Model650MDS 取扱説明書 - ワイエスアイ・ナノテック株式会社

Model650MDS 取扱説明書 - ワイエスアイ・ナノテック株式会社
Model650MDS 取扱説明書
1.はじめに
1−1.開梱
開梱する際には、機材に傷をつけないように注意し、パッキングリストを参照して
全てのものが揃っているか、あるいは破損等ないかをご確認下さい。
万一、破損、部品の欠落等ありましたらお手数ですが弊社までご連絡お願い致します。
650は以下に示す3タイプがあります。
① 650−01 ローメモリー10kB・大気圧センサー無し
② 650−03 ローメモリー10kB・大気圧センサー有り
③ 650−04
ハイメモリー1.5MB・大気圧センサー無し
尚、全ての650にはハンドストラップ・張力緩衝冶具・PC 通信ケーブルが付属して
おります。
650アクセサリー(オプション)
・ 6113充電バッテリーパックキット
・ 6117バッテリーパック
・ 6115GPS 接続用 Y ケーブル
・ 5065本体保護カバー
・ 5081キャリングケース
1−2.650メモリーについて
650のメモリーは、ロー及びハイタイプがあります。
ローメモリータイプ(650-01/-03 / 10kB)は、6シリーズゾンデをリアルタイム測
定でさほどデーターサンプリング数の多くならない使用に適しています。
10kB ローメモリーにて1ファイル使用時、約150地点のデータ-をログすること
が可能ですが、ログできるデータ-数は、正確にはゾンデで採取するパラメーターの
数に多少変化します。また、複数のファイルを使用するときは、ログ可能な地点デー
タ-の数は減少します。
ハイメモリータイプ(650-04 / 1.5MB)は、直接650に大容量のファイルをログし
たり、或いは6シリーズゾンデの内部メモリーに蓄積された大容量のデータ-ファイ
ルを650へアップロードするような使用に適しています。
例えばハイメモリータイプを用いると200kB を超えるデータ-ファイル(15分間
隔で75日分のデータ-)を持つゾンデ7本分ものデータ-を容易に650へアップロ
ードできます。
どちらのメモリータイプを選択されても650はゾンデと同様にフラッシュメモリ
ーを用いておりますので、メモリー用バックアップ電源も不要となります。
ところでメモリーの空きを作るためにフラッシュメモリーから個々のファイルを消
去することは不可能で、その場合にはメモリー全体を消去する必要があります。
実践上の観点からするとこのことはつまり、650メモリーに既に存在するファイル
がアップロードによって上書きされても、元のファイルのメモリースペースは保持
されます。
例えば、仮に“TEST”というファイルが50kB の容量で最初にアップロードされ
ていたときに、後で100kB のメモリーファイルをたとえ“TEST”という同一ファ
イル名でアップロードしたとしても、実際に占有されるトータルメモリーは150k
B になります。
また、ゾンデから650へデータ-の直接記憶、ゾンデメモリーの650へのアップ
ロード、これらのデータ-ファイルの詳細な操作方法についてはセクション4-7を参
照下さい。
1−3.650の接続
YSI650の接続形態について以下に示します。
接続形態
①650<>6シリーズゾンデ
・
650
・
6シリーズゾンデ
フィールドケーブル
・ フィールドケーブル
②650<>6シリーズゾンデ+GPS ユニット
・
650
・
6115GPS 接続ケーブル
GPS ユニット
・
GPS(ユーザーサプライ)
(ユーザーサプライ)
・
フィールドケーブル
6115GPS 接続ケーブル
フィールドケーブル
③650<>PC(データ−転送)
PC 接続用ケーブル
・
650
・
PC 接続用ケーブル
・
PC
PC シリアルポート
DSUB-9
④650<>充電アダプター(バッテリーパック充電時)
・
650(バッテリーパックインストール済み)
・
アダプターケーブル
・
ACアダプター
アダプターケーブル
ACアダプター
1−4.650外観と各部の名称
650前面
ディスプレイ
バックライトキー
On/Off キー
矢印キー
エンターキー
エスケープ
キーパッド
MS-8 コネクター
張力緩衝冶具
650背面
大気圧セン
アクセサリー用コネクター
サー通気孔
電池ボックスカバー
電池ボックスカバーネジ
650キーパッドは上図に示すように20キーで構成されています。上下左右の矢印
キー・文字/テンキー・電源キー・バックライトキーに加え、ESC/ENTER キーとなりま
す。
* 背面アクセサリーコネクターには、オプションでクランプや三脚が取り付けるこ
とが可能です。
注意!!
大気圧通気孔の裏には通気性能のあるフェルトが貼られています。これを
傷付けたり
剥がさないよう注意して下さい。電池ボックスへの浸水の原因となります。
1−5.バッテリーと充電
650の電源として単2アルカリ乾電池あるいは、ニッケル水素充電池が使用可能
です。乾電池を用いてゾンデへの電源供給を650より行った場合45時間の連続
測定が可能です(DO+光学センサー1本の稼動時)。
充電池を用いた場合では、同条件下で15時間の連続測定となります。
ただし、6600/6920/600XLM/600OMS など、ゾンデを内部電源で動かしている場合
については、連続測定時間は上記よりも長くなります。
1.5.1 乾電池のセット
単2アルカリ乾電池は、容易に650背面内部へ装着することができます。
下図及び方法に従って乾電池を正しくセットして下さい。
① ドライバーを用いて電池ボックスカバー4隅のネジを緩め電池ボックスカバーを
外します。
② 本体電池ボックスの底に描かれている極性を確認し、電池を挿入して下さい。
③ 電池ボックスカバーを再度取付ける前にガスケットが正しく装着しているかを確認
します。
④ 電池ボックスカバーをセットし、ネジを締めます。このときネジの締めすぎに
注意して下さい。
1.5.2 充電池のセット
バッテリーパックキット6113は充電池専用バッテリーカバーを用います。
以下の手順と図に従ってセットします。
① ドライバーを用いて電池ボックスカバー4隅のネジを緩め電池ボックスカバーを
外します
② 外したバッテリケースは、乾電池を用いるときに使用しますので大切に保管下さ
い。
③ 充電池のガスケットが正しく装着されているかを確認します。
④ 充電池を650の電池ボックスにセットします。
⑤ 電池ボックスカバーをセットし、ネジを締めます。このときネジの締めすぎに
注意して下さい。
1.5.3 充電の仕方
6117充電池は本体底にある MS-8コネクターを経由して充電されます。
従って充電をする際には、充電池は650本体にセットされている必要があります。
充電を行うには、使用する環境によって適切な AC アダプター(日本では6114ア
ダプター)及び6116アダプターケーブルを用います。1−3図④に示すようにま
ずアダプターケーブルを650に接続し、次に AC アダプターのコネクターをアダプ
ターケーブルへ接続します。そして最後に AC アダプターをACコンセントへ差しま
す。
650の電源は ON/OFF どちらでも構いませんが、ON 状態で充電した場合は
充電の進行度合いがインディケーターにより判ります。(1−10参照)
充電池の充電効率を最大に引き出すためには次に示す手順に従ってください。
① 650の充電時間をおおよそ2時間で80−90%の充電率になります。
② 6時間の充電でおおよそフルチャージになります。
③ 48時間以上の連続充電は避けてください。
④ 長期間使わずに保管する際は、充電池を650から取出し、−20∼30℃の
温度下で保存して下さい。
⑤ 0℃以下、或いは40℃以上の環境下での充電は避けてください。
⑥ 直射日光の下や、高温になった車内やヒーターの風が直接あたるような高温下で
充電池の使用及び保管は避けてください。
以上の事柄が守られなかった場合、充電池の寿命を早める原因となります。
1−6.電源の投入
キーパッドの最上部左の ON/OFF ボタンを押して離すと電源が入ります。
ディスプレイには次の表示がされます。
メインディスプレイ
ステータスバー
画面は2つのセクション、上部にはメイン表示/下部にはステータス表示に分かれま
す。
メイン表示で650及びゾンデにアクセスすることができ、ゾンデからのデータ-を
リアルタイムに表示することができます。また650とゾンデの通信や、ゾンデの
ゾンデのキャリブレーション、650或いはゾンデメモリーへのデータ-のロギング
の操作を行います。
ステータスバーは650のクロック、バッテリーの残量、大気圧表示(オプション)
GPS(ユーザーサプライ)からの緯度経度のデータ-表示、及び、現在表示されてる
メイン画面はゾンデとの通信を表示しているのか、650自身のほうを表示している
のかを指示します。
更に詳しいことについては、1−10を参照下さい。
暗がりで作業する場合は、キーパッド最上部右上にあるバックライトキーを押して下
さい。バックライトにより LCD を照らしディスプレイの表示が読めます。再度
バックライトキーを押すと消えます。バックライトは、キー操作を行わない場合2分
後に自動的に消えます。
1−7.ディスプレイのコントラスト
650ディスプレイのコントラストは、たいていの現場環境(-10∼40℃)下で適切
な表示をするために自動温度補正がかけられています。
しかしディスプレイのコントラストを好みの濃度に変えたいときや、極端な温度下で
使用する際にはある程度調整することは可能です。
コントラストはバックライトキーをずっと押し続け、次にディスプレイを見ながら
アップダウンの矢印キーを押し続けることで簡単に調整できます。
バックライトキーを押しつづけている間にアップ矢印キーを押すとコントラストは
暗くなり、ダウン矢印キーを押すと明るくなっていきます。
1−8.650キーパッドの操作方法
On/OFF キー
バックライトキー
矢印キー
ESC キー
エンターキー
文字キー
マイナス・ハイフンキー
ピリオドキー
650キーパッドはゾンデと650メニューの選択や、文字を650とゾンデプログ
ラムへ打ち込むときに使用します。矢印キーはメニューの選択、文字キーはデータ
入力、エンターキーは選択の決定、ESC キーは、プログラムメニューの上の階層
へ戻ります。
650の文字キーにより、数字と文字を入力することができます。しかし入力項目が
数値でなければならない場合には、自動的に数値の入力のみ受け入れられます。
例えば“2”キーに関連している文字(ABC)は、この場合出てきません。
この類の例としては、650やゾンデの時間設定、キャリブレーションのパラメータ
ー、DO ウォームアップタイムの変更や光学センサーのワイパーインターバル等の入力
が該当します。
数値と文字入力の両方が、入力情報として考えられる場合、650のキーパッドは携
帯電話の入力方式となります。上図で判るように、2−9キーは文字入力にも用いら
れます。基本的に文字・数値を選択するためには、表示させたい文字・数値が出てく
るまで対応するキーを押します。例えば“M”を入力するには“6”キーを1回押せ
ば良いことになります。
“N”を入力するには、“6”キーを2回速く押して放すと
いう具合になります。他の文字についても基本的にこの入力方式に従います。
次に示すチャートは文字・数値の各数字キーへの対応を示したもので、キーを
繰り返し押す毎に、順番に示されている文字・数値が表示されます。
1:1
2:ABC2abc2
3:DEF3def3
4:GHI4ghi4
5:JKL5jkl5
6:MNO6mno6
7:PQRS7pqrs7
8:TUV8tuv8
9:WXYZ9wxyz9
0:0
1−9.ゾンデへの接続
650はゾンデへ接続するインターフェースを持ち、接続することによってゾンデか
らのデーターをリアルタイムで見ることが可能です。更に測定データーはゾンデのメ
モリー、或いは650のメモリーのいずれかで容易にログすることが出来ます。
ゾンデと650の接続としては、フィールドケーブルと650筐体の底と MS-8 コネ
クター形式でつながります。
650とフィールドケーブルのコネクターの接続は、650の底部のコネクターにフ
ィールドケーブルのコネクターを合わせ、ガイドピンに引掛るまでフィールドケーブ
ルのコネクターを回します。ガイドピンに掛かった位置から1/4回転更に回すと接
続されます。
このようにゾンデと650を接続したあと、650キーバッドの左上にある“ON”ボ
タンを押すと以下に示す650メインメニューが現れます。
矢印キーを用いて650メインメニュの“SONDE
RUN”を選択しエンターキーを押し
ます。6シリーズゾンデの読みは下図に示すようにリアルタイムで650メインディ
スプレイに現れます。
ディスプレイ上部の2つのウィンドウでは、650(左部)かゾンデ(右部)のどち
らでデーターをログするのかを選択することができます。また、濁度やクロロフィル
のセンサーのワイパーを稼動させることができます。
このウィンドウの使い方の詳細についてはセクション4を参照ください。
また、ディスプレイ右上の隅に動くディスクは、650とゾンデの間で接続が行われ
ていることを意味します。
1−10.ステータスバー
下図に650のステータスバーの構成を示します。
1.10.1 日付・時刻
650のタイマー日付時刻表示で、これは“System
setup”メニューで
設定することができます。日付時刻はステータスバーの中でリアルタイ
ムに表示されます。
1.10.2GPS の読み
GPSの情報は、お客様でご用意された NMEA0183 規格の GPS 機器
をYSI6115ケーブルを用いて650に接続したときに表示されま
す。GPS のインターフェースのセットアップの詳細ついてはセクション8を参照して
下さい。
1.10.3
大気圧の読み
大気圧データーは“SystemSetup”で設定された単位で表示されます。
この数値は単に気象データーとして使うだけでなく、DOのキャリブレーションに
利用できます。
1.10.4 電源容量の状態
グラフィックインディケーターによりバッテリーの残量が判ります。
6117 充電バッテリーパックがセットされている場合は、“NiMH”という
表示がインディケーターに表示されます。バッテリーバックを充電している
際にはアイコンの黒いインディケーターの部分が充電が完了するまで水平方向にフ
ラッシュします。
また、バッテリーが消耗して交換・充電が必要な場合は、インディケーター
は点滅します。
1.10.5 メニューインディケーター
このアイコンはステータスバーの右隣に表示され、ディスプレイのメニュー
画面がゾンデを示しているのか、あるいは650自身に関係するのかどうかを示して
います。上図に示されているアイコンは650メニューであることを示しています。
ディスプレイがゾンデメニューを示している場合、下図に示すようなゾンデのアイコ
ンに変わります。
セクション2.
650のセットアップ
650には、多くのユーザー設定の機能があり、このほとんどが650メイ
ンメニューの“SystemSetup”にあります(下図参照)
以下にその機能設定の詳細を示します。
2−1.Software version(ソフトウェアバージョン)
650のソフトウェアバージョンは、“SystemSetup”メニューの最上部に示されて
います。ソフトウェアがバージョンアップした場合、YSI のウェブページよりお手持
ちの650のソフトをアップグレードすることができます。
2−2.Date&Time(日付・時刻)
セクション1.8の説明の通り、650のキーパッドから日時を設定することができ
ます。
2−3.PowerSonde(パワーゾンデ)
これを選択した場合、ゾンデへ電源供給は650のバッテリーより行われます。特に
この設定は、600R・600XL・600QS・6820 等、内部電源を持たないタイプのゾンデを使
用する場合には、必ず“ON”にして下さい。
内部電源を持つ 600XLM・600OMS・6920・6600 の場合にはこの設定を“OFF”にするこ
とによって650のバッテリー寿命を延ばすことができます。
更に、ゾンデの内部電源が消耗したときには、ゾンデパワーを補助電源として使用す
ることができ、電源トラブルを回避できます。
2−4.Baud rate to sonde(ボーレート設定)
この設定でゾンデとの通信速度を決めることができます。
ゾンデから PC へのファイルのアップロード時には通信上の影響はありません。
注意:650のボーレートはゾンデのボーレート(通常 9600)に合わせる
必要があり、合っていない場合には通信をとることはできません。
もしゾンデの通信速度が 9600 以外でどの値に設定されているか判らない場合は、6
50のボーレート設定を9600以外に設定して試して下さい。
2−5.Shutoff
Time(シャットオフタイム)
この数値はバッテリー節電のために650の電源が自動的に落ちるまでの時間(分)
を示します。数値は0∼15分まで設定可能で、“0”設定だとシャットオフタイム
の機能は無視されます。
2−6.Comma
radix(コンマ設定)
この設定では、小数点マークをコンマ或いはピリオド表示のどちらかに設定できます。
650の小数点マークは初期設定ではピリオドになっていますがこれをコンマにし
た場合は、同様にゾンデのほうもゾンデ内の“AdvancedSetup”メニューよりコンマ
へ統一する必要があります。
2−7.ID(ID 設定)
この設定で650の ID を付加することができます。
文字数は11字以内となります。
2−8.CircuitBoardS/N(基盤シリアル番号)
各650固有の基盤シリアル番号の表示です。
2−9.BarometerUnit(大気圧の単位)
大気圧の単位の表示設定で、この設定はディスプレイのステータスバーの大気圧表示
に反映されます。
この設定は650の大気圧センサーを内蔵しているタイプのみ適用されます。
2−10.CalibrateBarometer(大気圧センサーの校正)
画面をスクロールしていくと、この項目が現れます。CalibrateBarometer を選択する
ことによって大気圧センサーの校正を行うことができます。
大気圧センサーは工場出荷時に校正がかけられていますので、お手元に届いた時には
正確な数値を表示しております。
しかし、時間の経過とともにセンサーのドリフトが生じる場合もあり、その際には再
校正を行う必要があります。
手順は以下のとおりとなります。
① CalibrateBarometer を選択し、既知の大気圧の数値を入力して Enter し
ます。
② 例えば大気圧の数値を 733.4 であるものを 740(他の測定によって得た
既知の正確な値)へ変更した際には、キャリブレーション値と大気圧セ
ンサーのオフセットとの差分値 6.6 がディスプレイに表示されます。
注意:大気圧センサーの校正をかけたときにはサーキットボードの ID
に.glp の拡張子のついたファイルが自動的に作られ、650メモリーに
保存されます。これは、校正履歴を残すためのファイルとなります。
このファイルの PC への転送等についてはセクション6.
3参照下さい。
セクション3
ゾンデメニュー
3−1.概説
650MainMenu の Sondemenu を用いることによってゾンデを PC に接続した時と同様
の操作・通信をとることができます。
650MainMenu より Sondemenu を選択し Enter すると、ディスプレイは下図に示す表
示となります。(ゾンデタイプとゾンデソフトのバージョンによっては多少異なる場
合があります。)
注意:右下のインディケーターが650メーターよりゾンデマークへ
変化します。ゾンデマークは、ゾンデとの通信を取っている時に
表示されます。また、下図(ゾンデを PC へ接続したときの画面)と
比較すると、650ディスプレイは PC へゾンデを接続した時とほぼ
同様の表示をしていることが判ります。
このようにゾンデを PC へ接続したときと同様の操作が650の Sondemenu
より可能となります。
3−2.ゾンデメニューによる操作例
例1)データ-レポートの設定−塩分値
650Mainmenu>Sondemenu より、Report を選択します。
画面は以下の通り表示され、Salppt を選択、Enter します。
丸いチェックがつき、塩分値のレポートが設定されます。
例2)DO 電極のキャリブレーション
次に示す例では、ゾンデの“Advanced-Setup”にある“AutosleepRS232C”
の項目は無効にしておく必要があります。
もし Autosleep が設定されていればディスプレイは DO-WarmUpTime の
カウントダウンを始め、その後自動的にキャリブレートされることになりま
す。
DO キャリブレーションの準備として、キャリブレーションチャンバーを用
いて飽和水蒸気中に DO 電極をセットして下さい。
650Mainmenu 中の Sondemenu を選択し Enter します。次に矢印キー
を用いて Calibrate を選択し、Enter します。
DissolvedOxygen を選択し Enter します。次に矢印キーを用いて DO%を選択
し Enter します。
650キーパッドを用いて現在の大気圧を入力し Enter します。
DO 値が安定するのを確認します。
このとき Calibrate の文字が上部ウィンドウに反転しているのを確認して
下さい。
注意:650が大気圧センサーを内臓している場合は、現在の大気圧が自動
的に表示されます。(大気圧をキーパッドで入力する必要がありません)
DO 値が安定すればカーソルを上部ウィンドウの Calibrate にあわせ Enter
キー押します。この際、Calibrate の文字は、Continue に変わります。
Continue を Enter すると再び DO Calibration のメニューに戻ります。
3−3.650SondeMenu を用いた一般的な操作方法
次に示すセクションでは650SondeMenu を用いてゾンデを操作する方法について述
べます。
3.3.1 リアルタイム測定
リアルタイム測定は650Menu の Sonde run、或いは Sondemenu よりゾンデプログラ
ムに入り Run-DiscreteSample を選択することによって行うことができます。Sonde
run を用いたときにはデータ−は自動的に1秒インターバルでディスプレイに更新表
示されます。
しかし SondeMenu の Run を用いたときには DiscreteSample のところで任意にインタ
ーバルを決めることができます。
このことについての詳細はセクション5を参照下さい。DiscreteSample から
ゾンデを動かす場合は、StartSampling を選択し Enter して下さい。
3.3.2 長期定点観測
650SondeMenu より Run-UnattendedSample を選択しゾンデマニュアルの記述に従っ
て設定を行ってください。
測定インターバルやファイル、サイトネームなどキーパッド入力します。次に
Startlogging を選択し Enter すると UnattendedSample(長期定点観測)が起動し、
採取データ−は直接ゾンデメモリーへ記録されます。そして最後にケーブルを外し、
ゾンデを沈めます。
3.3.3 ゾンデから650へのデータ−転送
650SondeMenu を用いゾンデの File メニューより QuickUpload(一番最後のファイ
ルのデータ−転送をするとき)或いは Upload(任意ファイルデータ−の完全転送或い
は部分転送をするとき)を選択します。
適当に設定を行い Enter するとファイルは自動的に650メモリーへ転送されます。
その際、650ディスプレイには Upload is in progress という文字が表示されます。
データ−ファイルの転送についてはセクション6で詳細を参照下さい。
3.3.4 センサーのキャリブレーション
650SondeMenu より Calibrate メニューへ入ります。
矢印キーを用いてキャリブレートするセンサー項目を選択し画面に従って操作しま
す。使用する標準液に対応する数値を入力し、Enter すると、現在のモニターしてい
る数値がリアルタイムに画面に表示されます。また、このとき Calibrate の文字が画
面上部フレームに反転しています。モニター値が安定した時点で Enter を押しキャリ
ブレーションポイントを定めます。その際、Continue が画面上部フレームに反転し、
Enter すると次のキャリブレーションに移行します。セクション3.2に典型的なキ
ャリブレーションの手順を示しています。
3.3.5 ゾンデのセンサーセットアップの変更
650SondeMenu より Sensor へ入ります。後は矢印キーを用いてセンサー項目を選択
し、Enter キーを用いてチェックを行います。
3.3.6 ゾンデのレポートセットアップの変更
650SondeMenu より Report へ入ります。後は矢印キーを用いてレポート項目を選択
し、Enter キーを用いてユニットを決定します。
3.3.7 ゾンデ内データ−の閲覧
650SondeMenu より File へ入ります。Viewfile を選択し Enter します。
閲覧したいファイルを選択し、Proceed を選び、全データ−、或いは見たいところだ
けデータ−を選択し、Enter します。
それから Proceed を選択し、Enter すると画面上にデータ−が表示されます。
3.3.8 ゾンデの時間設定
650SondeMenu よりゾンデの System に入ります。Date&Time を選択し Enter します。
矢印キーを使ってデートフォーマットを選び Enter します。4-digidyear(西暦4桁
表示か、下2桁表示)の選択は Enter キーによって行います。最後に日付と時刻のデ
ータ−入力を行います。
セクション4
650を用いたデータ−ロギング
4−1.ロギングの概略と基本
650の主な機能は後で分析するためにゾンデからの現場データ−を記録すること
です。
ここで重要なことは、650とゾンデのセットで使用している場合、ゾンデデータ−
の記録は方法として以下の2通りあります。
①ゾンデメモリーへの記録
②650本体メモリーへの記録
また、データ−の記録は、任意のポイントでの記録、或いは決められたインターバル
での連続データ−の記録があります。
650/ゾンデシステムでロギングしようとする場合、650Run ディスプレイより全
てのロギングが始まります。
650Run ディスプレイに至るには2通りの方法があることを留意下さい。
1つは、650menu より Sonderun を選択する方法。
2つ目に、650Mainmenu より SondeMenu に入り、ゾンデのプログラムから
DiscreteSample を立ち上げる方法です。
どちらの方法で650Run ディスプレイを表示させてもゾンデ或いは650のメモリ
ーどちらにでもロギングすることが可能です。しかし、大抵は、DiscreteSample から
650Run ディスプレイを立ち上げたのであればゾンデメモリー、Sonderun からであ
れば650メモリーに通常はロギングすることになります。
注意:1999/9月以前のバージョンの 600R・600XL・6820 については
ゾンデメモリーへのロギングは不可能となります。
上述の2つの方法で立ち上げた650Run ディスプレイ(ゾンデか、650
メモリーへのロギングの直前)を示します。
650Run ディスプレイの上部に“650”
“Sonde”の2つのウィンドウがあります。
ロギングする際は、ゾンデか650メモリーのどちらにロギングするかをこのウィン
ドウで選択します。
650メモリーでデータ−を記録する場合は上部左側のウィンドウで操作します。ゾ
ンデメモリーは上部右側のウィンドウを用います。選択は矢印キーによって行います。
濁度・クロロフィル等ののワイパーの作動は CleanOptics を用います。
次に示す手順を見れば650でのロギングの機能がいかに自由度があり、優れていて、
それで尚且つ簡単にロギングできるかが判ります。
①データ−ロギングを連続的に行うのであれば、サンプルインターバルを
決定します。ロギングに650のメモリーを用いるのであれば、650
メインメニューの LoggingSetup を選択し、Interval を設定します。
一方、ゾンデのメモリーを用いる際には、Sondemenu を選択し、
Run-DiscreteSample を選びます。SampleInterval を設定し、最後に
StartSampling を Enter します。
この時点で650Run ディスプレイが表示されます。
②650Run ディスプレイ上部のロギングウィンドウで、ロギングしたい
メモリーを選択します。
③ロギング方法を選択します。
“Log one sample”は任意のポイントでのログになります。
一方“StartLogging”はインターバル設定に基づいた連続データ−のロギ
ングになります。
④Enter を押し、ロギングを開始します。
⑤連続データ−ロギングをストップさせるには、ロギングウィンドウの
“StopLogging”を選択、Enter すれば終了します。
セクション5−2及び5−3にゾンデメモリーと650メモリーへの
ロギングの実例を詳しく示しています。
4−2.ゾンデメモリーへのデータ−ロギング
4.2.1
概説
YSI6シリーズに関して 1999 年 9 月以降に製造されたものは、全て内部基盤上にメモ
リーを持っています。(但し、600XLM・6920・6600 に関しては製造年月日に関わらず
メモリーを持っています。)
ゾンデメモリーへのデータ−の保存はゾンデの650へのインターフェースにより
非常に簡単になっています。
650をインターフェース機器として用い、ゾンデのメモリーへデータ−ロギングす
るための設定と方法について以下実例を示します。
4.2.2
実例1−ゾンデメモリーへの任意のシングルポイントロギング
例えば 600XL と650のセットで任意のデータ−をゾンデに保存する場合。
650MainMenu の Sonderun を選択し、Enter を押します。
この時点で650Run ディスプレイが表示されます。
650Run ディスプレイに表示されているデータ−が安定した時点で、ゾンデのロギ
ングウィンドウ(ディスプレイの右上)の Log one sample を選択し、Enter します。
その際、ヘッダーは“Run”から“SampleLgged”に変わり、データ−がきちんとゾン
デメモリーに保存されたことが判ります。
その後、自動的に SondeRun のディスプレイにもどります。
シングルデータ−ポイントは自動的にゾンデメモリーに NONAME というファイル名で
保存されます。
保存されたファイルは650MainMenu の Sondemenu を選び、File を選択、Enter しま
す。
それから、ViewFile を選択、Enter すると自動的に NONAME1 と付けられてゾンデメモ
リーに保存されたファイルデータ−が出てきます。
矢印キーやスクロールバーを用いて全体のデータ−を見ることが可能です。
4.2.3 実例2
ゾンデメモリーへの連続データ−ロギング
例えば湖の鉛直プロファイルを水深9m程度で行い、温度勾配や水塊の位置を調査し
たとします。
その調査では、連続データ−のロギングを行いながら 6920 を湖の底まで30cm間
隔で沈降させ、それぞれの測定点で 6920 を3分間保持し、センサーの読みが安定す
るのを待ちます。そうすると90分以上のデータ−ロギングで、デフォルトの 0.5 秒
インターバルだと5400データ−になります。
データ−数を考慮し、測定インターバルを16秒インターバルに変更すればファイル
のデータ−数を減らすことができます。
既に説明したとおり、ゾンデメモリーへロギングする際のサンプルインターバルの変
更はゾンデメニューの DiscreteSample にて行います。
6920 を650に接続し、650の電源を入れます。
その後 650Mainmenu より Sondemenu を選択し Enter しゾンデメニューの Main 画面を
表示させます。
次に Run を選択し、RunSetup から DiscreteSample を選択し、Enter。
サンプルインターバルを 0.5 秒から16秒に変更し、ファイル名を付けたい場合は、
下図のように入力します。
File=Profile1/Site=WestLake
以上のように設定した後、StartSampling にカーソルを合わせ、Enter します。
ディスプレイは650Run ディスプレイを表示し、データ−は16秒おきに更新表示
されます。
650Run ディスプレイ上部に表示されているロギングウィンドウの Sonde 側にある
StartLogging を選択し Enter すると、ゾンデメモリーへのロギングが開始されます。
このとき、ロギングウィンドウのメッセージは StopLogging に変更表示され、ロギン
グが行われていることが判ります。
90分の測定を行い、測定を終了したいときは、StopLogging を選択し、Enter しま
す。
(或いは、Esc キーにより DiscreteSample に戻り、CloseFIle を選択、Enter する
ことによっても終了できます。)
16秒インターバルで測定されたデータ−はゾンデメモリーに PROFILE1 というファ
イル名で保存され、データ−は650ディスプレイ上で閲覧することができます。ま
た、データ−は650と PC への両方へ転送可能です。
4.2.4 メモリーを持たないゾンデに関して
1999 年9月以前に製造された 600R・600XL・6820 については基盤上にメモリーを持ち
ません。このタイプのゾンデを使用した場合、ゾンデへのデータ−ロギングは不可能
で、次章で述べる650メモリーへのロギングのみが有効となります。
このタイプのゾンデを接続した場合は、
650Run ディスプレイのロギングウィンドウの Sonde 側は空白表示となります。
4−3.650メモリーへのデータ−ロギング
4.3.1 概説
650とゾンデの組合せで仮にゾンデがメモリを持っていたとしても、650メモリ
ーを用いてデータ−ロギングするほうが便利です。
なぜならば、650メモリーを使えば以下の点でメリットがあります。
・ロギングの後に650へデータ−転送する必要がない
つまり、最初から既に650のメモリーにデータ−が入っている。
・GPS データ−や大気圧データ−もロギングすることができる。
・ファイル/サイトリスト形式のデータ−の保存ができ、異なる地点の
データ−を同一ファイルにまとめることが可能。
ところで、1999/9以前の 600R・600XL・6820 に関しては、650のみロギング可能
となります。
次のセクションでは650データ−ロギングの詳細について説明します。
ロギングは以下の2つの方法について述べます。
a) 現場でファイルとサイト名を入力してロギングする任意ロギング
b) 現場へ行く前にサイトリストにファイル項目を入力して行うロギング
4.3.2650メモリーへの任意ロギング
650への任意ロギングはファイルとサイト名を定義して行う方法で、データ−をロ
グするたびに新しいファイル名を入力します。
注意:任意ロギングを使用する場合は、650LoggingSetup メニューの UseSiteList
の項目にはチェックが入っていないことを確認下さい。
600XL と650のセットを用いてサンプルインターバルを10秒にて1地
点の連続データ−を採取するとします。
これは、4.2.2 に示した例に似てますが、それと異なる点はゾンデではなく
650メモリーにロギングし、シングルポイント測定でなく、連続測定
であることです。
このロギングを行うにあたって、最初にサンプルインターバルを設定します。
工場出荷でのインターバルのデフォルト値は1秒ですので、これを10秒に
変更します。
サンプルインターバルをセットするには、650Mainmenu の LoggingSetup
を選択、Enter します。
Interval を選択し、Enter し、矢印キーにてインターバルを10秒に変更し。
Enter。Esc にて650MainMenu へ戻ります。
サンプルインターバルをセットすれば、後は650Mainmenu の SondeRun
を選択し、Enter します。
画面は650Run ディスプレイに変わり、10秒間隔でデータ−が更新表示
されます。
650Run ディスプレイのロギングウィンドウの650側の StartLogging
を選択、Enter します。
次図に示すように Filename と Sitedescription の入力画面が表示されます。
矢印キーを使って Filename ウィンドウを選択し、Enter します。
次にファイル名を入力(West)します。サイト名(BlueLake)は
Sitedescription のウィンドウから同様にして入力します。
最後に OK ボタンを Enter するとロギングを開始し、再び画面は
650Run ディスプレイに戻り、ロギングウィンドウの文字が
Stoplogging に変わります。
測定を終了するには、Stoplogging を選択し Enter します。
注意:ファイルネームやサイトネームを入力する必要のない場合は
そのまま OK を押してもロギングはされます。
但し、その場合にはファイル名は自動的に NONAME という形式
となります。
このように連続データ−が650メモリーへファイル名:WEST で保存
されます。このファイルは650Mainmenu の File を選び、Enter し、
ViewFile を選択し次にリストから WEST のファイルを選択することによって
閲覧することができます。
データ−は既に存在するファイルに加えることもできます。
しかし、この過程には制約があり、ロギングされているパラメーターの
設定が完全に最初のファイルに設定されたものと同一であることが条件と
なります。
例えば、大気圧や GPS の読みを最初のファイルにログしていたとすれば、
追加されるロギングデータ−に関しても大気圧と GPS のパラメーターが必
要となります。もし、追加ロギングするデータ−のパラメーターが追加待ち
である最初のファイルのパラメーターと異なる場合は“ParameterMismatch”
という表示が出ます。
ディスプレイ上には、ファイルを追加できない原因となるパラメーター設定
の部分にフラグが表示されます。
下図に示すように、元のファイルのパラメーター設定は右側に、追加しよう
としている新しいパラメーターの設定は左側に表示されます。
この例では3行目の Salinity が元の DO%のパラメーターと一致しないこと
が明らかで、このエラーを解消するには、測定パラメーターの設定から
Salinity を削除する必要があります。
4.3.3 サイトリストを利用した650メモリーへのロギング
上記で、現場でデータ−をロギングする時に650メモリーにどのように
ファイルとサイトネームを設定するのかを説明しましたが、
650のメモリーを現場へ出掛けてロギングする前に、事前に650のメモリーにフ
ァイルやサイトネームの設定を行うことも可能です。
ここではファイルやサイト名を事前に決めてフィールドでのロギングをより効率よ
くするためのサイト指定を行い、サイトリストの組み方について
述べます。
サイトリストで用いられるサイト指定には2つの種類があります。
・シングルサイト指定:これは1つのサイトからのデータ−は常に1つのファイル
へロギングされる形式です。
この形式はファイルとサイトネームを持ち、シングルサイト
指定で650にロギングされたファイルは、ファイルネーム
で管理されますが、650Filedirectory や、PC へ転送され
たデータ−をエコウォッチソフトで見るときにはサイトネ
ームが付加されます。
・マルチサイト指定:これは複数のサイトからのデータ−が1つのファイルにロギン
グされる形式です。
ファイルネーム・サイトネーム・サイト NO の3つのパラメ
ーターで管理されます。マルチサイト指定で650にロギン
グされたファイルは複数のサイトを含むのでサイトネーム
ではなく、ファイルネームで整理されます。しかし、それぞ
れのデータ−ポイントは SiteNumber を持ち、650File メ
ニューやエコウォッチでデータ−を見るときにサイトがど
こであるか判るようになっています。
シングルサイト指定は、1つの地点からのデータ−が常に1つのファイルにロギング
されるときに使います。シングルサイト指定は独立のファイルネームで整理されます。
マルチサイト指定は複数の地点データ−が1つのファイルにロギングされます。従っ
て、マルチサイト指定では1つのファイルネームで複数のサイトネームとサイト NO
のデータ-を持ちます。
下図にシングルとマルチサイト指定の例を示します。
シングルサイト指定を含むサイトリストは650LoggingSetup メニュー
の StoreSiteNumber のチェックが外さなければなりません。
従って、シングルサイト指定のリスト例ではサイト NO が表示されないことになりま
す。
それとは逆に、マルチサイト指定を含むサイトリストは StoreSiteNumber
の項目にチェックされていなければなりません。
650メモリーにこれら2種類どちらかのサイト指定をサイトリストに行っておく
と現場で場所が変わるたびにファイルやサイト名を逐一入力する必要がなくなりま
す。
>650メモリーへのデータ−ロギング(シングルサイトからシングルファイルへ)
∼サイトリストのシングルサイト指定
シングルサイト指定の設定と使用の実例について、下図に示します。
ブルーレイクの東西2サイトの水質データ−を30日間に渡って様々なサンプルイ
ンターバルで採取したとします。
この場合、各々のサイトについて区別された全データ−が得られると好都合です。こ
のような場合、各々のサイトはサイト指定のファイル名の違いによって整理されるこ
とがキーとなります。
650メモリーにサイトリストを構築するために、650MainMenu の
LoggingSetup を選択し Enter します。下図に示す表示が出てきます。
UseSiteList を選択しチェックします。シングルサイト指定によるサイトリ
ストの設定なので StoreSiteNumber はチェックせず、空白にします。
650が大気圧センサーを持たない場合、StoreBarometer の項目は
表示されませんので注意下さい。
StoreBarometer と StoreLatandLong にチェックを入れておくと、
大気圧データ−(大気圧センサー内臓の650)と緯度経度データ−(ユー
ザーサプライの GPS 機器をつなげたとき)が同時に取こめられます。
次に EditSiteList を選択し Enter すると下図の表示が出てきます。
矢印キーを使って Filename と Sitename の項目に合わせることができます。
また、カーソルの動かし方はディスプレイ上に表記されます。
この調査例に従ってサイトリストを組むために、Filename の欄にファイル
ネーム“WEST“を入力します。次に Enter により決定するとカーソルは
自動的に Sitename の欄に移動します。
サイト名“BLUE LAKE”
を入力し Enter
します。すると再びカーソルは自動的に次の Filename の欄に移動します。
ここで今度はファイルネームに“EAST”
、サイトネームに“BLUE LAKE”を
入力し Enter します。この時点でサイトリストは下図のように
なります。
これで、サイトリストは構築され、BlueLake の East/West の2つのファイ
ルにデータ−がロギングされることになります。
このリストを使うには、まず第一に650LoggingSetup で UseSiteList の
項目にチェックが入っていなければなりません。
それから最初のサイト(West)へ行き、650Run ディスプレイ(EditSiteList
画面から ESC を2回押す)を起動します。
650ロギングウィンドウで連続データ−ロギングなら StartLogging を
シングルデータ−ロギングなら Logonesample を Enter します。
Enter 後、自動的にサイトリストが立上がり、どちらの Filename に保存す
るのかを選択する画面が表示されます。
West サイトで測定しているのなら、Filename で WEST を選択し Enter します
と、650メモリーにロギングが開始され、650ロギングウィンドウには
“Logging was successful”とう文字が表示されます。次に East へ移動し、
同様にしてロギングを行います。
注意:ロギング前に変更するために EditSiteList へ戻りたい場合は
右矢印キーで Configure を選択し Enter します。
2地点のデータ−が選択されたファイルにロギングされた後、そのファイル
は650ViewFile メニューより閲覧することができます。また、650File
メニューからエコウォッチソフトウェアへアップロードすることも可能で
す。WEST/EAST サイトの全てのデータ−は下図に示す650File-Directory
に WEST/EAST というファイルネームで区別され、保存されています。
Directory に表示されたファイルを選択し Enter すると、ファイルの詳細が、
以下のように示されます。
データ-はシングルサイト定義によるロギングであり、SiteName“BLUE
LAKE”はファイルの中に書き込まれます。
これらのファイルは650メモリーにオープン状態で保存されるので
再度別の機会にそれぞれの現場に行って測定を行ったとき、WEST 及び EAST
ファイルにデータ-を追加して保存することができます。
このサイトリストの設定のキーポイントはロギングした全てのデーター
が、それぞれの測定地点ごとに区分してファイル化されることになります。
>複数の異なるサイトのデータ-を同一のファイルにロギング
∼マルチサイトリストの使用について
マルチサイト指定によるサイトリストの設定と使用方法は下図にその実例を示しま
すが、前述のシングルサイト指定とは違ったアプローチになります。
シングルサイトで仮定した同じ調査を行いますが、今度は採取した全てのデータ-を
同一のファイルに保存したい場合を考えます。
この場合のキーポイントはサイトリストは同一のファイル名を持つが、サイトネーム
とサイト NO が異なるマルチサイトデーターを含むことになります。
この場合に応じたサイトリストを作成するには、まず LoggingSetup を選択
し、Enter します。画面は切り替わり、大気圧や緯度経度データ-のロギン
グ設定が示されます。ここで UseSiteList はチェックし、また、マルチサイ
トリストですので StoreSiteNumber には必ずチェックして下さい。
次に EditSiteList を選択し、Enter すると画面は以下表示となります。
同一のファイルに様々な地点のデータ-を保存できるようにマルチサイトデ
ータ-のリストを作成するには、サイトリストに同一のファイルネーム“BLUE
LAKE”が2点作る必要があります。
その2点は、同一ファイルネームでありながら、そのサイトネーム(WEST
と EAST)で異なります。また、更に重要なこととして、サイト NO(WEST:
1/EAST:2)も異なります。これらのことは、下図のサイトリストから
判ります。
このようにしてサイトリストを組むと、WEST 及び EAST の2つのサイト
のデータ−は BLUE LAKE という1つのファイルにロギングされることにな
ります。このリストを使うには、650LoggingSetup の中の UseSiteList
がチェックされていることが必要です。
そして WEST サイトへ向かい、650Run ディスプレイを表示させ、
650ロギングウィンドウで連続データ−採取(StartLogging)かシングル
データ−採取(LogOneSample)のどちらかを選び Enter します。
Enter 後、自動的にサイトリストが立上がり、どちらの Filename に保存す
るのかを選択する画面が表示されます。
West サイトで測定しているのなら、Filename で WEST を選択し Enter します
と、650メモリーにロギングが開始され、650ロギングウィンドウには
“Logging was successful”とう文字が表示されます。次に East へ移動し、
同様にしてロギングを行います。
注意:ロギング前に変更するために EditSiteList へ戻りたい場合は
右矢印キーで Configure を選択し Enter します。
このようにして、2つの異なるサイトのデータ−が BLUE
LAKE という
同一のファイルにロギングされます。
そのファイルは650ViewFile メニューより閲覧することができます。ま
た、650File メニューからエコウォッチソフトウェアへアップロードす
ることも可能です。
サイト NO(WEST:1/EAST:2)はそれぞれの時系列データ−とともに保
存されるので、そのデータ−がどちらで採取されたデータ−であるのかが区
別がつきます。
BLUE
LAKE というファイルは650File メニューから Directory に入ると
現れます。更にそれにカーソルを合わせて Enter すると BLUE LAKE につい
てのファイルの詳細が表示されます。
ここで BLUELAKE のファイルにはサイトネームが表示されていないのは
複数のサイトのデータ−がこのファイルに入っているためです。
ViewFile を選択し、Enter すると BLUELAKE についてのデータ−が
下図のように示されます。
2つのサイトからのデータ−の区別は一つ一つにデータ−に付加されてい
る SiteNumber によって行います。
これらのファイルは650メモリーにオープン状態で保存されるので
再度別の機会にそれぞれの現場に行って測定を行ったとき、WEST 及び EAST
ファイルにデータ-を追加して保存することができます。
4.3.4 サイトリストの編集
サイトリストは編集することができます。新しい測定サイトを付け加えたり
既にあるサイトの消去やリスト内の移動はキーを用いて簡単に行えます。
650LoggingSetup の EditSiteList を選択し、Enter すると下図の画面
が出てきます。
サイトリストを編集するキー操作の仕方がディスプレイ上に示されます。
ここでファイルを現在のカーソルのポジションに挿入したい場合、Enter
キーを押しながら右矢印キーを押します。下図にその例を示します。
下図ではこの方法で2サイトが挿入されています。
加えられた2つのファイルはリスト内を上下に移動させることができます。
操作は、Enter キーを押しながら上下矢印キーを押します。
また、消去したい場合は、Enter キーを押しながら左矢印キーを押します。
セクション5
650ファイルの取扱い
5−1.概説
このセクションでは650に保存されたファイルの取扱いについて述べます。
サイトリスト中のエントリーファイルは、実際のファイルとは異なります。
例えば、サイトリスト中の全てのエントリーファイルを消去しても、実際にロギング
されたデータ−には影響はありません。つまりファイルそのものは650のメモリー
に残ることになります。
逆に、ファイルそのものを消去したとしても、サイトリストに見られるエントリーフ
ァイルは消去されません。
650はフラッシュメモリーを用いています。このタイプのメモリーは、利点が多く
ありますが、ファイル取扱いにおいては2つの制限があります。
1)
ファイルはロギングされた順番にリストに表示されますが、この順番は
変更することができない。
2)
空きメモリを作るために、ファイルを個別に消去することができない。
650ファイルの取扱いは650File ディスプレイで行います。
これは650Mainmenu より File を選択し Enter しますと表示されます。
5−2.DIRECTORY
650File メニューより Directory を選択し、Enter すると650メモリー
に入っているファイルが表示されます。
ファイルサイズは2つの形式で表示されます。
1)データ−セット数(1時系列データ−を1セット)
2)使用バイト数
例えば PROFILE1 のファイルを選択し Enter するとこのファイルの詳細が
表示されます。ESC を押し、次に DEPLOY1 を選択、Enter します。
どちらのファイルにも、サイトネーム・ファイルサイズ・ロギングの開始/
終了時間が表示されます。
Interval の情報は、Unattended sample の場合においてのみ表示されます。
5−3.UPLOAD
TO
PC
ここでは、650メモリー内のデータ-ファイルをエコウォッチソフトを
立ち上げた PC へ転送する方法について述べます。
通信インターフェースは RS232C/DB-9を用います。
下図のように650と PC を付属の通信ケーブル(YSI655174)にて
接続します。
接続後、エコウォッチを立上げ、ツールバーのゾンデアイコンをクリック
します。インターフェースが稼動している COM ポート NO を設定すると
次のような画面が出てきます。
650から PC へデータ-を転送するには650Filemenu の UploadtoPC
を選択、Enter し、ファイルリストを表示させます。
転送したいファイルを選択し Enter します。
650と PC ディスプレイにはファイル転送が完了するまでの進行状況
のインディケーターが示されます。
5−4.VIEW
FILE
650の ViewFile を用いることによってロギングされたデータ-の
確認が行えます。
ViewFile を選択し、Enter するとファイルリストが表示されます。
閲覧したいファイルを選択し、Enter すると650ディスプレイに
データ-が表示されます。
縦/横のスクロールバーがついている場合は、矢印キーでスクロールさせる
ことができます。
5−5.FILE
MEMORY
650Filemenu 中の Filememory を使うと、現在のメモリーの使用状況
やアロケーションが判ります。以下のように表示されます。
5−6.DELETE
DELETE
ALL
ALL
FILES
FILE を用いると、650メモリーから全てのファイルが消去されます。
ファイルを個別に消去することは不可能であることを留意して下さい。
セクション6.ゾンデから650へのデータ-転送
6−1.概説
650の主な機能は、ゾンデのデータ-を PC へ転送するときの媒介であり、この際、
ゾンデを現場から持ち帰ることなく PC へデータ-転送することができます。
ここでは、ゾンデから650へのデータ-アップロードについて述べます。
6−2.アップロードの手順
650とゾンデをフィールドケーブルでつなぎ、650電源を投入します。
SondeMenu よりゾンデのメインメニューに入り、File を選択し Enter します。
File メニュー中の QuickUpLoad を選択し Enter します。
次にファイルフォーマットを訊いてきますので PC6000 を選択し Enter しま
す。するとゾンデから650へデータ-転送されているインディケーター
が表示されます。転送が完了するとディスプレイは SondeFile メニュー
へ戻ります。
セクション7.GPS の接続
7−1.GPS/650インターフェースの設定
市販の GPS ユニットを650に接続し、650ステータスバーに緯度経度の表示をさ
せることができます。
GPS ユニットの650へのインターフェースは YSI6115(オプション Y ケーブル)を
用いることによって確立します。
GPS のデータ-はゾンデの水質データ-と一緒に650メモリーへ取り込むことも可能
です。位置情報が判りますので、常に同じポイントで調査する際に役立ちます。
GPS 接続は非常に簡単ですが、GPS ユニットのハードウェア及びソフトウェア仕様は
下記条件に合わせて頂く必要があります。
・GPS マニュアルを参照し、プロトコル設定を NMEA0183に設定して下さい。
・GPS メーカーより、片方の端が GPS ユニットに接続し、もう片方の端が YSI6115
に接続できるように DE-9コネクター(オス)になっている接続ケーブルを取寄
せて下さい。
接続手順と650ディスプレイ表示は以下の通りです。
① YSI6115GPS ケーブルを MS-8 コネクターにて650と接続します。
② YSI6115 ケーブルのもう片方の MS-8コネクターをゾンデに接続します。
③ YSI6115 ケーブルの DE-9 コネクターを GPS ユニットにつなげます。
④ 650の電源を投入すると、GPS の値がステータスバーの左隅に
表示されます。
7−2.GPS データ-のロギング
GPS ユニットの緯度経度データ-をロギングする際、以下に示す条件
を確認して下さい。
・GPS データ-は650メモリーにしかロギングできません。
ゾンデメモリーへのロギングは不可能です。
・GPS データ-は650Run ディスプレイから650メモリーへゾンデデータ-と
共にロギングされます。
また、GPS データ-のロギングは常にゾンデデータ-と一緒であり、GPS 単独でのロ
ギングは不可能となります。
・GPS データ-をゾンデデータ-とともに650メモリーへロギングするときは、
650の LoggingSetup の StoreLat and Long の項目がチェックされているかご確
認ください。
セクション8.650大気圧センサーについて
8−1.操作の基本
大気圧センサーはストレインゲージの原理に基づいており、センサーは650の内部
基盤に配置しています。
大気圧センサーは実際の大気圧を検知しており、センサーの入っている本体内部は水
は通さず、AIR のみを通す通気素材が貼られていて外部との通気性能が保持されてい
ます。この通気素材の一つは本体ケースの裏部分にあり、もう一つはバッテリーケー
スに貼られています。
特にバッテリーケースに張られている通気素材には損傷を与えないように気を付け
て下さい。バッテリーケースに張られている通気素材を鋭いもので突いたり、剥がし
たりしないようにして下さい。
万一、その部分が損傷を受けた場合は、650を水に晒さないようにしてすぐに弊社
までご連絡下さい。
8−2.大気圧センサーのキャリブレーション
650大気圧センサーは500∼800mmHgのレンジで正確な数値を示すように
工場出荷の際に校正をかけており、大抵の場所で DO キャリブレーションを行うのに
非常に役に立ちます。
この工場調整後、何ヶ月間かは特に新たな校正は必要ありませんが、
局地的な大気圧レンジでの測定や、どのようなセンサーにも存在する数値のわずかな
ドリフトを理由にセンサーの精度上げたいときには、650SystemSetup メニューよ
り大気圧センサーキャリブレーションを行うことも可能です。詳細はセクション210に記載しています。
8−3.大気圧単位
650はステータスバーに表示する6種類の大気圧の単位を選択できるようにして
います。工場出荷段階では、650はmmHg で表示されています。
他の単位へ変更表示させたい場合は下に示すように650の SystemSetUp メニューで
設定することが可能です。
表示させたい単位を選択して、Enter をしますとステータスバー中の大気圧の読みは
自動的に新しく選択した単位へ変更されます。
8−4.大気圧データ-のロギング
650を用いて大気圧をロギングするには、下に示す条件となります。
・大気圧データ-は650メモリーでしかロギングできません。
>>ゾンデメモリーでのロギングは不可能です。
・大気圧データ-はゾンデデータが表示されている650Run ディスプ
レイから650メモリーへロギングされます。つまり、ゾンデを接続した状態でしか、
大気圧データ-を取り込むことはできません。
・650メモリーへ大気圧データ-を取込むときには、650の
LoggingSetup の StoreBarometer オプションをアクティブにしておく必要があります。
大気圧データ-はゾンデデータ-のインターバルに同期して取込まれ、水質データ-に
付加されます。このデータ-は、650、或いは PC からも
読み込むことが可能で、ファイルについても通常のファイルと取扱い
方法に違いはありません。
製品に関するお問い合わせは・・・
ワイエスアイナノテック株式会社
川崎市川崎区貝塚1−15−4
044‐222‐0009
(FAX)末尾1102
(Version.1.0)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement