スタイル:S2

スタイル:S2
User’s
Manual
EJA110,EJA120
差圧伝送器
[スタイル:S2]
IM 01C22B01-01
IM 01C22B01-01
19版
目 次
目次
1. はじめに ............................................................. 1-1
1.1
本計器を安全にご使用いただくために ........................ 1-2
1.2
納入後の保証について ..................................................... 1-2
6.3
外部配線の端子部への接続 ............................................. 6-1
6.3.1 電源配線の接続 ............................................................. 6-1
6.3.2 現場指示計用配線の接続 ............................................ 6-1
6.3.3 BRAIN TERMINAL の接続 ......................................... 6-1
6.3.4 チェックメータの接続 ................................................ 6-2
2. 取扱上の注意事項 .............................................. 2-1
6.4
配 線 ............................................................................. 6-2
2.1
形名と仕様の確認について ............................................. 2-1
6.4.1 ループ構成 ..................................................................... 6-2
2.2
運搬について ..................................................................... 2-1
(1)
一般形および耐圧防爆形の場合 .................................. 6-2
2.3
保管場所について ............................................................. 2-1
(2)
本質安全防爆形の場合 .................................................. 6-2
2.4
設置場所について ............................................................. 2-2
2.5
加圧部分について ............................................................. 2-2
2.6
配線接続口の防水処理について ..................................... 2-2
2.7
トランシーバの使用について ......................................... 2-2
2.8
絶縁抵抗テストと耐電圧テストについて .................... 2-3
2.9
耐圧防爆形の伝送器について ......................................... 2-3
2.10 本質安全防爆形の伝送器について ................................. 2-4
6.4.2 配線工事 ......................................................................... 6-2
(1)
一般形および本質安全防爆形の場合 .......................... 6-2
(2)
耐圧防爆形の場合 .......................................................... 6-3
6.5
接 地 ............................................................................. 6-4
6.6
電源電圧と負荷抵抗 ......................................................... 6-4
7. 運 転 ............................................................. 7-1
7.1
運転開始準備 ..................................................................... 7-1
7.2
ゼロ点調整 ......................................................................... 7-2
3. 各部の名称 ......................................................... 3-1
(1)
伝送器本体のゼロ調ねじで行う方法 .......................... 7-2
(2)
BRAIN TERMINALの操作で行う方法 ........................ 7-3
4. 取 付 ......................................................... 4-1
7.3
運転開始 ............................................................................. 7-3
4.1
取付時の注意事項 ............................................................. 4-1
7.4
運転停止 ............................................................................. 7-3
4.2
取付方法 ............................................................................. 4-1
7.5
伝送器受圧部内のドレン抜きおよびガス抜き ............ 7-4
4.3
プロセス接続を変更する場合 ......................................... 4-2
7.5.1 ドレン抜き ..................................................................... 7-4
4.4
高圧側を変更する場合 ..................................................... 4-2
7.5.2 ガス抜き ......................................................................... 7-4
4.4.1 受圧部を 180°回転させて行う方法 ......................... 4-2
4.4.2 BRAIN TERMINAL の操作で行う方法 ..................... 4-3
4.5
4.6
伝送部を回転させる場合 ................................................. 4-3
8. BRAIN TERMINAL BT200 の操作 ..................... 8-1
8.1
BT200 の操作方法 ............................................................. 8-1
8.1.1 接続方法 ......................................................................... 8-1
内蔵指示計を回転させる場合 ......................................... 4-3
8.1.2 通信ライン条件 ............................................................. 8-1
5. 導圧管の配管 ...................................................... 5-1
5.1
8.2
BT200 の操作方法 ............................................................. 8-1
8.2.1 操作キーの配置 ............................................................. 8-1
導圧管の配管時の注意事項 ............................................. 5-1
8.2.2 操作キーの機能 ............................................................. 8-2
5.1.1 伝送器への導圧管の接続について ............................ 5-1
(1) 英数字キーとシフトキー ............................................... 8-2
5.1.2 導圧管の配管方法について ........................................ 5-2
(2) ファンクションキー ....................................................... 8-2
5.2
導圧管の配管例 ................................................................. 5-3
6. 配 線 ............................................................. 6-1
6.1
配線時の注意事項 ............................................................. 6-1
6.2
電線の選定 ......................................................................... 6-1
FD No. IM 01C22B01-01
19th Edition: Dec. 2010(YK)
All Rights Reserved, Copyright © 1994. Yokogawa Electric Corporation
8.2.3 メニューアドレスの呼び出し .................................... 8-3
8.3
BT200 によるパラメータ設定 ......................................... 8-4
8.3.1 パラメータの用途と選択 ............................................ 8-4
8.3.2 パラメータの設定方法 ................................................ 8-5
- i -
IM 01C22B01-01
目 次
(1)
Tag No.の設定 ................................................................. 8-6
(2)
レンジの設定 .................................................................. 8-6
(3)
ダンピング時定数の設定 .............................................. 8-7
10. パラメータ一覧 ................................................ 10-1
11. 標準仕様 ........................................................... 11-1
(4) 出力モード(比例/開平)と内蔵指示計モード(比例/開平)
の設定 .............................................................................. 8-7
11.1 標準仕様 ........................................................................... 11-1
(5)
出力信号のローカットモードの設定 .......................... 8-8
11.2 形名およびコード一覧 ................................................... 11-3
(6)
出力範囲の変更 .............................................................. 8-9
11.3 付加仕様 ........................................................................... 11-4
(7)
内蔵指示計の目盛りの設定 .......................................... 8-9
(8)
表示温度の単位の設定 ................................................ 8-10
(9)
表示静圧の単位の設定 ................................................ 8-10
(10) 動作モード(正/逆信号)の設定 .................................... 8-10
11.4 外形図 ............................................................................... 11-5
本質安全防爆形機器についての注意事項 ........ EX-A03
(11) 導圧管接続方向(右/左高圧)の設定 ............................ 8-11
(12) CPU 異常時の出力状態の表示 ................................... 8-11
耐圧防爆形機器についての注意事項 ............... EX-B03
(13) ハードエラー時の出力状態の設定 ............................ 8-11
(14) 正逆流量測定の設定 .................................................... 8-11
(15) レンジ変更(実入力を加える場合) .............................. 8-12
(16) ゼロ点調整 .................................................................... 8-12
(17) スパン調整 .................................................................... 8-14
Customer Maintenance Parts List
DPharp Transmitter Section ......................... CMPL 01C22A01-01E
Mode EJA110 & EJA120 ............................. CMPL 01C22B00-01E
(18) テスト出力(定電流出力)の設定 .................................. 8-15
(19) 自由メモ欄 .................................................................... 8-15
8.4
取扱説明書の改版履歴
BT200 によるデータ表示 ............................................... 8-15
8.4.1 測定データの表示 ....................................................... 8-15
8.4.2 伝送器の形名,仕様の表示 ...................................... 8-15
8.5
自己診断 ........................................................................... 8-16
8.5.1 異常発生の確認 ........................................................... 8-16
(1)
BT200による確認 ......................................................... 8-16
(2)
内蔵指示計による確認 ................................................ 8-17
8.5.2 異常内容と対策 ........................................................... 8-17
9. 保 守 ......................................................... 9-1
9.1
概 要 ......................................................................... 9-1
9.2
校正用機器の選定 ............................................................. 9-1
9.3
校 正 ............................................................................. 9-2
9.4
分解および組立て ............................................................. 9-2
9.4.1 内蔵指示計の取りはずしと向き変更 ........................ 9-3
9.4.2 CPU アセンブリの交換 ................................................ 9-4
9.4.3 カプセルアセンブリの清掃または交換 .................... 9-4
9.4.4 プロセスコネクタガスケットの交換 ........................ 9-5
9.5
故障探索 ............................................................................. 9-6
9.5.1 故障探索の基本フロー ................................................ 9-6
9.5.2 故障探索フローの事例 ................................................ 9-6
- ii -
IM 01C22B01-01
1. はじめに
1.
はじめに
このたびは当社の差圧伝送器D P h a r p をご採用いただ
・ 当該製品を無断で改造することは固くお断りいたし
ます。
き,まことにありがとうございました。
本計器は納入に先立ち,ご注文仕様に基づいて正確に
・ 防爆形計器について,お客様が修理または改造さ
調整されております。
れ,原形復帰ができなかった場合,本計器の防爆構
本計器の全機能を生かし,効率よく,正しくご使用い
造が損なわれ,危険な状態を招きます。修理・改造
ただくために,ご使用前に本取扱説明書をよくお読み
については必ず当社にご相談ください。
になり,機能・操作を十分に理解され,取り扱いに慣
・ 本製品および本書では,安全に関する次のようなシ
ンボルマークとシグナル用語を使用しています。
れていただきますようお願いいたします。
■本書に対するご注意
警告
・ 本書は,最終ユーザまでお届けいただきますようお
回避しないと,死亡または重傷を招く恐れがある危
願いいたします。
険な状況が生じることが予見される場合に使う表示
・ 本書の内容は,将来予告なしに変更することがあり
です。本書ではそのような場合その危険を避けるた
ます。
めの注意事項を記載しています。
・ 本書の内容の全部または一部を無断で転載,複製す
ることは禁止されています。
・ 本書は,本計器の市場性またはお客様の特定目的へ
注意
の適合などについて保証するものではありません。
・ 本書の内容に関しては万全を期していますが,万一
回避しないと,軽傷を負うかまたは物的損害が発生
ご不審の点や誤りなどお気づきのことがありました
する危険な状況が生じることが予見される場合に使
ら,裏表紙に記載の当社各営業拠点またはご購入の
う表示です。本書では取扱者の身体に危険が及ぶ恐
代理店までご連絡ください。
れ,または計器を損傷する恐れがある場合,その危
険を避けるための注意事項を記載しています。
・ 特別仕様につきましては記載されておりません。
・ 機能・性能上とくに支障がないと思われる仕様変
更,構造変更,および使用部品の変更につきまして
重要
は,その都度の本書改訂が行われない場合がありま
計器を損傷したり,システムトラブルになるおそれ
すのでご了承ください。
がある場合に,注意すべきことがらを記載していま
す。
注記
F OUNDATION TM フィールドバス通信形(出力信号コー
ド:F)の場合には取扱説明書IM 01C22T02-01を,
HART通信形(出力信号コード:E)の場合には取扱説
明書IM 01C22T01-01を併用してください。
注記
操作や機能を知るうえで,注意すべきことがらを記
載しています。
■安全および改造に関するご注意
直流
・ 人体および本計器または本計器を含むシステムの保
護・安全のため,本計器を取り扱う際は,本書の安
全に関する指示事項に従ってください。なお,これ
らの指示事項に反する扱いをされた場合,当社は安
全性を保証いたしかねます。
1-1
IM 01C22B01-01
1. はじめに
1.1 本計器を安全にご使用いただくため
に
1.2 納入後の保証について
・ 本計器の保証期間は,ご購入時に当社よりお出しし
た見積書に記載された期間とします。保証期間中に
警告
生じた故障は無償で修理いたします。
・ 伝送器の設置と配線は,しかるべき技術を有する
・ 故障についてのお客様からのご連絡は,ご購入の当
方が行ってください。また,保守に関しては,安
社代理店または最寄りの当社営業拠点が承ります。
全に関する知識を有し,トレーニングを受けられ
・ もし本計器が不具合になった場合には,本計器の形
た方が行ってください。設置・配線・保守に関す
名・計器番号をご明示のうえ,不具合の内容および
る事項はオペレータの方は行わないでください。
経過などについて具体的にご連絡ください。略図や
データなどを添えていただければ幸いです。
・ プロセスに設置した伝送器は加圧状態にあります
から,受圧部の締付けボルトを締めたりゆるめた
・ 故障した本計器について,無償修理の適否は当社の
調査結果によるものとします。
りすることは,プロセス流体の噴出を招く危険が
あります。絶対に行わないでください。
・ 伝送器受圧部内のドレンまたはガスを抜く際に,
■ 次のような場合には,保証期間内でも無償修理の対
プロセス流体が人体に有害な物質の場合,皮膚や
目への流体の付着,流出ガスの吸入などが行われ
象になりませんのでご了承ください。
・ お客様の不適当または不十分な保守による故障の場
ないよう十分ご注意ください。
・ プロセス流体が人体に有害な物質の場合は,メン
合。
・ 設計・仕様条件をこえた取扱い,使用,または保管
テナンスなどで伝送器をラインから取りはずした
後も慎重に取り扱い,人体への流体付着,残留ガ
による故障,または損傷。
・ 当社が定めた設置場所基準に適合しない場所での使
スの吸入などのないよう十分ご注意ください。
用,および設置場所の不適合な保守による故障。
・ 当社もしくは当社が委嘱した者以外の改造または修
理に起因する故障,または損傷。
注意
本計器は防爆形計器として検定を受けた製品です。
本計器の構造,設置場所,外部配線工事,保守・修
理などについては厳しい制約があり,これに反する
と危険な状態を招くおそれがありますのでご注意く
ださい。取り扱いに先だって,本書巻末の
“本質安全
防爆形計器についての注意事項”および“耐圧防爆形
計器についての注意事項”を必ずお読みください。
1-2
IM 01C22B01-01
2. 取扱上の注意事項
2.
取扱上の注意事項
本器は工場で充分な検査をされて出荷されておりま
す。本器がお手もとへ届きましたら,外観をチェック
して,損傷の無いことと図2.1のような伝送器取付用部
品が付属されていることをご確認ください。なお,
: Refer to USER'S MANUAL
取付ブラケットなしあるいはプロセスコネクタなしと
F0202.EPS
図2.2 ネームプレートの例(TIIS耐圧防爆の例)
ご指定いただいた場合には伝送器取付用部品は付属さ
れません。
本章では取扱いに当って必要な注意事項を記載してあ
2.2 運搬について
りますので,まず本項を良く読んでください。本項記
運搬中の事故により損傷することを防ぐため,本伝送
載以外の事項については関係する項目をご参照くださ
器はなるべく出荷時の包装状態で設置場所まで運んで
い。
ください。
プロセスコネクタ
2.3 保管場所について
ボルト
プロセスコネクタ
ガスケット
Uボルト
長期間の保管が予想される場合は,以下の点にご注意
ください。
(1) 保管場所は下記の条件を満足する所を選定してくだ
さい。
・ 雨や水のかからぬ場所。
L形
取付ブラケット
Uボルト用
ナット
・ 振動や衝撃の少ない場所。
・ 保管場所の温度,湿度が次のような場所。でき
伝送器固定用ボルト
るだけ常温常湿(25℃,65% 程度)が望ましい。
伝送器固定用ボルト
温度 :
内蔵指示計なし −40∼85℃
内蔵指示計付き −30∼80℃
湿度 :
5∼100%RH (40℃の時)
(2) 本伝送器はなるべく当社から出荷した時の包装状態
Uボルト
Uボルト用
ナット
にして,保管してください。
特に湿度の高い場所では,当社から出荷した時の包
フラット形
取付ブラケット
装状態にして,保管する必要があります。
F0201.EPS
図2.1 伝送器取付用部品
(3) 一度使用した本伝送器を保管する場合,カバーフラ
ンジ内の高圧室・低圧室に測定流体が残っていたら
完全に洗浄してください。
2.1 形名と仕様の確認について
また,伝送部と受圧部がしっかり固定されているこ
とを確認してから保管してください。
ケース外側のネームプレートに形名および仕様が記載
されています。お問い合せの際はそれらの情報も合せ
てご連絡ください。
なお,動作モードを逆とご指定いただいた場合(逆信号
の場合)は*1の欄に「REVERSE」が,表示モードを開平
とご指定いただいた場合は*2の欄に「SQRT」が,出力
モードを開平とご指定いただいた場合は*3 の欄に
「SQRT」
が刻印されます。
2-1
IM 01C22B01-01
2. 取扱上の注意事項
2.4 設置場所について
本伝送器は厳しい環境条件のもとにおいても動作する
ように設計されておりますが,安定に,精度よく,長
期にわたってご使用いただくため下記の点に注意して
(1) 伝送器のプロセスコネクタ締付けボルト(4本)が充分
締付けられていることを確認してください。
(2) 導圧配管にリークがないことを確認してください。
(3) 規定以上の圧力を印加しないでください。
ください。
■ 周囲温度
注意
温度勾配や温度変動の大きい場所に設置することはで
EJA120形微差圧伝送器のご使用にあたっては,高圧
きるだけ避けてください。プラント側から輻射熱など
側または低圧側の一方向から50kPaを越える圧力が加
を受けるときは,断熱措置を施したり,風通しがよく
わることのないようにしてください。
なるように設置してください。
万一,一方向から50kPaを越える圧力が加わりますと
■ 雰囲気条件
センサ部が破壊されますので,十分ご注意くださ
腐食性雰囲気に設置することはできるだけ避けてくだ
い。
さい。腐食性雰囲気にて使用するときは,風通しがよ
くなるよう考慮するとともに,電線管内に雨水が入っ
たり,滞留したりしないように配慮をしてください。
また,高温多湿環境が長期に連続するような場所への
設置はなるべく避けるようお願いいたします。
■ 衝撃 ・ 振動
衝撃や振動に強い構造に設計されていますが,できる
2.6 配線接続口の防水処理について
本伝送器のケーブル配線は,ねじ部には必ず非硬化性
シール材を塗布し,防水処理を施してください。
(図6.7,図6.8,図6.10をご参照ください。)
だけ衝撃や振動の少ない場所に設置してください。
■ 防爆形計器の設置
2.7 トランシーバの使用について
当該品は,対象ガスに応じた危険場所に設置し,使用
重要
することができます。重要な注意事項を巻末に「耐圧防
爆形機器についての注意事項」
「 本質安全防爆形機器に
本伝送器は高周波ノイズに対し充分な考慮と対策を
ついての注意事項」として記載してありますので,是
しておりますが,トランシーバを伝送器およびその
非,ご一読ください。
配線近くで使用する場合は,高周波ノイズによる影
響が考えられます。このためトランシーバの使用に
2.5 加圧部分について
あたっては,トランシーバを伝送器に対し数メート
ルの距離より徐々に近づけながら,伝送器ループへ
のトランシーバの影響を調査し,問題の発生しない
警告
距離でトランシーバを使用してください。
・ プロセスに設置した差圧伝送器は加圧状態にあり
ますから,受圧部の絞付けボルトを絞めたりゆる
めたりすることは,プロセス流体の噴出を招く危
険があります。絶対に行わないでください。
・ 伝送器受圧部内のドレンまたはガスを抜く際に,
プロセス流体が人体に有害な物質の場合,皮膚や
目への流体の付着,流出ガスの吸入などが行われ
ないよう十分ご注意ください。
本伝送器に加圧する場合,安全にご使用していただく
ため下記の点に注意してください。
2-2
IM 01C22B01-01
2. 取扱上の注意事項
2.8 絶縁抵抗テストと耐電圧テストにつ
いて
2.9 耐圧防爆形の伝送器について
注意
(1) テスト電圧が絶縁破壊を生じない程度の過電圧でも
絶縁を劣化させ,安全性を低下させることがありま
TIIS耐圧防爆形の伝送器は,IEC規格に整合した電気
すので,本テストの実施は必要最小限にとどめてく
機械器具防爆構造規格の技術的基準(労働省通達基発
ださい。
第556号)による型式検定に合格しており,可燃性ガ
スまたは蒸気の発生する危険雰囲気で使用できるよ
(2) 絶縁抵抗テストの電圧は 500V DC(内蔵アレスタつ
きの場合は100V DC)以下とし,耐電圧テストでは
うに作られています。
500V AC(内蔵アレスタつきの場合は100V AC)を超
(1種場所および2種場所に設置できます。)
える電圧を印加しないでください。
耐圧防爆構造の機器は,安全性を確保するために,
取付け,配線,配管などに充分な注意が必要です。
(3) テストは以下の手順で実施します。このとき伝送ラ
また,保守や修理には安全のために制限が加えられ
インの配線ははずしておきます。
■ 絶縁抵抗テストの手順
ております。巻末の「耐圧防爆形機器についての注意
① 端子箱のSUPPLY+端子と−端子間に渡り配線をし
事項」を必ずお読みください。
ます。
② 渡り配線と接地端子間に絶縁抵抗計(電源OFF)を接
注意(内蔵指示計なしの場合)
続します。極性は渡り配線を正極,接地端子を負極
にします。
当該機器においては,センサ部周囲の封入液が外部
③ 絶縁抵抗計の電源をO N にして,絶縁抵抗を測定し
へ移動した場合に機器の出力信号は振り切れます。
ます。電圧印加時間は20MΩ以上が確認されるまで
万一,出力信号が振り切れた場合には防爆性能が失
の間にしてください。
われている可能性がありますのでアラームを出して
④ テスト終了後,絶縁抵抗計をはずし,渡り配線と接
ください。
地端子間に1 0 0 k Ωの抵抗器を接続して放電させま
なお,内蔵指示計付の場合には指示計の表示部にア
す。1 秒間以上放電させ,放電中には素手で端子に
ラームが表示されますので上記対応は不要です。
触れないようにしてください。
■ 耐電圧テストの手順
危険場所
① 端子箱のSUPPLY+端子と−端子間に渡り配線をし
非危険場所
4∼20 mA DC
1∼5 V DC
ます。
伝送器
② 渡り配線と接地端子間に耐電圧試験器(電源OFF)を
接続します。耐電圧試験器の接地側を接地端子に接
電源
DCS
ディスプレイ
F0203.EPS
図2.3 DCS(分散型制御システム)を使用した例
続します。
③ 耐電圧試験器の電流制限値を10mAに設定後,電源
をONにし,印加電圧を0Vから指定値までゆっくり
上昇させてください。
④ 指定電圧に1分間保持します。
⑤ テスト終了後,電圧サージが発生しないようにゆっ
くり電圧を下げます。
2-3
IM 01C22B01-01
2. 取扱上の注意事項
注意
注意
図2.4はTIIS耐圧防爆形伝送器の周囲/接液温度と使
使用する安全保持器は,安全保持器のみで型式検定
用する電線あるいはケーブルの関係を示した図で
に合格したもので,以下の条件を満足したものをご
す。
使用ください。
図の範囲(A)においては最高許容温度が60Cもしく
(1) 安全保持定格
はそれ以上,範囲(B)においては最高許容温度が
本安回路最大電圧 28V 以下
75Cもしくはそれ以上の電線あるいはケーブルをご
本安回路最大電流 94.3mA 以下
使用ください。
本安回路最大電力 0.66W 以下
(2) 性能区分およびグループ
範囲(B)
性能区分 ia
60
50
45
40
周
囲
温
度
(℃)
グループ IIC
(3) 本安回路許容インダクタンス(Lo)
および本安回
範囲(A)
20
路許容キャパシタンス(Co)と,本安回路外部配
0
20
20
線のインダクタンス(Lw)
およびキャパシタン
ス(Cw)との関係
0
20
40
60
80
接液温度(℃)
100
120
Lo≧Li+Lw
90
Co≧Ci+Cw
F0204.EPS
図2.4 電線あるいはケーブルの選定
危険場所
非危険場所
4∼20 mA DC
伝送器
2.10 本質安全防爆形の伝送器について
Li=730 µH
Ci=11 nF
注意
安全保持器
Lw, Cw
Lo, Co
F0205.EPS
図2.5 伝送器と安全保持器(バリア)の構成図
TIIS本質安全防爆形の伝送器は,IEC規格に整合した
電気機械器具防爆構造規格の技術的基準(労働省通達
基発第556号)による型式検定に合格しており,可燃
性ガスまたは引火性の蒸気の発生する危険雰囲気で
使用できるように作られています。
(0種場所,1種場所および2種場所に設置できます。)
本質安全防爆構造の機器は,安全性を確保するため
に,取付け,配線,配管などに充分な注意が必要で
す。
また,保守や修理には安全のために制限が加えられ
ております。巻末の「本質安全防爆形機器についての
注意事項」を必ずお読みください。
2-4
IM 01C22B01-01
3. 各部の名称
3.
各部の名称
垂直配管接続形
水平配管接続形
プロセス接続口
受圧部
外部指示計用接続口 (注1)
プロセスコネクタ (注1)
外部指示計用
接続口 (注1)
端子部カバー
カバー
フランジ
電源接続口
伝送部
CPUアセンブリ
ゼロ調ねじ
内蔵指示計(注1)
電源接続口
取付ねじ
伝送部
設定ピン
(CN4) (注2)
ベントプラグ
受圧部
ドレンプラグ
カバー
フランジ
アンプ部カバー
プロセス接続口
プロセスコネクタ (注1)
表3.2 設定ピンの位置とバーンアウト
表3.1 内蔵指示計の表示
表示記号
設定ピン(CN4)の
位置 (注2)
備 考
表示モードは「開平」になっています。
(「比例」の場合は消灯)
バーンアウト
方向
バーンアウト
時の出力
HIGH
110%以上
(21.6mA DC)
LOW
−5%以下 (注3)
(3.2mA DC)
H
ゼロ点調整中の出力信号は増加しています。
ゼロ点調整中の出力信号は減少しています。
%, Pa, kPa, MPa, 表示可能な単位です。16種類の中の1つを
mbar, bar, atm
選択し, 表示させることができます。
(8.3.2(6)項 参照)
L
H
L
F0301.EPS
図 3.1 各部の名称
(注1) ご指定によります。11.1.2項「形名およびコード
(注3) 付加仕様コード/F1付の場合,バーンアウト時の
LOW側出力は−2.5%(3.6 mA)以下になります。
一覧」をご参照ください。
(注2) ・ CPU異常時のバーンアウト方向の設定方法は
図に示す設定ピン(CN4)をHまたはL側に差し
込んで行います。納入時はH側に設定してあ
ります。(付加仕様コード/C1付の場合,L側
に設定してあります)
・ 設定後の設定状態はBRAIN TERMINALでパ
ラメータD52を呼び出すことにより確認でき
ます。詳細は8.3.2(11)項をご参照ください。
3-1
IM 01C22B01-01
4. 取 付
4.
取 付
水平パイプ取付
4.1 取付時の注意事項
本伝送器を設置する場合は,2.4項「設置場所について」
の注意事項を参照してください。
伝送器固定用
ボルト
設置場所の周囲条件については,1 1 章の「標準仕様」を
参照ください。
Uボルト用
ナット
重要
・
現地配管工事などで溶接工事を行う場合,伝送器
50A(2B)パイプ
取付ブラケット
Uボルト
へ溶接電流を流さないように注意してください。
・
本伝送器を足場にしないでください。
垂直パイプ取付
4.2 取付方法
伝送器固定用
ボルト
・ プロセスコネクタの導圧管接続口寸法は,通常
54mmで使用します。当社製の3バルブマニホールド
50A(2B)パイプ
を使用するときはこの寸法で使用できます。プロセ
Uボルト用
ナット
スコネクタの取付方向を換えることにより導圧管接
Uボルト
取付ブラケット
続寸法が51mmまたは57mmの3バルブマニホールド
F0402.EPS
でも使用できます。
・ プロセス接続の方向はご指定いただいた内容で出荷
図4.2.1 伝送器の取付(水平配管接続形)
されます。プロセス接続の方向を変更する場合は,
垂直パイプ取付(プロセスコネクタ上部取付用)
4.3項を参照してください。
・ 伝送器は図4.2.1または図4.2.2のように取付ブラケッ
トを使用し,50A(2B)パイプに取付けます。水平パ
ブラケット
イプおよび垂直パイプのいずれにも取付けることが
50A(2B)パイプ
できます。
Uボルト用
ナット
・ 取付ブラケットを伝送器へ取付ける場合,伝送器固
定用ボルト(4個)は約39N・mのトルクで締付けてくだ
Uボルト
さい。
伝送器固定用ボルト
垂直パイプ取付(プロセスコネクタ下部取付用)
伝送器固定用ボルト
ブラケット
57mm
54mm
Uボルト用
ナット
51mm
F0401.EPS
50A(2B)パイプ
Uボルト
図4.1 プロセスコネクタ導圧管接続口寸法
F0403.EPS
図4.2.2 伝送器の取付(垂直配管接続形)
4-1
IM 01C22B01-01
4. 取 付
4.3 プロセス接続を変更する場合
4.4 高圧側を変更する場合
プロセス接続は,ご注文の際にご指定いただいた内容
4.4.1
により出荷しております。例えば,プロセス接続の出
荷状態が上側になっている本器を下側へ変更する場合
は,本項に従ってください。
受圧部を180°回転させて行う方法
この方法は,垂直配管接続形のみに適用できる方法で
す。
以下の手順により受圧部を180°回転させます。この作
図4.3を参照してドレン (ベント) プラグをスパナでゆっ
くり回して取りはずし,上側に取付けます。またドレ
ン(ベント)プラグのねじ部(下図の※1)にシールテープを
巻き,ドレン(ベント)スクリュウのねじ部(下図の※2へ)
業は原則として必要な工具を用意したメンテナンス
ルームで行い,高圧側を変更したのちに現場へ設置し
てください。
① 受圧部と伝送部のはめあい部分の六角穴付ボルト(2
には潤滑剤を塗布してねじ込んでください。(ドレン(ベ
か所)を六角棒スパナ(JIS B4648 呼び5)ではずしま
ント)プラグは34∼39N・mのトルクで締付けます)プロセ
スコネクタを取付けるボルトは39∼49N・mのトルクで
す。
② 伝送部をそのままで,受圧部のみ1 8 0 ゜回転しま
均一に固く締付け,リークのないようにしてくださ
い。
す。
③ 六角穴付ボルト(2本)を締付けて受圧部と伝送部を固
定します。(5N・mのトルクで締付けます)
垂直配管接続形の場合
④ ドレン(ベント)プラグが上に向いているので,プロ
セス接続を上側にして使用する場合は,4.3項に従っ
ボルト
てプラグとプロセスコネクタを入れ替えてくださ
プロセスコネクタ
い。
プロセスコネクタ
ガスケット
重要
受圧部は180°以上回さないでください。
変更前
※1
ドレン(ベント)プラグ
受圧部
※2
六角穴付ボルト
水平配管接続形の場合
(注) 水平配管接続形の
場合、プロセスコ
ネクタを前後へ変
更することはでき
ません。
伝送部
変更後(180°回転後)
受圧部
F0404.EPS
図4.3 プロセス接続を変更する場合
伝送部
F0405.EPS
図4.4
4-2
変更前と変更後
IM 01C22B01-01
4. 取 付
4.4.2
垂直配管接続形
BRAIN TERMINALの操作で行う方法
この方法は,EJA110-DL,EJA110-DM,EJA110-DH,
受圧部
90°または180°回転
EJA120-DE形のみに適用できる方法です。
4.4.1項のように受圧部を180°回す必要はなく,BRAIN
TERMINALを使用して高圧側を変更することができま
す。
パラメータNO.「D45:H/L SWAP」においてNORMAL(右
側:高圧,左側:低圧) またはREVERSE(左側:高圧,
電源接続口
右側:低圧)を選択してください。
90°または180°回転
出
力
伝送部
NORMAL
水平配管接続形
90°または180°回転
伝送部
入力
90°または
180°回転
REVERSE
電源接続口
ゼロ調ねじ
F0406.EPS
図 4.5 入力 / 出力の関係
重要
受圧部
この機能を利用してもカプセルアセンブリにマーキ
図4.6
ングされているH/L表示はもとのままで変わりません
ので,導圧管の入れかえが不可能な場合のみ利用し
てください。
F0407.EPS
伝送部の回転
4.6 内蔵指示計を回転させる場合
「D45:H/L SWAP」の設定を変更すると図4.5のように
重要
入出力の関係が逆になるので誤解しないようにお使
い願います。
内蔵指示計の取りはずしと取付けは,伝送器を非危
可能な限り,4.4.1項の方法を採用してください。
険場所に移してから実施してください。
4.5 伝送部を回転させる場合
EJAシリーズの各機種は,伝送部を90°または180°回
内蔵指示計は以下の3方向に取付けができます。内蔵指
示計の取りはずしと向き変更の手順については,9.4項
「分解および組立て」をご参照ください。
転させることができます。
① 伝送部と受圧部のはめあい部分の六角穴付ボルト(2
か所)を六角棒スパナではずします。
② 伝送部を90°(または180°)ゆっくり回転させます。
③ 六角穴付ボルト(2か所)を締め,伝送部と受圧部を固
定します。(5 N・m のトルクで締め付けます。)
重要
F0407-2.EPS
図4.7
内蔵指示計の取付方向
伝送部は180°以上回さないでください。
4-3
IM 01C22B01-01
5. 導圧管の配管
5.
導圧管の配管
5.1 導圧管の配管時の注意事項
ゼロ点調整を行う場合に便利です。
3 バルブマニホールドには配管形と直結形がありま
プロセス圧力を伝送器へ導く導圧管は,プロセス圧力
すが,伝送器との接続時には下記の点にご注意くだ
を正確に伝送器へ伝達しなければなりません。たとえ
さい。
ば,導圧管内の液体中にガスが溜る,あるいは導圧管
内の気体中にドレンが溜ると“正確な圧力伝達”が行わ
■ 配管形の場合
れなくなります。このような場合には測定圧力に誤差
導圧管
を生じることになりますので,プロセス流体(気体,液
ベントプラグ
(オプション)
体,蒸気)に適した配管方法にする必要があります。導
ニップル
3バルブ
マニホールド
袋ナット
圧管の伝送器への接続,および導圧管の配管時には下
記の点にご注意ください。
5.1.1
ストップ弁
(低圧側)
パイプ
アセンブリ
伝送器への導圧管の接続について
均圧弁
(1) 伝送器の高圧側および低圧側接続口の確認
ストップ弁
(高圧側)
カプセルアセンブリにはH
(高圧側)
,L
(低圧側)
の記
パイプ
アセンブリ
パイプ
アセンブリ
号が表示されています。プロセス圧力の高圧側導圧
袋ナット
管はH 側へ,低圧側導圧管はL 側へ接続してくださ
い。
プロセス接続口
ニップル
プロセス
コネクタ
用ボルト
HおよびLの表示箇所
プロセス
コネクタ
50A(2B)パイプ
F0502.EPS
図5.2 3バルブマニホールド(配管形)
プロセス接続口
プロセスコネクタ
① 3 バルブマニホールド本体の伝送器側接続口および
プロセスコネクタの導圧管接続口に,ニップルをね
ボルト
F0501.EPS
じこみます。
図5.1 カプセルアセンブリのH, L表示箇所
(シール性を保持するためにニップルのねじ部には
(2) プロセスコネクタ導圧管接続口寸法の変更(図4.1)
プロセスコネクタの取付方向を換えることにより導
シール用テープを巻いてください。)
② 3バルブマニホールド本体は取付用ブラケットをUボ
圧管接続口寸法を51mm,54mmまたは57mmの3種類
ルトで,50A(2B)パイプに取付けます。
に変更することができます。導圧管をプロセスコネ
このとき,Uボルトは仮締め状態にしておきます。
クタへ接続する時の位置合わせに便利です。
③ パイプアセンブリを3 バルブマニホールドとプロセ
スコネクタ間に配置し,袋ナットで仮締め状態にし
(3) プロセスコネクタ取付けボルトの締付け
プロセスコネクタを取付けているボルトは,導圧管
ておきます。(パイプアセンブリの両端は球面状に
接続後は39∼49N・mのトルクで均一に締付けてくだ
なっています。球面に傷を付けますとシール効果が
さい。
損なわれますので取扱いにご注意ください。)
(4) 伝送器と3バルブマニホールドの接続
④ 各ねじ部を下記の順番で十分に締付けます。
プロセスコネクタのボルト→伝送器側の袋ナット→
3 バルブマニホールドはプロセス圧力を遮断するス
3 バルブマニホールド側の袋ナット→3 バルブマニ
トップ弁(2 個)と伝送器の高圧側と低圧側の圧力を
ホールド取付用ブラケットのUボルト・ナット
同圧にする均圧弁(1 個)で構成されています。伝送
器を導圧管から取りはずす場合,あるいは伝送器の
5-1
IM 01C22B01-01
5. 導圧管の配管
■ 直結形の場合
5.1.2
① 伝送器に3バルブマニホールドを取付けます。
(1) プロセス圧力の取出し角度
(取付け時に使用する2 個のガスケットおよび4 本の
導圧管の配管方法について
プロセス配管内のドレン,ガスあるいは沈澱物など
ボルトは3 バルブマニホールドに付属されているも
が導圧管内に流入した場合は,測定圧力に誤差を生
のを使用します。ボルトは均等に締付けてくださ
じる要因となります。これら要因を除くためには測
い。)
定する流体によって,プロセス圧力の取出し角度を
② 3 バルブマニホールドの上部(導圧管を接続する側)
図5.4のようにする必要があります。
に,プロセスコネクタとプロセスコネクタ用ガス
注記
ケットを取付けます。
・ プロセス流体が気体の場合は,垂直上方向または
ボルト
プロセス
コネクタ
ガスケット
ストップ弁
(低圧側)
垂直上方向から45°以内。
導圧管
・ プロセス流体が液体の場合は,水平方向または水
3バルブ
マニホールド
平方向から下方45°以内。
・ プロセス流体が蒸気の場合は,水平方向または水
均圧弁
平方向から上方45°以内。
[気体の場合]
ストップ弁
(高圧側)
[液体の場合]
[蒸気の場合]
圧力取出し管
45°
45°
45°
均圧弁
45°
ストップ弁
(高圧側)
45°
45°
プロセス配管
F0504.EPS
図5.4 プロセス圧力の取出し角度(水平配管の場合)
導圧管
ボルト
(2) プロセス圧力の取出し部と伝送器の位置
ガスケット
プロセスコネクタ
ストップ弁
(低圧側)
3バルブ
マニホールド
導圧管内に発生したドレン(あるいはガス)が管内に
F0503.EPS
溜る場合は,定期的にドレン抜き(あるいはガス抜
図5.3 3バルブマニホールド(直結形)
き)を行う必要があります。しかし,このドレン抜
き(あるいはガス抜き)の操作は測定圧力に一時的な
注記
外乱を与えることになります。このため,導圧管内
伝送器と3バルブマニホールドの接続が完了したら,
に発生したドレン(あるいはガス)はプロセス配管へ
高圧側および低圧側ストップ 弁を閉じ,均圧弁を開
戻るような配管方法にしておく必要があります。
いた状態にしておきます。
・ プロセス流体が気体の場合は,原則として,伝
この操作は,伝送器の高圧側または低圧側の一方向
送器はプロセス圧力の取出し部よりも高い位置
に過負荷の掛るのを防ぐためと,運転開始手順(7章)
に設置する。
にも必要なことですから厳守してください。
・ プロセス流体が液体または蒸気の場合は,原則
として,伝送器はプロセス圧力の取出し部より
も低い位置に設置する。
(3) 導圧管の勾配
導圧管は昇りまたは下り勾配のみとし,水平部分で
あっても1/10以上の勾配を持たせ,ドレン
(あるいは
ガス)が管内に滞溜しないようにします。
5-2
IM 01C22B01-01
5. 導圧管の配管
(4) 2本の導圧管の温度差
高圧側と低圧側の導圧管に温度差が生じた場合は,
管内の液体の密度にも差が生じ,測定圧力の誤差と
なります。流量測定の場合など,2 本の導圧管に温
度差が生じないように揃えて配管する必要があま
す。
5.2 導圧管の配管例
プロセス流体が気体,液体および蒸気の場合の,典型
的な導圧管の配管例を図5.5に示します。実際に配管す
るにあたってはプロセス流体の性質(腐食性,毒性,可
燃性など),プロセス配管の敷設状態,伝送器の設置場
所等を検討し適宜変更,追加を行ってください。
なお,この配管例を参照する場合は下記の点にご注意
(5) 蒸気の流量測定時の凝結槽(コンデンス・ポット)
ください。
導圧管内の液体が,周囲温度あるいはプロセス温度
の変化で凝結,蒸発を繰返えすような場合,高圧側
・ 伝送器の高圧側接続口は右側(正面から見て)として
示してあります。
と低圧側との液頭に差を生じさせることがありま
す。液頭の差による測定圧力の誤差を避けるため,
・ 伝送器の導圧管接続方向は上または下側とする垂直
配管接続形で示してあります。
蒸気の流量測定時には凝結槽を使用します。
・ 導圧管の距離が長い場合は支柱に固定するなど,振
れ防止をします。
(6) 微圧測定する場合の防風対策
・ 使用する導圧管はプロセス圧力,温度等に見合った
重要
差圧伝送器を微圧(ドラフト圧)測定に使用する場
ものを使用します。
・ プロセス圧力の取出し弁(元弁)には接続形式(フラ
ンジ,ねじ,溶接),構造(グローブ弁,ゲート弁,
合,低圧側の導圧管接続口は大気圧(基準圧力)に開
ボール弁)あるいは使用温度,圧力等によって多種
放します。差圧伝送器の周囲の風で基準圧力が変化
類のものが用意されています。プロセス流体の条件
し,測定圧力に誤差を生じる場合は伝送器全体を箱
に見合ったものを選択します。
に収納するか,あるいは低圧側に導圧管を配管しそ
の先端を防風ポット(底板のある筒状のもの)に挿入
するなどの対策が必要です。当社では防風ポットを
液体の流量測定
用意しておりますので,別途お申し付けください。
気体の流量測定
オリフィス
蒸気の流量測定
凝結槽
元弁
ベントプラグ
(7) 凍結防止
ベント弁
伝送器および導圧管内のプロセス流体に凍結・凝固
ユニオン
または
フランジ
のおそれのある場合は,スチームジャケットやヒー
タなどで保温してください。
ティー
注記
3バルブ
マニホールド
導圧管の配管が完了したら,プロセス配管からのド
レン,沈澱物,塵などが導圧管へ入らないように,
ドレン弁
プロセス圧の取出し弁(元弁),伝送器の近傍に取付
ドレンプラグ
けられた弁(手元弁)および導圧管のドレン弁は閉め
F0505.EPS
ておいてください。
図5.5
5-3
配管例
IM 01C22B01-01
6. 配 線
6.
配 線
6.1 配線時の注意事項
で使用する場合は,これに耐える材料を使用した電
線あるいはケーブルを用います。
重要
・ 電線の端末は絶縁スリーブ付き圧着端子
(4mmねじ)
を推奨します。
・ 大容量の変換器,モータ,あるいは動力用電源な
どのノイズ源を避けて配線してください。
・ 配線は電源接続口の防塵プラグを外して配線しま
す。
・ ネジ部には防水処理を必ず施してください。
(防水処理にはシリコン樹脂系の非硬化性シール剤
6.3 外部配線の端子部への接続
6.3.1
電源配線の接続
電源配線はSUPPLYの+,−端子に接続します。
をお薦めします。)
+
・ ノイズ防止のため,信号ケーブルと動力用ケーブ
端子部
電 源
–
ルは同一のダクトを使用しないでください。
・ 防爆形の場合,防爆性能保持のため,法規に従っ
た配線をする必要があります。
F0601.EPS
図6.1 電源配線の接続
・ 耐圧防爆形の場合,錠締めボルトを時計方向に回
しカバーのロックを解除してからカバーを取りは
ずしてください。錠締めボルトの取扱いは9.4項「分
6.3.2
現場指示計用配線の接続
解および組立て」を参照してください。
本取扱説明書巻末の「耐圧防爆形機器についての注意
現場指示計用の配線はCHECKの+,−端子に接続します。
事項」および「本質安全防爆形機器についての注意事
重要
項」をご参照のうえ,正しく配線してください。
内部抵抗が10Ω以下の現場指示計をご使用ください。
6.2 電線の選定
電 源
現場指示計
+
–
・ 配線用の電線は,600Vビニル絶縁電線(JIS C3307)
と同等以上の性能を持つより線の電線,あるいは
端子部
ケーブルを使用します。
F0602.EPS
図6.2 現場指示計の接続
・ ノイズの影響を受けやすい場所に配線する場合は
シールド線を使用します。
・ 周囲温度が高い場所あるいは低い場所に配線する場
合は,使用場所に合った電線あるいはケーブルを使
用します。
注意
6.3.3
BRAIN TERMINAL の接続
BRAIN TERMINALはSUPPLYの+,−端子(フック)に
接続します。伝送ループには250∼600Ωの受信抵抗が
必要です。
TIIS耐圧防爆形の場合,使用する電線あるいはケー
端子部
+
電 源
ブルの最高許容温度は伝送器の周囲温度と接液温度
–
の条件から選定します。(2.9項の図2.4を参照くださ
い)
・ 有害なガスや液体または油や溶剤の存在する雰囲気
BT200
250∼600Ω
BRAIN TERMINALは
交流結合しますので極
性が反対でも問題あり
ません。
F0603.EPS
図6.3 BRAIN TERMINALの接続
6-1
IM 01C22B01-01
6. 配 線
6.3.4
チェックメータの接続
(1) 一般形および耐圧防爆形の場合
チェックメータはCHECKの+,−端子(フック)に接続
(危険場所)
(非危険場所)
します。
ディストリビュータ
受信器
(電源ユニット)
・ CHECKの+,−端子からは,出力信号4∼20mA DC
の電流信号が出力されます。
端子部
重要
+
–
内部抵抗が10Ω以下のチェックメータをご使用くだ
F0605.EPS
さい。
図6.5 伝送器とディストリビュータとの接続
(2) 本質安全防爆形の場合
+
電 源
–
本質安全防爆形の場合は安全保持器と組み合わせて
ループ構成を行います。
チェックメータ
端子部
F0604.EPS
(危険場所)
(非危険場所)
図6.4 チェックメータの接続
ディストリビュータ
受信器
(電源ユニット)
6.4 配 線
端子部
注意
安全保持器
+
–
F0606.EPS
防爆形計器については,周辺機器を含めて配線材料
図6.6 伝送器とディストリビュータとの接続
と配線作業にはきびしい制約があります。作業の前
に巻末の“本質安全防爆形計器についての注意事項”
および“耐圧防爆形計器についての注意事項”を必ず
6.4.2
配線工事
お読みください。
(1) 一般形および本質安全防爆形の場合
金属管配線,または水防グランド(電線貫通金物J I S F
6.4.1
ループ構成
DPharpは2線伝送方式ですので電源配線と信号配線を兼
8801)を用いたケーブル配線を行います。
・ 配線口,フレキシブルフィッティングのねじ部には,
非硬化性シール剤を塗布して防水処理をします。
用しています。
伝送ループには直流電源が必要です。伝送器とディス
トリビュータとの接続は以下のように行ってくださ
フレキシブル
フィッティング
い。
なお,電源電圧と負荷抵抗は6.6項,通信ライン条件は
8.1.2項を参照してください。
電線管
ティー
ねじ部には非硬化性シー
ル剤を塗布して防水処理
を必ず施してください。
ドレンプラグ
F0607.EPS
図6.7 電線管を用いた配線(例)
6-2
IM 01C22B01-01
6. 配 線
(2) 耐圧防爆形の場合
ください。この締め付け量は非常に重要で,締めす
耐圧パッキン金具を用いたケーブル配線,または耐圧
ぎるとケーブルの断線事故につながり,締め足りな
防爆金属管配線を行います。
いと耐圧防爆性が維持できません。
⑤ クランプナットを締め付けてケーブルを固定しま
■ 耐圧パッキン金具を用いたケーブル配線
す。
・ 耐圧パッキン金具は,必ず,当社の選定したものを
⑥ ユニオンカバーに付いているロックナットを締め付
お使いください。
けます。
・ 配線口,耐圧パッキン金具の本体のねじ部には,非
硬化性シール剤を塗布して防水処理を行います。
⑦ ケーブルの各線を端子に接続します。
耐圧パッキン金具
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施して
ください。
フレキシブル
フィッティング
O-リング
本体
ロックナット
レンチ
パッキンボックス
ゴムパッキン
ワッシャ
グランド
クランプリング
電線管
ねじ部には非硬化性シー
ル剤を塗布して防水処理
を必ず施してください。
ティー
ドレンプラグ
クランプナット
ユニオンカップリング
ロックナット
レンチ
ユニオンカバー
ケーブル
F0608.EPS
図6.8 耐圧パッキン金具を用いたケーブル配線(例)
・ 使用するケーブルの外径を2方向,1mm単位まで測
ります。
■ 耐圧防爆金属管配線
・ 配線口の近くにシーリングフィッティングを付けて
・ 2 方向の平均値を求め,その値に最も近い内径の
パッキンを選びます。(表6.1参照)
密封構造とします。
・ 配線口,フレキシブルフィッティング,シーリング
フィッティングのねじ部には,非硬化性シール剤を
表6.1 耐圧パッキンの種類と適用ケーブル外径
付加仕様 配線口の 適用ケーブル
コード
ねじ径
外径(mm)
G11
F0609.EPS
図6.9 耐圧パッキン金具の取付け
G 1/2
G12
8∼10
10.1∼12
識別
マーク
部品番号
16 8-10
16 10-12
G9601AM
塗布して防水処理をします。
ガス流通防止
非危険場所
T0601.EPS
耐圧防爆用
フレキシブル
フィッティング
● 耐圧パッキン金具の配線口への取付方法
① 耐圧パッキン金具本体を配線口にねじ込みます。こ
危険場所
の場合,O−リングが配線口に接触するまで(6山以
耐圧防爆用
厚鋼電線管
上)ねじ込み,レンチでロックナットを固く締め付
ティー
けます。
② ケーブルをユニオンカバー,ユニオンカップリン
グ,クランプナット,クランプリング,グランド,
ドレンプラグ
ねじ部には非硬化性
シール剤を塗布して
防水処理を必ず施して
ください。
シーリングフィッティング
配線終了後、コンパウンドを充填
して管路を密封してください。
F0610.EPS
ワッシャ,ゴムパッキン,パッキンボックスの順に
図6.10 耐圧防爆金属管を用いた配線(例)
挿入します。
③ ケーブルの先端を端子箱内に挿入します。
④ グランドを締め付けてケーブルを固定します。グラ
ンドの締め付け量はケーブルを上下にゆすりケーブ
ルが動かなくなってから約1 回転確実に締め付けて
6-3
IM 01C22B01-01
6. 配 線
6.5 接 地
6.6 電源電圧と負荷抵抗
D種接地工事(接地抵抗100Ω以下)を行ってください。
ループ構成をする場合,配線の負荷抵抗が下図の範囲
ただし,内蔵アレスタ付の場合は,C種接地工事(接地
内になるように注意してください。
抵抗10Ω以下)を行ってください。接地端子は端子部の
(注)本質安全防爆形の場合,安全保持器の内部抵抗も
内側と外側にそれぞれあります。どちらの端子を使用
負荷抵抗に含まれます。
してもかまいません。
600
負
荷
抵
抗
R
(Ω)
警告
耐圧防爆形および本質安全防爆形の場合は必ず接地
が必要です。本質安全防爆形の接地につきまして
R=
E−10.5
0.0236
通信可能範囲
(BRAIN通信形
およびHART通信形)
250
は,接続する安全保持器の取扱説明書を参照してく
ださい。
0
10.5
16.4
24.7
電源電圧E(V)
注意
42
F0612.EPS
図6.12 電源電圧と負荷抵抗
外付避雷器を使用の場合は,下図のような連接接地
を行い,避雷器側でC種接地工事(接地抵抗10Ω以下)
を行ってください。
機器
避雷器
F0613.EPS
端子部
接地端子
(内側)
接地端子
(外側)
F0611.EPS
図6.11 接地端子
6-4
IM 01C22B01-01
7. 運 転
7.
運 転
7.1 運転開始準備
④ 低圧側のストップ弁を徐々に開き,伝送器の受圧部
EJA110,EJA120形差圧伝送器は,液体,気体,蒸気の
流量測定,液位測定あるいは圧力測定などに使用され
ます。
内をプロセス流体で完全に充満させます。
⑤ 低圧側のストップ弁を閉じます。
⑥ 高圧側のストップ弁を徐々に開きます。このとき,
伝送器の高圧側と低圧側は等しい圧力が加わった状
ここでは,EJA110形
(垂直配管接続形,右高圧,BRAIN
通信形)を用いて,図7.1に示す液体の流量測定をする場
合の運転手順を述べます。
態(均圧状態)となります。
⑦ 導圧管,3 バルブマニホールド,伝送器等に圧力
リークの無いことを確認します。
注記
プロセス圧力の取出し弁(元弁),ドレン弁および3バ
ルブマニホールドのストップ弁は高・低圧側とも閉
じた状態になっていること,また3バルブマニホール
ドの均圧弁は開いた状態になっていることを確認し
(2) 伝送器の受圧部内のガス抜き
図7.1に示す配管例の場合はセルフベントに合った配管
をしていますので,ガス抜きの必要はありません。
セルフベントに合った配管ができない場合は7.5項を参
照してガス抜きを行ってください。なお,ガス抜き後
ます。
も均圧弁は開いた状態にしておきます。
オリフィス
元弁
(高圧側)
元弁
(低圧側)
(3) BRAIN TERMINALの接続
電源を投入しBRAIN TERMINALを接続します。端子部
のカバーを開けSUPPLYの+,−端子にBRAIN TERMINALを接続します。
(4) 伝送器が正常状態であることの確認
BRAIN TERMINALを操作して,伝送器が正常であるこ
との確認および必要に応じてパラメータ値の確認ある
ストップ弁
(低圧側)
3バルブマニホールド
いは設定値変更を行います。
BRAIN TERMINALの操作方法につきましては8章をご
参照ください。なお,伝送器が正常であることの確認
均圧弁
は,伝送器の内蔵指示計付きの場合には表示部でも確
ストップ弁
(高圧側)
認することができます。
■BRAIN TERMINALによる確認
ドレン弁
(高圧側)
F0701.EPS
・ 配線系統に異常のある場合は表示部に
図7.1 液体の流量測定
「communication error(ツウシン エラー)」の表示が
出ます。
(1) 伝送器の受圧部へプロセス流体の導入
・ 伝送器に異常のある場合は表示部に「SELF CHECK
下記の手順で,導圧管および伝送器へプロセス流体を
ERROR」
の表示が出ます。
導入します。
PARAM
C60:SELF CHECK
ERROR
① 高・低圧側の元弁を開き,導圧管内をプロセス流体
で充満させます。
communication error
② 高圧側のストップ弁を徐々に開き,伝送器の受圧部
DATA
内をプロセス流体で充満させます。
通信エラー
(配線系統の異常)
③ 高圧側のストップ弁を閉じます。
DIAG
PRNT
自己診断エラー
(伝送器の異常)
ESC
F07021.EPS
図7.2 BRAIN TERMINALの画面(1)
7-1
IM 01C22B01-01
7. 運 転
7.2 ゼロ点調整
■ 内蔵指示計による確認
・ 配線系統に異常のある場合は表示部は「消灯」状態に
重要
なります。
・ 伝送器に異常のある場合は表示部に,異常内容に対
ゼロ点調整後,伝送器の電源はすぐに切らないでく
応した「エラーNo.」
の表示が出ます。
ださい。
30秒以内に電源を切りますと,ゼロ点の調整量は調
例:自己診断エラー (伝送器の異常)
整前の値に戻りますのでご注意ください。
運転開始準備が終了しましたらゼロ点調整を行いま
F07022.EPS
図7.3 内蔵指示計のエラー表示
す。本器のゼロ点調整は以下の2通りの方法で行うこと
ができます。
なお,出力信号の確認はBRAIN TERMINALにパラメー
タ「A10:OUTPUT(%)」を表示させて行います。
注記
BRAIN TERMINALまたは内蔵指示計の表示部に上記
PARAM
A10:OUTPUT(%)
0.0 %
A11:ENGR OUTPUT
の異常表示が出た場合は8.5.2項を参照して,異常内
容に対する処置を行ってください。
出力信号(%)表示の確認
A20:AMP TEMP
DATA
■ 伝送器のパラメータ設定値の確認,変更
DIAG
PRNT
ESC
F07031.EPS
図7.4 BRAIN TERMINALの画面(2) 下記のパラメータは伝送器を運転するために最低限必
要な設定項目です。ご注文時にご指定された値に設定
して出荷されていますが,必要に応じて確認あるいは
(1) 伝送器本体のゼロ調ねじで行う方法
設定値変更を行ってください。
本体ケース外側のゼロ調ねじでゼロ点調整を行う場合
・ 測定レンジ(測定レンジの下限値,上限値,単位)
は次のことを確認してください。
8.3.2
(2)項を参照
・ パラメータ「J 2 0 : E X T Z E R O A D J 」の表示が
「ENABLE」になっていること。操作方法につきまし
・ 出力/内蔵指示計モード(比例モード/開平モード)
ては8.3.2(15)項をご参照ください。
8.3.2
(4)項を参照
・ 動作モード(正信号/逆信号)
・ ゼロ調ねじをマイナス・ドライバを用いて回しま
す。右回しで出力は増加,左回しで出力は減少し,
8.3.2
(9)項を参照
設定レンジの0.01%の分解能でゼロ点調整を行うこ
とができます。
なお,ゼロ点の調整量はゼロ調ねじを回す速さ
に応じて変わりますので,微調整をする場合はゆっ
くりと,粗調整をする場合は速く回します。
ゼロ調ねじ
F07032.EPS
図7.5 ゼロ調ねじ
7-2
IM 01C22B01-01
7. 運 転
(2) BRAIN TERMINALの操作で行う方法
重要
BRAIN TERMINALの簡単なキー操作でゼロ点調整を行
うことができます。
パラメータ「J10:ZERO ADJ」
を選択し,「ENTER」キーを
2度押すだけで自動的にゼロ点調整が行われ,出力信号
・ 端子部からBRAIN TERMINALをはずし,各端子に
ゆるみのないことを確認します。
・ 端子部カバー,アンプカバーを閉めます。各カ
バーは回らなくなるまでしっかりねじ込んでくだ
を0%
(4mADC)
とします。ただし,パラメータに表示さ
れている設定値が「0 . 0 % 」であることを確認してから
「ENTER」キーを押してください。操作方法につきまし
さい。
・ 耐圧防爆形の場合,錠締ボルト(六角穴付ボルト)
を特殊工具(六角Lレンチ)で反時計方向に回しカ
ては8.3.2(15)項をご参照ください。
バーをロックします。
(9.4項「分解および組立て」
参照)
パラメータJ10を選択したときの表示
カバーが手では開かないことを確認してくださ
SET
J10:ZERO ADJ
–0.0 %
+ 000.0
キーを2度押すと
出力信号は0% (4mA DC)
となる
い。
・ ゼロ調ねじ蓋を定位置に固定し取付けねじを締め
ます。
CLR
ESC
F0704.EPS
図7.6 BRAIN TERMINALの画面(3) 7.4 運転停止
7.3 運転開始
運転を停止する場合は下記の手順で行います。
① 電源を切ります。
ゼロ点調整が終了しましたら下記の手順で運転を開始
② 低圧側のストップ弁を閉じます。
します。
③ 均圧弁を開きます。
① 均圧弁を閉じます。
④ 高圧側のストップ弁を閉じます。
② 低圧側のストップ弁を徐々に開きます。
⑤ 高・低圧側の元弁を閉じます。
この操作で,伝送器は運転状態になりました。
③ 運転状態を確認します。
注記
プロセス圧力の周期的な変動によって,出力信号が
大幅に振れる(ハンチング状態)ことがあります。こ
・ 長期間にわたって運転を停止する場合は導圧管内
および伝送器受圧部内のプロセス流体を抜いてく
の様な場合には,BRAIN TERMINALの操作で伝送
ださい。
器の出力信号にダンピングをかけることができま
す。受信計器あるいは内蔵指示計でハンチング状態
・ 均圧弁は開いた状態にしておいてください。
を確認し,最適なダンピング時定数に設定してくだ
さい。8.3.2(3)項「ダンピング時定数の設定」をご参
照ください。
④ 運転状態を確認したら下記事項を確実に実施してく
ださい。
7-3
IM 01C22B01-01
7. 運 転
7.5 伝送器受圧部内のドレン抜きおよび
ガス抜き
本伝送器の垂直配管接続形はセルフドレン・セルフベ
ント構造になっていますので,導圧管をセルフドレン
7.5.2
ガス抜き
① ベントスクリュウを徐々に開き,伝送器受圧部内の
ガスを抜きます。(図7.8を参照)
② ガスが完全に抜け切ったら,ベントスクリュウを閉
じます。(ベントスクリュウは10N・mのトルクで締
(またはセルフベント)に合った配管を行った場合,ド
付けます)
レン(またはガス)抜きの必要はありません。
伝送器受圧部内にドレン(またはガス)が溜まると測定
警告
圧力に誤差を生じる要因になります。セルフドレン(ま
たはセルフベント)に合った配管ができない場合は,本
人体に有害なプロセス流体(液体)の場合は,液体が
伝送器のドレン・ベントスクリュウをゆるめてドレン
身体にかからないように注意してください。
(またはガス)を完全に抜いてください。
ベント
スクリュウ
重要
ドレン(またはガス)抜きの操作は測定圧力に外乱を
与えることになりますので,運転中の操作は避けて
ください。
7.5.1
ベント
スクリュウ
ドレン抜き
ベントスクリュウをゆるめると矢印の
方向にガス(またはドレン)が抜けます。
① ドレンスクリュウ(またはドレンプラグ)を徐々に開
き,伝送器受圧部内のドレンを抜きます。
F0706.EPS
図7.8 ガス抜きの方法
(図7.7参照)
② ドレンが完全に抜け切ったら,ドレンスクリュウ
(またはドレンプラグ)を閉じます。(ドレンスク
リュウは10N・m,ドレンプラグは34∼39N・mのトル
クで締付けます)
警告
人体に有害なドレンの場合は,ドレンが身体にかか
らないように注意してください。
ドレンス
クリュウ
ドレン
プラグ
ドレンスクリュウ(またはドレンプラグ)
をゆるめると矢印の方向にドレン(または
ガス)が抜けます。
F0705.EPS
図7.7 ドレン抜きの方法
7-4
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.
BRAIN TERMINAL BT200の操作
DPharpにはBRAIN通信機能が搭載されており,BRAIN
8.1 BT200操作時の注意事項
TERMINAL BT200やCENTUM CSなどとの相互通信によ
り「レンジ変更」,「TAG NO.の設定」
,「自己診断結果な
8.1.1
接続方法
どのモニタ」,「ゼロ点調整」などを遠隔で行うことがで
伝送器とBT200との接続は図8.1のように端子箱に設け
きます。
てあるBT200接続用フックに接続する方法と中継端子板
ここでは,BT200を使って設定,変更する方法について
などで接続する方法があります。
のべます。なお,B T 2 0 0 の詳細はI M 0 1 C 0 0 A 1 1 - 0 1
8.1.2
通信ライン条件
「BT200取扱説明書」
を参照してください。
ケーブル抵抗Rc
電源
cc
計器室
BT200
中継端子
端子板
DPharp
負荷
抵抗R
ディストリ
ビュータ
ケーブル
抵抗Rc
ループ抵抗=R+2Rc=250∼600Ω
ループ容量=0.22μF以下
DPharp
(2線式伝送器)
BT200
BT200
BT200
BT200
(他の条件はGS記載の通信ライン条件参照)
F0801.EPS
F0802.EPS
図8.2 通信ライン条件
図8.1 BT200の接続
8.2 BT200の操作方法
8.2.1
操作キーの配置
BT200の各キーの配置を図8.3に示します。
メッセージ
メニュー画面
画面タイトル
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
HOME
SET
BATTERY
ADJ
メニュー項目
最大6項目表示
ESC
パラメータ画面
PARAM
A10:OUTPUT
100.0 %
A11:ENGR. OUTPUT
100 kPa
A20:AMP TEMP
23 deg C
DATA
DI
AG
LCD
21文字×8文字
移動キー
・項目の選択
・カーソルの移動
・ページめくり
POWER
ON/OFFキー
シフトキー
ファンクション・
コマンド
パラメータ
最大3項目表示
PRNT
ファンクション・
コマンド
ファンクションキー
画面の下部に表示されます
表示コマンドの内容を実行
ENTキー
・選択した項目へ入ります
・入力データを通信対象機器に設定
・BT200の機能を実行
英数字キー
・数字の入力
・シフトキーとの組合せによる
アルファベットの入力
F0803.EPS
図8.3 BT200のキー配置
8-1
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.2.2
操作キーの機能
■ 記号の入力
ファンクションキー[F1]
(1) 英数字キーとシフトキー
英数字キーとシフトキーの組み合せによって数字・記
CODE
を押すことで下記の記号
を選択し,データとして入力ができます。
[F1] CODEを押すごとにカーソルの位置に記号が以下の
号やアルファベットを入力できます。
順番に現れます。
/ . − , + * ) ( ’& % $ # ”!
英数字キー
上記の記号の次に文字を入力する場合は [>] で
カーソルをずらしてから入力します。
入力
シフトキー
キー操作
(小文字)
F0804.EPS
l/m
■ 数字・記号・スペースの入力(0∼9,.,−,])
(I)
(/)
T0803.EPS
英数字キーのキーインにより入力できます。
入力
キー操作
(2) ファンクションキー
−4
ファンクションキーの機能は,画面表示中のファンク
0.3
1
ションコマンドによってきまります。
–9
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
T0801.EPS
■ アルファベットの入力 (A∼Z)
HOME
SET
ADJ
ファンクション・コマンド
ESC
シフトキーを押した後に英数字キーを押すとシフト
ファンクション・キー
された側の表記のアルファベットが入力できます。
F0807.EPS
シフトキーは アルファベット1文字を入力するごと
表8.1 ファンクション・コマンドの一覧
に押してください。
コマンド
ADJ
英数字キーの左側の
アルファベット
英数字キーの右側の
アルファベット
CAPS/caps
CODE
F0805.EPS
入力
CLR
DATA
キー操作
W
IC
T0802.EPS
■ 大文字/小文字の切り替え
ファンクションキー[F2]
CAPS
[F2] CAPSを押すごとに大文字/小文字が切替ります。
大文字入力の場合
CAPS
CLR
ESC
入力
小文字入力の場合
CODE
caps
CLR
ESC
Boy
(B)
(o)
(y)
入力データクリア / 全データ削除
パラメータデータの更新
直前の画面へ戻る
HOME
メニューの先頭から表示
NO
再設定 設定 画面に戻る
OK
次の画面へ進む
パラメータ番号設定モード
設定項目から表示
SLOT
スロット選択画面へ戻る
UTIL
ユーティリィティ画面へ
*COPY
画面中のパラメータ印字
*FEED
ペーパーフィード
*LIST
メニュー内の全パラメータ印字
*PRNT
(小文字)
記号/符号の選択
自己診断画面へ入る
*PON/POFF
キー操作
大小文字モード変更
DIAG
SET
ができます。(アルファベットのみ)
調整項目から表示
1文字削除
PARM
により大文字/小文字切替
意 味
DEL
ESC
J. B
CODE
(m)
設定変更データのプリンタ出力モードON/OFF
プリントモードへ変更
*GO
印字スタート
*STOP
印字ストップ
*はBT200-P00(プリンタ付)のみ表示します
F0806.EPS
T0804.EPS
8-2
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.2.3
メニューアドレスの呼び出し
ス
タ
ー
ト
画
面
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
UTILITY
1.ID
2.SECURITY CODE
3.LANGUAGE SELECT
4.LCD CONTRAST
5.PRINTER ADJUST
check connection
push ENTER key
UTIL
FEED
ユーティリティ画面では次の項目が
あります。
1. BT200のIDの設定
2. セキュリティコードの設定
3. メッセージ(日本語/英語)切替
4. LCDコントラスト調整
5. 印字濃度の調整(BT200-P00のみ)
esc
(UTIL)
初
期
デ
ー
タ
画
面
PARAM
01:MODEL
EJAxxx-xx
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
GOOD
FUNC
1.MENU
2.UPLOAD TO BT200
3.DOWNLOAD TO INST
4.PRINT ALL DATA
(ESC)
OK
HOME
メ
ニ
ュ
ー
画
面
パ
ラ
メ
ー
タ
画
面
設
定
画
面
(SETメニュー画面)
MENU
A.DISPLAY
B.SENSOR TYPE
HOME
SET
ESC
HOME
SET
MENU
J.ADJUST
K.TEST
M.MEMO
P:RECORD
ADJ
ESC
PARAM
A60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
C60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
A21:CAPSULE TEMP
26.5 deg C
DATA DIAG PRNT
PARAM
C22:HIGH RANGE
100 kPa
DATA DIAG PRNT
ESC
PARAM
A10:OUTPUT(%)
50.0 %
DATA DIAG
PRNT
ESC
A11:ENGR,
OUTPUT
20.0 M
A20:AMP TEMP
24.5 deg C
DATA DIAG PRNT
ESC
CAPS
HOME
ESC
PARAM
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
DATA DIAG
ESC
C20:PRESS
UNITPRNT
kPa
C21:LOW RANGE
0 kPa
DATA DIAG PRNT
ESC
SET
ADJ
ESC
PARAM
J60:SELF CHECK
GOOD
PARAM
J10:ZERO ADJ
0.0 %
DATA DIAG
ESC
J11:ZERO
DEV PRNT
22.2 %
J20:EXT. ZERO ADJ
ENABLE
DATA DIAG PRNT
ESC
パラメータのアップロード・ダウンロードやプ
リントアウト(BT200-P00のみ)などについては
BT200取扱説明書に詳しく記載されていますの
で,そちらを参照してください。
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
YOKOGAWA
CODE
ESC
(ADJメニュー画面)
MENU
C.SETTING
D.AUX SET 1
E.AUX SET 2
H:AUTO SET
ADJ
ADJ
(ADJ)
(SET)
(HOMEメニュー画面)
SET
CLR
ESC
F0808.EPS
8-3
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.3 BT200によるパラメータ設定
8.3.1
重要
ブレインターミナルで設定を行ったあと,伝送器の
パラメータの用途と選択
電源をすぐに切らないでください。
パラメータの設定方法を述べる前に,どのようなとき
パラメータ設定後,30秒以内に伝送器の電源を切る
に,どのパラメータを使用するかを下表にまとめまし
と設定したはずのパラメータは伝送器に記憶され
たので参照ください。
ず,設定前のデータに戻りますのでご注意くださ
い。
表8.2
パラメータの用途と選択
設定項目
概 要
Tag No.
の設定
Tag Noを設定します。英数16文字で設定可能
です。
P.8-6 (注) BT100では英数8文字(ただし大文字)が
設定可能です。
レンジ
の設定
4∼20mA DCに対応するレンジを設定します。
レンジの単位,4mA DC時の入力値(レンジの
P.8-6 下限値),20mA DC時の入力値(レンジの上限
値)の3データを設定します。
(注) レンジの下限値および上限値(小数点を
含む時は小数点を除いた数字列)は
−32000∼32000の範囲内で設定できます。
ダンピング
4∼20mA DCの出力応答速度を調整します。
時定数の設定 0.2s∼64sの間で設定可能です。
P.8-7
出力信号と
内蔵指示計
のモード設定
P.8-7
出力信号
ローカット
モードの設定
P.8-8
出力信号および内蔵指示計のモードを
比例モード(入力差圧比例)にするか
開平モード(流量比例)にするかを設定します。
主として出力信号を開平とした場合,0%付
近の出力を安定させるために使用します。
一定の入力以下になると強制的に0%にする
モードと,一定の入力以下を比例出力に変
えるモードがあります。
出力信号範囲 出力信号の上下限の設定を変更します。
の設定 P.8-9
内蔵指示計の
目盛範囲と
単位の設定
P.8-9
内蔵指示計の目盛りを以下の5種類から指定
します。
%目盛表示/実目盛表示/
実目盛-%目盛 交互表示/入力圧表示/
入力圧-%目盛 交互表示
実目盛にする場合は,実目指定,単位
(BT200の表示用),4mA DC時の表示値(レン
ジの下限値),20mA DC時の表示値(レンジの
上限値)の4データを設定します。
(注) レンジの下限値および上限値(小数点を
含むときは小数点を除いた数字列)は
−19999∼19999の範囲内で設定できます。
表示温度単位 BT200に表示される温度の単位を設定します。
の設定 P.8-10
表示静圧単位 BT200に表示される静圧の単位を設定します。
の設定 P.8-10
設定項目
概 要
動作モード
(正/逆信号)
の設定
P.8-10
入力に対する4∼20mA DCの出力の方向を
反転させます。
入力がなくなったとき20mA DCにふり切れ
る方が安全サイドのアプリケーションに
使用します。
導圧管接続方
向(右/左高圧)
の設定
P.8-11
工事上の都合でどうしても低圧側に高圧側
導圧管を接続せざるを得ない時,使用しま
す。できるだけ導圧管の入れ換えで処理し,
この機能はやむを得ない場合にのみ使用し
てください。
CPU異常時の CPU異常が発生した場合の4∼20mA DC出力
出力状態
の状態を表示します。
の表示 P.8-11 標準品は上限値に設定されています。
ハードエラー
時の出力状態
の設定
P.8-11
自己診断でカプセル異常,アンプ異常が検出
されたときの4∼20mA DC出力の状態を設定
します。
直前値ホールド,上限値,下限値の3状態か
ら選択します。
正逆流量
の測定
P.8-11
両方向の流量を測定したい場合に使用しま
す。流量ゼロの時の出力を12mA DCとして,
正/逆を振り分けます。
開平モードも可能です。
実入力を
加えた
レンジの設定
P.8-12
実入力を加えた状態で4∼20mA DCに対応す
るレンジを設定します。ユーザの基準器出力
に対して,ピッタリ20mA DCの出力設定が
行えます。
但し,DPharpは出荷時高精度にキャリブレー
ションされているのでスパン設定は,通常の
レンジ設定で行ってください。
ゼロ点調整
P.8-12
ゼロ点調整を行います。
外部ゼロ調整ねじで行う方法とBT200を使用
して行う方法があります。
スパン調整
P.8-14
特性カーブの調整を行います。工場出荷時に
調整されていますので通常は不要です。
テスト出力
(定電流出力)
の設定 P.8-15
ループチェックを行う時に使用してください。
−5∼110%の間を0.1%ステップで任意に出力
設定できます。
自由メモ欄
P.8-15
1項目英数8文字(ただし大文字)で自由に書き
込むことができます。
最大5項目迄書き込めます。
TX031D.EPS
8-4
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.3.2
パラメータの設定方法
設定パラメータの一覧および納入時の設定値(デフォル
ト値) を表8 . 3 に示します。必要に応じて設定,変更を
行ってください。設定後は必ず「DIAG」キーを押し,自
己診断結果「□60:SELF CHECK」が「GOOD」を表示して
いることを確認してください。
表8.3
番号
設定パラメータのデフォルト値一覧
項 目
内 容
データ設定範囲
デフォルト値
C10 TAG NO.
タグナンバー
英数16文字
ご注文時指定
C20 PRESS UNIT
差圧入力設定単位
Pa,hPa,kPa,MPa,mbar, bar,atm
より選択
ご注文時指定
C21 LOW RANGE
レンジの下限値 (LRV)
−32000∼32000 ただし測定範囲内
ご注文時指定
C22 HIGH RANGE
レンジの上限値 (HRV)
−32000∼32000 ただし測定範囲内
ご注文時指定
ダンピング時定数
0.2*1,0.5,1.0,2.0,4.0,
2.0
C30 AMP DAMPING
8.0,16.0,32.0,64.0(秒)より選択
C40 OUTPUT MODE
出力モード
OUT: LIN DSP: LIN,
OUT: LIN DSP: SQR,
OUT: SQR DSP: SQR
ご注文時指定
指定のない場合
OUT : LIN DSP : LIN
D10 LOW CUT
ローカット
0.0∼20.0%
10.0%
D11 LOW CUTMODE
ローカットモード
LINEAR,ZERO
LINEAR
D15 OUT LIMIT (L)
出力下限リミッター
−5.0∼110.0%
−5.0*3
D16 OUT LIMIT (H)
出力上限リミッター
−5.0∼110.0%
110.0
D20 DISP SELECT
表示選択
NORMAL (%),USER SET,USER & %,
INP PRES, PRES & %
NORMAL (%)
D21 DISP UNIT
実目表示単位
英数8文字
ご注文時指定
D22 DISP LRV
表示LRV
−19999∼19999
ご注文時指定
指定のない場合 0.0
D23 DISP HRV
表示HRV
−19999∼19999
ご注文時指定
指定のない場合 100.0
D30 TEMP UNIT
温度設定単位
deg C
deg C
D31 STAT. P.UNIT
静圧設定単位
Pa,hPa,kPa,MPa,mbar, bar,atm
より選択
ご注文時指定
指定のない場合は MPa
D40 REV OUTPUT
動作モード
NORMAL,REVERSE
ご注文時指定
指定のない場合 NORMAL
D45 H/L SWAP
導圧管接続方向
NORMAL,REVERSE
NORMAL
D52 BURN OUT
CPU異常時の出力
HIGH,LOW
(設定ピンCN4で設定可能)
HIGH*2
D53 ERROR OUT
ハードエラー時の出力
HOLD,HIGH,LOW
HIGH*2
E30 BI DIRE MODE
正逆モード
H10 AUTO LRV
LRV自動設定
−32000∼32000
C21と同一データを表示
H11 AUTO HRV
HRV自動設定
−32000∼32000
C22と同一データを表示
OFF,ON
OFF
TX032D.EPS
*1: 付加仕様コード/F1を指定した場合,0.1(秒)
になります。
*2: 付加仕様コード/C1を指定した場合,LOWになります。
*3: 付加仕様コード/F1を指定した場合,−2.5(%)
になります。
8-5
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(1) Tag No.の設定(C10:TAG NO)
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
FIC-1a _
ご注文時の指定どおり,TAG NO.を設定して出荷して
TAG NO.の設定後
キーを押します。
います。
CODE
caps
CLE
ESC
変更する場合は下図の手順に従ってください。
設定データ確認画面です。
設定データがフラッシング
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
FIC-1a
英数16文字まで記入できます。
・例 : FIC-1aに設定します。
します。
確認後, キーを
もう1度押します。
PRINTER OFF
F2:PRINTER ON
FEED POFF
NO
画面表示
説 明
( (NO) キーを押せば設定
画面にもどり,再設定が可能
キーを押しBT200の
電源をONにします。
です。)
<When power is off>
SET
C10:TAG NO.
FIC-1a
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
DPharpとBT200を通信ケーブ
ルで接続し, キー
を押します。
check connection
push ENTER key
UTIL
OK
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
NO
OK
パラメータ画面へもどります。
( (NO) キーを押せば
PARAM
C10:TAG NO.
FIC-1a
C20:PRESS UNIT
kPa
C21:LOW RANGE
0 kPa
DATA DIAG PRNT
接続したDPharpの形名と
TAG NO.および自己診断情報
が表示されます。確認後,
(OK) キーを押します。
(SET) キーを押して
られました。
(OK) キーを押せば
FEED
FEED
PARAM
01:MODEL
EJA110-DM
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
GOOD
DPharpのTAG NO.が書き換え
設定画面にもどります。)
ESC
FX012.EPS
(2) レンジの設定
SETメニュー画面に入ります。
① 測定レンジ単位の設定(C20:PRESS UNIT)
HOME
SET
ADJ
ESC
MENU
C:SETTING
D:AUX SET 1
E:AUX SET 2
H:AUTO SET
HOME
SET
ご注文時,指定がある場合は単位を設定して出荷して
C : SETTINGを選択し,
キーを押します。
ADJ
MENU
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
C20:PRESS UNIT
kPa
C21:LOW RANGE
0 kPa
DATA DIAG PRNT
います。単位を変更する場合は下図の手順に従ってく
ださい。
ESC
・例 :「kPa」から「MPa」に変更します。
C10 : TAG NO. を選択し,
キーを押します。
ESC
「MPa」を選択します。
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
kPa
MPa
mbar
bar
atm
新しいTAG NO.「FIC-1a」を
設定します。
SET
C10:TAG NO.
YOKOGAWA
YOKOGAWA
キーで
SET
C20:PRESS UNIT
kPa
< kPa >
< MPa >
< mbar >
< bar >
FOKOGAWA
FIKOGAWA
CODE
CAPS
CLR
ESC
FICOGAWA
FIC-GAWA
SET
C20:PRESS UNIT
MPa
FIC-1AWA
(caps)
(OK) キーを押して設定を
完了します。
FIC-1aWA
FIC-1a
FEED
入力ミスをした場合, キーでカーソル
NO
OK
FX021.EPS
をもどしてから再入力します。
FX011_110.EPS
8-6
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(3) ダンピング時定数の設定
(C30:AMP DAMPING)
② 測定レンジの下限値,上限値の設定
(C21:LOW RANGE,C22:HIGH RANGE)
ご注文時の指定どおりレンジを設定して出荷していま
ダンピング時定数は2.0秒で出荷しています。
す。
変更する場合は下図の手順に従ってください。(注)
レンジを変更する場合は下図の手順に従ってくださ
・例 : 2.0秒から4.0秒に変更する場合
い。
本器は,下限値を変更すると自動的に上限値も変更さ
れ,スパンを一定に保ちます。
SET
C30:AMP DAMPING
4.0 sec
FEED
「0.5」を入力します。
NO
CLR
ESC
SET
C21:LOW RANGE
0.5 kPa
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定を
完了します。
FEED
NO
「4.0 sec」を選択します。
キーを2回押して
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定
を完了します。
OK
0.2sec
0.5sec
1.0sec
2.0sec
4.0sec
8.0sec
16.0sec
32.0sec
64.0sec
キーを2回押して
DEL
>
>
>
>
ESC
・例1: 現在の設定値が0∼30kPaの場合,
下限値を0.5kPaに変更します。
SET
C21:LOW RANGE
0 kPa
+
0.5
, キーで
SET
C30:AMP DAMPING
2.0 sec
<
2.0 sec
<
4.0 sec
<
8.0 sec
<
16.0 sec
測定スパンはレンジの上限値と下限値で決まります。
OK
FX030.EPS
SET
C20:PRESS UNIT
kPa
C21:LOW RANGE
0.5 kPa
C22:HIGH RANGE
30.5 kPa
DATA DIAG PRNT
上限値はスパンを一定に保って
(注) 本項で設定するダンピング時定数は,伝送部(電
変更されます。
気回路部)のダンピング時定数です。伝送器とし
てのダンピング時定数は,電気回路部とカプセル
ESC
部を加算した値です。カプセル部のダンピング時
FX022D.EPS
定数(固定)は,11章の標準仕様をご参照くださ
ただし,上限値を変更しても下限値は変更されませ
い。
ん。
(注)付加仕様コード/F1を指定した場合,設定可能な
上限値を変更するとスパンも変更されます。
最小ダンピング時定数は0.1秒となります。
・例2: 現在の設定値が0∼30kPaの場合,
上限値を10kPaに変更します。
SET
C22:HIGH RANGE
30 kPa
+
10
(4) 出力モード(比例/開平)と内蔵指示計モード
(比例/開平)の設定 (C40:OUTPUT MODE)
「10」を入力します。
キーを2回押して
DEL
CLR
ESC
SET
C22:HIGH RANGE
10 kPa
FEED
NO
PARAM
C20:PRESS UNIT
kPa
C21:LOW RANGE
0 kPa
C22:HIGH RANGE
10 kPa
DATA DIAG PRNT
データを書き換えます。
出力信号と内蔵指示計のモード設定は下表のような組
み合せになっています。
表8.4 出力モードと内蔵指示計モード
(OK) キーを押して設定を
出力信号
内蔵指示計
OUT: LIN DSP: LIN
BT200表示
比 例
比 例
OUT: LIN DSP: SQR
比 例
開 平
OUT: SQR DSP: SQR
開 平
開 平
完了します。
OK
下限値は変更されず,スパンが
変更されます。
TX040D.EPS
ご注文時の指定どおりモードを設定して出荷していま
す。
ESC
FX023D.EPS
モードを変更する場合は下図の手順に従ってくださ
い。
8-7
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
出力
内蔵指示計付きの場合は表示モードが「開平」になった
ときには「√」が内蔵指示計に表示されます。
設定値
7.2mA(20%)
詳細は3章を参照してください。
4mA
・例 : 出力モードを「比例」,表示モードを
「開平」にします。
SET
C40:OUTPUT
OUT:LIN
<OUT:LIN
<OUT:LIN
<OUT:SQR
MODE
DSP:LIN
DSP:LIN >
DSP:SQR.>
DSP:SQR >
ESC
1%
入力
1%
ヒステリシス
±1%固定
設定範囲:0∼20%
, キーで
F051G_02.EPS
「OUT : LIN,DSP : SQR」を
・例 : ローカットの設定範囲を10%から20%,
ローカットモードを「LINEAR」から
「ZERO」に設定します。
選択します。
キーを2回押して
データを書き換えます。
SET
C40:OUTPUT MODE
OUT:LIN DSP:SQR
「20」を入力します。
SET
D10:LOW CUT
10.0 %
+
20.0
(OK) キーを押して設定を
完了します。
キーを2回押して
CLR
FEED
NO
ESC
SET
D10:LOW CUT
20.0 %
FX040D.EPS
(OK) キーを押して設定
を完了します。
次に「D11: LOW CUT MODE」
(5) 出力信号のローカットモードの設定
(D10:LOW CUT,D11:LOW CUT MODE)
FEED
ゼロ点付近を安定させるため,出力信号のローカット
NO
OK
「ZERO」を選択します。
キーを2回押して
設定範囲は出力の0∼20%です。(設定値に対して設定ス
ESC
パンの±1%のヒステリシスがあります)
ローカットモードはLINEAR/ZEROを選択できます。
ローカットモード“ZERO”
(%)
50
(%)
50
LOW CUT 20%の場合
出
力
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定
PARAM
D10:LOW CUT
20.0 %
D11:LOW CUT MODE
ZERO
D20:DISP SELECT
NORMAL %
DATA DIAG PRNT
[開平出力の場合]
ローカットモード“LINEAR”
の設定画面に入ります。
, キーで
SET
D11:LOW CUT MODE
LINEAR
< LINEAR >
< ZERO
>
を行うことができます。
出
20
力
データを書き換えます。
ESC
を完了します。
ESC
FX052D.EPS
20
LOW CUT 20%の場合
・出力モードを比例,内蔵指示計モードを開平に設定
した場合,ローカットの設定値は内蔵指示計の開平
0
50 (%)
0
入 力
50 (%)
後の指示値で表し,出力はこの指示値に対応した入
入 力
力値で設定されます。
[比例出力の場合]
ローカットモード“LINEAR”
(%)
50
例えば,ローカットを20%としたとき,指示値の20
ローカットモード“ZERO”
%に対して機能が作動し,出力信号は4%で作動しま
(%)
50
す。
出
20
力
LOW CUT
20%の場合
出
20
力
[出力モード:比例,内蔵指示計モード:開平の場合]
LOW CUT
20%の場合
LOW CUT 20%の場合
ローカットモード“LINEAR”
0
50 (%)
入 力
0
ローカットモード“ZERO”
50 (%)
入 力
(%)
50
FX051D.EPS
指示値
(%)
50
指示値
図8.4 ローカットモード
出
20
力
ヒステリシスがあるため、実際の動作は以下の図のよ
出力信号
4
うになります。
出力信号
20
4
0
50 (%)
入 力
(例)比例出力,ローカットモードZEROでローカットに
出
力
0
50 (%)
入 力
FX051H.EPS
20%を設定した場合
8-8
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(6) 出力範囲の変更
(D15:OUT LIMIT(L), D16:OUT LIMIT(H))
実目表示に設定する場合は②,③の設定を行います。
正常時の出力範囲は出荷時に下限−5.0%, 上限110.0%に
D20: DISP SELECT
NORMAL %
INP PRES
PRES & %
USER SET
USER & %
設定されており,出力はこの設定値でリミットされま
す。
相手側の機器にあわせるなどの目的により,この出力
範囲を設定可能範囲内で変更することが可能です。
表示内容の設定をします。
実目表示「USER SET」「USER & %」を設定した場合は
単位,上限値および下限値を設定します。
出力範囲の下限値はD15:OUT LIMIT(L),上限値はD16:
OUT LIMIT(H)でそれぞれ設定します。
D21: DISP UNIT
BT200に表示される単位を
設定します。
D22: DISP LRV
4mA出力時の実目数字を
設定します。(LRV)
D23: DISP HRV
20mA出力時の実目数字を
設定します。(HRV)
設定可能範囲: −5.0 ∼110.0 (%)
下限値<上限値
(7) 内蔵指示計の目盛りの設定
内蔵指示計の表示は次の5つから選択できます。
FX061.EPS
D20: DISP SELECT
NORMAL %
<%表示>
内蔵指示計表示
関連パラメータ
① 表示の選択(D20:DISP SELECT)
A10:OUTPUT (%)
45.6 %
内蔵指示計の表示目盛を変更する場合は下図に従って
ください。
測定レンジ(C21,C22)に従い,
−5∼110%の範囲の表示をします。
USER SET
<実目表示>
A11:ENGR.OUTPUT
20.0 M
ここで「U S E R S E T 」を選択すると内蔵指示計と「A 1 1 :
ENGR.OUTPUT」の部分が実目で表示されます。
・例 : 内蔵指示計の目盛りを実目表示にします。
実目表示レンジ(D22,D23)に従った表示をし
ます。(注1)
表示単位はD21で設定した単位です。内蔵指
示計には表示されません。
USER & %
< 実目%交互表示 >
A10:OUTPUT (%)
45.6 %
A11:ENGR. OUTPUT
20.0 M
A40:INPUT
456 kPa
A10:OUTPUT (%)
45.6 %
A40:INPUT
456 kPa
上記の入力圧表示と%表示を約3秒周期で交
互に表示します。
(注1)
目盛レンジは,レンジの下限値および上限値の数値(小数点を
含む時は小数点を除いた数字列)が −19999∼19999の範囲内に
あること。小数点を含むレンジの場合,小数点以下は3桁にし
てください。
(注2) ゼロ点調整後の差圧・圧力の入力を表示します。
(注3) hPaを設定した場合,単位表示はしません。
TX060.EPS
キーを2回押して
SET
D20:DISP SELECT
USER SET
FEED
NO
データを書き換えます。
(OK) キーを押して設定を
完了します。
OK
内蔵指示計表示から「%」が消えます。
入力圧 (注2) をC20で設定した単位 (注3) で表示
します。
表示は−19999∼19999の範囲に限られます。
PRES & %
< 入力圧%交互表示 >
「USER SET」を選択し,
ESC
上記の実目表示と%表示を約3秒周期で
交互に表示します。
INP PRES
<入力圧表示>
, キーで
SET
D20:DISP SELECT
NORMAL %
<NORMAL %>
<USER SET>
<USER & %>
<INP PRES>
FX062.EPS
② 実目単位の設定(D21:DISP UNIT)
BT200に表示される実目の単位を設定することができま
す。ご注文時の指定どおり設定して出荷されます。
変更のある場合は次の手順に従ってください。
内蔵指示計表示にはこの単位は表示されません。
なお,% 表示の場合はこの設定をする必要はありませ
ん。
8-9
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(8) 表示温度の単位の設定(D30:TEMP UNIT)
・例 : 実目単位「M」を設定します。
SET
D21:DISP UNIT
単位は「deg C」に設定され出荷されます。「D30:TEMP
「M」を設定し,
キーを2回押して
M_
度)」,「A21:CUPSULE TEMP(カプセル温度)」の単位に
データを書き換えます。
CODE
CAPS
CLR
ESC
SET
D21:DISP UNIT
M
FEED
UNIT」で指定の単位は,「A20:AMP TEMP(アンプ温
反映されます。
(OK) キーを押して設定を
完了します。
NO
(9) 表示静圧の単位の設定(D31:STAT.P.UNIT)
静圧単位を変更する場合は下図の手順に従ってくださ
OK
FX063.EPS
い。ここで単位を変更すると「A30:STATIC PRESS(静
圧)」
が変更されます。
③ 実目表示の上限値,下限値の設定
・例 : 静圧の単位を「MPa」から「kPa」
に変更します。
(D22:DISP LRV,D23:DISP HRV)
実目表示の上限値,下限値を設定することができま
, キーで
SET
D31:STAT.P.UNIT
MPa
< kPa
>
< MPa
>
< mbar
>
< bar
>
す。
ご注文時の指定どおり設定して出荷されています。
変更のある場合は次の手順に従ってください。
選択し,
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
なお,% 表示の場合はこの設定をする必要はありませ
kPa
MPa
mbar
bar
atm
ん。
・例 : 下限値(LRV) : −50,上限値(HRV) : 50
に設定します。
(10) 動作モード(正/逆信号)の設定
(D40:REV OUTPUT)
<下限値の設定>
SET
D22:DISP LRV
0M
50
「-50」を設定し,
キーを2回押して
入力と4∼20mA出力の方向を反転させることができま
データを書き換えます。
DEL
FX080D.EPS
CLR
ESC
す。
変更方法は下図のとおりです。
<上限値の設定>
「50」を設定し,
SET
D23:DISP HRV
100M
+
50
キーを2回押して
・例:出力を4∼20mAから20∼4mAに
変更します。
データを書き換えます。
DEL
CLR
ESC
SET
D23:DISP HRV
50M
FEED
PARAM
D21:DISP
M
D22:DISP
–
D23:DISP
DATA
(OK) キーを押して設定を
選択し,
キーを2回押して
完了します。
NO
, キーで
SET
D40:REV OUTPUT
NORMAL
< NORMAL >
< REVERSE>
ESC
データを書き換えます。
FX090.EPS
OK
UNT
LRV
50M
HRV
50M
DIAG PRNT
ESC
FX064.EPS
8-10
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(11) 導圧管接続方向(右/左高圧)の設定
(D45:H/L SWAP)
(13) ハードエラー時の出力状態の設定
(D53:ERROR OUT)
導圧管の逆接続を行うことができます。
ハードエラー時※1の出力状態の設定が行えます。
変更方法は下図のとおりです。
設定可能な出力状態は,以下の3つです。
ただし,このパラメータはELMHカプセルに限ってのみ
・HOLD エラー発生直前の出力を出し続けます。
使用することができます。
・HIGH エラー発生時に110%相当の出力を出します。
・LOW
・例:導圧管接続を右高圧から左高圧に
変更します。
※1:ハードエラーとは,8.5.2項「異常内容と対策」の
Er.01のCAP MODULE FAULTとEr.02のAMP
, キーで
SET
D45:H/L SWAP
NORMAL
< NORMAL >
< REVERSE>
MODULE FAULTをさします。
選択し,
キーを2回押して
ESC
エラー発生時に−5%※2相当の出力を出します。
※2:付加仕様コード/F1付の場合は−2.5%相当。
データを書き換えます。
・例:ハードエラー時の出力をLOWに
設定する場合
FX100D.EPS
, キーで
SET
D53:ERROR OUT
HIGH
<
HIGH>
<
LOW>
<
HOLD>
(12) CPU 異常時の出力状態の表示
(D52:BURN OUT)
CPU 異常時の出力状態を表示します。なお異常が発生
選択し,
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
した場合は通信ができなくなります。
FX120.EPS
HIGHまたはLOWの設定変更が可能です。設定変更は
CPUアセンブリ上の設定ピン(CN4)で行います。
(14) 正逆流量測定の設定(E30:BI DIRE MODE)
詳細は3章を参照してください。
入力が0kPaの時の出力を50%とすることができます。手
・標準仕様の場合
順を下図に示します。
HIGHに設定されています。異常が発生したときは
・「C40:OUTPUT MODE」と組み合せると出力0∼50%
110%以上の出力を出します。
および50∼100%間をそれぞれ独立して開平演算しま
なお,パラメータD53 : ERROR OUTはHIGHに設定
す。
して納入されます。
・例 : 測定レンジ0∼10kPa
(LRV=0kPa,HRV=10kPa)のとき
・付加仕様コード/C1 付の場合
L O W に設定されています。異常が発生したときは
キーで選択し,
SET
E30:BI DIRE MODE
OFF
< OFF
>
< ON
>
※
−5%以下 の出力を出します。
キーを2回押して
なお,パラメータD53 : ERROR OUTはLOWに設定
データを書き換えます。
ESC
して納入されます。
測定レンジは−10kPa∼0∼10kPa(出力0∼50∼100%)に変更
されました。
ただし,「C21:LOW RANGE」および
「C22:HIGH RANGE」は変更されません。
※: 付加仕様コード/F1付の場合は−2.5%以下。
・例 : 標準仕様の場合
D52: BURN
HIGH
OUT
FX131D.EPS
設定ピン(CN4)の位置“H”
・例 : 付加仕様コード/C1 付の場合
D52: BURN
LOW
OUT
設定ピン(CN4)の位置“L”
FX110.EPS
8-11
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
リニア出力の場合(
)
ただし,上限値を変更しても下限値は変更されませ
ん。
20mA (100%表示)
LRV
上限値を変更するとスパンも変更されます。
・例2 : 現在の設定値が0∼30kPaとします。
上限値を10kPaにしたいとき,入力圧を
10kPa加えた状態で次の操作を行います。
HRV
4mA (−100%表示)
キーを2回押すと,
SET
H11:AUTO HRV
30 kPa
+
30
開平出力の場合(
)
上限値が10kPaに変更されます。
ESC
SET
H11:AUTO HRV
10.000 kPa
20mA (100%表示)
(OK)キーを押して設定を
完了します。
Low Cut
FEED
LRV
NO
PARAM
H10:AUTO LRV
0 kPa
H11:AUTO HRV
10.000 kPa
H60:SELF CHECK
GOOD
DATA DIAG PRNT
HRV
4mA (−100%表示)
OK
下限値は変更されずスパンが
変更します。
ESC
パラメータC21およびC22も
同時に変更されます。
FX132D.EPS
FX142D.EPS
図8.5 正逆流量測定の設定
(16) ゼロ点調整
(15) レンジ変更(実入力を加える場合)
(H10:AUTO LRV,H11:AUTO HRV)
DPharpはいくつかの調整方法があります。
本器は実入力を加えた状態でレンジの下限値と上限値
を自動的に設定することができます。ここで上限値,
下限値を設定すると「C21:LOW RANGE」と「C22:HIGE
現場の状況に合わせて最適な方法を選択してくださ
い。
なお,出力信号の確認はBT200にパラメータ「A10:OUTPUT(%)」
を表示させて行います。
RANGE」も同時に変更されます。
設定方法は下図に従ってください。
調整方法
概 要
測定スパンはレンジの上限値と下限値で決まります。
BT200を
使用した
ゼロ調
①現在の入力値を0%にする
入力信号を0%状態にして0%出力を調整します。
外部ゼロ
調ねじを
使用した
ゼロ調
③伝送器本体に付いているゼロ調ねじを使用し
てゼロ点調整を行う
BT200を使用しなくてもゼロ点調整が可能です。
出力電流を正確に読み取る電流計を使用して,
出力電流を4mA,または目的の出力値に正確に
調整します。
本器は,下限値を変更すると自動的に上限値も変更さ
れ,スパンを一定に保ちます。
・例1 : 現在の設定値が0∼30kPaとします。
下限値を0.5kPaにしたいとき,入力圧を
0.5kPa加えた状態で次の操作を行います。
キーを2回押して
SET
H10:AUTO LRV
0 kPa
+
0
データを書き換えます。
②別の手段で得た基準値に出力を合わせる
タンクレベルなど,入力信号を0%状態にするの
が難しい場合,グラスゲージなど,他の手段で
得た基準値に出力を合わせます。
TX140.EPS
ESC
SET
H10:AUTO LRV
0.5000 kPa
FEED
NO
PARAM
H10:AUTO LRV
0.5000 kPa
H11:AUTO HRV
30.500 kPa
H60:SELF CHEC
GOOD
DATA DIAG PRNT
(OK)キーを押して設定を
完了します。
OK
上限値はスパンを一定に保って
変更されます。
ESC
パラメータC21およびC22も
同時に変更されます。
FX141D.EPS
8-12
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
① 現在の出力値を0 % ( 4 m A ) にする場合は次の手順に
●「J11: ZERO DEV」を使用する場合は下図の手順に
従ってください。
従ってください。
A10:OUTPUT (%)
0.5 %
出力値が0.5%です。
A10:OUTPUT (%)
41.0 %
SET
J10:ZERO ADJ
0.0 %
+ 000.0
キーを2回押します。
SET
J11:ZERO DEV.
2.50 %
0
CLR
ESC
SET
J10:ZERO ADJ
0.0 %
ゼロ点調整が完了しました。
出力誤差=
45.0−41.0=4.0%
(OK)キーを押して設定を
NO
修正値
=前回修正値+
出力誤差
=2.50+4.0=6.50%
OK
A10:OUTPUT (%)
0.0 %
「J11: ZERO DEV.」には
前回の修正値が入っています。
ESC
完了します。
FEED
現在の出力値は41.0%です。
出力値は0%になります。
FX151.EPS
修正値6.50を設定し,
SET
J11:ZERO DEV.
2.50 %
6.50
② タンクのレベル測定などで,実際の水位をゼロレベ
ルにしてゼロ調ができない場合,グラスゲージな
キーを2回押します。
ECS
ど,他の測定器で得た実レベルに出力を合わせるこ
A10:OUTPUT (%)
45.0 %
とができます。
現在のレベル:45%
現在の出力:41%
出力値は45%に変更されます。
FX154.EPS
100%
現在のレベル
45%
0%
DPharp
ゼロ調整量を変更した場合,「A40: INPUT」で表示され
る値は以下のようになります。
例) 実際の入力圧70kPaに対して,20kPaゼロ遷移させ
FX152_110.EPS
た場合,A40の入力表示はゼロ点調整後の50kPaに
図8.6 タンクのレベル測定
なります。
●「J10: ZERO ADJ」を使用する場合は下図の手順に
従ってください。
70 kPa
A10:OUTPUT (%)
41.0 %
現在の出力値は41.0%です。
SET
J10:ZERO ADJ
0.0 %
+ 045.0
現在の実レベル45%を入力し,
50 kPa
20 kPa
キーを2回押します。
ゼロ調整量(J11)
0 kPa
CLR
A10:OUTPUT (%)
45.0 %
ESC
実際の差圧
・圧力入力
ゼロ調整
A40の
入力表示
0 kPa
F0800.EPS
出力値は45%に変更されます。
FX153.EPS
8-13
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
③ 外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整
実際に加えた圧力と伝送器の出力からスパン調整量(%)
● 外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整の許可/ 禁止
を手計算し,その値をパラメータ「J15:SPAN ADJ」に設
定します。
(J20:EXT ZERO ADJ)
伝送器本体に付いているゼロ調ねじからのゼロ点調
整の許可/ 禁止の設定は下図の手順に従ってくださ
い。
● スパン調整量(%)の算出
スパン調整量は以下の式で計算します。
スパン調整量% =
出荷時には許可(ENABLE) に設定されています。
P1 A40
100
P1
P1 :実際の入力差圧・圧力
・例 : 外部ゼロ調ねじからの設定を禁止します。
A40:ゼロ点調整後の差圧・圧力表示
, キーで
SET
J20:EXIT ZERO ADJ
ENABLE
< ENABLE >
< INHIBIT>
測定圧
「INHIBIT」を選択し,
キーを2回押して
ESC
データを書き換えます。
A40
FX155.EPS
■外部ゼロ調ねじによるゼロ点調整
実圧P
本体ケースの外側に付いているゼロ調ねじをマイナ
P1
0
ス・ドライバを用いて回します。右回しで出力は増
FX171.EPS
加,左回しで出力は減少し,設定レンジの0.01%の分解
・例 : 0∼30 kPa のスパン調整をします。基準
圧30 kPa を入力したとき,パラメータ
「A40:INPUT」の値が30.15 kPa,過去の
スパン調整量「J15:SPAN ADJ」の値が
0.15%であったとします。
でゼロ点調整を行うことができます。(内蔵指示計付の
場合,ゼロ調ねじを出力増加の方向に回すと▲,出力
減少の方向に回すと▼を表示します。)
なお,ゼロ点の調整量はゼロ調ねじを回す速さに応じ
1. スパン調整量(%)を計算します。
て変わりますので,微調整をする場合はゆっくりと,
粗調整をする場合は速く回します。
スパン調整量 =
P1 A40
100
P1
30 30.15
= 100 = 0.5%
30
2. 過去の調整量(0.15%)に今回計算された調整量
ゼロ調ねじ
(0.5%)を加えて,累積スパン調整量を計算します。
FX156.EPS
0.15 (0.5) = 0.35%
図8.7 ゼロ調ねじ
「0.35」を設定します。
SET
J15:SPAN ADJ
0.15 %
0.35
(17) スパン調整
キーを2回押して
データを書き換えます。
■ スパン調整
DEL
EJA シリーズ差圧・圧力伝送器は,仕様に基づいて工場
CLR
ESC
SET
J15:SPAN ADJ
-0.35 %
出荷時に正確に調整されています。設置環境や取付姿
(OK)キーを押して設定
を完了します。
勢によって生じた微少誤差はゼロ点を調整することに
FEED
より調整できます。
スパン調整は,ゼロ点を基準とした入出力特性を変更
NO
OK
注 :「J15:SPAN ADJ」に0.00を入力すること
により,スパン調整量を工場出荷時の状
態に戻すことができます。
する機能です。お客さま特有の圧力基準に合わせると
き,またはスパンドリフトの疑いがあるときに使用し
FX172.EPS
ます。
スパン調整は必ずゼロ点調整後に実施してください。
8-14
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(18) テスト出力(定電流出力)の設定
(K10:OUTPUT X%)
8.4 BT200によるデータ表示
3.2mA(−5%)∼21.6mA(110%)の定電流を出力すること
8.4.1
測定データの表示
ができます。
BT200を利用して測定データの表示を行うことができま
ループチェックを行うときに便利です。
す。
測定データは7秒周期で自動的に更新されます。
・例 : 12mA (50%)の定電流を出力します。
SET
K10:OUTPUT X %
0.0 %
+
050.0
また,「DATA」
キーを押すと,その時点のデータに更新
「50.0%」を設定します。
されます。測定データ表示のパラメータについては1 0
キーを2回押すと
章のパラメータ一覧を参照してください。
定電流が出力されます。
ESC
SET
K10:OUTPUT X %
50.0 % ACTIVE
・例 : 出力を表示させます。
定電流出力が実行中は
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
「ACTIVE」が表示されます。
(OK)キーを押すと
FEED
NO
OK
定電流出力は解除されます。
HOME
SET
ADJ
ESC
FX160.EPS
PARAM
A10:OUTPUT (%)
XX.X %
A11:ENGR.OUTPUT
YY.Y %
A20:AMP TEMP
ZZ deg C
DATA DIAG PRNT
(注)付加仕様コード/F1付の場合,出力範囲は3.6 mA
(−2.5%)∼21.6mA(110%)になります。
ESC
重要
PARAM
A10:OUTPUT (%)
1. テスト出力は実行後約10分間保持され,その後は
7秒周期で自動的に
更新されます。
communi
A11:ENGR.OUTPUT
A20:AMP TEMP
自動的に解除されます。
テスト出力実行中に,BT200の電源をOFFあるいは
通信ケーブルを取りはずしたりした場合でも,テ
FX200.EPS
スト出力は約10分間保持されます。
2. テスト出力を瞬時に解除したい場合は,
(OK)
8.4.2
伝送器の形名,仕様の表示
BT200を利用して形名,仕様を表示させることができま
キーを押してください。
す。
・例 : 伝送器の形式を見ます。
(19) 自由メモ欄(M:MEMO)
MENU
A:DISPLAY
B:SENSOR TYPE
英数8文字で自由に書き込むことができる自由メモ欄が
付いています。ここには点検日,点検者,その他メモ
リしておきたい事柄を5 つまで書き込むことができま
HOME
SET
ADJ
ESC
す。
PARAM
B10:MODEL
EJA110-DM
B11:STYLE NO.
S2.02
B20:LRL
– 98.07 kPa
DATA DIAG PRNT
・例 : 点検日’
99年10月1日をメモリします。
PARAM
M10:MEMO 1
M20:MEMO 2
パラメータについては
巻末のパラメータ一覧
を参照してください。
ESC
M30:MEMO 3
FX210_110.EPS
DATA
DIAG
PRNT
ESC
「99.10.1」を入力し,
SET
M10:MEMO 1
キーを2回押して
99.10.1_
データを書き込みます。
ESC
FX170.EPS
8-15
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
8.5 自己診断
8.5.1
・例3 : 異常履歴の確認
異常発生の確認
伝送器にBT200を接続し,
「P:RECORD」を選択します。
MENU
J:ADJUST
K:TEST
M:MEMO
P:RECORD
(1) BT200による確認
以下4つの点について確認できます。
HOME
①接続がきちんとなされているか ②BT200の操作がき
PARAM
P10:ERROR REC 1
ERROR
P11:ERROR REC 2
ERROR
P12:ERROR REC 3
GOOD
DATA DIAG PRNT
ちんとなされているか③設定がきちんとなされている
か ④今までにどのような異常発生があったか
SET
ADJ
ESC
ESC
それぞれ例をあげますので参照してください。
・例1 : 接続時のミス
伝送器にBT200を接続し,
キーを押します。
左画面表示後に キーを
押します。
––WELCOME––
BRAIN TERMINAL
ID: BT200
check connection
push ENTER key
UTIL
FEED
communication error
ESC
BT200との接続が悪いと通信でき
ないので左のような表示が出ます。
再度,接続を確認してください。
確認後 (ESC) キーを
P10:ERROR REC 1は最新の
エラーを表示します。
P11:ERROR REC 2は1回前のエラーを
P12:ERROR REC 3は2回前のエラーを
P13:ERROR REC 4は3回前のエラーを
表し,最大4つの異常履歴をもちます。
また,5回めのエラーが発生するとP.10に記憶され,
P.13の内容が消され,P.13にはP.12の内容が移されます。
つまり順に記録が移り,最も古い記録が削除されます。
以前にエラーがなかった場合 “GOOD” と表示します。
P10:ERROR REC 1を選択し, キーを押すと、
エラーメッセージ内容を表示します。
押してください。
・例2 : 設定時のミス
PARAM
01:MODEL
EJA110-DM
02:TAG NO.
YOKOGAWA
03:SELF CHECK
ERROR
初期データ画面に現在のDPharp
の自己診断結果が表示されます。
ESC
<①設定画面>
OK
PARAM
C20:PRESS UNIT
kPa
C21:LOW RANGE
600 kPa
C22:HIGH RANGE
600 kPa
DATA DIAG PRNT
パラメータ画面で
(DIAG)キーを押すと
ESC
FEED
PRNT
「□60:SELF CHECK」の
診断画面に入ります。
診断画面では、エラーが発生中、
エラーメッセージが表示されます。
DIAG
C60:SELF CHECK
ERROR
<
ERROR
>
<
ILLEGAL LRV >
エラーメッセージは、
8.5.2項「異常内容と対策」で
示された表示および内容です。
SET
P10:ERROR REC 1
ERROR
<
ERROR
>
<
ILLEGAL LRV >
<
ILLEGAL HRV >
CAP MODULE FAULT
AMP MODULE FAULT
OUT OF RANGE
OUT OF SP RANGE
OVER TEMP (CAP)
OVER TEMP (AMP)
OVER OUTPUT
OVER DISPLAY
ILLEGAL LRV
ILLEGAL HRV
ILLEGAL SPAN
ZERO ADJ OVER
注1:設定画面(①の画面)で キーを2回押すと,
P10∼P13のすべてのエラーメッセージ内容がクリア
されます。
注2:異常発生後,2時間経過した時点で異常発生時の
エラーメッセージが記録されます。
従って,異常発生後2時間前に伝送器の電源を切ると
伝送器に記録が残らず,この機能が利用できません。
ESC
FX222.EPS
FX221_110.EPS
8-16
IM 01C22B01-01
8. BRAIN TERMINAL BT200の操作
(2) 内蔵指示計による確認
注記
自己診断結果に異常があった場合,内蔵指示計には
エラーNO.が表示されます。
複数のエラーがある場合,2秒間隔でエラーNO.が変
更されます。
エラーNO.は表8.4を参照してください。
FX230.EPS
図8.8
内蔵指示計による異常確認
8.5.2 異常内容と対策
エラーメッセージの一覧を下表に示します。
表8.4 エラーメッセージ一覧
内蔵指示計表示
BT200表示
原 因
エラー時の出力動作
CAP MODULE FAULT
カプセルの異常です。*1
D53で選択した値(直前値
ホールド,上限値,下限
値 )を出力します。
電源をOFF にし再びON
にしてもエラーが表示さ
れる場合にはカプセルを
交換してください。*2
Er. 02
AMP MODULE FAULT
アンプの異常です。
D53で選択した値(直前値
ホールド,上限値,下限
値 )を出力します。
アンプを交換してくださ
い。
Er. 03
OUT OF RANGE
入力がカプセルのMAX.
RANGEを越えています。
上限値あるいは下限値を
出力します。
入力値を確認してくださ
い。
Er. 04
OUT OF SP RANGE*3
静圧が仕様範囲を越えて
います。
現在の出力値を表示しま
す。
ライン圧(静圧)を確認して
ください。
Er. 05
OVER TEMP (CAP)
カプセル部の温度が範囲
(−50∼130℃)を越えて
います。
現在の出力値を表示しま
す。
保温あるいは断熱処置を
とり使用温度範囲内にな
るようにしてください。
Er. 06
OVER TEMP (AMP)
アンプ部の温度が範囲
(−50∼95℃)を越えていま
す。
現在の出力値を表示しま
す。
保温あるいは断熱処置を
とり使用温度範囲内にな
るようにしてください。
Er. 07
OVER OUTPUT
出力が上限値あるいは
下限値を越えています。
上限値あるいは下限値を
出力します。
入力値と設定レンジの確
認をし,変更してくださ
い。
Er. 08
OVER DISPLAY
表示値が上限値あるいは
下限値を越えています。
上限値あるいは下限値を
表示します。
入力値と表示条件の確認
をし,変更してください。
Er. 09
ILLEGAL LRV
LRVが設定範囲外です。
直前の出力をホールドし
ます。
LRVを確認し変更してく
ださい。
Er. 10
ILLEGAL HRV
HRVが設定範囲外です。
直前の出力をホールドし
ます。
HRVを確認し変更してく
ださい。
Er. 11
ILLEGAL SPAN
SPANが設定範囲外です。
直前の出力をホールドし
ます。
SPANを確認し変更してく
ださい。
Er. 12
ZERO ADJ OVER
ゼロ調量が大きすぎます。 現在の出力値を表示しま
す。
なし
GOOD
----
ERROR
Er. 01
処 置
ゼロ点を再調整してくだ
さい。
TX52D.EPS
*1: このエラーNo.はカプセルに異常が発生した場合,または圧力センサ部に過大圧が印加された場合に表示されます。
*2: 伝送器受圧部への圧力が正常状態に復帰した場合,パラメータ「E50:AUTO RECOVER」の設定によりEr.01 の表示解
除方法が異なります。パラメータ
「E50:AUTO RECOVER」
がON に設定されている場合,Er.01 の表示は自動的に消え
ます。出荷時はON に設定されています。「E50:AUTO RECOVER」がOFF に設定されている場合には,電源を再投入
することによってEr.01 は消えます。電源の再投入後にエラーNo.が表示されない場合は,ゼロ点調整など必要な手順
を経て再開してください。引き続きエラーNo.が表示される場合はカプセルを交換してください。
*3: EJA120では,静圧の測定はできませんので静圧の診断は行いません。
8-17
IM 01C22B01-01
9. 保 守
9.
保 守
9.1 概 要
なお,校正用機器を使用する場合には,各機器の性能
が充分に維持管理されたものをご使用ください。
警告
表 9.1 校正用機器
当社推奨品
・ 伝送器受圧部内のドレンまたはガスを抜く際に,
電 源
・SDBTあるいはSDBS形ディストリビュータ
[4∼20mA DC 信号用]
プロセス流体が人体に有害な物質の場合,皮膚や
目への流体の付着,流出ガスの吸入などが行われ
負荷抵抗
・2792形 標準抵抗器 (250Ω±0.005%,3W)
・負荷調整用抵抗器 (100Ω±1%,1W)
ないよう十分ご注意ください。
・ プロセス流体が人体に有害な物質の場合は,メン
テナンスなどで伝送器をラインから取りはずした
電圧計
2501A形 ディジタルマルチメータ
精度(10V DCレンジ) : ±0.002% of rdg+1dgt.
後も慎重に取り扱い,人体への流体付着,残留ガ
スの吸入などのないよう十分ご注意ください。
圧力計
MT220形高精度ディジタル圧力計
1) 10kPa用
精度:0∼10kPaの範囲 ;±(0.015% of rdg+0.015% of FS)
−10∼0kPaの範囲;±(0.2% of rdg+0.1% of FS)
2) 130kPa用
精度:25∼130kPaの範囲;±0.02% of rdg
0∼25kPaの範囲 ;±5digits
−80∼0kPaの範囲;±(0.2% of rdg+0.1% of FS)
3) 700kPa用
精度:100∼700kPaの範囲;±(0.02% of rdg+3digits)
0∼100kPaの範囲 ;±5digits
−80∼0kPaの範囲 ;±(0.2% of rdg+0.1% of FS)
4) 3000kPa用
精度 :0∼3000kPaの範囲;±(0.02% of rdg+10digits)
−80∼0kPaの範囲 ;±(0.2% of rdg+0.1% of FS)
5) 130kPa abs用
精度:0∼130kPa absの範囲;±(0.03% of rdg+6digits)
本器の各部品はユニット化してありますので,保守を
容易に行うことができます。
この章では本器の保守に必要な校正,調整および部品
交換などにともなう分解・組立作業の手順を記載して
あります。
本器は高精度の機器ですので,保守に際しては以下の
各項目の説明をよくお読みになり正しい取扱いをして
ください。
重要
[伝送器の測定範囲に近いものを選定してください。]
圧力発生器
・7674形 標準圧力発生器 (200kPa用, 25kPa用)
精度:±0.05% of F.S.
・重錘型圧力試験器
精度 : ±0.03% of setting
・ 本器の保守は原則として,必要な機器を用意した
メインテナンスルームで行ってください。
・ CPUアセンブリの取扱いについて
CPUアセンブリは,静電気により機能破壊を受け
[空気圧源が必要です。伝送器の測定範囲に近いものを
選定してください。]
る部品を一部に使用しています。そのため,取扱
い時にはアースバンドなどで帯電防止を行い,各
圧力源
・6919形 加圧調整器(加圧ポンプ)
加圧範囲: 0∼133kPa
電子部品および回路などに直接触れることのない
よう十分に注意してください。
[負圧レンジの時は真空ポンプをご用意ください。]
また,取りはずしたCPUアセンブリは帯電防止袋
T0901.EPS
に入れるなどの処置を行ってください。
(注)ここでは0.2%級の校正が可能な機器を選定して
います。0.1%級の校正を行うには,各機器の上
位基準器とのトレーサビリティを含む特別な維
持・管理を必要とすることから,現地での校正
は困難と思われます。
0.1%級の校正は,原則として当社サービス会社
の工場引取り校正といたします。
9.2 校正用機器の選定
表 9.1に本器の校正に必要な機器を記載してあります。
伝送器を必要な精度内に校正あるいは調整できる機器
を選定してご使用ください。
9-1
IM 01C22B01-01
9. 保 守
9.3 校 正
② 測定レンジの0,50,100%に相当する基準圧力を本
器に加えます。その際,0→100%に増加させながら
定期保守時あるいは故障探索など,本器の動作確認や
加えたときと,100→0%へ減少させながら加えたと
精度確認をする場合には次の手順で行ってください。
きの誤差(基準圧力とディジタル電圧計の指示値と
① 図9 . 1 のように各機器を接続し,5 分以上ウォーム
の誤差)を計算し,必要とする精度内に入っている
アップします。
ことを確認します。
(注)出力モードが「開平」の場合は,測定レンジの0,
重要
6.25,25,56.25,100%に相当する基準圧力を本
1. 伝送器を高い精度に調整する場合は,伝送器を設
器に加えます。
置している状態に近い電源電圧,リード線などの
負荷抵抗にして調整します。
2. 測定レンジの0%が0kPaまたは正方向に遷移されて
9.4 分解および組立て
いる場合は,下図のように高圧側に基準圧力を加
注意
えます。(低圧側は大気開放)測定レンジの0%が負
方向に遷移されている場合は,低圧側に基準圧力
耐圧防爆形計器についての注意事項
を加えます。(高圧側は大気開放)
1. 耐圧防爆形伝送器の場合は,伝送器を非危険場所
3. 本器の温度が室温に保たれていることを確認の
に移してから保守を実施し,原形復帰することが
上,校正を行ってください。
原則です。詳しくは巻末の「耐圧防爆形機器につい
ての注意事項」をご参照ください。
圧力発生器を使用した場合
2. 耐圧防爆形伝送器では,錠締ボルト(六角穴付ボル
供給圧
低圧側は
大気開放
ト)を特殊工具(六角レンチ)で時計方向に回しカ
バーのロックを解除してからカバーを取りはずし
P 7674 形圧力発生器
基準圧力
てください。
高圧側
カバーを取付けたときは,必ず錠締ボルトを反時
計方向に回しカバーをロックしてください。
負荷抵抗
250Ω
L
Rc
H
(0.7N・mのトルクでロックします)
電源
E
R
負荷調整抵抗
100Ω
V
錠締ボルト
(六角穴付ボルト)
ディジタル電圧計
圧力源と圧力計を組み合せた場合
F0902.EPS
図9.2 錠締めボルト
圧力源
P MT220形圧力計
低圧側は
大気開放
部品交換あるいは保守作業の都合で各部品を分解およ
基準圧力
高圧側
び組み立てる場合の手順を示します。
分解・組立作業は,必ず電源を切り,圧力を止めて行
います。また,工具は適切なものをお使いください。
負荷抵抗
250Ω
L
H
Rc
電源
E
す。
R
負荷調整抵抗
100Ω
表9 . 2 に本器の分解・組立作業に必要な工具を示しま
V
ディジタル電圧計
F0901.EPS
図9.1 各機器の接続
9-2
IM 01C22B01-01
9. 保 守
表9.2 分解・組立用工具
工具名称
数量
プラスドライバ
マイナスドライバ
六角棒スパナ
1
1
2
スパナ
トルクレンチ
モンキレンチ
ボックスレンチ
ボックスドライバ
ピンセット
1
1
1
1
1
1
■ 内蔵指示計の取りはずし
備 考
① カバーを取りはずします。
JIS B4633 2番
② 内蔵指示計を手で支えながら2 本の取付けねじをゆ
JIS B4648
六角棒スパナ3, 5 各1本
2面幅 17mm
るめます。
③ CPUアセンブリからLCDボードアセンブリをはずし
ます。
この時,CPUアセンブリとLCDボードアセンブリを
2面幅 16mm
2面幅 5.5mm
接続しているコネクタを損傷させないように,LCD
ボードアセンブリはまっすぐに引き抜いてくださ
T0902.EPS
い。
9.4.1
内蔵指示計の取りはずしと向き変更
■ 内蔵指示計の取付け
内蔵指示計を交換するための手順を以下に述べます。
内蔵指示計は以下の3方向に取付けができます。
(図9.4参照)
注意
耐圧防爆形伝送器の場合,ご使用者の改造は認めら
れておりません。従って内蔵指示計を追加したり,
取りはずしたまま使用することはできません。やむ
を得ずこのような改造を行う場合は当社にご相談く
F0902-2.EPS
ださい。
図9.3 内蔵指示計の取付方向
① LCDボードアセンブリとCPUアセンブリのコネクタ
位置を合わせ接続します。
② 2本の取付けねじで固定します。
③ カバーを取付けます。
出力端子ケーブル
手前に倒す
LCDボードアセンブリ
内蔵指示計
ゼロ調ねじのピン
カバー
ボス
フラット
ケーブル
CPUアセンブリ
ブラケット
(ゼロ調ねじ用)
取付ねじ
F0903.EPS
図9.4 内蔵指示計およびCPUアセンブリの取付けおよび取りはずし
9-3
IM 01C22B01-01
9. 保 守
9.4.2
CPUアセンブリの交換
重要
C P U アセンブリを交換するための手順を以下に述べま
2本のボスを締めるとき,ゼロ調ねじのピンがブラ
す。(図9.4参照)
ケットの溝に確実に入っていることを確認してくだ
■ CPUアセンブリの取りはずし
さい。もし,ゼロ調ねじのピンがブラケットの溝に
① カバーを取りはずします。
入っていない状態でボスを締めますと,ゼロ調機構
内蔵指示計付きの場合は,9.4.1項を参照して取りは
が破損しますので注意してください。
ずします。
② ゼロ調ねじのピンが図9 . 4 のような位置になるよう
⑤ カバーを取付けます。
に合わせます。
③ 出力端子のケーブル(先端に茶色のコネクタが付い
9.4.3
ているケーブル)をはずします。
カプセルアセンブリの清掃または交換
注意
その際,CPUアセンブリ側のコネクタの側面を軽く
耐圧防爆形伝送器についての注意事項
横に押し,ケーブル側のコネクタを引抜きます。
耐圧防爆形伝送器の場合,ご使用者にての改造は認
(図9.4参照)
められておりません。測定範囲の異なるカプセルア
④ 2本のボスをボックスドライバ
(2面幅5.5mm)を使用
センブリに変更したい場合は当社にご相談くださ
してゆるめます。
⑤ CPUアセンブリをまっすぐに取り出します。
い。
⑥ CPUアセンブリとカプセルを接続しているフラット
同じ測定範囲のカプセルアセンブリを交換する場合
ケーブル(先端に黒色のコネクタのついているケー
は以下の点を確認したときに限り実施してくださ
ブル)をはずします。
い。
・ 交換するカプセルアセンブリは,必ず同一部品番
注記
号のものを使用してください。
取りはずしの際にCPUアセンブリに無理な力をかけ
・ 伝送器とカプセルアセンブリの接続部は,耐圧防
ないよう注意してください。
爆性保持の重要な部分に該当しますので,傷など
の欠陥がないことを確認してください。
・ 保守終了後は伝送部と受圧部を固定するための六
■ CPUアセンブリの取付け
角穴付ボルトを確実に締め付けてください。
① CPUアセンブリとカプセルを接続しているフラット
ケーブルを接続します。
② 出力端子のケーブル(茶色のコネクタ)を接続しま
す。
カプセルアセンブリを清掃または交換するための手順
を以下に述べます。
注記
■ カプセルアセンブリの取りはずし
ケーブルをケースとCPUアセンブリの間にはさみこ
重要
まないように注意してください。
カプセルアセンブリを清掃する場合には,次の点に
③ ゼロ調ねじのピンをCPUアセンブリに付いているブ
注意してください。
ラケットの溝に合わせます。
・ カプセルアセンブリの取扱いは充分に注意し,特
アンプケースの内側にあるポストにCPUアセンブリ
に接液ダイアフラム面に傷をつけたり変形させた
をまっすぐに差し込んでください。
りしないようにしてください。
④ 2 本のボスを締めます。内蔵指示計付きの場合は
・ 清掃には塩素あるいは酸性の溶液を使用しないで
9.4.1項を参照して取付けます。
ください。
・ 清掃後はきれいな水ですすぎ,水気が完全になく
なるまで乾燥させてください。
9-4
IM 01C22B01-01
9. 保 守
① 9.4.2項に従ってCPUアセンブリを取りはずします。
9.4.4
② 伝送部と受圧部を接続している2 本の六角穴付きボ
プロセスコネクタのガスケット交換をするための手順
ルトをはずします。(図9.5参照)
プロセスコネクタガスケットの交換
を以下に述べます。(図9.6参照)
③ 伝送部と受圧部を分離します。
① 2 本のボルトをゆるめ,プロセスコネクタを取りは
④ 4個のフランジボルト用ナットをはずします。
⑤ カプセルアセンブリを手で保持しながら高圧側のカ
バーフランジを取りはずします。
ずします。
② プロセスコネクタガスケットを交換します。
③ プロセスコネクタを取付けます。
⑥ カプセルアセンブリを取りはずします。
ボルトは39∼49N・mのトルクで均一に締め付け,圧
⑦ カプセルアセンブリの清掃または交換を行います。
力リークの無いことを確認してください。
■ カプセルアセンブリの組立て
① カプセルアセンブリに表示されているH(高圧側)
,L
ボルト
(低圧側)の位置関係に注意し,カプセルアセンブリ
をフランジ締付ボルト間に組み込みます。
プロセスコネクタ
その際,2 枚のカプセルガスケットは新品に交換し
てください。
プロセスコネクタガスケット
② 高圧側のカバーフランジを取付け,4 個のナットを
トルクレンチを使用し,39N・m のトルクで均一に締
め付けます。
③ 受圧部組立後は必ずリークテストを行い,圧力リー
クの無いことを確認してください。
F0905.EPS
図9.6 プロセスコネクタの取付けおよび取りはずし
④ 受圧部に伝送部を取付けます。
⑤ 2 本の六角穴付ボルトを締め付けて固定します。
(5N・mのトルクで締付けます)
⑥ 9.4.2項に従ってCPUアセンブリを取付けます。
⑦ 組立後には必ずゼロ点調整およびパラメータの確認
を行ってください。
受圧部
カプセルアセンブリ
ナット
六角穴付ボルト
伝送部
カプセル
ガスケット
カバーフランジ
カバーフランジ
締付ボルト
F0904.EPS
図9.5 受圧部の取付けおよび取りはずし
9-5
IM 01C22B01-01
9. 保 守
9.5.2
9.5 故障探索
故障探索フローの事例
測定値に異常が発生した場合は,下記の故障探索フ
次のような現象は,本器が動作していない疑いがある。
(例)
・出力信号が出ていない。
・プロセス量は変化しているのに,出力信号は変化しない。
・プロセス量の推定値と出力とが全く一致しない。 など
ローに従って対処します。故障原因の中には複雑なも
のもあり,下記のフローだけでは発見できないものも
あるので,難しいトラブルと思われる場合は,当社
サービス員にご相談ください。
BRAIN TERMINALを接続し,自己診断を確認する
9.5.1
故障探索の基本フロー
プロセスの測定値が異常を示したときには,まずプロ
自己診断で異常箇所を
発見できたか
セス量が本当に異常なのか,測定系に問題があるのか
YES
8.5.2項エラーメッ
セージ一覧を参照
して対応をとる。
NO
6.3項を参照して電源
∼端子箱間の極性を
調べ正しくする。
NO
6.6項を参照して規定
の電圧および負荷抵
抗にする。
を判定することが必要です。測定系に問題があると判
断できる場合には,次に問題箇所を特定して処置を検
NO
討します。
これらの過程で本器の自己診断機能が役立ちますの
電源の極性は正しいか
で,8.5章を参照してご活用ください。
: 自己診断
サポート部分
YES
測定値に異常発生
Yes
電源電圧および
負荷抵抗は正しいか
プロセス量
の異常か
YES
測定系に異常あり
No
プロセス系調査
バルブの
開閉状態は正しいか
測定系の問題箇所
Yes
NO
均圧弁を全閉にし,
高圧側および低圧側
のバルブを全開にす
る。
YES
受信計器異常
受信計器調査
No
圧力もれの箇所はないか
環境条件
YES
導圧配管,受圧部等
の接続箇所に注意
し,圧力もれを処置
する。
伝送器
NO
チェック・検討修正
伝送器チェック
ループに
断線はないか,
ループ番号は合って
いるか
使用条件
チェック・検討修正
NO
断線,誤配線箇所を
正しく処置する。
YES
当社サービス員にご相談ください。
F0906.EPS
図9.7 基本フローと自己診断
F0907.EPS
9-6
IM 01C22B01-01
9. 保 守
0%あるいは100%側に振り切れている。
出力誤差が大きい
BRAIN TERMINALを接続し,自己診断を確認する
自己診断で異常箇所を
発見できたか
YES
BRAIN TERMINALを接続し,自己診断を確認する
8.5.2項エラーメッ
セージ一覧を参照
して対応をとる。
自己診断で
異常箇所を発見できたか
NO
電源の極性は正しいか
NO
6.3項を参照して電源
∼端子箱間の極性を
調べ正しくする。
バルブの
開閉状態は正しいか
NO
均圧弁を全閉にし,
高圧側および低圧側
のバルブを全開にす
る。
導圧配管の
接続は正しいか
YES
導圧配管,受圧部等
の接続箇所に注意
し,圧力もれを処置
する。
電源電圧および
負荷抵抗は正しいか
NO
測定対象に適した配
管にする。
NO
6.6項を参照して規定
の電圧および負荷抵
抗にする。
YES
NO
測定対象に適した配
管にする。
温度変化のはげしい
場所に設置しているか
YES
ゼロ点は
正しく調整されているか
均圧弁を全閉にし,
高圧側および低圧側
のバルブを全開にす
る。
YES
NO
高圧および
低圧側への導圧配管は
正しいか
NO
YES
YES
圧力もれの箇所はないか
8.5.2項エラーメッ
セージ一覧を参照
して対応をとる。
NO
YES
バルブの
開閉状態は正しいか
YES
YES
断熱,保温を施した
り,風通しを良くす
るなどの対策をす
る。
NO
調整する。
NO
校正用機器は適切な
ものを使用しているか
YES
NO
9.2項を参照して校正
用機器を選定する。
YES
当社サービス員にご相談ください。
調整する。
F0908.EPS
出力調整が
正しく行われているか
NO
YES
当社サービス員にご相談ください。
F0907.EPS
9-7
IM 01C22B01-01
10. パラメータ一覧
10.
パラメータ一覧
適用機種 : F : 差圧伝送器 EJA110,EJA120,EJA118W,EJA118N,EJA118Y,EJA115,EJA113W,EJA113N
P : 圧力伝送器 EJA310,EJA430,EJA438W,EJA438N,EJA433W,EJA433N
L : 液位伝送器 EJA210,EJA220,EJA213,EJA223
No.
項目
内容
表示
設定
備考
01 MODEL
02 TAG NO.
型式+カプセル種類
タグナンバー
—
—
英数16文字
03 SELF CHECK
自己診断結果
—
GOOD/ERROR
測定データ表示
—
メニュー名称
A10 OUTPUT (%)
A11 ENGR. OUTPUT
出力(%表示)
出力(実目表示)
—
—
−5∼110%(注3)
−19999∼19999
A20 AMP TEMP
A21 CAPSULE TEMP
アンプ温度
カプセル温度
—
—
D30で設定した単位
D30で設定した単位
A30 STATIC PRESS
静圧(注1)
—
D31で設定した単位
A40 INPUT
入力(ゼロ点調整後の差
圧・圧力表示)
自己診断 メッセージ
—
−32000∼32000
—
GOOD/ERROR,
CAP MODULE FAULT,
AMP MODULE FAULT,
OUT OF RANGE,
OUT OF SP RANGE(注1),
OVER TEMP(CAP),
OVER TEMP (AMP),
OVER OUTPUT,
OVER DISPLAY,
ILLEGAL LRV,
ILLEGAL HRV,
ILLEGAL SPAN,
ZERO ADJ OVER
SENSOR TYPE
センサの種類
—
メニュー名称
MODEL
STYLE NO.
LRL
URL
MIN SPAN
—
—
—
—
—
英数16文字(大文字)
B40 MAX STAT.P.
型式+スパン
スタイルナンバー
最小レンジ
最大レンジ
最小スパン
最大静圧(注6)
B60 SELF CHECK
自己診断メッセージ
—
A60と同じ
—
メニュー名称
A
DISPLAY
A60 SELF CHECK
B
B10
B11
B20
B21
B30
C
SETTING
タグナンバー
測定レンジの単位
英数16文字
Pa,hPa,kPa,MPa,mbar,
bar,atm から選択
C21 LOW RANGE
測定レンジの下限値
−32000∼32000(ただし測定範囲内)
C22 HIGH RANGE
測定レンジの上限値
−32000∼32000(ただし測定範囲内)
C30 AMP DAMPING
ダンピング時定数
C40 OUTPUT MODE
出力モードと
内蔵指示計モード
C60 SELF CHECK
自己診断メッセージ
—
0.2(注2),0.5,1.0,2.0,4.0,8.0,
16.0,32.0,64.0sec から選択
OUT:LIN DSP:LIN,
OUT:LIN DSP:SQR,
OUT:SQR DSP:SQR から選択
A60と同じ
補助設定データ1
—
AUX SET 1
L
—
—
C10 TAG. NO.
C20 PRESS UNIT
D
P
−32000∼32000
−32000∼32000
−32000∼32000
—
設定データ
適用機種
F
—
—
メニュー名称
D10 LOW CUT
ローカット
0.0∼20.0%
D11 LOW CUT MODE
D15 OUT LIMIT (L)
ローカットモード
出力下限リミッター
LINEAR,ZERO
−5.0∼110.0%
D16 OUT LIMIT (H)
出力上限リミッター
−5.0∼110.0%
D20 DISP SELECT
表示選択
D21 DISP UNIT
実目表示単位
NORMAL %,USER SET
USER & %,INP PRES,PRES & %
英数8文字(大文字)
T1001.EPS
10-1
IM 01C22B01-01
10. パラメータ一覧
No.
項目
内容
表示
設定
備考
AUX SET 1
補助設定データ1
D22
D23
D30
D31
DISP LRV
DISP HRV
TEMP UNIT
STAT. P. UNIT
実目表示の下限値
実目表示の上限値
温度設定単位
静圧設定単位
−19999∼19999
−19999∼19999
deg C
Pa,hPa,kPa,MPa,mbar,
bar,atm から選択
D40
D45
D52
D53
D60
REV OUTPUT
H/L SWAP
BURN OUT
ERROR OUT
SELF CHECK
出力反転
導圧管接続方向
CPU異常時の出力
ハードエラー時の出力
自己診断メッセージ
—
NORMAL,REVERSE
NORMAL,REVERSE(注4)
HIGH,LOW
HOLD,HIGH,LOW
A60と同じ
AUX SET 2
補助設定データ2
—
メニュー名称
DFS MODE
TEMP SELECT
TEMP ZERO
BI DIRE MODE
AUTO RECOVER
DFSモード
補償温度の選択
温度ゼロ補正
正逆モード
センサ異常の
オートリカバー機能
自己診断メッセージ
—
A60と同じ
自動設定
—
メニュー名称
D
E
E10
E14
E15
E30
E50
E60 SELF CHECK
H
AUTO SET
ADJUST
調整データ
—
ZERO ADJ
ZERO DEV.
SPAN ADJ
EXT. ZERO ADJ
OUTPUT 4mA
OUTPUT 20mA
SELF CHECK
自動ゼロ調整
マニュアルゼロ調整
スパン調整(マニュアル)
外部ゼロ調ねじの許可
4mA調整
20mA調整
自己診断メッセージ
—
±10.00%
ENABLE,INHIBIT
±10.00%
±10.00%
A60と同じ
TEST
テスト
—
メニュー名称
H60 SELF CHECK
K
—
MEMO
メモ
—
メニュー名称
MEMO 1
MEMO 2
MEMO 3
MEMO 4
MEMO 5
SELF CHECK
メモ
メモ
メモ
メモ
メモ
自己診断メッセージ
—
英数8文字(大文字)
英数8文字(大文字)
英数8文字(大文字)
英数8文字(大文字)
英数8文字(大文字)
A60と同じ
RECORD
履歴
—
P13 ERROR REC 4
P60 SELF CHECK
(注1)
(注2)
(注3)
(注4)
(注5)
(注6)
—
メニュー名称
自己診断メッセージ
P12 ERROR REC 3
—
−5∼110%(注3)
K60 SELF CHECK
P10 ERROR REC 1
P11 ERROR REC 2
—
—
—
A60と同じ
−5∼110%(注3)
実行中はACTIVEを表示
A60と同じ
P
—
−32000∼32000
テスト出力 %設定
M10
M20
M30
M40
M50
M60
—
−32000∼32000
K10 OUTPUT X%
M
L
—
OFF,ON(注5)
AMP. TEMP,CAP. TEMP(注5)
±10.00(注5)
OFF,ON
OFF,ON
—
H11 AUTO HRV
J
—
P
メニュー名称
測定レンジ下限値
自動設定
測定レンジ上限値
自動設定
自己診断メッセージ
H10 AUTO LRV
J10
J11
J15
J20
J30
J31
J60
—
適用機種
F
異常履歴(最新エラー)
異常履歴
(1回前のエラー)
異常履歴
(2回前のエラー)
異常履歴
(3回前のエラー)
自己診断メッセージ
エラーメッセージ表示
エラーメッセージ表示
エラーメッセージ表示
エラーメッセージ表示
—
A60と同じ
EJA120では静圧の測定はできません。表示は常時0MPaとなりますが測定値ではありません。(A30)
付加仕様コード/F1を指定した場合,0.1secになります。
付加仕様コード/F1を指定した場合,出力範囲は−2.5∼110%になります。
パラメータ D45はEJA115には適用できません。
パラメータE10,E14,E15はダイアフラムシール付差圧・圧力伝送器にのみ適用可能です。
適用機種:EJA118□,EJA438□,EJA113□,EJA433□
最大使用圧力(MWP)は機種により異なりますので,各機種のネームプレート記載の範囲でお使いください。
パラメータB40に表示される数値は,カプセル耐圧の概略値を示します。
T1002.EPS
10-2
IM 01C22B01-01
11. 標準仕様
11.
標準仕様
11.1 標準仕様(EJA110形,EJA120形)
精度:
F OUNDATION フィールドバス通信形の場合は(◇)部の仕
[EJA110] GS 01C22B01-00参照
様が異なりますのでIM 01C22T02-01を参照してくださ
[EJA120] GS 01C22B03-00参照
周囲温度:
い。
[EJA110]
測定範囲:
形名
−40∼85℃(一般形)
カプセル
測定スパン
測定範囲
L
0.5∼10 kPa
−10∼10 kPa
M
2∼100 kPa
−100∼100 kPa
H
20∼500 kPa
−500∼500 kPa
V
0.28∼14 MPa
−0.5∼14 MPa (注)
E
0.1∼1 kPa
−1∼1 kPa
−30∼80℃(内蔵指示計付)
−20∼60℃(TIIS耐圧防爆形,TIIS本質安全防爆形)
EJA110
EJA120
(注) 接液部材質コードH,M,T,A,Bの場合は0∼14MPa
[EJA120]
−25∼85℃(一般形)
−25∼80℃(内蔵指示計付)
−20∼60℃(TIIS耐圧防爆形,TIIS本質安全防爆形)
接液温度:
[EJA110]
T1101.EPS
出力信号(◇):
−40∼120℃(一般形)
4∼20mA DC2線式
−20∼120℃(TIIS耐圧防爆形,TIIS本質安全防爆形)
異常時の出力信号(バーンアウト):
[EJA120]
HIGH側:110%(21.6 mA DC)以上…出荷時設定
−25∼80℃(一般形)
LOW側:5%(3.2 mA DC)以下
2.5%(3.6 mA DC)以下
(付加仕様コード/F1)
−20∼80℃(TIIS耐圧防爆形,TIIS本質安全防爆形)
周囲湿度:
(注) BRAIN通信形,HART通信形(出力信号コー
ドD,E)に適用。
5∼100% RH(40℃の時)
使用圧力:
電源電圧(◇):
[EJA110]
10.5∼42 V DC(一般,耐圧防爆形)
2.7kPa abs以上
10.5∼32 V DC(内蔵アレスタ付,付加仕様コード/A)
最大使用圧力は,「形名およびコード一覧」参照
10.5∼28 V DC(TIIS本質安全防爆形)
大気圧以下の場合は図11.2参照
通信ライン条件(◇):
[EJA120]
電源電圧…16.4∼42V DC(一般形,TIIS耐圧防爆形)
16.4∼28V DC(TIIS本質安全防爆形)
−50∼50 kPa
取付:
負荷抵抗…250∼600Ω,ケーブル抵抗を含む
電源電圧と負荷抵抗との関係は図11.1参照
2Bパイプ取付
防水構造:
(注) TIIS本質安全防爆形の場合,安全保持器の
内部抵抗は負荷抵抗に含まれる。
JIS C0920防浸形(IEC IP67相当,NEMA4X)
防爆構造:
[BRAIN通信形の場合]
TIIS防爆
通信距離…2km※,CEVケーブル使用の時
適合規格:労働安全衛生法 告示16号
負荷容量…0.22μF以下※
電気機械器具防爆構造規格
負荷インダクタンス…3.3mH以下※
TIIS耐圧防爆形(Ex do IIC T4X)
注: 周囲温度が50℃以上の場合,または接液温度
が90℃を越え周囲温度が45℃以上の場合は最
高許容温度75℃以上の外部配線を使用する。
※一般形,TIIS耐圧防爆形の場合の値
動力線との間隔…15cm以上
受信抵抗に接続される受信計器の入力インピーダンス
…2.4kHzに於いて10kΩ以上
11-1
IM 01C22B01-01
11. 標準仕様
接液部材質
コード
合格番号:下表参照
EJA110
形名
EJA120
指示計なし
指示計付
カプセル
L
M
H,V
E
S
C15296
C15297
時定数
(秒)
約0.4
約0.3
約0.3
約0.2
H,A
C15298
C15299
T
C15300
C15301
M,B
C15302
C15303
T1102.EPS
外部ゼロ調整機構(◇):
連続可変
T11.EPS
TIIS本質安全防爆形(Ex ia IIC T4)
注: 組合わせるバリア
(安全保持器)
については
表11.3を参照。
(BARD-400形安全保持器との
組合わせは不可)
ゼロ調整軸を回す速さに応じてゼロ点の遷移量が変化
する。分解能 : スパンの0.01%
ゼロ点遷移可能範囲:
負方向遷移量,正方向遷移量とも,測定レンジの下限
合格番号:C14632 値および上限値が各カプセルの測定範囲を越えない範
電源接続口:
囲で設定可能
「形名およびコード一覧」参照
タグプレート:
プロセス接続口:
「形名およびコード一覧」参照
SUS304またはSUS316(オプション)ステンレス鋼ねじ止め
質量:
接液材質:
3.9 kg(取付ブラケット,プロセスコネクタなし)
[EJA110]
EMC適合規格:
,
カプセル,カバーフランジ,プロセスコネクタ,
EN61326-1 Class A, Table 2 (For Use in industrial locations)
ベントプラグ…「形名およびコード一覧」参照
EN61326-2-3
カプセルガスケット
注意
…接液部材質コードSの場合はテフロンコー
ティングSUS316L,
本計器はクラスA製品であり,工業環境用に設計され
接液部材質コードH,M,T,A,Bの場
ています。工業環境以外でのご使用はできません。
合はPTFE(テフロン)
プロセスコネクタガスケット…PTFE(テフロン)
600
[EJA120]
R= E−10.5
0.0236
負
カバーフランジ,プロセスコネクタ
荷
…SCS14A(SUS316相当鋳造品)
抵
カプセル…SUS316L
通信可能範囲
(BRAIN通信形および
HART通信形)
抗 250
(ダイアフラムはハステロイC-276)
R
ベントプラグ…SUS316
()
カプセルガスケット…PTFE(テフロン)
10.5
プロセスコネクタガスケット…PTFE(テフロン)
締付ボルトナット材質:
16.4
24.7
電源電圧 E(V)
42
F1101.EPS
図11.1 電源電圧と負荷抵抗の動作可能限界の範囲
「形名およびコード一覧」参照
伝送部ケース:
100
アルミニウム合金鋳物
使
用
圧
力
kPa abs
塗装:
ポリウレタン樹脂焼付塗装。ディープシーモス
グリーン(マンセル 0.6GY 3.1/2.0相当)
大気圧
使用可能範囲
10
内蔵指示計:
LCDディジタル指示計 (オプション)
2.7
ダンピング時定数:
1
−40
(伝送部とカプセルの時定数を加算)
0
40
50
接液温度 ℃
伝送部時定数…0.2∼64秒,9段階設定可能
80
120
97.2
F1102.EPS
図11.2 EJA110形の使用圧力と接液温度
11-2
IM 01C22B01-01
11. 標準仕様
11.2 形名およびコード一覧
[ スタイル : S2 ]
形名
基本仕様コード
EJA110
EJA120
...............................
...............................
差圧伝送器
微差圧伝送器
-D.............................
-E.............................
-F.............................
4∼20 mA DC出力,BRAIN通信形
4∼20 mA DC出力,HART通信形
FOUNDATION フィールドバス通信形 (注6)
出力信号
測定スパン
(カプセル)
仕様
L . . . . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
M . . . . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
H . . . . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
V . . . . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
E . . . . . . . . . . . . . . . . . . (EJA120用)
接液部材質
S.........................
H . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
M . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
T . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
A . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
B . . . . . . . . . . . . . . . (EJA110用)
プロセス接続口
0.......................
1.......................
2.......................
3.......................
4.......................
5.......................
ボルト・ナット材質
A....................
B....................
伝送部取付方向
-2................
-3................
-6................
-7................
-8................
-9................
電源接続口
0..............
2..............
5..............
7..............
A..............
C..............
内蔵指示計
D...........
N...........
取付ブラケット
付加仕様コード
A........
B........
J........
C........
D........
K........
N........
0.5 ∼10 kPa
2 ∼100 kPa
20 ∼500 kPa
0.28 ∼14 MPa
0.1 ∼1 kPa
[カプセル]
[本体](注2)
SCS14A
SUS316L (注1)
SCS14A
ハステロイC-276 (注3)
SCS14A
モネル (注3)
SCS14A
タンタル (注3)
ハステロイC-276 (注4)
ハステロイC-276 (注3)
モネル (注5)
モネル (注3)
[ベントプラグ]
SUS316
SUS316
SUS316
SUS316
ハステロイC-276
モネル
プロセスコネクタなし(カバーフランジはRc 1/4めねじ)
Rc 1/4めねじのプロセスコネクタ付
Rc 1/2めねじのプロセスコネクタ付
1/4 NPTめねじのプロセスコネクタ付
1/2 NPTめねじのプロセスコネクタ付
プロセスコネクタなし(カバーフランジは1/4 NPTめねじ)
[最大使用圧力]
L,
M,
H,
V カプセル
Eカプセル
SCM435 16 MPa (注7)
50 kPa
SUS630
16 MPa (注7)
50 kPa
垂直配管接続形,右端子箱,右高圧,プロセスコネクタ上部取付形
垂直配管接続形,右端子箱,右高圧,プロセスコネクタ下部取付形
垂直配管接続形,右端子箱,左高圧,プロセスコネクタ上部取付形
垂直配管接続形,右端子箱,左高圧,プロセスコネクタ下部取付形
水平配管接続形,右端子箱,右高圧
水平配管接続形,右端子箱,左高圧
G 1/2めねじ接続口1箇所
1/2 NPTめねじ接続口2箇所,ブラインドプラグなし
G 1/2めねじ接続口2箇所,ブラインドプラグ1個付
1/2 NPTめねじ接続口2箇所,ブラインドプラグ1個付
G1/2めねじ,接続口2箇所,SUS316ブラインドプラグ1個付
1/2NPTめねじ,接続口2箇所,SUS316ブラインドプラグ1個付
ディジタル指示計
(なし)
SECC
2B
SUS304 2B
SUS316 2B
SECC
2B
SUS304 2B
SUS316 2B
(なし)
パイプ取付用(フラット形)
パイプ取付用(フラット形)
パイプ取付用(フラット形)
パイプ取付用(L形)
パイプ取付用(L形)
パイプ取付用(L形)
/□ 付加仕様
(注1) 接液ダイアフラム材質はハステロイC-276,その他接液部SUS316L。
(注2) 本体 : カバーフランジおよびプロセスコネクタ材質を示す。
(注3) ダイアフラムおよび,その他接液部材質。
(注4) ハステロイC-276相当鋳造品。
(注5) モネル相当鋳造品。
(注6) FOUNDATION フィールドバス通信形については,IM 01C22T02-01 を参照。
(注7) Lカプセルで,
かつ接液部材質コードがH,
M,
T,
A,
Bの場 合,
最 大使用圧力は3.5MPa。
T1103.EPS
11-3
IM 01C22B01-01
11. 標準仕様
コード
EJA110
EJA120
11.3 付加仕様
TIIS耐圧防爆,Ex do IIC T4X
JF3
○
○
TIIS本質安全防爆,Ex ia IIC T4 *5
Ui=28V,Ii=94.3mA,Pi=0.66W,Li=730µF,Ci=11nF
JS3
○
○
NK(日本海事協会)本質安全防爆
適合規格: 日本海事協会 鋼船規則 H編
合格番号:96T601
Class Ⅰ,Division 1,Groups A,B,C&D Temperature Class T4
Intrinsically safe circuit:Vmax=30V,Imax=165mA,Pmax=0.9W
Non-Intrinsically safe circuit:A.C./D.C. 250V
Safety Barrier:MTL7875P,MTL7087+,MTL7187+,MTL7787+
NK
○
○
1個付
G11
○
○
2個付
G12
○
○
項 目
仕 様
耐圧防爆
防爆規格
本質安全防爆
耐圧パッキン金具付
*1
電源接続口:G 1/2めねじ用
適用ケーブル外径:8∼12
塗色変更
本体増幅器カバーのみ
P□
○
○
塗装変更
エポキシ樹脂焼付塗装
X1
○
○
ケース外装部品 SUS316
アンプケース外装部品材質 SUS316またはSUS316L
(銘版,タグプレート,ゼロ調ねじ,外部接地端子ねじなど)
HC
○
○
内蔵アレスタ
電源電圧:10.5∼32V DC(フィールドバス通信形の場合:9∼28V DC)
許容電流:最大6000A(1×40μs),反復1000A(1×40μs)100回
A
○
○
脱脂洗浄処理
K1
○
○
脱脂洗浄処理および弗素系オイル封入カプセル。 使用温度−20∼80℃
K2
○
○
脱脂洗浄・禁水処理
塗装
禁油処理
禁油・禁水処理
高速応答
*2
K5
○
○
脱脂洗浄・禁水処理および弗素系オイル封入カプセル。使用温度−20∼80℃
K6
○
○
更新周期:0.125秒以下 応答時間についてはGSを参照ください。
F1
○
○
D3
○
○
SUS630製
ナットにシール剤塗布
カバーフランジ締付用ボルト・ナットのナット表面にシール剤
(一液性シリコンゴム)を塗布する
Y
○
○
ロングベント *3
ベントプラグ全長:112mm(標準は32mm)
U
○
○
CPU異常時の出力方向
LOW側設定 *4
CPU、センサおよびアンプ異常時の出力方向をLOW側に設定
付加仕様コード/F1と組合せた場合、LOW側出力値は−2.5 %,3.6 mA DC以下
C1
○
○
データ
コンフィグレーション
HART通信仕様のDescriptorパラメータへの記述
CA
○
○
金メッキ
接液ダイアフラムに金メッキ
A1
○
−
校正単位
*1:
*2:
*3:
*4:
*5:
表11.2 参照
bar 校正(bar 単位)
TIIS耐圧防爆機器への配線がケーブル配線方式の場合には,当社認定品の耐圧パッキン金具(/G□)を必ず付加してください。
主銘版に表示されるMWP(最大使用圧力)の単位は,付加仕様コードで指定された単位と同単位です。
垂直配管接続形(伝送部取付方向コード2,3,6,7)の場合にのみ適用。ロングベント材質はSUS316 。
標準品はHIGH側(110%,21.6 mA DC以上)です。
TIIS本質安全防爆形と組合せるバリアについては下記参照。
(BARD-400 形安全保持器との組合せは不可。)
T1105.EPS
表11.2 校正単位
表11.3 TIIS本質安全防爆形の推奨バリア
形 名
BARD-820
MTL3046B
MTL4041B
KFD2-STC3-Ex 1
KFD2-STV3-Ex 1-1
KFD2-STV3-Ex 1-2
KFD2-STV3-Ex 1-3
付加仕様コード
形名
カプセル
EJA110
L
M
H
EJA120
V
E
D3(bar単位)
測定スパン
5∼100 mbar
測定範囲
−100∼100 mbar
測定スパン
20 ∼1000 mbar
測定範囲
−1000∼1000 mbar
測定スパン
200∼5000 mbar
測定範囲
−5000∼5000 mbar
測定スパン
2.8∼140 bar
測定範囲
−5∼140 bar
測定スパン
1∼10 mbar
測定範囲
−10∼10 mbar
T1106.EPS
種 類
絶縁形
備 考
絶縁形
MTL社製
絶縁形
P+F社製
(注) 配線ケーブルのキャパシタンス(Cw)および
インダクタンス(Lw)の条件
Cw ≦ Co−11 (nF)
Lw ≦ Lo−730 (µH)
(Co: 安全保持器の本安回路許容キャパシタンス)
(Lo: 安全保持器の本安回路許容インダクタンス)
T1107.EPS
11-4
IM 01C22B01-01
11. 標準仕様
11.4 外形図(EJA110形,EJA120形)
● 垂直配管接続形 [スタイル : S2]
単位:mm
プロセス接続口
外部指示計接続口
(オプション)
259
197
146
97
110
54
低圧側
高圧側(注1)
148
72
78
46
端子側
102
234
72
プロセス
コネクタ
内蔵指示計
接地端子
(オプション)
錠締ボルト
53
15(注2)
電源接続口
(耐圧防爆のみ)
ベント・ドレンプラグ
45
2Bパイプ(60.5)
2Bパイプ取付ブラケット ゼロ調ねじ
(L形,オプション)
伝送器取付コード‘2’
(プロセスコネクタ上部取付形)
2Bパイプ(60.5)
53
15(注2)
45
ベント・ドレンプラグ
端子側
72
72
148
78
234
102
ベント・ドレンプラグ
プロセスコネクタ
(オプション)
低圧側
54
高圧側
(注1)
110
F1103.EPS
伝送器取付コード‘3’
(プロセスコネクタ下部取付形)
● 水平配管接続形 [スタイル : S2]
72
110
電源接続口
15(注1)
45
ゼロ調ねじ
内蔵指示計
197
162
(オプション)
端子側
接地端子
低圧側
146
外部指示計接続口
ブラインドプラグ
(オプション)
78
94
高圧側(注)
124
ベントプラグ
46
プロセス接続口
54
128
ドレンプラグ
47
125
プロセスコネクタ
(オプション)
2Bパイプ(60.5)
2Bパイプ取付ブラケット
(フラット形,オプション)
伝送器取付コード‘8’
注1:伝送器取付コード‘6’
‘7’
, または‘2’
(左高圧)を選択した場合,高圧側と低圧側の位置は上図と左右が入れ替わる。
注2:EJA120の場合は12 mm。
F1104.EPS
11-5
IM 01C22B01-01
本質安全防爆形機器についての注意事項
本質安全防爆形機器についての注意事項
技術的基準(IEC整合規格)による検定合格品並びに
工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆1979)による検定合格品
1. 概 要
対安全と言えるものではありません。特に天変地
本説明は,防爆電気機器の中で本質安全防爆構造の電
異,化学反応など,機器本来の電気エネルギー以
気機器(以下,本安機器と称します)に関しての注意事項
外の要因が及ぼす影響を含めての安全という意味
を述べています。
ではありません。
本安機器とは労働安全衛生法に基づき,IEC規格に整合
した「電気機械器具防爆構造規格における可燃性ガス又
2. 本質安全防爆構造の電気機器
は引火性の物の蒸気に係る防爆構造の規格に適合する
本質安全防爆構造とは,正常状態および仮定した故障
電気機械器具と同等以上の防爆性能を有するものの技
状態において,回路に発生する電気花火および高温部
術的基準(労働省通達 基発第556号)」(以下,技術的基準
が規定された試験条件で所定の試験ガスに点火しない
と称します),または「工場電気設備防爆指針(ガス蒸気
ようにした構造をいいます。
防爆1979)」(以下,指針と称します)にて社団法人:産業
この構造の電気機器は電気回路のエネルギーを抑制
安全技術協会の型式検定を受けたもの(以下,検定合格
し,例え内部で火花や高温部が発生したとしても対象
品と称します)で,爆発性または引火性のガス/蒸気の発
とするガスに点火することがないように工夫をこらし
生する危険雰囲気で使用できる機器です。
たものです。
検定合格品には検定合格標章,防爆上で必要な仕様を
本質安全防爆構造の電気機器は危険場所に設置される
記載した銘板,および防爆上で必要な注意事項を記載
本安機器と,本安機器の回路へのエネルギーを抑制す
した注意書きが取付けられております。これら記載さ
るための非危険場所に設置される安全保持器(本安関連
れている内容を確認のうえ,仕様に合った条件のもと
機器)との組み合わせにより構成されるのが一般的です
でご使用ください。
が,電池等で駆動する携帯用本安機器のように単独で
配線工事ならびに保守にあたっては,「 電気設備技術基
使用される場合もあります。
準,内線規定」および「ユーザーのための工場防爆電気
設備ガイド( ガス防爆 1 9 9 4 ) 」を参考に実施してくださ
3. 用語の意味
い。
(1) 本安機器
本安機器と呼称できる機器は,次の範囲に属するもの
その内部の電気回路が,すべて本安回路である電気
に限ります。
機器をいう。
(2) 本安関連機器
(1) 労働安全衛生法に基づく社団法人:産業安全技術協
会の検定に合格し,検定合格標章が取付けられてい
その内部に本安回路および当該本安回路の本質安全
る機器であること。
防爆性能に影響を及ぼすおそれのある本安回路以外
(2) 船舶用機器の場合は,該当船舶の所属する船級協会
の電気回路(非本安回路)を有する電気機器をいう。
の認定あるいは認証を受けた計器であって,船級協
(3) 安全保持器
会の認定品あるいは承認品との組合せによるもの。
主に安全保持部品によって構成された本安関連機器
(3) 上記 (1) および (2) において,検定合格標章(船舶用
であって,対象のガスまたは蒸気に点火を生ずるお
機器においては承認書など),銘板,注意書きに記
それのある電気エネルギーが,当該本安関連機器に
載されている内容に合致して使用するもの。
接続される非本安回路から本安回路に流入するのを
(注) 本安機器は,特定の条件のもとで本質安全防爆性
制限するようにしたものをいう。
能を確認されたものであり,いかなる状況でも絶
1
EX-A03
本質安全防爆形機器についての注意事項
(4) ia機器
評価する。検定合格品は本安機器と安全保持器は
2 つまでの数えられる故障および最も厳しい状態と
それぞれに個別の合格番号を持つ。機器検定合格
なるいくつかの数えられない故障を組み合わせて仮
品どうしの本安機器と安全保持器の組み合わせに
定したすべての状態において,本安回路で発生する
ついては次の2通りの場合があります。
火花および熱が,対象のガスまたは蒸気に点火を生
(1) 安全保持定格とパラメータの突き合わせにより組
じないことが試験により確認された本安機器および
み合わせ条件を満足する安全保持器を選定する。
(2) 組み合わせる安全保持器が指定されていてそれ以
安全保持器をいう。
外は使用できない。
(5) ib機器
注2:システム検定
1 つの数えられる故障および最も厳しい状態となる
本安機器と安全保持器を組み合わせた状態(システ
いくつかの数えられない故障を組み合わせて仮定し
ム)で本安性を評価する。検定合格品はシステムで
たすべての状態において,本安回路で発生する火花
1つの合格番号となる(本安機器と安全保持器は同
および熱が,対象のガスまたは蒸気に点火を生じな
じ合格番号となる)。
いことが試験により確認された本安機器および安全
注3:異なる規格による検定合格品どうしの組み合わせ
保持器をいう。
は不可
(6) 安全保持定格
本安機器が技術的基準による検定合格品で,安全
本安機器および本安関連機器に対して定められた定
保持器が指針による検定合格品の場合は,組み合
格で,関係する本安回路の本質安全防爆性を保持し
わせ条件を満足したとしても組み合わせることは
うる最大定格をいう。
できません。また,同様に本安機器が指針による
検定合格品で,安全保持器が技術的基による検定
4.
本安機器と安全保持器の組み合わせの注意
事項
合格品の場合も組み合わせることはできません。
5. 本安機器および安全保持器の設置
(1) 機器検定合格品どうしの本安機器と安全保持器との
組み合わせについては,組み合わせ条件を満足する
(1) 設置する場所の種別
ことが必要ですが,組み合わせる安全保持器が指定
本安機器は,当該機器の対象ガスに応じて,0種,1
されている本安機器の場合は,指定された安全保持
種,2種の危険場所(注4) に設置し,使用することがで
器以外は組み合わせることができません。(注1)
きます(技術的基準による検定合格品でib機器の場合
(2) システム検定合格品の場合は,本安機器と組み合わ
は1種,2種場所のみ)。
せる安全保持器は特定されているため,特定された
しかし,これと組み合わされて使用される安全保持
安全保持器以外は組み合わせることができません。
器(本安関連機器)は,非危険場所にしか設置できま
(注2)
せん。
(3) 本安機器と安全保持器の組み合わせについては,上
安全保持器を危険場所に設置する場合は,耐圧防爆
記(1),(2)の他に,異なる規格による検定合格品どう
構造の容器に収納する等が必要です。
しは不可です。(注3)
また,防爆機器の種類(IIA,IIB,IIC)や区分(ia,ib)
注4:危険場所は爆発性雰囲気生成の頻度および時間を
による組み合わせに対する制約があるので注意が必
もとにして,次に示すように分類されています。
要です。
(IEC79-10危険場所の分類による)
詳しくは産業安全技術協会発行の「防爆構造電気機
0種場所; 爆発性雰囲気が連続してまたは長時間
械器具型式検定ガイド:平成8年11月」
を参照してくだ
存在する区域
さい。
1種場所; 爆発性雰囲気がプラント等の正常運転
時に生成するおそれのある区域
注1:機器検定
2種場所; 爆発性雰囲気がプラント等の正常運転
本安機器,安全保持器でそれぞれ単独で本安性を
時には生成するおそれがなく,また,
2
EX-A03
本質安全防爆形機器についての注意事項
(1) 保守担当者の要件
仮に生成するとしても短時間のみ存在
するような区域
(2)
点検および保守は,本質安全防爆構造,電気設備の
本安機器の周囲温度
施行,関連法規等について訓練を受けた経験のある
担当者により実施してください。
本安機器の周囲温度は,通常は−20∼+40℃(技術的
基準による検定合格品)または−10∼+40℃(指針に
(2) 保守,点検
よる検定合格品)の範囲ですが,フィールドで使用さ
a) 目視による点検
れる本安機器では+40℃を超えて使用できるものも
本安機器,安全保持器の外部接続箇所の点検,腐食
あるので仕様を確認してください(最高60℃)。
の程度,その他機械的構造の点検。
直射日光,プラント設備などから,放射熱などを受
b) 可動部分の調整
けるおそれのある場合には,断熱処置等を講じてく
調整用の可変抵抗器,機械的調整ねじなどによるゼ
ださい。
ロ点,スパン,感度などの調整
なお,保守,点検を実施する場合は,ガス検知器な
6. 本安回路の配線
どで爆発性ガスが無いことを確認しながら行ってく
本質安全防爆構造では本安機器と,これと組み合わさ
ださい(保守作業中は非危険場所)。
れる安全保持器およびこれらを接続する電気配線(本安
(3) 修 理
回路)を含め,システム全体で本安性を維持することが
使用者側での修理は御遠慮ください。修理が必要な
必要です。従って,本安機器や安全保持器がそれぞれ
場合は製造者に相談してください。
単独で本安性が確保されていても,電気配線からの電
(4) 改造,仕様変更の禁止
気的,磁気的エネルギーの影響により,本安性を損なう
改造や本安性に影響するような仕様変更を行うこと
ようなことがあってはなりません。
はできません。
本安回路の配線については,以下の点に注意してくだ
さい。詳しくは「ユーザーのための工場防爆電気設備ガ
イド(ガス防爆1994)」
を参照してください。
a) 機器構成図に従って行なう。
b) 本安回路と非本安回路の混触を防止し,本安回路は
他の電気回路から分離する。
c) 本安回路が非本安回路からの静電誘導,電磁誘導の
影響を受けないようにする。
d) 配線のインダクタンスおよび静電容量はできるだけ
小さくなるようにし,使用条件としてその最大値が
定められている場合は,それ以下にする。
e) 接地,その他について条件がある場合は,その条件
に従う。
f) 外傷を受けないよう保護する。
7.本安機器および安全保持器の保守,点検
本安機器および安全保持器の保守,点検を行う場合
は,下記事項に注意し,取扱説明書に記載されている
範囲内に止めてください。それ以外の保守,点検を行
う場合は,製造者にご相談ください。
詳しくは「ユーザーのための工場防爆電気設備ガイド
(ガス防爆1994)」
を参照してください。
3
EX-A03
耐圧防爆形機器についての注意事項
耐圧防爆形機器についての注意事項
技術的基準(IEC整合規格)による検定合格品
1. 概 要
組み合わせた耐圧防爆構造の製品も総称として耐圧防
本説明は防爆電気機器の中で耐圧防爆構造の電気機器
爆構造と記載します。
(以下,耐圧防爆機器と称します)に関しての注意事項
を述べています。
3. 用語の意味
耐圧防爆機器とは労働安全衛生法に基づき,IEC規格に
整合した「電気機械器具防爆構造規格の技術的基準(労
(1)容 器
働省通達 基発第556号)」
(以下,技術的基準と称します)
電気機器において,その充電部分を内蔵し,防爆構
で,可燃性ガスまたは蒸気の発生する危険雰囲気で使
造を構成するために必要な外被をいう。
用できる機器です。
(2)錠締(じょうじめ)
検定合格品には検定合格標章,防爆上で必要な仕様を
記載した銘板,および防爆上で必要な注意事項を記載
鍵締めとは,第三者が防爆電気機器の防爆性能を失
した注意書きが取付けられております。これら記載さ
わせるような行為をすることを防止するように設計
れている内容を確認のうえ,仕様に合った条件のもと
された締付部をいう。
でご使用ください。
(3)容器の内容積
配線工事ならびに保守にあたっては,「電気設備技術基
耐圧防爆構造の電気機器の容器の容積から電気機器
準,内線規定」および「ユーザーのための工場防爆電気
の機能上欠くことのできない内容物の体積を差し引
設備ガイド(ガス防爆 1994)」を参考に実施してくださ
いた容積をいう。
い。
(4)接合面の奥行き
耐圧防爆機器と呼称できる機器は,次の範囲に属する
接合面において,容器の内部から外部への火炎の経
ものに限ります。
路のうちの最短距離をいう。ただし,この定義は,
(1)労働安全衛生法に基づく公的機関の検定に合格し,
ねじ接合部には適用しない。
検定合格標章が取付けられている機器であること。
(5)接合面のすきま
(2)検定合格標章,銘板,注意書きに記載されている内
接合面において,相対する面の間の距離をいう。た
容に合致して使用するもの。
だし,相対する面が円筒状の場合は,穴と円筒状部
品との直径差をいう。
2. 耐圧防爆構造の電気機器
耐圧防爆構造の電気機器は,工場等の事業所において
(注)接合面のすきまと接合面の奥行の値およびねじ接
可燃性ガスまたは蒸気が存在する場所で電気機器より
合部の山数等は,容器の内容積,接合面の構造,
爆発事故を起こさないよう設計されたもので,労働省
対象ガスまたは蒸気の分類などに応じて規格に許
の型式検定を受けています。
容値が定められています。
耐圧防爆構造は,次のように定義されております。
耐圧防爆構造とは,全閉構造であって,ガスまたは蒸
4. 耐圧防爆形機器の設置
気が容器内部に進入して爆発を生じた場合に,当該容
(1)設置場所の制限
器が爆発圧力に耐え,かつ,爆発による火炎が当該容
耐圧防爆機器は,当該機器の対象ガスに応じた1 種
器の外部のガスまたは蒸気に点火しないようにしたも
または2 種の危険場所に設置し,使用することがで
のをいう。
きます。耐圧防爆機器は,0 種場所では使用できま
以上の定義を満たす特殊防爆構造,安全増防爆構造,
せん。
油入防爆構造,本質安全防爆構造等の他の防爆構造と
1
EX-B03
耐圧防爆形機器についての注意事項
(注)危険場所は爆発性雰囲気生成の頻度および時間を
ザーのための工場防爆電気設備ガイド(ガス防爆
もとにして,次に示す区域に分類されています
1994)」で推奨されているものを使用してください。
(IEC 規格79-10 危険場所の分類)
。
● ケーブルグランド以降のケーブルは,外傷を防ぐた
め必要に応じ保護管(電線管,フレキシブルチュー
0種場所; 爆発性雰囲気が連続してまたは長時間
存在する区域
ブ),ダクトまたはトレイなどに納めて布設してく
1種場所; 爆発性雰囲気が設備機械の正常運転時
に生成するおそれのある区域
2種場所; 爆発性雰囲気が設備機械の正常運転時
には生成するおそれがなく,また,仮
に生成するにしても短時間のみ存在す
るような区域
ださい。
● 爆発性雰囲気が保護管,ダクトなどを通って,1 種
場所または2 種場所から種別の異なる他の所または
非危険場所へ流動するのを防止するために,それぞ
れの境界付近において保護管をシールし,またはダ
クトの内部に砂などを充填するなどの適切な処理を
(2)設置場所における環境条件
してください。
耐圧防爆機器の設置場所における標準環境条件は,
周囲温度20∼40℃(技術的基準による合格品の場
● ケーブルの分岐接続およびケーブルと金属管配線に
合)
の範囲ですが,フィールド計器では60℃まで認
おける絶縁電線との接続は,耐圧防爆構造または安
可されているものが多くあり,これは銘板に表示さ
全増防爆構造の接続箱内において行ってください。
れております。
この場合,接続箱へのケーブルの引込み部には,接
機器が直射日光,プラント設備などから放射熱など
続箱の種類に適合した耐圧防爆または安全増防爆構
を受ける恐れのある場合には,断熱処置を講じてく
造のケーブルグランドを使用する必要があります。
(2)耐圧防爆金属管配線
ださい。
● 金属管配線に使用する電線は,600Vビニル絶縁電線
5. 耐圧防爆形機器の外部配線工事
(JIS C3307)等「ユーザーのための工場防爆電気設備
耐圧防爆機器の外部配線は,ケーブルを使用する場合
ガイド(ガス防爆 1994)」で推奨されている絶縁電線
はケーブル配線工事,または絶縁電線を使用する場合
を使用してください。
●電線管は,JIS C8305(鋼製電線管)に規定する厚鋼電
は耐圧防爆金属管配線工事を施してください。
線管を使用してください。
耐圧防爆機器のケーブル配線では配線口に直接ケーブ
ルグランド(耐圧パッキン金具),金属管配線では配線
●機器の配線口の近くに耐圧防爆構造のシーリング
口の近くにシーリングフィッチング金具を付け,機器
フィッチング金具付けてコンパウンドを充填し,機
を確実に密封する必要があります。また,容器などの
器を密閉構造にしてください。また,電線管路を爆
非充電露出金属部分は確実に接地してください。な
発性ガス,湿気または爆発による火炎が流動するこ
お,詳しくは「ユーザーのための工場防爆電気設備ガイ
とを防止するため,次の箇所にシーリングフィッチ
ド(ガス防爆 1994)
」等をご参照ください。
ングを設けて管路を密封してください。
(a)危険場所と非危険場所の境界のいずれか一方の
(1)ケーブル配線
側。
● ケーブル配線では,機器に付属または指定された
(b)危険場所が異なる部分の境界線。
ケーブルグランド(耐圧パッキン金具)を機器の配線
●機器と電線管または電線管用付属品の接続部は,JIS
口に直接取付け,機器を密閉構造にしてください。
B0202の管用平行ねじ(記号GまたはPF)により,完
● ケーブルグランドと機器の接続ねじは,シール性の
全ねじ部で5山以上結合させてください。
ないJIS B0202の管用平行ねじ
(記号GまたはPF)が使
なお,ねじ部は平行ねじのためシール性がないの
用されています。機器内への腐食性ガスまたは湿気
で,ねじ部には液状ガスケットなどの非硬化性の
などの侵入を防ぐため,ねじ部には液状ガスケット
シール材を塗布し防水処理を施してください。
などの非硬化性のシール材を塗布し防水処理を施し
●金属管部に可とう性が必要とされる場合には,耐圧
てください。
防爆構造のフレキシブルフィッチングを使用してく
● ケーブルには制御用ケーブル(J I S C 3 4 0 1 )等「ユー
ださい。
2
EX-B03
耐圧防爆形機器についての注意事項
6. 耐圧防爆機器の保守
どのないことを確認してください。
耐圧防爆機器の保守は,次より行ってください。ま
(3)仕様変更,改造の禁止
た,詳細については「ユーザーのための工場防爆電気設
仕様の変更,改造,たとえば外部配線引込口の追
備ガイド
(ガス防爆 1994)
の第10章 防爆電気設備の保守」
加,改造などは行わないでください。
を参照してください。
(1)通電中の保守
7. 耐圧パッキン金具の選定
耐圧防爆形機器の保守は,原則として通電中には行
注意
わないでください。やむを得ず通電中にふたなどを
開いて保守する場合には,ガス検知器などで爆発性
技術的基準(IEC整合規格)に対応した耐圧防爆機器の外
ガスのないことを確認しながら行ってください。ま
部配線引込口に使用する,ケーブルグランド(耐圧パッ
た,爆発性ガスの有無を確認できないときの保守は
キン金具)は耐圧防爆機器と組合せた状態で認可されて
次の範囲に止めてください。
おります。従って,耐圧パッキン金具は当社の指定し
(a)目視による点検
たものをお使いください。
耐圧防爆機器,金属管,ケーブルなどの損傷,腐食
の程度,その他の機械的構造の目視点検。
参考文献
(b)ゼロ点調整,スパン調整などの調整部
(1)防爆構造電気機械器具型式検定ガイド(国際規格に
容器のふたなどを開けずに,外部から可動部を調整
整合した技術的基準関係)
できる構造となっている場合にかぎります。この場
平成8年11月
合,工具による衝撃火花を発生させないようにご注
社団法人 産業安全技術協会
(2)ユーザーのための工場防爆電気設備ガイド(ガス防
意ください。
爆 1994)
(2)修 理
労働省産業安全研究所
耐圧防爆形機器を修理する場合には,通電を停止
し,安全な場所に持ち帰って行ってください。
また,修理に際して次の事項にご注意ください。
(a)修理は,機械的にも電気的にも,原形復帰が原則で
す。耐圧防爆形機器は,接合面のすきま,接合面の
奥行,ねじ接合部,容器の機械的強度が防爆性を左
右する重要な要素です。したがって接合面を傷をつ
けたり,容器に衝撃を与えないように十分注意して
ください。
(b)耐圧防爆性保持に必要な部分(たとえば,ねじ結合
のねじ部分,接合面,のぞき窓,本体と端子箱の接
合部,錠締,外部配線引込口など)が損傷した場合
には,当社にご相談ください。
(注) ねじ接合部のねじの切直し,接合面の仕上直
しなどは行わないでください。
(c)容器内部の電気回路部分,内部機構の修理は特に指
定のない限り,耐圧防爆性に直接影響を及ぼしませ
ん(ただし,原形復帰が原則です)。なお,修理する
場合は当社が定めた指定部品を使用してください。
(d)修理品を再び使用する前に,耐圧防爆性保持に必要
な部分の再点検を行い,ねじのゆるみ(締め忘れ)な
3
EX-B03
Customer
Maintenance
Parts List
DPharp EJA Series
Transmitter Section
2
5
4
11
A
10
3
12
13
1
2
2
1
14
A
6
7-1
Item
Part No.
Qty
1
2
3
F9341RA
F9341JP
Below
F9341AA
F9341AC
2
2
1
4
5
6
7-1
F9341AE
F9341AJ
F9341AH
—
F9900RG
F9341KL
Below
F9342AB
F9342AF
F9342AJ
1
4
1
1
8
9
10
F9342BF
F9342BG
F9900RP
Y9612YU
Below
11
G9330DP
G9612EB
F9340NW
F9340NX
F9341FM
7-2
9
5
Description
Cover
O-Ring
Case Assembly (Note 1)
For G1/2
For G1/2 (two electrical connections)
For 1/2 NPT (two electrical connections)
For Pg13.5 (two electrical connections)
For M20 (two electrical connections)
Name Plate
Screw
Tag Plate
CPU Assembly
For BRAIN protocol version (Except TIIS Intrinsically safe type)
For BRAIN protocol version (Optional code /F1)
For BRAIN protocol version TIIS Intrinsically safe type (Optional code /JS3)
For BRAIN protocol version TIIS Intrinsically safe type with /F1 (Optional code /JS3 and /F1)
For HART protocol version (Except TIIS Intrinsically safe type)
For HART protocol version with write protection switch (Optional code /F1)
For HART protocol version TIIS Intrinsically safe type (Optional code /JS3)
For HART protocol version TIIS Intrinsically safe type with write protection switch
(Optional code /JS3 and /F1)
F9342AD
F9342AL
F9342AM
F9342AR
F9342AS
7-2
8
2
2
1
For FOUNDATION Fieldbus protocol
For FOUNDATION Fieldbus protocol with PID/LM function (Optional code /LC1)
Cap Screw
Screw
Plug
1
For G1/2
For 1/2NPT
For Pg13.5
For M20
Cover Assembly
For integral indicator
All Rights Reserved, Copyright © 1995, Yokogawa Electric Corporation.
CMPL 01C22A01-01E
15th Edition: Feb. 2009(KP)
Yokogawa Electric Corporation
Item
Part No.
12
13
14
F9342BL
F9342MK
F9300PB
Qty
1
2
2
2
Description
LCD Board Assembly
Mounting Screw
Label
For integral indicator
(Note 1) Applicable for BRAIN and HART protocol version (Output signal code D and E). For FOUNDATION Fieldbus protocol version
(Output signal code F), consult Yokogawa local office.
Feb. 2009
Subject to change without notice. Printed in Japan.
CMPL 01C22A01-01E
Customer
Maintenance
Parts List
Mode EJA110 and EJA120
Differential Pressure Transmitter
(Pressure-detector Section)
Horizontal Impulse Piping Type
15
2
6
11
5
18
7
19
16
3
4
3
5
10
6
4
1
12
13
14
7
12
21
22
13
14
All Rights Reserved, Copyright © 1999, Yokogawa Electric Corporation.
CMPL 01C22B00-01E
4th Edition: Apr. 2006(YK)
Yokogawa Electric Corporation
2
Vertical Impulse Piping Type
14
13
12
14
3
13
4
1
11
3
12
8
9
4
21
8
2
10
9
22
18
20
17
Apr. 2006
Subject to change without notice. Printed in Japan.
15
CMPL 01C22B00-01E
3
Item
1
2
3
4
5
Part No.
F9300AJ
Below
F9340GA
F9340GC
F9340GE
F9340GF
Below
F9340VA
F9340VB
Qty
1
1
2
2
7
8
9
10
11
12
13
(for EJA110 with Wetted Parts Material
PTFE Teflon
PTFE Teflon (degreased) code H, M, T, A, D and B and EJA120)
Cover Flange for EJA110 and EJA120 (Note 2) (Note 3)
SCS14A Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts Material code S)
Rc 1/4
For Horizontal Impulse Piping Type
1/4 NPT
Rc 1/4
1/4 NPT
Rc 1/4
1/4 NPT
Rc 1/4
F9340VQ
F9340VS
F9340VT
F9340VU
F9340VV
1/4 NPT
Rc 1/4
1/4 NPT
Rc 1/4
1/4 NPT
F9340TP
F9340TR
F9340TN
F9340TQ
Below
Rc 1/4
1/4 NPT
Rc 1/4
1/4 NPT
Vent Plug
2
F9340ST
Below
D0114PB
F9340SK
F9270HG
Below
F9200CS
D0114RZ
F9340SL
F9340SM
F9340SW
D0117MS
Below
F9340SC
F9340SD
F9340SG
F9340SH
F9340SU
F9340SV
Below
F9270HE
F9340SJ
D0117MR
Below
F9340AB
F9340AC
Below
F9275KL
F9275KH
Below
D0114RB
U0102XC
Below
F9340XY
F9340XW
R 1/4
1/4 NPT
R 1/4
1/4 NPT
R 1/4
2
2
2
2
4
4
2
2
F9340XZ
F9340XX
F9340WY
F9340WW
F9340WZ
F9340WX
F9340TY
F9340TW
F9340TZ
F9340TX
14
Capsule Assembly (see Table 1, Table 2, Table 3 and Table 4 on page 5) (Note 1)
O-Ring
Gasket
(for EJA110 with Wetted
Teflon-coated SUS316L Stainless Steel
Teflon-coated SUS316L Stainless Steel (degreased) Parts Material code S)
F9340VC
F9340VD
F9340VP
F9340VR
F9340VN
F9340SA
F9340SB
F9340SE
F9340SF
F9340SS
6
Description
Below
X0100MN
F9273DZ
4
SCS14A Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts Material code S)
For Vertical Impulse Piping Type
SCS14A Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts Material code H, M and T
and EJA120) For Horizontal Impulse Piping Type
SCS14A Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts Material code H, M and T
and EJA120) For Vertical Impulse Piping Type
Hastelloy C-276 equivalent (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
For Horizontal Impulse Piping Type
Hastelloy C-276 equivalent (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
For Vertical Impulse Piping Type
Monel equivalent (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
For Horizontal Impulse Piping Type
Monel equivalent (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
For Vertical Impulse Piping Type
SUS316 Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts
Material code S, H, M and T and EJA120 )
Hastelloy C-276 (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
Monel (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
1/4 NPT
Vent Screw
SUS316 Stainless Steel (for Models except EJA110 with Wetted Parts Material codes A, D and B)
Hastelloy C-276 (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
Monel (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
Drain Plug (Note 2)
SUS316 Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts
R 1/4
Material code S, H, M and T and EJA120 )
1/4 NPT
R 1/4
Hastelloy C-276 (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
1/4 NPT
R 1/4
Monel (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
1/4 NPT
Drain/Vent Plug
SUS316 Stainless Steel (for EJA110 with Wetted Parts
R 1/4
Material code S, H, M and T and EJA120 )
1/4 NPT
R 1/4
Hastelloy C-276 (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
1/4 NPT
R 1/4
Monel (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
1/4 NPT
Drain/Vent Screw
SUS316 Stainless Steel (for Models except EJA110 with Wetted Parts Material code A, D and B)
Hastelloy C-276 (for EJA110 with Wetted Parts Material code A and D)
Monel (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
Bolt
SCM435 Chrome Molybdenum Steel
SUS630 Stainless Steel
Nut
SCM435 Chrome Molybdenum Steel
SUS630 Stainless Steel
Gasket
PTFE Teflon
PTFE Teflon (degreased)
Process Connector (Note 2)
Rc 1/4
Rc 1/2
SCS14A Stainless Steel (for EJA110 with Wetted
Parts Material code S, H, M and T and EJA120)
1/4 NPT
1/2 NPT
Rc 1/4
Rc 1/2
Hastelloy C-276 equivalent (for EJA110
1/4 NPT
with Wetted Parts Material code A and D)
1/2 NPT
Rc 1/4
Rc 1/2
Monel equivalent (for EJA110 with Wetted Parts Material code B)
1/4 NPT
1/2 NPT
Bolt
SCM435 Chrome Molybdenum Steel
SUS630 Stainless Steel
Apr. 2006
Subject to change without notice. Printed in Japan.
CMPL 01C22B00-01E
4
Item
15
16
17
18
19
20
21
22
Part No.
Below
F9270AY
F9273CZ
Below
F9270AW
F9300TJ
F9300TA
Below
F9340EA
F9340EB
F9340EC
D0117XL-A
Below
F9270AX
F9300TN
F9300TE
Below
F9340EF
F9340EG
F9340EM
Below
F9275EC
F9275ED
F9275EE
Qty
4
1
1
1
1
1
2
2
Description
Bolt
S15C Carbon Steel
SUS XM7 Stainless Steel
Bracket Assembly (Flat type)
SECC Carbon Steel
SECC Carbon Steel (for Epoxy resin-baked coating)
SUS304 Stainless Steel
Bracket Assembly (L type)
SECC Carbon Steel
SECC Carbon Steel (for Epoxy resin-baked coating)
SUS304 Stainless Steel
U-Bolt/Nut Assembly, SUS304 Stainless Steel
Bracket (Flat type)
SECC Carbon Steel
SECC Carbon Steel (for Epoxy resin-baked coating)
SUS304 Stainless Steel
Bracket (L type)
SECC Carbon Steel
SECC Carbon Steel (for Epoxy resin-baked coating)
SUS304 Stainless Steel
Vent Plug (degreased), SUS316 Stainless Steel
R 1/4
1/4 NPT
Needle Assembly (degreased), SUS316 Stainless Steel
(Note 1) In case of degrease cleansing treatment (Optional code/K1 or K5), consult YOKOGAWA local office.
(However, see Table 1, Table 2, Table 3 and Table 4 in case of Optional code/K2 or K6)
(Note 2) In case of degrease cleansing treatment (Optional code/K1, K2, K5 or K6), consult YOKOGAWA local office.
(Note 3) These Cover Flanges shall be applied to the model with the Style Code "S2" which was supplied from Aug. 16, 1996.
Apr. 2006
Subject to change without notice. Printed in Japan.
CMPL 01C22B00-01E
5
Capsule Assembly Part Number
EJA110
Table 1. Capsule Assembly Part Number (Item 1)
For General-use type, Flameproof type and Intrinsically safe type (Except TIIS Intrinsically safe type)
Installation of
Transmitter
Horizontal
Impulse
Piping Type
Vertical
Impulse
Piping Type
High Pressure Capsule
Side
Code
L
M
Right
H
V
L
M
Left
H
V
L
M
Right
H
V
L
M
Left
H
V
S(*1)
F9349AA
F9349BA
F9349CA
F9349DA
F9349AB
F9349BB
F9349CB
F9349DB
F9349AC
F9349BC
F9349CC
F9349DC
F9349AD
F9349BD
F9349CD
F9349DD
Table 2. Capsule Assembly Part Number (Item 1)
For TIIS Intrinsically safe type (/JS3)
Installation of High Pressure Capsule
Transmitter
Side
S(*1)
Code
F9378AA
L
Horizontal
F9378BA
M
Right
Impulse
F9378CA
H
Piping Type
F9378DA
V
F9378AB
L
F9378BB
M
Left
F9378CB
H
F9378DB
V
F9378AC
L
Vertical
F9378BC
M
Right
Impulse
F9378CC
H
Piping Type
F9378DC
V
F9378AD
L
F9378BD
M
Left
F9378CD
H
F9378DD
V
Wetted Parts Material Code
H, A
S(*2)
T, D
F9349AE
F9352AA
F9349AJ
F9349BE
F9352BA
F9349BJ
F9349CE
F9352CA
F9349CJ
F9349DE
F9352DA
F9349DJ
F9349AF
F9352AB
F9349AK
F9349BF
F9352BB
F9349BK
F9349CF
F9352CB
F9349CK
F9349DF
F9352DB
F9349DK
F9349AG F9349AL
F9352AC
F9349BG F9349BL
F9352BC
F9352CC F9349CG F9349CL
F9352DC F9349DG F9349DL
F9349AH
F9352AD
F9349AM
F9349BH
F9352BD
F9349BM
F9352CD F9349CH F9349CM
F9352DD F9349DH F9349DM
Wetted Parts Material Code
T, D
S(*2)
H, A
F9378NA F9378AE F9378AJ
F9378PA
F9378BE F9378BJ
F9378QA F9378CE F9378CJ
F9378RA F9378DE F9378DJ
F9378NB F9378AF F9378AK
F9378PB
F9378BF F9378BK
F9378QB F9378CF F9378CK
F9378RB F9378DF F9378DK
F9378NC F9378AG F9378AL
F9378PC F9378BG F9378BL
F9378QC F9378CG F9378CL
F9378RC F9378DG F9378DL
F9378ND F9378AH F9378AM
F9378PD F9378BH F9378BM
F9378QD F9378CH F9378CM
F9378RD F9378DH F9378DM
M, B
F9349AN
F9349BN
F9349CN
F9349DN
F9349AP
F9349BP
F9349CP
F9349DP
F9349AQ
F9349BQ
F9349CQ
F9349DQ
F9349AR
F9349BR
F9349CR
F9349DR
M, B
F9378AN
F9378BN
F9378CN
F9378DN
F9378AP
F9378BP
F9378CP
F9378DP
F9378AQ
F9378BQ
F9378CQ
F9378DQ
F9378AR
F9378BR
F9378CR
F9378DR
EJA120
Table 3. Capsule Assembly Part Number (Item 1)
For General-use type, Flameproof type and Intrinsically safe type (Except TIIS Intrinsically safe type)
Installation of
High Pressure Capsule Part No.
Part No.
(*1)
(*2)
Transmitter
Side
Code
Right
Horizontal Impulse
F9349EA
F9352EA
E
Piping Type
Left
F9349EB
F9352EB
E
Vertical Impulse
Right
F9349EC
F9352EC
E
Piping Type
Left
F9349ED
F9352ED
E
Table 4. Capsule Assembly Part Number (Item 1)
For TIIS Intrinsically safe type
Installation of
Transmitter
Horizontal Impulse
Piping Type
Vertical Impulse
Piping Type
High Pressure
Side
Right
Left
Right
Left
Capsule
Code
E
E
E
E
Part No.
(*1)
F9378EA
F9378EB
F9378EC
F9378ED
Part No.
(*2)
F9378SA
F9378SB
F9378SC
F9378SD
*1. Silicone oil filled capsule (Standard)
*2. Fluorinated oil filled capsule (for oil-prohibited use: Optional code /K2 or K6)
Apr. 2006
Subject to change without notice. Printed in Japan.
CMPL 01C22B00-01E
取扱説明書の改版履歴
資料名称 : EJA110, EJA120 差圧伝送器
資料番号 : IM 01C22B01-01
版No.
9版
改訂日付
1998年9月
ページ
11-1
11-2
11-3
11-6
11-7
CMPL
10版
1999年10月
11版
2000年2月
―
11-3
CMPL
訂正・変更箇所
11.1.1
11.1.2
Vカプセル追加
測定スパン(カプセル)コード「V」追加
接液部材質コード「M」追加
電源接続口コード「7」追加
11.1.3
JIS本質安全防爆形と組合せ可能バリアの見直し
(下記バリアを削除)
MTL社製 : MTL728+形
P+F社製 : Z428/Ex形,KHD2-STC3-Ex 1.P形,
KHD2-STV3-Ex 1.P形
11.2.2
電源接続口コード「7」追加
11.2.3
JIS本質安全防爆形と組合せ可能バリアの見直し
CMPL 1C22A1-01E 4th ⇒ 5th
Page 2
・Item 3にPart No.追加(PG13.5,M20用)
・Item 10にPart No.追加(1/2NPT,PG13.5,M20用)
CMPL 1C22B1-01E 7th ⇒ 8th
Page 4,5 ・Table 1,2にCapsule Code「V」およびWetted Parts Material Code
「M」追加
・Table 1,2にCapsule Code「L」のWetted Parts Material Code
「H,A」および「T,D」のPart Numberを追加
本文のフォーマット変更(本版よりページ立てが変わります)
11.2
接液部材質コード「B」追加
CMPL 1C22A1-01E 5th ⇒ 6th
・フォーマット変更
CMPL 1C22B0-01E 1st
・CMPL 1C22B1-01Eと1C22B3-01Eを統一
・Wetted Parts Material Code「B」追加
<主な変更点>
1. JIS耐圧防爆の防爆記号および付加仕様コードの変更
防爆記号:(旧) Ex ds IIC T4 ⇒ (新) Ex do IIC T4X
付加仕様コード:(旧) /JF1 ⇒ (新) /JF3
2. JIS耐圧防爆用「耐圧パッキン金具」の付加仕様コードの変更
付加仕様コード:(旧) /G1, G2 ⇒ (新) /G11, G12
3. 校正レンジの単位に「Pa」,「hPa」単位を追加
4. 「CPU Board Assembly」のPart No.変更
2-3
6-1
6-3
8-11
10-1, 2
CMPL
2.9
図2.3(出力信号が振り切れた場合のアラーム)を追加。
図2.4(電線あるいはケーブルの選定)を追加。
6.2
JIS耐圧防爆形の場合の電線選定基準を追加。
6.4.2(2)
耐圧パッキン金具の付加仕様コード等の変更。
付加仕様コード:G1, G2 ⇒ G11, G12
適用ケーブル外径、識別マークの変更。
部品番号:G9601AH ⇒ G9601AM
図6.9 全面書き替え。
8.3.2(11) 設定ピン(CN4)の位置"H", "L"の訂正。
10
C20, D31に Pa, hPa 追加。
本質安全防爆形機器についての注意事項:EX-A02 ⇒ EX-A03
耐圧防爆形機器についての注意事項:EX-B02 ⇒ EX-B03
CMPL 1C22A1-01E 6th ⇒ 7th
Page 1
・Item 7-1, CPU Assembly の Part No.変更および追加
(変更):F9342BC ⇒ F9342BB, F9342BK ⇒ F9342BJ
(追加):F9342AF, F9342BF
・Item 10, Plug の Part No.変更 G9330DK ⇒ G9330DP
REVISION RECORD.EPS
IM 01C22B01-01
版No.
12版
改訂日付
2000年9月
ページ
2-4
3-1
8-5
8-7
8-11
8-14
10-1, 2
11-2
11-4
CMPL
CMPL
CMPL
13版
2001年7月
−
10-1, 2
11-3
CMPL
CMPL
CMPL
14版
2003年4月
11-1
15版
2006年4月
1-1
2-1
2-2
8-8
11-1,11-4
−
CMPL
16版
2008年1月
−
4-3
5-1
6-1
8-10
8-14
9-3
11-2
11-4
CMPL
17版
2008年10月
8-4
8-5
8-9 以降
8-17
9-2
9-4
10-1, 10-2
11-3
11-4
11-5
CMPL
訂正・変更箇所
2.10
3
8.3.2
8.3.2(3)
8.3.2(11)
8.3.2(16)
10
JIS本質安全防爆形の注意事項追加
付加仕様コード/F1付のバーンアウト時のLow側出力値の追加
付加仕様コード/F1付のデフォルト値の注記追加
付加仕様コード/F1の場合の注記追加
付加仕様コード/F1の場合の注記追加
付加仕様コード/F1の場合の注記追加
付加仕様コード/F1の場合の注記およびパラメータE10,E14,
E15追加
11.1
カプセル時定数の変更
11.3
付加仕様/JS3,推奨バリアの追加,/JS1の削除
CMPL 1C22A1-01E 7th ⇒ 8th
付加仕様コード/JS3,/F1用のCPU AssemblyのPart No.追加
CMPL 1C22A1-01E 8th ⇒ 9th
Case Assemblyに関する注記追加。
CMPL 1C22B0-01E 1st ⇒ 2nd
付加仕様コード/JS3用のCapsule AssemblyのPart No.に変更
−
10
11.2
ドキュメントコードの2桁化
パラメータ一覧のB40(最大静圧)に注6追加
ボルト・ナット材質に記載の最大使用圧力14(3.5)MPaを
16MPaに変更
CMPL 1C22A1-01E 9th ⇒ 10th
・Item 7-1, CPU Assembly の Part No.変更
F9342BB ⇒ F9342AB
CMPL 1C22A1-01E 10th ⇒ CMPL 01C22A01-01E 11th
・Item 4, Name Plate の Part No.削除
CMPL 1C22B0-01E 2nd ⇒ CMPL 01C22B00-01E 3rd
11.1
電源電圧の追加
1
2.3
2.4
8.3.2 (5)
安全および改造に関する注意事項追加
保管場所に関する注意事項追加
設置場所雰囲気条件に関する注意事項追加
ローカットモードの設定に出力モード比例,内蔵指示計モード
開平の場合の例を追加
11
防爆適合規格,合格番号を追加
JIS耐圧防爆,JIS本質安全防爆 ⇒ TIIS耐圧防爆,TIIS本質安全防爆
CMPL 01C22A01-01E 11th ⇒ CMPL 01C22A01-01E 12th
CMPL 01C22B00-01E 3rd ⇒ CMPL 01C22B00-01E 4th
JIS耐圧防爆,JIS本質安全防爆 ⇒ TIIS耐圧防爆,TIIS本質安全防爆
−
非法定計量単位の削除
4.6
4.6項追加
5.1.1
防塵キャップ取りはずしの記述を削除
6.3.3
受信抵抗(250∼600Ω)の記述追加
8.3.2(6)② 単位添付シールの記述を削除
8.3.2(7)
表示温度単位設定の記述変更
8.3.2(15)
A40の解説図追加
9.4.1
内蔵指示計の向き変更記述を追加
11.1
EMC 適合規格の記述追加
11.3
付加仕様コード/D4の削除
CMPL 01C22A01-01E 12th ⇒ CMPL 01C22A01-01E 13th
タグプレートからロゴを削除
8.3.1
8.3.2
表8.2 に項目を追加
表8.3 にパラメータ追加
(5), (17)項を追加。項番号振り直し
8.5.2
表8.4 のEr.01 に関する記述・注を変更・追加
9.3
校正時の注意を追加
9.4.3
洗浄時の注意を追加
10.
パラメータを追加
11.2
基本仕様コードを追加
11.3
NK本質安全防爆の対応バリアを追加, /HC 追加
11.4
誤記訂正
CMPL 01C22A01-01E 13th ⇒ CMPL 01C22A01-01E 14th
Item 5, 8 の部番変更
REVISION RECORD2.EPS
IM 01C22B01-01
版No.
改訂日付
ページ
18版
2009年2月
1-1
8-8
11-1, 11-2
11-3
11-4
CMPL
19版
2010年12月
8-5
8-7
訂正・変更箇所
1.
注記にHART通信形を追加
8.3.2 (5)
ローカットモードの設定にヒステリシスの説明を追加
11.1
HART通信に関する注意書きを追加
11.2
出力信号コードEを追加
11.3
付加仕様/CAを追加
CMPL 1C22A01-01E 14th ⇒ 15th
HART通信形CPUアセンブリを追加
8.3.2
8.3.2(3)
表8.3 パラメータC30デフォルト値の注削除
/F1指定時の注記訂正
REVISION RECORD3.EPS
IM 01C22B01-01
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement