データシート

データシート
[メンテナンス]
型式:M832
・本体ケースを開くときは,常にテストリードを通電回路から離しておいてください.
ポケットサイズ デジタルマルチメーター
取扱説明書
・火災の発生を防ぐため,ヒューズは,必ず指定された規格のものをお使い下さい.
F
250mA/250V
(即断ヒューズ)
・裏のカバーが所定の通りに完全に閉まっていない場合には使わないで下さい.
・本製品に溶剤や研磨剤を使わないでください.清掃はやわらかい布をお使いください.
この説明書は、お客様が内容をお読みになる時の参考のためにマルツパーツ館で日本語に
翻訳しておりますが、翻訳における誤り、またその誤りによって生じた故障、損害、負傷
等については、マルツパーツ館およびその従業員において一切の責任を負いかねますので、
概
要
あらかじめご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
本製品は,DC/AC 電圧,DC 電流,抵抗の測定と,ダイオードとトランジスタのテスト,
ご使用にあたりましては、英語版オリジナル説明書をご参照することを強くお勧めします。
信号出力,また,導通テストができます.過負荷保護と低バッテリー表示機能があります.
機能は下記の略号,記号で表示されます.
注意事項
DCV
DC 電圧
ACV
AC 電圧
[使用時]
DCA
DC 電流
・測定レンジを間違えて使用した場合,故障に直結しますので十分注意してください.
Ω
抵抗
・本製品が測定回路に接続されているとき,使われていない端子に触れないようにご注意
ダイオードテスト
ください.
・600V を超える電圧の測定には使わないでください.
・DC60V や AC30V(rms)を超える電圧の測定には,感電にご注意ください.測定のときに,
導通テストブザー
hFE
トランジスタのテスト
テスト信号音出力
指はプローブの先端部分に触れないようにしてください.
・トランジスタをテストするときには,常にテストリードが測定回路から離れているよう
にしてください.
・テストリードで電圧を測定するとき,トランジスタを hFE ソケットに接続しないでくだ
さい.
・通電中の回路での抵抗測定はしないでください.
[フロントパネル]
1.ロータリースイッチ
機能の選択,レンジの選択,本機の電源 ON/OFF に使います.
2.表示部
3・1/2 桁表示,7 セグメント,LCD 高さ 12.7mm
3.「COM」ジャック
[安全記号]
! 安全に関する重要な注意があります.本書の説明をご参照ください.
黒(−)のテストリードを差します.
4.「VΩmA」ジャック
電圧,抵抗,電流(200mA以下)の測定時に赤(+)のテストリードを差します.
アースです.
二重絶縁です.
5.「10A」ジャック
200mA∼10A の測定時に赤(+)のテストリードを差します.
[仕様]
正確な測定は,目盛校正後 1 年間,18∼28℃で,湿度 75%以下での範囲で行えます.
[ダイオードと導通]
レンジ
[AC 電圧]
説 明
導通(約 1kΩ 以下)の時内臓ブザーが鳴ります
レンジ
分解能
精 度
200V
100mV
±1.2% of rdg ±10dgts
600V
1V
±1.2% of rdg ±10dgts
ダイオードの順方向電圧を示します
オーバーロードプロテクション : 250V rms ac
オーバーロードプロテクション : 600V dc or rms ac for all ranges
周波数レンジ : 45Hz to 450Hz
レスポンス : Average responding, calibrated in rms of a sine wave
一般特性
端子とアース間の最高電圧:CATⅡ600V
[DC 電圧]
ヒューズプロテクション :F250mA/250V
レンジ
分解能
精 度
電源
:9V バッテリー,NEDA1604 または 6F22
200mV
0.1mV
±0.5% of rdg ±2dgts
ディスプレイ
:LCD
2V
1mV
±0.5% of rdg ±2dgts
測定方法
:Dual-slope integration A/D コンバータ
20V
10mV
±0.5% of rdg ±2dgts
オーバーレンジ表示
:ディスプレイに"1"のみを表示
200V
100mV
±0.5% of rdg ±2dgts
極性表示
:マイナス時は"−"をディスプレイに表示
600V
1V
±0.8% of rdg ±2dgts
動作環境
:0∼40℃
オーバーロードプロテクション : 250V rms for 200mV range and 600V dc or rms ac for other
ranges
保管温度
:−10℃∼50℃
低バッテリー表示
:ディスプレイに「BAT」表示
[DC 電流]
サイズ
:126mmx70mmx25mm
重量
:約 170g
レンジ
分解能
精 度
0.2mA
0.1μA
±1.0% of rdg ± 2dgts
2mA
1μA
±1.0% of rdg ± 2dgts
20mA
0.01mA
±1.0% of rdg ± 2dgts
200mA
0.1mA
±1.5% of rdg ± 2dgts
10A
10mA
±3.0% of rdg ± 2dgts
オーバーロードプロテクション : F 250mA/250V fuse ( 10A range unfused )
1999 カウント,更新
2-3/秒
使い方
[AC 電圧測定]
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,
「COM」ジャックに黒を接続します.
2.ロータリースイッチを予定の ACV 位置にセットします.
3.測定するソースまたは負荷に,テストリードを接続し,LCD ディスプレイの電圧値を
[抵抗]
読み取ります.
レンジ
200Ω
分解能
0.1Ω
精 度
±0.8% of rdg ± 3dgts
[DC 電圧測定]
2kΩ
1Ω
±0.8% of rdg ± 2dgts
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,
「COM」ジャックに黒を接続します.
20kΩ
10Ω
±0.8% of rdg ± 2dgts
2.ロータリースイッチを予定の DCV 位置にセットします.あらかじめ測定する電圧が分
200kΩ
100Ω
±0.8% of rdg ± 2dgts
かっていない時は,レンジスイッチを最高値にセットし,的確な分解能が得られるま
2MΩ
1kΩ
±1.0% of rdg ± 2dgts
マキシマム オープンサーキットボルテージ : 3.2V
オーバーロードプロテクション : 250V rms ac on all ranges
で徐々に減らして行きます.
3.測定するソース,または負荷にテストリードを接続し,赤のリード接続の極性に従い,
LCD ディスプレイの電圧値を読み取ります.
[DC 電流測定]
[テスト信号音]
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,
「COM」ジャックに黒を接続します.
1.ロータリースイッチを「
(200mA∼10A の測定の際は,赤のリードを「10A」ジャックに移動させてください.)
」の位置にセットします.
2.テスト信号音は,「VΩmA」ジャックと「COM」ジャックの中間に出ます.出力電圧
2.ロータリースイッチを予定の DCA 位置にセットします.
は約 5Vp-p です.本機を回路に接続するときには,カップリングコンデンサを使用し
3.測定する電流の回路を開き,回路と直列にテストリードを接続します.
てください.
4.赤のリード接続の極性に従い,LCD ディスプレイの電流値を読み取ります.
[バッテリーとヒューズの交換]
[抵抗測定]
「BAT」が LCD に表示されると,バッテリー交換が必要なことを表わします.裏カバーの
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,
「COM」ジャックに黒を接続します.
ネジをはずし,ケースを開けてください.同じタイプのバッテリーと交換してください.
(赤リードの極性は「+」です.
)
ヒューズ交換は普通に使用している限り必要にはなりませんが,測定上の誤使用などで万
2.ロータリースイッチを予定の「Ω」レンジ位置にセットします.
一切れた場合には,ケースを開けて,ヒューズを所定の「F 250mA/250V」のもので交換し
3.テストリードを,測定する抵抗に接続し,LCD ディスプレイを読み取ります.
てください.
※測定する抵抗が回路に接続されている場合は,あらかじめ電源を切り,
テストリー ドを接続する前にコンデンサを放電しておいて下さい.
ご注意
[トランジスタのテスト]
ケースを開ける前に,テストリードが測定回路と離されていることをご確認ください.そ
1.ロータリースイッチを「hFE」位置にセットします.
の後,本機を使う前に,ケースを閉じ,ネジをきちんと締めてください.感電がないよう
2.テストするトランジスタが NPN か PNP かを判断し,エミッタ,ベース,及び,
にご注意ください.
コレクタ
リードを確認します.それらリードをフロントパネルの hFE ソケットに
正しく差し込みます.
3.ベース電流 10µA で Vce3V のテスト時の大よその hFE 値が表示されます.
[ダイオードのテスト]
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,「COM」ジャックに黒を接続して下さい.
(赤リードの極性は「+」です)
2.ロータリースイッチを「
」の位置にセットします.
3.テストするダイオードのアノードに赤のテストリードを,ダイオードのカソードに
黒のテストリードを接続します.
4.ダイオードの大よその順電圧が「mV」で表示されます.この接続を逆にすると,「1」
が表示されます.
[導通テスト(ブザー音)]
1.「VΩmA」ジャックに赤のテストリードを,
「COM」ジャックに黒を接続します.
2.ロータリースイッチを「
」の位置にセットします.
3.テストリードを,テストする回路の 2 つのポイントに接続します.導通が確認された
揚合,内蔵のブザーが鳴ります.
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement