AIM7 MT Three

AIM7 MT Three
AIM7 MT
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
取扱説明書
■梱包物の内容
ペイントマスク(透明)
保護カバー
スピーカー本体
TEMPLATE
テンプレート
■部位の名称
高域調整スイッチ(Treble)
グリル
ウーファー
可変バッフル
グリル下敷き
保護カバー
可変ツィーター
ツィーターバッフル
取り付けレバー
低域調整スイッチ(Bass)
フランジ
■お買い上げいただきまして、ありがとうございます。
■この説明書をよくお読みのうえ、工事の専門技術者が施工を行なってください。この説明書は、必ずお客様にお渡し
ください。
■施工の際には本製品のサイズおよび重量を考慮し、必要に応じて取り付け箇所への補強処理などを行なってください。
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
安全にご使用いただくために
ご使用になる前に必ずこの取扱説明書をお読みいただき、正しくお使いいただきますようお願いします。
お読みになったあとは、保証書とともに大切に保管してください。
絵表示について
この「取扱説明書」および製品への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産へ
の損害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と意味はつぎのようになっています。内容をよ
く理解してから本文をお読みください。
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定され
る内容を示しています。
この表示を無視して誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容および
物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。
絵表示の例
記号は注意(警告を含む)を促す内容があることを告げるものです。図の中に具体的な注意内
容(図の場合は感電注意)が描かれています。
記号は禁止の行為であることを告げるものです。図の中や近傍に具体的な禁止内容(図の場
合は分解禁止)が描かれています。
記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。図の中や近傍に具体的な指示内容
(図の場合は電源プラグをコンセントから抜いてください)が描かれています。
■ 故障したままの使用はしない
電源プラグをコンセント
から抜いてください
●万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常状態のまま使用すると、火災・感電の原
因となります。すぐにアンプの電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜いてくだ
さい。煙が出なくなるのを確認して、販売店に修理を依頼してください。
■ 改造しない
分解禁止
●本機を分解、改造しないでください。火災・感電の原因となります。
■ 水のかかるところに置かない
水場での
使用禁止
●風呂場では使用しないでください。火災・感電の原因になります。
●本機は屋内専用に設計されています。ぬらさないようにご注意ください。内部に水が入ると火災
や感電の原因となります。
■ 水の入った容器を置かない
●本機の上に花瓶、植木鉢、
コップ、化粧品、薬品や水などの入った容器を置かないでください。こ
ぼれて中に入った場合、火災・感電の原因となります。
■ 中に物を入れない
●本機の内部に金属類や燃えやすいものなどを差し込んだり落とし込んだりしないでください。火
災・感電の原因となります。
■ 中に水や異物が入ったら
●万一、本機の内部に水や異物が入った場合は、すぐにアンプの電源スイッチを切り、電源プラグを
コンセントから抜いて販売店にご連絡ください。
電源プラグをコンセント
から抜いてください
■ 締めつけについて
●ネジなどによる締めつけは確実に行ってください。緩んだまま使用しますと、事故の原因となり
ます。
■ 天井面の切断について
●天井面を切断する場合は、切断面のカエリ、切りくずなどはきれいに取り除いてください。ケガ・
火災・感電の原因となります。
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
■ 取り付け場所について
●本製品は一般屋内専用です。湿気の多い場所、振動のある場所、腐食性ガスの発生する場所等に
は、使用しないでください。火災・感電・落下の原因となります。
●スピーカーを取り付ける壁面や天井面の強度によっては、補強が必要な場合があります。
■ 取り付け後のご使用にあたって
●取り付け中、
または取り付け完了後に、本体にぶら下がったり、
より掛かったり、むやみに力を加え
たりしないでください。落下・破損の原因となります。
■ 設置上の注意
●移動させる場合は、アンプの電源スイッチを切り、スピーカーコードをはずしてから行ってくださ
い。落下や転倒など思わぬ事故の原因になります。
■スピーカーコードは安全な場所へ
●スピーカーコードの配線された位置によっては、つまずいたり引っかかったりして、落下や転倒な
ど事故の原因となることがあります。
■ 次のような場所に置かない
●調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたるような場所に置かないでください。火災・感電
の原因となることがあります。
●湿気やほこりの多い場所に置かないでください。火災・感電の原因となることがあります。
■ 接続について
●本機を他のオーディオ機器やテレビなどの機器に接続する場合は、それぞれの機器の取扱説明書
をよく読み、
電源スイッチを切り、説明に従って接続してください。
■ 使用上の注意
●電源を入れる前にはアンプの音量(ボリューム)を最小にしてください。過大入力でスピーカー
を破損したり、突然大きな音が出て聴力障害などの原因となることがあります。
●音量を上げすぎないようにご注意ください。耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聴
くと、聴力に悪い影響を与えることがあります。
●長時間音がひずんだ状態で使わないでください。スピーカーなどが発熱し、火災の原因となるこ
とがあります。
●本機に乗ったり、ぶら下がったりしないでください。特にお子様にはご注意ください。倒れたり、
こ
われたりしてけがの原因となることがあります。
●キャッシュカード、
フロッピーディスクなど、磁気を利用した製品を近づけないでください。スピー
カーの磁気の影響で使えなくなったり、
データが消失することがあります。
■ 取り付け場所について
●本製品を天井面に取り付ける際は、充分な強度のある平らな面を選んでください。
●熱器具の近くや直射日光のあたるところには設置しないでください。近くで使用しますと、火災
や事故の原因となることがあります。
音のエチケット/楽しい音楽も、時間と場所によっては気になるものです。隣近所への配慮を十分
にしましょう。特に静かな夜間には窓を閉めたり、ヘッドホンをご使用になるのも一つの方法です。
お互いに心を配り、快い生活環境を守りましょう。
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
スピーカーの配置
図3
鑑賞時に一番良く座る場所をリスニングエリアとしてお考えく
ださい。
視聴位置の中心から各スピーカーヘの距離が、すべて等間隔
であれば理想です。
また、視聴位置の中心からフロントスピーカー(FL、FR)への各
距離が、
フロントスピーカー間の距離と等しく、正三角形を描く
ような配置が理想的といえます。
(図1参照)
まずは天井裏の電線、配管、あるいは他の固定設備などの場所
を考慮しながら、配置場所を決めてください。
グリル
保護カバー
グリル下敷き
グリルの塗
4. グリル下敷きにも塗装する必要がある場合には、
装と同じ手順で行ってください。
5. 各部位の塗料が完全に乾いてから、スピーカーを壁に装着
してください。
図1
スピーカー
B
壁
A
スピーカー
★塗料は原液1、塗料薄め液5の割合で作った塗料を
軽くスプレー塗装することをお勧めします。
取り付け準備
C
A=B=C
実際にスピーカーを設置する前に、あらかじめスピーカーの設
置位置までケーブルを配線しておいてください。
取り付けの際は、以下の指示に慎重に従ってください。
※ スピーカーを壁の中に設置する際には、
ツィーターの位置を
耳の高さ、あるいはそれより少し高めに合わせると、理想的
なサウンドが得られます。
1. 配置位置の決定
「スピーカーの配置」の章に従って、壁のどの位置にスピー
カーを配置するかを決定します。
2. 障害物の特定
スピーカーの塗装
1. スピーカーに塗料を塗りたい場合は設置前等、スピーカー
を壁から外した状態で作業されることをおすすめします。
フランジに塗装する時は、ペイントマスクが付いた状態で行
なってください。
図2
希望するスピーカーの取り付け位置に最も近い間柱を見つ
けてください。便利な間柱検知用具を使用されることをお
勧めします。スピーカーの取り付けを計画している場所に、
間柱や障害物がないことを確かめてください。
3. テンプレートの型取り
ペイントマスク
(透明)
フランジ
2. パンチングメタル仕様のグリルは、そのまま下地として塗料
を塗ることも可能です。その場合はグリルの穴を塞いでし
まわないように細心の注意を払ってください。
グリルからグリル下敷きを外してください。グリルに塗
3. まず、
料を塗った後、塗料が乾いたらグリル下敷きをもとに戻しま
す。
決定されたスピーカーの設置位置に切り出し用テンプレー
トを置いてください。画びょうや粘着テープなどでテンプレ
ートの位置を固定した後、鉛筆などでテンプレートの周りを
型取ります。
図4
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
4. 取り付け穴の切り取り
取り付け予定位置の内側の障害物の有無が分からない場
合は、まず鉛筆で型取ったスペースの中央にドリル等で小
さな穴を開けます。次に石膏ボード用のノコギリを使って、
穴の内側の方向に45度前後の角度で切り込みを入れます。
1
(図5− 参照)
○
この角度で穴を開けると、もし場所を変更する時に、切り出
したカケラを使うことによって石膏ボードの修復がたいへ
ん楽になります。
(45度前後で切り込みを入れておくことで、石膏ボード本
体との接着面積が大きくなります)
設置予定位置に障害物がないことを確認したら、今度は石
膏ボードの表面に対して90度の角度で最終的な穴を開け
2
ていきます。
(図5− 参照)
○
5. 6箇所のネジをしっかりと締めます。
注意:ネジをきつく締めすぎるとバッフルをゆがませたり、
壁面にひびをいかせたり、フランジを変形させるおそれが
あります。
6. 保護カバーをスピーカーバッフルの中にしっかりと押し込
んでください。
図6
1
○
1
図5− ○
石膏ボードの表面図
最初の切り取り
45°前後
2
図5− ○
2度目の切り取り
2
○
90°
5. 防音材の施工
次に防音材を施します。天井の取り付け場所がまだ防音さ
れていない場合は、適量の防音材でスピーカーの後ろ側を
軽く覆ってください。使用する防音材がホイルや紙でカバ
ーしてある場合は、それらをスピーカーから離しておいてく
ださい。
スピーカーの設置
独自の取り付けレバーにより、以下の手順を行うだけですばや
い取り付けが可能になります。
1. まず、スピーカーについているペイントマスクを取り外して
ください。
−と−に
2. 次にスピーカーケーブルを取り付けます(+と+、
なるように、アンプに正しい極を合わせてください)。必ず、
アンプの左チャンネルは左のスピーカーと接続し、右チャン
ネルは右のスピーカーと接続するようにしてください。
3. スピーカーを壁に開けた穴の中に入れます。取り付けレバ
ーを内側に曲げてじゃまにならないようにしてください。
4. フランジが壁面にぴったりと合うように、バッフル前面の6
つのネジを順番に締めます。ネジを締めていくにつれて、取
り付けレバーが自動的に外側の位置にはじき出され、
レバ
ーとフランジの間の石膏ボードを固定していきます。
(図6
参照)
3
○
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
図10
スピーカーの調整
AIM7 MT THREEは独自の可変バッフル、可変ツィーター
を調節することにより、幅広いエリアに対して最適なリスニ
ングポジションを設定いただけます。
●可変バッフルのチルト角度調整
バッフルはチルトさせることができます。サウンド全体の強
度をもう少し上げたい場合は、バッフルをリスニングエリア
の方向に向けてください。逆にサウンドの強度を少し抑えた
い場合は、バッフルをそこから離れた方向に向けてください。
図7
周波数特性の調整
ウーファー部とツィーター部の出力は、環境に合わせて調整で
きます。
使われていく中で、必要に応じてリスナーの好みに調整してく
ださい。
(図11参照)
●ツィーターの調整
※好みの方向にバッフルを向けるには、両手でバッフルの両
サイドを押し込むようにしてください。
図8
高域調整スイッチ(Treb
l
e)を切り換えれば、−3dB、+3dB
の2段階で高域の音量レベルが調整できます。
お好みに合わせて調整してください。
●ウーファーの調整
低域調整スイッチ(Bass)を切り換えれば、−3dB、+3dB
の2段階で低域の音量レベルが調整できます。
お好みに合わせて調整してください。
図11
高域調整スイッチ(Treble)
AIM7 MT Three
●可変ツィーターの角度調整
ツィーターは全方向に首振りさせることができます。高音部
の強度をもう少し上げたい場合は、ツィーターをリスニング
エリアの方向に向けてください。逆に高音部を少し抑えたい
場合には、
ツィーターをそこから離れた方向に向けてください。
(図9参照)
また、
リアスピーカーとしてご使用の場合は、近くの壁にツィ
ーターを向けることで壁からの反射作用を有効に活用でき
ることもあります。
Treble
Bass
低域調整スイッチ(Bass)
※ウーファーとツィーターの調整は、保護カバーを外した状態
で行なってください。
図9
30°
ご注意
高域調整スイッチ、低域調整スイッチを切り換えるときは、
+側
か−側に確実に切り換えてください。中央の位置ですと音が出
ない場合があります。
※金属ドーム型ツィーターは、傷がつく恐れがありますので、
直接触らないようにしてください。 お好みの方向にツィー
ターを向けるためには、ツィーターバッフルを軽く押して
ください。
(図10参照)
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
■
AIM7 MT THREE LEFT/AIM7 MT THREE RIGHT
仕様
ツィ−ター
2.5cmアルミニウムドーム型
ウーファー
17.5cmアルミニウムコーン型
再生インピーダンス
6Ω
入力感度
91dB(1W/1m)
周波数特性
40Hz ∼ 20kHz ±3dB
許容入力
5 ∼125W
外形寸法
25.0W×36.9H×10.8D cm
カットアウト寸法
21.0W×33.0H cm
質 量
2.3kg
※製品の特徴や仕様が予告なく変更されることがあります。
社製品ご相談・修理窓口のご案内
オンキヨー株式会社 コールセンター
0570 - 3161-9555 受付時間 9:30∼17:30
(土、日、祝日、弊社の定める休業日を除きます)
取扱説明書/実測図
外形寸法:幅25.0
×高さ36.9×奥行き1
0.8cm
カットアウト寸法:幅21.0×高さ33.0cm
重量:2.3kg
369
318
34
24
50
1
52
250
200
1
27
1
82
1
27
1
0
5
24
1
8
6
1
4
5
323
369
250
205
1
3
108
102
1
0
28
1
8
5~34
1
4
323
輸入販売元
本社/大阪府寝屋川市日新町2−1 〒572-8540
SN 29344316A
G0710-2
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement