取扱説明書 - Fostex

取扱説明書 - Fostex
8289669000
(505043)
取扱説明書
FM-4
PORTABLE MIXER
フォステクス製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。
ご使用いただく前に、この取扱説明書をよくお読みください。なお、取扱説明書は必要に応じてお読みいただけるよう、
大切に保存してください。
目 次
安全上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
ディスプレイの使用方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
ご使用の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
ディスプレイの輝度調整. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
メータ表示の切り換え. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
ステータス表示の切り換え. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
入力部のステータス表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
T12 の給電モード設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
出力部のステータス表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
ステータス表示詳細. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
リミッターのパラメータ設定. . . . . . . . . . . . . . . 21
メータのステータス表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
パラメータの設定手順. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
システムのステータス表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
フラッシュ・メモリーの初期化. . . . . . . . . . . . . 23
ご使用になる前の注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
設置上のご注意. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
アフターサービスについて. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
製品の主な特徴. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
基本的な使用方法. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
電源の準備 / 電源 ON-OFF. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
入力チャンネルの準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
出力チャンネルの準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
メータの設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
モニターの接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
MASTER フェーダ基準位置の設定. . . . . . . . . . . . . . 9
音声の調整. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
ブロック・ダイヤグラム. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
各部の名称と機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
フロント・パネル部. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
左サイド・パネル部. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
右サイド・パネル部. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
設定パラメータの詳細. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
ピーク・メータの ON/OFF. . . . . . . . . . . . 22
VU メータの基準レベル. . . . . . . . . . . . . . . 22
PEAK OVER の点灯レベル設定. . . . . . . . . 23
内蔵電池の選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
製品の主な仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
外形寸法図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
安全上のご注意
ここでは、本機をご使用になる上での安全に関する項目を記載してあります。あなたや他の人々へ与える危害や、財産
などへの損害を未然に防止するため、ここに記載されている事項をお守りいただくものです。本機をご使用の前には必
ずお読みください。
警告
この表示の欄に記載されている事項を
無視して、誤った取り扱いをすると、
人が死亡または重傷を負う可能性が想
定される内容を示しています。
注意
この表示の欄に記載されている事項を
無視して、誤った取り扱いをすると、
人が障害を負ったり、物的損害の発生
が想定される内容を示しています。
絵表示について
本書、および製品の表示には、あなたや他の人々へ与える危害や財産の損害を未然に防ぎ、本機を安全にご使用いただくために、
警告または注意を促す絵表示を使用しています。これらの絵表示の意味をよく理解してから本書をお読みください。
絵表示の例
△記号は注意しなければ
ならない内容(警告も含
みます)を示しています。
具体的な注意事項は△の
中や近くに絵や文章で示
しています(左図の例は
「感電注意」を示してい
ます。
記号は禁止内容(し
てはいけないこと)を
示しています。具体的
の中や
な禁止事項は
近くに絵や文章で示し
ています(左図の例は
「分解禁止」を示してい
ます。
●記号は強制内容(必ず
すること)を示していま
す。具体的な強制事項は
●の中や近くに絵や文章
で示しています(左図の
例は「電源プラグをコン
セントから抜く」を示し
ています。
警告
異常が発生した場合
設置する場合
●万一煙りが出ている、変なにおいや音がす
るなどの異常状態のまま使用すると、火災・
感電の原因になります。すぐに機器本体の電
源を切り、必ず内蔵電池を取り出す、または
AC アダプタの電源プラグをコンセントから抜
いてください。異常がなくなったことを確認
して販売店または当社営業窓口へ修理を依頼
してください。お客様ご自身での修理は大変
危険ですので、絶対にお止めださい。
●機器本体に直接水のかかる場所には置かな
いでください。火災・感電の原因になります。
特に屋外での使用(雨天、降雪時、海岸、水辺)
にはご注意ください。
●製品本体の上に花瓶、コップや水などの入っ
た容器、または小さな金属物類を置かないで
ください。何らかの理由で水がこぼれたり、
中に金属物が入ったりした場合、火災・感電
の原因になります。
●万一機器内部に水や異物が入った場合には、
すぐに機器本体の電源を切り、必ず内蔵電池
を取り出す、または AC アダプタの電源プラ
グをコンセントから抜いて、販売店または当
社営業窓口へ修理を依頼してください。その
まま使用すると、火災・感電の原因になります。
使用する場合
●本機の分解・修理・改造は絶対にしないで
ください。また、本体カバーは絶対外さない
でください。火災・感電の原因になります。
●AC アダプタ
(または外部バッテリー)
のケー
ブルが断線、芯線の露出など、ケーブルが傷
んだ場合には、販売店または当社営業窓口へ
修理を依頼してください。そのまま使用する
と火災・感電の原因になります。
●AC アダプタの使用時に雷が鳴り出したら、
AC アダプタの電源プラグには絶対手を触れな
いでください。感電の原因になります。
●万一、機器を落としたり、カバーを破損し
た場合には、すぐに機器本体の電源を切り、
必ず内蔵電池を取り出す、または AC アダプ
タの電源プラグをコンセントから抜いて、販
売店または当社営業窓口へ修理を依頼してく
ださい。そのまま使用すると火災・感電の原
因になります。
●AC アダプタ(または外部バッテリー)や接
続ケーブルの上に重いものを載せたり、本機
の下敷きにならないようにしてください。火
災・感電の原因になります。
●動作中は、内蔵電池を取り出したり AC ア
ダプタの電源プラグを絶定に抜かないでくだ
さい。故障の原因になります。
●機器本体または取扱説明書に表記されてい
る電源電圧以外の電圧では使用しないでくだ
さい。なお、AC アダプタ使用時は、電源プラ
グを電源コンセントに確実に差し込んでご使
用ください。火災・感電の原因になります。
●AC アダプタ
(または外部バッテリー)
のケー
ブルを傷つけたり、加工したり、ねじったり、
引っ張ったり、あるいは加熱したりしないで
ください。ケーブルが破損して、火災・感電
の原因になります。
注意
設置する場合
●本機を長期間(一ヶ月以上)使用しない場
合には、安全のため内蔵電池を取り出したり、
AC アダプタの電源プラグをコンセントから抜
いてください。電池を内蔵したまま、または
AC アダプタを接続したままにしておくと、火
災・感電の原因となることがあります。
●油煙や湯気の当たるような場所、あるいは
湿気やホコリの多いところに置かないでくだ
さい。火災・感電の原因となることがあります。
●AC アダプタ(または外部バッテリー)の電
源ケーブルを熱器具に近付けないでください。
ケーブルの被覆が溶けて、火災・感電の原因
となることがあります。
●AC アダプタ使用時、濡れた手で AC アダプ
タの電源プラグを抜き差ししないでください。
感電の原因となることがあります。
●本機をぐらついた台の上や傾いたところな
ど、不安定な場所に置かないでください。落
ちたり倒れたりしてけがの原因となることが
あります。
●電源が入った状態で、本機を布やふとんな
どで被ったりしないでください。熱がこもり、
火災の原因となることがあります。
●大きなモニター音を長時間ヘッドフォンで
モニターするのはお止め下さい。聴力障害の
原因となることがあります。
●窓を閉め切った車の中や、直射日光が長時
間当たる場所など、異常に温度が高くなる場
所に放置しないでください。火災の原因とな
ることがあります。
製品をお手入れする場合
●この製品は精密な部品でできています。製
品を運ぶときなどは、慎重に扱ってください。
●本機をお手入れする場合には、安全のため
内蔵電池を取り出したり、AC アダプタの電源
プラグをコンセントから抜いてください。電
池を内蔵したまま(または電源プラグを差し
込んだまま)行うと、感電の原因となること
があります。
●AC アダプタの使用時に本機を移動する場合
には、電源スイッチを切り、必ず AC アダプ
タの電源プラグをコンセントから抜いて、接
続されている外部機器の接続ケーブルを外し
てから行ってください。コードが傷付き、
火災・
感電の原因となることがあります。
●5年に一度位は、
機器内部の清掃が必要です。
販売店または当社営業窓口へご相談ください。
長期間掃除しないと内部にホコリがたまり、
そのまま使用すると火災・感電の原因となる
ことがあります。特に湿気の多くなる梅雨時
期の前に行うと、より効果的です。
使用する場合
●本機に他のオーディオ機器を接続する場合
には、必ず本機および接続する機器の電源を
切り、接続する機器の説明書をよく読んで、
説明に従って正しく接続してください。また、
接続ケーブルなどは指定されたケーブルを使
用してください。
●本体表面の汚れなどは、乾いた柔らかい布
などで軽く拭き取るか、中性洗剤を薄めた水
に柔らかい布を浸し、良く絞ってから拭いて
ください。シンナーやベンジンなど、有機溶
剤は使わないでください。パネル表面を傷め
たりシルク印刷の文字などが消える原因とな
ります。
●本機の電源を入れる前には音量(ボリュー
ムなど)を最小にしてください。突然大きな
音が出て聴力障害の原因となることがありま
す。
ご使用上の注意
ご使用になる前の注意
設置上のご注意
● 本機には、定格以外の電源電圧を供給しないでく
ださい。
● 本機を下記のような条件下では、使用しないでく
ださい。
● 本機を市販の電池で駆動する場合は、アルカリ電
池またはニッケル水素電池をご使用ください。
* 動作保証温度または湿度を超えるような環境で
の使用は控えてください。
* 強い磁気が発生する場所、あるいは磁気を発生
させる機器の傍。
* 雨などの水が直接当たる場所。
●
本機の電源を AC コンセントから供給する場合に
は、
必ず当社指定の AC アダプタ(オプション)を
ご使用ください。指定以外の AC アダプタをご使用
になった場合、本機の性能が十分得られないばかり
か、本機を壊す恐れがありますのでご注意ください。
●
AC アダプタは、日本国内(AC100V 電源仕様)で
のみ使用できます。電源電圧の異なる地域でご使用
いただく場合は、弊社サービス部門へご相談くださ
い。なお、AC アダプタは電源周波数 50Hz、60Hz
いずれの地域でもご使用いただけます。
●
本機の内部に水などの液体や可燃物、あるいはピン
などの金属物を入れないでください。
万一水などが入った場合はすぐに電源を切り、内蔵
電池(または AC アダプタ)を外して、弊社サービ
ス部門へご相談ください。
<注意>:本機は主に屋外での使用を考慮して設計
されていますが、防水タイプではありません。本機
に直接水のかかる場所での使用は控えてください。
●
● 本機を落としたり、強い衝撃を与えないでください。
内部回路やディスプレイ/パネルなどが破損するこ
とがあります。
結露について
極端に寒いところから急に暖かい部屋などへ本機
を移動すると、結露が生じてディスプレイ/パネ
ルなどに水滴が付くことがあります。
このような場合は本機の電源を切って、移動した
場所の温度になじむまでしばらく放置することを
お勧めします。
アフターサービスについて
● 本機には「製品保証書」を付属しています。
必要事項をご記入の上、大切に保管してください。
● 本機外装カバーを取り外したり、本機内部に手を触
れないでください。故障の原因となります。
● 保証期間中は保証書の記載内容に基づき、弊社サ
ービス部門で修理致します。その他詳細について
は、保証書の記載事項をご覧ください。
<重 要>
本機の機種名、電気定格、およびシリアル・ナンバー
などは、製品の底部に表示されています。
FM-4
●
保証期間経過後、または保証書を提示されない場
合の修理についてご不明な点は、お買い上げいた
だいた販売店、もしくは弊社営業窓口へお問い合
わせください。
●
保証期間経過後でも、修理によって製品の機能が
維持できる場合には、お客様のご要望により有料
修理致します。なお、修理費用/期間については、
弊社サービス部門へお問い合わせください。
● この製品の補修用性能部品(製品の機能を維持す
るために必要な部品)の最低保有期間は、製造打ち
切り後 6 年です。
FM-4
製品の主な特徴
● ディスプレイの保護プレートには反射防止効果の
ある、AR コート材を採用しています。
ミキサー系の特徴
● 4 チャンネル入力/ 2 チャンネル出力のミキサー機
能を搭載し、入出力はトランス・バランス式を採用
しています。
● 各インプット・チャンネルに独立したトリムつま
みと PEAK インジケータ(2 色で機能)を装備し、
最適なレベル調整が可能です。
● 出力アナログ・リミッターは VCA を用い、ステレ
オ・バスの出力信号にリミッターがかけられます。
スレッショルド・レベルとレシオ(圧縮比)は、出
力部のステータス表示で任意に設定が可能です。
● 現場で頻繁に操作するトリム、チャンネル・フェー
ダーやモニター系のスイッチなどはすべてフロン
ト・パネル部に配置し、集中して操作が可能です。
また、パン、トリム、HPF、EQ、[PHONES] の
各つまみおよび [MASTER] フェーダーは「ポップ
アップ・タイプ」を採用。使用しないときはパネル
面とフラットに収納可能です。
● [MAIN OUT] (L/1, R/2) の他に、[SUB OUT] (L/3,
R/4)、[TAPE OUT]、[AUX OUT] (1, 2) を装備し、
各種外部機器の接続が可能です。
● [AUX IN] を装備し、入力信号をモニターしたり、
ステレオ・バスへミックスすることが可能。
もう 1 台の FM-4 あるいは FM-3 の [AUX OUT]
と接続することで、カスケード接続が可能となりま
す。
● サイド・パネル部にある各スイッチのポジションは、
すべて入出力部のステータス表示でモニターが可能
です。
● [INPUT]1 〜 4 にはマイクまたはライン・レベルの
音源が入力でき、コンデンサ・マイク使用時のマイ
ク給電(P48 または T12)が可能です。
●
電源部の特徴
● 各入力チャンネル信号はパンポットつまみで自由に
定位を設定してステレオ・バスに送ることが可能で
す。
● アルカリ電池使用時で、最大 5 時間以上の連続駆動
を実現しています(注意:使用環境で連続使用時間
。
は異なります)
● 2 系統の 2 バンド EQ を搭載。最大 2 つの入力チャ
ンネルに対して、EQ を掛けることができます。
●
● 標準ジャックとステレオ・ミニ・ジャック 2 種類の
ヘッドホン端子を装備し、2 つのヘッドホンで同時
モニターが可能です。
● さまざまな出力ソースをヘッドホンでモニター可
能にするセレクト・スイッチを装備。さらに入力
チャンネル(1 〜 4)の信号をダイレクトにモニター
できる、[PFL (Pre Fader Listen)] スイッチを装備
しています。
電池収納用の「電池ボックス」は、標準付属の他に
オプション品としてもお買い求めいただけます。 長時間の収録現場に、予備の電池ボックスとして
ご利用ください。
● 外部ワイヤレス・レシーバーなどに DC 電源を供給
する、[DC-OUT] コネクタを装備しています。
● バッテリー・インジケータがディスプレイに常時
表示され、EMPTY インジケータやアラート表示に
加え、電池の残量が監視できます。
● [MAIN OUT] (L/1, R/2)、[SUB OUT] (L/3,
R/4) の出力レベルは +4dBu、0dBu、-10dBu、
-60dBu の切り換えが可能で、接続する機器の入
力レベルに対応します。
その他の特徴
● 本体の材料にはアルミ材を多く使用し、軽量化と
堅牢性を兼ね備えました。また、屋外での使用を想
定したコンパクト・サイズの設計になっています。
表示・操作系の特徴
●
本機を駆動する電源は「2 電源方式」を採用。
8 本の単三電池(アルカリまたはニッケル水素電
池)
、あるいはオプションの AC アダプタ(または
外部バッテリー)が使用可能です(注意:電池は
付属していません)
。
ディスプレイには 128 x 64 ドット・マトリックス
タイプの有機 EL パネルを採用し、VU(針)/ピー
ク・メータ(バーグラフ)の同時表示を実現してい
ます。
● VU/ ピーク・メータは、用途に合わせてステレオ・
メータ、またはモノラル・メータ(L または R)に
切り換えが可能です。
●
オプションでショルダー・ベルトやソフト・ケース
を用意し、肩から吊り下げて使用したり、機材の保
護に役立ちます(オプションについては当社営業
窓口へお問い合わせください)。
●
入出力に使用している XLR3 ピンタイプのコネク
タは、サービス対応でオス/メスの入れ換えが可
能です(詳細は当社営業窓口へお問い合わせくだ
さい)
。
基本的な使用方法
電源の準備 / 電源 ON-OFF
<メモ>: 電池ボックスを取り出すには、[EJECT/LOCK]
レバーを下(EJECT 側)へスライドしてロックを解除し
ます。ロックが解除されると電池ボックスが前面に数ミリ
出てきて、手で引き抜くことができます。
● 内蔵電池で駆動するには、単三のアルカリ電池または
ニッケル水素電池を付属の電池ボックスに収納し、右
サイド・パネルの収納部へセットします。
電池ボックス収納部
<注意>:電池ボックスの取り出しは、必ず電源をオ
フにしてから行うか、[POWER] スイッチが “EXT” ポ
ジションの状態で行ってください。
<メモ>: メータのステータス表示において、使用する電
池の種類(アルカリまたはニッケル水素)を設定します。
初期設定はアルカリに設定されていますので、ニッケル水
素を使用するときは、必ず設定し直してください(☞ 23
ページ)
。
アルカリまたはニッケル水素電池は、電池ボック
スに印刷されている極性に従い下記図の要領で収
納します(電池ボックス片面に 4 本ずつセットし
ます)
。
<注意>:使用する電池と電池種類の設定が異なって
いると、電圧減少時の EMPTY インジケータ、バッテ
リー・インジケータあるいはアラートを正しく表示し
なくなります。
● 外部 DC 電源で駆動するには、当社オプションの専用
AC アダプタまたは外部バッテリーを、本機左サイド・
パネルの [DC-IN] コネクタへ接続します。
<注意>:電池は、新品のアルカリ電池またはフル
に充電されたニッケル水素電池で、8 本とも特性の
揃った同種類/同容量の製品をご使用ください。
FM-4 本体の▲マークとボックス側の▲マー
● 電池ボックスは、
クを下図の位置に合わせて奥まで差し込みます。
電池ボックス収納部
オプションの AC アダプタ
または外部バッテリー
▲マーク
電池ボックス
<注意>: [DC IN] コネクタの定格電圧は DC10 〜 24V
です。 [DC IN] コネクタに外部バッテリーのを接続する場
合は、必ず定格で十分な電圧を保有したバッテリーをご使
用ください。なお、[DC IN] コネクタのピン・アサインに
ついては、
「各部の名称と機能」の 14 ページを参照して
ください。
● 奥まで差し込んだ後、[EJECT/LOCK] レバーを上(LOCK 側)へスライドし
て電池ボックスをロックします。
右図のようにツメ(グレーの矢印)が
出てきて電池ボックスがロックされま
す。
●
内蔵電池を使用するときは、フロント・パネルにある
[POWER] スイッチを “INT”(上)にし、外部電源を
使用するときは “EXT”(下)にして本機の電源を入れ
ます。初めて本機の電源を入れると、ディスプレイ部
には下記ステレオ VU メータを表示します。
出力チャンネルの準備
●ステレオ出力を外部機器に送る場合
入力信号をミックスしたステレオ L/R バス信号を、[MAIN
OUT] (L/1, R/2) 端子から外部機器に送ることができま
す。
内蔵電池(または外部バッテリー)を使用したときは、
ディスプレイのメータ表示部にあるバッテリー・イン
ジケータを確認して、電池の容量が十分なことを確認
してください。内蔵電池(または外部バッテリー)の
電圧値は、システムのステータス表示で確認できます
(☞ 23 ページ)
。
(1)
[SOURCE SEL] スイッチを” MIX” に設定します。
<メモ>: [SUB OUT] (L/3. R/4) 端子からも [MAIN
OUT] (L/1, R/2) 端子と同じ信号が出力されます。
(2)
[MAIN OUT] 端子 (L/1, R/2) 端子に、レコーダー
などの外部機器を接続します。
(3)
接続する外部機器の入力に合わせて、出力レベル
スイッチを設定します。
出力レベルスイッチを使って、基準出力レベルを
“+4dBu” / “0dBu” / “-10dBu” / “-60dBu” の中から選
択できます。
(4)
アンバランスライン入力を持つ外部機器と接続す
る場合は、[TAPE OUT] 端子 ( ステレオ・ミニ・
ジャック ) を使用することができます。
なお、[TAPE OUT] 端子の基準出力レベルは
-10dBV 固定です。
<メモ>: [TAPE OUT] 端子からはステレオ L/R バ
ス信号が出力されます。
入力チャンネルの準備
(1)
[INPUT] 端子(1 〜 4)にマイクまたはライン・
レベルの信号を入力します。
(2)
マイク音声を入力するときは入力切り換えスイッ
チを “MIC” に設定し、ライン・レベルの音声を
入力するときは “LINE” に設定します。
(3)
マイク接続時は、必要に応じてマイク給電スイッ
チを切り換えます。
P48 ファンタム電源の必要なコンデンサ・マイクを
使用する場合は “P48” にセットし、
T-12(A-B12V)
電源が必要なコンデンサ・マイク(ゼンハイザー 416T
等)を使用する場合は “T12” にセットします。
なお、
ダイナミック・マイクを使用する場合は“DM”
にセットしてください。
2
3
●入力信号をダイレクト出力する場合
入力信号のポストフェーダー信号を直接 ( ミックスせず
に )、[MAIN OUT] (L/1, R/2) および [SUB OUT] (L/3. R/4) 端子から外部に出力することができます。
<メモ>: T12 (A-B 12V) の給電が必要ない場合、
入力部のステータス表示において給電を無効
(Disable)
に設定することが可能です
(工場出荷時は有効
(Enable)
に設定されています)
。詳細は 19 ページを参照して
ください。
1
(1)
[SOURCE SEL] スイッチを” DIRECT OUT” に
設定します。
(2)
ダイレクト出力する端子 ([MAIN OUT]、[SUB
OUT]) に外部機器を接続します。
[MAIN OUT] (L/1, R/2)、[SUB OUT] (L/3. R/4)
それぞれが、入力チャンネル 1 〜 4 の信号を出力
します。
(3)
2
3
4 1
接続する外部機器の入力に合わせて、出力レベル
スイッチを設定します。
出力レベルスイッチを使って、基準出力レベルを
“+4dBu” / “0dBu” / “-10dBu” / “-60dBu” の
中から選択できます。
メータの設定
モニターの接続
(1)
用途に合わせて、ステレオ・メータまたはモノラ
ル・メータを切り換えます。
工場出荷時のメータは、ピーク・メータ付のステレ
オ VU メータになっていますが、用途に応じて L ま
たは R のモノラル VU メータに切り換えが可能です
(詳細は 18 ページを参照してください)
。
(1)
フロント・パネルの [PHONES] ジャック(標準)
、
または右サイド・パネルの [PHONES] ジャック
(ステレオ・ミニ)にヘッドホンを接続します。
標準/ミニの同時モニターが可能です。
(2)
<メモ>: ピーク・メータ表示の ON/OFF、VU メー
タの基準レベル、あるいはピーク・インジケータの点
灯レベルを、必要に応じてメータのステータス表示で
任意に設定できます(詳細は後述の 22 ページを参照
してください)
。
モニター・セレクト・スイッチを “ST” に設定し、
[PHONES] つまみで音量を調整します。
2
2
(例)ステレオ・メータ
1
(例)モノラル・メータ(L)
(2)
必要に応じてディスプレイの輝度を調整します。
ディスプレイの輝度は、工場出荷時の状態で「レベ
ル 3」になっています。
使用する現場に最適な輝度に調整してください。 詳細は後述の 17 ページを参照してください。
1
MASTER フェーダ基準位置の設定
音声の調整
(1)
チャンネル 1 〜 4 のフェーダーつまみを“0”に絞っ
ておきます。
(1)
[MASTER] フェーダー(L、R)つまみを基準位置
に合わせます。
(2)
フロント・パネルの [SLATE] スイッチを “1k” ポ
ジション(上)にセットします。
(2)
(3)
[MASTER] フェーダー(L、R)つまみを “オレンジ”
マーク付近まで回して、
基準出力レベルを調整します。
通常は、レベル・メータが “0VU” 位置になるよう
調整します(下図参照)
。
音声を入力し、各チャンネルのトリムつまみで最適
なレベルを調整します。
一番大きな音声が入力されたときに、PEAK インジ
ケータの赤が点灯しない程度に調整します。
2
1, 4
(3)
適正レベルでメータが振れるよう、各チャンネ
ルのフェーダーつまみを徐々に上げていきます。
(4) 必要に応じて各入力チャンネルのパンや HPF を
設定します。
<メモ>: HPF は余分な低音域をカットします。マ
イク使用時などに使うと効果的です。
(5)
3
(6) 必要に応じて、入力チャンネルに EQ を掛けま
す。
EQ を掛けるには、EQ スイッチで EQ を掛ける入
力チャンネルを選択し、EQ つまみで EQ の設定を
行います。EQ を掛けない場合は EQ スイッチを
OFF ポジションにします。
メ イ ン 出 力 に リ ミ ッ タ ー を か け た い と き は、
[LIMITER] スイッチを “ON” ( または “LINK” )
にします。
3
4
<メモ>: メータの針が下図の位置になったときに
“0VU” を示しています。
2
ステレオ・メータ
モノラル・メータ
(4)
レベル調整後、[SLATE] スイッチを “OFF” にし
ます。
5
1
6
CH2 IN
10
P48
P48
LINE
LINE:(+ 4 ~ -20dBu)
MIC :(-30 ~ -70dBu)
CH4 IN
P48
LINE
LINE:(+ 4 ~ -20dBu)
MIC :(-30 ~ -70dBu)
CH3 IN
P48
LINE
LINE:(+ 4 ~ -20dBu)
MIC :(-30 ~ -70dBu)
LINE
T12
P
MIC POWER
P
MIC POWER
MIC
T12
P
MIC POWER
MIC
T12
MIC
T12
MIC POWER
MIC
P
MIC
LINE
MIC
LINE
MIC
LINE
MIC
LINE
HA
HA
HA
HA
HPF
HPF
HPF
HPF
EQ SEL
CH2
OFF
CH4
EQ SEL
CH1
OFF
CH3
RTN
+4dBu
PEAK
DET.
P.EQ
AUX IN
HA_OUT[4]
3
2
1
GAIN
2
1
GAIN
2
1
2
1
MINI-JACK
MIC
OSC:1kHz
3
GAIN
PEAK
DET.
FRQ
HA_OUT[3]
3
3
GAIN
P.EQ
FRQ
PEAK
DET.
HA_OUT[2]
PEAK
DET.
HA_OUT[1]
BAL
BAL
AGC
OFF
EQ
ON
OFF
EQ
ON
OFF
EQ
ON
OFF
EQ
ON
BA
BA
PFL4
PFL3
LINK
OFF ON
PFL2
PFL1
LINK
OFF ON
BA
BA
BA
BA
RTN_R
RTN_L
AUX_IN_R
AUX MIX SW
AUX_IN_L
MIC
TONE
MIC
OFF
1kHz
POST[4]
POST[3]
POST[2]
POST[1]
R
C
L
PAN
R
C
L
PAN
R
C
L
PAN
R
C
L
PAN
MIX_BUS_L
MIX_BUS_R
PFL_BUS
MIX_BUS_L
MIX_BUS_R
PFL_BUS
CH1 IN
BA
MIX
VCA
RMS
VCA
LINK
RMS
MIX
POST[1-4]
BA
MIX
BA
BA
ON
OFF
ON
OFF
MON_R
MON_L
POST[4]
MON_R
POST[3]
MON_L
POST[2]
MON_R
POST[1]
MON_L
L-R
MIX
AUX_IN_R
RTN_R
MON_L
MON_R
MIX
MON_R
AUX
RTN
L
L/R
R
L+R
MS
L-R
AUX_SEL
OFF
1/2
L/R
L+R
OFF
1/2
L/R
L+R
OFF
3/4
L/R
L+R
OFF
3/4
L/R
L+R
AUX
RTN
L
L/R
R
L+R
MS
L-R
MON_SEL
POST[4]
POST[3]
POST[2]
MON_R
PFL_ON
AUX_IN_L
RTN_L
PFL
POST[1]
MON_L
MON_R
MON_L
LIMITER
OFF ON LINK
L+R
LINE:(+ 4 ~ -20dBu)
MIC :(-30 ~ -70dBu)
AUX2_R
AUX2_L
AUX1_R
AUX1_L
SOURCE SEL
MIX
DIRECT
BA
AUX2_R
AUX2_L
AUX1_R
AUX1_L
AUX1_L
AUX1_R
AUX2_L
AUX2_R
BA
BA
BA
BA
INTEGRAL
MPU
HP.VOL.
-10/-60dBV
P
P
P
P
HA
HA
MINI-JACK
MINI-JACK
MINI-JACK
STD-JACK(6.3)
VU&PEAK
OLED METER
-10/-60dBV
AUX OUT2
-10/-60dBV
AUX OUT1
PHONE2
PHONE1
D_OUT_L
D_OUT_R
DIGITAL OUT
OPTION
D_OUT_R
P
BAL
BA
D_OUT_L
P
+4/0/-10/-60dBu
P
+4/0/-10/-60dBu
P
+4/0/-10/-60dBu
BAL
BAL
BAL
O.P.
Port
MINI-JACK
TAPE OUT
SUB OUT R
SUB OUT L
MAIN OUT R
MAIN OUT L
ブロック・ダイヤグラム
PFL_ON
各部の名称と機能
フロント・パネル部
1 2 3
4
20
21 19
18
16
8 9 11
10
14
15 13
12
本機には 2 チャンネルの 2 バンド EQ が搭載され、2
つの EQ スイッチで選択した入力に対して掛けることが
できます。
● 1-3 スイッチ:左側に設定すると、入力チャンネル 1
に EQ を掛けることができます。右側に設定すると入力
チャンネル 3 に EQ を掛けることができます。センター
に設定するとオフになります。
● 2-4 スイッチ:左側に設定すると、入力チャンネル 2
に EQ を掛けることができます。右側に設定すると入力
チャンネル 4 に EQ を掛けることができます。センター
に設定するとオフになります。
キーを押している間、各インプットのチャンネル・フェー
ダーを経由する前の音声(プリ・フェーダー)が [PHONES]
端子から出力されます。
キーを押している間はメーターが PFL 用のシングル・ モード表示に切り替わり、レベルが確認できます。
5. ディスプレイ
2. PEAK インジケータ(1 〜 4)
17
6 7
4. EQ スイッチ (1 - 3、2 - 4)
1. [PFL (Pre Fader Listen)] キー(1 〜 4)
5
各インプット・チャンネルのピーク検出を、下記 2 つの
色で段階的に表示します。
発光色
点灯レベル
(対基準レベル)
詳 細
緑
+8dB
内部最大レベルの約 -12dB で
点灯します。
赤
+17dB
内部最大レベルの約 -3dB で
点灯します。
128 x 64 ドットのマトリックス有機 EL パネルを使用し、
VU メーターや各種ステータス情報などを表示します。
お買い上げ後初めて電源を入れたときは、下記ステレオ
の VU メータ/ピーク・メーターを表示します。
* 赤の点灯条件を満たすと、緑色は消灯します。
<メモ>:VU メーターおよび各種ステータス情報の
詳細については、この後 17 ページの「ディスプレイ
の使用方法」を参照してください。
3. パンつまみ(1 〜 4)
各インプット・チャンネルのパンを設定します。
ポップアップタイプですので、つまみを押すと飛び出し、
再度押し込むとロックされます。
11
6. [SLATE] スイッチ(1k / OFF / MIC)
7. [
12. [PHONES] 端子 ( 標準ジャック )
スイッチを “1k” ポジションにすると 1kHz の基準信
号が発生し、ステレオ・バスにサミングされます。
また、
スイッチを“MIC”ポジションへ押し続けている間、
内蔵スレート・マイクで入力する信号が、ステレオ・バ
スにサミングされます。
コネクタ:φ 6.35mm ステレオ標準ジャック
] / [ - ] キー
キーを1秒以上長押しすると輝度調整モードへ入り、
ディ
スプレイの輝度調整が可能になります(☞ 17 ページ)
。
また、輝度調整モード、メーターの表示モード、および
ステータス・モードでは、[-] キーとして機能します。
標準ジャック、およびステレオ・ミニ・ジャックからの
出力を同時に調整します。
14. [STATUS] キー / [EDIT] キー
キーを1秒以上長押しするとメータの表示モードへ入り、
ステレオ・メータと L または R のモノラル・メータの切
り換えが可能になります(☞ 18 ページ)
。
また、輝度調整モード、メーターの表示モード、および
ステータス・モードでは、[+] キーとして機能します。
キーを 1 秒以上長押しするとステータス・モードへ入り、
各種ステータス表示に切り換えたり、パラメータの編集
が可能になります(☞ 18 ページ)
。
ステータス・モードでは [EDIT] キーとして機能し、通
常押しで現在のモードから抜け出し、1 秒以上押すとパ
ラメータのエディット・モードを ON/OFF します。
輝度調整モードおよびメータの表示モード時は、確定
キーとなります。
15. [LIMITER] スイッチ(ON、OFF、LINK)
9. EMPTY インジケータ
標準プラグのヘッドホンを接続します。
13. ヘッドホン音量調整つまみ
8. [METER] / [ + ] キー
内蔵電池(または外部バッテリー)で使用時、電池の電
圧が本機で設定されている電圧を下回ると点滅します
(☞ 23 ページ)
。
リミッターの ON/OFF と、LINK を切り換えます。
リミッターは、[MASTER] フェーダーの後段に設置され
ています。
LINK
L、R でリミッター動作がリンクします。L、R どち
らか一方がスレッショルド・レベルを超えると、超
えていないチャンネルも設定されている圧縮比でレ
ベルが調整されます。
10. [POWER] スイッチ(INT / OFF / EXT)
本機の電源を ON/OFF します。
ON
リミッター機能が ON となり、L ch と R ch が独立
して動作します。
[DC-IN] 端子に接続した外部電源(オプションの AC ア
ダプタまたは外部バッテリー)を使用するときは “EXT”
にし、内蔵電池を使用するときは “INT” にします。
OFF
リミッター機能が OFF となり、リミッター回路は
バイパスされます。
通常動作時は消灯します。
本機のリミッターは工場出荷時において下記値に設定さ
れており、スレッショルド・レベルとレシオのパラメー
タは、出力部のステータス表示で任意に変更できます(☞
21 ページ)
。
11. モニターセレクト・スイッチ
フロント・パネルおよび右サイド・パネルの [PHONES] ジャックから出力する信号を選択します。
AUX
RTN
L
ST
R
<工場出荷時の初期設定値>
●アタック・タイム :約 5msec 固定
●リリース・タイム :約 200msec 固定
●スレッショルド :+12dB(+9, +6dB)
●レシオ :5:1(3:1)
* 上記( )内の値に変更可能。
[AUX IN] 端子へ入力した信号を出力します。
[RTN] 端子へ入力した信号を出力します。
ステレオバスの L チャンネル信号のみモノラルで出
力します。
ステレオ L/R バス信号をステレオで出力します。
ステレオバスの R チャンネル信号のみモノラルで出
力します。
L+R
ステレオ L/R バス信号をモノで出力します(MS の
Lch 成分)
。
MS
MS デコードを出力します
L-R
MS の Rch 成分をモノで出力します。
12
19. HPF コントロールつまみ(1 〜 4)
<メモ>:スイッチを ON
(または LINK)
に設定すると、
メータ部に “LIM” アイコン(下記矢印部分)が点灯し、
実際にリミッターが働いているときは点滅します。
各インプット・チャンネルの HPF( ハイパス・フィルター )
の設定を行います。
左一杯の位置では HPF 回路がバイパスされ、HPF がオ
フになります。オフの位置からつまみを右に回すとカチッ
と音がして HPF がオンになり、つまみの位置に応じて
カットオフ周波数を 40Hz 〜 200Hz の範囲で設定する
ことができます (-12dB/oct)。
ポップアップタイプですので、つまみを押すと飛び出し、
再度押し込むとロックされます。
下記図は、ステレオ VU メータが表示されている場合
の例です。
OFF 設定時
<メモ>:HPF はカットオフ周波数より低い音域を
カットします。
ON または LINK 設定時
20. チャンネル・フェーダー(1)
ステレオ・バスへのミキシングレベルを調整します。
オレンジ部分が基準位置を示しています。
21. インプット・トリムつまみ(1 〜 4)
“LIM” アイコン
16. [MASTER] フェーダー(L、R)
ステレオ・バスの出力レベルを調整します。
オレンジ部分が基準位置を示しています。
ポップアップタイプですので、つまみを押すと飛び出
し、再度押し込むとロックされます。
17. [MIC]( スレート・マイク )
[SLATE] スイッチを “MIC” ポジションに押し続けてい
る間スレート・マイクが機能し、マイクからの信号がス
テレオ・バスにサミングされます。
18. EQ つまみ
EQ の設定を行います。
本機は HI と MID( スイープ型 ) の 2 バンド EQ を 2 系
統搭載しています。
バンド タイプ
HI
MID
周波数
ゲイン調整幅
シェルビング 10kHz
-12dB 〜 +12dB
スイープ
-12dB 〜 +12dB
200Hz 〜 8kHz
左側の列の 3 つのつまみは EQ スイッチ 1-3 で選択さ
れた入力チャンネルに対して働きます。右側の列の 3
つのつまみは EQ スイッチ 2-4 で選択された入力チャ
ンネルに対して働きます。上からそれぞれ、HI ゲイン
つまみ、MID ゲインつまみ、MID 周波数つまみです。
これらのつまみはポップアップタイプですので、つま
みを押すと飛び出し、再度押し込むとロックされます。
13
各インプット・チャンネルの入力ゲインを調整します。
マイク入力時は -30dBu 〜 -70dBu、ライン入力時は
+4dBu 〜 -20dBu の範囲で調整できます。
最大入力時、PEAK インジケータの赤が点灯しない程度
に調整します。
ポップアップタイプですので、つまみを押すと飛び出
し、再度押し込むとロックされます。
左サイド・パネル部
1
2
7
6
5
1. [INPUT] 端子(1 〜 4)
外部機器やマイクを接続します。
コネクタ:XLR-3-31 タイプ
T12 または AB 給電方式で、[INPUT] 端子の HOT
ピンにのみ 12V が給電されます。
1
GND
2
HOT
3
COLD
T12
GND
2
Lch HOT
3
Lch COLD
4
Rch HOT
5
Rch COLD
3. [TO ST BUSS (ON/OFF)] スイッチ
[AUX IN] からの入力信号を、ステレオ・バスへサ
ミングするかどうかを設定します。
スイッチを ON にすると [AUX IN] からの入力信号
がステレオ・バスにサミングされ、OFF にするとサ
ミングされません(ただし、ON/OFF どちらの設定
でも [AUX IN] からの信号はモニター可能です)
。
ライン・レベルの信号を入力するとき選択します。
“LINE” ポジションに設定すると、マイク給電は強
制的に OFF となります。
MIC
マイクを接続するとき選択します。コンデンサ・
マイク使用時は、マイク給電が可能です(マイク
給電スイッチの項を参照)
。
DM
マイク給電 OFF。ダイナミック・マイク接続時に
選択します。
P48
P48 ファンタム給電方式で、[INPUT] 端子の HOT
ピンと COLD ピンに 48V が給電されます。
コネクタ:XLR-4-32 タイプ(オス)
1
GND
2
NC
3
NC
4
DC 10V 〜 24V
7. [DC OUT (7.2-24V)] コネクタ
DC7.2 〜 24V/0.5A の電圧を出力します。
ワイヤレス・レシーバーなどへの電源供給に使用し
ます(出力は、
本体の電源オン/オフに連動します)
。
4. 入力信号切り換えスイッチ [LINE/MIC]
[INPUT] 端子に入力する信号に応じて切り換えま
す。
LINE
<メモ>:T12 の給電が必要ない場合、入力部
のステータス表示において、給電モードを無効
(Disable)に設定することができます(詳細は
19 ページを参照してください)
。
6. [DC IN (10-24V)] コネクタ
付属の AC アダプタ(または外部バッテリー)を
接続します。
コネクタ:XLR-5-51 タイプ
1
3
5. マイク給電スイッチ(T12、DM、P48)
マイク給電の ON/OFF を切り換えます。
2. [AUX IN] 端子
外部機器やもう一台のミキサーを接続します。
この端子に入力する信号をモニターしたり、本
機のステレオ・バスにサミングすることができます
( [TO ST BUSS] スイッチで ON/OFF を切り替え
ます)
。
4
14
コネクタ:Hirose 4 ピン(HR10A-7R-4S)
1
GND
2
NC
3
NC
4
DC 7.2V 〜 24V
適合プラグ:HR10A-7R-4P
右サイド・パネル部
1
2
3
13 12 11 10
1. [MAIN OUT] (L/1, R/2) 端子
ミキシングされたステレオ L/R バス出力信号また
は [INPUT](1,2) 入力のポストフェーダー信号を出
力します。
出力信号の選択は[SOURCE SEL]スイッ
チで行います。基準出力レベルは MAIN OUT レベ
ル切り換えスイッチで選択します。
HOT
3
COLD
OFF: [AUX 1] および [AUX 2] 端子どちらも、何
も出力しません。
● L/R: [AUX 1] および [AUX 2] 端子から、ステレ
オ L/R バス信号がステレオ出力されます。
● L+R: [AUX 1] および [AUX 2] 端子から、ステレ
オ L/R バス信号がモノラル出力されます。
● 1/2 3/4: [AUX 1] 端子が入力チャンネル 1 と 2
のポストフェーダー信号、[AUX 2] 端子が入力チャ
ンネル 3 と 4 のポストフェーダー信号を出力しま
す。
●
コネクタ: XLR-3-32 タイプ
GND
HOT
3
COLD
6
8. AUX OUT 切り換えスイッチ
[AUX OUT (1, 2)] から出力する信号を選択します。
3. [SUB OUT] (L/3, R/4) 端子
ミキシングされたステレオ L/R バス出力信号また
は [INPUT](3,4) 入力のポストフェーダー信号を
出力します。出力信号の選択は [SOURCE SEL]
ス イ ッ チ で 行 い ま す。 基 準 出 力 レ ベ ル は SUB
OUT レベル切り換えスイッチで選択します。
2
7
7. AUX OUT レベル切り換えスイッチ
[AUX OUT (1, 2)端子の基準出力レベルを、
“-10dBV”
または “-60dBV” に設定します。
2. MAIN OUT レベル切り換えスイッチ
[MAIN OUT] 端子の基準出力レベルを切り換えま
す。 +4dBu/0dBu/-10dBu/-60dBu の 4 つのレベ
ルから選択でき、L、R 独立して設定できます。
1
8
6. [EJECT/LOCK] レバー
挿入した電池ボックスをロックしたり、電池ボック
スを取り出すときにロックを解除します(☞ 6 ペー
ジ)
。
GND
2
9
5. バッテリー収納部
市販の電池(単三のアルカリまたはニッケル水素電
池を 8 本使用)をセットした電池ボックスを収納
します(☞ 6 ページ)
。内蔵電池を使用するときは、
[POWER] スイッチを “INT” にします。
コネクタ:XLR-3-32 タイプ
1
5
4
9. [AUX OUT (1, 2)] 端子
それぞれ、AUX OUT 切り換えスイッチで選択した
信号を出力します。基準出力レベルは AUX OUT
レベル切り換えスイッチで選択可能です (-10dBV
または -60dBV)。
4. SUB OUT レベル切り換えスイッチ (+4/0/-20/-60)
[SUB OUT] 端子の基準出力レベルを切り換えま す。+4dBu/0dBu/-10dBu/-60dBu の 4 つのレ
ベルから選択でき、L、R 同時に設定します。
15
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック
10. [SOURCE SEL] スイッチ
[MAIN OUT (L/1, R/2)] 端子及び [SUB OUT (L/3, R/4)] 端子から出力するソースを選択します。ステ
レオ L/R 出力信号または [INPUT] 1 〜 4 のポスト
フェーダー信号を選択することができます。
スイッチ MAIN OUT SUB OUT
位置
(L/1, R/2) (L/3, R/4)
説明
ステレオ
L/R 出力
ステレオ
L/R バス信
号を出力
MIX
DIRECT
OUT
ステレオ
L/R 出力
入力信号
のポスト
入力 (1, 2) 入力 (3, 4)
フェーダー
信号を出力
<注意>: DIRECT OUT を選択時、[MAIN OUT]
端子からの出力信号にはリミッターが掛かりません。
11. [TAPE OUT] 端子
ステレオ・バスの信号を、アンバランスで出力しま
す。基準出力レベルは -10dBV 固定です。
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック
12. [RTN] 端子
基準入力レベル -10dBV のステレオ信号を入力し
ます。
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック
13. [PHONES] 端子 ( ミニジャック )
ミニ・プラグのヘッドホンを接続します。
フロントパネルの標準 [PHONES] ジャックと同時
モニターが可能です。
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック
16
ディスプレイの使用方法
2.
本機のディスプレイは通常ピーク・メータ付の VU メータ
として機能し、ステレオまたはモノラルの VU メータに切
り換えて使用できます。また、使用する現場に適した輝度
を調整したり入出力部などの各種ステータスを表示すると
ともに、必要に応じたパラメータの変更などが行えます。
[-] キーを押していくと輝度が下がり、[+] キーを
押していくと輝度が上がります。
5 段階の輝度調整と、表示 OFF が選択できます。
輝 度
これら多彩なディスプレイ操作には、下記図にある 3 つの
操作キーを使用します。
表示 OFF
1
2
3
4
5
[+] キー(明)
[-] キー(暗)
<メモ>: 表示 OFF の状態から [+] キーを押してい
くと、再度輝度が上がっていきます。
<注意>:輝度レベル 1 〜 5 の設定はフラッシュ・
メモリーに保存されますが、表示 OFF は保存されま
せん。つまり、表示 OFF の状態で電源を入れ直すと、
調整モードに入る前の輝度で画面が表示されます。
3.
<メモ>:本文中記載の「キーの長押し」とは、キーを 1
秒以上押す動作を意味し、通常キーを押す動作とは区別し
て記載しています。
調整後速やかに [EDIT] キーを押すとアイコンが
消えて、調整モードから抜け出します。
<メモ>: 調整用のアイコンが表示されている状態で
[-] キーを長押しすると一気に表示 OFF となり、[+]
キーを押すと表示 OFF にする前の輝度に戻ります。
ディスプレイの輝度調整
使用環境に応じて、ディスプレイの輝度を任意のレベルに
設定します(工場出荷時はレベル 3 になっています)
。
設定内容は電源を切っても保持されますが、システムのス
テータス表示でフラッシュ・メモリーを初期化すると、工
場出荷時の輝度にリセットされます(☞ 24 ページ)
。
1.
[
] キーを「長押し」して、輝度の調整モードへ
入ります。
現在の輝度レベルを示す、調整用アイコンが表示さ
れます。
<表示 OFF の画面>
また、輝度を下げている状態から [+] キーを長押しす
ると、一気に最大輝度になります。
アイコン
<メモ>:調整アイコンが表示されている状態
で約 5 秒間何もキーを押さないと、自動的にア
イコンが消え調整モードから抜け出します。
17
メータ表示の切り換え
ステータス表示の切り換え
用途に応じて、
「ステレオ・メータ」と L または R の「モ
ノラル・メータ」表示に切り換えます工場出荷時は、ステ
レオ・メータ表示になっています。
ステータス表示モードでは、入出力部のスイッチ設定、メー
タ部およびシステムの設定状況などが確認でき、各ステー
タス表示においてパラメータの設定などが行えます。
設定内容は電源を切っても保持されますが、システムのス
テータス表示でフラッシュ・メモリーを初期化すると工場
出荷時のメータ表示にリセットされます(☞ 24 ページ)
。
1.
1.
[METER] キーを「長押し」すると、メータの表
示モードに切り換わります。
ディスプレイ下に現在の表示モードを示すアイコンが
表示されます。
[STATUS] キーを「長押し」すると、ステータス
の表示モードに切り換わります。
一番最初に、入力部のステータス表示に変わります。
2.
[+] キーまたは [-] キーを押すと下記順でステータ
ス表示が変わり、現在の設定状態が確認できます。
入力部のステータス表示
[+] キーを押す
[-] キーを押す
アイコン
出力部のステータス表示
<注意>:表示モードのアイコンが表示されている状
態で約 5 秒間何もキーを押さないと、自動的にアイ
コンが消えて表示モードから抜け出します。
2.
[+] キーを押す
[-] キーを押す
[+] キーまたは [-] キーを押すと、下記順にメータ
表示が選択できます。
メータのステータス表示
[-] キーを押す
[+] キーを押す
アイコン
ステレオ・メータ
[-] キーを押す
[+] キーを押す
システムのステータス表示
3.
アイコン
モノラル・メータ(L)
[-] キーを押す
[+] キーを押す
アイコン
モノラル・メータ(R)
3.
選択後速やかに [EDIT] キーを押して、表示モー
ドから抜け出します。
18
[EDIT] キーを押して、ステータス表示モードから
抜け出します。
各ステータス表示の詳細、およびパラメータの設定につ
いては、次ページを参照してください。
T12 の給電モード設定
入力部のステータス表示
マイク給電スイッチの “T12”(AB-12V)は、主にビデオ
収録現場などで使用するコンデンサーマイクの電源供給方
式です(ゼンハイザー MKH416T など)
。
入力部のステータス表示では、入力に関連した下記スイッ
チの設定状態を表示するとともに、マイク給電方式 T12 の
パラメータが設定できます(下記表示は工場出荷時の状態
を示しています)
。
左サイドパネル
この供給方式はファンタム電源(P48)の供給方式とは異
なり、誤ってダイナミックマイクを接続して給電すると、
マイクを壊す恐れがあります。このような事故を防止する
ため、T12 の給電を無効(Disable)にすることができま
す。T12 の給電が必要無い場合は、下記手順で給電モード
を無効(Disable)に設定してください。工場出荷時では、
有効(Enable)に設定されています。
フロントパネル
130
60
<注意>:ここからの操作は、左サイド・パネルにある [LINE/
MIC] スイッチが “MIC” に設定され、マイク給電スイッチが
“DM” に設定されている状態を例にして、下記入力部のステー
タス表示になっていることを前提にします。
左サイドパネル
左サイドパネル
各スイッチの設定ポジションによって、以下のアイコンを表
示します。
1.
●マイク給電スイッチのステータス
[LINE/MIC] スイッチが “LINE” に設定されていると
きは常に“ ”を表示し、[LINE/MIC] スイッチを“MIC”
に設定することでマイク給電スイッチのステータスが
表示されます。ただし、T12 のステータスは T12 の
給電モード(Enable/Disable)の設定によって下記の
ように異なります。
入力部のステータス表示の状態で、[EDIT] キーを
「長押し」します。
インプット 1 〜 4 の “
” が “
” の早い点滅
に変わり、モードが設定可能になります(“ ” は
初期設定の “Enable” を示しています)
。
点滅
T12 の給電モード:Enable 設定時(工場出荷時)
設定
T12
DM
P48
2.
表示
T12 の給電モード:Disable 設定時
設定
T12
DM
P48
表示
● [LINE/MIC] スイッチのステータス
設定
LINE
[+] キーを押して “
”を“
” に切り換えた後、
[EDIT] キーを「長押し」します。
T12 の電源モードが Disable(無効)に設定された
後、元のステータス表示に変わります(* [-] キーを
押すと “ ” が選択できます。
)
点滅
MIC
表示
● [HPF] スイッチのステータス
設定
OFF
ON (40 〜 200Hz)
表示
● [TO ST BUSS] スイッチのステータス
設定
OFF
<メモ>:T12 の給電モードはインプット 1 〜 4 全
てに設定され、電源を切っても保持されます。
ON
表示
19
出力部のステータス表示
<メモ>:入力部のステータス表示の状態でイン
プット 1 のマイク給電スイッチを “T12” に設定す
ると、下記例のようにインプット 1 に T12 が給電
されていることを示します。
出力部のステータス表示では、出力ソースおよび出力に関
連したスイッチの設定状態を表示します。
[SOURCE SEL] スイッチの設定に応じて、以下のような表
示になります ( 下記表示は工場出荷時の状態を示していま
す )。
[SOURCE SEL] スイッチを “MIX” に設定時:
出力ソースおよび下記のスイッチの設定状態を表示しま
す。またこの画面を表示中、リミッターのスレッショルド・
レベルとレシオのパラメータを設定できます。
フロントパネル
右サイドパネル
また、
インプット 1 に T12 の電源を供給し、
インプッ
ト 2 〜 4 に P48 の電源を供給した場合は、下記例
の表示になります。
3.
[EDIT] キーを押すとステータス表示モードから抜
け出し、メータ表示に変わります。
<注意>:T12 の給電を必要とする場合は、前述と同
じ要領で給電モードを “Enable” に設定し直してくだ
さい。
右サイドパネル
右サイドパネル
[SOURCE SEL] スイッチを“DIRECT OUT”に設定時:
出力ソースおよび下記のスイッチの設定状態を表示します。
<メモ>:給電モードの設定は、電源を切っても保存
されます。ただし、後述のシステムのステータス表示
においてフラッシュ・メモリーを初期化すると、工場
出荷時の設定(Enable)にリセットされます(☞ 24
ページ)
。
右サイドパネル
右サイドパネル
20
右サイドパネル
ステータス表示詳細
リミッターのパラメータ設定
[LIMITER] スイッチを “ON”(または “LINK”)にすると、
本機のリミッターが機能し、ステレオ L/R バスの出力にリ
ミッターをかけることができます。
各スイッチの設定ポジションによって、以下のアイコンを表
示します。
リミッターのスレッショルド・レベルとレシオ(圧縮比)
の初期設定は、スレッショルド・レベルが “+12dB” でレ
シオは “5:1” に設定されており、用途に応じて変更するこ
とが可能です。
● [LIMITER] スイッチのステータス
[LIMITER] スイッチが “OFF” のときはスレッショルド・
レベルとレシオのパラメータは “ ” を表示し、スイッ
チを “ON” または “LINK” に設定するとスレッショルド・
レベルとレシオのパラメータを表示します。
パラメータは任意に変更が可能ですので、次項を参照し
てください。
OFF
設定
表示
ON
<注意>:ここからの操作は、フロント・パネルの [LIMITER]
スイッチが “ON” に設定され、下記例のステータス表示になっ
ていることを前提にしています。
LINK
THRE
RATIO
1.
● AUX OUT 切り換えスイッチのステータス
設定
表示
OFF
1/2 , 3/4
L/R
L+R
上(AUX 1)
下(AUX 2)
出力部のステータス表示の状態で、[EDIT] キーを
「長押し」します。
THRE の “
” が早い点滅に変わり、設定が可能
になります。
点滅
● AUX OUT レベル切り換えスイッチのステータス
-10
設定
-60
2.
表示
● SUB OUT レベル切り換えスイッチ/
MAIN OUT レベル切り換えスイッチのステータス
設定
表示
+4
0
-10
-60
“
” が点滅している状態で [EDIT] キーを押す
と、“
” の点滅と “
” の点滅が交互に変わ
ります。
スレッショルド・レベルを変更するには “
” を
点滅させ、レシオ(圧縮比)を変更するには “
”
を点滅させます。
点滅
点滅
21
3.
“
” が点滅(または “
” が点滅)してい
る状態で [+] キーまたは [-] キーを押して、希望
の値を選択します。
スレッショルド・レベルのパラメータは “
”、
“
” または “
” が選択でき、レシオは “
”
または “
” が選択できます。
メータのステータス表示
メータのステータス表示では、メータ表示に関連する下記
ステータスを表示し、用途に合わせたパラメータが任意に
設定できます(下記表示は工場出荷時の状態を示していま
す)
。
スレッショルド・レベルの選択
点滅
[+] キーを押す
[-] キーを押す
(1)
ピーク・メータの ON/OFF
L、R 独立して ON/OFF が設定できます。
点滅
[+] キーを押す
(2)
VU メータの基準(0VU)レベル
L、R 独立して基準レベルが設定できます。
[-] キーを押す
(3)
ピークオーバー・インジケータの点灯レベル
L、R 独立して点灯レベルが設定できます。
(4)
内蔵電池のタイプ
アルカリまたはニッケル水素が設定できます。
点滅
パラメータの設定手順
レシオの選択
1.
点滅
[+] キーを押す
メータのステータス表示の状態で、[EDIT] キーを
「長押し」します。
L チャンネルのピークメータの設定パラメータ “
”
が点滅し、設定が可能になります。
[-] キーを押す
点滅
点滅
4.
5.
<メモ>:本機に信号が入力されている状態で上記画
面を表示させると、VU メータ/ピーク・メータのレ
ベルを確認しながら、パラメータのエディットが可能
です。
パラメータの変更後、[EDIT] キーを「長押し」し
て確定します。
2.
[EDIT] キーを押して、ステータス・モードから抜
け出します。
点滅している状態で [EDIT] キーを押していき、
エディット可能なパラメータを選択します。
下記順で設定可能なパラメータが移動します。
Lch の “PK”
<メモ>:パラメータの設定は電源を切っても保持さ
れますが、システムのステータス表示でフラッシュ・
メモリーを初期化すると、工場出荷時の設定にリセッ
トされます(☞ 24 ページ)
。
Lch の “0VU”
BATT TYPE
Rch の “PK”
Rch の “OVR”
22
Lch の “OVR”
Rch の “0VU”
3.
ピークオーバー・インジケータの点灯レベル
選択したパラメータが点滅している状態で、[+] キ
ーまたは [-] キーを押して希望のパラメータを選択
します。
初期設定値が “+18dB” で、“0dB” 〜 “+18dB”
の範囲を “1dB” ステップで設定できます。
下記図は、Lch と Rch のピーク・メータ表示を
“
” に設定した場合の例です。その他の選択可能
なパラメータについては、下記「設定パラメータの
詳細」を参照してください。
<メモ>:ピーク・オーバー時は、通常のメータ表示部では下
記左図の “OVER” アイコンが点灯します。また、
メータのステー
タス表示の状態では、下記右図の “O” が点灯します。
点灯
点灯
点灯
点滅
4.
パラメータの選択後、[EDIT] キーを「長押し」し
て確定します。
5.
[EDIT] キーを押して、ステータス・モードから抜
け出します。
メータのステータス表示
ステレオ・メータ表示
<メモ>:本機ピーク・メータの仕様は下記図のようになって
います。
設定パラメータの詳細
+13dBu (+9dB)
Permitted Level
ピーク・メータの ON/OFF
Alignment Level (AL)
+4dBu(基準レベル)
メータが、VU レベルとピーク・レベルの両方を表
示します(初期設定)
。
メータは VU レベルのみ表示し、ピーク・レベル
を表示ません。
Scale
VU メータの基準レベル
AL
Level
PML
Level
-16 〜 +16 @(標準) @+9dB
初期設定値が “0dB” で、“0dB” 〜 “+7dB” の範
囲を “1dB” ステップで設定できます。
<例>:パラメータを “+5” に設定すると、
0VU = 基準レベル +5dB を意味します。
Attack
Time
0.1msec.
Fall
Time
Peak Hold
Time
1.7sec/
20dB
2sec.
内蔵電池の選択
アルカリ電池の使用時に選択します(初期設定)
。
<メモ>:この設定は、本機に接続する外部機器のヘッドルー
ムを十分に活かしきれない場合などに、0VU 位置を示す基準
レベル値を任意に設定します。通常は “0” で使用します。
ニッケル水素電池の使用時に選択します。
<注意>:この設定は、EMPTY インジケータや電池交換
を促すためのアラートを、使用する電池に合わせて正しく
動作させるために必要です。
本機を内蔵電池で駆動する場合は、必ず使用する電池に合
わせて設定してください。なお、EMPTY インジケータや
電池交換のアラートは電池の種類や充電状態 / 環境の変化
によって変わるため、EMPTY インジケータが点滅した場
合は速やかに電池交換することをお勧めします。
<メモ>:基準レベル値を “0” 以外に設定すると、下記例の
ようにレベル・メータの “0” 横(または上)に “+” が点灯し
ます。これは 0VU が基準レベルでないことを表します。
+
ステレオ VU メータ
INT DC
EMPTY インジケータ
の点滅(約 30 分前)
+
電池交換の
アラート表示
音声出力の
ミュート
Lch VU メータ
EXT DC
Alkali
Ni-MH
8.1V
未満
7.5V
未満
9.2V
未満
7.0V
未満
6.1V
未満
6.1V
未満
6.1V
未満
8.6V
未満
* 電池交換を促すアラートは、Please change Battery! を表示
します。
23
システムのステータス表示
フラッシュ・メモリーの初期化
システムのステータス表示の状態で [EDIT] キーを 10
秒以上押すと、フラッシュ・メモリーの内容を初期化し
て工場出荷時の状態に戻すことができます。
[EDIT] キーを押し続けるとタイム表示が 00h00m00s
から 00h00m10s まで 10 秒間カウントし、初期化が
完了すると自動的にシステムのステータス表示からステ
レオ・メーター表示に変わります。
システムのステータス表示では、本体に関する下記情報を
確認するとともに、必要に応じてタイム表示をリセットし
たり、フラッシュ・メモリーの初期化が行えます。
(1)
(2)
電源の電圧表示(EXT DC または INT DC)
現在使用している電源(内蔵電池/外部電源)の電圧
を表示します。
[POWER] スイッチが “INT” のときは内蔵電池の電
圧を表示し、ディスプレイは “INT DC” になります。
また、[POWER] スイッチが “EXT” のときは外部電
源の電圧を表示し、ディスプレイは “EXT DC” に
なります。
本体内部の雰囲気温度の表示(TEMP)
本機内部の温度を表示します。
通常、本機を使用する環境温度によって電池の性能
が大きく変わり、一般的には低い温度環境で使用す
ると、アルカリ電池などの一次電池は電池寿命が短
くなります。
(3)
電源投入後の経過時間(PW-ON TIME)
電源をオンにしてからの経過時間を表示し、タイム
表示はリアルタイムに刻んでいきます。
<メモ>:上記画面の状態で [EDIT] キーを長押しす
ると、タイム表示を “00h 00m 00s” にリセットでき
ます。なお、本機の電源を切るとタイム表示は自動的
に “00h 00m 00s” にリセットされます。
(4)
バージョン表示(FWS Ver)
本機ファームソフトウェアーのバージョンを表示し
ます。
24
仕 様
[AUX OUT] (1, 2) 端子
入出力
● 0dBu=0.775Vrms
<アナログ・インプット>
[INPUT](1 − 4) 端子
● コネクタ:XLR-3-31 タイプ(トランスバランス)
< LINE 入力>
● 入力インピーダンス:10k Ω以上
● 基準入力レベル:-20dBu 〜 +4dBu
● 最大入力レベル:+29dBu
< MIC 入力>
● 入力インピーダンス:2k Ω以上
● 基準入力レベル:-70dBu 〜 -30dBu
● 最大入力レベル:-5dBu
●
●
●
●
●
●
●
●
コネクタ:XLR-5-51 タイプ(電子バランス)
入力インピーダンス:20k Ω以上
基準入力レベル:+4dBu
最大入力レベル:+29dBu
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック(ア
ンバランス)
入力インピーダンス:10k Ω以上
基準入力レベル:-10dBV
最大入力レベル:+15dBV
●
●
●
●
周波数特性
コネクタ:XLR-3-32 タイプ(トランスバランス)
適合負荷インピーダンス:600 Ω以上
基準出力レベル:+4/0/-10/-60dBu(スイッチ切
り換え)
最大出力レベル:+24/+20/+10/-40dBu(スイッ
チ切り換え)
●
●
●
●
● LINE IN - MAIN OUT:
20Hz 〜 20kHz ± 1dB(標準レベル)
● MIC IN - MAIN OUT:
40Hz 〜 20kHz ± 1dB(標準レベル)
● HEADPHONE(32 Ω負荷、25mW 出力時)
:
20Hz 〜 20kHz ± 3dB
S/N 比(A-Weight)
コネクタ:XLR-3-32 タイプ(電子バランス)
適合負荷インピーダンス:10k Ω以上
基準出力レベル:+4/0/-10/-60dBu(スイッチ切
り換え)
最大出力レベル:+24/+20/+10/-40dBu(スイッ
チ切り換え)
● LINE(INPUT GAIN: +4dBu)
:
80dB 以上
● MIC(INPUT GAIN: -70dBu)
:
55dB 以上(入力換算雑音 -125dBu)
全高調波歪率
[TAPE OUT] 端子
● コネクタ:Hirose 4 ピン(メス)
適合プラグ:Hirose HR10A-7P-4P
● 出力電圧:DC7.2 〜 24V(Max. 0.5A)
総合特性
[SUB OUT] (L/3, R/4) 端子
● コネクタ:XLR-4-32 タイプ(オス)
● 入力電圧:DC10 〜 24V
[DC OUT] コネクタ
[MAIN OUT] (L/1, R/2) 端子
●
●
●
●
コネクタ:φ 6.35mm ステレオ・フォンジャック
:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック
適合負荷インピーダンス:8 Ω以上
最大出力:50mW (32 Ω負荷、THD:0.1%以下)
[DC IN] コネクタ
<アナログ・アウトプット>
●
●
●
<その他>
[RTN] 端子
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック(ア
ンバランス)
適合負荷インピーダンス:10k Ω以上
基準出力レベル:-10dBV / -60dBV(スイッチ切
り換え)
最大出力レベル :+10dBV / -40dBV(スイッチ切
り換え)
[PHONES] 端子
[AUX IN] 端子
●
●
●
●
0.1%以下 at 1kHz
HEADPHONE 残留ノイズ(PHONES VR: MIN)
コネクタ:φ 3.5mm ステレオ・ミニジャック(ア
ンバランス)
適合負荷インピーダンス:10k Ω以上
基準出力レベル:-10dBV
最大出力レベル:+10dBV
-72dBV 以下(A-WEIGHT)
クロストーク
25
-70dB 以下 at 1kHz
電池使用時の持続時間(参考)
付属回路
●
●
●
ファンタム電源:
P-48V、および T12 (A-B12V)を各
インプット・チャンネルに装備
* T12 の給電はステータス・モードで Enable/
Disable の設定が必要(初期設定:Enable)
HPF(ハイパスフィルター)
:
40Hz 〜 200Hz、-12dB/oct.
周波数連続可変
EQ(イコライザー)
:
● HI:タイプ:シェルビング型
カットオフ周波数:10kHz( 固定 )
ブースト / カット:-12dB 〜 +12dB
● MID:タイプ:スイープ型
中心周波数:200Hz 〜 8kHz( 可変 )
ブースト / カット:-12dB 〜 +12dB
● スレート・マイク/スレート・トーン:
スレート・トーン:1kHz
スレート・マイク:本機に内蔵
● レベルメータ:ピークメータ付 VU メータ
ステレオ/モノ切り換え式
● リミッター:
ATACK TIME:約 5msec
RELEASE TIME:約 200msec
THRESHOLD:+6/+9/+12dB
RATIO:3:1/5:1
* THRESHOLD および RATIO は、
ステータス・
モードで設定可能
<測定環境: 温度 /20 度、湿度 /60%>
電池の種類
アルカリ(LR6)
Ni-MH (SANYO 製 eneloop)
Ni-MH (SANYO 製 2700mAh)
●
●
●
外形寸法:
274(幅)x 57(高さ)x 180(奥行き)mm
(突起物を含む)
本体質量:
約 1.5kg(電池ボックス除く)
約 1.7kg(電池ボックスおよび単三アルカリ 乾電池 8 本を含む)
(内蔵電池除く)
電 源:
内蔵電池:AA タイプ(単三)x 8 本
(アルカリ:12V、ニッケル水素:9.6V)
定格電源範囲:DC7.2V 〜 12V
●
●
●
外部電源:専用 AC アダプタ(別売)
推奨外部バッテリー:DC12V 〜 24V
定格電源範囲:DC10V 〜 24V
消費電力:約 4.0W
動作保証条件:温度 -10 〜 +50 ゜
湿度 85%以内(ただし、水滴付
着が無いこと)
付属品:電池ボックス、取扱説明書、保証書
ON (P48 x 3)
約 5.5 時間
約 4.5 時間
約 7.5 時間
約 7.0 時間
約 6.5 時間
約 5.5 時間
<測定環境: 温度 /0 度、湿度 / 飽和>
電池の種類
アルカリ(LR6)
Ni-MH (SANYO 製 eneloop)
Ni-MH (SANYO 製 2700mAh)
マイク給電
OFF (DM)
ON (P48 x 3)
約 2.5 時間
約 2.0 時間
約 7.5 時間
約 6.5 時間
約 6.5 時間
約 5.5 時間
<測定環境: 温度 /+45 度、湿度 /60% >
電池の種類
アルカリ(LR6)
Ni-MH (SANYO 製 eneloop)
Ni-MH (SANYO 製 2700mAh)
マイク給電
OFF (DM)
ON (P48 x 3)
約 7.0 時間
約 5.5 時間
約 8.0 時間
約 7.0 時間
約 7.0 時間
約 5.5 時間
<注意 1 >:上記表の持続時間はあくまでも参考値です。
実際の使用状態/環境の変化により変動します。
<注意 2 >:ニッケル水素電池は、充電/放電の繰り
返し回数が増加するほど、最大容量は徐々に減少してい
きます。
一 般
マイク給電
OFF (DM)
<注意 3 >:上記ニッケル水素電池の持続時間は、い
ずれもフル充電直後に計測した時間です。ニッケル水素
電池は自己放電するため、充電後できるだけ早く使用す
ることをお勧めします。極力自己放電特性を改善した
eneloop などの次世代型の電池を推奨します。
<注意 4 >:内蔵電池は、8 本すべてが同じ種類で、
同容量の電池をご使用ください。
<メモ>:使用環境が低温なほど、アルカリ電池など
の一次電池は特性上寿命が短くなります。
低温の環境で本機を使用する場合は、ニッケル水素電
池のご使用をお勧めします。
* 製品の規格や外観等は、改良のため将来予告無く変更
することがあります。
26
57
180
27
274
252
外形寸法図
* 製品についての詳細は、弊社ホーム・ページ(http://www.fostex.jp)でもご案内しています。
フォステクス カンパニー
〠 196-0024 東京都昭島市宮沢町512 ☎ 042-545-6111 Fax 042-546-6067
28
© PRINTED IN JAPAN NOVEMBER 2009 8289669000
505043
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement