PSSU/A–2型 - テープスイッチジャパン

PSSU/A–2型 - テープスイッチジャパン
コントロール・ユニット
PSSU/A–2 型
取扱説明書
テープスイッチジャパン株式会社
〒 134-0083 東京都江戸川区中葛西 5-11-23
TEL.03-5676-5421 FAX.03-5676-5422
始めに
は、コントロール・ユニットからセンサ(一個または複
ガードスターのPSSU/A−2コントロール・ユニ
数個)のスイッチ素子の、一方の端子+ve、と他方の
ットは安全なシステムを構成するためにリボン・スイッ
端子−veに供給され、再びコントロール・ユニットへ
チ、センシングエッジ、バンパ、およびマットスイッチ
戻され、出力リレーに電力を供給します。センサ(一個
のような感圧センサと共に使用するように設計されてい
または複数個)が作動すると、出力リレーへの24V
ます。多くのセンサを直列に接続することもできます。
DCの電圧は短絡され、励磁は開放されます。
さらに、センサ(一個または複数個)の配線またはス
PSSU/A−2の特徴
イッチ素子の故障により出力リレーへの電力供給が遮断
・自動リセット方式
されるかまたは短絡されると、出力リレーへの電力が止
・標準、24V 直流安定化電源を使用
まり、リレーは非励磁になります。リレーの励磁は、セ
・使用可能状態に自動保持します。
ンサ(一個または複数個)がクリアな状態、または不具
・安全リレー出力数(NOまたはNC選択可能)、2回
合の除去・修正の後、電力が加えられると、自動的に行
われます。出力リレーは常時「開」(リレー励磁時に
路
・モニターリレー出力数(NOまたはNC選択可能)、
「閉」)もしくは常時「閉」(リレー励磁時に「開」)のい
ずれかの選択が可能です。出力の状態は工場出荷時には、
1回路
・全ての安全出力は駆動用端子を有し、クロス監視され
通常は「開」に設定されておりますが使用時に変更する
こともできます。(出力リレー構成の項を参照)
ています。
注意:コントロール・ユニットの電源が入っている状態
注記:機械の一次制御素子、すなわちMPCEの定義は、
で、センサがクリアされると、出力安全リレーが励磁さ
動きが開始され、または停止された場合に(時間的に)
れます。
最後に動作するように、機械の通常の動作を直接制御す
る電気制御素子とします。
完璧な安全性
ガードスターPSSU/Aおよび/A−2のコントロー
ル・ユニットはDIN31006−1に記載の安全性レ
据え付け
注意:
ベル2の基準を超えています。コントロール・ユニット
ガードスターの安全システムは危険な機械を動作させ
は自己監視形で、安全性にとって重要な部品に何らかの
る人や、その側で作業するオペレータを保護するように
故障あれば検知され、その故障が補修されるまで機械の
設計されています。これらのシステムは適切な機械に正
作動を停止します。
しく取り付けられ、インターフェースされている場合だ
しかし、このシステムの安全性は、全体として、正し
けその機能を果たすことができます。広範囲にわたり正
い据え付け、およびインターフェースに加えて、使用さ
確な情報を提供するためのあらゆる工夫が施されていま
れるセンサ自体の安全性にも依存しています。
す。製品の据え付けに関わる全ての人が必要な知識と、
訓練と経験を有していること、およびこれらの人々が仕
動作原理
事上に関する全ての法律、規則、条例、および法令に完
コントロール・ユニットは、システム用の電源、安全
全に精通していること〈主に機械の運転資格を有し安全
出力リレー、電流制限付き自動リセット回路より構成さ
規準を守ること〉などはユーザー各位の責任範囲としま
れています。図1に動作原理を示します。24V DC
す。
出力接点
(選択可能)
+
主電源入力
自動
リセット
回路
24V
DC
R1
R1 R2
センサー
−
安全マット
センシングエッジ
センシングバンパー
リボンスイッチ
図1
機械制御回路へ
R2
コントロールユニット
PSSU コントロールユニットの動作原理
機械的据付
安全出力の接続
図2に、PSSU/A−2のインタフェース・ユニッ
2個の安全出力があります。リスクが低いか中程度用
トのケースサイズと据えつけ寸法を示します。インタフ
の、機械には通常単一のMPCEが設けられています。
ェース・ユニットは、通常の動作環境で使用されるボッ
このような場合、双方の安全出力は図4に示すようにM
クス内に据えつけられます。たいていの場合、これは機
PCEのコイルと直列に接続します。機械に2つのMP
械の制御パネルに適合するものになっています。このユ
CEを取り付ける場合は、図5に示すように、1つの安
ニットは、一般的な電子的据えつけレール、DIN E
全出力を各MPCEコイルと直列に接続します。
N 50 022−35(DIN 35MM)に据え付
安全出力リレーの接点を誘導性負荷のサージから保護
けるようになっています。これは、二種類のM4または
するために、図4および5に示すようにMPCEコイル
M5(6番または10番)のネジ用の据えつけ穴によっ
と並列にアーク消去回路を設置します。消去回路は安全
て、パネルに固定されます。
リレー接点を跨いで取り付けないでください。
機械回路内の過電流に起因する双方の安全出力リレー
電気接続
を溶着から保護するため、図4および図5に示すように
PSSU/A−2のコントロール・ユニットの接続法は
MPCEコイルと直列に2Aのヒューズを取り付ます。
図3に示されています。全ての縒り線には圧着端子を取
これによって安全出力接点の溶着を起こす可能性のある
り付けるものとします。電気的接続は下記の順序で行っ
電流値以下に抑えられます。
てください。
センサ(一個または複数個)の接続時に隣接する端子間
モニタ出力
で短絡を引き起こす可能性のあるはみ出した縒り線がな
モニタ出力は、常時「開」(リレー励磁時に「閉」)、常
いように充分に注意して、センサのケーブルをコントロ
時「閉」(リレー励磁時に「開」)の選択が可能です。、
ール・ユニット端子に接続します。多数のセンサを直列
工場出荷時には常時「開」になっています。モニタ出力
に接続できます(詳細に関しては表2および図7− 8 を
端子は電圧フリーであり、安全出力リレーの状態を示し
参照して下さい)。
ます。モニタ出力は、センサ(一個または複数個)が作
動したことを知らせるためのプログラマブルロジックコ
電源接続
ントローラー(PLC)のような機械制御装置の入力と
図3および表1に示すとおり、入力電源をコントロー
して利用できます。
ル・ユニットに接続します。ジャンパー端子番号を表す
注意:モニタ出力は安全出力ではありません。機械停止
略号に特に注意してください。電源消費の最大値は15
回路として使用しないでください。
VAです。
表1
1
センサー D
2
センサー C
3と4
モニター出力
5と6
安全出力 1
7と8
安全出力 2
9
+(24VDC)
10
アース(グランド)
11
−(0VDC)
DIN レールマウント
上面図
2.87"
(73mm)
2.95"(75mm)
側面図
ケースの寸法
12
モニター入力を使用しない時はジャンパー
13
14
使用せず
15
センサー A
16
センサー B
図2
4.49"
(114mm)
表2
初期点検
機械的据付と電気接続の後、下記のように点検して下
さい。
センサー接続
センサー形式
A
B
C
D
マット、エッジ、リボン、スイッチ
赤
緑
黒
白
PSSU/A-2 端子番号
15
16
2
1
(a)センサがクリア状態で配線が正しいことを確認し
て下さい。
モニター入力をしない時は12番と13番の端子をジヤ
ンパーしてください。
(b)コントロール・ユニットに電源を接続します。「M
PCEに電圧を印加しないで下さい。」「パワー・オン
(赤)」、「センサ・クリア(アンバ(橙))」および「出
力・オン(緑)」のランプが点灯します。
(c)センサを作動させます。センサを作動位置に固定
したら、安全出力リレーは非励磁となり、「センサ・ク
リア」と「出力・オン」のランプはオフになります。
「センサ作動中(赤点滅)
」が点灯します。
(d)センサーを解放します。安全出力リレーが励磁さ
れます。「センサ・クリア」と「出力・オン」が点灯し
ます。「センサ作動中」はオフになります。
機械制御電圧
出力
1
システムが以上のように動作したら、点検は完了です。
出力
2
安全用
ヒューズ
出力リレーの構成は図6を参照して下さい。
アーク消去
MPCE
1
2A
出力リレーを変えるのは、上部のカバーを取り外して
内部PCボードのジャンパ〈接続〉で行います。
安全出力1
常時「開」ではDとEの間をジャンパーします。
常時「閉」ではDとFの間をジャンパーします。
図 4 安全出力(MPCE 1)
安全出力2
常時「開」ではGとHの間をジャンパーします。
常時「閉」ではGとIの間をジャンパーします。
モニタ出力
常時「開」ではAとBの間をジャンパーします。
機械制御電圧
アーク消去
安全用
ヒューズ
1
センサー D
センサー B
16
2
センサー C
センサー A
15
3
4
5
12
6
11
7
8
10 9
+24 VDC
13
アース
(グランド)
14
0V DC
図3
出力
1
MPCE
1
2A
モニター
出力
安全
出力
安全
出力
アーク消去
安全用
ヒューズ
出力
2
MPCE
2
2A
図 5 安全出力(MPCE 2)
技術仕様
3
4
B
モニター
出力
D
5
6
5
7
24V 直流安定化電源
消費電力
15VA
A
3
4
6
C
供給電圧
タイプ
駆動用接点
接続数
2 回路、NO、NC 選択可
8
2.0A 抵抗負荷 @240VAC、24VDC
F
D
E
D
2
H
2
ジャンパー
A-C=NC
A-B=NO
F
安全出力
1
G
7
8
1
E
G
安全出力
2
I
K3
I
H
ジャンパー
D-F=NC
D-E=NO
B
K2
A
ジャンパー
G-I=NC
G-H=NO
データ
C
K1
仕 様
定 格
P2
0.35A 誘導負荷 @50VDC
V
5
R2F
R2D
R2A
R2G
R2E
R2B
R2H
モニター出力
T1
4093
R2
R
6
P3
V
4
V
2
R R R R R
8 7 5 3 4
R2C
1.0A 誘導負荷 @24VDC
K6
K2
K1
K3
安全出力
D
1
C3
C5
C4
スイッチング周波数
5Hz
応答時間
10ms
ヒューズ
2.0A
タイプ
標準リレー
接続数
1 回路、NO、NC 選択可
接点定格
5A @240V
使用温度
0 ℃∼ 50 ℃
ケース取付法
35mm DIN レール(深さ 7.5mm)
接続端子
図6
0.75A 抵抗負荷 @50VDC
タイプ
丸型ターミナル
接続線
2 本(2.5mm Sq)
図7
4 線式色別ワイヤーで多くのマットを接続する方法
マット1
A
B
C
D
マット2
マット3
マットN
赤
黒
赤
黒
赤
黒
赤
緑
白
緑
白
緑
白
緑
黒
白
図 8 センシングエッジ、バンパースイッチ、リボンスイッチを多数接続する方法
A
B
C
D
赤
黒
赤
エッジ/センサー1
緑
黒
赤
エッジ/センサー2
白
緑
黒
エッジ/センサーN
白
緑
白
黒
白
注:連結したスイッチは最大60メートルまでとする。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement