取扱説明書 - フジクラ

取扱説明書 - フジクラ
SPRO-00418-02
取扱説明書
名称: 接点信号光リンク
型番: FFL−K1124L−DTLS
FFL−K1124L−DTZ
FFL−K1124L−DRMS
FFL−K1124L−DRZ
●この取扱説明書をよく読んで、正しくお使い下さい。
その後、紛失しないよう、大切に保管して下さい。
(株)フジクラ
1/1
目次
はじめに ......................................................................... 1
安全上のご注意 ................................................................. 2
製品の廃棄について ........................................................... 4
取扱説明書の読み方 ........................................................... 5
取扱説明書についてのご注意 ................................................ 6
製品の保証について ........................................................... 6
1.
製品概要 .................................................................... 7
2.
製品構成 .................................................................... 8
3.
各部の名称/機能.......................................................... 9
4.
設置方法 ................................................................... 13
5.
外形 ........................................................................ 14
6.
外線の接続 ................................................................ 18
6.1.
6.2.
6.3.
6.4.
光ファイバの接続 .......................................................... 18
電源・アラーム線の接続 .................................................... 19
信号線の接続.............................................................. 20
カスケード接続用コード .................................................... 22
7.
使用方法 ................................................................... 23
8.
定格・性能 ................................................................ 24
9.
エラー検出機能 ........................................................... 26
10.
10.1.
10.2.
10.3.
取扱について ............................................................ 27
レーザー出力について ...................................................... 27
光コネクタ及び光ファイバコードの取扱いについて ............................. 27
移送について.............................................................. 27
11.
異常時の処置について.................................................. 28
12.
修理、お問い合わせについて .......................................... 29
株式会社フジクラ
1/29
はじめに
このたびは、「接点信号光リンク」をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございます。
本取扱説明書は、FFL−K1124L−DTLS、FFL−K1124L−DTZ、FFL−K
1124L−DRMS、FFL−K1124L−DRZの取り扱いについて記すものです。
ご使用前に、この取扱説明書をよくお読み下さい。
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスA情報
技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。この場
合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
VCCI-A
株式会社フジクラ
2/29
安全上のご注意
・ このたびは、フジクラ製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。
・ ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使い下さい。
・ 本書はお読みになった後も大切に保管して下さい。
絵表示について
この取扱説明書および製品への表示では、製品を安全に正しくお使いいただき、人体への危害や財産の損
害を未然に防止するため、いろいろな絵表示をしています。その表示と意味は次のようになっています。
危険
警告
注意
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う危険
が切迫して生じることが想定される内容を示しています。
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う危険
が想定される内容を示しています。
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が負傷する危険が想定される
内容および物的損傷のみの発生が想定される内容を示しています。
絵表示の例
△記号は「気をつけるべきこと」を意味しています。
(左記の例は破裂注意)
記号は「してはいけないこと」を意味しています。
(左記の例は分解禁止)
●記号は「しなければならないこと」を意味しています。
(左記の例は電源プラグをコンセントから抜く)
《Ⅰ.設置、据え付け上の注意事項》
警告
■湯気、ほこりの多いところで使用しない
ほこりの多い場所や湯気の当たる場所で使用しないで下さい。
故障、感電や火災の原因になります。
■正しい配線材料を結線する
電源や信号の配線は定格電圧、定格電流、絶縁耐圧など適切な配線材料を用いて下さい。
誤ったものを使用すると火災、感電の原因になります。
■正しい電源電圧で使用する
本製品に供給する電源電圧が仕様範囲内であることを確認して下さい。
仕様範囲外の電圧を供給した場合、本製品が破損し火災、感電の原因となります。
■油、可燃ガスが漏れる場所で使用しない
油、可燃ガスが漏れるおそれがある場所で使用しないで下さい。
本製品の周囲に溜まると故障や火災の原因になります。
■高温になるところで使用しない
直射日光の当たるところや、発熱機器のそばなど、温度の高いところで使用しないで下さい。
故障や火災の原因になります。
株式会社フジクラ
3/29
警告
■振動の激しい場所に設置しない
振動が激しい場所に設置しないで下さい。
故障の原因になります。
■腐食性ガス雰囲気内では使用しない。
腐食性ガス雰囲気内では使用しないで下さい。
故障や火災の原因になります。
注意
■高温、高湿の場所に保管しない
高温、高湿の場所に保管しないで下さい。
故障の原因となります。
■水がかかりやすいところで使用しない
水がかかりやすいところで使用しないで下さい。
火災、感電の原因となります。
■不安定な場所で使用しない
不安定な場所で使用しないで下さい。バランスが崩れて落下すると、けがの原因に
なります。
《Ⅱ.使用上の注意事項》
警告
■異常状態が発生したら運転を停止する
万一、発熱、発煙、異臭、異常音がするなどの異常状態のまま使用すると火災,感電の原因
となります。直ちに供給電源を切り運転を中止して下さい。
■破損した場合には運転を停止する
万一、本製品を落としたり破損した場合は、直ちに供給電源を切り運転を中止して下さい。
そのまま使用すると火災、感電の原因となります。
■異物や水が中に入ったときは運転を停止する
万一、本製品内に異物や水が入った場合は直ちに供給電源を切り運転を中止して下さい。
そのまま使用すると火災、感電の原因となります。
■電源供給中は本製品には触れない
供給電源が切られてない状態で本製品には手を触れないで下さい。感電の原因になります。
■雷が鳴り出したら、配線には触れない
雷が鳴り出したら電源配線や信号線には触れないで下さい。
感電の原因になります。
■分解、改造をしない。
本製品を分解したり改造したりしないで下さい。
火災、感電の原因になります。
株式会社フジクラ
4/29
警告
■濡れた手で触れない
濡れた手で本体や配線に触れないで下さい。
感電や故障の原因になります。
■ヒューズをバイパスしない
ヒューズ等の安全のための機構を外したり、バイパスして使用しないで下さい。
装置を破損して怪我をしたり、火災の原因になります。
注意
■光ファイバコードを接続してから電源を入れる
送信部(光出力)の光コネクタからはレーザービーム(光線)が出力されます。本装置の光
出力にはレーザーダイオードを使用しており、JIS C 6802-1997 における安全基準のクラス
1に相当します。装置を使用する際は必ず光ファイバコードを接続してから、電源を入れて
下さい。
■長時間使用しない時の注意
長時間使用しない場合は、供給電源を切っておくことをお薦めします。
■装置の上に物を置かない
装置の上に物を置かないで下さい。加熱したり、変形したり、異物の混入などにより、故障、
火災、感電の原因になります。
《Ⅲ.修理時の注意事項》
注意
■修理はメーカーに御依頼下さい
誤った修理は火災、感電の原因となります。
必ずメーカーに御依頼願います。
製品の廃棄について
廃棄について
本製品を廃棄するときは、地方自治体の条例に従って処理して下さい。詳しくは、
各地方自治体にお問い合わせ下さい。
株式会社フジクラ
5/29
取扱説明書の読み方
(1)本装置を使用するにあたり必ずお読み頂きたい項
本装置を安全に正しく使用するために下記は必ずお読み下さい。
・ 安全上のご注意
・1.製品概要
・3.各部の名称/機能
・4.設置方法
・6.外線の接続
・7.使用方法
・8.定格・性能
・10.取扱について
(2)装置の詳細について
本装置の詳細については下記をお読み下さい。
・5.外形
・9.エラー検出機能
(3)正しく動作しない場合
正しく動作しない場合は下記をお読み下さい。
・11.異常時の処置について
・12.修理、お問い合わせについて
(4)製品の廃棄について
本製品を廃棄する場合は下記をお読み下さい。
・
製品の廃棄について
株式会社フジクラ
6/29
取扱説明書についてのご注意
(1)本製品は、取扱説明書をよく読んで理解した上で使用して下さい。
(2)取扱説明書は必要なときにいつでも参照できるよう保管して下さい。
(3)取扱説明書に乱丁・落丁などの不備があった場合や紛失してしまった場合は、「12.修理、お問
い合わせについて」の項に書かれた連絡先に連絡願います。
(4)本製品の本来の使用方法、及び取扱説明書に書かれた使用方法以外でのご使用については、
安全性を保証できません。
(5)本取扱説明書に書かれた注意事項は必ず守って頂くよう御願いいたします。
(6)本取扱説明書は製品の機能、性能の向上のため予告無く変更することがあります。
(7)本取扱説明書に使用している図は一部を省略したり抽象化して使用しているものがあります。
(8)本取扱説明書に関して、万一不備な点や誤り、記載漏れを発見した場合には、お手数でも
「12.修理、お問い合わせについて」の項に書かれた連絡先に連絡願います。
(9)取扱説明書の全部または一部を無断で転載、複製しないで下さい。
(10)取扱説明書は必ず最終ユーザに届けて下さい。
(11)本製品を第三者に貸与(レンタル・リースを含む)又は、譲渡する場合は必ず製品に取扱
説明書を添付していただくようお願いします。
製品の保証について
(1)保証期間はご購入の日から1年間です。
(2)お客様の誤った操作に起因する損害については、当社は責任を負いかねますのでご了承下さい。
(3)以下の場合には保証いたしません。ただし、特にご希望の場合には実費にて修理致します。
・誤ったご使用方法、あるいは誤った修理・改造による故障・損傷
・火災、地震等の天災地変による故障・損傷
・ご購入後の輸送,移動,落下等による故障,損傷
(4)本製品の品質・機能および取扱説明書に関して、お客様の使用目的に対する適合性、市場性等に
ついては、一切保証致しかねます。また、そこから生じる直接的、間接的損害についても責任を
負いかねます。
(5)本製品の故障による通信障害で発生する損害については保証いたしません。
(6)本取扱説明書は、本製品だけにお使い下さい。保管以外の目的でコピーすることは、固くお断り
いたします。
(7)本製品について、この取扱説明書に記載した事項以外の保証は一切致しません。
株式会社フジクラ
7/29
1. 製品概要
本製品は無電圧接点信号、オープンコレクタ信号を光ファイバ1心で最大48点を伝送する装置です。
24点以下の接点信号はマスタ※1 のみの構成で伝送することが可能です。25点以上の接点信号を伝送
する場合にはスレーブ※2 とのカスケード接続が必要になります。図 1では本装置で48点(マスタ24点、
スレーブ24点)を伝送する場合の接続を示しています。
※1 マスタ : FFL−K1124L−DTLSおよびFFL−K1124L−DRMS
※2 スレーブ : FFL−K1124L−DTZおよびFFL−K1124L−DRZ
光ファイバ
24ch
送信側
FFL-K1124L-DTLS
FFL-K1124L -DRMS
スレーブ
スレーブ
送信側
受信側
FFL-K1124L-DTZ
24ch
24ch
接点信号
接点信号
24ch
受信側
接点信号
接点信号
マスタ
マスタ
FFL-K1124L-DRZ
図 1
本製品の接続図
株式会社フジクラ
8/29
2. 製品構成
各製品の構成を以下に示します。
型番
FFL−K1124L−DTLS
FFL−K1124L−DTZ
FFL−K1124L−DRMS
FFL−K1124L−DRZ
製品構成
(1) 本体
(2) 電源コード
(3) D-sub25 ピン用ソルダカップ型コンタクト
型番:DB-25PF-N(日本航空電子)
(4) D-sub25 ピン用フード
型番:DB-C8-J10-F1-1(日本航空電子)
(5) 取扱説明書
(1) 本体
(2) 電源コード
(3) D-sub25 ピン用ソルダカップ型コンタクト
型番:DB-25PF-N(日本航空電子)
(4) D-sub25 ピン用フード
型番:DB-C8-J10-F1-1(日本航空電子)
(5) カスケード接続用コード
(6) 取扱説明書
(1) 本体
(2) 電源コード
(3) D-sub25 ピン用ソルダカップ型コンタクト
型番:DB-25SF-N(日本航空電子)
(4) D-sub25 ピン用フード
型番:DB-C8-J10-F1-1(日本航空電子)
(5) 取扱説明書
(1) 本体
(2) 電源コード
(3) D-sub25 ピン用ソルダカップ型コンタクト
型番:DB-25SF-N(日本航空電子)
(4) D-sub25 ピン用フード
型番:DB-C8-J10-F1-1(日本航空電子)
(5) カスケード接続用コード
(6) 取扱説明書
※電源コード、カスケード接続用コードを紛失された際は、別売品をお求めになれます。
電源コード(別売品)型番:FFL-S5101P-ASKL-(01)
カスケード接続用コード(別売品)型番:FFL-K1124P-CCKL
株式会社フジクラ
9/29
3. 各部の名称/機能
FFL−K1124L−DTLS
表側
④
⑥
裏側
⑤
② ③ ①
① 光出力コネクタ
光信号を送信する SC 形コネクタです。
② 電源・アラーム用コネクタ(CN1)
電源(+10V∼+16V、GND)供給用、およびアラーム信号出力用コネクタです。
③ カスケード接続用コネクタ(CN2)
カスケード接続をするためのコネクタです。
④ 信号コネクタ(CN3)
接点信号を入力するコネクタ(D-sub コネクタ)です。
⑤ モニタ LED
電源 ON 時に点灯します。また、アラーム出力の有無を示します。
⑥ 筐体取付穴(4箇所)
本装置を固定するための取付穴です。
株式会社フジクラ
10/29
FFL−K1124L−DTZ
表側
④
⑥
裏側
⑤
② ③
①
① 目隠しシール
② 電源・アラーム用コネクタ(CN1)
電源(+10V∼+16V、GND)供給用コネクタです。
③ カスケード接続用コネクタ
カスケード接続をするためのコネクタです。
④ 信号コネクタ(CN2)
接点信号を入力するコネクタ(D-sub コネクタ)です。
⑤ モニタ LED
電源 ON 時に点灯します。
⑥ 筐体取付穴(4箇所)
本装置を固定するための取付穴です。
株式会社フジクラ
11/29
FFL−K1124L−DRMS
表側
④
⑥
裏側
⑤
② ③
①
① 光入力コネクタ
光信号を受信する SC 形コネクタです。
② 電源・アラーム用コネクタ(CN1)
電源(+10V∼+16V、GND)供給用、およびアラーム信号出力用コネクタです。
③ カスケード接続用コネクタ
カスケード接続をするためのコネクタです。
④ 信号コネクタ(CN2)
接点信号を出力するコネクタ(D-sub コネクタ)です。
⑤ モニタ LED
電源 ON 時に点灯します。また、受信エラー、アラーム出力の有無を示します。
⑥ 筐体取付穴(4箇所)
本装置を固定するための取付穴です。
株式会社フジクラ
12/29
FFL−K1124L−DRZ
表側
④
⑥
裏側
⑤
② ③
①
① 目隠しシール
② 電源・アラーム用コネクタ(CN1)
電源(+10V∼+16V、GND)供給用、およびアラーム信号出力用コネクタです。
③ カスケード接続用コネクタ
カスケード接続をするためのコネクタです。
④ 信号コネクタ(CN2)
接点信号を出力するコネクタ(D-sub コネクタ)です。
⑤ モニタ LED
電源 ON 時に点灯します。また、受信エラー、アラーム出力の有無を示します。
⑥ 筐体取付穴(4箇所)
本装置を固定するための取付穴です。
株式会社フジクラ
13/29
4. 設置方法
本装置を固定する場合は、装置裏面にある4隅の筐体取付用穴(M2.6)を使用して下さい。
筐体取付用穴の位置は、5.外形 を参照して下さい。
装置裏面
基板など
2.3∼5.5mm
取付イメージ
装置 内部基板
装置 底面
基板など
取付用ネジ
取付用ネジの長さは、装置底面より内部に
入る長さが2.3∼5.5mmのものを使用して下さい
断面図
光ファイバコードを接続してから電源を入れて下さい。
株式会社フジクラ
14/29
5. 外形
FFL−K1124L−DTLS
OPT OUT
SWITCHING SIGNAL OPTICAL LINK
FFL-K1124L-DTLS
ク ラス 1 レ ーサ ゙ 製 品
C L A SS 1 L A SE R P R OD U CT
JIS
C
6802
70 .0± 2.0
ON (GREEN)
ERROR (RED)
1 +10∼+16V
CN1
2 GND
3 ALM-OUT
1 CLK
2 GND
CN2
3 DATA
4 GND
5 CONT
6 RESET
SI GNAL IN
CN3
1997年12月
この装 置は,クラスA 情報技術装置です 。
この装置 を家庭環境で使 用すると電波妨害 を
引き起こ すことがありま す。この場合には 使
用者が適 切な対策を講ず るよう要求される こ
とがあり ます。
VCCI− A
SER No.
(21.0)
68.0±0.3
60.0± 0.3
(5. 0)
23 .5+0.0
-1.0
110 .0± 2.0
4-M2.6
単 位: mm(カ ッ コ 付 き寸 法 は 参 考 値)
株式会社フジクラ
15/29
FFL−K1124L−DTZ
ON (GREEN)
+10∼+16V
GND
CN1 SWITCHING SIGNAL OPTICAL
NC
FFL-K1124L-DTZ
CLK
GND
CN2
DATA
GND
CONT
RESET
LINK
70 .0± 2.0
1
2
3
1
2
3
4
5
6
SIGNAL IN
CN3
この装 置は,クラスA 情報技術装置です 。
この装置 を家庭環境で使 用すると電波妨害 を
引き起こ すことがありま す。この場合には 使
用者が適 切な対策を講ず るよう要求される こ
とがあり ます。
VCCI− A
SER No.
(21.0)
68.0±0. 3
6 0.0± 0.3
(5.0)
0
23. 5 +0.
-1. 0
1 10. 0±2.0
4-M2.6
単 位: mm( カッ コ 付 き 寸 法は 参 考 値 )
株式会社フジクラ
16/29
FFL−K1124L−DRMS
OPT IN
LINK
70.0 ±2.0
ON(GREEN)
ERROR (RED)
1 +10∼+16V
2 GND
CN1 SWITCHING SIGNAL OPTICAL
3 ALM-OUT
FFL-K1124L-DRMS
1 DATA
2 GND
3 NC
CN2
4 NC
5 NC
6 NC
SI GNAL OUT
CN3
こ の装置は,クラスA情報技 術装置です。
この 装置を家庭環境で使用する と電波妨害を
引き 起こすことがあります。こ の場合には使
用者 が適切な対策を講ずるよう 要求されるこ
とが あります。
VCCI−A
SER No.
(21.0)
68.0±0.3
60.0± 0.3
(5.0)
23 .5+0.0
-1.0
110. 0±2.0
4-M2.6
単位 :mm(カ ッ コ付 き 寸法 は 参考 値 )
株式会社フジクラ
17/29
FFL−K1124L−DRZ
SWITCHING SIGNAL OPTICAL LINK
FFL-K1124L-DRZ
7 0.0±2.0
ON (GREEN)
ERROR(RED)
1 +10∼+16V
2 GND
CN1
3 ALM-OUT
1 DATA
2 GND
3 NC
CN2
4 NC
5 NC
6 NC
SIGNAL OUT
CN3
こ
引
用
と
こ
の
き
者
が
の
装
起
が
あ
装
置
こ
適
り
置
を
す
切
ま
は
家
こ
な
す
,
庭
と
対
。
ク
環
が
策
ラ
境
あ
を
ス
で
り
講
A
使
ま
ず
情
用
す
る
報
す
。
よ
技
る
こ
う
術
と
の
要
V
装
電
場
求
C
置
波
合
さ
C
で
妨
に
れ
I
す
害
は
る
−
。
を
使
こ
A
SER No.
(21.0)
68.0±0.3
60.0±0.3
(5.0)
23.5+0.0
-1.0
110.0±2.0
4-M2.6
単位 :mm(カ ッコ 付き 寸法 は参 考値 )
株式会社フジクラ
18/29
6. 外線の接続
6.1. 光ファイバの接続
下図に従って、光入出力コネクタに下記の SC 型コネクタ光ファイバコードを接続して
下さい。
適合コネクタ
接続コード
SC 形コネクタ(PC 研磨)
SM 型光ファイバコード(SM・10/125)
GI 型光ファイバコード(GI・50/125)
キーを切り込みに合わせて
「カチッ」と音がするまで
ゆっくり押し込みます。
SC形コネクタ接続方法
光ファイバの接続
最大受光レベルを越えるパワーの光を入力しないで下さい。
一般的注意
(1)光コネクタの着脱の際には、プラグの先端にゴミや傷が付かないように、また装置の光入
出力コネクタ内にもゴミが入らないように気をつけて下さい。
(2)使用せずに光コネクタを外しておくときは、キャップをつけて下さい。
(3)光コネクタプラグにゴミがついたときは、アルコールを浸した清浄なガーゼや毛羽立たな
い柔らかい紙等で端面を軽く拭き取って下さい。
(4)光ファイバに過度な曲げが加わると伝送損失が増加し、また破断の原因にもなりますので
光ファイバコードを固定するときは半径40mm以上の曲げ径を確保して下さい。
株式会社フジクラ
19/29
6.2.
電源・アラーム線の接続
電源・アラーム線の接続には添付の電源コードを使用して下さい。添付の電源コードの外形図を
図 6-2-1 に、ピンアサインを表 6-2-1 に示します。また、アラーム出力のインタフェース回路を図
6-2-2 に示します。
+20.0
650.0 -0.0 mm
赤
黒
黒
白
3
1
2
2
1
3
赤
白
電源接続側
本装置接続側
※電源接続側のコネクタには日本航空電子工業(株)の IL-3S-S3L-(N)を使用します。
図 6-2-1 添付品電源コード外形図
ピン番号
1
2
3
表 6-2-1 電源・アラーム線用コネクタのピン配置(CN1 )
信号名
内容
コードの色
線材
+10V∼+16V
電源入力
白
AWG22 UL1007
GND
グランド
黒
AWG22 UL1007
ALM-OUT
アラーム出力
赤
AWG22 UL1007
電源接続側のコネクタを使用されない場合は切り離してください。
コネクタを切り離して使用するときには、電源配線を
誤らないように線材の色に注意して下さい。
m
ax.30V
負荷
CN1
3ヒ ゚ン
m
ax.20mA
CN1
100Ω
接点信号光 リンク側
2ピン
設備側
図 6-2-2 アラーム出力インタフェース回路
アラーム出力時の負荷電圧・電流は最大で 30V ・20mA として下さい
株式会社フジクラ
20/29
6.3.
信号線の接続
FFL−K1124L−DTLS/FFL−K1124L−DTZ
信号線の接続には、D-sub25 ピン雄を使用して下さい。また、コネクタロック用ネジは M2.6 を使用
して下さい。
表 6-3-1 にピンアサインを示します。信号線には添付の D-sub コネクタを加工して使用して下さい。
リンクの信号入力コネクタ(D-sub コネクタ雌)ピン配置図を図 6-3-1 に示します。
表 6-3-1 ピンアサイン(CN3 )
No
1
2
3
4
5
6
7
8
9
信号名
CH1 IN
CH2 IN
CH3 IN
CH4 IN
CH5 IN
CH6 IN
CH7 IN
CH8 IN
CH9 IN
No
10
11
12
13
14
15
16
17
18
13 12
25
11 10
信号名
CH10 IN
CH11 IN
CH12 IN
CH13 IN
CH14 IN
CH15 IN
CH16 IN
CH17 IN
CH18 IN
9
8
7
24 23 22 21 20 19
6
5
4
18 17 16
No
19
20
21
22
23
24
25
3
2
信号名
CH19 IN
CH20 IN
CH21 IN
CH22 IN
CH23 IN
CH24 IN
COM
1
15 14
図 6-3-1 信号入力コネクタ(D-sub コネクタ雌)ピン配置図
株式会社フジクラ
21/29
FFL−K1124L−DRMS/FFL−K1124L−DRZ
信号線の接続には、D-sub25 ピン雌を使用して下さい。また、コネクタロック用ネジは M2.6 を使用
して下さい。
表 6-3-2 にピンアサインを示します。信号線には添付の D-sub コネクタを加工して使用して下さい。
リンクの信号出力コネクタ(D-sub コネクタ雌)ピン配置図を図 6-3-2 に示します。
表 6-3-2 ピンアサイン(CN3 )
No
1
2
3
4
5
6
7
8
9
信号名
CH1 OUT
CH2 OUT
CH3 OUT
CH4 OUT
CH5 OUT
CH6 OUT
CH7 OUT
CH8 OUT
CH9 OUT
No
10
11
12
13
14
15
16
17
18
1
2
3
14 15
信号名
CH10 OUT
CH11 OUT
CH12 OUT
CH13 OUT
CH14 OUT
CH15 OUT
CH16 OUT
CH17 OUT
CH18 OUT
4
5
6
16 17 18
7
8
9
No
19
20
21
22
23
24
25
10 11
19 20 21 22 23
信号名
CH19 OUT
CH20 OUT
CH21 OUT
CH22 OUT
CH23 OUT
CH24 OUT
COM
12 13
24
25
図 6-3-2 信号出力コネクタ(D-sub コネクタ雄)配置図
株式会社フジクラ
22/29
6.4. カスケード接続用コード
カスケード接続をして使用する場合は、添付のカスケード接続用コードを使用して下さい。添付のカ
スケード接続用コードの外形図を図 6-4-1 に、ピンアサインを表 6-4-1 に示します。
+20.0
160.0
茶
-0.0
mm
黒
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
橙
青
緑
黒
図 6-4-1 添付品カスケード接続用コード外形図
表 6-4-1 カスケード接続用コネクタのピン配置(CN2 )
信号名
ピン番号
コードの色
FFL-K1124L-DTLS
FFL-K1124L-DRMS
FFL-K1124L-DTZ
FFL-K1124L-DRZ
1
CLK
DATA
茶
2
GND
GND
黒
3
DATA
NC
橙
4
GND
NC
黒
5
CONT
NC
緑
6
RESET
NC
青
株式会社フジクラ
23/29
7. 使用方法
以下の手順にしたがって、使用してください。
手順1
「6.1光ファイバの接続」に従って、光ファイバを光入出力コネクタに接続してください。
光入出力コネクタの着脱は電源OFF状態で行ってください
手順2
信号線を信号コネクタに接続してください。詳しくは、
「6.3 信号線の接続」を参照してくださ
い。
信号入出力コネクタの着脱は電源OFF状態で行ってください
手順3
電源・アラーム線を電源・アラームコネクタに接続してください。詳しくは、
「6.2電源・アラー
ム線の接続」を参照してください。
手順4
カスケード接続をして使用する場合には、カスケード接続用コードをカスケード接続用コネクタ
に接続してください。詳しくは、「6.4カスケード接続用コードの接続」を参照してください。カスケ
ード接続を行うと最大48点の接点信号を伝送できます。
カスケード接続用コードの着脱は電源OFF状態で行ってください
手順5
電源を投入して、リンク正面のモニタLEDが緑色に点灯することを確認してください。モニタLEDが緑
色に点灯していれば、データ伝送可能です。(電源投入直後は赤色に点灯します。)
株式会社フジクラ
24/29
8. 定格・性能
一般仕様
FFL-K1124L-DTLS/FFL-K1124L-DTZ
動作温度範囲
-10℃∼60℃
動作湿度範囲
20∼90%RH(結露無きこと)
保存温度範囲
-20℃∼70℃
電源電圧
DC+10V∼DC+16V
許容リップル電圧
200mVp-p 以下
消費電流
230mA 以下(電源電圧 +12V)
FFL-K1124L-DRMS/FFL-K1124L-DRZ
230mA 以下(電源電圧 +12V)
信号入力インタフェース
FFL-K1124L-DTLS/FFL-K1124L-DTZ
入力形式
接点またはオープンコレクタ
入力チャンネル数
24
入力回路用絶縁電源
+24V
22kΩ
フォトカプラ
CH1
IN
入力回路
COM
オープンコレクタ
接点
図 8-1 信号入力回路
許容負荷抵抗 1kΩ 以下 (線路抵抗を含む)
(COM:全チャンネル共通の GND)
株式会社フジクラ
25/29
信号出力インタフェース
FFL-K1124L-DRMS/FFL-K1124L-DRZ
出力形式
半導体リレー
入力チャンネル数
24
CH1
OUT
リレー
半導体リレー
Max
DC
40V、
80mA
COM
出力回路
図 8-2 信号出力回路
(COM:全チャンネル共通の GND)
外部負荷条件とターンオン時間
外部負荷
(25℃)
最大電圧
最大電流
ターンオン時間
DC負荷
40 V
80 mA
10 ms 以下
エラー出力インタフェース
出力形式
FFL-K1124L-DTLS
オープンコレクタ出力
FFL-K1124L-DRMS/FFL-K1124L-DRZ
max.30V
負荷
CN1
3ピン
max.20mA
出力回路
CN1
100 Ω
接点信号光リンク側
2ピン
設備側
株式会社フジクラ
26/29
光学的仕様
発光素子
発光波長
光出力レベル
光変調方式
受光素子
受光波長
最大受光レベル
最小受光レベル
適合光ファイバ
光コネクタ
FFL-K1124L-DTLS
FFL-K1124L-DRMS
LD
―――――
1.3μm
―――――
-5±2dBm(平均値)
―――――
光強度変調
―――――
―――――
PIN-PD
―――――
1.3μm
―――――
-3dBm 以上(平均値)
―――――
-34dBm 以下(平均値)
SM 10/125 又は GI 50/125
SC 型光コネクタ(PC 研磨)
伝送仕様
光信号符合化方式
データ伝送速度
光伝送速度
サンプリング周期
FFL-K1124L-DTLS/FFL-K1124L-DTZ
CMI
1.25Mb/s(NRZ)
2.5Mb/s(CMI)
約 77μs
FFL-K1124L-DRMS/FFL-K1124L-DRZ
9. エラー検出機能
FFL−K1124L−DTLS
FFL-K1124L-DTLS では発光レベルが低下した場合、エラーを出力します。
エラー時は以下の動作を行います。
① モニタ LED が赤色に点灯します。
② オープンコレクタ出力を行います。
FFL−K1124L−DRMS/FFL−K1124L−DRZ
FFL-K1124L-DRMS、FFL-K1124L-DRZ ではフレームエラーが発生した場合、エラーを出力します。
エラー時は以下の動作を行います。
① モニタ LED が赤色に点灯します。
② オープンコレクタ出力を行います。
株式会社フジクラ
27/29
10. 取扱について
10.1. レーザー出力について
本装置は発光素子としてレーザーダイオードを使用しており、その光出力は、JIS C 6802-1997 の安
全基準におけるクラス1レーザ製品に相当します。従って、下記を守って使用して下さい。
・光ファイバコードを接続してから電源を入れること。
クラス1 レーザ 製 品
CLASS1 LASER PRODUCT
JIS
C
6802
1997年12月
10.2. 光コネクタ及び光ファイバコードの取扱いについて
(1) 光コネクタプラグにはキーがついていますので、キーと光レセプタクルの溝とを合わせて挿
入し「カチッ」と音がするまで、確実に差し込んで下さい。挿入が不十分な状態で長時間使
用するとコネクタが正しく勘合しなくなる場合があります。
(2) 光コネクタ挿入時には光コネクタ本体を持ち、光レセプタクルに水平に挿入して下さい。引
き抜く時も、同様に水平に引き抜いて下さい。
(3) 光コネクタ及び光ファイバコードに無理な張力や曲げを加えないで下さい。また、足などで
絶対に踏みつけたりしないで下さい。
(4) 光コネクタの端面に油、ちり、ほこり等が付着すると光が減衰してしまいます。端面が汚れ
ていると思われる場合には工業用アルコール等で清掃して下さい。
(5) 光レセプタクル内にちり、ほこり等が入りこみますと光が減衰してしまいます。その場合に
はエア等で内部のごみを吹き飛ばして下さい。
(6) 光コネクタを外している状態の時は、必ず光コネクタプラグと光レセプタクルに保護キャッ
プを装着しておいて下さい。
10.3. 移送について
本製品を移送する際は、納入時と同様の梱包を行って移送して下さい。
株式会社フジクラ
28/29
11. 異常時の処置について
(1)通信ができない、あるいは通信異常が頻繁に発生する。
電源は正しく接続されていますか?
いいえ
はい
電源を正しく接続して下さい。
電源電圧は定格範囲内ですか?
いいえ
定格電源電圧は DC+10V∼DC+16V
です。
定格範囲内で使用して下さい。
はい
装置側および対向して接続されている光送受信装置側の
光ファイバコネクタの端面を、清掃して再接続しても、
症状はかわりませんか?
いいえ
はい
光ファイバケーブルに断線等の異常はありませんか?
いいえ
はい
光ファイバ端の汚れが原因です。接続
時には端面の清掃を行って下さい。
正常な光ファイバケーブルにて接続し
て下さい。
接点信号の入出力コネクタの配線は正しく行われていま
すか?
いいえ
入出力信号を正しく接続してください
はい
FFL-K1124L-DTLS のモニタLEDは赤色に点灯していま
すか?
いいえ
はい
LD の出力が低下していることが考えられ
ます。
窓口へお問い合わせ下さい。
本装置と対向して接続されている光受信装
置のいずれか、または両方が故障しているこ
とが考えられます。
窓口へお問い合わせ下さい。
株式会社フジクラ
29/29
12. 修理、お問い合わせについて
●技術的なお問い合わせについては下記の窓口にお申し付け下さい。
株式会社フジクラ 光システム技術部
〒135-8512 東京都江東区木場1−5−1
電話 03-5606-1202
FAX 03-5606-1536
E-mail
[email protected]
URL
http://www.fujikura.co.jp
受付時間 9:00∼17:00(但し、土・日・祝日を除く)
●修理サービスのお問い合わせについては下記の窓口にお申し付け下さい。
株式会社フジクラ リペアセンター
〒360-8515 埼玉県熊谷市箱田4−10
電話 048-522-7415
FAX 048-522-7405
受付時間 9:00∼17:30(但し、土・日・祝日を除く)
※本製品の修理は、原則として当社に引き取って行わせて頂きます。なお、修理品を発送される際には、
故障状況が書かれた書類を添付し、ご購入時と同等の梱包にて返送して頂くよう御願い致します。
株式会社フジクラ
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement