製品取扱説明書

製品取扱説明書
製品取扱説明書
コンクリート・モルタル、天然・人工石、ブロック、レンガ、タイル
目地の劣化防止・白華防止、レイタンス処理、防湿、防汚に用いる。
【用 途】
1.一般名
2.規 格
無機質浸透・反応性、劣化・吸水防止剤
社内規格
3.特 徴
4.一般性状
項 目
主成分
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-51-14
HT-SP中の珪酸ナトリウムは基材に浸透後、加水分解により強
アルカリ性を示し、乾燥した成分は油、グリースから保護される他
十分乾燥後は上塗り剤水性塗料、油性塗料、アスファルト等の密着
強化が期待されます。特に金属酸化物(珪酸リチウム)の添加によ
り耐水性、耐候性も改善されました。
コンクリート、モルタル面に塗布すると毛細管空隙等に深く浸透し
内部の遊離アルカリと化学的に反応。また骨材中を移動する水分に
溶け出した、カルシウム塩などに化学的に反応してエフロレッセン
スの予防、抑止をする。そしてその反応性生成物は、疎水性物質に
変化し、新しい化合物となる。コンクリートの打ち継ぎに塗布する
ことで、レイタンス処理ができ密着性を高める。従って中性化した
コンクリートにアルカリ性を付与。生成された疎水性結晶が、表層
部分を緻密化し、更に強化する作用がある。又、塗布面には有機系
無機系何れでも塗装することが出来る。
5.塗装基準
内 容
項 目
アルカリ金属塩+珪酸化合物
+高反応性無機触媒
洗
浄
新設、補修工事とも塗布面の洗浄を行う。
養
生
施工面以外、飛散の恐れのある所は、基本的に養生をする。
特にガラス、アルミ、埴栽等に付着しない様、出来る範囲で
行う。
塗
布
一般的な塗布量は 0.12~0.25kg/㎡だが防水目的の場合はこ
の限りではない。ローラー、ハケ、噴霧器で平均 0.20kg/㎡
は塗布。施工面にグリースや油、塗料の一部などが固着して
いても機能上問題がなければ塗布可能。
乾
燥
乾燥養生が長い程、強度が増す。
容 姿
荷 姿
1液性
20kg入り・2kg入り
色 相
無色透明又は半透明液体
光 沢
なし
密 度
粘 度
1.01~1.10g/ml (20℃))
3mPa・s 以下
溶 媒
P H
水
11.0~12.0 (強アルカリ性)
表面張力 25~35dyn/cm (20℃)
内 容
7.関連法則
危険物表示
6.施工上の注意
1. 珪酸塩系ですので施工前に下地を湿らせます。
2. ハイドロプルーフが付着した部分はすぐに濡れたウエス
等で拭き取って下さい。
3. 熱源や直射日光で施工面が50℃以上の場合は、たっぷ
り水をかけて冷やすか日陰部分から塗布して下さい。
4. 冬、施工時が常温であっても夜間に0℃若しくはマイナ
スになる場合は強制乾燥を行って下さい。
5. 塗布面のオイル・グリース・離型剤等を取り除く事がで
き無い場合はその周辺より浸透させてください。
6. 塗布方法は特に選びません。躯体に充分含浸させること
が重要です。
7. 開封後は速やかに使い切ってください。開封後の残剤は
容器中の空気と化学反応を起こすので使い切ってくださ
い。短期的保存の場合は水分・ゴミ等が混入しない様に
し、小さい容器に移し替え内部の空気を少なくしフタを
密封、子供の手の届かない所に保管して下さい。また特
に使用残分を元の容器に戻さないで下さい。
8.塗布後の余剰分や残留分は、必ずよく洗った布で拭き取
ってください。拭き取りが甘かったり材質によっては白
い斑点が出る場合があります。
9.万一、目に入った場合は大量の水で洗い、医師に相談す
るようお願い致します。
10.0℃以下での保存及び施工は行わないで下さい。
11.凍結した材料の使用しないで下さい。
該当無し
無機溶剤
溶剤区分
有害物質表示 該当無し
8.使用上の注意[警告]
特別危険性はなく施工上の注意を厳守。
9.F☆☆☆☆について
「フォースター」の表示は、塗料や内装材、建材で、「ホルムアルデビドの放
散量の性能区分を示す為に新たに表示する義務が定められたものです。
F☆☆☆☆(Fフォースター)は、JIS工場で生産されるJIS製品に表示するこ
とが義務づけられているホルムアルデヒド等級を示すマークです。
ハイドロプルーフは塗料では無く、水性無機化合物の劣化保護及び防水剤
です。有害化学物質に指定されたシロアリ駆除剤のクロルピリホス及び、シ
ックハウス症候群に関するホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベン
ゼン・スチレンの1+5種類を有害規制薬物に指定。従って有機化合物であ
るフォルムアルデヒドは含まれていないため F☆☆☆☆に該当しません。
10.VOCについて
VOCとは、Volatile Organic Compounds の略で揮発性有機化合物のことを
いいます。WHOでは大気中に気体で存在する有機化合物のうち、沸点が
50℃~260℃の物質の総称と定義されています。
上記有機溶剤に関しては非該当です。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement