IO テスト PE 標識抗体 CD20 IOB20a

IO テスト PE 標識抗体 CD20 IOB20a
ない赤血球を白血球としてカウントするために陽性率が実際よりも低く
なるおそれがあります。
6. 溶血時間が長すぎると白血球にも影響が及ぶことがあります。
7. Ficoll-Paque 分離液による単核細胞の比重遠心分離に伴い、白血球
中の特定の細胞集団が選択的に失われることがあります。
8. フローサイトメーターの調整不良、感度やゲート等の不適切な設定に
より、誤った結果が得られる場合があります。
9. サンプル調製方法や試薬、フローサイトメーターの機種や測定条件な
どの違いにより測定値が影響を受けるおそれがあるため、正常参考
値は施設ごとに設定してください。
10. 各々の白血球細胞集団の変動は必ずしも病態と一致するとは限ら
ないため、測定結果は臨床所見及び他の検査データと共に使用して
ください。
11. 測定結果の解釈を行う場合には、測定条件及び供血者の年令、性
別、喫煙習慣等の影響も考慮してください。
**
体外診断用医薬品
製品番号 IM1451
2006 年 3 月改訂
2004 年 10 月改訂
承認番号 202EZY00111000 号
*
*
日本標準商品分類番号
877449
**
B細胞キット
IO テスト PE 標識抗体
CD20 IOB20a
ご使用に際しては、本添付文書をよくお読みください。
*
用法・用量(操作方法)
1. 試薬の調製
全般的な注意
モノクローナル抗体試薬はそのまま使用できます(20μL/テスト)。
1. 本品は、体外診断用でありそれ以外の目的に使用しないでください。
2. 診断は他の関連する検査結果や臨床症状等に基づいて総合的に判
断してください。
3. 添付文書等に記載した内容以外の方法で使用した場合は、保証の対
象とはなりません。
4. ご使用にあたっては、測定装置の取扱説明書をよく読んでから使用し
てください。
【その他必要な試薬】
1. PBS(リン酸緩衛生理食塩水)
PBS バッファ(製品番号 6603369)1 パックを蒸留水 500mL に溶解
します。調製後の pH は 7.2±0.2 で、防腐剤等は含んでいません。
ウシ血清アルブミン(BSA、終濃度 0.5%)やアジ化ナトリウム(終濃
度 0.1%)等を添加したものも使用可能です。
形状・構造等(キットの構成)
2. ホルムアルデヒド加 PBS
構成試薬名 成分
分量(1 回測定分)
IO テスト PE 標識抗体 CD20 IOB20a
PE 標識マウスモノクローナル抗体 IgG 画分 20μL/検体
溶血試薬(下記)に VersaLyse を用いる場合は、PBS 1mL に対し
IOTest 3 固定試薬(製品番号 A07800 (旧:IM3515))12.5μL の割
合で希釈します(0.1%ホルムアルデヒド加 PBS)。
対象抗原:
VersaLyse 以外の溶血試薬を用いる場合は、PBS 1mL に対し
IOTest 3 固定試薬(製品番号 A07800 (旧:IM3515))67.5μL の割
合で希釈します(0.5%ホルムアルデヒド加 PBS)。
CD20(分子量 35-37kD)
CD20 抗原は、末梢血、リンパ節、脾臓、扁桃、骨髄中のすべての B
細胞に発現する“pan-B”マーカーです。B 細胞の分化段階上では、
CD19 より遅れて発現し、形質細胞に分化すると発現が失われます。
3. 溶血試薬
以下のフローサイトメトリー用溶血試薬のいずれかを使用してくださ
い。溶血試薬は添付の取扱説明書に従って調製、使用してください。
製品番号 A09777 (旧:IM3648) VersaLyse 溶血試薬
製品番号 IM1400 OptiLyse B (他社フローサイトメーター用)
製品番号 A11895 (旧:A11894) OptiLyse C (ベックマン・コー
ルター社 フローサイトメーター用)
製品番号 A07799 (旧:IM3514) IOTest 3 溶血試薬
クローン(アイソタイプ及び免疫原):
B9E9(マウス IgG2a、ヒト B 細胞で免疫)
CD20:
標
識:
PE:
4. コントロール試薬(アイソタイプコントロール抗体)
Phycoerythrin
IOTest Mouse IgG2a-PE
励起波長 486~575nm、蛍光波長 560~590nm
製品番号 A09142 (旧:A09141) 容量 100 テスト(2mL)
使用目的
5. Ficoll-Paque 分離液
CD20: 白血球細胞表面抗原【CD20】(CD20 抗原陽性細胞)の測定
Phamacia カタログ番号:17-0840-03 または相当品を使用してくだ
さい。
測定原理
2. 全血サンプルを検体とする場合(全血法)
測定方法は、フローサイトメトリーを用いた直接免疫蛍光法です。細胞に
PE(オレンジ色蛍光色素)で標識した抗体を反応させ、フローサイトメー
ターを用いて各抗体の陽性細胞の計測を行います。
【検体の採取と調整】
試験管 1 本につき 100μL の血液を必要とします。
抗体の染色に最適な白血球数が 5×103個/mm3であるため、白血
球数が 10×10 3 個/mm 3 を超える場合は、PBSで検体を希釈し、
3×10 3 /mm3 より少ない場合には、以下の手順で白血球を濃縮し
ます。
操作上の注意
1. IO テストは、フローサイトメトリー用の抗体試薬です。
2. 抗凝固剤として EDTA、ヘパリン等を用いることができますが、いずれ
の場合も採血後は室温で保存します。
3. 長時間(おおむね採血後 6 時間以上)検体を保存する場合は、検体の
安定性についてあらかじめ検討してください。
4. 溶血不良となるおそれがあるため、血液を試験管に分注する際は試
験管の上部壁面に血液を付けないよう注意してください。付着した血
液は、綿棒等で取り除いてください。
5. 有核赤血球、蛋白濃度が異常な場合、ヘモグロビン合成異常等では、
赤血球の溶血が不完全となる場合があります。この場合、溶血してい
白血球濃縮方法(バフィーコート回収法)
(1) 検体を 25℃で 500×g、5 分間遠心分離します。
(2) 白血球の層をパスツールピペットで採取します。その際に、すべ
ての白血球を確実に回収するため赤血球及び血漿も一部回収
します。
(3) 数回ピペッティングして、十分に懸濁させます。
(4) コールターLH700 シリーズ等のヘマトロジーアナライザーや血球
計算板を用いて白血球数を測定します。
(5) PBSで白血球数を 5~10×103個/mm3の範囲に調整します。
1
データ解析は、PE 蛍光(Log スケール)ヒストグラムで行います。蛍光陽
性分画のカーソルは、コントロール試薬で同様に染色処理したサンプル
を対照として設定します。通常は、コントロール試薬の陽性率が 2%以下
になるようにカーソル位置を設定しますが、腫瘍検体などでは設定が困
難なことがあります。コントロール試薬の陽性率が 2%を上回る場合、測
定結果は誤差を含んでいるおそれがあります。
【染色操作法】
(1) 抗体反応用と対照用に 12mmφ×75mm の試験管を用意し
ます。
(2) 各々の試験管に全血 100μL を分注します。管壁に付着した血
液は綿棒等で拭き取ってください。
(3) モノクローナル抗体試薬 20μL を反応用の試験管に添加します。
対 照 用 の 試 験 管 に は 、 コ ン ト ロ ー ル 試 薬 ( IOTest Mouse
IgG2a-PE など、別売)を 20μL 加えます。
(4) よく攪拌し、室温、暗所で 15 分間反応させます。
(5) 赤血球を溶血させます。用いる溶血試薬の取扱説明書に従って、
溶血処理を行ってください。
(6) 溶血が完了(サンプルの濁りが消える)したら、PBS を 2mL 加え、
攪拌します。
(7) 400×g、3 分間遠心分離した後、上清を吸引除去します。
(8) (7)~(8)の操作を繰り返します。
(9) 沈渣に適量(0.5~1mL)の 0.5%ホルムアルデヒド加 PBS を加
え、よく攪拌します。
(10) フローサイトメーターで目的の細胞の蛍光陽性率を測定します。
サンプルはアイスバス中で遮光保存し、24 時間以内に測定して
ください。
図 ヒストグラム例(健常者末梢血、全血法、EPICS XL で測定)
左:リンパ球領域、 右:全白血球(側方散乱 vs. PE 蛍光)
3. Ficoll-Paque 分離単核細胞を検体とする場合
測定条件の確認
【検体の採取と調整】
(1) 試験管に血液(抗凝固剤を含む)を 3~4mL とり、ほぼ等量の
PBS を加え、転倒混和します。
(2) 別の試験管に Ficoll-Paque 分離液を 4mL 入れ、その上に(1)
の希釈血液を重層します。
(3) 2~8℃で 400×g(分離液により異なる)、30 分間遠心分離し
ます。
(4) Ficoll-Paque 分離液と血漿の間の層(単核球層)をパスツール
ピペットで採取し、別の試験管に移します。
(5) PBS を加えて攪拌し、2~8℃で 400×g、8 分間遠心分離し
ます。
(6) 上清を吸引除去し、沈渣に PBS を加えてよく撹拌します。
(7) 2~8℃で 400×g、4 分間遠心分離します。
(8) 上清を吸引除去し、沈渣に PBS を加えてよく攪拌します。
(9) 2~8℃で 400×g、3 分間遠心分離します。
(10) 上清を吸引除去し、沈渣にPBSを加えて細胞濃度を 5×103 個
/mm3(5×106個/mL)に調整します。
(11) トリパンブルー等で、細胞のバイアビリティ(生残率)をチェックし
ます。バイアビリティは 90%以上が適当ですが、検体によっては
これを下回ることがあります。
測定条件が正しいかどうかを確認するには、CYTO-TROL(精度管理用
陽性コントロール細胞、製品番号 6604248)または健常者検体を陽性コ
ントロール検体として測定します。
リンパ球サブセット分析の場合、Fc レセプタを介した単球や顆粒球に対
する非特異結合は、リンパ球領域を正しくゲーティングすることで除外で
き ま す 。 検 体 ご と に リ ン パ 球 ゲ ー ト 確 認 用 抗 体 試 薬 ( IOTest
CD45-FITC/CD14-PE、製品番号 A07738 (旧:IM1201))を測定する
ことで、単球を含まない正しいリンパ球領域のゲーティングが可能です。
各検体のリンパ球に対する非特異的結合を確認するために、陰性対照
には適切なコントロール試薬(IOTest アイソタイプコントロール抗体)を使
用してください。
臨床的意義
白血球には、T 細胞、B 細胞、NK 細胞、単球、顆粒球などで構成されて
おり、それぞれの細胞群は、機能の異なる亜群(サブセット)、あるいは異
なる分化段階の細胞に細分化することができます。免疫応答はこれらの
サブセットの相互作用及び直接作用により調節されており、それぞれの
サブセットは特徴的な細胞表面抗原を有しています。
【染色操作法】
(1) 抗体反応用と対照用に 12mmφ×75mm の試験管を用意し
ます。
(2) 各々の試験管にFicoll-Paque調製サンプルを 5×105 個(細胞
6
3
濃度が 5×10 個/mm の場合 100μL)ずつ分注します。
(3) モノクローナル抗体試薬 20μL を反応用の試験管に添加します。
対 照 用 の 試 験 管 に は 、 コ ン ト ロ ー ル 試 薬 ( IOTest Mouse
IgG2a-PE など、別売)を 20μL 加えます。
(4) よく攪拌し、2~8℃、暗所で 30 分間反応させます。
(5) PBS 2mL を加え、2~8℃で 400×g、5 分間遠心分離し、上清を
吸引除去します。
(6) ステップ(5)の操作を繰り返します。
(7) 適量(0.5~1mL)の 0.5%ホルムアルデヒド加 PBS を加え、よく
攪拌します。
(8) フ ロ ー サ イ ト メ ー タ ー で 目 的 の 細 胞 の 蛍 光 陽 性 率 を 測 定 し
ます。
細胞融合法の確立によって各種のモノクローナル抗体が作製され、それ
らを利用して分化段階や機能の異なるサブセットを細胞表面抗原の発現
様式で解析することが可能となりました。白血球の各細胞集団とそれら
のサブセットの分析は、白血球の機能的分類及び分化段階の検索はも
とより、疾病に関連した免疫応答の解析、免疫機能異常の診断や治療に
おいても重要です。さらに、白血病やリンパ腫などの造血系腫瘍におい
ては、腫瘍細胞の細胞系列や分化段階の同定(タイピング)に有用です。
IO テストは、白血球の細胞表面抗原をフローサイトメトリーで分析するた
めのモノクローナル抗体試薬です。
性能
【特異性】
本試薬を用いてヒト由来 CD20 抗原陽性培養細胞(Nalm-6 細胞(1)及び
Raii 細胞(2))を検体として測定したとき、陽性率は 95%以上でした。また、
ヒト由来 CD20 抗原陰性培養細胞(JURKAT 細胞(3))を検体として測定し
たとき、陽性率は 0.5%以下でした。
(1) Nlm-6 細胞:pre-B ALL 由来培養細胞株
(2) Raji 細胞:Burkitt lymphoma 由来培養細胞株
(3) JURKAT 細胞:T-cell Leukemia 由来培養細胞株
サンプルはアイスバス中で遮光保存し、24 時間以内に測定して
ください。
測定結果の判定方法
フローサイトメーターによる測定
【感 度】
本試薬を PBS で 4 倍希釈し、ヒト由来 CD20 抗原陽性培養細胞(Nalm-6
細胞・Raii 細胞)及び健常人検体 3 例を測定したとき、陽性細胞の割合は
本試薬をそのまま用いて測定した場合の±10%範囲内でした。
使用するフローサイトメーターは、あらかじめ光学系の設定と散乱光及び
蛍光の感度調整を行ってください。詳細は機器取扱説明書をご参照くだ
さい。
前方散乱光(FS)と側方(90°方向)散乱光(SS)によるスキャッタサイト
グラム上で目的とする細胞領域にゲートを設定します。ゲート内解析細
胞数を数千個以上とることで、精度の良い分析結果が得られます。
【再現性】
本試薬を用いて健常人検体 3 例を 5 回以上同時に測定した場合、陽性
率の変動係数は±5%以内でした。
2
使用上または取扱上の注意
1. 本製品は、アジ化ナトリウムを 0.1%含有しています。アジ化ナトリウ
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
ムは酸性下で有毒なアジ化水素酸を産生するため、取り扱いに十分
注意してください。また、アジ化物の金属性の排水管内への蓄積によ
る爆発の危険性を避けるため、廃棄は多量の流水で希釈して行ってく
ださい。
試薬を凍結保存しないでください。
試薬の外観に変化が見られる場合やコントロール検体の測定値に大
きな変化がある場合は、試薬の劣化が考えられるので使用しないでく
ださい。
使用期限を過ぎた試薬を使用しないでください。
検体及び検体に触れた器具類は感染の危険性があるものとして取り
扱い、適切な表示及び処理をした後に廃棄してください。
皮膚や粘膜に検体や試薬が触れないように注意してください。ピペット
を口で吸引しないでください。
保管やインキュベーション中に試薬を強い光にさらさないでください。
試薬が微生物に汚染されないようご注意ください。
貯法、有効期限、安定性
IO テスト PE 標識抗体 CD20 IOB20a 2~8℃ 製造後 12 箇月
包装単位
IO テスト PE 標識抗体 CD20 IOB20a
製品番号 IM1451
容量 100 テスト (2mL)
主要文献
1. Braylan, R C., Orfao, A., Borowitz, M J., Davis, B H., “Optimal
number of reagents required to evaluate hematolymphoid
neoplasias: results of an international consensus meeting” 2001,
Cytometry, 46, 23-27.
2. Jenning, C.D., Foon, K.A., "Recent advances in flow cytometry:
Application to the diagnosis of hematologic malignancy", 1997,
Blood, 8, 90, 2863-2892.
3. Rosenberg, S.A., "Classification of lymphoid neoplasms", 1994,
Blood, 5, 84, 1359-1360.
4. Zhou, L.J., Tedder, T.F., "CD20 Workshop panel report", 1995,
Leucocyte Typing V, White Cell Differentiation Antigens.
Schlossman, S.F., et al., Eds., Oxford University Press, 511-514.
文献請求先
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 3-5-1
製造元
Immunotech, a Beckman Coulter Company
130, avenue de Lattre de Tassigny, B.P. 177
13276 Marseille Cedex 9, France
本製品を本来の目的以外に使用したり、添付文書等に記載した内容以
外の方法で使用した場合には、保証の限りではありません。
製造販売元
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 3-5-1
3
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement