SoftBank X02NK 取扱説明書
SoftBank X02NK 取扱説明書
9206380
第 1版
適合宣言
NOKIA CORPORATION は、本製品 RM-159 が Directive1999/
5/EC に含まれる必須要件その他の規定に準拠することを、本書を
もって宣言します。適合宣言書の写しは、
http://www.nokia.com/phones/declaration_of_conformity/ に
あります。
© 2008 Nokia. All rights reserved.
Nokia、Nokia Connecting People、Nseries、N95、Visual
Radio は、Nokia Corporation の商標または登録商標です。本書に記
載されている製品名、社名は、各所有者の商標、または商標名です。
本書を如何なる形式のものであっても、Nokia からの事前の書面によ
る承諾を得ることなく、その内容の一部および全てを複製、譲渡、配
布、保管することを禁じます。
本機には、Symbian Software Ltd © 19982008 よりライセンスされたソフトウェアが含ま
れています。Symbian および Symbian OS は、
Symbian Ltd の商標です。
Java およびすべての Java ベースの商標は、Sun
Microsystems, Inc. の商標または登録商標です。
Bluetooth は、Bluetooth SIG, Inc. の登録商標です。
本機は米国特許 No 5818437 を取得しており、また、その他の特許
は出願中です。T9 テキスト入力ソフトウェアの著作権 (c) は Tegic
Communications, Inc. が所有しています (1997-2008 年 )。
Maps ソフトウェアの著作権の一部は The FreeType Project が所有
しています (© 2008 年 )。
本製品は、次の目的に関して、MPEG-4 Visual Patent Portfolio
License に基づくライセンス許可を得ています。(i) 消費者が個人的お
よび非営利的活動において MPEG-4 Visual Standard に準拠して情
報をエンコードする場合、それに関連する個人的および非営利的使用、
(ii) ライセンス許可を得たビデオプロバイダによって提供された
MPEG-4 ビデオに関連する使用。前述以外の使用のためには、黙示的
なものも含め、いかなるライセンスも許諾されていません。宣伝、内部
的、商業的な使用に関係する追加情報は、MPEG LA. LLC から入手で
きます。
http://www.mpegla.com を参照してください。
Nokia は製品の改良を継続的に行っています。そのため、本書に記載
された全ての製品の仕様は、事前の通知なしに変更または改良されるこ
とがあります。
適用法の許容する限り、状況の如何を問わず、Nokia またはそのいず
れのライセンサーも、データまたは収益の喪失、またはいかなる特別損
害、付随損害、派生損害、間接損害に対しても一切責任を負いません。
本書は、現状有姿のまま提供されるものです。準拠法により要求される
場合を除き、Nokia は、本書の正確性、信用性に関連するいかなる明
示的または黙示的保証も行いません。この保証には、商品性、および特
定目的に対する適合性の黙示的な保証を含みますが、これに限定されま
せん。Nokia は、事前の通知なく本書を変更する権利または取り消す
権利を有します。
使用可能な製品およびこれらの製品向けのアプリケーションやサービス
は、地域によって異なる場合があります。詳細および使用可能な言語オ
プションについては、最寄りの Nokia 代理店にお問い合わせください。
輸出規制
本機には、米国および他の国の輸出関連法令の適用対象となる商品、技
術、またはソフトウェアが含まれています。法令に違反する輸出は禁じ
られています。
FCC / INDUSTRY CANADA の通告
本機は、TV またはラジオに電波障害を引き起こす可能性があります
( たとえば電話機を受信機器の近くで使用した場合 )。FCC またはカナ
ダ産業省は、そのような電波障害が除去されない場合は、電話機の使用
の中止を要求することができます。必要な場合は、地域のサービス機関
にお問い合わせください。本機は、FCC 規則の第 15 条に適合してい
ます。操作は、次の 2 つの条件に従って行う必要があります。(1) 本機
は、有害な干渉 ( 妨害 ) を引き起こしてはならない。(2) 本機は、予想
外の動作を引き起こす可能性のある干渉も含め、すべての干渉を受け入
れなければならない。Nokia によって明示的に承認されていない変更
または改造を行うと、本機を操作するユーザの権限が無効になる可能性
があります。
本機と共に提供される第三者製のアプリケーションは、Nokia とは関
連のない個人または法人によって作成され、所有されています。Nokia
は、これらの第三者製アプリケーションについての著作権や知的所有権
を有していません。したがいまして、Nokia はこれらの第三者製アプ
リケーションのエンドユーザサポートや機能、またはアプリケーション
に含まれる情報や素材について責任を負いません。Nokia はこれらア
プリケーションに関するいかなる保証も行いません。
ソフトウェアやアプリケーション ( 総称「ソフトウェア」) は、現状有
姿で提供され、適用ある法律によって認められる最大限の範囲で、いか
なる明示的および黙示的な保証も行わないものとします。Nokia およ
びその関連会社は、明示または黙示の如何を問わず、権限や商業性の保
証、特定目的への適合性に関する保証、またはソフトウェアが第三者の
特許、著作権、商標などの権利を侵害しないことの保証を含めて ( ただ
しこれらに限定されない )、いかなる表明や保証もするものではありま
せん。
9206380
第1版
本機用の追加アプリケーションについて
本機のメモリカードと同梱されている DVD-ROM は、Nokia や第三
者が開発した追加アプリケーションが格納されています。
び特定目的に対する適合性の黙示的な保証を含みますが、これに限定
されません。Nokia は、事前の通知なく本書を変更する権利または取
り消す権利を有します。
非保証の表示
本機と共に提供される第三者製のアプリケーションは、Nokia とは関
連のない個人または法人によって作成され、所有されています。
Nokia は、これらの第三者製アプリケーションについての著作権や知
的所有権を有していません。したがいまして、Nokia はこれらの第三
者製アプリケーションのエンドユーザサポートや機能、またはアプリ
ケーションに含まれる情報や素材について責任を負いません。Nokia
はこれらアプリケーションに関するいかなる保証も行いません。
ソフトウェアやアプリケーション ( 総称「ソフトウェア」) は、現状有
姿で提供され、適用ある法律によって認められる最大限の範囲で、い
かなる明示的および黙示的な保証も行わないものとします。Nokia お
よびその関連会社は、明示または黙示の如何を問わず、権限や商業性
の保証、特定目的への適合性に関する保証、またはソフトウェアが第
三者の特許、著作権、商標などの権利を侵害しないことの保証を含め
て ( ただしこれらに限定されない )、いかなる表明や保証もするもので
はありません。
使用可能な製品およびこれらの製品向けのアプリケーションやサービ
スは、地域によって異なる場合があります。詳細および使用可能な言
語オプションについては、最寄りの Nokia 代理店にお問い合わせくだ
さい。
© 2008 Nokia. All rights reserved.
Nokia、Nokia Connecting People、Nseries、N95 は、Nokia
Corporation の商標または登録商標です。本書に記載されている製品
名、社名は、各所有者の商標、または商標名です。
Nokia は製品の改良を継続的に行っています。そのため、本書に記載
された全ての製品の仕様は、事前の通知なしに変更または改良される
ことがあります。
適用法の許容する限り、状況の如何を問わず、Nokia またはそのいず
れのライセンサーも、データまたは収益の喪失、またはいかなる特別
損害、付随損害、派生損害、間接損害に対しても一切責任を負いませ
ん。
本書は、現状有姿のまま提供されるものです。準拠法により要求され
る場合を除き、Nokia は、本書の正確性、信用性に関連するいかなる
明示的または黙示的保証も行いません。この保証には、商品性、およ
操作や機能よっては、SIM カードまたはネットワーク ( あるいはその両
方 )、MMS、またはデバイスの互換性やコンテンツ形式の対応性に依
存するものがあります。サービスによっては別に料金が発生するものも
あります。
目次
目次
安全上のご注意 ...................................... 16
はじめに................................................ 20
本書の見かた ..............................................................20
キーの表記について ..................................................20
お買い上げ品の確認 ..................................................21
別の電話機からデータを転送する ...........................21
機能制限について ......................................................21
商標について ..............................................................22
準備 / 基本知識 ...................................... 23
USIM カードのお取り扱い.......................................23
USIM カードをご利用になる前に ......................... 23
USIM カードについてのその他のご注意 .............. 24
USIM カードと電池を取り付ける.......................... 24
電池パックと充電 ......................................................25
電池パックを充電する ............................................. 25
メモリカード ..............................................................26
メモリカードを取り付ける ..................................... 26
メモリカードを取り出す ......................................... 26
ヘッドセットを取り付ける.......................................27
各部の名称..................................................................28
内蔵アンテナ ............................................................ 32
ディスプレイについて............................................. 32
初回設定 ..................................................................... 32
都市を設定する ........................................................ 32
日付 / 時刻を設定する............................................. 33
キー操作ロック ......................................................... 33
キー操作ロックを設定する ..................................... 33
キー操作ロックを解除する ..................................... 33
キー操作自動ロック設定 ......................................... 33
マナーモード ............................................................. 34
マナーについて ........................................................ 34
マナーモード設定..................................................... 34
電波の送受信を停止する ......................................... 35
暗証番号 ..................................................................... 35
PIN コードについて ................................................ 35
PIN ロック解除コード (PUK)................................ 36
操作用暗証番号 ( ロックコード ) ........................... 36
交換機用暗証番号..................................................... 36
発着信規制用暗証番号............................................. 36
アクセスポイントについて ...................................... 37
緊急通報発信 ............................................................. 38
本体 ............................................................................ 28
共通機能 / 操作 .......................................39
画面の見かた ..............................................................30
機能の呼び出しかた.................................................. 39
アイコン .................................................................... 30
簡単な操作で機能を呼び出す ................................. 39
マルチタスキング機能............................................. 39
電源 On/Off...............................................................31
目次
便利な使い方 ..............................................................40
基本番号と基本アドレス ......................................... 51
マークをつける ........................................................ 40
グループ設定.............................................................. 52
高速ダウンロード ......................................................40
マルチメディアメニュー...........................................40
マルチメディアキーの利用方法 ............................. 41
ショートカットを変更する ..................................... 41
マルチメディアメニューのカスタマイズ.............. 41
グループを作成する................................................. 52
メンバをグループに追加する ................................. 52
グループからメンバを削除する ............................. 52
グループ名を変更する ............................................. 52
所属グループを確認する ......................................... 52
ヘルプ..........................................................................42
電話帳の利用.............................................................. 53
文字の入力方法 ...................................... 43
電話帳から電話をかける ......................................... 53
ボイスタグを確認する ............................................. 53
電話帳 ( ビジネスカード ) を送信する................... 53
文字入力について ......................................................43
文字入力方式 ............................................................ 43
入力言語 / 表示言語について ................................. 43
文字入力モード ........................................................ 44
ダイヤルキーの割り当て ......................................... 45
電話帳の編集.............................................................. 53
文字の入力方法 ..........................................................46
SIM フォルダ............................................................. 54
漢字 / ひらがな / カタカナを入力する.................. 46
英数字を入力する..................................................... 47
記号 / 絵文字 / 顔文字などを入力する.................. 49
区点コードを利用する............................................. 49
電話帳を編集する..................................................... 53
電話帳を削除する..................................................... 54
電話帳の登録内容をコピーする ............................. 54
USIM カードに保存されている電話帳を
表示する .................................................................... 54
サービス番号 ............................................................ 55
文字の変換機能 ..........................................................50
データ管理 .............................................56
よく使う語句を登録する ( ユーザ辞書 )................ 50
ギャラリーの構成 ...................................................... 56
ギャラリーファイルの管理 ...................................... 56
文字の編集..................................................................50
文字を削除する ........................................................ 50
コピー / 貼り付けをする ......................................... 50
電話帳 ................................................... 51
電話帳の登録 ..............................................................51
発信履歴 / 着信履歴の電話番号を登録する .......... 51
電話帳の登録状況を確認する ................................. 51
ファイルを削除する................................................. 56
ファイルを検索する................................................. 56
複数のファイルを選択する ..................................... 57
ファイルをコピー / 移動する ................................. 57
ファイルを並べ替える ............................................. 57
ファイル名を変更する ............................................. 57
詳細情報を表示する................................................. 58
新規フォルダを作成する ......................................... 59
以前かけた番号にもう一度かける
(リダイヤル)............................................................ 67
ワンタッチダイヤルで電話をかける...................... 67
声で電話をかける..................................................... 67
保存されているファイルの確認 ...............................59
電話を受ける ............................................................. 68
ファイルの詳細情報を確認する.............................. 59
ファイルを受信する ................................................. 59
電話にでられないとき .............................................. 69
着信中に着信音を消す............................................. 68
アプリケーションマネージャ...................................60
発信者へ SMS を送信する ..................................... 69
インストールについて ............................................. 60
アプリケーションをインストールする .................. 61
インストールした後に ............................................. 61
アプリケーションの設定 ......................................... 62
着信を拒否する ......................................................... 69
メモリカードをご利用になる前に ...........................63
メモリカードの利用 ..................................................64
メモリカードをフォーマット ( 初期化)する....... 64
メモリカード名を変更する ..................................... 64
メモリカードの使用状況を確認する...................... 64
メモリカードにパスワードを設定する .................. 64
メモリ不足を解消する ............................................. 65
データのバックアップ ..............................................65
電話機メモリからメモリカードに
バックアップする..................................................... 66
メモリカードからバックアップデータを
復元する .................................................................... 66
指定したデータをバックアップする...................... 66
電話機メモリの使用状況を確認する...................... 66
電話 ...................................................... 67
電話をかける ..............................................................67
拒否した電話を転送する ......................................... 69
通話中の操作 ............................................................. 69
受話音量を調節する................................................. 69
ハンズフリースピーカーを使用する...................... 69
通話中に通話を録音する ......................................... 70
その他通話中にできること ..................................... 70
発信履歴 / 着信履歴の確認 ...................................... 71
発着信履歴を表示する............................................. 71
発着信履歴を消去する............................................. 71
通話時間の確認 ......................................................... 71
通話時間を表示する................................................. 72
通話時間を消去する................................................. 72
パケット接続送受信データ量の確認....................... 72
パケット接続送受信データ量を表示する .............. 72
パケット接続送受信データ量をリセットする ...... 72
通信履歴 ..................................................................... 72
すべての通信履歴を表示する ................................. 72
通信履歴にフィルタをかけて表示する.................. 73
通信履歴 1 件の詳細情報を表示する..................... 73
パケットデータ接続カウンタと接続時間 .............. 73
目次
ファイルを送信する ................................................. 58
ファイルマネージャ ..................................................58
フォルダ / ファイルの利用と編集 ...........................59
目次
すべての通信履歴を消去する ................................. 73
通信履歴保存期間を設定する ................................. 73
割込通話サービス ...................................................... 81
自分の電話番号を確認する.......................................74
国際電話をかける ......................................................74
割込通話サービスを開始 / 停止する...................... 81
割込通話を受ける..................................................... 81
国内から国際電話をかける ..................................... 74
海外から国際電話をかける ..................................... 74
多者通話サービス ...................................................... 81
TV コール ............................................. 75
TV
TV
TV
TV
コールをご利用になる前に ................................75
コールをかける ...................................................75
コールを受ける ...................................................76
コール通話中の操作 ...........................................76
映像送信 / オーディオ送信を切り替える.............. 76
メインカメラ / 第2カメラを切り替える.............. 76
映像をズームする..................................................... 77
送信映像の表示順序を切り替える ......................... 77
通話モードを切り替える ......................................... 77
ビデオ設定を変更する............................................. 77
スナップショットを送信する ................................. 77
画像を共有する ........................................................ 77
オプションサービス ................................ 78
オプションサービスの概要.......................................78
転送電話サービス ......................................................78
転送電話サービスを開始 / 停止する...................... 78
転送電話サービスをすべて停止する...................... 79
留守番電話サービス ..................................................79
留守番電話サービスを開始する ............................. 80
伝言メッセージを聞く............................................. 80
留守番電話サービスを停止する ............................. 80
着信お知らせ機能..................................................... 80
通話中に別の相手へ電話をかける.......................... 81
相手を切り替えながら通話する ............................. 82
複数で同時に通話する ............................................. 82
多者通話中に個別に通話をおこなう...................... 82
多者通話中に個別に通話を終了する...................... 82
多者通話を終了する................................................. 82
発着信規制サービス .................................................. 82
発着信規制を設定する ............................................. 82
発着信規制をすべて停止する ................................. 83
発着信規制暗証番号を変更する ............................. 83
ネット電話の発着信規制を設定する...................... 83
発信者番号通知.......................................................... 83
メール ....................................................84
メールフォルダの種類と役割................................... 84
メールアドレスの変更 .............................................. 85
メール送信 ................................................................. 85
SMS を作成 / 送信する .......................................... 85
MMS を作成 / 送信する ......................................... 86
E-mail を作成 / 送信する........................................ 87
送信時のその他の機能 ............................................. 87
下書きフォルダを利用する ..................................... 88
メール受信 ................................................................. 88
新着メールを確認する ............................................. 88
MMS の受信............................................................. 89
URL を入力してアクセスする ............................ 103
フォルダ管理 ............................................................ 90
メールを返信する..................................................... 90
メールを転送する..................................................... 90
送信者に電話をかける ............................................. 90
メールを削除する..................................................... 91
メール内の電話番号 /E-mail アドレス /
URL を利用する ....................................................... 91
添付ファイルを保存する ......................................... 91
情報画面での操作のしかた ................................... 103
その他の機能 ..............................................................92
SMS 設定 ................................................................. 92
MMS 設定................................................................. 93
サービスメッセージ ................................................. 94
USIM カードに保存されたメールを表示する ...... 94
情報メッセージ......................................................... 94
その他の設定 ............................................................ 94
メールで受信できるデータ ..................................... 95
リモートメールボックスを利用した
E-mail 送受信.............................................................95
E-mail クライアントについてのご注意 ................ 96
E-mail クライアント設定........................................ 96
メールボックスに接続する ..................................... 99
E-mail を取得する ................................................... 99
E-mail を削除する ................................................ 100
メールボックスとの接続を終了する................... 101
インターネット ....................................102
基本操作 ................................................................. 103
ショートカット ..................................................... 103
ポップアップを許可する ...................................... 104
ズーム ..................................................................... 104
ページ概要 ............................................................. 104
画面表示を切り替える.......................................... 104
情報表示中の各種設定.......................................... 105
履歴リストの設定.................................................. 105
検索......................................................................... 106
URL を送信する.................................................... 106
接続を変更する ..................................................... 106
ブラウザツールバー.............................................. 106
ミニマップ ............................................................. 107
情報の利用 .............................................................. 107
ブックマーク ......................................................... 107
ホームページ ......................................................... 108
アイテムをダウンロードして購入する............... 108
画像ファイルの利用.............................................. 109
サウンドファイルの利用 ...................................... 109
ページ保存 ............................................................. 110
その他の機能 .......................................................... 110
画像や音声の取得設定.......................................... 110
Web フィードとブログ ........................................ 110
インターネット設定.............................................. 111
セキュリティの設定.............................................. 112
インターネットについて........................................102
インターネットにアクセスする ............................102
カメラ ................................................. 113
メニューからアクセスする .................................. 102
カメラをご利用になる前に ................................... 113
目次
メールの利用 ..............................................................90
目次
カメラ利用時のご注意.......................................... 113
ディスプレイ表示について .................................. 114
カメラのアクティブツールバー .......................... 115
撮影した静止画 / ビデオを送信する .................... 128
ギャラリー .......................................... 130
静止画の撮影 ...........................................................116
ギャラリーについて ............................................... 130
静止画を撮影する.................................................. 116
静止画撮影で利用できる機能 .............................. 117
連写モード ............................................................. 118
セルフタイマー ..................................................... 119
静止画 / 動画ファイルの利用................................ 132
動画の撮影...............................................................120
動画を撮影する ..................................................... 120
動画撮影で利用できる機能 .................................. 120
第2カメラを使用する ...........................................121
静止画を撮影する.................................................. 121
動画を撮影する ..................................................... 122
アクティブツールバーの詳細設定 ........................122
アクティブツールバーの各種機能を設定する ... 122
シーンモード ......................................................... 123
フラッシュ ............................................................. 124
色合い..................................................................... 124
ホワイトバランス.................................................. 124
露出補正 ................................................................. 125
シャープネス ......................................................... 125
コントラスト ......................................................... 125
受光感度 ................................................................. 125
静止画 / 動画の設定 ...............................................126
静止画設定 ............................................................. 126
ビデオ設定 ............................................................. 127
カメラ起動中にギャラリーを開く ........................128
撮影した静止画 / ビデオを編集する ....................128
ギャラリーのフォルダを開く .............................. 130
ギャラリーのアクティブツールバー................... 131
壁紙に設定する...................................................... 132
画像を電話帳へ登録する ...................................... 132
アルバム ................................................................. 132
スライドショー...................................................... 132
静止画 / 動画ファイルの編集................................ 133
静止画ファイルを編集する .................................. 134
ビデオファイルを編集する .................................. 136
画像を印刷する...................................................... 137
プリンタの設定...................................................... 138
印刷バスケット...................................................... 138
オンラインでファイルを共有する....................... 139
音楽ファイル / サウンドクリップの利用........................ 139
プレイリスト ......................................................... 140
音楽データをインポートする .............................. 140
サウンドクリップを着信音に設定する............... 140
プレゼンテーション ............................................... 140
SVG ファイルを再生する.................................... 140
SVG ファイルを拡大する ................................... 140
TV 出力モード........................................................ 141
テレビで画像やビデオを見る .............................. 141
ホームメディア....................................................... 142
重要なセキュリティ情報 ...................................... 142
ホームメディアの設定 .......................................... 143
メディア プレーヤー............................. 146
ミュージックプレーヤー........................................146
音楽ファイルを再生する ...................................... 146
再生中にできること .............................................. 147
ミュージックライブラリを利用する................... 148
プレイリスト ......................................................... 149
音楽ファイルの転送 ...............................................151
音楽を転送する...................................................... 151
PC から音楽を転送する ....................................... 152
Windows Media Player で音楽を転送する .... 152
RealPlayer .............................................................153
ビデオファイルや音楽ファイルを再生する ....... 153
ストリーミング再生 .............................................. 154
RealPlayer の設定............................................... 154
Flash プレーヤー...................................................155
Flash ファイルを再生する.................................. 155
Flash ファイルの管理.......................................... 156
便利な機能........................................... 158
カレンダー...............................................................158
カレンダーを表示する .......................................... 158
カレンダーエントリを登録する........................... 158
アラームを設定する .............................................. 161
カレンダーエントリを送信する........................... 161
カレンダーエントリを削除する........................... 161
カレンダーを設定する .......................................... 162
電卓 ..........................................................................162
計算の実行 ............................................................. 162
コンバータ .............................................................. 163
コンバータを操作する.......................................... 163
基本通貨と通貨交換レートの設定....................... 163
ノート ...................................................................... 164
ノートを作成する.................................................. 164
ノートを送信する.................................................. 164
Quickoffice ........................................................... 164
Quickword ............................................................ 165
Quicksheet .......................................................... 165
Quickpoint ........................................................... 166
Quickmanager.................................................... 167
詳細情報 ................................................................. 167
音声メモ .................................................................. 167
Adobe Reader .................................................... 168
PDF 文書を表示する ............................................ 168
詳細情報 ................................................................. 168
ラジオ ( ネットワークサービス ) ......................... 168
ラジオをご利用になる前に .................................. 169
ラジオを聞く ......................................................... 169
ラジオステーションを登録する .......................... 171
ビジュアルコンテンツの表示 .............................. 171
Visual Radio の設定 ........................................... 171
Zip Manager ........................................................ 172
ファイルを圧縮する.............................................. 172
zip ファイルを解凍する ....................................... 172
アーカイブの管理.................................................. 172
バーコードリーダー............................................... 172
コードを読み取る.................................................. 173
目次
メディアファイルの利用と共有........................... 144
メディアファイルのコピー .................................. 145
目次
読み取った情報を保存する .................................. 173
以前に読み取った情報を表示する ...................... 173
セキュリティ........................................174
操作用暗証番号(ロックコード)の変更.............174
PIN コードの設定 ...................................................174
PIN/PIN2 コードを変更する.............................. 174
PIN コード要求を設定する.................................. 175
無断で利用されたくないとき ................................175
本機の操作を禁止する ( 電話機ロック )............. 175
自動ロックまでの時間を設定する ...................... 175
USIM 変更時に本機をロックする ...................... 175
電話と USIM の設定............................................. 176
証明書管理...............................................................176
証明書管理について.............................................. 176
証明書機関リストを表示する .............................. 176
証明書の詳細情報を表示する .............................. 176
信頼設定を変更する.............................................. 177
各種設定をお買い上げの状態に戻す ....................177
Bluetooth 接続...................................................... 182
Bluetooth を設定する......................................... 183
Bluetooth 接続でデータを送信する.................. 184
機器をペアリングする .......................................... 185
Bluetooth 接続でデータを受信する ................. 186
Bluetooth 接続をオフにする ............................. 186
赤外線通信 .............................................................. 186
赤外線通信をご利用になる前に .......................... 186
赤外線通信の利用.................................................. 186
リモート SIM モード ............................................. 187
データケーブル....................................................... 187
データ転送 .............................................................. 188
Bluetooth でデータを転送する ......................... 188
赤外線通信でデータを転送する .......................... 189
データの同期 / 受信 / 送信 .................................. 189
ショートカットを使った転送 .............................. 190
ショートカットを編集する .................................. 190
転送ログを確認する.............................................. 190
データ競合の処理.................................................. 191
外部接続 ..............................................178
その他データ通信 ................................................... 191
接続について ...........................................................178
無線 LAN .................................................................179
PC 接続 ................................................................ 191
同期......................................................................... 191
デバイスマネージャ.............................................. 193
無線 LAN 接続....................................................... 179
待受画面から無線 LAN を利用する.................... 180
WLAN ウィザード................................................ 181
新規無線 LAN アクセスポイントを作成する .... 181
接続状況...................................................................181
データ接続 ............................................................. 182
無線 LAN ............................................................... 182
ディスプレイ設定 ................................. 194
テーマ設定 .............................................................. 194
壁紙を設定する...................................................... 194
日時設定 .................................................................. 194
時計表示設定 ......................................................... 194
日付時刻設定 ......................................................... 194
位置情報機能 ......................................................... 203
電話機設定 .............................................................. 203
通話設定 ................................................................. 203
ネットワーク ......................................................... 205
カスタム待受画面 ...................................................196
接続設定 .................................................................. 205
カスタム待受画面を設定 / 解除する................... 196
起動するアプリケーションを変更する ............... 197
ウェイクアップメッセージ / ロゴを設定する......................... 197
メインメニュー表示を変更する........................... 197
アクセスポイント.................................................. 206
パケット接続 ......................................................... 209
ワイヤレス LAN.................................................... 209
SIP 設定................................................................. 209
インターネット電話設定 ...................................... 210
構成......................................................................... 210
英語表示に切り替える ...........................................197
音の設定..............................................198
モードの設定 ...........................................................198
使用するモードを変更する .................................. 198
新しいモードを作成する ...................................... 198
着信音量の設定 .......................................................199
着信パターンの設定 ...............................................199
着信音を設定する.................................................. 199
着信音の再生方法を設定する .............................. 199
バイブレータを設定する ...................................... 199
効果音 - キー確認音の設定 ....................................200
3D 着信音 ...............................................................200
3D 効果を有効にする........................................... 200
3D 効果を変更する............................................... 200
3D 効果を調整する............................................... 200
その他の設定 ....................................... 201
一般設定...................................................................201
カスタマイズ ......................................................... 201
アクセサリ設定...................................................... 202
アプリケーション................................................... 210
ボイスキー .............................................................. 210
アプリケーションやモードを起動する............... 210
ボイスタグを確認する.......................................... 210
ボイスタグを設定 / 変更する .............................. 210
著作権管理 .............................................................. 211
Nokia N95 アプリケーション ............. 213
シェアオンライン................................................... 213
はじめに ................................................................. 214
アカウントを設定する.......................................... 214
ウェブに投稿する.................................................. 214
オンラインサービスを使用する .......................... 215
シェアオンライン設定.......................................... 216
検索.......................................................................... 217
インターネット検索.............................................. 217
画像検索 ................................................................. 218
マイコンテンツ検索.............................................. 219
検索の設定 ............................................................. 219
目次
アラームを設定する .............................................. 195
アラームを変更する .............................................. 195
アラームを削除する .............................................. 196
世界時計 ................................................................. 196
目次
ネット電話 .............................................................219
A-GPS 設定........................................................... 236
インターネット電話をかける .............................. 221
設定......................................................................... 222
GPS 受信機 ............................................................ 236
ダウンロード ..........................................................223
衛星信号について.................................................. 236
位置情報提供 ......................................................... 237
カタログリストを更新する .................................. 223
アイテムを購入する.............................................. 223
ダウンロードの設定.............................................. 223
地図 - Nokia Maps............................................... 237
Nokia Lifeblog .....................................................224
現在位置を確認する.............................................. 239
地図の操作 ............................................................. 239
衛星情報 ................................................................. 240
地図をダウンロードする ...................................... 240
地図の設定 ............................................................. 241
Nokia Map Loader............................................. 242
位置情報 ................................................................. 242
周辺情報を調べる.................................................. 243
PC にインストールする....................................... 224
PC 接続.................................................................. 224
電話機と PC 間でコピーする .............................. 225
タイムラインとお気に入りを閲覧する............... 225
ウェブに投稿する.................................................. 225
アイテムをインポートする .................................. 226
Nokia Podcasting...............................................227
地図を利用する前に.............................................. 238
地図を利用する....................................................... 238
設定......................................................................... 227
検索......................................................................... 228
ディレクトリ ......................................................... 229
ポッドキャスト ..................................................... 230
エピソードのダウンロード .................................. 230
エピソードの視聴と管理 ...................................... 231
地図で利用できるサービス ................................... 243
ビデオセンタ ..........................................................231
ランドマークを登録 / 編集する .......................... 247
ランドマークを利用する ...................................... 248
新規サービス追加.................................................. 232
ビデオの検索と再生.............................................. 232
インターネットビデオ.......................................... 233
ダウンロードしたビデオの再生 .......................... 233
設定......................................................................... 234
GPS 機能 ................................................................235
GPS とは............................................................... 235
ナビゲーションガイド .......................................... 244
ガイド ..................................................................... 244
ルート案内 .............................................................. 245
ルートを設定 / 表示する ...................................... 245
ランドマーク........................................................... 247
GPS データ ............................................................ 248
GPS データ設定 ................................................... 249
衛星の状態 ............................................................. 249
ナビゲーション...................................................... 249
現在位置情報 ......................................................... 250
移動距離(トリップメーター)............................ 250
付録 ....................................................252
メモリ容量...............................................................252
主な仕様 .................................................................252
サポート情報 ...........................................................252
携帯電話の使い方を知りたい .............................. 252
PC と携帯電話の同期方法は? ........................... 252
よくある質問は?.................................................. 252
ノキアの最新情報を知りたい .............................. 253
ソフトバンク取り扱いアクセサリ一覧 ............... 253
電池について ....................................... 254
充電と放電...............................................................254
Nokia 純正電池の認証確認 ...................................255
お手入れとメンテナンス........................256
安全についての追加情報........................258
保証とアフターサービス........................262
保証について ...........................................................262
修理を依頼される場合 ...........................................262
お問い合わせ先一覧 ...............................................262
サービス、紛失、故障について........................... 262
一般電話からおかけの場合 .................................. 263
Nokia 純正アクセサリ .........................265
Nokia N95 対応アクセサリ.................................265
電池 ..........................................................................266
Nokia Digital Pen SU-27W .............................266
Nokia Music Headset
HS-45/AD-54/AD-52 ...................................... 266
Nokia Bluetooth Headset
BH-200/BH-700 ............................................... 267
索引 .................................................... 268
目次
Nokia Nseries PC Suite ..................................251
安全上のご注意
次のガイドラインをお読みください。ここに記載され
ている注意事項をお守りいただくことで、危険な状
態が生じる可能性や違法行為を未然に防ぐことがで
きます。また、本書では更に詳しい説明も記載されて
います。
規則に従い、航空機内では電話機の電源を
お切りください。無線機器の使用は、機内
で何らかの電波干渉を引き起こすことがあ
ります。
安全を確認して電源をお入れください
給油時には電源をお切りください
携帯電話の使用が禁止されている場合や、
電波干渉、または危険な状態を引き起こ
す可能性がある場合は、電話機の電源を
入れないでください。
ガソリンスタンドなど、燃料や化学薬品の
近くでは 携帯電話を使用しないでくださ
い。
交通安全を最優先に
ご使用になる地域のすべての法令に従っ
てください。運転中は携帯電話を手に持た
ないでください。運転中は安全第一を心が
けてください。
電波干渉
携帯電話は電波干渉に敏感で、電波干渉
を受けると動作に影響が及ぶ場合があり
ます。
病院では電源をお切りください
規則に従い、医療機器の近くでは電話機の
電源をお切りください。
16
航空機内では電源をお切りください
爆発現場付近では携帯電話を使用しない
でください
規則に従い、爆発処理が行われている現場
では携帯電話を使用しないでください。
正しくご使用ください
製品に付属の取扱説明書に従い、電話機を
通常の位置で使用し、不必要にアンテナ部
分に触れないでください。
正規サービス
資格のあるサービススタッフ以外は、装置
の取り付けや修理を行わないでください。
アクセサリと電池
指定のアクセサリや電池を使用してくださ
い。また、本機に対応していない機器を接
続しないでください。
水をかけないでください
本機は防水仕様ではありません。水気のあ
るところで使用しないでください。
データのバックアップ
本機に保存した重要なデータは、すべて
バックアップ、またはメモを取るようにし
てください。
他の機器への接続
本機を他の機器へ接続する場合、その製品
に付属の取扱説明書に記載された安全上の
注意をお読みください。また、本機に対応
していない機器を接続しないでください。
緊急通報
本機の電源が入っており、サービスエリア
内であることを確認します。 を必要なだ
け押して通話中の電話を終了する、または
使用中のメニューを終了し、待受画面に戻
します。緊急通報の電話番号を入力し、
を押します。電話がつながったら現在
地を知らせて、指示があるまでは電話を切
らないでください。
本機について
本機は、(E)GSM 850/900/1800/1900 および
WCDMA 2100 ネットワーク上での利用が認められ
ています。これらのネットワークについての詳細は、
ご契約されている携帯電話事業者にご確認ください。
本機を、すべての法律に従って正しくご使用くださ
い。また、他人のプライバシーや正当な権利を尊重
し、適切なご使用を心がけてください。
著作権保護のため、一部の画像や音楽 ( 着信音を含む
)、およびその他のコンテンツのコピー、変更、譲渡、
伝送はできないことがあります。
本機は、インターネット接続およびその他の接続方
法をサポートしています。コンピュータ同様、本機
は、ウイルス、悪質なメッセージやアプリケーショ
ン、およびその他の有害コンテンツにさらされる場
合があります。メッセージを開いたり、接続要求を
受け入れたり、コンテンツをダウンロードしたりす
るときには注意が必要です。これらの行為は、信頼
できるソースからの場合のみ実行してください。本
機および接続するすべてのコンピュータに、ウィル
ス対策ソフトウェアおよびその他のセキュリティソ
フトウェアをインストールすることを検討してくだ
さい。
17
警告:アラーム以外の本機のあらゆる機能
を使うためには、電源を入れる必要があり
ます。電波干渉や危険な事態を引き起こす
可能性がある場合は、本機の電源を入れな
いでください。
Offic e アプリケーションに関しては、Microsoft Word、PowerPoint、および Excel (Microsoft
Offic e 2000、XP、および 2003) の一般的な機
能をサポートしています。ただし、すべてのファイ
ル形式を参照または変更できるわけではありません。
本機は、高速データ通信など、負荷のかかる操作を
行うと、熱を持つ場合があります。ほとんどの場合、
この状態は正常です。本機が正常に動作していない
と感じられた場合には、最寄りの有資格サービス施
設にご相談ください。
本機には、第三者のインターネットサイトのブック
マークやリンクが事前にインストールされている場
合があります。また、本機からその他の第三者のサ
イトにアクセスできる場合があります。Nokia はそ
れらのサイトとは関係がなく、それらのサイトに対
して保証したり法的責任を負うことはありません。
このようなサイトにアクセスする場合は、セキュリ
ティやコンテンツが信頼性のあるものかどうかをご
確認ください。
18
ネットワークサービス
本機を利用するにあたって、携帯電話事業者のサービ
スが必要となります。本機の機能のほとんどがネット
ワーク側の機能に依存しています。これらのネット
ワークサービスは、すべてのネットワークで利用でき
るとは限りません。また、ネットワークサービスをご
利用になる前に、ご契約されている携帯電話事業者の
サービスに加入するなどの手続きが必要になります。
ご契約されている携帯電話事業者から、サービスをご
利用になる際の追加の指示や、課金についての説明が
必要になる場合があります。一部のネットワークで
は、ネットワークサービスの利用に制限がある場合が
あります。ネットワークによっては、各言語特有の文
字やサービスをすべてサポートできない場合がありま
す。本書では、ネットワークを利用する機能に対し
て、(ネットワークサービス)と表記しています。
ご契約されている携帯電話事業者が、本機の一部の機
能を停止、または無効にしている場合があります。そ
の場合は、それらの機能は本機のメニューに表示され
ません。また本機は、メニュー名、メニューの順序、
およびアイコンの変更など、特別な設定が行われてい
る可能性があります。詳細につきましては、ご契約さ
れている携帯電話事業者にお問い合わせください。
本機は、TCP/IP プロトコルを基盤とした WAP 2.0
プロトコル (HTTP と SSL) に対応しています。本機
の MMS、ブラウザ、E-mail などの機能には、この
ような技術に対応したネットワークが必要になりま
す。
本書に示されている画像は、本機に表示される画像と
は異なる場合があります。
本機のデータをプリンタを使用して印刷する場合、
印字対応言語や印刷の性能などはプリンタに依存さ
れます。
アクセサリ、電池、充電器
電池を取り外す際には、必ず本機の電源を切り、充電
器を外した状態で行ってください。
充電器をご使用になる前に、充電器の型番を確認して
ください。本機は、DC-4、AC-4、AC-5 充電器、ま
た、充電器アダプタ CA-44 は、AC-1、ACP-8、
ACP-9、ACP-12、LCH-12 充電器に対応していま
す。
本機に対応している電池は、BL-5F です。
警告:本機を使用する際には、Nokia が認
定した電池、充電器およびアクセサリのみ
を使用してください。これ以外の機器を使
用すると、本機に対する認定あるいは保証
の対象外となるだけでなく、事故などが起
こる場合があります。
認定アクセサリの在庫状況については、製品取り扱い
店まで直接お問い合わせください。アクセサリの電源
コードを外す際には、コードではなくプラグを持って
抜いてください。
19
はじめに
はじめに
本書の見かた
キーの表記について
本書には次のマークが使用されています。
各キーの位置については、
「各部の名称」(P.28) を
参照してください。
注意 :
重要 :
本機を操作する上で必要な注意点
を記載しています。
本書ではダイヤルキーを簡略化して表記しています。
実際のキー
本書での表記
セキュリティに関する記述です。
例)
警告 :
操作中などに身体に影響を及ぼす
可能性が想定される場合、注意事
項を記載しています。
補足 :
操作の補足的な説明になります。
用語 :
特殊な用語の説明になります。
ナビゲーションキーの表記は次のようになります。
操作を決定するときにナビゲーション
キーの中央を押します。( 決定キー )
ナビゲーションキーの左を押します。
ナビゲーションキーの右を押します。
ナビゲーションキーの上を押します。
ナビゲーションキーの下を押します。
20
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
SoftBank X02NK 本体
電池パック BL-5F
急速充電器 AC-5U
SoftBank X02NK 取扱説明書
SoftBank X02NK らくらくスタートブック
Nokia N95 Get Started
microSD カード 2GB( 試供品 )
microSD カードアダプタ ( 試供品 )
マイク付オーディオリモコン&ステレオイヤホン
HS-45/AD-43( 試供品 )
ミニ USB 接続ケーブル DKE-2
ビデオ出力ケーブル CA-75U( 試供品 )
Nseries PC Suite 用 DVD-ROM( 試供品 )
保護フィルム ( 試供品 )
保証書
ください。Nokia Content Copier は複数機種の
Nokia 電話機に対応しています。
機能制限について
はじめに
お買い上げ品の確認
次の状態では、本機のすべての機能がロックされま
すのでご注意ください。
・ 機種変更または解約後、長期間本端末をお使いに
ならなかった場合
・ USIM カードが未挿入の場合
・ 不正な USIM カードが挿入された場合
・ 長期間、オフラインモードに設定していた場合
ロックを解除するには、有効な USIM カードを挿入
して電源を入れ直してください。
USIM カードが挿入されていない状態で電源を入れ
ても、日本国内では緊急電話番号に電話をかけるこ
とはできません。
別の電話機からデータを転送する
別の電話機からデータを転送するには、次の 2 つの
方法があります。
・ データ転送アプリケーションを使用します。
「データ転送」(P.188) を参照してください。
・ Nokia Nseries PC Suite の Content Copier を
使用して、互換性のある Nokia 電話機からコンテ
ンツをコピーします。Nokia Nseries PC Suite
は本機付属の DVD-ROM からインストールして
21
はじめに
商標について
SOFTBANK およびソフトバンクの名称、ロゴは
日本国およびその他の国におけるソフトバンク株
式会社の登録商標または商標です。
「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマーク
は、米国 Yahoo! Inc. の登録商標または商標です。
TV コール、S!メール、PC サイトダイレクト、
S! GPS ナビ、3G HighSpeed はソフトバンク
モバイル株式会社の登録商標または商標です。
本書に記載されている「携帯電話事業者」へのお
問い合わせについては、
「お問い合わせ先一覧」
(P.262) を参照してください。
22
・ USIM カードは乳幼児の手の届かない場所に保管
してください。誤って飲み込んだり、けがの原因
となる場合があります。
■ USIM カードをご利用になる前に
・ USIM カードの取り外し、および挿入時には、必
要以上に力を入れないでください。(USIM カード
USIM( ユーシム)カード(以下 USIM カード)は電
の取り外し、および挿入時に過剰な力を加えると
話番号やお客様情報が入った IC カードです。USIM
故障の原因となります。また、取り外しの際、手
カード対応のソフトバンク携帯電話に取り付けて使用
や指などを傷つける可能性がありますのでご注意
します。有効な USIM カードが取り付けられていな
ください。
)
い場合、電話の発着信、メール、ウェブなどのネット
・ 他社製品の IC カードリーダなどに、USIM カー
ワーク接続を含む本機の機能はすべてご使用になれま
ドを挿入し故障した場合、お客様ご自身の責任と
せん。
なりソフトバンクでは責任を負いかねます。
・ USIM カードには電話帳を保存できます。
・ ご利用中、USIM カード自体が温かくなることが
・ USIM カードに保存したデータは、他の USIM
ありますが、異常ではありませんのでそのままご
カード対応のソフトバンク携帯電話でもご利用い
使用ください。
ただけます。
・ IC 部分はいつもきれいな状態でご使用ください。
・ USIM カードに使用する機器はソフトバンクの指
(USIM カードの IC 部分への接触は、データの消
定品以外のものは使用しないでください。指定品
失や故障の原因となる可能性があります。不必要
以外のものを使用すると、データの消失や故障の
な IC 部分への接触はなるべく避けるようにして
原因となる場合があります。
ください。
)
・ 電子レンジなどの加熱調理器や高圧容器に、
・ USIM カードにラベル等を貼り付けないでくださ
USIM カードを入れないでください。溶損、発熱、
い。USIM カードは非常に薄く、精密に作られて
発煙、データの消失、故障の原因となります。
いるため、ラベルやシール程度の厚みでも接触不
・ USIM カードの詳細については、USIM カードに
良やデータの破壊などの原因となることがありま
付属の説明書を参照してください。
す。
USIM カードのお取り扱い
準備 / 基本知識
準備 / 基本知識
23
準備 / 基本知識
24
■ USIM カードについてのその他のご注意
・ USIM カードの所有権は、ソフトバンクに帰属し
ます。
・ 紛失、破損などによる USIM カードの再発行は有
償となります。
・ 解約、休止などの際は、USIM カードをソフトバ
ンクにご返却ください。
・ お客様からご返却いただいた USIM カードは、環
境保全のためリサイクルされています。
・ USIM カードの仕様、性能は予告なしに変更する
可能性があります。
・ お客様自身で USIM カードに登録された情報内容
は、事故や故障によって、消失または変化してし
まうことがあります。大切なデータは控えをとっ
ておかれることをおすすめします。
なお、データの消失または変化した場合の損害に
つきましては、ソフトバンクでは責任を負いかね
ますのであらかじめご了承ください。
・ 国内外問わず USIM カードならびにソフトバンク
携帯電話(USIM カード挿入済み)を盗難・紛失
した場合は必ず緊急利用停止の手続きをおこなっ
てください。緊急利用停止の手続きは「お問い合
わせ先一覧」(P.262) までご連絡ください。
・ X02NK の修理、USIM カードの交換や機種変更
をした場合、本体やメモリカードに保存してある
コンテンツの一部がご利用できなくなる可能性が
あります。あらかじめご了承ください。
・ USIM カードを交換するとお気に入りなどの情報
が利用できなくなります。
■ USIM カードと電池を取り付ける
1 本機を裏返して、
解除ボタンを押
し、バック
カバーを矢印の
方向へスライド
し、カバーを取
り外す
2 USIM カードホ
ルダーを開く
USIM カードホル
ダーを開くには、
ホルダーの取っ手
部分を持ち上げま
す。
入し、USIM カー
ドホルダーを閉じ
る
USIM カードの角
が欠けた部分が本
機の下方向に位置
し、USIM カード
の接続端子部分が本体の接続端子と向かい合って
いることを確認します。
4 電池を挿入
電池の金属部分
が、電話機本体の
接続端子に接する
ように矢印の方向
に電池を差し込み
ます。
5 バックカバーを元
に戻す
バックカバーのつ
めの部分を本体に
合わせ、矢印の方
向にスライドさ
せ、元に戻しま
す。
電池パックと充電
電池パックとアクセサリについての情報は、「電池に
ついて」(P.254)、「Nokia 純正アクセサリ」
(P.265) を参照してください。
■ 電池パックを充電する
1 充電器のプラグをコン
準備 / 基本知識
3 USIM カードを挿
セントに差し込む
2 電源コードを本機に接
続する
・ 画面右上の電池残量
表示が点滅を開始し
ます。
・ 充電中も本機を使用
できます。
・ 電池残量がまったく
無い状態で充電を開始すると、充電表示が出る
までに数分かかる場合があります。
・ 電池の充電が終了すると、電池残量表示の点滅
が止まります。
3 充電器を本機から外し、次に充電器のプラグをコ
ンセントから抜く
25
準備 / 基本知識
メモリカード
メモリカード ( microSD カード ) には、電話機本体
にあるデータを保存することができます。
所定の場所におさまると、カ
チッと音がします。
メモリカードは製品パッケージに同梱されています。
■ メモリカードを取り付ける
1 メモリカードスロットのカバーを開く
カバーの下側にある
くぼみに爪を入れて、
カバーを開けます。
本機とカバーをつな
いでいるゴム製の接
続部分を十分引き出
して、カバーを開き
ます。
2 スロットにメモリ
カードを挿入する
右図のように角が
欠けた部分を左上
に、カードの接続
端子部分が上向き
になっていること
を確認してくださ
い。
26
3 カードを押し込む
4 カバーを閉じる
ゴム製の接続部分を中に押し
入れ、カバーを閉じます。カ
バーが開いていると、メモリ
カードを使用できません。
■ メモリカードを取り出す
重要: メモリカードへのアクセスが実行されて
いるときに、メモリカードを取り外さないでく
ださい。これらの操作中にカードを取り外す
と、本機だけでなくメモリカードにも損傷が生
じ、メモリカードに保存されているデータが破
損する可能性があります。
1 電源キーを短く押し、リストから メモリカード取り外
し を選択
・ メモリカードを取り外す前に、起動しているす
べてのアプリケーションを終了する必要があり
ます。
アプリケーションが終了します。取り外しますか? の
メッセージが表示されるので、はい を選択
3 メモリカードを取り外して「OK」を押してくだ
さい が表示されるので、カバーを開きメモリカー
ドを押して、スロットから取り出す
4 OK を選択
ヘッドセットを取り付ける
本機対応ヘッドセッ
トやヘッドホンを本
機の Nokia AV コネ
クタ (3.5mm) に接
続することができま
す。ケーブルモード
の選択画面が表示さ
れる場合があります。
警告:ヘッドセットを使用すると、周囲の
音が聞こえにくくなります。お客様の安全
を脅かすおそれがある状況では、ヘッド
セットの使用をお控えください。
ヘッドセットやヘッドホンを、Nokia Audio
Controller AD-43 などのリモートコントローラユ
ニットと一緒に使用する場合、最初に本機のコネク
タとユニットを接続し、次にヘッドセットやヘッド
ホンとユニットを接続します。
準備 / 基本知識
2 メモリカードを取り外すと、開いているすべての
マイクが付いていないヘッドセットで電話をかける
場合は、リモートコントロールユニットか、本機の
マイクをご使用ください。
ヘッドセットによっては、音楽やビデオを再生する
場合の音量調節にのみ音量調節キーを使用すること
ができます。その場合、通話中の音量調節は本機の
音量調節キーを使用してください。
本機には、出力信号を送出する製品を接続しないでく
ださい。接続すると破損する可能性があります。
Nokia AV コネクタには、いかなる電源も接続しない
でください。
Nokia AV コネクタに、本機で使用が認められている
もの以外の外部機器やヘッドセットを接続する場合、
音量に注意してください。
27
準備 / 基本知識
各部の名称
■ 本体
本機は上下にスライドする 2 方向スライド形式で
す。本機の前面部を上方向にスライドさせると画面
はポートレートモード(縦長表示)に、下方向にス
ライドさせるとランドスケープモード(横長表示)
になります。
本体 ( 正面 )
1 電源キー [
]
長く(約 2 秒)押して、
電源の ON/OFF をおこな
います。
2(左・右 ) ソフトキー
[
・
]
画面に表示されるコマンドを選択できます。
3 メニューキー [
]
メインメニューを表示します。
4 開始キー [
]
電話をかけるときや受けるときに使用します。
5 編集キー [
]
テキストの編集に使用するコマンドリストが表示
されます。
28
6 ナビゲーションキー [
、
、
、
]
項目の選択やカーソルの移動、画面をスクロール
するときなどに使用します。
7 ダイヤルキー
電話番号や数字、文字の入力などに使用します。
8 クリアキー [
]
準備 / 基本知識
入力した文字を削除します。また、画像やサウン
ドなどのファイルを選択しているときに押すと削
除できます。
9 終了キー [
]
通話やアプリケーションを終了するときなどに使
用します。長く押すとパケットデータ接続を終了
することができます。
10 マルチメディアキー [
]
マルチメディア アプリケーションへのショート
カットです。
11 光センサー
12 第2カメラ(低解像度)
13 レシーバー(受話口)
相手の声がここから聞こえます。
本体 ( 背面 / 側面 / 底面 )
1 充電器の外部接続端子
2 マイク ( 送話口)
3 ミニ USB コネクタ
USB データケーブルを接
続します。
4 ストラップホール
5 ステレオスピーカー
ステレオスピーカー (3D サウンド効果 )
6 カメラ起動スイッチ ( レンズカバー )
カバーを開くとメインカメラが起動します。
7 メインカメラ
高解像度の画像撮影やビデオ録画に使用します。
8 カメラフラッシュ
9 3.5mm AV コネクタ
ヘッドセットやビデオ出力ケーブルを接続します。
10 赤外線ポート
11メモリカードスロット
29
準備 / 基本知識
本体 ( メディアモード )
画面の見かた
メディアキーは音楽ファイルやビデオファイルを再
生する場合に使用します。
■ アイコン
1 メディアキー
(早送り)
、 (再生/一時停止)、 (停止)
、
(巻き戻し)
GSM ネットワーク使用中
WCDMA ネットワーク使用中
留守番電話サービスセンターに伝言メッセージ
あり
受信メールフォルダに未読メールが 1 件以上あ
り。アイコンが点滅している場合は、受信メール
フォルダがいっぱいで、メモリ不足の状態を示し
ます。不要なデータを削除してください。
リモートメールボックスに新着 E-mail あり
未送信メールフォルダに送信待ちメールあり
不在着信あり
マナーモード設定中
キー操作ロック中
2 ズーム / 音量調節キー
3 レビューキー [
]
アラーム設定中
最後に保存された画像やビデオファイルを確認し
ます。
4 シャッターキー [
]
メインカメラでオートフォーカスをしたり、静止
画やビデオの撮影をしたりするときに使用しま
す。
30
通話着信を別の電話番号へ転送
ヘッドセット接続中
テレビ出力ケーブル接続中
カーキット接続中
データ通信使用中
GPRS パケットデータ接続使用中
GPRS パケットデータ接続保留中
EDGE パケットデータ接続利用可能
アプリケーション起動中
メニュー画面のアプリケーションアイコンの右上
に表示されます。
電源 On/Off
EDGE をサポートするネットワークの一部で
パケットデータ接続使用中
1 電源キーを長く ( 約 2 秒 )
押す
EDGE パケットデータ接続保留中
・有効な USIM カードが挿入さ
WCDMA パケットデータ接続利用可能
WCDMA パケットデータ接続使用中
WCDMA パケットデータ接続保留中
無線 LAN を検出し、無線 LAN 利用可能
(「無線 LAN」P.179)
暗号化されたネットワークで無線 LAN 接続使用
中
暗号化されていないネットワークで無線 LAN 接
続使用中
Bluetooth 接続設定中
準備 / 基本知識
GPRS パケットデータ接続利用可能
れている状態で電源を入れてく
ださい。
・PIN コード、またはロック
コードの入力を求められた場
合、コードを入力し (**** と表
示 )、
(OK) を押します。
・ PIN コードは通常、USIM カードと一緒に提供
されます。
・ お買い上げ時には、ロックコードは「12345」
に設定されています。
・ 各コードの詳細については、「セキュリティ」
(P.174) を参照してください。
Bluetooth 接続でデータ転送中
USB 接続使用中
赤外線通信使用中
アイコンが点滅している場合は、他の機器へ接続
中であるか、接続が切断されている状態です。
31
準備 / 基本知識
■ 内蔵アンテナ
本機には、内蔵アンテナがあります。
1 セルラーアンテナ
2 Bluetooth / 無
線 LAN アンテナ
3 GPS 受信機
注意:他の無線送信機器と同様、本機の電
源が入っているときには不用意にアンテナ
に触れないでください。アンテナに触れる
と、通話の音質に影響を及ぼしたり、本機
が必要以上に高い電力レベルで動作したり
する可能性があります。本機の動作時にア
ンテナ領域に触れないようにすると、アン
テナの性能や電池の寿命が最適な状態にな
ります。
■ ディスプレイについて
正面のディスプレイ用に、透明の保護用プラスチッ
クフィルムが同梱されています。必要に応じてご使
用ください。
32
画面上の少数のドットが表示されなかったり、変色し
たり、明るく光ったりすることがあります。これは、
このタイプのディスプレイに特有のことです。一部の
ディスプレイでは、ピクセルやドットがオンまたはオ
フのままになることがありますが、正常なことであり
不具合ではありません。
初回設定
はじめて本機の電源を入れたと
きに、都市、日付 / 時刻を設定
する画面になります。
■ 都市を設定する
1 都市の最初の文字を入力検
索し、設定する
・ 漢字の都市名の場合は、
都市名の最初の文字を入
力して漢字に変換します。
例えば、日本 ( 東京 ) を検索する場合、最初の
文字の「日」を入力して検索します。日本を選
択し、次に東京を選択します。
・ 都市を選択すると、時計のタイムゾーンも指定
されます。(「世界時計」P.196)
1 現在の日付 / 時刻を入力
注意:キー操作ロックを設定していても、
本機にプログラムされた海外の緊急電話番
号には発信できることがあります。緊急電
話番号を入力して、 を押します。本機で
は、キー操作ロックが設定されている状態
で、110、118、119 への緊急通報がで
きません。設定を解除し、「緊急通報」
(P.260) を参照して電話をかけてくださ
い。
(「日付時刻設定」P.194)
キー操作ロック
キー操作ロックを使用すると、キーの誤操作を防ぐこ
とができます。この機能を設定すると、待受画面上部
に
が表示されます。
■ キー操作ロックを設定する
1 本機前面部のスライドを閉じた状態で、 を短く
■ キー操作ロックを解除する
1 本機前面部のスライドを開くか、または 解除
押す
(
リストが表示されます。
2 リストから キー操作ロック を選択
・ キー操作ロックを設定しました が表示されま
す。
・ 待受画面上部に
が表示されます。
・ キー操作ロック設定時に画面のバックライトを
点灯する場合は、 を押します。
待受画面で
を押し、すぐに
することもできます。
準備 / 基本知識
することができます。(「キー操作自動ロック設定」
P.33)
■ 日付 / 時刻を設定する
を押すことで設定
本体前面部のスライドを閉じたときや、タイムアウト
時間が過ぎた場合に、自動的にキー操作ロックを設定
) を選択し、すぐに OK(
)を押す
キー操作ロックを解除しました が表示されます。
■ キー操作自動ロック設定
> ツール > 設定 > 一般 > セキュリティ > 電話
機と SIM カード
キー操作自動ロックまでの時間を設定する
キー操作ロックを設定するまでの時間を設定するこ
とができます。
1 キー操作自動ロック時間 を選択
2 ユーザ定義 を選択
33
準備 / 基本知識
3 自動的にキー操作ロックを設定するまでの時間を
入力
スライドを閉じた場合の自動キーロック設定
本機前面部のスライドを閉じたときに、自動的に
キー操作のロックをかけるように設定することがで
きます。
1 スライドクローズ時のキーロック を選択
2 オン を選択
・ スライドを閉じた時に、キー操作ロックを設定
するかどうか確認する場合は、常に確認 を選択
します。
マナーモード
■ マナーについて
携帯電話をご使用になるときは、周囲の方への気配
りを忘れないようにしましょう。
・ 劇場や映画館、美術館などでは、周囲の迷惑にな
らないように電源を切りましょう。
・ レストランやホテルのロビーなど、静かな場所で
は周囲の迷惑にならないよう気をつけましょう。
・ 新幹線や電車の中では、社内のアナウンスや指示
に従いましょう。
・ 街の中では、通行の妨げにならない場所で使いま
しょう。
34
マナーモードでは、次の場合は無音になりません。
・ Real Player、ミュージックプレーヤーでのコン
テンツ再生音
・ 時計のアラーム音
・ 通話時のスピーカーからの音声
・ ブラウザのプラグインからの音声
・ カメラのシャッター音
・ ビデオの録音開始・終了音
■ マナーモード設定
マナーモードを設定 / 解除する
マナーモードにする
1 待受画面で、
を約1秒以上押す
マナーモード に変更され、画面上部に表示されま
す。
マナーモードを解除する
1 マナーモード設定中に待受画面で、
を約1秒
以上押す
・ 通常モード に変更されます。
・ 他のモードに変更する場合は、 (電源キー)
を短く押し、リストからモードを選択します。
(「使用するモードを変更する」P.198)
マナーモードの設定内容を変更する
> ツール > モード > マナーモード
1
> オプション > カスタマイズ の順に選択
「着信パターンの設定」(P.199)、「効果音 - キー
確認音の設定」(P.200) を参照してください。
■ 電波の送受信を停止する
オフラインモード
有効な USIM カードが本機に挿入されている必要がありま
す。オフラインモード を使用すると、ネットワークに接続せ
ずに、本機を使用することができます。オフラインモード を
開始するとネットワーク接続が切断され、電波強度イ
ンジケータに
が表示されます。本機ですべての
RF 無線通信ができなくなります。オフラインモード
でメールを送信する場合、メールは未送信メールフォ
ルダに保存され、オフラインモードを解除し、ネット
ワーク接続が可能になったときに送信されます。
警告: オフラインモード では、特定の緊急
電話番号以外に電話をかけたり、ネット
ワーク接続が必要な機能を使用したりでき
ません。電話をかけるには、モードを変更
して電話機能を有効にします。本機がロッ
クされている場合は、ロック解除コードを
入力してから、モードを変更して電話をか
ける必要があります。
オフラインモード に設定しても、無線 LAN を使用すること
ができます。例えば、E-mail を読んだり、インター
ネットで検索したりすることができます。無線 LAN
接続を確立して使用する場合、適用されるすべての
安全要求事項に従ってください。(「無線 LAN」
P.179) また、オフラインモード で Bluetooth 接続を使用
することもできます。(「Bluetooth を設定する」
P.183)
オフラインモードを終了する
1 待受画面で 、 (電源キー)を短く押す
モードリストが表示されます。
準備 / 基本知識
2 項目を選択し、設定をする
2 リストから オフラインモード 以外のモードを選択
・ 通話が可能になります。
暗証番号
本機のご使用にあたっては、「操作用暗証番号 ( ロッ
クコード )」、「交換機用暗証番号」
、「発着信規制用暗
証番号」が必要になります。
■ PIN コードについて
USIM カードには、
「PIN コード」と「PIN2 コー
ド」という 2 種類の暗証番号があります。
PIN コード
第三者によるソフトバンク携帯電話や USIM カード
の無断使用を防ぐための 4 ∼ 8 桁の暗証番号です。
・ お買い上げ時は、「9999」に設定されています。
35
準備 / 基本知識
・ PIN コードは変更できます。(「PIN/PIN2 コー
■ 操作用暗証番号 ( ロックコード )
ドを変更する」P.174)
5 桁の暗証番号で、
「12345」が初期設定です。
・ 「PIN コード要求」を「オン」に設定すると、電
源を入れるたびに PIN コードを入力する必要があ 「通話時間記録を消去」
(P.72)
、「電話機ロック」
ります。(「PIN コード要求を設定する」P.175) (P.175)
、「デフォルト設定に戻す」(P.177)などの機
能を操作するときに使用します。
PIN2 コード
本機の一部の機能を利用する場合に使用する 4 ∼ 8
桁の暗証番号です。
・ お買い上げ時は、
「9999」に設定されています。
・ PIN2 コードは変更できます。(「PIN/PIN2
コードを変更する」P.174)
■ PIN ロック解除コード (PUK)
PIN コードまたは PIN2 コードの入力を 3 回続けて
間違えると、PIN コードがロックされます。PIN
ロックは、
「PIN ロック解除コード (PUK)」を入力
すると解除できます。
ロックコードは変更できます。(「操作用暗証番号
(ロックコード)の変更」P.174)
■ 交換機用暗証番号
ご契約時の4桁の暗証番号で、オプションサービスを
一般電話から操作する場合や「ウェブの有料情報」の
申し込みの際に必要な番号です。
■ 発着信規制用暗証番号
ご契約時の 4 桁の暗証番号で、発着信規制の設定を
行う場合に必要な番号です。
・ PIN ロック解除コードについては、お問い合わせ
入力を 3 回間違えると、発着信規制サービスの設定
先までご連絡ください。(「お問い合わせ先一覧」 変更ができなくなります。この場合、発着信規制用暗
P.262)
証番号と交換機用暗証番号の変更が必要となりますの
・ PIN ロック解除コード (PUK) の入力を 10 回続
で、ご注意ください。詳しくは、お問い合わせ先 (
けて間違えると、USIM カードがロックされま
「お問い合わせ先一覧」P.262) までご連絡ください。
す。USIM カードがロックされた場合、ロックを
発着信規制用暗証番号は変更できます。(「発着信規
解除する方法がなくなります。お問い合わせ先ま
制暗証番号を変更する」P.83)
でご連絡ください。(「お問い合わせ先一覧」
P.262)
36
機能
アクセスポイント
インターネット、
その他 X02NK 搭載アプ
リケーション ( 地図、
シェアオンライン、
Podcasting、検索、
ダウンロード、ビデオセ
ンタ など )
Application
Connection
BB Mobile Point*1)
新規作成 WLAN アクセス
ポイント *2)
インターネット ( ウェブ利用制限、災害
伝言板ご利用の場合 )
Browser Connection
メール (MMS)
Mail Connection
E-mail クライアント
Application
Connection
BB Mobile Point*1)
新規作成 WLAN アクセス
ポイント *2)
PC でのダイアルアップ
接続 *3)
該当なし
・
*3) 携帯電話と PC や PDA を接続してインターネット
をご利用いただく場合 ( モバイルデータ通信 ) は、「アク
セスインターネット」での接続となります。短期間で大
量のパケット通信が行われることが多く、パケット通信
料が高額となる可能性がございます。ご利用される場合
は通信料をご確認いただきながらご利用いただくことを
おすすめします。
・ 海外渡航先でのご利用については通信料が国内とは異な
ります。ご利用される場合は、通信料をご確認いただき
ながらご利用いただくことをおすすめします。
・ Application Connection と Browser Connection を
同時に使用することはできません。Application
Connection でインターネット接続中に Browser
Connection を使うアプリケーションを起動するときは
(またはその逆の場合は)、最初の接続をいったん切断し
てください。
・ ウェブ利用制限、災害伝言板は Browser Connection
のみでご利用になれます。インターネットの接続の初期
設定は Application Connection になっています。ウェ
ブ利用制限、災害伝言板ご利用の際は、現在の接続を切
断した上で、Browser Connection に切り替えてご利用
ください。
準備 / 基本知識
アクセスポイントについて
・
*1) BB Mobile Point をご利用の場合は、ISP との別途
契約が必要になります。また、E-mail、その他 X02NK
搭載アプリケーションからご利用になる場合は、いった
んインターネット等にてユーザ認証後にご利用ください。
・ *2) 新規にアクセスポイントを作成する方法については、
「アクセスポイント」(P.206) を参照してください。
37
準備 / 基本知識
緊急通報発信
緊急電話発信とは、「110」や「119」など、緊急
時に使用する電話発信のことです。
・ 緊急電話番号 - 110、118、119
本機で次の設定をしている場合は、緊急電話発信は
不可となります。
・ 有効な USIM カードが本機に挿入されていない場
合
・ 電話機ロック - (「本機の操作を禁止する ( 電話機
ロック )」P.175)
・ キー操作ロック - (「キー操作ロックを設定する」
P.33)
・ 発信規制 - (「発着信規制を設定する」P.82)
緊急電話発信をかける場合は、
「緊急通報」(P.260)
を参照してください。
38
機能の呼び出しかた
■ 簡単な操作で機能を呼び出す
・ 待受画面のショートカット - よく使う機能を
ショートカットに登録しておけば、簡単な操作で
利用できます。(「カスタム待受画面」P.196)
・ カメラ - 背面にあるカメラレンズカバーを開くと
起動します。
・ 留守番電話 ( ネットワークサービス ) - 待受画面で
を長く押すと留守番電話に電話します。
(「伝言メッセージを聞く」P.80)
・ マルチメディアアプリケーション を短く押す
とマルチメディアメニューが開きます。
(「マルチメディアメニュー」P.40)
・ モード を短く押してリストからモードを選択
します。
・ 通常モード / マナーモード - 待受画面で
を
長く押すとモードが切り替わります。
・ 発信履歴 - 待受画面で
を押すと最近の発信記録
が表示されます。
・ ボイスコマンド - 待受画面で
を長く押します。
(「ボイスキー」P.210)
・ インターネット(ネットワークサービス)- 待受画面で
を長く押すと接続します。
■ マルチタスキング機能
本機では、複数のアプリケーションを同時に開くこ
とができますが、電池の消耗が早くなる場合があり
ます。使用していないアプリケーションは次の方法
で終了することができます。
共通機能 / 操作
共通機能 / 操作
1 待受画面、またはアプリケーションを
開いた状態で、 を長く押す
・ 起動中のアプリケーションが画面左
上に表示されます。
・ メモリ残量が少なくなると、本機に
よって一部のアプリケーションが閉
じられる場合があります。未保存の
データは、アプリケーションが閉じ
られる前に保存されますが、すべてのケースに
おいて保存されるとは限りません。
2
または
を押し、アプリケーションを選択
選択したアプリケーションの画面になります。
・ アプリケーションを終了する場合は、 を押し
ます。
39
共通機能 / 操作
便利な使い方
高速ダウンロード
■ マークをつける
本機の設定で、HSDPA(high-speed downlink
packet access、3G ハイスピードとも呼ばれる )
のサポートを有効にしたり無効にしたりすることがで
きます。(「パケット接続」P.209)
電話帳やギャラリーのファイルなどを複数同時に選
択し、削除や送信などの操作をするときに使用しま
す。
1つの項目にマークを付ける
・ 項目を選択して、 と
を同時に押します。選
択した項目の横にチェックマークが表示されま
す。
複数の項目にマークを付ける
・
を長く押し、同時に
または
を押しま
す。
選択を終了するには、ナビゲーションキーを押す
のをやめて、 から指を離します。必要な項目を
すべて選択したら、移動したり削除したりできま
す。
状況によっては、 を押すと、オプションリストが
表示され、その表示で利用できる主要なコマンドが
表示されます。
40
HSDPA は WCDMA ネットワーク上でのネットワー
クサービスで、高速でデータのダウンロードをおこな
うことができます。本機で
> ツール > 設定 > 接
続 > パケット接続 > 高速パケットアクセス で 有効
を選択し、HSDPA をサポートする WCDMA ネット
ワークに接続した場合、セルラーネットワークを利用
してのメールや E-mail、ウェブページなどデータの
ダウンロードが速くなる場合があります。
データ接続サービスのご利用方法とお申し込みについ
ては、携帯電話事業者にお問い合わせください。
マルチメディアメニュー
マルチメディアキーに各アプリケーションを登録し
て、ショートカットとして利用することができます。
マルチメディアキーを長く押すと、ミュージックプ
レーヤーが起動します。(「ミュージックプレーヤー」
P.146)
ミュージックプレーヤーを起動する
を長く押す
1
マルチメディアメニューを表示する
を短く押す
1
マルチメディアアプリ
ケーションのショート
カットが表示されま
す。
ショートカットを追加する
1 オプション > 追加 を選択
2 アプリケーション、ブックマーク、または ラジオ
ステーション を選択
3 追加するアプリケーション、ブックマーク、また
はラジオステーションを選択し、
択
ショートカットを削除する
1 削除するショートカット > オプション > 削除 を
選択
確認のメッセージが表示されます。
2 ナビゲーションキーを
使ってアプリケーショ
ンをスクロールする
2 はい を選択
・ ナビゲーションキーを長く押すと、早くスク
ショートカットを並べ替える
1 移動するショートカット > オプション > 移動 を
ロールすることができます。
3
> OK を選
選択
を押す
選択したショートカットにマークがつきます。
アプリケーションが開きます。
■ ショートカットを変更する
アプリケーションやブックマーク、Radio で登録し
たラジオステーションへのショートカットを追加 / 削
除 / 並べ替えることができます。
> オプション > メニューアイテム
共通機能 / 操作
■ マルチメディアキーの利用方法
2
または
で移動先を選択、OK を選択
■ マルチメディアメニューのカスタマイズ
オプション を選択してマルチメディアメニューの設
定を変更することができます。
・ 背景画像 - 壁紙を設定します。
・ 画像効果 - オン を選択すると、壁紙の画像がズー
ムやパンされます。
41
共通機能 / 操作
・ メニューサウンド - サウンドのオン / オフを設定
します。
・ 起動アニメーション - マルチメディアメニューを
起動した時のアイコンの表示方法を設定します。
ヘルプ
本機にはヘルプ機能があります。アプリケーション
からヘルプにアクセスするには、オプション > ヘル
プ を選択します。
例:電話帳の作成方法に関する説明を表示する
には、電話帳の作成を開始して、オプション >
ヘルプ を選択します。または、ツール > ユーティリティ > ヘルプ の順に選択して、電話帳 に関
する説明を表示します。説明を読んでいるとき
に、ヘルプ とバックグラウンドで開いているア
プリケーションを切り替えるには を長く押し
ます。
Nokia 製品に関するその他の情報、およびダウン
ロードサービスについては、「サポート情報」
(P.252) をご確認ください。
42
文字入力について
漢字、ひらがな、カタカナ ( 全角 / 半角 )、英数字
( 全角 / 半角 )、記号、絵文字、顔文字を入力するこ
とができます。文字の入力方式には、「予測入力方式」
と「通常入力方式」の 2 種類があります。
■ 文字入力方式
文字の入力方式は、「予測入力方式」と「通常入力方
式」の 2 種類から選択します。
・ 英語予測の場合:ダイヤルキー (
∼
)
を 1 回ずつ押し、表示された候補から目的の単語
を選択して入力する方式です。押されたキーから
語句を予測するため、少ないキー操作で文字を入
力できます。
通常入力方式
・ 目的の文字が表示されるまで、文字が割り当てら
れているキー (
∼
) を繰り返し押す方
式です。
文字入力方式を変更する
1 ひらがな / 漢字、または英字モードで、
通常入力方式
予測入力方式
を
長く押す
・ 予測入力方式の場合は
・ 通常入力方式の場合は
を長く押す
文字の入力方法
文字の入力方法
と表示
と表示
補足 : 文字入力画面で
を押して、文字
入力方式を変更することもできます。
■ 入力言語 / 表示言語について
予測入力方式
・ 日本語予測の場合:入力された文字に続く語句を
予測して候補を表示します。目的の語句が候補に
表示されている限り、語句を選択するだけで文字
を次々と入力できます。
電話機で使用する言語の設定については、
「言語の設
定」(P.202) を参照してください。表示言語を英語
に設定した場合、デフォルトの文字入力モードは英
語になり、日本語に設定した場合は日本語になりま
すが、ここで設定した言語にかかわらず、文字入力
43
文字の入力方法
モードを切り替えることで日本語と英語の入力が可
能です。
アイコン
文字入力モード
■ 文字入力モード
文字入力画面で、
を連続して短く押すと、入力
モードは次のように切り替わります。
ひらがな / 漢字
カタカナ
英字
英字モードで、約 1 秒待って
英字モードの種類が変わります。
数字
を短く押すと、
数字は、数字モードに切り替えずに、入力したい番
号のキーを長く押すだけで入力できます。
全角 / 半角の切り替えは
半角を選択します。
を押して、全角 または
ひらがな / 漢字モード ( 全角 )
カタカナモード ( 半角 / 全角 )
英字 文頭大文字モード ( 半角 / 全角 )
文頭の文字だけ大文字で入力され、あと
の文字は小文字に変わります。ピリオド
> スペース
を入力し、引き
続き文字を入力する場合は、自動的にこ
のモードに切り替わります。
英字 小文字モード ( 半角 / 全角 )
文頭の文字を入力したあと、自動的に小
文字モードに切り替わります。
英字 大文字モード ( 半角 / 全角 )
文頭大文字モード、または小文字モード
で文字を入力した直後 ( スペースを空け
ず ) に、
を短く 1 回押すと切り替わ
ります。大文字モードから、ピリオド
> スペース
を入力すると文
頭大文字モードに自動的に切り替わりま
す。
数字モード ( 半角 / 全角 )
44
キー
ひらがな /
漢字モード ( 全角 )
カタカナモード
( 半角 / 全角 )
あいうえお
ぁぃぅぇぉ
アイウエオァィゥェォ
かきくけこ
カキクケコ
さしすせそ
サシスセソ
たちつてとっ
タチツテトッ
なにぬねの
ナニヌネノ
はひふへほ
ハヒフヘホ
まみむめも
マミムメモ
やゆよゃゅょ
ヤユヨャュョ
らりるれろ
ラリルレロ
わをんー、。!?
改行、スペース
ワヲンー、。 !?
改行、スペース
゛゜( 濁点と半濁点 )、
小さなひらがな、
記号、絵文字リスト
゛゜( 濁点と半濁点 )、
小さなカタカナ、
記号、絵文字リスト
入力モードの
切り替え
入力モードの
切り替え
キー
英字モード
( 半角 / 全角 )
数字モード
( 半角 / 全角 )
記号
1
ABCabc
2
DEFdef
3
GHIghi
4
JKLjkl
5
MNOmno
6
PQRSpqrs
7
TUVtuv
8
WXYZwxyz
9
スペース、
改行
0
記号、絵文字リスト
記号、絵文字リスト
入力モードの
切り替え
入力モードの
切り替え
文字の入力方法
■ ダイヤルキーの割り当て
45
文字の入力方法
文字の入力方法
■ 漢字 / ひらがな / カタカナを入力する
予測入力方式で入力する
を長く押して
1
を表示
2 ダイヤルキーを押して、文
字を入力
・ 予測変換候補リストが表
示されます。文字を入力
するごとに、変換候補が
絞り込まれます。
・ 入力した文字は、変換の
対象として範囲選択され
て表示されます。
補足 : 文字確定後に
を押して、日本語
予測オン または 英語予測オン を選択す
ることもできます。
3 予測変換候補リストから確定したい語句を選択
し、
を押す
・ 入力された内容に基づき、次の語句が予測さ
れ、予測変換候補リストが表示されます。変換
が確定された語句に引き続いて文字を入力する
と、別の予測変換候補リストが表示されます。
46
・ 予測変換候補リストを画面から消去するには、
またはキャンセル を選択します。
・ 確定したい語句が予測変
換候補リストにない場合
は、通常変換 を選択して
から
を押し、漢字変換
候補リストを表示します。
リストの右上にあるカウ
ンタは、漢字変換候補の
数です。
・ 頻繁に使用する語句や
ユーザ辞書に登録した語
句は、予測変換候補リス
トの上位に表示されます。リストを初期値に戻
す場合は、「予測辞書リセット」(P.202) を参
照してください。
通常入力方式で入力する
を長く押して
を表示
1
2 ダイヤルキーを押して、文字を入力
・ 入力した文字は、変換の対象として範囲選択さ
れて表示されます。
・ 変換が不要な場合は、
を押して、語句を確定
します。
3 範囲選択された状態で
を1回押し、目的の文字
に変換されなかった場合は
をもう1回押す
漢字変換候補リストが表示されます。
4 漢字変換候補リストから確定したい語句を選択し、
を押す
・ 範囲選択された語句が変換され、範囲選択が解
除されます。
カタカナで入力する
を押し、カタカナ を選択
1 文字入力画面で
・ 文字入力画面で
を連続して短く押して
( ひらがな / 漢字モードからカタカナモードに
する場合は、1 回短く押す )、変更することも
できます。(「文字入力モード」P.44)
・ 全角 / 半角を切り替える場合は、 > 全角
( または半角 ) を選択します。
小文字 (っ、ッなど ) を入力する
ひらがなやカタカナの「あいうえおつやゆよ」を小文
字に変換します。
1 文字入力画面で、文字を入力し、
を押す
・「つ」のように小文字と濁点の両方の入力ができ
る文字の場合は、
を 1 回押すと小文字、2
回押すと濁点の入力となります。
・ 小文字にできない文字は、
を押しても小文
字に変換されません。
濁点 (゛)/ 半濁点 (゜) を入力する
を押す
1 文字入力画面で、文字を入力し、
・ ひらがな / 漢字モードやカタカナモードの場
合、「か行」、「さ行」
、「た行」は 1 回押すと濁
点が付き、2 回押すと元に戻ります。また、
「は行」は 1 回押すと濁点が付き、2 回押すと
半濁点が付き、3 回押すと元に戻ります。
・ 半角カタカナモードの場合、濁点や半濁点は半
角 1 文字分で入力されます。 を押して文字
を確定した後に
を押すと、濁点または半濁
点のみが削除されます。
・ 濁点や半濁点を付けられない文字は、
を
押しても変換されません。
文字の入力方法
補足 : 目的の漢字に変換されない場合は、
変換する語句の選択範囲を
または
で変更します。
■ 英数字を入力する
予測入力方式で「nokia」と入力する場合
を長く押して
を表示
1
2 文字入力画面で、
(n) →
(o) →
(i) →
ずつ押す
(k) →
(a) を 1 回
・「nokia」と入力されます。
・ 単語の候補は、キー入力ごと
に変化します。
3 入力した単語を確定する場合は、
を押す
47
文字の入力方法
・
を押し、スペースを入力して確定するこ
ともできます。
・ 入力した単語が正しくない場合は、
を押
して他の候補を表示します。
> 英語予測 >
一致した単語 の順に選択し、予測変換候補リス
トを表示することもできます。
英語予測辞書に単語を登録する
英字モードでの予測入力方式は、内蔵の英語予測辞
書に基づいています。辞書に登録されていない単語
を予測入力方式で入力した場合、単語の末尾に文字
「?」が表示されます。
ひらがな / 漢字モードの語句の登録については、
ユーザ辞書を使用します。「よく使う語句を登録する
( ユーザ辞書 )」(P.50) を参照してください。
1 ( 単語の末尾に文字「?」が表示された単語が選
択されている状態で ) スペル入力 を選択
2 登録する単語を入力し、OK を選択
・ 32 文字まで入力することができます。
・ 英語予測辞書がいっぱいになると、もっとも古
い単語が、新しい単語で上書きされます。
使用できるオプション
1 文字入力画面で予測変換対象の単語 ( 下線付き )
を選択
2
> 英語予測 >
の順に選択
次のオプションが選択できます。
48
一致した単語 - キー入力に応じた単語のリストを
表示します。
語句挿入 - 辞書に単語 (32 文字まで ) を追加しま
す。
単語の編集 - 通常入力方式で単語を編集します。
このオプションは、その単語が有効 ( 下線付き )
の場合に使用できます。
通常入力方式で「nokia」と入力する場合
を長く押して
を表示
1
2
(2 回 )(n) →
(3 回 )(o) →
(2 回 )(k) →
(3 回 )(i) →
(1 回 )(a) を押す
・「nokia」と入力されます。
・ 同じダイヤルキーにある文字を続けて入力する
場合は、カーソルが表示されてから ( または
を押してから ) 次の文字を入力します。
・ 全角 / 半角を切り替える場合は、
> 全角
( または半角 ) を選択します。予測入力方式がオ
ンとなっている場合は、切り替えることができ
ません。
数字モードで入力する
> 数字 を選択
1 文字入力画面で、
・ 数字モードに切り替えずに、入力したい番号の
キーを長く押すだけで入力することもできます。
を連続して短く押して、
変更することもできます。(「文字入力モード」
P.44)
・ 全角 / 半角を切り替える場合は、
> 全角
( または半角 ) を選択します。
■ 記号 / 絵文字 / 顔文字などを入力する
記号を入力する
を 1 回押す
1 文字入力画面で、
・
> 記号挿入 を選択し、リストを表示するこ
ともできます。
2 リストから記号を選択し、 を押して挿入
・ 英字モードの通常入力方式では、文字入力中に
を連続して押すと、リストにある記号が
順番に表示されます。
・ 英字モードの予測入力方式では、
を押す
と、予測された句読点や記号が表示されます。
絵文字を入力する
を 2 回押す
1 文字入力画面で、
・
> 絵文字挿入 を選択し、リストを表示する
こともできます。
2 リストから絵文字を選択し、
を押して挿入
顔文字を入力する
1 予測入力方式で「かお」と入力し、通常変換 >
を押す
顔文字のリストが表示されます。
・ 通常入力方式の場合は、「かお」と入力し、
または
を2回以上押します。
2 リストから顔文字を選択し、
を押して挿入
スペースを入力する
1 文字入力画面で、 を押す
・ 漢字 / ひらがなモードの予測入力方式では、予
文字の入力方法
・ 文字入力画面で
測変換候補リストが表示されていない状態で
を押します。
・ 英字モードの場合は、
を 1 回押し、ス
ペースを入力することもできます。
改行する
1 文字入力画面で、 を 1 回押す
・ 漢字 / ひらがなモードの予測入力方式では、予
測変換候補リストが表示されていない状態で
を押します。
・ 英字モードの通常入力方式では、
を2回
押し、改行することもできます。
■ 区点コードを利用する
「区点コード一覧表」の 4 桁のコードを使用して、文
字、記号、数字を入力できます。区点コード一覧表
49
文字の入力方法
は http://www.nokia.co.jp/N95/support からダ
ウンロードすることができます。
文字の編集
1
> 区点コード挿入 を選択
2 コードを入力し、OK を選択
■ 文字を削除する
1 文字入力画面で、修正する文字の右側にカーソル
文字の変換機能
1
> アプリ > ユーザ辞書 の順に選択
2 オプション > 新規単語登録 を選択
3 単語 に登録する語句を入力
4 読み にひらがなで読みを入力し、完了 を選択
・ ユーザ辞書に登録した語句を呼び出す場合は、
文字入力画面でユーザ辞書に登録した読み仮名
を入力して変換します。
・ 小さなひらがななど、読みの最初の文字として
入力できない文字があります。
・ 文字入力画面から、
> 単語登録 を選択し、
単語を登録することもできます。
を押し、文字を削除
を長く (1 秒以上 ) 押すと、カーソルの左側に
ある文字がすべて削除されます。
■ よく使う語句を登録する ( ユーザ辞書 )
ユーザ辞書とは、特殊な読みかたをする漢字やよく
使う語句を登録しておく機能です。
英字モードの新しい単語登録については、(「英語予
測辞書に単語を登録する」P.48) を参照してくださ
い。
50
を移動
2
■ コピー / 貼り付けをする
範囲選択した文字や絵文字をコピーしてクリップボー
ドに記憶し、その内容を文字の入力画面でカーソル位
置に貼り付けることができます。
1 文字入力画面で
を押しながらナビゲーション
キーを使用してカーソルを移動させ、コピーする
語句を選択
2
を押したまま、コピー を選択
または、 を一回押して コピー を選択
範囲選択された語句がクリップボードに記憶され
ます。
3 コピーした語句を挿入する位置へカーソルを移動
4
を押したまま、貼り付け を選択
または、 を一回押して 貼り付け を選択
コピーした語句が貼り付けられます。
電話帳 では、次の操作ができます。
■ 発信履歴 / 着信履歴の電話番号を
・ 電話番号や住所、E-mail アドレスなどの情報を登
録、更新することができます。
・ 個人用の着信音や電話帳にサムネイル画像を追加
することができます。
・ 電話帳グループを作成し、複数の宛先へ SMS や
E-mail を同時に送信することができます。
・ 受信した連絡先情報(ビジネスカード)を、電話
帳に登録することができます。連絡先情報の送受
信は、本機と互換性のある機器との間でのみ可能
です。
登録する
電話帳の登録
> 電話帳
1 オプション > 新規電話帳登録 を選択
2 必要な項目を入力し、完了 を選択
新規電話帳登録で設定できる項目は、次のとおり
です。名前 ( 姓 )、フリガナ ( 姓 )、名前 ( 名 )、フ
リガナ ( 名 )、携帯、電話番号、E-mail、テレビ電
話、ポケットベル、インターネット電話、Push to talk
(本機では PTT 機能は未対応です)
、会社、役職、
同期
電話帳検索には、登録したフリガナが使用されます。
電話帳
電話帳
発信履歴 / 着信履歴に記録された電話番号を電話帳
に登録できます。
1
> ツール > 通信履歴 > 発着信履歴 > 発着信履
歴の電話番号を選択
2 オプション > 電話帳へ登録 を選択
新規登録 または 既存電話帳へ追加 を選択します。
3 情報選択 から登録する電話番号の種類を選択
4 その他必要な項目を入力し、完了 を選択
・ ボイスタグが自動的に登録されます。詳細は、
「声で電話をかける」(P.67) を参照してくださ
い。
■ 電話帳の登録状況を確認する
1 オプション > 電話帳情報 を選択
電話帳やグループ、使用メモリ、空きメモリの確
認ができます。
■ 基本番号と基本アドレス
電話帳に、基本電話番号や基本アドレスを登録する
ことができます。これにより、電話帳に複数の電話
51
電話帳
番号やアドレスがある場合、基本となる番号やアド
レスを指定して電話をかけたり、メールを送信する
ことができます。ボイスダイヤルには、基本電話番号
が使用されます。
1 電話帳を選択し、 を押す
2 オプション > デフォルト値設定 を選択
3 基本番号や基本アドレスとして登録するタイプを
選択し、登録 を選択
4 基本番号や基本アドレスとして登録する番号やア
ドレス > 選択 > 戻る を選択
登録した番号の項目に下線が表示されます。
電話帳の名前のリスト画面で、基本番号を設定し
た電話帳の左横にアイコンが表示されます。
グループ設定
> 電話帳 >
を押し
てマークをつけます。
3 OK を選択
グループがあらかじめ作成してある場合は、電話
帳リスト > オプション > グループへ追加 の順に
選択します。
■ グループからメンバを削除する
1 グループを選択し、 を押す
2 メンバを選択し、オプション > グループから削除
を選択
3 はい を選択
■ グループ名を変更する
1 名前を変更するグループ > オプション > 名前変更
の順に選択
2 新しいグループ名を入力し、OK を選択
■ グループを作成する
■ 所属グループを確認する
1 オプション > 新規グループ を選択
2 グループ名を入力し、OK を選択
1 電話帳を選択し、オプション > 所属グループ を選択
■ メンバをグループに追加する
1 グループを選択し、 を押す
2 オプション > メンバ追加 を選択
52
・ メンバを一度に複数追加する場合は、
> 電話帳
> 電話帳
■ 電話帳から電話をかける
1 電話をかける相手の電話帳を選択
検索フィールドに名前の最初の文字を入力すると、
合致する名前リストが表示されます。
2
を押す
■ ボイスタグを確認する
1 ボイスタグが設定されている番号を選択
2 オプション > ボイスタグ再生 を選択
ボイスタグが再生します。
■ 電話帳 ( ビジネスカード ) を送信する
1 電話帳を選択し、オプション
> ビジネスカード送信 を選
択
2 送信方法を選択
SMS、MMS、E-mail
( 設定してある場合 )、
Bluetooth、赤外線通信 か
ら選択します。
受信する機器により送信方法が限られる場合があり
ます。
電話帳の編集
電話帳
電話帳の利用
> 電話帳
■ 電話帳を編集する
編集する電話帳 > オプション > 編集
情報を追加して編集する
1 オプション > 情報追加 を選択
2 追加する項目を選択し、OK を選択
3 情報を入力し、完了 を選択
サムネイル画像を追加する
1 オプション > 画像追加 を選択
2 追加する画像を選択
画像を追加した電話帳の相手から電話がかかって
くると、サムネイル画像が表示されます。
着信音を設定する
電話帳に登録されている相手やグループから着信す
ると、設定された着信音が再生されます。
1 電話帳またはグループを選択
2 オプション > 着信音 を選択
53
電話帳
3 着信音リストから着信音を選択
・ 設定した着信音を解除する場合は、リストから
デフォルト音 を選択します。
・ 電話帳グループに一度着信音を設定し、その後
にそのグループへ電話帳を追加した場合、追加
された電話帳にはグループの着信音が反映され
ません。
・ ギャラリーに保存されているビデオクリップも
着信音として設定することができます。
■ 電話帳を削除する
1 電話帳を選択し、 を押す
削除を確認するメッセージが表示されます。
・ 一度に複数の電話帳を削除する場合は、 を押
しながら
を押し、マークをつけてから を
押します。
・ 電話帳を全件削除するには、 > 電話帳 >
オプション > マーク / マーク解除 > すべてを
マーク > オプション > 削除 の順に選択しま
す。
2 はい を選択
■ 電話帳の登録内容をコピーする
本機と USIM カード間で、電話帳をコピーできます。
USIM カードの電話帳を本機にコピーする
1 オプション > SIM 電話帳 > SIM フォルダ の順
に選択
2 電話帳を選択し、オプション > 電話帳にコピー を
選択
本機の電話帳を USIM カードにコピーする
1 電話帳を選択し、 を押す
2 オプション > SIM フォルダにコピー を選択
・ 電話帳のコピーされる内容は、USIM カードで
対応している項目のみとなります。
補足: Nokia Nseries PC Suite を使用
して、互換性のある PC との間で同期を
とることができます。製品パッケージに
同梱されている DVD-ROM を参照してく
ださい。
SIM フォルダ
USIM カードに保存されている情報を表示します。
> 電話帳 > オプション > SIM 電話帳
■ USIM カードに保存されている
電話帳を表示する
1 SIM フォルダ を選択
54
電話帳
SIM フォルダでは、電話番号などの情報の追加や
変更、電話帳へコピーすることができます。また、
SIM フォルダから直接、電話をかけることもでき
ます。
■ サービス番号
1 サービス番号 を選択
USIM カードが対応している場合、電話番号案内や技
術的なトラブルシューティングなど、ネットワーク
サービス用の電話番号にアクセスします。USIM カー
ドにサービス番号が含まれていない場合は、この機能
を利用できないことがあります。
55
データ管理
データ管理
ギャラリーの構成
カメラで撮影した静止画やビデオ、ダウンロードし
た音楽ファイルや音声クリップ、ストリーミングリ
ンクなどはギャラリーに保存されます。
ギャラリーは、次のフォルダで構成されています。
・ 画像とビデオ ( )
- 静止画ファイルやビデオ
ファイルを保存します。
・ ミュージック ( )
- ミュージックプレーヤー が起動しま
す。
・ Lifeblog (
) - Lifeblog
が起動します。
・ サウンドクリップ ( )
- 音声クリップを保存しま
す。
・ ストリーミングリンク (
) - 保存したインターネットペー
ジの URL を登録します。
・ プレゼンテーション ( ) - ファイル形式が SVG などの
プレゼンテーションファイルを保存します。
・ すべてのファイル (
) - 電話機やメモリカードに保
存されている、すべてのメディアファイルをリス
トします。
56
ギャラリーファイルの管理
> ギャラリー > 各フォルダ
ミュージック、Lifeblog フォルダの編集について
は、「ミュージックライブラリを利用する」(P.148)、
「Nokia Lifeblog」(P.224) を参照してください。
■ ファイルを削除する
1 削除するファイルを選択し、 を押す
・ オプション > 削除 を選択しても削除することが
できます。
2 はい を選択
■ ファイルを検索する
1 オプション > 検索 を選択
ファイル名を入力するフィールドが表示されます。
2 検索するファイル名を入力する
画像とビデオフォルダにはこのメニューはありませ
ん。
■ ファイルを並べ替える
ファイルにチェックマークを付けると、一度に複数の
ファイルを選択することができます。複数のファイル
をコピーしたり、移動する場合に利用すると便利で
す。(「マークをつける」P.40)
フォルダ内のファイルを情報ごとに並べ替えること
ができます。並べ替えられる情報はフォルダによっ
て異なります。
■ ファイルをコピー / 移動する
ギャラリーのファイルを、電話機メモリやメモリカー
ドにコピーしたり、移動したりすることができます。
1 コピー / 移動するファイル > オプション >
移動およびコピー の順に選択
電話機メモリにファイルが保存されている場合 :
・ メモリカードにコピー、および メモリカードへ移動 が
表示されます。
メモリカードにファイルが保存されている場合:
・ 電話機メモリにコピー、および 電話機メモリへ移動
が表示されます。
ホームメディア を設定している場合、画像とビデオ フォ
ルダでは ホームネットワークにコピー、ホームネットワークに移動 が表
示されますが、この機能に対応しているソフト
ウェアは同梱されておりません。
2 コピー / 移動先を選択 >
を押す
1 オプション > 並べ替え を選択
データ管理
■ 複数のファイルを選択する
画像とビデオ、ストリーミングリンクフォルダには、この
メニューはありません。
■ ファイル名を変更する
ファイルによってはファイル名が変更できないこと
があります。
1 ファイル名を変更するファイル > オプション >
名前変更 の順に選択
入力画面が表示されます。
2 ファイル名を入力 >
を押す
ファイル名が確定されます。
3 OK を選択
ファイル名が変更されます。
ストリーミングリンクフォルダでは、オプション > 編集 から
名前の変更をおこないます。
補足 : Nokia Nseries PC Suite に搭載され
ているファイルマネージャを使用して、互換
性のある PC にファイルをコピーしたり、移
動したりすることができます。
57
データ管理
■ 詳細情報を表示する
ファイル名、ファイル形式、サイズなど、ファイル
の詳細を表示します。表示される詳細は、ファイルの
内容によって異なります。
1 詳細情報を表示するファイル > オプション >
詳細表示 の順に選択
ファイルの詳細情報が表示されます。
・ 詳細内容はファイル形式によって異なります。
■ ファイルを送信する
画像ファイルや映像ファイルを MMS や E-mail に添
付したり、Bluetooth 接続、赤外線通信を利用して
送信することができます。
1 送信するファイル > オプション > 送信 を選択
送信方法の選択画面が表示されます。
2 送信方法を選択 > 選択 を選択
それぞれの送信方法については、「MMS を作成 /
送信する」(P.86)、「Bluetooth 接続」
(P.182)、「赤外線通信」(P.186) を参照してく
ださい。
E-mail を利用したファイルの送信方法について
は、
「E-mail を作成 / 送信する」(P.87) を参照
してください。
58
ファイルマネージャ
ファイルマネージャを利用して、電話機メモリや、メ
モリカード(本機に挿入されている場合)に保存され
ているファイルをフォルダで管理したり、メモリの空
き容量を確認し、電話機メモリやメモリカード間で
ファイルをコピーしたり、移動したりすることができ
ます。
ファイルマネージャは、電話機メモリ表示と、メモリ
カード表示で構成されています。各メモリには、あら
かじめ登録されているフォルダのほかに、保存した
ファイルのタイプによってフォルダが自動的に作成さ
れます。
アイコン
・
・
- 電話機メモリ
- メモリカード
1
2
> ツール > ファイル
または
を押して、画面上部に表示されるタ
ブを変更し、電話機メモリ表示、またはメモリ
カード表示を選択
3 フォルダ >
> ファイル >
を押す
ファイルが開きます。
ファイルマネージャのオプションメニューから、画像
ファイルを開き、そのファイルを送信したり、壁紙に
設定したりすることができます。また、サウンドファ
イルを着信音に設定することなどができます。各ファ
イルの操作については、「ギャラリー」(P.130) を参
照してください。
■ 新規フォルダを作成する
1
> ツール > ファイル を選択
2 電話機メモリ、またはメモリカードを選択
3 オプション > 新規フォルダ を選択
4 フォルダ名を入力し、OK を選択
・ フォルダやファイルを別のフォルダに移動 / コ
ピーするには、移動するフォルダやファイルを
選択し、オプション > フォルダへ移動、または
フォルダへコピー を選択します。
保存されているファイルの確認
ファイルマネージャから、電話機メモリやメモリカー
ド ( 本機に挿入されている場合 ) に保存されている
フォルダや、ファイルの情報を確認することができま
す。ファイルが利用可能であっても、?アイコンで表
示される場合があります。ファイル名の拡張子、ま
たは オプション > 詳細表示 にて確認できます。
> ツール > ファイル
■ ファイルの詳細情報を確認する
ファイルマネージャの詳細表示を選択すると、ファ
イルの名前、タイプ、日付、時刻、サイズを確認す
ることができます。
1 確認するフォルダ >
データ管理
フォルダ / ファイルの利用と編集
を押す
フォルダが開きます。
2 情報を確認するファイル > オプション > 詳細表
示 の順に選択
ファイルの詳細が表示されます。
■ ファイルを受信する
赤外線通信を利用して、ファイルをフォルダに直接
受信することができます。
1 ファイルを受信するフォルダを選択 > オプション
> 赤外線通信で受信 を選択
・「赤外線通信をご利用になる前に」(P.186) を
参照してください。
59
データ管理
アプリケーションマネージャ
換性のあるメモリカードへファイルを保存してくださ
い。
■ インストールについて
アイコン
アプリケーションマネージャを利用して、本機に次
の2種類のソフトウェアやアプリケーションをイン
ストールすることができます。本機ではソフトウェ
アのインストールに制限があります。
・ Java™ ベースで作成されている J2ME™ アプリ
ケーション:
( 拡張子 ; .jad または .jar )
PersonalJava アプリケーションは本機にはイン
ストールすることができません。
・ Symbian オペレーティングシステムに対応して
いるソフトウェア :
( 拡張子 ; .sis または
.sisx)
本機用に作成されているソフトウェアのみインス
トールしてください。
インストールファイルは、互換性のある PC から本
機へ転送したり、インターネットからダウンロード
したり、マルチメディアメッセージ、E-mail の添付
ファイルとして受信することができます。
Bluetooth や赤外線通信を使用して受信することも
できます。本機にアプリケーションをインストール
するには、Nokia Nseries PC Suite に搭載されて
いる Nokia Application Installer が使用できます。
ファイルの転送に Microsoft Windows Explorer を
利用する場合には、カードリーダなどを使用して互
60
- .sis アプリケーション
- Java アプリケーション
- 完全にインストールされなかったアプリケー
ション
- メモリカードにインストールされているアプリ
ケーション
アプリケーションをインストールする前に、次の情報
を確認してください。
ソフトウェアの種類、バージョン番号、製造元を
確認する
1
> アプリ > アプリ の順に選択
2 インストールファイルを選択 > オプション >
詳細表示 を選択
詳細リストが表示されます。
・ 既存のソフトウェアに対する修正ファイルや、更
新ファイルをインストールする場合、そのソフト
ウェアのオリジナルインストールファイルや、
バックアップファイルがある場合に限り、インス
トールが可能です。オリジナルのアプリケーショ
ンを復元する場合には、アプリケーションを削除
し、オリジナルのインストールファイル、あるい
重要:信頼できる提供元からのアプリケー
ションおよびソフトウェア ( 例 : Symbian
Signed の認証を受けている、あるいは
Java Verified™ テストをパスしたアプリ
ケーションなど ) のみをインストールし、使
用してください。
2 インストールするファイルを選択 > オプション >
インストール を選択
確認メッセージが表示されます。
ソフトウェアによっては、証明書の詳細が表示さ
れます。
3 OK または はい を選択
インストール中には、インストールの進捗情報が
表示されます。
その他のインストール方法
・ ファイルマネージャから、電話機メモリ、あるい
はメモリカード(挿入されている場合)にあるイ
ンストールファイルを選択し、 を押してインス
トールを開始する。
・ メール > 受信メール にあるインストールファイ
ルが添付されているメッセージを開き、インス
トールを開始する。
■ アプリケーションをインストールする
■ インストールした後に
デジタル署名や証明書のないアプリケーションをイン
ストールする場合は、警告が表示されます。ソフト
ウェアの内容や供給元の情報が確かな場合に限り、イ
ンストールを開始してください。
表示されるオプションはアプリケーションによって
異なります。
1
> アプリ > アプリ の順に選択
・ インストールが済んでいないアプリケーション
は、ファイル名の下に「未インストール」と表
示される場合があります。
データ管理
は、バックアップコピーをインストールする必要
があります。
・ Java アプリケーションをインストールするには
.jar ファイルが必要です。.jar ファイルが本機にな
い場合、ダウンロードを要求されます。アプリ
ケーションに定義されているアクセスポイントが
ない場合は、新たに選択する必要があります。.jar
ファイルのダウンロードでは、サーバアクセス用
のユーザ名とパスワードを聞かれる場合がありま
す。その場合は、アプリケーションの製造元やサ
プライヤーから取得してください。
インストールしたアプリケーションを開く
> アプリ を選択
1
2 アプリケーションを選択 >
を押す
アプリケーションが起動します。
61
データ管理
インターネットから詳細情報を確認する
インターネットに接続して、インストールしたアプ
リケーションの情報を取得します。アプリケーショ
ンによって表示されない場合があります。
1
> アプリ > アプリ を選択
2 情報を表示するアプリケーションを選択 > オプ
ション > URL を開く を選択
URL の入力画面が表示されます。
3 URL を入力し、
を押す
インストールログを表示する
> アプリ > アプリ の順に選択
1
2 オプション > ログ表示 を選択
アプリケーションを削除する
> アプリ > アプリ の順に選択
1
2 削除するアプリケーションを選択 > オプション
> 削除 を選択
メッセージが表示されます。
3 はい を選択
削除したアプリケーションを再インストールするに
は、オリジナルのバックアップがある場合に限り可
能です。ソフトウェアパッケージを削除すると、そ
のソフトウェアで作成した文書を開くことができな
くなります。
62
注意: 本機の他のソフトウェアが、削除し
たソフトウェアに依存していた場合、その
ソフトウェアが動作しなくなる可能性があ
ります。詳細については、インストールし
たソフトウェアパッケージのマニュアルを
参照してください。
電話機メモリに保存されたインストールファイル
(.sis、.sisx、.jad、または .jar) は、互換性のあるメ
モリカードにアプリケーションをインストールした後
も、電話機メモリに残っています。保存されているイ
ンストールファイルに使用されるメモリ容量は多く、
新規アプリケーション、ファイル、メールデータを保
存するための十分なメモリ容量の確保を妨げる場合が
あります。Nokia Nseries PC Suite を利用して、互
換性のある PC にインストールファイルを保存し、そ
の後ファイルマネージャを利用して電話機メモリから
インストールファイルを削除することをおすすめしま
す。インストールファイルがメールに添付されている
場合は、メールを削除してください。
■ アプリケーションの設定
1
> アプリ > アプリ の順に選択
2 オプション > 設定 を選択
次のオプションを設定することができます。
・ ソフトウェアのインストール - デジタル署名のない Symbian
ソフトウェアをインストールできるようにする
Java のセキュリティ設定
インストールした Java アプリケーションのセキュリ
ティ設定を変更することができます。アプリケーショ
ン起動時に、ネットワークへのアクセス制限、ユーザ
データ編集の許可・不許可などの設定がおこなえま
す。アプリケーションによって表示されるオプション
は異なります。
メモリカードをご利用になる前に
本機では、互換性のあるメモリカードを追加保存領
域として利用することができます。本機で撮影した
写真や、電話帳のデータなど、様々なファイルを保
存することができます。メモリカードは読み取り、
書き込みが可能なので、古い情報は削除して、新し
い情報を保存することができます。
データ管理
かどうかを設定します。すべて または 署名済み
のみ を選択します。
・ オンライン証明書確認 - ソフトウェアをインストール
する前に、オンライン証明書を確認するかどう
か選択します。
- 有効な証明書必須 - オンライン証明書に正当性
がある場合にのみ、ソフトウェアをインストー
ルします。
- オン - オンライン証明書を確認する場合に選択
します。
- オフ - オンライン証明書を確認しません。
・ デフォルト URL - オンライン証明書を確認する
ために使用する、デフォルト ウェブアドレスを
設定します。アドレスを入力して OK を選択し
ます。
必ず本機と互換性のある microSD
カードをお使いください。Nokia の
製品は認定された業界標準に適合し
ていますが、メモリカードのメー
カーによっては本機と完全には互換性がない場合も
あります。互換性のないメモリカードを使用すると、
メモリカードや電話機本体、および互換性のないメ
モリカードに保存されているデータが破損する可能
性があります。
メモリカードは、小さなお子様の手の届かない場所
へ保管してください。
本書では microSD カードを「メモリカード」と記
載しています。
1
> アプリ > アプリ の順に選択
2 設定を変更するソフトウェアを選択 > オプション
> 開く を選択
必要に応じて設定を変更します。
63
データ管理
重要 : メモリカードへのアクセスが実行されて
いるときに、メモリカードを取り外さないで
ください。これらの操作中にカードを取り外
すと、本機だけでなくメモリカードにも損傷
が生じ、メモリカードに保存されているデー
タが破損する可能性があります。
メモリカードの取り付け、および取り外しに関して
は、
「メモリカード」(P.26) を参照してください。
メモリカードの利用
> ツール > ユーティリティ > メモリ
■ メモリカードをフォーマット ( 初期化)
する
・ メモリカードをフォーマット(初期化)すると、
メモリカードに保存されているデータは完全に削
除され、復元することができなくなります。本機
に同梱されているメモリカードはフォーマット
( 初期化)不要です。
・ 市販のメモリカードには、事前にフォーマット済
みのもの、および使用の前にフォーマットが必要
なものがあります。フォーマットの必要性につい
ては、メモリカードを使用する前にメモリカード
の販売店やメーカーにご確認ください。
64
・ 他の機器でフォーマット ( 初期化)したメモリ
カードは、本機では正常に使用できない場合があ
ります。
1 オプション > メモリカードのフォーマット を選択
確認メッセージが表示されます。
2 はい を選択
■ メモリカード名を変更する
1 オプション > メモリカード名 を選択
メモリカード名の入力画面が表示されます。
2 メモリカード名を入力し、OK を選択
■ メモリカードの使用状況を確認する
メモリカードの使用メモリ容量、空きメモリ容量、メ
モリカードに保存されているデータの種類や、データ
の種類ごとに使用しているメモリ容量など、詳細を確
認することができます。
1 オプション > メモリ詳細 を選択
メモリカード詳細のリストが表示されます。
・ 電話機メモリの使用状況を確認するには、「電話
機メモリの使用状況を確認する」(P.66) を参照
してください。
■ メモリカードにパスワードを設定する
1 オプション > パスワード設定 を選択
ワード確認 に入力し、OK を選択
・ パスワードの変更 / 削除は、オプション > パス
ワード変更 または パスワード削除 を選択しま
す。
■ メモリ不足を解消する
・ 本機は、電話機メモリ、あるいはメモリカードの
残量が少なくなると、画面にメッセージを表示し
ます。操作を中断し、表示内容にしたがってくだ
さい。
・ 本機は共有メモリを使用しています。
・ 本機メモリを解放するには、互換性のあるメモリ
カードにデータを移動してください。(「データの
バックアップ」P.65)
補足:Nokia Nseries PC Suite に搭載
されているファイルマネージャを利用す
ると、本機内の各種メモリを表示するこ
とができます。また、データの転送も可
能です。
・ 複数のアプリケーションを同時に開いている場合
は、使用していないアプリケーションを終了して
ください。(「マルチタスキング機能」P.39)
・ データを削除して空きメモリを確保するには、
ファイルマネージャ (P. 58) を利用するか、該当するアプ
リケーションからデータの削除を実行してくださ
い。例えば、次のデータを削除することができま
す。
・ メール の 受信メール、下書き、および 送信済
みメール フォルダ内のメール
・ 電話機メモリに取得したメール
・ 保存したインターネットページ
・ 保存した画像、映像、および音楽ファイル
・ 電話帳の情報
・ カレンダーエントリ
・ ダウンロードしたアプリケーション
(「アプリケーションマネージャ」P.60)
・ メモリカードにインストール済みのインストー
ルファイル (.sis、.sisx、.jad、または .jar) :
Nokia Nseries PC Suite を利用して、互換性
のある PC へインストールファイル (.sis、
.sisx、.jad、または .jar) のバックアップを実
行してから削除してください。
・ 不要になったその他データ
データ管理
パスワードの入力画面が表示されます。
2 パスワードを 新規パスワード および 新規パス
データのバックアップ
電話機メモリに保存されている電話帳などのデータ
をメモリカードにバックアップし、後で電話機メモ
リに復元することが可能です。ただし、アプリケー
ションをバックアップすることはできません。
> ツール > ユーティリティ > メモリ
65
データ管理
■ 電話機メモリからメモリカードに
■ 電話機メモリの使用状況を確認する
バックアップする
電話機メモリの使用メモリ容量、空きメモリ容量、電
話機メモリに保存されているデータの種類やデータの
種類ごとに使用している容量など、詳細を確認するこ
とができます。
1
> オプション > メモリ詳細 > 電話機メモリ の
順に選択
1 オプション > 電話機メモリバックアップ を選択
確認のメッセージが表示されます。
・ 以前にバックアップを作成した場合は、そこに
上書きされます。
2 はい を選択
■ メモリカードからバックアップデータ
を復元する
メモリカードにバックアップを作成すると、カード
から復元 オプションが表示されます。
1 オプション > カードから復元 を選択
確認のメッセージが表示されます。
2 はい を選択
復元が終了すると、本機を再起動するようメッ
セージが表示されます。
3 OK を選択
本機が再起動します。
■ 指定したデータをバックアップする
指定したデータを転送するには、「ファイルをコピー
/ 移動する」(P.57) を参照してください。
66
電話
電話
■ ワンタッチダイヤルで電話をかける
電話をかける
1 待受画面で、市外局番から電話番号を入力
番号を削除する場合は、
2
3
を押します。
を押し、電話をかける
を押し、通話を終了する
・ 他のアプリケーションが開いている場合でも、
あらかじめワンタッチダイヤルを利用可能に設定す
る必要があります。 > ツール > 設定 > 電話機 >
通話 > ワンタッチダイヤル > オン の順に選択し、
設定します。
1
2
通話を終了できます。
・ スライドを閉じても通話を終了することはでき
ません。
補足:電話帳から通話相手を選択し、電話を
かけることもできます。(「電話帳から電話
をかける」P.53)
■ 以前かけた番号にもう一度かける
(リダイヤル)
1 待受画面で、 を押し、発信履歴を開く
2 電話番号を選択し、 を押す
3
を押し、通話を終了する
> ツール > ユーティリティ > ワンタッチ の順に選択
のいずれかを選択し、オプション
> 登録 を選択
・
は、留守番電話サービスを呼び出すため
に使用されます。
3 電話帳から通話相手を選択
・ 電話番号が複数登録されているときは、使用す
る電話番号を選択します。
4
を押す
・ ワンタッチダイヤルに登録されると、電話帳の
使用される電話番号の項目に
す。
が表示されま
5 電話をかけるには、待受画面で登録したダイヤル
キーを長く押す
■ 声で電話をかける
登録されたボイスタグを発声し、電話番号を呼び出
して、電話をかけることができます。
67
電話
・ ボイスタグは、電話帳 に登録されている名前や
ニックネームから自動生成され、ボイスタグを発
声すると電話番号を呼び出します。
・ 本機はメインユーザの発声に順応し、正確にボイ
スタグを認識する機能を持っています。
注意:ボイスタグは、騒がしい場所での発
声や緊急時の使用に適していません。どの
ような環境や事態においても、ボイスダイ
ヤルの機能だけに依存しないでください。
ボイスタグで電話をかけるときは、内蔵スピーカー
が使用されます。電話機を少し離して、ボイスタグ
を明瞭に発声してください。
1 待受画面で右ソフトキーを長く押す
・ 短いビープ音が鳴り、音声を入力してください
が表示されます。
・ 互換性のあるヘッドセットを使用している場合
は、ヘッドセットキーを長く押して、声で電話
をかける機能を開始することができます。
2 ボイスタグをはっきりと発声する
・ 認識されたボイスタグが再生されます。名前と
電話番号が表示され、電話がかかります。
・ ボイスタグが正しく認識されなかった場合は、
メッセージが表示され、元の画面に戻ります。
終了 を選択すると、声で電話をかける機能を中
止します。
68
1 件の電話帳に複数の電話番号が保存されている場合
は、基本番号として登録されている番号に、ボイスタ
グが自動的に登録されます。基本番号が設定されてい
ない場合は、次の優先順位で登録されている番号を使
用します。携帯、携帯 ( 自宅 )、携帯 ( 会社 )、電話番
号、電話番号 ( 自宅 )、電話番号 ( 会社 )
電話を受ける
1 電話がかかってきたら、
を押すか、または
本機前面部を上にスライドする
■ 着信中に着信音を消す
1 着信中に、消音 を選択
着信中に待受画面上部に音量変更を示す表示がみられ
ますが、この表示は受話音量調節用ですので、着信音
の音量変更はできません。ヘッドセットを接続してい
る状態でも、スピーカーから着信音が鳴ります。
補足:本機と互換性のあるイヤホンマイクが
接続されている場合は、イヤホンマイクの
キーを押すことで、電話に応答したり、終了
したりすることができます。
■ 拒否した電話を転送する
■ 発信者へ SMS を送信する
転送電話サービスの設定 > 通話中 の機能を開始して
いる場合、拒否した電話を転送します。(「転送電話
サービス」P.78)
電話に応答できない場合、発信者へ応答できない理由
を知らせる SMS を送信することができます。SMS
を使用するとソフトバンク携帯同士でメッセージの送
受信が簡単におこなえます。
1 電話がかかってきたら オプション > SMS 送信
を選択
・ SMS 編集画面が表示されます。
・ SMS の本文をあらかじめ編集しておくことが
できます。(
「通話拒否時 SMS 送信」P.204)
・ マナーモード に設定中は、メッセージ送信 を選択し
ます。
2 オプション > 送信 を選択
着信を拒否する
1 電話がかかってきたら、
を押す
補足:着信を拒否した場合、発信者には通話
中音が聞こえます。
電話
電話にでられないとき
通話中の操作
■ 受話音量を調節する
1 通話中に、音量を大きくするには本機側面にある
音量調節キー
、小さくするには
を押す
・ ナビゲーションキー
または
を押して
調節することもできます。ミュート に設定して
いる場合は、ミュート解除 に設定してから音量
を調節してください。
・ 着信中に画面上部に
表示されるインジ
ケータは、受話音量を調節するものであって、
着信音量を調節するものではありません。着信
中に着信音を消音にするには、消音 を選択しま
す。
■ ハンズフリースピーカーを使用する
ハンズフリースピーカーを使用すると、電話機を持
たずに近い距離で ( 例えば、近くのテーブルに置い
て ) 話したり聞いたりできます。
69
電話
1 通話中に、ハンズフリー を選択
画面上部に
されます。
が表示
2 通常通話に戻すには、通常通話 を選択
ハンズフリースピーカーがオフとなります。
警告: ハンズフリースピーカーを使用中
は、本機を耳元に近づけないでください。
音量が非常に大きくなる可能性がありま
す。
■ 通話中に通話を録音する
通話中に通話を録音することができます。(「音声メ
モ」P.167)
■ その他通話中にできること
通話中に使用できるオプションの多くは、ネット
ワークサービスです。表示されるオプションは、状況
によって異なります。
通話中 > オプション
・ 新規発信 - 通話中に別の相手へ電話をかけます。
・ 通常通話に切り替え / ハンズフリー通話に切替え
・ ワイヤレスヘッドセットに切替え - 本機と互換性のある
Bluetooth ヘッドセットが接続されている場合に
使用できます。
70
・ 保留 / 保留解除 - 通話を保留にすることができま
す。「割込通話サービス」(P.81) または「多者通
話サービス」(P.81) のお申し込みが必要です。
・ ミュート / ミュート解除 - 通話相手への送信音声
がミュートとなります。多者通話、ハンズフリー
スピーカーなどをご利用の際に使用すると便利で
す。
・ キー操作ロック - 通話中は キー操作ロック はご使
用になれません。
・ テレビ電話に切り替え - 通話を終了し、同じ相手
にテレビ電話をかけ直します。
・ 会議通話 - 複数の相手と通話をおこないます。
(「多者通話サービス」P.81)
・ 通話切り替え - 通話中の電話を終了し、かわりに
かかってきた電話に応答できます。(「割込通話
サービス」P.81)
・ カスタム待受画面を開く - 通話中に待受画面を開くこ
とができます。カスタム待受画面(P.201)が オ
フ に設定されている場合は利用できません。
・ MMS 送信 -(WCDMA ネットワークのみ)通話
相手へ MMS で静止画やビデオを送信します。
を押して、本機と互換性のある機器に送信し
ます。
・ プッシュ信号送信 - 一連のプッシュ信号(例えば、
パスワード)を送信できます。プッシュ信号を入
力するか、電話帳 でプッシュ信号を検索します。
待機文字(w)または一時停止文字(p)を入力
するには、
を繰り返し押し、OK を選択し
補足:通話中に
を押すと保留にするこ
とができます。保留を解除するには、もう一
度
を押します。
・ 履歴から電話をかけたり、メールの送信、電話番
号の抽出、電話帳への登録を行うことができま
す。
補足: 待受画面に不在着信履歴の通知が表示
された場合に 表示 を選択すると、不在着信
履歴のリストを表示することができます。折
り返し電話をかける場合は、名前または電話
番号を選択して、 を押します。
■ 発着信履歴を消去する
> ツール > 通信履歴 > 発着信履歴
発信履歴 / 着信履歴の確認
すべての履歴リストの履歴をすべて消去する
1 オプション > 発着信履歴を消去 を選択
■ 発着信履歴を表示する
いずれかの履歴リストの履歴をすべて消去する
1 消去するリストを開く
2 オプション > 履歴消去 を選択
1
> ツール > 通信履歴 > 発着信履歴 の順に選択
・ 不在着信履歴、着信履歴、
発信履歴 を確認することが
できます。
・ 不在着信履歴と着信履歴は、
本機の電源がオンの状態で、
かつネットワーク圏内の場
合にのみ記録されます。
・ テレビ電話には、ビデオ
マーク
が左側に表示さ
れます。
電話
て送信します。電話帳の 電話番号 や プッシュ信
号 項目にプッシュ信号を保存しておくこともでき
ます。
・ 切り替え - 複数の相手と通話している場合、相手
を切り替えることができます。(「多者通話サービ
ス」P.81)、(「割込通話サービス」P.81)
・ 転送 - このネットワークサービスには対応してお
りません。
履歴を 1 件ずつ消去する
1 消去するリスト開き、消去する履歴を選択
2
を押す
通話時間の確認
> ツール > 通信履歴
71
電話
■ 通話時間を表示する
1 通話時間 を選択
前回通話時間、発信履歴、着信履歴、すべての通
話が表示されます。通話時間は、累計の通話時間
が表示されます。
・ オプション > 詳細表示 > 通常通話、または
インターネット電話 を選択して、それぞれの通
話時間を表示することもできます。
注意:携帯電話事業者より実際に請求され
る通話のご利用時間は、ネットワークの機
能、請求書発行時の端数計算などによって
異なる場合があります。
■ 通話時間を消去する
パケット定額制をご利用でない場合は、パケット通信
料が高額となる可能性があります。通信料をご確認い
ただきながらご利用いただくことをおすすめします。
海外では、パケットローミング費用が別途かかります
のでご注意ください。
■ パケット接続送受信データ量を
リセットする
1 パケット接続 > オプション > カウンタリセット
を選択
この操作をおこなうには、ロックコードが必要で
す。(「操作用暗証番号 ( ロックコード )」P.36)
通信履歴
1 オプション > 通話時間記録を消去 を選択
この操作をおこなうには、ロックコードが必要で
す。(「操作用暗証番号 ( ロックコード )」P.36)
パケット接続送受信データ量の確認
> ツール > 通信履歴
■ パケット接続送受信データ量を表示する
1 パケット接続 を選択
72
■ すべての通信履歴を表示する
1
> ツール > 通信履歴
を押す
アイコン
- 着信
- 発信
- 不在着信
線 LAN 接続の履歴を表示します。
・ 通信履歴ごとに送信者と受信者の名前、電話番
号、アクセスポイントを表示します。
・ サブ記録(複数の部分に分割されて送信された
SMS やパケットデータなど)も、1つの通信
履歴として記録されます。メールボックス、
MMS センター、インターネットのページへの
接続は、パケットデータ接続として表示されま
す。
■ 通信履歴にフィルタをかけて表示する
1 オプション > フィルタ を選択
2 表示する条件を選択
条件ごとにフィルタされた通信履歴が表示されま
す。
■ 通信履歴 1 件の詳細情報を表示する
1 通信履歴を選択し、
を押す
補足:通信履歴の詳細情報画面で、電話
番号をクリップボードにコピーし、テキ
ストに貼り付けることができます。
オプション > 電話番号コピー を選択しま
す。
■ パケットデータ接続カウンタと接続時間
1 パケット の表示がある通信履歴を選択
2 オプション > 詳細表示 を選択
電話
・ 電話、TV コール、SMS、パケットデータ、無
転送したデータ量(kB 単位)や特定のパケット
データ接続時間を表示します。
■ すべての通信履歴を消去する
1 オプション > 通信履歴消去 を選択
メッセージが表示されます。
2 はい を選択し、全件を消去する
通信履歴、発着信履歴、配信レポートの内容が完
全に消去されます。
■ 通信履歴保存期間を設定する
1 オプション > 設定 > 通信履歴保存期間 の順に
選択
通信履歴は、設定した日数の期間中、電話機メモ
リに保存されます。その期間を過ぎると自動的に
消去されます。通信履歴なし を選択すると、通信
履歴の内容、発着信履歴、配信レポートはすべて
削除されます。
73
電話
自分の電話番号を確認する
1
国際電話をかける
■ 国内から国際電話をかける
1 国際電話用のアクセスコードを設定
(
「国際アクセスコード置換」P.204)
2
を2度押して、「+」を入力する
3 国番号、市外局番、電話番号を入力する
市外局番は、必要に応じて先頭の0を除いて入力
します。
を押して、電話をかける
設定したアクセスコードが、番号の先頭に自動的
に追加されます。
■ 海外から国際電話をかける
1 国際電話用のアクセスコードが設定されている
場合は、オフ に設定
(
「国際アクセスコード置換」P.204)
74
を2度押して、
「+」(国際通話アクセス
コード)を入力する
ネットワークモードについては、
「ネットワーク
モード」(P.205) を参照してください。
> 電話帳 > オプション > SIM 電話帳 > SIM
フォルダ の順に選択
2 オプション > 自局電話番号 を選択
4
2
3 国番号、市外局番、電話番号を入力する
市外局番は、必要に応じて先頭の0を除いて入力
します。
4
を押して、電話をかける
TV コールをご利用になる前に
お客様ご自身と通話相手の映像
を見ながら、通話することがで
きます。通話相手には、メイン
カメラで撮影したお客様の映像
が送信されます。テレビ電話で
は、待受画面上部のカメラをメ
インカメラと呼称します。
アイコン
・
・
- テレビ電話着信
- お客様が映像送信を拒
否している
ライブ映像のかわりに静止画を送信することがで
きます。
(「テレビ電話の静止画」P. 204)
テレビ電話着信中に映像の送信を拒否しても、テレビ
電話として課金されます。料金については、携帯電話
事業者にお問い合わせください。
TV コール利用時のご注意
・ 本機に USIM カードが正しく挿入され、本機を
WCDMA ネットワーク圏内で使用することが必要
です。
・ テレビ電話に対応している携帯電話との間でご利
用できます。
・ 音声電話、テレビ電話、データ通信を行なってい
る間は、新たにテレビ電話を開始することはでき
ません。
TV コール
TV コール
TV コールをかける
1 待受画面で電話番号を入力 >
テレビ電話 を選択
通話相手がテレビ電話に応答
すると、画面が表示されま
す。
・ オプション > テレビ電話
を選択することもできま
す。
・ 電話帳 を開き、電話番号を
選択することもできます。
・ テレビ電話ではデフォルトでメインカメラが使
用されますが、本機背面のカメラレンズカバー
が開いている場合は、第2カメラが使用されま
す。
・ テレビ電話が開始するまでに時間がかかる場合
は、画面に ビデオ画像を待機中 が表示されま
す。テレビ電話の利用ができない場合 ( 例えば、
75
TV コール
ネットワークが対応していない場合や、通話相
手の携帯電話がテレビ電話に対応していない場
合 ) は、メッセージ表示後に通常通話として通
話をおこなうか、SMS または MMS を送信す
るかどうかなどをリストから選択できます。
・ テレビ電話通話中の画面には、お客様と通話相
手の 2 つの映像が表示され、ハンズフリース
ピーカーから音声が聞こえます。
・ 通話相手が映像送信を拒否した場合、画面には
ビデオ画像を待機中 と表示されます。
を押す
ビデオ画像を発信者に送信しますか ? が表示され
ます。
2 はい を選択
・ 映像が通話相手へ送信されます。
・ 映像を通話相手に送信しない場合は、いいえ を
選択します。
・ 映像の送信を拒否した場合、画面には通話相手
の映像と左上の映像枠に
が表示されます。
・ 映像を送信せずに、あらかじめ設定しておいた
静止画を送信することもできます。(
「テレビ電
話の静止画」P. 204)
3
を押す
テレビ電話が終了します。
76
テレビ電話で通話中は、割込通話サービス を利用する
ことができません。
補足 : テレビ電話の着信音を設定することが
できます。「着信パターンの設定」(P.199)
を参照してください。
TV コール通話中の操作
TV コールを受ける
1 電話がかかってきたら、
アプリケーションの使用中にテレビ電話に応答し、通
話を終了すると、待受画面が表示されます。使用して
いたアプリケーションに戻るには、「マルチタスキン
グ機能」(P.39) を参照してください。
■ 映像送信 / オーディオ送信を切り替える
1 オプション > 有効 / 無効 > ビデオ送信、オーディ
オ送信、オーディオとビデオ送信 のいずれかを選択
■ メインカメラ / 第2カメラを切り替える
1 オプション > メインカメラ使用 または 第2カメ
ラ使用 を選択
・ 通話相手に、お客様ご自身の映像を送信するに
は、メインカメラ使用 を選択します。
・ バックカメラの映像を通話相手に送信する場合
は、第2カメラ使用 を選択します。
■ ビデオ設定を変更する
1 オプション > ズームイン または ズームアウト を
受信した通話相手の映像の画質を変更することがで
きます。
選択
ズームインジケータ
は、画面上部に表
示されます。
・
または
を押して、ズームインやズームア
ウトをすることもできます。
■ 送信映像の表示順序を切り替える
自分の映像と通話相手の映像を画面上で切り替えるこ
とができます。
1 オプション > 画像位置切り替え を選択
■ 通話モードを切り替える
1 オプション > 通常電話に切り替え、ハンズフリー通話に
切替え、ワイヤレスヘッドセットに切替え のいずれかを選択
(本機と互換性のある Bluetooth イヤホンマイク
が接続されている場合に表示。)
補足:通話中に受話音量を大きくしたり、
小さくしたりする場合は、本機側面の音
量調節キー
または
を押します。
または
を押して、音量を調節する
こともできます。
1 オプション > ビデオ品質設定 > 標準、画質優先、
動き優先 のいずれかを選択
TV コール
■ 映像をズームする
■ スナップショットを送信する
1 オプション > スナップショット送信 を選択
2 撮影 を選択
撮影した画像が画面中央に表示され、通話相手の
画面にも、撮影した画像が表示されます。
・ ビデオ使用 を選択すると、通常のテレビ電話に
戻ります。
■ 画像を共有する
1 オプション > 画像共有 を選択
静止画のリストが表示されます。
を押す
2 共有する静止画を選択し、
選択した画像が、本機と通話相手の画面中央に表
示されます。
・ 共有停止 を選択すると、通常のテレビ電話に戻
ります。
77
オプションサービス
オプションサービス
オプションサービスの概要
ソフトバンクでは、次のオプションサービスを利用
することができます。
・ 電波の届かない場所では、本機からは操作できま
せん。
・ サービスの詳しい内容、お申し込みについては、
「サービスガイド 3G」を参照してください。
転送電話サービス
・ かかってきた電話を留守番電話や別の電話番号に
転送できます。
留守番電話サービス
・ 電波の届かない場所にいるときや通話中のため電
話にでられないときなどに、留守番電話サービス
センターで伝言メッセージをお預かりします。
割込通話サービス
・ 通話中の相手を保留にし、別の相手からの電話を
受けることができます。相手を切り替えながら通
話することもできます。
別途お申し込みが必要です。
多者通話サービス
・ 通話中に別の相手に電話をかけられます。相手を
切り替えながら通話したり、最大で 6 人同時に通
話したりできます。
別途お申し込みが必要です。
発着信規制サービス
・ 電話をかけたり受けたりすることを、状況に合わ
せて制限できます。
発信者番号通知サービス
・ お客様の電話番号を相手に通知したり、非通知に
する設定ができます。
転送電話サービス
注意:発着信規制と転送電話サービスは同
時に使用できません。
> ツール > 設定 > 電話機 > 転送サービス
■ 転送電話サービスを開始 / 停止する
1 転送する着信の種類 ( 電話、データ通信およびテ
レビ電話 ) を選択
2 転送条件を選択
78
・
・
・
・
ビ電話 - 本機の状態に関わらず、すべての着信
を転送します。
通話中 - 通話中に着信があった場合に転送しま
す。割込通話サービスにご加入の場合は、割込
み着信中に拒否を押すと指定の番号へ転送しま
す。
応答なし - 設定した秒数以内に応答できない場
合に転送します。
電源オフ / 圏外 - 電源オフ時、ネットワーク圏
外時に転送します。
通話不能 - 通話中、応答なし、電源オフ / 圏外
の転送条件をまとめて転送します。
補足 : テレビ電話も同様に転送できます
が、テレビ電話の転送は、ネットワーク
事情によりご使用になれない場合があり
ます。転送電話サービスの設定で データ
通信およびテレビ電話 を選択してくださ
い。
注意:FAX 通信の転送は日本国内では
ご利用いただけません。
3 オプション > 開始 を選択
・ 停止 を選択すると、サービスを停止できます。
・ 状態確認 を選択すると、サービスの状況を確認
できます。
・ 複数の転送条件を同時に開始することもできま
・ すべての電話 が転送される場合は、待受画面に
が表示されます。
4 別の電話番号へ を選択し、電話番号を入力
次の電話番号は転送先として登録できません。
・ 「1」から始まる電話番号 ( 例:110、118、
119 など )
・ 「00」から始まる電話番号 ( 例:001、0041 か
ら始まる国際電話番号など )
・ 「0120」から始まる電話番号 ( フリーダイヤル )
・ 「0990」から始まる電話番号 ( ダイヤル Q2 な
ど)
オプションサービス
・ すべての電話 / すべてのデータ通信およびテレ
■ 転送電話サービスをすべて停止する
1 オプション > すべての転送を停止 を選択
補足 : 転送条件ごとにサービスを停止す
ることもできます。( 「転送電話サービス」
P.79 操作 3)
留守番電話サービス
・ 電波の届かない場所や電話に出られないときに、
留守番電話センターで伝言メッセージをお預かり
します。
・ 転送電話サービスの転送先を留守番電話センター
番号に設定する必要があります。
す。
79
オプションサービス
注意:転送電話サービスと留守番電話サー
ビスを同時に利用することはできません。
補足 : 本機には簡易留守録機能はありませ
ん。
> ツール > 設定 > 電話機 > 転送サービス
■ 留守番電話サービスを開始する
1 転送する着信の種類 ( 電話、データ通信およびテ
レビ電話 ) を選択
(「転送電話サービス」P.78 操作 2)
3 オプション > 開始 を選択
(
「転送電話サービス」P.79 操作 3)
4 別の電話番号へ を選択し、留守番電話サービスセ
ンターの電話番号「09066517000」を入力
■ 伝言メッセージを聞く
を1秒以上押す
伝言再生用番号 (1416) へ自動的に発信します。
・
> ツール > ユーティリティ > 留守電 > 留守番電
話センター を選択しても、伝言再生用番号へ発
信することができます。
・ インターネット電話の設定を行うと、ネット電話
留守電センター が表示される場合があります。この
機能を使用するには、ネットワークおよびサー
80
2 伝言再生用番号を入力します。1 度設定をおこな
うと次回からこの操作をする必要はありません。
3 ガイダンスに従って操作する
補足 : 待受画面に 新規伝言メッセージがあり
ます と表示された場合は 再生 を選択しま
す。
■ 留守番電話サービスを停止する
2 転送条件を選択
1 待受画面で
ビスプロバイダがサポートしている必要があり
ます。(「ネット電話」P.219)
・ 転送電話サービスの設定を停止します。(「転送電
話サービスをすべて停止する」P.79)
■ 着信お知らせ機能
この機能は、留守番電話サービスを開始している場合
にのみご利用できます。
電波の届かない場所や電源が入っていなかったために
受けられなかった着信を、SMS でお知らせします。
また、通話中に留守番電話センターで伝言メッセージ
をお預かりした場合もお知らせします。
着信お知らせ機能を設定する
1 待受画面から 1414 をダイヤル
2 音声ガイダンスに従って設定
海外電話からの設定:
+819066514191 をダイヤルし、音声ガ
イダンスに従って設定してください。
割込通話サービス
TV コール中に割込電話を受けることはできません。
注意:別途お申し込みが必要です。
1 オプション > 応答 を選択
最初の通話は保留となり、別の相手からの電話を
受けます。
次の応答方法を選択することもできます。
・ 拒否する:別の相手からの電話を受けずに、そ
のまま通話します。
・ 通話切り替え:通話中の相手との電話を切り、
別の相手からの電話を受けることができます。
2 切り替え を選択
・ 割込通話中に通話相手を切り替えます。
3
を押す
・ 通話中の電話を切ります。
・ すべての通話を切断する場合は、オプション >
オプションサービス
補足 :
一般電話からの設定:
0906651414 をダイヤルし、音声ガイダ
ンスに従って設定してください。
すべての通話終了 を選択します。
> ツール > 設定 > 電話機 > 通話 > 割込通話サー
ビス
■ 割込通話サービスを開始 / 停止する
1 オプション > 開始 を選択
・ 停止 を選択すると、サービスを停止できます。
・ 状態確認 を選択すると、サービスの状況を確認
多者通話サービス
TV コールで多者通話サービスを利用することはでき
ません。
注意: 別途お申し込みが必要です。
できます。
■ 割込通話を受ける
通話中に、割込通話を知らせる着信音が聞こえたら、
次の操作をおこないます。
■ 通話中に別の相手へ電話をかける
1 通話中に、オプション > 新規発信 を選択し、別
の通話相手へ電話をかける
81
オプションサービス
最初の通話は自動的に保留となります。
■ 相手を切り替えながら通話する
1 切り替え を選択
切り替え を選択するたびに通話が切り替わりま
す。
選択
■ 多者通話中に個別に通話を終了する
1 オプション > 会議通話 > 参加者削除 > 通話相手
を選択 > 削除 の順に選択
■ 複数で同時に通話する
■ 多者通話を終了する
お客様を含め最大 6 名まで、同時に通話をおこなう
ことができます。
1
1 通話中に、オプション > 新規発信 > 別の電話番
号入力
相手先が電話を受けます。
2 オプション > 会議通話 を選択
3者で多者通話が開始されます。
・ さらに参加者を追加するには、操作 1 の次に、
オプション > 会議通話 > 参加者追加 を選択し
てください。
■ 多者通話中に個別に通話をおこなう
1 オプション > 会議通話 > 個別通話 を選択
2 通話相手を選択し、個別通話 を選択
指定した通話相手と個別通話が開始されます。
・ 残りの通話者での多者通話はそのまま継続され
ます。
82
3 多者通話に戻る場合は、オプション > 会議通話 を
を押す
・ オプション > すべての通話終了 を選択しても多
者通話を終了することができます。
発着信規制サービス
サービスをご利用になる場合は、発着信規制パスワー
ド ( 発着信規制用暗証番号 ) が必要になります。発着
信規制パスワードとは、ご契約時にお決めいただいた
4 桁の暗証番号です。(「発着信規制用暗証番号」
P.36)
注意:発着信規制と転送電話サービスは同
時に使用できません。
> ツール > 設定 > 電話機 > 発着信規制
■ 発着信規制を設定する
1 通常電話発着信規制 > 設定する項目を選択
・
・
・
・
電話をかけられないようにします。
すべての国際発信規制 - 滞在国以外への国際電
話をかけられないようにします。
自国以外への国際発信規制 - 滞在国と日本以外
への国際電話をかけられないようにします。
着信規制 - すべての電話を受けられないように
します。
海外滞在中着信規制 - 日本以外で電話を受けら
れないようにします。
2 オプション > 開始 を選択
・ 状態確認 を選択すると、サービスの状況を確認
できます。
・ 停止 を選択すると、サービスを停止できます。
3 発着信規制パスワードを入力
注意:発着信規制が使用中であっても、本
機にプログラムされた海外公認の緊急電話
番号には電話できる場合があります。本機
では、発信規制が設定されている状態で、
110、118、119 への緊急通報ができま
せん。この場合は、設定を解除し、「緊急通
報」(P.260) を参照して電話をかけてくだ
さい。
■ 発着信規制をすべて停止する
1 通常電話発着信規制 > オプション > 全発着信規制
■ 発着信規制暗証番号を変更する
1 通常電話発着信規制 > オプション > 規制パス
ワード編集 の順に選択
2 現在のパスワードを入力
3 新規パスワードを入力
4 確認のため、新規パスワードを再度入力
■ ネット電話の発着信規制を設定する
1 インターネット電話発着信規制 > 匿名電話の着信
オプションサービス
・ 発信規制 - 海外の緊急電話番号を除くすべての
規制 を選択
オン に設定すると匿名電話の着信を受けられない
ようにします。
発信者番号通知
> ツール > 設定 > 電話機 > 通話 > 発信者番号
通知
1 オプション > 変更 を選択
・ オン を選択すると、通話相手に電話番号を通知
します。
・ オフ を選択すると、電話番号が非通知となりま
す。
・ 契約時デフォルト設定 を選択すると、携帯電話事業
者による設定が有効となります。
を停止 の順に選択
83
メール
メール
メール では、SMS や MMS、E-mail、データを含む
メールを作成、送受信、フォルダで整理することがで
きます。 また、Bluetooth 接続や赤外線通信を利用し
てデータを受信することもできます。Bluetooth 接続
や赤外線通信で受信したデータは メール の 受信メー
ル に保存されます。
SMS - ソフトバンク携帯同士でメッセージの送受信が
簡単におこなえます。
注意:次の機能は、日本国内ではご利用いた
だけません。
・ データが含まれた特別な SMS の作成
・ サービスメッセージや情報メッセージの
受信
・ サービスコマンドの送信
MMS - ソフトバンク携帯電話、他社携帯電話やパソ
コンとの間で、メッセージ、画像、サウンド、ビデオ
などの送受信ができます。本機は HTML メールには
対応しておりません。
メールフォルダの種類と役割
E-mail - 別途インターネットサービスプロバイダなど
で契約したメールボックスを使用し、E-mail の送受信
ができます。ソフトバンクが提供するメールサービス
機能とは異なります。(「リモートメールボックスを利
用した E-mail 送受信」P.95)
・ 受信メール (
MMS を送信した際には、受信した側によっては表示
が異なる場合があります。
MMS の送受信で、添付ファイル名が全角・半角カナ
文字を含む場合、その部分は「 _ 」( アンダーバー)に
変換されます。また、添付ファイル名が半角 9 文字以
上だった場合、半角 8 文字になって送受信される場合
があります。
84
本書では S! メールを MMS と記載しています。
メールフォルダには、次のような種類と役割がありま
す。
) - 受信したメールが保存されます。
E-mail は メールボックス に保存されます。
・ マイフォルダ (
) - フォルダの新規作成、フォル
ダの名前変更および削除が可能です。
補足:繰り返し使用するメール本文を 定型
文 フォルダに保存し、テンプレートとして
使用することができます。
・ メールボックス (
) - リモートメールボックスに接続し
て、新着 E-mail を取得することができます。また、
以前取得した E-mail をオフラインで表示すること
ができます。(「E-mail クライアント設定」P.96)
) - 送信前の下書きメールが保存されま
す。
・ 送信済みメール (
) - 送信済みメールが最大 20 件ま
で保存されます。Bluetooth 接続や赤外線通信を使
用して送信されたメールは保存されません。メール
の保存件数を変更する場合は、「その他の設定」
(P.94) を参照してください。
・ 未送信メール (
) - ネットワーク圏外の場合など
に、送信待ちのメールが、一時的に保存されます。
・ 配信レポート (
) - 携帯電話事業者からの SMS
と MMS の配信レポートを受信することができます
(ネットワークサービス)。
補足:いずれかのフォルダを開いた状態で
または
を押すと、フォルダを切り
替えることができます。
メールアドレスの変更
1
> インターネット > オプション > ブックマーク > My
SoftBank for X Series の順に選択
画面の指示に従って操作してください。
メール送信
送信できる MMS のサイズは、添付ファイルとメッ
セージ本文などを合わせて最大 300 kB です。添付し
たファイルが制限を越える場合、送信可能なサイズに
縮小されることがあります。
メールを送信中は、画面右上に
が表示されます。
送信が完了すると画面から
が消えます。未送信
メール に送信に失敗したメールがある場合、
が待
受画面に表示されたままになります。未送信メール か
らメールを削除してください。
メール
・ 下書き (
> メール > 新規メール作成
■ SMS を作成 / 送信する
ソフトバンク携帯同士でメッセージの送受信が簡単に
おこなえます。
1 メールの種類から、SMS を選択
2 宛先 を選択し、 を押す
・ 電話帳が開き、あらかじめ登録されている受信者
の名前やグループを選択することができます。ま
たは、受信者の電話番号を直接入力することもで
きます。
・ 複数の受信者を入力する場合は、
を押し、
セミコロン (;) で区切ります。
・ クリップボードにコピーされた電話番号を、貼り
付けて入力することもできます。
3 メール本文を入力
・ 定型文を使用するには、オプション > 挿入 > 定
型文 の順に選択します。
85
メール
4 オプション > 送信 を選択
を押して、送信することもできます。
注意:本機は、送信時に
メールの文字数制限(全
角 70 文字)を超えた場
合に対応することができ
ます。長いメールは、2
つ以上のメールに分割し
て送信されます。その場
合、携帯電話事業者は送
信メール数に応じて、料
金を請求することがあり
ます。アクセント記号や
マーク記号、他言語の文字によっては、文字数
のカウントが通常より多く必要となります。画
面上部に、入力可能なメールの文字数が表示さ
れます。例えば、10 (2) と表示された場合は、
2 つに分割されたメールに対して、あと10文
字追加して送信することができます。
プション > ファイル添付 >
画像、サウンドクリップ、ビ
デオクリップ の順に選択
ギャラリーのフォルダが表示
されます。
6 添付するファイルを選択
・ サウンドファイルが追加さ
れた場合、
・
・
・
1 メールの種類から、MMS を選択
2 宛先 を選択し、受信者を入力
・ 宛先として CC や BCC を追加するには、オプ
・
ション > 宛先フィールド を選択します。
きます。
が表示されます。
・ MMS に添付するファイルを新規作成するには、
■ MMS を作成 / 送信する
・ 電話帳から E-mail アドレスを呼び出して入力で
86
3 件名 を入力
4 メール本文を入力
5 ファイルを添付するには、オ
オプション > 添付ファイル作成 > 画像、サウン
ドクリップ、ビデオクリップ の順に選択します。
画像、ビデオクリップ を新規作成する場合は、カ
メラが起動します。サウンドクリップ を新規作成
する場合は、音声メモ が起動します。
作成した MMS をプレビューする場合は、オプ
ション > プレビュー を選択します。
スライドを作成する場合は、スライド を選択しま
す。
複数のファイルを添付した場合、オプション >
移動 を選択して、添付ファイルの順序を変更する
ことができます。ファイルの順序は プレビュー
で確認することができます。
するには、オプション > テキストを前に移動、ま
たは テキストを後ろに移動 を選択します。
・ プレゼンテーションを作成し、MMS に追加する
場合には、オプション > プレゼンテーション作成 を選択
します。
・ プレゼンテーションは、画像、ビデオ、サウン
ド、テキストファイルを組み合わせ、MMS とし
て送信することができます。
・ MMS 作成モード が、確認メッセージ付き または 制
約なし に設定されている必要があります。
(「MMS 設定」P.93)
7 オプション > 送信 を選択
を押して、送信することもできます。
MMS で、MP4 形式のビデオファイルを送信できない
場合があります。送信可能なビデオファイル形式につ
いては、「ビデオ設定」(P.127) を参照してください。
■ E-mail を作成 / 送信する
1 メールの種類から、E-mail を選択
E-mail アカウントの設定がされていない場合は、
設定を要求するメッセージが表示されます。
(「メールボックスに接続する」P.99)
2 宛先 を選択し、受信者を入力
・ 宛先として CC や BCC を追加するには、オプ
ション > 宛先フィールド を選択します。
3 件名 を入力
4 メール本文を入力
5 ファイルを添付するには、オプション > 挿入 > 画
像、サウンドクリップ、ビデオクリップ、ノート、
その他、または 定型文 の順に選択
メール
・ 本文のテキストを添付したファイルの前後に移動
・ E-mail に添付ファイルが追加されると、画面に
が表示されます。
補足 : メールアプリケーションで対応して
いる以外の種類のファイルを添付ファイル
として送信する場合は、そのファイルに対
応するアプリケーションを開き、ファイル
を選択し、送信 > E-mail を選択します。
( 機能が対応している場合 )
6 オプション > 送信 を選択
を押して、送信することもできます。
注意:E-mail は、送信中に自動的に 未送信
メール に保存されます。送信が失敗した場
合、ステータスが 順番待ち の状態で 未送信
メール に保存されたままとなります。何度
も送信に失敗した場合は、ステータスは 失
敗 になります。
■ 送信時のその他の機能
1 メールを作成
(「SMS を作成 / 送信する」P.85、
「MMS を作成 /
送信する」P.86)
87
メール
2 オプション > 送信オプション を選択
配信レポート受信、メッセージ有効期間 などを設
定します。(「SMS 設定」P.92)、(「MMS 設定」
P.93)
■ 下書きフォルダを利用する
下書きフォルダに保存する
1 メールを作成
(「SMS を作成 / 送信する」P.85、「MMS を作成
/ 送信する」P.86、「E-mail を作成 / 送信する」
P.87)
2 メール作成画面で、閉じる を選択
3 下書きに保存 を選択
メール受信
■ 新着メールを確認する
メールを受信すると、待受画面に 新着メッセージがあ
ります□件 のメッセージと、右上に
が表示され
ます。
1 表示 を選択し、受信したメールを表示
・ メールを複数受信した場合
には、受信メール から
メールを選択し
を押し
ます。
2 戻る を選択
受信メール が表示されます。
作成途中のメールは 下書きフォルダに保存されま
す。
下書きフォルダから送信する
1 下書き を選択
2 メールを選択し、 を押す
3 宛先を入力、または確認
4 オプション > 送信 を選択
88
補足:メモリの上限まで受信すると、画面右
上の
が点滅表示になり、メモリ不足の
メッセージが表示され、それ以降の新着メー
ルは受信できません。不要なメールを削除
し、再度受信の操作をおこなってください。
(「メモリ不足を解消する」P.65)
ション > 添付リスト を選択します。
- 未読の SMS
重要: MMS のオブジェクトには、ウィルスが
含まれている場合があります。ウィルスが含ま
れている場合、本機、または他の PC で障害が
発生する可能性があります。信頼のおける送信
者かどうかわからない場合、添付ファイルを開
かないでください。
- 未読の MMS
- 赤外線通信で受信したデータ
- Bluetooth 接続で受信したデータ
■ MMS の受信
1 受信した MMS を開く
・ MMS にファイルが添付されている場合、ファイ
ルの種類によって次のアイコンが表示されます。
・
- サウンドファイル
・
- ビデオファイル
画像ファイルが添付されている場合、その画像が
表示されます。サウンドファイルやビデオファイ
ルを再生する場合は、アイコンを選択し、 を
押します。
・ MMS にプレゼンテーショ
ンが添付されている場合
が表示されるか、また
はプレゼンテーションが
メール本文に直接表示され
ます。プレゼンテーション
を再生する場合は、アイコ
ンを選択し、 を押しま
す。
メール
・ MMS に添付リストが含まれている場合は、オプ
アイコン
MMS 通知
MMS 設定で MMS 受信 を 手動 に設定すると、MMS
通知を受信することができます。(「MMS 設定」
P.93)
MMS が MMS センター ( マルチメディアメッセージ
サービスセンター ) に届くと、MMS 通知 ( メールの
一部 ) がお客様に送信されます。MMS 通知メールに
は
が表示されます。
MMS センターに接続し、MMS センターにあるメー
ルの状態を確認できます。
1
> メール > 受信メール > オプション > MMS
通知リスト > はい の順に選択
2 オプション を選択
次のオプションを設定することができます。
開く - MMS 通知を開きます。
89
メール
受信 - 選択したメッセージの受信、またはサーバにあ
る受信したすべてのメッセージを本機に受信します。
削除 - 通知とそれに該当するメッセージをサーバから
削除します。
リスト更新 - 本機の MMS 通知リストが、サーバにあ
るマルチメディアメッセージの現在の状態に更新され
ます。
サーバ詳細 - 通知リストが最後に更新された日付と、
サーバにあるマルチメディアメッセージのメモリ使用
量が確認できます。
メールをフォルダに移動する
1 フォルダからメールを選択し、 を押す
2 オプション > フォルダへ移動 を選択
3 フォルダを選択し、 を押す
■ メールを返信する
並べ替え - 通知を受信日、送信者、または件名などで
並べ替えることができます。
1
2
3
4
表示されるオプションは変わることがあります。
■ メールを転送する
メールの利用
1
2
3
4
5
> メール
■ フォルダ管理
送受信したメールを作成したフォルダに移動して管理
することができます。
フォルダを作成する
1 マイフォルダ > オプション > 新規フォルダ の順に
選択
90
2 フォルダ名を入力し、OK を押す
フォルダからメールを選択し、
を押す
オプション > 返信 を選択
返信メールの本文を作成
オプション > 送信 を選択
フォルダからメールを選択し、
を押す
オプション > 転送 を選択
転送先を入力
転送メールの本文を作成
オプション > 送信 を選択
■ 送信者に電話をかける
電話番号を使用して受信したメールの場合、受信した
メールから送信者に電話をかけることができます。
1 受信したメールを選択
2 オプション > 電話をかける を選択
1 メールを選択し、オプション > 削除 を選択
・
を押して削除することもできます。
・ 複数のメールを一度に削除する場合は、 を押し
ながら を押し、マークをつけてから削除しま
す。
・ フォルダ内のメールをすべて削除する場合は、
オプション > マーク / マーク解除 > すべてを
マーク の順に選択してから削除します。
・ メールボックス から E-mail を削除する場合は、「Email を削除する」(P.100) を参照してください。
■ メール内の電話番号 /E-mail アドレス /
URL を利用する
メールに電話番号や E-mail アドレス、URL が含まれ
ている場合、その画面から電話をかけたり、メールを
送信したり、ウェブに接続することができます。利用
できる電話番号、E-mail アドレス、URL はハイライト
表示されます。
電話帳に登録する
1 メールを選択し、 を押す
2 登録したい項目を選択し、オプション > 電話帳へ登
録 を選択
3 新規登録 または 既存電話帳へ追加 を選択
新規電話帳登録画面、または電話帳リストが表示さ
れます。(「電話帳の登録」P.51)
電話をかける
1 メールを選択し、 を押す
2 電話番号を選択し、 を押す
・「電話をかける」P.67、「TV コールをかける」
メール
■ メールを削除する
P.75
メールを送信する
1 メールを選択し、 を押す
2 電話番号、またはアドレスを選択し、 を押す
・ 返信、転送、または 新規メール作成 を選択する
ことができます。
ウェブ接続をおこなう
1 メールを選択し、 を押す
2 URL を選択し、 を押す
・「インターネットにアクセスする」P.102
■ 添付ファイルを保存する
1 メールを選択し、 を押す
2 オプション > 添付リスト を選択
E-mail の場合は、添付ファイル を選択します。
3 オプション > 保存 を選択
91
メール
保存するファイルの種類に応じて、適切なアプリ
ケーションに保存されます。
・ 壁紙に設定する場合は、オプション > 添付リス
ト > 画像ファイルを開く > オプション > 画像使
用 > 壁紙に設定 の順に選択します。
その他の機能
注意:SMS のメッセージセンター、MMS
のアクセスポイント(Mail Connection)
はデフォルトのままご使用ください。
■ SMS 設定
配信レポート受信 ( ネットワークサービス ) - 配信レ
ポートを受信する設定ができます。
メッセージ有効期間 ( ネットワークサービス ) - メール
受信者が有効期間内にメールを受信できない場合、こ
のメールは SMS センターから削除されます。この機
能は、ネットワークでサポートされている必要があり
ます。最長有効期間 は、ネットワークで許可されてい
るメールの最長期間です。
送信メッセージのタイプ - このオプションは、メッセージセン
ターが SMS をその他の形式に変換できることが確実
な場合にのみ変更してください。
注意: 日本国内ではご利用いただけません。
> メール > オプション > 設定 > SMS
メッセージセンター - 設定されている SMS センター
( ショートメッセージサービスセンター ) のリストを表
示します。SMS センターを選択すると、メッセージセンター番
号 が表示されます。メッセージセンター番号 にはデフォルトで
「+819066519300」が設定されています。
使用するメッセージセンター - SMS 配信に使用される SMS セ
ンターを選択します。
文字エンコード - 他の文字エンコードへ変換する場合
に使用します。変換を行わない場合は フルサポート、
可能なときに変換をおこなう場合は 部分サポート を選
択します。
92
優先する接続 - SMS 送信時に優先する接続を選択しま
す。WCDMA または GSM、および パケット接続 を
利用して送信します。(「接続設定」P.205)
注意: ソフトバンクから変更のお知らせがな
いときは、変更しないでください。
同一センター経由で返信 ( ネットワークサービス ) - 同一の
SMS センター番号で返信メールを送信する場合は、
はい を選択します。
注意:ソフトバンクから変更のお知らせがな
いときは、変更しないでください。
> メール > オプション > 設定 > MMS
添付画像サイズ - MMS で利用する静止画サイズを設定
します。オリジナル、小、大 から選択します。オリジ
ナル (MMS 作成モード が 確認メッセージ付き または 制約
なし に設定の場合 ) を選択すると、MMS のサイズが
大きくなります。
MMS 作成モード - 確認メッセージ付き を選択した場合、
受信者側電話機でサポートしていないメッセージ形式
の送信をすると、確認メッセージが表示されます。制
約あり を選択すると、サポート対象外のメールが受信
者へ送信されないようになります。
使用するアクセスポイント - 使用するアクセスポイントを設定
します。
注意:MMS のアクセスポイント(Mail
Connection)はデフォルトのままご使用く
ださい。
MMS 受信 - MMS の受信方法を設定します。
・ 常時自動 を選択すると、契約ネットワーク内外にか
かわらず、常時、パケットデータ接続を使用して
MMS を取得します。
・ 契約ネットワークで自動 を選択すると、契約ネットワーク
内では、MMS を自動的に受信します。契約ネット
ワーク外の場合は、MMS センターに取得できる
MMS が受信されていることを知らせる通知が、お
客様へ送信されます。
・ 手動 を選択すると、MMS が MMS センターに届
いたことを、MMS 通知でお知らせします。
・ 契約ネットワーク外から MMS の送受信をおこな
う場合、通常より料金が加算されることがありま
す。
メール
■ MMS 設定
匿名メッセージ受信許可 - 匿名の送信者からのメールを拒
否する場合、いいえ を選択します。
注意:日本国内ではご利用いただけません。
広告受信 - MMS による広告を受信する設定ができま
す。
注意:日本国内ではご利用いただけません。
配信レポート受信 ( ネットワークサービス ) - 配信レ
ポートを受信する設定ができます。
注意:一般に、E-mail アドレスに送信され
た MMS の配信レポートを受信することは
できません。
配信レポート送信拒否 - 受信済み MMS の配信レポートを
送信しないように設定するには、はい を選択します。
注意:日本国内ではご利用いただけません。
93
メール
メッセージ有効期間 ( ネットワークサービス ) - メール
受信者が有効期間内にメールを受信できない場合、こ
のメールは MMS センターから削除されます。この機
能は、ネットワークでサポートされている必要があり
ます。最長有効期間 は、ネットワークで許可されてい
るメールの最長期間です。
■ サービスメッセージ
選択
■ 情報メッセージ
> メール > オプション > 設定 > 情報メッセージ
> メール > オプション > 設定 > サービスメッ
セージ
トピックとそのトピック番号についてサービスプロバ
イダに確認し、設定を変更します。
サービスメッセージの受信を設定することができます。
自動的にブラウザを起動し、ネットワークに接続して
サービスメッセージのコンテンツを受信する場合は、
メッセージダウンロード > 自動 を選択します。
受信 - 情報メッセージ受信の設定をおこないます。
■ USIM カードに保存されたメールを
表示する
USIM カードに保存されているメッセージを表示する
には、そのメッセージを本機内のフォルダにコピーす
る必要があります。
1
> メール > オプション > SIM に保存された
メール の順に選択
2 表示するメッセージ > オプション > マーク / マー
ク解除 > マーク または すべてをマーク の順に
選択
3 オプション > コピー を選択
94
保存先が表示されます。
4 保存先を選択し、OK を選択
5 保存先のフォルダを開き、表示するメッセージを
言語 - すべて では、すべてのサポート対象言語で情報
メッセージを取得できます。選択 では、情報メッセー
ジを取得する言語を選択できます。希望する言語がな
い場合は、その他 を選択します。
トピック検出 - 自動的に新しいトピック番号を検索し、
名前のない新しい番号がトピックリストに保存されま
す。
■ その他の設定
> メール > オプション > 設定 > その他
送信済みメッセージ保存 - はい を選択すると、送信した
メール (SMS、MMS、E-mail) のコピーを 送信済み
メール フォルダに保存することができます。
使用するメモリ - メモリカードが挿入されている場合、
メールの保存先を 電話機メモリ または メモリカード
から選択することができます。
■ メールで受信できるデータ
本機では、Bluetooth、赤外線通信、SMS などでさま
ざまなデータやメッセージを受信できます。
ビジネスカードを保存する
1 受信したビジネスカードを開く > オプション > ビ
ジネスカード保存 を選択
ビジネスカードに添付された証明書、またはサウン
ドファイルは保存されません。
補足 : 画像ファイルが添付されたビジネス
カードを受信した場合、画像は電話帳に保
存されます。
カレンダーエントリを保存する
1 受信したカレンダーエントリーを開く > オプション
インターネットメッセージを保存する
1 受信したメッセージを開く > オプション > ブック
マークへ追加 を選択
メール
保存メッセージ数 - 送信済みメール フォルダに保存できる
メール数を設定します。デフォルトで設定されている
メール保存数は、20 件です。保存メール数が最大数に
達したら、古いメールから順に削除されます。
メッセージにアクセスポイント設定とブックマーク
の両方が保存されている場合、データを保存するに
は、オプション > すべて保存 を選択します。
リモートメールボックスを利用した
E-mail 送受信
・ メールボックス が設定されていない状態で、メール から
メールボックス を選択すると、メールボックス設定を要
求するメッセージが表示されます。
はい を選択すると、メールボックスウィザードが
起動するので、開始 を選択して設定をおこないま
す。ウィザードで設定できない項目については別途
設定が必要です。「E-mail クライアント設定」
(P.96) を参照してください。
・ 新しいメールボックスを作成すると、メール の
フォルダリストの メールボックス が、作成したメール
ボックスの名前で上書きされます。最大 6 つの
メールボックスを作成できます。
> カレンダーに保存 を選択
95
メール
■ E-mail クライアントについてのご注意
本機には E-mail クライアント機能が搭載されていま
す。本機能をお使いいただくにあたっては次の点にご
注意ください。
E-mail クライアントとは?
E-mail クライアントとは、インターネットサービスプ
ロバイダ等でご契約されているメールボックスを利用
できる機能です。あらかじめ、インターネットサービ
スプロバイダ等でのメールボックス契約が必要です。
ソフトバンクが提供するメールサービス機能とは異な
りますのでご注意ください。
1. E-mail クライアントの設定について
E-mail のアクセスポイントの設定では、
「Application
Connection」、または利用可能な無線 LAN アクセス
ポイントを選択します。
※「Mail Connection」や「Browser Connection」
ではご利用いただけません。( 詳細については「アクセ
スポイントについて」(P.37) を参照してください。)
2. E-mail アドレスについて
E-mail クライアントで送信する場合、お客様がサービ
スプロバイダから取得したメールアドレスが From ア
ドレスとして送信されます。(「送信 E-mail サーバ の
設定」P.98)
メールで 新規メール作成 を選択すると、SMS、MMS、
E-mail のメニューが表示されますが、E-mail を選択
96
すると E-mail クライアントが起動しますのでご注意く
ださい。
ソフトバンクのアドレスで E-mail を送信する場合は、
MMS を選択し送信先の E-mail アドレスを入力してく
ださい。
3. E-mail クライアントの通信料について
X02NK の「E-mail クライアント」(取扱説明書など
には、「リモートメールボックス」または「E-mail」と
記載)は、メール定額、デュアルパケット定額の対象
外となります。詳細についてはソフトバンクのサイト、
http://mb.softbank.jp/mb/ を参照してください。ま
た、「E-mail クライアント」をご利用いただくには、イ
ンターネットサービスプロバイダ等でメールボックス
のご契約が必要です。
4. お問い合わせ
携帯電話における E-mail クライアントの設定、利用に
関するお問い合わせは、ハローノキア (TEL: 0570-066542、メール:http://www.nokia.co.jp/
asknokia) までお問い合わせください。
■ E-mail クライアント設定
お客様が契約されたサービスプロバイダの E-mail 設定
につきましては、ソフトバンクでは責任を負いかねま
す。詳細については、
「E-mail クライアントについての
ご注意」(P.96) を参照してください。
メールボックスを設定する
> メール > オプション > 設定 > E-mail >
1
メールボックス の順に選択
・ 受信設定
・ 自動受信
接続設定
受信 E-mail サーバ の設定
・ ユーザ名 - サービスプロバイダから取得したユーザ
名を入力します。
・ パスワード - パスワードを入力します。この項目を
・ すでにメールボックスを設定している場合は、
使用するメールボックス で E-mail の送受信に使用する
メールボックスを選択します。
・ 別のメールボックスを追加する場合は、メール
ボックス > オプション > 新規メールボックス を
選択します。
・ メールボックスを削除する場合は、削除するメー
ルボックスを選択し、オプション > 削除 の順に
選択します。
・
・
・
2 メールボックス をはじめて設定するときは、メール
ボックス設定を要求するメッセージが表示 >
はい を選択
3 メールボックスウィザードが起動 > 開始 を選択
メールボックスウィザードで設定できない項目は、
別途設定が必要です。メールボックスには、次の設
定が必要です。
・ 接続設定
・ ユーザ設定
メール
E-mail のアクセスポイントの設定をするには、サービ
スプロバイダの指示に従ってください。詳細について
は後述の「メールボックスを設定する」を参照してく
ださい。赤色のアスタリスクが表示されている項目は
すべて入力が必要です。
・
空白にしておくと、リモートメールボックスへの接
続がおこなわれるたびにパスワードの入力を要求さ
れます。
受信メールサーバ - 受信メールサーバの IP アドレ
スまたはホスト名を入力します。
使用するアクセスポイント - インターネットアクセスポイ
ント (IAP) を設定します。「Application
Connection」、または利用可能な無線 LAN アク
セスポイントを選択します。
メールボックス名 - 任意のメールボックス名を入力
します。
メールボックスタイプ - リモートメールボックスのサービス
プロバイダが推奨するメールボックスタイプを
POP3 または IMAP4 から選択します。これは
メールボックスの新規作成時のみ設定できます。
いったん、設定を保存または終了すると、再度変更
することはできません。POP3 を選択した場合、
接続中に E-mail が自動更新されることはありませ
ん。 新着 E-mail を受信する場合は、いったん、接
97
メール
続を切断してから、リモートメールボックスに再接
続する必要があります。
・ セキュリティ ( ポート ) - リモートメールボックスへの接続を
保護することができます。
・ ポート - ポートを設定します。
・ APOP 安全ログイン (POP3 の場合 ) - リモート
メールボックスへの接続時にサーバへ送信するパス
ワードを暗号化します。
送信 E-mail サーバ の設定
・ 自分の E-mail アドレス - サービスプロバイダから取得
した E-mail アドレスを入力します。相手からの返
信メールは、このアドレスに送信されます。
・ 送信メールサーバ - 送信メールサーバの IP アドレ
スまたはホスト名を入力します。詳細については、
ご契約されているサービスプロバイダにお問い合わ
せください。
・ 使用するアクセスポイント - インターネットアクセスポイ
ント (IAP) を設定します。「Application
Connection」、または利用可能な無線 LAN アク
セスポイントを選択します。
・ ユーザ名、パスワード、セキュリティ ( ポート )、ポート の設
定は、「受信 E-mail サーバ の設定」(P.97) を参照
してください。
ユーザ設定
自分の名前 - お客様の名前を入力します。設定してお
くと、入力した名前が E-mail アドレスの代わりに、
E-mail 受信者の電話機に表示されます。E-mail 受信者
98
の電話機がこの機能をサポートしている必要がありま
す。
メッセージ送信 - E-mail の送信方法を設定します。直
ちに送信 を選択すると、送信 を選択した場合、E-mail
は直ちに送信されます。次回接続時 を選択すると、Email は次回リモートメールボックスへ接続された場合
に送信されます。
自分にコピー送信 - はい を選択すると、リモートメー
ルボックスと自分の E-mail アドレス で指定されたアドレ
スに、E-mail のコピーを保存します。
署名添付 - E-mail に署名を設定することができます。
新着 E-mail の通知 - 新着 E-mail 受信時に、本機に
メッセージやアイコンを表示し、通知音を鳴らします。
受信設定
受信する E-mail - E-mail の受信方法を設定します。
ヘッダーのみ、サイズ制限、メッセージと添付ファイル のいず
れかを選択します (POP3 の場合 )。IMAP4 の場合は、
ヘッダーのみ だけ選択できます。
受信件数 - 受信する E-mail 数を設定します。
IMAP4 フォルダパス (IMAP4 の場合 ) - フォルダパス
を設定します。
フォルダ登録 (IMAP4 の場合 ) - リモートメールボック
ス内の他のフォルダを登録し、コンテンツを受信でき
るよう設定します。
E-mail 通知 - 新着 E-mail があった場合に、本機に通
知が送信されます。サービスプロバイダがサポートし
ている場合に限ります。
E-mail 受信 - 新着 E-mail のヘッダーを自動的に受信
します。E-mail を受信するタイミングと頻度を設定し
ます。
・ E-mail 受信 を 無効 以外に設定した場合、メール
ボックス名の右側に
が表示され、メッセージが
自動的に取得されます。
E-mail 通知 と E-mail 受信 を同時に有効にすること
はできません。
自動受信を有効にすると、通信費が高くなる場合があ
ります。
■ メールボックスに接続する
すでに取得している E-mail とヘッダーをオフラインで
表示するか、または E-mail サーバに接続するかを選択
できます。
1 メールボックスを選択し、
を押す
メッセージが表示されます。
2 はい を選択
・ リモートメールボックスに接続し、新着 E-mail
インで表示する場合、データ接続により、リモー
トメールボックスに継続的に接続されます。
・ メールボックスに接続中
は、フォルダリストのメー
ルボックス名に
が表
示されます。
・ E-mail 受信 を 無効 以外
に設定した場合、フォルダ
リストのメールボックス名
に
が表示されます。(
「自動受信」P.99)
・ 設定によっては、通信費が
高くなる場合があります。
・ 手順2で いいえ を選択した場合は、すでに取得
した E-mail をオフラインで表示します。E-mail
をオフラインで表示する場合、本機はリモート
メールボックスに接続されません。
メール
自動受信
■ E-mail を取得する
重要:E-mail には、ウィルスが含まれてい
ることがあります。ウィルスが含まれてい
る場合、本機または他の PC で障害が発生
する可能性があります。信頼のおける送信
者かどうかわからない場合、添付ファイル
を開かないでください。
のヘッダーと本文を取得します。メールをオンラ
99
メール
アイコン
・ 未取得の E-mail をオフラインで選択した場合、
・
・
・
・
・
・
・
E-mail を取得するかどうかメッセージが表示さ
れます。
・ E-mail に添付されたファイルを表示する場合は、
オプション > 添付ファイル を選択します。添付
ファイルのアイコンがグレー表示で、添付ファイ
ルがまだ取得されていない場合は、オプション >
受信 を選択します。
- 新着 E-mail( オンライン / オフライン )
- 取得済み新着 E-mail
- 取得されていない既読 E-mail
- 既読 E-mail
- メッセージ本文が本機から削除済みの E-mail
- 添付ファイルのある E-mail
- 新着 E-mail。E-mail クライアントに新着メー
ルがある場合、画面右上に表示されます。
1 メールボックスを開く > オプション > E-mail 受
信 を選択
・ 新着 - すべての新着 E-mail を取得します。
・ 選択したメッセージ - マークした E-mail のみ取
得します。
・ すべて - メールボックス
からすべての E-mail を取
得します。
取得を停止する場合は、
キャンセル を選択します。
2 オプション > 切断 を選択
E-mail 取得後、オフライン
で表示します。オンライン
にしたまま表示することも
できます。
3 E-mail を選択し、
を押す
■ E-mail を削除する
E-mail を削除するには、本機から削除する方法と、本
機とサーバから削除する方法があります。
本機から削除する
1 メールボックスを開く > オプション > 削除 > 電話
機のみ の順に選択
・ 本機内の E-mail のヘッダーは、リモートメール
ボックス内と同じ状態を保つようになっていま
す。メッセージ本文を削除しても、ヘッダーは本
機に残ります。
・ ヘッダーも削除する場合は、まずリモートメール
ボックスから E-mail を削除し、次に本機からリ
モートメールボックスに再度接続して、ステータ
スを更新する必要があります。
本機とサーバから削除する
1 メールボックスを開く > オプション > 削除 >
電話機とサーバ の順に選択
100
されます。リモートメールボックス内の E-mail
は、次回、リモートメールボックスへ接続したと
きに自動的に削除されます。
・ POP3 プロトコルを使用している場合、削除
マーク
の付いた E-mail は、リモートメール
ボックスへの接続を終了したあとに削除されま
す。
メール
・ オフラインの場合、E-mail はまず本機から削除
E-mail の削除を中止する
1 「 」の E-mail を選択
次回接続時に削除される E-mail に表示されるアイ
コンです。
2 オプション > 削除取消し を選択
■ メールボックスとの接続を終了する
1 オプション > 切断 を選択
オンラインの場合、リモートメールボックスへの
データ接続を終了します。
101
インターネット
インターネット
インターネットについて
インターネットを使用す
ることにより、PC 用のサ
イトを快適に見ることが
でき、より多くの情報を
入手することが可能にな
ります。高速画面スク
ロールに加え、ナビゲー
ションキーを長く押すと
ページ全体を縮小表示し
た半透明のマップが現れ
るため(ミニマップ機
能)、情報量の多い PC サ
イトでも自分がどこを見
ているのかが一目で分かります。
インターネット(ネットワークサービス)を利用して、
HTML (Hypertext Markup Language) で作成さ
れた PC 用のウェブページを見ることができます。
また XHTML (Extensible Hypertext Markup
Language)、または WML (Wireless Markup
Language) で作成された携帯電話用のウェブページ
も見ることができます。
本ブラウザは Yahoo! ケータイサイトには対応して
おりません。
102
本ブラウザご使用の際には、アクセスポイントに
「Application Connection」をご使用ください。お
買い上げ時にはデフォルトで「Application
Connection」がアクセスポイントとして設定されて
います。(「アクセスポイントについて」P.37)
Application Connection の内容・料金については
ソフトバンクモバイル株式会社にご確認の上、ご使用
ください。
インターネットにアクセスする
■ メニューからアクセスする
1
> インターネット を選択
サーバへ接続する確認メッセージが表示されます。
2 はい を選択
ホームページ に設定されているサイトが開きま
す。(「ホームページ」P.108)
・
または
を押して、表示している
ウェブページのズームイン / ズームアウトをす
ることができます。
3 ブラウザを閉じるには、オプション > 終了 を
選択
1
> インターネット を選択
2 オプション > URL を開く を選択
・ ブックマーク画面で URL を入力してアクセス
するには、オプション > ナビゲーション >
URL を開く の順に選択します。
3 アドレスフィールドに URL を入力し、開く を
選択
4 ブラウザを閉じるには、オプション > 終了 を
選択
情報画面での操作のしかた
> インターネット > ウェブページを表示
重要 : 悪質なソフトウェアに対し適切なセキュ
リティ対策が提供されている、信頼できるサー
ビスのみ使用するようにしてください。
■ 基本操作
ブラウズ中に前のページに移動する
1 戻る を選択
・ オプション > 設定 > 一般 > 履歴リスト を
オン に設定している場合、オプション > ナビ
ゲーション > 履歴 の順に選択し、ブラウズ中に
ブラウザを閉じる
1 オプション > 終了 を選択
オフラインでページをみる
1 オプション > ツール > 切断 の順に選択
インターネット
アクセスしたページのリストを表示して、選択
することもできます。
・ 履歴リストは、インターネットを終了するたび
にクリアされます。
■ URL を入力してアクセスする
操作コマンドのサブリストを開く
現在開いているウェブページで利用できる操作コマ
ンドのサブリストを開くには、オプション > サービ
スオプション を選択します。ウェブページが対応し
ている場合のみ、サービスオプション が表示されま
す。
■ ショートカット
・
・
・
・
・
- ウィンドウを閉じます。2つ以上のウィンド
ウが開いている場合は、現在開いているウィンド
ウを閉じます。
- ブックマークを開きます。
- 現在開いているページ内のテキストを検
索します。
- 前ページに戻ります。
- 2つ以上のウィンドウが開いている場合
に、ウィンドウのリストを表示します。
103
インターネット
- ページ全体を表示します。ページ上を移
1 オプション > ズーム > 50%、75%、100%、
動して見たい情報にズームインするには、もう1
または 125% の順に選択
度
を押します。
・
または
を押して、ズームイン /
・
- URL を入力して他のウェブページに移動
ズームアウトすることもできます。
します。
■ ページ概要
・
- 最初のページに戻ります。戻る を選択し
てページを選択することもできます。
ページ概要 を利用して、情報量の多いウェブページ
・ ズームイン / ズームアウト - ページのズームイン、
上をブラウズ中に、そのページにどのような情報が含
ズームアウトは
、または
を押します。
まれているかを見ることができます。
補足: インターネットにアクセスしたまま、
1 オプション > ナビゲーション > ページ概要 の順
待受画面に戻るには、 を 2 回押します。
に選択
を押しても待受画面に戻ることができま
ページ全体が縮小表示されます。
す。インターネット に戻るには、 を長く押して、
・ ブラウズ中に
を押して、ページ概要を見
アプリケーションのリストから インターネット を
ることもできます。
選択します。
・ ページ概要上を移動するにはナビゲーション
■ ポップアップを許可する
キー
、 、 、 を使用します。表示し
たい情報にズームインするには、
を押しま
ポップアップウィンドウが自動的に開くように設定
す。
することができます。
・
1 オプション > 設定 > ページ > ポップアップブ
ロック > いいえ の順に選択
・ オプション > ウィンドウ > ポップアップ許可
を選択しても設定することができます。
■ ズーム
表示しているウェブページのズームイン、ズームア
ウトができます。
104
■ 画面表示を切り替える
画面表示をランドスケープモード ( 横長表示 )、また
はポートレートモード ( 縦長表示 ) に切り替えます。
1 オプション > 画面切り替え を選択
文字の表示サイズを設定する
1 オプション > 設定 > ページ > フォントサイズ の
順に選択
2 設定するフォントサイズを選択
3 表示する詳細情報を選択し、 を押す
・ セッション - セッションの詳細を表示します。
・ セキュリティ - 接続のセキュリティを表示しま
す。
URL を表示する
表示しているウェブページの URL を表示します。
文字タイプを変更する
1 オプション > ツール > ページ情報 を選択
画面の文字が正しく表示されないときに、エンコード
を変更して再表示することができます。
ページの履歴を表示する
1 オプション > 設定 > ページ > デフォルトエン
コード の順に選択
2 リストから設定するエンコードを選択
・ ウェブページで選択したエンコードを有効にす
るには、オプション > ナビゲーション >
再読み込み を選択する必要があります。
最新の情報に更新 / 再取得する
1 オプション > ナビゲーション > 再読み込み
の順に選択
接続の詳細を表示する
現在のセッションの詳細を表示します。
1 オプション > ブックマーク を選択
ブックマーク画面が表示されます。
2 オプション > 詳細 を選択
インターネット
■ 情報表示中の各種設定
現在のセッションでアクセスしたページの履歴を見
ることができます。
1 オプション > ナビゲーション > 履歴 の順に選択
ページの履歴を削除する
現在のセッションでアクセスしたページの履歴と自
動ブックマークを削除することができます。
1 オプション > プライバシーデータ削除 > 履歴 の順に
選択
削除を確認するメッセージが表示されます。
2 はい を選択
完了メッセージが表示されます。
■ 履歴リストの設定
前ページに戻ったときに自動的に履歴リストが表示
されるように設定します。
105
インターネット
1 オプション > 設定 > 一般 > 履歴リスト > オ
ン の順に選択
■ 検索
表示したページ内のテキストや電話番号、E-mail ア
ドレスを検索することができます。
1 オプション > 検索 > 文字、電話番号、または
E-mail アドレス の順に選択
・ 文字 を選択した場合、検索するテキストを入力
します。
・ 次の検索結果に移動するには、
を押します。
前の検索結果に戻るには
を押します。
・ 現在開いているページ内のテキストを検索する
には
を押します。
■ URL を送信する
ブラウズ中のページの URL を送信することができま
す。
1 オプション > ツール > 送信 を選択
■ 接続を変更する
使用するアクセスポイントを変更することができま
す。
1 オプション > ツール > 接続変更 を選択
・ パケットデータアクセスポイント間で接続を変
更するには、オプション > 設定 > 一般 > アク
106
セスポイント > 常に確認 に設定してから、ブラ
ウザをいったん終了して再度起動しなおすか、
接続を切断して再度接続します。
■ ブラウザツールバー
ツールバーを使用して、ブラウザでよく使用する機能
を選択することができます。
1 オプション > ツール > ツールバー表示 を選択
・ ウェブページ上の何も表示されていない場所で
を長く押しても、ツールバーを表示させる
ことができます。
・ ツールバー上を移動するには、 、または
を押します。機能を選択するには、 を押
します。
次のオプションが選択できます。
・ よく使用するリンク - よく利用するウェブページ
の URL リストを表示します。
・ ページ概要 - ページ全体を表示します。
・ 再読み込み - ページを再読み込みします。
・ 検索 - 現在開いているページ内のテキストを検索
します。
・ Web フィードに登録 ( 利用可能な場合に表示 ) 現在開いているページで利用可能な Web フィー
ドのリストを表示し、Web フィードへの登録をお
こないます。
情報量の多いウェブページ上で情報を検索したり、参
照したりするのに ミニマップ を利用することができ
ます。ミニマップ を使って見たいページに移動するこ
とができます。
ウェブページ上をスクロールすると、ブラウズ中の
ウェブページ全体が自動的にズームアウトされて縮小
表示されます。
縮小したページ上を移動するにはナビゲーションキー
、 、 、 を使用します。表示したい情報が
見つかったら、スクロールを終了します。
ミニマップ の設定を切り替えるには、オプション >
設定 > 一般 > ミニマップ > オン または、オフ の順
に選択します。
情報の利用
> インターネット > ウェブページを表示
■ ブックマーク
よく利用するウェブページの URL をブックマークに
登録しておくと、簡単な操作でアクセスできます。
ノキアと関連のないサイトへのブックマークが設定さ
れている場合があります。ノキアはこれらのサイトに
対する保証や承認はおこなっておりません。これらの
サイトにアクセスする場合は、セキュリティやコン
テンツについて、他のインターネットサイトの場合
と同様の注意を払ってください。
アイコン
- ホームページ(デフォルトアクセスポイント名
が表示されます)
ウェブページを表示中にブックマーク画面を開
く
1 オプション > ブックマーク を選択
・
を押してもブックマーク画面を開くこと
インターネット
■ ミニマップ
ができます。
・ 自動ブックマーク フォルダには、ブラウズした
ウェブページの履歴が保存されます。
・ 保存ページ フォルダに保存されたウェブページ
を、オフラインで見ることができます。(「ペー
ジ保存」P.110)
・ Web フィード フォルダには、登録した Web
フィードやブログへのリンクが保存されます。
Web フィードは通常、主要な報道機関のウェ
ブページや個人のウェブログ、最新ニュースの
ヘッドラインや記事の要約を提供するオンライ
ンコミュニティなどで見ることができます。
Web フィードは RSS や ATOM 技術を使用し
ています。
ウェブページからブックマークを保存する
1 ウェブページを表示
107
インターネット
2 オプション > ブックマークとして保存 を選択
・ ウェブページからブックマーク画面へ移動する
場合は、
を押します。ウェブページへ戻
る場合は、オプション > ブラウザに戻る を選
択します。
3 ブックマーク名を入力し、OK を選択
ブックマーク画面からブックマークを保存する
1 ブックマーク画面を表示
2 オプション > ブックマーク管理 > ブックマーク
追加 の順に選択
3 各項目を入力
URL は、必須項目です。
を押して、/ . : およ
び @ などの特殊文字を入力します。文字を削除
するには、 を押します。
4 オプション > 保存 を選択
ブックマークから接続する
1 ブックマークを選択し、 を押す
・ サーバに接続する必要がある場合は、接続しま
す。
ブックマークを送信する
1 送信するブックマークを選択
2 オプション > ツール > 送信 > 送信方法を選択
108
ブックマークを削除する
1 削除するブックマークを選択
2 オプション > ブックマーク管理 > 削除 の順に
選択
登録内容を編集する
1 編集するブックマークを選択
2 オプション > ブックマーク管理 > 編集 の順に
選択
名前、アドレス、アクセスポイント、ユーザ名、
パスワード を変更することができます。
■ ホームページ
ホームページを設定します。
1 オプション > 設定 > 一般 > ホームページ の順に
選択
2 デフォルト、ユーザ定義、現在のページ、ブック
マーク から選択
■ アイテムをダウンロードして購入する
着信音、静止画、テーマ、ビデオクリップなどのアイ
テムをダウンロードできます。これらのアイテムに
は、無料と有料のものがあります。ダウンロードした
各種アイテムは、本機のそれぞれ対応するアプリケー
ションに保存されます。例えば、写真や .mp3 ファイ
ルをダウンロードすると、ギャラリー に保存されます。
1 リンクを選択し、 を押す
2「購入」などの該当するオプションを選択
3 表示事項を注意深く読む
・ ダウンロードをキャンセルする場合は、キャン
セル を選択します。
・ ダウンロードが始まると、現在のセッションで
ダウンロード中のアイテムと、ダウンロードが
完了したアイテムのリストが表示されます。オ
プション > ダウンロード を選択してリストを見
ることもできます。リストからは、ダウンロー
ドをキャンセルしたり、ダウンロードが完了し
たアイテムを保存、削除、開くことができます。
■ 画像ファイルの利用
ギャラリーに保存する
1 ウェブページを表示
2 オプション > ツール > 画像表示 の順に選択
ウェブページ上にある画像のサムネイル画像が表
示されます。
3 画像を選択し、OK を選択
選択した画面が表示されます。
4 オプション > 保存 を選択
・ メモリカードが挿入されている場合、保存先を
選択するメッセージが表示されます。
・ 画像は ギャラリー に保存されます。
壁紙に登録する
1 ウェブページを表示
2 オプション > ツール > 画像表示 の順に選択
インターネット
重要:信頼できる提供元からのアプリケーショ
ンおよびソフトウェア ( 例 : Symbian Signed
の認証を受けている、あるいは Java Verified
テストをパスしたアプリケーションなど ) のみ
をインストールし、使用してください。
ウェブページ上にある画像のサムネイル画像が表
示されます。
3 OK を選択
選択した画像が表示されます。
4 オプション > 画像使用 > 壁紙に設定 の順に選択
■ サウンドファイルの利用
サウンドを再生する
詳細については、
「音楽ファイルを再生する」
(P.146) を参照してください。
ギャラリーに保存する
1 ウェブページを表示
2 ウェブページに表示されるダウンロードの手順に
従って操作
サウンドファイルは、ギャラリー に保存されます。
109
インターネット
■ ページ保存
よく利用するウェブページを保存しておくと、あと
でインターネットに接続しなくてもオフラインで見
ることができます。
重要 : 悪質なソフトウェアに対し適切なセキュ
リティ対策が提供されている、信頼できるサー
ビスのみ使用するようにしてください。
1 保存するウェブページを表示
2 オプション > ツール > ページ保存 の順に選択
3 ページ名を入力または確認し、OK を選択
Web フィード はウェブページ上の xml ファイルで、
例えばブログのコミュニティや報道機関で、最近の
ニュースなど、最新のエントリの見出しや全文を共有
するのに広く使用されています。ブログやウェブログ
はウェブ上にある日記です。Web フィードの多くは
RSS や ATOM 技術を使用しています。ウェブ、ブ
ログや Wiki ページでは Web フィードがよく見られ
ます。
・ ブックマークを開き、保存ページ フォルダを選択
すると、オフラインで保存したページを見ること
ができます。
その他の機能
> インターネット
■ 画像や音声の取得設定
ウェブページに含まれる画像や音声を表示せずに文
字情報のみを取得するように設定し、ページ情報の
受信完了までの時間を短縮することができます。
1 オプション > 設定 > ページ > コンテンツ表示 の
順に選択
2 テキストのみ、画像 (Flash 以外 )、すべて から
選択
110
■ Web フィードとブログ
ウェブページ上に Web フィードが含まれている場
合、インターネット は自動的に検出します。ウェブページで
Web フィードに申し込むには オプション > 登録 を
選択するか、リンクを選択します。ブックマーク画面
で申し込んだ Web フィードを表示するには、Web
フィード を選択します。
Web フィードを更新するには、オプション > 更新 を
選択します。
Web フィードの更新については、オプション > 設定
> Web フィード で設定することができます。
(「Web フィード設定」P.111)
オプション > 設定
次の設定をおこないます。
・
・
・
・
一般
ページ
プライバシー
Web フィード
一般設定
アクセスポイント - デフォルトアクセスポイントを設
定します。「接続設定」(P.205) を参照してくださ
い。
ホームページ -「ホームページ」(P.108)
ミニマップ -「ミニマップ」(P.107)
履歴リスト -「履歴リストの設定」(P.105)
セキュリティ警告 -「警告画面を表示する」(P.112)
Java/ECMA スクリプト - スクリプトの使用を設定
します。
ページ設定
コンテンツ表示 -「画像や音声の取得設定」(P.110)
画面サイズ - ブラウズ中に表示される画面のサイズを
標準画面表示 または 全画面表示 から設定します。
デフォルトエンコード -「文字タイプを変更する」
(P.105)
ポップアップブロック -「ポップアップを許可する」
(P.104)
自動再読み込み - ウェブページを表示中に、自動的に
ページの更新をおこなうには オン を選択します。
フォントサイズ -「文字の表示サイズを設定する」
(P.105)
インターネット
■ インターネット設定
プライバシー設定
自動ブックマーク保存 - 自動的にブックマークを蓄積しな
い場合は オフ を選択します。自動的にブックマーク
を蓄積し、ブックマーク表示にはフォルダを表示し
ない場合は、フォルダ表示なし を選択します。
フォームデータ保存 - ウェブページ上で入力したデー
タを保存して、次回そのページを開いた時に保存し
たデータを使用することができます。
クッキー - クッキーの送受信を設定します。
シリアル番号送信 - インターネットサービスから要求
されたときに、ユーザ識別情報として本機のシリア
ル番号を送信するには、オン を選択します。
Web フィード設定
自動更新 - Web フィードを自動的に更新するかどう
かを設定します。自動更新する場合は更新する頻度
を設定します。自動更新するように設定した場合、
111
インターネット
サービスプロバイダのネットワークを介して大量の
データ送信がおこなわれますのでご注意ください。
2 セキュリティ警告を表示する場合は 表示 を選択、
キャッシュをクリアする
ユーザ ID を通知する
アクセスした情報やサービスは、本機のキャッシュ
メモリに保存されます。
キャッシュとは、データを一時的に保存するために
使用する場所です。パスワードを必要とする機密情
報にアクセスを試みたり、実際にアクセスしたりし
た場合は、そのたびにキャッシュをクリアしてくだ
さい。アクセスした情報やサービスは、本機の
キャッシュメモリに保存されています。
1 オプション > プライバシーデータ削除 > キャッシュを
クリア の順に選択
完了メッセージが表示されます。
クッキーを削除する
1 オプション > プライバシーデータ削除 > クッキー削除
の順に選択
完了メッセージが表示されます。
■ セキュリティの設定
警告画面を表示する
1 オプション > 設定 > 一般 > セキュリティ警告
の順に選択
112
表示しない場合は 非表示 を選択
「プライバシー設定 - シリアル番号送信」
(P.111) を
参照してください。
SSL/TLS 証明書を確認する
接続中にセキュリティマーク
が表示されると、本
機とインターネットゲートウェイまたはサーバ間の
データ送受信は暗号化されます。
セキュリティアイコンは、ゲートウェイとコンテンツ
サーバ ( 要求されたリソースが保存される場所 ) 間の
データの送受信が安全であることを示すものではあり
ません。ゲートウェイとコンテンツサーバ間のデータ
送受信を保証するのは、サービスプロバイダです。
セキュリティ機能は、銀行業務などの一部のサービス
で必須です。このような接続にはセキュリティ証明書
が必要です。サーバ ID が認証されない場合や、本機
に正しいセキュリティ証明書がない場合はメッセージ
が表示されます。詳細についてはサービスプロバイダ
にお問い合わせください。(「証明書管理」P.176)
カメラをご利用になる前に
本機には、2種類のカメラが搭載されています。背面
にあるメインカメラは、高解像度カメラです。前面に
ある第2カメラは低解像度カメラです。カメラでは、
静止画とビデオの撮影が可能です。
・ メインカメラ - ランドスケープモード ( 横長表示 )
本機背面のカメラレンズカバーを開き、メインカ
メラを起動します。
・ 第2カメラ - ポートレートモード(縦長表示)
本機背面のカメラレンズカバーを閉じた状態で、
> アプリ > カメラ を選択し、第 2 カメラを
起動します。
本機の背面にあるメインカメラの解像度は最大
2592x1944 ピクセルです。ただし、本書にある画
像の解像度は、撮影状況により異なる場合がありま
す。
カメラで撮影した静止画やビデオは、自動的に
ギャラリー の 画像とビデオ フォルダに保存されます。
(「ギャラリー」P.130)
補足 : カメラ起動中に ギャラリー に保存した静
止画やビデオを確認するには、本機側面のレ
ビューキー
を押します。
静止画は .jpeg ファイル形式、ビデオクリップは
MPEG-4 ファイル形式 ( 拡張子 .mp4) や、3GPP
ファイル形式 ( 拡張子 .3gp)( 共有モード用 ) に変換
されます。(「ビデオ設定」P.127)
カメラ
カメラ
撮影した静止画やビデオを MMS や E-mail に添付し
たり、Bluetooth 接続や赤外線通信、無線 LAN 通
信を利用して送信したり、互換性のあるオンラインア
ルバムにアップロードすることもできます。「オンラ
インでファイルを共有する」(P.139)
撮影した静止画を電話帳に登録することができます。
(「画像を電話帳へ登録する」P.132)
■ カメラ利用時のご注意
・ 本機を両手で持ち、機体がぶれないようにして撮
影してください。
・ 撮影環境に適したシーンモードを選んで、撮影し
てください。(「シーンモード」P.123)
・ 撮影後、静止画が保存されるまで本機を動かさな
いでください。
・ 画像を拡大すると、元の画像よりも画質が落ちま
す。
・ 本機ではどのキーも押さずに 約 1 分経過すると、
省電力モードに入ります。撮影を続行するには、
を押します。
113
カメラ
■ ディスプレイ表示について
ビューファインダーのアイコンを非表示にする
ビューファインダーのアイコンを非表示にすること
ができます。
1 オプション > アイコン非表示 の順に選択
画面左上のアイコンのみが表示されます。
静止画アイコン
画面に静止画を表示すると、各所に次のアイコンが
表示されます。
・ ①は静止画モードであることを示しています。
・ 静止画を撮影
する前に、ア
クティブ ツー
ルバー ②をス
クロールして
各種設定がで
きます。
(「アクティブ
ツールバーで
利用できる機
能」P.115)
補足: アクティブツールバーは、焦点を
合わせる時や静止画の撮影中には表示さ
れません。(「カメラのアクティブツール
バー」P.115)
114
・ ③は電池の残量を示しています。
・ 画像解像度アイコン④は、画質を示します。
印刷 5M −大 ( 解像度 2592x1944)
印刷 3M −中 ( 解像度 2048x1536)
印刷 2M −中 ( 解像度 1600x1200)
E-mail 0.8M −中 ( 解像度 1024x768)
MMS 0.3M −小 ( 解像度 640x480)
これらの画質はメインカメラ使用時のみ選択でき
ます。
・ ⑤は現在設定されている画質で、現在使用中のメ
モリに保存できるおおよその画像数を示します。
このアイコンは、焦点を合わせる時や撮影中には
表示されません。
・ 電話機メモリ ( ) またはメモリカード ( ) アイ
コン⑥は、静止画の保存先を示します。
ビデオアイコン
画面にビデオを表示すると、各所に次のアイコンが表
示されます。
・ ①はビデオモー
ドであることを
示します。
・ ②は 手ブレ補正
が オン に設定
されていること
を示します。ビ
■ カメラのアクティブツールバー
メインカメラでは静止画の
撮影やビデオの録画の前後
に、アクティブツールバー
を使用して設定項目の選択
や設定の変更をすることが
できます。アクティブツー
ルバーをスクロールして設
定項目を選択し、
を押
します。利用できる設定項
目はシーンモードや状況に
よって異なります。またアクティブツールバーの表
示 / 非表示を設定することができます。
カメラ
デオ録画中の手振れを低減します。
・ マイクアイコン③は、音声がない状態で録画され
ていることを示します。
・ ビデオを録画する前にアクティブ ツールバー④を
スクロールして、シーンモード、ホワイトバラン
ス、色合いの設定ができます。アクティブ ツール
バーは焦点を合わせたり、ビデオの録画中には表
示されません。(「カメラのアクティブツール
バー」P.115)
・ ⑤は電池の残量を示しています。
・ ⑥はビデオクリップの画質が TV 高品質、TV 標準
品質、E-mail 高品質、E-mail 標準品質、および
共有品質 のどれであるかを示します。
・ ⑦はビデオクリップのファイル形式を示します。
・ ビデオ録画時間アイコン⑧は、ビデオの録画可能
時間を示します。録画可能時間は、撮影状況や被
写体によって録画中に増減します。
・ 電話機メモリ ( ) またはメモリカード ( ) アイ
コン⑨は、ビデオの保存先を示します。
アクティブツールバーを必要な時のみ表示させる
1 オプション > アイコン非表示 を選択
アクティブ ツールバーを有効にするには、 を押
します。
アクティブツールバーを常時表示させる
1 オプション > アイコン表示 を選択
アクティブツールバーで利用できる機能
静止画の撮影やビデオの録画前に、アクティブ ツー
ルバーで次のオプションを選択できます。
115
カメラ
ビデオモードと静止画モードの切り替えをお
こないます。
シーンモードを設定します。
静止画の撮影
フラッシュを設定します。( 静止画モードのみ
有効 )
■ 静止画を撮影する
セルフタイマーを有効にします。( 静止画モー
ドのみ有効 ) (「セルフタイマー」P.119)
1 背面にあるカメラレンズカバーを開き、メインカ
連写モードを有効にします。( 静止画モードの
み有効 )(「連写モード」P.118)
・ カメラがビデオモードになっている場合は、ア
色合いを選択します。
ビューファインダーグリッドの表示 / 非表示
を設定します。
(静止画モードのみ有効)
ホワイトバランスを調整します。
露出補正を調整します。
(静止画モードのみ
有効)
シャープネスを調整します。
(静止画モード
のみ有効)
コントラストを調整します。
(静止画モード
のみ有効)
受光感度を調整します。
(静止画モードのみ
有効)
設定を変更すると表示されるアイコンも変わります。
116
「静止画撮影で利用できる機能」(P.117)、「動画撮影
で利用できる機能」(P.120)、
「ギャラリーのアク
ティブツールバー」(P.131) を参照してください。
メラを有効にする
クティブ ツールバーで
を選択するか、オプ
ション > 静止画モード を選択し、静止画モード
にします。
2 ビューファインダーに被写体を表示して、
を軽く押し、焦点(ピント)をロックする
緑色のインジケータ
(
) が表示されます。
・ メインカメラ使用時の
み焦点をロックするこ
とができます。シーン
モードで 風景 や
スポーツ を選択した場
合は焦点をロックする
ことができません。
・ 焦点が合っていない場
合は、赤色のインジケータ (
) が表示されま
3
を押し切る
シャッター音がし、静止画が撮影されます。
4 メインカメラを閉じるには、背面にあるカメラレ
ンズカバーを閉じる
補足: 撮影後、静止画が保存されるまで本機
を動かさないでください。
静止画を撮影する前に、アクティブ ツールバーで明
るさや色合いなどを設定することができます。「アク
ティブツールバーの詳細設定」(P.122) を参照して
ください。
ズームや明るさ、色合いの設定を変更すると、撮影し
た静止画の保存に時間がかかる場合があります。
第2カメラを有効にするには オプション > 第 2 カメ
ラ使用 を選択します。
カメラを起動したままで他のアプリケーションを使
用するには、 を押します。カメラに戻るには
を長く押します。
カメラ
す。その場合、
からいったん指を離し、
もう一度軽く押すと焦点をロックすることがで
きます。
・ 焦点をロックしなくても、静止画を撮影するこ
とができます。
・ ズームインするには本機側面にあるズームキー
を、ズームアウトをするには
を押しま
す。
「各部の名称」(P.28) を参照してください。
または
を押してもズームイン / ズーム
アウトすることができます。
■ 静止画撮影で利用できる機能
撮影後、ビューファインダーに表示されている静止
画に対して、アクティブツールバーで次の操作をす
ることができます。
カメラの設定にある、撮影後の静止画確認 を オフ に
している場合は、撮影直後に画像がビューファイン
ダーに表示されません。
撮影した静止画を削除する
撮影した静止画を保存しない場合、
1 アクティブ ツールバーから
または
( 削除 ) を選択、
を押す
削除を確認するメッセージが表示されます。
2 はい を選択
新規に静止画を撮影する
を押すか、戻る を選択してビューファイン
1
ダーに戻り、
を押す
撮影した静止画を送信する
1 アクティブ ツールバーから
または
( 送信 ) を選択、
(開始キー)を押す
117
カメラ
詳細については、
「撮影した静止画 / ビデオを送
信する」(P.128) を参照してください。
通話中に静止画を通話相手に送信する
通話中に通話相手に画像を送ることができます。画
像は MMS で送信されます。
1 ビューファインダーに静止画を表示 > アクティブ
ツールバーから
択
( 通話相手に送信 ) の順に選
撮影した静止画をシェアオンラインで投稿する
1 アクティブツールバーから ( シェアオンライン
にサインイン ) を選択
・ すでにオンラインサービスに登録済みの場合
は、アクティブツールバーから
( 投稿先 :
サービス名 ) を選択します。互換性のあるウェ
ブログサービスのアカウントを作成している場
合にのみ有効です。(「シェアオンライン」
P.213)
撮影した静止画を印刷バスケットに入れる
画像を印刷バスケットに入れておき、後で互換性の
あるプリンタで印刷することができます。(「印刷バ
スケットの画像を印刷する」P.139)
に追加 ) を選択
118
静止画を壁紙に登録する
1 オプション > 壁紙に設定 を選択
静止画を電話帳へ登録する
1 オプション > 電話帳画像に設定 > 電話帳へ登録
> 電話帳を選択
メッセージが表示され、画像が送信されます。
1 アクティブ ツールバーから
静止画ファイル名を変更する
1 オプション > 静止画名変更 を選択
( 印刷バスケット
■ 連写モード
連写モードはメインカメラでのみ有効です。
1 背面にあるカメラレンズカバーを開く
カメラが静止画モードであることを確認してくだ
さい。
2 アクティブ ツールバーから
選択し、
( 連写モード ) を
を押す
3 バースト、10 秒、30 秒、1 分、5 分、10 分、
30 分 から選択
・ バースト を選択すると
を短く押して撮
影できる枚数の目安は 6 枚ですが、
を長
く押して撮影できる枚数は、使用できるメモリ
容量により異なります。
・ 10 秒、30 秒、1 分、5 分、10 分、30 分を
選択した場合、設定した時間の間隔で連続撮影
をおこないます。
を押す
連写モードで バースト を選択し、
を押し続
けた場合、
から指を離すまで撮影が継続さ
れます。
5 途中で連続撮影を停止するには、キャンセル を
選択
連写モードで
バースト を選択
した場合、撮影
後、画像はグ
リッド状に表示
されます。時間
間隔を選択した
場合、最後に撮
影した画像が表
示されます。
・ グリッド表示された各画像を開くには、画像を
選択して、 を押します。
・ 再度、連続撮影をおこなうには、
を押し
ます。
セルフタイマーで連写モードを利用する
セルフタイマー 設定時に、連写モードを使用するこ
ともできます。この場合の最大連写数は 6 枚です。
先に連写モードを設定し、次にセルフタイマーを設定
して撮影をおこないます。詳細については後述の「セ
ルフタイマー 」を参照してください。)
連写モードを解除する
1 アクティブツールバーから
) を選択し、
2
( 連写モードに切替
を押す
シングルショット を選択し、
カメラ
4 連続撮影を開始するには、
を押す
■ セルフタイマー
セルフタイマーはメインカメラでのみ有効です。
セルフタイマーを利用して、静止画を撮影すること
が可能です。セルフタイマーのスピードは、2 秒、
10 秒、20 秒から選択することができます。
1 アクティブツールバーから
を選択し、
( セルフタイマー )
を押す
2 2 秒、10 秒 あるいは 20 秒 から選択
3 開始 を選択
ビープ音が鳴り、設定した時間が経過すると
シャッター音がし、画像が撮影されます。
セルフタイマーを解除する
1 アクティブ ツールバーから セルフタイマー を
選択し、
を押す
2 オフ を選択し、 を押す
119
カメラ
動画の撮影
■ 動画を撮影する
1 背面にあるカメラレンズカバーを開いて、メイン
カメラを有効にする
・ カメラが静止画モードになっている場合は、ア
クティブツールバーの を選択するか、オプ
ション > ビデオモード を選択し、ビデオモー
ドにします。
2 ビューファインダーに被写体を表示して、
を押す
録画開始音が鳴り、録画が開始されます。録画中
は、 が画面下部に表示され、LED が点灯しま
す。録画したビデオにフラッシュの影響はありま
せん。
・ ズームインするには本機側面にあるズームキー
を、ズームアウトをするには
を押しま
す。「各部の名称」(P.28) を参照してくださ
い。 または
を押してもズームイン / ズー
ムアウトすることができます。
補足 : 録画を一時停止するには、一時停
止 を選択します。一時停止になると が
点滅します。一時停止をしてそのままに
しておくと、約一分後に自動的に録画を
終了します。録画を再開するには、続行
を選択します。
120
3 停止 を選択
自動的に ギャラリー の 画像とビデオ に保存されます。
「ギャラリー」(P.130) を参照してください。最
大録画時間は使用できるメモリ容量によって異な
ります。
ビデオを録画する前に、アクティブ ツールバーで明
るさや色合いなどを設定できます。「アクティブツー
ルバーの詳細設定」(P.122) と「シーンモード」
(P.123) を参照してください。
■ 動画撮影で利用できる機能
撮影後、ビューファインダーに表示されているビデオ
に対して、アクティブ ツールバーで次の操作をする
ことができます。
カメラのオプション設定にある 撮影後のビデオ確認
を オフ にしている場合は、撮影直後に画像がビュー
ファインダーに表示されません。
撮影したビデオを再生する
1 アクティブ ツールバーから
( 再生 ) を選択
撮影したビデオを削除する
1 アクティブ ツールバーから
( 削除 ) を選択、
または
を押す
ダーに戻り、
を押す
撮影したビデオを送信する
1 アクティブ ツールバーから
たは
カメラ
新規にビデオを撮影する
を押すか、戻る を選択してビューファイン
1
ビデオファイル名を変更する
1 オプション > ビデオ名変更 を選択
通話中にビデオを通話相手に送信する
( 送信 ) を選択、ま
(開始キー)を押す
詳細については、「撮影した静止画 / ビデオを送信
する」(P.128) を参照してください。
撮影したビデオをシェアオンラインで投稿する
1 アクティブツールバーから ( シェアオンライン
にサインイン ) を選択
・ すでにオンラインサービスに登録済みの場合は、
アクティブツールバーから ( 投稿先 : サービ
ス名 ) を選択します。互換性のあるウェブログ
サービスのアカウントを作成している場合にの
み有効です。(「シェアオンライン」P.213)
撮影したビデオを着信音に設定する
1 オプション > 着信音に設定、または 電話帳着信音
に設定 を選択
・ 着信音に設定 を選択すると、ビデオをすべての
電話帳の着信音に設定できます。
・ 電話帳着信音に設定 を選択すると、特定の電話
帳の着信音に設定できます。
通話中に通話相手にビデオを送ることができます。
ビデオは MMS で送信されます。
1 ビューファインダーに動画を表示 > アクティブ
ツールバーから
( 通話相手に送信 ) を選択
メッセージが表示され、ビデオが送信されます。
第2カメラを使用する
本機背面のカメラレンズカバーを閉じた状態で
>
アプリ > カメラ を選択すると第 2 カメラが起動しま
す。メインカメラが起動している場合は、オプショ
ン > 第 2 カメラ使用 を選択します。ズームインす
るには
を、ズームアウトをするには
を押しま
す。
■ 静止画を撮影する
1 カメラがビデオモードになっている場合は、
オプション > 静止画モード を選択
2 ビューファインダーに被写体を表示して、
を
押す
シャッター音がし、静止画が撮影されます。
121
カメラ
静止画の撮影後、ビューファインダーに表示されて
いる静止画に対して、オプション から 削除、印刷、
送信、壁紙に設定、静止画名変更 などの操作をする
ことができます。
■ 動画を撮影する
■ アクティブツールバーの各種機能を
設定する
1 カメラが静止画モードになっている場合は、
1 背面にあるカメラレンズカバーを開いてメインカ
オプション > ビデオモード を選択
2 ビューファインダーに被写体を表示して、
設定はメインカメラ、第2カメラでそれぞれ異なりま
す。カメラを閉じると設定はデフォルト値に戻りま
す。
メラを有効にする
を
アクティブツールバーが表示さ
れていない場合は オプション
> アイコン表示 を選択します。
押す
録画開始音が鳴り、録画が開始されます。録画中
は、 が画面上部に表示されます。
3 停止 を選択
2
または
を押してアク
ティブツールバーから設定する
機能を選択し、 を押す
動画の撮影後、ビューファインダーに表示されてい
るビデオに対して、オプション から 再生、削除、送
静止画の明るさ、色の設定を変更
信、ビデオ名変更 などの操作をすることができます。 すると、保存に時間がかかる場合があります。
戻る を選択すると新規ビデオを撮影することができ
新しいシーンモードを選択すると、色合いや明るさの
ます。
設定は選択されたシーンモードの設定に置き換えられ
ます。例えば 色合い を セピア に変更した後に シーン
アクティブツールバーの詳細設定
モード を ポートレート に変更すれば、色合い は 標準 に変
更されます。設定の変更が必要な場合は、シーンモー
静止画の撮影やビデオの録画前にアクティブ ツール
ド選択後に変更することができます。「シーンモード」
バーで各種機能を設定し、より正確な色調と明るさ
(P.123) を参照してください。
を表現して効果を追加することができます。
122
シーンモードでは、現在の環境に適した色調や明るさ
を調整することができます。シーンモードのリストか
ら画像やビデオの撮影に適切なシーンモードを選択し
ます。特定の状況や環境に合わせて、シーンモードが
設定されています。
・ シーンモードはメインカメラでのみ有効です。
・ 利用できるシーンの種類は、静止画とビデオでは
異なります。
1 アクティブ ツールバーから
( シーンモード )
を選択し、 を押す
2
または
を押して使用するシーンモードを選
択し、 を押す
静止画のシーンモード
自動:(デフォルト)本機が自動的にシーンを
選択します。
ユーザ定義:各種機能を設定し、独自のシーンを
作成することができます。
接写:花など小さい対象物の細部を撮影する
場合に使用します。約 10cm から約 60cm
までの撮影距離で使用します。
ポートレート:顔写真や座りポーズなどの、ポート
レートを撮影する場合に使用します。
風景:遠景撮影時に使用します。
スポーツ:スポーツ場面など、動いている被写
体を撮影する時に使用します。
夜景:夜間など光の少ない環境で使用します。
カメラ
■ シーンモード
夜景ポートレート:夜間など、光の少ない環境で
ポートレートを撮影する場合に使用します。
ビデオのシーンモード
・ ビデオでは、自動 (
ます。
) と 夜景 (
) が設定でき
ユーザ定義シーンを設定する
ユーザ定義では、独自のシーンモードを設定するこ
とができます。
1 シーンモードで ユーザ定義 を選択した状態で、
オプション > 変更 を選択
次の機能を設定することができます。
・ 基本となるシーンモード
別のシーンモードから設定をコピーする場合、
コピー元のシーンモードを選択します。
・ フラッシュ
・ ホワイトバランス
・ 露出補正
・ 色合い
・ 受光感度値
・ コントラスト
・ シャープネス
・ ユーザ定義のリセット
123
カメラ
2 各機能を選択し、 を押す、または オプション >
変更 を選択。設定表示画面が開くので、設定する
機能や値を選択し、 を押す
■ フラッシュ
フラッシュ使用時は、被写体と安全な距離を保ち、
至近距離での人や動物の撮影にはフラッシュを使用
しないでください。写真の撮影時はフラッシュを手
で覆わないようにしてください。
影されたタイミングがわかります。撮影された画像に
フラッシュの影響はありません。
■ 色合い
色合いでは、設定に合わせて画面の色合いが変わりま
す。設定前に画像やビデオの色効果が確認できます。
1 アクティブ ツールバーから
( 色合い ) を選択
し、 を押す
2
・ 本機には、暗い場所でも撮影できるように、LED
フラッシュが搭載されています。
・ フラッシュはメインカメラでのみ有効です。
フラッシュを設定する
1 アクティブ ツールバーから
ド ) を選択し、
2
( フラッシュモー
次のフラッシュが選択できます。
・
- 自動 ( デフォルト )
・
- オン
・
- 赤目補正
・
- オフ
フラッシュが オフ、あるいは 自動 に設定されている
場合、周囲が明るい時に静止画を撮影しても、フ
ラッシュが少し光ります。これにより、被写体が撮
124
を押して使用する色合いを選択し、
次の色効果が選択できます。
・
- 標準 ( デフォルト)
・
- セピア
・
- モノクロ
・
- 鮮明
・
- ネガ
を押す
または
を押して使用するフラッシュを
選択し、 を押す
または
を押す
■ ホワイトバランス
ライティングの状態にあわせてホワイトバランスを設
定すると、より正確な色調を表現することができま
す。
1 アクティブ ツールバーから
ス ) を選択し、
2
または
を選択し、
( ホワイトバラン
を押す
を押して使用するホワイトバランス
を押す
次のホワイトバランスが選択できます。
-
自動 ( デフォルト)
晴天
曇天
白熱灯
蛍光灯
■ コントラスト
コントラストを調節して、被写体の明暗を強調する
ことができます。
1 アクティブ ツールバーから
を選択し、
■ 露出補正
2
露出補正では露光時間を調節し、全体的な明るさを調
整することができます。
1 アクティブツールバーから
選択し、
2
( 露出補正 ) を
を押す
または
を押して値を選択し、
を押す
露出補正は 0.5 単位で、− 2.0EV から +2.0EV
まで設定することができます。
シャープネスを調節して、被写体の輪郭を強調するこ
とができます。
1 アクティブ ツールバーから
を選択し、
2
または
( シャープネス )
を押す
を押して鮮明度を選択し、
を押す
( コントラスト )
を押す
を押して値を選択し、
を押す
■ 受光感度
受光感度を上げると、フラッシュを使用しなくても
暗い場所での撮影が可能となります。撮影場所が暗
ければ暗いほど、それに従い受光感度を上げます。
1 アクティブ ツールバーから
( 受光感度 ) を選
択し、 を押す
2
■ シャープネス
または
カメラ
・
・
・
・
・
または
押す
を押して受光感度を選択し、
を
次の受光感度が選択できます。
・
- 自動 ( デフォルト )
・
-低
・
-中
・
-高
次の鮮明度が選択できます。
・
- ハード
・
- 標準(デフォルト)
・
- ソフト
125
カメラ
静止画 / 動画の設定
■ 静止画設定
静止画の設定メニューから、画質の調整や、撮影後
静止画を表示するようにしたり、シャッター音など
を設定したりすることができます。
静止画の設定は、次に設定を変更しない限りカメラ
を閉じてもそのまま保存されます。
設定はメインカメラ、第2カメラでそれぞれ異なり
ます。
・
・
・
1 カメラ起動中に、オプション > 設定 を選択
> アプリ > カメラ > オプション > 設定 の
順に選択することもできます。
次の設定をおこなうことができます。
・ 静止画画質 - 静止画の画質を次の 5 種類から選
択することができます。(メインカメラでのみ
有効)
・ 印刷 5M −大 - ( 解像度 2592x1944)
・ 印刷 3M −中 - ( 解像度 2048x1536)
・ 印刷 2M −中 - ( 解像度 1600x1200)
・ E-mail 0.8M −中 - ( 解像度 1024x768 )
E-mail で画像を送信する場合に選択
・ MMS 0.3M −小 - ( 解像度 640x480)
MMS で画像を送信する場合に選択
126
・
・
・
・
画像が高画質になるほど、メモリの消費量が増
えます。画像を印刷する場合は 印刷 5M −大、
印刷 3M −中、印刷 2M −中 のいずれかを選
択します。
アルバムに追加 - ギャラリー のアルバムに画像を追
加することができます。はい を選択すると、利
用できるアルバムのリストが開きます。
撮影後の静止画確認 - 撮影直後に、撮影した静
止画をビューファインダーに表示するには オン
を選択します。
デフォルト静止画名 - 撮影する静止画のデフォ
ルト名を 日付 または テキスト から選択します。
・ 日付 - 撮影した日付が表示されます。
・ テキスト - デフォルトになるファイル名を入
力します。
拡大デジタルズーム - オン ( 一時停止 ) を選択
すると、拡大デジタルズーム領域に入る前に
ズームを一時停止します。オン ( 連続 ) を選択
すると、拡大デジタルズーム領域まで連続して
ズームすることができます。ズーム範囲を限定
し、解像度が下がるのを防ぎたい場合は オフ を
選択します。( メインカメラでのみ有効 )
シャッター音 - カメラのシャッター音を選択し
ます。
使用するメモリ - 静止画の保存先を選択します。
画像回転表示 - 画像を正しい方向に回転して保
存したい場合に選択します。
・ E-mail 高品質、E-mail 標準品質 - QVGA
の設定をデフォルト値に戻します。
■ ビデオ設定
ビデオの設定メニューから、画質の調整や、撮影後ビ
デオを表示するようにしたり、デフォルトのビデオ名
などを設定することができます。
ビデオ設定は、次に設定を変更しない限りカメラを閉
じても設定はそのまま保存されます。
1 カメラ起動中に、オプション > 設定 を選択
> アプリ > カメラ > オプション > 設定
の順に選択することもできます。
カメラが静止画モードになっている場合は、オプ
ション > ビデオモード を選択し、ビデオモードに
します。
次の設定をおこなうことができます。
・ ビデオ画質 - ビデオクリップの品質を次の 5 種
類から選択することができます。( メインカメ
ラでのみ有効 )TV 高品質、TV 標準品質、Email 高品質、E-mail 標準品質、および 共有品
質
・ TV 高品質、TV 標準品質 - VGA 解像度
(640x480) .mp4 ファイル形式でビデオを
録画します。互換性のある PC や TV でビデ
オを再生する場合に適した品質です。MMS
では .mp4 形式のビデオを送信することがで
きない場合があります。
・
・
・
・
・
解像度(320x240)、.mp4 ファイル形式
でビデオを録画します。携帯電話でビデオク
リップを再生する場合に適した品質です。
・ 共有品質 - QCIF 解像度 (176x144)、.3gp
ファイル形式 でビデオを録画します。MMS
を利用して、ビデオクリップを送信する場合
に選択します。ビデオクリップの容量は、
300 kB ( 時間にすると約 30 秒)に限られ
ているので、MMS を利用して互換性のある
機器へ送信するのに適しています。
手ブレ補正 - ビデオ録画中の手振れを低減する
には、オン を選択します。(メインカメラでの
み有効)
録音 - ビデオと同時に音声を録音する場合は、
オン を選択します。
アルバムに追加 - ギャラリー のアルバムにビデオを
追加することができます。はい を選択すると、
利用できるアルバムのリストが開きます。
撮影後のビデオ確認 - 撮影直後に、撮影したビ
デオをビューファインダーに表示するには オン
を選択します 。
デフォルトビデオ名 - 録画するビデオのデフォ
ルト名を 日付 または テキスト から選択しま
す。
・ 日付 - 撮影した日付が表示されます。
・ テキスト - デフォルトになるファイル名を入
力します。
カメラ
・ カメラ設定リセット - はい を選択するとカメラ
127
カメラ
・ 使用するメモリ - ビデオの保存先を選択しま
す。
・ カメラ設定リセット - はい を選択すると、カメ
ラの設定をデフォルト値に戻します。
カメラ起動中にギャラリーを開く
カメラを起動中に、ギャラリー に保存した静止画やビデ
オを確認することができます。
1 レビューキー
を押す
ギャラリーに最後に保存された画像が表示されま
す。
2 もう一度レビューキー
を押す
ギャラリー の 画像とビデオ フォルダが開きます。
3
または
を押して、確認する静止画、ある
いはビデオを選択し、 を押す
撮影した静止画、あるいはビデオが表示されま
す。カメラに戻るには
を長く押します。
撮影した静止画 / ビデオを編集する
撮影した静止画や ギャラリー に保存してある静止画にエ
ディタ機能を利用して、クリップアートや文字を挿
入したりすることができます。ビデオは、ビデオエ
ディタを利用して、編集したり、カスタムビデオク
リップを作成することができます。詳細については、
128
「静止画ファイルを編集する」(P.134)、
「ビデオファ
イルを編集する」(P.136) を参照してください。
撮影した静止画 / ビデオを送信する
撮影後に、ビューファインダーに表示されている静止
画やビデオを、MMS、E-mail、Bluetooth 接続、赤
外線通信を利用して送信することができます。.mp4
形式のビデオファイルは MMS で送信できない場合
があります。
・ ギャラリーに保存されている静止画や、ビデオの
送信については、「ファイルを送信する」(P.58)
を参照してください。
カメラのオプション設定にある、撮影後の静止画確認
(ビデオモードの場合は、撮影後のビデオ確認 ) を オ
フ にしている場合は、撮影直後、画像がビューファ
インダーに表示されません。(「静止画設定」P.126)
1 静止画やビデオを撮影する
「静止画の撮影」(P.116)、
「動画の撮影」
(P.120)
ビューファインダーに撮影した画像が表示されま
す。
2 アクティブ ツールバーから
( 送信 ) を選択
送信方法のリストが表示されます。
を押しても
送信方法のリストを表示することができます。
( 通話相手に送信 ) を選択します。
次の送信方法を選択することができます。
・ MMS
詳細については、
「MMS を作成 / 送信する」
(P.86) を参照してください。
カメラ
・ 通話中に通話相手に画像を送信する場合は、
補足:MMS で送信可能なファイルサ
イズは、添付ファイルとメッセージ本
文などを合わせて最大 300 kB です。
送信可能かどうかは MMS 設定に依存
します。「MMS 設定」(P.93) を参照
してください。携帯電話事業者が
MMS 送信に推奨するよりも大きなサ
イズでファイルを送信したい場合は、
Bluetooth 接続を使用してファイルを
送信してください。
・ Bluetooth
詳細については、
「Bluetooth 接続でデータを
送信する」(P.184) を参照してください。
・ 赤外線通信
詳細については、
「赤外線通信」(P.186) を参
照してください。
・ E-mail
詳細については、
「E-mail を作成 / 送信する」
(P.87) を参照してください。
・ Web に投稿
詳細については、
「オンラインでファイルを共有
する」(P.139) を参照してください。
129
ギャラリー
ギャラリー
ギャラリーについて
ギャラリーの各フォルダに、静止画ファイル、ビデ
オファイル、音楽ファイル、プレイリスト、スト
リーミングリンクなどを保存し、整理することがで
きます。
・ ギャラリーでは、フォルダに保存してあるファイ
ルの再生、コピー、および移動などをすることが
できます。(「ギャラリーの構成」P.56)
・ ギャラリーのアルバム機能を利用して、オリジナ
ルのアルバムを作成したり、編集したりすること
ができます。(「アルバム」P.132)
・ ビデオファイル、音声クリップ、.ram ファイル
は RealPlayer で再生します。(「RealPlayer」
P.153) 音楽ファイルは、ミュージック ( ミュージック
プレーヤー ) で再生します。(「ミュージックプ
レーヤー」P.146)
■ ギャラリーのフォルダを開く
> ギャラリー > フォルダ
ギャラリーのフォルダを開き、保存されているファ
イルを確認します。
カメラで撮影した画像は、自動的にギャラリーに保
存されます。
130
補足 : 他のアプリケーションを起動中に
ギャラリー に最後に保存された画像を見るには、
本機側面にあるレビューキー
を押し
ます。もう一度レビューキーを押すと 画像
とビデオフォルダが開きます。
各フォルダに保存されているファイルのリストが表示
されます。
・ 画像とビデオ
フォルダでは
、または
を押して各
ファイルをプレ
ビューすること
ができます。
、または
を押して複
数のファイル間
を素早く移動することもできます。
・ 静止画を拡大するには、本機側面のズームキーを
押します。拡大率が画面左下(ポートレートモー
ドの場合は画面右上)に表示されます。この拡大
率は本機には保存されません。
・ 静止画を回転するには、ファイルを開き、オプ
ション > 回転 > 左 または 右 を選択します。
アクティブツールバーを必要な時のみ表示させる
1 オプション > アイコン非表示 を選択
アクティブ ツールバーを有効にするには、
します。
を押
ギャラリーのアクティブツールバーで利用でき
る機能
■ ギャラリーのアクティブツールバー
選択したビデオクリップを再生します。
画像とビデオ フォルダで
は機能を選択する時の
ショートカットとしてアク
ティブ ツールバーを使用
することができます。アク
ティブ ツールバーは画像
やビデオクリップを開いた
場合にのみ有効になりま
す。アクティブ ツールバー
をスクロールしてオプショ
ンを選択し、 を押して様々な機能を選択することが
できます。利用できるオプションは、状況や選択した
画像またはビデオクリップによって異なります。ま
た、アクティブ ツールバーを常に表示するか、キー
を押して表示させるかを設定することができます。
画像やビデオクリップをウェブサイトに
アップロードします。 (「オンラインで
ギャラリー
・ ファイルがメモリカードに保存されている場合、
画面に
が表示されます。
補足 : Nokia Nseries PC Suite に搭載
されているファイルマネージャを利用し
て、ファイルを移動することが可能です。
本機付属の DVD-ROM を参照してくださ
い。
ファイルを共有する」P.139)
選択した画像やビデオクリップを送信しま
す。
印刷バスケットに画像を追加 / 削除します。
(「印刷バスケット」P.138)
表示している画像を印刷します。
画像のスライドショーを開始します。
選択した画像やビデオクリップを削除しま
す。
アクティブツールバーを常時表示させる
1 オプション > アイコン表示 を選択
131
ギャラリー
静止画 / 動画ファイルの利用
> ギャラリー > 画像とビデオ
■ 壁紙に設定する
1 壁紙に設定する画像 > オプション > 画像の使用
> 壁紙に設定 の順に選択
・ 設定した壁紙を解除するには、「設定した壁紙
を解除する」(P.194) を参照してください。
■ 画像を電話帳へ登録する
1 電話帳に登録する画像 > オプション > 画像の使
用 > 電話帳へ登録 の順に選択
電話帳が開きます。
2 画像を登録する連絡先を選択し、OK を選択
■ アルバム
択して、 を押します。画面にアルバムにある
ファイルのサムネイルが表示されるので、ナビ
ゲーションキーを使用して、それぞれのファイ
ルを確認することができます。
2 オプション > 新規アルバム を選択
アルバムの名前を入力する画面が表示されます。
3 アルバムの名前を入力し、OK を選択
4 ギャラリーを開いて、アルバムに追加する画像
ファイルを選択
5 オプション > アルバム > アルバムに追加 の順に
選択
6 追加先のアルバム > OK を選択
ファイルがアルバムに追加されます。
・ アルバムからファイルを削除するには、アルバ
ムを開いて削除するファイルを選択し、 を押
します。アクティブツールバーからも削除する
ことができます。
・ ファイルはアルバムから削除されますが、画像
とビデオ フォルダからは削除されません。
アルバムを利用して、画像とビデオ フォルダにある
静止画やビデオを整理することができます。アルバ
ムの作成は、画像とビデオ のフォルダからおこない
ます。
■ スライドショー
新規アルバムを作成する
1 オプション > アルバム > アルバム表示 の順に
静止画ファイルを全画面モードで表示して、スライド
ショーを実行することができます。
選択
アルバムのリストが表示されます。
132
・ アルバムの内容を確認するには、アルバムを選
開始 を選択、または、静止画を開きアクティブ
ツールバーで
( スライドショー開始 ) を選択
スライドショーが開始されます。
縦長の静止画の場合、「スライドショーの速度 /
ズームを設定する」の ズームおよびパン を オフ に
すると全体が表示されます。
スライドショーの操作
スライドショー再生中に
を押すと、画面上に
終了 と 一時停止 が表示されます。
・ 一時停止 - スライドショーを一時停止します。
・ 再生続行 - 一時停止したスライドショーの再生を
続行します。
・ 終了 - スライドショーを終了します。
・ 画像を手動で送るには、 または
を押します。
スライドショーに音楽を挿入する
スライドショー再生時のバックグラウンドミュージッ
クを設定することができます。
1 オプション > スライドショー > 設定 > ミュー
ジック > オン の順に選択
メッセージが表示されます。
2 はい を選択
ミュージックフォルダにある、音楽ファイルリス
トが表示されます。
3 設定する音楽ファイルを選択し、選択 を選択
・ 音量の調節は、本機側面にある音量調節キーを
押します。
スライドショーの速度 / ズームを設定する
1 オプション > スライドショー > 設定 の順に選択
・ スライド間隔 - スライドショーの速度を設定し
ギャラリー
スライドショーを開始する
1 静止画を選択し、オプション > スライドショー >
ます。
・ ズームおよびパン - スライドショーで画像の流
れをスムーズにし、画像のズームイン、ズーム
アウトをランダムにおこなうようにするには オ
ン を選択します。
静止画 / 動画ファイルの編集
・ 画像とビデオフォルダには、画像ファイル、およ
びビデオファイルがループ状に配置されていま
す。 または、 を押して各ファイルをプレ
ビューします。
・ 静止画ファイルやビデオファイルはメールや
MMS の添付ファイルとして、また Bluetooth 接
続や赤外線通信を利用して受信することができま
す。受信した静止画ファイルを ギャラリー に表示し
たり、ビデオファイルを RealPlayer で再生し
たりするには、電話機メモリ、または本機に挿入
されているメモリカードに保存する必要がありま
す。
133
ギャラリー
・ ビデオファイルに封筒アイコンが表示さ
れる場合、MMS で送信が可能です。
・ ビデオセンタ に保存されているビデオクリッ
プはギャラリー の 画像とビデオ フォルダには
表示されません。ビデオセンタ のビデオク
リップを見るには、「ビデオセンタ」(P.231) を
参照してください。
■ 静止画ファイルを編集する
ギャラリー に保存してある静止画に、編集機能を利用し
て、クリップアートや文字などを挿入することがで
きます。
> ギャラリー > 画像とビデオ > 編集する静止画 >
オプション > 編集 > オプション > 効果適用
静止画を切り取る
1 切り取り「 」を選択
切り取り枠のサイズリストが表示されます。
2 サイズを選択 > OK を選択
静止画に四角い選択枠が表示されます。
・
、または
を使用して選択枠の大きさを
調整することができます。
・ 選択枠の右下は、画像に固定されており、動か
すことができません。
・ キャンセルを選択すると、編集画面に戻りま
す。
3 サイズが決定したら 設定 を選択
134
選択枠の左上が固定されます。
・ 選択を取り消すには、戻る を選択します。
・
、または
を使用して選択枠の右下を動か
し、大きさを調整することができます。
4 もう一度 設定 を選択
・ ナビゲーションキーを使用して、選択枠の位置
を調整することができます。
・ サイズで 手動 を選択した場合は、設定 は表示
されず、切り取り が表示されます。
5 切り取り を選択
画像が切り抜かれます。
・ 切取りを取り消すには、オプション > 取消し を
選択します。編集画面に戻ります。
6 戻る を選択
ギャラリー に編集した静止画が保存されます。
赤目補正をする
」を選択
1 赤目補正「
静止画に十字型のカーソルが表示されます。
・ キャンセル を選択すると、編集画面に戻りま
す。
2 ナビゲーションキーを使用して目の位置に合わせ、
を押す
静止画にループ枠が表示されます。
・ オプション > 取消し を選択するとカーソルが十
字型に戻ります。
集画面に戻ります。
3 ナビゲーションキーを使用してループ枠を目のサ
イズに合わせて、完了 を選択
・ オプション > 取消し を選択するとカーソルが十
字型に戻ります。
4 戻る を選択
ギャラリー に編集した静止画が保存されます。
静止画にクリップアートを挿入する
1 クリップアート 「 」を選択
クリップアートのリストが表示されます。
2 ナビゲーションキーを使用してクリップアートを
選択
静止画に選択したクリップアートと、十字型の
カーソルが表示されます。
・ キャンセル を選択すると、クリップアートの位
置が確定されます。
3 ナビゲーションキーを使用してクリップアートを
移動し、OK を選択
・ オプション > 効果キャンセル を選択すると編集
画面に戻ります。
4 もう一度、完了 を選択
・ オプション > 取消し を選択すると編集画面に戻
ります。
ギャラリー に編集した静止画が保存されます。
静止画にテキストを追加する
1 文字「 」を選択
テキストの入力画面が表示されます。
・ キャンセル を選択すると、編集画面に戻りま
す。
ギャラリー
・ オプション > 効果キャンセル を選択すると、編
2 テキストを入力し、OK を選択
入力する文字が確定されます。
3「静止画にクリップアートを挿入する」(P.135)
の操作 3 から操作 5 をおこなう
静止画にフレームを挿入する
」を選択
1 フレーム「
2
または
を押してフレームを選択し、OK を
選択
3 戻る を選択
ギャラリー に編集した静止画が保存されます。
編集中のオプション
・ 編集画面の静止画を全画面表示 / 標準画面表示に
するには、
を押します。
・ 編集画面の静止画を左右に回転させるには、
、または
を押します。
・ 編集画面の静止画を拡大するには、
を押し、
拡大した画像を縮小するには、
を押します。
5 戻る を選択
135
ギャラリー
■ ビデオファイルを編集する
ます。
ギャラリー に保存してあるビデオファイルを編集したり、
テキスト追加
カスタムビデオクリップを作成することができます。
ビデオクリップの初めや終わりにテキストを追加しま
ビデオ編集では .3gp と .mp4 形式のビデオファイ
す。
ルと、.aac、.amr、.mp3、.wav 形式の音楽ファイ
ルをサポートしています。
補足 : MMS で送信できないサイズが大きい
ビデオクリップは、Bluetooth で送信する
ことができます。Bluetooth、データケー
ブル、互換性のあるメモリカードリーダー
を使用して、ビデオクリップを互換性のあ
る PC へ送信することもできます。
> ギャラリー > 画像とビデオ > 編集するビデオ >
オプション > 編集
画像やビデオの結合
ビデオクリップに画像やビデオを追加します。
1 結合 > 画像 またはビデオクリップ を選択
2 追加する画像やビデオクリップを選択
サウンド変更
ビデオクリップに新しいサウンドを追加し、オリジ
ナルのサウンドクリップと置き換えます。
1 サウンド変更 を選択
2 追加するサウンドクリップを選択
136
・ サポートされていないサウンドクリップがあり
1 テキスト追加 を選択
2 追加するテキストを入力 > OK を選択
3 始め または 終わり を選択
テキストを追加する場所を選択します。
ビデオクリップのカット
ビデオクリップに開始マークや終了マークを追加し
て、ビデオクリップをトリムすることができます。
1 カット を選択
クリップカット画面が開きます。
・ 選択したビデオクリップを始めから再生するに
は オプション > 再生 を選択します。
・ 再生を一時停止するには、 を押します。再生
を再開するには、再生 を選択します。クリップ
カット画面に戻るには、停止 を選択します。
・ 再生中に音量を調節するには、 または
を
押します。
補足 : ビデオクリップのスナップショッ
トを撮影するには、
を押すか、または
オプション > スナップショット撮影 を選択しま
す。
または
を押してタイムライン上の開始、ま
たは終了位置までスクロールする
3 オプション > 開始マーク または 終了マーク を
選択
・ 開始マークや終了マークを編集するには、タイ
ムライン上の変更したい位置までスクロールし、
オプション > 開始マーク または 終了マーク を
選択します。
・ マークを削除するには、オプション > 削除 >
開始マーク、終了マーク または すべてのマーク
の順に選択します。
・ トリムしたビデオクリップをプレビューするに
は オプション > マーク範囲再生 を選択します。
4 完了 を選択
カットしたビデオクリップが ギャラリー に保存されま
す。
■ 画像を印刷する
1
> ギャラリー > 画像とビデオ の順に選択
2 印刷する画像を選択し、 を押す
3 アクティブ ツールバーから
( 印刷 ) を選択
・ オプション > 印刷 > 印刷 の順に選択すること
もできます。
画像の編集画面の印刷オプションから、画像を印刷す
ることもできます。
データケーブル、無線 LAN、Bluetooth 接続、ある
いは互換性のあるメモリカード(プリンタ側で利用
可能な場合)を利用して、プリンタと本機を接続し、
画像を印刷することができます。
印刷できるのは、.jpg 形式のファイルに限られます。
カメラで撮影した画像は、自動的に .jpg ファイル形
式で保存されます。
ギャラリー
2
PictBridge 対応プリンタで印刷する場合は、本機と
プリンタを USB ケーブルで接続してから、本機から
の印刷オプションを選択してください。
プリンタを選択する
はじめて印刷をする場合、印刷する画像を選択した
後に、利用可能なプリンタのリストが表示されます。
本機と PictBridge 対応プリンタを DKE-2 データ
ケーブルで接続した場合、そのプリンタが自動的に
選択され画面に表示されます。
デフォルトプリンタが使用できない場合には、他の
利用可能な印刷機器が表示されます。詳細について
は「プリンタの設定」(P.138) を参照してください。
印刷プレビュー
ギャラリーから画像を印刷する場合、印刷プレ
ビューを表示することができます。
印刷するために選択した画像は、定型のレイアウト
で画面に表示されます。印刷レイアウトを変更する
137
ギャラリー
には、左右のナビゲーションキーを使用して、選択
したプリンタで利用できるレイアウトをスクロール
します。1 ページに収まらない画像を選択した場合
は、 または
を押してスクロールすると、他の
ページも表示されます。
2 用紙サイズを選択 > OK を選択
■ プリンタの設定
コピー枚数を設定する
1 オプション > コピー数 を選択
2
または
を押して枚数を選択 > OK を選択
印刷で利用できるオプションは、選択したプリンタ
の機能により異なります。
> ギャラリー > 画像とビデオ > 印刷する画像 >
> アクティブ ツールバーから
( 印刷 )
・ 印刷する画像 >
> オプション > 印刷 >
印刷 の順に選択することもできます。
デフォルトプリンタを設定する
デフォルトはメモリカードに設定されています。
1 オプション > 設定 > デフォルトプリンタ の順に
選択
次のオプションが選択できます。
・ Bluetooth プリンタ
・ メモリカード
・ USB
・ WLAN プリンタ
2 設定するプリンタを選択 > OK を選択
用紙のサイズを選択する
1 オプション> 設定 > 用紙サイズ の順に選択
138
1ページに印刷する画像数を設定する
1 オプション > 設定 > 画像数 / ページ の順に選択
2 画像数を選択 > OK を選択
■ 印刷バスケット
画像を印刷バスケットに入れておき、後で互換性のあ
るプリンタやキオスク端末で印刷することができま
す。「画像を印刷する」(P.137) を参照してくださ
い。印刷バスケットに入れた画像を 画像とビデオ
フォルダやアルバムで見ると、画像の左上部に
ア
イコンが表示されます。
> ギャラリー > 画像とビデオ
印刷バスケットに画像を追加する
1 後で印刷する画像を選択し、 を押す
2 アクティブ ツールバーから ( 印刷バスケットに
追加 ) を選択
・ 印刷バスケットの画像を確認するには、画像と
ビデオ フォルダで印刷バスケットアイコン
(
) を選択します。印刷バスケットに画像を
印刷バスケットから画像を削除する
( 印刷バスケットア
1 画像とビデオ フォルダで
イコン ) を選択し、
を押す
2 印刷バスケットから削除する画像を開く
・ アルバムから画像を選択する場合は、オプショ
ン > アルバム > アルバム表示 > 印刷バスケッ
トから削除する画像の順に選択します。
3 アクティブ ツールバーから
( 印刷バスケットか
ら削除 ) を選択
確認のメッセージが表示されます。
4 はい を選択
印刷バスケットの画像を印刷する
( 印刷バスケットア
1 画像とビデオ フォルダで
イコン ) を選択し、
を押す
2 印刷する画像を選択した状態で、オプション >
印刷 > 印刷 を選択
・ オプション > マーク / マーク解除 を選択し、
一度に複数の画像を印刷することもできます。
■ オンラインでファイルを共有する
シェアオンライン を利用するには、別途オンライン画像共有
サービスを提供しているサービスプロバイダと契約
し、ご自分のアカウントを作成する必要があります。
通常、サービスプロバイダのウェブページから申し
込むことができます。詳細については「シェアオン
ライン」(P.213) を参照してください。
ギャラリー
追加している場合にのみ、このアイコンが表示
されます。
・ カメラから直接撮影した静止画を印刷バスケッ
トに入れることができます。(「撮影した静止画
を印刷バスケットに入れる」P.118)
ファイルをウェブにアップロードする
1 アップロードするファイル > オプション > 送信
> Web に投稿 の順に選択
・ アップロードするファイルを開き、アクティブ
ツールバーから
を選択し、ウェブにアップ
ロードすることもできます。
・ アカウントを作成するには、オプション >
新規アカウント追加 を選択します。
ウェブにアップロードしたファイルを見る
1 オプション > オンラインサービスを開く を選択
音楽ファイル / サウンドクリップの利用
音楽ファイルは、ミュージック フォルダの中に保存
されます。効果音などのサウンドクリップは、
サウンドクリップフォルダに保存されます。ミュージック
フォルダから、プレイリストを作成したり、サウン
139
ギャラリー
ドクリップフォルダから好きな音楽ファイルを着信
音に設定したりすることができます。
> ギャラリー > ミュージック > ミュージック
■ プレイリスト
プレイリストについては、「ミュージックプレーヤー
」の「プレイリスト」(P.149) を参照してください。
プレゼンテーション
プレゼンテーション フォルダには、SVG ファイル ( スケー
ラブルベクターグラフィクスファイル)を保存するこ
とができます。SVG ファイルは様々なサイズや解像
度で、最適な表示や印刷が可能です。
> ギャラリー > プレゼンテーション
■ 音楽データをインポートする
■ SVG ファイルを再生する
音楽データのインポートについては、
「サウンドファ
イルの利用」(P.109) を参照してください。
1 表示するファイルを選択 >
を押す
・ オプション > 再生 を選択してもファイルが表
■ サウンドクリップを着信音に設定する
1
> ギャラリー > サウンドクリップの順に選択
2 着信音に登録するサウンドクリップ > オプション
> 音使用 > 電話帳へ登録、または 着信音に設定
の順に選択
電話帳、またはモード選択画面が表示されます。
を押して
チェックマークをつける / 取る
示されます。
■ SVG ファイルを拡大する
1 拡大するファイルを選択 >
を押す
SVG ファイルが開き、画面にカーソルが表示され
ます。
2 ナビゲーションキーを使用してカーソルを拡大し
3 電話帳、またはモードを選択し、
たい部分に合わせて、オプション(
ムイン を選択
)> ズー
チェックマークをつけた電話帳、またはモードの
着信音が変更されます。
・ 「音の設定」(P.198) を参照してください。
・ 拡大したファイルを元のサイズに戻すには、
戻る を選択します。
・ 拡大したファイルを一つ前のサイズに戻すには、
オプション > ズームアウト を選択します。
または
を押してもズームイン、ズー
ムアウトすることができます。
140
全画面表示 を選択します。標準画面表示に戻す
には、オプション(
)> 標準画面表示 を選
択します。
・ 画像を左右に 90 度回転させるには、
また
は
を、45 度回転させるには、
また
は
を押します。
■ テレビで画像やビデオを見る
1 ビデオ出力ケーブルを互換性のあるテレビのビデ
オ入力端子と、本機の AV コネクタに接続
アクセサリ選択画面が表示された場合は、TV 出
力ケーブル を選択します。
ギャラリー
・ ファイルを全画面表示するには、オプション >
TV 出力モード
本機と互換性のあるテレビをビデオ出力ケーブルで接
続し、撮影した画像やビデオをテレビで見ることがで
きます。
テレビで画像やビデオを見る前に、テレビのアスペク
ト比など TV 出力の設定をおこなう必要があります。(
「TV 出力」P.203)
2
> ギャラリー > 画像とビデオ >表示するファイル
の順に選択
・ 静止画はイメージビューアで表示し、ビデオは
RealPlayer で再生します。
・ 本機にビデオ出力ケーブルが接続されている場
合、ビデオクリップのステレオサウンド、着信
音、キー確認音を含む全ての音声はテレビから
出力されますが、本機のマイクは通常通り使用
することができます。
・ 画像を選択すると、テレビに全画面表示されま
す。サムネイル表示で画像を開きテレビで見て
いる場合、ズームイン はできません。
・ ハイライトされたビデオクリップを開いた場
合、RealPlayer は本機とテレビの両方でビデ
141
ギャラリー
オクリップを再生します。(「RealPlayer」
P.153)
ギャラリー の 画像とビデオ フォルダや RealPlayer 以
外の全てのアプリケーションでも、本機の画面に表
示されている内容がテレビ画面にそのまま表示され
ます。
テレビで画像のスライドショーを見ることができま
す。スライドショーでは設定した音楽を再生しなが
ら、アルバム内の全てのファイルや選択した画像を
テレビに全画面表示することができます。(「スライ
ドショー」P.132)
ホームメディア
本機は UPnP(Universal Plug and Play) に対応して
います。無線 LAN アクセスポイント機器や、無線
LAN ルータを使用してホームネットワークを構築
し、無線 LAN をサポートしている互換性のある
UPnP 機器と接続することができます。
ホームネットワークでは無線 LAN 接続のセキュリ
ティ設定を使用します。無線 LAN アクセスポイント
機器と暗号化が使用可能な無線 LAN ネットワーク
で、ホームネットワーク機能を使用します。
ホームネットワークを利用して、例えば互換性のあ
る UPnP 機器のメディアファイルを本機で表示させ
ることができます。本機のメディアファイルを他の機
142
器で表示 / 再生する機能に対応しているソフトウェア
は同梱されておりません。
重要: 無線 LAN 接続のセキュリティを向上さ
せるために、利用可能な暗号化手段のいずれか
を常に有効にしておいてください。暗号化を使
用すると、データへの不正アクセスのリスクが
軽減されます。
ホームネットワーク接続中に次の操作をすることがで
きます。
・ 他の互換性のある機器からの接続要求を受け入れ
る。
・ ホームネットワーク上の他の機器のメディアファ
イルを本機で表示 / 再生する。
■ 重要なセキュリティ情報
無線 LAN ホームネットワークを設定する場合、まず
アクセスポイント機器で暗号化を有効にし、次にホー
ムネットワークに接続する他の機器で暗号化を有効に
します。詳細は機器の取扱説明書を参照してくださ
い。パスコードは他人に知られないように注意し、機
器とは別の安全な場所に保管してください。
本機の無線 LAN インターネットアクセスポイント設
定の確認や変更については、「無線 LAN アクセスポ
イント設定」(P.207) を参照してください。
アドホック オペレーティングモードを使用して、互
換性のある機器でホームネットワークを構築する場
他の機器が本機やホームネットワークに接続しようと
すると、本機に通知されます。身元不明の機器の接続
要求を受け入れないでください。
暗号化されていないネットワークで無線 LAN を使用
する場合、他の機器とのファイル共有をオフに設定す
るか、個人的なメディアファイルを共有に設定しない
でください。共有設定の変更については 「ホームメ
ディアの設定」(P.143) を参照してください。
■ ホームメディアの設定
無線 LAN を利用して互換性のある UPnP 機器のメ
ディアファイルを本機で表示させるには、無線 LAN
ホームインターネットアクセスポイントを作成、設定
し、ホームメディア アプリケーションの設定をおこなう必
要があります。
「無線 LAN」(P.179)、と「無線
LAN アクセスポイント設定」(P.207) を参照してく
ださい。
ホームメディア の設定をおこなうと、ギャラリー に ホームメディア 関
連のオプションが表示されますが、この機能に対応し
ているソフトウェアは同梱されておりません。
最初に ホームメディア アプリケーションにアクセスする場
合、設定ウィザードが起動するので、ウィザードを
利用してホームメディアの設定をおこないます。設定
ウィザードを後で利用する場合、
> ツール > 外
部接続 > ホームメディア > オプション > ウィザード実行
の順に選択し、手順に従って設定してください。
ギャラリー
合、 > ツール > 設定 > 接続 > アクセスポイント > アク
セスポイントを選択 > WLAN セキュリティモード で利用可能
な暗号化方式を選択してください。これにより、アド
ホックネットワークへの不要な接続のリスクを軽減す
ることができます。
ホームメディア設定
> ツール > 外部接続 > ホームメディア > オプション
> 設定
次の設定をおこなうことができます。
・ ホームアクセスポイント - ホームネットワークに接続するご
とにホームアクセスポイントを確認するには、常
に確認 を選択します。ホームメディア 利用時に自動的
に使用されるアクセスポイントを新たに設定する
には、新規作成 を選択します。ホームネットワー
クで無線 LAN セキュリティ設定を有効にしてい
ない場合、セキュリティ警告が表示されます。操
作を続けておこない、後で無線 LAN セキュリ
ティをオンに変更することもできます。また、ア
クセスポイントの設定を中止して、先に無線
LAN セキュリティをオンに変更することもでき
ます。「無線 LAN アクセスポイント設定」
(P.207) を参照してください。
・ 自機名称 - ホームネットワーク接続時に、他の互
換性のある機器に表示される本機の名前を設定し
ます。
143
ギャラリー
・ コピー先 - メモリカード、または 電話機メモリ を
選択し、ホームネットワーク上の他の機器からメ
ディアファイルを本機にコピーした場合の保存先
を設定します。
共有設定
ツール > 外部接続 > ホームメディア > コンテンツ共有
次の設定をおこなうことができます。
・ ネットワークでの公開 - 電話機公開 または 電話機
非公開 を選択し、互換性のある機器から本機のメ
ディアファイルを参照するかどうかを設定しま
す。他の設定をすべて終えるまで 電話機公開 に
設定しないでください。電話機公開 に設定する
と、ホームネットワーク上の他の UPnP 機器か
ら、本機の 画像とビデオフォルダ内の共有に設定
されたファイルを見たり、コピーしたりできるよ
うになります。
・ 画像とビデオ - 他の機器と共有するメディアファ
イルの選択や、画像とビデオ の共有状況の確認を
おこないます。
・ ミュージック - 他の機器と共有する音楽ファイル
の選択や、共有状況の確認をおこないます。
・ フォルダのコンテンツを更新するには オプション
> コンテンツ更新 を選択します。
■ メディアファイルの利用と共有
本機で ネットワークでの公開 を 電話機公開 に設定し
ている場合、コンテンツ共有 で共有に設定した本機のメ
ディアファイルに、ホームネットワーク上の他の
UPnP 対応機器からアクセスできます。他の機器が本
機のファイルにアクセスできないようにするには、
ネットワークでの公開 を 電話機非公開 に設定しま
す。本機で ネットワークでの公開 を 電話機非公開 に
設定した場合でも、ホームネットワーク上の他の機器
の共有に設定されたメディアファイルを見ることがで
きます。
本機に保存されているメディアファイルを、他の
UPnP 機器で見る機能に対応しているソフトウェア
は同梱されておりません。
他の機器に保存されているメディアファイルを
見る
ホームネットワーク上の他の機器に保存されているメ
ディアファイルを選択し、本機で見るには、次の設定
をおこないます。
1
> ツール > 外部接続 > ホームメディア > ホーム
ネットブラウズ の順に選択
他の互換性のある機器の検索を開始し、機器の名
前が表示されます。
2 一覧から機器を選択
3 選択した機器で見たいメディアの種類を選択
144
4 メディアファイル、またはフォルダを選択し、
オプション > 表示、または 再生 を選択
5 電話機、または ホームネットワーク経由 を選択
・ ホームネットワーク経由 を選択した場合の機能に対応し
ているソフトウェアは同梱されておりません。
メディアファイルの共有を停止するには、オプション
> 停止、または 戻る を選択します。
他の互換性のある機器の検索を開始し、機器の名
前が表示されます。
2 一覧から機器を選択
3 メディアの種類 > コピーするファイルを選択
4 オプション > コピー を選択
設定 > コピー先 で指定したコピー先にファイル
がコピーされます。
・ コンテンツ共有 をオンにする必要はありません。
ギャラリー
表示されるファイルの種類は機器によって異なり
ます。
ファイル形式や無線 LAN ネットワークの接続形態な
どによっては、ファイルの表示や再生ができない場合
があります。
別の条件でファイルを検索するには、オプション >
検索 を選択します。ファイルの検索結果の表示順を
並べ替えるには、オプション > 並べ替え を選択しま
す。機器によっては、このオプションが表示されない
場合があります。
■ メディアファイルのコピー
本機のファイルをコピー / 転送する機能に対応してい
るソフトウェアは同梱されておりません。
他の機器のファイルを本機へコピーする
> ツール > 外部接続 > ホームメディア > ホーム
1
ネットブラウズ の順に選択
145
メディア プレーヤー
メディア プレーヤー
本機には、ミュージックプレーヤー、RealPlayer、
Flash プレーヤーの3種類のメディアプレーヤーが
搭載されています。
ミュージックプレーヤー
ミュージックプレーヤーを利用して、音楽ファイル
を再生したり、プレイリストを作成し、登録した音
楽ファイルを再生したりすることができます。
本機への音楽ファイル追加については、
「音楽ファイ
ルの転送」(P.151) を参照してください。
著作権保護については、「著作権管理」(P.211) を参
照してください。
■ 音楽ファイルを再生する
ミュージックプレーヤー を起動すると、プレイリス
ト、または以前に再生した音楽ファイルが画面に表示
されます。
ミュージックプレーヤー は AAC、AAC+、eAAC+、MP3、
WMA といった形式のファイルをサポートしていま
す。ただし、すべてのファイル形式や、ファイル形
式の全変種に対応しているわけではありません。
ミュージックプレーヤーを利用してポッドキャスト
を聞くことができます。ポッドキャスティングとは、
RSS や ATOM 技術を使用し、インターネットを介
してオーディオやビデオコンテンツを配信し、携帯
機器や PC で再生できる仕組みのことです。
警告: 音楽を聞く際には、適度な音量を
守ってください。大音量で音楽を聞き続け
ると、聴覚に障害をきたす可能性がありま
す。ラウドスピーカーを使用する際には、
本機を耳に近づけないでください。
146
補足:ミュージックプレーヤーを起動するに
は、 を長く押します。 を短く押してマ
ルチメディアメニューからミュージックプ
レーヤーを選択することもできます。(「マ
ルチメディアメニュー」P.40)
1
> ミュージック > ミュージック > ミュージック を選択
補足:背後へ を
選択すると1つ
前の画面に戻り
ます。
2 本機前面部を下にスライ
ドさせ、メディアキーを
開く
ティスト、アルバム、ジャンル、または 作曲者
フォルダを選択
4 再生する音楽ファイル、またはプレイリストを選
択し、
を押す
補足:ナビゲーションキーを使用して操
作することもできます。
5 ミュージックプレーヤーを終了するには、オプ
ション > 終了 を選択
キー操作
機能
または
早送り
を長く押す
巻き戻し
を長く押す
一時停止
音量を調整
音楽ファイルを再生中、
あるいはミュージックプ
レーヤーの表示画面か
ら、再生モードを設定し
たり、再生中の音楽を着
信音に設定したりするこ
とができます。
再生しながら待受画面に戻る
を押す
1 音楽ファイルを再生中に
操作
前後のファイル
を再生
停止
■ 再生中にできること
を押す
を押す
を押す
音量調節キー
を押す
または
メディア プレーヤー
3 メニューから すべての曲、プレイリスト、アー
待受画面に戻ります。
・ 再生中に
を 2 回押しても待受画面に戻りま
す。
を長く押し、他の起動中のアプリケー
ションを選択することもできます。
補足:待受画面からミュージックプレー
ヤーに戻るには、 > ミュージック >
ミュージック を選択してください。
再生モードの選択
ランダム再生と繰り返し再生を選択することができ
ます。
ランダム再生
1 オプション > シャッフル > オン の順に選択
147
メディア プレーヤー
繰り返し再生
オーディオ設定
1 オプション > 繰り返し を選択
バランス、ラウドネス、サラウンド を変更すること
ができます。
次の種類を選択することができます。
・ すべて繰り返し - プレイリストにある音楽ファ
イルを繰り返し再生します。
・ 1 曲繰り返し - 選択した 1 曲を繰り返し再生し
ます。
・ オフ
- すべて繰り返し
- 1曲繰り返し
- シャッフル
音楽ファイルの再生中にビジュアライゼーションを表
示することができます。
プレイリストに追加する
「プレイリストに音楽ファイルを追加する」(P.150)
を参照してください。
イコライザ
着信音に設定する
周波数プリセットを選択し、音楽ファイル再生時の
音質を変更することができます。
着信音に設定できない音楽ファイルもあります。
1 オプション > イコライザ > 設定するプリセット
を選択 >
> 使用開始 の順に選択
・ プリセットを編集するには、編集するプリセッ
ト > オプション > 編集 の順に選択し、グラ
フィックイコライザを調節します。
・ 新規プリセットを作成するには、オプション >
新規プリセット > プリセット名を入力 > OK
を選択します。
148
視覚化
1 オプション > 視覚効果表示 > 視覚効果を選択
アイコン
・
・
・
1 オプション > オーディオ設定 を選択
1 オプション > 着信音に設定 を選択
メッセージが表示され、現在使用中のモードの音
声電話着信音が変更されます。
■ ミュージックライブラリを利用する
> ミュージック > ミュージック > ミュージック
ミュージックプレーヤーの音楽ファイルは、ミュー
ジックライブラリに保存されます。ミュージックライ
ブラリからミュージックリストを作成し、リストに音
再生中 画面からミュージックライブラリを開くには、
オプション > ミュージックメニューを開く を選択します。
ミュージックライブラリが表示されます。ミュージッ
クライブラリは次のフォルダで構成されています。
・ すべての曲 - 本機に保存されているすべての音楽
ファイルがリストされます。
・ プレイリスト - 作成したプレイリストごとに表示
します。
・ アーティスト - アーティストごとに表示します。
・ アルバム - アルバムごとに表示します。
・ ジャンル - ジャンルごとに表示します。
・ 作曲者 - 作曲者ごとに表示します。
ミュージックライブラリを更新する
ミュージックライブラリに音楽ファイルを追加した
り、削除したりした場合は、ライブラリを更新しま
す。
1
> ミュージック > ミュージック > オプション > 更新 を
選択
更新が完了するとメッセージが表示されます。
ミュージックライブラリの詳細を表示する
1 ミュージックライブラリで、オプション >
ミュージックライブラリ詳細 を選択
ミュージックライブラリ詳細リストに 曲数、時
間、電話機メモリ、メモリカード ( メモリカード
が挿入されている場合 )、更新 の日付が表示され
ます。
音楽ファイルを削除する
ミュージックライブラリに音楽ファイルを追加した
り、削除したりした場合は、ライブラリを更新して
ください。(「ミュージックライブラリを更新する」
P.149)
1 すべての曲 を選択 >
> 削除するファイルを
選択
メディア プレーヤー
楽ファイルを追加したり、削除したりすることができ
ます。
2 オプション > 削除 を選択
削除を確認するメッセージが表示されます。
3 はい を選択
■ プレイリスト
自分の好きな曲をプレイリストに登録し、再生する
ことができます。
> ミュージック > ミュージック > ミュージック > プレイ
リスト
プレイリストには、新規で追加したプレイリストの
他に次のリストが表示されます。
・ 再生回数最多曲
・ 最近再生した曲
・ 追加履歴
149
メディア プレーヤー
プレイリストを作成する
1 オプション > 新規プレイリスト作成 を選択
2 プレイリスト名を入力し、OK を選択
音楽ファイルを追加するかどうか確認のメッセー
ジが表示されます。はい を選択すると、プレイリ
ストに追加するファイルの選択画面が表示されま
す。
補足 : メモリカードが挿入されている場合、
プレイリストはメモリカードに保存されま
す。
プレイリストに音楽ファイルを追加する
1 音楽ファイルを追加するプレイリストを開く >
オプション > 曲の追加 を選択
を押す
プレイリストにファイルが追加されます。
プレイリストの再生順を変更する
1 再生順を変更するプレイリストを選択
音楽ファイルのリストが表示されます。
150
> リスト整理 を選択
ファイルが選択されます。
3
または
でファイルを移動 > 保存 を選択
再生順が変更されます。
・ 続けて再生順を変更する場合は、変更するファ
イル > 選択 > ファイルを移動 > 保存 を選択し
ます。
4 完了 を選択
プレイリストから音楽ファイルを削除する
1 音楽ファイルを削除するプレイリストを選択
音楽ファイルのリストが表示されます。
2 削除する音楽ファイルを選択 > オプション >
ミュージックフォルダに保存されている音楽ファ
イルのアーティスト名の一覧が表示されます。
アーティストを選択し、 を押すと、そのアー
ティストの音楽ファイルの一覧が表示されます。
を押すと、一覧を非表示にします。
2 リストから追加するファイルを選択 >
3 完了 を選択
2 再生順を変更したいファイルを選択 > オプション
削除 を選択
削除を確認するメッセージが表示されます。
3 はい を選択
プレイリストからファイルが削除されます。
プレイリストを削除する
この操作で削除されるのはプレイリストのみで、プレ
イリスト内の音楽ファイルは本機からは削除されませ
ん。
1 削除するプレイリストを選択 > オプション >
削除 を選択
削除を確認するメッセージが表示されます。
を押して
も削除できます。
2 はい を選択
その他の設定
・ マーク / マーク解除
・ 曲の詳細 - 音楽ファイルの詳細情報を確認しま
す。
・ アルバムアート - トラックごとに再生中画面に
表示する画像を選択することができます。
ミュージックライブラリにあるすべての曲フォルダか
ら、音楽ファイルを削除したり、整理したり、着信音
に設定したりすることができます。
音楽ファイルの転送
1
> ミュージック > ミュージック > ミュージック >
すべての曲 の順に選択
■ 音楽を転送する
音楽ファイルのリストが表示されます。
本機と互換性のある USB ケーブルや Bluetooth 接
続を使用して、互換性のある PC や他の対応機器か
ら音楽を転送することができます。Bluetooth につ
いては、「Bluetooth 接続」(P.182) を参照してく
ださい。
2 オプション を選択
次の機能を利用することができます。
・「再生中」を開く - 再生中の操作画面が開きま
す。
・ 再生 - ホームネットワークが設定されている場
合に表示されます。この機能に対応しているソ
フトウェアは同梱されておりません。
・ 送信 - MMS、E-mail(設定してある場合)、
Bluetooth、赤外線通信、Web に投稿 を利用
してファイルを送信します。Web に投稿 につ
いては「オンラインでファイルを共有する」
(P.139) を参照してください。
・ ホームネットワークにコピー - ホームネットワークが設定さ
れている場合に表示されます。この機能に対応
しているソフトウェアは同梱されておりません。
・ 削除
メディア プレーヤー
・ 削除するプレイリストを選択して、
本機のミュージックセレクションを変更した後にラ
イブラリを更新するには、ミュージックメニューで、
オプション > 更新 を選択します。
音楽の転送に必要な PC の環境は次のとおりです。
・ Microsoft Windows XP オペレーティングシス
テム ( または Microsoft Windows XP 以降 )
・ Windows Media Player アプリケーション対応
バージョンであること。
・ Nokia Nseries PC Suite をご使用の場合は、同
梱の DVD-ROM からインストール。
151
メディア プレーヤー
■ PC から音楽を転送する
■ Windows Media Player で音楽を
音楽の転送には、次の 3 つの方法があります。
転送する
・ 本機を外付けハードドライブとして PC に表示
し、本機対応 USB ケーブル、または Bluetooth
接続を使用してデータファイルを転送します。
USB ケーブルを使用する場合は、接続モードに
データ転送 を選択します。本機対応のメモリカー
ドを本機に挿入する必要があります。
・ 音楽データを Windows Media Player と同期し
ます。同期するには、本機対応 USB ケーブルを
接続し、接続モードに メディアプレーヤー を選択しま
す。本機対応のメモリカードを本機に挿入する必
要があります。
・ Nokia Nseries PC Suite の Nokia Music
Manager を使用します。本機対応 USB ケーブ
ルを接続し、接続モードに PC Suite を選択し
ます。
音楽データを同期する機能は、Windows Media
Player アプリケーションのバージョンによって異な
ります。詳しくは、Windows Media Player のユー
ザーガイドやヘルプを参照してください。本機とのご
利用は Windows Media Player 11 が推奨されま
す。本書では Windows Media Player 11 の操作手
順を記載しています。
デフォルトの USB 接続モードを変更するには、
> ツール > 外部接続 > USB > USB モード の順に
選択します。
Windows Media Player と Nokia Nseries PC
Suite の Nokia Music Manager は、音楽ファイル
を転送するのに最適化されています。Nokia Music
Manager での音楽の転送については、Nokia
Nseries PC Suite のヘルプを参照してください。
手動で同期する
本機と互換性のある PC を接続し、本機のメモリが不
足している場合は、Windows Media Player は、自
動的に手動同期を選択します。手動で同期するには、
移動、コピー、または削除する音楽やプレイリストを
選択します。
最初に本機を互換性のある PC と接続した時に、
Windows Media Player に表示される本機の名称を
入力する必要があります。
1 本機を Windows Media Player と接続後、本
機の他に接続されている機器がある場合は、右枠
の機器リストから本機を選択
2 左側のナビゲーション枠で、PC に保存されてい
る音楽ファイルから同期するファイルを選択
3 同期する音楽ファイルを右の「同期リスト」にド
ラッグしてドロップ
152
の上に表示されます。
4 音楽やアルバムを削除する場合は、「同期リスト」
から削除するアイテムを選択 > 右クリック >
「リストから削除」を選択
5「同期の開始」をクリックして同期を開始
自動で同期する
1 Windows Media Player で自動同期をおこな
うには、
「同期」タブをクリックし、「Nokia
N95」> 「同期の設定」を選択し、
「このデバイ
スを自動的に同期させる」チェックボックスに
チェックを付ける
2「使用可能な再生リスト」枠で、自動で同期したい
プレイリストを選択し、「追加」をクリック
選択したアイテムは、
「同期させる再生リスト」枠
に移動します。
3 自動同期を終了するには、「完了」をクリック
「このデバイスを自動的に同期させる」チェックボッ
クスが選択されている状態で本機を接続すると、
Windows Media Player で選択したプレイリストの
情報を基に本機のミュージックライブラリが自動的に
更新されます。
プレイリストが選択されなかった場合は、すべての
PC ミュージックライブラリが同期のために選択され
ます。PC ミュージックライブラリには、本機のメモ
リや本機に挿入されているメモリカードの容量以上
の音楽ファイルが保存されている場合があるので注
意してください。詳細については Windows Media
Player のヘルプを参照してください。
自動同期を中止するには、「同期」タブをクリック
し、
「Nokia N95」>「同期の中止」を選択します。
RealPlayer
RealPlayer では、ビデオクリップなどを再生するこ
とができます。ウェブ上のストリーミングコンテン
ツを、本機に保存せずに再生することも可能です。
メディア プレーヤー
・ 本機の利用可能なメモリ容量が「同期リスト」
RealPlayer は .3gp、.mp4、.rm といった拡張子
のファイルに対応しています。ただし、すべての
ファイル形式や、ファイル形式の全変種に対応して
いるわけではありません。
■ ビデオファイルや音楽ファイルを
再生する
電話機メモリ、あるいは互換性のあるメモリカード
(電話機に挿入されている場合)に保存されているメ
ディアファイルを RealPlayer で再生することがで
きます。
ギャラリーからメディアファイルを再生する手順に
ついては、「ギャラリー」(P.130) を参照してくださ
い。
153
メディア プレーヤー
1
> アプリ > メディア > RealPlayer の順に
選択
2 オプション > 開く > 保存ファイルから の順に
選択
・ 最近使ったファイル を選択すると、最近再生し
たファイルのリストから再生できます。最近再
生したファイルリストが画面に表示されます。
3 電話機メモリ または メモリカード を選択 > OK
を選択
フォルダが表示されます。
4 フォルダを開き、再生するメディアファイルを
選択 >
を押す
本機前面を下にスライドさせ、ランドスケープ(横
長表示)にした場合、メディアキーを使用して操作
をおこないます。
メディアファイル再生時の操作
機能
154
操作(RealPlayer からの再生時)
早送り
または
を長く押す
巻き戻し
または
を長く押す
消音
が画面に表示されるまで音量調節
キー
を長く押す
音声復帰
が画面に表示されるまで音量調節
キー
を長く押す
機能
操作(RealPlayer からの再生時)
音量調節
音量調節キー
、または
を押す
補足:ビデオクリップを全画面表示するには、
を押します。もう一度押すと、元のサイ
ズ(標準画面表示)に戻ります。
■ ストリーミング再生
RealPlayer は rtsp:// という URL を選択すると起
動します。サイト上では、.ram ファイルへの http
リンクを認識します。ストリーミングご利用中では一
時停止した場合でも通信は継続されますのでパケット
通信料が発生しています。
無線でストリーミング再生をおこなうには、ギャラ
リー、ウェブサイト、受信した SMS あるいは MMS
に保存されているストリーミングリンクからアクセス
してください。ライブコンテンツのストリーミングを
再生する前に、本機はサイトに接続してコンテンツの
読み込みを開始します。コンテンツは本機には保存さ
れません。
■ RealPlayer の設定
RealPlayer のオプション設定では、再生の繰り返し
を設定するビデオ設定や、プロキシやネットワークの
接続設定を選択することができます。
ビデオ設定
1 ビデオ を選択
次のオプションを選択することができます。
・ 繰り返し - オン を選択すると再生終了後、自動
的にビデオの再生を繰り返します。
ストリーミング設定
プロキシ設定とネットワーク設定が可能です。詳細に
ついては、サービスプロバイダにお問い合わせくださ
い。
1 ストリーミング を選択
プロキシ 設定
・ プロキシ使用 - プロキシサーバを利用するには
はい を選択します。はい を選択すると、
プロキシサーバアドレス とプロキシポート番号 の入力が
可能になります
用語: プロキシサーバは、メディアサー
バとユーザ間に位置する中間サーバです。
サービスプロバイダによっては、映像
ファイル、および音楽ファイルを含むブ
ラウザページの表示時間を早くしたり、
あるいは、セキュリティを強化するため
に利用する場合もあります。
・ デフォルトアクセスポイント - ウェブ接続用のアクセスポイ
ントをリストから選択します。
・ オンライン時間 - ユーザ定義 を選択すると、
ネットワークリンクを利用して再生したメディ
アクリップを一時停止した場合に、
RealPlayer がネットワークからタイムアウ
トする時間を設定できます。時間を入力して
OK を選択します。
・ 最小 UDP ポート - サーバのポート範囲から下
限ポート番号を入力します。最小値は 1024
です。
・ 最大 UDP ポート - サーバのポート範囲から、
上限ポート番号を入力します。最大値は
65535 です。
メディア プレーヤー
> アプリ > メディア > RealPlayer >
オプション > 設定
補足:ネットワークのバンド幅を設定す
るには、オプション > 詳細設定 を選択し
てください。
Flash プレーヤー
Flash プレーヤーを利用して、携帯電話用に作成さ
れた Flash ファイルを再生することができます。
■ Flash ファイルを再生する
Flash プレーヤーを開くと、対応するファイルリス
トが画面に表示されます。ファイルマネージャの
ネットワーク 設定
155
メディア プレーヤー
「その他」フォルダに対応されているファイルが保存
されている場合のみ、画面に表示されます。
1
2
> アプリ > メディア > Flash の順に選択
または
を利用して、電話機メモリ または
メモリカード を選択
3 再生するファイル > オプション > 開く の順に
選択
・ 音量は本機側面にある音量調節キーで調節しま
す。
再生中の操作
ファイル再生中に オプション (
)を選択する
と、次の操作をおこなうことができます。
・ 一時停止 - 解除するには、オプション > 再開 を
選択します。
・ 停止
・ ミュート - 解除するには、オプション > ミュート
解除 を選択します。
・ リプレイ - ファイルの最初から再生します。
・ 画質 - 低、標準、高 画質を選択します。
・ 全画面表示 - 全画面表示にします。標準画面に戻
るには、標準画面表示 を選択します。
を押す
と、オプションメニューが表示されます。
・ ズームイン / ズームアウト - ズームイン すると、
画面に合わせる、パンモードオン / パンモードオ
フ が表示されます。
・ アプリケーションについて
156
・ 詳細表示 - ファイル名やファイル形式などを表示
します。
補足 : 停止画面の オプション は、再生中画
面の オプション と内容が異なります。また、
停止画面に表示されているファイルを 送信
することができます。
■ Flash ファイルの管理
フォルダを作成して、ファイルの管理ができます。
> アプリ > メディア > Flash
新規フォルダを作成する
1 オプション > 整理 > 新規フォルダ の順に選択
フォルダ名の入力画面が表示されます。
2 フォルダ名を入力し、OK を選択
フォルダが作成されます。
Flash ファイルの名前を変更する
1 名前を変更するファイル > オプション > 名前変更
の順に選択
名前変更の入力画面が表示されます。
2 変更名を入力し、OK を選択
整理 > フォルダへコピー または フォルダへ移動
の順に選択
コピー先が表示されます。
2 移動またはコピー先を選択 > OK を選択
Flash ファイル / フォルダを削除する
1 削除するファイルまたはフォルダ > オプション >
削除 の順に選択
確認のメッセージが表示されます。
これより先の手順については、「MMS を作成 / 送
信する」(P.86)、「Bluetooth 接続」(P.182)、
「赤外線通信」(P.186)、「オンラインでファイル
を共有する」(P.139) を参照してください。
メディア プレーヤー
Flash ファイルをフォルダへ移動 / コピーする
1 移動またはコピーするファイル > オプション >
2 はい を選択
バージョン情報を表示する
1 バージョン情報を表示するファイル > オプション
> アプリケーションについて を選択
詳細情報を表示する
ファイル名やファイル形式などが表示されます。
1 詳細を表示するファイル > オプション > 詳細表示
の順に選択
Flash ファイルを送信する
1 送信するファイル > オプション > 送信 の順に
選択
2 送信方法を選択
157
便利な機能
便利な機能
・
カレンダー
カレンダー に会議や記念日を登録して、設定した日時に通
知を受けたり、To-do リストやメモなどを保存して仕
事や用事のスケジュールを管理することができます。
> アプリ > カレンダー
■ カレンダーを表示する
カレンダーの画面を、月表示、
週表示、および To-do リスト
表示に切り替えることができま
す。デフォルトは月表示に設定
されています。
エントリを登録すると、月表示
の場合、日付の右下隅に小さな
三角形が表示されます。
週表示の場合には、メモ、記念
日、To-do のアイコンが曜日の
下に表示されます。
カレンダー表示を変更する
を押す
1 月表示画面で、
週表示画面が表示されます。
158
を続けて押すと、日表示、To-do リスト
表示に画面が切り替わります。
補足 : カレンダー を開いた時の表示タイプや、週
表示の週開始日を指定することが可能です。
オプション > 設定 から選択します。「カレン
ダーを設定する」( P.162) を参照してくださ
い。
特定の日に移動する
1 日 / 週 / 月 表示で、オプション > 指定日へ移動
を選択
日付の入力画面が表示されます。
2 日付を入力し、OK を選択
指定した日時にカーソルが移動します。
今日の日付に移動する
を押す
1
今日の日付にカーソルが移動します。
■ カレンダーエントリを登録する
カレンダー には、予定、メモ、記念日、To-do エントリ
を登録することができます。
エントリの入力画面が表示されます。
3 それぞれのフィールドに内容
を入力する
入力できるのは、次のフィー
ルドです。
・ 件名
・ 場所
・ 開始時刻
・ 終了時刻
・ 開始日
・ 終了日
・ アラーム - イベントを通知するように設定する場
合は、オン を選択します。アラームの日時を入
力します。
・ 繰り返し - エントリを一定間隔で繰り返す場合に
を押して選択します。
・ 同期 - Nokia Nseries PC Suite などを利用し
て、互換性のある PC のカレンダーと同期する場
合に選択します。
プライベート:カレンダーがオンラインになったとき
に他のユーザからは予定が見えません。
パブリック:カレンダーがオンラインになったと
きにエントリがすべてのユーザに表示されます。
なし: エントリは同期されません。(「同期」
P.191)
4 完了 を選択
エントリが保存されます。
・ エントリの詳細データを追加することもできま
す。(「詳細データを追加する」P.160)
便利な機能
予定を登録する
1 エントリを登録する日を選択
2 オプション > 新規エントリ > 予定 の順に選択
ショートカット :
> アプリ > カレンダー > 任意の
キー (
∼
) の順に選択すると、
予定 エントリの入力画面が開きます。
メモを登録する
1 オプション > 新規エントリ > メモ の順に選択
エントリの入力画面が表示されます。
2 それぞれのフィールドに内容を入力する
入力できるのは、次のフィールドです。
・ 件名
・ 開始日
・ 終了日
・ 同期
3 完了 を選択
エントリが保存されます。
・ エントリの詳細データを追加することもできま
す。(「詳細データを追加する」P.160)
記念日を登録する
1 オプション > 新規エントリ > 記念日 の順に選択
159
便利な機能
エントリの入力画面が表示されます。
2 それぞれのフィールドに内容を入力する
入力できるのは、次のフィールドです。
・ 行事
・ 日付
・ アラーム - 設定すると毎年その日を通知します。
・ 同期
3 完了 を選択
エントリが保存されます。
・ エントリの詳細データを追加することもできま
す。詳細については後述の「詳細データを追加
する」を参照してください。
To-do を登録する
1 オプション > 新規エントリ > To-do の順に選択
エントリの入力画面が表示されます。
2 それぞれのフィールドに内容を入力する
入力できるのは、次のフィールドです。
・ 件名
・ 期限日 - タスクの完了期限を入力します。
・ アラーム
・ 優先度 を押してタスクの重要度を 高、標
準、低 から設定します。
・ 同期
3 完了 を選択
エントリが保存されます。
160
・ エントリの詳細データを追加することもできま
す。詳細については後述の「詳細データを追加す
る」を参照してください。
・ To-do 表示で任意のキーを押すと、To-do ノー
トエントリが開きます。To-do 表示にするには、
「カレンダー表示を変更する」(P.158) を参照し
てください。
・ 完了した To-do に完了マークを付けるには、オ
プション > 完了マーク を選択します。完了マー
クを付けると、カレンダーからエントリの表示が
消えますが、To-do リストからは削除されませ
ん。完了マークを解除するには、全 To-do 表示
で、オプション > 完了マーク解除 を選択しま
す。
詳細データを追加する
エントリの詳細を入力し、フィールドに追加すること
ができます。エントリを開き、オプション > 詳細デー
タの追加 > 新規作成 の順に選択します。
オフィス の ノート に登録した内容をエントリに追加
することもできます。オプション > 詳細データの追加
> 既存ノートを使用 の順に選択します。
補足 : カレンダーから新規作成した詳細デー
タは、オフィス の ノート には登録されませ
ん。
■ カレンダーエントリを送信する
メモエントリにアラームを設定することはできません。
互換性のある機器に、SMS、MMS、E-mail、
Bluetooth、赤外線通信を利用して、カレンダーエン
トリを送信することができます。
アラームを登録 / 解除する
1 アラームを登録するエントリを選択 > オプション
> 開く を選択
エントリ入力画面が表示されます。
2 アラーム > オン または オフ > OK を選択
アラーム音を選択する
アラーム音を変更することができます。
1 オプション > 設定 > カレンダーアラーム音 の順に選択
サウンドリストが表示されます。
2 アラーム音を選択 > 選択 を選択
・ アラーム音にカーソルを合わせると、そのアラー
ム音を聞くことができます。
アラームが鳴ったときの操作
・ アラーム音が鳴っている時に 消音 を選択すると消
音になります。消音 を選択しても、通知メッセー
ジは画面に表示されたままです。
・ アラーム音をいったん停止し、5 分後に再開するに
は、スヌーズ を選択します。
・ アラーム音が鳴っている時に 停止 を選択すると、
アラームが停止します。
1 送信するカレンダーエントリを選択
2 オプション > 送信 > 送信タイプの順に選択
便利な機能
■ アラームを設定する
送信リストが表示されます。
「SMS を作成 / 送信する」(P.85)、「MMS を作成
/ 送信する」(P.86)、「E-mail を作成 / 送信する」
(P.87)、「Bluetooth 接続」(P.182)、「赤外線通
信」(P.186) を参照してください。
E-mail で送信するには、本機のメールボックスが定義
されている必要があります。受信する機器により送信
方法が限られる場合があります。(「E-mail クライア
ント設定」P.96)
■ カレンダーエントリを削除する
1 件削除する
1 削除するカレンダーエントリを選択
2 オプション > 削除 を選択
・
を押して削除することもできます。
3 はい を選択
カレンダーエントリが削除されます。
161
便利な機能
全件削除する
> アプリ > カレンダー の順に選択
1
・ カレンダーが月表示でない場合は、
・ デフォルト表示 - カレンダーを開いたときに、月
を押
して、月表示にしてください。
2 月表示画面で、オプション > エントリ削除 >
すべてのエントリ の順に選択
3 はい を選択
カレンダーエントリが全件削除されます。
指定日より前のエントリを削除する
日付を指定し、その日より前に登録してあるエントリ
を削除することができます。
表示、週表示、日表示、To-do 表示にするかを
選択します。
・ 週開始日 - 週表示でカレンダーを開いたときに、
先頭にくる曜日を選択します。
・ 週表示タイトル - 週開始日を月曜日にすると選択
できます。週表示のタイトルを週番号にするか、
週の日付にするかを選択します。週番号は、週開
始日を月曜日にすると、画面に表示されます。
電卓
> アプリ > 電卓
1 月表示画面で、オプション > エントリ削除 > 指定
注意:この計算機は単純な計算用に設計され
ており、精度には限界があります。
日より前を削除 の順に選択
2 指定日を入力 > OK を選択
指定日より前のエントリが削除されます。
補足 : メモリ不足を防ぐため、カレンダー から過
去のエントリを削除することをおすすめしま
す。
■ カレンダーを設定する
1
> アプリ > カレンダー > オプション > 設定 の順
に選択
次のオプションを設定することができます。
・ カレンダーアラーム音 -「アラームを設定する」(P.161)
を参照してください。
162
■ 計算の実行
1 計算する最初の数字を入力する
・ 小数点を追加するには、
を押します。
2 使用する演算子を選択し、 を押す
3 次の数字を入力する
・ 計算を続ける場合は、演算子と数字を入力しま
す。
4 計算を実行するには、「=」を選択し、
を押す
オプションから次の機能が選択できます。
・ 前回の結果 - 前回の計算結果を表示します。
・ メモリ > 保存 - エディタフィールドの数字を保存し
ます。1回に1つの数字しか保存できません。
・ メモリ > 再呼び出し - 保存したメモリを呼び出しま
す。
・ メモリ > クリア - 保存したメモリを削除します。
・ 画面クリア - 画面を消去して新しい計算を開始しま
す。
を選択
4 最初の 数量 フィールドを選択 > 変換する値を入力
5 下の 単位 フィールド> 変換先の単位を選択 > OK
を選択
下の数量フィールドに変換された値が表示されま
す。
記号の入力には次のボタンを使用します。
・ 小数点 :
を押す
・ +, - ( 温度)、E ( 指数 ):
を押す
コンバータ
■ 基本通貨と通貨交換レートの設定
コンバータでは単位の変換が可能です。例えば、長さ
の単位を ヤード から メートル に変換することができ
ます。
通貨換算をおこなう前に、基本通貨を選択して交換
レートを入力する必要があります。
本機の コンバータ は簡易版です。四捨五入の際には誤差が
生じることがあります。
例として、日本円を米ドルへ変換します。
デフォルトでは値は何も設定されていません。
> アプリ > オフィス > コンバータ
■ コンバータを操作する
1 タイプ フィールド >
を押す
便利な機能
3 上の 単位 フィールド > 変換元の単位を選択 > OK
計算機のオプション設定
通貨の換算方法
1 タイプ フィールド > 通貨 > OK の順に選択
2 単位フィールド > 自国 > OK の順に選択
自国通貨を日本円と考えます。
3 オプション > 通貨レート を選択
4 外貨フィールドを選択 > 交換レートを入力 > 完了
を選択
タイプリストが表示されます。
2 変換する値の種類を選択 > OK を選択
163
便利な機能
・ 交換レートは、自国通貨を 1 とした場合の変換
先通貨の比率になります。ここでは日本円を1
とした米ドルの値を入力します。
・ フィールドの「外貨」表示を、実際の通貨名に
変更することができます。オプション > 通貨名
変更 を選択し、 を押し、例えば「米ドル」と
入力します。
・ 設定したフィールドを削除するには、オプショ
ン > 通貨削除 を選択します。
5 上の数量フィールドを選択し、変換元の値を入力
下の数量フィールドに換算された金額が表示され
ます。
基本通貨を変更する場合は、基本通貨にする通貨を選
択 > オプション > 基本通貨に設定 を選択します。
注意:基本通貨を変更すると、前に設定し
た交換レートがゼロになるので、新しい
レートを入力する必要があります。
ノート
本機のノートにテキスト文書を入力することができま
す。ノートを他の互換性のある機器に送信したり、受
信したテキストファイル(.txt ファイル形式)をノー
トに保存したりすることが可能です。
> アプリ > オフィス > ノート
164
■ ノートを作成する
1 オプション > 新規ノート > 内容を入力 > 完了 を
選択
ノートが登録されます。
■ ノートを送信する
1 送信するノート > オプション > 送信 > 送信タイプ
の順に選択
詳細については、「SMS を作成 / 送信する」
(P.85)、「MMS を作成 / 送信する」(P.86)、「Email を作成 / 送信する」(P.87)、
「Bluetooth 接
続」(P.182)、「赤外線通信」(P.186) を参照して
ください。
Quickoffice
Quickoffic e アプリケーションを使用すると、他の機
器で作成した Microsoft Word 文書や、Microsoft
Excel 文書、Microsoft PowerPoint プレゼンテー
ション、テキストファイルを本機で見ることができま
す。すべてのファイル形式や、機能をサポートしてい
るわけではありません。Apple Macintosh で作成さ
れたファイルはサポートしていません。
> アプリ > オフィス > Quickoffice の順に選択
すると、電話機メモリや、互換性のあるメモリカード
( 電話機に挿入されている場合 ) に保存されている
それぞれ対応するアプリケーションでファイルを開く
には、ファイルを選択し、 を押します。ファイルを
並べ替えるには、オプション > 並べ替え の順に選択し
ます。
Quickword、Quicksheet、Quickpoint、
Quickmanager タブを開くには、 、または
押します。
を
■ Quickword
Quickword を使用すると、Microsoft Word 文書を
本機に表示できます。
Quickword は Microsoft Word 97、2000、XP、
2003 の .doc と .txt 形式で保存された文書に対応し
ています。記載したファイル形式のすべての変形形式
や機能に対応しているわけではありません。
「詳細情報」(P.167) を参照してください。
Word 文書を表示する
> アプリ > オフィス > Quickoffice の順に
1
選択
Word 文書の一覧が表示されます。
2 文書を選択し、
を押す
オプション を選択して、次の操作をおこなうこと
ができます。
・ ズーム - ズームインやズームアウトができます。
・ 移動 - 文書の先頭 / 末尾への移動や、移動位置
の指定ができます。
・ 検索オプション - 検索 を選択し、文書内の文字
を検索します。
・ 自動スクロール開始 - 文書を自動的にスクロール
便利な機能
.doc、.xls、.ppt、.txt 形式のファイルの一覧が表示さ
れます。
できます。
・ 自動スクロール終了 - 文書の自動スクロールを停
止します。
・ 名前を付けて保存 - E-mail 添付ファイルとして
受信した文書を保存したり、編集モードで変更
を加えた文書を保存したりすることができます。
・ 編集モードにアップグレード - 編集機能をサポートする
Quickword にアップグレードします。アップグ
レードには料金がかかります。
文書内を移動するにはナビゲーションキーを使用しま
す。
■ Quicksheet
Quicksheet を使用すると、Microsoft Excel ファ
イルを本機に表示できます。
Quicksheet は、Microsoft Excel 97、2000、
XP、2003 の .xls 形式で保存されたスプレッドシー
トファイルをサポートしています。記載したファイル
形式のすべての変形形式や機能に対応しているわけで
はありません。
165
便利な機能
「詳細情報」(P.167) を参照してください。
スプレッドシートを表示する
> アプリ > オフィス > Quickoffice の順に
1
選択
2
を1回押す
Excel 文書の一覧が表示されます。
3 文書を選択し
を押す
・ 名前を付けて保存 - E-mail 添付ファイルとして
受信した文書を保存したり、編集モードで変更を
加えた文書を保存したりすることができます。
・ 編集モードに切り替え - 編集機能をサポートする
Quicksheet にアップグレードします。アップ
グレードには料金がかかります。
スプレッドシート内を移動するにはナビゲーション
キーを使用します。
オプション を選択して、次の操作をおこなうこと
■ Quickpoint
ができます。
・ ワークシート - ワークシート間の切替をおこな
Quickpoint を使用すると、Microsoft PowerPoint
います。
プレゼンテーションを本機の画面に表示できます。
・ ズーム - ズームインやズームアウトができます。
Quickpoint は Microsoft PowerPoint 2000、
・ 表示範囲変更 - 現在開いているワークシート内
XP、2003 の .ppt 形式で作成されたプレゼンテー
をブロック単位でナビゲートできます。画面に
ションをサポートしています。記載したファイル形式
は行と列を含むブロックが表示されます。行や
のすべての変形形式や機能に対応しているわけではあ
列を表示するには、ナビゲーションキーを使用
りません。
してブロックを選択し、OK を選択します。
「詳細情報」(P.167) を参照してください。
・ サイズ変更 - 行や列の幅を調整できます。
・ 枠を固定 - 強調表示した行、列、またはその両
プレゼンテーションを表示する
方を表示したままスプレッドシート内を移動で
> アプリ > オフィス > Quickoffice の順に
1
きます。枠固定解除 を選択して解除することが
選択
できます。
・ 検索オプション - 検索 を選択し、スプレッド
2
を2回押す
シートの値や数式に含まれる文字を検索します。
プレゼンテーションの一覧が表示されます。
3 文書を選択し
166
を押す
スライド表示、アウトライン表示、ノート表示の間で
切り替えをおこなうには、
または
を押します。
または
を押すと、プレゼンテーションの次ま
たは前のスライドに移動できます。
■ Quickmanager
Quickmanager を使用して、アップデートやその他
の有用なアプリケーションなどのソフトウェアをダウ
ンロードすることができます。ダウンロードしたソフ
トウェアの料金はクレジットカードでお支払いいただ
けます。
「ダウンロードが完了するまで課金は発生しません」と
表示される場合がありますが、ダウンロード中は通信
料がかかります。
ダウンロードしたコンテンツによっては、コンテンツ
に対応したアプリケーションが自動的に起動されない
場合があります。
Quickword、Quicksheet、Quickpoint を編集機能
をサポートするバージョンにアップグレードするに
は、ライセンスを購入する必要があります。
便利な機能
オプション を選択して、次の操作をおこなうこと
ができます。
・ 全画面表示 - プレゼンテーションを全画面表示に
切り替えます。
・ アウトライン - アウトライン表示で、プレゼン
テーションのアウトライン項目を展開するには、
展開 を選択します。
・ 名前を付けて保存 - E-mail 添付ファイルとして
受信した文書を保存したり、編集モードで変更を
加えた文書を保存したりすることができます。
・ 編集モードにアップグレード - 編集機能をサポートする
Quickpoint にアップグレードします。アップグ
レードには料金がかかります。
Quickmanager を開く
> アプリ > オフィス > Quickoffice >
1
Quickmanager の順に選択
■ 詳細情報
Quickword、Quicksheet、Quickpoint に関し
て問題が発生した場合は、http://www.quickoffice.
com ( 英語 ) にアクセスして、詳細情報をご覧くださ
い。
電子メールによるサポートもおこなっています。電子
メールアドレスは次のとおりです。
supports60@quickoffic e.com( 英語 )
音声メモ
> アプリ > メディア > 音声メモ
本機の音声メモ機能では、音声メッセージを録音した
り、通話中の会話を録音したりすることができます。
録音した音声ファイルはギャラリーに保存されます。
167
便利な機能
音声メモは、データ通信中、またはパケットデータ通
信中に使用すると録音できない場合があります。
音声を録音する
1 録音(
)が選択されている状態で、
を押す
音声メッセージの録音が開始されます。
2 停止 を選択して録音を終了する
通話中の音声を録音する
1 通話中に、
> アプリ > メディア > 音声メモ の
)が選択されている状態で、
1
> アプリ > オフィス > Adobe PDF の順に選
択
最近使用した PDF 文書の一覧が表示されます。
・ 電話機メモリや、互換性のあるメモリカード ( 本
機に挿入されている場合 ) に保存されている文書
を検索したり、開いたりするには、オプション
> ファイル参照 を選択するか、 > ツール >
ファイル の順に選択してください。
2 文書を選択し、
順に選択
2 録音(
■ PDF 文書を表示する
を押す
録音中は、通話者双方に 15 秒間隔でビープ音が
聞こえます。
3 停止 を選択して録音を終了
Adobe Reader
Adobe Reader を使用すると、PDF 文書を本機の画
面に表示できます。
このアプリケーションは、携帯電話機などモバイル機
器に格納された PDF 文書用に最適化されています。
そのため、PC 版と比較すると限定的な機能しかあり
ません。
を押す
オプション を選択して、ズーム、検索、表示変更、
送信などをおこなうことができます。
■ 詳細情報
詳細情報については、http://www.adobe.com ( 英語
) を参照してください。
アプリケーションについての質問、提案、情報の共有
については、http://adobe.com/support/forums/
main.html( 英語 ) にアクセスし、Symbian OS user
forum の Adobe Reader を参照してください。
ラジオ ( ネットワークサービス )
> ミュージック > Radio
168
・ ラジオステーションを正しく定義した Visual
Radio ID を入手している。
(日本国内では Visual
ID はご使用になれません。)
ラジオ機能を利用して FM ラジオを聞いたり、本機に
お気に入りのラジオステーションを登録することがで
きます。Visual Radio サービスを提供しているラジオ
ステーションを聞く時には、ラジオ番組に関連したビ
ジュアル情報を見ることができます。Visual Radio で
は、パケットデータ(ネットワークサービス)を利用
します。本機では、ラジオを聞きながら、他の機能を
利用することができます。
Visual Radio サービスを利用できない場合には、そ
のラジオステーションが、Visual Radio をサポート
していない可能性があります。Visual Radio サービ
スは、全世界の全地域でサービス可能というわけでは
ありません。
Visual Radio サービスを提供しているラジオステー
ションについては、http://www.visualradio.com
( 英語 ) を参照してください。
■ ラジオを聞く
Visual Radio は日本国内では対応されておりません。
■ ラジオをご利用になる前に
ラジオを利用するには、次の条件が必要です。
・ 本機の電源がオンになっている。
・ 有効な USIM カードが挿入されている。
・ ラジオステーション、およびネットワークオペレー
タが各サービスに対応している。
・ ラジオサーバに接続するために、インターネットア
クセスポイントが定義されている。(日本国内で
FM ラジオを聞く場合は、アクセスポイントを設定
する必要はありません。)
便利な機能
はじめて Visual Radio を開いたときに、ウィザード
を利用してラジオステーションを登録することができ
ます。
ラジオ放送の音声品質は、ラジオ局の受信範囲により
地域ごとに異なります。
・ FM ラジオを聞くためには、互換性のある有線の
ヘッドセットが必要です。FM ラジオは、無線機器
のアンテナ以外のアンテナに依存します。FM ラジ
オが正しく機能するには、互換性のあるヘッド
セットまたはアクセサリを本機に取り付ける必要
があります。
・ 本機に搭載のラウドスピーカー、あるいは互換性
のあるヘッドセットからラジオを聞くことができ
ます。ヘッドセットのリード線はラジオのアンテ
ナとして利用されるので、リード線を小さく一つ
に束ねることは避けてください。
・ ラジオを聞きながら、電話をかけたり、電話を受
けたりすることが可能です。通話を開始すると、
ラジオがオフになります。
169
便利な機能
警告: 音楽を聞く際には、適度な音量を
守ってください。大音量で音楽を聞き続け
ると、聴覚に障害をきたす可能性がありま
す。ラウドスピーカーを使用する際には、
本機を耳に近づけないでください。
選局する
または
1
ラジオステーションを手動で設定する
1 オプション > 手動チューニング を選択
周波数の入力画面が表示されます。
2 周波数を入力し、OK を選択
ラウドスピーカーを使用する
を押して調節しま
ラジオステーションを自動で設定する
パケットデータ接続を使用して、ラジオステーション
を自動で設定することができます。はじめて Radio
を開いたときにはウィザードが起動するので、指示に
従って設定をおこないます。アクセスポイント選択画
面が表示された場合は、「Application Connection」
を選択します。
1 オプション > ステーションフォルダ を選択
170
設定可能なステーションの一覧が表示されます。
3 オプション > すべてのステーション保存 を選択
・ 個別にステーションを保存する場合は、ステー
ションを選択した状態で、オプション > ステー
ション > 保存 を選択します。
を選択し
を押す、あるいはメディ
アキー
または
を
長く押してチューニング
ラジオステーションの検索
を開始します。ラジオス
テーションにチューニング
されると、検索がストップ
します。
・ 音量は、本機側面にある
音量調節キー
または
す。
場所の一覧が表示されます。
2 Asia > 日本 > 地域、都市を選択
ラウドスピーカーを利用する場合にも、本機とヘッド
セットを接続したままにしてください。ヘッドセット
のリード線が、ラジオのアンテナとして機能します。
アンテナとして機能させるため、リード線を一つに束
ねることは避けてください。
1 オプション > ハンズフリースピーカー有効 を選択
待受画面に戻る
ラジオをつけたまま、待受画面に戻ることができます。
1 オプション > バックグラウンドで再生 を選択
・
を押して待受画面に戻ることもできます。
■ ビジュアルコンテンツの表示
ステーションリストに、ラジオステーションを登録す
ることができます。
日本国内では対応されておりません。
ステーションリストに登録する
選局したラジオステーションで利用できるコンテンツ
を表示することができます。
1
を選択、または、オプション > ビジュアルサービス
開始 の順に選択
現在聞いているラジオステーションを、ステーション
リストに登録することができます。
1
または
を選択し、
を押してチューニン
グ
・ メディアキー
または
を長く押して
チューニングすることもできます。
2 オプション > ステーション保存 を選択
3 ステーション番号を選択 > 選択 を選択
4 ステーション名を入力 > OK を選択
ステーションリストに登録されます。
補足 : 登録したラジオステーションへの
ショートカットを、マルチメディアメニュー
に追加することができます。(「ショートカッ
トを変更する」P.41)
ステーションリストを開く
1 オプション > ステーション を選択
・ ステーションリストで オプション > ステーショ
ン を選択すると、ステーションの編集、移動、
削除などがおこなえます。
コンテンツを表示する
便利な機能
■ ラジオステーションを登録する
ビジュアルサービス ID がラジオステーション用に
登録されていない場合は、ラジオステーションな
どから ID を受信します。
■ Visual Radio の設定
日本国内では対応されておりませんが、開始音 の設定
は可能です。
Visual Radio のオプションから次の設定が可能です。
1 オプション > 設定 を選択
・ 開始音 - ラジオを開始する際に、起動音を鳴らす
には オン を選択します。
・ 自動起動サービス - ステーションリストに登録済
みで、ビジュアルラジオサービスを提供してい
るラジオステーションを選択した際に、ビジュ
アルサービスを自動的に表示させるには、はい
を選択します。
・ アクセスポイント - Visual Radio のデータ接続
に利用するアクセスポイントを選択します。通
171
便利な機能
常の FM ラジオを聞く場合には、アプリケー
ションのアクセスポイントを設定する必要はあ
りません。
・ 現在の地域 - ラジオステーション用に現在の地
域を選択します。電波の状態によっては、この
オプションは表示されない場合があります。
を押す
圧縮したファイルは、電話機メモリ、およびメモリ
カード ( 本機に挿入されている場合)に保存すること
ができます。
■ zip ファイルを解凍する
Zip Manager
1 解凍するアーカイブファイルを選択し、
Zip manager を利用して、ファイルを圧縮すること
ができます。ファイルを圧縮するとファイル容量が減
り、互換性のある機器に送信するときなどに便利で
す。
2 解凍するファイルを選択し、オプション > 抽出 を
> アプリ > オフィス > Zip
アーカイブフォルダとアーカイブファイルの一覧が表
示されます。
■ ファイルを圧縮する
最初にアーカイブファイル (zip ファイル ) を作成し、
作成したアーカイブファイルに、圧縮するファイルを
追加します。
1 オプション > 新アーカイブ を選択
アーカイブ名の入力画面が表示されます。
2 アーカイブ名を入力し、OK を選択
作成したアーカイブが開きます。
3 オプション > アーカイブに追加 を選択
172
4 圧縮するファイルを選択し、
を押す
アーカイブ内のファイルの一覧が表示されます。
選択
・ オプション > マーク / マーク解除 を選択し、複
数のファイルを選択することもできます。
3 抽出先のメモリとフォルダを選択
■ アーカイブの管理
オプション を選択して、設定の変更、ファイルの移動
やコピー、送信などをおこなうことができます。開く、
ファイル、マーク / マーク解除、送信、設定、情報 な
どを選択することができます。
バーコードリーダー
バーコード を利用して、雑誌に掲載されている QR コー
ドなどを本機のカメラから読み取ることができます。
コードには、URL リンクや E-mail アドレス、電話番
号などの情報が含まれています。
1
> アプリ > オフィス > バーコード の順に選択
2 コード読み取り を選択
3 カメラ起動スイッチをスライドし、レンズカバーを
開く
コードから読み取った URL リンク、電話番号、Email アドレスなどが表示されます。
・ 保存データ > オプション を選択して、読み取っ
た情報を利用することができます。
便利な機能
■ コードを読み取る
4 読み取るコードを画面内に表示する
コードの読み取りが終了すると、読み取った情報が
画面に表示されます。
本機は電池の消耗を防ぐため、約 1 分間コードが読み
取られなかったり、どのキーも押されなかった場合に
は、スタンバイモードになります。読み取りや、保存
情報の確認を続けるには、
を押します。
■ 読み取った情報を保存する
1 コードを読み取る (「コードを読み取る」
(P.173) ステップ 1 ∼ 4 を参照 )
2 オプション > 保存 を選択
・ 読み取った情報は、.bcr 形式で 保存データ フォ
ルダに保存されます。
■ 以前に読み取った情報を表示する
1
> アプリ > オフィス > バーコード の順に選択
2 保存データ > 表示する情報 >
を押す
173
セキュリティ
セキュリティ
操作用暗証番号(ロックコード)の
変更
操作用暗証番号(ロックコード)を変更できます。こ
のコードには、5桁の数字 (0 ∼ 9) の組み合わせしか
使用できません。
せん。コードを忘れた場合は、携帯電話事業者へお問
い合わせください。PIN/PIN2 コードの入力を 3 回
続けて間違えると、PIN コードがロックされます。
PIN ロックを解除するには、PIN ロック解除コード
(PUK) を入力します。(「PIN ロック解除コード
(PUK)」P.36)
緊急電話番号に誤って電話しないようにするため、緊
緊急電話番号に誤って電話しないようにするため、緊
急電話番号に類似したコードは使用しないでください。
急電話番号に類似したコードは使用しないでください。
> ツール > 設定 > 一般 > セキュリティ > 電話機
> ツール > 設定 > 一般 > セキュリティ > 電話機 と SIM カード
と SIM カード
1 ロックコード を選択
2 設定されているロックコードを入力 > OK を選択
・ お買い上げ時のロックコードは、「12345」に
設定されています。
3 新規ロックコードを入力 > OK を選択
4 新規ロックコードを再度入力 > OK を選択
ロックコードを変更しました が表示されます。
PIN コードの設定
PIN/PIN2 コードを変更できます。このコードは、4
∼ 8 桁の数字 (0 ∼ 9) の組み合わせしか使用できま
174
■ PIN/PIN2 コードを変更する
1 PIN コード または PIN2 コード を選択 > OK を選
択
・ PIN コードを変更する場合は、PIN コード要求
を オン にしてください。
2 現在、設定されている PIN(PIN2) コードを入力
新規 PIN(PIN2) コードを入力する画面が表示され
ます。
・ お買い上げ時の PIN コード、PIN 2コードは、
ともに「9999」に設定されています。
3 新規 PIN(PIN2) コードを入力
4 新規 PIN(PIN2) コードを再度入力
注意:本機がロックされているときでも、
オフラインモードで本機にプログラムされ
ている海外の緊急電話番号には電話できる
場合があります。本機では、電話機ロックが
設定されている状態で、110、118、119
への緊急通報ができません。この場合は、
設定を解除し、「緊急通報」(P.260) を参照
して電話をかけてください。
■ PIN コード要求を設定する
電源を入れたときに、PIN コードを入力するよう設定
します。
1 PIN コード要求 を選択
2 オン を設定
3 PIN コードを入力
コードを確認しました が表示されます。
無断で利用されたくないとき
■ 本機の操作を禁止する ( 電話機ロック )
1
を短く押す
リストが表示されます。
2 電話機ロック を選択
3 ロックコードを入力し、OK を選択
・ コードを確認しました が表示され、電話機がロッ
クされます。
・ 操作用暗証番号 ( ロックコード ) については、
「操作用暗証番号 ( ロックコード )」(P.36) を参
照してください。
セキュリティ
PIN コードを変更しました (PIN2 コードを 変更し
ました ) が表示されます。
■ 自動ロックまでの時間を設定する
本機が自動的にロックされ、正しいロックコード ( 操
作用暗証番号 ) を入力しない限り本機を使用できない
設定ができます。自動ロックされるまでの時間は分単
位で設定することができます。
> ツール > 設定 > 一般 > セキュリティ > 電話機
と SIM カード
1
2
3
4
電話機自動ロック時間 を選択
ユーザ定義 を選択
本機が自動的にロックされるまでの時間を入力
ロックコードを入力
コードを確認しました が表示されます。
■ USIM 変更時に本機をロックする
本機が認識していない USIM カードが挿入された場合
に、ロックコードを要求するかどうかを設定すること
175
セキュリティ
ができます。本機には、所有者のカードを識別するた
めのリストが保持されます。
1 SIM カード変更時にロック を選択
2 はい を選択
3 ロックコードを入力
コードを確認しました が表示されます。
■ 電話と USIM の設定
注意:次の機能は現在ご利用になれません。
・ 限定ユーザグループ
・ SIM サービス確認
証明書管理
■ 証明書管理について
デジタル証明書は安全性を保証するものではなく、ソ
フトウェアの供給元を検証するために使用するもので
す。
オンライン銀行、その他のサイトやリモートサーバに
接続して機密情報を転送する場合は、デジタル証明書
を使用してください。また、ソフトウェアをダウン
ロードしてインストールするときに、ウィルスなどの
悪意のあるソフトウェアのリスクを軽減したり、ソフ
176
トウェアの信頼性を確認したりする場合にも使用して
ください。
重要:証明書を使用することで、リモート接続
やソフトウェアインストールに関わるリスクを
大幅に軽減できますが、強化されたセキュリ
ティを有効に活用するには証明書を正しく使用
する必要があります。証明書が存在しても、そ
れだけで保護されるわけではありません。強化
されたセキュリティを有効にするには、本物の
信頼できる正しい証明書が証明書管理に格納さ
れている必要があります。証明書には有効期限
があります。証明書が有効であるはずなのに、
失効した証明書 や 有効になっていない証明書
が表示される場合は、本機の現在の日時が正し
いかどうかを確認してください。
■ 証明書機関リストを表示する
> ツール > 設定 > 一般 > セキュリティ > 証明書
管理
・ 本機にあらかじめ登録されている証明機関が表示さ
れます。
・ 個人証明書を表示する場合は、 を押します。
■ 証明書の詳細情報を表示する
・ サーバの正しい供給元は、サーバの証明書の署名と
有効期間がチェックされたときにのみ確認できま
す。
証明書の詳細が表示されます。または、証明書の有
効性がチェックされ、次のメッセージが表示される
場合があります。
・ 信頼されていない証明書です - アプリケーショ
ンで証明書を使用するように設定されていませ
ん。
・ 失効した証明書 - 選択した証明書の有効期間を
過ぎています。
・ 有効になっていない証明書です - 選択した証明
書の有効期間がまだ始まっていません。
・ 証明書は壊れています - 証明書を使用できませ
ん。証明書の発行者にお問い合わせください。
■ 信頼設定を変更する
設定を変更すると、ウェブでのページ閲覧や、アプリ
ケーションやファイルのダウンロードができなくなる
場合があります。
1 証明書を選択し、オプション > 信頼度設定 を選択
証明書に応じて、選択した証明書を使用できるアプ
リケーションのリストが表示されます。表示される
アプリケーションは証明書によって異なります。例
えば、次のように表示されます。
Symbian オペレーティングシステムアプリケー
ションの供給元を証明できます。
・ インターネット: はい - この証明書は、サーバを
証明できます。
・ アプリケーションインストール: はい - この証明書は、新しい
Java アプリケーションの供給元を証明できます。
・ オンライン証明書確認:サーバからダウンロードする
際に、証明書を確認します。
セキュリティ
・ Symbian インストール: はい - この証明書は、新しい
・ サーバの供給元が不確かな場合や、本機に正しいセ
キュリティ証明書がない場合は、本機の画面にメッ
セージが表示されます。
1 証明書を選択し、オプション > 証明書詳細 を選択
2 オプション > 信頼度設定編集 を選択し、内容を
変更する
各種設定をお買い上げの状態に戻す
1
> ツール > 設定 > 一般 > デフォルト設定 の順に
選択
2 はい を選択
・ 電話機は自動的に再起動され、お買い上げ時の設
定に戻ります。
・ 再起動には時間がかかる場合があります。
・ お客様が保存したデータは影響されません。
3 ロックコードを入力し、OK を選択
・ お買い上げ時のロックコードは、「12345」に
設定されています。
セキュリティモジュール は、ソフトバンクの USIM カードでは対
応しておりません。
177
外部接続
外部接続
接続について
無線 LAN 機器、UPnP (Universal Plug and Play) 機器
との接続には、無線 LAN を使用してください。「無線
LAN」(P.179) を参照してください。
無線LAN
Bluetooth
ファイルの転送や、互換性のあるアクセサリとの接続など
には Bluetooth テクノロジーを使用してください。
「Bluetooth 接続」(P.182) を参照してください。
互換性のある機器への転送や同期などには赤外線を使用し
てください。「赤外線通信」(P.186) を参照してください。
赤外線
プリンタや PC など互換性のある機器と接続するには、同梱
されている Nokia Connectivity Cable DKE-2 を使用し
てください。「データケーブル」(P.187) を参照してくだ
さい。
データの転送やバックアップには、Micro SD カードを使用
してください。「メモリカードの利用」(P.64) を参照して
ください。
178
本機は無線 LAN をサポートしています。無線 LAN を利用
してインターネットへの接続や、互換性のある無線 LAN 機
器との接続が可能です。無線 LAN を使用して互換性のある
UPnP(Universal Plug and Play) 機器と接続するには
「ホームメディア」(P.142) を参照してください。
無線 LAN を使用するには、無線 LAN が利用できる環境
で、本機を無線 LAN に接続する必要があります。
フランスなど、一部の国 / 地域では、無線 LAN の使用が制
限されています。詳細については、ご利用になる地域の行
政機関にお問い合わせください。
無線 LAN を使った操作や、他の操作を実行中にバックグラ
ウンドで無線 LAN を使用した場合、電池の消費量が増し、
電池の消耗が早くなります。
本機は次の無線 LAN 機能をサポートしています。
・ IEEE 802.11b/g 標準規格
・ 使用周波数帯 : 2.4GHz 帯
・ 最大 128bit の WEP (Wired equivalent privacy)
キー、WPA(Wi-Fi Protected Access)、802.1x 暗号
化方式
ネットワークがサポートしている場合、これらの機能が
使用されます。
■ 無線 LAN 接続
無線 LAN を使用するには、無線 LAN アクセスポイント
(IAP) を作成する必要があります。インターネットに接続
する必要があるアプリケーションを使用する場合に、この
アクセスポイントを使用します。「無線 LAN インターネッ
トアクセスポイント」(P.181) を参照してください。
外部接続
無線 LAN
重要: 無線 LAN 接続のセキュリティを向上させる
ために、利用可能な暗号化手段のいずれかを常に有
効にしておいてください。暗号化を使用すると、
データへの不正アクセスのリスクが軽減されます。
無線 LAN インターネットアクセスポイントを使用して
データ接続を行った場合に、無線 LAN 接続が確立されま
す。データ接続を終了すると、無線 LAN 接続が終了しま
す。接続の終了については 「接続状況」(P.181) を参照
してください。
通話中やパケットデータ接続中でも無線 LAN を使用する
ことができます。同時に複数の無線 LAN アクセスポイント
機器に接続することはできませんが、複数のアプリケー
ションで同じインターネットアクセスポイントを使用する
ことができます。
無線 LAN が利用可能な場合、オフラインモードでも無線
LAN を使用することができます。有効な USIM カードが
本機に挿入されている必要があります。無線 LAN 接続を確
立する場合は、適用されるあらゆる安全上の要件に従うよ
うにしてください。
179
外部接続
補足 : 本機を識別する MAC アドレスを確認する
には、待受画面で *#62209526# と入力して
ください。
■ 待受画面から無線 LAN を利用する
カスタム待受画面 が オン に設
定されている場合、待受画面に
無線 LAN の接続状況が表示さ
れます。待受画面から利用可能
な無線 LAN を検索したり、
ウェブにアクセスしたりするこ
とができます。WLAN 検索が
停止中で、無線 LAN に接続し
ていない場合、接続状況には
WLAN スキャン停止中 が表示
されます。
無線 LAN を検索し、WLAN ネットワークを検出 が表示さ
れた場合、インターネットアクセスポイント(IAP)を定
義し インターネット を開始します。
1 待受画面で WLAN ネットワークを検出 または無線
LAN 名を選択 >
を押す
更新中 と表示されます。
> WLAN 検索
を選択
利用可能な無線 LAN の一覧が表示されます。
3 使用する WLAN ネットワーク >
を押す
アクセスポイントが定義され、選択した WLAN ネット
ワークに接続されます。
180
保護された無線 LAN ネットワーク(
)を選択した場
合、パスコードの入力を求められます。非公開ネットワーク
に接続する場合、正しいネットワーク名( SSID - service
set identifier)を入力する必要があります。非公開無線
LAN ネットワークに接続するために新しいアクセスポイン
トを作成するには、WLAN 検索 > 非公開 WLAN > 新規
WLAN を選択します。画面の指示に従って設定してくださ
い。
インターネットにアクセスする
利用可能な無線 LAN を検索する
1 待受画面で WLAN スキャン停止中 へスクロールし、
2 WLAN ネットワークを検出 >
保護された無線 LAN ネットワークに接続する
2 無線 LAN を選択し、
> Web ブラウズ開始 を選択
を押す
アクセスポイントが定義されていない場合、アクセスポ
イントが自動的に定義され、インターネット が開きます。
無線 LAN に接続中は、インターネットアクセスポイント
(IAP) 名が待受画面に表示されます。このアクセスポイント
を使用して ウェブにアクセスするには、アクセスポイント
名>
> Web ブラウズ開始、または Web ブラウズ継続
を選択します。無線 LAN 接続を終了するには、待受画面に
表示される WLAN 接続状況を選択し、オプションから
WLAN 接続解除 を選択します。
し、
を押す
オプションが表示されます。
2 WLAN スキャンをオフ を選択
■ WLAN ウィザード
WLAN ウィザードでは無線 LAN へ接続したり、無線 LAN
接続を管理したりすることができます。WLAN ウィザード
を開くと、無線 LAN アクセスポイントの一覧が表示されま
す。
> ツール > WLAN
無線 LAN インターネットアクセスポイント
1 オプション を選択
次のオプションを選択することができます。
・ Web ブラウズ開始 - インターネット を開始します。
・ 更新 - 利用可能な無線 LAN のリストを更新します。
・ WLAN ネットワークフィルタ - 表示されたネットワークのリス
トにフィルタをかけます。次に無線 LAN を検索する
時に、選択されたネットワークは検索対象から外され
ます。
・ 詳細 - ネットワークの詳細情報を表示します。接続中
のネットワークを選択した場合、その接続の詳細情報
が表示されます。
・ アクセスポイント定義 - 無線 LAN のインターネットアクセ
スポイント(IAP)を定義します。
・ アクセスポイント編集 - インターネットアクセスポイント
(IAP)の設定を変更します。
無線 LAN には次の 2 つの WLAN ネットワークモードがあり
ます。
・ インフラストラクチャ - インフラストラクチャモードでは、
無線 LAN アクセスポイントを介した無線機器間
の相互通信と、有線 LAN ネットワークとの通信
の 2 種類の通信が可能です。
・ アドホック - アドホックモードでは機器間で直接
データの送受信を行うことができます。アドホッ
クネットワークのインターネットアクセスポイン
トを作成するには、「無線 LAN アクセスポイント
設定」(P.207) を参照してください。
外部接続
無線 LAN の検索を終了する
1 待受画面に表示される WLAN 接続状況へスクロール
■ 新規無線 LAN アクセスポイントを作成する
無線 LAN アクセスポイントの新規作成については、「アク
セスポイント」(P.206) を参照してください。
接続状況
接続状況 を使用してインターネットアクセスポイントを定
義することができます。
> ツール > 外部接続 > 接続状況
181
外部接続
■ データ接続
接続状況から、現在アクティブな GSM および WCDMA
ネットワーク、無線 LAN の接続状況を確認することがで
きます。
1 使用データ接続 を選択
インターネット などに接続中の場合は、接続の名称が表示されま
す。
注意:実際に請求される通話のご利用時間は、
ネットワークの機能、請求書発行時の端数計算
などによって異なる場合があります。
データ接続を終了する
・ 1 件ずつ接続を終了するには、終了する接続を選択 >
オプション > 切断 の順に選択します。
・ すべての接続を終了する場合は、オプション > すべて
切断 を選択します。
接続の詳細を表示する
接続に関する詳細情報 ( ベアラ、状態、送受信データ量な
ど)を表示します。接続の種類により、詳細の表示内容は
異なります。
1 詳細を表示する接続を選択 > オプション > 詳細 の順
に選択
■ 無線 LAN
利用可能な無線 LAN を検索することができます。
182
1 有効な WLAN を選択
利用可能な無線 LAN の一覧が表示されます。一覧では
ネットワークモード ( インフラストラクチャ または アドホック )、
電波強度インジケータと、次のアイコンが表示されま
す。
・
- 暗号化されたネットワーク
・
- ネットワークに接続中
2 オプション を選択
次のオプションを選択することができます。
・ 詳細 - ネットワークの詳細情報を表示します。
・ アクセスポイント定義 - 選択した有効な無線 LAN のアクセ
スポイントが定義されます。
・ 再読み込み - 利用可能な無線 LAN の一覧を更新しま
す。
Bluetooth 接続
本機では Bluetooth を利用して、携帯電話、PC、および
ヘッドセットやカーキットなどの互換性のある機器やアク
セサリと、ワイヤレスで接続することが可能です。静止画、
ビデオ、音楽ファイル、およびノートなどを互換性のある
機器に送信したり、互換性のある PC と接続してファイルを
転送したり、互換性のあるプリンタと接続し、静止画を印
刷したりすることも可能です。(「画像を印刷する」
P.137)
Bluetooth では、電波を利用して通信を確立するので、本
機と接続先の機器が見通し線上に置かれている必要はなく、
本機は Bluetooth Specification 2. 0 に準拠しており次
の Bluetooth プロファイルをサポートしています :
Advanced Audio Distribution Profile、Audio/Video
Remote Control Profile、Basic Imaging Profile、
Basic Printing Profile、Dial-up Networking Profile、
File Transfer Profile、Hands-Free Profile、Headset
Profile、Human Interface Device Profile、Object
Push Profile、SIM Access profile、Synchronisation
Profile。Bluetooth 技術をサポートする他の機器間の相互
運用性を保証するため、Nokia が認定した本機用のアクセ
サリを使用してください。本機との互換性については、
Bluetooth 機器の各メーカーにご確認ください。
地域によっては、Bluetooth の使用が制限される場合があ
ります。ご利用になる地域の行政機関や携帯電話事業者に
ご確認ください。
Bluetooth 技術を使用する機能を実行したり、他機能の使
用中にバックグラウンドで Bluetooth を使用する機能を実
行したりすると、電池の消費量が増え、電池の消耗が早く
なります。
本機がロックされている場合は、Bluetooth を利用するこ
とができません。(「セキュリティ」P.174)
■ Bluetooth を設定する
Bluetooth を利用するには、Bluetooth をオンにして、
自機名称を他の機器に公開する必要があります。はじめて
Bluetooth メニューを開くと、本機の名称を入力する画面
が表示されます。
1
> ツール > Bluetooth の順に選択
外部接続
10 メートル以内に配置されていれば通信が可能です。ただ
し、通信中には壁やその他の電子機器などの障害物による
干渉を受ける可能性があります。
次の設定をすることができます。
・ Bluetooth - 他の互換性のある機器と接続するには、
まずこの設定を オン にします。Bluetooth 接続をオフ
にするには オフ を選択します。
・ 自機名称公開 - 全機器に公開 を選択すると、
Bluetooth を利用している他の機器に本機名が表示さ
れます。時間設定 を選択すると、公開する時間を設定
することができます。非公開 を選択すると相手機器に
本機名が表示されません。
・ 機器名 - Bluetooth 利用時に、他の機器から確認でき
る本機の名称を定義します。
・ リモート SIM モード - 互換性のあるカーキットなど他
の機器がネットワークに接続するために、本機の
USIM カードを使用できるようにするには オン を選択
します。詳細については「リモート SIM モード」
(P.187) を参照してください。
利用上の注意
Bluetooth を使用していない時は、Bluetooth > オフ に
するか、自機名称公開 > 非公開 にしてください。
183
外部接続
身元不明の機器とペアリングしたり、そのような機器から
の接続要求を受け入れたりしないでください。これによ
り、本機を有害なコンテンツから保護することができま
す。
■ Bluetooth 接続でデータを送信する
Bluetooth を利用して、一度に複数の互換性のある機器と
接続することができます。例えば、本機で Bluetooth 接続
のヘッドセットを使用しながら、他の互換性のある機器に
ファイルを送信することも可能です。
データを送信する
1 各アプリケーションから送信するアイテムを選択
例)ギャラリーに保存されている画像を送信する
ギャラリー > 画像とビデオ > 送信するファイルを選択
2 オプション > 送信 > Bluetooth の順に選択
接続可能な範囲にある Bluetooth 機器の検出を開始し
ます。機器が検出されると画面にその機器のアイコン
と機器名が表示されます。
・ アイコン
- PC
- 携帯電話
- オーディオ、またはビデオ機器
- その他
・ Bluetooth 機器の検出を中断するには、停止 を選択
します。接続先の機器が検出されたら、停止 を選択
すると時間の短縮になります。
184
・ Bluetooth がオフの場合は、メッセージが表示され
るので、オンにしてください。
3 画面に表示された Bluetooth 機器のリストから接続す
る機器を選択
接続先が受信を承諾し、接続が確立すると画面に デー
タ送信中 と表示されます。
・ ペアリング(相互認証)が必要な機器を選択すると、
データを送信する前にトーンが鳴り、パスコードの入
力を求められます。(「機器をペアリングする」
P.185)
補足: Bluetooth 機器の検出時、機器によっては
固有のアドレス(機器アドレス)しか表示されな
い場合があります。本機のデバイスアドレスを確
認するには、待受画面で *#2820# と入力しま
す。
補足: Bluetooth を利用して、テキストを送信す
るには、ノート を開き、文章を入力して、オプ
ション > 送信 > Bluetooth の順に選択します。
Bluetooth 接続のステータスを確認する
・ 待受画面に
が表示されると、Bluetooth 接続が起動
中です。
・
が点滅している場合、接続先機器へ接続を試みて
います。
・
が点滅せずに表示されている場合、Bluetooth で
通信中です。
本機と他の Bluetooth 機器をペアリングすると、認証済み
となり、次回の通信からその機器の識別が容易になります。
認証済みの機器は、認証済み機器画面(
) に表示され
ます。
ペアリングを実行するには、独自のパスコード (1-16 桁 )
を作成し、ペアリング先の機器とそのパスコードを交換す
る必要があります。ユーザインターフェースが備わっていな
い機器の場合、パスコードは工場出荷時に設定されていま
す。作成したパスコードは 1 回の使用に限り有効です。
1
(
> ツール > Bluetooth >
)の順に選択
> 認証済み機器画面
2 オプション > 機器検索 を選択
・ 認証済み機器を検出すると、機器名の右横に
が表
示されます。
3 ペアリングする機器をリストから選択
パスコードの入力画面が表示されます。
4 パスコード (1 ∼ 16 桁)を本機に入力
5 同じパスコードをペアリング先の機器にも入力
6 ペアリングが確立すると、認証済み機器画面に機器名が
表示される
自動接続するかどうかメッセージが表示されます。詳細
は後述の「Bluetooth 機器を自動接続する」を参照し
てください。
オーディオアクセサリなど機器によっては、ペアリングす
ると自動的に本機と接続される場合もありますが、自動的
に接続されない場合はアクセサリを選択し、オプション >
オーディオ機器に接続 を選択します。
Bluetooth 機器を自動接続する
外部接続
■ 機器をペアリングする
Bluetooth 機器をペアリングすると、機器を自動接続する
かどうかを聞かれます。自動接続を設定すると、その機器
との接続を通知なしで確立することができ、個別の認証は
必要ありません。この設定は、自分が所有している互換性
のある PC やヘッドセットなどの機器や、信頼できる所有
者の機器間で使用してください。機器が認証されると、認
証済み機器名の右横に、 が表示されます。
1 認証済み機器画面 (
) を選択
2 リストから設定する機器を選択 > オプション >
自動接続を設定 を選択
自動接続を解除する
自動接続を解除すると、この機器からの接続要求は、毎回
個別に認証する必要があります。
1 認証済み機器画面 (
) を選択
2 解除する機器を選択 > オプション > 自動接続を解除 を
選択
ペアリングを解除する
) を選択
1 認証済み機器画面 (
2 解除する機器を選択 > オプション > 削除 を選択
185
外部接続
ペアリング解消のメッセージが表示されます。
3 はい を選択
すべてのペアリングを解除する
1 オプション > すべて削除 を選択
ペアリング解消のメッセージが表示されます。
2 はい を選択
■ Bluetooth 接続でデータを受信する
Bluetooth 接続でデータを受信すると、トーンが鳴り、確
認メッセージが表示されます。
1 画面に Bluetooth の受信要求が表示
機器名もメッセージ内に表示されます。
2 はい を選択
データを受信すると、
が画面上部に表示され、受信
のメッセージが表示され、メール の 受信メール フォル
ダに保存されます。
・ Bluetooth 接続で受信したメールのタイトルの前に
は、 が表示されます。(「メール受信」P.88)
■ Bluetooth 接続をオフにする
1
> ツール > Bluetooth の順に選択
2 Bluetooth >
> オフ にする
186
赤外線通信
本機では赤外線通信を利用して、ビジネスカードやカレン
ダーノート、メディアファイルなどを互換性のある機器に
送信することができます。
■ 赤外線通信をご利用になる前に
・ IR ( 赤外線 ) ビームを人の目に向けたり、他の IR 機器
を妨害したりしないようにしてください。本機は、クラ
ス 1 レーザ製品です。
・ 本機と他の赤外線機器を 1 メートル以内に配置し、間
に物を置かないでください。
・ 赤外線ポートが互いに向き合った位置にあることを確認
してください。
■ 赤外線通信の利用
データを送信する
1 受信側の機器を赤外線受信可能状態にする
データの受信側が、赤外線通信ポートを有効にする必要
があります。
2 各アプリケーションから送信するデータを選択し、
オプション を選択
3 送信 > 赤外線通信 を選択
い場合は、接続がキャンセルされます。再度接続を試
みてください。
データを受信する
> ツール > 外部接続 > 赤外線 の順に選択
1
送信側より先に赤外線通信ポートを有効にします。
2 データの受信が終了すると、待受画面に 新着メッセー
ジがあります□件 と表示
・ 赤外線通信で受信したアイテムはすべて 受信メール
フォルダに入ります。
・ 赤外線通信で受信した新規メッセージのタイトルの前に
は
が表示されます。
赤外線通信のステータスを確認する
・ 画面に
が点滅している場合、接続先機器へ接続を
試みているか、接続が失敗しています。
・ 赤外線の接続が有効になると、画面に
が点滅せず
に表示されます。
リモート SIM モード
リモート SIM モードで、互換性のあるカーキットなどを接
続する場合には、本機で Bluetooth をオンに設定し、リ
モート SIM モードを有効にします。(「Bluetooth を設定
する」P.183) モードを有効にする前に、カーキットなどの
他の機器と本機をペアリングをする必要があります。ペア
リングは他の機器からおこない、16 桁のパスコードを入
力して他の機器を認証します。(「機器をペアリングする」
P.185) リモート SIM モードは他の機器から開始します。
本機でリモート SIM モードをオンに設定している場合、待
受画面に リモート SIM が表示されます。ワイヤレスネッ
トワークへの接続はオフになり、電波強度インジケータに
が表示され、SIM カードサービスやセルラーネット
ワーク圏内での機能などが利用できません。
外部接続
・ 赤外線ポートを有効後、1分以内に転送が開始されな
本機がリモート SIM モードに設定されている場合、カー
キットなど、本機と接続した互換性のあるアクセサリから
のみ発信 / 受信をおこなうことができます。リモート SIM
モードを使用している間は、本機にプログラムされている
海外の緊急電話番号を除き、本機から通話を行うことがで
きません。本機から通話するには、まずリモート SIM モー
ドを終了する必要があります。本機がロックされている場
合は、最初にロックコードを入力してロックを解除する必
要があります。
リモート SIM モードを終了するには、
リモート SIM モード終了 選択します。
を押し、
データケーブル
> ツール > 外部接続 > USB
USB モード では、本機と他の機器を USB ケーブルで接
続する場合に、その接続先を指定します。
187
外部接続
接続時に確認 を はい に設定すると、本機に USB ケーブ
ルを接続するごとに、接続先を選択します。
接続時に確認 を いいえ に設定した場合や、接続中に
USB モード を変更したい場合は、USB モード で接続先
を選択します。
1 USB モード >
を押す
2 接続先を次から選択し、OK を選択
・ PC Suite - Nokia Nseries PC suite や Nokia
Photos など Nokia PC アプリケーションを使用す
る場合に選択します。
・ データ転送 - 互換性のある PC と本機との間でデー
タを転送する場合に選択します。電話機のメモリ
カードを外付けハードディスクとして使用します。
電話機にメモリカードが挿入されていない場合、こ
の機能は使用できません。
・ 画像印刷 - 互換性のあるプリンタを使用して画像を
印刷する場合に選択します。(「画像を印刷する」
P.137)
・ メディアプレーヤー - Windows Media Player で音楽ファ
イルを転送する場合に選択します。(「Windows
Media Player で音楽を 転送する」P.152)
データ転送
今まで使用していた互換性のある Nokia の電話機から本機
へ、電話帳やカレンダーエントリなどのデータを
Bluetooth 接続や赤外線通信を利用して転送することがで
188
きます。互換性のない電話機の場合は、本機にメッセージ
が表示されます。転送可能なデータの種類は、機種によっ
て異なります。他の機器に同期機能が搭載されている場合
は、同期によってデータを転送することも可能です。
オフラインモードでもデータ転送は可能です。有効な
USIM カードが本機に挿入されている必要があります。
他の機器から転送されたコンテンツは、本機の対応するア
プリケーションの保存領域にコピーされます。転送にかか
る時間は、転送するデータ量によって異なります。いった
ん転送を解除して、後ほど再開することもできます。
■ Bluetooth でデータを転送する
Bluetooth でデータを転送するには、相互の機器が
Bluetooth 機能に対応している必要があります。
1
> ツール > ユーティリティ > データ転送 の順に選択
転送方法が表示されます。
・ はじめてデータ転送メニューに入ると、データ転送に
関する情報が表示されるので、続行 を選択してくだ
さい。
・ 2回目以降は、同期開始、受信開始、送信開始 アイ
コンが表示されます。アイコンを選択すると、以前に
接続した電話機名が表示されます。リストに含まれな
い機器を選択するには、その他 を選択してください。
(「データの同期 / 受信 / 送信」P.189)
2 Bluetooth を選択
3 続行 を選択
・ はじめてデータ転送をおこなう場合は、Bluetooth
機器の検索が開始されます。
・ 2回目以降の操作については、「データの同期 / 受信
/ 送信」(P.189) を参照してください。
4 接続する機器を選択する
パスコード定義のメッセージが表示されます。
5 OK を選択
本機にパスコード(1∼16桁)の入力画面が表示され
ます。
6 本機にパスコードを入力 > OK を選択
相手の機器にパスコードの入力画面が表示されます。
7 接続先にも同じパスコードを入力
接続が確立すると、本機にデータ選択画面が表示されま
す。
・ 転送できるデータは電話機により異なります。
・ 電話機の機種によっては、データ転送 アプリケー
ションは、メッセージとして送信されます。相手の機
器に データ転送 アプリケーションをインストールす
るには、メッセージを開いて、画面に表示されるイン
ストラクションに従ってください。
8 本機に転送するデータを選択 > OK を選択
転送が完了するとメッセージが表示されます。
■ 赤外線通信でデータを転送する
赤外線通信でデータを転送するには、相互の機器が赤外線
機能に対応している必要があります。
外部接続
メッセージが表示されるので、相手の機器の
Bluetooth をオンにしてください。
・ 本機の Bluetooth がオフになっているとオンにする
ようメッセージが表示されるので、はい を選択しま
す。
1 「Bluetooth でデータを転送する」の操作1
2 赤外線通信 を選択
メッセージが表示されるので、相手の機器の赤外線通
信機能を有効にします。
・ お互いの赤外線ポートが向き合うように、機器を配
置してください。
3 本機の 続行 を選択
接続中のメッセージが表示され、接続が完了すると、
データ選択リストが表示されます。
・ 転送できるデータは、電話機により異なります。
4 本機から転送するデータを選択 > OK を選択
転送が完了するとメッセージが表示されます。
■ データの同期 / 受信 / 送信
最初のデータ転送後に、新たにデータを転送する場合は、
相手の機器により、次の操作を選択してください。
・
(同期開始)- 相手の機器が同期をサポートしている
場合、本機とデータの同期をおこないます。同期は双
方向におこなわれ、同期中にどちらかの機器でデータ
189
外部接続
が削除されると、もう一方の機器でもデータが削除さ
れます。同期で削除したデータを復元することはでき
ません。
・
( 受信開始 ) - 相手の機器からのデータを本機で受
信します。受信をおこなうと、相手の機器から本機へ
データが転送されます。相手の機器の機種によっては、
相手の機器のオリジナルデータを削除するかどうかの
確認メッセージが表示される場合があります。
・
( 送信開始 ) - 本機から相手の機器へデータを送信
します。
■ ショートカットを使った転送
相手の機種によって、データ転送 でデータを転送できない場
合、データを Nokia フォルダ ( 電話機メモリの C:\
Nokia、またはメモリカードの E:\Nokia)に保存して、
そこから転送することができます。転送するフォルダを選
択した場合、データは相手の機器の対応するフォルダと同
期されます。データを受信する場合も同様に対応するフォ
ルダのデータが同期されます。
データ転送後に、転送設定をショートカットとして保存す
ることができます。保存したショートカットを使用して、後
で再度転送をおこなうことができます。
データを同期する
■ ショートカットを編集する
相手の機器が同期をサポートしている場合は、両方の機器
でデータを最新の状態に保つことができます。
1
> ツール > ユーティリティ > データ転送 >
( 同期開始 )
の順に選択
1
> ツール > ユーティリティ > データ転送 の順に選択
2 編集するショートカット > ショートカット設定 を選択
以前に接続した電話機のリストが表示されます。リス
トに含まれない機器を選択するには、その他 を選択し
ます。
2 同期する電話機を選択 > 続行 を選択
190
画面にメッセージが表示されるので、指示に従ってくだ
さい。
・ 以前に接続した時と同じ転送方法で同期を開始しま
す。
同期は双方向におこなわれ、両方の機器のデータが同じ
になります。同期中にどちらかの機器でデータが削除さ
れると、もう一方の機器でもデータが削除されます。同
期で削除したデータを復元することはできません。
1
> ツール > ユーティリティ > データ転送 の順に選択
2 保存したショートカットを選択
転送後には、転送のログが表示されます。
同期データタイプ、競合時の設定、接続タイプ、自動接
続を許可、ショートカット名 を編集することができま
す。
■ 転送ログを確認する
前回行った転送のログを表示することができます。
> ツール > ユーティリティ > データ転送 > オプション >
ログ表示 の順に選択
■ データ競合の処理
転送されるアイテムが本機と相手の機器の両方で修正され
た場合、本機では修正を自動的にマージしようとします。
マージができなかった場合、転送でデータの競合がおこり
ます。競合を解決するには、オプション > ショートカット
設定 > 競合時の設定 で、個別に確認、本電話機を優先、ま
たは 相手電話機を優先 のいずれかを選択します。
その他データ通信
ル手順の詳細については、Nokia Nseries PC Suite のヘ
ルプ機能を参照してください。
補足 : 最初に Nokia Nseries PC Suite を利用し
て、互換性のある PC と本機を接続する場合は、
Nokia Nseries PC Suite に搭載されている 接
続ウィザードをお使いください。
外部接続
1
赤外線でデータ通信をおこなう
> ツール > 外部接続 > モデム > 接続 の順に選択
1
・ 本機と PC の赤外線ポートが互いに向き合っており、
間に障害物がないことを確認してください。(「赤外線
通信」P.186)
■ 同期
■ PC 接続
本機は、さまざまな PC 接続アプリケーションとデータ通
信アプリケーションで使用できます。Nokia Nseries PC
Suite を使用すると、電話帳、カレンダー、To-do、画像
などを、本機と互換性のある PC との間で同期させること
ができます。インストールできる PC の環境については
「Nokia Nseries PC Suite」(P.251) を参照してくださ
い。
> ツール > 同期
同期 を利用して、ノート、カレンダー、電話帳などを、互
換性のある PC、あるいはインターネット上にある各種カ
レンダーや、アドレス帳などのアプリケーションと同期す
ることができます。同期の設定を定義したり、変更したり
することも可能です。
本機をモデムとして使用する
同期プロファイルでは、サーバ上のリモートデータベース
や互換性のある機器と同期するために必要な設定をおこな
います。
本機は、Bluetooth 接続、赤外線、データケーブルで互換
PC と接続することによって、E-mail の送受信やインター
ネットへの接続用モデムとして使用できます。インストー
新しい同期プロファイルを作成する
1 オプション > 新規同期プロファイル を選択
191
外部接続
・ ユーザ名 - 同期サーバに使用するユーザ ID。正しい ID
メッセージが表示されます。
については、サービスプロバイダまたはシステム管理者
・ 既存のプロファイルの値をコピーする場合は、はい 、
にお問い合わせください。
新しく値を設定する場合は、いいえ を選択します。
・ パスワード - パスワードを入力します。正しい値につい
2 次の機能を設定し、完了 を選択
てはサービスプロバイダまたはシステム管理者にお問い
同期プロファイル名 - プロファイルの名前を入力します。
合わせください。
・ 同期要求を許可 - 同期サーバが同期を開始できるように
アプリケーション - 各種アプリケーションの同期設定をお
設定するには、はい を選択します。
こないます。
・ 全同期要求を自動承認 - サーバが初期化した同期を開始
・ 同期に含める - そのアプリケーションを同期する場合
する前に、本機がメッセージを表示するように設定する
は、はい を選択します。
には、いいえ を選択します。
・ リモートデータベース - リモートサーバ上の各アプリケーション
・ ネットワーク認証 - サーバへのネットワーク接続を認証
のデータベースへのパスを入力します。
するには、はい を選択します。
・ 同期タイプ - 両方向 ( 双方向の同期)、サーバ側を更新、
電話機側を更新 のいずれかを選択します。
接続設定 - 同期用サーバに対する設定をおこないます。
・ サーババージョン - 同期サーバのバージョンを選択しま
す。
・ サーバ ID - サーバを識別する固有の ID を入力します。
・ データベアラ - Bluetooth または インターネット を
選択します。USB ケーブルで接続する場合は、「デー
タケーブル」(P.187) を参照してください。
・ アクセスポイント - アクセスポイントを選択します。
・ ホストアドレス - 正しい値については、サービスプロバ
イダまたはシステム管理者にお問い合わせください。
・ ポート - サーバのポート番号を入力します。
192
データを同期する
同期 のメイン表示では、他の同期プロファイルや同期させ
るデータの種類を表示することができます。
1 同期プロファイルを選択 > オプション > 同期 を選択
データベアラ で Bluetooth を選択した場合、
Bluetooth で他機器の検索が開始されます。前回使用
した機器がある場合は、その機器名が表示されます。
・ Bluetooth がオフの場合、オンにするようにメッ
セージが表示されます。
2 相手先を選択 >
を押す
同期のステータス (「完了」または「未完了」)が、画面
下部に表示されます。同期が完了すると、メッセージが
画面に表示されます。
ます。
・ 電話機側から同期ができない場合、Nokia Nseries
PC suite を利用して PC 側から同期をおこなってく
ださい。
プロファイルを編集する
1 変更する同期プロファイルを選択 > オプション >
同期プロファイル編集 を選択
同期プロファイルを削除する
1 削除するプロファイルを選択 > オプション > 削除 を
選択
削除を確認するメッセージが表示されます。
2 はい を選択
■ デバイスマネージャ
携帯電話事業者、サービスプロバイダ、または企業情報管
理部門からサーバプロファイルや各種構成設定を受信でき
る場合があります。これらの構成設定には、データ接続用
のアクセスポイント設定や、本機内の各種アプリケーショ
ンで使用する設定などがあります。
サーバに接続して、本機用の構成設定を受信する
> ツール > ユーティリティ > デバイス >
> 受信する
1
プロファイル > オプション > 設定開始 の順に選択
サーバプロファイル設定
を押して、プロファイル タブを選択
新しいサーバプロファイルを追加するには、オプション >
新規サーバプロファイル を選択してください。正確な設定につい
ては、サービスプロバイダにお問い合わせください。
・ サーバ名 - 構成サーバの名前を入力します。
・ サーバ ID - 構成サーバを識別する固有の ID を入力しま
す。
・ サーバパスワード - お客様の電話機をサーバに識別させ
るパスワードを入力します。
・ セッションモード - セッションモードを選択します。
・ アクセスポイント - サーバに接続するときに使用するア
クセスポイントを選択します。
・ ホストアドレス - サーバの URL アドレスを入力しま
す。
・ ポート - サーバのポート番号を入力します。
・ ユーザ名 / パスワード - ユーザ名とパスワードを入力し
ます。
・ 構成を許可 - サーバに接続して、本機用の構成設定を受
信するには、はい を選択します。
・ 全要求自動承認 - サーバからの構成設定の受信を許可す
るかどうか確認したうえで受信するようにするには、
いいえ を選択します。
・ ネットワーク認証 - サーバへのネットワーク接続を認証
するには、はい を選択します。
外部接続
・ 完了前に同期を中断するには、キャンセル を選択し
193
ディスプレイ設定
ディスプレイ設定
テーマ設定
> ツール > 設定 > 一般 > カスタマイズ > テーマ
1 一般 > テーマを選択し、オプション > 適用
を選択
使用中のテーマには、 が表示されます。
・ テーマを設定する前にプレビューするには、
オプション > プレビュー を選択します。
■ 壁紙を設定する
1 壁紙 > 画像 を選択
ギャラリー に保存されている静止画のリストが開きま
す。
2 壁紙に設定する静止画を選択
設定した壁紙を解除する
1 壁紙 > デフォルト を選択
パワーセーバーの表示を変更する
1 パワーセーバー を選択
2 日時表示、テキスト表示、または アニメーション
を選択
・ アニメーション を選択した場合、アニメーションファイル、
アニメーション表示時間、ライト点灯時間 を設定しま
194
す。オプション > プレビュー で設定した アニ
メーション を確認することができます。設定内
容を変更するには、オプション > 変更 を選択し
ます。
・ パワーセーバー起動時間 を設定する場合は、「画面」
(P.201) を参照してください。
日時設定
> アプリ > 時計 > オプション > 設定
■ 時計表示設定
1 時計のタイプ を選択
2
を押して、アナログ または デジタル を選択
時刻表示形式 あるいは 時刻区切り文字 も設定す
ることができます。
■ 日付時刻設定
1 時刻 > 時刻を入力 > OK を選択
2 日付 > 日付を入力 > OK を選択
・ ダイヤルキー、またはナビゲーションキーを使
用して入力することができます。
携帯電話ネットワークを使用して本機の時刻、
日付、タイムゾーンが更新され、時刻の誤差が
調整されます ( ネットワークサービス )。日本国
内ではタイムゾーンが更新され、それに伴い日
時も変更されますが時刻の誤差調整は行なわれ
ません。海外においては、ローミングネット
ワークが対応している場合は時刻の誤差も調整
されます。
・ 日付形式、日付区切り文字 を設定することもで
きます。
■ アラームを設定する
1
> アプリ > 時計 >
を押す
アラームタブが開きます。
2 オプション > 新規アラーム を選択
次の設定をおこないます。
・ アラーム時刻
・ 説明 - アラームの説明を入力します。
・ 繰り返し - 繰り返しなし、毎日、毎週、アラーム曜
日 から選択します。アラーム曜日 を選択すると、
オプション > 設定 > アラーム曜日 で指定した
曜日に毎週アラームが設定されます。
・ アラーム曜日 - 繰り返し で 繰り返しなし、また
は 毎週 を選択した場合に、曜日を指定すること
ができます。
3 完了 を選択
待受画面に
が表示されます。
4 アラームが鳴ったときに停止する場合は、停止 を
選択
・ スヌーズ を選択した場合、アラームはいったん
停止しますが、約 5 分後に再び鳴り始めます。
・ アラーム音を変更する場合は、オプション >
設定 > アラーム音 を選択します。
> アプリ > 時計 > オプション > 新規クイックア
ラーム の順に選択し、アラーム時刻を入力して、繰
り返しのないアラームを設定することもできます。
ディスプレイ設定
・ ネットワーク時刻 を 自動更新 に設定すると、
本機の電源が入っていないときにアラーム時刻にな
ると、自動的に電源が入ってアラーム音が鳴り始め
ます。停止 を選択すると、通話できる状態にするか
どうかの確認が本機に表示されます。電源を切る場
合は いいえ を選択します。電話をかけたり受けたり
する場合は はい を選択します。携帯電話によって電
波干渉や危険な事態を引き起こす可能性がある場合
は、はい を選択しないでください。
■ アラームを変更する
1 変更するアラームを選択 > オプション > アラー
ム変更 >
を押す
2 設定を変更し、完了 を選択
195
ディスプレイ設定
■ アラームを削除する
1 解除するアラームを選択 > オプション > アラー
ム削除 の順に選択
確認のメッセージが表示されます。
2 はい を選択
アラームが削除されます。
■ 世界時計
> アプリ > 時計 >
を 2 回押す
都市を追加する
1 オプション > 都市追加 を選択
・ 都市名の最初の文字を入力します。(「都市を
設定する」P.32)
2 都市を選択し、 を押す
・ 最大 15 都市まで設定することができます。
現在地の設定をする
1 設定する都市を選択し、オプション > 現在の都市
待受画面から頻繁に使用す
るアプリケーションを起動
したり、予定などを素早く
確認したりすることができ
ます。
画面上部にデフォルトとし
て設定されたアプリケー
ションのアイコンが表示さ
れ、その下にカレンダー、
To-do など保存されている
予定が表示されます。
> ツール > 設定 > 一般 > カスタマイズ > 待受画
面のキー設定
■ カスタム待受画面を設定 / 解除する
1 カスタム待受画面 > オプション > 変更 > オン
に設定 > はい の順に選択
または オフ の順に選択
・ 時刻とタイムゾーンが合っているかを確認して
・ デフォルトではオンになっています。オフにす
ください。
夏時間のある都市に設定すると、時計 の現在時刻表
示画面の右横に、 が表示されます。
196
カスタム待受画面
ると待受画面からショートカットアイコンや、
予定の表示が消えます。
・ カスタム待受画面がオンの場合、待受画面で使
用できる標準のナビゲーションキーショート
カットが使用できなくなります。
■ メインメニュー表示を変更する
1 ショートカット、または カスタム待受画面設定 を
リスト表示 / アイコン表示を選択する
選択
・ カスタム待受画面設定 は カスタム待受画面 が
オン の場合に表示されます。
2 ショートカットを選択し、オプション > 変更 を
メインメニュー表示をリスト表示またはアイコン表
示に変更することができます。
1
選択
ショートカットとして設定できるアプリケーショ
ンのリストが表示されます。
アニメーションアイコンを使用する
> オプション > アイコンアニメーション > オン の順に
1
選択
3 アプリケーションを選択し、OK を選択
補足:ソフトキー(左・右)
、ナビゲーショ
ンキー(上・下・左・右)、決定キーに登録
されているショートカットを変更することが
できます。(「待受画面のキー設定」P.201)
ナビゲーションキーと決定キーは カスタム
待受画面 がオフの場合に表示されます。
アプリケーションを移動する
アプリケーションを移動して位置を変更したり、新
しいフォルダを作成することができます。
1
■ ウェイクアップメッセージ / ロゴを設定する
1
> ツール > 設定 > 一般 > カスタマイズ >
画面 > ウェイクアップメッセージ / ロゴ の順に選択
ウェイクアップメッセージ / ロゴを変更することができます。
(「画面」P.201)
> オプション > メニュー表示変更 > アイコ
ン、または リスト の順に選択
ディスプレイ設定
■ 起動するアプリケーションを変更する
> 移動するアプリケーションを選択 > オプ
ション > 移動、フォルダへ移動 または 新規フォ
ルダ の順に選択
英語表示に切り替える
1
> ツール > 設定 > 一般 > カスタマイズ >
言語 > 表示言語 > English の順に選択
本機が自動的に再起動し、選択した言語表示となり
ます。
197
音の設定
音の設定
モードの設定
本機ではあらかじめ、次のモードが登録されていま
す。これらのモードをお好みで変更することもでき
ます。
補足 : 現在選択されているモードは、待受画
面の上部で確認できます。通常モード が使
用されている場合は、現在の日付だけが表示
されます。
■ 使用するモードを変更する
・ 通常モード - 初期設定では電話やメールの着信音、
1
を短く押す
キー確認音や警告音がオン、バイブレータがオフ
の設定になっています。お買い上げの際は、この
モードリストが表示されます。
モードが設定されています。
2
または
を押してモードを選択し、OK を
・ マナーモード - 初期設定では、着信音がオフ、バ
選択
イブレータがオンになっています。(「マナーモー
・
> ツール > モード > モード選択 > オプショ
ド」P.34)
ン > 開始 を選択して、変更することもできま
・ 会議モード - 初期設定では、着信音がもっとも小
す。
さい音量で、ビープ音が鳴る設定になっていま
す。
■ 新しいモードを作成する
・ 屋外モード - 初期設定では、着信音がもっとも大
1
> ツール > モード > オプション > 新規モード
きい音量に設定されています。
作成 の順に選択
・ ポケベルモード - 初期設定では、着信音がオフ、バイ
ブレータがオンに設定されています。
補足: 発信者名を発音 > オン を選択すると、
・ オフラインモード - ネットワークに接続せずに、本機を使
電話帳に登録してある人から電話がかかって
用することができます。(「オフラインモード」
きたときに、その人の名前を着信音と同時に
P.35)
発声することができます。あらかじめ 電話
帳 に通話相手の登録をしておく必要があり
ます。(「声で電話をかける」P.67)
198
着信音量の設定
1
> ツール > モード > モード選択 > オプション
> カスタマイズ の順に選択
2 着信音量 を選択
3
または
を押し、音量レベルを選択
・ 音量レベルは、1∼ 10 段階から選択できます。
・ 変更した音量レベルを選択したまま数秒間待つ
と、自動的に着信音が再生され、設定した音量
を確認することができます。
着信パターンの設定
> ツール > モード > モード選択 > オプション >
カスタマイズ
■ 着信音を設定する
著作権で保護されているファイルは着信音に設定でき
ません。
・ メモリカードに保存され
ている着信音には、 が表示されます。
・ 着信音リストから着信音
を試聴することができま
す。試聴する着信音を選
択し、数秒待つと着信音
が再生されます。再生音
を停止する場合は、いず
れかのキーを押します。
・ テレビ電話着信音、メッ
セージ受信音、E-mail 受信音 についても同様
に設定することができます。
音の設定
・ 作成した新規モードを削除するには、削除する
モード > オプション > モード削除 の順に選択し
ます。
■ 着信音の再生方法を設定する
1 着信音の再生方法 を選択
2 通常着信音、次第に大きく、再生一回、ビープ音
一回、着信音なし から選択
■ バイブレータを設定する
1 バイブレータ を選択
2 オン を選択
・ バイブレータが有効となります。
1 着信音 を選択
着信音のリストが表示されます。
2
または
を押し、着信音を選択
199
音の設定
効果音 - キー確認音の設定
■ 3D 効果を変更する
1
1 音源の動き を選択
2 リストから音源の動きを選択 > OK を選択
> ツール > モード > モード選択 > オプショ
ン > カスタマイズ の順に選択
2 キー確認音 を選択
3
または
を押し、キー確認音量レベルを選
択
・ 音量レベルは、オフ∼レベル3から選択できま
す。
・ キー確認音リストから各レベルを選択すると、
その音量が再生され、実際のキー確認音量を確
認することができます。
発信者名を発音、警告音 についても同様に設定する
ことができます。
3D 着信音
3D 着信音では着信音に 3D 効果を設定することが
できます。すべての着信音で 3D 効果をサポートし
ているわけではありません。
> ツール > ユーティリティ > 3D 着信音
■ 3D 効果を有効にする
1 3D サウンド効果 > オン を選択
200
効果は着信音によって異なります。
■ 3D 効果を調整する
次の設定を変更し、3D 効果を調整することができま
す。この設定はすべての着信音で有効であるとは限り
ません。音源の速度 と ドップラー効果 については、
音源の動き のすべてのオプションに対応するとは限
りません。
・ 音源の速度 - 音源が移動するスピードを設定しま
す。
・ 音場効果 - エコーのレベルを調節します。お好き
な効果音を選択します。効果は着信音によって異
なります。
・ ドップラー効果 - オン に設定すると、着信音の音
の高さが変化し、音が低くなったり高くなったり
します。音源の動き で選択したオプションによっ
ては、表示されない場合があります。
補足: 3D 効果を適用した着信音を聞いてみ
るには、オプション > 着信音テスト を選択
します。
一般設定
ます。また、ギャラリー で写真や画像を選択する場合は、
画像 を選択します。
■ カスタマイズ
ライト点灯時間 - バックライトがオフになるまでのタ
イムアウト時間を選択します。
> ツール > 設定 > 一般 > カスタマイズ
本機の一般的な設定を変更したり、デフォルト値に戻
したりすることができます。
待受画面のキー設定
1 待受画面のキー設定 を選択
画面
1 画面 を選択
カスタム待受画面 - 待受画面でアプリケーションの
ショートカットを表示します。(「カスタム待受画面」
P.196)
明るさ - ディスプレイの表示を明るくしたり暗くした
りできます。画面の明るさは、 または
で調整し
てください。
ショートカット - 待受画面でショートカットを左ソフ
トキー
または右ソフトキー
に設定するに
は、左ソフトキー または 右ソフトキー を選択し、リ
ストからアプリケーションを選択します。
フォントサイズ - 画面に表示される文字とアイコンの
大きさを調節します。
パワーセーバー起動時間 - タイムアウト時間が過ぎるとパ
ワーセーバーが表示されます。
ウェイクアップメッセージ / ロゴ - 本機の電源を入れると、ウェイ
クアップメッセージまたはロゴが数秒間表示されま
す。デフォルト画像を使用する場合は、デフォルト
を選択し、ウェイクアップメッセージ ( 英字で最大
50 文字まで ) を入力する場合は、テキスト を選択し
その他の設定
その他の設定
補足:リストからアプリケーションを選択す
ることにより、ナビゲーションキーのショー
トカットを登録することもできます。カスタ
ム待受画面 がオンである場合、ナビゲー
ションキーのショートカットは使用できませ
ん。
カスタム待受画面設定 - カスタム待受画面に表示する
アプリケーションを選択します。あらかじめ カスタ
ム待受画面 が オン となっている必要があります。
201
その他の設定
オペレータロゴ - この設定はオペレータロゴを受信
して保存している場合にのみ表示され、オペレータ
ロゴを表示するかどうかを選択できます。
言語の設定
1 言語 を選択
表示言語 - 本機の表示言語を変更すると、日時の表
示形式や計算などで使用する区切り記号も変わりま
す。自動 を使用すると、USIM カードの情報に応じ
て言語が選択されます。表示言語を変更すると、本
機が再起動します。
補足:表示言語 の設定変更は、本機のすべ
てのアプリケーションに影響します。この
変更は設定を再度変更するまで変わりませ
ん。
日本語予測 - 本機のすべてのエディタに対して日本
語予測文字入力を オン または オフ に設定できます。
予測辞書リセット - 日本語予測辞書をリセットしま
す。変換した文字は、自動的に変換候補リストに記
録されます。お客様がユーザ辞書に登録した単語や
頻繁に使用する単語が、変換候補リストの上位に表
示されます。変換候補リストは初期値にリセットさ
れますが、お客様がユーザ辞書に登録した単語は影
響を受けません。
英語予測 - 本機のすべてのエディタに対して英語予
測文字入力を オン または オフ に設定できます。
202
キー入力タイムアウト - テキスト入力時に、次の文字にカーソ
ルが移動するまでの時間を選択することができます。
■ アクセサリ設定
> ツール > 設定 > 一般 > アクセサリ > アクセサ
リを選択
アイコン
本機にアクセサリを接続すると、待受画面にアイコン
が表示されます。
- 互換性のあるイヤホンマイク接続中
- カーキット接続中
ヘッドセット、ヘッドホン、無線カーキット、外部ス
ピーカー、TV 出力、文字電話 を選択し、オプション
> 開く を選択します。次の設定をおこなうことがで
きます。(文字電話のアクセサリは現在国内では販売
されておりません。
)
表示されるオプションはアクセサリによって異なりま
す。
デフォルトモード - 特定のアクセサリを接続した場合
に、開始されるモードを設定します。(「着信パター
ンの設定」P.199)
自動応答 - 着信してから約5秒後に、自動応答するよ
うに設定します。着信音が ビープ音一回 または 着信
音なし に設定されている場合は、自動応答は無効と
なります。
TV 出力
TV 出力の設定を変更するには、TV 出力 > オプショ
ン > 開く を選択します。次の設定をおこなうことが
できます。
デフォルトモード - ビデオ出力ケーブルを本機に接続
した場合に、開始されるモードを設定します。
・ Bluetooth GPS - Bluetooth 接続で互換性のあ
る外部 GPS 受信機を使用します。
・ アシスト型 GPS - アシスト型 GPS(A-GPS) を
使用します。
・ 内蔵 GPS - 本機に内蔵されている GPS 受信機を
使用します。
・ ネットワークベース - セルラーネットワーク ( ネットワー
クサービス ) からの情報を使用します。
位置情報サーバ
TV 画面サイズ - TV の縦横比 ( アスペクト比 ) を
標準 または ワイドスクリーン から選択します。
A-GPS の アクセスポイント と サーバアドレス を設
定します。あらかじめサービスプロバイダの 位置情
報サーバ が定義されている場合、設定を変更できな
い場合があります。
TV システム - TV と互換性のあるアナログビデオ信
号システムを選択します。
電話機設定
ちらつき防止フィルタ - TV 画面のちらつきを防止す
るには オン を選択します。ちらつき防止フィルタは
すべての TV 画面で画像のちらつきを低減するわけで
はありません。
■ 位置情報機能
> ツール > 設定 > 一般 > 位置情報機能
位置情報取得方式
本機の位置を確認するために使用する位置情報方式を
選択します。
その他の設定
ライト - タイムアウト時間が過ぎた後、ライトをオン
にしたままの状態にするか、オフにするかを設定しま
す。この設定はアクセサリによって設定できない場合
があります。
■ 通話設定
> ツール > 設定 > 電話機 > 通話
発信者番号通知 ( ネットワークサービス ) - 詳細につ
いては、「発信者番号通知」(P.83) を参照してくだ
さい。
インターネット電話番号通知 - インターネット電話利用時に、
通話相手にインターネット電話番号を通知する場合
は、オン を選択し、非通知にする場合は、オフ を選
択します。
203
その他の設定
します。+ 記号で始まる電話番号を電話帳に保存し、
国コードが 81 でない(81 は日本の国コード)場
合、その番号に電話をかけると、+ 記号がここで保存
したアクセス番号に置き換えられます。保存したアク
インターネットコールウェイティング - 通話中にインターネット電話
セス番号が使用されていない国から通話するときは、
を着信したことを通知するには、有効 を選択します。
オフ を選択します。この設定は、電話、テレビ電話、
インターネット着信通知 - インターネット電話を着信したこ
データ通信、FAX 通信の場合のみ有効ですが、携帯
とを通知するには、オン を選択します。オフ を選択
電話事業者間のローミング契約によって異なることが
した場合、着信しても通知されませんが、不在着信
あります。詳細については、「世界対応ケータイサー
を知らせるメッセージが表示されます。
ビスガイド」を参照してください。
割込通話サービス ( ネットワークサービス ) - 詳細に
ついては、
「割込通話サービス」(P.81) を参照して
ください。
デフォルト電話タイプ を押して電話をかけると
きに インターネット電話 をデフォルトとして使用する場合
は、インターネット電話 を選択します。インターネット電話
サービスが利用できない場合、通常電話が使用され
ます。
通話拒否時 SMS 送信 - 電話に応答できない理由を
知らせる SMS を発信者に送信する場合は、オン を
選択します。(「電話にでられないとき」P.69)
通話拒否時定型文 - 応答を拒否したときに SMS で送
信する本文を入力します。
テレビ電話の静止画 - テレビ電話がかかってきた場
合に映像送信を拒否できます。映像のかわりに表示
する静止画を選択します。
国際アクセスコード置換 - 日本から国際電話をかけるとき
に使用する特定の国際電話アクセス番号がある場合
は、オン を選択して、国際電話アクセス番号を入力
204
自動リダイヤル - オン を選択すると、電話がつながら
ない場合に最大 10 回まで自動的に電話をかけ直すこ
とができます。自動リダイヤルを停止するには、 を
押します。
通話時間表示 - 通話中に通話時間を本機に表示させる
場合は、オン を選択します。
通話後の情報表示 - 通話後のおおよその通話時間を本
機に表示させる場合は、オン を選択します。
ワンタッチダイヤル - オン を選択すると、ワンタッチ
ダイヤルキー (
∼
) を長く押すことで、
そのキーに登録した番号に電話をかけることができま
す。(「ワンタッチダイヤルで電話をかける」P.67)
エニーキーアンサー - オン を選択すると、どのキー
(
、 、 、 は除く ) を押しても、かかってき
た電話に応答できるようになります。
> ツール > 設定 > 電話機 > ネットワーク
本機は、GSM ネットワークと WCDMA ネットワー
クを自動的に切り替えることができます。GSM ネッ
トワークの場合、待受画面に
が表示されます。
WCDMA ネットワークの場合は
が表示されま
す。
ネットワークモード - デフォルトの デュアルモード
が選択されている限り、ネットワークパラメータと携
帯電話事業者間でのローミング契約に基づいて、本機
が自動的に GSM または WCDMA ネットワークを使
用します。ローミングについて詳しくは、ご契約され
ている携帯電話事業者にお問い合わせください。
警告 : GSM ネットワークだけを使用するよ
う設定し、選択したネットワークが使用で
きない場合は、緊急電話を含むすべての電
話が発信できなくなる、またはネットワー
ク接続が必要になる機能が使用できなくな
ります。
携帯電話事業者選択 - 自動 を選択すると、本機がネッ
トワークを検索して利用可能なネットワークの 1 つ
を選択するように設定されます。手動 を選択すると、
ネットワークリストでネットワークを手動で選択でき
ます。手動で選択したネットワークが切れると、エ
ラー音が鳴って、ネットワークを再接続するかどうか
の確認メッセージが表示されます。選択するネット
ワークは、ソフトバンクとローミング契約している
必要があります。
用語 : ローミング契約とは、2 つ以上の携
帯電話事業者間の契約です。ある携帯電話
事業者のユーザが他の携帯電話事業者を使
用できるようになります。
セル情報表示 - オン を選択すると、本機がマイクロ
セルラーネットワーク (MCN) 技術に基づくセルラー
ネットワークで使用中であることが表示されるとと
もに、セル情報の受信を開始するように設定されま
す。
その他の設定
■ ネットワーク
接続設定
> ツール > 設定 > 接続
本機は、GSM ネットワークの GPRS などのパケッ
トデータ接続に対応しています。本機を WCDMA や
GSM ネットワークで使用する場合は、複数のデータ
接続を同時に使用したり、複数のアクセスポイント
で 1 つのデータ接続を共有したり、通話中にデータ
接続を使用中のままにしたりできます。
データ接続を確立するには、アクセスポイントが必
要となります。次の種類のアクセスポイントを指定
することができます。
・ MMS の送受信をおこなう MMS アクセスポイン
ト
205
その他の設定
・ WML や XHTML ページを表示するインターネッ
トアプリケーション用のアクセスポイント
・ E-mail の送受信をおこなうインターネットアクセ
スポイント (IAP)
別のサービスプロバイダのアクセスポイントを設定
し、各アプリケーションでそのアクセスポイントを
使用する設定に変更した場合は、ソフトバンクの
サービスがご利用できなくなります。
■ アクセスポイント
- パケットデータアクセスポイント
- 無線 LAN アクセスポイント
本機にアクセスポイントがすでに設定されている場
合があります。
が表示されているアクセスポイントは、保護され
ています。編集や削除はできません。
補足:WLAN ウィザードを使って無線 LAN
アクセスポイントを作成することができま
す。(「待受画面から無線 LAN を利用する」
P.180)
新規アクセスポイントを作成する
1 アクセスポイント > オプション > 新規アクセスポイント
の順に選択し、項目を入力
接続名 - わかりやすい名前を入力します。
206
データベアラ - データ接続の種類を選択します。
選択したデータ接続に応じて、特定の設定フィー
ルドだけが設定可能になります。
・ データ接続を使用できるようにするには、ネッ
トワークサービスプロバイダがこの機能に対応
しているとともに、必要な場合に、お客様の
USIM カードでこの機能を有効にする必要があ
ります。
・ 赤のアスタリスクが表示されているフィールド
には、入力が必要です。他のフィールドは、特
にサービスプロバイダからの指示がない限り、
空欄のままにできます。
・ 既存のアクセスポイントをコピーして、新規ア
クセスポイントを作成するには、オプション >
アクセスポイント複製 を選択します。
・ 詳細については、サービスプロバイダの指示に
従ってください。
・ アクセスポイントの内容を変更する場合は、
オプション > 編集 を選択します。
・ アクセスポイントを削除するには、 を押しま
す。
アクセスポイント設定
1 アクセスポイント > 設定するアクセスポイントを選択
アクセスポイント名 - アクセスポイント名はパケット
データネットワークや WCDMA ネットワークと接続
する場合に必要で、サービスプロバイダから入手でき
ます。
パスワード確認 - サーバにログインするたびに新しい
パスワードを入力する必要がある場合や、本機にパス
ワードを保存したくない場合は はい を選択します。
パスワード - パスワードはデータ接続をおこなうとき
に必要な場合があり、通常はサービスプロバイダから
提供されます。ほとんどの場合、パスワードでは大文
字と小文字が区別されます。
には、インターネットサービスプロバイダにお問
い合わせください。
・ プロキシサーバアドレス - プロキシサーバを設定します。
・ プロキシポート番号 - プロキシサーバのポート番
号を設定します。
無線 LAN アクセスポイント設定
1 アクセスポイント > 設定するワイヤレス LAN アクセス
ポイントを選択
設定については無線 LAN サービスプロバイダの指示
に従ってください。
ホームページ - お客様の設定内容に応じて、URL ア
ドレスまたは MMS センターのアドレスを入力しま
す。
WLAN ネットワーク名 - 手動入力 または ネットワーク名検索 を
選択します。既存のネットワークを選択した場合、そ
のネットワークのアクセスポイント機器の設定に
よって WLAN ネットワークモード と WLAN セキュリティモードが設
定されます。
オプション > 詳細設定 を選択し、詳細設定をおこな
うこともできます。
ネットワーク状態 - ネットワーク名を表示させるかど
うかを設定します。
・ ネットワークタイプ - 使用するインターネットプ
ロトコルのタイプとして、IPv4 または IPv6 を
選択します。
・ 電話機 IP アドレス (IPv4 のみ ) - 電話機の IP ア
ドレスを入力します。
・ DNS アドレス - 1 次 DNS アドレス には、1 次
DNS サーバの IP アドレスを入力します。2 次
DNS アドレス には、2 次 DNS サーバの IP アド
レスを入力します。これらのアドレスを入手する
WLAN ネットワークモード - 無線 LAN アクセスポイント経
由でインターネットに接続するには インフラストラクチャ を選
択します。アドホックネットワークを確立し、無線
LAN アクセスポイント機器を経由せず機器間で直接
データの送受信をおこなう場合は、アドホック を選
択します。アドホックネットワークでは、全ての機器
が同じ WLAN ネットワーク名 を使用する必要があります。
認証 - 標準 または 安全 を選択します。
その他の設定
ユーザ名 - ユーザ名はデータ接続をおこなうときに必
要な場合があり、通常はサービスプロバイダから提供
されます。ほとんどの場合、ユーザ名では大文字と小
文字が区別されます。
207
その他の設定
WLAN セキュリティモード - 使用する暗号化を 公開ネット
ワーク、WEP、802.1x( アドホックネットワーク
では設定できません )、または WPA/WPA2 から
選択します。公開ネットワーク を選択した場合、暗号
化は使用されません。ネットワークがサポートして
いる場合にのみ、WEP、802.1x、WPA を使用す
ることができます。
WLAN セキュリティ設定 - 選択したセキュリティ
モードの設定をおこないます。
WEP セキュリティ設定 :
・ 使用する WEP キー - WEP キー番号を選択しま
す。WEP キーは4つまで作成することができま
す。無線 LAN アクセスポイント機器でも同様の
設定をおこなう必要があります。
・ 認証タイプ - 本機と無線 LAN アクセスポイント
機器間の認証タイプを オープン または 共有 から
選択します。
・ WEP キー設定 - WEP 暗号化 ( キーの長さ )、
WEP キー形式 (ASCII または 16 進 )、WEP
キー ( 選択された形式の WEP キーデータ ) を入
力します。
802.1x/WPA/WPA2 セキュリティ設定 :
・ WPA/WPA2 - 認証方法を選択します。
EAP(extensible authentication protocol) プ
ラグインを使用する場合は EAP を選択し、パス
208
ワードを使用する場合は 事前共有キー を選択しま
す。それぞれ次の設定をおこないます。
・ EAP プラグイン設定 (EAP を選択した場合 ) - 設
定についてはサービスプロバイダにお問い合わせ
ください。
・ 事前共有キー ( 事前共有キー を選択した場合 ) - パ
スワードを入力します。無線 LAN アクセスポイ
ント機器で、同じパスワードを入力する必要があ
ります。
・ WPA2 のみモード (WPA/WPA2 を選択した場
合 ) - TKIP(Temporal Key Integrity Protocol)
を使用するかどうかを設定します。
ホームページ - ホームページを設定します。
オプション > 詳細設定 を選択し、詳細設定をおこな
うこともできます。
・ IPv4 設定 : 電話機 IP アドレス ( 本機の IP アドレ
ス ) を指定することができます。電話機 IP アドレ
ス を指定した場合、サブネットマスク ( サブネッ
ト IP アドレス )、デフォルトゲートウェイ ( ゲートウェイ )
を指定する必要があります。また、DNS アドレス
に、1次 /2 次 DNS サーバの IP アドレスを指定
することもできます。アドレスについてはサービ
スプロバイダにお問い合わせください。
・ IPv6 設定 > DNS アドレス - 自動、固定、または
ユーザ定義 から選択します。
■ パケット接続
1 パケット接続 を選択
パケットデータ設定は、パケットデータ接続を使用す
るすべてのアクセスポイントに影響します。
パケット接続 - 可能時 を選択していて、パケットデー
タ対応のネットワーク圏内にいる場合、本機がパケッ
トデータネットワークに登録されます。また、パケッ
トデータ接続が開始されると、接続 ( 例えば、E-mail
の送受信 ) が速くなります。必要時 を選択した場合
は、パケットデータ接続を必要とするアプリケーショ
ンや操作を開始する場合にのみパケットデータ接続が
使用されます。パケットデータ通信圏にいないときに
可能時 を選択すると、定期的にパケットデータ接続
が試みられます。
アクセスポイント - このアクセスポイント名は、お客
様のコンピュータのパケットデータモデムとして本機
を使用する場合に必要になります。
高速パケットアクセス - WCDMA ネットワーク上で
HSDPA を有効にしたり、無効にしたりします。
HSDPA については、「高速ダウンロード」(P.40)
を参照してください。
■ ワイヤレス LAN
1 ワイヤレス LAN を選択
その他の設定
・ アドホックチャンネル ( アドホック を選択した場
合のみ ) - 手動で 1 ∼ 11 のチャンネル番号を入
力する場合は ユーザ定義 を選択します。
・ プロキシサーバアドレス - プロキシサーバのアドレスを入
力します。
・ プロキシポート番号 - プロキシポート番号を入力
します。
WLAN 応答状態表示 - 無線 LAN が利用可能な場合
に、 を表示するかどうかを設定します。
ネットワークスキャン - WLAN 応答状態表示 を オ
ン に設定した場合、無線 LAN を検索してインジケー
タをアップデートする頻度を設定します。
オプション > 詳細設定 を選択して詳細設定を確認す
るこができます。無線 LAN の詳細設定の変更は推奨
されておりません。
■ SIP 設定
SIP (Session Initiation Protocol) 設定は、SIP を
使用する特定のネットワークサービスを利用する場
合に必要になります。設定はサービスプロバイダか
ら、特別な SMS などで受信します。これらの設定
プロファイルは SIP 設定で参照、削除、作成するこ
とができます。
209
その他の設定
■ インターネット電話設定
■ アプリケーションやモードを起動する
新しくインターネット電話プロファイルを作成する
には、インターネット電話 > オプション > 新規プロファイ
ル を選択します。
1 待受画面で
既存のプロファイルを編集するには、オプション >
編集 を選択します。
■ 構成
本機ではご使用になれない機能です。
アプリケーション
本機のアプリケーションの設定を変更するには、
> ツール > 設定 > アプリケーション を選択します。設定は
それぞれのアプリケーションから設定オプションを
選択しても変更することができます。
ボイスキー
登録されている音声コマンドを発声するだけで、ア
プリケーションや電話機機能を起動することができ
ます。音声コマンドは、ボイスダイヤルと同じよう
に本機に登録されます。(「声で電話をかける」
P.67)
> ツール > ユーティリティ > ボイスキー
210
(右ソフトキー)を長く押して、
ボイスタグを発声する
■ ボイスタグを確認する
例:モード のボイスタグを再生して確認する
1
> ツール > ユーティリティ > ボイスキー > モード > 各
モードを選択 > オプション > 再生 の順に選択
登録されているボイスタグが再生されます。
■ ボイスタグを設定 / 変更する
新規アプリケーションを追加する
1 オプション > 新規アプリケーション登録 を選択
2 リストから追加するアプリケーションを選択
追加したアプリケーションのボイスタグは、自動
的に作成されますが、次の操作で変更することが
できます。
ボイスタグを変更する
1 アプリケーションを選択し、オプション >
コマンド変更 を選択
2 新しいボイスタグをテキストで入力
短すぎる語や略語、頭字語を使用しないようにし
ます。
グを確認
設定を変更する
1 オプション > 設定 を選択
・ シンセサイザ > オフ にすると、ボイスタグを発
声したときに、電話機に登録されているボイス
キーを再生しません。
・ 音声認識を削除 を選択すると、電話機の主な
ユーザが変更となった場合に、音声認識をリ
セットすることができます。
著作権管理
コンテンツの所有者は、著作権などの知的所有権を保
護するために、さまざまな種類のデジタル著作権管理
(DRM) テクノロジーを使用する場合があります。本
機では、DRM によって保護されたコンテンツにアク
セスするために、さまざまな種類の DRM ソフトウェ
アを使用します。本機では、WMDRM 10、OMA
DRM 1.0、OMA DRM 2.0 によって保護されたコ
ンテンツにアクセスできます。特定の DRM ソフト
ウェアがコンテンツの保護に失敗した場合、コンテン
ツの所有者は、その DRM ソフトウェアの、DRM に
よって保護されている新たなコンテンツにアクセスす
る機能を無効にするように要求できます。無効にする
と、本機内に既に存在する、DRM によって保護され
ているコンテンツの更新ができなくなる場合がありま
す。DRM ソフトウェアを無効にしても、他の種類の
DRM によって保護されているコンテンツの使用や、
DRM によって保護されていないコンテンツの使用に
は影響がありません。
デジタル著作権管理 (DRM) によって保護されている
コンテンツには、そのコンテンツを使用する権利を
定義する、関連付けられたアクティベーションキー
が付属しています。
その他の設定
3 オプション > 再生 を選択し、変更されたボイスタ
本機に WMDRM によって保護されたコンテンツが
保存されている場合、本機のメモリがフォーマット
されると、そのコンテンツとアクティベーション
キーの両方が失われます。本機に保存されている
ファイルが破損したときも、アクティベーション
キーとそのコンテンツが失われる場合があります。
アクティベーションキーまたはコンテンツを失うと、
本機で同じコンテンツを使用できなくなる場合があ
ります。詳細については、サービスプロバイダにお
問い合わせください。
アクティベーションキーが特定の USIM カードと関
連付けられている場合、本機にその USIM カードが
挿入されている場合にのみ、保護されたコンテンツ
にアクセスすることができます。
> アプリ > メディア > 著作権
有効なキー - 1 つ以上のメディアファイルに関連付け
られた有効なキーのリストが表示されます。
211
その他の設定
無効なキー - メディアファイルの使用時間を使い果
たしたか、ファイルの使用期限が過ぎた場合、また
は、保護されているメディアファイルが本機に保存
されているが、関連付けられたキーがない場合に表
示されます。
未使用のキー - 関連付けられたメディアファイルが
本機に保存されていないキーのリストが表示されま
す。
メディアファイルの使用時間を追加購入したり、使
用期間を延長したりするには、著作権管理キーを選
択して、オプション > 新規キー取得 を選択します。
サービスメッセージを受信できない場合は、著作権
管理キーを更新できません。(「サービスメッセー
ジ」P.94)
表示されるオプションはキーによって異なります。
ファイルの有効状態や送信可否などの詳細情報を表
示するには、著作権管理キーを選択して、 を押し
ます。
212
本機のアプリケーションに加え、本機や PC にアプリ
ケーションをインストールして、より多くの機能をお
楽しみいただけます。
ここでは Nokia N95 アプリケーションを簡単に紹介
しています。
ご使用の際には、ダウンロードまたは DVD-ROM か
らインストールした各アプリケーションのヘルプ機能
も参照してください。
Nokia N95 アプリケーションについての情報は、ノ
キアのサイト(http://www.nokia.co.jp)でも確認
いただけます。ご質問はハローノキアまでお問い合わ
せください。(「ノキアコンタクトセンター」P.263)
・ シェアオンライン - mixi および VOX などのオン
ラインシェアリングサービスを利用し、画像やビ
デオなどをウェブ上で共有することができます。
mixi の操作方法については、
「SoftBank X02NK
らくらくスタートブック」を参照してください。
・ 検索 - 電話機 / メモリカードにあるコンテンツ、
地域のサービス、インターネットページ検索など
がおこなえます。
・ ネット電話 - インターネット電話サービスをご利用い
ただけます。(事前にインターネット電話サービス
に加入する必要があります。
)
・ ダウンロード - 本機と互換性のあるアプリケー
ションがダウンロードできます。
・ Lifeblog - 同梱されている DVD-ROM の Nokia
Photos 1.0 を PC にインストールし、本機の
Lifeblog と一緒にブログをお楽しみいただけま
す。
・ Nokia Nseries PC Suite - PC にインストール
し、本機と PC を接続してご利用いただけます。
パケット定額制をご利用でない場合は、パケット通
信料が高額となる可能性があります。通信料をご確
認いただきながらご利用いただくことをおすすめし
ます。海外では、パケットローミング費用が別途か
かりますのでご注意ください。
シェアオンライン
Nokia N95 アプリケーション
Nokia N95 アプリケーション
互換性のあるオンラインアルバムやブログなどオン
ラインシェアリングサービスを利用して、画像やビ
デオファイルをウェブ上で共有することができます。
コンテンツのアップロード、下書きの保存または編
集、アルバムコンテンツの閲覧などができます。
サービスプロバイダによって、サポートされるコン
テンツタイプが異なる場合があります。サポートさ
れるファイルタイプを確認する場合は、オプション
> サービス情報を参照します。
213
Nokia N95 アプリケーション
■ はじめに
・「アカウントを持っていますか?」と表示されま
コンテンツをオンラインで共有するには、オンライ
ンシェアリングサービスプロバイダのサービスに加
入する必要があります。サービスプロバイダのウェ
ブページからサービスの申し込みができる場合があ
ります。サービス加入についての詳細は、サービス
プロバイダ にお問い合わせください。
・ サービス更新を選択し、新規サービスを確認す
利用可能なサービスを確認する
> アプリ > シェアオンライン を選択
1
・「アプリケーションのオンライン接続を許可し
ますか?」と表示されます。
2 はいを選択
・ アクセスポイント選択画面が表示された場合、
「Application Connection」、または利用可能
な無線 LAN アクセスポイントを選択します。
・ 利用可能なサービスが表示されます。
■ アカウントを設定する
シェアオンラインアプリケーションを使用するには、
ユーザ名とパスワードの設定をおこないます。サー
ビスプロバイダによっては、新規アカウントの作成
方法が異なる場合があります。
1
> アプリ > シェアオンライン を選択
2 オプション > 新規アカウント追加 を選択
3 サービスプロバイダを選択
214
す。
ることもできます。
4 はいを選択
5 アカウント情報を設定 > 戻る
・「追加しますか?」と表示されます。
6 はいを選択
■ ウェブに投稿する
1
> ギャラリー > 画像とビデオ > オプション > 送
信 > Web に投稿 > 投稿先 からサービスを選択
2 投稿画面 > オプションを選択
次の項目を設定できます。
・ Web に投稿 - 選択したサービスへのアップロー
ドを開始します。
・ 移動 - ファイルが複数ある場合にファイルの並
べ替えをします。
・ テキスト追加 - ファイルにキャプションを追加
します。
・ 挿入または新規アイテム挿入 - 保存済みのファ
イルを選択するか、新しいファイルを取得して
挿入します。
・ 削除 - 投稿からファイルを削除します。
・ 詳細情報表示 - 選択したファイルに関する情報
を表示します。
投稿画面ではサービスプロバイダでサポートされ
ている場合のみ、次の編集をおこなうことができ
ます。
・ タグを追加するには、タグ : フィールドにスク
ロールして追加します。
・ メディアファイルのプライバシーレベルを設定
するには、表示 : フィールドまでスクロールし、
デフォルト、パブリックまたはプライベートを
選択します。
3 オプション から Web に投稿
・ アクセスポイント選択画面が表示された場合、
「Application Connection」
、または利用可能
な無線 LAN アクセスポイントを選択します。
・ ウェブへの投稿をキャンセルし、作成したアイ
テムを下書きとして保存するには、キャンセル
> 下書きとして保存 を選択します。下書きは、
> アプリ > シェアオンライン > オプション > 送信
ボックスに保存されます。
サービスプロバイダによって使用できるオプションは
異なります。
■ オンラインサービスを使用する
オンラインサービスを利用して、投稿した画像やビデ
オを参照したり、電話機に保存された下書きや送信し
たアイテムを確認したりできます。
> アプリ > シェアオンライン > オプションを選択
次の操作をおこなうことができます。
Web を開く [ サービス名 ]- サーバに接続し、選択し
たサービスをウェブ上で開きます。
新規投稿 - オンラインアルバムへの新しい投稿を作成
します。
最近の投稿 - 最近投稿された画像やビデオを表示しま
す。
送信ボックス - 送信待ちになっている投稿や下書きと
して保存された投稿の表示や管理をおこないます。
デフォルトに設定 - サービスに接続する際にアカウン
トをデフォルトとして設定します。
サーバから更新 - サービスの取得を開始します。
開始 - 選択したサービスを有効にします。
Nokia N95 アプリケーション
・ 画像表示 - 投稿する画像ファイルを表示します。 1
・ 設定 - シェアオンラインの設定をします。
編集 - アカウント設定を編集します。
サービス情報 - サービスがサポートするファイルタイ
プなどを表示します。
新規アカウント追加 - 選択したサービス用に新しいア
カウントを作成します。サービス更新を選択し、利
用可能なサービスプロバイダのリストを更新するこ
ともできます。
設定 - シェアオンラインの設定を編集します。
215
Nokia N95 アプリケーション
サービスプロバイダによって使用できるオプション
は異なります。
■ シェアオンライン設定
> アプリ > シェアオンライン > オプション > 設定
サービスプロバイダ
サービスプロバイダのリストが表示され、サービス
の詳細を確認することができます。サービスプロバ
イダがサポート対象とする画像やビデオのフォー
マットなどの詳細を表示する場合は、サービスを選
択して
を押します。
選択したサービスプロバイダを削除するには、オプ
ション > 削除を選択します。
「利用可能なサービスを確認する」(P.214) でダウ
ンロードされたサービスプロバイダの設定は変更で
きません。
マイアカウント
既存アカウントの編集や新規アカウントの作成をお
こなうことができます。サービスプロバイダによっ
ては、新規アカウントの作成方法が異なる場合があ
ります。
1 既存アカウント > オプション > 編集 の順に選択
・ 新規アカウントを作成する場合は、オプショ
ン > 新規アカウント追加の順に選択します。
216
アカウント名 - アカウント名を入力します。
ユーザ名とパスワード - オンラインサービスに加入し
たときに作成したアカウントのユーザ名とパスワード
を入力します。
画像投稿サイズ - サービスに投稿される画像のサイズ
を選択します。
アプリケーション設定
表示画像サイズ - 投稿編集画面に表示される画像サイ
ズを選択します。この設定は、投稿する画像のサイズ
には影響しません。
表示文字サイズ - 投稿編集画面の文字サイズを選択し
ます。
詳細設定
ダウンロード間隔とローミング中のダウンロードはフィード機
能に対応しているサービスのみ有効です。
デフォルトアクセスポイント- サービス接続に使用するアクセスポ
イントを選択します。
ダウンロード間隔 - サービスからコンテンツを更新す
る頻度を設定します。
ローミング中のダウンロード - ローミング中にサービスからコ
ンテンツを自動的に更新するには有効を選択します。
加入しているサービスのネットワークエリア外でコン
テンツを更新すると料金が高くなる場合があります。
検索
検索アプリケーションを利用して、Web サイトや画
像を検索したり、電話機やメモリカードに保存されて
いるファイルやデータを検索したりできます。
利用できる検索サービスは、国や地域によって変わる
場合があります。
検索アプリケーションはメモリを多く使用します。検
索と同時に他のアプリケーションを使用すると、他の
アプリケーションが終了する場合があります。
■ インターネット検索
インターネットに接続し、Web ページを検索します。
検索結果は、モバイル用に要約されたページが表示さ
れます。
1
> 検索 > インターネット検索 >
を押す
2 検索プロバイダ >
を押す
・ 利用可能なサービスプロバイダが複数ある場合
は、オプション > サービス選択を選択し、サー
ビスプロバイダを選択します。
3 検索キーワードを入力し、検索する
・ ネットワーク接続方法を選択する場合がありま
す。「検索の設定」(P.219) を参照してくださ
い。
・ アクセスポイント選択画面が表示された場合
は、「Application Connection」、または利用
可能な無線 LAN アクセスポイントを選択しま
す。
・ 検索フィールドで、
を連続して短く押す
と、入力モードを変更することができます。
・ 検索フィールドの入力した文字をクリアするに
は、 を押します。
4 検索結果を選択 >
を押す
・ 検索結果の詳細情報を表示します。
検索結果を表示する
検索結果について、次のオプションが選択できます。
Nokia N95 アプリケーション
画像データをすべて公開 - すべての画像データを自動的
に公開するには有効を選択します。
詳細 - 検索結果の詳細情報を表示します。決定キーを
押しても詳細を表示できます。
次の検索結果、または前の検索結果 - すべての検索結
果を表示します。ナビゲーションキー右、またはナ
ビゲーションキー左を押して検索結果を表示するこ
ともできます。
絞り込み検索 - 検索キーワードを追加して再度検索
し、結果を絞り込みます。
ブックマークへ追加 - 検索結果をブックマークに追加しま
す。
217
Nokia N95 アプリケーション
ローカル検索
検索サービスを利用して、地域サービスやビジネス
情報を検索することができます。利用できる検索エ
ンジンやサービス内容は国や地域によって異なりま
す。検索エンジンのダウンロードが必要となる場合
があります。
1
> 検索 > オプション > 設定 > 国 / 地域から
国を選択 > 戻る
・ 国 / 地域名の最初の文字を入力すると、合致す
る国 / 地域のリストが表示されます。
・ グローバルな検索を提供する検索プロバイダは
複数の国や地域で利用できます。
2
3
4
5
インターネット検索 >
検索プロバイダ >
を押す
を押す
必要な検索キーワードを入力し、検索する
検索結果を選択 >
を押す
・ 詳細情報から電話番号や地図、URL などが利
用できる場合があります。
ローミング
国や地域を移動する際、地域設定が自動的に変更さ
れる場合があります。国または地域の設定を変更す
ることで、その地域に関連性の高い情報にアクセス
することができます。海外で利用する場合は、パ
ケット通信料が高額となる可能性があります。通信
218
料をご確認いただきながらご利用いただくことをおす
すめします。
国や地域を移動すると、その地域の新しい検索サービ
スが利用可能となる場合があります。オプション >
更新を確認を選択し、使用できるサービスを確認しま
す。新しい検索サービスが利用できる場合は、オプ
ション > ダウンロードを選択します。
■ 画像検索
インターネット上の画像を検索します。検索結果には
サムネイル、タイトル、および URL がリストで表示
されます。インターネットの画像検索は、検索プロバ
イダが対応している必要があります。
1
> 検索 > インターネット検索 >
を押す
2 検索プロバイダ >
を押す
・ 利用可能なサービスプロバイダが複数ある場合
は、オプション > サービス選択で、サービスプ
ロバイダを選択します。
3 検索オプションで画像オプションを選択
4 検索キーワードを入力し、検索する
5 検索結果を選択 >
を押す
・ 検索結果の詳細情報を表示します。
・ 画像は、画像ビューアで開いたり、ギャラリー
に保存したりできます。
・ 画像を表示するには、 を押します。
電話機やメモリカードに保存されているファイルや
データを検索することができます。
1 マイコンテンツからコンテンツカテゴリを選択 >
を押す
・ 画面下部の検索フィールドにキーワードを入力
して検索することもできます。
2 検索結果を選択 >
を押す
・ 検索結果の詳細情報を表示します。
キーワードを入力すると、検索結果がカテゴリ別に自
動的にフィルタされます。検索結果には、カテゴリを
示すアイコンが表示されます。また、キーワードと検
索結果が一致する場合は、最近アクセスした検索結果
が上部に表示されます。
■ 検索の設定
> 検索 > オプション > 設定
次の設定をおこなうことができます。
国 / 地域 - 国または地域を変更することができます。
接続 - 使用するアクセスポイントやネットワーク接続
の許可 / 拒否を選択できます。
検索サービス - マイコンテンツ検索のカテゴリを選択
したり、検索プロバイダの有効 / 無効を選択したりで
きます。
一般 - 検索履歴を消去したり、クイックヘルプ表示
(サイトのタイトルをポップアップで表示)の有効 /
無効を切り替えたりすることができます。
ネット電話
インターネット電話サービス ( ネットワークサービス
) を利用して、インターネットで電話をかけたり電話
を受けたりすることができます。
注意: このサービスについては、ご利用になる
ネットワーク環境によって異なります。本機のネッ
ト電話は、Yahoo!BB には対応しておりません。
サードパーティのインターネット電話サービスをご
利用になる場合は、お客様ご自身の責任でインター
ネット電話サービス用のアプリケーションをインス
トールしてください。
Nokia N95 アプリケーション
■ マイコンテンツ検索
インターネット電話で通話するには、本機がイン
ターネット電話サービスに接続されている必要があ
ります。必要に応じて「接続設定」(P.205) の
「SIP 設定」(P.209) を参照し、インターネット電話
サービスプロバイダの指示に従って設定をおこなっ
てください。
> ツール > 外部接続 > ネット電話
インターネット電話サービスに接続するには、本機
がワイヤレス LAN アクセスポイントなどの接続ネッ
トワーク受信地域内で使用される必要があります。
219
Nokia N95 アプリケーション
重要 : 無線 LAN 接続のセキュリティを向上さ
せるために、利用可能な暗号化手段のいずれかを常
に有効にしておいてください。暗号化を使用すると、
データへの不正アクセスのリスクが軽減されます。
フランスなど、一部の国 / 地域では、無線 LAN の使
用が制限されています。詳細については、ご利用に
なる地域の行政機関にお問い合わせください。
利用可能なアクセスポイントは、インターネット電
話サービスプロバイダによって異なります。
初めてネット電話を起動する際、「ダウンロードを起動
してサービス設定を取得しますか?」と表示される
場合があります。必要に応じてインターネット電話
サービス設定(サードパーティアプリケーション)
を取得してください。
インターネット電話サービスに接続するには、リス
トから利用可能なネットワークを選択し、オプショ
ン > サービスに接続を選択します。保存されたネッ
トワークは、 ☆付きでリストの一番上に表示されま
す。接続の確立をキャンセルする場合は、キャンセ
ルを選択します。
サービスへの接続を確立した後に、使用したワイヤ
レス LAN ネットワークをアクセスポイントとして保
存することができます。
オプションを選択し、次の操作や設定がおこなえま
す。インターネット電話サービスプロバイダにより
利用可能なオプションは異なります。
220
サービスに接続 - インターネット電話サービスへの接
続が可能な状態の場合、サービスの接続を確立しま
す。
サービスから切断 - インターネット電話サービスへの
接続を切断します。
サービス変更 - 本機が複数のサービスに接続されてい
るときに、利用するインターネット電話サービスを選
択します。このオプションは、設定されたサービスが
1 件以上利用可能なときに表示されます。
サービス設定 - 新規のサービスを設定します。このオ
プションは、設定されていないサービスがある場合に
表示されます。
ネットワーク保存 - 接続中のネットワークを保存しま
す。前回保存したネットワークは、 ☆付きで接続
ネットワークのリストに表示されます。このオプショ
ンは、保存されていないワイヤレス LAN ネットワー
クに接続されているときに表示されます。
非表示ネットワーク使用 - 非表示ワイヤレス LAN ネット
ワークを使用してインターネット電話サービスに接続
します。
更新 - 接続ネットワークのリストを手動で更新しま
す。このオプションは、使用したいワイヤレス LAN
ネットワークがリストに表示されない場合に使用しま
す。リストは、約 15 秒毎に自動的に更新されます。
設定 - 設定を変更します。
本機が一度に接続できるワイヤレス LAN アクセスポ
イントは 1 件だけです。同じアクセスポイントを使
用するインターネット電話サービスを 2 件以上利用
する場合は、本機が複数のサービスに同時に接続され
る場合があります。利用されるインターネット電話
サービスは、ネット電話の接続ネットワークのリストに
表示されます。サービスを変更するには、サービス変
更を選択します。
インターネット電話サービスに接続中は、
画面に表示されます。
が待受
インターネット電話サービスとアクセスポイントが利
用可能な状況であれば、ショートカットを選択して、
サービスに接続することができます。インターネット
電話サービス接続中にショートカットを選択すると、
サービスから切断するかどうかメッセージが表示され
ます。
■ インターネット電話をかける
待受画面からかける
1 待受画面 > 電話番号またはアカウント名を入力
>
を押す
・ 数字モードと文字入力モードを切り替えるには、
を長く押します。
・ 電話を終了するには、
を押します。
インターネット電話が優先通話タイプとして設定されてお
り、本機がインターネット電話サービスに接続され
ている場合、電話をかけるときにインターネット電
話がデフォルトで使用されます。設定方法は、「優先
通話タイプを設定する」(P.222) を参照してくださ
い。
電話帳からかける
> 電話帳を選択
1
2 インターネット電話をかける連絡先を選択
3 オプション > インターネット電話を選択
通信履歴からかける
> ツール > 通信履歴 > 発着信履歴 を選択
1
2 不在着信履歴、着信履歴、または発信履歴からイ
ンターネット電話をかける連絡先を選択
3 オプション > インターネット電話を選択
Nokia N95 アプリケーション
終了 - アプリケーションを終了します。
本機はインターネット ( インターネット電話 ) を介し
た音声電話に対応しています。本機から緊急電話番
号に電話をかける場合、最初に携帯電話ネットワー
クが使用されます。携帯電話ネットワークで緊急電
話番号に電話がかからなかった場合、本機はお客様
が契約しているインターネット電話プロバイダを介
して緊急電話をかけようとします。既存の携帯電話
の性質上、緊急電話には携帯電話ネットワークの使
用が推奨されます。携帯電話ネットワークのサービ
スエリア 内では、緊急電話をかける前に本機の電源
221
Nokia N95 アプリケーション
がオンになっており、電話がかけられる状態である
ことを確認してください。インターネット電話を使
用しての緊急電話は、無線 LAN ネットワークが有効
であるか、インターネット電話のプロバイダが緊急
電話の機能に対応しているかどうかによります。イ
ンターネット電話での緊急電話については、契約さ
れているインターネット電話サービスプロバイダに
お問い合わせください。
■ 設定
>ツール > 外部接続 > ネット電話 > オプション >
設定
優先通話タイプを設定する
1 デフォルト通話タイプ > オプション > 変更 を
選択
2 携帯電話 または インターネット電話を選択
・ >ツール > 設定 > 電話機 > 通話 > デフォ
ルト電話タイプ > オプション > 変更から通常
電話 または インターネット電話を選択することもでき
ます。
・ インターネット電話に設定しても、サービスが利用で
きない場合は、自動的に通常電話がかかりま
す。
222
サービス設定
> ツール > 外部接続 > ネット電話 > オプション >
設定 > [ サービス名 ] の設定
サービスの設定を確認するには、ログインタイプを選
択し、次の設定をおこないます。
手動 - インターネット電話サービスに手動でログイン
します。
自動 - インターネット電話サービスに自動的にログイ
ンします。接続可能なネットワークが検出されると、
本機が自動的にインターネット電話サービスに接続さ
れます。この機能を設定すると待受画面上部に
が
表示されます。
ログインタイプを自動に設定すると、本機は定期的に
無線 LAN ネットワークの検出をおこないます。検出
中は電池の消費量が増し、電池の消耗が早くなりま
す。
保存済み接続ネットワーク - インターネット電話サービスで
認識された接続ネットワークを確認します。これらの
ネットワークは自動ログインに使用され、接続ネット
ワークリストに☆付きで表示されます。リストから削
除するには、オプション > 削除を選択します。
サービス設定編集 - サービス特有の設定を表示しま
す。このオプションは、サービス特有のソフトウェア
プラグインが本機にインストールされている場合のみ
使用できます。
ダウンロードでは、本機と互換性のあるコンテンツ、
サービス、アプリケーションの購入、ダウンロード、
更新などがおこなえます。ゲーム、着信音、壁紙、ア
プリケーション、その他のコンテンツに簡単にアクセ
スできます。サービスプロバイダから提供されたカタ
ログやフォルダの中に、アイテムが分類されていま
す。利用可能なコンテンツは、サービスプロバイダに
よって異なります。
ダウンロード は、お客様が契約されているネット
ワークサービスを使用して最新のコンテンツにアクセ
スします。ダウンロードサーバの内容は定期的に更新
されます。ダウンロードには、英語のアイテムがあら
かじめ含まれています。ダウンロードから利用可能な
情報や追加のアイテムについては、各アイテムのサー
ビスプロバイダやサプライヤー、またはメーカーにお
問い合わせください。
■ カタログリストを更新する
> ダウンロード
1 オプション > リスト更新を選択
・ サービスプロバイダのサーバに接続し、最新の
コンテンツが提供されます。
・ 使用頻度の高いアイテムだけを表示させ、リス
オプション > 非表示を選択し、再度表示するに
は、オプション > すべて表示を選択します。
■ アイテムを購入する
ダウンロードのメインビュー、フォルダ、カタログ
で選択したアイテムを購入することができます。
1 オプション > 購入を選択
・ サブメニューが開き、アイテムのバージョンを
選択したり、価格情報を確認したりできます。
サービスプロバイダによって利用可能なオプ
ションは異なります。
・ 無料のアイテムをダウンロードする場合は、オ
プション > 取得を選択します。
■ ダウンロードの設定
1 オプション > 設定を選択
2 設定を変更 > 戻るを選択
Nokia N95 アプリケーション
ダウンロード
変更できる設定は次の通りです。
アクセスポイント - サーバ接続時に使用するアクセス
ポイントを定義する場合は、ユーザ定義から
「Application Connection」
、または利用可能な無線
LAN アクセスポイントを選択します。接続時毎にア
クセスポイントを確認する場合は、常に確認を選択
します。
トからフォルダやカタログを表示させないよう
にするには、非表示にするアイテムを選択し、
223
Nokia N95 アプリケーション
224
ダウンロード後に開く - ダウンロード後、コンテンツを
自動的に起動するには、はいを選択します。
プレビュー確認 - コンテンツやアプリケーションの
プレビュー版を自動的にダウンロードするには、い
いえを選択します。プレビュー版をダウンロードす
る前に確認メッセージを表示させるには、はいを選択
します。
購入確認 - コンテンツやアプリケーションを購入す
る前に確認メッセージを表示させるには、はいを選
択します。購入を選択後すぐに購入の手順を開始す
る場合は、いいえを選択します。
Nokia Lifeblog
> アプリ > メディア > Lifeblog
Lifeblog 用に推奨するブログサービスは、Six Apart
の TypePad(http://www.typepad.jp) です。
Nokia Photos PC アプリケーションで F1 を押し、
ヘルプを参照できます。
■ PC にインストールする
次の操作で PC に Nokia Photos をインストールし
ます。
1 製品パッケージに同梱されている DVD-ROM を
挿入
2 Nokia Nseries PC Suite をインストールする
(USB 接続用 Nokia Connectivity Cable ド
ライバーを含む )
3 Nokia Photos PC アプリケーションをインス
トール
Nokia Lifeblog は、本機で収集したアイテムなどを
マルチメディアダイアリーとしてウェブに投稿、更
新する携帯電話と PC のためのソフトウェアです。
Nokia Lifeblog は、マルチメディアコンテンツの履
歴を自動的に記録し、画像、ビデオ、サウンド、
SMS、MMS を管理することができます。ブログに
は時間順に掲載されるので、ブラウズ、検索、共有、
公開、バックアップなどが簡単におこなえます。
Microsoft .NET3.0 および Microsoft DirectX が
PC にインストールされていない場合は、Nokia
Photos 1.0 アプリケーションと同時にインストール
されます。
Nokia Lifeblog は、Nokia Nseries PC Suite の
Nokia Photos とご使用いただけます。同梱の
DVD-ROM から PC にインストールします。Nokia
本機と互換性のある PC を USB ケーブルを使って接
続することができます。
■ PC 接続
USB ケーブル接続
1 Nokia Nseries PC Suite をインストール
(P.187) を参照してください。
・ Nokia Nseries PC Suite をインストール後、
はじめて本機と PC を接続する時に、PC が本
機に対応するドライバをインストールします。
このインストールには時間がかかる場合があり
ます。
4 PC で Nokia Photos を起動
Bluetooth 接続
電話機と互換性のある PC を Bluetooth ワイヤレス
テクノロジーを使用して接続することもできます。
1 PC に Nokia Nseries PC Suite がインストー
ルされていることを確認
2 Nokia Nseries PC Suite の Connection
Manager を使用し、電話機と PC が
Bluetooth ワイヤレステクノロジーで認証済み
かどうかを確認
3 電話機と PC の Bluetooth を起動
Bluetooth については、本書の「Bluetooth 接
続」(P.182)、または PC 付属の説明書を参照し
てください。
■ 電話機と PC 間でコピーする
新規または編集されたアイテムを電話機から PC、
PC から電話機にコピーできます。
1 電話機を PC に接続
2 PC の Nokia Photos を起動
3 Nokia Photos で、「ファイル」>「同期」> 同
期する電話機を選択
電話機にある新規アイテムが PC にコピーされま
す。PC から電話機にコピーする場合は、PC 画面
の同期トレーにあるアイテムが電話機にコピーさ
れます。
■ タイムラインとお気に入りを閲覧する
電話機の Nokia Lifeblog を起動すると、タイムライ
ンビューが開いてマルチメディアアイテムが表示さ
れます。保存されているお気に入りアイテムを開く
には、オプション > お気に入り表示を選択します。
Nokia N95 アプリケーション
2 本機と PC を USB データケーブル で接続
3 モード選択 : 画面で PC Suite を選択
・ USB ケーブルについては、「データケーブル」
PC の Nokia Photos では、タイムラインのタグを
開くと日付順にアイテムが表示されます。
■ ウェブに投稿する
Nokia Lifeblog のアイテムを共有するには、お客様
のインターネットブログに投稿して公開します。
最初にブログサービスのアカウントを作成する必要
があります。アイテムの投稿先として使用するブロ
225
Nokia N95 アプリケーション
グを作成し、ブログアカウントを Nokia Lifeblog に
追加します。
Nokia Lifeblog 用に推奨するブログサービスは、
Six Apart の TypePad(http://www.typepad.jp)
です。
ブログアカウント設定
新規アカウントを追加した場合や、既存のブログを
編集した場合、アカウントの設定をする必要があり
ます。
1 オプション > 設定 > ブログを選択
・ PC の Nokia Photos では、画面右下のアイコ
ン「Web へ投稿」をクリックしてアカウント
を作成します。
2 オプション > 新規アカウントを選択
・ サーバアドレスは、ブログのアドレスを入力し
ます。ブログサービスから与えられるアドレス
です。
・ アクセスポイントは、「Application
Connection」、または利用可能な無線 LAN ア
クセスポイントを選択します。
電話機からウェブに投稿
1 タイムラインまたはお気に入りで、ウェブに投稿
するアイテムを選択
2 オプション > Web サービスに投稿を選択
226
・ この機能をはじめて使用する場合は、サーバか
らブログリストの取得を開始します。
3 投稿先を選択
新規のブログを作成した場合、オプション > ブロ
グリスト更新を選択して、ブログリストを更新で
きます。
4 投稿するタイトルと本文を入力
5 オプション > 送信を選択
PC からウェブに投稿
1 PC の Nokia Photos を起動
2「整理」タブの「お気に入り」や「タイムライン」
などから、ウェブに投稿するアイテムを選択
3「ファイル」>「Web へ投稿」を選択
4 投稿先を選択
5 投稿するタイトルと本文を入力
・ コメントフィールドに長い文章を入力すること
もできます。
6 送信ボタンをクリックして送信
■ アイテムをインポートする
電話機の .jpg 画像のほかに、別の情報源 (CD、
DVD、ハードディスクにあるフォルダなど ) から
.jpg 画像、.3gp、.mp4 ビデオクリップ、.amr サウ
ンドファイル、.txt テキストファイルなどを Nokia
Photos にインポートできます。
Nokia Podcasting
Nokia Podcasting では、パケット通信や無線 LAN
を使用してポッドキャストの検索や申し込み、ダウン
ロードをおこなうことができ、本機で音声や画像ポッ
ドキャストを再生、管理、共有することができます。
国内でポッドキャストのサイトが検索されない場合
は、英語で検索すると海外のサイトが検索されます。
ポッドキャスト番組のエピソードとは、例えば、番組
の第 1 話、第 2 話などに相当します。ポッドキャス
ト番組を登録すると、エピソードの一覧を見ることが
できます。
> ミュージック > Podcasting
ミュージックプレーヤーからも Podcasting を起動
することができます。
Podcasting を終了するには、必ず オプション >
終了 を選択します。
■ 設定
Nokia Podcasting を利用する前に、接続 と ダウン
ロード の設定をおこないます。
接続には無線 LAN(WLAN)が推奨されます。
使用可能な無線 LAN を検索するには、
> ツール
> 外部接続 > 接続状況 > 有効な WLAN の順に選択
します。インターネットアクセスポイントを定義す
るには、オプション > アクセスポイント定義 を選択します。
接続設定
1 オプション > 設定 > 接続 の順に選択
次の設定をおこなうことができます。
・ デフォルトアクセスポイント - インターネットに接続するアク
セスポイントを選択します。「Application
Connection」、または利用可能な無線 LAN アク
セスポイントを選択します。
・ サービス URL 検索 - 検索 で使用するポッドキャ
スト検索サービスを設定します。(「検索」
P.228)
Nokia N95 アプリケーション
PC から画像やビデオを Nokia Photos PC アプリ
ケーションにインポートするには、「ファイル」>
「インポート」を選択します。
ダウンロード設定
1 オプション > 設定 > ダウンロード の順に選択
次の設定をおこなうことができます。
・ 保存先 - ポッドキャストの保存先を設定します。
保存領域を最適に利用するために、メモリカード
への保存が推奨されます。
・ 更新間隔 - ポッドキャストをアップデートする頻
度を設定します。
227
Nokia N95 アプリケーション
・ 次回更新日 - 次にポッドキャストを自動アップ
デートする日付を指定します。
特定のデフォルトアクセスポイントが選択され、
Nokia Podcasting が起動している場合にのみ、
自動アップデートがおこなわれます。Nokia
Podcasting が起動していない場合、自動アップ
デートはおこなわれません。
・ 次回更新時刻 - 次にポッドキャストを自動アップ
デートする時間を指定します。
・ ダウンロード制限 (%) - ポッドキャストのダウンロー
ドに使用するメモリサイズを、選択した保存先の
全容量に対する割合(%)で指定します。
・ 上限を超える場合 - ポッドキャストのダウンロー
ドで ダウンロード制限 (%) を超えた場合に行なう処
理を設定します。
検索 > 検索するキーワードを入力
キーワードやタイトルでポッドキャストを検索するこ
とができます。検索では、オプション > 設定 >
接続 > サービス URL 検索 で指定したポッドキャス
ト検索サービスを使用して検索をおこないます。
補足:検索ではポッドキャスト番組の紹介に
あるタイトルやキーワードで検索をおこな
い、特定のエピソードの検索はおこないませ
ん。検索では、一般的なトピックで検索する
方がヒットする件数が多くなります。
ポッドキャストに番組を登録する
1 登録するポッドキャスト番組 > オプション >
アプリケーションが自動的にポッドキャストを読み
出すように設定すると、サービスプロバイダのネッ
トワークを介して大量のデータ送信がおこなわれま
す。接続には無線 LAN(WLAN)が推奨されます。
登録 を選択
ネットワーク接続を切断するには、Podcasting の
メイン画面で、オプション > 切断 を選択します。
2 はい を選択
デフォルト設定に戻す
1 オプション > 設定 > オプション > デフォルトに
戻す の順に選択
確認のメッセージが表示されます。
2 はい を選択
228
■ 検索
確認のメッセージが表示されます。
・ 複数の番組を一度に ポッドキャスト に登録すること
もできます。(「マークをつける」P.40)
その他検索画面でできること
表示されるオプションは、状況によって異なります。
検索結果 > オプション
・ 新規検索 - 新たに検索を開始します。
・ Web ページを開く(ネットワークサービス)ポッドキャスト番組のウェブサイトを表示します。
■ ディレクトリ
ディレクトリを利用して、新しいポッドキャスト番組
を探すことができます。
ディレクトリを開く
1 ディレクトリ > ディレクトリフォルダを選択し、
を押す
選択したディレクトリフォルダが更新されます。
更新が完了するとフォルダの色がグレーから黄色
に変わります。
・ ディレクトリには、人気のあるポッドキャスト
番組のリストやテーマフォルダが含まれている
場合があります。
2
を押し、フォルダを開く
・ ポッドキャスト番組を登録するには、タイトル
を選択し、 を押します。ポッドキャスト番組
を登録すると、ポッドキャスト を利用してエピソー
ドのダウンロード、管理、再生をすることがで
きます。
ディレクトリ / フォルダを追加する
1 ディレクトリ > オプション > 新規 >
Web ディレクトリ、または フォルダ の順に選択
・ Web ディレクトリ を選択した場合、タイトル と
.opml(Outline Processor Markup
Language) の URL を入力し、完了 を選択し
ます。
・ フォルダ を選択した場合、フォルダ名 を入力
し OK を選択します。
ディレクトリ / フォルダ / ウェブへのリンクを
編集する
1 編集するディレクトリフォルダを選択し、オプ
ション > 編集 を選択
ディレクトリフォルダを送信する
ディレクトリフォルダを MMS や Bluetooth を使用
して送信することができます。
Nokia N95 アプリケーション
・ 説明 - ポッドキャストの番組の詳細を表示します。
・ ポッドキャストに移動 - 視聴可能な登録済みのポッド
キャストが表示されます。(「ポッドキャスト」
P.230)
・ 送信 - 選択したポッドキャスト番組を他の互換性
のある機器に送信します。
・ マーク / マーク解除 - (「マークをつける」P.40)
1 オプション > 送信 を選択
opml ファイルをインポートする
本機に保存してある .opml ファイルをインポートす
ることができます。
1 オプション > OPML ファイルインポート を選択
2 電話機メモリ、またはメモリカードを選択 > OK
を選択
3 .opml ファイルを選択し、インポート
229
Nokia N95 アプリケーション
230
opml ファイルを受信する
Bluetooth などで .opml ファイルを受信した場合、
ファイルを開いて、ディレクトリ の 受信 フォルダにファ
イルを保存します。受信 フォルダを開いて、ポッド
キャスト番組を選択し ポッドキャスト に登録します。
■ ポッドキャスト
登録したすべてのポッドキャストの一覧が表示され
ます。
ポッドキャスト > オプション
表示されるオプションは、状況によって異なります。
・ 更新 - 新しいエピソードをダウンロードするため
に、ポッドキャスト番組を更新します。ダウン
ロードを中止するには、オプション > 更新中止
を選択します。
・ 新規ポッドキャスト - ポッドキャスト番組の URL
を入力して、新規登録します。
・ 編集 - ポッドキャスト番組の URL を編集します。
・ 削除 - ポッドキャスト番組とそのエピソードを削
除します。
・ 送信 - MMS や Bluetooth を使用して、ポッド
キャストを opml ファイルとして互換性のある他
の機器に送信することができます。
・ マーク / マーク解除 - 一度に複数のポッドキャス
ト番組の更新、削除、送信などをおこなうには、
マークをつけてから処理をおこないます。(「マー
クをつける」P.40)
・ 詳細 - ポッドキャスト番組の詳細情報を表示しま
す。
・ Web ページを開く - ポッドキャスト番組のウェブ
サイトを開きます。
アクセスポイントを設定していない場合や、パ
ケットデータ接続中にユーザ名とパスワード入力
が表示された場合は、サービスプロバイダにお問
い合わせください。
■ エピソードのダウンロード
ディレクトリ や 検索 を使用したり、URL を入力したりし
てポッドキャスト番組を登録すると、ポッドキャスト でエ
ピソードの管理、ダウンロード、再生をおこなうこと
ができます。
1 ポッドキャスト > 登録したポッドキャスト番組のタイ
トルを選択 >
を押す
エピソードのタイトル一覧が表示されます。それ
ぞれのエピソードの下に、ファイル形式、ファイ
ルサイズ、いつアップロードされたのかが表示さ
れます。
2 エピソードのタイトルを選択 > オプション >
ダウンロード を選択
・ ダウンロードを中止する場合は、オプション >
ダウンロード中止 を選択します。
・
・
・
・
行 を選択して、ダウンロードを続けることもで
きます。
同時に複数のエピソードをダウンロードするこ
ともできます。
ダウンロード中や、中止したダウンロードのエ
ピソードを再生するには、エピソードを選択 >
オプション > プレビュー再生 の順に選択しま
す。
ダウンロード削除 を選択して、ダウンロードし
たエピソードを削除することができます。
新アイテムとしてマーク / 旧アイテムとしてマーク - エピソード
を新 / 旧アイテムとしてマークをつけると、ア
イコンの色が変わります。
コメントを残したり、投票をしてポッドキャストの作
成者と情報のやり取りができるポッドキャストもあり
ます。情報の交換のためインターネットに接続するに
は、オプション > コメント表示 を選択します。
表示されるオプションは、状況によって異なります。
ダウンロード中はエピソードのアイコンがグレーから
白に変わり、ダウンロードが完了すると黄色に変わり
ます。
ダウンロードを完了したポッドキャストは、 >
ミュージック > ミュージック > ポッドキャスト フォルダに保存され
ます。必要に応じてミュージックライブラリを更新し
てください。(「ミュージックライブラリを更新する」
P.149)
■ エピソードの視聴と管理
ポッドキャスト > ポッドキャスト番組のタイトル >
登録したポッドキャストのエピソードの一覧が表示
されます。
エピソードを再生する
1 ダウンロードしたエピソードを選択し、オプショ
ン > 再生 を選択
・
> ミュージック > ミュージック > ポッドキャスト を選択し
ても再生することができます。ビデオポッド
キャストは、 > ビデオセンタ > マイビデオ から
再生することができます。(マイビデオから再
生できないビデオポッドキャストもあります。)
Nokia N95 アプリケーション
・ 一度中止したダウンロードは、ダウンロード続
その他エピソード一覧画面でできること
1 オプション を選択
・ 詳細 - エピソードの詳細を表示します。
・ 説明 - ポッドキャスト番組の詳細情報を表示しま
す。
ビデオセンタ
ビデオセンタ ( ネットワークサービス ) では、パケット通
信や無線 LAN を利用して、互換性のあるインター
231
Nokia N95 アプリケーション
ネットビデオサービスのビデオクリップをダウン
ロードしたり、ストリーム再生したりすることがで
きます。互換性のある PC から本機へビデオクリップ
を転送し、ビデオセンタ で再生することもできます。
2 はい を選択し、サーバに接続
3 サービスを選択
ビデオセンタ は RealPlayer でサポートしているファ
イル形式と同じファイル形式をサポートしています。
(「RealPlayer」P.153)
1 ビデオセンタ > 接続したいビデオサービスを選択
サービスプロバイダが提供するコンテンツには、無
料のものと有料のものがある場合があります。料金
については、サービスで確認するか、または各サー
ビスプロバイダにお問い合わせください。
2 カテゴリ別にビデオを表示するには、
ビデオセンタでビデオを再生し、他のアプリケー
ションを起動すると、起動したアプリケーションが
正常に動作しない場合があります。ビデオセンタを
終了してから他のアプリケーションを起動してくだ
さい。
> ビデオセンタ
■ 新規サービス追加
インターネットに接続し、利用可能なサービスをブ
ラウズして ビデオセンタ のメイン画面に追加することが
できます。
1
、
を押し、新規サービス追加 を選択
サーバへ接続する確認メッセージが表示されま
す。
232
■ ビデオの検索と再生
サービスに接続すると、利用可能なコンテンツが
表示されます。
、
を押し、タブを選択 ( 利用可能な場合 )
3 ビデオの情報を表示するには、オプション >
ビデオ詳細 を選択
・ ストリーム再生できるビデオクリップと、本機
にダウンロードしてから再生するビデオクリッ
プがあります。
・ ビデオクリップをダウンロードするには、
オプション > ダウンロード を選択します。ダウ
ンロードを中止するには、オプション >
ダウンロードキャンセル を選択します。
4 ビデオのストリーム再生や、ダウンロードしたビ
デオの再生には、オプション > 再生 を選択
・ ビデオクリップの再生中の操作には、本機前面
部を下方向にスライドしメディアモードにして、
メディアキーを使用します。
・ 音量を調節するには、本機側面の音量調節キー
を使用します。 、 を押して音量を調整する
こともできます。
■ インターネットビデオ
■ ダウンロードしたビデオの再生
ダウンロードしたビデオやダウンロード中のビデオ
は ビデオセンタ の マイビデオに保存されます。ダウン
ロードしたビデオを再生するには、メディアキー
を押します。
互換性のある PC から本機にビデオクリップを転送
することもできます。転送したビデオを表示するに
は、 ビデオセンタ > マイビデオ を選択します。ビデオセンタ
でビデオクリップを再生できるようにするには、ビ
デオクリップを電話機メモリ(C:\Data\My
1 ビデオセンタ > インターネットビデオ を選択
Videos フォルダ)
、または互換性のあるメモリカー
フィードが表示されます。
ド(E:\My Videos フォルダ)に保存する必要があ
・ フィードの追加、削除をおこなうには、オプ
ります。Nokia Nseries PC suite で利用可能なファ
ション > フィード登録 > オプション を選択し、
イルマネージャなどを使用して、正しいロケーショ
操作を選択します。
ンにファイルを転送してください。
2 フィードで利用可能なビデオを表示するには、ス
ビデオクリップ再生中の操作
クロールし、
を押す
ビデオクリップを再生中の操作は、本機前面部を下
・ ビデオの詳細情報を表示するには、オプション
方向にスライドさせメディアモードにして、メディ
> ビデオ詳細 を選択します。
3 ビデオをダウンロードするには、ビデオを選択し、 アキーを使用してください。音量の調節には、音量
調節キーを使用してください。
オプション > ダウンロード を選択
インターネットビデオは、RSS ベースのフィードを
使用して、配信されたビデオクリップです。設定を利
用して、新しいフィードを インターネットビデオ に
追加することができます。(「設定」P.234)
・ ダウンロードしたビデオを再生するには、メ
ディアキー
を押します。
Nokia N95 アプリケーション
ダウンロード中にアプリケーションを終了しても、ダ
ウンロードはバックグラウンドでおこなわれます。ダ
ウンロードしたビデオは、ビデオセンタ の マイビデオ に
保存されます。
ビデオクリップを保護する
本機のメモリや互換性のあるメモリカードの空き容
量が足りない場合、新しいビデオクリップをダウン
ロードすると、一番古い再生済みのビデオを自動的
に削除します。 は削除予定のビデオを示します。
233
Nokia N95 アプリケーション
次の操作で自動的に削除されるのを防ぐことができ
ます。
1 保護するビデオクリップ > オプション > 保護 を
選択
保護されたビデオクリップの左上には
が表示
されます。
・ 保護を解除するには、オプション > 保護解除
を選択します。
ビデオクリップを削除する
1 削除するビデオクリップ > オプション > 削除 を
選択
確認のメッセージが表示されます。
2 はい を選択
2 ビデオサービスを選択するには、ビデオオンデマ
ンド を選択
・ インターネットビデオフィードの追加 / 削除は、
インターネットビデオ を選択します。リストに
表示されていない、新しいインターネットビデ
オフィードを追加するには、オプション >
フィード追加 を選択します。サービスプロバイ
ダから受信したサービス名とアドレスを入力し
てください。サービスによっては、サービスプ
ロバイダから受信したユーザ名とパスワードが
必要な場合があります。
3 アプリケーションで表示したいサービスを選択
その他の設定をおこなうには、オプション > 設定 を
選択し、次のオプションを選択します。
ビデオクリップを移動する
1 移動するビデオクリップ > オプション > 整理 を
デフォルトアクセスポイント - データ接続に使用するアクセスポ
イントを選択します。ファイルのダウンロードにパ
ケットデータアクセスポイントを利用すると、サービ
選択
スプロバイダのネットワーク上で大容量のデータ転送
2 新規フォルダ、電話機メモリにコピー / メモリカードにコピー、
が必要な場合があります。接続には無線 LAN
または 電話機メモリへ移動/メモリカードへ移動
(WLAN)が推奨されます。
を選択
ペアレンタルコントロール - 未成年がビデオセンタのアダルトコ
■ 設定
ンテンツを閲覧できないように設定することができま
す。
サービスを設定する
1 ビデオセンタ > オプション > 設定 > ビデオサービス
選択 の順に選択
234
優先するメモリ - ダウンロードしたビデオクリップ
を、本機のメモリ、または互換性のあるメモリカード
のどちらに保存するかを選択します。選択したメモリ
画像 - ビデオサービスのビデオリストで、サムネイル
画像を表示するかどうかを選択します。
GPS 機能
■ GPS とは
GPS(Global Positioning System: 全地球測位シス
テム ) は、ラジオ波を利用した世界規模のナビゲー
ションシステムであり、24 個の衛星とその運用状況
をモニターする基地局で構成されています。本機に
は、GPS 受信機が内蔵されています。
本機に搭載されている GPS 受信機などの GPS 端末
は、衛星から放射される低周波ラジオ信号 (lowpower radio signals) を受信して、衛星信号が届く
までの時間を計測します。GPS 受信機は、電波信号
の受信にかかった時間をもとに、メートル単位の精度
で位置情報を算出することができます。
GPS の座標は度数で表示されます。世界測地系
(WGS-84) を使用した十進法表記の度数で緯度経度
を表示します。
GPS(Global Positioning System)は米国政府に
より運用されているシステムで、その精度とメンテ
ナンスの責任はすべて米国政府にあります。位置
データの精度は米国政府による GPS 衛星の調整に
よって影響を受けることがあり、米国の国防総省の
民生 GPS 政策や、米国連邦電波航法プランに基づい
て変化する場合があります。精度は、衛星の不適切
な配置により影響されることもあります。GPS 信号
の可用性や質は、建物や地形的な障害物のほか、気
象状態の影響を受けることがあります。GPS 受信機
は、GPS 信号を受信できるように屋外でのみ使用し
ます。
いかなる GPS も正確な位置の測定には使用できませ
ん。位置特定やナビゲーションにおいて、携帯無線
ネットワークおよび GPS 受信機の位置データのみに
依存しないようにしてください。
Nokia N95 アプリケーション
がいっぱいになった場合、他のメモリが利用可能な場
合は、他のメモリにコンテンツを保存します。他のメ
モリにも空きスペースがない場合、既に見たビデオク
リップの一番古いものを自動的に削除します。
本機は A-GPS(アシスト型 GPS)をサポートして
います。
A-GPS(アシスト型 GPS) は、GPS の性能を向上
されるための補助データの検索にパケットデータ接
続を使用します。これにより、本機が衛星からの信
号を受信してから、現在位置を計測するまでの時間
が短縮されます。
A-GPS はネットワークサービスです。
本機は Nokia A-GPS サービスを使用できるように
あらかじめ設定されています。必要な場合にのみ、
235
Nokia N95 アプリケーション
Nokia A-GPS サービスサーバから、補助データが
取得されます。
GPS 受信機
■ A-GPS 設定
GPS 受信機は、本機
底部に搭載されていま
す。受信機を使用する
場合は、天空がはっき
りと見える場所で、本
機前面部をスライドし
てダイヤルキーが開い
た状態で、約 45 度の
角度で、本機をまっす
ぐに持ちます。GPS
接続が確立するのに、数秒から数分かかる場合があり
ます。車内での接続には、より長い時間がかかりま
す。
> ツール > 設定 > 一般 > 位置情報機能
Nokia A-GPS サービスから補助データを取得する
ためのアクセスポイントは、「Application
Connection」を使用します。(「位置情報機能」
P.203)
GPS 機能を有効 / 無効にする
1 位置情報取得方式 > アシスト型 GPS > 有効 を選択
・ Bluetooth GPS など、他の GPS 機能を 有
効、または 無効 に設定することもできます。
A-GPS のアクセスポイントを設定する
1 位置情報サーバ > アクセスポイント を選択
・ 本サービスでは無線 LAN のアクセスポイント
を使用することはできません。
受信機は、電池からの電力を必要とします。GPS を
利用すると電池の消耗が早くなる場合があります。
■ 衛星信号について
本機の GPS 受信機が衛星信号を受信できない場合に
は、次のことを考慮してください。
・ 屋内にいる場合は、より高精度の信号を受信する
ため屋外に出てください。
・ 本機のスライドが閉じている場合は、前面部を上
にスライドし、ダイヤルキーが見える状態にして
ください。
236
衛星の状態
> ツール > 外部接続 > GPS データ > 位置 >
オプション > 衛星状態
本機が見つけた衛星の数と、本機で衛星信号を受信し
ているかどうかを確認することができます。本機が衛
星を見つけた場合、衛星情報画面で、衛星ごとにバー
が表示されます。表示されるバーの長さは、衛星信号
の強さを表しています。バーが長くなれば、それだけ
衛星信号が強いということを表しています。本機が位
置を特定するための十分な情報を衛星から受信する
と、バーの色は黒に変わります。
現在地の座標を測定するためには、最初に4つの衛星
からの信号を本機で受信する必要があります。最初の
位置測定がおこなわれた後は、3つの衛星で現在地の
座標を測定することが可能となります。しかし、通常
は衛星の数が多いほど、測定は正確になります。
■ 位置情報提供
サービスプロバイダがサービスを提供している場合、
本機の現在位置を確認するために要求を送信するこ
とがあります。本機が提供した位置情報に基づき、
サービスプロバイダは、天気情報や交通状態などの
地域情報を配信する場合があります。
位置提供要求を受信した場合、リクエストメッセー
ジが画面に表示されます。現在位置の送信を許可す
る場合は、承認、要求を拒否する場合は、拒否 を選
択します。
地図 - Nokia Maps
このアプリケーションは海外での利用を想定してい
ます。日本国内の地図情報については NAVITIME の
ご使用をおすすめします。X02NK に搭載されてい
る A-GPS 機能では、S!GPS ナビのサービスはご利
用いただけません。
Nokia N95 アプリケーション
・ 屋外にいる場合は、より広い場所に移動してくだ
さい。
・ 本機の GPS アンテナを手で覆っていないかどう
か確認してください。アンテナの位置は、「GPS
受信機」(P.236) を参照してください。
・ 天候状態が悪い場合は、信号強度に影響が出る場
合があります。
・ GPS 接続を確立するのに、数秒から数分かかるこ
とがあります。
> 地図
地図 を利用して、現在位置を確認したり、他国や都
市の住所、Web アドレスなどの検索、路線情報の確
認、あるいは特定の位置情報を保存して、その情報
を互換性のある機器に送信することができます。
地図のご利用には次の内容を参照してください。
・ 「GPS 機能」(P.235)
237
Nokia N95 アプリケーション
・
・
・
・
・
・
「GPS 受信機」(P.236)
「地図を利用する」(P.238)
「地図で利用できるサービス」(P.243)
「ルート案内」(P.245)
「ランドマーク」(P.247)
「GPS データ」(P.248)
地図 では GPS 機能を利用します。本機では、情報
取得方式の設定をすることができます (「位置情報機
能」P.203)。正確な位置情報を知るためには、本機
の GPS 機能、または外部 GPS 受信機を使用してく
ださい。
ほとんどすべてのデジタル地図には、ある程度不正
確で不完全な部分があります。本機でダウンロード
した地図のみに依存しないようにしてください。
■ 地図を利用する前に
地図 を最初に利用するときに、現在位置の地図情報
をダウンロードするための、インターネットアクセ
スポイントの定義が必要になる場合があります。設定
したアクセスポイントは、後で変更することができ
ます。
アクセスポイントを設定する
1 オプション > 設定 > ネットワーク >
デフォルトアクセスポイント の順に選択
238
地図のダウンロードには、サービスプロバイダのネッ
トワーク上で、大容量データの転送が必要となる場合
があります。海外で地図を利用する場合は、Nokia
Map Loader であらかじめ渡航先の地図データをダ
ウンロードし、メモリカードにコピーしておくことを
おすすめします。海外で地図をダウンロードする場合
は、パケット通信料が高額となる可能性があります。
通信料をご確認いただきながらご利用いただくことを
おすすめします。
補足 : 無線 LAN を利用したり、Nokia Map
Loader でインターネットを利用したりし
て、地図をダウンロードすることができま
す。(「Nokia Map Loader」P.242)
地図を利用する
地図の受信地域は、国ごと
に異なります。
地図 を開くと、前回の接続
時に保存された位置まで地
図をズームインします。前
回接続時に位置情報が保存
されていなかった場合、地
図 アプリケーションは、本
機がセルラーネットワーク
から受信した情報を基に、
現在いる国や地域の主要な
> 地図
ルートを組み立てる
■ 現在位置を確認する
1 オプション > 場所検索 > GPS 位置 [0] の順に選
択
現在位置まで地図を移動します。
・
を押しても、現在位置まで移動できます。
■ 地図の操作
地図上の位置を利用して、例えば近隣検索を出発地
点としたり、ルートを組み立てたりするには、 を
押し、オプションを選択します。(「ルート案内」
P.245)
地図の詳細情報を表示する
詳細情報が表示可能な場合にのみ、詳細表示 オプ
ションが表示されます。
キー操作
・ 現在位置まで移動:
を押す。
・ ズームイン / アウト :
または
・ 地図上を移動:ナビゲーションキー
、 を使用する。
ておくことをおすすめします。海外でパケット通信
経由で地図をダウンロードする場合は、パケット通
信料が高額となる可能性があります。通信料をご確
認いただきながらご利用いただくことをおすすめし
ます。
、
を押す。
、
画面に表示されている地図の範囲を超えてブラウズす
る場合、例えば、他の国へ移動したりすると、新しい
地図が自動的にダウンロードされます。地図 でダウン
ロードした地図には料金がかかりませんが、サービス
プロバイダのネットワーク上で大容量のデータ転送が
必要になる場合があります。海外で地図を利用する場
合は、Nokia Map Loader であらかじめ渡航先の地
図データをダウンロードし、メモリカードにコピーし
1 詳細情報を表示する場所へ移動 >
を押す
2 詳細表示 を選択
・ 現在位置に戻るには、
を押す、または
Nokia N95 アプリケーション
都市へズームインします。同時に、その位置の地図を
ダウンロードします。ダウンロードした地図は、電話
機メモリや互換性のあるメモリカード ( 挿入されてい
る場合 ) に自動的に保存されます。
オプション > 場所検索 > GPS 位置 [0] の順
に選択します。
地図にカテゴリのアイコンを表示する
地図に表示するアイコンを選択することができます。
1 オプション > 地図オプション > カテゴリ の順に
選択
リストが表示されるので、地図上にアイコンで表
示するカテゴリを選択します。
239
Nokia N95 アプリケーション
地図のスクリーンショットを撮影する
1 地図を表示し を押す > 保存 > 画像 を選択
・ 撮影したスクリーンショットは ギャラリー に保存
されます。
その他の操作
1 オプション > 地図オプション を選択
次のオプションを選択することができます。
・ 拡大 [* キー ] - 地図を拡大表示します。
・ 縮小 [# キー ] - 地図を縮小表示します。
・ 2D/3D - 地図の表示を 2D/3D に切り替える
ことができます。
・ 地図の色変更 - 地図の色を変更します。
■ 衛星情報
地図を利用すると、本機の
画面に GPS インジケータ
が表示されます。丸いアイコンは衛星を示していま
す。
黄色い○は、本機が衛星を見つけたことを示してい
ます。緑色の○は、衛星からの信号を受信中である
ことを示しています。すべての○が緑色の場合、本
機は現在位置の座標を測定するのに十分なデータを
受信しています。
240
衛星情報の確認
地図 で本機が見つけた衛星の数や、衛星から信号を
受信しているかどうかを確認することができます。(
「衛星の状態」P.237)
1 オプション > 地図オプション > 衛星情報 の順に
選択
■ 地図をダウンロードする
画面上で地図を利用して、例えば外国をブラウズする
場合、新しい地図が自動的にダウンロードされます。
ダウンロードした地図には料金がかかりませんが、ダ
ウンロードするにはサービスプロバイダのネットワー
ク上で大容量のデータ転送が必要な場合があります。
海外で地図を利用する場合は、Nokia Map Loader
であらかじめ渡航先の地図データをダウンロードし、
メモリカードにコピーしておくことをおすすめしま
す。海外でパケット通信経由で地図をダウンロードす
る場合は、パケット通信料が高額となる可能性があり
ます。通信料をご確認いただきながらご利用いただく
ことをおすすめします。
転送されたデータ量 (kB 単位 ) が本機の画面に表示さ
れます。データ量は、オンラインで地図をブラウズし
たり、ルートを設定したり、位置を検索した時のネッ
トワーク使用量を表しています。
・ 登録されているセルラーネットワーク圏外(海
外)にいるときなどに、地図の自動ダウンロー
ドを無効にするには、使用しない を選択しま
す。海外でのご利用時にはパケット通信料が高
額となる可能性があります。通信料をご確認い
ただきながらご利用いただくことをおすすめし
ます。
本機にダウンロードした地図が、更新されているかど
うか確認することができます。
1 オプション > 設定 > ネットワーク > オプション
> 地図の更新確認 の順に選択
■ 地図の設定
設定オプションから、ネットワーク、ルート検索など
の設定を変更することができます。
オプション > 設定
地図の保存領域を変更する
地図や音声ガイドファイルを保存するための、本機の
メモリカードのサイズを設定することができます。こ
のメニューは、互換性のあるメモリカードが本機に挿
入されている場合にのみ使用することができます。メ
モリがいっぱいの場合には、メモリ不足のメッセージ
が表示されます。メモリカード最大使用量 を変更するか、
または保存済みの地図データを削除してください。地
図データは、Nokia Map Loader PC アプリケー
ションを使用して削除することができます。
1 ネットワーク > メモリカード最大使用量 を選択
地図を自動的にダウンロードする
1 ネットワーク > ネットワークの使用 > 必要時 の
新規ネットワークに登録する際に通知を受ける
登録されているセルラーネットワークの圏外で、他
のネットワークに登録する場合、通知を受け取るよ
う設定することができます。
1 ネットワーク > ローミング通知 > オン の順に選
択
ルート検索方法を変更する
ルート検索で使用する交通手段などを設定すること
ができます。(「ルート案内」P.245)
Nokia N95 アプリケーション
地図の更新状態を確認する
1 ルート検索 を選択
一般設定を変更する
測定単位や音声ガイドの言語などを設定することが
できます。
1 一般 を選択
順に選択
241
Nokia N95 アプリケーション
■ Nokia Map Loader
■ 位置情報
Nokia Map Loader は PC ソフトウェアで、様々な
国の地図をインターネットを利用して、本機にダウ
ンロード、インストールすることができます。また音
声ガイドによるナビゲーションをダウンロードする
こともできます。
位置情報を保存する
Nokia Map Loader を利用するには、まず最初に互
換性のある PC に Nokia Map Loader をインストー
ルします。ソフトウェアは同梱の DVD-ROM からイ
ンストールすることができます。画面の指示に従っ
てインストールしてください。
1
2
3
4
マークをつける位置に移動 >
を押す
保存 > ランドマーク を選択
位置名を入力し、OK を選択
登録するカテゴリを選択 >
を押す
・ 複数のカテゴリを選択することができます。
5 OK を選択
Nokia Map Loader を利用する前に、地図 を使用す
る必要があります。Nokia Map Loader は、ダウン
ロード時のバージョン確認に地図の履歴情報を利用
しています。
保存した位置情報を表示する
1 オプション > 場所検索 > ランドマーク の順に
PC にソフトウェアをインストールした後に、地図を
ダウンロードするには、メモリカードを挿入した状
態で次の操作をおこないます。
2 表示するランドマーク >
1 USB データケーブルを使用して、本機と PC を
保存した位置情報を送信する
接続し、USB モードで データ転送 を選択
2 PC で Nokia Map Loader を開く
Nokia Map Loader がダウンロードする地図デー
タのバージョンを確認します。
3 地図を選択し、本機にダウンロードし、インス
トールする
242
選択した場所の位置情報をランドマークとして保存す
ることができます。(「ランドマーク」P.247)
選択
保存したランドマークの一覧が表示されます。
> 地図に表示 を
選択
互換性のある機器へ保存したランドマークを送信する
ことができます。SMS で ランドマークを送信した場
合、情報はテキスト形式に変換されます。
1 オプション > 場所検索 > ランドマーク の順に
選択
> 送信 > 送信方法を
選択
■ 周辺情報を調べる
住所から検索する
1 オプション > 場所検索 > 住所 の順に選択
2 検索する住所を入力 > オプション > 検索
の順に選択
・ 検索する住所はアルファベットで入力してくだ
さい。
・ 国と都市名を入力する必要があります。
・ 電話帳に保存した住所を利用するには、オプ
ション > 電話帳から選択 を選択します。
キーワードから検索する
1 オプション > 場所検索 > キーワード検索 の順に
選択
・ 任意のキーを押しても、キーワードを入力する
ことができます。
2 検索するキーワードを入力 > 検索 を選択
・ 検索するキーワードはアルファベットで入力し
てください。
周辺施設を検索する
1 オプション > 場所検索 > 周辺情報 の順に選択
2 検索するカテゴリを選択 >
を押す
・ 地図上に検索結果を表示するには、 > 地図
に表示 を選択します。検索結果のリスト表示に
戻るには、戻る を選択します。
補足 : 以前検索した場所のリストを表示する
には、オプション > 場所検索 > 検索履歴 の
順に選択します。
地図で利用できるサービス
地図 を利用して、様々な都市のシティガイドやトラ
ベルガイドなど、様々なガイドを購入してダウン
ロードすることができます。また、音声ガイド付き
のナビゲーションサービスを購入して、地図 で利用
することができます。
Nokia N95 アプリケーション
2 送信するランドマーク >
地図アプリケーションで利用できる地図、音声ガイ
ド、トラベルガイド等は日本語に対応しておりませ
ん。英語または各母国語での提供となります。
ダウンロードしたガイドは、自動的に電話機メモリ、
あるいは互換性のあるメモリカード ( 本機に挿入され
ている場合)に保存されます。
> 地図
現在位置、またはその他の場所の周辺施設などを検索
することができます。
243
Nokia N95 アプリケーション
■ ナビゲーションガイド
音声ガイド付きのナビゲーションサービスを購入す
ることができます。
1 オプション > その他サービス > ナビゲーション追加
の順に選択
いったん購入したナビゲーションガイドのアップグ
レードは、地図 よりおこないます。購入したナビ
ゲーションのライセンスは、本機固有のもので、他
の機器に転送することはできません。
1
> 地図 を選択
2 オプション > 設定 > 一般 > 音声ガイド の順に
選択
設定したルートを変更する
いったん設定したルートを、他のルートに変更するこ
とができます。
1 オプション > 別のルート を選択
音声ガイドを利用してルート案内を開始する
ルート探索画面の表示を変更する
地図 を利用してルート設定をした後に、目的地まで
音声ガイド付きのナビゲーションを開始します。
地図を表示せず、画面に次の曲がり角の矢印のみ表示
することができます。
1 オプション > ナビゲーション開始 を選択
・ ルートの設定方法は「ルートを設定 / 表示す
1 オプション > 地図オプション > 矢印モード の順
る」(P.245) を参照してください。地図上で位
置を指定したり、検索結果のリストを選択し、
ナビゲーション を選択してナビゲーションを開
始することもできます。
音声ガイドの言語を変更する
初めてナビゲーションを使用するときに、音声ガイ
ダンスの言語を選択し、選択した言語の音声ガイダ
ンスファイルをダウンロードする必要があります。
設定した言語は後で変更することができます。
Nokia Map Loader を使用して、音声ガイダンス
244
ファイルをダウンロードすることもできます。(「地
図をダウンロードする」P.240)
に選択
ルート探索を停止する
1 オプション > ナビゲーション停止 を選択
■ ガイド
オプション > その他サービス > ガイド
ガイド から、観光名所、レストラン、ホテルなどの
地域情報を得ることができます。ガイドを利用するに
は、ダウンロードして購入する必要があります。
シティガイドやトラベルガイドなど、様々なガイドを
購入してダウンロードすることができます。
1 新しいガイドをダウンロードするには、
を押し
て、周辺ガイド、または 全ガイド タブを選択
2 ガイドを選択し、OK を選択
ガイドを開く
1 マイ ガイド タブを選択
ダウンロードしたガイドと、その目次(利用でき
る場合)が表示されます。
2 開くガイド ( 目次 ) を選択し、 を押す
ガイドを購入する
1 ガイド > マイ ガイド タブを選択
2 購入するガイドを選択し、支払いについての詳細
情報を入力
・ お支払いはクレジットカードをご利用ください。
3 OK を2回選択
購入が確定されます。
・ 購入したことを E-mail を受信して確認するに
は、氏名と E-mail アドレスを入力し、OK を選
択します。
ルート案内
ルート案内では、家から会社までの行きかたを調べ
たりといった、目的地までのルート検索をおこなう
ことができます。ルート検索で使用する交通手段な
どを、設定することもできます。(「ルート検索方法
を変更する」P.241)
> 地図
■ ルートを設定 / 表示する
1 地図上のスタート地点へスクロール >
> ここ
からのルート を選択
出発地にスタート地点の情報が表示されます。
・ 出発地 > オプション > 選択 の順に選択して、
出発地をランドマークや地図、住所などから選
択することもできます。
Nokia N95 アプリケーション
ガイドをダウンロードする
2 目的地 > オプション > 選択 > ランドマーク、検
索履歴、地図から、住所、または ガイドから の順
に選択
・ 目的地をランドマークや地図、住所などから選
択します。
3 オプション > ルート表示 を選択
ルート詳細 タブが開き、目的地までのルートを区
切った経由地が表示されます。
・ ルートは、ルート設定の内容に基づき、計算さ
れます。
245
Nokia N95 アプリケーション
・ ルート表示は、ルート詳細 と 概要 の2つのタ
ブで構成されています。 を押し、概要 タブ
を開くと、目的地までの距離、所要時間、移動
手段などが表示されます。
ルートの中間地点を表示する
1 ルート詳細 タブを開き、経由地を選択 > オプ
ション > 地図に表示 を選択
地図上に選択した経由地が表示されます。
設定したルートをシミュレートする
設定したルートのシミュレーションをおこないます。
1 オプション > シミュレーション開始 を選択
設定したルートのナビゲーションを開始する
設定したルートの目的地までナビゲーションをおこ
ないます。
1 オプション > ナビゲーション開始 を選択
操作オプション
シミュレーションやナビゲーション中に、オプショ
ン を選択し、次の操作をおこなうことができます。
・ 送信 - 位置情報を送信します。
・ 保存 - 表示されている場所を ランドマーク として
保存したり、画像 として保存したりすることがで
きます。
・ 別のルート - 別のルートを検索します。
246
・ 音声ガイド - 音声ガイドがある場合、コマンド再
実行 を選択すると音声ガイドを繰り返します。ボ
リュームを選択すると、音声ガイドの音量を調節
することができます。
・ シミュレーション停止 / ナビゲーション停止
・ 地図オプション - 地図の表示を変更することがで
きます。
キー操作
ルートのシミュレーション / ナビゲーションではキー
を使用して、次の操作をおこなうことができます。
・
・
・
・
・
・
・
-
地図の表示を 2D/3D に切り替えます。
地図の色を変更します。
現在位置を送信します。
音声ガイダンスを繰り返します。
別のルートを選択します。
衛星情報を表示します。
音をミュートします。
補足 : 地図 では、Bluetooth 接続が可能な
互換性のある GPS 受信機を利用することが
できます。例えば、車中で外部 GPS 受信機
を利用することで、衛星からの信号を適切に
受信することができます。外部 GPS 受信機
の使用を有効にするには、
「位置情報機能」
(P.203) を参照してください。
ランドマーク を利用すると、選
択した場所の位置情報を本
機に保存することができま
す。保存した位置情報をカ
テゴリごとに分類したり、
住所や電話番号などの情報
を追加することもできます。
保存した位置情報は、GPS
データ や 地図 などの互換性のあるアプリケーション
で利用することができます。
ランドマークは、ランドマークとカテゴリの2種類の
タブで構成されています。
GPS の座標は度数で表示されます。世界測地系
(WGS-84) を使用した十進法表記の度数で緯度経度
を表示します。
> ツール > 外部接続 > ランドマーク
■ ランドマークを登録 / 編集する
位置情報をランドマークとして登録する
1 オプション > 新規ランドマーク を選択
次のオプションを選択することができます。
・ 現在位置 - 現在地の座標を要求し、ランドマー
ク名などの位置情報を入力します。
・ 地図から選択 - 地図上で位置を特定し、オプ
ション > 選択 を選択し、ランドマーク名を入
力します。
・ 手動入力 - 位置情報を手動で入力します。
保存したランドマークを編集する
保存したランドマークに含まれる、住所などの位置
情報を編集することができます。
1 編集するランドマークを選択し、オプション >
編集 を選択
ランドマークの編集画面が表示されます。
2 編集する項目を選択し、内容を入力 > 完了 を選
択
ランドマークをカテゴリに分類する
ランドマークをカテゴリに分類して登録することが
できます。
Nokia N95 アプリケーション
ランドマーク
1 ランドマークを選択し、オプション > カテゴリに
追加 を選択
カテゴリの一覧が表示されます。
2 登録するカテゴリを選択し、 を押す
・ 複数のカテゴリを選択することができます。
3 OK を選択
・
を押しカテゴリタブを開くと、ランドマー
クが登録されているカテゴリの一覧が表示され
247
Nokia N95 アプリケーション
ます。カテゴリを選択すると、そのカテゴリに
登録されているランドマークが表示されます。
新しいカテゴリを追加する
位置情報を分類するカテゴ
リの種類を増やすことがで
きます。
1
を押しカテゴリタブ
を開く
2 オプション > カテゴリ
編集 を選択
カテゴリの一覧が表示されます。
3 オプション > 新規カテゴリ を選択
入力フィールドが表示されます。
4 カテゴリ名を入力 > OK を選択
新しいカテゴリが、カテゴリリストに追加されま
す。
・ オプション > カテゴリアイコン を選択して、
カテゴリのアイコンを変更することもできま
す。
■ ランドマークを利用する
> ツール > 外部接続 > ランドマーク
保存したランドマークを表示する
1 表示するランドマークを選択し、オプション >
地図に表示 を選択
ランドマークを送信する
1 送信するランドマーク > オプション > 送信 >
送信方法の順に選択
・ 受信したランドマークは、メール の 受信メール
フォルダに保存されます。
ランドマークまでのルートを設定する
1 ランドマークを選択し、オプション > ルート表示
を選択
出発地と目的地が表示されます。
2 オプション > ルート表示 を選択
・「ルートを設定 / 表示する」(P.245) を参照し
てください。
GPS データ
GPS データ では、現在位置の周辺情報を表示した
り、設定した目的地までナビゲーションをおこなう
ルート案内、目的地までの距離や到着時間を含む旅行
情報などを提供することができます。
GPS データは、3種類のメニューで構成されていま
す。各メニューを開くと、それぞれのメニューがタブ
248
と
を利用してタブを移動す
GPS の座標は度数で表示されます。世界測地系
(WGS-84) を使用した十進法表記の度数で緯度経度
を表示します。
GPS データ を利用するには、本機の GPS 受信機
が、少なくとも3機の衛星からの信号を受信して、現
在位置の座標を計算する必要があります。
> ツール > 外部接続 > GPS データ
■ GPS データ設定
GPS データを設定する
1 オプション > 設定 を選択
次のオプションを設定することができます。
・ 測定単位 - メートル、または ヤードポンド から
選択することができます。
・ 標高補正 - 人工衛星から受信した高度を補正す
る場合は、補正値を入力します。
位置情報方式を設定する
位置情報方式を選択することができます。
1 オプション > 位置情報設定 を選択
■ 衛星の状態
本機が見つけた衛星の数と、本機で衛星信号を受信
しているかどうかを確認することができます。(「衛
星の状態」P.237)
1 ナビゲーション、位置、または 移動距離 を選択
2 オプション > 衛星状態 を選択
■ ナビゲーション
ナビゲーションは、屋外で利用してください。屋内
だと、衛星から必要な情報を受信することができな
い場合があります。
ナビゲーションを利用すると、本機の画面に羅針盤
が表示されます。目的地を設定すると赤いボールが
羅針盤上に表示されます。赤いボールは、目的地へ
の方向を示し、目的地への距離は、羅針盤の中に表
示されます。
Nokia N95 アプリケーション
で表示されるので、
ることができます。
ルート案内は、目的地に一番近い道のりを直線距離
で計測して表示します。ルート上にある、建物や自
然の障害物などは、計測されません。高度差も距離
の計測には含まれません。ルート案内は、本機を移
動中の場合にのみ有効になります。
> ツール > 外部接続 > GPS データ > ナビゲーション
詳細については、「位置情報機能」(P.203) を参
照してください。
249
Nokia N95 アプリケーション
目的地を設定する
目的地の座標を入力するか、ランドマークに登録し
た位置情報から選択することもできます。
1 オプション > 目的地設定 を選択
次のオプションを選択することができます。
・ ランドマーク - 保存したランドマークの一覧か
ら、目的地に設定するランドマークを選択しま
す。
・ 座標 - 目的地の緯度と経度を入力します。
設定した目的地を削除する
1 オプション > ナビゲーション停止 を選択
■ 現在位置情報
現在地の緯度、経度、高度などの位置情報を表示す
ることができます。
> ツール > 外部接続 > GPS データ > 位置
現在位置を保存する
ランドマークとして、現在位置を保存することがで
きます。ランドマークには、現在位置だけでなく、
その周辺情報も含まれており、他の互換性のあるア
プリケーションで利用したり、互換性のある機器間
で転送したりすることができます。(「ランドマー
ク」P.247)
1 オプション > 位置保存 を選択
250
■ 移動距離(トリップメーター)
移動距離を利用すると、実際に移動しながら目的地ま
での距離を計測することができます。精度の高い
GPS 信号を受信するために、屋外で使用してくださ
い。
> ツール > 外部接続 > GPS データ > 移動距離
目的地までの距離を計測する
1 オプション > 測定開始 を選択
・ 距離の探索を停止するには、オプション > 測定
停止 を選択します。探索を停止しても、計算結
果は画面に表示されたままになります。探索を
再開するには オプション > 測定再開 を選択し
ます。
目的地までの距離をリセットする
目的地までの距離、時間、平均速度、最高速度をリ
セットして、再度計測を始めることができます。距離
計と全時間はリセットされません。
1 オプション > 最新測定データをリセット を選択
すべてのデータをリセットする
測定中にすべてのデータをリセットし、再度計測を始
めることができます。
1 オプション > 全データをリセットし再測定 を選択
するには、オプション > すべてのデータをクリア を
選択します。
トリップメーターの精度には限界があり、端数計算誤
差が生じる場合があります。精度は、GPS 信号の可
用性および質により影響されることもあります。
Nokia Nseries PC Suite
Nokia Nseries PC Suite は、本機とご使用いただけ
るように開発された PC アプリケーションセットで
す。
Nokia Nseries PC Suite のインストールとご使用に
は、Microsoft Windows XP または Vista がインス
トールされた PC と互換性のある USB データケーブ
ル、Bluetooth 接続または赤外線通信が必要となり
ます。Nokia Nseries PC Suite は、製品パッケージ
に同梱されている DVD-ROM から PC にインストー
ルしてご使用ください。
ここでは Nokia Nseries PC Suite のアプリケー
ションの一部を紹介しています。
Nokia PC Sync - 電話帳、ノート、カレンダー、
To-do を本機と PC 間で同期します。同期したアイ
テムは、Nokia Nseries PC Suite で確認できます。
携帯電話の同期ログでは表示されない項目がありま
す。
Connection Manager - 本機を互換性のある PC
に接続します。
Content Copier - 本機のバックアップを互換性の
ある PC に作成します。デバイス間でデータを移動
します。
Nokia Music Manager - CD をリッピングして
ファイルサイズを最適化し、保護されていない音楽
をデバイスに転送します。
Nokia Photos - マルチメディアアイテムを本機と
互換性のある PC 間でコピー、整理します。マルチ
メディアダイアリーを自動生成します。また、ブロ
グを表示、検索、編集したりデジタルコンテンツを
送信します。
Nokia N95 アプリケーション
・ 測定停止後に、すべての測定データをリセット
One Touch Access - 本機をモデムとして使用し、
互換性のある PC をインターネットに接続します。
ファイルマネージャ - 本機と PC のコンテンツを表示
し、本機と PC 間でファイルをコピーします。
接続ウィザード - 本機を互換性のある PC に接続しま
す。
251
付録
付録
メモリ容量
本機は共有メモリを使用しています。メモリ不足に
なったときは、本書「メモリ不足を解消する」
(P.65) を参照してください。
連続通話時間
約 120g
最大 約 160 分
(W-CDMA 網使用時)
最大 約 240 分
(GSM 網使用時)
連続待受時間
最大 約 200 時間
(W-CDMA 網使用時 )
最大 約 225 時間
(GSM 網使用 )
充電時間
約 90 分
サイズ
(W × H × D)
約 53 ×約 99 ×約
21mm
連続通話時間および連続待受時間は、充電を満たし
た新品の電池パックを装着し、電波が正常に受信で
252
サポート情報
このたびはノキアの携帯電話をお買い上げいただきあ
りがとうございます。
主な仕様
質量
きる静止状態から算出した平均的な利用時間です。使
用環境、利用場所の電波状態・機能の設定状況によ
り、ご利用時間が半分以下になることがあります。
ノキアのウェブ・サポートサービスをぜひご活用くだ
さい。
■ 携帯電話の使い方を知りたい
チュートリアルでは携帯電話の特徴、ヒントや使用方
法を紹介しています。
http://www.nokia.co.jp/N95/support
■ PC と携帯電話の同期方法は?
付属の DVD-ROM の Nokia Nseries PC suite を
使ってカレンダーや電話帳などが同期できます。
■ よくある質問は?
携帯電話やその他のノキア製品についてのよくある質
問は FAQ セクションでご覧いただけます。
http://www.nokia.co.jp/faq
ニュースメールにご登録いただければ、携帯電話の最
新ニュースを中心に、ノキアに関する情報をダイレク
トにお届けします。メール会員様だけにお知らせする
キャンペーン情報や、プレゼント情報などの特典も
いっぱいです。
付録
■ ノキアの最新情報を知りたい
http://www.nokia.co.jp/top/newsmail.shtml
■ ソフトバンク取り扱いアクセサリ一覧
アクセサリ名
商品コード
電池パック
NKBAE1
急速充電器
NKCAE1
ミニ USB 接続ケーブル
NKDAE1
マイク付オーディオリモコ
ン&ステレオイヤホン
for Nokia
NKLAE1
シガーライター充電器
NKJAA1
注意:取扱説明書 (「Nokia 純正アクセサリ」
P.265) には、上記以外のアクセサリについても記載
されています。ソフトバンクでは X02NK 対応のア
クセサリは上記以外お取り扱いしておりません。
253
電池について
電池について
充電と放電
本機は、充電可能な電池を電源としています。電池
は数百回充電と放電を繰り返すことができますが、
次第に消耗します。使用時間 ( 通話時間と待受時間 )
が通常より極端に短くなった場合は、電池を取り替
えてください。Nokia 認定の電池以外は使用しない
でください。また、Nokia 認定の充電器以外を用い
て電池の充電をしないでください。認定されていな
い電池または充電器を使用すると、発火、爆発、液
もれなどの危険が生じる可能性があります。
電池を初めて使用する場合、または電池が長期間使
用されていなかった場合は、充電を開始するのに、
充電器を取り付けた後、いったん取り外してから再
度取り付けなければならない場合があります。電池
が完全に放電されている場合は、充電中を示すイン
ジケータが画面に表示されるまで、または通話がで
きるようになるまで、数分かかる場合があります。
充電器を使用していないときは、電気プラグからプ
ラグを抜き、本機からも取り外してください。過充
電は、電池の寿命を短くする場合がありますので、
充電が完了した電池を充電器に接続したまま放置し
ないでください。完全に充電された電池は使用しな
くても徐々に放電します。
254
本来の目的以外にこの電池を使用しないでください。
損傷した充電器または電池は絶対に使用しないでくだ
さい。電池は小さなお子様の手の届かない場所に保管
してください。
電池をショートさせないでください。金属物 ( コイ
ン、クリップ、またはペン ) が電池の金属部分のプラ
ス端子およびマイナス端子 ( 電池の金属部分 ) に直接
接続した場合、偶発的に電池がショートすることがあ
ります。このような事故は、ポケットまたは財布に予
備のバッテリーを携帯している場合などに起こる可能
性があります。端子をショートさせると、電池または
接続物が損傷することがあります
電池は常に 15 ℃∼ 25 ℃ (59°F ∼ 77°F) の温
度範囲で保管するようにしてください。この範囲を超
えた温度環境では、電池の性能が低下し、電池の消耗
が早くなります。高温または低温状態の電池を使用す
ると、本機が一時的に機能しなくなる場合がありま
す。0 ℃以下では、電池の性能が著しく制限されま
す。
爆発する可能性があるため、火の中へは絶対に電池を
投げ込まないでください。電池が損傷した場合も、爆
発の恐れがあります。電池は、国内の規定に従って廃
棄してください。可能な場合はリサイクルしてくださ
い。家庭の一般廃棄物として処分しないでください。
2 ホログラムを傾けると、ロゴ
Nokia 純正電池の認証確認
電池が認定を受けていない場合
安全のため、必ず Nokia 純正電池をお使いください。
Nokia 純正電池を確実に入手できるよう、電池は
Nokia の指定販売店から購入してください。次の手
順に従って電池のホログラムラベルを確認してくださ
い。
ご使用になられている電池のホログラムラベルで、
Nokia 純正電池の認証が確認できなかった場合は、
電池の使用を中止してください。製造者の承認を受
けていない電池の使用は危険な場合があり、性能の
劣化および機器やアクセサリの破損に及ぶ場合もあ
ります。また、機器の認証や保証が無効となる場合
があります。
次の手順どおりに確認しても、電池の認定が必ず保証
されるわけではありません。電池が Nokia Original
Enhancements 認定を受けていない疑いがある場合
は、直ちに使用を中止し、ハローノキア(0570-066542)にご相談ください。
の周囲にドットが 見えます。
ドットは、ロゴの左側に 1
つ、右側に 2 つ、下に 3 つ、
上に 4 つあります。
電池について
携帯電話や電池を、分解、切断、開口、圧壊、屈曲、
変形、穿刺、または粉砕しないでください。電池の液
体が漏れた場合、その液体が肌や目に触れないように
してください。電池の液が肌または目に触れた場合、
直ちに水で洗い流すか、医師の診察を受けてくださ
い。
Nokia 純正電池について詳しくは、http://www.
nokia.co.jp/batterycheck を参照してください。
認証ホログラムでの確認方法
1 電池に付いているホログラム
のラベルを確認します。見る
角度に応じて、2 つの手のイ
ラストまたは Nokia
Original Enhancements
ロゴが映し出されます。
255
お手入れとメンテナンス
256
お手入れとメンテナンス
本機の製造には、優れたデザインと技術が採用され
ています。お取り扱いには十分ご注意ください。保
証の対象範囲をお守りいただけるよう、次の記載事
項をお読みください。
・ 湿気のある場所に置かないでください。雨水、湿
気、および液体はミネラルを含み、電気回路を腐
食させます。本機が濡れた場合、電池を取り外
し、本機を完全に乾かしてから取り付けてくださ
い。
・ ほこりが多く、清潔でない場所で使用または保管
しないでください。電話機の可動部と電子部品が
損傷することがあります。
・ 高温の場所で保管しないでください。高温状態で
は、電子機器の寿命を短くするだけでなく、電池
が損傷したり、特定のプラスチック部品が変形し
たり、溶けたりする原因となります。
・ 低温の場所で保管しないでください。電話機を通
常の温度まで暖めると、本体の内部に結露が発生
し、電気回路基板に損傷をきたすことがありま
す。
・ 本書で指示された以外の方法で本機を分解しない
でください。
・ 本機を落としたり、たたいたり、振ったりしない
でください。手荒に取り扱うと、内部の回路基板
と優れた構造に損傷をきたすことがあります。
・ 本機のお手入れをする場合、刺激の強い化学薬品、
洗浄液、または強力洗剤を使用しないでください。
・ 本機を塗装しないでください。塗装すると装置の
可動部を詰まらせ、適切に動作しなくなることが
あります。
・ レンズ ( カメラレンズ、近接センサー、ライトセ
ンサーレンズ等 ) のお手入れには、柔らかくて清
潔な、乾いた布をお使いください。
・ 付属の、または Nokia が認定した交換アンテナの
みを使用してください。無許可のアンテナの使用、
改造、付属品の取り付けは、電話機の損傷の原因
となり、無線装置についての法規制に違反する場
合があります。
・ 充電器は屋内で使用してください。
・ 電話帳やカレンダーノートなどの保存しておきた
いデータは必ずバックアップを取ってください。
・ 最適な動作状態を保つために本機をリセットする
場合は、本機の電源を切ってから電池を取り外し
てください。
これらの注意事項は、電話機の本体、電池、充電器、
またはその他のアクセサリすべてに適用されます。正
常に動作しない機器がある場合は、製品お買い上げ店
にサービスを依頼してください。
製品、資料、またはパッケージ上に記載されて
いる、交差した線が引いてある車輪付きのごみ
箱マークは、すべての電気および電子機器、電
池、蓄電池を、寿命が尽きたときに分別回収す
べきことを示しています。この義務は、欧州連合およ
び分別回収システムが導入されているその他の地域で
適用されます。これらの製品を自治体の無分別廃棄物
として廃棄しないでください。
製品を回収することによって、廃棄物投棄を抑制し、
原料資源の再利用を促進することができます。詳細に
ついては、製品の販売店、お住まいの地域の廃棄物管
理局、国の生産者責任組織、または最寄りの Nokia
販売代理店までお問い合わせください。製品のエコ宣
言、または使用しなくなった製品の返却の手順につい
ては、http://www.nokia.com からお住まいの国の
情報を参照してください。
お手入れとメンテナンス
廃棄
257
安全についての追加情報
安全についての追加情報
小さなお子様
本機やアクセサリには、小さな部品が使用されてい
ます。小さなお子様の手の届くところに置かないで
ください。
操作環境
本機は、人体から最低 1.5cm 離した位置で使用さ
れた場合と、通常の耳元での操作位置で使用された
場合に電波防護指針のガイドラインに適合します。
本機をキャリーケース、ベルトクリップ、またはホ
ルダーとともに身に付ける場合は、金属製物質と一
緒に身に付けず、本機が身体から最低 1.5cm 離れ
たところに位置するようにしてください。
本機でデータファイルやメッセージを送信する場合、
高品質のネットワーク接続が必要です。場合によっ
ては、高品質のネットワーク接続が利用可能になる
まで、データファイルやメッセージの送信が遅れる
ことがあります。送信が完了するまで、本機が身体
から 1.5cm 離れていることを確認してください。
本機は磁気部品を使用しており、金属物が本機に引
き寄せられる場合があります。本機の近くにクレ
ジットカードや、その他の磁気記憶媒体を置かない
258
でください。記憶された情報が消去されてしまうこと
があります。
医療機器
携帯電話を含む無線送信機の動作は、十分に保護され
ていない医療機器の機能を妨害する可能性がありま
す。医療機器が外部の電波から十分に遮蔽されている
かを判断する際、またはご不明な点がありましたら、
医師または医療機器メーカーにご相談ください。医療
施設などで本機の電源を切るよう規則が掲示してある
場合は、その指示に従ってください。病院または医療
施設では、外部の電波に対して感度の高い電気医療機
器を使用している場合があります。
埋め込み医療機器
医療機器製造業者は、医療機器との干渉を回避するた
め、携帯電話をペースメーカーや除細動器などの埋め
込み医療機器から 15.3cm 以上離すことを勧めてい
ます。このような医療機器を使用している方は、以下
の点を心がける必要があります。
・ 携帯電話の電源が入っている場合、その携帯電話
を医療機器から常に 15.3cm 以上離してくださ
い。
・ 携帯電話を胸ポケットに入れて持ち運ばないでく
ださい。
埋め込み医療機器とともに本機を使用することに関し
て不明な点がある場合、医療機関にお問い合わせくだ
さい。
補聴器
デジタル無線機が一部の補聴器の動作を干渉する場合
があります。万が一、そのような干渉があった場合
は、ご契約されているサービスプロバイダまでご相談
ください。
乗り物
電波は、適切に取り付けられていない、または十分に
遮蔽されていない自動車の電子装置 ( 電子燃料噴射シ
ステム、電子アンチロックブレーキ装置、電子速度制
御装置、およびエアバック装置など ) に影響を与える
場合があります。詳しい情報につきましては、自動車
および追加装備した装置のメーカー、または代理店に
ご確認ください。
資格を有するスタッフ以外は、本機の修理、または自
動車への本機の取り付けをしないでください。誤った
取り付けや修理は危険を伴うことがあるだけでなく、
本機に適用されるすべての保証が無効になる場合が
あります。車内の無線機が適切に取り付けられ、正
常に動作していることを定期的に確認してください。
可燃性の液体、ガス、または爆発性物質を、本機、
その部品、またはアクセサリと一緒に車内で保管し
たり、持ち運ばないでください。エアバックを装備
した自動車では、エアバックが強い力で膨らみます。
エアバックの上の部分、またはエアバックが膨らむ
範囲に、固定無線機と移動無線機の両方を含めて、
物を置かないでください。車内の無線機が適切に取
り付けられていない場合、エアバックが膨らんだと
きに重傷を負うことがあります。
安全についての追加情報
・ 医療機器との干渉を最小限にするため、医療機器
を装着している側の反対の耳で携帯電話をご使用
ください。
・ 医療機器との干渉が疑われる場合は、直ちに本機
の電源を切ってください。
・ 埋め込み医療機器製造業者が提示する指示を読み、
その指示に従ってください。
飛行中に本機を使用することは禁止されています。
航空機に搭乗する前に本機の電源を切ってください。
航空機内で携帯電話を使用すると、航空機の操作に
危険をもたらし、無線通信が混信する原因にもなり
ます。また機内での携帯電話の使用は違法となる場
合もあります。
爆発の起きる可能性のある環境
爆発の起きる可能性のある環境では、本機の電源を
切り、すべての標識や指示に従ってください。爆発
の起きる可能性のある環境とは、通常自動車のエン
ジンを停止するよう指示されている場所を含みます。
そのような環境での火花は、怪我または死亡に至る
爆発または火災を引き起こす可能性があります。ガ
259
安全についての追加情報
ソリンスタンドのガソリンポンプの近くといった給
油地点では、本機の電源を切ってください。給油箇
所、燃料貯蔵、燃料販売所、化学工場、または爆破
作業がおこなわれている場所では無線機の使用に関
する規則に従ってください。爆発の起きる可能性の
ある環境は、たいていの場合は明確に表示されてい
ますが、常にそうであるとは限りません。そのよう
な場所の例としては、船のデッキの下、化学物質の
搬送または保管施設、大気中に結晶粒、ほこり、ま
たは金属粉末といった化学物質または微粒子が含ま
れる場所があります。液化石油ガス(プロパンまた
はブタン等)を使用する自動車の近くでの本機使用
の安全性については自動車製造メーカーにお問い合
わせください。
緊急電話番号に電話をかけるには
緊急通報
4
1 本機の電源が入っていない場合は、電源を入れま
す。電波が十分に届いていることを確認してくだ
さい。機種に応じて、以下の操作が必要になるこ
とがあります。
・ USIM カードを挿入する (USIM カードを使用
する機種の場合 )
・ 特定の通話制限を設定している場合は解除する
・ オフラインまたはフライトモードになっている
場合はアクティブモードに切り替える
2 必要な数だけ
を押して画面をクリアし、電話
がかけられる状態にします。
3 現在いる地域の緊急電話番号を入力します。地域
によって緊急電話番号は異なります。
重要:他の携帯電話と同じように、本機は無
線信号、無線ネットワーク、有線ネットワー
ク、およびお客様によってプログラムされた
機能も使用しているため、すべての条件で接続
を保証できるものではありません。従って、救
急車を呼ぶ場合といった非常に重要な連絡に
は、無線機だけに頼らないようにしてくださ
い。
260
を押して電話をかけます。
使用中の機能によっては、緊急電話番号に電話をかけ
る前に機能を終了する必要があります。本機がオフラ
インモードまたはフライトモードの状態で緊急電話番
号に電話をかけるには、モードを変更して電話の機能
を有効にする必要があります。詳細は本書を参照の
上、ご契約されている携帯電話事業者にお問い合わせ
ください。
緊急電話番号に電話をかける場合、必要な情報をでき
る限り正確に伝えることを心がけてください。事故現
場では、お客様の無線機が唯一の通信手段となる場合
証明情報 - 携帯電話機の比吸収率
このモデルの携帯電話は、電波防護指針に適合してい
ます。
本機は無線送受信機です。本機は、国際ガイドライン
推奨の電波暴露限度を超えないよう設計されていま
す。これらのガイドラインは、独立科学機関 ICNIRP
によって策定されており、年齢や健康状態に関係な
く、すべての人の安全を確保するのに十分は安全率を
含んでいます。
デバイスアクセサリやアクセサリの使用は、異なる
SAR 値になる場合があります。SAR 値は、各国の
報告用件、試験要求事項、およびネットワークの帯
域によって異なる場合があります。SAR の追加情報
については、http://www.nokia.com にある製品情
報でご覧ください。
安全についての追加情報
があります。指示があるまでは電話を切らないでくだ
さい。
携帯電話の電波防護指針には、SAR( 比吸収率 ) とい
う測定単位を採用しています。ICNIRP ガイドライン
で指定される SAR 限度は、生体組織 10g あたり
2.0W/kg( ワット / キログラム ) です。SAR 試験は、
すべての試験周波数帯において通常の電話機の操作位
置で、認証を受けた最大送信電力で行われます。操作
中の電話機の実際の SAR レベルは、その最大値を下
回る値となります。これは、ネットワークとの通信に
必要最小限の送信電力となるように、電話機が設計さ
れているためです。実際の値は、基地局にどのくらい
近い位置にいるか等といった様々な要因によって異な
ります。本機を耳元で使用した試験の場合、ICNIRP
ガイドラインに基づいた SAR の最大値は、0.58W/
kg です。
261
保証とアフターサービス
保証とアフターサービス
保証について
SoftBank X02NK 本体をお買い上げいただいた場
合には保証書が付いております。
本製品の故障、または不具合などにより、通話など
の機会を逸したためにお客様または第三者が受けた
損害につきましては、ソフトバンクは責任を負いか
ねますのであらかじめご了承ください。
・ お買い上げ店名、お買い上げ日をご確認くださ
い。
・ 内容をよくお読みの上、大切に保管してくださ
い。
・ 保証期間は、保証書をご覧ください。
修理を依頼される場合
「サポート情報」(P.252) を参照の上、もう一度お
確かめください。それでも異常がある場合は、ご契
約いただいたソフトバンク各地域の故障受付 ( 「お問
い合わせ先一覧」右記)または、最寄りのソフトバン
クショップへご相談ください。その際にできるだけ
詳しく異常の状態をお聞かせください。
・ 保証期間中は保証書の記載内容に基づいて修理い
たします。
262
・ 保証期間外の修理につきましては、修理により機
能が維持できる場合は、ご要望により有償修理い
たします。
お問い合わせ先一覧
■ サービス、紛失、故障について
お問い合わせは、次の窓口までご連絡ください
ソフトバンクお客様センター
総合案内:
ソフトバンク携帯電話から 157( 無料 )
故障・故障受付:
ソフトバンク携帯電話から 113( 無料 )
ご契約地域
・ 北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城
県、福島県、新潟県、東京都、神奈川県、千葉県、
埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野
県、富山県、石川県、福井県
総合案内
0088-240-157
( 無料)
紛失・故障受付
0088-240-113
( 無料)
・ 愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
総合案内
0088-241-157
( 無料)
紛失・故障受付
0088-241-113
( 無料)
・ 大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、
和歌山県
総合案内
0088-242-157
( 無料)
紛失・故障受付
0088-242-113
( 無料)
・ 広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県、徳島
県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、
長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、
沖縄県
総合案内
0088-250-157
( 無料)
紛失・故障受付
0088-250-113
( 無料)
ソフトバンク国際コールセンター
海外からのお問合せおよび盗難・紛失の
ご連絡
+81-3-5351-3491( 有料 )
保証とアフターサービス
■ 一般電話からおかけの場合
ノキアコンタクトセンター
ソフトバンクで取り扱いのないアクセサリのお問い
合わせは、ノキアコンタクトセンター「ハローノキ
ア」までご相談ください。
ハローノキア
TEL: 0570-0-66542
メール : http://www.nokia.co.jp/
asknokia
263
保証とアフターサービス
264
携帯電話・PHS 事業者は、環境を
保護し貴重な資源を再利用するた
めに、お客様が不要となってお持
ちになる電話機・電池・充電器を
ブランド・メーカーを問わず左記
のマークのあるお店で回収し、リ
サイクルを行っています。
*回収した電話機・電池・充電器はリサイクルする
ためご返却できません。
プライバシー保護の為、電話機に記憶されているお
客様の情報 ( 電話帳・通信履歴・メール等 ) は事前に
消去願います。
Nokia N95 対応アクセサリ
Nokia N95 でご利用いただけるアクセサリのバリ
エーションがさらに広がりました。お客様のコミュニ
ケーションニーズに合ったアクセサリをお選びくださ
い。Nokia N95 に対応するアクセサリについていく
つかここでご紹介します。
Nokia N95 対応のアクセサリリスト :
オーディオ
Music Headset
HS-45/AD-54/
AD-52
Bluetooth Headset
BH-200
Bluetooth Headset
BH-700
車載キット
Mobile Charger
DC-4
メッセージ
Digital Pen
SU-27W
アクセサリのご購入については、製品お買い上げ店
に確認してください。アクセサリのご使用にあたっ
ては、次の注意事項をお守りください。
Nokia 純正アクセサリ
Nokia 純正アクセサリ
・ お子様の手の届く所に置かないでください。
・ アクセサリの電源コードを外す際は、コードでは
なくてプラグを持って抜いてください。
・ 車内の携帯電話機器は、適切に取り付けられ、正
常に動作しているか定期的に確認してください。
Nokia が認定した電池、充電器、およびアクセサリ
のみを使用してください。それ以外の機器を使用す
ると、本機に対する認定あるいは保証の対象外とな
るだけでなく、危険が及ぶ場合があります。
電源
Travel Charger
AC-5U
Battery
BL-5F
Charger Adapter
CA-44
265
Nokia 純正アクセサリ
電池
タイプ
BL5F
仕様
連続通話時間 #
連続待受時間 #
Li-Ion
最大約 160 分
(WCDMA)
最大約 240 分
(GSM)
最大約 200 時
間 (WCDMA) 最大 225 時間
(GSM)
# USIM カード、ネットワー
クおよび使用設定、使用方
法、環境によって、連続通話
時間および連続待受時間が異
なる場合があります。
Li-ion
Nokia Digital Pen SU-27W
デジタルペンでカラフルで個性的なメッセージを作
成し、互換性のある電話機に Bluetooth テクノロ
ジーで送信したり、MMS で転送したりできます。
デジタルペンで書いた内容を互換性のある PC に保
存することもできます。
266
Nokia Music Headset
HS-45/AD-54/AD-52
高音質なサウンドをお楽しみいただける快適なヘッド
セットです。音楽や電話の発着信をコントロールする
ことができます。標準的な 3.5mm ステレオミニプ
ラグに対応しています。
Nokia Bluetooth Headset を利用して、移動中や
オフィスでもハンズフリー通話が可能です。電話着信
時の応答や、通話の終了が片手で簡単におこなえま
す。
Nokia 純正アクセサリ
Nokia Bluetooth Headset
BH-200/BH-700
267
索引
索引
あ
アイコン .................................30
アクセサリ ..........................265
アクセスポイント .....37,206
アクティブツールバー
.................................... 115,131
詳細設定 ..........................122
アプリケーションマネージャ ...................60
アラーム ..............................195
カレンダーアラーム .........161
クイックアラーム .............195
削除 .................................196
設定 .................................195
変更 .................................195
暗証番号 .................................35
印刷バスケット ..................138
インターネット ..................102
閲覧 .................................103
画面表示切り替え .............104
キャッシュのクリア .........112
クッキーの削除 ................112
情報の利用 .......................107
ショートカット ................103
セキュリティ設定 .............112
設定 .................................111
ブックマーク ...................107
ミニマップ .......................107
インターネットビデオ .......233
268
エニーキーアンサー .......... 204
音の設定 ............................. 198
3D 着信音 ....................... 200
オフラインモード ................. 35
音楽ファイルの転送 .......... 151
音声メモ ............................. 167
か
各部の名称 ............................ 28
カスタム待受画面 .............. 196
壁紙 ..................................... 194
カメラ ................................. 113
アクティブツールバー
.............................. 115,122
画像の送信 ...................... 128
静止画撮影 ...................... 116
静止画設定 ...................... 126
セルフタイマー ................ 119
第 2 カメラ ..................... 121
ディスプレイ表示 ............ 114
ビデオ撮影 ...................... 120
ビデオ設定 ...................... 127
連写モード ...................... 118
カレンダー
......................... 158
................ 161
................ 161
................ 161
................ 158
アラームの設定
エントリの削除
エントリの送信
エントリの登録
カレンダーアラーム .........161
設定 .................................162
PC Suite で同期する ......159
キー確認音 ..........................200
キー操作ロック .....................33
ギャラリー ..........................130
アクティブツールバー ......131
アルバム ..........................132
印刷バスケット ................138
音楽ファイル ...................139
画像印刷 ..........................137
画像編集 ..........................134
壁紙 .................................132
スライドショー ................132
ビデオ編集 .......................136
フォルダ .............................56
プレイリスト ...................140
プレゼンテーション .........140
緊急電話 .................................38
言語 .....................................202
検索 .....................................217
インターネット検索 .........217
画像検索 ..........................218
設定 .................................219
マイコンテンツ検索 .........219
交換機用暗証番号 .................36
高速ダウンロード .................40
国際電話 .................................74
さ
サポート情報 ......................252
シェアオンライン ..............213
アカウント設定 ................214
ウェブ投稿 .......................214
設定 .................................216
自局電話番号 .........................74
充電 ............................25,254
充電時間 ..............................252
受話音量
通話中 ........................69,77
消音 ........................................68
ショートカット
........................... 39,103,197
赤外線通信 ..........................186
ステータスの確認 .............187
データ受信 .......................187
データ送信 .......................186
接続状況 ..............................181
設定
アクセスポイント .............206
一般設定 ..........................201
インターネット電話 .........210
画面 .................................201
言語 .................................202
接続設定 ..........................205
通話設定 ..........................203
デフォルト設定に戻す ......177
電話機設定 .......................203
ネットワーク ...................205
操作用暗証番号 .........36,174
た
ダウンロード ..................... 223
多者通話サービス ................. 81
地図 ..................................... 237
衛星情報 ......................... 240
シミュレーション ............ 246
設定 ................................ 241
ダウンロード ................... 240
ナビゲーション ............... 246
ルート案内 ...................... 245
着信音 ................................. 199
音量 ................................ 199
着信拒否 ................................ 69
著作権管理 ......................... 211
通信履歴 ................................ 72
通話時間 ................................ 71
ディスプレイ設定 .............. 194
英語表示 ......................... 197
壁紙 ................................ 194
データケーブル ................. 187
データ転送 ......................... 188
テーマ ................................. 194
デバイスマネージャ .......... 193
電源を入れる / 切る ............ 31
転送電話サービス ................. 78
電卓 ..................................... 162
電池 ............................ 25,254
電話帳 .................................... 51
画像追加 ............................. 53
基本番号 ............................. 51
グループ ............................. 52
コピー ................................ 54
削除 .................................... 54
着信音 ................................ 53
登録 .................................... 51
ビジネスカード ................... 53
編集 .................................... 53
メモリ状況 ......................... 51
SIM 電話帳 ......................... 54
電話を受ける ......................... 68
SMS 送信 .......................... 69
電話をかける ......................... 67
テレビ電話 ......................... 75
ボイスタグ ......................... 67
リダイヤル ......................... 67
ワンタッチダイヤル ......................... 67
同期 ..................................... 191
時計 ..................................... 194
アラーム .......................... 195
世界時計 .......................... 196
表示設定 .......................... 194
都市の設定 ............................ 32
索引
パケット接続 ................... 209
ワイヤレス LAN .............. 209
SIP ................................. 209
TV 出力 ........................... 203
コンバータ ..........................163
な
内蔵アンテナ ......................... 32
ナビゲーション ...... 246,249
ネット電話 ......................... 219
269
索引
設定 .................................222
電話をかける ...................221
ネットワークモード ..........205
ノート ..................................164
は
バーコードリーダー ..........172
バイブレータ ......................199
発信者番号通知 .....................83
発着信規制サービス .............82
発着信規制用暗証番号 ..........36
発着信履歴 .............................71
ハンズフリースピーカー ......69
ビデオセンタ ......................231
ファイル
検索 ....................................56
コピー / 移動 ......................57
削除 ....................................56
詳細情報表示 ......................58
送信 ....................................58
並べ替え .............................57
ファイル名変更 ...................57
ファイルマネージャ .............58
プレイリスト .......... 140,149
再生順の変更 ...................150
削除 .................................150
作成 .................................150
ファイルの削除 ................150
ファイルの追加 ................150
ヘッドセット .........................27
ヘルプ .....................................42
270
ボイスタグ ................ 67,210
ホームメディア .................. 142
セキュリティ ................... 142
設定 ................................. 143
ポッドキャスト .................. 227
本書の見かた ......................... 20
ま
マークをつける ..................... 40
マナーモード ......................... 34
マルチタスキング機能 ......... 39
マルチメディアキー ............. 40
ミニマップ ......................... 107
ミュージックプレーヤー .. 146
イコライザ ...................... 148
再生 ................................. 146
再生中の操作 ................... 147
プレイリスト ................... 149
ミュージックライブラリ ................. 148
無線 LAN ............................ 179
アクセスポイント
.............................. 181,207
ウェブにアクセスする ..... 180
検索 ................................. 180
WLAN ウィザード ........... 181
メインメニュー
表示を変更する ................ 197
メール .................................... 84
アドレスの変更 ................... 85
受信 .................................... 88
設定 .................................... 92
送信 .................................... 85
添付ファイル保存 ................91
電話帳登録 ..........................91
フォルダ .................... 84 90
リモートメールボックス .....95
MMS 通知 ..........................89
,
メモリ
,
使用状況 .................... 64 66
バックアップ ......................65
メモリ不足を解消 ................65
メモリカード .........................26
データのバックアップ .........65
取り付ける ..........................26
モード .................................198
文字入力 .................................43
英字通常入力 ......................48
英字予測辞書 ......................48
英字予測入力 ......................47
絵文字 ................................49
改行 ....................................49
顔文字 ................................49
カタカナ .............................47
記号 ....................................49
区点コード ..........................49
コピー / 貼り付け ................50
小文字 ................................47
削除 ....................................50
数字 ....................................48
スペース .............................49
濁点 / 半濁点 ......................47
日本語通常入力 ...................46
日本語予測入力 ...................46
入力方式 .............................43
入力モード ..........................44
ユーザ辞書 ..........................50
E
ラジオ ..................................168
ビジュアルコンテンツ ......171
ランドマーク
........................ 242,247,250
リダイヤル .............................67
リモート SIM モード .........187
履歴 ........................................71
留守番電話サービス .............79
E-mail .................................... 84
作成と送信 ......................... 87
設定 ................................... 96
わ
GPS
ワイヤレス LAN ................179
割込通話サービス .................81
ワンタッチダイヤル ................. 67,204
F
Flash プレーヤー ............. 155
再生 ................................ 155
ファイルの管理 ............... 156
G
................................... 235
地図 ................................ 237
ランドマーク ................... 247
A-GPS ............................ 235
Adobe reader ...................168
A-GPS ................................235
GPS データ ....................... 248
移動距離 ......................... 250
現在位置情報 ................... 250
設定 ................................ 249
ナビゲーション ............... 249
B
H
Bluetooth ..........................182
オフにする .......................186
機器のアイコン ................184
機器のアドレス ................184
設定 .................................183
データ受信 .......................186
データ送信 .......................184
パスコード .......................185
ペアリング .......................185
HSDPA ................................ 40
A
M
MMS ..................................... 84
作成と送信 ......................... 86
設定 ................................... 93
N
Nokia Lifeblog ................ 224
Nokia Map Loader ......... 242
Nokia Nseries PC Suite
................................................ 251
同期 ................................. 191
メモリの表示 ...................... 65
Nokia Podcasting ......... 227
エピソード .......... 227,230
検索 ................................. 228
設定 ................................. 227
ディレクトリ ................... 229
ポッドキャスト ................ 230
Nokia 純正アクセサリ ...... 265
索引
ら
P
PC 接続 .............................. 191
PDF .................................... 168
PIN コード ................ 35,174
変更する .......................... 174
PUK コード .......................... 36
Q
Quickoffice ...................... 164
Quickmanager .............. 167
Quickpoint ..................... 166
Quicksheet .................... 165
Quickword ..................... 165
R
RealPlayer ........................ 153
再生 ................................. 153
設定 ................................. 154
271
索引
S
SMS .......................................84
作成と送信 ..........................85
設定 ....................................92
T
TV コール ..............................75
TV 出力モード ...................141
U
UPnP ................................142
USIM カード .........................23
取り付ける ..........................24
W
weblog ...............................224
WLAN .................................179
WLAN ウィザード ...........181
Z
Zip Manager ....................172
272
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising