時間表示)から選択できます。
7
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「日時設定」画面に戻ります。
122
শ࣫
ࠨ೰
[表示スタイル]をタッチする
「表示スタイル」画面が表示されます。
5
඾ັ
日時を変更する
[日付]を設定するには
1
「日時設定」画面で[日付]をタッチ
する
「日付」画面が表示されます。
2
3
඾ັ
2006
01
矢印アイコン(su)をタッチして
[日付]を設定する
01
ࠨ೰
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「日時設定」画面に戻ります。
[時刻]を設定するには
1
「日時設定」画面で[時刻]をタッチ
する
「時刻」画面が表示されます。
2
3
矢印アイコン(su)をタッチして
[時刻]を設定する
শ࣫
00
00
ࠨ೰
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「日時設定」画面に戻ります。
メモ
時刻の設定終了後、
[決定]をタッチすると、0秒にセットされます。時報に
合わせて[決定]をタッチすると、秒単位まで正確な日時設定ができます。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
123
サウンドの設定を変更する
サウンドの設定を変更する
操作や再生するときの音量、起動音やシャッター音、操作音、セルフタ
イマー音の種類が変更できます。音を鳴らさないようにもできます。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[サウンド]をタッチする
΍;ϋΡ
1
「サウンド」画面が表示されます。
ௌै‫إ‬ၾ ठ୆‫إ‬ၾ
1
ΏλΛ
ΗȜ‫إ‬
1
ௌै‫إ‬
ܳ൲‫إ‬
1
ΓσέΗ
ͼζȜ‫إ‬
[操作音量]/[再生音量]を変更する
1
「サウンド」画面で[操作音量]をタッ
チする
ௌै‫إ‬ၾ
「操作音量」画面が表示されます。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
ࠨ೰
2
設定する操作音量のアイコンをタッチする
f(音量0)~g(音量5)まで選択できます。f(音量0)のときは、
操作時に音が鳴りません。
3
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「サウンド」画面に戻ります。
124
サウンドの設定を変更する
[起動音]/[シャッター音]/[操作音]/[セルフタイ
マー音]の種類を変更する
1
「サウンド」画面で設定するサウンド
をタッチする
ܳ൲‫إ‬
1
2
3
音の種類を選択する画面が表示されます。
2
設定する音の種類のアイコンをタッ
チする
USER
΂έ
ࠨ೰
•[1]
[2]
[3]
[USER]
[オフ]から選択で
きます。タッチすると選択した音が再生さ
れます。
[オフ]のときは、音が鳴りません。
•[USER]を選択すると、自分で録音した音声の先頭2秒間を割り当て
ることができます。
3
[決定]をタッチする
設定が保存され、
「サウンド」画面に戻ります。
[USER]音を設定する
1
手順2で[USER]をタッチしてから
[決定]をタッチする
00:01:30
100-0025
6
カメラに[USER]音として設定できる音声
ある場合、再生画面が表示されます。
2
矢印アイコン(qr)をタッチして、
音声を選ぶ
ࠨ೰
2006/10/25 14:25
w :先頭の2秒間を再生します。
n :再生を終了します。
3
[決定]をタッチする
• 設定が保存され、
「サウンド」画面に戻ります。
• 選んだ音声の先頭の 2 秒間が、前項の手順 1 で選んだサウンドの
[USER]音として設定されます。
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
125
世界時計を設定する(ワールドタイム)
世界時計を設定する(ワールドタイム)
「日時を設定する」
(p.21)や「日時を変更する」
(p.122)で設定した日
時は、
[現在地]の日時です。
[ワールドタイム]を設定しておくと、海
外で使用するとき、液晶モニターに[目的地]として設定した国や地域
の日時を表示できます。
[目的地]を設定する
1
2
3
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
[ワールドタイム]をタッチする
「ワールドタイム」画面が表示されます。
χȜσΡΗͼθ
শ࣫୨ఢ
14:25
࿒എ౷
൐‫ނ‬
࡛ह౷
൐‫ނ‬
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
126
4
5
[目的地]をタッチする
࿒എ౷
0:25
「目的地」画面が表示されます。現在設定さ
れている都市が地図上で緑色に点灯します。
地図の両側の矢印アイコン(qr)
をタッチして、目的の都市が表示され
ている地図を選択する
地図枠は、ドラッグして移動することもでき
ます。
ΣνȜπȜ·
世界時計を設定する(ワールドタイム)
6
7
8
都市名の両側の矢印アイコン(qr)をタッチして、目的
地の都市名を選ぶ
選択した都市の現在の時刻が表示されます。
Zアイコンをタッチする
‫ذ‬শ‫ۼ‬
「夏時間」画面が表示されます。
[オン]または[オフ]をタッチする
[オン]
:夏時間を使用する
΂έ
΂ϋ
[オフ]
:夏時間を使用しない
9
設定が保存され、
「目的地」画面に戻ります。
3ボタンを押す
「ワールドタイム」画面に戻ります。
[目的地]の日時をカメラに表示させる
1
「ワールドタイム」画面で[時刻切替]
をタッチする
শ࣫୨ఢ
「時刻切替」画面が表示されます。
2
3
࿒എ౷
࡛ह౷
[目的地]をタッチする
6
設定が保存され、「ワールドタイム」画面に
戻ります。
3ボタンを3回押す
• 撮影できる状態になります。
「ワールドタイム」が設定されているとき
は、液晶モニターにXアイコンが表示され
ます。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
38
2006/10/25
0:25
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
メモ
p.126 の手順4 で[現在地]をタッチすると、現在地の都市や夏時間を設定
できます。
127
世界時計を設定する(ワールドタイム)
ワールドタイムで指定できる都市名
地域
北米
都市名
ホノルル
アンカレジ
地域
アフリカ・
西アジア
6
ヨーロッパ
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
ジッダ
サンフランシスコ
テヘラン
ロサンゼルス
ドバイ
カルガリー
カラチ
デンバー
カブール
シカゴ
マーレ
マイアミ
デリー
トロント
コロンボ
ニューヨーク
カトマンズ
メキシコシティ
128
ダッカ
東アジア
ヤンゴン
リマ
バンコク
サンティアゴ
クアラルンプール
カラカス
ビエンチャン
ブエノスアイレス
シンガポール
サンパウロ
プノンペン
リオデジャネイロ
ホーチミン
リスボン
ジャカルタ
マドリード
香港
ロンドン
北京
パリ
上海
アムステルダム
マニラ
ミラノ
台北
ローマ
ソウル
ベルリン
東京
ストックホルム
グアム
アテネ
アフリカ・
西アジア
ナイロビ
バンクーバー
ハリファックス
中南米
都市名
エルサレム
オセアニア
パース
ヘルシンキ
アデレード
モスクワ
シドニー
ダカール
ヌーメア
アルジェ
ウェリントン
ヨハネスブルグ
オークランド
イスタンブール
パゴパゴ
カイロ
表示言語を変更する
表示言語を変更する
メニューやエラーメッセージなどをカメラの液晶モニターに表示する言
語を変更します。
日本語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、イ
タリア語、スウェーデン語、オランダ語、ロシア語、タイ語、韓国語、
中国語(繁体字/簡体字)から選択することができます。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
[Language/
「Language/
4
5
]をタッチする
Language
」画面が表示されます。
設定する言語をタッチする
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻りま
す。
• 設定する言語が画面に表示されていない
ときは、矢印アイコン(qr)をタッチ
して、画面を切り替えます。
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
English
Français
Deutsch
Español
Português
Italiano
Svenska
Nederlands
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
129
フォルダ名を変更する
フォルダ名を変更する
撮影した画像や音声を保存するフォルダ名の付け方を設定します。
「日付」
に変更すると、撮影日ごとに違うフォルダに保存されるようになります。
フォルダ名の付け方
x
標準 XXXPENTX(XXXは3桁のフォルダ番号)
500個のファイルまで同じフォルダに保存されます。ただし、最大ファ
イル番号は9999です。
y
日付 XXX_mmdd(3桁のフォルダ番号_月日)
日付ごとに違うフォルダに保存されます。
標準で撮影
DCIM
[フォルダ名]を「日付」に変更
DCIM
100
100PENTX
100
100PENTX
101
101_0325
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
102
102_0401
1
2
3
4
5
130
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
[フォルダ名]をタッチする
「フォルダ名」画面が表示されます。
x(標準)または y(日付)アイコ
ンをタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
έ΁σΘྴ
パソコンにつなぐかプリンターにつなぐか切り替える(USB接続)
パソコンにつなぐかプリンターにつなぐか切り
替える(USB接続)
USBケーブルの接続先(パソコンまたはPictBridge対応プリンター)に
応じて、[USB接続]モードを切り替えます。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
[USB接続]をタッチする
USB୪௽
「USB接続」画面が表示されます。
4
A(PC)またはB(PictBridge)
アイコンをタッチする
A:パソコンに画像や音声を転送する場合
B:PictBridge 対応のプリンターに接続す
る場合
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
5
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
注意
[USB接続]で A(PC)に設定した状態で、カメラをプリンターに接続しな
いでください。また、B(PictBridge)に設定した状態で、カメラをパソ
コンに接続しないでください。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
メモ
パソコンとの接続方法については、別紙の「PC接続ガイド」をご覧ください。
131
ビデオ出力方式を選択する
ビデオ出力方式を選択する
AV 機器と接続して撮影や再生するときのビデオ出力方式をNTSC 方式
とPAL方式から選択します。
国や地域によっては、ビデオ出力方式が、初期状態([NTSC])になっ
ていると画像や音声を再生できない場合があります。その場合は、出力
方式を[PAL]に切り替えてください。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[ビデオ出力]をタッチする
「ビデオ出力」画面が表示されます。
5
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
132
6
[NTSC]または[PAL]をタッチする
• 接続する AV 機器のビデオ出力方式に合わ
せて選択します。
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻りま
す。
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
ΫΟ΂੄ႁ
NTSC
PAL
液晶モニターの明るさを設定する
液晶モニターの明るさを設定する
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[LCDの明るさ]をタッチする
LCD͈ྶ̯ͥ
「LCDの明るさ」画面が表示されます。
5
pまたはqアイコンをタッチして明
るさを調整する
• p アイコンをタッチすると暗く、q アイ
コンをタッチすると明るくなります。
• ドラッグして調整することもできます。
6
+4
[決定]をタッチする
設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
7
ࠨ೰
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
133
時間が経つと画面を暗くする(エコモード)
時間が経つと画面を暗くする(エコモード)
一定時間操作をしないと液晶モニターの明るさが自動的に暗くなるよう
に設定することで、バッテリーの消耗を軽減します。液晶モニターが暗く
なったときは、いずれかのボタンを操作すると、元の明るさに戻ります。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[エコモード]をタッチする
「エコモード」画面が表示されます。
5
•[30秒]
[20秒]
[15秒]
[10秒]
[5秒]
[オ
フ](暗くしない)から選択できます。
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻ります。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
液晶モニターが暗くなるまでの時間
をタッチする
6
Ĵıຟ
ijıຟ
IJĶຟ
IJıຟ
Ķຟ
΂έ
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
以下の場合は、
[エコモード]を設定していても、液晶モニターは暗くなりま
せん。
• ACアダプター使用時
• 動画撮影中
• ボイスメモ録音中
• セルフタイマー動作中
• 音声/動画再生中
• スライドショウ中
134
΀΋κȜΡ
• ビデオ出力中
時間が経つと電源をオフにする(オートパワーオフ)
時間が経つと電源をオフにする(オートパワーオフ)
一定時間操作をしないと、自動的に電源が切れるように設定できます。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[オートパワーオフ]をタッチする
「オートパワーオフ」画面が表示されます。
5
΂ȜΠΩχȜ΂έ
Ķ໦
Ĵ໦
΂έ
電源が切れるまでの時間をタッチし
て選ぶ
•[5分]
[3分]
[オフ]
(電源を切らない)か
ら選択できます。
• 設定が保存され、一つ前の画面に戻りま
す。
6
3ボタンを2回押す
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
パソコンやプリンターと接続中は、
[オートパワーオフ]を[オフ]以外に設
定していても、カメラの電源は切れません。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
135
ガイド表示を設定する
ガイド表示を設定する
[撮影モードパレット]や[再生モードパレット]でアイコンをタッチし
たときに、ガイド画面(そのアイコンの機能の説明画面)を表示させる
かどうかを設定します。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[ガイド表示]をタッチする
O(オン)/P(オフ)が切り替わります。
O:ガイド画面を表示させる
P :ガイド画面を表示させない
5
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
136
3ボタンを2回押す
̷͈ఈ
NTSC
ΫΟ΂
੄ႁ
5ຟ
LCD͈
ྶ̯ͥ
΀΋
κȜΡ
΄ͼΡ
ນা
ςΓΛΠ
3໦
΂ȜΠΩ
χȜ΂έ
• 撮影できる状態になります。
• Qボタンを押すと再生モードになります。
メモ
[ガイド表示]が「オン」に設定されている場合でも、使用する機能のアイコ
ンをダブルタッチすると、ガイド画面の表示を省略できます。
変更した設定を初期状態に戻す(リセット)
変更した設定を初期状態に戻す(リセット)
カメラの設定内容を初期状態に戻します。
ただし、言語、日時、ワールドタイム、ビデオ出力の設定は、設定をリ
セットする前の状態のまま保存されます。
1
3ボタンを押す
[メニュー]が表示されます。
2
[その他]をタッチする
「その他」画面が表示されます。
3
wアイコンをタッチする
「その他」画面の2ページ目が表示されます。
4
[リセット]をタッチする
「リセット」画面が表示されます。
ςΓΛΠ
୭೰ͬ੝‫ેܢ‬ఠͅ࿗̱̳͘
ςΓΛΠ
5
΅λϋΓσ
[リセット]をタッチする
カメラの設定内容がリセットされ、撮影できる状態になります。
6
カ
メ
ラ
を
設
定
す
る
137
7
付録
海外でバッテリーを充電する
同梱のバッテリー充電器は、自動で全世界の電源電圧(100-240V)、電
源周波数(50Hz、60Hz)に切り換わるように設計されています。
ただし、国、地域、滞在先によって電源コンセントの形状は異なります。
海外旅行をされる場合は、
「主な国、地域の代表的な電源コンセントのタ
イプ」を参考に電源コンセントの形状を確かめ、その国、地域、滞在先
に合った変換プラグを準備してください。
充電の方法は、日本国内と同じです。
変換プラグ
注意
• 市販の変圧器などを使用すると、故障する恐れがあります。
• ご使用にならないときは、変換プラグをコンセントから外してください。
7
タイプ
A
B
BF
形状
付
録
プラグ変換
不要です
メモ
同梱のACコード D-CO2Jは、タイプAです。
138
C
S
海外でバッテリーを充電する
主な国、地域の代表的な電源コンセントのタイプ
A
北米
アメリカ合衆国、カナダ
B BF C
○
ヨーロッパ、 アイスランド、アイルランド、イタリア、ウ
旧ソ連地域 クライナ、オーストリア、オランダ、カザフ
スタン、ギリシャ、スウェーデン、デンマー
ク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィ
ンランド、フランス、ベラルーシ、ベルギー、
ルーマニア、ロシア
イギリス
スペイン
○
日本、台湾
○
○
スイス、ポーランド、ポルトガル
アジア
○
○
○
○
スリランカ、モルジブ
○
ネパール、バングラデシュ、モンゴル
ベトナム
○
○
インド、インドネシア、パキスタン、マカオ
特別区
○
大韓民国
○
フィリピン
○
シンガポール、香港特別行政区
○
○
○
○
○
マレーシア
オセアニア
○
○
タイ
中華人民共和国
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
7
付
録
○
○
コロンビア、ジャマイカ、ハイチ、パナマ、 ○
バハマ、プエルトリコ、ベネズエラ、メキシコ
ブラジル、ペルー
チリ
○
○
○
アルゼンチン
中東
○
○
タヒチ
中南米
○
オーストラリア、トンガ、ニュージーランド、
フィジー
グァム島
S
○
○
○
イスラエル、イラン
○
○
○
クウェート
○
ヨルダン
○
○
○
139
ACアダプターを使用する
A
アフリカ
B BF C
カナリア諸島、ギニア、モザンビーク、モロッ
コ
ケニア、南アフリカ共和国
○
アルジェリア
S
○
○
○
○
○
エジプト
○
○
ザンビア、タンザニア
○
○
○
ACアダプターを使用する
4
1
2
DC端子
ACアダプター
7
付
録
3
長時間ご使用になるときや、パソコンと接続するときは、ACアダプター
キット「K-AC7J」(別売)のご使用をおすすめします。
1
2
3
4
140
ACコード
カメラの電源が切れていることを確認してから、DC 入力端
子のカバーを開ける
ACアダプターのDC端子をカメラのDC入力端子に接続する
ACコードをACアダプターに接続する
電源プラグをコンセントに差し込む
ACアダプターを使用する
注意
• ACアダプターの接続や取り外しは、必ずカメラの電源が切れた状態で行っ
てください。
• 電源および接続ケーブルはしっかりと差し込んでください。SDメモリーカー
ドまたは内蔵メモリーにデータを記録中にケーブルが外れると、データが破
壊されることがあります。
• ACアダプターを使用する場合は、火災や感電に十分ご注意ください。
• ご使用の前に、必ず「ご注意ください」
(p.7)をお読みください。
• ACアダプターをご使用になるときは、ACアダプターキット「K-AC7J」の
使用説明書をあわせてご覧ください。
• ACアダプターを接続しても、カメラ内のバッテリーを充電することはでき
ません。
7
付
録
141
別売アクセサリー一覧
別売アクセサリー一覧
本機には、別売アクセサリーとして以下の製品が用意されています。
ACアダプターキット K-AC7J
充電式リチウムイオンバッテリー D-LI 8(※)
バッテリー充電器キット K-BC8J(※)
(バッテリー充電器 D-BC8、ACコード D-CO2Jのセット)
USBケーブル I-USB17(※)
AVケーブル I-AVC7(※)
ストラップ O-ST20(※)
ストラップ O-ST8
レザーストラップ O-ST24
スポーツストラップ O-ST30
カメラケース O-CC45
リモートコントロールE(ズーム対応品)
リモートコントロールF
(※)の製品は同梱品と同じものです。
7
付
録
142
メッセージ一覧
メッセージ一覧
カメラを使用中に、液晶モニターに表示されるメッセージには以下のよ
うなものがあります。
電池容量がなくなりまし バッテリーの残量がありません。バッテリーを充電器で充
た
電してください(p.14)。
カードの空き容量があり SD メモリーカードに容量いっぱいの画像や音声が保存さ
ません
れていて、これ以上画像や音声を保存できません。
新しいSDメモリーカードをセットするか、不要な画像や音
声を消去してください(p.17、p.88)。
写真の画質または記録サイズを変えると保存できる可能性
があります(p.49、p.93)。
内蔵メモリーの空き容量 内蔵メモリーに容量いっぱいの画像や音声が保存されてい
がありません
て、これ以上画像や音声を保存できません。SD メモリー
カードを使用するか、不要な画像や音声を消去してくださ
い(p.17、p.88)。写真の画質または記録サイズを変える
と保存できる可能性があります(p.49、p.93)。
カードが異常です
SD メモリーカードの異常で、撮影 / 再生共にできません。
パソコン上では画像を表示またはコピーできる場合もあり
ます。
カードがフォーマットさ フォーマットされていない SD メモリーカードがセットさ
れていません
れているか、パソコンなどでフォーマットされた SD メモ
リーカードがセットされています(p.121)。
カードがロックされてい SDメ モ リ ー カ ー ド が ラ イ ト プ ロ テ ク ト さ れ て い ま す
ます
(p.19)。
圧縮に失敗しました
画像の圧縮に失敗しました。写真の画質または記録サイズ
を変えると撮影できる可能性があります(p.49、p.93)。
画像/音声がありません
SD メモリーカードに再生できる画像や音声が保存されて
いません。
消去中です
画像や音声を消去中に表示されます。
この画像/音声を再生でき このカメラでは再生できない画像や音声を再生しようとし
ません
ています。他社のカメラやパソコンでは表示できる場合が
あります。
7
付
録
フォルダが作成できませ 最大のフォルダ番号(999)で最大のファイル番号(9999)
ん
が使用されているため、画像や音声を保存できません。新
しい SD メモリーカードをセットするか、SD メモリーカー
ドをフォーマットしてください(p.17、p.121)。
画像/音声が作成できませ 最大の数(5000)の画像や音声を記録したため、これ以上
ん
の撮影や録音ができません。新しい SD メモリーカードを
セットするか、SDメモリーカードをフォーマットしてくだ
さい(p.17、p.121)。
143
メッセージ一覧
プロテクトされています
プロテクトされた画像や音声を消去しようとした場合に表
示されます。
記録中です
画像がまだ記録中なのに、再生モードに切り替えたとき、
またはプロテクト、DPOF 設定記録中に表示されます。画
像または設定の記録が終了したら表示が消えます。
処理中です
画像処理などに時間がかかり 5 秒以上スルー画像が表示で
きないとき、または SD メモリーカードや内蔵メモリーを
フォーマット中に表示されます
この画像/音声をリサイズ リサイズできない画像や音声をリサイズ時に選択した場合
できません
に表示されます。
この画像/音声をトリミン トリミングできない画像や音声をトリミング時に選択した
グできません
場合に表示されます。
PictBridge機能を使用する場合に、液晶モニターに表示されるメッセー
ジには以下のようなものがあります。
7
付
録
144
用紙がありません
接続したプリンターの用紙がない場合に表示されます。
インクがありません
接続したプリンターのインクがない場合に表示されます。
プリンターエラーです
接続したプリンターからエラーメッセージが送られた場合
に表示されます。
データエラーです
接続したプリンターからデータに関してのメッセージが送
られた場合に表示されます。
用紙が詰まりました
接続したプリンターで紙詰まりが起こった場合に表示され
ます。
こんなときは?
こんなときは?
現象
電源が入らない
原因
対処方法
バッテリーが入っていない バッテリーが入っているか確認し、
入っていなければ、入れてください
(p.15)。
バッテリーの入れ方を間違 バッテリーの向きを確認し、入れ直
えている
してください(p.15)。
バッテリーの残量がない
バッテリーを充電してください
(p.14)。
寒さでバッテリーの性能が バッテリーをポケットに入れるなど
一時的に低下した
して温めてからご使用ください。
液 晶 モ ニ タ ー に 何 カメラの電源がオフになっ カメラの電源をオンにしてください
も表示されない
ている
(p.20)。
パソコンに接続している
パソコンに接続しているときは、液
晶モニターは常にオフになります。
テレビに接続している
テレビに接続しているときは、液晶
モニターは常にオフになります。
表示モードが「オフ」になっ 液 晶モニ ターを タッチ して、表示
ている。
モードを切り替えてください
(p.40)。
[ エコモード ] が作動してい 撮影時はシャッターボタン半押しで
る
解除、再生時は液晶モニターをタッ
チすると解除されます。
表示はされているが、確認 日中屋外の撮影では、液晶モニター
しづらい
が表示されていても、確認しづらい
ことがあります。液晶モニターを明
るく設定してください(p.133)。
シ ャ ッ タ ー が 切 れ ストロボが充電中
ない
ストロボ充電中は撮影できません。
充電が完了すると撮影できます。
SD メ モリー カード また は 空き容量のあるSDメモリーカードを
内蔵メモリーに空き容量が セットするか、不要なファイルを消去
してください(p.17、p.88)
。写真の
ない
記録サイズや画質を変えると撮影で
きる可能性があります(p.49、p.93)
。
書き込み中
7
付
録
書き込みが終了するまで待ってくだ
さい。
145
こんなときは?
現象
ピントが合わない
原因
対処方法
オートフォーカスの苦手な いったん撮りたいものと同じ距離に
ものを撮影しようとしてい あるピントの合いやすいものにピン
る
トを固定(シャッターボタン半押し)
し たまま、撮り たい構 図に変 えて
シャッターを切ります。あるいは、
マニュアルフォーカスを使用してく
ださい(p.64)。
AFエリア内に被写体が入っ AFエリア内にピントを合わせたいも
ていない
のを入れてください。撮りたいもの
が、AFエリア内にない場合は、撮り
たいものをいったんAFエリアに入れ
て、ピントを固定(シャッターボタ
ン半押し)したまま、撮りたい構図
に変えてシャッターを切ります。
被写体が近すぎる
[フォーカスモード]をq(マクロ)に
セットしてください(p.63)。
[フ ォ ー カ ス モ ー ド]が q [フォーカスモード]がq(マクロ)の
(マクロ)になっている
ときは、40cm より遠いものには、
ピントが合いません(p.63)。
暗いためピントが合いにく [AF 補助光]を「オン」に設定して
い
ください(p.66)。
ス ト ロ ボ が 発 光 し ス ト ロ ボ の 発 光 方 法 が a ,(オート)またはb(強制発光)
ない
(発光禁止)になっている に設定してください(p.56)。
撮影モードがC(動画)、
[ド 他のモードに切り替えてください。
ライブモード]が1(連続撮
影)、
[フォーカスモード]が
s(無限遠)に設定されて
いる
7
付
録
写真がぶれている
撮影中にカメラが動いた
三脚やセルフタイマー、リモコンを
使用してください(p.62)。
撮影中に被写体が動いた
ストロボを使うか、感度を高くする
とシャッタースピードが速くなり、
ぶれにくくなります。(p.62)。
撮 影 し た 写 真 の 色 ホワイトバランスの自動調 ホワイトバランスの設定を確認して
がおかしい
整 が う ま く い か な か っ た ください(p.58)。
か、設定が間違っていた
146
こんなときは?
現象
原因
対処方法
撮 影 し た 写 真 が 暗 フラッシュがa(発光禁止) ,(オート)またはb(強制発光)
すぎる
になっていた
に設定してください(p.56)。
被写体までの距離が遠く、
ス ストロボの光が届く範囲で撮影して
トロボの光が届かなかった ください(p.56)。
カメラの露出調整がうまく 露 出 を q 側 に 補 正 し て く だ さ い
いかなかった
(p.53)。
被写体が逆光になっていた スポット測光を利用すると、中央部
の被写体を適切な明るさで撮影でき
ます(p.55)。
撮 影 し た 写 真 が 明 ストロボが発光した
るすぎる
ストロボを発光させたくないとき
は、a(発光禁止)に設定してくだ
さい。また、b(ソフト発光)に設
定するとストロボの光を弱めること
ができます(p.56)。
カメラの露出調整がうまく 露 出 を p 側 に 補 正 し て く だ さ い
いかなかった
(p.53)。
画 像 や 音 声 が 消 去 SD メ モリー カード がラ イ SD メモリーカードのライトプロテ
できない
トプロテクトされている
クトを外してください(p.19)。
画像や音声がプロテクトさ 画像や音声のプロテクトを解除して
れている
ください(p.91)。
内 蔵 メ モ リ ー 内 の SD メ モリー カード が入 っ SD メモリーカードを取り出してく
画 像 や 音 声 が 再 生 ている
ださい(p.18)。
できない
設 定 し た 機 能 が 電 [モードメモリ]が「オフ」に 機能によっては、[ モードメモリ ] を
「オン」にすることで電源をオフにし
源 を オ フ に す る と なっている
ても設定を記憶させておけるものが
元に戻ってしまう
あります(p.38)。
画 像 や 音 声 フ ァ イ [日時]が設定されていない[日時]を設定してください。ご購入
ルに表示される日
時には日時の設定はされていません
付が正しくない
(p.21)。
バッテリーの残量がないま バッテリーの残量がない状態で約1
ま放置していた
日放置すると日時設定が解除されま
す。もう一度、日時を設定してくだ
さい(p.122)。
7
付
録
パソコンとのUSB接 [USB 接 続 ] モ ー ド が B [USB接続]モードをA(PC)に変
続がうまくいかない (PictBridge)になっている 更してください(p.131)。
プ リ ン タ ー と の [USB 接 続 ] モ ー ド が A [USB接続]モードをB(PictBridge)
USB 接続がうま く (PC)になっている
に変更してください(p.131)
。
いかない
テレビでカメラの画 カメラを接続した映像入力 カメラを接続した映像入力端子を選
像が再生できない
端子が選択されていない
択してください(p.86)。
147
主な仕様
主な仕様
型式
ズームレンズ内蔵全自動コンパクトタイプデジタルスチルカメラ
有効画素数
700万画素
撮像素子
総画素数738万画素、
原色フィルター/インターライントランスファー 1/2.5型CCD
写真
a(3072×2304)、f(2592×1944)
g(2304×1728)、h(2048×1536)
i(1600×1200)、m(640×480)(ピクセル)
動画
m(640×480)、D(320×240)(ピクセル)
記録画素数
感度
記録方式
画質
記録媒体
オート、マニュアル(80/160/320/400/800:標準出力感
度)
写真
JPEG(Exif2.2)、DCF準拠、DPOF対応、
PictBridge対応、PRINT Image Matching III対応
動画
AVI(Motion JPEG 準拠)、ストリーミング記録、約
30fps/約15fps(フレーム/秒)、PCM方式、モノラ
ル音声付
音声
ボイスメモ、ボイスレコード:WAVE(PCM)方式、
モノラル
写真
C(S.ファイン)、D(ファイン)、E(エコノミー)
動画
C(S.ファイン)、D(ファイン)、E(エコノミー)
内蔵メモリー(約12MB)、SDメモリーカード
撮影枚数と時間
写真
C
(S.ファイン)
7
付
録
内蔵
内蔵
256MB
メモリー
メモリー
256MB
E(エコノミー)
内蔵
メモリー
256MB
約202枚
a 3072×2304
約3枚
約69枚
約6枚
約135枚
約9枚
f 2592×1944
約4枚
約83枚
約7枚
約162枚
約11枚
約243枚
g 2304×1728
約5枚
約105枚
約9枚
約202枚
約14枚
約303枚
約373枚
h 2048×1536
約6枚
約135枚
約12枚
約255枚
約18枚
i 1600×1200
約9枚
約202枚
約16枚
約347枚
約26枚
約540枚
約810枚
約65枚
約1350枚
約92枚
約1899枚
m
148
D(ファイン)
640× 480 約39枚
主な仕様
動画/音声
30fps
内蔵
メモリー
m
C
640×480
D
E
D
C
320×240
D
E
15fps
256MB
内蔵
メモリー
256MB
約9秒
約3分
8秒
約18秒
約6分
16秒
約13秒
約4分
29秒
約26秒
約8分
57秒
約19秒
約6分
43秒
約38秒
約13分
24秒
約23秒
約8分
4秒
約46秒
約16分
4秒
約36秒
約12分
31秒
約1分
12秒
約24分
54秒
約51秒
約17分
51秒
約1分
42秒
約35分
23秒
音声
内蔵
メモリー
256MB
約12分
33秒
約4時間
19分
16秒
ホワイトバランス
オート、太陽光、日陰、白熱灯、蛍光灯、マニュアル
レンズ
焦点距離
F値
レンズ構成
6.2mm~18.6mm
(35mmフィルム換算:37.5mm~112.5mm相
当)
F2.7~F5.2
5群6枚(非球面レンズ2枚使用)
ズーム方式
電動式
撮影範囲
約 148mm× 約 111mm を画面いっぱいに撮影
可能(マクロモード時)
最大約 4 倍(光学 3 倍ズームと合わせ、最大約
12倍ズーム相当のズーム倍率)
デジタルズーム
撮影時
液晶モニター
タッチディスプレイ式 3.0 型 TFT カラー LCD(バックライト付)、
明るさ調整付、約23万画素
1 コマ、インデックス(9 画面)、拡大(最大 12 倍まで、スクロー
ル可)、回転表示、音声再生、スライドショウ、動画再生・編集(静
止画保存)、ヒストグラム表示、画像/音声コピー、デジタルフィ
ルタ(ソフト、イラスト、スリム、特殊効果)、明るさフィルタ、
カラーフィルタ(白黒、セピア、カラー 8色、白黒+赤、白黒+青、
白黒 + 緑)、トリミング、リサイズ、フレーム合成、赤目補正、お
絵かきモード(線描画、スタンプ、画像切取、マイスタンプ、消し
ゴム)、ボイスメモ、プロテクト、DPOF、起動画面設定
オートフォーカス、マクロ、パンフォーカス、無限遠、マニュアル
フォーカス
再生機能
フォーカスモード
7
付
録
149
主な仕様
フォーカス
方式
撮像素子によるTTLコントラスト検出方式
5点AF(マルチ/スポット切替可)
写真(レンズ前
面から)
ノーマル: 約0.4m~∞(ズーム全域)
マクロ : 約0.15m~約0.5m(ワイド端)
パンフォーカス:
約1.2m~∞(ワイド端)、
約4.8m~∞(テレ端)
遠景
: ∞(ズーム全域)
マニュアルフォーカス:
約0.15m~∞(ワイド端)、
約0.4m~∞(ワイド端以外)
動画(レンズ前
面から)
ノーマル: 約0.15m~∞(ワイド端)、
約0.4m~∞(ワイド端以外)
マクロ : 約0.15m~約0.5m(ワイド端)
パンフォーカス:
約0.7m~∞(ワイド端)、
約2.7m~∞(テレ端)
遠景
: ∞(ズーム全域)
マニュアルフォーカス:
約0.15m~∞(ワイド端)、
約0.4m~∞(ワイド端以外)
フォーカス
ロック
シャッターボタン半押しによる
露出機構
測光方式
撮像素子による TTL 測光(分割、中央部重点、
スポット)
±2EV(1/3EVステップで設定可能)
撮影モード
露出補正
7
シャッター
プログラム、夜景、動画、ボイスレコーディング、風景、花、ポー
トレート、サーフ&スノー、スポーツ、ペット、料理、フレーム合成
連続録画時間
約 1 秒~内蔵メモリー/ SD メモリーカードの
容量いっぱいまで
型式
メカニカル併用電子シャッター
付
録
ストロボ
速度
型式
動画
ドライブモード
セルフタイマー
リモコン
150
約1/2000秒~約4秒
赤目軽減機能付オートストロボ
発光モード
オート(低照度時)、発光禁止、強制発光、オー
ト+赤目軽減、強制発光+赤目軽減、ソフト発光
(夜景モード時のみ低速シンクロ可能)
撮影範囲
ワイド端 約0.15m~約4.5m
(標準出力感度オートの条件において)
テレ端 約0.4m~約2.5m
(標準出力感度オートの条件において)
1コマ撮影、セルフタイマー撮影(約10秒後、約2 秒後)、連続撮
影、リモコン(約3秒、即)
電子制御式、制御時間:約10秒、約2秒
ペンタックス リモートコントロールE、F(別売)
リモートコントロールEでは、リモコンによるズーム操作可
主な仕様
時計機能
ワールドタイム
電源
専用リチウムイオンバッテリーD-LI 8、ACアダプターキット(別売)
世界71都市に対応(28タイムゾーン)
バッテリー寿命
撮影可能枚数
130枚
※ 撮影可能枚数は CIPA 規格に準じた測定条件
による目安であり、使用条件により変わりま
す。
(CIPA 規格抜粋:液晶モニター ON、ス
トロボ使用率50%、23℃)
再生時間
100分
※ 時間は当社の測定条件による目安であり、使
用条件により変わります。
最大充電時間
約100分
入出力ポート
ビデオ出力方式
PC(USB2.0:ハイスピード対応)/AV端子、DC入力端子
NTSC/PAL(モノラル音)
PictBridge
対応プリンター
PictBridge対応のプリンター
印刷モード
用紙サイズ指定
1画像印刷、全画像印刷、DPOF印刷
カ ー ド、L、2L、ハ ガ キ、100mm×150mm、
4"×6"、8"×10"、レター、11"×17"、A4、A3、
プリンター設定
用紙タイプ指定
C、D、E、プリンター設定
印刷品質設定
ふち指定
C、D、E、プリンター設定
あり、なし、プリンター設定
大きさ
質量
95(幅)× 58.5(高)× 19.5(厚)mm(操作部、突起部を除く)
135g(バッテリー、SDメモリーカード含まず)
撮影時質量
155g(バッテリー、SDメモリーカード含む)
主な付属品
専用バッテリー、バッテリー充電器、AC コード、USB ケーブル、
AV ケーブル、ソフトウェア(CD-ROM)、ストラップ、スタイラ
スペン、使用説明書、保証書
7
付
録
151
索引
索引
記号
x 望遠 ..........................................................45
w 広角 ........................................................45
y 拡大表示 ..............................................79
f 9 画面表示 ........................................80
Q ボタン ..................................................25
C 動画 .........................................................28
O ボイスレコーディング ............30
A プログラム .......................................42
A 夜景 .............................................. 42, 44
q 風景 ........................................................42
< 花 ..............................................................42
I ポートレート ...................................42
i サーフ&スノー ...........................42
\ スポーツ ..............................................42
EFHG ペット ....................... 42, 44
D 料理 ............................................................42
Y フレーム合成 .................................42
7
付
録
152
N
NTSC 方式 ...........................................132
P
PAL 方式 ................................................132
PictBridge ...........................................114
S
SD メモリーカード ...........................17
U
USB 接続 ............................................... 131
あ
赤目を軽減(ストロボ)................56
赤目を補正 ............................................ 105
明るさフィルタ ................................ 103
アフターサービス ........................... 155
数字
9 画面表示 .................................................80
い
イラスト風(デジタルフィルタ)
........................................................................ 104
印刷 .................................................................32
インデックス(録音)......................31
A
AC アダプター ..................................140
AF エリア ..................................................65
AF 補助光 ..................................................66
え
液晶モニターの明るさ ...............133
エコモード ............................................ 134
絵を描く ......................................................95
D
DPOF 印刷 ............................................117
DPOF 設定 ............................................111
お
オートパワーオフ ........................... 135
音声を再生 ................................................83
M
3 ボタン ......................... 34, 119
か
カードチェック ....................................20
海外(バッテリーを充電)....... 138
索引
回転表示 ......................................................78
ガイド表示 ............................................136
消去 .................................................................88
初期設定 ......................................................21
拡大表示 ......................................................79
画質 .................................................................49
カラーフィルタ .................................102
感度 .................................................................67
す
ズーム ........................................................... 45
スタイラスペン ....................................13
スタンプ ......................................................95
ストラップ ................................................13
ストロボ ......................................................56
スポット(AF エリア)...................65
スポット測光 ..........................................55
スライドショウ ....................................84
スリム(デジタルフィルタ)
........................................................................ 104
き
起動画面 ..................................................107
強制発光(ストロボ)......................56
記録サイズ ................................................49
く
クイックビュー .....................................73
け
蛍光灯(ホワイトバランス).....58
言語 .................................................. 21, 129
こ
コピー ........................................................109
コントラスト ..........................................60
さ
再生専用モード .....................................78
再生ツールバー .......................... 74, 75
再生モードパレット .............. 74, 75
彩度 .................................................................60
サウンド ....................................120, 124
撮影可能枚数 ............................... 16, 50
撮影情報 ........................................... 40, 76
撮影ツールバー .......................... 34, 35
撮影モード ................................................42
撮影モードパレット .........................43
し
シャープネス ..........................................60
シャッターボタン .................... 24, 25
せ
静止画として保存(動画)....... 108
セルフタイマー ....................................69
全押し(シャッターボタン).....25
そ
測光方式 ......................................................55
ソフト(デジタルフィルタ)
........................................................................ 104
た
太陽光(ホワイトバランス).....58
ち
中央部重点測光 ....................................55
7
付
録
て
デジタルズーム ....................................46
デジタルフィルタ ........................... 104
手ぶれ ........................................................... 62
テレビ ........................................................... 86
電源スイッチ ..........................................20
153
索引
と
動画 ...................................................... 28, 82
へ
別売アクセサリー ........................... 142
トリミング ................................................94
に
日時 .................................................. 21, 122
ほ
ボイスメモ ....................... 81, 89, 106
ホワイトバランス ...............................58
は
白熱灯(ホワイトバランス).....58
パソコン ..................................................131
発光禁止(ストロボ)......................56
ま
マクロ(フォーカスモード).....63
マニュアル フォーカス .................64
マニュアル(ホワイトバランス)
バッテリー ................................................14
半押し(シャッターボタン).....24
パンフォーカス .....................................63
............................................................................58
マルチ(AF エリア)........................65
ひ
日陰(ホワイトバランス)...........58
被写界深度 ................................................62
被写体ぶれ ................................................62
ヒストグラム ..........................................54
日付ごとに保存 .................................130
ビデオ出力方式 .................................132
ピント ............................................................61
7
付
録
154
ふ
フォーカスモード ...............................63
フォーカスリミット .........................66
フォーマット ......................................121
フォルダ名 ............................................130
プリンター ............................................131
フレーム合成 ......................................100
フレーム撮影 ..........................................47
フレームレート .....................................49
プロテクト ................................................91
分割測光 ......................................................55
む
無限遠(フォーカスモード).....63
め
メニュー ............................. 34, 35, 119
も
モードメモリ ..........................................38
り
リサイズ ......................................................93
リセット .................................................. 137
リモコン ......................................................70
れ
連続撮影 ......................................................72
ろ
録音 .................................................................30
露出を補正 ................................................53
わ
ワールドタイム ................................ 126
アフターサービスについて
アフターサービスについて
1 本製品が万一故障した場合は、ご購入日から満 1 年間無料修理致しますので、
お買い上げ店か使用説明書に記載されている当社サービス窓口にお申し出く
ださい。修理をお急ぎの場合は、当社のサービス窓口に直接お持ちください。
修理品ご送付の際は、輸送中の衝撃に耐えられるようしっかり梱包し、発送や
受け取りの記録が残る宅配便などをご利用ください。不良見本のサンプルや故
障内容の正確なメモを添付していただけると原因分析に役立ちます。
2 保証期間中[ご購入後1年間]は、保証書[販売店印および購入年月日が記入
されているもの]をご提示ください。保証書がないと保証期間中でも修理が有
料になります。なお、販売店または当社サービス窓口へお届けいただく諸費用
はお客様にてご負担願います。また、販売店と当社間の運賃諸掛りにつきまし
ても、輸送方法によっては一部ご負担いただく場合があります。
3 次の場合は、保証期間中でも無料修理の対象にはなりません。
• 使用上の誤り(使用説明書記載以外の誤操作等)により生じた故障。
• 当社の指定するサービス機関以外で行われた修理・改造・分解による故障。
• 火災・天災・地変等による故障。
• 保管上の不備(高温多湿の場所、防虫剤や有害薬品のある場所での保管等)
や手入れの不備(本体内部に砂・ホコリ・液体かぶり等)による故障。
• 修理ご依頼の際に保証書のご提示、添付がない場合。
• お買い上げ販売店名や購入日等の記載がない場合ならびに記載事項を訂正
された場合。
4 保証期間以降の修理は有料修理とさせていただきます。なお、その際の運賃諸
掛りにつきましてもお客様のご負担とさせていただきます。
5 本製品の補修用性能部品は、製造打ち切り後5年間を目安に保有しております。
したがって本期間中は原則として修理をお受け致します。なお、期間以後で
あっても修理可能の場合もありますので、当社サービス窓口にお問い合わせく
ださい。
7
付
録
6 海外でご使用になる場合は、国際保証書をお持ちください。国際保証書は、お
持ちの保証書と交換に発行いたしますので、使用説明書記載のお客様窓口にご
持参またはご送付ください。[保証期間中のみ有効]
7 保証内容に関して、詳しくは保証書をご覧ください。
155
ペンタックスピックアップリペアサービス
ペンタックスピックアップリペアサービス
全国(一部の離島を除く)どこからでも均一料金で修理品梱包資材のお
届け・修理品のお引取りから、修理完成品のお届けまでを一括して提供
する便利なサービスです。
電話受付
0120-737-919(フリーダイヤル)
03-3975-4314(携帯・PHS用)
受付時間:
午前9:00~午後5:00
(土・日・祝日・年末年始および弊社休業日を除く)
インターネット受付
URL:https://www.pentax.co.jp/japan/support/
FAX受付
FAX:03-3975-4318 インターネット受付のURLアドレスからFAX申込書をダウンロード
してお使いください。
[宅配便・郵便修理受付・修理に関するお問い合わせ]
ペンタックスサービス(株)東日本修理センター 03-3975-4341(代)
付
〒175-0082 東京都板橋区高島平6-6-2
録
ペンタックス(株)流通センター内
営業時間:
午前9:00~午後5:00
(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
7
ペンタックスサービス(株)西日本修理センター 06-6271-7996(代)
〒542-0081 大阪市中央区南船場1-17-9 パールビル2階
営業時間:
午前9:00~午後5:00
(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
156
メモ
メモ
お客様窓口のご案内
ペンタックスホームページアドレス
http://www.pentax.co.jp/
弊社製品に関するお問い合わせ
お客様相談センター
ナビダイヤル 0570-001313
(市内通話料金でご利用いただけます。)
携帯電話、PHS の方は、右記の電話番号を
ご利用ください。
03-3960-3200(代)
〒 174-8639 東京都板橋区前野町 2-36-9
営業時間
:午前 9:00 ~午後 6:00(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
ショールーム・写真展・修理受付
ペンタックスフォーラム
03-3348-2941(代)
〒 163-0401 東京都新宿区西新宿 2-1-1 新宿三井ビル 1 階(私書箱 240 号)
営業時間
:午前 10:30 ~午後 6:30(年末年始および三井ビル点検日を除き年中無休)
ペンタックスファミリーのご案内
「写真をもっと楽しむために…」
ペンタックスファミリーは、ペンタックス愛用者の全国的な写真クラブです。会員の方に
は、年4回発行の機関誌「Pentax Family」や年1回発行の「ペンタックス写真年鑑」など
の刊行物をお届けするほか、写真セミナーなどのイベントへの参加や修理料金の会員割引
等の様々な特典をご用意しています。あなたも「ペンタックスファミリー」で素晴らしい
写真の世界をお楽しみください。
ペンタックスファミリー事務局
03-3960-5740(代)
〒 174-8639 東京都板橋区前野町 2-36-9
営業時間
:午前 9:00 ~午後 5:30(土・日・祝日および弊社休業日を除く)
ペンタックスファミリーホームページアドレス http://www.pentax.co.jp/family/
ユーザー登録のお願い
お客様へのサービス向上のため、お手数ですがユーザー登録にご協力いただきますよう、
お願い申し上げます。
付属しています CD-ROM と弊社ホームページから登録が可能です。
同梱の「PC 接続ガイド」(表面右下)をご参照ください。
ペンタックス株式会社
〒 174-8639 東京都板橋区前野町 2-36-9
☆仕様および外観の一部を予告なく変更することがあります。
57785
01-200609
Printed in China
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement