PXCB90VTH 取扱説明書 - プライムテックエンジニアリング株式会社

PXCB90VTH 取扱説明書 - プライムテックエンジニアリング株式会社
PRIMETECH ENGINEERING
1
,
RoHS
暫定版
取扱説明書
ver1.1
VGA(白黒)90FPS カメラリンク/カメラ対応
型式
PXCB90VTHCMS, PXCB90VTHCMH, PXCB90VTHP
PXCB90VTHPMS, PXCB90VTHPMH
プライムテックエンジニアリング株式会社
1/56
PRIMETECH ENGINEERING
2
はじめに
この度は、弊社の製品をご購入いただき、誠にありがとうございます。
今後とも弊社の製品を末永くご愛顧賜りますようお願い申し上 げます。
■本書及び保証書と一緒に大切に保管し、必要なときにお読みください。
安全にお使いいただくために
本製品を安全にお使いいただくために、以下に記載しました警告及び注意事項をよくお読みになった上で、ご
使用ください。
警告
注意
その警告に従わなかった場合、死亡又は重傷を負う危険性があることを示します。
その警告に従わなかった場合、けがを負うおそれのあること、または物的損傷の発生
するおそれのあることを示します。
警告 -安全上のご注意■分解や改造は絶対に行わないでください。
■濡れた手で接続ケーブルのピンや金属部への接触は行わないでください。
■雨など水滴がかかる場所や、有害なガス(液体)が近くで発生している場所では使用しないでください。
■ご使用にならない期間が長期の場合は接続ケーブルをカメラから外してください。
■高所での設置や点検等の作業をする場合は、機器や部品の落下防止を十分に行ってから実施してください。
■煙の発生、異臭や異音がする場合はすぐに供給電源を切って、ケーブルを製品から外してください。
■本製品の異常が原因となり、重大な事故を引き起こすようなシステムには使用しないでください。
注意 -使用上のご注意■使用温度範囲内(– 10 ~ +50 ℃)でご使用ください。
■指定の電源電圧(DC +12V)でご使用ください。
■強い衝撃や振動を与えないでください。
■設置は内部温度上昇を避けるため、周囲に十分なスペースをとってください。
■ほこりや粉塵の多い環境でのご使用の際は、必ず粉塵防護策をしてください。
■通電状態でケーブルを抜き差した場合は、必ず供給電源を切ってください。
■カバーガラスの表面にゴミや汚れが付着すると画像に黒キズとして表示します。
ゴミはエアブロー等で吹き飛ばし、汚れはエチルアルコールをつけた綿棒等でカバーガラス面にキズをつけないように
拭き取ってください。
■昼光色蛍光灯など赤外成分を含まない光源のご使用を推奨致しますが、もしハロゲンランプなどの光源を使用する場合
には赤外線カットフィルタを併用してください。
■モータ等のノイズ源と電源を共有しないでください。
■カメラ内で SG(シグナル・グランド)と FG(フレーム・グランド)は接続されていますので、GND 電位差によるループが形
成されないようシステム設計を行ってください。
■内蔵メモリ内容を書き換え中にカメラ供給電源を切らないでください。
■露光モードを出荷設定時より変更する場合には、画像取り込みボード側より制御入力(SerTC+, SerTC-, SerTFG+,
SerTFG-)を供給した状態で行ってください。
補足
■電源投入後 10~20 分間エージングを行った後にご使用いただくことで、より安定した画像を取り込むことが可能です。
2/56
PRIMETECH ENGINEERING
3
免責について
弊社はいかなる場合も以下に関して一切の責任を負わないものとします。
■火災、地震などの人災や天災、故意または過失による誤使用、第三者の行為における異常な条件下で本製品をご使用し
た際に生じた損害。
■お客様ご自身が修理・改造を行った場合に生じた損害。
■本製品の使用又は使用不能から生じる付随的な損害(事業利益の損失、事業の中断等)。
■接続機器との組み合わせによる誤動作などから生じた傷害。
3/56
PRIMETECH ENGINEERING
4
改版履歴
版数
1.0
1.1
改版日
2010/10/04
2011/08/24
変更内容
初版リリース
デバッグ機能説明追加
4/56
PRIMETECH ENGINEERING
5
目次
1.
概要...................................................................................................................................................... 7
1.1.
特徴 .............................................................................................................................................. 7
2.
システム構成 ......................................................................................................................................... 9
3.
カメラ各部の仕様 ................................................................................................................................. 10
全面/上面/底面......................................................................................................................................... 10
3.2.
後面 ............................................................................................................................................ 11
3.3.
ケーブル接続 ................................................................................................................................ 13
3.4.
トリガ信号仕様............................................................................................................................. 14
3.5.
DVAL/エクスポージャ出力仕様(DCIN 端子のみ).................................................................................. 15
4.
映像出力形式 ....................................................................................................................................... 16
4.1.
ポートの割り当てについて ............................................................................................................. 16
4.2.
5.
出力データサイズ.......................................................................................................................... 16
カメラモード ....................................................................................................................................... 17
5.1.
水平方向タイミング ...................................................................................................................... 18
5.1.1.
5.1.2.
5.2.
ノーマルモード(トリガーモード:全モード共通) .......................................................................... 18
水平パーシャルスキャンモード(トリガーモード:全モード対応) .................................................... 19
垂直方向タイミング ...................................................................................................................... 20
5.2.1.
ノーマルモード(トリガーモード:OFF) ........................................................................................ 20
5.2.2.
ノーマルモード(トリガーモード:FIXED トリガー固定シャッターモード) ...................................... 21
5.2.3.
ノーマルモード(トリガーモード:1TRIG トリガー幅シャッターモード) ......................................... 22
5.2.4.
ノーマルモード(トリガーモード:RESET CONT リセットコントロールモード) ................................. 23
5.2.5.
ノーマルモード(トリガーモード:VD CONT VD リセットモード) ..................................................... 24
5.2.6.
パーシャルスキャンモード(パーシャルスキャンモード:ON,トリガーモード:OFF) ........................... 25
5.2.7.
トリガーパーシャルスキャンモード(パーシャルスキャンモード:ON,トリガーモード:OFF 以外)........ 26
5.2.8.
ビニングモード(ビニングモード:ON,トリガーモード:OFF)........................................................... 27
5.2.9.
トリガービニングモード(ビニングモード:ON,トリガーモード:OFF 以外) ....................................... 27
6.
コントロールレジスタ........................................................................................................................... 28
6.1.
信号出力ビット設定 ...................................................................................................................... 28
6.2.
ブラックレベル設定 ...................................................................................................................... 28
6.3.
トリガーモード設定 ...................................................................................................................... 28
6.4.
トリガーパルス極性(A).................................................................................................................. 28
6.5.
トリガーパルス極性(B).................................................................................................................. 28
6.6.
アナログゲイン設定 ...................................................................................................................... 28
6.7.
デジタルゲイン設定 ...................................................................................................................... 29
6.7.1.
6.7.2.
6.8.
デジタルゲインモード................................................................................................................ 29
デジタルゲイン調整値................................................................................................................ 29
デジタルクランプ設定 ................................................................................................................... 29
6.8.1.
デジタルクランプモード............................................................................................................. 29
6.8.2.
デジタルクランプ調整値............................................................................................................. 29
6.9.
6.9.1.
6.9.2.
6.10.
デジタルペデスタル設定 ................................................................................................................ 29
デジタルペデスタルモード ......................................................................................................... 29
デジタルペデスタル調整値 ......................................................................................................... 29
シャッター設定............................................................................................................................. 30
6.10.1.
シャッタースピードプリセット設定 ......................................................................................... 30
6.10.2.
任意シャッター設定 ............................................................................................................... 30
6.11.
6.11.1.
パーシャルスキャンモード ............................................................................................................. 31
パーシャルスキャンモード設定................................................................................................ 31
5/56
PRIMETECH ENGINEERING
6
6.11.2.
6.11.3.
6.12.
パーシャルスキャン幅設定 ...................................................................................................... 31
水平パーシャルスキャンモード ....................................................................................................... 31
6.12.1.
水平パーシャルスキャンモード設定 ......................................................................................... 31
6.12.2.
水平パーシャルスキャン開始設定 ............................................................................................ 31
6.12.3.
水平パーシャルスキャン幅設定................................................................................................ 31
6.13.
2画素加算モード設定 ................................................................................................................... 32
6.14.
2値化 ......................................................................................................................................... 32
6.14.1.
6.14.2.
6.15.
2値化モード設定 .................................................................................................................. 32
2値化しきい値設定 ............................................................................................................... 32
クロスライン表示設定 ................................................................................................................... 32
6.16.
VD/FVAL 信号出力設定 .................................................................................................................... 32
6.17.
HD/LVAL 信号出力設定 .................................................................................................................... 32
6.18.
WEN-STRB ...................................................................................................................................... 33
6.19.
ガンマ補正 ................................................................................................................................... 33
6.19.1.
ガンマモード設定 .................................................................................................................. 33
6.19.2.
ガンマテーブル設定 ............................................................................................................... 33
6.20.
オーバーラップについて ................................................................................................................ 34
6.21.
フィルタモード設定 ...................................................................................................................... 35
6.21.1.
フィルタモード 01~06 ........................................................................................................... 35
6.21.2.
フィルタモード 07.................................................................................................................. 36
6.22.
グレースケールチャート ................................................................................................................ 37
6.23.
設定初期化 ................................................................................................................................... 37
7.
7.1.
カメラコントロールコマンド ................................................................................................................. 38
概要 ............................................................................................................................................ 38
7.2.
シリアル通信仕様.......................................................................................................................... 38
7.3.
通信形式 ...................................................................................................................................... 38
7.4.
プロトコルデータ説明 ................................................................................................................... 38
7.5.
通信コマンドデータ形式 ................................................................................................................ 42
7.6.
SUM 値の求め方 ............................................................................................................................. 43
7.7.
送信データ ................................................................................................................................... 44
7.8.
読出しコマンド............................................................................................................................. 48
7.9.
デバッグコマンド.......................................................................................................................... 49
8.
8.1.
9.
パーシャルスキャン開始設定................................................................................................... 31
仕様.................................................................................................................................................... 53
画像系 ......................................................................................................................................... 53
8.2.
光学系、その他............................................................................................................................. 53
8.3.
分光感度特性例............................................................................................................................. 54
外形寸法図 .......................................................................................................................................... 55
6/56
PRIMETECH ENGINEERING
7
1. 概要
本取扱説明書はカメラリンクインターフェース VGA(白黒)CCD カメラについて説明したものである。
1.1.
特徴
・DIGITAL IF 端子
カメラリンク規格のミニコネクタを採用。毎秒 90 フレームの画像のデジタル出力が可能です。
・カメラリンク CL/PoCL 規格採用
カメラリンク規格及び PoCL(Power over Camera Link)規格を採用していますので、カメラリンク PoCL 規格に適合した
カメラリンクケーブルとカメラ用画像入力ボードを使用することにより、1本のカメラリンクケーブルで、電源の供給
とカメラコントロール/映像出力が可能です。DCIN 端子も備えた機種もございますので、電源アダプターと PoCL 非対応
(non-PoCL)の画像入力ボードを使用してカメラを動作させることもできます。
・高画質
33 万画素の高画質 CCD を採用。きめ細かな画像を再現します。また正方画素 CCD の採用により、画像処理時のアスペク
ト比変換は不要です。
・多様なモード設定
ホスト機器からのコマンド送信により、以下のモード設定が可能です。
・ゲイン
・読み出しモード:ノーマル/ビニング
・パーシャルスキャン機能
・水平パーシャルスキャン機能
・シャッター機能:ノーマル/トリガーシャッター
・シャッタースピード
・ガンマ
・出力ビット長切り換え
・3×3フィルター
・2値化
・クロスライン表示
・グレースケールチャート表示
・電子シャッター
豊富なシャッタースピードの中から、撮影条件に合った速度が選べます。
・外部トリガーシャッター機能(2~1/20,000 秒)
トリガーを入力することにより、1枚の静止画が得られます。高速で移動する物体を正確にとらえます。
・パーシャルスキャン機能
有効な映像出力ライン数を限定することにより、高速な画像処理に適したフレームレートの高い映像出力が得られます。
・筐体固定
筐体固定用のネジ穴がCCD の基準面が含まれているフロントパネルの下部にあります。ここでカメラモジュールを固定
すれば、光軸のずれを最小限にとどめることができます。
・ガンマ
OFF(1.0)、0.45、LUTの切り替えが可能です。LUTの場合は既定のガンマ曲線だけでなく、任意のガンマ曲線を作成する
こともできます。
7/56
PRIMETECH ENGINEERING
8
・出力ビット長切り替え
8 bit 出力/ 10 bit 出力から選択できます。
・ビニング機能
垂直方向の2 画素を混合した映像信号がノーマル比で2倍のフレームレートで得られます。
・3 × 3 フィルター
マトリクス無し(OFF)と6種類のプリセット、任意設定が可能です。
輪郭検出では、映像の中から輪郭を検出し、輪郭のみの画像を出力します。
・2 値化
2 値化処理をした映像出力が得られます。しきい値は変更可能です。
ご注意
パーシャルスキャン動作、ビニング動作では、CCD の高速駆動が行われます。これに伴い、映像内に強い光が入
ると、周辺部に影響の出る場合があります。その場合は、適正光量となるようにレンズ絞りにて調整してください。
8/56
PRIMETECH ENGINEERING
9
2. システム構成
<ビデオカメラモジュール>
<カメラケーブル>
<C マウントレンズ>
<カメラリンクケーブル>
<三脚アダプター>
<カメラ用画像入力>
*カメラケーブルの端子は両端有りと片端のみの2種類あります。
9/56
PRIMETECH ENGINEERING
10
3. カメラ各部の仕様
3.1.
全面/上面/底面
①レンズマウント(C マウント)
②カメラ固定用補助ネジ穴(上面)
③カメラ固定用補助ネジ穴/
三脚取り付け用ネジ穴(底面)
④カメラ固定用基準ネジ穴(底面)
① レンズマウント(C マウント)
C マウント式のレンズや光学機器を取り付けます。
ご注意
C マウント式のレンズとして、レンズマウント面からの飛び出し量が9mm 以下のものを使用してください。
レンズをカメラに取り付けてご利用される場合、カメラから出力される映像の解像度はレンズの性能により異なる
場合がありますので、レンズ選定の際にはご注意ください。なお、同一レンズにおいても、絞り値によりレンズの性能
が変化することがあります。充分な解像度が得られない場合は、絞り値を変えてお使いください。
② カメラ固定用補助ネジ穴(上面)
③ カメラ固定用補助ネジ穴/三脚取り付け用ネジ穴(底面)
三脚を使うときは、この4 つのネジ穴を使って三脚アダプターを取り付けます。
④ カメラ固定用基準ネジ穴(底面)
カメラモジュール固定用に切られたネジ穴です。ここでカメラモジュールを固定すると、光軸のずれを最小限にとどめ
ることができます。
三脚の取り付け
三脚アダプター(別売り)をカメラモジュールに取り付けてから三脚に取り付けます。
三脚の取付部のネジは取付面からの飛び出し量(ℓ )が下記のものを使用し、ハンドドライバーでしっかりと締め込んで
ください。飛び出し量(ℓ )が5mm を超えないようにしてください。
ご注意
三脚アダプター(別売り)を取り付けるときは、三脚アダプターに付属のネジを使用してください。
10/56
PRIMETECH ENGINEERING
11
3.2.
後面
⑥DIGITAL IF(デジタルインターフェース)端子
(26 ピンミニコネクタ)
⑤DC IN 端子(12 ピンコネクタ)
① ⑨
② ⑩ ⑧
③ ⑪ ⑫ ⑦
④
⑥
⑤
26
13
26
13
25
12
25
12
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
15
2
15
2
14
1
14
1
<DCIN 端子有り>
<DCIN 端子無し>
DCIN(DC 電源)端子(12 ピンコネクタ):PXCB90VTHCMS, PXCB90VTHCMH, PXCB90VTHPMS, PXCB90VTHPMH のみ対応
PXCB90VTHCMS 及び PXCB90VTHPMS 対応
ピン番号
1
2
3
4
5
6
信号
GND
DC+12V
NC
CLK IN+
GND(HD)
HD OUT/IN
ピン番号
7
8
9
10
11
12
信号
VD OUT/IN
NC
CLK INWEN OUT
TRG IN
GND(VD/RESET)
信号
ピン番号
7
8
9
10
11
12
NC
NC
NC
GND
DC+12V
NC
PXCB90VTHCMH 及び PXCB90VTHPMH 対応
ピン番号
1
2
3
4
5
6
GND
DC+12V
NC
NC
NC
NC
信号
*DC IN 端子が無い機種は PXCB90VTHP になります。
⑤ DIGITAL IF 端子
カメラリンクケーブルを接続することで、カメラをホスト機器間からシリアル通信制御するとともに、カメラからの
映像信号を送出します。PoCL対応のカメラ及びカメラ用画像入力ボードをご利用の場合は、DIGITAL IF端子から電源
を供給することも可能です。また、DIGITAL IF端子から外部トリガー信号を入力して、カメラを外部トリガーモード
で動作させることが可能です。
11/56
PRIMETECH ENGINEERING
12
DIGITAL IF 端子のピンNo. と入出力信号その他の関係は次の表のようになっています。
お使いになるカメラ及びカメラ用画像入力ボードの種類により接続が異なりますのでご注意ください。
< PoCL 対応:型式 PXCB90VTHPMS, PXCB90VTHPMH, PXCB90VTHP 対応表 >
ピン番号
デジタル信号
ピン番号
1
電源(DC+12V)
14
2
X0-出力(信号)
15
3
X1-出力(信号)
16
4
X2-出力(信号)
17
5
XCLK-出力(信号)
18
6
X3-出力(信号)
19
7
SerTC+ (信号)
20
8
SerTFG-(信号)
21
9
TRIG-A(-)入力(信号)
22
10
HD(+)入力(信号)
23
11
TRIG-B(-)(VD(-))入力(信号)
24
12
CLOCK(+)入力(信号)
25
13
INNER_SHIELD(アース)
26
デジタル信号
INNER_SHIELD(アース)
X0+出力(信号)
X1+出力(信号)
X2+出力(信号)
XCLK+出力(信号)
X3+出力(信号)
SerTC- (信号)
SerTFG+(信号)
TRIG-A(+)入力(信号)
HD(-)入力(信号)
TRIG-B(+)(VD(+))入力(信号)
CLOCK(-)入力(信号)
電源(DC+12V)
< PoCL 非対応:型式 PXCB90VTHCMS, PXCB90VTHCMH 対応表 >
ピン番号
デジタル信号
1
INNER_SHIELD(アース)
2
X0-出力(信号)
3
X1-出力(信号)
4
X2-出力(信号)
5
XCLK-出力(信号)
6
X3-出力(信号)
7
SerTC+ (信号)
8
SerTFG-(信号)
9
TRIG-A(-)入力(信号)
10
HD(+)入力(信号)
11
TRIG-B(-)(VD(-))入力(信号)
12
CLOCK(+)入力(信号)
13
INNER_SHIELD(アース)
デジタル信号
INNER_SHIELD(アース)
X0+出力(信号)
X1+出力(信号)
X2+出力(信号)
XCLK+出力(信号)
X3+出力(信号)
SerTC- (信号)
SerTFG+(信号)
TRIG-A(+)入力(信号)
HD(-)入力(信号)
TRIG-B(+)(VD(+))入力(信号)
CLOCK(-)入力(信号)
INNER_SHIELD(アース)
ピン番号
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
ご注意
外部トリガー信号をDIGITAL IF端子から入力してカメラを動作させる場合、接続は9 番ピンにTRIG(-)、22 番ピンに
TRIG(+)の2端子ともに接続し、その振幅はLVDS(3.3 V 電源駆動IC 出力)としてください。極性はコマンド設定により、
正負極性を切り替えられます。正負極性の切り替えについては3.4.トリガー信号仕様をご参照ください。
12/56
PRIMETECH ENGINEERING
13
3.3.
ケーブル接続
<DCIN 端子有りの場合>
<DCIN 端子無しの場合>
DCIN端子のあるカメラにはカメラケーブルを、DIGITAL IF 端子にカメラリンクケーブルをそれぞれ接続してください。PoCL
対応及びカメラ用画像入力ボードをお使いになる場合は、DC IN 端子にカメラケーブルを接続しなくてもカメラを動作さ
せることができます。カメラリンクケーブルを接続する際は、コネクターの上下にあるコネクター固定ネジをしっかりま
わして固定してください。各々のケーブルのもう一方のコネクターは、カメラケーブルはACアダプターに、カメラリンク
ケーブルはホスト機器のカメラ用画像入力ボードにそれぞれ接続してください。
ご注意
カメラをPoCL 接続でお使いになる場合には、必ずPoCL対応のケーブルを接続してください。PoCL 非対応(non-PoCL)のケ
ーブルを接続すると、カメラまたは画像入力ボードが故障する場合があります。また、その際、12ピンコネクタからの電
源入力は避けてください。
カメラの制御方法について
本機はホスト機器(コンピューターなど)によりコントロールします。コントロールできる機能は次の表のようになって
います。ホスト機器から制御項目に対応したコマンド、並びに必要に応じて設定のためのパラメーターをカメラに送信す
ることによりカメラをコントロールします。
コマンドの送信方法やコマンド、パラメーターの詳細につきましては、「カメラコントロールコマンド」の章をご覧にな
ってください。
制御項目
内容
ノーマル/トリガー
ノーマル
2~1/20,000 秒
トリガーエッジ
2~1/20,000 秒
トリガー幅
トリガー幅設定による
0~+12dB
OFF/ON
OFF(1.0)/ 0.45/ LUT 設定
26 ピンミニコネクタ/12 ピンコネクタ
8 ビット/10 ビット
OFF/ON
OFF/ON(閾値可変)
OFF/ON(任意及びプリセット)
動作モード
シャッター速度
ゲイン
パーシャル
ガンマ補正
外部トリガー入力
映像出力切替
ビニング
2 値化
3×3 フィルタ
ご注意
カメラモジュールに電源を供給し、カメラが動作していることを確認してから、トリガー信号などの外部からの信号を入
力してください。電源供給前に外部からの信号DC IN を入力すると、カメラ故障の原因となります。
13/56
PRIMETECH ENGINEERING
14
3.4.
トリガ信号仕様
DC IN 端子
トリガー・パルス極性=負極性の場合
トリガー・パルス極性=正極性の場合
22μs~2s
2~5V
90%
幅
振幅
10%
2.0μs以下
0~0.6V
立ち上り時間
立ち下り時間
2.0μs以下
2~5V
10%
振幅
幅
90%
22μs~2s
0~0.6V
入力インピーダンス:10KΩ以上にて測定した電圧値で記載
DIGTAL IF 端子
上記の信号仕様を満足する信号をLVDS 方式(3.3 V 電源駆動IC 出力)に変換した信号を入力してください。信号レベル
は、下記の条件を満足しないと、カメラに正しく認識されませんのでご注意ください。
H レベル:1.5 V ~ 1.7 V
L レベル:0.8 V ~ 1.0 V
動作モード設定
動作モードを設定します。
レジスタ名:TRIGGER-MODE
00:OFF(ノーマルモード)
01:FIXED
02:1TRIG
03:RESET CONT
04:VD CONT
トリガーパルス極性(A)
トリガーパルスの極性を設定します。動作モード 01,02 及び 03 に対応します。
レジスタ名:POLARITY(TRIG-A)
00:POSITIVE
01:NEGATIVE
トリガーパルス極性(B)
トリガーパルスの極性を設定します。動作モード 03 及び 04 に対応します。
レジスタ名:POLARITY(TRIG-B)
00:POSITIVE
01:NEGATIVE
14/56
PRIMETECH ENGINEERING
15
3.5.
DVAL/エクスポージャ出力仕様(DCIN 端子のみ)
4~5V
振幅
0V
10KΩ以上で終端した場合の電圧値で記載
15/56
PRIMETECH ENGINEERING
16
4. 映像出力形式
4.1.
ポートの割り当てについて
Base Configuration で定義されている3つのポート A,B,C と映像信号(DA)の割り当ては以下のようになります。
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
4.2.
A0
A1
A2
A3
A4
A5
A6
A7
B0
B1
B2
B3
B4
B5
B6
B7
C0
C1
C2
C3
C4
C5
C6
C7
8 ビット
DA0
DA1
DA2
DA3
DA4
DA5
DA6
DA7
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
10 ビット
DA0
DA1
DA2
DA3
DA4
DA5
DA6
DA7
DA8
DA9
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
出力データサイズ
カメラモジュールの有効画素数は、水平 659×垂直 494 となっており、標準の LVAL 有効クロックは 659 クロック、FVAL 有
効ラインは 494 ラインです。
16/56
PRIMETECH ENGINEERING
17
5. カメラモード
動作モードはノーマルモード、パーシャルスキャンモード、ビニングモードの3種類を設定できます。ノーマルモード
はパーシャルスキャンモード及びビニングモードの設定が OFF の場合を指します。
パーシャルスキャンモードが ON のとき、
ビニングモードを ON にすることはできません。また、各動作モードに対してノーマルモード(OFF)、トリガー固定シャッ
ターモード(FIXED)、トリガー幅シャッターモード(1TRIG)、RESET カウントモード(RESET CONT)、VD カウントモード(VD
CONT)の5種類のトリガーモードの設定が可能です。動作モードとトリガーモードの組み合わせによって、カメラモードを
決定してください。
方向
水平
ノーマルモード
動作モード
パーシャルスキャンモード
ビニングモード
共通動作
水平パーシャルスキャンモード
無し
ノーマル動作
パーシャルスキャンモード
ビニングモード
(パーシャルモードを使用時は動作不可)
トリガー固定シャッター動作
トリガー幅シャッター動作
リセットコントロール動作
VDリセットモード動作
トリガーパーシャルスキャンモード
トリガービニングモード
(パーシャルモードを使用時は動作不可)
トリガーモード
OFF
トリガー固定シャッター
トリガー幅シャッター
リセットコントロール
VDリセットモード
OFF
垂直
トリガー固定シャッター
トリガー幅シャッター
リセットコントロール
VDリセットモード
パーシャルスキャンモード設定
パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN MODE
00:OFF (デフォルト)
01:ON
水平パーシャルスキャンモード設定
水平パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN MODE
00:OFF (デフォルト)
01:ON
ビニングモード設定
ビニングモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:VERTICAL 2 PIXEL ADDITION
00:OFF (デフォルト)
01:ON
トリガーモード設定
トリガーモードの設定は TRIGGER-MODE レジスタを使用します。
レジスタ名:TRIGGER-MODE
00:OFF(ノーマルモード) (デフォルト)
01:FIXED
02:1TRIG
03:RESET CONT
04:VD CONT
17/56
PRIMETECH ENGINEERING
18
5.1.
水平方向タイミング
水平方向タイミングは、動作モードのノーマルモードと水平パーシャルスキャンモード、ビニングモードで設定できます。
動作モードがノーマルモードの場合、各トリガーモードの水平タイミングは共通です。
5.1.1. ノーマルモード(トリガーモード:全モード共通)
全トリガーモード共通の動作をします。
121 CLK
659 CLK
クロック
LVAL
DVAL
映像出力
1
658
2
3
4
659
5
1
658
2
3
4
659
1H=780CLK=21.18us (1CLK=36.82MHz=27.16ns)
18/56
PRIMETECH ENGINEERING
19
5.1.2. 水平パーシャルスキャンモード(トリガーモード:全モード対応)
有効映像期間を水平方向に分割し、必要な部分のみ読み出します。開始位置は1画素~659 画素まで設定できます。幅の
開始位置も同様に1画素~659 画素まで設定できます。
HPARTIALSCAN をオンにしてもフレームレートは変わりません。
読出し列数は 1~659 の範囲で設定します。範囲外の数字を設定するとエラーになります。
<スタートラインを21ライン目、ライン幅を100ラインに設定した場合>
121 CLK
659 CLK
クロック
LVAL
DVAL
100 CLK
映像出力
21
22
23
118
119
120
1H=780CLK=21.18us (1CLK=36.82MHz=27.16ns)
水平パーシャルスキャンモード設定
水平パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN MODE
00:OFF (デフォルト)
01:ON
水平パーシャルスキャン開始設定
水平パーシャルスキャン開始位置を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN START
設定値:1~659
水平パーシャルスキャン幅設定
水平パーシャルスキャン幅を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN WIDTH
設定値:1~659
注:HPARTIALSCAN START + HPARTIALSCAN WIDTH ≦ 660
ご注意
水平パーシャルをオンにした場合は、有効映像領域の列数を設定します。読み出し列数は、1~659の範
囲内で設定します。列数として範囲外の数字を設定するとエラーとなります。
19/56
PRIMETECH ENGINEERING
20
5.2.
垂直方向タイミング
垂直方向タイミングは、各動作モード及び各トリガーモードにより異なります。
5.2.1. ノーマルモード(トリガーモード:OFF)
全画素独立映像信号を 89.91fps の連続映像として出力するモードです。
T1
FVAL
494H
LVAL
T3
DVAL
映像出力
1
493
2
3
494
4
5
1
493
2
494
1V=525H=11.12ms (1H=780CLK=21.18us)
シャッター
T1
T3
2s
2s
93934H
1/90s(OFF)
1/180s
1/500s
31H
11.12ms
1/1000s
1/2000s
1/4000s
1/10000s
1/20000s
※上記時間・フレームレートは内部クロック(36.82MHz)動作時
20/56
フレームレート
0.5fps
89.93fps
PRIMETECH ENGINEERING
21
5.2.2. ノーマルモード(トリガーモード:FIXED トリガー固定シャッターモード)
外部トリガー(DC IN 端子、またはDIGITAL IF 端子)入力に同期して蓄積を開始し、シャッターで設定した時間後に全画
素独立映像信号を出力するモードです。外部トリガー信号の立ち上がりエッジを検出するトリガー固定シャッターモード
と、トリガーの有効期間を検出するトリガー幅シャッターモードがあります。外部トリガー信号の周期はシャッタースピ
ードよりも短くすることはできません。また、シャッターをOFF に設定すると、シャッタースピードはフレーム周期(fps)
を優先し、設定可能な最長露光時間の逆数になります。
T1
Trigger A
T2
露光時間
1.1us
VD
13H
T3
FVAL
Data
invalid data
494H data
invalid data
494H data
invalid data
1V=525H=11.12ms (1H=780CLK=21.18us)
T1 > 526H
T3=T2+13H (13H=0.28ms)
露光時間≦T1
トリガー固定シャッターモード:シャッター設定値
シャッター
T1
2.001s 以上
2s
2s
1/90s(OFF)
11.11ms
1/180s
5.56ms
1/500s
2.00ms
12.12ms 以上 1.00ms
1/1000s
1/2000s
0.50ms
1/4000s
0.25ms
1/10000s
0.10ms
1/20000s
0.05ms
※上記時間は内部クロック(36.82MHz)動作時
21/56
T2
T3
2.00028s
11.38ms
5.84ms
2.28ms
1.28ms
0.78ms
0.53ms
0.38ms
0.33ms
PRIMETECH ENGINEERING
22
5.2.3. ノーマルモード(トリガーモード:1TRIG トリガー幅シャッターモード)
外部トリガー(DC IN 端子、または DIGITAL IF 端子)入力に同期して蓄積を開始し、シャッターで設定した時間後に全
画素独立映像信号を出力するモードです。トリガー幅シャッターモードでは、外部トリガー信号(TriggerA)の有効期間を
検出します。外部トリガー信号の周期はシャッタースピードよりも短くすることはできません。また、シャッターを OFF に
設定すると、シャッタースピードはフレーム周期(fps)を優先し、設定可能な最長露光時間の逆数になります。
T1
21.18us~2s
Trigger A
T2
露光時 間
1.1us
VD
13H
T3
FVAL
Data
invalid data
494H data
invalid data
494H data
invalid data
1V=525H=11.12ms (1H=780CLK=21.18us)
T1 > 526H
T2 はユーザ任意の設定になります(設定範囲は 21.18us~2s)
T3=T2+13H (13H=0.28ms)
露光時間≦T1
トリガー幅シャッターモード:露光時間
22/56
PRIMETECH ENGINEERING
23
5.2.4. ノーマルモード(トリガーモード:RESET CONT リセットコントロールモード)
2種類の外部トリガー信号(TriggerA, TriggerB)よりリセットします。
T1
Trigger A
Trigger B
1.1us
3H~100ms
露光 時間
VD
12H
FVAL
Data
invalid data
494H data
invalid data
494H data
invalid data
1V=525H=11.12ms (1H=780CLK=21.18us)
T1 > 526H
23/56
PRIMETECH ENGINEERING
24
5.2.5. ノーマルモード(トリガーモード:VD CONT VD リセットモード)
外部トリガー信号(TriggerB)より、VD のカウントをリセットします。
T1
Trigger B
VD
13H
FVAL
Data
invalid data
494H data
invalid data
494H data
invalid data
1V=525H=11.12ms (1H=780CLK=21.18us)
T1 > 526H
24/56
PRIMETECH ENGINEERING
25
5.2.6. パーシャルスキャンモード(パーシャルスキャンモード:ON,トリガーモード:OFF)
有効映像期間を垂直方向に分割し、必要な部分のみを有効映像部分として読出し、不要部分を高速転送することでフレー
ムレートを上げるモードです。
高速転送期間
1H=72CLK=1.96us (1CLK=36.82MHz)
通常転送期間
(有効映像出力)
1H=780CLK=21.18us (1CLK=36.82MHz)
全領域
高速転送期間
1H=72CLK=1.96us (1CLK=36.82MHz)
<スタートラインを100ライン目、ライン幅を240ラインに設定した場合>
T1
T2
T3
FVAL
240H
LVAL
DVAL
映像出力
338
339
1
100
101
102
103
338
339
494
100
101
T1:前半の高速転送期間(不要部分), T2:通常転送期間(有効映像出力部分), T3:後半の高速転送期間(不要部分)
パーシャルスキャンモード設定
パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN MODE
00:OFF
01:ON
パーシャルスキャン開始設定
パーシャルスキャン開始位置を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN START
設定値:1~494
パーシャルスキャン幅設定
パーシャルスキャン幅を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN WIDTH
設定値:1~494
注:PARTIALSCAN START + PARTIALSCAN WIDTH ≦ 495
25/56
PRIMETECH ENGINEERING
26
5.2.7. トリガーパーシャルスキャンモード(パーシャルスキャンモード:ON,トリガーモード:OFF 以外)
トリガーモードでパーシャルスキャン動作をするモードです。
外部トリガーの間隔は以下の条件を満たすようにご注意ください。
<トリガーモード:トリガー固定シャッターモード、トリガー幅シャッターモード>
外部トリガー間隔 > 1.1us+露光時間+13H+前半と後半の高速転送期間(不要期間)+通常転送期間(有効映像出力期間)
<トリガーモード:リセットコントロールモード>
外部トリガー間隔 > 12H+前半と後半の高速転送期間(不要期間)+通常転送期間(有効映像出力期間)
<トリガーモード:VD リセットモード>
外部トリガー間隔 > 13H+前半と後半の高速転送期間(不要期間)+通常転送期間(有効映像出力期間)
26/56
PRIMETECH ENGINEERING
27
5.2.8. ビニングモード(ビニングモード:ON,トリガーモード:OFF)
ビニングモードは全動作モードに共通です。
CCD 出力の垂直方向の2ラインを加算して読み出すことにより、カメラ感度およびフレームレートを約2倍にします。
パーシャルスキャン機能使用時はサポートしません。
T1
FVAL
245H
LVAL
T3
DVAL
映像出力
1
244
2
3
4
5
1
244
245
2
245
1V=263H (1H=780CLK=21.18us)
シャッター
T1
T3
2s
2s
94184H
1/90s
11.12ms
280H
1/180s(OFF)
1/500s
1/1000s
18H
5.57ms
1/2000s
1/4000s
1/10000s
1/20000s
※上記時間・フレームレートは内部クロック(36.82MHz)動作時
フレームレート
0.5fps
89.91fps
179.5fps
2 画素加算モード設定
2 画素加算モードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:VERTICAL 2 PIXEL ADDITION
00:OFF
01:ON
5.2.9. トリガービニングモード(ビニングモード:ON,トリガーモード:OFF 以外)
トリガーモードでビニング動作をするモードです。
パーシャルスキャン機能使用時はサポートしません。
外部トリガーの間隔は以下の条件を満たすようにご注意ください。
外部トリガー間隔 > 1.1us+露光時間+4H+263H
27/56
PRIMETECH ENGINEERING
28
6. コントロールレジスタ
カメラコントロールレジスタ毎の内部処理について説明します。
6.1.
信号出力ビット設定
信号出力ビット長を設定します。
レジスタ名:DATA BIT
00:8bit
01:10bit[デフォルト]
6.2.
ブラックレベル設定
黒レベルを設定します。
レジスタ名:BLACK LEVEL
0/1024~63/1024 4LSBstep
設定値:0~15
デフォルトは 0
6.3.
トリガーモード設定
トリガーモードを設定します。
レジスタ名:TRIGGER-MODE
00:OFF(ノーマルモード) [デフォルト]
01:FIXED
02:1TRIG
03:RESET CONT
04:VD CONT
6.4.
トリガーパルス極性(A)
トリガーパルスの極性を設定します。
レジスタ名:POLARITY(TRIG-A)
00:POSITIVE[デフォルト]
01:NEGATIVE
6.5.
トリガーパルス極性(B)
トリガーパルスの極性を設定します。
レジスタ名:POLARITY(TRIG-B)
00:POSITIVE
01:NEGATIVE[デフォルト]
6.6.
アナログゲイン設定
アナログゲインを設定します。
レジスタ名:GAIN
0~12.02dB
0.0358dBstep
設定値:0~336
デフォルトは 0
28/56
PRIMETECH ENGINEERING
29
6.7.
デジタルゲイン設定
デジタルゲインモード設定が ON のとき、調整値の設定が反映されます。
6.7.1. デジタルゲインモード
デジタルゲインの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:DGAIN MODE
00:OFF[デフォルト]
01:ON
6.7.2. デジタルゲイン調整値
デジタルゲイン調整値を設定します。
レジスタ名:DGAIN VALUE
設定値:0~15(1.0625~2 倍 0.0625 倍 step)
デフォルトは 0
6.8.
デジタルクランプ設定
モード設定が ON のとき、調整値が反映されます。
6.8.1. デジタルクランプモード
デジタルクランプモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:D_CLAMP MODE
00:OFF [デフォルト]
01:ON
6.8.2. デジタルクランプ調整値
デジタルクランプの調整値を設定します。
レジスタ名:D_CLAMP VALUE
設定値:-64~64
デフォルトは 0
6.9.
デジタルペデスタル設定
モード設定が ON のとき、調整値が反映されます。
6.9.1. デジタルペデスタルモード
デジタルペデスタルの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:D_PEDESTAL MODE
00:OFF [デフォルト]
01:ON
6.9.2. デジタルペデスタル調整値
デジタルペデスタルの調整値を設定します。
レジスタ名:D_PEDESTAL VALUE
設定値:0~64
デフォルトは 0
29/56
PRIMETECH ENGINEERING
30
6.10. シャッター設定
電子シャッターを使用して露光時間を設定することが可能です。
DC IN 端子の10 番ピン信号出力端子に対してエクスポージャ出力設定(コマンド:WEN-STRB)を選択した場合は、露光さ
れている期間がHi 出力になります。シャッターには露光時間が固定されたプリセットシャッター設定及び1H単位で設定で
きる任意シャッター設定があります。
6.10.1. シャッタースピードプリセット設定
8 種類の露光時間が設定できます。
モードによって設定可能なシャッター値が異なりますので、下記を参考にしてください。
シャッター
ノーマル
トリガー*1
ビニング
パーシャル
OFF
○
○
○
○
1/90 秒
○
○
×
×
1/180 秒
○
○
○
×
1/500 秒
○
○
○
○
1/1000 秒
○
○
○
○
1/2000 秒
○
○
○
○
1/4000 秒
○
○
○
○
1/10000 秒
○
○
○
○
1/20000 秒
○
○
○
○
*1 シャッターOFF は、1/90 秒と同じ動作になります。また、トリガー信号周期はシャッタースピードよりも長く設定する
必要があります。
シャッタースピードプリセット設定
シャッタスピードのプリセットを設定します。
レジスタ名:SHUTTER SPEED-PRESET
00:OFF
01:1/90s(PRESET1)
[デフォルト] (ビニングモード以外)
02:1/180s(PRESET2)
03:1/500s(PRESET3)
04:1/1000s(PRESET4)
05:1/2000s(PRESET5)
06:1/4000s(PRESET6)
07:1/10000s(PRESET7)
08:1/20000s(PRESET8)
FF:VARIABLE
6.10.2. 任意シャッター設定
最小 21.18us~最大 2 秒まで、1H 単位で細かく設定できます。
シャッタースピードバリアブル設定
シャッタスピードのバリアブルを設定します。
レジスタ名:SHUTTER SPEED-VARIABLE
XXYYYY(SHT=YYYY は最大 524、SVT=XX は最大 179)
露光時間 = SVT×(1V 期間) + (525 - SHT×1H 期間 + 1H)
1V 期間 = 11.12ms(525H)
1H 期間 = 21.18us
デフォルトは”000000”
30/56
PRIMETECH ENGINEERING
31
6.11. パーシャルスキャンモード
パーシャルスキャンモードを実行するためにはモード設定、開始設定、ライン幅の設定をそれぞれ設定する必要が
あります。
6.11.1. パーシャルスキャンモード設定
パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN MODE
00:OFF[デフォルト]
01:ON
6.11.2. パーシャルスキャン開始設定
パーシャルスキャン開始位置を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN START
設定値:1~494
デフォルトは 1
6.11.3. パーシャルスキャン幅設定
パーシャルスキャン幅を設定します。
レジスタ名:PARTIALSCAN WIDTH
設定値:1~494
デフォルトは 494
注:PARTIALSCAN START + PARTIALSCAN WIDTH ≦ 495
6.12. 水平パーシャルスキャンモード
水平パーシャルスキャンモードを実行するためにはモード設定、開始設定、ライン幅の設定をそれぞれ設定する必
要があります。
6.12.1. 水平パーシャルスキャンモード設定
水平パーシャルスキャンモードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN MODE
00:OFF[デフォルト]
01:ON
6.12.2. 水平パーシャルスキャン開始設定
水平パーシャルスキャン開始位置を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN START
設定値:1~659
デフォルトは 1
6.12.3. 水平パーシャルスキャン幅設定
水平パーシャルスキャン幅を設定します。
レジスタ名:HPARTIALSCAN WIDTH
設定値:1~659
デフォルトは 659
注:HPARTIALSCAN START + HPARTIALSCAN WIDTH ≦ 660
31/56
PRIMETECH ENGINEERING
32
6.13. 2画素加算モード設定
2画素加算モードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:VERTICAL 2 PIXEL ADDITION
00:OFF[デフォルト]
01:ON
6.14. 2値化
BINARIZEモードで設定します。2 値化処理を行います。2 値化のしきい値はパラメーターで指定します。10bitのしきい値
は、64 ~ 975で設定が可能です。なお、映像出力ビットを8bitに切り替えた場合には、設定した値の1/4がしきい値にな
ります。
6.14.1. 2値化モード設定
・2 値化モードの ON/OFF を設定します。
レジスタ名:BINARIZE MODE
00:OFF [デフォルト]
01:ON
6.14.2. 2値化しきい値設定
・2 値化モードのしきい値を設定します。
レジスタ名:BINARIZE VALUE
設定値:0~1023
デフォルトは 0
6.15. クロスライン表示設定
画像にクロスラインを表示します。
レジスタ名:CROSS
00:OFF[デフォルト]
01:ON
6.16. VD/FVAL 信号出力設定
カメラリンクインターフェイスの同期信号出力を VD 又は FVAL に選択します。
レジスタ名:VD/FVAL
00:FVAL[デフォルト]
01:VD
6.17. HD/LVAL 信号出力設定
カメラリンクインターフェイスの同期信号出力を HD 又は LVAL に選択します。
レジスタ名:HD/LVAL
00:LVAL[デフォルト]
01:HD
32/56
PRIMETECH ENGINEERING
33
6.18. WEN-STRB
WEN-STRBレジスタで設定します。
DC IN 端子(12ピンコネクタ)の10 番ピン信号の出力形式を切り替えることができます。
PXCB90VTHCMS, PXCB90VTHPMS のみ対応します。
WEN-STRB 設定
WEN-STRB を設定します。
レジスタ名:WEN-STRB
00:GND
01:DVAL 信号
02:エクスポージャ(正極性:Hi 出力)
6.19. ガンマ補正
GAMMA-MODE で各モードを設定します。LUT を任意に設定する方法、およびプリセット値を入力する方法があります。ガン
マモードはモード0からモード2まで3つのモードがあります。
GAMMA-MODE でモード0を設定すると1.0、モード1を設定すると0.45となり、モード2を設定するとLUTで指定されたガンマ
値になります。
6.19.1. ガンマモード設定
ガンマモードを設定します。
レジスタ名:GAMMA MODE
00:OFF(1.0)
[デフォルト]
01:0.45
02:LUT(GAMMA VALUE で設定したテーブル)
6.19.2. ガンマテーブル設定
ガンマテーブルを設定します。ガンマモードで”02”を設定時に有効になります。
レジスタ名:GAMMA VALUE
AREA ADDRESS”03”&RELATIVE”00” ~ AREA ADDRESS”04”&RELATIVE”FF”に 2 画素ずつ設定します。
AREA ADDRESS”03”&RELATIVE”00”から順番に入力”0”、”1”の出力値を設定します。
1st データと 2nd データの上位 4 ビットに奇数の出力値、2nd データ下位 4 ビットと 3rd データに偶数の出力値を設定して
いきます。
例1:入力”0”→出力”0”
入力”1”→出力”97”
AREA ADDRESS”03”&RELATIVE”00”:061000
例2:入力”570”→出力”1686”
入力”571”→出力”1687”
AREA ADDRESS”04”&RELATIVE”1D”:697696
デフォルトの場合は以下の設定になっています。
入力”0”→出力”0”
入力”1”→出力”1”
入力”2”→出力”2”
・・・・・・・・・
入力”1023”→出力”1023”
33/56
PRIMETECH ENGINEERING
34
6.20. オーバーラップについて
外部トリガーモードではトリガー開始タイミング(露光開始)が CCD の水平転送期間内に存在する場合に、画面上に横引き
ノイズが発生することがあります。オーバーラップ機能を有効にするとトリガー開始タイミング(露光開始)を水平転送ブ
ランキング期間に発生するように自動的に調整され、ノイズの混入を防ぐことができます。
この場合には固定シャッターモード(FIXED)では露光開始タイミングの遅れ(MAX:1H)があっても露光時間に変化はありま
せん。トリガー幅シャッターモード(1TRIG)では露光時間が減少する場合があります。(MAX:1H)
オーバーラップ設定
オーバーラップ機能の有効・無効を設定します。
レジスタ名:TRGOVLP
00:OFF [デフォルト]
01:ON
34/56
PRIMETECH ENGINEERING
35
6.21. フィルタモード設定
フィルタモードにはマトリクス無し、6 種類のプリセット、3×3 任意設定フィルタの 8 種類のモードを設定することが可
能です。FILTER MODE レジスタによって設定することができます。
フィルタモード設定
フィルタモードを設定します。
レジスタ名:FILTER MODE
00:OFF(マトリクス無し)
01:8 近傍ラプラシアンフィルタ
02:4 近傍ラプラシアンフィルタ
03:移動平均フィルタ
04:加重平均フィルタ
05:↓方向エッジ検出フィルタ
06:→方向エッジ検出フィルタ
07:3×3 任意設定フィルタ
6.21.1. フィルタモード 01~06
01
モード
フィルタ種類 効果
8 近傍ラプラシアンフィルタ
02
4 近傍ラプラシアンフィルタ
03
移動平均フィルタ
04
加重平均フィルタ
05
↓方向エッジ検出フィルタ
06
→方向エッジ検出フィルタ
35/56
-1
-1
-1
0
-1
0
1/9
1/9
1/9
1/10
1/10
1/10
-1
0
1
1
1
1
係数
-1
8
-1
-1
4
-1
1/9
1/9
1/9
1/10
2/10
1/10
-1
0
1
0
0
0
-1
-1
-1
0
-1
0
1/9
1/9
1/9
1/10
1/10
1/10
-1
0
1
-1
-1
-1
PRIMETECH ENGINEERING
36
6.21.2. フィルタモード 07
任意の 3×3 フィルタ係数を設定します。
3×3画素のマトリクス演算を行い、画素に処理を加えます。
レジスタ名:FILTER DATA
入力
FLT11
FLT12
FLT13
FLT21
FLT22
FLT23
FLT31
FLT32
FLT33
出力
係数は 2 ヶ毎に設定します、範囲は-10.00~10.00 です。
1st データの下位 2 ビットと 2nd データの上位 4 ビットに FLT12 の係数、1st データの 3 ビット目に+/-設定(0:+,1:-)、2nd
データ下位 2 ビットと 3rd データに FLT12 の係数、2nd データの 3 ビット目に+/-設定(0:+,1:-)を入力します。
レジスタ割り当て:
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”09”:FLT11,FLT12
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”0A:FLT13,FLT21
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”0B:FLT22,FLT23
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”0C:FLT31,FLT32
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”0D:FLT33
例1:FLT11 の係数を-0.02(+/-設定を-、設定値を 2)
FLT12 の係数を+10.00(+/-設定を+、設定値を 1000)
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”09”に 3E8402 を設定します。
例2:FLT33 の係数を-5.13(+/-設定を-、設定値を 513)
AREA ADDRESS”02”&RELATIVE”0D”に 000601 を設定します。
デフォルトは全て’1’が設定されています。
36/56
PRIMETECH ENGINEERING
37
6.22. グレースケールチャート
GRAYSCALE で設定します。映像信号の代わりにカメラ内蔵グレースケールチャートを出力します。全モード共通です。使
用環境下での条件設定やレベル確認などに使用できます。
グレースケールチャート設定
レジスタ名:GRAYSCALE
00:OFF [デフォルト]
01:ON
①
Block
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
②
③
④
⑤
レベル(10 ビット)
250
640
1030
1420
1810
2200
2590
2980
3370
3760
4095
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
幅[Pixel]
60
59
6.23. 設定初期化
INIT1 に書き込み後に、INIT2 に書き込むことで設定値初期化が実行されます。
INIT1 に書き込み後に別のコマンドや別のコマンド後に INIT2 へ書き込みした場合は無効です。
レジスタ名:INIT1,INIT2
01:ON
37/56
高さ[Pixel]
46
139
232
325
418
511
697
790
883
976
1023
PRIMETECH ENGINEERING
38
7. カメラコントロールコマンド
7.1.
概要
PXCB90VTH シリーズは、外部からのシリアル通信による制御が可能です。この制御は、一般的な PC 通信アプリケーション
ソフト「HyperTerminal」や「Tera Term」などで行うことができます。また、弊社コントロールソフト「PXSC01」を用い
て GUI でコントロールできます。
<GUI 画面>
7.2.
シリアル通信仕様
シリアル通信の設定は下記のとおりです。
制御方式
ボーレート
データビット
スタートビット
ストップビット
パリティ
フロー制御
7.3.
調歩同期方式
9600bps
8 ビット
1 ビット
1 ビット
なし
なし
通信形式
パソコン側コントロールソフトがカメラに対してテキストデータを送信して、データ送受信制御を行います。
7.4.
プロトコルデータ説明
次ページ以降説明する内容はカメラとコントロールソフトのデータプロトコルを表す。
カメラ、コントロールソフトの共通処理として、受信保護タイマを 1 秒間とする。
テキストデータ等の 1 ブロックデータ受信制御時、データ間隔が 1 秒以上経過した場合は、直ちにエラーとし
て受信データを破棄する。また、受信データに関する応答信号は出力しない。
[1]
コントロールソフトがデータ送信した場合(正常処理)
① コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
② カメラは”ENQ”コードを受信後、カメラに対して”ACK”コードを返信する。
③ コントロールソフトは”送信データ”をカメラに対し送信する。
④ カメラは”送信データ”受信後に”ACK”コードをコントロールソフトに返信してハンドシェイクを終了さ
せる。
38/56
PRIMETECH ENGINEERING
39
①ENQ コード(05H)
カメラ
(スレーブ)
②ACK コード(06H)
コントロール
ソフト
(マスター)
③送信データ(ASCII コード)
④ACK コード(06H)
注:カメラは①②を省略した場合でも③送信データの受信処理、④ACK コード送信は行う。
[2]
コントロールソフトがデータを読出す場合(正常処理)
① コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
② カメラは”ENQ”コードを受信後、コントロールソフトに対して”ACK”コードを返信する。
③ コントロールソフトは”読出しコマンド”をカメラに対して送信する。
④ カメラは”読出しコマンド”受信後に”ACK”コードをコントロールソフトに返信する。
⑤ カメラは”読出しデータ”をコントロールソフトに対して送信する。
⑥ コントロールソフトは”読出しデータ”受信後に”ACK”コードをカメラに送信してハンドシェイクを終了さ
せる。
①ENQ コード(05H)
カメラ
(スレーブ)
②ACK コード(06H)
コントロール
ソフト
(マスター)
③読出しコマンド(ASCII コード)
④ACK コード(06H)
⑤読出しデータ(ASCII コード)
⑥ACK コード(06H)
[3]
コントロールソフトがデータを送信した場合(制御打切り処理)
① コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
② カメラは”ENQ”コードを受信後、コントロールソフトに対して”ACK”コードを送信不可状態のため、
”NACK”コードを送信する。
③ 一連のシーケンスを繰り返し、再転送処理を行う。再転送回数は 3 回までとする。
3 回連続で”NACK”コードを受信した場合は通信制御が行えない状態として通信を終了させる。
39/56
PRIMETECH ENGINEERING
40
①ENQ コード(05H)
カメラ
(スレーブ)
②NACK コード(15H)
コントロール
ソフト
(マスター)
③ENQ コード(05H)
NACK コード(15H)
ENQ コード(05H)
NACK コード(15H)
ENQ コード(05H)
NACK コード(15H)
[4]
コントロールソフトがデータを送信時(データエラー発生時処理)
①
コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
②
カメラは”ENQ”コードを受信後、コントロールソフトに対して”ACK”コードを送信する。
③
コントロールソフトより”送信データ”を送信する。
④
カメラは”送信データ”を受信する。受信データにエラーが発生した場合(フレーミング、オーバーラン
エラーの検出)、データ通信を行わない。
⑤ ③、④のシーケンスを繰り返した後、”送信データ(正常データ)”をコントロールソフトが転送す
⑥ カメラは”送信データ”を受信する。受信データが正常な場合、”ACK”コードを送信し、一連のシーケ
ンスを終了させる。
カメラ
(スレーブ)
①ENQ コード(05H)
②ACK コード(06H)
コントロール
ソフト
(マスター)
③送信データ(エラー発生)
④送信データ(エラー発生)
⑤送信データ(正常データ)
⑥ACK コード(06H)
[5]
送信フレームエラーの場合(コントロールソフト送信時)
① コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
② カメラは”ENQ”コードを受信後、コントロールソフトに対して”ENQ”コードを送信する。
③ コントロールソフトより”送信データ”を送信する。
40/56
PRIMETECH ENGINEERING
41
④ カメラ側では何らかの原因によりデータ受信が行われなかった。
⑤ マスタ側は”送信コード”に対する応答コードが受信できないため、3 秒後再度”送信コード”を送信する。
このシーケンスを 3 回繰り返す。
⑥ コントロールソフト側が 3 回再送信を行っても正常受信不可の場合、シーケンスを打ち切り、制御を終了する。
①ENQ コード(05H)
カメラ
(スレーブ)
②ACK コード(06H)
コントロール
ソフト
(マスター)
③送信データ(ASCII コード)
④データ受信エラー 3 秒経過
⑤送信データ(ASCII コード)
データ受信エラー 3 秒経過
送信データ(ASCII コード)
⑥応答無し
[6]
送信フレームエラーの場合(コントロールソフト受信時)
① コントロールソフトよりカメラへデータを転送する場合、カメラに対して”ENQ”コードを送信する。
② カメラは”ENQ”コードを受信後、コントロールソフトに対して”ACK”コードを送信する。
③ コントロールソフトより”読出しコマンド”を送信する。
④ カメラは”読出しコマンド”受信後に”ACK”コードをコントロールソフトに返信する。
⑤ カメラは”読出しデータ”をコントロールソフトに対して返信する。
⑥ コントロールソフト側で何らかの原因によりデータ受信が行われなかった。
⑦ カメラは”読出しデータ”に対する応答コードが受信できないため、3 秒後に再度”読出しデータ”を送信する。
このシーケンスを 3 回繰り返す。
⑧ カメラが 3 回再転送を行っても正常受信不可の場合、シーケンスを打ち切り、制御を終了する。
カメラ
(スレーブ)
①ENQ コード(05H)
②ACK コード(06H)
③読出しコマンド(ASCII コード)
④ACK コード(06H)
⑤読出しデータ(ASCII コード)
⑥データ受信エラー 3 秒経過
⑦読出しデータ(ASCII コード)
応答無し
読出しデータ(ASCII コード)
応答無し
⑧読出しデータ(ASCII コード)
41/56
コントロール
ソフト
(マスター)
PRIMETECH ENGINEERING
42
7.5.
通信コマンドデータ形式
[1] 送信データ、読出しコマンドデータ(コントロールソフト → カメラ)
① コマンドデータは ASCII コードに変換し送信する。
② 通信バイト数は 18 バイトとする。
③ 通信データ形式(送信順)
・STX(スタートコード)
:データの開始を表すコード
・TEXT データ
:送受信されるデータ
・ETX(エンドコード)
:データの終了を表すコード
・サム値
:STX、TEXT データ、ETX の全データ
1 バイト(02H)
14 バイト(ASCII コード)
1 バイト(03H)
加算値と(FFH)との XOR 結果とする
2 バイト(ASCII コード)
④ TEXT データ形式詳細(送信順)
・ステータス
:送信するデータのステータス情報
2 バイト(ASCII コード)
EEPROM の書き込みに使用
(0:書き込み無し、1:書き込み有り)
・ID No.
:カメラ固有 ID、(FFH)固定
・エリアアドレス
:調整する項目の分類
2 バイト(ASCII コード)
01H,02H,03H,04H:送信データ
10H:ユーザ領域送信データ
81H,82H,83H,84H:読出しコマンド
90H:カメラ情報、ユーザ領域読出しコマンド
2 バイト(ASCII コード)
・相対 No.
:調整する項目毎に No.を設定する(0~255 まで)
・データ(注)
:送信するデータをセットする
2 バイト(ASCII コード)
2 バイト×3(ASCII コード)
[2] 読出し(受信)データ(カメラ → コントロールソフト)
① コマンドデータは ASCII コードに変換して送信する。
② 通信バイト数は 10 バイトとする
③ 通信データ形式
・STX(スタートコード)
:データの開始を表すコード
1 バイト(02H)
・TEXT データ
:送受信されるデータ
6 バイト(ASCII コード)
・ETX(エンドコード)
:データの終了を表すコード
1 バイト(03H)
・サム値
:STX、TEXT データ、ETX の全データ
加算値と(FFH)との XOR 結果とする
2 バイト(ASCII コード)
④ TEXT データ形式詳細(送信順)
・データ(注)
:読出しデータがセットされる
2 バイト×3(ASCII コード)
42/56
PRIMETECH ENGINEERING
43
(注)データ転送順について
エリアアドレス
01H,02H,03H,04H(送信データ)
10H(ユーザ領域)
81H,82H,83H,84H(読出しコマンド)
90H(カメラ情報)
7.6.
データ種類
コモンデータ
1st データ
データ
上位データ
上位データ
データバイト数
1 バイト
2 バイト
3 バイト
2nd データ
00H
下位データ
中位データ
3rd データ
00H
00H
下位データ
SUM 値の求め方
例:
STX
02
1
2
STATUS
ID NO
30,31
(01)
46,46
(FF)
3
AREA
ADDRESS
30,31
(01)
4
5
RELATIVE NO
30,34
(04)
6
7
DATA
30,30
(00)
30,30
(00)
30,30
(00)
ETX
SUM
03
32,38
(28)
1.STATUS から DATA までを ASCII コードにより、数値に変換する(STX と ETX はそのまま)
2.STX から ETX までを全て足し合わせる(1 つずつ足す)
02H + 30H + 31H + 46H + 46H + 30H + 31H + 30H + 34H + 30H + 30H + 30H + 30H + 30H + 30H + 03H = 2D7H
3.2項で出た答えと FFH との XOR(Exclusive OR)をとり、出てきた答えの下 2 桁が SUM 値となる
2D7H と FFH との XOR → 228H の下二桁 28H
43/56
PRIMETECH ENGINEERING
44
7.7.
送信データ
以下に設定コマンドを示します。 注:1~7 及び SUM は ASCII コードに変換する必要があります。
Item
STX
OFF
FIXED
MODE
1TRIG
RESET CONT
TRIGGER
VD CONT
POLARITY
(TRIG-A)
POSITIVE
NEGATIVE
POSITIVE
POLARITY
(TRIG-B)
NEGATIVE
OFF
PRESET1
PRESET2
PRESET3
PRESET4
PRESET
SHUTTER
SPEED
PRESET5
PRESET6
PRESET7
PRESET8
VARIABLE
VARIABLE
VALUE
MIN
MAX
8bit
DATA BIT
10bit
VD
VD/FVAL
FVAL
HD
HD/LVAL
LVAL
MIN(0)
GAIN(2Byte)
MAX(336)
MIN(0)
BLACK LEVEL
MAX(15)
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
1
2
STATUS
ID NO.
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
44/56
3
AREA
ADDRESS
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
4
RELATIVE
NO.
04
3034
04
3034
04
3034
04
3034
04
3034
0F
3046
0F
3046
10
3130
10
3130
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
11
3131
11
3131
14
3134
14
3134
15
3135
15
3135
16
3136
16
3136
0C
3043
0C
3043
17
3137
17
3137
5
6
7
DATA
00
3030
01
3031
02
3032
03
3033
04
3034
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
02
3032
03
3033
04
3034
05
3035
06
3036
07
3037
08
3038
FF
4646
00
3030
0B
3042
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
0F
3046
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
22
3232
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
50
3530
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
0C
3043
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
ETX
SUM
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
28
3238
27
3237
26
3236
25
3235
24
3234
16
3136
15
3135
2B
3242
2A
3241
24
3234
23
3233
22
3232
21
3231
20
3230
1F
3146
1E
3145
1D
3144
1C
3143
F8
4638
2A
3241
01
3031
27
3237
26
3236
26
3236
25
3235
25
3235
24
3234
19
3139
13
3133
24
3234
0E
3045
PRIMETECH ENGINEERING
45
Item
STX
OFF
MODE
ON
PARTIAL
SCAN
MIN(1)
START
MAX(494)
MIN(1)
WIDTH
MAX(494)
OFF
VERTICAL 2 PIXEL ADDITION
ON
OFF
MODE
ON
BINARIZE
MIN(0)
VALUE
MAX(1023)
OFF
MODE
ON
DGAIN
MIN(0)
VALUE
MAX(15)
OFF
MODE
ON
DPEDESTAL
MIN(0)
VALUE
MAX(1023)
OFF(1.0)
MODE
0.45
LUT
GAMMA
START(0,1)
VALUE
・
END(1022,1023)
OFF
8 ラプラシアン
4 ラプラシアン
移動平均
MODE
FILTER
加重平均
↓方向エッジ検出
→方向エッジ検出
3×3 任意設定
DATA
アドレス 11,12
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
・
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
1
2
STATUS
ID NO.
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
・
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
・
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
45/56
3
AREA
ADDRESS
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
03
3033
・
04
3034
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
4
RELATIVE
NO.
1E
3145
1E
3145
1F
3146
1F
3146
20
3230
20
3230
13
3133
13
3133
00
3030
00
3030
01
3031
01
3031
02
3032
02
3032
03
3033
03
3033
04
3034
04
3034
05
3035
05
3035
06
3036
06
3036
06
3036
00
3030
・
FF
4646
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
08
3038
09
3039
5
6
7
DATA
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
03
3033
00
3030
01
3031
00
3030
0F
3046
00
3030
01
3031
00
3030
03
3033
00
3030
01
3031
02
3032
00
3030
・
3F
3346
00
3030
01
3031
02
3032
03
3033
04
3034
05
3035
06
3036
07
3037
06
3036
00
3030
00
3030
01
3031
EE
4545
01
3031
EE
4545
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
FF
4646
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
FF
4646
00
3030
00
3030
00
3030
10
3130
・
F3
4633
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
40
3430
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
・
FE
4645
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
64
3634
ETX
SUM
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
・
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
16
3136
15
3135
14
3134
EA
4541
29
3239
FF
4646
28
3238
27
3237
2B
3242
2A
3241
2A
3241
FB
4642
29
3239
28
3238
28
3238
12
3132
27
3237
26
3236
26
3236
F7
4637
25
3235
24
3234
23
3233
29
3239
・
A0
4130
23
3233
22
3232
21
3231
20
3230
1F
3146
1E
3145
1D
3144
1C
3143
0E
3045
PRIMETECH ENGINEERING
46
アドレス 13,21,
アドレス 22,23
Item
STX
アドレス 31,32
FILTER
DATA
アドレス 33
OFF
MODE
ON
MIN(1)
HPARTIAL SCAN
START
MAX(659)
MIN(1)
WIDTH
MAX(659)
OFF
GRAYSCALE
MODE
ON
OFF
TRGOVLP
MODE
ON
OFF
CROSS
MODE
ON
GND
WEN-STRB
MODE
DVAL
エクスポージャ
OFF
CLKSEL
MODE
EXVDCLKSEL
MODE
ON
CL
DC
OUT
EXVDINOUT
MODE
IN
OFF
VDRON
MODE
ON
OFF
HDRON
MODE
ON
CL
EXTRGSEL
02
02
02
02
MODE
DC
INIT1
ON
INIT2
ON
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
01
3031
01
3031
FF
4646
FF
4646
02
3032
02
3032
3
AREA
ADDRESS
1
2
STATUS
ID NO.
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
01
3031
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
FF
4646
46/56
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
02
3032
0A
3041
0B
3042
06
3036
06
3036
4
5
RELATIVE NO.
0C
3043
0D
3044
10
3130
10
3130
11
3131
11
3131
12
3132
12
3132
20
3230
20
3230
21
3231
21
3231
22
3232
22
3232
23
3233
23
3233
23
3233
24
3234
24
3234
25
3235
25
3235
26
3236
26
3236
27
3237
27
3237
28
3238
28
3238
29
3239
29
3239
FE
4645
FF
4646
40
3430
40
3430
64
3634
64
3634
6
7
DATA
06
3036
00
3030
00
3030
01
3031
00
3030
02
3032
00
3030
02
3032
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
02
3032
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
00
3030
01
3031
01
3031
01
3031
40
3430
00
3030
00
3030
00
3030
01
3031
93
3933
01
3031
93
3933
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
64
3634
64
3634
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
00
3030
03
03
03
03
06
3036
05
3035
ETX
SUM
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
04
3034
0D
3044
2A
3241
29
3239
28
3238
1B
3142
27
3237
1A
3141
29
3239
28
3238
28
3238
27
3237
27
3237
26
3236
26
3236
25
3235
24
3234
25
3235
24
3234
24
3234
23
3233
23
3233
22
3232
22
3232
21
3231
21
3231
20
3230
20
3230
1F
3146
FF
4646
FE
4645
PRIMETECH ENGINEERING
47
注:色塗り部分は PXCB90VTHCMS 及び PXCB90VTHPMS のみ対応
47/56
PRIMETECH ENGINEERING
48
7.8.
読出しコマンド
Item
STX
MODE
POLARITY(TRIG-A)
POLARITY(TRIG-B)
PRESET
SHUTTER
SPEED
VARIABLE VALUE
DATA BIT
VD/FVAL
HD/LVAL
GAIN(2Byte)
BLACK LEVEL
MODE
PARTIAL
START
SCAN
WIDTH
VERTICAL 2 PIXEL ADDITION
MODE
BINARIZE
VALUE
MODE
DGAIN
VALUE
MODE
DPEDESTAL
VALUE
MODE
GAMMA
START(0,1)
VALUE
END(1022,1023)
MODE
FLT11,12
FLT13,21,
FILTER
DATA
FLT22,23
FLT31,32
FLT33
MODE
HPARTIAL SCAN
START
WIDTH
GRAYSCALE
MODE
TRGOVLP
MODE
CROSS
MODE
WEN-STRB
MODE
CLKSEL
MODE
EXVDCLKSEL
MODE
EXVDINOUT
MODE
VDRON
MODE
HDRON
MODE
EXTRGSEL
MODE
CAMERACLASS
MODE
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
02
TRIGGER
1
2
STATUS
ID NO.
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
FF
注:色塗り部分は PXCB90VTHCMS 及び PXCB90VTHPMS のみ対応
48/56
3
AREA
ADDRESS
81
81
81
81
81
81
81
81
81
81
81
81
81
81
82
82
82
82
82
82
82
83
84
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
82
4
5
7
ETX
DATA
RELATIVE NO.
04
0F
10
08
11
14
15
16
0C
17
1E
1F
20
13
00
01
02
03
04
05
06
00
FF
08
09
0A
0B
0C
0D
10
11
12
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2A
6
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
03
PRIMETECH ENGINEERING
49
7.9.
デバッグコマンド
PXCB90VTH シリーズは、外部からのシリアル通信によるデバッグモード移行が可能です。この制御は、一般的な PC 通信ア
プリケーションソフト「HyperTerminal」や「Tera Term」などで行うことができます。弊社コントロールソフト「PXSC01」
を用いての GUI でのコントロールはできません。
GUI では制御できない CCD シグナルプロセッサ(以下 AD9979)のレジスタに直接アクセスすることが可能です。
デバッグコマンド
Item
DEBUG
STX
02
02
ON
1
2
STATUS
ID NO.
01
3031
FF
4646
3
AREA
ADDRESS
02
3032
4
5
RELATIVE NO.
F0
4630
6
7
DATA
01
3031
00
3030
00
3030
デバッグコマンド移行方法(例:Tera Term)
1.通信アプリケーションソフト(ここでは Tera term)を立ち上げる。
<Tera Term ウインドウ>
2.シリアルポートの設定をする。
<Tera Term ウインドウ>の「設定」メニュー→「シリアルポート」を選択する。
< シリアルポート設定 ウインドウ>が開くので、下図のように設定し、「OK」を押下する。
(但し、ポートの設定はグラバボードや PC により異なる。)
< シリアルポート設定 ウインドウ>
49/56
ETX
SUM
03
03
14
3134
PRIMETECH ENGINEERING
50
3.コマンドファイルを送信する。
<Tera Term ウインドウ>の「ファイル」メニュー→「ファイル送信」を選択する。
<ファイル送信 ウインドウ>でデバッグコマンドファイル(上記デバッグコマンドが入力されているファイル)を選択
し、
送信する。
(この時にオプションのバイナリにチェックを入れること。)
<ファイル送信 ウインドウ>
4.AD9979 のレジスタにアクセスする。
(AD9979 の全レジスタは 28bit のライトオンリレジスタです。)
<Tera Term ウインドウ>に下記のフォーマットにしたがって入力する。
AD9979 ライト時(△:スペース) → 設定は変更されるが EEPROM 保存はされない。
ad△w△書込アドレス△書込データ
例:AD9979 の A(Hex)番地に 120(Hex)を書込みたい時
ad△w△0x000A△0x000120
AD9979 リード時(△:スペース)
ad△r△読出アドレス
例:AD9979 の 10(Hex)番地を読出したい時
ad△r△0x0010
但し、AD9979 レジスタはライトオンリのため、読出された値は直前に書込された値が反映される。
(実際に AD9979 レジスタから読出していない。)
AD9979 ライト かつ EEPROM 保存時(△:スペース) → 設定が変更され、保存もされる。
ad△ww△書込アドレス△書込データ
例:AD9979 の 15(Hex)番地に 150(Hex)を書込み、かつ設定保存したい時
ad△ww△0x0015△0x000150
※AD9979 レジスタ詳細は DataSheet を参照願います。
※すべてのレジスタの設定値を EEPROM 保存できるわけではない。
保存できるレジスタを以下に記す。
レジスタ名
AFE
アドレス(Hex)
00,
AFE
01,
AFE
04,
50/56
PRIMETECH ENGINEERING
51
AFE
05,
AFE
06,
AFE
0D,
MISC
10,
MISC
11,
MISC
14,
MISC
15,
MISC
17,
VDHD
21,
IOCNTL
23,
MODECNTL
28,
MODECNTL
2A,
MODECNTL
2B,
MODECNTL
2C,
TIMING
30,
TIMING
31,
TIMING
32,
TIMING
33,
TIMING
34,
TIMING
35,
TIMING
36,
TIMING
37,
SHUTGPIO
50,
SHUTGPIO
51,
SHUTGPIO
52,
SHUTGPIO
53,
SHUTGPIO
54,
SHUTGPIO
55,
SHUTGPIO
56,
SHUTGPIO
57,
SHUTGPIO
58,
SHUTGPIO
59,
UPDATE
60,
UPDATE
61,
UPDATE
62,
UPDATE
63,
UPDATE
64,
UPDATE
65,
UPDATE
66,
UPDATE
67,
HPAT(Base:0x0800)
00,
HPAT(Base:0x0800)
01,
HPAT(Base:0x0800)
02,
HPAT(Base:0x0800)
03,
HPAT(Base:0x0800)
04,
HPAT(Base:0x0800)
05,
HPAT(Base:0x0800)
06,
HPAT(Base:0x0800)
07,
HPAT(Base:0x0800)
08,
51/56
PRIMETECH ENGINEERING
52
HPAT(Base:0x0800)
09,
HPAT(Base:0x0800)
10,
HPAT(Base:0x0800)
12,
HPAT(Base:0x0800)
13,
HPAT(Base:0x0800)
14,
HPAT(Base:0x0800)
15,
FIELD(Base:0x0810)
00,
FIELD(Base:0x0810)
01,
FIELD(Base:0x0810)
02,
FIELD(Base:0x0810)
03,
FIELD(Base:0x0810)
04,
FIELD(Base:0x0810)
05,
FIELD(Base:0x0810)
06,
FIELD(Base:0x0810)
08,
FIELD(Base:0x0810)
09,
FIELD(Base:0x0810)
10,
FIELD(Base:0x0810)
11,
FIELD(Base:0x0810)
12,
FIELD(Base:0x0810)
13,
FIELD(Base:0x0810)
14,
FIELD(Base:0x0810)
15
52/56
PRIMETECH ENGINEERING
53
8. 仕様
8.1.
画像系
撮像素子
プログレッシブスキャン1/3 型CCD
有効画素数
659 × 494(水平/垂直)
CCD 垂直駆動周波数 47.2 kHz
CCD 水平駆動周波数 36.82 MHz
セルサイズ
7.4 × 7.4 μm(水平/垂直)
チップサイズ
5.79 × 4.89 mm(水平/垂直)
8.2.
光学系、その他
レンズマウント
Cマウント
フランジバック
17.526±0.05 mm
同期方式
外部(Trigger B)同期/内部同期
映像出力
RAWデータ:LVDS 8ビット/10 ビット切替
出力タップ
1TAP
出力信号周波数
89.91Hz(ノーマルモード時)
有効ライン数
659 × 494 (水平/垂直)
感度
550 lx、F5.6(0dB 時)
最低被写体照度
6.5 lx(ゲイン+12dB時、F1.4)
ゲイン
0 ~ +12 dB
ガンマ補正
OFF(1.0) / 0.45 / LUT値設定
読み出しモード
ノーマルモード/ビニングモード
シャッター機能
外部トリガーシャッター
シャッタースピード 外部トリガーシャッター:2 ~ 1/20,000秒
電源電圧
DC +12V(DC IN端子/デジタルインターフェース端子にて)
消費電力
約2.3 W
動作温度
– 10 ~ +50 ℃
使用湿度
20 ~ 80%(結露のない状態で)
保存湿度
20 ~ 95%(結露のない状態で)
耐振動性
10 G(20 Hz ~ 200 Hz)
耐衝撃性
70 G
外形寸法
幅29 mm ×高さ29 mm ×奥行き29 mm(接続コネクタ含まず)
質量
約46g
MTBF
TBD
規格
・CE
・FCC
付属品
レンズマウントキャップ(1)、取扱説明書(1)
仕様および外観は改良のため予告なく変更することがありますが、ご了承ください。
53/56
PRIMETECH ENGINEERING
54
8.3.
分光感度特性例
54/56
PRIMETECH ENGINEERING
55
9. 外形寸法図
1 4 .5
29
12
4 - M 2 深 さ3
12
29
29
2 3 .7
12
20
15
4 - M 2 深さ 3
3 - M3 深さ 3
1 6.5
22
41
単位 mm
55/56
PRIMETECH ENGINEERING
56
本資料の掲載内容は、改良などにより予告なく変更することがあります。
本資料に掲載した技術資料は、使用上の参考として示したものであり、ご使用に際し、当社及び第三者の知的財産権その
他の権利の実施あるいは使用を許諾したものではありません。
よって、その使用に起因する権利の侵害について、当社は一切の責任を負いません。
お問い合わせ
プライムテックエンジニアリング株式会社
〒112-0002 東京都文京区小石川 1-3-25
Tel.03-5805-6766
Fax.03-5805-6767
URL :http://www.pte.jp
Mail:[email protected]
56/56
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement