SFDN BATCH 取扱説明書 対応 Ver1.11 (株)エム - M

SFDN BATCH 取扱説明書 対応 Ver1.11 (株)エム - M
SFDN BATCH 取扱説明書
対応 Ver1.11
(株)エム・システム技研
(株)エム・システム技研
NM−6470−MH 改4
SFDN‑BATCH 取扱説明書
目 次
1. はじめに................................
はじめに ......................................................
......................................................1
...................... 1
1.1. 本書について
本書について................................
.....................................................
..................................................... 1
1.2. 対応バージョンについて ...........................................
........................................... 1
1.3. ご使用前の注意事項(必ずお読み下さい)
ご使用前の注意事項(必ずお読み下さい) ........................... 1
1.3.1. ダウンロード機能使用時の注意点
ダウンロード機能使用時の注意点................................
......................................
...................................... 1
1.3.2. プロジェクトのバックアップ/リストア時の注意点 ...................... 1
1.3.3. プロジェクト名について .............................................
............................................. 1
1.4. BATCH の特長 .....................................................
..................................................... 2
1.4.1. レポート機能 .......................................................
....................................................... 2
1.4.2. レシピ機能 .........................................................
......................................................... 2
2. BATCH の概要 ..................................................
..................................................3
.................. 3
2.1.
2.2.
2.3.
2.4.
2.5.
2.6.
2.7.
2.8.
動作環境 ........................................................
........................................................ 3
レポート機能の一覧 ...............................................
............................................... 4
レシピ機能の一覧 .................................................
................................................. 5
レポート機能の仕様 ...............................................
............................................... 6
レシピ機能の仕様 .................................................
................................................. 7
レポート機能基本動作 .............................................
............................................. 8
レシピ機能基本動作 ...............................................
............................................... 9
レポート機能の使い方 ............................................
............................................ 10
2.8.1.
2.8.2.
2.8.3.
2.8.4.
レポートタグの登録 ................................................
................................................
レポート取得定義 ..................................................
..................................................
グループ定義 ......................................................
......................................................
運転指令とデータ取得 ..............................................
..............................................
10
10
11
11
2.9.1.
2.9.2.
2.9.3.
2.9.4.
2.9.5.
2.9.6.
レポートタグの登録 ................................................
................................................
ITEM 定義 .........................................................
.........................................................
レシピ定義 ........................................................
........................................................
ダウンロード定義 ..................................................
..................................................
運転指令 ..........................................................
..........................................................
ダウンロード操作 ..................................................
..................................................
12
12
13
13
14
14
2.9. レシピ機能の使い方 ..............................................
.............................................. 12
3. インストールと削除 ...........................................
........................................... 15
3.1. BATCH のインストール ............................................
............................................ 15
3.2. BATCH の削除 ....................................................
.................................................... 16
4. メインウィンドウ .............................................
............................................. 17
4.1.
4.2.
4.3.
4.4.
レポートタブでの操作 ............................................
............................................ 17
レシピタブでの操作 ..............................................
.............................................. 18
キー操作 .......................................................
....................................................... 18
メニュー .......................................................
....................................................... 19
5. レポートウィンドウ ...........................................
........................................... 20
5.1. レポート取得定義ウィンドウ ......................................
...................................... 20
5.2. レポートグループ定義ウィンドウ ..................................
.................................. 22
5.2.1.
5.2.2.
5.2.3.
5.2.4.
取得開始設定 ......................................................
......................................................
取得終了 ..........................................................
..........................................................
レポート出力トリガ ................................................
................................................
レポート出力設定 ..................................................
..................................................
24
26
28
30
5.3. レポート運転指令 ................................................
................................................ 32
5.4. レポートの Excel ファイル ........................................
........................................ 34
5.5. ディレクトリ選択ウィンドウ ......................................
...................................... 36
6. レシピウィンドウ .............................................
............................................. 37
6.1. レシピ ITEM 定義ウィンドウ .......................................
....................................... 37
6.2. レシピデータ登録ウィンドウ ......................................
...................................... 41
6.3. レシピダウンロード定義ウィンドウ ................................ 43
6.3.1. ダウンロード[手動―参照]の動き
ダウンロード[手動―参照]の動き................................
[手動―参照]の動き ...................................
................................... 45
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.3.2. ダウンロード
ダウンロード[手動
[手動―ダウンロード]の動き
[手動―ダウンロード]の動き ........................... 45
6.3.3. ダウンロード[自動−単動]の動き
ダウンロード[自動−単動]の動き................................
[自動−単動]の動き ...................................
................................... 46
6.3.4. ダウンロード[自動−予約テーブル]の動き
ダウンロード[自動−予約テーブル]の動き ........................... 46
6.4. レシピダウンロード運転操作ウィンドウ ............................ 47
6.5. レシピの Excel ファイル ..........................................
.......................................... 49
6.6. 予約テーブル選択ウィンドウ ......................................
...................................... 51
6.6.1. 予約テーブル選択
予約テーブル選択・作成
・作成 ............................................
............................................ 51
............................................
............ 52
6.6.2. 予約銘柄追加ウィンドウ ................................
7. 共通ウィンドウ ...............................................
............................................... 54
7.1. TAG 選択ウィンドウ ..............................................
.............................................. 54
7.2. ファイル選択ウィンドウ ..........................................
.......................................... 55
7.3. 印刷指示ウィンドウ ..............................................
.............................................. 56
7.3.1. レポート定義印刷指示ウィンドウ
レポート定義印刷指示ウィンドウ................................
.....................................
..................................... 56
7.3.2. レシピ定義印刷指示ウィンドウ ......................................
...................................... 56
7.4. 環境設定ウィンドウ ..............................................
.............................................. 58
7.4.1. プロジェクト環境 ..................................................
.................................................. 58
7.4.2. システム環境 ......................................................
...................................................... 61
8. 印刷フォーマット .............................................
............................................. 63
8.1. レポート定義印刷イメージ ........................................
........................................ 63
8.1.1. 表紙 ..............................................................
.............................................................. 63
..............................................................
.............................. 63
8.1.2. 目次 ................................
8.1.3. グループ部 ITEM 定義 ...............................................
............................................... 64
8.2. レシピ定義印刷イメージ ..........................................
.......................................... 65
8.2.1.
8.2.2.
8.2.3.
8.2.4.
表紙 ..............................................................
..............................................................
目次 ..............................................................
..............................................................
ITEM 定義 .........................................................
.........................................................
レシピデータ(1/x)
レシピデータ(1/x) ............................................
............................................
65
65
66
67
9. 出力メッセージ ...............................................
............................................... 68
9.1.
9.2.
9.3.
9.4.
9.5.
9.6.
9.7.
9.8.
実行中のメッセージ(レシピ)
実行中のメッセージ(レシピ) ....................................
.................................... 68
実行中のメッセージ(レポート)
実行中のメッセージ(レポート) ..................................
.................................. 68
運転開始エラー(レポート)
運転開始エラー(レポート) ......................................
...................................... 68
運転指定(レシピ)
運転指定(レシピ) ..............................................
.............................................. 69
レシピ ITEM 定義................................
定義 .................................................
................................................. 69
エラー番号とその内容 ............................................
............................................ 69
“サーバー使用中 のメッセージについて ........................... 71
起動中に発生するのエラーメッセージについて ...................... 71
10. Excel について ..............................................
.............................................. 72
10.1.
10.2.
10.3.
10.4.
10.5.
Excel 起動 .....................................................
..................................................... 72
Excel の終了について ...........................................
........................................... 72
範囲指定方法 ..................................................
.................................................. 72
ファイル名の制限................................
ファイル名の制限 ...............................................
............................................... 72
ワークシートの制限................................
ワークシートの制限 .............................................
............................................. 72
10.5.1. ワークシート枚数の制限 ...........................................
........................................... 72
10.5.2. 取り扱いの制限 ...................................................
................................................... 72
10.6. Windows2000にて使用時の注意 ......................... 72
11. ダウンロードできない場合の対処例 ............................
............................ 73
11.1.
11.2.
11.3.
11.4.
ダウンロードできない場合の対処例(その1)
ダウンロードできない場合の対処例(その1)
ダウンロードできない場合の対処例(その2)
ダウンロードできない場合の対処例(その2)
ダウンロードできない場合の対処例(その3)
ダウンロードできない場合の対処例(その3)
ダウンロードできない場合の対処例(その4)
ダウンロードできない場合の対処例(その4)
..................... 73
..................... 73
..................... 73
..................... 73
Microsoft、
Microsoft、Microsoft Excel、
Excel、Windows は、米国 Microsoft 社の登録商標です。本文中
では、TM
TM などのマークは明記していません。
では、
SFDN‑BATCH 取扱説明書
1. はじめに
1.1. 本書について
本書は、監視 操作用ソフトウェア(形式
操作用ソフトウェア(形式:
(形式:SFDN)の
SFDN)の BATCH 機能について説明して
います。
1.2. 対応バージョンについて
本書に対応する BATCH のバージョンは1.01です。
1.3. ご使用前の注意事項(必ずお読み下さい)
ご使用前の注意事項(必ずお読み下さい)
BATCH 機能は、下記の点を十分考慮の上ご使用下さい。
1.3.1. ダウンロード機能使用時の注意点
ダウンロードは ITEM 指定の設定を間違えると、思わぬ機器や ITEM にダウンロー
ドしてしまう可能性がありますので、十分注意してご使用下さい。
また、絶対に レシピ機能の仕様 → ダウンロード ITEM の項に表記している
ITEM 以外にはダウンロードしないで下さい。不具合の原因になります。
1.3.2. プロジェクトのバックアップ/リストア時の注意点
1.3.2.1. バックアップ/リストアについて
SFDBLD でバックアップやリストアの操作を行う場合は、必ず SFDRUN が完全に終
了した状態で行って下さい。SFDRUN
SFDRUN が起動していると、バックアップ/リストア
了した状態で行って下さい。
は正常に行われません。
1.3.2.2. バックアップ/リストア後の注意点について
SFDN のプロジェクトをバックアップ/リストアすると下記の設定内容が変わり
ますので、バックアップ/リストア後は再設定して下さい。
●レポートの「グループ定義」−
●レポートの「グループ定義」− データ取得先ファイル名
●レポートの「グループ定義」−
●レポートの「グループ定義」− レポート出力設定 − ファイル出力ディ
レクトリ
●レシピの「ダウンロード操作」−
●レシピの「ダウンロード操作」− 展開先ファイル名
1.3.3. プロジェクト名について
Excel ファイル名に空白を使用すると、BATCH
ファイル名に空白を使用すると、BATCH でデータ取得およびダウンロード
ができなくなります。Excel
ができなくなります。Excel ファイル名には空白を使用しないで下さい。
また、プロジェクト名に空白があると、BATCH
また、プロジェクト名に空白があると、BATCH が自動生成する Excel ファイルの
ファイル名にも空白が入りますので、プロジェクト名にも空白を使用しないで下
さい。
1
SFDN‑BATCH 取扱説明書
1.4. BATCH の特長
BATCH は、SFDRUN
は、SFDRUN と Microsoft 社製の表計算ソフト「
社製の表計算ソフト「Microsoft Excel」間でデー
Excel」間でデー
タ交換をおこなうためのインターフェイス機能を、主に提供するソフトウェアです。
Excel を使用することにより、レポートの作成やレシピ機能の自由度が大幅に向上
します。
1.4.1. レポート機能
SFDN で取り扱うプロセスデータを、Excel
で取り扱うプロセスデータを、Excel のワークシート上に直接展開すること
ができます。データはパソコン内のクロックにより、指定した時刻や任意の周期
で取得することができます。また、接点 TAG のステータス信号や Excel の画面操
作により、任意のタイミングでデータ取得を行うことも可能です。バッチプロセ
スやテストプラントなど、不規則なタイミングでデータ収集が必要なシステムに
も柔軟に対応します。また、BATCH
も柔軟に対応します。また、BATCH には Excel 上の指定範囲を、任意のタイミン
グで自動印字するレポート出力機能も用意されています。
1.4.2. レシピ機能
下位計器に対するパラメータのダウンロード機能です。あらかじめ設定したパラ
メータ群を銘柄(レシピ)データとして登録し、任意のタイミングにより一括で
メータ群を銘柄(レシピ)データとして登録し、任意のタイミングにより一括で
ダウンロードできます。
銘柄データの指定やダウンロード操作、ならびに銘柄データの確認や修正は Excel
上から可能であり、操作・監視の画面設計も自由に行えます。また、複数の銘柄
上から可能であり、操作・監視の画面設計も自由に行えます。また、複数の銘柄
をスケジュールに従って自動的にダウンロードする予約運転にも対応しています
ので、多品種少量生産のバッチプロセスや、生産量を要求に応じて変更する連続
プロセスの自動化の際に威力を発揮します。
BATCH の動作概要
SFDN
BATCH
Excel
RUN
I/O
MsysNet 機器
①
②
③
データ取得開始、終了、レポートダウンロードトリガ
取得データ
ダウンロード
2
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2. BATCH の概要
2.1. 動作環境
SFDN BATCH の動作には、以下の環境が必要です。
項目
対象 PC
OS
CPU
メモリ
HDD 容量
入力装置
ディスプレイ解像度
表示色
表計算ソフト
日本語入力システム
プリンタ
プリンタバッファ
環境
下記性能と同等以上のDOS/V機
WindowsNT4.0+ServicePack4(日本語版)または、
WindowsNT4.0+ServicePack4(日本語版)または、
Windows2000+ServicePack3(日本語版)
Windows2000+ServicePack3(日本語版)
MMX−Pentium 166MHz
64MB
2GB
マウスおよびキーボード
640×480ドット以上
256色以上
Excel97/2000
OS付属のもの(日本語版のみ)
OS付属のもの(日本語版のみ)
WindowsNT/2000対応プリンタ
推奨プリンタはお問い合わせ下さい。
8MB以上(ローカルプリンタに接続する場合は必ず
8MB以上(ローカルプリンタに接続する場合は必ず
ご準備下さい)
3
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.2. レポート機能の一覧
機能
データ取得 TAG
データ取得トリガ(外部)
データ取得トリガ(外部)
データ取得トリガ(内部)
データ取得トリガ(内部)
タイムスタンプ
レポート出力
ファイル出力
プログラム指令
操作指令画面
起動時運転開始機能
エラーチェック
環境設定の自動化
セルフドキュメント
説明
SFDN で登録済みの TAG です。TAG
です。TAG リストから選択す
るだけで、データ取得を行う TAG を登録できます。
接点 TAG のステータス信号により、データ取得を行
います。
パソコン内のクロックを使用し、指定時刻にデータ
取得を行います。また、繰り返し周期を設定すれば、
定周期でのデータ取得が可能です。取得の終了は、
取得時と同様に外部または内部トリガにより行いま
す。Excel
す。Excel からの指令により、任意にデータ取得を
行うことも可能です。
データの取得時刻、取得終了時刻、レポート出力時
刻を、データと同様に Excel のセル上へ展開します。
Excel の任意の範囲を自動的に印字します。印字す
るタイミングは、外部または内部トリガにより設定
します。
取得データを、直接テキストファイル(
取得データを、直接テキストファイル(CSV 形式:
形式:
カンマ区切りファイル)で出力します。Excel
カンマ区切りファイル)で出力します。Excel ファ
イルには出力しません。
Excel のマクロを起動します。取得したデータの処
理やワークシートの保存、複雑な帳票出力なども、
マクロとして登録することにより自動化できます。
各グループの運転・停止操作と運転状況ならびにエ
各グループの運転・停止操作と運転状況ならびにエ
ラー内容が確認できます。
SFDN の起動と同時に運転を開始することができま
す。
運転に必要な設定項目をチェックし、問題があれば
メッセージでその内容を表示します。運転が正常に
行われない場合でも、エラーチェック表示を確認す
ることによりその対応方法が分かります。
プロセスデータを展開する Excel ファイルを自動生
成し、取得データやタイムスタンプの出力範囲など
BATCH 側で必要な初期設定がほとんど自動的に行わ
れます。また、同時に Excel から任意にデータ取得
するためのマクロも環境に応じて生成されますの
で、ユーザーは SFDRUN とのインターフェイス部分
を気にせずに、Excel
を気にせずに、Excel 側のデータ処理や画面の構築
に専念できます。
レポート機能の設定内容を印刷します
4
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.3. レシピ機能の一覧
機能
ダウンロード ITEM の登録
銘柄(レシ
銘柄(レシピ)の登録
(レシピ)の登録
ダウンロード(手動運転)
ダウンロード(手動運転)
ダウンロード(自動運転)
ダウンロード(自動運転)
レンジ変換機能
データ制限機能
パラメータの確認、修正
操作指令画面
起動時運転開始機能
エラーチェック
環境設定の自動化
セルフドキュメント
説明
ダウンロードしたい ITEM や TAG を事前に登録しま
す。これにより、ダウンロード先を毎回設定する必
要がありません。
ダウンロードする銘柄を事前に登録しておくことが
できます。BATCH
できます。BATCH 側で銘柄データを保管することで、
Excel 側での処理工数が軽減されます。登録できる
銘柄の数には制限がありません。
Excel 上に展開されたパラメータを、任意のタイミ
ングでダウンロードできます。
接点 TAG のステータス信号をトリガとして、Excel
のステータス信号をトリガとして、Excel
上のパラメータをダウンロードします。また、登録
済み銘柄の中から複数の銘柄を選択し、スケジュー
ル通りにダウンロードする予約運転にも対応してい
ます。
事前にレンジ変換値を指定すれば、Excel
事前にレンジ変換値を指定すれば、Excel から入力
されたパラメータをダウンロード先のレンジに自動
的に変換してダウンロードすることが可能です。
パラメータの上限値または下限値を指定すれば、ダ
ウンロード前にパラメータのチェックを行い、制限
値からはずれているパラメータがあればダウンロー
ドを停止し、オペレーションミスを事前に防ぐこと
ができます。
パラメータは Excel 上に一旦展開されますので、ダ
ウンロード前に確認し、運転状況に応じてパラメー
タを修正した後、ダウンロードすることが可能で
す。
各グループの運転・停止操作と運転状況ならびにエ
各グループの運転・停止操作と運転状況ならびにエ
ラー内容が確認できます。
SFDN の起動と同時に運転を開始することができま
す。
運転に必要な設定項目をチェックし、問題があれば
メッセージでその内容を表示します。運転が正常に
行われない場合でも、エラーチェック表示を確認す
ることによりその対応方法が分かります。
レシピ機能で使用する Excel ファイルを自動生成
し、ダウンロードパラメータの入力範囲など、BATCH
し、ダウンロードパラメータの入力範囲など、BATCH
側で必要な初期設定が自動的に行われます。また、
同時に Excel から任意にダウンロードするためのマ
クロも環境に応じて生成されますので、ユーザー
は、SFDRUN
は、SFDRUN とのインターフェイス部分を気にせず
に、Excel
に、Excel 側でのデータ処理や画面構築に専念でき
ます。
レシピ機能の設定内容を印刷します
5
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.4. レポート機能の仕様
項目
取得 TAG 数
データタイプ
データ取得
データ取得終了
レポート出力
外部トリガ
内部トリガ
タイムスタンプ
操作指令
SFDN 起動時運転
仕様
32TAG/グループ
32TAG/グループ × 64 グループ = 最大 2048TAG
瞬時値・合計値
瞬時値・合計値・最大値
・合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値
・最小値・平均値
(合計値・最大
(合計値・最大値
・最大値・最小値・平均値は、
・最小値・平均値は、SFDRUN
・平均値は、SFDRUN 側で毎分正
時にサンプリングした過去1時間、60個分のデータを演
算した値になります。例えば、
算した値になります。 例えば、AM8:00:30
例えば、 AM8:00:30 にデータ収集し
た場合は、AM7:01
た場合は、AM7:01〜
AM7:01〜AM8:00 の間にサンプリングしたデータ
の合計値・最大値
の合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値になります。
・最小値・平均値になります。なお、SFDRUN
起動後1時間未満のデータは、不定です。)
外部、内部トリガによりデータを取得
繰り返し周期によるデータ取得を行った場合に、外部、内
部トリガによりデータの取得を終了
外部、内部トリガにより出力
●自動印刷:
●自動印刷:Excel ワークシート上の指定範囲を印字出力
(1範囲のみ)
●プログラム:
●プログラム:Excel のマクロを起動
●ファイル出力:レポート出力トリガによりデータを取得
●ファイル出力:レポート出力トリガによりデータを取得
し、直接 CSV ファイルに出力(
ファイルに出力(Excel に
は出力されません)。
接点 TAG のステータス信号
下記のうち、いずれかをトリガとして使用
(時刻はいずれもパソコン内のクロックを使用)
1.指定時刻(1日に1回)
1.指定時刻(1日に1回)
2.指定時刻からの繰り返し周期:5秒〜24時間
2.指定時刻からの繰り返し周期:5秒〜24時間
(データ取得時に使用可、レポート出力には繰り返し周期
は使用できません)
3.Excel
3.Excel からのマクロ指令
データ取得時、データ取得終了時、レポート出力時の時間
を Excel の指定範囲に出力可能
グループ単位での運転・停止指令が可能
グループ単位での運転・停止指令が可能
SFDN 起動と同時に運転を開始することが可能
6
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.5. レシピ機能の仕様
項目
ダウンロード可能な機器
ダウンロード可能な ITEM
ダウンロード ITEM 数
ダウンロードパラメータ
銘柄(レシピ)登録
銘柄(レシピ)登録
運転モード
レンジ変換
データ制限
操作指令
SFDN 起動時運転
仕様
OPU またはパソコンと MsysNet で直接 接続される機器(但
し、NestBus
し、NestBus 内に接続された OPU またはパソコンから、他
のステーションに接続された機器に対してのダウンロード
はできません。また、電話回線、専用回線経由で接続され
ている機器に対してのダウンロードもできません。)
Gr02〜
Gr02〜Gr
02〜Gr98に登録できる各計器ブロックの
Gr98に登録できる各計器ブロックの ITEM。
ITEM。
但し、ITEM
但し、ITEM10とシーケンサブロックの全
ITEM10とシーケンサブロックの全 ITEM は除きま
す。また、上記以外の ITEM にはダウンロードしないで下
さい。
64 ITEM / グループ × 8 グループ = 最大 512 ITEM
ダウンロード ITEM の指定:
の指定:TAGNo.による指定もしくは計
TAGNo.による指定もしくは計
器ブロックの ITEM̲No.を直接指定
ITEM̲No.を直接指定
ダウンロードパラメータは、数値のみ。文字や数値の前に
0のつくパラメータなどは、基本的にダウンロードできま
せん。
登録数の制限無し
●手動運転
銘柄参照:
銘柄参照:Excel の画面上から銘柄名を指定し、ダウン
ロードするパラメータを Excel 上に展開しま
す。
ダウンロード:
ダウンロード:Excel 上に展開されたパラメータを、任
意のタイミングでダウンロードします。
●自動運転(単動)
●自動運転(単動)
ダウンロード:事前に
ダウンロード:事前に Excel にパラメータを展開してお
き、接点 TAG のステータス信号をトリガとし
てダウンロードします。
●自動運転(予約)
●自動運転(予約)
銘柄参照/ダウンロード:ダウンロードする複数の銘柄
銘柄参照/ダウンロード:ダウンロードする複数の銘柄
と接点 TAG トリガを事前に予約テーブルとし
て登録し、そのスケジュール通りにダウンロ
ードします。
パラメータをレンジ変換し、ダウンロードします。レンジ
変換値を設定しなければ、そのままの値をダウンロードし
ます。
上限値、下限値を設定し、範囲外のデータがあればダウン
ロードを停止します。
グループ単位での運転・停止指令が可能
グループ単位での運転・停止指令が可能
SFDN 起動と同時に運転を開始することが可能
7
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.6. レポート機能基本動作
定義データ
群
1
2
DLL
バッチ報
4
5
Excel
ワークシート
3
SFDRUN
①
②
③
④
レポート取得定義データを定義ファイルから取得
レポート取得定義変更などを、各定義ファイルに書き込む。
SFDN の値を取得する。
DLL を介し SFDN のデータを得る。このとき、BATCH
のデータを得る。このとき、BATCH では1SEC
では1SEC 毎にトリガ
のスキャンを行い、データ取得トリガを監視する。
⑤ 取得したデータを指定された Microsoft Excel ワークシートに書き込む。
8
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.7. レシピ機能基本動作
定義データ
群
2
3
DLL
1
バッチ報
6
4
Excel
ワークシート
5
7
SFDRUN
① レシピ定義データを定義ファイルから取得
② レシピ定義変更などを、各定義ファイルに書き込む。
③ SFDN の TAG 変化。このとき、BATCH
変化。このとき、BATCH では1SEC
では1SEC 毎にトリガのスキャンを行
い、ダウンロードトリガを監視する。
④ レシピデータを参照。レシピデータを Excel ワークシートに出力する。
⑤ ダウンロードデータの取得。レシピデータをワークシートから取得する。
⑥,⑦ DLL を介し、SFDN
を介し、SFDN へデータを書き込む。
9
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.8. レポート機能の使い方
レポート機能の一般的な使い方を説明します。詳細は、後述のレポートウィンドウ
の項目をご参照下さい。BATCH
の項目をご参照下さい。BATCH 画面へは、SFDRUN
画面へは、SFDRUN から[
から[表示]
表示]−[バッチ画面に切替
(CTRL+B)
CTRL+B)]を選択し切り替えます。レポート画面は、レポートタブ または F10 キ
ー で表示します。[
で表示します。[バッチ画面に切替]
バッチ画面に切替]コマンドが表示されない場合は、SFDBLD
コマンドが表示されない場合は、SFDBLD の
プロジェクト選択画面で バッチ起動 にチェックを入れて下さい。
2.8.1. レポートタグの登録
BATCH で取り扱うタグは、すべて SFDBLD で登録されるレポートタグです。
必要なタグは、SFDBLD
SFDBLD でレポートタグとして登録して下さい。
必要なタグは、
2.8.2. レポート取得定義
合計値・最大値
合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値は、毎分正時にサンプリングした過去1時間
・最小値・平均値は、毎分正時にサンプリングした過去1時間(6
・平均値は、毎分正時にサンプリングした過去1時間(6
0個)分のデータから演算した値です。例えば AM8:00:30 にデータ収集した場合
は、AM7:01
は、AM7:01〜
AM7:01〜AM8:00 の合計値・最大値
の合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値になります。
・最小値・平均値になります。
10
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.8.3. グループ定義
2.8.4. 運転指令とデータ取得
11
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.9. レシピ機能の使い方
レシピ機能の一般的な使い方を説明します。詳細は、後述の項目を参照下さい。BATCH
画面へは、SFDRUN
画面へは、SFDRUN から[
から[表示]
表示]−[バッチ画面に切替(
バッチ画面に切替(CTRL+B)
CTRL+B)]を選択し切り替えま
す。レシピ画面は、レシピタブ または F10 キー で表示します。[
で表示します。[バッチ画面に切
替]コマンドが表示されない場合は、SFDBLD
コマンドが表示されない場合は、SFDBLD のプロジェクト選択画面で バッチ起
動 にチェックを入れて下さい。
2.9.1. レポートタグの登録
BATCH で取り扱うタグは、すべて SFDBLD で登録されるレポートタグです。
必要なタグは、SFDBLD
SFDBLD でレポートタグとして登録して下さい。
必要なタグは、
2.9.2. ITEM 定義
12
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.9.3. レシピ定義
2.9.4. ダウンロード定義
13
SFDN‑BATCH 取扱説明書
2.9.5. 運転指令
2.9.6. ダウンロード操作
14
SFDN‑BATCH 取扱説明書
3. インストールと削除
3.1. BATCH のインストール
BATCH をインストール用 CD‑R から、以下の手順でインストールして下さい。
① 既に SFDN BATCH がインストールされている場合は、次の BATCH の削除
を参照し、「アプリケーションの削除」を実行して下さい。
② SFDN の CD‑R を CD‑ROM ドライブに挿入します。
③ SFDN インストールプログラムが自動起動されますので、[バッチ処理]ボタ
ンをクリックして下さい。
フロッピィからインストールする場合は、CD‑R
フロッピィからインストールする場合は、CD‑R の Batch フォルダ内にある
Disk n フォルダの中身をフロッピィにコピーします。
Disk1 を挿入し、Setup.exe
を挿入し、Setup.exe を実行します。
④ SFDN BATCH インストーラが以下のように起動しますので、画面のメッセー
ジに従ってインストールを進めて下さい。
⑤ インストールが完了すると、SFDRUN
インストールが完了すると、SFDRUN からの起動が可能になります。
15
SFDN‑BATCH 取扱説明書
3.2. BATCH の削除
SFDN BATCH をインストール先のパソコンから削除するには、Windows
をインストール先のパソコンから削除するには、Windows コントロール
パネルの「アプリケーションの追加と削除」を使用します。
パネルの「アプリケーションの追加と削除」を使用します。
① Windows コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を起動し
コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を起動し
ます。起動すると、次のダイアログボックスが開きます。
② SFDN BATCH を選択して、「追加と削除」ボタンをクリックします。
画面メッセージに従って、削除を進めて下さい。
16
SFDN‑BATCH 取扱説明書
4. メインウィンドウ
BATCH 画面へは、SFDRUN
画面へは、SFDRUN から[
から[表示]
表示]−[バッチ画面に切替(
バッチ画面に切替(CTRL+B)
CTRL+B)]を選択し切り替
えます。通常 バッチ切り替え時は、前回表示した画面が現れます。
レポート(F10)
シピ(F10)
ポート(F10) 、 レシピ(F10)
BATCH レポート画面←→レシピ画面を切り替えます。
終了
(F12)
BATCH 画面を非表示にします。同時に Excel ウィンドウも非表示になり、BATCH
ウィンドウも非表示になり、BATCH、
BATCH、
Excel ともバックグラウンドで動作し続けます。
4.1. レポートタブでの操作
レポートタブをクリックまたは F10 キーを押してタブを切り替えると、レポート報
設定ウィンドウを表示するためのボタンを表示します。
取得定義
(F2)
レポート取得定義ウィンドウを表示します。
( レポート取得定義ウィンドウ 参照)
グループ定義
(F3)
レポートグループ定義ウィンドウを表示します。
( レポートグループ定義ウィンドウ 参照)
操作指令
(F5)
レポートの運転操作ウィンドウを表示します。
( レポート運転ウィンドウ 参照)
17
SFDN‑BATCH 取扱説明書
EXCEL 表示
(F6)
Excel ファイルを表示します。
定義印刷
(F7)
定義印刷指示ウィンドウを表示します。
( 定義印刷指示ウィンドウ 参照)
環境設定
(F8)
環境設定を表示します。
( 環境設定ウィンドウ 参照)
4.2. レシピタブでの操作
レシピをクリックまたはF10キーでタブを切り替えると、レシピ設定ウィンドウ
を表示するためのボタンを表示します。
ITEM 定義
(F2)
レシピ ITEM 定義ウィンドウを表示します。
( レシピ ITEM 定義ウィンドウ 参照)
レシピ定義
(F3)
レシピデータ登録ウィンドウを表示します。
( レシピデータ登録ウィンドウ 参照)
ダウンロード定義
(F4)
レシピデータダウンロード定義ウィンドウを表示します。
( レシピダウンロード定義ウィンドウ 参照)
操作指令
(F5)
レシピダウンロード運転操作ウィンドウを表示します。
( レシピダウンロード運転操作ウィンドウ 参照)
EXCEL 表示
(F6)
Excel ファイルを表示します。
定義印刷
(F7)
定義印刷指示ウィンドウを表示します。
( 定義印刷指示ウィンドウ 参照)
環境設定
(F8)
環境設定を表示します。
( 環境設定ウィンドウ 参照)
4.3. キー操作
F9 キー
画面の拡大(メニューボタン無し)
(メニューボタン無し)、縮小(メニューボタンあり)を切り替え
画面の拡大
、縮小(メニューボタンあり)を切り替え
ます。
その他ファンクションキー
の他ファンクション キー
ボタン名称脇に表示されているファンクションボタンを押すと、そのボタンを
マウスでクリックした動作を行います。
TAB キー、S
キー、 SHIFT+TAB キー
入力フィールドを移動します。
18
SFDN‑BATCH 取扱説明書
4.4. メニュー
[ファイル]
ファイル]メニュー
プリンタの設定
プリンタドライバの設定を行います。
終了
BATCH 画面および Excel を非表示にします。
[ヘルプ]
ヘルプ]
バージョン情報
バージョン情報を表示します。
19
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5. レポートウィンドウ
5.1. レポート取得定義ウィンドウ
レポートの取得定義を行います。グループ単位で32点の ITEM の取得設定が可能
です。
Gr.No.
グループ番号を指定します。1〜64です。
ここで入力されたグループにデータを切り替えます。
名称
グループの名称を入力して下さい。全角で32文字の入力が可能です。
TAG.No
TAG.No セルにカーソルがあるときセル右の▼
セルにカーソルがあるときセル右の ▼ ボタンをクリックすると、TAG.No
一覧が表示され TAG.No の選択ができます。ここで、TAG.No
の選択ができます。ここで、TAG.No の入力も可能です。
存在しない TAG.No を入力すると赤で表示されます。
定義済みの TAG が消去されていたり、存在しない TAG を指定すると、TAG
を指定すると、TAG 名
がエラーとなり赤で表示されます。
20
SFDN‑BATCH 取扱説明書
データタイプ
データタイプセルにカーソルがあると、データタイプリスト選択ができます。
ここで、セル右の▼
ここで、セル右の ▼ ボタンをクリックすると、データタイプ一覧が表示され
ます。選択可能なデータタイプは次の種類です。
瞬時値
合計値
最大値
最小値
平均値
合計値・最大値
合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値は、
・最小値・平均値は、SFDRUN
・平均値は、SFDRUN 側で毎分正時にサンプリングし
た過去1時間、60個分のデータを演算した値になります。例えば、
た過去1時間、60個分のデータを演算した値になります。例えば、AM8:00:30
例えば、AM8:00:30
にデータ収集した場合は、AM7:01
にデータ収集した場合は、AM7:01〜
AM7:01〜AM8:00 の間にサンプリングしたデータの
合計値・最大値
合計値・最大値・最小値
・最大値・最小値・平均値になります。なお、
・最小値・平均値になります。なお、SFDRUN
・平均値になります。なお、SFDRUN 起動後1時間未
満のデータは不定です。
取り消し
設定データを破棄し、設定前の状態に戻ります。
確定
設定データを定義ファイルに保存します。確定前の状態へは戻せません。
21
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.2. レポートグループ定義ウィンドウ
グループごとのレポート作成定義を行います。
Gr.No.
グループ番号を指定します。1〜64です。ここで入力されたグループにデー
タを切り替えます。
名称
グループの名称を入力して下さい。全角で32文字の入力が可能です。
ファイル名
データ取得先のファイル名を入力して下さい。ここで指定されているファイル
が存在しない場合、フィールドが濃赤で表示されます。入力フィールド横の
参照 ボタンを選択するとファイル選択ウィンドウが現れ、ファイルの選択が
可能です。( ファイル選択ウィンドウ 参照)
Excel ファイルが指定したディレクトリに存在するにも関わらず、ファイル名
のフィールドが濃赤で表示される場合は、ファイル名のフィールドをクリック
した後、他のフィールドをクリックしてください。正しく認識され表示が更新
されます。
注意!! ファイル名の設定は、
ファイル名の設定は、SFDBLD
SFDBLD でプロジェクトをバックアップ/
リストアすると保存ディレクトリが変わり、再設定が必要になり
ます。
詳しくは 環境設定ウィンドウ − プロジェクト環境 、 プロ
ジェクトのバックアップ/
ジェクトのバックアップ/リストア時の注意点 をご参照下さい。
22
SFDN‑BATCH 取扱説明書
範囲
Excel ワークシートのデータ取得先を、セル行列または範囲名で指定して下さ
い。入力フィールド横の参
い。入力フィールド横の 参照 ボタンを選択すると Excel が表示され、マウス
での範囲指定が可能です。
例.
Sheet01!A1
Sheet01!DATA̲AREA
Sheet03!A1:C3
出力方法 ○展開
取得したデータを、指定範囲を先頭に追加で書き込みます。
追加するセル方向は、行の方向です。
時刻
ITEM01
ITEM02
出力方法 ○上書き
取得したデータを、指定範囲に上書きで書き込みます。
取り消し
設定データを破棄し、設定前の状態に戻ります。
確定
設定データを定義ファイルに保存します。確定前の状態へは戻せません。
タブ
取得開始、取得終了、レポート出力トリガ、レポート出力設定を選択すること
により、設定項目が表示されます。
(1)キー操作
(1)キー操作
TAB キー、S
キー、 SHIFT+TAB キー
入力項目の移動を行います。
23
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.2.1. 取得開始設定
□外部トリガチェックボックス
外部トリガを選択すると、SFDRUN
外部トリガを選択すると、SFDRUN の接点タグの変化により取得開始します。
TAG.NO.
外部トリガが選択されているとき、接点タグを指定します。入力フィールド脇
のボタンを選択すると TAG.No.選択ウィンドウが現れ、タグの選択ができます。
TAG.No.選択ウィンドウが現れ、タグの選択ができます。
接点 TAG 以外の TAG は選択しないで下さい。また、未定義の TAG
を指定すると赤で表示されます。
○ON,OFF ラジオボタン
外部トリガの状態を選択します。
ON:
ON:OFF→
OFF→ON の変化をトリガとします
OFF:
OFF:ON→
ON→OFF の変化をトリガとします
□内部トリガチェックボタン
内部トリガを選択すると、取得開始を 時間 または プログラム で行いま
す。
○時間
内部トリガが選択されているとき、取得開始を時間で行うことを指定します。
時刻を24時間制で "15:20:00"などと入力して下さい。
"15:20:00"などと入力して下さい。
24
SFDN‑BATCH 取扱説明書
繰り返し周期
時間が選択されているとき、繰り返し周期を指定します。繰り返し周期は、周
期単位で指定されている種類により入力範囲が異なります。
周期単位:秒
5〜60秒
周期単位:秒
分
0〜59分
時
0〜24時
また、繰り返し周期を0分または0時にした場合、指定時刻に1日1回の取得
を行います。
○プログラム
内部トリガが選択されているとき、取得開始を他プログラムで行うことを指定
します。プログラムを選択した場合、DDE
します。プログラムを選択した場合、DDE のトピック名を指定します。
□タイムスタンプ
タイムスタンプがチェックされていると、取得開始の時刻を指定範囲に書き込
みます。
タイムスタンプ範囲
取得開始時刻を書き込む範囲を、セル行列または範囲名で入力します。入力フ
ィールド横の参
ィールド横の 参照 ボタンを選択すると Excel が表示され、マウスでの範囲指
定が可能です。
内部、外部トリガをどちらも指定しない場合、運転開始指定する事
はできません。
25
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.2.2. 取得終了
□外部トリガチェックボックス
外部トリガを選択すると、SFDRUN
外部トリガを選択すると、SFDRUN のレポートタグの変化(
のレポートタグの変化(OFF→
OFF→ON)により取
ON)により取
得終了します。
TAG.NO.
外部トリガが選択されているとき、TAG.NO.
外部トリガが選択されているとき、TAG.NO.を指定します。入力フィールド脇
TAG.NO.を指定します。入力フィールド脇
の 参照 ボタンを選択すると TAG.No 選択ウィンドウが現れ、レポートタグの選
択ができます。
接点 TAG 以外の TAG は選択しないで下さい。また、未定義の TAG
を指定すると赤で表示されます。
○ON,OFF ラジオボタン
外部トリガの状態を選択します。
ON:
ON:OFF→
OFF→ON の変化をトリガとします
OFF:
OFF:ON→
ON→OFF の変化をトリガとします
□内部トリガチェックボックス
内部トリガを選択すると、取得終了を 時間 または プログラム で行いま
す。
○時間
内部トリガが選択されているとき、取得終了を時間で行うことを指定します。
時刻を24時間制で "15:20:00"などと入力して下さい。
"15:20:00"などと入力して下さい。
○プログラム
内部トリガが選択されているとき、取得終了をプログラムで行うことを指定し
ます。プログラムを選択した場合、DDE
ます。プログラムを選択した場合、DDE のトピック名を指定します。
26
SFDN‑BATCH 取扱説明書
□タイムスタンプ
タイムスタンプがチェックされていると、取得終了の時刻を指定範囲に書き込
みます。
タイムスタンプ範囲
取得終了時刻を書き込む範囲を、セル行列または範囲名で入力します。入力フ
ィールド横の参
ィールド横の 参照 ボタンを選択すると Excel が表示されマウスでの範囲指定
が可能です。
27
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.2.3. レポート出力トリガ
□外部トリガチェックボックス
外部トリガを選択すると、レポート作成を SFDRUN のレポートタグの変化で行
います。
TAG.NO.
外部トリガが選択されている時、TAG.NO.
外部トリガが選択されている時、TAG.NO.を指定します。入力フィールド脇の
TAG.NO.を指定します。入力フィールド脇の
参照 ボタンを選択すると TAG.No.選択ウィンドウが現れ、レポートタグの選択
TAG.No.選択ウィンドウが現れ、レポートタグの選択
ができます。
接点 TAG 以外の TAG は選択しないで下さい。また、未定義の TAG
を指定すると赤で表示されます。
○ON,OFF ラジオボタン
外部トリガの状態を選択します。
ON:
ON:OFF→
OFF→ON の変化をトリガとします
OFF:
OFF:ON→
ON→OFF の変化をトリガとします
□内部チェックボックス
内部トリガを選択すると、レポート作成を 時間 または プログラム で行
います。
○時間
内部トリガが選択されているとき、レポート作成を時間で行うことを指定しま
す。
時刻を24時間制で "15:20:00"などと入力して下さい。
"15:20:00"などと入力して下さい。
○プログラム
内部が選択されているとき、レポート作成をプログラムで行うことを指定しま
す。プログラムを選択した場合、DDE
す。プログラムを選択した場合、DDE のトピック名を指定します。
28
SFDN‑BATCH 取扱説明書
□タイムスタンプ
タイムスタンプがチェックされていると、レポート作成の時刻を指定範囲に書
き込みます。
タイムスタンプ範囲
レポート作成時刻を書き込む範囲を、セル行列または範囲名で入力します。入
力フィールド横の参
力フィールド横の 参照 ボタンを選択すると Excel が表示され、マウスでの範
囲指定が可能です。
29
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.2.4. レポート出力設定
自動印刷やファイルの自動作成は、 5.2.3.レポート出力トリガによって動作し
5.2.3.レポート出力トリガによって動作し
ます。
□印刷するチェックボックス
自動印刷を行います。
印刷範囲
自動印刷が選択されている場合、印刷する範囲をセル行列または範囲名で入力
します。入力フィールド横の参
します。入力フィールド横の 参照 ボタンを選択すると Excel が表示され、マ
ウスでの範囲指定が可能です。
□印刷プログラムチェックボックス
印刷を Excel のマクロにて行います。
プログラム
印刷を実行する Excel マクロを、ワークブック名と合わせて入力して下さい。
例. Book1.XLS ! MACRO . PRINT̲MACRO
ブック名
モジュール名
マクロ名
□ファイル出力あり チェックボックス
ファイルの自動作成を行います。作成されるファイルは、グループ番号にタイ
ムスタンプを付加したファイル名を使用します。ファイルはカンマ形式(
(CSV)
ムスタンプを付加したファイル名を使用します。ファイルはカンマ形式
CSV)
にて作成されます。
例.GR01̲19990220̲144520
例.GR01̲19990220̲144520
グループ1,1999年2月20日 14時45分20秒
30
SFDN‑BATCH 取扱説明書
出力ディレクトリ
ファイルを出力するディレクトリ名を指定します。入力フィールド脇の参
ファイルを出力するディレクトリ名を指定します。入力フィールド脇の 参 照
ボタンを選択すると、ディレクトリ選択ウィンドウが現れます。
( ディレクトリ選択ウィンドウ 参照)
レポート作成は、SFDN
レポート作成は、SFDN よりデータを取得することを前提にしてい
ます。運転開始時、取得 TAG の指定がないと運転開始できません。
31
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.3. レポート運転指令
レポートの運転開始/停止 または 各グループの運転開始/停止の設定を行います。
Gr.No.
グループ番号が1〜64表示されます。
表示されているランプで運転状況が判ります。
白
終了または待機状態
緑
運転中
黄
データ取得中
赤
エラー
灰
定義データエラー
名称
グループ名称が表示されます
状態
文字で運転設定状態が教示されます。
停止
運転
エラー内容
グループの運転開始 または 運転中のエラー内容が表示されます。エラー内容
は、 出力メッセージ の項目を参照して下さい。取得状態が 終了 、 待機
または 定義データエラー の場合、グループ名称などはグレーで表示されま
す。
32
SFDN‑BATCH 取扱説明書
エラーチェック (S+F9)
リストで選択されたグループの運転可能チェックを行います。エラーチェック
を行うグループを選択し、このボタンをマウスクリックするか、SHIFT+F9
を行うグループを選択し、このボタンをマウスクリックするか、SHIFT+F9 を
押して下さい。
運転開始 (F11)
運転停止状態のとき、表示されます。マウスで選択するか、F11
運転停止状態のとき、表示されます。マウスで選択するか、F11 キーを押して
下さい。運転を開始します。運転が開始すると、運
(F11)が現れま
下さい。運転を開始します。運転が開始すると、 運 転停止
(F11) が現れま
す。
運転停止 (F11)
運転状態のとき、表示されます。マウスで選択するか、F11
運転状態のとき、表示されます。マウスで選択するか、F11 キーを押して下さ
い。運転を停止します。運転が停止すると、運
い。運転を停止します。運転が停止すると、 運転開始 (F11)が現れます。
(F11) が現れます。
運転モード の切り替え
グループを選択し、マウス右クリックでコンテキストメニューを表示します。
または、リスト上の帯カーソルがある位置で ENTER キーを押します。
運転
運転状況リストで選択されているグループを運転状態にします。定義データエ
ラーなどで運転指定ができなかった場合、その旨を下記のようにウィンドウに
て通知します。
停止
運転状況リストで選択されているグループを停止状態にします。
キー操作
ENTER
リストでグループを選択した状態で ENTER キーを押すと、グループの運転開始
/停止を行います。
Ctrl+A
リストにフォーカスがある場合、Ctrl+A
リストにフォーカスがある場合、Ctrl+A で全てのグループ選択を行います。
33
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.4. レポートの Excel ファイル
レポート取得用に Excel テンプレートが用意されています。
下記ワークシートは、レポート取得の例です。
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
1回のレポート書き込み方向です
展開指定時の書き込み方向です
展開指定時の取得時刻書き込み方向です
終了時刻書き込み位置
印刷時刻書き込み位置
手動取得開始トリガ名を指定します
手動取得終了トリガ名を指定します
手動印刷トリガ名を指定します
手動取得開始トリガ名を BATCH に送信するマクロを呼び出します
手動取得終了トリガ名を BATCH に送信するマクロを呼び出します
手動印刷トリガ名を BATCH に送信するマクロを呼び出します
マクロ定義
1)開始トリガ送信マクロ
'##########################################################
'### レポート取得開始
'##########################################################
Sub REPORT̲START()
On Error Resume Next
' エラー処理ルーチンを行います。
Dim ret As String
Application.Interactive = False
'サービス名
'サービス名 SFD BATCH は固定、グループトピック:
は固定、グループトピック:REPORT01̲START
channelNumber = Application.DDEInitiate( ̲
app:="SFDBATCH", ̲
topic:=Range("TRIGER̲START").Text)
34
SFDN‑BATCH 取扱説明書
' リクエストは常に0
returnList = Application.DDERequest(channelNumber, "0")
ret = TypeName(channelNumber)
Application.DDETerminate (channelNumber)
Application.Interactive = True
End Sub
2)終了トリガ送信マクロ
'#########################################################
'### レポート取得終了
'#########################################################
Sub REPORT̲END()
On Error Resume Next
' エラー処理ルーチンを行います。
Dim ret As String
Application.Interactive = False
'サービス名
'サービス名 SFD BATCH は固定、グループトピック:
は固定、グループトピック:REPORT01̲END
channelNumber = Application.DDEInitiate( ̲
app:="SFDBATCH", ̲
topic:=Range("TRIGER̲END").Text)
' リクエストは常に0
returnList = Application.DDERequest(channelNumber, "0")
ret = TypeName(channelNumber)
Application.DDETerminate (channelNumber)
Application.Interactive = True
End Sub
3)印刷トリガ送信マクロ
'##########################################################
'### レポート印刷・ファイル
レポート印刷・ファイル
'##########################################################
Sub REPORT̲PRINT()
On Error Resume Next
' エラー処理ルーチンを行います。
Dim ret As String
Application.Interactive = False
'サービス名
'サービス名 SFD BATCH は固定、グループトピック:
は固定、グループトピック:REPORT01̲PRINT
channelNumber = Application.DDEInitiate( ̲
app:="SFDBATCH", ̲
topic:=Range("TRIGER̲PRINT").Text)
' リクエストは常に0
returnList = Application.DDERequest(channelNumber, "0")
ret = TypeName(channelNumber)
Application.DDETerminate (channelNumber)
Application.Interactive = True
End Sub
35
SFDN‑BATCH 取扱説明書
5.5. ディレクトリ選択ウィンドウ
ディレクトリの選択を行います。
取り消し
何も選択せずウィンドウを終了します。
確定
選択されたディレクトリを確定し、呼び出し元のウィンドウへ反映します。
36
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6. レシピウィンドウ
6.1. レシピ ITEM 定義ウィンドウ
レシピデータを書き込む ITEM の定義を行います。
1つのグループで書き込むことができる ITEM 数は、64ITEM
数は、64ITEM です。
ここで、ITEM
ここで、ITEM 定義を行わない ITEM への書き込みは行われません。
Gr.No.
グループ番号を指定します。1〜8です。
ここで入力されたグループにデータを切り替えます。
名称
グループ名称を表示します。
データ名
グループの ITEM 名称を入力します。指定しなくてもダウンロード動作には影
響ありません。データ名は、レシピ参照時 Excel のワークシートに書き込まれ
ます。全角で32文字まで入力可能です。
37
SFDN‑BATCH 取扱説明書
TAG No
ダウンロード対象の SFD のレポートタグ または ITEM を指定します。
TAG No セルにカーソルがあるとき、セル横の▼
セルにカーソルがあるとき、セル横の ▼ ボタンをクリックすると
TAG No 一覧が表示され、TAG
一覧が表示され、TAG No の選択ができます。このとき、 ITEM 指定
を選択すると、計器ブロックの ITEM 指定を行うことができます。
比率設定ブロック使用時の注意:
比率設定ブロック使用時の注意:ITEM 定義で比率設定ブロック TAG
の SP を指定した場合は、レンジ上下限が 0.000‑10.000 で初
期設定されます。比率設定の SP は 0.000‑32.000 の範囲で設
定可能ですので、必要に応じて設定をやり直して下さい。
STN No.
ITEM 指定 の場合、ステーション番号を指定します。16進で指定して下
さい。
(0〜3F)
CARD No.
ITEM 指定 の場合、カード番号を指定します。16進で指定して下さい。
(0
〜F)
Gr.No.
ITEM 指定 の場合、グループ番号を指定します。(0〜99)
ITEM No.
ITEM 指定 の場合、ITEM
(0〜99)
の場合、ITEM 番号を指定します。
データ上限
ダウンロードデータの上限値を設定。レポートタグを指定した場合、初期値と
してレンジ上限値が定義されます。省略可能です。
データ下限
ダウンロードデータの下限値を設定。レポートタグを指定した場合、初期値と
してレンジ下限値が定義されます。省略可能です。
レンジ上下限外のデータがあった場合は、該当するグループすべての
ITEM についてダウンロードが中断され、運転が停止します。
38
SFDN‑BATCH 取扱説明書
レンジ上限
ITEM 指定 の場合
ダウンロードするデータのレンジ上限値を指定。
レポートタグの場合
レポートタグに指定されているレンジ上限値が自動的に定義され、変更は
できません。
レンジ下限
ITEM 指定 の場合
ダウンロードするデータのレンジ下限値を指定。
レポートタグの場合
レポートタグに指定されているレンジ下限値が自動的に定義され、変更は
できません。
レンジ上下限値を指定すると、ダウンロードデータはその範囲で
0〜100%に変換されます。レンジ上下限が指定されていない場合、
ダウンロードデータは Excel 上のデータがそのままの値で書き込まれ
ます。また、万一 Excel 上に文字を入力した場合は、 0 (ゼロ)が
ダウンロードされますのでご注意下さい。
レンジ上下限値の設定例
レンジ下限値 レンジ上限値 Excel 上の値
0.00 100.00
0.00
50.00
0
50
0
50
10.00
10.00
10
10.99
ダウンロード値 (レンジ変換
値)
10.00
20.00
20
20
取り消し
設定データを破棄し、設定前の状態に戻ります。
確定
設定データを定義ファイルに保存します。確定前の状態へは戻せません。この
とき、上下限値に従い、関連のあるレシピデータの有効チェックを行います。
エラーのある(範囲を越える)レシピデータについては、レシピエラーウィン
エラーのある(範囲を越える)レシピデータについては、レシピエラーウィン
ドウに一覧を表示します。
39
SFDN‑BATCH 取扱説明書
40
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.2. レシピデータ登録ウィンドウ
SFD にダウンロードする銘柄データを定義します。
ここで定義されたデータが、 参照時 に Excel ワークシートに書き込まれます。
Gr.No.
グループ番号を指定します。1〜8です。
ここで入力されたグループにデータを切り替えます。
名称
グループ名称を表示します。
銘柄
レシピデータの銘柄を入力します。全角で32文字までの入力が可能です。参
照時、Excel
照時、Excel ワークシートに書き込まれます。
データ名
グループの ITEM 名(データ名)が表示されます。
レシピ定義で同じ銘柄を定義すると、レシピ参照時に同じ銘柄のものは
順番にすべて参照され、レシピ定義で最後に登録されているものが最終
的に有効になります。
41
SFDN‑BATCH 取扱説明書
データ設定
SFD への書き込みデータを半角数字で入力します。入力した数値は、ITEM
への書き込みデータを半角数字で入力します。入力した数値は、ITEM 定義
で指定した小数点位置に合わせられます。また、ITEM
で指定した小数点位置に合わせられます。また、ITEM 定義にて上下限値が設
定してありその範囲を超えていると、エラー(赤色)表示されます。データセ
定してありその範囲を超えていると、エラー(赤色)表示されます。データセ
ル上でマウス右クリックを行うと、そのセルのデータ上下限、レンジ上下限が
小さなウィンドウに表示されます。
ウィンドウを消去する場合は、ウィンドウをマウスでクリックするか、ESC
ウィンドウを消去する場合は、ウィンドウをマウスでクリックするか、ESC、
ESC、
ENTER キーを押して下さい。
ITEM 定義ウィンドウで指定された上下限値がある場合、その範囲を越
えているデータは赤で表示されます。
取り消し
設定データを破棄し、設定前の状態に戻ります。
確定
設定データを定義ファイルに保存します。確定前の状態へは戻せません。この
とき、上下限値に従い、レシピデータの有効チェックを行います。
レシピデータの追加
レシピデータの追加は、選択した行の次行に追加されます。レシピデータ一覧
の、追加したい位置の 1 行上の行番号セルをクリックし、1行全体を選択しま
す。行番号、銘柄セルの位置でマウス右クリックを選択すると、追加または削
除のメニューが現れます。ここで、 レシピ追加
レシピ追加 を選択して下さい。選択さ
れている行の下に、空白行が追加されます。
レシピの削除
レシピデータ一覧の、削除したい行番号セルをクリックし、1行全体を選択し
ます。行番号、銘柄セルの位置でマウス右クリックを選択すると、追加または
削除のメニューが現れます。ここで、 レシピ削除 を選択して下さい。
削除前に、確認ウィンドウが現れます。ここで
はい を選択すると、指定
の1行が削除されます。
・レシピデータの追加・削除は、
・レシピデータの追加・削除は、 確定 ボタンが押された時点で保存
されます。
・予約リストに登録されているレシピデータを削除した場合、運転開始
時にエラーになります。その場合、予約リストの修正が必要です。
42
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.3. レシピダウンロード定義ウィンドウ
レシピデータのダウンロード方法を定義します。
Gr.No.
グループ番号を指定します。1〜8です。ここで入力されたグループにデータ
を切り替えます。
グループ名
グループの名称を入力して下さい。全角で32文字の入力が可能です。
展開先ファイル名
レシピデータ展開先の Excel ファイル名を指定します。
注意!!ファイル名の設定は、SFDBLD
注意!!ファイル名の設定は、SFDBLD でプロジェクトをバックアップ/リ
ストアすると保存ディレクトリが変わり、再設定が必要になりま
す。詳しくは 環境設定ウィンドウ − プロジェクト環境 、 プ
ロジェクトのバックアップ/
ロジェクトのバックアップ / リストア時の注意点 をご参照下さ
範囲名1(
範囲名1(Gr.No. 名称)
Gr.No. 名称の展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の
名称の展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の参
(セル)を指定します。入力フィールド横の 参照 ボ
タンを選択すると Excel が表示され、マウスでの範囲指定が可能です。
範囲名2(銘柄名)
範囲名2(銘柄名)
銘柄名の展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の
銘柄名の展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の参
(セル)を指定します。入力フィールド横の 参 照 ボタン
を選択すると Excel が表示され、マウスでの範囲指定が可能です。
43
SFDN‑BATCH 取扱説明書
範囲名3(データ)
範囲名3(データ)
レシピデータの展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の
レシピデータの展開先範囲(セル)を指定します。入力フィールド横の参
(セル)を指定します。入力フィールド横の 参 照
ボタンを選択すると Excel が表示され、マウスでの範囲指定が可能です。
○手動モード
ダウンロードデータの展開、ダウンロードを Excel ワークシートから行います。
銘柄参照用コントロール名
手動モードのとき、レシピデータ展開のトリガとなる DDE トピック名を入力し
ます。
ダウンロード用コントロール名
手動モードのとき、レシピデータダウンロードのトリガとなる DDE トピック名
を入力します。参照用コントロールまたはダウンロード用コントロールのどち
らか1つでもかまいません。
○自動モード
ダウンロードを自動で行います。
○単動
自動モードのとき、SFD
自動モードのとき、SFD のレポートタグの変化によりダウンロードを開始しま
す。
ダウンロードトリガ名
単動モードのときの、トリガのレポートタグを指定します。入力フィールド脇
の 参照 ボタンを選択すると、TAG.No
ボタンを選択すると、TAG.No 選択ウィンドウが現れ、レポートタグの
選択ができます。
未定義の TAG.NO は赤で表示されます。また、ダウンロードトリガは必
ず接点 TAG を選択して下さい。
○ON,OFF ラジオボタン
TAG.NO.で指定したレポートタグが、
TAG.NO.で指定したレポートタグが、OFF
で指定したレポートタグが、OFF→
OFF→ON または ON→
ON→OFF 変化の指定をし
ます。
ON:
ON:OFF→
OFF→ON
OFF:
OFF:ON→
ON→OFF
○予約
予約テーブルでの自動ダウンロードを行います。
予約テーブル
予約が選択されているとき、予約テーブルを入力します。入力フィールド脇の
参照 ボタンを選択すると、予約テーブル選択ウィンドウが表示され、予約テ
ーブルの選択ができます。
取り消し
設定データを破棄し、設定前の状態に戻ります。
確定
設定データを定義ファイルに保存します。確定前の状態へは戻せません。
44
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.3.1. ダウンロード[手動―参照]の動き
ダウンロード[手動―参照]の動き
EXCEL
ワークシート
1
BATCH
3
2
銘柄データ
① Excel から SFDN BATCH へ参照トリガ送信
② Excel ワークシートで指定されている銘柄を検索
ワークシートで指定されている銘柄を検索・読み込む
・読み込む
③ 読み込まれた銘柄データを、Excel
読み込まれた銘柄データを、Excel ワークシートに書き出す
6.3.2. ダウンロード[手動―ダウンロード]の動き
ダウンロード[手動―ダウンロード]の動き
Excel
ワークシート
1
BATCH
3
2
① Excel から SFDN BATCH へダウンロードトリガ送信
② Excel ワークシートからダウンロードデータ取得
③ ITEM 定義に従って SFDN へデータ書き込み
45
SFDN
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.3.3. ダウンロード[自動−単動]の動き
ダウンロード[自動−単動]の動き
Excel
ワークシート
2
BATCH
3
SFDN
1
① SFDRUN のレポートタグ変化を認識
② Excel ワークシートからダウンロードデータ取得
③ ITEM 定義に従って SFDN へデータ書き込み
6.3.4. ダウンロード[自動−予約テーブル]の動き
ダウンロード[自動−予約テーブル]の動き
Excel
ワークシート
4
5
BATCH
SFDN
3
2
1
銘柄データ
①
②
③
④
⑤
予約テーブル
実行中予約テーブルの銘柄データを取得
①で読み込まれた銘柄データを Excel ワークシートに書き込み
SFDRUN のレポートタグ変化を認識
Excel ワークシートからダウンロードデータ取得
ITEM 定義に従って SFDN へデータ書き込み
46
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.4. レシピダウンロード運転操作ウィンドウ
レシピダウンロード運転操作指令を行うウィンドウです。
Gr.No.
グループ番号が1〜8表示されます。表示されている LED で運転状況を示しま
す。
白
終了または待機状態
緑
運転中
黄
アクセス中
赤
エラー
灰
定義データエラー
グループ名
グループ名が表示されます。
モード
手動、自動―単動、自動―予約テーブルが表示されます。
参照中銘柄
ダウンロード対象の銘柄が表示されます。
状態
文字で運転設定状態が表示されます。
停止 または 運転
エラー内容
グループの運転開始または運転中に発生したエラー内容を表示します。取得状
態が 終了/待機 の場合、グループ名称などはグレーで表示されます。
47
SFDN‑BATCH 取扱説明書
エラーチェック (S+F9)
選択されたグループの運転可能チェックを行います。エラーチェックを行うグ
ループを選択し、ボタンをマウスクリックするか SHIFT+F9 を押して下さい。
エラーがあると、[
エラーがあると、[コンテキストメニュー]
コンテキストメニュー]−[運転]
運転]に記載のエラーが表示され
ます。
運転開始 (F11)
運転停止状態のとき、表示されます。ボタンをマウスで選択するか、F11
運転停止状態のとき、表示されます。ボタンをマウスで選択するか、F11 キー
を押して下さい。運転を開始します。運転が開始すると、運
運転停止 (F11)が
を押して下さい。運転を開始します。運転が開始すると、
(F11) が
現れます。
運転停止 (F11)
運転状態のとき、表示されます。ボタンをマウスで選択するか、F11
運転状態のとき、表示されます。ボタンをマウスで選択するか、F11 キーを押
して下さい。運転を停止します。運転が停止すると、運
して下さい。運転を停止します。運転が停止すると、 運転開始 (F11)が現れ
(F11) が現れ
ます。
コンテキストメニュー
マウス右クリックで、コンテキストメニューを表示します。
運転
運転状況リストで選択されているグループを運転状態にします。定義データエ
ラーなどで運転指定ができなかった場合、その旨をウィンドウにて通知します。
停止
運転状況リストで選択されているグループを、停止状態にします。
ENTER キー
リストでグループを選択した状態で ENTER キーを押すと、グループの運転開始
停止を行います。
Ctrl+A
リストにフォーカスがある場合、Ctrl+A
リストにフォーカスがある場合、Ctrl+A で全てのグループ選択を行います。
予約テーブルの運転では、指定銘柄が全て終了すると運転が停止しま
す。
48
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.5. レシピの Excel ファイル
レシピ用に Excel テンプレートが用意されています。
下記ワークシートはレシピの例です。
① 範囲1
範囲1:参照時にグループ名が書き込まれるセルです。
:参照時にグループ名が書き込まれるセルです。
② 範囲2:参照時に銘柄名を入力しておくセルです。
範囲2:参照時に銘柄名を入力しておくセルです。
③ 範囲3:レシピデータエリアの先頭を指定します。参照時は、
範囲3:レシピデータエリアの先頭を指定します。参照時は、ITEM
:レシピデータエリアの先頭を指定します。参照時は、ITEM 名とレ
シピデータが書き込まれます。ダウンロード時は、セルに入力されたレシ
ピデータがダウンロードされます。
④ レシピデータエリア:ダウンロードするデータを設定します。
レシピデータエリア:ダウンロードするデータを設定します。
SFDN BATCH の参照機能により、取得したデータがここに書き込まれます。
⑤ 手動―銘柄参照用のトリガ名
⑥ 手動―ダウンロード用トリガ名
⑦ レシピ参照ボタン:銘柄参照用トリガを
レシピ参照ボタン:銘柄参照用トリガを SFDN BATCH に送信するマクロを
実行します。
⑧ レシピ参照ボタン:ダウンロード用トリガを
レシピ参照ボタン:ダウンロード用トリガを SFDN BATCH に送信するマク
ロを実行します。
ダウンロード時に SFDN‑BATCH の ITEM 定義 にて定義された ITEM のレシ
ピデータのみをダウンロードしますが、参照または Excel←→
Excel ←→SFDN‑BATCH
←→ SFDN‑BATCH
間では、常に 64 個の ITEM を読み書きします。
49
SFDN‑BATCH 取扱説明書
マクロ定義
1)銘柄参照用トリガ送信マクロ
'##########################################################
'### レシピ参照
'##########################################################
Sub RECIPE̲REF()
On Error Resume Next
' エラー処理ルーチンを行います。
Dim ret As String
Application.Interactive = False
'サービス名
'サービス名 SFD BATCH は固定、グループトピック:
は固定、グループトピック:RECIPE01̲REF
channelNumber = Application.DDEInitiate( ̲
app:="SFDBATCH", ̲
topic:=Range("TRIGER̲REF").Text)
' リクエストは常に0
returnList = Application.DDERequest(channelNumber, "0")
ret = TypeName(channelNumber)
ret = returnList(0)
DDETerminate (channelNumber)
Application.Interactive = True
End Sub
2)ダウンロード用トリガ送信マクロ
'##########################################################
'### レシピダウンロード
'##########################################################
Sub RECIPE̲DLOAD()
On Error Resume Next
' エラー処理ルーチンを行います。
Dim ret As String
Application.Interactive = False
'サービス名
'サービス名 SFD BATCH は固定、グループトピック:
は固定、グループトピック:RECIPE01̲DLOAD
channelNumber = Application.DDEInitiate( ̲
app:="SFDBATCH", ̲
topic:=Range("TRIGER̲DLOAD").Text)
' リクエストは常に0
returnList = Application.DDERequest(channelNumber, "0")
ret = TypeName(channelNumber)
ret = returnList(0)
DDETerminate (channelNumber)
Application.Interactive = True
End Sub
50
SFDN‑BATCH 取扱説明書
6.6. 予約テーブル選択ウィンドウ
6.6.1. 予約テーブル選択・作成
予約テーブル選択・作成
レシピダウンロード定義の予約テーブルの選択、作成を行います。
グループ
対象のグループ番号を表示します。
予約テーブル
定義されている予約テーブルの一覧を表示します。予約テーブル名をマウスで
クリックすると、右側の予約銘柄に定義されている銘柄とトリガが表示されま
す。また、マウスクリック数秒後、名前の入力を受け付けます。
予約銘柄
選択された予約テーブルの銘柄とトリガの一覧を表示します。
テーブル追加
新たな予約テーブルを作成します。新規に作成される予約テーブルは、予約テ
ーブル一覧の最後尾に空白名で追加されます。このとき、名前の入力をしない
で入力終了すると、 無題 という名のテーブル名が付けられます。
銘柄追加
選択されている予約テーブルへ銘柄の追加を行います。予約銘柄追加ウィンド
ウが現れます。
取り消し
何も選択せずウィンドウを終了します。
確定
選択された予約テーブルを確定し、呼び出し元のウィンドウへ反映します。
▲、▼ボタン
選択されている予約銘柄のダウンロードの順番を変更します。
51
SFDN‑BATCH 取扱説明書
DEL キー
予約テーブル選択状態で DEL キーを押すと、選択されている銘柄が予約テーブ
ルから削除されます。銘柄が選択されている状態で DEL キーを押すと、選択さ
れている銘柄が削除されます。
コンテキストメニュー
マウス右クリックでコンテキストメニューを表示します。
予約テーブル削除
選択されている予約テーブルを削除します。
銘柄削除
選択されている予約銘柄を削除します。
ON←→OFF
←→OFF 切り替え
選択されている予約銘柄のダウンロードトリガの状態を変更します。
6.6.2. 予約銘柄追加ウィンドウ
予約テーブルに予約銘柄を追加する設定を行います。
トリガ設定
SFDRUN で定義されている全てのレポートタグを表示します。ダウンロードの
トリガをレポートタグから選択します。
トリガ設定で選択するレポートタグは、必ず接点タグを選択して下さ
い。アナログタグなど接点タグ以外のタグを選択した場合は、正常に
動作しません。
銘柄設定
設定済みグループの全ての銘柄を表示します。ダウンロードする銘柄を1つ
選択して下さい。
○ON,OFF ラジオボタン
選択したトリガの変化を指定して下さい。
OFF→
OFF→ON:
ON:OFF から ON に変化した場合にダウンロードします。
ON→
ON→OFF:
OFF:ON から OFF に変化した場合にダウンロードします。
52
SFDN‑BATCH 取扱説明書
取り消し
何も選択せずウィンドウを終了します。
確定
選択されたトリガと銘柄を追加します。
53
SFDN‑BATCH 取扱説明書
7. 共通ウィンドウ
7.1. TAG 選択ウィンドウ
SFDRUN のレポートタグの選択を行います。
取り消し
何も選択せずウィンドウを終了します。
確定
選択された TAG を確定し、呼び出し元のウィンドウへ反映します。レポートタ
グ一覧が表示されます。TAG
と同じ動作
グ一覧が表示されます。TAG のダブルクリックでも、
確定
をします。
54
SFDN‑BATCH 取扱説明書
7.2. ファイル選択ウィンドウ
Microsoft Excel ワークシートの選択を行います。
ファイルの場所
リストを選択すると、ディレクトリ階層が現れます。
ファイル名
ファイルの名前を入力します。リスト上に現れているファイルを選択すると、
自動的に入力されます。
ファイルの種類
Microsoft Excel のワークシート(XLS)
のワークシート(XLS)が指定されています。
(XLS)が指定されています。
開く
選択された Excel ファイルを選択します。
キャンセル
ファイル選択を中止します。
55
SFDN‑BATCH 取扱説明書
7.3. 印刷指示ウィンドウ
レポート定義データ、レシピ定義データの印刷指示を行います。
7.3.1. レポート定義印刷指示ウィンドウ
7.3.2. レシピ定義印刷指示ウィンドウ
□表紙
チェックすると、表紙の印刷を行います。
□目次
チェックすると、目次の印刷を行います。
56
SFDN‑BATCH 取扱説明書
○全グループ印刷
全グループの印刷を行います。
レポート定義の場合、1−64グループ全て
レシピ定義の場合、1−8グループ全て
○指定グループ印刷
指定グループの印刷を行います。グループの指定方法は、グループ番号をカ
ンマ(,
ンマ(,)で区切ります。グループの範囲指定を行う場合、グループ番号をハ
イフン(−)でつなぎます。
イフン(−)でつなぎます。
例.グループ1,3,7,8,9,10,20の印刷指定
1,3,7−10,20
□プレビュー
チェックすると、印刷イメージを画面に表示します。
確定
印刷を実行します。このとき、プレビューにチェックがあると、印刷内容は
画面に表示されます。プレビューにチェックがないと、指定されているプリ
ンタに印刷されます。印刷されるイメージは、 印刷フォーマット 欄参照。
取り消し
印刷指定を取り消します。
57
SFDN‑BATCH 取扱説明書
7.4. 環境設定ウィンドウ
7.4.1. プロジェクト環境
プロジェクト毎の環境設定を行います。
□Excel ワークシートの自動保存
BATCH でオープンされる Excel ファイルの自動保存を指定します。ここで自動
保存を指定しない場合、SFDRUN
保存を指定しない場合、SFDRUN 終了時、BATCH
終了時、BATCH で書き込まれたデータは Excel
ファイルに保存されません。
タイムスタンプ書式
レポート取得時に、Excel
レポート取得時に、Excel ワークシートに書き込まれるタイムスタンプの形式
を指定します。タイムスタンプ形式の詳細は、次表をご参照下さい。
58
SFDN‑BATCH 取扱説明書
形式
YYYY
YY
MM
DD
HH
hh
mm
SS
AM
PM
午前
午後
結果
4桁の西暦を表示します
西暦の下2桁を表示します
月を表示します
日を表示します
時刻を24時間で表示します
時刻を12時間で表示します
分を表示します
秒を表示します
時刻により AM,PM を表示します
時刻により AM,PM を表示します
時刻により午前,午後を表示します
時刻により午前,午後を表示します
例.1999年3月31日16:40
例.1999年3月31日16:40:00
:40:00 を指定する
YYYY/MM//DD HH:mm:SS
↓
1999/03/31 16:40:00
YYYY 年 MM 月 DD 日 hh 時 mm 分 午前
↓
1999 年 03 月 31 日 04 時 40 分 午後
また、タイムスタンプ書式フィールドにカーソルがあるとき F1 キーを押すと、
下記ヘルプウィンドウが現れます。
59
SFDN‑BATCH 取扱説明書
タイムスタンプ書式
タイムスタンプの書式一覧を表示します。また、選択してタイムスタンプ書式
フィールドに書式を入力することが可能です。
確定
選択されたタイムスタンプ形式を、タイムスタンプ形式フィールドに反映しま
す。
取り消し
何もせずウィンドウを閉じます。
起動時運転開始
□レポート
□レシピ
SFDN 起動時に BATCH の運転も同時に開始します。SFDN
の運転も同時に開始します。SFDN 起動時に BATCH も同時
に起動されますが、この設定を行わないと運転が開始されません。
60
SFDN‑BATCH 取扱説明書
7.4.2. システム環境
SFDN BATCH のシステム毎の環境設定を行います。
□レポート用ワークシートの自動作成
SFDRUN で初めて実行されるプロジェクトや実行中のプロジェクトに対してワ
ークシートの再定義を行う場合の、レポート用 Excel ワークシート自動作成
有無を指定します。
○ワークブックファイルをグループ毎に作成する。
指定された数分のグループ用ワークブックを作成します。レポート用のワー
クブックは1〜64まで指定可能です。
○ワークブックにワークシートをグループ毎に作成する。
指定された数分のグループ用ワークシートを作成します。ワークシートは1
つのワークブックに作成されます。レポート用のワークシートは1〜50ま
で指定可能です。
□レシピ用ワークシートの作成
SFDRUN で初めて実行されるプロジェクトや実行中のプロジェクトに対してワ
ークシートの再定義を行う場合の、レシピ用 Excel ワークシート自動作成有無
を指定します。
○ワークブックファイルをグループ毎に作成する。
指定された数分のグループ用ワークブックを作成します。レシピ用のワーク
ブックは1〜8まで指定可能です。
61
SFDN‑BATCH 取扱説明書
○ワークブックにワークシートをグループ毎に作成する。
指定された数分のグループ用ワークシートを作成します。ワークシートは1
つのワークブックに作成されます。レシピ用のワークシートは1〜8まで指
定可能です。
□既存の BATCH 用ワークシートの再定義を行う。
現在のプロジェクトに対して、Excel
現在のプロジェクトに対して、Excel ワークシートをテンプレートファイルか
ら再定義します。
Excel ワークシートを再定義する場合、SFDN
ワークシートを再定義する場合、SFDN BATCH は実行中のプロジェクトフォ
ルダに、[
ルダに、[プロジェクト名]̲
プロジェクト名]̲レポート
]̲レポート.XLS
レポート.XLS または[
または[プロジェクト名]̲
プロジェクト名]̲レシピ
]̲レシピ.XLS
レシピ.XLS という
ファイルを作成します。
プロジェクト名 BATCH̲PROG の場合 C¥MsysNet
│‑‑‑ BATCH
│
│‑‑ レシピテンプレート.XLS
レシピテンプレート.XLS
│
│‑‑ レポートテンプレート.XLS
レポートテンプレート.XLS
│‑‑ PROJ
│
│‑‑ SFDXX
│
│
│‑‑ BATCH
│
│
│
│‑‑EXCEL̲FILE
│
│
│
│
│‑‑ BATCH̲PROJ̲レシピ
BATCH̲PROJ̲レシピ[xx]
レシピ[xx].XLS
[xx].XLS
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│‑‑ BATCH̲PROJ̲レポート
BATCH̲PROJ̲レポート[xx]
レポート[xx].XLS
[xx].XLS
[xx]は、グループ毎にワークブックを作成した場合、グループ番号が付加されま
[xx]は、グループ毎にワークブックを作成した場合、グループ番号が付加されま
す。
62
SFDN‑BATCH 取扱説明書
8. 印刷フォーマット
8.1. レポート定義印刷イメージ
8.1.1. 表紙
日付
SFD-BATCH レポート定義
8.1.2. 目次
目次
グループ番号 グループ名
グループ 01 グループ名称
グループ 02 グループ名称
グループ 03 グループ名称
グループ 04 グループ名称
グループ 05 グループ名称
グループ 06 グループ名称
ページ
01
05
10
00
00
00
:
:
:
:
グループ 64 グループ名称
00
63
SFDN‑BATCH 取扱説明書
8.1.3. グループ部 ITEM 定義
グループ番号
グループ名
レポート取得定義
No TAG
01 TAG001‑PV
02
03
04
05
06
コメント
PV データ
データタイプ
瞬時値
32
グループ定義
取得定義
データ取得先ファイル名
データ取得先範囲
取得方法
取得開始設定
外部トリガ
内部トリガ
タイムスタンプ
取得終了設定
外部トリガ
内部トリガ
タイムスタンプ
レポート作成設定
外部トリガ
内部トリガ
タイムスタンプ
印刷
ファイル
C:¥BATCH
A1
上書
TAG.NO=TAG001‑PV
時刻 12:30:00 繰り返し周期:
繰り返し周期:XX 秒
出力範囲:
出力範囲:A1
無
プログラム トピック:
トピック:GRP01̲START
無
TAG.NO=TAG002‑PV
プログラム トピック:
トピック:GRP01̲START
無
印刷範囲 = A1:J10
C:¥BATCH¥TEMP
ページ
64
SFDN‑BATCH 取扱説明書
8.2. レシピ定義印刷イメージ
8.2.1. 表紙
日付
SFD-BATCH レシピ定義
8.2.2. 目次
目次
グループ番号 グループ名
グループ 01 グループ名称
グループ 02 グループ名称
グループ 03 グループ名称
グループ 04 グループ名称
グループ 05 グループ名称
グループ 06 グループ名称
グループ 07 グループ名称
グループ 08 グループ名称
ページ
01
05
10
00
00
00
00
00
65
SFDN‑BATCH 取扱説明書
8.2.3. ITEM 定義
データ名
TAG.No
STN CARD Gr
ITEM
データ上限
66
データ上限
レンジ上限 レンジ上限
SFDN‑BATCH 取扱説明書
8.2.4. レシピデータ(1/x)
レシピデータ(1/x)
データ名
銘柄1
銘柄2
材料1
1.000
0.001
材料2
2.00
0.002
材料3
銘柄3
0.003
- 67 -
銘柄4
銘柄5
SFDN‑BATCH 取扱説明書
9. 出力メッセージ
SFDN BATCH にて、操作エラー以外に表示されるメッセージには下記のものがあります。
9.1. 実行中のメッセージ(レシピ)
実行中のメッセージ(レシピ)
"参照の銘柄がありません。"
参照の銘柄がありません。"
"データ No.XX 上限値オーバー"
上限値オーバー"
"データ No.XX 下限値オーバー"
下限値オーバー"
"データ No.XX ダウンロードデータ未定義"
ダウンロードデータ未定義"
"データ No.XX 指定した TAG または ITEM にダウンロードできません"
にダウンロードできません"
"ダウンロード ITEM 定義が有りません。"
定義が有りません。"
9.2. 実行中のメッセージ(レポート)
実行中のメッセージ(レポート)
" TAG の読み込みに失敗しました。 SFDERROR=EE"
(EE は、SFD
は、SFD からのエラーコードです。エラーコード内容については下記参照)
9.3. 運転開始エラー(レポート)
運転開始エラー(レポート)
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
ん。"
ん。"
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
せん。"
せん。"
"グループ
"グループ
"グループ
"
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
取得先ファイル指定が未定です。"
取得先ファイル指定が未定です。"
取得先が未定です。"
取得先が未定です。"
開始の外部トリガ TAG.No が未定です。"
が未定です。"
開始のタイムスタンプ出力範囲の指定がありません。"
開始のタイムスタンプ出力範囲の指定がありません。"
開始のタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
開始のタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
開始の内部トリガ 時刻が未定です。"
時刻が未定です。"
開始の内部トリガ 時刻に誤りが有ります。"
時刻に誤りが有ります。"
開始の内部 プログラムトピック名が未定です。"
プログラムトピック名が未定です。"
開始の内部トリガ 時刻に誤りが有ります。"
時刻に誤りが有ります。"
開始の内部トリガが指定されていません。"
開始の内部トリガが指定されていません。"
終了の外部トリガ TAG.No が未定です。"
が未定です。"
終了のタイムスタンプ出力範囲の指定がありません。"
終了のタイムスタンプ出力範囲の指定がありません。"
終了のタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
終了のタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
終了の内部トリガ 時刻が未定です。"
時刻が未定です。"
終了の内部トリガ 時刻に誤りが有ります。"
時刻に誤りが有ります。"
終了の内部 プログラムトピック名が未定です。"
プログラムトピック名が未定です。"
終了の内部トリガが指定されていません。"
終了の内部トリガが指定されていません。"
レポート出力トリガの外部トリガ TAG.No が未定です。"
が未定です。"
レポート出力トリガのタイムスタンプ出力範囲の指定がありませ
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
XX
レポート出力トリガのタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
レポート出力トリガのタイムスタンプ出力範囲が未定です。"
レポート出力トリガの内部トリガ 時刻が未定です。"
時刻が未定です。"
レポート出力トリガの内部トリガ 時刻に誤りが有ります。"
時刻に誤りが有ります。"
レポート出力トリガの内部 プログラムトピック名が未定です。"
プログラムトピック名が未定です。"
レポート出力トリガの内部トリガが指定されていません。"
レポート出力トリガの内部トリガが指定されていません。"
レポート出力設定の印刷範囲が指定されていません。"
レポート出力設定の印刷範囲が指定されていません。"
レポート出力設定の印刷プログラムが指定されていません。"
レポート出力設定の印刷プログラムが指定されていません。"
レポート出力設定のファイル出力先ディレクトリが指定されていま
XX レポート出力設定のファイル出力先ディレクトリが存在しません。
レポート出力設定のファイル出力先ディレクトリが存在しません。"
"
XX 開始が指定されていないため運転指定は無視されます。"
開始が指定されていないため運転指定は無視されます。"
XX 取得定義の TAG.No=TT
TAG.No=TT が無効かデータタイプが指定されていません。
- 68 -
SFDN‑BATCH 取扱説明書
"グループ XX 取得 TAG.No が1つも定義されていません。"
が1つも定義されていません。"
9.4. 運転指定(レシピ)
運転指定(レシピ)
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
ん。"
ん。"
"グループ
"グループ
"グループ
"グループ
XX
XX
XX
XX
XX
XX
参照のみが設定されています。"
参照のみが設定されています。"
ダウンロードのみが設定されています。"
ダウンロードのみが設定されています。"
単動のトリガが正しく設定されていません。"
単動のトリガが正しく設定されていません。"
予約テーブルが指定されていません。"
予約テーブルが指定されていません。"
予約テーブルに銘柄が有りません。"
予約テーブルに銘柄が有りません。"
予約テーブルの銘柄=
予約テーブルの銘柄= 銘柄名 のトリガが正しくセットされていませ
XX
XX
XX
XX
展開先ファイル名が正しく設定されていません。"
展開先ファイル名が正しく設定されていません。"
ITEM 定義の ITEM.NO=XX
ITEM.NO=XX の ITEM 指定が未完全です。"
指定が未完全です。"
ITEM 定義の ITEM.NO=XX
ITEM.NO=XX のタグ=
のタグ=タグ名は、使用できません。
タグ名は、使用できません。"
は、使用できません。"
ITEM 定義の ITEM.NO=XX
ITEM.NO=XX のタグ=
のタグ=タグ名は、使用できません。
タグ名は、使用できません。"
は、使用できません。"
9.5. レシピ ITEM 定義
"レシピ No=XX
No=XX 銘柄名,
銘柄名,データ No.データ番号
No.データ番号 データ名 のデータが下限値または上限
値をオーバーしています。"
値をオーバーしています。"
XX=グループ番号
9.6. エラー番号とその内容
ERROR
‑1
‑2
‑3
‑4
‑5
‑6
‑7
‑8
‑9
‑14
‑15
‑16
‑20
‑21
‑22
‑30
‑31
‑32
‑33
‑34
‑40
‑41
‑42
‑50
‑51
-52
-53
内
容
引数 1 エラー
引数 2 エラー
引数 3 エラー
引数 4 エラー
引数 5 エラー
引数 6 エラー
引数 7 エラー
引数 8 エラー
引数 9 エラー
使用環境が整っていない
ビジー
タグ No.が見つからない
No.が見つからない
タグインデックスが不正
タグインデックスが不正(
タグインデックスが不正 ( ロードされたデータレコードを超えてい
る)
タグインデックスが不正(Tag
タグインデックスが不正(Tag No が登録されていない)
が登録されていない)
TAG 環境が整っていない
TAG 環境が不正(ID
環境が不正(ID エラー)
エラー)
TAG 環境が不正(
環境が不正(知らないバージョン)
知らないバージョン)
サポートされない SFD が走っている
データ欠測
レポート TAG 環境が整っていない
レポート TAG 環境が不正(ID
環境が不正(ID エラー)
エラー)
レポート TAG 環境が不正(
環境が不正(知らないバージョン)
知らないバージョン)
ライトできないタグに書込実施
停止中(from
停止中(from DCSAL)
DCSAL タイムアウト
データベース内に処理不能なタグタイプがある
- 69 -
SFDN‑BATCH 取扱説明書
-54
-62
-63
-64
-65
-66
-67
-68
-69
-70
-71
-72
-73
-99
-100
-101
-102
-103
-104
-105
-106
-200
-201
-202
-203
-301
-302
-303
-1000
-1001
-1002
-6000
-6001
-6002
-6100
-7000
-7001
-7002
-8000
-8001
-8002
-8003
-8997
-8998
-8999
-9990
-9991
-9998
-9999
データベースのバージョンが処理不能
EEPROM 書き込み中のため再試行要求
通信障害
操作不当、不正操作データ
操作手順不当
データ構成不当
EEPROM初期化未処理
EEPROM書き込み不成功
EEPROMチェック・サム照合不一致
EEPROMチェック・サム照合不一致
シーケンス・テーブル不
シーケンス・テーブル不正
・テーブル不正
接続端子未定義
接続端子不当
割付上限チェック(DCS
割付上限チェック(DCS 内部エラー)
内部エラー)
DCSAL その他エラー
VLINKS がインストールされていない
VLINKS の起動に失敗
CMSFD がインストールされていない
CMSFD の起動に失敗
VLINKS または CMSFD が見つかりません
GENSKETCH がインストールされていない
GENSKETCH の起動に失敗
Easy Report ユーザファイルコピーに失敗
Easy Report が所定フォルダにインストールされていない
Easy Report の起動または画面きり変えに失敗
Easy Report の終了に失敗
BATCH が所定フォルダにインストールされていない
BATCH の起動または画面きり変えに失敗
BATCH の終了に失敗
CMSFD 要求実行中で受付できない
要求が大きすぎて処理できない
知らない DCSAL 要求発行
イベント処理でメモリ不足
イベントスレッド生成失敗
イベントキューでエラー発生
イベントキューでエラー発生(BATCH
イベントキューでエラー発生(BATCH 終了通知受け取り側)
終了通知受け取り側)
Vls_rw_dcs_items list エラー
Vls_rw_dcs_items list エラー(
エラー(数値文字長)
数値文字長)
Vls_read_pidctrl_items list エラー
メッセージ送信タイムアウト
メッセージ受信タイムアウト
VLINKS 接続エラー
CMSFD 接続エラー
内部エラー(
内部エラー(メッセージ通信)
メッセージ通信)
内部エラー(
内部エラー(シーケンス番号異常)
シーケンス番号異常)
その他 VLAPI 内部エラー
メモリ不足
WIN32 内部エラー(
内部エラー(セマフォ)
セマフォ)
WIN32 内部エラー
その他内部エラー
- 70 -
SFDN‑BATCH 取扱説明書
9.7.
サーバー使用中 のメッセージについて
BATCH が Excel に対してアクセスする際、Excel
に対してアクセスする際、Excel が別の作業で使用中である場合な
ど、Excel
ど、Excel が反応しない事があります。その場合に下記の サーバー使用中 のメ
ッセージが出て BATCH の運転が中断しますので、BATCH
の運転が中断しますので、BATCH の運転中に Excel で作業す
る場合は、この点を十分に注意して下さい。
もしこのメッセージが出た場合は、 再試行 を選択して下さい。それでも復旧し
ない場合は、 切り替え を選択後、Excel
を選択後、Excel の作業を中断させて下さい。Excel
の作業を中断させて下さい。Excel に入
力途中のセルがある場合などは、入力状態を確定または解除するなどして下さい。
その後 再試行 を選択して下さい。
サーバー使用中 のメッセージが出た場合は、そのトリガでのデータ取得、ダウ
のメッセージが出た場合は、そのトリガでのデータ取得、ダウ
ンロード操作等は無効になります。
9.8. 起動中に発生するのエラーメッセージについて
BATCH(
BATCH(SFDN)が出力するエラーメッセージで、
SFDN)が出力するエラーメッセージで、 使用環境が整っていない 、 TAG
環境が整っていない 等のエラーメッセージが出る場合があります。これは、SFDN
等のエラーメッセージが出る場合があります。これは、SFDN
や BATCH プログラムが起動している最中に、取得トリガなどが入ったために起こる
エラーです。この場合は、SFDN
エラーです。この場合は、SFDN や BATCH が起動してからトリガを入力するよう注意
して下さい。
- 71 -
SFDN‑BATCH 取扱説明書
10. Excel について
10.1. Excel 起動
Excel は BATCH から自動的に起動されますので、BATCH
から自動的に起動されますので、BATCH を運転中にレポート取得、
レシピダウンロード対象の Excel ワークシートをユーザーが開かないで下さい。
BATCH が起動中にこれらのワークシートを編集する場合は、BATCH
が起動中にこれらのワークシートを編集する場合は、BATCH から開いて下さ
い。BATCH
い。BATCH が起動中でない場合は、これらの制限はありません。
10.2. Excel の終了について
BATCH から開かれた Excel ワークシートを、Excel
Excel のクローズボタンや「ファイル」
ワークシートを、
のクローズボタンや「ファイル」
、、、、、、、、、、
−「メニュー」−「終了」から
「メニュー」−「終了」から終了させないで下さい
「終了」から終了させないで下さい。BATCH と Excel 間でのワー
クシートアクセスに不具合が発生します。また、 Excel 表示 ボタンで Excel を表
示させても正しく表示されません。
もし、BATCH
もし、BATCH から起動された Excel を終了させてしまった場合、すべての Excel を
終了させ SFDN の再起動を行うか、パソコンの再起動が必要です。
10.3. 範囲指定方法
レポート定義やレシピ定義において、 参照 ボタンで ......
Excel の書き込み範囲指定
を行う場合、Excel
を行う場合、Excel 上で範囲指定を行った後、Excel
上で範囲指定を行った後、Excel を終了させないで BATCH をク
リックし前面に表示させて下さい。
10.4. ファイル名の制限
Excel ファイル名に空白を使用すると、BATCH
ファイル名に空白を使用すると、BATCH でのデータ取得および書き込みがで
きなくなります。また、プロジェクト名に空白があると BATCH が自動生成する Excel
ファイルのファイル名に空白が入りますので、プロジェクト名にも空白を使用しな
いで下さい。
10.5. ワークシートの制限
10.5.1. ワークシート枚数の制限
1つの Excel ファイルに作成するワークシートの枚数は、50枚以下にして下さ
い。これを越えると正常に動作しません。レポートで使用するグループが50を
越える場合は、グループ毎に ワークシ−ト を作成せずに、グループ毎に フ
ァイル を作成して使用して下さい。
10.5.2. 取り扱いの制限
「レポート」と「レシピ」で同じファイルを取り扱うことは出来ません。必ず
レポート」と「レシピ」で同じファイルを取り扱うことは出来ません。必ず「レ
「レシピ」で同じファイルを取り扱うことは出来ません。必ず「レ
ポート」と「レシピ」ではファイルを分けて使用して下さい。
ポート」と「レシピ」ではファイルを分けて使用して下さい。
10.6. Windows2000にて使用時の注意
Windows2000にて使用時に、
「EXCEL 表示」ボタンや、範囲の「参照」ボ
表示」ボタンや、範囲の「参照」ボ
タンをクリックしても Excel が表示されない場合があります。
この時は、タスクバーの「
この時は、タスクバーの「Excel」アイコンをクリックして表示させて下さい。
Excel」アイコンをクリックして表示させて下さい。
タスクバーは、プロパティ(タスクバー上でマウスを右クリックし、メニューのプ
タスクバーは、プロパティ(タスクバー上でマウスを右クリックし、メニューのプ
ロパティをクリックすると表示)にて「常に手前に
ロパティをクリックすると表示)にて「常に手前に表示」にチェックを入れ
「常に手前に表示」にチェックを入れ「自動
表示」にチェックを入れ「自動
的にかくす」のチェックを外して使用して下さい。
- 72 -
SFDN‑BATCH 取扱説明書
11. ダウンロードできない場合の対処例
11.1. ダウンロードできない場合の対処例(その1)
ダウンロードできない場合の対処例(その1)
ダウンロード先 ITEM や TAG No.が間違っていないか確認して下さい。
No.が間違っていないか確認して下さい。
11.2. ダウンロードできない場合の対処例(その2)
ダウンロードできない場合の対処例(その2)
ダウンロード先の計器ブロックのメンテナンススイッチ ITEM01
ITEM01 が 0(モニ
0(モニ
タモード) になっているか確認して下さい。メンテナンススイッチ ITEM01
ITEM01
が 1(メンテナンスモード)
1(メンテナンスモード) など他のモードになっている場合はダウンロード
できません。
11.3. ダウンロードできない場合の対処例(その3)
ダウンロードできない場合の対処例(その3)
オペレーターズユニット(形式
オペレーターズユニット(形式:
(形式:OPU)またはパソコンが
OPU)またはパソコンが NestBus に接続されてい
る場合、M‑Bus
る場合、M‑Bus や L‑Bus を経由して接続されている他のステーションの機器にダウ
ンロードしようとしていませんか?この場合、ダウンロードはできません。OPU
ンロードしようとしていませんか?この場合、ダウンロードはできません。OPU や
パソコンを、M‑Bus
パソコンを、M‑Bus または L‑Bus に直接、接続するなどして対応して下さい。
11.4. ダウンロードできない場合の対処例(その4)
ダウンロードできない場合の対処例(その4)
ダウンロード時に、外部トリガが入力されているにもかかわらずダウンロードされ
ない場合があります。これは外部トリガの ON 時間または OFF 時間が短い場合、BATCH
で認識されずダウンロードできないことにより起こります。これはダウンロードト
リガを1秒間隔でサンプリングしていますが、このサンプリングでトリガを検出で
きないために起こります。この場合、トリガ信号を数秒から十数秒間、ON
きないために起こります。この場合、トリガ信号を数秒から十数秒間、ON または OFF
しておく必要があります。特に、専用回線や電話回線を使ったシステムなどでは、
トリガ信号を保持するなどして対応するよう注意して下さい。
- 73 -
Ver. 3.10
USER'S
INTERNATIONAL LABORATORY CORPORATION
NM−6470−MG 改2
ご注意
1. このソフトウェアおよびマニュアルの著作権は、(株)アイ・エル・シーにあります。
2. このソフトウェアおよびマニュアルの一部または全部を無断で使用、複製すること
はできません。
3. ソフトウェアは、コンピュータ1 台につき1セット購入が原則となっています。
4. このソフトウェアおよびマニュアルを運用した結果の影響については、一切責任を
負いかねますので、ご了承ください。
5. このソフトウェアの仕様、およびマニュアルに記載されている事柄は、将来予告な
しに変更することがあります。
GENI
FA、GENSKETCHは、株式会社アイ・エル・シーの登録商標です。
Microsoft、Visual Studio、Visual C++、Win32、Windows、Windows NT、Windows 95 お
よび MS-DOS は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標
および登録商標です。
その他、記載されている会社名、製品名は、各社の商標および登録商標です。
● 安全上のご注意 ●
(ご使用前に必ずお読みください)
GENSKETCHのご使用に際しては、各製品に付属しているマニュアルおよび付
属マニュアルで紹介している関連マニュアルをよくお読みいただくとともに、安全に対
して充分に注意を払って、正しい取扱いをしていただくようお願いいたします。
なお、このマニュアルで記載している安全注意事項のランクは、「注意」です。
取扱いを誤った場合に、危険な状況が起こりえて、
注
意
中程度の傷害や軽傷を受ける可能性が想定される
場合および物的損害だけの発生が想定される場合。
なお、
注意 に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可能性
があります。いずれも重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。
製品に付属しているマニュアルは必要なときに取り出して読めるように大切に保管す
るとともに、必ず最終ユーザまでお届けいただくようにお願いいたします。
改定履歴
印刷日付
マニュアル番号
改定内容
1998 年 4 月
GS066-A
初版印刷
1998 年 4 月
GS066-B
制約事項追記
1998 年 8 月
GS066-C
Ver3.10 に対応
目
次
第 1 章 はじめに ........................................................................................... 1-1
第 2 章 GENSKETCHの概要....................................................................... 2-1
2.1 一般仕様............................................................................................ 2-1
2.2 GENSKETCHの主な機能.................................................................. 2-2
2.3 プログラムとファイル形式....................................................................... 2-3
2.4 基本的な操作の流れ ............................................................................ 2-6
2.5 IFE システム....................................................................................... 2-7
第 3 章 スケッチ............................................................................................ 3-1
3.1 画面構成とメニュー ............................................................................. 3-1
3.2 ファイル............................................................................................. 3-3
3.3 描
画 ........................................................................................... 3-8
3.4 図形の選択・移動・サイズ変更.............................................................3-11
3.5 編
集 ......................................................................................... 3-15
3.6 アレンジ............................................................................................3-18
3.7 パレット............................................................................................ 3-23
3.8 フレームファイル ............................................................................... 3-29
3.9 オプション........................................................................................ 3-30
3.10
ポップアップメニュー ........................................................................ 3-36
第 4 章 IFE エディタ..................................................................................... 4-1
4.1 IFE エディタ画面................................................................................ 4-1
4.2 部品の追加登録 ................................................................................. 4-3
4.3 部品名の変更..................................................................................... 4-5
付録 1 コマンド一覧..................................................................................... 付-1
スケッチ .................................................................................................... 付-1
IFE エディタ............................................................................................. 付-6
付録 2 用語集 ............................................................................................. 付-7
付録 3 DOS 版との相違点.......................................................................... 付-10
第1章 はじめに
第 1 章 はじめに
GENSKETCH(ジェンスケッチ)をお買い上げいただきまして誠にありがとうござい
ます。GENSKETCHは、C 言語プログラマのための汎用図形エディタです。
本マニュアルでは記述が冗長になることを避けるため、以下のことを仮定していま
す。
GENI
FAライブラリを使ったプログラミングについて理解していること。
C/C++言語で Windows プログラムを組んだことがあり、Windows の基本的なオ
ペレーションについて理解していること。
以下に本マニュアルの構成を示します。
第 2 章 GENSKETCHの概要
GENSKETCHの主な機能およびGENSKETCHを構成するプログラムとフ
ァイル形式について説明します。さらにGENSKETCHの基本的な使用方法
について説明します。
第 3 章以後でGENSKETCHを構成する各プログラムについて詳述します。
第 3 章 スケッチ
プログラム「スケッチ」についてその操作法を説明します。
第 4 章 IFE エディタ
プログラム「IFE エディタ」についてその操作法を説明します。
付録 1 コマンド一覧
GENSKETCHで使用されるコマンドの機能と
ショートカットキーの一覧を示し
ます。
1-1
第1章 はじめに
付録 2
用語集
本マニュアルの記述にあたって、専門用語の使用はできるだけ避けましたが、
記述の簡素化のため、やむをえず使用したものについてはここでまとめて解説
してあります。
付録 3 DOS 版との相違点
DOS 版のGENSKETCHから追加された機能、削除された機能および相違
がある機能をそれぞれ項目ごとに解説してあります。
1-2
第2章 GENSKETCHの概要
第 2 章 GENSKETCHの概要
2.1 一般仕様
本項ではGENSKETCHが動作する環境について説明します。
本項に記述されていない細かな仕様につきましては弊社までお問い合わせくださ
い。
動作環境
項 目
パソコン
OS
カラーパレット
メモリ
CPU
ハードディスク
内 容
Windows95/NT が動作するもの
Windows95/NT4.0
256 色以上
16MB 以上を推奨
Pentium 100MHz 以上を推奨
20MB 以上の空き
Windows の画面プロパティで「大きいフォント」を設定している場合、表示が乱れ
ることがあります。GENSKETCHをご使用の際には「小さいフォント」を設定して
ください。
2-1
第2章 GENSKETCHの概要
2.2 GENSKETCHの主な機能
GENSKETCHは、Windows 用 C/C++言語アプリケーションで使用できる品質の
高い図形データをすばやく簡単に作成・編集できる汎用図形エディタです。
GENSKETCHは、当社のグラフィカル・ユーザインタフェース・ライブラリGENI
F
Aにもとづいていますので、高い互換性を持った図形データを作成・編集すること
ができます。GENSKETCHで作成・編集したデータはGENI
FAを含むさまざま
な当社のプログラマーズ・ライブラリで使用することができます。
GENSKETCHは主に次のような機能を持っています。
〈グラフィックの作成・編集・保管〉
ベクトル形式の図形データについての作成・編集ができます。できあがった図
形データをファイルとして保管したり、1 度作成した図形データのファイルを呼
び出し、再度、編集することもできます。
また画面の矩形領域(フレーム)に名前を設定し、その設定をファイル(フレー
ムファイル)に保存することができます。これらのファイルは、当社のGENEDI
Tライブラリで使用します。設定したフレームを使用することにより、簡単にアプ
リケーション上で画面領域を扱うことができます。
〈部品図形集の作成・編集〉
GENSKETCHは IFE ファイルを操作する機能を使ってさまざまな図形デー
タを部品図形集としてまとめることができます。これらのファイルは、当社の
GENEDIT ライブラリでも使用することができます。各種用途に特有の図形デー
タを部品としてまとめて保管することにより、他のアプリケーションプログラムへ
の流用など図形データ作成の作業をより効率的に行うことができます。
2-2
第2章 GENSKETCHの概要
2.3 プログラムとファイル形式
スケッチ
ビットソップ
ファイル
(BMP)
フレーム
ファイル
(GFM)
IFE
GENSKETCH
イメージ
ファイル
(IMG)
画面ファイル
(DWG)
IFE
ファイル
(IFE)
ベクトル
ファイル
(VEC)
【システム概要図】
GENSKETCHは次のような2つのプログラムで構成されています。
①スケッチ (第 3 章参照)
このエディタで、矩形、楕円などのようなベクトル図形を要素とした画面データ
ができます。またフレームファイルの編集ができます。すべての操作はマウスに
よって行います。ユーザインタフェースはさまざまなレベルに応じて考慮されて
います。主要なコマンドの実行は画面上部にあるメニューバーのプルダウンメ
ニューで実行できます。メニューの選択はマウスによる選択だけでなくショート
カットキーによるキーボードを使った選択もできます。さらに描画コマンドなど頻
繁に使用する機能についてはツールバーで実行できます。色・線種の設定、
ファイルの選択等はダイアログボックスによって操作できます。
GENSKETCHからのメッセージや現在の処理状態は画面下のステータスバ
ーに表示され、操作の妨げとなるような確認操作(メッセージダイアログボックス
のように毎回 OK をクリックする)は必要最低限にとどめてあります。
2-3
第2章 GENSKETCHの概要
編集やアレンジのコマンドもわかりやすく、かつ広範囲の機能を取り入れてい
ます。たとえば、図形の手前移動、奥移動、裏返しや回転などがあります。
また、複数の図形をグループとして一つの図形にまとめたり、逆にグループを
解除するコマンドも用意されています。グループは階層的に定義することもで
き、編集をより効率的にすすめることができます。
さらに作成した図形データを部品図形集として登録することができます。
②IFE エディタ (第 4 章参照)
スケッチで作成したベクトル形式の図形データを部品図形集として扱えるよう
に IFE ファイルとしてまとめることができます。このエディタはそれらIFE ファイ
ルの保守を行うためのプログラムです。IFE ファイルへのグラフィックの登録・削
除などの編集あるいは IFE ファイルに登録されている内容の表示を行うことが
できます。
これらのプログラムが扱うファイルには次のようなものがあります。
・画面ファイル(拡張子 DWG)
スケッチで作成した画面データは通常このファイル形式で保管されます。これ
らのファイルはベクトル図形とイメージデータから構成されています。
・ベクトルファイル(拡張子 VEC)
スケッチで作成された図形を部品図形集にベクトル形式で登録することにより
図形データがこれらのファイルに保管されます。IFE エディタを使って、このフ
ァイル内の図形データを IFE ファイルに登録することができます。
・イメージファイル(拡張子 IMG)
イメージ形式の図形データは旧バージョンとの互換性確保のために用意され
ています。イメージファイルを操作することはできますが、新たにイメージファイ
ルに部品を追加することはできません。
・IFE ファイル(拡張子 IFE)
GENSKETCHで使用できる部品図形集です。スケッチで作成された図形デ
ータを IFE ライブラリに登録することで図形データが保管されるファイルおよび
2-4
第2章 GENSKETCHの概要
パス名とインデックスのデータがこれらのファイルに保管されます。IFE エディタ
を使って、このファイルを編集することができます。
・ビットマップファイル(拡張子 BMP)
スケッチではビットマップデータを読み込んだり、部品として登録することができ
ます。
・フレームファイルファイル(拡張子 GFM)
スケッチで作成したフレームデータは通常この形式で保管されます。
IFE ファイル内には、画面データ内で使用されている部品図形が格納されている
図形ファイルのファイル名とパス名が格納されています。IFE ファイルをオープンし
たときは同時にそれらのファイル名やパス名にもとづき、図形ファイルの検索が行
われます。他のマシンでのデータ流用などの場合、これらのパスに不整合が生じる
場合もあります。このようなとき、環境変数 IFE にパスを設定しておけば、上記の検
索時に画面ファイルや IFE ファイル内のパスに加え、IFE に設定されたパスを検索
します。(IFE に何も設定されていなくても、カレントディレクトリは必ず検索されま
す。)
2-5
第2章 GENSKETCHの概要
2.4 基本的な操作の流れ
GENSKETCHで作成した図形(フレーム)データをユーザアプリケーションプログ
ラムでは以下のような手順の作業を行うことによって使用できます。
① 図形(フレーム)データの作成
② 作成した図形(フレーム)データの保存
③ ユーザアプリケーション内での表示関数の使用(図形データ)
④ ユーザアプリケーション内でのGENEDITライブラリ関数の使用
(フレームデータ)
上記①②をGENSKETCHで行います。
ユーザアプリケーション内ではGENI
FAライブラリ関数を使って図形データを利用
できます。
GENI
FAライブラリ関数またはGENEDITライブラリ関数についての詳しいことは、
GENI
FA USER’S マニュアルを参照してください。
2-6
第2章 GENSKETCHの概要
2.5 IFE システム
IFE システムとは、GENSKETCHが利用できる部品図形管理システムで、下記の
ような構成になっています。したがって、部品名による各種図形データの管理が簡
単に行え、1 度作成した図形データを部品として管理することにより新規作成時に
1 からデータを作成する手間を省きます。例えば、押しボタンやメータやコンベアな
どを含んだ画面の作成をスムーズに行うことができます。
GENI
FAのプログラマーズライブラリには、IFE ファイルの管理に必要な関数も用
意されておりGENI
FAを使って書かれたアプリケーションプログラムで、GENSK
ETCHによって作成されたデータを簡単に使用することができます。
スケッチの部品選択/部品登録を使えば、それぞれのファイルから好みのイメージ
データやベクトル図形を集め、新たにベクトルファイルとして格納することができま
す。
スケッチ
IFE エディタ
IFE ファイル
部品名
VEC/IMG/BMP フラグ
パス、ファイル名
ファイル中のオフセット
BUHIN 3
I
C:¥GENIFA¥SAMP.IMG
3
BUHIN 4
V
C:¥GENIFA¥SAMP.VEC
2
BUHIN 5
B
C:¥GENIFA¥SAMP.BMP
1
SAMP.IMG(イメージファイル)
イメージ(部 品)データ 1
イメージ(部 品)データ 2
イメージ(部 品)データ 3
・
・
・
・
・
・
SAMP.VEC(ベクトルファイル)
ベクトル(部品)データ 1
ベクトル(部品)データ 2
ベクトル(部品)データ 3
・
・
・
SAMP.BMP
(ビットマップファイル)
【IFE(Index Front End)構成図】
2-7
第3章 スケッチ
第3章
3.1
スケッチ
画面構成とメニュー
①
②
③
④
① メニューバー ・・・・・・・・ 各メニューをクリックすると、プルダウンメニューが表
示されます。
② ツールバー ・・・・・・・・・ コマンドの一部をボタン化した各種ツールが並んで
います。
③ 描画領域 ・・・・・・・・・・・ ここで作業を行います。
④ ステータスバー・・・・・・ 現在実行中のコマンドとそのコマンドに関するメッセ
ージが表示されます。
スケッチはファイル、描画、編集、アレンジ、パレット、フレームファイル、オプション
の 7つのメニューから構成されます。メニューバーの機能をクリックすると各々のメ
ニューがプルダウン形式で表示されます。ショートカットキーを使うとメニューの選択
をすばやく行うことができます。
3-1
第3章 スケッチ
図形編集モード時またはフレーム編集モード時では、選択可能なメニューが異なり
ます。
表示、ウィンドウの2つのメニュー操作については Windows に準拠します。
メニューの選択
メニューの選択は Windows 準拠の標準的な方法で行います。
選択中の図形がある場合は、マウスの右クリックによるポップアップメニューの
使用が可能です。
次項よりメニューに従って各コマンドの詳細な説明を行います。各コマンドは次のフ
ォーマットで説明してあります。
コマンド
各コマンドのコマンド名とその機能
コマンド名の右側の
内の文字はショートカット
キーを示し、この文字をキーインすることにより、直
接コマンドを選択することができます。ただし、ショー
トカットキーのないコマンドもありますので注意してく
ださい。
手
順
コマンド操作の手順についての説明
オプション
拡張機能についての説明
補
補足説明
足
メニュー、ショートカットキーについては、付録 1 コマンド一覧を参照してください。
本マニュアルにあるマウスを使った操作については、特に述べられていない場合
はマウスの左ボタンを使った操作を表します。
本マニュアルでは、キーは枠(
)、文字列はダブルコーテーションマーク(
で囲まれた形で表現されています。
3-2
)
第3章 スケッチ
3.2
ファイル
①
②
⑤
⑥
③
④
① ディレクトリ表示・・・・・・ カレントディレクトリを表示します。プルダウンリストか
らカレントドライブ、カレントディレクトリの変更が可能
です。
② ファイル一覧 ・・・・・・・・ 指定できるファイル名の一覧を表示します。
③ ファイル名表示・・・・・・ 指定されているファイル名を表示します。この部分に
ファイル名を入力するか、②ファイル一覧の該当する
名前をクリックするとファイルを指定できます。
④ ファイルの種類・・・・・・ 一覧に表示するファイルの種類を選択します。
⑤ 開く・・・・・・・・・・・・・・・・ 新たにウィンドウを起動し、③ファイル名に表示され
ているファイルを読み込みます。
⑥ キャンセル・・・・・・・・・・ ファイル選択ダイアログを閉じます。
3-3
第3章 スケッチ
3.2.1 新規作成
コマンド
新規作成
新しい描画領域を持つウィンドウを表示
Ctrl+N
手
順
1. [ファイル]
−[新規作成]を選択します。
補
足
ウィンドウは最大10 個まで開くことができます。
3.2.2 開く・上書き保存・名前を付けて保存
コマンド
開く
指定された画面ファイルの画面上への表示
Ctrl+O
上書き保存 元の画面ファイルへの上書き
Ctrl+S
名前を付けて保存
指定された画面ファイルへの保存
手
順
1. [ファイル]−[開く]、[上書き保存]または[名 前 を付けて保
存]を選択します。
2. (開く・
名前を付けて保存の場合)ファイルセレクタで画面ファイ
ルを指定します。
補
足
未保存のファイルで上 書 き 保 存 を行 った場合、ファイル名を
NoName*.DWG として保存処理を行います。
3-4
第3章 スケッチ
3.2.3
部品の選択と登録
コマンド
部品選択
手
1. [ファイル]
−[部品選択]を選択します。
順
IFE ファイル部品データの画面上への表示
Ctrl+B
2. [参照]ボタンをクリックし、IFE ファイルを指定します。
3. 部品名一覧から指定する部品を選択します。同時に画面右
に部品が表示されます。
4. 選択する部品が決定したら、[OK]ボタンをクリックします。現
在、選択されているウィンドウに部品が表示されます。
補
足
環境変数 IFE にパスを設定しておけば、IFE ファイル内に登録さ
れているパス名に加え、それらのパスで部品データの検索が行
えます。もしも、IFE ファイル内に登録されているパスが間違って
いた場合、設定されたパス内の同名の図形ファイルの部品デー
タが呼び出されます。
コマンド
部品登録
手
1. 部品登録する図形を指定します。
順
図形データの IFE ファイル登録
2. [ファイル]
−[部品登録]を選択します。
3. ファイルセレクタが表示されますので、部品登録をするIFE の
ファイルを選択します。
4. 登録部品名を入力し、[OK]ボタンをクリックします。部品名は
半角で 20 文字まで入力できます。
5. 再度ファイルセレクタが表示されますので、部品登録をするベ
クトルファイルを指定します。
補
足
1つのIFE ファイルには重複した部品名は登録できません。また、
1つの IFE ファイルに登録できる部品の数は最大 100 図形まで
です。
3-5
第3章 スケッチ
3.2.4
BMP 部品登録
コマンド
BMP 部品登録
指定した図形をビットマップとして IFE ファイル登録
手
順
1. 部品登録する図形を指定します。
2. [ファイル]
−[BMP 部品登録]を選択します。
3. ファイルセレクタが表示されますので、部品登録をするIFE の
ファイルを選択します。
4. 登録部品名を入力し、[OK]ボタンをクリックします。部品名は
半角で 20 文字まで入力できます。
5. 再度ファイルセレクタが表示されますので、指定した 図形を保
存するビットマップファイルを指定します。
補
足
1つのIFE ファイルには重複した部品名は登録できません。また、
1つの IFE ファイルに登録できる部品の数は最大 100 図形まで
です。
選択した図形が描画領域よりはみ出している場合は、表示され
ている部分のみが登録されます。
3.2.5
BMP ファイル読み込み
コマンド
BMP ファイル読み込み
指定したビットマップファイルの画面への貼付け
手
順
1. [ファイル]
−[BMPファイル読み込み]を選択します。
2. ファイルセレクタが表示されるので、読み込むビットマップファ
イル(拡張子 BMP)を選択します。
3. 描画領域の左上にビットマップファイルが読み込まれて表示さ
れます。
3-6
第3章 スケッチ
3.2.6
閉じる
コマンド
閉じる
手
1. [ファイル]
−[閉じる]を選択します。
順
画面ファイルを閉じる
2. 編集中の図形(フレーム)データが保存されていなければ、確
認のメッセージが表示されます。
3.2.7
アプリケーションの終了
コマンド
アプリケーションの終了
アプリケーションの終了
手
順
1. [ファイル]
−[アプリケーションの終了]を選択します。
2. 編集中の図形(フレーム)データが保存されていなければ、確
認のメッセージが表示されます。
3-7
第3章 スケッチ
3.3
描
画
3.3.1 直線・矩形・楕円
コマンド
手
順
直線
Ctrl+L
矩形
Ctrl+I
円/楕円
Ctrl+E
1. [描画]−[直線]、[矩形]または[円/楕円]を選択します。
2. 図形の始点を決定します。
3. 描きたい図形の形になるまでマウスをドラッグし、離します。そ
の図形が選択されている状態になります。
オプション
角丸矩形
手順 2.において矩形+ Ctrl
直線 45 度(0°45°90°135°180°225°270°315°)
手順 3.において直線+ Shift
直線 30 度(0°30°90°150°180°210°270°330°)
手順 3.において直線+ Ctrl
正方形
手順 3.において矩形+ Shift
真円
手順 3.において楕円+ Shift
連続描画
手順 3.において任意のコマンド+ Alt
ex.正方形の連続 ・・・・・・・・ 矩形+ Shift + Alt
3-8
第3章 スケッチ
3.3.2 多角形
コマンド
多角形
手
1. [描画]−[多角形]を選択します。
順
Ctrl+J
2. 図形の始点を左クリックします。
3. 次の点までマウスを動かし、再び左クリックします。この動作を、
多角形すべての頂点ができるまで繰り返します。
4. 右クリックすると支点と終点が結ばれ、その図形が選択されて
いる状態になります。
オプション
連続直線
手順 2.において多角形+ Ctrl
このとき、始点と終点が十分近いと連続直線ではな
く閉じた曲線となります。
描画中に Esc を押すと、直前に描かれた頂点が取り
消されます。
(3.6.5 多角形変形・曲線変形参照)
3.3.3 扇
形
コマンド
扇形
手
1. [描画]−[扇形]を選択します。
順
Ctrl+A
2. 任意の位置でマウスボタンを押します。
3. マウスをドラッグして楕円を描き、ボタンを離します。
4. 定義した楕円の 3 時の位置にあらわれた半径の円周上の端
点を任意の位置までドラッグします。
5. 右クリック(あるいは Esc )すると、その図形が選択されている
状態になります。
オプション
真円の扇形
手順 3.において+ Shift
円弧
手順 2.において+ Ctrl
真円の円弧
手順 2.において+ Shift + Ctrl
3-9
第3章 スケッチ
3.3.4 文字列
コマンド
文字列
手
1. [描画]−[文字列]を選択します。ダイアログボックスが開きま
順
Ctrl+T
す。
2. 文字列(256 文字まで)を入力します。
3. Enter を押すか、あるいは[OK]の部分をマウスでクリックし
ます。
4. 文字列を書き込みたい位置の左下の端点をマウスでクリックし
ます。これで文字は書き込まれ、その文字列が選択されてい
る状態になります。
補
足
1 度入力した文字列を変更したいときは、変更する文字列の任
意の位置をダブルクリックすることで、可能になります。
3.3.5
フレーム追加
コマンド
フレーム追加
Ctrl+Q
手
順
1. [描画]−[フレーム追加]を選択します。ダイアログボックスが
開きます。
2. フレーム名(20 文字まで)を入力します。
3. Enter を押すか、あるいは[OK]の部分をマウスでクリックし
ます。
4. フレームの始点を決定します。
4. 設定したい大きさになるまでマウスをドラッグし、離します。そ
のフレームが選択されている状態になります。
補
足
1 度入力したフレーム名を変更したいときは、変更するフレーム
の任意の位置をダブルクリックすることで、可能になります。
3 - 10
第3章 スケッチ
3.4
図形(フレーム)
の選択・
移動・サイズ変更
3.4.1 図形(フレーム)
の選択
コマンド
手
順
1. 選択したい図形(フレーム)上の任意の位置をクリックしま
*1
す。
オプション
複雑な画面中での 1 図形の選択
Alt を押しながらクリックするとマウスカーソルの下にあ
る図形(フレーム)すべてを順番に選択できます。
選択の解除
別の図形(フレーム)を選択するか、画面の何もない部分
をクリックするか、 Shift を押しながらその図形(フレー
ム)をクリックすることで、選択は解除されます。
*1:図形(フレーム)が選択されると、その図形を囲んでいる矩形の頂点と各辺の中
点合計 8 個のハンドルがあらわれます。
3 - 11
第3章 スケッチ
3.4.2 複数の図形(フレーム)の選択
コマンド
手
順
1. 選択したい図形(フレーム)の 1 つをクリックして、 Shift を押
しながら残りの図形(フレーム)をクリックします。あるいは、マウ
スをドラッグして選択したい図形(フレーム)をいくつでも仮想
*2
的な矩形 で囲みます。
オプション
選択の解除
選択を解除したい図形(フレーム)を Shift を押しなが
らクリックします。
補
足
すべての図形(フレーム)を選択するときは、全選択コマンドを使
用できます。(3.5.4 全選択参照)
*2:8 個すべてのハンドルが囲まれている図形のみが選択されます。ただし、ハン
ドルは表示されていないので円弧などの図形については注意してください。
(下図参照)
仮想的な図形A
A・Bどちらで囲っても
選択できます。
Aで囲った場合、選択できません。
Bで囲った場合、選択できます。
仮想的な図形B
3 - 12
第3章 スケッチ
3.4.3 図形(フレーム)の移動
コマンド
手
順
1. 図形(フレーム)を選択します。
2. 図形(フレーム)
上の任意の位置でマウスボタンを押して、移
動先までドラッグします。ドラッグの間、図形(フレーム)を囲 ん
でいる矩形がマウスと一緒に動きます。
マウスドラッグ中にキーボードの矢印キーにて移動の微調整
が可能です。
3. ボタンを離します。図形(フレーム)は新しい位置に表示され、
選択されている状態になります。
3 - 13
第3章 スケッチ
3.4.4 図形(フレーム)
のサイズ変更
コマンド
手
順
1. 図形(フレーム)を選択します。
2. ハンドルの1 つにマウスを合わせます。
3. 図形(フレーム)を囲んでいる矩形が適当な大きさになるまで
ドラッグします。
マウスドラッグ中にキーボードの矢印キーにてサイズの微調整
が可能です。
4. ボタンを離します。図形(フレーム)は新しいサイズで表示され、
選択されている状態になります。
オプション
Shift を押しながら角のハンドルをドラッグすると、図形(フレー
ム)を囲んでいる矩形が正方形に変わり、正方形のままサイズを
変更できます。
補
足
文字列とイメージはこの方法ではサイズ変更をすることができま
せん。(文字列のサイズ変更については、3.7.3 フォント参照)
角のハンドルをドラッグ
・・・上記のような変更が可能
辺の中間のハンドルをドラッグ
・・・上記のような変更が可能
3 - 14
第3章 スケッチ
3.5
編
集
消去や複写に関するコマンドには、元に戻す、切り取り(カット)、コピー、貼り付け
(ペースト)、削除、反復、全選択 、繰り返しがあります。
3.5.1
3.5.2
元に戻す
コマンド
元に戻す
一つ前の状態に戻す
Ctrl+Z
手
順
1. [編集]−[元に戻す]を選択します。
補
足
元に戻す情報がない場合はメニューが選択できません。
図形の切り取り/コピーと貼り付け
コマンド
手
順
切り取り
図形の切取り(一時領域へ保管)
Ctrl+X
コピー
図形の複写(一時領域へ保管)
Ctrl+C
貼り付け
切取りまたは複写された図形の貼付け
Ctrl+V
1. 図形を選択します。
2. [編集]−[切り取り]もしくは[コピー]を選択します。
3. [編集]−[貼り付け]を選択します。
4. 貼り付けたい図形のハンドルの左上がくる位置にマウスを合
わせ、クリックします。
オプション
他の画面からの図形の貼付けもできます。画面に表示されてい
る画面ファイルを変更しても一時領域の内容は変更されません。
3 - 15
第3章 スケッチ
3.5.3
削除・反復
コマンド
手
順
削除
図形(フレーム)の削除
反復
図形の反復(選択中の図形の右下に同じ図形を作
成)
Ctrl+R
Ctrl+D
1. 図形(フレーム)を選択します。
2. [編集]−[削除]または[反復]を選択します。
3.5.4 全選択
コマンド
全選択
手
1. [編集]−[全選択]を選択します。すべての図形(フレーム) に
順
すべての図形(フレーム)の選択
ハンドルがあらわれます。
3 - 16
第3章 スケッチ
3.5.5
繰り返し
コマンド
繰り返し
手
1. 図形を選択します。
順
図形の繰返し
2. [編集]−[繰り返し]を選択します。繰返し指定ダイアログボッ
クスが開きます。
3. 繰返しの方向・回数・間隔を設定します。
補
足
設定できる繰返し図数は 1 度に 10 個までです。
①
②
③
④
⑤
① 方向設定 ・・・・・・・・・・・ 繰り返す方向を設定します。
② 回数設定 ・・・・・・・・・・・ 繰り返す回数を設定します。
③ 間隔設定 ・・・・・・・・・・・ 図形と図形の間隔を設定します。
④ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・ 繰り返しダイアログを閉じ、設定された条件で繰返し
処理を行います 。
⑤ キャンセル・・・・・・・・・・ 繰り返しダイアログを閉じます。
3 - 17
第3章 スケッチ
3.6
アレンジ
3.6.1 グループ
コマンド
グループ
手
1. グループにしたい図形すべてを複数選択します。
順
複数の図形の合体
Ctrl+G
2. [アレンジ]−[グループ]を選択します。
補
足
マクログループ(グループのグループ)化も可能です。
GENSKETCHのすべての命令は、個々の図形、複数選択された図形、グルー
プ化された図形に対して実行されます。
3.6.2 グループ解除
コマンド
グループ解除 グループ化された図形の解除
手
1. 解除したいグループを選択します。
順
Ctrl+U
2. [アレンジ]−[グループ解除]を選択します。
3.6.3 手前へ・奥へ
GENSKETCHではすべての図形が表示画面の仮想的な深さに対応した順序で
配置されています。2 つの図形が重なり合っているとき、上の図形が下の図形の重
なり合った部分を覆い隠していますが、[手前へ]・
[奥へ]を使って、図形の順序を
変えることができます。
コマンド
手前へ
重なり合っている下の図形を手前に移動
Ctrl+F
奥へ
手
順
重なり合っている上の図形を奥に移動
Ctrl+H
1. 図形を選択します。
2. [アレンジ]−[手前へ]または[奥へ]を選択します。
3 - 18
第3章 スケッチ
3.6.4 裏返し・回転
コマンド
手
順
裏返し
図形の垂直方向/水平方向への裏返し
回転
図形の反時計まわりへの 90 度回転
1. 図形を選択します。
2. [アレンジ]−[裏返し]または[回転]を選択します。
補
足
文字列やイメージには使用できません。
水平
垂直
裏
返
し
回
3 - 19
転
第3章 スケッチ
3.6.5 多角形変形・曲線変形
① 多角形変形
多角形・連続直線の頂点の変形
コマンド
多角形変形
手
1. 変形したい図形を選択します。
順
2. [アレンジ]−[多角形変形]を選択します。
3. 選択された図形の頂点は中空の小さな矩形に変わります。こ
の矩形をクリックして、新しい位置までドラッグします。
4. すべての変形が終了したら、マウスの右ボタンをクリックして、
多角形変形を終了します。
② 曲線変形
ベジエ曲線の変形
コマンド
多角形変形
手
1. 変形したいベジエ曲線 (あるいは連続直線、閉じた曲線)を選
順
択します。
2. [アレンジ]−[多角形変形]を選択します。
3. 選択された図形の頂点は小さな矩形に変わります。この矩形
をダブルクリックし、新しい位置までドラッグします。
4. すべての変形が終了したら、マウスの右ボタンをクリックして、
多角形変形を終了します。
3.6.6 円弧角調整
コマンド
円弧角調整
手
1. 中心角を調整したい円弧および扇形を選択します。
順
扇形・円弧の中心角の変更
2. [アレンジ]−[円弧角調整]を選択します。
3. ハンドルが消え、円弧の両端に小さな矩形があらわれます。こ
の矩形をクリックし、新しい位置までドラッグします。
3 - 20
第3章 スケッチ
3.6.7 揃
え
揃えは、複数の図形(フレーム)の互いの位置関係をアレンジするコマンドです。1
図形(フレーム)や 1 グループに対しては何の効力もないので、揃えを使うときは必
ず複数(均等では 3 個以上)選択をしなければなりません。揃えは、選択されたす
べての図形(フレーム)を囲む最小の矩形に対して実行されます。
コマンド
揃え
手
1. 揃えたい図形(フレーム)を複数選択します。
順
複数の図形(フレーム)の位置関係のアレンジ
2. [アレンジ]−[揃え]の中から実行したいコマンドを選択しま
す。
垂直
水平中寄せ
水平寄せ
垂直寄せ
中寄せ
上寄せ
左寄せ
右寄せ
水平均等
下寄せ
3 - 21
垂直均等
第3章 スケッチ
3.6.8
フレーム調整
コマンド
フレーム調整
指定されたフレームの大きさを背景に表示されてい
る図形の外周矩形に合わせる
手
順
1. 大きさを調整したいフレームを選択します。
2. [アレンジ]−[前検索]または[次検索]を選択します。
3 - 22
第3章 スケッチ
3.7
パレット
3.7.1 色・パターン
コマンド
色/パターン
図形(イメージは除く)の色やパターンの変更
Ctrl+Y
手
順
1. 図形を選択します。
2. [パレット]−[色/パターン]を選択します。
パターン選択ダイアログボックスが開きます。
3. 色・パターンを設定します。
補
足
デフォルト設定用パターン選択ダイアログボックスであらかじめデ
フォルト値を設定しておくこともできます。
①
②
④
③
⑤
⑥
⑦
3 - 23
第3章 スケッチ
① 前景色 ・・・・・・・・・・・・・ クリックすると開 く色選択ダイアログボックスによって、
前景色が選択できます。前景色はパターンを選んだ
ときにしか使用されません。
② 背景色 ・・・・・・・・・・・・・ クリックすると開 く色選択ダイアログボックスによって、
背景色が選択できます。
③ 透明 ・・・・・・・・・・・・・・・ 図形を塗りつぶしません。
④ 塗りつぶし
パターンメニュー・・・ 使用できるパターンを表示しています。クリックするこ
とによりパターンを選択できます。
⑤ サンプルウィンドウ・・・ 現在選択されている組合せを反映しています。
⑥ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・ 画面上で選択された図形に対して選択された色・パ
ターンを適用します。
⑦ キャンセル・・・・・・・・・・ パターン選択ダイアログボックスを閉じます。
3 - 24
第3章 スケッチ
3.7.2 線
種
コマンド
線種
文字列・イメージ以外のすべての図形の線種の変
更
手
順
1. 図形を選択します。
2. [パレット]−[線種]を選択します。線種選択ダイアログボック
スが開きます。
3. 線スタイル・線色・線幅・輪郭の有無を設定します。
補
足
デフォルト設定用線種選択ダイアログボックスであらかじめデフ
ォルト値を設定しておくこともできます。
①
⑤
②
③
④
⑥
⑦
3 - 25
第3章 スケッチ
① スタイル選択・・・・・・・・ 使用できる線スタイルを表示しています。クリックする
ことによりスタイルを選択できます。
② 色選択 ・・・・・・・・・・・・・ クリックすると開 く色選択ダイアログボックスによって、
線の色選択ができます。文字が選択されている場合
は文字色が選択できます。
③ 幅・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 線の幅を設定します。(1〜20)
④ 輪郭設定 ・・・・・・・・・・・ 図形の輪郭線有無を設定します。
⑤ サンプルウィンドウ・・・ 現在選択されている組合せを反映しています。
⑥ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・ 選択された線種を部品に反映します。
⑦ キャンセル・・・・・・・・・・ 線種の選択ダイアログボックスを閉じます。
3 - 26
第3章 スケッチ
3.7.3 フォント
コマンド
フォント
手
1. 文字列を選択します。
順
2. [パレット]−[フォント]を選択します。フォント設定ダイアログ
ボックスが開きます。
3. フォントを設定します。
補
足
デフォルト設定用フォントダイアログであらかじめフォントのデフォ
ルト値を設定しておくこともできます。
③
④
①
⑥
②
⑦
⑤
⑧
⑨
⑩
3 - 27
第3章 スケッチ
① 選択中フォント表示欄・・・ 現在選択されているフォント名が表示されます
② フォントリストウィンドウ・・・ フォントのリストが表示されています。クリックする
ことによりフォントを選択できます。
③ 選択中サイズ表示欄・・・・ 現在選択されているフォントサイズが表示されま
す。(1〜99)
④ サイズリストウィンドウ・・・・ サイズのリストが表示されています。クリックするこ
とによりサイズを選択できます。
⑤ サンプルウィンドウ・・・・・・ 現在選択されている組合せを反映したサンプル
が表示されます。
⑥ 文字色変更・・・・・・・・・・・・ クリックすると開く色選択ダイアログボックスによっ
て、文字色が選択できます。文字以外が選択さ
れている場合は線の色選択ができます。
⑦ 背景色変更・・・・・・・・・・・・ クリックすると開く色選択ダイアログボックスによっ
て、文字の背景色が選択できます。
⑧ 透過/非透過設定 ・・・・・ 文字列の背景の有無を設定します。
⑨ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ フォント設定を部品に反映します。
⑩ キャンセル・・・・・・・・・・・・・ フォント設定ダイアログボックスを閉じます。
3 - 28
第3章 スケッチ
3.8
フレームファイル
3.8.1 新規作成
コマンド
新規作成
新規フレームファイル表示
手
順
1. [フレームファイル]
−[新規作成]を選択します。
補
足
フレームファイルはウィンドウ1個に対して 1 ファイルのみ開くこと
ができます。
3.8.2 読み込み・上書き保存・名前を付けて保存
コマンド
読み込み
指定されたフレームファイルの画面上への表示
上書き保存 元のフレームファイルへの上書き
名前を付けて保存
指定されたフレームファイルへの保存
手
順
1. [フレームファイル]
−[読み込み]、[上書き保存]または[名
前を付けて保存]を選択します。
2. (読み込み・名前を付けて保存 の場合)ファイルセレクタでフレ
ームファイルを指定します。
補
足
未保存のファイルで上 書 き 保 存 を行 った場合、ファイル名を
NoFrameFileName*.GFM として保存処理を行います。
3 - 29
第3章 スケッチ
3.9
オプション
3.9.1 画面再描画
コマンド
画面再描画
手
1. [オプション]−[画面再描画]を選択します。
順
画面上のゴミの消去、歪みの矯正
Ctrl+M
3.9.2 グリッド
コマンド
グリッド
手
1. [オプション]
−[グリッド]を選択します。グリッド指定ダイアロ
順
グリッドの設定
グボックスが開きます。
2. グリッドを設定します。
①
②
③
④
⑤
⑥
① グリッド表示ボタン ・・・ グリッドの表示/非表示を切り換えます。
② グリッド有効ボタン ・・・ グリッドの有効/解除を切り換えます。
3 - 30
第3章 スケッチ
③ X 軸方向 ・・・・・・・・・・・ X 方向のグリッド間隔を設定します。
④ Y 軸方向 ・・・・・・・・・・・ Y 方向のグリッド間隔を設定します。
⑤ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・ 設定に従い、グリッドを表示または消去します。
⑥ キャンセル・・・・・・・・・・ グリッド指定ダイアログボックスを閉じます。
3 - 31
第3章 スケッチ
3.9.3 ペーパーカラー変更/フレームカラー変更
コマンド
ペーパーカラー変更
ペーパーカラーの変更
フレームカラー変更
フレームカラーの変更
手
順
1. [オプション]−[ペーパーカラー変更]または[フレームカラー
変更]を選択します。
色設定ダイアログボックスが開きます。
②
③
①
④
⑤
⑥
⑦
3 - 32
第3章 スケッチ
① サンプルパターン
表示欄・・・・・・ 選択可能な色をすべて表示します。
② 選択色表示欄・・・・・・・・・・ 現在選択している色を表示します。
③ 選択色番号表示欄 ・・・・・ 現在選択している色の色番号を表示します。
④ 選択色 RGB
値表示欄 ・・・・・・ 現在選択している色のRGB コードを表示します。
⑤ サンプルパターン
設定 ・・・・・・ サンプルパターンの表示方法を「色番号順」また
は「グラデーション」に変更します。
色番号順の場合は、256 色から選択可能です。
グラデーションの場合は、選択数は 140 色となり
ますが、隣り合う色が近い色になっているので少
しずつ色を変更する場合等に選択しやすくなりま
す。
⑥ OK・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ペーパーカラー /フレームカラー を変更して、色
設定ダイアログボックスを閉じます。
⑦ キャンセル・・・・・・・・・・・・・ ペーパーカラー /フレームカラー を変更せずに、
色設定ダイアログボックスを閉じます。
3 - 33
第3章 スケッチ
3.9.4
ウィンドウサイズの指定
コマンド
ウィンドウサイズの指定
ウィンドウサイズの指定
手
順
1. [オプション]−[ウィンドウサイズの指定]を選択します。
2. ウィンドウサイズ指定ダイアログが開きます。幅と高さを入力し
ます。
補
3.9.5
足
指定可能なサイズの範囲は 640×480〜2560×1920 です。
ウィンドウサイズに合わせて表示/通常のサイズで表示
コマンド
ウィンドウサイズに合わせて表示
ウィンドウサイズに合わせて図形全体を表示
通常のサイズで表示
ウィンドウに表示できる範囲の図形を表示
手
順
1. [オプション]−[ウィンドウサイズに合わせて表示]または[通
常のサイズで表示]を選択します。
2. 指定された表示モードに合わせて表示画面が切り換 わ りま
す。
補
足
ウィンドウサイズに合わせて表示 を選択した場合は、一切の編
集作業はできなくなります。
3 - 34
第3章 スケッチ
3.9.6
図形編集モード/フレーム編集モード
コマンド
図形編集モード
図形データ編集モードへの切換え(フレーム編集は
不可)
フレーム編集モード
フレームデータ編集モードへの切換え(図形編集は
不可)
手
順
1. [オプション]−[図形編集モード]または[フレーム編集モー
ド]を選択します。
2. 指定した編集モードに合わせてメニュー状態 が切り換わりま
す。
補
3.9.7
足
アプリケーション起動時は、図形編集モードになっています。
バージョン情報(
GENSKETCH)
コマンド
バージョン情報(GENSKETCH)
GENSKETCHのバージョン表示
手
順
1. [オプション]−[バージョン情報(
GENSKETCH)]を選択し
ます。
3 - 35
第3章 スケッチ
3.10 ポップアップメニュー
図形が選択された状態でマウスの右ボタンをクリックすると、以下のようなポップアッ
プメニューが表示されます。
このメニューには図形を編集するために必要なコマンドが用意されています。
3 - 36
第3章 スケッチ
フレームが選択された状態でマウスの右ボタンをクリックすると、以下のようなポップ
アップメニューが表示されます。
このメニューにはフレームを編集するために必要なコマンドが用意されています。
3 - 37
第4章 IFE エディタ
第4章
IFE エディタ
コマンド
IFE エディタ
手
1. [ファイル]
−[IFE エディタ…]を選択します。
順
IFE ファイルの編集
2. IFE エディタ画面が表示されますので、以下の説明に従って
IFE ファイルの編集を行います。
4.1
IFE エディタ画面
①
③
②
④
⑦
⑤
⑧
⑨
⑩
⑥
⑪
⑫
⑬
4-1
第4章 IFE エディタ
① IFE ファイル名 ・・・・・・ オープンされているIFE ファイル名が表示されます。
② 参照 ・・・・・・・・・・・・・・・ IFE ファイルを指定するファイル選択ダイアログが表
示されます。
③ 図形ファイル名・・・・・・ 表示されている部品が格納されている図形ファイル
名です。
④ 部品図形名・・・・・・・・・ 表示されている部品の名前です。
⑤ 部品リストウィンドウ ・・ 部品をクリックすることにより、部品を選択できます。
⑥ 登録部品数・・・・・・・・・ 登録されている部品数を表示します。
⑦ 部品表示エリア・・・・・・ 選択された部品を表示します。
⑧ 追加 ・・・・・・・・・・・・・・・ 図形を追加登録できます。
⑨ 削除 ・・・・・・・・・・・・・・・ 表示されている部品をIFE ファイルから削除できま
す。
⑩ リネーム ・・・・・・・・・・・・ 表示されている部品の名前を変更できます。
⑪ 名前を付けて保存 ・・・ 変更した内容を現在オープンしているIFE ファイルと
は別の IFE ファイルに保存します。
⑫ 上書き保存 ・・・・・・・・・ 変更した内容を現在オープンしている IFE ファイル
に上書き保存します。
⑬ 終了 ・・・・・・・・・・・・・・・ IFE エディタを終了します。
4-2
第4章 IFE エディタ
4.2
部品の追加登録
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
① 図形ファイル名・・・・・・ 追加する図形が保管されている部品ファイル名が表
示されます。
② 参照 ・・・・・・・・・・・・・・・ クリックすることで部品ファイルを指定するファイル選
択ダイアログが表示されます。
③ スクロールバー・・・・・・ 追加したい図形を、スクロールバーを左右に操作す
ることにより選択します。
④ 図形表示エリア・・・・・・ 図形ファイルに保管されている部品が同時に 3 つま
で表示されます。表示されている図形を直接クリック
することにより、追加する部品を選択します。
⑤ インデックス・・・・・・・・・ 表示されている図形の図形ファイル内でのインデック
ス番号が表示されます。
4-3
第4章 IFE エディタ
⑥ 部品名 ・・・・・・・・・・・・・ 選択された図形がすでに IFE ファイルに登録されて
いる場合、登録されている部品名が表示されます。ま
た、登録されていない場合、新しい部品名をここで入
力します。部品名は半角で 20 文字まで入力できま
す。
⑦ 追加 ・・・・・・・・・・・・・・・ 選択された図形がIFE ファイルに追加登録されます。
部品の登録は最大 100 部品まで登録できます。
⑧ 終了 ・・・・・・・・・・・・・・・ 部品追加登録を終了します。
4-4
第4章 IFE エディタ
4.3 部品名の変更
①
②
③
① 新部品名入力・・・・・・・ 新しい部品名を入力します。部品名は半角で 20 文
字まで入力できます。
② OK・・・・・・・・・・・・・・・・・ 部品名を新しく入力された部品名に変更します。
③ キャンセル・・・・・・・・・・ 部品名の変更をキャンセルします。
4-5
付録1 コマンド一覧
付録1 コマンド一覧
スケッチ
メニュー
コマ ンド
機
能
ショートカット
(Ctrl+)
ファイル (3.2)
新規作成(3.2.1)
新規図形描画ウィンドウ表示
N
開く(3.2.2)
新しいウィンドウに指定された画面ファイルを表示
O
上書き保存(3.2.2)
元の画面ファイルへの上書き
S
部品選択(3.2.3)
指定された画面ファイル名への保存
IFE ファイル部品データの画面上への表示
B
部品登録(3.2.3)
図形データの IFE ファイル登録
名前を付けて保存(3.2.2)
BMP ファイル読み込み(3.2.4)
指定した BMP ファイルを画面に貼り付ける
閉じる(3.2.5)
画面ファイルを閉じる
IFE エディタ(4.1)
IFE ファイルの編集を行う
アプリケーションの終了(3.2.6)
アプリケーションの終了
描
画(3.3)
直線(3.3.1)
直線の描画
L
+ Shift
直線 45 度(0°45°90°135°180°225°270°315°)
+ Ctrl
直線 30 度(0°30°90°150°180°210°270°330°)
+ Alt
連続描画
矩形(3.3.1)
矩形の描画
+ Shift
正方形
+ Ctrl
角丸矩形
+ Alt
連続描画
円/楕円 (3.3.1)
楕円の描画
+ Shift
真円
+ Alt
連続描画
付 - 1
I
E
付録1 コマンド一覧
メニュー
コマ ンド
機
多角形(3.3.2)
多角形の描画
+ Ctrl
扇形(3.3.3)
能
ショートカット
(Ctrl+)
J
連続直線
扇形の描画
+ Shift
真円の扇形
+ Ctrl
円弧
A
+ Shift + Ctrl
編
文字列(3.3.4)
真円の円弧
文字列の描画
T
フレーム追加(3.3.5)
フレームの追加
Q
元に戻す(3.5.1)
一つ前の状態に戻す
Z
切り取り(3.5.2)
図形の切取り保管(一時領域へ保管)
X
コピー(3.5.2)
図形の複写(一時領域へ保管)
C
貼り付け(3.5.2)
図形の貼付け
V
削除(3.5.3)
図形(フレーム)の削除
D
反復(3.5.3)
図形の反復
R
全選択(3.5.4)
すべての図形の選択
繰り返し(3.5.5)
図形の繰返し
集(3.5)
アレンジ(3.6)
グループ(3.6.1)
複数の図形の合体
G
グループ解除(3.6.2)
グループ化された図形の解除
U
手前へ(3.6.3)
重なり合っている下の図形を手前に移動
F
奥へ(3.6.3)
重なり合っている上の図形を奥に移動
H
裏返し(3.6.4)
図形の垂直方向/水平方向への裏返し
垂直方向
水平方向
回転(3.6.4)
図形の反時計まわりへの 90 度回転
多角形変形(3.6.5)
多角形・連続直線・矩形の頂点およびベジエ曲線の
変形
付 - 2
付録1 コマンド一覧
メニュー
コマ ンド
機
能
円弧角調整(3.6.6)
扇形・円弧の中心角の変更
揃え(3.6.7)
複数の図形の位置関係のアレンジ
ショートカット
(Ctrl+)
上寄せ
下寄せ
左寄せ
右寄せ
垂直中寄せ
水平中寄せ
垂直均等
水平均等
フレーム調整(3.6.8)
フレームの大きさを背景図形に合わせる
前検索
次検索
パレット(3.7)
色/パターン(3.7.1)
図形(イメージは除く)の色やパターンの変更
前景色
前景色の選択
背景色
背景色の選択
透明
塗りつぶしなし
Y
塗りつぶしパターンメニュー
塗りつぶしパターンの選択
OK
ダイアログを終了し、選択されたパターンを図形へ
適用
キャンセル
線種(3.7.2)
ダイアログボックスの終了
文字列・イメージ以外のすべての図形の線種変更
スタイル
線スタイルの選択
線の色選択
選択された色の図形への適用
幅
線幅の入力
図形の輪郭
輪郭の有り/無し設定
OK
ダイアログを終了し、選択された線種を図形へ適用
キャンセル
ダイアログボックスの終了
付 - 3
付録1 コマンド一覧
メニュー
コマ ンド
機
能
ショートカット
(Ctrl+)
フォント(3.7.3)
フォントリスト
選択可能なフォントの種類一覧
サイズリスト
選択可能なサイズの一覧
透過
文字列の背景なし
非透過
文字列の背景あり
OK
ダイアログを終了し、選択されたフォントを図形へ適
用
キャンセル
ダイアログボックスの終了
フレームファイル (3.8)
新規作成(3.8.1)
新規フレームファイル表示
読み込み(3.8.2)
指定されたフレームファイルの画面上への表示
上書き保存(3.8.2)
元のフレームファイルへの上書き
名前を付けて保存(3.8.2)
指定されたフレームファイルへの保存
オプション(3.9)
画面再描画(3.9.1)
画面上のゴミの消去と歪みの矯正
グリッド(3.9.2)
グリッドの設定
ペーパーカラー変更(3.9.3)
ペーパーカラーの変更
フレームカラー変更(3.9.3)
フレームカラーの変更
ウィンドウサイズの指定(3.9.4)
ウィンドウサイズの指定
ウィンドウサイズに合わせて表示(3.9.5)
ウィンドウサイズに合わせて図形全体を表示
通常のサイズで表示(3.9.5)
ウィンドウに表示できる範囲の図形を表示
付 - 4
M
付録1 コマンド一覧
メニュー
コマ ンド
機
能
図形編集モード(3.9.6)
図形データ編集モードへの切換え
フレーム編集モード(3.9.6)
フレームデータ編集モードへの切換え
バージョン情報(
GENSKETCH)(3.9.7)
GENSKETCHのバージョン表示
その他
+ Alt
図形の選択
複雑な画面中での 1 図形の選択
+ Shift
選択の解除
図形の移動
図形のサイズ変更
縦横 1:1
付 - 5
ショートカット
(Ctrl+)
付録1 コマンド一覧
IFE エディタ
メニュー
コマ ンド
機
能
ショートカット
(Ctrl+)
IFE エディタ(4.1)
参照
IFE ファイルの選択とオープン
部品名リスト
IFE ファイルに登録済みの部品リスト
追加
部品追加登録用ダイアログの表示
削除
IFE ファイルから部品を削除
リネーム
IFE ファイルの部品名の変更
上書き保存
変更内容を選択中のファイルに保存
名前を付けて保存
変更内容を選択中のファイルとは別のファイル名で
保存
終了
IFE エディタの終了
部品の追加登録(4.2)
参照
部品ファイルの選択とオープン
図形表示エリア
図形ファイルに保存されている部品のリスト
追加
選択された図形の IFE ファイルへの追加登録
終了
部品の追加登録の終了
部品名の変更(4.3)
新部品名入力
新しい部品名を入力する文字列領域
OK
部品名を新しく入力した名前に変更する
キャンセル
部品名の変更をキャンセルする
付 - 6
付録2 用語集
付録2 用語集
本マニュアルで使用されている専門用語について理解しやすくするために、次の
用語を説明します。本マニュアル中での意味について説明していますので一般に
使われている意味と若干異なる用語もあります。GENSKETCHの個々のコマンド
については付録1 コマンド一覧をご覧ください。
《英字》
GENI
FA
弊社のプログラマーズライブラリのひとつ
IFEエディタ
IFEファイル(部品図形集)を編集するプログラム
IFEファイル
部品図形が登録されているファイル
NoName*.DWG
スケッチで名前が未定義のまま保管された画 面
ファイルの名前
《あ行》
アプリケーション(プログラム)
ユーザ作成プログラムコードをコンパイルしたもの
やGENIFAをリンクしてできた実行プログラム
イメージ形式
画面上に表示される図形データの画像をそのま
まドット単位のデータとして記憶する形式で、一般
にはビットマップ形式と呼ばれている
イメージデータ
イメージ形式の図形データ
イメージファイル
イメージ形式の図形データのファイル
《か行》
画素
イメージ形式の図形を構成する点
画面ファイル
スケッチで作成した画面データのファイル
クリック
マウスカーソルを対象となる位置に移動し、マウス
のボタンを押すこと
グラフィカル
視覚情報を利用した ユーザインタフェース
ユーザインタフェース
グラフィックス関数
図形データの描画などを行うGENI
FAの関数
グラフィック構造体
矩形や多角形をあらわすGENI
FAで定義された
構造体
付 - 7
付録2 用語集
グリッド
編集画面上の格子で、グリッド有効時には定義さ
れる点の位置がこの格子点上に制限される
グループ
複数の図形から構成され、1つの図形として扱わ
れる図形
コマンド
GENSKETCHの個々の機能を実行させるため
の命令
《さ行》
ショートカットキー
コマンドを選択するためのキーで、メニューが表
示されていなくてもコマンドを直接実行できる
(Ctrl+*)
図形ファイル
図形のデータのファイルで、ベクトル形式のものと
イメージ形式のものがある
スケッチ
GENSKECTHの中心となるプログラムで画面デー
タの作成編集変換などを行う
線スタイル
線のドットパターン
《た行》
ダイアログボックス
ユーザと対話するためのウィンドウ
ドラッグ
マウスのボタンを押したまま、マウスカーソルを任
意の位置まで移動すること
《な行》
塗りつぶしパターン
図形を塗りつぶすときの模様
《は行》
ハンドル
図形が選択されていることを示す図形の周りにあ
らわれる小さな矩形
ファイルセレクタ
ファイルを選択するときに開くダイアログボックス
フォント
文字の形のデータ
フォントファイル
フォントのファイル
部品図形
図形データを部品として登録したもので、
GENSKETCHやGENEDIT のライブラリで簡単に
再利用できる
プルダウンメニュー
メニューの項目を選択した際に、その下側あるい
は右側に表示されるメニュー
付 - 8
付録2 用語集
フレーム
画面上の矩形領域
フレームファイル
フレームのデータのファイル
ベクトル形式
図形データを定義する点の情報のみを記憶する
形式で、一般には図形を線分で表現する形式を
いう
ベクトルファイル
ベクトル形式の図形のデータ
ベジエ曲線
2端点と2つの制御点であらわされる曲線
《ま行》
マクログループ
グループを含むグループ
メニューバー
画面最上部に表示されるメニュー選択領域
《や行》
ユーザインタフェース
プログラムとユーザが対話をするための手順・形
式
付 - 9
付録3 DOS 版との相違点
付録3 DOS 版との相違点
本章では、DOS 版から Windows 版への移行に際し、追加された機能、削除された
機能および相違点があるために注意を要する機能について明記します。
追加された機能
色数の変更
画面の作成に 265 色のカラーを使用できるようになりました。
最初の 16 色は DOS 版のGENSKETCHと同一色となっていますので、DOS
版のGENSKETCHで作成された画面ファイルの色表現に関する内容は保
証されます。
画面解像度の変更
画面のサイズを 640×480 ドットから2560×1920 ドットまでドット単位で任意に
設定できるようになりました。
複数画面の対応
一度に複数の図形ファイルを開いて操作することが可能になりました。
これにより複数の画面ファイル間で図形の受渡しができるようになりました。
Windows フォント
文字列描画に Windows 標準の TrueType フォントを使用できます。
これにより文字のサイズを任意に指定できるようになりました。
ビットマップファイル(拡張子 BMP)の読込み・部品登録
Windows 上で標準的に使用されているビットマップファイル(拡張子 BMP)を図
形として読み込めるようになりました。
また、図形をビットマップとして部品登録できるようになりました。
アンドゥ機能
図形の描画/編集に対する操作を過去1回に限り取 り消すことが可能になりま
した。
付 - 10
付録3 DOS 版との相違点
フレーム機能
DOS 版ツールのGENEDI
Tの機能(フレーム機能)が追加され、フレームファ
イルの編集が可能になりました。
削除された機能
Windows 版への移行に際して以下の機能が削除されました。
パターンエディット機能
Windows 版のGENSKETCHでは図形の描画を Windows の標準機能を用
いて実現させているため塗りつぶしパターンおよび線スタイル の変更はできな
くなりました。
イメージエディット機能
Windows 版のGENSKETCHではイメージファイル(拡 張 子 IMG)の編集
はできなくなりました。新たにイメージデータを利用したい場合にはビットマップ
ファイル(拡張子 BMP) をご利用ください。
Cソースコード変換機能
相違がある機能
DOS 版のGENSKETCHで作成したすべての画面ファイルおよび部品 ファイル
は Windows 版での読込みが可能です。ただし、以下に明記する点に限り制限事
項があります。
フォント
Windows 版では文字列描画に Windows 標準フォントを使用しますので、従来
のシステムフォントおよび特殊フォントが使用できなくなりました。
DOS 版で作成した 画面ファイル および部品ファイル を Windows 版で読み込
むと、文字サイズは保持された形で MS ゴシックに自動的に変換されて表示さ
れます。
付 - 11
付録3 DOS 版との相違点
塗りつぶしパターン
削除された機能の項で明記したように Windows 版では塗りつぶしパターンが
固定となっています。
したがってパターンファイル(拡張子 PTN)の読込みはできません。また、その
パターンファイル を使用して作成した画面ファイルおよびベクトル ファイルの表
示イメージは保証されません。
線スタイル
削除された機能の項で明記したように Windows 版では線スタイルが Windows
標準パターンで固定となっています。
DOS 版で作成した画面ファイル およびベクトルファイル を Windows 版で読み
込むと、線スタイルは自動的に以下に示す線スタイルに変換されて表示されま
す。
Windows
Windows 版
版
DOS版
実線
破線
点線
一点鎖線
二点鎖線
実線
実線
実線
【線スタイル変換】
付 - 12
付録3 DOS 版との相違点
線の接続
DOS 版では矩形や多角形に適用される線の接続方法(
斜線、円弧、無し)が
選択可能となっていましたが、Windows 版では円弧に固定となっています。
太さのある線
Windows版では 2 ドット以上の太さのある線には線スタイルを指定できません。
太さのある線はどの線スタイルを指定しても必ず実線で表示されます。
付 - 13
本製品の適用について
・ 本製品は人命にかかわるような状況の下で使用される機器あるいはシステ
ムに用いられることを目的として設計・製造されたものではありません。
・本製品を、乗用移動体用、医療用、航空宇宙用、原子力用、電力用、海底
中継用の機器あるいはシステムなど、特殊用途への適用をご検討の際には、
当社の営業窓口までご照会ください。
・本製品は厳重な品質管理の下に製造しておりますが、本製品の故障により
重大または損失の発生が予測される設備への適用に際しては、安全装置を
設置してください。
アイ・エル・シー
商品のご用命は
株式会社 アイ・エル・シー
本 社 〒732-0824 広島市南区的場町1丁目3番 広島的場ビル 9F
東 京 〒104-0061 東京都中央区銀座 7 丁目 2-4 ムサシビル 6F
名古屋 〒453-0801 名古屋市中村区太閤 3 丁目 1-18 名古屋 KS ビル 5F
INTERNATIONAL
LABORATORY
CORPORATION
本社/広島事業部
PHONE:082-262-7700
FAX:082-263-4411
東京事業所
PHONE:03-3573-7700
FAX:03-3573-3999
FACTI
CSテクニカルセンター(名古屋事業部)
PHONE:052-453-1034
FAX:052-459-1066
インターネットによるアクセス
h
t
t
p
:
//www.i
l
c
.co.j
p(ILC ホームページ)
f
a
@i
l
c
.co.j
p(FACTI
CSテクニカルサポート)
・ 本書および、本ソフトウェアの内容は、製品改良のため予告なしに変更すること
があります。
・ 本書の内容の一部、または全部を無断転載することを禁します。
・ コンピュータ本体、CRT、プリンタ、記憶装置などの機器類に関しての故障につ
いては、当社は一切の責任を負いません。異常があった場合は各々のメーカに
ご相談ください。
・ 本書および、本ソフトウェアの内容には、万全を期しておりますが、万一ご不審な
点がございましたらご連絡下さい。
・ 本書によって、工業所有権その他の権利の実施に対する保証、または実施権を
許諾するものではありません。また本書の掲載内容の使用に起因する工業所有
権上の諸問題については、当社は一切その責任を負うことができません。
・記載されている他社製品は各社の商標または登録商標です。
ILC-9804-GS066-C
SFDN取扱説明書
対応Ver2.00
(株)エム・システム技研
NM-6470-MM 改13
SFDNユーザーズマニュアル
目次
1
はじめに ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
............................................................................
............................................ 1
1.1
1.2
1.3
1.4
1.5
2
本書について...................................................................................................................................................................................................... 1
対応バージョン................................................................................................................................................................................................... 1
SFDNの特長..................................................................................................................................................................................................... 1
取扱説明書の構成........................................................................................................................................................................................... 1
動作環境 .............................................................................................................................................................................................................. 2
機能および性能の概要................................
機能および性能の概要 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................
................................................ 3
2.1
機能一覧 .............................................................................................................................................................................................................. 3
2.2
性能仕様 .............................................................................................................................................................................................................. 4
2.3
SFDNによるデータ構築................................................................................................................................................................................ 5
2.3.1
SFDBLDとSFDRUN ......................................................................................................................................................................... 5
2.3.2
プロジェクト ................................................................................................................................................................................................ 5
2.3.3
一般的なデータ構築手順 .................................................................................................................................................................... 6
3
インストールと削除 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
........................................................................................
........................................................ 7
3.1
3.2
4
インストール ........................................................................................................................................................................................................ 7
削除 ........................................................................................................................................................................................................................ 9
タグ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...................................................................................
................................................... 10
4.1
タグの種類.........................................................................................................................................................................................................10
4.2
タイプ....................................................................................................................................................................................................................11
4.3
標準タグ..............................................................................................................................................................................................................12
4.3.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................12
4.3.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................14
4.4
拡張タグ-AI1.................................................................................................................................................................................................15
4.4.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................15
4.4.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................16
4.5
拡張タグ-AO1..............................................................................................................................................................................................17
4.5.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................17
4.5.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................18
4.6
拡張タグ-DI1 ................................................................................................................................................................................................19
4.6.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................19
4.6.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................20
4.7
拡張タグ-DO1..............................................................................................................................................................................................21
4.7.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................21
4.7.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................22
4.8
拡張タグ-ISW...............................................................................................................................................................................................23
4.8.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................23
4.8.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................24
4.9
拡張タグ-TMR .............................................................................................................................................................................................25
4.9.1
計器フェース............................................................................................................................................................................................25
4.9.2
タグ定義項目 ..........................................................................................................................................................................................26
4.10
拡張タグ-CTR .........................................................................................................................................................................................27
4.10.1
計器フェース.......................................................................................................................................................................................27
4.10.2
タグ定義項目 .....................................................................................................................................................................................28
4.11
拡張タグ-ASW........................................................................................................................................................................................29
4.11.1
計器フェース.......................................................................................................................................................................................29
4.11.2
タグ定義項目 .....................................................................................................................................................................................30
4.12
拡張タグ-BPS.........................................................................................................................................................................................31
4.12.1
計器フェース.......................................................................................................................................................................................31
4.12.2
タグ定義項目 .....................................................................................................................................................................................32
4.13
拡張タグ-TCO .........................................................................................................................................................................................33
4.13.1
計器フェース.......................................................................................................................................................................................33
SFDNユーザーズマニュアル
4.13.2
4.14
4.15
4.16
4.17
5
タグ定義項目 .....................................................................................................................................................................................34
チューニング ................................................................................................................................................................................................35
札掛け.............................................................................................................................................................................................................37
数値パッド .....................................................................................................................................................................................................38
キースピード.................................................................................................................................................................................................39
アラーム・メッセージ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
....................................................................................
.................................................... 40
5.1
アラーム・メッセージの種類 ........................................................................................................................................................................40
5.2
アラーム・メッセージの表示 ........................................................................................................................................................................41
5.2.1
ビープ音....................................................................................................................................................................................................42
5.3
DIOカード接点の入出力 .............................................................................................................................................................................43
5.4
テキストファイル出力.....................................................................................................................................................................................44
5.5
印刷 ......................................................................................................................................................................................................................45
5.6
システムアラーム一覧 ..................................................................................................................................................................................46
5.7
ハードエラー一覧............................................................................................................................................................................................47
6
オーバービュー ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................................
............................................................. 48
6.1
6.2
7
制御グループ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................ 50
7.1
8
トレンド機能.......................................................................................................................................................................................................51
トレンドデータの保存と再現 .......................................................................................................................................................................52
トレンドデータのテキストファイル出力....................................................................................................................................................53
システムモニタ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................................
.............................................................. 54
9.1
9.2
10
システムモニタ機能 .......................................................................................................................................................................................54
システムモニタのパスワード ......................................................................................................................................................................55
レポートタグ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................ 56
10.1
11
制御グループ機能..........................................................................................................................................................................................50
トレンド................................
トレンド ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 51
8.1
8.2
8.3
9
オーバービュー機能 ......................................................................................................................................................................................48
オーバービュー項目 ......................................................................................................................................................................................49
レポートタグの役割 ...................................................................................................................................................................................56
グラフィックモニタ................................
グラフィックモニタ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
......................................................................................
...................................................... 57
11.1
グラフックモニタ ..........................................................................................................................................................................................57
11.2
グラフィック部品の種類 ...........................................................................................................................................................................58
11.3
グラフィック部品のプロパティ仕様 ......................................................................................................................................................59
11.3.1
ボタン ....................................................................................................................................................................................................59
11.3.2
変形ボタン...........................................................................................................................................................................................60
11.3.3
ランプ.....................................................................................................................................................................................................61
11.3.4
変形ランプ...........................................................................................................................................................................................62
11.3.5
数値設定..............................................................................................................................................................................................63
11.3.6
数値表示..............................................................................................................................................................................................64
11.3.7
シンプル数値設定............................................................................................................................................................................65
11.3.8
シンプル数値表示............................................................................................................................................................................66
11.3.9
ホッパフィル ........................................................................................................................................................................................67
11.3.10
計器 .......................................................................................................................................................................................................68
11.3.11
名板 .......................................................................................................................................................................................................69
11.3.12
メータ形計器 ......................................................................................................................................................................................70
12
レシピ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................
........................................... 71
12.1
レシピ機能 ....................................................................................................................................................................................................71
12.2
レシピの準備 ...............................................................................................................................................................................................72
12.2.1
レシピファイル....................................................................................................................................................................................72
12.2.2
レシピITEM定義ファイルのフォーマット.................................................................................................................................73
SFDNユーザーズマニュアル
12.2.3
13
プログラミングユニット ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 74
13.1
14
レシピDATAファイルのフォーマット .........................................................................................................................................73
プログラミングユニット機能....................................................................................................................................................................74
SFDRUN起動時初期ウィンドウの指定 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................
.............................................. 75
14.1
14.2
SFDRUN読み込みプロジェクトの指定 ...........................................................................................................................................75
SFDRUN起動時ウィンドウの指定....................................................................................................................................................75
15
SFDRUNからの帳票起動及びバッチ起動の指定 ................................................................
................................................................................................
..........................................................................................
.......................................................... 76
16
操作ロック ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...................................................................
................................... 77
17
画面印刷 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.....................................................................
..................................... 78
18
通信ポート ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................
.................................. 79
19
SFDN対応バス切替 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................................
.................................................. 80
19.1
19.2
20
バス切替........................................................................................................................................................................................................80
L―Bus使用時のSFDN側アドレス設定 ........................................................................................................................................81
APPENDIX ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................
.................................. 82
20.1
20.2
20.2.1
20.2.2
20.3
20.4
20.5
20.6
20.6.1
20.7
20.7.1
20.7.2
20.7.3
生成ファイルサイズについて.................................................................................................................................................................82
パソコン起動時のSFDN自動立ち上げについて .........................................................................................................................83
自動立ち上げ.....................................................................................................................................................................................83
自動ログイン ......................................................................................................................................................................................85
ソフトウェアの構成について ..................................................................................................................................................................86
フォルダ構成................................................................................................................................................................................................87
レジストリ .......................................................................................................................................................................................................88
WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)にてご使用時注意事項.........................................................................................89
環境変数TZの設定手順...............................................................................................................................................................89
デジタル入出力ボードの取り付け.......................................................................................................................................................91
DI/Oボード の準備 .....................................................................................................................................................................91
DI/Oボードの設定、取り付け ..................................................................................................................................................91
SFDBLDのオプション設定.........................................................................................................................................................93
SFDNユーザーズマニュアル
1 はじめに
1.1 本書について
本書は、SFDNの機能および性能について説明しています。
1.2 対応バージョン
本書に対応するSFDNのバージョンは2.00です。
1.3 SFDNの特長
SFDNは、WindowsNT/2000上で動作するMsysNet用の監視・操作用ソフトウェアです。SFDNの特長は
次のとおりです。
①
②
③
④
一般的なSCADA用ソフトウェアパッケージに比較し、オーバービュー・制御グループ(計器フェースプレート
の並んだ画面)・トレンドなどの基本的な画面は、表形式で設定するだけで、簡単かつスピーディに構築す
ることができます。
必要かつ十分な機能を可能な限りシンプルに組込んでおり、現場のオペレータの方でも簡単に操作するこ
とが可能なよう設計されています。
旧版SFD(DOS版SFD)で作成したデータを、SFDNで読み込み流用することができます。
WindowsNT/2000をプラットフォームとした優れた操作性を実現しています。高解像度画面での操作、
ウィンドウの重ねあわせ操作、拡大・縮小などを自由自在に行うことができます。
1.4 取扱説明書の構成
SFDN取扱説明書は以下の3冊で構成されます。ご使用の前に、必ず各取扱説明書をご一読ください。
取扱説明書
SFDN取扱説明書
SFDN SFDBLD取扱説明書
SFDN SFDRUN取扱説明書
内容
SFDNの機能、性能について記載しています。
SFDNのシステム構築用ソフトウェアであるSFDBLDの操作方法
について記載しています。
SFDNのモニタ実施ソフトウェアであるSFDRUNの操作方法につ
いて記載しています。
1
SFDNユーザーズマニュアル
1.5 動作環境
SFDNの動作には以下の環境が必要です。
項目
対象PC
OS
CPU
メモリ
HDD容量
入力装置
ディスプレイ解像度
表示色
日本語入力システム
プリンタ
プリンタバッファ
DIOボード
推奨タッチパネル
その他
環境
下記性能と同等以上のDOS/V機
WindowsNT4.0+ServicePack4(日本語版)
Windows2000+ServicePack3(日本語版)
MMX-Pentium166MHz
64MB
2GB
マウスおよびキーボード
640×480ドット以上
256色以上
OS付属のもの(日本語版のみ)
WindowsNT/2000 対応プリンタ
(アラーム印字を実施する場合、ESC/P-J84にも対応している必要があります。)
推奨プリンタはお問い合わせ下さい。
8M以上(ローカルプリンタに接続する場合は必ずご準備ください。)
コンテック製PIO-16/16L(PCI)
タッチパネルシステムズ株式会社
タッチパネルモニタ(Intelli Touch)17インチ
RS232Cタッチパネルコントローラ形式5810
ドライバ(Monitor Mouse for WindowsNT)
株式会社アイ・エル・シー製GENSKETCH(Ver3.00)が必要です。(SFDN製品パ
ッケージに含まれています。)
株式会社アイ・エル・シー製VLINKS(Ver3.05)が必要です。(SFDN製品パッケー
ジに含まれています。)
注意① WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)にてご使用される場合は、本書項目 20.6 Windows
NT+ServicePack3(日本語版)ご使用時注意事項をご参照ください。
2
SFDNユーザーズマニュアル
2 機能および性能の概要
2.1 機能一覧
SFDN の機能一覧を以下に示します。
機能
タグ
アラーム・メッセージ
制御グループ
オーバービュー
トレンド
グラフィックモニタ
レポートタグ
チューニング
画面印刷
操作ロック
起動画面指定
レシピ
プログラミングユニット
プロジェクト管理
説明
基本型PID・拡張型PID・MV操作・比率設定・指示計・アナログ入出力・接点
入出力・内部SW・タイマ・カウンタ・アラーム監視SW(シーケンスメッセージと
して使用可能)・バッチ制御・時計出力など豊富なタグ計器を準備しています。
タグを表形式で定義するだけで、各種計器フェースプレートでの監視・操作画
面を簡単に構築することができます。
プロセス警報(重および軽)・シケーンスメッセージ・操作ログなど、多彩なアラ
ームあるいはメッセージが、即座にオペレータの方あるいはシステム管理者
の方へ通知されます。また、過去1000メッセージが記録され、サマリ画面で
の確認を行うことができます。
アラームあるいはメッセージの通知は、画面上への表示だけでなく、BEEP音
の鳴動・プリンタへの印刷・DIOカードを通して外部装置での通知により行うこ
ともできます。
最大8枚の計器フェースプレートを制御グループ毎に並べ、アナログ計器感
覚でのループ操作を行うことができます。
オーバービューウィンドウが準備され、各ウィンドウでのアラーム発生状態の
監視、各ウィンドウへの1タッチ展開が可能です。インデックス用画面として用
います。
1グループあたり8ペンのヒストリカルトレンドグループを最大80グループまで
実装することができます。最大1年の長期保存や外部記憶装置へのデータ保
存・再現など充実したトレンド機能を実現しています。
ご自由にデザインいただき、監視・操作画面を作成する機能を備えています。
各種のグラフィック部品があらかじめ準備されており、CADライクに作成した
背景画にグラフィック部品を貼りつけるだけで、簡単に作成することができま
す。
帳票パッケージ用にデータの収集を実施します。
PID パラメータの調整と調整結果のリアルタイムトレンドグラフでの確認、警報
設定値や出力制限値の調整、札掛けの設定、増減キーのキースピードの調
整を実施することができます。また、チューニングウィンドウのリアルタイムトレ
ンドグラフでは、リザーブ機能によって最大4タグについて2日間に及ぶグラフ
データのロギングを指定することができますので、ロングスパンに及ぶ調整結
果の確認に便利です。
画面のハードコピーをとることができます。
画面からの値変更操作をロックし、不要な操作ミスを防ぐことができます。
起動時にどの画面を開くか、指定することができます。
SFDNであらかじめ設定したデータ群を一括してDCSカード側へ送信、ある
いは一括してDCSカード側からアップロードする機能です。
PU-2相当の操作をSFDN上で行うことができます。
SFDNでは設定内容をプロジェクトで管理します。1台のパソコンに複数のプ
ロジェクトを設定することが可能です。
3
SFDNユーザーズマニュアル
2.2 性能仕様
SFDNの性能仕様を以下に示します。
項目
設定可能プロジェクト数
接続可能ステーション数
標準タグ種類
拡張タグ種類
性能仕様
最大100
最大64ステーション
基本型PID・拡張型PID・MV操作・比率設定・指示計
アナログ入出力・接点入出力・内部SW・タイマ・カウンタ・アラーム監視
SW(シーケンスメッセージとして使用可能)・バッチ制御・時計出力
標準タグループ数
2048ループ
拡張タグ
3000ループ
タグNo.の文字数
最大半角で10文字(半角及び全角スペースは使用不可)
タグコメントの文字数
最大半角で16文字(全角文字使用可能)
メッセージ数
1000メッセージ(ユーザ定義アラームまたはシーケンスメッセージとし
て使用可能)
メッセージ文字数
1メッセージあたり最大半角で30文字(全角文字使用可能)
画面種類
オーバービュー・制御グループ・トレンド・アラームサマリ・チューニング・
システムモニタ・グラフィックモニタ
オーバービューページ数
9ページ(1ページに28項目を表示)
制御グループ数
240グループ
1制御グループあたりタグ数
8ループ
トレンドグループ数
80グループ
1トレンドグループあたりペン数
8データ
トレンド保存期間
1~365日
トレンド収集間隔
トレンドグループ1~16は1秒・10秒
トレンドグループ17~80は10秒・1分・10分・20分・30分・60分より
16トレンドグループ単位で指定
トレンド対象データ
全タグ種類のPV・MV・SP・接点端子・アナログ端子・アラーム接点
アラーム・メッセージ種類
タグアラーム(重または軽タグ)・シーケンスメッセージ・操作ログ・ハー
ドエラー・システムアラーム
アラーム・メッセージログ数
最大1000アラーム・メッセージを記録
チューニングウィンドウのトレンドグ 共通(1つ)とリザーブ指定(最大4つまで)されているタグに各2日間
ラフデータ保存期間
システムモニタ
64ステーションの運転状態を監視
グラフィックモニタ画面数
99画面
グラフィックモニタ部品種類
ボタン・変形ボタン・ランプ・変形ランプ・数値指定・数値表示・シンプル
数値表示・ホッパフィル・計器・名板
1画面あたりグラフィックモニタ部品 128(名板含めない)
数
グラフィックモニタ画面背景画
GENSKETCH(株式会社アイ・エル・シー製)描画ファイルを使用(D
WGファイル)
グラフィックモニタ画面部品
GENSKETCH(株式会社アイ・エル・シー製)部品ファイルを使用(IFE
ファイル)
グラフィックモニタ対象データ
全タグ種類のPV・MV・SP・接点端子・アナログ端子・アラーム接点
レポート用タグ数
1500データ
レポート対象データ
全タグ種類のPV・MV・SP・接点端子・アナログ端子・アラーム接点
4
SFDNユーザーズマニュアル
2.3 SFDNによるデータ構築
2.3.1 SFDBLDとSFDRUN
SFDNにはSFDBLDとSFDRUNの2つのソフトウェアが含まれています。
ソフトウェア
SFDBLD
SFDRUN
役割
SFDNモニタデータ(プロジェクト)の構築を行うソフトウェアです。
SFDBLDで作成したSFDNモニタデータ(プロジェクト)に従い、監視・操作を行うためのソ
フトウェアです。
2.3.2 プロジェクト
SFDNでは設定データをプロジェクトとして扱います。
SFDBLD
SFDRUN
プロジェクト
•
•
SFDBLDでプロジェクトを作成し、SFDRUNで読み込み・モニタ実行します。
SFDNでは、複数のプロジェクトを作成・管理することができます。例えば、複数のお客様向けデータを1台
のパソコンで管理することが可能です。
5
SFDNユーザーズマニュアル
2.3.3 一般的なデータ構築手順
SFDBLDにおけるSFDNモニタデータの一般的な構築手順を示します。
SFDNプロジェクトの新規作成
タグの登録
システム構成登録
・カード構成
・標準タグ定義
拡張タグ登録
拡張タグASWのメッセージ登録
標準機能の登録
制御グループの登録
オーバービュー登録
トレンドの登録
グラフィック作成
GENSKETCH(ILC製)による背景画と部品ファイルの作成
グラフィック部品貼り付けによるグラフィックモニタ画面編集
レポートタグの登録(EasyReport、SFDN
BATCH利用データの登録)
その他オプション設定
SFDNプロジェクトの保存
•
•
帳票(EasyReport)の登録は、SFDRUNより帳票(EasyReport)の画面へ切り替え実施します。詳しくは、
SFDN 帳票取扱説明書をご参照ください。
バッチ(SFDN BATCH)の登録は、SFDRUNよりバッチ(SFDN BATCH)の画面へ切り替え実施します。詳
しくは、SFDN BATCH取扱説明書をご参照ください。
6
SFDNユーザーズマニュアル
3 インストールと削除
3.1 インストール
SFDNをSFDNインストール用CD-Rからインストールする場合は、以下の手順でご実施ください。
① 既にSFDNがインストールされている場合は、「アプリケーションの削除」を実施することでSFDNをいった
ん削除してください。(「アプリケーションの削除」の方法は次項を参照してください。)
② SFDNのCD-RをCD-ROMドライブに挿入します。
③ SFDNインストールプログラムが自動起動されますので、[監視・操作]ボタンをクリックして下さい。
フロッピィからインストールする場合は、CD-RのSFDNフォルダ内にあるDisk n フォルダの中身をフロ
ッピィにコピーします。Disk1を挿入し、Setup.exeを実行します。
④ SFDNインストーラが以下のように起動しますので、画面のメッセージに従ってインストールを進めてくださ
い。
7
SFDNユーザーズマニュアル
⑤
インストールを進めていますと、途中で以下のようなBUS選択及び通信ポート選択ダイアログボックスが
表示されます。ここで、SFDNで使用されるBUSのタイプと通信ポートを選択してください。但し、BUSタイ
プとして、L-Busを選択されますと、通信ポートの設定を行うことはできません。また、NestBusを選択さ
れますと、PC番号の選択が可能となります。また、インストール後のBUSタイプの変更につきましては、ご
面倒でも、一旦SFDNを削除いただき、再度インストールを実施する上でBUSタイプの変更を行ってくださ
い。SFDNの削除の方法につきましては、次項の削除の項目を参照ください。また、通信ポートにつきまし
ては、SFDBLDでの変更が可能となります。SFDBLDでの変更方法につきましては、SFDBLD操作マニ
ュアルを参照ください。通常はCOM1を選択します。
この設定では、Windowsのブート情報ファイル(C:¥BOOT.INI)に以下の部分が追加されます。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINNT=“Windows NT Workstation Version 4.0
0” /NoSerialMice=COM1
(COM部分は、指定シリアルポート)
この設定は、ブート時のシリアルポートの接続状況確認を止めるための設定です。
(DLC2等、PnP対応していない通信機器が接続されている場合に、NT自身がシリアルポートを認識しな
い場合があるためです。よって、シリアルポートの変更を行った場合には、システムの再立ち上げが必要と
なります。)
この設定内容は、SFDNの削除(アンインストール)を行っても、元には戻りません。
但し、BUSタイプとしてL-Busを選択された場合は、本設定内容は削除されます。
⑥
インストールが完了すると、Windowsのスタートメニューのプログラムに次のメニューが追加されます。
本メニューからSFDBLDとSFDRUNを起動することができます。
8
SFDNユーザーズマニュアル
3.2 削除
SFDNをインストール先のパソコンから削除するには、Windowsコントロールパネルの「アプリケーションの追
加と削除」を利用します。
① Windowsコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を起動します。起動すると次のダイアログ
ボックスが開きます。
② SFDNを選択して、「追加と削除」ボタンを選択します。
③ 画面メッセージに従って、削除を進めてください。
9
SFDNユーザーズマニュアル
4 タグ
4.1 タグの種類
SFDNで扱うことのできるタグには大きくわけて次のものがあります。
タグ
説明
制御カードのGr2・Gr3に割り付けられる調節機能を扱うタグです。SFDBLDのシ
ステム構成登録ウィンドウで割付を行います。
DIOやAIOなど、SFDNパッケージ上で拡張定義されたタグです。
標準タグ
拡張タグ
SFDNでは、標準タグ・拡張タグとして次のタグを扱うことができます。
種類
標準タグ
拡張タグ
•
•
•
タイプ
BCA
ECA
MVA
RSA
IND
AI1
AO1
DI1
DO1
ISW
TMR
CTR
ASW
BPS
TCO
説明
基本型PID
拡張型PID
MV操作
比率設定
指示計
アナログ入力(SFDNからカードに対し、リードオンリーアクセス)
アナログ出力(SFDNからカードに対し、リードライトアクセス)
接点入力(SFDNからカードに対し、リードオンリーアクセス)
接点出力(SFDNからカードに対し、リードライトアクセス)
内部SW
タイマ
カウンタ
アラーム監視SW・シーケンスメッセージ
バッチ制御
時計出力
備考
形式21
形式22
形式23
形式24
形式25
形式33・34
形式33・34
形式31・32
形式31・32
形式93
形式91
形式92
形式49
標準タグは、最大2048個定義することができます。
拡張タグは、最大3000個定義することができます。
SFDNでは上記タグ種類のタグ定義を、まず実施します。タグ定義に基づき、制御グループ・オーバービュ
ー登録・トレンド登録・レポートタグ登録を実施します。
10
SFDNユーザーズマニュアル
4.2 タイプ
各タグでは、タグ内のデータタイプを指定し、タグ内のデータにアクセスすることができます。タイプの種類を次に
示します。
タイプ
なし
PV
SP
MV
UA
LA
DA
説明
AI1(アナログ入力)やDI1(接点入力)など、端子の値をアクセスするのに用います。
現在値、BPS(バッチ制御)では定量設定値をアクセスします。
ローカルSP、RSA(比率設定)では比率、TMR(タイマ)・CTR(カウンタ)では設定値、BPS
(バッチ制御)では積算をアクセスします。
操作量をアクセスします。
上限警報ビットをアクセスします。
下限警報ビットをアクセスします。
偏差警報ビットをアクセスします。
タグとタイプの組み合わせ表を以下に示します。
種類
標準タグ
拡張タグ
タイプ
BCA
ECA
MVA
RSA
IND
AI1
AO1
DI1
DO1
ISW
TMR
CTR
ASW
BPS
TCO
説明
基本型PID
拡張型PID
MV操作
比率設定
指示計
アナログ入力
アナログ出力
接点入力
接点出力
内部SW
タイマ
カウンタ
アラーム監視SW・シー
ケンスメッセージ
バッチ制御
時計出力
11
なし
PV
○
○
SP
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
MV
○
○
○
○
UA
○
○
LA
○
○
○
○
○
○
○
○
DA
○
○
SFDNユーザーズマニュアル
4.3 標準タグ
4.3.1 計器フェース
標準タグはカード側計器ブロックGr2・Gr3に割り付けられた調節ブロックをアクセスします。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④PV値
③単位
⑤SP値
⑥MV値
⑧レンジ上限値
⑱MV開マーク
⑫PV値バーグラフ
⑦アラームランプ
⑬目盛り
⑨カスケード・ローカル切替ボタン
⑰MV値指針
⑩オート切替ボタン
⑯SP値指針
⑪マニュアル切替ボタン
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
⑲アップダウンキー
⑱MV閉マーク
⑧レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④PV値
⑤SP値
⑥MV値
⑦アラームランプ
⑧レンジ上限値・レンジ
下限値
⑨カスケード・ローカル
切替ボタン
⑩オート切替ボタン
⑪マニュアル切替ボタ
ン
⑫PV値バーグラフ
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
PV値およびSP値の単位が表示されます。
PV値の表示です。(実量)
SP値の表示です。(実量)カスケード・ローカルがローカルのときにマウス左ボタン
でクリックすると、数値パッドが開き、LSPの設定を行うことができます。
RSA(比率設定)の場合は比率が表示されます。
MV値の表示です。(単位は%)オート・マニュアルがマニュアルのときにマウス左
ボタンでクリックすると、数値パッドが開き、MVの設定を行うことができます。
警報発生時に点滅します。
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
マウス左ボタンでクリックすると、カスケード・ローカルの切替えを行います。カスケ
ードのとき「C」、ローカルのとき「L」が表示されます。
SFDBLDのタグ定義により、表示・非表示を指定することができます。
マウス左ボタンでクリックすると、オートへの切替えを行います。
SFDBLDのタグ定義により、表示・非表示を指定することができます。
マウス左ボタンでクリックすると、マニュアルへの切替えを行います。
SFDBLDのタグ定義により、表示・非表示を指定することができます。
PV値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
12
SFDNユーザーズマニュアル
名称
説明
⑬目盛り
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
⑯SP値指針
⑰MV値指針
⑱MV開マーク・MV閉
マーク
⑲アップダウンキー
目盛りです。
SFDBLDのタグ定義により、10分割・5分割・4分割・3分割を指定することができ
ます。
PH・PLの範囲を示すバーです。
MH・MLの範囲を示すバーです。
SP値を示す指針です。
MV値を示す指針です。
MVの出力に対するバルブなどの開方向・閉方向を示します。本マークは、SFDB
LDのタグ定義により、表示(正/逆)・非表示を指定することができます。
SFDBLDのタグ定義で、計器フェースにTYPE2が指定されている場合、数値アッ
プダウンキーがあらわれます。オートのときSP、マニュアルのときMVを変更するこ
とができます。
標準ブロックタイプによる項目の有無は次表のとおりです。
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④PV値
⑤SP値
⑥MV値
⑦アラームランプ
⑧レンジ上限値・レンジ下限値
⑨カスケード・ローカル切替ボタン
⑩オート切替ボタン
⑪マニュアル切替ボタン
⑫PV値バーグラフ
⑬目盛り
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
⑯SP値指針
⑰MV値指針
⑱MV開マーク・MV閉マーク
⑲アップダウンキー
BCA
基本型PID
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
13
ECA
拡張型PID
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
MVA
MV操作
○
○
○
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
○
×
○
○
○
RSA
IND
指示計
比率設定
○
○
○
○
○
○
○
○
○(比率)
×
○
×
○
○
○
○
×
×
○
×
○
×
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
○
×
○
×
○
×
(○:項目あり、×:項目なし)
SFDNユーザーズマニュアル
4.3.2 タグ定義項目
標準タグのタグ定義は、SFDBLDシステム構成登録ウィンドウのMOD定義ダイアログボックスで実施します。
形式
タグ
スケール
計器面
項目
形式
タグNo.
タグコメント
タグ重要度
レンジ上限設定値
レンジ下限設定値
小数点位置
単位
計器面タイプ
設定範囲
形式なし、BCA、ECA、MVA、RSA、IND
なし、または最大半角で 10 文字
なし、または最大半角で 16 文字
重または軽
-32000~+32000
-32000~+32000
0~5
なし、または最大半角で 8 文字
TYPE1 または TYPE2
デフォルト
形式なし
なし
なし
軽
10000
0
2
なし
TYPE1
C/Lの有無
A/Mの有無
グラフ分割
MV正逆
ループステータス
切替確認の有無
キースピード
有または無
有または無
10分割・5分割・4分割・3分割
表示なし、正、逆
有または無
有
有
10分割
表示なし
無
1~3600(秒/FS)
高速:30
低速:50
黒
無
115
-15
115
-115
アラーム
備考
全角可能
全角可能
全角可能
①
②
③
④
⑤
文字色
256色より任意
⑥
点滅の有無
有または無
⑥
パラメータ PH
-15~+115(%)
PL
-15~+115(%)
MH
-115~+115(%)
ML
-115~+115(%)
① TYPE2 のとき、計器フェース上にアップダウンキーつきとなります。
② 計器フェース上のカスケード・ローカル切替えボタンの有無です。
③ 計器フェース上のオート切替えボタン・マニュアル切替えボタンの有無です。
④ 計器フェース上のMV開閉マークの有無および表示方法です。
⑤ ループステータス切替確認の有のとき、計器上の値変更操作で確認ダイアログボックスが表示されます。
⑥ アラームサマリなどで表示されるアラームメッセージ文字色と文字点滅の有無です。
14
SFDNユーザーズマニュアル
4.4 拡張タグ−AI1
4.4.1 計器フェース
AI1はアナログ端子のモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④アナログ値
③単位
⑥レンジ上限値
⑦アナログ値バーグラフ
⑤アラームランプ
⑧目盛り
⑨警報設定範囲バー
⑥レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④アナログ値
⑤アラームランプ
⑥レンジ上限値・レンジ
下限値
⑦バーグラフ
⑧目盛り
⑨警報設定範囲バー
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
アナログ値の単位が表示されます。
アナログ値の表示です。(実量)
警報発生時に点滅します。SFDBLDのタグ定義により、警報用ブロックの設定が
行われていないときは表示されません。
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
アナログ値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
目盛りです。SFDBLDのタグ定義により、10分割・5分割・4分割・3分割を指定す
ることができます。
PH・PLの範囲を示すバーです。SFDBLDのタグ定義により、警報用ブロックの設
定が行われていないときは表示されません。
15
SFDNユーザーズマニュアル
4.4.2 タグ定義項目
AI1のタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
タグNo.
タグコメント
タグ重要度
レンジ上限設定値
レンジ下限設定値
小数点位置
単位
ステーション
カード
グループ
端子番号
上下限警報用グル
ープ
上限警報端子グル
ープ
上限警報端子番号
デフォルト
設定範囲
タグ
なし、または最大半角で 10 文字
なし
なし、または最大半角で 16 文字
なし
重または軽
軽
スケール
-32000~+32000
10000
-32000~+32000
0
0~5
2
なし、または最大半角で 8 文字
なし
ロケーション
0~3F
0
0~F
0
11~26
11
1~2
1
30~61(使用しない場合は、使用しない 30
をチェック)
11~26(使用しない場合は、使用しない 11
をチェック)
1~32(使用しない場合は、使用しない 1
をチェック)
下限警報端子グル 11~26(使用しない場合は、使用しない 11
ープ
をチェック)
下限警報端子番号 1~32(使用しない場合は、使用しない 1
をチェック)
計器面
グラフ分割
10分割・5分割・4分割・3分割
10分割
アラーム
文字色
256色より任意
黒
点滅の有無
有または無
無
パラメータ
上限設定値
-115~+115(%)
115
下限設定値
-115~+115(%)
-115
① 監視するアナログ端子のロケーションを定義します。
② アラーム監視する場合、上下限警報ブロックのロケーションを定義します。
③ 上限警報の発生を本タグに通知するための、デジタル端子ロケーションを定義します。
④ 下限警報の発生を本タグに通知するための、デジタル端子ロケーションを定義します。
⑤ アラームサマリなどで表示されるアラームメッセージ文字色と文字点滅の有無です。
⑥ 上下限警報ブロックの設定値です。
16
備考
全角可能
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、②
10 進設定、③
10 進設定、③
10 進設定、④
10 進設定、④
⑤
⑤
⑥
⑥
SFDNユーザーズマニュアル
4.5 拡張タグ−AO1
4.5.1 計器フェース
AO1はアナログ端子の設定とモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④アナログ値
③単位
⑤レンジ上限値
⑥アナログ値バーグラフ
⑦目盛り
⑧出力制限範囲バー
⑨アップダウンキー
⑤レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④アナログ値
⑤レンジ
⑥バーグラフ
⑦目盛り
⑧出力制限範囲バー
⑨アップダウンキー
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
アナログ値の単位が表示されます。
アナログ値の表示です。(実量)マウス左ボタンでクリックすると、AO設定用の数値
パッドが開きます。
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
アナログ値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
目盛りです。SFDBLDのタグ定義により、10分割・5分割・4分割・3分割を指定す
ることができます。
出力制限範囲を示すバーです。SFDBLDのタグ定義で、上下限制限ブロックが設
定されていないときは表示されません。
SFDBLDのタグ定義で、計器フェースにTYPE2が指定されている場合、数値アッ
プダウンキーがあらわれます。
17
SFDNユーザーズマニュアル
4.5.2 タグ定義項目
AO1のタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
タグ
スケール
ロケーション
計器面
項目
タグNo.
タグコメント
レンジ上限設定値
レンジ下限設定値
小数点位置
単位
ステーション
カード
グループ
端子番号
上下限制限用グル
ープ
計器面タイプ
設定範囲
なし、または最大半角で 10 文字
なし、または最大半角で 16 文字
-32000~+32000
-32000~+32000
0~5
なし、または最大半角で 8 文字
0~3F
0~F
11~26
1~2
30~61(使用しない場合は、使用しない
をチェック)
TYPE1 または TYPE2
グラフ分割
キースピード
10分割・5分割・4分割・3分割
1~3600(秒/FS)
パラメータ
①
②
③
④
上限制限値
-115~+115(%)
下限制限値
-115~+115(%)
監視・設定するアナログ端子のロケーションを定義します。
出力制限する場合、上下限制限ブロックのロケーションを定義します。
TYPE2 のとき、計器フェース上にアップダウンキーつきとなります。
上下限制限ブロックの設定値です。
18
デフォルト
なし
なし
10000
0
2
なし
0
0
11
1
30
備考
全角可能
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、②
TYPE1
③
10分割
高速:30
低速:50
115
-115
④
④
SFDNユーザーズマニュアル
4.6 拡張タグ−DI1
4.6.1 計器フェース
DI1はデジタル端子のモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。SFDBLDのタグ定義で、ON/OFF時の色と点滅の有
無を指定することができます。
19
SFDNユーザーズマニュアル
4.6.2 タグ定義項目
DI1のタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
設定範囲
タグNo.
なし、または最大半角で 10 文字
タグコメント
なし、または最大半角で 16 文字
ロケーション ステーション
0~3F
カード
0~F
グループ
11~26
端子番号
1~32
計器面
ONボタンの色
256色より任意
ONボタン点滅
有または無
OFFボタンの色
256色より任意
OFFボタン点滅
有または無
① 監視するデジタル端子のロケーションを定義します。
タグ
20
デフォルト
なし
なし
0
0
11
1
黄
無
シアン
無
備考
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、①
SFDNユーザーズマニュアル
4.7 拡張タグ−DO1
4.7.1 計器フェース
DO1はデジタル端子のON/OFFおよびモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。SFDBLDのタグ定義で、ON/OFF時の色と点滅の有
無を指定することができます。
本スイッッチをマウス左ボタンでクリックすることによって、接点の状態を切り替える
ことができます。
21
SFDNユーザーズマニュアル
4.7.2 タグ定義項目
DO1のタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
デフォルト
備考
設定範囲
タグ
タグNo.
なし、または最大半角で 10 文字
なし
全角可能
タグコメント
なし、または最大半角で 16 文字
なし
全角可能
ロケーション ステーション
0~3F
0
16 進設定、①
カード
0~F
0
16 進設定、①
グループ
11~26
11
10 進設定、①
端子番号
1~32
1
10 進設定、①
計器面
ONボタンの色
256色より任意
黄
ONボタン点滅
有または無
無
OFFボタンの色
256色より任意
シアン
OFFボタン点滅
有または無
無
ル ー プ ス テ ー タ ス 有または無
無
②
切替確認の有無
① 監視・操作するデジタル端子のロケーションを定義します。
② ループステータス切替確認の有のとき、計器上のON/OFF操作で確認ダイアログボックスが表示されま
す。
22
SFDNユーザーズマニュアル
4.8 拡張タグ−ISW
4.8.1 計器フェース
ISWは内部スイッチブロックのON/OFFおよびモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。SFDBLDのタグ定義で、ON/OFF時の色と点滅の有
無を指定することができます。
本スイッチをマウス左ボタンでクリックすることによって、接点の状態を切り替えるこ
とができます。
23
SFDNユーザーズマニュアル
4.8.2 タグ定義項目
ISWのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
デフォルト
備考
設定範囲
タグ
タグNo.
なし、または最大半角で 10 文字
なし
全角可能
タグコメント
なし、または最大半角で 16 文字
なし
全角可能
ロケーション ステーション
0~3F
0
16 進設定、①
カード
0~F
0
16 進設定、①
グループ
11~26
11
10 進設定、①
端子番号
1~32
1
10 進設定、①
計器面
ONボタンの色
256色より任意
黄
ONボタン点滅
有または無
無
OFFボタンの色
256色より任意
シアン
OFFボタン点滅
有または無
無
ル ー プ ス テ ー タ ス 有または無
無
②
切替確認の有無
① 内部スイッチを出力するDi受信端子のロケーションを定義します。カード側設定にて、内部スイッチを該当
端子に出力しておきます。
② ループステータス切替確認の有のとき、計器上のON/OFF操作で確認ダイアログボックスが表示されま
す。
24
SFDNユーザーズマニュアル
4.9 拡張タグ−TMR
4.9.1 計器フェース
TMRはタイマブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④計時値
③単位
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④計時値
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。SFDBLDのタグ定義で、S・MIN・H・0.1Sから選択
することができます。
計時値を表示します。
タイマ設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが開
き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの動作スイッチをONします。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの動作スイッチをOFFします。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの中断スイッチをONします。中断ス
イッチをOFFにして再開するには、STARTボタンをマウス左ボタンでクリックしま
す。
25
SFDNユーザーズマニュアル
4.9.2 タグ定義項目
TMRのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
タグ
スケール
ロケーション
計器面
①
②
項目
タグNo.
タグコメント
単位
ステーション
カード
グループ
グループ(PV/SP)
キースピード
設定範囲
なし、または最大半角で 10 文字
なし、または最大半角で 16 文字
S・MIN・H・0.1S
0~3F
0~F
30~61
11~26
1~3600(秒/FS)
デフォルト
なし
なし
S
0
0
30
11
高速:30
低速:50
備考
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、②
監視・設定するタイマブロックのロケーションを定義します。
タイマの PV・SP を出力するアナログ端子のロケーションを定義します。カード側設定にて、タイマの PV を
該当アナログ端子の A1 に、タイマの SP を該当アナログ端子の A2に出力しておきます。
26
SFDNユーザーズマニュアル
4.10 拡張タグ−CTR
4.10.1 計器フェース
CTRはカウンタブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④計数値
③単位
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④計数値
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
カウンタの単位を表示します。SFDBLDのタグ定義で、指定することができます。
計数値を表示します。
カウンタ設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが
開き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、カウンタブロックの動作スイッチをONします。
マウス左ボタンでクリックすると、カウンタブロックの動作スイッチをOFFします。
27
SFDNユーザーズマニュアル
4.10.2 タグ定義項目
CTRのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
タグ
スケール
ロケーション
計器面
①
②
項目
タグNo.
タグコメント
単位
ステーション
カード
グループ
グループ(PV/SP)
キースピード
設定範囲
なし、または最大半角で 10 文字
なし、または最大半角で 16 文字
なし、または最大半角で 8 文字
0~3F
0~F
30~61
11~26
1~3600(秒/FS)
デフォルト
なし
なし
なし
0
0
30
11
高速:30
低速:50
備考
全角可能
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、②
監視・設定するカウンタブロックのロケーションを定義します。
カウンタの PV・SP を出力するアナログ端子のロケーションを定義します。カード側設定にて、カウンタの PV
を該当アナログ端子の A1 に、カウンタの SP を該当アナログ端子の A2に出力しておきます。
28
SFDNユーザーズマニュアル
4.11 拡張タグ−ASW
4.11.1 計器フェース
ASWは接点の状態を監視し、アラームメッセージまたはシーケンスメッセージを発生させるためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。SFDBLDのタグ定義で、ON/OFF時の色と点滅の有
無を指定することができます。
29
SFDNユーザーズマニュアル
4.11.2 タグ定義項目
ASWのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
タグNo.
タグコメント
種別
タグ重要度
ステーション
カード
グループ
端子番号
ONボタンの色
ONボタン点滅
OFFボタンの色
OFFボタン点滅
メッセージ1
メッセージ2
出力方法
デフォルト
備考
設定範囲
タグ
なし、または最大半角で 10 文字
なし
全角可能
なし、または最大半角で 16 文字
なし
全角可能
アラームまたはシーケンス・メッセージ
アラーム
⑤
重または軽
軽
ロケーション
0~3F
0
16 進設定、①
0~F
0
16 進設定、①
11~26
11
10 進設定、①
1~32
1
10 進設定、①
計器面
256色より任意
黄
有または無
無
256色より任意
シアン
有または無
無
メッセージ
1~1000 またはなし
なし
②
1~1000 またはなし
なし
②
「ON のときメッセージ 1・OFF のときメッ 「ON のとき ③
セージ 1」・「ON のときメッセージ 1・OFF メ ッ セ ー ジ
のときメッセージ 2」・「ON のときメッセ 1・OFF のと
ージ 1」・「OFF のときメッセージ 1」から き メ ッ セ ー
選択
ジ 1」
文字色
256色より任意
黒
④
点滅の有無
有または無
無
④
① アラームあるいはシーケンスメッセージ発生のために監視するデジタル端子のロケーションを定義します。
② アラームメッセージは、SFDBLD のメッセージ登録ウィンドウで設定します。
③ 種別がアラームで「ON のときメッセージ 1・OFF のときメッセージ 1」を選択した場合、アラームサマリなどで
表示されるアラームメッセージには、ON のとき発生、OFF のとき復帰が付加されます。
④ アラームサマリなどで表示されるアラームあるいはシーケンスメッセージの文字色と文字点滅の有無です。
⑤ 種別がアラームの場合、ON がアラーム発生中、OFF がアラーム復帰となります。
アラームサマリなどで表示されるメッセージ出力方法を以下に示します。
出力方法の指定
アラーム
ON のときメッセージ 1・OFF の 参照接点ONでメッセージ 1 に“(重)
ときメッセージ 1
(または(軽))発生”を追加して出力
参照接点ONでメッセージ 1 に“(重)
(または(軽))復帰”を追加して出力
ON のときメッセージ 1・OFF の 参照接点ONでメッセージ 1 を出力
ときメッセージ 2
参照接点OFFでメッセージ2を出力
ON のときメッセージ 1
参照接点ONでメッセージ 1 を出力
参照接点OFFは出力無し
OFFのときメッセージ 1
参照接点ONは出力無し
参照接点OFFでメッセージ 1 を出力
30
シーケンス・メッセージ
参照接点ONでメッセージ 1 出力
参照接点OFFでもメッセージ 1 出力
同左
同左
同左
SFDNユーザーズマニュアル
4.12 拡張タグ−BPS
4.12.1 計器フェース
BPSはバッチ・プログラム設定ブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④積算値
③単位
⑤定量設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④積算値
⑤定量設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。SFDBLDのタグ定義で、指定することができます。
積算値を表示します。
定量設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが開
き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチをO
Nします。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチをO
FFします。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの中断スイッチをO
Nします。中断スイッチをOFFにして再開するには、STARTボタンをマウス左ボタ
ンでクリックします。
31
SFDNユーザーズマニュアル
4.12.2 タグ定義項目
BPSのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
タグ
スケール
ロケーション
計器面
項目
タグNo.
タグコメント
単位
ステーション
カード
グループ
グループ(PV/SP)
キースピード
設定範囲
なし、または最大半角で 10 文字
なし、または最大半角で 16 文字
なし、または最大半角で 8 文字
0~3F
0~F
62~69
11~26
1~3600(秒/FS)
デフォルト
なし
なし
なし
0
0
62
11
高速:30
低速:50
備考
全角可能
全角可能
全角可能
16 進設定、①
16 進設定、①
10 進設定、①
10 進設定、②
① 監視・設定するバッチ・プログラム設定ブロックのロケーションを定義します
② バッチ・プログラム設定の PV・SP を出力するアナログ端子のロケーションを定義します。カード側設定にて、
バッチ・プログラム設定の積算を該当アナログ端子の A1 に、バッチ・プログラム設定の定量設定値を該当
アナログ端子の A2に出力しておきます。
32
SFDNユーザーズマニュアル
4.13 拡張タグ−TCO
4.13.1 計器フェース
TCOはパソコン時間を監視し、デジタル端子に対して指定時間に自動的にON/OFF操作を行い、またアナロ
グ端子に対して随時日時を設定するためのタグです。
デジタル系
アナログ系
①タグNo.
タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④設定項目
⑤アナログ値
⑥ON指定時間
⑦OFF指定時間
⑧接点状態
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④設定項目
⑤アナログ値
⑥ON指定時間
⑦OFF指定時間
⑧接点状態表示
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。SFDBLDのタグ定義で、指定することができます。
選択された設定項目を表示します。設定項目の選択は、SFDBLDにて行います。
設定項目で「指定時間」及び「1時間毎」を選択された場合は、左側のデジタル形式
にて表示されます。「月日」「時分」「日」「曜日」を選択されたならば、右側のアナロ
グ形式にて表示されます。
月日、時分、日、曜日指定時に、アナログ値でデータが表示されます。
(指定時間、または1時間毎指定時には表示されません。)
指定時間指定時、または1時間毎指定時に、ON指定時間が表示されます。
(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
指定時間指定時、または1時間毎指定時に、OFF指定時間が表示されます。
(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
接点の状態を表示します。SFDBLD のタグ定義でON/OFF時の色と点滅の有無
を指定することができます。(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
アナログ系指定時のアナログ値表示フォーマット
選択項目
表示フォーマット
月日
mm.dd(01.01~12.31)
時分
hh.mm(00.00~23.59)
日
00.dd(00.01~00.31)
曜日
00.0w(00.01~00.07:日~土)
33
SFDNユーザーズマニュアル
4.13.2 タグ定義項目
TCOのタグ定義は、SFDBLD拡張タグ登録ウィンドウの拡張タグ定義ダイアログボックスで実施します。
項目
デフォルト
備考
設定範囲
タグ
タグNo.
なし、または最大半角で 10 文字
なし
全角可能
タグコメント
なし、または最大半角で 16 文字
なし
全角可能
指定時間
①
設定項目
指定時間
ON指定時間、OFF指定時間(時分)
(左の項目の 1時間毎
ON指定時間、OFF指定時間(分)
いずれか1つ 月日
を選択)
時分
日
曜日
起動時自動設定
なし
②
ロケーション
ステーション
0~3F
0
16 進設定、③
カード
0~F
0
16 進設定、③
グループ
11~26
11
10 進設定、③
端子番号
1~32 または 1~2
1
10 進設定、③
計器面
ONボタンの色
256色より任意
黄
( 指 定 時 間 、 ONボタン点滅
有または無
無
又は1時間毎 OFFボタンの色
256色より任意
シアン
指定時のみ) OFFボタン点滅
有または無
無
① 指定時間・1時間毎を指定された場合は、SFDRUNではデジタル系タグとして扱われます。月日・時分・
日・曜日を指定された場合は、SFDRUNではアナログ系タグとして扱われます。また、指定時間を指定され
たならば接点のON/OFF時間(時分)を、1時間毎を指定されたならばON/OFF時間(分)の設定が可能
となります。但し、ON時間とOFF時間に同じ時間を指定することはできません。
② 指定時間・1時間毎を指定されたときのみ設定可能となります。本項目を設定されますと、SFDRUN起動
時に設定されたON時間/OFF時間と現在時刻とを比較して、妥当なON/OFF状態を出力します。
③ 監視するデジタル端子のロケーションを定義します。端子番号の設定範囲は、設定項目タブ内で、デジタル
系タグを指定されたならば(1~32)、アナログ系タグを指定されたならば(1~2)となります。
注意(1) グラフィックモニタで時計計器を設定可能なのは、計器UPと計器部品の2つとなります。ランプや数
値表示などの部品にはアサインすることはできません。
注意(2) TCOで同一時刻の重複した設定をする場合、最大10タグを上限として設定して下さい。それを越え
て設定された場合、ネットワーク負荷等により、指定分に設定できないことがあります。
「重複の条件について」
・ 指定時間の場合の指定分と、1時間毎の指定分が同じ場合(ON/OFFいずれも)も重複とみなし
ます。
・ ある指定時間のTCOのON時間と、ある指定時間のTCOのOFF時間が同じ場合も重複とみなしま
す。
・ ある1時間毎のTCOのON時間と、ある指定時間のTCOのOFF時間が同じ場合も重複とみなしま
す。
・ ON、またはOFFの指定時間、または1時間毎が0:00分の場合、月日、時分、日、曜日のいずれと
も重複とみなします。
・ アナログ設定で時分を指定した場合、ON、OFFの指定時間、または1時間毎の指定分と重複して
いるとみなします。
34
SFDNユーザーズマニュアル
4.14 チューニング
各タグのタグNo・タグコメント部をマウス左ボタンでクリックすることにより、下図に示すチューニングウィンドウが
開きます。
リザーブボタン
パラメータ
計器フェース
キースピード設定ボタン
リアルタイム
トレンドグラフ
チューニングウィンドウでは、次のことを実施することができます。
①
②
③
④
⑤
PIDパラメータなどの調整を行うことができます。
1秒周期でPV・SP・MVまたは端子の値をリアルタイムトレンドグラフで表示しますので、パラメータ調整結
果をグラフで確認することができます。
札掛けの設定を行うことができます。
数値増減キーのキースピードの設定を行うことができます。
リザーブ機能により、最大4タグについてリアルタイムトレンドデータを過去2日分記録することができます。
記録したトレンドグラフデータを画面スクロールし確認することができます。
35
SFDNユーザーズマニュアル
タグ種類によりチューニングウィンドウで操作可能な項目は、次表のようになります。
タグ種類
標準タグ
拡張タグ
A)
B)
C)
D)
E)
F)
G)
H)
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視
SW)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
パラメー
タ
○
○
×
○
○
○
○
×
×
×
×
×
×
トレンド
グラフ
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
計器
フェース
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
キー
スピード
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
○
○
×
○
×
○
○
○
○
○
×
リザーブ
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
備考
E
G
F
A、C
B、C
D
D
D
D
○
○
H
(○:項目あり、×:項目なし)
警報モジュールの設定が無い場合、パラメータはありません。
制限モジュールの設定が無い場合、パラメータはありません。
アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
デジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。(ONが75%、OFFが25%位置)
MVのみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
PVのみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
SPはリアルタイムトレンドグラフに表示されません。
デジタル系ならばデジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します(ONが75%、OFFが25%
位置)。アナログ系タグならば、アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
また、各タグ種類で設定可能なパラメータは次のとおりです。
標準タグ
拡張タグ
タグ種類
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視S
W)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
設定可能なパラメータ
PB・TI・TD・PH・PL・MH・ML・DV
PB・TI・TD・PH・PL・MH・ML・DV
なし
PH・PL
PH・PL
PH・PL
MH・ML
なし
なし
なし
なし
なし
なし
BO・BP・BI・A0・A1・A2・A3・K1・K2
なし
36
SFDNユーザーズマニュアル
4.15 札掛け
チューニングウィンドウに表示される計器フェース部で、タグNo・コメント部をマウス左ボタンでクリックすると以
下のダイアログボックスが表示され、札掛けの指定を行うことができます。
①
②
③
④
札掛け機能
①札掛け色
②札掛けコメント
③操作禁止
④アラームバイパス
説明
計器フェースのタグNo.・タグコメント部に札掛け色として、指定色を表示すること
ができます。
計器フェースの札掛けコメント部に表示する文字を指定できます。コメント文字を表
示しないか、“点検中”・“校正中”・“故障中”・“取外し”・“その他”の中から選択し、
表示することができます。
該当タグの操作の禁止を指定することができます。操作禁止中に計器フェースやチ
ューニングウィンドウにて設定変更などの操作を行うと、以下のダイアログが表示さ
れ、操作を受け付けません。
アラームのバイパスを指定されているタグについては、アラームまたはメッセージが
発生しません。該当計器故障中などに、不要なアラームの発生を防ぐ目的で使用
します。
37
SFDNユーザーズマニュアル
4.16 数値パッド
計器フェース上のSP値欄などでマウス左ボタンをクリックすると、値変更用に次の数値パッドが開かれます。マ
ウス左ボタンのクリックで、テンキー・数値増減キーを操作後、確定ボタンを押すことで、値の設定を行うことが
できます。
入力値表示フィールド
単位
テンキー
数値増減キー
入力値表示フィールドをクリア
入力値の符号反転
入力を中断し数値パッドをクローズ
入力値を確定し送信
38
SFDNユーザーズマニュアル
4.17 キースピード
数値パッド内の数値増減キーを押したときの値の変化スピードを調整することができます。
アップダウンキーには高速キーと低速キーがあり、それぞれにキースピードの設定を行うことができます。
高速キー
低速キー
キースピードの設定は、SFDBLDのシステム構成登録または拡張タグ登録のタグ定義にて、以下のダイアログ
ボックスにより行います。また、SFDRUNにおいては、各タグのチューニングウィンドウからキースピードの設定
を行うことも可能です。
キースピードはタグ種別により、以下の設定項目となります。
(1)SP 高速キー、SP 低速キー、MV 高速キー、MV 低速キーの変更が可能
(2)SP 低速キー、MV 低速キーの変更が可能
(3)高速キー 低速キーの変更が可能
(4)低速キーの変更が可能
標準タグ
拡張タグ
タグ種類
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視S
W)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
キースピードの設定タイプ
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
キースピード設定なし
キースピード設定なし
TYPE1=(3)、TYPE2=(4)
キースピード設定なし
キースピード設定なし
キースピード設定なし
(3)
(3)
キースピード設定なし
(3)
キースピード設定なし
39
SFDNユーザーズマニュアル
5 アラーム
アラーム・メッセージ
・メッセージ
5.1 アラーム・メッセージの種類
アラーム・メッセージの種類
SFDNでは、次のアラームまたはメッセージが発生します。
大分類
タグアラーム
シーケンスメッセージ
ハードエラー
操作ログ
システムアラーム
•
•
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
説明
重レベルタグのアラーム
重レベルタグのアラーム復帰
軽レベルタグのアラーム
軽レベルタグのアラーム復帰
運転開始・停止などのメッセージ
カードのハードエラー
SFDNからの値変更等の操作記録
SFDN自体のエラーやイベント
タグアラームは標準タグ、拡張タグのAI1でアラーム発生を指定したタグ、拡張タグのASWで種別にアラー
ムを指定したタグで発生するアラームです。
シーケンスメッセージは、拡張タグのASWで種別にシーケンスメッセージを指定したタグで発生するメッセ
ージです。
40
SFDNユーザーズマニュアル
5.2 アラーム・メッセージの表示
アラーム・メッセージの表示
発生したアラーム・メッセージは、次に示すSFDRUNの「アラームツールバー」に表示されます。
最新メッセージエリア
アラーム音停止ボタン
アラームまたはメッセージ発生時には最新メッセージエリアに表示されます。(点滅させて表示することを指定す
ることもできます。)
また、SFDRUNでは、過去1000個分のアラームおよびメッセージが貯えられ、次のアラームサマリウィンドウ
にて確認することができます。
表示するアラーム種別をどれにするかは、アラームサマリウィンドウの「表示アラーム選択」ボタンを押したとき
に表示される、次のダイアログボックスで制御することができます。
選択された種別のアラームまたはメッセージのみが、①アラームツールバーの最新メッセージエリアに表示、②
アラームサマリウィンドウ内に表示、③指定されていれば印刷、④指定されていればDIOカードへの接点出力さ
れます。
41
SFDNユーザーズマニュアル
5.2.1 ビープ音
アラームまたはメッセージが発生時に、パソコンのビープ音を鳴らすことができます。(指定方法はSFDBLD操
作マニュアルのオプション設定を参照)
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
ビープ音パターン
1秒
1秒
(連続音)
重アラーム復帰
軽アラーム
(発生しない)
1秒
1秒
(連続音)
軽アラーム復帰
シーケンスメッセージ
(発生しない)
1秒
1秒
ハードエラー
(単発)
1秒
(連続音)
1秒
操作ログ
1秒
システムアラーム
(単発)
1秒
(連続音)
ビープ音優先順位は、(高)ハードエラー>重アラーム>軽アラーム>システムアラーム(低)とします。ビープ音
発生中に、より優先の高いメッセージが発生した場合、優先の高いメッセージのビープ音に切り替わります。
発生中、ビープ音の停止は、アラームツールバーのアラーム音停止ボタンを押すか、最新メッセージエリアを押
すことにより行うことができます。
最新メッセージエリア
アラーム音停止ボタン
42
SFDNユーザーズマニュアル
5.3 DIOカード接点の入出力
アラーム・メッセージの発生をDIOカードに出力することができます。本接点信号により、アラーム・メッセージの
発生状況に応じた外部機器の制御が可能です。(外部音源を駆動する・警報ランプを駆動するなど)
DIOカード接点出力機能を次表にまとめます。
項目
アラーム・メッセージ端子出力
アラーム解除端子出力
機能
指定可能な端子番号
重アラーム・軽アラーム・ハードエラー・操作ログ・シ 21~28
ステムアラーム・シーケンスメッセージの各アラー
ム・メッセージ発生時に指定接点をONまたはOFF
します。
アラーム解除操作があった場合に、5秒間のアラー 21~28
ム解除出力(接点をONまたはOFF)を行います。ア
ラーム解除操作とは、次の操作のことを言います。
•
SFDRUNツールバーの最新メッセージエリア
またはアラーム音停止ボタンが選択された。
最新メッセージエリア
アラーム音停止ボタン
•
•
アラーム解除端子入力
SFDRUNツールバーのツール/アラーム音オ
フが選択された。
アラーム解除端子入力を検知した。
指定接点のONトリガまたはOFFトリガで、アラーム 10~17
解除を行います。SFDNは本入力の検知で、ビープ
音などアラーム音の鳴動を停止します。
DIOカード接点入出力機能の指定は、SFDBLDオプション設定により行います。SFDBLD操作マニュアルをご
参照ください。
43
SFDNユーザーズマニュアル
5.4 テキストファイル出力
SFDRUNでは、発生したメッセージを指定時刻範囲でテキストファイルへ出力することができます。
テキストファイルへ次のフォーマットで出力されます。
(種別)(日付),(時刻),(タグNo.),(タグコメント),(メッセージ)
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
出力例
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(重)発生
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(重)復帰
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(軽)発生
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(軽)復帰
シーケンスメッセージ
<M> 1998/4/15,10:10:10,SEQ00,ポンプ A,運転開始
ハードエラー
<H> 1998/4/15,10:10:10,-,ST=0 CH=0,SEQ テーブル不正
操作ログ
<O> 1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,SP 変更 120.0℃
システムアラーム
<S> 1998/4/15,10:10:10,-,-,Trend Log 欠側(PC)
• 重アラームには(重)、軽アラームには(軽)が付加されます。
• 発生には発生、復帰には復帰が付加されます。
• 復帰は先頭に4個のスペース文字(20H)を付加し出力します。
• シーケンスメッセージは<M>、ハードエラーは<H>、操作ログは<O>、システムアラームは<S>の文字が、種
別として先頭に付加されます。
• 最新メッセージおよびアラームサマリへの表示をするように指定している種別のアラームまたはメッセージ
のみ出力されます。
出力ファイル内容の例を以下に示します。
<O> 1998/04/25,15:35:55,TIC00000,反応缶上部温度,CL 変更(ON)
1998/04/25,15:35:45,TIC00000,反応缶上部温度,PV 上限警報 (重)復帰
<S> 1998/04/25,15:35:32,,,通信 ERR(操作手順不当)
1998/04/25,15:35:18,TIC00000,反応缶上部温度,PV 上限警報 (重)発生
<O> 1998/04/25,15:34:44,TIC00000,反応缶上部温度,SP 変更(455.0℃)
1998/04/25,15:33:55,AI10002,汚泥B部排出量,PV 上限警報 (軽)発生
1998/04/25,15:33:54,AI10001,汚泥A部排出量,PV 上限警報 (軽)発生
<H> 1998/04/25,15:33:53,,ST=0 CD=0,CARD 復帰
<H> 1998/04/25,15:33:53,,ST=0,STATION 復帰
<H> 1998/04/25,15:33:52,,ADDR=1E,DLC2 復帰
44
SFDNユーザーズマニュアル
5.5 印刷
発生したアラーム・メッセージをプリンタへ印刷することを指定できます。(指定方法はSFDBLD操作マニュアル
のオプション設定を参照)
印刷フォーマットは、テキストファイルへの出力フォーマットと同じです。またテキストファイル出力同様、最新メッ
セージおよびアラームサマリへの表示をするように指定している種別のアラームまたはメッセージのみ出力され
ます。
印刷先プリンタは、Windowsのマイコンピュータフォルダ-プリンタフォルダで指定されている「通常使うプリン
タ」となります。「通常使うプリンタ」の指定は、プリンタフォルダに表示されているインストール済みのプリンタで
マウス右ボタンをクリックしたときに開かれるポップアップメニューにて、「通常使うプリンタに設定」をチェックする
ことで行ってください。
45
SFDNユーザーズマニュアル
5.6 システムアラーム一覧
システムアラームのメッセージ一覧です。通信エラーを除いて、通常発生するメッセージではありません。
メッセージ
通信エラー(***)
内容と対策
カード側との通信において、エラーが発生したことを示します。***にエラ
ー詳細が表示されます。
トレンドログ欠測(PC)
トレンドデータのロギング処理で、パソコンシステムに何らかの負荷がかかっ
た結果、収集周期に処理が間に合わなかったことを示します。もしSFDN以
外のアプリケーションを起動されている場合、アプリケーションを終了させ再
度SFDNを起動してください。
トレンドロギング失敗
トレンドデータのロギング処理で、ファイルアクセスに失敗したことを示しま
す。OS付属機能などでディスクの診断を行ってください。
チューニングログ欠測(PC)
リザーブされたタグのチューニングデータロギング処理で、パソコンシステム
に何らかの負荷がかかった結果、収集周期に処理が間に合わなかったこと
を示します。もしSFDN以外のアプリケーションを起動されている場合、アプリ
ケーションを終了させ再度SFDNを起動してください。
チューニングロギング失敗
リザーブされたタグのチューニングデータロギング処理で、ファイルアクセス
に失敗したことを示します。OS付属機能などでディスクの診断を行ってくださ
い。
レポートログ欠測
レポートタグのロギング処理で、パソコンシステムに何らかの負荷がかかった
結果、収集周期に処理が間に合わなかったことを示します。もしSFDN以外
のアプリケーションを起動されている場合、アプリケーションを終了させ再度S
FDNを起動してください。
レポートログ欠測(セマフォ取 レポートタグのロギング処理で、EasyReportとのインタフェース処理に失敗
得失敗)
したことを示します。WindowsのタスクマネージャでEasyReportが起動さ
れていれば強制終了し、パソコンを再起動してください。
トレンドログファイル出力失敗
トレンドテキストなどのファイル出力処理で、ファイルアクセスに失敗したこと
を示します。OS付属機能などでディスクの診断を行ってください。
アラームログファイル出力失敗 アラームテキスト出力処理で、ファイルアクセスに失敗したことを示します。O
S付属機能などでディスクの診断を行ってください。
46
SFDNユーザーズマニュアル
5.7 ハードエラー一覧
ハードエラーのメッセージ一覧です。
メッセージ
EEPROM書込中
(DCSカード異常)
内容
DCSカードの内部処理が、前回の設定でEEPROMへ設定中であるため
設定できない。
(通常は、リトライするため表示されることはない。)
DATA構成不当
設定入力データの形式(フォーマット)が正しくない。
(DCSカード異常)
(数値入力であるべきが文字データなどの入力が誤っている。)
EEPROM初期化未処理
アクセスしようとした計器ブロックのEEPROMの内容が初期化されていな
(DCSカード異常)
い、または破壊されている。
(EEPROMの初期化操作を行っていない、またはDCSカードの故障等)
EEPROM書込不成功
DCSカードのEEPROMに設定したが、読み返し値が一致しない。
(DCSカード異常)
(DCSカードの故障等)
DLC2停止
DLC2との通信が切断された。
(DLC2ユニット異常)
(DLC2の電源断、故障、または接続ケーブルの断線等)
STATION停止
該当STATIONがネットワークから切断された。
(DCSまたはリモートI/Oステ (該当STATIONの電源断、通信カード故障、または接続ケーブルの断線
ーション異常)
等)
CARD停止
該当DCSカードがネットワークから切断された。
(DCSカード異常)
(該当カードの電源断、該当カード故障、または接続ケーブルの断線等)
CARD MEMORY異常
該当DCSカードでEEPROMのチェックサム・エラーが発生した。
(DCSカード異常)
(EEPROMの初期化操作を行っていない、またはDCSカードの故障等)
CARD PV故障
該当DCSカードでPV入力不当のエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(フィールド端子ブロックのPV入力上下限警報が発生している。)
CARD MV故障
該当DCSカードでMV出力不当のエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(フィールド端子ブロックのMVチェック入力とMV出力の偏差警報が発生し
ている。)
CARD計器BLOCK異常
該当DCSカードでエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(該当DCSカードの使用グループでエラーが発生しているグループがある。
システム共通テーブルでエラーの発生しているグループを確認して修正す
る必要がある。)
CARD過負荷
該当DCSカードの負荷が100%を超えている。
(DCSカード異常)
(該当DCSカードが制御周期内に全てを処理できなかった。)
未定義異常ID=X P=X
SFDNで判別できないハードエラーが発生した。
(判別不可エラー)
(通常はありえない。)
47
SFDNユーザーズマニュアル
6 オーバービュー
6.1 オーバービュー機能
オーバービューウィンドウが準備され、各ウィンドウでのアラーム発生状態の監視、各ウィンドウへの1タッチ展
開が可能です。インデックス用画面として用います。オーバービューウィンドウ内の各項目には自由に色を指定
することができますので、メニューの色分けを行うことができます。
48
SFDNユーザーズマニュアル
6.2 オーバービュー項目
オーバービュー項目に表示可能な情報と表示方法について説明します。
ジャンプ先
状態表示
項目タイトル
各部の表示方法を次表にまとめます。
登録ウィンドウ
制御グループ
ジャンプ先表示方法
CG001(番号はページ番号)
チューニング
オーバービュー
タグNo.
OV001(番号はページ番号)
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
TR001(番号はページ番号)
AL001(番号は固定)
GR001(番号はページ番号)
49
状態表示
制御グループに含まれるいずれかのタグでアラーム
が発生していたら点滅
タグNo.でアラームが発生していたら点滅
該当オーバービューウィンドウのページ内のオーバー
ビュー項目で点滅していたら点滅
(変化しません)
新規未確認アラームありで点滅。
(変化しません)
SFDNユーザーズマニュアル
7 制御グループ
7.1 制御グループ機能
最大8タグを1グループにして制御グループを設定することができます。設定された制御グループで計器フェー
スを並べ、監視・操作を行うことができます。SFDNでは、制御グループの設定を行うだけで、簡単に以下の制
御グループモニタを行うことができます。
各タグの計器フェース操作については、本マニュアルタグの項をご参照ください。
50
SFDNユーザーズマニュアル
8 トレンド
8.1 トレンド機能
1グループあたり8ペンのヒストリカルトレンドグループを最大80グループまで実装することができます。最大1
年の長期保存や外部記憶装置へのデータ保存・再現など充実したトレンド機能を実現しています。
トレンド機能の概要を次表にまとめます。
項目
トレンド対象データ
トレンドグラフ
トレンド収集周期
トレンド保存期間
保存と再現
テキスト出力
機能概要
全タグ種類のPV・MV・SP・接点端子・アナログ端子・アラーム接点を収
集することができます。
全80トレンドグループをページ切替えにて表示することができます。次の
充実したグラフ操作機能を有します。
• 過去データをスクロールし確認する機能
• 指定位置のアナログデータ値を確認する機能
• 横軸・縦軸サイズを様々なスパンに指定する機能
• グラフにバイアスをかけ表示する機能
• グラフの表示を一時的に行わない指定
• 目盛りの実量表示
トレンドグループ1~16は1秒・10秒から、その他のグループは、10秒・
1分・10分・20分・30分・60分からの選択となります。
1~365日より指定できます。
トレンドしたデータをディスクに保存し、また再現し表示する機能
トレンドしたデータをCSV形式のファイルに出力する機能
51
SFDNユーザーズマニュアル
8.2 トレンドデータの保存と再現
トレンドデータをディスクに保存し、保存しておいたトレンドデータを再度読み込み、トレンドグラフに再現すること
ができます。
トレンドグループ1〜16の
トレンドデータ
トレンドグループ17〜32の
トレンドデータ
トレンドグループ33〜48の
トレンドデータ
トレンドグループ49〜64の
トレンドデータ
トレンドグループ81〜96の
トレンドデータ再現用
トレンドグループ65〜80の
トレンドデータ
トレンド保存データファイル
•
•
•
•
トレンドグループ1~16、17~32、33~48、49~64、65~80の16グループ単位で、指定日時以降の
データを指定データ間隔で、任意のトレンド保存データファイルに格納することができます。保存先は、ハー
ドディスク・フロッピディスクなど、任意の指定することができます。
トレンド保存データファイルに格納したトレンドデータを読み出し、データ再現用のトレンドグループ81~96
に表示することができます。
トレンド保存データファイルのファイル拡張子は TLB 固定です。エクスプローラなどファイル操作アプリケー
ションで拡張子を変更しないでください。
保存ファイルサイズは次の式にて算出します。
1976+(出力データ収集間隔での1日の点数×指定保存日数)×260 バイト
52
SFDNユーザーズマニュアル
8.3 トレンドデータのテキストファイル出力
収集したトレンドデータを指定日時範囲でテキストファイルに出力することができます。文字列および値をカンマ
(,)と改行記号で区切るCSV形式で出力されますので、市販の表計算ソフトで読み込むことが可能です。テキ
ストファイルへは、次にフォーマットで出力されます。
%TREND,[トレンドグループ番号],[トレンドグループタイトル]
[収集角レコード数]
[データ1タグNo.], [データ1タイプ], [データ1タグコメント],[データ1単位]
・
・
[データ8タグNo.], [データ8タイプ], [データ8タグコメント],[データ8単位]
[レコード0/データ1収集日], [レコード0/データ1収集時刻], [レコード0/データ1値]
・
・
[レコード0/データ8収集日], [レコード0/データ8収集時刻], [レコード0/データ8値]
・
・
[レコードn/データ1収集日], [レコードn/データ1収集時刻], [レコードn/データ1値]
・
・
[レコードn/データ8収集日], [レコードn/データ8収集時刻], [レコードn/データ8値]
出力例を以下に示します。
%TREND,1,TREND0001
1754
TIC00000,SP,反応缶上部温度,℃
TIC00000,PV,反応缶上部温度,℃
TIC00000,PV,反応缶上部温度,℃
TIC00001,SP,反応缶下部温度,℃
TIC00001,PV,反応缶下部温度,℃
TIC00000,MV,反応缶上部温度,%
AI0000,,反応缶上部流量 1,m3/h
AI0001,,反応缶上部流量 2,m3/h
1998/04/08,12:09:20,400.0
1998/04/08,12:09:20,1150.0
1998/04/08,12:09:20,1150.0
1998/04/08,12:09:20,0.00
1998/04/08,12:09:20,0.00
:
:
出力ファイルサイズは次の式にて算出します。(出力される可能性のある最大)
(395+(出力データ収集間隔での1日の点数×指定保存日数)×320)×16 バイト
53
SFDNユーザーズマニュアル
9 システムモニタ
9.1 システムモニタ機能
各カードの起動停止など運転状態の監視、およびスタート・ストップ命令の送信を行うことができます。
54
SFDNユーザーズマニュアル
9.2 システムモニタのパスワード
システムモニタでの操作にはパスワードの入力が必要です。プロジェクトの新規作成後、初めてSFDRUNで該
当プロジェクトのモニタを行う際には、以下のダイアログボックスで、パスワードの入力が求められます。
入力されたパスワードをお忘れにならないようにご注意ください。もし、万が一、パスワードが不明となった場合
は、APPENDIXに記載されるプロジェクトフォルダの拡張子がPASであるファイルを削除願います。削除すると、
SFDRUN起動時に再度パスワードの入力を求められます。
55
SFDNユーザーズマニュアル
10 レポートタグ
10.1 レポートタグの役割
帳票ソフトパッケージ(EasyReport)側で利用するデータは、レポートタグとしてSFDNに登録する必要があり
ます。SFDBLDで登録されたレポートタグは、SFDRUNによって1分正時のタイミングで過去60点分データ蓄
積されます。
SFD
EasyReport
1分正時
1時間正時
レポートタグロギングデータ
過去60レコード分
レポートタグは「タグNo.-タイプ」の形式となります。
レポートタグは、最大1500点の登録が可能です。
EasyReport側設定については、EasyReportのマニュアルをご参照ください。
56
SFDNユーザーズマニュアル
11 グラフィックモニタ
11.1 グラフックモニタ
SFDNでは、ご自由にデザインいただき、監視・操作画面を作成する機能を備えています。各種のグラフィック
部品があらかじめ準備されており、CADライクに作成した背景画にグラフィック部品を貼りつけるだけで、簡単に
作成することができます。
SFDNではグラフィックモニタ画面として、99枚の画面を実装することができます。また、256色および高解像
度に対応しており、多くの情報を1画面内に納めることができます。
57
SFDNユーザーズマニュアル
11.2 グラフィック部品の種類
部品
ボタン
変形ボタン
(形状はユーザ定義)
ランプ
説明
オルタネート
指定された接点に、マウス左ボタンでクリックする毎に1と0を交互
にセットします。
モーメンタリ
指定された接点に、マウス左ボタンでクリックすると1、マウス左ボ
タンを離すと0をセットします。
マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにOFF
FF に復帰し
マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにO
ないことがあります。再度マウス左ボタンでクリックすることで復帰
しますが、その間本ボタンに割り付けられたタグはONの状態を保
持します。本ボタン操作時は確実に操作を行って下さい。
画面切換
マウス左ボタンでクリックするか指定された接点の値変化で、指定
された画面に切り替えます。
計器UP
マウス左ボタンでクリックすると、指定されたタグの計器フェースを
ポップアップします。ポップアップされた計器フェースは、グラフィック
モニタウィンドウ内にて移動及び伸縮が可能となります。
ボタンと同じ機能を持ちますが、ボタン形状をユーザで自由に作成することができま
す。
接点の状態で、表示色を変化させます。
変形ランプ
(形状はユーザ定義)
数値設定
ランプと同じ機能を持ちますが、ランプ形状をユーザで自由に作成することができま
す。
データを表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすると、数値設定用のパッドを開
きます。
数値表示
データを表示します。
シンプル数値設定
データを簡易フォーマットにて表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすると、数
値設定用のパッドを開きます。
シンプル数値表示
データを簡易フォーマットで表示します。
計器
指定したタグの計器フェースを表示し、操作を受け付けます。
(計器の操作方法は、タグの項を参照ください。)
ホッパフィル
指定したデータ値に従い、ホッパ内を塗りつぶします。左の3形状より選択すること
ができます。
名板
文字列の表示板です。
メータ形計器
指定されたタグの値をメータ形にて表示します。
本部品には、2つまたは3つのボタンを含めることができます。
ボタンはグラフィックボタンと同様の設定を行うことができます。
58
SFDNユーザーズマニュアル
11.3 グラフィック部品のプロパティ仕様
11.3.1 ボタン
項目
種別
参照タグ
文字
形状
画面切換
①
種別
ACK(問い合わせ機能)
接点AのタグNo.とタイプ
接点BのタグNo.とタイプ
計器タグNo.
参照接点の選択
文字1~文字3
文字色
倍率
参照接点ON時の色
参照接点OFF時の色
影の色
参照接点ON時のブリンク
の有無
画面種類
備考
⑦
⑥
①
全角可能
②
③
②
ジャンプ先画面種類をオーバービュー・制御グルー ⑤
プ・アラームサマリ・トレンド・グラフィック・システムモ
ニタより選択
ジャンプ先画面のジャンプ先ページ番号
④⑤
有または無
⑤
画面番号
参照接点OFF→ON時の
自動画面切換え有無
種別がオルタネートおよびモーメンタリのときは、「接点AのタグNo.+タイプをボタン操作でONまたはOF
Fし、かつその接点を参照してボタンの色を変化させる方法」と「接点AのタグNo.+タイプをボタン操作で
ONまたはOFFし、かつそれ以外の接点Bを参照してボタンの色を変化させる方法」の2つより選択するこ
とができます。
接点AをON/OFFし
かつ参照して色替え
接点AをON/OFFし
接点Bを参照して色替え
ボタン
接点A
②
③
④
⑤
⑥
⑦
設定範囲
オルタネート・モーメンタリ・画面切換・計器UP
有効または無効
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
種別が計器のときの、ポップアップ表示するタグNo.
「接点AをON/OFFしかつ参照して色替え」「接点A
をON/OFFし、接点Bを参照して色替え」から選択
各半角で6文字まで(計半角で18文字)でボタン表
面の文字
文字の色を256色より選択
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
256色より選択
256色より選択
立体感を出すための影の色を256色より選択
有または無
ボタン
接点A
接点B
種別が画面切換のとき、接点のON/OFFは行われず、「接点AをON/OFFしかつ参照して色替え」は接
点Aを参照しての色替え、「接点AをON/OFFし、接点Bを参照して色替え」は接点Bを参照しての色替え
の意味となります。種別が計器UPのとき、本設定は意味を持ちません。(接点参照により色替えは行われ
ません)
種別が計器UPのとき、本設定は意味を持ちません。
種別が計器UPのとき、本設定はボタン表面の色の意味となります。
SFDRUNでグラフィックモニタウィンドウのボタン貼り付け画面が開かれているとき有効です。
種別が画面切換のときのみ有効です。
種別がオルタネートのときのみ有効です。
モーメンタリボタンは、マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにOFFに復帰しないことがありま
す。再度マウス左ボタンでクリックすることで復帰しますが、その間本ボタンに割り付けられたタグはONの
状態を保持します。本ボタン操作時は確実に操作を行って下さい。
59
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.2 変形ボタン
種別
参照タグ
IFE
画面切換
①
項目
種別
ACK(問い合わせ機能)
接点AのタグNo.とタイプ
接点BのタグNo.とタイプ
計器タグNo.
参照接点の選択
ON時IFE部品
OFF時IFE部品
画面種類
備考
⑦
⑥
①
②
③
⑤
画面番号
④⑤
参照接点OFF→ON時の
⑤
自動画面切換え有無
種別がオルタネートおよびモーメンタリのときは、「接点AのタグNo.+タイプをボタン操作でONまたはOF
Fし、かつその接点を参照して表示IFE部品を変化させる方法」と「接点AのタグNo.+タイプをボタン操作
でONまたはOFFし、かつそれ以外の接点Bを参照して表示IFE部品を変化させる方法」の2つより選択す
ることができます。
接点AをON/OFFし
かつ参照してIFE部品
替え
接点AをON/OFFし
接点Bを参照してIFE
部品替え
変形
ボタン
接点A
②
③
④
⑤
⑥
⑦
設定範囲
オルタネート・モーメンタリ・画面切換・計器UP
有効または無効
ON/OFFもしくは参照する接点(タグ+タイプ)
ON/OFFもしくは参照する接点(タグ+タイプ)
種別が計器のときの、ポップアップ表示するタグNo.
「接点AをON/OFFしかつ参照してIFE部品替え」
「接点AをON/OFFし、接点Bを参照してIFE部品
替え」から選択
参照接点ON時に表示するIFE部品
参照接点OFF時に表示するIFE部品
ジャンプ先画面種類をオーバービュー・制御グルー
プ・アラームサマリ・トレンド・グラフィック・システムモ
ニタより選択
ジャンプ先画面のジャンプ先ページ番号
有または無
変形
ボタン
接点A
接点B
種別が画面切換のとき、接点のON/OFFは行われず、「接点AをON/OFFしかつ参照してIFE部品替
え」は接点Aを参照してのIFE部品替え、「接点AをON/OFFし、接点Bを参照してIFE部品替え」は接点B
を参照してのIFE部品替えの意味となります。種別が計器UPのとき、本設定は意味を持ちません。(接点
参照によりIFE部品替えは行われません)
種別が計器UPのとき、本設定は意味を持ちません。
種別が計器UPのとき、本設定は表示するIFE部品の意味となります。
SFDRUNでグラフィックモニタウィンドウのボタン貼り付け画面が開かれているとき有効です。
種別が画面切換のときのみ有効です。
種別がオルタネートのときのみ有効です。
モーメンタリボタンは、マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにOFFに復帰しないことがありま
す。再度マウス左ボタンでクリックすることで復帰しますが、その間本ボタンに割り付けられたタグはONの
状態を保持します。本ボタン操作時は確実に操作を行って下さい。
60
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.3 ランプ
参照タグ
文字
項目
接点AのタグNo.とタイプ
接点BのタグNo.とタイプ
参照接点の選択
文字1~文字3
設定範囲
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
「接点Aのみを参照して色替え」「接点Aと接点Bの2
つを参照して色替え」から選択
各半角で6文字まで(計半角で18文字)でボタン表
面の文字
文字の色を256色より選択
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
256色より選択
256色より選択
256色より選択
256色より選択
立体感を出すための影の色を256色より選択
有または無
有または無
備考
①
全角可能
文字色
倍率
形状
接点ON時の色
接点AのみON時の色
②
接点BのみON時の色
②
接点OFF時の色
影の色
接点ON時のブリンク有無
接点AのみON時のブリン
②
ク有無
接点BのみON時のブリン 有または無
②
ク有無
① 「接点AのタグNo.+タイプを参照して色を変化させる方法」と「接点Aと接点BのタグNo.+タイプ、2つを
参照して、接点状態の組み合わせで4色に色を変化させる方法」の2つより選択することができます。
接点Aのみを参照して色
替え
接点Aと接点Bの2つを
参照して色替え
ランプ
接点A
②
ランプ
接点A
接点B
「接点Aと接点Bの2つを参照して色替え」のときのみ有効
61
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.4 変形ランプ
設定範囲
備考
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
ON/OFFもしくは参照する接点となるタグ+タイプ
「接点Aのみを参照して色替え」「接点Aと接点Bの2 ①
つを参照して色替え」から選択
形状
接点ON時IFE部品
接点ON時に表示するIFE部品
接点AのみON時IFE部品
接点AのみON時に表示するIFE部品
②
接点BのみON時IFE部品
接点ON時に表示するIFE部品
②
接点OFF時IFE部品
接点OFF時に表示するIFE部品
① 「接点AのタグNo.+タイプを参照してIFE部品を変化させる方法」と「接点Aと接点BのタグNo.+タイプ、
2つを参照して、接点状態の組み合わせで4つのIFE部品を変化させる方法」の2つより選択することがで
きます。
参照タグ
項目
接点AのタグNo.とタイプ
接点BのタグNo.とタイプ
参照接点の選択
接点Aのみを参照してI
FE部品替え
接点Aと接点Bの2つを
参照してIFE部品替え
変形
ランプ
接点A
②
変形
ランプ
接点A
接点B
「接点Aと接点Bの2つを参照してIFE部品替え」のときのみ有効
62
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.5 数値設定
項目
設定範囲
タグNo.とタイプ
表示・設定するタグ+タイプ
文字
半角で16文字まで部品面の文字
文字の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
単位
半角で6文字まで部品面の単位文字
単位の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍より選択
文字色
文字・単位の色を256色より選択
形状
面の色
部品面の色を256色より選択
影の色
立体感を出すための影の色を256色より選択
入力パッドのタイプ
数値パッド・テンキーパッドより選択
① プロパティ設定に従い、部品には次のように表示されます。
参照タグ
文字
備考
全角可能①
全角可能①
②③
文字表示位置
値表示位置
②
単位表示位置
入力パッドのタイプが数値パッドのときは、部品面をマウス左ボタンでクリックすると、次のパッドが開かれ、
値の設定を受け付けます。
入力値表示フィールド
単位
テンキー
数値増減キー
入力値表示フィールドをクリア
入力値の符号反転
入力を中断し数値パッドをクローズ
入力値を確定し送信
③
入力パッドのタイプがテンキーパッドのときは、部品面をマウス左ボタンでクリックすると、次のパッドが開
かれ、値の設定を受け付けます。
値表示フィールド
数値増減キー
値表示フィールド
の値を送信し、パ
ッドをクローズ
単位
63
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.6 数値表示
項目
設定範囲
タグNo.とタイプ
表示するタグ+タイプ
文字
半角で16文字まで部品面の文字
文字の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
単位
半角で6文字まで部品面の単位文字
単位の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍より選択
文字色
文字・単位の色を256色より選択
形状
面の色
部品面の色を256色より選択
影の色
立体感を出すための影の色を256色より選択
① プロパティ設定に従い、部品には次のように表示されます。
参照タグ
文字
文字表示位置
値表示位置
単位表示位置
64
備考
全角可能①
全角可能①
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.7 シンプル数値設定
項目
設定範囲
タグNo.とタイプ
表示・設定するタグ+タイプ
単位
半角で6文字まで部品面の単位文字
単位の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍、縮小より選択④
文字色
文字・単位の色を256色より選択
形状
面の色
部品面の色を256色より選択
囲み枠の色
囲み枠の色を256色より選択
囲み枠の有無
有または無
入力パッドのタイプ
数値パッド・テンキーパッドより選択
① プロパティ設定に従い、部品には次のように表示されます。
参照タグ
文字
備考
全角可能①
囲み枠表示位置
600 ℃
単位表示位置
値表示位置
② 入力パッドのタイプが数値パッドのときは、部品面をマウス左ボタンでクリックすると、次のパッドが開かれ、
値の設定を受け付けます。
入力値表示フィールド
単位
テンキー
数値増減キー
入力値表示フィールドをクリア
入力値の符号反転
入力を中断し数値パッドをクローズ
入力値を確定し送信
③ 入力パッドのタイプがテンキーパッドのときは、部品面をマウス左ボタンでクリックすると、次のパッドが開
かれ、値の設定を受け付けます。
値表示フィールド
数値増減キー
値表示フィールド
の値を送信し、パ
ッドをクローズ
単位
④ DOS版グラフィック処理と、WindowsAPI制約により、縮小サイズ半角文字のサイズは、DOS版の1/2
サイズとなります
65
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.8 シンプル数値表示
設定範囲
備考
表示するタグ+タイプ
半角で6文字まで部品面の単位文字
全角可能①
数値・単位の表示倍率を1倍、4倍、9倍、縮小より選 ②
択
文字色
単位の色を256色より選択
形状
囲み枠の色
囲み枠の色を256色より選択
面の色
部品面の色を256色より選択
囲み枠の有無
有または無
①
① プロパティ設定に従い、部品には次のように表示されます。
参照タグ
文字
項目
タグNo.とタイプ
単位
単位の文字倍率
囲み枠表示位置
600 ℃
単位表示位置
値表示位置
②
DOS版グラフィック処理と、WindowsAPI制約により、縮小サイズ半角文字のサイズは、DOS版の1/2
サイズとなります。
66
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.9 ホッパフィル
項目
設定範囲
備考
タグNo.とタイプ
参照するタグ+タイプ
①
面の色
部品面の色を256色より選択
塗りつぶし色
塗りつぶしの色を256色より選択
影の色
立体感を出すための影の色を256色より選択
形状
形状A・B・Cより選択
②
参照タグのタグNo.とタイプのフルスケールを0-100%とし、部品面を指定色で塗りつぶします。
形状は次の3つより選択可能です。
参照タグ
形状
①
②
形状A
形状B
形状C
67
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.10 計器
項目
設定範囲
参照タグ タグNo.とタイプ
表示・設定するタグNo.
① 参照タグのタグNo.の計器フェースが表示され、計器フェースの操作を受け付けます。
68
備考
①
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.11 名板
文字
形状
項目
文字
文字の文字倍率
文字色
面の色
影の色
設定範囲
半角で16文字まで部品面の文字
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
文字・単位の色を256色より選択
部品面の色を256色より選択
立体感を出すための影の色を256色より選択
69
備考
全角可能
SFDNユーザーズマニュアル
11.3.12 メータ形計器
項目
設定範囲
タグNo.とタイプ
表示するタグNo.+タイプ
ボタン数
ボタンなし・2ボタン付き・3ボタン付き
ボタン設定1
グラフィックボタンと同等の設定
ボタン設定2
グラフィックボタンと同等の設定
ボタン設定3
グラフィックボタンと同等の設定
文字
文字
半角で16文字まで部品面の文字
文字の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
単位
半角で6文字まで部品面の単位文字
単位の文字倍率
文字の表示倍率を1倍、4倍、9倍より選択
文字色
文字・単位の色を256色より選択
PH/PL範囲内色
PH/PLの範囲内色を256色より選択
PH/PL範囲外色
PH/PLの範囲外色を256色より選択
形状
面の色
部品面の色を256色より選択
影の色
立体感を出すための影の色を256色より選択
① プロパティ設定に従い、部品には次のように表示されます。
メータ部は、―35%~+135%の範囲で表示されます。
備考
参照タグ
ボタン
②
②
②
全角可能①
全角可能①
①③
①③
文字表示位置
PH/PL 範囲外色
PH/PL 範囲内色
値表示位置
単位表示位置
② メータ形計器内のボタン数は、以下の3パターンから選択します。
3ボタン付き
ボタンなし
2ボタン付き
③ メータ計器のPH・PLは、SFDRUN立ち上げ時にはSFDBLDの対象タグのタグ定義→パラメータで設定さ
れている上限・下限設定値で表示されます。Ai1拡張タグなどで、タグ定義→ロケーションにて上下限警報
用グループを使用しない・上限・下限警報端子のどちらかを使用しないなどに設定している場合は、表示さ
れません。SFDRUN起動後のメータ計器のPH・PL更新は、対象タグのチューニング画面表示時にのみ行
われます。
70
SFDNユーザーズマニュアル
12 レシピ
12.1 レシピ機能
レシピ機能により、データの一括ダウンロード・アップロードを行うことができます。SFDNでは最大50のレシピ
を扱うことができます。
操作方法について詳しくは、「SFDN SFDRUN操作マニュアル」を参照してください。
71
SFDNユーザーズマニュアル
12.2 レシピの準備
12.2.1 レシピファイル
レシピ利用時は2つの種類のテキストファイルを準備します。
レシピファイル
レシピITEM定義ファイル
レシピDATAファイル
説明
どのデータの組み合わせでダウンロー
ドまたはアップロードするかを定義しま
す。
ステーション番号・カード番号・グループ
番号・アイテム番号の形式で、複数ITE
Mを定義します。
ダウンロードするデータ値、またはアッ
プロードしたデータを格納するファイル
です。
ファイル名の付け方
ファイル拡張子を.RDFとします。
レシピITEM定義ファイルと同じファイ
ル名を持つファイルはレシピDATAフ
ァイルとして扱われます。
拡張子で区別することにより、ひとつ
のレシピITEM定義ファイルに対して
複数のレシピDATAファイルを準備す
ることができます。
なお、作成レシピファイルは、各プロジェクトのRCPフォルダに格納しておきます。
72
SFDNユーザーズマニュアル
12.2.2 レシピITEM定義ファイルのフォーマット
レシピITEM定義ファイルでは、どのデータの組み合わせでダウンロードまたはアップロードするかを定義します。
タイトルと、1つ以上のITEMを定義します。(DLA2には対応していません。)
●タイトル部
TITLE,[タイトル文字列]
識別子 TITLE とカンマに引き続き、タイトル文字列を定義します。本定義は定義ファイルの1行目になければい
けません。また、タイトル文字列の最大文字列長は半角32文字です。(全角可能)
●ITEM 部
#[データ識別コード], [ステーション番号], [カード番号], [グループ番号], [アイテム番号]
識別子#に引き続き、データ識別コード、ステーション番号(16進で0~の値)、カード番号(16進で0~の値)、
グループ番号(10進)、アイテム番号(10進)の順で1つの ITEM を定義します。データ識別コードによって、後
述するレシピDATAファイルとリンクします。
データ識別コードは、先頭の16文字が有効です。また、1ファイルで最大2048個の ITEM を定義することがで
きます。
●定義例
ステーション0、カード0、グループ2の SP(33)・PB(42)・TI(43)・TD(44)にアクセスする例です。
TITLE,サンプルレシピ
#DATA1,0,0,2,33
#DATA1,0,0,2,42
#DATA1,0,0,2,43
#DATA1,0,0,2,44
12.2.3 レシピDATAファイルのフォーマット
レシピDATAファイルは、ダウンロードするデータ値、またはアップロードしたデータを格納するファイルです。タ
イトルと、1つ以上のデータで構成されます。
●タイトル部
TITLE,[タイトル文字列]
識別子 TITLE とカンマに引き続き、タイトル文字列を定義します。本定義は定義ファイルの1行目になければい
けません。また、タイトル文字列の最大文字列長は半角32文字です。(全角可能)
●データ部
#[データ識別コード], [値]
データ識別コードには、先のレシピITEM定義ファイルで定義したものを記述してください。
●定義例
TITLE,サンプルレシピデータ
#DATA1,100
#DATA1,120
#DATA1,10
#DATA1,3
73
SFDNユーザーズマニュアル
13 プログラミングユニット
13.1 プログラミングユニット機能
プログラミングユニット機能により、SFDRUN上でPU-2相当の操作が可能です。
操作方法について詳しくは、「SFDN SFDRUN操作マニュアル」を参照してください。
74
SFDNユーザーズマニュアル
14 SFDRUN起動時初期ウィンドウの指定
14.1 SFDRUN読み込みプロジェクトの指定
SFDRUN起動時に自動で読込むプロジェクトを指定することができます。SFDBLDプロジェクトダイアログの起
動時読み込みをチェックすることで指定します。どのプロジェクトもチェックされていないとき、SFDRUN起動時
にプロジェクト選択ダイアログボックスが開きます。
14.2 SFDRUN起動時ウィンドウの指定
SFDRUN起動時に初期表示するウィンドウの指定を行うことができます。指定方法としては、(1)SFDRUN前
回終了時に開いていたウィンドウを再現、(2)SFDRUN前回終了時に開いていたウィンドウに関わらず指定の
ウィンドウで初期表示する、の2種類より選択することができます。
指定はSFDBLDのオプション設定ダイアログボックスで行います。個所①でSFDRUN前回終了時に開いてい
たウィンドウを再現するか/しないかを選択し、しない場合、個所②で初期表示するウィンドウと各ページを選択
します。
①
②
75
SFDNユーザーズマニュアル
15 SFDRUNからの帳票起動及びバッチ起動の指定
SFDRUN起動時に帳票及びバッチの起動を指定することができます。SFDBLDプロジェクトダイアログの帳票
起動(箇所①)及びバッチ起動(箇所②)をチェックすることで指定します。本項目が設定されていないプロジェク
トをSFDRUNで読み込んだ場合は、SFDRUNからの帳票画面への切替またはバッチ画面への切替を行うこと
はできません。
①
②
76
SFDNユーザーズマニュアル
16 操作ロック
操作ロック機能によりSFDRUNの設定関連操作を一時的に禁止することができるため、不要な誤操作防止に
役立ちます。
操作ロック中は、ステータスバーに南京錠マークが表示され、操作ロック中であることを確認することができま
す。
77
SFDNユーザーズマニュアル
17 画面印刷
SFDRUN では画面印刷(ハードコピー)を行うことができますので、調整結果の記録などにご利用ください。
画面印刷例
78
SFDNユーザーズマニュアル
18 通信ポート
SFDBLD では、通信にて使用する通信ポートの切替を行うことができます。
SFDBLD のオプションダイアログ中の通信ポートタブを選択しますと、下図のような画面が表示されます。
下図画面は、M-Bus/COM1選択中を表しています。
本画面上より SFDN にて使用する通信ポートを選択することができます。
また、本項目は、プロジェクト単位の設定とは異なり、全プロジェクト共通の設定となります。
また、この設定では、NTのブート情報ファイル(C:¥BOOT.INI)に以下の部分が追加されます。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINNT=“Windows NT Workstation Version 4.00” /
NoSerialMice=COM1
(COM部分は、指定シリアルポート)
この設定は、ブート時のシリアルポートの接続状況確認を止めるための設定です。
(DLC2等、PnP対応していない通信機器が接続されている場合に、Windows自身がシリアルポートを認識し
ない場合があるためです。よって、シリアルポートの変更を行った場合には、システムの再立ち上げが必要とな
ります。)
この設定内容は、SFDNの削除(アンインストール)を行っても元には戻りません。
また、NestBus選択中は、PC番号の設定も(0~3)の範囲内にて可能となり、L-Bus選択中は、本機能を使
用することはできません。
79
SFDNユーザーズマニュアル
19 SFDN対応バス切替
19.1 バス切替
SFDNインストール後に、対応バスの切替を行いたい場合は、BOOTINI.EXEを使用します。
まず、エクスプローラー等よりBOOTINI.EXEを起動してください。BOOTINI.EXEは、SFDNのインストール
先フォルダに存在します。下図のようなデフォルト設定を使用した場合は、C:¥MSYSNETにBOOTINI.EXE
が存在します。
BOOTINI.EXEを起動しましたら、SFDNにて使用するバスを選択し、OKしてください。
その後、Windowsを再起動してからSFDNを起動してください。
BOOTINI.EXEで表示されるBus及び通信ポートのデフォルト値は、M-Bus/COM1となっています。
本設定は、プロジェクト単位の設定とは異なり、全プロジェクト共通の設定となります。
またこの設定では、前頁の通信ポート切替時と同様に、NTのブート情報ファイル(C:¥BOOT.INI)に、以下の
部分が追加されます。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINNT=“Windows NT Workstation Version 4.00” /
NoSerialMice=COM1
(COM部分は、指定シリアルポート)
80
SFDNユーザーズマニュアル
この設定は、ブート時のシリアルポートの接続状態確認を止めるための設定です。(DLC2等PnP対応していな
い通信機器が接続されている場合に、Windows自身がシリアルポートを認識しない場合があるためです。よっ
て、シリアルポートの変更を行った場合には、システムの再立ち上げが必要となります。)
この設定内容は、SFDNの削除(アンインストール)を行っても元には戻りません。
19.2 L―Bus使用時のSFDN側アドレス設定
SFDN側のアドレス設定は、Windowsコントロールパネルの「ネットワーク」→「プロトコル」→「TCP/IP」の
「プロパティ(P)」にて行います。使用するアダプタやTCP/IPプロトコルは既にインストールされているものとし
ます。
「TCP/IP」の「プロパティ(P)」を選択すると下記ウインドウが表示されます。
「IP アドレスを指定する(S)」を選択し、「サブネットマスク(U)」は 255 255 255 0 とキーインしてください。
「IP アドレス(I)」は 200 200 200 10 とキーインしてください。この IP アドレスがL-BusでのこのSFDN
のアドレスとなります。
SFDNを2台以上使用される場合には、IPアドレスの10を1~63のいずれかの値に変更し、重複しないように
してください。(この1~63がLBUSのステーションアドレスのFB~BDに対応しています。18LB側は、前面で
設定するステーションアドレスを00~3Fの範囲で設定してください。)
設定後「適用(A)」を押しその後の画面指示に従ってください。
設定例
IPアドレス
200.200.200.1
200.200.200.10
200.200.200.20
200.200.200.30
200.200.200.40
LBUS SA
FB
F2
E8
DE
D4
IPアドレス
200.200.200.50
200.200.200.60
200.200.200.63
81
LBUS SA
CA
C0
BD
SFDNユーザーズマニュアル
20 APPENDIX
20.1 生成ファイルサイズについて
SFDNでは、プロジェクト毎に以下に記載するログファイルが生成されます。各生成ファイルのサイズを記載しま
すので、以下を目安に空きディスク容量を確保ください。
ログファイル
トレンドログファイル
チューニングログファイル
アラームログファイル
レポートログファイル
説明
トレンドデータが指定データ収集間隔・
指定保存日数分格納されるファイルで
す。
トレンドグループ1~16、17~32、3
3~48、49~64、65~80に分けて
計5ファイルが生成されます。
リザーブされたタグおよび非リザーブタ
グ共用ロギングデータが2日分貯えら
れます。
1ファイルが生成されます。
アラーム・メッセージの発生履歴を貯え
ます。(アラームサマリの内容に同じ)
レポートタグロギングの内部処理用
容量
1ファイルにつき、
1976+(指定データ収集間隔での1
日の収集回数×指定保存日数)×26
0 バイト
7,604,444バイト
20,012バイト
180,148バイト+30,012バイト
また、SFDN設定情報を納めるプロジェクトファイルは以下のサイズの合計となります。
ファイル
*.SFD
*.GRP
*.OPT
*.RTG
*.RM3
SFD.PAS
サイズ
471,100バイト
1,872,900バイト
1,704バイト
6,016バイト
6,016バイト
(パスワード長)
82
SFDNユーザーズマニュアル
20.2 パソコン起動時のSFDN自動立ち上げについて
20.2.1 自動立ち上げ
SFDNをパソコンの立ち上がりとともに起動するには、SFDBLD.EXE(ビルダ)またはSFDRUN.EXE(ラン)
をスタートアップフォルダに登録します。設定手順を次に示します。
①
Windowsより設定/タスクバーを選択します。
②
[スタート]メニューの設定で追加ボタンを選択します。
③
SFDRUN.EXEまたはSFDBLD.EXEのパスを入力し、次へボタンを選択します。通常、SFDRUNの場
合は「C:¥MSYSNET¥SFDRUN.EXE(半角文字)」、SFDBLDの場合は「C:¥MSYSNET¥SFD
BLD.EXE(半角文字)」となります。
83
SFDNユーザーズマニュアル
④
スタートアップに登録することを選択し、次へボタンを選択します。
⑤
ショートカットの名前を入力し、完了ボタンを選択します。
84
SFDNユーザーズマニュアル
20.2.2 自動ログイン
SFDNのインストールされているパソコンで、WindowsNTのログオンを省略し、自動ログオンさせるためには、
SFDNインストールフォルダに格納されているAUTOLOG.EXEを使用し自動ログオンの指定を行います。詳
細は、SFDNインストールフォルダに格納されているAUTOLOG.TXTをご参照ください。
85
SFDNユーザーズマニュアル
20.3 ソフトウェアの構成について
SFDN実行時には、下図のソフトウェア構成で実行されています。
SFDBLD.EXE
SFDRUN.EXE
EasyReport
SFDN Batch
など
VLAPISFD110.DLL
(SFDデータアクセス汎用インタフェース)
VLAPI.DLL
(VLINKSとのデータアクセス汎用インタフェース)
VLINKS.EXE
(各アプリケーション間で、カードの瞬時値やアラーム情報などのデータ流通を制御)
CMSFD.EXE
(DCSカード側との通信を制御)
DCSAL.DLL
(DCSカード側との通信のローレベルサービス)
MSYSNET I/Oサーバ
WindowsNT
L−Bus/M−Bus/NestBus
•
•
SFDN稼働中には、VLINKS.EXEおよびCMSFD.EXEの2実行ファイルが起動されております。これら
2実行ファイルは、SFDNによって自動制御されます。手動操作においてこれら2実行ファイルを操作しない
でください。
SFDNでは、株式会社アイ・エル・シー製VLINKSをミドルウェアとして、株式会社アイ・エル・シー製GEN
WAREをグラフィック作成ツールおよび内部表示制御モジュールとして使用しています。
86
SFDNユーザーズマニュアル
20.4 フォルダ構成
SFDNインストール先フォルダ(下図例ではC:¥MSYSNET)下には、次のフォルダが生成されます。これらの
フォルダおよびフォルダ内に格納されるファイルを移動・削除・名前を変更された場合、SFDNが正しく動作しな
いことがあります。
87
SFDNユーザーズマニュアル
20.5 レジストリ
SFDNでは、以下のレジストリを使用します。(regedt.exe の実行画面を示します。)
レジストリM-SYSTEMS以下がWIndowsサイズやツールバー位置の保存用に使用されています。Window
sNT/2000レジストリエディタでレジストリM-SYSTEMS以下を削除された場合、SFDNのWindowsサイ
ズやツールバー位置が初期化されますのでご注意ください。
88
SFDNユーザーズマニュアル
20.6 WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版
WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)
日本語版)にてご使用時注意事項
WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)にてご使用になられる場合は、WindowsNTの環境に環境変
数TZを設定する必要があります。以下に環境変数TZの設定手順を示します。
20.6.1 環境変数TZの設定手順
①「スタート」→「設定」→「コントロールパネル」→「システム」→「環境」を開きます。「システム環境変数(S)」欄
の空白部分をクリックします。
②「変数(V)」にTZ、「値(L)」にJST-9をキーインし、「設定(E)」を押します。
89
SFDNユーザーズマニュアル
③「システム環境変数(S)」に変数TZと値JST-9が追加されていることを確認し、「適用(A)」を押し、次に[OK]を
押します。
④Windows NTを終了し、再立ち上げします。
⑤Windows NT再立ち上げ後、「スタート」→「プログラム」→「コマンドプロンプト」を開きます。 C:¥> の後
にSETとキーインし、Enterキーを押します。 表示されるリストに TZ=JST-9 があることを確認します。
⑥C:¥> の後に EXITとキーインし、Enterキーを押して「コマンドプロンプト」を終了します。
90
SFDNユーザーズマニュアル
20.7 デジタル入出力ボードの取り付け
アラームまたはメッセージが発生時に、接点出力し、また、外部スイッチからブザー停止するためのデジタル入出
力ボード(以下 DI/O ボード)を取り付けることが可能です。
20.7.1 DI/Oボード の準備
以下に示すDI/Oボードを用意して下さい。また、必要な場合、接続ケーブルも用意して下さい。
・DI/O ボード
型式:PIO-16/16L(PCI)
メーカ:CONTEC
・接続ケーブル 型式:PCA37PS-3P
メーカ:CONTEC
20.7.2 DI/Oボードの設定、取り付け
①DI/O ボードを次のように設定します。
SW1(BOARD ID):0(デフォルト)
JP1(INT)
:USE(デフォルト)
②PCの空いている PCI スロットに DI/O ボードを実装し、ネジ止めします。
③PCに電源投入し、初期画面が表示されている間に「DEL」キーを押し、BIOS メニューを表示ささせます。
DI/Oボードを実装したPCIスロットのIRQ(割り込み)を「5」に設定し保存します。
以下に、BIOS設定例を示します。これは、SFDNをインストールするPCにより異なります。詳しくはPCの取扱
説明書を参照して下さい。
PCI Configuration メニューにて「Slot n IRQ」(DI/Oボードを実装したスロット)までカーソルを移動し、「Auto」
を「5」に変更します。
Advanced
PCI Configuration
(略)
Slot 1/5 IRQ
Slot 2 IRQ
Slot 3 IRQ
Slot 4 IRQ
Slot n IRQ
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto]
[Auto] → [5]
PCI/VGA Palette Snoop
PCI Latency Timer
SYMBIOS SCSI BIOS
USB Function
[Disabled]
[Auto]
[Auto]
[Enabled]
VGA BIOS Sequence
(略)
[AGP/PCI]
▲ PCI/PNP IRQ Resource Exclusion
PCI/PNP IRQ REsource Exclusion メニューにて「IRQ 5 Reserved」までカーソルを移動し、「No」を「Yes」に変
更します。
Advanced
PCI/PNP IRQ REsource Exclusion
(略)
IRQ 3 Reserved
IRQ 4 Reserved
IRQ 5 Reserved
IRQ 7 Reserved
IRQ 9 Reserved
IRQ 10 Reserved
[No]
[No]
[No] → [Yes]
[No]
[No]
[No]
その後BIOS設定を保存し、PCを再起動します。
91
SFDNユーザーズマニュアル
④DI/O ボードのドライバインストール
DI/O ボードのドライバ CD-ROM「API-PAC(W32)」を CD-ROM ドライブに挿入する。
「API-PAC(W32)Menu for Windows NT」メニュー(下記参照)が表示されたら「デジタル入出力用ドライバ APIDIO(98/PC)NT」を選択し、ドライバをインストールします。
⑤DI/O ボードコンフィグレーションユーティリティを起動し、DI/Oボードの状態を確認します。
以下の例ではドライバ No.=2、グループ No.=1、I/O アドレス=B000h、IRQ=5 です。
92
SFDNユーザーズマニュアル
20.7.3 SFDBLDのオプション設定
①SFDNを起動し、プロジェクトを開き、メニューのツール→オプションを選択し、オプションメニューを開きます。
メッセージ接点入出力のタブを開き、メッセージ接点入出力有り、DI/O アドレスをDI/Oボードコンフィグレーシ
ョンで確認した番号に設定します。デフォルトの場合B000です。
必要であれば、各接点入出力の有無、出力端子番号を編集します。
93
SFDNユーザーズマニュアル
②システムタブをクリックし、DIO ドライブ番号と、DIO グループ番号を設定します。
これは、DI/Oコンフィグレーションで確認した番号に設定します。デフォルトの場合、DI0ドライブ番号は 2、DIO
グループ番号は 1 です。
「OK」をクリックし、オプション設定を閉じた後、プロジェクトを保存し、SFDBLDを終了します。
94
SFDN SFDBLD取扱説明書
対応Ver2.00
(株)エム・システム技研
NM-6470-MB 改13
SFDN SFDBLD操作マニュアル
目次
1
はじめに ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
............................................................................
............................................ 1
1.1
1.2
1.3
2
SFDBLDの起動と終了 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................
.............................................. 3
2.1
2.2
2.3
3
拡張タグ登録ウィンドウの操作 .................................................................................................................................................................25
拡張タグタイプ選択ダイアログボックス .................................................................................................................................................26
拡張タグ定義ダイアログボックス .............................................................................................................................................................27
モジュール情報の収集.................................................................................................................................................................................28
メッセージ登録ウィンドウ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................
........................................... 29
8.1
9
システム構成登録ウィンドウの操作 .......................................................................................................................................................20
カード割付ダイアログボックス ...................................................................................................................................................................21
MOD定義(標準タグ定義)ダイアログボックス...................................................................................................................................22
モジュール情報収集......................................................................................................................................................................................23
拡張タグ登録ウィンドウ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 25
7.1
7.2
7.3
7.4
8
プロジェクトダイアログボックス..................................................................................................................................................................15
新規作成 ............................................................................................................................................................................................................16
コピー...................................................................................................................................................................................................................16
削除 ......................................................................................................................................................................................................................16
バックアップ .......................................................................................................................................................................................................17
リストア ................................................................................................................................................................................................................18
名称・コメント変更...........................................................................................................................................................................................19
DOS版GENSKETCHデータのリストア..............................................................................................................................................19
システム構成登録 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.......................................................................................
....................................................... 20
6.1
6.2
6.3
6.4
7
各部の名称と役割............................................................................................................................................................................................ 6
ウィンドウの種類と役割 ................................................................................................................................................................................. 7
メニューバー........................................................................................................................................................................................................ 8
ツールバー .......................................................................................................................................................................................................... 9
ウィンドウツリー ...............................................................................................................................................................................................10
ステータスバー.................................................................................................................................................................................................12
タグ選択ダイアログボックス .......................................................................................................................................................................13
カラー選択ダイアログボックス...................................................................................................................................................................14
プロジェクト操作 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................................
........................................................... 15
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
5.7
5.8
6
一般的なデータ構築手順.............................................................................................................................................................................. 4
旧版SFD(DOS版SFD)データの再利用 ............................................................................................................................................. 5
SFDBLDの共通操作 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................................
.................................................. 6
4.1
4.2
4.3
4.4
4.5
4.6
4.7
4.8
5
起動方法 .............................................................................................................................................................................................................. 3
終了方法 .............................................................................................................................................................................................................. 3
起動・終了時の注意事項 .............................................................................................................................................................................. 3
SFDBLDの使用手順 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................................
.................................................. 4
3.1
3.2
4
本書について...................................................................................................................................................................................................... 1
対応バージョン................................................................................................................................................................................................... 1
ご使用上の注意事項 ...................................................................................................................................................................................... 2
メッセージ登録ウィンドウの操作...............................................................................................................................................................29
制御グループ登録ウィンドウ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
....................................................................
.................................... 30
9.1
10
制御グループ登録ウィンドウの操作.......................................................................................................................................................30
オーバービュー登録 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................
................................................ 31
10.1
オーバービュー登録ウィンドウの操作 ..............................................................................................................................................31
SFDN SFDBLD操作マニュアル
10.2
11
トレンド登録 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................ 33
11.1
11.2
12
トレンド登録ウィンドウの操作 ...............................................................................................................................................................33
トレンド保存期間および収集周期の設定 ........................................................................................................................................34
グラフィックモニタ画面選択ウィンドウ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................
................................................ 35
12.1
13
グラフィックモニタ画面選択ウィンドウの操作.................................................................................................................................35
グラフィックモニタ画面編集ウィンドウ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................
................................................ 36
13.1
13.2
13.3
13.4
13.5
13.6
13.7
14
グラフィックモニタ画面作成手順の概要...........................................................................................................................................36
グラフィックモニタ画面編集ウィンドウの操作.................................................................................................................................39
グラフィック部品の種類 ...........................................................................................................................................................................43
プロパティ設定 ............................................................................................................................................................................................44
DOS版GENSKETCHで作成したIMGファイルの編集方法 .................................................................................................45
変形部品の表示状態におけるDOS版との相違点 .....................................................................................................................47
グラフィックモニタデータ作成における注意事項 ..........................................................................................................................49
レポートタグ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................ 50
14.1
15
オーバービュー登録ダイアログボックス...........................................................................................................................................32
レポートタグ登録ウィンドウの操作 .....................................................................................................................................................50
SFDRUN起動時初期ウィンドウの指定 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................
.............................................. 51
15.1
15.2
16
SFDRUN読み込みプロジェクトの指定 ...........................................................................................................................................51
SFDRUN起動時ウィンドウの指定....................................................................................................................................................51
オプション設定ダイアログボックス ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
......................................................................................
...................................................... 52
16.1
16.2
16.3
オプション設定ダイアログボックスの操作 .......................................................................................................................................52
通信ポートの変更......................................................................................................................................................................................53
オプション設定ダイアログボックスの設定項目..............................................................................................................................54
SFDN SFDBLD操作マニュアル
1 はじめに
1.1本書について
本書は、SFDNのビルダ(以下SFDBLD)の操作方法について説明しています。
1.2対応バージョン
本書に対応するSFDNのバージョンは2.00です。
1
SFDN SFDBLD操作マニュアル
1.3ご使用上の注意事項
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ディスクへのアクセス中に、パソコンの電源を切らないでください。
ディスクへのアクセス中に、フロッピーディスクを抜かないでください。
パソコン内の時計は、必ず正確な日時をご設定ください。また、SFDN動作中に、Windowsコントロールパ
ネルなどから、日時の変更を行わないでください。
SFDBLDとSFDRUNを同時に実行することが可能です。ただし、SFDBLDで変更された設定内容は、実
行中のSFDRUNをいったん終了後、再度SFDRUNを立ち上げることによって有効になります。
実運用段階において、SFDRUNをSFDBLD・GENSKETCHと同時に動作させることはお避けください。
同時に実行させた場合、例えばSFDBLD起動中にSFDRUNを最初に立ち上げた場合は、カード復帰等
の警報(アラーム)が表示されますが、SFDBLDを終了せず、SFDRUNのみを再起動すると最初の警報
(アラーム)は表示されない等の問題が発生します。これはSFDBLDもSFDRUNも同一の通信モジュール
を使用しているためです。この様なさまざまな不具合が予想されますので、実用上のSFDBLD,SFDRUN
同時使用はお避けください。
OSの壁紙機能との併用はお避けください。ビットマップデータの発色に異常がみられる場合があります。
OSまたはシステム環境の影響で、「並べて表示」機能を実施した際に表示が乱れる場合があります。この
場合お手数ですが、ウィンドウのリサイズ操作などで表示修復いただけますようお願いいたします。
マウスドラッグ時のWindows設定について、コントロールパネル/画面/Plusにて、「ウィンドウ内容を表
示したままドラッグする」のチェックを外した状態でご使用いただけますようお願いします。(図1)
WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)にてご使用される場合は、SFDN取扱説明書(NM-64
70-MM)項目 20.6 WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)ご使用時注意事項をご参照くださ
い。
図1
2
SFDN SFDBLD操作マニュアル
2 SFDBLDの起動と終了
2.1起動方法
Windowsスタートメニューのプログラム中の以下のメニューで、SFDBLDを選択することにより行います。
2.2終了方法
①
ファイルメニューから終了を選択します。
②
プロジェクト内容に何らかの変更がある場合、次の確認メッセージが表示されますので、「はい」または「い
いえ」をマウス左ボタンで選択します。
③
「SFDBLDを終了処理中です。」というメッセージが表示されます。本メッセージ表示中は、SFDNのインス
本メッセージ表示中は、SFDNのインス
トールされているパソコンに対して操作を行わないでください。
2.3起動・終了時の注意事項
起動・終了時の注意事項
①
②
SFDRUN終了時に「SFDRUNを終了処理中です。」というメッセージが表示されます。本メッセージ表示
本メッセージ表示
中は、SFDNのインストールされているパソコンに対して操作を行わないでください。
SFDRUN起動中に、SFDBLDを立ち上げることが可能です。ただし、実運用段階でSFDRUNのモニタ
実行を実施している場合は、SFDBLDを立ち上げることをお避けください。(SFDRUNのデータ収集処理
等に影響が出る場合があります。)
3
SFDN SFDBLD操作マニュアル
3 SFDBLDの使用手順
3.1一般的なデータ構築手順
SFDBLDにおけるSFDNモニタデータの一般的な構築手順を示します。
SFDNプロジェクトの新規作成
タグの登録
システム構成登録
・カード構成
・標準タグ定義
拡張タグ登録
拡張タグASWのメッセージ登録
標準機能の登録
制御グループの登録
オーバービュー登録
トレンドの登録
グラフィック作成
GENSKETCH(ILC製)による背景画と部品ファイルの作成
グラフィック部品貼り付けによるグラフィックモニタ画面編集
レポートタグの登録(EasyReport、SFDN
BATCH利用データの登録)
その他オプション設定
SFDNプロジェクトの保存
•
•
帳票(EasyReport)の登録は、SFDRUNより帳票(EasyReport)の画面へ切り替え実施します。詳しくは、
SFDN 帳票取扱説明書をご参照ください。
バッチ(SFDN BATCH)の登録は、SFDRUNよりバッチ(SFDN BATCH)の画面へ切り替え実施します。詳
しくは、SFDN BATCH取扱説明書をご参照ください。
4
SFDN SFDBLD操作マニュアル
3.2旧版SFD(DOS版SFD)データの再利用
旧版SFD(DOS版SFD)データの再利用
SFDNでは、旧版SFD(DOS版SFD)のデータを読み込み再利用することができます。SFDBLDプロジェクト
ダイアログボックスのリストア(個所①)機能を利用し、旧版SFD(DOS版SFD)のプロジェクトデータを、DOS
版GENSKETCHデータのリストア(個所②)機能を利用し、旧版SFD(DOS版SFD)のGENSKETCHで作成
した画面データを読み込み利用することができます。
①
②
GENSKETCHデータの旧版データからの互換性には、一部制限があります。詳しくは、GENSKETCHのマニ
ュアルをご参照ください。
5
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4 SFDBLDの共通操作
4.1各部の名称と役割
SFDBLDの画面構成を次に示します。
⑧
②
①
③
④
名称
①タイトルバー
②メニューバー
③ツールバー
④ウィンドウツリー
⑤オペレーションエリア
⑥ステータスバー
⑦フレーム
⑧アプリケーションアイコン
⑤
⑥
⑦
役割
現在開いているプロジェクトなどを表示します。タイトルバーをマウス左ボタン
でダブルクリックすることで、SFDBLD全体の全画面表示・ウィンドウ表示を
切り替えることができます。また、マウス左ボタンでドラッグすることにより、SF
DBLD全体の表示位置を変更することができます。
機能指示用のメニューです。
機能指示用のボタン形式メニューです。
表示ウィンドウの切換えをサポートします。
設定・登録用のウィンドウをマルチウィンドウで表示します。
コマンドヘルプ・ページ・現在日時を表示します。
SFDBLDを囲む枠です。フレームをマウス左ボタンでドラッグすることによっ
て、ウィンドウサイズを変更することができます。
マウス左ボタンでクリックすると、SFDBLD全体フレーム操作用のメニューを
表示します。
6
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.2ウィンドウの種類と役割
ビルダ(SFDBLD)で準備されるウィンドウ種類を以下に示します。オペレーションエリアで下記ウィンドウの重
ねあわせ表示が可能です。
ウインドウ
システム構成登録ウィンドウ
拡張タグ登録ウィンドウ
アラームメッセージ登録ウィンドウ
制御グループ登録ウィンドウ
オーバービュー登録ウィンドウ
トレンドグラフ登録ウィンドウ
グラフィック画面選択ウィンドウ
グラフィック画面編集ウィンドウ
レポートタグ登録ウィンドウ
ウィンドウ内
ページ数
16
100
34
48
9
16
3
99
38
役割
カード構成の登録と標準タグの設定を行います。
拡張タグを登録します。
拡張タグASWで使用するメッセージを登録します。
制御グループを登録します。
オーバービュー画面を登録します。
ヒストリカルトレンドで収集するデータを登録します。
グラフィック画面の選択・名称登録などを行います。
グラフィック画面の編集を行います。
EasyReportで使用するレポートタグを登録します。
各ウィンドウでの共通操作を次に説明します。
②
⑤
③
①
④
⑥
個所
①
②
③
④
⑤
⑥
役割
ウィンドウタイトルおよび表示ページ番号を表示します。マウス左ボタンでドラッグするとウィンドウの
移動、マウス左ボタンでダブルクリックするとウィンドウの最大化を行うことができます。
ウィンドウを閉じるためのボタンです。
ウィンドウを最大化するためのボタンです。
ウィンドウを最小化するためのボタンです。
マウス左ボタンでクリックすると、ウィンドウ操作用のメニューを表示します。
ウィンドウフレームをマウス左ボタンでドラッグしウィンドウサイズの変更を行うことができます。
7
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.3メニューバー
SFDBLDでは、次のメニューが準備されています。
メニューバ-
ファイル
編集
表示
ツール
ウィンドウ
画面オプション
(※1)
ヘルプ
メニュー
プロジェクト…
説明
プロジェクトダイアログを開き、新規作成・開くなどプロジェクトに
関する操作を行います。
上書き保存
現在開いているプロジェクトを上書きで保存します。
終了
SFDBLDを終了します。
前ページ切替
最前面に表示されているウィンドウで前ページに切り替えます。
次ページ切替
最前面に表示されているウィンドウで次ページに切り替えます。
ページジャンプ...
最前面に表示されているウィンドウで指定ページにジャンプしま
す。
ツールバー
ツールバーの表示・非表示を切り替えます。
ウィンドウツリー
ウィンドウツリーの表示・非表示を切り替えます。
ステータスバー
ステータスバーの表示・非表示を切り替えます。
背景画作成
グラフィックモニタで使用する背景画データや部品データを編集
します。(株式会社アイ・エル・シー製GENSKETCHスケッチを
起動します。)
オプション…
トレンド周期の設定など各種のオプション情報設定ダイアログを
開きます。
重ねて表示
ウィンドウを重ねて表示します。
並べて表示
ウィンドウを並べて表示します。
アイコンの整列
アイコンを整列します。
(ウィンドウリスト)
現在開かれているウィンドウがメニュー上に表示され、選択する
ことにより切り替えることができます。
ウィンドウサイズに合わ グラフィック編集画面全体が、現在のウィンドウサイズに納まる
せて表示
ように表示されます。
通常のサイズで表示
グラフィック編集画面が、背景画サイズに合わせて表示されま
す。ウィンドウ内に納まらない場合は、スクロールバーが表示さ
れます。
バージョン情報...
SFDBLD のバージョン情報と著作権情報を表示します。
OSまたはシステム環境の影響で、「並べて表示」機能を実施した際に表示が乱れる場合があります。この場合
お手数ですが、ウィンドウのリサイズ操作などで表示修復いただけますようお願いいたします。
※1 メニューバーの内、画面オプションのメニューはグラフィック編集ウィンドウが最前面に表示されてあるとき
のみ表示されます。
8
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.4ツールバー
ツールバーに配置されたボタンを使用しSFDBLDの各機能を実行することができます。SFDBLDでは次のツ
ールバーが準備されています。
ツールバー種類
ウィンドウ表示切替
説明
指定のウィンドウをカレントページで開
き、最前面に表示します。またはすで
に開かれているときは、そのウィンドウ
を最前面に表示します。
ページ切替
最前面に表示されているウィンドウの
ページ切り替え機能です。
グラフィックモニタ編集ウィンドウ用の
ツールバーです。(操作方法は後述)
グラフィックモニタ編集
含まれるメニュー
システム構成登録切替・拡張タグ登録切
替・メッセージ登録切替・制御グループ登
録切替・オーバービュー登録切替・トレンド
グラフ登録切替・グラフィック画面選択切
替・グラフィック画面編集切替・レポートタグ
登録切替
前ページ切替・次ページ切替・ジャンプ
部品貼付モード・貼付部品選択リスト・部品
プロパティ設定モード・部品削除モード・背
景画ファイル読出・IFEファイル登録・グリッ
ド
●ウィンドウ表示切替ツールバー
左から、システム構成登録切替ボタン・拡張タグ登録切替ボタン・メッセージ登録切替ボタン・制御グループ登録
切替ボタン・オーバービュー登録切替ボタン・トレンドグラフ登録切替ボタン・グラフィック画面選択切替ボタン・グ
ラフィック画面編集切替ボタン・レポートタグ登録切替ボタンです。
●ページ切替ツールバー
左から、前ページ切替ボタン・次ページ切替ボタン・ページジャンプボタンです。
●グラフィックモニタ編集ツールバー
左から、部品貼付モードボタン・貼付部品選択リスト・部品プロパティ設定モードボタン・部品削除モードボタン・
背景画ファイル読出ボタン・IFEファイル登録ボタン・グリッドボタンです。
本ツールバーはグラフィックモニタ編集ウィンドウが前面にあるときのみ有効となります。
9
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.5ウィンドウツリー
ウィンドウツリーは、ウィンドウの表示および最前面への表示切替えを迅速に行うことをサポートします。
①
②
③
①
②
③
+記号は、その項目以下に続きの情報があることを示します。+記号部をマウス左ボタンでクリックすると
-記号となり、続きの情報が表示されます。
各項目をマウス左ボタンでクリックすると、該当ウィンドウが最前面に表示されますので、設定あるいは設
定変更したい個所への移動をスピーディに行うことができます。
空白部をマウス右ボタンでクリックすると、次のポップアップメニューが表示され、ウィンドウツリーの表示状
態を切り替えることができます。
10
SFDN SFDBLD操作マニュアル
ウィンドウツリーは、次の位置に自由に表示することができます。
•
•
•
左にドッキング
右にドッキング
上にドッキング
下にドッキング
非ドッキング
非表示
「ドッキング」は、ウィンドウツリーをSFDBLDのフレーム各辺に重ねあわせるようにドラッグすることで指定
することができます。
「非ドッキング」は、ウィンドウツリーを右ボタンでクリックしたときに開かれるポップアップメニューの「ドッキン
グ」メニュー項目を選択することで指定することができます。
「非表示」は、ウィンドウツリーを右ボタンでクリックしたときに開かれるポップアップメニューの「非表示」メニ
ュー項目を選択することで指定することができます。
11
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.6ステータスバー
ステータスバー形式を次に示します。
①
②
③
ステータスバー機能
①現在日時
②ウィンドウ内表示ページ
③カーソル位置のメニューヘルプ
•
役割
現在日時を表示します。
最前面に表示されているウィンドウのカレントページを表示します。本
エリアをマウス左ボタンでクリックすると、ページジャンプダイアログボ
ックスが開き、画面ジャンプ操作を受け付けます。
現在カーソルのあるメニューまたはツールバーのヘルプを表示しま
す。
ステータスバーは、メニュー/表示/ステータスバーにより、表示・非表示を切り替えることができます。
12
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.7タグ選択ダイアログボックス
SFDBLDでは、タグの選択を行うのに次のダイアログボックスが開かれます。その操作方法について説明しま
す。
制御グループ登録の設定・グラフィック部品のプロパティ設定用に開かれるタグセレクタ
①
②
トレンド登録の設定・レポートタグ登録の設定・グラフィック部品のプロパティ設定用に開かれるタグセレクタ
①
②
① をマウス左ボタンでクリックすると、タグ検索用のダイアログボックスが開かれます。
②をマウス左ボタンでクリックすると、最終にタグ検索した結果が表示されます。
次図のダイアログボックスでは、タグ No.の先頭文字が「TIC」である全てのタグを検索し、その検索結果が表示
される様子を示しています。
13
SFDN SFDBLD操作マニュアル
4.8カラー選択ダイアログボックス
SFDNでは、色の選択を行う際に以下のダイアログボックスを使用します。その操作方法について説明します。
②
①
③
④
⑤
①
②
③
④
⑤
この個所より色を選択します。
現在選択されている色が表示されます。
現在選択されている色(②)の色番号を表示します。(SFDNにおいて、本値は通常使用しません。)
現在選択されている色(②)のRGBカラー値を表示します。(SFDNにおいて、本値は通常使用しません。)
①の色の並びを変更します。
14
SFDN SFDBLD操作マニュアル
5 プロジェクト操作
5.1プロジェクトダイアログボックス
SFDBLD起動時やメニューよりプロジェクトを選択したとき、以下のダイアログボックスが開かれ、プロジェクト
に関する操作を行うことができます。
ボタン
説明
SFDNプロジェクトを新規に作成します。
選択中のプロジェクトの設定を開始します。
プロジェクトダイアログを閉じます。
選択中のプロジェクトを別のプロジェクトへコピーします。
選択中のプロジェクトを削除します。削除したプロジェクトは復元できませ
んので、操作にはご注意ください。
バックアップ
選択中のプロジェクトのバックアップをとります。
リストア
バックアップしたプロジェクトをリストアします。また、旧版SFDで作成した
また、旧版SFDで作成した
プロジェクトをリストアすることもできます。
名称・コメント変更
プロジェクトの名称およびコメントを変更します。
DOS版GENSKETCHデータの 旧版SFDのGENSKETCHで作成したデータ(GSKディレクトリの背景画
リストア
データとIFE部品データ)を、指定プロジェクトに取り込みます。
新規作成
開く
閉じる
コピー
削除
•
•
•
起動時読込でチェックしたプロジェクトはSFDRUN起動時に自動読み込みされます。
帳票起動のチェックのあるプロジェクトはSFDRUNからの帳票画面への切替が有効となります。
バッチ起動のチェックのあるプロジェクトはSFDRUNからのバッチ画面への切替が有効となります。
15
SFDN SFDBLD操作マニュアル
5.2新規作成
プロジェクトダイアログボックスで新規作成ボタンを選択すると、次のプロジェクト新規作成ダイアログボックスが
開きます。新規作成するプロジェクトの名称とコメントを設定し、OKボタンを選択するとSFDNプロジェクトを新
規に作成することができます。
•
•
•
最大100個のプロジェクトを作成することが可能です。
各プロジェクトには最大半角で32文字の名称と最大半角で160文字のコメントを指定することができます。
名称・コメントとも全角文字の使用が可能です。(名称は半角2文字以上使用してください。)
¥ 、 . 、 , 、 * 、 ? 、 ; 、 : 、 ” 、 ’ 、 ̀ 、 / 、 < 、 > 、 │ 、の半角文字と
空白はプロジェクト名に使用することができません。
5.3コピー
プロジェクトダイアログボックスでコピー元プロジェクトを選択後、コピーボタンを選択すると、次のコピー先プロジ
ェクトの設定ダイアログボックスが開きます。コピー先プロジェクトの名称とコメントを設定し、OKボタンを選択す
るとSFDNプロジェクトのコピーを行うことができます。
5.4削除
プロジェクトダイアログボックスでプロジェクトを選択後、削除ボタンを選択することで該当プロジェクトの削除を
行うことができます。削除したプロジェクトの復元を行うことはできませんので、本機能の操作にあたりましては、
十分ご注意ください。
16
SFDN SFDBLD操作マニュアル
5.5バックアップ
プロジェクトダイアログボックスでプロジェクトを選択後、バックアップボタンを選択することで該当プロジェクトの
バックアップを行うことができます。次のプロジェクトのバックアップダイアログボックスが開きますので、バックア
ップ先を指定します。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
•
•
•
•
④
⑥
説明
バックアップ先のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
バックアップ先に選ばれているフォルダ位置を表示します。
本ボタンを選択すると、個所⑤で選ばれているフォルダ位置にバックアップを実行します。
バックアップ対象となるのは、設定プロジェクトデータ・GENSKETCHデータ(背景画ファイルとIFE部品ファ
イル)・レシピデータ・EasyReportデータの3つです。トレンドなどのLOGファイルはバックアップ対象になり
ません。
バックアップ先にフロッピーディスクを指定した場合、バックアッププロジェクトのデータサイズによっては複
数枚のディスクを要求する場合があります。バックアップ先にフロッピーディスクを指定する場合、空き容量
の多いフロッピーディスクを複数枚ご準備ください。
ディスクへのファイルコピー中に、ディスクをディスクドライブから抜かないでください。バックアップデータが
異常となる場合があります。
複数枚のディスクへバックアップした場合、バックアップした順序をディスク面等に必ず記録し、ディスクの紛
失等無きようご注意願います。
注意:トレンドデータやアラームサマリ等のLOGファイルは、バックアップされません。別途 LOGフォルダをバッ
クアップして下さい。
また、SFDRUN稼働中は、正常にバックアップできません。
SFDRUN稼働中にバックアップしようとすると次のような画面が現れますので、「いいえ」を選択して
SFDRUNを停止してからバックアップして下さい。
17
SFDN SFDBLD操作マニュアル
バックアップに失敗した場合、次のような画面が現れます。SFDRUNを停止する等して再度バックアップ
を試みて下さい。
5.6リストア
プロジェクトダイアログボックスでリストアボタンを選択することで、バックアップしたプロジェクトのリストアを行う
ことができます。次のプロジェクトのリストアダイアログボックスが開きますので、リストアするプロジェクトを指定
します。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
•
•
•
⑦
④
⑧
⑥
説明
リストア元のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
リストアするプロジェクトを表示します。リストアするプロジェクトを本個所で選択すると、個所⑥に選
択プロジェクト名が表示されます。
選択プロジェクト名を表示します。
本個所でSFDNのプロジェクトをリストアするか、DOS版(旧SFD)プロジェクトをリストアするのか
を選択することができます。
本ボタンを選択すると、個所⑥で選ばれているプロジェクトのリストアを実行します。
複数のディスクにバックアップしたプロジェクトをリストアする場合、画面の指示に従って順次バックアップデ
ィスクをディスクドライブにご挿入ください。
ディスクへのファイルコピー中に、ディスクをディスクドライブから抜かないでください。データが異常となる場
合があります。
リストアに失敗した場合、以下のメッセージが表示されます。
18
SFDN SFDBLD操作マニュアル
5.7名称・コメント変更
名称・コメント変更
プロジェクトダイアログボックスでプロジェクトを選択後、名称・コメント変更ボタンを選択すると、次のプロジェクト
名称・コメント変更ダイアログボックスが開きます。変更する名称とコメントを設定し、OKボタンを選択すると
SFDNプロジェクトの名称・コメント変更を行うことができます。
5.8DOS版GENSKETCHデータのリストア
旧版SFD(DOS版)で作成したGENSKETCHデータ(背景画ファイルとIFE部品ファイル)を再利用することが
できます。旧版SFD(DOS版)で作成したGENSKETCHデータはディレクトリGSK以下に納められています。
再利用するデータをフロッピディスク等にご格納後、以下の操作を実施します。
プロジェクトダイアログボックスでGENSKETCHデータ流用先のプロジェクトを選択し、DOS版GENSKETCH
データのリストアボタンを選択すると、次のバックアップしたプロジェクトのリストアを行うことができます。次のプ
ロジェクトのリストアダイアログボックスが開きますので、リストアするプロジェクトを指定します。
②
③
①
⑤
④
⑦
⑥
項目
①
②
③
④
⑤
•
説明
リストア元のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
リストアするデータを表示します。マウス左ボタンでドラッグするか、ShiftキーあるいはCtrlキーを
押しながらマウス左ボタンをクリックすることで、複数ファイルを選択することができます。
なお、1度にリストアするデータは100個を上限としてください。
⑥
リストアするデータを表示します。
⑦
本ボタンを選択すると、個所⑦で選ばれているデータのリストアを実行します。
ディスクへのファイルコピー中に、ディスクをディスクドライブから抜かないでください。データが異常となる場
合があります。
19
SFDN SFDBLD操作マニュアル
6 システム構成登録
6.1システム構成登録ウィンドウの操作
システム構成登録ウィンドウでは、機器構成の登録と標準タグの定義を行います。登録された機器構成でシス
テムモニタが実行され、ここで定義された標準タグをもとに、後述する制御グループ・トレンドなどの設定・登録を
進めていきます。
①
②
③
一番左の矩形は通信カードです。通信カードに引き続き最大16カード分の機能カードが並びます。
1枚の通信カードと最大16枚の制御カードで1ステーションを構成します。
項目
①通信カード
②制御カード
③モジュール情報収集
説明
カード名の登録とバージョン番号の登録を行います。マウス左ボタンまたはマウス
右ボタンで本個所をクリックすると、ポップアップメニューが開きますので、カード割
付を行うことができます。
カード名の登録とバージョン番号の登録、および標準タグ定義を行います。マウス
左ボタンまたはマウス右ボタンで本個所をクリックすることで、カード割付とMOD登
録(標準タグ定義)を行うことができます。
なお、タグNo.の定義されている個所は、青色に表示されます。
制御カード側に設定されている標準タグ定義情報をSFDBLDに吸い上げることが
できます。
20
SFDN SFDBLD操作マニュアル
6.2カード割付ダイアログボックス
通信カードまたは制御カードのカード種別とバージョンを登録します。
①
②
項目
①カード
②バージョン
説明
カード名の登録を行います。 ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、カード名の
リストが表示されますので選択します。
バージョンの登録を行います。
21
SFDN SFDBLD操作マニュアル
6.3MOD定義(標準タグ定義)ダイアログボックス
MOD定義(標準タグ定義)ダイアログボックス
標準タグの定義を行うダイアログボックスです。
①
②
項目
①タブ
②定義項目
説明
タブをマウス左ボタンで選択し、設定項目を切替えします。
標準タグの定義項目です。
各項目の内容につきましては、SFDN取扱説明書をご参照ください。
22
SFDN SFDBLD操作マニュアル
6.4モジュール情報収集
モジュール情報収集機能により、カード側に設定されているタグ定義情報をSFDBLDに吸い上げることができ
ます。モジュール情報収集では、カード名が割り付けられているカードについて次の情報が収集されます。
形式、タグNo.、タグコメント、単位、RH/RL(レンジ上下限値)、DP(小数点位置)、PH/PL(PV上下限警報
設定値)、MH/ML(出力上下限制限値)
システム構成登録画面下部に配置されたモジュール情報収集ボタンを押すと、次に確認メッセージを表示し、確
認後モジュール情報の収集を行います。
23
SFDN SFDBLD操作マニュアル
また、グループ個別にモジュール情報の収集を行うこともできます。MOD定義ダイアログボックス内のタグタブ
内に配置された情報収集ボタンをマウス左ボタンでクリックすることにより行います。
24
SFDN SFDBLD操作マニュアル
7 拡張タグ登録ウィンドウ
7.1拡張タグ登録ウィンドウの操作
拡張タグ登録ウィンドウでは拡張タグの定義を行います。ここで定義された拡張タグをもとに、後述する制御グ
ループ・トレンドなどの設定・登録を進めていきます。
①
③
②
項目
①拡張タグ定義
②定義メニュー
③モジュール情報収集
説明
定義されている拡張タグタイプとタグNo.およびタグコメントを表示します。タグ
No.の定義されている項目は青色で表示されます。
個所①をマウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、定義用のポップア
ップメニュ-を開きます。各メニューを選択すると、各々「拡張タグタイプ選択ダイア
ログボックス」と「拡張タグ定義ダイアログボックス」が開かれます。
まず最初に拡張タグの「タイプ割付」を実施し、その後、拡張タグの「タグ定義」を行
います。
制御カード側に設定されている拡張タグ定義情報をSFDBLDに吸い上げることが
できます。
25
SFDN SFDBLD操作マニュアル
7.2拡張タグタイプ選択ダイアログボックス
拡張タグのタイプの割付を行います。
①
項目
①タイプ
説明
拡張タグタイプの選択を行います。 ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、タイ
プのリストが表示されますので選択します。
ドロップダウンリスト内は次の選択が可能です。
設定なし
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラームSW・シーケンスメッセージ)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
各タイプの仕様につきましては、SFDN取扱説明書をご参照ください。
26
SFDN SFDBLD操作マニュアル
7.3拡張タグ定義ダイアログボックス
拡張タグの定義を行うダイアログボックスです。
①
②
項目
①タブ
②定義項目
説明
タブをマウス左ボタンで選択し、設定項目を切替えします。
拡張タグの定義項目です。
各項目の内容につきましては、SFDN取扱説明書をご参照ください。
27
SFDN SFDBLD操作マニュアル
7.4モジュール情報の収集
モジュール情報収集機能により、カード側に設定されているタグ定義情報をSFDBLDに吸い上げることができ
ます。モジュール情報収集では、拡張タグタイプが割付されている拡張タグについて次の情報が収集されます。
•
•
•
AI1の上下限警報ブロックのPH/PL
AO1の上下限制限ブロックのMH/ML
TMRの単位
拡張タグ登録画面下部に配置されたモジュール情報収集ボタンを押すと、次に確認メッセージを表示し、確認後
モジュール情報の収集を行います。
また、拡張タグAI1・AO1・TMRでは拡張タグ個別にモジュール情報の収集を行うこともできます。各拡張タグ
定義ダイアログボックス内に配置された情報収集ボタンをマウス左ボタンでクリックすることにより行います。
●AI1
●AO1
●TMR
28
SFDN SFDBLD操作マニュアル
8 メッセージ登録ウィンドウ
8.1メッセージ登録ウィンドウの操作
メッセージ登録ウィンドウでは、拡張タグ ASW で使用するアラームメッセージまたはシーケンスメッセージの文
字列を登録します。
①
②
項目
①メッセージ
②メッセージ登録用ダイ
アログボックス
説明
メッセージ文字列が登録されている個所は、凸形状で表示されます。メッセージ文
字列が登録されていない個所は、凹形状で表示されます。
個所①の各部をマウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、メッセージ
文字列登録用のダイアログボックスが開きます。メッセージ文字列を入力し、OK ボ
タンを選択してください。
なお、メッセージ文字列は最大半角30文字(全角可能)までとなります。
29
SFDN SFDBLD操作マニュアル
9 制御グループ登録ウィンドウ
9.1制御グループ登録ウィンドウの操作
1グループあたり最大8タグで制御グループを登録します。登録した制御グループの情報に従って、SFDRUN
制御グループウィンドウでの計器フェースによるモニタが実施されます。
②
①
項目
①制御グループ名
②制御グループ内タグ
説明
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、制御グループ名登録用のダ
イアログボックスが開きます。最大半角16文字までで、制御グループ名を登録する
ことができます。(全角可能)
制御グループ名が登録されている個所は、凸形状で表示されます。制御グループ
名が登録されていない個所は、凹形状で表示されます。
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、タグセレクタが開きますの
で、当該制御グループに含める標準タグまたは拡張タグを登録します。
タグが登録されている個所は、凸形状で表示されます。タグが登録されていない個
所は、凹形状で表示されます。
30
SFDN SFDBLD操作マニュアル
10 オーバービュー登録
10.1 オーバービュー登録ウィンドウの操作
SFDRUNオーバービューウィンドウ(インデックス用の画面)の登録を行います。
①
項目
①オーバービュー項目
説明
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、オーバービュー登録用のダ
イアログボックスが開きます。
オーバービュー項目が登録されている個所は、凸形状で表示されます。オーバー
ビュー項目が登録されていない個所は、凹形状で表示されます。
31
SFDN SFDBLD操作マニュアル
10.2 オーバービュー登録ダイアログボックス
オーバービュー登録ダイアログボックスの使用方法です。
①
②
③
④
項目
①画面種類
②画面番号
③タイトル
④色
説明
SFDRUNオーバービューウィンドウで当該項目をマウス左ボタンでクリックしたとき
の、ジャンプ先画面種類を登録します。
設定なし、CG:制御グループ、TU:チューニング、OV:オーバービュー、TR:トレン
ド、AL:アラームサマリ、GR:グラフィックモニタからの選択となります。
SFDRUNオーバービューウィンドウで当該項目をマウス左ボタンでクリックしたとき
の、ジャンプ先画面ページ番号を登録します。
画面種類がチューニングのときは、タグNoの登録となります。
オーバービュー項目上に表示するタイトルを最大半角8文字で登録します。(全角
可能)
オーバービュー項目上に表示する色を256色より選択します。
オーバービュー登録ダイアログボックスでの設定内容に従い、SFDRUNではオーバービュー項目に次のように
表示されます。
①の画面種類と②の画面番号設定
に従い、表示されます。画面種類
がチューニングのときは、タグN
o.が表示されます。
④の色が表示され
ます。
③のタイトルが表示されます。
32
SFDN SFDBLD操作マニュアル
11 トレンド登録
11.1 トレンド登録ウィンドウの操作
ヒストリカルトレンドで収集するデータの登録を行います。
①
②
項目
①トレンドグループ名
②収集データ
説明
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、トレンドグループ名登録用
のダイアログボックスが開きます。最大半角16文字までで、トレンドグループ名を
登録することができます。(全角可能)
トレンドグループ名が登録されている個所は、凸形状で表示されます。トレンドグル
ープ名が登録されていない個所は、凹形状で表示されます。
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、タイプつきタグセレクタが開
きますので、当該トレンドグループに含めるデータ(標準タグ+タイプまたは拡張タ
グ+タイプ)を登録します。
収集データが登録されている個所は、凸形状で表示されます。収集データが登録さ
れていない個所は、凹形状で表示されます。
33
SFDN SFDBLD操作マニュアル
11.2 トレンド保存期間および収集周期の設定
トレンドの保存間隔および収集周期の設定はオプション設定ダイアログボックスのトレンドタブにて行います。ト
レンドの保存間隔および収集周期の設定は16トレンドグループ単位で行うことが可能です。
①
②
項目
①保存期間
②収集間隔
説明
トレンドグループ1~16、17~32、33~48、49~64、65~80各々について、
ヒストリカルトレンドデータを保存する期間を1~365日の間で指定します。保存期
間を変更すると、それまでにSFDRUNでロギングされていたヒストリカルトレンドデ
ータはクリアされることに、ご注意ください。
トレンドグループ17~32、33~48、49~64、65~80各々については、ヒストリ
カルトレンドデータを収集する間隔を10秒・1分・10分・20分・30分・60分より選
択します。トレンドグループ1~16は1秒または10秒が選択できます。収集間隔を
変更すると、それまでにSFDRUNでロギングされていたヒストリカルトレンドデータ
はクリアされることに、ご注意ください。
34
SFDN SFDBLD操作マニュアル
12 グラフィックモニタ画面選択ウィンドウ
12.1 グラフィックモニタ画面選択ウィンドウの操作
グラフィックモニタ画面選択ウィンドウでは、グラフィックモニタ各ウィンドウ名称の登録、グラフィックモニタ各ウィ
ンドウの画面データの削除指示、グラフィックモニタ各ウィンドウ間での画面データのコピーを行うことができま
す。
①
②
③
④
⑤
項目
①グラフィックモニタ画
面名称
②名称設定メニュー
③画面移行
④画面削除
⑤画面コピー
説明
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、ポップアップメニューが開
き、グラフィックモニタ各画面に対する操作を行うことができます。
画面名称が登録されている個所は、凸形状で表示されます。トレンドグループ名が
登録されていない個所は、凹形状で表示されます。
本メニューを選択すると、グラフィックモニタ画面名称を設定することができます。
トレンドグループ名登録用のダイアログボックスが開きます。最大半角16文字まで
で、トレンドグループ名を登録することができます。(全角可能)
本メニューを選択すると、該当するグラフィックモニタ画面編集ウィンドウを開きま
す。
本メニューを選択すると、グラフィックモニタ画面の削除を行うことができます。削除
した画面は復元することができませんので、本機能の操作にはご注意ください。
本メニューを選択すると、グラフィックモニタ画面を別画面へコピーすることができま
す。
背景画・IFE部品ファイル・貼り付けグラフィック部品の全てがコピーされます。
35
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13 グラフィックモニタ画面編集ウィンドウ
13.1 グラフィックモニタ画面作成手順の概要
グラフィックモニタ画面を作成する一般的な手順を次に示します。
手順
使用するツール
①背景画(DWGファイル)の作成
GENSKETCH(*1)
②変形ボタン・変形ランプで使用するIFE部品の作成
GENSKETCH(*1)
③当該画面で使用する背景画の選択
SFDBLDグラフィックモニタ画面編集ウィンドウ
④当該画面で使用するIFE部品ファイルの選択
SFDBLDグラフィックモニタ画面編集ウィンドウ
⑤背景画上でのグラフィック部品の貼り付け
SFDBLDグラフィックモニタ画面編集ウィンドウ
⑥貼り付けたグラフィック部品プロパティの設定
SFDBLDグラフィックモニタ画面編集ウィンドウ
(*1)GENSKETCHは株式会社アイ・エル・シーの製品です。
なお、GENSKETCHご使用の際は、以下の点にご注意ください。
l
背景画作成サイズの決定方法
作成グラフィックをSFDRUNの画面上で表示する場合、表示できるエリアに限りがあります。 よって、ユ
ーザ自身が任意にGENSKETCHにて背景画作成を行いますと、SFDRUNにて表示したときに横伸び、
または縦伸びのような状態で最大表示されてしまいます。
このような状況を防ぐため、実際にSFDRUNで最大表示する時のサイズでGENSKETCH背景画を作成
する必要があります。
作成時の状態で最大表示するためには画面の解像度により異なりますが、以下の計算式を使用してサイ
ズを決定することにより、最大表示時に作成時の画面比率(縦伸び、または横伸びしない状態)で表示する
ことができます。
SFDRUNの画面構成を次に示します。
②
①
③
④
⑤
⑥
⑦
36
SFDN SFDBLD操作マニュアル
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
タイトルバー(縦幅18ドット)
メニューバー(縦幅18ドット)
ツールバー(上下ドッキング時縦幅40ドット、左右ドッキング時横幅40ドット)
ウィンドウツリー(上下ドッキング時縦幅196ドット、左右ドッキング時横幅196ドット)
表示エリア
ステータスバー(縦幅19ドット)
過去画面切り替えバー(上下ドッキング時縦幅29ドット、左右ドッキング時横幅158ドット)
①、②は、コントロールパネル→画面→プロパティ→デザインにて決まっています。
上記にNT標準のタスクバー(「スタート」が登録されているバー)のサイズは上下ドッキング時縦幅28ドット、
左右ドッキング時66ドットです。
(本機能は、タスクバーのプロパティにて隠すことができます。 隠した場合は0ドットとして計算します。また、左
右ドッキング時にはユーザが任意に左右に広げることができますが、ドット数の計算はできなくなります。)
ドッキングとは、機能部を左右、または上下に配置できる機能を指す。
上記画面配置例の場合のグラフィック作成時背景画推奨サイズ計算方法は以下の通りです。
画面解像度1024*768で①、②、③、④、⑥、⑦を表示した時、
横 1024-(④196) = 828
縦 768-(①18+②18+③40+⑥19+⑦29+28(タスクバー分)) = 616
よって828*615程度のサイズとなります。
画面の解像度と、実際にSFDRUNを運用する際のウィンドウツリー等の状態に合わせ、上記計算例を基に計
算して作成して下さい。
•
GENSKETCHの起動は、「ツール/背景画作成」を選択することで必ず行ってください。本メニューから起
動しない場合、作成された背景画データ(DWGファイル)や部品ファイルが、SFDBLDのグラフィックモニタ
編集ウィンドウで取り込めない可能性があります。
•
SFDBLDプロジェクトダイアログでプロジェクトを変更する場合には、必ずいったんGENSKETCHを終了
させてください。本操作が行われない場合、作成された背景画データ(DWGファイル)や部品ファイルが、S
FDBLDのグラフィックモニタ編集ウィンドウで取り込めない可能性があります。
GENSKETCHで背景画データ(拡張子DWGのファイル)を「開く」、または作成した背景画データを「名前
をつけて保存」する場合に開かれる、ファイルセレクタ上で“カレントドライブ:¥MsysNet¥Proj¥SFDnn
¥GSK¥“フォルダを選んで下さい。他のフォルダを選ばれた場合、作成された背景画データや部品ファイ
ルが、SFDBLDのグラフィックモニタ編集ウィンドウで取り込めない可能性があります。
”SFDnn”フォルダの nn は現在作成中のプロジェクトが保存されているフォルダです。初めて作成したプロ
ジェクトの場合“SFD00“になります。
GENSKETCHでIFE部品(拡張子IFE・VEC・IMGのファイル)を保存する場合に、開かれるファイルセレク
タ上で“カレントドライブ:¥MsysNet¥Proj¥SFDnn¥GSK¥“フォルダを選んで下さい。他のフォルダを
選ばれた場合、作成された部品ファイルが、SFDBLDのグラフィックモニタ編集ウィンドウで取り込めない
•
•
37
SFDN SFDBLD操作マニュアル
•
•
•
•
•
可能性があります。
”SFDnn”フォルダの nn は現在作成中のプロジェクトが保存されているフォルダです。初めて作成したプロ
ジェクトの場合“SFD00“になります。
旧版SFDのGSKディレクトリ以下のGENSKETCHデータを再利用される場合は、旧版SFDのGSKディレ
クトリ以下の必要データをフロッピディスクなどにコピー後、SFDN/SFDBLDのプロジェクトダイアログの
「DOS版GENSKETCHデータのリストア」機能を利用してコピーしてください。
背景画に大きなビットマップを貼っている場合、変形ボタンと変形ランプをビットマップ上に配置すると、表示
更新に時間がかかります。変形ボタンと変形ランプを使用した場合、表示更新にて背景画ビットマップも表
示更新されます。ビットマップの表示更新には、Windows自身の表示パフォーマンスが悪く、時間がかかり
ます。例えば、ビットマップ上に常時ステータスが変わるような変形ランプを多数貼り付けた場合、表示更新
に時間資源を奪われ、画面操作の応答性が悪くなる現象が発生します。
GENSKETCHで、例えば640×480で作成したグラフィック背景画を、1280×960の高い解像度に拡
大して表示するなどした場合に、拡大率によっては、1ドットで描かれていた線の太さが2ドットに拡大されて
表示される場合があります。Windows環境の制約上、2ドット以上の線では、破線などの線パターンが直
線で描かれますことに、ご注意ください。なお、GENSKETCHで線の太さを0ドット指定すると、画面上での
拡大率に依らず、常に1ドットで描かれる指定となり、破線などの線パターンを画面拡大率に依らず常に表
示することができます。
GENSKETCHのフレームメニューとオプションメニュー/フレーム編集モードを操作することはできませ
ん。
GENSKETCHの操作方法につきましては、GENSKETCHのマニュアルをご参照ください。
38
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.2 グラフィックモニタ画面編集ウィンドウの操作
グラフィックモニタ画面編集ウィンドウの操作方法について説明します。
グラフィックモニタ画面編集ウィンドウではグラフィックモニタ編集ツールバーを使用し編集操作を行います。
但し、編集操作は「画面オプション/通常のサイズで表示」が指定されてあるときのみ可能となります。
また、SFDRUNでの表示イメージを確認するには、「画面オプション/ウィンドウサイズに合わせて表示」機能
を使用してください。
部品削除モード
部品プロパティ設定モード
グリッド
部品貼付モード
貼付部品選択リスト
背景画ファイル読出
IFEファイル登録
部品貼付モードボタン・部品プロパティ設定モードボタン・部品削除モードボタンで、編集モードを切り替えます。
39
SFDN SFDBLD操作マニュアル
モード
部品貼付モード
説明
マウス左ボタンで貼付位置を指定すると、貼付部品選択リストに表示されている
グラフィック部品がウィンドウ上に貼り付けられます。
部品プロパティ設定モード
マウス左ボタンで当該グラフィック部品をクリックすると、グラフィック部品のプロ
パティ設定ダイアログボックスが開き、各プロパティ設定を受け付けます。
部品削除モード
マウス左ボタンで当該グラフィック部品をクリックすると、当該グラフィック部品が
削除されます。
部品貼付モードのとき、当該グラフィック部品上で、マウス左ボタンを押しながらマウス右ボタンを押すと、プロパ
ティ設定ダイアログボックスを開くことができます。
40
SFDN SFDBLD操作マニュアル
部品貼付モードの際に、次の操作にて貼り付けグラフィック部品のサイズ変更や移動を行うことができます。
グラフィック部品をマウス左ボタ
ンでクリックすると、8個所にハ
ンドルが表示されます。ハンドル
部をマウス左ボタンでドラッグす
ると、グラフィック部品のサイズ
を変更することができます。
なお、すでにグラフィック部品が
貼られている位置を重なるように
グラフィック部品のサイズを変更
することはできません。
グラフィック部品の表面をマウス左ボタ
ンでドラッグすると、グラフィック部品
の表示位置を移動することができます。
なお、すでにグラフィック部品が貼られ
ている位置に重なるようにグラフィック
部品の移動を行うことはできません。
背景画ファイル読出ボタンを押すと、次のダイアログボックスが開き、現在の画面で開いているグラフィックモニ
タウィンドウの背景画を選択することができます。
IFEファイル登録ボタンを押すと、次のダイアログボックスが開き、現在の画面で開いているグラフィックモニタウ
ィンドウ用のIFEファイルを選択することができます。なお、IFEファイルは、1グラフィック画面に1ファイルを指定
することができます。(1プロジェクトでは最大40のIFEファイルを指定できます。)
41
SFDN SFDBLD操作マニュアル
グリッドボタンを押すと、次のダイアログボックスが開き、グリッド関連の設定を受け付けます。
①
②
③
①
②
③
グリッドの有効・無効を選択します。グリッド有効のときは、グラフィック部品の貼り付け・サイズ変更・位置
移動がグッリドにあわせて行われます。
グリッド表示有無を選択します。グリッド表示有のときは、グリッド位置を示すポイントがグラフィックモニタ
画面編集ウィンドウに表示されます。
グリッドサイズを設定します。グリッドサイズはドット単位での設定となります。また各軸の設定可能範囲は、
X軸が(5~120)、Y軸が(5~320)となります。
42
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.3 グラフィック部品の種類
部品
ボタン
変形ボタン
(形状はユーザ定義)
ランプ
説明
指定された接点に、マウス左ボタンでクリックする毎に1と0を交互
にセットします。
モーメンタリ
指定された接点に、マウス左ボタンでクリックすると1、マウス左ボ
タンを離すと0をセットします。 SFDRUN にて本ボタンを使用した場
合、マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにOFFに復
帰しないことがあります。再度マウス左ボタンでクリックすることで
復帰しますが、その間本ボタンに割り付けられたタグはON状態を
保持します。本ボタン操作時は確実に操作を行って下さい。
画面切換
マウス左ボタンでクリックするか指定された接点の値変化で、指定
された画面に切り替えます。
計器UP
マウス左ボタンでクリックすると、指定されたタグの計器フェースを
ポップアップします。
ボタンと同じ機能を持ちますが、ボタン形状をユーザで自由に作成することができま
す。
接点の状態で、表示色を変化させます。
オルタネート
変形ランプ
(形状はユーザ定義)
数値設定
ランプと同じ機能を持ちますが、ランプ形状をユーザで自由に作成することができま
す。
データを表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすることにより、数値設定用のパ
ッドを開きます。
数値表示
データを表示します。
シンプル数値設定
データを簡易フォーマットにて表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすると、数
値設定用のパッドを開きます。
シンプル数値表示
データを簡易フォーマットで表示します。
計器
指定したタグの計器フェースを表示し、操作を受け付けます。
(計器の操作方法は、タグの項を参照ください。)
ホッパフィル
指定したデータ値に従い、ホッパ内を塗りつぶします。左の3形状より選択すること
ができます。
名板
文字列の表示板です。
メータ形計器
指定されたタグの値をメータ形にて表示します。
本部品には、2つまたは3つのボタンを含めることができます。
ボタンはグラフィックボタンと同様の設定を行うことができます。
43
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.4 プロパティ設定
部品プロパティ設定モードのとき、マウス左ボタンで当該グラフィック部品をクリックすると、貼り付けた部品のプ
ロパティ設定ダイアログが開きます。
①
①のタブを選択しタブを切り替えます。
各部品のプロパティ設定内容につきましては、「SFDN取扱説明書」をご参照ください。
44
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.5 DOS版GENSKETCHで作成したIMGファイルの編集方法
DOS版GENSKETCHで作成したIMGファイルのNT版での編集は以下の方法でご実施ください。
① DOS版GENSKETCHで作成したIMGデータを部品選択メニューでGENSKETCH上に読み込みます。
② 読み込んだDOS版のIMGデータをBMP部品登録メニューでBMP形式により部品登録します。
45
SFDN SFDBLD操作マニュアル
③ 部品登録した部品は、該当プロジェクトのGSKフォルダに部品名.BMPの形式で保存されます。
④ Windowsに付属のペイントでBMPファイルを開き、編集します。
46
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.6 変形部品の表示状態におけるDOS版との相違点
l
DOS版の場合は、VEC・IMGファイルの絵は変形ランプや変形ボタンの部品枠の大きさでしか表示されません。従
って、VEC・IMGファイルの絵よりも部品枠が小さい場合、絵は一部しか表示されません。
(部品設定前)
(部品設定後)
NT版の場合は、VEC・IMGファイルの絵は、変形ランプや変形ボタンの部品枠の大きさに関わらず絵全体が表示さ
れます。従って、VEC・IMGファイルの絵よりも部品枠が小さい場合でも絵は全て表示されます。但し、変形ボタンの
場合は、部品枠の部分をクリックしなければRUN上からの操作ができません。
(部品設定前)
(部品設定後)
47
SFDN SFDBLD操作マニュアル
NT版にて、BMPファイルの絵は上記VEC・IMGファイルの場合と異なり、変形ランプや変形ボタンの部品枠の大き
さで拡大縮小し表示されます。
(BMP部品)
(部品設定前)
(部品設定後)
48
SFDN SFDBLD操作マニュアル
13.7 グラフィックモニタデータ作成における注意事項
n
グラフィックモニタ背景画(DWG)にビットマップデータを配置し、その上にグラフィック部品を配置した場合、
グラフィック部品の表示更新の際ビットマップも表示更新しなければなりません。 しかし、部品サイズに関
わらず変形ボタン/変形ランプの表示更新時には、ベクトルデータの描き直しに比べ、ビットマップデータ
の描き直しには時間がかるため、表示しようとする部品の絵の大きさで1度絵が消えてなくなり、その後部
品の絵が表示されるように見えます。 これは、ビットマップ(画像)データを表示するのにWindowsNTで
時間がかかるため上記のような現象となります。
49
SFDN SFDBLD操作マニュアル
14 レポートタグ
14.1 レポートタグ登録ウィンドウの操作
①
項目
①レポートタグ
説明
マウス左ボタンまたはマウス右ボタンでクリックすると、タグ選択ダイログボックスが
開き、レポートタグとして登録するタグ+タイプの設定を行うことができます。
レポートタグが登録されている個所は、凸形状で表示されます。レポートタグが登
録されていない個所は、凹形状で表示されます。
50
SFDN SFDBLD操作マニュアル
15 SFDRUN起動時初期ウィンドウの指定
15.1 SFDRUN読み込みプロジェクトの指定
SFDRUN起動時に自動で読込むプロジェクトを指定することができます。SFDBLDプロジェクトダイアログの起
動時読み込みをチェックすることで指定します。どのプロジェクトのチェックされていないとき、SFDRUN起動時
にプロジェクト選択ダイアログボックスが開きます。
15.2 SFDRUN起動時ウィンドウの指定
SFDRUN起動時に初期表示するウィンドウの指定を行うことができます。指定方法としては、(1)SFDRUN前
回終了時に開いていたウィンドウを再現、(2)SFDRUN前回終了時に開いていたウィンドウに関わらず指定の
ウィンドウで初期表示する、の2種類より選択することができます。
指定はSFDBLDのオプション設定ダイアログボックスで行います。個所①でSFDRUN前回終了時に開いてい
たウィンドウを再現するか/しないかを選択し、しない場合、個所②で初期表示するウィンドウと各ページを選択
します。
①
②
51
SFDN SFDBLD操作マニュアル
16 オプション設定ダイアログボックス
16.1 オプション設定ダイアログボックスの操作
ツールメニューのオプションを選択すると、以下のダイアログボックスが開き、SFDNの各種オプション設定を受
け付けます。
①
②
①
②
オプション設定ダイアログボックスのタブ部をマウス左ボタンでクリックし、設定ページを切り替えます。
マウス左ボタンでクリックすると、タブがスクロールします。
52
SFDN SFDBLD操作マニュアル
16.2 通信ポートの変更
オプションダイアログの通信ポートタブでは、通信ポートの切替が可能となります。
オプションの項目の中から通信ポートを選択しますと、以下のような画面が表示されます。
通信ポートタブでは、SFDNが通信に使用する通信ポートを指定します。
インストール時にNestBusを選択していましたら、PC番号の設定変更が可能となります。
本項目の設定は、プロジェクト単位の設定とは異なり、全プロジェクト共通の設定となります。
また、この設定では、NTのブート情報ファイル(C:¥BOOT.INI)に以下の部分が追加されます。
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)¥WINNT=“Windows NT Workstation Version 4.00” /
NoSerialMice=COM1
(COM部分は、指定シリアルポート)
この設定は、ブート時のシリアルポートの接続状況確認を止めるための設定です。
(DLC2等、PnP対応していない通信機器が接続されている場合に、NT自身がシリアルポートを認識しない場
合があるためです。よって、シリアルポートの変更を行った場合には、システムの再立ち上げが必要となりま
す。)
この設定内容は、SFDNの削除(アンインストール)を行っても元には戻りません。
53
SFDN SFDBLD操作マニュアル
16.3 オプション設定ダイアログボックスの設定項目
オプションの各設定項目について説明します。
計器
初期ウィンドウ
トレンド
項目
PVの色
説明
標準タグにおける計器フェースのPVバーグラフ・警報範囲バーな
どPV関連項目を描く色を256色から指定します。標準タグにおけ
るチューニングウィンドウのリアルタイムトレンドグラフ部PVグラフ
線も、本項での指定色で描かれます。
拡張タグAI1・拡張タグAO1における計器フェースのバーグラフ、
拡張タグAI1の警報範囲バーも本項での指定色で描かれます。
SPの色
標準タグにおける計器フェースのSP指針などSP関連項目を描く
色を256色から指定します。標準タグにおけるチューニングウィン
ドウのリアルタイムトレンドグラフ部SPグラフ線も、本項での指定
色で描かれます。
MVの色
標準タグにおける計器フェースのMV指針・出力制限範囲バーなど
MV関連項目を描く色を256色から指定します。標準タグにおける
チューニングウィンドウのリアルタイムトレンドグラフ部MVグラフ線
も、本項での指定色で描かれます。
拡張タグAO1の出力制限範囲バーも本項での指定色で描かれま
す。
MV開マークの色
標準タグにおける計器フェースのMV開マークを描く色を256色か
ら指定します。
MV閉マークの色
標準タグにおける計器フェースのMV閉マークを描く色を256色か
ら指定します。
前回終了時に開いてい SFDRUN起動時に開くウィンドウを指定します。
たウィンドウ状態
「保持する」をチェックすると、前回終了時に開いていたウィンドウを
再度開きます。
「保持せず以下の設定で起動する」をチェックすると、常に以下の
設定に従ってウィンドウを開きます。
オーバービュー
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、オーバービューウィ
ンドウを開くことを指定します。(ページ指定可能)
制御グループ
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、制御グループウィン
ドウを開くことを指定します。(ページ指定可能)
アラームサマリ
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、アラームサマリウィ
ンドウを開くことを指定します。(ページ指定なし)
トレンド
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、トレンドウィンドウを
開くことを指定します。(ページ指定可能)
システムモニタ
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、システムモニタウィ
ンドウを開くことを指定します。(ページ指定可能)
グラフィックモニタ
「保持せず以下の設定で起動する」指定時に、グラフィックモニタウ
ィンドウを開くことを指定します。(ページ指定可能)
トレンド保存期間
トレンドグループ1~16、17~32、33~48、49~64、65~80
各々について、ヒストリカルトレンドデータを保存する期間を1~36
5日の間で指定します。保存期間を変更すると、それまでにSFDR
UNでロギングされていたヒストリカルトレンドデータはクリアされる
ことに、ご注意ください。
トレンド収集周期
トレンドグループ17~32、33~48、49~64、65~80各々につ
いては、ヒストリカルトレンドデータを収集する間隔を10秒・1分・1
0分・20分・30分・60分より選択します。トレンドグループ1~16
は1秒または10秒が選択できます。収集間隔を変更すると、それ
までにSFDRUNでロギングされていたヒストリカルトレンドデータ
はクリアされることに、ご注意ください。
54
SFDN SFDBLD操作マニュアル
項目
チ ュ ー ニ ン グ DIOグラフの色
ウィンドウ
メッセージサマ
リ
メッセージ発生時印刷
の有無
メッセージサマリウィン
ドウ 表 示メ ッ セー ジ 種
類の保持方式
重レベルアラーム発生
表示
重レベルアラーム復帰
表示
軽レベルアラーム発生
表示
軽レベルアラーム復帰
表示
ハードエラー表示
操作ログ表示
システムアラーム表示
最新メッセー
ジ
ビープ音発生
シーケンスメッセージ表
示
ハードエラー時最新メッ
セージ色
ハードエラー時点滅の
有無
操作ログ時最新メッセ
ージ色
操作ログ時点滅の有無
説明
拡張タグDI1・DO1・ISW・ASWのチューニングウィンドウで、ヒス
トリカルトレンドグラフのグラフ線を描く色を、256色の中から選択
します。
アラームまたはメッセージ発生時に印刷するか、しないかを選択し
ます。
SFDRUNのアラームサマリウィンドウにおいて表示アラーム選択
により選択可能な表示アラーム・メッセージ種別を、SFDRUN起
動時に、どのように指定しておくかを選択します。
「下記種別で初期表示する」をチェックすると、常に以下の設定に
従って、SFDRUN起動時の表示種別を決定します。
「前回SFDRUN終了時の表示種別で初期表示する」をチェックす
ると、SFDRUN前回終了時に種別選択状態にて、SFDRUN起動
時の表示種別を再現します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、重レベルアラーム発生を表
示することを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、重レベルアラーム復帰を表
示することを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、軽レベルアラーム発生を表
示することを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、軽レベルアラーム復帰を表
示することを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、ハードエラーを表示するこ
とを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、操作ログを表示することを
指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、システムアラームを表示す
ることを指定します。
「下記種別で初期表示する」指定時に、シーケンスメッセージを表
示することを指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、ハードエラーを表示する際
の色を256色の中から指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、ハードエラーを表示する際
の点滅の有無を指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、操作ログを表示する際の色
を256色の中から指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、操作ログを表示する際の点
滅の有無を指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、システムアラームを表示す
る際の色を256色の中から指定します。
SFDRUNの最新メッセージ表示欄に、システムアラームを表示す
る際の点滅の有無を指定します。
重レベルアラーム発生時にビープ音を発生させることを指定しま
す。
軽レベルアラームにビープ音を発生させることを指定します。
システムアラーム時最
新メッセージ色
システムアラーム時点
滅の有無
重レベルアラーム発生
時ビープ音発生
軽レベルアラーム発生
時ビープ音発生
ハードエラー発生時ビ ハードエラーにビープ音を発生させることを指定します。
ープ音発生
操作ログ発生時ビープ 操作ログにビープ音を発生させることを指定します。
音発生
システムアラーム発生 システムアラームにビープ音を発生させることを指定します。
時ビープ音発生
55
SFDN SFDBLD操作マニュアル
項目
説明
シーケンスメッセージ発 シーケンスメッセージにビープ音を発生させることを指定します。
生時ビープ音発生
メ ッ セ ー ジ 接 メッセージ接点入出力 DIOボードにアラーム・メッセージ接点を出力、およびDIOボードか
点入出力
処理の有無
ら解除を受ける処理の実施有無を選択します。
DIOカードアドレス
DIOボードのI/Oアドレスを指定します。DIOボードのI/Oアドレ
ス設定方法につきましては、DIOボードのマニュアルをご参照くだ
さい。通常はB000hを指定します。
アラーム解除接点入力 アラーム解除接点入力処理の有無と、入力する端子番号を10~
処理
17で指定します。
アラーム解除接点出力 アラーム解除接点入力処理の有無と、出力する端子番号を21~
処理
28で指定します。
重レベルアラーム発生 重レベルアラーム発生時に接点への出力有無と、出力する端子番
時出力処理
号を21~28で指定します。
軽レベルアラーム発生 軽レベルアラーム発生時に接点への出力有無と、出力する端子番
時出力処理
号を21~28で指定します。
ハードエラー発生時出 ハードエラー発生時に接点への出力有無と、出力する端子番号を
力処理
21~28で指定します。
操作ログ発生時出力処 操作ログ発生時に接点への出力有無と、出力する端子番号を21
理
~28で指定します。
システムアラーム発生 システムアラーム発生時に接点への出力有無と、出力する端子番
時出力処理
号を21~28で指定します。
シーケンスメッセージ発 シーケンスメッセージ発生時に接点への出力有無と、出力する端
生時出力処理
子番号を21~28で指定します。
シ ス テ ム ア ラ 通信エラーをシステム チェックすると、通信エラーをシステムアラームとして発生させま
ーム
ア ラ ー ム と し て 発 生 さ す。
せる。
システム
DIOドライブ番号
コンテック製APITOOL(API-DIO(98/PC)NT)で指定したドラ
イバNo.を設定します。ドライバNo.については、コンテック製API
TOOL(API-DIO(98/PC)NT)のマニュアルをご参照くださ
い。通常は2を指定します。
DIOグループ番号
コンテック製APITOOL(API-DIO(98/PC)NT)で指定したグ
ループNo.を設定します。グループNo.については、コンテック製
APITOOL(API-DIO(98/PC)NT)のマニュアルをご参照くだ
さい。通常は1を指定します。
通信ポート
通信ポート
SFDRUN での通信処理及び、SFDBLD での情報収集の通信で使
用する通信ポートを指定します。本項目の設定変更をされた場合
はWindowsNTを再起動するまで通信を行うことはできません。
通常はCOM1を指定します。
PC番号
インストール時にNestBusを選択された場合に限り、PC番号の設
定変更が可能となります。
注意:DIOボードはコンテック製PIO-16/16L(PCI)を使用します。
56
SFDN SFDRUN取扱説明書
対応Ver2.00
(株)エム・システム技研
NM-6470-MR 改12
SFDN SFDRUN操作マニュアル
目次
1
はじめに ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
............................................................................
............................................ 1
1.1
1.2
1.3
2
SFDRUNの起動と終了................................
SFDRUNの起動と終了 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................
.............................................. 4
2.1
2.2
2.3
3
オーバービューウィンドウの操作 .............................................................................................................................................................30
オーバービュー項目 ......................................................................................................................................................................................31
制御グループ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................ 32
7.1
8
タグの種類.........................................................................................................................................................................................................17
標準タグの操作...............................................................................................................................................................................................18
拡張タグ-AI1の操作..................................................................................................................................................................................20
拡張タグ-AO1の操作 ...............................................................................................................................................................................21
拡張タグ-DI1の操作..................................................................................................................................................................................22
拡張タグ-DO1の操作 ...............................................................................................................................................................................23
拡張タグ-ISWの操作 ................................................................................................................................................................................24
拡張タグ-TMRの操作...............................................................................................................................................................................25
拡張タグ-CTRの操作................................................................................................................................................................................26
拡張タグ-ASWの操作 .........................................................................................................................................................................27
拡張タグ-BPSの操作 ..........................................................................................................................................................................28
拡張タグ-TCOの操作...........................................................................................................................................................................29
オーバービュー ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................................
............................................................. 30
6.1
6.2
7
プロジェクトダイアログボックス..................................................................................................................................................................16
タグ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...................................................................................
................................................... 17
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
5.7
5.8
5.9
5.10
5.11
5.12
6
各部の名称と役割............................................................................................................................................................................................ 6
ウィンドウの種類と役割 ................................................................................................................................................................................. 7
メニューバー........................................................................................................................................................................................................ 8
ツールバー .......................................................................................................................................................................................................... 9
ウィンドウツリー ...............................................................................................................................................................................................11
ステータスバー.................................................................................................................................................................................................13
タグ選択ダイアログボックス .......................................................................................................................................................................14
カラー選択ダイアログボックス...................................................................................................................................................................15
プロジェクト操作 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................................
........................................................... 16
4.1
5
起動方法 .............................................................................................................................................................................................................. 4
終了方法 .............................................................................................................................................................................................................. 4
起動・終了時の注意事項 .............................................................................................................................................................................. 5
SFDRUNの共通操作 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.................................................................................
................................................. 6
3.1
3.2
3.3
3.4
3.5
3.6
3.7
3.8
4
本書について...................................................................................................................................................................................................... 1
対応バージョン................................................................................................................................................................................................... 1
ご使用上の注意事項 ...................................................................................................................................................................................... 2
制御グループウィンドウの操作.................................................................................................................................................................32
アラーム・メッセージ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
....................................................................................
.................................................... 33
8.1
アラーム・メッセージ.......................................................................................................................................................................................33
8.2
アラームサマリウィンドウの操作 ..............................................................................................................................................................34
8.3
表示アラーム選択ダイアログボックスの操作 .....................................................................................................................................36
8.4
ビープ音..............................................................................................................................................................................................................37
8.5
アラームテキスト出力....................................................................................................................................................................................38
8.5.1
アラームテキスト出力の起動...........................................................................................................................................................38
8.5.2
アラームテキスト出力ダイアログボックスの操作.....................................................................................................................38
8.5.3
アラームテキスト出力ファイルフォーマット .................................................................................................................................40
8.6
アラームテキスト印字....................................................................................................................................................................................41
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.7
8.8
8.9
9
アラーム接点出力 ..........................................................................................................................................................................................41
システムアラーム一覧 ..................................................................................................................................................................................42
ハードエラー一覧............................................................................................................................................................................................43
トレンド................................
トレンド ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 44
9.1
トレンドウィンドウの操作..............................................................................................................................................................................44
9.2
トレンドスパン・時間軸の変更 ...................................................................................................................................................................45
9.3
トレンドペン・目盛り値の設定ダイアログボックス ..............................................................................................................................46
9.4
トレンドログの保存と再現............................................................................................................................................................................47
9.4.1
トレンドログの保存と再現について................................................................................................................................................47
9.4.2
トレンドログ保存の起動......................................................................................................................................................................48
9.4.3
トレンドログ保存ダイアログボックスの操作 ...............................................................................................................................48
9.4.4
トレンドログ再現の起動......................................................................................................................................................................50
9.4.5
トレンドログ再現ダイアログボックスの操作 ...............................................................................................................................50
9.5
トレンドテキスト出力 ......................................................................................................................................................................................51
9.5.1
トレンドテキスト出力の起動..............................................................................................................................................................51
9.5.2
トレンドテキスト出力ダイアログボックスの操作 .......................................................................................................................51
9.5.3
トレンドテキスト出力ファイルフォーマット ....................................................................................................................................53
10
システムモニタ................................
システムモニタ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................................
........................................................... 54
10.1
11
グラフィックモニタ................................
グラフィックモニタ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
......................................................................................
...................................................... 55
11.1
11.2
12
グラフィックモニタウィンドウの操作 ....................................................................................................................................................55
グラフィック部品の種類と操作..............................................................................................................................................................56
チューニング................................
チューニング................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...............................................................................................
............................................................... 57
12.1
12.2
12.3
12.4
12.5
12.6
13
チューニングウィンドウ ............................................................................................................................................................................57
チューニングウィンドウへの移行.........................................................................................................................................................57
チューニングウィンドウの操作..............................................................................................................................................................58
スパン・時間軸の変更..............................................................................................................................................................................60
札掛け.............................................................................................................................................................................................................61
キースピード設定.......................................................................................................................................................................................62
画面印刷 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.....................................................................
..................................... 63
13.1
14
画面印刷の方法.........................................................................................................................................................................................63
レシピ ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...........................................................................
........................................... 65
14.1
14.2
14.3
14.4
15
レシピの起動と画面構成 ........................................................................................................................................................................65
レシピ選択ダイアログボックス..............................................................................................................................................................66
レシピダウンロードダイアログボックス..............................................................................................................................................67
レシピアップロードダイアログボックス...............................................................................................................................................67
プログラミングユニット ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 68
15.1
15.2
15.3
16
プログラミングユニットの起動と画面構成........................................................................................................................................68
プログラミングITEM選択ダイアログボックスの操作 ..................................................................................................................69
プログラミングユニットダイアログボックスの操作.........................................................................................................................69
操作ロック ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...................................................................
................................... 70
16.1
17
操作ロックの指定と解除 .........................................................................................................................................................................70
帳票画面への切替え ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..............................................................................
.............................................. 71
17.1
18
帳票画面への切替え ...............................................................................................................................................................................71
バッチ画面への切替................................
バッチ画面への切替................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................
................................................ 72
18.1
19
システムモニタウィンドウの操作..........................................................................................................................................................54
バッチ画面への切替.................................................................................................................................................................................72
プリンタ出力時の注意事項 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................................................
...................................................................
................................... 73
SFDN SFDRUN操作マニュアル
1 はじめに
1.1本書について
本書は、SFDNのラン(以下SFDRUN)の操作方法について説明しています。
1.2対応バージョン
本書に対応するSFDNのバージョンは2.00です。
1
SFDN SFDRUN操作マニュアル
1.3ご使用上の注意事項
•
•
•
ディスクへのアクセス中に、パソコンの電源を切らないでください。
ディスクへのアクセス中に、フロッピーディスクを抜かないでください。
パソコン内の時計は、必ず正確な日時をご設定ください。また、パソコンの時間を変更する場合は、必ずSFD
また、パソコンの時間を変更する場合は、必ずSFD
RUNを終了して変更作業を行い、再度SFDRUNを起動してください。SFDNでは、パソコンの時間を使用し
RUNを終了して変更作業を行い、再度SFDRUNを起動してください
て、さまざまなデータ管理を行っております。SFDRUNの実行中に時刻の変更作業を行いますと、データ管
理に影響を及ぼす可能性があります。
SFDRUNを実行した状態で時刻変更を行った場合、以下のような状況が発生致します。 また、本現象以外
にも不具合が発生する可能性がありますので、必ずSFDRUNを終了して時刻変更を行うようにして下さい。
1.時刻を過去へ戻す。
例えば、11時10分から10時50分に変更した場合
時刻変更
10:50
11:10
ここの古いトレンド収集データは捨てられる
・通常の瞬時データ
通常の画面のデータ表示(瞬時値データ)は更新される。
・ トレンドの動作
10:50以降の戻した時刻分の収集済みデータは全て捨てられ、ただちに新しい時刻をもとに収集や、
トレンド画面表示更新がはじまる。
・ 帳票の動作
正時をまたいでいるので、11時の収集は行われ11時のデータは更新(反映)されるが、積算値、平均
値、最大値、最 小値は10 時50分以降のデータ収 集( ロギング収集)が行 われないため正常な
データではない。(瞬時値に関しては、11時時点のデータで更新される。)日をまたいで過去に時刻変
更しても、帳票の瞬時値に関してのみ保証される。
2.時刻を未来へ進める。
例えば、10時50分から11時10分に変更した場合
時刻変更
10:50
収集
11:10
トレンド収集なし
収集
・通常の瞬時データ
通常の画面のデータ表示(瞬時値データ)は更新される。
・ トレンドの動作
トレンドの収集データは、10時50分(変更前の時刻)までのデータと、11時10分(変更後の時刻)以
降のデータとなる。 その間のデータは欠測となる。
・ 帳票の動作
正時をまたいでいるので、11時の収集は行われません。よって、11時のデータは欠測(データ無し)と
なる。日をまたいで未来に時刻変更した場合、月報においても前日はデータ無しとなる。
月をまたいで未来に時刻変更した場合、年報においても前月はデータ無しとなる。
•
SFDBLDとSFDRUNを同時に実行することが可能です。ただし、SFDBLDで変更された設定内容は、実行
中のSFDRUNをいったん終了後、再度SFDRUNを立ち上げることによって有効になります。
2
SFDN SFDRUN操作マニュアル
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
実運用段階において、SFDRUNをSFDBLD・GENSKETCHと同時に動作させることはお避けください。同
時に実行させた場合、例えばSFDBLDを起動中にSFDRUNを最初に立ち上げた場合は、カード復帰等の
警報(アラーム)が表示されますが、SFDBLDを終了せず、SFDRUNのみを再起動すると最初の警報(アラ
ーム)は表示されない等の問題が発生します。これは、SFDBLDもSFDRUNも同一の通信モジュールを使
用しているためです。このような、さまざまな不具合が予想されますので、実用上のSFDBLD、SFDRUNの
同時使用をお避けください。
実運用段階において、SFDRUNと同時に別アプリケーションを動作させることはお避けください。SFDRUN
のトレンド処理でデータ欠測が発生するなど、異常な現象が発生することがあります。
OSの壁紙機能との併用はお避けください。ビットマップデータの発色に異常が見られる場合があります。
OSのスクリーンセーバとの併用はお避けください。SFDRUNのトレンド処理でデータ欠測が発生するなど、
異常な現象が発生することがあります。
ハードコピー中やアラーム印字中に、パソコンまたはプリンタの電源がOFFした場合、プリンタあるいはプリン
タドライバの仕様・性能によっては、印刷内容が異常となったり印刷中データが消失される場合があります。
OSまたはシステム環境の影響で、「並べて表示」機能を実施した際に表示が乱れる場合があります。この場
合お手数ですが、ウィンドウのリサイズ操作などで表示修復いただけますようお願いいたします。
Windowsの制約により、MDIウィンドウのタイトル部をダブルクリックしてウィンドウを最大化させた場合、最
大化後にマウスの位置にクリックイベントが発生します。特にグラフィックモニタの場合、最大化後のマウス位
置にボタン等が合った場合、勝手に操作を行ってしまう可能性があります。よって、SFDRUNでは、本件の誤
動作を防止するために、MDIウィンドウタイトル部ダブルクリックによるウィンドウ最大化を抑止しております。
マウスドラッグ時のWindows設定について、コントロールパネル/画面/Plusにて、「ウィンドウ内容を表示
したままドラッグする」のチェックを外した状態でご使用いただけますようお願いします。(図1)
旧版SFDN(Ver1.70以下)にて保存されたトレンドログファイルは、Ver2.00のトレンドログ再現では使用
できません。
旧版SFDN(Ver1.70以下)にて作成された使用プロジェクトフォルダー内のトレンドログファイルは、Ver2.
00のSFDRUN初回起動時に初期化されます。
旧版SFDN(Ver1.70以下)にて作成された使用プロジェクトフォルダー内のチューニングログファイルは、
Ver2.00のSFDRUN初回起動時に初期化され、登録されていたリザーブタグ設定は、解除されます。
WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)にてご使用される場合は、SFDN取扱説明書(NM-647
0-MM)項目 20.6 WindowsNT4.0+ServicePack3(日本語版)ご使用時注意事項をご参照ください。
図1
3
SFDN SFDRUN操作マニュアル
2 SFDRUNの起動と終了
2.1起動方法
Windowsスタートメニューのプログラム中の以下のメニューで、SFDRUNを選択することにより行います。
2.2終了方法
①
ファイルメニューから終了を選択します。
②
次の確認メッセージが表示されますので、OKをマウス左ボタンで選択します。
③
「SFDRUNを終了処理中です。」というメッセージが表示されます。本メッセージ表示中は、SFDのインスト
本メッセージ表示中は、SFDのインスト
ールされているパソコンに対して操作を行わないでください。
4
SFDN SFDRUN操作マニュアル
2.3起動・終了時の注意事項
起動・終了時の注意事項
•
•
SFDRUN終了時に「SFDRUNを終了処理中です。」というメッセージが表示されます。本メッセージ表示中
本メッセージ表示中
は、SFDのインストールされているパソコンに対して操作を行わないでください。
SFDRUNで当該プロジェクトを始めてモニタする際には、トレンド・チューニング・アラームで使用するロギン
グファイルの初期生成が行われます。ロギングファイルの保存期間によっては、数分の時間を要する場合が
ありますのでご注意ください。
•
システムモニタでの操作にはパスワードの入力が必要です。プロジェクトの新規作成後、初めてSFDRUNで
該当プロジェクトのモニタを行う際には、以下のダイアログボックスで、パスワードの入力が求められます。
•
SFDRUN起動時に通信初期化が行われます。もし通信初期化でエラーが発生した場合、通信カードとの接
続などを再度ご確認ください。
5
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3 SFDRUNの共通操作
3.1各部の名称と役割
SFDRUNの画面構成を次に示します。
⑧
②
①
③
④
名称
①タイトルバー
②メニューバー
③ツールバー
④ウィンドウツリー
⑤オペレーションエリア
⑥ステータスバー
⑦フレーム
⑧アプリケーションアイコン
⑤
⑥
⑦
役割
現在開いているプロジェクトなどを表示します。タイトルバーをマウス左ボタン
でダブルクリックすることで、SFDRUN全体の全画面表示・ウィンドウ表示を
切り替えることができます。また、マウス左ボタンでドラッグすることにより、SF
DRUN全体の表示位置を変更することができます。
機能指示用のメニューです。
機能指示用のボタン形式メニューです。
表示ウィンドウの切換えをサポートします。
操作・監視用のウィンドウをマルチウィンドウで表示します。
コマンドヘルプ・ページ・現在日時・操作ロック状態を表示します。
SFDRUNを囲む枠です。フレームをマウス左ボタンでドラッグすることによっ
て、ウィンドウサイズを変更することができます。
マウス左ボタンでクリックすると、SFDRUN全体フレーム操作用のメニューを
表示します。
6
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.2ウィンドウの種類と役割
ラン(SFDRUN)で準備されるウィンドウ種類を以下に示します。オペレーションエリアで下記ウィンドウの重ねあ
わせ表示が可能です。
ウィンドウ
オーバービューウィンドウ
ウィンドウ内
ページ数
9
制御グループウィンドウ
チューニングウィンドウ
240
1
アラームサマリウィンドウ
トレンドウィンドウ
システムモニタウィンドウ
グラフィックモニタウィンドウ
1
96
16
99
役割
プロジェクト内の各ウィンドウへの切り替えメニューとアラ
ーム発生状況などのサマリ表示を行います。
制御グループの計器フェースでの監視・操作を行います。
タグのチューニング用ウィンドウです。パラメータの設定、
調整結果のリアルタイムトレンドグラフでの確認、札掛け
設定などを行います。
アラーム・メッセージの発生履歴を表示します。
ヒストリカルトレンドグラフを表示します。
カード構成によるカード運転状態の監視を行います。
フリーフォーマットの監視・操作画面です。
各ウィンドウでの共通操作を次に説明します。
②
⑤
③
①
④
⑥
個所
①
②
③
④
⑤
⑥
役割
ウィンドウタイトルおよび表示ページ番号を表示します。マウス左ボタンでドラッグするとウィンドウの
移動を行うことができます。
ウィンドウを閉じるためのボタンです。
ウィンドウを最大化するためのボタンです。
ウィンドウを最小化するためのボタンです。
マウス左ボタンでクリックすると、ウィンドウ操作用のメニューを表示します。
ウィンドウフレームをマウス左ボタンでドラッグしウィンドウサイズの変更を行うことができます。
7
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.3メニューバー
SFDRUNでは、次のメニューが準備されています。
メニューバ-
ファイル
メニュー
モニタ開始
表示
印刷...
終了
ツールバー
ログ
ツール
ウィンドウツリー
前ページ切替
次ページ切替
ページジャンプ...
帳票画面に切替
バッチ画面に切替
トレンドデータ保存...
トレンドデータ再現...
トレンドテキスト出力...
アラームテキスト出力...
アラーム音オフ
プログラミングユニット...
レシピ…
操作ロック
ウィンドウ
重ねて表示
並べて表示
アイコンの整列
(ウィンドウリスト)
ヘルプ
バージョン情報...
説明
モニタを開始します。
プロジェクトダイアログボックスより、モニタ中断ボタンにてプロジェク
トを開いていた場合のみ有効となります。
SFDRUN全体のビットマップイメージを印刷します。
SFDRUNを終了します。
ツールバー種類サブメニューが開き、各ツールバーの表示有無を切
り替えることができます。
ウィンドウツリー表示のON・OFFを切り替えます。
最前面に表示されているウィンドウで前ページに切り替えます。
最前面に表示されているウィンドウで次ページに切り替えます。
最前面に表示されているウィンドウで指定ページにジャンプします。
帳票パッケージの画面に切り替えます。
バッチ処理の画面に切り替えます。
トレンドデータを保存します。
保存したトレンドデータを再現します。
トレンドデータをテキスト形式で出力します。
アラームデータをテキスト形式で出力します。
アラーム音が発生している場合、それをOFFします。
PU-2ダイアログボックスが開かれ、カードのItem設定を行うこと
ができます。
レシピダイアログが開き、レシピ操作を受け付けます。
操作ロック中・操作ロック解除中を切り替えます。操作ロックを行う
と、画面操作がロックされます。
ウィンドウを重ねて表示します。
ウィンドウを並べて表示します。
アイコンを整列します。
現在開かれているウィンドウがメニュー上に表示され、選択すること
により切り替えることができます。
SFDRUNのバージョン情報と著作権情報を表示します。
OSまたはシステム環境の影響で、「並べて表示」機能を実施した際に表示が乱れる場合があります。この場合お
手数ですが、ウィンドウのリサイズ操作などで表示修復いただけますようお願いいたします。
8
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.4ツールバー
ツールバーに配置されたボタンを使用し、SFDRUNの各機能を実行することができます。SFDRUNでは次のツ
ールバーが準備されています。
ツールバー種類
ウィンドウ表示切替
ページ切替
前画面表示
オプション機能
ログ
メッセージ
印刷
説明
指定のウィンドウをカレントページで開
き、最前面に表示します。またはすでに
開かれているときは、そのウィンドウを
最前面に表示します。
最前面に表示されているウィンドウの
ページ切り替え機能です。
現在最前面表示中のウィンドウを起点
として、過去に最前面表示されたウィン
ドウを記憶・表示します。該当表示部を
クリックすることで、該当ウィンドウが該
当ページにて最前面に表示されます。
オプション機能のツールバーです。
ログファイル操作を行うツールバーで
す。
最新メッセージ(アラーム等)の表示と
アラーム音オフ指示を行うツールバー
です。
印刷関連のツールバーです。
含まれるメニュー
オーバービュー切替・制御グループ切替・
アラームサマリ切替・トレンド切替・システ
ムモニタ切替・グラフィックモニタ切替・タグ
No.指定チューニング切替ボタン
前ページ切替・次ページ切替・ページジャ
ンプ
過去画面3・過去画面2・過去画面1・現在
画面
レシピ・プログラミングユニット
トレンドデータ保存・トレンドデータ再現・ト
レンドテキスト出力・アラームテキスト出力
アラーム音オフ・最新メッセージの表示
画面印刷
●ウィンドウ表示切替ツールバー
左から、オーバービューウィンドウ切替ボタン・制御グループウィンドウ切替ボタン・アラームサマリウィンドウ切替
ボタン・トレンドウィンドウ切替・システムモニタウィンドウ切替ボタン・グラフィックモニタウィンドウ切替ボタン・チュ
ーニングウィンドウ切替ボタン・タグNo.指定チューニングウィンドウ切替ボタンです。
タグNo.指定チューニング画面切替を選択すると、タグ選択ダイアログが開き、選択させたタグNo.でチューニン
グ画面を開くことができます。
●ページ切替ツールバー
左から、前ページ切替ボタン・次ページ切替ボタン・ページジャンプボタンです。
9
SFDN SFDRUN操作マニュアル
●前画面表示ツールバー
ウィンドウの表示切替操作に従い、過去に表示した3画面および現在画面をツールバーボタン上に表示します。
各ボタンを押すと該当ウィンドウを最前面に切り替えます。
ウィンドウ
オーバービューウィンドウ
制御グループウィンドウ
チューニングウィンドウ
アラームサマリウィンドウ
トレンドウィンドウ
システムモニタウィンドウ
グラフィックモニタウィンドウ
前画面表示ツールバー上の表示方法
OVにページ番号が表示されます。
CGにページ番号が表示されます。
TUにスペースで区切ってタグNo.が表示されます。
ALが表示されます。
TRにページ番号が表示されます。
SYにページ番号が表示されます。
GRにページ番号が表示されます。
●オプション機能ツールバー
左から、レシピボタン・プログラミングユニットボタンです。
●ログツールバー
左から、トレンドデータ保存ボタン・トレンドデータ再現ボタン・トレンドテキスト出力ボタン・アラームテキスト出力ボ
タンです。
●メッセージツールバー
左から、アラーム音オフボタン・最新アラームメッセージ表示エリアです。最新アラームの表示エリアには、最新に
発生したアラームメッセージが表示されます。本エリアをマウス左ボタンでクリックすると、表示されているメッセー
ジが消去されるとともに、アラーム音が鳴っていれば停止されます。
●印刷ツールバー
左から、画面印刷ボタンです。
10
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.5ウィンドウツリー
ウィンドウツリーは、ウィンドウの表示および最前面への表示切替えを迅速に行うことをサポートします。
①
②
③
①
②
③
+記号は、その項目以下に続きの情報があることを示します。+記号部をマウス左ボタンでクリックすると-
記号となり、続きの情報が表示されます。
各項目をマウス左ボタンでクリックすると、該当ウィンドウが最前面に表示されますので、設定あるいは設定
変更したい個所への移動をスピーディに行うことができます。
空白部をマウス右ボタンでクリックすると、次のポップアップメニューが表示され、ウィンドウツリーの表示状
態を切り替えることができます。
11
SFDN SFDRUN操作マニュアル
ウィンドウツリーは、次の位置に自由に表示することができます。
•
•
•
左にドッキング
右にドッキング
上にドッキング
下にドッキング
非ドッキング
非表示
「ドッキング」は、ウィンドウツリーをSFDBLDのフレーム各辺に重ねあわせるようにドラッグすることで指定す
ることができます。
「非ドッキング」は、ウィンドウツリーを右ボタンでクリックしたときに開かれるポップアップメニューの「ドッキン
グ」メニュー項目を選択することで指定することができます。
「非表示」は、ウィンドウツリーを右ボタンでクリックしたときに開かれるポップアップメニューの「非表示」メニュ
ー項目を選択することで指定することができます。
12
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.6ステータスバー
ステータスバー形式を次に示します。
③
②
④
①
⑤
ステータスバー機能
①通信状態
②操作ロック状態
③現在日時
④ウィンドウ内表示ページ
⑤カーソル位置のメニューヘルプ
•
役割
通信状態を表示します。
*点滅:ネットワーク接続中
-点滅:ネットワーク接続中、ただしカード接続なし
E点滅:ネットワーク接続異常
表示なし:非通信中
南京錠が表示されている場合は、現在操作ロック中であることを示し
ます。何も表示されていない場合は、現在操作ロック解除中であること
を示します。
現在日時を表示します。
最前面に表示されているウィンドウのカレントページを表示します。本
エリアをマウス左ボタンでクリックすると、ページジャンプダイアログボ
ックスが開き、画面ジャンプ操作を受け付けます。
現在カーソルのあるメニューまたはツールバーのヘルプを表示しま
す。
ステータスバーは、メニュー/表示/ステータスバーにより、表示・非表示を切り替えることができます。
13
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.7タグ選択ダイアログボックス
ツールバーのタグ指定によりチューニングウィンドウを開くボタンを押したとき、タグの選択を行うのに次のダイア
ログボックスが開かれます。その操作方法について説明します。
①
②
① をマウス左ボタンでクリックすると、タグ検索用のダイアログボックスが開かれます。
②をマウス左ボタンでクリックすると、最終にタグ検索した結果が表示されます。
次図のダイアログボックスでは、タグ No.の先頭文字が「TIC」である全てのタグを検索し、その検索結果が表示さ
れる様子を示しています。
14
SFDN SFDRUN操作マニュアル
3.8カラー選択ダイアログボックス
SFDNでは、色の選択を行う際に以下のダイアログボックスを使用します。その操作方法について説明します。
②
①
③
④
⑤
①
②
③
④
⑤
この個所より色を選択します。
現在選択されている色が表示されます。
現在選択されている色(②)の色番号を表示します。(SFDNにおいて、本値は通常使用しません。)
現在選択されている色(②)のRGBカラー値を表示します。(SFDNにおいて、本値は通常使用しません。)
①の色の並びを変更します。
15
SFDN SFDRUN操作マニュアル
4 プロジェクト操作
4.1プロジェクトダイアログボックス
SFDRUN立上時には、次のプロジェクトダイアログが表示されますので、モニタ開始するプロジェクトを選択しま
す。(なお、SFDBLDの設定によっては、プロジェクトダイアログは表示されません。)
①
②
③
ステータスバー機能
①モニタ開始
②モニタ中断
説明
選択されているプロジェクトで、操作・監視を開始します。
選択されているプロジェクトで、通信せずに操作・監視を開始します。(カー
ドをつながないでのプロジェクト内容の確認などに、ご使用ください。)
モニタ中断で開始すると、通信は実施されず、ヒストリカルトレンドグラフな
どの記録も行われませんので、ご注意願います。
なお、本ボタンを選択すると、次の確認メッセージが表示されます。
③中断
プロジェクト選択ダイアログボックスを閉じて、SFDRUNを終了します。
16
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5 タグ
5.1タグの種類
SFDRUNで扱うことのできるタグには、次のものが準備されています。制御グループウィンドウ・チューニングウィ
ンドウ・グラフィックモニタウィンドウでは、各タグの計器フェースプレートによる監視および操作を行うことができま
す。本項では、SFDRUNで準備される各タグの計器フェースプレートの使用方法について説明します。
種類
標準タグ
拡張タグ
タイプ
BCA
ECA
MVA
RSA
IND
AI1
AO1
DI1
DO1
ISW
TMR
CTR
ASW
BPS
TCO
説明
基本型PID
拡張型PID
MV操作
比率設定
指示計
アナログ入力(SFDNからカードに対し、リードオンリーアクセス)
アナログ出力(SFDからカードに対し、リードライトアクセス)
接点入力(SFDNからカードに対し、リードオンリーアクセス)
接点出力(SFDNからカードに対し、リードライトアクセス)
内部SW
タイマ
カウンタ
アラーム監視SW・シーケンスメッセージ
バッチ制御
時計出力
17
備考
形式21
形式22
形式23
形式24
形式25
形式33・34
形式33・34
形式31・32
形式31・32
形式93
形式91
形式92
形式49
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.2標準タグの操作
標準タグはカード側計器ブロックGr2・Gr3に割り付けられた調節ブロックをアクセスします。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④PV値
③単位
⑤SP値
⑥MV値
⑧レンジ上限値
⑱MV開マーク
⑫PV値バーグラフ
⑦アラームランプ
⑬目盛り
⑨カスケード・ローカル切替ボタン
⑰MV値指針
⑩オート切替ボタン
⑯SP値指針
⑪マニュアル切替ボタン
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
⑲アップダウンキー
⑱MV閉マーク
⑧レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④PV値
⑤SP値
⑥MV値
⑦アラームランプ
⑧レンジ上限値・レンジ
下限値
⑨カスケード・ローカル
切替ボタン
⑩オート切替ボタン
⑪マニュアル切替ボタ
ン
⑫PV値バーグラフ
⑬目盛り
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
PV値およびSP値の単位が表示されます。
PV値の表示です。(実量)
SP値の表示です。(実量)カスケード・ローカルがローカルのときにマウス左ボタン
でクリックすると、数値パッドが開き、LSPの設定を行うことができます。
RSA(比率設定)の場合は比率が表示されます。
MV値の表示です。(単位は%)オート・マニュアルがマニュアルのときにマウス左
ボタンでクリックすると、数値パッドが開き、MVの設定を行うことができます。
警報発生時に点滅します。
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
マウス左ボタンでクリックすると、カスケード・ローカルの切替えを行います。カスケ
ードのとき「C」、ローカルのとき「L」が表示されます。(*1)
マウス左ボタンでクリックすると、オートへの切替えを行います。(*1)
マウス左ボタンでクリックすると、マニュアルへの切替えを行います。(*1)
PV値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
目盛りです。
PH・PLの範囲を示すバーです。
MH・MLの範囲を示すバーです。
18
SFDN SFDRUN操作マニュアル
名称
⑯SP値指針
⑰MV値指針
⑱MV開マーク・MV閉
マーク
⑲アップダウンキー
説明
SP値を示す指針です。
MV値を示す指針です。
MVの出力に対するバルブなどの開方向・閉方向を示します。
数値アップダウンキーです。オートのときSP、マニュアルのときMVを変更すること
ができます。(*1)
(*1)システム構築時の指定によっては、存在しない場合があります。
標準ブロックタイプによる項目の有無は次表のとおりです。
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④PV値
⑤SP値
⑥MV値
⑦アラームランプ
⑧レンジ上限値・レンジ下限値
⑨カスケード・ローカル切替ボタン
⑩オート切替ボタン
⑪マニュアル切替ボタン
⑫PV値バーグラフ
⑬目盛り
⑭警報設定範囲バー
⑮出力制限範囲バー
⑯SP値指針
⑰MV値指針
⑱MV開マーク・MV閉マーク
⑲アップダウンキー
BCA
基本型PID
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
19
ECA
拡張型PID
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
MVA
MV操作
○
○
○
×
×
○
×
×
×
×
×
×
○
×
○
×
○
○
○
RSA
IND
指示計
比率設定
○
○
○
○
○
○
○
○
○(比率)
×
○
×
○
○
○
○
×
×
○
×
○
×
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
○
×
○
×
○
×
(○:項目あり、×:項目なし)
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.3拡張タグ−AI1の操作
AI1はアナログ端子のモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④アナログ値
③単位
⑥レンジ上限値
⑦アナログ値バーグラフ
⑤アラームランプ
⑧目盛り
⑨警報設定範囲バー
⑥レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
アナログ値の単位が表示されます。
アナログ値の表示です。(実量)
警報発生時に点滅します。(*1)
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
②札掛けコメント
③単位
④アナログ値
⑤アラームランプ
⑥レンジ上限値・レンジ
下限値
⑦バーグラフ
アナログ値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
⑧目盛り
目盛りです。
⑨警報設定範囲バー
PH・PLの範囲を示すバーです。(*1)
(*1)システム構築時の指定によっては、存在しない場合があります。
20
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.4拡張タグ−AO1の操作
AO1はアナログ端子の設定とモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④アナログ値
③単位
⑤レンジ上限値
⑥アナログ値バーグラフ
⑦目盛り
⑧出力制限範囲バー
⑨アップダウンキー
⑤レンジ下限値
名称
①タグNo.・タグコメント
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
②札掛けコメント
札掛けコメントが表示されます。
③単位
アナログ値の単位が表示されます。
④アナログ値
アナログ値の表示です。(実量)マウス左ボタンでクリックすると、AO設定用の数値
パッドが開きます。
⑤レンジ
レンジ上限値およびレンジ下限値の表示です。
⑥バーグラフ
アナログ値のバーグラフです。(-15%~+115%の範囲)
⑦目盛り
目盛りです。
⑧出力制限範囲バー
出力制限範囲を示すバーです。(*1)
⑨アップダウンキー
数値アップダウンキーです。(*1)
(*1)システム構築時の指定によっては、存在しない場合があります。
21
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.5拡張タグ−DI1の操作
DI1はデジタル端子のモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。
22
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.6拡張タグ−DO1の操作
DO1はデジタル端子のON/OFF操作およびモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。本スイッッチをマウス左ボタンでクリックすることによっ
て、接点の状態を切り替えることができます。
23
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.7拡張タグ−ISWの操作
ISWは内部スイッチブロックのON/OFF操作およびモニタを行うためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示・切替
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。本スイッッチをマウス左ボタンでクリックすることによっ
て、接点の状態を切り替えることができます。
24
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.8拡張タグ−TMRの操作
TMRはタイマブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④計時値
③単位
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④計時値
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。
計時値を表示します。
タイマ設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが開
き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの動作スイッチをONします。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの動作スイッチをOFFします。
マウス左ボタンでクリックすると、タイマブロックの中断スイッチをONします。中断ス
イッチをOFFにして再開するには、STARTボタンをマウス左ボタンでクリックしま
す。
25
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.9拡張タグ−CTRの操作
CTRはカウンタブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④計数値
③単位
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④計数値
⑤設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
カウンタの単位を表示します。
計数値を表示します。
カウンタ設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが
開き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、カウンタブロックの動作スイッチをONします。
マウス左ボタンでクリックすると、カウンタブロックの動作スイッチをOFFします。
26
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.10拡張タグ−ASWの操作
ASWは接点の状態を監視し、アラームメッセージまたはシーケンスメッセージを発生させるためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③接点状態表示
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
接点の状態を表示します。
27
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.11拡張タグ−BPSの操作
BPSはバッチ・プログラム設定ブロックを操作するためのタグです。
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
④積算値
③単位
⑤定量設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④積算値
⑤定量設定値
⑥STARTボタン
⑦STOPボタン
⑧PAUSEボタン
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。
積算値を表示します。
定量設定値を表示します。マウス左ボタンでクリックすることにより数値パッドが開
き、設定することが可能です。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチを
ONします。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチを
OFFします。
マウス左ボタンでクリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの中断スイッチを
ONします。中断スイッチをOFFにして再開するには、STARTボタンをマウス左ボ
タンでクリックします。
28
SFDN SFDRUN操作マニュアル
5.12拡張タグ−TCOの操作
TCOはパソコン時間を監視し、自動的に接点のON/OFFまたはアナログ値の設定を行い、且つモニタを行うた
めのタグです。
デジタル系
アナログ系
①タグNo.
タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④設定項目
⑤アナログ値
⑥ON指定時間
⑦OFF指定時間
⑧接点状態
名称
①タグNo.・タグコメント
②札掛けコメント
③単位
④設定項目
⑤アナログ値
⑥ON指定時間
⑦OFF指定時間
⑧接点状態表示
説明
タグNo.およびタグコメントが表示されます。マウス左ボタンでクリックすると、チュ
ーニングウィンドウを開きます。
札掛けコメントが表示されます。
タイマの単位を表示します。SFDBLDのタグ定義で、指定することができます。
選択された設定項目を表示します。設定項目の選択は、SFDBLDにて行います。
設定項目で「指定時間」及び「1時間毎」を選択された場合は、左側のデジタル形式
にて表示されます。「月日」「時分」「日」「曜日」を選択されたならば、右側のアナロ
グ形式にて表示されます。
月日、時分、日、曜日指定時に、アナログ値でデータが表示されます。
(指定時間、または1時間毎指定時には表示されません。)
指定時間指定時、または1時間毎指定時に、ON指定時間が表示されます。
(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
指定時間指定時、または1時間毎指定時に、OFF指定時間が表示されます。
(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
接点の状態を表示します。SFDBLD のタグ定義でON/OFF時の色と点滅の有無
を指定することができます。(月日、時分、日、曜日指定時には表示されません。)
アナログ系指定時のアナログ値表示フォーマット
選択項目
表示フォーマット
月日
mm.dd(01.01~12.31)
時分
hh.mm(00.00~23.59)
日
00.dd(00.01~00.31)
曜日
00.0w(00.01~00.07:日~土)
29
SFDN SFDRUN操作マニュアル
6 オーバービュー
6.1オーバービューウィンドウの操作
オーバービューウィンドウが準備され、各ウィンドウでのアラーム発生状態の監視、各ウィンドウへの1タッチ展開
が可能です。
①
②
項目
①オーバービュー項目
②サマリ表示
説明
マウス左ボタンでクリックすると、指定ウィンドウへジャンプします。また、各ウィンド
ウでのアラーム状況に応じて、状態表示が点滅しますので、異常の発生を即座に
知ることができます。
登録の無い個所は、凹形状で表示され、操作しても変化しません。
オーバービュー各ページでの状態表示状況をサマリで表示しています。各ページ
のオーバービュー項目の内、ひとつでも点滅が発生している場合に本個所の該当
部が点滅します。
さらに、本個所をマウス左ボタンでクリックすると、該当オーバービューページへジ
ャンプすることができます。
30
SFDN SFDRUN操作マニュアル
6.2オーバービュー項目
オーバービュー項目の表示情報について説明します。
ジャンプ先
状態表示
各部の表示方法を次表にまとめます。
飛び先ウィンドウ
制御グループ
ジャンプ先
CG001(番号はページ番号)
チューニング
オーバービュー
タグNo.
OV001(番号はページ番号)
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
TR001(番号はページ番号)
AL001(番号は固定)
GR001(番号はページ番号)
31
状態表示
制御グループに含まれるいずれかのタグでアラーム
が発生していたら点滅
タグNo.でアラームが発生していたら点滅
該当オーバービューウィンドウのページ内のオーバー
ビュー項目で点滅していたら点滅
(変化しません)
新規未確認アラームありで点滅。
(変化しません)
SFDN SFDRUN操作マニュアル
7 制御グループ
7.1制御グループウィンドウの操作
制御グループ単位で、計器フェースプレートによる監視および操作を行うことができます。
①
項目
①計器フェース
説明
計器フェースプレートによる監視および操作を行うことができます。タグNo.部をマ
ウス左ボタンでクリックすることにより、該当タグのチューニングウィンドウが開かれ
ます。
各タグの計器フェース操作については、本マニュアルタグの項をご参照ください。
32
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8 アラーム
アラーム・メッセージ
・メッセージ
8.1アラーム・メッセージ
アラーム・メッセージ
SFDRUNでは、次のアラームまたはメッセージが発生します。
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
シーケンスメッセージ
ハードエラー
操作ログ
システムアラーム
説明
重レベルタグのアラーム
重レベルタグのアラーム復帰
軽レベルタグのアラーム
軽レベルタグのアラーム復帰
運転開始・停止などのメッセージ
カードのハードエラー
値変更等の操作記録
SFDN自体のエラーやイベント
アラームまたはメッセージが発生すると、SFDRUNでは次の方法でオペレータに通知されます。
①
ツールバーの最新メッセージ欄に表示
最新メッセージエリア
(マウス左ボタンでクリックすると、本エリアが消去されBEEP音が停止)
アラーム音停止ボタン
(マウス左ボタンでクリックすると、BEEP音が停止)
②
③
ビープ音を鳴動(システム構築時の指定により鳴動しない場合があります。)
DIOカードに接点出力(システム構築時の指定により出力しない場合があります。)
発生したアラームまたはメッセージは、最大1000メッセージまでSFDRUN上にロギングされています。ロギング
されているアラームまたはメッセージは、アラームサマリウィンドウにて確認することができます。
33
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.2アラームサマリウィンドウの操作
SFDRUNでは、過去1000個分のアラームおよびメッセージが貯えられ、次のアラームサマリウィンドウにて確認
することができます。
②
①
③
項目
①状態
②アラーム・メッセージ
③表示アラーム選択ボ
タン
説明
発生したアラームまたはメッセージの状態を表示します。本部をマウス左ボタンでク
リックすることで、「確認操作」となります。
発生したアラームまたはメッセージです。
表示するアラームまたはメッセージを切り替えるためのボタン
箇所①の状態はアターム・メッセージ種類により次の形状で表示されます。
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
状態欄の形状
□
R
□
R
M
H
O
S
シーケンスメッセージ
ハードエラー
操作ログ
システムアラーム
またタグアラーム発生の場合、□内は次のように表示されます。なお、アラームの確認は□部をマウス左ボタンで
アラームの確認は□部をマウス左ボタンで
クリックすることにより行います。
状態の表示
赤で点滅
緑で点滅
赤
緑
説明
当該アラーム発生中で未確認
当該アラーム復帰で未確認
当該アラーム発生中で確認済み
当該アラーム復帰で確認済み
34
SFDN SFDRUN操作マニュアル
アラーム・メッセージ部には、種別により次のように表示されます。
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
シーケンスメッセージ
ハードエラー
操作ログ
システムアラーム
アラーム・メッセージ部の表示
発生年月日・発生時刻・発生元タグNo.・発生元タグコメ
ント・発生アラーム
復帰年月日・復帰時刻・復帰元タグNo.・復帰元タグコメ
ント・復帰アラーム
発生年月日・発生時刻・発生元タグNo.・発生元タグコメ
ント・発生アラーム
復帰年月日・復帰時刻・復帰元タグNo.・復帰元タグコメ
ント・復帰アラーム
発生年月日・発生時刻・発生元タグNo.・発生元タグコメ
ント・メッセージ
発生年月日・発生時刻・タグコメント部に発生ロケーション
(ステーション番号とカード番号)・発生エラーメッセージ
操作年月日・操作時刻・操作対象のタグNo.・操作対象
のタグコメント・変更値
発生年月日・発生時刻・発生アラームメッセージ
また、当該アラーム・メッセージ上でマウス右ボタンでクリックすると、下図のようにポップアップメニューが表示さ
れ、当該アラーム・メッセージに対する操作を行うことができます。
①
②
項目
①制御グループへジャ
ンプ
②削除
説明
当該アラーム・メッセージのタグが含まれる制御グループウィンドウを開きます。
当該アラーム・メッセージを削除します。削除されたアラーム・メッセージは復元する
ことができませんので、本操作の実施にはご注意願います。
35
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.3表示アラーム選択ダイアログボックスの操作
表示するアラーム種別をどれにするかは、アラームサマリウィンドウの「表示アラーム選択」ボタンを押したときに
表示される、次のダイアログボックスで制御することができます。
①
項目
①表示種別選択
説明
表示する種別をチェックします。
選択された種別のアラームまたはメッセージのみが、(1)アラームツールバーの最新メッセージエリアに表示、
(2)アラームサマリウィンドウ内に表示、(3)システム構築時に指定されていれば印刷、(4)システム構築時に指
定されていればDIOカードへの接点出力、が行われます。
36
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.4ビープ音
アラームまたはメッセージが発生時のビープ音発生パターンを次に示します。
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
ビープ音パターン
1秒
1秒
(連続音)
重アラーム復帰
軽アラーム
(発生しない)
1秒
1秒
(連続音)
軽アラーム復帰
シーケンスメッセージ
(発生しない)
1秒
1秒
ハードエラー
(単発)
1秒
(連続音)
操作ログ
1秒
システムアラーム
1秒
(単発)
1秒
(連続音)
ビープ音優先順位は、(高)ハードエラー>重アラーム>軽アラーム>システムアラーム(低)とします。ビープ音
発生中に、より優先の高いメッセージが発生した場合、優先の高いメッセージのビープ音に切り替わります。
発生中、ビープ音の停止は、アラームツールバーのアラーム音停止ボタンを押すか、最新メッセージエリアを押す
ことにより行うことができます。
最新メッセージエリア
アラーム音停止ボタン
37
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.5アラームテキスト出力
8.5.1アラームテキスト出力の起動
アラームサマリに表示中アラーム・メッセージを指定日時範囲でテキストファイルに出力することができます。アラ
ームテキスト出力の起動は、メニューバーのログ/アラームテキスト出力より行うか、ツールバーより行います。
または
8.5.2アラームテキスト出力ダイアログボックスの操作
アラームテキスト出力を起動すると、次のアラームテキスト出力ダイアログボックスを開きます。
①
③
②
項目
①ログ保存開始日時
②出力ファイル名
③参照ボタン
説明
指定日時以降に発生したアラーム・メッセージをテキスト出力します。
出力ファイル名です。
箇所②の出力ファイル名を変更する場合に、マウス左ボタンでクリックします。
38
SFDN SFDRUN操作マニュアル
箇所③の参照ボタンをマウス左ボタンでクリックすると以下の出力先ファイル指定用のダイアログボックスが開き
ます。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
④
⑦
⑥
説明
出力先のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
出力先フォルダ内容を表示します。
出力ファイル名を入力します。
本ボタンを選択すると、個所⑥のファイルへの出力を決定します。
39
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.5.3アラームテキスト出力ファイルフォーマット
テキストファイルへ次にフォーマットで出力されます。
(種別)(日付),(時刻),(タグNo.),(タグコメント),(メッセージ)
大分類
タグアラーム
小分類
重アラーム
重アラーム復帰
軽アラーム
軽アラーム復帰
出力例
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(重)発生
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(重)復帰
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(軽)発生
1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,上限警報(軽)復帰
シーケンスメッセージ
<M> 1998/4/15,10:10:10,SEQ00,ポンプ A,運転開始
ハードエラー
<H> 1998/4/15,10:10:10,-,ST=0 CH=0,SEQ テーブル不正
操作ログ
<O> 1998/4/15,10:10:10,FIC201,流量 A,SP 変更 120.0℃
システムアラーム
<S> 1998/4/15,10:10:10,-,-,Trend Log 欠側(PC)
• 重アラームには(重)、軽アラームには(軽)が付加されます。
• 発生には発生、復帰には復帰が付加されます。
• 復帰は先頭に4個のスペース文字(20H)を付加し出力します。
• シーケンスメッセージは<M>、ハードエラーは<H>、操作ログは<O>、システムアラームは<S>の文字が、種別
として先頭に付加されます。
• 最新メッセージおよびアラームサマリへの表示をするように指定している種別のアラームまたはメッセージの
み出力されます。
出力ファイル内容の例を以下に示します。
<O> 1998/04/25,15:35:55,TIC00000,反応缶上部温度,CL 変更(ON)
1998/04/25,15:35:45,TIC00000,反応缶上部温度,PV 上限警報 (重)復帰
<S> 1998/04/25,15:35:32,,,通信 ERR(操作手順不当)
1998/04/25,15:35:18,TIC00000,反応缶上部温度,PV 上限警報 (重)発生
<O> 1998/04/25,15:34:44,TIC00000,反応缶上部温度,SP 変更(455.0℃)
1998/04/25,15:33:55,AI10002,汚泥B部排出量,PV 上限警報 (軽)発生
1998/04/25,15:33:54,AI10001,汚泥A部排出量,PV 上限警報 (軽)発生
<H> 1998/04/25,15:33:53,,ST=0 CD=0,CARD 復帰
<H> 1998/04/25,15:33:53,,ST=0,STATION 復帰
<H> 1998/04/25,15:33:52,,ADDR=1E,DLC2 復帰
40
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.6アラームテキスト印字
システム構築時の指定により、アラーム・メッセージの発生とともに、プリンタへのメッセージ印刷が行われます。
印刷フォーマットは、アラームテキスト出力のものと同じです。
8.7アラーム接点出力
システム構築時の指定により、アラーム・メッセージの発生とともに、DIOカードを介して外部接点へのIO出力が
行われます。
41
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.8システムアラーム一覧
システムアラームのメッセージ一覧です。通信エラーを除いて、通常発生するメッセージではありません。
メッセージ
通信エラー(***)
内容と対策
カード側との通信において、エラーが発生したことを示します。***にエラ
ー詳細が表示されます。
トレンドログ欠測(PC)
トレンドデータのロギング処理で、パソコンシステムに何らかの負荷がかかっ
た結果、収集周期に処理が間に合わなかったことを示します。もしSFDN以
外のアプリケーションを起動されている場合、アプリケーションを終了させ再
度SFDNを起動してください。
トレンドロギング失敗
トレンドデータのロギング処理で、ファイルアクセスに失敗したことを示しま
す。OS付属機能などでディスクの診断を行ってください。
チューニングログ欠測(PC)
リザーブされたタグのチューニングデータロギング処理で、パソコンシステム
に何らかの負荷がかかった結果、収集周期に処理が間に合わなかったこと
を示します。もしSFDN以外のアプリケーションを起動されている場合、アプリ
ケーションを終了させ再度SFDNを起動してください。
チューニングロギング失敗
リザーブされたタグのチューニングデータロギング処理で、ファイルアクセス
に失敗したことを示します。OS付属機能などでディスクの診断を行ってくださ
い。
レポートログ欠測
レポートタグのロギング処理で、パソコンシステムに何らかの負荷がかかった
結果、収集周期に処理が間に合わなかったことを示します。もしSFDN以外
のアプリケーションを起動されている場合、アプリケーションを終了させ再度S
FDNを起動してください。
レポートログ欠測(セマフォ取 レポートタグのロギング処理で、EasyReportとのインタフェース処理に失敗
得失敗)
したことを示します。WindowsNTのタスクマネージャでEasyReportが起動
されていれば強制終了し、パソコンを再起動してください。
トレンドログファイル出力失敗
トレンドテキストなどのファイル出力処理で、ファイルアクセスに失敗したこと
を示します。OS付属機能などでディスクの診断を行ってください。
アラームログファイル出力失敗 アラームテキスト出力処理で、ファイルアクセスに失敗したことを示します。O
S付属機能などでディスクの診断を行ってください。
42
SFDN SFDRUN操作マニュアル
8.9ハードエラー一覧
ハードエラーのメッセージ一覧です。
メッセージ
EEPROM書込中
(DCSカード異常)
内容
DCSカードの内部処理が、前回の設定でEEPROMへ設定中であるため
設定できない。
(通常は、リトライするため表示されることはない。)
DATA構成不当
設定入力データの形式(フォーマット)が正しくない。
(DCSカード異常)
(数値入力であるべきが文字データなどの入力が誤っている。)
EEPROM初期化未処理
アクセスしようとした計器ブロックのEEPROMの内容が初期化されていな
(DCSカード異常)
い、または破壊されている。
(EEPROMの初期化操作を行っていない、またはDCSカードの故障等)
EEPROM書込不成功
DCSカードのEEPROMに設定したが、読み返し値が一致しない。
(DCSカード異常)
(DCSカードの故障等)
DLC2停止
DLC2との通信が切断された。
(DLC2ユニット異常)
(DLC2の電源断、故障、または接続ケーブルの断線等)
STATION停止
該当STATIONがネットワークから切断された。
(DCSまたはリモートI/Oステ (該当STATIONの電源断、通信カード故障、または接続ケーブルの断線
ーション異常)
等)
CARD停止
該当DCSカードがネットワークから切断された。
(DCSカード異常)
(該当カードの電源断、該当カード故障、または接続ケーブルの断線等)
CARD MEMORY異常
該当DCSカードでEEPROMのチェックサム・エラーが発生した。
(DCSカード異常)
(EEPROMの初期化操作を行っていない、またはDCSカードの故障等)
CARD PV故障
該当DCSカードでPV入力不当のエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(フィールド端子ブロックのPV入力上下限警報が発生している。)
CARD MV故障
該当DCSカードでMV出力不当のエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(フィールド端子ブロックのMVチェック入力とMV出力の偏差警報が発生し
ている。)
CARD計器BLOCK異常
該当DCSカードでエラーが発生している。
(DCSカード異常)
(該当DCSカードの使用グループでエラーが発生しているグループがある。
システム共通テーブルでエラーの発生しているグループを確認して修正す
る必要がある。)
CARD過負荷
該当DCSカードの負荷が100%を超えている。
(DCSカード異常)
(該当DCSカードが制御周期内に全てを処理できなかった。)
未定義異常ID=X P=X
SFDNで判別できないハードエラーが発生した。
(判別不可エラー)
(通常はありえない。)
43
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9 トレンド
9.1トレンドウィンドウの操作
⑥
⑦
⑤
②
③
①
④
⑧
⑨
⑩
⑬
⑪
⑫
項目
①トレンドグラフ表示
説明
トレンドグラフが描かれます。なお、接点のグラフでは、ONが75%位置、OFFが2
5%位置に描かれます。
②ペン色
各データのペン色が示されます。本部をマウス左ボタンでクリックすると、「トレンドペ
ン・目盛り値の設定ダイアログボックス」を開きます。
③データ名称
各ペンのデータ名称を表示します。本部をマウス左ボタンでクリックすると、「タグN
o.+タイプ名での表示」と「タグコメントでの表示」を切り替えることができます。
④グラフ値表示
「トレンドグラフ表示」上部の▼マークのある個所における各ペンの値を表示します。
⑤グラフ値表示インジケ 「グラフ値表示」に表示する値を指定します。グラフ値表示インジケータをマウス左
ータ
ボタンでクリックすると、インジケータ下に縦線が表示され、マウスドラッグにしたが
って移動し、マウス左ボタンを離すと、インジケータ位置の値がグラフ値表示エリア
に表示されます。(また、⑦の位置にインジケータ位置の時刻、及びウィンドウ下部
に「最新表示ボタン」が現れます。)
グラフ値表示インジケータ操作中は、トレンドグラフ表示部のリフレッシュ(更新)が
停止し、最新表示ボタンを押すと、グラフ値表示インジケータがトレンドグラフ表示部
の右へ戻るとともに、リフレッシュを再開します。
⑥収集間隔
トレンドレコード間隔を表示します。
⑦インジケータ時刻表示 グラフ値表示インジケータの操作、または左右スクロールバーの操作を行います
と、インジケータ位置の時刻が表示されます。(通常は、表示されません)
⑧値目盛値
「トレンドグラフ表示」の縦軸目盛り値です。「トレンドペン・目盛り値の設定ダイアロ
グボックス」で、選択したペンでの実量表示と%表示を切り替えることができます。
⑨時間軸目盛値
時間軸の目盛値(日時)を表示します。
⑩上下スクロールボタン 「トレンドグラフ表示」を上下に5%スクロールします。
⑪左右スクロールバー
グラフを左右にスライドボタン位置に、またはトレンド収集間隔分(三角ボタン)また
はトレンドグラフ表示部の1/4分(バー空白部)だけ、スクロールします。
スクロール中は時間軸変更ボタンの右に最新表示ボタンがあらわれるとともに、トレ
ンドグラフ表示部のリフレッシュ(更新)が停止します。最新表示ボタンを押すと最新
表示ボタンが消去され、グラフが最新データ位置を右に表示されるとともに、再度ト
レンドグラフ表示部のリフレッシュ(更新)を開始します。
⑫トレンドスパン変更ボ 縦軸表示範囲を変更します。
タン
⑬時間軸変更ボタン
横軸表示範囲を変更します。⑤の時刻がグラフ右端となります。
44
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.2トレンドスパン・時間軸の変更
トレンドスパン・時間軸の変更
トレンドスパン(縦軸の表示倍率)と時間軸表示幅の変更を行うことができます。トレンドウィンドウ下部の「トレンド
スパン変更ボタン」および「時間軸変更ボタン」をマウス左ボタンでクリックすると、以下のダイアログボックスが開
き、変更することができます。
●スパン設定ダイアログ
スパン設定
1倍
2倍
5倍
10倍
説明
縦軸100%でトレンドグラフを表示します。
縦軸50%でトレンドグラフを表示します。
縦軸20%でトレンドグラフを表示します。
縦軸10%でトレンドグラフを表示します。
●時間軸設定ダイアログ
時間軸設定
4min
24min
1h
4h
12h
24h
8day
説明
横軸4分の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸24分の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸1時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸4時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸12時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸24時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸8日の範囲でトレンドグラフを表示します。
45
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.3トレンドペン・目盛り値の設定ダイアログボックス
トレンドペン・目盛り値の設定ダイアログボックス
ペン色表示矩形をクリックすると、以下のダイアログボックスが開き、各ペンの色・表示バイアス・値の表示方法、
および縦軸目盛り値の表示方法を指定することができます。
①
②
④
③
⑤
項目
①ペン色
②バイアス設定
③ペンの非表示
④値表示
説明
各ペンの表示色を選択することができます。
本個所をマウス左ボタンでクリックすると、カラー選択ダイアログボックスが開き、ペン
色を256色の中から指定することができます。
各ペンを上下にバイアスをかけて表示することができます。
本個所をマウス左ボタンでクリックすると、設定ダイアログボックスが開き、表示バイア
スを-200%~200%の範囲で設定できます。
各ペンの非表示を指定することができます。
非表示にする場合は、本個所をマウス左ボタンでクリックしチェックマークをつけます。
値表示部の表示方法を実量で表示するか、0-100%値で表示するかを指定すること
ができます。ただし、MV(出力量)・比率設定の比率(SP)・接点情報では、本設定を
行うことはできません。
値表示
⑤表示目盛り選択
目盛り表示の方法を、0-100%とするか、当該ペンの実量で表示するかを選択する
ことができます。
目盛り値
•
•
当該ペンの実量レンジで目盛り値表示の場合も、グラフ部は0-100%相当の位
置にグラフが描かれます。
当該ペンの実量レンジで目盛り値表示の場合も、接点のグラフではONが75%位
置・OFFが25%位置に描かれます。
46
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.4トレンドログの保存と再現
9.4.1トレンドログの保存と再現について
トレンドログデータをディスクに保存し、保存しておいたトレンドログデータを再度読み込み、トレンドグラフに再現
することができます。
トレンドグループ1〜16の
トレンドデータ
トレンドグループ17〜32の
トレンドデータ
トレンドグループ33〜48の
トレンドデータ
トレンドグループ49〜64の
トレンドデータ
トレンドグループ81〜96の
トレンドデータ再現用
トレンドグループ65〜80の
トレンドデータ
トレンド保存データファイル
•
•
トレンドグループ1~16、17~32、33~48、49~64、65~80の16グループ単位で、指定日時以降のデ
ータを指定データ間隔で、任意のトレンド保存データファイルに格納することができます。保存先は、ハードデ
ィスク・フロッピディスクなど、任意の指定することができます。
トレンド保存データファイルに格納したトレンドデータを読み出し、データ再現用のトレンドグループ81~96に
表示することができます。(トレンドグループ81~96のトレンドウィンドウ操作方法は、他のトレンドグループ
に同じです。)
47
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.4.2トレンドログ保存の起動
トレンドログ保存の起動は、メニューバーのログ/トレンドログ保存より行うか、ツールバーより行います。なお、処
理時間に影響するため、極力表示の不要なウィンドウを閉じてからトレンドログ保存をご実施ください。
または
9.4.3トレンドログ保存ダイアログボックスの操作
トレンドログ保存を起動すると、次のトレンドログ保存ダイアログボックスを開きます。
①
⑤
②
③
④
⑥
項目
①ログ保存開始日時
②ログ保存終了日時
③出力ファイル名
④参照ボタン
⑤トレンドグループ
⑥出力周期
説明
指定日時以降のデータを出力します。
指定日時以前のデータを出力します。
出力ファイル名です。
箇所②の出力ファイル名を変更する場合に、マウス左ボタンでクリックします。
指定グループのデータをファイル出力します。
指定周期でデータの出力を行います。
48
SFDN SFDRUN操作マニュアル
箇所④の参照ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、以下の出力先ファイル指定用のダイアログボックスが開
きます。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
④
⑦
⑥
説明
出力先のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
出力先フォルダ内容を表示します。
出力ファイル名を入力します。
本ボタンを選択すると、個所⑥のファイルへの出力を決定します。
トレンドログ保存では、保存するデータ量により処理時間を要する場合があります。その間、SFDRUNの操作は
行えませんので、ご注意ください。緊急操作の必要な場合は、キャンセルボタンにより保存処理を中断してくださ
い。
トレンドログ保存処理時間の目安を以下に示します。
条件
1時間・10秒周期
レコード数
処理時間(参考値)
約5秒(ハードディスク)
約1分15秒(フロッピーディスク)
約32秒(ハードディスク)
約6分5秒(フロッピーディスク)
約50秒(ハードディスク)
約13分35秒(フロッピーディスク)
約1分50秒(ハードディスク)
(フロッピーディスクは容量オーバー)
360レコード
(1分間に6レコード×60分×1時間)
5時間・10秒周期
1800レコード
(1分間に6レコード×60分×5時間)
10時間・10秒周期
3600レコード
(1分間に6レコード×60分×10時間)
24時間・10秒周期
8640レコード
(1分間に6レコード×60分×24時間)
• 処理時間は、出力するレコード数に従い増減します。
• 処理時間は、ロギング処理の量・開いているウィンドウ数などにより変化します。上表中の数値は、あくまで参
考値となります。
• フロッピーディスクへの直接保存は、ハードディスクへの保存に比べ時間がかかります。フロッピーディスクへ
保存する場合は、一度ハードディスクへ保存し、エクスプローラ等を使用してフロッピーディスクへファイルを
移動する方法を推奨いたします。
49
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.4.4トレンドログ再現の起動
トレンドログ再現の起動は、メニューバーのログ/トレンドログ再現より行うか、ツールバーより行います。
または
9.4.5トレンドログ再現ダイアログボックスの操作
トレンドログ再現を起動すると、次のトレンドログ再現ダイアログボックスを開きます。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
•
④
⑦
⑥
説明
出力先のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
出力先フォルダ内容を表示します。
出力ファイル名を入力します。
本ボタンを選択すると、個所⑥のファイルへの出力を決定します。
トレンドログ再現時、読み込むトレンドログファイル以上の空き容量が、ハードディスクに必要です。空き容量
不足の状態では、トレンドログファイルを読み込むことが出来ず、トレンド再現ページにはデータが表示され
ません。
50
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.5トレンドテキスト出力
9.5.1トレンドテキスト出力の起動
収集したトレンドデータを指定日時範囲でテキストファイルに出力することができます。トレンドテキスト出力の起
動は、メニューバーのログ/トレンドテキスト出力より行うか、ツールバーより行います。なお、処理時間に影響す
るため、極力表示の不要なウィンドウを閉じてからトレンドテキスト出力をご実施ください。
または
9.5.2トレンドテキスト出力ダイアログボックスの操作
トレンドテキスト出力を起動すると、次のトレンドテキスト出力ダイアログボックスを開きます。
①
⑤
②
④
③
⑥
項目
①出力開始日時
②出力終了日時
③出力ファイル名
④参照ボタン
⑤トレンドグループ
⑥出力周期
説明
指定日時以降のデータをテキスト出力します。
指定日時以前のデータをテキスト出力します。
出力ファイル名です。
箇所②の出力ファイル名を変更する場合に、マウス左ボタンでクリックします。
指定グループのデータをファイル出力します。
指定周期でデータの出力を行います。
51
SFDN SFDRUN操作マニュアル
箇所④の参照ボタンをマウス左ボタンでクリックすると以下の出力先ファイル指定用のダイアログボックスが開き
ます。
②
③
①
⑤
項目
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
④
⑦
⑥
説明
出力先のドライブおよびフォルダを選択します。
ひとつ上のフォルダへ移動します。
新しいフォルダを作成します。
個所⑤の表示方法(一覧・詳細)を切り替えます。
出力先フォルダ内容を表示します。
出力ファイル名を入力します。
本ボタンを選択すると、個所⑥のファイルへの出力を決定します。
トレンドテキスト出力では、出力するデータ量により処理時間を要する場合があります。その間、SFDRUNの操作
は行えませんので、ご注意ください。緊急操作の必要な場合は、キャンセルボタンにより出力処理を中断してくだ
さい。
トレンドテキスト出力処理時間の目安を以下に示します。
条件
1時間・10秒周期
レコード数
処理時間(参考値)
約20秒(ハードディスク)
約7分25秒(フロッピーディスク)
約1分50秒(ハードディスク)
(フロッピーディスクは容量オーバー)
約3分45秒(ハードディスク)
(フロッピーディスクは容量オーバー)
約8分20秒(ハードディスク)
(フロッピーディスクは容量オーバー)
360レコード
(1分間に6レコード×60分×1時間)
5時間・10秒周期
1800レコード
(1分間に6レコード×60分×5時間)
10時間・10秒周期
3600レコード
(1分間に6レコード×60分×10時間)
24時間・10秒周期
8640レコード
(1分間に6レコード×60分×24時間)
• 処理時間は、出力するレコード数に従い増減します。
• 処理時間は、ロギング処理の量・開いているウィンドウ数などにより変化します。上表中の数値は、あくまで参
考値となります。
• フロッピーディスクへの直接出力は、ハードディスクへの出力に比べ時間がかかります。フロッピーディスクへ
出力する場合は、一度ハードディスクへ出力し、エクスプローラ等を使用してフロッピーディスクへファイルを
移動する方法を推奨いたします。
52
SFDN SFDRUN操作マニュアル
9.5.3トレンドテキスト出力ファイルフォーマット
文字列および値をカンマ(,)と改行記号で区切るCSV形式で出力されますので、市販の表計算ソフトで読み込む
ことが可能です。テキストファイルへは、次にフォーマットで出力されます。
%TREND,[トレンドグループ番号],[トレンドグループタイトル]
[収集角レコード数]
[データ1タグNo.], [データ1タイプ], [データ1タグコメント],[データ1単位]
・
・
[データ8タグNo.], [データ8タイプ], [データ8タグコメント],[データ8単位]
[レコード0/データ1収集日], [レコード0/データ1収集時刻], [レコード0/データ1値]
・
・
[レコード0/データ8収集日], [レコード0/データ8収集時刻], [レコード0/データ8値]
・
・
[レコードn/データ1収集日], [レコードn/データ1収集時刻], [レコードn/データ1値]
・
・
[レコードn/データ8収集日], [レコードn/データ8収集時刻], [レコードn/データ8値]
出力例を以下に示します。
%TREND,1,TREND0001
1754
TIC00000,SP,反応缶上部温度,℃
TIC00000,PV,反応缶上部温度,℃
TIC00000,PV,反応缶上部温度,℃
TIC00001,SP,反応缶下部温度,℃
TIC00001,PV,反応缶下部温度,℃
TIC00000,MV,反応缶上部温度,%
AI0000,,反応缶上部流量 1,m3/h
AI0001,,反応缶上部流量 2,m3/h
1998/04/08,12:09:20,400.0
1998/04/08,12:09:20,1150.0
1998/04/08,12:09:20,1150.0
1998/04/08,12:09:20,0.00
1998/04/08,12:09:20,0.00
1998/04/08,12:09:20,115.0
1998/04/08,12:09:20,8799
1998/04/08,12:09:20,0.00
1998/04/08,12:09:30,400.0
1998/04/08,12:09:30,1150.0
1998/04/08,12:09:30,1150.0
1998/04/08,12:09:30,0.00
1998/04/08,12:09:30,0.00
1998/04/08,12:09:30,115.0
1998/04/08,12:09:30,8799
1998/04/08,12:09:30,0.00
1998/04/08,12:09:40,400.0
1998/04/08,12:09:40,1150.0
1998/04/08,12:09:40,1150.0
1998/04/08,12:09:40,0.00
・
・
53
SFDN SFDRUN操作マニュアル
10 システムモニタ
10.1システムモニタウィンドウの操作
各カードの起動停止など運転状態の監視、およびスタート・ストップ命令の送信を行うことができます。
②
①
③
④
項目
①通信カード
②制御カード
③COLDスタートボタン
④HOTスタートボタン
⑤ストップボタン
⑥全起動ボタン
⑦全停止ボタン
⑧パスワードボタン
⑥
⑤
⑦
⑧
説明
通信カード名とバージョンを表示します。
制御カード名とバージョンを表示します。また、運転状態を表示します。(*1)
箇所②でCOLDスタートさせたいカードをマウス左ボタンでクリックしハイライト表示
させた後、本ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、指定カードにCOLDスタート
命令が送信されます。
箇所②でHOTスタートさせたいカードをマウス左ボタンでクリックしハイライト表示さ
せた後、本ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、指定カードにHOTスタート命
令が送信されます。
箇所②でストップさせたいカードをマウス左ボタンでクリックしハイライト表示させた
後、本ボタンをマウス左ボタンでクリックすると、指定カードにストップ命令が送信さ
れます。
全カードにCOLDスタート命令が送信されます。
全カードにストップ命令が送信されます。
箇所③~⑦の操作を行う際には、パスワードの入力が必要です。本ボタンをマウス
左ボタンでクリックすると、パスワード設定ダイアログボックスが開きますので、パス
ワードを入力してください。
(*1)制御カードの運転状態は、次の色で示されます。
状態
カードの色
緑
運転中です。
青
停止中です。
赤
カードダウン中です。
茶
メンテナンスモード中です。
明るい赤
エラー発生中です。
54
SFDN SFDRUN操作マニュアル
11 グラフィックモニタ
11.1グラフィックモニタウィンドウの操作
グラフィックモニタでは、任意位置に貼り付けられたグラフィック部品をマウス左ボタンでクリックすることにより操
作します。
通常、SFDRUN のグラフィックモニタウィンドウはSFDBLDの「ウィンドウサイズに合わせて表示」機能と同様に常
にウィンドウ内に収まるように表示されます。但し、SFDRUNの「ウィンドウ/正規比率で表示」機能を使用します
と、ウィンドウサイズが背景画のサイズにて表示されます。
l
l
一度正規比率で表示を選択した後に、グラフィックページを移行すると正規比率表示した比率でそ
のグラフィックも表示されます。再度正規比率表示を操作頂くか、重ねて表示・並べて表示・最大
化などの操作をすればその正規表示比率は解除されます。
正規比率で表示した場合、SFDRUNのグラフィック表示エリアより大きな解像度のグラフィッ
クは、全てを表示できません。
55
SFDN SFDRUN操作マニュアル
11.2グラフィック部品の種類と操作
部品
ボタン
変形ボタン
(形状はユーザ定義)
ランプ
説明
指定された接点にマウス左ボタンでクリックする毎に、1と0を交互
にセットします。
モーメンタリ
指定された接点にマウス左ボタンでクリックすると1、マウス左ボタ
ンを離すと0をセットします。
マウス左ボタンを離しOFF操作を行った際に、まれにOFFに復帰し
ないことがあります。再度マウス左ボタンでクリックすることで復帰
しますが、その間本ボタンに割り付けられたタグはONの状態を保
持します。本ボタン操作時は確実に操作を行って下さい。
画面切換
マウス左ボタンでクリックするか指定された接点の値変化で、指定
された画面に切り替えます。
計器UP
マウス左ボタンでクリックすると、指定されたタグの計器フェースを
ポップアップします。ポップアップされた計器は、グラフィックモニタ
内にて移動及び伸縮が可能となります。
ボタンと同じ機能を持ちますが、ボタン形状をユーザで自由に作成することができま
す。
接点の状態で、表示色を変化させます。
オルタネート
変形ランプ
(形状はユーザ定義)
数値設定
ランプと同じ機能を持ちますが、ランプ形状をユーザで自由に作成することができま
す。
データを簡易フォーマットで表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすると、数値
設定用のパッドを開きます。
数値表示
データを表示します。
シンプル数値設定
データを簡易フォーマットにて表示し、本部品をマウス左ボタンでクリックすると、数
値設定用のパッドを開きます。
シンプル数値表示
データを簡易フォーマットで表示します。
計器
指定したタグの計器フェースを表示し、操作を受け付けます。
ホッパフィル
指定したデータ値に従い、ホッパ内を塗りつぶします。
名板
文字列の表示板です。
メータ形計器
指定されたタグの値をメータ形にて表示します。
本部品には、2つまたは3つのボタンを含めることができます。
ボタンはグラフィックボタンと同様の設定を行うことができます。
56
SFDN SFDRUN操作マニュアル
12 チューニング
12.1チューニングウィンドウ
チューニングウィンドウでは、PID パラメータの調整と調整結果のリアルタイムトレンドグラフでの確認、警報設定
値や出力制限値の調整、札掛けの設定、増減キーのキースピードの調整を実施することができます。また、チュ
ーニングウィンドウのリアルタイムトレンドグラフでは、リザーブ機能によって最大4タグについて2日間に及ぶグラ
フデータのロギングを指定することができますので、ロングスパンに及ぶ調整結果の確認に便利です。
12.2チューニングウィンドウへの移行
チューニングウィンドウへは、次の方法で移行します。
①
②
③
④
ウィンドウツリーより制御グループ以降のタグNo.部をマウス左ボタンでクリックし開く。
ツールバーの「チューニングウィンドウを開くボタン」により開く。
ツールバーの「タグNo.指定によるチューニングウィンドウを開くボタン」により開く。
制御グループモニタウィンドウやグラフィックモニタウィンドウ上の計器フェースプレートで、タグNo.・コメント
部をマウス左ボタンでクリックし開く。
③
①
②
④
57
SFDN SFDRUN操作マニュアル
12.3チューニングウィンドウの操作
⑦
⑧
⑥
①
②
⑩
④
⑤
③
⑨
項目
①パラメータ
⑪
説明
PID パラメータ・警報設定値・出力制限値の調整が可能です。各部をマウス左
ボタンでクリックすると、数値パッドが開き、各値の調整を行うことができます。
②リアルタイムトレンドグラ PV・SP・MV のリアルタイムトレンドグラフを表示します。チューニングウィンドウ
フ
を開いてから、1秒周期で2日分のデータ推移を確認することができます。(チュ
ーニングウィンドウを閉じる、あるいはチューニングウィンドウへの表示タグを切
り替えると蓄積データは消去されます。)
③ポーズボタン
マウス左ボタンでクリックすると、箇所②リアルタイムトレンドグラフの表示更新
を一時的にストップします。ポーズ中は本ポーズボタンがハイライト表示されま
す。ポーズ中に再度マウス左ボタンでクリックすると、ポーズを解除します。
④スパン変更ボタン
縦軸表示範囲を変更します。
⑤時間軸変更ボタン
横軸表示範囲を変更します。
⑥計器フェース
計器フェースプレートによる操作が可能です。タグNo・コメント部をマウス左ボタ
ンでクリックすると、札掛け設定用のダイアログボックスが開きます。
⑦リザーブボタン
マウス左ボタンでクリックすると、表示中のタグをリザーブします。リザーブ機能
によって最大4タグについて2日間に及ぶグラフデータのロギングを指定するこ
とができます
⑧リザーブ中タグ
リザーブ中のタグを最大4つ表示します。マウス左ボタンでクリックすると、リザ
ーブの解除を指示することができます。
⑨横軸スクロールボタン
横軸スクロールボタンが表示されます。
⑩縦軸スクロールボタン
箇所②リアルタイムトレンドグラフを上下に5%分スクロールします。
⑪キースピード設定ボタン
増減キーのスピード設定ダイアログボックスを開きます。
58
SFDN SFDRUN操作マニュアル
タグ種類によりチューニングウィンドウで操作可能な項目は、次表のようになります。
タグ種類
標準タグ
拡張タグ
A)
B)
C)
D)
E)
F)
G)
H)
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視
SW)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
パラメー
タ
○
○
×
○
○
○
○
×
×
×
×
×
×
トレンド
グラフ
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
計器
フェース
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
キー
スピード
○
○
○
○
○
○
○
×
×
×
○
○
×
○
×
○
○
○
○
○
×
リザーブ
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
備考
E
G
F
A、C
B、C
D
D
D
D
○
○
H
(○:項目あり、×:項目なし)
システム構築時の指定により、警報機能が無い場合、パラメータはありません。
システム構築時の指定により、出力制限機能が無い場合、パラメータはありません。
アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
デジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。(ONが75%、OFFが25%位置)
MVのみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
PVのみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
SPはリアルタイムトレンドグラフに表示されません。
デジタル系ならばデジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します(ONが75%、OFFが25%位
置)。アナログ系タグならば、アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
また、各タグ種類で設定可能なパラメータは次のとおりです。
標準タグ
拡張タグ
タグ種類
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視S
W)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
設定可能なパラメータ
PB・TI・TD・PH・PL・MH・ML・DV
PB・TI・TD・PH・PL・MH・ML・DV
なし
PH・PL
PH・PL
PH・PL
MH・ML
なし
なし
なし
なし
なし
なし
BO・BP・BI・A0・A1・A2・A3・K1・K2
なし
59
SFDN SFDRUN操作マニュアル
12.4スパン・時間軸の変更
スパン・時間軸の変更
スパン(縦軸の表示倍率)と時間軸表示幅の変更を行うことができます。チューニングウィンドウ下部の「スパン変
更ボタン」および「時間軸変更ボタン」をマウス左ボタンでクリックすると、以下のダイアログボックスが開き、変更
することができます。
●スパン設定ダイアログ
スパン設定
1倍
2倍
5倍
10倍
説明
縦軸100%でトレンドグラフを表示します。
縦軸50%でトレンドグラフを表示します。
縦軸20%でトレンドグラフを表示します。
縦軸10%でトレンドグラフを表示します。
●時間軸設定ダイアログ
時間軸設定
4min
8min
16min
32min
説明
横軸4分の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸8分の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸16分の範囲でトレンドグラフを表示します。
横軸32分の範囲でトレンドグラフを表示します。
60
SFDN SFDRUN操作マニュアル
12.5札掛け
チューニングウィンドウに表示される計器フェース部で、タグNo・コメント部をマウス左ボタンでクリックすると、以
下のダイアログボックスが表示され、札掛けの指定を行うことができます。
①
②
③
④
札掛け機能
①札掛け色
②札掛けコメント
③操作禁止
④アラームバイパス
説明
計器フェースのタグNo.・タグコメント部に札掛け色として、指定色を表示すること
ができます。
計器フェースの札掛けコメント部に表示する文字を指定できます。コメント文字を表
示しないか、“点検中”・“校正中”・“故障中”・“取外し”・“その他”の中から選択し、
表示することができます。
該当タグの操作の禁止を指定することができます。操作禁止中に計器フェースやチ
ューニングウィンドウにて設定変更などの操作を行うと、以下のダイアログが表示さ
れ、操作を受け付けません。
アラームのバイパスを指定されているタグについては、アラームまたはメッセージが
発生しません。該当計器故障中などに、不要なアラームの発生を防ぐ目的で使用
します。
61
SFDN SFDRUN操作マニュアル
12.6キースピード設定
数値パッド内数値増減キーを押したときの値の変化スピードを調整することができます。
アップダウンキーには高速キーと低速キーがあり、それぞれにキースピードの設定を行うことができます。
高速キー
低速キー
キースピードの設定は以下のダイアログボックスにより行います。
キースピードはタグ種別により、以下の設定項目となります。
(1)SP 高速キー、SP 低速キー、MV 高速キー、MV 低速キーの変更が可能
(2)SP 低速キー、MV 低速キーの変更が可能
(3)高速キー 低速キーの変更が可能
(4)低速キーの変更が可能
標準タグ
拡張タグ
タグ種類
BCA(基本型PID)
ECA(拡張型PID)
MVA(MV操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ISW(内部SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
ASW(アラーム監視S
W)
BPS(バッチ制御)
TCO(時計出力)
キースピードの設定タイプ
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
TYPE1=(1)、TYPE2=(2)
キースピード設定なし
キースピード設定なし
TYPE1=(3)、TYPE2=(4)
キースピード設定なし
キースピード設定なし
キースピード設定なし
(3)
(3)
キースピード設定なし
(3)
キースピード設定なし
62
SFDN SFDRUN操作マニュアル
13 画面印刷
13.1画面印刷の方法
SFDRUN の画面印刷(ハードコピー)を行うことができます。画面印刷の起動は、メニューバーのファイル/印刷よ
り行うか、ツールバーより行います。
または
画面印刷を起動すると、次の印刷ダイアログボックスが開きますので、印刷先プリンタを選択し、OKボタンを選択
します。
印刷先プリンタの選択
63
SFDN SFDRUN操作マニュアル
画面印刷例
64
SFDN SFDRUN操作マニュアル
14 レシピ
14.1レシピの起動と画面構成
レシピ機能により、データの一括ダウンロード・アップロードを行うことができます。レシピ機能の起動は、メニュー
バーのツール/レシピより行うか、ツールバーより行います。
または
レシピを起動すると、「レシピ選択ダイアログボックス」が開きます。ここで、どのレシピ定義を使用するか(どのデ
ータの組み合わせにアクセスするか)を選択します。「レシピ選択ダイアログボックス」でダウンロードボタンを押す
と「レシピダウンロードダイアログボックス」が開きますので、どのファイルのデータ値をダウンロードするのかを選
択しダウンロードを実行します。また、「レシピ選択ダイアログボックス」でアップロードボタンを押すと「レシピアップ
ロードダイアログボックス」が開きますので、どのファイルにデータ値をアップロードするのかを選択しアップロード
を実行します。
起動
終了
65
SFDN SFDRUN操作マニュアル
14.2レシピ選択ダイアログボックス
②
③
①
項目
①レシピ定義選択
②ダウンロード
③アップロード
説明
レシピ定義(そのデータの組み合わせにアクセスするか)を選択します。マウス左ボ
タンでダブルクリックすることにより選択します。
箇所①で選択したレシピ定義でのダウンロードを指示します。
箇所①で選択したレシピ定義でのアップロードを指示します。
66
SFDN SFDRUN操作マニュアル
14.3レシピダウンロードダイアログボックス
①
②
項目
①レシピデータ選択
②確定
説明
レシピデータを選択します。マウス左ボタンでダブルクリックすることにより選択しま
す。
箇所①で選択したレシピファイルのデータをダウンロードします。
14.4レシピアップロードダイアログボックス
①
②
項目
①レシピファイル選択
②確定
説明
アップロードデータ格納ファイルを選択します。マウス左ボタンでダブルクリックする
ことにより選択します。
箇所①で選択したアップロードデータ格納ファイルへデータをアップロードします。
67
SFDN SFDRUN操作マニュアル
15 プログラミングユニット
15.1プログラミングユニットの起動と画面構成
プログラミングユニット機能により、SFDN上でPU-2相当の操作が可能です。プログラミングユニット機能の起
動は、メニューバーのツール/プログラミングユニットより行うか、ツールバーより行います。
または
プログラミングユニットを起動すると、「プログラミングITEM選択ダイアログボックス」が開きます。「プログラミングI
TEM選択ダイアログボックス」でアクセス先のステーション番号・カード番号・グループ番号・アイテム番号を入力
しOKボタンをマウス左ボタンでクリックすると、アクセス先の値で「プログラミングユニットダイアログボックス」が開
き、プログラミングユニット機能を利用することができます。
プログラミングユニットダイアログボックス」で、ITEMボタンをマウス左ボタンでクリックすると、再度「プログラミン
グITEM選択ダイアログボックス」に戻り、アクセス先を変更することができます。
起動
SFDNよりカード側へデータを送信する場合は、DATA値のみにして送信してください。上図例でDATA値を50.
00として送信する場合は、MV:60.00を50.00にして送信します。
※ SFDNのプログラミングユニットでは、カード側のGroup02/03、11~26の形式変更・追加・削除と、81~
92の ITEM内容の変更・追加・削除はできません。
68
SFDN SFDRUN操作マニュアル
15.2プログラミングITEM選択ダイアログボックスの操作
①
②
③
④
⑤
項目
①STATION
説明
アクセス先ステーション番号を16進で入力します。キーボードで入力するか、ボタ
ンをマウス左ボタンでクリックすることによって数値パッドより入力します。
アクセス先カード番号を16進で入力します。キーボードで入力するか、ボタンをマ
ウス左ボタンでクリックすることによって数値パッドより入力します。
アクセス先グループ番号を10進で入力します。キーボードで入力するか、ボタンを
マウス左ボタンでクリックすることによって数値パッドより入力します。
アクセス先アイテム番号を10進で入力します。キーボードで入力するか、ボタンを
マウス左ボタンでクリックすることによって数値パッドより入力します。
アクセス先を確定し、プログラミングユニットダイアログボックスを開きます。
②CARD
③GROUP
④ITEM
⑤OK
15.3プログラミングユニットダイアログボックスの操作
①
②
⑥
③
④
項目
①アクセス先
②送信データ欄
③送信
④終了
⑤ITEM
⑥CLR
⑤
説明
アクセス先を表示します。
キーボードで送信データを入力します。
SFDNよりカード側へデータを送信する場合は、DATA値のみにして送信してくださ
い。上図例でDATA値を50.00として送信する場合は、MV:60.00を50.00に
して送信します。
箇所②送信データ欄の送信データを箇所①に表示されるアクセス先に送信しま
す。
プログラミングユニット機能を終了します。
プログラミングITEM選択ダイアログボックスに戻ります。
送信データ欄をクリアします。
69
SFDN SFDRUN操作マニュアル
16 操作ロック
16.1操作ロックの指定と解除
操作ロック機能によりSFDNの設定関連操作を一時的に禁止することができるため、不要な誤操作防止に役立ち
ます。
操作ロック・操作ロック解除の切替えは、メニューバーのツール/操作ロックにより行います。
操作ロック中は、ステータスバーに南京錠マークが表示され、操作ロック中であることを確認することができます。
70
SFDN SFDRUN操作マニュアル
17 帳票画面への切替え
17.1帳票画面への切替え
メニューバーの表示/帳票画面に切替を選択することで、EasyReport(帳票パッケージ)の画面に切り替えるこ
とができます。
EasyReport(帳票パッケージ)の操作方法につきましては、SFDN 帳票取扱説明書をご参照ください。
71
SFDN SFDRUN操作マニュアル
18 バッチ画面への切替
18.1バッチ画面への切替
メニューバーの表示/バッチ画面に切替を選択することで、バッチ画面に切り替えることができます。
バッチ機能の操作方法につきましては、SFDN BATCH取扱説明書をご参照下さい。
72
SFDN SFDRUN操作マニュアル
19 プリンタ出力時の注意事項
ハードコピーやアラーム印字では、次の点にご注意ください。
•
プリンタあるいはプリンタドライバの状態により、印刷されない、あるいは例えば次のようなメッセージが出力さ
れることがあります。
この場合、次の点をご確認ください。
-プリンタの電源は入っているか。
-プリンタでエラーが発生していないか。
-プリンタケーブルは外れていないか。
-用紙切れでないか。
-インク切れでないか。
-Windows環境に正しくプリンタドライバがインストールされているか。
本メッセージが出たままで放置した場合、場合によってはOS(WindowsNT)に異常をきたす場合があります。
プリンタバッファ装置を必ずご併用いただき、本メッセージの発生自体を未然に防ぐようにしてください。
•
ハードコピー中やアラーム印字中に、パソコンまたはプリンタの電源がOFFした場合、プリンタあるいはプリン
タドライバの仕様・性能によっては、印刷内容が異常となったり印刷中データが消失される場合があります。
73
SFDN 帳票取扱説明書
対応Ver1.40
(株)エム・システム技研
NM−6470−ML改9
Easy Report v1.40
目次
目次
第1章 お使いいただく前に ................................................................
...........................................................................
........................................... 1
1−1
動作環境................................
動作環境................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 1
第2章 概要 ................................................................
................................................................................................
.............................................................................
............................................. 3
2−1
EASY REPORTについて ................................................................
..............................................................................
.............................................. 3
2−2
EASY REPORTの概要 ................................................................
.................................................................................
................................................. 4
2−3
EASY REPORTの仕様 ................................................................
.................................................................................
................................................. 7
第3章 インストール................................................................
..........................................................................................
.......................................................... 9
3−1
インストール方法 ................................................................
...............................................................................................
............................................................... 9
3−2
アンインストール方法 ................................................................
.......................................................................................
.......................................................11
....................... 11
第4章 システム構築................................................................
........................................................................................
........................................................ 13
4−1
システム構築概要 ................................................................
.............................................................................................
............................................................. 13
4−2
EASY REPORTの表示と終了 ................................................................
.....................................................................
..................................... 15
4−3
設定メニュー................................
設定メニュー ................................................................
................................................................................................
....................................................................
.................................... 16
4−4
初期設定の登録 ................................................................
................................................................................................
................................................................ 17
4−5
見出し項目の登録 ................................................................
.............................................................................................
............................................................. 18
4−6
マスター情報の登録................................
マスター情報の登録................................................................
..........................................................................................
.......................................................... 20
4−7
ページレイアウトの設定................................
ページレイアウトの設定 ................................................................
...................................................................................
................................................... 25
4−8
保守の設定 ................................................................
................................................................................................
.......................................................................
....................................... 26
4−8−1 保存の設定 ....................................................................................................27
4−8−2 印刷の設定 ....................................................................................................28
4−8−3 集計開始の設定 .............................................................................................31
Easy Report v1.40
目次
第5章 帳票の照会と印刷 ................................................................
..............................................................................
.............................................. 32
5−1
照会日付の設定 ................................................................
................................................................................................
................................................................ 32
5−2
照会画面................................
照会画面................................................................
................................................................................................
...........................................................................
........................................... 33
5−3
印刷日付の設定 ................................................................
................................................................................................
................................................................ 36
第6章 付録 ................................................................
................................................................................................
...........................................................................
........................................... 38
6−1
確認メッセージ一覧................................
確認メッセージ一覧................................................................
..........................................................................................
.......................................................... 38
6−2
データ復旧方法 ................................................................
................................................................................................
................................................................ 43
6−2−1 計算機故障の場合 .........................................................................................43
6−2−2メインデータベースが破壊された場合
6−2−2
メインデータベースが破壊された場合 ........................................................44
6−2−3バックアップデータベースが破壊された場合
6−2−3
バックアップデータベースが破壊された場合 ............................................44
Easy Report v1.40
お使いいただく前に
第1章 お使いいただく前に
1−1
動作環境
Easy Report SFD 版は、SFDNと同時にインストールして使用します。
また、Easy
Easy Report SFD 版の動作には以下の環境が必要です。
項目
対象PC
OS
CPU
メモリ
HDD容量
入力装置
ディスプレイ解像度
表示色
日本語入力システム
プリンタ
環境
下記性能と同等以上のDOS/V機
WindowsNT4.0+ServicePack4.0(日本語版)または、
Windows2000+ServicePack3.0(日本語版)
MMX−Pentium166 MHz
64MB
2GB
マウスおよびキーボード
640×480ドット以上
256色以上
OS付属のもの(日本語版のみ)
WindowsNT/2000 対応プリンタ
推奨プリンタはお問い合わせ下さい。
<版権及びライセンス・商標について>
<版権及びライセンス・商標について>
Microsoft,MS,Windows は米国 Microsoft 社の登録商標です。
1
Easy Report v1.40
お使いいただく前に
2
Easy Report v1.40
概要
第2章 概要
2−1
Easy Reportについて
Reportについて
Easy Report は、SFDNとシームレスに組み合わせられる、レポート(帳票)システム作成
ソフトウェアです。
Easy Report は、SFDNで構築したシステムのアナログ値や積算値を、1時間間隔でサ
ンプリング・記録します。これらのデータは、1時間内の平均値・最大値・最小値および
サンプリング時の瞬時値の中から選択することができます。
Easy Report の帳票は、日報・月報・年報の三種類あります。
日報は、24時間分のデータを記録して、1日分としてデータを集計します。集計は、1
日の合計値・平均値・最大値・最小値を算出して記録します。
月報は、1月分のデータを日単位で集計・記録します。日データは、日報の集計項目(合
計値・平均値・最大値・最小値)の中から予め選択した1つの値を転記します。
年報は、1年分のデータを月単位で集計・記録します。月データは、月報の集計項目(合
計値・平均値・最大値・最小値)の中から予め選択した1つの値を転記します。
これら帳票は最大で過去10年に遡り、参照・印刷することができます。参照画面より直
接データの修正保存が可能です。また、照会中の画面をファイル出力して、他の表計算ソ
フトなどでデータを有効に活用することができます。万が一
計算機が故障して運用デー
タを喪失する事態に備え、標準でデータのバックアップの設定ができます。
毎日の運用で定時刻に帳票を印刷したり、運用開始以降に帳票のページ項目の追加や並び
替などが発生した場合、運用を停止すること無くオンラインで設定を変更することができ
ます。(但し、SFDNのタグ情報を追加、変更した場合は、SFDNの再起動が必要と
なります。
)
Easy Report は、上記の内容を設定のみで実現します。また、SFDNと共に連続運転し
てもコンピュータシステムに負荷がかからないよう、タスクモジュール間のインタフェー
スを最適化することによって、高速処理と負荷の低減を実現しています。
3
Easy Report v1.40
2−2
概要
Easy Reportの概要
Reportの概要
Easy Report とSFDNの関係を次の図1で説明します。
<図1>
図1>
SFDN より Easy Report を表示
Easy Report
帳票データベース構築処理
SFDN
設定時
SFDNより取得
オンラインメンテナンス
タグ情報(タグ No.・コメント・スパン・単位)
データ
(アナログ・パルス・運転時間)
毎正時
集計処理
データを取得して日報・月報・
年報を作成
Easy Report を閉じて SFDN を表示
システム構築時
Easy Report のデータベースを構築するのに必要な情報を設定します。SFDNのレポー
トタグで登録したタグ情報を自動取得し、取得した情報を元にマスターを作成します。あ
とは、帳票に表示する項目とレイアウトを決定します。保守に関する設定をすれば、シス
テムの構築は完了です。
システム運用時
SFDNより毎正時、Easy
Easy Report で必要とするデータ(1時間の平均・最大・最小およ
び瞬時値)を取得して、日報・月報・年報を作成します。
帳票画面は、SFDNの画面から自由に参照できます。帳票の内容は1時間ごとに更新さ
れ、確認することができます。また、画面よりデータを直接修正することもできます。
終了ボタンより、Easy
Easy Report を閉じてSFDNの画面に戻ります。
システム変更時
Easy Report は、帳票のレイアウトを変更したり、定時刻印刷の時間を変更するなどの保
守に関する内容をオンラインで変更する事ができます。
(第4章システム構築の内容は、全てオンラインで変更可能ですが、4−4初期設定の⑥
区切りの設定は、途中で変更しない事をお勧めします。
)
4
Easy Report v1.40
概要
Easy Report の画面内容
メインメニュー画面
SFDNから Easy Report を表示すると、次のメインメニューが表示されます。
(図2)
<図2>
図2>
タイトル
全角12文字
時計
現在の時間を表示
帳票を画面で照会
帳票を連続印刷
設定画面を表示
照会か印刷を実行
日付入力欄
テンキパットで入力
画面を閉じてSFDN画面を表示
画面は全解像度対応です。操作ボタン類はパネルコンピュータなどの使用を考慮して、
キーボード無しでの操作が可能になっています。
本画面より帳票の照会・連続印刷または帳票システムの設定を行います。
5
Easy Report v1.40
概要
照会画面
Easy Report のメインメニュー画面で[照会]を選択して[実行]した場合、次の照会画
面が表示されます。
(図3)
日付表示
当日の日付を表示
ページタイトル
ページ毎に全角12文字
ページスクロール
矢印・ページダイレクト入力
<図3>
図3>
大項目の自動マージ機能
同じ名称が連続するとセルを連結
データの修正
テンキーパットで実施
照会中の帳票ページをファイル出
力(CSV形式)します。
照会中の帳票を印刷します。
メインメニューへ戻ります。
データの修正
この画面でデータの修正ができます。修正するデータをクリックすると、背景が黄色に変
わり、テンキーパットが表示されます。テンキーより修正値を入力します。この時、範囲
外の不正データを入力しようとしても、受け付けられません。
再度、適切な値を入力しなくてはなりません。修正すると、直ちに合計・最大・最小・平
均の値が再計算されます。
ファイル出力
照会中の帳票データをファイル出力する事ができます。照会中のページデータをCSV形
式で指定されたディレクトリに指定したファイル名称で保存する事ができます。
ページ印刷
照会中の帳票ページを印刷する事ができます。
プリンタは、システムで使用可能なものから任意に選択することができます。用紙は、単
票A3・A4・B4・B5又は連続紙10・15インチを指定することができます。
6
Easy Report v1.40
2−3
l
概要
Easy Reportの仕様
Reportの仕様
データ取得
データ取得方法
:SFDN内部コマンドコールによる直接取得
データサンプリング
:1 時間間隔(固定)
取得時間
:毎時 0〜30分の間で分単位指定
データ種別
:瞬時値・平均値・最大値・最小値・積算値
データ点数
:1,500 点(最大)
l
帳票
種別
:日報・月報・年報
レイアウト
:1 ページ 15 項目
最大枚数
:各帳票 100 ページ(最大)
印刷用紙
:A3,A4,B4,B5(単票)10 インチ,15 インチ(連続紙)
表示桁数
:12 桁(全帳票データ共通)
l
データの修正
修正
:日報・月報・年報
保存
:日報のみ保存可
修正時の処理
:集計項目の自動計算
l
データの保存
保存期間
:10年(最大)
バックアップ
:任意のドライブ・ディレクトリに作成可
バックアップ期間
:10年(最大)
バックアップ保存間隔
:データ保存時
l
ファイル出力
対象
:日報・月報・年報
指定
:対象帳票のページ単位
形式
:CSV形式
定時刻出力
:可
時刻指定
:毎時間10分
出力ページ
:指定可
l
印刷
対象
:日報・月報・年報
ページ印刷
:可
連続印刷
:指定帳票の指定期間
定時刻印刷
:可
7
Easy Report v1.40
概要
時刻指定
:毎時間10分
印刷ページ
:指定可
l
フォーマット
ページタイトル
:各帳票ページ毎・全角12文字
日付表示
:可
印鑑承認欄
:0〜4欄(全角4文字)
表示項目
:大項目・中項目・小項目・単位項目(全角6文字)
自動マージ機能
:大項目のみ可
集計項目
:合計・平均・最大・最小
l
保守機能
設定セキュリティ
:パスワード
データベース構築
:SFDNより取得
ページレイアウト
:オンライン変更可
データ保存
:保存場所・年数変更可
バックアップ
:保存場所・年数変更可
印刷用紙サイズ変更
:可
定時刻印刷変更
:時間・ページ指定変更可
8
Easy Report v1.40
v1.40
インストール
第3章 インストール
3−1
インストール方法
Easy Report のインストールは、インストールプログラムにより、アイコンをクリックす
るだけで簡単に行えます。
● Easy Report を再インストールする場合は、必ずアンインストール後にして下さい。
①.Windows が起動していない場合には、起動します。
②.SFDN
SFDN のCD−RをCD−ROM
CD−ROMドライブに挿入します。
CD−ROM
③.SFDNインストールプログラムが自動起動されますので、[イージーレポート]ボタ
ンをクリックして下さい。
フロッピィからインストールする場合は、CD−Rの Easy Report フォルダ内にある
Disk n フォルダの中身をフロッピィにコピーします。Disk1 を挿入し、
[Setup](下
図のアイコン)をダブルクリックします。
Setup アイコン
④. Easy Report のインストーラーが起動され、図4のような画面が表示されます。イン
ストールする環境に問題がなければ、[OK]ボタンをクリックしてセットアッププ
ログラムを実行して下さい。
<図4>
図4>
9
Easy Report v1.40
v1.40
インストール
⑤.図5が表示されます。
Easy Report は、必ず Msysnet のディレクトリにインストールしなければなりません。
<図5>
図5>
⑥.ディレクトリを確認したら
ボタンをクリックします。図6が表示され、
Easy Report のプログラムファイルがコピーされます。
<図6>
図6>
⑦.コピーが終了すると図7が表示されますので、[OK]ボタンをクリックして下さい。
インストールが完了します。
<図7>
図7>
10
Easy Report v1.40
v1.40
3−2
インストール
アンインストール方法
Easy Report の削除は、Windows のコントロールパネルでアイコンをクリックするだけ
で簡単に行えます。
①.Windows が起動していない場合には、起動します。
②.Windows の[スタート]ボタンをクリックし、[設定]から[コントロールパネル]を
起動します。
③.コントロールパネルの[アプリケーションの追加と削除](下図のアイコン)をダブ
ルクリックします。
(図8)
<図8>
図8>
④.[アプリケーションの追加と削除のプロパティ](図9)の[セットアップと削除]のタブ
を選択します。削除するプログラムのリストから Easy Report SFDN 版を選択して、
[追
加と削除(R)]ボタンをクリックします。
<図9>
図9>
11
Easy Report v1.40
v1.40
インストール
12
Easy Report v1.40
システム構築
第4章 システム構築
4−1
システム構築概要
Easy Report のシステム構築の手順は概略以下のようになります。
①:SFDNのシステムを構築
:SFDN
します。
②:SFDNのレポートタグの
:SFDN
登録を行います。
③: 帳票の設定を開始します。
(パスワード保護)
④: タイトルやパスワードなど
の初期設定を行います。
⑤: 帳票に出す項目名を決定し
ます。
(大・中・小・単位項目)
⑥:SFDNより情報を取り込
SFDN
み、マスター登録を行います。
⑦: 帳票のページレイアウトの
設定を行います。
⑧:定時刻印刷やファイルのバックアッ
プなどの保守の設定をします。
⑨:SFDNと共に
Easy Repot
:SFDN
の運用を開始します。
①.SFDNのシステム構築
SFDNで監視・制御システムを構築します。
②.SFDNのレポートタグの登録
SFDBLD のレポートタグの登録をします。
13
Easy Report v1.40
システム構築
③.Easy Report の設定開始
SFDRUN のメニューより帳票画面に切替え、Easy Report を表示させます。
設定ボタンより、Easy Report の設定を開始します。
④.初期設定の登録
タイトルやパスワード・暦表示の選択・日月年の開始日付など、運用を開始すると変更でき
ない項目を登録します。
⑤.見出し項目の登録
タグの説明を、帳票画面や印刷フォーマットに適合した見出し項目に分けて登録します。
見出し項目は、大・中・小・単位に分かれています。
⑥.マスター情報の登録
SFDBLD のレポートタグの登録で設定したタグ No.を入力します。情報取得ボタンをクリック
して、コメント・アナログデータのレンジ上限設定値・レンジ下限設定値・単位及び小数点位置
を自動的に Easy Report へ取り込みます。SFDNより取り込んだタグの情報に、見出し項
目や集計項目の情報を設定して登録します。
⑦.ページレイアウトの設定
マスター情報で登録した内容を、日報・月報・年報のどこへレイアウトするか決めます。
ページレイアウトの変更は、システム稼動中でもオンラインで変更可能です。
⑧.保守の設定
帳票の保存年数やバックアップ・定時刻印刷の可否などの保守に関する設定を行います。
⑨.Easy Report の運用開始
保守の設定で集計開始をチェックします。以降、毎正時にSFDNよりデータを取得して、
設定された内容で帳票データの追加・照会・印刷が可能になります。
14
Easy Report v1.40
4−2
システム構築
Easy Reportの表示と終了
Reportの表示と終了
①.SFDRUN のメニューバーの表示(V)をクリックします。表示されるリストより帳票画面
に切替(R)を選択します。すると、図10のメインメニュー画面が表示されます。
<図10>
図10>
[設定
設定(
設定(S)]
Easy Report の設定画面を表示します。
[実行
実行(
実行(J)]
この画面で設定されている内容を実行します。
指定された帳票の照会または印刷を行います。
[終了
終了(
終了(E)]
Easy Report の画面を閉じてSFDNの画面に戻ります。
15
Easy Report v1.40
4−3
システム構築
設定メニュー
Easy Report の設定を行う画面を表示します。
メインメニュー画面の[設定
設定(
設定(S)]ボタンをクリックして下さい。
パスワード画面 図11が表示されます。
<図11>
図11>
パスワードを入力せずに、そのまま[OK]ボタンをクリックして下さい。
● [設定]の[保守]でパスワードを設定した後は、パスワードが有効になります。
すると、設定メニュー画面 図12が表示されます。
<図12>
図12>
16
Easy Report v1.40
4−4
システム構築
初期設定の登録
タイトルやパスワード・暦表示の選択・日月年の開始区切りなど、運用を開始すると変更
できない項目を登録します。
設定メニュー画面の[初期設定]ボタンをクリックして下さい。
すると、初期設定画面 図13 が表示されます。
<図13>
図13>
①.タイトルの設定
帳票のタイトルを全角12文字以内で入力します。
②.パスワードの設定
設定メニュー画面のパスワードを半角8文字以内で入力します。
③.暦表示の設定
メインメニュー画面右上の日付時刻の表示や照会画面の日付の表示を、和暦・西暦の
指定した方で表示します。
④.積算上限値の設定
差分積算の上限値(10〜5000)を設定します。有効にチェックを入れると設定
値を超える積算値は異常データとして、無視されます。
この設定により、全ての差分積算入力に上限が適用されるため、ご注意下さい。
⑤.集計時刻の設定
毎時の指定した時刻にSFDNよりデータを収集します。
[▼]をクリックして集計時刻をリスト(0〜30)より選択します。
17
Easy Report v1.40
システム構築
⑥.データ修正の設定
照会画面でデータを修正できないように設定できます。
不可
数値をクリックしてもテンキー画面がでません。修正不可。
修正可・保存不可
テンキーで値の変更が可能。但し修正後の保存はできません。
日報のみ修正保存可
値の修正も保存も可能。但し月報と年報は保存のみ不可。
上記のどの設定でも、照会画面のページ印刷は可能です。
⑦.区切りの設定
日報・月報・年報の開始する区切りを設定します。
● 区切りの設定を行うと、帳票の日付の扱いは次の様になります。
例:日報(8時)の場合
前日8時〜当日7時までのデータは、前日日付の日報。
当日8時〜翌日7時までのデータは、当日日付の日報。
月報・年報も同様に、暦の日付と帳票で管理する日付が異なりますので注意して下さい。
日報(時)欄の[▼
▼]をクリックして日報の開始時間をリスト(1〜24)より選択
します。同様に月報(日)の開始日を(1〜25)、年報(月)の開始月を(1〜1
2)から選択します。
● 区切り設定は、必ず運用開始前に設定して、運用途中にむやみに変更しないで下さい。
途中で変更すると、変更前のデータと整合性がなくなります。
[登録
登録]
登録
初期設定画面で設定した内容を登録します。
[閉じる
閉じる]
閉じる
初期設定画面を閉じます。
4−5
見出し項目の登録
帳票の見出し項目を登録します。
● 見出し項目について
大項目(全角6文字)
項目の名称は、帳票では次のように表示されます。
同じ名称が連続すると、枠が連結されます。
中項目(全角6文字)
小項目(全角6文字)
単位項目(全角6文字)
18
Easy Report v1.40
システム構築
設定メニュー画面の[見出し項目
見出し項目]ボタンをクリックして下さい。
見出し項目
すると、見出し項目画面 図14 が表示されます。
<図14>
図14>
見出し項目選択欄より項目見出しを選択した後、操作します。
大項目・中項目・小項目・単位項目の各々に設定します。
[登録
登録]
登録
名称欄に入力した文字を登録します。登録した名称は登録リストに表
示されます。
[修正
修正]
修正
登録リストに表示されている名称を修正します。
修正する名称をクリックすると、名称欄に名称が転記されます。
そこで名称を変更して[修正
修正]をクリックします。
修正
[削除
削除]
削除
登録リストに表示されている名称を削除します。
削除する名称をクリックすると、名称欄に名称が転記されます。
そこで[削除
削除]をクリックします。
削除
[コメント一覧
コメント一覧]
コメント一覧
SFDNで登録しているタグのコメントを参照することができます。
但し、事前にマスター情報の登録で情報取得が済んでいる場合のみ参
照できます。
[閉じる
閉じる]
閉じる
見出し項目設定画面を閉じます。
19
Easy Report v1.40
システム構築
● SFDNのタグのコメントを帳票の見出し項目と同じにしておくと、便利です。
例:SFDNのタグコメント
1号ボイラー空気流量
帳票の見出し項目
大項目:1号ボイラー
中項目:空気
小項目:流量
4−6
マスター情報の登録
帳票で必要となる情報を登録します。
設定メニュー画面の[マスター
マスター情報
マスター情報]ボタンをクリックして下さい。
情報
すると、マスター情報画面 図15 が表示されます。
<図15>
図15>
以下の操作を繰り返し行います。
①.タグ No.の入力
[選択]ボタンをクリックします。するとSFDNレポートタグ一覧画面が表示され
ます。この一覧画面よりタグ No.をクリックすると、タグ No.欄に転記されます。
又は、タグ No.欄に SFDBLD のレポートタグ登録で設定したタグ No.を直接入力します。
● SFDNのタグ No.について
標準タグと拡張タグでは、タグ No.の表現方法が異なります。
標準タグ
タグ No.‑タイプ
例:TIC001‑PV ,TIC001‑MV ,TIC001‑SP など
拡張タグ
タグ No.
例:FID001 ,FID002 ,FID003 など
20
Easy Report v1.40
システム構築
入力に誤りがなければ、[情報取得]ボタンをクリックします。
すると、タグコメント・レンジ上限設定値・レンジ下限設定値・単位項目・小数点位置が
自動的に記入されます。
● SFDNのレポートタグで登録されていないタグ No.を登録した場合
手入力タグとして登録されます。通常のタグと異なる点は次の通りです。
1.毎時間のデータは取得されず、データ欄は空白になります。
2.日報の照会画面で手入力タグ(空白データ)を修正してデータを入力できます。
修正したデータは、日報・月報にも展開されます。
現場からのデータが取込めない場合、帳票に現地の情報を直接手入力したい場合に利用できます。
②.小数点位置の選択
該当するタグのデータの小数点有効桁を設定します。[▼]ボタンをクリックして表
示されるリストより選択します。尚、帳票の表示桁は全体で12桁です。
③.レンジ上限設定値・レンジ下限設定値の入力
該当するタグのレンジ上限設定値・レンジ下限設定値を入力します。
レンジ上下限値の有効範囲は、‑32,000 から+32,000 です。
● レンジ上下限設定値の表記は、小数点位置との組み合わせで表記します。
例
数値
100
100.0
100.00
レンジ設定値
100
1000
10000
小数点位置
0
1
2
④.大項目・中項目・小項目・単位項目の選択
該当するタグのそれぞれの見出し項目を選択します。
[▼]ボタンをクリックして、表示されるリストより選択します。
⑤.収集種別の設定
1時間間隔でSFDNより取得するデータの種別を設定します。
必要とされる項目(瞬時値・平均値・最大値・最小値)の○のうち一つをクリックし
てチェックします。
⑥.集計項目の設定
該当するタグの集計項目を設定します。
必要とされる項目(合計値・平均値・最大値・最小値)の□をすべてクリックしてチ
ェックします。
21
Easy Report v1.40
システム構築
● 集計項目(合計値・平均値・最大値・最小値)の算出方法について
計算対象は、欠測値(空白データ:SFDNで異常と判定したデータや未来のデータ)を外した有効
データのみです。
例:当日の10時に日報を参照した場合、11時以降のデータは空白なので計算対象に含まれません。
● 帳票の集計項目で、合計欄のデータが必要か不必要かは、データにより異なります。
例:
合計が必要
流量や運転時間のようにデータの積算
に意味があるデータ
合計が不要
液位や比率のようにデータの積算に意
味がないデータ
⑦.展開方法の設定
該当するタグの日報の集計項目(合計・最大・最小・平均)のうち一つだけを月報に
転記します。月報の集計項目を年報に転記する内容も同様に決められます。
必要とされる項目(合計値・平均値・最大値・最小値)の○のうち一つをクリックし
てチェックします。
● 展開項目で選択する項目は、必ず集計項目で設定しているものの中から選択して下さい。
集計項目で設定していないものを展開方法で設定すると、空白データが月報・年報に転記されます。
22
Easy Report v1.40
システム構築
⑧.積算差分の設定
積算差分を有効にするには、積算差分の□をクリックしてチェックします。
桁上り値(9999・10000)の○をクリックしてチェックします。
● 桁上り値は、接続されているハード機器の計器ブロック項目により異なります。
桁上り値に9999を指定する計器ブロック項目
・フィールド端子上の積算値入力
・形式44(接点入力/積算値出力)の積算値
・形式45(パルス加算)の積算値出力
・形式46(パルス・アナログ乗算)の積算値出力
・形式47(パルス積算)の積算値出力
・形式68(積算)の積算値出力
・形式81(重量積算)の積算値出力
桁上り値に10000を指定する計器ブロック項目
・パルス入力のあるDLA2の積算値入力
シーケンスの組み方により変わる計器ブロック項目
・形式49(バッチプログラム設定)の積算値出力
・形式90(間欠タイマ)のON/OFF経過時間
・形式91(タイマ)の経過時間
・形式92(カウンタ)の計数値
データの登録
上記の①〜⑧の操作を終え内容に問題がなければ、[登録
登録]ボタンをクリックしてマ
登録
スター情報に登録します。
次のデータを入力します。上記の①〜⑧の操作を繰り返して下さい。
[先頭
先頭]
先頭
マスター情報の一番初めのデータを表示します。
[前
前]
表示しているデータの一つ前を表示します。
[次
次]
表示しているデータの次を表示します。
[最終
最終]
最終
マスター情報の最終のデータを表示します。
23
Easy Report v1.40
[コメント一覧
コメント一覧]
コメント一覧
システム構築
既にマスター情報に登録されたタグの No.とコメントを、一覧表で参
照することができます。[コメント一覧
コメント一覧]ボタンをクリックして下さ
コメント一覧
い。すると、コメント一覧画面 図16 が表示されます。
<図16>
図16>
[並び替え
並び替え]:タグ
No.かタグコメントの選択した昇順に並び変えます。
並び替え
[選択
選択]
選択
:リストより項目を選択して[選択
選択]ボタンをクリックし
選択
ます。すると、コメント一覧画面が閉じてマスター情
報画面に選択したタグの内容を表示します。内容が似
通ったタグの登録をする場合、選択後にタグ No.を修正
して操作すると、作業効率を上げることができます。
[閉じる
閉じる]
閉じる :コメント一覧画面を閉じます。
[登録
登録]
登録
マスター情報に設定した内容を登録します。既に登録した内容の一部
を修正して再登録する場合にも使用します。
[削除
削除]
削除
マスター情報に登録した内容を削除します。
[閉じる
閉じる]
閉じる
マスター情報画面を閉じます。
24
Easy Report v1.40
4−7
システム構築
ページレイアウトの設定
帳票のページレイアウトの設定を行います。
設定メニュー画面の[ページレイアウト
ページレイアウト]ボタンをクリックして下さい。
ページレイアウト
すると、ページレイアウト画面 図17 が表示されます。
<図17>
図17>
帳票選択欄より、レイアウトを設定する帳票をリストより選択します。
最初の設定では、日報・月報・年報の順に設定する事をお勧めします。
次の設定を確認して、登録を繰り返します。
①.帳票選択
帳票選択欄の[▼
▼]をクリックして、リストより帳票を選択します。
②.ページ
ページ欄の[▼
▼]をクリックして、ページをリスト(1〜100)より選択します。
③.ページタイトル
ページタイトルを入力します。全角12文字以内です。既に入力済みのものを修正し
たい場合は、
[▼
▼]ボタンをクリックして表示されるリストより該当する名称を修正し
ます。
④.項目番号欄
項目番号欄の[▼
▼]をクリックして、項目番号をリスト(1〜15)より選択します。
ページの左端が1で、右端が15です。
⑤.タグ No.・タグコメント
タグ No.かタグコメントのどちらかを選択します。選択欄の[▼
▼ ]をクリックしてリ
ストより選択します。
25
Easy Report v1.40
システム構築
[個別登録
個別登録]
個別登録
設定した内容を登録します。
[同時登録
同時登録]
同時登録
一回のページレイアウト登録で、同じ内容で日報・月報・年報のレイ
アウトを同時に登録します。
[ページ
ページ個別削除
ページ個別削除]
個別削除 表示しているページ内容を全て破棄して、空白のページを作成します。
[ページ
ページ同時削除
ページ同時削除]
同時削除 表示しているページ内容を日報・月報・年報全て同時に破棄して、空
白のページを作成します。
[閉じる
閉じる]
閉じる
4−8
ページレイアウト画面を閉じます。
保守の設定
保守の設定を行います。
設定メニュー画面の[保守
保守]ボタンをクリックして下さい。
保守
すると、保守画面 図18 が表示されます。
<図18>
図18>
保守に関する設定を行います。
[登録
登録]
登録
保守の設定の内容を登録します。
[閉じる
閉じる]
閉じる
保守画面を閉じます。
26
Easy Report v1.40
システム構築
4−8−1 保存の設定
データの保存に関する保守の設定を行います。
①.保存年数の設定
帳票(日報・月報・年報)の保存年数を、リストより選択します。
保存期間は最大で10年です。
[データクリア
データクリア]ボタンをクリックすると、現在保存されている帳票のデータのみが
データクリア
失われます。ページレイアウトや保守で設定した内容は、現状のまま変わりません。
②.データバックアップの設定
バックアップする・バックアップしない のどちらか該当する方の○をクリックします。
[バックアップする]を設定した場合は、バックアップ保存年数をリストより選択し
ます。
バックアップするドライブ名ディレクトリ・ファイル名を指定します。
[参照
参照]ボタンをクリックすると、次の画面
図19 が表示されます。
参照
<図19>
図19>
<図19>
図19>
保存する場所(I)でドライブ名ディレクトリ名を指定します。
ファイル名(N)は管理報のまま、
[保存
保存]ボタンをクリックします。
保存
[バックアップから上書]ボタンをクリックすると、稼働中の帳票データに、バック
アップデータからデータが上書きされます。帳票データが壊れた場合などに、使用し
ます。
● データ容量の算出方法について
例:タグ数90 各帳票6ページ
1年間
設定 約9KB(ページ当たり)
9×6=54KB
初期 250KB
250KB
日報 348B×タグ数×日数
348×90×365=11,431.8KB
月報 430B×タグ数×月数
430×90×12=464.4KB
年報 198B×タグ数×年数
198×90×1=17.8KB
合計
12,218KB
27
約12.2MB
Easy Report v1.40
システム構築
4−8−2 印刷の設定
印刷に関する保守の設定を行います。
①.プリンタ選択の設定
印刷するプリンタを設定します。
プリンタ欄の[▼]をクリックして、リストよりプリンタを選択します。
リストには Windows で登録されているプリンタが表示されています。
②.用紙サイズの設定
用紙サイズの[▼]をクリックして、リストより選択します。
単票A3・A4・B4・B5及び連続紙10インチ・15インチから選択できます。
③.初回改頁の設定
先頭ページの印刷前に、必ず改ページをしてから印刷します。
改ページをせずに現在の紙位置から印刷する場合は、□のチェックを外します。
④.天候欄の設定
印刷フォーマットの左側上端に表示される天候欄の表示・非表示を設定します。
天候欄を表示する場合は、設定欄□をクリックしてチェックします。
⑤.定時刻印刷の設定
定時刻印刷する・定時刻印刷しない のどちらか該当する方の○をクリックします。
⑥.印刷時間の設定
印刷時間欄の[▼]をクリックして、時間をリスト(0〜23)より選択します。
尚、実際の印刷開始は指定時間10分より始まります。印刷時間はページ数やプリン
タにより異なります。
⑦.印刷対象の設定
定時刻印刷する帳票を設定します。
必要とされる帳票(日報・月報・年報)の□をすべてクリックしてチェックします。
日報は毎日、月報は月に一回、年報は年一回、印刷されます。
● 日報・月報・年報の定時刻印刷のタイミングについて
例:各帳票の区切りを
日報:9時
月報:1日
年報:4月 とします。
日報
毎日9時10分に前日の日報を印刷
月報
毎月1日9時10分に前月の月報を印刷
年報
毎年4月1日9時10分に前年の年報を印刷
各帳票の区切り設定の内容により、定時刻印刷のタイミングは異なってきます。
28
Easy Report v1.40
システム構築
⑧.印刷ページ設定
帳票の印刷(5章 帳票の照会と印刷を参照して下さい。)や定時刻印刷を行う場合、
帳票の印刷ページを設定します。
[印刷ページ設定]ボタンをクリックして下さい。
印刷ページ設定画面 図20 が表示されます。
<図20>
図20>
帳票選択欄の[▼
▼]をクリックして、リストより帳票を選択します。
登録ページ欄に表示されているページより印刷したいページをクリックすると、その
背景色が青色に変化します。この状態で矢印ボタンをクリックします。選択したペー
ジが印刷ページ欄に移動して、そのページが印刷できる様になります。
[ >]
[ <]ボタンをクリックすると、矢印の方向に選択したページを移動します。
[>>
>>]
<<]ボタンをクリックすると、矢印の方向に登録した全ぺージを移動します。
>> [<<
<<
この操作を日報・月報・年報の順に繰り返します。
[登録
登録]ボタンをクリックすると、印刷ページ設定の内容が確定されます。
登録
[閉じる
閉じる]ボタンをクリックすると、印刷ページ設定画面を閉じます。
閉じる
● [定時刻印刷する]の設定をしていても、印刷ページの設定がされていない場合は印刷されません。
29
Easy Report v1.40
システム構築
⑨.印鑑欄の設定
印刷フォーマットの右側上端に表示される承認印鑑欄の設定をします。
[印鑑欄設定]ボタンをクリックして下さい。
印鑑欄設定画面 図21が表示されます。
<図21>
図21>
印鑑欄数を選択します。必要な数(なし〜4)の○のうち一つをクリックします。な
しを選択すると、印鑑欄は印刷されません。1〜4を選択した場合、印鑑欄の宛名を全
角4文字以内で入力します。
[登録
登録]ボタンをクリックすると、印鑑欄の設定内容が確定されます。
登録
[閉じる
閉じる]ボタンをクリックすると、印鑑欄設定画面を閉じます。
閉じる
⑩.定時刻ファイル出力の設定
定時刻ファイル出力の設定を行います。
[ファイル出力設定]ボタンをクリックして下さい。ファイル出力設定画面 図22が
表示されます。
<図22>
図22>
ファイル出力する・ファイル出力しない のどちらか該当する方の○をクリックします。
保存先ディレクトリ欄にディレクトリ名を指定します。
定時刻印刷の設定項目 ⑥.印刷時間の設定 ⑦.印刷対象の設定 で設定した内容でフ
ァイル出力します。
30
Easy Report v1.40
システム構築
[登録
登録]ボタンをクリックすると、ファイル出力の設定内容が確定されます。
登録
[閉じる
閉じる]ボタンをクリックすると、ファイル出力設定画面を閉じます。
閉じる
● [ファイル出力する]の設定をしていても、印刷ページの設定がされていない場合は印刷されません。
4−8−3 集計開始の設定
集計開始の設定
集計停止・集計実行 のどちらか該当する方の○をクリックします。
集計実行を選択して保守の登録を完了すると、それ以降の正時にSFDNよりデータ
を取得して日報・月報・年報を作成します。
最初に設定を行う場合、全ての設定が完了してから集計実行を指定して下さい。
● オンラインメンテナンス時の注意事項
システム稼動後に設定内容を変更する際は、集計が行われない時間に設定を完了させて下さい。
集計時間に掛かりそうな場合は、集計停止の設定を予め実行することをお勧めします。
尚、集計停止の設定が有効な間は、SFDNのデータは取得できません。設定変更が終了したら、忘
れずに[集計実行]に設定を戻して下さい。
31
Easy Report v1.40
帳票の照会と印刷
第5章 帳票の照会と印刷
5−1
照会日付の設定
Easy Report は、起動した状態で次のメインメニュー画面を表示しています。( 図23)
<図23>
図23>
照会する帳票を、上段の[日報
日報]
[月報
月報]
[年報
年報]ボタンから選びます。
日報 ・
月報 ・
年報
ボタンをクリックすると、ボタンが凹んで選択されている事を示します。
次に[照会
照会]ボタンをクリックします。
照会
照会する日付を設定します。通常は当日の日付が表示されています。
変更したい年・月・日の数字をクリックします。
すると、右のテンキーパッドが表示されます。
(図24)
<図24>
図24>
この画面より数値を入力します。
照会する日付に誤りがなければ、
[実行
実行]ボタンを
実行
クリックします。照会画面が表示されます。
32
Easy Report v1.40
5−2
帳票の照会と印刷
照会画面
照会画面を表示しています。
(図25)
<図25>
図25>
ページ表示欄
①.ページの操作方法
右上の[↑
↑]
・
[↓
↓]矢印ボタンをクリックして、現在のページから前後します。
叉はページの表示欄を直接クリックします。すると、テンキーパッドが表示されます
ので、そこでページを入力します。
②.画面の操作方法
参照したいデータが見えない場合は、縦・横のスクロールを移動して下さい。(計算
機の解像度により、一度に見える範囲は異なります。
)
● 画面で表示されるデータの内容について
欠測データ
表示:空白
SFDNが無効と判断したデータ
パソコン停止中のデータ・未来のデータ
正常データ
表示:数値
正常なデータ
③.データの修正方法
この画面から直接修正することが可能です。
修正したいデータをクリックします。すると、テンキーパッドが表示されますので、
そこで直接数値を入力します。
33
Easy Report v1.40
帳票の照会と印刷
● データの修正はテンキー画面からのみ可能です。
[出力
出力(O)
出力(O)]
(O)
現在表示されている帳票をファイル出力します。
[出力
出力(O)
出力(O)]ボタンをクリックします。すると、次の画面が表示され
(O)
ます。
( 図26)
<図26>
図26>
この画面でファイルの出力先を指定します。
● ファイルはページ単位に次の様に作成されます。手動で変更する事も可能です。
日報
YYMMDDPP.CSV
年月日ページ.CSV
月報
YYMMPP.CSV
年月ページ.CSV
年報
YYPP.CSV
年ページ.CSV
説明 YY:西暦下2桁(2000年は00) MM:月 DD:日 PP:ページ(100ページは00)
● CSVファイルのデータ形式について
CSVファイルは、次のデータ配列で15列の組み合わせで作成されます。
大項目,中項目,小項目,単位項目,タグ No,データ 1,データ 2,…データ XX,合計値,平均値,最大値,最小値
データ数 XX の説明:日報24・月報28〜31(月により変動)
・年報12
[印刷
印刷(P)
印刷(P)]
(P)
現在表示されている帳票のページ印刷を実行します。
他のページを印刷する場合は、そのページを表示した後[印刷
印刷(P)
印刷 (P)]
(P)
ボタンをクリックして下さい。
[終了
終了(E)
終了(E)]
(E)
照会画面を閉じます。データの修正を行った場合は、次のメッセージ
画面 図27 が表示され、保存するかどうか確認してきます。
34
Easy Report v1.40
帳票の照会と印刷
<図27>
図27>
● 日報の修正を行ったときのみ表示されます。
月報や年報は、修正した内容を印刷できますが保存できません。その場合は、修正した状態でファイ
ル出力して、表計算ソフトなどでデータを活用して下さい。
35
Easy Report v1.40
5−3
帳票の照会と印刷
印刷日付の設定
Easy Report は、起動した状態で次のメインメニュー画面を表示しています。(図28)
<図28>
図28>
印刷する帳票を、上段の[日報
日報]
月報]
年報]ボタンから選びます。
日報 ・[月報
月報 ・[年報
年報
ボタンをクリックすると、ボタンが凹んで選択されている事を示します。
次に[印刷
印刷]ボタンをクリックします。
印刷
印刷する日付の範囲を設定します。通常は当日の日付が表示されています。
変更したい年・月・日の数字をクリックします。
すると、右のテンキーパッドが表示されます。
(図29)
この画面より数値を入力します。
<図29>
図29>
印刷する日付に誤りがなければ、
[実行
実行]ボタンを
実行
クリックします。印刷が開始されます。
● 印刷ページの設定で登録しているページが印刷されます。印刷ページの設定がされていない場合は、
印刷されません。
(4−8−2印刷の設定 ⑧ 印刷ページ設定を参照して下さい。
)
36
Easy Report v1.40
帳票の照会と印刷
37
Easy Report v1.40
付録
第6章 付録
6−1
確認メッセージ一覧
設定中に誤った操作をした場合や、運用中にEasy Reportが異常を感知した場合な
ど、画面上に確認のメッセージが表示されます。
このメッセージの意味と対処方法を説明します。表示はひらがなの昇順です。
あ行
● 印刷する範囲が正しくありません。
原因:メインメニューの連続印刷の日付入力が誤っています。
対処:過去から未来の日付を入力して下さい。
● SFDBLD でレポートタグが登録されていません
原因:SFDNのレポートタグにないものを指定しています。
対処:SFDNのレポートタグNo.を確認して下さい。
か行
● 月報データ保存エラー
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
さ行
● 削除する項目を選択して下さい
原因:登録リストより削除対象の項目を選択せずに削除ボタンをクリックしました。
対処:登録リストより削除対象の項目を選択して下さい。
38
Easy Report v1.40
付録
● 実行できません! 日付が無効もしくは参照 DB がありません
原因:メインメニューで照会日付の入力に誤りがあります。
(例えば2月31日を指定)
対処:正しい日付を入力して下さい。それでも出る場合は、Easy Report のメインデータ
ベースが破壊している可能性があります。[バックアップする]の設定をしている
場合は、バックアップのデータベースをメイン側にコピーします。バックアップし
ていない場合は、新規にシステムを作成しなければなりません。
● 実行時エラー 13 :型が一致しません
原因:kanriho.ini ファイルが破損している可能性があります。
対処:¥MsysNet フォルダ上の kanriho.ini ファイルを¥MsysNet¥Proj¥sfdXX¥Report フォ
ルダにコピーします。
た行
● タグ NO を入力して下さい
原因:タグNo.を設定せずにマスター登録をしました。
対処:タグNo.を入力して下さい。
● 正しいデータを入力して下さい
原因:テンキーパッドで数値以外の文字を入力しました。
対処:数値を入力して下さい。
● DB 削除エラー
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
● テーブルのアクセス異常
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
39
Easy Report v1.40
付録
● 登録に失敗しました
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
● 登録ページを選択してください
原因:印刷ページ設定でページを指定せずに [>]・[<] ボタンをクリックしました。
対処:印刷ページを指定してボタンをクリックして下さい。
な行
● 日報データ保存エラー
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
● 年報データ保存エラー
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
は行
● パスワードが違います
原因:誤ったパスワードを入力しました。
対処:正しいパスワードを入力して下さい。
● バックアップ DB の保存に失敗しました
原因:Easy Report のバックアップデータベースが破壊している可能性があります。
対処:メインのデータベースをバックアップ側にコピーします。
40
Easy Report v1.40
付録
● バックアップ DB の日報データ保存エラー
原因:Easy Report のバックアップデータベースが破壊している可能性があります。
対処:メインのデータベースをバックアップ側にコピーします。
● バックアップ DB の月報データ保存エラー
原因:Easy Report のバックアップデータベースが破壊している可能性があります。
対処:メインのデータベースをバックアップ側にコピーします。
● バックアップ DB の年報データ保存エラー
原因:Easy Report のバックアップデータベースが破壊している可能性があります。
対処:メインのデータベースをバックアップ側にコピーします。
● バックアップDBを指定して下さい。
原因:[バックアップする]の設定をしているのに、ドライブ名ディレクトリ名が指定さ
れていません。
対処:[参照]ボタンをクリックして、ドライブ名ディレクトリ・ファイル名を入力して
下さい。
● 範囲内のデータを入力して下さい
原因:テンキーパッドで最小値〜最大値の範囲外の数値を入力しました。
対処:最小値〜最大値の範囲の数値を入力して下さい。
● プリンタエラー エラーNo.:−XX
1:出力先パラメータエラー。
2:フォームファイル名レングスエラー。
3:フォームファイルオープンエラー。
(フォーマットファイルの移動や消去)
4:プリンタデバイスコンテキスト取得エラー。
5:フィールド情報読込みエラー。
6:ウィンドウ作成エラー。
7:プリンタドライバ設定エラー。
(プリンタドライバーの設定不良)
8:パラメータエラー。
9:メモリ確保エラー。
(印刷に必要なメモリが不足)
10:フォームバージョンエラー。
11:印刷ジョブ開始エラー。
41
Easy Report v1.40
付録
原因:プログラムを操作したり、計算機のプリンタの設定を変更しない限り発生しません。
対処:状況を保守担当者へ連絡して下さい。
ま行
● メイン DB の集計保存に失敗しました。保守メニューにてバックアップから復旧出来る可
能性があります。
原因:Easy Report のメインデータベースが破壊している可能性があります。
対処:[バックアップする]の設定をしている場合は、保守メニューにて、[バックアップ
から上書]アイコンをクリックし、バックアップのデータベースをメイン側にコピ
ーします。バックアップしていない場合は、新規にシステムを作成しなければなり
ません。
● 文字数がオーバーしています。
原因:ページタイトル欄に12文字以上入力しています。
対処:12文字以内で入力して下さい。
ら行
● レンジ上限設定値の有効範囲は ‑32000 〜 +32000 までです。
原因:レンジ上限設定値が有効範囲を越えています。
対処:有効範囲の値(‑32000 〜 +32000)を入力して下さい。
● レンジ下限設定値の有効範囲は ‑32000 〜 +32000 までです。
原因:レンジ下限設定値が有効範囲を越えています。
対処:有効範囲の値(‑32000 〜 +32000)を入力して下さい。
● レンジ上下限の設定値が不正です。
原因:レンジ上下限設定値で数値以外の文字を入力しました。
対処:有効範囲の数値(‑32000 〜 +32000)を入力して下さい。
42
Easy Report v1.40
6−2
付録
データ復旧方法
計算機が故障してシステムを全て作成しなければならない場合や、データをバックアップし
ているドライブが故障した場合など、システムやデータを復旧させる方法と手順について説
明します。
6−2−1 計算機故障の場合
計算機が故障した場合の Easy Report の復旧方法について説明します。
計算機の内容はSFDNのシステムを含め、運用の初期状態がバックアップされてい
るものとします。
(全体システムのバックアップが取られていない場合は、以下の手順
で復旧できません。初めからシステムを作成してください。
)
システム全体のバックアップより復旧
① 計算機のシステムを復旧します。
② SFDNのシステムを復旧します。
③ ②の操作で Easy Report のシステムも復旧されました。
④ [バックアップする]の設定をしている場合のみ過去の帳票データを復旧できます。
[バックアップしない]の設定をしている場合は復旧できません。
⑤ Windows が起動してない場合は起動します。
⑥ Windows の[スタート]ボタンをクリックし、
[プログラム(P)]から[エクスプロ
ーラ]を起動します。
⑦ バックアップしているドライブ名・ディクトリ名を指定して、管理報.mdb を表示
させます。
⑧ 復旧させたSFDNのシステムのドライブを表示させます。次のフォルダを確認し
ます。
¥Msysnet¥Proj¥sfdXX¥Report
⑨ バックアップしている側の管理報.mdb を、復旧させたSFDNシステムのドライ
ブの¥Msysnet¥Proj¥sfdXX¥Report フォルダにコピーします。
⑩ 上記の操作で過去の帳票データを復旧しました。計算機が故障してデータの収集を
していない期間のデータは、復旧できません。
43
Easy Report v1.40
付録
6−2−2メインデータベースが破壊された場合
6−2−2メインデータベースが破壊された場合
Easy Report のメインデータベースが破壊され、異常メッセージが出た場合、次の手
順でデータを復旧して下さい。但し、[バックアップする]の設定をしている場合のみ、
過去の帳票データを復旧できます。
メインデータベースをバックアップより復旧
① Windows が起動してない場合は起動します。
② Windows の[スタート]ボタンをクリックし、
[プログラム(P)]から[エクスプロ
ーラ]を起動します。
③ バックアップしているドライブ名・ディクトリ名を指定して、管理報.mdb を表示
させます。
④ SFDNのシステムのドライブを表示させます。次のフォルダを確認します。
¥Msysnet¥Proj¥sfdXX¥Report
⑤ バ ッ ク ア ッ プ し て い る 側 の 管 理 報 .mdb を 、 S F D N シ ステ ム の ド ラ イ ブ の
¥Msysnet¥Proj¥sfdXX¥Report フォルダにコピーします。
⑩ 上記の操作でメインデータベースをバックアップより復旧しました。作業の為デー
タの収集をしていない期間のデータは、復旧できません。
6−2−3バックアップデータベースが破壊された場合
6−2−3バックアップデータベースが破壊された場合
Easy Report のバックアップデータベースが破壊され、異常メッセージが出た場合、
次の手順でデータを復旧して下さい。
バックアップデータベースをメインデータベースより復旧します。
① Windows が起動してない場合は起動します。
② Windows の[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム(P)]から[エクスプロ
ーラ]を起動します。
③SFDNのドライブを表示させます。次のファイルを確認します。
¥Msysnet¥Proj¥sfd¥Report 内の管理報.mdb
④バックアップしているドライブ名・ディクトリ名を指定して、管理報.mdb を表示さ
せます。
⑤ SFDNのドライブ名¥Msysnet¥Proj¥sfd¥Report フォルダの管理報.mdb を、
バックアップしている側のドライブ名・フォルダにコピーします。
⑩ 上記の操作で、バックアップデータベースをメインデータベースより復旧しました。
作業の為データの収集をしていない期間のデータは、復旧できません。
44
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement