プレクストークポケット PTP1 取扱説明書

プレクストークポケット PTP1 取扱説明書
プレクストークポケット PTP1
取扱説明書
お買い上げいただきありがとうございます。
この取扱説明書は、事故を防ぐための重要な注意事項と製品の取り扱いかた
を示しています。この取扱説明書をお読みの上、製品を安全にお使いくださ
い。お読みになった後は、いつでも見られるところに必ず保管してください。
c2008 Shinano Kenshi Co.,Ltd.
目次
目次 .............................................................................................................2
諸注意 ...........................................................................................................9
安全にお使いいただくために(警告、注意) ..................................................... 9
その他の注意事項.................................................................................. 14
使用許諾 ................................................................................................ 15
1章 はじめに......................................................................................... 16
1章1
入っているものを確認しましょう .............................................. 16
1章2
各部の名称と働き ................................................................... 18
1章3
DAISYとは....................................................................... 31
1章4
本製品でできること ............................................................... 32
2章 準備しましょう .............................................................................. 33
2章1 バッテリーの入れ方・取り出し方............................................ 33
バッテリーの入れ方 ............................................................................ 34
バッテリーの取り出し方 ..................................................................... 36
2章2
バッテリーを充電する ............................................................ 38
2章3 バッテリーに関する注意 .......................................................... 39
バッテリーの寿命とリサイクル .......................................................... 39
バッテリーの充電について.................................................................. 39
バッテリーでの再生、録音時間の目安................................................ 39
長期間使用しない場合について .......................................................... 40
2
電源を切った状態でのバッテリーの消耗 ............................................ 40
2章4
電源のON/OFF ............................................................... 41
電源を入れる........................................................................................ 41
バッテリーの残量の確認方法 .............................................................. 42
電源を切る ........................................................................................... 43
自動電源OFFについて...................................................................... 43
強制電源OFFについて...................................................................... 43
2章5 音量・スピード・トーンの調整............................................... 44
音量を調整する .................................................................................... 44
スピードおよびトーンの調整 .............................................................. 45
2章6
SDカードの準備................................................................... 46
SDカードの形状 ................................................................................ 46
使用できるSDカードについて........................................................... 46
SDカードの入れ方............................................................................. 47
SDカードの取り出し方...................................................................... 48
書き込み禁止スイッチ ......................................................................... 49
3章 基本操作編:再生.......................................................................... 50
3章1 タイトルキーの使い方 ............................................................. 50
読みたい本や音楽を選ぶ...................................................................... 50
USB機器やメモ録に切り替える ....................................................... 52
3章2
PTR2等から本製品のSDカードにデータをバックアップ
する....................................................................................................... 54
3章3
DAISY図書を聴く ........................................................... 56
再生・停止する .................................................................................... 56
早送り、巻き戻しをする...................................................................... 57
3章4
DAISY図書の便利な頭出し ............................................. 58
3
DAISY図書の移動単位.................................................................. 58
上下キーで移動単位を選択.................................................................. 59
見出し移動........................................................................................... 60
グループ移動 ....................................................................................... 61
ページ移動........................................................................................... 62
フレーズ移動 ....................................................................................... 62
ダイレクト移動:ページに移動する ................................................... 63
ダイレクト移動:見出しに移動する ................................................... 64
ダイレクト移動:先頭・最後に移動する ............................................ 65
3章5
音楽(音声ファイル)を聴く ................................................. 67
音声ファイルについて......................................................................... 67
音声ファイルの移動単位 ..................................................................... 67
アルバム移動 ....................................................................................... 68
トラック移動 ....................................................................................... 68
ダイレクト移動:トラックに移動する................................................ 69
ダイレクト移動:アルバムに移動する................................................ 70
3章6
移動を取り消す(アンドゥ、リドゥ)................................... 71
アンドゥ .............................................................................................. 71
リドゥ .................................................................................................. 71
4章 基本操作編:録音 .......................................................................... 72
4章1
内蔵マイクで録音する ............................................................ 72
録音、一時停止、停止する.................................................................. 72
追加録音する ....................................................................................... 74
録音準備中に新規タイトルを作成する................................................ 75
4章2
メモ録 ..................................................................................... 76
メモ録を録音する ................................................................................ 76
メモ録を再生する ................................................................................ 77
4
ダイレクト メモ録 移動...................................................................... 78
選択中のメモ録を削除する .................................................................. 79
すべてのメモ録を削除する .................................................................. 80
5章 データをバックアップする ........................................................... 82
5章1
USB機器から本製品のSDカードにデータをバックアップ
する....................................................................................................... 84
DAISY図書CD→SDカード ....................................................... 84
音楽CD→SDカード ......................................................................... 86
USB接続のカードライターのメディア→SDカード....................... 88
5章2
本製品のSDカードから他の機器にデータをバックアップす
る .......................................................................................................... 90
SDカード→USB接続のカードライターのメディア....................... 90
5章3
メモ録をSDカードにバックアップする .............................. 92
すべてのメモ録→SDカード .............................................................. 92
6章 基本操作編:その他の機能 ........................................................... 93
6章1
お休みタイマー ...................................................................... 93
6章2
しおり..................................................................................... 94
しおりを付ける .................................................................................... 95
音声しおりを付ける............................................................................. 96
番号でしおりに移動する...................................................................... 98
前後のしおりに移動する...................................................................... 98
しおりを削除する ................................................................................ 99
選択中タイトルのしおりを削除......................................................... 100
音声しおり再生設定........................................................................... 101
6章3
その他の機能 ........................................................................ 102
キー説明............................................................................................. 102
5
キーロック......................................................................................... 102
ヘルプを聞く ..................................................................................... 103
7章 パソコンでの応用 ........................................................................ 104
7章1
データを転送する ................................................................. 104
パソコン→SDカード....................................................................... 104
SDカード→パソコン....................................................................... 106
7章2
テキストファイルを聴く ...................................................... 107
テキストファイルについて................................................................ 107
移動単位 ............................................................................................ 107
テキストファイル内での移動 ............................................................ 108
テキストファイル内でのダイレクト移動 .......................................... 109
テキストファイルの早送り、巻き戻し.............................................. 109
8章 使いこなし編:録音..................................................................... 110
8章1
録音音量の調整..................................................................... 110
自動音量調整の切り替え ................................................................... 110
録音音量を調整して録音する ............................................................ 111
録音中音量確認.................................................................................. 112
録音中音量確認の「あり/なし」..................................................... 112
8章2
録音設定................................................................................ 113
録音モードと録音音質について ........................................................ 113
録音音質と録音可能時間について..................................................... 115
録音モードと録音音質の選択 ............................................................ 116
8章3
その他の録音設定 ................................................................. 117
モニター出力の「あり/なし」 ........................................................ 117
録音中の音声ガイドの「あり/なし」.............................................. 118
8章4
6
外付けマイクやラインから録音する .................................... 119
外付けマイクとライン入力の選択 ..................................................... 119
外付けマイクで会議や授業を録音する .............................................. 120
ラジオやテープの音声を録音する ..................................................... 122
音楽をラインインから録音する......................................................... 124
9章 使いこなし編:編集 .................................................................... 126
9章1
見出しを付ける .................................................................... 126
録音中に見出しを付ける.................................................................... 126
録音後に見出しを付ける.................................................................... 127
録音ポーズ中に見出しを予約する ..................................................... 128
見出しを取り消す .............................................................................. 129
9章2
セクション削除 .................................................................... 130
10章 使いこなし編:その他の機能 ...................................................... 131
10章1
様々な情報を聞く ............................................................. 131
情報を聞く ......................................................................................... 131
現在の日時を確認する ....................................................................... 132
10章2
再生設定 ........................................................................... 133
DAISY図書とテキストファイルの再生設定................................ 133
音声ファイルの再生設定.................................................................... 134
10章3
メディア管理 .................................................................... 135
メディア、タイトル情報.................................................................... 135
SDカード内容全消去(フォーマット) .......................................... 136
新規タイトル作成 .............................................................................. 138
タイトル削除...................................................................................... 139
編集準備............................................................................................. 140
ビルドブック...................................................................................... 142
10章4
管理................................................................................... 143
7
設定の初期化 ..................................................................................... 143
プレクストークの情報....................................................................... 145
ガイド音量の選択 .............................................................................. 146
テキスト読み上げ音声の選択 ............................................................ 147
待ち受け音の選択 .............................................................................. 148
時計設定 ............................................................................................ 149
テキスト読み上げの設定 ................................................................... 151
11章 付録 .......................................................................................... 152
11章1 メニュー階層一覧 ............................................................... 152
11章2 音声ファイルの連続再生の順序.......................................... 155
11章3 録音やバックアップで自動的に作られるフォルダ名について
............................................................................................................. 157
11章4 フォルダ選択について ........................................................ 158
12章 用語解説 ................................................................................... 159
13章 故障かなと思ったら ................................................................. 163
13章1 症状と対応のしかた............................................................ 163
13章2 よくある質問 Q&A .......................................................... 174
14章 仕様 .......................................................................................... 176
15章 動作確認済マイク、動作確認済SDカード及びオプション品 180
16章 保証について ............................................................................ 181
17章 お問い合わせについて ............................................................. 183
索引 ......................................................................................................... 184
8
諸注意
安全にお使いいただくために(警告、注意)
本製品は安全に十分配慮して設計されています。しかし、電気製品はまちが
った使い方をすると、火災や感電などにより人身事故になることがあり危険
です。事故を防ぐために次のことを必ずお守りください。
警告及び注意事項について
警告
<警告>
注意
<注意>
これらの表示を無視して誤った取り扱いをすると、死亡
または重傷を負う恐れがあります。
これらの表示を無視して誤った取り扱いをすると、傷害
を負う恐れ又は物的損害が発生する恐れがあります。
※以下の警告及び注意事項の中で使われる「本製品」という表現には、PT
P1本体のみならず、バッテリーも含まれます。
※「SDメモリカード」を省略して「SDカード」と表記します。
9
警告
煙が出る、異臭がする等の異常がある場合、そのまま使用す
ると火災、感電、けが等の原因になります。ただちに使用を
中止し、電源プラグをコンセントから抜き、本体からバッテ
電源プラグ
を抜け
リーを取り出し、販売店にご連絡ください。その際、本体ま
たはバッテリーが高温になっている可能性がありますので、
火傷しないように十分注意してください。
万一、バッテリーから液がもれたら、ただちに使用を中止し、
電源プラグをコンセントから抜き、すぐに火気より遠ざけ、
販売店にご連絡ください。漏れた液や気体に引火して発火、
破裂の恐れがあります。
電源プラグ
を抜け
バッテリー液が目に入った場合は、きれいな水で洗った後、
ただちに医師に相談してください。液が皮膚や衣服に付いた
ときは、水でよく洗い流してください。
本製品の隙間から金属物などの異物を入れたり、本製品に水
や洗浄液等の液体をこぼしたりしないでください。ショート
して火災や感電や故障の原因になり、大変危険です。異物や
電源プラグ
を抜け
液体が入ってしまった場合は、ただちに電源プラグをコンセ
ントから抜き、本体からバッテリーを取り出し、販売店にご
連絡ください。
分解、修理、改造をしないでください。火災・感電・故障の
原因になり、大変危険です。修理は弊社「お問い合わせ窓口」
分解禁止
にご依頼ください。
お風呂や雨の当たる場所、湿気の多い場所での使用はしない
水ぬれ禁止
でください。感電・火災・故障の原因になります。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。感電の
ぬれ手禁止
10
原因になります。
警告
付属の電源アダプターや電源コード、弊社指定のバッテリー
以外は使用しないでください。また、AC100V 50/60Hz 以外
禁止
の電源では使用しないでください。火災や感電や故障の原因
になります。
電源プラグについたほこりは定期的に清
掃してください。その際、電源プラグを
コンセントから抜いた後に清掃してくだ
さい。また、たこあし配線をしないでく
厳守
ださい。ほこりがたまったり、たこあし
配線をしたりすると、火災や感電の原因
になります。
電源プラグを差し込む際は、プラグ本体を持って根元まで確
実に差し込んでください。差し込みが不完全だと火災や感電
の原因になります。また、電源プラグを抜く際は、必ずプラ
厳守
グを持って抜いてください。電源コードを引っ張ってプラグ
を抜くと、コードが傷つき、火災や感電の原因になります。
電源アダプター、電源コードを傷つけないでください。重い
ものを乗せたり、引っ張ったり、加工したり、傷つけたり、
無理に曲げたり、ねじったり、束ねたり、挟んだり、熱器具
禁止
を近づけたりするとアダプターやコードが傷つき、火災や感
電の原因となります。
自動車・バイク・自転車等の乗り物を運転しながら本製品を
使用しないでください。交通事故の原因になります。また、
厳守
歩きながらの使用に際しては、足元や周囲の交通には十分に
注意してください。転倒や交通事故の原因になります。
11
警告
SDカードは、乳幼児の手の届く場所に置かないでください。
誤飲すると健康に悪影響を及ぼします。誤飲した際は、ただ
禁止
ちに医師に相談してください。
本製品やSDカードを、ほこりの多い場所、直射日光の当た
る場所や暖房器具に近い場所、炎天下の車内等に置かないで
ください。また、携帯電話、オーディオアンプ、電子レンジ、
禁止
トースター、ヘアドライヤー、その他熱や電波を発生する電
気製品の近くに置かないでください。火災や感電、故障の原
因になります。
本製品やSDカードをたたく、踏みつける、重いものを乗せ
る、落下させるなどの強い衝撃を与えないでください。また、
禁止
火の中に入れたり、電子レンジやオーブンなどで加熱したり
しないでください。火災や感電、故障の原因になります。
長期間ご使用にならないときは、電源プラグをコンセントか
電源プラグ
を抜け
ら抜き、バッテリーを本体から取り出しておいてください。
お手入れの際は、電源を切ってください。感電の原因になり
ます。汚れを拭き取る場合は、柔らかい清潔な布をご使用く
ださい。水や洗剤などの液体が本製品にかからないようにご
厳守
注意ください。液体が本製品にかかると、火災や感電や故障
の原因になります。
本体を廃棄する際は、お住まいの自治体の定める廃棄物分別
方法に従って処分してください。バッテリーの廃棄は「充電
厳守
12
式電池リサイクル協力店」にご持参して廃棄してください。
注意
本製品は長時間使用すると温かくなることがあります。長時
間皮膚の同じ場所に触れていると、熱い・痛いなどの自覚症
禁止
状がなくても低温やけどのおそれがありますので、長時間皮
膚の同じ場所に触れないようにしてください。
長時間ヘッドホンをご使用になると聴覚へ悪影響を及ぼす恐
禁止
れがあります。長時間の連続使用は避けてください。
付属のUSBケーブルの金属端子には、鋭利な部分がありま
す。金属部分に触れる際にはケガをしないよう、十分に注意
厳守
してください。
SDカードは正しい向きで入れてください。また、出し入れ
の際、決して無理な力を加えないでください。間違った向き
で入れたり、無理な力を加えて出し入れしたりすると故障の
原因になります。
厳守
本製品のカードスロットはSDカードおよびSDHCカード
専用です。それ以外のカードをカードスロットに差し込まな
いでください。故障の原因になります。
お手入れの際、シンナーやベンジン、アルコールの入った溶
剤などを使用しないでください。本製品の表面を痛めてしま
厳守
います。
13
その他の注意事項
電波障害自主規制について
本製品はテストを受けた結果、住宅内での設置による電波障害からの保護を
目的として定められたFCC規格の15章に従う分類Bデジタル装置向け
に設けられた規制に合ったものと認定されました。ただし、どのような装置
でも電波妨害がまったく生じないという保証はありません。本製品がテレビ
やラジオ等の受信障害の原因となっているかは、本製品の電源の ON/OFF を
切り替えることで確認できます。本製品が原因の場合は次の方法を試してく
ださい。
・受信アンテナの位置、あるいは方向を変える
・本製品と受信機の距離を離す
・本製品と受信機のコンセントを別々にする
バックアップに関する著作権について
本製品によるバックアップは、著作権法で許された範囲のコピー(私的使用
のための複製、あるいは、著作権法37条3項に定められた視覚障害者のた
めの用途)のみを目的として使用するものです。違法コピーは民事上または
刑事上の制裁を受ける場合があります。
登録商標について
・SDメモリカード、SDHCメモリカードはSDアソシエーション(SD
Card Association) の登録商標です。
・Microsoft、Windows®、Windows Vista® は、米国 Microsoft Corporation
の、米国及びその他の国における登録商標または商標です。
・コンパクトフラッシュはサンディスク社の登録商標です。
14
使用許諾
1.本取扱説明書(以下「本書」)はシナノケンシ株式会社の著作物です。
したがって、定められた場合を除き、本書の一部または全部を無断で複製・
複写・転写・転載・改変することは法律で禁止されています。
2.本書に記載されている内容に関しては、改良のため予告なしに変更する
ことがあります。
3.本書の内容に関しては万全を期して作成していますが、万一ご不明な点
あるいは不備な点などがありましたら、弊社までご連絡ください。
4.本製品及び付属品の使用に起因する損害や逸失利益の請求などにつきま
しては、上記に関わらずいかなる責任も負いかねますので、予めご了承くだ
さい。
5.本製品は「外国為替及び外国貿易法」の規定により戦略物等輸出規制製
品に該当する場合があります。国外に持ち出す際は、日本政府の輸出許可申
請などの手続きが必要になる場合があります。
6.本製品は医療機器、原子力設備や機器、航空宇宙機器、輸送設備や機器
など人命に関わる設備や機器としての使用、またはこれらに組み込んでの使
用は意図されておりません。これら、設備や機器、制御システムなどに本製
品を使用され、本製品の故障により人身事故、火災事故、社会的損害などが
生じても、弊社ではいかなる責任も負いかねます。設備や機器、制御システ
ムなどにおいて、冗長設計、火災延焼対策設計など、安全設計に万全を期さ
れるようご注意ください。
7.本製品は日本国内仕様です。本製品を日本国外で使用された場合、弊社
は一切の責任を負いかねます。また、弊社は本製品に関し、日本国外への技
術サポート及びアフターサービス等を行なっておりません。予めご了承くだ
さい。
本製品と付属品のライセンスと商標はすべて、弊社その他本製品と付属品の
各々の権利者が保持します。
15
1章
1章1
はじめに
入っているものを確認しましょう
□チェック
本製品をご使用になる前に、まず以下のものがそろっているか
しながらお確かめください。万一不足しているものがありましたら、お手数
ですが本製品を購入した販売店までご連絡ください。
お願い:梱包箱や梱包材は、修理などのために本製品を安全に輸送する際に
必要となることがありますので、大切に保管しておいてください。
□プレクストーク ポケット(本体) □バッテリー
1個
1台
(SDカード挿入済)
□電源アダプター
16
1個
□USBケーブル(長)
□保証書
1本
(パソコンと接続します)
1枚
□動作確認済品一覧
1枚
□同梱品一覧表(点字)1枚
□USBケーブル(短)
1本
(PTR1/PTR2、カードリーダー等
との接続に使用します)
□イヤホン
1個
□キャリングバッグ 1個
□取扱説明書墨字版(本書)
□クイックガイド 1枚
1冊
□取扱説明書CD:DAISY 版
1枚
□基本操作ガイド音楽CD版
1枚
17
1章2
各部の名称と働き
本体の形状
本製品を操作するための各種キーが配置されている広い面を「操作面」と呼
びます。操作面の中には内蔵スピーカーなどが配置されている網目の部分が
あります。本製品を操作する際は、網目の部分が上になるようにして持ちま
す。操作面を正面にして、操作面の上側の面を「上面」、操作面の下側の面
を「底面」、右側の側面を「右側面」、左側の側面を「左側面」、操作面の
裏側を「背面」と呼びます。
メニューキー
操作面
左側面
底面
<ポイント>
●操作面右上の、二つの突起がある電源キーを長く押して電源を入れ、
電源キーのすぐ下の [メニューキー] を約5秒押してから、説明を聞
きたいキーを押すと、そのキーの名称が音声でガイドされます。もう
一度 [メニューキー] を約5秒押すとキー説明が終了します。
18
操作面
②
①
以下で、各キーの
操作方法を簡単に
説明します。
③
④
詳しくは該当する
ページを参照して
ください。
①内蔵スピーカー
操作面最上部右側にあります。
再生音や音声ガイドが
流れます。
②内蔵マイク
内蔵スピーカーのやや左に
あります。
音声などの録音に使用します。
③電源LED
電源が入ると緑色に点灯します。録音中は橙色に点灯し、録音準備中または
録音ポーズ中は橙色に点滅します。
④バッテリーLED
バッテリーの充電中は赤色に点灯、または赤色と緑色が交互に点滅し、充電
が完了すると緑色に点灯します。バッテリーや電源アダプターが異常なとき
には、赤色で点滅します。
19
⑤電源キー
操作面で一番右上にあるキー⑤です。網目の部分のすぐ下にあります。長く
押すと電源がON/OFFされます。電源が入った状態で短く押すと「お休
みタイマー」がはたらきます。
⑥録音キー
操作面で一番左上にあるキー⑥です。網目の部分のすぐ下にあります。1回
押すと録音準備状態になり、もう1回押すと録音が始まります。録音中に録
音キーを押すと、録音がポーズ(一時停止)となり、もう1回押すと、録音
が再開されます。再生・停止キーを押すと録音が終了します。
メモ録をする際は、録音キーを押し続けます。音声ガイドの後に開始音が鳴
り、録音が始まります。録音キーから指を離すとメモ録が終了します。(メ
モ録の詳細は「4章2
メモ録」76 ページ以降を参照してください。)
⑦メニューキー
電源キーのすぐ下にあるキー⑦です。1回押すとメニューに入り、もう1回
押すとメニューから抜けます。メニューキーを1回押したら、左右キーで大
きな項目を選びます。大きな項目には、「編集」「録音設定」「再生設定」
「しおり」「メモ録」「メディア管理」「管理」があります。その中から目
的の項目を選び、再生・停止キーまたは下キーで決定します。すると、小さ
な項目が現れますので、左右キーで小さな項目を選び、再生・停止キーまた
は下キーで決定します。後は音声ガイドの指示に従って操作します。操作の
途中で、ひとつ前の操作に戻りたい時は、上キーを押すと現在の操作がキャ
ンセルされ、ひとつ前の操作に戻ります。操作の途中で全てをキャンセルし
たい時は、メニューキーを押すと全てキャンセルされます。
20
⑥
⑤
⑦
⑧
⑧タイトルキー
メニューキーのすぐ下にあるキー⑧です。メディアやタイトルの変更に使い
ます。タイトルキーを押すごとに、SDカード→USB→メモ録→SDカー
ド、というような順番でメディアが音声ガイドされますので、目的のメディ
アが音声ガイドされたら次の操作に移ります。次は左キーまたは右キーを押
します。押すたびにタイトルが次々と音声ガイドされますので、聞きたいタ
イトルのところで止まり、再生・停止キーを押すと、そのタイトルが再生さ
れます。SDカードやUSBの場合は、DAISY図書→音楽→テキストフ
ァイル→DAISY図書というような順番でタイトルが音声ガイドされま
す。
以上のように、まずタイトルキーを何回か押してSDカード、USB、メモ
録のいずれかに移動し、次に左右キーを何回か押してタイトルを選び、そし
て再生・停止キーを押して再生する、という手順になります。
21
⑨移動キー
録音キーのすぐ下にあるキー⑨です。目的のページや見出しなどに、ダイレ
クトに移動する際に使います。ページにダイレクトに移動するには、まず移
動キーを1回押し、次にページ番号をテンキーで入力し、最後に再生・停止
キーまたは下キーを押して決定します。すると、そのページに移動します。
見出しに移動するには、移動キーを2回押し、見出し番号をテンキーで入力
してから、再生・停止キーまたは下キーで決定します。
音楽の場合も同様です。曲を選んで聴くには、移動キーを1回押して、何番
目の曲かをテンキーで入力し、再生・停止キーまたは下キーで決定します。
アルバムに移動するには、移動キーを2回押し、番号を入力してから決定し
ます。
⑩しおりキー
移動キーのすぐ下にあるキー⑩です。しおりを付けたり、しおりへ移動する
際に使います。しおりに移動するには、しおりキーを1回押し、しおり番号
をテンキーで入力して、再生・停止キーまたは下キーで決定します。しおり
を付けるには、しおりキーを2回押し、しおり番号を入力して、再生・停止
キーまたは下キーで決定します。しおりを削除するには、しおりキーを3回
押し、しおり番号を入力して、再生・停止キーまたは下キーで決定します。
⑪再生・停止キー
メニューキー・タイトルキー・移動キー・しおりキーに囲まれたキー⑪です。
再生・停止キーを押すと再生が始まります。もう一度押すと再生が停止しま
す。録音を停止するとき、および録音準備状態や録音ポーズ状態を解除する
際にも使います。また、様々な操作を決定する際にも使います。
22
⑨
⑫
⑩
⑬
⑪
⑫上キー
再生・停止キーの上にあるキー⑫です。レベル選択や録音音量調整などに使
います。また、操作をキャンセルしたり、ひとつ前の操作に戻る際にも使い
ます。DAISY図書でレベル移動をする際、上キーを押していくと、フレ
ーズ→ページ→グループ→レベル3→レベル2→レベル1のように移動し
ます。録音音量調整に使う際には、まず自動音量調整を解除してから、録音
準備中などの時に上キーを押すと録音音量が上がります。(自動音量調整の
詳細は「自動音量調整の切り替え」110 ページを参照してください。)
⑬下キー
再生・停止キーの下にあるキー⑬です。レベル選択や録音音量調整などに使
います。また、操作を決定する際にも使います。DAISY図書でレベル移
動をする際、下キーを押していくと、レベル1→レベル2→レベル3→グル
ープ→ページ→フレーズのように移動します。録音音量調整に使う際には、
自動音量調整を「なし」にした後、録音準備中などの時に下キーを押すと録
音音量が下がります。
23
⑭右キー
再生・停止キーの右にあるキー⑭です。再生位置を進める際に使います。ま
た、メニューの選択などにも使います。DAISY図書を再生する際、たと
えば、上下キーでレベル1(章)を選択して、第1章→第2章→第3章のよ
うに先に進みたいときに、右キーを押していくと、ひとつずつ先の章に進み
ます。上下キーでフレーズを選択している場合は、ひとつずつ先のフレーズ
に進みます。また、右キーを長く押すと5秒、10秒・・・と、早送りされ
ます。
⑮左キー
再生・停止キーの左にあるキー⑮です。再生位置を戻す際に使います。また、
メニューの選択などにも使います。DAISY図書を再生する際、たとえば、
上下キーでレベル1を選択して、第3章→第2章→第1章のように前に戻り
たいときに、左キーを押していくと、ひとつずつ前の章に戻ります。上下キ
ーでフレーズを選択している場合は、ひとつずつ前のフレーズに戻ります。
また、左キーを長く押すと5秒、10秒・・・と、早く巻き戻されます。
⑯テンキー
テンキーは下キーの下にあるキー⑯です。電話のプッシュボタンと同じ並び
に配列されています。番号の入力に使います。次のような別の用途もありま
す。1キーはスピード・トーンの変更に、5キーは情報キーとして、9キー
はバックアップに、0キーはヘルプキーとして使います。
1キーを1回押した後に、上キーを押すと再生スピードが上がり、下キーを
押すと再生スピードが下がります。1キーを2回押した後に、上キーを押す
とトーンが上がり、下キーを押すとトーンが下がります。
5キーを押すと現在のタイトルに関する情報を聞くことができます。さらに
5キーを押すと、今聞いている情報の次の情報にスキップします。
9キーは、選択したタイトルを別のメディアにバックアップする際に使いま
す。(バックアップの詳細は「5章 データをバックアップする」82 ページ
以降を参照してください。)
24
0キーを押して再生・停止キーを押すと、ヘルプを聞くことができます。ヘ
ルプの内容はこの取扱説明書とほぼ同様の内容になっています。ヘルプを終
了するには、もう一度0キーを押します。
⑭
⑮
⑯
⑰
⑱
⑰*キー(アスタリスクキー)
テンキーの一番左下のキー⑰です。アンドゥ、または操作をキャンセルする
際に使います。
⑱#キー(シャープキー)
テンキーの一番右下のキー⑱です。リドゥ、または操作を決定する際に使い
ます。
25
上面
③
①
②
①外部音声入力端子
操作面を下にして、上面の左側の丸い穴が外部音声入力端子です。外付けマ
イクおよびラインインの端子を接続します。ステレオ入力です。
②ヘッドホン出力端子
操作面を下にして、上面の中央の丸い穴がヘッドホン端子です。ヘッドホン
を接続します。ステレオ出力です。
③ストラップ穴
操作面を下にして、上面の一番左側の四角い穴がストラップ穴です。市販の
ストラップを通すための穴です。
26
底面
①
②
①DC入力端子
操作面を上にして、底面の左端の穴がDC入力端子です。付属の電源アダプ
ターを接続します。
②USB端子
操作面を上にして、底面の右端の横長の穴がUSB端子です。付属のUSB
コードを接続します。データ転送に使用します。
27
左側面
①
①ストラップ穴
左側面最上部の角にある2つの穴がストラップ
穴です。市販のストラップを通すための穴です。
②SDカードスロット
左側面中央やや上にある、細長い穴がSDカー
ドスロットです。SDカードを入れます。
SDカードの入れ方は「SDカードの入れ方」
②
28
47 ページを参照してください。
右側面
①
①音量スイッチ
右側面には二つのスイッチがあり、上にあるの
が音量スイッチです。1回上げるごとに音量が
上がり、1回下げるごとに音量が下がります。
音量は0∼25まで1段階ずつ調整ができま
す。音声ガイドの音量も合わせて調整されます。
②キーロックスイッチ
②
右側面下部にあります。本製品を持ち運ぶ際に
キーが誤って押されても誤動作しないようにロ
ックするときに使います。上方向にスライドさ
せると全てのキーがロックされ(キーロックが
有効になり)、下方向にスライドさせるとキー
ロックが無効になります。
電源をON/OFFする際にはキーロックを無
効にしてください。
29
背面
①
②
①バッテリー蓋
背面中央から下がバッテリー蓋です。この蓋を開けて付属のバッテリーを入
れます。
②解除ボタン
背面一番下の中央にあります。バッテリーの蓋を開けるためのボタンです。
このボタンを押しながら、蓋を下方にスライドさせると蓋が開きます。
30
1章3
DAISYとは
●DAISY図書とは
DAISY(デイジー)とは、視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難
な人々のために開発されたデジタル録音図書の規格です。DAISY図書と
は、この規格にそって制作された図書のことを言います。DAISY図書は、
デジタル録音されたデータに、セクションやページ、フレーズなどの印が付
けられており、利用者は、その印によって聴きたい箇所にすばやく移動する
ことができます。
●セクションとは、見出しとは
DAISYでは、本の章、節、項などの切れ目となる箇所に、「見出し」と
呼ばれる印が付けられます。ある見出しから、次の見出しまでのひとかたま
りの音声を「セクション」と呼びます。通常、各セクションの先頭のフレー
ズが見出しとなります。
●フレーズとは
音声データは、息継ぎなどで一定時間、無音になった箇所で区切られていま
す。その無音から次の無音までのひとかたまりの音声を「フレーズ」と呼び
ます。通常、1フレーズは数秒から十数秒程の長さになります。
●ページとは
ページとは、文字どおり本のページごとの区切りを表します。ページ番号が
切り替わる箇所のフレーズに付けられています。
●グループとは
グループとは、セクション内に付ける区切りのことです。
31
1章4
本製品でできること
本製品では次のようなことができます。
1) DAISY図書を聞く
SDカードに記録されたDAISY形式の録音図書を再生します。長時間再
生が可能で、読みたい場所がすぐに探せる優れた検索機能があります。
2) 音楽(音声ファイル)を聞く
音楽CDをSDカードへ取り込み、音楽を楽しむことができます。
3)テキストファイルを聞く
パソコンなどで使われるテキストファイルを、内蔵のテキストリーダーが読
み上げます。
4) 録音する
内蔵マイクや外付けマイク(別売)で授業や会議などを録音できます。また別
のオーディオ機器からのライン録音もできます。
5) 便利な機能
①音声で本製品の動作を明確に知らせる音声ガイド機能があります。
②お休み前にDAISY図書や音楽を聞きたい時など、設定した時間で自動
的に電源が切れます。
③音楽CDやDAISY図書をバックアップできます。→詳しくは「5章
データをバックアップする」82 ページ以降を参照してください。
④その場ですぐに録音したいときに、メモ録で録音することができます。
⑤自由な場所にしるしを付けられるしおり機能があります。
⑥聞き取りやすい音程での再生速度の変更機能があります。
32
2章
準備しましょう
2章1 バッテリーの入れ方・取り出し方
<警告>
●バッテリーを交換する際は、必ず電源をOFFにし、電源アダプター
を外してください。
●バッテリーは、異なるタイプのものと交換すると、破裂・火災の危険
があります。必ず指定されたバッテリーをご使用ください。
●バッテリーを誤って落下させると故障の原因になります。取扱いには
十分に注意してください。
●バッテリーを入れる際は、バッテリーの端子の向きを正しく入れてく
ださい。
●万一、バッテリーから液がもれたら、ただちに使用を中止し、電源プ
ラグをコンセントから抜き、すぐに火気より遠ざけ、販売店にご連絡
ください。漏れた液や気体に引火して発火、破裂の恐れがあります。
バッテリー液が目に入った場合は、きれいな水で洗った後、ただちに
医師に相談してください。液が身体や衣服に付いたときは、水でよく
洗い流してください。
33
バッテリーの入れ方
手順
1) 電源を切り、電源アダプターを外します。
2) 本体で複数のキーがある面が操作面です。
バッテリーは裏側の背面から装着をしま
す。まず背面を向くように本体を裏返し、
丸く小さな突起が2つある方を上側にし
て持ちます。
3) 本体の下側にバッテリー蓋を取り外す四
角い小さな解除ボタンがありますので、片
方の手の指先でそのボタンを深く押し込
んだ状態のまま、もう一方の手で本体中央
付近にある2本の線に指を掛け、両手でボ
タンと線を押さえながら下方向へ5mm
ほどスライドさせると、蓋が開きます。蓋
を取り外します。バッテリーを収納する四
角い部分を確認しておきましょう。本体を
一旦置きます。
4) バッテリーを持ちます。四角い形状をした
バッテリーの面の中で、2箇所の突起があ
る面を確認します。2箇所の突起が右側
面、左側面の下側に別の小さな突起がある
方向でバッテリーを持ちます。左手で持つ
とバッテリーが入れやすくなります。
34
5) 再び本体を裏返した状態で丸く小さな突
起が2つある方を上側にして持ち、バッテ
リーを本体の収納部分に左から右方向に
ずらしながら入れます。収納部分の右側面
にバッテリーが突き当たったら、浮き上が
っているバッテリーの左端の部分を優し
く上から押し込むとスムーズにバッテリ
ーを収納することができます。右方向から
装着しようとすると収納部分の右側面に
ある突起が邪魔をして正しく装着するこ
とができません。
6) バッテリー蓋の取り外しの際に押さえた
2本の線が上側となる向きで蓋を持ち、本
体に蓋が完全に閉まる位置から約5mm
下側にずらした状態で蓋を置きます。片側
の手で蓋の2本の線を押さえ、もう一方の
手で蓋の下側を押さえながら上方向にス
ライドさせると「カチッ」と音がして蓋が
閉まります。蓋の回りをさわって、隙間な
く閉まっていることを確認しましょう。
35
バッテリーの取り出し方
手順
1) 電源を切り、電源アダプターを外します。
2) 本体で複数のキーがある面が操作面で
す。バッテリーは裏側の背面から装着を
します。まず背面を向くように本体を裏
返し、丸く小さな突起が2つある方を上
側にして持ちます。
3) 本体の下側にバッテリー蓋を取り外す四
角い小さな解除ボタンがありますので、
片方の手の指先でそのボタンを深く押し
込んだ状態のまま、もう一方の手で本体
中央付近にある2本の線に指を掛け、両
手でボタンと線を押さえながら下方向へ
5mmほどスライドさせると、蓋が開き
ます。蓋を取り外します。バッテリーを
収納する四角い部分を確認しておきまし
ょう。本体を一旦置きます。
36
4) バッテリーの底辺の左側にバッテリーを
取り出すための突起があります。その突
起に爪をかけて上側に持ち上げます。
5) バッテリー蓋の取り外しの際に押さえた
2本の線が上側となる向きで蓋を持ち、
本体に蓋が完全に閉まる位置から約5m
m下側にずらした状態で蓋を置きます。
片側の手で蓋の2本の線を押さえ、もう
一方の手で蓋の下側を押さえながら上方
向にスライドさせると「カチッ」と音が
して蓋が閉まります。蓋の回りをさわっ
て、隙間なく閉まっていることを確認し
ましょう。
37
2章2
バッテリーを充電する
手順
1) 操作面を手前にして、網目の部分が上にな
るように持ちます。底面左側のDC入力端
子に、電源アダプターを接続します。
2) 電源プラグをコンセントに差し込みます。
<警告>
●本体と電源アダプター、電源プラグとコンセントは、確実に接続して
ください。
●付属品以外の電源アダプターを使用すると故障・火災の原因になりま
す。必ず付属の電源アダプターを使用してください。
●電源アダプターのジャックは本体上面のヘッドホン端子や外部音声入
力端子とほぼ同寸です。電源アダプターのジャックを間違ってヘッド
ホン端子や外部音声入力端子に差し込まないように注意してくださ
い。
38
2章3 バッテリーに関する注意
バッテリーの寿命とリサイクル
使用回数を重ね、時間が経過するにつれバッテリーの容量は少しずつ低下し
ます。使用できる時間が大幅に短くなった場合は寿命です。新しいものと交
換してください。当バッテリーは本製品独自のものですので、家電量販店な
どでは販売していません。本製品を購入したお店でご購入ください。
廃棄の際は、使用済みのバッテリーの端子(金属部分)にテ
ープを貼るなどの処理をして、充電式電池リサイクル協力店
Li-ion
にご持参して廃棄してください。
バッテリーの充電について
本製品を初めてご使用になる前には、必ずバッテリーを充電してください。
フル充電には約4時間かかります。(充電時間は、使用条件によって異なり
ます。)充電しながら、使用することができます。バッテリーLEDが、赤
色と緑色が交互に点滅している時は充電中、緑色に点灯すると充電完了の状
態です。はじめて電源を接続する時や、1ヶ月以上使用しなかったときは、
内部の時計IC用バッテリーの充電のため、電源アダプターを接続して電源
を入れた状態で24時間以上通電してください。通電中も使用することがで
きます。
バッテリーでの再生、録音時間の目安
新品のバッテリーでの動作時間は、DAISY図書の再生で約10時間、録
音で約8時間です。(動作時間は、使用条件によって異なります。)
39
長期間使用しない場合について
長期間使用しない場合、バッテリー性能を維持するためには3ヶ月に1回程
度、満充電にして本製品でほぼ使いきり、約30分∼1時間充電し、本製品
からバッテリーを取り外して、湿度の低い涼しい場所で保管してください。
バッテリーは時間の経過とともに必ず劣化しますが、保管状態によって劣化
の度合いが異なってきます。放電し切った状態で保管したり、逆に満充電に
近く、なおかつ温度が高い状態で保管したりすると劣化が早くなります。
電源を切った状態でのバッテリーの消耗
電源アダプターを接続せずに電源を切ったまま放置すると、2∼3週間でバ
ッテリー残量がなくなります。長期間放置した後に電源を入れても起動しな
い場合は、電源アダプターを接続してから電源を入れてください。
40
2章4
電源のON/OFF
電源を入れる
手順
音声ガイド
1) [電源キー] を長く押します。(1秒以上
押し続けます。)
2) 電源LEDが点灯し、電源が入ります。
<ポイント>
●バッテリー装着後に初めて電源を入れた際には、本製品が起動するま
でに30秒ほど時間がかかります。
●本製品は過去に聞いた1000タイトル分の図書の最後に停止した場
所を自動的に覚えていますので、電源をON/OFFしても前回停止
した場所から再生します。
41
バッテリーの残量の確認方法
手順
音声ガイド
1) 電源アダプターが接続されていないこと
を確認します。
2) [情報キー](数字の [5キー])を押します。 「バッテリー レベル」
バッテリーの残量が音声でガイドされま
す。
3) 引き続き、SDカードなどの情報がガイド
されます。再生・停止キーを押すとガイド
が終了します。
42
「○○パーセント」
電源を切る
手順
音声ガイド
1) [電源キー] を長く押します。(2秒以上
押し続けます。)
2) 電源LEDが消灯し、電源が切れます。 「電源OFF」
<ポイント>
●電源を切る際、短く押すとお休みタイマーがはたらいてしまいます。
電源を切る際は、必ず2秒以上押し続けてください。
自動電源OFFについて
バッテリーのみで駆動させ、録音や再生を停止したまま15分間操作しない
と、「自動電源OFF」と音声ガイドがあり、電源が自動的に切れます。
また、バッテリーレベルが低下したときには、「バッテリー不足です。残り
1分で電源OFF」と音声ガイドがあり、1分後に自動的に電源が切れます。
強制電源OFFについて
電源が入っている状態で、どのキーを押しても全く反応が無くなったときは、
電源キーを10秒以上押し続けてから指を離してください。強制的に電源が
切れます。
43
2章5 音量・スピード・トーンの調整
音量を調整する
手順
音声ガイド
本体右側面の [音量スイッチ] を上方向に1回押
すと1段階ずつ音量が大きくなり、下方向に1回
押すと1段階ずつ音量が小さくなります。音量は、
「音量・・」
0から25まで1段階ずつ調整できます。
<ポイント>
●音量スイッチを押し続けると、素早く音量が変化します。
●再生中に [音量スイッチ] を操作した場合には、音声ガイドはありま
せん。
●再生音とともに音声ガイドの音量も調整されます。なお、音声ガイド
の音量のみを調整したい場合は、「ガイド音量の選択」146 ページを
参照してください。
●再生音量をゼロにしても、わずかに音声ガイドが流れます。
<警告>
●ヘッドホンで音声を聴く場合は適度な音量で聴いてください。大きな
音量で聴き続けると聴覚を害する恐れがあります。
44
スピードおよびトーンの調整
手順
音声ガイド
1) [1キー] を1回押すと、[上キー] または [下
「スピード」
キー] で再生スピードを変更することができ
「スピード +1」
ます。-2から+8までの段階で調整します。
・・・
2) [1キー] をもう1回押すと、[上キー] または
「トーン」
[下キー] でトーン(音質)を変更することが
「トーン +1」
できます。-6から+6までの段階で調整しま
・・・
す。数字が大きくなると高音域が強調され、数
字が小さくなると低音域が強調されます。
3) [1キー] をさらにもう1回押すとスピードお
よびトーンの調整モードから抜けます。
<ポイント>
●再生スピードは、−2から+8までの11段階で調整できます。1段
階でスピードが0.25倍増減します。-2が0.5倍速、0が標準速、
+4が2倍速、+8が3倍速です。
●音声ガイドも再生スピードと同様にスピードが変わります。
●再生中にスピードやトーンの調整を行った場合には、音声ガイドはあ
りません。
●調整の途中で再生・停止などの操作を行うと、スピード・トーンの調
整から抜けることができます。
45
2章6
SDカードの準備
SDカードの形状
SDカードは切手ほどの大きさで四角い板のような形状をしています。滑ら
かな面が表面で、ギザギザした部分がある面が裏面です。SDカードはサイ
ズが小さいので、紛失しないように注意してください。
使用できるSDカードについて
本製品はSDカードとSDHCカードに対応していますが、カードによって
は、本製品で使用できないものがあります。使用できるカードの一覧が、同
梱の「動作確認済品一覧」や弊社ホームページに掲載されていますので、新
規に購入する際は、それらを参照してください。
46
SDカードの入れ方
注:本製品を購入された際には、すでにSDカードがカードスロットに装着
されています。初回時には以下の操作は必要ありません。
1)電源を切ります。
2)SDカードの滑らかな面を手前に向け、まわりの側面で角が斜めにカッ
トされている部分を右下にして、本製品左側面のSDカードスロットに
ゆっくりと入れます。奥までしっかりと入れてください。
3)カチッと音がして、SDカードが本製品の内部で固定されます。
<ポイント>
●SDカードを入れる際は、電源を切ってから入れてください。
47
SDカードの取り出し方
1)電源を切ります。
2)SDカードを指先で1mm ほど押し込みます。
3)カードの固定が解除され、中にあるバネによって本体から5mm ほどカ
ードの先端が自然に出てきます。
4)カードの先端をつまんで取り出します。
<ポイント>
●SDカードを取り出す際は、電源を切ってから取り出してください。
48
書き込み禁止スイッチ
SDカードの4つの角には1箇所だけ角が斜めにカットされている部分が
あります。SDカードの滑らかな面を手前に向け、斜めにカットされている
角を右下にして手に持ったとき、SDカードの上側面にくぼみがあります。
そのくぼみの右側か左側のどちらかにあるのが「書き込み禁止スイッチ」で
す。指の腹では動かしにくいので、爪に引っ掛けて動かします。このスイッ
チを左側にすると書き込み禁止(ロック側)になり、録音、編集、フォーマ
ット、バックアップなどができません。それらを行う場合は、書き込み禁止
スイッチを右側つまり解除側にしてください。なお、本製品に付属している
SDカードは工場出荷時には右側の解除側になっています。
書き込み禁止側
(ロック側)
解除側
49
3章
基本操作編:再生
3章1 タイトルキーの使い方
読みたい本や音楽を選ぶ
本製品ではSDカードに保存されている複数のDAISY図書や音楽(音声
ファイル)から目的のタイトルを選択して再生することができます。以下に
本製品で最も基本となるタイトルの選択方法を説明します。
手順
音声ガイド
1) タイトルキーを何回か押して「SD 「SD カード、DAISY 図書、合
カード」を選択します。
2) [右キー] または [左キー] で目的
のタイトルを選択します。
計○タイトルあります」
「DAISY 図書 1」、
「DAISY 図書 2」、
・・・「音楽」・・・
3) 再生・停止キーを押します。DAI
SY図書や音楽の再生が始まりま
す。
4) 選択したタイトルを再生した後、別
のタイトルに移動するには、手順1
から始めてください。
50
<ポイント>
●DAISY図書の再生については「3章3
DAISY図書を聴く」
56 ページ以降を参照してください。
●音楽を聴く場合は手順2で「音楽」を選択します。
●音楽はアルバムが複数あっても、「音楽」というひとつのタイトルと
なります。アルバムごとの選択は「アルバム移動」68 ページ、または
「ダイレクト移動:アルバムに移動する」70 ページを参照してくださ
い。
●SDカードにテキストファイルが保存されている場合も、手順2と同
様に [右キー] または [左キー] で選択することが可能です。テキスト
ファイルの再生については「7章2
テキストファイルを聴く」107
ページを参照してください。
●ひとつのテキストファイルが1タイトルになります。
●SDカードにDAISY図書、音楽(音声ファイル)、テキストファ
イルの3種類が保存されている場合、[右キー] を押すたびに、「DA
ISY図書 1」→ 「DAISY図書 2」→ 「音楽」→ 「テキスト
1」→ 「テキスト 2」→ 「DAISY図書 1」のような順番でタ
イトルを選択することができます。[左キー] を押していくと逆の順番
で選択することができます。
51
USB機器やメモ録に切り替える
本製品ではSDカードに保存されているタイトル以外に、USBで接続され
たPTR2などのCDドライブ内のDAISY図書CDや、内蔵メモリ内の
メモ録を再生することができます。
タイトルキーを押すたびに、SDカード、USB機器、メモ録と切り替える
ことができます。
<USB機器の場合>
手順
音声ガイド
1) タイトルキーを何回か押して「USB
「USB 機器、DAISY 図書、合
機器」を選択します。
2) [右キー] または [左キー] で目的の
タイトルを選択します。
計○タイトルあります」
「DAISY 図書 1」、
「DAISY 図書 2」、
・・・
3) 再生・停止キーを押します。DAI
SY図書や音楽の再生が始まりま
す。
4) 選択したタイトルを再生した後、別
のタイトルに移動するには、手順1
から始めてください。
52
<ポイント>
●USBで接続されたCDドライブなどを「USB機器」と呼びます。
●本製品ではSDカード、USB機器のメディア、メモ録の3つを「メ
ディア」と呼びます。
●USB機器が接続されていない場合は、「USB機器が接続されてい
ません」と音声ガイドがあります。
●USBで接続されたCDドライブ内のCDに対して、編集、録音、新
規タイトル作成、タイトル削除、編集準備、ビルドブックはできませ
ん。また、バックアップ先として指定することはできません。
●USB接続の記録装置には録音できません。ただし、バックアップは
可能です。
<メモ録の場合>
手順
音声ガイド
1) タイトルキーを何回か押して「メモ録」 「メモ録」
を選択します。
2) [右キー] または [左キー] で目的のメ
「メモ録 1」、
モ録を選択します。自動的にメモ録の再 「メモ録 2」、
生が始まります。
・・・
<ポイント>
●メモ録がない場合は、「メモ録がありません」と音声ガイドがありま
す。
53
3章2
PTR2等から本製品のSDカ
ードにデータをバックアップする
弊社製品PTR1/PTR2と本製品をUSBケーブルで接続し、PTR1
/PTR2のDAISY図書CDのデータを、本製品のSDカードにバック
アップすることができます。
手順
音声ガイド
1) 電源を切ります。本製品に付属している
短いUSBケーブルをUSB端子に接続
します。ACアダプターを接続します。
2) PTR2の電源を切ります。PTR2に
付属しているUSBケーブルをPTR2
の背面のUSBケーブルコネクタに接続
します。
3) 本製品に接続した短いUSBケーブルと
PTR2に接続したUSBケーブルを接
続し、両方の機器の電源を入れます。
4) PTR2にCDを入れます。
5) ※以下の操作は本製品側で行います。
「USB機器」
[タイトルキー] を何回か押して、「US 「DAISY図書」
B」を選択します。DAISY図書のタ
イトル名が自動的に再生されます。
6) 数字の [9キー] を押します。
「選択中のタイトルをS
Dカードへバックアップ
しますか?」「再生停止
キーまたは下キーで決
定、上キーでキャンセル」
54
7) [再生・停止キー] または [下キー] を押
「決定」
して決定します。
8) しばらく後にバックアップが終了しま
す。
「バックアップ 100 パ
ーセント
完了しまし
た」
9) PTR2からCDを取り出し、両方の機
器の電源を切ってケーブルを外します。
<ポイント>
●本製品とPTR1/PTR2とを接続するには、下の図のように「本
製品付属のUSBケーブル(短)」と「PTR1/PTR2に付属して
いるUSBケーブル」の2本をつなげて接続します。
●PTR2の「USB動作の切り替え」を「カードドライブ」に変更し
ている場合は、「CDドライブ」に戻してください。詳しくはPTR
2取扱説明書9章7「USB動作の切り替え」を参照してください。
PTR1に関してはこのような操作をする必要はありません。
本製品
②DC入力端子
①USBケーブルコネクタ
PTR2
55
3章3
DAISY図書を聴く
再生・停止する
DAISY図書などの再生・停止の方法は、以下のようになります。
手順
音声ガイド
1) [再生・停止キー] を押します。
「∼本文∼」
再生が始まります。
2) 再生中に [再生・停止キー] を押す
「♪♪」
と、再生が停止します。
<ポイント>
●別のタイトルを再生する場合は、タイトル移動を行ってから再生して
ください。タイトル移動は「読みたい本や音楽を選ぶ」50 ページを参
照してください。
●停止の際には「ピロリロン」という音がしますが、この音は操作の終
了を表します。
56
早送り、巻き戻しをする
[右キー] を押し続けると早送りされ、[左キー] を押し続けると巻き戻され
ます。
手順
音声ガイド
1) [右キー] または [左キー] を押し続けま
「5秒、10秒、20秒、
す。[右キー] を押し続けると早送りされ、 30秒、1分、5分、
[左キー]を押し続けると巻き戻されます。 10分、20分、30
押し続けると、5秒、10秒、20秒、
分、・・・」
30秒、1分、5分、10分、20分、
30分・・・と次第に速くなり、10分
単位になると指を離してもそのままの速
度で送り、または戻し続けます。
2) 10分未満の場合は、再生したいところ 「∼本文∼」
で指を離すと、自動的に再生が始まりま
す。10分を超える場合は、再生したい
場所で [再生・停止キー] を押すことで再
生が始まります。
<ポイント>
●音声ファイルの場合も、早送り・巻き戻しの方法は同じです。
●テキストのみのDAISY図書の場合は、「5秒、10秒、・・・」
の代わりに「5文、10文、・・・」と早送りされます。止めたいと
ころで指を離すと自動的に再生が始まります。
「5文、10文」の「文」
とは、句点「。」、疑問符「?」、感嘆符「!」で区切られた「文」
を意味します。
57
3章4
DAISY図書の便利な頭出し
DAISY図書の移動単位
DAISY図書は、章、節、項、ページなどの単位によって区切られており、
ある場所から次の場所へと素早く移動できるようになっています。移動可能
な単位は、章、節、項、ページ以外にもあります。以下に本製品で移動可能
な単位をまとめました。
単位
説明
DAISY図書の章、節、項などを意味します。
レベル1∼6
たとえば、「レベル1」が章、「レベル2」が節、
(セクション)
「レベル3」が項に相当します。また、セクション
の冒頭部分を「見出し」と呼びます。
セクション内の任意の一部分をグループと呼びま
グループ
す。グループは、図表説明の先頭・最後などに設定
されている場合があります。
ページ
本のページに相当します。
文章を音読すると、文と文の区切り目のところに息
フレーズ
つぎの間ができます。 この間から次の間までのひと
区切りの音声を、「フレーズ」と呼びます。
しおり
好きな場所につけられる印です。
<ポイント>
●DAISY図書によっては、「グループ」や「ページ」が設定されて
いない場合があります。
●しおり単位の移動の方法は「番号でしおりに移動する」「前後のしお
りに移動する」98 ページを参照してください。
58
上下キーで移動単位を選択
移動単位を選択するには [上キー] または [下キー] を押して選択します。
押すたびに移動単位が音声でガイドされます。
操作
音声ガイド
「レベル2」
「レベル3」
・・・「レベル6」
[下キー]を押して、移動単位を変更して
みましょう。
「グループ」
「ページ」
「フレーズ」
「しおり」
「レベル1」
「レベル2」
「しおり」
「フレーズ」
「ページ」
[上キー]を押して、移動単位を変更して
みましょう。
「グループ」
「レベル6」・・・
「レベル3」
「レベル2」
「レベル1」
「しおり」
<ポイント>
●DAISY図書には「レベル1」と「フレーズ」は必ずありますが、
それ以外のものは無い場合があります。
59
見出し移動
[上キー] または [下キー] で「レベル」を選択し、[左キー] または [右キー]
で前後の見出しに移動できます。たとえば、「3章2節」に移動するには以
下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「レベル1」
押して、「レベル1」を選択します。
2) [右キー] を何回か押して、「3章」ま
で移動します。
3) [下キー] を1回押して、「レベル2」 「レベル2」
を選択します。
「3章2節」
4) [右キー] を何回か押して、
まで移動します。
<ポイント>
●「レベル2」に設定して移動すると、「レベル1」にも止まります。
また、「レベル3」に設定して移動すると、「レベル1」と「レベル
2」にも止まります。
60
グループ移動
[上キー] または [下キー] で「グループ」を選択し、[左キー] または [右キ
ー]でグループごとに移動できます。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「グループ」
押して、「グループ」を選択します。
2) [右キー] を押すたびに、1グループ
ずつ先に移動します。[左キー] を押
すと戻ります。
<ポイント>
●グループとグループの間に見出しがあった場合には、見出しにも移動
します。
●グループが設定されていない場合、上下キーでグループを選択するこ
とはできません。
61
ページ移動
[上キー] または [下キー] で「ページ」を選択し、[左キー] または [右キー]
でページごとに移動できます。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「ページ」
押して、「ページ」を選択します。
2) [右キー] を押すたびに、1ページず
つ先に移動します。[左キー] を押す
と戻ります。
<ポイント>
●ページが設定されていない場合、上下キーでページを選択することは
できません。
フレーズ移動
[上キー] または [下キー] で「フレーズ」を選択し、[左キー] または [右キ
ー]でフレーズごとに移動できます。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「フレーズ」
押して、「フレーズ」を選択します。
2) [右キー] を押すたびに、1フレーズ
ずつ先に移動します。[左キー] を押
すと戻ります。
62
ダイレクト移動:ページに移動する
番号を直接指定して移動することを「ダイレクト移動」と呼びます。
20ページに移動するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を押します。
「移動先のページ番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーま
たは#キーで決定、上キーまた
はアスタリスクキーでキャンセ
ル」
2) 数字の [2キー] [0キー] を押し
「2」「0」
ます。
3) [再生・停止キー] または [下キー] 「決定」「ページ20」
または [#キー] を押して決定し
「∼本文∼」
ます。20ページから再生が始ま
ります。
<ポイント>
●数字を間違って入力した場合、[上キー] または [*キー] を押すと数
字の誤入力をクリアできます。また、[上キー] を長く押すと、ダイレ
クト移動の操作をキャンセルできます。
●ページ数は6桁までしか入力できません。7桁以上の数字を入力する
とクリアされてしまいます。
63
ダイレクト移動:見出しに移動する
5番目の見出しに移動するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を2回押します。
「移動先の見出し番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーまた
は#キーで決定、上キーまたはアス
タリスクキーでキャンセル」
「番号なしでタイトル先頭に移動」
「番号0でタイトル最後に移動」
2) 数字の [5キー] を押します。 「5」
3) [再生・停止キー] または [下
キー] または [#キー] を押
「決定」「見出し5」
「∼本文∼」
して決定します。5番目の見
出しの位置から再生が始まり
ます。
<ポイント>
●見出し番号とは、各タイトルの見出しに対して先頭から順番に振った
番号です。
64
ダイレクト移動:先頭・最後に移動する
選択中のタイトルの先頭および最後に移動するには次のように操作します。
(最後に移動する方法は次のページにあります。)
<先頭に移動する>
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を2回押します。 「移動先の見出し番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーまたは
#キーで決定、上キーまたはアスタ
リスクキーでキャンセル」
「番号なしでタイトル先頭に移動」
「番号0でタイトル最後に移動」
2) [再生・停止キー] または [下 「決定」
キー] または [#キー] を押
「先頭です」
して決定します。先頭から再 「∼本文∼」
生が始まります。
65
<最後に移動する>
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を2回押します。
「移動先の見出し番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーまた
は#キーで決定、上キーまたはアス
タリスクキーでキャンセル」
「番号なしでタイトル先頭に移動」
「番号0でタイトル最後に移動」
2) [0キー] を押します。
「0」
3) [再生・停止キー] または [下
「決定」
キー] または [#キー] を押
「最後です」
して決定します。
<ポイント>
●図書の最後付近を再生するには、最後に移動してから少し戻ってくだ
さい。戻らずに [再生・停止キー] を押すと、先頭に移動してしまい
ます。
●最後に移動したはずなのに先頭に移動してしまった場合は、再生設定
が「タイトルリピート」になっている可能性があります。再生設定の
変更方法は「DAISY図書とテキストファイルの再生設定」133 ペ
ージを参照してください。
66
3章5
音楽(音声ファイル)を聴く
音声ファイルについて
パソコンやICレコーダーなどを使用して音声を情報化して記録したファ
イルを音声ファイルと呼びます。本製品で再生できる音声ファイルは以下の
ものです。
種類
概要
PCMファイル
音楽CD等に用いられています。非圧縮です。
DAISY ADPCM
ファイル
DAISY 特有の圧縮形式です。
MP3ファイル
音楽プレーヤー等に用いられています。
AMRファイル
一部の携帯電話の音楽配信等に用いられています。
音声ファイルの移動単位
移動可能な単位を以下にまとめました。
単位
説明
アルバム
音楽CD1枚に相当するものです。
トラック
音楽1曲に相当するものです。
しおり
好きな場所につけられる印です。
<ポイント>
●しおり単位の移動については「番号でしおりに移動する」「前後のし
おりに移動する」98 ページを参照してください。
67
アルバム移動
例として、アルバム1、2、3のように3つのアルバムがあるとしましょう。
アルバム2に移動するには以下のように行います。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か押し
「アルバム」
て、「アルバム」を選択します。
2) [右キー] または [左キー] を何回か押し
て、「アルバム2」まで移動します。
・・・
「アルバム2」
<ポイント>
●直前にDAISY図書を再生していた場合は、タイトル移動で「音楽」
に移動してからアルバム移動をしてください。タイトルに移動する方
法は、「読みたい本や音楽を選ぶ」50 ページを参照してください。
トラック移動
アルバム2のトラック3(3曲目)に移動するには以下のように行います。
上記の操作によって、すでにアルバム2に移動しているものとします。
手順
音声ガイド
1) [下キー] を押して、「トラック」を選択 「トラック」
します。
2) [右キー] または [左キー] を何回か押し
て、「トラック3」まで移動します。
68
・・・
「トラック3」
ダイレクト移動:トラックに移動する
現在選択中のアルバム内のトラック5に移動するには以下のように操作し
ます。
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を1回押します。
「移動先のトラック番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーまた
は#キーで決定、上キーまたはア
スタリスクキーでキャンセル」
「番号なしでアルバムの先頭に移
動」
2) 数字の [5キー] を押します。
「5」
3) [再生・停止キー] または [下キ 「決定」
ー] または [#キー] を押して
「トラック5」
決定します。トラック5から再
生が始まります。
<ポイント>
●ダイレクトトラック移動は同一アルバム内でしかできません。別のア
ルバムのトラックに移動するには、先にアルバムを選択してください。
●数字を間違って入力した場合、[上キー] または [*キー] を押すと数
字の誤入力をクリアできます。また、[上キー] を長く押すと、ダイレ
クト移動の操作をキャンセルできます。
69
ダイレクト移動:アルバムに移動する
アルバム3に移動するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を2回押します。
「移動先のアルバム番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーまた
は#キーで決定、上キーまたはアス
タリスクキーでキャンセル」
2) 数字の [3キー] を押します。 「3」
3) [再生・停止キー] または [下
キー] または [#キー] を押
して決定します。アルバム3
から再生が始まります。
70
「決定」
「アルバム3」
3章6
移動を取り消す(アンドゥ、リ
ドゥ)
アンドゥ
移動する前の再生場所に戻ることを意味します。移動した後に [*キー] (ア
スタリスクキー)を押すと、移動する前の場所に戻ることができます。
1回分のみ有効です。2回押して2つ前の場所に戻ることはできません。
リドゥ
リドゥとは、アンドゥで元に戻した操作を取り消すことを意味します。アン
ドゥを行って移動する前の場所に戻った後、そのアンドゥを取り消したい場
合に [#キー](シャープキー)を押すと、アンドゥは取り消され、移動先に
復帰します。
1回分のみ有効です。2回押して2回分の操作を取り消すことはできません。
71
4章
基本操作編:録音
4章1
内蔵マイクで録音する
内蔵マイクに入る音をSDカードに録音し、再生してみましょう。SDカー
ドが入っているか確認してください。
録音、一時停止、停止する
録音→一時停止→録音再開→停止の順に操作していきます。
手順
音声ガイド
1) [録音キー] を押します。
「DAISY図書○」
録音準備状態に入ります。
(「新規タイトル」)
※この時点では、まだ録音は開始し 「録音キーで録音開始。右キ
ません。
ーまたは左キーで録音する
タイトルを選択」
「音量確認」
2) [録音キー] を押します。
録音が開始します。
3) 録音中に[録音キー] を押すと、録音 「ポーズ」
が一時停止します。
4) [録音キー] を押し、録音を再開しま
す。
5) [再生・停止キー] を押し、録音を停 「♪♪」
止します。
72
<ポイント>
●録音準備中に録音をキャンセルしたい場合は、[再生・停止キー] を押
してください。
●本製品でSDカードに録音したものは、すべてDAISY図書の1タ
イトルとして記録されます。
●USB接続の記録装置には録音できません。ただし、バックアップは
可能です。バックアップについては、「5章
データをバックアップ
する」82 ページ以降を参照してください。
●録音中は電源LEDが橙色に点灯し、録音準備中または録音ポーズ中
は橙色で点滅します。
●手順1)の状態を「録音準備状態」あるいは「録音準備中」、手順2)
と手順4)の状態を「録音状態」あるいは「録音中」、手順3)の状
態を「録音ポーズ状態」あるいは「録音ポーズ中」と呼びます。
●工場出荷時の録音音質は「MP3 128k ステレオ」に設定されています。
73
追加録音する
追加録音とは、すでに録音されたタイトルの最後に追加して録音することで
す。
手順
音声ガイド
1) 追加録音したいタイトルを選択しま
「DAISY図書○」
す。
2) [録音キー] を押し、録音準備状態に 「DAISY図書○」
入ります。
「録音キーで録音開始。右キ
ーまたは左キーで録音する
タイトルを選択」
「音量確認」
3) [録音キー] を押します。
録音が開始されます。
4) [再生・停止キー] を押し、録音を停 「♪♪」
止します。
<ポイント>
●追加録音できないタイトルは、編集準備を行うことで追加録音可能に
なる場合があります。編集準備の詳細は「編集準備」140 ページを参
照してください。
●録音を開始すると追加録音の冒頭部に自動的に見出しを設定します。
●本製品では、挿入録音やパンチイン録音はできません。
74
録音準備中に新規タイトルを作成する
録音準備中に新規タイトルを作成することができます。
手順
音声ガイド
1) [録音キー] を押し、録音準備状態に入り 「DAISY図書○」
ます。
「録音キーで録音開始。右
キーまたは左キーで録音
するタイトルを選択」
「音量確認」
2) [右キー] を何回か押すことで新規タイ
「新規タイトル」
トルを選択します。
3) [録音キー] を押します。
録音が開始されます。
4) [再生・停止キー] を押し、録音を停止し 「♪♪」
ます。
<ポイント>
●新規タイトルは右キーを押すことで最後に選択できます。
タイトル1
タイトル2
新しいタイトル
●新規タイトル以外に、[右キー] または [左キー] で追加録音するタイ
トルを変更することもできます。追加録音できないタイトルは音声ガ
イドされません。
●録音キーを押す前に新しいタイトルを作成することもできます。詳し
くは「新規タイトル作成」138 ページを参照してください。
75
4章2
メモ録
メモなどの短い文を簡単に録音できます。メモ録は、本製品の内蔵メモリに
録音されます。
メモ録は選択されているメディアにかかわらず、録音キーを長く押し続ける
ことで録音できます。
メモ録を録音する
明日のスケジュールをメモ録に録音するには以下のように行います。
手順
音声ガイド
1) [録音キー] を押したまま、メモを録音します。
「メモ録」
音声ガイドが「メモ録」と言ってから録音を開始
してください。
例:「明日は友人と食事をする」
2) [録音キー] から指を離すと、メモ録が終了しま
す。
3
76
今、録音した内容が再生されます。
<ポイント>
●メモ録1回の録音時間は最大1分です。
●メモ録で録音できるのは最大200個、総時間は30分までです。
●メモ録には、録音した日付情報が付きます。
●メモ録が最大数または総時間を超えると、その旨を伝える音声ガイド
がありますので、不要なメモ録を削除してください。削除方法は「選
択中のメモ録を削除する」79 ページを参照してください。
●すべてのメモ録をSDカードに保存することができます。「すべての
メモ録→SDカード」92 ページを参照してください。
●メモ録の録音音量は自動調整されます。手動で録音音量を設定するこ
とはできません。
●メモ録の音質は MP3 32k モノラルです。音質を変更することはでき
ません。
●メモ録にはしおりを付けることができません。
●弊社製品PTR2のようにメモリ配分を設定する必要はありません。
メモ録を再生する
メモ録を再生するには以下のように行います。
手順
音声ガイド
1) [タイトルキー] を何回か押すことで「メ 「メモ録」
モ録」に移動します。
2) [再生・停止キー] を押すと、メモ録が再 「メモ録○」
生されます。
3) [右キー] または [左キー] を押すと、次
「明日は・・・をする」
「メモ録○」
のメモ録または前のメモ録が再生され、
「∼メモ録∼」
その後に日付情報がガイドされます。
「∼日付情報∼」
77
ダイレクト メモ録 移動
5番目のメモ録に移動するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [タイトルキー] を何回か押して
「メモ録」
「メモ録」に移動します。
2) [移動キー] を押します。
「移動先のメモ録番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーま
たは#キーで決定、上キーまたは
アスタリスクキーでキャンセル」
「番号0で最後のメモ録に移動」
3) 数字の [5キー] を押します。
「5」
4) [再生・停止キー] または [下キ
「決定」
78
ー] または [#キー] を押して
「メモ録5」
決定します。5番目のメモ録の
「∼メモ録∼」
再生が始まります。
「∼日付情報∼」
選択中のメモ録を削除する
選択中のメモ録を削除するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) 削除したいメモ録を選択(再生)しま
す。
2) [メニューキー] を押し、[右キー] ま
「メニュー」
たは [左キー] で「メモ録」を選択し、 「メモ録」
[再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」「項目を選択」
たは [#キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「選択中 「選択中のメモ録を削除」
のメモ録を削除」を選択し、[再生・
「決定」
停止キー] または [下キー] または
「∼メモ録の内容∼」
[#キー] を押して決定します。
「選択中のメモ録を削除し
ますか?」
4) [再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」
たは [#キー] を押して決定します。 「削除しました」
<ポイント>
●削除したいメモ録を選択(再生)する方法は、「メモ録を再生する」77
ページ、または「ダイレクト メモ録 移動」78 ページを参照してくだ
さい。
●メニューに入った後、[上キー] を1回押すとひとつ前の操作に戻るこ
とができます。[上キー] を長く押すか、または [メニューキー] を押
すと、メニューを抜けることができます。
●メモ録を削除すると、その番号以降の番号がひとつずつ繰り上がりま
す。
79
すべてのメモ録を削除する
すべてのメモ録を一度に削除するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] ま
「メニュー」
たは [左キー] で「メモ録」を選択し、 「メモ録」
[再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」「項目を選択」
たは [#キー] を押して決定します。
2) [右キー] または [左キー] で「すべて 「すべてのメモ録を削除」
のメモ録を削除」を選択し、[再生・
「決定」
停止キー] または [下キー] または
「すべてのメモ録を削除し
[#キー] を押して決定します。
ますか?」
3) [再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」
たは [#キー] を押して決定します。 「削除しました」
80
メモ欄
81
5章
データをバックアップする
本製品では、本体底面のUSB端子を使用することでDAISY図書、音楽
CD、音声ファイル、テキストファイルなどをバックアップ(コピー)する
ことが可能です。DAISY図書CDや音楽CDを本製品に装着されたSD
カードに取り込んだり、逆に、本製品のSDカードに録音したものを、US
Bのカードリーダーライターを用いてCFカードなどに取り出すことがで
きます。
DAISY図書CDから本製品のSDカードにバックアップする場合、前者
を「バックアップ元」、後者を「バックアップ先」と呼びます。
<注意>
●本製品は著作権法で許された範囲のコピー(私的使用のための複製、
あるいは、著作権法37条3項に定められた視覚障害者のための用途)
のみを目的として使用するものです。違法コピーは民事上または、刑
事上の制裁を受ける場合があります。
●音楽CD等のコピーは個人として楽しむ他は、著作権法上、権利者に
無断で使用できません。
●付属のUSBケーブルの金属端子には、鋭利な部分があります。金属
部分に触れる際にはケガをしないよう、十分に注意してください。
82
<ポイント>
●メディアの種類やカードリーダーライター、CDドライブの機種等に
よってはバックアップができない場合があります。
●本製品同士を接続してバックアップを行うことはできません。SDカ
ードからSDカードへデータを転送する際は、カードリーダーライタ
ーやパソコンを用いて転送してください。
●バックアップ先の容量が足りない場合は、バックアップを開始する際
に、その旨を音声ガイドします。
●現在のメディアの使用容量・空き容量と現在のタイトルの使用容量は、
[メニューキー]→[メディア管理]→[メディア・タイトル情報]で確認す
ることができます。詳しい操作方法は「メディア、タイトル情報」135
ページを参照してください。
●バックアップの進捗状況を知るには、バックアップ中に [上キー] 以
外のキーを押してください。バックアップの進捗状況をパーセントで
音声ガイドします。
●バックアップをキャンセルするには、バックアップ中に [上キー] を
押してください。(確認の音声ガイドが流れます。)
●バックアップ中にUSBケーブルやメディアを抜いたり、本製品の電
源や接続中のUSB機器の電源を切ったりしないでください。データ
が失われる可能性があります。バックアップを途中でキャンセルする
には、[上キー] を押してください。
●バックアップの際は電源アダプターの使用をお薦めします。バッテリ
ー駆動でバックアップを行うと、バックアップ中にバッテリーがなく
なる場合があります。この場合、バックアップが強制的に中断され、
不完全なデータがバックアップ先のメディアに残ってしまいます。
83
5章1
USB機器から本製品のSDカ
ードにデータをバックアップする
DAISY図書CD→SDカード
USB接続の外付けCDドライブに入っているDAISY図書CDを、本製
品に装着されているSDカードにバックアップすることができます。
手順
音声ガイド
1) 本製品の電源を切り、本製品にSDカ
ードを入れます。
2) 外付けCDドライブと本製品を付属
のUSBケーブル(短)等で接続しま
す。
3) 外付けCDドライブの電源を入れて
CDをセットし、次に本製品の電源を
入れます。
4) [タイトルキー] で「USB機器」を選 「USB機器」
択します。
5) バックアップするタイトルを [右キ
「DAISY図書○」
ー] または [左キー] で選択します。
タイトルがひとつしかない場合は自
動的にそのタイトルが選択されます。
6) 数字の [9キー] を押します。
「選択中のタイトルをSD
カードへバックアップしま
すか?」「再生停止キーま
たは下キーで決定、上キー
でキャンセル」
84
7) [再生・停止キー] または [下キー] を 「決定」
押して決定します。
<ポイント>
●外付けCDドライブの種類によってはバックアップができない場合が
あります。
●本製品とUSB機器とを接続するには、下の図のように「本製品付属
のUSBケーブル(短)」と「USB機器に付属しているUSBケーブ
ル」の2本をつなげて接続します。
●バックアップ元がマルチタイトルの場合、1度に複数のタイトルをバ
ックアップすることはできません。1タイトルずつバックアップして
ください。
●約600MBのDAISY図書CDをSDカードにバックアップする
には、約80分ほどの時間が必要です。(PTR2を使用しての時間
です。)ただし、DAISY図書の見出し数、使用するドライブの種
類によってはバックアップに時間がかかる場合があります。
●弊社製品PTR2を外付けCDドライブとして使用する際、PTR2
の「USB動作の切り替え」を「カードドライブ」に変更している場
合は、「CDドライブ」に戻してください。詳しくはPTR2取扱説
明書9章7「USB動作の切り替え」を参照してください。PTR1
に関してはこのような操作をする必要はありません。
本製品
②DC入力端子
①USBケーブルコネクタ
PTR2
85
音楽CD→SDカード
USB接続のCDドライブに入っている音楽CDを、本製品に装着されてい
るSDカードにバックアップすることができます。
手順
音声ガイド
1) 本製品の電源を切り、本製品にSD
カードを入れます。
2) 外付けCDドライブと本製品を付
属のUSBケーブル(短)等で接続し
ます。
3) 外付けCDドライブの電源を入れ
てCDをセットし、次に本製品の電
源を入れます。
4) [タイトルキー] で「USB機器」を 「USB機器」「音楽CD」
選択します。
5) 数字の [9キー] を押します。
「音楽CDのバックアップ音
質を選択」
6) [右キー] または [左キー] で音質
「MP3
128k ステレオ」・・・
を選択し、[再生・停止キー] または 「決定」
[下キー] を押して決定します。
「設定しました」
「選択中のタイトルをSDカ
ードへバックアップします
か?」「再生停止キーまたは
下キーで決定、上キーでキャ
ンセル」
7) [再生・停止キー] または [下キー]
を押して決定します。
86
「決定」
<ポイント>
●外付けCDドライブやCDの種類によってはバックアップができない
場合があります。
●トラック(曲)単位でバックアップすることはできません。アルバム
全体がバックアップされます。
●1枚のSDカードの中に、音楽CDは最大100枚分までバックアッ
プが可能です。ただし、SDカードの空き容量が不足している場合は、
それ以上バックアップすることはできません。
●選択可能な音質はPCMステレオ、MP3 256k ステレオ、MP3 128k ス
テレオの3種類です。
●演奏時間約70分の音楽CDをSDカードにバックアップするには、
PCMステレオの場合、約80分、MP3 256k ステレオの場合、約8
0分、MP3 128k ステレオの場合、約70分必要となります。(PT
R2を使用しての時間です。)ただし、音楽CDのトラック数、使用
するドライブの種類によってはバックアップに時間がかかる場合があ
ります。
●弊社製品PTR2を外付けCDドライブとして使用する際、PTR2
の「USB動作の切り替え」を「カードドライブ」に変更している場
合は、「CDドライブ」に戻してください。詳しくはPTR2取扱説
明書9章7「USB動作の切り替え」を参照してください。PTR1
に関してはこのような操作をする必要はありません。
87
USB接続のカードライターのメディア
→SDカード
USB接続のメディアに入っているDAISY図書や音声ファイルやテキ
ストファイルを、本製品に装着されているSDカードにバックアップするこ
とができます。
手順
音声ガイド
1) 本製品の電源を切り、本製品にSDカ
ードを入れます。
2) 外付けUSB機器と本製品を付属の
USBケーブル(短)等で接続します。
3) 外付けUSB接続の記録装置に電源
がある場合は電源を入れ、次に本製品
の電源を入れます。
4) [タイトルキー] で「USB機器」を選 「USB機器」
択します。
5) バックアップするタイトルを [右キ
「DAISY図書○」
ー] または [左キー] で選択します。
タイトルがひとつしかない場合は自
動的にそのタイトルが選択されます。
6) 数字の [9キー] を押します。
「選択中のタイトルをSD
カードへバックアップしま
すか?」「再生停止キーま
たは下キーで決定、上キー
でキャンセル」
7) [再生・停止キー] または [下キー] を 「決定」
押して決定します。
88
<ポイント>
●外付けUSB機器やメディアの種類によってはバックアップができな
い場合があります。
●カードリーダーライターにメディアを差し込む際は、1枚だけにして
ください。同時に何枚も差し込まないでください。
●バックアップ元にタイトルが2つ以上ある場合、1度に複数のタイト
ルをバックアップすることはできません。1タイトルずつバックアッ
プしてください。
●弊社製品PTR2を外付けCFカードドライブとして使用する際、P
TR2の「USB動作の切り替え」を工場出荷時の「CDドライブ」
にしている場合は、「カードドライブ」に変更してください。詳しく
はPTR2取扱説明書9章7「USB動作の切り替え」を参照してく
ださい。
●弊社製品PTR1はカードドライブとして使用することはできませ
ん。
89
5章2
本製品のSDカードから他の機
器にデータをバックアップする
SDカード→USB接続のカードライタ
ーのメディア
本製品に装着されているSDカードに録音した内容を、USB接続のカード
ライターのメディアにバックアップすることができます。
手順
音声ガイド
1) 本製品の電源を切り、本製品にSDカ
ードを入れます。
2) 外付けUSB接続のカードライター
と本製品を付属のUSBケーブル(短)
等で接続します。
3) 本製品の電源を入れます。
4) [タイトルキー] で「SDカード」を選 「SDカード」
択します。
5) バックアップするタイトルを [右キ
「DAISY図書○」
ー] または [左キー] で選択します。
タイトルがひとつしかない場合は自
動的にそのタイトルが選択されます。
6) 数字の [9キー] を押します。
「選択中のタイトルを USB
機器のメディアへ バック
アップ しますか?」「再生
停止キーまたは下キーで決
定、上キーでキャンセル」
90
7) [再生・停止キー] または [下キー] を 「決定」
押して決定します。
<ポイント>
●バックアップ先としてCD/DVDドライブを選択することはできま
せん。
●USB接続のカードライターやメディアの種類によってはバックアッ
プができない場合があります。
●カードライターにメディアを差し込む際は、1枚だけにしてください。
同時に何枚も差し込まないでください。
●バックアップ元にタイトルが2つ以上ある場合、1度に複数のタイト
ルをバックアップすることはできません。1タイトルずつバックアッ
プしてください。音楽の場合はアルバム単位でバックアップされます。
●弊社製品PTR2を外付けCFカードドライブとして使用する際、P
TR2の「USB動作の切り替え」を工場出荷時の「CDドライブ」
にしている場合は、「カードドライブ」に変更してください。詳しく
はPTR2取扱説明書9章7「USB動作の切り替え」を参照してく
ださい。
●弊社製品PTR1はカードドライブとして使用することはできませ
ん。
91
5章3
メモ録をSDカードにバックア
ップする
すべてのメモ録→SDカード
録音したメモ録はSDカードに保存することができます。
手順
音声ガイド
1) SDカードを本製品に入れてか
ら電源を入れます。
2) [タイトルキー] を何回か押して
「メモ録」
「メモ録」に移動します。
3) [9キー] を押します。
「選択中のタイトルをSDカー
ドへバックアップしますか?」
「再生停止キーまたは下キーで
決定、上キーでキャンセル」
4) [再生・停止キー] または [下キ
「決定」
ー] を押して決定します。
<ポイント>
●メモ録からSDカードにバックアップが終了しても、メモ録側の内容
が自動的に削除されたりはしません。メモ録側の内容を削除する場合
は「すべてのメモ録を削除する」80 ページを参照してください。
●SDカードに保存されたメモ録は編集することができます。
●SDカードに保存されたメモ録には、レベル1の見出しがつきます。
●メモ録はSDカードにしかバックアップできません。
92
6章
基本操作編:その他の機能
6章1
お休みタイマー
設定した時間で電源を自動的にOFFにします。お休み前にDAISY図書
などを聞きながら眠りたいときに設定しておくと便利です。お休みタイマー
の時間は以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) 電源ONの状態で[電源キー]を短
「お休みタイマー15分」
く押します。1回押すと「15分」
「設定しました」
に設定されます。
2) 音声ガイドが流れている間に、もう
「30分」「設定しました」
1回押すと「30分」に再設定され
ます。
3) 音声ガイドが流れている間に、[電源 「○○分」
キー] を短く押していくと、「45
(または「○時間○○分」)
分」、「1時間」、「1時間30分」、 「設定しました」
「2時間」、「OFF」と再設定さ
れます。
<ポイント>
●設定後,、6秒以上経過してから[電源キー]を短く押すと、お休みタ
イマーの残り時間が音声ガイドされます。
●設定後にお休みタイマーを取り消すには、「OFF」に再設定します。
93
6章2
しおり
あとで読み返す際の目印として、好きなところに「しおり」を付けることが
できます。しおりには、以下の2種類があります。
しおりの種類
説明
しおり
1 から 65,000 までの番号を付けることができます。
音声しおり
しおりと一緒に音声を録音することができます。
<ポイント>
●しおりの数は、音声しおりも含めて本製品では合計 10,000 個まで付
けることができます。これを超えた場合は、最近使われていないしお
りから自動的に削除されます。
●しおりは本製品の内蔵メモリに記録するものです。見出し等のように
DAISY図書のファイルに付けるものではありません。したがって、
しおりは、ご利用の本製品でのみ使用できます。
94
しおりを付ける
番号を指定してしおりを付けます。「しおり1」を付けてみましょう。
手順
音声ガイド
1) しおりを付けたい場所に移動し
ます。
2) [しおりキー] を2回押します。
「設定するしおり番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーま
たは#キーで決定、録音キーで
音声しおりの録音準備、上キー
またはアスタリスクキーでキャ
ンセル」
3) しおりの番号の [1キー] を押し 「1」
ます。
4) [再生・停止キー] または [下キー] 「決定」
または [#キー] を押して決定し
「しおり1 設定しました」
ます。
<ポイント>
●メモ録にはしおりを付けることができません。
●しおりの番号はタイトルごとに付けられます。
95
音声しおりを付ける
しおりに音声でメモを付けたいときに使います。3番のしおりに「先生に質
問」という声のメモを付けるには、以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) しおりを付けたい場所に移動しま
す。
2) [しおりキー] を2回押します。
「設定するしおり番号を入力」
「再生停止キーまたは下キー
または#キーで決定、録音キー
で音声しおりの録音準備、上キ
ーまたはアスタリスクキーで
キャンセル」
3) しおりの番号の [3キー] を押し
「3」
ます。
4) [録音キー] を押し、録音準備状態 「決定」
にします。
「録音キーを押している間、録
音されます」
「音量確認」
5) [録音キー] を押し続けながら、メ 「しおり3 設定しました」
モの内容を録音します。
「先生に質問」
と言ってから指を離します。
6) 録音した内容が再生されます。
96
「先生に質問」
<ポイント>
●1つの音声しおりに録音できる時間は1分以内です。
●音声しおりの合計録音時間は30分です。合計時間を超えた場合は、
最近使われていない音声しおりから自動的に削除されます。
●弊社製品PTR2のようにメモリ配分を設定する必要はありません。
●録音準備中に情報キー(数字の[5キー])を何回か押すと録音可能時間
がガイドされます。
●音声しおりの音質は MP3 32k モノラルです。
●再生中に音声しおりを再生するかしないかの切り替えは「音声しおり
再生設定」101 ページを参照してください。
●音声しおりが付けられたタイトルを再生すると、音声しおりが付けら
れた場所に来た際に、音声しおりが自動再生されます。音声しおりの
自動再生を停止するには「音声しおり再生設定」101 ページを参照し
てください。
97
番号でしおりに移動する
3番のしおりに移動するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
「再
1) [しおりキー] を1回押します。 「移動先のしおり番号を入力」
生停止キーまたは下キーまたは#
キーで決定、上キーまたはアスタ
リスクキーでキャンセル」
2) しおりの番号の [3キー] を押
「3」
します。
3) [再生・停止キー] または [下キ 「決定」
ー] または [#キー] を押して
「しおり3」
決定します。しおり3 の位置
から再生されます。
前後のしおりに移動する
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「レベル1」「レベル2」
押して、「しおり」を選択します。
・・・「しおり」
2) [右キー] を押すと次の番号のしおり 「しおり○」
に移動し、[左キー] を押すと前の番
「∼本文∼」
号のしおりに戻ります。
<ポイント>
●しおりをひとつも付けていないと、手順1で「しおり」を選択するこ
とはできません。
●音声しおりの移動方法も同じです。
98
しおりを削除する
4番のしおりを削除するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [しおりキー] を3回押します。
「削除するしおり番号を入力」
「再生停止キーまたは下キーま
たは#キーで決定、上キーまた
はアスタリスクキーでキャンセ
ル」
2) しおりの番号の [4キー] を押し 「4」
ます。
3) [再生・停止キー] または [下キー] 「決定」
または [#キー] を押して決定し
「しおり4削除しました」
ます。
<ポイント>
●音声しおりも削除の方法は同じです。
99
選択中タイトルのしおりを削除
現在聞いているタイトルに付けたしおりを、まとめて削除できます。音楽に
付けたしおりは、この操作ですべて削除されます。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、左右キーで「し 「メニュー」
おり」を選択し、[再生・停止キー] また 「しおり」
は [下キー] または [#キー] を押して
「決定」「項目を選択」
決定します。
2) [右キー] または [左キー] で「選択中タ 「選択中タイトルのしお
イトルのしおりを削除」を選択し、[再
りを削除」
生・停止キー] または [下キー] または
「決定」
[#キー] を押して決定します。
「選択中タイトルのしお
りを削除しますか?」
3) [再生・停止キー] または [下キー] また 「決定」
は [#キー] を押して決定します。
100
「削除しました」
音声しおり再生設定
再生中に、音声しおりを「再生する」「再生しない」の切り替えができます。
工場出荷時の設定は、「再生する」です。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、左右キーで 「メニュー」
「しおり」を選択し、[再生・停止
「しおり」
キー] または [下キー] または [#
「決定」「項目を選択」
キー] を押して決定します。
2) [右キー] または [左キー] で「音声 「音声しおり再生設定」
しおり再生設定」を選択し、[再生・ 「決定」
停止キー] または [下キー] または
[#キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「再生 「再生する」「再生しない」
する」または「再生しない」を選択 「決定」
し、[再生・停止キー] または [下キ 「設定しました」
ー] または [#キー] を押して決定
します。
<ポイント>
●「再生しない」に設定しても、[右キー] または [左キー] でのしおり
移動や、番号指定でしおりに移動した際には、音声しおりは再生され
ます。
101
6章3
その他の機能
キー説明
[メニューキー] の長押しで、キーの名称と説明を音声ガイドします。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を5秒以上長く押すとキ 「キー説明開始」
ー説明モードに入ります。
2) 説明を聞きたいキーを短く押すと、その ・・・
キーに関する説明がガイドされます。
3) [メニューキー] を5秒以上長く押すと、 「キー説明終了」
キー説明が終了します。
<ポイント>
●キー説明の最中に [電源キー] を押すと、 [電源キー] についての説明
が音声ガイドされるだけで、電源は切れません。電源を切る場合は、
キー説明を終了してから電源を切ってください。
キーロック
本体右側面にあるキーロックスイッチを上方向にスライドさせると、キーロ
ックが有効になります。キーロックは本製品を持ち運ぶ際にキーが誤って押
されても動作しないようするために使用します。キーロックスイッチを下方
向にスライドさせるとキーロックが無効になります。
<ポイント>
●電源をON/OFFする際にはキーロックを無効にしてください。
●再生中や録音中でもキーをロックすることができます。
102
ヘルプを聞く
本取扱説明書の内容を音声ガイドで聞くことができます。
手順
音声ガイド
1) [0キー] を押します。
「ヘルプ開始」
2) DAISY図書の再生方法と同じ方法で
ヘルプを聞くことができます。
3) もう一度 [0キー] を押すとヘルプが終
「ヘルプ終了」
了します。
<ポイント>
●DAISY図書の再生方法は「3章3
DAISY図書を聴く」56 ペ
ージ以降を参照してください。
103
7章
7章1
パソコンでの応用
データを転送する
パソコン→SDカード
本製品をパソコンと接続すると、本製品は外付けドライブとして認識されま
す。パソコンのCDドライブやハードディスクから本製品のSDカードにD
AISY図書や音声ファイル、テキストファイルを転送したり、本製品のS
Dカード内のファイルを削除したりすることができます。
付属のUSBケーブル(長)でパソコンと接続すると、本製品のSDカードは
リムーバブルディスクとして認識され、パソコンからSDカードにデータを
書き込んだり、SDカードの内容をパソコンに読み込んだりすることが可能
になります。対応OSは、Windows® 2000、XP、Windows Vista® です。
●パソコンと本製品を接続します。
手順
1) 本製品にACアダプターを接続します。本製品にSDカードが入っ
ていることを確認し、本製品とパソコンの電源を入れます。
2) 本製品とパソコンが起動してから、付属のUSBケーブル(長)で直接
接続します。(途中にUSBハブなどを経由しないでください。)
3) パソコンのマイコンピュータ(エクスプローラ)で、本製品のSD
カードがリムーバブルディスクとして認識されます。
●データを転送します。
パソコンのマイコンピュータ(エクスプローラ)上でDAISY図書、音声
ファイル、テキストファイルをSDカードにコピー&ペーストすることでパ
ソコンのファイルを本製品のSDカードに取り込むことができます。なお、
104
DAISY図書のファイルを転送する場合は、フォルダごと転送するか、ま
たは、新しいフォルダを作って、その中に転送してください。
●パソコンから本製品を取り外します。以下の2つの方法があります。
<方法1>
手順
1) パソコンの画面右下のタスクトレイにある「ハードウェアの(安全な)
取り外し」を左クリックします。
2) 「USB大容量記憶装置デバイス・・の停止(停止します)」ある
いは、「USB大容量記憶装置デバイス・・安全に取り外します」
を左クリックします。
3) 「USB大容量記憶装置デバイス・・安全に取り外すことができま
す」とのダイアログまたはバルーンを閉じます。
4) 本製品が再起動する前にUSBケーブルを外します。
<方法2>
手順
1) パソコンと本製品の電源を切ります。
2) USBケーブルを外します。
<ポイント>
●対応OSは、Windows® 2000、XP、Windows Vista® です。これらの
OS以外での動作は保証いたしません。
●データを転送している時に、本製品の電源を切ったり、USBケーブ
ルやSDカードを抜いたりしないでください。
●DAISY図書のファイルをコピーする場合は、フォルダごと転送す
るか、または、新しいフォルダを作って、その中に転送してください。
SDカードのルートフォルダにはDAISY図書のファイルを転送し
ないでください。SDカードのルートフォルダにDAISY図書のフ
ァイルを転送すると、再生以外の操作ができなくなります。
105
SDカード→パソコン
付属のUSBケーブル(長) でパソコンと接続することで、本製品のSDカー
ドはリムーバブルディスクとして認識され、SDカードの内容をパソコンに
読み込むことが可能になります。対応OSは、Windows® 2000、XP、Windows
Vista® です。
●パソコンと本製品を接続します。詳しくは「パソコン→SDカード」104
ページを参照してください。
●データを転送します。
パソコンのマイコンピュータ(エクスプローラ)上でDAISY図書、音声
ファイル、テキストファイルをSDカードからコピー&ペーストすることで
SDカードに記録されているファイルをパソコンに転送することができま
す。詳しくはパソコンの操作方法に関する説明書を参照してください。
●パソコンから本製品を取り外します。詳しくは前ページを参照してくださ
い。
<ポイント>
●対応OSは、Windows® 2000、XP、Windows Vista® です。これらの
OS以外での動作は保証いたしません。
●本製品がカードドライブとしてパソコンに接続されている時に、本製
品の電源を切ったり、USBケーブルやSDカードを抜いたりしない
でください。
106
7章2
テキストファイルを聴く
テキストファイルについて
テキストファイルとは文字データから作られたファイルを表します。本製品
ではテキストリーダーによってテキスト形式とHTML形式のファイルを
読み上げることが可能です。
移動単位
テキストファイル内を以下のような単位で移動することができます。
種類
レベル
(HTML形式のみ)
段落
文
しおり
説明
HTMLファイル内にはレベル1からレベル6ま
での見出しが付けられており、それらは<h1>
から<h6>までのタグと呼ばれています。
空白の行で区切られた文です。
句点「。」、疑問符「?」、感嘆符「!」で区切
られた一文です。
ユーザーの好きな場所につけられる印です。
<ポイント>
●しおり単位の移動については「番号でしおりに移動する」「前後のし
おりに移動する」98 ページを参照してください。
●読み上げ可能なファイルサイズは最大6MBまでです。
107
テキストファイル内での移動
たとえば3段落目の2つ目の文を読ませるには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] を何回か
「段落」
押して、「段落」を選択します。
2) [右キー] を何回か押して、3つ目の 「∼本文∼」
段落まで移動します。
3) [上キー] または [下キー] を何回か
「文」
押して、「文」を選択します。
4) [右キー] を何回か押して、2つ目の 「∼本文∼」
文まで移動します。
<ポイント>
●直前に別のタイトルを再生していた場合は、タイトル移動で目的のテ
キストファイルに移動してください。タイトルに移動する方法は、
「読
みたい本や音楽を選ぶ」50 ページを参照してください。
108
テキストファイル内でのダイレクト移動
テキストファイル内の位置を%で指定して移動できます。たとえば、50%
と指定して移動してみましょう。以下の操作により、テキストファイルの全
文字数の50%の位置にある文の、次の文の冒頭に移動することができます。
手順
音声ガイド
1) [移動キー] を1回押します。
「移動先の位置をパーセ
ントで入力」
2) 数字の [5キー][0キー] を押します。 「5」「0」
3) [再生・停止キー] または [下キー] を
「決定」
押して決定します。50%の位置の、
「50パーセント」
次の文の冒頭から再生が始まります。
「∼本文∼」
テキストファイルの早送り、巻き戻し
手順
音声ガイド
1) [右キー] または [左キー] を押し続けま
「5文、10文、15文、
す。[右キー] を押し続けると、文を5つ 20文、25文、30
ずつ早送りし、[左キー]を押し続けると5 文・・・」
つずつ巻き戻します。[右キー] を押し続
けると、5文、10文、15文、20文、
25文、30文・・・と送られていきま
す。
2) 再生したいところで指を離すと、自動的 「∼本文∼」
に再生が始まります。
109
8章
8章1
使いこなし編:録音
録音音量の調整
自動音量調整の切り替え
本製品には、自動的に録音音量を調整する機能があり、工場出荷時の設定は
「自動音量調整あり」です。自動音量調整を「なし」にすることもできます。
その場合には以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] または 「メニュー」
[左キー] で「録音設定」を選択し、[再生・ 「録音設定」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
「設定項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「自動音量
「自動音量調整の切り替
調整の切り替え」を選択し、[再生・停止 え」
キー] または [下キー] または [#キー]
「決定」
を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「自動音量
「自動音量調整なし」
調整なし」を選択し、[再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
て決定します。
110
「設定しました」
録音音量を調整して録音する
自動音量調整を「なし」にすると録音音量を手動で調整することができます。
調整の手順は以下のようになります。
手順
音声ガイド
1) 自動音量調整が「あり」になっている場
合は、前ページの方法で自動音量調整を
「なし」に設定します。
2) [録音キー] を押します。録音準備状態に 「DAISY図書○」
入ります。
「録音キーで録音開始。右
キーまたは左キーで録音
するタイトルを選択」
「音量確認」
3) [上キー] または [下キー] で音量を調
「小さい」
整します。適切な音量より小さかった
「大きい」
り、大きかったりすると、「小さい」あ 「良い」
るいは「大きい」というガイドが流れま
す。適した音量になると「良い」という
ガイドが流れます。
4) [録音キー] を押します。
録音が開始されます。
5) [再生・停止キー] を押し、録音を停止し 「♪♪」
ます。
<ポイント>
●内蔵マイクの録音音量も調整することができます。
●録音音量は、0から20まで1段階ずつ調整できます。
111
録音中音量確認
適切な音量よりも録音音量が小さければ、本製品は「小さい」と音声でガイ
ドします。このような音声ガイドによる音量確認のことを「録音中音量確認」
と言います。音量確認の音声ガイドの種類は以下のとおりです。
状態
音声ガイド
自動音量調整が「あり」
「自動」
自動音量調整が「なし」で、録音音量が適量
「良い」
自動音量調整が「なし」で、録音音量が小さい
「小さい」
自動音量調整が「なし」で、録音音量が大きい
「大きい」
<ポイント>
●録音中の音声ガイドが「ガイドなし」に設定されている場合は、録音
中の音量確認はできません。音声ガイドの有無については、「録音中
の音声ガイドの「あり/なし」」118 ページを参照してください。
録音中音量確認の「あり/なし」
[タイトルキー] を押すことによって録音中音量確認の「あり/なし」を切り
替えることができます。「あり」にすると音量確認のガイドが流れるように
なり、「なし」にすると音量確認のガイドが流れなくなります。工場出荷時
の設定は「あり」です。
手順
音声ガイド
1) 録音準備中、録音ポーズ中、または録音中 「録音中音量確認なし」
に [タイトルキー] を押します。録音中音
量確認が「なし」になります。
2) もう一度[タイトルキー]を押します。録 「録音中音量確認あり」
音中音量確認が「あり」になります。
112
8章2
録音設定
録音モードと録音音質について
録音モードには以下の6種類があります。
・標準:周囲の雑音がやや少ない時に用います。
・会議:会議や講義などのように、周囲の雑音がやや多い時に用います。
・音楽:CDプレーヤーのような機器からライン録音する時に用います。
・テープ:テープレコーダーからライン録音する時に用います。
・ラジオ:ラジオからライン録音する時に用います。
・カスタム:以下の項目について、個別に調整が可能です。
自動見出し設定
設定した秒数以上の無音が続いたときに自動的にセ
クションを分割します。
録 音 の 自 動 停 止 設定した時間以上の無音が続いた場合、録音を自動
時間
的に停止します。
「録音キー操作時」は[録音キー]を押した時点で
録 音 開 始 タ イ ミ 録音が開始されます。「音声検知時」は[録音キー]
ング
を押しても、録音はすぐには開始されません。音声
を検知したときに録音を開始します。
入力音のノイズとは、たとえばテープから音を入力
入 力 音 の ノ イ ズ する場合のヒスノイズなどです。家庭で録音する場
量
合は「標準」を、静かな場所で録音する場合は「少
ない」を選択してください。
<ポイント>
●弊社製品PTR2の図書制作モードにある「倍速録音設定」や「フレ
ーズの自動分割」の設定は本製品にはありません。
113
録音モードの設定値は以下の表のようになります。カスタムモード以外のモ
ードは、以下の設定値に固定されています。カスタムモードの場合は表に記
載されている項目の中から選択できます。
詳細
自動見出し
録音の自動
録音開始
入力音の
設定
停止時間
タイミング
ノイズ量
標準
しない
しない
録音キー操作時
標準(-28dB)
会議
しない
しない
録音キー操作時
多い(-20dB)
音楽
2秒
1分
録音キー操作時
少ない(-40dB)
テープ
4秒
1分
音声検知時
標準(-28dB)
ラジオ
しない
1分
音声検知時
標準(-28dB)
録音
モード
しない
1秒
カスタム
2秒
3秒
4秒
5秒
しない
少ない
(-40dB)
30秒
1分
録音キー操作時
標準
(-28dB)
2分
3分
4分
5分
音声検知時
多い
(-20dB)
録音設定では録音モードと録音音質の両方を選ぶことができます。録音音質
は PCM 44.1kHz ステレオ、PCM 22.05kHz モノラル、MP3 256k ステレオ、
MP3 128k ステレオ、MP3 64k モノラル、MP3 32k モノラルの6種類から選
ぶことができます。工場出荷時の録音モードは「標準」、録音音質は「MP3
128k ステレオ」に設定されています。
114
録音音質と録音可能時間について
選択した録音音質とともに録音可能時間も変わります。良い音質ほど録音に
必要なデータ量が多くなるため録音可能時間は短くなります。以下にSDカ
ードの容量と録音可能時間をまとめました。
SDカード購入の際には、別紙の「動作確認済品一覧」をご覧ください。
メディアの
容量
1GB
2GB
4GB
8GB
約90分
約3時間
約6時間
約12時間
約6時間
約12時間
約24時間
約48時間
約7.5時間
約15時間
約30時間
約60時間
約15時間
約30時間
約60時間
約120時間
約30時間
約60時間
約120時間
約240時間
約60時間
約120時間
約240時間
約480時間
音質
PCM ステレオ
( 44.1kHz)
PCM モノラル
( 22.05kHz)
MP3 256k ステレオ
( 44.1kHz)
MP3 128k ステレオ
( 44.1kHz)
MP3 64k モノラル
( 44.1kHz)
MP3 32k モノラル
( 22.05kHz)
<ポイント>
●SDカードに実際に記録できるデータ容量は、カードに表示されてい
るデータ容量よりも少ない場合があります。
115
録音モードと録音音質の選択
録音モードを「標準」から「テープ」に変更し、音質を MP3 64k モノラル
に変更するには以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] ま 「メニュー」
たは [左キー] で「録音設定」を選択 「録音設定」
し、[再生・停止キー] または [下キ
「決定」
ー] または [#キー] を押して決定
「設定項目を選択」
します。
2) [右キー] または [左キー] で「録音
「録音モードの選択」
モードの選択」を選択し、[再生・停 「決定」
止キー] または [下キー] または
[#キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「テー
「テープ」
プ」を選択し、[再生・停止キー] ま
「決定」
たは [下キー] または [#キー] を
「音質を選択」
押して決定します。
4) [右キー] または [左キー] で「MP3
「MP3
64 キロ モノラル」
64 キロ モノラル」を選択し、[再生・ 「決定」
停止キー] または [下キー] または
「設定しました」
[#キー] を押して決定します。
<ポイント>
●録音準備中に [メニューキー] を押すと直接「録音設定」に入ること
ができます。
116
8章3
その他の録音設定
モニター出力の「あり/なし」
録音準備中や録音中に、しおりキーでモニター出力を「あり」または「なし」
にすることができます。工場出荷時の設定は「モニター出力あり」です。
マイクで録音する場合、内蔵スピーカーでのモニターはハウリングの原因に
なりますので、モニター出力は自動的に「なし」になります。しかし、この
場合でもヘッドホンでは音声を聞くことができます。録音準備中にモニター
出力を「あり」または「なし」にするには以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) 外部音声入力端子に録音用接続ケ
「入力
ラインイン」
ーブルを接続します。
2) [録音キー] を押し、録音準備状態に ・・・
入ります。
「音量確認」
3) [しおりキー] を押すたびに、モニタ 「モニター出力なし」
ー出力が入ったり切れたりします。 「モニター出力あり」
4) [録音キー] を押して、録音を開始し
ます。
<ポイント>
●録音モニターは録音準備状態に入る毎に「あり」になりますので、「録
音モニターなし」に設定する際は、その都度、設定を行ってください。
●マイクで録音する際に録音モニターを「あり」にすると、ハウリング
が発生する場合があります。その際はヘッドホンを使用してください。
117
録音中の音声ガイドの「あり/なし」
マイクから録音する際、音声ガイドが録音されないようにするために設定し
ます。工場出荷時の設定は、「ガイドあり」です。録音中の音声ガイドを「ガ
イドなし」にするには以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、左右キーで「録 「メニュー」
音設定」を選択し、[再生・停止キー] ま 「録音設定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
「決定」
て決定します。
「設定項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「録音中の 「録音中の音声ガイド切
音声ガイド切り替え」を選択し、[再生・ り替え」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「ガイドな 「ガイドなし」
し」を選択し、[再生・停止キー] または 「決定」
[下キー] または [#キー] を押して決
「設定しました」
定します。
<ポイント>
●音声ガイドが録音されないようにするためには、この方法の他に、ヘ
ッドホンを接続するという方法もあります。ヘッドホンを接続すると、
音声ガイドがヘッドホンに流れるので、音声ガイドが録音されること
はありません。
118
8章4
外付けマイクやラインから録音
する
外付けマイクとライン入力の選択
外部音声入力端子に外付けマイクやラインインのジャックを差し込むと、
「マイク使用モード」あるいは「ラインイン使用モード」と音声ガイドされ
ます。工場出荷時の設定は「マイク使用モード」です。ラインインのジャッ
クを差し込んだ時に「マイク使用モード」とガイドされた場合は、以下の手
順で「ラインイン使用モード」に変更します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「録音設定」を選択し、[再 「録音設定」
生・停止キー] または [下キー] または
「決定」
[#キー] を押して決定します。
「設定項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「外部音声 「外部音声入力端子の切
入力端子の切り替え」を選択し、[再生・ り替え」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「ラインイ 「ラインイン使用モード」
ン使用モード」を選択し、[再生・停止
「決定」
キー] または [下キー] または [#キー] 「設定しました」
を押して決定します。
119
外付けマイクで会議や授業を録音する
授業や会議を録音する場合は録音モードを「会議」に設定して録音すると、
「標準」に比べてフレーズの自動分割が上手くできます。また、自動音量調
整は「あり」にした方が、授業や会議を録音する場合には適しています。
手順
音声ガイド
1) SDカードが入っているか確認します。
「マイク使用モード」
外付けマイク(別売)を用意し、本製品の外
部音声入力端子に接続します。
2) 録音モードを「会議」に設定します。
3) 自動音量調整を「あり」に設定します。
4) [録音キー] を押します。録音準備状態に入
ります。
「DAISY図書○」
「録音キーで録音開
始。右キーまたは左キ
ーで録音するタイトル
を選択」
「音量確認」
5) 会議が始まるタイミングで[録音キー]を押
します。
6) 録音を終了するときは、[再生・停止キー] 「♪♪」
を押します。
120
<ポイント>
●手順1で、外付けマイクを接続した際に「ラインイン使用モード」と
ガイドされた場合は、「マイク使用モード」に変更してください。詳
しくは「外付けマイクとライン入力の選択」119 ページを参照してく
ださい。
●手順2で、録音モードを設定する方法は「録音モードと録音音質の選
択」116 ページを参照してください。
●手順3で、自動音量調整を設定する方法は「自動音量調整の切り替え」
110 ページを参照してください。
●録音中に[移動キー]を押すと、新たに見出しが付きます。詳しくは
「録音中に見出しを付ける」126 ページを参照してください。
●録音準備中などに録音に関する情報を聞くことができます。詳しくは
「情報を聞く」132 ページを参照してください。
121
ラジオやテープの音声を録音する
ラジオ(テレビ)を録音する場合は録音モードを「ラジオ」に設定して録音
すると便利です。「ラジオ」の設定で録音すると、録音は音声を検知してか
ら始まりますので、録音の先頭に無音が入りにくくなります。また、音声が
1分以上途切れると自動的に録音を停止しますので、ラジオ側でON、OF
Fの予約をしておけば、ラジオがONの間だけ録音をすることができます。
テープの内容を録音する場合は、録音モードを「テープ」に設定して録音す
ると便利です。「テープ」の設定で録音すると、テープからの音声を検知し
てから録音が始まります。また、音声が4秒以上途切れると、自動的に見出
しを設定し、1分以上途切れると自動的に録音を停止します。
手順
音声ガイド
1) SDカードが入っているか確認します。
「ラインイン使用モー
ラジオまたはテープレコーダーのヘッドホ
ド」
ンジャックに、録音用ケーブル(別売)を
接続します。ケーブルの反対側の端子を本
製品の外部音声入力端子に接続します。
2) 録音モードを「ラジオ」または「テープ」
に設定します。
3) 自動音量調整を「あり」に設定します。
4) [録音キー] を押します。
「DAISY図書○」
「録音キーで録音開始。
右キーまたは左キーで
録音するタイトルを選
択」
「音量確認」
5) ラジオまたはテープが始まるタイミングで
[録音キー]を押します。
122
6) 録音を終了するときは、[再生・停止キー]
「♪♪」
を押します。なお、[再生・停止キー]を押
さなくても1分以上音声が入力されない
と、自動的に録音を停止します。
<ポイント>
●手順1で、録音用ケーブルを接続した際に「マイク使用モード」とガ
イドされたら、「ラインイン使用モード」に変更してください。詳し
くは「外付けマイクとライン入力の選択」119 ページを参照してくだ
さい。
●手順2で、録音モードを設定する方法は「録音モードと録音音質の選
択」116 ページを参照してください。
●手順3で、自動音量調整を設定する方法は「自動音量調整の切り替え」
110 ページを参照してください。
●ラジオ・テレビ・テープレコーダーのラインアウトと本製品の外部音
声入力端子を接続した場合、音が歪むことがあります。その際には、
ラインアウトではなく、ラジオ等のヘッドホン出力端子をお使いくだ
さい。
123
音楽をラインインから録音する
音楽を録音する場合は、録音モードを「音楽」に設定して録音すると便利で
す。「音楽」の設定で録音すると、録音は[録音キー]を押すと直ぐに開始
されます。曲と曲との間など無音が2秒続くと自動的に見出しを設定します
ので、録音後にレベル1で曲間を移動できます。また、音が1分以上途切れ
ると自動的に録音を停止します。
ラインインに接続してカセットプレーヤ、CDプレーヤなどの音楽プレーヤ
ーで再生する音楽を録音する場合の一連の操作方法について説明します。自
動音量調整はOFFにして音量を調整します。
手順
音声ガイド
1) SDカードが入っているか確認します。
「ラインイン使用モー
ラジオまたはテープレコーダーのヘッド
ド」
ホンジャックに、録音用ケーブル(別売)
を接続します。ケーブルの反対側の端子を
本製品の外部音声入力端子に接続します。
2) 録音モードを「音楽」に設定します。
3) 自動音量調整を「なし」に設定します。
4) [録音キー] を押します。
「DAISY図書○」
「録音キーで・・・」
「音量確認」
5) 録音音量を調整するため、音楽プレーヤー 「良い」
を再生します。[上キー] または [下キー]
で音量を調整します。音量が適量でないと
「小さい」または「大きい」と音声ガイド
されます。大きめの音が流れている時に
「良い」と音声ガイドされるように調整し
てください。
124
6) 音楽プレーヤーを録音開始したい場所ま
で戻して再生し、同時に[録音キー]を押
します。録音が開始されます。
7) 録音を終了するときは、[再生・停止キー] 「♪♪」
を押します。なお、[再生・停止キー]を
押さなくても1分以上音楽が途切れた場
合は自動的に録音を停止します。
<ポイント>
●手順1で、録音用ケーブルを接続した際に「マイク使用モード」とガ
イドされたら、「ラインイン使用モード」に変更してください。詳し
くは「外付けマイクとライン入力の選択」119 ページを参照してくだ
さい。
●手順2で、録音モードを設定する方法は「録音モードと録音音質の選
択」116 ページを参照してください。
●手順3で、自動音量調整を設定する方法は「自動音量調整の切り替え」
110 ページを参照してください。
●音楽プレーヤーのラインアウトと本製品の外部音声入力端子を接続し
た場合、音が歪むことがあります。その際には、ラインアウトではな
く、音楽プレーヤーのヘッドホン出力端子をお使いください。
125
9章
使いこなし編:編集
9章1
見出しを付ける
録音中に見出しを付ける
録音中に [移動キー] を押すことで、録音中でも見出しを付けることができ
ます。たとえば、「あいうえお」「かきくけこ」と読んで録音し、「か行」
の先頭に見出しを付けてみましょう。
手順
音声ガイド
1) [録音キー] を押し、録音準備状態に入ります。 ・・・
2) [録音キー] を押し、録音を開始します。
「あ行」を読んだ後、[移動キー] を押して見
(あいうえお)
「見出し○○」
出しを付けます。続いて「か行」を読みます。 (かきくけこ)
[再生・停止キー]を押し、録音を停止します。
<ポイント>
●見出しは停止中でも再生中でも付けることができます。
●録音開始部分には自動的に見出しが付きます。
●内蔵マイクを使用して録音すると、録音中の音声ガイド「見出し○○」
なども録音されてしまいますが、ヘッドホンを接続するか、メニュー
の「録音設定」から「録音中の音声ガイド切り替え」で「なし」に設
定することで、音声ガイドが出なくなります。詳しくは、「録音中の
音声ガイドの「あり/なし」」118 ページを参照してください。
126
録音後に見出しを付ける
録音中は、キーを押したタイミングで見出しが付きますので、意図したとこ
ろと若干違った場所に見出しが付いてしまう場合があります。録音後に編集
すると、より正確な位置に見出しを付けることができます。
「さしすせそ」と「たちつてと」を続けて読んで録音し、「た行」の冒頭の
正確な位置に見出しを付けるには、以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) 「さしすせそ」、「たちつてと」と録
音します。
2) [再生・停止キー]を押し、「た」が再生 「さしすせそ」
された瞬間に[再生・停止キー]を押
「た・・」
して停止します。
3) [メニューキー] を押し、[右キー] また 「メニュー」
は [左キー] で「編集」を選択し、 [再 「編集」
生・停止キー] または [下キー] または 「決定」
[#キー] を押して決定します。
4) [右キー] または [左キー] で「見出し
「編集項目を選択」
「見出し設定」「決定」
設定」を選択し、[再生・停止キー] ま 「見出し○を設定します
たは [下キー] または [#キー] を押
か」「右キーまたは左キー
して決定します。
で設定する位置を微調整」
5) 設定位置を調整する場合は、[左キー] 「・ちつてと」
または[右キー]を押すことで前後に
「たちつてと」
0.1秒ずつ移動します。[左キー]
を数回押して「た」が再生される場所
まで移動します。
6) [再生・停止キー] または [下キー] ま
「見出し○設定しました」
たは [#キー] を押して決定します。
127
録音ポーズ中に見出しを予約する
録音ポーズ中に [移動キー] を押すことで、録音再開時に見出しを付ける予
約をすることができます。
手順
音声
1) 録音中に [録音キー] を押して、録音ポー
「ポーズ」
ズ状態に入ります。
2) [移動キー] を押して見出しを付ける予約
「見出し○」
をします。
3) [録音キー] を押して、録音を再開します。
再開した箇所に見出しが付きます。
<ポイント>
●手順2の後で、もう一度 [移動キー] を押すと、予約を取り消すこと
ができます。
128
見出しを取り消す
先ほど「た行」に設定した見出しを取り消すには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [上キー] または [下キー] でレベル1を
選択します。
2) [左キー] を押して「た行」に移動し、[再 「た」
生・停止キー] を押して停止します。
3) [メニューキー] を押し、[右キー] または 「メニュー」
[左キー] で「編集」を選択し、[再生・停 「編集」
止キー] または [下キー] または [#キ
「決定」
ー] を押して決定します。
「編集項目を選択」
4) [右キー] または [左キー] で「見出し取
「見出し取り消し」
り消し」を選択し、 [再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
「見出し○を取り消しま
て決定します。
すか?」
5) [再生・停止キー] または [下キー] また
は [#キー] を押して決定します。
「見出し○取り消しまし
た」
<ポイント>
●新たに見出しを付け足したり取り消したりすると、見出し番号は自動
的にタイトルの先頭から振り直されます。
129
9章2
セクション削除
不要なセクションを削除することができます。たとえば、第2章の先頭から
第4章の最後までを削除するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) 第2章に移動します。
2) [メニューキー]を押します。
「メニュー」
3) [右キー] または [左キー] で「編集」を 「編集」
選択し、[再生・停止キー]または[下キー] 「決定」
または [#キー] を押して決定します。 「編集項目を選択」
4) [右キー] または [左キー] で「セクショ 「セクション削除」
ン削除」を選択し、[再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
「削除したい範囲の先頭
て決定します。
のセクションを選択」
5) [右キー] または [左キー] で削除する
「∼先頭のセクション∼」
先頭のセクション(第2章)を選択し、 「決定」
[再生・停止キー] または [下キー] また 「削除したい範囲の最後
は [#キー] を押して決定します。
6) [右キー]で削除する最後のセクション
のセクションを選択」
「∼最後のセクション∼」
(第4章)まで進み、[再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
「セクション削除を実行
て決定します。
しますか?」
7) [再生・停止キー] または [下キー] また 「削除しました」
は [#キー] を押して決定します。
<ポイント>
●第2章のみを削除する場合は、先頭のセクションで第2章を選び、最
後のセクションでも第2章を選んでください。
130
10章 使いこなし編:その他の機能
10章1
様々な情報を聞く
情報を聞く
<再生中・停止中>
SDカード等に保存されているDAISY図書等に関する情報を音声ガイ
ドで聞くことができます。
手順
音声ガイド
1) 再生中または停止中に [情報キー] (数字
「∼(電源情報)∼」
の[5キー]) を押します。下の表に示され ・・・
た情報が順番にガイドされます。
2) [5キー] を押すごとに、次の内容にスキ
ップできます。
音声ガイドされる情報内容一覧
データ
DAISY図書
音声ファイル
テキストファイル
情報の内容(ガイド順)
電源→時間→ページ→見出し→しおり→タイトル
→録音された日時→再生設定
電源→時間→トラック→アルバム→しおり→タイ
トル→再生設定
電源→進捗→しおり→タイトル→更新された日時
→再生設定
メモ録
電源→メモ録→メモ録時間→録音された日時
ヘルプ
電源→ページ→見出し→しおり→再生設定
131
<録音中など>
録音中などにもDAISY図書に関する情報を音声ガイドで聞くことがで
きます。方法は前ページと同様に[情報キー] (数字の[5キー]) を押します。
状態
情報の内容(ガイド順)
録音準備中
電源→録音→音声しおり→タイトル→録音設定
録音中
電源→録音
録音ポーズ中
電源→録音→録音設定
<ポイント>
●情報を聞くことを途中で止めたい場合は [上キー] を押してくださ
い。
現在の日時を確認する
現在の日時を確認するには以下のように行います。
手順
音声ガイド
[情報キー](数字の[5キー]) を
「午前(午後)・・時・・分」
長押しします。
「・・年・・月・・日」
<ポイント>
●現在の日時を設定する方法は、「時計設定」149 ページを参照してく
ださい。
132
10章2
再生設定
DAISY図書とテキストファイルの再
生設定
DAISY図書とテキストファイルでは、次のような再生設定ができます。
再生方法
概要
通常再生
通常の再生を行います。(工場出荷時の設定)
タイトルリピート
選択されたタイトルを繰り返し再生します。
<設定方法>
再生設定を「タイトルリピート」にするには以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) [タイトルキー] でDAISY図書または
テキストファイルを選択します。
2) [メニューキー] を押し、[右キー] または
「メニュー」
[左キー] で「再生設定」を選択し、[再生・ 「再生設定」
停止キー] または [下キー] または [#キ
「決定」
ー] を押して決定します。
「再生方法を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「タイトルリ 「タイトルリピート」
ピート」を選択します。
4) [再生・停止キー] または [下キー] または 「決定」
[#キー] を押して決定します。
「設定しました」
<ポイント>
●DAISY図書、音声ファイル、テキストファイル、それぞれ別個の
設定をすることができます。
●現在の再生設定は [情報キー] (数字の[5キー]) で確認できます。
133
音声ファイルの再生設定
音声ファイルでは、次のような再生設定ができます。
再生方法
概要
通常再生
通常の再生を行います。(工場出荷時の設定)
トラックリピート
アルバムリピート
選択されたトラック(曲)を繰り返し再生し
ます。
選択されたアルバムを繰り返し再生します。
オールアルバムリピート 全てのアルバムを繰り返し再生します。
シャッフルリピート
全てのアルバム内のトラックをシャッフルし
て再生します。
<ポイント>
●USB接続のCDドライブで音楽CDを再生する場合、「オールアル
バムリピート」は「アルバムリピート」になります。
<設定方法>
再生設定を「トラックリピート」にするには以下のように設定します。
手順
音声ガイド
1) [タイトルキー]で音楽を選択します。
2) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「再生設定」を選択し、[再 「再生設定」
生・停止キー] または [下キー] または
「決定」
[#キー] を押して決定します。
「再生方法を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「トラック 「トラックリピート」
リピート」を選択します。
4) [再生・停止キー] または [下キー] また 「決定」
は [#キー] を押して決定します。
134
「設定しました」
10章3
メディア管理
メディア、タイトル情報
選択中のメディアやタイトルに関する情報を音声ガイドします。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また 「メニュー」
は [左キー] で「メディア管理」を選択 「メディア管理」
し、[再生・停止キー] または [下キー] 「決定」
または [#キー] を押して決定します。 「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「メディ
「メディア、タイトル情
ア、タイトル情報」を選択し、[再生・ 報」
停止キー] または [下キー] または
「決定」
[#キー] を押して決定します。
「メディア情報」
メディアの種類、メディアの空き容量、 ・・・
メディアの使用容量、メディアの総容
量、タイトル情報、タイトルの詳細な
情報、タイトルの使用容量が繰り返し
ガイドされます。
3) [再生・停止キー] または [下キー] ま
たは [#キー] で終了します。
<ポイント>
●「メディアの使用容量」に関しては、メモ録と外付けCDに関しての
み音声ガイドされます。
●メディアによって音声ガイドされる内容が異なります。
135
SDカード内容全消去(フォーマット)
SDカードは、カード内容全消去を行うことで新しいカードとして使用でき
ます。カード内容全消去を行うには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) 電源を切り、SDカードをセットしま
す。
2) DC入力端子に、付属の電源アダプタ
ーを接続して電源を入れます。
3) [メニューキー] を押し、[右キー] ま
「メニュー」
たは [左キー] で「メディア管理」を 「メディア管理」
選択し、[再生・停止キー] または [下 「決定」
キー] または [#キー] を押して決定
「管理項目を選択」
します。
4) [右キー] または [左キー] で「SDカ 「SDカード内容全消去」
ード内容全消去」を選択し、[再生・
「決定」
停止キー] または [下キー] または
「SDカード内容全消去を
[#キー] を押して決定します。
実行しますか?」
5) [再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」・・・
たは [#キー] を押して決定します。 「実行しました」
<ポイント>
●USB機器のメディアの内容全消去(フォーマット)はできません。
136
<ポイント>
●カード内容全消去を行うと全てのデータが消去されます。必要なデー
タは必ず別のカード等に保存(バックアップ)してからカード内容全
消去を行ってください。
●カード内容全消去中は絶対に電源を切らないでください。電源を切る
とカード等の記録装置が使用できなくなる場合があります。
●カード内容全消去には長時間が必要となる場合がありますので、必ず
電源アダプターを接続して行ってください。
●SDカードの書き込み禁止スイッチが禁止側になっているとカード内
容全消去を実行できません。書き込み禁止スイッチを解除側にしてく
ださい。詳しくは「書き込み禁止スイッチ」49 ページを参照してくだ
さい。
137
新規タイトル作成
1枚のSDカードに複数のタイトルを作成することができます。新規タイト
ル作成を行うには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [タイトルキー] でSDカードを選択しま 「SDカード・・・」
す。
2) [メニューキー]を押し、[右キー] または
「メニュー」
[左キー] で「メディア管理」を選択し、 「メディア管理」
[再生・停止キー] または [下キー] また
「決定」
は [#キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「新規タイ
「新規タイトル作成」
トル作成」を選択し、[再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
「新規タイトルをSDカ
て決定します。
ードに作成しますか?」
4) [再生・停止キー] または [下キー] また
は [#キー] を押して決定します。
「決定」
「実行しました」
<ポイント>
●録音準備中にも新規タイトルを作成することができます。詳しくは「録
音準備中に新規タイトルを作成する」75 ページを参照してください。
138
タイトル削除
選択中のタイトルを削除するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) 削除したいタイトルに移動します。
2) [メニューキー]を押し、[右キー] または
「メニュー」
[左キー] で「メディア管理」を選択し、[再 「メディア管理」
生・停止キー] または [下キー] または
「決定」
[#キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「タイトル
「タイトル削除」
削除」を選択し、[再生・停止キー] また 「決定」
は [下キー] または [#キー] を押して
「選択中のタイトルを削
決定します。
除しますか?」
4) [再生・停止キー] または [下キー] また
は [#キー] を押して決定します。
「決定」
「削除しました」
<ポイント>
●音楽の場合は「アルバム削除」になります。
●USB接続のCDドライブ内のCDのタイトルを削除することはでき
ません。
●タイトルに移動する方法は「読みたい本や音楽を選ぶ」50 ページを参
照してください。
139
編集準備
編集準備をすると、DAISY図書のタイトルへ追加録音や、見出しの設定、
取り消しなどの編集を行えるようになります。
手順
音声ガイド
1) 編集準備をするタイトルに移動します。
2) [メニューキー]を押し、[右キー] または
「メニュー」
[左キー] で「メディア管理」を選択し、 「メディア管理」
[再生・停止キー] または [下キー] また
「決定」
は [#キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「編集準備」 「編集準備」
を選択し、[再生・停止キー] または [下
「決定」
キー] または [#キー] を押して決定し
「編集準備を実行します
ます。
か?」
4) [再生・停止キー] または [下キー] また
は [#キー] を押して決定します。
140
「決定」・・・
「実行しました」
<ポイント>
●編集準備が可能なタイトルは、本製品を含むプレクストーク製品で録
音されたものに限ります。
●本製品で録音したDAISY図書のタイトルに対しては、編集準備を
する必要はありません。ただし、ビルドブックをしたタイトルを編集
する場合は編集準備をする必要があります。
●編集準備はSDカードのタイトルに対してのみ実行可能です。音楽(音
声ファイル)やテキストファイルは、編集準備をすることはできませ
ん。
●編集準備には長時間かかる場合があります。
●編集準備の実行中に [上キー] を押すと編集準備がキャンセルされま
す。
●編集準備の実行中に [上キー] 以外のキーを押すと「○○%完了、残
り○○時間○○分」と進捗状況がガイドされます。
141
ビルドブック
本製品で録音した図書を、他社製のDAISY編集再生ソフトで取り扱う場
合には、ビルドブックが必要になります。ビルドブックを行うことで、一般
的なDAISY形式ファイルが作られます。
手順
音声ガイド
1) ビルドブックをするタイトルに移動しま
す。
2) [メニューキー]を押し、[右キー] または
「メニュー」
[左キー] で「メディア管理」を選択し、 「メディア管理」
[再生・停止キー] または [下キー] また
「決定」
は [#キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
3) [右キー] または [左キー] で「ビルドブ
「ビルドブック」
ック」を選択し、[再生・停止キー] また 「決定」
は [下キー] または [#キー] を押して
「ビルドブックを実行し
決定します。
ますか?」
4) [再生・停止キー] または [下キー] また
は [#キー] を押して決定します。
「決定」・・・
「実行しました」
<ポイント>
●ビルドブックはSDカードのタイトルに対してのみ実行可能です。
●ビルドブックした図書には追加録音や編集ができません。その図書に
追加録音や編集をしたい場合は「編集準備」を行ってください。
●ビルドブックには長時間かかる場合があります。
●ビルドブックの実行中に [上キー] を押すとビルドブックがキャンセ
ルされます。
●ビルドブックの実行中に [上キー] 以外のキーを押すと「○○%完了、
残り○○時間○○分」と進捗状況がガイドされます。
142
10章4
管理
設定の初期化
設定を初期化すると、次の各種設定項目が全て工場出荷時の状態に戻ります。
また、本製品の内蔵メモリに記憶していた音声しおりなどが全て削除されま
す。以下に工場出荷時の状態を記します。
項目
内容
音量、ガイド音量
標準
スピード
標準
トーン
標準
メモ録
そのまま保持されます
しおり、音声しおり
過去に聞いたタイトルの停止位置
全て削除されます
音声しおり再生設定
再生する
再生設定
通常再生
録音設定
標準
録音中の音声ガイド
ガイドあり
自動音量調整
あり
外部音声入力切り替え
マイク使用モード
待ち受け音
待ち受け音1
音声ガイド
音声ガイド1
143
設定を初期化するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、[再生・ 「管理」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「設定を初 「設定を初期化」
期化」を選択し、[再生・停止キー] また 「決定」
は [下キー] または [#キー] を押して
「工場出荷時の設定に戻
決定します。
ります」
「設定の初期化を実行し
ますか?」
3) [再生・停止キー] または [下キー] また 「決定」
は [#キー] を押して決定します。
「設定しました」
<ポイント>
●設定を初期化すると、音声しおりなどは削除されてしまいます。
144
プレクストークの情報
本製品のバージョン番号とシリアル番号(製造番号)を確認できます。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、[再生・ 「管理」
停止キー] または [下キー] または [# 「決定」
キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「プレクス 「プレクストークの情報」
トークの情報」を選択し、[再生・停止
「決定」
キー] または [下キー] または [#キー] 「プレクストークバージ
ョン・・・」
を押して決定します。
「プレクストークバージョン」「シリア 「シリアル番号・・・」
ル番号」を繰り返し音声ガイドします。
3) [再生・停止キー] または [下キー] また 「決定」
は [#キー] を押して終了します。
145
ガイド音量の選択
音声ガイドの音量だけを調整するには以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また 「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、 [再 「管理」
生・停止キー] または [下キー] または 「決定」
[#キー] を押して決定します。
2) [右キー] または [左キー] で「ガイド
「管理項目を選択」
「ガイド音量の選択」
音量の選択」を選択し、[再生・停止キ 「決定」
ー] または [下キー] または [#キー]
を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] を押して音
「ガイド音量○」
量を調整し、[再生・停止キー] または 「決定」
[下キー] または [#キー] を押して決
「設定しました」
定します。
<ポイント>
●ガイド音量の選択とは、DAISY図書や音声ファイル等の再生音量
に比べて、どの程度大きい(小さい)音でガイドするかを設定するも
のです。−5から+5までの範囲で設定できます。ガイド音量の変更
を行った後、音量スイッチで再生音量を増減させると、設定された範
囲でガイド音量も一緒に増減します。
146
テキスト読み上げ音声の選択
日本語のテキストを読ませる場合は「日本語、キョウコ」を、英語のテキス
トの場合は「US English Samantha」を選択してください。工場出荷時の
設定は「日本語、キョウコ」です。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また 「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、[再
「管理」
生・停止キー] または [下キー] または 「決定」
[#キー] を押して決定します。
2) [右キー] または [左キー] で「テキス
「管理項目を選択」
「テキスト読み上げ音声
ト読み上げ音声の選択」を選択し、[再 の選択」
生・停止キー] または [下キー] または 「決定」
[#キー] を押して決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「日本語、 「日本語、キョウコ」
キョウコ」または「US
English
(または「US
English
Samantha」を選択し、[再生・停止キ
Samantha」)
ー] または [下キー] または [#キー]
「決定」
を押して決定します。
「設定しました」
147
待ち受け音の選択
各種処理を実行している間に流れる音楽を「待ち受け音1」「待ち受け音2」
「待ち受け音なし」から選択することができます。工場出荷時は、「待ち受
け音1」に設定されています。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、[再生・ 「管理」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「待ち受け 「待ち受け音の選択」
音の選択」を選択し、[再生・停止キー] ま 「決定」
たは [下キー] または [#キー] を押し
て決定します。
3) [右キー] または [左キー] で「待ち受け 「待ち受け音1」
音1」「待ち受け音2」「待ち受け音な 「決定」
し」から選択し、[再生・停止キー] また 「設定しました」
は [下キー] または [#キー] を押して
決定します。
148
時計設定
たとえば時計を2008年12月7日午後3時10分に設定する場合には
以下のように操作します。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] ま
「メニュー」
たは [左キー] で「管理」を選択し、[再 「管理」
生・停止キー] または [下キー] また
「決定」
は [#キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「時計設 「時計設定」
定」を選択し、[再生・停止キー] また 「決定」
は [下キー] または [#キー] を押し
「年を入力」
て決定します。
3) [2キー]、[0キー]、[0キー]、[8キ
「2」「0」「0」「8」
ー] と押し、[再生・停止キー] または 「決定」
[下キー] または [#キー] を押して
「月を入力」
決定します。
4) [1キー]、[2キー] と押し、[再生・停 「1」「2」
5)
止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
「日を入力」
[7キー]を押し、[再生・停止キー] ま 「7」
たは [下キー] または [#キー] を押
「決定」
して決定します。
「時刻を4桁で入力」
「左または右キーで午前午
後を変更」
149
6) [右キー] または [左キー] で「午後」 「午後」
を選択します。
7) [3キー]、[1キー]、[0キー] と押し、 「3」「1」「0」
[再生・停止キー] または [下キー] ま 「決定」
たは [#キー] を押して決定します。 「2008年12月7日午
後3時10分」
「設定しました」
<ポイント>
●途中で [上キー] を押すとひとつ前の手順に戻ります。時計設定を中
止する場合は [上キー] を長く押すとキャンセルできます。
●月、日を2桁で入力する際、1(01) から 9(09)では、始めの「0」
は省略して入力できます。
●「午前・午後」の時刻の入力は、基本的に0:00から11:59 で
すが、15:00のように入力した場合、午後3:00に設定されま
す。
●年、月、日など音声ガイドの内容が合っていれば、テンキーでの入力
は必要ありません。[再生・停止キー] または [下キー] または [#キ
ー] を押して決定してください。
●現在の日時を確認する方法は、「現在の日時を確認する」132 ページ
を参照してください。
150
テキスト読み上げの設定
テキストファイルを読み上げる際に、音程を高めに読むか、低めに読むかを
設定することができます。音程を高くするにはピッチを上げてください。
手順
音声ガイド
1) [メニューキー] を押し、[右キー] また
「メニュー」
は [左キー] で「管理」を選択し、[再生・ 「管理」
停止キー] または [下キー] または [#
「決定」
キー] を押して決定します。
「管理項目を選択」
2) [右キー] または [左キー] で「テキスト 「テキスト読み上げの設
読み上げの設定」を選択し、[再生・停
定」
止キー] または [下キー] または [#キ
「決定」
ー] を押して決定します。
「ピッチ設定」
3) [右キー] または [左キー] で「ピッチ」 「ピッチ○」
の長さをー5から+5の範囲で選択し、 「決定」
[再生・停止キー] または [下キー] また 「設定しました」
は [#キー] を押して決定します。
151
11章
付録
11章1 メニュー階層一覧
ここでは、メニューの階層を一覧形式で紹介します。
挿入されているメディア、接続されている機器などの条件により、選択でき
るメニューが変わります。
「メニューを選択」
├→┬「編集」
↑
↓
├→┬「見出し設定」
│
│
│
│
│
└←┴「セクション削除」
│
│
│
├「録音設定」
│
│
├→┬「録音モードの選択」
│
│
│
│
├→┬「標準」
┐
┌→┬「PCM 44.1kHz ステレオ」
│
│
│
│
│
├「会議」
┤
│
│
│
│
│
│
├「音楽」
┼─┤
├「MP3 256K ステレオ」
↑
↓
│
│
│
├「テープ」
┤
│
├「MP3 128K ステレオ」
│
│
│
│
↑
├「ラジオ」
┤
↑
├「MP3 64K モノラル」
│
│
│
│
└←┴「カスタム」┘
│
│
│
├「録音中の音声ガイド切り替え」
│
│
│
├「外部音声入力端子の切り替え」
│
│
│
│
├→┬「マイク使用モード」
│
│
↑
│
└←┴「ラインイン使用モード」
↑
↓
└←┴「自動音量調整の切り替え」
├「見出し取り消し」
次のページに続く
152
├「PCM 22.05kHz モノラル」
└←┴「MP3 32K モノラル」
前のページからの続き
│
├「再生設定」(DAISY図書とテキストファイルの場合)
│
│
├→┬「通常再生」
↑
↓
└←┴「タイトルリピート」
│
├「再生設定」(音楽の場合)
│
│
├→┬「通常再生」
↑
↓
│
├「トラックリピート」
│
│
│
├「アルバムリピート」
│
│
↑
├「オールアルバムリピート」
│
│
└←┴「シャッフルリピート」
│
│
│
├「しおり」
│
│
├→┬「音声しおり再生設定」
│
│
└←┴「選択中タイトルのしおりを削除」
│
│
│
├「メモ録」
│
│
├→┬「選択中のメモ録を削除」
│
│
└←┴「全てのメモ録を削除」
↑
↓
次のページに続く
153
前のページからの続き
│
├「メディア管理」
↑
↓
├→┬「メディア、タイトル情報」
│
│
│
├「SDカード内容全消去」
│
│
│
├「新規タイトル作成」
│
│
│
├「タイトル(アルバム) 削除」
│
│
↑
├「編集準備」
│
│
└←┴「ビルドブック」
↑
│
└←┴「管理」
├→┬「設定を初期化」
│
├「プレクストークの情報」
│
├「ガイド音量の選択」
│
├「テキスト読み上げ音声の選択」
│
├「待ち受け音の選択」
↑
├「時計設定」
└←┴「テキスト読み上げの設定」 → 「ピッチ設定」
154
11章2 音声ファイルの連続再生の順
序
ひとつのフォルダ内での連続再生の順序
フォルダ内に「プレイリスト」と呼ばれるテキスト形式のファイルが存在す
る場合には、そこに再生順序が記されており、その記述に従った順序でファ
イルが再生されます。プレイリストが存在しない場合、ひとつのフォルダ内
ではファイル名の順(abc順)に再生されます。
フォルダが複数ある場合の連続再生の順序
フォルダが複数存在する場合、音声ファイルの連続再生の順序は以下のよう
になります。
アルバム1
例:ルート┬フォルダA┬フォルダAの1┬ファイル1・・・1番目
│
│
└ファイル2・・・2番目
│
│ アルバム2
│
└フォルダAの2┬ファイル3・・・3番目
│
└ファイル4・・・4番目
│ アルバム3
└フォルダB┬ファイル5・・・5番目
└ファイル6・・・6番目
155
<ポイント>
●基本的にフォルダがアルバムとなります。ただし、フォルダ内に音声
ファイルが無い場合は、アルバムとはなりません。前ページの例では、
フォルダAの1がアルバム1、Aの2がアルバム2、フォルダBがア
ルバム3となります。フォルダAはアルバムではありません。
●1つのフォルダに含まれるファイルは1024個までしか認識しませ
ん。フォルダに関してはルートフォルダを含め8階層、1024個の
フォルダまで認識します。それ以上のフォルダは認識しません。1つ
のメディアに含まれるファイルは6000個までしか認識しません。
●フォルダ数やファイル数が多いと、音声ファイルやカード情報の読み
出しにかかる時間が長くなります。
156
11章3 録音やバックアップで自動的
に作られるフォルダ名について
<録音の場合>
空のSDカードに録音を開始すると、SDカードのルートフォルダに
「PlexRecording」という名前のフォルダが作られます。さらにその下に
「BookDir0」という名前のタイトルが自動的に作られます。同様に新規タイ
トルで録音すると、「BookDir1」、「BookDir2」という名前のタイトルが
作られていきます。
<バックアップの場合>
空のSDカードにバックアップを行うと、SDカードのルートフォルダに
「PlexBackUp」という名前のフォルダが作られます。
DAISY図書の場合は、「PlexBackUp」の下にバックアップ元と同じ名
前のフォルダ名でタイトルがバックアップされます。(次のページの図では
「ABC」という名前のフォルダになっています。)音楽CDの場合は、
「PlexBackUp」の下に「AudioCD」という名前のフォルダが作られ、その
中にバックアップされます。2枚目、3枚目の音楽CDの場合は、それぞれ
「AudioCD_01」、「AudioCD_02」という名前のフォルダ名でバックアッ
プされます。メモ録の場合は、「PlexBackUp」の下に「VoiceMemo_ (バッ
クアップした年月日)」という名前のフォルダが作られ、その中にバックア
ップされます。同じ日にメモ録のバックアップを2回以上行うと日付の後に
_01、_02 という番号が付きます。
157
ルート┬PlexBackUp┬ABC
│
│
│
├AudioCD
│
│
│
│
│
│
│
バックアップしたDAISY図書
バックアップした音楽
├AudioCD_01
│
├VoiceMemo_20081208
バックアップした
│
メモ録
└VoiceMemo _20081208_01
│
└PlexRecording┬BookDir0
│
├BookDir1
│
└BookDir2
録音したDAISY図書
11章4 フォルダ選択について
タイトルキーを押してSDカードを選択した後、上キーを押すと「フォルダ
選択」とガイドされます。その後、右キーまたは左キーでフォルダを移動す
ることができます。ルートフォルダに「PlexBackUp」と「PlexRecording」
というフォルダがある場合、右キーまたは左キーでフォルダを選択し、次に
下キーを押すと「タイトル選択」とガイドされますので、右キーまたは左キ
ーでタイトルを選択します。そうすることで、目的のタイトルに素早く移動
できます。
158
12章
用語解説
本書で使われている用語を解説します。
用語
AMR
解説
音声圧縮形式の一種です。圧縮率が高く、一部の携帯電
話の音楽配信等に用いられています。
DAISY(Digital Accessible Information System)は、
視覚障害者や普通の印刷物を読むことが困難な人々のた
めに、カセットに代わるデジタル録音図書の国際標準規
格として、12カ国の正規会員団体で構成するDAIS
Yコンソーシアム(本部スイス)により開発と維持が行
DAISY
図書
なわれている情報システムを表しています。DAISY
図書は、音声情報が見出しで区切られ、その見出しを階
層的に組むことができます。たとえば、いちばん大きな
章をレベル1、その下の節はレベル2となります。また、
ページ数の情報なども埋め込むことができますので、検
索性に優れています。
DAISY規格には DAISY2.0、DAISY2.02、ANSI/NISO
Z39.86/DAISY3.0 などがあります。
DAISY
ADPCM2
ファイル
dB
(デシベル)
DAISY図書で用いられる音声ファイルの一種です。
PCMの4分の1のサイズに圧縮されます。
音の強さを表わす単位です。
159
用語
解説
「MPEG Audio Layer-3」の略称で、高圧縮率で高品質
な音声圧縮技術、もしくはそれを使って圧縮された音
MP3
声データのことです。CD品質の音声データをMP3
(128kbps)に変換すると、多少音質は低下しますが、
約10分の1のサイズに圧縮することができます。
音声などのアナログ信号をデジタル信号に変換する
PCM
形式の一種です。音楽CDなどに用いられています。
非圧縮のため音質は良いのですが、ファイルサイズが
大きくなってしまいます。
フラッシュメモリの一種です。切手ほどのサイズに加
SDカード
え、厚さが1mmほどしかなく、そのコンパクトさが
特徴です。
「SDカード」は「SDメモリカード」の略称です。
SDカードの一種で、その容量の大きさが特徴です。
SDHCカード
寸法はSDカードと同じです。
本製品はSDカードとSDHCカードの両方に対応
しています。
USB(Universal Serial Bus)は、パソコンの周辺装
USB
置を接続するための規格のひとつです。この規格のケ
ーブルで接続された機器をUSB機器と呼びます。
アルバム
グループ
160
ここでは、音声ファイルが入っているひとつのフォル
ダを「アルバム」と呼びます。
グループとは、セクション内に付ける区切りのことで
す。
用語
セクション
解説
DAISY図書の章、節、項などで分けられた録音内容
を本書ではセクションと表現しています。
タイトルとは、録音図書自身のことであり、1つの器の
タイトル
ようなものです。このタイトルという器の中に、音声デ
ータや、見出し情報等が入っています。
テキストオ
ンリーDA
ISY
音声ファイルが無く、テキストファイルのみで構成され
るDAISY図書のことです。
特殊ページは、図書の途中や最後に付けられた特別なペ
特殊ページ
ージのことです。図表や付録などに付けられます。[上
キー]または[下キー]で「ページ」を選択し、[右キ
ー]または[左キー]で移動できます。
トラック
ファイル
フォルダ
ひとつの音声ファイルを「トラック」と呼びます。音楽
の1曲に相当します。
文字や音楽などのデータをパソコンやメモリカードなど
に格納する際の、データのかたまりを表します。
ファイルを入れる「箱」に相当します。
音声データは、息継ぎなどで一定時間、無音になった箇
フレーズ
所で区切られています。その無音から次の無音までのひ
とかたまりの音声を「フレーズ」と呼びます。通常、1
フレーズは数秒から十数秒程の長さになります。
プレイリス
ト
プレイリストは、ファイルの拡張子名を「m3u」とし、
音声ファイル名を再生したい順番に1行ずつ区切って記
述したものです。
161
用語
解説
前付けページは、図書の最初に本文の前に付けられたペ
前付けページ
ージのことです。[上キー] または[下キー]で「ページ」
を選択し、[右キー] または[左キー]で移動できます。
マルチタイト
1枚のCDやカードの中に複数のタイトルが収録され
ル
ている録音図書のことです。
セクションの一番先頭のフレーズと、セクションが変わ
見出し
る位置を本書では見出しと表現しています。たとえば本
取扱説明書の「1章はじめに」のフレーズ自体と、始ま
る位置を見出しと呼びます。
情報を記録するものの総称。本製品で扱えるメディア
メディア
は、SDカードの他、USBカードリーダーで読み込め
るカード(CFカードなど)です。
通常、本はいくつかの章から成り立っています。また、
それぞれの章の下には節、そして節の下には項がありま
す。章がレベル1に相当し、節はレベル2、項はレベル
レベル
(DAISY)
3・・というように、本を検索していく際の単位をレベ
ルと表しています。
レベル11章
レベル21章1節
1章2節
レベル31章1節1項 1章1節2項 1章2節1項・・
162
13章
故障かなと思ったら
故障かなと思ったら、下記の方法で症状を確かめてください。
注1:以下の文中に「本製品をリセットする」という記述があります。リセ
ットをするには、以下のいずれかの方法を行ってください。
<リセットの方法1>
電源が入っている状態でキーロックをオン(有効)にします。電源キーを 10
秒以上押し続けた後、手を離すと電源が切れます。キーロックをオフ(無効)
にして、電源を入れます。
<リセットの方法2>
リセットの方法1ができない場合は、以下の方法で行います。電源を切りま
す。電源アダプターを外して、バッテリーをいったん取り出します。再びバ
ッテリーを取付け、電源を入れます。
注2:リセット後には、本製品の起動に30秒ほど時間がかかります。
13章1 症状と対応のしかた
症状と対応のしかた(全般)
症状
対応のしかた
電源が入らない。
キーロックを確認し、キーロックが ON(有効)に
(次頁に続きます)
なっていたら OFF(無効)にしてください。
ヘッドホンが接続されていたり、音量がゼロにな
っていたりして、電源が入ったかどうかが分かり
ずらい状態になっていないか確認してください。
163
症状
対応のしかた
電源アダプターを接続して電源を入れてくださ
い。
電源が入らない。
上記の方法で改善されない場合は、電源アダプタ
(続き)
ーを外して、バッテリーをいったん取り出しま
す。再びバッテリーを取付け、電源アダプターを
接続して電源を入れてください。
数日間使わなかったような場合、バッテリー残量
電源アダプターを接続 が少なくなっている可能性があります。電源アダ
すると電源が入るが、 プターを接続して十分に充電してください。
バッテリーだけでは電 上記の方法で改善されない場合は、バッテリーを
源が入らない。
いったん取り出します。再びバッテリーを取付
け、電源を入れてください。
電源が切れない。
(全てのキーが反応し
なくなった。)
キーロックを確認し、キーロックが ON(有効)
になっていたら OFF(無効)にしてください。
電源アダプターとバッテリーを取り外し、もう一
度取り付けて、電源を ON/OFF してください。
待ち受け音が鳴ったま 本製品をリセットしてください。
ま、反応がない。
電源を入れてください。
ヘッドホンを抜き、音量スイッチで音量を上げて
音声ガイドが出ない。
ください。
ガイド音量を確認してください。確認の方法は、
メニュー→管理→ガイド音量選択です。低く設定
されていたら、ガイド音量を上げてください。
164
症状
対応のしかた
録音中に音声ガイド
録音中の音声ガイドが「なし」になっているか確認
が出なくなる。
し、「なし」になっていたら、ガイド「あり」に変
更してください。設定は次のように行います。
メニュー→録音設定→録音中の音声ガイド切り替
え→ガイドあり
SD カードを差し込む向きが正しいか、または、し
っかりと差し込まれているかを確認してください。
動作確認済 SD カードを使用してください。
「SD カードに再生可能なデータがありません」と
ガイドがあった場合は、録音などをしてから再生し
SD カードが再生で
てください。または、何か記録されている SD カー
きない。
ドを入れてください。
本製品が対応していない方式で書き込まれた SD カ
ードは再生できません。そのカードを使う場合はカ
ード内容全消去を行ってから使用してください。た
だし、カードに記録されていた内容はすべて消去さ
れます。
SD カードが書き込み禁止になっているかを確認し、
SD カードに録音で
きない。
(次頁に続きます)
書き込み禁止になっていたら、書き込み禁止を解除
してください。
SD カードを差し込む向きが正しいか、または、し
っかりと差し込まれているかを確認してください。
動作確認済 SD カードを使用してください。
165
症状
対応のしかた
本製品が対応していない方式でフォーマットされ
た SD カードには録音できません。そのカードを
使う場合はカード内容全消去を行ってから使用し
SD カードに録音でき
ない。(続き)
てください。ただし、カードに記録されていた内
容はすべて消去されます。
SD カードの空き容量がない場合は、不要なデータ
を削除して空き容量を確保してください。または、
十分な空き容量のある SD カードに交換してくだ
さい。
録音音量が調節でき
自動音量調整が「あり」に設定されていると、録
ない。
音音量を手動で調節することができません。メニ
ュー→録音設定→自動音量調整→「なし」を選択
し、自動音量調整を「なし」に設定ください。
パソコンに接続して
パソコンの OS が Windows® 2000、XP、Windows
も、本製品がパソコン Vista®であることを確認してください。
に認識されない。
AC アダプターを接続してください。
USBケーブルを差し直してください。その際、
パソコンと本製品の間にUSBハブ(USB分配
器)が接続されている場合は、それを取り外し、
付属のUSBケーブル(長)でパソコンと本製品
を直結してください。
パソコンの USB 差込み口を変更してください。
上記の方法で改善されない場合は、本製品をリセ
ットした後、再度パソコンに接続してください。
166
症状
対応のしかた
パソコンからの書き
SD カードが書き込み禁止になっているかを確認
込みができない。
し、書き込み禁止になっていたら、書き込み禁止
を解除してください。
動作確認済 SD カードを使用してください。
PTR2 を CF カードド
CF カードが特殊な形式でフォーマットされている
ライブとして本製品
可能性があります。パソコンを使って CF カードを
に接続すると、「この FAT32 形式でフォーマットしてください。フォー
USB 機器には対応し
マットすると記録されていた内容が消去されてし
ていません。」とガイ まいますので、削除したくないタイトルは前もっ
ドされてしまう。
て CD にバックアップしておいてください。
PTR2 の CF カードか
電源を入れた状態で USB ケーブルを繋ぎ直してく
ら本製品の SD カード ださい。
にバックアップでき
PTR2 のドライブ設定が「カードドライブ」になっ
ない。
ているか確認し、「CD ドライブ」になっていたら、
「カードドライブ」に変更してください。
本製品をリセットしてください。
PTR1 や PTR2 の CD
電源を入れた状態で USB ケーブルを繋ぎ直してく
から本製品の SD カー ださい。
ドにバックアップで
PTR2 のドライブ設定が「カードドライブ」になっ
きない
ていたら「CD ドライブ」に変更してください。
CD がファイナライズされていない場合は、PTR1
や PTR2 でファイナライズしてください。
本製品をリセットしてください。
167
症状
対応のしかた
外付けの CD ドライブから本製
バックアップ元の CD に傷や汚れが付
品の SD カードにバックアップ
着している場合、バックアップが中断
すると、途中で失敗してしまう。 される場合があります。CD の記録面に
傷や汚れがないかを確認してくださ
い。
本製品の SD カード内の DAISY
本製品の SD カード内の DAISY 図書に
図書を、PTR2 の CF カード(ま
対して、メディア管理メニューの「編
たはカードリーダーの CF カー
集準備」を実行してください。
ド)へバックアップしたが、そ
れを PTR2 で再生することがで
きない。または、音声ファイル
(MP3)として再生されてしま
う。
パソコンのメディアプレーヤー
作成した音声ファイルが WMA 形式に
を使って音声ファイルを作った
なっていないか確認してください。本
が、それを SD カードに保存した 製品は WMA 形式に対応していません。
ものを本製品で再生しようとし
MP3 形式で音声ファイルを作成し直し
ても再生できない。
てください。
168
音声ガイドと対応のしかた (再生)
音声ガイド
「サポート外の
カードです」
「サポート外の
USB デバイスで
す」
原因
SD カードがフォーマ
ットされていない。
SD カード(USB メデ
ィア)が本製品に対応
していない。
SD カードなどに何も
記録されていない。
「タイトルが選
SD カードが入ってい
ばれていませ
ない。またはUSB機
ん」
器が接続されていな
い。
現在選択中のタイト
ルを削除した。
見出しまたはペ
ージに移動する
時、
「移動先の番号
○が見つかりま
せん」
指定した番号の見出
し、またはページがな
い。
対応のしかた
SD カード内容全消去を行って
ください。ただし、カードに
記録されていた内容はすべて
消去されます。
動作確認済 SD カード(USB メ
ディア)を使用してください。
新しく図書などを記録してく
ださい。あるいは図書が記録
されている SD カードを入れ
てください。
SD カードを入れてください。
またはUSB機器を接続して
ください。
別のタイトルを選択してくだ
さい。または、別の SD カード
を入れてください。
その DAISY 図書に存在する見
出しまたはページを指定して
ください。
別の見出しまたはページに移
動してください。
169
アルバムまたは
その音声ファイルに存在する
トラックに移動
アルバムまたはトラックを指
指定した番号のアル
バム、またはトラック 定してください。
がない。
別のアルバムまたはトラック
する時、
「移動先の番号
○が見つかりま
に移動してください。
せん」
本製品が対応してい
カード内容全消去を行ってか
「読み込みエラ
ない方式でフォーマ
ら使用してください。ただし、
ーです」
ットされたメディア
カードに記録されていた内容
である。
はすべて消去されます。
音声ガイドと対応のしかた (録音)
音声ガイド
原因
対応のしかた
「SD カードが
SD カードが入ってい
ありません」
ない。
「USB がありま
USB 機器が接続され
USB 機器を接続してくださ
せん」
ていない。
い。
SD カードを入れてください。
録音先が SD カードに 録音先を SD カードにしてく
なっていない。
ださい。
本製品が対応してい
カード内容全消去を行ってか
「録音できない
ない方式でフォーマ
ら使用してください。ただし、
メディアです」
ットされた SD カード カードに記録されていた内容
が入っている。
はすべて消去されます。
動作確認済 SD カード 動作確認済 SD カードを使用
以外の SD カードが入 してください。(同梱の「動
っている。
170
作確認済品一覧」を参照)
「SD カードが
ロックされてい
ます」
「SD カードの
空き容量が不足
しています」
書き込み禁止になっ
SD カードの書き込み禁止を解
ている。
除してください。
録音先のメディアの 新しいメディアに録音してく
空き容量がない。
動作確認済メディア
「書き込みエラ
ーです」
を使用していない。
ださい。
動作確認済メディアを使用し
てください。(同梱の「動作
確認済品一覧」を参照)
録音中に SD カードを 録音中には SD カードを抜か
抜いた。
ないでください。
音声ガイドと対応のしかた (メモ録)
音声ガイド
「移動先の番号
○が見つかりま
せん」
原因
対応のしかた
そのメモ録に存在する番号を
指定した番号のメモ 指定してください。
録がない。
別のメモ録に移動してくださ
い。
「空き容量があ 本製品内蔵メモリの 不要なメモ録を削除してくだ
りません」
空き容量がない。
さい。
171
音声ガイドと対応のしかた (バックアップ)
音声ガイド
原因
バックアップ先の SD
「書き込み禁止
カードまたは USB 機
メディアです」
器が書き込み禁止に
なっている。
「メディアの空
バックアップ先のメ
き容量が不足し
ディアの空き容量が
ています」
足りない。
対応のしかた
SD カードや USB 機器の書き
込み禁止を解除してくださ
い。
十分な容量のあるメディアに
交換してください。
音声ガイドと対応のしかた (しおり)
音声ガイド
「現在の場所に
はしおりを設定
できません」
「このタイトル
にはしおりを設
定できません」
172
原因
先頭(最後)にはしお
りは設定できません。
対応のしかた
少し再生した位置(最後から
は少し戻した位置)にしおり
を設定してください。
メモ録にはしおりを
本製品の仕様上、メモ録には
設定できません。
しおりを設定できません。
音声ガイドと対応のしかた (その他)
音声ガイド
原因
対応のしかた
音声ファイルを編集
「このタイトル しようとしている。
編集できません。
は編集できませ 図 書 館 で 借 り た 編集可能なメディア・タイト
ん」
DAISY 図書を編集し ルで行ってください。
ようとしている。
「アダプター異常です」とい
う音声ガイドの後、自動的に
「アダプター異
常です」
電源アダプターに異 電源が切れます。電源を入れ、
常が起きた可能性が 再び「アダプター異常です」
ある。
という音声ガイドがある場合
には、弊社お問い合わせ窓口
にご連絡ください。
バッテリーに異常が バッテリーを交換してくださ
「バッテリー異
常です」
起きた可能性がある。 い。
仕様に定められた範 仕様に定められた範囲内の温
囲外の高温・低温環境 度 環 境 下 で 使 用 し て く だ さ
下で使用された。
「不明なエラー
です」
い。
繰り返し発生する場合は、弊
原因不明です。
社お問い合わせ窓口にご連絡
ください。
173
13章2 よくある質問 Q&A
質問
答え
DAISY 図書をバックアップする
設定の必要はありません。DAISY 図
時に音質などを設定する必要が
書の音声は元のデータと同じ音質で
ありますか?
バックアップされます。
本製品から PTR2 の CD にバック
本製品から PTR2 などの外付け CD/
アップできますか?
DVD ドライブの CD にバックアップ
することはできません。
複数のタイトルを一度にバック
できません。ひとつずつタイトルを
アップできますか?
選択してバックアップしてくださ
い。
しばらく使わずにいたらバッテ
故障ではありません。本製品は使わ
リーが減っていたのですが、これ ない場合でも少しずつ電力を消費し
は故障ですか?
ます。
PTR2 の DAISY 図書 CD から本製
故障ではありません。タイトルの選
品にバックアップする際に、PTR2 択は PTR2 で行うのではなく、本製
で2番目のタイトルを選んでか
品でタイトルを選択してからバック
ら接続してバックアップすると、 アップしてください。
2 番目のタイトルとは別のタイト
ルがバックアップされてしまう
のですが、これは故障ですか?
174
質問
答え
PTR1 の CF カードから本製品の
PTR1 はカードドライブとしての機
SD カードにバックアップするこ
能がありませんので、本製品と接続
とはできないのでしょうか?
しても PTR1 の CF カードのデータを
読込むことはできません。市販のカ
ードリーダーに CF カードを入れて
本製品に接続すればバックアップは
可能になります。
DAISY 図書をバックアップした
本製品は基本的にはフォルダ名で再
際、バックアップした順番にタイ 生順を決める仕様になっています。
トルが並んでくれないのですが、 パソコンでフォルダ名を ABC 順(辞
タイトルを並びかえるにはどう
書順)に変更してください。ただし、
したら良いのですか?
名前順に再生されない場合もありま
す。
インターネットでダウンロード
パソコンでフォルダごと SD カード
した DAISY 図書を PTP1 で再生す にコピーし、SD カードを本製品にセ
るにはどうしたらよいのです
ットして再生してください。
か?
175
14章
仕様
注意:仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。
:時間に関する数値はすべておおまかな数値です。
:充電時間、使用時間は、周囲の温度や使用条件によって異なります。
製品名:プレクストークポータブルレコーダー
型番:PTP1
全般的な仕様
項目
仕様
SD カードスロット
SD/SDHC 専用
DAISY2.0、DAISY2.02、
再生可能
ANSI/NISO Z39.86/DAISY3.0 規格準拠の DAISY 図
コンテンツ
書、MP3、AMR-WB+、WAVE(PCM)、
CD-DA(外付け USB 接続の CD/DVD ドライブ)
DAISY 図書の再生
可能音声ファイル
録音方式
録音音声フォーマ
ット
メモ録 録音音声フ
ォーマット
MP3、AMR-WB+、DAISY ADPCM2、PCM
DAISY2.02
PCM 44.1kHz ステレオ、PCM 22.05kHz モノラル
MP3 256kbps ステレオ、MP3 128kbps ステレオ
MP3 64kbps モノラル、MP3 32kbps モノラル
MP3 32kbps モノラル
外部音声入力端子(外付けマイクおよびラインイ
音声入力
ン)(ステレオ)
内蔵マイク(モノラル)
176
内蔵スピーカー(モノラル)
音声出力
ヘッドホン出力端子(ステレオ)
外部インターフェ
USB 2.0
イス
USB OTG (USB bus power)
時計精度
月差
電源アダプター
AC 100 V∼240 V、50/60 Hz
寸法
縦 112 mm、横 55 mm、厚さ 16 mm
重量
約 110g
消費電力(最大)
20W
±約 60 秒
5℃∼40℃ / 20∼80%
動作温度/湿度
ただし結露しないこと
オーディオ特性
項目
特性
ヘッドホン
適合インピーダンス
32Ω不平衡
ジャック
直径 3.5mmステレオミニジャック
入力インピーダンス
2.2kΩ不平衡
ジャック
直径 3.5mmステレオミニジャック
ライン
入力インピーダンス
20kΩ不平衡
入力端子
ジャック
直径 3.5mmステレオミニジャック
内蔵
出力インピーダンス
8Ω
スピーカー
出力
150 mW
内蔵マイク
方式
コンデンサマイク
出力端子
(ライン出力)
外付けマイク
入力端子(プラ
グインパワー)
177
主要な機能
項目
仕様
操作を音声でガイド
音声ガイド
キー説明モードでのキー説明
メニュー説明
5キーを押した時に情報をガイド
検索機能
見出し、グループ、ページ、フレーズ、しおり、ア
ルバム、トラック、レベル、段落、文、文字
再生音量調整
0∼25
ガイド音量調整
−5∼+5
再生スピード調
整
トーン調整
−2∼+8(11段階)
−6∼+6(13段階)
録音可能時間
(SD カード、
DAISY 形式
2GB)
録音音量調整
PCM 44.1kHz ステレオ
3 時間
PCM 22.05kHz モノラル
12 時間
MP3 256kbps ステレオ
15 時間
MP3 128kbps ステレオ
30 時間
MP3 64kbps モノラル
60 時間
MP3 32kbps モノラル
120 時間
自動音量調整
手動調整:0∼20
しおり、音声しおり:最大 10,000 個
メモリ機能
音声しおり:最大 30 分
メモ録:最大 30 分、最大 200 個
178
バッテリー
項目
仕様
種類
リチウムポリマー
寸法
縦 53 mm、横 39 mm、厚さ 9 mm
容量
1500 mAh
充電時間
約4時間
使用可能時間
DAISY、MP3 録音:約8時間
DAISY、MP3 再生:約10時間
カードドライブ仕様
項目
仕様
USB 転送レート
280 Mbps
対応 OS
Windows 2000, XP, Vista
カードタイプ
SD/SDHC カード
ファイルシステム
FAT-32/16
179
15章
動作確認済マイク、動作確
認済SDカード及びオプション品
本製品に同梱されている「動作確認済品一覧」に、動作確認済マイク、動作
確認済SDカード及びオプション品に関する記載がありますので、そちらを
ご覧ください。
また、最新の情報は、プレクストークのホームページ
http://www.plextalk.com/jp/
をご覧になるか、または、プレクストークお問い合わせ窓口までご連絡くだ
さい。
180
16章
保証について
シナノケンシ株式会社は、本製品のお買い上げ日から1年間(以下「保証期
間」といいます)に本製品に不具合が認められた場合には、本製品が添付の
取扱説明書に従ってご使用されている場合に限り、不具合の内容や程度等を
考慮して、無償にて修理あるいは交換などの対応をいたします。但し、次の
ような場合は、保証期間を問わず、保証の対象にはなりません。あらかじめ
ご了承ください。
・ 取扱説明書に記載された警告、注意事項その他使用条件・方法と異なる
使用をした場合。
・ バッテリー、電源アダプターなど、付属品以外のものを使用して破損し
た場合。
・
フロントパネル等の外面の損傷など。
・
不具合の原因が不適当と思われるご使用方法である場合。
・
不具合の原因が落下等の過大な衝撃である場合。
・
不具合の原因が部品等の自然劣化・消耗である場合。
・ 不具合の原因が落雷、風水害、地震、火災、塩害、その他天災地変であ
る場合。
・ 不具合の原因が光ピックアップ等の部品等の自然劣化・消耗の場合。※
・
バッテリーの寿命による動作不良、停止。※
・
不具合の原因が本製品に接続した他の機器である場合。
・ 弊社又は弊社が指定した者以外の者(個人、事業者を含みます)により
改造、修理された場合。
・
本製品を第三者に譲渡した場合。
・
本製品より取り外した部品の修理。
・
修理等のご依頼の際に保証書のご提示がない場合。
181
・ 保証書に必要事項の記載がない場合、または保証書の文言が書き換えら
れている場合。
・
本製品を日本国外で使用する場合。
注
※については、お買い上げ頂いた機種により適用対象外となります。
弊社は、いかなる場合においても、お客様の逸失利益、特別損害、付随的損
害又はその他の結果的損害について、一切の責任を負うものではありません。
また、弊社の責に帰すべき理由により、お客様に損害が発生した場合であっ
ても、弊社は直接かつ通常の損害についてのみ補償し、その金額は、本製品
の購入価格を上限とさせていただきます。
SDカード等のデータについて
SDカード等のデータの破損・消失については、弊社は一切の責任を負うも
のではありません。あらかじめご了承ください。
182
17章
お問い合わせについて
本製品を操作している時にトラブルが発生した場合は、まず「13章
故障
かなと思ったら」163 ページを参考にしながら対処してください。それでも、
解決できない場合は、弊社までお問い合わせください。
お問合せ先
〒386-0012
長野県上田市中央 6-15-26
プレクストークお問い合わせ窓口
電話:0570―064177
なお、IP 電話、光電話をご利用の方は0268−21−7614に御連
絡ください。
月∼金
9:30∼12:00、13:00∼17:00
土・日・祝祭日は休業
FAXやE―mailは常時受け付けております。
FAX:0268−21−7611
E―mail:[email protected]
ホームページ:http://www.plextalk.com/jp/
プレクストークホームページについて
プレクストークホームページでは、よくある質問やプレクストーク製品に関
する最新の情報を提供しております。プレクストーク専用ホームページ
http://www.plextalk.com/jp/
をご利用ください。
183
索引
<記号、数字、A から Z>
*キー(アスタリスクキー)・・・・・・・・
25
#キー(シャープキー)・・・・・・・・・・
25
1 キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24, 45
5 キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24, 131-132
9 キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24, 84-92
0 キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
25, 103
AMR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
67, 159
DAISY 図書・・・・・・・・・・・・・・・・
31, 58, 159
DC 入力端子・・・・・・・・・・・・・・・
27
MP3・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
67, 160
PCM・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
67, 160
SD カード・・・・・・・・・・・・・・・・・ 28, 46-49
SD カード内容全消去(フォーマット)・・・・
USB・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
136-137
27, 52
<あ行>
空き容量・・・・・・・・・・・・・・・・・
135
アルバム・・・・・・・・・・・・・・・・・
67
アルバム移動・・・・・・・・・・・・・・
184
68, 70
アンドゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・
71
移動キー・・・・・・・・・・・・・・・・・
22
上キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23
お休みタイマー・・・・・・・・・・・・・・
93
音質(トーン)・・・・・・・・・・・・・・
45
音質と録音時間・・・・・・・・・・・・・・
115
音声ガイド・・・・・・・・・・・・・・・・
44, 45, 118, 146
音声しおり・・・・・・・・・・・・・・・・
94, 96-101
音声ファイル・・・・・・・・・・・・・・・
67-70
音量
音量スイッチ・・・・・・・・・・・・・・
29
再生音量の調整・・・・・・・・・・・・・
44
録音音量の調整・・・・・・・・・・・・・
110, 111
<か行>
ガイド音量・・・・・・・・・・・・・・・・
44, 146
外部音声入力端子・・・・・・・・・・・・・
26, 119
キー説明・・・・・・・・・・・・・・・・・
102
キーロック・・・・・・・・・・・・・・・・
29, 102
グループ・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
グループ移動・・・・・・・・・・・・・・
61
<さ行>
再生音量の調整・・・・・・・・・・・・・・
44
再生/停止・・・・・・・・・・・・・・・・
56
再生/停止キー・・・・・・・・・・・・・
22
再生設定・・・・・・・・・・・・・・・・・
133-134
最後に移動・・・・・・・・・・・・・・・・
66
しおり・・・・・・・・・・・・・・・・・・
22, 94-101
しおりに移動する・・・・・・・・・・・・
98
しおりを削除する・・・・・・・・・・・・
99-100
しおりを付ける・・・・・・・・・・・・・
95
下キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
23
自動音量調整・・・・・・・・・・・・・・・
110
自動電源 OFF・・・・・・・・・・・・・・・
43
185
情報キー(5キー)・・・・・・・・・・・・
24, 131-132
スピード(再生スピード)・・・・・・・・・
45
セクション・・・・・・・・・・・・・・・・
58
セクション削除・・・・・・・・・・・・・
130
設定の初期化・・・・・・・・・・・・・・・
143-144
先頭に移動・・・・・・・・・・・・・・・・
65
外付けマイク・・・・・・・・・・・・・・・
26, 119-121
<た行>
タイトル
タイトル移動・・・・・・・・・・・・・・
50-51
タイトルキー・・・・・・・・・・・・・・
21, 50
タイトルの作成・・・・・・・・・・・・・
138
タイトルの削除・・・・・・・・・・・・・
139
録音準備中のタイトル作成・・・・・・・・
75
ダイレクト移動
アルバムにダイレクト移動・・・・・・・・
70
先頭・最後にダイレクト移動・・・・・・・
65-66
テキストファイル内のダイレクト移動・・・
109
トラックにダイレクト移動・・・・・・・・
69
ページにダイレクト移動・・・・・・・・・
63
見出しにダイレクト移動・・・・・・・・・
64
メモ録にダイレクト移動・・・・・・・・・
78
追加録音・・・・・・・・・・・・・・・・・
74
テキストファイル・・・・・・・・・・・・・
107
テキストファイル内の移動・・・・・・・・
186
108-109
テキスト読み上げ音声の選択・・・・・・・・
147
テキスト読み上げの設定・・・・・・・・・・
151
テンキー・・・・・・・・・・・・・・・・・
24-25
電源アダプター・・・・・・・・・・・・・・・ 38
電源キー・・・・・・・・・・・・・・・・・
20, 41, 43
トーン(音質)・・・・・・・・・・・・・・・
45
時計設定・・・・・・・・・・・・・・・・・
149-150
トラック・・・・・・・・・・・・・・・・・
67
トラック移動・・・・・・・・・・・・・・
68-69
<な行>
日時の確認・・・・・・・・・・・・・・・・
132
<は行>
パソコンと接続・・・・・・・・・・・・・・
104-106
バックアップ・・・・・・・・・・・・・・・
82-92
バッテリー・・・・・・・・・・・・・・・・
33-40
早送り・巻き戻し・・・・・・・・・・・・・
57
左キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24
ビルドブック・・・・・・・・・・・・・・・
142
フォーマット(カード内容全消去)・・・・・
136-137
フォルダ選択・・・・・・・・・・・・・・・
157
フレーズ・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
フレーズ移動・・・・・・・・・・・・・・
62
プレクストークの情報・・・・・・・・・・・
145
ページ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
ページ移動・・・・・・・・・・・・・・・
62, 63
ヘッドホン出力端子・・・・・・・・・・・・
26
ヘルプ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
103
編集準備・・・・・・・・・・・・・・・・・
140-141
<ま行>
待ち受け音の選択・・・・・・・・・・・・・
148
右キー・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24
187
見出し・・・・・・・・・・・・・・・・・・
58
見出しに移動・・・・・・・・・・・・・・
60, 64
見出しを付ける・・・・・・・・・・・・・
126-128
見出しを取り消す・・・・・・・・・・・・
129
メディア・・・・・・・・・・・・・・・・・
53
メディア・タイトル情報・・・・・・・・・・
135
メニューキー・・・・・・・・・・・・・・・
20
メニュー階層一覧・・・・・・・・・・・・・
152-154
メモ録・・・・・・・・・・・・・・・・・・
76-80
<ら行>
ラインイン・・・・・・・・・・・・・・・・
26, 119, 122-125
リドゥ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
71
レベル・・・・・・・・・・・・・・・・・・
58-60
録音
188
録音音質・・・・・・・・・・・・・・・・
113-116
録音音量・・・・・・・・・・・・・・・・
110-112
録音可能時間・・・・・・・・・・・・・・
115
録音キー・・・・・・・・・・・・・・・・
20
録音設定・・・・・・・・・・・・・・・・
113-118
録音中音量確認・・・・・・・・・・・・・
112
録音中の音声ガイド・・・・・・・・・・・
118
録音の方法・・・・・・・・・・・・・・・
72-75
録音モード・・・・・・・・・・・・・・・
113-114, 116
録音モニタ・・・・・・・・・・・・・・・
117
メモ欄
189
お問い合わせ先
〒386−0012
長野県上田市中央6−15−26
プレクストークお問い合わせ窓口
電話
0570−064177
なお、IP 電話、光電話をご利用の方は0268−21−7614に御連絡く
ださい。
月∼金
9:30∼12:00
13:00∼17:00
土・日・祝祭日は休業
FAXやE―mailは、常時受け付けております。
FAX:0268−21−7611
E―mail:[email protected]
ホームページ:http://www.plextalk.com/jp/
2009/5
190
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement