取扱説明書 - 株式会社エンベデッドテクノロジー

取扱説明書 - 株式会社エンベデッドテクノロジー
MPCARM-FM3SP
取扱説明書
株式会社エンベデッドテクノロジー
改訂履歴
日
付
2015年
6月16日
訂正者
長橋
ページ
1
内
基本実装とオプション実装の概要を追加
容
【
目
次
】
1.はじめに ............................................................................................................................................................................................. 1
1-1)基本実装とオプション実装 ................................................................................................................ 1
1-2)梱包内容 ...................................................................................................................................... 1
1-3)MAC アドレスについて .................................................................................................................... 2
1-4)注意事項 ...................................................................................................................................... 2
1-5)凡例 ............................................................................................................................................. 3
1-6)参考URL ....................................................................................................................................... 3
1-7)各種ソフトウェアダウンロードサイト ...................................................................................................... 3
2.特徴 ..................................................................................................................................................................................................... 4
3.電気的仕様 ....................................................................................................................................................................................... 5
3-1)絶対最大定格 .................................................................................................................................. 5
3-2)推奨動作条件 .................................................................................................................................. 5
3-3)PC/104 BUS DC特性 .................................................................................................................. 6
3-4)CN8 CPU内蔵デジタルI/O DC特性................................................................................................ 6
4.ハードウェア仕様 ............................................................................................................................................................................ 7
4-1)一般仕様 ........................................................................................................................................ 7
4-2)基板外観 ........................................................................................................................................ 7
4-3)主要部品仕様概要............................................................................................................................. 8
4-4)回路構成 ........................................................................................................................................ 9
4-5)電源部 .......................................................................................................................................... 10
4-5)バッテリバックアップ部....................................................................................................................... 10
4-6)動作モード設定 ............................................................................................................................... 11
4-7)クロック .......................................................................................................................................... 11
4-8)CPU 端子設定 .................................................................................................................................. 12
4-9)アドレスマップ ................................................................................................................................. 29
4-10)SRAM ....................................................................................................................................... 30
4-11)シリアルEEPROM......................................................................................................................... 30
4-12)RTC .......................................................................................................................................... 31
4-13)LED .......................................................................................................................................... 32
4-13-1)モニタLED(LED1) ............................................................................................................... 32
4-13-2)電源LED(LED2,3).............................................................................................................. 32
5.外部インターフェース...................................................................................................................................................................... 33
5-1)USBスレーブインターフェース(CN1) .................................................................................................. 33
5-2)USBホストインターフェース(CN2) ...................................................................................................... 33
5-3)Ethernetインターフェース(CN3) ....................................................................................................... 34
5-4)uSDインターフェース(CN4) .............................................................................................................. 35
5-5)RS232Cインターフェース(CN5) ........................................................................................................ 36
5-6)RS485/CANインターフェース(CN6) ................................................................................................ 37
5-6-1)RS485インターフェース部 ......................................................................................................... 38
5-6-2)CANインターフェース部............................................................................................................ 38
5-7)JTAGインターフェース(CN7) ........................................................................................................... 39
5-8)CPU I/Oインターフェース(CN8) .................................................................................................... 40
5-9)16bitADCインターフェース(CN9) .................................................................................................... 42
5-10)電源受給インターフェース(CN10) .................................................................................................... 43
5-11)PC/104バスインターフェース(P1,P2) ........................................................................................... 44
5-11-1)PC/104バスコネクタ1(P1) .................................................................................................... 45
5-11-2)PC/104バスコネクタ2(P2) .................................................................................................... 47
6.スイッチ/ジャンパ設定部............................................................................................................................................................ 48
6-1)手動リセットスイッチ(S1) ................................................................................................................... 48
6-2)JTAG切替スイッチ(S2) .................................................................................................................... 48
6-3)CPUモード切替スイッチ、ジャンパ(S3/JP1) ........................................................................................ 48
6-4)ディップスイッチ(S4) ........................................................................................................................ 48
6-5)バックアップバッテリ接続ジャンパ(JP2) ................................................................................................. 48
6-5)抵抗ジャンパ(RJxx)......................................................................................................................... 49
6-6)半田ジャンパ(HJxx) ........................................................................................................................ 49
7.テスト端子.......................................................................................................................................................................................... 50
20.基板部品配置・寸法 ..................................................................................................................................................................... 51
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
表
【表】
1 絶対最大定格 ................................................................................................................................... 5
2 推奨動作条件 ................................................................................................................................... 5
3 PC/104 BUS DC特性 ................................................................................................................. 6
4 CN8 CPU内蔵デジタルI/O DC特性.................................................................................................. 6
5 一般仕様 ......................................................................................................................................... 7
6 主要部品仕様概要 ............................................................................................................................ 8
7 CPU 端子設定表 .............................................................................................................................. 13
8 アドレスマップ .................................................................................................................................. 29
9 シリアル EEPROM スレーブアドレス ..................................................................................................... 30
10 RTCスレーブアドレス ...................................................................................................................... 31
11 モニタLED制御仕様 ....................................................................................................................... 32
12 USBスレーブコネクタ仕様(CN1) ..................................................................................................... 33
13 USBホストコネクタ仕様(CN2) ......................................................................................................... 33
14 Ethernetコネクタ仕様(CN3) .......................................................................................................... 34
15 μSDカードコネクタ仕様 .................................................................................................................. 35
16 RS232Cインターフェースコネクタ仕様(CN5) .................................................................................... 36
17 RS485/CANインターフェースコネクタ仕様(CN6)............................................................................ 37
18 RS485通信部終端抵抗設定ジャンパ設定表 ...................................................................................... 38
19 RS485通信部 4 線/2 線接続設定ジャンパ設定表 ............................................................................. 38
20 CAN通信部終端抵抗設定ジャンパ設定表 ......................................................................................... 38
21 JTAGインターフェースコネクタ仕様(CN7) ......................................................................................... 39
22 CPU I/Oインターフェースコネクタ仕様(CN8)................................................................................. 40
23 16bitADCインターフェースコネクタ仕様(CN9) .................................................................................. 42
24 電源接続コネクタ(CN8) ................................................................................................................. 43
25 PC/104 BUS接続コネクタ1 ......................................................................................................... 45
26 PC/104 BUS接続コネクタ1信号別機能......................................................................................... 46
27 PC/104 BUS接続コネクタ2 ......................................................................................................... 47
28 PC/104 BUS接続コネクタ2信号別機能......................................................................................... 47
29 S1の接続先 .................................................................................................................................. 48
30 RJxx の設定................................................................................................................................... 49
31 HJxx の設定 .................................................................................................................................. 49
32 テスト端子仕様 ............................................................................................................................... 50
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
図
【図】
1 基板外観図 ...................................................................................................................................... 7
2 PC104-ARM1回路ブロック図.......................................................................................................... 9
3 電源入力部構成 .............................................................................................................................. 10
4 シリアルEEPROM接続構成 .............................................................................................................. 30
5 RTC接続図 .................................................................................................................................... 31
6 モニタLEDの接続図......................................................................................................................... 32
7 電源LEDの接続図........................................................................................................................... 32
8 USBスレーブインターフェース接続図 .................................................................................................. 33
9 USBホストインターフェース接続図 ...................................................................................................... 33
10 Ethernet 接続図 ............................................................................................................................. 34
11 Ethernetコネクタ外形(コネクタ挿入側より見た図) ............................................................................... 34
12 uSDインターフェース接続図 ............................................................................................................ 35
13 RS232Cインターフェース接続図 ...................................................................................................... 36
14 RS485/CANインターフェース接続図 ............................................................................................. 37
15 CPU I/Oインターフェース接続図 .................................................................................................. 41
16 16bitADC接続図 .......................................................................................................................... 42
図
図
図
図
図
17
18
19
20
21
PC/104バス接続構成図 ............................................................................................................... 44
JTAG 切替 SW(S2)設定図 ............................................................................................................... 48
基板部品面部品配置図 ................................................................................................................... 51
基板半田面部品配置図 ................................................................................................................... 52
基板寸法図 ................................................................................................................................... 53
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
1.はじめに
このたびは MPCARM-FM3SP をお買い上げいただき誠にありがとうございます。
本製品を正しくご使用いただくために、本マニュアル、及び、MPCARM-FM3SP に実装されているデバイスの
マニュアルを充分お読みいただけますようお願い致します。
1-1)基本実装とオプション実装
本機種は、基本実装とオプション実装を分けることにより、必要な機能を必要なだけ実装でき、低価
格で販売できる事を目指しております。
基本+オプション実装の概要は下記の通りです。
基本部
項目
CPU
FLASH-LOM
SRAM
多機能タイマー
ウォッチドッグタイマ
最大動作周波数
RS232C
パラレルI/O
USB-SLAVE
J-TAGコネクタ
内容
MB9BFD-18TPMC
1MB(CPUチップ内蔵)
64KBX2(CPUチップ内蔵)
CPUチップ内蔵
CPUチップ内蔵
144MHz
2CH
40ビット(コネクタへの引き出し)
デバッガダウンロード用
デバッガ接続用
オプション部
項目
増設S-RAM
EEPROM
リアルタイムクロック
RS485
PC104バス
ADC
USB-HOST
Ethernet
Micro-SD
CANインターフェイス
内容
最大1MB(16bit)1ch or 2ch バックアップ可
16k(8bit)
RX-8803SA
1CH
LTC1859CG
1-2)梱包基本内容
基本梱包は下記の通りとなります、オプション実装の有無により梱包内容は変わります。
内容をご確認いただき、万が一不足しておりました場合は、お買い求め販売店、または、弊社
までご連絡下さい。
基本内容
● MPCARM-FM3SP ボード×1 枚
● マニュアルCDR×1 枚
● 金属スペーサ、インチネジ、ワッシャー、ナット×各 4 個
● 勘合コネクタ XG4M-1030×1 個
XG4M-2030×1 個
XG4M-5030×1 個
オプション実装時
● 勘合コネクタ XG4M-1030×1 個(ADC オプション)
● 勘合コネクタ XG4M-1030×1 個(RS485 又は CAN オプション)
1
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
1-3)MAC アドレスについて(※Eternetオプションを実装している場合)
MPCARM-FM3SP の各基板にはそれぞれ弊社の MAC アドレスを割り当ててあり、MAC アドレスは基板半田
面 PC/104 P2 コネクタ(40ピンのコネクタ)の下(CN3 JTAG コネクタを上と見た場合)にシール
で貼付してありますが、剥がれる危険性のある場合は、番号をメモしておくことをお奨め致します。
1-4)注意事項
1. 製品の保証について
・無償修理
製品ご購入後 1 年間は無償で修理いたします。
(但し、下記「有償修理」に該当するものを除く)
・有償修理
1)製品ご購入後 1 年を経過したもの。
2)製品購入 1 年以内で故障の原因がお客様の取り扱い上のミスによるもの。
3)製品購入 1 年以内で故障の原因がお客様の故意によるもの。
・免責事項
当社製品の故障、不具合、誤動作あるいは停電によって生じた損害等の純粋経済損失につ
きましては、当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
2. 製品について
・当社製品はカタログ仕様範囲内において、使用部品、回路図等、予告無く変更すること
が有ります。
・当社製品は部品メーカーの製造中止等によりやむを得ず製品の供給を続けることが出来
なくなることが有ります。
・当社製品の無断での複製を禁止します。
・当社製品は一般商工業用として設計されており生命、財産に関わるような状況下で使用
されることを意図して設計、製造されたものではありません.本製品の故障、誤動作が人
命を脅かしたり、人体に危害を与えたりする恐れのある用途(生命維持、監視のための医
療用)、および高い信頼性が要求される用途(航空・宇宙用、運輸用、海底中継器、原子
力制御用、走行制御用、移動体用)にはご利用されないようご注意ください。すべての電
子機器はある確率で故障が発生します.当社製品の故障により、人畜や財産が被害を受け
たり、火災事故や社会的損害が生じたりしないように安全設計をお願いします。また長時
間連続運転や仕様外の環境でのご使用は避けてください。但し、長時間運転でご使用され
た場合の故障に付きましては通常どおりの修理保証(1 年以内無償、1 年以上有償)が受け
られます。
3. カタログ、取扱説明書の記載事項について
・当社製品のカタログ及び取扱説明書は予告無く変更する場合があります。
・取扱説明書に記載されている内容及び回路図の一部又は全部を無断での転載、転用を禁
止します。
・本資料に記載された情報、回路図は機器の応用例であり動作、性能を保証するものでは
なく、実際の機器への搭載を目的としたものではありません。またこれらの情報、回路を
使用することにより起因する第三者の工業所有権、知的所有権、その他権利侵害に関わる
問題が生じた際、当社はその責を負いませんのであらかじめご了承ください。
4. 海外への輸出について
・当社製品を使用した機器を海外へ持ち出される場合、当社製品の COCOM パラメーター
シートが必要です。その都度お申しつけ頂ければパラメーターシートを発行いたします。
5. 本書に記載された使用条件の範囲内でご使用願います。使用条件の範囲を超えた
ご使用の場合は本製品の保証は致しかねますのであしからずご了承願います。
2
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
1-5)凡例
●
●
不定数値の表記は、x で表します。
数字の表記
2 進数は B'xxxx、16 進数は H'xxxx、10 進数は xxxx で表します。
● 記号の表記
ローアクティブの信号には先頭に n を付けています。
● 入出力方向は MPCARM-FM3SP 側から見た方向を示します。
● 入出力記号はI=入力、O=出力、I/O=入出力、P=電源を示します。
● デバイスロケーション番号後の(xx)は、端子番号を示します。
● 各機能の説明は、基本実装に含まれていないものもあります。該当箇所は、
(オプション実装)と記載してあります。
1-6)参考URL
●
●
●
●
●
●
●
SPANSION
リニアテクノロジ
IDT
CYPRESS
エプソントヨコム㈱
日本アルテラ㈱
PC/104 Specification
http://www.spansion.com/JP/Pages/Default.aspx
http://www.linear-tech.co.jp/
http://ja.idt.com/
http://www.cypress.com/?l=2
http://www.epsontoyocom.co.jp/
http://www.altera.co.jp/
http://www.pc104.org/
※マイコン MB9BFD18TPMC のマニュアルに関しまして、スパンション様が、版数管理を
されているため、お配りすることができません。
お手数ではございますが、ホームページよりダウンロードをお願いいたします。
1-7)各種ソフトウェアダウンロードサイト
●spansion サンプルプログラム
https://www.spansion.com/products/microcontrollers/32-bit-arm-core/fm3/pages/mb9bfd17tbg
l.aspx
※Tools & Software の Miscellaneous の下にある mb9bfd18t_can_uart_terminal-v11.zip を
ダウンロードして、RS232 などのテストができます。
●FLASH USB DIRECT Programmer ダウンロードページ
http://www.spansion.com/jp/support/microcontrollers/development-environment/pages/downlo
ads-flash-usb-direct.aspx
※USB ケーブルで、J-TAG を介さずに直接書き込みができます。
●IAR Embedded Workbench for ARM(評価版)
http://www.iar.com/jp/Service-center/Downloads/
※IAR 社の、評価版統合開発環境
●SysTick タイマ割り込み LED 点灯制御サンプルプログラム(Interface 2012 年 6 月号)
http://www.cqpub.co.jp/interface/download/contents.htm
※LED を点灯させるプログラム
3
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
2.特徴
MPCARM-FM3SP は、
CQ 出版社インターフェース誌 2012 年 6 月号付属基板の CPU、
富士通社製 FM3(ARM Cortex-M3)
互換品プロセッサの他、オプションで周辺に高容量 SRAM・高分解能 ADC・Etehernet PHY を搭載でき、1 枚で
様々な用途に使用可能な PC/104 16bit BUS 規格準拠の組込み向けボードコンピュータです。
● 世界標準の CPU を採用
FM3は、ARM Cortex-M3 プロセッサを搭載し、大容量フラッシュメモリ(1MB)およびSRAM(128KB) のオ
ンチップメモリとともに、周辺機能として、モータ制御用タイマ, A/D コンバータ, 各種通信インタフ
ェース(USB, CAN, UART,CSIO, I2C, LIN, Ethernet-MAC)により構成される新世代マイコンです。
● 10/100 BASE-T を装備しており、Ethernet ネットワークに接続できます。(オプション実装)
● USB ホスト・スレーブポートを各 1ch 持ち、USB メモリ等へのアクセスの他、パソコン側からのアクセス
も行えます。(オプション実装)
● 16bit 高分解能 A/D コンバータを搭載しています。(オプション実装)
● RS232C×2ch/RS422(RS485)×1ch の調歩同期ポートを搭載しているため、多種の RS232C インターフェ
ース機器、RS485 インターフェース機器と接続できます。(RS485は、オプション実装)
● PC/104 BUS 規格の小型(96mm×90mm)サイズで、市販されている様々な PC/104 スレーブボードとカー
ドゲージ無しで接続することができるため、幅広い用途のコンパクトサイズ機器を構成できます。
(オプション実装)
● 温度保証発信器内蔵、高精度 RTC を搭載しており、正確なタイムスケジューリングアプリケーションに
使用できます。(オプション実装)
● uSD カードスロットを搭載しているため、データストレージ等、大データ容量を必要とする用途にもご
活用いただけます。(オプション実装)
● 様々な組み込み向け OS プログラムの移植が容易
FM3 マイコンへは、「uT-Kernel」、「TOOPPERS/ASP」、「uClinux」の他、「.NET MicroFramework
」の移植例が CQ 出版社インターフェース誌 2012 年 6 月号~にが公開されています。
● CQ 出版社インターフェース誌 FM3 特集記事のソフトウェアがほぼそのまま使用可能
MPCARM-FM3SP の CPU は、CQ 出版社インターフェース誌 2012 年 6 月号に付属された CPU と上位互換であ
り、CPU のピン配置もインターフェース誌特集で使用される拡張基板にほぼ合わせてありますので、公
開されているサンプルソフトをそのままお試しいただけます。(異なっている部分もあります)
4
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
3.電気的仕様
3-1)絶対最大定格
表 1 に MPCARM-FM3SP の絶対最大定格を示します。
絶対最大定格を一瞬でも越えた場合、基板上デバイスが永久破壊される場合がありますのでご注意下さい。
表 1 絶対最大定格
項
目
電源電圧
PC/104 信号入力電圧範囲
CN8 CPU I/O 信号入力電圧範囲
CN9 ADC 入力電圧範囲
RS232C 入力電圧範囲
RS485 入力電圧範囲
動作温度
保存温度
※1
VCC は+5V です。
シンボル
+5V
VIN
VIN
VIN_ANALOG
VIN
VIN
Topr
Tstg
定 格 値
-0.3~+6.5
-0.3~VCC+0.5
-0.5~VCC+0.5※1
-25~+25
-25~+25
-9~+14
0~+60
-25~+60
単位
V
V
V
V
V
V
℃
℃
シンボル
+5V
VIN
VIN
VIN_ANALOG
VIN
VIN
Topr
Tstg
定 格 値
+4.75~+5.25
0~+5.25
0~VCC※1
-10~+10
-15~+15
-7~+12
0~+50
-10~+55
単位
V
V
V
V
V
V
℃
℃
3-2)推奨動作条件
表 2 推奨動作条件
項
目
電源電圧
PC/104 信号入力電圧範囲
CN8 CPU I/O 信号入力電圧範囲
CN9 ADC 入力電圧範囲
RS232C 入力電圧範囲
RS485 入力電圧範囲
動作温度
保存温度
※1
VCC は+5V です。
5
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
3-3)PC/104 BUS DC特性
表 3 PC/104 BUS DC特性
該当信号名
SA[1:19], LA[17:23],SD[0:15]
IRQ3~7,IRQ9~12,IRQ14,15
nIOCHCK,nIOCHRDY
上記以外
項
目
入力ハイレベル電圧
入力ローレベル電圧
出力ハイレベル電圧
出力ローレベル電圧
入力ハイレベル電圧
入力ローレベル電圧
出力ハイレベル電圧
出力ローレベル電圧
シンボル
VIH
VIL
VOH
VOL
VIH
VIL
VOH
VOL
Min
2.0
-
3.8
-
VCC×0.8
-
2.4
-
Max
-
0.8
-
0.44
-
VCC×0.2
-
0.45
単位
V
V
V
V
V
V
V
V
シンボル
VIH
VIL
VOH
VOL
Min
VCC×0.8
-
VCC-0.5
-
Max
-
VCC×0.2
-
0.4
単位
V
V
V
V
3-4)CN8 CPU内蔵デジタルI/O DC特性
表 4 CN8 CPU内蔵デジタルI/O DC特性
該当信号名
CN8 に接続されている
CPU 端子信号
項
目
入力ハイレベル電圧
入力ローレベル電圧
出力ハイレベル電圧
出力ローレベル電圧
6
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4.ハードウェア仕様
4-1)一般仕様
表 5 一般仕様
項
目
内
消費電流
外形寸法
質量
容
T.B.DmA(typ)
90.1mm×95.8mm
約 86g
4-2)基板外観
図 1 基板外観図
RS422/CAN
ADC I/F
RS232C
JTAG
CN7
CN8
CN9
S2
S3
CN5
CN6
CN3
Ethernet
RJ45
uSDコネクタ
(半田面実装)
CPU I/O
CN4
S4
CN2
12345678
P1
LED3
ON
USB
HOST
Bコネクタ
CN1
USB SLAVE
I/F
B1
A1
LED1
B32
A32
CN10
C19
D19
C0
D0
P2
GND VCC
PC/104 BUSコネクタ
電源コネクタ
部品面視
*太破線は半田面に実装されている部品を示します。
7
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-3)主要部品仕様概要
表 6 主要部品仕様概要
部品名
CPU
SRAM
(オプション実装)
シリアル EEPROM
(オプション実装)
Ethernet PHY
(オプション実装)
CPLD
型番
MB9BFD18TPM
(SPANSION)
CY62167ELL-45ZXI
(または同等品)
24AA16-I/ST
(または同等品)
ICS1894K-40LFT
(または同等品)
EPM3032ATC44-4
(アルテラ)
RTC
(オプション実装)
RS232C トランシーバ
RS485 トランシーバ
(オプション実装)
リセット IC
DC/DC
外付 ADC
RX-8803SA
(EPSPN TOYOCOM)
ADM3202ARU
(または同等品)
MAX13432EESD+(または同等品)
RNA51957BFP
(ルネサステクノロジ)
EN5322QI-T
(ENPIRION)
LTC1859CG
(リニアテクノロジ)
(オプション実装)
バックアップ用電池
CR-2032GFK
(または同等品)
概
要
■コア CPU
:ARM Cortex-M3
■動作クロック(最大):144MHz(FCM,FCC)/
72MHz(FCP0~2)(4MHz 水晶)
■内蔵メモリ
:FlashROM:1Mbyte SRAM:128KB
■周辺機能
:モータ制御用タイマ, A/D コンバータ,
各種通信インタフェース(USB, CAN, UART,
CSIO, I2C, LIN,Ethernet-MAC)
注)上記は CPU の全機能概要であって、兼用端子の関係から本製品では
全ての機能を使用することはできません。
■容量:4Mbyte(2 個使用時)
■バス幅:16bit
■アクセス速度:45ns
■容量 :16Kbyte(ページサイズ 16byte)
■CPU インターフェース:I2C
■CPU インターフェース:RMII
■接続インターフェース規格:10/100 BASE-T
■機能:① PC/104 BUS<->CPU インターフェース
② 内部デバイスのデコード
■CPU インターフェース:I2C
■割込み機能
①曜、日、時、分アラーム
②タイマ
③時刻更新(秒・分)
■その他の機能・特徴
①自動うるう年補正機能(2000 年~2099 年)
②温度保証発振器源振内蔵により高精度
■電気的仕様:EIA-232-E に準拠
■電気的仕様:EIA/TIA-485 に準拠
■リセット検出電圧:可変(3.3V 時は電源が+2.5V でリセット設定)
■リセットパルス幅:可変(MPCARM-FM3SP では、約 50ms に設定)
■入出力間形式 :非絶縁スイッチング型
■入力電圧範囲 :+2.4VDC~+5.5VDC
■出力電圧範囲 :+3.234~+5.25VDC
■定格出力電流 :2A(max)
■効率
:95%(Max)
■機能
:MPCARM-FM3SP 基板内+3.3V 電源生成
■分解能
:16bit
■入力電圧範囲 :0~+5V,0~+10V,±5V,±10V をプログラムで可変
■入力仕様
:差動、または、シングルエンド
■サンプリングレート
:100KSPS
■CPU インターフェース :SPI
■容量 :220mAH
■機能 :SRAM/RTC 用バックアップ電源
8
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-4)回路構成
図 2 PC104-ARM1回路ブロック図
+5V
CPU
MB9BFD18
VBAT
4MHz
A0-A24
SRAM
SRAM
CY62167ELL-45ZXA
CY62167EV30LL-45ZXA
(1MB×16)
(1MB×16)
または
または
CY62177ESL-55ZXI
CY62177EV30LL-55ZXI
(2MB×16)
(2MB×16)
A1-A21
D0-D15
D0-D15
Control Signal's
+5V
nCS
A16,A21-A24
External
Bus
Interface
デコード
回路
(CPLD)
nCS1 nCS2 nCS3 Control Signal's
PC/104BUS
コネクタ
(8/16bit)
(P1/P2)
CPLD_JTAG
A0-A16
EEPROM
実装用ソケット
D0-D7
nCS0 A0-A23
BUS BUF
D0-D15
nRST
リセットIC
SA0-LA23
SD0-SD15
IRQ
GPIO
I/Oコネクタ
(CN8)
GPIO,タイマ、カウンタ等
+5V
SPI(5)
16KB
SerialEEPROM
24AA16-I/ST
I2C(7)
+5V
MultiFunction
Serial I/F
VBAT
RTC
RX-8803SA
Backup用
バッテリ
+3.3V
uSDコネクタ
(CN4)
レベルシフタ
UART(4)
RS232C
Transceiver
UART(1)
RS232C
Transceiver
UART(0)
RS485
Transceiver
CAN(0) protocol version 2.0 part A/B
CAN
Transceiver
RS232C通信コネクタ
(CN5)
RS485/CAN
通信コネクタ
(CN6)
+3.3V
+5V
Ethernet
Controller RMII
アナログI/F
コネクタ
(CN9)
+5V
+5V
SPI(6)
CAN
Controller
ON
12345678
ADC(12/14/16bit)×4ch(作動)/8ch(シングルエンド)
LTC1857/8/9
Ethernet PHY
ICS1894K
レベルシフタ
10BASE-T/100BASE-TX
Ether Netコネクタ
(トランス入り)
(CN3)
50MHz
OSC
50MHz
+3.3V
USB miniBコネクタ
(CN1)
USB Function
USB
Controller
USB HOST
+5V
USB Aコネクタ
(CN2)
+3.3V
DC/DC
CPLD_JTAG
JTAG
CPU_JTAG
9
電源コネクタ
(CN10)
S2
JTAG
JTAGコネクタ
(CN7)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-5)電源部
MPCARM-FM3SP の電源は、電源接続コネクタ(CN10)に接続される外部+5VDC 電源または、CN1 に接続
される USB HOST 機器からのバスパワーで動作します。
● MPCARM-FM3SP を電源接続コネクタ(CN10)に接続される外部+5VDC 電源で動作させる場合。
基板上の HJ9 を開放します。(出荷時の状態)
● MPCARM-FM3SP を USB HOST 機器からのバスパワーで動作させる場合
基板上の HJ8 を半田で短絡します。(この場合、CN10 からの給電は行わないで下さい。)
尚 USB バスパワーで動作させる場合、PC/104 BUS にスレーブ基板を接続する、または、USB
HOST コネクタ(CN2)に外部機器を接続する場合は、電源容量の問題から CN10 からの給電のみでご使
用されることを推奨致します。
図 3 電源入力部構成
CN1
USBスレーブ
インターフェース
コネクタ
電源
コネクタ
VBUS
1
HJ9
4
CN10
1
2
3
4
GND
+5V
+3.3V
DC/DC
(EN5322QI)
GND
4-5)バッテリバックアップ部
MPCARM-FM3SP には SRAM、RTC 用のバックアップ電池を搭載しており、SRAM データ、及び、RTC を計算
上、以下の時間バックアップが可能です。
●
リチュウム一次電池(CR2032)のバックアップ時間
t=電池容量(mAH)÷使用負荷電流(A)
t:放電時間(h)
t(最悪値)=220mAH÷(3.4uA※1+(12uA※2×2))≒8029 時間≒335 日
t(平均値)=220mAH÷(1.2uA※3+(1.5uA※4×2))≒52381 時間≒2182 日
※1
RTC 消費電流 Max
※2
SRAM 消費電流 Max(1 個当たり)
※3
RTC 消費電流 Typ
※4
SRAM 消費電流 Typ(1 個当たり)
尚 上記計算値は、周辺環境によっても変動する可能性がありますので、実環境で十分評価を行ってい
ただけますよう、お願い致します。
10
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-6)動作モード設定
MPCARM-FM3SP に搭載されている CPU(MB9BFD18T)は、MD0 端子の状態により、ユーザーモードと、シ
リアルライタモードの 2 種類のモードがあります。
本基板では、電源投入時に S3 が 3 番側に設定されている場合にユーザーモード、S3 が 1 番側に設定され
ている場合にシリアルライタモードとなります。(設定の詳細につきましては、本書6-1)項をご参
照下さい。)
さらに、シリアルライタモードでは、USB 通信モードとなるようにハードウェア接続されており、シリア
ルライタモードに設定した場合、本基板の CN2 と PC を接続することにより、CQ 出版社インターフェース
誌 2012 年 6 月号に紹介されている「USB DIRECT Programmer」機能が使用可能となります。
4-7)クロック
CPU のクロック端子(X0,X1)には、4MHZ の水晶発振子が接続されており、CLKPLL は 144MHz に設定され
ます。
MPCARM-FM3SP でクロック設定に関する各レジスタの設定は、「FM3 ファミリペリフェラルマニュアル」、
及び、付属のサンプルプログラムの当該箇所をご参考にして下さい。
11
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-8)CPU 端子設定
CPU の各端子は、GPIO・周辺入出力・特殊 I/O 機能がマルチプレクスされており、設定は 1 端子毎に行う
ことができますが、本基板においては下表に示す設定とする必要があります。
※ 各端子で選択できる機能は1つです。
※ 各端子の「選択機能」欄に○が標記されている行の機能・入出力設定は、必須設定値です。
(同一端子内に△がある場合は、△の機能を使用することも可能です。)
※ 各端子の「選択機能」欄に△が標記されている行の機能・入出力設定は、任意設定値です。
※ 各端子の「選択機能」欄に▲と標記されている端子の設定は、同一機能が他の端子で設定指定「○」
とされている機能であることを示しています。(当該端子では、当該機能で使用しないことを推奨致
します。)
※ 各端子の「選択機能」欄に×と標記されている行の設定は、当該機能が使用不可能であることを示し
ます。
※ 「外部接続先」欄に記載のある接続先は、当該端子が最終的に接続されている端子を示しています。
(例えば、RS232C ドライバを経由して接続されている等)
※ S3(DIPSW)を使用する場合、J1 にプルアップ抵抗を取付ける必要があります。
※ S3 に接続された端子を外部で使用する場合、S3 の当該 bit を OFF としておく必要があります。
※ 端子設定に関する各レジスタの設定は、「FM3 ファミリペリフェラルマニュアル」、及び、付属のサ
ンプルプログラムの当該箇所をご参考にして下さい。
12
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
表 7 CPU 端子設定表
端
子
番
号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
端子名
VCC
PA0
RTO20_0
TIOA08_0
FRCK1_0
PA1
RTO21_0
TIOA09_0
IC10_0
PA2
RTO22_0
TIOA10_0
IC11_0
PA3
RTO23_0
TIOA11_0
IC12_0
PA4
RTO24_0
TIOA12_0
RX0_2
IC13_0
INT03_0
PA5
RTO25_0
TX0_2
TIOA13_0
INT10_2
P05
TRACED0
TIOA05_2
SIN4_2
INT00_1
P06
TRACED1
TIOB05_2
SOT4_2
INT01_1
P07
TRACED2
ADTG_0
SCK4_2
P08
TRACED3
TIOA00_2
CTS4_2
P09
TRACECLK
TIOB00_2
RTS4_2
DTTI2X_0
機能概要
電源
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.8 の TIOA
16 ビットフリーランニングタイマ ch.1 の外部クロック入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.9 の TIOA
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.10 の TIOA
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.11 の TIOA
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.12 の TIOA
CAN ch0 RX
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部割込み 03 入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
CAN ch0 TX
ベースタイマー ch.13 の TIOA
外部割込み 10 入力
汎用入出力ポート
ETM のトレースデータ出力
ベースタイマー ch.5 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch4 入力
外部割込み 00 入力
汎用入出力ポート
ETM のトレースデータ出力
ベースタイマー ch.5 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch4 出力
外部割込み 01 入力
汎用入出力ポート
ETM のトレースデータ出力
A/D コンバータ外部トリガ入力
マルチファンクションシリアル ch4 クロック
汎用入出力ポート
ETM のトレースデータ出力
ベースタイマー ch.2 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch4CTS 入力
汎用入出力ポート
ETM のトレースクロック出力
ベースタイマー ch.0 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch4RTS 出力
多機能タイマ ch.2 波形ジェネレータ入力
(続く)
13
選択機能
I/O
○
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
○
×
×
×
△
×
×
×
×
○
○
○
▲
○
▲
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
P
I/O
O
I/O
I
I/O
O
I/O
I
I/O
O
I/O
I
I
I
I
I/O
O
O
I/O
I
I
O
O
I
O
-
用途
+5V
外部接続先
-
拡張DIO
CN8(2)
拡張DIO
CN8(3)
拡張DIO
CN8(4)
uSD カード挿入検出
CN4(CD)
nPHYINT(Ethernet 割込み)
U11(12)
拡張 DIO
CN8(19)
RS232C(1) 受信データ
CN5(3)
RS232C(1)送信データ
CN5(2)
LED 制御
(0:ON,1:OFF)
LED1(C)
RS232C(1) nCTS
(0:ON,1:OFF)
CN5(5)
RS232C(1) nRTS
(0:ON,1:OFF)
CN5(4)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
13
14
15
16
17
18
19
20
端子名
P50
INT00_0
AIN0_2
SIN3_1
RTO10_0
IC20_0
MOEX_0
P51
INT01_0
BIN0_2
SOT3_1
RTO11_0
IC21_0
MWEX_0
P52
INT02_0
ZIN0_2
SCK3_1
RTO12_0
IC22_0
MDQM0_0
P53
SIN6_0
TIOA01_2
INT07_2
RTO13_0
IC23_0
MDQM1_0
P54
SOT6_0
TIOB01_2
RTO14_0
MALE_0
P55
SCK6_0
ADTG_1
RTO15_0
MRDY_0
P56
SIN1_0
INT08_2
TIOA09_2
DTTI1X_0
MNALE_0
P57
SOT1_0
TIOB09_2
INT16_1
MNCLE_0
機能概要
汎用入出力ポート
外部割込み 00 入力
QPRC ch.0 AIN 入力
マルチファンクションシリアル ch3 入力
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
多機能タイマ 2 の 16bit インプットキャプチャ入力
SRAM リード信号
汎用入出力ポート
外部割込み 01 入力
QPRC ch.0 BIN 入力
マルチファンクションシリアル ch3 出力
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
多機能タイマ 2 の 16bit インプットキャプチャ入力
SRAM ライト信号
汎用入出力ポート
外部割込み 02 入力
QPRC ch.0 ZIN 入力
マルチファンクションシリアル ch3 クロック
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
多機能タイマ 2 の 16bit インプットキャプチャ入力
外部データ BUS 下位バイトイネーブル
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch3 入力
ベースタイマー ch.1 の TIOA
外部割込み 07 入力
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
多機能タイマ 2 の 16bit インプットキャプチャ入力
外部データ BUS 上位バイトイネーブル
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch6 出力
ベースタイマー ch.1 の TIOB
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
アドレスラッチイネーブル(マルチプレクス時)
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch6 クロック
A/D コンバータ外部トリガ入力
多機能タイマ 1 の波形ジェネレータ出力
外部 RDY 入力
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 入力
外部割込み 08 入力
ベースタイマー ch.9 の TIOA
多機能タイマ ch.1 波形ジェネレータ入力
NAND FLASH 用 ALE 信号
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 出力
ベースタイマー ch.9 の TIOB
外部割込み 16 入力
NAND FLASH 用 CLE 信号
(続く)
14
選択機能
I/O
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
△
▲
△
△
×
×
×
×
×
○
○
▲
△
△
△
×
×
×
×
○
×
O
O
O
O
I/O
O
I/O
O
I
I/O
I
I
I/O
I
I
-
用途
外部接続先
BUS リード信号
-
BUS ライト信号
-
BUS 下位バイトイネーブル
-
BUS 上位バイトイネーブル
-
拡張DIO
BUS ウェイトリクエスト信号
CN8(5)
-
拡張DIO
CN8(6)
PC/104 IRQ15 割込み
P2(D6)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
21
22
23
24
25
26
27
端子名
P58
SCK1_0
TIOA11_2
INT17_1
MNWEX_0
P59
SIN7_0
RX1_1
TIOB11_2
INT09_2
MNREX_0
P5A
SOT7_0
TX1_1
TIOA13_1
INT18_1
MCSX0_0
P5B
SCK7_0
TIOB13_1
INT19_1
MCSX1_0
P5C
TIOA06_2
INT28_0
IC20_1
P5D
TIOB06_2
INT29_0
DTTI2X_1
VSS
機能概要
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 クロック
ベースタイマー ch.11 の TIOA
外部割込み 17 入力
NAND FLASH 用ライト信号
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch7 入力
CAN ch1 RX
ベースタイマー ch.11 の TIOB
外部割込み 09 入力
NAND FLASH 用リード信号
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch7 出力
CAN ch1 TX
ベースタイマー ch.13 の TIOA
外部割込み 18 入力
外部 BUS CS0
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch7 クロック
ベースタイマー ch.13 の TIOB
外部割込み 18 入力
外部 BUS CS1
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.6 の TIOA
外部割込み 28 入力
多機能タイマ 2 の 16bit インプットキャプチャ入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.6 の TIOB
外部割込み 29 入力
多機能タイマ ch.2 波形ジェネレータ入力
GND
(続く)
15
選択機能
I/O
×
×
×
○
×
△
△
△
△
△
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
△
△
△
△
△
△
△
△
○
I
I/O
I
I
I/O
I
O
O
I/O
I/O
I
I
I/O
I/O
I
I
P
用途
外部接続先
PC/104 IRQ12 割込み
P2(D5)
拡張DIO
CN8(7)
ROM ソケット(U19)
SRAM
nCS 信号
nCS 信号
U19(22)
U21(42)
拡張 DIO
CN8(8)
拡張 DIO
CN8(9)
GND
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
端子名
P30
AIN0_0
TIOB00_1
INT03_2
P31
BIN0_0
TIOB01_1
SCK6_1
INT04_2
P32
ZIN0_0
TIOB02_1
SOT6_1
INT05_2
P33
INT04_0
TIOB03_1
SIN6_1
ADTG_6
P34
FRCK0_0
TX0_1
TIOB04_1
P35
IC03_0
RX0_1
TIOB05_1
INT08_1
P36
IC02_0
SIN5_2
INT09_1
TIOA12_2
MCSX2_0
P37
IC01_0
SOT5_2
INT10_1
TIOB12_2
MCSX3_0
P38
IC00_0
SCK5_2
INT11_1
MCLKOUT_0
P39
DTTI0X_0
ADTG_2
機能概要
汎用入出力ポート
QPRC ch.0 の AIN 入力
ベースタイマー ch.0 の TIOB
外部割込み 03 入力
汎用入出力ポート
QPRC ch.0 の BIN 入力
ベースタイマー ch.1 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch6 クロック
外部割込み 04 入力
汎用入出力ポート
QPRC ch.0 の ZIN 入力
ベースタイマー ch.2 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch6 出力
外部割込み 05 入力
汎用入出力ポート
外部割込み 05 入力
ベースタイマー ch.2 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch6 入力
A/D コンバータ外部トリガ入力
汎用入出力ポート
16bit フリーランニングタイマ ch.0 クロック入力
CAN ch0 TX
ベースタイマー ch.4 の TIOB
汎用入出力ポート
多機能タイマ 3 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
CAN ch0 RX
ベースタイマー ch.5 の TIOB
外部割込み 08 入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ 2 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
マルチファンクションシリアル ch5 入力
外部割込み 09 入力
ベースタイマー ch.12 の TIOA
外部 BUS CS2
汎用入出力ポート
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
マルチファンクションシリアル ch5 出力
外部割込み 10 入力
ベースタイマー ch.12 の TIOB
外部 BUS CS3
汎用入出力ポート
多機能タイマ 0 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
マルチファンクションシリアル ch5 クロック
外部割込み 11 入力
外部 BUS クロック出力
汎用入出力ポート
多機能タイマ ch.0 波形ジェネレータ入力
A/D コンバータ外部トリガ入力
(続く)
16
選択機能
I/O
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
△
△
△
O
O
O
I
O
I
O
O
O
I/O
I
I
用途
外部接続先
uSD nCS 信号
(0:選択、1:非選択)
CN4(2)
uSD SCLK
(SPI)
CN4(5)
uSD へのシリアルデータ出力
(SPI)
CN4(3)
uSD からのシリアルデータ入力
(SPI)
CN4(7)
CAN シリアルデータ出力
CN6(7-10)
CAN シリアルデータ入力
CN6(7-10)
PC/104(8bit エリア)
セレクト信号
U21(43)
PC/104(16bit エリア)
セレクト信号
U21(44)
PC/104 BUS クロック出力
U21(37)
拡張DIO
CN8(12)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
38
39
40
41
42
43
44
45
端子名
P3A
RTO00_0
TIOA00_1
P3B
RTO01_0
TIOA01_1
P3C
RTO02_0
TIOA02_1
P3D
RTO03_0
TIOA03_1
P3E
RTO04_0
TIOA04_1
P3F
RTO05_0
TIOA05_1
VSS
VCC
機能概要
汎用入出力ポート
多機能タイマ 0 の波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.0 の TIOA
汎用入出力ポート
多機能タイマ 01 波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.1 の TIOA
汎用入出力ポート
多機能タイマ 02 波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.2 の TIOA
汎用入出力ポート
多機能タイマ 03 波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.3 の TIOA
汎用入出力ポート
多機能タイマ 04 波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.4 の TIOA
汎用入出力ポート
多機能タイマ 05 波形ジェネレータ出力
ベースタイマー ch.5 の TIOA
GND
電源
(続く)
17
選択機能
I/O
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
○
○
I/O
O
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
I/O
P
P
用途
外部接続先
拡張DIO
CN8(13)
拡張DIO
CN8(14)
拡張DIO
CN8(15)
拡張DIO
CN8(16)
拡張DIO
CN8(17)
拡張DIO
CN8(18)
GND
+5V
-
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
端子名
P40
TIOA00_0
RTO10_1
INT12_1
P41
TIOA01_0
RTO11_1
INT13_1
P42
TIOA02_0
RTO12_1
P43
TIOA03_0
RTO13_1
ADTG_7
P44
TIOA04_0
RTO14_1
P45
TIOA05_0
RTO15_1
C
VSS
VCC
P46
X0A
P47
X1A
INITX
P48
DTTI1X_1
INT14_1
SIN3_2
P49
TIOB00_0
IC10_1
AIN0_1
SOT3_2
機能概要
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.0 の TIOA
多機能タイマ 10 波形ジェネレータ出力
外部割込み 12 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.1 の TIOA
多機能タイマ 11 波形ジェネレータ出力
外部割込み 13 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.2 の TIOA
多機能タイマ 12 波形ジェネレータ出力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.3 の TIOA
多機能タイマ 13 波形ジェネレータ出力
A/D コンバータ外部トリガ入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.4 の TIOA
多機能タイマ 14 波形ジェネレータ出力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.5 の TIOA
多機能タイマ 15 波形ジェネレータ出力
電源安定化容量端子
GND
電源
汎用入出力ポート
サブクロック入力
汎用入出力ポート
サブクロック出力
リセット入力
汎用入出力ポート
多機能タイマ ch.1 波形ジェネレータ入力
外部割込み 14 入力
マルチファンクションシリアル ch3 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.0 の TIOB
多機能タイマ 10 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
QPRC ch.0 AIN 入力
マルチファンクションシリアル ch3 出力
(続く)
18
選択機能
I/O
△
△
△
▲
△
△
△
▲
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
○
○
○
○
×
○
×
○
△
△
△
△
△
△
△
△
△
I/O
I/O
O
I
I/O
I/O
O
I
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
I
I/O
I/O
O
I/O
I/O
O
-
P
P
I/O
-
I/O
-
I
I/O
I
I
I
I/O
I/O
I
I
O
用途
外部接続先
拡張 DIO
CN8(22)
拡張 DIO
CN8(23)
拡張 DIO
CN8(24)
拡張 DIO
CN8(25)
拡張 DIO
CN8(26)
拡張 DIO
CN8(27)
電源安定化容量端子
GND
+5V
-
-
-
拡張 DIO
CN8(28)
拡張 DIO
CN8(29)
RESET
-
拡張 DIO
CN8(45)
拡張 DIO
CN8(46)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
60
61
62
63
64
端子名
P4A
TIOB01_0
IC11_1
BIN0_1
SCK3_2
MADATA00_0
P4B
TIOB02_0
IC12_1
ZIN0_1
MADATA01_0
P4C
TIOB03_0
IC13_1
SCK7_1
AIN1_2
MADATA02_0
P4D
TIOB04_0
FRCK1_1
SOT7_1
BIN1_2
MADATA03_0
P4E
TIOB05_0
INT06_2
SIN7_1
ZIN1_2
MADATA04_0
機能概要
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.1 の TIOB
多機能タイマ 11 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
QPRC ch.0 BIN 入力
マルチファンクションシリアル ch3 クロック
外部データ BUS0
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.2 の TIOB
多機能タイマ 12 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
QPRC ch.0 ZIN 入力
外部データ BUS1
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.3 の TIOB
多機能タイマ 13 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
マルチファンクションシリアル ch7 クロック
QPRC ch.0 ZIN 入力
外部データ BUS2
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.4 の TIOB
16 ビットフリーランニングタイマ ch.1 の外部クロック入力
マルチファンクションシリアル ch7 出力
QPRC ch.1 BIN 入力
外部データ BUS3
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.5 の TIOB
外部割込み 06 入力
マルチファンクションシリアル ch7 入力
QPRC ch.1 ZIN 入力
外部データ BUS4
(続く)
19
選択機能
I/O
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
-
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
-
I/O
用途
外部接続先
DATA BUS0
-
DATA BUS1
-
DATA BUS2
-
DATA BUS3
-
DATA BUS4
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
端子名
P70
TIOA04_2
TX0_0
MADATA05_0
P71
INT13_2
TIOB04_2
RX0_0
MADATA06_0
P72
SIN2_0
INT14_2
AIN2_0
MADATA07_0
P73
SOT2_0
INT15_2
BIN2_0
MADATA08_0
P74
SCK2_0
ZIN2_0
MADATA09_0
P75
SIN3_0
ADTG_8
INT07_1
MADATA10_0
P76
SOT3_0
TIOA07_2
INT11_2
MADATA11_0
P77
SCK3_0
TIOB07_2
INT12_2
MADATA12_0
P78
AIN1_0
TIOA15_0
MADATA13_0
P79
BIN1_0
TIOB15_0
INT23_1
MADATA14_0
機能概要
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.4 の TIOA
CAN ch0 TX
外部データ BUS5
汎用入出力ポート
外部割込み 13 入力
ベースタイマー ch.4 の TIOB
CAN ch0 RX
外部データ BUS6
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 入力
外部割込み 14 入力
QPRC ch.2 AIN 入力
外部データ BUS7
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 出力
外部割込み 15 入力
QPRC ch.2 BIN 入力
外部データ BUS8
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 クロック
QPRC ch.2 ZIN 入力
外部データ BUS9
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch3 入力
A/D コンバータ外部トリガ入力
外部割込み 07 入力
外部データ BUS10
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch3 出力
ベースタイマー ch.7 の TIOA
外部割込み 11 入力
外部データ BUS11
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch3 クロック
ベースタイマー ch.7 の TIOB
外部割込み 12 入力
外部データ BUS12
汎用入出力ポート
QPRC ch.1 AIN 入力
ベースタイマー ch.15 の TIOA
外部データ BUS13
汎用入出力ポート
QPRC ch.1 BIN 入力
ベースタイマー ch.15 の TIOB
外部割込み 23 入力
外部データ BUS14
(続く)
20
選択機能
I/O
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
○
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
-
-
-
I/O
-
-
-
-
I/O
用途
外部接続先
DATA BUS5
-
DATA BUS6
-
DATA BUS7
-
DATA BUS8
-
DATA BUS9
-
DATA BUS10
-
DATA BUS11
-
DATA BUS12
-
DATA BUS13
-
DATA BUS14
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
端子名
P7A
ZIN1_0
INT24_1
MADATA15_0
P7B
TIOB07_0
INT10_0
P7C
TIOA07_0
INT11_0
P7D
TIOA14_1
FRCK2_1
INT12_0
P7E
TIOB14_1
IC21_1
INT24_0
P7F
TIOA15_1
IC22_1
INT25_0
PF0
TIOB15_1
SIN1_2
INT13_0
IC23_1
PF1
TIOA08_1
SOT1_2
INT14_0
PF2
TIOB08_1
SCK1_2
INT15_0
PE0
MD1
MD0
PE2
X0
PE3
X1
VSS
VCC
機能概要
汎用入出力ポート
QPRC ch.1 ZIN 入力
外部割込み 24 入力
外部データ BUS15
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.7 の TIOB
外部割込み 10 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.7 の TIOA
外部割込み 11 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.14 の TIOA
16 ビットフリーランニングタイマ ch.2 の外部クロック入力
外部割込み 12 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.7 の TIOB
多機能タイマ 21 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部割込み 24 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.15 の TIOA
多機能タイマ 22 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部割込み 25 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.15 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch1 入力
外部割込み 13 入力
多機能タイマ 23 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.8 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch1 出力
外部割込み 13 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.8 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch1 クロック
外部割込み 15 入力
汎用入出力ポート
モード設定端子 1
モード設定端子 0
汎用入出力ポート
メインクロック入力
汎用入出力ポート
メインクロック入力
GND
電源
(続く)
21
選択機能
I/O
×
×
×
○
△
×
○
△
×
○
△
×
×
○
△
×
×
○
△
×
×
○
△
×
×
○
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
○
○
×
○
×
○
○
○
-
-
-
I/O
I
-
I
I
-
I
I
-
-
I
I
-
-
I
I
-
-
I
I
-
-
I
-
O
-
-
-
-
-
-
I
-
I
I
-
-
P
P
用途
DATA BUS15
外部接続先
-
PC/104 IRQ9 割込み
P1(B4)
PC/104 IRQ7 割込み
P1(B21)
PC/104 IRQ6 割込み
P1(B22)
PC/104 IRQ14 割込み
P2(D7)
外付 ADC nBUSY 信号
U27(22)
USB 電源入力割込み
(0:OFF,1:ON)
CN1(1)
USB ch.0 D+外部プルアップ制御
端子
(0ON,1:OFF)
U2(1)
nRTCINT(RTC 割込み)
U5(10)
モード設定端子 1
デフォルト 0(0V)
モード設定端子 1 デフォルト 0(0V)
-
-
XTAL(4MHZ)
-
XTAL(4MHZ)
-
GND
+5V
-
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
90
91
92
93
94
95
96
97
98
端子名
P10
AN00
MCSX7_0
P11
AN01
SIN1_1
RX1_2
INT02_1
FRCK0_2
MCSX6_0
P12
AN02
SOT1_1
TX1_2
IC00_2
MCSX5_0
P13
AN03
SCK1_1
IC01_2
MCSX4_0
P14
AN04
SIN0_1
INT03_1
IC02_2
MAD00_0
P15
AN05
SOT0_1
IC03_2
MAD01_0
P16
AN06
SCK0_1
INT20_1
MAD02_0
P17
AN07
SIN2_2
INT04_1
MAD03_0
P18
AN08
SOT2_2
INT21_1
MAD04_0
機能概要
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
外部 BUS CS7
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 入力
CAN ch1 RX
外部割込み 2 入力
16 ビットフリーランニングタイマ ch.0 の外部クロック入力
外部 BUS CS6
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 出力
CAN ch1 TX
多機能タイマ 0 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS CS5
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch1 クロック
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS CS4
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 入力
外部割込み 3 入力
多機能タイマ 2 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 0
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 出力
多機能タイマ 3 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 1
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 クロック
外部割込み 20 入力
外部 BUS アドレス 2
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 入力
外部割込み 4 入力
外部 BUS アドレス 3
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 出力
外部割込み 21 入力
外部 BUS アドレス 4
(続く)
22
選択機能
I/O
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
I
-
-
-
-
I
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
用途
外部接続先
RS232C(2) nCTS
CN5(10)
RS232C(2)受信データ
CN5(8)
RS232C(2)送信データ
CN5(7)
RS232C(2)nRTS
CN5(9)
アドレス BUS0
-
アドレス BUS1
-
アドレス BUS2
-
アドレス BUS3
-
アドレス BUS4
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
端子名
P19
AN09
SCK2_2
INT22_1
MAD05_0
P1A
AN10
SIN4_1
INT05_1
TIOA13_2
IC00_1
MAD06_0
P1B
AN11
SOT4_1
INT25_1
TIOB13_2
IC01_1
MAD07_0
P1C
AN12
SCK4_1
INT26_1
TIOA14_2
IC02_1
MAD08_0
P1D
AN13
CTS4_1
INT27_1
TIOB14_2
IC03_1
MAD09_0
P1E
AN14
RTS4_1
INT28_1
TIOA15_2
DTTI0X_1
MAD10_0
P1F
AN15
ADTG_5
INT29_1
TIOB15_2
FRCK0_1
MAD11_0
AVCC
AVRH
AVSS
VSS
機能概要
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 クロック
外部割込み 22 入力
外部 BUS アドレス 5
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch4 入力
外部割込み 5 入力
ベースタイマー ch.13 の TIOA
多機能タイマ 0 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 6
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch4 出力
外部割込み 25 入力
ベースタイマー ch.13 の TIOB
多機能タイマ 1 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 7
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch4 クロック
外部割込み 26 入力
ベースタイマー ch.14 の TIOA
多機能タイマ 2 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 8
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch4 CTS 入力
外部割込み 27 入力
ベースタイマー ch.14 の TIOB
多機能タイマ 3 の 16 ビットインプットキャプチャ入力
外部 BUS アドレス 9
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch4 RTS 出力
外部割込み 28 入力
ベースタイマー ch.15 の TIOA
多機能タイマ ch.0 波形ジェネレータ入力
外部 BUS アドレス 10
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
A/D コンバータ外部トリガ入力
外部割込み 29 入力
ベースタイマー ch.15 の TIOB
16 ビットフリーランニングタイマ ch.0 の外部クロック入力
外部 BUS アドレス 11
アナログ電源
アナログリファレンス
アナログ GND
GND
(続く)
23
選択機能
I/O
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
○
○
○
○
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
P
P
P
P
用途
外部接続先
アドレス BUS5
-
アドレス BUS6
-
アドレス BUS7
-
アドレス BUS8
-
アドレス BUS9
-
アドレス BUS10
-
アドレス BUS11
-
+5V
+5V
GND
GND
-
-
-
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
110
111
112
113
114
115
116
117
118
端子名
PB0
AN16
TIOA09_1
SIN7_2
INT16_0
PB1
AN17
TIOB09_1
SOT7_2
INT17_0
PB2
AN18
TIOA10_1
SCK7_2
INT18_0
PB3
AN19
TIOB10_1
INT19_0
PB4
AN20
TIOA11_1
SIN0_2
INT20_0
PB5
AN21
TIOB11_1
SOT0_2
INT21_0
AIN2_2
PB6
AN22
TIOA12_1
SCK0_2
INT22_0
BIN2_2
PB7
AN23
TIOB12_1
INT23_0
ZIN2_2
P29
AN24
MAD12_0
機能概要
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.9 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch7 入力
外部割込み 16 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.9 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch7 出力
外部割込み 17 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.10 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch7 クロック
外部割込み 18 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.10 の TIOB
外部割込み 19 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.11 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch0 入力
外部割込み 20 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.11 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch0 出力
外部割込み 21 入力
QPRC ch.2 AIN 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.12 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch0 クロック
外部割込み 22 入力
QPRC ch.2 BIN 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
ベースタイマー ch.12 の TIOB
外部割込み 23 入力
QPRC ch.2 ZIN 入力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
外部 BUS アドレス 12
(続く)
24
選択機能
I/O
○
×
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
△
×
×
○
△
×
×
×
○
△
×
×
×
○
×
△
×
×
×
○
×
△
×
×
○
×
×
×
○
O
-
-
-
-
-
-
-
I/O
-
-
-
-
O
-
I
-
-
I
I
-
-
-
I
I
-
-
-
I
-
I
-
-
-
I
-
I
-
-
I
-
-
-
O
用途
外付 ADCSTART 信号
外部接続先
U27(27,28)
I2C SDA 信号
U4(5),U5(13)
I2C SCK 信号
U4(6),U5(2)
PC/104 IRQ11 割込み
P2(D4)
PC/104 IRQ10 割込み
P2(D3)
PC/104 IRQ3 割込み
P1(B25)
PC/104 IRQ4 割込み
P1(B24)
PC/104 IRQ5 割込み
P2(B23)
アドレス BUS12
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端子
番号
119
120
121
122
123
124
125
126
127
端子名
P28
AN25
ADTG_4
INT09_0
RTO05_1
MAD13_0
P27
AN26
INT02_2
RTO04_1
MAD14_0
P26
AN27
SCK2_1
RTO03_1
MAD15_0
P25
AN28
SOT2_1
TX1_0
RTO02_1
MAD16_0
P24
AN29
SIN2_1
RX1_0
INT01_2
RTO01_1
MAD17_0
P23
AN30
SCK0_0
TIOA07_1
RTO00_1
P22
AN31
SOT0_0
TIOB07_1
ZIN1_1
P21
SIN0_0
INT06_1
BIN1_1
P20
INT05_0
CROUT_0
UHCONX1
AIN1_1
MAD18_0
機能概要
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
A/D コンバータ外部トリガ入力
外部割込み 9 入力
多機能タイマ 5 の波形ジェネレータ出力
外部 BUS アドレス 13
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
外部割込み 2 入力
多機能タイマ 4 の波形ジェネレータ出力
外部 BUS アドレス 14
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 クロック
多機能タイマ 3 の波形ジェネレータ出力
外部 BUS アドレス 15
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 出力
CAN ch1 TX
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
外部 BUS アドレス 16
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch2 入力
CAN ch1 RX
外部割込み 1 入力
多機能タイマ 2 の波形ジェネレータ出力
外部 BUS アドレス 17
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 クロック
ベースタイマー ch.7 の TIOA
多機能タイマ 0 の波形ジェネレータ出力
汎用入出力ポート
アナログ入力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 出力
ベースタイマー ch.7 の TIOB
QPRC ch.1 ZIN 入力
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch0 入力
外部割込み 6 入力
QPRC ch.1 BIN 入力
汎用入出力ポート
外部割込み 5 入力
CR 発信クロック出力
USB1 プルアップ制御出力
QPRC ch.1 AIN 入力
外部 BUS アドレス 18
(続く)
25
選択機能
I/O
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
○
×
×
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
×
×
×
×
×
○
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
-
O
O
-
-
-
-
-
-
O
-
-
-
I
-
-
-
-
-
-
-
O
用途
外部接続先
アドレス BUS13
-
アドレス BUS14
-
アドレス BUS15
-
アドレス BUS16
-
アドレス BUS17
-
RS422/485 送信出力制御
(0:送信不可、1:送信可)
U15(3)
RS422/485 シリアル出力
U15(5)
RS422/485 シリアル入力
U15(2)
アドレス BUS18
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
端子名
PF6
FRCK2_0
NMIX
USBVCC1
P82
UDM1
P83
UDP1
VSS
VCC
P00
TRSTX
P01
TCK
P02
TDI
P03
TMS
P04
TDO
P90
TIOB08_0
RTO20_1
INT30_0
MAD19_0
P91
TIOB09_0
RTO21_1
INT31_0
MAD20_0
P92
TIOB10_0
RTO22_1
SIN5_1
MAD21_0
P93
TIOB11_0
RTO23_1
SOT5_1
MAD22_0
P94
TIOB12_0
RTO24_1
SCK5_1
INT26_0
MAD23_0
P95
TIOB13_0
RTO25_1
INT27_0
MAD24_0
機能概要
汎用入出力ポート
16 ビットフリーランニングタイマ ch.2 の外部クロック入力
NMI 入力
内蔵 USB 電源
汎用入出力ポート
USB1 DM1
汎用入出力ポート
USB1 DP1
GND
電源
汎用入出力ポート
TRST
汎用入出力ポート
TCK
汎用入出力ポート
TDI
汎用入出力ポート
TMS
汎用入出力ポート
TDO
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.8 の TIOB
多機能タイマ 20 の波形ジェネレータ出力
外部割込み 30 入力
外部 BUS アドレス 19
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.9 の TIOB
多機能タイマ 21 の波形ジェネレータ出力
外部割込み 31 入力
外部 BUS アドレス 20
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.10 の TIOB
多機能タイマ 22 の波形ジェネレータ出力
マルチファンクションシリアル ch5 入力
外部 BUS アドレス 21
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.11 の TIOB
多機能タイマ 23 の波形ジェネレータ出力
マルチファンクションシリアル ch5 出力
外部 BUS アドレス 22
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.12 の TIOB
多機能タイマ 24 の波形ジェネレータ出力
マルチファンクションシリアル ch5 クロック
外部割込み 26 入力
外部 BUS アドレス 23
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.13 の TIOB
多機能タイマ 25 の波形ジェネレータ出力
外部割込み 27 入力
外部 BUS アドレス 24
(続く)
26
選択機能
I/O
×
×
○
○
×
○
×
○
○
○
×
○
×
○
×
○
×
○
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
-
-
I
P
-
I/O
-
I/O
P
P
-
I
-
I
-
I
-
I
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
用途
PC/104 nIOCHK 入力
+3.3V
外部接続先
P1(A1)
-
USB HOST 送受信-
CN2(2)
USB HOST 送受信+
CN2(3)
GND
+5V
-
-
JTAG TRST
CN7(3)
JTAG TCK
CN7(9)
JTAG TDI
CN7(5)
JTAG TMS
CN7(7)
JTAG TDO
CN7(13)
アドレス BUS19
-
アドレス BUS20
-
アドレス BUS21
-
アドレス BUS22
-
アドレス BUS23
-
アドレス BUS24
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
端子名
PC0
E_RXER0_RXDV1
PC1
E_RX03_RX11
PC2
E_RX02_RX10
PC3
E_RX01
TIOA06_1
PC4
E_RX00
TIOA08_2
PC5
E_RXDV0
TIOA10_2
PC6
E_MDIO0
TIOA14_0
PC7
E_MDC0
CROUT_1
PC8
E_RXCK0_REFCK
PC9
E_COL0
PCA
E_CRS0
ETHVCC
VSS
PCB
E_COUT
PCC
E_MDIO1
PCD
E_TCK0_MDC1
PCE
E_TXER0_TXEN1
RTS4_0
TIOB06_1
PCF
E_TX03_TX11
CTS4_0
TIOB08_2
機能概要
汎用入出力ポート
ch.0 受信エラー検出/ch.1 受信データ有効
汎用入出力ポート
ch.0 受信データ 3/ch.1 受信データ 1
汎用入出力ポート
ch.0 受信データ 2/ch.1 受信データ 0
汎用入出力ポート
ch.1 受信データ 1
ベースタイマー ch.6 の TIOA
汎用入出力ポート
ch.0 受信データ 0
ベースタイマー ch.8 の TIOA
汎用入出力ポート
ch.0 受信データ有効
ベースタイマー ch.10 の TIOA
汎用入出力ポート
ch.0 マネジメントデータ
ベースタイマー ch.14 の TIOA
汎用入出力ポート
ch.0 マネジメントクロック
高速内蔵 CR 発振クロック出力
汎用入出力ポート
ch.0 受信クロック入力/リファレンスクロック
汎用入出力ポート
ch.0 衝突検出
汎用入出力ポート
ch.0 キャリア検出
Ether モジュール電源
GND
汎用入出力ポート
EtherPHY へのクロック出力端子
汎用入出力ポート
ch.1 マネジメントデータ
汎用入出力ポート
ch.0 送信クロック/ch.1 マネジメントクロック
汎用入出力ポート
ch.0 送信データエラー/ch.1 送信データ有効
マルチファンクションシリアル ch4RTS 出力
ベースタイマー ch.6 の TIOB
汎用入出力ポート
ch.0 送信データ 3/ch.1 送信データ 1
マルチファンクションシリアル ch4CTS 入力
ベースタイマー ch.8 の TIOB
(続く)
27
選択機能
I/O
○
×
○
×
○
×
×
○
×
×
○
×
×
○
×
×
○
×
×
○
×
×
○
○
×
○
×
○
○
○
×
○
×
○
×
△
×
×
△
△
×
×
△
I/O
-
I/O
-
I/O
-
-
I
-
-
I
-
-
I
-
-
O
-
-
O
-
-
I
I/O
-
I/O
-
P
P
I/O
-
I/O
-
I/O
-
I/O
-
-
I/O
I/O
-
-
I/O
用途
拡張 DIO
S4(1)入力(0:ON,1:OFF)
拡張 DIO
S4(2)入力(0:ON,1:OFF)
拡張 DIO
S4(3)入力(0:ON,1:OFF)
外部接続先
CN8(32)
CN8(33)
CN8(34)
PHY ch.1 受信データ 1
U11(20)
PHY ch.0 受信データ 0
U11(22)
PHY ch.0 受信データ有効
U11(23)
PHY ch.0 マネジメントデータ
U11(13)
PHY ch.1 マネジメントクロック
U11(14)
PHY ch.0 受信クロック入力
U11(37)
拡張 DIO
S4(4)入力(0:ON,1:OFF)
拡張 DIO
S4(5)入力(0:ON,1:OFF)
+5V
GND
拡張 DIO
S4(6)入力(0:ON,1:OFF)
拡張 DIO
S4(7)入力(0:ON,1:OFF)
拡張 DIO
S4(8)入力(0:ON,1:OFF)
CN8(35)
CN8(36)
-
-
CN8(37)
CN8(38)
CN8(39)
拡張 DIO
CN8(43)
拡張 DIO
CN8(44)
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
(続き)
端
子
番
号
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
端子名
PD0
E_TX02_TX10
SCK4_0
TIOB10_2
INT30_1
PD1
E_TX01
SOT4_0
TIOB14_0
INT31_1
PD2
E_TX00
SIN4_0
TIOA03_2
INT00_2
PD3
E_TXEN0
TIOB03_2
P62
E_PPS0_PPS1
SCK5_0
ADTG_3
P61
SOT5_0
TIOB02_2
UHCONX0
P60
SIN5_0
TIOA02_2
INT15_1
PF3
TIOA06_0
SIN6_2
INT06_0
AIN2_1
PF4
TIOB06_0
SOT6_2
INT07_0
BIN2_1
PF5
SCK6_2
INT08_0
ZIN2_1
USBVCC0
P80
UDM0
P81
UDP0
VSS
機能概要
汎用入出力ポート
ch.0 送信データ 2/ch.1 送信データ 0
マルチファンクションシリアル ch4 クロック
ベースタイマー ch.10 の TIOB
外部割込み 30 入力
汎用入出力ポート
ch.0 送信データ 1
マルチファンクションシリアル ch4 出力
ベースタイマー ch.14 の TIOB
外部割込み 31 入力
汎用入出力ポート
ch.0 送信データ 0
マルチファンクションシリアル ch4 入力
ベースタイマー ch.3 の TIOA
外部割込み 0 入力
汎用入出力ポート
ch.0 送信データ有効
ベースタイマー ch.3 の TIOB
汎用入出力ポート
ch,0 PTP カウントモニタ/ch.1 PTP カウントモニタ
マルチファンクションシリアル ch4 クロック
A/D コンバータ外部トリガ入力
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch5 出力
ベースタイマー ch.2 の TIOB
USB ch.0 外部プルアップ制御端子
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch5 入力
ベースタイマー ch.2 の TIOA
外部割込み 15 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.6 の TIOA
マルチファンクションシリアル ch6 入力
外部割込み 6 入力
QPRC ch.2 AIN 入力
汎用入出力ポート
ベースタイマー ch.6 の TIOB
マルチファンクションシリアル ch6 出力
外部割込み 7 入力
QPRC ch.2 BIN 入力
汎用入出力ポート
マルチファンクションシリアル ch6 クロック
外部割込み 8 入力
QPRC ch.2 ZIN 入力
USB モジュール電源
汎用入出力ポート
USB0 DM0
汎用入出力ポート
USB0 DP0
GND
28
選択機能
I/O
△
×
×
△
△
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
×
○
×
×
×
○
×
×
○
×
×
×
○
×
×
△
△
▲
△
△
△
△
▲
△
△
△
△
△
△
○
×
○
×
○
○
I/O
-
-
I/O
I/O
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
-
O
-
-
-
O
-
-
O
-
-
-
I
-
-
I/O
I/O
I
I
I
I/O
I/O
O
I
I
I/O
I/O
I
I
P
-
I/O
-
I/O
P
用途
外部接続先
拡張 DIO
CN8(42)
PHY ch.0 送信データ 1
U11(33)
PHY ch.0 送信データ 0
U11(30)
PHY ch.0 送信データ有効
U11(29)
外付 ADC への シリアルクロック
出力(SPI)
U27(26)
外付 ADC への シリアルデータ
出力(SPI)
U27(25)
外付 ADC からの シリアルデータ
入力(SPI)
U27(23)
拡張 DIO
CN8(47)
拡張 DIO
CN8(48)
拡張 DIO
CN8(49)
+3.3V
-
USB SLAVE 送受信-
CN1(2)
USB SLAVE 送受信+
CN1(3)
GND
-
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-9)アドレスマップ
MPCARM-FM3SP のアドレスマップマップを下表に示します。
表 8 アドレスマップ
アドレス
H'00000000
H'000FFFFF
H'00100000
H'00101FFF
H'00102000
H'1FFEFFFF
H'1FFF0000
H'1FFFFFFF
H'20000000
H'2000FFFF
H'20010000
H'21FFFFFF
H'22000000
H'23FFFFFF
H'24000000
H'3FFFFFFF
H'40000000
H'41FFFFFF
H'42000000
H'43FFFFFF
H'44000000
H'5FFFFFFF
H'60000000
H'6000FFFF
H'60010000
H'63FFFFFF
H'64000000
H'643FFFFF
H'64000000
H'67FFFFFF
H'68000000
H'6800FFFF
H'68010000
H'681FFFFF
H'68200000
H'682FFFFF
H'68300000
H'6BFFFFFF
H'6C000000
H'6C00FFFF
H'6C010000
H'6CFFFFFF
H'6D000000
H'6DFFFFFF
デバイス
On-chip Flash
サイズ
-
Reserved
-
On-chip SRAM0
64KB
On-chip SRAM1
64KB
Bit band alias
-
-
Peripherals
-
-
IC ソケット
64KB
SRAM
(CY62167ELL)
ミラーエリア
PC/104 8 ビット
I/O エリア
ミラーエリア
PC/104 8 ビット
メモリエリア
ミラーエリア
PC/104 16 ビット
I/O エリア
ミラーエリア
PC/104 16 ビット
メモリエリア
-
CS0
8bit
CS1
16bit
CS2
8bit
CS3
16bit
32MB
Reserved
ミラーエリア
-
備考
32MB
Reserved
Bit band alias
BUS 幅
1MB
Security/CR Trim
Reserved
領域
-
4MB
-
SRAM の容量はオプションにより
8MB まで増設可能
64KB
-
1MB
-
64KB
-
16MB
※外部バス設定に関する各レジスタの設定は、「FM3 ファミリペリフェラルマニュアル」、及び、付属のサンプルプログ
ラムの当該箇所をご参考にして下さい。
29
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-10)SRAM(オプション実装)
MPCARM-FM3SP には、ワークメモリとして 4MB の SRAM(CY62167ELL)を搭載可能です。。
仕様に関しましては、本書表 8、表 9 の関連項目、及び、各デバイスのデータシートをご参照下さい。
4-11)シリアルEEPROM(オプション実装)
MPCARM-FM3SP には、MAC アドレス、設定パラメータ等の比較的小容量な不揮発データを保存するため、
標準 16Kbyte のシリアル EEPROM(24AA16-I/ST)が搭載可能です。。
24AA16-I/ST と CPU は下図の構成で接続されており、制御は、CPU 内蔵マルチファンクションシリアルイ
ンターフェース(以下 MFS と記載)チャネル 7 を I2C モードに設定することにより行います。
尚 シリアル EEPROM の先頭 6byte には、出荷時に Ethernet MAC アドレスが書き込まれていますので、消
去/上書きをされぬようご注意下さい。
図 4 シリアルEEPROM接続構成
RTC
SCK7_2
SCL
SOT7_2
SDA EEPROM
(24AA16-I/ST)
MB9BFD18
CPU
=+5V電源にてに10KΩでプルアップされています。
表 9 シリアル EEPROM スレーブアドレス
スレーブアドレス
Read
H'C1
Write
H'C0
30
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-12)RTC(オプション実装)
MPCARM-FM3SP には、温度補償発振器内蔵、高精度時計機能 IC(RTC)RX-8803A が搭載可能です。。
CPU と RTC は下図の接続となっており、RTC の制御は MFS チャネル 7 を I2C モードに設定することにより
行います。
尚 I2C バスのデバッグ等で RTC が I2C バスをドライブしたままになってしまった場合等は、基板への電
源を切り、JP2 を開放することにより RTC をリセットして下さい。
(リセットした後は、日時も初期化されますので再度 RTC の設定が必要です。)
図 5 RTC接続図
MB9BFD18
CPU
INT15_0
nINT
RTC
(RX-8803SA)
EVIN
SCL SDA
GND
SCK7_2
EEPROM
SOT7_2
=+5V電源にてに10KΩでプルアップされています。
表 10 RTCスレーブアドレス
スレーブアドレス
Read
H'65
Write
H'64
31
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
4-13)LED
MPCARM-FM3SP には、CPU の動作状態などを表示するモニタ LED(橙)が 1 個、電源モニタ用 LED(橙)が
2 個実装されています。
4-13-1)モニタLED(LED1)
モニタ LED は、CPU 内蔵 GPIO に接続されており、CPU の当該端子を GPIO 出力に設定。
図 6 モニタLEDの接続図
VCC
MB9BFD18
CPU
P07
LED1
1KΩ
表 11 モニタLED制御仕様
CPU 端子名
CPU 端子番号
P07/TRACED2/ADTG_0/SCK4_2
10
機能設定
端子選択
入出力
P07
出力
4-13-2)電源LED(LED2,3)
電源 LED は、電源(+5V,+3.3V)の ON/OFF をモニタします。
図 7 電源LEDの接続図
+5V
+3.3V
1.5KΩ
1KΩ
LED2
LED3
GND
GND
32
制御
点灯
0 を出力
消灯
1 を出力
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5.外部インターフェース
5-1)USBスレーブインターフェース(CN1)
本基板 CN1 には USB ミニ A/B コネクタが実装されており、CPU 内蔵 USB コントローラチャネル 0 が接続さ
れています。
図 8 USBスレーブインターフェース接続図
MB9BFD18
CPU
CN1
VBUS
INT13_0
1
+5V
PF0
15KΩ
D+
UDP1
27Ω
UDM1
3
D-
2
4
27Ω
GND
表 12 USBスレーブコネクタ仕様(CN1)
使用コネクタ:56579-0576(モレックス)または同等品
勘合ソケット:USB miniABソケット
端子 No.
1
2
3
4
5
信号名称
VBUS
D-
D+
ID
GND
I/O
I
I/O
I/O
-
P
信号レベル
+5VDC
USB DATA LINE DUSB DATA LINE D+
-
GND
内
容
バス電源(+5V)
データ(-)
データ(+)
未使用
シグナルグランド
5-2)USBホストインターフェース(CN2)(オプション実装)
本基板 CN1 には USB-A コネクタが実装されており、CPU 内蔵 USB コントローラチャネル 1 が接続されてい
ます。
図 9 USBホストインターフェース接続図
MB9BFD18
CPU
CN2
+5V
VBUS
D+
UDP1
27Ω
UDM1
D-
27Ω
1
3
2
4
GND
表 13 USBホストコネクタ仕様(CN2)
使用コネクタ:1734082(TE Conenectivity)または同等品
勘合ソケット:USB A ソケット
端子 No.
1
2
3
4
信号名称
VBUS
D-
D+
GND
I/O
O
I/O
I/O
P
信号レベル
+5VDC
USB DATA LINE DUSB DATA LINE D+
GND
33
内
容
バス電源(+5V)
データ(-)
データ(+)
シグナルグランド
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-3)Ethernetインターフェース(CN3) (オプション実装)
本基板 CN3 にはトランス内蔵 RJ45 コネクタを実装することにより、PHY を経由(RMII 接続)して
10Mbps/100Mbps の転送モードに対応した CPU 内蔵 Ethernet メディアアクセスコントローラ(EMAC)チ
ャネル 0 に接続され、外部機器とは 10/100 BASE-T での接続が可能です。
図 10 Ethernet 接続図
nRESET
RESET_N
INITX
E_TXEN0
E_TX0[0:1]
TX_EN
TXD[0:1]
E_RXDV
E_RX0[0:1]
RXDV
RXD[0:1]
レベルシフタ
(TXB0104/
0108)
E_MDIO0
E_MDC0
TP_AP/N
TP_BP/N
LED[0:1]
MDIO
MDC
INT03_0
INT
E_REF_CLK
REF_IN
Ethernet PHY
(ICS1894K)
MB9BFD18
CPU
OSC
(50MHz)
=+3.3V電源にて10KΩでプルアップされています。
図 11 Ethernetコネクタ外形(コネクタ挿入側より見た図)
1
8
TX/RX LED(Green)
Link LED(Yellow)
表 14 Ethernetコネクタ仕様(CN3)
使用コネクタ:XRJG-01J-4-D12-110(xmultiple)または同等品
端子 No.
1
2
3
4
5
6
7
8
信号名称
TX+
TX-
RX+
NC
NC
RX-
NC
NC
内
容
送信+
送信-
受信+
未接続
未接続
受信-
未接続
未接続
34
CN3
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-4)uSDインターフェース(CN4) (オプション実装)
本基板 CN4 に uSD カード用コネクタを実装することにより、CPU 内蔵マルチファンクションシリアルインタ
ーフェース(以下 MFS と記載)チャネル 6 に接続され、MFS ch6 を SPI モードに設定することにより、MMC
モードで uSD カードにアクセスすることが可能です。
図 12 uSDインターフェース接続図
CN4
+3.3V
4
6
MB9BFD18
PA3
CPU
nCDET
nSPICS0
P30
レベルシフタ
(TXB0104)
SOT6_1
SCK6_1
MOSI
SPICLK
MISO
SIN6_1
GND
CD1
2
3
7
5
=+3.3V電源にて10KΩでプルアップされています。
=+5V電源にて10KΩでプルアップされています。
表 15 μSDカードコネクタ仕様
使用コネクタ:DM3BT-DSF-PEJ(ヒロセ)
端子 No.
1
2
3
4
5
6
7
8
CD1
CD2
信号名称
RSV
nCS
DI
VDD
SCLK
VSS
DO
RSV
CD
COM
I/O
-
O
O
P
O
P
I
-
I
P
内
容
リザーブ゙
uSD カードセレクト信号
uSD カードシリアルデータ入力信号
+3.3V 電源
シリアルクロック
シグナルグランド
uSD カードシリアルデータ出力信号
リザーブ
カード検出信号
検出信号用シグナルグランド
※ 端子の位置、及び、コネクタの詳細仕様は DM3BT-DSF-PEJ データシートをご参照下さい
35
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-5)RS232Cインターフェース(CN5)
本基板 CN5 にはピンヘッダが実装されており、RS232C ドライバ経由で MFS チャネル 1/4 に接続され、MFS
1/4 を UART モードに設定することにより、RS232C インターフェース調歩同期式シリアルインターフェー
スを持つ外部機器との接続が可能です。
図 13 RS232Cインターフェース接続図
CN5
SOT1_1
SIN1_1
RTS1_1
CTS1_1
2
3
4
5
1
RS232C
ドライバ
(ADM3202)
GND
SOT1_1
SIN1_1
P13
P10
7
8
9
10
6
RS232C
ドライバ
(ADM3202)
MB9BFD18
CPU
GND
=+5V電源にて10KΩでプルアップされています。
表 16 RS232Cインターフェースコネクタ仕様(CN5)
使用コネクタ:XG4C-1031(オムロン)または同等品
勘合コネクタ:XG4M-1030 (オムロン) または同等品
MFS No
4
1
端子 No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
信号名称
GND
TXD4
RXD4
RTS4
CTS4
GND
TXD1
RXD1
RTS1
CTS1
I/O
P
O
I
O
I
P
O
I
O
I
信号レベル
0V
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
0V
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
EIA/TIA-232
36
内
容
シグナルグランド
シリアル送信信号
シリアル受信信号
送信要求信号(シリアル同期クロック)
送信許可信号
シグナルグランド
シリアル送信信号
シリアル受信信号
送信要求信号(シリアル同期クロック)
送信許可信号
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-6)RS485/CANインターフェース(CN6) (オプション実装)
本基板 CN6 にピンヘッダを実装することにより、CPU 内蔵 MFS、及び、CAN インターフェースがドライバを経
由して接続されています。
図 14 RS485/CANインターフェース接続図
CN6
SIN0_0
2
RO
RXD+(RX/TX+)
3
HJ3
RXD-(RX/TX-)
SOT0_0
HJ4
RJ8
RS485
HJ1
P23
nRE ドライバ
GND
HJ2
120Ω
DE
(MAX13432)
5
DI
4
1
TXD+
TXDGND
GND
7
TX0_1
CAN
ドライバ
(MCP2551)
RX0_1
CANH
8
HJ5
120Ω
CANL
10
CANL
9
CANH
6
MB9BFD18
CPU
=+5V電源にて10KΩでプルアップされています。
GND
GND
=100KΩでプルダウンされています。
表 17 RS485/CANインターフェースコネクタ仕様(CN6)(オプション実装)
使用コネクタ:XG4C-1031(オムロン)または同等品
勘合コネクタ:XG4M-1030 (オムロン) または同等品
MFS
No
0
CAN
No
1
端子
No.
1
2
3
4
5
端子
No.
6
7
8
9
10
信号名称
I/O
信号レベル
GND
RXD+(RXTX+)
RXD+(RXTX-)
TXD-
TXD+
P
I(I/O)
I(I/O)
O
O
0V
EIA/TIA-485
EIA/TIA-485
EIA/TIA-485
EIA/TIA-485
信号名称
I/O
信号レベル
GND
CANH
CANL
CANH
CANL
P
I/O
I/O
I/O
I/O
0V
CAN BUS
CAN BUS
CAN BUS
CAN BUS
内
シグナルグランド
シリアル受信信号+(シリアル送受信信号(+))
シリアル受信信号-(シリアル送受信信号(-))
シリアル送信信号-
シリアル送信信号+
内
シグナルグランド
CAN 送受信信号+
CAN 送受信信号-
CAN 送受信信号+
CAN 送受信信号-
※ 表中の()は、RS485 を 2 線式に設定した場合の状態を示します。
37
容
容
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-6-1)RS485インターフェース部(オプション実装)
CN6 の 1~5 番ピンは、MFS チャネル 0 が RS485 ドライバを経由して接続されており、MFS を UART モ
ードに設定することにより、4 線式、または、2 線式の RS485 インターフェース調歩同期式シリアル
インターフェースを持つ外部機器との接続が可能です。
4 線式と 2 線式、終端抵抗の挿入は基板上の半田短絡型ジャンパ HJ1~4、HJ13、及び抵抗型ジャンパ
RJ4 により下表の設定が可能です。
表 18 RS485通信部終端抵抗設定ジャンパ設定表(オプション実装)
設定箇所
HJ3
終端抵抗無し
開放
終端抵抗有り
短絡
備
出荷時は開放です
考
表 19 RS485通信部 4 線/2 線接続設定ジャンパ設定表(オプション実装)
設定内容
4 線式
2 線式
HJ1
開放
短絡
設定箇所
HJ2
HJ4
開放
開放
短絡
短絡
RJ4
実装
非実装
備
考
出荷時の状態です。
5-6-2)CANインターフェース部(オプション実装)
CN6 の 6~10 番ピンは、CAN チャネル 1 が CAN ドライバを経由して接続されており、CAN プロトコル
ver2.0A/B のバスに接続することが可能です。
終端抵抗の挿入は基板上の半田短絡型ジャンパ HJ5 により下表の設定が可能です。
表 20 CAN通信部終端抵抗設定ジャンパ設定表
設定箇所
HJ5
終端抵抗無し
開放
終端抵抗有り
短絡
38
備
出荷時は開放です
考
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-7)JTAGインターフェース(CN7)
CN7 には、本基板 CPU、及び、CPLD の JTAG 信号が接続されており、CPU とエミュレータを接続しプログラ
ムデバッグ/書込み、または、CPLD へのプログラム書込みが可能です。
(但し、CPU/CPLD は同時に使用できるわけでは無く、S2 を切替る事により接続先を選択します。
また、CPLD にはデフォルトでプログラムが書き込まれておりますので、通常は書き換えないで使用され
る事を推奨致します。)
CN7 のピンアサインは、一般的な ARMCPU エミュレータに合わせた仕様となっており、CPLD の JTAG に接続
する場合は、別売の変換ケーブルをご使用下さい。
尚 CPLD エミュレータの使用方法等については、お客様にてご使用製品のマニュアルをご参照下さい。
表 21 JTAGインターフェースコネクタ仕様(CN7)
使用コネクタ:XG4C-2031 または同等品(オムロン等)
適合ソケット:XG4M-2030 または同等品(オムロン等)
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
信 号 名
Vsup
Vsup
nTRST
GND
TDI
GND
TMS
NC
TCK
GND
RTCK
GND
TDO
GND
nRES_IN
GND
DBGREQ
GND
DBGACK
GND
I/O
O
O
I
P
I
P
I
-
I
P
-
P
O
P
I
P
-
P
-
P
信号レベル
+3.3VDC/+5VDC
+3.3VDC/+5VDC
C-MOS5V
0V
C-MOS3.3V/5V
0V
C-MOS3.3V/5V
-
C-MOS3.3V/5V
0V
0V(10KΩでプルダウン)
0V
C-MOS3.3V/5V
0V
OC
0V
0V(10KΩでプルダウン)
0V
0V(10KΩでプルダウン)
0V
機
能
JTAG 電圧/電圧ターゲットリファレンスピン
JTAG 電圧/電圧ターゲットリファレンスピン
テストリセットピン
シグナルグランド
シリアルデータ入力信号
シグナルグランド
テストモード選択信号
未使用
データ同期信号
シグナルグランド
TCK 周波数帯域検査(未使用)
シグナルグランド
シリアルデータ出力信号
シグナルグランド
外部リセット要求入力
シグナルグランド
デバッグ要求(未使用)
シグナルグランド
デバッグアクノリッジ(未使用)
シグナルグランド
※ 信号レベル、機能欄は、CPLD 選択時/CPU 選択時の場合です。(/が無い欄は CPU 選択時のみ)
39
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-8)CPU I/Oインターフェース(CN8)
CN8 には、CPU 内蔵 I/O 端子が接続されています。
表 22 CPU I/Oインターフェースコネクタ仕様(CN8)
使用コネクタ:XG4C-1031(オムロン)または同等品
勘合コネクタ:XG4M-1030 (オムロン) または同等品
端子
番号
回路図
信号名
CPU
端子番号
1
VCC
-
VCC
3
PA1
3
5
P54
7
端子
番号
回路図
信号名
CPU
端子番号
2
PA0
2
PA0/RTO20_0/TIOA08_0/FRCK1_0
PA1/RTO21_0/TIOA09_0/IC10_0
4
PA2
4
PA2/RTO22_0/TIOA10_0/IC11_0
17
P54/TIOB01_2/RTO14_0
6
P56
19
P56/INT08_2/TIOA09_2/DTTI1X_0
P59
22
P59/SIN7_0/RX1_1/TIOB11_2/INT09_2
8
P5C
25
P5C/TIOA06_2/INT28_0/IC20_1
9
P5D
26
P5D/TIOB06_2/INT29_0/DTTI2X_1
10
GND
-
VSS
11
VCC
-
VCC
12
P39
37
P39/DTTI0X_0/ADTG_2
13
P3A
38
P3A/RTO00_0/TIOA00_1
14
P3B
39
P3B/RTO01_0/TIOA01_1
15
P3C
40
P3C/RTO02_0/TIOA02_1
16
P3D
41
P3D/RTO03_0/TIOA03_1
17
P3E
42
P3E/RTO04_0/TIOA04_1
18
P3F
43
P3F/RTO05_0/TIOA05_1
19
PA5
7
PA5/RTO25_0/TIOA13_0
20
GND
-
VSS
21
VCC
-
VCC
22
P40
46
P40/TIOA00_0/RTO10_1
23
P41
47
P41/TIOA01_0/RTO11_1
24
P42
48
P42/TIOA02_0/RTO12_1
25
P43
49
P43/TIOA03_0/RTO13_1/ADTG_7
26
P44
50
P44/TIOA04_0/RTO14_1
27
P45
51
P45/TIOA05_0/RTO15_1
28
P46
55
P46
29
P47
56
P47
30
GND
-
VSS
31
VCC
-
VCC
32
PC0
145
PC0
33
PC1
146
PC1
34
PC2
147
PC2
35
PC9
154
PC9
36
PCA
155
PCA
37
PCB
158
PCB
38
PCC
159
PCC
39
PCD
160
PCD
40
GND
-
VSS
41
VCC
-
VCC
42
PD0
163
PD0/TIOB10_2/INT30_1
43
PCE
161
PCE/TIOB06_1
44
PCF
162
PCF/TIOB08_2
45
P48
58
P48/DTTI1X_1/INT14_1
46
P49
59
P49/TIOB00_0/IC10_1/AN0_1
47
PF3
170
PF3/TIOA06_0/INT06_0/AIN2_1
48
PF4
171
PF4/TIOB06_0/INT07_0/BIN2_1
49
PF5
172
PF5/INT08_0/ZIN2_1
50
GND
-
VSS
CPU 端子名
※ CPU 端子名は、外部接続で使用可能な機能名を記載しています。
40
CPU 端子名
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
図 15 CPU I/Oインターフェース接続図
+5V
J1~J5
MB9BFD18
CPU
GND
GPIO
CN8
33Ω
ON
12345678
S4
①ダイオードアレイ実装時
D10-5(BIテクノロジ)等
回路構成
① ② ③
+5V +5V
②プルアップ実装時
RKC8BDxxxJ(KOA)等
③プルダウン実装時
RKC8BDxxxJ(KOA)等
:接続箇所
+5V
1
10
Jn
GND
41
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-9)16bitADCインターフェース(CN9)(オプション実装)
CN9 には、基板上 AD コンバータ(LTC1859)のアナログ信号入力端子が接続されており、CPU とは下図接
続図(LTC1859 モード 2)の結線で SPI により接続されています。
CPU は、CPU 内蔵 MFS ch5 を SPI モードに設定することにより、16bit 分解能 ADC データを取得すること
ができます。
LTC1859は、8チャネル(差動時は4チャネル)、16ビット、100kspsの低消費電力ADコンバータで、0V~5V、
0V~10V、±5V、または±10Vの入力スパンにソフトウェアでプログラム可能です。
尚 本基板においてLTC1859の入力端子は直接CN9に接続され、入力インピーダンスが低くなっておりま
すため、接続側のインピーダンスが高い場合、CN9の外側に低インピーダンスのソースドライバが必要と
なる場合があります。
図 16 16bitADC接続図
+5V
VCC
OVDD
DVDD
PB0
SCK5_0
SOT5_0
SIN5_0
INT25_0
CONVST
nRD
CH0~7
SCLK
SDI
SDO
nBUSY
MB9BFD18
CPU
16bit ADC
(LTC1859CG)
GND
CN9
AGND
AGND
+5V電源にてに10KΩでプルアップされています。
GNDに10KΩでプルダウンされています。
GNDに100KΩでプルダウンされています。
表 23 16bitADCインターフェースコネクタ仕様(CN9)
使用コネクタ:XG4C-1031 または同等品(オムロン等)
適合ソケット:XG4M-1030 または同等品(オムロン等)
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
信 号 名
ADC CH0
ADC CH1
ADC CH2
ADC CH3
ADC CH4
ADC CH5
ADC CH6
ADC CH7
GND
I/O
I
I
I
I
I
I
I
I
P
10
NC
-
信号レベル
0~5V, 0~10V,±5V,±10V
0V
-
42
機
アナログ MUX 入力
シグナルグランド
未使用
能
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-10)電源受給インターフェース(CN10)
CN10 には、基板上各デバイスの電源、並びに、PC/104 BUS への+5VDC 電源を接続します。
(PC/104 BUS、または、USB コネクタから受給する場合は、電源装置は接続しないで下さい。)
表 24 電源接続コネクタ(CN8)
使用コネクタ:IL-G-2P-S3L2-SA、または、IL-G-4P-S3L2-SA(日本航空電子)
適合コネクタ:IL-G-2S-S3C2-SA、または、IL-G-4S-S3C2-SA+(IL-G-C2-SC×2/4 個)(日本航空電子)
ピン番号
1
2(1)
3(2)
4
信 号 名
+5V
+5V
GND
GND
I/O
P
P
P
P
信号レベル
+5VDC
+5VDC
0V
0V
* 表中()内は、出荷時に実装されるコネクタのピン番号です。
43
機
能
PC/104 +5V, 本基板メイン電源
PC/104 +5V, 本基板メイン電源
シグナルグランド
シグナルグランド
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-11)PC/104バスインターフェース(P1,P2)(オプション実装)
MPCARM-FM3SP は、PC/104 16bit BUS 仕様に準拠*1したバスを持ち、多種に及ぶ PC/104 スレーブボー
ド*2 との接続により様々なアプリケーションが構築できます。
図 17 PC/104バス接続構成図
P1/P2
RESDRV
リセットIC
(RNA51957)
TC,nDACK0~3,5~7,
nENDXFR,14.3MHZ,
nREFSH,nMASTER,
INITX
nCS2,nCS3,nRD
nLBE,nUBE,nWE,
MCLKOUT_0
AEN,nIOR,nIOW,
nSMEMR,nSMEMW,
nMEMR,nMEMW
BALE,nSBHE,
SYSCLK
CPLD
(EPM3032)
nEN
BUS
Buffer
(TC74VHCT245)
D0~15
SD0~15
BUS
Buffer
(TC74VHCT245)
AD0~23
SA0~19,
LA17~23
nNMI
nIOCHKCK
nWAIT
nIOCHRDY
*1
プルアップ/プルダウン選択可能
RA5,1RM22
P5n,P7n,PBn
MB9BFD18
CPU
*1:プルダウン=RJ9実装、HJ8開放
プルアップ=RJ9非実装、HJ8短絡
+5V電源にて10KΩでプルアップされています。
+5V電源にて4.7KΩでプルアップされています。
GNDに4.7KΩでプルダウンされています。
*1
*2
IRQ3~
7,9,10,11,12,14,15
+5V
GND
一部非対応の信号があり、タイミングは CPU 内蔵 BSC、及び、CPLD 内部ウェイトレジスタにより可変とな
っておりますが、バスドライブ能力やタイミング等は完全に互換ではありませんのでご注意下さい。
スレーブボードによっては相性によりうまく接続できない場合もあります。
また、バスマスタ信号を使用、または、DMA リクエスタ機能を使用するスレーブボードは使用できません。
44
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-11-1)PC/104バスコネクタ1(P1)(オプション実装)
P1 には、PC/104 BUS 8bit、及び、16bit バス/制御信号を配置しています。
表 25 PC/104 BUS接続コネクタ1
端子
番号
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
A8
A9
A10
A11
A12
A13
A14
A15
A16
A17
A18
A19
A20
A21
A22
A23
A24
A25
A26
A27
A28
A29
A30
A31
A32
信号名
I/O
nIOCHCK
SD7
SD6
SD5
SD4
SD3
SD2
SD1
SD0
nIOCHRDY
AEN
SA19
SA18
SA17
SA16
SA15
SA14
SA13
SA12
SA11
SA10
SA9
SA8
SA7
SA6
SA5
SA4
SA3
SA2
SA1
SA0
GND
I
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
P
機
能
ノンマスカブル割込信号
データ 7
データ 6
データ 5
データ 4
データ 3
データ 2
データ 1
データ 0
CPU ウェイトリクエスト
アドレスイネーブル
アドレス 19
アドレス 18
アドレス 17
アドレス 16
アドレス 15
アドレス 14
アドレス 13
アドレス 12
アドレス 11
アドレス 10
アドレス 9
アドレス 8
アドレス 7
アドレス 6
アドレス 5
アドレス 4
アドレス 3
アドレス 2
アドレス 1
アドレス 0
シグナルグランド
端子
番号
B1
B2
B3
B4
B5
B6
B7
B8
B9
B10
B11
B12
B13
B14
B15
B16
B17
B18
B19
B20
B21
B22
B23
B24
B25
B26
B27
B28
B29
B30
B31
B32
信号名
I/O
GND
RESDRV
+5V
IRQ9
-5V
DREQ2
-12V
nENDXFR
+12V
(KEY)
nSMEMW
nSMEMR
nIOW
nIOR
nDACK3
DREQ3
nDACK1
DREQ1
nREFSH
SYSCLK
IRQ7
IRQ6
IRQ5
IRQ4
IRQ3
nDACK2
TC
BALE
+5V
OSC
GND
GND
P
O
P
I
-
-
-
O
-
O
O
O
O
O
-
O
-
-
O
I
I
I
I
I
O
O
O
P
O
P
P
機
能
シグナルグランド
リセット
+5VDC
割込信号 9
未接続
未接続
未接続
(PULL UP)
未接続
-
メモリライト(1MB 領域)
メモリリード(1MB 領域)
I/O ライト
I/O リード
(PULL UP)
未接続
(PULL UP)
未接続
未接続
システムクロック
割込信号 7
割込信号 6
割込信号 5
割込信号 4
割込信号 3
(PULL UP)
(PULL UP)
アドレスラッチイネーブル
+5VDC
(PULL UP)
シグナルグランド
シグナルグランド
※ 機能欄の(PULL UP)は、当該端子が+5VDC のプルアップ抵抗にのみに接続されていることを示します。
45
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
表 26 PC/104 BUS接続コネクタ1信号別機能
信号名
SD0~7
SA0~19
nIOCHCK
nIOCHRDY
AEN
RESDRV
IRQ3~7,9
nENDXFR
nSMEMW
nSMEMR
nIOW
nIOR
DREQ1~3
nDACK1~3
TC
nREFSH
SYSCLK
BALE
OSC
+5V
-5V,+12V,-12V
GND
機能説明
データ入出力バス下位バイトです。CPU の D0~7 とバスバッファ経由で接続されています。
メモリ空間 24 ビットアドレスの LSB 側 20 ビットです。
SA1~19 は、CPU のアドレス AD1~AD19 がバスバッファ経由で出力されています、
SA0 はバイト制御の役割があるため、CPLD でロウバイトが有効な時 Low レベルを出力します。
本信号を Low に駆動すると、CPU の NMI(マスク不可割込み)信号がアサートされます。
本信号を Low に駆動すると、CPLD 経由で CPU の nWAIT 信号がアサートされます。
AEN は本来 DMA サイクル中を示す信号ですが、本基板では CPU が PC/104 BUS 領域にアクセス
を行った場合に Low を出力します。
電源投入時、または、外部リセットトリガにより、約 40ms の間 Hi レベルを出力します。
PC/104 BUS からの割込み要求信号で、本基板ではレベルシフタ IC 経由で CPU 内蔵 GPIO 端子
に接続されています。
割込み信号として使用するためには、当該端子を「割込」に機能設定する必要があります。
nENDXFR は本来スレーブからのノーウェイトアクセス要求ですが、本基板は未対応です。
nSMEMW は本来 PC/104 BUS アドレスが H'0FFFFF 以下をアクセス時のメモリライト信号ですが、
本基板では PC/104 8bit メモリ領域(H'6820_0000-H'682F_FFFF)へのライトアクセス時のみ Low を
出力します。
nSMEMR は本来 PC/104 BUS アドレスが H'0FFFFF 以下をアクセス時のメモリリード信号ですが、本
基板では PC/104 8bit メモリ領域(H'6820_0000-H'682F_FFFF)へのリードアクセス時のみ Low を出
力します。
I/O ライト信号で、CPU が PC/104 I/O 領域へのライトアクセス時に Low を出力します。
I/O リード信号で、CPU が PC/104 I/O 領域へのリードアクセス時に Low を出力します。
DREQ1~3 は本来スレーブボードからの DMA リクエスト信号ですが、本基板では未対応です。
nDACK1~3 は本来スレーブボードへの DMA アクノリッジ信号ですが、本基板では未対応です。
TC は本来 DMA コントローラが DMA リクエスタに対して、最後の DMA サイクルを通知する信号です
が、本基板では未対応です。
nREFSH は本来 DRAM リフレッシュ信号ですが、本基板では未対応です。
PC/104 バスクロックで、本基板では CPU のクロック出力を 1/4 分周した信号を出力しています。
(CPU のクロック出力は、外部クロック分周レジスタの値により決定されます。)
BALE は本来コマンドストローブの途中で消えてしまう LA17~23 をラッチするために使用します。
本基板ではコマンドストローブの途中で LA17~23 が消えることはないので特にアドレスをラッチする
必要はありませんが、BALE でラッチする構成となっているスレーブボード用に、PC/104 アドレス出
力時に立上りラッチ信号を出力しています。
OSC は本来 14.31818MHz クロック出力信号ですが、本基板では未対応です。
CN10 に電源を接続する場合は、CN10 の電源(+5VDC)が接続されます。(PC/104 BUS から本基板
の電源を受給する場合は、CN10 に電源を接続しないで下さい。)
本基板では未接続なので、スレーブボードでこれらの電源が必要な場合、PC/104 BUS 電源ボード
を使用する必要があります。
システムグランド(0V)です。
46
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
5-11-2)PC/104バスコネクタ2(P2)(オプション実装)
P2 には、PC/104 BUS 16bit バス/制御信号を配置しています。
表 27 PC/104 BUS接続コネクタ2
端子
番号
C0
信号名
I/O
GND
P
C1
nSBHE
O
C2
C3
C4
C5
C6
C7
C8
C9
C10
C11
C12
C13
C14
C15
C16
C17
C18
C19
LA23
LA22
LA21
LA20
LA19
LA18
LA17
nMEMR
nMEMW
SD8
SD9
SD10
SD11
SD12
SD13
SD14
SD15
(KEY)
O
O
O
O
O
O
O
O
O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
I/O
-
機
端子
番号
D0
能
シグナルグランド
システムバス
Hi Byte イネーブル
アドレス 23
アドレス 22
アドレス 21
アドレス 20
アドレス 19
アドレス 18
アドレス 17
メモリリード
メモリライト
データ 8
データ 9
データ 10
データ 11
データ 12
データ 13
データ 14
データ 15
-
信号名
I/O
機
GND
P
シグナルグランド
D1
nMEMCS16
I
(PULL UP)
D2
D3
D4
D5
D6
D7
D8
D9
D10
D11
D12
D13
D14
D15
D16
D17
D18
D19
nIOCS16
IRQ10
IRQ11
IRQ12
IRQ13
IRQ14
nDACK0
DREQ0
nDACK5
DREQ5
nDACK6
DREQ6
nDACK7
DREQ7
+5V
nMASTER
GND
GND
I
I
I
I
I
I
O
-
O
-
O
-
O
-
P
O
P
P
能
(PULL UP)
割込信号 10
割込信号 11
割込信号 12
割込信号 13
割込信号 14
(PULL UP)
未接続
(PULL UP)
未接続
(PULL UP)
未接続
(PULL UP)
未接続
+5VDC
(PULL UP)
シグナルグランド
シグナルグランド
※ 機能欄の(PULL UP)は、当該端子が+5VDC でプルアップされていることを示します。
表 28 PC/104 BUS接続コネクタ2信号別機能
信号名
SD8~15
LA17~23
nSBHE
nMEMW
nMEMR
nMEMCS16
nIOCS16
DREQ0,5~7
nDACK0,5~7
nMASTER
+5V
GND
機能説明
データ入出力バス上位バイトです。CPU の D8~15 とバスバッファ経由で接続されています。
メモリ空間 24 ビットアドレスの MSB 側 7 ビットで、CPU のアドレス AD17~AD23 がバスバッファ経由
で出力されています。
データ入出力バス上位バイト有効時に Low を出力します。
nMEMW は本来 PC/104 BUS へのメモリライトアクセス時のメモリライト信号ですが、本基板では
PC/104 16bit メモリ領域(H'6D00_0000-H'6DFF_FFFF)へのライトアクセス時のみ Low を出力しま
す。
nMEMR は本来 PC/104 BUS へのメモリリードアクセス時のメモリリード信号ですが、本基板では
PC/104 16bit メモリ領域(H'6D00_0000-H'6DFF_FFFF)へのリードアクセス時のみ Low を出力しま
す。
nMEMCS16 は本来 16bit メモリスレーブボードが自身を選択された時に Low を出力する信号です
が、本基板では未対応です。
nMEMCS16 は本来 16bit I/O スレーブボードが自身を選択された時に Low を出力する信号ですが、
本基板では未対応です。
DREQ0,5~7 は本来スレーブボードからの DMA リクエスト信号ですが、本基板では未対応です。
nDACK0,5~7 は本来スレーブボードへの DMA アクノリッジ信号ですが本基板では未対応です。
nMASTER は本来バスマスタが nDACKn を受けた後にバス権の要求を行う信号ですが、本基板では
未対応です。
CN8 に電源を接続する場合は、CN8 の電源(+5VDC)が接続されます。(PC/104 BUS から本基板の
電源を受給する場合は、CN8 に電源を接続しないで下さい。)
システムグランド(0V)です。
47
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
6.スイッチ/ジャンパ設定部
6-1)手動リセットスイッチ(S1)
S1 は、モーメンタリタイプのタクト SW で、システムを手動でリセットさせたい場合に押下します。
(本 SW を押下すると PC/104 BUS のリセットもアクティブとなります。)
6-2)JTAG切替スイッチ(S2)
S2 は、2 連 2 接点のスライド SW で、CN7 に接続する JTAG 装置を CPU(1 番側)か CPLD(3 番側)の選択
を行います。
通常は、JTAG装置を CPU として御使用ください。CPLD 側でご使用されますと、CPLD 内のデータが
消えてしまう場合があります。。
図 18 JTAG 切替 SW(S2)設定図
CPLD
CPU
S2
123
6-3)CPUモード切替スイッチ、ジャンパ(S3)
S3 は、2 連 2 接点のスライド SW で、CPU の動作モードを選択します。
CPU 動作モード
S3 の設定
設定内容
「USB DIRECT Programmer」機能が使用可能
シリアルライタモード
123
ユーザーモード
通常動作
123
※本スイッチは電源投入中に変化させないで下さい
6-4)ディップスイッチ(S4)
ディップスイチ S4 は CN8(32~39)と併接続されており、CPU 内蔵 I/O 端子に接続されています。
表 29 S4 の接続先
S4 の bit
1
2
3
4
5
6
7
8
CPU
CPU
CPU
CPU
CPU
CPU
CPU
CPU
接 続 先
PC0 端子
PC1 端子
PC2 端子
PC9 端子
PCA 端子
PCB 端子
PCC 端子
PCD 端子
備
考
当該端子を、S4 として使用する場合、
1)CPU の当該 I/O 端子を入力とし、プルアップレジスタを ON にするか、
J2 にプルアップ抵抗を接続する必要があります
2)S4 として使用する端子は、CN8(32~39)では使用できません。(OFF となっている
端子は使用可能です)
3)極性は、ON=0,OFF=1 です
6-5)バックアップバッテリ接続ジャンパ(JP1)
本ジャンパは、長期間基板を使用しない場合等、バッテリを回路から切り離す場合に解放します。
(出荷時は短絡されています)
48
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
6-5)抵抗ジャンパ(RJxx)
抵抗ジャンパは、MPCARM-FM3SP で接続設定を変更できる箇所に設けてあり、主に、半田ジャンパ設定時
デフォルト接続を切り離す用途で使用します。(抵抗ジャンパは出荷時全て実装されています)
尚 部品配置につきましては、本マニュアルの図 27、図 28 をご参照下さい。
表 30 RJxx の設定
RJ 番号
1*1
2*1
3*1
4
5
6
7
8
9
実装時の用途
CPU MD1 端子を+5V に接続(初期値開放)
CPU MD1 端子を 0V に接続(初期値実装)
CPU E_MDIO0 端子を PHY に接続します
(初期値実装)
RS485 レシーバ EN 信号を常時有効とします。
(4 線式接続の場合に実装します)(初期値実装)
SRAM(U17)の電源をバッテリに接続します
(初期値実装)
IC ソケット(U19(1))を CPU nWAIT 信号に接続します
(初期値開放)
SRAM(U18)の電源をバッテリに接続します
(初期値実装)
SRAM の領域を 4MB でデコードします。
(初期値非実装)
PC/104 BUS 割込み信号極性を立上りにします
(初期値実装)
実装時の注意事項
RJ2 が開放である必要があります
RJ1 が開放である必要があります
-
HJ4 が開放である必要があります
HJ6 を短絡する必要があります
U19(1)は 5V 入力に対応している必要があります。
HJ7 を短絡する必要があります
開放時は、SRAM が 8MB である必要があります
HJ8 が開放である必要があります
注) ジャンパの設定を誤りますと動作しないばかりでなく、デバイスを破損する場合もありますので、設
定の変更は慎重に行って下さい。
*1
通常、設定変更は行う必要はありません。
6-6)半田ジャンパ(HJxx)
半田ジャンパは、配線を分断してある 2 つの半田パッドに半田を盛り両端を接続させるために設けられて
おり、出荷時は全て開放となっています。
表 31 HJxx の設定
HJ 番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
短絡時の用途
RS485 送受信+側信号を短絡
RS485 送受信-側信号を短絡
RS485 通信ラインに終端抵抗を挿入します
RS485 レシーバ EN 信号とドライバ EN 信号を接続します
(2 線式通信時に設定します)
CAN 通信ラインにに終端抵抗を挿入します
SRAM(U17)の電源を+5V に接続します
SRAM(U18)の電源を+5V に接続します
PC/104 BUS 割込み信号極性を立下りにします
本基板の電源を CN1(VBUS)に接続します
短絡時の注意事項
HJ2 を短絡する必要があります
HJ1 を短絡する必要があります
-
RJ4 を外す必要があります
-
RJ5 を外す必要があります
RJ7 を外す必要があります
RJ9 を外す必要があります
CN10、または、P1,P2 から給電しないで下さい
注) ジャンパの設定を誤りますと動作しないばかりでなく、デバイスを破損する場合もありますので、設
定は慎重に行って下さい。
49
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
Rev1.0
7.テスト端子
MPCARM-FM3SP には、以下に示すテスト端子が実装されています。
表 32 テスト端子仕様
端子名
GND
VCC
RESET
32KHZ
TP1
接 続 先
シグナルグランド
+5V 電源
リセット IC(U3)出力部
RTC FOUT 端子
CPLD 空端子
用
途
等
オシロスコープ、テスタ等の GND プローブを接続することができます
VCC の状態を観測できます
H-UDI エミュレータの RESET プローブに接続することができます
R15 を外すことにより 32KHZ の周波数が出力されます
CPLD の予備端子が接続されています
50
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
20.基板部品配置・寸法
図 19 基板部品面部品配置図
*赤表示部は、可変設定部を示します。
51
Rev1.0
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
図 20 基板半田面部品配置図
*赤表示部は、可変設定部を示します。
52
Rev1.0
MPCARM-FM3SP
ユーザーズマニュアル
図 21 基板寸法図
53
Rev1.0
●
本文書に記載した内容は、慎重に製作致しましたが、万一、ご不審点、誤り等お気付きの点がご
ざいましたらご連絡いただきたくお願い致します。
● 本書に記載されているブランド名または製品名は、それらの所有者の商標もしくは登録商標です。
● 本取扱い説明書の閲覧には、Adobe 社の AcrobatReader が必要です。
● 製品に関するお問合せは、回答の正確性を維持する意味において下記 e-mail、または、FAX での
み受け付けております。
電話にてのお問合せは受け付けておりませんのでご了承下さい。
株式会社エンべデッドテクノロジー
〒578-0946
大阪府東大阪市瓜生堂 3-8-13 奥田ビル2F
URL http://www.emb-tech.co.jp
FAX:06-6224-1138
E-mail:[email protected]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement