取扱説明書(PDF)

取扱説明書(PDF)
取扱説明書
機
種
名: TMD-200 /400
目
次
使用上のご注意............................................................................................................................................... 1
機能概要 .............................................................................................................................................. 2
【1】
1.1.
1.2.
1.3.
1.4.
1.5.
1.6.
1.7.
1.8.
運転/停止について ............................................................................................................................ 2
運転状態のモニター ............................................................................................................................. 2
ディレータイマー機能............................................................................................................................ 2
ソフトスタート・ストップ機能..................................................................................................................... 2
動作条件の切り替え機能 ...................................................................................................................... 2
運転状態の表示 ................................................................................................................................... 2
フィードバック運転................................................................................................................................. 2
リモート運転.......................................................................................................................................... 2
仕様 ..................................................................................................................................................... 3
【2】
2.1.
2.2.
おもな仕様 ........................................................................................................................................... 3
制御入出力仕様 ................................................................................................................................... 3
各部の名称と説明 ................................................................................................................................. 4
【3】
3.1.
3.2.
外観図 ................................................................................................................................................. 4
名称と機能の説明................................................................................................................................. 5
フロントパネル.............................................................................................................................................. 5
【4】
4.1.
4.2.
4.3.
4.4.
4.5.
4.6.
4.7.
【5】
5.1.
5.2.
5.3.
5.4.
操作方法 .............................................................................................................................................. 6
モードの構成 ........................................................................................................................................ 6
モードの変更 ........................................................................................................................................ 7
パラメータの設定方法 ........................................................................................................................... 8
基本動作.............................................................................................................................................. 9
チャンネル指定による動作 .................................................................................................................. 11
その他................................................................................................................................................ 13
フィードバック運転............................................................................................................................... 14
リモート運転 ........................................................................................................................................ 16
通信ケーブルの接続........................................................................................................................... 16
スレーブモードの設定 ......................................................................................................................... 17
スレーブモードの解除 ......................................................................................................................... 18
スレーブモード時のコントローラの操作ボタン ........................................................................................ 18
【6】
パラメータ分類表................................................................................................................................. 19
【7】
アラーム表示分類表 ............................................................................................................................ 20
【8】
主要寸法と取付参考寸法..................................................................................................................... 21
【9】
基盤上の接続端子とスイッチ操作 ......................................................................................................... 22
【10】
TMD-200R/400RとPLCとの接続..................................................................................................... 23
【11】
ホッパー THBとの接続 ................................................................................................................... 24
【12】
ホッパー THP,THL との接続 ......................................................................................................... 25
【13】
停止信号設定組み合わせ動作一覧表............................................................................................... 26
【14】
コネクタ接続位置 ............................................................................................................................. 27
http://www.taimeiseiki.co.jp/
使用上のご注意
ご使用(据付、運転、保守、点検等)の前に、必ずこの取扱説明書とその他の付属書をすべて熟読し、機器の知識、
安全の情報、注意事項のすべてについて習熟してからご使用下さい。
この取扱説明書では、安全注意事項のランクを「危険」「注意」として区分してあります。
△危険
取扱いを誤った場合に、危険な状態が起こり得て、死亡又は重症を受ける可能性が想定
される場合。
△注意
取扱いを誤った場合に、危険な状態が起こり得て、死亡又は重症を受ける可能性が想定
される場合。
!
!
△危険
!
全 般
○ 活線状態で作業しないで下さい。感電のおそれがあるため、必ず元電源を切って作業して下さい。
配 線
○ 感電や火災のおそれがあるため、電源ケーブル、出力ケーブル等の結線は取扱説明書にそって実施して
下さい。
○ 感電のおそれがあるため、電源ケーブル、出力ケーブル等を無理に曲げたり、引っ張ったり、挟み込んだ
りしないで下さい。
据 付
○ 感電のおそれがあるため、アース用端子又はアース接地指示部を確実に接地して下さい。
○ 高い場所や転倒しやすい台に設置する場合は、条件により落下、転倒のおそれがありますので、落下、転
倒防止の処置をして下さい。
○ 地震等の天災による事故については、責任を持てません。
△注意
!
全 般
○ お客様による製品の改造は、当社の保証範囲外ですので、責任を負いません。
○ 銘盤、シール等を取り外してはいけません。
幹送 運搬
○ 製品の落下によりけがのおそれがあるため、梱包状態でも積み上げて輸送運搬しないで下さい。
保 管
○ 屋外、湿度の高い場所、温度変化の激しい場所に置いてはいけません。
○ 梱包状態でも二段以上積み上げてはいけません。
廃 棄
○ 一般産業廃棄物として処理して下さい。
-1-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【1】 機能概要
1.1. 運転/停止について
運転、停止を パネルと外部信号の両方で行なえます。また、外部停止信号の入力は2系統あり、AND
動作が可能です。
1.2. 運転状態のモニター
運転状態のモニターは、パネルのLEDの他に外部出力があります。
1.3. ディレータイマー機能
外部停止信号のON/OFFそれぞれに、ディレータイムを設定できます。
1.4. ソフトスタート・ストップ機能
振動体の始動・停止の動作がスムーズに行なえます。
1.5. 動作条件の切り替え機能
あらかじめ、運転条件を設定することにより、4パターンの異なる出力電圧や周波数による運転切り替えが
可能です。
1.6. 運転状態の表示
運転中の出力電圧、周波数、異常内容などを7セグLEDで表示します。
1.7. フィードバック運転
オプションのセンサーを接続することにより、振動レベルを安定させたフィードバック運転が可能です。
1.8. リモート運転
RS-485 の通信ポートを備えています。「パーツフィーダコントローラ リモートユニット」(オプション)や PLC、
PC(パソコン)など RS-485 通信が出来る機器と接続することで、TMD コントローラを遠隔制御することが可
能です。
-2-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【2】 仕様
2.1. おもな仕様
TMD―200R
電 源
電源電圧
電源周波数
環 境
使用温・湿度
使用環境
外形・重量
寸 法
重 量
出 力
出力電圧
出力周波数
最大出力電流
駆動方式
制御入力
停止入力
チャンネル
指定入力
制御出力
RUN出力
アラーム出力
通信ポート
プロトコル
ポート形状
TMD―400R
AC100 / 200V
50 / 60Hz
温度 0∼40℃, 湿度 0∼90%(結露のないこと),
腐食性ガス・粉塵のないこと
幅 60×高さ180×奥行き×158
幅90×高さ180×奥行き×158
1.2Kg
1.6Kg
0∼100V / 0∼200V
40.0 ∼ 400.0Hz
2.0A
PWM 駆動
4.0A
端子台・コネクタ 2系統(各入力論理切替可、AND動作可)
フィードバック無し時:1∼3チャンネル
フィードバック有り時:0∼3チャンネル
運転中に信号を出力(論理切替可)
過電流・過温度による停止時に信号を出力
RS-485 無手順
ネジ端子 2端
2.2. 制御入出力仕様
(1) 制御入力回路
(2) 制御出力回路
12V
OUT (+)
I N
COM (-)
COM
-3-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【3】 各部の名称と説明
3.1. 外観図
-4-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
3.2. 名称と機能の説明
フロントパネル
電源スイッチ
電源をON/OFFします。
出力調整ツマミ
出力電圧の設定をします。
電源LED(赤)
電源が入ると点灯します。
RUN LED(緑)
運転中で駆動中は点灯、一時停止中は点滅、停止中は消灯します。
電圧LED(赤)
7セグLEDが電圧値を表示中に点灯します。
<注>1∼3CHの、データ変更可能時には点滅します。
周波数LED(赤)
7セグLEDが駆動周波数を表示中に点灯します。
<注> 1∼3CHの、データ変更可能時には点滅します。
7セグLED
出力電圧、周波数、エラーコード、パラメータデータ、などを表示します。
出力電圧表示
周波数表示
パラメータ表示
エラー表示
チャンネル表示
フィードバック表示
リモート運転
操作スイッチ
【RUN】,【STOP】,【UP】,【DOWN】,【MODE】,【SET】の各スイッチは、表示モ
ード切り替えや各設定値の入力をします。詳細は、「操作方法」(P.6 【4】)を参照してください。
-5-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【4】 操作方法
4.1. モードの構成
運転中のモードはつぎの3種類があります。
(1)動作モード
調整ツマミにより出力が可変する手動運転(CH0)と、あらかじめ設定したデ
ータにより運転する自動運転(CH1∼CH3)をするモードです。自動運転
のCH指定は外部接続のデジスイッチなどで行ないます。
(2) パラメータモード
運転中の動作条件で、以下の9項目を設定するモードです。この項目は、
表示№0、1を除き手動・自動運転とも共通条件です。
表示№
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
設定項目
ONディレータイマー時間
OFFディレータイマー時間
停止1入力の論理切替
停止2入力の論理切替
AND論理切替
フィードバック制御の有無
トリップ電流値
スローアップ時間
スローダウン時間
フィードバックゲイン
センサータイプ切替
ボウル 200V 使用
スレーブアドレス
メーカーコード
通信プロトコル
通信速度
通信データ長
通信ストップビット
通信パリティ
※ 表示 No13以降は、表示 No,12のスレーブアドレスを1以上に設定すると表示されます。
(3) チャンネル設定モード 自動運転(CH1∼CH3)の動作条件を設定するモードです。以下の項目
について、CHごとに設定ができます。
表示№
−
−
0
1
設定項目
出力電圧
周波数 (※注1)
ONディレータイマー時間
OFFディレータイマー時間
<※注1>
周波数が同一の設定の場合は、連続運転が可能ですが、異なる周波数設定の場合は、運転時に一旦
出力が停止し、2秒後に設定の周波数で運転を始めます。
-6-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.2. モードの変更
モード変更の手順はつぎの通りです。
パラメータモード
MODEスイッチ
長 押(2秒)
手動運転
CH0
(CH 指定無し
動作モード
電源投入後
MODEスイッチ
短 押
自動運転
CH1
STOPスイッチ
長 押(2秒)
CH2
CH設定モード
CH3
-7-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.3. パラメータの設定方法
パラメータの設定手順はつぎのとおりです。
(1) パラメータモードへの変更
操作方法は 2.モードの変更を参照。
(2) 設定項目の選択
【UP】スイッチか【DOWN】スイッチを押して設定する項目Noを選択します。
項目 No,
設定値
DOWN
UP
UP
UP
DOWN
DOWN
DOWN
UP
(3) 設定値の書込み
希望の項目Noが表示されたら、【SET】スイッチを押します。 表示の設定値部分がブリンク
(点滅)し、設定値の変更が可能になります。
(設定項目の内容、設定範囲などは 「パラメータ分類表」(P.19 【6】)を参照ください。)
【UP】スイッチか【DOWN】スイッチを押し希望の設定値を表示させ、【SET】スイッチを
押すと設定値の表示がブリンクから点灯に変わり、書込みが完了しました。
SET
UP
SET
ひきつづき他の項目を設定する場合は (2)、(3)を繰り返します。
終了するには、【MODE】スイッチを2秒以上押し、動作モードに戻します。
-8-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.4. 基本動作
(1) 周波数の設定
はじめに、電源、振動体の接続が正常であることを確認します。
つぎに、出力調整ツマミを MIN の位置に合わせ電源スイッチをいれます。
7セグLEDに 0V(電圧)が表示されたことを確認し、出力調整ツマミを12時の位置までゆっく
り回転させます。
このとき7セグLEDは、電源電圧が100Vの場合で50V、200Vの場合で100Vに近い値を表
示します。
(ここまでの操作で、エラー表示などの異常がないことを確認して下さい。エラー表示が出てい
る場合は、電源スイッチを切り、その表示内容に応じ、異常ヶ所を取り除いて下さい。)
MODEスイッチを押し、周波数表示に切り換えます。
MODE
つぎに、振動体の振動状況により 【UP】スイッチか【DOWN】スイッチを押し、出力周波数
を上下し、共振点に合わせます。
このとき、【UP】・【DOWN】スイッチとも、短く押すと周波数は 0.1 Hzごとに、2秒以上押
すと自動的に早送りし、上下します。
早送りを止めるには、もう一度【UP】スイッチか【DOWN】スイッチを押します。
共振点のセットが完了したら、【STOP】スイッチを押し運転を停止してから【SET】スイッ
チを押し周波数を書込みます。
この「書込み操作」を行なわないと周波数が記憶されず、電源の再投入時に前の周波数
にもどります。注意してください。
<注>電圧表示から周波数表示に切り換えたあと、30秒間スイッチ操作が無い場合には自動
的に電圧表示にもどります。
周波数を下げるときには、周波数に反比例し出力電流が増加しますので、特に小型で許容電
流の小さな振動体を接続した場合には、パラメータモードで出力電流を許容値以下に設定する
などの安全対策をし、焼損事故などに注意して下さい。
-9-
http://www.taimeiseiki.co.jp/
(2) 出力電圧の調整
【MODE】スイッチを押し、電圧表示に切り換えます。
MODE
出力調整ツマミをまわし、希望の振動レベルになるように調整します。
運転を停止するには、【STOP】スイッチ を押します。【RUN】LEDが消え出力が停止し
ます。
【RUN】スイッチを押すと、【RUN】LEDが点灯し、運転が始まります。
- 10 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.5. チャンネル指定による動作
チャンネル指定による動作とは、CH1∼CH3の各チャンネルに、あらかじめ設定された動作条件を、外
部からのチャンネル指定スイッチ(デジスイッチなど)の指定により実行する自動運転動作です。
このチャンネル指定動作により、振動体の振動レベルを最大4段階的に可変できます。
振動レベル
CH0
CH1
CH2
CH3
時間
<注>
1. 指定チャンネルがCH1∼CH3のときは、【RUN】・【STOP】スイッチ以外の操作は
できません。
2. チャンネル間で周波数が異なる設定のときは、出力が一旦停止し、2秒後に新たな周波数
で運転を開始します。
(1) チャンネル設定モードへの変更
操作方法は「モードの変更」(P.7 4.2)を参照してください。
(2) チャンネルの選択
条件設定するチャンネルを【UP】スイッチか【DOWN】スイッチで選択します。
DOWN
UP
UP
UP
UP
DOWN
DOWN
DOWN
(3) 選択チャンネルの決定
希望のチャンネルが表示されたら、【SET】スイッチを押し決定します。
(4) 動作モードへの変更
操作方法は「モードの変更」(P.7 4.2)を参照してください。
決定したチャンネルに応じ7セグのドット(点)上位2ケタがブリンクし、現在操作中のチャンネルを表示
します。
CH1
CH2
CH3
このブリンク表示は、チャンネル設定モード以外の表示(周波数・パラメータなど)に変更されても同様
に表示されます。このブリンク表示は、CH0の選択・決定で解除されます。
- 11 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
(5) 動作条件の設定
動作条件のうち、電圧設定のみCH0と設定操作が異なります。
電圧を設定するには、7セグを電圧表示にし、【RUN】スイッチを2秒以上押します。7セグのドット
最下位ケタ がブリンクし、調整ツマミで出力調整が可能となります。
<注> この操作をおこなわないと、調整ツマミでの電圧操作はできません。
電圧調整が完了したら、【STOP】スイッチを押し運転が停止後に【SET】スイッチを押し電圧を
書込みます。書込み完了と同時に、最下位ケタのブリンクは解除します。
(6) その他の動作条件の設定
電圧以外の設定・書込みは 「パラメータの設定方法」(P.8 4.3)、基本動作(P.9 4.4)に準じて設定
します。
<注> パラメータは No.1、No.2 のみ設定ができます。
- 12 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.6. その他
(1)外部入出力コネクタ
外部からの入力および出力のコネクタとの接続は下図のとおりです。
②
①
⑫
⑪
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
CHセレクト1
CHセレクト1
CHセレクト2
CHセレクト2
+12V
STOP
0 V
無 接 続
RUN 出力
RUN 出力
ALM 出力
ALM 出力
+
−
+
−
+
−
+
−
接続コネクタ:MIL コネクタ12Pin
②. ④. ⑦. 番ピンは、内部で接続されていますが、個別に配線して下さい。
⑩. ⑫. 番ピンは、内部で接続されていません。
入出力の仕様は、制御入出力仕様(P.3 2.2)を参照下さい。
(2)通信インターフェース
TMD-/200R/400R には RS-422/485 通信ポートを備えています。その通信ポートによって外部からリモート
運転(P.16)ができます。
- 13 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
4.7. フィードバック運転
オプションの振動センサー(オプション)を使用することにより、電源電圧やワークの増減による負荷変動
の影響を受けずに、常に一定の振動を保つことのできるフィードバック運転( 定振幅運転 )が可能となり
ます。
<注> センサーには、一般用と高感度用の2種類があります。
(1) 振動センサーの取り付け
振動センサーを振動体の振動が伝わりやすい場所にネジで固定します。固定にはスプリングワ
ッシャーを使用するなどしっかり固定し、運転中にネジが緩まないよう注意して下さい。
ネジが緩み、振動センサーに振動体の振動が正確に伝わらないと、フィードバック運転が正常
にできなくなります。
センサーが固定できたら、先端のコネクタをコントローラに接続します。コネクタは、差込んだあと
にカバーを廻し外れないように固定します。
<注>これらの作業は、必ずコントローラの電源を切ってから行って下さい。
電源を入れたまま行なうと、故障の原因となりますので、ご注意願います。
(2) パラメータの設定
「パラメータの設定方法」の手順に従いパラメータの №5 を 1 に設定し、
次にセンサーのタイプにより、パラメータの№10 を 0 または 1 に設定します。
この設定は、センサーの接続がされていないとできません。接続されていても設定ができない場
合は、センサーの接続が不完全ですので確認して下さい。
パラメータを 1 に設定すると、電圧表示の最上位桁に C が点灯しフィードバック運転中である
ことを表示します。
(3) 出力電圧の調整
フィードバック運転で出力電圧を調整するには、「チャンネル指定による動作」(P.11 4.5)の
「動作条件の設定」と同様ににして行ないます。
(4) フィードバックゲインの調整
出力電圧の調整が終了したら、フィードバック運転を最適な条件で動作させるために、ゲイン調
整を行ないます。
ゲイン調整とは、振動センサーの感度を調整することです。パラメータの №9 で最適な感度と
なるように設定値を決めます。
最適な値とは、振動体に外部から負荷の変動を加えたときに、最短の時間で追従するときの値
のことをいいます。一般に、感度を上げると、追従性は良くなりますが、安定性が悪くなります。
逆に、感度を下げると、追従性は悪くなりますが、安定性が良くなります。
最適値に調整するには、振動体に負荷変動を与え、感度を上げていったときに、振動体が脈
動し安定しなくなる直前が最適値となります。
この値は、振動体の種類や使用条件により異なりますので、個別に設定が必要です。
<注> フィードバック運転中に、電圧表示の数値が変化するのは、一定の振動を維持する
のにコントローラが出力を制御しているためで、故障ではありません。
- 14 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
また、出力電圧を最大値付近に設定した場合や、振動体が非常に弱い振動で動作するような
値に設定したときは、フィードバックの効果が得られません。振動体の動作条件を見直して下さ
い。
フィードバック運転中に、振動センサーの故障( 断線など )が発生した場合は、設定電圧に固
定した状態で運転を続け、電圧表示の最上位桁 C の点滅とエラー出力により故障を知らせま
す。
一旦電源が切られ、その後電源を入れたときには E−5 のエラーが表示されます。
この場合、【RUN】スイッチを押すと、フィードバックの無い状態で運転することができます。す
みやかに原因を調査し適切な対処をして下さい。
- 15 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【5】 リモート運転
TMD-200R/400R には RS-485 の通信ポートを備えています。この通信ポートと「パーツフィーダコントロー
ラ リモートユニット」(オプション)を接続することで、TMD コントローラを遠隔制御することが可能です。
また、PLC や PC(パソコン)など RS-485 通信が出来る機器と接続することでも、同様に遠隔制御すること
ができます。
この機能を使った運転を「リモート運転」と呼びます。
制御を行なう側(「パーツフィーダコントローラ リモートユニット」、PLC、PC を「マスタ」側、制御される側の
リモートモード状態の TMD コントローラを「スレーブ」側と呼びます。
マスタ側から遠隔制御するためには、RS-485 通信線の接続と、スレーブモードの設定が必要です。
ここでは、TMD コントローラ側のリモートモードの設定方法などを説明します。
「パーツフィーダコントローラ リモートユニット」については、別紙の「パーツフィーダコントローラ リモート
ユニット 取扱説明書」を参照してください。
RS-485 通信ポートの通信仕様については別紙の「TMD-R シリーズ 通信仕様書」を参照してください。
5.1. 通信ケーブルの接続
TMD コントローラはデイジーチェーン接続によって、最大9台を1台のマスタ機器から制御することが出来
ます。
RS-485 2芯通信ケーブル
リモートユニット
または
PLC
または
PC
スレーブ側
(最大9台接続可能)
マスタ側
- 16 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
TMD コントローラの2端子通信ポートに2線の RS-485 通信線を接続します。
通信ポート
+
端子名称
+
−
−
内容
RS-485 信号線+
RS-485 信号線−
デイジーチェーンでコントローラを複数台接続した場合は、240Ωの終端抵抗を接続してください。
5.2. スレーブモードの設定
スレーブモードにするためにはモードの構成(P.6 4.1)で、表示 No,12 の「スレーブアドレス」を1以上に
設定します。
表示 No 内容
スレーブアドレス
12
13
14
15
16
17
18
設定値
初期値
0:単体動作(通信によるリモート動作は不可)
0
1∼9:スレーブアドレス
メーカーコード
0:固定で使用してください
0
通信プロトコル
1:無手順で使用してください。
1
通信速度
1:9600bps
1
2:19200bps
通信データ長
0:7bit
1
1:8bit
通信ストップビット 0:1bit
0
1:2bit
通信パリティ
0:なし(Non)
1:偶数(Even)
1
2:奇数(Odd)
ホスト側機器からは、このスレーブアドレスによって各コントローラの認識を行ないます。
スレーブアドレスは他のコントローラのスレーブアドレスと重複しないようにしてください。
スレーブアドレスは接続時のデイジーチェーンの接続順序とは関係なく指定できます。
パラメータモードの表示 No,12を1以上に設定すると、表示 No,13∼18の設定が出来るようになりま
す。
パラメータモードの表示 No,15∼18の設定は、ホスト側と通信設定を合わせる必要があります。特に
必要がない場合は、初期値で使用してください。
- 17 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
スレーブアドレスの設定を終了させて、一旦コントローラの電源を OFF にして、再度電源スイッチを ON に
すると7セグ LED が下記の表示(“RE--”)になります。
「スレーブモード」状態
この状態が「スレーブモード」の状態となります。これでホスト側からコントローラの制御が可能です。
「スレーブモード」状態は、電源が再投入されてもこの状態を維持します。(通常状態には戻りません)
「スレーブモード」を解除するにはスレーブモードの解除(P.18 5.3)の方法で解除してください。
5.3. スレーブモードの解除
スレーブモードを解除するには、【STOP】スイッチを長押し(1 秒以上)することでスレーブモードを解除
することができます。
なお、スレーブモードを解除したときにはスレーブアドレス(パラメータモードの表示 No,12)は「0」になりま
す。よって、再度スレーブモードにする場合は、スレーブアドレスの設定と電源の再投入(OFF→ON)が必
要です。
5.4. スレーブモード時のコントローラの操作ボタン
リモート動作に入ると下記の操作スイッチ以外は操作できません。
【MODE】スイッチ
スレーブモード時に7セグLEDは"RE--"を表示していますが、MODE ボタンを押すと現在の出力
電圧と周波数を表示します。
"電圧" → "周波数" → "電圧"
・・・(ループ)
ボタン操作がない状態が一定時間(30 秒)経過すると、"RE--"表示に戻ります。
【STOP】スイッチ
長押し(1 秒以上)でスレーブモードの解除ができます。
- 18 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【6】 パラメータ分類表
№
名
称
0
O Nタイマー
1
設定範囲
初期値
停止入力がOFFしてから動作開始
までの時間を設定します。
0.0 ∼ 20.0(S)
0
OFFタイマー
停止入力がONしてから動作停止ま
での時間を設定します。
0.0 ∼ 20.0(S)
0
2
停止1論理切替
停止1入力の論理を切り換えます。
0:正
1:負
0
3
停止2論理切替
停止2入力の論理を切り換えます
0:正
1:負
0
4
AND論理切替
停止入力1.2をAND動作に設定
のとき停止動作論理を切り換えま
す
0:正
1:負
0
5
フィードバック
FB制御の有無を選択します。
0:無
1:有
0
6
トリップ電流値
過電流値を設定します。
0.1 ∼ 1.0(A)
0.2 ∼ 2.0(A)
0.2 ∼ 4.0(A)
1.0
2.0
4.0
7
スローアップ時間
ソフトスタートの時間を設定しま
す。
0.0 ∼ 3.0(S)
0
8
スローダウン時間
ソフトストップの時間を設定しま
す。
0.0 ∼ 3.0(S)
0
9
FB
FB制御の比例ゲインを設定しま
す。
1 ∼ 20
10
10
センサー切替
センサーの種類を切り換えます。
0:一般
11
ボウル 200V 使用
100V 仕様に 200V 使用。
0:未使用
12
スレーブアドレス
スレーブ機器とし使用します。
0:未使用
1∼9
0
13
メーカーコード
PLCメーカーコードを設定しま
す。
0 ∼ 99
0
14
通信プロトコル
PLC間の 通信プロトコル を設定し
ます。
0:CompoWay
1:Modbus RTU
2: 無手順
1
15
通信速度
PLC間の通信速度を設定します。
0:4800 1:9600
2:19200
1
16
通信データ長
PLC間の通信データ長を設定しま
す。
0:7
1:8
1
17
通信ストップビット
PLC間の 通信ストップビット を設定
します。
0:1
1:2
0
18
通信パリティ
PLC間の 通信パリティ を設定しま
す。
0:Non
2:Odd
ゲイン
内
容
説
明
- 19 -
1:高感度
0
1:使用
0
1:Even
1
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【7】 アラーム表示分類表
№
アラーム名
内
容
対
応
3
EEPROM 異常
EEPROM のアクセス異常です。 修理を依頼して下さい。
4
通信異常
通信基板間との通信異常です。
5
センサー無し
センサーからの信号が入ってい センサーの接続を確認して下
さい。
ません。
6
オーバーカーレント
過電流エラーです。
電源を切ってアラームを解除
して下さい。
7
オーバーヒート
加熱エラーです。
電源を切ってアラームを解除
して下さい。
8
電源電圧異常
電源電圧が設定値より高い電圧 電源電圧設定スイッチ(100/
が印加されています。
200V)を確認して下さい。
9
電源電圧異常
電源電圧が設定値より低い電圧 電源電圧設定スイッチ(100/
200V)を確認して下さい。
が印加されています。
1
2
- 20 -
通信基板の接続を確認して下
さい。
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【8】 主要寸法と取付参考寸法
TMD-200R
TMD-400R
- 21 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【9】 基盤上の接続端子とスイッチ操作
入力端子・コネクタ
①
外部入出力コネクタ
その他(P.13 4.6)の外部入出力コネクタ接続する。接続はしっかり押込み確実に装着する事。
②
オーバーフローセンサ接続端子
オーバーフローセンサアンプを接続します。AC12V 電源の供給と ON/OFF 信号が接続されます。
センサーを使用せずに ON/OFF 制御をされる場合は 0V と IN の短絡にて制御されます。(尚、
TMD−400 の場合は冷却フアン電源の供給に使用されています)
③
電源入力端子
AClOO/200V のコントローラ電源供給端子
切換リップスイッチ
①
入力電圧設定切換スイッチ
基盤上に 100/200 の表示がされていますのでそれぞれの側にスイッチレバーを倒してください。
(出荷時には仕様電圧に設定されておりますが、単体購入場合は 200V に設定しております)
②
AND の切換スイッチ
オーバーフローセンサと外部入力コネクタのセンサー信号⑥AND 制御をする時設定を ON・OFF を
切り換えます。特にホッパーを使用するシステムの時に使用いたします。オーバーフローで停止して
いる時にホッパーが動作しないように制御できます。
- 22 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【10】
TMD-200R/400R と PLC との接続
PF コントローラのパラメータ設定
オーバーフロー(以下 OF)センサーは通常 ON で
パーツフィーダ(以下 PF)が停止する設定になっ
ています。
OF センサ ON 状態で PF を起動させるならば、下
記の設定にします。
「パラメータ」モードの表示
No,
設定項目
2
停止1入力の論理切替
3
停止2入力の論理切替
4
AND 論理切替
「パラメータ」モードの表示
No,
設定項目
2
停止1入力の論理切替
3
停止2入力の論理切替
4
AND 論理切替
設定値
1
1
1
設定値
0
0
1
上記設定で、下記の動作となります。
上記設定で、下記の動作となります。
OF センサ状態
OFF
ON
OFF
ON
OF センサ状態
OFF
ON
OFF
ON
PLC 出力
OFF
OFF
ON
ON
PF 状況
ON
OFF
OFF
OFF
- 23 -
PLC 出力
OFF
OFF
ON
ON
PF 状況
OFF
OFF
OFF
ON
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【11】
ホッパー
THB との接続
PF コントローラのパラメータ設定
「パラメータ」モードの表示
No,
設定項目
2
停止1入力の論理切替
3
停止2入力の論理切替
4
AND 論理切替
設定値
0
0
1
上記設定で、下記の動作となります。
PF の状態
OFF
ON
OFF
ON
残量センサーの状
態
OFF
OFF
ON
ON
HP 状況
OFF
OFF
OFF
ON
- 24 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【12】
ホッパー
THP,THL との接続
PF コントローラのパラメータ設定
「パラメータ」モードの表示
No,
設定項目
2
停止1入力の論理切替
3
停止2入力の論理切替
4
AND 論理切替
設定値
0
0
1
上記設定で、下記の動作となります。
残量センサーの状
態
OFF
ON
OFF
ON
PF の状態
HP 状況
OFF
OFF
ON
ON
OFF
OFF
OFF
ON
- 25 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【13】
停止信号設定組み合わせ動作一覧表
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
ON
ON
ON
OFF
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
1
1
1
1
0
0
0
0
0
0
0
0
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
ON
ON
OFF
ON
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
0
0
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
ON
OFF
ON
ON
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
1
1
1
1
1
1
1
1
0
0
0
0
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
OFF
ON
ON
ON
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
OFF
OFF
OFF
ON
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
1
1
1
1
0
0
0
0
1
1
1
1
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
OFF
OFF
ON
OFF
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
0
0
0
0
1
1
1
1
1
1
1
1
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
OFF
ON
OFF
OFF
Mode No,2
Mode No,3
Mode No,4
OF 入力
外部入力
PF 出力
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
OFF
ON
OFF
ON
OFF
OFF
ON
ON
ON
OFF
OFF
OFF
- 26 -
→
→
→
→
→
→
→
→
http://www.taimeiseiki.co.jp/
【14】
コネクタ接続位置
外部制御引き込み口
・・・・・・
外部からの入出力線の引き込みに使用(ゴムブッシュ付き)
振動センサコネクタ
・・・・・・
振動センサー(オプション)を接続します。
フィードバック機能を使い、常に一定の振動を保持します。電
圧降下やボウル内のワークの投入量による重さの変化に対応
できます。
パーツフィーダ出力コ ・・・・・・
ネクタ
振動体側のコネクタを接続します。
接続は固定リングを締めてしっかりと固定してください。
ピン番号1、2・・・・AC
ピン番号3・・・・・・アース
電源入力線
・・・・・・
AC100/200V の入力引き込み線です(3芯 耐油性)
赤・黒・・・AC100/200V 単相
緑・・・・・・アース(必ず接地してください)
- 27 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
MEMO
- 28 -
http://www.taimeiseiki.co.jp/
MEMO
- 29 -
作
改
改
改
改
成
版
版
版
版
平成 15 年 10 月 7 日
平成 15 年 12 月 1 日
平成 20 年 1 月 21 日
平成 20 年 12 月 19 日
平成 21 年 5 月 1 日
※ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせください。
長野県上伊那郡箕輪町中箕輪 1731-2
大
明
精
機
株式会社
TEL 0265-79-6000 FAX 0265-79-6006
E-mail : [email protected]
URL : http://www.taimeiseiki.co.jp
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement