取扱説明書 - ツカサ電工

取扱説明書 - ツカサ電工
A-009-021-C
DC モータードライバ
TCP-S30
取扱説明書
目次
1.はじめに
・・・・・・・・・・・・・ 2
2.TCP-S30の特徴・・
3.一般的な注意事項
4.設置について
・・・・・・・・ 3
・・・・・・・・・・・・・・・ 4
7.参考接続図
8.機能
・・・・・・・・・ 2
・・・・・・・・・・・ 2
5.外形寸法、各部名称
6.仕様
2
・・・・・・・・・・・・ 6
・・・・・・・・・・・・・・・ 7
2015 年 5 月 13 日
ツカサ電工株式会社
1
A-009-021-C
1.はじめに
お買いあげいただき、誠にありがとうございます。
この取扱説明書では、「TCP-S30」の仕様、設置、接続方法について
説明しています。
本書をご使用になる前にお読みいただき、十分に理解した上でお使いください。
また、本書はいつでもご利用いただけるよう、大切に保管してください。
2.「TCP-S30」の特徴
z
z
z
z
z
z
「TCP-S30」は、弊社製 DC モータ専用のドライバです。
駆動素子に POWER MOS-FET を使用しているため低損失です。
PWM電圧制御により、回転制御が可能です。
内部に2系統の速度設定VR、外部に1系統の速度設定電圧入力を有し、速度切換が容易
に行えます。
スローアップ、スローダウン機能を内蔵しているため、変速時のショックを抑えることが
可能です。
出力軸拘束等の過負荷からモータ焼損事故を防止するために、過負荷保護機能を内蔵して
います。
3.一般的な注意事項
z
z
z
z
z
z
z
z
z
z
電源ラインの極性を間違えたりモータ出力線をショートさせた場合、破損に至る恐れがあ
ります。
配線には十分ご注意ください。
通電中のコネクタの抜き差しは行わないでください。
始業時には、本製品の機能及び性能が正常である事を確認してからご使用ください。
本製品が万一故障した場合、各種の損害を防止するフェールセーフ等の安全対策を予め配
慮願います。
仕様に示された規格以外での使用、または改造された製品につきましては、機能及び、性
能の保証はできかねますのでご留意ください。
本製品を他社製品と同一電源で使用する場合、ノイズ等の回り込みで機能及び、性能が十
分に発揮されないばかりか、誤動作を起こす事も考えられますので、予め十分検討の上ご
使用ください。
人体の保護を目的とした使用はしないでください。
耐放射線設計は施されていませんので、放射線を受ける環境での使用はできません。
静電気による破壊防止のため、基板上構成部品の電極部にはお手を触れない様お願い致し
ます。
4.設置について
以下に記す個所への設置は、性能を発揮出来ないばかりか、故障の原因となりますので
ご注意願います。
・直射日光のあたる場所
・振動や衝撃が直接加わる場所
・周囲温度が 0~40℃の範囲を超える場所
・周囲湿度が 85%RH を超える場所
・急激な温度変化で結露する場所
・腐食性ガスや可燃性ガスのある場所
・塵埃、塩分、鉄粉、油煙が多い場所
・水、油、薬品等のしぶきがかかる場所
・強磁界、強電界の発生する場所
・放射線を受ける場所
ドライバを設置するときは、放熱を妨げないように、他の機器と 20 ㎜以上間隔を離
して設置してください。
また、設置間隔が保たれない場合は、ファンによる強制冷却を施してください。
20 ㎜
20 ㎜
ドライバ
20 ㎜
2
A-009-021-C
5.外形寸法、各部名称
45±0.5
1.2
22.5±0.5
33MAX
2-φ3.5
RV3(ソフトスタート設定 VR)
RV2(速度設定 SP 2)
RV1(速度設定 SP 1)
CN1(電源、制御信号入力)
45MAX
CN2(モータ信号入出力)
2-M3
*取付ネジの深さ制限 5 ㎜以下
35±0.5
60MAX
[単位:㎜]
3
A-009-021-C
6.仕様
1)一般仕様
項
目
TCP-S30-100
TCP-S30-160
TCP-S30-300
TCP-S30-650
TG-01H
TG-05L/P
TG-06D
TG-01F
TG-05J
TG-05R*1
TG-85B*1
TG-06E
TG-01G
TG-05K
TG-85E
TG-47C-24V
対応モータ
TG-47A
TG-47B
TG-57A
TG-70A
TG-201A
TG-47C-12V
TG-30P/S*1
*1
TG-85C
TG-301A
TG-87B
TG-87A
TG-201B
電源電圧*2
12~24V ±10%以内
制御回路消費電力
1.5W以下
定格出力電流*3
100mA
160mA
300mA
650mA
最大出力電流*4
0.7A
1.0A
1.9A
4.1A
PWM 可変範囲
0~100%
PWM 周波数
12.5KHz
過電流検知保護:過電流を検出して PWM1 周期を遮断(自己復帰)
保護機能
過負荷検知保護:過負荷を検知して出力を遮断
(リセット及び電源再投入で復帰)
0~40℃、85%RH 以下(結露無きこと)
使用環境
熱対流のある雰囲気で使用
保存環境
-10~60℃、85%RH 以下(結露無きこと)
モータ接続ケーブル
付属品
電源、信号入力ケーブル
取扱説明書
質量
50g以下
*1:ドライバの定格電流以下でご使用ください。
*2:使用するギヤドモータの定格電圧でご使用ください。
*3:使用するギヤドモータの定格電流以下でご使用ください
*4:最大出力電流はドライバの許容瞬時最大電流値です。
*5:負荷側よりモータ軸が回されるアプリケーションにおいては使用できません。回生電力
により内部電源電圧が上昇し破損に至る場合があります。
*6:モータ負荷により、ドライバ内部で 1V 程度の電圧降下が発生します。最高回転数付近
で使用する場合は予め考慮願います。
4
A-009-021-C
2)入出力信号、各表示、設定の内容
線
色
信号名称
1
茶
スタート入力
2
赤
回転方向切換
入力
3
橙
ブレーキ入力
4
黄
速度切換入力
5
緑
-
6
青
アラーム出力
7
紫
速度指令入力
8
灰
GND
9
白
名称、ピン№
CN1
(電源、制御信号
入力)
内容
“H”で停止,アラームリセット
“L”で動作
“H”
: A 側-、B 側+
“L”
: A 側+、B 側-
“H”でブレーキ動作
“L”で通常動作
“H”でRV1を選択
“L”でRV2を選択
“H”:開放
“L”:0~0.9V
入力電流(L):3mA
MAX
オープンコレクタ出
力
過負荷アラームを検出
最大印加電圧:30V
して
最大電流:10mA
出力トランジスタ ON
0~5V(6Vmax)
制御入力信号用
+12、+24V入力
電源入力
CN2
(モータ信号
入出力)
10
黒
1
赤
黒
2
状態表示 LED
調整VR
0V入力
モータ出力
POWER
RV1
RV2
RV3
RV4
出力 A
出力 B
正常時:緑色
過負荷検知時:赤色
速度設定 SP1
速度設定 SP2
スロースタート、スローダウン設定用VR
外部速度指令係数設定用(工場出荷時調整用)
3)使用コネクタ型式
コネクタ番号
CN1
CN2
基板側ポスト
B10B-XH-A
B2P-SHF-1AA
対応ハウジング
XHP-10
H2P-SHF-AA
5
対応コンタクト
SXH-001T-P0.6
SHF-001T-0.8BS
メーカー
日本圧着端子製造
日本圧着端子製造
A-009-021-C
7.参考接続図
モータ接続ケーブル
CN2
赤
1
黒
2
DCモータ
スタート信号
回転方向切換信号
+5V
ブレーキ信号
2.2K
CN1
外部電源(+5V)
速度切換信号
アラーム信号
外部電源 GND
外部電源(+5V)
外部速度設定 VR
10KΩ
茶
1
赤
2
橙
3
黄
4
緑
5
青
6
紫
7
灰
8
白
9
黒
10
3
1
電源SW
突入電流制限
4.7Ω
入力インピーダンス 10KΩ以上
TCP-S30
+12~24V
RL
0V
他の軸の電源
電源ケーブル
*TCP-S30を多軸構成等で使用する場合、上図に示すような電源投入時の突入電流軽減
回路を外部に設けることをお勧めします。
*電源遮断時のサージ電圧対策のため、電源SWには逆並列ダイオードを挿入することをお勧
めします。
*必要に応じて電源ラインにノイズフィルタを入れてください。
6
A-009-021-C
8.機能
1)
スタート入力(CN1-1 ピン 茶)
“H” :停止、アラームリセット
“L” :動作
“H”から“L”にした場合、スローアップ設定が有効になります。
過負荷アラームが発生して停止した場合、この入力を“H”にする事により
リセットが可能です。
この場合、必ず過負荷発生の原因を取り除いてからリセットを行ってください。
2)
回転方向切換入力(CN1-2 ピン 赤)
“H” :モータ A 側+、モータ B 側-
“L” :モータ A 側-、モータ B 側+
回転方向の切換えではスローアップ、スローダウン機能は動作しません。
ギヤモータ出力軸の回転方向は、ギヤモータ仕様書を参照ください。
3)
ブレーキ入力(CN1-3 ピン 橙)
“L” :通常回転動作
“H” :ブレーキ動作
“H”とする事で、ショートブレーキ(モータ出力を駆動トランジスタによりショ
ートして停止させる)状態となります。回転動作中に急停止の必要がある場合にこ
の機能を使用します。モータ停止中はブレーキ効果はありません。
ブレーキ機能を使用しない場合は、常時“L”とします。
“H”から“L”にした場合、スローアップ設定が有効になります。
4)
速度切換入力(CN1-4 ピン 黄)
基板上の速度設定 VR を選択する入力です。RV1 と RV2 の切換時はスローアッ
プスローダウン設定が有効になります。
“H” :速度設定 VR“RV1“を選択
“L” :速度設定 VR“RV2“を選択
5)
アラーム出力(CN1-6 ピン 青)
過負荷アラーム信号の出力です。アラームを検出して出力トランジスタが ON しま
す。
項目
ON 時飽和電圧
許容印加電圧
許容電流
6)
度指令入力(CN1-7 ピン
項目
入力電圧
入力インピーダンス
出荷時 PWM 調整値
内容
0.8V MAX
30V MAX
10mA MAX
備考
紫)
内容
0~6V 以内
10KΩ以上
100%/5V
備考
速度指令入力端子を使用する場合は、予め RV1、
RV2 を最小に設定してください。
入力電圧に対する PWM パルス幅は基板上の RV4 により可変できます。
信号ラインが 50 ㎝より長くなる時はノイズの影響を抑える為、
ツイストペアケーブルやシールドケーブルをご使用ください。
7
A-009-021-C
7)
速度設定(RV1、RV2)
モータ回転数設定用の VR です。
速度切換入力の設定により RV1、RV2 が有効、無効になります。
VR目盛
最小
最大
内容
PWM 0%
PWM 100%
備考
出荷設定値
* モータ回転数は内部設定 VR (RV1、RV2)と速度指令入力の何れか高い設定値が
優先されます。
* PWM 100%とは電源電圧でモータを回すのに相当します。
* 電源電圧に回転数が依存しますのでご注意ください。
VRの目盛位置
VR 目盛最小
8) ソフト設定(RV3)
スローアップ、スローダウン設定用の VR です。
VR目盛
最小
最大
内容
時定数最小
時定数最大
VR 目盛最大
備考
出荷設定値
9) 電流保護機能
主回路電流が最大出力電流以上になったのを検出して PWM の 1 周期(80μS)
を遮断し次の周期で自己復帰します。この保護機能は通常動作時における過電流遮
断を目的としており、モータ出力線を短絡させた場合は、出力トランジスタが破損
に至る場合があります。
10)過負荷保護機能
出力電流が連続(1.5 秒以上)して定格以上になった場合、過負荷と判断して出
力を遮断しその状態を保持します。また、過負荷停止時は”POWER”LED(D11)
が赤色に点灯します。
PWM パルス幅が 70%以下で運転の場合、過負荷保護機能は動作しませんので
ご注意ください。
リセットは電源の再投入又は、スタート入力を“H”にすることにより行います。
この場合、必ず過負荷停止の原因を取り除いてから行ってください。
* 過負荷保護機能の動作、非動作で、定格以上、定格以内の判断はできません。
8
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement