アシストビジョン スライダ 取扱説明書 AV-300

アシストビジョン スライダ 取扱説明書 AV-300
アシストビジョン スライダ
AV-300
取扱説明書
株式会社タイムズコーポレーション
この取扱説明書はリサイクル用紙を使用しています。
はじめに・目次
はじめに
この度は本装置をお求めいただき誠にありがとうござい
ます。この取扱説明書は本装置の取り扱い上でのご注意、
概要及び操作方法等について示しています。ご使用の前
に必ずお読みいただき、本装置を安全にご使用下さい。
また、お読みいただいた後はいつでも見直せる場所に必
ず保管して下さい。
なお、本装置と同時に使用するビデオ機器の取り扱い
については各々の取扱説明書をご覧下さい。
目次
はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
目次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
安全上のご注意・・・・・・・・・・・・・・・・・3
使用上のご注意・・・・・・・・・・・・・・・・・10
1、装置の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・12
2、装置の構成・・・・・・・・・・・・・・・・・13
3、各部の名称と働き・・・・・・・・・・・・・・14
4、接続及び使用方法・・・・・・・・・・・・・・21
5、いろいろな操作・・・・・・・・・・・・・・・28
6、故障かな?と思ったら・・・・・・・・・・・・34
7、保証と修理サービスについて・・・・・・・・・35
8、梱包材や装置の廃棄、リサイクル処理について・37
9、仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・38
2
安全上のご注意
安全にお使いいただくために… 必ずお守り下さい
この「取扱説明書」の表示では、本装置を正しくお使い
いただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を
未然に防止するために守っていただきたい事項を示して
います。次の表示と図記号の意味をよくご理解いただい
てから本文をお読み下さい。
警告
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死
亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示して
います。
注意
この表示を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷
害を負う可能性が想定される内容及び物的損害のみの
発生が想定される内容を示しています。
3
安全上のご注意
図記号の意味
名称:注意
意味:注意(しなければならないこと)を示すも
ので、具体的な注意内容は近くに文章や絵
で示します。
名称:禁止
意味:禁止(してはいけないこと)を示すもの で、具体的な禁止内容は近くに文章や絵で
示します。
名称:風呂場・シャワー室での使用禁止
意味:装置を風呂場やシャワー室で使用すること
で火災・感電などの損害が起こる可能性を
示すもので、図の中に具体的な禁止内容が
書かれています。
名称:接触禁止
意味:接触すると感電などの傷害が起こる可能性
を示すもので、図の中に具体的な禁止内容
が書かれています。
名称:分解禁止
意味:装置を分解することで感電などの傷害が起
こる可能性を示すもので、図の中に具体的
な禁止内容が書かれています。
名称:強制
意味:強制(必ずすること)を示すもので、具体
的な内容は近くに文章や絵で示します。
名称:電源プラグをコンセントから抜け
意味:使用者に電源プラグをコンセントから抜く
よう指示するもので、図の中に具体的な指
示内容が書かれています。
4
安全上のご注意
警告
---------------------------------------------------------------------------------------------------
万一、装置から煙がでていたり、異臭や異音がす
るなど、異常状態の場合は、すぐに装置の電源ス
イッチを切り、電源プラグをコンセントから抜く。
火災や感電の原因となります。煙などが出なくな
るのを確認したのち、ただちに販売店に連絡して
下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
万一、装置の内部に水、金属類などの異物が入
ってしまった場合は、すぐに装置の電源スイッ
チを切り、電源プラグをコンセントから抜く。
火災や感電の原因となります。そのまま使用せ
ずただちに販売店に連絡して下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
万一、装置を落としたり、カバーなどを破損し
た場合には、すぐに装置の電源スイッチを切り、
電源プラグをコンセントから抜く。火災や感電
の原因となります。そのまま使用せず、
ただちに販売店に連絡して下さい。
5
安全上のご注意
警告
---------------------------------------------------------------------------------------------------
装置から液体が漏れ出している場合は、装置に
触れない。失明や火傷などの事故の原因となり
ます。特に、液体が目に入ってしまった場合は
多量の水道水でただちにに患部を洗浄し、至急
医師の診断を受けて下さい。
また、液体に触れた場合や液体が染みた衣服な
どに触れた場合でも水道水でただちに洗浄し、
医師の診断を受けて下さい。なお、これに併せ
てただちに販売店に連絡して下さい。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
引火性のガスや発火性の物質がある場所では使
用しない。火災、爆発の原因となります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
装置のカバー、キャビネットを外さない。感電の
原因となります。
内部の点検、整備や修理は販売店にご依頼下さ
い。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
装置を分解、改造しない。火災や感電の原因とな
ります。
----------------------------------------------------------------------------表示された電源電圧で使用する。火災や感電の
原因となります。
6
安全上のご注意
警告
---------------------------------------------------------------------------------------------------
風呂場、雨や雪が降っている屋外、その他水が
かかるところ、湿気の多いところでは使用しな
い。感電の原因となります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
露の付いた状態で使用しない。感電の原因とな
ります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ケーブルの上に重いものをのせたり、ケーブ
ルを装置の下敷きにしない。ケーブルが傷つ
いて火災や感電の原因となります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ケーブルが痛んだら(芯線の露出、断線など)、
すぐに使用を止め、販売店に交換を依頼する。
火災や感電の原因になります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ケーブルを無理に引っ張ったり、ねじったり、
折り曲げたりしない。火災や感電の原因になり
ます。
----------------------------------------------------------------------------雷が鳴り出したら、装置や接続されたケーブル
などに触れない。感電の原因となります。
7
安全上のご注意
注意
---------------------------------------------------------------------------------------------------
必ず付属のACアダプタを使用する。他のACア
ダプタを使用すると、火災や感電の原因となる
場合があります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
お手入れの際は、安全のため電源プラグをコ
ンセントから抜いて行う。感電の原因となるこ
とがあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
装置を長期間使用しないときは、安全のため
電源プラグをコンセントから抜く。火災の原
因となることがあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ケーブルを着脱するときは、プラグ部分を持っ
て行う。ケーブルが傷つき、火災や感電の原因
となることがあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
ほこりの多い場所で使用しない。火災や感電の
原因となることがあります。
電源プラグや接続部にほこりが付着している場
合は取り除いて使用して下さい。
8
安全上のご注意
注意
---------------------------------------------------------------------------------------------------
調理台や加湿器のそばなど、油煙や湯気が当た
るような場所で使用しない。火災や感電の原因と
なることがあります。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
濡れた手でACアダプタ、電源プラグやケーブル
を抜き差ししない。感電の原因となる場合があり
ます。
9
使用上のご注意
■本装置は日本、アメリカ合衆国、カナダなどで採
用されているNTSC方式(カラーテレビジョン受
信方式の一つ)に準拠しています。
テレビ方式の異なるビデオ機器とは接続して使用
できません。
■保管にあたっては直射日光の当たる所、暖房器具
の近くに放置しないで下さい。変色、変形や故障
の原因となることがあります。
■湿気やほこりの多い所、潮風の当たる場所や振動
の多い所には置かないで下さい。使用上の環境条
件は次の通りです。
温度:5∼40℃
湿度:30∼80%以下(結露しないこと)
■装置の清掃は、乾いた柔らかい布で拭いて下さい。
シンナーやベンジンなどの揮発性のものや洗剤な
どは使用しないで下さい。
■装置の電源スイッチが投入された状態で充電を行
うと、充電されるまでの時間が延長されます。ま
た、充電時は装置が発熱しますが故障ではありま
せん。なお、充電の際には直射日光の当たらない
涼しいところや暖房器具から離れた場所で行って
下さい。気温が高い所で充電を行いますと、満充
電に至らず充電が終了する場合があります。
10
使用上のご注意
■装置には移動用のローラーがあります。これによ
り装置が勝手に移動しないよう、水平で十分に広
い机の上などにてご使用下さい。傾斜のある場所
や狭いところでの使用は装置の転倒や落下などに
よる故障や事故の原因となる場合があります。
■内蔵のバッテリーは消耗品です。保証の対象では
ありませんのでご了承下さい。
■短時間(約30分程度)での充電と使用を繰り返す
うちに、短時間でしかバッテリーでの使用ができ
なくなる場合があります。これをメモリ効果と呼
びますが、月に1回程度は充電用ACアダプタを接
続せずに、装置の電源を入れたままでバッテリー
の残量表示が消えるまで放置して下さい。これに
よりメモリ効果が解消され、バッテリーでの使用
時間が延長される場合があります。
■液晶モニタ画面に黒い点が現れたり、赤、青、緑
の点が消えないことがありますが、本装置では保
証期間中での不良画素を10個以下にて保証して
おり、故障ではありません。
■液晶モニタには透明な保護シートが貼ってありま
す。ご利用の際には保護シートを剥がしてご利用
下さい。
11
1.装置の概要
本装置はテレビカメラとレンズ、液晶モニタなど
が一体になったカラー拡大読書器です。本装置を
新聞や地図などの上に置くことでカメラ部が撮影
した映像を液晶モニタ画面に拡大表示します。
カメラ部及びカメラホルダーは本体から着脱で
き、これを本体の所定の位置に固定することで横
書きと縦書きの文章の読書に、また、筆記の際の
利き手に応じて取付位置を変えることができま
す。
装置の底部に移動用のローラーを配しており、横
書きの文章の場合は装置を左右に、縦書きの文章
の場合は前後に移動させることで文字などを順に
読むことができます。
カメラ部を本体から分離させての使用も可能です
ので、書物だけではなく色々な用途にご利用頂け
ます。
カメラ部の先端の切り欠き部(白色)に筆記具を
挿入することにより筆記が可能です。
内蔵バッテリーで駆動しますので、電源コンセン
トのない場所でも使用できます。また、バッテリ
ーの充電中でも使用できます。(充電の際には電
源コンセントが必要です)
12
2.装置の構成
まず最初に内容物をご確認下さい。下記の構成から
万が一足りないものや違うものがありましたら販売
店までご連絡下さい。
装置本体
カメラ部
カメラホルダー
ACアダプタ
電源ケーブル
ビデオケーブル
取扱説明書
保証書
13
3.各部の名称と働き
◎装置本体
指標
本体
(正面)
電源スイッチ
装置の電源を入/切します。電源を入れるとカメ
ラ部先端の照明が点灯すると共に液晶モニタに映
像が表示されます。また、バッテリーでの作動中
にはバッテリー残量表示LED
14
が点灯します。
各部の名称と働き
バッテリー残量表示LED
電源スイッチが投入されると、バッテリーでの作
動時にはバッテリーの残量に併せてこのLEDが点
灯します。残量が充分ある場合は緑色に、ほとん
ど無い場合は赤色に点灯します。なお、充電時及
び充電用入力端子にACアダプタのプラグが接続
されている(電力が供給されている)場合は点灯
しません。
充電表示LED
充電時はこのLEDが赤色に点灯します。充電が終
了すると消灯します。
ブレーキつまみ
装置本体が勝手に移動しないよう、ブレーキを加
えるつまみです。装置を使用する場合はブレーキ
を外し、使用を中断や停止する場合はブレーキを
作動させて下さい。
ビデオ出力コネクタ
液晶モニタに表示された映像と同じ映像のビデオ
信号が出力されます。必要に応じて付属のビデオ
ケーブルでテレビなどのビデオ入力端子と接続し
て下さい。
15
各部の名称と働き
充電用入力端子
充電の際には付属のACアダプタのプラグをこの
端子に接続します。接続されると自動的に充電
が開始され、フル充電になると自動的に充電を
終了します。充電中に電源スイッチを投入する
と、充電を継続しながら装置が作動します。ま
た、充電終了直後では再度の充電開始を受け付
けない場合があります。
カラー/白黒/反転切換ツマミ
このツマミを押すことで液晶モニター画面の表
示モードを「カラー」、「白黒」、「白黒反転」に
切り替えることができます。装置の電源が投入
されると最初のモードは「カラー」で、1回押す
と「白黒」に、次に押すと「白黒反転」に画面
が切り替わります。更に押すと「カラー」に戻
り、以後も順に切り替わります。また、白黒及
び白黒反転モードのときにこのツマミを回すこ
とで画面のコントラストを調整することができ
ます。カラー画面ではツマミを回しても画面に
変化はありません。
なお、この操作はビデオ入力コネクタに接続さ
れたビデオ信号についても同様です。
16
各部の名称と働き
液晶モニタ
カメラ部が撮影している映像や外部より入力され
たビデオ信号の映像を表示します。指標(シール)
はカメラ部との向きを合わせるための目印です。
液晶モニタは装置正面より前と左右方向に傾ける
ことができ、見易いよう角度の調整ができます。
ご注意
液晶モニタ画面を強い力で押したり、固いものにぶつ
けたりしないようご注意下さい。
17
各部の名称と働き
◎装置本体
本体
(背面)
カメラ接続コネクタ(VIDEO1)
カメラ部と接続します。カメラ部以外の装置や機
器と接続しないで下さい。
ビデオ入力コネクタ(VIDEO2)
必要に応じてお手持ちのビデオムービーなどのビ
デオ信号を接続します。
カメラ選択スイッチ
このスイッチをカメラ接続コネクタ側に切替える
ことでカメラ部の撮影した映像が液晶モニタに表
示されます。ビデオ入力コネクタに接続された機
器の映像を表示させるときはスイッチをビデオ入
力コネクタ側へ切替えて下さい。
18
各部の名称と働き
◎カメラ部及びカメラホルダー
ガイドピン
カメラ部
この部分で被写体を撮影します。カメラホルダ
ーとは所定の角度で固定できます。カメラ部の
先端部(白色)が触れた位置でピントが合うよ
う調整されており、ピント操作は不要です。
カメラ部を手に持って使用する際も、先端部を
見たい箇所へ軽く触れさせてご使用下さい。
カメラ部のガイドピン及び上部の指標(シール)
は、液晶モニタ画面とカメラ部との向きを保つ
ための目印になります。
筆記の際には先端部の切り欠き部分へ筆記具を
挿入し行います。
19
各部の名称と働き
指標
切り欠き部
ズーム調整リング
このリングを軽く回すことで撮影する倍率を変
えることができます。液晶モニタ画面を見なが
ら適切な大きさに調整して下さい。
カメラホルダー
本体とカメラ部とを組み合わせる際に使用しま
す。本体にはカメラホルダーを取り付ける箇所
が3箇所あり、右利き、左利き、縦書き、横書き
と、用途によって取り付ける位置を変えること
ができます。
20
4.接続及び使用方法
接続を始める前に、本体の電源が入っていない(電
源スイッチがI側に倒れていない)ことを確認して
下さい。
まず最初にブレーキを掛けます。ブレーキつま
みを右へ移動させたのち、本体を軽く押して装
置が移動しない(ブレーキが作動している)こ
とを確認して下さい。
ご注意
本装置のブレーキはごくゆるやかな傾斜面で、本体が
勝手に移動しないための補助でしかありません。傾い
た机などで使用しないで下さい。使用を中断、停止す
る際などにはブレーキを必ず作動させて下さい。
21
接続及び使用方法
カメラ部のケーブルを本体のカメラ接続コネクタ
に接続します。カメラ選択スイッチがカメラ接続
コネクタ側を選択されていることを確認して下さ
い。
本体右部の取付穴にカメラホルダーを取り付け、
カメラ部上部の指標と液晶モニタの指標が共に同
じ向きとなるよう、カメラ部をカメラホルダーに
挿入します。(図は右利き、横書きの場合です)
22
接続及び使用方法
付属のACアダプタと電源コードを接続し、電源
コンセントに接続します。
ACアダプタのケーブル側プラグ部分を充電用入
力端子に接続します。このとき、充電表示LEDが
点灯します。本体を使用せず、充電のみを行う場
合はこのまま充電終了まで放置して下さい。充電
時間の目安は約2時間です。(バッテリーの残量
や使用環境、使用期間により変動します。)
23
接続及び使用方法
メモ
以後の説明は充電が完了し、ACアダプタをはずして、
バッテリー駆動の使用方法を示します。
バッテリーの充電中でも同じ様に使用することができ
ますが、表示LEDの動作に違いがあります。
ブレーキを解除します。ブレーキつまみを左へ移
動させ、本体を軽く押してスムーズに本体が移動
することを確認して下さい。
電源スイッチを入れると(I側に倒す)、バッテ
リー残量表示LEDが点灯し、カメラ部先端の照明
が点灯し、液晶モニタに映像が表示されます。
24
接続及び使用方法
カメラ部のズーム調整リングを回して、文字など
が適切な大きさに表示されるように調整して下さ
い。
画面の表示モード、白黒及び白黒反転モードで
のコントラストを選択、調整して下さい。
25
接続及び使用方法
液晶モニタを前、左右方向に傾け見易い角度に調
整して下さい。装置を左右に移動させることで読
書が行えます。
外部モニターテレビに表示する場合は、ビデオ
出力コネクタと外部モニターテレビのビデオ入
力端子を付属のビデオケーブルで接続します。
26
接続及び使用方法
お手持ちのムービーカメラなどの映像を液晶モ
ニタに表示する場合は、ビデオ入力コネクタに
ムービーカメラなどよりのビデオ信号を接続し、
カメラ選択スイッチをビデオ入力コネクタ側に
切替えます。
バッテリーの残量がほとんど無くなるとバッテリ
ー残量表示LEDが赤色に点灯します。引き続き使
用する場合は充電を行って下さい。
電源スイッチを切って使用を終了します。(○側
に倒す)
お願い
電源の投入は、カメラ部よりのケーブルが接続された
状態で行って下さい。また、各種ケーブルの着脱には
必ずブレーキを作動させ、装置の電源が切れているこ
とを確認した上で行って下さい。なお、着脱の際には
ケーブルのプラグ部分を持って、確実に行って下さい。
27
5.いろいろな操作
縦書き、横書きの文章や筆記の際の利き手などに併
せた形態でご使用頂けます。
筆記する場合
カメラ部先端の切り欠き部(白色)より筆記具
を挿入し、液晶モニタ画面を見ながら筆記が行
えます。切り欠き部は回転しますので、書きや
すい向きに調整して行って下さい。
28
いろいろな操作
右利きのかたが横書き文章を筆記する場合
装置の前面を正面にし、カメラホルダーを装置の
右側の取付穴に取り付けたのち、カメラ部の指標
と液晶モニタの指標が同じ方向となるよう、カメ
ラ部を挿入します。
装置全体を左右に移動させることで読書や筆記が
行なえます。
指標
指標
移動方向
29
いろいろな操作
左利きのかたが横書き文章を筆記する場合
装置の前面を正面にし、カメラホルダーを装置
の左側の取付穴に取り付けたのち、カメラ部の
指標と液晶モニタの指標が同じ方向となるよう、
カメラ部を挿入します。
装置全体を左右に移動させることで読書や筆記
が行なえます。
移動方向
30
いろいろな操作
右利きのかたが縦書き文章を筆記する場合
装置の右側面が正面となるように装置を回転さ
せ、カメラホルダーを装置の背面の取付穴(こ
の時点では右側になります)に取り付けたのち、
カメラ部の指標と液晶モニタの指標が同じ方向
となるよう、カメラ部を挿入します。
装置全体を前後に移動させることで読書や筆記
が行なえます。
移動方向
31
いろいろな操作
左利きのかたが縦書き文章を筆記する場合
装置の左側面が正面となるように装置を回転さ
せ、カメラホルダーを装置の背面の取付穴(こ
の時点では左側になります)に取り付けたのち、
カメラ部の指標と液晶モニタの指標が同じ方向
となるよう、カメラ部を挿入します。
装置全体を前後に移動させることで読書や筆記
が行なえます。
移動方向
32
いろいろな操作
カメラ部を取り外して使用する場合
カメラ部をカメラホルダーから取り外して手で
持ち、カメラ部先端を読みたいものに軽く触れ
させることでその部分を液晶モニタ画面に表示
します。
薬のびんや箱の文字、食品の包装箱の文字、辞
書などの厚みのある書物などを読む場合にご使
用下さい。
このときも、カメラ部の指標と液晶モニタの指
標の向きを合わせて下さい。
f the
ation o
e expir
t of all,
After th
rs
fi
,
d
o
ty peri
warran
ealer.
your d
consult
it is
When
at
ined th
determ
n
duct ca
ro
p
e
th
l
norma
e
th
e
we will
resum
repair,
r
e
ft
d
a
n
charge
conditio
t as a
produc
e
th
ir
t.
s
repa
r reque
at you
service
33
6.故障かな?と思ったら
◎映像がでない
原因
対処
正しくケーブルが接続さ
れていない。
正しくケーブルを接続す
る。
電源が投入されていな
い。
電源スイッチを投入す
る。
カメラ選択スイッチが正
しく選択されていない。
カメラ選択スイッチを正
しく選択する。
バッテリーが充電されて
いない。
バッテリーの充電を行
う。
◎コントラストが調整できない
原因
対処
白黒または反転画面が選
択されていない。
白黒または反転画面を選
択する。
◎バッテリーでの使用時間が短い
原因
対処
バッテリーのメモリ効果
が発生している。
バッテリーのリフレッシ
ュ(完全放電)を行う。
バッテリーの寿命。
バッテリーの交換を販売
店に依頼する。
以上のことをお調べの上、なお異常があるときは、
お求めの販売店までご連絡下さい。
34
7.保証と修理サービスについて
○保証書は装置と同梱されていますが、必ず製造番
号、納入年月日などの記入をお確かめいただき、
大切に保管下さい。保証の期間は保証書に記載さ
れています。
○内蔵のバッテリーについては消耗品です。保証の
対象ではありませんのでご注意下さい。バッテリ
ーの交換はお求めになった販売店にご連絡下さ
い。
○保証期間中での液晶モニタ画面の不良画素つい
て、10個以下については保証の対象ではありませ
んのでご注意下さい。
○保証期間中に修理を依頼されるときは、「使用上
のご注意」をはじめ、取扱説明書の内容をもう一
度ご覧いただき、なお異常のあるときは、必ず装
置への電源の供給を停止し、装置の電源を切って
から、お求めになった販売店にご連絡下さい。ア
フターサービスについてご不明な点はお求めにな
った販売店にお問い合わせ下さい。
○ご連絡していただきたい内容としましては、ご住
所、ご氏名、製品名、型名、ご購入日、故障内容、
異常の状況(できるだけ詳しく)などです。
35
保証と修理サービスについて
○保証期間経過後に修理を依頼されるときは、まず
お求めになった販売店にご相談下さい。修理に
より製品の機能が維持できる場合にはご要望に
より有料で修理をいたします。
補修用性能部品について
当社ではこの製品の補修用性能部品(製品の機能を維持
するために必要な部品)を、製品打ち切り後8年間保有
しています。この部品保有期間を修理可能の期間とさせ
ていただきます。
36
8.梱包材や装置の廃棄、リサイクル処理について
装置をご利用いただく際に不要となる梱包材を廃棄
する場合や、装置を廃棄する場合は、ご使用の地域
(都道府県又は市町村)にて定められているリサイ
クル法及び事業所にて定められている産業廃棄物処
理方法に従った処理を行って下さい。
37
9.仕様
電源電圧
:DC16V(付属の専用ACアダ
プタ使用)
消費電流
:最大 約1.3A
利用可能な商用電源
:AC90∼132V
商用電源での消費電力
:最大25W
50/60Hz
外形寸法(突起部は含まず)
(カメラ部)
:直径35mm、長さ140mm
(電源部)
:幅176mm、高さ175mm、
奥行き160mm
質量
:約1.9kg
TV方式
:NTSC方式準拠
撮像素子
:カラーCMOSイメージセン
サー
画素数
:約25万画素
ホワイトバランス
:オート
ゲインコントロール
:オート
電子シャッター
:1/100秒
カラー/白黒/反転切替
:可能
コントラスト調整
:白黒/反転時 無段階調整
可能
出力信号
:VBS1.0V(p-p)75Ω不平衡
1系統
入力信号
:VBS1.0V(p-p)75Ω不平衡
38
仕様
1系統
撮影領域
:最大時 横15mm、縦11.5mm
最小時 横7.5mm、
縦5.8mm
(液晶モニタにて)
ズーム比
:約2倍
フォーカス
:固定(カメラ先端部)
表示装置
:カラーTFT液晶モニタ
表示サイズ
:6.4型
照明
:内蔵(白色LED)
バッテリー
:内蔵(ニッケル水素蓄電池)
バッテリー充電時間
:約2時間(非動作時)
バッテリー連続使用時間
:約2時間
付属品
ACアダプタ
1個
電源ケーブル
1本
ビデオケーブル
1本
取扱説明書
2部
保証書
1部
仕様は改良などのため予告なく変更することがありま
す。
39
株式会社 タイムズコーポレーション
〒665-0051
兵庫県宝塚市高司1丁目6番11号
0797-74-2206
URL:http://www.times.ne.jp
この取扱説明書の内容は改良などのため予告なく変更することがあります。
6X1KDG001
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement