ダイライトタンク 取扱説明書

ダイライトタンク 取扱説明書
取 扱 説 明 書
URL http://www.dailite.co.jp
ROTO-MOLDED POLYETHYLENE TANKS
東 京 本 社 〒108-6030 東京都港区港南2-15-1( 品川インターシティA棟30階)
TEL.03( 5461)7881( 代)/FAX.03( 5461)8815
E-Mail:[email protected]
大 阪 支 店 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-3(ノースゲートビルディング17階)
TEL.06( 6453)1333
( 代)/FAX.06( 6453)1335
E-Mail:[email protected]
名古屋営業所 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵一丁目19番30号(マザックアートプラザ16階)
TEL.052( 979)2010( 代)/FAX.052( 979)2012
E-Mail:[email protected]
仙 台 営 業 所 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-1( 仙台ファーストタワー10階)
TEL.022( 265)3531( 代)/FAX.022( 265)3546
E-Mail:[email protected]
福 岡 営 業 所 〒810-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-21( 博多駅前ビジネスセンタービル3階)
TEL.092( 413)7610( 代)/FAX.092( 413)7611
E-Mail:[email protected]
本 社 ・ 工 場 〒301-0852 茨城県龍ヶ崎市向陽台4-4
TEL.0297( 64)1001( 代)/FAX.0297( 64)7555
E-Mail:[email protected]
2015.08.5000
(S)
安全にお使いいただくために
目次
このたびはダイライトタンクをお求め頂きまして、誠に有難うございます。
警告
ダイライトタンクは特殊ポリエチレン樹脂を材料として成形された耐食性タンクです。
ご使用前に取扱説明書をよくお読みの上、正しくご使用下さい。
なお、取扱説明書はご使用になられるお客様で必ず保管して下さい。
■酸欠の危険性あり
タンク内に無断で入らないで下さい。酸欠の危険性があります。
タンク内に入る場合は、タンク内を十分に洗浄し、送風機等で換気を行い、酸素濃度測定及び
ガス検知を行い安全を確認し、監視人を配置して下さい。
1 タンク荷降
■転落の恐れあり
2 タンク設置と据付
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2∼7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9
無断でタンクの天板に乗らないで下さい。滑り落ちる危険性があります。
タンクの天板に乗る場合は安全帯等で転落を防止する安全措置をして、監視人を配置して下さい。
硝酸、フッ酸、塩酸、混酸等の強酸の場合は特に危険ですので天板に乗ることは厳禁です。
注意
3 部品取付
4 配管及び配管サポート
5 Z型の注意
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10
■火気厳禁
タンクに火気、蒸気等の高熱を近づけないで下さい。溶融することがあります。
■加圧減圧厳禁
タンクに加圧減圧がかからないようにして下さい。変形、破損の原因となります。
6 レベルゲージの組立
11∼13
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14・15
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16・17
7 ご使用上の注意
8 保守点検
■タンクローリーの空吹厳禁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
タンクローリーからの液のエアー圧送が完了したら、すみやかにコンプレッサーを止めて下さ
い。その後元バルブを少しずつ開け、残圧で残液を送るようにして下さい。長時間の空吹運転
はタンク破損の原因となります。
9 保証期間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
17
■電熱ヒーターの空焼厳禁
電熱ヒーターを取付けたタンクに液が入っていない場合は、電熱ヒーターの空焼運転をしない
で下さい。空焼運転はヒーターを過熱させ、タンクが変形、溶融することがあります。
■撹拌機の空運転厳禁
撹拌機を取付けたタンクに液が入っていない場合は、撹拌機の空運転をしないで下さい。撹拌
軸がぶれてタンクを傷つけたり、故障の原因となります。
詳しくはP.14∼P.15をご参照下さい。
1
タンク取扱い手順書 立積A /SP3,000以下
タンク取扱い手順書
質量
■塗装を施した製品には補修ペイントを同送し
ますので、塗装が剥げた場合にご利用下さい。
[タンク取扱い基本手順]
(注:手摺付タンクはこの限りではありません。
)
・30,000 横積みタンク
タンク取扱い手順書
タンク取扱い手順書 立積A 4,000・5,000・6,000
[タンク寸法・質量]
A 型
品 番
S P・S L 型
外径(mm)全高(mm) 質量(kg)
品 番
AT型
外径(mm)全高(mm) 質量(kg)
品 番
外径(mm)全高(mm) 質量(kg)
A-50,000
3,315
6,600
≒2,630
SP-30,000
2,900
5,430
≒1,100
AT-30,000
3,100
5,765
≒ 2,240
A-40,000
2,970
6,675
≒1,995
SP-20,000
2,820
3,950
≒ 830
AT-20,000
2,840
4,480
≒1,355
A-30,000
2,900
5,430
≒1,610
SP-15,000
2,610
3,656
≒ 630
AT-10,000
2,325
3,460
≒ 750
A-20,000
2,835
3,820
≒ 965
SP-10,000
2,330
2,936
≒ 380
AT- 6,000
2,005
2,980
≒ 490
A-15,000
2,625
3,535
≒ 830
SP- 8,000
2,135
2,863
≒ 315
AT- 5,000
1,800
2,950
≒ 440
A-10,000
2,335
3,055
≒ 500
SP- 6,000
2,015
2,385
≒ 225
AT- 4,000
1,800
2,660
≒ 400
A- 8,000
2,145
2,840
≒ 435
SP- 5,000
1,800
2,398
≒ 195
AT- 3,000
1,600
2,540
≒ 210
A- 6,000
2,000
2,425
≒ 340
SP- 4,000
1,800
2,117
≒ 185
AT- 2,000
1,535
2,110
≒ 160
A- 5,000
1,815
2,380
≒ 285
SP- 3,000
1,620
2,100
≒
85
AT- 1,000
1,205
1,805
≒ 110
A- 4,000
1,815
2,100
≒ 250
SP- 2,000
1,410
1,933
≒
70
AT-
500
1,005
1,370
≒
85
A- 3,000
1,620
1,910
≒ 150
SP- 1,500
1,275
1,740
≒
60
AT-
300
800
1,305
≒
70
500
904
≒1,030
≒
41
SP- 1,000
1,060
1,495
≒
41
AT-
200
620
1,150
≒
15
A-
300
752
≒ 910
≒
30
SP-
800
900
1,580
≒
36
100
620
765
≒
12
A-
200
660
≒ 780
≒
18
SP-
500
750
1,485
≒
27
SP-
300
600
1,325
≒
20
SL- 6,000
1,695
3,250
≒ 250
SL- 4,000
1,590
2,655
≒ 155
A-
AT-
※質量は枠付とする。※製品質量は取付部品によって異なります。ご確認願います。
※本取扱説明書に記載する寸法、質量等は性能向上の為、予告なく変更することがあります。
2
3
タンク取扱い手順書 横積A 8,000・10,000
タンク取扱い手順書 横積A 8,000・10,000
タンク取扱い手順書 立積SP4,000・5,000・6,000
タンク取扱い手順書 横積A 15,000・20,000・30,000・40,000・50,000
質量
質量
タンク取扱い手順書 横積A 15,000・20,000・30,000・40,000・50,000
タンク取扱い手順書 横積SP8,000・10,000・15,000・20,000・30,000
②
タンク取扱い手順書 横積A 8,000・10,000
タンク取扱い手順書 立積SP4,000・5,000・6,000
①
タンク取扱い手順書 立積SP4,000・5,000・6,000
①
①
タンク取扱い手順書 横積SP8,000・10,000・15,000・20,000・30,000
タンク取扱い手順書 横積A 15,000・20,000・30,000・40,000・50,000
タンク取扱い手順書 横積SP8,000・10,000・15,000・20,000・30,000
①
①
②トラックの荷台から降ろし
仮置きして下さい。
①
①
タンク取扱い手順書 立積SP4,000・5,000・6,000
②
4
①
(枠の締付ボルト)
②
①
5
タンク取扱い手順書 立積AT4,000以下
タンク取扱い手順書 横積AT10,000・20,000・30,000
タンク取扱い手順書 立積AT4,000以下
タンク取扱い手順書 横積AT5,000・6,000
質量
質量
タンク取扱い手順書 横積AT5,000・6,000
タンク取扱い手順書
タンク取扱い手順書 手摺付タンク
横積AT10,000・20,000・30,000
タンク取扱い手順書 立積AT4,000以下
②
①
スリングベルトで架台等に傷が付かないよう養生して下さい。
タンク取扱い手順書 横積AT10,000・20,000・30,000
①
タンク取扱い手順書 横積AT5,000・6,000
①
タンク取扱い手順書 手摺付タンク
①
②
①
タンク取扱い手順書 手摺付タンク
ワイヤー 2 本
タンク取扱い手順書 横積AT10,000・20,000・30,000
天板部
ワイヤー 2 本吊り
注 1)‌手摺本体へワイヤー、ロープ掛けしての作業は破損の原因となり
ますので、ご注意下さい。
注 2)‌右図のシャックル取付用穴は、SP 型、SL 型の弊社設計手摺にのみ
取付けております。
2 点吊りで移動
① タンクを立て終わったら側面枠止
部 2 ヶ所の上方ボルトにワイヤー
をセットして下さい。平行に吊り上
げを確認後、移動をお願いします。
②
6
7
[表−3]
[表−3]
液出口径
15 A
液出口径
穴径
(φmm) 15
33A
穴径(φmm) 33
■‌補強枠付きの場合は、納入時の間隔より使用開始
後にタンクが外気温度条件により膨張することが
ありますので、枠の締付ボルトを次のようにゆる
め水張り後アンカーの位置を決めるようにして下
さい。
(特に直射日光が当たる場所に設置する時
は注意して下さい。
)
[表−1]
[表−1]
20 A
20
37A
37
25 A 40 A
25
46A 40
65A
46
65
50 A
50
78A
78
65 A 80 A
65
80 A
97A 110
97 110
100 A
100
135A
135
[表−2]
[表−2]
ポリエチレン製フランジ推奨締め付けトルク一覧表(天板・側板)
ポリエチレン製フランジ推奨締め付けトルク一覧表(天板・側板)
フランジ口径
15 A∼25 A 40 A∼80 A 100 A 125 A∼200 A
フ
ランジ口径 (N・m)15 A7.5
∼25 A 40 A11.0
∼80 A
推奨締め付けトルク
推奨締め付けトルク(N・m) 7.5
11.0
100
15 A
15
125 A∼200
20 A
20
20,000 10,000 6,000
2,000
20,000
∼15,000 10,000
∼8,000 6,000
∼3,000 2,000
以下
∼30,000 ∼15,000 ∼8,000 ∼3,000
以下
3
3
2
2
1
枠締付箇所数
3
3
2
2
1
枠締付箇所数
1ヶ所当たりの緩め代 8∼12 7∼11 8∼12 7∼10 8∼12
(mm)
1ヶ所当たりの緩め代
8∼12 7∼11 8∼12 7∼10 8∼12
(mm)
タ ン ク 容 量(
タ ン ク 容 量(
8
50,000
) 50,000
∼30,000
)
9
6 AVレベルゲージの組立
4 配管及び配管サポート
配管時に、フィッティング接続部、融着ノズルに負
担がかからない様にして下さい。
■バルブは開閉の時、ノズルに力がかからない様な
固定方法をとって下さい。ただし、バルブが上向
■配管材質が鋼製であったり、タンク 2 基を直線で
1)構成部品
2)組立手順
接続配管する等、力の逃げ場が殆どない場合は配
ゲージバルブ(塩ビ製)
1ヶ
管途中にフレキシブルジョイントを設けて下さい。
ゲージパイプ(13A透明塩ビ管)
1本
アルミ保護管
1ヶ
[図−12]
き又は、下向きにならないようにして下さい。
[図−10]
ゲージパイプ固定リング
2∼4 ヶ
2. ゲージパイプを、タンク本体高さ寸法(A)より
50mm長く切って下さい。
1式
3. ゲージバルブ、上部接続管エルボの袋ナット及び
フランジ用ガスケット
1枚
Oリングを外して下さい。(ゲージパイプ側、タ
ボルトナット(塩ビ製)
4ヶ
ンク側 2ヶ所)
赤玉浮子(P.P 製)
1ヶ
この時点でアルミ保護管もタンク側に取り付けて
保護管サポート
2式
下さい。
(保護管の取付参照願います。
)
40,000
50,000 は 2 段式なので数量が異なり
ます)
No
①
②
③
④
⑤
4. ゲージパイプをアルミ保護管に取付けている固定
リングに通してゲージバルブと接続管エルボに差
[表−4]部品名称
個 No
1(3) ⑥
1(2) ⑦
1(2) ⑧
2(4) ⑨
1式 ⑩
個
名
称
フランジ用ガスケット 1(3)
ボルトナット
4 12)
(
赤玉浮子
1(2)
ゲージパイプ固定リング
袋ナット
3(5)
接続管エルボ
ハンドル
1(3)
2(4)
( )内は30,000 ・40,000 ・50,000 ⑪ 保護管サポート
5 Z型の注意
さみ、ボルトナットで取付けて下さい。
接続管エルボ
(注:30,000
[図−11]
1. 下部フランジとゲージバルブに、ガスケットをは
名
称
AV式ゲージバルブ
ゲージパイプ
アルミ保護管(目盛付)
し込んで下さい。
[図−14]
[図−15]
[図−13]
■最高使用温度 40℃
5
■液比重 1.2まで
9
■塩酸はガスが発生しますので、ご使用できません。
9
■ Z型用アンカー座取付けボルトは同送のボルト以
■保護管の取付け
外は使用しないで下さい。タンク液漏れの原因と
■接続させるフランジ同士は両方の芯を正しく合わ
せて下さい。力で無理に合わせることは避けて下
さい。
なります。
4
■ Z型タンクは目盛以上液を入れないで下さい。
タンク液漏れの原因となります。
3
11
■パイプバンド等による配管のサポートはゆるめに
して下さい。
ポリエチレンタンクは液を充填した時、若干の膨
6
みが生じ、その力が配管に及びます。配管のサポ
結果となり損傷につながる恐れがあります。
2
トを取って下さい。
7
10
10
[図−16]
11
2
9
■タンク天板部に負担がかかる場合は十分なサポー
ルミ保護管をボルトナットにより取付けて下さい。
8
ートがきつ過ぎますと、逃げ場を失った力は、フ
ィッティング接続部、ノズルの元にかかってくる
補強枠あるいは本体に溶接しているサポート板にア
1
4
3
11
フロート式レベルゲージの使用方法
1)構成部品及び名称
[表−5]
No
①
②
③
④
⑤
名
称
滑車本体
100Aソケット
浮子(フロート)、
ヒモ
フロートレール
指針おもり
2. ③(浮子)が落ちない時には、③(浮子)を落とす為、
⑨(滑車取付けボルト)を緩め ①(滑車本体)を傾けて下
さい。
3. ⑦(100Aキャップ)の先端にあるパイプからドライバー
数
1
1
1
1
1
No
⑥
⑦
⑧
⑨
名
称
レール取付けサポート
100Aキャップ、
Oリング
滑車取付けサポート
滑車取付けボルト・ナット
数
1
1
1
2
などの長い棒を挿し込み ③(浮子)を突き出して下さい。
※このとき ③(浮子)が ⑦(100Aキャップ)内より外れ
て落下しますので必ず紐を持ちゆっくりと③(浮子)
を下ろして下さい。
[写真−2](中型タンク用)
※小型タンク用には⑧滑車取付サポートはついておりません。
[図−17]
⑦
⑨
2)組立手順
1. 補強枠のアングルにレールサポートを取りつけ、
更にレールを取りつけた後ボルトで仮締めして下
さい。
1)構成部品
滑車本体〔カバー付き〕
(塩ビ製)
1ヶ
本体取付座(PE製)1ヶ(タンクにセット済み)
1ヶ
浮子(塩ビ製)及び紐(ポリエチレン又はPFA製)
1組
レール(スチール製)
1ヶ
指針重り(スチール製)
1ヶ
上部レールサポート(スチール製)
1ヶ
[図−19]
2ヶ)
下部レールサポート(スチール製)
1ヶ
ボルトナット(スチール製)
5ヶ
(15,000 以上
⑧
⑤
7ヶ)
[表−6]部品名称
[写真−3](小型タンク用)
⑥
(30,000 ∼50,000 用)
(15,000 以上
①
②
フロート式レベルゲージの組立
④
No
名
称
① 滑車本体
② 本体取り付け座
③ 浮子、紐
[図−18]
③
個
1
1
1
No
名
称
④ レール
⑤ 上部レールサポート
⑥ 下部レールサポート
個
1
1
1
2. レール滑車を次の要領で取付けして下さい。
(1)滑車本体のカバーを外す。
(2)滑車本体をタンク天板の取付け座に水平にセットし、
レールの垂直を確認してから取付けボルトを締める。
[図−20]
2)使用手順
1. ④(フロートレール)に運送用として固定されている
⑤(指針おもり)のボルト・ナットを外し、①(滑車
本体)に巻きつけてあるテープを取除き、ヒモをゆっ
くりとほどいてください。
※このとき③(浮子)が落ちる事が有りますのでヒモ
を持ちながら作業を行って下さい。
(
)
注:指針が浮き出す水深は60mmです。
(振れ止めタイプは63mmです)
※比重1.0の液体の場合
[写真−1]
4. ①(滑車本体)を元の状態に戻し、ボルトを締めて下さい。
5. ④(フロートレール)と ⑤(指針おもり)の位置を確認
して下さい。
6. 基準点(0点)が合わない場合は、お手数ですが指針おも
りのヒモをほどき基準点を合わせて結びなおして下さい。
※微調整をする場合、①(滑車本体)と ⑧(取付けサポ
ート)の長穴で対応して下さい。
[写真−4]
3. レール取付けを本締めして下さい。
4. 浮子、指針重りを次の要領で取り付けて下さい。
(1)浮子の紐を滑車の上に通し、紐の先に指針重りをつけ
て、指針重りの指示が目盛りの 0 位置を指す様に調整
して下さい。
(
)
注:浮子が浮き出す水深は60mmです。
(振れ止めタ
イプは63mmです)
(2)指針がレールの表に出る様にして、重りをレール内に
降ろして下さい。
(3)滑車本体にカバーを取り付けて下さい。
12
13
7 ご使用上の注意
水張テスト
洗浄
■ご使用前には必ず水張テストを行い、接続部から
液漏れが無いことを確認して下さい。
■水張テストに使用した水は完全に除去し、拭き取
った後使用して下さい。
特に硫酸のように薬品によっては残っている水と
反応して発熱し、タンクが変形、或いは溶融する
ことがあります。
■タンクをご使用する前には、タンク内を十分に水
ら、速やかにコンプレッサーを止めて下さい。
特に食品関係の貯槽としてご使用される場合は、
コンプレッサーの空吹運転を続けますと、急激な
十分注意して下さい。
圧力でタンクが変形し、タンク破損の原因となり
火気厳禁
■タンクはポリエチレン製ですので火気、蒸気等の
れがあります。
■補強枠なしタンク本体
40℃
補強枠付タンク本体
60℃
塩化ビニル 50℃
■上記最高使用温度は比重1.3以下を基準とします
■補強枠に溶接加工する場合は、補強枠をタンク本
体から外して行って下さい。
[図−21]
[図−23]空焼防止配管図例
■タンクローリーからの液のエアー圧送が完了した
洗いして下さい。
高熱を近づけないで下さい。タンクが溶融する恐
最高使用温度
タンクローリーからの空吹厳禁
ます。
■タンクローリー内の残液が少なくなると、空気が
混入し始めローリーホースが振動してきますの
で、速やかにローリーの元バルブを一旦閉めて、
コンプレッサーを停止し、その後元バルブを少し
ずつ開放にして残圧で残りの液を送るようにして
下さい。
[図−22]
が、ポリエチレンの高温時に於ける薬品による影
響(耐薬品性)は考慮しておりません。実際の使
[仕 様]
●被保温物 苛性ソーダ 48%
●保温温度 20∼35℃
●サーモスタットダイアルは上限40℃に固定しています。
用に際しましてはポリエチレンの耐薬品性(産業
容器は適用外)をご確認下さい。
酸欠危険
■タンク内に無断で入らないで下さい。酸欠の危険
性があります。
タンク内に入る場合は、タンク内を十分に洗浄し、
換気を行い、酸素濃度計で安全を確認し、監視人
電熱ヒーターの空焼厳禁
を配置して下さい。
■電熱ヒーターを取り付けたタンクに液が入ってい
ない場合は、電熱ヒーターの空焼運転をしないで
転落危険
■無断でタンクの天板に乗らないで下さい。滑り落
ちる危険性があります。
過度な加圧減圧厳禁
タンクに薬品が入っている場合、タンク天板に
■エアー抜きは開放にしてタンクに加圧減圧がかか
乗らないで下さい。止むを得ず天板に乗る場合
らないようにして下さい。圧力許容範囲は加圧
は、天板の経年劣化やタンク内の貯蔵物の化学
+0.98kPa、減圧−0.49kPaです。
特性等を勘案し、かつ安全帯の装着等で転落を
※タンク標準設計圧力は大気圧です。上記圧力許
防止する必要な安全措置を施した上で、必ず監
視人を配置して下さい。特に3,000ℓ以下のタン
クは、天板に乗る設計にはなっておりません。
天板の変形によりタンク及びノズルの損傷につ
ながる恐れがあります。
容範囲内で気密によるご使用の場合は、別途仕
様となります。
■密閉状態での加圧はタンクが膨らみ破壊に、減圧
は天板の落ち込みや胴体の凹みなど変形が起こ
り、破損の原因となります。
撹拌機使用上の注意
■撹拌機を取り付ける際、タンク内作業時にはタン
ク内面を傷つけないように注意して下さい。
■空運転厳禁
下さい。空焼運転は電熱ヒーターを過熱させ、タ
撹拌機を取り付けたタンクに液が入っていない場
ンクが変形、溶融することがあります。
合は、撹拌機の空運転をしないで下さい。
■電熱ヒーターのサーモスタットは発熱部が液中に
ある場合に感知し、上限温度(40℃)で自動的に
撹拌機の軸がぶれてタンクを傷つけたり、撹拌機
の故障の原因となる場合があります。
ヒーターが切れるように設定されています。
■従って電熱ヒーターの稼働時は、発熱部が常に液
中にあるように液面を保持して下さい。
使用条件を変更する場合はご連絡を
液面を確実に保持するために、図−27のように液
■タンク購入時の使用条件(薬品の種類、濃度、比
出口を発熱部より230mm高く取付けて下さい。
■設定温度は40℃以上に変更しないで下さい。
重、液温度)を後で変更する場合は、ご使用でき
ない場合がありますので、あらかじめ弊社にご相
談下さい。
■タンクローリーからタンクに液を送り込む時、エ
アー抜きは必ず開放にして、水封等の密閉状態に
しないで下さい。塩酸等のように発生したガスが
大気中に出て困る場合は、ガス洗浄装置を取り付
けて処理して下さい。
14
15
8 保守点検
タンク、取付部品及び配管について、下記点検実施要綱を参考にして、定期的に点検してください。異常が発
見された時は直ちに使用を中止し、至急弊社にご連絡下さい。
※7年以上ご使用されたタンクにつきましては、当社FTIR(タンクの寿命診断)サービスをご利用下さい。
[点検実施要綱]
1)日常点検
部 所
[保守点検時の注意]
1. 酸欠・中毒事故防止
タンク内は酸素欠乏及びガス中毒危険場所です。
タンク内に入る場合は「酸素欠乏・硫化水素危険
作業主任者」技能講習修了者の指示に従い作業を
行って下さい。
①タンク内に入る前に、内部をよく水洗いして下
さい。
②タンク内で作業する場合は、送風機等で十分換気
して下さい。
③タンク内に入る場合は、必ず酸素濃度測定及びガ
ス検知を行い、安全を確認して下さい。
④上記①②③が不可能な場合はエアーラインマスク
又はホースマスクを使用して下さい。
⑤タンク内に入る場合は、必ず監視人をつけて下
2. 転落・傷害事故防止
①梯子、手摺等は上がる前に腐食がないか良く確認
タンク
③タンクの天板に昇る場合は必ずヘルメット、安全
帯、ゴム厚靴などを使用して下さい。
原 因 の 具 体 例
不具合時の処置
製品寿命
太陽光等による紫外線劣化
薬品による環境応力亀裂
界面活性剤、歪、温度の影響、50%以上の硝酸 交換、薬品検査
異常な変形(膨らみ、凹みはないか)
内容液の異常高温
薬品の化学反応による発熱
程度により交換
気候の温度上昇
冬場から夏場にかけるタンクの膨らみ
枠締ボルトの締め付け調整
薬品による膨潤
有機溶剤、油等の混入による膨潤
程度により交換、薬品検査
タンクへの加圧減圧
エアー抜の目づまり、閉管
エアー抜点検
パッキンの寿命
パッキンの薬品劣化、変形
パッキン交換
太陽光による紫外線劣化薬品による劣化
部品交換
②タンクの天板が薬液、ガス等で劣化している場合
ノズル、接続部分から液漏れがないか
は昇らないか、足場板を組んで下さい。
予想される原因
表 面にひび割れ、亀 裂の発 生は
ないか
して下さい。
配 管 ノズル(フィッティング、
フランジ、
バルブ) ノズル、部品の寿命
にひび割れ、亀裂はないか
交換(FTIR検査)
④マンホール、点検口などの蓋は作業終了後、必ず
閉めて下さい。
⑤昇降設備、マンホール、点検口の蓋などに破損な
2)月次点検
部 所
どの異常が発見された場合は直ちに取り換えて下
さい。
タンク タンク内部の光沢に曇りがないか
⑥高所作業をする場合は、必ず監視人をつけて下
さい。
点 検 項 目
タンク内部にひび割れがないか
表面に外傷がないか
配 管 塩ビ部品が白変していないか
さい。
これらのことを怠ると酸欠やガス中毒等の
人身事故をおこす恐れがあります。
点 検 項 目
錆、腐食の発生はないか
これらのことを怠ると転落、傷害事故を生じる
恐れがあります。
*タンクの保守、点検、清掃作業にあたっては、労働安全衛生法・同規則に則り安全に
十分注意して行って下さい。
補強枠
バルブ
予想される原因
原 因 の 具 体 例
不具合時の処置
製品寿命
薬品による劣化
交換
製品寿命
薬品による劣化
程度により交換
外力による傷
切削工具等による傷
程度により交換
製品寿命
太陽光等による紫外線劣化
程度により交換
環境による錆、腐食
ガス、
ミスト等による腐食
腐食除去後、再塗装又は
交換
枠、梯子、手摺をとめるボルトナットの
欠落はないか
補充
ハンドルの動きがスムーズか
パッキン劣化、磨耗
薬品による劣化
交換
継手部品に漏れはないか
パッキン劣化、寿命
薬品による劣化
交換
9 保証期間
ダイライトタンクの保証期間は、ご購入日から一年間となります。
16
17
取 扱 説 明 書
URL http://www.dailite.co.jp
ROTO-MOLDED POLYETHYLENE TANKS
東 京 本 社 〒108-6030 東京都港区港南2-15-1( 品川インターシティA棟30階)
TEL.03( 5461)7881( 代)/FAX.03( 5461)8815
E-Mail:[email protected]
大 阪 支 店 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-1-3(ノースゲートビルディング17階)
TEL.06( 6453)1333
( 代)/FAX.06( 6453)1335
E-Mail:[email protected]
名古屋営業所 〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵一丁目19番30号(マザックアートプラザ16階)
TEL.052( 979)2010( 代)/FAX.052( 979)2012
E-Mail:[email protected]
仙 台 営 業 所 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3-1-1( 仙台ファーストタワー10階)
TEL.022( 265)3531( 代)/FAX.022( 265)3546
E-Mail:[email protected]
福 岡 営 業 所 〒810-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-21( 博多駅前ビジネスセンタービル3階)
TEL.092( 413)7610( 代)/FAX.092( 413)7611
E-Mail:[email protected]
本 社 ・ 工 場 〒301-0852 茨城県龍ヶ崎市向陽台4-4
TEL.0297( 64)1001( 代)/FAX.0297( 64)7555
E-Mail:[email protected]
2015.08.5000
(S)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement