取扱説明書 - 524.24 KB | ud-301_om_j_va

取扱説明書 - 524.24 KB | ud-301_om_j_va
Z
UD-301
取扱説明書
USBオーディオD/Aコンバーター
ティアック製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。
ご使用になる前にこの取扱説明書をよくお読みください。
また、お読みになったあとは、いつでも見られるところに大切に保管してください。
末永くご愛用くださいますよう、お願い申し上げます。
安全にお使いいただくために. . .
付属品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
お使いになる前に. . . . . . . . . . .
ユーザー登録について. . . . . . . .
接 続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各部の名前とはたらき. . . . . . . .
基本操作. . . . . . . . . . . . . . . . . .
D01222400A
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
2
5
5
5
6
8
9
パソコンの音楽を再生する. . . . . .
オートパワーセーブ (APS) 機能. .
アップコンバート機能. . . . . . . . . .
困ったときは . . . . . . . . . . . . . . . .
仕 様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保証とアフターサービス. . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
10
12
12
13
14
15
安全にお使いいただくために
製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止する
ために、以下の注意事項をよくお読みください。
V
P
電源プラグを
コンセントか
ら抜く
警告
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡
または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
万一、異常が起きたら
煙が出たり、変なにおいや音がするときは
機器の内部に異物や水などが入ったときは
この機器を落としたり、カバーを破損したときは
すぐに機器本体の電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜い
てください。
異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。
販売店またはティアック修理センター ( 裏表紙に記載 ) に修理をご依頼ください。
電源コードを傷つけない
電源コードの上に重いものをのせたり、コードを壁や棚との間に挟み込んだり、
本機の下敷きにしない
電源コードを加工したり、無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったり、熱器
具に近づけて加熱したりしない
コードが傷んだまま使用すると火災・感電の原因となります。
万一、電源コードが破損したら ( 芯線の露出、断線など )、販売店またはティアッ
ク修理センター ( 裏表紙に記載 ) に交換をご依頼ください。
付属の電源コードを他の機器に使用しない
故障、火災、感電の原因となります。
=
禁止
交流 100 ボルト以外の電圧で使用しない
この機器を使用できるのは日本国内のみです。表示された電源電圧 ( 交流 100
ボルト ) 以外の電圧で使用しないでください。また、船舶などの直流 (DC) 電源
には接続しないでください。火災・感電の原因となります。
この機器を設置する場合は、放熱をよくするために、壁や他の機器との間は少
し (5cm 以上 ) 離して置く
ラックなどに入れるときは、機器の天面から 5cm 以上、背面から 10cm 以上
のすきまをあける
すきまをあけないと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
この機器の通風孔などから内部に金属類や燃えやすい物などを差し込んだり、
落としたりしない
火災・感電の原因となります。
この機器の通風孔をふさがない
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
2
V
N
指示
C
警告
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡
または重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
電源プラグにほこりをためない
電源プラグとコンセントの周りにゴミやほこりが付着すると、火災・感電の原
因となります。
定期的 ( 年 1 回くらい ) に電源プラグを抜いて、乾いた布でゴミやほこりを取
り除いてください。
機器の上に花びんや水などが入った容器を置かない
内部に水が入ると火災・感電の原因となります。
禁止
Y
分解禁止
V
P
電源プラグを
コンセントか
ら抜く
この機器のカバーは絶対に外さない
カバーを開けたり改造すると、火災・感電の原因となります。
内部の点検・修理は販売店またはティアック修理センター ( 裏表紙に記載 ) に
ご依頼ください。
この機器を改造しない
火災・感電の原因となります。
注意
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害
を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの発生
が想定される内容を示しています。
移動させる場合は、電源のスイッチを切るか、またはスタンバイにし、必ず電
源プラグをコンセントから抜き、外部の接続ケーブルを外す
ケーブルが傷つき、火災・感電の原因や、引っ掛けてけがの原因になることが
あります。
旅行などで長期間この機器を使用しないときやお手入れの際は、安全のため必
ず電源プラグをコンセントから抜く
通電状態の放置やお手入れは、漏電や感電の原因となることがあります。
オーディオ機器を接続する場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電源
を切り、説明に従って接続する
また、接続は指定のケーブルを使用する
N
指示
電源を入れる前には、音量を最小にする
突然大きな音が出て聴力障害などの原因となることがあります。
この機器はコンセントの近くに設置し、電源プラグは簡単に手が届くようにする
異常が起きた場合は、すぐに電源プラグをコンセントから抜いて、完全に電源
が切れるようにしてください。
この機器には、付属の電源コードを使用する
それ以外の物を使用すると、故障、火災、感電の原因となります。
次のページに続きます。e
3
安全にお使いいただくために ( 続き )
V
=
禁止
O
注意
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害
を負う可能性が想定される内容および物的損害のみの発生
が想定される内容を示しています。
ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所に置かない
湿気やほこりの多い場所に置かない。風呂、シャワー室では使用しない
調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたる場所に置かない
火災・感電やけがの原因となることがあります。
電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らない
コードが傷つき、火災・感電の原因となることがあります。
必ずプラグを持って抜いてください。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししない
感電の原因となることがあります。
禁止
内部にほこりがたまったまま、長い間掃除をしないと火災や故障の原因
となることがあります。
電源ケーブルや本体に異常がないか、定期的に点検してください。特に、
湿気の多くなる梅雨期の前に行うと、より効果的です。
5 年に 1 度は、販売店またはティアック修理センター ( 裏表紙に記載 )
に内部の点検をご依頼ください。費用についてはお問い合わせください。
“DSD” is a registered trademark.
Microsoft, Windows and Windows Vista are either registered trademarks or trademarks of Microsoft Corporation
in the United States and/or other countries.
Apple, Macintosh and Mac OS are trademarks of Apple Inc., registered in the U.S. and other countries.
Other company names and product names in this document are the trademarks or registered trademarks of
their respective owners.
4
付属品
万一付属品に不足や損傷がありましたら、お買い上げになった販売店、または弊社 AV お客様相談
室 ( 裏表紙に記載 ) にご連絡ください。
電源コード × 1
取扱説明書 ( 本書、保証書付き ) × 1
お使いになる前に
VV設置の注意
oo 直射日光が当たる場所や暖房器具の近くなど、温度が高くなるところに置かないでください。ま
た、アンプなど熱を発生する機器の上には置かないでください。変色や変形、故障の原因となり
ます。
お手入れ
トップカバーやパネル面の汚れは、薄めた中性洗剤を少し含ませた柔らかい布で拭いてください。
化学ぞうきんやベンジン、シンナーなどで拭かないでください。表面を傷める原因となります。
VVお手入れは安全のため電源プラグをコンセントから抜いて行ってください。
ユーザー登録について
TEAC のウェブサイトにて、オンラインでのユーザー登録をお願いいたします。
http://teac.jp/support/registration/
音のエチケット
楽しい音楽も、場合によっては大変気になるものです。静かな夜間には小さ
な音でもよく通り、隣近所に迷惑をかけてしまうことがあります。
適当な音量を心がけ、窓を閉めたりヘッドホンを使用
するなどして、お互いに快適な生活環境を守りましょう。
このマークは音のエチケットのシンボルマークです。
¹
5
接続
VV全ての接続が終わってから電源をオンにしてください。
oo 接続する機器の取扱説明書をよく読み、説明に従って接続してください。
oo ノイズ発生の原因となるので、各接続ケーブルを電源コードと一緒に束ねないでください。
oo 各プラグはしっかりと差し込んでください。
ステレオアンプ
またはパワードスピーカー
パソコン
音声入力
(LINE IN など )
R
L
R
どちらか一系統を
接続してください。
B
F
C
D
E
DIGITAL OUT
(COAXIAL)
同軸デジタル出力
デジタル音声
出力機器
デジタル音声
出力機器
付属の電源コード
DIGITAL OUT
(OPTICAL)
光デジタル出力
RCA 同軸デジタルケーブル
光デジタルケーブル
6
接続する前に専用
ドライバーをパソ
コンにインストー
ルしてください。
(10 ページ )
USB ケーブル
RCA オーディオケーブル
XLR ケーブル
A
L
電源コンセント
A アナログ音声出力端子
2 チャンネルのアナログ音声を出力します。XLR 端子または RCA 端子をステレオアンプまた
はパワードスピーカーと接続してください。
接続には市販のケーブルをお使いください。
XLR : バランス型 XLR ケーブル
RCA : RCA オーディオケーブル
本機の R 端子とアンプの R 端子、本機の L 端子とアンプの L 端子をそれぞれ接続してください。
B USB 入力端子
パソコンのデジタル音声を入力します。パソコンの USB 端子と接続してください。
接続には市販の USB ケーブルをお使いください。
oo Windows パソコンの場合は、本機と接続する前に専用ドライバーをパソコンにインストー
ルする必要があります。Mac パソコンの場合はドライバーをインストールする必要はあり
ません。(10 ページ )
C 出力レベル切換スイッチ (LEVEL)
アナログ音声出力端子から出力する音声のレベルを選択します。
FIX: 常に最大音量が出力されます。アンプ側で音量を調整したい場合に選択してください。
ヘッドホンを挿した状態でも出力されます。
VARI: フロントパネルのボリュームつまみに連動して出力されます。本機で音量調整を行いた
い場合に選択してください。ヘッドホンを挿すと出力されなくなります。
OFF: 常に出力されません。
oo どの位置を選択しても、ヘッドホン出力はフロントパネルのボリュームつまみに連動します。
D メンテナンス用コネクタ (UPDATE)
メンテナンスで使用します。弊社サービス部門の指示が無い限り、何も接続しないでください。
E デジタル音声入力端子
デジタル音声を入力します。デジタル音声出力機器のデジタル音声出力端子と接続してください。
COAXIAL : RCA 同軸デジタルケーブル
OPTICAL : 光デジタルケーブル (TOS)
F 電源インレット
付属の電源コードを差し込んでください。
全ての接続が終わったら、電源プラグを AC100V の電源コンセントに差し込んでください。
VV付属の電源コード以外は使わないでください。火災や感電の原因になること
があります。また、長期間使用しないときは、コンセントから電源プラグを
抜いておいてください。
7
各部の名前とはたらき
A
B
C
D
E
F
A スタンバイ / オンボタン (¤)
電源のスタンバイ / オンを切り換えます。電源がオンのときは、ボタンの周囲が青く点灯します。
oo 本機はスタンバイ ( オフ ) のとき、待機電力が消費されるので「オフ」と記載せず、「スタ
ンバイ」または「スタンバイ状態」と記載します。
B 入力ソース切換ボタン
このボタンを押すたびに入力ソースが切り換わります。
C 入力インジケーター
入力中のソースが点灯します。
入力信号がデジタルオーディオ信号ではないときや、PCM や DSD フォーマット以外のデジ
タル音声 (Dolby Digital、dts、AAC など ) が入力されたときは、入力インジケーターが点滅
します。
D サンプリング周波数インジケーター
入力されたデジタル音声信号のサンプリング周波数を表示します。
入力信号がロックすると入力信号のサンプリング周波数が点灯します。入力信号がないときや、
入力信号が正しくロックしないときは点滅します。
*32 kHz の場合、サンプリング周波数インジケーターは点灯しませんが、入力インジケーター
は点灯します。
E ヘッドホン端子 (PHONES)
ヘッドホンを接続します。6.3 mm ステレオ標準プラグをご使用下さい。
F ボリュームつまみ (VOLUME)
出力レベル切換スイッチ (LEVEL) を「VARI」に設定している場合、ボリュームつまみに連動
してアナログ音声出力端子から音声が出力されます。 7 ページ )
ヘッドホンを挿した場合はヘッドホンの音量を調節することが出来ます。
VV必ず音量を MIN の位置まで下げてからヘッドホンを着けるようにしてくだ
さい。また、ヘッドホンを耳にかけたまま、電源のオン / スタンバイや、ヘッ
ドホンプラグの抜き差しを行わないでください。突然大きな音が出て、聴力
障害の原因となることがあります。
8
基本操作
1 スタンバイ / オンボタン (¤) を押して
電源をオンにする。
注意
パワーアンプを接続して使用する場合 ( 本機をプリア
ンプとして使用する場合 ) は、出力レベル切換スイッ
チ (LEVEL) は必ず「VARI」に設定し、ボリューム
つまみを最小にした状態でパワーアンプの電源をオ
ンにしてください。間違った設定でパワーアンプの
電源を入れるとスピーカーから大音量の音が出てス
ピーカーを破損したり難聴等になる恐れがあります。
2 入力ソース切換ボタンを押して、入力ソー
スを選ぶ。
入力ソース切換ボタンを押すたびに、以下のように
入力が切り換わります。
USB ( パソコン用 USB 入力 )
COAXIAL ( 同軸デジタル入力 )
OPTICAL ( 光デジタル入力 )
選択したソースの入力インジケーターと、入力されたサンプリング周波数のインジケーターが点
灯します。
oo PCM や DSD 以外のデジタル音声フォーマット (Dolby Digital、dts、AAC など ) が入力さ
れたときは、入力インジケーターが点滅します。
このような場合、接続しているデジタル音声出力機器のデジタル出力フォーマットを「PCM」
に設定することで再生が可能になる場合がありますので、接続しているデジタル音声出力機器
の取扱説明書をご参照のうえ設定してください。
oo 入力信号がないときや入力信号に正しくロックできないときは、サンプリング周波数インジ
ケーターが点滅します。
oo 入力信号のサンプリング周波数が 32 kHz の場合、サンプリング周波数インジケーターは点灯
しませんが、入力インジケーターは点灯します。
oo Windows パソコンの場合、USB ケーブル接続で音楽ファイルを再生するときは、あらかじ
め専用ドライバーをパソコンにインストールしておく必要があります。 10 ページ )
3 接続した機器で再生を始める。
9
パソコンの音楽を再生する
ドライバーのインストール
ことができなくなる場合がありますのでご注意
ください。また OS に Windows XP をお使い
Mac OS X の場合
の場合には、パソコンの動作が著しく遅くなっ
てしまい、パソコンの再起動が必要となる場合
があります。
Mac OS X 10.6.4 以降 (Snow Leopard)
OS X Lion 10.7
OS X Mountain Lion 10.8
OS X Mavericks 10.9
で動作します。 (2014 年 3 月現在 )
oo MacOS 標準のドライバーで動作するため
ドライバーをインストールする必要ありま
せん。
専用ドライバーのインストール手順の詳細につ
いては弊社ダウンロードページをご覧ください。
パソコンのハードウェア、ソフトウェアの構成
によっては、上記の OS を使用していても動作
しない場合があります。
転送モードについて
Windows OS の場合
専用ドライバーをパソコンにインストールする
本機でパソコンに記録されている音楽ファイル
の再生を行うには、パソコンに専用ドライバー
をあらかじめインストールしておく必要があり
ます。以下の弊社ダウンロードページより専用
ドライバーをダウンロードしてください。
< 専用ドライバーソフトダウンロードページ >
http://teac.jp/product/ud-301/downloads/
USB 接続できるパソコンの OS は
Windows XP (32bit 版 )
Windows Vista (32bit 版、64bit 版 )
Windows 7 (32bit 版、64bit 版 )
Windows 8 (32bit 版、64bit 版 )
Windows 8.1 (32bit 版、64bit 版 )
のいずれかとなります。これ以外の OS での動
作保証はいたしません。
ご注意
パソコンと USB ケーブルで接続する前には、
必ず専用ドライバーソフトをあらかじめインス
トールしておいてください。
ドライバーがインストールされていないパソコ
ンと本機を接続した場合、正しく動作しません。
その後、正常にドライバーをインストールする
10
本機は HIGH SPEED アシンクロナスモードで
接続します。
伝 送 可 能 サ ン プ リ ン グ 周 波 数 は 44.1kHz/.
48k H z /88.2k H z /96k H z /176.4k H z /.
192kHz です。
DSD の場合は、2.8 MHz、5.6 MHz です。
正しく接続されると、OS のオーディオの出力
先として、「TEAC USB AUDIO DEVICE」が
選択可能になります。
アシンクロナスモードでは、パソコンから送出
されたオーディオデータを本機側のクロックを
使って処理しますので、データ伝送時のジッ
ターを抑制することができます。
再生アプリケーションソフト「TEAC
HR Audio Player」のダウンロード
DSD ファイルに対応した再生アプリケーショ
ンソフト「TEAC HR Audio Player」(Mac 版、
Windows 版 ) を以下の弊社ダウンロードペー
ジよりダウンロードして、お使いいただくこと
ができます。
<「TEAC HR Audio Player」ダウンロードページ>
http://teac.jp/product/hr_audio_player/downloads/
パソコン内の音楽ファイルを再生する
1 USB ケーブルでパソコンと本機を接続する。
oo Windows パソコンの場合はあらかじめ専用ドライバー
をパソコンにインストールしておく必要があります。
(10 ページ )
USB ケーブル
oo ケーブルは本機の接続端子に合うものをご使用ください。
2 パソコンの電源をオンにする。
oo パソコンが正常に立ち上がったことを確認してください。
3
本機のスタンバイ / オンボタン (¤) を
押して電源をオンにする。
4 入力ソース切換ボタンを押して、「USB」
を選ぶ。
5 パソコンで音楽ファイルの再生を開始する。
パソコン側で音量調節が可能な場合は音量を最大に
設定して、本機の音量つまみ (VOLUME) で音量を
調整するとより良い音質が得られます。
oo TEAC HR Audio Player をお使いの場合、パソ
コン側で音量を調節することは出来ません。
本機の音量は再生開始時には最小にし、徐々に大き
くして調整してください。
oo パソコンから本機をコントロールしたり、本機からパソコンをコントロールすることはできません。
oo USB 接続で音楽ファイルを再生しているときに、以下の操作を行わないでください。パソコンの
誤動作の原因となります。これらの操作は必ず音楽再生ソフトを終了してから行ってください。
o USBケーブルを抜く
o 本機の電源をスタンバイにする
o 本機の入力を切り換える
oo USB 接続で音楽ファイルを再生しているときは、パソコンの操作時のサウンドも再生されます。操
作時のサウンドを再生したくない場合は、パソコン側で設定を行ってください。
oo 音楽再生ソフトを起動した後で本機とパソコンを接続したり、本機の入力を「USB」に設定した場
合は、音楽ファイルが正しく再生されないことがあります。この場合は、音楽再生ソフトを再起動
するか、パソコンを再起動してください。
11
オートパワーセーブ (APS) 機能
本製品には、オートパワーセーブ機能があります。
本製品は入力信号がロックされていない状態で、約 30 分
間経つと自動的にスタンバイになるオートパワーセーブ
モード ( 待機時消費電力 0.5 W 以下 ) を備えています。
oo 出荷時はオートパワーセーブ機能はオンに設定されい
ます。
確認方法
オートパワーセーブがオフの場合は電源オン時に入力イン
ジケーターがしばらく全点灯します。
オートパワーセーブ機能の設定
電源がオンの状態で、スタンバイ / オンボタン (¤) を長
押しすると 5 秒ほどで入力インジケーターが全点灯又は全
消灯します。
全消灯:オートパワーセーブ オン
全点灯:オートパワーセーブ オフ
長押し
アップコンバート機能
デジタル入力 (USB*、
OPTICAL 又は COAXIAL) 時にアッ
プコンバート機能が使用出来ます。
(* DSD はアップコンバートされません。)
入力ソース切換ボタンを 5 秒程度長押しするとサンプリン
グ周波数インジケーターが以下の様に点灯します。
44.1 kHz と 48 kHz が点灯 : アップコンバートオフ
44.1 kHz から 96 kHz まで点灯 : アップコンバート設定 1
44.1 kHz から 192 kHz まで点灯 : アップコンバート設定 2
入力周波数とアップコンバート後の周波数の関係
入力周波数
設定 1
設定 2
44.1 kHz
88.2 kHz
176.4 kHz
48 kHz
96 kHz
192 kHz
88.2 kHz
アップコンバートなし 176.4 kHz
96 kHz
アップコンバートなし 192 kHz
oo 176.4 kHz 以上の周波数を入力してもアップコンバー
トされません。
表示
アップコンバート時はサンプリング周波数インジケーターが
2 つ点灯します。
左側の LED が入力周波数、右側の LED がアップコンバー
ト後の周波数を示します。
12
長押し
困ったときは
本機の調子がおかしいときは、サービスを依頼される前に以下の内容をもう一度チェックしてくだ
さい。それでも正常に動作しない場合は、お買い上げの販売店またはティアック修理センター ( 裏
表紙に記載 ) にご連絡ください。
電源が入らない
一 般
電源コードがきちんと電源に接続されているか、差
し込みが不完全ではないかを確認してください。コ
ンセントがスイッチ式の場合、オンになっているか
確認してください。
コンセントに他の電気機器を接続して、電気が供給
されているかを確かめてください。
パソコンとの接続
アナログ音声端子か
ら音が出ない
出力レベル切換スイッチ (LEVEL) が「OFF」又は
「VARI」を選択した状態でボリュームつまみが最小
になっていませんか?
パソコンで本機が認
識されない
USB 接続できるパソコンの OS は下記のいずれかと
なります。
Microsoft Windows
Windows XP (32-bit)、Windows Vista、
Windows 7、Windows 8、Windows 8.1
oo Windows パソコンの場合は専用ドライバー
のインストールが必要です。(10 ページ )
Apple Macintosh
Mac OS X 10.6.4 以降 (Snow Leopard)
OS X Lion 10.7
OS X Mountain Lion 10.8
OS X Mavericks 10.9
これ以外の OS での動作保証はいたしません。
雑音がする
音楽ファイルを再生中に他のアプリケーションを起
動すると、パソコンの CPU の負荷が増大することに
より音が途切れたり、ノイズが発生する場合があり
ます。再生中は他のアプリケーションを起動しない
でください。
音楽ファイルが再生
できない
パソコンと本機を接続して、本機の入力を「USB」
に切り換えてから、音楽再生ソフトを起動して再生
を開始してください。
音楽再生ソフトを起動した状態で本機とパソコンを
接続したり、本機の入力を「USB」に切り換えた場
合は、音楽データが正しく再生できないことがあり
ます。
本機はマイコンを使用しておりますので、外部からの雑音やノイズ等によって正
常な動作をしなくなることがあります。このような場合は一旦電源プラグをコン
セントから抜き、しばらくしてから再び電源を入れて操作しなおしてください。
13
仕様
アナログ音声出力
端子. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . XLR 端子 (2 チャンネル ) ×1
RCA 端子 (2 チャンネル ) ×1
出力インピーダンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . XLR: 200Ω
RCA: 100Ω
最大出力レベル (1 kHz、フルスケール、10kΩ 負荷時 )
XLR (0dB 設定時 ):+14 dBu
RCA:2.0 Vrms
周波数特性. . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 Hz 〜 55 kHz ( − 3 dB)1)
S/N 比. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105 dB
歪率. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 0.0015%(1 kHz)1)
ヘッドホン出力
端子形状. . . . . . . . . . . . . . . . . . 6.3 mm ステレオ標準ジャック
最大出力. . . . . . 100mW+100mW ( 負荷 32Ω 0.1.% 歪時 )
適合負荷インピーダンス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16 〜 600 Ω
デジタル音声入力
RCA 端子 ×1( 入力インピーダンス 75Ω). . . . . . . . . 0.5 Vp-p
光デジタル端子 ×1 . . . . . . . . . . - 24.0 ~- 14.5 dBm peak
USB-B 端子. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . USB2.0 準拠
対応サンプリング周波数 (PCM)
322)/44.1/48/88.2/96/176.4/1923) kHz
対応ビット数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16/24/324) ビット
対応サンプリング周波数 (DSD) . . . . . . . . . . . . . 2.8/5.6MHz
(USB 接続時のみ対応 )
1) サンプリング周波数 192 kHz の場合
2) 32 kHz の場合、本機のサンプリング周波数インジケーターは点灯
しませんが、入力インジケーターは点灯します。
3) 光デジタル入力時は最大 96 kHz
4)USB 入力時のみ
一般
電源. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100V AC 50-60 Hz
消費電力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10W
外形寸法. . . . . . . . . . . . . . . . . 215 mm x 61 mm x 238 mm
(WxHxD、突起部を含む )
質量. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2.0 kg
許容動作温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . + 5 ℃〜+ 35 ℃
許容動作湿度 . . . . . . . . . . . . . . 5 %〜 85 % ( 結露のないこと )
許容保管温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . − 20 ℃〜+ 55 ℃
付属品
電源コード x 1
取扱説明書 ( 本書、保証書付き )×1
oo 仕様及び外観は改善のため予告なく変更することがあります。
oo 取扱説明書のイラストが一部製品と異なる場合があります。
14
保証とアフターサービス
よくお読みください
■保証書
取扱説明書の裏表紙が保証書になっています。保証書は、お買い上げの際に販売店が所定事項を記
入してお渡ししておりますので、大切に保管してください。万が一販売店印の捺印やご購入日の記
載が無い場合は、無償修理保証の対象外になりますので、ご購入時のレシートなどご購入店・ご購
入日が確認できるものを一緒に保管してください。保証期間はお買い上げ日より 1 年です。
■補修用性能部品の保有期間
当社は、この製品の補修用性能部品 ( 製品の機能を維持するために必要な部品 )、もしくは代替製品
を製造後 8 年間保有しています。
■ご不明な点や修理に関するご相談は
修理に関するご相談、並びにご不明な点は、お買い上げの販売店またはティアック修理センター ( 裏
表紙に記載 ) にお問い合わせください。
■修理を依頼されるときは
13 ページの「困ったときは」に従って調べていただき、なお異常のあるときは使用を中止し、
必ず電源プラグをコンセントから抜いて、お買い上げの販売店またはティアック修理センター ( 裏
表紙に記載 ) にご連絡ください。なお、本体の故障もしくは不具合により発生した付随的損害 ( 録
音内容などの補償 ) の責についてはご容赦ください。
保証期間中は
修理に際しましては保証書をご提示ください。保証書の規定に従って、修理させていただきます。
保証期間が過ぎているときは
修理すれば使用できる場合は、ご希望により有料にて修理させていただきます。
修理料金の仕組み
技術料:
部品代:
その他:
故障した製品を正常に修復するための料金です。
測定機等の設備費、技術者の人件費、技術教育費が含まれています。
修理に使用した部品代金です。
その他修理に付帯する部材等を含む場合もあります。
製品を送るために必要な送料 / 梱包料などがあります。
修理の際ご連絡いただきたい内容
型名:USB オーディオ D/A コンバーター UD-301
シリアルナンバー:
お買い上げ日:
販売店名:
お客様のご連絡先
故障の状況 ( できるだけ詳しく )
■廃棄するときは
本機を廃棄する場合に必要になる収集費などの費用は、お客様のご負担になります。
分解・改造禁止
この機器は絶対に分解・改造しないでください。
この機器に対して、当社指定のサービス機関以外による修理や改造が行われた場合は、保証期間
内であっても保証対象外となります。
当社指定のサービス機関以外による修理や改造によってこの機器が故障または損傷したり、人的・
物的損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。
15
保証書
品
名 USBオーディオD/Aコンバーター
型
機
名
番
UD-301
および
保証期間
1 年
本 体
お買上げ日
年 月 日
お
名
前
住
所
所在地・名称 ( 印 )
販
売
店
お 客 様ご
この保証書は、本書記載内容で無料修理を行う
ことをお約束するものです。お買上げの日から
左記期間中に故障が発生した場合は、本書をご
提示の上、取扱説明書に記載のティアック修理
センターまたはお買上げの販売店に修理をご依
頼ください。
電話 ( )
電話 ( )
無料修理規定
1.取扱説明書、本体貼付ラベルなどの注意書に
従った正常な使用状態で保証期間内に故障が
発生した場合には、ティアック修理センター
が無料修理いたします。
2.保証期間内に故障して無料修理を受ける場合
は、本書をご提示の上、ティアック修理セン
ターまたはお買い上げの販売店に修理をご依
頼ください。商品を送付していただく場合の
送付方法については、事前にティアック修理
センターにお問い合わせください。
3.ご転居、ご贈答品等でお買い上げの販売店に
修理をご依頼になれない場合は、ティアック
修理センターにご連絡ください。
4.次の場合には保証期間内でも有料修理となり
ます。
(1)ご使用上の誤りおよび不当な修理や改造
による故障および損傷
(2)お買上げ後の輸送・移動・落下などによ
る故障および損傷
(3)火災、地震、水害、落雷、その他の天災
地変、公害や異常電圧による故障および
損傷
(4)接続している他の機器に起因する故障お
よび損傷
(5)業務用の長時間使用など、特に苛酷な条
件下において使用された場合の故障およ
び損傷
(6)メンテナンス
(7)本書の提示がない場合
(8)本書にお買上げ年月日、お客様名、販売
店名 ( 印 ) の記入のない場合、あるいは
字句を書き替えられた場合
5.本書は日本国内においてのみ有効です。
This warranty is valid only in Japan.
6.本書は再発行いたしませんので、紛失しないよ
う大切に保管してください。
修理メモ
※この保証書は、本書に明示した期間・条件の
もとにおいて無料修理をお約束するもので
す。この保証書によって保証書を発行してい
るもの(保証責任者)、及びそれ以外の事業者
に対するお客様の法律上の権利を制限するも
のではありません。保証期間経過後の修理な
どについてご不明の場合は、ティアック修理
センターにお問い合わせください。
※保証期間経過後の修理、補修用性能部品の保
有期間についての詳細は、取扱説明書をご覧
ください。
ティアック株式会社 〒206-8530 東京都多摩市落合1-47
この製品のお取り扱い等についてのお問い合わせは
AVお客様相談室までご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊社休
業日を除く9:30〜12:00/13:00〜17:00です。
AVお客様相談室
0570-000-701
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用
いただけます。
〒206-8530 東京都多摩市落合1-47
電話:042-356-9235 / FAX:042-356-9242
oo ナビダイヤルは全国どこからお掛けになっても
市内通話料金でご利用いただけます。PHS・IP
電話などからはナビダイヤルをご利用いただけ
ませんので、通常の電話番号にお掛けください。
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
ティアック修理センターまでご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、日・祝日・弊社休業
日を除く9:30〜17:00です。
ティアック修理センター
0570-000-501
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用
いただけます。
〒358-0026 埼玉県入間市小谷田858
電話:04-2901-1033 / FAX:04-2901-1036
oo 新電電各社をお使いの場合はナビダイヤルをご
利用いただけないことがあります。その場合は
ご契約されている新電電各社へお問い合わせい
ただくか、通常の電話番号にお掛けください。
oo 住所や電話番号は、予告なく変更する場合があり
ます。あらかじめご了承ください。
0214.MA-2024A
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement