ドライバ内蔵小型コントローラ FMC32 ハードウェア 取扱説明書

ドライバ内蔵小型コントローラ FMC32 ハードウェア 取扱説明書
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
ドライバ内蔵小型コントローラ
FMC32 ハードウェア
取扱説明書
日本パルスモーター株式会社
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
-1-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
目
次
1.はじめに .......................................................................................................... 3
2.ご使用に際して ............................................................................................... 4
3.概 要.............................................................................................................. 5
4.特 長.............................................................................................................. 5
5.仕 様 ............................................................................................................. 6
6.機能説明 ......................................................................................................... 7
6−1.端子機能 ................................................................................................ 7
6−2.SW1の設定 ......................................................................................... 9
6−3.LED表示の内容.................................................................................. 9
6−4.電流調整 .............................................................................................. 10
7.入出力IF接続例.......................................................................................... 11
8.基板外形・部品配置図................................................................................... 11
9.ブロック図 .................................................................................................... 12
[MEMO]............................................................................................................ 13
-2-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
1.はじめに
このたびは、ドライバ内蔵小型コントローラ FMC32 をご検討いただきまして、ありがとうございま
す。
□
ドライバ内蔵小型コントローラ FMC32 は、シリアルバス制御パルスコントロール LSI PCD2112 を
搭載した製品であり、 USB←
→4 線式シリアル変換ユニット PUSB3503 と合わせてご使用いただくことによ
り、一連の実行順序プログラムの設計や、設計した実行順序プログラムを FMC32 へ書き込むことがで
きます。また設計した実行順序プログラムは、FMC32 へ書込む前に、パソコン上で検証・確認するこ
とも可能です。
また制御ソフトウェアでは、PCD2112 の全レジスタの内容をリアルタイムに見ることができ、これ
により PCD2112 という製品の理解を深めるためにも使用できます。
FMC32 には CPU が搭載されており、FMC32 へ書込んだ実行順序プログラムを自動的に繰り返すこと
が可能です。
別途モータ、ドライバ等をご用意いただければ、より詳しい動作確認が可能です。
□
本取扱説明書は、FMC32 のハードウェアの使用方法について説明したものです。
本書を精読していただき、本製品の機能を十分に活用していただけますようにお願いいたします。
尚、本取扱説明書では、以下の点につきましては説明していません。
・FM32 のパソコン上での検証方法や実行順序プログラム書き込み方法
・PUSB3503 の機能や取扱方法
・PCD2112 のレジスタの詳細内容
別途弊社の取扱説明書(下記に記載)を合わせて御参照ください。
▼ドライバ内蔵小型コントローラ FMC32 制御ソフトウェア取扱説明書・・・・・・・・資料№YA7163
▼USB←
→4 線式シリアル変換ユニット PUSB3503 取扱説明書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・資料№YA7164
▼シリアルバス制御パルスコントロール LSI PCD2112 ユーザーズマニュアル・・・資料№DA70115
-3-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
2.ご使用に際して
●弊社以外から購入の場合
弊社以外から製品を購入された場合の保証につきましては、購入先にお問い合わせください。
●保証期間
保証期間は、製品をご指定の場所に納入後、一年間と致します。
●保証範囲
本書に従った正常な使用状態のもとで、保証期間内に故障が発生した場合は、無償で修理を致します。
但し、保証期間内であっても、故障の原因が次のいずれかに該当する場合は、無償修理の対象外とさ
せて頂きます。
①当社又は当社が指定した者以外による改造又は修理に起因する場合
②納品後の落下、運送上での損傷に起因する場合
③製品の部品の自然劣化、摩耗又は疲労等による場合
(モータ軸受、歯車、グリス、ケーブル類等)
④当社製品の本来の使い方以外の使い方をしたことに起因する場合
⑤火災、地震、落雷、風水害、塩害、電圧異常その他の天災又は不可抗力に起因する場合
⑥その他、故障の原因が、当社の責とみなされない事由に起因する場合
注1)日本国外に輸出された製品に関しては、保証の対象外とさせて頂きます。
注2)無償修理は、弊社持ち込み修理のみとし、出張修理等は致しません。
注3)修理が行われた製品の保証期間は、故障前の保証期間を超えることなく、修理前の保証期間と
同一になります。
注4)ここでの保証は、製品単体の保証を意味するものであり、製品の故障等により誘発される損害
は保証の対象外とさせて頂きます。
注5)弊社の判断により、修理に代えて、交換とさせて頂く場合がございます。
●本書は、製品に含まれる機能詳細を説明するものであり、お客様の特定目的に適合することを保証す
るものではありません。
また、本取扱説明書に記載されている応用例、回路図等は参考用です。ご採用に際しては、機器・装
置の機能や安全性をご確認のうえ、ご使用ください。
●弊社製品は、原則として、次のいずれかの用途にはご使用なさらないようお願い致します。ご使用を
要望される場合には、必ず、弊社営業部にご相談ください。
①原子力設備、電力・ガス等の供給システム、交通機関、車両設備、各種安全装置、医療機器等の高
い信頼性・安全性を必要とされる設備
②人命や財産に直接、危険が及ぶ可能性がある設備
③カタログ、取扱説明書等に記載のない条件や環境での使用
●弊社製品の故障により人命や財産に重大な損害が及ぼす可能性のある用途にご使用する場合には、冗
長設計等により、必ず高い信頼性・安全性を確保してご使用ください。
注
意
● 通電中や電源を遮断してからしばらくの間、基板内のバイポーラ・
ステッピングモータドライバ(NP3775E3)が高温になる場合があり
ますので、誤って手や部品 (ケーブル等)が触れないようにして
ください。火傷や部品損傷の恐れがあります。
-4-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
3.概
要
FMC32は、最大32種類の動作パターンと、最大256ステップの実行順序プログラムを内
部メモリに登録し、基板単独で登録順に、自動実行させる事が出来る、ドライバ内蔵小型コントロ
ーラです。
動作パターンの制御用に、シリアルバス制御用パルスコントロールLSI
を搭載しています。
<PCD2112>
また、バイポーラタイプのステッピングモータを駆動できる、2相ステッピングモータドライバ
(NP3775E3)も内蔵しています。
スイッチ切替えにより、外部に対してパルス出力も可能ですので、外部のドライバを駆動する事
が出来ます。
4.特
長
▼最大32種類の動作パターンと、最大256ステップの実行順序プログラムを内部メモリ登録し、
基板単独(パソコンとの接続無し)で、外部信号により、登録順に自動実行可能。
▼動作パターンの制御用に、シリアルバス制御用パルスコントロールLSI
を搭載。
<PCD2112>
▼2相バイポーラ・ステッピングモータドライバ(NP3775E3)を内蔵。スイッチ切り替え
により、フルステップ/ハーフステップの切り替え可能。
▼スイッチ切替えにより、外部に対してパルス出力出来ますので、外部ドライバの駆動も可能。
▼制御電源用DC−DCコンバータを内蔵していますので、DCパワー電源(DC+11∼+26V)の供給だ
けで駆動出来ます。
▼専用のUSB−4線式シリアル変換ユニット(PUSB3503)を利用する事により、パソコ
ンにインストールした専用ソフトで作成した、動作パターン・実行順序プログラムを、USB経
由で簡単に、基板内部の不揮発性メモリに書き込み・保存が出来ます。
▼専用ソフトでは、一つの動作を実行して確認しながら、動作パターンデータを作成出来ます。
また、実行順序プログラムを作成して、コンパイル(記述内容のチェック)後、シュミレーショ
ン(実動作/仮想)を行ってデバックする事も出来ます。
-5-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
5.仕
品
様
名:ドライバ内蔵小型コントローラ
型式:FMC32
入力電圧[VM]/最大電流[A] DC+11V∼+26V / 1.2A
内 蔵 ド ラ イ バ
型
式
NP3775E3
制御方式
バイポーラ定電流駆動
励磁方式
2相励磁(FULL)/1−2相励磁(HALF)
SW1−4で切り替え可
出力電流
0.5A/相 [MAX] 、VRにて変更可、
停止後のカレントダウン (設定値の約50%) 機能有り
適合モータ
入 出 力 信 号
I/F
DC4.5∼7V
信号名
MON,STA,+EL,−EL,ORG,SD
±ELの論理はDSW1−5で切り替え可
ORG・SDの論理はソフトで切り替え可
I/F
オープンコレクタ(74LS07)出力
コレクタ印可電圧=30VMAX
信号名
END,PLS,DIR,MOT
内蔵ドライバ使用/パルス出力(PLS,DIR)はSW1−3で
切り替え可
式
PCD2112
入力信号
出力信号
動 作 制 御 I C
型
2相バイポーラ・ステッピングモータ
基準クロック
制御方式
フォトカプラ入力
1KΩ入力抵抗内蔵
9.8304Mhz
4線式シリアルバスI/F
出力パルス周波数
2.4Mpps
位置決めパルス数
0 ∼ 268,435,455(28ビット)
プ ロ グ ラ ム 動 作
動作パターン
実行順序プログラム
max
最大32種類を基板内部の不揮発性メモリに保存可
最大256ステップを基板内部の不揮発性メモリに保存可
データの作成
動作パターン・実行順序プログラムは、専用ソフトにより作成。
▼動作パターン毎の実行確認
▼プログラムのコンパイル(記述チェック)
▼動作シュミレーション(実動作/仮想)等が可能。
データの保存
専用のUSB−4線式シリアル変換ユニット(PUSB3503)
を利用。
環境条件
使用温度範囲
0 ∼ 50℃
保存湿度範囲
0 ∼ 80%RH (結露なきこと)
保存温度範囲
−10 ∼60℃
-6-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
外形寸法
65(W)×45(D)×17.5(H)
そ の 他
重量
22g
冷却方式
自然冷却
[mm]
Max(基板単体)
コネクタ(ハウジングおよびコンタクトピン)
[JST ZHシリーズ]
CN1(電源用)
:ZHR−5
CN2(モータ用) :ZHR−4
CN3(入出力用) :ZHR−13
コンタクトピン
:SZH−002T−P0.5(23本)
付属品
RoHS対応
本製品はRoHS対応品です。
6.機能説明
6−1.端子機能
CN1
DC電源入力用
端子名
端子№
I/O
PWR
1
IN
PWR
2
IN
NC
3
---
GND
4
OUT
GND
5
OUT
信 号 説 明
DC電源入力(入力範囲:DC+11V∼+26V)
オープン(未使用)
DC電源GND
CN2
モータとの接続用
端子名
端子№
I/O
A
1
OUT
A相
/A
2
OUT
/A相
B
3
OUT
B相
/B
4
OUT
/B相
モータ相
信 号 説 明
バイポーラ・ステッピングモータへ結線
-7-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
CN3
外部インターフェース用
端子名
端子№
I/O
信 号 説 明
EXP
1
IN
MON,STA,+EL,-EL,ORG,SD のフォトカプラ用外部電源入力。
上記信号用フォトカプラのアノード側は、1KΩでEXPにプル
アップされています。EXPの入力範囲:DC4.5V∼7V
MON
STA
2
3
IN
IN
励磁ON/OFF入力
フォトカプラON :励磁ON
フォトカプラOFF:励磁OFF
フォトカプラOFF時は、内部のSW1−2で制御可
動作開始/停止入力
フォトカプラON :動作開始
フォトカプラOFF:動作停止
フォトカプラOFF時は、内部のSW1−1で制御可
プラス側エンドリミット
フォトカプラON :リミットON
フォトカプラOFF:リミットOFF 注2
マイナス側エンドリミット
フォトカプラON :リミットON
フォトカプラOFF:リミットOFF 注2
原点信号
フォトカプラON :原点ON
フォトカプラOFF:原点OFF 注3
減速信号
フォトカプラON :減速ON
フォトカプラOFF:減速OFF 注3
注1
注1
+EL
4
IN
−EL
5
IN
ORG
6
IN
SD
7
IN
END
8
OUT
オープンコレクタ出力(SN74LS07)
動作完了時に「L」レベルを出力
PLS
9
OUT
オープンコレクタ出力(SN74LS07)
PCD2112のRENV1で指定したパルス列を出力
注4
DIR
10
OUT
オープンコレクタ出力(SN74LS07)
PCD2112のRENV1で指定したパルス列を出力
注4
MOT
11
OUT
オープンコレクタ出力(SN74LS07)
励磁ON時に「L」レベルを出力
+5V
12
OUT
GND
13
IN
基板内部の+5V電源を出力
注5
注1:外部から信号を入力する場合、SW1−1とSW1−2はOFFとして下さい。
注2:エンドリミットの論理は、SW1−5で切り替えできます。上記表中の状態は、SW1−5が
OFF時です。
注3:ORGとSDの論理は、ソフトウェアで変更出来ます。上記表中はデフォルト時の状態。
注4:内蔵ドライバ使用/パルス列出力は、SW1−3で切り替えできます。
パルス列出力時は、PCD2112のレジスタ(RENV1のPMD値)を変更する事により、
CW/CCW、PLS/DIR等パルス出力形式を変更する事も出来ます。
注5:テスト時にEXP用+5V電源を準備出来ない時に利用できます。+5V端子(CN3-13)をEXP
(CN3-1)に接続して、入力信号をGND(CN3-13)に対してON/OFFする事により使用できます
(+5V電源は、入力信号と出力信号用以外には使用しないで下さい)。
-8-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
CN4
SPI接続用
端子名
端子№
I/O
CS
1
IN
SPI
MODE
2
IN
PCD2112へのMODE信号
CSK
3
IN
SPI クロック
GND
4
IN
GND
DI
5
IN
SPI DI
DO
6
OUT
SPI DO
信 号 説 明
CS信号入力
注1
注1:PUSB3503(USB-SPI 変換ユニット)接続時、MODE信号はGNDへ接続され、PC
制御モードとなり、非接続時は、単独動作モードになります。
6−2.SW1の設定
[SW1−1∼5設定内容]
SW1番号
DSW=ON
DSW=OFF(デフォルト)
SW1−1
動作開始
注1
動作停止
SW1−2
励時ON
注2
励時OFF 注2
SW1−3
パルス列出力
内蔵ドライバ使用
SW1−4
1−2相励磁 (HALF)
2相励磁 (FULL)
SW1−5
フォトカプラOFFで±EL ON
フォトカプラONで±EL ON
SW1−6
未使用
未使用
注1
注1:外部のSTA入力と機能は同じです。外部からSTA信号を入力する場合は、SW1−1は
OFFにして下さい。
注2:外部のMON入力と機能は同じです。外部からMON信号を入力する場合は、SW1−2は
OFFにして下さい。
6−3.LED表示の内容
[LED表示内容]
LED名称
MODE
LED=ON
LED=OFF
PC制御モード
単独動作モード
MON
励磁ON
励磁OFF
END
動作完了
動作中
3.3V
電源ON
電源OFF
LEDの配置は、
「8.基板外形・部品配置図」をご参照下さい。
-9-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
6−4.電流調整
電流調整の手順は、以下のように行って下さい。
CN1にDC電源(DC+11V∼+26V)、CN2にバイポーラ・ステッピングモータ、CP3−CPG間に
デジタル・ボルトメータを接続し、PUSB3503をCN4とパソコンのUSBポートに接続して下さ
い。最初に、VR1を半時計方向(CCW)いっぱいに回し、モータ電流を最小にして下さい。
パソコン
PUSB
3503
【モータ電流値−設定電圧表】
+2.35V
モータ電流値(A)
デジタル・ボルトメータ
COM
DCV
電流調整用VR1
CP3-CPG(V)
0.1
0.47
0.2
0.94
0.3
1.41
0.4
1.88(出荷時)
0.5
2.35(MAX)
設定値(V)=モータ電流値(A)×4.7
DC電源(DC+11V∼+26V)
Motor
M
バイポーラ・
ステッピング
モータ
DC電源を投入後、操作ソフト(FMC32_Vxxx.exe)
を起動し、必要なプロジェクトを作成 (または既存の
プロジェクトを読み出し) し、"動作パターンの設計"
(Design the data of pattern) 画面を開いてください。
この画面の "設定" (Setting)メニューの、"調整モード"
(Adjustment mode)を選択してください。
励磁OFF,カレント
ダウン機能ON状態
画面上にカレントダウン切替えボタン
が表示されます。
励磁ON,カレント
ダウン機能OFF状態
カレントダウン切替えボタン
をクリックして、カレントダウン
機能をOFFし、励磁ONボタン
をクリックして下さい。
この状態でデジタル・ボルトメータの値を監視しながら、VR1を回転させ、上記の表(モータ電
流値−設定電圧表)に併せて、必要な電流値に調整して下さい。
出荷時のモータ電流値の調整値は、0.4Aです。
注1:最大電流値(0.5A)以上には設定しないで下さい、故障の原因となります。
調整終了後は、カレントダウン切り替えボタンをクリックして、カレントダウン機能をONに戻して下
さい。以上で、電流調整は終了です。
操作ソフトを終了させ、DC電源OFF後、デジタル・ボルトメータを外して下さい。
-10-
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
7.入出力IF接続例
コントローラ側
外部電源
+5V
FMC32内部
GND
入力信号
EXP
TLP280
1KΩ
MON,STA,+EL
-EL,ORG,SD
出力信号
END,MOT
PLS,DIR
GND
8.基板外形・部品配置図
-11-
74LS07
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
9.ブロック図
CS:1
MODE:2
SCK:3
GND:4
SDI:5
SDO:6
【ブロック図】
Vdd Vdd Vdd Vdd
【CN4】
○
○
○
○
○
○
CS_N
SCK
SI
SO
【CN1】
Vdd
励磁回路
MODE
RC0
RC3
RC4
RC5
RA5
RC4
RC1
Vdd
VDD
GND
EXP: 1
MON: 2
STA: 3
+EL: 4
-EL: 5
ORG: 6
SD: 7
END: 8
PLS: 9
DIR:10
MOT:11
+5V:12
GND:13
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
PIC CPU
フォトカプラ
1回路
フォトカプラ
1回路
MODE
SCK
SDO
SDI
CS
RC6
Vdd
【CN3】
EEPROM
RB2
RB3
水晶発信器
9.8304MHz
CLK
+EL
-EL
ORG
SD
フォトカプラ
4 回路
オープン
コレクタ
74LS07
Vcc
-12-
VM
PWR:1
PWR:2
NC:3
GND:4
GND:5
CSO
【CN2】
PCD2112
BSY
#INT
P0
PS0
PS1
PS2
PS3
PS4
STA
STP
#RST
P1
RB0
RB1
RC7
RA0
RA1
RA2
RA3
RA4
RB5
RA7
RA6
RC2
Vdd
○
○
○
○
○
ドライブ IC
PH1
PH2
PH3
PH4
NP3775E3
Vdd
MTYP
FH
Vdd
MELL
PELL
○
○
○
○
A:1
/A:2
B:3
/B:4
FMC32 ハードウェア取扱説明書 YA7162-0/2
[MEMO]
注意
性能、品質の向上等にともない、お断り無しに掲載事項を変更させていただく
ことがありますので、あらかじめご了承ください。
日本パルスモーター株式会社
本社
〒113-0033 東京都文京区本郷 2-16-13
TEL.03-3813-8841
大阪営業所 〒552-0007 大阪府大阪市港区弁天 1-2-1-2314
TEL.06(6576)8330
URL://http://www.pulsemotor.com/
FAX.03-3813-8550
FAX.06(6576)8335
2011年 3月10日
2011年 9月 8日
2012年 4月18日
-13-
初版作成
改版1
改版2
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement