ダスト コンテインド シャフトカッター(自動集塵) 取扱説明書

ダスト コンテインド シャフトカッター(自動集塵) 取扱説明書
5604-0091
ダスト コンテインド シャフトカッター(自動集塵)
取扱説明書
※ご使用前に必ず、本取扱説明書を読み、内容を十分に把握した上で作業を行って下さい。
株式会社 ジオテックゴルフコンポーネント 千葉市中央区鶴沢町8-6
TEL. 0120-168-188 FAX.0120-655-188 http://www.geotechgolf.com/
シャフト切断方法
個別にシャフトを切断する際は、装着するヘッドのホーゼル深
さによって必要な切断長を設定し、ストップブロックを使用される
ことを推奨致します。ストップブロックのいずれかのステップを使
用して、スライド・クランプの溝に固定し、電源をONにしてカッター
が最高速に達するまで、数秒お待ち下さい。
機能紹介(各部の名称は3ページの図3をご参照下さい)
ダスト・コンテインド・シャフトカッターは、シャフトを4本まで一斉
にカットでき、ストップ・ブロックを用いて、チップカット、バットカッ
ト共に、変化量を1/2、1/4インチで設定可能です。また、ストッ
プ・ブロックとルーラーを併用することで0~6インチに切断長を精
密に調整することができます。
図2
さらに重要な特徴が自動集塵システムの装備です。シャフトを
切断する際に発生する粉塵をフィルターで集め、機器外には放
散しません。別体の集塵機器を必要としないことで、スペースを
必要とせず、設置場所も選びません。
機器の設置
Step-1: 設置の際には、本器にてシャフトを切断する際に十分
な空間を確保して下さい。図1を参照し、本器に向かって左方に
シャフトのため、52インチ、換気と使用上、後方に8インチは最低
でも必要です。
巻き込まれる危険がありますので、指や手、衣服等はカッター
部分に絶対に近付けないで下さい!
スライド・クランプをしっかりと保持し、ゆっくり前方に押し出し、
カッター・ブレードに接触させて切断します。切断はトリム・ゲー
ジの起点で行われます。切断したら、ゆっくりスライド・クランプを
手前に戻し、電源をOFFにします。
※切断中に本体が動くと非常に危険ですので、本器は必ず作
業台等にボルトやタッピングビス等で固定して使用して下さい。
(ボルト、タッピングビスは、同梱されておりません。お手数です
が、ご使用の作業台に合わせてご用意下さい)
シャフトをアイアン・セット用に切断する際は、まず最も長いシャ
フトにおけるチップ切断長を設定し、図2のように、ストップ・ブ
ロックの最奥側に突き当て、スライド・クランプで固定します。さら
に次の番手用シャフトのチップを順にブロックに突き当て、スライ
図1
ド・クランプに固定します。
例えば、3番アイアンに1インチのチップ・トリムを施す場合、トリ
ム・ゲージで最長切断長を1インチに調整し、4番アイアンでは
1.5インチ、5番アイアンでは2インチ、6番アイアンで2.5インチ、
と言う変化量でカットしていきます。4本をカットした後は、シャフト
を取り外し、ストップ・ブロックの位置を調整し、最長切断長を3イ
ンチに設定することで、7番アイアンからPWまで、4本を0.5インチ
の変化量で切断することができます。
※ウェッジ用シャフトのチップ切断長は、9番アイアンよりも0.5イ
Step-2: スライド・クランプが正常に動作することを確認して下
ンチ多く切断するのではなく、その差を0.25インチとする等、調
整が加えることが一般的です。
チップ切断後、要求クラブ長で組み立てるため、最長番手のク
ラブを使用するヘッドに仮挿しし、ルーラー等を用いてクラブ長を
測定して、バット側の切断すべきポイントに油性ペン等でマーク
さい。本体横のガイド・ロッドに沿って、スムーズにスライドしな
ければなりません。
Step-3: 必ず、スライド・クランプでシャフトをクランプし、トリミン
グ・ゲージを用いて、切断長を調整、切断します。クランプせず
にシャフトを切断するとシャフトが揺動、回転し、カッターの正常
な作動を妨げ、カッター破砕や、シャフト折損の原因になります
ので、絶対にお止め下さい。
をつけます。これをスライド・クランプにセットし、マークの位置で
切断できるようにストップ・ブロックの位置を調整します。
一般に3番アイアン用に41インチのシャフトを標準的な39インチ
Step-4: 電源を入れる前に、カッター・ブレードを回転させ、ス
ムーズに回転するか、ブレードの破損や偏磨耗が無いか、確認
して下さい。
のクラブ長にするためには、およそ2インチ切断しますが、これは
使用するヘッドのホーゼル深さと、ソールさせる面までの実際の
ホーゼル長によって異なります。基本的に、ヘッドのホーゼル深
さと実際のホーゼル長は番手毎に異なる場合が多いため、各番
手用シャフトのバット切断長を同一に設定するのではなく、それ
Step-5: 不意の動作を防ぐため、電源コンセントに電源プラグ
ぞれの番手を仮組みし、マーキングされることを推奨致します。
を繋ぐ前に、本体のスイッチがOFFの位置にあることを確認して
下さい。
2
5
図3
6
2
9A
1
11
4
1. カッター・ブレード
2. スライド・クランプ
3. ストップ・ブロック
4. トリム・ゲージ
5. カバー・スクリュー
6. ブレード・カバー
7. トレイ・スクリュー
8. 集塵トレイ
9A. プレ・フィルター・スクリュー
9B. プレ・フィルター
10A. メイン・フィルター・スクリュー
10B. メイン・フィルター
12
3
9B
10B
10A
8
7
11. フランジ・ナット
12. ブレード用レンチ
各種メンテナンスと交換方法
集塵トレイとフィルターの洗浄
1- 電源プラグが抜かれていることを確認して下さい。
2- カバー・スクリューを緩めて、ブレード・カバーを開きます。
カッター・ブレードの交換
1- 電源プラグが抜かれていることを確認して下さい。
2- カバー・スクリューを緩め、ブレード・カバーを開き、トレイ・ス
3- トレイ・スクリューを外し、集塵トレイを本体から取り外し、内
部に溜まったシャフト片や粉塵を取り除きます。(廃棄物は、各
自治体等の定める廃棄方法で処分して下さい)
4- 集塵トレイのスロットに装着されたプレ・フィルターを取り外
クリューを外して、集塵トレイを本体から取り外します。
3- カッター・ブレードを指で押さえ、フランジ・ナットを専用レンチ
を用いて取り外し、ブレードを抜き取ります。
4- 軸受けとその周辺に付着した粉塵を取り除き、新しいブレー
し、粉塵を流水で落とします。水を吸わせるように振って下さ
い。
5- 集塵トレイ内部は湿らせた布で拭くか、水洗いして下さい。
水洗いした場合は、錆つき防止のため、十分に乾かしてから、
組み立てて下さい。
ドを装着します。この時、軸受けに適切に固定されていることを
十分に確認して下さい。
5- ブレードを指で押さえ、フランジ・ナットを専用レンチで締付け
ます。あまり強く締め過ぎないよう、ご注意下さい。
6- ブレードが適切に装着され、スムーズに回るかを、軽く指で
6- 洗浄後、プレ・フィルターをスロットにセットし、集塵トレイを
しっかりとトレイ・スクリューで固定して下さい。
回して確認して下さい。
7- 集塵トレイを取り付け、ブレード・カバーを元の位置に戻し、
電源プラグを繋いで、電源をONにし、ブレードがスムーズに回る
ことを確認し、交換作業は終了です。
メイン・フィルターの交換
メイン・フィルターは、100ミクロン以下の非常に細かい塵もとら
えるために、オイルで湿らせてあります。これはエア・コンプレッ
サー等に使用されている方式です。フィルターが詰まったら、新
しいものに交換する必要があります。エア・コンプレッサーを用
いて、塵を吹き飛ばす等は、さらにフィルターを詰まらせてしまう
だけでなく、エア・フローも妨げてしまうため、お止め下さい。
メイン・フィルター交換は、メイン・フィルター・スクリューを外
し、フィルターを引き抜き、交換するだけです。
経済的にも、環境のためにも、メイン・フィルターは、複数回洗浄
してお使い頂ける、再利用可能なフィルターをご使用下さい。
3
安全のために
1- ご使用前に必ず、本取扱説明書を読み、内容を十分に把握
した上で作業を行って下さい。
駆動ベルトの交換
1- 電源プラグが抜かれていることを確認して下さい。
2- 本体の固定前に作業のシミュレーションを行う等、不具合が
2- 作業台と本体の固定ボルト等を取り外します。
3- 図4中の4本のモーター固定螺子を軽く緩めると、モーター取
付け金具が前後にスライドするようになります。
4- 図5のように本体を裏返し、駆動ベルトが見える状態にしま
す。
3- 設置やお手入れの際は、必ず電源プラグを抜いた状態で
行って下さい。
生じないようにご注意下さい。
4- シャフトの切断を行う前に毎回、カッター・ブレードにひび割
れや欠けが無いか、確認されることを強く推奨致します。もし、そ
のような兆候が見られた場合は、ブレードを交換して下さい。
5- モーターを図5の矢印の方向に動かし、駆動ベルトをたるま
せて取り外し、新しい駆動ベルトをプーリーとモーターにかけ、ベ
ルトがたるまないようにモーターを矢印と逆方向にスライドさせま
す。
6- モーターがベルトに対して直角の位置にあることを確認し、4
5- 必ず、スライド・クランプでシャフトを固定した上で切断して下
さい。
本のモーター固定螺子を締付けます。不適切な位置でモーター
が固定された場合、ベルトが偏磨耗し、耐久性が著しく低下しま
すので、ご注意下さい。モーターの空気取り入れ口とメイン・フィ
ルターの空気口が揃っていることも併せてご確認下さい。
6- ブレード・カバーを開いた状態でシャフトを切断しないで下さ
い。作業時は保護ゴーグル等を使用し、破片や粉塵の飛散に
備えて下さい。
※駆動ベルトには、テンションをかけ過ぎないで下さい。モー
ターやプーリーの損傷に繋がります。また、スクリュー・ドライ
バー等を梃子に利用して、駆動ベルトをプーリーに取り付けた
り、取り外すことは、絶対にお止め下さい。
7- 衣服や貴金属等がカッター・ブレードに巻き込まれないよう、
作業時には、そうした物品の装着はお控え下さい。
図4
8- 集塵トレイ内部に水を入れて使用しないで下さい。モーター
のショートの原因となります。
モーター固定螺子 4本
9- 作業終了後は、必ず電源プラグを抜いて下さい。
10- 15分以上、連続使用しないで下さい。
11- メイン・フィルターの汚れはこまめに落とし、集塵トレイ内に
シャフト片を溜め過ぎないようにご注意下さい。
12- 集塵性能が低下しますので、カバー周縁のラバーは取り除
かないで下さい。
免責・注意事項:
本機器は、スチール・シャフト、グラファイト・シャフトの切断専
図5
用に設計されています。それ以外の物品の切断には使用しな
いで下さい。
また、誤った使用方法や、目的外の使用における事故等で
は、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。
本器に何らかの改造を施された場合につきましても、保障対
象外となりますことを、ご了承下さい。
プーリー
ベルト交換時
のスライド方向
交換部品について
○カッター・ブレード (5604-0093:レヂトン 切断砥石 金の卵)
(仕様)ブレード外径: 150mm
取付部内径: 22mm
厚み: 1.4mm
○エアー・フィルター(5604-0092:交換用エアー・フィルター・セット)
4
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement