Photo Place GPS 取扱説明書

Photo Place GPS 取扱説明書
準拠規格・商標
規格
• VCCI
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCC
I)の基準に基づくクラスB情報技術装置です。この装置は、
家庭環境で使用することを目的としていますが、ラジオやテレ
ビの近くでお使いになると、受信障害を引き起こすことがあり
ます。本取扱説明書にしたがって正しくお取り扱いください。
• RoHS
本製品は、欧州連合 (EU) の有害物質の使用制限についての
基準である、RoHS (Restriction of the use of Certain
Hazardous Substances) 指令対応製品です。
商標
• microSD™ は SD Card Association の商標です。
• Windows® は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他
の国における登録商標です。Windows® の正式名称は Microsoft
® Windows® Operating System です。
• Google EarthTM 地図サービスは、Google Inc. が提供するサービ
スです。
• Google EarthTM は Google Inc. の商標です。
本書について
• 本書は本製品の使い方、取り扱い上の注意を説明した取扱説明書
です。
• 本書の内容の一部およびすべてを無断で転載することは禁じられて
います。
• 本書で使用している画像や画面は製品開発中のものであり、実際とは
異なる場合があります。また、本書で使用している画像は、はめ込み
合成の場合があります。
• 本書には Windows の基本的な操作については記載しておりません。
メニューの選択やウィンドウ操作などは基本的に Windows の一般
的な操作手順に準拠しております。
• 本 書 の 説 明 に は、Windows XP の 画 面 を 使 用 し て い ま す。
Windows Vista、Windows 7 をご使用の場合、画面の表示が一
部異なる場合があります。
• 本書では ® および ™ などの商標マークは省略させていただいて
おります。
本製品でできること
本製品は、電源を入れて本体を持ち歩くだけで、位置情報を
記録できます。その後、本体をパソコンと接続して、
対応している地図ソフト上で経路とデジタル写真を表示
させることができます。
目次
はじめに
注意事項 ����������������������������������������������������������������������������������� 7
制限事項 ����������������������������������������������������������������������������������� 8
安全上の注意・警告 ���������������������������������������������������������������� 8
GPS とは ������������������������������������������������������������������������������ 12
測位する場所について ��������������������������������������������������������� 12
GPSユニット(本体 )の各部名称
前面図 ������������������������������������������������������������������������������������ 14
背面図 ������������������������������������������������������������������������������������ 16
側面図 ������������������������������������������������������������������������������������ 17
準備する
ストラップを取り付ける ����������������������������������������������������� 18
電池を入れる ������������������������������������������������������������������������ 18
電源を入/切をする ������������������������������������������������������������� 19
位置情報を記録する
記録を開始する前に ������������������������������������������������������������� 20
位置情報を取得する ������������������������������������������������������������� 22
位置情報をパソコンで利用する
パソコン操作の前に ������������������������������������������������������������� 28
写真に位置情報を付加する ������������������������������������������������� 30
本体とパソコンの接続を解除する ������������������������������������� 38
写真の詳細を確認する ��������������������������������������������������������� 40
操作画面について
「位置情報の取り込み」画面 ����������������������������������������������� 42
「位置情報を画像データに追加」画面 �������������������������������� 44
「位置情報が追加された写真」画面 ����������������������������������� 46
仕様
ハードウェア仕様 ���������������������������������������������������������������� 48
アプリケーション仕様 ��������������������������������������������������������� 50
困ったときは
Q&A ������������������������������������������������������������������������������������ 52
Photo Place GPS 用語集 ������������������������������������������������ 56
はじめに
本製品を正しくご使用になるために必ずこの取扱説明書
(本書)をご覧ください。
また、本製品は安全に十分に配慮して設計されていますが、
間違った使い方をすると、火災や感電により人身事故を
引き起こす可能性があり、大変危険です。事故の発生を
防ぐために次のことを必ずお守りください。
• 安全のための注意事項を守る
本書に記載の「安全上の注意・警告」をよくお読み
ください。本製品全般の注意事項が記載されています。
この注意事項を守り、正しくご使用ください。
• 定期的に点検をする
本製品接続時、また使用を始めてからも定期的に、
本製品の端子部分にほこりがつまっていないかなどを
点検してください。
• 故障したら使用しない
正しく動作しなくなった場合や、破損していることに
気付いたら、すぐに使用を中止してください。
注意事項
• 磁気を発生するものからは遠ざけてください。
• 持ち運びの際は、ズボンやスカートの後ろのポケットに入れて座らない
ようにしてください。破損、故障の原因になります。
• 測位中は GPS ユニットを外に向け、できるかぎり上向きになるように
装着してください。
• 測位中は GPS ユニットのアンテナ部を下に向けたり、かばんやポケット、
体などでさえぎらないようにしてください。
• 測位中に電池を交換しないでください。測位ができなくなります。
• 測位中に microSD カードを交換しないでください。測位ができなく
なります。
• 電池の不必要な消耗を防ぐため、利用しないときはその都度電源を切って
ください。また、保管する際は、電池を抜いて保管してください。
• 電源を入れた時は GPS ユニットのアンテナ部分を上部に向け測位中に
なるまでお待ちください。
• GPS ユニットに付着した汚れや水滴は長時間放置すると取れなくなる
恐れがあります。
• 低温度時は性能が低下するので、GPS ユニットや電池を冷やさないように
してください。
• 測位情報とカメラで撮影した画像データの同期については、付属ソフト
ウェアを使用して行います。そのため、カメラの日時情報は時間、分ま
で設定してください。
• Google Earth を使用するにはインターネットに接続できる環境が必要
です。プロバイダ料金、通信費は本製品に含まれておりません。
はじめに
制限事項
• 本製品をインストールまたは、アンインストールを行うときは、管理者
権限のあるユーザーで行ってください。
• 屋内での位置情報測位はできない場合があります。
• 製品の動作は日本国内でのご使用のみ保証しております。海外でのご使
用は保証しておりません。
• GPSユニットを金属製品で覆うと位置情報を測位できません。
安全上の注意・警告
本書では、安全にご使用いただくために次のような表示、
記号で表しています。人や財産への危害、損害の発生を
防ぐために表示の内容をよく理解し、本製品をお使いく
ださい。
警告
この表示は「火災や感電などにより、死亡または重傷
を負う可能性が想定される」内容です。
注意
この表示は「感電やその他の事故により、けがや家財
に損害を与える可能性が想定される」内容です。
行為を禁止する記号
行為を指示する記号
異常や故障のとき
警告
以下の場合は、すぐに電源を切って、本製品の使用を中止して
ください。
・故障している
・異音、異臭、煙が出ている
・内部に水や異物が入った・破損して内部がむき出しになって
いる
そのまま使用すると、火災、感電、故障の原因になります。
修理は弊社までご相談ください。
使用するとき
警告
本製品の分解や改造、修理などは絶対にしないでください。
火災や感電、故障の原因になります。修理は弊社までご相談
ください。分解などを行った場合は製品保証の対象外となります。
本製品の破損原因となる、下記の行為はしないでください。
本製品を傷つける、落とす、強い衝撃を与える、加工する、熱
器具に近づける、無理に曲げる、ねじる、引っ張る、重いものを
のせる、束ねるなど。傷んだまま使用すると、感電・火災の原因に
なります。修理は弊社までご相談ください。
本 製 品 の 近 く に 液 体 容 器 や 金 属 類 を 置 か な い で く だ さ い。
液体や金属類が本製品の内部に入ると、火災、感電、故障の原因に
なります。
はじめに
本製品を水につけたり、濡れた手で本製品に触れないでください。
感電や故障の原因になります。
本製品の内部に金属類や燃えやすいものを入れないでください。
火災や感電、故障の原因になります。
本製品の内部に指を入れないでください。
けがや感電、故障の原因になります。
振動や衝撃のある場所、傾斜しているなど、不安定な場所に本
製品を置かないでください。また、そのような場所で本製品を
使用しないでください。
倒れたり、落ちたりして、けがや破損の原因になります。強い
衝撃を受け、故障、破損した場合は、製品保証対象外となります。
屋外で雷鳴が聞こえたときは、本製品に触れたり使用しないで
ください。感電の原因になります。
プロパンガス、ガソリンなどの引火性ガスや粉塵の発生する
場所、および引火、爆発の恐れのある場所では使用しないで
ください。爆発や火災の原因になります。
注意
直射日光の当たる場所や極端に温度が高くなる場所、または
極端に温度の低い場所では使用しないでください。
火災や故障の原因になります。
湿気、油気、埃の多い場所や加湿器のある場所では使用しないで
ください。火災や感電、故障の原因になります。
本 製 品 の 上 に 物 を の せ た り、 布 類 で 覆 う、 包 む、 通 風 孔 を
ふ さ ぐ な ど、 風 通 し の 悪 い 状 態 で 使 用 し な い で く だ さ い。
内部温度が上昇し、火災や故障の原因になります。
本製品の上に重いものをのせたり、本製品の上に乗らないで
ください。火災や感電、故障の原因になります。
10
輸送、開梱、廃棄時には、パッケージの取り扱いに気をつけて
ください。パッケージの端で手などを切り、けがの原因になる
ことがあります。
本製品は小さなお子様の手が届かない場所に設置してください。
けがの原因になることがあります。
砂埃などがある海辺、砂地では砂埃がかからないようにして
ください。故障の原因になります。
電池について
警告
電池が液漏れしているときは、素手で触らないでください。
また、電池から漏れた液が皮膚や衣服に付着したときは、すぐに
きれいな水で洗い流してください。
皮膚の炎症や失明の原因になる恐れがあります。
注意
指定以外の電池を使ったり、新しい電池と古い電池を併用しな
いでください。
破裂したり、液が漏れたりして、火災、けが、汚損の原因にな
ることがあります。また、指定外の電池および新旧の電池を併
用した場合、製品保証対象外となります。
電池の+と-の向きに注意してください。
向きが正しくない場合、破裂したり、液が漏れたりして、火災、
けが、汚損の原因になることがあります。電池の向きが正しく
ないまま使用した場合、製品保証対象外となります。
11
はじめに
GPS とは
GPS(Global Positioning System)とは、米国によって
軍事用に開発された衛星を使った位置決定システムですが、
民間にも開放され、近年では航空機・船舶等の航法支援、
現在ではカーナビゲーション用として広く利用されて
います。
測量に利用する場合には、測点間の視認が不要である上、
長距離の測量においても測定精度が高く、天候に影響
されにくいなどの利点があります。
このシステムは、地上約 2 万 km を周回する 24 個の
GPS 衛星、GPS 衛星の追跡と管制を行う管制局、測位を
行うための利用者の受信機で構成されており、GPS 衛星は
6 軌道面に 4 個ずつ配置されています。
利用者は、GPS 受信機が 3 個以上の GPS 衛星からの距離を
同時測定することで自分の位置を決定(測位)できます。
GPS 衛星からの距離は、GPS 衛星から発信された電波が
受信機に到達するまでに要した時間から算出されます。
測位する場所について
木やビルなどの背の高い障害物があるところは電波が
反発し、正しく測位できない場合があります。できるだけ
オープンスカイ(衛星と受信機の間に障害物のない状態)で
利用するようにしてください。
12
13
GPSユニット(本体 )の各部名称
前面図
本体の前面です。
アンテナ
[ON] ボタン
電池残量ランプ
測位表示ランプ
メモリ残量ランプ
自動 / 手動
切り換えスイッチ
アンテナ
GPS 衛星からの電波を受信します。
[ON] ボタン
位置情報の測位を開始・終了します。
測位表示ランプ
(緑)
[BATT]
電池残量ランプ
(赤)
14
測位の状態をランプのパターンで表示します。
測位準備中:約 2 秒間隔で 2 回点滅
測位中:約 2 秒間隔で 1 回点滅
電池残量が 30%以下になると、点滅します。
測位中の場合は、一度測位を終了して、電池を
交換するとランプは消灯します。
自動 / 手動
切り換えスイッチ
[MEM]
メモリ残量ランプ
(オレンジ)
測位の方法を切り換えます。
自動 (AUTO):連続して測位する
手動 (MAN) :任意の場所で測位する
※ 経路を測位する場合は [AUTO] にして
おきます。
メモリがいっぱいで、これ以上位置情報を
記録できない場合に点灯します。パソコンに
取り込むなどして、データが削除されると、
ランプは消灯します。
※ パソコンと接続中、または microSD カー
ドが挿入されていない場合も点滅します。
15
GPSユニット(本体 )の各部名称
背面図
本体の背面です。
電池カバー
電池・電池カバー
16
単 4 アルカリ乾電池 2 本を入れてく
ださい。≫ P.18
側面図
本体の右側面、下側面です。
リセットスイッチ
microSD 挿入口
USBケーブル差込口
microSD カード 内のデータをすべて
削除できます。
リセットスイッチ
microSD 挿入口
USB ケーブル差込口
※ いずれかのランプが点灯・点滅してい
るときに、ボールペンなどの先で中の
スイッチを長押しすると、データが削除
されます。
測位したデータを保存するメモリカード
(microSD カード)が挿入されています。
パソコンと接続する際、付属の USB
ケーブルを差し込みます。
17
準備する
ストラップを取り付ける
ストラップは図の位置に
取り付けます。
電池を入れる
1. 本体背面の電池カバーを開き
①
ます。
3. 電池カバーをスライドさせて
②
閉じます。
③
18
−+
に注意して電池を入れます。
※凸部分を押しながら矢印の
方向にスライドさせて開きます。
+−
2. 電池のプラスとマイナスの向き
電源を入/切をする
[ON] ボタンを長押しします。
せ 電源を入/切できます。
※ 約 2 秒間ボタンを押し続けます。
電源を入れる
[BATT] ランプが赤く点灯した後、測位
表示ランプが点滅します。
電源を切る
[BATT] ランプが赤く点灯した後、すべ
てのランプが消えます。
19
位置情報を記録する
記録を開始する前に
写真を撮影する前に、お持ちのカメラの日時が正しく設
定されているかご確認ください。
お手持ちのカメラの日時の設定方法については、カメラ
の取扱説明書をご参照ください。
日時設定
○○年△月□日
○時△分□秒
20
ゃ
どうしてカメラの日時設定が必要?
本体で取得した位置情報を、撮影した写真に付加するために日時
情報を利用します。そのため、カメラの日時が正しく設定されて
いないと、誤った位置情報が写真に付加されたり、位置情報が付
加できない場合があります。
カメラ
GPS
・
・
・
□時△分○秒 撮影
+
○時△分□秒 撮影
○時△分□秒
北緯○度 東経△度
にて撮影した写真
・
○時△分□秒: 北緯○度 東経△度
・
・
・
△時○分□秒 撮影
・
21
位置情報を記録する
位置情報を取得する
本体は [AUTO] モードと、[MAN] モードの 2 種類の使
い方があります。
• 経路と写真の位置情報を同時に取得する場合は、
P.24 を確認してください。
• 写真の位置情報だけを取得する場合は P.26
を確認してください。
本体のご使用について
ぐ お出かけ前の確認
充電式電池をご使用の場合は、十分に充電されているかを、お出
かけ前にご確認ください。また、長時間ご使用の場合には予備の
電池をお持ちになることをおすすめします。
※ アルカリ乾電池は充電器で充電できません。
ぐ 電池を交換するとき
必ず電源を OFF にしてから電池交換をしてください。測位中は、
電池や microSD カードを取り外したり、交換しないでください。
記録データが失われる可能性があります。
また、不要な電池の消費を防ぐため、本体を長時間使用しない時
は電池を抜いておいてください。
22
ぐ 測位中の注意
・microSD カ ー ド を 交 換 し な い で く だ さ い。
測位ができなくなります。
・アンテナ部分を覆わないでください。本体を持つ
ときは、図のとおり持ってください。
ぐ 測位の確認方法
本体の測位の状態は、ランプの点滅パターンで確認することがで
きます。
測位表示ランプのパターン
○測位準備中
約 2 秒間隔で 2 回点滅
2秒
○測位中
約 2 秒間隔で 1 回点滅
2秒
ぐ なかなか測位できないとき
測位するまで本体を動かさないでください。GPS 衛星の位置が
常に移動しているため、電源を ON にしてから測位開始までに時
間がかかる場合があります。また、できるだけ周りに高い建物な
どのない上空の開けた場所で、本体を上に向けて測位を開始する
ようにしてください。
ON
23
位置情報を記録する
経路と写真の位置情報を同時に取得する
電源を ON にしてから OFF にするまでの間、経路を記録
します。
ON
OFF
1. 本体のモードを [AUTO] に切り換える
電源を入れる前に切り換えスイッチが [AUTO] になっているこ
とを確認してください。
※ [MAN] にすると経路が自動記録されません。使用中、手などに
当たって予期せずに切り換わることがあるので、ときどき確認
してください。
24
2. 出発地点で [ON] ボタンを長押しする
本体の電源を入れます。しばらく本体を動かさずに、測位表示ラ
ンプがゆっくり(約 2 秒に 1 回)点滅することを確認してから
出発してください。
※ 本体は 10 秒毎に測位します。現在の測位状態は、測位ラン
プの点滅パターンで確認できます。
3. 写真を撮影する
お手持ちのデジタルカメラを使って、お好みの場所で写真を撮影
します。
4. 到着地点で [ON] ボタンを長押しする
せ ランプが消灯し、本体の電源が切れます。
出発地点から到着地点までの経路が本体
に記録されます。
OFF
本体を使った手順は以上で終了です。次に写真をパソコ
ンに取り込む作業を行ってください。≫ P.28
25
位置情報を記録する
写真の位置情報だけを取得する
経路は記録しないで、写真撮影時だけ位置情報を記録し
ます。
ポチっ
※ 写真を取るときに、電源ボタンを押すことを忘れないでください。
1. 本体のモードを [MAN] に切り換える
ゃ
測位中に [AUTO] から [MAN] に
切り換えた場合
[AUTO] モードで測位中に、[MAN] モードに切り換えると、そ
れまでの記録データはメモリに保存されます。その後、位置情報
を記録したい場所で、[ON] ボタンを押して、測位します。
26
2. 写真を撮影する場所で [ON] ボタンを長押しする
本体の電源を入れます。しばらく本体を動かさずに、測位表示ラ
ンプがゆっくり(約 2 秒に 1 回)点滅することを確認してから
出発してください。
※ 本体は 10 秒毎に測位します。現在の測位状態は、測位ラン
プの点滅パターンで確認できます。
3. もう一度 [ON] ボタンを押す
せ 位置情報が測位され、メモリに保存されます。
4. 写真を撮影する
※ 以降、写真撮影時は [ON] ボタンを押してから撮影してくだ
さい。その間、ランプは点滅したままです。
5. [ON] ボタンを長押しする
ランプが消灯し、本体の電源が切れます。位置情
報の記録が終了します。
OFF
本体を使った手順は以上で終了です。次に写真をパソコ
ンに取り込む作業を行ってください。≫ P.28
27
位置情報をパソコンで利用する
パソコン操作の前に
経路を地図で確認するには、Google Earth(グーグル
アース)という地図ソフトをパソコンにインストールし
ておく必要があります。
Google Earth 地図サービスは、下記のウェブページか
らダウンロードできます。
http://earth.google.com/
※ 上記アプリケーションの使用には、インターネットに
接続できる環境が必要です。
28
29
位置情報をパソコンで利用する
写真に位置情報を付加する
本体で測位しながらデジタルカメラで撮影した写真に、
位置情報を付加することができます。
本体で取得した位置情報(ログファイル)の日時と画像
データの日時を照合(マッチング)して、画像データに
位置情報を追加し、経路と写真を地図上で確認できます。
※ アプリケーションの使用には、インターネットへ接続できるパ
ソコンが必要です。
カメラ
GPS
・
・
・
□時△分○秒 撮影
+
○時△分□秒 撮影
・
○時△分□秒: 北緯○度 東経△度
・
・
・
△時○分□秒 撮影
30
・
○時△分□秒
北緯○度 東経△度
にて撮影した写真
1. カメラで撮影した写真をパソコンに保存する
パソコンへの保存方法については、お手持ちのカメラの取扱説明
書等をご参照ください。
※ カメラに保存されている写真は、最初に写真をパソコンに保
存してください。直接位置情報を付加すると、カメラ上で写
真を見ることができなくなる場合があります。
31
位置情報をパソコンで利用する
2. 本体とパソコンを接続する
パソコンを接続する前に以下を確認してから、付属の USB ケー
ブルを用いて、本体とパソコンを接続してください。
• 本体に microSD カードが挿入されている
• すべてのランプが消灯している
せ 本体のメモリ残量ランプ ( オレンジ)が点滅します。
※ パソコンが省電力モードの時は、本体のすべてのランプが消
灯します。
ー
ンタ ネット
イ
ゃ
本体とパソコンの接続中は
本体から microSD カードを抜かないでください。記録データの
損失や破損の原因になります。
32
3. Photo Place GPS Utility を起動する
以下のどちらかで起動してください。
• デスクトップ上の Photo Place GPS Utility のショートカット
• [ ス タ ー ト ] → [ す べ て の プ ロ グ ラ ム ] → [PIXELA] → [Photo
Place GPS] → [Photo Place GPS Utility]
せ [ 位置情報の取り込み ] 画面が表示されます。
33
位置情報をパソコンで利用する
4.[位置情報をパソコンへ取り込む ] を選択する
せ ログファイルが画面右側( [
] 情報)に表示され、
「GPS ユニット内のログファイルを削除しますか」というダ
イアログが表示されます。
本体に記録されているログファイルを削除する場合は
「はい」を、削除しない場合は「いいえ」を選択してくだ
さい。
34
5. ログファイルを選択する
※ 複数のログファイルを一つの経路として表示させたい場合は、
キーボードの [ctrl] キーを押しながら、該当のログファイルを
選択します。
6. 写真を保存したフォルダを選択する
写真の保存先を選択します。
35
位置情報をパソコンで利用する
7.[ 表示されている位置情報を付加する ]を選択する
せ 一覧に表示されている画像データに位置情報が付加され
ます。
36
8.[Google Earth で確認 ] ボタンを選択する
せ Google Earth 地図サービスの地図上に、写真が表示さ
れます。
測位条件によっては、実際の経路と誤差がある場合があります。
37
位置情報をパソコンで利用する
本体とパソコンの接続を解除する
本体をパソコンから取り外す場合は、下記の手順で接続
を解除します。
1. アイコンを右クリックする
タスクトレイのハードウェアアイコンを右クリックします。
2.「ハードウェアの安全な取り外し」を選択する
38
3.「USB大容量記憶デバイス」をクリックし、
[ 停止 ] を選択する
せ メッセージに従って進めると「安全に取り外すことがで
きます」というメッセージが表示されます。
4.USB ケーブルをパソコンから抜きます。
せ 本体のすべてのランプが消灯します。
39
位置情報をパソコンで利用する
写真の詳細を確認する
位置情報を付加する前でも後でも、画像データの詳細情
報を確認できます。
1. 該当する画像データを選択します。
40
2.[ 詳細情報 ] ボタンをクリックします。
写真の詳細情報が表示されます。
表示される項目
ファイル名
画像データのファイル名
フォルダパス
画像データの保存先
参照ログファイル名
位置情報のデータとして使用して
いるログファイル名
撮影日時
写真の撮影日時
サムネイル
写真のサムネイル
GPS 情報
GPS タグバージョン / 緯度 / 経度
/GPS 時間 (UTC)/GPS 受信機の
状態 / 測地系
41
操作画面について
「位置情報の取り込み」画面
「Photo Place GPS Utility」をデスクトップから起動
すると、以下の画面が表示されます。
経路をパソコンに保存したり、地図上で経路の確認が
できます。
[
(本体)情報
42
]
本体に保存されている測位情報(ログ
ファイル)が表示されます。
[ 削除 ]
選択した測位情報(ログファイル)を本
体から削除します。
[ 全て削除 ]
[
] 情報に表示されている測位
情報(ログファイル)すべてを削除しま
す。
[ 位置情報をパソコンへ
取り込む ]
[
] 情報に表示されているすべ
ての測位情報(ログファイル)をパソコ
ンへ取り込みます。
[ バージョン情報 ]
お使いの「Photo Place GPS Utility」
のバージョン情報を表示します。
[ ヘルプ ]
本製品の取扱説明書
(本書)
を表示します。
[
] 情報
パソコンに取り込まれた測位情報(ログ
ファイル)が表示されます。
[ タイムゾーンの調整 ]
日本標準時間以外の場所で測位した場合
に、タイムゾーンを変更できます。
[ 追加 ]
パソコンに取り込み済みの測位情報(ロ
グファイル)をリストに追加します。
[ クリア ]
表示されている測位情報(ログファイル)
の内、選択したファイルをリストから削
除します。
[ 全てクリア ]
[
] 情報に表示されている測位情
報(ログファイル)すべてをリストから
削除します。
[ 位置情報を画像データ
に追加する ]
[
] 情報に表示されている測位情
報(ログファイル)を元に、画像データ
に位置情報を追加します。
[Google Earth で確認 ]
[
] 情報に表示されている測位情
報(ログファイル)から、選択したログ
ファイルを、地図上に経路として表示さ
せます。
43
操作画面について
「位置情報を画像データに追加」画面
[ 位置情報を画像データに追加する ] ボタンをクリックし、
該当写真のフォルダを選択すると以下の画面が表示され
ます。
44
[ 詳細情報 ]
選択した画像データの詳細を別ウィンドウ
で表示します。
[ 撮影時間を調整 ]
マッチング結果に問題がある場合など、画
像データの撮影時間を変更することができ
ます。
※ 画像データ自体の撮影時間が変更され
ますのでご注意ください。
[ リストに写真をさ
らに追加 ]
リストに表示されている画像データ以外で、
パソコンに保存されている写真を追加でき
ます。
[ 選択した写真をリ
ストからクリア ]
リストに不要な画像データが含まれている
場合、リストから削除できます。
写真の画像データ情報と、ログファイルと
のマッチング結果が表示されます。
※ 表示される項目
位置情報
元々位置情報がある場合は
「有」、位置情報がない場合は
「無」と表示されます。
有効性
ログファイルとのマッチン
グ結果に疑問がある場合は、
「?」、問題のない場合は「OK」
と表示されます。
画像データ情報
[ 表示されている位
置情報を付加する ]
[ キャンセル ]
ファイル名
画像データのファイル名が表
示されます。
撮影日時
写真の撮影日時が表示されま
す。
緯度・経度
ログファイルとの仮マッチン
グ結果が表示されます。
備考
マッチング結果に疑問がある
場合、メッセージが表示され
ます。
表示されている緯度・経度のマッチング結
果を確定し、画像データに付加します。
「位置情報の取り込み」画面に戻ります。
45
操作画面について
「位置情報が追加された写真」画面
位置情報を付加した後は、以下の画面が表示されます。
46
[Google Earth で確認 ]
画像データと経路を Google Earth
地図サービスで表示します。
[ 新しく作業を開始する ]
「位置情報の取り込み」画面に戻りま
す。
47
仕様
ハードウェア仕様
GPS 本体型番
PIX-PG012-PUW
サイズ
約 72.0mm X 42.0mm X 26.1mm
( 高さx幅x最薄部 ) (突起部除く)
質量
測位時間
(オープンスカイ)
Hot Start 約 5 秒 Cold Start 約 40 秒
衛星チャンネル数
20 チャンネル
位置精度
約 10 m(オープンスカイの場合)
動作時
約 0 ~ 40℃
非動作時(保存時)
約 -10 ~ 50℃
湿度
約20~80% RH(結露なきこと)
記録間隔
連続動作時
電源
48
約 34 g(microSD カード含む、乾電池除く)
約 10 秒
単 4 アルカリ乾電池 2本
(パソコンとの接続時は USB バスパワーか
ら供給)
※1
電池での駆動時間
約 16 時間(25℃で使用時)
対応メモリー
microSD カード
インターフェース
USB 2.0 フルスピード(mini B)
※2
1 GB
※ 1 電池での駆動時間について
使用状況や使用環境により、駆動時間は記載の時間と異なる場
合があります。
※ 2 microSD カードについて
• 本製品は SDA 規格に適合した最大 1 G B までの microSD (SD
ver.1.1)に対応しています。microSDHC カードは対応していま
せん。
• 本製品は著作権保護機能には対応していません。
• microSD カードを折り曲げたり、落としたりしないでください。
ゃ
本体とパソコン接続時のご注意
• アプリケーション仕様に記載の対応 OS を搭載するすべてのパソ
コンでの動作を保証するものではありません。
• 本製品を USB ハブを通してパソコンに接続する場合は、動作保
証対象外となります。
• パソコンに複数台の USB 機器を接続している場合は、本製品が
正常に動作しない場合があります。
• パソコンが省電力機能から復帰した場合に、本製品が正常に認識
されない場合があります。その場合は、本製品を接続しなおすか、
パソコンを再起動してください。
49
仕様
アプリケーション仕様
製品名
対応 OS
Photo Place GPS Utility
下記の日本語 32bit 版 OS を搭載したパソコン:
Windows XP Home Edition Service Pack 2
Windows XP Professional Service Pack 2
Windows Vista Home Basic
Windows Vista Home Premium
Windows Vista Business
Windows Vista Ultimate
※ 上記の OS で、Google Earth 地図サー
ビスが動作するパソコン環境が必要です。
その他
・対応画像データ形式
Exif 2.1 以降の JPEG ファイル
Google Earthの動作環境については、
下記のウェブページで
確認できます。
http://earth.google.com/
50
51
困ったときは
Q&A
バ 電池が切れてしまいました。どのような電池を購入すればいい
ですか?
単4アルカリ電池を 2 本用意してください。
バ 使用中に電池が切れないか心配です。
電池の残量が 30%以下になると、電池残量ランプ`(「BATT」と書かれた
部 分 ) が 赤 く 点 滅 し ま す。 時 々 確 認 し て、 赤 く 点 滅 し て い た ら
予備の電池と交換することをおすすめします。
バ 説明書に「ストラップを取り付ける」とありますが、必ず取り
付けないといけませんか?
必ず取り付ける必要はありませんが、落して壊れてしまったり、紛失
しないようストラップの取り付けをおすすめします。
バ microSD カ ー ド を な く し て し ま い ま し た。 ど の よ う な
microSD カードを購入すればいいですか?
SanDisk 製の microSDカードをおすすめします。なお、SDHC 規格の
カードはご使用できません。
バ microSD カードを新しいものと交換したい。
以下の手順で交換してください。
52
1. 本体のランプが消灯していることを確認して、
電池を取り出す
2. 右側面のゴムカバーを開き、挿入されている
microSD カードを指で一度押し込む
3. microSD カードを指で引き出す
4. 新しい microSD カードをカチッと音がするまで差し込み、
ゴムカバーを閉じる
5. 電池を入れ、電池カバーをスライドさせて閉じる
バ 家族で Photo Place GPS を複数台購入しましたが、1台のパ
ソコンで使えますか?
はい、使えます。
バ 不要なログファイルを本体から削除したい。
「位置情報の取り込み」画面の [
](左側)の項目に不要な
ログファイルが表示されている場合は、そのログファイルを選択して
[ 削除 ] ボタンをクリックします。本体のログファイルが削除されます。
バ 特定の歩行経路の記録 ( ログファイル ) のみを地図に表示させた
い。
「位置情報の取り込み」画面の [
](右側)の項目に不要なログ
ファイルが表示されている場合は、
そのログファイルを選択して [ クリア ]
ボタンをクリックします。その後、[Google Earth で確認 ] ボタンを
クリックします。
※ ログファイルはリストから削除されますが、データはパソコ
ンに保存されていますので、必要なときにリストに追加する
ことができます。
バ すでに位置情報が付加されている画像データに、別の位置情報
を付加したい。
誤って別のログファイルから位置情報を付加してしまった場合などでも、
正しいログファイルを「位置情報の取り込み」画面で選択することで、
写真データに位置情報を付加しなおすことができます。その際、既存の
位置情報は上書きされます。
53
Q&A
バ [ON] ボタンだけで [OFF] ボタンが見つかりません。
[ON] ボタンは、電源の入/切を兼ねています。
バ [ON] ボタンを押しても電源が入らない。
[ON] ボタンを長く押し続けると電源が入ります。ランプがつくまで
押し続けてください。
バ [ON] ボタンを押しても電源が切れません。
[ON] ボタンを長く押し続けると電源が切れます。ランプが消えるまで
押し続けてください。
バ まったく使っていないのに電池が切れました。
使わない状態でも、長時間放置していると電池は消耗してしまいます。
長期間使わないときは、電池を取り出しておいてください。
バ 付属ソフトウェアのインストールができない。
付属ソフトウェアが対応していないパソコンをお使いの可能性があり
ます。本書の「アプリケーション仕様」(P. 50)に記載の動作環境を
ご確認ください。
バ 本体をパソコンに接続してもログファイルが表示されない。
本体がパソコンに認識されていない可能性があります。接続しなおして
みてください。本体がパソコンに認識されているにもかかわらず、ロ
グファイルが表示されない場合は、何らかの理由で位置情報を取得で
きなかった可能性があります。
バ 本体の [ON] ボタンを押した後、いつまでたっても 2 回点滅を
繰り返して 1 回点滅にならない。
受信状態の良くない場所では、1 回点滅(測位中)にならない場合が
あります。できるだけ建物などの障害物の無い、見通しのいい場所で
測位を始めてください。また、ストラップ取付側の部分を手で覆わない
ようにして持つ方が測位しやすくなります。
54
55
Photo Place GPS 用語集
説明
参照
ページ
Google Inc. が提供する無料の地図
サービスです。インターネットを通
じてパソコンにダウンロードして使
用します。
P. 28
“Global Positioning System”の
省略形です。衛星を使用した位置決
定システムのことです。
P. 12
microSD
データを保存するメモリカードのタ
(マイクロエスディー) イプです。
P. 17
用語
Google Earth
(グーグルアース)
GPS
(ジーピーエス)
測位
衛星からの電波を受信し、位置を計
測することを意味します。
ー
マッチング
本書では本体の測位データと写真
データの日時情報を照合することを
意味します。
P. 30
リセット
リセットスイッチは本体右側面にあ
ります。microSD メモリーカード
の内容を削除できます。
P. 17
ログファイル
本体で保存した位置情報のデータを
指します。
P.30
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement