映像・ゲーム分析最前線 - 鹿屋体育大学スポーツ情報センター

映像・ゲーム分析最前線 - 鹿屋体育大学スポーツ情報センター
スポーツ情報センター広報
第2号
2011
http://itec.nifs-k.ac.jp/bulletin/2011.pdf
Bulletin of
Information
Technology Center
for Sports Sciences
No.2 2011
鹿屋体育大学スポーツ情報センター
目
次
1
●巻頭言
スポーツ情報センター長
和田智仁
鹿屋体育大学ならびに国内における映像・ゲーム分析研究概観
鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス系 / スポーツ情報センター
高橋仁大
情報戦略を行うアナリスト
IGTISADCHI BAKU(アゼルバイジャン)
5
新村薫
現場で活躍するアナリスト
(バレーボール)
鹿屋体育大学体育学部 / 女子バレーボール部
7
曽我部萌
鹿屋体育大学男子バスケットボール部におけるアナリスト活動
鹿屋体育大学大学院
3
9
森重 貴裕
鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス系 / スポーツ情報センター
高橋仁大
全日本柔道連盟の映像・ゲーム分析
鹿屋体育大学伝統武道・スポーツ文化系 / 全日本柔道連盟強化委員会情報戦略部
日本テニス協会の映像・ゲーム分析活動とその変遷
日本テニス協会ナショナルチーム情報戦略スタッフ
中村勇
13
池田亮
国立スポーツ科学センターの映像・ゲーム分析
国立スポーツ科学センタースポーツ情報研究部
11
15
永尾雄一
●センター利用状況
19
● センター関連規則
22
● 編集後記
巻
頭
言
昨年の秋に日本で開催された2010世界バレーにおいて、女子日
本代表は32年ぶりの快挙となる銅メダルを獲得した。日本代表の
活躍とともにお茶の間に流れたのは、iPadを片手に采配をふるう
真鍋監督の姿であった。監督の持つiPadには、試合中リアルタイ
ムで分析データが無線LAN経由で送られていたそうだ。2010年の
iPadブームと相まって、競技スポーツ最前線での情報技術活用が
印象づけられた出来事であった。
振り返ると1999年の赴任当時、設置されたばかりのスポーツ情
報センターには当時まだ高価なPCベースのノンリニア編集機が
導入されていた。OSはWindows NT 4.0、接続端子だらけでごてご
てしたインタフェースボード、ジョグシャトルを備えた専用コ
ントロールパッド、外付けHDDはスニーカーが収まるくらいの
筐体が2つといった具合。カメラはというと業務用のいわゆる
ENGカメラが編集室に鎮座しており、「レンズとあわせて400万円!」
と教わり度肝を抜かれた。業務用のカメラはフォーカスをはじ
ス
ポ
ー
ツ
情
報
セ
ン
タ
ー
長
和
田
智
仁
め全ての操作を手動で行う必要があった。取扱説明書を片手に
撮影して帰ってきても、ホワイトバランスや露出を誤っていた
りして泣かされることも多かった。ともあれ、競技スポーツや
スポーツ科学研究には映像が大事なのだなというのは、このよ
うな体験から強く実感するようにもなった。
それから干支が一回りしようとする現在、ビデオ撮影やPCで
のビデオ編集は、もはや誰でもが簡単に実施できる時代となっ
ている。ビデオの撮影はビデオカメラだけでなく、一万円足ら
ずで購入できるデジカメや携帯電話でさえ可能となった。iPhone
4とiMovieを使えば、撮影したHDムービーがその場でサクサクと
編集できてしまう(iMovieのデモを見て私はiPhone購入に踏み切っ
た)。メディアは大容量化と低価格化の一途で、32GBのSDカード
がたった三千円で買える時代がこんなに早く来るとは思っても
みなかった。
-1-
このような環境変化に伴って、あるいは環境が追いついてき
ただけなのかもしれないが、ともかく競技スポーツとは無縁で
あった私も、就任来「競技力向上のための情報通信技術活用」
といった話題に触れる機会が増えてきたと実感している。4年前
に導入した第2期スポーツ情報センターシステムからは「スポー
ツ映像応用システム」と称して映像によるゲーム分析・動作分
析ソフトウェアが含まれるようになったし、これらは卒論シー
ズンには貸出希望に対応できないほどのニーズが発生している。
映像分析に関する講習会やセミナーを開催すると聴講者は自然
と多くなるし、受験生や新入生と会話をしていても「アナリス
ト志望です」と宣う学生も現れるようにまでなっている。
そこで第2号となるセンター広報では、ゲーム分析を専門とす
る高橋先生に、映像・ゲーム分析に関する特集を組んでいただ
くこととなった。先生にはセンターの兼任も含め仕事ばかり押
しつけて申し訳なく思ったが、快く編集をお引き受けいただいた。
戦略的な観点からか語られる機会の少ない内容のテーマである
にも関わらず、高橋先生のご尽力で多くの記事が寄せられた。
この広報が多少なりとも鹿屋体育大学だけに留まらず日本のス
ポーツ発展に寄与することを願っている。
-2-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
鹿屋体育大学ならびに国内における
映像・ゲーム分析研究概観
鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス系
スポーツ情報センター
高橋仁大
一方1990年代はコンピュータを活用した分析
本報では、
鹿屋体育大学における映像・ゲーム
が一般化されつつある時期でもあり、特にナシ
分析に関して振り返ってみることとする。
筆者が赴任する以前の取組に関して,本学の
ョナルチームなどでは当時の最先端技術を活用
紀要から振り返ってみると、第二号(1987年3月
してチームの分析を行うなどの報告が見られる
発行)
に佐々木康先生の
「ラグビーのゲーム分析
(体育の科学44、
1994)
。
またビデオの活用につい
方法に関する一考察」
が掲載されている。
佐々木
ても徐々に一般化されてきていた時期でもあり、
先生は、同報ですでにデータ分析のためのシス
戦術トレーニングへのビデオの活用を行った報
テム開発について示唆している。体育の科学誌
告も見られる
(同)
。
さらに2001年に国立スポーツ科学センターが
上でゲーム分析が初めて特集されたのが36号
(1986、
「作戦の基礎としてのゲーム分析」)であったこ
完成し、スポーツ情報研究部が設置されたこと
とから、本学の取組も当時の最先端にあったと
から、スポーツにおける映像の活用やゲーム分
いえよう。佐々木先生は現在も日本ラグビー協
析が飛躍的に進歩することとなる。
同時期の本学での取組に話を戻すと、2002年
会の分析スタッフとして活躍している。
しかしその後、ゲーム分析に関する報告は長
に筆者の研究室に本学では初めて映像分析・ゲ
く掲載されず、
次に掲載されたのは第十三号
(1995
ーム分析ソフトウェア(GameBreaker)が、また
年3月発行)
で、
三浦健先生が
「バスケットボール
2007年にスポーツ情報センターに同ソフトウェ
におけるゲーム時の状況についての考察」をま
ア(SportsCode)が導入された。両ソフトウェア
とめている。また第十四号(1995年10月発行)で
は2000年のシドニーオリンピックに向けてオー
は濱田幸二先生らによる「チームの特徴にあっ
ストラリアのSportstec社が開発した映像分析・
たコーチングの検討―返球パターンの分析から
ゲーム分析のソフトウェアである。映像の中か
―」
としてバレーボールに関する分析が、
また第
ら必要な場面を選択・抽出し、
効果的に映像を編
十五号(1996年3月発行)では井上尚武先生らに
集することができることから、スポーツのゲー
よる
「’
94ワールドカップサッカーにおける攻撃
ム映像の分析に強みがある。しかし当時のコン
戦術の検討―選手のパフォーマンスとボールの
ピュータのスペックやディスクの容量は、それ
移動軌跡との関係から―」
が掲載されている。
そ
らのソフトウェアを扱うには力不足な点は否め
の後筆者による「テニスのゲーム分析のための
ず、
ソフトウェアは導入したものの、
実際の活用
技術の分類についての一考察」
が第二十号
(1998
の状況は乏しいものであった。その後ハードウ
年9月)に掲載された。このように本学が取り組
ェアの性能が格段に向上したことから、これら
んでいる球技種目それぞれについて、ゲーム分
のソフトウェアの活用場面も広がり、現在では
析の研究が進められてきたわけである。
各クラブで有効に活用するまでになっている。
-3-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
具体的な活用事例については、本年報に掲載の
に導入されており、多くの研究者や競技者がこ
各原稿を参照されたい。
れを利用するようになっている。
これらのソフトウェアや機器の革新により、
また同じく映像分析・ゲーム分析ソフトウェ
アであるダートフィッシュ
(ダートフィッシュ・
スポーツにおける映像・ゲーム分析は大きな飛
ジャパン)も本学には2006年に西薗研究室に、
躍を遂げている。一方でこれらの機器をいかに
2007年にスポーツ情報センターに導入された。
使いこなすかというintelligenceの部分は、機
ダートフィッシュは映像を詳細に分析すること
器の革新に比べて遅れをとっているのではない
ができることから、スポーツ動作の分析に強み
だろうか。新たなソフトウェアや機器の登場に
がある。こちらは特にバイオメカニクス研究室
より新たな分析が可能になるという構図ではな
などでの動作分析に活用され、卒業研究や修士
く、現場からのニーズに応じた分析を行うため
論文の作成に用いられている。
のソフトウェアや機器を現場主導で開発してい
スポーツにおけるこれらの映像分析には、映
くような、
革新的な取組を進めていくことが、
今
像を撮影する技術の革新も大きく影響している。
後の本学の映像・ゲーム分析研究に求められて
特にスポーツ動作を撮影する際には、動作の細
いるといえよう。
その一端は、
僭越ながら筆者ら
かい部分を記録できるハイスピードカメラによ
も進めているところである(図1)。この取組を
る撮影が求められている。このハイスピードカ
進めていくためには、現場におけるニーズを
メラに関しても、
以前から使われていたVHSテー
intelligenceとして蓄積していくことが必要で
プによるアナログ記録
(最大500フィールド毎秒)
ある。
から、デジタル記録による高精細ならびに超高
速録画(1280×1024で最大1000fps,640×480な
ら5000fps)が可能になった。さらにコンパクト
カメラによるハイスピード映像の記録も可能に
なり、これらの映像を実験室だけでなく指導の
現場でも活用できるようになった
「西中間ら
(2010)
テニスにおけるサービスのトレーニングによる
パフォーマンスの変化,スポーツパフォーマン
ス研究,2,55-72,http://sports-performance.
jp/paper/1008/1008.pdf」
。
このコンパクトなハ
イスピードカメラや512×384画素で最大300fps
のハイスピードカメラもスポーツ情報センター
図1 筆者らの開発したテニスの電子スコアブック
-4-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
情報戦略を行うアナリスト
IGTISADCHI BAKU(アゼルバイジャン)
新村薫
近代のバレーボール競技において戦術という
にその年(2005年)のワールドグランドチャンピ
のは勝敗に非常に重要な要素のひとつになって
オンズカップと翌年(2006年)の世界選手権では
きています。その戦術を立てるために必要なの
全日本女子シニアチームに帯同し、お手伝いを
は数字などの情報、
スカウティングです。
そのた
させてもらうことができました。卒業後はバレ
めにチームに必ずおいておきたいポジション、
ーボールの実業団チーム
(久光製薬スプリングス)
アナリスト(海外ではスタティスティシャン、
ま
に所属し、
4年間の在籍のうち、
Vリーグ優勝1回、
たはスカウトと呼ばれます)が私の仕事です。
全日本選手権大会(5月の黒鷲旗と12月の天皇杯)2
イタリアで開発された
“DataVolley”
というソフ
回の優勝を経験することができました。4年の
トが現在最も普及しており、アナリストはそれ
月日を過ごすうちに、もっといろいろなバレー
を使いこなして現場に情報を還元していくこと
が見たい、もっとレベルの高いバレーを体験し
が仕事の主な内容となっています。
たいという想いが強くなり、お世話になった実
その“DataVolley”との出会い、つまり私のアナ
業団を退団し新たなバレー人生を歩んでいくこ
リスト人生の始まりは大学2年に上がる直前の
とを決めました。
春先のこと。
「こう言うのがあるんだけどやって
去年は、全日本シニア女子チームのアシスタ
みない?」女子バレーボール部濱田監督の一言
ントアナリストを務め、世界選手権では32年ぶ
がきっかけでした。
りの快挙となる銅メダル獲得にも少なからず携
そこからほぼ独学でやっていましたが、4年
わることができ、素晴らしい経験をすることが
次には学外コーチ実習でさらにアナリストとし
できました。
(そのときの写真です前列右から3
ての実習を受けることができ、
それをきっかけ
番目が筆者です)
写真提供:月刊バレーボール
-5-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
恩返しなんだ、
と都合のいいように脳内変換し(笑)
日々を過ごす毎日です。
今後はもっと観る能力を養いたい、もっと高
いレベルのバレーを見たいという気持ちがある
ので、
さらに能力を高め、
ハイレベルなチームに
応えられるようなアナリストにもっともっと成
長していきたいです。
現在は日本人(全日本女子代表:佐野優子)選
手と一緒にアゼルバイジャンに行き、アナリス
トとしてチームのお手伝いをさせてもらってい
ます。アゼルバイジャンは実際行くまでどうい
ったバレーをするのか未知数でしたが、レベル
は高く毎回白熱した試合でおもしろいです。チ
ームもアメリカ代表(北京五輪銀メダリスト)の
ハニーフタイーバ選手やオランダ代表、ドイツ
代表など各国ナショナルチーム代表選手やそれ
らに遜色のない選手ばかりで、監督も経験豊富
で信頼も厚く、練習内容や戦術もすごく興味深
いもので、
毎日充実しています。
ときどき振り返ると、
ここまで来られたのは、
周りの支え、助けがなければ何も成しえなかっ
ただろうということ。
親はもちろんのこと、
高校・
大学時代の恩師、
仲間、
実業団でのチームメイト
やスタッフ。
たくさんの出会いがありました。
い
つか恩返しができたら、と思うと同時に、いや、
こうやって今の仕事を全力でやることが最大の
-6-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
現場で活躍するアナリスト(バレーボール)
鹿屋体育大学体育学部
女子バレーボール部
曽我部萌
試合前と試合後に、自作の資料をもとに全員で
私は大学2年生の夏からアナリストをはじめ
ました。
始めたころは、
データを打つだけで精一
映像を見ながらミーティングを行っています。
杯でしたが、今ではデータを打ちながら対戦相
スタッフでは、試合前と試合後のデータの比較
手や自チームの弱点や特徴を見つけることが楽
をし、その中で勝った原因と負けた原因を見つ
しいと感じています。
大学では選手の経験もあり、
けます。この作業はたくさんの発見がありとて
選手の立場で戦術を考えてみたり、客観的にチ
も面白いです。
ームを見たりと様々な視点でゲーム分析が出来
ました。練習中は選手が気づかないところに目
大学でアナリストをしていたときは、私がミ
を向け、気づいたことはその場でアドバイスを
ーティングですべての戦術を言い過ぎて選手が
します。
アナリストは、
相手の特徴も大切ですが、
戦術を考えることが減ってしまっていました。
まずは自チームを知り尽くすことが第1の仕事
この反省を糧に、現在は選手同士の会話の中で
だと思いました。
自チームを知り尽くしていれば、
戦術が生まれるようにヒントだけを言うように
勝つための戦術はいくらでも見つかります。
心がけています。ある選手には、
「対策がわかり
やすいし、ミーティングで選手同士の会話が増
えた。
」
と言われました。
現在は、Vプレミアリーグに所属しているパ
イオニアレッドウィングスでアナリストをして
Vリーグでは、
何回も同じ相手と試合をします。
います。
Vリーグの試合会場にはアナリスト専用
お互い相手を知っていても、メンバーが同じで
の席が用意されており、
試合中は、
ベンチと通信
も戦い方は毎回変わります。戦術によって勝敗
を行い、
随時戦術を確認しています。
も変わります。
できるだけ選手との会話を増やし、
試合中の活動の様子
ミーティングの様子
-7-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
私が考える戦術と選手が考えている戦術をすり
ーション能力」など様々な面で成長することが
合わせ監督に伝えるようにしています。戦術や
できました。アナリストになるきっかけを下さ
対策がうまくいき、勝った時はとてもうれしい
った濱田先生をはじめ、アナリストとして関わ
です。
ったすべての方に感謝しています。今後もたく
私はアナリストを経験して
「客観的な視点」
「
、分
さんの分野でこの経験を活かしていきたいです。
析力」
「
、プレゼンテーション能力」
「
、コミュニケ
前列右から4番目
(中央)
が筆者
-8-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
鹿屋体育大学男子バスケットボール部における
アナリスト活動
鹿屋体育大学大学院
森重貴裕
鹿屋体育大学スポーツパフォーマンス系
スポーツ情報センター
高橋仁大
バスケットボールにおいてスカウティングは
ム分析ソフトである SportsCode(Sportstec 社)
試合に勝利するための重要な手段の一つである。
を用いて個人のプレー、チームのプレーを短く
アメリカでは多くのプロスポーツチームにアナ
編集してミーティング等で活用する、②それら
リストやビデオコーディネーターと呼ばれるス
の映像を動画としてiPod(iPod touch)に入力し
カウティングを専門に行うスタッフが在籍して
て選手に配布する、③アナリストによる映像分
いる。
析を基にしたスカウティングレポートを作成し
選手に配布する、
という三点を基本構想とした。
日本においては、ビデオ映像などを用いたス
カウティングの重要性は指摘されているものの、
SportsCodeとはビデオカメラで撮影したゲー
スタッフの配置や予算の確保などの課題もあり、
ムの映像をパソコンに取り込み、ゲーム中に選
広く一般的に行われているとは言い難い。
手が実施したプレーをパソコン上で入力するこ
しかしICT(Information and Communication
とにより、様々なプレーのダイジェスト映像を
Technology)と呼ばれる情報通信技術に関する
生成することのできるソフトウェアである。対
近年の急速な発展は、機器の低価格化やそれに
戦相手のスカウティングを行うために、組み合
基づく広範化をもたらし、これらの課題を克服
わせが決定後、
対戦相手の映像をDVDで入手した。
することにもつながると予想される。
これにより、
その映像を基にSportsCodeを用いてスカウティ
今後のスポーツにおけるビデオ分析が広範に、
ングを行った。SportsCodeを用いた映像の編集
一般的に行われると考えられる。本学のスポー
を行う際は、コードウィンドウと呼ばれるウィ
ツ情報センターには、映像を用いて分析を行う
ンドウに分類したいプレーをボタン化し、その
ための機器が十分に揃っている。
ボタンによって試合の映像を編集する。コード
本学男子バスケットボール部がゲーム分析サ
ウィンドウは分析したい項目に応じて作成する
ポートを取り入れ始めた2009年の天皇杯ではプ
ことができるので、様々な競技に応用すること
ロチームに勝利し、天皇杯において初勝利を挙
ができる。
げた。
また2009年の全日本インカレでは第4シー
このように編集した映像を用いて、スカウテ
ドのチームに勝利し、全日本インカレにおいて
ィングレポートを作成した。スカウティングレ
初のベスト8に進出し7位という成績を残した。
ポートには、個人のシュートシーンの映像から
そこで本稿では、本学男子バスケットボール部
読み取ることができる個人のプレーの特徴や、
が出場した2つの大会における、
スポーツ情報セ
チームとしてのプレーの映像から読み取ること
ンターの機器を用いて行ったゲーム分析サポー
のできるチームとしてのプレーの特徴を記した。
トの手法についてその実践事例を紹介する。
またインターネット上の対戦相手の大学の所属
する地区のリーグのホームページとパンフレッ
映像を用いたゲーム分析を行う上で、
①ゲー
-9-
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
トから、対戦相手の予想されるスターティング
やすくなった。またミーティングで映像を見せ
メンバーと個人やチームのスタッツなどの情報
るだけでなく、対戦相手の情報を詳細に記した
を記載した。
このスカウティングレポートは、
ア
スカウティングレポートを配布することによっ
ナリストである筆者が作成した。
て、対戦相手に対する対策についての選手と指
さらにSportsCodeで編集した映像に関しては、
導者側との共通理解が深めることができた。
変換してiPodに保存した。
今回使用したiPodは、
iPod に入力して選手に配布することにより、
い
本学のスポーツ情報センターが所有しているも
つでも、
どこでも情報を視聴できるようになり、
のを15台選手に貸与した。
相手チームのプレーのイメージを獲得しやすく
なった。またそれらの映像をスカウティングレ
ポートに記された相手選手の特徴と合わせて見
ることによって、相手チームや個人の特徴をよ
り効果的に選手に伝えることができた。
これらの様々な機器を組み合わせてゲーム分
析サポートを行うことによって、より効率的な
ゲーム分析サポートを行うことが可能となった。
今後もスポーツ情報センターと連携を図りなが
iPodの映像とスカウティングレポートを確認する選手
ら更に成績を向上させていきたい。
チーム全体でのミーティングは、スカウティ
ングレポートを参考にしながら、SportsCodeで
編集した映像を見る形で行った。SportsCodeで
編集した映像を中心にミーティングを行い、ス
カウティングレポートも同時に配布した。ミー
ティング終了後に編集した映像を保存したiPod
を個人に配布した。選手はiPodとスカウティン
グレポートをちょっとした移動の時間などで活
用していた。
選手に映像の提示を行う際に、SportsCodeに
Sports Codeによる映像分析の様子
よって編集した対戦相手のポイントやシュート
本稿は鹿屋体育大学男子バスケットボール部におけるア
ナリスト活動について、既に掲載された論文(森重ら(2010)
バスケットボールにおけるゲーム分析サポートの実践事例.
スポーツパフォーマンス研究、2,207-219 http://sportsperformance.jp/paper/1011/1011.pdf)を修正・再構成した
ものである.
詳細については出典を参照されたい.
シーンについてのダイジェスト版を見せること
によって、
選手は対戦相手についてより意識し
- 10 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
全日本柔道連盟の映像・ゲーム分析
鹿屋体育大学伝統武道・スポーツ文化系
全日本柔道連盟強化委員会情報戦略部
中村勇
するSMARTシステムにもアップロードしている。
1.国際強化における映像部隊
全日本柔道連盟
(全柔連)
では主要国際大会の
このシステムは専用ソフトとパスワードがあれ
試合映像を収集し、選手の国際強化に活用して
ばサーバ上の映像をインターネット上で検索視
いる。以前はオリンピック、世界選手権、大陸選
聴できるシステムで、
大会、
開催年、
選手名、
階級
手権、それにフランス国際など一部の主要大会
などのキーワードで試合を検索できるものだ。
だけであったが、北京五輪後に新しくランキン
DVDの場合、
一大会の映像を現場に提供するのに
グ制度が導入されたこととそれに伴う国際大会
早くても一週間はかかっていたが、
サーバには2、
の再編によりマークすべき大会の数が増加して
3日以内にアップできるので現場ですぐに試合
いる。例えば2010年についてみるとシニア/ユ
内容を確認することが可能になった。
しかし、
道
ース/ジュニアの国際大会あわせて19大会の映
場内や合宿先でのネット環境は不十分であった
像を収集している。国際大会が多いシーズン(1
り、
コーチらが操作を面倒くさがったりするため、
〜2月)
になると映像担当者は毎週末あちこちに
DVD化は欠かせないのが現状である。
強化現場に提供する二つ目の映像は大会前の
飛び回る状況である。
この試合映像を担当するのは全柔連強化委員
直前対策用である。例えば「最近2年間のフラン
会の情報戦略部と国立スポーツ科学センター
(JISS)
スのA選手の対左組みの試合」や「ランキング10
のマルチサポートプログラムである。また近年
位までの選手の対日本人戦」のように試合を指
はフランス柔道連盟を中心とした海外チームと
定する場合もあれば、
「最近流行っている返し技
も連携し、
相互に未派遣大会の映像を交換したり、
の技術」などピンポイントで技術や状況を指定
国際合同チームを組んで撮影することもある。
したハイライトシーンを求める場合もある。
柔道では最長でも8分間という短時間に攻防
映像について現場は加工や分析を加えるより
のテンポが速い試合展開が特徴であり、一度試
とにかく試合全体がわかるようにしてくれと言
合が始まると途中では戦術変更できにくい。そ
う。フランスはダートフィッシュなどを使った
のため試合前における研究や対策の重要性は非
加工映像や統計データを提供するようだが、我
常に大きく、
ゆえにビデオ研究は必須である。
が国の強化現場は試合全体をまるごと見て試合
の流れや選手のくせなど全体を選手やコーチ自
らの目で見て主観的に判断することを好む。
2.映像の活用方法
現在、
強化現場に提供する映像は3種類ある。
現場が求める三つ目の映像は試合中のフィー
まずは試合後に代表選手自身のフィードバッ
ドバック(即時フィードバック)である。柔道の
クや海外ライバル選手の試合内容を見るために、
試合は一日に決勝戦まで何試合も行うが、とき
試合を丸ごとDVDに入れると同時にJISSが運営
どき次の対戦選手の、
その日の試合内容を見た
- 11 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
いという要望がくる。
これに対応するため、
SDカ
3.まとめ
ードに撮影した映像を頻繁にハードディスク内
柔道の国際強化ではなるべく未加工の「素」の
蔵のビューワー機器に蓄積することで急な要求
映像を、現場が必要とする場合に迅速に提供す
にも対応できるようになった。さらに昨年から
ることが求められている。海外の強化は相手や
はiPadを用いたより利便性が高い方法も試験運
ルールによって対応を変える対処療法的な方式
用している。将来的に撮影側に簡易サーバを立
なのに対し、日本は基本となるスタイル(「正し
ち上げ、
無線LANでアリーナからアクセスできる
い姿勢でしっかり組んで最後まで技を掛けきる」
)
ようになればさらに楽になるのだが、現状では
があってそれを軸にした対策のため、選手自身
無線LAN経由での安定した接続が確保できなか
やコーチが自分の眼で見て直感的に理解すれば
ったり、
電源の問題などで実用化は難しい。
撮影
十分なのだろう。
は海外で行うことが多く必ずしも万全の撮影環
最近は試合映像を強化用途ばかりでなく、例
境が得られないことの方が多いので、システム
えば国際柔道連盟との交渉用プレゼンテーショ
はなるべく保守的にというのが我々の経験則だ。
ンなどでの使用が増えてきた。例えば最近のル
フランスチームはハイビジョン画質でより見
ール改定は我々が準備した映像資料がきっかけ
栄えがいい映像を好むが、日本チームは即時フ
となっている。今後はこのように様々な用途に
ィードバックのために現在も編集しやすいSD画
対応できる体制を最適化していく必要がある。
質にこだわっている。各国それぞれのスタイル
の違いがあって面白いが共同作業をする場合は
これが問題となったりすることもある。
- 12 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
日本テニス協会の映像・ゲーム分析活動と
その変遷
日本テニス協会ナショナルチーム情報戦略スタッフ
池田亮
現在日本テニス協会(JTA)では日本代表チー
ゲームのディティールを情報として結びつける
ムおよび代表チームの候補選手(これらを総称
形で付加していくというものであり、このソフ
してナショナルチームとJTA内では呼称してい
トを利用してゲーム後に選手、
コーチ、
監督など
ます)のサポートとして主に試合映像撮影とフ
を交えて映像を見ながらミーティングを行うた
ィードバックを中心にしたサポートを行ってい
めの環境を作っています。
ます。
これらのサポートの必要性に関して現場のコ
ーチ達からリクエストが出て、
JTA内部において
組織的に活動を始めたのはおおよそ2005年あた
りからになります。
当時の女子の国別対抗戦の代表チーム監督か
ら映像を使った日本のトップ選手のサポートに
関しての相談が持ちかけられ、
JTAのスポーツ医
科学委員会
(当時)
と国立スポーツ科学センター
(JISS)
情報研究部の間で協同して国内の国際大
会における試合映像の撮影を行い始めたのが最
2010楽天オープンの様子
初の組織的活動になります。当初私はJISS側の
今現在に至ってある程度映像を使ったサポー
スタッフとしてこの活動に参加していました。
トの形が固定されていますが、この形を作り出
当初は国別対抗戦における対戦相手になる国
していく課程は様々な紆余曲折がありました。
の選手の映像を収集するという事と、日本のナ
紆余曲折した原因は大きくは二つあり、一つ
ショナルチームの選手の試合映像の撮影を行う
目は監督やコーチなど、強化現場の指導者と密
ことが主目的として始められました。これらは
にコミュニケーションを取ることが必要であっ
現在の活動においても大きなウェイトを占めて
たこと、二つ目は使用する機材の進歩が2000年
います。
代後半から今現在も尚、急激なペースで続いて
いる事です。
また最初にリクエストがあがった国別対抗戦
1点目のコミュニケーションに関してですが、
の試合時においてはコンピュータのゲーム分析
用ソフトを使ったサポートも当初から行われて
基本的に撮影は選手の指導者が使いやすいよう
います。これは試合中にビデオカメラで撮影さ
に撮ることが求められます。最終的に映像を見
れる映像をリアルタイムにコンピュータのハー
て判断するのは選手になるので、当然ながら選
ドディスクに映像ファイルとして記憶しつつ、
手本人のニーズを拾い上げサポートで撮影する
- 13 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
映像に反映させる事も必要な要素ですが、
この点
るところから始まっています。これが接するコ
に関して明確なリクエストを意志として持って
ーチが増えるたびに行われ、その一つ一つのニ
いる選手は少なく、
選手のニーズだけでサポート
ーズにどうやって対応するかをその度に工夫す
の仕組みを組み立てると、
あまり有機的で意味の
る必要が出てくることになります。これが大き
あるサポートには繋がらないことが多くなります。
な紆余曲折の一つの原因です。
この点をカバーするのがその選手を担当する
指導者がいったい何を伝えてその選手のパフォ
ーマンスを向上させたいと思っているのか?と
いう点に関してしっかりと把握しておくことです。
JTAナショナルチーム内においては様々な専門
家が様々な見方で選手に対して接します。
例えば
トレーニングを担当するフィジカルコーチであ
ったり、ドクターだったり、ケア等を担当するア
スレティックトレーナーであったり、
私のような
情報戦略スタッフとしてといった形です。
ただし
ナショナルチームとして最終決断し、
選手に1対1
2010フェドカップ撮影の様子
翌日の対戦相手を中心に撮影し、
夜に選手に映像を
フィードバックした
で総合的に接して方向性を決めていくのは、
各カ
二つ目の原因としてはここ近年でのテクノロ
テゴリーの代表監督を初めとするコーチの役割
ジーの発達が大きな理由になります。サポート
になります。
そういった中でコーチが中長期的にみてその
を開始した当初に撮影するために使っていた道
選手とどのような方向を見ているのか?そうい
具はミニDVテープで撮影する家庭用のビデオカ
った点への対応ができるような素材を準備する
メラであり、スーパースローが撮影できるハイ
事がコーチ以外のサポートスタッフの大きな役
スピードカメラは全ての装備を含めると重さ
割になっており、
この点に関して常にコーチとコ
50kg近く、
かつ120分のVHSテープ1本で30分の時
ミュニケーションを取っておく必要があります。
間しか取れないというものでした。
こういった点に関して把握する体制を作るには、
これが現在はテクノロジーが発達し、家庭用
まず自分自身の事をスタッフとして信用しても
カメラでもメモリやハードディスクを使って無
らわなければならず、
信用を得る事でより密にコ
尽蔵にハイビジョン映像が取れるようになり、
ミュニケーションが取れることになりますので、
かつバッテリーも長持ちするようになっていま
まずはサポートスタッフとしての信用を獲得す
す。
なおかつ50kg近い重さがあったハイスピー
- 14 -
ドカメラは200gに満たない重さのコンパクトデ
るような部分でも自分で様々な事をセットアッ
ジタルカメラでメモリを使って無尽蔵に撮れる
プする必要があり、ただ単に映像をとって選手
ようになっています。
にフィードバックする事だけが私の仕事ではな
これらの新しいツールを導入して如何に効率
いのが実状です。
よくサポートを行う体制を作れるか?またでき
以上のような変遷でテニス協会における映像・
るだけ選手がストレスを感じる事なくフィード
ゲーム分析サポートは形作られてきました。こ
バックを行う流れを作っていくのか。という点
れらのサポートは近年になって一気に現場に近
でここ数年の間の機器の発達はめざましいもの
いものへと発展し、要求されるニーズは深く多
があり、サポート体制が紆余曲折する原因にな
様なものになってきています。こういった発展
っています。
をどう柔軟に強化現場に取り入れていくかが国
余談となりますが、こういった機器を導入す
際的な競技力向上における大きなキーファクタ
るにしても当然ながら資金的バックグラウンド
ーとなっている事だと、
強化の現場において日々
が必要になります。どうやってそういった資金
ひしひしと感じています。
を確保するのか?といったマネジメントに関わ
- 15 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
国立スポーツ科学センターの映像・ゲーム分析
国立スポーツ科学センタースポーツ情報研究部
永尾雄一
昨年11月に中国・広州にて開催されたアジア大
要望は高い。JISSや味の素ナショナルトレーニ
会での日本人アスリートの活躍は記憶に新しい
ングセンター (以下NTC) 内には様々な競技の
ところであろう。国立スポーツ科学センター
専用施設があるが、そのほぼ全てに映像収録シ
(Japan Institute of Sports Sciences:以下
ステムの一部としてリモートコントロールでき
JISS)は、
国際舞台で活躍する日本人アスリート
る天井カメラが設置され、分析を援助する環境
の競技力向上のために、医科学や情報など様々
が整えられている。
な側面から研究・サポート活動を行っている。
現
シンクロナイズドスイミングプールにおいて
在も、
来年に迫ったロンドンオリンピック、
そし
は、
前述した天井カメラの他に、
同じく天井に魚
てソチ冬季オリンピックに向けて、JISS内施設
眼カメラを導入している。
当該競技では、
映像を
でのトレーニングサポートや、国際大会や強化
デジタイズして、選手の移動量などを計測する
合宿へ帯同してのサポートを積極的に行ってい
分析を行っている。この分析を実施するために
る。
そこで本稿では、
多くのサポート活動の中か
は、
プール直上からの撮影が有効であり、
かつ同
ら、
特に映像に関するサポート活動に着目し、
そ
一画角にプール全体が入るようにカメラを設置
の活動内容と機器環境について報告する。
することが分析の効率化に繋がる。天井高の低
い当該プールのおいてこのような条件を満たす
ために魚眼カメラが導入された。
今後、
魚眼カメ
●映像分析
ラの歪んだ映像を補正し、データを分析するた
ひとくちに映像分析といっても、得たい情報
めのソフト開発・導入を検討している。
が何かによって、映像の用い方や分析方法は異
なる。例えば、レース系の競技においては、上位
の外国人選手と日本人選手との間でコース取り
の比較を行い、パフォーマンスにどのような差
異があり、そこでどれほどのタイム差が生じて
いるのかを分析することが求められる場合があ
る。
このような要望に対して、
我々はダートフィ
ッシュ (http://dartsh.co.jp) など特殊な映
像分析ソフトを用いて、競技団体が求める分析
情報の提供を行っている。
分析したい内容によっては、特殊な画角 (ア
シンクロプール
天井部に天井カメラと魚眼カメラが設置されている
ングル) から撮影する必要がある。特に天井か
ら競技場全体を撮影できるようにすることへの
- 16 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
ラはJISS施設内だけではなく、国内の主要大会
が行われるプールにも持ち込み、撮影を行って
いる。
天井カメラや水中窓および水中カメラなど、
JISS・NTC各競技施設に設置されている映像収録
システムのカメラは全てフルハイビジョン対応
であり、どの視点からの映像であっても高画質
での収録を可能としている。
●ゲーム分析
競泳プールには水中窓カメラが9台設置されている
ゲーム分析は、主に対戦系競技へのサポートに
天井からの映像以外にも、シンクロナイズド
おいて行われている。
分析においては、
フィット
スイミングや競泳では水中での動作を撮影し、
ネスアポロ社のスポーツコードというゲーム分
パフォーマンス評価のための分析を行ってい
析ソフトが多く使用されている。
例えば、
ハンド
る。
分析に必要とされる映像を撮影するために、
ボールに対するサポートでは、JISSのサポート
それぞれの競技施設にはプール自体に複数の水
スタッフが独自にコード入力用のキーボードを
中窓が設置されており、ぞれぞれの窓に映像シ
作成し、リアルタイムコード入力を効率的に行
ステムに組み込まれたカメラが設置されてい
う取り組みを行っている。
この他にも、
テニスや
る。
競泳プールにおいては、
スタート後の入水か
バドミントン、最近ではフェンシングへのサポ
らターンまでの50メートルの泳動作全てが撮影
ートにおいて、スポーツコードを用いたゲーム
できるよう水中窓カメラが設置されており、プ
分析が盛んに行われている。
ールサイドにあるスイッチャを用いて映像収録
ゲーム分析サポートにおいては、その多くの
を可能としている。シンクロナイズドスイミン
場合で、分析結果の即時的なフィードバックが
グプールでは、
水中窓カメラ以外にも、
実際に水
重要視される。JISSのサポート活動においても
中に沈め、より自由な角度から水中撮影を可能
この即時性を実現するために、各サポートにお
とするカメラを導入し、分析に必要な映像を撮
いてコード入力方法や、分析結果を競技団体が
影している。これらのカメラで撮影された水中
求める形に効率的にまとめ上げるためのエクセ
映像は、
デジタイズ処理などを行い、
ストローク
ルシートの作り込み等、求められる分析データ
長や回転スピード、泳力などが分析されパフォ
の提供のために工夫を重ねている。
ーマンス評価に用いられている。
特に、
水中カメ
- 17 -
● 特集 映像・ゲーム分析最前線
New era of performance analysis in sports
●最後に
映像分析のために用いることができる機器やソ
フトウェアは、近年の技術革新により数多く存
在し、それらが持つ機能も幅広い。しかし、実際
のサポート現場で大切なのは、ソフトなどの全
ての分析機能を使い切ることではなく、求めら
れる分析を行うために必要な機能は何かを厳選
することである。JISSのサポート活動において
も、限られたサポートスタッフ数と限られた時
間の中で分析活動を行う必要があり、分析方法
もより効率的な方法を選択していくことが大切
である。競技団体が求めている情報は何かを正
確に把握し、それを提供可能な分析方法を過不
足無く考案していくことが、映像分析サポート
には求められる。
- 18 -
● センター利用状況
教育用PC利用状況
2008年度
演習室I
演習室II
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
図書館
利用アカウント数
ログイン数
就職資料室
利用アカウント数
計
ログイン数
利用アカウント数
4月
1493
589
703
350
449
166
864
262
5月
1200
390
686
297
539
206
1044
286
6月
1136
355
579
251
514
192
1019
272
7月
1886
457
842
320
708
250
1313
363
8月
94
65
194
102
104
55
385
160
9月
204
15
302
127
134
69
511
183
10月
1727
497
923
335
642
234
1184
319
11月
1413
404
752
277
626
222
1073
315
12月
1413
404
752
277
626
222
1073
315
1月
1770
512
928
321
1378
247
1028
319
2月
565
315
571
291
1162
227
950
334
3月
82
9
261
130
466
72
496
195
計
12997
4040
7547
3086
7391
2155
10870
3336
3509
3469
3248
4749
775
1151
4476
3864
3864
5104
3248
1305
38805
783
636
552
650
266
294
674
609
609
675
619
291
12617
4月
1716
631
694
349
1282
200
1035
6月
1020
410
543
265
551
230
815
311
7月
1850
485
875
358
1051
307
1525
412
8月
99
44
267
144
131
74
523
320
5月
1598
444
723
325
72
255
1171
356
223
9月
126
25
225
129
167
86
687
227
10月
1655
471
994
376
625
202
1363
358
11月
1185
345
391
289
588
216
1015
324
12月
1574
379
760
321
642
216
1101
357
1月
1602
430
962
408
768
268
1152
407
2月
746
313
622
307
617
226
948
348
3月
14
5
272
167
156
226
484
207
計
3185
3982
7619
3438
7330
2506
11819
3850
4727
4244
2920
5301
1020
1205
4637
3479
4077
4484
2933
926
39953
645
646
13776
2009年度
演習室I
ログイン数
利用アカウント数
演習室II
ログイン数
利用アカウント数
図書館
就職資料室
計
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
829
698
625
723
343
365
723
599
643
644
4月
2026
625
873
448
560
202
919
314
5月
1369
455
865
348
716
261
1221
366
6月
1769
426
908
361
707
244
1112
352
7月
2001
508
980
394
953
311
1297
422
8月
38
28
248
137
93
58
480
227
9月
0
0
212
102
131
65
464
178
10月
1544
535
963
409
572
207
1137
363
11月
1145
358
724
306
576
227
1050
363
12月
1099
358
732
306
534
197
1032
355
1月
---------
2月
---------
3月
---------
計
11018
3293
6505
2811
4842
1772
8712
2940
4378
4198
4496
5231
859
807
4216
3495
3397
--
--
--
31077
829
698
625
723
343
365
723
599
643
--
--
--
10816
2010年度
演習室I
演習室II
図書館
就職資料室
計
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
ログイン数
利用アカウント数
6000
5000
4000
3000
2000
ロ
グ
イ
ン
数
1000
0
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
- 19 -
12月
1月
2月
3月
● センター利用状況
演習室プリンタ利用履歴
2008年度
授業用印刷
モノクロ
カ ラ ー
計
4月
851
1
852
5月
182
0
182
6月
119
0
119
オンデマンド印刷
モノクロ
カ ラ ー
小 計
2934
170
3104
2872
72
2944
3956
総
計
7月
648
0
648
8月
8
0
8
9月
0
0
0
10月
338
0
338
2552
206
2758
4801 1225
252
147
5053 1372
704
51
755
4544
265
4809
3126
2877
5701 1380
755
5147
4月
188
0
188
5月
0
60
60
6月
99
0
99
8月
1
0
1
9月
0
0
0
10月
98
0
98
5801
341
6142
9170
369
9539
7555 11522 2225
1761 1675
489
9316 13197 2714
2077
219
2296
6330
9599
9415 13955 2715
2296
4月
302
0
302
5月
3月
0
0
0
計
2764
1
2765
4800 9557 15892
201
742 1009
5001 10299 19601
6584 1943
2240
69
8824 2012
58408
5424
63832
5082 10525 17192
8844 2012
66597
11月
81
0
81
12月
226
0
226
1月
291
0
291
2月
20
0
20
2009年度
授業用印刷
モノクロ
カ ラ ー
計
モノクロ
オンデマンド印刷
カ ラ ー
小 計
総
計
7月
458
0
758
2月
26
0
26
3月
0
0
0
計
1357
60
1417
9177
442
9619
6913 13557 24697 11662
633
941 1497
931
7546 14498 26194 14498
2682
1488
4170
107038
10786
117824
9717
7551 14662 26212 14662
4170
119241
計
2222
3
2225
11月
5
0
5
12月
164
0
164
1月
18
0
18
2010年度
授業用印刷
モノクロ
カ ラ ー
計
モノクロ
カ ラ ー
小 計
総
計
6月
13
1
14
7月
436
0
436
8月
12
0
12
9月
0
0
0
10月
1171
0
1171
11月
69
1
70
12月
157
0
157
8979 9728 9233 12676 1394
910
97
1047
760 1518
10026 10488 10751 13586 1491
1431 11970 8227 11764
98
490 334
852
1529 12460 8561 12616
10328 10551 10765 14022 1503
1529 13631 8631 12773
1月
----
2月
----
3月
----
-----
-----
-----
月間総印刷面数
30000
25000
20000
15000
10000
5000
0
2008/4
2008/5
2008/6
2008/7
2008/4
2008/8
2008/9
2008/10
2008/11
2008/12
2009/1
2009/2
2009/3
2009/4
2009/5
2009/6
2009/7
2009/8
2009/9
2009/10
2009/11
2009/12
2010/1
2010/2
2010/3
2010/4
2010/5
2010/6
2010/7
2010/8
2010/9
2010/10
2010/11
2010/12
オンデマンド印刷
62
1
62
- 20 -
75402
6106
81508
83733
● センター利用状況
機器貸出状況
機器名称
貸出総日数(件数)
所有台数
(2010現在)
2008年度
2009年度
2010年度※
モーションキャプチャシステム
MAC 3D
1+1
410(36)
609(42)
474(41)
視線計測システム
Eye Mark Recorder
1+1
284(29)
263(20)
94(7)
メモリ式高速度カメラ
fx-k5
1
126(18)
157(16)
59(9)
テープ式高速度カメラ
HSV-C3
1
84(10)
21(3)
35(6)
高速度デジタルカメラ
EX-F1
4
-
415(32)
626(45)
デジタルビデオカメラ
DV/DVD/メモリ/HDD
13
1061(72)
1666(94)
1209(76)
映像分析システム
DARTFISH
5
388(26)
1118(43)
895(106)
動作分析システム
WinAnaiyze
1
206(14)
323(20)
119(7)
ビデオ分析システム
Sports Code
1
150(11)
400(10)
142(4)
ビデオ分析システム
gamebreaker
3
100(6)
509(26)
184(11)
動作比較/編集システム
Media Blend
1
31(2)
7(1)
36(3)
※2010年度は12月末までの貸出数
ソフトウエア利用申請数
※継続利用・廃棄分は含まない
ウイルスソフトウエア利用状況
2008
2009
2010
4月
4
2
9
5月
3
4
0
6月
0
3
2
7月
4
1
5
8月
2
1
0
9月
2
0
1
10月
4
0
1
11月
1
2
1
12月
8
2
2
8月
0
0
3
9月
0
0
1
10月
0
0
13
11月
2
5
6
12月
0
1
0
12月
2月
3
2
-
3月
3
2
-
計
1月
0
1
-
2月
0
2
-
3月
0
1
-
計
1月
5
2
-
2月
5
3
-
3月
0
1
-
計
96
35
54
1月
3
1
-
37
20
21
統計ソフトウエア(SPSS)利用申請数
2008
2009
2010
4月
0
0
3
5月
1
2
1
6月
0
0
1
7月
0
1
0
3
13
28
パスワード再発行状況
2008
2009
2010
4月
5月
43
16
18
9
3
0
6月
7月
8月
9月
10月
11月
4
1
4
5
2
7
1
0
0
2
0
1
11
2
17
3
3
6
- 21 -
8
2
1
鹿屋体育大学スポーツ情報センター規則
平成10年10月26日
規則第2号
改正) 平成15年3月31日
規則第20号
平成16年4月1日
規則第47号
平成19年3月22日
規則第27号
(趣旨)
第1条 この規則は、
国立大学法人鹿屋体育大学通則
(平成16年規則第1号)
第35条第2項の規定に基づ
き、
鹿屋体育大学スポーツ情報センター
(以下
「センター」
という)
に関し、
必要な事項を定める。
(目的)
第2条 センターは、
本学の情報処理機能の高度化と学外の情報ネットワークとの連携を推進し、
マルチメデ
ィアを活用した教育及び研究に資するとともに、
情報の発信を通して体育・スポーツの進展に寄与す
ることを目的とする。
(組織)
第3条 1.センターに次の職員を置く。
(1) センター長
(2) 教授、
准教授、
専任講師又は助教
2.センター長は、
本学の教授又は准教授をもつて充てる。
3.センター長は、
センターの管理運営に関する業務を掌理する。
4.センター長の選考に関し必要な事項は、
別に定める。
(委員会)
第4条 1.センターの運営に関する重要な事項については、
学術情報・産学連携委員会のもとに置く図書情
報専門委員会
(以下
「専門委員会」
という)
において審議する。
2.専門委員会に関し必要な事項は、
別に定める。
(雑則)
第5条 この規則に定めるもののほか、
センターに関し必要な事項は、
別に定める。
(事務)
第6条 センターに関する事務は、
学術図書情報課において処理する。
附則
1.この規則は、
平成10年12月1日から施行する。
2.この規則の施行後、
最初に任命される委員の任期は、
第4条第3項の規定にかかわらず、
平成11年3月3
1日までとする。
附則
(平15.
3.
31規則第20号)
1.この規則は、
平成15年4月1日から施行する。
2.第4条第2項第3号の委員で、
講座からの選出により現に任命されている者については、
当該号に基づく
系からの選出により任命されたものとみなす。
附則
(平16.
4.
1規則第47号)
この規則は、
平成16年4月1日から施行する。
附則
(平19.
3.
22規則第27号)
この規則は、
平成19年4月1日から施行する。
- 22 -
鹿屋体育大学スポーツ情報センター長選考規則
平成10年10月26日
規則第3号
改正)平成16年4月1日
規則第36号
平成19年3月22日
規則第13号
(趣旨)
第1条 この規則は、
鹿屋体育大学スポーツ情報センター長
(以下
「センター長」
という)
候補者の選考及び任
期等の基準を定めるものとする。
(選考機関)
第2条 センター長の候補者の選考は、
教育研究評議会の意見を聴いて、
学長が行う。
(選考の時期)
第3条 1.センター長候補者の選考は、
次の各号の一に該当するときに行う。
(1) センター長の任期が満了するとき。
(2) センター長が辞任を申し出たとき。
(3) センター長が欠員となつたとき。
2.センター長候補者の選考は、
前項第1号に該当するときは、
任期満了の1月以前に、
同項第2号
又は第3号に該当するときは、
それぞれ当該各号に該当する事由が生じたとき速やかに行うも
のとする。
(センター長候補者の資格)
第4条 センター長候補者は、
本学の教授又は准教授とする。
(任期)
第5条 1.センター長の任期は、
2年とし、
再任を妨げない。
2.センター長が任期満了前に辞任し、
又は欠員となつたときの後任者の任期は、
前項の規定にかか
わらず、前任者の残任期間とする。
(細則)
第6条 この規則の実施に必要な事項は、
学長が定める。
附則
1.この規則は、
平成10年12月1日から施行する。
2.この規則の施行後最初に任命されるセンター長の任期は第5条第1項の規定にかかわらず平成12年3月
31日までとする。
附則
(平16.
4.
1規則第36号)
この規則は、
平成16年4月1日から施行する。
附則
(平19.
3.
22規則第13号)
この規則は、
平成19年4月1日から施行する。
- 23 -
鹿屋体育大学情報セキュリティー基本方針
平成16年4月1日
学長裁定
改正) 平成17年2月1日
規則第20号
1 目的
鹿屋体育大学
(以下
「本学」
という。
)
が高度情報社会において学術研究・教育活動をより一層推進するため
には、
情報基盤の整備に加え情報資産を重要な資産として保護・管理することが必要である。
このため、
本
学は、
情報セキュリティの確保を図り、
情報資産に対する適切な安全対策を実施するために情報セキュリ
ティポリシー
(以下
「ポリシ」
ーという。
)
を定め、
以下の方針に基づき本学の全構成員
(非常勤職員を含む。
以下同じ。
)
による全学的な取り組みを展開していくこととする。
情報セキュリティに対する侵害を阻止する。
学内外の情報セキュリティを損ねる加害行為を抑止する。
情報資産の重要度に応じた分類と管理を行う。
2 用語の定義
ポリシーにおいて使用する用語の定義は、
以下のとおりとする。
(1)情報システム
ネットワーク機器、
コンピュータ機器、
基本ソフトウェア、
応用ソフトウェア、
システム設定情報、
記録媒
体、
システム構成図などの総称とする。
(2)情報資産
電子的に記録及び通信される情報、
情報を利用・管理する仕組み
(情報システム等)
の総称とする。
(3)情報セキュリティ
情報資産の機密性、
完全性及び可用性を維持することをいう。
機密性とは、
権限のある者にのみ情報資産が利用可能であることをいう。
完全性とは、
情報資産が正確かつ過不足のない状態にあることをいう。
可用性とは、
必要なときは常に情報資産を利用できることをいう。
3 ポリシーの構成
ポリシーは、
以下の3つの階層により構成する。
(1)情報セキュリティポリシー基本方針
(以下
「基本方針」
という。
)
本学の情報セキュリティに対する基本的な考え方と方針を示すものである。
学内外へポリシーの存在を知
らせ円滑な運用を図るために、
これを広く公開する。
(2)情報セキュリティポリシー対策基準
(以下
「対策基準」
という。
)
基本方針に基づき、
遵守事項など情報セキュリティ対策に関する全学的な基準を示すものである。
学生を
除く本学の全構成員に対して提示し、
周知するものとする。
本学の全構成員
(学生を除く。
)
以外の者につい
ては、
原則として非公開とする。
(3)情報セキュリティ実施手順
(以下
「実施手順」
という)3 。
情報セキュリティ対策を実施していくための具体的な手順を示すものである。
情報資産の重要度に応じ
て、
対策基準に反しない範囲で情報資産の管理を行うそれぞれの部局ごとに実施手順を定めることができ
る。
関係者以外の者には、
原則として非公開とする。
4 ポリシーの運営体制
ポリシーの運営のために、
以下の組織・体制を設ける。
(1)本学の情報セキュリティに関する最高責任者として、
最高情報セキュリティ責任者を置く。
- 24 -
(2)学術情報・産学連携委員会において、
ポリシーに関する事項の審議及び決定を行う。
(3)ポリシーの運用、
評価、
監査、
情報セキュリティを推進するための研修・教育等の具体的な事項については、
図書情報専門委員会
(以下
「専門委員会」
という。
)
において審議し、
実施に対する措置を行うこととする。
5 ポリシーの対象と責務
ポリシーは、
本学の全ての情報資産を対象とし、
本学の教職員
(非常勤職員を含む。
)
学生、
来学者などこれ
らの情報資産を扱う全ての者
(以下
「利用者」
という。
)
に対して適用される。
利用者は、
以下の基本原則を遵守しなければならない。
(1)利用者は、
研究、
教育及び事業など本学の目的に沿って情報システムを利用しなければならない。
(2)利用者は、
本学の情報資産のセキュリティ確保の必要性を認識し、
それぞれの立場に応じたセキュリティ
確保の責任を担う。
(3)利用者は、
このポリシー及び学内の規則等に定めるもののほか、
各種の法令及び社会的慣例についても遵
守しなければならない。
6 情報システムの管理
本学すべての情報システムについては、
管理者を設ける。
管理者は、
当該情報システムの情報セキュリティ
に関する責務を有する。
7 ポリシーの研修、
教育
ポリシーの周知徹底を図るために、
職員向けの研修や、
学生向けのオリエンテーション等を実施すること
とする。
利用者は積極的にこれらに参加するように努めなければならない。
8 ポリシーの監査
専門委員会は、
ポリシーの遵守について検証するため、
必要に応じてポリシーに関連する監査
(以下
「セキ
ュリティ監査」
という。
)
を実施できるものとする。
利用者はセキュリティ監査に協力する責務を有する。
9 ポリシーの評価と更新
専門委員会は、
ポリシーの運用実態等を調査し、
これに基づいたポリシーの評価を行うこととする。
また、
この評価結果に基づき、
ポリシーの更新について審議する。
10 罰則
利用者が故意又は過失によりポリシー等に違反したときは、学内の規則等に基づき措置されることが
ある。
附則
この裁定は、
平成16年4月1日から施行する。
附則
(平17.
2.
1)
この裁定は、
平成17年2月1日から施行する。
- 25 -
鹿屋体育大学スポーツ情報センター施設使用規定
平成16年7月15日
規則第13号
(趣旨)
第1条 この規程は、
鹿屋体育大学スポーツ情報センター規則第5条の規定に基づき、
鹿屋体育大学スポーツ
情報センター
(以下
「センター」
という。
)
の施設の使用に関し、
必要な事項を定める。
(使用者)
第2条 センターを使用できる者
(以下
「使用者」
という)
は,
次の各号に掲げる者とする。
。
(1)鹿屋体育大学
(以下
「本学」
という)
の学生及び教職員。
(2)センターの使用を申し出た学外者で,
センター長の許可を受けた者
(使用の範囲)
第3条 センターの施設
(以下
「センター施設」
という。
)
の使用は、
原則として本学の授業及び研究活動に限る
ものとする。
ただし、
本学の主催する行事、
学生の課外活動その他センター長が認めた行事等につい
ては、
この限りではない。
(使用時間帯)
第4条 1.センター施設を使用できる時間帯は、
別表の開室時間のとおりとする。
2.センター長が必要と認めたときは前項の規定にかかわらず、
開室時間を変更することができるもの
とする。
(使用の願出等)
第5条 1.前条第1項に定める開室時間以外にセンター施設を使用しようとする者又は第2条第2号に該
当する者はあらかじめ使用予定日の7日前までにスポーツ情報センター施設使用願、
(別紙様式。
以下
「使用願」
という。
)
を提出し、
使用の許可を得なければならない。
。
2.前条第1項別表の編集室・マルチメディアスタジオを使用する場合については前項の規定、
を準
用するものとする。
(使用可否の決定等)
第6条 センター長は前条の使用願に基づき審査の上、
使用の可否を決定し願い出た者に通知するものとする。
(使用の変更等)
第7条 第5条に基づきセンター施設の使用を許可された者が使用許可の内容を変更したいと、
きは、
事前に
変更の許可を受けなければならない。
第8条 使用者が、
使用を中止する場合は、
速やかにセンター長に届け出なければならない。
(使用許可の取消し)
第9条 使用者が次の各号の一に該当すると認められるときは、
センター長は使用許可を取り消すことがで
きる。
(1)使用願に虚偽の記載があつたとき
(2)使用者が許可内容を許可なく変更したとき
(3)その他本学の規則等に違反したとき
(規則等の遵守)
第10条 使用者は、
この規程、
情報セキュリティポリシー及び別に定めるその他の事項を遵守しなければなら
ない。
- 26 -
(消耗品等の負担)
第11条 センター施設の使用に際して必要となる消耗品等は、
原則として使用者が準備しなくてはならない。
(損害賠償)
第12条 1.使用者は、
施設等を常に良好な状態に保ち、
使用後は原状に回復しなければならない
2.使用者は、
故意又は過失によりセンター施設を損傷し、
又は紛失したときは、
その原状回復に必要
な費用を弁償しなければならない。
(雑則)
第13条 この規程に定めるもののほか、
センター施設の使用等に関し必要な事項はセンター長が、
別に定める。
附則
この規程は、
平成16年7月15日から施行し、
平成16年4月1日から適用する。
- 27 -
別紙様式
スポーツ情報センター施設使用願
平成
スポーツ情報センター長
年
月
殿
所 属 等
氏
名
フリガナ
電話番号
下記のとおりスポーツ情報センターを使用したいので、許可くださるようお願いします。
なお、使用にあたっては、関係規則等遵守します。
記
使 用 目 的
使 用 日 時
使 用 人 員
平成
年
日
時
日(
分
)
平成
名(学外者
使用施設等
学外の使用者
(所属、氏名)
備
〜
考
- 28 -
年
名)
日
時
日(
分
)
日
編集後記
映像・ゲーム分析最前線と題した本報には、本学の関係者で
あり、かつ様々な競技種目・分野の最先端で活躍している6名
の方からの、大変貴重な報告を掲載することができた。そのう
ち新村氏、池田氏、永尾氏は本学の卒業生でもある。ここにあ
らためて御礼を申し上げる。
この分野は、近年のICTの発達に伴って大きな変化を遂げて
いる。特にJISSの設立後は、現場での多彩な活用が目に見える
形で実感できるようになった。さらに用いられる機器の発達
も日進月歩であり、また5年もすれば、新しいテクノロジーに
基づく新たな分析ツールが出現していることだろう。
一方でこれらのツールを使いこなす人間の進歩といえば、
テクノロジーの進歩に比べればウサギと亀のようなものであ
る。追いついていくのが精一杯、というのが本音のところだろ
う。
しかしツールはあくまでもツールである。新たなツールが
出現するのは、そこに必要性があるからである。本報の報告の
いずれも、最適なツールを最適な形で活用しているだけなの
である。
近年の映像・ゲーム分析の隆盛は、スポーツの現場での必要
性にマッチするツールが、ようやく出現してきたことの現れ
とも言えるだろう。
加えて、それぞれの報告の裏に隠されているテーマは、
「コ
ミュニケーション」である。様々なツールを使いこなせればこ
れらの分析ができるというわけではなく、使いこなした結果
をいかに現場と共有することができるか、ということが実際
には最も問われるところなのである。コーチもアナリストも
同じ人間、そこにコミュニケーションが成立して初めて、映像
・ゲーム分析の力が発揮されるのである。
本学は様々なツールを実際に使用できるという、非常に恵
まれた環境が整っている。それらのツールを使えることはも
とより、実際の現場でどのように有効に活用していくか、現場
に即した教育を行っていくことも、今後必要となってくるだ
ろう。スポーツの現場を知り、さらにスポーツの分析を知る人
材こそが、両者のコミュニケーションを取れる、現場に必要と
される人材であると考えている。本報に執筆いただいた6名
をはじめとする、現場に必要とされる人材を育成してきたこ
とは、本学の大きなオリジナリティといっても過言ではない。
今後も彼らに続く人材の出現を願ってやまない。
(高橋仁大)
- 29 -
編集人
鹿屋体育大学
スポーツ情報センター/学術図書情報課
牛込哲平 内倉由夏 高橋仁大
東山政昭 和田智仁
スポーツ情報センター広報 第 2 号 2011
発行日:平成23年 3月31日 発行
発行所:鹿屋体育大学スポーツ情報センター
〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
印刷所:株式会社 オンデマンドスクエア
鹿屋体育大学スポーツ情報センター
〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
TEL.0994-46-5162 FAX.0994-46-4239
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement