強化防滴防塵 掛/置兼用時計 取扱説明書

強化防滴防塵 掛/置兼用時計 取扱説明書
G U A R A N T E E
取扱説明書番号
M495-ZGXD
保 証 書
取扱説明書にそった正常な使用状態において、万が一保証期間内に故障がおきた場合、本
保証書を添えて時計お買い上げの販売店にご持参くだされば、無料修理・調整いたします。
尚、本保証書の発行によりお客様の法律上の権利を制限するものではありません。
この保証書は、お買い上げ店で発行いたします。必ず※印欄の記入・捺印をお確かめのうえ
大切に保管してください。保証書は再発行いたしません。
強化防滴防塵
掛/置兼用時計 取扱説明書
※品名・型番 4KG711
お買い上げ 年 月 日より 1年間
※保証期間
お買い上げいただきありがとうございます。
お客様 ご氏名 お使いになる前にこの取扱説明書をよくお読みのうえ、
正しくお使いく
ご住所
ださい。
TEL( ) −
お読みになった後もお手元に保管して、
必要に応じてご覧ください。
様
※販売店印(住所、店舗名、電話番号)
製 造
発売元
〒330-9551 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目299番12
http://www.rhythm.co.jp
(フリーダイヤル)
お問い合わせ先
お客様相談室 0120-557-005
※印は販売店記入
●部品の保有期間などアフターサービスについては、取扱説明書に記載してあります。
●この保証書は国内のみ有効です。 This guarantee is valid only in Japan.
●ご記入いただきました個人情報は、時計の修理・調整に関するご連絡に利用させていただきます。
受付時間 9:00 ∼ 17:00 (土日、祝日および当社休日を除く)
お問い合わせに際しては、製品番号(型番)
「4KG711」をお伝えください。
■販売店の方へ
この製品のサービスおよび技術サポートは日本国内でのみ利用可能です。
Service and technical support for this product are available only within Japan.
この保証書は、
お客様へのアフターサービスの実施と責任を明確にするためのものです。
ただし、貴店で別に保証書を発行する
場合は、
この限りではありません。
(Y1406)
保証について
アフターサービスについて
この時計のアフターサービスは、お買い上げ販売店がいたします。つぎの記載事項と保証書を
よくお読みのうえでご利用ください。
●修理部品の保有について
■次のような場合には、保証期間内でも有料修理になりますので、ご注意ください。
⒈ 保証書のご提示がない場合。
⒉ 保証書の※欄に記入・捺印のない場合、
字句を書きかえられた場合。
電子回路や歯車などの修理用性能部品は製造打ち切り後、7年間を基準に保有しています。ただし、
ケースなどの外装部品の修理には、類似代替品や現品交換で対応させていただくことがあります。
●修理可能期間について
無料保証期間が過ぎても、
この時計の性能部品保有期間中は、原則として有料修理が可能です。
ただし、
修理内容や送料により、修理代金が高額になる場合がありますので、販売店とよくご相談ください。
●転居または贈答品の場合
お買い上げ販売店でのアフターサービスが受けられない場合は、
お客様相談室にご相談ください。保証
期間中の場合は、販売店の保証書が必要です。
⒊ お買い上げ店以外の販売店にご依頼の場合。
⒋ お客様のお手元に渡ってからのお取り扱いや輸送での落下など異常な衝撃による故障または損傷。
⒌ 天災・火災または異常な塩分・酸・蒸気・熱・有毒ガスなどの影響による故障、
または損傷。
⒍ お客様による修理・改造などが原因で故障した場合。
⒎ ご使用中に生じる外観上の変化
(ケースなどの小キズ)
。
⒏ 電池の交換。
※ 送料・出張料は、実費をいただきます。
安全にお使いいただくためにはじめにお読みください
ここに示した注意事項は、あなたや他の人への危害や損害を未然に防ぐためのものです。
必ず守ってください。
傷害を負う可能性または物的損害が発生する可能性が想定される
内容
図記号の説明
は、禁止(してはいけないこと)を示しています。
は、指示する行為を必ず守ることを示しています。
分解や改造をしない
分解禁止
禁止
故障や破損の原因になります。
死亡または重傷などを負う可能性が想定される内容
誤飲を防止するため、小さな部品や電池は、幼児の手の届く所に置かない
下記のような場所では使わない
落としたり、たたいたりして
衝撃を与えない
性能の低下、部材の変形、変色、劣化
の原因になります。
禁止
温度が+50℃以上の所。
故障や破損の原因になります。
必ず守る
サウナ、温室など、高温・高湿
になる所では使わない
万一、飲み込んだ場合は、すぐに医師の治療を受けてください。
電池からの液漏れや発熱、破裂を防止するために、次のことを守る
禁止
電池をショートさせない。
電池を充電しない。
電池に傷をつけない。
電池を分解しない。
電池を加熱しない。
電池を火の中に入れない。
電池から液漏れが起きてしまったときは、素手でさわらない
電池から漏れた液が目や皮膚についたら、すぐに水道水でよく洗い流して医
直射日光が当たる所。
さびや故障の原因になります。
時計の内部を濡れた手でさわ
らない
さびや故障の原因になります。
石けんや洗剤、入浴剤など水
以外の液体をかけない
禁止
防水性能が低下する原因になります。
温度が−10℃以下の所。
火気のそば
ほこりが多く発生する所。
強い磁気が発生する所。
車中や船舶、工事現場など、振動の
激しい所。
プールや温泉場などガスの発生する所。
調理場など多くの油を使用する所。
ゴムや軟質のポリ塩化ビニルに長い
間、直接ふれさせておくと、色移り
や付着、変質をすることがあります。
師の治療を受けてください。衣服に付着した場合は、すぐに水道水で洗い流
してください。アルカリ乾電池の場合、失明や炎症などの障害が発生する危
険性が高くなります。
おもな製品仕様
液漏れしたときは、電池を外して、漏れた液を布や紙でよくふき取ってくださ
時
い。時計の修理が必要なときは、お買い上げの販売店または当社お客様相談
使 用 温 度 範 囲
−10 ∼ 50℃
室にご相談ください。
使
用
電
池
単3形マンガン乾電池 JIS規格 R6P 1.5V 1個
電
池
寿
命
約1年
防
水
能
強化防滴防塵 当社規格による
他
掛、置兼用
電池・時計の廃棄
お住まい地区自治体の指定に従ってください。
電池と時計を分別して廃棄してください。
そ
間
精
性
の
度
平均月差 ±20秒 温度が5∼35℃のとき
●アルカリ乾電池を使用することができます。
●防水パッキンは経年変化により徐々に劣化します。劣化の進行は使用環境により異な
ります。
この取扱説明書を許可なく複製、変更することを禁じます。本製品を使用することによって生じたいか
なる支出、損益、その他の損失に対してなんら責任を負いかねますのでご了承ください。
●製品仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。
付属品 木ねじ 1個 取扱説明書・保証書 本書
各部の名称と役割
電池は付属しておりません。単3形マンガン乾電池または単3形アルカリ乾電
池を1個ご用意ください。
●図は操作説明用ですので、実際の商品と異なることがあります。
(裏ぶたを取り外した状態)
針合わせつまみ
時計の使いかた
裏ぶたの着脱
時針(短い針)
分針(長い針)
ムーブメント
電池を入れるときや時刻を合わせるときは、裏ぶたを〈裏ぶたの扱い〉に
従って取り外し、操作が終わったらきっちり裏ぶたを取り付けてください。
秒針
取り付けが不適切な場合、水分や油分が時計内部に浸入してさびや故障
の原因となります。
○浴室や温室など湿度が高い所では、ふたの着脱を行わないでください。
単3形乾電池
下部に水抜き用の穴があります。
裏ぶたを取り外す前に水を出してください。
裏ぶたの扱い〉
○ふたを取り外すときは、事前に時計や手の水分をよく拭き取ってください。
裏ぶたを取る
電池のセット
白矢印(左)方向に回す
時計を水平にして、裏ぶたをOPEN方
向に
しまる
の▼印を 目印 まで回して外し
電池を電池ホルダーの⊕⊖表示に合せて入れます。
 注意 ⊕と⊖を逆向きに入れると液漏れ、発熱、破裂の原因になります。
時刻合わせ
ます。
※内部に水がたまっているときに、斜
針合わせつまみを回し、正しい時刻に合わせてください。
めにして開けると、水がムーブメント
や文字板面に入ることがあります。
ゆるむ
※湿度が高い所で開閉しないでくださ
目印
裏ぶた
掛けかたが不適切な場合、落下する危険があります。
い。湿気が内部に入ると曇りやさび
の原因になります。
○掛けたときは、掛け具にしっかり掛かっていることを確認してください。
裏ぶたを取り付ける 黒矢印(右)方向に回す
○垂直に掛けてください。傾くと掛け具から外れるおそれがあります。
の▼印を 目印 に合わせ、CLOSE方向に回して、しっかり締めます。
※裏ぶたが12時位置まで閉らないときは、裏ぶたとパッキンの接触面に良
○市販の掛け具を使用するときは、
壁掛け穴にしっかり掛かるものを選んでください。
○ドアを開閉するときの振動が伝わらない所に設置してください。
17mm
質のハンドクリームをうすく塗って、
もう一度閉め直してください。
※時計内部のパッキンは、気密性を保つためのものです。パッキンに砂や泥
●付属の木ねじを使用できる場所は、
フック
木の柱または木質の厚い壁面です。
などの異物を付着させないでください。防水性能が低下します。
●木ねじは図のとおり、壁面にしっかり
ねじ込んで固定してください。
フックは回 転させ
ることができます。
電池の交換について 以外の場所に掛ける場合は、壁の材
電池からの液漏れにより、時計の修理や家具などの修繕に費用が発生す
質・構造と時計の重量に合った、市
ることがあります。電池からの液漏れや発熱、破裂を防ぐために、次の
必ず守る
販の掛け具をご使用ください。その
ことをお守りください。
際、粘着式や吸盤式は時計が落下す
注意
時計が止まったときには、速やかに指定の電池に交換するか、
る危険がありますので、使用しない
電池を取り出す。
動いていても1年に1回定期的に交換する。
●石こうボードやコンクリートなど上記
液漏れだ!
フックを引き起こし
て掛けてください。
■ 電池の種類について
ここにひもを通して、
時 計を固 定 すること
ができます。
でください。
一般に充電式の電池は、電圧が低いので使用しないでください。
アルカリ乾電池はマンガン乾電池より電池寿命が長くなります。
■ 電池の寿命について
時計裏面からスタンドを取り外して下部の溝に取り付けてください。
温度などの使用条件により、電池寿命が製品仕様より短くなることがあります。
●スタンドを使用しないときは、スタンドを
元の位置に納めてください。
●転倒や落下を防ぐために、水平で振動が少
◎強化防滴防塵クロックについて
ない安定した所に置いてください。
たとえば浴室のように湿度が100%になる所でも使用できますが、
サウナのように
スタンド
50℃以上になる所では使用できません。
取り外して、溝にスタンドを取り付ける
油分のある台所でも使用できますが、天ぷら専門店の調理場や大量に油を使う工
場など、
多量の油分が発生する所では使用できません。
パッキンやプラスチック、金属部品が劣化する所に設置しないでください。
スタンドに無理な力を加えると破損することがあります。
・屋外など強い紫外線を浴びる所
・殺菌や脱臭などを目的としたオゾン発生機器がある所
お手入れについて
・塗料などに使われるトルエンなどの有機溶剤を使用する所
・温泉など硫化ガスが発生する所
●時計が汚れたときは、水でうすめた中性洗剤や石けん水を、やわらかい布に少
・プールなど塩素殺菌による塩素ガスが発生する所など
量つけてふき取り、その後、からぶきしてください。汚れがひどいときは、中
汚れた時計は水で洗えます。中性洗剤をぬるま湯でうすめた液や、
ぬるま湯の中で
性洗剤をぬるま湯で薄めた液やぬるま湯の中で10分くらい浸してから取り出し、
10分くらい浸してから取り出して汚れを落としてください。
汚れを落としてください。浸す深さは時計の厚み分が目安です。
耐水圧設計ではありませんので、
蛇口やホースから直接、
水や温水をかけないでく
ださい。また10cm以上深く沈めたり、
水に浮かべたりして使用しないでください。
時計内部にも多少の湿気がありますので、外気が時計内部の温度より低い場合は、
ガラスがくもることがありますが、
内部には支障はありません。
強化防滴防塵の機能を長く保つため、急激な温度変化や振動を加えないでください。
 注意 水が浸入するおそれがありますので、水の中では洗わないでください。
●ケースなどのよごれ落としに、ベンジン、シンナー、アルコール、スプレー式クリー
ナー類は、使用しないでください。
●静電気により時計や掛けた壁面が汚れることがあります。定期的に汚れを落とし
てください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement