取扱説明書 - MUSIC Group

取扱説明書 - MUSIC Group
XENYX 502/802/1002/1202
取扱説明書
A50-57632-00004
XENYX 502/802/1002/1202
安全にお使いいただくために
**
!!
このマークが表示されている箇所には、内部に高圧電流
が通じています。手を触れると感電の恐れがあります。
取り扱いとお手入れの方法についての重要な説明が付
属の取扱説明書に記載されています。 ご使用の前に良
くお読みください。
注意
++ 感電の恐れがありますので、カバーやその他の部品を取り外
したり、開けたりしないでください。 製品内部には手を触れな
いでください。 故障の際は当社指定のサービス技術者にお問
い合わせください。
9) ニ極式プラグおよびアースタイプ (三芯)プラグの安全ピンは取り
外さないでください。 ニ極式プラグにはピンが二本ついており、
そのうち一本はもう一方よりも幅が広くなっています。 アースタ
イプの三芯プラグにはニ本のピンに加えてアース用のピンが一
本ついています。 これらの幅の広いピン、およびアースピンは、
安全のためのものです。 備え付けのプラグが、お使いのコンセ
ントの形状と異なる場合は、電器技師に相談してコンセントの交
換をして下さい。
10) 電源コードを踏みつけたり、挟んだりしないようご注意ください。
電源コードやプラグ、コンセント及び製品との接続には十分にご
注意ください。
11) すべての装置の接地(アース)が確保されていることを確認して
下さい。
12) 電源タップや電源プラグは電源遮断機として利用されている場合
には、これが直ぐに手に届く場所に設置して下さい。
13) 付属品は本機製造元が指定したもののみをお使いください。
14) ート、スタンド、三脚、ブラケット、テーブルなどは、本機製造元が
指定したもの、もしくは本機の付属品となるもののみをお使いくだ
さい。 カートを使用しての運搬の際は、器具の落下による怪我に
十分ご注意ください。
注意
++ 火事および感電の危険を防ぐため、本装置を水分や湿気のあ
るとろには設置しないで下さい。 装置には決して水分がかか
らないように注意し、花瓶など水分を含んだものは、装置の上
には置かないようにしてください。
注意
++ これらの指示は、資格のあるサービス技術者に向けたもので
す。 感電の危険を防ぐため、有資格者以外は、装置の操作
方法に記載された内容以外の整備は、行わないようにしてく
ださい。 修理は、資格のあるサービス技術者のみが行うよう
にして下さい。
1) 取扱説明書を通してご覧ください。
2) 取扱説明書を大切に保管してください。
15) 雷雨の場合、もしくは長期間ご使用にならない場合は、電源プラ
グをコンセントから抜いてください。
16) 故障の際は当社指定のサービス技術者にお問い合わせくださ
い。 電源コードもしくはプラグの損傷、液体の装置内への浸入、
装置の上に物が落下した場合、雨や湿気に装置が晒されてしま
った場合、正常に作動しない場合、もしくは装置を地面に落下さ
せてしまった場合など、いかなる形であれ装置に損傷が加わっ
た場合は、装置の修理・点検を受けてください。
3) 警告に従ってください。
4) 指示に従ってください。
5) 本機を水の近くで使用しないでください。
6) お手入れの際は常に乾燥した布巾を使ってください。
7) 本機は、取扱説明書の指示に従い、適切な換気を妨げない場所
に設置してください。 取扱説明書に従って設置してください。
8) 本機は、電気ヒーターや温風機器、ストーブ、調理台やアンプと
いった熱源から離して設置してください。
テクニカルデータや製品の外観は予告なしに変更される場合があります。 ここに記載された情報は、印刷時のものです。 BEHRINGER 社は、ここに含まれたす
べて、もしくは一部の記述、画像および声明を基にお客様が起こした行動によって生じたいかなる損害・不利益等に関しても一切の責任を負いません。 色および
スペックが製品と微妙に異なる場合があります。 製品の販売は、当社の正規代理店のみが行っています。 製品のディストリビューター(配給元)およびディーラ
ー(販売業者)は、 BEHRINGER の特約代理店ではなく、これらは明示・暗示を問わずあらゆる行動および表現によって BEHRINGER を拘束する権限を一切有し
ません。 この説明書は、著作権保護されています。 本取扱説明書に記載された情報内容は、 BEHRINGER International GmbH からの書面による事前の許諾が
ない限り、いかなる利用者もこれを複製、使用、変更、送信、頒布、入れ替え、工作することは禁じられています。
複製権所有 / ALL RIGHTS RESERVED. © 2007 BEHRINGER International GmbH, Hanns-Martin-Schleyer-Str. 36-38, 47877 Willich-Muenchheide II, Germany.
Tel. +49 2154 9206 0, Fax +49 2154 9206 4903
2

XENYX 502/802/1002/1202
目次
はじめに
1. 概要.........................................................................................................................4
ユーザーの皆様へ
私と同様、貴方も一つの事
に対して心身ともに没頭す
る性格をお持ちでしょう。そ
してその結果、この分野の
専門家として今の地位を築
かれたことと存じます。
30年以上にもわたり、私
を夢中にしているのが音
楽と電子技術です。それが
BEHRINGERという会社の
設立を導き、この感動を我
々のスタッフ達と共有する
事までも可能にしてくれま
した。長年にわたりスタジオ
技術やそのユーザーの皆
様と関わりを持つ中で、私
はサウンド品質、信頼性、
ユーザー指向性に関する
一種のフィーリングというも
のを体得しました。並んで
技術の世界における可能性の限界を追求することに対する欲望、こ
れが私の心を魅了したのです。
この新しいミキサーシリーズは、そのような私の熱意から誕生しまし
た。既に世界中の基準を一変してしまったEURORACKシリーズは私
自身が大きく関わったこともあって、製品開発にあたっては特に野心
的な目標が掲げられたのです。
今回のこのXENYXミキサーのコンセプト及びデザインは私の代表作と
も言えます。デザイン、回路図やPCBの開発、機械的コンセプトに至る
全てを私自身が手がけてまいりました。アナログ、デジタル技術を持っ
て可能性の限界に挑むミキサー、そのような目標の下、私自身が一つ
一つに至るまでの各コンポーネントを丹念に選び抜きました。
ユーザーの皆様が本来お持ちの可能性と想像力を最大限に発揮で
きる製品の実現、それが私のビジョンでした。そしてその結果、柔軟
なルーティング環境と多種多様な機能を取り揃えた、直感的操作を
可能とする超高性能ミキサーが誕生したのです。新登場の XENYX
Micプリアンプ、すなわち「BRITISH EQ」に代表される未来志向テク
ノロジーが、理想的なサウンド品質をお約束します。さらに、稀に見
る高品質なコンポーネントの数々が、どのような困難な要求にも確
かにお答えします。
1.1 一般的なミキサー機能.........................................................................4
1.2 ハンドブック...............................................................................................4
1.3 ご使用の前に...........................................................................................4
1.3.1 出荷.................................................................................................4
1.3.2 使用開始.......................................................................................4
2. 操作部および各接続端子..............................................................................5
2.1 モノラルチャンネル................................................................................5
2.1.1 マイク入力およびライン入力.................................................5
2.1.2 イコライザー.................................................................................5
2.1.3 FX センド経路、パノラマ設定およびレベル設定...........5
2.2 ステレオチャンネル................................................................................5
2.2.1 ステレオライン入力...................................................................5
2.2.2 イコライザーステレオチャンネル ( 802 )...........................6
2.2.3 FX センド経路、バランス設定およびレベル設定..........6
2.3 接続フィールドおよびメインセクション...........................................6
2.3.1 エフェクト経路 センド/リターン...........................................6
2.3.2 モニターミックスおよびメインミックス..................................6
2.3.3 テープ用接続端子.....................................................................7
2.3.4 信号の割り当て..........................................................................7
2.3.5 ファントム電源供給および LED 表示................................7
3. 設置方法...............................................................................................................8
3.1 電源接続....................................................................................................8
3.2 オーディオ接続........................................................................................8
4. テクニカル・データ.............................................................................................9
ユーザーの皆様を音楽家、音響エンジニアそして一人の人間としてと
らえる私の姿勢、そしてこれらの製品を生み出す原動力となった私の
情熱や愛情と言ったものがその品質とユーザー指向性を生んだので
す。これは新型XENYXミキサーをお使い頂ければ直ぐにお分かりい
ただけることでしょう。
XENYXミキサーをご購入、ご信頼いただき誠にありがとうございます。
又、この素晴らしいミキサーシリーズの実現にあたり、情熱を持って自
ら私をサポートしてくれた関係者各位に心より感謝いたします。
心から感謝を込めて
ウリ・ベリンガー ( Uli Behringer )

3
XENYX 502/802/1002/1202
1. 概要
1.2 ハンドブック
XENYX 502 / 802 / 1002 / 1202 をお買い求め頂き、まことにありが
とうございます。弊社の XENYX 502 / 802 / 1002 / 1202 はその小
型な作ながら驚くほどの柔軟性と素晴らしいオーディオ特性を持っ
たミキサーです。
このハンドブックでは、操作部に関する概要をユーザーの皆様にご理
解いただき、同時にそれらの応用に関する詳細説明をおこなうよう構
成されています。各構造の関連性を敏速にご理解いただけるよう、各
操作部を機能別グループにまとめました。各章の始めに該当の操作
部をイラストで表示してあります。
XENYXシリーズはミキサーの技術発展においての新機軸となります。
ファンタム供給可能な新型マイクプリ、バランス型ライン入力、強力な
エフェクト部を搭載し、XENYXシリーズのミキサーはライブ及びスタジ
オの使用にも最適に装備されております。技術革新の回路によってお
客様のXENYXは比類なき暖かなアナログサウンドを生み出します。そ
してそのクラスにおいての最高なミキサーとして最新デジタル技術が
搭載され、アナログとデジタルの長所を集約しました。
入出力には、マイク入力 ( +48 V ファントム電源供給機能装備、 502 を
除く )、ライン入力、エフェクト機器用接続端子、2 トラックマスター機器
( DAT レコーダーなど ) およびモニターシステム ( パワーアンプ付モニ
タースピーカー、 502 を除く ) 用接続端子が搭載されています。
XENYX Mic Preamps
++ 同梱のブロック図では、各入力/出力端子、両端子間のスイッ
チおよびコントローラーの接続構成を表示しています。
一度、マイク入力から Aux センドジャック 1 への信号フローをたどっ
てみてください。多種多様な可能性の数々に躊躇していませんか。
本当は思ったほど難しいものではないのです。同時に操作部一覧を
ご覧になれば、このミキサーのことをより早くご理解いただけること
でしょう。すぐにこのミキサーに秘められた可能性の全てをフル活用
できるようになるのです。
何らかのテーマに関する詳細説明が必要な場合には、是非我々の
ウェブサイト http://www.behringer.com を訪れてみてください。ここ
では例えばエフェクトやコントロールアンプの応用に関する詳細説明
などを紹介しています。
1.3 ご使用の前に
マイク回路にハイ・エンドのXENYX Micプリアンプを配置
し、その高音質と力強さは、高価な外部プリアンプにも
匹敵します。
==
130 dBのダイナミックレンジで余裕のヘッドル
ーム。
== 10 Hz以下から200 kHz以上という帯域幅により、どのような微妙
な特色も余すことなく伝えることが可能です。
1.3.1 出荷
安全輸送のため、工場出荷時には充分な注意を払って梱包されてい
ますが、万一、包装材に損傷が見うけられる場合にはミキサー本体の
外部損傷についても確認をおこなってください。
== 2SV888トランジスター付きのノイズと歪みを極度に抑えた回路に
より、自然で透明のある信号の再生をお約束いたします。
++ 本機が万一故障した場合には、保証請求権が無効となる恐れ
がありますので当社へは直接返送せず、必ず販売店および運
送会社へご連絡下さい。
== あらゆるマイクへの対応が可能です(60dBまでの増幅および+48V
ファントム電源供給)。
1.3.2 使用開始
== 24ビット/192khzHDレコーダーのダイナミックレンジをフルに
活用することで、妥協のない理想的なオーディオ品質が達成可
能です。
「ブリティッシュ EQ」
XENYX シリーズのイコライザーは素晴らしい暖かさと特徴のある音
色により、世界中で認められ、伝説になりつつある高品質のイギリ
ス製の回路に基づいて設計されております。さらにこれらのイコライ
ザーを極端なゲインの設定にでも、すぐれた音質特性をお約束いた
します。
ご注意!
++ 過大な音量は聴覚障害やヘッドフォンおよびスピーカーの故
障原因となる恐れがあることにご注意ください。本機に電源を
投入する際には、メインセクションの MAIN MIX コントローラー
を左端まで回しておいてください。常時、適正な音量維持を心
がけてください。
機器の過熱を防ぐため、充分な換気に留意し、本機を暖房装置およ
びラインアンプ付近へ設置することはお避けください。
++ 電源アダプターが電源に接続されている状態では XENYX を
絶対にアダプターに接続せず、スイッチを切ったミキサーと電
源アダプターをまず接続した後で電源コンセントに接続してく
ださい!
++ 必ず全装置にアース処理をおこなうようご注意ください。装置お
よび電源線のアースを除去もしくは無効力状態にすることは大
変危険ですので、絶対におこなわないでください。
++ 本装置の設置および操作は専門家だけがおこなうようにしてく
ださい。設置作業中および設置作業完了後には、静電気など
の影響を避けるため、作業者のアースが確保されていること
を常時確認してください。
接続の際の注意(重要)
++ 電波の強い放送局や高周波音源の範囲内では、音質が減退す
る可能性があります。 その場合は、送信機と機器の距離を離
し、すべての接続にシールドケーブルを使用してください。
1.1 一般的なミキサー機能
ミキサーの基本的機能とは以下の 3 機能です。
== 信号処理:前置増幅、レベル調整、エフェクトのミキシング周波
数帯域補正
== 信号配分:再生媒体 ( ライブ PA およびステージモニタリング、
スタジオ、コントロールルームヘッドフォン、リールデッキなど )
へ、処理された各信号を集積および配分、サブグループ内での
さらなる信号処理
== ミキシング:各信号のスピーカーレベルおよび周波数配分設定お
よびミックス全体のレベルチェック ( レコーディング機器、クロスオ
ーバー周波数およびパワーアンプへの適合のため ) これらの重
要機能に加え、他の各種機能が搭載されています。
上記の機能課題に理想的にマッチした BEHRINGER 社製ミキサーの
外装には、信号経路を理解しやすいデザインが採用されています。
4
概要
XENYX 502/802/1002/1202
2. 操作部および各接続端子
この章ではこのミキサーの多彩な操作部について説明し、各コント
ローラー、スイッチおよび接続端子についての詳細説明を得られま
す。
LO CUT
さらにモノラルチャンネル ( 1002 および 1202 ) には傾斜の強い LO
CUT フィルター ( 18 dB/オクターブ、75 Hz 時 -3 dB ) が装備されて
おり、好ましくない低域周波数信号を削除することができます。
2.1.3 FX センド経路、パノラマ設定およびレベル設定
2.1 モノラルチャンネル
2.1.1 マイク入力およびライン入力
図. 2.3: FX センド/パノラマ/レベルコントローラー
FX
図. 2.1: マイク入力およびライン入力の各接続端子とコントローラー
MIC
それぞれのモノ入力チャンネルはXLRコネクターを使用してバランス型
マイクロフォンを接続できます。そしてまた、スイッチの切り替えにより
コンデンサーマイク用+48Vファントム電源も供給できます。XENYXの
プリアンプは、外部の高価なプリアンプでしか実現できない類稀な低
歪、低ゲインノイズを提供できます。
++ ファントム電源を起動させる際には、再生システムの音声を切っ
てください。これをおこなわなかった場合、モニタリングスピーカ
ーからスイッチ音が聞こえてしまいます。第 2.3.5 章「ファントム
電源および LED 表示」も併せてご参照ください。
LINE IN
モノラル入力にはさらに 6.3 mm フォンジャックによるバランス型ライン
入力端子が装備されています。これらの入力端子にはアンバランス型
プラグ ( モノラルジャック ) を接続することも可能です。
++ マイク入力およびライン入力の両チャンネルの同時使用は絶
対にお避けください。
GAIN
GAIN ポットは入力信号増幅の設定に使用します。信号源をいずれ
かの入力端子に接続したり、そこから切り離したりする際には、必ず
このコントローラーを左端まで回転させてください。
2.1.2 イコライザー
全モノラル入力チャンネルには 3 バンド ( 502 は 2 バンド ) ・サウン
ドコントローラーが装備されています。各バンドごとに最高 15 dB の
高低調整が可能です。各バンドを真中に設定するとイコライザーは
ニュートラルとなります。
FX センド経路 ( または AUX センド経路 ) により、単数および複数の
チャンネルから信号を取り出したり、一本の回路上( バス ) に集積し
たりすることが可能です。この際、FX センドジャックから信号を操作
することができます ( 外部機器からエフェクト効果をかける等 )。リタ
ーン経路としては AUX リターンジャック ( 802 ) および通常のチャン
ネル経路をご使用いただけます。各 FX センド経路はモノラル出力と
なっており、 +15 dB までの増幅が可能です。 502 には FX センド経
路はついていません。
各名称からもわかる通り、これら 3 台の XENYX ミキサーに装備され
た FX 経路は、エフェクト機器への接続用として用意されています。
これらはポスト・フェーダーとなっており、エフェクト音量はチャンネル
フェーダーの後のチャンネルに施されます。これがおこなわれなかっ
た場合、フェーダーが完全に引いてしまっても、エフェクト信号が聞こ
えてしまうことになるのです。
PAN
PAN コントローラーにより、ステレオ領域内におけるチャンネル信号
の位置を設定します。コンスタント・パワー特性を有するこの機構で
は、ステレオパノラマ内の信号位置に関係なくレベル量を一定に保
つことが可能です。
LEVEL
LEVEL コントローラーにより、メインミックス内のチャンネル信号のレ
ベルを設定します。
PEAK
入力信号が高くなりすぎると、モノラルチャンネルの PEAK-LED 表示
が点灯します。この場合には、GAIN コントローラーを使用し、LED ラ
ンプが消えるまで前置増幅を下げてください。
2.2 ステレオチャンネル
2.2.1 ステレオライン入力
XENYXシリーズに搭載されているブリティッシュEQは、有名な高級ミ
キサーで使用されている回路に基づき、不必要な効果を伴わず暖か
い音を作り出すことができます。それ故、通常のイコライザーと異な
り、ゲインを±15dbという極端な設定にしてもフェーズ移行や帯域幅
制限などの効果が無く非常に音楽的なイコライザーなります。
図. 2.4: ステレオライン入力
LINE IN
図. 2.2: モノラル入力チャンネルのサウンドコントロール
各ステレオチャンネルには、左右チャンネルの各フォンジャックにバラ
ンス型ラインレベル入力が 2 つずつ装備されています。チャンネルを
モノラル使用する際には、「 L 」ジャックのみを使います。ステレオチャ
ンネルは典型的なラインレベル信号用に構成されています。
両方のジャックにはアンバランス型プラグを接続することも可能で
す。
EQ
高域 ( HI ) および低域バンド ( LO ) にはシェルヴィング・フィルターを
採用しており高域・低域カットオフ周波数の全周波数の高低調整をお
こなうことができます。高域および低域バンドのカットオフ周波数は 12
kHz から 80 Hz です。 802 / 1002 / 1202 のミッドバンドはピークフィ
ルターとして機能し、中域周波数は約 2.5 kHz です。
操作部および各接続端子
5
XENYX 502/802/1002/1202
2.2.2 イコライザーステレオチャンネル ( 802 )
STEREO AUX RETURN
802 の場合のみ:FX コントローラーで作成したエフェクトミックスのリタ
ーン経路として STEREO AUX RETURN ジャックが装備されています
ので、ここにエフェクト機器の出力信号を接続してください。これらのジ
ャックは追加入力用としても使用できますが、この場合、別のチャンネ
ルを通してエフェクト信号をミキサー内に再度送ることが必要です。こ
のため、チャンネル EQ を使用し、エフェクト信号の周波数帯域を変化
させることも可能なのです。
図. 2.5: ステレオ入力チャンネルのサウンドコントロール
XENYX 802 の各ステレオチャンネルには 3 バンドイコライザーが装
備されています。当然ながら、これらのイコライザーはステレオ方式
となっており、フィルター特性および分割周波数に関してはモノラル
チャンネルの場合と同様です。ステレオ信号の周波数修正をおこな
う場合、モノラルイコライザーでおこなうと、左右チャンネル間に設定
の相違が発生してしまうことがよくあります。ステレオイコライザーで
は、これを同時におこなうことが可能となるのです。
2.2.3 FX センド経路、バランス設定およびレベル設定
++ 一つのチャンネルをエフェクトリターン経路としてご使用の際に
は、フィードバック発生を防ぐため、該当チャンネルの FX コン
トローラーを左端まで回しておいてください。
左側のジャックのみに接続がおこなわれている場合には、自動的に
AUX RETURN はモノラル出力となります。メインミックス内のエフェク
ト信号の割合設定をおこなうには、AUX RET ( AUX リターン ) コント
ローラーを使用してください。
FX SEND
入力チャンネルの FX コントローラー ( 502 を除く ) から引き出したポ
ストフェーダー FX 信号が FX SEND ジャックに流れますので、ここに
エフェクト機器入力を接続してください。FX SEND ジャックのレベル
調整はメインセクションの FX SEND コントローラーでおこなえます (
1002 および 1202 のみ )。
2.3.2 モニターミックスおよびメインミックス
図. 2.6: FX センド/バランス/レベルコントローラー
FX
ステレオチャンネルの FX センド経路はモノラルチャンネルと同様の
機能を有します。両方の FX センド経路はモノラル方式となっている
ため、信号が一つのモノラル出力としてミックスされてから FX バス (
一本の回路 ) へ送られます。
図. 2.9: モニターミックスおよびメインミックス接続端子
BAL
PHONES/CONTROL ROOM
チャンネルのステレオ出力をおこなう際には、左右の入力信号が左
または右のメインミックスバスへ出力される前の、相対的な左右入
力信号の割合を BAL ( バランス ) コントローラーで調節します。左
側のライン入力によりチャンネルをモノラルとして使用する場合、こ
のコントローラーはモノラルチャンネルの PAN コントローラーと同様
の機能を有します。
PHONES 接続端子 ( 上記接続フィールド参照 ) はステレオフォンジ
ャックとして装備されていますので、ここにヘッドフォンを接続してく
ださい。CONTROL ROOM OUT ジャック ( アンバランス型フォンジ
ャック ) を使用し、信号を総体的 ( エフェクトミックスおよびメインミ
ックス ) もしくは個別にコントロールすることが可能です。PHONES/
CONTROL ROOM コントローラーにより、両方の出力レベルを設定
することができます。 CONTROL ROOM OUT ジャックは 502 には装
備されていません。
LEVEL
モノラルチャンネルの場合と同様、ステレオチャンネルの LEVEL コ
ントローラーにより、メインミックス内のチャンネル信号レベルを設定
できます。
+4/-10
XENYX 1002 および 1202 のステレオ入力には、入力レベル調整用
スイッチが装備されており、+4 dBu ~-10 dBV 間の入力感度の切
替が可能です。-10 dBV ( ホームレコーディングレベル ) に設定し
た場合、+4 dBu ( スタジオレベル ) の場合に比べて入力感度が高
くなります。
2.3 接続フィールドおよびメインセクション
2.3.1 エフェクト経路 センド/リターン
図. 2.10: モニターコントローラーおよびメインミックス・フェーダー
MAIN MIX
図. 2.7: FX センド/リターン接続端子
MAIN OUT ジャックはモノラルフォンジャックとしてアンバランス型に装
備されています。ここでのメインミックス総体信号のレベルはおよそ 0
dBu となっています。MAIN MIX フェーダーにより出力音量を設定する
ことが可能です。また出力音量設定用として、XENYX 502 および 802
にはコントロールダイヤルが装備されています。
図. 2.8: FX センド/リターン・コントローラー
6
操作部および各接続端子
XENYX 502/802/1002/1202
2.3.3 テープ用接続端子
ファントム電源
PHANTOM スイッチにより、モノラルチャンネルの XLR ジャックへの
ファントム電源供給機能を起動させます。この機能はコンデンサーマ
イクを使用する際に必要となります。この機能が起動されると、赤色
の +48 V LED ランプが点灯します。通常はダイナミックマイク ( バラ
ンス型 ) のご使用も可能です。不明点に関してはマイクの各製造元
にお問い合わせください。
図. 2.11: テープ入力/出力
TAPE INPUT
TAPE INPUT ジャックには、CD プレーヤーやテープデッキなどの外
部信号源を接続します。もう 1 機の XENYX や当社の ULTRALINK
PRO MX882 などからの出力信号をこれらのジャックに接続し、ステレ
オライン入力として使用することも可能です。また、通常メインミックス
信号をモニタリングしたい場合、2 トラック・プレイバック ( もしくはその
他の外部ソース ) などの例外状況が存在しますが、TAPE INPUT を
音源セレクターの装備された HiFi アンプと接続することにより、追加
音源のモニタリングも簡単におこなえます。
++ ファントム電源を起動中にはマイクをミックス ( もしくはステージ
ボックス、ウォールボックス ) に接続しないでください。電源を入
れる前にマイクを接続しておいてください。ファントム電源を入れ
る前には、モニタースピーカーおよび PA スピーカーの音量を切
っておいてください。電源投入後約 1 分間待ち、システムが安
定してから入力増幅の設定をおこなってください。
++ ご注意!ファントム電源で使用する際には、MIC 入力ジャック
へのアンバランス型 XLR 接続( PIN 1 および 3 の接続 ) を絶
対におこなわないでください。
POWER
TAPE OUTPUT
これらの接続端子は MAIN OUT と平行に配線されており、ステレオ
総体をアンバランス出力することを可能としていますので、ここにレ
コーディング機器入力を接続してください。出力レベルの設定には、
高精密 MAIN MIX フェーダーおよび MAIN MIX コントロールダイヤ
ルを使用します。
青色の POWER LED 表示は機器の電源投入を示します。
レベル表示
高精確 4 セグメント・レベル表示により、表示信号の強弱が常時正
確にご覧いただけます。
レベル調整:
2.3.4 信号の割り当て
レベルを入れる際には、入力チャンネルの LEVEL コントローラーを
中位置 ( 0 dB ) に設定し、GAIN コントローラーで入力増幅を 0 dB
に上げてください。
図. 2.12: メインセクション内の割り当てスイッチ
TAPE TO MIX
TAPE TO MIX スイッチを押すと、メインミックス内の 2 トラック入力が起
動し、追加入力 ( バンド挿入、MIDI 楽器およびさらに加工する必要の
ないその他の信号源用 ) として使用することが可能となります。
デジタルレコーダーを使用してレコーディングをおこなう際には、レコ
ーダーのピークメーターが 0 dB を超過しないようにしてください。ア
ナログ方式の場合とは異なり、デジタル方式でレコーディングおこな
った場合、微小かつ突発的な過入力も耳障りなデジタル歪み発生の
原因となります。
++ XENYX に装備されているピークメーターは、ほぼ周波数依存
性なくレベルを表示します。信号全種に対してレコーディング
レベルを 0 dB とすることが推奨されます。
TAPE TO CTRL ROOM ( 502 は TAPE TO PHONES )
モニター出力上 ( CTRL ROOM OUT ) で 2 トラック入力を聞きたい場
合には、TAPE CTRL ROOM スイッチを押すと、モニタースピーカーや
ヘッドフォンによるバックバンドのチェックが簡単になります。
++ TAPE OUTPUT を通して信号をレコーディングし、同時に TAPE
INPUT を通してモニタリングする場合には、TAPE TO MIX スイ
ッチを押していない状態にしておいてください。このため、この信
号がメインミックスを通して再度 TAPE OUTPUT へと送り出され
ると、ループが発生する可能性がありますが、テープ信号をモ
ニタースピーカーおよびヘッドフォンに送る ( TAPE TO CTRL
ROOM を使用 ) ことにより、メインミックスとは異なり、これらの
信号が TAPE OUTPUT に送り出されることはありません。
FX TO CONTROL ROOM
ヘッドフォンおよびモニタースピーカーを使用し、FX センド信号のみを
モニタリングする場合には FX TO CTRL R スイッチを押してください。
これによりメインミックス信号の音量が切られ、FX SEND 出力信号の
みがモニタリングできるようになります。XENYX 502 および 802 には
このスイッチが装備されていません。
2.3.5 ファントム電源供給および LED 表示
図. 2.13: ファントム電源供給および各コントロール LED
操作部および各接続端子
7
XENYX 502/802/1002/1202
3. 設置方法
3.1 電源接続
AC POWER IN
電源供給は、後方にある 3 極電源によりおこなわれます。ここに同梱
の AC アダプターを接続してください。この電源接続方法は必要安全
基準を満たしています。
++ 本機ご使用の際には、同梱の電源アダプターのみをご使用く
ださい。
++ 電源アダプターが電源に接続されている状態では XENYX を絶
対にアダプターに接続せず、ミキサーと電源アダプターをまず接
続した後で電源コンセントに接続してください。
図. 3.3: 6.3 mm ステレオフォンプラグ
++ 本機ご使用中、電源アダプターおよびミキサー本体が発熱しま
すが、これは普通の現象です。
3.2 オーディオ接続
多彩な用途には、多種かつ多数のケーブルが必要となります。以下
の図では、各ケーブル購入の際の留意点をご覧いただけます。常
時、高品質のケーブルをご使用ください。
2 トラック入力および出力には、市販のピンラグ・ケーブルをご使用
ください。
アンバランス型機器をバランス入力/出力に接続することも可能で
す。この際には、モノラルジャックをご使用になるかステレオジャック
のリングとシャフト ( XLR コネクターの場合、ピン 1 とピン 3 ) を接続
するようにしてください。
++ ご注意!ファントム電源で使用する際には、MIC 入力ジャック
へのアンバランス型 XLR 接続( PIN 1 および 3 の接続 ) を絶
対におこなわないでください。
図. 3.4: ヘッドフォン・ステレオフォンプラグ
図. 3.1: XLR 接続
図. 3.2: 6.3 mm モノラルフォンプラグ
8
設置方法
XENYX 502/802/1002/1202
4. テクニカル・データ
メインミックス・システムデータ3 (ノイズ)
Main mix @ -∞, チャンネルフェーダー @ -∞ -106 dB / -109 dB 出力ス
ケール
Main mix @ 0 dB, チャンネルフェーダー @ -∞ -95 dB / -98 dB 出力スケ
ール
Main mix @ 0 dB, チャンネルフェーダー @ 0 dB-84 dB / -87 dB 出力スケ
ール
モノラル入力
マイク入力 (XENYX Mic Preamp)
タイプ
Mic E.I.N.1 (20 Hz - 20 kHz)
@ 0 Ω 入力インピーダンス
@ 50 Ω 入力インピーダンス
@ 150 Ω 入力インピーダンス
周波数帯域
<10 Hz - 150 kHz
<10 Hz - 200 kHz
増幅域
最高入力レベル
インピーダンス
S/N 比
歪み率 ( THD+N )
ライン入力
タイプ
インピーダンス
XLR接続 , フォンジャック, 別系統入力
-134 dB / 135.7 dB 出力スケール
-131 dB / 133.3 dB 出力スケール
-129 dB / 130.5 dB 出力スケール
-1 dB
-3 dB
+10 dB から +60 dB
+12 dBu @ +10 dB ゲイン
約 2.6 kΩ バランス
110 dB / 112 dB 出力スケール (0 dBu
In @ +22 dB ゲイン)
0.005 % / 0.004 % 出力スケール
6.3 mmジャック , フォンジャック
約 20 kΩ バランス, 約 10 kΩ アンバラン
ス
増幅域
-10 dB から +40 dB
最高入力レベル
+22 dBu @ 0 dB ゲイン
フェードアウト減衰2 (クロストーク減衰)
メインフェーダーが閉じている場合
90 dB
チャンネル音量を切っている場合
89.5 dB
チャンネルフェーダーが閉じている場合w
89 dB
周波数帯域 (Mic In → Main Out)
<10 Hz - 90 kHz
+0 dB / -1 dB
<10 Hz - 160 kHz
+0 dB / -3 dB
電源供給
502
消費電力
13 W
電源電圧
米国/カナダ, 120 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3UL
ヨーロッパ/英国/オーストラリア, 230 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3EU
中国, 220 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3CC
韓国, 220 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3KR
日本, 100 V~, 50/60 Hz
BEHRINGER PSU MX3JP
802
消費電力
17 W
電源電圧
米国/カナダ, 120 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3UL
ヨーロッパ/英国/オーストラリア, 230 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3EU
中国, 220 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3CC
韓国, 220 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3KR
日本, 100 V~, 50/60 Hz
BEHRINGER PSU MX3JP
1002
消費電力
18 W
電源電圧
米国/カナダ, 120 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3UL
ヨーロッパ/英国/オーストラリア, 230 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3EU
中国, 220 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX3CC
韓国, 220 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX3KR
日本, 100 V~, 50/60 Hz
BEHRINGER PSU MX3JP
ステレオ入力
タイプ
インピーダンス
最高入力レベル
6.3 mmジャック , フォンジャック
約 20 kΩ
+22 dBu
1202
イコライザ
EQ モノラルチャンネル
低域
Mid
高域
EQ ステレオチャンネル
低域
Mid
高域
消費電力
23 W
電源電圧
米国/カナダ, 120 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX5UL
ヨーロッパ/英国/オーストラリア, 230 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX5EU
中国, 220 V~, 50 Hz
BEHRINGER PSU MX5CC
韓国, 220 V~, 60 Hz
BEHRINGER PSU MX5KR
日本, 100 V~, 50/60 Hz
BEHRINGER PSU MX5JP
80 Hz / ±15 dB
2.5 kHz / ±15 dB
12 kHz / ±15 dB
80 Hz / ±15 dB
2.5 kHz / ±15 dB
12 kHz / ±15 dB
外形寸法および重量
Send / リターン
Aux sends
タイプ
インピーダンス
最大出力レベル
Stereo aux returns
タイプ
インピーダンス
最高入力レベル
502
6.3 mm モノラルフォンジャック, アンバラ
ンス
約 120 Ω
+22 dBu
6.3 mmジャック , フォンジャック
約 20 kΩ バランス / 約 10 kΩ アンバラ
ンス
+22 dBu
インピーダンス
最大出力レベル
ヘッドフォン出力
タイプ
最大出力レベル
47 mm / 37 mm x 134 mm x 177 mm
0.55 kg
802
外形寸法 (高さ x 幅 x 奥行)
質量 (正味重量)
47 mm / 37 mm x 189 mm x 220 mm
1.00 kg
1002
外形寸法 (高さ x 幅 x 奥行)
質量 (正味重量)
47 mm / 37 mm x 189 mm x 220 mm
1.05 kg
1202
Outputs
メイン出力
タイプ
インピーダンス
最大出力レベル
コントロールルーム出力
タイプ
外形寸法 (高さ x 幅 x 奥行)
質量 (正味重量)
6.3 mmジャック , アンバランス
約 120 Ω アンバランス
+22 dBu
6.3 mm モノラルフォンジャック, アンバラ
ンス
約 120 Ω
+22 dBu
外形寸法 (高さ x 幅 x 奥行)
質量 (正味重量)
47 mm / 37 mm x 242 mm x 220 mm
1.35 kg
Equivalent Input Noise
1
0 dBu あたり 1 kHz rel. 、20 Hz ~ 20 kHz、ライン入力、メイン出力、ゲイン@ ユニティー
2
20 Hz ~ 20 kHz 、メイン出力によるチャンネル 1~4 ゲイン @ ユニティー、サウンドコント
ロール ニュートラル、全チャンネル メインミックス設定、チャンネル 1/3 左端、チャンネル
2/4 右端レファレンス = +6 dBu
3
BEHRINGER 社は、最高の品質水準を保つ努力を常に行っています。 必要と思われる改
良等は、事前の予告なしに行われますので、技術データおよび製品の写真が実物と多少
相違する場合がありますが、あらかじめご了承ください。 技術仕様および外観は予告なく
変更する場合があります。
6.3 mmジャック , アンバランス
+19 dBu / 150 Ω (+25 dBm)
テクニカル・データ
9
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement