SpectraPLUS Professional Edition 取扱説明書

SpectraPLUS Professional Edition 取扱説明書
PIONEER HILL SOFTWARE
SpectraPLUS Professional Edition
取扱説明書
SONALYS 株式会社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内 1-1-3 AIG ビル
[email protected]
《 INDEX 》
Sampling Rate サンプリングレート
Standard Frequency Weighting 聴感補正
Introduction … P.3
Welcome 概要
Devices デバイスオプション
Utilities … P.29
What is a spectrum analyzer? スペクトラムアナライザーとは
Signal Generator シグナルジェネレータ
System Requirements 推奨環境
Save Signal to WAV file WAV ファイル保存
Making a Measurement… P.5
Peak Frequency ピーク周波数
Basic Operation 基本操作
Peak Amplitude ピークアンプリチュード
Setting up the analyzer アナライザーのセットアップ
Total Power トータルパワー
Cursor measurements カーソル測定操作
Total Harmonic Distortion (THD) 全高調波ひずみ
Right Mouse Click Actions マウス右クリックメニュー
THD+N vs Frequency 全高調波ひずみ対周波数
Printing the results データの印刷
InterModulation Distortion (IMD) 混変調ひずみ
File Management … P.11
Signal to Noise Ratio (SNR) SN 比
Working with Audio Files オーディオファイル
Signal to Noise Plus Distortion (SINAD) SN+ひずみ
Importing Files ファイルのインポート
Noise Figure (NF) NF
Exporting Files ファイルのエクスポート
Delay Finder ディレイファインダ
File Options ファイルオプション
Stereo Phase Scope ステレオフェーズスコープ
File Decimate ファイルデシメーション
Reverberation Time 残響時間
File Merge ファイルの結合
Macro Command Processor マクロコマンドプロセッサ
Set Paths パスの設定
Equivalent Noise Levels 等価ノイズレベル
Configuration Files 定義ファイル
Editing … P.16
Cut/Copy/Paste カット/コピー/ペースト
Play/Play Special 再生操作
Data Logging データロギング
Licensing … P.45
Status and Authorization ライセンスについて
Dynamic Data Exchange (DDE) … P.48
Filtering フィルタ
Dynamic Data Exchange (DDE) ダイナミック・データ・エクスチ
Mute ミュート
ェンジ
Gain Adjust ゲイン調整
DDE Commands コマンド
DC Offset DC オフセット
DDE Data Request Items データ要求
Select All 選択操作
Modes … P.20
DDE Example DDE サンプル
Performance Issues … P.63
Real-Time リアルタイムモード
Processing Speed 処理速度
Post-Processing 後処理モード
Measurement Accuracy 測定確度・精度
Recorder レコーダモード
Aliasing アリアシング
Views … P.22
Misc … P.65
Time Series タイムシリーズビュー
Keyboard Shortcuts キーボードショートカット
Spectrum スペクトラムビュー
Toolbars ツールバー
Phase フェーズビュー
Secondary Toolbar 第 2 ツールバー
Spectrogram スペクトログラムビュー
View Toolbar ビューツールバー
3-D Surface 3 次元ビュー
Status bar ステータスバー
Options … P.24
Scaling グラフ軸スケール
Independent Channel Scaling グラフ軸スケール(チャンネル
Video Display modes ビデオ表示モード
Technical Support 技術サポート窓口
測定例 … P.70
別)
Acoustic Response of a room 室内音響レスポンス
Markers マーカ
Impedance Measurements インピーダンス測定
Triggering トリガリング
Transfer Functions 伝達関数
Calibration レベル校正
Total Harmonic Distortion Analysis 全高調波ひずみ
Independent Channel Calibration レベル校正(チャンネル別)
Voice Analysis 音声解析
Power Spectra Density パワースペクトラ
Machine Vibration Analysis 振動解析
Introduction
概要
Welcome to SpectraPLUS Professional Edition Software!
SpectraPLUS Professional Editionは高性能/パワフルな2チャンネル・スペクトラム・アナライザーです。Recording、
Playback と Post-Processing、Real-Time モードでのスペクトル解析を提供します。被測定信号の入出力インターフ
ェースには Windows 対応サウンドカードが使用可能です。周波数特性、ひずみ、及び伝達関数等などを測定する
能力を提供します。
ワイドレンジ FFT サイズ、窓関数、デジタルフィルタ、オーバーラッププロセッシング、アベレージング、ピークホー
ルド、トリガリング、デシメーション、ナローバンド/オクターブバンド(1/1, 1/3, etc)スケーリングをサポートし、Time
Series、Spectrum、Phase、3-D Surface、Spectrogram と THD をグラフ表示します。そして、エクスポートとカラー
プリントアウトが可能です。シグナルジェネレータ機能は pink/white noise、swept sine、tones、pulses 等の信号を
生成します。すべての信号処理がCPUによって実行されますが、今日のコンピュータは十分な処理能力を持ってい
ます。
Copy Protection:
このソフトウェアはライセンス情報を登録する「ハードウェアキー」(別名「ドングル」)を使用することで保護されていま
す。Hardware Key は USB ポートタイプです。また、ご希望により「ソフトウェアキー」を使用することもできます。
Hardware Key デバイスドライバは、Web Site 及びインストール CD-ROM で提供します。ドライバーをインストール
する際は管理者として Windows にログインしなければなりません。インストール完了後は個人のユーザアカウント
で使用可能です。
スペクトラムアナライザーとは
What is a Spectrum Analyzer
スペクトラムアナライザーはタイムドメイン(振幅時間)から周波数ドメイン(振幅頻度)に信号を変換するのに使用され
ます。オシロスコープになじみがあればタイムドメイン表示が何に似ているかを理解している筈です。周波数ドメイ
ン表示はスペクトルとして知られています。単一トーンの測定でない場合、オシロスコープは周波数情報をわずかし
か提供しません。 しかしスペクトラムアナライザーは明確にこの情報を明らかにします。 Audio Spectrum
Analyzer は定義上オーディオ帯域の信号処理に限られます。測定周波数限界は使用するサウンドカードの能力に
依存します(詳細は Sampling rate を参照)。
What Can it Do?
スペクトラムアナライザーは音声信号に含まれている基本的な周波数成分を測定することに非常に役に立ちます。
それはシングル、マルチトーンの周波数差を正確に測定することができます。
How does it work?
SpectraPLUS Professional Edition はコンピュータ内蔵あるいは外付けのサウンドカードによって動作します。 被
測定信号をサウンドカードの「Line-In」か「Microphone」ジャックにつないでください。SpectraPLUS Professional
Edition は、被測定信号を「アナログ−ディジタル」変換するのにサウンドカード/デバイスを使用します。そして、デジ
タル化された信号はタイムドメインから周波数ドメインに信号を変換する高速フーリエ変換(FFT)として知られている
アルゴリズムを通過します。コンピュータの CPU はこの変換を実行するのに使用されます。
推奨環境
System Requirements
システム推奨条件:
CPU:150 MHz Pentium 以上
RAM:128 MB
HD 空容量:20 MB
モニター:256 色 VGA (1024 x 768 ドット)以上
Windows 互換サウンドカード
マウス
Making a Measurement
基本機能
Basic Operation
プログラムは、3 つの動作モードと 5 つのグラフィックビューを提供します。
Modes
Real-Time/リアルタイムモードは、直接サウンドカードから信号を取得して処理し、結果を表示します。
Recorder/レコーダーモードでは、デジタル化している信号を.WAV ファイルフォームでハードディスクに
保存することができます。 サウンドカードを経由してスピーカーで信号を再生することができます。
Post-Process/ポスト処理モードでは、ディスクに保存された.WAV ファイルを後処理できます。 このモー
ドは他の2つのモードに比べ分析プロセスにより高い柔軟性があります。オーバラップ処理では
Spectrogram と 3-D Surface ビューの双方で時間分解を効果的にストレッチすることができます。
Views
Time Series ビューは、デジタル化している信号波形を表示します。表示フォームはオシロスコープ(振幅
対時間)と同様です。
Spectrum ビューは、周波数対アンプリチュードを表示します。
Phase ビューは、周波数対位相を表示します。
Spectrogram ビューは、時系列のスペクトルをカラーかグレースケールでサーモグラフィー的(ソノグラ
フ)に表示します。
3-D Surface ビューは、時系列のスペクトルを 3 次元表示します。
アナライザーのセットアップ
Setting up the Analyzer
Setup the hardware(サウンドカード/デバイスのセット):
サウンドカードとそのドライバーをインストールしてください。そして、サウンドカードの Microphone か Line ジャッ
クに測定する信号を接続してください。
Frequency Range(周波数範囲):
測定に入る前に、必要な周波数帯域と周波数分解能を決める必要があります。 <Options>メニュー下の
<Setting>コマンドを選択して「Settings」ダイアログボックスを開きます。「Sampling Rate」は少なくとも測定上限
周波数の2倍に設定してください。 そして、スペクトル分解(ダイアログボックスのタイトル下に表示)が目的を満た
すよう「FFT」サイズを調整してください。 OK をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
Axis Scaling(グラフ軸スケール):
<Options>メニュー下の<Scaling>コマンドを選択して「Scaling」ダイアログボックスを開きます。適切なスケーリン
グオプションを選択してください。 プログラムは「Logarithmic」アンプリチュードスケーリングと「Linear」周波数ス
ケーリングを既定値としています。
Open any of the views you wish to display(ビューの開閉):
対応するメニュー項目を切り換えることによって、各ビューを開閉することができます。 チェックマークは開いて
いるビューの横に現れます。 プロセッサがランしているときにもビューを開閉できますが、3-D Surface と
Spectrogram ビューの場合は閉じると内容が消失します。
Select the operating mode(オペレーションモードの選択):
後処理するために被測定信号を保存する場合は「Recorder」モードを選択してください。 信号を保存しないでモ
ニタモードでランする場合は「Real-Time」モードを選択してください。「Recorder」モードはコンピュータのハードデ
ィスク空容量やメモリサイズによって制限されます(選択された File Options にもよります)が、「Post-Process」モ
ードでは記録時の.WAV ファイル・フォーマットが使われます。
Start the analyzer(アナライザーのスタート):
ツールバーの<Run>か<Rec>ボタンをクリックするか、またはアクセラレータキー<alt><R>を使用してプログラ
ムを始動すると、ビュー表示がアップデートし始めます。 「Real-Time」モードで任意に<Enter>キーを押すと、ア
ナライザーは一度だけ測定を実行して停止します。
Stop the analyzer and make a measurement(アナライザーの停止とカーソル測定):
ツールバーの<Stop>か、アクセラレータキー<alt><S>をクリックするとプログラムが停止します。 マウスを使用
してグラフの任意のポイントで左ボタンを押してください。 クリックポイントの値を表示するカーソルボックスが現
れます (詳しい情報は Cursor Measurements を参照) 。
Print the results(データの印刷):
<File> <Print> メニューを選択するとアクティブ(選択されている)ビューを印刷します。 また、印刷ページの先頭
中央に印刷される注釈を入力することができます。
Save the configuration(定義ファイルの保存):
< Config> <Save Configuration>メニューを使用することによって、現在設定されているアナライザーの構成パラ
メータをファイル保存することができます。ファイルにはビューサイズ、位置、開いている.WAV ファイルなどの情
報パラメータが書き込まれます。
カーソル測定操作
Cursor Measurements
Left Mouse Button:
ビューグラフ上のどこでもマウス左ボタンを押すと、ポイントした X 軸と Y 軸位置の値がカーソルボックスに表示
されます。
Control Key + Left Mouse button:
<Ctrl>キーをホールドして ビューグラフ上のどこででもマウス左ボタンをクリックし、そしてドラッグすると、基点と
マウスポイント間の相対値がカーソルボックスに表示されます。これは 2 ポイント間の差分を測定するのに役に
立ちます。
Shift Key + Left Mouse button:
<Shift>キーをホールドしてビューグラフ上のどこででもマウス左ボタンをクリックするとハーモニックカーソルが
表示されます。 このカーソルは 10 の高調波を示しています。 これは非常に複雑なスペクトルの中の高調波成
分を特定することに役に立ちます。
Control + Shift Key + Left Mouse button:
<Ctrl>と<Shift>キーの両方をホールドしてビューグラフ上のどこででもマウス左ボタンをクリックすると、サイドバ
ンドカーソルが表示されます。 これらのカーソルはスタートポイント上下サイドの測定線を表示します。 これは
非常に複雑なスペクトルの中で変調するコンポーネントを特定することに役に立ちます。
Right Mouse Button:
ビュー上でマウスの右ボタンをクリックすると、編集オプションを含むポップアップメニューが現れます。 このポッ
プアップメニューの内容はビューにより異なります。 詳しい情報は「Right Click Action Menu」を参照してくださ
い。
Spectrum と Phase ビューではアンプリチュード軸に沿ってカーソルをトレース可能です。表示オプションダイアロ
グボックスでこれを無効に設定することができます。
Notes:
マウス操作している間はアナライザーを停止することをお勧めします。 対応するキーボードコマンドはありませ
ん。
3-Dsurface ビューはあてにならない場合があります。 正確な周波数を確定する為にグラフの X 軸沿って測定し
なければなりませんが、ピークの先端の表示は左に歪曲します。
右クリックメニュー
Right Click Action Menus
ビュー上でマウス右ボタンをクリックするとポップアップメニューが現れます。 アイテムのいくつかは慣れ親しんだ
クリップボード操作ですが、その他に多くの強力な後処理機能を提供します。
Time Series View
Cut - 選択された時間セグメントをカットし、.WAV ファイルフォーマットでそれをクリップボードにコピーします。
Copy As Wave - 選択された時間セグメントを.WAV ファイルフォーマットでクリップボードにコピーします。
Copy as Bitmap - グラフイメージをビットマットフォーマットでクリップボードにコピーします。
Copy As Text - 選択された時間セグメントをタブで区切られたテキスト形式でクリップボードにコピーします。
Mute - 選択された時間セグメントをミュート処理します。
Filter - 選択された時間セグメントをフィルター処理します。
Play - 出力デバイスを通して、選択された時間セグメントを再生します。
Autoscale Display - データ内容を評価し、グラフの「Plot Top/Range」を最適値に設定します。
Compute and Display Average Spectrum - 「infinite」アベレージングを使い、選択された時間セグメントのア
ベレージング Spectrum を計算して表示します。 もし必要なら Spectrum ビューが開かれます。
Compute and Display Spectrogram - 現在の FFT サイズで、選択された時間セグメントの Spectrogram を処
理して表示します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントがSpectrogramグラフを満たすように使用
されます。 もし必要なら Spectrogram ビューが開かれます。
Compute and Display 3-D Surface - 現在の FFT サイズで、選択された時間セグメントの 3-D Surface を処理
して表示します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントが 3-D Surface グラフを満たすように使用さ
れます。 もし必要なら 3-D Surface ビューが開かれます。
Compute and Display RT-60 - 選択された時間セグメントの RT-60 を処理して表示することができます。もし必
要なら Reverberation Time ビューが開かれます。
Compute Equivalent Noise Levels - 定常状態雑音の等価レベルを計算します。
Perform DTMF Analysis - 選択された時間セグメントの DTMF キー(タッチトーン)をデコードします。
Compute RMS Level - 選択された時間セグメントの RMS レベルを算出します。
Compute Crest Factor - データセットのクレストファクターを処理して表示します。
Compute Envelope Using Hilbert Transform - Hilbert Transform を使い、選択された時間セグメントの
Envelope(大きさ)を計算します。 結果は Time Series ビューに表示されます。 「zoom out full」ボタンをクリック
すると、通常表示モードに戻ります。
Compute Schroeder Integration - M.R.シュローダー法に基づくリバースインテグレーション(right to left) を計
算します。結果は Time Series ビューに表示されます。「zoom out full」ボタンをクリックすると、通常表示モード
に戻ります。
View Data Values - 現在の Time Series 値をテーブル表示します。表示は常にアップデートされます。
Properties - ディスプレイオプションダイアログを起動します。
Help - オンラインヘルプを表示します。
Spectrum View
Copy as Text - 選択された時間セグメントを、タブで区切られたテキスト形式でクリップボードにコピーします。
Write to Text File - 表示された Spectrum 値を ASCII テキスト・ファイルに書き込みます。
Copy as Bitmap - グラフイメージをビットマットフォーマットでクリップボードにコピーします。
Inverse FFT - Time Series の結果に Inverse FFT を実行して、結果を表示します。
Compute Cepstrum - スペクタルデータに FFT を実行します。
Bandwidth and Q Factor - 最大ピークのハーフパワーバンド幅と Q Factor を計算して表示します。
Clear Spectrum - Spectrum をクリアします。 ピークホールド表示を観察したり、印刷する場合に効果的です。
Clear Peak Hold - Spectrum をクリアします。 ピークホールド表示なしでオーバレイデータを観察したり、印刷
する場合に効果的です。
Autoscale Specctrum - データを評価して、グラフの「Plot Top/Range」を最適値に設定します。
Set Marker N - マウスクリックポイントの周波数位置にマーカーN を設定します。
Clear Marker N - マーカーN をクリアします。
Marker Options - 「Marker Options」ダイアログボックスを呼び出します。
Smooth Spectrum N - スペクトラルデータ(Narrowband スケーリングと Logarithmic アンプリチュードスケー
リング)をスムーシングするために隣接する N を平均します。
View Data Values - 現在の Spectrum 値をテーブル表示します。表示は常にアップデートされます。
Properties - ディスプレイオプションダイアログを起動します。
Help - オンラインヘルプを表示します。
Phase View
Copy as Text - Phase 値をタブで区切られたテキスト形式でクリップボードにコピーします。
Copy as Bitmap - グラフイメージをビットマットフォーマットでクリップボードにコピーします。
View Data Values - 現在の Phase 値をテーブル表示します。表示は常にアップデートされます。
Properties - ディスプレイオプションダイアログを起動します。
Help - オンラインヘルプを表示します。
3-D Surface View
Cut - 選択された時間セグメントをカットし、.WAV ファイルフォーマットでそれをクリップボードに置きます。
Copy as Wave - 選択された時間セグメントを.WAV ファイルフォーマットでクリップボードにコピーします。
Copy as Bitmap - グラフイメージをビットマットフォーマットでクリップボードにコピーします。
Mute - 選択された時間セグメントをミュート処理します。
Filter - 選択された時間セグメントをフィルター処理します。
Play - 選択された時間セグメントをフィルター処理します。
Autoscale 3-D Surface - データを評価して、「Plot Top/Range」値を最適値に設定します。
Display Time Series - 選択されたセグメントに対応する Time Series を表示します。 もし必要なら、Time
Series ビューが開かれます。
Compute and Display Average Spectrum - 「infinite」アベレージングを使い選択された時間セグメントのアベ
レージング Spectrum を計算して表示します。 もし必要なら Spectrum ビューが開かれます。
Compute and Display Spectrogram - 現在の FFT サイズで、選択された時間セグメントの Spectrogram を処
理して表示します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントが Spectrogram グラフを満たすように使
用されます。 もし必要なら Spectrogram ビューが開かれます。
Expand 3-D Surface - 選択した時間セグメントのデータを再処理することによって、3-D Surface ビューを拡大
します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントが 3-D Surface ビューを満たすように使用されます。
Compute Equivalent Noise Level (Leq) - 1 時間の定常雑音の等価レベルを計算します。
Perform DTMF Analysis - 選択された時間セグメントの DTMF キー(タッチトーン)をデコードします。
Properties - ディスプレイオプションダイアログを起動します。
Help - オンラインヘルプを表示します。
Spectrogram View
Cut - 選択された時間セグメントをカットし、.WAV ファイルフォーマットでそれをクリップボードに置きます。
Copy as Wave - 選択された時間セグメントを.WAV ファイルフォーマットでクリップボードにコピーします。
Copy as Bitmap - グラフイメージをビットマットフォーマットでクリップボードにコピーします。
Mute - 選択された時間セグメントをミュート処理します。
Filter - 選択された時間セグメントをフィルター処理します。
Play - 選択された時間セグメントをフィルター処理します。
Autoscale Spectrogram - データを評価して、「Plot Top/Range」値を最適値に設定します。
Display Time Series - 選択されたセグメントに対応するTime Seriesを表示します。 もし必要なら Time Series
ビューが開かれます。
Compute and Display Average Spectrum - 「infinite」アベレージングを使い選択された時間セグメントのアベ
レージング Spectrum を計算して表示します。 もし必要なら Spectrum ビューが開かれます。
Expand Spectrogram - 選択した時間セグメントのデータを再処理することによって、Spectrogram ビューを拡
大します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントが Spectrogram ビューを満たすように使用されま
す。
Compute and Display 3-D Surface - 現在の FFT サイズで、選択された時間セグメントの 3-D Surface を処理
して表示します。 オーバラップパーセンテージは、時間セグメントが 3-D Surface グラフを満たすように使用さ
れます。 もし必要なら 3-D Surface ビューが開かれます。
Compute Equivalent Noise Level (Leq) - 1 時間の定常雑音の等価レベルを計算します。
Perform DTMF Analysis - 選択された時間セグメントの DTMF キー(タッチトーン)をデコードします。
Properties - ディスプレイオプションダイアログを起動します。
Help - オンラインヘルプを表示します。
データの印刷
Printing the results
一度に 1 つのビューを印刷できます。 印刷対象のビューをクリックすることによりウィンドウをアクティブにし、印刷
するビューを特定します。<File>メニューから<Print>オプションを選択してください。 プリンタオプションを設定し、そ
して OK をクリックしてください。<File><Print Setup>メニューで事前にプリンタオプションを設定できます。
Annotation: 2 行のユーザ注釈スペースが提供されます。 プリントアウトシートのヘッド部中央に印字されます。
Margins: 任意に設定してください。
Comments: グラフの下部に最大 10 行の注釈を入れることができます。
Notes:
白黒プリンタでカラーのSpectrogram を印刷するときは、オプションダイアログボックスでグレースケールオプショ
ンを選択してください。白黒プリンタでカラーの 3-D Surface を印刷するときは、オプションダイアログボックスで背
景色を白に、そしてラインを黒に設定して下さい。ペンプロッターは Spectrogram と 3-D Surface ビューに対応し
ません。
File Management
オーディオファイル
Working with Audio Files
標準的な<File><Open/Save/Save As>メニューでファイル操作を行います。現在は「.WAV」ファイル形式だけがサ
ポートされています。しかし、<File><Import>コマンドを使用することで他のシステムからオーディオファイルをイン
ポートすることができます。 また、プログラムは Windows File マネージャからの「ドラッグ・アンド・ドロップ」をサポ
ートします。
ファイルが開かれるか、または録音が始まると、ファイルを閉じない限りサンプリングレートとフォーマットは変える
ことができません。これは.WAV ファイル形式がファイル全体で一定のサンプリングレートとフォーマットを必要とす
るからです。
モードがReal-Timeに切り替わると現在のファイルは閉じられます。そして、必要ならそれを保存するようにうながさ
れます。
必要なメモリー容量はサンプリングレートとフォーマット次第です。モノーラル録音時の代表的な値を以下に示しま
す。ステレオ時は倍になります。
Sampling Rate (Hz)
Sampling Precision (bits)
Bytes/Minute
11,025
8
661,500
11,025
16
1,323,000
22,050
8
1,323,000
22,050
16
2,646,000
44,100
8
2,646,000
44,100
16
5,292,000
44,100
24
7,938,000
96,000
16
11,520,000
96,000
24
17,280,000
Continuous Recording Capability
ウェーブファイルは最大2GB のデータを保存できます(対応するサンプリング仕様に依存します)。 限界に達すると、
プログラムは記録するのを止めてファイルを保存し、そして新しいファイルに再録し始めます。 もし、ファイルに名
前がなければ、コンピュータの日付を使用して名前を与えます。 ファイルは<File><Set Paths>で規定している
¥wave フォルダーに保存します。この機能はハードディスクレコーディングモードにのみ適用されます。
例: c:¥speclab¥wave¥recording_2002_11_26_102011.wav
(保存日時:2002 年 11 月 26 日 10 時 20 分 11 秒)
ファイルのインポート
Importing Files
標準の.WAVファイルは1ブロックのたヘッダーを含むバイナリーファイルです。 .WAVファイルヘッダーはサンプリ
ングレート、チャンネルの数、サンプルあたりのビット数の情報を含んでいます。 ステレオファイルは L と R が交互
になります(L、R、L、R.)。
インポート機能は、外部のソースからデジタル化しているデータをインポートして.WAVファイルを生成します。 適切
に.WAV ファイルファイルヘッダーを造るため、データによって表されたサンプリングレートを指定しなければなりま
せん、そしてサンプリングフォーマットを指定します。
File Formats:
ASCII Integer -ファイルはどんなテキストエディタでも読み込み可能です。 モノタイプファイルでは、各列は一つ
の標本値を含んでいます。 ステレオファイルでは、各列はコンマによって分離された左右の標本値を含んでいま
す。
ASCII Float -ファイルはどんなテキストエディタでも読み込み可能ですが、値は浮動小数点形式(例えば、21.034)
に変換されます。 モノタイプファイルでは、各列は一つの標本値を含んでいます。 ステレオファイルでは、各列
はコンマによって分離された左右の標本値を含んでいます。
Binary 8 bit - 8 bit 整数値。
Binary 16 bit - 16 bit 整数値。
Binary 32 bit - 32 bit 整数値。
Binary floating point - 32 bit フローティング値。
Expected Sample Values:
8 bit WAV data: 0...255
16 bit WAV data: -32768...+32768
24 bit Wav data -8388607...++8388607
File Header Options:
データファイルがヘッダーを含んでいれば、列(ASCII ファイル)かバイト(バイナリーファイル)でヘッダーのサイズ
を指定できます。 このヘッダー・データはインポート処理ではスキップされます。
Data Scaling:
「Rescale/再スケール」がチェックされると、ファイルに含まれる最大・最小値を決定し、選択したサンプリングプレ
シジョンで最適になるようスケールを再設定します。
「Truncate/先端切」がチェックされると、すべての値を受け入れ、指定されたサンプリングプレシジョンを超えてい
れば先端を切ります。
データファイルに含まれた単位が分かっているならこのオプションを使用してください。 これはデータファイル適
切にスケーリングするための校正パラメータを生成します。
ファイルのエクスポート
Exporting Files
この機能で.WAV ファイルを、さまざまなファイル形式にエクスポートすることができます。 これらのファイルはスプ
レッドシート、数学処理プログラムやカスタムアプリケーションで利用できます。
これは、エクスポートする前に WAVE データを「ダウンサンプル」することを可能にします。
File Formats:
ASCII Integer -ファイルはどんなテキストエディタでも読み込み可能です。モノタイプファイルでは各列は一つの
標本値を含んでいます。 ステレオファイルでは各列はコンマによって分離された左右の標本値を含んでいます。
ASCII Float -ファイルはどんなテキストエディタでも読み込み可能ですが、値は浮動小数点形式(例えば、21.034)
に変換されます。 モノタイプファイルでは、各列は一つの標本値を含んでいます。 ステレオファイルでは、各列
はコンマによって分離された左右の標本値を含んでいます。
Binary 8 bit - 8 bit 整数値。
Binary 16 bit - 16 bit 整数値。
Binary 32 bit - 32 bit 整数値。
Binary floating point - 32 bit フローティング値。
Output Sample Values:
8 bit WAV data: 0...255
16 bit WAV data: -32768...+32768
24 bit WAV data: -8388607...+8388607
Notes:
ステレオファイルをエクスポートするときは左のチャンネルから始まり、L,R 交互になります。
バイナリーファイルはテキストファイルより効率的です。 ASCII テキストは大ファイルには適合しません。
大きい.WAV ファイルから小さい時間セグメントをエクスポートする場合は、Time Series ビューを使用してセグメ
ントを指定し、そして<Edit><Copy>メニューを使用して、そのセグメントをクリップボードにコピーしてください。 次
にファイルを閉じそして、選択で<Edit><Paste Insert>メニューでそのセグメントをペースオtすることによって、新
しいファイルを作成してください。 そしてこの小さい.WAV ファイルをエクスポートします。
ASCII か Binary8 ビットファイルのどちらかに 16 ビットの WAV ファイルをエクスポートすると、8 ビットサンプルレ
ンジにフィットするため再スケールします。
ファイル オプション
File Options
ファイルオプションは WAV ファイルの保存とアクセス方法をコントロールすることが可能です。
Access modes:
RAM - WAVE データが RAM サイズにフィットしなければなりません。
Hard Disk - WAVE データは、直接ハードディスクに記録されて、再生されます。 これは長時間録音を可能にしま
す。 メガバイト(MB)単位で最大レコーディング・サイズを指定できます(最大 2GB のデータを保存できます。時間
はサンプリングフォーマットに依存します)。
Make Backup:
このオプションはハードディスクアクセス・モードだけに適用されます。 このオプションがチェックされると、一時
バックアップファイルは、元のファイル内容再保存できるように作成されます。 <File><Set Paths>メニューで一
時ファイルが使用するディレクトリを指定してください。 アプリケーションを閉じるとすべてのバックアップファイル
は消去されます。
Include Calibration Data in WAV file
このオプションを有効にすると校正パラメータが WAV ファイルに含まれます。そして、ファイルが再び開かれると
きにはロードされます。 これはデフォルトで有効に設定されています。校正パラメータはファイルサイズに加えら
れません。 WAV ファイルで機能する多くのアプリケーションはこの追加データで問題を生じることはないですが、
多くはファイル保存時に校正データを維持しません。校正データ付きWAVファイルを読むことに問題を持つアプリ
ケーションを使用する場合は、このオプションを無効にする必要があります。
Real Time Mode Data Buffering
このオプションでは、Real Time モードでデータがバッファリングされるかどうかを制御できます。 データバッファ
リングは、Spectrogram や 3-D Surface ビュースケーリングパラメータやビューサイズの変化にともない再描画す
ることやマウス右クリックメニュー機能を可能にします。さらに、後処理/Post-Processやレコーダ/Recorderモード
での処理のために WAV ファイルに変換できます。 このオプションはデフォルトで有効にされています。ほとんど
の状況で有用であることを理解して下さい。 このオプションをオフにすると、若干の性能向上はもたらされますが、
その恩恵は僅かです。 データバッファリングは前述で選択されたように同じファイルアクセス(RAM か Hard
Disk)を使用します。 デフォルトバッファ長は 60 秒ですが、必要に応じて変えることができます。
Continuous Recording Capability
ハードディスク録音がファイルの最大サイズ限界に達すると、プログラムは一時的に記録するのを止めてファイ
ルを保存し、その後録音を再開します。 ファイルにまだ名前がなければ、プログラムはコンピュータの日時を使
用して名前を付けます。ファイルは<File><Set Paths>ダイアログで指定した「¥wave」フォルダに保存されます。
この機能はハードディスク記録方式だけに適用されます。
Example: c:¥speclab¥wave¥recording_2002_11_26_102011.wav
(この例は 2002 年 11 月 26 日、10 時 20 分 11 秒に保存されたことを表します)
Notes:
小さいファイルで働いている時、RAM アクセスはより速い性能を提供します。 ハードディスクアクセスは、より大
きいファイルにフィットします。
ハードディスクレコーディングの間、他のディスク操作(大きいアプリケーションの起動など)を実行しないでくださ
い。Windows はマルチタスキングオペレーティングシステムですが、それは個々のアプリケーションの協力に依
存しており、システムリソースへの即座のアクセスを保証できません。
ファイルデシメート
File Decimate
この機能はユーザが指定した比率に従って、WAV ファイルのサンプリングレートを減らすことができます
(Decimate)。 任意の Decimation Ratio を入力すると新しいサンプリングレートを表示します。
そして、保存する WAV ファイルの名前を求められます。
ファイルの結合
File Merge
この機能はシングルチャンネル(モノタイプ)の 2 つの.WAV ファイルを1つのデュアル・チャンネル(ステレオ).WAV フ
ァイルに結合します。 この機能は異なる時間に実行したテスト結果をデュアル・チャンネル加工処理するのに役に
立ちます。
開いている.WAV ファイルを閉じて、Recorder か Post-Processing モードにします。 左右のチャンネルに使用され
るファイルを要求されます。
ステレオ.WAV ファイルが生成されて開かれます。
それぞれのモノタイプファイルは、同じサンプリングレートとプレシジョンでなければなりません。
パス設定
Set Paths
このオプションでは、プログラムによって利用される各種ファイルのディレクトリを変更できます。
パスやディレクトリに関する充分な知識を持たない場合は既定設定をお勧めします。
定義ファイル
Configuration Files
<Config>メニューでは現在設定されているアナライザーの構成値を保存し、また保存された構成値をロードするこ
とができます。 さらに構成値のリストを印刷できます。
Config ファイルは位置、オプション、ビューのサイズ情報などを含んでいます。ファイル拡張子は「.CFG」です。
WIN.INI と SYSTEM.INI ファイルと同じく標準の ASCII テキスト形式ファイルです。
Editing
カット/コピー/ペースト
Cut/Copy/Paste commands
Cut/ Copy/Paste のコマンドは、アクティブなビューの内容をクリップボードにコピーする為に使用されます。データ
の形式はビューによって異なります:
View
Spectrum
Phase
Time Series
Spectrogram
3-D Surface
Cut
N/A
N/A
.WAV format
.WAV format
.WAV format
Copy
ASCII table
ASCII table
.WAV format
.WAV format
.WAV format
Paste
N/A
N/A
.WAV format
.WAV format
.WAV format
Time Series、Spectrogram、3-D Surface ビューを使用する場合は、最初に編集したい時間セグメントを選択しなけ
ればなりません。これをするには、ビューツールバーの選択矢印ボタンをクリックしてください。 次にグラフ上の任
意のポイントをマウス左ボタンでクリックし、そしてドラッギングして編集したい時間セグメントを反転表示してくださ
い。 ここで<Edit>コマンドを選択すると必要な操作を可能にします。 Real Time モードではこの機能は無効です。
WAV ファイルはこの形式をサポートするどんなアプリケーションとも互換性があります。
ASCII テーブル形式は 2 つのコラムを生成します。左のコラムには周波数が、右のコラムにはアンプリチュードかフ
ェーズが配置されます。 コラムはタブによってセパレートされます。 そして、さらなる分析のためにこのデータをス
プレッドシートやテキストエディタに貼り付けて利用することができます。 また、このファイルはスペクトルオーバレ
イとマイク補償ファイルの両方と互換性があります。
<Undo> <Edit>コマンドは最後の編集操作をキャンセルして回復することができます。これは<Edit> <Cut>, <Edit>
<Paste Over>, <Edit> <Paste Insert> ,<Edit Filter>に適用されます。
再生操作
Play/Play Special commands
Play>と<Play Special>メニューコマンドは、選択した時間帯域/セグメントをスピーカーから再生することができま
す。
まず、編集したい時間セグメントを選択しなければなりません。 この操作は Time Series、Spectrogram か 3-D
Surface ビューのいずれかで可能です。 最初にビューツールバーの選択矢印アイコンをクリックしてください。 次
にグラフ上の任意のポイントをマウス左ボタンでクリックし、そしてドラッギングして編集したい時間セグメントを選択
してください。 ここで<Edit>コマンドが有効になり、必要な操作を選択できるようになります。
<Edit> <Play>メニューはサウンドカードのスピーカーポートを通して、選択されたセグメントを再生します。 これは
ビューツールバーのスピーカーアイコンをクリックしても同様です。
<Edit> <Play Special>メニューには4つの選択肢があります:
Loop -選択された時間セグメントを継続再生/リピートします(Stop ボタンをクリックするとキャンセルされます)。
Half speed -選択された時間セグメントを 1/2 サンプリングレートで再生します。
Double speed -選択された時間セグメントを 2 倍サンプリングレートで再生します。
Arbitrary speed - 選択された時間セグメントを指定したサンプリングレートで再生します。
フィルタ
Filtering
.WAV ファイルをフィルタ処理するにはまず、Time Series、Spectrogram、または 3-D Surface ビューで時間セグメ
ントを選択しなければなりません。ビューツールバーにある選択矢印アイコンをクリックしてください。そして、グラフ
上でマウス左ボタンをクリックしドラッグしてください。 選択範囲がリバース表示します。 時間セグメントが選択され
れば、ツールバーのフィルタアイコンまたは、<Edit><Filter>メニューコマンドが有効になります。 そして、フィルタリ
ングパラメータダイアログボックスで、フィルタ条件を選択することができます。
5種類のフィルタ:
Low Pass -指定されたカットオフ周波数より低域のすべての成分を通し、高域のコンポーネントを減衰させます。
High Pass -指定されたカットオフ周波数より高域のすべての成分を通し、低域のコンポーネントを減衰させます。
Band Pass -指定された帯域の周波数を通し、他の帯域を減衰させます。
Notch -指定された帯域をリジェクトし、他の帯域を通します。
Custom - 指定されたフィルタレスポンスファイルをデータに適用します。
Filter Sharpness -フィルタタップの数(係数)は、フィルタ応答の鋭さとどれくらい理想的な応答に合っているかに直接
影響します。 より多くのフィルタタップがよりシャープなフィルタレスポンスをもたらしますが、より多くの処理時間を
必要とします。
Filter Gain - オーバーオールゲインを調整可能です。 dB 単位で値を入力してください。 正数値はゲインを増加し、
負数値は減衰します。
フィルタレスポンスファイルの作成:
1. 標準の ASCII テキスト・ファイルを作り出すことができる NOTEPAD.EXE アプリケーション、スプレッドシ
ートまたはワードプロセッサを起動してください。
2. フィルタレスポンス曲線を表す2つの数値をコラムに入力してください。
3. 左のコラムは Hz 単位の周波数です。
4. 右のコラムは dB 単位のオフセットです。
5. 昇り順で情報を入力してください。
6. Tab キャラクタで各コラムを分離してください。
Example:
--------------------------100.0
-10.0
500.0
-5.0
1000.0
0.0
2000.0
2.0
10000.0
-5.0
15000.0 -15.0
最大32,768、最小3ペアーの情報が必要です。アナライザーはデータポイント間のスペクトルを補間するため「キュ
ーブスプラインアルゴリズム」を使用します。 セミコロンが最初のコラムにある行は注釈行として扱われ、無視され
ます。フィルタ応答ファイルの拡張子は「.FLT」です。
Note:
フィルタレスポンスファイル、Microphone Compensation ファイル、および Overlay ファイルは、同一形式のフォ
ーマットで互換性があります。 これは、正しくフィルタレスポンス情報を入れたことを確かめる場合役に立ちます。
これを行うにはフィルタレスポンスファイルを、Spectrum ビューのオーバレイ機能でロードしてください。
<File><Set Paths>メニューをクリックして、SpectraPLUS Professional によって使用される様々なファイルを保存
するデフォルトフォルダをカスタマイズできます。
ミュート
Mute
時間セグメントをミューティングすると、レベル値はゼロに設定されます。
.WAV ファイルのセグメントをミュートするには、最初に時間セグメントを選択しなければなりません。 その操作は
Time Series、Spectrogram、または 3D Surface ビューで行います。 ビューツールバーにある矢印アイコンをクリッ
クし、そしてグラフ上の任意のポイントをマウスクリックしてドラッグしてください。 選択範囲が反転表示されます。
時間セグメントを選択したら、<Edit><Mute>メニューコマンドをクリックしてください。 選択された時間セグメントは
ゼロに設定されます。
Notes:
<Edit><Undo Edit>メニューコマンドはデータを元の値に回復します。
ゲイン調整
Gain Adjust
.WAV ファイルのゲインを調整するには、最初に時間セグメントを任意に選択しなければなりません。 その操作は
Time Series、Spectrogram、または 3D Surface ビューで行います。 ビューツールバーにある矢印アイコンをクリッ
クし、そしてグラフ上の任意のポイントをマウスクリックしてドラッグしてください。 選択範囲が反転表示されます。時
間セグメントを選択したら、<Edit><Gain Adjust>メニューコマンドをクリックしてください。次に、加減するための利得
の量をデシベル(dB)単位で入力してください。 OK ボタンをクリックして調整を実行してください。
DC オフセット
DC Offset
.WAV ファイルの DC Offset を調整するには、最初に時間セグメントを任意に選択しなければなりません。 その操
作は Time Series、Spectrogram、または 3D Surface ビューで行います。 ビューツールバーにある矢印アイコンを
クリックし、そしてグラフ上の任意のポイントをマウスクリックしてドラッグしてください。 選択範囲が反転表示されま
す。時間セグメントを選択したら、<Edit><DC Offset>メニューコマンドをクリックしてください。次に、加減するための
DC オフセットの量を入力してください。 OK ボタンをクリックして DC オフセットを実行してください。
Notes:
<Edit><Undo Edit>メニューコマンドはセグメントを元の値に戻します。
全ての選択
Select All
<Select All>メニューコマンドは、Time Series、Spectrogram、3D Surface 各ビューの全時間セグメントを選択します
(反転表示されます)。
Notes:
編集のために.WAV ファイル全体を選択したければ、最初に Time Series ビューのツールバーで「Zoom Out
Full」ボタンをクリックしてください。 また、Time Series オプションダイアログの「Maximum Zoom Limit」値を増や
す必要があるかも知れません。
Modes
リアルタイムモード
Real-Time Mode
Real-Time モードでは、プログラムはサウンドカードから直接デジタル化された音データの FFT サイズブロックを獲
得し、スペクトラムを処理して表示します。 プログラムはストップされるまで間断なく新しいデータを取得し、前のデ
ータとそれを平均化して結果を表示します。 ツールバーにはアベレージングとピークホールドを変更するコントロー
ルが有ります。これは稼働中にも使用可能です。
デフォルトでは、最新の 60 秒間のデジタル化データは一時バッファに保存されます。 Recording か Post
Processing モードに切り替えると、処理のためにバッファデータを WAV ファイルにコンバートできます。
Single step operation:
<Enter> キーを押すとシングル FFT 測定が働き、そしてアナライザーは自動的に止まります。アベレージはシン
グルステップ操作の間リセットされません。
Notes:
コンピュータのCPU性能、選択されたサンプリングレート、およびFFT サイズによっては、コンピュータはデータ・
ブロックに FFT を実行し、次のブロックが有効になる前に結果を表示できないかもしれません。 この場合処理デ
ータにギャップがあるでしょう。 ギャップの分析を実行するにはセグメントを記録してください。そして Post
Processing モードでデータを解析してください。
最終的な測定をする前に、まず Real Time モードで予備の測定をし、次に Recorder モードに切り替えて実行する
ことをお勧めします。
後処理モード
Post-Processing Mode
Post-Processingモードは、記録・保存されたWAVファイルを分析できます。スペクトルアップデートが優先しますの
で、スピーカーを通して再生することはできません。 再生は Recorder モードか、または<Play><Play special>コマ
ンドを使用してください。
このモードは Recorder か Real Time モードより柔軟なコントロールを提供します。 処理データにはギャップがなく、
そしてオーバラップ処理により Spectrogram と 3D Surface グラフの時間軸をストレッチできます。さらに選択された
時間セグメントを編集、再生可能です。
.WAV ファイルを開くと、サンプリングレートとフォーマットはファイルが記録されたレートに合わせるため変更されま
す。サンプリングレートが WAV ファイルに残されていなければなりません。現在のサンプリングレートはアプリケー
ション下部のステータスバーにいつも表示されます。
Single step operation:
<Enter> キーを押すとシングル FFT 測定が働き、そしてアナライザーは自動的に止まります。アベレージングは
シングルステップ操作の間リセットされません。
レコーダモード
Recorder Mode
このモードはサウンドファイルが記録、再生できるという点において Windows の「Sound Recorder」ユーティリティ
と同様です。 しかし、「Sound Recorder」と異なり、サンプリングフォーマットとレートを管理できます。 また、録音プ
ロセスが優先しますが、記録または再生している間信号のスペクトラムを表示します。
プログラムは RAM ファイル・アクセス・モードを使用するとき、録音のための十分なメモリを割り当てるのを試み、も
し十分でなければ録音の長さを減少させます。録音の長さは「File Options」ダイアログボックスで指定されます。
Hard Disk ファイル・アクセス・モードでは、プログラムは直接ハードディスクにアクセスして録音、再生を行います。
録音中は一時ファイルが作成されます。
一時ファイルが使用するディレクトリは<File><Set Paths>メニューコマンドで指定してください。 アプリケーションを
終了すると、すべての一時ファイルが消去されます。
必要なメモリ容量はサンプリングレートとフォーマット次第です。モノーラル録音時の代表的な値を以下に示します。
ステレオ時は倍になります。
Sampling Rate (Hz)
11,025
22,050
44,100
44,100
96,100
Sampling Precision (bits)
16
16
16
24
24
Bytes/Minute
1,323,000
2,646,000
5,292,000
7,938,000
17,280,000
.WAV ファイルを開くと、サンプリングレートとフォーマットはファイルが記録されたレートに合わせるため変更されま
す。サンプリングレートが WAV ファイルに残されていなければなりません。現在のサンプリングレートはアプリケー
ション下部のステータスバーにいつも表示されます。
Continuous Recording Capability(保存規定)
ウェーブファイルは最大 2GB のデータを保存できます(対応するサンプリング仕様に依存します)。 限界に達する
と、プログラムは記録するのを止めてファイルを保存し、そして新しいファイルに再録し始めます。 もしファイルに
名前がなければ、コンピュータの日付を使用して名前を与えます。 ファイルは<File><Set Paths>で規定している
¥wave フォルダーに保存します。この機能はハードディスクレコーディングモードにのみ適用されます。
例: c:¥spectra¥wave¥recording_2002_11_26_102011.wav
(この例は 2002 年 11 月 26 日 10:20:11 にファイル保存したことを表しています)
Important:
ハードディスクレコーディングの間、他のディスク操作(大きいアプリケーションの起動など)を実行しないでくださ
い。Windows はマルチタスキングオペレーティングシステムですが、それは個々のアプリケーションの協力に依
存しており、システムリソースへの即座のアクセスを保証できません。
Views
タイムシリーズ表示
Time Series View
このビューはデジタル化したデータを表示します。オシロスコープと同様にアンプリチュードは縦軸に、時間は水平
軸に表示されます。
Real-Time を使用しているとき、グラフは最新の 60 秒のデータを表示します。 Recorder か Post-Processing モー
ドでは、ツールバーとスクロールバーコントロールを使用してデータファイル全体をズーム、スクロールできます。
水平軸スケーリングは秒単位です。マウス左ボタンでグラフ上の任意のポイントをダブルクリックするとファイルの
位置をポイントした位置に移動します。 さらに、Spectrum ビューに新しいポイントのスペクトラムを計算して表示し
ます。
スペクトラム表示
Spectrum View
このビューはスペクトラムの 2 次元ビューです。 水平軸は Hz 単位で周波数を示しています。 縦軸はそれぞれの
周波数のアンプリチュード/レベルを示しています。 キャリブレーション/校正オプションを使用することでアンプリチ
ュードスケールを変更できます。
有効なスペクトラルの総数は「FFT Size」の 1/2 です。 したがって、1024 ポイント FFT Size では 512 本のスペクト
ラルラインがあります。 測定周波数範囲は 0(Hz)から「Decimation Ratio で割られた Sampling Rate」の 1/2(Hz)で
す。
最大表示スペクトラムは上下限で制限されます。 最も下の 3 個は、DC コンポーネントを含んでいて表示されませ
ん。 上限の 1%は、しばしばエイリアスコンポーネントを含んでいるので表示されません。
ツールバーのズームボタンで表示スパンを容易に調整できます。 しかし FFT アルゴリズムは、それらを表示する
かどうかにかかわらずすべての周波数を計算する必要があります。
グラフから直接周波数とアンプリチュード情報を測定するのにマウスを使用できます。 さらに、<Edit><Copy> メニ
ューはスペクトルデータを表様式でクリップボードにコピーします。 これは直接スプレッドシートやテキストファイル
に貼り付けることができます。
位相表示
Phase View
このビューは信号対周波数のフェーズ/位相を表示します。 左右チャンネルのフェーズを調べるとき最も役に立ちま
す。 Settings ダイアログボックスで「Stereo」オプションを選択し、次に「Transfer Function」オプションを選んでくださ
い。
周波数スケールは設定されている「Scaling」オプションで支配されます。ツールバーのズームコントロールは表示
する周波数スパンを調整するのに使用できます。
グラフから直接周波数と位相情報を測定するのにマウスを使用できます。 さらに、<Edit><Copy> メニューコマンド
は現在のフェーズデータを表の様式でクリップボードにコピーします。 これは直接スプレッドシートやテキストファイ
ルに貼り付けることができます。
フェーズはスムーシングウィンドウ/窓関数の選択で大きく影響を受けます。 「Uniform」を選択すると、最もクリーン
なフェーズレスポンスが生成されます。
スペクトログラム表示
Spectrogram View
このビューは時系列のスペクトルデータをサーモグラフィーのようにカラー表示します(ソノグラフ)。アンプリチュー
ドは色調/階調で示されます。 この表示方法に馴染みのないユーザーでも少しの習得で、スペクトル解析に最も役
に立つ表示パターンの 1 つであることを理解できるでしょう。 3-D Surface View を俯瞰するようにアンプリチュード
が表示されます。 ビューの右側に、アンプリチュードとカラー(色度/階調)の相関を示します。
Spectrogram ビュー上でマウス左ボタンをダブルクリックすると、対応するスペクトルと Time Series データが表示さ
れます。
3次元表示
3-D Surface View
この表示はスペクトルデータの3次元時系列透視図です。 周波数は Y-軸、時間は X-軸に示されます。 このビュー
はスペクトルデータのダイナミックスイメージに役立ちます。
グラフをマウス左ボタンでダブルクリックすると、対応するスペクトルと Time Series データが表示されます。
Options
グラフ軸スケール
Scaling
ビューの周波数とアンプリチュード両グラフ軸のスケールをコントロールします。 これらの設定は Time Series ビュ
ーと Phase ビューの Y 軸以外のすべてのビューに適用されます。
グラフ軸スケール(チャンネル別)
Independent Channel Scaling
「Processing Settings」ダイアログボックスで、「□Independent Scaling and Calibration/独立スケーリングと較正」
オプションが選択されると、ダイアログボックスは各チャンネルのパラメタを個別にを表示するよう変化します。これ
により、2 つの完全に異なったタイプのスケールを使用できます。 例えば、加速度計データ「G」を一方のチャンネ
ルに、他方のチャンネルに 1/3 のオクターブでマイクロホンのデータ「SPL」を表示するよう構成可能です。
マーカー
Markers
マーカーは、特定の周波数をハイライト表示する為に使用されます。
選択した周波数はビューによって異なる様式でマークされます:
Spectrum -周波数は矢印でマークされます
Phase - 周波数は菱形でマークされます
Spectrogram - 周波数は赤矢印でマークされます
3-D Surface view -周波数は赤矢印でマークされます
Spectrum ビューではラベルを使用できます。 「Custom Label」ボックスに最大30 文字(半角英数字)を入力す
ることができます。
また、Spectrum ビューでマウスの右ボタンをクリックすることによって、マーカーはグラフィカルに設定することがで
きます。 1つの「Set Marker #」コマンドを選択すると、マウスクリック位置に対応する周波数マーカーを設定します。
「Clear All Markers」オプションはすべてのマーカーを無効にします。
マーカー周波数はDDEコマンドを使い、外部のプログラムからも設定できます。 同様に DDEコマンドを使用してマ
ーカーのデータ値を外部のプログラムに転送することができます。
トリガリング
Triggering
トリガリングが有効のときは FFT を実行する前に、プロセッサはトリガ状態がないかどうか現在のデータ・ブロックを
テストします。
トリガリングモードは「Level」か「edge」にセットできます:
Level triggering - アナライザーは指定されたスレッショルドを超えている Time Series データがないかどう
か、現在のデータ・ブロックをテストします。
Edge triggering - アナライザーは急激な変化がないかどうかデータ・ブロックをテストします(2つのサンプル
間のレベルの違いがスレッショルド設定を超えている)。 これはパルスタイプ信号のトリガリングに役立ちま
す。
「Trigger Delay」は FFT ブロックの中でウィンドウを調整するのに使用できます。 「Pre-delay」はトリガポイントを右
へ、「Post-delay」左に移動します。 「Delay」をゼロに設定すると、トリガポイントは FFT データ・ブロックの始めに置
かれます。
トリガリングはどの動作モードでも使用できますが、それぞれにおいてふるまいが異なります:
Real-Time -入力データの各 FFT ブロックの入力データがテストされ、そしてトリガ条件が満たされれば FFT
は実行されます。
Recorder - Recording/Play Back プロセスはトリガコンディションがないかどうかデータの 1 秒間をテストし
ます。 もしトリガコンディションが存在すれば、1 秒のデータは記録されるか、または再生されます。
Post-Process - それぞれのWAVE データの FFT ブロックはテストされ、もしトリガコンディションが満たされ
れば FFT は実行されます。
Notes:
外部トリガリングはデータチャンネルの 1 つとトリガーパルスの他方のチャンネルを利用することによって実行さ
れます。 トリガダイアログボックスで適切なトリガチャンネルを選び、そしてデータチャンネルのスペクトルを表示
するようにアナライザーをセットアップしてください。
Caution!
トリガリングが有効になっている場合、スレッショルドより下の信号があるとプロセッサは働かないように見えるか
もしれません。 プログラムのステータスバーをチェックしてください。
レベル校正
Calibration
デフォルトでは、アナライザーは 0dB が 8, 16 か 24 ビット信号の最大値である相対的なパワーレベルを示すように
校正されます。 校正オプションを使用すると基準点/0dB を外部基準信号を使って変更することができます。
基準信号をサウンドカードの入力につなぎ、デジタルレベルを調べることによって行います。 この情報によって、ア
ナライザーを校正するためのスケールファクタを処理できます。
<Options><Calibration>メニューを選択して「Calibration」ダイアログボックスを表示してください。
Procedure(手順):
1. 安定した基準信号をサウンドカードの入力につないで下さい(DC 信号やノイズ信号を使用しないでくださ
い)。
2. 基準信号レベル値をダイアログの「Level」欄に入力してください(信号レベルが不明な場合はオシロスコ
ープや電圧計を使用して確認します。このレベル確度がアナライザーの表示確度に反映することを理解
して下さい)。
3.
4.
5.
6.
"Peak", "RMS" ,"Peak to Peak"から基準信号のタイプを選んでください (例えば、電圧計は RMS で
す)。
入力基準信号のために適切な単位を選択するか、またはカスタムラベルを入力して下さい。
"Peak", "RMS", "Peak to Peak"から.必要な表示単位を選択してください。
「Measure Input Signal」ボタンを押してください。 アナライザーは、1 秒間入力データを取得して、各チャ
ンネルのスケールファクタを演算し「Detected Levels Left/Right」欄に表示します。
アクセレロメータ/加速度計で校正するなら、G's (ft/sec^2)の基準信号を入れてください。 「Convert Spectrum To:」
欄はアクティブになり、スペクトルをベロシティに変換します。 この変換は Time Series ビューには適用されませ
ん。
エディット・ボックスの中で直接それらを変更することによってラベルをカスタマイズできます。
「□Enable Calibration」をチェックすると、スケールファクタが表示値に適用されます。そして、アンプリチュード軸に
指定された単位が反映します。
校正値はファイル保存しまた、必要に応じてロードすることができます。現在の校正値はコンフィギュレーション
/Configuration ファイルにセーブされ、 ロードされると置き換わります。
Note:
「Measure from Wave File」ボタンは既存の WAVE ファイルからスケールファクタを算出します。 これは基準信
号の記録がある場合に役立ちます -- この録音は同じ入力ゲインで行なわれていなければなりません。
レベル校正(チャンネル別)
Independent Channel Calibration
ダイアログボックスで「Independent Scaling and Calibration」オプションが選択されると、「Calibration」ダイアログ
ボックスは各チャンネルのために別々のパラメタを表示するよう変化し、分離した窓になります。 これで 2 つの完全
に異なったタイプのスケールを使用できます。 例えば、一方のチャンネルで加速度計データ G’s を、他方のチャン
ネルでマイクロホンの SPL を 1/3 のオクターブで表示するようにアナライザーを構成できます。
Very Important!
ほとんどのサウンドカードが入力ゲインを設定するためにミキサーユーティリティを提供します。 もし入力ゲイン
を変えると、較正値が無効化することを理解して下さい。
パワースペクトラム
Power Spectral Density
Power Spectral Density オプションではアナライザーを 1Hz 帯域幅スペクトルにします。 これはノイズパワー測定
に使用されます。 例えば、PSD オプションなしでノイズ雑音信号を測定すると、アンプリチュードは FFT サイズとサ
ンプリングレートを変化させるでしょう。 PSD オプションを使用すると、アンプリチュードは FFT サイズとサンプリン
グレートから独立します。
単位は「Sqrt(Hz)」か「^2/Hz」が選択可能です。多くは「^2/Hz」を使用します。
PSD オプションを使用するときはリニアアンプリチュードスケーリングとナローバンド周波数スケーリングを選択す
るべきです。
Note: PSD オプションはノイズ信号に使用されます。 正弦波信号には不向きです(正確ではありません)。
サンプリングレート
Sampling Rate
SpectraPLUS Professional Edition は使用するサウンドカードがサポートする全てのサンプリングレートを選択する
ことができます。 測定周波数レンジは、Decimation Ratio/デシメーションレシオで割られた Sampling Rate の 0 か
ら 1/2 です。
「Sampling Rate」は、アナログ入力信号が 1 秒に何回サウンドカードによってサンプリングされるか、またデジタル
化されるかを決定します。 10,000Hz のサンプリングレートは.0001 秒毎に信号を抽出します。 使用可能なサンプ
リングレートはサウンドカードの能力に依存します。
デジタル信号処理の重要なポイントは、最高域周波数の 2 倍のレートでサンプリングされるならどんな信号も表すこ
とができると述べる「Nyquist Sampling Theorem/ナイキスト標本化定理」です。 これは、3,000Hz の信号を測定す
るならサンプリングレートが 6,000Hz 以上でなければならないことを意味します。 注意: 3,000Hz 以上の信号があ
ると、アリアシングが発生します。
.WAVファイルを開くと、ファイルが記録されたレートに合わせるために「Sampling Rate」と「Format」を切り替えます。
「Sampling Rate」ボックスのアクセスは無効化します。「Sampling Rate」は開いた WAV ファイルに合致しなければ
なりません。 .WAV ファイルが閉じられると、これらの設定は前の値に戻ります。 「Sampling Rate」はアプリケーシ
ョンのステータスバーにいつも表示されます。
Note:
使用するカードが、表示された選択以外のレートをサポートするかどうかを確認するには、コントロールボックス
に任意の値を入れてください。そして OK を押してください。アナライザーは指定されたレートを試みます。もし失
敗すればメッセージボックスに表示されます。
聴感補正カーブ
Standard Frequency Weighting
ANSI 規格 A、B、および C ウェイティングカーブはスペクトルデータとトータルパワー測定に適用できます。 ウェイ
ティングが有効にされると、トータルパワー設定はトータルパワーユーティリティと Spectrum ビュー右側のトータル
パワーバーの値に影響します。 「Flat」ノーウェイティングと等価です。 重み関数は人間の耳への最も大きい感度
領域である、500∼10,000(Hz)の範囲に適応します。
デバイスオプション
Device Options
複数のサウンドカードがパソコンにインストール/接続されている場合選択することができます。 最大サンプリング
レートと精度は選択されたデバイスに依存します。
「Input Device」で選択したサウンドカードは録音時、または Real Time モードでランする時にアナライザーによって
使用されます。 「Output Device」で選択したカードは WAV ファイルを再生する時にアナライザーによって、もしくは
「Signal Generator」機能でテスト信号を生成する時に使われます。
Adjust Input/Output gain - これはオペレーティングシステムが提供するMixerユーティリティを起動します。 これで
LINE や MIC 入力の感度を調整できます。 出力ゲインは再生/ジェネレータボリュームをコントロールします。 すべ
てのサウンドカードがゲイン/ボリュームコントロールが可能なわけではありません。
シグナルジェネレータとアナライザーを同時に使用するには:
アナライザーとジェネレータを同時に操作するには「全二重/Duplex」仕様のサウンドカードを必要とします。使用す
るカードがこの仕様をサポートしない場合は、2 つ目のカードをインストールあるいは外部接続して、入/出力デバイ
スにそれぞれ異なるカードを選択・設定して下さい。
Utilities
シグナルジェネレータ
Signal Generator
シグナルジェネレータ機能は種々のテスト信号を生成する為に、Windows 互換サウンドカードの再生(D/A)チャンネ
ルを使用します。<Utilities><Signal Generator>メニューコマンドを選択するか、または F11 キーを押すとシグナル
ジェネレータが起動されます。
Basic Operation
ウェーブフォームのリストをクリックすることによって発生する波形タイプを選んでください。
「Details」ボタンをクリックして指定した波形を変更します(すべての波形タイプにユーザ・オプションがあるという
わけではありません)。
「Level」ボタンをクリックして、ジェネレータ出力レベルを設定してください。
「Run 」ボタンをクリックして、ジェネレータをスタートします。
ジェネレータがランしているときは「Stop」ボタンだけが表示されます。
Waveform types
White Noise
ホワイトノイズはすべての周波数に対し一定のアンプリチュードがある一般的に使用されるランダムノイズ波形で
す。 ナローバンドスペクトラムアナライザーで見ると、平均スペクトルは平坦です。カットオフ周波数はアナライザ
ーで使用されるサンプリングレートによって決まります。
Pink Noise
ピンクノイズは音響で一般的に使用されるランダムノイズ波形です。 これには低域周波数により多くのエネルギ
ーがあり、1 オクターブあたり 3dB のレートでアンプリチュードが減衰します。 オクターブスペクトラムアナライザ
で見ると平均スペクトルは平坦です。カットオフ周波数はアナライザーで使用されるサンプリングレートによって決
まります。
Noise Burst
このオプションでノイズバーストを発生させることができます。 「Burst Time」はノイズの長さを定義します。
「Cycle Time」は反復の期間を指定します。 例えば、Burst Time が 1000msec、Cycle Time が 2000msec であ
れば、ジェネレータは 1 秒のノイズ出力に続いて 2 秒の無音を出力します。 ジェネレータが止められるまでこの
パターンは繰り返されます。
1 kHz Tone
この 1,000.0Hz 正弦波試験信号はひずみ測定に広く使用されます。
Multiple Tones
このオプションはトーンセットの構成を可能にします。最大 10 のトーンをセットすることができます。アクティブなト
ーンの数、その周波数とアンプリチュードを選択できます。
周波数設定の左のチェック・ボックスでトーンを有効にします。チェックされないとトーンは発生しません。トーンの
周波数は Hz 単位で設定します。「Relative Power/相対的パワー」設定は他のトーンとのアンプリチュード比をデ
シベル(dB)で設定します。
Tone Burst
このオプションはトーン・バーストを発生させることができます。「Burst Time」はトーン時間を定義します。「Cycle
Time」は反復の時間を指定します。 例えば、Burst Time が 1000msec、Cycle Time が 2000msec に設定される
と、ジェネレータは1秒間「沈黙」し、続いて1秒間トーン信号を出力します。 ジェネレータを停止するまでこのパタ
ーンは繰り返されます。
IMD Test Tones
Inter Modulation Distortion(IMD/混変調ひずみ)テストは異なったアンプリチュードの 2 つの独立しているトーンを
必要とします。 2 つのトーンの中、高域周波数のアンプリチュードは低域周波数より通常 12dB(4:1 比)低くなりま
す。 ユーザーのカスタムトーンを選択する能力と数個の標準のペアトーンを提供します。
Frequency Sweep
Freq Swept は時間とともに周波数が変化する正弦波を発生します。 「Start」と「Stop」の周波数はスィープ周波数
範囲を決定します。 スタート周波数がストップ周波数より低い場合、スィープ周波数は時間とともに減少します。
スィープタイプは「Linear」か「Logarithmic」のどちらかです。 これはスィープ周波数の増減率を決定します
Jump Back to Start Frequency -ストップ周波数に達すると、スタート周波数から再開します。
Sweep Back to Start Frequency -ストップ周波数に達すると、スタート周波数にスィープバックします。
Stop After a Single Sweep - このオプションをマークすると、スィープを一度実行して停止します。マークを外すと、
ジェネレータを停止するまで繰り返されます。
Sweep Time - スィープ時間を指定します。 この値はミリセカンドで設定します。
スィープ正弦波は周波数特性テストに役立ちます。 「AVG」ブロックサイズを「1」に設定します。そして「Peak
Hold」オプションを使用して、スィープ周波数のピークアンプリチュードを表示させます。「FFT size」が大きいほど
スィープ時間は長くなります。大きい「FFT size」であまり速くスィープすると、結果が不鮮明になります。
Frequency Step
周波数ステップウェーブフォームは離散的なステップで周波数を変える正弦波を発生させます。 スタートとストッ
プ周波数は範囲を決定します。 スタート周波数がストップ周波数より低い場合、スィープ周波数は時間とともに減
少します。
「Step Size」は「Linear」か「Octave(対数)」のどちらかです。
Linear Steps -ステップサイズを Hz で指定します。 アナライザーでナローバンドスケーリングが使用される場合
にフィットします。
Octave Steps -使用するオクターブステップを指定します。アナライザーでオクターブバンドスケーリングが使用さ
れる場合にフィットします。
Jump Back to Start Frequency -ストップ周波数に達すると、スタート周波数から再開します。
Sweep Back to Start Frequency -ストップ周波数に達すると、スタート周波数にスィープバックします。
Stop After a Single Pass -このオプションをマークすると、スィープを一度実行して停止します。マークを外すと、
ジェネレータを停止するまで繰り返されます。
Dwell Time -各ステップの信号維持時間を指定します。この値はミリセカンドで設定します。
ステップ正弦波は周波数特性テストに役立ちます。「AVG」ブロックサイズを「1」に設定します。そして「Peak
Hold」オプションを使用して、スィープ周波数のピークアンプリチュードを表示させます。
Level Sweep
レベルスィープは時間とともにアンプリチュードが変化する正弦波を発生させます。スタートとストップレベルをデ
シベルで、そして周波数とスィープ時間を選択します。スタートレベルがストップレベルより低い場合、信号レベル
は時間とともに減衰します。
「Sweep Time」は、スィープ時間をミリセカンドで指定します。 ジェネレータを停止するまでスィープは繰り返され
ます。
Sawtooth
Sawtooth はのこぎり波を生成します。 メイン画面で「Details」ボタンをクリックすると、のこぎり波の周波数とスロ
ープを調整できます。「Frequency」は一秒にいくつのスロープが発生するかを指定します。「Slope」は、スロープ
が時間とともに上昇するか、低下するかを指定します。
Triangular
Triangular は三角波を生成します。メイン画面で「Details」ボタンをクリックすると、三角形の周波数を調整できま
す。「Frequency」は、一秒にいくつの三角波が発生するかを指定します。
Pulse
Pulse はシングルパルスを生成します。「Details」ボタンをクリックすると、パルス幅と反復間隔を調整できます。
「One Shot Pulse」オプションがチェックされると、パルス出力後にジェネレータは自動的に止まります。別のパル
スを発生させるには「Run」ボタンを押してください。
Square
Square は連続したパルスから成ります。メイン画面で「Details」ボタンをクリックすると、方形波の周波数とデュー
ティサイクルを調整できます。「Frequency」は1秒に発生するパルスの数を設定します。「Duty Cycle」は間隔
の%でパルス幅を決定します。
User Defined
User Definedオプションは、信号ソースとしてWAVフォーマットファイルを使用することができます。「Stop」ボタン
を押すまで信号は生成されます。 「Pick」ボタンをクリックして WAV ファイルを選んでください。シグナルジェネレ
ータがこのファイルをメモリにロードする為、コンピュータは十分な RAM を登載していなければなりません。
SpectraPLUS Pro は ASCII テキストかバイナリーファイルからユーザーオリジナルの WAV ファイルを造ること
ができます。詳細に関しては<File><Import> を参照ください。
DTMF
キーストリングのためのデュアルトーンパルス(touch tones)を生成します。 またパルス幅、スペース及びツイス
トを調整できます。「Twist」は dB で入力します。正の値は高域周波数のアンプリチュードが低域周波数より大きく
なることを意味します。負の値は逆です。完全な拡張DTMFキャラクターセット(1234567890*#ABCD)がサポート
されます。
Digital Zero
すべてゼロの静寂信号/無音状態を生成します。
WAV ファイルの保存
Save Signal To Wave File
このメニューコマンドはシグナルジェネレータウェーブフォームから.WAV ファイルを生成します。このコマンドを使用
する前にシグナルジェネレータは起動されてなければなりません。
信号を何回か繰り返すことによって、ウェーブファイルの長さを変更するオプションが提供されます。 そして、ウェー
ブフォームファイルの名前を求められるでしょう。
ピーク周波数
Peak Frequency
ピーク周波数ユーティリティは全有効レンジ(表示レンジではありません)の最も強いスペクトル成分の周波数を表示
します。 ユーザは必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると
内容は常にアップデートされます。 また、アナライザーが左右の両チャンネルのスペクトルを表示するように構成さ
れると、ユーティリティウィンドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に
表示されます。
ピークアンプリチュード
Peak Amplitude
ピークアンプリチュードユーティリティは全有効レンジ(表示レンジではありません)の最も強いスペクトル成分のアン
プリチュードを表示します。ユーザは必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクト
ルが計算されると内容は常にアップデートされます。 また、アナライザーが左右の両チャンネルのスペクトルを表
示するように構成されると、ユーティリティウィンドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は
右チャンネルの上に表示されます。
トータルパワー
Total Power
トータルパワーユーティリティは全スペクトルのトータル RMS パワーレベルを表示します。この値は Spectrum ビュ
ー右側のトータルパワーバーと等価です。 このユーティリティに使用される聴感補正(Flat、A、B または C)は
「Scaling」オプションダイアログボックスで設定されます。 これは SPL の単位に較正され、Sound Level Meter の表
示と等価です。
ユーザーは必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます、そして、新しいスペクトルが計算される
と常にアップデートされます。 また、アナライザーが左右両チャンネルのスペクトルを表示する様に構成されると、
ユーティリティウィンドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に表示さ
れます。
全高調波ひずみ
Total Harmonic Distortion
実際のオーディオ装置は「ひずみ」と呼ぶ、望まれない影響をもたらします。全高調波歪/Total Harmonic
Distortion(THD)と(THD+Noise)はこの量の測定に広く使われる値です。 測定値は「%」で表されます。 THD 値が
低ければ低いほどクリアです。
Total Harmonic Distortion (THD) -高調波パワーと基本波パワーの比率です。ピーク周波数(基本波)を見つけ
るためにスペクトル全体を捜し、次に高調波周波数のトータルパワーを計算することによって処理されます。
THD レベルは全高調波のパワー対基本波パワーの比率として計算されます。残留ノイズは含まれません。
Total Harmonic Distortion + Noise (THD+N) -高調波パワー+ノイズと基本波パワーの比率です。ピーク周波
数(基本波)を見つけるためにスペクトル全体を捜し、次に高調波周波数のトータルパワー+ノイズを計算するこ
とによって処理されます。 THD レベルは全高調波+ノイズのパワー対基本波パワーの比率として計算されま
す。
同一信号では、THD+N 値は THD 値より大きくなります。
代表的な THD 測定は 1kH の基準信号を使用します。この信号は被測定オーディオデバイス通過し、そしてスペクト
ルが算出されます。 ランダムノイズコンポーネントをキャンセルして測定精度を高めるには長期アベレージングの
使用が有効です。
サウンドカードと基準信号の両方の品質が測定結果に反映することを理解して下さい。被測定装置の性能を下回ら
ない品質を確保するよう注意すべきです。 シグナルジェネレータの品質もまた、使用されるサウンドカードの THD
性能に依存しています。
必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると内容はアップデート
されます。 また、アナライザーが左右両チャンネルのスペクトルを表示する様に構成されると、ユーティリティウィン
ドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に表示されます。
Notes:
Smoothing Window/窓関数は「Hanning」か「Blackman」を推奨します。
適切なスペクトル分解を得るために 2048 以上の FFT サイズを推奨します。
開いているユーティリティウィンドウの内容は Spectrum ビューの右スペースに印刷されます。
全高調波歪+ノイズ 対 周波数
THD+N vs Frequency
「THD+N 対Frequency」ユーティリティはステップ周波数信号を発生させ、THD+N 対周波数特性を算出してグラフ
に表示します。このユーティリティによりひずみ特性をスピーディに測定することができます。
<Utilities><THD+N vs Frequency>メニューをクリックするか、またはツールバーで「THD Freq」ボタンをクリックし
て起動します。 ユーティリティはステップ周波数スィープ信号を生成します。信号はサウンドカード出力から被測定
器に供給されます。テスト中、オペレータの介在は全く必要ありません。 コンピュータはすべてのステップを実行し
て結果を表示します。
分析結果は印刷あるいは、ディスク保存することができます。 グラフを右クリックするとオプションメニューがポップ
アップし、他のアプリケーションで利用することができるデータやグラフイメージをクリップボードにコピー可能です。
Options
グラフ右側の「Options」ボタンをクリックすることによって、THD+N vs Frequency オプションダイアログボックス
が起動します。 このダイアログボックスで、周波数スパン、表示カラー、および他のいくつかのオプションを変更
することができます:
Start and Stop Frequencies -これは測定の周波数限界を設定します。高域限界周波数はアナライザーで使
用されるサンプリングレートの 1/2 未満であるべきです。
Channels - 左チャンネルか左右両チャンネルを選択してください。
Signal Output Level - DB フルスケールでテスト信号出力レベルを設定します。 0.0dB は、100%フルスケ
ールサインウェーブを出力する信号レベルを生成します。ほとんどのサウンドカードには出力ボリュームを
制御する能力があるので、フルスケールが必ずしも「最大出力」信号レベルを意味しません。
Frequency Step size - Hz でリニアステップサイズかあるいは、オクターブスケーリング(1/1 ∼ 1/96)を選
択してください。 ステップサイン波はステップあたり 1 ∼ 2 秒確保します。ステップサイズを減少させるとテ
スト実行時間は増大します。
Spectral Weighting - 使用するウェイティング/聴感補正をセットします。
Plot Top - これはグラフアンプリチュード(Y)軸のトップ/最上部値を設定します。 値は「%」でセットします。
Plot Bottom - これはグラフアンプリチュード(Y)軸のボトム/最下部値を設定します。 値は「%」でセットしま
す。
Frequency Axis Scaling - グラフ周波数(X)軸のスケールフォームをセットします。
Amplitude Axis Scaling - グラフアンプリチュード(Y)軸のスケールフォームをセットします。
Test Limits - これで各チャンネルのリミット値を含むファイルを指定できます。 リミットデータは分離したトレ
ースとして表示されます。 リミットファイル形式はオーバーレイやマイクファイルと同じで、2 つのコラムとタ
ブがあるシンプルな ASCII テキスト・ファイルです。 最初のコラムは周波数そして、第 2 コラムは THD リミ
ットを含んでいます。 値は周波数の順方向となります。
Prompt to Save - 新しいテストを始める前に、データを保存するようにうながすかどうかをコントロールしま
す。
Notes:
テストソースとして内部ジェネレータが出力するステップ周波数信号を使用しなければなりません。
このユーティリティで使用するアナライザーの設定は以下の項を参照下さい。
混変調ひずみ
InterModulation Distortion (IMD)
混変調歪/InterModulation Distortion(IMD)は 2 つのトーンの混合によって引き起こされるひずみです。
2 つの信号が装置に入力されると、信号の変調や混合が起こります。 IMD レベルはまず、スペクトルの 2 つの最も
強いトーンの周波数とアンプリチュードを計算することによって処理されます。 そして、それぞれの混変調が作り出
す周波数のトータルパワーが計算されます。 IMD は混変調パワー対トーンパワーの rms 合計の比率です。
代表的な IMD 測定は、250Hz とそれより 12dB(4:1 比)低い 8020Hz トーンを使用します。ランダムノイズコンポーネ
ントをキャンセルして測定精度を高めるには長期アベレージングの使用が有効です。
このユーティリティウィンドウは必要に応じリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると内容はアップデートさ
れます。 また、アナライザーが左右両チャンネルのスペクトルを表示する様に構成されると、ユーティリティウィンド
ウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に表示されます。
Notes:
Smoothing Window/窓関数は「Hanning」か「Blackman」を推奨します。
適切なスペクトル分解を得るために 4096 以上の FFT サイズを推奨します。
開いているユーティリティウィンドウの内容は Spectrum ビューの右スペースに印刷されます。
SN 比
Signal to Noise Ratio (SNR)
Noise Ratio(SNR)はピークパワーレベル対トータルノイズレベルの比率です。
SNR は、全スペクトルからピーク周波数を捜し、そして残りのスペクトルでトータルノイズパワーを計算することによ
って処理されます。 次にノイズパワー対ピークパワーの比率として計算され、デシベル(dB)で表示されます。
必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると内容はアップデート
されます。 また、アナライザーが左右両チャンネルのスペクトルを表示する様に構成されると、ユーティリティウィン
ドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に表示されます。
Notes:
Smoothing Window/窓関数は「Hanning」か「Blackman」を推奨します。
適切なスペクトル分解を得るために 2048 以上の FFT サイズを推奨します。
開いているユーティリティウィンドウの内容は Spectrum ビューの右スペースに印刷されます。
SINAD
Signal to Noise and Distortion
SINAD は通常、FM 受信機に関連している一般的な感度測定です。 それは Signal, Noise, Distortion の頭文字で
あり、(S+N)/N と等価で dB で表されます。 信号が雑音より強ければ、SINAD 値は SNR 値に近づきます。 さもな
ければ SINAD は SNR より大きくなります。
必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると内容はアップデート
されます。 また、アナライザーが左右両チャンネルのスペクトルを表示する様に構成されると、ユーティリティウィン
ドウは 2 チャンネル表示仕様に変わります。 左チャンネルの値は右チャンネルの上に表示されます。
Notes:
Smoothing Window/窓関数は「Hanning」か「Blackman」を推奨します。
適切なスペクトル分解を得るために 2048 以上の FFT サイズを推奨します。
開いているユーティリティウィンドウのコンテンツは Spectrum ビューの右スペースに印刷されます。
NF
Noise Figure
Noise Figure(NF)はテスト中のコンポーネントによる SN 低下の測定で、dB で表されます。
Noise Figure は入力が出力と比較される「Transfer Function/伝送特性」と同様の 2 チャンネル測定です。 Noise
Figure の場合、出力におけるSNRと装置の入力におけるSNRの違いです。 理想的な装置では「0dB」になります
が、実際的な装置ではこれより大きい Noise Figure が存在します。
1kHz トーンのような正弦波信号がソースとして使用されるべきです。 Noise Figure は「Left vs Right」か、「Right vs
Left」にセットアップされます。入力信号が右チャンネルで出力信号が左チャンネルなら「Left vs Right」を使用する
べきです。そうでなければ、Noise Figure 値は負になります。
このユーティリティはアナライザーがデュアル・チャンネル(ステレオ)モードにセットアップされているときだけ利用可
能です。モード設定は<Options><Settings>ダイアログボックスで行います。
必要に応じてこのユーティリティウィンドウをリサイズできます。新しいスペクトルが計算されると内容はアップデート
されます。
Notes:
Smoothing Window/窓関数は「Hanning」か「Blackman」を推奨します。
適切なスペクトル分解を得るために 2048 以上の FFT サイズを推奨します。
開いているユーティリティウィンドウの内容は Spectrum ビューの右スペースに印刷されます。
ディレイファインダ
Delay Finder
このユーティリティは左右のチャンネル間の遅延を計算し、ミリセカンド、フィートまたはメーターで表示します。 そし
て「Apply to Processing Delay」ボタンを押すと、計算された遅延値は新しいクロスチャンネル・ディレーとして使用さ
れます。 この遅延値は<Options><Settings> ダイアログボックスに表示される値と同じです。
正数は、左チャンネルが右チャンネルより遅れていることを意味します。
負数は、右チャンネルが左チャンネルより遅れていることを意味します。
クロスチャンネル・プロセッシング・ディレイ設定はディレイファインダで計算された値に影響を及ぼしません。
Options
ユーティリティパネルで「Options」ボタンを押すと、オプションダイアログが開きます。
Display Delay Values In: -ミリセカンド、フィートまたはメーターで表示値を選ぶことができます。
Speed of Sound -音速は、ミリセカンドとフィートかメーター間のディレー値を変換するのに使用されます。 温度と
気圧によって音速が異なるので、条件を満たすためにこの値をカスタマイズする必要があるかもしれません。 音
速は室温で通常 1130 フィート/秒で、これはプログラムで使用される既定値です。
初期の測定をミリセカンド(T1)で、そしてマイクロホンを 1 フィート離れたところに動かして 2 番目の測定(T2)を行う
ことによって実際の音速を測定できます。 そして以下のように音速を計算できます。
Speed of Sound (ft/sec) = 1000 / (T2 - T1)
Maximum Delay - このパラメータは最大分解時間をコントロールします。 より大きいディレーはより多くの処理
時間を要します。
Typical Operation(体表的操作手順)
1.
2.
3.
4.
5.
6.
マイクロフォンを左チャンネルの入力につなぎます。
ミクサー出力信号を右チャンネルの入力につなぎます。
ピンクあるいはホワイトノイズ信号をミクサーに入力します。
ディレイファインダをスタートする為、アナライザーの「Run」ボタンをクリックします。
ディレイ表示値が安定するまでしばらく待ちます。
「Apply」ボタンを押してディレイ表示値を使用します。
Notes:
ディレイファインダは Stereo モードでのみ作動します。 Mono モードへ切り替えると閉じられます。
ホワイトかピンクノイズの代わりにプログラム信号(音楽など)を使用できます。 しかし、ホワイトかピンクノイズ信
号が最も良い結果をもたらします。
ステレオフェーズスコープ
Stereo Phase Scope
このユーティリティで、2 つの入力チャンネルのステレオイメージを評価できます。 これはサウンドを補強する為に
非常に役に立つツールです。 L/R パンコントロールを調整するときにはこのスコープを使用してください。そしてス
テレオ音場の様々な楽器/ボーカルのプレースメントを最適化してください。
Display Options:
いくつかの方法で、フェーズスコープ表示オプションダイアログボックスを起動することができます。
<Options> <Phase Scope Display> メニューを選択します。
フェーズスコープ上でダブルクリックします。
フェーズスコープ上右クリックし、<Phase Scope Display Options>アイテムを選択します。
Colors: ビュー機能の色を変えることができます。「Default」ボタンは初期のカラー設定に戻します。
Format: これらのオプションで表示データを変更できます
Stereo Image Scope: ステレオイメージでフェーズを表示します。
Lissajous (X/Y) Left vs Right - 典型的なオシロスコープ X/Y 形式に相当するように、水平軸に左チャンネル、
縦軸に右チャンネルでフェーズデータを表示します。
Lissajous (Y/X) Right vs Left -典型的なオシロスコープ X/Y 形式に相当するように、水平軸に右チャンネル、縦
軸に左チャンネルでフェーズデータを表示します。
残響時間
Reverberation Time
Reverberation Time
RT(Reverberation Time)は残響時間とスペクトラルの測定解析を提供する機能です。「Reverberation」はバース
ト後の信号のエネルギー減衰を意味し、その値は「RT-60」といわれ、エネルギーが「60dB」減衰するまでの時間
で表されます。
このオプションは RT-60 測定に使用する信号を出力するためのピンクノイズ・ジェネレータ機能を含んでいます。
サウンドカードの出力からパワーアンプ経由で高品質なスピーカにそれを接続しなければなりません。 通常、1
個のスピーカがテスト(複数のスピーカーより)に使用されます。 より正確な RT-60 データを得るには、環境を「飽
和状態にする」ようアンプ出力レベルを調整するべきです。しかし、アンプがクリップしたりまたはスピーカがひず
みを発生させるほど高くするべきではありません。
テストの間、オペレータの操作は全く不要です。 コンピュータはオーディオバンドのディケイカーブを生成するた
めにすべてのステップを実行します。 まず環境を飽和状態にするのに十分な時間ノイズソースを放出します(す
なわち、均衡に部屋中に充満するように)。 そして音が停止され、信号の衰弱を捕らえて残響特性が詳細に分析
されます。
リバーブ信号が分析されるとグラフが表示され、そして印刷やディスク保存をすることができます。 グラフを右ク
リックすると、他のアプリケーションで使用するためにクリップボードにデータイメージをコピーするオプションメニ
ューがポップアップします。
Reverberation Plots
Reverb Times -「残響時間vs周波数」を示すバーグラフです。80Hz∼20kHzを1/3 Oct.バンドで表示します。グラ
フ右端のバーはワイドバンドデータを示します。既定表示値は「RT-60」データですが、ツールバーのコントロール
メニューで「RT-10, 20, 30, 40, 50」を任意に選択することができます。
グラフ上のバーをダブルクリックすると、そのポジションの周波数バンド減衰特性を表示します。
Reverb Decay - 選択周波数バンドの「減衰レベルvs時間」を示すグラフです。周波数の選択、グラフ横軸の時間
レンジの変更はツールバーのコントロールメニューで行います。これにより例えば、特定の時間を見るために画
像を徐々にズームすることができます。
3-D Surface - リバーブ減衰を三次元グラフで表示しますので、全周波数バンドの減衰特性を一望することができ
ます。グラフ上の任意のポジションをダブルクリックすると、その周波数バンドの減衰特性を表示します。グラフ横
軸の時間レンジの変更はツールバーのコントロールメニューで行います。
Reverberation Options
オプションダイアログはグラフ右の[Option]ボタンをクリックすると現れます。いくつかのオプションとグラフ表示配
色を設定することができます:
Plot Top - これは Reverb Decay と 3-D Surface グラフのアンプリチュード軸の最大値を設定します。
Plot Range - これは Reverb Decay と 3-D Surface グラフのアンプリチュード軸のレンジ幅を設定します。
Maximum Decay Time -測定時間長を設定します。この値を必要以上に長くとるとディスク消費サイズも大きくな
りますし問題が生じますが、推定残響時間よりも長く設定することが肝要です。既定値は 4 秒です。
Extrapolation Method -現実的な測定環境では、バースト信号レベルと暗騒音レベルの比を 60dB 以上確保する
のは困難ですから、このオプションで「RT-10, 20, 30」を設定します。設定を変更するとデータを再処理し表示を書
き換えます。
Smoothing Method -残響エネルギーの実体は非常に複雑です。その結果不規則性を呈しますが、より適切な評
価を行うための技術がスムーシングテクニックです。「None」は機能をオフします。「Average」は 100msec ムー
ビングウィンドウ値を表示します。「Schroeder」はリバースインテグレーションを行います。既定値は「Average」で
す。設定を変更するとデータを再処理し表示を書き換えます。
Typical Reverberation Times -以下のグラフは様々な環境の典型的な RT-60 を示しています。
マクロ
Macro Command Processor
このユーティリティは簡単なプログラミング言語を使用して、測定を自動化し、データを集め、ファイルを保存し、測定
結果を出力することを可能にします。 マクロコマンドプロセサは基本的な DDE(ダイナミックデータエクスチェンジ)
構文を使用しますが、Visual Basic などのサードパーティーアプリケーションを必要としません。 それはデータロギ
ングユーティリティよりも柔軟性があり、Visual Basic よりも複雑ではありません。 これは包括的なプログラミング言
語ではありませんので、より複雑な機能を必要とするなら Visual Basic や他のアプリケーションを使用するべきで
す。
マクロユーティリティウィンドウはテキストエディタを含んでいます。マクロファイルは簡単な ASCII テキスト・ファイル
です。 ファイルサイズは 32KB に制限されます。
Macro Control Statements:
1) Send - DDE コマンドは「Send」ステートメントの後ろに続けなければなりません。ステートメントは DDE コマン
ドをアナライザーに送ります。コマンドには角括弧が必要です。例えば…
Send [Run]
アナライザーをスタートする[Run]コマンドを送出します。
2) Output - DDE リクエストは「Output」ステートメントの後ろに続かなければなりません。ステートメントはマクロ
出力テキストファイルにこの項目を書き込みます。例えば…
Output Peak Frequency
ピーク周波数値をファイルに書き込みます。
3) SetOutputFile -このステートメントは出力ファイルの名前を設定します。 このステートメントが再び使用される
まで、すべての Output ステートメントがこのファイルに書き込まれます。 例えば…
SetOutputFile c:¥temp¥my_spectral_data.txt
ユーザーがマクロスクリプトでこのコマンドを使用しないと、出力データはマクロオプションダイアログボックス
で指定された既定出力ファイルに書き込まれます。
4) OutputComment -このステートメントは単に、出力ファイルにステートメントに続くテキストを書き込みます。
OutputComment Starting Data Collection
文字列「Starting Data Collection」を書き込みます。
5) Wait - このステートメントは、指定された時間が経過するまで待機します。 このコマンドにはいくつかのバリエ
ーションがあります。
WaitSeconds 4
4秒間待機します。待機時間は 0.25(0.25 秒)などの浮動小数点も使用できます。
WaitTopOfMinute
次の正/ゼロ分を待ちます。
WaitTopOfHour
次の正時を待ちます。
WaitClock 1415
1415(14:15、午後 2 時 15 分)まで待ちます。1 桁時分にはゼロを加える必要があります。例えば(0903)
WaitDate 12/04/2002
2002 年 12 月 4 日まで待ちます。1 桁月日にはゼロを加える必要があります。
特定の日時まで待つ必要があるなら「WaitDate」コマンドを使用してください。続いて必要に応じて「WaitClock」
と「WaitSeconds」コマンドを使用します。
6) Loop, LoopEnd -このペアステートメントは、一連のステートメント/ルーチンを繰り返させます。例えば…
Loop 10
Send [Run]
WaitSeconds 30
Output Spectrum
Send [Stop]
WaitSeconds 3600
LoopEnd
「Loop 10」「LoopEnd」間のコマンドを 10 回実行します。 この場合、アナライザーを 30 秒間ランしてスペクトル
データを出力し、次に停止して 1 時間待機します。 これを 10 回繰り返します。
入れ子構造はサポートしていません。
7) Label, GoTo, Return - これらのステートメントは、マクロファイルのラベルされた特定の行へジャンプし、そし
て戻ります。例えば…
Label StartPoint
…
GoTo StartPoint
このステートメントは、「StartPoint」とラベルされた行までジャンプします。
…
GoTo CollectData
これは「CollectData」とラベルされた行までジャンプします。
Label CollectData
…
Return
「Return」というステートメントは「GoTo CollectData」の直後の行までジャンプします。 これで簡単な機能を実
行できます。 最大 10 回の GoTo/ Return リターンステートメントがサポートされます。
8) ; - 行の最初のキャラクタがセミコロンなら、その行は無視されます。マクロスクリプトにコメントを記述するに
はこれを使用してください。
9) AutoDateTime - このコマンドがファイルネームを必要とするコマンドに埋め込まれると、現在の日時を使用し
ます。 例えば、次のコマンドが 11 月 26 日 2002 10:20:11 に使用されたなら…
SetOutputFile c:¥temp¥SPL_data_AutoDateTime.txt
出力ファイルを「c:¥temp¥SPL_data_2002_11_26_102011.txt」に設定します。
この機能はまた、「File Save」などのファイル名を使用する DDE コマンドで働きます。 また、それは
「OutputComment」ステートメントと一緒に働きます。
10) MacroEnd - マクロコマンドプロセサを停止します。
Other Notes:
スペースは無視されます。
コマンドライン上でマクロファイル名を実行すると、自動的にマクロをスターとします。 これをするには、
SpectraPLUS のショートカットを作成してください。そして、ショートカットのプロパティのコマンドライン編集してく
ださい。 例えば「c: ¥specplus¥bin¥specplus.exe c: ¥specplus¥macro¥MyTest.mac」の様にします。
等価ノイズレベル
Equivalent Noise Levels
Equivalent Noise Levels/等価ノイズレベルは 2 つの方法で計算できます:
1) <Utilities><Equivalent Noise Levels> メニューをクリックします。 これは Leq 分析ウィンドウを開きます--そし
て、アナライザーをランすると Leq 値は計算されます。
2) Time Series ビューで時間セグメントを選択し次に、グラフを右クリックして「Equivalent Noise Levels」メニュー
コマンドをクリックします。 これで、選択された時間セグメントから騒音レベルパラメタを計算します:
Leq(t) - 等価ノイズレベルはユーザの指定した「参照時間」まで変換されます。 例えば、90dBA ノイズの
3.6 秒を選択し、そして 1 時間(3600 秒)の参照時間を指定すると 60dBA の等価ノイズレベルを生成します。
Leq - 選択した時間セグメントの等価ノイズレベルです。
Lsel - 等価ノイズレベルは 1 秒間変換されます。
Lpk - 選択した時間セグメントのピークレベルです。 アベレージングはこのパラメタに使用されません。
Lmax - 選択されたデータの最大レベルです。
Lmin - 選択されたデータの最小レベルです。
L10 - 時間の 10%を超えたレベルです。
L50 - 時間の 50%を超えたレベルです。
L90 - 時間の 90%を超えたレベルです。
「Options」ボタンをクリックして、これらの計算のためのオプションを設定してください。 必要に応じてアベレージン
グと聴感補正/ウェイティングを選択できます。
Calculation Interval: ノイズ値を再計算するための間隔を決めます。
Specific Intervals: Leq 値が指定された間隔で再計算されます。
When the Analyzer Stops: アナライザーの「Stop」ボタンが押されたときだけ、Leq 値が再計算されます。アナライ
ザーのスタートから停止される時まで、すべてのデータが Leq 値に関与します。 (アナライザーが停止するまで値
は利用できません).
Notes:
「Calibration」設定と「Microphone Compensation」設定(有効なら)はこれらの計算に使用されます。
データロギング
Data Logging
データロギングは、データを取得したタイムスタンプを付加し、スペクトラパラメタを含むテキストデータファイルを生
成する機能です。
Logging Options
Output Data Type: データファイルに書き込む内容を決めます。
Peak Frequency -指定した周波数レンジのピーク周波数を書き込みます。
Peak Amplitude -指定した周波数レンジのピークアンプリチュードを書き込みます。
Peak Frequency and Amplitude -指定した周波数レンジのピーク周波数とピークアンプリチュードを書き込
みます。
Marker Levels -有効なマーカのレベルを書き込みます。
Total Power - 「Scaling」ダイアログボックスで選択したトータルパワーウェイティングを使い、指定した周波
数レンジのトータル RMS パワーレベルを書き込みます。
Total Power Flat, A, B and C -ウェイティングオプションを使いながら、指定した周波数レンジのトータル
RMS パワーレベルを書き込みます。
Spectrum Values -指定した周波数レンジのスペクトラム値を書き込みます。
Total Harmonic Distortion (THD) -全帯域の THD(全高調波ひずみ)値を書き込みます。
Total Harmonic Distortion + Noise (THD+N) - 全帯域の THD+ノイズ値を書き込みます。
InterModulation Distortion (IMD) -全帯域の IMD(混変調ひずみ)値を書き込みます。
Signal To Noise Ratio (SNR) -全帯域の SN 比値を書き込みます。
SINAD -全帯域の SINAD 値を書き込みます。
Noise Figure (NF) -全帯域の NF 値を書き込みます。
Time Delay -ディレーファインダー値を書き込みます(Delay Finder 機能が開かれていれば)。
Output Threshold: ファイルに出力するデータタイプのスレッショルドを決めます。もし指定した周波数範囲にデー
タが無ければ、ノーデータ「no data」がファイルに出力されます。スレッショルドに関係なくデータを出力したければ
「Threshold」を「-999」にセットします。
Logging Interval: 指定したスレッショルドに対してスペクトラデータが何回テストされるかを決めます。もしスレッシ
ョルドが限界を超えると、選択した出力データを含んだ新しい行がデータログファイルに書き込まれます。
Frequency Span: データロギングが発生する周波数範囲を決めます。「Full Span」をマークすると、セットされてい
るすべてのレンジとなります。「Custom」をマークすると周波数範囲を直接入力することができます。「THD」
「THD+N」「IMD」「SNR」表示が選択されている時は「Custom」設定は無効となります。
Output Filename: 出力データファイルの名前です。新しいデータは既存のファイルに書き加えられます。
Viewer Program: データロギングファイルを観るテキストエディタを選択します。出力データは ASCI I テキストフォ
ームです。Windows 付属のノートパッド「Notepad.exe」がディフォルトで設定されています。ただ、これは 53kB 以
上の大きなファイルを開くことはできません。必要に応じて他のワードプロセッサーなどを使用して下さい。
File Options: データをファイルにオーバーライト(上書き)するか書き加える(追加)かを選択します。また、ヘッダー
とタイムスタンプをファイルに書くかどうかをコントロールできます。
Notes:
広い周波数範囲のスペクトラムデータデータをロギングするとファイルサイズが非常に大きくなりますので注意し
て下さい。
<Utilities><Data Logging><View>メニューでテキストビューアープログラムを起動し、現在のロギングファイルの
内容を観てください。
Output example:
Data Logging On: Fri Sep 30 10:43:41 1995
Time Freq(Hz)
Amplitude(dB)
-------------------------------------------------------------10:43:41
527.56 -45.60
10:43:42
495.26 -54.03
10:43:43
495.26 -49.83
10:43:44
1399.66 -59.01
10:43:48
1399.66 -59.14
10:43:49
516.80 -56.38
10:43:50
549.10 -53.37
10:43:51
624.46 -43.66
10:43:52
559.86 -37.96
Licensing
ライセンス
Licensing
SpectraPLUS Professional ソフトウェアはオーソライゼーションキー(Authorization Key)技術によって使用権がプ
ロテクトされています。従って、取得した使用権(ライセンス)は一台のコンピュータにのみ発行されてご使用頂ける
ことになります。もし、複数のコンピュータで同時にプログラムをご使用になる場合は、コンピュータ台数相当分のラ
イセンス(マルチライセンス)をご購入頂く必要があります。
次の3つのいずれかの方法でプロテクトされます。
ハードディスク上に保存されるソフトウェアキー
USB ポートに装着するハードウェアキー
ネットワーク上の他のコンピュータに装着するハードウェアキー
<License><Status and Authorization>メニューコマンドによってライセンス状態を調べることができます。 利用可能
なオプションとそれらの現在のライセンス状態(Authorized/xx days)のリストを表示するでしょう。 プログラムはソフ
トウェアキーで使用することを基本としますが、 頻繁にコンピュータの間のライセンス転送する場合は、ライセンス
失効事故を回避するためにも物理的なハードウェアキーを使用することをお勧めします。ハードウェアキーの場合
は専用デバイス(HARD-KEY DONGLE)が必要となり、別途そのご購入代金が発生します。
Software Key Method(ソフトウェアキー)
この方式はコンピュータ一意の「Site Code」と「Authorization Key」テクニックを使用します。
「Site Code」は、各コンピュータ一意のユニークなコード番号であり、プログラムの使用を許可するための
「Authorization Key」を生成するのに使われます。「Site Code」がコンピュータ固有ですので、弊社あるいは販売
代理店がそ のコード を受理するま で、対応する 「Authorization Key」を提供する ことがで きま せん。
<License><Status and Authorization>メニューで表示されるダイアログの「Authorize」ボタンをクリックすることに
よって、容易にこの「Site Code」を確認することができます。
「Authorize」ボタンをクリックして「Site Code」を表示してください。そして「Print Site Code」ボタンをクリックして、
弊社あるいは販売代理店に送るライセンス取得申請シートを印刷してください。 「Authorization Key」を受け取っ
たらこのダイアログボックスに戻り、キーコードを入力してください。「Site Code」は、プログラムを終了しても変化
しませんが、プログラムを再インストールすると変化します。従ってライセンス取得申請中は、再インストールをせ
ずに「Authorization Key のお知らせ」をお待ち下さい。再インストールを実行すると、「Authorization Key」が合致
しなくなりその結果、ライセンス失効事故を誘発します。「Authorization Key」の無償再発行はお請け致しかねま
す。
Adding additional options to the Software Key(オプションの追加)
ソフトウェアキーにオプションをいつでも追加することができます。弊社あるいは販売代理店に連絡してオプション
を購入し、そしてライセンス取得申請シートを印刷して送ってください。 新しい「Authorization Key」をお知らせし
ます。 <License><Status & Authorization>メニューでダイアログを起動し、「Authorize」ボタンをクリックしてくだ
さい。そして、ダイアログに「Authorization Key」を入力します。これで購入したオプションにライセンスが発行され
ます。
Transferring the Software Key to another computer(コンピュータ間ライセンス転送/移植)
ソフトウェアキーを他のコンピュータに転送/移植するには、<License><Status & Authorization> メニューでダイ
アログを開き、「Transfer Key」ボタンをクリックし説明に従います。 2 つの基本的な方法があります。
LAN 経由
フロッピーディスクか USB メモリースティック経由
両方法ともソフトウェアキーを受け取るコンピュータに、あらかじめ SpectraPLUS Professional をインストールし
て置かなければなりません。2)の方法ではまず、転送先コンピュータにインストールされている SpectraPLUS
Professional の「Register a Floppy…」ボタンにより、フロッピーディスクや USB メモリースティックに、ライセンス
されていない SpectraPLUS Professional の固有情報を登録する必要があります。 登録した後、ライセンスされ
ている(転送元)SpectraPLUS Professional の「Transfer License Out To…」ボタンによりライセンス情報をメディ
アに書き出します。そして、転送先SpectraPLUS Professional の「Transfer License In From…」ボタンによってラ
イセンス情報をメディアからコンピュータに書き込みます。これでライセンスの転送が完了します。転送操作後の
メディアにライセンス情報は残りません。
ソフトウェアキーの転送操作は両方のコンピュータへのアクセスを必要とするので、煩雑であり実際的な解決手
段というわけではありません。 もし、頻繁に転送を繰り返したりまたは、コンピュータが異なった地理的位置にあ
る場合は、安全性・信頼性の高いハードウェアキーのご利用をお勧めします。
Hardware Key Method(ハードウェアキー)
この方式は「ドングル」として知られている物理的なハードウェアデバイスを使用します。 ハードウェアキーはソ
フトウェア(キーコード)で提供され、ハードウェアデバイスにプログラムされます。
ハードウェアキーは USB ポート仕様です。
プログラムがキーを検索する前に、ハードウェアキー用デバイスドライバをインストールしなければなりま
せん。
デバイスドライバは管理者権限のあるアカウントでログインして行います。インストール後は一般のユー
ザーアカウントを利用可能です。
Adding additional options to the Hardware Key(オプションの追加)
ハードウェアキーにオプションをいつでも追加することができます。弊社あるいは販売代理店に連絡してオプシ
ョンを購入すると、「Field Activation Key」をあなたに提供します。<License><Status & Authorization>メニュー
でダイアログを起動し、「Authorize」ボタンをクリックしてください。そして、ダイアログに「Activation Key 」を入
力します。これで購入したオプションにライセンスが発行されます。
Network Hardware Key Method(ネットワークハードウェアキー)
この方式は、USB ハードウェアデバイスを使用しますが、ネットワークの上で複数のライセンスを管理する能力を
含んでいます。「Network Hardware Key」は複数のユーザが同時にソフトウェアを動かさせます、1 つの
「Network Hardware Key」が必要です。 キーは限定したユーザに提供され、そのユーザがプログラムを終了す
るまで他のユーザはプログラムを使用できません。SpectraPLUS Professionalを実行しているマシンがダウンす
るか、またはネットワークから取り外された場合は、ライセンスを開放する機会がありません。しかし、コミュニケ
ーションがおよそ 5 分間以上失われていると、ライセンスサーバーは自動的にライセンスをリリースします。
「Network Hardware Key」は LAN網のどのマシンにもインストールできますが、「License Server」デバイスドライ
バのインストールを必要とします。 このライセンスサーバーコンポーネントはネットワークキー付きで提供され、
「Network Hardware Key」を持つマシンにインストールする必要があります。 SpectraPLUS Professional を実行
させる他のマシンには、通常のハードウェアキーデバイスドライバをインストールさせる必要があります。
ローカルマシンそれぞれに、SpectraPLUS Professional をインストールしなければなりません。
ローカルマシンそれぞれに、標準のハードウェアキードライバをインストールしなければなりません。
ネットワークのマシンの 1 つは、Network Hardware Key をインストールしなければなりません。そして、
ライセンスサーバーに指定されます。
ライセンスサーバーは、純粋な「サーバ」である必要はありません。単にピアツーピアネットワークにおけ
るコンピュータの 1 つでも支障ありません。
「Network Hardware Key」と一緒に、「ライセンスサーバー」ハードウェアキードデバイスドライバをインス
トールしなければなりません。
追加ネットワークオプションは、特定のサーバとプロトコルを指定するのを許容しますが、多くの場合
「Automatically find the license server on the network」とラベルされたオプションを使うべきです。
管理者が実行中のプログラム数をチェックするため、監視ツールが提供されます。
DDE(Dynamic Data Exchange)
ダイナミック データ エクスチェンジ
Dynamic Data Exchange (DDE)
Dynamic Data Exchange (DDE)は、他のアプリケーションが SpectraPLUS Professional アプリケーションと「talk」
することを可能にしますので、コマンドをアナライザーに送ってデータを要求できます。 この強力な機能はカスタム
信号処理システムの構築を容易にします。
DDE はコマンドとデータリクエストの主要な2つのオペレーションをサポートします。
コマンドは SpectraPLUS Professional をコントロールする「Run」「Stop」のようなメッセージです。
データリクエストはリクエストしているアプリケーションにデータを送るための「THD」「Spectrum」のようなメッセージ
です。
概要:
DDE 機能は主なスプレッドシート、データベースソフトやプログラム開発言語が対応しています。マイクロソフト社
が提供している VBA(Visual Basic for Applications) を使うことをお勧めします。このマクロ言語は非常に柔軟性
があります。
DDE はコマンドとデータリクエストの主要な2つのオペレーションをサポートします。
Commands:コマンドは SpectraPLUS Professional をコントロールする「Run」「Stop」のようなメッセージ
です。
Data Requests:データリクエストはリクエストしているアプリケーションにデータを送るための「THD」
「Spectrum」のようなメッセージです。
Establishing a DDE Hot Link automatically(DDE ホットリンクの自動確立):
また、新しいデータを処理している時に、SpectraPLUS Professional が"advise"メッセージを送る先との"hot link"
のセットアップが可能です。カスタムアプリケーションがアドバイスを受け取ると対応するデータを要求します。外
部のアプリケーションの<Paste Special> や<Paste><Link>を使ってホットリンクを確立できます。 例えば、
Excel とのホットリンクを確立するには以下のステップを実行してください。
Spectrum ビューを選択します。
<Edit><Copy>メニューをクリックします。
Excel を開いて目的のセルを選択し、そして<Edit><Paste Special>メニューをクリックします。
ソースタイプとして「Paste Link」をクリックし、そして Ok を押してください。
ここに「DDE hot link」が確立します。 スペクトルデータが変化すると、プレッドシートの内容はすぐにアッ
プデートされます。 これらのスペクトル値から計算されるすべてのセルも再処理されます。
Estabishing a DDE link manually(DDE ホットリンクの手動確立):
SpectraPLUS Professional にアプリケーションが"talk"する前に、まず"DDE コンバージョン"初期化をします。こ
の時プログラムは DDE サーバの名前とトピックを知らなければなりません。データをリクエストする時は項目の
名前が分かっていなければなりません。SpectraPLUS Professional の有効な名前は次の通りです。
DDE Server name:
"Specplus"
Topic names Supported:
"Data"
DDE コマンド
DDE Commands
Analyzer Control
[Run] アナラザーをスタートします
[Run ##] アナライザーをスタートし、FFT を##回実行後停止します
[Single Step] FFT を1回(single)実行し、停止します
[Go To ##] WAV ファイルの指定した時間位置 file (## = time in seconds)にジャンプします
[Stop] アナライザーを停止します
[Rewind] WAV ファイルの最初まで巻き戻します
[Fast Forward] WAV ファイルの最後まで早送りします
[Record] レコードを開始します
[Pause Recorder] レコードをポーズしますが、アナライザーは継続してランします。
[Resume Recorder] ポーズを解除し、レコードを復活します。
[Play] WAV ファイルを再生します
[Play Segment $ &] WAV ファイルの指定時間位置を再生します(#=start time in seconds, &=stop time in
seconds)
[Apply Filter # &] WAV ファイルの指定時間位置をフィルタ処理します (#=start time in seconds, &=stop time in
seconds)
Modes
[Mode Real Time] Real Time モードを設定します
[Mode Recorder] Recorder モードを設定します
[Mode Post Processing] Post Processing モードを設定します
File Operations
[File Open FILENAME.WAV] 指定した WAV ファイルを開きます
[File Open FILENAME.CFG] 指定した Config(定義)ファイルを開きます
[File Open FILENAME.CAL] 指定した Cal(校正)ファイルを開きます
[File Open FILENAME.MAC] 指定したマクロファイルを開き、ランします
[File Open FILENAME.RVB] 指定したリバーブ(残響)ファイルを開きます
[File Open FILENAME.FLT] 指定したフィルタレスポンスファイルをセットします
[File Save FILENAME.WAV] 指定したファイルネームで WAV ファイルを保存します
[File Decimate FILENAME.WAV RATIO] 指定したファイルネームとデシメーションレシオで WAV ファイルをデ
シメートして保存します
[File Merge LEFT.WAV RIGHT.WAV] 2つのモノ WAV ファイルを結合し、ステレオWAVファイルにコンバートし
ます
[File Close] WAV ファイルを閉じます
[File Delete #] 指定したネームのファイルを削除します
Clipboard Operations
[Cut Time Segment # &] カットした時間セグメントをクリップボードにコピーします(#=start time in seconds,
&=stop time in seconds)
[Copy Time Segment # &] 選択した時間セグメントをクリップボードにコピーします(#=start time in seconds,
&=stop time in seconds)
[Paste Time Segment #] クリップボードから選択した時間セグメントをペーストします (#=paste time in
seconds)
[Mute Time Segment # &] 指定した時間セグメントをミュートします(#=start time in seconds, &=stop time in
seconds)
Settings
[Set Sampling Rate #] サンプリングレートをセットします。「#」は Hz 単位で設定します
[Set Sampling Precision #] サンプリングプレシジョンをセットします。「#」は bits per sample (8, 16, or 24)です
[Set FFT Size #] FFT size をセットします
[Set Decimation Ratio #] デシメーションレシオをセットします
[Set Channel #] チャンネルをセットします。「#」は次のいずれかのパラメタです:
Left, Right, Both, Average, Coherence, Transfer LR, Transfer RL, Transfer LR+C, Transfer RL+C
[Set Delay #] クロスチャンネルディレーをセットします。「#」は milliseconds のディレー時間値です
[Window #] 窓関数/Smoothing Window をセットします。「#」は窓関数名です(例:Blackman, Flat Top,
Hamming).
[Set Average Mode #] アベレージングモードをセットします。「#」は Blocks か Meter です
[Set Average Type #] アベレージングタイプをセットします。「#」は Exponential, Linear か Vector です
[Set Average Size ##] アベレージングブロックサイズかスピードをセットします。ブロックモードでは, 「##」は
1...1000; 1001 = Infinite。メータモードでは「##」は 0=Off, 1=Fast, 2=Medium, 3=Slow, 4=Forever です
[Reset Average] ランニングアベレージをリセットします
[Reset Overload] オーバーロード検知をリセットします
[Set Peak Hold #] ピークホールドタイプをセットします。「# 」は 0=Off, 1=Fast, 2=Medium, 3=Slow,
4=Forever です
[Set FFT Overlap ##] FFT オーバーラップパーセンテージをセットします(## = 0...99)。Post Processing モード
のみ有効です
Scaling
[Set Amplitude Scaling Type #] グラフ Y 軸(アンプリチュード)のスケールタイプをセットします。「#」は Linear
か Log です
[Set Left Amplitude Scaling Type #] 左チャンネルのグラフ Y 軸(アンプリチュード)のスケールタイプをセットしま
す。「#」は Linear か Log です(independent channel scaling のみ有効)
[Set Right Amplitude Scaling Type #] 右チャンネルのグラフ Y 軸(アンプリチュード)のスケールタイプをセットし
ます。「#」は Linear か Log です(independent channel scaling のみ有効)
[Set Frequency Scaling Type #] グラフ X 軸(周波数)のスケールタイプをセットします。「#」は Linear か Octave
です
[Set Left Frequency Scaling Type #] 左チャンネルのグラフ X 軸(周波数)のスケールタイプをセットします。「#」
は Linear か Octave です(independent channel scaling のみ)
[Set Right Frequency Scaling Type #] 右チャンネルのグラフ X 軸(周波数)のスケールタイプをセットします。
「#」は Linear か Octave です(independent channel scaling のみ)
[Set Octave #] オクターブバンドタイプをセットします。「#」は 1, 3, 6, 9, 12 etc.です
[Set Left Octave #] 左チャンネルのオクターブバンドタイプをセットします。「#」は 1, 3, 6, 9, 12 etc.です
[Set Right Octave #] 右チャンネルのオクターブバンドタイプをセットします。「#」は 1, 3, 6, 9, 12 etc.です
[Set Spectrum Weighting #] Spectrum の聴感補正/Weighting をセットします。「#」は Flat, A, B か C です
[Set Left Spectrum Weighting #] 左チャンネルの Spectrum の聴感補正/Weighting をセットします。「#」は Flat,
A, B か C です
[Set Right Spectrum Weighting #] 右チャンネルのSpectrumの聴感補正/Weightingをセットします。「#」はFlat,
A, B か C です
[Set Total Power Weighting #] Total Power の聴感補正/Weighting をセットします。「#」は Flat, A, B か C です
[Set Left Total Power Weighting #] 左チャンネルの Total Power の聴感補正/Weighting をセットします。「#」は
Flat, A, B か C です
[Set Right Total Power Weighting #] 右チャンネルの Total Power の聴感補正/Weighting をセットします。「#」は
Flat, A, B か C です
[Set PSD Type #] PSD タイプをセットします。「#」は 0 か 1 です
0 is units^2/Hz
1 is units/sqrt(Hz)
[Set Left PSD Type #] 左チャンネルの PSD タイプをセットします。「#」は 0 か 1 です(independent channel
scaling only)
0 is units^2/Hz
1 is units/sqrt(Hz)
[Set Right PSD Type #] 右チャンネルの PSD タイプをセットします。「#」は 0 か 1 です(independent channel
scaling only)
0 is units^2/Hz
1 is units/sqrt(Hz)
[Enable PSD] PSD を有効にします
[Enable Left PSD] 左チャンネルの PSD を有効にします(independent channel scaling only)
[Enable Right PSD] 右チャンネルの PSD を有効にします(independent channel scaling only)
[Disable PSD] PSD を無効にします
[Disable Left PSD] ] 左チャンネルの PSD を無効にします(independent channel scaling only)
[Disable Right PSD] 右チャンネルの PSD を無効にします(independent channel scaling only)
[Set Mic Compensation File #] 指定したマイク特性補正ファイルを両チャンネルにセットします
[Set Left Mic Compensation File #] 指定したマイク特性補正ファイルを左チャンネルにセットします
[Set Right Mic Compensation File #] 指定したマイク特性補正ファイルを右チャンネルにセットします
[Enable Mic Compensation] マイク特性補正機能を有効にします
[Enable Left Mic Compensation] 左チャンネルの マイク特性補正機能を有効にします
[Enable Right Mic Compensation] 右チャンネルの マイク特性補正機能を有効にします
[Disable Mic Compensation] マイク特性補正機能を無効にします
[Disable Left Mic Compensation] 左チャンネルの マイク特性補正機能を無効にします
[Disable Right Mic Compensation] 右チャンネルの マイク特性補正機能を無効にします
Signal Generator
[Open Generator] シグナルジェネレータを起動します
[Close Generator] シグナルジェネレータを閉じます
[Start Generator] シグナルジェネレータをスターとします
[Stop Generator] シグナルジェネレータをストップとします
[Set Generator Type Left #] 左チャンネルのシグナルジェネレータの出力信号波形を設定します。「#」は信号タ
イプ名です(例:[Set Generator Type Left Pink Noise])
[Set Generator Type Right #] 右チャンネルのシグナルジェネレータの出力信号波形を設定します。「#」は信号
タイプ名です(例:[Set Generator Type Left Pink Noise])
[Set Generator Tone Left Freq AmpDB] 左チャンネルのシグナルジェネレータに「multiple tones」を設定し、信
号の周波数と相対レベルをセットします。レベルは 0.0 から-96 (dB)です(例: [Set Generator Tone Left 1500
-24])
[Set Generator Tone Right Freq AmpDB] 右チャンネルのシグナルジェネレータに「multiple tones」を設定し、
信号の周波数と相対レベルをセットします。レベルは 0.0 から-96 (dB)です(例: [Set Generator Tone Left 1500
-24])
[Set Generator Wave File Left #] ] 左チャンネルのシグナルジェネレータを「User Defined」にセットし、WAV フ
ァイルを設定します。「#」はファイルネームです
[Set Generator Wave File Right #] ] 右チャンネルのシグナルジェネレータを「User Defined」にセットし、WAV
ファイルを設定します。「#」はファイルネームです
[Set Generator Level &] 両チャンネルのシグナルジェネレータ出力レベルをセットします。「&」はレベル値です
[Set Left Generator Level &] 左チャンネルのシグナルジェネレータ出力レベルをセットします。「&」はレベル値
です
[Set Right Generator Level &] 右チャンネルのシグナルジェネレータ出力レベルをセットします。「&」はレベル値
です
Triggering
[Trigger] トリガー機能を準備します
[Trigger On] トリガーを有効にします
[Trigger Off] トリガーを無効にします
[Trigger ReArm On] トリガーセット後、ReArm を有効にします
[Trigger ReArm Off] トリガーセット後、ReArm を無効にします
Markers
[Set Marker # xxx] マーカ周波数をセットします。「#」は Hz 単位です.
[Show Marker #] 「#」番のマーカを表示します
[Hide Marker #] 「#」番のマーカを無効化します
Overlays
[Set Overlay #] 左右両チャンネルのアクティブ Spectrum データを「Overlays」メモリにストレージします。「#」は
オーバーレイ番号(1-7)です
[Set Left Overlay #] 左チャンネルのアクティブ Spectrum データを「Overlays」メモリにストレージします。「#」は
オーバーレイ番号(1-7)です
[Set Right Overlay #] 右チャンネルのアクティブ Spectrum データを「Overlays」メモリにストレージします。「#」
はオーバーレイ番号(1-7)です
[Set Overlay From Peak Hold #] 左右両チャンネルのピーク Spectrum データを「Overlays」メモリにストレージ
します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Set Left Overlay From Peak Hold #] 左チャンネルのピーク Spectrum データを「Overlays」メモリにストレージ
します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Set Right Overlay From Peak Hold #] 右チャンネルのピーク Spectrum データを「Overlays」メモリにストレー
ジします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Show Overlay #] 左右両チャンネルの「Overlays」データを表示します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Show Left Overlay #] 左チャンネルの「Overlays」データを表示します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Show Right Overlay #] 右チャンネルの「Overlays」データを表示します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Hide Overlay #] 左右両チャンネルの「Overlays」データを比表示化します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Hide Left Overlay #] 左チャンネルの「Overlays」データを比表示化します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Hide Right Overlay #] 右チャンネルの「Overlays」データを比表示化します。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です
[Set Overlay Offset # &] 左右両チャンネルの「Offset 」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。「&」
は dB 単位のオフセット値です.
[Set Left Overlay Offset # &] 左チャンネルの「Offset 」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。「&」
は dB 単位のオフセット値です
[Set Right Overlay Offset # &] 右チャンネルの「Offset 」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。「&」
は dB 単位のオフセット値です
[Set Overlay Legend # &] 左右両チャンネルの「文字列」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。「&」
はテキスト文字列です.
[Set Left Overlay Legend # &] 左チャンネルの「文字列」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。「&」
はテキスト文字列です.
[Set Right Overlay Legend # &] 右チャンネルの「文字列」をセットします。「#」はオーバーレイ番号(1-7)です。
「&」はテキスト文字列です.
[Setup Composite Overlay # &] &] 左右両チャンネルの「Composite Overlay」をセットします。「#」はコンポジ
ットタイプ AVG(平均)か SUB(減算)です。
AVG の場合は処理対象メモリ番号を次の様に指定します(例:[Setup Composite Overlay AVG 1 0 0 1 0 0]。これ
は1番と4番が対象の意です)。
SUB の場合は2つの処理対象メモリ番号を次の様に指定します(例: [Setup Compoiste Overlay SUB 4 6] 。こ
れは6番から4番減算するという意です)
[Setup Left Composite Overlay # &] 前項と同様ですが、左チャンネルにのみ適用されます
[Setup Right Composite Overlay # &] 前項と同様ですが、右チャンネルにのみ適用されます
[Save Left Overlay File # &] 左チャンネルの「Overlay」データを保存します。「#」は番号、「&」はファイルネーム
です
[Save Right Overlay File # &] 右チャンネルの「Overlay」データを保存します。「#」は番号、「&」はファイルネー
ムです
[Load Left Overlay File # &] 指定したファイルネームのデータを左チャンネルの「Overlay」にロードします。「#」
は番号、「&」はファイルネームです
[Load Right Overlay File # &] 指定したファイルネームのデータを右チャンネルの「Overlay」にロードします。
「#」は番号、「&」はファイルネームです
Configuration
[Save Config #]
[Load Config #]
指定したファイルネーム「#」で定義パラメタを保存します
指定したファイルネーム「#」で定義パラメタをロードします
Calibration
[Calibrate] 設定された校正パラメタを使い、入力信号でアナライザーを校正します
[Save Calibration #] 指定したファイルネーム「#」で校正パラメタを保存します
[Load Calibration #] 指定したファイルネーム「#」で校正パラメタをロードします
[Enable Calibration] 校正値を有効化します
[Disable Calibration] 校正値を無効化します
Device Selection
[Set Input Device #] 入力側に使用するサウンドカード/デバイスをセットします。「#」はデバイスリストに表示さ
れる順番号もしくは、デバイス名です。デバイスリストは<Options><Device>メニューで表示します
[Set Output Device #] 出力側に使用するサウンドカード/デバイスをセットします。「#」はデバイスリストに表示さ
れる順番号もしくは、デバイス名です。デバイスリストは<Options><Device>メニューで表示します
Views
[Open Time Series] Time Series ビューを開きます
[Close Time Series] Time Series ビューを閉じます
[Maximize Time Series] Time Series ビューを最大化します
[Restore Time Series] Time Series ビューをノーマルサイズにします
[Set Time Segment # ##] Time Series ビューを表示する時間レンジをセットします。「#」が開始時間、「##」が停
止時間(秒単位)です。
[Set Time Series Plot Top #] Time Series グラフの「Plot Top」、Y 軸最大値をセットします
[Set Time Series Plot Range #] Time Series グラフ Y 軸のレンジ幅をセットします
[Autoscale Time Series] #] Time Series グラフ Y 軸のスケールを最適化します
[Open Spectrum] Spectrum ビューを開きます
[Close Spectrum] Spectrum ビューを閉じます
[Clear Spectrum] Spectrum ビューをクリアします
[Close Peak Hold] Spectrum のピークデータをクリアします
[Maximize Spectrum] Spectrum ビューを最大化します
[Restore Spectrum] Spectrum ビューをノーマルサイズにします
[Spectrum Freq Span # ##] Spectrum グラフの周波数(X 軸)レンジ幅をセットします。「#」は下限、「##」は上限
周波数(Hz)です
[Set Spectrum Plot Top #] Spectrum グラフの「Plot Top」、Y 軸最大値をセットします
[Set Spectrum Plot Range #] Spectrum グラフ Y 軸のレンジ幅をセットします
[Autoscale Spectrum] Spectrum グラフ Y 軸のスケールを最適化します
[Set Spectrum Bar Graph] Spectrum をバーグラフ表示モードにセットします
[Set Spectrum Line Graph] Spectrum を折れ線グラフ表示モードにセットします
[Compute Average Spectrum # ##] 指定した時間セグメントのアベレージスペクトラムを表示します。「#」は開始
時間、「##」は停止時間(秒単位)です
[Open Phase] Phase ビューを開きます
[Close Phase] Phase ビューを閉じます
[Maximize Phase] Phase ビューを最大化します
[Restore Phase] Phase ビューをノーマルサイズにします
[Phase Freq Span # ##]
Phase グラフの周波数(X 軸)レンジ幅をセットします。「#」は下限、「##」は上限周波
数(Hz)です
[Open Surface] 3-D Surface ビューを開きます
[Close Surface] 3-D Surface ビューを閉じます
[Maximize Surface] 3-D Surface ビューを最大化します
[Restore Surface] 3-D Surface ビューをノーマルサイズにします
[Surface Freq Span # ##] 3-D Surface グラフの周波数(X 軸)レンジ幅をセットします。「#」は下限、「##」は上限
周波数(Hz)です
[Build Surface # ##] 指定した時間セグメントのスペクトラムを 3-D Surface グラフに展開します。「#」は開始時間、
「##」は停止時間(秒単位)です
[Open Spectrogram] Spectrogram ビューを開きます
[Close Spectrogram] Spectrogram ビューを閉じます
[Maximize Spectrogram] Spectrogram ビューを最大化します
[Restore Spectrogram] Spectrogram ビューをノーマルサイズにします
[Spectrogram Freq Span # ##] Spectrogram グラフの周波数(X 軸)レンジ幅をセットします。「#」は下限、「##」
は上限周波数(Hz)です
[Build Spectrogram # ##] 指定した時間セグメントのスペクトラムを Spectrogram グラフに展開します。「#」は開
始時間、「##」は停止時間(秒単位)です
[Copy to Clipboard as Bitmap] アクティブビューの表示内容をビットマップフォームでクリップボードにコピーしま
す
Utilities
[Open Peak Freq Utility] Peak Frequency 表示窓を開きます
[Close Peak Freq Utility] Peak Frequency 表示窓を閉じます
[Open Peak Amp Utility] Peak Amplitude 表示窓を開きます
[Close Peak Amp Utility] Peak Amplitude 表示窓を閉じます
[Open Total Power Utility] Total Power 表示窓を開きます
[Close Total Power Utility] Total Power 表示窓を閉じます
THD 表示窓を開きます
THD 表示窓を閉じます
[Open THD Utility]
[Close THD Utility]
[Open THD_N Utility]
[Close THD_N Utility]
[Open IMD Utility]
[Close IMD Utility]
THD+N 表示窓を開きます
THD+N 表示窓を閉じます
IMD 表示窓を開きます
IMD 表示窓を閉じます
[Open SNR Utility] SNR 表示窓を開きます
[Close SNR Utility] SNR 表示窓を閉じます
[Open DelayFinder] Delay Finder 表示窓を開きます
[Close DelayFinder] Delay Finder 表示窓を閉じます
[Apply DelayFinder] 表示されている Delay Finder 値を適用して処理します
[Open PhaseScope]
[Close PhaseScope]
Phase Scope 表示窓を開きます
Phase Scope 表示窓を閉じます
[Open Macro] マクロコマンドプロセッサを開きます
[Close Macro] マクロコマンドプロセッサを閉じます
[Open Macro File #] 指定した名前のマクロファイルを開きます
[Start Macro] セットされているマクロをランします
[Stop Macro] マクロを停止します
[Open Reverb] リバーブ/残響機能を開きます
[Close Reverb] リバーブ/残響機能を閉じます
[Start Reverb] リバーブ/残響測定を開始します
[Save Reverb #] リバーブ/残響測定結果を保存します。「#」はファイルネームです
[Set Reverb View Time] 「Reverb Times 」グラフを表示します
[Set Reverb View Decay] 「Reverb Decay」グラフを表示します
[Set Reverb View Surface] 「3-D Surface」グラフを表示します
[Compute Reverb # ##] 指定した時間セグメントの RT-60 特性を Reverbe ビューに展開します。「#」は開始時
間、「##」は停止時間(秒単位)です
[Enable DataLogging] データロギング機能を有効にします
[Disable DataLogging] データロギング機能を無効にします
[Set DataLogging File #] データロギング出力ファイルの名前をセットします
[Open Leq]
[Close Leq]
[Reset Leq]
Equivalent Noise 解析機能を開きます
Equivalent Noise 解析機能を閉じます
Equivalent Noise 値をリセットします
Printing
[Set Annotation Line1 XYZ] データシートのヘッドライン1行目に印字される文字/メモをセットします
[Set Annotation Line2 XYZ] データシートのヘッドライン2行目に印字される文字/メモをセットします
[Print Time Series] Time Series データを印刷します
[Print Spectrum] Spectrum データを印刷します
[Print Phase] Phase データを印刷します
[Print Spectrogram] Spectrogram データを印刷します
[Print 3D Surface] 3D Surface データを印刷します
Window Control
[Minimize Window] アプリケーションをアイコン化します
[Restore Window] アプリケーションをノーマルサイズに戻します
[Maximize Window] アプリケーションをフルスクリーン表示します
[Cascade Windows] 全てのビューを重ね表示します
[Tile Windows Vertical] 全てのビューを縦配列で表示します
[Tile Windows Horizontal] 全てのビューを横配列で表示します
[Hide Window] アプリケーション表示を無効化します
[Show Window] アプリケーションを表示します
[Hide Menu] メインメニューを無効化します
[Show Menu] メインメニューを表示します
[Hide Toolbar] メインツールバーを無効化します
[Show Toolbar] メインツールバーを表示します
[Hide Toolbar2] セカンドツールバーを無効化します
[Show Toolbar2] セカンドツールバーを表示します
[Hide Statusbar] ステータスバーを無効化します
[Show Statusbar] ステータスバーを表示します
[Hide Plot Toolbars] 開いているビューのツールバーを無効化します
[Show Plot Toolbars] 開いているツールバーを表示します
[Exit Application] アプリケーションを終了します
Special Functions
[Ambient Compensate] 最新の 1秒のデータから AmbientLeft.mic と AmbientRight.mic ファイルを作成し、マイ
ク特性補正ファイルとして使用します
[Ambient Compensate Enable] 補正を有効にします
[Ambient Compensate Disable] 補正を無効にします
DDE データ要求ステートメント
DDE Data Request Items
Setttings
"Mode"
セットされているモードを返します(1=Real time, 2=Post Processing, 3=Recorder)
"FFT Size" FFT size を返します
"Sampling Rate" サンプリングレートを返します
"FFT Overlap" オーバーラップパーセンテージを返します(0...99)
"Decimation Ratio" デシメーションレシオを返します
"Average Mode" アベレージングモードを返します(0=Free Run (blocks), 1=Sound Level Meter (SLM))
"Average Type" アベレージングタイプを返します(0=Exponential, 1=Linear, 2=Vector)
"Average Size" アベレージングブロックサイズ/スピードを返します((1...1000; 1001 if infinite)/ (0=off, 1=Fast,
2=Med, 3=Slow, 4=Forever)).
"Peak Hold" ピークホールドタイプを返します(0=off, 1=Fast, 2=Med, 3=Slow, 4=Forever)
"Smoothing Window" 窓関数/Smoothing window を返します
Analyzer Status
"Current Time" WAV ファイルの現ポイントを秒で返します
"Total Time" WAV ファイルのトータル時間を秒で返します
"Overload Status" オーバーロード状態を返します(1=true, 0=false)
"Overload Count" オーバーロード発生回数を返します
"FFT Count" FFT 実行回数を返します
"Logging Status" ロギング状態を返します 1=enabled, 0=otherwise)
"Last Logging Time" 最後のロギング実行時間を返します。N/A は「off.」を意味します
"Macro Status"
マクロコマンドプロセッサの状態を返します(0=stopped, 1=running. -1=utility is not open.)
"Signal Generator Type Left" 左チャンネルの信号タイプを返します
"Signal Generator Type Right" 右チャンネルの信号タイプを返します
Scaling
"Amplitude Axis Scaling Left" 左チャンネルのアンプリチュード軸のスケールタイプを返します(0=Linear,
1=Logarithmic)
"Amplitude Axis Scaling Right" 右チャンネルのアンプリチュード軸のスケールタイプを返します(0=Linear,
1=Logarithmic)
"Frequency Axis Scaling Left" 左チャンネルの周波数軸のスケールタイプを返します(0=Linear, 1=Logarithmic,
3=Octave)
"Frequency Axis Scaling Right" 右チャ ン ネルの周波数軸のスケ ール タイ プを返しま す (0=Linear,
1=Logarithmic, 3=Octave)
"Spectrum Weighting Left" 左チャンネルの Spectrum の聴感補正/weighting のタイプを返します(0=Flat, 1=A,
2=B, 3=C)
"Spectrum Weighting Right" 右チャンネルの Spectrum の聴感補正/weighting のタイプを返します(0=Flat, 1=A,
2=B, 3=C)
"Total Power Weighting Left" 左チャンネルの Total Power の聴感補正/weighting のタイプを返します(0=Flat,
1=A, 2=B, 3=C)
"Total Power Weighting Right" 左チャンネルの Total Power の聴感補正/weighting のタイプを返します(0=Flat,
1=A, 2=B, 3=C)
"PSD Left" 左チャンネルの PSD の状態を返します(0=off, 1=on)
"PSD Right" 右チャンネルの PSD の状態を返します(0=off, 1=on)
"PSD Type Left" 左チャンネルの PSD タイプを返します (0=units^2/Hz, 1=units/sqrt(Hz))
"PSD Type Right" 右チャンネルの PSD タイプを返します (0=units^2/Hz, 1=units/sqrt(Hz))
"Mic Compensation Left" 左チャンネルのマイク補正状態を返します(0=off, 1=on)
"Mic Compensation Right" 右チャンネルのマイク補正状態を返します(0=off, 1=on)
"Mic Compensation File Left" 左チャンネルのマイク補正ファイルネームを返します
"Mic Compensation File Right" 右チャンネルのマイク補正ファイルネームを返します
Peak Frequencies
"Peak Frequency" ピーク周波数を返します(Peak1 Frequency 同)
"Peak1 Frequency" 1 番大きいピーク周波数を返します
"Peak2 Frequency" 2 番目に番大きいピーク周波数を返します
"Peak3 Frequency" 3 番目に番大きいピーク周波数を返します
"Peak4 Frequency" 4 番目に番大きいピーク周波数を返します
"Peak5 Frequency" 5 番目に番大きいピーク周波数を返します
"Peak6 Frequency" 6 番目に番大きいピーク周波数を返します
"Marked Peak Frequency" マーカ 1 と 2 の間のピーク周波数を返します
Peak Amplitudes
"Peak Amplitude" ピークアンプリチュードを返します(Peak1 Amplitude 同)
"Peak1 Amplitude" 1 番大きいピークアンプリチュードを返します
"Peak2 Amplitude" 2 番目に番大きいピークアンプリチュードを返します
"Peak3 Amplitude" 3 番目に番大きいピークアンプリチュードを返します
"Peak4 Amplitude" 4 番目に番大きいピークアンプリチュードを返します
"Peak5 Amplitude" 5 番目に番大きいピークアンプリチュードを返します
"Peak6 Amplitude" 6 番目に番大きいピークアンプリチュードを返します
"Marked Peak Amplitude" マーカ 1 と 2 の間のピークアンプリチュードを返します
Marker Values
"Marker1 Amplitude"
"Marker2 Amplitude"
"Marker3 Amplitude"
"Marker4 Amplitude"
"Marker5 Amplitude"
"Marker6 Amplitude"
"Marker7 Amplitude"
"Marker8 Amplitude"
マーカ 1 のアンプリチュードを返します
マーカ 2 のアンプリチュードを返します
マーカ 3 のアンプリチュードを返します
マーカ 4 のアンプリチュードを返します
マーカ 5 のアンプリチュードを返します
マーカ 6 のアンプリチュードを返します
マーカ 7 のアンプリチュードを返します
マーカ 8 のアンプリチュードを返します
Total Power
"Total Power" 既定ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Total Power A" A ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Total Power B" B ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Total Power C" C ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Total Power Flat" ウェイティング無しのトータルパワーを返します
"Marked Total Power" マーカ 1 と 2 の間の、既定ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Marked Total Power A" マーカ 1 と 2 の間の、A ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Marked Total Power B" マーカ 1 と 2 の間の、B ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Marked Total Power C" マーカ 1 と 2 の間の、C ウェイティングでのトータルパワーを返します
"Marked Total Power Flat" マーカ 1 と 2 の間の、ウェイティング無しのトータルパワーを返します
Distortion Values
"THD" THD を返します
"THD+N" THD+N を返します
"IMD" IMD を返します
"SNR" SNR を返します
"SINAD" SINAD を返します
"NF" Noise Figure (NF)を返します
"Delay Finder" ディレイファインダから Delay を返します
Equivalent Noise Values
"Leq Values" すべての Leq を返します
"LeqT" LeqT を返します
"Leq"
Leq を返します
"Lsel"
Lsel を返します
"Lpk"
Lpk を返します
"Lmax" Lmax を返します
"Lmin" Lmin を返します
"L10" L10 を返します
"L50" L50 を返します
"L90" L90 を返します
Spectral Data
"Spectrum" スペクトラムデータ列を返します**
"Spectrum Left" 左チャンネルのスペクトラムデータ列を返します**
"Spectrum Right" 右チャンネルのスペクトラムデータ列を返します**
"Zoomed Spectrum" ズームイン/アウトされたスペクトラムビューのレンジを返します**
"Zoomed Spectrum Left" 左チャンネルのズームイン/アウトされたスペクトラムビューのレンジを返します**
"Zoomed Spectrum Right" 右チャンネルのズームイン/アウトされたスペクトラムビューのレンジを返します**
"Marked Spectrum" スペクトラムビューのマーカ 1 と 2 の間のレンジを返します**
"Marked Spectrum Left" 左チャンネルのスペクトラムビューのマーカ 1 と 2 の間のレンジを返します**
"Marked Spectrum Right" 右チャンネルのスペクトラムビューのマーカ 1 と 2 の間のレンジを返します**
"Peak Hold Spectrum" ピークホールドスペクトラムデータ列を返します**
"Peak Hold Spectrum Left" 左チャンネルのピークホールドスペクトラムデータ列を返します**
"Peak Hold Spectrum Right" 右チャンネルのピークホールドスペクトラムデータ列を返します**
"Zoomed Peak Hold Spectrum" ズームイン/アウトされたピークホールドスペクトラムビューのレンジを返します
**
"Zoomed Peak Hold Spectrum Left" 左チャンネルのズームイン/アウトされたピークホールドスペクトラムビュー
のレンジを返します**
"Zoomed Peak Hold Spectrum Right" 右チャンネルのズームイン/アウトされたピークホールドスペクトラムビュ
ーのレンジを返します**
"Marked Peak Hold Spectrum" マーカ 1 と 2 の間のピークホールドスペクトラムビューのレンジを返します**
"Marked Peak Hold Spectrum Left" 左チャンネルのマーカ 1 と 2 の間のピークホールドスペクトラムビューのレ
ンジを返します**
"Marked Peak Hold Spectrum Right" 右チャンネルのマーカ 1 と 2 の間のピークホールドスペクトラムビューの
レンジを返します**
Phase Data
"Phase" フェーズデータ列を返します**
"Phase Left" 左チャンネルのフェーズデータ列を返します**
"Phase Right" 右チャンネルのフェーズデータ列を返します**
"Zoomed Phase" ズームイン/アウトされたフェーズビューのレンジを返します**
"Zoomed Phase Left" 左チャンネルのズームイン/アウトされたフェーズビューのレンジを返します**
"Zoomed Phase Right" 右チャンネルのズームイン/アウトされたフェーズビューのレンジを返します**
"Marked Phase" マーカ 1 と 2 の間のフェーズムビューのレンジを返します**
"Marked Phase Left" 左チャンネルのマーカ 1 と 2 の間のフェーズムビューのレンジを返します**
"Marked Phase Right" 右チャンネルのマーカ 1 と 2 の間のフェーズムビューのレンジを返します**
Time Series Data
"Time Series タイムシリーズデータ列を返します**
"Time Series Left" 左チャンネルのタイムシリーズデータ列を返します**
"Time Series Right" 右チャンネルのタイムシリーズデータ列を返します**
"Zoomed Time Series" ズームイン/アウトされたタイムシリーズデータ列を返します**
"Zoomed Time Series Left" 左チャンネルのズームイン/アウトされたタイムシリーズデータ列を返します**
"Zoomed Time Series Right" 右チャンネルのズームイン/アウトされたタイムシリーズデータ列を返します**
"Wave Segment" [Set Time Segment # ##]コマンドに対応したウェーブデータを返します**
"Wave Segment Left" [Set Time Segment # ##]コマンドに対応した 左チャンネルのウェーブデータを返します
**'
"Wave Segment Right" [Set Time Segment # ##]コマンドに対応した 右チャンネルのウェーブデータを返しま
す**
** Array format:
データ列仕様
クリップボードにコピーされるデータ文字列と同一です
Spectrum
1 列目=周波数(Hz)
2 列目=アンプリチュード(グラフ軸表示単位と同)
Phase
1 列目=周波数(Hz)
2 列目=フェーズ(Deg)
Time Series
1 列目=時間(秒)
2 列目=アンプリチュード(グラフ軸表示単位と同)
DDE サンプル
DDE Example
マイクロソフト社のエクセルを使用する場合を記述します。
Microsoft Excel 7.0 DDE module Example:
THD 測定の規格リミットテスト
Sub LimitTest( )
'SpectraPLUS Pro の DDE のスタート
ch = DDEInitiate("Softest","Data")
'プログラムを開いておかなければなりません
DDEExecute ch,"[File Open c:¥softest¥config¥thd_test.cfg]"
'アナライザーのスタート
DDEExecute ch,"[Run]"
'10 Sec.ウェイティング
newHour = Hour(Now())
newMinute = Minute(Now())
newSecond = Second(Now()) + 10
newTime = TimeSerial(newHour,newMinute,newSecond)
Application.Wait newTime
'アナアライザーの停止
DDEExecute ch,"[Stop]"
'アナライザーからのデータの受信
Data = DDERequest(ch,"THD")
thd_value = Data(1)
'データの照合とジャッジ
If thd_value<0.05 Then
MsgBox("Test PASSED")
Else
MsgBox("Test FAILED")
End If
DDETerminate ch
End Sub
1/3 Oct.のアベレージングデータの取得
Sub ThirdOctaveTest( )
'SpectraPLUS Pro の DDE のスタート
ch = DDEInitiate("Softest","Data")
MaxAverages = 20
AverageTimeMinutes = 1
CurrentAverage = 0
Do
'アナライザーのスタート
DDEExecute ch,"[Run]"
'N 分のウェイティング
newHour = Hour(Now())
newMinute = Minute(Now())
newSecond = Second(Now()) + N
newTime = TimeSerial(newHour,newMinute,newSecond)
Application.Wait newTime
'アナアライザーの停止
DDEExecute ch,"[Stop]"
'アナライザーからのデータの受信
DataArray = DDERequest(ch,"Spectrum")
'スペクトラムバンド総数の検出
num_band = UBound(DataArray
'ワークシートにスペクトラデータを置く
Worksheets("Sheet1").Range(Cells(2,MaxAverages-CurrentAverage),Cell(1
MaxAverages - CurrentAverage + 1)).For mula = DataArrey
CurrentAverage = CurrentAverage + 1
f CurrentAverage >= MaxAverages Then Exit Do
Loop
DDEExecute ch,"[Stop]"
DDETerminate ch
End Sub
+
num_band,
Performance Issues
処理速度
Processing Speed
処理速度は多くの要素によって影響を受けます。まず「FFT サイズ」があります。速さを重視するなら小さい FFT サ
イズを選択して下さい。ただし周波数分解は下がります。
SpectraPLUS Professional のFFT アルゴリズムはインテル 80X87 ファミリー・マス-コプロセッサで使われています。
もしマシンにコプロセッサが搭載されていなければ CPU が処理することになりますので処理速度が低下します。従
ってコプロセッサは必須です。代表的な速度は、i486DX/25MHz のマシンで 26msec、Pentium 100MHz で
8msec(1024 FFT size)です。
ビデオの速度には他の要素が影響します。複数のビューが開かれているとビデオサブシステムに負荷がかかりま
す。「Time Series」ビュー表示が最速です。
「3-D Surface」「Spectrogram」ビューは「Time Series」や「Spectrum」ビューよりもスローです。もし、不要なビュー
が開かれていれば閉じて下さい。アイコン化しても若干の改善が得られます。
Notes:
「Time Series」のみが動作している時は FFT を実行しません。デジタルストレージスコープの様に機能します
測定確度・精度
Measurement Accuracy
周波数:
周波数確度にはサウンドカードのサンプリング周波数確度が直接反映します。
アンプリチュード:
初期設定で、アナライザーは「0dB」が最大のパワーレベル(8/16/24 bit 信号)を示すように構成されています。グ
ラフのアンプリチュード軸は基準信号を使って校正することができますが、この場合もサウンドカードの周波数特
性が反映することになります。
SpectraPLUS Professional が持つ、マイクロフォン(サウンドカードの入力系)の周波数特性を補償するための機
能(Mic Compensation)を使うと、補正カーブ(イコライジング)機能を働かせることができます。カードの周波数特
性を測定するには基準信号(ホワイトノイズや周波数スィープ信号)をカードの入力に供給します。簡易的な基準
信号としてはテスト信号が録音されている CD などが考えられます。そして、特性の劣化を避けるために出来るだ
けアンプ゚を仲介しないで接続した方がよいでしょう。
測定結果(Spectrum データ)はメニューバーの<Edit>-<Copy>コマンドを使いクリップボードにコピーすることが
できます。そして、テキストエディターやスプレッドシートなどに貼り付け、マイク補償ファイルとしてセーブします。
ファイルの指定拡張子は「.mic」です。「.txt」や「.doc」では認識しません。
オクターブスケール:
歴史的に、スペクトラムアナライザーは各バンドにアナログのフィルタを利用しました。そしてこれらのフィルタの
性能を指定する規格(ANSI S1.11-1986)が設けられました。SpectraPLUS Pro はスペクトルデータを計算するの
に高速フーリエ変換(FFT)を使用し、次にオクターブデータを引き出します。 このアルゴリズムはアナログ機器と
同じ ISO センター周波数と帯域幅を使用します。 しかしながら、FFT フィルタメソッドははるかに急峻な「肩特性」
を生成します。 このデジタル・フィルタは、伝統的なアナログのフィルタの性能を満たすか、または超えていま
す。
ダイナミックレンジ:
システムの理論ダイナミックレンジは次の通りです。
8 bit sampling precision = 48 dB
16 bit sampling precision = 96 dB
24 bit sampling precision = 144 dB
実際のダイナミックレンジはサウンドカードの性能が反映します。
Notes:
旧式の 8bit サウンドカードには「オートゲインコントロール/AGC」機能を搭載している製品があります。その場合
アンプリチュード軸を校正できません。AGC が搭載されているか否かを確かめるには、アナライザーを「Real
Time」モードにセットし「Time Series」ビューだけを選択します。そして大きい信号を入力します。もし、AGC が搭
載されていれば瞬間的にピークを表示しその後低下しますが、なければピークのままオーバードライブ状態にな
ります。
アリアシング
Aliasing
アリアシングは「サンプリングレートの 1/2」より大きな周波数を含んだ信号がサンプリングされた状態です。この場
合、信号はアナライザーで解析されますがその周波数は不正確です。例えば、もしサンプリングレートが「6,000Hz」
のとき「3,500Hz」の信号が入力されると、アナライザーは「2,500Hz」を表示します。
すべてのサウンドカードがエイリアシングを防ぐためにローパスフィルタリングを提供します。 しかしながら、デシメ
ーションが使用されているとき外部のローパスフィルタを使用するか、または「Setting」ダイアログボックスの
「□Apply Low Pass Filter when Decimating」をチェックするべきです。
Misc
キーボードショートカット
Keyboard Shortcuts
操作用アイコンはメインツールバーに配置されていますが、各アイコンのラベルには1文字だけ下線が引かれてい
ます。<Alt>キーと<下線文字>キーを一緒に押すとそのアイコンと同一の機能を得られます(Windows に準拠)。
ショートカットキーは各メニュー、サブメニューに対しても効果的に機能します。例えば<Alt>-<V>を押し、続けて
<Alt>-<T>を押すと「Time Series」ビューにアクセスすることができます。
次のショートカットキーはメニューを選択するのに便利なキーです。
Accelerator keys:
F1: Help を起動します
F4: 「Processing Setting」ダイアログボックスを表示します
F5: 「Scaling Control」ダイアログボックスを表示します
F6: 「Trigger Setup」ダイアログボックスを表示します
F7: 「Save Configuration File」ダイアログボックスを表示します
F8: 「Load Configuration File」ダイアログボックスを表示します
F9: 「Amplitude Calibration」ダイアログボックスを表示します
F11: 「Generator」シグナルジェネレータを呼び出します
<Ctrl + O>: 「Open Wave File」ダイアログボックスを表示します(Recorder, Post-Process モード時)
<Ctrl + S>: 上書き保存のため「Save Wave File」ダイアログボックスを呼び出します(Recorder モード時)
<Ctrl + A>: 保存のため「Save Wave File」ダイアログボックスを表示します(Recorder モード時)
<Ctrl + P>: 「印刷」ダイアログボックスを表示します
<Alt + F4>: プログラムを終了します
<Ctrl + Z>: 最後の編集を元に戻します(アンドゥー)
<Ctrl + Del>: 編集指定部を切り取ります
<Ctrl + Ins>: 編集指定部をコピーします
<Shift + Ins>: 編集指定部を貼り付け挿入します
<Ctrl + L>: スペシャル−ループ再生します
<Shift + F5>: ビューウィンドゥを重ねて表示します
<Shift + F4>: ビューウィンドゥを縦方向配列で表示します
<Shift + F3>: ビューウィンドゥを横方向配列で表示します
The Return Key:
「Real Time」「Post-Process」モードで<Return / Enter>キーを押すとシングル FFT(1 回の)を実行し、そして停止
します。アベレージングは行いません。
The Focus:
スクロールバー上でマウスをクリックするとフォーカスされ、キーボード(矢印キー)操作が可能となります。例え
ば、ツールバーの「Avg:」コントロールをクリックすると、アベレージパラメータをキー選択することができます。
Note:
メニューやダイアログボックスを設定する間、プログラムは自動的に停止します。
メインツールバー
Main Toolbar
メインアプリケーションツールバーの機能は動作モードで変わります。ツールバーにはプログラムをコントロールす
るアイコン(Run/Stop,etc)が配置されています。そして「Real Time」と「Post-Process」モードではさらに、「Avg」と
「Peak Hold」を設定するコントロールボックスが配されます(「Processing Settings」ダイアログ ボックスにも配され
ています)。
「Recorder」と「Post-Process」モードでは水平スクロールバーが配置されます。バー左側は「.WAV」ファイルの現位
置時間を、右側はトータル時間を表します。
SpectraPLUS Professional Edition メイン画面とビュー画面それぞれにツールバーを配しています。
メインアプリケーションツールバーの機能は動作モードで変わります。ツールバーにはプログラムをコントロールす
るアイコン(Run/Stop,etc)が配置されています。そして「Real Time」と「Post-Process」モードではさらに、「Avg」と
「Peak Hold」を設定するコントロールボックスが配されます(「Processing Settings」ダイアログ ボックスにも配され
ています)。
「Recorder」と「Post-Process」モードでは水平スクロールバーが配置されます。バー左側は「.WAV」ファイルの現位
置時間を、右側はトータル時間を表します。
Real Time モード:
<Run> アナライザー(ジェネレータが起動していれば双方)をスタートします。
<Stop> アナライザー(ジェネレータが起動していれば双方)を停止します。
<Avg> アベレージングブロックサイズを設定します。
<Peak> ピークホールド機能をオン、オフします。
Recorder モード:
<Rec> 測定データを記録します(ジェネレータが起動していればスタートします)。
<Stop> 記録あるいは再生を停止します(ジェネレータが起動していれば停止します)。
<Fwd> 現位置時間をファイルの最後尾に移動します(早送り)。
<Rwd> 現位置時間をファイルの頭部に移動します(巻き戻し)。
<Play> 測定データをスピーカー再生します(接続していれば)。
<Scroll> 現位置時間を移動します。
Post-Process モード:
<Run> アナライザーをスタートします。
<Stop> アナライザーを停止します。
<Rwd> 現位置時間をファイルの頭部に移動します(巻き戻し)。
<Avg> アベレージングブロックサイズを設定します。
<Peak> ピークホールド機能をオン、オフします。
<Scroll> 現位置時間を移動します。
Notes:
ビューツールバーの背景をダブルクリックするとそれぞれの「Display Option」ダイアログボックスが開きます。
セカンドツールバー
Secondary Toolbar
セカンドツールバーはメインツールバー直下のアイコンボタンが配置されているバーです。
Buttons:
File New - 開いている WAV ファイルを閉じ、そして記録する為の新しいファイルを用意します。
File Open - 保存されている WAV ファイルを開きます。
File Save - 使用中の WAV ファイルを保存します。
Print - アクティブなビューを印刷します(time series, spectrum, phase, spectrogram, or 3-D surface)
Time Series View - Time Series ビューを開閉します
Spectrum View - Spectrum ビューを開閉します
Phase View - Phase ビューを開閉します
Spectrogram View - Spectrogram ビューを開閉します
3-D Surface View - 3-D Surface ビューを開閉します
Settings - Processing Settings ダイアログを起動します
Scaling - Scaling Control ダイアログを起動します
Calibration - Amplitude Calibration ダイアログを起動します
Trigger - Trigger Setup ダイアログを起動します
Markers - Markers ダイアログを起動します
Device I/O - Device Selection ダイアログを起動します
Signal Generator - Signal Generator 機能を開閉します
Hz - Peak Frequency 表示機能を開閉します
dB - Peak Amplitude 表示機能を開閉します
Pwr - Wideband Level (total power) 表示機能を開閉します
THD - Total Harmonic Distortion 表示機能を開閉します
THD+N - Total Harmonic Distortion + Noise 表示機能を開閉します
IMD - InterModulation Distortion 表示機能を開閉します
SNR - Signal to Noise Ratio 表示機能を開閉します
Mac - Macro Command Processor 機能を開閉します
Log - Data Logging 機能を開閉します
Dly - Delay Finder 機能を開閉します
Rvb - Reverberation Time 機能を開閉します
Scp - Stereo Phase Scope 機能を開閉します
Note:
ツ ー ル バ ー を ダ ブ ル ク リ ッ ク す る と 「 Processing Settings 」 ダ イ ア ロ グ ボ ッ ク ス を 起 動 し ま す 。
<View><Toolbars><Secondary Toolbar>使用して開閉してください。
ビューツールバー
View Toolbars
Selection Arrow: 編集するタイムセグメントをグラフィカリーに選択することができます。矢印アイコンをク
リックしデータの任意の範囲をクリック・アンド・ドラッグします。マウスボタンをリリースすると指定したタイム
セグメントを反転表示します。編集(playback, filtering, cut/copy/paste)機能を使用可能です。
Playback Button: 選択したタイムセグメントを再生します。最初にタイムセグメントを指定して置かなければ
なりません。メニューバーの<Edit>-< Play>を使っても同様に機能します。
Filter Button: 選択したタイムセグメントをフィルタ処理します。最初にタイムセグメントを指定して置かなけ
ればなりません。メニューバーの<Edit>-<Filter>を使っても同様に機能します。
Zoom Selector: 選択した範囲を拡大(ズームイン)表示することができます。まずズームセレクターボタン
をクリックし、表示される「□+」カーソルを任意のポジション(周波数/タイム軸)に移動し、任意の範囲をクリッ
ク ・アンド・ドラッグします。そしてマウスボタンをリリースすると拡大表示します。
Zoom In 2X: X 軸感度を 2 倍に拡大表示します。
Zoom Out 2X: 拡大された X 軸感度を 1/2 倍戻し表示します。
Zoom Out Full: X 軸感度をノーマルに戻し、フルスパン表示します。
Display options button: 関連ビ ュ ー の Display オ プ シ ョ ン ダ イ ア ログ ボ ッ ク ス を起動し ま す 。
<Options><Spectrum>メニューでも同じ動作をします。
Line Graph button: Spectrum ビューを折れ線グラフモードにします。
Bar Graph button: Spectrum ビューをバーグラフモードにします。
Autoscale button: グラフ縦(Y)軸の感度、レンジを自動的に最適化します。
Plot Top: アンプリチュード/Y 軸のトップ(最上部)の感度を設定します。同様の機能は「Display Options」ダ
イアログボックスにもあります。上下矢印キーをクリックして調整します。もしくは直接キー入力します。
Plot Range: アンプリチュード軸の表示レンジを設定します。同様の機能は「Display Options」ダイアログ
ボックスにもあります。上下矢印キーをクリックして調整します。もしくは直接キー入力します。
Intensity Control (Spectrogram only): 256 色モード時の表示色調をコントロールします。「Spectrogram」ビ
ューのみ対象。
ステータスバー
Status Bar
ステータスバーはメイン画面の下部に配置されています。そしてバーにはいくつかの設定パラメタが表示されてい
ます。
Run status(Stopped,Running,etc): 動作状態を表示します。
動作 Mode: 設定されている動作モードを表示します。
Sampling Frequency: 設定されているサンプリング周波数を表示します。
Sampling Format(precision): 設定されているサンプリングフォームを表示します。
Channel: 設定されているチャンネルを表示します。
FFT size: 設定されている FFT サイズを表示します。
Smoothing window: 設定されているスムーシングウィンドウ(窓関数)を表示します。
Notes:
各窓内をクリックすると、パラメタの変更を容易に行うことができるポップアップメニューが現れます。
「.WAV」 ファイルをオープンしている時はサンプリングレートの変更はできません。
ステータスバーのどこかをダブルクリックすると「Processing Setting」ダイアログボックスが開きます。
ビデオ表示
Video Display Modes
マイクロソフト Windows セットアップユーティリティでビデオ表示モードを制御する様々なオプション概要を述べま
す。
ビデオ表示モードを定義する 2 つのプライマリ属性があります。
Screen Resolution:
スクリーンのピクセル数(W × H)を設定します。代表的な画面解像度は次の通りです:
640 x 480 VGA
800 x 600 SVGA
1024 x 768 XGA
画面解像度を上げるとより多くのデスクトップスペースが得られます。モニター仕様・品質に合わせて選んでくださ
い。
Color Resolution:
表示カラー仕様を設定します。
16 色 - 標準 VGA
256 色- Spectrogram ビュー表示には必須
32 K, 64k, etc- 高品位 SVGA
256 以上の色を提供するビデオモードを選択すると、より多くのディスプレイメモリを必要とします。使用するコン
ピュータ仕様に最適な設定を行って下さい。
Changing Video Modes:
SpectraPLUS Professional の環境には、デフォルト Window セットアップはあまり最適ではありません。 もし、ビ
デオモードを変えるには別のディスプレイドライバを使用しなければなりません。Windows デスクトップを右クリッ
クして「プロパティ」メニューを選び、次に「設定」タブをクリックして変更して下さい。詳細についてマイクロソフトの
Windows Users ガイドを参照してください。
技術サポート窓口
Technical Support
総輸入代理店:
SONALYS 株式会社
〒110-0011 東京都千代田区丸の内 1-1-3 AIG ビル
TEL: 03-5288-5942 FAX: 03-5288-5943
Email: [email protected] / [email protected]
URL: http://www.spectrasoft.jp / http://www.sonalys.com
測定例
室内音響レスポンス
Acoustic Response of a Room
音響応答特性測定は最適なイコライザ設定を可能にします。代表的な手順は以下の通りです。
Key Settings: (各項目を次のように設定します)
Mode: Real-Time
Views: Spectrum, Time Series
Amplitude axis: Logarithmic
Frequency axis: 1/3 Octave
Standard Weighting: Flat
Mic compensation: Yes(もし、測定用マイクでなければ)
Sampling rate: 44100Hz
FFT size: 8192 or 16384.
Decimation: 1
Averaging size: infinite
Smoothing Window: Uniform
Sampling Format: 16 bit, Mono
Procedure:(手順)
1. サウンドシステムのイコライザをゼロに設定します。
2. サウンドシステムの入力にピンクノイズジェネレータをつなぎます。
3. 部屋の中央にマイクを設置します。
4. サウンドカードの入力か、あるいは出力を調整し、Time Sereis ビューで観察します。
5. アナライザーをスターとしそして、Spectrum ビューを観察してください。 アベレージ Spectrum 表示が安
したらアナライザーを停止します。
Interpret the results:
音響学上「平坦な」部屋は完全に平坦なスペクトルを生産するでしょう。 この場合、スペクトルの絶対値にあまり
気遣いません。 1/3 オクターブの各バンドは 1/3 オクターブイコライザのスライダーに対応します。 イコライザで
単にスライダーを調整して、部屋の音響レスポンスを補ってください。
Narrowband frequency response (optional):
1/3 オクターブ分析の 1 つの制限は、各バンドがかなりワイドスパンということです。 もし狭帯域周波数成分が存
在していれば、1/3 オクターブ分析はこれらのコンポーネントを検出できません。 周波数軸スケールを「Linear」
に設定してください。そしてピンクの代わりにホワイトノイズを使用し、上の測定を繰り返してください。(1024 より
小さい FFT size サイズを使用することをお勧めします)
インピーダンス測定
Impedance Measurements
この測定は「2チャンネルトランスファー」測定で行ない、インピーダンス値とフェーズ値を取得します。抵抗を2本使
用しますので「1k ohm」と「10 ohm」を用意してください。
Key Settings: (各項目を次のように設定します)
Mode: Real Time
Views: Spectrum, Phase
Sampling Format: 44100Hz, 16 bit, Stereo
FFT Size: 4096
Smoothing Window: Hanning
Averaging: Exponential, 10
Peak Hold: Off
Channel Processing: Real Transfer Function (Left/Right)
Cross Channel Delay: 0
Amplitude Scaling: Linear
Frequency Scaling: Narrowband Logarithmic
Weighting: Flat
Mic Compensation: Off
Triggering: Off
Signal Generator: Pink or White Noise
Procedure: (手順)
1. スピーカと 10 ohm 抵抗を置き換え、アナライザーをスタートします。
2. <Options>-<Calibration>メニューで「Amplitude Calibration」ダイアログを開き、「Enable Calibration」ボ
ックスがマークされていないことを確認します。マークされていればクリックして外します。
3. アナライザーはフラットなスペクトラムを示している筈です。%スケールでの値を書き留めます(グラフ上
でマウス左ボタンをクリックするとデータを数値で読めます)。
4. <Options><Calibration>メニュー項目を選択し値を入れてください: 「Measure Input Signal」ボタンをクリ
ックせず、左チャンネルの「detected levels」ボックスに値(例えば、2.84)を入れてください。
5. 「□Enable Calibration」ボックスをクリックし、OK ボタンを押します。将来の為に保存することをお勧めし
ます。
6. 10 ohm 抵抗で、もう一度アナライザーをスタートします。そして、Spectrum ビューのインピーダンス表示
値が 10 オームであることを確かめてください。
7. 10 ohm 抵抗とスピーカを置き換え、アナライザーをスタートします。
伝達関数/トランスファー
Transfer Functions
伝達関数は、被測定機のアンプリチュードとフェーズレスポンスの統合測定です。
正確な伝達関数のキーは最終測定からの入力テスト信号レスポンス除去です。トランスファー特性は、「源信号」と
「被測定機を介した信号」の差分値で求められます。対数のアンプリチュードスケーリングを使用します。 2 つの対
数の量を引き算するのはそれらの比率値の分割に一致します。
Key Settings: (各項目を次のように設定します)
Mode:
Real-Time
Views:
Spectrum, Phase
Sampling Rate: At least twice the highest frequency produced by the device under test
FFT size:
4096 typical
Averaging:
4
Peak Hold:
Off
Smoothing Window: Hanning
Dual Channel Spectral Processing: Real Transfer Function Left/Right"
Sampling Format: 16 bit Stereo
Frequency scaling: your choice
Amplitude scaling: Logarithmic
Spectral Weighting: flat
Procedure: (手順)
1. 被測定機の入力にノイズジェネレータをつなぎます。
2. 被測定機の出力をアナライザー(サウンドカード)の左チャンネル入力につなぎます。
3. ノイズジェネレータ出力をアナライザー(サウンドカード)の右チャンネル入力につなぎます。
4. アナライザーをランしてデータの表示が安定するまで待ち、そして停止します。
Interpretation:
スペクトルはデバイスのアンプリチュードレスポンスを含みそして、フェーズはフェーズレスポンスを含んでいます。
全高調波ひずみ測定
Total Harmonic Distortion Analysis
オーディオデバイスは実際ひずみを発生させます。全高調波ひずみ(THD)はこの量の測定です。
THDは高調波パワー対基本波パワーの比率です。 それは割合で表されます。 THD値が低ければ低いほど「より
クリアです」。 典型的な THD 測定は 1kHz の基準試験信号を使用します。 この信号は被測定オーディオ装置を通
過し、そして THD がスペクトルから計算されます。
Key Settings: (各項目を次のように設定します)
Mode: Real-Time
Views: Spectrum, Time Series
Amplitude axis: Logarithmic
Frequency axis: Linear
Standard Weighting: Flat
Mic compensation: None
Sampling rate: 44100Hz
FFT size: 8192
Decimation: 1
Averaging size: 10
Smoothing Window: Hanning
Sampling Format: 16 bit, Mono
Procedure: (手順)
1. 被測定オーディオ装置の入力に 1kHz の基準試験信号をつなぎます。
2. サウンドカードの入力に被測定オーディオ装置の出力をつなぎます。
3. スペクトラムレスポンスが安定するまでアナライザーをランします。
4. <Utilities>メニューの<Total Harmonic Distortion>を選択します。
Note:
スィープ信号による THD 対周波数特性については「THDvsFrequency」を参照下さい。
音声解析
Voice Analysis
人の声のスペクトルはかなり複雑です。 スペクトルが急速に変化するためいわゆる「time-frequency」分析技術を
使用します。
Key settings: (各項目を次のように設定します)
Mode: Recorder/Post-Processing
Views: Spectrogram, Spectrum
Sampling rate: 22050 Hz
FFT size: 512 or 1024
FFT overlap percentage: As detailed below.
Decimation: 1
Smoothing window: Hamming
Averaging size: 2 or 3
Amplitude Scaling: Logarithmic
Frequency Scaling: Linear
Sampling Fromat: 16 bit mono.
Mic Compensation: As required.
Spectral weighting: Flat
Procedure: (手順)
1. 音声を短時間記録します。
2. Post-Processing を設定します。
3. Overlap Percentage をゼロにセットします。
4. Rewind ボタンをクリックしてファイルを巻き戻します。
5. Spectrogram ビューが満たされるか、またはファイルの終りに達するまでアナライザーをランします。
6. Spectrogram ビューの特定部分を分析するために指定し、スピーカーを通してそれを再生します。
7. マウス左ボタンを使用して音声のセグメントの開始位置を読み取ります。
8. メインツールバーのスクロールバーを使用して、必要な時間セグメントの始めにファイル位置を調整して
ください。
9. Overlap percentage を 90%にセットします。
10. アナライザーをランし、そして Spectrogram ビューを観察します。
11. 詳細を観るために Overlap percentage を再調整し、Spectrogram 時間軸の合計タイムを増減させます。
12. Spectrogram ビューをダブルクリックして、カーソル位置に対応するスペクトラムを Spectrum ビューに置
きます。 (Time Series ビューが開いていれば、対応するタイムシリーズデータを表示します)
13. Spectrogram ディスプレイオプションダイアログを開き「plot top」「plot range」「frequency span」を調整す
ることができます。ダイアログを閉じるとスペクトログラム再処理して表示されます。
Notes:
3-D surface ビューでも同様です。
振動解析
Machine Vibration Analysis
機械の振動は設備故障を引き起こす場合があります。 産業界は毎年、何十億ドルをこれらの事故に費やします。
これらの振動の原因を発見することは、費用をセーブし生産性を向上させることができます。
Key settings: (各項目を設定します)
Mode: Recorder/Post-Processing
Views: 3-D surface, Spectrum
Sampling rate: 11050 Hz
FFT size: depends on test length (15 min. test use 32k)
FFT overlap percentage As detailed below.
Decimation: 15 for low frequency vibration < 60 Hz
Smoothing window: Hanning
Averaging size: 20
Amplitude Scaling: Logarithmic
Frequency Scaling: Linear
Sampling Precision: 16 bit mono
Input: Accelerometer
Procedure: (手順)
1. Recorder モードでスタートします。
2. 機械を徐々にスピードアップします。 そして数分間フルスピードで運転し停止します。
3. Record を停止します。
4. Post-Processing モードに切り替えます。
5. Overlap Percentage を 50%にセットします。
6. Rewind ボタンをクリックしてファイルをスターと位置に巻き戻します。
7. 3-D Surface ビューが満たされるか、ファイルの終端までアナライザーをランします。
8. 立ち上がりと下がりの斜面を観察します。 共鳴とビート周波数が、しばしばダメージを引き起こします。
9. マウス左ボタンを使用して共鳴やビートの開始時間を読み取ります。
10. もしマシンが製品を生産するなら、共鳴とビートの倍に一致する製品を点検してください。
Note:
3-D surface ビューでも同様です。
著作権:
本ドキュメントの著作権は SONALYS 株式会社に帰属します。無断配布、転載はご遠慮申し上げます。
SONALYS 株式会社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内 1-1-3 AIG ビル B1
TEL: 03-5288-5942 FAX: 03-5288-5943
[email protected]
Copyright 1993-2006, PHS
All Rights Reserved.
Legal Notices and Trademark attributions.
All trademarks are the property of their respective owners.
Pioneer Hill Software, 24460 Mason Rd NW, Poulsbo WA 98370 USA
TEL: 360 697-3472 FAX: 360-697-7717
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement