東京計器レールテクノ製品

東京計器レールテクノ製品
◆ 外形図
● 車上子 ; FE-3 高速対応型
質量 約 16kg
305
FE-1 標準型 質量 約 10kg
● 取付位置(参考図)
80
150
(70)
165
159
60
ケーブル
車上子
FE-1 : 150~260
FE-3 : 200~350
地上子
240
336
まくら木
: 標準軌
: 狭軌
285±5
320±5
□240
● 手元操作器
□300
360
390
DD地上子:DD-3(高速対応型)
質量 約 430g
94
94
DD車上子:FE-1
超音波レール探傷車の位置情報へ適用
アンテナ 切 換 スイッチ
● 地上子
DD-3 高速対応型
39
データ・デポシステムの主な用途例
位置管理情報/地点情報
TOKIMEC
DD-1 標準型
HRW-3
質量 約 230g
184
書込
機能
7
読出
8
電 源 スイッチ
9
OFF
φ130
13 0
画面
メニ ュー
ON
質量 約 450g
外 部 アンテナ 接 続 用 コネクタ
94
↓製造中止品
取消
4
5
6
1
2
3
決定
1
2
1
1
23 4 5
9
安全・禁止・警報情報
0
1
10
9 2
67
8
紐 か け 用 フック
200
12
軌道検測車,電気検測車,レール探傷車,動揺試験車などへ「キロ程データ」を車両に非接
触で情報伝達します。キロ程は、○○○km○○○mなどの数値データで記憶します。
キロ程と共に橋,トンネル,踏切,曲線開始・終了地点,分岐,駅などの地点情報を記憶で
きますので、例えば、振り子車両の姿勢制御情報としても適用しています。
12
マルタイ車への用途;信号装置や信号ケーブルなどの「突き固め禁止までの距離や区間の長
さ、また支障物の種類など」をマルタイ車両に情報伝達します。
● 信号処理装置 質量 約 15kg
480
460
自動制御情報
450
100
150
除雪車への用途;駅,踏切,トンネルなどの障害となる構造物に対して、
「除雪翼を自動的
に閉じる操作など」を行うための情報を伝達します。除雪作業の禁止区間の開始地点,終了
地点,予告地点に、障害物種類,禁止の内容などを記憶したDD地上子を設置します。
DDP-3
入出庫管理情報
「車両の識別データ」を記憶したDD地上子を車両側に取り付け、車両基地などの出入口に
設置したDD車上子で読み取ることにより、リアルタイムで車両の入出庫を管理することが
できます。
ご注意
製品の仕様およびデザインは、改良等のため予告なく変更する場合があります。
http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
本社
〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46
電話 (03) 3732-7061
札幌事務所
〒003-0802 札幌市白石区菊水二条 2-2-12 藤井ビル菊水 4 電話 (011) 816-6291
名古屋事務所
〒460-0003 名古屋市中区錦1-20-19 (名神ビル)
電話 (052) 232-8511
大阪事務所
〒532-0004 大阪市淀川区西宮原1-7-26
電話 (06) 6150-6604
平 成 20 年 10 月社名 変更、他 にて改 定 Cat.No.CRPT-08-359
DD 車上子
マルチプルタイタンパへの適用
除雪車への適用
データ・デポシステムの特徴
◆ 仕様
・地上子(データ・デポ)は無電地です。従って、電池交換のようなメンテナンスは不要です。
・地上子は、車上子から非接触で供給される電力で動作し、記憶された各種情報を車上子に伝
達します。多くの優れた特徴をもつ「非接触高速通信システム」です。
・地上子~車上子間の通信は、スペクトラム拡散(SS)通信方式を使用していますので、高速、
且つ信頼性の高いデータ授受が可能です。
・電波法に抵触しません。また、ATS などの既設設備との相互干渉はありません。
・地上子は、雨水,雪,泥,油,バラストなどが堆積しても、情報伝達に影響を受けません。
・地上子の記憶できるキロ程情報は、最大999km999m(最小単位1m)の数値データ
の距離情報ですので、反射板方式のような読み飛ばしによる支障は発生しません。
● 地上子(データ・デポ)
項
目
地上子・性能諸元
DD-1 ( FE-1 と組み合わせ )
DD-3 ( FE-3 と組み合わせ )
正対距離:max.260 mm
正対距離:max.350 mm
交信距離(取付誤差を含む) 左右距離:± 50 mm
左右距離:± 50 mm
上下偏位:± 25 mm
上下偏位:± 25 mm
上記の交信距離において
上記の交信距離において
対応速度と交信する情報量
50 km/h にて、46 bit
130 km/h にて、46 bit
電源
無電地
記憶容量
1024 bit
読み出し回数
無限
書き込み回数
10,000
寿命
屋外設置後、7 年以上
動作温度
–20°C ~ +60°C ( 保存温度 : –40°C ~ +70°C )
耐振性
147 m/s² ( 加速度全幅幅 ) JIS E3014 3 種準拠
耐水性
IP67 IEC 529 準拠
記憶情報:地上子×1個に記憶する書式には、以下の2種類があります。
キロ程管理用書式
地点情報用書式
<キロ程 A>
<キロ程 A>
-40k000m~999k999m (単位:1m)
-40k000m~999k999m (単位:1m)
<キロ程 B>
<地点情報>
-40k000m~999k999m (単位:1m)
線
名:31種類から1つ選択
※キロ程 Aとの差は、最大4k000mです。
線路種別:15種類から1つ選択
構 造 物:15種類から1つ選択
DD 車上子
DD 地上子 : DD-1(標準型)
(マルチプルタイタンパへの適用)
◆ 機器構成
1
2
3
4
品
名
地上子 ( データ・デポ )
信号処理装置
車上子
手元操作器 (オプション)
データ・デポシステムの基本構造図
項
↓製造中止品
目
周波数と変調方式
標 準 型
高速対応型
DD-1
DD-3
DDP-3
DDP-33
FE-1
FE-3
HRW-3
手元操作器は、
地上子に記
憶情報(キロ程など)を書
き込む、あるいは、読み取
る電池駆動型の携帯端末
装置です。
◆ データ・デポシステムの読み取り性能
移動速度
読み取りデータ量
(km/h)
(bit)※
50
128
100
54
150
28
200
18
250
10
300
6
350
2
地上子と車上子の上下間隔は
350mm
● 車上子
動作温度
耐振性
耐水性
電源
● 信号処理装置
項
目
左記のデータは、下記の報告書によります。
尚、使用機器は DD-3 および FE-3 です。
データ・デポシステムの特性評価試験
平成6年9月
財団法人 鉄道総合技術研究所
※各速度において100回の測定での最少値
型
式
電源および消費電力
車上子
地上子
動作温度
動作湿度
● 手元操作器
項
目
交信距離
表示
外部入出力
車上子・性能諸元
FE-1
FE-3
車上子 → 地上子 ; 485 kHz/194 kHz FSK
地上子 → 車上子 ; 0~2 MHz DSSS方式
※電波法施行規則第四十四条第1項に適合
–20°C ~ +60°C ( 保存温度 : –40°C ~ +70°C )
196 m/s² ( 加速度全振幅 )
19.6 m/s² ( 加速度全振幅 )
JIS E3014 5 種準拠
JIS E3014 2 種準拠
※金具部変更により98 m/s² まで可能
IP65 IEC 529 準拠
信号処理装置より供給
信号処理装置・性能諸元
DDP-3
DDP-33
AC 100V ± 10% 100VA
AC 100V ± 10% 200VA
FE-1
FE-3
DD-1 および DD-3
–10°C ~ +50°C ( 保存温度 : –40°C ~ +70°C )
80 % RH (結露なきこと)
手元操作器・性能諸元
地上子と密着(読み書きとも)
LCD(英、数、カナ)
数字、ファンクションキー
頭部横裂測定器
Transverse Fissure Measuring Device
FG-50EA
頭 部 横 裂 測 定 器 は、レール頭 部 のシェリング傷 の下 に発 生 する横 裂 傷 の深 さを、
超 音 波 で測 定 する装 置 です。
本 測 定 器 にポータブル超 音 波 探 傷 器 ”ソノチェッカー SM-3R”(別 売 )を接 続 して
測 定 します。
新 機 能
E
頭部横裂の深さを
スコープ表示!!
1 ) 測 定 器 を レ ー ル 長 手 方 向 に 移 動 さ せ る と 、エ コ ー 高 さ の 推 移 が
グラフ表 示 されます。
2) 健 全 部 と横 裂 部 のエコー高 さが連 続 したデータで残 り、探 触 子
の深 さが画 面 内 に表 示 されるので、測 定 データの客 観 的 な信 頼
度 が高 まりました。
特
長
ソ ノ チェ ッ カー S M - 3R 画 面 例
FG-50E の使いやすさはそのままに!!
1 ) 傷 の 形 状 や 凹 凸 に 影 響 を 受 けな い 透 過 法 測 定 。
2 ) 測 定 時 に レ ー ル 頭 部 の 摩 耗 に よ る 形 状 変 化 の 影 響 を 受 けな い 特 殊 探 触 子 を 採 用 。
3) 小 型 ・軽 量 で、現 場 への持 ち運 びが容 易 。
CRPT-10-435-A2
測定概要
右 図 のようにレール側 面 より超 音 波 を入 射 させると、
横 裂 部 分 に あ た っ た 超 音 波 は 行 く 手 を 妨 げら れ ま す 。
横 裂 以 外 の部 分 の超 音 波 は、受 信 側 の探 触 子 に受 信
さ れ ま す 。 横 裂 の な いレ ー ル の 受 信 信 号 と 、 横 裂 の あ る
レ ー ル の 受 信 信 号 の エコ ー 高 さ ( 超 音 波 の 強 さ ) の 違 い
か ら 、 横 裂 の 深 さ を 測 定 し て いま す 。
横横裂
頭部
裂
受信探触子
送信探触子
超音波ビーム
回転シュー型斜角探触子の測定方法
(a ) 通 常 の 斜 角 探 触 子 の 場 合
(b ) 回 転 シ ュ ー 型 斜 角 探 触 子 の 場 合
回転シュー型斜角探触子
の接触面の傾き
横横裂裂
探 触子
子
受 信受探信 触
送信探触子
送信探触子
送信探触子
レール頭部の摩耗した側面に
通常の探触子を使用すると、
受信探触子とは異なる方向に
超音波が伝搬するために、正
しい探傷ができません。
仕
受信探触子
この探触子は、シューの接触
面に回転構造を採用し、対象
の傾きにかかわらず常に水平
に超音波が伝搬するので、正
しい探傷が可能です。
様
1
探傷方法
2
使用探触子
3
4
5
6
7
8
傷深さの測定範囲
傷深さの測定精度
レール幅
接触媒質
質量
外形寸法
超音波パルス透過法
回 転 シ ュ ー 型 斜 角 探 触 子 ×2 個
周波数:2MHz
15mm∼30mm
±2 m m
65mm
グリセリン、グリセリンペースト、マシン油、水
約 2 .6 kg
W 1 6 5 xL 3 2 1 xH 1 6 8 m m
標準構成機器
・頭部横裂測定器:FG-50EA
1台
・ 回転シュー型斜角探触子:2Z9X9A45-K320
2個
※ FG-50EA は 、 ポ ー タ ブ ル 超 音 波 探 傷 器 ”
ソ ノ チ ェ ッ カ ー SM-3R”
(別 売 )と 接 続 し て 探 傷 し ま す 。
製 品 の仕 様 およびデザインは改 良 などのため、予 告 なく変 更 する場 合 があります。
安 全 に関 するご注 意 :ご使 用 の際 は、取 扱 説 明 書 をよくお読 みの上 、正 しくご使 用 下 さい。
http://www.tok yo-keiki.co.jp/rail/
本 社 ・営 業 部
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒 14 4 -0 03 5
〒 00 3 -0 80 2
〒 46 0 -0 00 3
〒 53 2 -0 00 4
東 京 都 大 田 区 南 蒲 田 2-16-46
TEL
札 幌 市 白 石 区 菊 水 二 条 2 - 2 - 12 藤 井 ヒ ゙ ル 菊 水 Ⅳ T E L
名 古 屋 市 中 区 錦 1-20-19 名 神 ビル
TEL
大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-7-26
TEL
0 3- 37 32 - 70 61
0 11 -8 16 - 62 91
0 52 -2 32 - 85 12
0 6- 61 50 - 66 04
CRPT-10-435-A2
頭 部 横 裂 測 定 器 “ FG-50H ” は 、 普 通
レール及 びトングレール頭 部 のシ ェリ ング
傷 下 側 に発 生 する横 裂 傷 の深 さを、超
音 波 を用 いて測 定 する装 置 です。
測 定 は、本 測 定 器 にポータブル超 音
波 探 傷 器 ソノチェッカー (別 売 )を、接 続
して行 います。
■ 特 徴
□分 岐 器 内 のトングレールの横 裂 傷 の深 さが 検 出 可 能 です。
□小 型 ・軽 量 ですので、現 場 への持 ち運 びが 容 易 です。
□特 殊 探 触 子 (特 許 出 願 )により、レール頭 部 の摩 耗 による形 状 変 化 の影 響 がありません。
□透 過 法 測 定 ですので、傷 の形 状 や傷 の反 射 面 の向 きや凹 凸 に影 響 を受 けません。
■ 仕 様
1
探傷方法
2
使用探触子
3
傷 深 さの測 定 範 囲
4
5
傷 深 さの測 定 精 度
レール幅 の測 定 範 囲
超 音 波 パルス透 過 法
回 転 シュー型 斜 角 探 触 子 ×2個
周 波 数 :2MHz
普 通 レール:10mm∼30mm
トングレール:5mm∼30mm
±2mm
20mm∼65mm
■ 測定概要
下 図 のようにレール側 面 より超 音 波 を入 射
させると、横 裂 部 分 にあたった超 音 波 は行 く
手 を妨 げられます 。
横 裂 以 外 の部 分 の超 音 波 は、受 信 側 の探
触 子 に受 信 されます。横 裂 のないレールの
受 信 信 号 と、横 裂 のあるレールの受 信 信 号
のエコー高 さ(超 音 波 の強 さ)の違 いから、
横 裂 の深 さを測 定 しています 。
送信側
探触子
横裂
受信側
探触子
超音波ビーム
お問合せ先
■ 標準構成機器
測 定 器 ・本 体
探 触 子 [2Z9 x 9A45-K320]
ソフトキ ャリングケー ス
1台
2個
1個
本 社 ・ 営 業 部 : 東 京 都 大 田 区 南 蒲 田 2 - 1 6 -4 6
T E L :0 3 -3 73 2 -7 06 1 F A X : 03 -3 7 32 -7 05 0
大 阪 事 務 所 : 大 阪 府 大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1 - 7 - 26
T E L :0 6 -6 15 0 -6 64 0 F A X : 06 -6 1 50 -6 61 0
製品の仕様およびデザインは改良などのため、予告なく変更する場合があります。
< CAT.NO. CRPT-13-296 >
慣性センサ式
可搬型列車動揺測定装置
モーション・ロガー
MLG-1
MLG-1 測定装置本体
解析ソフトウェア グラフ出力例
特 長
●小型・可搬型
超小型マルチ出力慣性センサ(MESAG *1 )を使用した高精度の小型列車動揺測定装置です。
車両の床に置くだけで直ちに列車動揺が測定できます。
本装置以外の信号や機材は不要です。
センサなどを車体に常設しないので、列車,時間帯,車内の測定場所を自由に選べます。
●多彩な測定項目
一般的な上下・左右加速度に加えて前後加速度と、進行方向変化(ヨー)/カント変化(ロール)/勾
配変化(ピッチ)の3軸の角速度も測定できます。
角速度やそれを積分した角度データを、より高品質な軌道管理や乗り心地管理の管理情報として
利用できます。
●キロ程付与機能
キロ程は、付属のGPSにより求めますが、GPSが受信できない場所でのキロ程は、前後加速度を
積分した距離と駅のキロ程から求めることができます。
ピッチング
ローリング
ピッチ角速度
=勾配の変化速度
=ピッチングの速度
ロール角速度
=カントの変化速度
=ローリングの速度
ヨーイング
ヨー角速度
=進行方向の変化速度
=ヨーイングの速度
●解析ソフトウェア
測定データをUSBケーブルでパソコンに取り込み、専用解析ソフトウェアでフィルタ処理し、グラフ
表示やファイル出力ができます。
軌道管理図の線形データを、動揺データと一緒に表示することができます。(オプション)
角速度データ等を利用した各種処理が可能です。(オプション)
線形図 (オプション)
グラフ表示例(表示項目は自由に選択できます)
左右加速度
ロール角速度
上下加速度
ヨー角速度
前後加速度
ピッチ角速度
仕 様
■測定装置
項
■外形寸法
目
仕
様
計測項目
加速度:上下・左右・前後
角速度:ヨー・ロール・ピッチ
測定範囲
加速度(X,Y,Z3軸) ±49m/s 2 (±5G)
角速度(X,Y,Z3軸) ±150deg/s
インタフェース
USB2
測定時間
約6時間(バッテリ満充電の場合)
電源
リチウムイオン電池(12V/2.2Ah 2個)
充電時間約5時間(専用ACアダプタ使用)
外形寸法
W184×D184×H159 mm
質量
約4.0kg
使用温度範囲
0~40℃
■データ解析装置
項
目
仕
様
解析用パソコン
Windows パソコン
OS
Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows 7 Professional
解析ソフトウェア
専用ソフトウェア
解析機能
・キロ程算出,補正機能
・異常箇所判定機能
・グラフ表示機能
・帳票印刷機能
・ファイル出力機能
・その他各種オプション
注:仕様および画面デザインは、改良等のため予告なく変更する場合があります。
*1
:MESAG(Micro Electrostatically Suspended Accelerometer Gyro)は、東京計器㈱が開発した
“マイクロ静電支持加速度計(ジャイロ)”で、登録商標です。
<URL> http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
本社・東京
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒144-8551
〒003-0802
〒460-0003
〒532-0004
東京都大田区南蒲田 2-16-46
TEL 03-3732-7061 FAX 03-3732-7050
札幌市白石区菊水二条 2-2-12 藤井ビル菊水Ⅳ TEL 011-816-6291 FAX 6296
名古屋市中区錦 1-20-19 名神ビル TEL 052-232-8512 FAX 052-232-8510
大阪市淀川区西宮原 1-7-26
TEL 06-6150-6604 FAX 06-6150-6610
CRPT-11-387A1
Portable Expansion Gap Gauge
携 帯 遊 間 測 定 装 置 は 、 簡 単 な 操 作 で レ ー ル 遊 間 部 の 画 像 を 撮 影 し 、 内 蔵 コンピュータ
で画像処理することで、レール遊間量を測定する携帯形の測定装置です。
本 測 定 装 置 は 、当 社 独 自 の“ レ ー ル 遊 間 量 測 定 装 置 E GG -1 シリ ース ゙ ”の 遊 間 量 測 定 技 術 と 、“ 画 像
式 超 音 波 レ ー ル 探 傷 器 PR D- 1 00 シリ ース ゙ ” の 手 押 し 走 行 式 測 定 機 構 で 蓄 積 し た 技 術 の 複 合 に よ り 、
レール遊間量測定作業の効率化を実現した最新の測定装置です。
■ 特
携 帯 遊 間 測 定 装 置 の外 観
徴
1) レ ー ル 遊 間 量 の ほ か に 、 レ ー ル 温 度 と キ ロ 程 (走 行 車 輪
部 に エ ン コ ー ダ を 搭 載 )を 測 定 で き ま す 。
2) 測 定 後 に 、 保 存 し た 画 像 デ ー タ 、 レ ー ル 遊 間 量 、 レ ー ル
温度、キロ程をUSBメモリに出力し、専用解析ソフト
ウェアで解析して、レール遊間量ほかの帳票を作成でき
ます。
CSVファイル出力も可能ですので、管理システム用の
データファイルとして活用できます。
3) 小 型 ・ 軽 量 で す の で 、 現 場 へ の 持 ち 運 び が 容 易 で す 。
4) 軌 道 上 で 難 し い 操 作 は 無 く 、 簡 単 に レ ー ル 遊 間 量 を 測 定
できます。
■ 仕
1
様
レール遊間量の
測定精度
7
レール温度の
測定精度
キロ程の測定精度
走行速度
測定方向
測定データの
記憶容量
連続測定時間
8
環境条件
9
電 源 (バ ッ テ リ ー )
10
外形寸法
質量
2
3
4
5
6
11
理 想 的 な レ ー ル 端 部 の 継 目 で ±1mm
た だ し 10mm 以 上 の 遊 間 で は 測 定 し た
遊 間 量 の ±10%
±2℃ (-20℃∼80℃)
距 離 分 解 能 :10mm
測 定 時 :停 止 、 移 動 時 :5 km/h
進行方向の制約なし
遊 間 画 像 、レール遊 間 量 、他 データの
測 定 結 果 (画 像 データ)を 3200枚
約3時間
周 囲 温 度 :-5 ∼ 4 0 ℃ ( 外 気 温 )
周 囲 湿 度 :8 0 % RH 以 下( 結 露 不 可 )
雨 中 測 定 :原 則 不 可
リ チ ウ ム イ オ ン 電 池 (24V)×2 個
充 電 時 間 :約 10 時 間
L 6 3 0 ×D 2 5 0 ×H 8 7 0 mm
約 1 2 kg
操 作 パネルでの画 像 表 示
ス イッ チ ボ ッ ク ス
■ 測定の概要と機能
操作パネル
1) 遊 間 測 定 部 の 内 部 に あ る LED 光 源 で 照 射 し た
レ ー ル 遊 間 部 を 、 CCD カ メ ラ で 撮 影 し ま す 。
2) 撮 影 し た 画 像 信 号 を 制 御 部 で デ ジ タ ル デ ー タ
に変換した後、レール遊間量を計測します。
3) 内 蔵 し た 放 射 温 度 計 で レ ー ル 温 度 を 非 接 触 で
測定します。
4) 走 行 車 輪 に 取 り 付 け た エ ン コ ー ダ で 、 装 置 の
レール上の移動距離を計測します。
A 矢視
5) 下 記 は 測 定 デ ー タ の 表 示 例 で す 。
バッテリー
ボックス
制御部
案内車輪
遊間測定部
遮 光 ゴム板
スタンド
A 矢視
レール遊 間 量 レール温 度 キロ程
案内車輪
■ 標準構成機器
携 帯 遊 間 測 定 装 置 P E G -1
U S B メ モ リ ( 512MB 以 上 )
ACアダプタ
キャリングケース
専用解析ソフトウェア
■ 消耗品
走行車輪
エン コ ー ダ
1台
2個(測定データの持ち帰り用)
2個(内蔵バッテリーの充電用)
1個(本測定装置の保管、運搬用)
1 式 ( C D ×1 枚 )
■ キャリングケースの仕様
キャリングケース 外 観
品
名
USBメモリ
バッテリー
走行車輪
案内車輪
遮光ゴム板
エンコーダカ ップリン グ
数量
2個
2個
1式
1式
1式
1式
材質
外形寸法
質量
ジュラルミン、他
L930 × D 320 × H 670
約 1 6 kg
製 品 の仕 様 およびデザインは改 良 などのため、予 告 なく変 更 する場 合 があります。
安 全 に関 するご注 意 :ご使 用 の際 は、取 扱 説 明 書 をよくお読 みの上 、正 しくご使 用 下 さい。
本 社 ・営 業 部
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒 14 4 -0 03 5
〒 00 3 -0 80 2
〒 46 0 -0 00 3
〒 53 2 -0 00 4
h ttp: // w w w . toky o- ke i ki. c o. jp/ ra
東 京 都 大 田 区 南 蒲 田 2-16-46
T E L 0 3- 3 73 2- 7 06 1
札 幌 市 白 石 区 菊 水 二 条 2 - 2 - 12 藤 井 ヒ ゙ ル 菊 水 Ⅳ T E L 0 11 - 81 6- 6 29 1
名 古 屋 市 中 区 錦 1-20-19 名 神 ビル
T E L 0 52 - 23 2- 8 51 2
大 阪 市 淀 川 区 西 宮 原 1-7-26
T E L 0 6- 6 15 0- 6 60 4
CAT. No. CRPT-09-170-a1
携帯断面測定器
RP‐55
形状,摩耗量表示画面例
携帯断面測定器[RP-55]は、レール上部の断面形状を非接触,高精度,短時間で測定し
摩耗量も出力します。
レール削正の管理、レール摩耗量管理などレール断面形状を必要とする用途に最適です。
特長
●高精度
●短時間測定
●簡単操作
●非接触式センサ
●小型軽量
●データ解析機能
標準0.3mm,精密モード0.1mm の再現性精度を実現。
標準約5秒,精密モード約30秒で測定終了、装置の脱着を含めても数分。
測定場所のキロ程などを入力したあとは、ボタンひとつで測定。
その場で形状と摩耗量が表示されます。
接触式と違い、計測中は測定器に触れないので測定結果に個人差が出ません。
手で持ち運べます(専用キャリングケース付属)。
データ解析ソフトウェア(オプション)により、摩耗形状の経時変化を見たり
レール形状と車輪踏面形状の重ね合わせができます。
仕 様
測定精度
測定時間
測定方式
レール種別
測定出力
電源
外形寸法
質
量
オプション
標準測定 ±0.3㎜ 精密測定 ±0.1㎜
(校正用基準レールによる同一点繰り返し測定時の再現性)
標準測定 約5秒
精密測定 約30秒
光切断法
40N 50N 50ps 60k
モニタ表示 :形状および摩耗量表示
ファイル出力:①摩耗量数値データ(CSV形式)
②バックアップおよびデータ解析ソフトウェア用(専用フォーマット)
USBメモリに出力
内蔵リチウムイオン充電池
本体 W350×H195(収納時)×D240
本体 約7㎏
データ解析ソフトウェア ,予備バッテリ
仕様およびデザインは改良等のため予告なく変更する場合があります。
ご注意
本装置をご使用の際は事前に取扱説明書を良くお読みの上、正しい方法で測定を行ってください。
<URL>http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
本社・東京
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒144-0035
〒003-0802
〒460-0003
〒532-0004
東京都大田区南蒲田 2-16-46
札幌市白石区菊水二条 2-2-12 藤井ビル菊水Ⅳ
名古屋市中区錦 1-20-19 名神ビル
大阪市淀川区西宮原 1-7-26
TEL
TEL
TEL
TEL
03-3732-7061
011-816-6291
052-232-8512
06-6150-6604
FAX
FAX
FAX
FAX
03-3732-7050
011-816-6296
052-232-8510
06-6150-6610
CRPT-10-040-a3 2012.6
携帯断面測定器 RP-55 用
データ解析ソフトウェア
携帯断面測定器[RP-55]で測定したレール断面形状データを
パソコン上で処理・解析するための専用ソフトウェアです
特長
携帯断面測定器本体[RP-55]と同様の測定計画作成機能、表示,印刷機能に加え、過去の測定
データをデータベースに蓄積して断面形状の時間的な変化を画面表示する重畳表示機能など
のほか、車輪形状をレール断面に重ねて見る車輪合成機能も用意されています。
パソコン上でのレール削正の管理、レール摩耗量管理などの用途に最適です。
機能仕様
機
能
重畳表示
車輪合成
形状印刷
形状表示
測定計画
検査表出力
ファイル出力
仕様・特長
同じ地点の過去の断面形状,摩耗量を最大12個重ねて表示します
時間的な形状変化を見ることができます
車輪形状を画面上で移動させてレールに重ねて見ることができます
接点位置を見るほか、レールと車輪の隙間を測ることができます
標準的な車輪形状のほか、ご注文により特殊形状の車輪データも組込めます
レール断面形状を実寸で印刷します(*1)
同じ場所の左右レールの断面形状と摩耗量を1画面に表示します
予め測定計画データを作成することで、現場での操作を軽減できます
計画した内容を印刷して指示書としても使えます
当日の測定結果だけでなく、線名・線別ごとにまとめた総合帳票も表示、印刷できます
摩耗量などのデータを CSV 形式でファイル出力して、表計算ソフトなどで利用できます
動作環境
OS
データ読込
Windows XP ,Windows Vista , Windows7
RP-55本体の測定データをUSBメモリを介してパソコンに読み込みます
重畳表示画面
車輪合成画面
注記 *1:プリンタ機種によっては実寸にならない場合があります。
仕様および画面デザインは改良等のため予告なく変更する場合があります。
ご注意
本装置をご使用の際は事前に取扱説明書を良くお読みの上、正しい方法で測定を行ってください。
<URL> http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
本社・東京
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒144-0035
〒003-0802
〒460-0003
〒532-0004
東京都大田区南蒲田 2-16-46
札幌市白石区菊水二条 2-2-12 藤井ビル菊水Ⅳ
名古屋市中区錦 1-20-19 名神ビル
大阪市淀川区西宮原 1-7-26
TEL
TEL
TEL
TEL
03-3732-7061
011-816-6291
052-232-8512
06-6150-6604
FAX
FAX
FAX
FAX
03-3732-7050
011-816-6296
052-232-8510
06-6150-6610
CRPT-10-041-a1 2012.6
■ 主な仕様
・探 傷 方 式 … パルス反射法および透過法
・使用探触子 … 垂直(分割)探触子/斜角探触子
0°垂直:シェリング、水平裂用
45°斜角:底部横裂、ボルト穴用
70°斜角:頭部横裂用
・表 示 方 式 … AスコープおよびBスコープ
・画像保存数 … 1,000 枚(ビットマップ形式)
・表 示 器 … 3.5 インチ バックライト付き液晶
・入出力端子
・電
源
・連続測定時間
・充 電 方 式
・使用温度範囲
・外 形 寸 法
・質
量
…
…
…
…
…
…
…
USB、通信(RS232C)
内蔵充電式ニッケル水素バッテリー
約 4 時間
AC アダプタ接続
−5℃∼+40℃
W175×H101×D74 mm
820 g(バッテリー含む)
■ 標準構成品
No.
品
名
型
名
数量
1
超音波探傷器・本体
SM-3R
1台
2
ACアダプタ
−
1個
3
USBケーブル
−
1枚
4
ソフトケース
−
1個
5
キャリングケース
−
1個
6
取扱説明書
−
1冊
備
考
備
考
■ 探触子、関連部品(別売り)
No.
品
1
0°垂直探触子(5MHz)
2
名
型
名
5Z10NDT-1
探触子ケーブル付き
45°斜角探触子(2MHz)
2C10x10A45-G
探触子ケーブル別売り(#4)
3
70°斜角探触子(2MHz)
2C10x10A70-G
探触子ケーブル別売り(#4)
4
探触子ケーブル
SLG-1
斜角探触子用(長さ:1m)
■ オプション部品(別売り)
No.
品
名
型
名
備
1
外部充電式バッテリー
2
動作確認用テストピース
3
ソノルーラ
SR-20R
4
頭部横裂測定器
FG-50/FG-100 シリーズ
ソノルーラ
考
SG-1000
SR-20R
エンコーダスキャン用(走査範囲 200mm)
頭部横裂測定器
FG-50H
(トングレール/普通レール用)
製品の仕様およびデザインは改良などのため、予告なく変更する場合があります。
安全に関するご注意:ご使用の際は、取扱説明書をよくお読みの上、正しくご使用下さい。
<URL> http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
本社・営業部
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
TEL.
TEL.
TEL.
TEL.
03-3732-7061
011-816-6291
052-232-8512
06-6150-6640
FAX. 03-3732-7050 〒144-8551 東京都大田区南蒲田 2-16-46
FAX. 011-816-6296 〒003-0802 札幌市白石区菊水二条 2-2-12 藤井ビル菊水Ⅳ
FAX. 052-232-8510 〒460-0003 名古屋市中区錦 1-20-19 名神ビル
FAX. 06-6150-6610 〒532-0004 大阪市淀川区西宮原 1-7-26
CRPT-12-201-2
SM−3Rは小型軽量、片手で操作や持ち運びができる手のひらサイズ
の鉄道レール専用の非破壊検査機器です。
保線現場において、3種類の探触子を付け替えることで、簡単にレール
内部の見えない傷を探傷することができ、カラー液晶画面によってビジ
ュアルに確認できます。
■ 探触子
0°垂直探触子、45°斜角探触子、
ソノチェッカーは、レール探傷用に開発された小型・軽量ボディ
のポータブル超音波探傷器です。SM−3Rは、永年親しまれた
SM−2Rを改良し、さらに使いやすくしました。
70°斜角探触子を付け換えることで、
様々な傷を探傷することができます。
0°探触子
45°探触子
70°探触子
探傷画像例
シェリング傷
(0°探触子)
頭部横裂
(70°探触子)
ボルト穴
(45°探触子)
底部横裂
(45°探触子)
■ 特長
1.探傷画像のパソコンへの取り込みを簡単に
SM−3Rでは、探傷器とパソコンをUSBケーブルにより直接接続することで、探傷画像を容易に
PCへ取り出すことができます。
また、既存機種(SM−2R)と比較して探傷画像の保存可能枚数が 64→1000 枚へ大幅に増加しま
した。
2.明るい画面で探傷画像を鮮明に
ソノチェッカーは、その機動性の高さから、日中の列車運行の間合いでご使用いただくことも多いた
め、SM−3Rではバックライト付きの反射型液晶を採用し、画面の見やすさが向上しました。
■ 頭部横裂測定器の併用
オプションの頭部横裂測定器 FG-50 シリーズ、FG-100 シリーズとの併用で、レール頭部のシェリング
傷の下にできる横裂傷の深さを測定することができます。
3.一晩の測定に十分な電源設計
送信側
探触子
SM−3Rでは、本体の省電力設計に努めて電力消費の軽減を図っています。また、繰り返し充電可
能な専用ニッケル水素バッテリーを内蔵し、連続測定時間を約4時間に延長しました。
横裂
受信側
探触子
4.専用カバーで耐雨性を向上
天候が現場の作業効率や機器状態に影響しないように、専用カバーで耐雨性が向上しました。
超音波ビーム
頭部横裂測定器
FG-50EA
頭部横裂測定器の原理イメージ
レール側面より超音波を入射させると、横裂部分に当たった超音波は行く手を妨げられますが、横裂
のない部分での超音波は受信側の探触子に受信されます。横裂のないレールの受信信号と、横裂のある
レールの受信信号のエコー高さ(超音波の強さ)の違いから、横裂の有無を確認し、深さを測定してい
ます。
最新機種の FG-50EA は、走査とともにエコー高さの推移がグ
ラフ表示され、健全部と横裂部のエコー高さが連続したデータ
で描画されます。探触子の深さが画面内に表示されるので、測
定データの客観的な信頼度が高まりました。
片手で持てる小型・軽量ボディ
各種 入出力端子
ソノチェッカー SM-3R 画面例
■ 標準構成品
No.
品
名
型
名
数量
1
超音波探傷器・本体
SM-10R
1台
2
二次電池(収納ケース付き)
UI01-LB60
1個
3
ACアダプタ
UIA345-15
1個
4
コンパクトフラッシュメモリー(CF)
−
1枚
5
コンパクトフラッシュメモリー用シール(CF 用シール)
−
5枚
6
取扱説明書/検査成績書
−
1/1 冊
備
考
ULTRASONIC RAIL FLAW DETECTOR
本体に実装
■ オプション部品(別売り)
No.
品
名
型
名
備
1
外部充電器
UI01-CGB1
2
拡張ボックス
SM10R-E1
3
プリンタケーブル
SM10R-WP2M
長さ
2m
4
VGAケーブル
SM10R-WV1M
長さ
1m
5
RS-232C ケーブル
SM10R-WR2M
長さ
2m
6
専用プリンタ
BL-80RⅡ
サーマル式
考
■ 探触子、関連部品(参考/別売り)
No.
品
名
型
1
0°垂直探触子(5MHz)
2
名
備
考
5C20N-G
探触子ケーブル別売り
45°斜角探触子(2MHz)
2C10x10A45-G
探触子ケーブル別売り
3
70°斜角探触子(2MHz)
2C10x10A70-G
探触子ケーブル別売り
4
探触子ケーブル
LG-2
長さ
2m
■ 主な仕様
●表示器
画面サイズ
有効表示領域
画素数
●送信部
出力インピーダンス
繰り返し周波数
●時間軸部
6.4 インチ TFT カラー
掃引遅延範囲
横軸 130.6×縦軸 97.0mm
時間軸直線性
横軸 424×縦軸 315
… … … …
●外形寸法
33∼55Ω
本体質量
10∼2,000Hz
ケース材質
(測定範囲と連動)
●受信部・感度
86db 以上 5MHz
●電源
入力インピーダンス 50Ω(2 探触子法で)
AC アダプタ
受信器中心周波数
1,2,5,10MHz
二次電池
超広帯域 0.4∼14.3MHZ
●周波数分析性能
1∼10MHz 可変
表示範囲
最大 200MHz
●ゲート部
ゲート数:2
ゲートの遅延時間
画面上 0∼フルスケール ●周囲温度
測定範囲 1∼14,500mm(鋼中縦波換算)
-21∼3,000μs(測定範囲 125mm 鋼縦波)
±1%以内
… … … … … … … … …
W270xH170xD98(突起部含まず)
約 3.5kg(二次電池 x1 個含む)
アルミニウム(前面,裏面)
強化プラスチック(二次電池収納部)
AC100V∼240V±10%, 50/60Hz
リチウムイオン電池
駆動時間 約 7h (電池 1 個)バックライト
約 14h(電池 2 個)省電力時
充電時間 約 2.5h(0∼80%)
約 5h (0∼100%)
0∼45℃(動作時)-20∼65℃(保存時)
製品の仕様およびデザインは改良などのため、予告なく変更する場合があります。
安全に関するご注意:ご使用の際は、取扱説明書を
よくお読みの上、正しくご使用下さい。
本社・東京
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒144-8551
〒003-0802
〒460-0003
〒532-0004
<URL> http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
東京都大田区南蒲田2-16-46
TEL.03-3732-7061 FAX.03-3732-7050
札幌市白石区菊水二条2-2-12(藤井ビル菊水Ⅳ) TEL.011-816-6291 FAX.6296
名古屋市中区錦1-20-19(名神ビル) TEL.052-232-8512 FAX.052-232-8510
大阪市淀川区西宮原1-7-26
TEL.06-6150-6604 FAX.06-6150-6610
CRPT-09-164-A2
■ 探触子
ソノチェッカー (SM-1R/2R) や レールテスタ (PRD-100
シリーズ)などの鉄道用超音波探傷器の豊富なノウハウをも
とに鉄道用にカスタマイズしたデジタル超音波探傷器
“SM-10R”を新たに開発しました!!
従来の垂直探触子(0°)や 45°および70°の
斜角探触子が使用可能です。
5 MHz 0°
2 MHz 45°
2 MHz 70°
■ 優れた特徴
● デジタル信号処理による確かな性能と信頼性!
● JIS Z 3060-2002 対応機能の搭載!
→ 対比試験片(RB-41)対応の
エコー高さ区分線を自動作成
■ 実用的な互換性
慣れ親しんだソノルーラ、頭部横裂測定器などの探傷専用冶具に接続可能です。
積み重ねてきた経験を無駄なく発揮できます。
エコー高さ区分線自動作成画面(例) →
● より多くの記録性を実現!
→ 記録専用のコンパクトフラッシュ TM メモリカード(CF)に最大500件を保存可能
● 広い測定範囲!
→ 連続可変範囲は1mm∼14,500mm
● 2点方式の音速測定機能を搭載!
→ 標準試験片(STB)や対比試験片(RB)を使用し、2点の伝搬時間の計測で音速測定可能
● 現場作業性の向上!
→ 本体から二次電池を取り外すことなく、本体使用中に充電可能
→ 二次電池(1個)で約5時間の長時間駆動 二次電池(2個)では約10時間の長時間駆動
● Aスコープ(受信波形)とBスコープ(断面画像)の表示(オプション)が可能!
● 一般的な垂直探傷法や斜角探傷法の他に、レール溶接部の融合不良や垂直傷の検知のための
タンデム探傷法が可能!
● 保存した探傷結果をエクセル(EXCEL)に容易に取り込め、スピーディに報告書を作成!
ソノルーラ SR-20R
■ 多様なインターフェイス
SM-10R の本体上面パネル(下図)には、様々なニーズに対応する多様なインターフェイスの
ために、二つの入出力コネクタを用意しています。
●EXT1コネクタの接続用途
専用の拡張ボックス(オプション)を接続するコネクタです。
この拡張ボックスを介して、
・キーボード ・マウス ・CRTディスプレイ
・RS232Cケーブル 等が使用できます。
●EXT2コネクタの接続用途
・シーケンサ ・スキャナ
← 探傷画像(例)
Bスコープ画像
頭部横裂測定器 FG-50E
本体上面パネル
・アナログ出力信号
・プリンタ
等が接続できます。
入出力コネクタ端子 EXT2
EXT1
送信T
受信R
Aスコープ画像
AスコープとBスコープの
両方を画像表示(オプション) →
■ 主な機能
エコー高さ区分線作成機能
音速測定機能
斜角演算機能
画像取込機能
ピークホールド機能
MAスコープ機能
色選択機能
FFT機能
写真機能
保存・読出機能
表示・印刷機能
特殊な機能※
※特殊な機能:顧客のニーズによる個別の機能を組み込むことができます。
(オプション)
ACアダプタのDCプラグ端子
コンパクトフラッシュ TM メモリカード(CF)用コネクタ
■外形寸法図 SPG-3N(狭軌用)/SPG-3S(標準軌用)
分岐器検査装置
測定時
幅
長さ
高さ
幅
長さ
高さ
測定時の寸法
SPG-3N
SPG-3S
1682mm
2050mm
2226mm
778mm
収納時の寸法
SPG-3N
SPG-3S
1682mm
2050mm
1145mm
507mm
SWITCH PROFILE GAUGE
SPG-3N(狭軌用)/SPG-3S(標準軌用)
幅 (レール直角方向)
長さ (レール長手方向)
高さ (レール頭面より)
収納時
運搬時
本体スライド
方向
1200mm
SPG-3N = 1766mm
SPG-3S = 2134mm
幅 (レール直角方向)
運搬用架台を車の荷台に残したまま
データ収集装置を出し入れできるように、
架台にはスライドアームが付いています。
長さ (レール長手方向)
高さ (レール頭面より)
分岐器検査の機械化と、
保守・管理業務のOA化に威力を発揮します。
■標準構成品
・データ収集装置
・バッテリ
・バッテリ充電器
・メモリカード
・運搬用架台
・シートカバー
・データ解析装置
・光磁気ディスク装置(HDD)
・取扱説明書
…
…
…
…
…
…
…
…
…
1式
2台
2台
2枚
1式
1枚
1台
1式
1部
軌道変位の4項目(軌間・水準・高低・通り)と、
レールの摩耗量(トング・基本・リード・主・クロッシング)を
同時かつスピーディーに測定します。
測定データ記録用
データ収集装置保護用
測定・解析済データ保管用
製品の仕様およびデザインは改良などのため、予告なく変更する場合があります。
安全に関するご注意:ご使用の際は、取扱説明書を
よくお読みの上、正しくご使用下さい。
東京・本社
札幌事務所
名古屋事務所
大阪事務所
〒144-0035
〒003-0802
〒460-0003
〒532-0004
http://www.tokyo-keiki.co.jp/rail/
東京都大田区南蒲田2-16-46
TEL.03-3732-7061 FAX.03-3732-7050
札幌市白石区菊水二条2-2-12(藤井ビル菊水Ⅳ) TEL.011-816-6291 FAX.6296
名古屋市中区錦1-20-19(名神ビル)
TEL.052-232-8512 FAX.052-232-8510
大阪市淀川区西宮原1-7-26
TEL.06-6150-6604 FAX.06-6150-6610
CRPT-12-022
“分岐器検査装置”の歩み
2001 年(平成 13 年)に、“分岐器検査装置 SPG-1N(狭軌用)/SPG-1S(標準軌用)”を発売開始
して以来、東日本旅客鉃道株式会社殿及び、関東の大手私鉄各社殿にも採用され、大好評を得ま
した。
SPG-1 シリーズで培った技術と、分岐器検査の高まるニーズに応えるべく登場したのが SPG-3 シ
リーズです。装置の軽量化、全体的に丸みを帯びたフレームを採用することにより、作業性が大幅
に向上しました。また、ハードウェアの信頼性も向上し、よりスピーディーに正確に測定できるように
なりました。さらに、環境設計により、電源には軽量・静寂・繰り返し充電に強いリチウムイオンバッテ
リを採用し、機器が全体的に扱いやすくなりました。
■装置の概要
“分岐器検査装置”は、レーザースリット
光源と2次元CCDカメラによる「光切断
法」を採用し、分岐器内のレールおよび
クロッシングの摩耗量、バックゲージ、
フランジウェー幅、そして軌道変位4項目
の同時測定を可能にしたシステムです。
データ収集装置
6.上位システムへ
データ受渡. (※オプション)
手押しで走行させて測定します。分岐器内
のレールおよびクロッシングの摩耗量、バック
ゲージ、フランジウェー幅、軌道変位などを
計算するために必要な画像データを収集し、
メモリカードに収録します。
■特
長
・軽量・簡単操作
バンなどにも乗るコンパクトなデータ収集
装置は、2 人の作業員で運搬・組立・取り
降ろしが可能な 61kg (バッテリ除く) を実現。
載線後は、1 人の作業員が軽く押して歩くだ
けでデータが収集できます。
・スピーディーな測定
1 分岐器あたりの測定が 10∼15 分と短く、
さらに分岐器のレール摩耗量と軌道変位が
同時に測定できます。 従来の手作業と比較
して、検査効率が大幅に向上します。
様
測定対象分岐器
測定時間
測定間隔
雨天測定
本体質量
安全装置
電
源
測定結果保存先
自動解析
・4 項目の同時測定
軌道変位 4 項目(軌間・水準・高低・通り)
の測定は、側線などの一般検査でも活用
できます。画像データから摩耗量を目で確認
できるので、トングレール先端のフロー管理
などに有効です。
・高精度測定
メモリカード
収録したメモリカードの画像データを解析
して、レール摩耗量や軌道変位量を計算し、
そ の 結 果 を 表 お よび グ ラ フ で表 示 し ま す 。
また、モニタ上にレール断面画像を表示して、
レールの摩耗状態の確認や摩耗量の計算が
できます。
■仕
5.解析装置で
画像データを解析
4.測定結果を自動で
メモリカードへ書き込み.
データ解析装置
従来の手計測に替わって軌道検査作業を機械化し、測定データのデータベース化
で保守・管理業務のOA化を実現します。
データ解析装置
(パソコン)
1.分岐器情報を入力.
2.データ収集装置に
メモリカードをセット.
データ収集装置
3.データ収集装置で測定.
※1 分岐器 10∼15 分
分岐器種別:片開き、両開き、振分、内方、外方
レール種別:60K レール、50N レール、40N レール
分岐器 1 台あたり約 10∼15 分
分岐器:50∼500mm 間隔
簡易防滴構造
狭軌用 61kg/標準軌用 75kg (バッテリ除く)
簡易ブレーキ装備、絶縁車輪
リチウムイオンバッテリ 2 台 (1 台 2kg)
※連続測定可能時間:約 4 時間、充電時間:約 4.5 時間
メモリカード(PCMCIA タイプ)※データ測定装置からカードへの再出力が可能(3 日分)
分岐器 1 台あたり約 1∼2 分 (軌道変位・摩耗量 同時測定の場合)
一晩の測定にも十分な
バッテリ駆動
測定データを自動解析
著大値判定結果を表示
軽量・小型・長時間測定が
可能なバッテリを搭載すること
により、約 4 時間の連続測定
を可能にしました。電池の残量
は、カバーを閉じたまま確認す
ることができ、安心して測定が
できます。
著大値がある場合は、画面が
黄色くなり計測者に伝えます。
また、著大値だけではなく 2m
弦通り・高低を含む全データを
装置で一覧表示することができ
ます。
■測定項目
従来の手 計測に替わ る均 質で安 定した
検査によって、信頼性の高いデータ収集が
可能になりました。
・保守・管理業務のOA化
測定データを実績データとしてデータベー
ス化できるので、容易なデータ検索と統計的
解析が可能になります。また、恒久的なペー
パーレス化や、測定データの判定・処理を
自動化するシステムも構築できます。
CRPT-12-022
項
目
レール摩耗量:トングレール、基本レール、リードレール、主レール
トングレールと基本レールの接着状態
クロッシング摩耗量:マンガン、圧接、組立クロッシング
バックゲージ
フランジウェー幅:ガード部、クロッシング部
軌道変位量
:軌間
:水準
:高低
:通り
測定精度
± 1 mm
± 1 mm
± 1 mm
± 1 mm
± 1 mm
± 1 mm
± 1 mm
± 2 mm
± 2 mm
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement