取扱説明書(ファクス編) UF-A918 - psn

取扱説明書(ファクス編) UF-A918 - psn
お
使
い
に
な
る
前
に
レーザー普通紙ファクシミリ
取扱説明書(ファクス編)
品
番
原
稿
UF-A918
フ
ァ
ク
ス
電
話
使便
い利
方な
機
能
の
のリ
プス
リト
ン・
トレ
ポ
ー
ト
各
種
登
録
・
設
定
このたびはパナソニックレーザー普通紙ファクシミリをお買い上げいただき、まことにありがとうございました。
上手に使って上手に節電
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
このロゴは、国際エネルギースタープログラムに基づくロゴです。国際エネル
ギースタープログラム制度は、
地球規模の問題である省エネルギー対策に積極的
に取り組むべく、エネルギー消費の低減性に優れ、かつ、効果的な使用を可能と
する製品の開発及び普及の促進を目的とするものです。当社は、国際エネルギー
スタープログラムの参加事業者として、
本製品が国際エネルギースタープログラ
ムの対象製品に関する基準に適合していると判断します。
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス A 情報技術装
置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には使用
者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
●日本語変換はオムロンソフトウェア(株)のモバイル Wnn を使用しています。
“Mobile Wnn”© OMRON SOFTWARE,Co.Ltd. 1999 All Rights Reserved.
2
お
使
い
に
な
る
前
に
UF-A918 を使う
送信する
・ とりあえず送りたい
..... ファクスを送る (
24 ページ)
・ 一度にたくさんの相手に送りたい
..... 順次同報送信
(
34 ページ)
・ 通話料金の安い時間を指定して送りたい
..... タイマー送信
(
53 ページ)
・ 特定の相手にだけ送りたい
..... セレクト送信
(
74 ページ)
..... パスワード送信 (
69 ページ)
受信する
・ とりあえず受信したい
..... ファクスを受ける (
36 ページ)
・特定の相手のファクスだけを受信したい
..... セレクト受信
(
75 ページ)
..... パスワード受信 (
71 ページ)
・相手と話してから受信する
37 ページ)
..... 手動受信
(
・相手側のファクスに登録されている
原稿を取り出す
..... ポーリング受信 (
50 ページ)
文字を入力する
・ 文字入力のしかた (
・ 区点コード表
(
132 ページ)
156 ページ)
消耗品の交換
・ 用紙の補充
(
コピー編参照)
・ 手差しトレイへの用紙セット
(
コピー編参照)
・ 用紙カセットのサイズ変更
(
コピー編参照)
・ プロセスカートリッジの交換
(
コピー編参照)
トラブル
・ 用紙がつまったとき
(
・ 原稿がつまったとき
(
・ 故障かな?と思ったら
(
コピー編参照)
コピー編参照)
148 ページ)
その他の機能
・簡単にダイヤルしたい
24 ページ)
..... 直接ダイヤル
(
..... 短縮ダイヤル
(
25 ページ)
.....ワンタッチダイヤル(
26 ページ)
..... 電話帳機能
(
27 ページ)
..... グループダイヤル(
108 ページ)
・ボタン1 つで、複雑な機能を使いたい
..... プログラムダイヤルの登録
(
111 ページ)
3
もくじ
お使いになる前に
UF-A918 を使う .............................................................................................................................................. 3
安全上のご注意 ................................................................................................................................................. 8
取扱上のお願い .............................................................................................................................................. 13
各部の名前と働き .......................................................................................................................................... 15
本体 ............................................................................................................................................ 15
コントロールパネル ................................................................................................................. 16
ファクス/コピーのモード切替 .............................................................................................. 18
原 稿
原稿のセットのしかた ................................................................................................................................... 19
■ 原稿をセットする ................................................................................................................ 19
原稿について .................................................................................................................................................. 20
■ 原稿のサイズ ........................................................................................................................ 20
■ 有効読取画面について ........................................................................................................ 20
■ 相手機種との送信について ................................................................................................ 20
■ 原稿についてのご注意 ........................................................................................................ 21
■ 原稿サイズとセット方向について ..................................................................................... 22
ファクス
ファクスを送る(メモリー送信).................................................................................................................. 24
■ ADF から直接ダイヤルで送る ........................................................................................... 24
■ ADF から短縮ダイヤルで送る ........................................................................................... 25
■ ADF からワンタッチボタンで送る ................................................................................... 26
■ ADF から電話帳機能で送る ............................................................................................... 27
ファクスを送る(ダイレクト送信).............................................................................................................. 28
■ ADF からダイレクト送信をする ....................................................................................... 28
■ ADF から再ダイヤルで送る ............................................................................................... 29
■ 原稿台ガラスから送信する ................................................................................................ 30
一度にたくさんの相手に送る(順次同報送信).......................................................................................... 34
ファクスを受ける .......................................................................................................................................... 36
■ 受信モードを選ぶ ................................................................................................................ 36
■ ファクス専用のときファクスを受ける ............................................................................. 37
■ 手動受信する ........................................................................................................................ 37
■ ファクス/電話自動切替のときファクスを受ける .......................................................... 38
■ 留守録接続のときファクスを受ける ................................................................................. 40
■ 留守番電話機の設定 ............................................................................................................ 41
電 話
電話の使いかた(オプション)...................................................................................................................... 45
■ 電話をかける ........................................................................................................................ 45
4
お
使
い
に
な
る
前
に
もくじ
音量の設定のしかた ....................................................................................................................................... 46
■ モニター音量の設定 ............................................................................................................ 46
■ 呼出音量の設定 .................................................................................................................... 47
便利な機能の使い方
ポーリング通信 .............................................................................................................................................. 48
■ ポーリング送信 .................................................................................................................... 48
■ ポーリング受信 .................................................................................................................... 50
■ リバースポーリング通信 .................................................................................................... 51
タイマー通信 .................................................................................................................................................. 53
■ タイマー送信 ........................................................................................................................ 53
■ タイマーポーリング受信 .................................................................................................... 54
■ タイマー特殊通信 ................................................................................................................ 55
中継通信 .......................................................................................................................................................... 56
■ 中継通信について ................................................................................................................ 56
中継同報指示 .................................................................................................................................................. 57
ファイル送信 .................................................................................................................................................. 58
■ ファイル蓄積 ........................................................................................................................ 58
■ ファイル送信 ........................................................................................................................ 59
■ ファイル消去 ........................................................................................................................ 60
■ ファイルプリント ................................................................................................................ 60
F コード通信 ................................................................................................................................................... 61
■ F コード送信 ........................................................................................................................ 61
■ F コード掲示板登録の指定 ................................................................................................. 62
■ F コード取り出し ................................................................................................................ 63
■ F コード親展プリント ......................................................................................................... 64
マルチコピー通信 .......................................................................................................................................... 65
OMR 通信 ........................................................................................................................................................ 66
パスワード通信 .............................................................................................................................................. 67
■ パスワード通信について .................................................................................................... 67
■ システム登録について ........................................................................................................ 67
パスワード送信の設定 ................................................................................................................................... 69
パスワード送信の変更 ................................................................................................................................... 70
パスワード受信の設定 ................................................................................................................................... 71
パスワード受信の変更 ................................................................................................................................... 72
パスワード送信設定の一時変更 ................................................................................................................... 73
セレクト通信 .................................................................................................................................................. 74
■ セレクト送信 ........................................................................................................................ 74
■ セレクト受信 ........................................................................................................................ 75
優先通信 .......................................................................................................................................................... 76
ワンタイム海外通信 ....................................................................................................................................... 77
定期便タイマー通信 ....................................................................................................................................... 78
メモリー受信 .................................................................................................................................................. 79
5
もくじ
■ メモリー受信の設定 ............................................................................................................ 79
■ メモリー受信を設定しているとき ..................................................................................... 79
■ メモリー受信の解除 ............................................................................................................ 79
■ メモリー受信のプリント .................................................................................................... 80
通信予約の確認と消去 ................................................................................................................................... 81
■ 通信予約の確認 .................................................................................................................... 81
■ 通信予約の変更 .................................................................................................................... 83
■ 通信予約の消去 .................................................................................................................... 84
■ 指定通信予約レポートのプリント ..................................................................................... 85
■ 未達宛先再通信の指定 ........................................................................................................ 86
■ 受信データの強制出力 ........................................................................................................ 87
■ 手動ファイル転送 ................................................................................................................ 88
リスト・レポートのプリント
レポートのプリント ....................................................................................................................................... 89
■ 通信管理レポートのプリント ............................................................................................. 89
■ 通信受付レポートのプリント ............................................................................................. 90
■ 通信結果レポートのプリント ............................................................................................. 91
リストのプリント .......................................................................................................................................... 92
■ ダイヤルリストのプリント ................................................................................................ 92
■ ワンタッチリストのプリント ............................................................................................. 93
■ システム登録リストのプリント ......................................................................................... 94
■ 自局情報リストのプリント ................................................................................................ 95
■ F コード通信リストのプリント ......................................................................................... 96
各種登録・設定
登録操作フロー .............................................................................................................................................. 97
ダイヤルの登録 .............................................................................................................................................. 98
■ ダイヤル登録操作フロー .................................................................................................... 98
■ ワンタッチダイヤルの登録 ................................................................................................ 99
■ 短縮ダイヤルの登録 ......................................................................................................... 101
■ 特殊通信機能の登録 ......................................................................................................... 103
■ ダイヤルの変更 ................................................................................................................. 106
■ ダイヤルの消去 ................................................................................................................. 107
ワンタッチの登録 ....................................................................................................................................... 108
■ グループダイヤルの登録 ................................................................................................. 108
■ グループダイヤル内容の宛先削除/追加 ...................................................................... 110
■ プログラムダイヤルの登録 ............................................................................................. 111
■ プログラムダイヤルの変更 ............................................................................................. 112
■ ファンクションの登録 ..................................................................................................... 113
■ ワンタッチの消去 ............................................................................................................. 116
中継情報の登録 ........................................................................................................................................... 117
中継情報の登録の種類 ................................................................................................................................ 118
6
お
使
い
に
な
る
前
に
もくじ
F コード通信の登録 .................................................................................................................................... 119
■ 親展ボックスの登録 ......................................................................................................... 119
■ 掲示板ボックスの登録 ..................................................................................................... 123
■ 通信ボックスの消去 ......................................................................................................... 126
システムの登録 ........................................................................................................................................... 127
■ システム登録のしかた ..................................................................................................... 127
■ システム登録一覧表 ......................................................................................................... 128
文字入力のしかた ....................................................................................................................................... 132
■ 入力モードの切り替え ..................................................................................................... 132
■ かな漢/カナ/英記号モードでの入力 .......................................................................... 133
■ 数字モードでの入力 ......................................................................................................... 133
■ コードモードでの入力 ..................................................................................................... 133
■ 文字割り当て一覧 ............................................................................................................. 134
■ 文字入力の例 ..................................................................................................................... 135
自局情報の登録 ........................................................................................................................................... 137
■ 日付と時刻の登録 ............................................................................................................. 138
■ 発信元情報の登録 ............................................................................................................. 139
■ 文字 ID(カナ)の登録 .................................................................................................... 140
■ 数字 ID の登録 ................................................................................................................... 141
■ 定時刻タイマーの登録 ..................................................................................................... 142
■ 定期便タイマーの登録 ..................................................................................................... 143
■ F コードサブアドレスの登録(サブアドレス通信)..................................................... 144
■ F コードパスワードの登録(サブアドレス通信)......................................................... 145
必要なときにお読みください
消耗品の交換のしかた ................................................................................................................................ 146
■ 用紙の補充 ........................................................................................................................ 146
■ 用紙カセットのサイズ変更 ............................................................................................. 146
■ プロセスカートリッジの交換 .......................................................................................... 146
こんなときには ............................................................................................................................................ 146
■ 用紙がつまったとき ......................................................................................................... 146
■ お手入れのしかた ............................................................................................................. 146
■ 済スタンプの交換 ............................................................................................................. 147
故障かな?と思ったら ................................................................................................................................ 148
■ 主なエラーコード ............................................................................................................. 150
■ 主なメッセージ ................................................................................................................. 152
■ 停電のとき ........................................................................................................................ 154
■ チェック&コール ............................................................................................................. 154
主な仕様 ....................................................................................................................................................... 155
句点コード表 ............................................................................................................................................... 156
索 引 ........................................................................................................................................................... 163
7
安全上のご注意 必ずお守りください
お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐため、必ずお守りいただくことを、次のよ
うに説明しています。
■ 表示内容を無視して誤った使い方をした時に生じる危害や損害の程度を、次の表示で区分し、説明してい
ます。
警告
注意
この表示の欄は、「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」内容です。
この表示の欄は、
「傷害を負う可能性または物的損害のみが発生する可能性が想
定される」内容です。
■お守りいただく内容の種類を、
次の絵表示で区分し、説明しています。
(下記は、
絵表示の一例です。)
このような絵表示は、気をつけていただきたい「注意喚起」内容です。
このような絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
8
お
使
い
に
な
る
前
に
安全上のご注意
●本体・オプションの取り扱いについて
警告
■定格15A・交流100Vの ■ぬれた手で、電源プラ
コンセントを単独で使う
グの抜き差しはしない
他の機器と併用す
ると、発熱による
火災の原因になり
ます。
感電の原因になり
ます。
■電源コードを加工しな
い
火災や感電のおそ
れがあります。
ぬれ手禁止
● ぬれた手を良くふいて電源
プラグ
(金属でない部分)
を
持ってください。
■電源プラグ
■電源プラグは根元まで
確実に差し込む
差し込みが不完全
ですと、感電や発
熱による火災の原
因になります。
● 傷んだプラグ・ゆるんだコ
ンセントは使用しないでく
ださい。
■電源コード・電源プラ
グを破損するようなこ
とはしない
傷つけたり、無理に曲げたり、ね
じったり、引っ張ったり、重いも
のをのせたり、束ねたりしない。
傷んだまま使用す
ると、感電・
ショート・火災の
原因になります。
■電源プラグのほこり等
は定期的にとる
プラグにほこり等
がたまると、湿気
等で絶縁不良とな
り、火災の原因に
なります。
● 電源プラグを抜き、乾いた
布でふいてください。
● コードやプラグの修理は、
サービス実施店へご相談く
ださい。
■本機(オプションを含
■機内に水や金属物(ク
リップやステープル針な む)を分解・改造しな
ど)が入ったときは、す
い
ぐに電源プラグを抜く
機内の配線が
ショートして、
火災をおこすお
電源プラグ それがあります。
を抜く
● 電源プラグを抜いて、サー
ビス実施店へご連絡くださ
い。
レーザー光線によ
る視力障害、または
高温部分や高電圧
部分にさわるとや
分解禁止 けどや感電するお
それがあります。
● この取扱説明書に記載され
ていないことは行わないで
ください。
■発煙・異臭などの異常
状態をそのまま放置し
ない
火災や感電のおそ
れがあります。
● 電源スイッチを切り、電源
プラグを抜いて、サービス
実施店へご連絡ください。
9
安全上のご注意
注意
■床、土台が不安定な場
所や震動の激しい場所
へは設置しない
■シンナー・ガソリンな
どの引火性の高いもの
の近くに設置しない
本機が倒れて、け
がをするおそれが
あります。
● 移動するときは、サービス
実施店へご相談ください。
ガソリンなどが発
火し火災をおこす
おそれがあります。
● 移動するときは、サービス
実施店へご相談ください。
■油煙や湯気や水のかか
る場所、ほこりの多い
場所には置かない
調理台や加湿器な
どのそばに置くと、
火災、感電の原因
となることがあり
ます。
● 移動するときは、サービス
実施店へご相談ください。
■湿気の多い場所では
アース線を取り付けて
使用する
■アース線は、ガス管・
水道管や避雷針などに
接続しない
万一、漏電した場
合に、
合に、火災、感電
のおそれがありま
アース線 す。
接続
● 移動するときは、サービス
実施店へご相談ください。
■ 動作中の紙づまりは
そのまま放置しない
高温部の紙づまり
を放置すると紙が
発火し、火災をお
こすおそれがあり
ます。
● 紙づまりは確実に取り除い
てください。
10
接地が不十分だっ
たり、落雷などに
より、感電したり、
火災をおこすおそ
れがあります。
● 移動するときは、サービス
実施店へご相談ください。
■高温表示部とその周辺
■
にはさわらないよう注
意する
高温部分にさわる
とやけどするおそ
れがあります。
高温注意
● 紙づまり処置などで内部を
さわるときは、十分に注意
してください。
■ 電源プラグを抜くとき
は電源コードを引っぱ
らない
コードが傷つき、
火災、感電のおそ
れがあります。
● 電源プラグを抜くときは、
必ずプラグ(金属でない部
分)を持ってください。
お
使
い
に
な
る
前
に
安全上のご注意
注意
■鎖の長いブレスレット
やネックレスなどをつ
けて操作しない
■動作中に光源ランプを
直視しない
機内に触れたり、
巻き込まれて、感
電やけがをするお
それがあります。
ランプの光により、
目を傷めるおそれ
があります。
● 万一事故がおきたときは、
電源スイッチを切り、サー
ビス実施店へご連絡くださ
い。
● やむをえず、原稿台カバー
を開けてコピーするときは、
光源ランプを直視しないで
ください。
■機内のみどり色のツマ
■
ミ以外は操作しない
高温部分や突起の
ある部品にさわる
とやけどやけがを
するおそれがあり
ます。
● 内部をさわるときは、十分
に注意してください。
■本機に重いものを置い
たり、乗ったり、トレ
イなどに体重をかけた
りしない
物が落下したり、
転んだり、落ちて
けがをするおそれ
があります。
● 本機を台がわりに使用しな
いでください。
■本機の通風孔をふさが
ない
機内に熱がこもり
火災の原因となる
おそれがあります。
● 本機の回りにダンボール箱
などを積み上げないでくだ
さい。
■原稿台(ガラス)に衝
撃を与えたり、重いも
のを載せたりしない
ガラスが割れてけ
がをするおそれが
あります。
● ガラスが割れたときは、電
源スイッチを切り、電源プ
ラグを抜いてサービス実施
店へご連絡ください。
■エラー(EX-XX※)表示を
したときや、異音など
異常な動作をしたとき
は、必ず電源プラグを
抜く
火災や感電をおこ
すおそれがありま
す。
電源プラグ
を抜く
※ X は数字が表示されます。
確認(メモ)して、サービス
実施店へご連絡ください。
11
安全上のご注意
●電池の取り扱いについて
警告
■充電・ショート・分解・ ■電池は幼児の手の届か ■電池を保管、廃棄する
変形・加熱・火に入れる
ないところに保管する
ときは、テープなどで
などしない
端子部を絶縁する
液漏れ・発熱・破
裂・発火の原因に
なります。
他の金属や電池と
混ざると液漏れ・
発熱・破裂・発火
の原因になります。
● 万一、飲みこんだ場合は直ち
に医師に相談してください。
■電池の 極と 極は正 ■電池に直接ハンダ付け ■液が目に入ったら、す
しく接続する
をしない
ぐに洗い流す
液漏れ・発熱・破
裂・発火の原因に
なります。
液漏れ・発熱・破
裂・発火の原因に
なります。
目を傷めるおそれ
があります。
● こすらずにきれいな水で洗っ
た後、すぐに医師の治療を受
けてください。
注意
■直射日光・高温・高湿
の場所を避けて保管す
る
液漏れ・発熱・破
裂の原因になりま
す。
12
お
使
い
に
な
る
前
に
取扱上のお願い
設置上のお願い
■次の様な場所への設置は避けてください。 ●ほこり、アンモニアガスが発生する場所
●高・低温、低・多湿な場所
(適用温度・湿度: 10∼30℃、30∼80%RH.)
●温度変化の激しい場所
●冷・暖房機の近く(直接風のあたる所)
●加湿機の近く
●テレビ、ラジオなど電子機器の近く
●直射日光のあたる場所
●シンナー、ガソリンなどの近く
●換気の悪い場所
●床、土台が不安定な場所、震動の激しい場所
■本機の背面は壁から 15cm 以上離して
ください。
換気についてのお願い
本機を使用中は、オゾンが発生しますが、その量は
人体に悪影響を及ぼさないレベルです。ただし、換
気の悪い部屋での長時間使用や、大量にコピーを
とる場合には、快適な作業環境を保つために部屋
の換気をお勧めいたします。
大量コピー時は
換気を !
操作時のお願い
■動作中に電源を切ったり、本体カバー等
を開けたり、用紙カセットを引き出した
りしないでください。
(紙づまりの原因に!)
移動時のお願い
■本機の移動や運搬はサービス実施会社
におまかせください。
サービス実施会社に
おまかせを!
●転居の際は、サービス引継が必要です。
(事前にサービス実施会社へご相談ください。
か
ABC
た
さ
DEF
な
は
GHI
JKL
MNO
や
ら
TUV
WXYZ
PB
わ
記号
@
13
取扱上のお願い
用紙・トナーに関するお願い
保管は涼しい
場所に
■用紙、トナーなどは湿気の少ない涼しい場所に
保管してください。
● 用紙は60 ∼90g/m2(手差しでは 55∼ 130g/m2 )の
上質紙・再生紙をお使いになれますが、できるだけ当社の
推薦紙をご使用ください。
● トナーは当社指定品をご使用ください。
■電波障害防止におけるお願い
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス A 情報技術
装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には
使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
■法律で禁じられていること
次のようなコピーは所有するだけでも法律により罰せられますから充分ご注意ください。
● 法律でコピーを禁止されているもの
① 国内外で流通する紙幣、貨幣、政府発行の有価証券、国債証券、地方債証券
② 未使用の郵便切手、官製はがき
③ 政府発行の印紙、酒税法や物品法で規定されている証紙類
● 注意を要するもの
① 株券、手形、小切手など民間発行の有価証券、定期券、回数券などは、事業会社が業務上必
要最低部数をコピーする以外は政府指導によって注意が呼びかけられています。
② 政府発行のパスポート、公共機関や民間団体発行の免許証、許可書、身分証明書や通行券、食
券などの切符類のコピーも避けてください。
● 著作権の対象となっている書籍、絵画、版画、地図、図面、写真などの著作物は個人的または家
庭内その他、
これに準ずる限られた範囲内で使用するためにコピーする以外は禁じられています。
■電源高調波についてのお知らせ
本機器は社団法人日本事務機械工業会が定めた複写機及び類似の機器の高調波対策ガイドライン
(家電・汎用品高調波抑制対策ガイドラインに準拠)に適合しています。
14
お
使
い
に
な
る
前
に
各部の名前と働き
本体
コントロールパネル
原稿ガイド
原稿の幅に合わせてセットします。
給紙カバー
原稿がつまったときに
開けます。
ADF(自動原稿送り装置)
セットした複数枚の原稿が1枚ずつ
自動的に読み取り部に送れらます。
原稿台カバー
原稿台ガラスに原稿をセット
するときなどに開けます。
原稿受け
送信した原稿がこの上に排出されます。
手差しトレイ
定型サイズ以外の用紙や用紙カセッ
ト以外の紙サイズのときに使用
します。
排紙部
受信した原稿がこの上に
排出されます。
増設給紙ユニット
(オプション)
550 枚用紙カセット×1段
用紙カセット
250枚×2段
ISDN
メモリー
カ−ド
ISDN回線用差込口
※オプションの
G4通信ユニット
装着時
メモリー
カードカバー
受話器置き台コード
差込口
オプションの受話器置き
台コードを接続します。
外部電話機用差込口
外部電話機を接続します。
回線接続用差込口
回線コードを接続します。
受話器
プリンター
ケーブル差込口
プリンターケー
ブルを接続します。
外 部
電話機
回 線
パラレル
電源スイッチ
■ G4 通信ユニットを利用する
G4 通信ユニットを増設すると、高速なファクス通信を行なうことができます。
一般電話回線と ISDN 回線の両方に接続してお使いの場合は、G3 通信と G4 通信を切り替えて送信
できます。切り替えを行なう為に、機能ボタン F3 に「回線選択」が割り当てられます。
(お知らせ)
● G4 通信では、Fコード通信、リバースポーリングをご利用できません。
● G4 通信ユニット経由での通話はできません。一般電話回線側でのみ通話できます。
● G4 通信ユニット経由の着信は自動受信となります。
● G4 通信ユニット経由で G4 通信と G3 通信を同時に行なうことができます。
15
各部の名前と働き
コントロールパネル
1
*
2
3
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
00%
ふつう
*
23
22
*ファクス機能では、使用しません。
コピー :取扱説明書(コピー編)参照
Eメール:インターネットFAXユニット
(オプション)装着時に使用
No.
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
16
なまえ
ファクスボタン
通信中ランプ
メッセージディスプレイ
原稿サイズボタン
受信モード選択ボタン
ファンクションボタン
短縮ボタン
⑧
再ダイヤル / ポーズボタン
⑨
モニター/スペースボタン
⑩
⑪
テンキーボタン
ストップボタン
⑫
⑬
⑭
スタートボタン
アクティブランプ
アラームランプ
はたらき
ファクスを送信選択するときに押します。
ファクス通信中および受話器をあげたときに点灯します。
機械の状態、各種設定の状況を表示できます。
原稿サイズを手動で選択したいときに押します。
手動受信と自動受信を選択するときに押します。
各種機能を選ぶときや、登録するときに押します。
短縮ダイヤルするとき、または、番号の間にハイフンを入れると
きに押します。
再ダイヤルするとき、または、番号の間に空白時間を入れるとき
に押します。
受話器
(オプション)
を置いたまま、ダイヤルするとき、または、
番号の間にスペースを入れるときに使用します。
ダイヤルするときや、各種の機能を選ぶときに押します。
送信やコピー、登録などを途中で止めるとき、または、アラーム
音を止めるときに押します。
ファクス送信や受信をするときに押します。
読取り動作中または記録動作中です。
(点灯)通信異常があります / 用紙がつまっています / すべての
カセットおよび手差しトレイに記録紙がありません。
(点滅)いずれかのカセット / または手差しトレイに用紙があり
ません。
21
各部の名前と働き
5
4
17:15
6
7
8
10
9
00%
います
ふつう
20
21
19
18
17 16
15
No. なまえ
⑮ ワンタッチボタン
⑯
機能ボタン(ランプ)
⑰
⑱
⑲
クリアーボタン
セットボタン
カーソルボタン
⑳
警告表示ランプ
21
画質ボタン
こくボタン
うすくボタン
22
23
14
13
12
11
はたらき
ワンタッチダイヤルするときに押します。
また、プログラムに登録した通信をするときに押します。
F1 ∼ F4 に機能登録をして使います。お買い上げ時は、下記の設定と
なっています。(各機能を有効にする場合はランプを点灯させます)
F1:メモリー通信をするときに押します。
F2:済 ス タ ン プ ( す る 、 し な い ) を 選 択 す る と き に 押 し ま す 。
F3:オプションの G4 通信ユニットを装着時に、回線選択をする
時に押します。
入力した文字や数字を訂正するときに押します。
選択した内容を確定するときに押します。
呼出音量を大きくしたり、小さくしたりします。また、文字などの入力
のときカーソールを左右に移動させるときに押します。
また、
電話帳を検
索するときにも使います。
用紙補給、プロセスカートリッジ補給が必要となったときや用紙がつ
まったときに点灯します。
原稿の文字の大きさまたは、ハーフトーンを選ぶときに選択します。
原稿の濃さが薄いときに押します。
原稿の濃さが濃いときに押します。
17
お
使
い
に
な
る
前
に
ファクス/コピーのモード切替
本機は通常のファクスとしてお使いになる以外に、
コピーモードで拡大コピーや縮小コピーなどのコピー
機能も合わせてお使いになることができます。
●お使いになる機能に合わせて、モードを選んでください。
→ 送信・受信や電話などのファクス機能をお使いになるときは、
「ファクスモード」を選んでください。
→ 通常のコピー、拡大/縮小コピーなどのコピー機能をお使いになるときは、
「コピーモード」を選ん
でください。
■ モードを切り替えるには
コピー または ファクス ボタンを押してお使いになるモードに切り替えてください。
−コピーモードにするには−
−ファクスモードにするには−
・コピーランプを点灯させます。
・ファクスランプを点灯させます。
●通信およびファクス機能の設定・登録操作を行うときには、ファクスモードを選んでください。
お知らせ
● 次の場合には「コピーモード」にセットしていても自動的に「ファクスモード」に
切り替わります。
→受話器(オプション)を上げたり モニター を押したとき
→ ワンタッチ 、短縮 、再ダイヤル を押したとき
→ 受信モード を押したとき
●「コピーモード」にセットしていても、電話を受けたりファクスを自動的に受信す
ることができます。受信モードが「手動受信」にセットされているときは、37ペー
ジの操作をして受信してください。
18
原 稿
原 稿
原稿のセットのしかた
■ 原稿をセットする
送信/コピーの際に原稿をセットする方法には、ADF(自動原稿送り装置)を利用する方法と、原稿
台ガラスにセットする方法の 2 通りあります。セット方法は、原稿のサイズや厚さ、原稿の枚数など
によって使い分けます。
(「原稿について」 20 ページ)
■ ADF
(自動原稿送り装置)にセットする
2
3
2
1
2
3
原稿の先端をそろえ、送る/コピー
する面を上に向けて置く
原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿の先が突き当るまで差し込む。
「ピッ」という音が鳴る
■ 原稿台ガラスにセットする
1
2
3
4
原稿台カバーを持ち上げて開ける
送る/コピーする面を下に向けて原
稿を原稿台ガラスにのせる
原稿を左奥スミのガイドに突き当て
る
原稿台カバーを静かに閉じる
19
原
稿
原 稿
原稿について
■ 原稿のサイズ
ADF(自動原稿送り装置)にセットできる原稿は、次のサイズのものに限
ります。次のサイズ以外の原稿は、1枚づつ原稿を原稿台ガラスにセット
するか、適応するサイズに分割して、送信または、コピーしてください。
複数枚の原稿をセットするとき
297 × 2000mm
297 × 420mm
2000mm
1枚だけセットするとき
最大
原稿の最大サイズ
(最大読取幅は 292mm) (最大読取幅は 292mm)
138mm × 148mm
138mm × 148mm
最小
1 度にセットできる
枚数
原稿の紙厚
原稿の紙質
----------------------------
B4 以上 30 枚
A4 以下 50 枚
0.05 ∼ 0.15mm
0.06 ∼ 0.1mm
上質紙相当(表、裏ともコーティングのないもの)
297mm
原
稿
セ
ッ
ト
方
向
原稿の最小サイズ
お知らせ
● 複数の原稿をセットするときは、同一サイズで同質の
原稿をセットしてください。
● 原稿の厚さが0.1mmを越え、0.13mm以下のときは
最大 20 枚までしかセットできません。
148mm
138mm
■ 有効読取画面について
原稿
原稿の端に文字などを記入すると、相手の記録紙にプリントされない場合
があります。
右図の斜線部分には、文字などを記入しないようにしてください。
お知らせ
● 最大の有効読取幅は292mmです。セットした原稿の
幅が、292mm より大きい場合は、読み取ることがで
きない範囲があります。
● ファクス送信するときに、システム登録の「007 発信
元印字」が“原稿内”に設定されている場合は、先端
および後端から 10mm まで文字などを書かないでく
ださい。発信元情報を送るため、相手の記録紙にプリ
ントされません。
約5mm
■ 相手機種との送信について
送信する相手にセットされている用紙のサイズに応じて、自動的に縮小して送信します。
20
送信原稿
A3
B4
A4
G3 A3 機
そのまま
そのまま
そのまま
G3 B4 機
B4 に縮小
そのまま
そのまま
G3 A4 機
A4 に縮小
A4 に縮小
そのまま
相手機
原 稿
原
稿
■ 原稿についてのご注意
原稿をセットするときは、次のようなことにご注意してください。
■ インクなどの乾いていない原稿は、
完全に乾かしてからセットしてください。
(読取部の汚れの原因)
■ ADF(自動原稿送り装置)にセットする場合は、原稿にクリップやホチキスの針を付けたままセッ
トしないでください。(故障の原因)
次のような原稿を ADF(自動原稿送り装置)にセットすると、原稿がつまったり、相手先で受信した
内容が乱れたりすることがあります。原稿台ガラスにセットして、コピーするか、または送信してく
ださい。
フィルム状の原稿、
感圧紙、裏カーボン紙 破れ、しわ、カールや
トレーシングペーパー などの化学処理をした 折目のついた原稿
のような透明な原稿
原稿
→
紙厚の厚すぎる
(0.15mm を超える)
原稿、布地、金属シー
ト、印画紙
貼り合わせた原稿
原稿台ガラスにセットする
紙厚の薄すぎる
表または裏がコーティ (138mm × 148mm )
(0.05mm 未満)原稿 ングされている原稿
より小さい原稿
お知らせ
● サイズを読み取りにくい原稿を原稿台ガラスにセットするときは、原稿サイズ ボ
タンを押して原稿のサイズを指定します。
21
原 稿
■ 原稿サイズとセット方向について
ADF(自動原稿送り装置)または原稿台ガラスのどちらかにセットして送信またはコピーをする場合
でも、原稿の置き方には 2 とおりがあります。原稿を正しい方向にセットしないと、送信した原稿や
コピーの画像が欠けたり必要以上に縮小されてしまう場合があります。
たとえば A4 の原稿を A4 にセットして A4 機に送信する場合、メモリー送信のときには回転送信機
能( 32 ページ)によって等倍で送信されますが、ダイレクト送信や手動送信のときには、A3 の
原稿が A4 サイズに縮小されるように 70% に縮小されてしまいます。送信またはコピーをするとき
は、原稿を正しい向きにセットするよう注意してください。
ADFにセットする場合
原稿台ガラスにセットする場合
原稿ガイド
A5
B5
A4
はがき
はがき
原稿
(表向き)
送信開閉部
原稿
(裏向き)
読取部
サイズマーク
A4
B4
A3
A5
、B5
、A4
A5
、B5
A5
B5
A4
はがき
はがき
原稿
(表向き)
、A4
A4
B4
A3
原稿
(裏向き)
A4
B4
A3
A4、B4、A3
A4、B4、A3
● ADF に一度にセットできる枚数は、A4 サイズ以下の場合は一度に 50 枚、A4 を超えるサイズの
場合は一度に 30 枚までセットできます。
● ADF にセットした原稿は一番上の原稿から順番に読み込まれます。
● 原稿台カバーを約 20cm 以上開けないと、原稿サイズを検知できないことがあります。
● ADF には、幅の異なる原稿を同時にセットしないでください。
22
原 稿
画質の選びかた
原
稿
セットした原稿に合わせて、濃度・文字サイズ・ハーフトーンを選ぶことができます。
●濃度を選ぶとき
:原稿の濃さに合わせて選んでください。
●文字サイズを選ぶとき
:原稿の文字の大きさに合わせて選んでください。
●ハーフトーンを選ぶとき
:写真やカタログなどの原稿を送るときに選んでください。
濃度の調整
濃度を選ぶ
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
うすく
ふつう
文字サイズ・ハーフトーンの調整
文字サイズ、ハーフトーンを選ぶ
を押して選びます。
を押して選びます。
こ く
00%
文字が薄い原稿
ふつう
普通の大きさの
文字の原稿
普通の濃さの原稿
小さい
新聞などのように
細かい文字の原稿
細 密
特に細かい文字の
原稿
色紙などのように
紙の色の濃い原稿
お知らせ
ハーフトーン
写真やカラー原稿など
● よくお使いになる画質を登録しておけば、
原稿をセットするたびに設定を変える手
間が省けます。( 127 ページ)
済スタンプの使いかた
済 マークを押すことができます。
送信済みの原稿に○
済スタンプの
設定
を押して切り替えてください。
済 マークを押したいとき
○
済 マークを押さないとき
○
お知らせ
● 済スタンプの色はピンクです。押された済スタンプは消えません。
● 済スタンプをトレーシングペーパーなどの表面処理された原稿に使用する
と、にじむことがあります。
● 工場出荷時はシステム登録の「028 メモリー済スタンプ」
( 129ページ)
は“あり”になっています。メモリー送信または、ポーリング送信をする原
済 」マークを付けたくないときは、
稿に「○
「028 メモリー済スタンプ」の
設定を“なし”にしてください。
23
ファクス
ファクス
ファクスを送る(メモリー送信)
ADF にセットするときは、複数枚の原稿も次々に自動的に読み込まれます。原稿台ガラスから2枚以上
の原稿を送るときには、ディスプレイの表示に従って次々に原稿をセットし読み込ませます。
■ ADF から直接ダイヤルで送る
原稿ガイド
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ点灯状態で
1
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
メモリーランプ
2
ダイヤルする(最大 60 桁)
メモリー送信
00%
ふつう
宛先数:000
0334919191
うすく■■■□□こく
3
メモリー送信
通信中
0334919191
を押す
・原稿読取開始されます。
・読取が終了した原稿から送信が開始されます。
お知らせ
● 宛先を間違えたときは、
うすく■■■□□こく
ふつう
受付No.001
送信頁:01
ふつう
を押して再指定してください。
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してください。
●直接ダイヤルでは、ダイヤルボタン(0∼9、*、#)、ポーズ(-)、が使えます。
● メモリーには、A4 標準原稿で約 120 枚まで蓄積できます。
● オプションの G4 通信ユニットを増設してい
メモリー送信 宛先数:1
るときは、手順 2 で電話番号を入力後、回線
0312343333_
G4
選択を登録した機能ボタンを押して通信する
うすく■■■□□こく
ふつう
回線として G4 、G3(Ⅰ)外線のどれかを
指定します。
● オプションの G4 通信ユニットを増設しているときは、最大 3 通信の同時動作が
可能です。同時動作中のディスプレイに表示される通信回線表示は、次の優先度
で表示されます。
例:外線が表示されている場合
「外線」→「G4 」→「G3(Ⅰ)
」
メモリー送信
受付No.001
通信中(外線)
0312343333
※同時通信動作中は通信中ランプが点滅します。
24
うすく■■■□□こく
送信頁:04/05
ふつう
ファクス
■ ADF から短縮ダイヤルで送る
あらかじめ短縮ダイヤルを登録しておいてください。
(
での任意の 100ヵ所をお使いになれます。
原稿ガイド
101 ページ)短縮ダイヤルは 00 ∼ 99 ま
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ点灯状態で
1
2
3
4
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
メモリーランプ
2
フ
ァ
ク
ス
00%
ふつう
を押す
メモリー送信
宛先 数:000
短縮:_ (2桁)
うすく■■■□□こく
3
短縮番号(00 ∼ 99)を選ぶ
・ テンキーボタンで短縮番号を選びます。
メモリー送信
松下電送システム
短縮:01(2桁)
うすく■■■□□こく
4
ふつう
宛先 数:001
ふつう
を押す
・原稿読取が開始されます。
・読取が終了した原稿から送信が開始され
ます。
メモリー送信 受付No.001
通信中 送信頁:01
松下電送システム
うすく■■■□□こく
お知らせ
● 宛先を間違えたときは、
ふつう
を押してください。
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してください。
25
ファクス
■ ADF からワンタッチボタンで送る
あらかじめワンタッチダイヤルにダイヤル番号を登録しておいてください(
99 ページ)。
原稿ガイド
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ点灯状態で
1
・消灯しているときは、押して点灯させる。
2
1
3
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
00%
ふつう
メモリーランプ
2
3
ワンタッチボタン(01 ∼ 60)を
押す
メモリー送信
東京本社
ワンタッチ:01
宛先数:001
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・原稿読取が開始されます。
・読取が終了した原稿から送信が開始され
ます。
メモリー送信 受付No.001
通信中 送信頁:01
東京本社
うすく■■■□□こく
お知らせ
● 宛先を間違えたときは、
を押してください。
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
★ 複数の宛先が登録されているワンタッチボタンと
報送信を始めます。
26
ふつう
(はい)を押してください。
を選ぶと、自動的に順次同
ファクス
■ ADF から電話帳機能で送る
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録(
イヤルできます。
99 ページ)してある宛先を電話帳機能で検索してダ
原稿ガイド
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ点灯状態で
1
2·4
3
5
フ
ァ
ク
ス
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
00%
ふつう
メモリーランプ
2
▲ または ▼ (電話帳)を押す
[あ]
宛先名:愛知支店
うすく■■■□□こく
3
検索文字を選ぶ
・
∼
[と]
宛先名:東北支店
[と]
宛先名:東京本社
例:「東京本社」
うすく■■■□□こく
・原稿読取が開始されます。
・読取が終了した原稿から送信が開始されます。
● 宛先を間違えたときは、
ふつう
短縮:01
ふつう
メモリー送信 受付No.001
通信中 送信頁:01
東京本社
を押す
お知らせ
短縮:12
例:「東京本社」
▲ ▼を押して宛先を選ぶ
5
ふつう
ボタンを使って検索文字を選びます。
うすく■■■□□こく
4
短縮:15
うすく■■■□□こく
ふつう
を押してください。
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してください。
27
ファクス
ファクスを送る(ダイレクト送信)
原稿台ガラスからは 1 枚のみ、ADF からは 1 枚以上の原稿をダイレクト送信することができます。
■ ADF からダイレクト送信をする
原稿の枚数が多いなどでメモリーに入りきらないときにお使いください。
原稿ガイド
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ消灯状態で
1
・点灯しているときは、押して消灯させる。
2
1
3
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
00%
ふつう
メモリーランプ
2
宛先を指定する
ダイレクト送信
宛先数:000
0334919191_
うすく■■■□□こく
3
ふつう
を押す
・宛先にダイヤルし、送信が開始されます。
ダイレクト送信
ダイヤル中
0334919191
受付No.001
うすく■■■□□こく
お知らせ
● ダイレクト送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
ふつう
(はい)を押して
ください。
● 手順 2 で宛先は直接ダイヤル、短縮ダイヤル、ワンタッチボタンから選べます。
28
ファクス
■ ADF から再ダイヤルで送る
最後に通信をした宛先に、もう一度ファクスを送ります。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
原稿ガイド
1
1
図のように原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
2
うすく■■■□□こく
2
フ
ァ
ク
ス
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
2
00%
ふつう
を押す
・宛先にダイヤルし、送信が開始されます。
ダイレクト送信
ダイヤル中
0334919191
受付No.001
うすく■■■□□こく
ふつう
自動再ダイヤル
相手が話し中などでつながらなかった場合、約3分間隔で2回まで自動的に再ダイヤルします。
■メモリー送信をしたとき
■ダイレクト送信をしたとき
● 再ダイヤル待ちのとき
● 再ダイヤル待ちのとき
メモリー送信
再ダイヤル待ち
松下電送システム
うすく■■■□□こく
受付No.001
ふつう
ダイレクト送信
再ダイヤル待ち
松下電送システム
受付No.001
うすく■■■□□こく
ふつう
・3分間隔で2回まで自動的に
再ダイヤルします。
・3分間隔で2回まで自動的に
再ダイヤルします。
● 再ダイヤルを取り消すには、ディスプレイ
● 再ダイヤルを取り消すには、
に「再ダイヤル待ち」が表示されているとき
に
を押します。
● 再ダイヤル待ちのときに、次の送信をした
いときは、通常通り送信してください。
● つながらなかったときは、エラーメッセー
ジ「通信エラーがありました」が表示されま
す。
を押します。
● 再ダイヤル待ちのときに、次の送信をした
いときは、
を押して取り消して
から送信してください。
●つながらなかったときは、エラーメッセージ
「通信エラーがありました」
が表示されます。
29
ファクス
■ 原稿台ガラスから送信する
原稿台ガラス上の原稿をメモリーに読み込んでから、宛先へ送信します。
ランプ点灯状態、
メモリー(F1)ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿サイズ=A4
うすく■■■□□こく
2
メモリーランプ
00%
ふつう
宛先を指定する
・
メモリー送信
宛先数:000
0334919191_
うすく■■■□□こく
3
を押す
・原稿の読み取りが始まります。
・原稿を 1 枚だけ送信するときは、手順 6 へ進みます。
・複数枚の原稿を送信するときは、手順 4 へ進みます。
4
続けて送信する原稿があるとき、
押す
を
メモリー送信
受付No.001
まだ読み込む原稿はありますか
_.いいえ 2.はい
1
うすく■■■□□こく
原稿をセットし、
を押す
・原稿に合わせて、原稿サイズや画質モードを設定します。
・読み取りが終わると、手順 3 の表示に戻ります。
30
ふつう
メモリー送信
受付No.001
原稿サイズ=A4
スタートを押してください
うすく■■■□□こく
5
ふつう
ふつう
ファクス
6
送信する原稿が無くなったら
を押す
・宛先へダイヤルを始めます。
・通信中ランプが点灯します。
・送信原稿をお持ち帰りください。
7
相手につながると、 自動的に送信を始める
送信が終わると、待機状態に戻ります。
メモリー送信
受付No.001
通信中 送信頁:01/02
0334919191
うすく■■■□□こく
お知らせ
フ
ァ
ク
ス
ふつう
● 宛先を間違えたときは
を押して手順 1 からやり直してください。
● 手順 2 で「ピピピ」と鳴ったときは、すでに 30 個の通信予約をしています。ファ
クスの送信をするときは、ダイレクト送信( 28 ページ)をしてください。
● 送信を途中でやめるときは。原稿台ガラスの原稿を取ってからディスプレイで確認
して、
を押した後に
(はい)を押してください。
● 送信できなかったときは、自動的に通信結果レポートがプリントされます。
( 92 ページ)
● ダイヤル中や通信中でも、次の通信を予約できます。手順1からの操作をしてくだ
さい。
● メモリーには、A4 標準原稿で約 120 枚まで蓄積できます。
● ADF(自動原稿送り装置)に原稿がセットされているときは、原稿台ガラスにセッ
トしてある原稿を読み取ることはできません。
●インデックスなどはみ出した部分のある原稿や、紙の色が濃く反射率が極端に低い
原稿などの場合、あるいは、原稿台ガラスにセットした本の片方のページだけを送
信したい場合などは、手順 1 でディスプレイに「原稿サイズ=○○」と表示されて
いるときに
を押して、原稿サイズを指定できます。
●サイズを読み取れない原稿の場合は、
を押して原稿サイズを指定します。
● A4 サイズの原稿を A4 方向にセットしてメモリー送信すると、自動的に回転送
信されます。
回転送信されないように設定することもできます。( 32 ページ)
● 手順3または5で原稿の読み取りが終わったあと、約1分間何も操作しないと、送
信を中止して待機状態に戻ります。
● スリープモード中に原稿台ガラスからファクスを送るには、
を押して待機画面
に戻してから送信してください。
● オプションのG4通信ユニットを増設していると
メモリー送信 宛先数:1
きは、
手順2で電話番号を入力後、
回線選択を登
0312343333_
G4
録した機能ボタンを押して通信する回線として
うすく■■■□□こく
ふつう
G4、G3(Ⅰ)、外線のどれかを指定します。
● オプションの G4 通信ユニットを増設してい
例:外線が表示されている場合
るときは、最大 3 通信の同時動作が可能です。
メモリー送信
受付No.001
同時動作中のディスプレイに表示される通信
通信中(外線)
送信頁:04/05
0312343333
回線表示は、次の優先度で表示されます。
「外線」→「G4」→「G3(Ⅰ)
」
うすく■■■□□こく
ふつう
※同時通信動作中は通信中ランプが点滅します。
31
ファクス
回転送信について
A4 原稿を「←
」方向へセットしたとき、読み取った画像を 90°回転し送信して、相手の A4
用紙に等倍送信します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
システム登録を選ぶ
2
回転送信の設定を選ぶ
078 回転送信
設定:1
1.なし 2.あり
うすく■■■□□こく
3
ふつう
回転送信を有効にする
4
を押す
■ 回転送信をしない場合
A4 原稿
相手:A4 用紙
70% に縮小して送信
■ 回転送信を有効にした場合
A4 原稿
相手:A4 用紙
90°自動回転して送信
お知らせ
32
● 回転送信は、メモリー送信(メモリー(F 1)ランプが点灯)のときにご利
用できます。ダイレクト送信(メモリー(F 1)ランプが消灯)では、回転
送信はおこないません。
● お買い上げ時の設定では、システム登録の「078 回転送信」は“あり”に
なっています。
ファクス
メモリーがいっぱいになると
システム登録の「082 クイックメモリー送信」
( 130 ページ)の設定が“あり”で宛先数が1
つの場合、メモリーがいっぱいになると、蓄積された部分までを自動的に送信します。メモリーに
蓄積されたページの送信終了後、残りの原稿を送信し直してください。また、設定が“なし”のと
きまたは、設定が”あり”で宛先数が複数な場合にメモリーがいっぱいになった場合は、次のどち
らかの操作をしてください。
● 1 :中止で動作を中止し、メモリーの内容の消去を行います。再度すべての原稿を「ダイレクト
送信」してください。
● 2 :実行で、完全に蓄積されたページまでを送信します。残りの原稿を送信し直してください。
1
アラームが鳴る
うすく■■■□□こく
2
または
お知らせ
フ
ァ
ク
ス
メモリーがー杯になりました
送信しますか
1:中止 2:実行
ふつう
を押す
●1 ページ目でメモリーがいっぱいになったときは、
送信することはできません。
ダイレクト送信( 28ページ)
してください。
● 取り消しの選択画面が表示されてから、約 1 分、何も操作しないと、自動的
にメモリーの内容が宛先に送信されます。
● システム登録の「082 クイックメモリー送信」
( 130ページ)の設定が“な
し”のとき、
宛先数が1 つで複数枚メモリー送信する場合、
メモリー使用量が70
%を超えた場合は、自動的にダイレクト送信に切り替わって送信します。
通信結果レポート
送信やポーリング受信などをしたとき、宛先や通信結果をレポートにしてプリントできます。
● システム登録の「012 通信結果レポート」を設定すれば、レポートのプリント方法を選択でき
ます。
( 128 ページ)
● お買い上げ時は、通信エラーのときだけレポートをプリントします。
発信元情報について
ファクスを送信したとき、発信元に登録( 139 ページ)された会社名や部署名を通信時刻など
と一緒に相手の用紙の先端にプリントできます。
相手用紙のプリント例
33
ファクス
一度にたくさんの相手に送る(順次同報送信)
原稿ガイド
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
( 23 ページ)
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
3
うすく■■■□□こく
2
メモリーランプ
3
00%
ふつう
複数の宛先を選ぶ
・ 複数宛先の指定のしかた。
( 35 ページ)
を押す
・原稿読取が開始されます。
お知らせ
34
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してください。
ファクス
複数宛先の指定のしかた
宛先は直接ダイヤルで 30ヵ所、短縮ダイヤルで 100ヵ所、ワンタッチボタンで 60ヵ所の計
190ヵ所まで指定できます。
● 直接ダイヤルで選ぶ→ 宛先の電話番号 +
● 短縮ダイヤルで選ぶ→
→次の宛先を選べる
+ 指定する短縮番号 →次の宛先を選べる
フ
ァ
ク
ス
● ワンタッチボタンで選ぶ
→指定するワンタッチボタンを押す→次の宛先を選べる
例:「0334919191」
「ワンタッチボタン01」
「短縮ダイヤル01」を指定する。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
ダイヤルを指定する
メモリー送信
宛先 数:000
0334919191A
うすく■■■□□こく
3
メモリー送信
宛 先数:001
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
を押す
4
を押す
5
うすく■■■□□こく
ふつう
メモリー送信
東京本社
ワンタッチ:01
宛先数:002
うすく■■■□□こく
ふつう
メモリー送信
宛 先数:003
松下電送システム
短縮:01 (2桁)
を押す
うすく■■■□□こく
6
ふつう
メモリー送信
宛先数:003
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
を押す
うすく■■■□□こく
7
ふつう
ふつう
を押す
● 複数宛先指定の途中で または ボタンを押すと、指定した宛先の確認が
できます。
▲
▼
お知らせ
▲
▼
原稿を読み取り、送信が開始されます。
● 間違った宛先を指定したときは、 または ボタンで宛先を表示させてか
ら
を押してください。
35
ファクス
ファクスを受ける
■ 受信モードを選ぶ
ファクスの受信をするとき、
を押し
て、受信のしかたを切り替えます。
1
2
3
受信モード選択ボタン
ファクス専用(
37 ページ)
・電話がかかってくると、自動的にファク
ス受信します。
手動受信(
37 ページ)
・電話がかかってくると、呼出音が鳴りま
す。受信操作をして受信します。
ファクス/電話自動切替
(F/T 切替)
( 38 ページ)
・電話がかかってくると、一度電話を受け
てから、相手がファクスか電話を自動的
に判断して切り替えます。
4
留守録接続(
・接続した留守番電話機が電話を受けたあ
と、相手がファクスの場合には自動的に
受信します。
1月15日(火) 17:15
00%
通信ができます
留守録接続
うすく■■■□□こく
ふつう
1月15日(火) 17:15
00%
通信ができます
FAX専用
うすく■■■□□こく
1月15日(火) 17:15
00%
通信ができます
F/T切替
うすく■■■□□こく
お知らせ
36
● A4
ふつう
40 ページ)
ふつう
1月15日(火) 17:15
00%
通信ができます
手動受信
うすく■■■□□こく
ふつう
の用紙をセットしているときに A4 原稿を受信した場合、お買い上げ時の
設定では、自動的に回転させてプリントします。
ファクス
■ ファクス専用のときファクスを受ける
相手がファクスを送ってくると、自動的に受信を始めます。
を押して、FAX 専用を表示させる
1
相手がファクスを送ってくると、
つながる
フ
ァ
ク
ス
・通信中ランプが点灯します。
2
自動的に受信が始まる
受信モード選択ボタン
■ 手動受信する
本機にオプションのハンドセットユニットを接続してお使いになっている場合、接続した受話器で話
をしたあとファクスの受信ができます。
を押して、手動受信を表示させる
受信モード
選択ボタン
受話器
(オプション)
スタートボタン
お知らせ
1
2
3
4
呼出音が鳴ったら受話器を上げる
相手と話をする(★)
原稿をセットしないで
す
を押
受話器を戻す(★★)
★ 受話器を上げたときに何も聞こえない場合は、手順3の操作をして受信に切り
替えてください。
★★
を押すまえに受話器を戻すと、電話が切れます。
● オプションのハンドセットをお使いになるときは、システム登録の「075 OP
ハンドセット」の設定を“あり”にしてください。( 130 ページ)
● ファクスの受信を始めるまえの呼出音の回数は、システム登録の「021 着信
呼出回数」で設定してください。( 129 ページ)
37
ファクス
■ ファクス/電話自動切替のときファクスを受ける
一度電話を受けてから、相手がファクスか電話かを自動的に判断して切り替えます。
を押して、F/T 切替を表示させる
1
相手がファクスを送ってくると、
つながる
・通信中ランプが点灯します。
2
自動的に受信が始まる
受信モード選択ボタン
お知らせ
38
● 相手が電話または手動送信のファクスのとき
→電話のときは呼出音が鳴ります。受話器を上げてお話しください。
→手動送信のファクスのときは、受話器を上げて
を押してください。
外部電話機で受けた場合は、
リモート受信の操作をしてください。
( 44ページ)
● ファクスの受信を始めるまえの呼出音の回数は、
システム登録の
「021 着信呼出回
数」で設定してください。
( 129 ページ)
ファクス
ファクス/電話自動切替に
セットしているとき、
電話がかかってくると
相手
本機
*1
「プルルル…
プルルル…」
*3
*1
「プルルル…
プルルル…」
*2
プルルル…プルルル…(約 9 回)
ただいま、呼び
出しております。
プルルル…
プルルル…
*2
呼び出しましたが近く
におりません。ファク
シミリの方は送信して
ください。
ピーヒョロロ…
(約 39 秒)
フ
ァ
ク
ス
約 39 秒間
ファクスを待っ
ている
受話器を取るとお話しできます。
外部電話機
お買いあげ時は
鳴りません。
ここから電話料金がかかります。
▲
▼
*1「021 着信呼出回数」
( 129ページ
「システム登録」
)
「ただいま呼び出しております」
が聞こえるまえに呼出音を鳴らすことができます。
呼出回数を設定すると、相手が自動送信のファクスでも呼出音が鳴ります。
*2 「018 F/Tベル回数」
( 129ページ
「システム登録」
)
ファクスの呼出音を鳴らす回数です。設定により呼出回数を変更することができます。
変更す
ると、
相手に流す
「プルルル…」音の回数も変わります。
*3 「072 音声応答」
( 130ページ
「システム登録」
)
設定により、
相手に音声応答を流さないで、
呼出音だけを流すことができます。
● 呼出音の音量は、
キーで音量を調節してください。
ディスプレイ上に音量レベルが表示さ
れます。
( 47ページ)
39
ファクス
■ 留守録接続のときファクスを受ける
接続した留守番電話機が電話を受けたあと、相手がファクスの場合には自動的に受信します。
を押して、留守録接続を表示させる
1
相手がファクスを送ってくると、
呼出音が鳴る
・外付けの留守番電話機で設定されている
回数だけ、呼出音を鳴らします。
・受信が始まるまで、留守番電話機に録音
されている応答メッセージを流します。
受信モード選択ボタン
2
お知らせ
40
自動的に受信が始まる
● 相手が電話または手動送信のファクスのとき
→ 電話のときは、呼出音のあと相手に外付けの留守番電話機の応答メッセージを
返し、用件を録音します。
→ 手動送信のファクスのときは、外付けの留守番電話機に切り替わったあと、相
手が送信してくると受信を始めます。
●“留守録接続”
にセットするときは、
必ず外付けの留守番電話機を接続してください。
●“留守録接続”
にセットしたときは、
外付けの留守番電話機も必ず留守セットしてく
ださい。
( 41 ページ)
● 留守番電話機の呼出回数は10回以上にしないでください。自動送信のファクスを
受信できなくなることがあります。
● 留守番電話機の録音テープやメモリーの残りが少ない、
またはいっぱいになってい
るときは、ファクスの受信ができなくなります。
( 41 ページ)
ファクス
■ 留守番電話機の設定
お持ちの留守番電話機に応答メッセージを録音し、留守セットします。
1
2
留守番電話機に応答メッセージ
(60 秒以内)を録音する
留守セットする
フ
ァ
ク
ス
・留守番電話機の取扱説明書に従って、留
守セットしてください。
留守番電話機を
接続したときのご注意
●用件件数について
ファクス送信音「ポー…ポー…ポー…」が用件
1件分として録音される
用件1件分に何も録音されていないことがある
・自動送信のファクスの場合、用件にファクス
送信音が録音されることがあります。
・ 相手が手動送信のファクスの場合、用件に無
音が録音されることがあります。
●録音テープの残りが少なくなってきているとき
ファクスの受信ができない。
●留守番電話機を“応答専用”にしているとき
ファクスの受信ができない。
・ 留守番電話機が動き出してからの時間が少
・ 留守番電話機の応答メッセージを返してすぐ
ないため、受信に切り替わらないことがあり
に電話が切れます。ファクスの受信もしたいと
ます。録音テープを巻き戻してください。
きは“応答専用”にセットしないでください。
● 用件録音中のとき
用件録音中にファクスの受信に切り替わる。
●留守番電話機の機能について
留守番電話機の自動発信機能(転送機能、ポケ
ットベル呼出機能、予約発信機能など)は使え
なくなります。
・ 録音中に無音(約6秒)が続くと、ファクス
の受信に切り替わります。
41
ファクス
メモリー代行受信
用紙がなくなったなどでプリントできなくなっても、メモリーが代わりに受信します。
1
2
3
用紙がなくなるとメモリーが代わりに受信する
受信が終わる
用紙を補給する
・プリント開始。
お知らせ
● メモリーには制限があります。用紙は早めに補充してください。
( コピー
編を参照ください)
● システム登録の「066 代行出力」の設定が“あり”になっているときは、適
正サイズの用紙が無くなると、
他のカセットにセットされている用紙に記録
します。( 130 ページ)
● メモリーには A4 標準原稿(A4 サイズ 700 字程度の原稿)で約 120 枚まで
受信できます。
2 in 1 受信
相手の方が、セットされている用紙の2分の1以下のサイズの原稿を送ってきた場合に、2枚の原
稿を合成して1枚の用紙にプリントすることができます。A5 横、B5 横サイズなど、小さいサイ
ズの原稿を受信するときに、用紙を節約することができます。
ただし、受信原稿のサイズと同じサイズの用紙がセットされているときは、同じサイズの用紙にプ
リントし、2 in 1 受信はしません。
A5サイズを
2枚送信
お知らせ
42
● システム登録の「067 受信 2 in 1 機能」の設定が“なし”になっていると
きは、2 in 1 受信できません。( 130 ページ)
ファクス
代行出力
本機は相手が送ってきた原稿に合わせて、受信した原稿を最適なサイズの用紙でプリントします。
代行出力の設定をしておけば、プリントの途中で用紙がなくなっても他のカセットにセットされて
いる用紙を使って、受信した原稿をプリントできます。
フ
ァ
ク
ス
B5サイズの
用紙切れ
B5サイズを送信
A4サイズで出力
お知らせ
● 他の用紙にはプリントしたくないときは、システム登録の「066 代行出力」
の設定を“なし”にしておいてください。( 130 ページ)
マルチプリント受信
受信したときに、あらかじめ設定した部数だけプリントすることができます。
お知らせ
● マルチプリント受信をするには、システム登録の「101 マルチプリント部
数」の設定が必要です( 130 ページ)。
● ワンタッチダイヤル、
短縮ダイヤルに登録してある宛先からマルチプリント
受信を設定するには、次の設定が必要です。
・特殊通信機能の登録で
「マルチプリント部数」
を指定する。
( 104ページ)
・送信側(相手機)での自局情報の登録をする。
43
ファクス
リモート受信
システム登録の「047 リモート受信」の設定を“あり”にすると、外部電話機で話をした後、外
部電話機からの操作で受信に切り替えることができます。( 129ページ)
1
2
外部電話機の受話器を上げ、相手と話をする
ファクスの受信に切り替える
・プッシュホン式回線をお使いの場合: (2秒以内に押す)
・回転ダイヤル式回線をお使いの場合: (5秒以内にダイヤルする)
3
受話器を戻す
お知らせ
44
● 外部電話機から、電話をかけたときは、リモート受信できません。
●手順 1 でファクス送信音「ポー・・ポー・・」が聞こえた場合、相手は自動
送信のファクスです。手順 2 の操作をしてください。
電 話
電 話
電話の使いかた(オプション)
■ 電話をかける
1
受話器を上げる
・「ツー」が聞こえる。
・《通信中》ランプが点灯する
1月15日(火) 17:15
受話器が上がっています
うすく■■■□□こく
2
ふつう
宛先を指定する
・
・ダイヤルのしかた(
うすく■■■□□こく
お知らせ
電
話
24 ページ)
1月15日(火) 17:15
ダイヤルしています
0334919191
3
4
00%
00%
ふつう
話をする
受話器を戻す
● オプションのハンドセットをお使いになるときは、システム登録の「075 OP ハ
ンドセット」の設定を“あり”にしてください。( 130 ページ)
● 宛先を間違えたときは、受話器を戻して、手順 1 からやり直します。
● 手順 2でワンタッチダイヤルを使用したとき、
「ピピピ」と鳴ったときは、グルー
プダイヤル( 108 ページ)として登録されているかまたはプログラムダイヤ
ルとして登録されているワンタッチダイヤルを選んでいます。電話をかけること
はできません。
●
を押すと、受話器を上げないでダイヤルできます。電話がつながったら、受話
器を上げてお話しください。
45
電 話
音量の設定のしかた
■ モニター音量の設定
を押したときなどに聞こえるスピーカー音の大きさを調整できます。
1
を押す
1月15日(火) 17:15
ダイヤルしてください
2
ふつう
▲
▼
うすく■■■□□こく
00%
または を押す
・現在、設定されているモニター音量が表
示されます。
1月15日(火) 17:15
00%
モニター音量
小[■■■ ]大
または を押して、モニター
音量を調整する
▲ ▼
3
ふつう
▲
▼
うすく■■■□□こく
▲
・ :モニター音が大きくなります。
・ :モニター音が小さくなります。
・音量は 8 段階まで調整できます。
・ を押して、
“■”表示を消すと、モニター
音は聞こえなくなります。
1月15日(火) 17:15
00%
モニター音量
小[ ]大
うすく■■■□□こく
4
を押す
1月15日(火) 17:15
通信ができます
うすく■■■□□こく
46
ふつう
00%
ふつう
電 話
■ 呼出音量の設定
ランプ点灯状態で
・現在、設定されている呼出音量が表示さ
れ、1 秒間、呼出音が鳴ります。
▲
▼
2
または を押す
または を押して、呼出音を調
整する
▲
・テスト用の呼出音を聞きながら、お好みの
大きさに調整します。
・ :呼出音が大きくなります。
・ :呼出音が小さくなります。
・呼出音はオフ、小、大の3段階調整ができ
ます。
▲
1
▲
▼
・消灯しているときは、押して点灯させる。
47
電
話
便利な機能の使い方
便利な機能の使い方
ポーリング通信
ポーリングパスワードが一致すると、ポーリング送信側にセットしている原稿をポーリング受信側の
操作で取り出すことができます。このとき、通信費はポーリング受信側の負担となります。
● ポーリング通信は機種が限定されます。詳しくは、お買い上げの販売店または、サービス実施会社
にお問い合わせください。
■ ポーリング送信
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
を押す
ポーリング (1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
3
を押す
ポーリング送信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
うすく■■■□□こく
4
5
ふつう
ふつう
パスワード(4桁)を入れる
を押す
・原稿読取開始。
6
相手からのポーリング受信の操作で、送信開始
・送信が終わると、メモリーの内容は消去されます。
お知らせ
● ポーリング送信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● ポーリング送信は、最大 10 件まで指定できます。
● ポーリング送信を解除するときは、「通信予約の消去」をしてください。(
84
ページ)。
● ワンタッチ、機能ボタンにポーリング送信の操作をファンクション登録しておけ
ば、登録ボタンを押したあと、手順4からの操作をするだけでポーリング送信を指
定できます。
● 原稿読取中にメモリーがいっぱいになったときは、
ポーリング送信の登録はできま
48
せん。
便利な機能の使い方
掲示板の使いかた
システム登録の「027 ポーリング送信保存」の設
定を“あり”にしておけば( 129 ページ)ポー
リング送信をしてもメモリーに読み込んだ原稿は消
去されません。同じ原稿を複数の相手にポーリング
送信(掲示板送信)したいときにお使いください。
● 掲示板送信を選んだとき、メモリーに読み込ん
だ原稿を消去したいときは、
( 84ページ)
「通
信予約の消去」の操作をしてください。
相手を限定しないで
ポーリング送信をする
ポーリングパスワードを入れないでセットすれば、
当社機以外のファクスやパスワードを使ってい
ない相手にもポーリング送信できます。
ランプ点灯状態で
使便
い利
方な
機
能
の
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
を押す
ポーリング (1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
3
を押す
ポーリング送信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
うすく■■■□□こく
4
ふつう
ふつう
を押す
・原稿読取が開始されます。
● システム登録の「026 ポーリング用暗証番号の登録」をしている場合は、手順3のあとクリ
アーボタンを押してから、スタートボタンを押してください。
49
便利な機能の使い方
■ ポーリング受信
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ポーリング (1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
2
を押す
ポーリング受信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
うすく■■■□□こく
3
4
パスワード(4桁)を入れる
5
宛先を指定する
を押す
ふつう
ふつう
ポーリング受信
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
ふつう
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
6
35 ページ)
を押す
・宛先にダイヤルし、ポーリング受信を始めます。
お知らせ
50
● ポーリング受信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンにポーリング受信の操作と宛先をプログラム登録しておけば、
ワ
ンタッチボタンを押すだけでポーリング受信ができます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、
機能登録ボタンにポーリング受信の操作をファンクション登録してお
けば、登録ボタンを押したあと、手順3からの操作をするだけでポーリング受信が
できます。( 113 ページ)
便利な機能の使い方
■ リバースポーリング通信
相手に原稿を送信してから、相手にセットされているポーリング送信の原稿を受信します。
リバースポーリング通信は、
機密保持のため、
送信側と受信側に設定されたポーリング通信用パスワー
ドを照合し、一致しないと受信できません。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
2
ポーリング
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
3
4
ふつう
(1−3)
ふつう
を押す
・システム登録の「026 ポーリング用暗証番号の登
録」をすでに行っているときは、登録内容が表示さ
れます。パスワードを変更しない場合は、手順 5 へ
進んでください。
リバースポーリング
パスワードを指定してください
(4桁)
■■■■
うすく■■■□□こく
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
パスワード(4桁)を入れる
リバースポーリング
パスワードを指定してください
1234
(4桁)
例:パスワード「1234」を指定
うすく■■■□□こく
・テンキーボタンで 4 桁のパスワードを指定します。
5
ふつう
リバースポーリング 宛先数:000
宛先を指定してください
を押す
うすく■■■□□こく
6
00%
ふつう
宛先を指定する
・
・リバースポーリング通信がセットされます。
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定
のしかた」
( 35 ページ)
・
リバースポーリング 宛 先数:001
松下電送システム
短縮:01 (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
51
便利な機能の使い方
7
・原稿読取開始
を押す
リバースポーリング通信が始まる
リバースポーリング 受付No.001
蓄積頁:01 01%
松下電送システム
うすく■■■□□こく
ふつう
・宛先に送信を始めます。
・送信が終わるとパスワードを照合し、一致したら ▼
ポーリング受信を始めます。
受付No.001で受け付けました
蓄積頁:03 03%
松下電送システム
うすく■■■□□こく
お知らせ
ふつう
● リバースポーリング通信では、通信料金はポーリング受信側が負担します。
● リバースポーリング通信は、相手機種が限定されます。詳しくは、お買い上げの販
売店または、サービス実施会社にお問い合わせください。
● リバースポーリング通信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● G4 通信(オプションの G4 通信ユニット経由)でのリバースポーリング通信は利
用できません。
52
便利な機能の使い方
タイマー通信
タイマー送信とタイマーポーリング受信、タイマー特殊通信他、通信予約を合わせて 30 タイマーま
で指定できます。
■ タイマー送信
あらかじめ指定した時刻に自動的に原稿を送信します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
を押す
タイマー通信
(1−3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
3
を押し、
を押す
メモリー送信
予約時刻を指定してください
_ :
うすく■■■□□こく
4
5
使便
い利
方な
機
能
の
・ 時刻は 24 時間制で入れます。
を押す
メモリー送信
宛先数:000
宛先を指定してください
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
7
ふつう
送信時刻を入れる
うすく■■■□□こく
6
ふつう
35 ページ)
を押す
・タイマー送信がセットされます。
53
便利な機能の使い方
■ タイマーポーリング受信
あらかじめ指定した時刻に自動的にポーリング受信を始めます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
タイマー通信
(1−3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
2
を押し、
を押す
ポーリング受信
予約時刻を指定してください
_ :
うすく■■■□□こく
3
4
5
6
7
8
ふつう
受信時刻を入れる
・ 時刻は 24 時間制で入れます。
を押す
ポーリング受信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
パスワード(4桁)を入れる
を押す
ポーリング受信
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
を押す
・タイマーポーリング受信がセットされます。
お知らせ
54
ふつう
● タイマー送信/タイマーポーリング受信の指定を途中でやめるときは、 を押して
ください。
● すでに 30 件のタイマー通信を含む通信予約が予約されていると、これ以上タイ
マー通信をセットすることはできません。
現在予約されているタイマー通信または
他の通信予約を解除( 83ページ)するか、通信が終わってからセットし直して
ください。
● ワンタッチボタンにタイマー送信やタイマーポーリング受信の操作と宛先をプログ
ラム登録しておけば、ワンタッチボタンを押すだけで通信を指定できます。
( 111 ページ)
● ワンタッチ、
機能ボタンにタイマー送信やタイマーポーリング受信の操作をファン
クション登録しておけば、
登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指
定できます。
( 113 ページ)
便利な機能の使い方
■ タイマー特殊通信
本機でご利用になれる様々な通信を、通信時刻を指定してお使いになれます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
タイマー通信
(1−3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押し、
特殊通信
予約時刻を指定してください
_ :
を押す
うすく■■■□□こく
3
4
ふつう
通信時刻を入れる
・ 時刻は 24 時間制で入れます。
特殊通信
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
5
6
ふつう
∼
または、
(1−5)
ふつう
使便
い利
方な
機
能
の
を押して通信を選ぶ
・下記「特殊通信一覧表」を参照して選びます。
通信を指定する
特殊通信一覧表
ダイヤルボタン
特殊通信の種類
中継同報指示
ファイル送信
Fコード通信
マルチコピー通信
お知らせ
Fコード送信
Fコード取り出し
参照ページ
57 ページ
58 ページ
61 ページ
63 ページ
65 ページ
● タイマー特殊通信の指定を途中でやめるときは、 を押してください。
● すでに30件のタイマー通信を含む通信予約が予約されていると、
タイマー特殊通信
をセットすることはできません。現在予約されているタイマー通信または他の通信
予約を解除( 83ページ)するか、通信が終わってからセットし直してください。
● ワンタッチボタンにタイマー特殊通信の操作と宛先をプログラム登録しておけば、
ワンタッチボタンを押すだけで通信を指定できます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、機能ボタンにタイマー特殊通信の操作をファンクション登録してお
けば、登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。
( 113 ページ)
55
便利な機能の使い方
中継通信
■ 中継通信について
メモリー機能を持つ中継局を使って、次のような中継通信を指定することができます。
● 中継通信をする場合は、本機を含むネットワークを構成する必要があります。
● 中継ネットワークを構成する場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わ
せください。
中継同報指示について
遠距離にある複数の宛先へファクスを送りたいとき、中継局に送信すれば、中継局は指定された宛
先へ順次送信します。
例:東京から、大阪の中継局を経由して京都、神戸、奈良へ送信します。
① 東京から大阪の中継局に中継指示します。
●原稿は、大阪の中継局のメモリーにいったん蓄積されます。
② 大阪の中継局は、東京から指示された京都、神戸、奈良へ順次送信します。
●東京から、それぞれの宛先へ送信する手間が省け、トータルの通信料金も削減できます。
56
便利な機能の使い方
中継同報指示
メモリー機能を持った中継局を中心に中継ネットワークを組んで、
遠方にある複数の宛先へ一度にファ
クスを送信できます。
中継同報送信をする前に
● 本機の登録モードの「中継情報の登録」に中継情報を登録する。( 117 ページ)
● システム登録の「104 短縮ダイヤル情報」を“あり”にして、短縮ダイヤルやワンタッチダイヤ
ルに中継情報を登録できるようにする。( 130 ページ)
● 中継局の電話番号と中継情報を、本機の短縮ダイヤルやワンタッチダイヤルに登録する。
( 99 ページ)
● 中継同報送信をする相手の電話番号と中継情報を、本機の短縮ダイヤルやワンタッチダイヤル
に登録する。( 99 ページ)
● 中継ネットワークを構成する場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い
合わせください。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
を押す
うすく■■■□□こく
3
を押し、
を押す
ふつう
中継同報指示
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
4
使便
い利
方な
機
能
の
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
ふつう
宛先を指定する
・
・直接ダイヤルを除く最大 160 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
5
35 ページ)
を押す
・中継局へダイヤルし、送信を開始します。
お知らせ
● 中継同報送信を途中でやめるときは、 を押してください。
● ワンタッチボタンに中継同報指示の操作と宛先をプログラム登録しておけば、
ワン
タッチボタンを押すだけで通信を指定できます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、機能ボタンに中継同報指示の操作をファンクション登録しておけば、
登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。( 113
ページ)
57
便利な機能の使い方
ファイル送信
会社までの地図など、頻繁に送る原稿を本機のメモリーに蓄積して何度でも送ることができます。
ファイル送信をお使いになれば、いちいち送信原稿をセットする手間が省けます。
■ ファイル蓄積
ファイル送信する原稿を本機のメモリーに蓄積します。メモリーに蓄積できるファイルは、1 ファイ
ルのみです。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
原稿をセットする
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
を押す
ファイル蓄積
蓄積頁:01
受付No.001
04%
・ 原稿読込開始。
うすく■■■□□こく
お知らせ
58
ふつう
ふつう
● ファイル蓄積を途中でやめるときは、 を押してください。
● メモリーには A4 標準原稿で 120 枚まで読み込めます。
● すでに蓄積されているファイルがあるときは、
ファイル蓄積をすることはできませ
ん。蓄積されているファイルを消去( 60 ページ)して、手順1からの操作をし
てください。
● ワンタッチ、機能ボタンにファイル蓄積の操作をファンクション登録しておけば、
登録ボタンを押すだけでファイル蓄積ができます。( 113 ページ)
● 原稿読取中にメモリーがいっぱいになったときは、ファイル送信の蓄積はできません。
便利な機能の使い方
■ ファイル送信
ファイル蓄積した内容を送信します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押す
ファイル送信
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
3
ふつう
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
4
35 ページ)
を押す
使便
い利
方な
機
能
の
・宛先にダイヤルし、ファイル送信を始めます。
お知らせ
● ファイル送信を途中でやめるときは、 を押してください。
● ファイル送信をしても、メモリーに蓄積されている内容は消去されません。
● ワンタッチボタンにファイル送信の操作と宛先をプログラム登録しておけば、
ワン
タッチボタンを押すだけで通信を指定できます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、機能ボタンにファイル送信の操作をファンクション登録しておけば、
登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。( 113
ページ)
59
便利な機能の使い方
■ ファイル消去
ファイル蓄積した内容を消去します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押す
ファイル消去されました
うすく■■■□□こく
お知らせ
● ファイル消去を途中でやめるときは、
ふつう
ふつう
を押してください。
■ ファイルプリント
ファイル蓄積した内容をプリントして確認できます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押す
ファイルプリント
プリントしています
うすく■■■□□こく
お知らせ
60
ふつう
ふつう
● ファイルプリントを途中でやめるときは、 を押してください。
● ワンタッチ、
機能ボタンにファイルプリントの操作をファンクション登録しておけ
ば、登録ボタンを押すだけでプリントできます。( 113 ページ)
● ファイルプリントしても、メモリーに蓄積した文書は消去されません。
便利な機能の使い方
F コード通信
当社機以外のファクスをお使いの相手とも、サブアドレスやパスワードを使って機密事項を保持した
通信をすることができます。
● Fコード通信は、ITU‐T の T30(SUB、SEP、PWD)機能を持っているファクスであれば、相
手機種を限定しないで F コード通信ができます。
● F コード通信をするには、メモリー機能を持つ F コードセンター機が必要になります。
■ F コード送信
F コード送信は、F コードセンター機に開設されているボックスの番号をサブアドレス番号で指定し、
機密保持のためパスワードを使ってボックスに文書を送ります。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
3
を押す
を押す
Fコード送信
パスワードを指定してください
ふつう
ボックスのパスワード(最大 20 桁)を入れる
を押す
Fコード送信
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
8
ふつう
送信するボックスのサブアドレス(最大 20 桁)を入れる
うすく■■■□□こく
6
7
使便
い利
方な
機
能
の
Fコード送信
サブアドレスを指定してください
うすく■■■□□こく
4
5
ふつう
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
61
便利な機能の使い方
9
を押す
・F コードセンターへダイヤルし、送信を始めます。
お知らせ
● Fコード送信を途中でやめるときは、 を押してください。
● ワンタッチボタンにFコード送信の操作と宛先を登録しておけば、
ワンタッチボタ
ンを押すだけで通信を指定できます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、機能ボタンにFコード送信の操作をファンクション登録しておけば、
登録ボタンを押したあとにサブアドレス、
パスワードおよび宛先を入れるだけで通
信を指定できます。
( 113 ページ)
■ F コード掲示板登録の指定
あらかじめ掲示板ボックスを開設して、ボックスに文章を登録することができます。
(
123ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
原稿をセットする
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
3
を押す
Fコード掲示板登録
ボックスNo.を指定してください
(2桁)
うすく■■■□□こく
4
5
ふつう
ボックス No.(2桁)を指定する
・間違えたときは
を押し、再度指定します。
を押す
・掲示板登録がセットされます。
お知らせ
62
ふつう
● 掲示板登録の指定を途中でやめるときは、 を押してください。
● 掲示板登録の指定の手順5で開設していないボックスNo.や、
掲示板ボックスとし
て開設されていないボックス No. は指定できません。
● 原稿読取中にメモリーがいっぱいになったときは、掲示板登録の指定はできませ
ん。
便利な機能の使い方
■ F コード取り出し
F コードセンター機に開設されているボックス番号をサブアドレス番号で指定し、ボックスに保存さ
れている文書を取り出します。
● F コード取り出しでは、F コード取り出し側が通信料金を負担します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押す
Fコード取り出し
サブアドレスを指定してください
うすく■■■□□こく
3
4
を押す
Fコード取り出し
パスワードを指定してください
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
ボックスのパスワード(最大 20 桁)を入れる
を押す
Fコード取り出し
宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
7
8
ふつう
文書の取り出しをするボックスのサブアドレス(最大 20 桁)を入れる
うすく■■■□□こく
5
6
ふつう
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
を押す
・F コードセンターへダイヤルし、保存されている文書の取り出しを始めます。
お知らせ
● Fコード取り出しを途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンにFコード取り出しの操作と宛先をプログラム登録しておけば、
ワンタッチボタンを押すだけで通信を指定できます。( 111 ページ)
● ワンタッチ、機能登録ボタンにFコード取り出しの操作をファンクション登録し
ておけば、登録ボタンを押したあとにサブアドレス、パスワードおよび宛先を入
れるだけで通信を指定できます。( 113 ページ)
63
便利な機能の使い方
■ F コード親展プリント
親展ボックスに登録された文書を引き出すことができます。(
119 ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
特殊通信
(1−5)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
を押す
Fコード親展プリント
ボックスNo.を指定してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
3
4
・間違えたときは
を押し、再度指定します。
Fコード親展プリント
暗証番号を指定してください
_ (4桁)
を押す
ふつう
暗証番号(4桁)を指定する
・間違えたときは
を押し、再度指定します。
を押す
・F コード親展プリントの出力がセットされます。
・暗証番号が一致すると、
指定された親展ボックスに登録されている文書のプリントを始めます。
お知らせ
64
ふつう
ボックス No.(2桁)を指定する
うすく■■■□□こく
5
6
ふつう
● Fコード親展プリントを途中でやめるときは、
を押してください。
● Fコード親展プリントの手順4で開設していないボックスや、
親展ボックスとして
開設されていないボックス、
および文書が登録されていないボックスは指定できま
せん。
● 親展ボックスの暗証番号を忘れると、
登録されている文書の出力ができなくなりま
す。暗証番号は忘れないようにご注意ください。
●暗証番号を忘れた場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い
合わせください。
便利な機能の使い方
マルチコピー通信
宛先に送信するときは、受信側でプリントする部数を指定することができます。
● マルチコピー通信は、相手機種が限定されます。詳しくはお買い上げの販売店または、サービス実
施会社にお問い合わせください。
● マルチコピー通信を指定できるのは、マルチコピー通信機能を持つ相手に限ります。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
2
を押す
3
・プリント部数を指定します(最大 99 部)。
・間違えたときはを
4
押し、再度指定します。
を押す
ふつう
マルチコピー通信
部数を指定してください
02 (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
使便
い利
方な
機
能
の
マルチコピー通信 宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
5
ふつう
マルチコピー通信
部数を指定してください
01 (2桁)
うすく■■■□□こく
受信側でプリントする部数(2 桁)を指定する
00%
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
6
35 ページ)
を押す
・マルチコピー通信を開始します。
お知らせ
● マルチコピー通信の指定を途中でやめるときは、 を押します。
● 短縮ダイヤルを登録するときに、マルチコピー通信部数を指定することができま
す。( 104 ページ)
● マルチコピー通信部数が登録されているダイヤルを選択したときは、
手順3でプリ
ント部数を入力する必要はありません。
65
便利な機能の使い方
OMR 通信
機能や宛先をマークした OMR シート(別売品)を原稿に重ねてセット(最初のページに)すれば、複
雑な通信を簡単な操作でご利用できます。
OMR 通信を指定できる宛先は、OMR 解読機能を持つ相手に限ります。詳しくはお買い上げの販売店
または、サービス実施会社にお問い合わせください。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
OMR シートを原稿の一番最初のページに
セットする
うすく■■■□□こく
2
うすく■■■□□こく
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
を押す
・OMR 通信を開始します。
66
● OMR 通信を途中でやめるときは、
ふつう
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
を押す
お知らせ
ふつう
1:オフ 2:オン
うすく■■■□□こく
5
00%
OMR通信 設定:1
を押す
3
4
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
を押します。
35 ページ)
00%
ふつう
便利な機能の使い方
パスワード通信
■ パスワード通信について
通信するときに、送信側と受信側に登録されているパスワードを照合します。パスワードを照合し、
一致する相手とだけ通信するので、機密性の高い通信が確保できます。また、送信と受信を個別に制
限できるので、相手に合わせた設定ができます。
● あらかじめ「パスワード送信」の設定( 69 ページ)と「パスワード受信」の設定( 71 ペー
ジ)が必要です。
■ システム登録について
設定状況
パスワード送信 送信パスワードの登録なし
・ パスワード通信しません。
送信用パスワードを登録し設定 ・ 通常のダイヤル操作ではパスワード送信しません。
を“なし”にする
・ パスワード操作するときは、送信前の操作が必要です。
( 69 ページ)
・ 相手がパスワード送信をしてくると、送信側と受信側に登録
されている送信パスワードを照合し、一致すると通信できま
す。
送信用パスワードを登録し設定 ・ 通常のダイヤル操作でパスワード送信が指定できます。
を“あり”にする
・ パスワード送信をしないときは、送信前の操作が必要です。
( 69 ページ)
・ 相手がパスワード送信をしてくると、送信側と受信側に登録
されている送信パスワードを照合し、一致すると通信できま
す。
パスワード受信 受信パスワードの登録なし
・ パスワード通信しません。
受信用パスワードを登録し設定 ・ 相手がパスワード受信を設定しているときは、
受信側と
を“なし”にする
送信側に登録されている受信パスワードを照合し、一致
すると通信できます。
・ そのほかは、通常の通信と同じです。
受信用パスワードを登録し設定 ・ 常にパスワード受信の状態になっています。
を“あり”にする
・ パスワード受信を設定している相手と受信パスワードを
照合し、一致すると通信できます。
67
使便
い利
方な
機
能
の
便利な機能の使い方
パスワード送信
⃝:送信出来ます
×:送信出来ません
B:設定なし
A:パスワード送信の設定
送信パスワード=1234
設定 = あり
C:パスワード送信の設定
送信パスワード=1234
設定="あり"または"なし"
D:パスワード送信の設定
送信パスワード=1111
設定="あり"または"なし"
パスワード送信は、送信側の設定が“あり”の場合、受信側に設定されている「送信パスワード」
を送信側でチェックし、一致した場合に送信します。
・送信側のパスワード送信の設定が“なし”の場合は、通常の送信と変わりありません。
・パスワード送信の設定“あり”または“なし”は、送信時のみに機能します。
パスワード受信
⃝:受信出来ます
×:受信出来ません
B:設定なし
C:パスワード受信の設定
受信パスワード=5678
設定="あり"または"なし"
A:パスワード受信の設定
受信パスワード=5678
設定 = あり
D:パスワード受信の設定
受信パスワード=9999
設定="あり"または"なし"
パスワード受信は、受信側の設定が“あり”の場合、送信側に設定されている「受信パスワード」
を受信側でチェックし、一致した場合に受信します。
・受信側のパスワード受信の設定が“なし”の場合は、通常の受信と変わりありません。
・パスワード受信の設定“あり”または“なし”は、受信時のみに機能します。
68
便利な機能の使い方
パスワード送信の設定
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
を押す
・登録モードを選択します。
を押す
・システム登録を選択します。
043 パスワード送信
パスワードを登録してください
_ (4桁)
を押す
・パスワード送信を選択します。
うすく■■■□□こく
パスワード送信用のパスワード(4 桁)を入れ、
を押す
・例:パスワード「1234」の場合、
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=1234
1.なし 2.あり
を押します。
・間違えたときは、
5
ふつう
を押して再度入力します。
使いかたに合わせて、
または
6
お知らせ
うすく■■■□□こく
(なし)
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=1234
1.なし 2.あり
(あり)を押す
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
● パスワード送信の設定を取り消すときは、手順5で
を押したあとに、
を押
します。
● システム登録の「043 パスワード送信」
(
129 ページ)の設定を“あり”にす
ると、ディスプレイに“パスワード送信設定中です”が点滅します。
● ディスプレイに“パスワード送信設定中です”が表示されているときは、通常の送
信ができなくなります。パスワード送信をしたくないときは、
「パスワード送信設
定の一時変更」( 73 ページ)を参照して操作してください。
● パスワード送信の設定および変更を途中でやめるときは、
を押します。
69
便利な機能の使い方
パスワード送信の変更
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
を押す
・登録モードを選択します。
を押す
・システム登録を選択します。
043 パスワード送信
パスワードを登録してください
1234 (4桁)
を押す
・パスワード送信を選択します。
うすく■■■□□こく
パスワードを変更するときは、
を4回押す
・現在設定されている内容が表示されています。
・パスワードを変更しないときは
を押し、手順 6 へ
進みます。
5
変更するパスワード(4 桁)を入れ、
・例:パスワード「4321」の場合、
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=4321
1.なし 2.あり
を押して再度入力します。
(なし)または
(あり)を押す
うすく■■■□□こく
お知らせ
ふつう
を押す
● 手順6で、
を押したあとに
を押すと、設定されていた内容がすべて消去
されます。
● パスワード送信の設定および変更を途中でやめるときは、
70
ふつう
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=4321
1.なし 2.あり
うすく■■■□□こく
7
ふつう
を押す
を押します。
6
043 パスワード送信
パスワードを登録してください
_ (4桁)
うすく■■■□□こく
・間違えたときは、
ふつう
を押します。
便利な機能の使い方
パスワード受信の設定
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
を押す
・登録モードを選択します。
を押す
・システム登録を選択します。
044 パスワード受信
パスワードを登録してください
_ (4桁)
を押す
・パスワード受信を選択します。
うすく■■■□□こく
パスワード受信用のパスワード(4 桁)を入れ、
を押す
・例:パスワード「5678」の場合、
044 パスワード受信 設定:1
パスワード=5678
1.なし 2.あり
を押します。
・間違えたときは、
5
ふつう
を押して再度入力します。
使いかたに合わせて、
または
うすく■■■□□こく
(なし)
044 パスワード受信 設定:1
パスワード=5678
1.なし 2.あり
(あり)を押す
うすく■■■□□こく
6
お知らせ
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
ふつう
を押す
● パスワード受信の設定を取り消すときは、手順5で
を押したあとに、
を押
します。
● システム登録の「044 パスワード受信」
(
129 ページ)の設定を“あり”にす
ると、ディスプレイに“パスワード受信設定中です”が点滅します。
● ディスプレイに“パスワード受信設定中です”が表示されているときは、通常の受
信ができなくなります。
● パスワード受信の設定および変更を途中でやめるときは、
を押します。
71
便利な機能の使い方
パスワード受信の変更
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
を押す
・登録モードを選択します。
を押す
・システム登録を選択します。
044 パスワード受信
パスワードを登録してください
5678 (4桁)
を押す
・パスワード受信を選択します。
うすく■■■□□こく
パスワードを変更するときは、
を4回押す
・現在設定されている内容が表示されています。
・パスワードを変更しないときは
を押し、手順 6 へ
変更するパスワード(4 桁)を入れ、
044 パスワード受信 設定:1
パスワード=8765
1.なし 2.あり
を押します。
・間違えたときは、
6
(なし)または
7
を押す
を押して再度入力します。
(あり)を押す
うすく■■■□□こく
を押したあとに
ふつう
を押すと、設定されていた内容がすべて消去
されます。
● パスワード受信の設定および変更を途中でやめるときは、
72
ふつう
044 パスワード受信 設定:1
パスワード=8765
1.なし 2.あり
うすく■■■□□こく
● 手順6で、
ふつう
を押す
・例:パスワード「8765」の場合、
お知らせ
044 パスワード受信
パスワードを登録してください
_ (4桁)
うすく■■■□□こく
進みます。
5
ふつう
を押します。
便利な機能の使い方
パスワード送信設定の一時変更
パスワード送信の一時解除・一時設定を行いたい場合、次の手順で1回の通信に限り、設定を変更で
きます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
・セレクトモードを選択します。
を押す
パスワード送信 設定:2
1.オフ 2.オン
・パスワード送信を選択します。
うすく■■■□□こく
3
または
を押し、
パスワードを入力する
・次の通信設定を選択します。
4
5
を押し、
パスワード送信
パスワードを指定してください
4321
うすく■■■□□こく
・
:1 回の通信に限りパスワード送信の設定を“オフ”にできます。
・
:1 回の通信に限りパスワード送信の設定を“オン”にできます。
ふつう
使便
い利
方な
機
能
の
を押す
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
6
ふつう
35 ページ)
を押す
・1回の通信に限りパスワード送信の設定を“なし”または“あり”にして通信を開始します。
73
便利な機能の使い方
セレクト通信
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されているダイヤル番号の下 4 桁と、相手から送られてき
た ID 番号の下 4 桁を照合し、一致したときだけ送信または、受信します。
■ セレクト送信
● あらかじめ、セレクト送信する宛先を登録しておいてください。(
● 相手の ID 番号には、電話番号を登録してもらってください。
98 ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
2
3
4
00%
ふつう
セレクト送信 設定:1
を押す
1.オフ 2.オン
・セレクト送信を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・セレクト送信がセットされます。
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
5
35 ページ)
を押す
・1回の通信に限りセレクト送信が開始されます。
・相手の数字 ID と、本機に登録されているダイヤル番号を照合し、一致したときだけ送信しま
す。
お知らせ
● システム登録の「045 セレクト送信」
(
常にセレクト送信の状態になります。
129 ページ)を“あり”にしておけば、
● セレクト送信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
● システム登録の「045 セレクト送信」
( 129ページ)を“あり”にすると、ディ
スプレイに“セレクト送信設定中です”が点滅します。
● セレクト送信を解除するときは、手順3で
74
を押します。
● 本機に相手のダイヤル番号を登録していないときは、送信できません。
● 相手がID番号を送ってこない場合(ID番号を登録していない、登録できないなど)
は、送信できません。
● 手動送信をしたときは、相手をセレクトしないで送信します。
便利な機能の使い方
■ セレクト受信
● あらかじめ、セレクト受信する宛先を登録しておいてください。(
● 相手の ID 番号には、電話番号を登録してもらってください。
98 ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
を押す
・登録モードを選択します。
を押す
・システム登録を選択します。
を押す
046 セレクト受信 設定:1
1.なし 2.あり
・セレクト受信を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
046 セレクト受信 設定:2
を押す
1.なし 2.あり
・“あり”を選択します。
5
うすく■■■□□こく
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
を押す
・セレクト受信が設定されます。
・受信が始まると、相手の数字 ID と、本機に登録されているダイヤル番号を照合し、一致したと
きだけ受信します。
お知らせ
● セレクト受信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
● システム登録の「046 セレクト受信」
( 129ページ)を“あり”にすると、ディ
スプレイに“セレクト受信設定中です”が点滅します。
● セレクト受信を解除するときは、手順 4 で
を押します。
● 本機に相手のダイヤル番号を登録していないときは、受信できません。
● 相手がID 番号を送ってこない場合(ID番号を登録していない、登録できないなど)
は、受信できません。
● 手動受信をしたときは、相手をセレクトしないで受信します。
75
便利な機能の使い方
優先通信
● 複数の通信予約をしているときに、至急に送りたい原稿を、現在行っている通信の次に割り込んで
予約できます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
2
を押す
4
1:オフ 2:オン
ふつう
を押す
・優先通信が指定されます。
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定
のしかた」
( 35 ページ)
5
を押す
・原稿の読取が開始されます。
お知らせ
76
ふつう
優先通信 設定:1
うすく■■■□□こく
3
00%
● 優先予約の指定を途中でやめるときは、
メモリー送信 宛先数:001
松下電送システム
短縮:01(2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
メモリー送信 受付No:001
蓄積頁:01 01%
松下電送システム
うすく■■■□□こく
を押します。
ふつう
便利な機能の使い方
ワンタイム海外通信
海外の相手と通信していて、通信エラーや画面異常になるときに指定してください。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
2
3
4
を押す
00%
ふつう
ワンタイム海外通信 設定:1
1:オフ 2:オン
・ワンタイム海外通信を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・ワンタイム海外通信がセットされます。
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
5
35 ページ)
使便
い利
方な
機
能
の
を押す
・原稿の読取が開始されます。
お知らせ
● ワンタイム海外通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
77
便利な機能の使い方
定期便タイマー通信
あらかじめ定期便タイマーの指定時刻を登録(5 つまでの時刻)しておけば、定期便タイマー送信を
セットした時刻から最も近い登録時刻になると自動的に送信が始まります。
● 定期便タイマーは、他の通信予約を含めて最大 30 件まで指定できます。
● 自局情報の「定期便タイマーの登録」
( 143 ページ)をしておいてください。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
4
原稿をセットする
1月15日(火) 17:15
通信ができます
原稿がセットされています
うすく■■■□□こく
を押す
00%
ふつう
定期便タイマー通信 設定:1
1:オフ 2:オン
・定期便タイマー通信を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・定期便タイマー通信がセットされます。
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
5
35 ページ)
を押す
・原稿の読取が開始されます。
6
定期便タイマー通信がセットされる
・一番近い登録時刻になると、自動的に定期便タイマー通信を開始します。
お知らせ
78
● 定期便タイマー通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
● 指定した定期便タイマー通信を消去するときは、
「通信予約の消去」( 84 ペー
ジ)をしてください。
● 指定した定期便タイマー通信の内容を確認するときは、
「通信予約の確認」
( 81
ページ)をしてください。
便利な機能の使い方
メモリー受信
ファクスを受信したとき、すぐに用紙にプリントしないでメモリーに蓄積しておくことができます。
■ メモリー受信の設定
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
メモリー受信 設定:1
1.なし 2.あり
3.プリント
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・メモリー受信の設定がされます。
お知らせ
● メモリー受信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
■ メモリー受信を設定しているとき
メモリー受信する
・相手からのダイヤルで、自動的に受信が始まります。
1月15日(火) 17:15
通信ができます
受信データが残っています
うすく■■■□□こく
お知らせ
01%
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
● メモリーには、A4 標準原稿で約 120 枚まで蓄積できます。
●手動受信をしたときでも、原稿はメモリーに保存されます。
■ メモリー受信の解除
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
メモリー受信 設定:2
1.なし 2.あり
3.プリント
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・メモリー受信が解除されます。
お知らせ
● メモリーに受信した原稿が蓄積されているときは、メモリーの内容をプリントして
からメモリー受信を解除します。
79
便利な機能の使い方
■ メモリー受信のプリント
メモリー受信した原稿をプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
メモリー受信をしたとき
1月15日(火) 17:15
通信ができます
受信データが残っています
うすく■■■□□こく
2
3
を押す
ふつう
メモリー受信 設定:2
1.なし 2.あり
3.プリント
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・メモリー受信した原稿をプリントします。
お知らせ
● メモリー受信の解除およびプリントの設定を途中でやめるときは
を押してく
ださい。
● メモリー受信のプリントで、プリントが始まってから
は止まりません。
80
01%
を押しても、プリント
便利な機能の使い方
通信予約の確認と消去
タイマー通信などの通信予約を確認・消去できます。
■ 通信予約の確認
● 通信予約の内容をディスプレイに表示させて確認できます。また、通信予約をレポートにしてプリ
ントすることもできます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
通信予約の確認
1.通信予約レポート
2.画面表示
を押す
・通信予約の確認を選択します。
2
うすく■■■□□こく
を押す
内容は ∨ ∧ ボタンで
確認してください
うすく■■■□□こく
3
ふつう
ふつう
▼ または ▲ を押す
・▼または▲を押すたびに画面が切り替わり、
予約している通信や未通信の内容が表示されます。
・未通信のときには、「再通信待ち」が表示されます。
使便
い利
方な
機
能
の
(例)
メモリー送信
予約中
松下電送システム
受付No.008
うすく■■■□□こく
ふつう
▼
→
←
▲
ポーリング受信
予約中
東京本社
受付No.009
うすく■■■□□こく
ふつう
▼
→
←
▲
ポーリング受信
受付No.010
再通信待ち
松下電送システム 業務部
うすく■■■□□こく
4
ふつう
を押す
・通信予約の確認を終了します。
お知らせ
● 通信予約の確認を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順2で
を押すと、通信予約をレポートにしてプリントできます。
● 手順1で「ピピピ」と鳴り、
“予約ファイルがありません”と表示されたときは、通
信予約されている内容がありません。
● 通信予約レポートのプリントの設定を途中でやめるときは、
● プリントが始まってから
を押します。
を押しても、プリントは止まりません。
81
便利な機能の使い方
通信予約表示のみかた
通信の種類が表示され
ます。
メモリー送信
時刻指定中 松下電送システム
うすく■■■□□こく
受付No.010
受付 No. が表示されます。
ふつう
通信の状況が表示されます。
・通信中
・再通信待ち ・時刻指定中
・定期便指定中・
・予約中
・再ダイヤル待ち
通信を指定した宛先が
表示されます。
お知らせ
82
● 通信の種類には、送信などの通信名のほか、次の内容が表示されます。
・ タイマー通信予約中(時刻指定中、定期便指定中)
・ FAX 中(発呼待、通信中)
・ ダイヤル待ち(再ダイヤル待ち、予約中)
便利な機能の使い方
■ 通信予約の変更
タイマー送信やタイマーポーリング受信で予約した宛先や時刻を変更できます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
時間・宛先変更
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=_ (3桁)
を押す
・時間・宛先変更を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
変更する受付 No. を指定する、または ▼、▲ を押して変更するファイルを選
択する
・受付 No.(3 桁)を指定してファイルを選ぶこともできます。
・▼ または ▲ を押して、現在予約している通信の内容を表示します。
・受付 No. を間違えたときは、
を押して、入れ直します。
例:
「受付 No.001 を指定」 例:「▼ ▲で選択」
時間・宛先変更
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=001(3桁)
うすく■■■□□こく
3
4
または
ふつう
うすく■■■□□こく
・予約時刻が表示されます。
変更する時刻を入れ、
うすく■■■□□こく
使便
い利
方な
機
能
の
ふつう
を押す
・例:午後 10 時 30 分に変更する場合
・
メモリー送信 宛先数:002
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
を押します。
うすく■■■□□こく
・時刻は 24 時間制で入れます。
ふつう
を押して、入れ直します。
を押します。
▲
▼
・予約時刻を変更しないときは、何も入力しないで 5
ふつう
メモリー送信 受付No.001
予約時刻を指定してください
_
10:00
を押す
・間違えたときは、
メモリー送信 受付No.001
時刻指定中
松下電送システム
複数の宛先を指定している場合は、 または を押して変更する宛先を表示
する
・宛先を変更しない場合は、手順 8 へ進みます。
・宛先の追加のみの場合は、手順 7 へ進みます。
・指定している宛先が1宛先の場合は手順 6 へ進みます。
6
を押して、表示されている宛先を取り消す
・複数の宛先を取り消すときは、手順 5 からの操作をくり
返します。
メモリー送信 宛先数:001
松下電送システム
短縮:01(2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
83
便利な機能の使い方
7
変更または追加する宛先を入れる
・
・宛先は、すでに指定されているものと合わせて最大 190 件まで指定できます。
「複数宛先の指
定のしかた」
( 35 ページ)
・宛先を変更または追加しないときは、何も入れないで手順 8 へ進みます。
8
を押す
・通信予約の内容が変更され、待機状態に戻ります。
■ 通信予約の消去
● 予約した通信の内容を消去できます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
通信予約の消去
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=_ (3桁)
・通信予約の消去を選択します。
うすく■■■□□こく
ふつう
消去する受付 No. を指定する、または ▼、▲ を押して消去するファイルを選
択する
・3 桁の受付 No. を指定します。間違えたときは、
を押して、入れ直します。
・▼ または ▲ を押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
例:「受付 No.001 を指定」 例:「▼ ▲で選択」
通信予約の消去
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=001(3桁)
うすく■■■□□こく
3
または
ふつう
メモリー送信 受付No.001
時刻指定中
松下電送システム
うすく■■■□□こく
メモリー送信 受付No. 001
通信予約の消去を行いますか
1.はい 2.いいえ
を押す
うすく■■■□□こく
4
・指定した受付 No. の通信予約を消去します。
84
お知らせ
ふつう
メモリー送信 受付No. 001
消去しました
を押す
・消去しないときは、
ふつう
うすく■■■□□こく
ふつう
を押します。
● 通信予約の消去を途中でやめるときは、
を押します。
● 受付 N o . が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
( 81 ページ)
便利な機能の使い方
■ 指定通信予約レポートのプリント
受付 No. を指定して通信予約レポートをプリントできます。レポートには、通信を指定した原稿が付
加されます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
指定通信予約レポート
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=_ (3桁)
を押す
うすく■■■□□こく
2
ふつう
プリントする受付 No. を指定する、または ▼、▲ を押してプリントするファ
イルを選択する
・3 桁の受付 No. を指定します。間違えたときは、
を押して、入れ直します。
・▼ または ▲ を押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
例
指定通信予約レポート
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=001(3桁)
うすく■■■□□こく
3
を押す
・指定した受付 No. の通信予約レポートをプリントします。
お知らせ
ふつう
使便
い利
方な
機
能
の
指定通信予約レポート
プリントしています
うすく■■■□□こく
● 通信予約レポートのプリントを途中でやめるときは、
ふつう
を押します。
● 手順 3 で受付 No. が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてくださ
い。
( 81 ページ)
85
便利な機能の使い方
■ 未達宛先再通信の指定
未通信となった、最新 10 通信までをメモリーに保持し、受付 No. を指定して、もう一度通信するこ
とができます。
● システム登録の「031 未送信ファイル保存」の設定が“あり”になっていないと、未通信の内容
はメモリーに保存されません。( 129 ページ)
■ 未達宛先再通信の個別指定
●未通信になった通信から、受付 No. を指定して再通信します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
未達宛先再通信
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=_ (3桁)
を押す
うすく■■■□□こく
受付 No. を指定する、または▼、▲ を押して
プリントするファイルを選択する
・間違えたときは、
を押して、入れ直します。
ふつう
例
未達宛先再通信
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=001(3桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
・3 桁の受付 No. を指定します。
3
を押す
・再通信がセットされます。
・宛先へダイヤルし、再通信を開始します。
お知らせ
86
● 再通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
● 受付No.が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
( 81
ページ)
● 未通信が 10 通以上になると、一番古い通信から消去されます。そのとき、通信結
果レポートをプリントしてメモリーから消去された内容をお知らせします。
● 未通信ファイルの消去をするときは、
「通信予約の消去」
( 84 ページ)をしてく
ださい。
便利な機能の使い方
■ 未達宛先再通信の全指定
メモリーに保存されている未通信を、すべて再通信します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
未達宛先再通信
受付No.または ∨ ∧ 受付No.=_ (3桁)
を押す
うすく■■■□□こく
2
3
ふつう
全宛先再通信しますか
1.はい 2.いいえ
を押す
・未達宛先再通信の全指定をします。
うすく■■■□□こく
を押す
ふつう
全宛先再通信受け付けました
・未達宛先再通信に登録されている全宛先の再通信がセットさ
れます。
うすく■■■□□こく
ふつう
■ 受信データの強制出力
システム登録の「066 代行出力」を“なし”にしているときは、相手が送信した原稿サイズに適応す
る用紙が無くなっていると、受信した原稿はプリントされないでメモリーに保存します。
次の操作をすると、メモリーに保存されている原稿を強制的にプリントすることができます。
■ メモリーに受信データが残っているとき
次の内容が表示されます。
1月15日(火) 17:15
通信ができます
受信データが残っています
うすく■■■□□こく
1
2
01%
ふつう
を押す
・メモリーに保存されている受信データの情報が表示され
ます。
を押す
受付No.080 1.強制出力
07-10 13:15 受信頁数:01
松下電送システム
うすく■■■□□こく
ふつう
受信データの強制出力
プリントしています
・受信データを強制出力する。
うすく■■■□□こく
お知らせ
● 受信データの強制出力を途中でやめるときは、
● プリントが始まってから
ふつう
を押します。
を押しても、プリントは止まりません。
● 複数の受信データがあるときは、
一番最初に代行受信したものしか選択できません。
87
使便
い利
方な
機
能
の
便利な機能の使い方
■ 手動ファイル転送
代行受信をしているけれどトナーや用紙が無くてプリントできないときなどに、受信した内容を別の
ファクスに転送してプリントすることができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
手動ファイル転送 宛先数:000
宛先を指定してください
うすく■■■□□こく
ふつう
宛先を指定する
・
・最大 190 宛先まで指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
3
35 ページ)
を押す
・宛先にダイヤルし、受信データの転送を始めます。
お知らせ
88
● 手動ファイル転送を途中でやめるときは、
を押します。
● ワンタッチ、
機能ボタンに手動ファイル転送の操作をファンクション登録しておけ
ば、登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。
( 113
ページ)
リスト・レポートのプリント
リスト・レポートのプリント
レポートのプリント
■ 通信管理レポートのプリント
送信および受信の結果をレポートにしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
通信管理レポート
1.通信管理レポートの出力
2.通信管理レポートの確認
うすく■■■□□こく
2
を押す
ふつう
通信管理レポート
プリントしています
・通信管理レポートのプリントを開始します。
うすく■■■□□こく
ふつう
のリ
プス
リト
ン・
トレ
ポ
ー
ト
お知らせ
● 通信管理レポートのプリントを指定すると、40通信分の結果をレポートにしてプ
リントします。
● システム登録の「012 通信管理レポート」
( 128ページ)の設定をすれば、40
通信分ごとにレポートを自動出力することができます。
● 通信管理レポートのプリントを途中でやめるときは、
● 手順2で
を押します。
を押すと、通信管理レポートの内容をディスプレイに表示させて確
認できます。▼▲で画面が切り替わり、送信および受信の結果を確認できます。
89
リスト・レポートのプリント
■ 通信受付レポートのプリント
メモリー通信を受け付けるたびに、受付内容を表すレポートをプリントできます。
システム登録の「014 通信受付レポートの設定」
( 128 ページ)を“あり”に設定する必要があ
ります。
お知らせ
90
● プリントした通信受付レポートに送信を指定した原稿を付加します。
リスト・レポートのプリント
■ 通信結果レポートのプリント
通信するたびに、通信結果の内容を表すレポートをプリントすることができます。
■ 通信結果レポートのプリント
お買い上げ時の設定では、結果レポートは未通信になったときだけプリントされます。
のリ
プス
リト
ン・
トレ
ポ
ー
ト
お知らせ
● システム登録の「012 通信結果レポート」
( 128 ページ)の設定により、通信
結果レポートのプリント方法を選択することができます。
● プリントした通信結果レポートに、送信を指定した原稿を付加します。
91
リスト・レポートのプリント
リストのプリント
■ ダイヤルリストのプリント
ワンタッチ・短縮リスト:ダイヤル番号を登録した内容をプリントします。
電話帳リスト:ダイヤル番号を登録した内容を、検索文字の順番にリストしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ダイヤルリスト
1.ワンタッチ・短縮リスト
2.電話帳リスト
うすく■■■□□こく
2
92
または
ふつう
を押す
・ダイヤルリストのプリントを開始します。
お知らせ
● ワンタッチ・短縮番号欄の<>がついている項目はワンタッチボタン、ついてい
ない項目は短縮ボタンです。
● ダイヤルリストのプリントを途中でやめるときは、
を押します。
リスト・レポートのプリント
■ ワンタッチリストのプリント
ワンタッチ、機能ボタンに登録したグループダイヤル、プログラム、ファンクションの内容をリスト
にしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ワンタッチリスト (1ー4)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
2
∼
で選択する または ▼ ▲ で選択し、
・
:グループダイヤルリスト
・
:プログラムリスト
・
:ファンクションリスト
・
:全ワンタッチリスト
ふつう
を押す
ワンタッチリストのプリントを開始します。
のリ
プス
リト
ン・
トレ
ポ
ー
ト
お知らせ
● ワンタッチリストのプリントを途中でやめるときは、
を押します。
93
リスト・レポートのプリント
■ システム登録リストのプリント
システム登録で設定した内容をリストにしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
・システム登録に設定されている内容がプリントされます。
・プリント終了後、待機状態に戻ります。
お知らせ
94
システム登録リスト
プリントしています
うすく■■■□□こく
● システム登録リストのプリントを途中でやめるときは、
ふつう
を押します。
リスト・レポートのプリント
■ 自局情報リストのプリント
自局情報に設定した内容をリストにしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
・自局情報に設定されている内容がプリントされます。
自局情報リスト
プリントしています
うすく■■■□□こく
ふつう
のリ
プス
リト
ン・
トレ
ポ
ー
ト
お知らせ
● 自局情報リストのプリントを途中でやめるときは、
を押します。
95
リスト・レポートのプリント
■ F コード通信リストのプリント
F コード通信に設定した内容をリストにしてプリントします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
・F コード通信に設定されている内容がプリントされます。
お知らせ
96
Fコード通信リスト
プリントしています
うすく■■■□□こく
● F コード通信リストのプリントを途中でやめるときは、
ふつう
を押します。
各種登録・設定
各種登録・設定
登録操作フロー
次のボタン操作をして、それぞれの登録をします。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1月15日(火) 17:15
通信ができます
うすく■■■□□こく
00%
ふつう
↓
↓
登録モード
(1−6)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
→
ふつう
登録モード
1.自局情報の登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→
登録モード
2.ダイヤルの登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→
登録モード
3.ワンタッチの登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→
登録モード
4.システムの登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→
登録モード
5.中継情報の登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→
(1−6)
137ページ)
→ ダイヤルの登録(
98ページ)
ふつう
(1−6)
ふつう
(1−6)
→ ワンタッチの登録(
108ページ)
ふつう
(1−6)
→ システムの登録(
127ページ)
→ 中継情報の登録(
117ページ)
ふつう
(1−6)
ふつう
登録モード
(1−6)
6.Fコード通信の登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
→ 自局情報の登録(
→ Fコード通信の登録(
119ページ)
ふつう
97
各
種
登
録
・
設
定
各種登録・設定
ダイヤルの登録
■ ダイヤル登録操作フロー
ダイヤル番号をワンタッチダイヤル(01 ∼ 60)や短縮ダイヤル(00 ∼ 99)に登録して、簡単な
操作で相手にダイヤルすることができます。
登録モードを選ぶ
ダイヤル登録を選ぶ
ワンタッチダイヤルを登録するとき
( 99ページ)
短縮ダイヤルを登録するとき
( 101ページ)
ワンタッチダイヤルを選ぶ
短縮番号を入れる
宛先のダイヤル番号を入れる
宛先名を入れる
検索文字を指定する
いいえ
特殊通信機能を登録する?
特殊通信機能を登録するとき
( 103ページ)
はい
中継情報を登録する
マルチコピー通信部数を指定する
マルチプリント部数を指定する
通話料金を登録する
登録を終了
98
代行宛先を登録する
各種登録・設定
■ ワンタッチダイヤルの登録
よく使う宛先のダイヤル番号をワンタッチダイヤル(01 ∼ 60 )に登録しておくことができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
うすく■■■□□こく
2
を押す
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
4
ワンタッチボタン(01 ∼ 60)を押す
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
・ すでに登録されている内容がある場合、その番号が表示
される。
・ 間違えたときや登録済のボタンを押した場合は、▼ ▲
を押し、ほかのワンタッチボタンを選べます。
うすく■■■□□こく
・ 間違えた場合は、 を押してカーソルを移動させて
・オプションの G4 通信ユニットを増設している場合は、
電話番号入力後回線選択を登録した機能ボタンを押して
回線を指定し、
ボタンを押します。
を押す
・ダイヤル番号が登録されます。
例
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
0334952973_
うすく■■■□□こく
宛先名(最大 20 文字)を入れる
・ 宛先の名前を入れます。(
132 ページ)
ふつう
東京本社_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
7
ふつう
ワンタッチダイヤル登録:01
名称を登録してください
(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
6
ふつう
宛先のダイヤル番号(最大 60 桁)を入れる
で消してから、入れ直します。
5
ふつう
▲
▼
3
ふつう
各
種
登
録
・
設
定
ふつう
を押す
・ 宛先名が登録されます。
・ 宛先名に登録した先頭の文字が、電話帳の検索文字
として表示されます。
ワンタッチダイヤル登録:01
検索文字を入力してください
検索文字:と うすく■■■□□こく
ふつう
99
各種登録・設定
8
9
10
検索文字を確認して
を押す
代行宛先を登録してください
短縮:_ (2桁)
・検索文字が登録されます。
・システム登録の「107 代行宛先通信」
( 131 ペー
ジ)の設定が「あり」の場合、登録できます。
代行宛先を入れて
うすく■■■□□こく
特殊通信機能を登録しますか
を押す
1.はい 2.いいえ
・特殊通信機能の登録が選べる。
( 103 ページ「特殊通信機能の登録」)
うすく■■■□□こく
を押す
・ 続けてワンタッチダイヤルの登録ができます。手順3か
らの操作をします。
11
お知らせ
ふつう
ふつう
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
● ワンタッチダイヤルの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順 4 でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)
、オン
フック / スペース(スペース)の最大(60 桁)です。
● 手順 4 でスペースを登録するときは、
を押します。
● 国際ダイヤル通話をご利用の場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会
社にお問い合わせください。
● NCC回線をご利用の場合は、NCC回線のアクセス番号のあとに、
を2回押し
て約 7 秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
● 宛先名の先頭に50音以外の文字登録を登録したときは、電話帳機能を使ってダイ
ヤルするときの検索文字が登録されません。手順8で
を押す前に、テンキー
を使って検索文字を登録してください。
● 一般電話の電話番号を誤って登録すると、
自動再ダイヤルにより相手の方を何度も
呼び出し、大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。
100
各種登録・設定
■ 短縮ダイヤルの登録
よく使う宛先のダイヤル番号を 2 桁の短縮番号(00 ∼ 99)に登録しておくことができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
を押す
うすく■■■□□こく
2
短縮ダイヤルの登録 設定数:000
短縮番号を指定してください
短縮:_ (2桁)
を押す
うすく■■■□□こく
4
短縮番号(00 ∼ 99 )を押す
・ すでに登録されている内容がある場合、
その番号が表示
されます。
・ 間違えた場合は、▼ ▲ を押し、ほかの短縮番号を選べ
ます。
短縮ダイヤルの登録 短縮:01
ダイヤルを登録してください
_
うすく■■■□□こく
・ 間違えたときや登録済のボタンを押した場合は、
を
で消してから、入れ
直します。
例
・オプションの G4 通信ユニットを増設している場合は、
電話番号入力後回線選択を登録した機能ボタンを押して
回線を指定し、
ボタンを押します。
を押す
・ダイヤル番号が登録されます。
短縮ダイヤルの登録 短縮:01
ダイヤルを登録してください
0334919191_
うすく■■■□□こく
宛先名(最大 20 文字)を入れる
・ 宛先の名前を入れます。(
132 ページ)
ふつう
松下電送システム_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
7
ふつう
短縮ダイヤルの登録 短縮:01
名称を登録してください
(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
6
ふつう
宛先のダイヤル番号(最大 60 桁)を入れる
押してカーソルを移動させて
5
ふつう
▲
▼
3
ふつう
各
種
登
録
・
設
定
ふつう
を押す
・ 宛先名が登録されます。
・ 宛先名に登録した先頭の文字が、
電話帳の検索文字とし
て表示されます。
短縮ダイヤルの登録 短縮:01
検索文字を入力してください
検索文字:ま うすく■■■□□こく
ふつう
101
各種登録・設定
8
9
10
検索文字を確認して
を押す
代行宛先を登録してください
短縮:_ (2桁)
・検索文字が登録されます。
・システム登録の「107 代行宛先通信」
( 131ページ)
の設定が「あり」の場合、登録できます。
代行宛先を入れて
を押す
・特殊通信機能の登録が選べます。
( 103 ページ「特殊通信機能の登録」)
を押す
・ 続けて短縮ダイヤルの登録ができます。手順 3 からの
操作をします。
11
うすく■■■□□こく
ふつう
特殊通信機能を登録しますか
1.はい 2.いいえ
うすく■■■□□こく
ふつう
短縮ダイヤルの登録 設定数:001
短縮番号を指定してください
短縮:_ (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・ 待機状態に戻ります。
お知らせ
● 短縮ダイヤルの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順 4 でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)
、オン
フック / スペース(スペース)の最大(60 桁)です。
● 国際ダイヤル通話をご利用の場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会
社にお問い合わせください。
● NCC回線をご利用の場合は、NCC回線のアクセス番号のあとに、
を2回押し
て約 7 秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
● 宛先名の先頭に50音以外の文字登録を登録したときは、電話帳機能を使ってダイ
ヤルするときの検索文字が登録されません。手順8で
を押す前に、テンキー
を使って検索文字を登録してください。
● 一般電話の電話番号を誤って登録すると、
自動再ダイヤルにより相手の方を何度も
呼び出し、大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。
102
各種登録・設定
■ 特殊通信機能の登録
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに「中継情報」などの特殊通信機能を登録することができます。
●「中継情報」を登録したいときは、あらかじめ、システム登録の「104 短縮ダイヤル情報」を“あ
り”にしておいてください( 130 ページ)。
● 特殊通信機能について、詳しくは、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わせ
ください。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルの登録の
手順 9 までの操作をする
( 99 ページ、101 ページ)
2
特殊通信機能を登録しますか
1.はい 2.いいえ
うすく■■■□□こく
を押す
中継情報を登録しますか
1.中継機 2.中継機以外
3.いいえ
うすく■■■□□こく
3
4
中継機の種類を選ぶ
ふつう
例:
「2」
・
:宛先が中継親局のときに選びます。
・
:宛先が中継親局を経由した相手のときに選びます。
・
:のとき→手順 10 へ進みます。
中継機識別番号(2 桁)を指定し、
中継機識別番号を
登録してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・ 2 桁の識別番号を指定します。
・ 手順 3 で
を選択した場合、手順 7 へ進みます。
・ 間違えたときは、
を押す前にを
押して、指定
し直します。
5
ふつう
中継指示宛先の登録
1.短縮 2.内線
3.直接
うすく■■■□□こく
ふつう
中継親局からのダイヤル方法を選ぶ
・
・
・
:中継親局に登録されている短縮番号を使って
ダイヤルします。
→手順 6 へ進みます。
:中継親局の内線を使って、本機の短縮ダイヤル
に登録されている中継指示の内線番号へダイヤ
ルします。
→手順 6 へ進みます。
:中継親局の外線を使って、本機の短縮ダイヤル
に登録されている番号をダイヤルします。
→手順 8 へ進みます。
中継指示宛先の登録
短縮番号を指定してください
_ (7桁)
うすく■■■□□こく
各
種
登
録
・
設
定
ふつう
中継指示宛先の登録
内線番号を指定してください
_ (7桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
2次中継機識別番号を
登録してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
103
各種登録・設定
6
7
中継親局からダイヤルする番号を指定する
・手順 5 で
を選んだときは、中継親局に登録されている短縮番号を指定します。
・手順 5 で
を選んだときは、中継親局からダイヤルする内線番号を指定します。
を押す
・ 2 次中継機識別番号を指定しないときは、
を押して手順 9 へ進みます。
8
2 次中継機識別番号(2 桁)を指定します
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
2次中継機識別番号を
登録してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
例:「10」
2次中継機識別番号を
登録してください
10 (2桁)
うすく■■■□□こく
9
10
部数:01 (2桁)
うすく■■■□□こく
・ 相手先機の出力部数を指定できます。
を押して、指定し直します。
マルチコピー通信部数の指定
部数:03 (2桁)
104
ふつう
マルチプリント部数の指定
を押す
部数:01 (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
マルチプリント部数(最大 99 部)を指定する
・ 登録した相手からファクスを受信したとき、
あらかじめ
部数(最大 99 部)を設定しておいて、指定した部数を
自動的にプリントできます。
・ 間違えたときは、
13
ふつう
マルチコピー通信部数(最大 99 部)を指定する 例:「03」
うすく■■■□□こく
12
ふつう
マルチコピー通信部数の指定
を押す
・ 間違えたときは、
11
ふつう
を押す
を押して、指定し直します。
例:「03」
マルチプリント部数の指定
部数:03 (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
料金登録設定をおこないますか
1.国内料金 2.海外料金
3.いいえ
うすく■■■□□こく
ふつう
各種登録・設定
14
15
を押す
・ 料金登録をしておくと、通信管理レポートの“料金”の
欄に通信料金を印字させることができます。料金登録に
は、「国内」と「海外」の 2 種類があります。
通話料金を登録する
・最大 180 秒まで登録できます。
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
通話料金を登録してください
国内:_ . (秒/10円)
うすく■■■□□こく
例:10 円で 60 秒通話できる場合
通話料金を登録してください
国内:060. (秒/10円)
うすく■■■□□こく
16
ふつう
ふつう
を押す
・ 待機状態に戻ります。
各
種
登
録
・
設
定
お知らせ
●システム登録の「104 短縮ダイヤル情報」が“なし”になっているときは、中継
情報、マルチコピー部数、料金登録を登録することができません。
● マルチプリント部数の指定において、部数プリントをするためには、システム登録
の「101 マルチプリント部数」を“短縮/ワンタッチ”に設定する必要がありま
す。
105
各種登録・設定
■ ダイヤルの変更
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されている内容を変更します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
うすく■■■□□こく
2
3
または
を押す
・
:ワンタッチダイヤルを変更する場合
・
:短縮ダイヤルを変更する場合
変更するワンタッチダイヤル
(01 ∼ 60)を押す
・ 登録されているダイヤル番号が表示されます。
4
ふつう
例「1」
ワンタッチダイヤル登録:01
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
ふつう
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
_334952973
0
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・ 表示されている番号が消去されます。
これから先は、
「ワンタッチダイヤルの登録」( 99 ページ)または
「短縮ダイヤルの登録」( 101 ページ)の手順 4 からの操作をします。
106
各種登録・設定
■ ダイヤルの消去
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されている内容を消去します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
うすく■■■□□こく
2
3
または
を押す
・
:ワンタッチダイヤルを消去する場合
・
:短縮ダイヤルを消去する場合
消去するワンタッチダイヤル
(01 ∼ 60)を押す
・ 登録されているダイヤル番号が表示されます。
4
5
ふつう
例「1」
ワンタッチダイヤル登録:01
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
ふつう
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
_334952973
0
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・ 表示されている番号が消去されます。
を押す
・ 指定したワンタッチダイヤルが消去されます。
・
を押したあとに、手順3からの操作をくり返せば、続けてダイヤル番号の消去ができます。
各
種
登
録
・
設
定
お知らせ
● 短縮ダイヤルの変更および消去を途中でやめるときは
を押します。
107
各種登録・設定
ワンタッチの登録
ワンタッチボタン(01 ∼ 60)にダイヤルを登録して、グループダイヤル、プログラムダイヤルとし
て、お使いになれます。
■ グループダイヤルの登録
ワンタッチボタンに、複数の短縮ダイヤルやワンタッチダイヤルを登録して、グループダイヤルとし
てお使いになれます。
(最大 159 宛先まで)
● グループダイヤルには、登録済みの短縮番号やワンタッチボタンを指定して入力します。あらかじ
め、短縮ダイヤルやワンタッチダイヤルの登録をしておいてください( 99 ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
グループダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
2
3
ワンタッチボタン(01 ∼ 60)
を押す
例:「ワンタッチボタン 03」
グループダイヤル名称(最大 20 文字)を入れ
る( 132 ページ)
例:「工場グループ」
4
グループダイヤルの登録
名称を登録してください(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
うすく■■■□□こく
グループダイヤルに登録するワンタッチボタ
ン、短縮番号を指定する
を押したあとに、手順 5 からの操作をくり返せば、
(最大 159 宛先まで)
108
ふつう
グループダイヤルの登録 :001
宛先を追加してください
続けてグループダイヤルに宛先を追加できます。
7
ふつう
グループダイヤルの登録 :001
長野工場
短縮:10(2桁)
うすく■■■□□こく
を押す
・
ふつう
グループダイヤルの登録 :000
宛先を指定してください
を押す
例:「短縮 10」
6
ふつう
工場グループ_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
5
ふつう
を押す
うすく■■■□□こく
ふつう
各種登録・設定
■ グループダイヤル内容の宛先確認
ワンタッチボタンをグループダイヤルとして登録するとき、宛先内容の確認ができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
グループダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
2
確認するワンタッチボタン(01 ∼ 60)を押す
例:「ワンタッチボタン 03」
グループダイヤルの登録
ボタン番号:03
工場グループ 登録済み
うすく■■■□□こく
3
ふつう
ふつう
を押し、グループダイヤル名称を確認する
・ 登録されているグループダイヤル名称は
を押して消去できます。
・ グループダイヤル名称を変更しない場合は手順 4 へ進みます。
4
5
を押す
うすく■■■□□こく
▼ ▲ を押して、このグループに登録してある
宛先を確認する
・▼ ▲を押して他の宛先を表示します。
6
グループダイヤルの登録 :010
宛先を指定してください
ふつう
グループダイヤルの登録 :010
長野工場
短縮:10(2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
各
種
登
録
・
設
定
109
各種登録・設定
■ グループダイヤル内容の宛先削除/追加
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
「グループダイヤル内容の宛先確認」(
する
109 ページ)の手順4までの操作を
▼ ▲ を押して、このグループに登録してある
宛先を確認する
グループダイヤルの登録
長野工場
短縮:10 (2桁)
うすく■■■□□こく
・▼ ▲を押して他の宛先を表示します。
3
グループから消去する宛先が表示されたら、
を押す
うすく■■■□□こく
・消去しない場合は手順 4 へ進みます。
4
5
グループダイヤルの登録
湘南工場
短縮:09 (2桁)
・
グループダイヤルの登録
宛先を追加してください
を押す
うすく■■■□□こく
追加する宛先を指定する
グループダイヤルの登録
長野工場 総務部
短縮:11 (2桁)
・追加をしない場合は手順 7 へ進みます。
を押す
・
グループダイヤルの登録
宛先を追加してください
うすく■■■□□こく
ふつう
:00 9
ふつう
:010
ふつう
:01 0
・グループダイヤルの変更が終ります。
8
お知らせ
ふつう
グループダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
を押す
うすく■■■□□こく
110
:009
を押したあとに、手順 5 からの操作を繰くり返せば、
続けてグループダイヤルに宛先を追加できます。
7
ふつう
例:「短縮11」
うすく■■■□□こく
6
:010
を押す
● グループダイヤルの変更を途中でやめるときは、
を押します。
ふつう
各種登録・設定
■ プログラムダイヤルの登録
ワンタッチボタンに宛先とポーリング受信などの各種通信操作を登録しておくと、複雑な機能もボタ
ン1回押すだけで指定できます。
● プログラムダイヤルの宛先には、登録済みの短縮番号やワンタッチボタンを指定して入力します。
あらかじめ、短縮ダイヤルやワンタッチダイヤルの登録をしておいてください。
( 99 ページ)
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
プログラムダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
2
登録するワンタッチボタン(01∼60)
を押す
・ 指定したワンタッチに登録内容があるときは、
ディスプ
レイの 3 段目に、その内容を表示する。
・ 間違えたときは、
3
を押して、指定し直す。
プログラム名称(最大 20 文字)を入れる
・ 文字の入力のしかた(
132 ページ)
プログラムダイヤルの登録
名称を登録してください(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
を押す
6
ふつう
を押して、通信操作を登録する
・ 登録する機能を表示させ、各種通信操作を登録します。
・ 宛先指定などは、通常の通信操作と同じです。各ページ
を参照してください。
・ 登録できる通信操作の種類( 112 ページ)
を押す
・ プログラムダイヤルが登録されます。
7
8
ふつう
プログラムダイヤルの登録
プログラムが登録できます
操作を指定してください
うすく■■■□□こく
5
ふつう
電送システム_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
4
ふつう
ファンクション選択 (1−8)
番号入力または∨、∧
を入力してください
うすく■■■□□こく
ふつう
プログラムダイヤルの登録
ボタン(01∼60)
を押してください
うすく■■■□□こく
各
種
登
録
・
設
定
ふつう
続けて、プログラムダイヤルの登録ができます。手順 2 からの操作をくり返し
ます。
を押す
111
各種登録・設定
お知らせ
● プログラムダイヤルの登録を途中でやめるときは、 を押します。
● 指定したワンタッチに、すでに登録済みの内容があるときは、その内容が表示され
ます。
● プログラムダイヤルの登録は、ワンタッチダイヤル、グループダイヤルを含めて最
大 60 件まで指定できます。
■ プログラムダイヤルの変更
1
2
「ワンタッチボタンの消去」(
116 ページ)をする
「プログラムダイヤルの登録」(
イヤルを登録し直す
111 ページ)の操作をして、プログラムダ
登録できる通信操作の種類
1. タイマー通信
1. 送信
2. ポーリング受信
3. 特殊通信
2. 特殊通信
1. 中継同報指示
3. ファイル送信
4. F コード通信
5. マルチコピー通信
プログラムダイヤル
3. ポーリング
1. ポーリング受信
3. リバースポーリング
8. セレクトモード
1. 優先通信
2. OMR 送信
3. セレクト送信
4. パスワード送信
5. ワンタイム海外通信
6. 定期便タイマー通信
112
各種登録・設定
■ ファンクションの登録
ワンタッチ、機能ボタン(01 ∼ 60, F1 ∼ F4)によく使う機能を登録できます。ファンクション登
録しておくと、複雑な操作を 1 回の操作で指定できます。
登録する機能が「メモリー」
、「済スタンプ」のときは、F1 ∼ F4 の機能ボタンに登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
うすく■■■□□こく
・ 指定したボタンに登録内容があるときは、ディスプレイ
の 3 段目に、その内容を表示します。
・ 間違えたときは、 を押して、指定し直す。
希望項目の番号を選んでください
1.タイマー送信
2.タイマーポーリング受信
うすく■■■□□こく
ふつう
▼ を押して、登録する機能を表示させる
・ ▼ を押すと、ディスプレイは次のように切り替わります。登録する機能を表示させます。
・ 登録できる機能の種類( 112 ページ)
うすく■■■□□こく
または
→
ふつう
希望項目の番号を選んでください
1.ファイル蓄積
2.ファイル送信
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・登録する機能がディスプレイの 3 段目に表示されます。
・ 間違えたときは、
5
6
7
ふつう
登録するボタン(01 ∼ 60, F1 ∼ F4)を押す
希望項目の番号を選んでください
1.タイマー特殊通信
2.中継通信
4
ファンクションの登録
ボタン(01∼60,F1∼F4)
を押してください
を押す
を押して、指定し直します。
を押す
ファンクションの登録
ボタン(01∼60,F1∼F4)
を押してください
うすく■■■□□こく
ふつう
続けて、ファンクションの登録ができます。手順2からの操作をくり返します。
各
種
登
録
・
設
定
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● ファンクションの登録を途中でやめるときは、 を押します。
●「タイマー通信の指定」または「通信モード/回線の指定」をファンクションに登
録する場合、手順 4 で
または
を押しただけでは機能は登録されませ
ん。以下の操作をしてください。
・「タイマー通信の指定」の場合、手順4までの操作をする→時刻指定する→
を 2 回押す→
を押す
113
各種登録・設定
■登録できる機能の種類
機能名
説 明
参照ページ
タイマー送信
あらかじめ、指定しておいた時間に通信を指定することができま 53 ページ
す。
タイマーポーリング受信 あらかじめ、
指定しておいた時間にタイマーポーリング受信をし 54 ページ
ます。
114
タイマー特殊通信
本機でご利用になれる各種通信を、通信時刻を指定してお使いに 55 ページ
なれます。
中継同報指示
中継親局を経由して、遠方にある複数の宛先へ、経済的に送信を 57 ページ
指定できます。
ファイル蓄積
ファイル送信する原稿を本体のメモリーに蓄積します。
58 ページ
ファイル送信
ファイル蓄積した内容を送信します。
59 ページ
ファイル消去
ファイル蓄積した内容を消去します。
60 ページ
ファイルプリント
ファイル蓄積した内容をプリントして確認できます。
60 ページ
手動ファイル転送
代行受信をしているけれどトナーや用紙が無くてプリントできな 88 ページ
いときなどに、受信した内容を別のファクスに転送してプリント
することができます。
F コード送信
機密保持のために相手機に登録されているサブアドレス番号を指 61 ページ
定し、
一致した相手機サブアドレスのボックスに文書を蓄積しま
す。
F コード取り出し
相手機に開設されたボックスに登録してある文書を取り出すこと 63 ページ
ができます。
F コード掲示板登録
登録あらかじめ掲示板ボックスを開設して、
ボックスに文書を登 62 ページ
録することができます。
F コード親展プリント
親展ボックスに登録された文書を取り出すことができます。
マルチコピー通信
送信するとき、受信側でプリントする枚数を指定することができ 65 ページ
ます。
ポーリング受信
相手にセットされているポーリング原稿を、
こちらの操作で受信 50 ページ
します。
ポーリング送信
相手の操作で自動的に送信したいときに、
ポーリング送信をセッ 48 ページ
トします。
リバースポーリング
相手に原稿を送信してから、
ポーリング送信がセットされている 49 ページ
原稿を受信します。
64 ページ
通信管理レポートの出力 通信管理レポートをプリントすることができます。
89 ページ
通信管理レポートの確認 通信管理状況を、ディスプレイで確認することができます。
89 ページ
OMR 通信
専用の OMR シートを使って、通信を指定することができます。 66 ページ
パスワード送信
パスワードが一致する相手にだけ、送信することができます。
セレクト送信
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録した相手にしか、ファ 74 ページ
クスを送信しないようにすることができます。
69 ページ
各種登録・設定
機能名
説 明
参照ページ
優先通信
至急に送信したい原稿を、現在、行っている通信の次に送信する 76 ページ
ことができます。
ワンタイム海外通信
海外の相手と通信をしていて、
通信エラーや画質異常になるとき 77 ページ
に指定します。
定期便タイマー通信
登録済みの定期便タイマーの指定時刻(最大5つ)から、一番近 78 ページ
い時刻になると、自動的に通信を始めます。
通信予約の確認
タイマー通信などの通信予約の確認できます。
時間・宛先変更
タイマー送信やタイマーポーリング受信の指定時間、
宛先を変更 83 ページ
できます。
81 ページ
通信予約の消去確認
タイマー通信などの通信予約を消去できます。
指定通信予約レポート
通信予約をしている内容があるとき、
指定する予約内容をレポー 85 ページ
トにしてプリントすることができます。
未達宛先再通信
メモリーに蓄積されている未通信の内容を再通信の指定にしま 86 ページ
す。
受信データの強制出力
装置設定の「代行出力」が“なし”になっているとき、メモリー 87 ページ
に蓄積されている受信原稿を強制的にプリントします。
節電モード設定
低電力モード、スリープモードの設定ができます。
ー
メモリー転送
受信した原稿を、すべて指定した宛先へ転送します。
ー
ダイレクト通信
メモリーを使わないでダイレクト送信を指定します。
ー
84 ページ
発信元印字の ON/OFF 送信するときに、発信元情報の印字の付加を指定できます。
ー
等倍送信
相手側にセットされている記録紙のサイズに関わらず、
セットし ー
た原稿を縮小しないで送信できます。
メモリー(★)
メモリー指定時は、通常の通信操作でメモリー送信(ランプ点灯) 24 ページ
とします。また通常の操作でダイレクト送信(ランプ消灯)する 28 ページ
こともできます。
済スタンプ(★)
送信済みの原稿に○
済 マークを押す(ランプ点灯)ことができま 23 ページ
す。
通信モード/回線(*) オプションの G4 通信ユニットを増設した場合に使用します。
ー
回線選択(*)
ー
回線の指定ができます。
ISDNサブアドレス
(*) オプションのG4 通信ユニットを増設した場合に使用します。
ー
*印の機能は、G4 通信ユニットを増設した場合、ご利用になれます。
★印の機能は、F1 ∼ F4 の機能ボタンにのみ登録できます。
各
種
登
録
・
設
定
お知らせ
● ワンタッチダイヤルの登録を途中でやめるときは、
を押します。
115
各種登録・設定
■ ワンタッチの消去
ワンタッチボタン(01 ∼ 60)と機能ボタン(F1 ∼ F4)に登録されている内容を消去します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
ワンタッチボタンの消去
ボタン(01∼60,F1∼F4)
を押してください
うすく■■■□□こく
2
消去するボタンを押す
・ 消去するボタン(01 ∼ 60、F1 ∼ F4)を選択します。
・ 登録されている内容がディスプレイの 3 段目に表示さ
れます。
・ 間違えたときは、
3
を押して、指定し直します。
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01
ダイヤル 登録済み
うすく■■■□□こく
・ 指定したボタンの内容が消去されます。
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01 消去しました
を押します。手順
1 の画面に戻ります。
続けて、ワンタッチの消去をするときは、
手順 2 からの操作をくり返します
うすく■■■□□こく
うすく■■■□□こく
を押す
お知らせ
● ワンタッチの消去を途中でやめるときは、
ふつう
ワンタッチボタンの消去
ボタン(01∼60,F1∼F4)
を押してください
・待機状態に戻ります。
116
ふつう
を押す
・ 登録内容を消去しないときは、
5
6
ふつう
ワンタッチボタンの消去
ボタン番号:01 消去しますか
1.はい 2.いいえ
を押す
うすく■■■□□こく
4
ふつう
を押します。
ふつう
各種登録・設定
中継情報の登録
中継通信をするために必要な情報を登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
登録モード (1−7)
5.中継情報の登録
セットで選択されます
うすく■■■□□こく
2
を押す
電話番号の登録
_
うすく■■■□□こく
3
4
ふつう
ふつう
▼ ▲を押して、必要な情報を登録する
( 118 ページ)
を押す
・必要な情報の登録が終了したとき押します。
各
種
登
録
・
設
定
117
各種登録・設定
中継情報の登録の種類
中継情報では、次の
各項目が登録できます。
項 目
内 容
参照ページ
1
電話番号
外線の電話番号を登録します。
141ページ
2
レポート返送先
外線で中継通信したとき、結果レポートを送る宛先を登録 ー
します。
3
ネットワークパスワード 中継ネットワーク内で使うパスワードを登録します。
ー
4
自局中継識別番号
本機の識別番号を登録します。
ー
5
中継機宛先
中継親局の電話番号を登録します。
ー
6
中継機通話料金登録
中継親局との通話料金を登録します。
ー
7
自ユーザー ID
自局のユーザー ID を登録します。
ー
8
ISDN 電話番号
ISDN 回線専用の電話番号を登録します。
ー
9
ISDN レポート
返送先
ISDN回線で中継通信した時、結果レポートを送る宛先を ー
登録します。
※ 8、9 はオプションの G4 通信ユニットを増設時に有効となります。
118
各種登録・設定
F コード通信の登録
F コード通信で使うボックスを開設します。
本機では、親展ボックスと掲示板ボックスを開設できます。
■ 親展ボックスの登録
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
Fコード通信の登録
1.ボックスの登録
2.ボックスの消去
うすく■■■□□こく
2
ボックスの登録
1.親展ボックスの登録
2.掲示板ボックスの登録
を押す
うすく■■■□□こく
3
を押す
ボックス No.(2 桁:01 ∼ 10)を指定する
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
・すでに掲示板ボックスとして登録されているボックス
No. を選ぶことはできません。
5
を押す
親展ボックスの登録
ボックスNo.を指定してください
01 (2桁)
うすく■■■□□こく
ボックス名称(最大 20 文字)を入れる
・文字の入力のしかた(
132 ページ)
を押す
ふつう
各
種
登
録
・
設
定
親展ボックスの登録
暗証番号を登録してください
_ (4桁)
暗証番号(4 桁)を登録する
・間違えたときは、
ふつう
親展ボックス_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
8
ふつう
親展ボックスの登録
ボックス名称を登録してください
うすく■■■□□こく
7
ふつう
例:「01」
うすく■■■□□こく
6
ふつう
親展ボックスの登録
ボックスNo.を指定してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
4
ふつう
を押して、指定し直します。
ふつう
例:「1234」
親展ボックスの登録
暗証番号を登録してください
1234 (4桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
119
各種登録・設定
9
を押す
親展ボックスの登録
サブアドレスを登録してください
_
うすく■■■□□こく
10
サブアドレス(最大 20 桁)を登録する
・間違えたときは、
例:「12345678901234567890」
親展ボックスの登録
サブアドレスを登録してください
12345678901234567890
を押して、指定し直します。
うすく■■■□□こく
11
を押す
パスワード(最大 20 桁)を登録する
手順 13 に進みます。
13
を押して、指定し直します。
を押す
親展ボックスの登録
パスワードを登録してください
22222333334444455555
うすく■■■□□こく
親展ボックスに受信する相手を登録する
・親展ボックスに受信する相手を選択します。
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
・セレクト番号の選び方(
15
122 ページ)
を押す
120
受付レポートの出力を選ぶ
・
:親展ボックスに受信したとき、受付レポートを
出力します。
・
:受付レポートを出力しません。
ふつう
例:短縮番号「01」
親展ボックスの登録
松下電送システム
短縮:01 (2桁)
うすく■■■□□こく
ふつう
親展ボックスの登録
受付レポートを出力しますか
1.はい 2.いいえ
うすく■■■□□こく
16
ふつう
親展ボックスの登録
セレクト番号を登録してください
短縮:_ (2桁)
うすく■■■□□こく
14
ふつう
例:「22222333334444455555」
・パスワードが必要ない場合は、何も入力しないで
・間違えたときは、
ふつう
親展ボックスの登録
パスワードを登録してください
_
うすく■■■□□こく
12
ふつう
ふつう
例:「受付レポートを出力する」を
選択する場合
ボックスNo.01は
親展ボックス
として登録されました
うすく■■■□□こく
ふつう
各種登録・設定
17
18
続けて、親展ボックスの登録をするときは、
手順4からの操作をくり返します
お知らせ
を押す
各
種
登
録
・
設
定
● 親展ボックスに登録した暗証番号は忘れないようにご注意ください。
暗証番号を忘
れると、親展ボックスに受信した文書をプリント( 64 ページ)したり、ボック
スの登録内容を変更・消去することができなくなります。
● 暗証番号を忘れた場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い
合わせください。
● 親展ボックスの登録を途中でやめるときは、
を押します。
121
各種登録・設定
親展ボックスの変更
1
2
「親展ボックスの登録」の手順3までの操作をする( 119ページ)
変更するボックスNo.を指定し、 を押します
・間違えたときは、 を押す前に を押して、指定し直します。
3
4
指定したボックスNo.に登録されている暗証番号を入力し、 を押す
「親展ボックスの登録」の手順 6 からの操作をして、ボックス名称などの登録内容を変更
する( 119 ページ)
お知らせ
● 掲示板ボックスに登録されているボックスを、
親展ボックスに変更すること
はできません。ボックスの内容を変更するときは「通信ボックスの消去」
( 126 ページ)をしてから登録し直してください。
セレクト番号の選び方
親展ボックスに受信する相手をセレクトすることができます。
セレクト番号
照合のしかた
任意の短縮番号 指定した短縮番号に登録されている電話番号の下 4 桁と、相手から送られてく
る ID 番号の下 4 桁を照合し、一致すると受信を始めます。
0*
短縮番号「00 ∼ 09」に登録されている(最大 10 宛先)電話番号の下 4 桁と、
相手から送られてくる ID 番号の下 4 桁を照合し、一致すると受信を始めます。
**
短縮番号「00 ∼ 99」に登録されている(最大 100 宛先)電話番号の下 4 桁
と、相手から送られてくる ID 番号の下 4 桁を照合し、一致すると受信を始めま
す。
入力なし
122
相手をセレクトしないで受信します。
各種登録・設定
■ 掲示板ボックスの登録
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
を押す
Fコード通信の登録
1.ボックスの登録
2.ボックスの消去
うすく■■■□□こく
2
ボックスの登録
1.親展ボックスの登録
2.掲示板ボックスの登録
を押す
うすく■■■□□こく
3
を押す
ボックス No.(2 桁:01 ∼ 10)を指定する
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
・すでに親展ボックスとして登録されているボックス
No. を選ぶことはできません。
5
掲示板ボックスの登録
ボックスNo.を指定してください
01 (2桁)
うすく■■■□□こく
ボックス名称(最大 20 文字)を入れる
・文字の入力のしかた(
132 ページ)
暗証番号(4 桁)を登録する
を押して、指定し直します。
9
ふつう
各
種
登
録
・
設
定
例:「1234」
掲示板ボックスの登録
暗証番号を登録してください
1234 (4桁)
うすく■■■□□こく
を押す
ふつう
掲示板ボックスの登録
暗証番号を登録してください
_ (4桁)
を押す
・間違えたときは、
ふつう
掲示板ボックス_
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
8
ふつう
掲示板ボックスの登録
ボックス名称を登録してください
を押す
うすく■■■□□こく
7
ふつう
例:「01」
うすく■■■□□こく
6
ふつう
掲示板ボックスの登録
ボックスNo.を指定してください
_ (2桁)
うすく■■■□□こく
4
ふつう
ふつう
掲示板ボックスの登録
サブアドレスを登録してください
_
うすく■■■□□こく
ふつう
123
各種登録・設定
10
サブアドレス(最大 20 桁)を登録する
・間違えたときは、
例:「12345678901234567890」
掲示板ボックスの登録
サブアドレスを登録してください
12345678901234567890
を押して、指定し直します。
うすく■■■□□こく
11
を押す
掲示板ボックスの登録
パスワードを登録してください
_
うすく■■■□□こく
12
パスワード(最大 20 桁)を登録する
掲示板ボックスの登録
パスワードを登録してください
22222333334444455555
手順 13 に進みます。
13
を押して、指定し直します。
うすく■■■□□こく
を押す
15
16
通信後のメモリー保存を選ぶ
・
:掲示板ボックスの内容を送信した後、原稿を
消去します。
・
:送信した後、消去しません。
ふつう
例:「通信後、原稿消去を行う」を
選択する場合
ボックスNo.01は
掲示板ボックス
として登録されました
うすく■■■□□こく
ふつう
続けて、掲示板ボックスの登録ができます。手順4からの操作を
くり返します
お知らせ
を押す
● 掲示板ボックスに登録した暗証番号は忘れないようにご注意ください。
暗証番号を
忘れると、ボックスの登録内容を変更・消去することができなくなります。
● 暗証番号を忘れた場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い
合わせください。
● 掲示板ボックスの登録を途中でやめるときは、
124
ふつう
掲示板ボックスの登録
原稿消去を行いますか
1.はい 2.いいえ
うすく■■■□□こく
14
ふつう
例:「22222333334444455555」
・パスワードが必要ない場合は、何も入力しないで
・間違えたときは、
ふつう
を押します。
各種登録・設定
掲示板ボックスの変更
1
2
「掲示板ボックスの登録」の手順3までの操作をする( 123ページ)
変更するボックスNo.を指定し、 を押します
・間違えたときは、 を押す前に を押して、指定し直します。
3
4
指定したボックスNo.に登録されている暗証番号を入力し、 を押す
「掲示板ボックスの登録」の手順 6 からの操作をして、ボックス名称などの登録内容を変更
する( 123 ページ)
お知らせ
● 親展ボックスに登録されているボックスを、掲示板ボックスに変更すること
はできません。ボックスの内容を変更するときは「通信ボックスの消去」
( 126 ページ)をしてから登録し直してください。
各
種
登
録
・
設
定
125
各種登録・設定
■ 通信ボックスの消去
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
Fコード通信の登録
1.ボックスの登録
2.ボックスの消去
を押す
うすく■■■□□こく
通信ボックスの消去
ボックスNo.を指定してください
_ (2桁)
を押す
うすく■■■□□こく
ボックス No.(2 桁:01 ∼ 10)を指定する
・間違えたときは、
を押して、指定し直します。
通信ボックスの消去
ボックスNo.を指定してください
01 (2桁)
うすく■■■□□こく
を押して、指定し直します。
通信ボックスの消去
暗証番号を指定してください
1234 (4桁)
ふつう
通信ボックスの消去
ボックスNo.01を消去しますか
1.はい 2.いいえ
を押す
うすく■■■□□こく
ボックスの内容を消去するときは
を押す
・ボックスの内容を消去しないときは、
手順 2 から指定し直します。
を押します。
ふつう
通信ボックスの消去
ボックスNo.01を消去しました
うすく■■■□□こく
ふつう
続けて、通信ボックスの消去ができます。手順3からの操作をくり返します
お知らせ
126
ふつう
例:「1234」
暗証番号(4 桁)を登録する
うすく■■■□□こく
6
7
8
9
ふつう
通信ボックスの消去
暗証番号を指定してください
_ (4桁)
を押す
・間違えたときは、
ふつう
例:「01」
うすく■■■□□こく
4
5
ふつう
を押す
● 指定した暗証番号を忘れた場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社
にお問い合わせください。
● 通信ボックスの消去を途中でやめるときは、
を押します。
各種登録・設定
システムの登録
■ システム登録のしかた
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
登録モード (1ー6)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
うすく■■■□□こく
2
システムの登録 (001-107)
を押す
No.=_ (3桁)
うすく■■■□□こく
3
設定する番号(3 桁)を入れ、
・「システム登録一覧表」(
設定番号を選択します。
を押して、指定し直
5
設定値を選ぶ
128 ページ)を参照して、
を押す
・ 続けて、表示されている項目の設定ができます。
手順4からの操作をくり返します。
6
例:「002」
002 文字サイズ 設定:1
1.ふつう 2.小さい
3.細密 4.ハーフトーン
うすく■■■□□こく
します。
・「システム登録一覧表」(
設定値を選択します。
ふつう
を押す
128 ページ)を参照して、
・ 設定番号を間違えたときは、
4
ふつう
ふつう
002 文字サイズ 設定:1
1.ふつう 2.小さい
3.細密 4.ハーフトーン
うすく■■■□□こく
ふつう
004 済スタンプ 設定:2
1.なし 2.あり
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
各
種
登
録
・
設
定
お知らせ
● システム登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順4の画面を表示しているとき、▼ ▲を押すと、ほかの設定項目が選べます。
127
各種登録・設定
■ システム登録一覧表
お買い上げ時は、下線の位置に設定されています。
設定番号
設定項目
設定値
説 明
001
原稿濃淡
1:うすく
通常、使用する原稿の濃さに合わせます。
∼ ∼
3:ふつう
002
004
005
006
007
009
010
012
013
014
017
128
5:こく
文字サイズ
1:ふつう
2:小さい
3:細密
4:ハーフトーン
済スタンプ
1:なし
2:あり
送信メモリー優先 1:なし
2:あり
ダイヤル切替
1:PB
2:10pps
3:20pps
発信元印字
1:なし
2:原稿外
3:原稿内
受信時刻印字
1:なし
2:あり
ブザー音量
1:なし
2:小さい
3:大きい
通信結果レポート 1:ダイレクト
結果レポート
2:メモリー結果
レポート
+
1:なし
2:未通信
3:全通信
通信管理レポート 1:なし
2:あり
通信受付レポート 1:なし
2:あり
受信モード
1:FAX 専用
2:手動受信
3:F/T 切替
4:留守録接続
通常、使用する原稿の文字の大きさに合わせます。
ダイレクト送信時に済スタンプの設定状態を選びま
す。
“なし”にすると、通常の操作でダイレクト送信とな
ります。
ダイヤル種別を選びます。
相手用紙にプリントする発信元の位置を設定しま
す。
“なし”にすれば、発信元をプリントしません。
“あり”にすれば、受信した時刻を用紙にプリントし
ます。
アラーム音やボタンを押したときの音量を調節しま
す。
通信結果レポートをプリントするときの条件を設定
します。
通信管理レポートのプリント方法を設定します。
“なし”にしたときはパネル操作でレポートをプリ
ントします。
メモリー送信を受け付けたとき、受付枚数や宛先な
どをレポートにしてプリントします。
ファクスの受信のしかたを選びます。
受信モード ボタンを押して切り替えることもでき
ます。
各種登録・設定
設定番号
設定項目
設定値
説 明
018
F/T ベル回数
受信モードを“F/T 切替”にセットしているとき、
ファクスに切り替わってから呼出音を鳴らす回数を
設定します。
019
応答メッセージ
時間
無音検知
1:3 回
2:6 回
3:9 回
4:12 回
1 ∼ 20 ∼ 60 秒
020
021
026
027
028
031
043
044
045
046
047
051
054
061
063
外付けの留守番電話機の応答メッセージの長さに合
わせて設定します。
“あり”
にすると、用件を録音している間に約6秒の
無音があると、ファクスの受信に切り替わります。
ファクスが着信するまでに鳴る呼出音の回数を設定
します。
1:なし
2:あり
着信呼出回数
0:0 回
1:1 回 ∼
9:9 回
ポーリング用
4 桁のパスワード ポーリング通信をするときに使う4 桁のパスワード
暗証番号の登録
です。
ポーリング送信
1:なし
“あり”にすると、ポーリング送信したあと、原稿を
メモリーから消去しません。
保存
2:あり
“なし”にすると、メモリー送信のときに、原稿をメ
メモリー
1:なし
モリーに蓄積した時点で済スタンプを押しません。
済スタンプ
2:あり
未通信になったファイルをメモリーに保存し、再通
未送信ファイル
1:なし
保存
2:あり
信を指定することができます。
パスワード送信
4 桁のパスワード 送信パスワードを使って、相手とパスワード通信す
るとき、4 桁のパスワードを登録し、
“あり”また
+
1:なし
は“なし”を選びます。( 69 ページ)
2:あり
パスワード受信
4 桁のパスワード 受信パスワードを使って、相手とパスワード通信す
+
るとき、4 桁のパスワードを登録し、
“あり”または
1:なし
“なし”を選びます。( 71 ページ)
2:あり
セレクト送信
1:なし
“あり”にすると、ダイヤル番号が登録されている相
2:あり
手にしかファクスを送信しません。
セレクト受信
1:なし
“あり”にすると、ダイヤル番号が登録されている相
2:あり
手のファクスしか受信しません。
リモート受信
1:なし
“あり”にすると、接続した外部電話機から、ファク
2:あり
スをリモート受信できます。
遠隔診断
1:なし
遠隔操作などにより各種の診断を行う機能です。
2:あり
メモリー転送
1:なし
“あり”
にすると、
受信した原稿を、
すべて指定した宛
2:あり
先へ転送できます。
メモリー転送する宛先、
メモリー
転送を有効とする着信回線
(オプションのG4通信ユ
ニットまたはインターネットFAXユニットをお使い
のとき)、転送時間帯、受信した原稿の本機でのプリ
ント指定をセットできます。
ファクス/コピー 1:ファクス
待機時に、ファクス画面で待つか、コピー画面で待
モード
2:コピー
つかを選択します。
PC-FAX 受信
1:印刷
パソコンをパラレルレポートで接続時、受信した原
2:印刷+ PC 転送 稿をパソコンへ転送する設定です。
3:PC 転送
各
種
登
録
・
設
定
129
各種登録・設定
設定番号
設定項目
設定値
066
代行出力
1:なし
2:あり
067
受信 2 in 1 機能
1:なし
2:あり
071
親切受信
1:なし
2:あり
072
音声応答
1:なし
2:あり
075
OP ハンドセット 1:なし
2:あり
回転送信
1:なし
2:あり
クイックメモリー 1:なし
送信
2:あり
回転ソート
1:なし
2:あり
078
082
083
088
096
099
通信モード/回線 1:外線
2:G4
3:G3 (I)
NTT ファクシミリ 1:なし
通信網
2:SDT
3:Timer
メモリー容量
−
マルチプリント
部数
102
液晶表示濃度
103
発呼宛先表示
1:なし
2:全受信
3:短縮/
ワンタッチ
淡い ∼ 濃い
“あり”にしていると、受信中に適正サイズの用紙が
無くなると、ほかのカセットにセットされている用
紙を使ってプリントします。( 42 ページ)
A5 または B5 サイズの原稿を 2 枚受信したとき、
A4 または B4 サイズの用紙 1 枚にまとめてプリン
トします。
相手が自動送信のファクス(ポー・・ポー・・音)の
場合、受話器をおろすと自動的に受信に切り替わり
ます。
“F/T切替”にセットしているとき、ファクスに切り
替わってから呼出音だけ相手に流したいときに“な
し”にします
オプションハンドセットをお使いのときに設定しま
す。
A4 原稿を(←
)の方向にセットし、送信すると
90°回転して(←
)送ります。
クイックメモリー送信の設定
A4 原稿の複数ページの受信やソートコピーで、
A4 用紙へプリントするときは、1 部プリントする
毎に A4 縦、A4 横と交互にプリントします。
(この
場合は、用紙の設定で A4 縦、横の両用紙をカセッ
トに設定する必要があります)
オプションの G4 通信ユニットをお使いのとき、宛
先を指定するときに最初に表示する回線を設定しま
す。
ファクシミリ通信網(★)加入時、第2発信音を検
知する場合はSDT、しない場合はTimerにします。
オプションの「メモリーカード」の取り付け状態を
確認します。
(メモリーカードは、取り付け時に自動
認識しますので設定はありません。)
マルチプリント部数を指定する設定をします。
お使いになる場所の明るさに合わせて、適切な表示
濃度を選ぶ事ができます。 ボタンで設定しま
す。
宛先指定したとき、ディスプレイに表示する宛先種
類の設定をします。
短縮ダイヤルとワンタッチダイヤルの付加情報を設
定します。
メモリーフル時の動作を設定します。
▲
▼
101
説 明
104
105
130
1:宛先名
2:ダイヤル
短縮ダイヤル情報 1:なし
2:あり
メモリーフル時
1:中止
2:実行
動作
各種登録・設定
設定番号
106
107
111
112
設定項目
設定値
原稿詰まり時動作 1:中止
2:実行
代行宛先通信
1:なし
2:あり
G4 リモート発信
元印字
G4 送信側発信元
印字
113
国際 ISDN
115
発信元番号通知
1:なし
2:あり
1:なし
2:原稿外
3:原稿内
1:なし
2:あり
1:なし
2:あり
説 明
原稿詰まり時の動作を設定します。
短縮ダイヤルとワンタッチダイヤル発呼にて相手が
話し中のとき、代行宛先に送信するかの設定をしま
す。
G4 時、受信側が発信元印字をするかの設定をしま
す。
G4 時、送信側が発信元印字位置を設定します。
海外と ISDN を使用して通信を行うかを設定しま
す。
INS64 通信時、相手デイスプレイに電話番号を表
示させるかの設定をします。
※ 088、110 ∼ 115 はオプションの G4 通信ユニットをお使いのときに設定します。
★ NTT コミュニケーションズがファクシミリ利用者向けにサービス(有料)している「ファクシミリ通
信網(F ネット)」を利用できます。遠くの相手と多く通信する場合には、通常のファクス通信より経
済的です。
・ ファクシミリ通信網の料金・機能・利用法についての詳しいことは、お近くの NTT コミュニケーショ
ンズ窓口にお問い合わせください。
各
種
登
録
・
設
定
131
各種登録・設定
文字入力のしかた
発信元情報や、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルなどを登録するときには、文字を入力することが
できます。本商品では テンキー ボタンと ワンタッチ ボタンを使って、ひらがな、カタカナ、漢字、
英字、記号、数字の入力ができます。
■入力モードの切り替え
文字入力時はワンタッチボタン 19 、39 、59 が 文字切替 ボタンとなり、以下のように押すごとに
入力モードが切り替わります。待機状態では「かな漢モード」に設定されています。
例:ワンタッチダイヤルの名称登録
ワンタッチダイヤル登録 :01
名称を登録してください
(かな漢)
文字切替
入力モード:カナ
ワンタッチボタン
19 39 59
うすく■■■□□こく ふつう
うすく■■■□□こく ふつう
かな漢モード
カナモード
文字切替
ワンタッチボタン
19 39 59
文字切替
ワンタッチボタン
19 39 59
入力モード:かな漢
入力モード:英記号
■
うすく■■■□□こく ふつう
うすく■■■□□こく ふつう
英記号モード
かな漢モード
文字切替
ワンタッチボタン
文字切替
19 39 59
ワンタッチボタン
19 39 59
入力モード:コード入力
コード番号=■
入力モード:数字
文字切替
ワンタッチボタン
19 39 59
うすく■■■□□こく ふつう
コードモード
お知らせ
132
うすく■■■□□こく ふつう
数字モード
● 待機状態では、
「かな漢モード」に設定されています。
各種登録・設定
■ かな漢/カナ/英記号モードでの入力
134 ページの一覧表のように、テンキー ボタン(1 ∼ 9 、#、*)を何回押したかで、入力される
文字が決定します。
例:「け」を入力する場合
文字切替 ボタン(ワンタッチボタン 19、39、59)でかな漢モードに切り替えて、
を4
回押します。
例:「モ」を入力する場合
文字切替 ボタン(ワンタッチボタン 19、39、59)でカナモードに切り替えて、
を5回
押します。
例:「n」を入力する場合
文字切替 ボタン(ワンタッチボタン 19、39、59)で英記号モードに切り替えて、
を5
回押します。
■ 数字モードでの入力
数字モード時にテンキーボタンを 1 回押すと、その テンキー ボタンの数字・記号(1 ∼ 9 、#、*)
がそのまま入力されます。
■ コードモードでの入力
区点コード表を参照して、 テンキー ボタンの 1 ∼ 9 で 4 桁の区点コードを入力します。
( 154 ページ)
例:「社」を区点コードで入力する
「社」の区点コードは 28 区の 50 番目なので、コードモードでは
を入力
します。
40+10=50
区番号
28
∼
00
∼
20
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
15
16
しお しか
14
シキ
17
18
19
しき
ジク
次滋 治 爾 璽 痔 磁 示 而 耳 自 蒔 辞 汐鹿 式 識 鴫 竺
しし しすく シチ
シツ
ジツ しとみ しの しのひ しは
軸 宍雫 七 叱 執 失 嫉 室 悉 湿 漆 疾 質 実蔀 篠 偲 柴 芝
しはしは しへ しま
シャ
ジャ
シャク
屡 蕊縞 舎 写 射 捨 赦 斜 煮 社 紗 者 謝 車遮 蛇 邪 借 勺
60
尺 杓灼 爵 酌 釈 錫 若 寂 弱 惹 主 取 守 手朱 殊 狩 珠 種
∼
∼
40
区
∼
80
お知らせ
ジャク
ジュ
シュ
シュウ
腫 趣酒 首 儒 受 呪 寿 授 樹 綬 需 囚 収 周
● かな漢モード時の未確定文字列の表示、
およびコードモード時のコード番号の表示
は、この取扱説明書ではアンダーバーのカーソル表示になっていますが、実際の
ディスプレイ表示は以下のようになります。
〈この取扱説明書での表記例〉
〈実際のディスプレイ表示イメージ例〉
あ
_
あ
133
各
種
登
録
・
設
定
各種登録・設定
■ 文字割り当て一覧
かな漢モード
1回
あ
か
さ
た
な
は
ま
や
ら
わ
(濁点)
゛
、
2回
い
き
し
ち
に
ひ
み
ゆ
り
を
゜
(半濁点)
。
3回
う
く
す
つ
ぬ
ふ
む
よ
る
ん
4回
え
け
せ
て
ね
へ
め
ゃ
れ
−
・
1回
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
マ
ヤ
ラ
ワ
(濁点)
゛
、
2回
イ
キ
シ
チ
ニ
ヒ
ミ
ユ
リ
ヲ
゜
(半濁点)
。
3回
ウ
ク
ス
ツ
ヌ
フ
ム
ヨ
ル
ン
4回
エ
ケ
セ
テ
ネ
ヘ
メ
ャ
レ
−
・
1回
2回
3回
A
D
G
J
M
P
T
W
※下記参照
B
E
H
K
N
Q
U
X
C
F
I
L
O
R
V
Y
ダイヤル「1」
ダイヤル「2」
ダイヤル「3」
ダイヤル「4」
ダイヤル「5」
ダイヤル「6」
ダイヤル「7」
ダイヤル「8」
ダイヤル「9」
ダイヤル「0」
ダイヤル「*」
ダイヤル「#」
5回
お
こ
そ
と
の
ほ
も
ゅ
ろ
6回
ぁ
5回
オ
コ
ソ
ト
ノ
ホ
モ
ュ
ロ
6回
ァ
4回
5回
6回
a
d
g
j
m
S
t
Z
b
e
h
k
n
p
u
w
c
f
i
l
o
q
v
x
4回
/
15 回
^
26 回
´
5回
:
16 回
;
27 回
`
6回
!
17 回
<
28 回
{
7回
ぃ
8回
ぅ
9回
ぇ
10 回
ぉ
11 回
7回
ィ
8回
ゥ
9回
ェ
10 回
ォ
11 回
7回
8回
9回
10 回
11 回
r
s
y
z
7回
?
18 回
=
29 回
|
8回
∼
19 回
>
30 回
}
9回
(
20 回
$
31 回
“
10 回
)
21 回
¥
11 回
*
22 回
%
っ
ょ
カナモード
ダイヤル「1」
ダイヤル「2」
ダイヤル「3」
ダイヤル「4」
ダイヤル「5」
ダイヤル「6」
ダイヤル「7」
ダイヤル「8」
ダイヤル「9」
ダイヤル「0」
ダイヤル「*」
ダイヤル「#」
ッ
ョ
英記号モード
ダイヤル「1」
ダイヤル「2」
ダイヤル「3」
ダイヤル「4」
ダイヤル「5」
ダイヤル「6」
ダイヤル「7」
ダイヤル「8」
ダイヤル「9」
ダイヤル「0」
ダイヤル「*」
ダイヤル「#」
@
英記号モード(ダイヤル「0」を押したとき)
ダイヤル「0」
1回
.
12 回
#
23 回
&
数字モード
ダイヤル「1」
ダイヤル「2」
ダイヤル「3」
ダイヤル「4」
ダイヤル「5」
ダイヤル「6」
ダイヤル「7」
ダイヤル「8」
ダイヤル「9」
ダイヤル「0」
ダイヤル「*」
ダイヤル「#」
134
1回
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
*
#
2回
−
13 回
+
24 回
[
3回
_
14 回
,
25 回
]
各種登録・設定
■ 文字入力の例
■テンキーボタンの表示
発信元名称に「本社 A」を入力します。
セットボタン
テンキーボタンには、文字入力の目安
となる文字が表示されています。
「文字割り当て一覧( 134ページ)」
数字モード
かな漢/カナ
モード
英記号モード
テンキーボタン
ワンタッチボタン
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
発信元名称の文字入力画面を表示させます。
( 139 ページ 、手順 1、2)
発信元の情報の登録
名称を登録してください(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
2
を 5 回押します
・「ほ」が表示されます。
_
入力モード:かな漢
ほ
_
うすく■■■□□こく
3
を 3 回押します
・「ん」が表示されます。
4
・「し」が表示されます。
5
・「ゃ」が表示されます。
6
・ 漢字変換 ボタン(ワンタッチボタン 20、40、60)を
押すごとに、
「ほんしゃ」の変換候補が次々と表示され
ます。
ふつう
各
種
登
録
・
設
定
_
入力モード:かな漢
ほんしゃ
_
うすく■■■□□こく
「本社」と表示されるまで 漢字変換 ボタン
(ワンタッチボタン 20、40、60)を押します
ふつう
_
入力モード:かな漢
ほんし
_
うすく■■■□□こく
を 4 回押します
ふつう
_
入力モード:かな漢
ほん
_
うすく■■■□□こく
を 2 回押します
ふつう
ふつう
_
入力モード:かな漢 1/2
本
_
社
うすく■■■□□こく
ふつう
135
各種登録・設定
8
・「本社」が入力されます。
うすく■■■□□こく
文字切替 ボタン(ワンタッチボタン 19、
39、59)を 2 回押します
・ 入力モードが「英記号モード」に切り替わります。
本社_
入力モード:英記号
うすく■■■□□こく
・「A」が入力されます。
うすく■■■□□こく
● 登録操作を途中でやめるときは、
ふつう
を押します。
▼
お知らせ
ふつう
本社A
_
入力モード:英記号
を 1 回押します
▲
9
ふつう
● 入力を間違えたときは または を押してカーソルを間違えた文字の右隣に移動
し
を押してから入力し直します。
を押します。
▲
● 文字をすべて消去するときは、カーソルを左はじに移動し、
▼
7
本社_
入力モード:かな漢
_
を押します
● 漢字変換する範囲を変更するときは、手順 5 で「ほんしゃ」を入力後、 または ▲
▲
▲
を押すと、漢字変換の対象となる範囲を変更することができます。たとえば、手順
5 の場合、
「ほんしゃ」→ →「ほんし」→ →「ほん」→ →「ほ」となりま
す。
● 漢字変換 ボタン(ワンタッチボタン 20、40、60)以外で漢字変換を行うには、
手順 6 で ▼ を押しても変換候補が次々と表示されます。 ▲ を押すと、1 つ前の
変換候補が表示されます。
136
各種登録・設定
自局情報の登録
自局情報では、次の項目が登録できます。
登録項目
時刻の指定
発信元情報
文字 ID(カナ)
数字 ID
定時刻タイマー
定期便タイマー
F コードサブアドレス
F コードパスワード
※
ISDN 基本番号
※
ISDN ダイヤルイン
※
ISDN 数字 ID
※
ISDN,文字ID(英字)
参照
ページ
現在の日付けと時刻を登録します。
138
ページ
原稿を送信するとき、原稿の先端につける、会社名や部署名などの
139
情報を登録します。
ページ
相手のディスプレイに表示させる会社名などの情報を登録します。 140
ページ
通信したとき、相手のディスプレイに表示させる電話番号などの情
141
報を登録します。
ページ
タイマー通信を指定するときの時刻を登録します。
142
ページ
定期便タイマー通信を指定するときの指定時刻(1 ∼ 5)を登録し
143
ます。
ページ
サブアドレス通信をするときに使うサブアドレス番号を登録します。 144
ページ
サブアドレス通信をするときに使うパスワードを登録します。
145
ページ
オプションの G4 通信ユニットを装着時に、相手のディスプレイに
―
表示させる電話番号などの情報を登録します。
オプションのG4通信ユニットを装着時に、
相手のディスプレイに表
―
示させるダイヤルイン番号などの情報を登録します。
オプションの G4 通信ユニットを装着時に、相手のディスプレイに
―
表示させる電話番号などの情報を登録します。
オプションの G4 通信ユニットを装着時に、相手のディスプレイに
―
表示させる会社名などの情報を登録します。
内容
※はオプションの G4 通信ユニットをお使いのときに設定します。
各
種
登
録
・
設
定
137
各種登録・設定
■ 日付と時刻の登録
現在の日付と時刻を登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
必要に応じて▼または▲を押して、
「時刻の指定」
を表示させる
時刻の指定
00年01月01日00時00分
うすく■■■□□こく
3
ふつう
日付と時刻を入れる
・例:「2002 年 03 月 10 日 午後 5 時 15 分」の場合
・時刻は 24 時間制で入れます。
を入れます。
▲
▼
・日付、時刻が 1 桁の場合は、数字の前に
・間違えたときは、 でカーソルを移動させてから入れ直します。
4
5
を押す
・日付と時刻が登録されます。続けて、「発信元情報の登録」ができます。(
139 ページ)
を押す
・登録した日時が表示され待機状態に戻ります。
お知らせ
● 時計は、1ヵ月に 1 分程度ずれることがあります。
● 長時間、電源が切れていると、日時がずれることがあります。最初からセットし直
してください。
● 日付と時刻の登録を途中でやめるときは、
138
を押します。
各種登録・設定
■ 発信元情報の登録
原稿を送信するとき、原稿の先端に会社名や部署名を付けることができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「発信元情報の登録」
を表示させる
発信元情報の登録
名称を登録してください(かな漢)
_
うすく■■■□□こく
3
発信元(最大 20 文字)を入れる
・「文字入力のしかた」(
132 ページ)
松下電送システム
入力モード:かな漢
■
うすく■■■□□こく
4
ふつう
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● 発信元情報の登録を途中でやめるときは、
を押します。
発信元情報の変更
2
変更する文字の右隣にカーソルを移動し、 を押す
・ または を押してカーソルを移動させます。
3
4
変更する文字を入力する( 132ページ)
各
種
登
録
・
設
定
▼
「発信元情報の登録」の手順2までの操作をする( 139ページ)
・現在、登録されている発信元情報が表示されます。
▼
1
を押す
・待機状態に戻ります。
139
各種登録・設定
■ 文字 ID(カナ)の登録
相手のディスプレイにこちらの会社名などを表示させることができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
3
を押す
▼または▲を押して、
「文字 ID(カナ)の登録」
を表示させる
文字ID(カナ)の登録
文字IDを登録してください
_
うすく■■■□□こく
文字 ID(最大 16 文字)を入れる
・ 文字 ID には、最大 16 文字のカタカナ・英記号(@を
除く)
・数字のみが入力できます。
・
「文字入力のしかた」( 132 ページ)
4
マツシタテ゛ンソウシステム_
入力モード:カナ
うすく■■■□□こく
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● 文字 ID(カナ)の登録を途中でやめるときは、
を押します。
文字ID(カナ)の変更
2
変更する文字の右隣にカーソルを移動し、 を押す
・ または を押してカーソルを移動させます。
3
4
変更する文字を入力する( 132ページ)
▼
「文字ID(カナ)の登録」の手順2までの操作をする( 140ページ)
・現在、登録されている文字ID(カナ)が表示されます。
▼
1
を押す
・待機状態に戻ります。
140
ふつう
ふつう
各種登録・設定
■ 数字 ID の登録
通信をしたとき、相手のディスプレイにこちらの電話番号などを表示させることができます。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「数字 ID の登録」
を表示させる
数字IDの登録
数字IDを登録してください
_
うすく■■■□□こく
3
電話番号(最大 20 桁)を入れる
数字IDの登録
・ 最大 20 桁の電話番号を入力できます。
0334919191_
・間違えたときは、
4
うすく■■■□□こく
を押して、入力し直します。
ふつう
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● 数字 ID の登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 数字IDには、数字、+、スペースが登録できます。
「+」を登録するときは、を
押します。「スペース」を登録するときは、
を押します。
数字IDの変更
1
「数字IDの登録」の手順2までの操作をする( 141ページ)
・現在、登録されている外線数字IDが表示されます。
各
種
登
録
・
設
定
変更する文字の右隣にカーソルを移動し、 を押す
▼
▼
2
・ または を押してカーソルを移動させます。
3
変更する数字を入力し を押す
・待機状態に戻ります。
141
各種登録・設定
■ 定時刻タイマーの登録
タイマー通信を指定するときの時刻を登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「定時刻タイマーの登録」
を表示させる
定時刻タイマーの登録
時刻を指定してください
_ :
うすく■■■□□こく
3
タイマー通信の指定時刻を入れる
・例:「午前 10 時」の場合
・時刻は 24 時間制で入れます。
定時刻タイマーの登録
時刻を指定してください
10:00
うすく■■■□□こく
・間違えたときは、
4
を押して、入力し直します。
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● 定時刻タイマーの登録を途中でやめるときは、
を押します。
定時刻タイマーの変更
1
「定時刻タイマーの登録」の手順2までの操作をする( 142ページ)
・現在、登録されている定時刻が表示されます。
2
3
変更する定時刻を入力する
を押す
・待機状態に戻ります。
142
ふつう
ふつう
各種登録・設定
■ 定期便タイマーの登録
定期便タイマー通信を指定するときの指定時刻(1 ∼ 5)を登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「定期便タイマーの登録」
を表示させる
定期便タイマーの登録
登録番号を指定してください
_ (1∼5)
うすく■■■□□こく
3
登録番号(1 ∼ 5)を指定する
・間違えたときは、
を押して、入力し直します。
定期便タイマーの登録
登録番号を指定してください
1 (1∼5)
うすく■■■□□こく
4
ふつう
定期便タイマーの登録
時刻を指定してください
_ :
を押す
うすく■■■□□こく
5
ふつう
ふつう
定期便タイマー通信の時刻を入力する
・例:「午前 10 時」の場合
を押します。
・時刻は 24 時間制で入れます。
・間違えたときは、
6
を押して、入力し直します。
定期便タイマーの登録
時刻を指定してください
10:00
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● 定期便タイマーの登録を途中でやめるときは、
を押します。
定期便タイマーの変更
1
2
各
種
登
録
・
設
定
「定期便タイマーの登録」の手順2までの操作をする( 143ページ)
変更する登録番号(1∼5)を指定し、 を押す
・現在、登録されている時刻が表示されます。
3
4
変更する時刻を入力する
を押す
・待機状態に戻ります。
143
各種登録・設定
■ F コードサブアドレスの登録(サブアドレス通信)
F コード通信をするときに使う最大 20 桁の F コードサブアドレスを登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「F コードサブアドレス
の登録」を表示させる
Fコードサブアドレスの登録
サブアドレスを指定してください
_
うすく■■■□□こく
3
F コードサブアドレス(最大 20 桁)を
入れる
・間違えたときは、
4
ふつう
例:「12345678901234567890」
を押して、入力し直します。
Fコードサブアドレスの登録
12345678901234567890
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● F コードサブアドレスの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● F コードサブアドレスには、数字、*、#、スペースが登録できます。
「スペース」
を登録するときは、
を押します。
Fコードパスワードの変更
2
変更する数字の右隣にカーソルを移動し、 を押す
・ または を押してカーソルを移動させます。
3
▼
「Fコードサブアドレスの登録」の手順2までの操作をする( 144ページ)
・現在、登録されているFコードサブアドレスが表示されます。
▼
1
変更するFコードサブアドレスを入力し を押す
・待機状態に戻ります。
144
各種登録・設定
■ F コードパスワードの登録(サブアドレス通信)
F コード通信をするときに使う最大 20 桁の F コードパスワードを登録します。
ランプ点灯状態で
・消灯しているときは、押して点灯させる。
1
2
を押す
▼または▲を押して、
「F コードパスワードの
登録」を表示させる
Fコードパスワードの登録
パスワードを指定してください
_
うすく■■■□□こく
3
F コードパスワード(最大 20 桁)を
入れる
・間違えたときは、
4
ふつう
例:「12345678901234567890」
を押して、入力し直します。
Fコードパスワードの登録
12345678901234567890
うすく■■■□□こく
ふつう
を押す
・待機状態に戻ります。
お知らせ
● F コードサブアドレスの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● F コードサブアドレスには、数字、*、#、スペースが登録できます。
「スペース」
を登録するときは、
を押します。
Fコードパスワードの変更
「Fコードパスワードの登録」の手順2までの操作をする( 145ページ)
・現在、登録されているFコードパスワードが表示されます。
2
変更する数字の右隣にカーソルを移動し、 を押す
▼
各
種
登
録
・
設
定
▼
1
・ または を押してカーソルを移動させます。
3
変更するFコードパスワードを入力し を押す
・待機状態に戻ります。
145
必要なときにお読みください
必要なときにお読みください
消耗品の交換のしかた
■ 用紙の補充
取扱説明書「コピー編」を参照ください。
■ 用紙カセットのサイズ変更
取扱説明書「コピー編」を参照ください。
■ プロセスカートリッジの交換
取扱説明書「コピー編」を参照ください。
こんなときには
■ 用紙がつまったとき
取扱説明書「コピー編」を参照ください。
■ お手入れのしかた
取扱説明書「コピー編」を参照ください。
146
必要なときにお読みください
■ 済スタンプの交換
済スタンプが薄くなってきたら交換します。
● 済スタンプは当社指定品をご使用ください。(品番:UG-4105)
1
原稿台カバーを静かに開けます。
4
「済」のゴム印を交換します。
ゴム印
(旧)
2
(新)
5
新しい済スタンプをスタンプユニッ
トに取り付け、スタンプユニットを
閉じます。
6
原稿押さえシートを元のように取り
付けます。
原稿押さえシートを静かに外します。
原稿押さえシートはマジックテープで取り
付けられています。
マジック
テープ
スタンプ
ユニット
3
フック部をはずして、スタンプユ
ニットを静かに開き、済スタンプを
指でつまんで矢印方向に引き抜きま
す。
フック部
お知らせ
マジックテープ部をしっかりと押さえて確
実に取り付けます。
原稿押さえシート
7
● 原稿押さえシートは右半分は接着
されていますので、強く引っ張ら
ないでください。原稿押さえシー
トが破れることがあります。
原稿台カバーを確実に閉めます。
マジック
テープ部
接着部
147
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
故障かな?と思ったら
故障かな?と思ったときは、次の項目をチェックしてください。
こんなときは
原 因
原稿が繰り込まれ 送信開閉部が閉まっていない
ない
装置の扱える最小原稿サイズより小さ
い原稿を ADF にセットしている
原稿が斜めに繰り 原稿ガイドを合わせていない
込まれる
ア ラ ー ム 音 が 鳴 送信またはコピーする原稿が長すぎる
り、“原稿を確認
してください”が
表示される
送信できない
セレクト送信をセットしている
パスワード送信をセットしている
受信できない
セレクト受信をセットしている
パスワード受信をセットしている
呼出音が鳴りっぱ ファクスが“手動受信”にセットされて
なしで、受信でき いる
ない
メモリーがいっぱいになっている
受信した原稿がプ
リントされない
メモリーランプ点
灯状態で送信でき
ない
リモート受信でき
ない
タイマー通信や、
ポーリング通信な
どの通信をセット
できない
セレクト通信でき
ない
ポーリング通信で
きない
パスワード通信で
きない
148
参照
ページ
対 応
送信開閉部を閉めてください
キャリアシートを使って原稿をセット
してください
原稿ガイドを合わせてから、 原稿を
セットしてください
原稿の長さを2000mm 以下にしてか
ら、送信・コピーをしてください。
セレクト送信を解除してください
パスワード送信を解除してください
セレクト受信を解除してください
パスワード受信を解除してください
受話器を取り、受信操作をしてくださ
い
メモリーに保存されている原稿をプリ
ントしてください
(スタンバイ)になっている 電源を“I ”(入)にしてください
電源が“ ”
用紙を補充してください
用紙がなくなっている
用紙を正しくセットしてください
用紙が正しくセットされていない
エラーコードを確認して、つまった用
用紙がつまっている
紙を取り除いてください
メモリーに空きができてから、送信し
メモリーがいっぱいになっている
てください
ダイレクト送信してください
予約している通信が、30通信になって 予約している通信が終ってから、通信
いる、またはポーリング送信予約が 10 してください
通信になっている
ダイレクト送信してください
システム登録の「047 リモート受信」「047 リモート受信」を“あり”にし
が“なし”になっている
てください
正しく接続してください
ファクスと正しく接続されていない
外部電話機から電話をかけた場合は、
外部電話機から電話をかけている
リモート受信はできません
予約している通信が、30 通信になって 予約している通信が終ってから、通信
いる、またはポーリング送信予約が 10 してください
通信になっている
予約している通信を取り消してから、
通信してください
相手のダイヤル番号を、本機に登録し 相手のダイヤル番号を登録してくださ
ていない
い
相手の ID 番号に、電話番号が登録され 相手に、ID 番号には電話番号を登録す
ていない
るように伝えてください
ポーリング通信用のパスワードが一致 相手に確認して、通信し直してくださ
い
しない
パスワード通信用のパスワードが一致 相手に確認して、通信し直してくださ
しない
い
ー
21 ページ
19 ページ
20 ページ
74 ページ
70 ページ
75 ページ
72 ページ
37 ページ
42 ページ
ー
ー
ー
ー
ー
28 ページ
ー
28 ページ
129 ページ
ー
ー
ー
84 ページ
98 ページ
ー
ー
ー
必要なときにお読みください
こんなときは
原 因
受信またはコピー 原稿の裏表を逆にしてセットしている
したとき、白紙が
プリントされる
受信またはコピー プロセスカートリッジの異常
したとき、黒い筋
や点がプリントさ 読取部が汚れている
れる
受信またはコピー ・用紙が湿気を含んでいる
したとき、部分的 ・用紙に折り目やシワがある
に欠けていたり、 プロセスカートリッジの異常
記録が薄くなる
参照
ページ
原稿の裏表を確認してからセットし直 19 ページ
してください
対 応
プロセスカートリッジを交換してくだ ー
さい
ー
読取部を清掃してください
新しい包装の用紙と交換してください
ー
プロセスカートリッジを交換してくだ ー
さい
送信またはコピー 有効読取画面の外に文字が書かれてい 文字は、有効読取画面の中に書いてく 20 ページ
したとき、両端が る
ださい
プリントされない
お知らせ
● 以上の項目をチェックしても復旧しない場合は、お買い上げの販売店または、サー
ビス実施会社にお問い合わせください。
149
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
■ 主なエラーコード
通信できなかったときなどに、通信管理レポートにエラーコード表示されます。エラーコードが表示
されたときは、次の表に従って処置してください。
エラーコード
原 因
0212 ∼ 0402、 回線異常または相手機異常
0404、
0407 ∼ 0410、
0416 ∼ 0456、
0459 ∼ 0571
0403
ポーリング受信時、相手機にポーリン
グ送信の機能がない
0406
パスワード通信時、相手機とのパス
ワードが一致しない
セレクト通信時、相手機から送られる
ID 番号が、本機のダイヤル番号に登録
されていない
0411、0414、 ポーリング通信時、相手機とのパス
0415
ワードが一致しない
相手機の異常
0427
相手からポーリング受信されたとき、
本機にポーリング送信がセットされて
いない
0457
中継通信時、相手機に機能がない
0030
原稿が繰り込まれない
0031
0036
0061
0623
0630
0634
0870
150
参照
ページ
処 置
相手に確認して、もう一度通信してく ー
ださい
ポーリング受信できません
ー
相手に確認して、通信し直してくださ ー
い
相手に確認して、通信し直してくださ ー
い
相手に確認して、通信し直してくださ ー
い
ポーリング送信をセットしてください
48 ページ
中継通信はできません
原稿をセットし直してください
自動給紙圧を調整してください
原稿を 2m 以内にしてください
原稿の長さが 2m を超えている
つまった原稿を取り除いて、セットし
原稿づまり
直してください
ADFから原稿を読み取り中に原稿台カ 原稿台カバーを正しく閉めて、再度原
稿を読み取らせてください
バーが開けられた
ADFを動作させたいが原稿台カバーが 原稿台カバーを正しく閉めてください
開いている
ダイレクト送信中に送信開閉部が開け 送信開閉部を正しく閉めて、もう一度
送信してください
られた
原稿をセットし直してください
原稿が正しくセットされていない
自動再ダイヤルをしてもつながらない 相手先がファクスでない場合がありま
す。番号を確認してから、もう一度通信
してください
自動再ダイヤルをしてもつながらない もう一度通信してください
原稿読み取り中、メモリーがいっぱい 相手先に何ページまで送信したかを確
認し、残りの原稿を送信し直してくだ
になった
さい
電源が入ったとき、メモリーがいっぱ メモリーに受信された内容であればプ
リントしてください
いになっていた
代行受信またはメモリー受信時、メモ メモリーに受信された内容をプリント
してください
リーがいっぱいになった
ー
19 ページ
―
―
―
19 ページ
―
―
19 ページ
―
―
33 ページ
―
42 ページ
必要なときにお読みください
エラーコード
0901、1901
0902、1902
0908、1908
0926、1926
0958、1958
0962、1962
0965、1965
0969、1969
0970、1970
1416
1432
1437
お知らせ
原 因
ISDN 回線に正しく接続されていない
参照
ページ
処 置
ISDN回線接続を確認し、もう一度操作
してください
ISDN回線接続を確認し、もう一度操作
本商品側で通信中に回線が抜けた
してください
相手先から応答がないため、通信でき 下記の確認後、もう一度操作してくだ
さい。
ない
・回線は正しく切断されているか
・相手先の電話番号は正しいか(相手先
がファクスでない可能性もあります)
・相手先のファクスが通信できる状態
になっているか
しばらくしてから、もう一度送信して
相手先が通信中などで通信できない
ください
相手先のファクスが ISDN 回線に接続 相手先に確認して、もう一度送信して
されていない、または電源が切れてい ください
る
相手先で通信中に ISDN 電話機コード
が抜けた
相手先から応答がないため、通信でき 下記の確認後、もう一度操作してくだ
さい
ない
・回線は正しく切断されているか
・相手先の電話番号は正しいか(相手先
がファクスでない可能性もあります)
・相手先のファクスが通信できる状態
になっているか
ISDN回線契約を確認し、契約に合った
ISDN 回線から通信を拒否された
使い方で操作してください
相手先に確認して、もう一度送信して
相手先が通信を中止した
ください
ポーリング受信時、相手先にポーリン ポーリング受信できません
グ機能がない
ポーリング受信時、相手先がポーリン 相手先にポーリング送信をセットして
もらってください
グ送信をセットしていない
セレクト受信設定時、相手のID番号(発 セレクト受信を「しない」に設定してく
信元番号)が違うため正常に受信でき ださい
ない
相手先の ID 番号(発信元番号)を確認
してください
ー
ー
15 ページ
ー
ー
15 ページ
ー
―
―
―
75 ページ
―
● 上記以外のエラーコードが表示された場合は、もう一度通信してみてください。
● 処置をしてもエラーコードが表示される場合は、お買い上げの販売店または、サー
ビス実施会社にお問い合わせください。
151
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
■ 主なメッセージ
通信エラーになったときや受信開閉部が開いているときなど、ディスプレーにエラー内容を表すメッ
セージが表示されます。
(下記メッセージの「■」は何段目のカセットかを示しています)
エラーメッセージ
内 容
用紙づまりを確認してく 用紙づまり
ださい
カセット引き出しに伴う用紙
づまり
用紙を補給してください 表示されている用紙カセットの用
カセット■
紙切れ
用紙を補給してください 手差しトレイの用紙切れ
手差し
カセットを確認してくだ 表 示 さ れ て い る 用 紙 カ セ ッ ト が
さい カセット■
セットされていない
サイドカバーを閉めてく 表示されているサイドカバーが開
ださい カセット■
いている
トナー少なし
トナーが少なくなっている
カートリッジを交換して
ください
トナー無し
受信開閉部/正面ドアカ
バーを閉めてください
カートリッジを確認して
ください
サービスコールをしてく
ださい プリンター部確認
サービスコールをしてく
ださい 読取部確認
サービスコールをしてく
ださい 読取制御部確認
原稿づまりを確認してく
ださい
原稿づまりを確認してく
ださい 回転送信 原稿確認
送信開閉部を閉めてくだ
さい
152
参照
ページ
処 置
用紙づまりを取り除いてください。
カセットを開けて用紙づまりを取
り除いてください。
表示カセットへ用紙を補給してく
ださい。
手差しトレイへ用紙を補給してく
ださい。
用紙カセットを確実にセットして
ください。
サイドカバーを確実に閉めてくだ
さい。
プロセスカートリッジを交換して
ください。
プロセスカートリッジを交換して
ください。
―
―
受信開閉部と正面ドアカバーを確
実に閉めてください。
プロセスカートリッジをセットし
てください。
お買い上げの販売店または、サー
ビス実施会社にお問い合わせくだ
さい。
お買い上げの販売店または、サー
読取部の故障
ビス実施会社にお問い合わせくだ
さい。
お買い上げの販売店または、サー
読取制御部の故障
ビス実施会社にお問い合わせくだ
さい。
・原稿づまりを取り除いてくださ
・原稿づまり
・原稿の長さが 2000mm を超え い。
・原稿を 2000mm 以内にして、
ている
送信し直してください。
回転送信を行いましたが、原稿長 原稿サイズをA4 と認識していま
が定型サイズ(A4 )よりも長い す。原稿長検知センサーがオンす
るように、しわやカールをなくし
てください。
送信開閉部が開いている
送信開閉部を確実に閉めてくださ
い。
―
トナーが無くなっている
受信開閉部または正面ドアカバー
が開いている
プロセスカートリッジがセットさ
れていません
プリンター部の故障
―
―
―
―
―
―
―
―
―
―
―
22 ページ
―
必要なときにお読みください
エラーメッセージ
内 容
通信エラーがありました 通信エラー
メモリーが一杯になりま メモリーが一杯になった
した
参照
ページ
処 置
送信し直してください。
・ 原稿読取中にメモリーが一杯に
なった場合は、送信できなかっ
たページから送信してください。
・ メモリーに保存されている受信
原稿をプリントしてください。
原稿の読込み枚数が255枚となっ ・ 何度かに分けて送信してくださ
い。
た
・ ダイレクト送信してください。
原稿台カバーを閉めてく ADF から原稿を読取中に原稿台カ 原稿台カバーを正しく閉めて、再
度原稿を読み取らせてください。
ださい
バーが開けられた
A D F を動作させたいが原稿台カ 原稿台カバーを正しく閉めてくだ
さい。
バーが開いている
―
33 ページ
42 ページ
28 ページ
―
―
153
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
■ 停電のとき
停電中はファクスのディスプレイは消えています。ファクスを送ったり受けたりすることはできませ
ん。また、オプションのハンドセットをご利用の場合、電話をかけることはできません。
停電になったとき
相手の方とお話し中
ファクス送信中
ファクス受信中
停電中
電話をかける
電話を受ける
ファクスを送る
ファクスを受ける
メモリーの内容
日付・時刻
ファクスに登録/設定
した内容
お知らせ
そのまま通話できます。
送信は中断されます。停電復旧後、もう一度送信してください
受信は中断されます。停電復旧後、相手の方にもう一度送信を依
頼してください
できません
できます
できません
できません
メモリーに蓄積されている送信および受信データは保持されてい
ます。
内蔵電池により、約 1 年間保持されています。
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルなどの登録内容、その他各種
登録は、停電中も消えることなく保持されています。
● 原稿を読み取り中に停電した場合は、読み取りは中断されます。停電復旧後、もう
一度読み取りをしてください。ファクス送信時、原稿読み取り後のメモリー送信中
に停電した場合は、停電復旧後、直ちに再送信されます。
■ チェック&コール
万一、本機が故障した場合には、本機が自動的に当社指定のサービス実施会社に障害状況を連絡する
機能です。詳しくはお買い上げの販売店にまたは、サービス実施会社にお問い合わせください。
154
必要なときにお読みください
主な仕様
適
用
回
線 G3(注 1) :一般電話回線
G4(注 2) :INS ネット 64、国際 ISDN
直 流 抵 抗 値 197 Ω
通 信 可 能 機 種 G3(国際規格)
、G4(注 2)
帯 域 圧 縮 方 式 MH、MR、MMR、JBIG
通
信
速
度 G3(注 1) :33600/31200/28800/26400/24000/21600/19200/
16800/14400/12000/9600/7200/4800/2400bps
G4(注 2) :64000bps、56000bps
走 査 線 密 度 ファクス
ファクス
主走査:16dot/mm
副走査:15.4line/mm (細密)、7.7line/mm (小さい)
3.85line/mm (ふつう)
読
取
方
式 CCD イメージセンサーによる固体電子走査
原 稿 サ イ ズ 最大:幅 297mm ×長さ 2000mm、最小:幅 138mm ×長さ 148mm
有 効 読 取 幅 (A3)最大:292mm、(B4)最大:252mm、(A4)最大:205mm
記
録
方
式 電子写真記録方式
用 紙 サ イ ズ A3、B4、A4、B5、A5、はがき(手差しコピー時)
有 効 記 録 範 囲 用紙の各辺から 4mm を除く範囲
お知らせ
●(注 1)一般の電話回線での最高通信速度は 28800bps 程度です。
●(注 2)「G4 通信ユニット」オプション追加時です。
155
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
句点コード表
● 入力方法については、文字入力の仕方を参照ください。
01
区
∼
59
79
95
02
区
01
02
03
14
15
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
∧ ∨
15
02
03
04
05
06
07
08
39
40
59
60
79
80
09 10
90
11
12
13
14
15
∼
∼
∼
∼
∼
∼
59
∼
60
79
∼
80
95
05
∼
∼
59
∼
60
79
∼
80
86
06
∼
00
19
∼
20
39
∼
40
59
∼
60
79
∼
80
94
156
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
と ど な にぬ ね の は ば ぱ ひ び ぴ ふ ぶ ぷ へべ ぺ ほ
ぼ ぽ ま みむ め も ゃ や ゅ ゆ ょ よ ら り る れろ ゎ わ
ゐ ゑ を ん
区
01
02
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
ァ ア ィイ ゥ ウ ェ エ ォ オ カ ガ キ ギ ク グケ ゲ コ
∼
40
A B C DE F G
ご さ ざ しじ す ず せ ぜ そ ぞ た だ ち ぢ っ つづ て で
19
39
19
ぁ あ ぃい ぅ う ぇ え ぉ お か が き ぎ く ぐけ げ こ
00
20
18
p q r st u v w x y z
∼
40
17
a b c d e f g h i j k lm n o
19
39
16
H I J KL M N O P Q R S T U V W XY Z
02
ゴ サ ザ シジ ス ズ セ ゼ ソ ゾ タ ダ チ ヂ ッ ツヅ テ デ
ト ド ナ ニヌ ネ ノ ハ バ パ ヒ ビ ピ フ ブ プ ヘベ ペ ホ
ボ ポ マ ミム メ モ ャ ヤ ュ ユ ョ ヨ ラ リ ル レロ ヮ ワ
ヰ ヱ ヲ ンヴ ヵ ヶ
区
01
02
03
04
05
06
07
08
08
20
4 5 6 78 9
01
79
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
Α Β ΓΔ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο ΠΡ Σ Τ
Υ Φ Χ ΨΩ α β γ δ
θ ι κ λμ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω
ε ζ η
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
а б в г д
59
60
02
14
15
16
17
18 19
ТУ Ф Х Ц Ч Ш Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
40
19
01 2 3
区
39
∼
01
20
01
А Б В Г Д Е Ё Ж З И Й К ЛМ Н О П Р С
19
∼
区
00
20
19
区
00
00
∼
04
18
♯ ♭ ♪ † ‡ ¶ ⃝
79
90
17
∠ ⊥ ͡ ∂∇ ≡ ≒ ≪ ≫ √ ∽ ∝ ∵ ∫ ∬
60
80
16
¬ ⇒ ⇔ ∀ ∃
Å ‰
07
∼
∼
59
19
∼
∼
40
18
81
19
39
17
80
00
20
16
∼
∼
03
13
∈ ∋ ⊆ ⊇ ⊂ ⊃ ∪ ∩
∼
95
12
◆ □ ■△ ▲ ▽ ▼ ※ 〒 → ← ↑ ↓ 〓
∼
80
11
$ ¢ £ %# & * @ § ☆ ★ ○ ● ◎ ◇
39
79
09 10
+ − ± ×÷ = ≠ < > ≦ ≧ ∞ ∴ ♂ ♀ ° ′″ ℃ ¥
19
60
08
“ ” ( ) 〔 〕 [ ] { }〈 〉 《 》 「 」 『 』 【 】
20
59
07
ヾ ゝ ゞ 〃仝 々 〆 〇 ー ― ‐ / \ ∼ ‖ | …‥‘ ’
00
40
06
∼
∼
80
05
∼
∼
60
04
∼
∼
40
03
∼
∼
39
02
、 。 , .・ : ; ? ! ゛ ゜ ´ ` ¨ ^  ̄ _ ヽ
19
20
01
∼
00
е ё ж з и й
кл м н о п р с т у ф х ц чш щ ъ ы ь э
юя
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
─ │ ┌ ┐ ┘ └ ├ ┬ ┤ ┴ ┼ ━ ┃┏ ┓ ┛ ┗ ┣ ┳
┫┻ ╋ ┠ ┯ ┨ ┷ ┿ ┝ ┰ ┥ ┸ ╂
必要なときにお読みください
16
区
03
04
05
06
07
アイ
08
09 10
あい
12
13
あおい あかね あき
11
アク
14
15
16
17
18
あさひ あし
19
22
あし
00
あずさ アツ
あつかい あて
あね
あふ
あめ
あや
あゆ
ある
あわ あわせ アン
20
あんす
∼
梓 圧 斡 扱宛 姐 虻 飴 絢 綾 鮎 或 粟 袷 安 庵 按暗 案 闇
イ
移 維 緯 胃萎 衣 謂 違 遺 医 井 亥 域 育 郁 磯 一壱 溢 逸
区
04
05
06
いんち
ウ
07
08
09 10
11
12
13
う
15
16
うかかい うし
14
うし
17
18
19
23
うす
うそ
00
院 陰 隠韻 吋 右 宇 烏 羽 迂 雨 卯 鵜 窺 丑 碓臼 渦 嘘 う
ウツ
20
うなき うは うまや うら
うり うるううわさ ウン
え
エイ
エキ
エツ
40
曳 栄 永 泳洩 瑛 盈 穎 頴 英 衛 詠 鋭 液 疫 益 駅悦 謁 越
えのき エン
60
閲 榎 厭 円園 堰 奄 宴 延 怨 掩 援 沿 演 炎 焔 煙燕 猿 縁
オ
おい
オウ
区
01
02
03
04
05
06
07
08
09 10
11
お
12
13
14
15
おか
おき
おき
オク
16
17
18
オツ
おれ おろし オン
24
00
カ
か
ガ
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
供 侠 僑 兇 競 共 凶 協 匡 卿 叫 喬 境峡 強 彊 怯 恐 恭
キョウ
挟教 橋 況 狂 狭 矯 胸 脅 興 蕎 郷 鏡 響饗 驚 仰 凝 尭 暁
キョク
ギョク きり
きろ
キン
ギン
グ
くい
クウ
ク
グウ
くし
くしろ くす クツ
駒具 愚 虞 喰 空 偶 寓 遇 隅 串 櫛 釧 屑屈
区
01
02
03
04
くつ
05
06 07
くつわ くほ
08
くま
09
10
くめ
くり
11
12
13
くわ
14
15
16
17
クン
18 19
グン
掘 窟 沓 靴 轡 窪 熊 隈 粂 栗 繰 桑 鍬勲 君 薫 訓 群 軍
ケ
ケイ
郡卦 袈 祁 係 傾 刑 兄 啓 圭 珪 型 契 形径 恵 慶 慧 憩 掲 け
携敬 景 桂 渓 畦 稽 系 経 継 繋 罫 茎 荊蛍 計 詣 警 軽 頚
ゲイ
ゲキ
けた
ケツ
ゲツ
ケン
鶏芸 迎 鯨 劇 戟 撃 激 隙 桁 傑 欠 決 潔穴 結 血 訣 月 件
倹倦 健 兼 券 剣 喧 圏 堅 嫌 建 憲 懸 拳捲
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
検 権 牽 犬 献 研 硯 絹 県 肩 見 謙 賢軒 遣 鍵 険 顕 験
鹸元 原 厳 幻 弦 減 源 玄 現 絃 舷 言 諺限 乎 個 古 呼 固 こ
40
∼
∼
家 寡 科 暇果 架 歌 河 火 珂 禍 禾 稼 箇 花 苛 茄荷 華 菓
06 07
20
∼
∼
牡 乙 俺 卸恩 温 穏 音 下 化 仮 何 伽 価 佳 加 可嘉 夏 嫁 か
05
∼
19
おけ
押 旺 横欧 殴 王 翁 襖 鴬 鴎 黄 岡 沖 荻 億 屋憶 臆 桶
おす
80
∼
艶 苑 薗 遠鉛 鴛 塩 於 汚 甥 凹 央 奥 往 応
∼
コ
姑孤 己 庫 弧 戸 故 枯 湖 狐 糊 袴 股 胡菰 虎 誇 跨 鈷 雇
ゴ
顧鼓 五 互 伍 午 呉 吾 娯 後 御 悟 梧 檎瑚 碁 語 誤 護 醐
80
カイ
80
こい
19
区
25
区
介 会 解 回塊 壊 廻 快 怪 悔 恢 懐 戒 拐 改
13
14
かい
ガイ
15
16
17
18
19
かき
カク
ガク
拡 撹 格 核殻 獲 確 穫 覚 角 赫 較 郭 閣 隔 革 学岳 楽 額
かけ
かさ
かし
かし かしか かた
カツ
かつ かつお
顎 掛 笠 樫橿 梶 鰍 潟 割 喝 恰 括 活 渇 滑 葛 褐轄 且 鰹
かない かは
かはん かふ かふと かま
かみ
かも
かや
区
01
02
かゆ
かり
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
かわら カン
粥 刈 苅瓦 乾 侃 冠 寒 刊 勘 勧 巻 喚 堪 姦 完官 寛 干
幹 患 感 慣憾 換 敢 柑 桓 棺 款 歓 汗 漢 澗 潅 環甘 監 看
竿 管 簡 緩缶 翰 肝 艦 莞 観 諌 貫 還 鑑 間 閑 関陥 韓 館
ガン
キ
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
キク
キチ
ギャク
キュウ
吉 吃 喫 桔橘 詰 砧 杵 黍 却 客 脚 虐 逆 丘 久 仇休 及 吸
ギュウ キョ
宮 弓 急 救朽 求 汲 泣 灸 球 究 窮 笈 級 糾 給 旧牛 去 居
ギョ
キョウ
27
00
20
40
60
80
∼
巨 拒 拠 挙渠 虚 許 距 鋸 漁 禦 魚 亨 享 京
60
∼
∼
80
きひ キャク
40
∼
∼
60
きぬた きね
20
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
后 喉 坑 垢 好 孔 孝 宏 工 巧 巷 幸 広庚 康 弘 恒 慌 抗
拘控 攻 昂 晃 更 杭 校 梗 構 江 洪 浩 港溝 甲 皇 硬 稿 糠
紅紘 絞 綱 耕 考 肯 肱 腔 膏 航 荒 行 衡講 貢 購 郊 酵 鉱
ゴウ
こうじ コク
砿鋼 閤 降 項 香 高 鴻 剛 劫 号 合 壕 拷濠 豪 轟 麹 克 刻
ゴク
こし
こしき コツ
こま こみ
告国 穀 酷 鵠 黒 獄 漉 腰 甑 忽 惚 骨 狛込
区
00
∼
40
∼
∼
鬼 亀 偽 儀妓 宜 戯 技 擬 欺 犠 疑 祇 義 蟻 誼 議掬 菊 鞠
キツ
26
∼
∼
機 帰 毅気 汽 畿 祈 季 稀 紀 徽 規 記 貴 起 軌輝 飢 騎
ギ
60
∼
∼
02
40
80
基 奇 嬉 寄岐 希 幾 忌 揮 机 旗 既 期 棋 棄
01
20
∼
舘 丸 含 岸巌 玩 癌 眼 岩 翫 贋 雁 頑 顔 願 企 伎危 喜 器 き
区
00
80
叶 椛 樺 鞄株 兜 竃 蒲 釜 鎌 噛 鴨 栢 茅 萱
00
20
12
∼
∼
21
11
∼
∼
80
09 10
01
02
03
これ
ころ
コン
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
サ
此 頃 今 困 坤 墾 婚 恨 懇 昏 昆 根 梱混 痕 紺 艮 魂 些 さ
∼
∼
60
08
慨 概 涯 碍蓋 街 該 鎧 骸 浬 馨 蛙 垣 柿 蛎 鈎 劃嚇 各 廓
∼
40
07
かいり かおり かえる かき
00
20
06
∼
∼
20
05
∼
∼
80
04
∼
∼
60
03
∼
∼
40
02
魁 晦 械海 灰 界 皆 絵 芥 蟹 開 階 貝 凱 劾 外咳 害 崖
∼
20
01
コイ
乞鯉 交 佼 侯 候 倖 光 公 功 効 勾 厚 口向
∼
00
∼
∼
蝦 課 嘩 貨迦 過 霞 蚊 俄 峨 我 牙 画 臥 芽 蛾 賀雅 餓 駕
∼
60
ゲン
∼
60
03
∼
∼
40
80
唄 欝 蔚 鰻姥 厩 浦 瓜 閏 噂 云 運 雲 荏 餌 叡 営嬰 影 映 え
00
20
02
04
芹菌 衿 襟 謹 近 金 吟 銀 九 倶 句 区 狗玖 矩 苦 躯 駆 駈 く
∼
∼
18
うた
01
03
60
∼
∼
80
イツ
∼
∼
60
イチ
稲 茨 芋 鰯允 印 咽 員 因 姻 引 飲 淫 胤 蔭
∼
40
いそ
いね いはら いも いわし イン
00
20
イク
∼
∼
17
イキ
02
業局 曲 極 玉 桐 粁 僅 勤 均 巾 錦 斤 欣欽 琴 禁 禽 筋 緊
∼
80
い
40
01
∼
60
∼
∼
鞍 杏 以 伊位 依 偉 囲 夷 委 威 尉 惟 意 慰 易 椅為 畏 異 い
区
∼
∼
40
02
亜 唖 娃阿 哀 愛 挨 姶 逢 葵 茜 穐 悪 握 渥 旭葦 芦 鯵 あ
∼
20
01
ア
00
ザ
サイ
佐叉 唆 嵯 左 差 査 沙 瑳 砂 詐 鎖 裟 坐座 挫 債 催 再 最
哉塞 妻 宰 彩 才 採 栽 歳 済 災 采 犀 砕砦 祭 斎 細 菜 裁
ザイ
さえ
さか
さかい さかき さかな さき
さき
サク
載際 剤 在 材 罪 財 冴 坂 阪 堺 榊 肴 咲崎 埼 碕 鷺 作 削
さくら さけ
ささ
さし
サツ
咋搾 昨 朔 柵 窄 策 索 錯 桜 鮭 笹 匙 冊刷
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
ザツ さつき さは さはき さひ
13
14
15
16
17
18 19
さめ さら さらし サン
察 拶 撮 擦 札 殺 薩 雑 皐 鯖 捌 錆 鮫皿 晒 三 傘 参 山
ザン
シ
惨撒 散 桟 燦 珊 産 算 纂 蚕 讃 賛 酸 餐斬 暫 残 仕 仔 伺 し
使刺 司 史 嗣 四 士 始 姉 姿 子 屍 市 師志 思 指 支 孜 斯
施旨 枝 止 死 氏 獅 祉 私 糸 紙 紫 肢 脂至 視 詞 詩 試 誌
ジ
諮資 賜 雌 飼 歯 事 似 侍 児 字 寺 慈 持時
157
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
28
区
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
15
16
しお しか
14
シキ
17
19
34
ジク
00
シツ
ジツ しとみ しの しのひ しは
軸 宍雫 七 叱 執 失 嫉 室 悉 湿 漆 疾 質 実蔀 篠 偲 柴 芝
しはしは しへ しま
シャ
ジャ
シャク
29
ジュ
区
ジュク
ジョ
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
彰 承抄 招 掌 捷 昇 昌 昭 晶 松 梢 樟 樵 沼消 渉 湘 焼 焦
照 症省 硝 礁 祥 称 章 笑 粧 紹 肖 菖 蒋 蕉衝 裳 訟 証 詔
ジョウ
詳 象賞 醤 鉦 鍾 鐘 障 鞘 上 丈 丞 乗 冗 剰城 場 壌 嬢 常
ショク
02
03
04
05
06 07
08
09
10
12
13
ジョク しり
11
シン
14
15
16
17
18
19
拭植 殖 燭 織 職 色 触 食 蝕 辱 尻 伸 信侵 唇 娠 寝 審
心 慎振 新 晋 森 榛 浸 深 申 疹 真 神 秦 紳臣 芯 薪 親 診
ジン
ス
身 辛進 針 震 人 仁 刃 塵 壬 尋 甚 尽 腎 訊迅 陣 靭 笥 諏 す
す
ズ
スイ
ズイ
須 酢図 厨 逗 吹 垂 帥 推 水 炊 睡 粋 翠 衰遂 酔 錐 錘 随
スウ
すえ
すぎ
すけ すこふ るすすめ すそ
01
02
03
04
05
すみ すり
スン
セ
せ
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
セイ
澄摺 寸 世 瀬 畝 是 凄 制 勢 姓 征 性 成政 整 星 晴 棲 せ
ゼイ
栖 正清 牲 生 盛 精 聖 声 製 西 誠 誓 請 逝醒 青 静 斉 税
セキ
セツ
ゼツ
せみ
セン
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
ゼン
ソ
ソウ
ゾウ
それ そろい ゾン
タ
ダ
ダイ
たか
ダク
たけ たこ
たき
タク
たた
区
03
04 05
たたき たたし タツ
01
02
ダツ
06
07
08
09
10
たつみ たて たとり たな
11
13
14
たに たぬき たら
12
たる
15
16 17
18
19
タン
叩 但 達 辰 奪 脱 巽 竪 辿 棚 谷狸 鱈 樽 誰 丹 単 嘆 坦
ダン
担 探 旦 歎 淡 湛 炭 短 端 箪 綻 耽胆 蛋 誕 鍛 団 壇 弾 断
チ
チク
暖 檀 段 男 談 値 知 地 弛 恥 智 池痴 稚 置 致 蜘 遅 馳 築 ち
チツ
チャ チャク
チュウ
畜 竹 筑 蓄 逐 秩 窒 茶 嫡 着 中 仲宙 忠 抽 昼 柱 注 虫 衷
チョ
チョウ
註 酎 鋳 駐 樗 瀦 猪 苧 著 貯 丁 兆凋 喋 寵
区
01
02
03
04 05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16 17
18
19
チョク
ツウ
つか
チン
つか つかみ つき つくた つけ
ツ
つけ つし
つた つつり つは つはき つふ
ツイ
つほ
つま つむき つめ
37
20
40
60
38
40
60
39
区
40
テイ
01
02
03
04 05
06
デイ
テキ
07
08
09
10
11
12
13
14
15
デキ
テツ
16 17
18
19
邸 鄭 釘 鼎 泥 摘 擢 敵 滴 的 笛適 鏑 溺 哲 徹 撤 轍 迭
テン
デン
ト
鉄 典 填 天 展 店 添 纏 甜 貼 転 顛点 伝 殿 澱 田 電 兎 吐 と
と
ド
堵 塗 妬 屠 徒 斗 杜 渡 登 菟 賭 途都 鍍 砥 砺 努 度 土 奴
トウ
怒 倒 党 冬 凍 刀 唐 塔 塘 套 宕 島嶋 悼 投 搭 東 桃 梼 棟
盗 淘 湯 涛 灯 燈 当 痘 祷 等 答 筒糖 統 到
区
01
02
03
04 05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16 17
18
19
ドウ
董 蕩 藤 討 謄 豆 踏 逃 透 鐙 陶頭 騰 闘 働 動 同 堂 導
とうけ とき
トク
ドク
憧 撞 洞 瞳 童 胴 萄 道 銅 峠 鴇 匿得 徳 涜 特 督 禿 篤 毒
とち
トツ
とと ととけ とひ
とま
とら
とり とろ
トン
独 読 栃 橡 凸 突 椴 届 鳶 苫 寅 酉瀞 噸 屯 惇 敦 沌 豚 遁
ドン
ナ
ナイ なかい なき
なそ
なた ナツ
なへ
なら
なれ
なわ なわさ ナン
頓 呑 曇 鈍 奈 那 内 乍 凪 薙 謎 灘捺 鍋 楢 馴 縄 畷 南 楠 な
なんし
ニ
におい に きわい ニク
にし にしゅうニチ ニュウ
軟 難 汝 二 尼 弐 迩 匂 賑 肉 虹 廿日 乳 入
区
01
02
03
ニョ ニョウ にら
00
20
つる
悌 抵 挺 提 梯 汀 碇 禎 程 締 艇 訂諦 蹄 逓
00
20
つり
嬬 紬 爪 吊 釣 鶴 亭 低 停 偵 剃 貞呈 堤 定 帝 底 庭 廷 弟 て
00
04 05
ニン
06
07
08
09
ぬれ
ネ
10
11
に
12
13
14
15
ネイ ねき
ねこ
ネツ
ネン
16 17
18
19
如 尿 韮 任 妊 忍 認 濡 禰 祢 寧葱 猫 熱 年 念 捻 撚 燃 ぬ
ね
ノ
の
ノウ
のそき のみ
ハ
粘 乃 廼 之 埜 嚢 悩 濃 納 能 脳 膿農 覗 蚤 巴 把 播 覇 杷 の
は
バ
ハイ
波 派 琶 破 婆 罵 芭 馬 俳 廃 拝 排敗 杯 盃 牌 背 肺 輩 配
60
バイ
80
∼
∼
草 荘葬 蒼 藻 装 走 送 遭 鎗 霜 騒 像 増 憎
19
60
∼
∼
捜 掃挿 掻 操 早 曹 巣 槍 槽 漕 燥 争 痩 相窓 糟 総 綜 聡
18
∼
∼
組 蘇訴 阻 遡 鼠 僧 創 双 叢 倉 喪 壮 奏 爽宋 層 匝 惣 想
16 17
槌 追 鎚 痛 通 塚 栂 掴 槻 佃 漬 柘辻 蔦 綴 鍔 椿 潰 坪 壷
∼
∼
全 禅繕 膳 糎 噌 塑 岨 措 曾 曽 楚 狙 疏 疎礎 祖 租 粗 素 そ
15
宅 托 択 拓 沢 濯 琢 託 鐸 濁 諾 茸凧 蛸 只
∼
繊羨 腺 舛 船 薦 詮 賎 践 選 遷 銭 銑 閃鮮 前 善 漸 然
せんち
40
∼
区
14
調 諜 超 跳 銚 長 頂 鳥 勅 捗 直 朕沈 珍 賃 鎮 陳 津 墜 椎 つ
80
扇 撰栓 栴 泉 浅 洗 染 潜 煎 煽 旋 穿 箭 線
13
帖 帳 庁 弔 張 彫 徴 懲 挑 暢 朝潮 牒 町 眺 聴 脹 腸 蝶
∼
接 摂折 設 窃 節 説 雪 絶 舌 蝉 仙 先 千 占宣 専 尖 川 戦
12
20
∼
脆 隻席 惜 戚 斥 昔 析 石 積 籍 績 脊 責 赤跡 蹟 碩 切 拙
そて
たい
00
80
瑞 髄崇 嵩 数 枢 趨 雛 据 杉 椙 菅 頗 雀 裾
区
36
80
情 擾条 杖 浄 状 畳 穣 蒸 譲 醸 錠 嘱 埴 飾
01
60
80
勝匠 升 召 哨 商 唱 嘗 奨 妾 娼 宵 将 小少 尚 庄 床 廠
区
40
∼
∼
80
ショウ
11
タイ
∼
∼
60
ジュン
20
∼
∼
40
シュン
10
卒 袖 其 揃 存 孫 尊 損 村 遜 他 多太 汰 詑 唾 堕 妥 惰 打 た
00
∼
∼
20
シュツ ジュツ
35
∼
∼
00
シュク
署 書薯 藷 諸 助 叙 女 序 徐 恕 鋤 除 傷 償
∼
33
19
∼
∼
80
18
09
臓 蔵 贈 造 促 側 則 即 息 捉 束測 足 速 俗 属 賊 族 続
ソツ
∼
∼
60
17
∼
∼
40
16
ショ
00
20
15
∼
∼
32
14
旬 楯殉 淳 準 潤 盾 純 巡 遵 醇 順 処 初 所暑 曙 渚 庶 緒
∼
80
13
08
∼
∼
60
12
∼
∼
40
11
夙 宿淑 祝 縮 粛 塾 熟 出 術 述 俊 峻 春 瞬竣 舜 駿 准 循
00
20
10
07
∼
∼
31
09
∼
∼
80
08
輯 週酋 酬 集 醜 什 住 充 十 従 戎 柔 汁 渋獣 縦 重 銃 叔
∼
60
06 07
∼
∼
40
05
ジュウ
00
20
04
∼
∼
30
03
06
腿 苔 袋 貸 退 逮 隊 黛 鯛 代 台 大第 醍 題 鷹 滝 瀧 卓 啄
∼
∼
80
02
04 05
ゾク
∼
∼
60
01
03
60
80
宗就 州 修 愁 拾 洲 秀 秋 終 繍 習 臭 舟蒐 衆 襲 讐 蹴
∼
40
シュウ
腫 趣酒 首 儒 受 呪 寿 授 樹 綬 需 囚 収 周
00
20
シュ
∼
∼
80
ジャク
02
柁 舵 楕 陀 駄 騨 体 堆 対 耐 岱 帯待 怠 態 戴 替 泰 滞 胎
∼
尺 杓灼 爵 酌 釈 錫 若 寂 弱 惹 主 取 守 手朱 殊 狩 珠 種
40
01
∼
60
∼
∼
屡 蕊縞 舎 写 射 捨 赦 斜 煮 社 紗 者 謝 車遮 蛇 邪 借 勺
20
∼
しし しすく シチ
∼
次滋 治 爾 璽 痔 磁 示 而 耳 自 蒔 辞 汐鹿 式 識 鴫 竺
区
∼
18
しき
20
40
158
01
∼
00
はい はえ はかり はき
ハク
倍 培 媒 梅 楳 煤 狽 買 売 賠 陪 這蝿 秤 矧 萩 伯 剥 博 拍
バク
柏 泊 白 箔 粕 舶 薄 迫 曝 漠 爆 縛莫 駁 麦
必要なときにお読みください
40
区
06
07
08
はさま はし はしめ はす
03
04
05
はせ
はた
09 10
11
12
13
ハチ
14
15
16
17
ハツ
18
46
19
バツ
はと はなし はなわ はまくりは や ふさ ハン
ヒ
卑 否 妃 庇彼 悲 扉 批 披 斐 比 泌 疲 皮 碑 秘 緋罷 肥 被
区
05
06
07
08
09 10
11
ひけ
ひこ
ひさ
ひし
ひつ
ひし
ヒャク ビュウ ヒョウ
12
13
14
15
16
17
18
ひのき ひめ
19
47
ひも
00
ビョウ
ひょう ひる
百 謬 俵 彪標 氷 漂 瓢 票 表 評 豹 廟 描 病 秒 苗錨 鋲 蒜
ひれ
ヒン
ビン
フ
蛭 鰭 品 彬斌 浜 瀕 貧 賓 頻 敏 瓶 不 付 埠 夫 婦富 冨 布 ふ
ブ
ふき
フク
02
03
04
05
06
ふち
フツ
07
08
09 10
11
12
ブツ
ふな
フン
13
14
15
16
17
18
∼
ブン
ヘイ
∼
∼
∼
∼
40
ベツ
へら
ヘン
ホ
ほ
ボ
区
01
02
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
48
00
∼
20
亡 傍 剖 坊妨 帽 忘 忙 房 暴 望 某 棒 冒 紡 肪 膨謀 貌 貿
ほえ
ほお ホク
ボク
ほたん ボツ
ほとんと ほり
ほろ
ホン
∼
∼
40
鉾 防 吠 頬北 僕 卜 墨 撲 朴 牧 睦 穆 釦 勃 没 殆堀 幌 奔
ボン
マ
マイ
まいる まき
マク
あくら まくろ まさ
∼
また
マツ
まて
まま
まゆ
まろ
マン
鱒 桝 亦 俣又 抹 末 沫 迄 侭 繭 麿 万 慢 満
01
02
03
04
05
ミ
06
07
み
08
09 10
11
12
13
14
∼
∼
∼
60
区
15
16
17
みなと みの みのり ミャク ミョウ みり ミン
むこ むすめ メイ
めい
18
19
49
ム
00
メツ
20
∼
漫 蔓 味未 魅 巳 箕 岬 密 蜜 湊 蓑 稔 脈 妙 粍民 眠 務 み
む
むく
めす
モ
モウ
もうけ モク
ルイ
レイ
瑠塁 涙 累 類 令 伶 例 冷 励 嶺 怜 玲 礼苓 鈴 隷 零 霊 麗
レキ
レツ
レン
齢暦 歴 列 劣 烈 裂 廉 恋 憐 漣 煉 簾 練聯
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
ロ
11
12
13
14
15
16
17
18 19
ロウ
ロク
わく わし わたり
わに
わひ
ロン
ワ
ワイ
わき
ワク
わら わらひ ワン
枠鷲 亙 亘 鰐 詫 藁 蕨 椀 湾 碗 腕
もく
モチ
もち もっとも
もとり もみ もらい モン
もんめ
ヤ
や
ヤク
やす やなき やふ
やり
ユ
01
02
03
04
05
06
07
08
09 10
11
12
13
14
15
16
17
18
50
19
ユイ ユウ
∼
00
00
ゆう
ヨ
∼
諭 輸 唯佑 優 勇 友 宥 幽 悠 憂 揖 有 柚 湧 涌猶 猷 由
ヨウ
よと
ラ
ライ
ラク
リ
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
弌 丐 丕 个 丱 丶 丼 丿 乂 乖 乘 亂 亅 豫 亊 舒 弍 于 亞
亟 亠 亢 亰 亳 亶 从 仍 仄 仆 仂 仗 仞 仭 仟 价 伉 佚 估 佛
佝 佗 佇 佶 侈 侏 侘 佻 佩 佰 侑 佯 來 侖 儘 俔 俟 俎 俘 俛
俑 俚 俐 俤 俥 倚 倨 倔 倪 倥 倅 伜 俶 倡 倩 倬 俾 俯 們 倆
偃 假 會 偕 偐 偈 做 偖 偬 偸 傀 傚 傅 傴 傲
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
僉 僊 傳 僂 僖 僞 僥 僭 僣 僮 價 僵 儉 儁 儂 儖 儕 儔 儚
儡 儺 儷 儼 儻 儿 兀 兒 兌 兔 兢 竸 兩 兪 兮 冀 冂 囘 册 冉
剞 剔 剪 剴 剩 剳 剿 剽 劍 劔 劒 剱 劈 劑 辨
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
辧 劬 劭 劼 劵 勁 勍 勗 勞 勣 勦 飭 勠 勳 勵 勸 勹 匆 匈
甸 匍 匐 匏 匕 匚 匣 匯 匱 匳 匸 區 卆 卅 丗 卉 卍 凖 卞 卩
叭 叺 吁 吽 呀 听 吭 吼 吮 吶 吩 吝 呎 咏 呵 咎 呟 呱 呷 呰
80
り
06 07
卮 夘 卻 卷 厂 厖 厠 厦 厥 厮 厰 厶 參 簒 雙 叟 曼 燮 叮 叨
∼
乱 卵 嵐 欄濫 藍 蘭 覧 利 吏 履 李 梨 理 璃
05
60
∼
ラン
∼
∼
養 慾 抑 欲沃 浴 翌 翼 淀 羅 螺 裸 来 莱 頼 雷 洛絡 落 酪 ら
80
04
∼
∼
40
揚 揺 擁 曜楊 様 洋 溶 熔 用 窯 羊 耀 葉 蓉 要 謡踊 遥 陽
ヨク
20
∼
∼
祐 裕 誘 遊邑 郵 雄 融 夕 予 余 与 誉 輿 預 傭 幼妖 容 庸 よ
03
几 處 凩 凭 凰 凵 凾 刄 刋 刔 刎 刧 刪 刮 刳 刹 剏 剄 剋 剌
∼
∼
区
ゆ
02
冏 冑 冓 冕 冖 冤 冦 冢 冩 冪 冫 决 冱 冲 冰 况 冽 凅 凉 凛
80
矢 厄 役 約薬 訳 躍 靖 柳 薮 鑓 愉 愈 油 癒
01
60
∼
∼
目 杢 勿 餅 尤戻 籾 貰 問 悶 紋 門 匁 也 冶 夜 爺 耶 野 弥 や
40
区
∼
免 棉 綿 緬面 麺 摸 模 茂 妄 孟 毛 猛 盲 網 耗 蒙儲 木 黙 も
∼
メン
∼
∼
夢 無 牟 矛霧 鵡 椋 婿 娘 冥 名 命 明 盟 迷 銘 鳴姪 牝 滅 め
∼
みさき ミツ
40
60
ル
リン
第2水準
ボウ
法 泡 烹砲 縫 胞 芳 萌 蓬 蜂 褒 訪 豊 邦 鋒 飽鳳 鵬 乏
00
40
リョク
俸 包 呆 報奉 宝 峰 峯 崩 庖 抱 捧 放 方 朋
44
20
リョウ
ホウ
80
45
リョ
ベン
ます
80
18 19
牢狼 篭 老 聾 蝋 郎 六 麓 禄 肋 録 論 倭和 話 歪 賄 脇 惑 わ
本 翻 凡 盆摩 磨 魔 麻 埋 妹 昧 枚 毎 哩 槙 幕 膜枕 鮪 柾 ま
60
17
蓮 連 錬 呂 魯 櫓 炉 賂 路 露 労 婁 廊弄 朗 楼 榔 浪 漏 ろ
80
20
16
20
∼
∼
60
15
痢 裏 裡 里 離 陸 律 率 立 葎 掠 略 劉流 溜 琉 留 硫 粒
鞭 保 舗 鋪圃 捕 歩 甫 補 輔 穂 募 墓 慕 戊 暮 母簿 菩 倣 ほ
∼
40
14
僻 壁 癖 碧別 瞥 蔑 箆 偏 変 片 篇 編 辺 返 遍 便勉 娩 弁
00
20
13
リュウ
ベイ へいし
ヘキ
43
12
福 腹 複覆 淵 弗 払 沸 仏 物 鮒 分 吻 噴 墳 憤扮 焚 奮
40
80
11
リャク
19
粉 糞 紛 雰文 聞 丙 併 兵 塀 幣 平 弊 柄 並 蔽 閉陛 米 頁 へ
60
10
∼
∼
01
09
80
武 舞 葡 蕪部 封 楓 風 葺 蕗 伏 副 復 幅 服
区
08
リツ
∼
フウ
06 07
リク
60
府 怖 扶 敷斧 普 浮 父 符 腐 膚 芙 譜 負 賦 赴 阜附 侮 撫
00
20
04
∼
∼
42
03
∼
∼
80
02
05
∼
∼
60
80
鼻 柊稗匹 疋 髭 彦 膝 菱 肘 弼 必 畢 筆 逼 桧姫 媛 紐
∼
40
01
ひいらきひえ ヒキ
00
20
ビ
∼
∼
41
ひ
04
糧良 諒 遼 量 陵 領 力 緑 倫 厘 林 淋 燐琳 臨 輪 隣 鱗 麟 る
れ
60
誹 費 避 非飛 樋 簸 備 尾 微 枇 毘 琵 眉 美
03
40
∼
80
02
隆竜 龍 侶 慮 旅 虜 了 亮 僚 両 凌 寮 料梁 涼 猟 療 瞭 稜
∼
60
∼
∼
犯 班 畔 繁般 藩 販 範 釆 煩 頒 飯 挽 晩 番 盤 磐蕃 蛮 匪 ひ
01
∼
20
抜 筏 閥 鳩噺 塙 蛤 隼 伴 判 半 反 叛 帆 搬 斑 板氾 汎 版
バン
区
00
∼
∼
40
02
函 箱 硲箸 肇 筈 櫨 幡 肌 畑 畠 八 鉢 溌 発 醗髪 伐 罰
∼
20
01
はこ
00
咒 呻 咀 呶 咄 咐 咆 哇 咢 咸 咥 咬 哄 哈 咨
159
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
51
00
00
00
00
00
∼
60
11
12
13
14
15
16
17
18 19
坿 垉 垓 垠 垳 垤 垪 垰 埃 埆 埔 埒 埓 堊 埖 埣 堋 堙 堝 塲
堡 塢 塋 塰 毀 塒 堽 塹 墅 墹 墟 墫 墺 壞 墻 墸 墮 壅 壓 壑
壗 壙 壘 壥 壜 壤 壟 壯 壺 壹 壻 壼 壽 夂 夊 夐 夛 梦 夥 夬
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
奸 妁 妝 佞 侫 妣 妲 姆 姨 姜 妍 姙 姚 娥 娟 娑 娜 娉 娚
婀 婬 婉 娵 娶 婢 婪 媚 媼 媾 嫋 嫂 媽 嫣 嫗 嫦 嫩 嫖 嫺 嫻
嬌 嬋 嬖 嬲 嫐 嬪 嬶 嬾 孃 孅 孀 孑 孕 孚 孛 孥 孩 孰 孳 孵
學 斈 孺 宀 它 宦 宸 寃 寇 寉 寔 寐 寤 實 寢 寞 寥 寫 寰 寶
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
屐 屏 孱 屬 屮 乢 屶 屹 岌 岑 岔 妛 岫 岻 岶 岼 岷 峅 岾
峇 峙 峩 峽 峺 峭 嶌 峪 崋 崕 崗 嵜 崟 崛 崑 崔 崢 崚 崙 崘
嵌 嵒 嵎 嵋 嵬 嵳 嵶 嶇 嶄 嶂 嶢 嶝 嶬 嶮 嶽 嶐 嶷 嶼 巉 巍
巓 巒 巖 巛 巫 已 巵 帋 帚 帙 帑 帛 帶 帷 幄 幃 幀 幎 幗 幔
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
廖 廣 廝 廚 廛 廢 廡 廨 廩 廬 廱 廳 廰 廴 廸 廾 弃 弉 彝
彜 弋 弑 弖 弩 弭 弸 彁 彈 彌 彎 弯 彑 彖 彗 彙 彡 彭 彳 彷
徃 徂 彿 徊 很 徑 徇 從 徙 徘 徠 徨 徭 徼 忖 忻 忤 忸 忱 忝
悳 忿 怡 恠 怙 怐 怩 怎 怱 怛 怕 怫 怦 怏 怺 恚 恁 恪 恷 恟
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
抓 抖 拔 抃 抔 拗 拑 抻 拏 拿 拆 擔 拈 拜 拌 拊 拂 拇 抛 拉
攝 搗 搨 搏 摧 摯 摶 摎 攪 撕 撓 撥 撩 撈 撼
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
據 擒 擅 擇 撻 擘 擂 擱 擧 舉 擠 擡 抬 擣 擯 攬 擶 擴 擲
擺 攀 擽 攘 攜 攅 攤 攣 攫 攴 攵 攷 收 攸 畋 效 敖 敕 敍 敘
敞 敝 敲 數 斂 斃 變 斛 斟 斫 斷 旃 旆 旁 旄 旌 旒 旛 旙 无
60
旡 旱 杲 昊 昃 旻 杳 昵 昶 昴 昜 晏 晄 晉 晁 晞 晝 晤 晧 晨
59
00
20
40
晟 晢 晰 暃 暈 暎 暉 暄 暘 暝 曁 暹 曉 暾 暼
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
曄 暸 曖 曚 曠 昿 曦 曩 曰 曵 曷 朏 朖 朞 朦 朧 霸 朮 朿
朶 杁 朸 朷 杆 杞 杠 杙 杣 杤 枉 杰 枩 杼 杪 枌 枋 枦 枡 枅
枷 柯 枴 柬 枳 柩 枸 柤 柞 柝 柢 柮 枹 柎 柆 柧 檜 栞 框 栩
60
桀 桍 栲 桎 梳 栫 桙 档 桷 桿 梟 梏 梭 梔 條 梛 梃 檮 梹 桴
60
00
20
40
梵 梠 梺 椏 梍 桾 椁 棊 椈 棘 椢 椦 棡 椌 棍
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
棔 棧 棕 椶 椒 椄 棗 棣 椥 棹 棠 棯 椨 椪 椚 椣 椡 棆 楹
楷 楜 楸 楫 楔 楾 楮 椹 楴 椽 楙 椰 楡 楞 楝 榁 楪 榲 榮 槐
榿 槁 槓 榾 槎 寨 槊 槝 榻 槃 榧 樮 榑 榠 榜 榕 榴 槞 槨 樂
60
樛 槿 權 槹 槲 槧 樅 榱 樞 槭 樔 槫 樊 樒 櫁 樣 樓 橄 樌 橲
61
00
20
40
樶 橸 橇 橢 橙 橦 橈 樸 樢 檐 檍 檠 檄 檢 檣
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
檗 蘗 檻 櫃 櫂 檸 檳 檬 櫞 櫑 櫟 檪 櫚 櫪 櫻 欅 蘖 櫺 欒
欖 鬱 欟 欸 欷 盜 欹 飮 歇 歃 歉 歐 歙 歔 歛 歟 歡 歸 歹 歿
殀 殄 殃 殍 殘 殕 殞 殤 殪 殫 殯 殲 殱 殳 殷 殼 毆 毋 毓 毟
60
毬 毫 毳 毯 麾 氈 氓 气 氛 氤 氣 汞 汕 汢 汪 沂 沍 沚 沁 沛
80
恊 恆 恍 恣 恃 恤 恂 恬 恫 恙 悁 悍 惧 悃 悚
区
40
80
幟 幢 幤 幇 幵 并 幺 麼 广 庠 廁 廂 廈 廐 廏
区
20
80
寳 尅 將 專 對 尓 尠 尢 尨 尸 尹 屁 屆 屎 屓
区
00
80
夭 夲 夸 夾 竒 奕 奐 奎 奚 奘 奢 奠 奧 奬 奩
区
58
62
汾 汨 汳 沒 沐 泄 泱 泓 沽 泗 泅 泝 沮 沱 沾
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
悄 悛 悖 悗 悒 悧 悋 惡 悸 惠 惓 悴 忰 悽 惆 悵 惘 慍 愕
00
愆 惶 惷 愀 惴 惺 愃 愡 惻 惱 愍 愎 慇 愾 愨 愧 慊 愿 愼 愬
20
愴 愽 慂 慄 慳 慷 慘 慙 慚 慫 慴 慯 慥 慱 慟 慝 慓 慵 憙 憖
40
淅 淺 淙 淤 淕 淪 淮 渭 湮 渮 渙 湲 湟 渾 渣 湫 渫 湶 湍 渟
憇 憬 憔 憚 憊 憑 憫 憮 懌 懊 應 懷 懈 懃 懆 憺 懋 罹 懍 懦
60
湃 渺 湎 渤 滿 渝 游 溂 溪 溘 滉 溷 滓 溽 溯 滄 溲 滔 滕 溏
懣 懶 懺 懴 懿 懽 懼 懾 戀 戈 戉 戍 戌 戔 戛
80
∼
∼
160
10
∼
∼
80
09
∼
∼
40
08
∼
∼
20
06 07
04
∼
00
05
∼
∼
56
04
03
掉 掟 掵 捫 捩 掾 揩 揀 揆 揣 揉 插 揶 揄 搖 搴 搆 搓 搦 搶
∼
∼
80
03
02
∼
∼
60
02
01
戞 戡 截 戮 戰 戲 戳 扁 扎 扞 扣 扛 扠 扨 扼 抂 抉 找 抒
挌 拮 拱 挧 挂 挈 拯 拵 捐 挾 捍 搜 捏 掖 掎 掀 掫 捶 掣 掏
∼
∼
40
01
圈 國 圍 圓 團 圖 嗇 圜 圦 圷 圸 坎 圻 址 坏 坩 埀 垈 坡
区
60
80
嚼 囁 囃 囀 囈 囎 囑 囓 囗 囮 囹 圀 囿 圄 圉
区
40
∼
∼
20
嘴 嘶 嘲 嘸 噫 噤 嘯 噬 噪 嚆 嚀 嚊 嚠 嚔 嚏 嚥 嚮 嚶 嚴 囂
20
∼
∼
55
喩 喇 喨 嗚 嗅 嗟 嗄 嗜 嗤 嗔 嘔 嗷 嘖 嗾 嗽 嘛 嗹 噎 噐 營
00
∼
∼
80
售 啜 啅 啖 啗 唸 唳 啝 喙 喀 咯 喊 喟 啻 啾 喘 喞 單 啼 喃
57
∼
∼
60
18 19
∼
∼
40
17
∼
∼
20
16
∼
∼
54
15
∼
∼
80
14
∼
∼
60
13
∼
∼
40
12
∼
∼
20
11
∼
∼
53
10
∼
∼
80
09
∼
∼
60
08
∼
∼
40
06 07
∼
∼
20
05
∼
∼
52
04
∼
∼
80
03
∼
∼
60
02
∼
∼
40
01
咫 哂 咤 咾 咼 哘 哥 哦 唏 唔 哽 哮 哭 哺 哢 唹 啀 啣 啌
∼
∼
20
区
沺 泛 泯 泙 泪 洟 衍 洶 洫 洽 洸 洙 洵 洳 洒 洌 浣 涓 浤
浚 浹 浙 涎 涕 濤 涅 淹 渕 渊 涵 淇 淦 涸 淆 淬 淞 淌 淨 淒
溥 滂 溟 潁 漑 灌 滬 滸 滾 漿 滲 漱 滯 漲 滌
必要なときにお読みください
63
00
00
00
00
00
00
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
犂 犁 犇 犒 犖 犢 犧 犹 犲 狃 狆 狄 狎 狒 狢 狠 狡 狹 狷 倏
猗 猊 猜 猖 猝 猴 猯 猩 猥 猾 獎 獏 默 獗 獪 獨 獰 獸 獵 獻
獺 珈 玳 珎 玻 珀 珥 珮 珞 璢 琅 瑯 琥 珸 琲 琺 瑕 琿 瑟 瑙
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
瓠 瓣 瓧 瓩 瓮 瓲 瓰 瓱 瓸 瓷 甄 甃 甅 甌 甎 甍 甕 甓 甞
甦 甬 甼 畄 畍 畊 畉 畛 畆 畚 畩 畤 畧 畫 畭 畸 當 疆 疇 畴
疊 疉 疂 疔 疚 疝 疥 疣 痂 疳 痃 疵 疽 疸 疼 疱 痍 痊 痒 痙
痣 痞 痾 痿 痼 瘁 痰 痺 痲 痳 瘋 瘍 瘉 瘟 瘧 瘠 瘡 瘢 瘤 瘴
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
癲 癶 癸 發 皀 皃 皈 皋 皎 皖 皓 皙 皚 皰 皴 皸 皹 皺 盂
盍 盖 盒 盞 盡 盥 盧 盪 蘯 盻 眈 眇 眄 眩 眤 眞 眥 眦 眛 眷
眸 睇 睚 睨 睫 睛 睥 睿 睾 睹 瞎 瞋 瞑 瞠 瞞 瞰 瞶 瞹 瞿 瞼
瞽 瞻 矇 矍 矗 矚 矜 矣 矮 矼 砌 砒 礦 砠 礪 硅 碎 硴 碆 硼
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
磧 磚 磽 磴 礇 礒 礑 礙 礬 礫 祀 祠 祗 祟 祚 祕 祓 祺 祿
禊 禝 禧 齋 禪 禮 禳 禹 禺 秉 秕 秧 秬 秡 秣 稈 稍 稘 稙 稠
稟 禀 稱 稻 稾 稷 穃 穗 穉 穡 穢 穩 龝 穰 穹 穽 窈 窗 窕 窘
窖 窩 竈 窰 窶 竅 竄 窿 邃 竇 竊 竍 竏 竕 竓 站 竚 竝 竡 竢
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
筺 笄 筍 笋 筌 筅 筵 筥 筴 筧 筰 筱 筬 筮 箝 箘 箟 箍 箜
箚 箋 箒 箏 筝 箙 篋 篁 篌 篏 箴 篆 篝 篩 簑 簔 篦 篥 籠 簀
簇 簓 篳 篷 簗 簍 篶 簣 簧 簪 簟 簷 簫 簽 籌 籃 籔 籏 籀 籐
籘 籟 籤 籖 籥 籬 籵 粃 粐 粤 粭 粢 粫 粡 粨 粳 粲 粱 粮 粹
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
經 綉 絛 綏 絽 綛 綺 綮 綣 綵 緇 綽 綫 總 綢 綯 緜 綸 綟 綰
辮 繿 纈 纉 續 纒 纐 纓 纔 纖 纎 纛 纜 缸 缺
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
罅 罌 罍 罎 罐 网 罕 罔 罘 罟 罠 罨 罩 罧 罸 羂 羆 羃 羈
羇 羌 羔 羞 羝 羚 羣 羯 羲 羹 羮 羶 羸 譱 翅 翆 翊 翕 翔 翡
翦 翩 翳 翹 飜 耆 耄 耋 耒 耘 耙 耜 耡 耨 耿 耻 聊 聆 聒 聘
聚 聟 聢 聨 聳 聲 聰 聶 聹 聽 聿 肄 肆 肅 肛 肓 肚 肭 冐 肬
71
00
20
40
胛 胥 胙 胝 胄 胚 胖 脉 胯 胱 脛 脩 脣 脯 腋
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
隋 腆 脾 腓 腑 胼 腱 腮 腥 腦 腴 膃 膈 膊 膀 膂 膠 膕 膤
膣 腟 膓 膩 膰 膵 膾 膸 膽 臀 臂 膺 臉 臍 臑 臙 臘 臈 臚 臟
臠 臧 臺 臻 臾 舁 舂 舅 與 舊 舍 舐 舖 舩 舫 舸 舳 艀 艙 艘
60
艝 艚 艟 艤 艢 艨 艪 艫 舮 艱 艷 艸 艾 芍 芒 芫 芟 芻 芬 苡
72
00
20
40
苣 苟 苒 苴 苳 苺 莓 范 苻 苹 苞 茆 苜 茉 苙
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
茵 茴 茖 茲 茱 荀 茹 荐 荅 茯 茫 茗 茘 莅 莚 莪 莟 莢 莖
茣 莎 莇 莊 荼 莵 荳 荵 莠 莉 莨 菴 萓 菫 菎 菽 萃 菘 萋 菁
菷 萇 菠 菲 萍 萢 萠 莽 萸 蔆 菻 葭 萪 萼 蕚 蒄 葷 葫 蒭 葮
60
蒂 葩 葆 萬 葯 葹 萵 蓊 葢 蒹 蒿 蒟 蓙 蓍 蒻 蓚 蓐 蓁 蓆 蓖
73
00
20
40
蒡 蔡 蓿 蓴 蔗 蔘 蔬 蔟 蔕 蔔 蓼 蕀 蕣 蕘 蕈
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
蕁 蘂 蕋 蕕 薀 薤 薈 薑 薊 薨 蕭 薔 薛 藪 薇 薜 蕷 蕾 薐
藉 薺 藏 薹 藐 藕 藝 藥 藜 藹 蘊 蘓 蘋 藾 藺 蘆 蘢 蘚 蘰 蘿
虍 乕 虔 號 虧 虱 蚓 蚣 蚩 蚪 蚋 蚌 蚶 蚯 蛄 蛆 蚰 蛉 蠣 蚫
60
蛔 蛞 蛩 蛬 蛟 蛛 蛯 蜒 蜆 蜈 蜀 蜃 蛻 蜑 蜉 蜍 蛹 蜊 蜴 蜿
74
00
20
40
蜷 蜻 蜥 蜩 蜚 蝠 蝟 蝸 蝌 蝎 蝴 蝗 蝨 蝮 蝙
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
蝓 蝣 蝪 蠅 螢 螟 螂 螯 蟋 螽 蟀 蟐 雖 螫 蟄 螳 蟇 蟆 螻
蟯 蟲 蟠 蠏 蠍 蟾 蟶 蟷 蠎 蟒 蠑 蠖 蠕 蠢 蠡 蠱 蠶 蠹 蠧 蠻
衄 衂 衒 衙 衞 衢 衫 袁 衾 袞 衵 衽 袵 衲 袂 袗 袒 袮 袙 袢
60
袍 袤 袰 袿 袱 裃 裄 裔 裘 裙 裝 裹 褂 裼 裴 裨 裲 褄 褌 褊
80
∼
∼
粽 糀 糅 糂 糘 糒 糜 糢 鬻 糯 糲 糴 糶 糺 紆
05
60
80
竦 竭 竰 笂 笏 笊 笆 笳 笘 笙 笞 笵 笨 笶 筐
区
40
80
碚 碌 碣 碵 碪 碯 磑 磆 磋 磔 碾 碼 磅 磊 磬
区
20
80
瘰 瘻 癇 癈 癆 癜 癘 癡 癢 癨 癩 癪 癧 癬 癰
区
00
80
瑁 瑜 瑩 瑰 瑣 瑪 瑶 瑾 璋 璞 璧 瓊 瓏 瓔 珱
区
70
∼
∼
80
09
04
∼
∼
60
08
∼
∼
40
06 07
∼
∼
20
05
∼
∼
68
04
03
縵 縹 繃 縷 縲 縺 繧 繝 繖 繞 繙 繚 繹 繪 繩 繼 繻 纃 緕 繽
∼
∼
80
03
02
∼
∼
60
02
01
紂 紜 紕 紊 絅 絋 紮 紲 紿 紵 絆 絳 絖 絎 絲 絨 絮 絏 絣
緘 緝 緤 緞 緻 緲 緡 縅 縊 縣 縡 縒 縱 縟 縉 縋 縢 繆 繦 縻
∼
∼
40
01
燹 燿 爍 爐 爛 爨 爭 爬 爰 爲 爻 爼 爿 牀 牆 牋 牘 牴 牾
区
60
80
熕 熨 熬 燗 熹 熾 燒 燉 燔 燎 燠 燬 燧 燵 燼
区
40
∼
∼
20
炮 烟 烋 烝 烙 焉 烽 焜 焙 煥 煕 熈 煦 煢 煌 煖 煬 熏 燻 熄
20
∼
∼
67
瀏 濾 瀛 瀚 潴 瀝 瀘 瀟 瀰 瀾 瀲 灑 灣 炙 炒 炯 烱 炬 炸 炳
00
∼
∼
80
澳 澣 澡 澤 澹 濆 澪 濟 濕 濬 濔 濘 濱 濮 濛 瀉 瀋 濺 瀑 瀁
69
∼
∼
60
18 19
∼
∼
40
17
∼
∼
20
16
∼
∼
66
15
∼
∼
80
14
∼
∼
60
13
∼
∼
40
12
∼
∼
20
11
∼
∼
65
10
∼
∼
80
09
∼
∼
60
08
∼
∼
40
06 07
∼
∼
20
05
∼
∼
64
04
∼
∼
80
03
∼
∼
60
02
∼
∼
40
01
漾 漓 滷 澆 潺 潸 澁 澀 潯 潛 濳 潭 澂 潼 潘 澎 澑 濂 潦
∼
∼
20
区
褓 襃 褞 褥 褪 褫 襁 襄 褻 褶 褸 襌 褝 襠 襞
161
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
必要なときにお読みください
75
00
00
00
00
覺 覽 覿 觀 觚 觜 觝 觧 觴 觸 訃 訖 訐 訌 訛 訝 訥 訶 詁 詛
詒 詆 詈 詼 詭 詬 詢 誅 誂 誄 誨 誡 誑 誥 誦 誚 誣 諄 諍 諂
諚 諫 諳 諧 諤 諱 謔 諠 諢 諷 諞 諛 謌 謇 謚 諡 謖 謐 謗 謠
謳 鞫 謦 謫 謾 謨 譁 譌 譏 譎 證 譖 譛 譚 譫
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
譟 譬 譯 譴 譽 讀 讌 讎 讒 讓 讖 讙 讚 谺 豁 谿 豈 豌 豎
豐 豕 豢 豬 豸 豺 貂 貉 貅 貊 貍 貎 貔 豼 貘 戝 貭 貪 貽 貲
貳 貮 貶 賈 賁 賤 賣 賚 賽 賺 賻 贄 贅 贊 贇 贏 贍 贐 齎 贓
賍 贔 贖 赧 赭 赱 赳 趁 趙 跂 趾 趺 跏 跚 跖 跌 跛 跋 跪 跫
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
蹇 蹉 蹌 蹐 蹈 蹙 蹤 蹠 踪 蹣 蹕 蹶 蹲 蹼 躁 躇 躅 躄 躋
躊 躓 躑 躔 躙 躪 躡 躬 躰 軆 躱 躾 軅 軈 軋 軛 軣 軼 軻 軫
軾 輊 輅 輕 輒 輙 輓 輜 輟 輛 輌 輦 輳 輻 輹 轅 轂 輾 轌 轉
轆 轎 轗 轜 轢 轣 轤 辜 辟 辣 辭 辯 辷 迚 迥 迢 迪 迯 邇 迴
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
遏 遐 遑 遒 逎 遉 逾 遖 遘 遞 遨 遯 遶 隨 遲 邂 遽 邁 邀
邊 邉 邏 邨 邯 邱 邵 郢 郤 扈 郛 鄂 鄒 鄙 鄲 鄰 酊 酖 酘 酣
∼
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
錙 錢 錚 錣 錺 錵 錻 鍜 鍠 鍼 鍮 鍖 鎰 鎬 鎭 鎔 鎹 鏖 鏗
鏨 鏥 鏘 鏃 鏝 鏐 鏈 鏤 鐚 鐔 鐓 鐃 鐇 鐐 鐶 鐫 鐵 鐡 鐺 鑁
鑒 鑄 鑛 鑠 鑢 鑞 鑪 鈩 鑰 鑵 鑷 鑽 鑚 鑼 鑾 钁 鑿 閂 閇 閊
60
閔 閖 閘 閙 閠 閨 閧 閭 閼 閻 閹 閾 闊 濶 闃 闍 闌 闕 闔 闖
∼
∼
40
01
80
∼
80
00
∼
20
∼
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
陝 陟 陦 陲 陬 隍 隘 隕 隗 險 隧 隱 隲 隰 隴 隶 隸 隹 雎
雋 雉 雍 襍 雜 霍 雕 雹 霄 霆 霈 霓 霎 霑 霏 霖 霙 霤 霪 霰
霹 霽 霾 靄 靆 靈 靂 靉 靜 靠 靤 靦 靨 勒 靫 靱 靹 鞅 靼 鞁
60
靺 鞆 鞋 鞏 鞐 鞜 鞨 鞦 鞣 鞳 鞴 韃 韆 韈 韋 韜 韭 齏 韲 竟
∼
∼
40
關 闡 闥 闢 阡 阨 阮 阯 陂 陌 陏 陋 陷 陜 陞
80
∼
韶 韵 頏 頌 頸 頤 頡 頷 頽 顆 顏 顋 顫 顯 顰
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
餞 餤 餠 餬 餮 餽 餾 饂 饉 饅 饐 饋 饑 饒 饌 饕 馗 馘 馥 馭
驅 驂 驀 驃 騾 驕 驍 驛 驗 驟 驢 驥 驤 驩 驫 驪 骭 骰 骼 髀
82
00
20
40
髏 髑 髓 體 髞 髟 髢 髣 髦 髯 髫 髮 髴 髱 髷
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
髻 鬆 鬘 鬚 鬟 鬢 鬣 鬥 鬧 鬨 鬩 鬪 鬮 鬯 鬲 魄 魃 魏 魍
魎 魑 魘 魴 鮓 鮃 鮑 鮖 鮗 鮟 鮠 鮨 鮴 鯀 鯊 鮹 鯆 鯏 鯑 鯒
鯣 鯢 鯤 鯔 鯡 鰺 鯲 鯱 鯰 鰕 鰔 鰉 鰓 鰌 鰆 鰈 鰒 鰊 鰄 鰮
60
鰛 鰥 鰤 鰡 鰰 鱇 鰲 鱆 鰾 鱚 鱠 鱧 鱶 鱸 鳧 鳬 鳰 鴉 鴈 鳫
83
00
20
40
鴃 鴆 鴪 鴦 鶯 鴣 鴟 鵄 鴕 鴒 鵁 鴿 鴾 鵆 鵈
区
01
02
03
04
05
06 07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
鵝 鵞 鵤 鵑 鵐 鵙 鵲 鶉 鶇 鶫 鵯 鵺 鶚 鶤 鶩 鶲 鷄 鷁 鶻
鶸 鶺 鷆 鷏 鷂 鷙 鷓 鷸 鷦 鷭 鷯 鷽 鸚 鸛 鸞 鹵 鹹 鹽 麁 麈
麋 麌 麒 麕 麑 麝 麥 麩 麸 麪 麭 靡 黌 黎 黏 黐 黔 黜 點 黝
60
黠 黥 黨 黯 黴 黶 黷 黹 黻 黼 黽 鼇 鼈 皷 鼕 鼡 鼬 鼾 齊 齒
84
00
20
40
60
∼
∼
20
区
01
顱 顴 顳 颪 颯 颱 颶 飄 飃 飆 飩 飫 餃 餉 餒 餔 餘 餡 餝
馮 馼 駟 駛 駝 駘 駑 駭 駮 駱 駲 駻 駸 騁 騏 騅 駢 騙 騫 騷
80
鉋 鉐 銜 銖 銓 銛 鉚 鋏 銹 銷 鋩 錏 鋺 鍄 錮
区
60
∼
∼
00
40
∼
釟 釡 釛 釼 釵 釶 鈞 釿 鈔 鈬 鈕 鈑 鉞 鉗 鉅 鉉 鉤 鉈 銕 鈿
∼
∼
60
79
20
80
逅 迹 迺 逑 逕 逡 逍 逞 逖 逋 逧 逶 逵 逹 迸
区
00
80
跟 跣 跼 踈 踉 跿 踝 踞 踐 踟 蹂 踵 踰 踴 蹊
区
81
80
酥 酩 酳 酲 醋 醉 醂 醢 醫 醯 醪 醵 醴 醺 釀 釁 釉 釋 釐 釖
80
162
18 19
∼
∼
40
17
∼
∼
20
16
∼
∼
78
15
∼
∼
80
14
∼
∼
60
13
∼
∼
40
12
∼
∼
20
11
∼
∼
77
10
∼
∼
80
09
∼
∼
60
08
∼
∼
40
06 07
∼
∼
20
05
∼
∼
76
04
∼
∼
80
03
∼
∼
60
02
∼
∼
40
01
襦 襤 襭 襪 襯 襴 襷 襾 覃 覈 覊 覓 覘 覡 覩 覦 覬 覯 覲
∼
∼
20
区
齔 齣 齟 齠 齡 齦 齧 齬 齪 齷 齲 齶 龕 龜 龠
区
01
02
03
04
05
06 07
堯 槇 遙 瑤 凜 熙 08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18 19
索 引
索引
◆A
◆か
ADF から再ダイヤルで送る .............................. 29
ADF からダイレクト送信をする ...................... 28
ADF から短縮ダイヤルで送る .......................... 25
ADF から直接ダイヤルで送る .......................... 24
ADF から電話帳機能で送る .............................. 27
ADF からワンタッチボタンで送る ................... 26
各部の名前と働き ............................................... 15
かな漢/カナ/英記号モードでの入力 ......... 133
◆く
句点コード表 .................................................... 156
グループダイヤル内容の宛先削除/追加 ...... 110
グループダイヤルの登録 ................................. 108
◆F
F コード掲示板登録の指定 ................................ 62
F コードサブアドレスの登録
(サブアドレス通信).................................... 144
F コード親展プリント ........................................ 64
F コード送信 ........................................................ 61
F コード通信 ....................................................... 61
F コード通信の登録 ........................................ 119
F コード通信リストのプリント ......................... 96
F コード取り出し ................................................ 63
F コードパスワードの登録
(サブアドレス通信)..................................... 145
◆O
OMR 通信 ............................................................ 66
◆け
掲示板ボックスの登録 .................................... 123
原稿サイズとセット方向について .................... 22
原稿台ガラスから送信する ................................ 30
原稿について ....................................................... 20
原稿についてのご注意 ....................................... 21
原稿のサイズ ....................................................... 20
原稿のセットのしかた ....................................... 19
原稿をセットする ............................................... 19
◆こ
コードモードでの入力 .................................... 133
故障かな?と思ったら .................................... 148
コントロールパネル ........................................... 16
こんなときには ................................................ 146
◆U
UF-A918 を使う .................................................. 3
◆あ
相手機種との送信について ................................ 20
安全上のご注意 ...................................................... 8
◆い
一度にたくさんの相手に送る(順次同報送信)34
◆お
お手入れのしかた ............................................ 146
主なエラーコード ............................................ 150
主な仕様 ............................................................ 155
主なメッセージ ................................................ 152
音量の設定のしかた ........................................... 46
◆し
自局情報の登録 ................................................ 137
自局情報リストのプリント ................................ 95
システム登録一覧表 ........................................ 128
システム登録について ....................................... 67
システム登録のしかた .................................... 127
システム登録リストのプリント ........................ 94
システムの登録 ................................................ 127
指定通信予約レポートのプリント .................... 85
受信データの強制出力 ....................................... 87
受信モードを選ぶ ............................................... 36
手動受信する ....................................................... 37
手動ファイル転送 ............................................... 88
消耗品の交換のしかた .................................... 146
親展ボックスの登録 ........................................ 119
163
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
索引
◆す
◆て
数字 ID の登録 .................................................. 141
数字モードでの入力 ........................................ 133
済スタンプの交換 ............................................ 147
定期便タイマー通信 ........................................... 78
定期便タイマーの登録 .................................... 143
定時刻タイマーの登録 .................................... 142
停電のとき ........................................................ 154
電話の使いかた(オプション).......................... 45
電話をかける ....................................................... 45
◆せ
セレクト受信 ....................................................... 75
セレクト送信 ....................................................... 74
セレクト通信 ....................................................... 74
◆た
タイマー送信 ....................................................... 53
タイマー通信 ....................................................... 53
タイマー特殊通信 ............................................... 55
タイマーポーリング受信 .................................... 54
ダイヤル登録操作フロー .................................... 98
ダイヤルの消去 ................................................ 107
ダイヤルの登録 ................................................... 98
ダイヤルの変更 ................................................ 106
ダイヤルリストのプリント ................................ 92
短縮ダイヤルの登録 ........................................ 101
◆ち
チェック&コール ............................................ 154
中継情報の登録 ................................................ 117
中継情報の登録の種類 .................................... 118
中継通信 ............................................................... 56
中継通信について ............................................... 56
中継同報指示 ....................................................... 57
◆と
登録操作フロー ................................................... 97
特殊通信機能の登録 ........................................ 103
取扱上のお願い ................................................... 13
◆に
入力モードの切り替え .................................... 132
◆は
パスワード受信の設定 ....................................... 71
パスワード受信の変更 ....................................... 72
パスワード送信設定の一時変更 ........................ 73
パスワード送信の設定 ....................................... 69
パスワード送信の変更 ....................................... 70
パスワード通信 ................................................... 67
パスワード通信について .................................... 67
発信元情報の登録 ............................................ 139
◆ひ
日付と時刻の登録 ............................................ 138
◆ふ
◆つ
通信受付レポートのプリント ............................ 90
通信管理レポートのプリント ............................ 89
通信結果レポートのプリント ............................ 91
通信ボックスの消去 ........................................ 126
通信予約の確認と消去 ....................................... 81
通信予約の確認 ................................................... 81
通信予約の消去 ................................................... 84
通信予約の変更 ................................................... 83
164
ファイル消去 ....................................................... 60
ファイル送信 ............................................... 58, 59
ファイル蓄積 ....................................................... 58
ファイルプリント ............................................... 60
ファクス/コピーのモード切替 ........................ 18
ファクス専用のときファクスを受ける ............ 37
ファクス/電話自動切替のとき
ファクスを受ける ........................................... 38
ファクスを受ける ............................................... 36
ファクスを送る(ダイレクト送信).................. 28
ファクスを送る(メモリー送信)...................... 24
索引
ファンクションの登録 .................................... 113
プログラムダイヤルの登録 ............................. 111
プログラムダイヤルの変更 ............................. 112
プロセスカートリッジの交換 ......................... 146
◆り
リストのプリント ............................................... 92
リバースポーリング通信 .................................... 51
◆る
◆ほ
ポーリング受信 ................................................... 50
ポーリング送信 ................................................... 48
ポーリング通信 ................................................... 48
本体 ...................................................................... 15
◆ま
マルチコピー通信 ............................................... 65
◆み
未達宛先再通信の指定 ....................................... 86
留守番電話機の設定 ........................................... 41
留守録接続のときファクスを受ける ................ 40
◆れ
レポートのプリント ........................................... 89
◆わ
ワンタイム海外通信 ........................................... 77
ワンタッチダイヤルの登録 ................................ 99
ワンタッチの消去 ............................................ 116
ワンタッチの登録 ............................................ 108
ワンタッチリストのプリント ............................ 93
◆め
メモリー受信 ....................................................... 79
メモリー受信の解除 ........................................... 79
メモリー受信の設定 ........................................... 79
メモリー受信のプリント .................................... 80
メモリー受信を設定しているとき .................... 79
◆も
文字 ID(カナ)の登録 ................................... 140
文字入力のしかた ............................................ 132
文字入力の例 .................................................... 135
文字割り当て一覧 ............................................ 134
モニター音量の設定 ........................................... 46
◆ゆ
有効読取画面について ....................................... 20
優先通信 ............................................................... 76
◆よ
用紙カセットのサイズ変更 ............................. 146
用紙がつまったとき ........................................ 146
用紙の補充 ........................................................ 146
呼出音量の設定 ................................................... 47
165
お必
読要
みな
くと
だき
さに
い
便利メモ(おぼえのため、記入されると便利です)
お買い上げ年月日 年 月 日
販
売
店
品番 UF-A918
名
(
)
-
サ ー ビ ス
実 施 会 社 名
(
)
-
松下電器産業株式会社
松下電送システム株式会社
〒153−8687 東京都目黒区下目黒2−3−81(03)
3491−9191
DZSD001672-0
K0202-0
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement